トヨタファイナンス株式会社 半期報告書 第30期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

半期報告書-第30期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:トヨタファイナンス株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      半期報告書

     【提出先】                      東海財務局長

     【提出日】                      2017年12月18日

     【中間会計期間】                      第30期中(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

     【会社名】                      トヨタファイナンス株式会社

     【英訳名】                      TOYOTA    FINANCE    CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                      取締役社長  宇 野 充

     【本店の所在の場所】                      愛知県名古屋市西区牛島町6番1号

     【電話番号】                      052―527―7111(代表)

     【事務連絡者氏名】                      経理部長  溝 畠 良 績

     【最寄りの連絡場所】                      愛知県名古屋市西区牛島町6番1号

     【電話番号】                      052―527―7111(代表)

     【事務連絡者氏名】                      経理部長  溝 畠 良 績

     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                   1/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次           第28期中       第29期中       第30期中        第28期       第29期

                       自 2015年       自 2016年       自 2017年       自 2015年       自 2016年
                         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
           会計期間
                       至 2015年       至 2016年       至 2017年       至 2016年       至 2017年
                         9月30日         9月30日         9月30日         3月31日         3月31日
                          75,572       78,086       81,698       152,896       159,997
     営業収益             (百万円)
                          13,243       12,293       11,831       25,739       24,913

     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する中間
                           8,732       8,450       8,144       16,550       17,227
                  (百万円)
     (当期)純利益
     中間包括利益
                           8,653       8,280       7,732       17,199       17,428
                  (百万円)
     又は包括利益
     純資産額             (百万円)       138,382       155,243       172,123       146,929       164,390
                        1,493,221       1,498,023       1,595,699       1,488,964       1,548,081

     総資産額             (百万円)
                        738,042.59       827,962.68       917,992.68       783,624.39       876,751.34

     1株当たり純資産額              (円)
     1株当たり中間(当期)
                        46,572.16       45,067.26       43,437.96       88,271.86       91,882.52
                   (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     り中間(当期)純利益金額
                           9.27       10.36       10.79        9.87       10.62
     自己資本比率              (%)
     営業活動による
                         △ 37,717      △ 18,762      △ 34,623       10,508      △  29,102
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                          △ 1,939      △ 1,947      △ 1,301      △ 4,255      △  3,886
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                          37,509       12,325       35,586       △ 1,062       25,228
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                           2,954       1,990       2,293       10,432        2,641
                  (百万円)
     中間期末(期末)残高
                           1,777       1,908       1,979       1,773       1,930
     従業員数
                   (名)
     [ほか、平均臨時雇用者数]
                           [ 423  ]     [ 277  ]     [ 273  ]     [ 480  ]     [ 300  ]
      (注)   1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
                                   2/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次           第28期中       第29期中       第30期中        第28期       第29期

                       自 2015年       自 2016年       自 2017年       自 2015年       自 2016年
                         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
           会計期間
                       至 2015年       至 2016年       至 2017年       至 2016年       至 2017年
                         9月30日         9月30日         9月30日         3月31日         3月31日
                          75,123       77,574       80,986       151,950       158,883
     営業収益             (百万円)
                          13,271       12,254       11,892       25,603       24,666

     経常利益             (百万円)
                           8,798       8,459       8,256       16,479       17,081

     中間(当期)純利益             (百万円)
                          16,500       16,500       16,500       16,500       16,500

     資本金             (百万円)
                          187,500       187,500       187,500       187,500       187,500

     発行済株式総数              (株)
                          138,552       156,116       172,812       147,656       165,005

     純資産額             (百万円)
                        1,486,363       1,489,926       1,580,938       1,480,525       1,536,258

     総資産額             (百万円)
     1株当たり配当額              (円)         ―       ―       ―       ―       ―

                           9.32       10.48       10.93        9.97       10.74

     自己資本比率              (%)
                           1,731       1,860       1,919       1,726       1,877
     従業員数
                   (名)
     [ほか、平均臨時雇用者数]
                           [ 421  ]     [ 275  ]     [ 271  ]     [ 479  ]     [ 297  ]
      (注)   1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.中間連結財務諸表を作成しており、中間財務諸表に1株当たり純資産額、1株当たり中間純利益金額及び潜
          在株式調整後1株当たり中間純利益金額を注記していないため、1株当たり純資産額、1株当たり中間(当
          期)純利益金額及び         潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額の記載を省略しております。
                                   3/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  【事業の内容】
       当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業の内容に重要な変更はあ
      りません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
     3  【関係会社の状況】

        当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
     4  【従業員の状況】

      (1)  連結会社の状況
                                               2017年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
      販売金融事業

                                                     954(128)
      クレジットカード事業
                                                    1,025(145)
                 合計
                                                    1,979(273)
      (注)   1.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの
          出向者を含む就業人員数であります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当中間連結会計期間の平均雇用人員(1日8時間換算)でありま
          す。
      (2)  提出会社の状況

                                               2017年9月30日現在
               従業員数(名)
                                                    1,919(271)
      (注)   1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当中間会計期間の平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
      (3)  労働組合の状況

        労使関係については、特に記載すべき事項はありません。
                                   4/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
        当中間連結会計期間におけるわが国経済は、欧米中央銀行の金融政策の変更やその兆し、北朝鮮情勢を受けた地
       政学リスクの高まりなどにより不透明感が強まったものの、欧米経済が堅調に推移する中、現政権の経済政策や日
       本銀行の金融緩和などの支えもあり企業収益は依然高い水準を維持し、緩やかな回復基調が続きました。今後、日
       米中央銀行総裁の任期満了に伴う後任人事、各国中央銀行の金融政策、北朝鮮の動向、米トランプ政権による各種
       政策の行方など先行き不透明な状況が続くものの、雇用・所得環境の改善傾向が続く中で個人消費が持ち直すな
       ど、引き続き緩やかに回復していくことが期待されております。
        このような状況のなか、当社は、車両の販売支援を中心にトヨタグループに貢献するとともに、お客様へのサー
       ビス拡充をするため、販売金融サービスの一層の強化、並びに、クレジットカード事業の更なる展開に、全社一丸
       となって取組んでまいりました。
        販売金融事業においては、「残価設定型クレジット」、新車のクレジットと一緒に保険料を支払うことで、一般
       的な保険よりも、毎月の支払保険料が安くなる「クレジット一体型保険」、新車のクレジット支払いにカードのポ
       イントを充当することができる「使ってバック」などを推進しました。これら商品を、「トヨタの3つのうれしい
       買い方トリプルアシスト」として、積極的に提案し、国内の自動車販売支援に取組んでまいりました。また、住宅
       ローン部門では、「フラット宣言」の取扱いに注力しております。
        クレジットカード事業においては、トヨタ販売店を中心とした会員獲得活動や、JXTGエネルギー㈱とのEN
       EOSカード、その他の提携カードの会員獲得推進により、有効会員数は1,300万人を上回り、ショッピング取扱高
       も伸長しており、年間4兆円規模に迫りつつあります。
        当中間連結会計期間の業績については、営業収益は、信用保証収益の増収などもあり、81,698百万円と、前中間
       連結会計期間に比べ3,612百万円の増収となりました。一方、営業費用は、ポイント引当金繰入額、電算機費の増加
       などにより、71,169百万円と、前中間連結会計期間に比べ4,044百万円増加しました。
        その結果、経常利益は11,831百万円と、前中間連結会計期間に比べ461百万円の減益となりました。親会社株主に
       帰属する中間純利益については、8,144百万円と、前中間連結会計期間に比べ305百万円の減益となりました。
        セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

        ①販売金融事業
         当セグメントにおける営業収益は、47,256百万円と前年同期と比べ2,137百万円(4.7%)の増収であり、セグメン
        ト利益(経常利益)は、10,555百万円と前年同期と比べ842百万円(7.4%)の減益となりました。
        ②クレジットカード事業
         当セグメントにおける営業収益は、34,442百万円と前年同期と比べ1,475百万円(4.5%)の増収であり、セグメン
        ト利益(経常利益)は、1,276百万円と前年同期と比べ381百万円(42.6%)の増益となりました。
      (注)   1.事業セグメント別の取扱高、営業収益については「2営業取引の状況 (2)取扱高及び(3)営業収益」を

          ご参照ください。
        2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                   5/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当中間連結会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は2,293百万円となり、前年同期と比べ
       302百万円増加しました。
        当中間連結会計期間における各キャッシュ・フローの状況と前年同期との増減要因は以下のとおりであります。

       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは34,623百万円の支出となり、前年同期と比べ15,861百万円減少しました。
       主な要因は営業貸付金の増加により資金が前年同期と比べ31,456百万円減少したためであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは1,301百万円の支出となり、前年同期と比べ646百万円増加しました。主な
       要因は社用資産の取得による資金が前年同期と比べ765百万円増加したためであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によるキャッシュ・フローは35,586百万円の収入となり、前年同期と比べ23,260百万円増加しました。
       主な要因は社債の発行による資金が前年同期と比べ19,936百万円増加したためであります。
      (3)  特定金融会社等の開示に関する内閣府令に基づく営業貸付金の状況

        「特定金融会社等の開示に関する内閣府令」(平成11年5月19日 大蔵省令第57号)に基づく、提出会社における
       営業貸付金の状況は次のとおりであります。
       第1号(第8条第1項関係)

       貸付金の種別残高内訳
                                               2017年9月30日現在

              件数・残高
                       件数               残高             平均約定金利
                       (件)              (百万円)                (%)
                             構成割合               構成割合
     貸付種別
                              (%)               (%)
           無担保
                        70,526        90.82       13,157         1.64        9.55
           (住宅向を除く)
           有担保
                          ―        ―        ―        ―        ―
           (住宅向を除く)
     消費者向
           住宅向             5,941        7.65       63,920         7.96        2.00
                                98.47                9.60

              計         76,467               77,077                3.29
     事業者向         計          1,189        1.53      725,980         90.40        0.36

           合計             77,656        100.00       803,057        100.00         0.65

                                   6/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       第2号(第8条第1項関係)
       資金調達内訳
                                               2017年9月30日現在
           借入先等                 残高(百万円)                 平均調達金利(%)
     金融機関等からの借入                               741,284                    0.16

     その他                               474,998                    0.23

              社債・CP                      474,998                    0.23

            合計                       1,216,283                     0.19

     自己資本                               216,135                     ―

              資本金                       16,500                     ―

      (注)   当中間会計期間中に行った貸付債権の譲渡の合計額は、16,681百万円であります。
       第3号(第8条第1項関係)

       業種別貸付金残高内訳
                                               2017年9月30日現在
                            先数(件)                  残高(百万円)
               先数・残高
     業種別

                                構成割合(%)                   構成割合(%)
     製造業                         ―        ―           ―        ―

     建設業                         ―        ―           ―        ―

     電気・ガス・熱供給・水道業                         ―        ―           ―        ―

     運輸・通信業                         1       0.00            65       0.01

     卸売・小売業、飲食店                        176        0.23         397,641         49.51

     金融・保険業                         1       0.00          2,000         0.25

     不動産業                         1       0.00           625        0.08

     サービス業                        35       0.05         178,148         22.18

     個人                      76,467         99.72          77,077         9.60

     その他                         2       0.00         147,500         18.37

            合計                76,683        100.00          803,057         100.00

                                   7/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       第4号(第8条第1項関係)
       担保別貸付金残高内訳
                                               2017年9月30日現在
          受入担保の種類                  残高(百万円)                  構成割合(%)
     有価証券                                 625                 0.08

         うち株式                             625                 0.08

     債権                               714,066                   88.92

         うち預金                              ―                  ―

     商品                                  ―                  ―

     不動産                               65,429                   8.14

     財団                                  ―                  ―

     その他                                  65                 0.01

             計                       780,187                   97.15

     保証                                9,713                  1.21

     無担保                               13,157                   1.64

             合計                        803,057                  100.00

       第5号(第8条第1項関係)

       期間別貸付金残高内訳
                                               2017年9月30日現在
                            件数(件)                  残高(百万円)
               件数・残高
     期間別

                                構成割合(%)                   構成割合(%)
     1年以下                      45,238         58.25          229,718         28.61

     1年超 5年以下                      24,135         31.08          496,460         61.82

     5年超 10年以下                       2,324         2.99          13,096         1.63

     10年超 15年以下                        242        0.31           532        0.07

     15年超 20年以下                        557        0.72          2,769         0.34

     20年超 25年以下                        629        0.81          5,774         0.72

     25年超                       4,531         5.84          54,704         6.81

            合計                77,656        100.00          803,057         100.00

                一件当たり平均期間(年)                               3.65

                                   8/120





                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  【営業取引の状況】
      (1)  営業資産及び信用保証の残高
                            前連結会計年度                 当中間連結会計期間

                           (2017年3月31日)                  (2017年9月30日)
         事業セグメント別
                        金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     販売金融事業

       融資                      753,724          17.6       795,563          17.8

       個別信用購入あっせん                      160,691           3.8       167,139           3.8

       信用保証                     2,823,854           66.0      2,967,259           66.3

       リース                      119,279           2.8       117,181           2.6

         販売金融事業 計                 3,857,551           90.2      4,047,144           90.5

     クレジットカード事業

       融資                       9,170          0.2        8,580          0.2

       包括信用購入あっせん                      409,606           9.6       417,882           9.3

       クレジットカード事業 計                    418,777           9.8       426,463           9.5

             合計              4,276,328          100.00       4,473,607          100.00

      (注)   1.個別信用購入あっせんについては、割賦売掛金から前受収益を控除した額を表示しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                   9/120












                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  取扱高
                           前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間

                           (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                           至 2016年9月30日)                   至 2017年9月30日)
         事業セグメント別
                        金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     販売金融事業

       融資                      167,325           5.7       190,205           5.9

       個別信用購入あっせん                       53,581          1.9       65,852          2.1

       信用保証                      634,287          21.7       706,267          22.1

       リース                       25,567          0.9       28,098          0.9

       その他                      132,333           4.5       141,403           4.4

         販売金融事業 計                 1,013,096           34.7      1,131,827           35.4

     クレジットカード事業

       融資                       6,876          0.2        6,210          0.2

       包括信用購入あっせん                     1,901,056           65.1      2,060,817           64.4

       クレジットカード事業 計                   1,907,933           65.3      2,067,028           64.6

             合計              2,921,030           100.0       3,198,856           100.0

      (注)   1.上記取扱高の主な内容は次のとおりであります。
           販売金融事業
            融資             極度型中長期融資及び住宅ローンは融資額、短期融資は融資額の期中平
                         均残高の6/12を計上しております。
            個別信用購入あっせん             顧客との契約金額を計上しております。
            信用保証             保証額を計上しております。
            リース             リース料総額を計上しております。
            その他             集金代行額、保険代理店手数料収入額を計上しております。
           クレジットカード事業
            融資             クレジットカードキャッシング等の融資額を計上しております。
            包括信用購入あっせん             利用額を計上しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  10/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (3)  営業収益
                           前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間

                           (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                           至 2016年9月30日)                   至 2017年9月30日)
         事業セグメント別
                        金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     販売金融事業

       融資                       2,171          2.8        2,031          2.5

       個別信用購入あっせん                       2,811          3.6        3,246          4.0

       信用保証                       16,870          21.6        18,801          23.0

       リース                       20,872          26.7        20,704          25.3

       その他                       2,392          3.1        2,471          3.0

         販売金融事業 合計                   45,119          57.8        47,256          57.8

     クレジットカード事業

       融資                        734         0.9         616         0.8

       包括信用購入あっせん                       24,724          31.7        25,903          31.7

       その他                       7,507          9.6        7,921          9.7

       クレジットカード事業 合計                     32,967          42.2        34,442          42.2

             合計               78,086         100.0        81,698         100.0

      (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (4)  クレジットカード会員数、加盟店数

                            前連結会計年度                 当中間連結会計期間

             区分
                           (2017年3月31日)                  (2017年9月30日)
     会員数                            13,252,219人                  13,404,934人
     加盟店数                              381,447店                  396,660店

     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】


       当中間連結会計期間において、当社グループの経営方針・経営戦略及び事業上、財務上の対処すべき課題に重要な
      変更、新たに生じた課題はありません。
     4  【事業等のリスク】

       当中間連結会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の
      判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」
      について重要な変更はありません。
     5  【経営上の重要な契約等】

       当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  11/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     6  【研究開発活動】
       該当事項はありません。
                                  12/120




















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)財政状態の分析
       (流動資産)

        当中間連結会計期間末における流動資産の残高は、1,565,703百万円と前連結会計年度末に比べて49,456百万円の
       増加となりました。これは主に営業貸付金が前連結会計年度末と比べ41,249百万円増加したことによるものであり
       ます。
       (固定資産)

        当中間連結会計期間末における固定資産の残高は、29,995百万円と前連結会計年度末に比べて1,837百万円の減少
       となりました。これは主にソフトウェアが1,386百万円減少したことによるものであります。
       (流動負債)

        当中間連結会計期間末における流動負債の残高は、709,749百万円と前連結会計年度末に比べて、7,155百万円の
       増加となりました。これは主に1年内返済予定の長期借入金及び支払手形及び買掛金がそれぞれ12,600百万円、
       12,114百万円減少したものの、短期借入金が35,880百万円増加したことによるものであります。
       (固定負債)

        当中間連結会計期間末における固定負債の残高は、713,826百万円と前連結会計年度末に比べて32,729百万円の増
       加となりました。これは主に長期借入金及び社債がそれぞれ27,500百万円、5,000百万円増加したことによるもので
       あります。
       (純資産)

        当中間連結会計期間末における純資産の残高は、172,123百万円と前連結会計年度末に比べて7,732百万円の増加
       となりました。これは主に親会社株主に帰属する中間純利益により、株主資本が169,453百万円と前連結会計年度末
       に比べて8,144百万円増加したことによるものであります。
      (2)経営成績の分析

        1「業績等の概要」(1)「業績」をご参照ください。
      (3)キャッシュ・フローの状況の分析

        1「業績等の概要」(2)「キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。
                                  13/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【主要な設備の状況】

       当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
     2 【設備の新設、除却等の計画】

       前連結会計年度末において、計画中又は実施中の重要な設備の新設、除却等はありません。また、当中間連結会計
      期間において、新たに確定した重要な設備の新設、除却等の計画はありません。
                                  14/120

















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                      240,000

                  計                                     240,000

       ②  【発行済株式】

                中間会計期間末           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2017年9月30日)          (2017年12月18日)          商品取引業協会名
        普通株式          187,500          187,500          非上場            (注)1,2
         計        187,500          187,500            ―            ―

      (注)   1.単元株制度を採用しておりません。
        2.株式の譲渡制限に関する規定は次のとおりであります。
          当社の発行する全部の株式について、会社法第107条第1項第1号に定める内容(いわゆる譲渡制限)を定め
          ており、当該株式の譲渡又は取得について取締役会の承認を要する旨を定款第6条において定めておりま
          す。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2017年4月1日~
                      ―    187,500          ―    16,500          ―    13,500
     2017年9月30日
                                  15/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               2017年9月30日現在
                                         所有株式数      発行済株式総数に対する
          氏名又は名称                    住所
                                          (株)     所有株式数の割合(%)
     トヨタファイナンシャルサービス
                                          187,500             100.00
                      愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
     株式会社
                                          187,500             100.00
             計                  ―
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               2017年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(その他)                普通株式 187,500               187,500             ―

     単元未満株式                     ―          ―              ―

     発行済株式総数                     187,500         ―              ―

     総株主の議決権                     ―          187,500             ―

       ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
     2  【株価の推移】

       当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
     3  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までの役員の異動はありません。
                                  16/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第5   【経理の状況】

     1.中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第
       24号)及び「特定金融会社等の会計の整理に関する内閣府令」(平成11年総理府・大蔵省令第32号)に基づいて作成し
       ております。
      (2) 当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)

       及び「特定金融会社等の会計の整理に関する内閣府令」(平成11年総理府・大蔵省令第32号)に基づいて作成してお
       ります。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(2017年4月1日から2017年9月30
      日まで)及び中間会計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)の中間連結財務諸表及び中間財務諸表につい
      て、PwCあらた有限責任監査法人により中間監査を受けております。
                                  17/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     1  【中間連結財務諸表等】
      (1)  【中間連結財務諸表】
       ①【中間連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          4,690              3,971
         現金及び預金
                                      ※2 , ※3  762,895           ※2 , ※3  804,144
         営業貸付金
                                       ※4  570,298            ※4  585,021
         割賦売掛金
                                         117,595              115,746
         リース債権及びリース投資資産
                                          8,953              8,874
         有価証券
                                           808              706
         たな卸資産
                                          57,609              54,205
         その他
                                         △ 6,604             △ 6,966
         貸倒引当金
                                        1,516,247              1,565,703
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          1,684              1,435
           賃貸資産(純額)
                                          1,406              1,377
           社用資産(純額)
                                        ※1  3,090            ※1  2,812
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                 13,486              12,100
                                          15,256              15,083
         投資その他の資産
                                          31,833              29,995
         固定資産合計
                                        1,548,081              1,595,699
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         125,691              113,576
         支払手形及び買掛金
                                         272,540              308,421
         短期借入金
                                          84,600              72,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                          40,000              30,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         124,999              115,000
         1年内償還予定の社債
                                          1,756              1,423
         賞与引当金
         役員賞与引当金                                   74              33
                                                      ※7  23,296
                                          2,370
         ポイント引当金
                                          4,928              5,193
         債務保証損失引当金
                                            16               7
         利息返還損失引当金
                                            0              0
         資産除去債務
                                          45,616              40,797
         その他
                                         702,593              709,749
         流動負債合計
       固定負債
         社債                                324,997              329,998
                                         347,500              375,000
         長期借入金
                                            65              75
         役員退職慰労引当金
                                            33              14
         利息返還損失引当金
                                          7,424              7,680
         退職給付に係る負債
                                           456              477
         資産除去債務
                                           619              580
         その他
                                         681,097              713,826
         固定負債合計
                                        1,383,690              1,423,575
       負債合計
                                  18/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         16,500              16,500
         資本金
                                         13,500              13,500
         資本剰余金
                                         131,309              139,453
         利益剰余金
                                         161,309              169,453
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           66              96
         その他有価証券評価差額金
                                          4,100              3,621
         繰延ヘッジ損益
                                          △ 300             △ 297
         為替換算調整勘定
                                          △ 784             △ 749
         退職給付に係る調整累計額
                                          3,081              2,669
         その他の包括利益累計額合計
                                         164,390              172,123
       純資産合計
                                        1,548,081              1,595,699
      負債純資産合計
                                  19/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
        【中間連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      営業収益
                                          2,906              2,648
       融資収益
                                         75,179              79,049
       その他
                                       ※1  78,086            ※1  81,698
       営業収益合計
      営業費用
                                        ※2  1,616            ※2  1,708
       金融費用
                                       ※3  65,508            ※3  69,460
       その他
                                         67,124              71,169
       営業費用合計
                                         10,961              10,529
      営業利益
      営業外収益
                                           194              200
       受取利息
                                           857              803
       償却債権取立益
                                           280              298
       受取督促手数料
                                           26              33
       雑収入
                                          1,358              1,336
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            3              ▶
       固定資産除却損
                                           19              21
       為替差損
                                            ▶              7
       雑損失
                                           26              33
       営業外費用合計
                                         12,293              11,831
      経常利益
                                         12,293              11,831
      税金等調整前中間純利益
                                        ※4  3,843            ※4  3,687
      法人税等
                                          8,450              8,144
      中間純利益
                                          8,450              8,144
      親会社株主に帰属する中間純利益
                                  20/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
        【中間連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                                          8,450              8,144
      中間純利益
      その他の包括利益
                                           107               29
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 139             △ 479
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 173               2
       為替換算調整勘定
                                           35              34
       退職給付に係る調整額
                                          △ 169             △ 411
       その他の包括利益合計
                                          8,280              7,732
      中間包括利益
      (内訳)
                                          8,280              7,732
       親会社株主に係る中間包括利益
                                  21/120
















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ③【中間連結株主資本等変動計算書】
      前中間連結会計期間(自           2016年4月1日 至          2016年9月30日)
                                    (単位:百万円)
                            株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
                   16,500       13,500       114,048       144,048
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                   32       32
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   16,500       13,500       114,081       144,081
     した当期首残高
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属す
                                  8,450       8,450
      る中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                                  8,450       8,450
     当中間期変動額合計                ―       ―
                   16,500       13,500       122,531       152,531
     当中間期末残高
                            その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                その他有価証券                      退職給付に係る       その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                評価差額金                      調整累計額       累計額合計
                     3      3,927       △ 194      △ 856      2,880      146,929
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                         32
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                     3      3,927       △ 194      △ 856      2,880      146,962
     した当期首残高
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属す
                                                        8,450
      る中間純利益
      株主資本以外の項目
                    107      △ 139      △ 173        35      △ 169      △ 169
      の当中間期変動額
      (純額)
                    107      △ 139      △ 173        35      △ 169      8,280
     当中間期変動額合計
                    111      3,788       △ 367      △ 820      2,711      155,243
     当中間期末残高
                                  22/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(自           2017年4月1日 至          2017年9月30日)
                                    (単位:百万円)
                            株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
                   16,500       13,500       131,309       161,309
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                    ―       ―
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   16,500       13,500       131,309       161,309
     した当期首残高
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属す
                                  8,144       8,144
      る中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                                  8,144       8,144
     当中間期変動額合計                ―       ―
                   16,500       13,500       139,453       169,453
     当中間期末残高
                            その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                その他有価証券                      退職給付に係る       その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                評価差額金                      調整累計額       累計額合計
                     66      4,100       △ 300      △ 784      3,081      164,390
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                         ―
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                     66      4,100       △ 300      △ 784      3,081      164,390
     した当期首残高
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属す
                                                        8,144
      る中間純利益
      株主資本以外の項目
                     29      △ 479        2       34      △ 411      △ 411
      の当中間期変動額
      (純額)
                     29      △ 479        2       34      △ 411      7,732
     当中間期変動額合計
                     96      3,621       △ 297      △ 749      2,669      172,123
     当中間期末残高
                                  23/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         12,293              11,831
       税金等調整前中間純利益
                                          2,475              2,649
       賃貸資産及び社用資産減価償却費
                                            ▶             362
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 380             △ 332
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 36             △ 40
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 183             20,926
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                           221              265
       債務保証損失引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 51              10
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 38             △ 29
       利息返還損失引当金の増減額(△は減少)
                                           193              306
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 2,906             △ 2,648
       融資収益
                                          △ 203             △ 211
       受取利息及び受取配当金
                                          1,616              1,708
       金融費用
                                           121              184
       社債発行費償却
                                          △ 94             △ 42
       賃貸資産処分損益(△は益)
                                          △ 669             △ 593
       賃貸資産の取得による支出
                                           276              212
       賃貸資産の売却による収入
                                         △ 9,793             △ 41,249
       営業貸付金の増減額(△は増加)
       リース債権及びリース投資資産の増減額(△は
                                         △ 3,233              1,849
       増加)
                                         △ 8,610             △ 14,722
       割賦売掛金の増減額(△は増加)
                                           185              100
       有価証券の増減額(△は増加)
                                         △ 6,873             △ 12,114
       営業債務の増減額(△は減少)
                                          2,930              2,648
       融資収益の受取額
                                         △ 1,770             △ 1,652
       金融費用の支払額
                                          △ 340             △ 559
       その他
                                        △ 14,867             △ 31,141
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   203              211
                                         △ 4,098             △ 3,693
       法人税等の支払額
                                        △ 18,762             △ 34,623
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       社用資産の取得による支出                                 △ 1,591              △ 825
                                          △ 356             △ 476
       その他
                                         △ 1,947             △ 1,301
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  24/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         58,022              35,880
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                                       79,997
       コマーシャル・ペーパーの発行による収入                                    -
                                        △ 10,000             △ 90,000
       コマーシャル・ペーパーの償還による支出
                                         21,003              62,500
       長期借入れによる収入
                                        △ 26,542             △ 47,600
       長期借入金の返済による支出
                                         59,878              79,815
       社債の発行による収入
                                        △ 90,000             △ 85,000
       社債の償還による支出
                                          △ 36              △ 8
       その他
                                         12,325              35,586
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 56              △ 8
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         △ 8,441              △ 347
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         10,432               2,641
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1  1,990            ※1  2,293
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                  25/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

     1.連結の範囲に関する事項
       すべての子会社を連結しております。
       連結子会社の数
        1 社
       連結子会社の名称
        トヨタファイナンシャルサービスベトナム有限会社
     2.持分法の適用に関する事項

       すべての関連会社に持分法を適用しております。
       持分法を適用した関連会社の数
        1 組合
       関連会社の名称
        JMPC有限責任事業組合
        持分法適用にあたり、当有限責任事業組合への出資金は、有限責任事業組合の最近の財産及び損益の状況に基づ
       き、同組合の純資産持分割合に応じて中間連結貸借対照表上投資その他の資産として計上し、また同組合の損益項
       目の持分相当額を中間連結損益計算書へ計上しております。
     3.連結子会社の中間決算日等に関する事項

       トヨタファイナンシャルサービスベトナム有限会社の中間決算日は6月30日であります。
       中間連結財務諸表作成にあたっては、中間連結決算日現在で実施した仮決算に基づく中間財務諸表を使用しており
      ます。
     4.会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        a  その他有価証券
          時価のあるもの
           中間連結会計期間末日の市場価格等に基づく時価法
          (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
          時価のないもの
           総平均法による原価法
       ②  デリバティブ
         時価法
       ③  たな卸資産
        a  貯蔵品
          評価基準は原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
          宣伝印刷物
           総平均法
          その他の貯蔵品
           個別法
                                  26/120




                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
        a  賃貸資産
          リース期間を償却年数とし、見積処分価額を残存価額とする定額法によっております。
        b  その他
          定率法によっております。
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)
        a  ソフトウェア
          主として、社内における利用可能期間(5年又は10年)に基づく定額法によっております。
       ③  リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      (3)  重要な繰延資産の処理方法
       ①  社債発行費
         支払時に全額費用処理しております。
      (4)  重要な引当金の計上基準
       ①  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         この他に保証業務から生ずる債権の貸倒れによる損失に備えるため、保証履行に伴う求償債権等未収債権に対
        する回収不能見込額を過去の貸倒実績率等により見積り、計上しております。
       ②  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき当中間連結会計期間に見合う分を計上してお
        ります。
       ③  役員賞与引当金
         役員に対して支給する賞与に充てるため、連結会計年度における支給見込額に基づき、当中間連結会計期間に
        見合う分を計上しております。
       ④  ポイント引当金
         特定会員のクレジットカード利用に伴うポイント還元費用の負担に備えるため、会社所定の基準により将来使
        用されると見込まれる金額を計上しております。
       ⑤  債務保証損失引当金
         保証業務から生じる損失に備えるため、主たる債務者の債務不履行により将来発生すると見込まれる損失見込
        額を、過去の貸倒実績率等により見積り、計上しております。
       ⑥  役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
       ⑦  利息返還損失引当金
         将来の利息返還による損失に備えるため、過去の返還実績及び最近の返還状況を考慮し、当中間連結会計期間
        末における将来返還見込額を計上しております。
                                  27/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (5)  退職給付に係る会計処理の方法
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法について
        は、給付算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間による定額法により費用処理しております。
         数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間による定額法により按分し
        た額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
      (6)  重要な収益及び費用の計上基準
       ①  融資
         融資元本残高に対して所定の料率で手数料を算出し、期間経過基準で手数料算出額を収益に計上しておりま
        す。
       ②  個別信用購入あっせん
         手数料総額を債権残高の積数で按分し、期日到来の都度積数按分額を収益に計上しております。
       ③  信用保証
         保証料総額を保証債権残高の積数で按分し、期日到来の都度積数按分額を収益に計上しております。
       ④  包括信用購入あっせん
         顧客手数料は主に回収期限到来基準(残債方式)により収益を計上、加盟店手数料は精算確定時に一括して収
        益を計上しております。
       ⑤  リース
        a  ファイナンス・リース
          リース料受取時に売上高と売上原価を計上しております。
        b  オペレーティング・リース
          リース料総額をリース期間に按分し毎月均等額を収益に計上しております。
      (7)  中間連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の中間財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産
       又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
       ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
       用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
      (8)  重要なヘッジ会計の方法
       ①  ヘッジ会計の方法
         原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについて
        は、特例処理によっております。
       ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
        a  ヘッジ手段
          デリバティブ取引(金利スワップ)
        b  ヘッジ対象
          借入金及び社債
       ③  ヘッジ方針
         資金調達に係る金利リスクをヘッジする目的でデリバティブ取引を行っております。
         なお、デリバティブ取引の相手先は、社内でとりきめた格付機関による格付基準を満たす金融機関に限定して
        おります。
       ④  ヘッジ有効性評価の方法
        a  事前テスト
          比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
        b  事後テスト
          比率分析
      (9)  中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、要求払預金及び取得日から3か月以内に満期日又は償還日の到来する流動性の高い、容易に換金可能
       であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
                                  28/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (10)   その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項
       ①  出資金の会計処理
         投資事業組合の最近の財産及び損益の状況に基づき、同組合の純資産持分割合に応じて中間連結貸借対照表上
        投資その他の資産として計上し、また同組合の損益項目の持分相当額を中間連結損益計算書へ計上しておりま
        す。
       ②  消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は税抜方式を採用しており、控除対象外の消費税等については、営業費用のその他に計上
        しております。但し、固定資産に係る控除対象外の消費税等は、投資その他の資産に含めて計上し、法人税法上
        の規定により均等償却しております。
       ③  連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
       (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
       (表示方法の変更)

        該当事項はありません。 
       (会計上の見積りの変更)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

        該当事項はありません。
                                  29/120












                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
                                   8,700                 4,322
         有形固定資産の減価償却累計額                             百万円                 百万円
     ※2 不良債権の金額

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         破綻先債権                            56百万円                 57百万円
         延滞債権                            776 〃                 979 〃
         3か月以上延滞債権                            59 〃                234 〃
         貸出条件緩和債権                            27 〃                 27 〃
             合計                            919百万円                1,298百万円
        なお、上記それぞれの概念は次のとおりであります。

        (破綻先債権)
         破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の
        取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸付金(以下「未収利息不計上貸付金」と
        いう。)のうち、法人税法施行令第96条第1項第3号のイからホまでに掲げる事由が生じているもの。
        (延滞債権)
         延滞債権とは、未収利息不計上貸付金のうち、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
        して利息の支払を猶予したもの以外のもの。
        (3か月以上延滞債権)
         3か月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3か月以上遅延している貸付金のう
        ち、破綻先債権及び延滞債権に該当しないもの。
        (貸出条件緩和債権)
         貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、
        元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸付金のうち、破綻先債権、延滞債権及
        び3か月以上延滞債権に該当しないもの。
     ※3 債権流動化

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         会計上売却処理をした貸付金元本                          28,051百万円                 25,198百万円
         うち、劣後受益権                           2,533 〃                 1,448 〃
                                  30/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     ※4 割賦売掛金の内訳
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         個別信用購入あっせん                          160,691百万円                 167,139百万円
         包括信用購入あっせん                          409,606 〃                 417,882 〃
             合計                          570,298百万円                 585,021百万円
     5 保証債務

                  前連結会計年度                        当中間連結会計期間

                 (2017年3月31日)                         (2017年9月30日)
         トヨタ販売店及びレンタリー                         トヨタ販売店及びレンタリー
         ス店等が一般顧客に割賦販売                         ス店等が一般顧客に割賦販売
         等を行うにあたり、当社が販                         等を行うにあたり、当社が販
                         2,823,854百万円                         2,967,259百万円
         売店及びレンタリース店等に                         売店及びレンタリース店等に
         対して保証業務として債務保                         対して保証業務として債務保
         証するもの    410社                         証するもの    415社
     6 当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る貸出未実行残高

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         貸出未実行残高                         2,619,290百万円                 2,702,003百万円
       なお、上記当座貸越契約及び貸出コミットメントにおいては、信用状態等に関する審査を貸出の条件としているも

      のが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
     

       主体となる地位を承継し、クレジット会員が保有するポイントに対する還元債務を引き受けた結果、増加しており
       ます。
                                  31/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結損益計算書関係)
     ※1 部門別取扱高
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         融資                          174,202百万円                 196,416百万円
         個別信用購入あっせん                          53,581 〃                 65,852 〃
         信用保証                          634,287 〃                 706,267 〃
         包括信用購入あっせん                         1,901,056 〃                 2,060,817 〃
         リース                          25,567 〃                 28,098 〃
         その他                          132,333 〃                 141,403 〃
             合計                         2,921,030百万円                 3,198,856百万円
     ※2 金融費用のうち主なもの

                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         支払利息                            988百万円                 697百万円
         社債利息                           1,672 〃                  195 〃
        なお、支払利息のうちスワップ支払利息とスワップ受取利息、社債利息のうちスワップ支払利息とスワップ受取

       利息は相殺して表示しており、内訳は以下のとおりであります。
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         相殺表示している支払利息の内訳
           スワップ支払利息                            515百万円                 339百万円
           スワップ受取利息                            707 〃                 518 〃
         相殺表示している社債利息の内訳
           スワップ支払利息                            27百万円                 10百万円
           スワップ受取利息                           1,447 〃                  619 〃
     ※3 営業費用その他のうち主なもの

                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         リース原価                          19,162百万円                 19,539百万円
         支払手数料                          13,464 〃                 7,658 〃
         人件費                           7,656 〃                 7,720 〃
         電算機費                           5,779 〃                 6,825 〃
         貸倒引当金繰入額                           3,473 〃                 4,254 〃
         ポイント引当金繰入額                           1,646 〃                 9,097 〃
     㯿ᐰNⶕ鎐⍽偏᪊ࡧᾕ錰欰䨰儰譺ຑ톌뭵⠰欰搰䴰縰地昰漰ż⅏뽬픰欰蠰誊ࡻ霰地昰䐰謰弰脰Ŭ핎멺๻䦊뽥璘䴰漰౬핎

       税等」に含めて表示しております。
                                  32/120




                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結株主資本等変動計算書関係)
     Ⅰ.前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     普通株式(株)                187,500             -           -        187,500
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
       該当事項はありません。
      (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

       該当事項はありません。
     Ⅱ.当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     普通株式(株)                187,500             -           -        187,500
     2.自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
       該当事項はありません。
      (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

       該当事項はありません。
                                  33/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     

       であります。
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         現金及び預金                           3,618百万円                 3,971百万円
                                                   △  1,677 〃
         保険代理店専用口座                          △1,628 〃
         現金及び現金同等物                           1,990百万円                 2,293百万円
                                  34/120

















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引

     (借主側)
      重要性がないため記載を省略しております。
     (貸主側)

      (1)  リース投資資産の内訳
                                                  (単位:百万円)
                           前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                          (2017年3月31日)                  (2017年9月30日)
     リース料債権部分                              121,903                  119,821
                                   △  7,040                 △  6,659
     受取利息相当額
     リース投資資産                              114,862                  113,162
      (2)  リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の中間連結会計期間(連結会計年度)末日後の回収予定

      額
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度
                                (2017年3月31日)
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース債権              853       933       408       421       188        10
     リース投資資産             35,290       30,358       25,236       18,029       10,364        2,622
                                                  (単位:百万円)

                                当中間連結会計期間
                                (2017年9月30日)
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース債権              867       780       476       384       113        42
     リース投資資産             34,558       30,268       24,898       17,693       10,481        1,922
      (注) 設備機器リースについて、2017年4月1日にリース契約上の地位を譲渡しました。
     2.オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:百万円)
                           前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                          (2017年3月31日)                  (2017年9月30日)
     1年内                                 23                  27
     1年超                                 17                  16
     合計                                 41                  44
     (貸主側)

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:百万円)
                           前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                          (2017年3月31日)                  (2017年9月30日)
     1年内                               1,116                    994
     1年超                                211                  182
     合計                               1,327                  1,177
                                  35/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (金融商品関係)
      金融商品の時価等に関する事項

       中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま

      す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)をご参照くださ
      い。)。
      前連結会計年度(2017年3月31日)

                            連結貸借対照表
                                          時価           差額
                              計上額
                                         (百万円)           (百万円)
                              (百万円)
     (1) 現金及び預金                             4,690           4,690            ―
     (2) 営業貸付金                            762,895
                                  △429
         貸倒引当金(※1)
                                 762,465           763,770            1,305
     (3) 割賦売掛金
                                 570,298
                                 △3,323
         貸倒引当金(※1)
                                 566,975           555,712           △11,263
     (4) リース債権及びリース投資資産
                                 117,595
                                  △211
         貸倒引当金(※1)
                                 117,383           116,916            △467
     (5) 有価証券
         その他有価証券                             8,953           8,953             ―
              資産計                  1,460,468           1,450,043            △10,425
     (1) 買掛金(※2)                           (125,691)           (125,691)               ―
     (2)  短期借入金(※2)
                                (272,540)           (272,540)               ―
     (3)  コマーシャル・ペーパー(※2)
                                 (40,000)           (40,000)              ―
     (4)  長期借入金(※2、3)
                                (432,100)           (435,466)            △3,366
     (5)  社債(※2、4)                         (449,997)           (452,260)            △2,262
              負債計                 (1,320,328)           (1,325,958)             △5,629
     デリバティブ取引(※5)
       ①  ヘッジ会計が適用されていないもの                              5,837           5,837             ―
       ②  ヘッジ会計が適用されているもの                               128           522           393
           デリバティブ取引計                        5,966           6,359            393
      (※1)営業貸付金、割賦売掛金、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除しております。
      (※2)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (※3)長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでおります。
      (※4)社債には、1年内償還予定の社債及び社債を含んでおります。
      (※5)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で示しております。
                                  36/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(2017年9月30日)
                           中間連結貸借対照表
                                          時価           差額
                              計上額
                                        (百万円)           (百万円)
                             (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                  3,971           3,971             ―
     (2)  営業貸付金
                                 804,144
                                  △432
         貸倒引当金(※1)
                                 803,711           804,441             729
     (3)  割賦売掛金
                                 585,021
                                 △3,487
         貸倒引当金(※1)
                                 581,533           581,386            △146
     (4)  リース債権及びリース投資資産
                                 115,746
                                  △205
         貸倒引当金(※1)
                                 115,540           114,929            △610
     (5)  有価証券
         その他有価証券                             8,874           8,874             ―
              資産計                  1,513,631           1,513,603              △27
     (1)  買掛金(※2)
                               (113,576)           (113,576)                ―
     (2)  短期借入金(※2)
                               (308,421)           (308,421)                ―
     (3)  コマーシャル・ペーパー(※2)
                                (30,000)           (30,000)                ―
     (4)  長期借入金(※2、3)
                               (447,000)           (449,574)             △2,574
     (5)  社債(※2、4)
                               (444,998)           (446,266)             △1,268
              負債計                (1,343,996)           (1,347,838)              △3,842
     デリバティブ取引(※5)
       ①    ヘッジ会計が適用されていないもの
                                  5,019           5,019             ―
       ②    ヘッジ会計が適用されているもの
                                   194            80          △114
           デリバティブ取引計                        5,213           5,099           △114
      (※1)営業貸付金、割賦売掛金、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除しております。
      (※2)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (※3)長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでおります。
      (※4)社債には、1年内償還予定の社債及び社債を含んでおります。
      (※5)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資   産
      (1) 現金及び預金
        現金及び預金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
                                  37/120





                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)営業貸付金、(3)割賦売掛金、(4)リース債権及びリース投資資産
        営業貸付金等の金融債権のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、貸付先の信用状態
       が実行後大きく異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によっております。一
       方、固定金利によるものは、金融債権の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の新
       規取引を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。
      (5)有価証券

        有価証券については、見積り将来キャッシュ・フローを市場利子率で割引く方法により算定しております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「(1)中間連結財務諸表の注記事項(有価証券関
       係)」をご参照ください。
      負  債

      (1)買掛金、(2)短期借入金、(3)コマーシャル・ペーパー
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
       おります。
      (4)長期借入金

        長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実行後大きく
       異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっております。固
       定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該長期借入金の元利金の合計額を同様の借入において想定され
       る利率で割り引いて時価を算定しております。
      (5)社債

        社債については、元利金の合計額を同様の社債を発行した場合に想定される利率で割り引いて時価を算定してお
       ります。
      デリバティブ取引

        「(1)中間連結財務諸表の注記事項(デリバティブ取引関係)」をご参照ください。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)

                                                   (単位:百万円)
             区分               2017年3月31日                  2017年9月30日

           非上場株式                           201                  201

            出資金                          291                  430

          関係会社出資金                            581                  634

             合計                         1,075                  1,266

        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)有価証券」には
       含めておりません。
                                  38/120





                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (有価証券関係)
     1.その他有価証券

       前連結会計年度(2017年3月31日)
                     連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
           区分
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
        信託受益権
                             8,953             8,842              110
     中間連結貸借対照表計上額が

                               ―             ―             ―
     取得原価を超えないもの
           合計                  8,953             8,842              110
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額201百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                    中間連結貸借対照表計上額                 取得原価              差額
           区分
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
     中間連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
        信託受益権
                             8,874             8,741              132
     中間連結貸借対照表計上額が
                               ―             ―             ―
     取得原価を超えないもの
           合計                  8,874             8,741              132
      (注) 非上場株式(中間連結貸借対照表計上額201百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
         て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  39/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

       (1)金利関連
        前連結会計年度(2017年3月31日)
                                  契約額等の
                          契約額等                  時価        評価損益
                 種類                 うち1年超
                         (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
             金利スワップ取引
      市場取引
              受取固定・支払変動               361,000         266,000          5,772         5,772
      以外の取引
              受取変動・支払固定               361,518         266,518           64         64
             合計               722,518         532,518          5,837         5,837
      (注) 時価は、割引現在価値等により算定しております。
        当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                                  契約額等の
                          契約額等                  時価        評価損益
                 種類                 うち1年超
                         (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
             金利スワップ取引
      市場取引
              受取固定・支払変動               331,000         253,000          5,044         5,044
      以外の取引
              受取変動・支払固定               331,518         253,518          △25         △25
             合計               662,518         506,518          5,019         5,019
      (注) 時価は、割引現在価値等により算定しております。
                                  40/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       (1)金利関連
        前連結会計年度(2017年3月31日)
                                          契約額等のうち
      ヘッジ会計         デリバティブ           主なヘッジ         契約額等                  時価
                                            1年超
       の方法        取引の種類等            対象       (百万円)                 (百万円)
                                           (百万円)
             金利スワップ取引
                           社債
       原則的
              受取固定・支払変動                        4,000         4,000          144
      処理方法
                           借入金
              受取変動・支払固定                        7,000         5,000         △15
             金利スワップ取引
     金利スワップ                      社債
      の特例処理                     借入金
              受取固定・支払変動                        71,000         31,000          393
                 合計                    82,000         40,000          522
      (注) 時価は、割引現在価値等により算定しております。
        当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                                          契約額等のうち
      ヘッジ会計         デリバティブ           主なヘッジ         契約額等                  時価
                                            1年超
       の方法        取引の種類等            対象       (百万円)                 (百万円)
                                           (百万円)
             金利スワップ取引
                           社債
       原則的
              受取固定・支払変動                        29,000         29,000          203
      処理方法
                           借入金
              受取変動・支払固定                        5,000         5,000          △8
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                           借入金
      の特例処理
              受取固定・支払変動                        72,500         72,500         △114
                 合計                   106,500         106,500           80
      (注) 時価は、割引現在価値等により算定しております。
                                  41/120












                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (ストック・オプション等関係)
        該当事項はありません。
       (企業結合等関係)

        該当事項はありません。
       (資産除去債務関係)

        金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

        該当事項はありません。
                                  42/120

















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】

     1.報告セグメントの概要

        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
       経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、トヨタ製品(自動車・住宅)等の製造・販売に関係する企業を直接の顧客とした各種事業を行
       う「販売金融事業」とTSキュービックカード等のクレジットカード会員資格を前提とした各種事業を行う「クレ
       ジットカード事業」とに区分管理し、事業を展開しております。
        従って当社グループは、「販売金融事業」及び「クレジットカード事業」の2事業を報告セグメントとしており
       ます。
        「販売金融事業」セグメントは、融資取引(販売店向け事業資金・個人向け住宅ローン資金)、個別信用購入
       あっせん取引、信用保証取引、リース取引等から構成されております。
        「クレジットカード事業」セグメントは、包括信用購入あっせん取引(ショッピング)、融資取引(カードロー
       ン・キャッシング)等から構成されております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
       における記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、経常利益ベースの数値であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                  43/120












                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
       前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)

                                                  (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                    中間連結財務
                                             調整額
                                                    諸表計上額
                             クレジット
                    販売金融事業                  計
                             カード事業
     売上高
                        45,119        32,967        78,086                78,086

       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                        45,119        32,967        78,086                78,086
            計                                      ―
                        11,398         894      12,293                12,293

     セグメント利益                                            ―
                      1,065,077         429,326       1,494,404          3,618      1,498,023

     セグメント資産
     その他の項目

                        1,672         771       2,443                2,443

       減価償却費                                            ―
                        6,006        4,335       10,341                10,341

       受取利息                                            ―
                        1,047          1      1,049                1,049

       支払利息                                            ―
                                 20        20                20

       持分法投資損失                     ―                       ―
                                 545        545                545

       持分法適用会社への投資額                     ―                       ―
       有形固定資産及び
                        1,393         285       1,678                1,678
                                                  ―
       無形固定資産の増加額
      (注)   1.セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。
        2.受取利息は、営業収益の金融資産に係る融資収益・顧客手数料等と営業外収益の受取利息を合算して表示し
          ております。
        3.ファイナンス・リース取引における収益・費用の計上基準は、リース料受取時に売上高と売上原価を計上し
          ているため、受取利息は、ファイナンス・リース取引に係る受取利息を除いて表示しております。
        4.持分法を適用しているJMPC有限責任事業組合の会計処理は、損益項目の持分相当額を中間連結損益計算書へ
          計上しておりますが、その収益と費用の純額を持分法投資損失として表示しております。
                                  44/120









                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
                                                  (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                    中間連結財務
                                             調整額
                                                    諸表計上額
                             クレジット
                    販売金融事業                  計
                             カード事業
     売上高
                        47,256        34,442        81,698                81,698

       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                        47,256        34,442        81,698                81,698
            計                                      ―
                        10,555        1,276       11,831                11,831

     セグメント利益                                            ―
                      1,137,215         454,512       1,591,728          3,971      1,595,699

     セグメント資産
     その他の項目

                        1,718         931       2,650                2,650

       減価償却費                                            ―
                        6,305        4,269       10,575                10,575

       受取利息                                            ―
                         797        93       890                890

       支払利息                                            ―
      持分法投資利益                           52        52                52

                          ―                       ―
                                 634        634                634

       持分法適用会社への投資額                     ―                       ―
       有形固定資産及び
                        1,001         158       1,160                1,160
                                                  ―
       無形固定資産の増加額
      (注)   1.セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない現金及び預金であります。
        2.受取利息は、営業収益の金融資産に係る融資収益・顧客手数料等と営業外収益の受取利息を合算して表示し
          ております。
        3.ファイナンス・リース取引における収益・費用の計上基準は、リース料受取時に売上高と売上原価を計上し
          ているため、受取利息は、ファイナンス・リース取引に係る受取利息を除いて表示しております。
        4.持分法を適用しているJMPC有限責任事業組合の会計処理は、損益項目の持分相当額を中間連結損益計算書へ
          計上しておりますが、その収益と費用の純額を持分法投資利益として表示しております。
        5.クレジットカード事業に含まれるクレジットカード制度について、2017年4月1日に運営主体となる地位を
          トヨタ自動車株式会社他2社より承継し、クレジットカード会員が保有するポイントに対する還元債務を引
          き受けました。
        6.販売金融事業に含まれる設備機器リースについて、2017年4月1日にリース契約上の地位を譲渡しました。
                                  45/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     【関連情報】
     Ⅰ.前中間連結会計期間(自               2016年4月1日         至   2016年9月30日)
     1.サービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
         本邦の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の営業収益(売上高)の90%を超えるため、記載を省略してお
        ります。
     (2) 有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の営業収益(売上高)の10%以上を占める相手先がないため、記
       載はありません。
     Ⅱ.当中間連結会計期間(自               2017年4月1日         至   2017年9月30日)

     1.サービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
         本邦の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の営業収益(売上高)の90%を超えるため、記載を省略してお
        ります。
     (2) 有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の営業収益(売上高)の10%以上を占める相手先がないため、記
       載はありません。
                                  46/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
                                  47/120


















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであ

       ります。
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
     (1) 1株当たり純資産額                                876,751円34銭              917,992円68銭
      (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(百万円)                                   164,390              172,123

      純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                       ―              ―

      普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額(百万円)                                   164,390              172,123

      普通株式の発行株式数(株)                                   187,500              187,500

      普通株式の自己株式数(株)                                       ―              ―

      1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                         187,500              187,500
      中間期末(期末)の普通株式の数(株)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間

                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2016年9月30日)              至 2017年9月30日)
     (2) 1株当たり中間純利益金額                                 45,067円26銭              43,437円96銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する中間純利益金額(百万円)                                    8,450              8,144

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―              ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          8,450              8,144
      中間純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                   187,500              187,500
      (注) 潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

                                  48/120









                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (重要な後発事象)
      1.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第79回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた
       しました。その概要は次のとおりであります。
       (1)   発行総額
        25,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2020年10月23日
       (5)   利率
        年0.030%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
      2.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第80回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた

       しました。その概要は次のとおりであります。
       (1)   発行総額
        20,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円 
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2022年10月24日
       (5)   利率
        年0.070%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
      3.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第81回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた

       しました。その概要は次のとおりであります。
                                  49/120


                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (1)   発行総額
        10,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円 
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2027年10月22日
       (5)   利率
        年0.265%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
                                  50/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  【その他】
        該当事項はありません。
                                  51/120




















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  【中間財務諸表等】
      (1)  【中間財務諸表】
       ①【中間貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度             当中間会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          3,495              2,855
         現金及び預金
                                      ※2 , ※3  762,380           ※2 , ※3  803,057
         営業貸付金
                                       ※4  557,475            ※4  569,406
         割賦売掛金
                                          2,733              2,583
         リース債権
                                         114,862              113,162
         リース投資資産
                                          8,953              8,874
         有価証券
                                           808              706
         たな卸資産
                                          57,600              54,460
         その他
                                         △ 6,395             △ 6,692
         貸倒引当金
                                        1,501,913              1,548,415
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          1,684              1,435
           賃貸資産(純額)
                                          1,399              1,369
           社用資産(純額)
                                          3,083              2,804
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                 13,479              12,095
                                          17,780              17,623
         投資その他の資産
                                          34,344              32,523
         固定資産合計
                                        1,536,258              1,580,938
       資産合計
                                  52/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         125,686              113,568
         買掛金
                                         261,441              294,284
         短期借入金
                                         84,600              72,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         40,000              30,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         124,999              115,000
         1年内償還予定の社債
                                           13              15
         リース債務
                                          1,745              1,409
         賞与引当金
                                           74              33
         役員賞与引当金
                                                      ※7  23,296
                                          2,370
         ポイント引当金
                                          4,928              5,193
         債務保証損失引当金
                                           16               7
         利息返還損失引当金
                                            0              0
         資産除去債務
                                                      ※1  40,569
                                         45,409
         その他
         流動負債合計                                691,284              695,378
       固定負債
                                         324,997              329,998
         社債
                                         347,500              375,000
         長期借入金
                                           21              32
         リース債務
                                          6,295              6,601
         退職給付引当金
                                           65              75
         役員退職慰労引当金
                                           33              14
         利息返還損失引当金
                                           456              477
         資産除去債務
                                           597              548
         その他
                                         679,967              712,747
         固定負債合計
                                        1,371,252              1,408,126
       負債合計
                                  53/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度             当中間会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                          16,500              16,500
         資本金
         資本剰余金
                                          13,500              13,500
           資本準備金
                                          13,500              13,500
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                            750              750
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                            85
             固定資産圧縮積立金                                              -
                                         112,145              129,145
             別途積立金
                                          17,857               9,200
             繰越利益剰余金
                                         130,838              139,095
           利益剰余金合計
                                         160,838              169,095
         株主資本合計
       評価・換算差額等
         その他有価証券評価差額金                                   66              96
                                          4,100              3,621
         繰延ヘッジ損益
                                          4,166              3,717
         評価・換算差額等合計
                                         165,005              172,812
       純資産合計
                                        1,536,258              1,580,938
      負債純資産合計
                                  54/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ②【中間損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      営業収益
                                          2,881              2,622
       融資収益
                                       ※1  74,693            ※1  78,364
       その他
                                         77,574              80,986
       営業収益合計
      営業費用
                                        ※5  1,483            ※5  1,473
       金融費用
                                      ※2 , ※4  65,355           ※2 , ※4  69,214
       その他
                                         66,839              70,687
       営業費用合計
                                         10,735              10,298
      営業利益
                                        ※3  1,545            ※3  1,627
      営業外収益
                                           26              33
      営業外費用
                                         12,254              11,892
      経常利益
                                         12,254              11,892
      税引前中間純利益
                                        ※6  3,795            ※6  3,636
      法人税等
                                          8,459              8,256
      中間純利益
                                  55/120














                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ③【中間株主資本等変動計算書】
      前中間会計期間(自         2016年4月1日 至          2016年9月30日)
                             (単位:百万円)
                        株主資本
                           資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      資本剰余金合計
                   16,500       13,500       13,500

     当期首残高
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   16,500       13,500       13,500
     した当期首残高
     当中間期変動額
      中間純利益
      固定資産圧縮積立金
      の取崩
      別途積立金の積立
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額合計                ―       ―       ―
                   16,500       13,500       13,500
     当中間期末残高
                                   株主資本

                               利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                    株主資本合計
                利益準備金                            利益剰余金合計
                       固定資産圧縮
                               別途積立金      繰越利益剰余金
                         積立金
                    750       102      96,145       16,726       113,724       143,724
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                          32       32       32
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                    750       102      96,145       16,759       113,757       143,757
     した当期首残高
     当中間期変動額
                                         8,459       8,459       8,459
      中間純利益
      固定資産圧縮積立金
                            ―              ―       ―       ―
      の取崩
                                 16,000      △ 16,000
      別途積立金の積立                                            ―       ―
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                                 16,000       △ 7,540       8,459       8,459
     当中間期変動額合計                ―       ―
                    750       102      112,145        9,219      122,217       152,217
     当中間期末残高
                                  56/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                    (単位:百万円)
                      評価・換算差額等
                                      純資産合計
                その他有価証券              評価・換算差額等
                       繰延ヘッジ損益
                評価差額金                合計
                     3      3,927       3,931      147,656
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                          32
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                     3      3,927       3,931      147,689
     した当期首残高
     当中間期変動額
      中間純利益                                   8,459
      固定資産圧縮積立金
                                           ―
      の取崩
      別途積立金の積立                                     ―
      株主資本以外の項目
                    107      △ 139       △ 31      △ 31
      の当中間期変動額
      (純額)
                    107      △ 139       △ 31      8,427
     当中間期変動額合計
     当中間期末残高               111      3,788       3,899      156,116
                                  57/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      当中間会計期間(自         2017年4月1日 至          2017年9月30日)
                             (単位:百万円)
                        株主資本
                           資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      資本剰余金合計
                   16,500       13,500       13,500

     当期首残高
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   16,500       13,500       13,500
     した当期首残高
     当中間期変動額
      中間純利益
      固定資産圧縮積立金
      の取崩
      別途積立金の積立
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額合計                ―       ―       ―
                   16,500       13,500       13,500
     当中間期末残高
                                   株主資本

                               利益剰余金
                              その他利益剰余金
                                                    株主資本合計
                利益準備金                            利益剰余金合計
                       固定資産圧縮
                               別途積立金      繰越利益剰余金
                         積立金
                    750        85     112,145        17,857       130,838       160,838
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                           ―       ―       ―
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                    750        85     112,145        17,857       130,838       160,838
     した当期首残高
     当中間期変動額
                                         8,256       8,256       8,256
      中間純利益
      固定資産圧縮積立金
                           △ 85              85
                                                  ―       ―
      の取崩
                                 17,000      △ 17,000
      別途積立金の積立                                            ―       ―
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                           △ 85      17,000       △ 8,657       8,256       8,256
     当中間期変動額合計                ―
                    750             129,145        9,200      139,095       169,095
     当中間期末残高                       ―
                                  58/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                    (単位:百万円)
                      評価・換算差額等
                                      純資産合計
                その他有価証券              評価・換算差額等
                       繰延ヘッジ損益
                評価差額金                合計
                     66      4,100       4,166      165,005
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                           ―
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                     66      4,100       4,166      165,005
     した当期首残高
     当中間期変動額
      中間純利益                                   8,256
      固定資産圧縮積立金
                                           ―
      の取崩
      別途積立金の積立                                     ―
      株主資本以外の項目
                     29      △ 479      △ 449      △ 449
      の当中間期変動額
      (純額)
                     29      △ 479      △ 449      7,807
     当中間期変動額合計
     当中間期末残高                96      3,621       3,717      172,812
                                  59/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (重要な会計方針)

     1.資産の評価基準及び評価方法
      (1)  たな卸資産
       ①貯蔵品
        評価基準は原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        a  宣伝印刷物
          総平均法
        b  その他の貯蔵品
          個別法
      (2)  有価証券
       ①子会社株式
        総平均法による原価法
       ②その他有価証券
        時価のあるもの
         中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法
        (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
        時価のないもの
         総平均法による原価法
      (3)  デリバティブ
        時価法
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       ①賃貸資産
        リース期間を償却年数とし、見積処分価額を残存価額とする定額法によっております。
       ②その他
        定率法によっております。
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
       ①ソフトウェア
        主として、社内における利用可能期間(5年又は10年)に基づく定額法によっております。
      (3)  リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                  60/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     3.引当金の計上基準
      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        この他に保証業務から生ずる債権の貸倒れによる損失に備えるため、保証履行に伴う求償債権等未収債権に対す
       る回収不能見込額を過去の貸倒実績率等により見積り、計上しております。
      (2)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計上しておりま
       す。
      (3)  役員賞与引当金
        役員に対して支給する賞与に充てるため、事業年度における支給見込額に基づき、当中間会計期間に見合う分を
       計上しております。
      (4)  ポイント引当金
        特定会員のクレジットカード利用に伴うポイント還元費用の負担に備えるため、会社所定の基準により将来使用
       されると見込まれる金額を計上しております。
      (5)  債務保証損失引当金
        保証業務から生じる損失に備えるため、主たる債務者の債務不履行により将来発生すると見込まれる損失見込額
       を、過去の貸倒実績率等により見積り、計上しております。
      (6)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期間末におい
       て発生していると認められる額を計上しております。
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間による定額法により費用処理しております。
         数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間による定額法により按分した額
        をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
      (7)  役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
      (8)  利息返還損失引当金
        将来の利息返還による損失に備えるため、過去の返還実績及び最近の返還状況を考慮し、当中間会計期間末にお
       ける将来返還見込額を計上しております。
     4.収益及び費用の計上基準

      (1)  融資
        融資元本残高に対して所定の料率で手数料を算出し、期間経過基準で手数料算出額を収益に計上しております。
      (2)  個別信用購入あっせん
        手数料総額を債権残高の積数で按分し、期日到来の都度積数按分額を収益に計上しております。
      (3)  信用保証
        保証料総額を保証債権残高の積数で按分し、期日到来の都度積数按分額を収益に計上しております。
      (4)  包括信用購入あっせん
        顧客手数料は主に回収期限到来基準(残債方式)により収益を計上、加盟店手数料は精算確定時に一括して収益
       を計上しております。
      (5)  リース
       ①ファイナンス・リース
        リース料受取時に売上高と売上原価を計上しております。
       ②オペレーティング・リース
        リース料総額をリース期間に按分し毎月均等額を収益に計上しております。
                                  61/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
      ります。
     6.ヘッジ会計の方法

      (1)  ヘッジ会計の方法
        原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、
       特例処理によっております。
      (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
       ①ヘッジ手段
        デリバティブ取引(金利スワップ)
       ②ヘッジ対象
        借入金及び社債
      (3)  ヘッジ方針
        資金調達に係る金利リスクをヘッジする目的でデリバティブ取引を行っております。
        なお、デリバティブ取引の相手先は、社内でとりきめた格付機関による格付基準を満たす金融機関に限定してお
       ります。
      (4)  ヘッジ有効性評価の方法
       ①事前テスト
        比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
       ②事後テスト
        比率分析
     7.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  出資金の会計処理
        投資事業組合の最近の財産及び損益の状況に基づき、同組合の純資産持分割合に応じて中間貸借対照表上投資そ
       の他の資産として計上し、また同組合の損益項目の持分相当額を中間損益計算書へ計上しております。
      (2)  関係会社出資金の会計処理
        有限責任事業組合の最近の財産及び損益の状況に基づき、同組合の純資産持分に応じて中間貸借対照表上投資そ
       の他の資産として計上し、また同組合の損益項目の持分相当額を中間損益計算書へ計上しております。
      (3)  退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、中間連結財務諸表における
       これらの会計処理の方法と異なっております。
      (4)  消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は税抜方式を採用しており、控除対象外の消費税等については、営業費用のその他に計上し
       ております。但し、固定資産に係る控除対象外の消費税等は、投資その他の資産に含めて計上し、法人税法上の規
       定により均等償却しております。
      (5)  連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
                                  62/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (会計方針の変更)
        該当事項はありません。
       (表示方法の変更)

        該当事項はありません。
       (会計上の見積りの変更)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

        該当事項はありません。
                                  63/120

















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間貸借対照表関係)
     ※1 消費税等の取扱い
        仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
     ※2 不良債権の金額

                               前事業年度                当中間会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         破綻先債権                            56百万円                 57百万円
         延滞債権                            776 〃                 979 〃
         3か月以上延滞債権                            59 〃                234 〃
         貸出条件緩和債権                            27 〃                 27 〃
             合計                            919百万円                1,298百万円
        なお、上記それぞれの概念は次のとおりであります。

        (破綻先債権)
         破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の
        取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸付金(以下「未収利息不計上貸付金」と
        いう。)のうち、法人税法施行令第96条第1項第3号のイからホまでに掲げる事由が生じているもの。
        (延滞債権)
         延滞債権とは、未収利息不計上貸付金のうち、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的と
        して利息の支払を猶予したもの以外のもの。
        (3か月以上延滞債権)
         3か月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が約定支払日の翌日から3か月以上遅延している貸付金のう
        ち、破綻先債権及び延滞債権に該当しないもの。
        (貸出条件緩和債権)
         貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、
        元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸付金のうち、破綻先債権、延滞債権及
        び3か月以上延滞債権に該当しないもの。
     ※3 債権流動化

                               前事業年度                当中間会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         会計上売却処理をした貸付金元本                          28,051百万円                 25,198百万円
         うち、劣後受益権                           2,533 〃                 1,448 〃
                                  64/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     ※4 割賦売掛金の内訳
                               前事業年度                当中間会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         個別信用購入あっせん                          147,868百万円                 151,523百万円
         包括信用購入あっせん                          409,606 〃                 417,882 〃
             合計                          557,475百万円                 569,406百万円
     5 保証債務

                   前事業年度                        当中間会計期間

                 (2017年3月31日)                         (2017年9月30日)
         トヨタ販売店及びレンタリー                         トヨタ販売店及びレンタリー
         ス店等が一般顧客に割賦販売                         ス店等が一般顧客に割賦販売
         等を行うにあたり、当社が販                         等を行うにあたり、当社が販
                         2,823,854百万円                         2,967,259百万円
         売店及びレンタリース店等に                         売店及びレンタリース店等に
         対して保証業務として債務保                         対して保証業務として債務保
         証するもの    410社                         証するもの    415社
     6 当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る貸出未実行残高

                               前事業年度                当中間会計期間

                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         貸出未実行残高                         2,619,290百万円                 2,702,003百万円
       なお、上記当座貸越契約及び貸出コミットメントにおいては、信用状態等に関する審査を貸出の条件としているも

      のが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
     

       主体となる地位を承継し、クレジット会員が保有するポイントに対する還元債務を引き受けた結果、増加しており
       ます。
                                  65/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間損益計算書関係)
     ※1 営業収益その他の内訳
                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         個別信用購入あっせん                           2,333百万円                 2,577百万円
         信用保証                          16,870 〃                 18,801 〃
         包括信用購入あっせん                          24,724 〃                 25,903 〃
         リース                          20,872 〃                 20,704 〃
         その他                           9,892 〃                10,375 〃
     ※2 営業費用その他のうち主なもの

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         リース原価                          19,162百万円                 19,539百万円
         支払手数料                          13,439 〃                 7,619 〃
         人件費                           7,586 〃                 7,636 〃
         電算機費                           5,779 〃                 6,823 〃
         貸倒引当金繰入額                           3,444 〃                 4,181 〃
         ポイント引当金繰入額                           1,646 〃                 9,097 〃
     ※3 営業外収益のうち主なもの

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         受取利息及び受取配当金                            391百万円                 504百万円
         償却債権取立益                            857 〃                 801 〃
         受取督促手数料                            280 〃                 298 〃
     ※4 減価償却実施額

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         有形固定資産
          ①リース原価
                                    680百万円                 672百万円
          ②減価償却費                           155 〃                 135 〃
         無形固定資産                           1,634 〃                 1,836 〃
             合計                           2,470百万円                 2,644百万円
                                  66/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     ※5 金融費用のうち主なもの
                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         支払利息                            855百万円                 461百万円
         社債利息                           1,672百万円                  195百万円
        なお、支払利息のうちスワップ支払利息とスワップ受取利息、社債利息のうちスワップ支払利息とスワップ受取

       利息は相殺して表示しており、内訳は以下のとおりであります。
                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                            (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                             至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
         相殺表示している支払利息の内訳
           スワップ支払利息                            515百万円                 339百万円
           スワップ受取利息                            707 〃                 518 〃
         相殺表示している社債利息の内訳
           スワップ支払利息                            27百万円                 10百万円
           スワップ受取利息                           1,447 〃                  619 〃
     㯿ᘰNⶕ鍏᪊ࡧᾕ錰欰䨰儰譺ຑ톌뭵⠰欰搰䴰縰地昰漰ż⅏뽬픰欰蠰誊ࡻ霰地昰䐰謰弰脰Ŭ핎멺๻䦊뽥璘䴰漰౬핎멺

       等」に含めて表示しております。
                                  67/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (有価証券関係)
       子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載して

      おりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)は
      以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
             区分               2017年3月31日                  2017年9月30日

     子会社株式                                2,869                  2,869

             合計                         2,869                  2,869

      (注)関係会社出資金については、「(1)                    中間連結財務諸表の注記事項(金融商品関係)」をご参照ください。
       (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
                                  68/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
        (重要な後発事象)
      1.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第79回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた
       しました。その概要は次のとおりであります。
       (1)   発行総額
        25,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2020年10月23日
       (5)   利率
        年0.030%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
      2.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第80回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた

       しました。その概要は次のとおりであります。
       (1)   発行総額
        20,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円 
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2022年10月24日
       (5)   利率
        年0.070%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
      3.当社は、2017年9月11日開催の取締役会決議により、第81回無担保普通社債(社債間限定同等特約付)を発行いた

       しました。その概要は次のとおりであります。
                                  69/120


                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (1)   発行総額
        10,000,000,000円
       (2)    発行価格
        額面100円につき金100円 
       (3)   払込期日
        2017年10月24日
       (4)   償還期限
        2027年10月22日
       (5)   利率
        年0.265%
       (6)   資金の使途
        2017年12月末日までに償還期日が到来する社債の償還資金及び2017年12月末日までに返済期日が到来する借入金
       の返済資金の一部に充当する予定であります。
       (7)   担保
        無担保
         ただし、本社債はトヨタ自動車株式会社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日
        付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2および当社とトヨタファイナンシャルサービス
        株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメント(2002年11月1日付覚書にて一部変
        更)上の利益を享受します。
       (8)   その他重要な事項
        該当事項はありません。
                                  70/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  【その他】
        該当事項はありません。
                                  71/120




















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第6   【提出会社の参考情報】

      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

      (1) 有価証券報告書及びその添付書類
        事業年度 第29期(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)2017年6月29日東海財務局長に提出。
      (2)  発行登録追補書類及びその添付書類

        2017年4月14日東海財務局長に提出。
        2017年7月14日東海財務局長に提出。
        2017年10月13日東海財務局長に提出。
      (3)  訂正発行登録書

        2017年4月3日関東財務局長に提出。
        2017年6月15日関東財務局長に提出。
        2017年6月23日関東財務局長に提出。
        2017年6月26日関東財務局長に提出。
        2017年8月10日関東財務局長に提出。
        2017年11月13日関東財務局長に提出。
                                  72/120














                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

     第1【保証会社情報】

      該当事項はありません。

                                  73/120


















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第2【保証会社以外の会社の情報】
     1  【当該会社の情報の開示を必要とする理由】

       当社の第15回から第81回までの無担保社債(社債間限定同等特約付)は、トヨタ自動車株式会社とトヨタファイナン
      シャルサービス株式会社との間の2000年10月2日付サプリメンタル・クレジット・サポート・アグリーメントNo.2お
      よび当社とトヨタファイナンシャルサービス株式会社との間の2000年10月2日付クレジット・サポート・アグリーメ
      ント(2002年11月1日付覚書にて一部変更)上の利益を享受しているため、当該会社の情報の開示を行います。
      <対象となっている社債>

       提出日現在(2017年12月18日現在)
                                               上場金融商品取引所名

                                    発行価額の総額
          有価証券の名称               発行年月日                     又は登録認可金融商品
                                     (百万円)
                                                 取引業協会名
        トヨタファイナンス株式会社
          第15回無担保社債
                        2005年8月22日                 9,996         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第17回無担保社債
                        2005年10月26日                 9,994         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第38回無担保社債
                        2008年12月12日                 9,999         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第51回無担保社債
                        2012年10月26日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第53回無担保社債
                        2013年4月26日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第54回無担保社債
                        2013年4月26日                 10,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第58回無担保社債
                        2013年10月21日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第60回無担保社債
                        2014年4月25日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第61回無担保社債
                        2014年10月24日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第62回無担保社債
                        2014年10月24日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第63回無担保社債
                        2015年4月27日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第64回無担保社債
                        2015年4月27日                 30,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第65回無担保社債
                        2015年7月17日                 10,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第66回無担保社債
                        2015年7月17日                 10,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第67回無担保社債
                        2015年10月26日                 25,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
                                  74/120




                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                               上場金融商品取引所名

                                    発行価額の総額
          有価証券の名称               発行年月日                     又は登録認可金融商品
                                     (百万円)
                                                 取引業協会名
        トヨタファイナンス株式会社
          第68回無担保社債
                        2015年10月26日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第69回無担保社債
                        2016年4月26日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第70回無担保社債
                        2016年4月26日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第71回無担保社債
                        2016年6月14日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第72回無担保社債
                        2016年10月25日                 25,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第73回無担保社債
                        2016年10月25日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第74回無担保社債
                        2017年4月25日                 25,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第75回無担保社債
                        2017年4月25日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第76回無担保社債
                        2017年7月25日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第77回無担保社債
                        2017年7月25日                 10,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第78回無担保社債
                        2017年7月25日                 15,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第79回無担保社債
                        2017年10月24日                 25,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第80回無担保社債
                        2017年10月24日                 20,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
        トヨタファイナンス株式会社
          第81回無担保社債
                        2017年10月24日                 10,000         非上場
        (社債間限定同等特約付)
                                  75/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  【継続開示会社たる当該会社に関する事項】
      (1)  【当該会社が提出した書類】
        当該会社であるトヨタ自動車株式会社の、直近の事業年度に係る書類の提出実績は以下のとおりであります。
       ①  【有価証券報告書及びその添付書類又は四半期報告書若しくは半期報告書】

         四半期報告書 第114期第2四半期(自                  2017年7月1日        至  2017年9月30日)        2017年11月13日関東財務局長に提
         出。
       ②  【臨時報告書】

         該当事項はありません。
       ③  【訂正報告書】

         該当事項はありません。
      (2)  【上記書類を縦覧に供している場所】

        トヨタ自動車株式会社           本社
         (豊田市トヨタ町1番地)
        株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
        株式会社名古屋証券取引所
         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
        証券会員制法人福岡証券取引所
         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
        証券会員制法人札幌証券取引所
         (札幌市中央区南一条西五丁目14番地の1)
     3  【継続開示会社に該当しない当該会社に関する事項】

       会社名・代表者の役職氏名及び本店所在地の場所
         会社名      トヨタファイナンシャルサービス株式会社
         代表者の役職氏名 取締役社長  犬塚 力
         本店の所在の場所 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
                                  76/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第1   企業の概況
     1  主要な経営指標等の推移

      (1)  最近3中間連結会計期間及び最近2連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次           第16期中       第17期中       第18期中        第16期       第17期

                       自  2015年      自  2016年      自  2017年      自  2015年      自  2016年
                        4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
           会計期間
                       至  2015年      至  2016年      至  2017年      至  2016年      至  2017年
                        9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
     売上高            (百万円)        940,643       866,080       967,076      1,880,183       1,812,554
     経常利益            (百万円)        161,364       147,209       144,001       330,190       215,447

     親会社株主に帰属する
                 (百万円)        109,839        97,895       96,223       232,719       148,687
     中間(当期)純利益
     中間包括利益又は
                 (百万円)        62,360      △94,102        140,711        82,594       117,191
     包括利益
     純資産額            (百万円)      2,153,532       2,079,142       2,433,307       2,173,667       2,291,850
     総資産額            (百万円)      22,500,397       19,588,943       23,118,384       21,379,657       22,188,626

     1株当たり純資産額             (円)    1,359,678.10       1,312,599.97       1,532,742.04       1,372,219.52       1,444,732.41

     1株当たり中間(当期)純
                  (円)     69,939.35       62,334.22       61,269.41       148,181.83        94,674.94
     利益金額
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     り中間(当期)純利益金額
     自己資本比率             (%)         9.5       10.5       10.4       10.1       10.2
     営業活動による
                 (百万円)           ―       ―       ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (百万円)           ―       ―       ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (百万円)           ―       ―       ―       ―       ―
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (百万円)           ―       ―       ―       ―       ―
     中間期末(期末)残高
     従業員数
                          9,635       9,994       10,374        9,670       10,172
                  (人)
                         (1,522)       (1,497)       (1,477)       (1,536)       (1,548)
     (外、平均臨時雇用者数)
      (注)   1  売上高は消費税等を含まない。
        2  潜在株式が存在しないため、潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額を記載していない。
        3  中間連結キャッシュ・フロー計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書については記載を省略しているた
          め、「営業活動によるキャッシュ・フロー」、「投資活動によるキャッシュ・フロー」、「財務活動による
          キャッシュ・フロー」及び「現金及び現金同等物の中間期末(期末)残高」を記載していない。
                                  77/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  トヨタファイナンシャルサービス株式会社の最近3中間会計期間及び最近2事業年度に係る主要な経営指標等の
       推移
            回次           第16期中       第17期中       第18期中        第16期       第17期

                       自  2015年      自  2016年      自  2017年      自  2015年      自  2016年
                        4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
           会計期間
                       至  2015年      至  2016年      至  2017年      至  2016年      至  2017年
                        9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
     売上高            (百万円)        32,225       28,237       50,931       41,846       39,854
     経常利益            (百万円)        26,518       22,448       45,980       30,975       28,947

     中間(当期)純利益            (百万円)        23,070       20,057       42,257       27,192       26,160

     資本金            (百万円)        78,525       78,525       78,525       78,525       78,525

     発行済株式総数             (株)     1,570,500       1,570,500       1,570,500       1,570,500       1,570,500

     純資産額            (百万円)        553,046       574,790       623,915       556,311       581,408

     総資産額            (百万円)        561,338       580,937       632,069       562,541       589,136

     1株当たり配当額             (円)          ―       ―       ―       ―       ―

     自己資本比率             (%)        98.5       98.9       98.7       98.9       98.7

     従業員数
                           83       79       70       86       79
                  (人)
                           (17)       (18)       (16)       (17)       (18)
     (外、平均臨時雇用者数)
      (注)   1  売上高は消費税等を含まない。
        2  中間連結財務諸表を作成しており、中間財務諸表に1株当たり純資産額、1株当たり中間純利益金額及び潜
          在株式調整後1株当たり中間純利益金額を注記していないため、1株当たり純資産額、1株当たり中間(当
          期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額の記載を省略している。
                                  78/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  事業の内容
      (1)  主な事業内容の変更
        当中間連結会計期間において、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下、TFS)グループ(TFS、
       TFSの国内外連結子会社及び関連会社)が営む事業の内容について、重要な変更はない。
      (2)  主要な関係会社の異動

        主要な関係会社の異動については、「3                   関係会社の状況」に記載している。
     3  関係会社の状況

        当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はない。
     4  従業員の状況

      (1)  連結会社の状況
                                               2017年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
      日本                                          1,919

      北米                                          3,452

      オーストラリア                                           709

      その他                                          4,224

      全社(共通)                                           70

                 合計                              10,374(1,477)

      (注)   1  従業員数については、就業人員(TFSグループからグループ外への出向者を除き、グループ外からTFSグ
          ループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、
          当中間連結会計期間の平均人員を(                  )内に外数で記載している。
        2  全社(共通)は、TFSに所属している従業員である。
      (2)  トヨタファイナンシャルサービス株式会社の状況

                    2017年9月30日現在
        従業員数(人)                 70(16)
      (注)  従業員数については、就業人員(TFSから社外への出向者を除き、社外からTFSへの出向者を含む。)で
          あり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員を含む。)は、当中間会計期間の平均人員を(                                            )内に外数で記
          載している。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合との間に特記すべき事項はない。
                                  79/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第2   事業の状況
     1  業績等の概要

       当中間連結会計期間のわが国経済は、設備投資や雇用・所得環境の改善に伴う個人消費の持ち直しなどにより緩や

      かに拡大した。海外では、米国経済は、家計支出を中心に着実な回復が続き、また、欧州経済も緩やかに回復した。
      中国経済は、各種政策効果もあり持ち直しの動きが続いた。その他の新興国・資源国経済も、輸出の回復や資源価格
      の底入れなどから、全体として持ち直している。
       金融市場では、日・米の長期金利は概ね横ばい圏で推移、欧州の長期金利は小幅上昇した。地政学リスクへの警戒

      などを背景に主要国金利は低下する局面もあったが、ECBの金融緩和縮小観測が金利上昇圧力となった。株式市場
      では、堅調な企業業績から日・米・欧の株価は上昇した。為替市場では、日本円は米ドルに対して概ね横ばい、ユー
      ロに対し円安となった。米国政権の経済政策運営に対する不透明感が米ドル安方向に、FRBの利上げ継続姿勢が米
      ドル高方向に作用した。
       このような環境下、TFSグループでは、トヨタ・レクサス車の販売支援を通じてトヨタグループ全体の企業価値

      向上に貢献するためには、「年輪的成長」の実現、「未来への挑戦」が不可欠と考えている。「年輪的成長」に向け
      た真の競争力強化としては、魅力的な商品・サービスの提供の他、財務の健全性向上など事業基盤の整備に取組んで
      きた。「未来への挑戦」としては、トヨタのビジョンである安全・安心・便利なモビリティ社会の構築に向けて、テ
      レマティクス保険やカーシェア・ライドシェアなどの将来を見据えた新たな金融サービスの取組みを強化した。ま
      た、TFSグループは、トヨタ自動車との一体経営・グループガバナンスを実現する日本本社に加え、グループの知
      見、先端の金融サービスが集積する米国に本社機能を設置し、お客様本位の金融サービスをグループ全体で提供でき
      る体制を構築している。
       トヨタ・レクサス車の販売支援として、残価設定型ローンなど、お客様のニーズに沿った商品・サービスの拡充に

      努めるとともに、金融商品の活用を通じたお客様との関係深化にも取組んだ。また、バリューチェーンの深化とし
      て、ディストリビューターや販売店と連携し、中古車・保険など車周りのビジネスも推進した。
       これらの活動の結果、北米、オーストラリアなどで業容が拡大した。また、新車融資シェアは約35%、新車融資件数
      は約142万件と、トヨタ・レクサス車の販売に貢献した。
       今後も、トヨタ自動車の販売戦略の一翼を持続的に担っていくため、健全なオペレーション体制及び強固な財務体
      質の構築に取組んでいく。
       以上の結果、当中間連結会計期間のTFSグループの業績は、売上高は9,670億円(前年同期比1,009億円増)となっ

      たが、デリバティブ関連損益の影響などにより、営業利益は1,288億円(同49億円減)、経常利益は1,440億円(同32億円
      減)、親会社株主に帰属する中間純利益は962億円(同16億円減)となった。
       また、セグメントの業績は、次のとおりである。

      ①日本
        売上高は800億円と前中間連結会計期間に比べて34億円の増収となったが、販売費及び一般管理費の増加などによ
       り、営業利益は108億円と3億円の減益となった。
      ②北米

        売上高は6,753億円と前中間連結会計期間に比べて701億円の増収となったが、デリバティブ関連損益の影響など
       により、営業利益は635億円と154億円の減益となった。
      ③オーストラリア

        売上高は486億円と前中間連結会計期間に比べて42億円の増収となり、デリバティブ関連損益の影響などにより、
       営業利益は112億円と59億円の増益となった。
      ④その他

                                  80/120


                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
        売上高は1,630億円と前中間連結会計期間に比べて231億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益
       は475億円と48億円の増益となった。
       (注)   上記の金額には消費税等を含まない。

                                  81/120



















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  営業実績
       当中間連結会計期間の営業実績をセグメントごとに示すと、以下のとおりである。
      (1)  取扱残高
              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)
      日本                                    1,493,069             6.6
      北米                                    13,381,822              16.1
      オーストラリア                                    1,429,659             27.2
      その他                                    4,437,978             28.4
                 合計                        20,742,530              18.5
      (注)   1  セグメント間取引については相殺消去している。
        2  上記取扱残高は営業債権、リース債権及びリース投資資産、賃貸資産の中間期末残高を記載している。
        3  上記の金額には消費税等は含まない。
      (2)  売上高実績

              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)
      日本                                      80,061            4.5
      北米                                     675,349            11.6
      オーストラリア                                      48,644            9.5
      その他                                     163,021            16.6
                 合計                          967,076            11.7
      (注)   1  セグメント間取引については相殺消去している。
        2  上記の金額には消費税等は含まない。
     3  経営方針、経営環境及び対処すべき課題等

       当中間連結会計期間において、TFSグループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等について、重要な変更
      はない。
     4  事業等のリスク

       当中間連結会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の
      判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」
      について、重要な変更はない。
     5  経営上の重要な契約等

       該当事項はない。
     6  研究開発活動

       該当事項はない。
                                  82/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     7  財政状態及び経営成績の分析
       (1)  重要な会計方針及び見積り
        TFSグループの中間連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成して
       いる。この中間連結財務諸表の作成に当たっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債、収益・費用
       の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要としている。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績や
       現状を勘案し合理的に判断しているが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は、これらの見積りと異な
       る場合がある。
        TFSグループの中間連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                                   経理の状況      1  中間連結財務諸表等
       注記事項     中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載している。
       (2)  財政状態

        当中間連結会計期間末の総資産は23兆1,183億円と、前連結会計年度末に比べて9,297億円の増加となった。流動
       資産は7,577億円増加して17兆5,834億円、固定資産は1,719億円増加して5兆5,348億円となった。流動資産の増加
       は営業債権、リース債権及びリース投資資産の増加などによるものであり、固定資産の増加は賃貸資産の増加など
       によるものである。
        当中間連結会計期間末の負債合計は20兆6,850億円と、前連結会計年度末に比べて7,883億円の増加となった。流
       動負債は2,912億円増加して9兆9,299億円、固定負債は4,970億円増加して10兆7,551億円となった。流動負債の増
       加は短期借入金、1年以内償還予定の社債の増加などによるものであり、固定負債の増加は社債、長期借入金の増
       加などによるものである。
        当中間連結会計期間末の純資産合計は2兆4,333億円と、前連結会計年度末に比べて1,414億円の増加となった。
       この増加は利益剰余金、為替換算調整勘定の増加などによるものである。
       (3)  経営成績

        「1   業績等の概要」を参照。
     第3   設備の状況

     1  主要な設備の状況

        リース終了に伴い通常行われる資産の除却または売却を除き、当中間連結会計期間において主要な設備に重要な
       異動はない。
     2  設備の新設、除却等の計画

        当中間連結会計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書に記載されている当連結会計年度における賃貸
       資産の設備投資計画額は、北米セグメントにおける計画の見直し等により1,977,611百万円に変更された。賃貸資産
       以外の設備投資計画額に重要な変更はない。
        また、当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の除却等の計画はない。
                                  83/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第4   トヨタファイナンシャルサービス株式会社の状況
     1  株式等の状況

      (1)  株式の総数等
       ①  株式の総数
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     4,680,000

                  計                                    4,680,000

       ②  発行済株式

                 中間会計期間末            提出日現在         上場金融商品取引所

         種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                 (2017年9月30日)           (2017年12月18日)           商品取引業協会名
        普通株式             1,570,500           1,570,500         非上場          (注)1,2
         計           1,570,500           1,570,500          ―           ―

      (注)1     単元株制度は採用していない。
         2  株式の譲渡制限に関する規定は次のとおりである。
          TFSの発行する全部の株式について、譲渡による当該株式の取得には、取締役会の承認を要する。
      (2)  新株予約権等の状況

        該当事項はない。
      (3)  行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等

        該当事項はない。
      (4)  ライツプランの内容

        該当事項はない。
      (5)  発行済株式総数、資本金等の状況

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      2017年4月1日~
                    ―      1,570,500        ―       78,525       ―       78,525
       2017年9月30日
                                  84/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (6)  大株主の状況
                                               2017年9月30日現在
                                         所有株式数      発行済株式総数に対する
          氏名又は名称                    住所
                                          (株)     所有株式数の割合(%)
     トヨタ自動車株式会社                愛知県豊田市トヨタ町1番地                    1,570,500              100.00
            計                  ―           1,570,500              100.00

      (7)  議決権の状況

       ①  発行済株式
                                               2017年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,570,500              ─
                         1,570,500
     単元未満株式                     ―          ―              ―
     発行済株式総数                    1,570,500          ―              ―

     総株主の議決権                     ―         1,570,500              ―

       ②  自己株式等

         該当事項はない。
     2  株価の推移

       該当事項はない。
     3  役員の状況

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の異動はない。
                                  85/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第5   経理の状況
     中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

      (1)  TFSの中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
       第24号)に基づき作成している。
      (2)  TFSの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38

       号)に基づき作成している。
      (3)  TFSは、継続開示会社に該当しないため、「企業内容等の開示に関する内閣府令」(昭和48年大蔵省令第5号)

       に基づき、中間連結キャッシュ・フロー計算書の記載を省略している。
                                  86/120
















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     1  中間連結財務諸表等
      (1)  中間連結財務諸表
       ①  中間連結貸借対照表
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度               当中間連結会計期間
                              (2017年3月31日)                (2017年9月30日)
     資産の部

      流動資産
       現金及び預金
                                       289,745                312,720
       営業債権                       ※4,※5          14,271,039          ※4,※5          14,772,838
       リース債権及びリース投資資産
                                      1,171,609                1,357,723
       有価証券
                                       720,108                735,772
       その他
                                       530,361                573,673
       貸倒引当金                               △157,152                △169,229
       流動資産合計
                                     16,825,712                17,583,498
      固定資産
       有形固定資産
        賃貸資産(純額)                      ※4,※5           4,485,848         ※4,※5           4,611,968
        その他                                9,701                10,213
        有形固定資産合計                         ※1        4,495,549            ※1        4,622,181
       無形固定資産
                                       38,910                37,764
       投資その他の資産                                828,453                874,940
       固定資産合計
                                      5,362,913                5,534,885
      資産合計
                                     22,188,626                23,118,384
                                  87/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度               当中間連結会計期間
                              (2017年3月31日)                (2017年9月30日)
     負債の部

      流動負債
       短期借入金                                           ※4           859,307
                                       730,858
       1年以内返済予定の長期借入金                       ※4、※5           1,857,561         ※4、※5           1,732,427
       1年以内償還予定の社債                          ※4        2,199,567            ※4        2,319,284
       コマーシャルペーパー
                                      3,762,251                3,880,562
       その他                               1,088,421                1,138,366
       流動負債合計
                                      9,638,660                9,929,948
      固定負債
       社債                          ※4        6,174,529            ※4        6,521,124
       長期借入金                       ※4,※5           3,061,079         ※4,※5           3,213,082
       その他                               1,022,507                1,020,920
       固定負債合計
                                     10,258,115                10,755,127
      負債合計
                                     19,896,775                20,685,076
     純資産の部
      株主資本
       資本金
                                       78,525                78,525
       資本剰余金
                                       159,900                159,900
       利益剰余金
                                      2,035,293                2,131,517
       株主資本合計
                                      2,273,718                2,369,942
      その他の包括利益累計額
       その他有価証券評価差額金
                                        5,077                5,308
       繰延ヘッジ損益
                                        4,065                2,901
       為替換算調整勘定                               △13,908                 29,018
       その他の包括利益累計額合計
                                       △4,766                 37,228
      非支配株主持分
                                       22,898                26,136
      純資産合計
                                      2,291,850                2,433,307
     負債純資産合計                                22,188,626                23,118,384
                                  88/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ②  中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書
         中間連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                            前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2016年9月30日)                至  2017年9月30日)
     売上高                                 866,080                 967,076
                                 ※2           553,200            ※2           640,528
     売上原価
     売上総利益                                 312,880                 326,548
                                 ※1           179,069            ※1           197,725
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                 133,810                 128,822
     営業外収益
      償却債権取立益
                                      10,464                 12,100
      持分法による投資利益
                                       2,012                 2,323
      その他                                 1,971                 1,315
      営業外収益合計                                 14,449                 15,739
     営業外費用
      固定資産処分損
                                         53                 464
      その他                                  996                  96
      営業外費用合計
                                       1,050                  560
     経常利益                                 147,209                 144,001
     特別利益
                                                  ※3                 361
      関係会社清算益                                   ―
      特別利益合計
                                         ―                361
     税金等調整前中間純利益                                 147,209                 144,362
     法人税、住民税及び事業税
                                      23,999                 24,997
                                      23,606                 21,313
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  47,606                 46,311
     中間純利益                                  99,603                 98,050
     非支配株主に帰属する中間純利益                                  1,707                 1,827
     親会社株主に帰属する中間純利益                                  97,895                 96,223
                                  89/120









                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
         中間連結包括利益計算書
                                                    (単位:百万円)
                            前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2016年9月30日)                至  2017年9月30日)
     中間純利益                                  99,603                 98,050
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金
                                      △3,390                   230
      繰延ヘッジ損益
                                       △225                 △582
      為替換算調整勘定
                                     △186,309                   43,733
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                      △3,779                  △722
      その他の包括利益合計
                                     △193,705                   42,660
     中間包括利益                                 △94,102                  140,711
     (内訳)
      親会社株主に係る中間包括利益
                                     △93,632                  138,098
      非支配株主に係る中間包括利益
                                       △469                 2,612
                                  90/120















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ③  中間連結株主資本等変動計算書
      前中間連結会計期間(自           2016年4月1日        至  2016年9月30日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高               78,525        159,900        1,886,139         2,124,564
     当中間期変動額
      親会社株主に
                                      97,895         97,895
      帰属する中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額合計                 ―         ―       97,895         97,895
     当中間期末残高               78,525        159,900        1,984,035         2,222,460
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券                      その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                      累計額合計
     当期首残高              22,369        4,280       3,855       30,506       18,597      2,173,667
     当中間期変動額
      親会社株主に
                                                         97,895
      帰属する中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
                   △3,390        △925      △187,211       △191,528         △892      △192,421
      (純額)
     当中間期変動額合計              △3,390        △925      △187,211       △191,528         △892      △94,525
     当中間期末残高              18,978        3,354      △183,356       △161,022         17,704      2,079,142
      当中間連結会計期間(自           2017年4月1日        至  2017年9月30日)

                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高               78,525        159,900        2,035,293         2,273,718
     当中間期変動額
      親会社株主に
                                      96,223         96,223
      帰属する中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額合計                 ―         ―       96,223         96,223
     当中間期末残高               78,525        159,900        2,131,517         2,369,942
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券                      その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                      累計額合計
     当期首残高               5,077       4,065      △13,908        △4,766        22,898      2,291,850
     当中間期変動額
      親会社株主に
                                                         96,223
      帰属する中間純利益
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
                     230      △1,163        42,927       41,995        3,238       45,233
      (純額)
     当中間期変動額合計               230      △1,163        42,927       41,995        3,238       141,457
     当中間期末残高               5,308       2,901       29,018       37,228       26,136      2,433,307
                                  91/120


                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       注記事項
       (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1  連結の範囲に関する事項
      連結子会社の数
        48社
       主要な連結子会社名
        トヨタファイナンス㈱
        トヨタ    モーター     クレジット㈱
        トヨタ    モーター     インシュランス        サービス㈱
        トヨタ    クレジット      カナダ㈱
        トヨタ    クレジットバンク㈲
        トヨタ    モーター     ファイナンス(ネザーランズ)㈱
        トヨタ    ファイナンシャル         サービス(UK)㈱
        トヨタ    ファイナンス       オーストラリア㈱
        トヨタ    リーシング      タイランド㈱
        トヨタ    モーター     ファイナンス       チャイナ㈲
       なお、当中間連結会計期間より、トヨタ                   ファイナンシャル         サービス     アイルランド㈱を新規設立により連結の範囲
      に含めることとした。また、トヨタ                  クレジット      アルゼンチン㈱は、清算に伴い連結の範囲から除外することとし
      た。
     2  持分法の適用に関する事項

      (イ)   持分法適用の関連会社数
         7社
        主要な会社名
         トヨタ    ファイナンシャル         サービス     サウス    アフリカ㈱
         和潤企業㈱
         トヨタ    アストラ     ファイナンシャル         サービス㈱
      (ロ)   持分法適用会社のうち、中間決算日が中間連結決算日と異なる会社については、各社の中間会計期間に係る中間
       財務諸表を使用している。
     3  連結子会社の中間決算日等に関する事項

       連結子会社の中間決算日が中間連結決算日(9月30日)と異なる主な会社は次のとおりである。
           中間決算日                      会社名
                       トヨタ    モーター     ファイナンス       チャイナ㈲

            6月30日
       中間連結財務諸表作成にあたっては、中間連結決算日現在で実施した仮決算に基づく中間財務諸表を使用してい
      る。
     4  在外子会社及び在外関連会社の会計方針に関する事項

       在外子会社及び在外関連会社の連結にあたっては、原則として米国会計基準もしくは国際財務報告基準に準拠して
      作成された財務諸表を採用している。
                                  92/120





                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     5  会計方針に関する事項
      (イ)   重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          中間決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主とし
         て個別法(海外連結子会社)により算定している)
         時価のないもの
          主として総平均法による原価法
       ②デリバティブ
        時価法
      (ロ)   重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①賃貸資産
        主としてリース期間満了時の処分見積価額を残存価額とする定額法によっている。なお、賃貸資産の処分損失に
       備えるため、減価償却費を追加計上している。
      (ハ)   重要な引当金の計上基準
       ①貸倒引当金
        債権の貸し倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により計上している。
        この他に保証業務から生ずる債権の貸し倒れによる損失に備えるため、保証履行に伴う求償債権等未収債権に対
       する回収不能見込額を過去の貸倒実績率等により見積り、計上している。
      (ニ)   重要な収益及び費用の計上基準
       ①ファイナンス・リース
        国内連結子会社
         リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっている。
        海外連結子会社
         売上高を計上せずに利息相当額を各期へ配分する方法によっている。
       ②オペレーティング・リース
        リース料総額をリース期間に按分し毎月均等額を収益に計上している。
       ③融資
        主として利息法(元本残高に対して一定の料率で計算した利息の額を収益計上する方法)によっている。
      (ホ)   重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してい
       る。なお、在外子会社等の資産及び負債は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は
       期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて
       計上している。
                                  93/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (ヘ)   重要なヘッジ会計の方法
       ①ヘッジ会計の方法
        国内連結子会社は原則として繰延ヘッジ処理によっている。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップ
       については特例処理によっている。米国連結子会社については公正価値ヘッジ処理によっている。
       ②ヘッジ手段とヘッジ対象
        当中間連結会計期間にヘッジ会計を適用した主なヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりである。
        ヘッジ手段
         通貨スワップ、金利スワップ
        ヘッジ対象
         借入金、社債
       ③ヘッジ方針
        主に資金調達に係る金利及び為替リスクをヘッジする目的でデリバティブ取引を行っている。
       ④ヘッジ有効性評価の方法
        ・事前テスト
         比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
        ・事後テスト
         比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
      (ト)   組替再表示
        過年度の金額は、当中間連結会計期間の表示に合わせて組み替えて再表示されている。
                                  94/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結貸借対照表関係)
     ※1  有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         有形固定資産の減価償却累計額                         1,114,614     百万円            1,190,625     百万円
      2  偶発債務

        トヨタ販売店及びレンタリース店等が一般顧客に割賦販売等を行うに当たり、連結子会社がトヨタ販売店及びレ
       ンタリース店等に対して保証業務として債務保証を行っている。
        また、連結子会社以外のトヨタグループ会社が行った資金調達に対し、債務保証を行っている。
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         連結子会社の営業上の債務保証                         2,823,854     百万円            2,967,259     百万円
         トヨタ    ファイナンシャル
                                   40,552                 41,287
         サービス     サウス    アフリカ㈱
         その他                          11,925                 12,299
               合計                  2,876,331                 3,020,846
      3  当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る貸出未実行残高

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         貸出未実行残高                         3,073,455     百万円            3,168,104     百万円
        なお、上記当座貸越契約及び貸出コミットメントにおいては、信用状態等に関する審査を貸出実行の条件として
       いるものが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではない。
     ※4  担保資産及び担保付債務

        担保に供している資産
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         営業債権                         2,136,916     百万円            2,141,087     百万円
         賃貸資産(純額)                          557,383                 777,434
        担保付債務

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         短期借入金                             ― 百万円              2,657   百万円
         1年以内返済予定の長期借入金                         1,065,117                 1,124,686
         長期借入金                          984,608                1,017,562
         1年以内償還予定の社債                          13,834                 22,481
         社債                          43,201                 41,809
     ※5  ノンリコース債務

      (1)  借入金に含まれるノンリコース債務
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         長期借入金(1年以内返済予定の
         長期借入金を含む)のうち、ノン                         2,025,768     百万円            2,115,678     百万円
         リコース債務
      (2)  ノンリコース債務に対応する資産

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         営業債権                         1,964,468     百万円            1,948,127     百万円
         賃貸資産(純額)                          557,383                 777,434
                                  95/120


                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結損益計算書関係)
     ※1  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりである。
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2016年9月30日)               至  2017年9月30日)
         従業員給与・手当                          36,961   百万円              40,944   百万円
         貸倒引当金繰入額                          48,054                 51,940
     ※2  売上原価には、デリバティブ関連損益が含まれている。

                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2016年9月30日)               至  2017年9月30日)
                                (益)   15,210               (益)   2,036
         デリバティブ関連損益                             百万円                 百万円
     ※3  関係会社清算益は、アルゼンチンの連結子会社を清算に伴い連結の範囲から除外したことによるものである。 

                                  96/120
















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (中間連結株主資本等変動計算書関係)
      前中間連結会計期間(自           2016年4月1日        至  2016年9月30日)
      1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
       普通株式(株)             1,570,500           ―           ―          1,570,500
      2  自己株式に関する事項

        該当事項はない。
      3  新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      4  配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        該当事項はない。
      (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

        該当事項はない。
      当中間連結会計期間(自           2017年4月1日        至  2017年9月30日)

      1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
       普通株式(株)             1,570,500           ―           ―          1,570,500
      2  自己株式に関する事項

        該当事項はない。
      3  新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      4  配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        該当事項はない。
      (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

        該当事項はない。
                                  97/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (リース取引関係)
     1  ファイナンス・リース取引
       (貸手側)
      (1)  リース投資資産の内訳
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         リース料債権部分                          538,402    百万円             607,803    百万円
         見積残存価額部分                          376,359                 442,172
         受取利息相当額                         △71,509                 △83,136
               合計                   843,253                 966,839
      (2)  リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の中間連結会計期間末日後の回収予定額

        リース債権
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         1年以内                          120,382    百万円             141,149    百万円
         1年超2年以内                          107,063                 123,347
         2年超3年以内                          81,815                 98,204
         3年超4年以内                          37,887                 46,704
         4年超5年以内                          13,042                 14,821
         5年超                           1,485                 1,722
        リース投資資産

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         1年以内                          199,594    百万円             225,604    百万円
         1年超2年以内                          149,610                 169,710
         2年超3年以内                          114,115                 127,583
         3年超4年以内                          51,351                 57,835
         4年超5年以内                          19,514                 24,269
         5年超                           4,216                 2,797
     2  オペレーティング・リース取引

       (貸手側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
         1年以内                          724,938    百万円             748,789    百万円
         1年超                          694,583                 706,680
               合計                  1,419,521                 1,455,470
                                  98/120







                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (金融商品関係)
      金融商品の時価等に関する事項
       中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりである。な

      お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めていない((注2)参照)。
      前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                              289,745            289,745               ―
     (2)  営業債権
                            14,271,039
                             △130,633
         貸倒引当金(※1)
                            14,140,406            14,255,936              115,530
     (3)  リース債権及び
                              795,249
       リース投資資産(※2)
                              △23,824
         貸倒引当金(※1)
                              771,425            835,067             63,642
     (4)  有価証券及び投資有価証券
                             1,121,951            1,121,951                ―
       (※3)
     資産計                       16,323,528            16,502,700              179,172
     (1)  短期借入金
                              730,858            730,858               ―
     (2)  コマーシャルペーパー
                             3,762,251            3,762,251                ―
     (3)  社債(※4)
                             8,374,096            8,509,343             135,246
     (4)  長期借入金(※5)
                             4,918,640            4,933,833              15,192
     負債計                       17,785,847            17,936,286              150,439
     デリバティブ取引(※6)
     ①   ヘッジ会計が
                              106,858             8,348          △98,509
       適用されていないもの
     ②   ヘッジ会計が
                                524           3,684            3,160
       適用されているもの
     デリバティブ取引計                         107,382             12,033           △95,349
      (※1)    営業債権、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除している。
      (※2)    リース債権及びリース投資資産は、見積残存価額を控除している。
      (※3)    投資有価証券は、連結貸借対照表上投資その他の資産に含めて開示している。
      (※4)    社債には、1年以内償還予定の社債及び社債を含んでいる。
      (※5)    長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでいる。
      (※6)    デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務(△)は、純額で表示している。
         また、連結貸借対照表計上額については、海外連結子会社の取引の一部につき関連する担保金額を控除してい
         る。
                                  99/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(2017年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                        中間連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                              312,720            312,720               ―
     (2)  営業債権
                            14,772,838
         貸倒引当金(※1)                        △137,849
                            14,634,989            14,745,904              110,915
     (3)  リース債権及び
                              915,551
       リース投資資産(※2)
                              △28,509
         貸倒引当金(※1)
                              887,042            961,752             74,710
     (4)  有価証券及び投資有価証券
                             1,219,579            1,219,579                ―
       (※3)
     資産計                       17,054,331            17,239,956              185,625
     (1)  短期借入金
                              859,307            859,307               ―
     (2)  コマーシャルペーパー                      3,880,562            3,880,562                ―
     (3)  社債(※4)
                             8,840,408            8,960,957             120,548
     (4)  長期借入金(※5)
                             4,945,510            4,963,797              18,287
     負債計                       18,525,789            18,664,625              138,835
     デリバティブ取引(※6)
     ①   ヘッジ会計が
                               31,897            38,887             6,990
       適用されていないもの
     ②   ヘッジ会計が
                                467           2,173            1,705
       適用されているもの
     デリバティブ取引計                         32,364            41,061             8,696
      (※1)    営業債権、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除している。
      (※2)    リース債権及びリース投資資産は、見積残存価額を控除している。
      (※3)    投資有価証券は、中間連結貸借対照表上投資その他の資産に含めて開示している。
      (※4)    社債には、1年以内償還予定の社債及び社債を含んでいる。
      (※5)    長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでいる。
      (※6)    デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務(△)は、純額で表示している。
         また、中間連結貸借対照表計上額については、海外連結子会社の取引の一部につき関連する担保金額を控除し
         ている。
                                100/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資産
      (1) 現金及び預金
        これらの時価は、帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっている。
      (2)  営業債権、(3)       リース債権及びリース投資資産

        これらの時価は、主に債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によっ
       ている。
      (4)  有価証券及び投資有価証券

        これらの時価は、主に取引所の価格又は見積り将来キャッシュ・フローを市場利子率で割引く方法により算定し
       ている。
        保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記参照。
      負債

      (1)  短期借入金、(2)        コマーシャルペーパー
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
      (3)  社債

        社債については、主に入手可能であれば市場価格、不可能である場合は元利金の合計額を同様の社債を新規に発
       行した場合に想定される利率で割り引いて時価を算定している。
      (4)  長期借入金

        長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、TFSグループの信用状態は実
       行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によってい
       る。固定金利によるものは、主に元利金の合計額を同様の新規借入において想定される利率で割り引いて時価を算
       定している。
      デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記参照。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)

                                         (単位:百万円)
                       前連結会計年度              当中間連結会計期間
           区分
                      (2017年3月31日)               (2017年9月30日)
         非上場株式                  48,926               48,242
        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)有価証券及び投資
       有価証券」には含めていない。
                                101/120






                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (有価証券関係)
       その他有価証券
        前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
         ①株式                      6,157             3,094             3,062
         ②債券
           国債・地方債等
                              10,674             10,453               220
           社債その他
                              27,616             27,491               125
         ③その他                     125,549             120,423              5,125
             小計                 169,998             161,463              8,534
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
         ①株式                        41             41              ―
         ②債券
           国債・地方債等
                              271,254             272,027              △772
           社債その他
                              27,540             27,555              △15
         ③その他                     653,116             653,147               △31
             小計                 951,952             952,771              △818
             合計                1,121,951             1,114,234               7,716
        (注)   非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
           の「その他有価証券」には含めていない。
        当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                                                    (単位:百万円)
                     中間連結貸借対照表計上額                 取得原価              差額
       中間連結貸借対照表計上額
       が取得原価を超えるもの
         ①株式                      5,926             2,585             3,340
         ②債券
           国債・地方債等
                               9,641             9,374              266
           社債その他
                              48,428             47,852               575
         ③その他                     257,893             253,226              4,666
             小計                 321,889             313,039              8,849
       中間連結貸借対照表計上額
       が取得原価を超えないもの
         ①株式                        48             48              ―
         ②債券
           国債・地方債等
                              301,751             302,643              △891
           社債その他
                               1,329             1,333              △4
         ③その他                     594,560             594,581               △20
             小計                 897,690             898,606              △916
             合計                1,219,579             1,211,646               7,932
        (注)   非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
           の「その他有価証券」には含めていない。
                                102/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (デリバティブ取引関係)
      前連結会計年度(2017年3月31日)
     1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                    (単位:百万円)
                                契約額等のうち
            取引の種類            契約額等                    時価        評価損益
                                  1年超
         為替予約取引

          売建
                           26,251            ―        119         119
          買建
                           453,568             ―      △1,423         △1,423
     市場取    通貨スワップ取引
     引以外
          支払米ドル受取ユーロ
                           968,592         737,553        △100,191         △100,191
     の取引
          支払米ドル受取豪ドル
                           373,054         305,268         △10,285         △10,285
          支払タイバーツ
                           484,553         309,157          30,133         30,133
          受取米ドル
          その他
                          1,590,934         1,080,184           63,827         63,827
            合計              3,896,956         2,432,164          △17,819         △17,819
      (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                    (単位:百万円)
                                契約額等のうち
            取引の種類            契約額等                    時価        評価損益
                                  1年超
         金利スワップ取引

          受取固定・支払変動
                          4,871,098         4,026,148            7,838         7,838
          受取変動・支払固定
                         10,684,777          6,701,472           18,270         18,270
     市場取
          受取変動・支払変動
     引以外                      53,064         27,372          △177         △177
     の取引
         オプション取引
          売建キャップ
                            3,365            ―         ―         ―
          買建フロア
                           179,685          89,842           236         236
            合計             15,791,991         10,844,835            26,168         26,168
      (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定し
        ている。
                                103/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           通貨スワップ取引

      公正価値
                           社債
      ヘッジ
            支払米ドル受取日本円
                                      40,874         13,330          3,162
                 合計                    40,874         13,330          3,162
      (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
      ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
       の方法                                      1年超
            金利スワップ取引

       原則的                    社債
             受取固定・支払変動
                                      4,000         4,000          144
      処理方法                    借入金
             受取変動・支払固定
                                      7,000         5,000          △15
            金利スワップ取引
                           社債
     金利スワップ
      の特例処理
                          借入金
             受取固定・支払変動
                                      71,000         31,000           393
                 合計                    82,000         40,000           522
      (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定し
        ている。
                                104/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(2017年9月30日)
     1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                    (単位:百万円)
                                契約額等のうち
            取引の種類            契約額等                    時価        評価損益
                                  1年超
         為替予約取引

          売建
                           30,231            ―         67         67
          買建
                           485,537             ―      △8,792         △8,792
         通貨スワップ取引
     市場取
          支払米ドル受取ユーロ
                           741,103         634,339         △10,764         △10,764
     引以外
     の取引
          支払米ドル受取豪ドル
                           410,772         351,378         △2,381         △2,381
          支払タイバーツ
                           476,824         283,090          11,044         11,044
          受取米ドル
          支払ユーロ受取米ドル
                           375,446         220,329         △6,846         △6,846
          その他
                          1,526,363          991,739          33,163         33,163
            合計              4,046,281         2,480,877           15,489         15,489
      (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                    (単位:百万円)
                                契約額等のうち
            取引の種類            契約額等                    時価        評価損益
                                  1年超
         金利スワップ取引

          受取固定・支払変動
                          5,254,501         4,350,185            1,488         1,488
          受取変動・支払固定
                         11,175,951          7,059,703           21,840         21,840
     市場取
          受取変動・支払変動
     引以外                      94,288         34,627          △79         △79
     の取引
         オプション取引
          売建キャップ
                            3,381            ―         ―         ―
          買建フロア
                           99,637            ―        148         148
            合計             16,627,760         11,444,517            23,397         23,397
      (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定し
        ている。
                                105/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           通貨スワップ取引

      公正価値
                           社債
      ヘッジ
            支払米ドル受取日本円
                                      41,071          2,885         2,093
                 合計                    41,071          2,885         2,093
      (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
      ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
       の方法                                      1年超
            金利スワップ取引

       原則的                    社債
             受取固定・支払変動
                                      29,000         29,000           203
      処理方法                    借入金
             受取変動・支払固定
                                      5,000         5,000          △8
            金利スワップ取引
     金利スワップ
                          借入金
      の特例処理
             受取固定・支払変動
                                      72,500         72,500          △114
                 合計                    106,500         106,500            80
      (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定し
        ている。
                                106/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (セグメント情報等)
       セグメント情報
     1  報告セグメントの概要
       TFSグループの報告セグメントは、構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、マネジメントが、経
      営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものである。
       TFSグループは、主に、割賦金融、リース取引、卸売金融、保険仲介等の販売金融事業を営んでおり、国内及び
      海外の連結子会社が独立した経営単位として、各国の市場環境に応じた事業活動を展開している。
       従って、TFSグループは国別のセグメントから構成されているが、米国及びカナダについては、経済的特徴等が
      概ね類似していることから「北米」とし、「日本」、「北米」、「オーストラリア」を報告セグメントとしている。
     2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
      おける記載と概ね同一である。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値である。
       セグメント間の内部収益及び振替高は、市場の実勢を勘案した価格に基づいている。
     3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前中間連結会計期間(自           2016年4月1日        至  2016年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                                       中間連結
                                       その他           調整額
                                             合計          財務諸表
                                       (注)1           (注)2
                            オースト
                  日本     北米           計                     計上額
                            ラリア
     売上高
      外部顧客への売上高             76,610     605,200      44,431     726,241     139,839      866,080        ―   866,080
      セグメント間の内部
                    194    1,278      572    2,046     9,725     11,771    △11,771         ―
      売上高又は振替高
          計        76,805     606,479      45,003     728,287     149,564      877,852    △11,771      866,080
     セグメント利益             11,140      78,955      5,267     95,363     42,668     138,032     △4,221      133,810

     セグメント資産            1,400,898     11,523,129      1,123,720     14,047,748      3,455,851     17,503,600          ― 17,503,600

     その他の項目
      支払利息              523    81,509     15,778      97,811     54,065     151,877     △5,192      146,685
      減価償却費             2,470    302,828      11,976     317,275      11,264     328,540        12   328,552
      貸倒引当金繰入額             3,435     27,114      2,396     32,947     15,107      48,054        ―   48,054
      (注)   1  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、タイ及び中国等の連結子会社の
          事業活動を含んでいる。
        2  調整額は、以下のとおりである。
          (1)  セグメント利益の調整額△4,221百万円は、主にセグメント間取引消去である。
          (2)  支払利息の調整額△5,192百万円は、主にセグメント間取引消去である。
        3  「売上高」には、受取利息がそれぞれ、「日本」4,658百万円、「北米」153,096百万円、「オーストラリ
          ア」35,703百万円、「その他」138,591百万円含まれている。
                                107/120





                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       当中間連結会計期間(自           2017年4月1日        至  2017年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                                       中間連結
                                       その他           調整額
                                             合計          財務諸表
                                       (注)1           (注)2
                            オースト
                  日本     北米           計                     計上額
                            ラリア
     売上高
      外部顧客への売上高             80,061     675,349      48,644     804,055     163,021      967,076        ―   967,076
      セグメント間の内部
                    295    3,184      593    4,074     9,720     13,794    △13,794         ―
      売上高又は振替高
          計        80,357     678,534      49,237     808,129     172,741      980,871    △13,794      967,076
     セグメント利益             10,810      63,515     11,206      85,532     47,564     133,096     △4,273      128,822

     セグメント資産            1,493,069     13,381,822      1,429,659     16,304,552      4,437,978     20,742,530          ― 20,742,530

     その他の項目
      支払利息              390   105,389      17,087     122,867      60,348     183,215     △5,499      177,716
      減価償却費             2,644    331,386      12,535     346,565      13,290     359,856        11   359,867
      貸倒引当金繰入額             4,186     30,915      1,038     36,140     15,800      51,940        ―   51,940
      (注)   1  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、タイ及び中国等の連結子会社の
          事業活動を含んでいる。
        2  調整額は、以下のとおりである。
          (1)  セグメント利益の調整額△4,273百万円は、主にセグメント間取引消去である。
          (2)  支払利息の調整額△5,499百万円は、主にセグメント間取引消去である。
        3  「売上高」には、受取利息がそれぞれ、「日本」4,598百万円、「北米」174,636百万円、「オーストラリ
          ア」40,197百万円、「その他」160,341百万円含まれている。
       関連情報

       前中間連結会計期間(自           2016年4月1日        至  2016年9月30日)
     1  製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
      略している。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                       (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計

            76,610          580,549           208,921           866,080

      (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類している。
      (2)  有形固定資産

                                       (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計

            5,901         3,816,650            177,417          3,999,968

     3  主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
                                108/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       当中間連結会計期間(自           2017年4月1日        至  2017年9月30日)
     1  製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
      略している。
     2  地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                       (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計

            80,061          647,760           239,254           967,076

      (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類している。
      (2)  有形固定資産

                                       (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計

            2,804         4,380,945            238,430          4,622,181

     3  主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
       報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

        該当事項はない。
       報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        該当事項はない。
       報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

        該当事項はない。
                                109/120









                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり純資産額及び算定上の基礎ならびに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりで
       ある。
                                   前連結会計年度            当中間連結会計期間
                 項目
                                  (2017年3月31日)             (2017年9月30日)
     (1) 1株当たり純資産額                               1,444,732円41銭             1,532,742円04銭
        (算定上の基礎)

         純資産の部の合計額(百万円)                                  2,291,850             2,433,307

         純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    22,898             26,136

       (うち非支配株主持分(百万円))

                                         22,898             26,136
         普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額
                                        2,268,952             2,407,171
         (百万円)
         普通株式の発行済株式数(株)                                  1,570,500             1,570,500
         1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                        1,570,500             1,570,500
         中間期末(期末)の普通株式の数(株)
                                 前中間連結会計期間             当中間連結会計期間

                                 (自  2016年4月1日           (自  2017年4月1日
                 項目
                                  至  2016年9月30日)            至  2017年9月30日)
     (2) 1株当たり中間純利益金額                                 62,334円22銭             61,269円41銭
        (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する中間純利益金額(百万円)

                                         97,895             96,223
       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         97,895             96,223
       中間純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  1,570,500             1,570,500
      (注)   潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
       (重要な後発事象)

         該当事項はない。
                                110/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  その他
        該当事項はない。
                                111/120




















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     2  中間財務諸表等
      (1)  中間財務諸表
       ①  中間貸借対照表
                                                   (単位:百万円)
                               前事業年度               当中間会計期間
                              (2017年3月31日)                (2017年9月30日)
     資産の部

      流動資産
       現金及び預金                                  4,008                2,989
      売掛金
                                       6,943                7,364
      関係会社預け金
                                       9,050                44,830
                                        592                559
       その他
      流動資産合計
                                       20,594                55,743
      固定資産
       有形固定資産                                    93                88
       無形固定資産                                    24                25
       投資その他の資産
      関係会社株式
                                      199,983                204,599
      関係会社出資金
                                      100,319                101,827
      関係会社長期預け金
                                      248,130                249,980
                                       19,990                19,803
        その他
        投資その他の資産合計                                 568,423                576,211
       固定資産合計                                 568,541                576,325
      資産合計                                 589,136                632,069
                                112/120











                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                               前事業年度               当中間会計期間
                              (2017年3月31日)                (2017年9月30日)
     負債の部

      流動負債
      買掛金
                                       3,961                4,142
      その他                                 2,363                2,474
      流動負債合計
                                       6,325                6,617
      固定負債                                  1,401                1,536
      負債合計                                  7,727                8,153
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                  78,525                78,525
       資本剰余金
                                       78,525                78,525
        資本準備金
        資本剰余金合計                                  78,525                78,525
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                      422,204                464,462
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                 422,204                464,462
       株主資本合計                                 579,254                621,512
      評価・換算差額等
                                       2,154                2,403
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                                  2,154                2,403
      純資産合計                                 581,408                623,915
     負債純資産合計                                 589,136                632,069
                                113/120










                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ②  中間損益計算書
                                                  (単位:百万円)
                              前中間会計期間                当中間会計期間
                             (自  2016年4月1日              (自  2017年4月1日
                              至  2016年9月30日)               至  2017年9月30日)
     売上高                                  28,237                50,931
                                       3,687                4,142
     売上原価
     売上総利益                                  24,549                46,788
     販売費及び一般管理費                                  1,872                2,472
     営業利益                                  22,677                44,316
     営業外収益
                                       1,004                1,676
                                       1,233                  11
     営業外費用
     経常利益                                  22,448                45,980
     税引前中間純利益                                  22,448                45,980
                                   ※1        2,391            ※1        3,723
     法人税、住民税及び事業税
     法人税等合計                                  2,391                3,723
     中間純利益                                  20,057                42,257
                                114/120













                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
       ③  中間株主資本等変動計算書
      前中間会計期間(自         2016年4月1日        至  2016年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                            株主資本                評価・換算差額等
                        資本剰余金       利益剰余金
                                                     純資産合計
                                       株主資本      その他有価証券
                 資本金            その他利益剰余金
                                       合計      評価差額金
                        資本準備金
                              繰越利益剰余金
     当期首残高              78,525       78,525       396,044       553,094        3,216      556,311
     当中間期変動額
      中間純利益                           20,057       20,057              20,057
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額                                         △1,578       △1,578
      (純額)
     当中間期変動額合計                ―       ―     20,057       20,057       △1,578        18,478
     当中間期末残高              78,525       78,525       416,101       573,151        1,638      574,790
      当中間会計期間(自         2017年4月1日        至  2017年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                            株主資本                評価・換算差額等
                        資本剰余金       利益剰余金
                                                     純資産合計
                                       株主資本      その他有価証券
                 資本金            その他利益剰余金
                                       合計      評価差額金
                        資本準備金
                              繰越利益剰余金
     当期首残高              78,525       78,525       422,204       579,254        2,154      581,408
     当中間期変動額
      中間純利益                           42,257       42,257              42,257
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額                                           249       249
      (純額)
     当中間期変動額合計                ―       ―     42,257       42,257         249      42,506
     当中間期末残高              78,525       78,525       464,462       621,512        2,403      623,915
                                115/120









                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     注記事項
       (重要な会計方針)

     1  資産の評価基準及び評価方法
        有価証券
         子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
     2  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
       いる。
     3  その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  消費税等の会計処理
        税抜方式によっている。
      (2)  連結納税制度の適用
        トヨタ自動車株式会社を連結納税親会社とする連結納税主体の連結納税子会社として、連結納税制度を適用して
       いる。
       (中間損益計算書関係)

     ※1  中間会計期間における税金費用については、簡便法による税効果会計を適用しているため、法人税等調整額は
      「法人税、住民税及び事業税」に含めて表示している。
       (有価証券関係)

        前事業年度(2017年3月31日)
         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額                       子会社株式193,580         百万円、関連会社株式           6,402百万円)は、
        市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価を記載していない。
        当中間会計期間(2017年9月30日)

         子会社株式及び関連会社株式(中間貸借対照表計上額                         子会社株式197,787百万円、関連会社株式                    6,812百万円)
        は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価を記載していない。
       (重要な後発事象)

         該当事項はない。
                                116/120








                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
      (2)  その他
        該当事項はない。
                                117/120




















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
     第3【指数等の情報】

      該当事項はありません。

                                118/120



















                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                     2017年12月15日
      トヨタファイナンス           株式会社

       取 締 役 会 御 中
                            PwCあらた有限責任監査法人

                             指定有限責任社員
                                      公認会計士  男           澤      顕
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士  山 口 健 志
                             業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

      ているトヨタファイナンス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間
      (2017年4月1日から2017年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損
      益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中間連
      結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
      中間連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財
      務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財
      務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見
      を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間
      監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の
      表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に
      係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査
      手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による
      中間連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて
      追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものでは
      ないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結
      財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方
      針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含
      まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成
      基準に準拠して、トヨタファイナンス株式会社及び連結子会社の2017年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって
      終了する中間連結会計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に
      関する有用な情報を表示しているものと認める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
      (注)1.     上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提

           出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                119/120



                                                           EDINET提出書類
                                                   トヨタファイナンス株式会社(E05031)
                                                              半期報告書
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                     2017年12月15日
      トヨタファイナンス           株式会社

       取 締 役 会 御 中
                            PwCあらた有限責任監査法人

                             指定有限責任社員
                                      公認会計士  男           澤      顕
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士  山 口 健 志
                             業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

      ているトヨタファイナンス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの第30期事業年度の中間会計期間
      (2017年4月1日から2017年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中
      間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を
      作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成
      し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表
      明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
      を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して
      投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画
      を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続
      の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間
      財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監
      査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
      成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適
      用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
      拠して、トヨタファイナンス株式会社の2017年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間
      (2017年4月1日から2017年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
      (注)1.     上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提

           出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                120/120



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。