シャクリー・グローバル・グループ株式会社 四半期報告書 第44期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

四半期報告書-第44期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:シャクリー・グローバル・グループ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月14日
      【四半期会計期間】                    第44期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    シャクリー・グローバル・グループ株式会社
      【英訳名】                    SHAKLEE    GLOBAL    GROUP,INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表執行役  佐藤 彰展
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目6番1号
      【電話番号】                    (03)3340-3601
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  島立 直樹
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目6番1号
      【電話番号】                    (03)3340-3625
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  島立 直樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第43期           第44期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第43期
                               累計期間           累計期間
                             自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

              会計期間
                             至平成28年9月30日           至平成29年9月30日           至平成29年3月31日
                      (百万円)             15,496           14,486           30,683

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (百万円)              122          △ 289           183
     親会社株主に帰属する四半期純利
     益又は親会社株主に帰属する四半                 (百万円)              140          △ 935         △ 2,182
     期(当期)純損失(△)
                      (百万円)            △ 1,707           △ 636         △ 2,289
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             16,168           15,181           15,701
     純資産額
                      (百万円)             40,480           39,885           40,785
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又は
     1株当たり四半期(当期)純損失                  (円)            102.94          △ 686.91         △ 1,602.18
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)             38.8           36.3           37.0
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)             △ 526           25          △ 13
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)              △ 27        △ 5,989           △ 44
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)             △ 559          △ 544         △ 1,107
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (百万円)             17,415           12,502           19,034
     (期末)残高
                                第43期           第44期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                            自平成28年7月1日           自平成29年7月1日

              会計期間
                            至平成28年9月30日           至平成29年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                  (円)           △ 141.02          △ 442.41

      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.第43期第2四半期連結累計期間                の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有
           している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.第43期及び       第44期第2四半期連結累計期間              の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
           は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であるため記載しておりません。
         5.  当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年
           度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期(当期)
           純損失金額を算定しております。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社に異動はありません。
                                  3/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更
      があった事項は、次のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
      社)が判断したものであります。
        法律や規制の変更によるリスク
       当社グループの事業は、主力製品である栄養補給食品およびダイレクトセリングのビジネスモデルに関して、異な
      る市場ごとに異なる規制を受けており、またそれらの規制は変更される可能性があります。
       当社グループが事業を展開する大市場における政府当局による厳格な規制の実施、あるいは現行及び将来の規制の
      拡大解釈や規制執行の強行が、当社グループの事業に対して個々にまたは総合的に不利な影響を及ぼすリスクがあり
      ます。   特に中国ではダイレクトセリングに関する法律や規則には不確実性があり、常に変化しております。また、こ
      れらの規則は中国の様々な州、地方、自治体の当局者による裁量によって解釈され執行されております。中国当局
      は、中国でのダイレクトセリング事業者の事業活動について定期的に監視し、調査を実施しております。これらの調
      査は、顧客、同業者またはメディアからの申告を含むいろいろな端緒に基づいて実施される可能性があります。                                                    これ
      らの調査や申告を受け、中国政府は、特定の申告内容や当社グループの事業活動全般に関して調査を行う可能性があ
      ります。過去には、当社グループの事業活動に対する調査や申告の結果、中国で罰金を支払った事例もあります。
       そのため将来における法律、規制、政策の変更ならびに、それらによって発生する制度や習慣の変化が、当社グ
      ループの収益に影響を及ぼす恐れがあります。
       また様々な市場での当社グループの事業の拡大により、当社事業のインフラや環境整備が消費者の需要の拡大に対
      応できない場合の、製品の供給途絶のリスクが増加しております。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/21












                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)業績の状況
          当第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日までの6ヶ月間)におけるわが国経済
         は、企業収益の改善を背景に雇用情勢や                   個人消費に改善がみられ、緩やかな回復基調が続いております                             。
          またその他のアジア地域における経済は様々な要因により不確実な状況が続いております。
          このような状況のもと、当社グループは、顧客やスーパーバイザーの増加に引き続き力を注いでまいりまし
         た。
          当期の当社グループの売上高は、主にその他アジア地域での売上規模の減少により総売上高                                            26,323百万円
         (前年同期比      4.7%減少     、為替の影響を除く         と8.8%減少)、純売上高(売上割戻差引後)                     14,486百万円      (前年同
         期比  6.5%減少     、為替の影響を除くと10.5%減少)となりました。
          営業損失は、販売費および一般管理費は減少したものの、主に純売上高の減少により                                        28百万円    (前年同四半
         期は営業利益613百万円)            となりました。
          経常損失は     289百万円     (前年同四半期は経常利益122百万円)となりました。
          親会社株主に帰属する四半期純損失は935百万円                      (前年同四半期は        親会社株主に帰属する四半期純利益140百
         万円  )となりました。
          当第2四半期連結会計期間末の               資産につきましては、棚卸資産は増加したものの、主に現金及び預金、有形
         固定資産、のれん等が減少した結果、総資産は前連結会計年度末に比べ                                 900百万円の減少        となりました。
          負債につきましては、買掛金、未払法人税等は増加したものの、主に未払費用、長期借入金、長期リース債
         務等が減少した結果、総負債は前連結会計年度末に比べ                          379  百万円の減少となりました。
          純資産につきまして         は、前連結会計年度末に比べ             520  百万円減少となりました。
          これは主に親会社株主に帰属する四半期純損失により                         935  百万円減少した一方、為替の影響により為替換算調
         整勘定が    231  百万円増加、新株予約権が            116  百万円増加、また退職給付に係る調整累計額が                      69百万円増加      したこと
         によるものであります。
       (2)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は12,502百万円(前年同四半期末は17,415百万
         円)となり、前連結会計年度末より6,531百万円減少いたしました。
          各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローにつきましては、                         主に減価償却費522百万円、のれん償却額304百万円、
         仕入債務の増加330百万円、貸倒引当金繰入額111百万円、その他258百万円の増加がある一方、税金等調整前四
         半期純損失402百万円、法人税等の支払172百万円、売上債権の増加100百万円、棚卸資産の増加220百万円、未払
         費用の減少451百万円、退職給付に係る負債の減少129百万円による支出等があり、営業活動全体として                                               25百万円
         の収入(前年同期は         526百万円     の支出)となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローにつきましては、主に有形固定資産の取得のための支出75百万円、無形
         固定資産の取得のための支出249百万円、定期預金の預入による支出5,553百万円等により、投資活動全体として
         5,989百万円      の支出(前年同期は         27百万円    の支出)となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローつきましては、長期借入金の返済347百万円やリース債務の返済196百万
         円等により、財務活動全体として               544百万円     の支出(前年同四半期は           559百万円     の支出)となりました。また為替
         の換算差額により23百万円減少しました。
       (3)   経営方針・経営戦略等

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

          当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、385百万円であります。
          なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          80,000,000

                  計                                80,000,000

     (注)平成29年6月29日開催の第43回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。
        これにより、株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、発行可能株式総数は72,000,000株減少し、
         8,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成29年11月14日)
               (平成29年9月30日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                                      単元株式数
     普通株式              25,920,000             2,592,000         JASDAQ
                                                       100株
                                          (スタンダード)
         計           25,920,000             2,592,000             -           -
     (注)1.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株
          式総数は23,328,000株減少し、2,592,000株となっております。
        2.平成29年6月29日開催の第43回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。
          これにより、株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、単元株式数が1,000株から100株に変更
          となっております。
        3.「提出日現在発行数」欄には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
           り発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      平成29年7月1日
         ~         -      25,920,000          -        100       -        -
      平成29年9月30日
     (注)   平成29年6月29日開催の第43回定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で
        株式併合を行い、発行済株式総数は23,328千株減少し、2,592千株となっております。
                                  6/21





                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                    の割合(%)
     シャクリー・グローバル・グ

                                               12,299          47.45
                      東京都新宿区西新宿二丁目6番1号
     ループ株式会社
                      Corporation      Trust   Company    1209   Orange

     シルバー・ファミリー・ホール
                      Street    Corporation      Trust   Center
     ディングス・エルエルシー
                                                8,069         31.13
     (常任代理人 株式会社みずほ
                      Wilmington,      Delaware     19801   USA
     銀行決済営業部)
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
     ザ チェース マンハッタン 
     バンク エヌエイ ロンドン 
                      Woolgate     House,Coleman       Street    London
     スペシャル アカウント ナン
                      EC2P   2HD,England                       2,005          7.74
     バーワン
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
     (常任代理人 株式会社みずほ
     銀行決済営業部)
     プロスペクト ジャパン ファン
                      Trafalgar     Court,Les     Banques,St      Peter
     ド リミテッド
                      Port,Guernsey        Channel    Islands,U.K.              1,441          5.56
     (常任代理人 香港上海銀行 東
                      (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     京支店 カストディ業務部)
                                                 400         1.54

     高橋 新                大阪府門真市
                                                 277         1.07

     日本シャクリー取引先持株会                東京都新宿区西新宿二丁目6番1号
                      1585   Broadway     New  York,New     York

     MSCO   CUSTOMER     SECURITIES
                      10036,U.S.A.                           142         0.55
     (常任代理人 モルガン・スタ
     ンレーMUFG証券株式会社)
                      (東京都千代田区大手町一丁目9番7号)
                                                 115         0.44

     阪田 和弘                 鳥取県鳥取市
                                                 88        0.34

     渡邊 薫                 東京都港区
                                                 67        0.26

     東京海上日動火災保険株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
                                -               24,904          96.08

             計
      (注)1.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりますが、上記所有株式数につ
           いては、当該株式併合前の所有株式数を記載しております。
         2.所有株式数は1,000株未満を切り捨てて表示しております。
                                  7/21







                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
             区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -             -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

      議決権制限株式(その他)                       -             -            -

                        普通株式         12,299,000

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                        普通株式           13,531,000

      完全議決権株式(その他)                                     13,531           -
                        普通株式                 90,000

      単元未満株式                                    -            -
      発行済株式総数                         25,920,000           -            -

      総株主の議決権                       -              13,531           -

     (注)1.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株
          式総数は23,328,000株減少し、2,592,000株となっております。
        2.平成29年6月29日開催の第43回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。こ
          れにより、株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、単元株式数が1,000株から100株に変更と
          なっております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
     シャクリー・グローバ             東京都新宿区西新宿
                               12,299,000            -    12,299,000           47.45
     ル・グループ株式会社             二丁目6番1号
           計            -        12,299,000            -    12,299,000           47.45
                                  8/21










                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
         前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)執行役の状況
       ① 新任執行役
                                                   所有株式
                                                        就任年月
                                                   数
       役名      職名      氏名      生年月日             略歴          任期
                                                        日
                                                   (千株)
                                2001年 ブリガム・ヤング大学に
                                    て会計学の学士を取得
                                2001年 アーンスト・アンド・ヤ
                                    ング・エルエルピー
                                2010年 シャクリー・コーポレー
                                    ション入社 ディレク
                                    ター・オブ・インターナ
                                    ショナル・ファイナン
                                    ス・アンド・レポーティ
                                    ング
                                2011年    シャクリー・コーポレー
                                    ション ヴァイス・プレ
                                    ジデント・オブ・イン
                                                        平成29年
                                    ターナショナル・ファイ
      代表執行役      管理本部長      佐藤 彰展      1976年12月11日生
                                               (注)     -
                                                        6月30日
                                    ナンス
                                2014年    シャクリー・コーポレー
                                    ション ヴァイス・プレ
                                    ジデント・オブ・グロー
                                    バル・インターナル・
                                    オーディット
                                2017年 当社 代表執行役 就任
                                2017年 日本シャクリー株式会
                                    社 取締役 就任
                                2017年 日本シャクリーホール
                                    ディングス株式会社 取
                                    締役 就任
      (注)平成29年6月30日開催の取締役会の終結の時から平成30年3月期に係る定時株主総会終結後最初に開催される
         取締役会の終結の時までであります。
       ② 退任執行役

         役名         職名              氏名                 退任年月日

       代表執行役         管理本部長              湯田 芳久                 平成29年6月30日

                   -

       代表執行役                       堂山 昌司                 平成29年9月1日
      (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性7名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)
                                  9/21







                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、          新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         19,045              18,150
         現金及び預金
                                         1,458              1,564
         売掛金
                                         2,601              2,867
         商品及び製品
                                        ※1 1,262             ※1 1,235
         原材料及び貯蔵品
                                         2,233              2,276
         その他
                                          △ 15             △ 15
         貸倒引当金
                                         26,586              26,080
         流動資産合計
       固定資産
                                         3,009              2,797
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         4,309              4,025
          のれん
                                         4,323              4,343
          商標
                                         1,214              1,323
          その他
                                         9,847              9,693
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         1,419              1,507
          その他
                                          △ 78             △ 192
          貸倒引当金
                                         1,341              1,314
          投資その他の資産合計
                                         14,198              13,805
         固定資産合計
                                         40,785              39,885
       資産合計
                                 11/21












                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,523              1,865
         買掛金
                                           693              695
         1年内返済予定の長期借入金
                                           457              464
         1年以内のリース債務
                                         2,454              2,420
         未払売上割戻金
                                           166              356
         未払法人税等
                                         2,134              1,681
         未払費用
                                           136              161
         代理店研修会議費引当金
                                           135              146
         ポイント引当金
                                         1,279              1,253
         その他
                                         8,982              9,045
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,405              10,086
         長期借入金
                                         1,714              1,589
         長期リース債務
         役員退職慰労引当金                                  38              13
                                         1,924              1,800
         退職給付に係る負債
                                           381              383
         繰延税金負債
                                         1,637              1,785
         その他
         固定負債合計                                16,101              15,658
                                         25,083              24,704
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           100              100
         資本金
                                         1,205              1,205
         資本剰余金
                                         20,456              19,521
         利益剰余金
                                        △ 7,330             △ 7,330
         自己株式
                                         14,431              13,495
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            7              6
         その他有価証券評価差額金
                                           998             1,229
         為替換算調整勘定
                                         △ 333             △ 264
         退職給付に係る調整累計額
                                           672              971
         その他の包括利益累計額合計
                                           598              714
       新株予約権
                                         15,701              15,181
       純資産合計
                                         40,785              39,885
      負債純資産合計
                                 12/21








                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      売上高                                   15,496              14,486
                                         5,718              5,410
      売上原価
                                         9,778              9,076
      売上総利益
                                        ※1 9,165             ※1 9,105
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                     613              △ 28
      営業外収益
                                           26              65
       受取利息
                                           -              42
       為替差益
                                            7              17
       その他
                                           33              126
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           266              299
       支払利息
       為替差損                                   168               -
                                           89              87
       その他
                                           523              386
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                     122             △ 289
      特別利益
                                           126               -
       新株予約権戻入益
                                           126               -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -               1
       特別退職金
                                           -              111
       貸倒引当金繰入額
                                           -              112
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                           248             △ 402
      純損失(△)
                                           108              533
      法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                     140             △ 935
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                           140             △ 935
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                     140             △ 935
      その他の包括利益
                                            0             △ 0
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,008               231
       為替換算調整勘定
                                           161               68
       退職給付に係る調整額
                                        △ 1,847               299
       その他の包括利益合計
                                        △ 1,707              △ 636
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 1,707              △ 636
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 14/21
















                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                           248             △ 402
       期純損失(△)
                                           560              522
       減価償却費
                                           288              304
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 1              -
                                           -              111
       貸倒引当金繰入額
                                          △ 26             △ 65
       受取利息及び受取配当金
                                           266              299
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  △ 392               16
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 67             △ 100
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   806             △ 220
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                    39              39
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    25              330
       未払売上割戻金の増減額(△は減少)                                  △ 461              △ 43
       未払費用の増減額(△は減少)                                  △ 836             △ 451
       代理店研修会議費引当金の増減額(△は減少)                                   △ 35              24
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    23             △ 129
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ ▶             △ 24
                                         △ 172              258
       その他
                                           261              469
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    27              24
                                         △ 269             △ 295
       利息の支払額
                                         △ 546             △ 172
       法人税等の支払額
                                         △ 526               25
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 123              △ 75
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 36             △ 249
       無形固定資産の取得による支出
                                           133               -
       従業員に対する貸付金の回収による収入
                                           -            △ 5,553
       定期預金の預入による支出
                                           △ 0            △ 111
       その他
                                          △ 27            △ 5,989
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 32              -
       短期借入金の返済による支出
                                         △ 326             △ 347
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 197             △ 196
       リース債務の返済による支出
                                           △ 2              -
       自己株式の取得による支出
                                         △ 559             △ 544
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,796               △ 23
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 2,910             △ 6,531
                                         20,326              19,034
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 17,415             ※1 12,502
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/21






                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        ※1.原材料及び貯蔵品に含まれる仕掛品の金額は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (平成29年3月31日)                (平成29年9月30日)
            仕掛品                           299百万円                 257百万円
         2.特定融資枠契約

                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (平成29年3月31日)                (平成29年9月30日)
        特定融資枠契約額                              4,000百万円                 4,000百万円
        借入実行残高                               -                 -
        未実行残高                              4,000                 4,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                               至     平成28年9月30日)              至     平成29年9月30日)
        代理店研修会議費引当金繰入額                               40 百万円               31 百万円
                                      2,986                 2,576
        従業員給与・手当・賞与
                                       305                 288
        退職給付費用
                                       448                 385
        研究開発費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1.現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記
           のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                               至   平成28年9月30日)              至   平成29年9月30日)
        現金及び預金勘定                             17,426百万円                 18,150百万円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △10               △5,648
        現金及び現金同等物                             17,415                 12,502
                                 16/21







                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年9月30日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                 報告セグメント

                                                      四半期連結
                                                 調整額     損益計算書
                                                (注)2       計上額
                                      その他
                                                      (注)3
                                      アジア
                            日本     北米          合計
                                     (注)1
            売上高
                            3,077     6,949     5,469     15,496        -    15,496
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高
                              22    1,154       -    1,176     △ 1,176        -
             又は振替高
                            3,100     8,103     5,469     16,673      △ 1,176      15,496
                  計
            セグメント利益又は損失(△)                  687    △ 522      75     241      371      613
           (注)1.「その他アジア」の区分は、日本以外のアジア地域の現地法人の事業活動であります。
              2.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去によるものであります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年9月30日)

           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                 報告セグメント

                                                      四半期連結
                                                 調整額     損益計算書
                                                (注)2       計上額
                                      その他
                                                      (注)3
                                      アジア
                            日本     北米          合計
                                     (注)1
            売上高
                            2,998     6,935     4,551     14,486        -    14,486
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高
                              67    1,684       -    1,751     △ 1,751        -
             又は振替高
                  計          3,065     8,620     4,551     16,237      △ 1,751      14,486
            セグメント利益又は損失(△)                  639    △ 604     △ 13     21     △ 50     △ 28
           (注)1.「その他アジア」の区分は、日本以外のアジア地域の現地法人の事業活動であります。
              2.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去によるものであります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 17/21







                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額              又は1株当たり四半期純損失金額               及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                  至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
      1株当たり四半期純利益金額             又は1株当たり四半期純
                                       102円94銭             △686円91銭
       損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会社
                                           140             △935
       株主に帰属する四半期純損失金額(△)(百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
       金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金額                                   140             △935
       (△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  1,362              1,362
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                           新株予約権1種類(新株予                  ─────
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                           約権の数200,000個)。
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度
          の期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額を
          算定しております。
        2.前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
          る潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するも
          のの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

     (株式併合及び単元株式数の変更等)
       当社は、平成29年6月9日開催の取締役会において、平成29年6月29日開催の第43回定時株主総会に株式併合及び
      単元株式数の変更について付議することを決議し、同定時株主総会で承認可決され、平成29年10月1日でその効力が
      発生しております。
      (1)株式併合及び単元株式数の変更の目的

         全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を発表し、すべての国内上場会社の普通株式の売買
        単位を100株に統一することを目指しております。
         当社は、東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を尊重し、当社普通株式の売買単位である単元株式
        数を1,000株から100株に変更するとともに、証券取引所が望ましいとしている投資単位の水準を勘案し、株式併
        合(普通株式10株につき1株の割合で併合)を実施するものであります。
      (2)株式併合の内容

        ① 株式併合する株式の種類
          普通株式
        ② 株式併合の方法・比率
           平成29年10月1日をもって、平成29年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数
          を基準に、10株につき1株の割合をもって併合いたしました。
                                 18/21




                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
        ③ 株式併合により減少する株式数

           株式併合前の発行済株式総数(平成29年9月30日現在)                                     25,920,000株
           今回の株式併合により減少する株式数                                     23,328,000株
           株式併合後の発行済株式総数                                      2,592,000株
          (注)「株式併合により減少する株式数」及び「株式併合後の発行済株式総数」は、併合前の発行済株式総
              数及び株式併合の割合に基づき算出した理論値であります。
      (3)1株未満の端数が生じる場合の処理

         株式併合の結果、1株に満たない端数が生じた場合には、会社法の定めに基づき、一括して処分し、その処分
        代金を端数の生じた株主に対して、端数の割合に応じて分配いたします。
      (4)効力発生日における発行可能株式総数

         8,000,000株
         株式併合の割合にあわせて、従来の80,000,000株から8,000,000株に減少いたしました。
      (5)単元株式数の変更の内容

         株式併合の効力発生と同時に、普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更いたしました。
      (6)株式併合及び単元株式数の変更の日程

          取締役会決議日                                   平成29年6月9日
          株主総会決議日                                   平成29年6月29日
          株式併合及び単元株式数の変更の効力発生日                                   平成29年10月1日
      (7)1株当たり情報に及ぼす影響

         1株当たり情報に及ぼす影響については、当該箇所に記載しております。
      2【その他】

          該当事項はありません。
                                 19/21










                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            シャクリー・グローバル・グループ株式会社(E03105)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月14日

     シャクリー・グローバル・グループ株式会社

      取締役会 御中

                              新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              阿  部  正     典  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              寒河江 祐一郎  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているシャクリー・グ

     ローバル・グループ株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成29年7月1日から平成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、シャクリー・グローバル・グループ株式会社及び連結子会社の平成29
     年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれておりません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。