株式会社パートナーエージェント 四半期報告書 第14期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第14期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社パートナーエージェント

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月14日
      【四半期会計期間】                    第14期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    株式会社パートナーエージェント
      【英訳名】                    Partner    Agent   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐藤 茂
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区大崎一丁目20番3号
      【電話番号】                    03-5759-2700(代表)
      【事務連絡者氏名】                    IR担当 真瀬 優嘉
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区大崎一丁目20番3号
      【電話番号】                    03-5759-2700(代表)
      【事務連絡者氏名】                    IR担当 真瀬 優嘉
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第13期           第14期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第13期
                              累計期間           累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

              会計期間
                           至平成28年9月30日           至平成29年9月30日           至平成29年3月31日
                      (千円)           1,991,794           2,025,225           3,812,210
     売上高
                      (千円)            258,002            67,128           231,384
     経常利益
     親会社株主に帰属する     
                      (千円)            181,114            43,167           107,321
     四半期(当期)純利益
                      (千円)            181,114            43,167           107,321
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            710,362           740,161           660,965
     純資産額
                      (千円)           2,077,049           2,625,962           2,263,304
     総資産額
     1株当たり四半期(当
                      (円)            19.08            4.52           11.37
     期)    純利益金額
     潜在株式調整後1株当た
                      (円)            17.00            4.10           10.13
     り    四半期(当期)純利益
     金額
                      (%)             34.1           28.1           29.1
     自己資本比率
     営業活動による        
                      (千円)            101,652           137,018           △ 21,725
     キャッシュ・フロー
     投資活動による        
                      (千円)           △ 156,304          △ 270,469          △ 331,345
     キャッシュ・フロー
     財務活動による        
                      (千円)            19,578           238,051           333,622
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の     
                      (千円)            481,896           602,122           497,520
     四半期末(期末)残高
                               第13期           第14期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成28年7月1日           自平成29年7月1日

              会計期間
                           至平成28年9月30日           至平成29年9月30日
                                   10.73            3.72
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.平成29年1月1日付をもって株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。そのため、第13期の
           期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当
           たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
         4.当社は、第13期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(従業員持株会処分型)」を導入し、当該信託
           に係る信託口が保有する当社株式については、自己株式として計上しております。そのため、1株当たり四
           半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定上、当該株式数を
           控除する自己株式に含めて普通株式の期中平均株式数を算定しております。
         5.企業主導型保育事業(整備費)助成金は、従来、「特別利益」の区分において表示しておりましたが、第14
           期第1四半期連結会計期間より「営業外収益」の区分において表示する方法に変更しております。そのた
           め、第13期第2四半期連結累計期間及び第13期の経常利益は、当該変更を反映した組替え後の数値を記載し
           ております。
                                  2/22


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
         当第2四半期連結累計期間における、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、
        重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
         なお、第1四半期連結会計期間より                 「結婚情報サービス事業」の単一セグメントであった従来のセグメントの
        区分を「パートナーエージェント事業」「ファスト婚活事業」「ソリューション事業」「QOL事業」の4区分に変
        更しております。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記
        載のとおりであります。
                                  3/22


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証
        券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
        社)が判断したものであります。
       (1)当期の経営成績等の概況

         当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、景気の緩やかな回復基調は継続し、雇用情勢も改善したも
        のの、個人消費は伸び悩み、加えて北朝鮮による国際的緊張の高まりなどもあり、不透明な状況で推移いたしまし
        た。
         当業界においては、直前四半期同様、堅調な市場規模の拡大が続いている一方、事業者間の競争が活発化してい
        るものと予測しております。
         このような状況の下、当社グループは、経営理念である「世の中に、もっと笑顔を。もっと幸せを。」という想
        いの下、高い顧客成果、即ち成婚率を実現するパートナーエージェント事業を中核事業としながら、より気軽な婚
        活サービスを提供するファスト婚活事業、地方自治体や企業の婚活支援・ソリューションサービスや婚活支援事業
        者間の会員相互紹介を実現するプラットフォームを提供するソリューション事業、成婚後のブライダル関連サービ
        スや生活品質向上に資するサービス及び企業主導型保育サービスを提供するQOL事業の4つの事業の成長に努めて
        まいりました。
         その結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高2,025,225千円(前年同四半期比1.7%増)                                              、営業利益
        38,873千円     (前年同四半期比83.4%減)             、経常利益67,128千円          (前年同四半期比74.0%減)             、親会社株主に帰属す
        る四半期純利益43,167千円            (前年同四半期比76.2%減)             となりました。
         当社グループの        報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報は、以下のとおりでありま

        す。
                                                     (単位:千円)
                        売上高                   セグメント利益又は損失(△)
                               増減                       増減

               前第2四半期       当第2四半期                 前第2四半期       当第2四半期
               連結累計期間       連結累計期間                 連結累計期間       連結累計期間
                             金額    率(%)                   金額    率(%)
     パートナー
                1,628,837       1,546,555      △82,281      △5.1      455,404       342,823     △112,581      △24.7
     エージェント事業
     ファスト婚活事業
                 202,321       351,926      149,604      73.9      1,434      31,236      29,801    2,077.1
     ソリューション事業
                 156,573       107,047     △49,525     △31.6       88,422       14,752     △73,670     △83.3
     QOL事業
                 38,105       60,204      22,099     58.0     △21,212       △26,772      △5,559       -
     報告セグメント計
                2,025,836       2,065,732       39,895      2.0     524,049       362,040     △162,009      △30.9
     その他
                  1,854       1,944       90    4.9     △2,560       △884      1,675      -
     合計
                2,027,690       2,067,676       39,985      2.0     521,488       361,155     △160,333      △30.7
     調整額
                 △35,896       △42,451      △6,554       -    △287,098       △322,281      △35,183       -
     四半期連結損益
                1,991,794       2,025,225       33,431      1.7     234,390       38,873    △195,516      △83.4
     計算書計上額
                                  4/22




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
         当社グループの報告セグメントごとの概況は次のとおりであります。
        (パートナーエージェント事業)
         パートナーエージェント事業においては、当社顧客として入会した会員に対する情報提供、お相手の紹介、出会
        いの機会の提供を行う婚活支援サービスを行っております。会員にはそれぞれ専任のコンシェルジュが担当として
        就いて婚活支援を行い、プロフェッショナルとしてお客様をサポートしております。また、出会いの機会を提供す
        るため、会員同士のイベントを企画・運営するなどの付随サービスも提供しております。
         パートナーエージェント事業の               当第2四半期連結累計期間における                 主要指標の状況は以下のとおりであります。
                  当第2四半期        前第2四半期
        主要指標実績
                  連結累計期間        連結累計期間
       新規入会会員数               3,943        4,392
      10月月初在籍会員数               12,019        12,147

       成婚退会会員数               1,681        1,782

         成婚率            27.6%        29.4%

        (注)1.成婚とは、当社のサービスを利用して知り合った会員同士が、結婚を視野に入れ交際を継続していくこ
             とをいい、当社が成婚の意向を双方の会員から確認した場合に、当該会員は成婚退会をすることになり
             ます。
           2.成婚率とは、在籍会員中何名の会員が成婚退会しているか、その割合を示すものです。具体的には、成
             婚率は、毎年4月1日から翌年3月末までを計算期間とし、以下の計算式にて算出しております。
             (計算式)年間成婚退会会員数÷年間平均在籍会員数
           3.  当第2四半期連結累計期間における成婚率の計算をする際には、前項の通期の計算式に準じるため、当
             第2四半期連結累計期間の平均在籍会員数を2で除して算出しております。
         当該事業につきましては、直前四半期に引き続き、広告反応率の向上に取り組み、新規入会会員数の増加に努め

        ております。中長期の対策としてCI(コーポレート・アイデンティティ)戦略の強化による認知度向上を図り、足
        下では社外の知見も活用し、広告デザイン・コンセプトの見直しや、機動的かつ柔軟な広告出稿を行えるようにし
        て広告反応率の回復に取り組んでおります。広告反応率につきましては改善に期間を要しておりますが、直前四半
        期の方針を継続し、積極的な広告出稿を行いながら改善サイクルを運用することに注力してまいります。
         サービス品質につきましては、平成29年7月に「2017年オリコン日本満足度調査」の「結婚相談所」ランキング
        1位を獲得し、同時に「プライバシー管理」「担当者の提案力」「店舗の雰囲気・清潔度」「入会時の説明」「女
        性」「関東」の4項目、2部門においても第1位を獲得するなど、第三者による客観的な評価を獲得いたしまし
        た。
         新規出店の状況につきましては、平成29年5月15日に八重洲店、同年7月7日に渋谷店(いずれも東京都)、同
        年8月4日に岐阜店、同年同月18日に奈良店を出店いたしました。なお、全店においてOTOCONパーティー会場を併
        設しております。
        (ファスト婚活事業)

         ファスト婚活事業においては、主に『OTOCON(オトコン)』として一般会員向けの婚活パーティーを企画・運営
        し、また、婚活パーティーだけでなく、お相手の紹介などの婚活支援を希望する方に向けて、比較的低価格で利用
        できる婚活支援サービス『OTOCON                MEMBERS婚活カウンター』を提供しております。
         ファスト婚活事業の          当第2四半期連結累計期間における                 主要指標の状況は以下のとおりであります。
                  当第2四半期        前第2四半期
        主要指標実績
                  連結累計期間        連結累計期間
        パーティー
                     125,496         57,745
         参加者数
       新規入会会員数                609        744
      10月月初在籍会員数                1,699        1,393

        (注)新規入会会員数、10月月初在籍会員数共に、OTOCON                           MEMBERS婚活カウンターをはじめアライアンスモデル型
           婚活支援サービスを合計した数値であります。
         当該事業につきましては、婚活パーティー『OTOCON』の当第2四半期連結累計期間における延べ参加者数は新規

        出店の効果により125,496            名 となり、前年同四半期比117.3              %増と倍増     しております。
         また、『OTOCON』は一般会員向けの婚活パーティーサービスであると同時に、パーティー利用者の方が会員制婚
        活支援エントリーサービスである『OTOCON                    MEMBERS婚活カウンター』にご入会いただくチャネルとして機能してお
                                  5/22


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        り、かつ、専門のスタッフが自社店舗内のスペースでパーティーを企画・運営するため、社内設備の有効活用がで
        きております。
         新規出店の状況につきましては、婚活パーティーサービスに対する旺盛な需要が継続していることから、平成29
        年4月1日にOTOCON専用店舗として大阪店(大阪府)、同年4月29日に同じく栄店(愛知県)を出店し、パート
        ナーエージェント事業との併設店舗として平成29年5月15日に八重洲店、同年7月7日に渋谷店(いずれも東京
        都)、同年8月4日に岐阜店、同年同月18日に奈良店を出店いたしました。
         今後もOTOCONパーティーならびにファスト婚活事業における婚活支援サービスを多くのお客様にご利用いただけ
        るよう取り組んでまいります。
        (ソリューション事業)

         ソリューション事業におきましては、事業会社向けに当業界への参入コンサルティング、自治体による婚活支援
        活動に対するソリューション提供を行っております。支援先のニーズや状況に応じて、サービス・業務設計、シス
        テム設計・構築・保守運用、業務受託によるサポートなどの幅広いメニューから最適化したソリューションサービ
        スを提供しております。
         平成29年6月に開始した婚活支援事業者間の相互会員紹介を可能にする『CONNECT-ship』(コネクトシップ)の
        利用会員数につきましては、開始以降毎月純増しており、当第2四半期連結累計期間末日で1万名超となっており
        ます。地方や比較的年齢の高い会員様のご紹介相手を充実させ、新規入会につなげるべく、引き続き利用事業者様
        と協力し、利用会員数の増加に取り組んでまいります。
         大・中規模の婚活支援事業者間において、顧客成果や顧客満足度の向上を図るために協力し、会員の相互紹介を
        行うコネクトシップは、当業界にとって画期的であり、婚活支援業界が継続して発展するために必要なものと考え
        ております。コネクトシップは、「日本で最もお見合いを創るプラットフォーム」を目指してまいります。
         また、コネクトシップの利用事業者と対象サービスは以下のとおり8社10サービスとなっており、利用事業者様
        や対象サービスを増やすことにも注力してまいります。
                                                      (五十音順)
          利用事業者(共同事業の場合は複数記載)                                   対象サービス
                                    エキサイト結婚相談所           powered    by  PARTNER    AGENT
       エキサイト株式会社・株式会社パートナーエージェント
                エン婚活株式会社                              エン婚活

      株式会社歯愛メディカル・株式会社パートナーエージェント                                    Ciしあわせエージェント

              株式会社シニアーライフ                            MARRIX(マリックス)

             一般社団法人日本結婚相談協会                            日本結婚相談協会(略称:JBA)

               株式会社日本仲人連盟                           日本仲人連盟(略称:NNR)

                                          パートナーエージェント
                                        OTOCON    MEMBERS婚活カウンター
            株式会社パートナーエージェント
                                            ichie(いちえ)

        ヤフー株式会社・株式会社パートナーエージェント                                 Yahoo!婚活コンシェルプラン

        株式会社リクルートマーケティングパートナーズ                                 ゼクシィ縁結びカウンター

                                  6/22







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        (QOL事業)
         QOL(Quality        of  Life)事業におきましては、『アニバーサリークラブ』として成婚退会会員向けに結婚式場の
        紹介、結婚式に関連するアイテムの販売、エンゲージリング・マリッジリングの販売を通じてサポートを行うとと
        もに、ライフステージの変化に合わせた保険契約の見直しサービスも提供しております。また、提携先との協力関
        係に基づき、婚活またはそれ以外でも利用できる様々な割引サービスの提供を行うことで、婚活を間接的に支援す
        るサービスも行っております。
         当該事業につきましては、引き続き、『アニバーサリークラブ』ブランドにて、成婚された会員様向けに提供で
        きるサービスを拡充するとともに、その提供エリアの拡大に努めてまいります。会員様と人生の節目においてご相
        談させていただき、より長くお付き合いをさせていただくことで、顧客満足の充足・向上を図る仕組みとして、今
        後も発展させてまいります。
         また、内閣府が推進する「結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援」に則って、待機児童の問題の緩和に貢献
        すべく『めばえ保育ルーム』を展開している企業主導型保育施設事業においては、第1園目として開園した『めば
        え保育ルーム三鷹台』の運営によりその経験とノウハウを蓄積してまいりました。これを基に、平成29年7月3日
        に2園目となる亀戸を開園しており、引き続き同年11月に芦花公園、平成30年1月に千歳船橋、同年3月に用賀、
        同年4月に春日、平成31年1月に下北沢と順次開園していく予定です。今後も地域の需要に応じて、同保育施設の
        複数展開を行ってまいります。
       (2)財政状態に関する説明

        ① 資産、負債及び純資産の状況
          (資産)
           当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ362,657                                    千円増加し、2,625,962千円             とな
          りました。
           流動資産は、前連結会計年度末に比べ                   83,617   千円増加し、1,422,670千円とな               りました。     主な要因は、現金
          及び預金104,601千円の増加及び売掛金22,355千円の減少によるものです。
           固定資産は、前連結会計年度末に比べ277,767                      千円増加し、1,201,818千円となりました。主な要因は、新シ
          ステム構築や新店舗出店に伴う設備投資等によるものです。
          (負債)

           当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べ                               283,462千円増加し、1,885,801千円となり
          ました。
           流動負債は、前連結会計年度末に比べ16,095千円減少                          し、842,854千円となりました。主な要因は、短期借
          入金150,000千円の減少、1年以内返済予定の長期借入金52,484千円の増加、未払金47,585千円の減少及び1
          年以内償還予定の社債32,000千円の増加によるものです。
           固定負債は、前連結会計年度末に比べ                   299,557千円増加し、1,042,946千円となりました。主な要因は、長期
          借入金113,234千円の増加及び社債160,000千円の増加によるものです。
          (純資産)

           当第2四半期連結会計期間末の純資産は、                     前連結会計年度末に比べ79,195千円増加し、740,161千円となり
          ました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益43,167千円の計上及び自己株式23,306千円の減少に
          よるものです。
                                  7/22







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        ② キャッシュ・フローの状況
          当第2四半期会計期間末            における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)の残高は602,122千円となり
         ました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果得られた資金は、137,018千円となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益
          67,128千円、減価償却費70,546千円及び未払金の減少64,499千円によるものです。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果支出した資金は、270,469千円となりました。これは主に、有形固定資産の取得135,324千
          円、無形固定資産の取得55,497千円及び敷金の差入61,492千円によるものです。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果得られた資金は、238,051千円となりました。これは主に、短期借入金の減少150,000千円、
          長期借入金の借入300,000千円、長期借入金の返済134,281千円及び社債の発行200,000千円によるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  8/22












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  35,280,000
        普通株式
                                                  35,280,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年11月14日)
               (平成29年9月30日)                        取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ

                                                   り、権利内容に何ら
                                                   限定のない当社にお
                                         東京証券取引所
                    10,017,600            10,026,000
     普通株式                                             ける標準となる株式
                                         (マザーズ)
                                                   であります。
                                                   また、   単元株式数は
                                                   100株であります。
                    10,017,600            10,026,000           -           -

         計
     (注)1.第2四半期会計期間末から提出日現在までの普通株式の増加は、新株予約権の行使によるものであります。
        2.「提出日現在発行数欄」には、平成29年11月1日からこの第2四半期報告書提出日までの新株予約権の行使に
          より発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日        数増減数       総数残高                      増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成29年7月1日~
     平成29年9月30日               67,200     10,017,600          2,284      241,827        2,217      200,233
     (注)1
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成29年10月1日から平成29年10月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が8,400株、
          資本金が285千円、資本準備金が277千円増加しております。
                                  9/22





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                    平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に対
                                             所有株式数
           氏名又は名称                     住所                    する所有株式数の割
                                             (千株)
                                                    合(%)
     佐藤 茂                  東京都品川区                          3,843         38.36

     パートナーエージェント従業員持株会                  東京都品川区大崎1丁目20番3号
                                                 453         4.53
     小林 正樹                  東京都新宿区
                                                 441         4.40
     紀伊 保宏                  東京都目黒区                          401         4.00

     資産管理サービス信託銀行株式会社
                       中央区晴海1丁目8番12号                          369         3.68
     (信託E口)
     高梨 雄一朗                  東京都渋谷区                          320         3.20
     馬場 智也                  神奈川県小田原市                          292         2.91

     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番                          259         2.58

     伊藤 和子                  神奈川県横浜市港北区                          114         1.14

     日本証券金融株式会社                  東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号                          114         1.13
             計                   -                6,606         65.93

      (注)持分比率は、自己株式129株を控除して計算しております。なお、「株式給付信託(従業員持株会処分型)」の
         信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する株主名簿上の当社株式369,500株
         については、自己株式には含めておりません。
                                 10/22












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式         100            -            -

     完全議決権株式(その他)                    普通株式 10,016,400                   100,164          -

                         普通株式        1,100            -            -

     単元未満株式
                              10,017,600           -            -
     発行済株式総数
                             -              100,164          -
     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、「株式給付信託(従業員持株会処分型)」にかかる資産管理サービス
         信託銀行株式会社(信託E口)の保有する普通株式369,500株(議決権の数3,695個)が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に
       所有者の氏名                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
        又は名称                   株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
                                                    の割合(%)
      株式会社パートナー           東京都品川区大崎
                                100         -        100          0.0
       エージェント          1丁目20番3号
          計           -            100         -        100          0.0
     (注)1.自己名義所有株式は、単元未満株買取制度に基づき取得したものであります。
        2.上記のほか、当社は「株式給付信託(従業員持株会処分型)」を導入しており、当該信託口が所有する当社株
          式を、四半期連結財務諸表において自己株式として表示しております。なお、当第2四半期会計期間末現在に
          おいて当該信託口が所有する当社株式は369,500株であります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 11/22









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        497,520              602,122
         現金及び預金
                                        697,575              675,220
         売掛金
                                        144,682              145,801
         その他
                                         △ 725             △ 473
         貸倒引当金
                                       1,339,053              1,422,670
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        356,431              435,785
          建物
                                       △ 103,552             △ 117,872
            減価償却累計額
            建物(純額)                             252,879              317,913
          工具、器具及び備品                              215,825              255,405
                                       △ 120,962             △ 143,801
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             94,862              111,603
                                         3,267              64,806
          建設仮勘定
                                        351,009              494,323
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        136,391              275,739
          ソフトウエア
                                        143,249               24,875
          ソフトウエア仮勘定
                                        279,640              300,615
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        277,336              338,759
          敷金
                                         16,063              68,119
          その他
                                        293,400              406,878
          投資その他の資産合計
                                        924,050             1,201,818
         固定資産合計
                                           201             1,474
       繰延資産
                                       2,263,304              2,625,962
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        ※ 300,000              ※ 150,000
         短期借入金
                                        231,654              284,138
         1年内返済予定の長期借入金
                                         16,000              48,000
         1年内償還予定の社債
         未払金                                251,667              204,082
                                         12,838              36,892
         未払法人税等
                                         5,140              7,604
         返金引当金
                                         41,650              112,137
         その他
                                        858,949              842,854
         流動負債合計
       固定負債
                                        610,480              723,715
         長期借入金
                                           -            160,000
         社債
                                        109,071              135,394
         資産除去債務
                                         23,837              23,837
         その他
                                        743,389             1,042,946
         固定負債合計
                                       1,602,339              1,885,801
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        235,218              241,827
         資本金
                                        202,218              208,633
         資本剰余金
                                        458,997              502,165
         利益剰余金
                                       △ 237,060             △ 213,753
         自己株式
                                        659,373              738,873
         株主資本合計
                                         1,592              1,288
       新株予約権
                                        660,965              740,161
       純資産合計
                                       2,263,304              2,625,962
      負債純資産合計
                                 13/22

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                       1,991,794              2,025,225
      売上高
                                        738,705              828,035
      売上原価
                                       1,253,089              1,197,190
      売上総利益
                                      ※1 1,018,698             ※1 1,158,316
      販売費及び一般管理費
                                        234,390               38,873
      営業利益
      営業外収益
                                         5,920              7,104
       受取保証料
                                        ※2 20,505             ※2 23,915
       補助金収入
                                           405             1,342
       その他
                                         26,830              32,361
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,882              3,760
       支払利息
                                           336              346
       その他
                                         3,218              4,107
       営業外費用合計
                                        258,002               67,128
      経常利益
      特別損失
                                         2,719                -
       固定資産除売却損
                                         2,719                -
       特別損失合計
                                        255,283               67,128
      税金等調整前四半期純利益
                                         74,168              23,960
      法人税等
                                        181,114               43,167
      四半期純利益
                                        181,114               43,167
      親会社株主に帰属する四半期純利益
        【四半期連結包括利益計算書】

         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                        181,114               43,167
      四半期純利益
                                        181,114               43,167
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        181,114               43,167
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/22







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        255,283               67,128
       税金等調整前四半期純利益
                                         47,078              70,546
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 608             △ 252
       返金引当金の増減額(△は減少)                                   479             2,463
                                           △ 3            △ 333
       受取利息
                                         2,882              3,760
       支払利息
                                        △ 20,505             △ 23,915
       補助金収入
       固定資産除売却損益(△は益)                                  2,719                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  4,209              22,355
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  3,442               975
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 15,574             △ 22,508
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 784             1,096
       未払金の増減額(△は減少)                                  8,049             △ 64,499
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 5,638              16,508
       預り金の増減額(△は減少)                                  8,687              23,495
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 40,673              24,660
       未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は減
                                         △ 415             5,938
       少)
                                        △ 8,784             △ 22,351
       その他
                                        239,843              105,069
       小計
                                            3             333
       利息の受取額
                                        △ 2,886             △ 3,870
       利息の支払額
                                       △ 135,307               35,487
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        101,652              137,018
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 50,036             △ 135,324
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 85,461             △ 55,497
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 42,140
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 25,413             △ 61,492
       敷金の差入による支出
                                         4,596                70
       敷金の回収による収入
                                           -            23,915
       工事負担金等受入による収入
                                           10              -
       その他
                                       △ 156,304             △ 270,469
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 100,000             △ 150,000
                                        285,660              300,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 90,339             △ 134,281
       長期借入金の返済による支出
                                           -            200,000
       社債の発行による収入
       社債の償還による支出                                 △ 8,000             △ 8,000
                                        △ 1,761             △ 1,335
       割賦債務の返済による支出
                                       △ 285,572                 -
       自己株式の取得による支出
                                         17,993              20,060
       自己株式の売却による収入
       新株予約権の発行による収入                                  1,600                -
                                           -            13,024
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                           -            △ 1,417
       その他
                                         19,578              238,051
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 35,073              104,601
                                        516,969              497,520
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 481,896              ※ 602,122
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/22



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書関係)
            企業主導型保育事業(整備費)助成金は、従来、「特別利益」の区分において「補助金収入」として表示
           しておりましたが、今後も経常的に発生すると見込まれることから損益区分を明確にするために、当第1四
           半期連結会計期間より「営業外収益」の区分において「補助金収入」として表示する方法に変更しておりま
           す。
            この表示方法の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の組替えを行っ
           ております。
            この結果、前第2四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書において、経常利益が20,505千円増加して
           おります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、前連結会計年度において取引銀行3行、当連結会計期間にお
           いて取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。
           これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間

                             (平成29年3月31日)                  (平成29年9月30日)
     当座貸越極度額                               430,000千円                  630,000千円

     借入実行残高                               300,000                  150,000
     差引額                               130,000                  480,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至     平成28年9月30日)               至     平成29年9月30日)
     従業員給料及び手当                               268,419    千円              317,203    千円
     広告宣伝費                               353,557                  391,153
                                       54                 895
     貸倒引当金繰入額
         ※2 補助金収入は、「企業主導型保育事業(整備費)助成金」によるものであります。

        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
     現金及び預金勘定                               481,896千円                  602,122千円
     現金及び現金同等物                               481,896                  602,122
                                 16/22




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
       1.配当金支払額
        該当事項はありません。
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
        該当事項はありません。
       3.株主資本の金額の著しい変動

        「株式給付信託(従業員持株会処分型)」を導入し、信託が当社株式を取得したことに伴い、自己株式が261,464
       千円増加しております。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)

       1.配当金支払額
        該当事項はありません。
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
        該当事項はありません。
       3.株主資本の金額の著しい変動

        該当事項はありません。
                                 17/22













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日  至 平成28年9月30日)
            「Ⅱ 当第2四半期連結累計期間 3.報告セグメントの変更等に関する事項」に記載のとおりでありま
           す。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間              (自 平成29年4月1日  至 平成29年9月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント

                                                       四半期連結
                                         その他          調整額    損益計算書
                                               合計
                                         (注)1          (注)2      計上額
              パートナー            ソリュー
                    ファスト
                                                        (注)3
             エージェント             ション     QOL事業       計
                    婚活事業
               事業           事業
     売上高
      外部顧客への
               1,543,070      349,826      72,124     60,204    2,025,225        -  2,025,225        -   2,025,225
      売上高
      セグメント間
                 3,484     2,100     34,922       -    40,507     1,944     42,451    △ 42,451       -
      の内部売上高
      又は振替高
               1,546,555      351,926     107,047      60,204    2,065,732      1,944    2,067,676     △ 42,451    2,025,225
        計
     セグメント利益
                342,823      31,236     14,752    △ 26,772     362,040     △ 884    361,155    △ 322,281      38,873
     又は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、収益を獲得していない又は付随的な収益を稼得するに過ぎない構成単位のものであり
           ます。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△322,281千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 18/22










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
           3.報告セグメントの変更等に関する事項
             当社グループは、従来より「結婚情報サービス事業」の単一セグメントとしておりましたが、平成30年
            3月期から「パートナーエージェント事業」「ファスト婚活事業」「ソリューション事業」「QOL事業」
            の4つのセグメントに変更しております。これは、前連結会計年度から各サービスを上記4つの事業区分
            に分類・整理しており、さらに当第1四半期連結会計期間からは本部制を導入してそれぞれの本部毎に主
            管事業を定め、体制の変更を行ったことによるものであります。なお、当該変更を反映した前第2四半期
            連結累計期間の報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報は、以下の通りであり
            ます。
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント

                                                       四半期連結
                                         その他          調整額    損益計算書
                                               合計
                                         (注)1          (注)2      計上額
              パートナー            ソリュー
                    ファスト
                                                        (注)3
             エージェント             ション     QOL事業       計
                    婚活事業
               事業           事業
     売上高
      外部顧客への
               1,625,909      198,321     129,458      38,105    1,991,794        -  1,991,794        -   1,991,794
      売上高
      セグメント間
                 2,927     4,000     27,114       -    34,042     1,854     35,896    △ 35,896       -
      の内部売上高
      又は振替高
               1,628,837      202,321     156,573      38,105    2,025,836      1,854    2,027,690     △ 35,896    1,991,794
        計
     セグメント利益
                455,404      1,434     88,422    △ 21,212     524,049     △ 2,560    521,488    △ 287,098      234,390
     又は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、収益を獲得していない又は付随的な収益を稼得するに過ぎない構成単位のものであり
           ます。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△287,098千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 19/22











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                       19円08銭               4円52銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 181,114               43,167
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        181,114               43,167
      金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                9,491,156               9,539,969
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                       17円00銭               4円10銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                    -               -
                                       1,165,033                985,453
      普通株式増加数       (株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.平成29年1月1日付をもって株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。そのため、前連結会
           計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当
           たり四半期純利益金額を算定しております。
         2.当社は、前第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(従業員持株会処分型)」を導入し、当該信託に係
           る信託口が保有する当社株式については、自己株式として計上しております。そのため、1株当たり四半期
           純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定上、当該株式数を控除する自己株式に含
           めて普通株式の期中平均株式数を算定しております(前                          第2四半期連結累計期間332,044株、当第2四半期
           連結累計期間393,620株)。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 20/22







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社パートナーエージェント(E31855)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月13日

     株式会社パートナーエージェント
      取締役会 御中
                              太陽有限責任監査法人

                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                    新井 達哉
                                業  務  執  行  社  員
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                    土居 一彦
                                業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社パート

     ナーエージェントの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7
     月1日から平成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る
     四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連
     結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社パートナーエージェント及び連結子会社の平成29年9月30日
     現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に
     表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。