株式会社旅工房 四半期報告書 第24期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社旅工房

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年11月10日

     【四半期会計期間】               第24期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)

     【会社名】               株式会社旅工房

     【英訳名】               TABIKOBO     Co.  Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長兼社長 高 山 泰 仁

     【本店の所在の場所】               東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

     【電話番号】               03-5956-3044

     【事務連絡者氏名】               取締役執行役員コーポレート本部長 前 田 宣 彦

     【最寄りの連絡場所】               東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

     【電話番号】               03-5956-3044

     【事務連絡者氏名】               取締役執行役員コーポレート本部長 前 田 宣 彦

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第24期

               回次               第2四半期            第23期
                             連結累計期間
                           自   平成29年4月1日         自   平成28年4月1日
              会計期間
                           至   平成29年9月30日         至   平成29年3月31日
                                11,603,297           22,526,272
     売上高                  (千円)
                                 △ 19,483          300,443

     経常利益又は経常損失(△)                  (千円)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益
                       (千円)          △ 11,249          192,091
     又は親会社株主に帰属する
     四半期純損失(△)
                                    316         206,459
     四半期包括利益又は包括利益                  (千円)
                                 1,147,902            474,531

     純資産額                  (千円)
                                 4,233,382           2,850,886

     総資産額                  (千円)
     1株当たり当期純利益金額
                                  △ 2.47          53.36
                        (円)
     又は四半期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                   27.1           16.6
     自己資本比率                  (%)
     営業活動による
                                  441,218          △ 147,215
                       (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                 △ 34,586         △ 119,440
                       (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                  657,625          △ 31,080
                       (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 2,019,525            955,050
                       (千円)
     四半期末(期末)残高
                               第24期

               回次               第2四半期
                             連結会計期間
                           自 平成29年7月1日
              会計期間
                           至 平成29年9月30日
                                   25.89

     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.当社は、第23期第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、第23期第2
          四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
        3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        4.当社は、平成28年12月10日付けで普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行っております。
          また、平成29年10月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。この
          ため、第23期及び第24期第2四半期連結累計期間の1株当たり当期純利益金額又は四半期純損失金額につい
          ては、第23期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
        5.第24期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在
          するものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
        6.第23期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在するものの、当社株式は非
          上場であったため、期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
                                  2/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      なお、当社は、前第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、前年同四半期連結
      累計期間との比較分析は行っておりません。
      (1)  業績の状況

        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、平成29年4月から6月の実質国内総生産(GDP、速報値)
       が11年ぶりとなる6期連続のプラス成長となり、輸出産業を中心に企業業績が堅調に推移していることと、雇用環
       境の好転に伴う個人消費の回復と設備投資の増加も見られることから、緩やかながら、内外需要の増加による景気
       拡大が続いております。
        旅行業界につきましては、一般社団法人日本旅行業協会(JATA)の調査によりますと、平成29年7月から9月に
       おけるJATA会員旅行会社の業況感(DI値、Diffusion                         Index)は、海外旅行はマイナス16ポイントと平成29年4月か
       ら6月と比較して4ポイントの良化、国内旅行はマイナス11ポイントと同13ポイントの悪化、訪日旅行はプラスマ
       イナス0と同2ポイントの悪化となっております。海外旅行の方面別に見ると、欧州方面は回復基調にあるもの
       の、アジア方面とハワイは概ね横ばい、ミクロネシア方面については大幅な下落となっております。海外旅行の顧
       客層別では、ファミリー層の旅行が大幅な上昇を見せている一方、企業の商用・視察旅行については横ばい、イン
       センティブ旅行(企業・団体等による報奨旅行)については下降傾向にあります(2017年9月29日 一般社団法人日
       本旅行業協会「2017年9月期(第2回)旅行市場動向調査」)。このように、方面別や渡航目的別に見れば業況の好
       転と悪化が区々であるものの、海外旅行全体としては概ね回復傾向にあります。
        このような情勢のもと、当社グループでは、当社の東京証券取引所マザーズへの上場を記念した感謝セールや大
       手出版社の雑誌企画と連動したツアーの発売といった各種キャンペーンを実施する等、回復傾向にある個人旅行需
       要の取込みに向けた施策を実施いたしました。また、大手旅行代理店が企画するJRや新幹線と宿泊をセットにした
       国内旅行商品の提供を開始する等、顧客基盤の拡大にも努めました。さらに、法人営業の体制強化にも引続き取組
       み、企業や団体のお客様向けの業務渡航や団体旅行需要のほか、訪日外国人によるいわゆるインバウンド旅行の需
       要獲得にも努めました。
        一方で、ハワイ、バリ島、グアム等のビーチ方面につきましては、競合他社との価格競争の激化や北朝鮮情勢に
       よるグアム渡航のキャンセル増加等の外的要因により低調に推移しました。上記の各施策を行い、また回復基調に
       ある欧州方面の需要取込みに努めたものの、売上高及び売上総利益につきましては当初の想定を下回る結果となり
       ました。加えて、将来の収益拡大に備えて人員を増強したことによる人件費増加と積極的な広告出稿による広告宣
       伝費の増加等から、販売費及び一般管理費も増加いたしました。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における連結業績は、売上高は11,603,297千円、営業損失は2,519千円、
       経常損失は19,483千円、親会社株主に帰属する四半期純損失は11,249千円となりました。
        なおセグメントの業績については、当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略いたします。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
       (流動資産)
         当第2四半期連結会計期間末における流動資産は3,641,411千円と、前連結会計年度末比1,370,443千円増加し
        ました。これは主に、現金及び預金が前連結会計年度末比1,064,110千円、旅行前払金が前連結会計年度末比
        143,180千円、売掛金が前連結会計年度末比206,088千円増加したことによるものです。
       (固定資産)

         当第2四半期連結会計期間末における固定資産は591,970千円と、前連結会計年度末比12,051千円増加しまし
        た。これは主に、減価償却等により有形固定資産が前連結会計年度末比14,869千円減少したこと、投資その他の
        資産(その他)が前連結会計年度末比25,559千円増加したことによるものです。
       (流動負債)

         当第2四半期連結会計期間末における流動負債は3,005,973千円と、前連結会計年度末比720,422千円増加しま
        した。これは主に、旅行前受金が前連結会計年度末比466,477千円、買掛金が前連結会計年度末比198,297千円増
        加したことによるものです。
       (固定負債)

         当第2四半期連結会計期間末における固定負債は79,506千円と、前連結会計年度末比11,297千円減少しまし
        た。これは主に、リース債務が前連結会計年度末比10,279千円減少したことによるものです。
       (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産は1,147,902千円と、前連結会計年度末比673,370千円増加しまし
        た。これは主に、東京証券取引所マザーズへの当社上場に伴い実施した公募増資及びオーバーアロットメントに
        よる売出しに関連して実施した第三者割当増資により資本金及び資本剰余金が前連結会計年度末比それぞれ
        336,526千円増加したこと、利益剰余金が前連結会計年度末比11,249千円減少したこと、繰延ヘッジ損益が前連結
        会計年度末比11,183千円増加したことによるものです。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の期末残高は、2,019,525千
       円と前連結会計年度末と比べ1,064,475千円の増加となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッ
       シュ・フローの状況は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、仕入債務の増加197,521千円、旅行前受金
        の増加466,470千円等の増加要因がある一方、税金等調整前四半期純損失19,483千円の計上、売上債権の増加
        187,683千円、旅行前払金の増加143,177千円等の減少要因から、441,218千円の収入となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、固定資産の取得による支出13,078千円、
        敷金の差入による支出24,750千円等により、34,586千円の支出となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、リース債務の支払による支出11,284千円
        等の減少要因がある一方、株式の発行による収入669,032千円等の増加要因から、657,625千円の収入となりまし
        た。
                                  5/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     7,000,000

                  計                                    7,000,000

      (注)平成29年8月10日開催の取締役会決議により、平成29年10月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行
         可能株式総数は7,000,000株増加し、14,000,000株となっております。
       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
               (平成29年9月30日)           (平成29年11月10日)           商品取引業協会名
                                               完全議決権株式であり、
                                               株主としての権利内容に
                                               何ら限定のない当社にお
                                      東京証券取引所
                                               ける標準となる株式であ
       普通株式            2,334,000           4,668,000
                                      マザーズ市場
                                               ります。
                                               また、単元株式数は100株
                                               であります。
         計           2,334,000           4,668,000           ―            ―
      (注)1.提出日現在の発行数には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は、含まれておりません。
        2.平成29年8月10日開催の取締役会決議により、平成29年10月1日付で1株を2株に株式分割いたしました。
          これにより、株式数は2,334,000株増加し、4,668,000株となっております。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年7月1日~
                      ―   2,334,000           ―    426,526          ―    336,526
     平成29年9月30日
      (注)平成29年8月10日開催の取締役会決議により、平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分
         割を行い、これにより発行済株式総数が2,334,000株増加し、4,668,000株となっております。
                                  6/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                           所有株式数        総数に対する
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                                               1,273        54.57
     高山 泰仁               埼玉県富士見市
                                                100        4.28

     坂井 直樹               北海道札幌市中央区
                                                72       3.09

     日本証券金融株式会社               東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号
                                                71       3.08

     野口 孝寿               東京都板橋区
                                                20       0.86

     葛野 悦子               東京都板橋区
                                                20       0.86

     川尻 郁夫               東京都港区
                                                20       0.86

     中野 清花               埼玉県富士見市
     戸田 輝               東京都渋谷区                            20       0.86

                                                20       0.86

     太田 耕一郎               東京都北区
                                                20       0.86

     前澤 弘基               神奈川県横浜市中区
                                                20       0.86

     舩渡川 崇               埼玉県戸田市
                                               1,657        71.02

            計                   -
      (注)平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記所有株式数につい
         ては、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成29年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               23,334             ―
                         2,333,400
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                             600
     発行済株式総数                    2,334,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           23,334             ―

       ②  【自己株式等】

         該当事項はありません。
                                  7/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     2  【役員の状況】
       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
      29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3 最初に提出する四半期報告書の記載上の特例

       当四半期報告書は、第2四半期に係る最初に提出する四半期報告書であるため、「企業内容等開示ガイドライン24 
      の4の7-6」の規定に準じて、前年同四半期との対比は行っておりません。
                                  9/20















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         997,915             2,062,025
         現金及び預金
                                         352,226              558,314
         売掛金
                                          88,213              70,585
         割賦売掛金
                                         668,605              811,786
         旅行前払金
                                          26,457              26,157
         繰延税金資産
                                         138,077              113,276
         その他
                                          △ 528             △ 736
         貸倒引当金
                                        2,270,967              3,641,411
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          69,650              66,305
           建物附属設備(純額)
                                          5,384              4,488
           車両運搬具(純額)
                                          39,207              28,725
           リース資産(純額)
                                          8,183              8,037
           その他(純額)
                                         122,426              107,556
           有形固定資産合計
                                          76,878              77,792
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                          4,986              4,926
           長期貸付金
                                          8,035              8,526
           繰延税金資産
                                         217,043              217,000
           差入保証金
                                         155,535              181,094
           その他
                                         △ 4,986             △ 4,926
           貸倒引当金
                                         380,614              406,621
           投資その他の資産合計
                                         579,919              591,970
         固定資産合計
                                        2,850,886              4,233,382
       資産合計
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         356,242              554,540
         買掛金
                                         22,690              21,685
         リース債務
                                          2,637              11,634
         未払法人税等
                                        1,643,239              2,109,717
         旅行前受金
                                         58,601              68,475
         賞与引当金
                                         202,139              239,920
         その他
                                        2,285,551              3,005,973
         流動負債合計
       固定負債
                                         19,880               9,600
         リース債務
                                         30,584              30,679
         資産除去債務
                                         40,338              39,225
         その他
                                         90,803              79,506
         固定負債合計
       負債合計                                 2,376,354              3,085,479
      純資産の部
       株主資本
                                         90,000              426,526
         資本金
                                                       336,526
         資本剰余金                                   ―
                                         376,879              365,630
         利益剰余金
                                         466,879             1,128,683
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 11,345               △ 162
         繰延ヘッジ損益
                                         18,997              19,380
         為替換算調整勘定
                                          7,652              19,218
         その他の包括利益累計額合計
                                         474,531             1,147,902
       純資産合計
                                        2,850,886              4,233,382
      負債純資産合計
                                 11/20










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)
                                     ※1  11,603,297
      売上高
                                       10,032,825
      売上原価
                                        1,570,472
      売上総利益
                                      ※2  1,572,991
      販売費及び一般管理費
                                         △ 2,519
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           16
       受取利息
                                            ▶
       受取配当金
                                          1,910
       受取補償金
                                           997
       その他
                                          2,929
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           360
       支払利息
                                          1,568
       支払保証料
                                          7,966
       為替差損
                                          4,021
       株式交付費
                                          5,608
       支払手数料
                                           367
       その他
                                         19,893
       営業外費用合計
                                        △ 19,483
      経常損失(△)
                                        △ 19,483
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    1,726
                                         △ 4,810
      過年度法人税等
                                         △ 5,149
      法人税等調整額
                                         △ 8,233
      法人税等合計
                                        △ 11,249
      四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                      ―
                                        △ 11,249
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 12/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)
                                        △ 11,249
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         11,183
       繰延ヘッジ損益
                                           383
       為替換算調整勘定
                                         11,566
       その他の包括利益合計
                                           316
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           316
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                      (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 19,483
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         23,995
       減価償却費
                                          △ 21
       受取利息及び受取配当金
                                          1,928
       支払利息及び支払保証料
                                            ▶
       為替差損益(△は益)
                                        △ 187,683
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 143,177
       旅行前払金の増減額(△は増加)
                                         197,521
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         466,470
       旅行前受金の増減額(△は減少)
                                           148
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          9,873
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         95,003
       その他
                                         444,582
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    21
                                         △ 4,780
       利息及び保証料の支払額
                                          1,394
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         441,218
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 13,078
       固定資産の取得による支出
                                        △ 24,750
       敷金の差入による支出
                                         △ 3,003
       差入保証金の差入による支出
                                          3,111
       差入保証金の回収による収入
                                          3,134
       その他
                                        △ 34,586
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 11,284
       リース債務の支払による支出
                                         669,032
       株式の発行による収入
                                          △ 122
       その他
                                         657,625
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                     218
                                        1,064,475
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         955,050
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  2,019,525
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結損益計算書関係)
        ※1 売上高の季節的変動
         当第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          当社グループでは売上高の計上基準として出発日基準を採用しており、旅行商品の売上はお客様が旅行に出
         発された日が帰属する月に計上されます。旅行商品については、個人のお客様のご旅行の出発時期が、長期休
         暇を比較的取得しやすい7月から9月の夏休み期間に集中する傾向にあります。そこで、当社グループの売上
         高及び利益についても7月から9月に増加し、その他の期間については売上高及び利益が減少する傾向がある
         ことから、四半期連結会計期間において営業損益が損失となる場合があります。
        ※2 販管費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                           当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日
                            至   平成29年9月30日)
                                 641,953
         給与手当                            千円
                                 68,475
         賞与引当金繰入額                            千円
                                 215,779
         広告宣伝費                            千円
                                 23,995
         減価償却費                            千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        
       のとおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年9月30日)
         現金及び預金                       2,062,025千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                        △42,500千円
         現金及び現金同等物                       2,019,525千円
        (株主資本等関係)

        当第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
        1.配当金支払額
          該当事項はありません。 
        2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

        末日後となるもの
          該当事項はありません。 
        3.株主資本の著しい変動

          当社は、平成29年4月18日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。上場にあたり、平成29年4月17
         日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株式450,000株の発行によ
         り、資本金及び資本準備金がそれぞれ283,590千円増加しています。また、平成29年5月17日を払込期日とする
         第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当)による新株式84,000株の発行
         により、資本金及び資本準備金がそれぞれ52,936千円増加しています。
          これらの結果、当第2四半期連結会計期間末における資本金は426,526千円、資本剰余金は336,526千円と
         なっております。
                                 15/20



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、旅行業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第2四半期連結累計期間

                                 (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年9月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                   △2.47円
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                  △11,249

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        △11,249
      四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  4,547,081
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在するものの、1株当たり四半期純
          損失金額であるため、記載しておりません。
        2.当社は、平成29年10月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。前
          連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純損失金額(△)を算定してお
          ります。
                                 16/20











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
       1.株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更について
         当社は平成29年8月10日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うことに
        ついて決議し、平成29年10月1日を効力発生日として株式の分割及び定款の一部変更を行っております。当該株
        式分割及び定款変更の内容は、次のとおりであります。
        (1) 目的

          当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げ、株式数の増加により株式の流動性を高めることで、投資家の
         皆様により投資しやすい環境を整えるとともに、投資家層の拡大を図ることを目的としております。
        (2) 分割の方法

          平成29年9月30日(土曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記録された株主の所有する普通株式1
         株につき2株の割合をもって分割いたします。
        (3) 分割により増加する株式数

          ①株式分割前の発行済株式総数                              2,334,000株
          ②今回の分割により増加する株式数                          2,334,000株
          ③株式分割後の発行済株式総数                              4,668,000株
          ④株式分割後の発行可能株式総数                            14,000,000株
        (4) 日程

          ①基準日公告日               平成29年9月14日(木曜日)
          ②基準日                     平成29年9月30日(土曜日)
          ③効力発生日                 平成29年10月1日(日曜日)
        (5) 1株当たり情報に及ぼす影響は、(1株当たり情報)に反映されております。

        (6) 株式分割に伴う定款の一部変更

         ①変更の理由
          今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、平成29年10月1日(日曜日)をもって、当社
         定款第6条(発行可能株式総数)を変更いたします。
         ②変更の内容

                                             (下線は変更箇所を示します。)
                  現行定款                           変更後
       第6条(発行可能株式総数)                          第6条(発行可能株式総数)
       当会社の発行可能株式総数は、              7,000,000     株とする。       当会社の発行可能株式総数は、              14,000,000     株とする。
         ③日程

          定款変更効力発生日                       平成29年10月1日(日曜日)
        (7) 新株予約権行使価額の調整

          株式分割に伴い、当社発行の新株予約権の権利行使価額を平成29年10月1日(日曜日)以降、以下のとおり
         調整いたします。
             名称             調整前行使価額                調整後行使価額
          第1回新株予約権                  107円                54円

                                 17/20



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       第24期(平成29年4月1日から平成30年3月31日)中間配当については、平成29年11月10日開催の取締役会におい
      て、これを行わない旨を決議いたしました。
                                 18/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社旅工房(E33110)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月10日

     株式会社旅工房
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          百  井  俊  次               ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          安  藤     勇               ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社旅工房

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
     29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社旅工房及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。