日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第15期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月10日
      【四半期会計期間】                    第15期第3四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第14期           第15期
                回次                第3四半期           第3四半期            第14期
                               連結累計期間           連結累計期間
                             自平成28年1月1日           自平成29年1月1日           自平成28年1月1日

               会計期間
                             至平成28年9月30日           至平成29年9月30日           至平成28年12月31日
                        (千円)          1,912,483           1,915,678           2,509,189
     売上高
                        (千円)            73,134           10,111          118,914

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                        (千円)            47,194           7,850          64,049
     純利益
                        (千円)            4,732          12,074           50,872
     四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)           672,876           726,925           721,511

     純資産額
                        (千円)          1,862,651           2,116,295           2,079,137

     総資産額
                         (円)            19.22           3.19          26.06

     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                         (円)            18.73           3.12          25.42
     期)純利益金額
                         (%)            35.5           33.4           34.0
     自己資本比率
                                 第14期           第15期

                回次                第3四半期           第3四半期
                               連結会計期間           連結会計期間
                             自平成28年7月1日           自平成29年7月1日

               会計期間
                             至平成28年9月30日           至平成29年9月30日
                                     2.87           9.40

     1株当たり四半期純利益金額                   (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/19







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあ
        り、景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。一方、海外におきましては、中東・北朝鮮の地政学的なリスク
        が高まり、米国では新政権の保護主義的な経済政策への懸念、英国のEU離脱問題などにより、経済全般として先行
        きは予断を許さない状況となっております。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、7月は1,480千人(前年同月比
        3.1%増)、8月は1,888千人(前年同月比3.8%増)、9月は1,625千人(前年同月比4.7%増)と対前年同期比で
        増加となりました(日本政府観光局(JNTO)調べ、9月はJNTO推計値)。
         海外からの訪日外客数は7月は2,681千人(前年同月比16.8%増)、8月は2,477千人(前年同月比20.9%
        増)、9月は2,280千人(前年同月比18.9%増)と前年と比較して増加しています(日本政府観光局(JNTO)調
        べ、8、9月はJNTO推計値)。
         当社の主要業務である海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加
        は好環境であり、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンス
        サービスの提供は堅調に推移しました。
         また、外国人患者受入事業を実施する国際医療事業についても日本の高度医療に対する認知度の向上と訪日外
        客数の増加を受けて着実に実績をあげております。
         ただ海外旅行保険の付帯サービスに関しては第2四半期に引き続き、請求業務の企業間競争、テロ等の影響に
        よる欧州での売上低迷により、想定より売上が伸びませんでしたが、上述の好調な事業の売上が全体の売上を底上
        げすることにより、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,915百万円(前年同期比0.2%増)と増収になりまし
        た。
         一方で、昇給等による人件費増加や業務量増加に伴う人件費の増加等により、当第3四半期連結累計期間の売
        上原価は1,467百万円(前年同期比2.8%増)、販売費及び一般管理費が417百万円(前年同期比14.0%増)となり、
        営業利益は30百万円(前年同期比74.5%減)、経常利益は10百万円(前年同期比86.2%減)となりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する四半期純利益は7百万円(前年同期比83.4%
        減)となりました。
        セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
         前述のとおり、海外出国者数は円高の進展等により堅調に推移しております。
         当社は医療アシスタンスサービス品質を向上させるために、当社顧問医師が8月に開設したクリニックとの連
        携強化を図り、医療相談や医療搬送、外国人患者の受診等において機動的できめ細かいサービス提供が可能となる
        体制を構築しました。これにより、今後の業務拡大が期待されます。
         各サービスの状況は以下の通りでした。
        (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
         請求業務の企業間競争が激しく、またテロ等の影響により欧州での売上が低調であったことにより売上は前年
        より減少しております。
        (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
        日本企業のグローバル化が進む中、企業や大学には安全配慮義務があり、海外にいる社員や留学生の健康・危機管
        理を実施する必要があります。一方で世界でのイスラム過激派によるテロ、自然災害、感染症等海外におけるリス
        クはますます高度化・複雑化しており、企業・大学の対応ニーズが高まっています。
         当社は医療アシスタンスサービスの提供に加え、全世界各地でセキュリティアシスタンスのワンストップサー
        ビスを提供しております。企業・大学が求める海外リスク管理サービスを総合的に提供することで企業・大学のリ
                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        スクマネジメントの負担軽減、コスト抑制を図れるため、サービス利用が増え、法人・大学に対する売上高も着実
        に増加しております。
         また、当社の医療コンサルディングサービスを引き受けている法人会員に対して「海外医療メンバーズサイ
        ト」を開設するなどサービスの拡充に努めております。
        (ⅲ)国際医療事業
         国際医療事業につきましては、これまで積み上げてきた実績をベースとして、海外からの外国人患者受入事業
        は着実に増加しております。今後も現地におけるプロモーション活動や関連業種との連携、Facebook等のSNSサー
        ビスによる情報提供により受入患者数増加を目指します。
         当社は外国人患者受入の医療現場で活躍できる人材を育成するために、従来から厚生労働省のカリキュラムに
        則した実践的な医療通訳講座を実施して参りましたが、9月に一般財団法人                                    日本医療教育財団から医療通訳技能
        認定試験受験資格付与団体として承認されました。
         また、海外からの訪日外客数の増加に伴い、外国人に病気や怪我など不測の事態が起こった場合や国内医療機
        関からの協力要請に応じてアシスタンスサービスを提供するケースに対応する緊急対応型アシスタンスに関しても
        関連業種との提携を進め、訪日外国人に医療アシスタンスをスムーズに提供できるような仕組みづくりに力を入れ
        ています。
         当セグメントの費用に関しましては、将来のビジネス拡大を見据えて人材投資を継続的に実施しており、昨今
        の人手不足による採用コストやベースアップにより人件費単価は増加しました。
         これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は1,569百万円(前年同期比1.0%減)、セグメント利益は258百
        万円(前年同期比16.6%減)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)
         クレジットカード会社向けコンシュルジュサービスを提供するライフアシスタンス事業においては海外旅行者
        への帰国後サービス提供数が増えるなど当社サービスへの需要が増加し、またこれまでの実績が評価されたことに
        より売上高は堅調に推移しました。
         一方で増大する顧客対応業務に対応するべく人員採用を積極的に進めたため、人件費が上昇しました。
         この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は346百万円(前年同期比5.7%増)、セグメント利益は70百万円
        (前年同期比22.1%減)となりました。
       (2)  財政状態の分析

        資産、負債及び純資産の状況
         当第3四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ37百万円増加し、2,116百万円
        となりました。
         主な増減要因としては、営業キャッシュ・フローが増加したことによる現金及び預金29百万円の増加、仕掛品
        29百万円の減少、売掛金17百万円の減少、立替金19百万円の減少、無形固定資産18百万円の増加、投資その他の資
        産20百万円の増加がありました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ31百万円増加し、1,389百万円となりました。主な増減要因とし
        ては、賞与引当金29百万円の増加、未払法人税等31百万円の減少、前受収益19百万円の減少、長期借入金4百万円
        の増加がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ5百万円増加し、726百万円となりました。これは主に、親会
        社株主に帰属する四半期純利益が7百万円発生したこと、配当金を12百万円支払ったこと、為替換算調整勘定が4
        百万円増加したことによるものであります。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/19





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000
                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                        又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年11月10日)
              (平成29年9月30日)                           取引業協会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                  限定のない当社にお
       普通株式             2,465,200             2,466,800        JASDAQ
                                                  ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                  で、単元株式数は100
                                                  株であります。
        計            2,465,200             2,466,800           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成29年7月1日~
     平成29年9月30日
                    1,600     2,465,200          250     303,487         250      89,487
     (注)1
      (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成29年10月1日から平成29年10月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が1,600株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ250千円増加しております。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載する事ができないことから、直前の基準日(平成29年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年9月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
                            100
                                                権利内容に何ら限定のな
                           普通株式                      い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   24,630
                           2,463,000                      であり、単元株式数は
                                                100株であります。
                           普通株式
     単元未満株式                                    -             -
                            500
     発行済株式総数                     2,463,600              -             -
     総株主の議決権                       -            24,630              -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式48株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     日本エマージェンシーア            東京都文京区小石川一丁目
                                 100       -       100       0.00
     シスタンス株式会社            21番14号
          計             -          100       -       100       0.00
                                  6/19








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動
         新役名          新職名          旧役名         旧職名         氏名       異動年月日
                                   B2事業部門担当

       代表取締役社長          医療事業部担当          代表取締役社長                   吉田 一正       平成29年8月1日
                                    IT戦略担当
                 管理部担当
                                    管理部担当
       取締役副社長           IR室長         取締役副社長                   前川 義和       平成29年8月1日
                                     IR室長
                 医療事業部長
                 営業部   担当

                B1事業部門      担当              営業部担当
       取締役副社長                     取締役                  倉田 潔      平成29年8月1日
                B2事業部門担当                    B1事業部門担当
                N事業部門管掌
                                  ネットワーク部担当
               ネットワーク部担当                    N事業部門担当
                 N事業部門担当                  インバウンド戦略
         取締役                   取締役                 千代 隆明       平成29年8月1日
                インバウンド戦略                    ・体制整備担当
                ・体制整備担当                  ネットワーク部長
                                   国際医療事業部長
                                  7/19













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        990,743             1,020,482
         現金及び預金
                                        200,405              182,519
         売掛金
                                         47,731              17,802
         仕掛品
                                        508,942              489,529
         立替金
                                         67,579              102,697
         その他
                                         △ 559            △ 1,168
         貸倒引当金
                                       1,814,843              1,811,862
         流動資産合計
       固定資産
                                         84,825              86,144
         有形固定資産
                                        131,580              149,669
         無形固定資産
                                         47,886              68,619
         投資その他の資産
                                        264,293              304,433
         固定資産合計
                                       2,079,137              2,116,295
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         3,347              5,972
         買掛金
                                        660,000              660,000
         短期借入金
                                         62,716              59,946
         1年内返済予定の長期借入金
                                         34,129               2,495
         未払法人税等
                                        236,696              216,892
         前受収益
                                           -            29,433
         賞与引当金
                                        297,524              343,446
         その他
                                       1,294,413              1,318,187
         流動負債合計
       固定負債
                                         45,102              52,354
         長期借入金
                                         18,110              18,829
         その他
                                         63,212              71,183
         固定負債合計
                                       1,357,625              1,389,370
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,237              303,487
         資本金
                                        205,054              205,304
         資本剰余金
                                        172,791              168,323
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        680,969              677,003
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         26,407              30,631
         為替換算調整勘定
                                         26,407              30,631
         その他の包括利益累計額合計
                                         14,135              19,290
       新株予約権
                                        721,511              726,925
       純資産合計
                                       2,079,137              2,116,295
      負債純資産合計
                                  9/19





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      売上高                                  1,912,483              1,915,678
                                       1,427,428              1,467,679
      売上原価
                                        485,054              447,998
      売上総利益
                                        366,227              417,655
      販売費及び一般管理費
                                        118,826               30,342
      営業利益
      営業外収益
                                         1,107               815
       受取利息
                                         1,048               118
       助成金収入
                                           371              395
       その他
                                         2,528              1,328
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,902              3,134
       支払利息
                                         44,082              13,690
       為替差損
                                           235             4,735
       その他
                                         48,220              21,560
       営業外費用合計
                                         73,134              10,111
      経常利益
      特別損失
                                           -              253
       固定資産売却損
                                           195              244
       固定資産除却損
                                           195              497
       特別損失合計
                                         72,938               9,613
      税金等調整前四半期純利益
                                         25,744               1,763
      法人税等
                                         47,194               7,850
      四半期純利益
                                           -              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         47,194               7,850
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                         47,194               7,850
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 4,028                -
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 38,433               4,224
       為替換算調整勘定
                                        △ 42,462               4,224
       その他の包括利益合計
                                         4,732              12,074
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,732              12,074
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/19
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
         ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、税引前四半
        期純利益または税引前四半期純損失に法定実効税率を乗じた金額に、繰延税金資産の回収可能性を考慮しておりま
        す。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                      平成28年3月28日)を第1四
         半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成28年12月31日)                  (平成29年9月30日)
     当座貸越極度額                              1,500,000千円                  1,500,000千円
     借入実行残高                               610,000                  560,000
      差引額                              890,000                  940,000
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成28年1月1日                  (自 平成29年1月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
      減価償却費                              52,535千円                  55,282千円

                                 12/19










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年9月30日)
         1.配当金支      払額
                             1株当たり
       (決 議)       株式の種類       配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成28年3月25日
               普通株式       12,249千円         5円    平成27年12月31日          平成28年3月28日          利益剰余金
      定時株主総会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成29年2月24日
                普通株式      12,317千円         5円     平成28年12月31日         平成29年3月29日          利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 13/19













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高

                        1,585,114            327,368      1,912,483          -   1,912,483

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,585,114            327,368      1,912,483          -   1,912,483

           計
                         309,516           90,870      400,386      △ 281,559       118,826
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 14/19










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高

                        1,569,502            346,175      1,915,678           -   1,915,678

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                            -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,569,502            346,175      1,915,678           -   1,915,678

           計
                         258,051           70,822      328,874      △ 298,531       30,342
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 15/19










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                  至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        19円22銭               3円19銭
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                                        7,850
                                         47,194
        (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         47,194               7,850
        益金額(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 2,455              2,463
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        18円73銭               3円12銭
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)                                  63              50
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                              ――――――              ――――――
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 16/19











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                        独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月10日
     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          栗栖 孝彰
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          大谷 はるみ
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
     (平成29年7月1日から平成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     29年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 19/19





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。