株式会社ハイパー 四半期報告書 第28期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第28期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ハイパー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月10日
      【四半期会計期間】                    第28期第3四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ハイパー
      【英訳名】                    HYPER   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  玉田 宏一
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第27期           第28期
               回次               第3四半期           第3四半期            第27期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成28年1月1日           自 平成29年1月1日           自 平成28年1月1日

              会計期間
                           至 平成28年9月30日           至 平成29年9月30日           至 平成28年12月31日
                      (千円)          14,505,737           16,771,473           19,249,564
     売上高
                      (千円)            135,780           229,511           190,316
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            73,763           144,529           104,159
     期)純利益
                      (千円)            73,721           146,820           104,413
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,346,183           2,474,373           2,383,642
     純資産額
                      (千円)           5,416,717           6,361,328           5,799,229
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            17.53           34.28           24.76
     純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期(当期)                 (円)            16.94           32.97           23.97
     純利益金額
                      (%)             42.0           37.5           39.8
     自己資本比率
                               第27期           第28期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成28年7月1日           自 平成29年7月1日

              会計期間
                           至 平成28年9月30日           至 平成29年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)            △ 0.22          △ 1.22
     (△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
                                  2/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ハイパー)、子会社3社により構成されており、
       情報機器販売事業及びアスクルエージェント事業を主たる業務としております。
        当第3四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主な事業内容の変更は、概ね次のとおりであります。
       <情報機器販売事業>
        マルチネット株式会社の株式を全株取得し、同社を子会社としたことから、当第3四半期連結会計期間より連結
       の範囲に含めております。これに伴い、当社の関係会社は子会社が1社増加しました。これは、同社のコンサル
       ティング力、技術力などを活用することで、当社グループの更なる発展と業容拡大が見込めると判断したためであ
       ります。
       <アスクルエージェント事業>
        主な事業内容の変更はありません。
       <その他>
        主な事業内容の変更はありません。
                                  3/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        第27期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載した内容から重要な変更はありませ
       ん。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用、所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあ
        り、緩やかに回復基調で推移しました。一方、中国を始めアジア新興国の経済の先行き、政策に関する不確実性や
        金融資本市場の変動の影響などにより、不透明な状況が続きました。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、スマートフォンやタブレットの普及により国内の
        パソコン出荷台数は減少傾向にあるものの個人向け市場に限定され、法人向けのパソコン市場においての出荷台数
        はパソコンの買い替え需要の発生により増加傾向で推移いたしました。
         このような環境のもと、当社グループにおきましては、業容拡大、将来の事業基盤強化のためM&Aを行いまし
        た。また、強みである戦略的な商品調達を積極的に展開し、価格優位性を生かした販売に注力するなど、利益の確
        保に努めてまいりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は16,771,473千円(前年同四半期比15.6%増)、経常利益は
        229,511千円(前年同四半期比69.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は144,529千円(前年同四半期比
        95.9%増)となりました。
        ① 情報機器販売事業
          法人向けコンピュータ市場においては、パソコンの買い替え需要の発生により、パソコンの出荷台数は増加傾
         向で推移いたしました。当社グループにおけるパソコン販売台数においても第2四半期に続き計画通り堅調に推
         移するなかで、継続して独自の在庫販売戦略等に注力するなど、粗利の確保に努めてまいりました。その結果、
         売上高は11,059,767千円(前年同四半期比13.7%増)、営業利益は186,681千円(前年同四半期比130.6%増)と
         なりました。
        ② アスクルエージェント事業
          既存取引先の稼働促進や新規取引先の拡大が順調に推移し、売上高は5,693,525千円(前年同四半期比19.3%
         増)となりました。事業への先行投資が増加したため、営業利益は51,109千円(前年同四半期比29.3%減)とな
         りました。
        ③ その他
          当社グループは、児童発達支援事業及び放課後等デイサービス事業を2施設運営しております。児童・生徒の
         発達支援に関するサービスの提供を行っており、徐々に生徒数が増加しております。その結果、売上高は18,181
         千円(前年同四半期比1006.9%増)、営業損失は9,809千円(前年同四半期:営業損失14,364千円)となりまし
         た。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (4)生産、受注及び販売の実績
         当社グループは、法人向けコンピュータ及び周辺機器の販売を中心に事業を営んでおり、生産状況及び受注状況
        は記載しておりません。
        ① 商品仕入実績
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日                 前年同四半期比(%)
              セグメントの名称
                                至 平成29年9月30日)
                                                         110.4
         情報機器販売事業               (千円)               9,121,974
                                                         119.5
         アスクルエージェント事業               (千円)               5,043,883
                                                         329.2
         その他               (千円)                25,369
                                                         113.7
                合計           (千円)              14,191,227
        (注)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        ② 販売実績
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日                 前年同四半期比(%)
              セグメントの名称
                                至 平成29年9月30日)
                                      11,059,767
         情報機器販売事業               (千円)                                 113.7
                                       5,693,525
         アスクルエージェント事業               (千円)                                 119.3
                                        18,181
         その他               (千円)                                1,106.9
                                      16,771,473
                合計           (千円)                                 115.6
        (注)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         経営成績に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、第27期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等
        のリスク」に記載のとおりであります。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        ① 資金需要
          当社グループの運転資金のうち主なものは、販売及び在庫のための商品購入並びに販売費及び一般管理費によ
         るものであります。
        ② 資本の財源
          当社グループにおける増加運転資金につきましては、内部資金及び金融機関からの借入等によって調達してお
         ります。なお、借入金の返済に関しましては、資金の状況を勘案しつつ、計画的に返済する方針であります。
       (7)経営者の問題認識と今後の方針について

         現在の営業環境は、国内景気は今後も緩やかな回復基調で推移すると見込まれております。一方、中国を始めア
        ジア新興国の経済の先行き、政策に関する不確実性や金融資本市場の変動の影響などに留意する必要があると認識
        しております。
         当社グループの経営陣は、これまで事業に従事してきた経験や、現在入手可能な情報に基づき、最善の経営判断
        をおこなっており、引き続き積極的な営業活動を展開すると共に、業務の効率化を推し進めてまいります。
                                  5/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      13,200,000

                  計                                     13,200,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末現            提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名
       種類     在発行数(株)             (平成29年11月10日)            又は登録認可金融商品                内容
             (平成29年9月30日)                (注)        取引業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな

                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
      普通株式             4,293,800            4,296,000        JASDAQ
                                                 る株式であり、単元株式
                                      (スタンダード)
                                                 数は100株であります。
        計           4,293,800            4,296,000          -            -
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成29年7月1日~
                     11,000      4,293,800         1,946      302,328        1,946      252,340
     平成29年9月30日(注)
        (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -            -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -            -             -
     議決権制限株式(その他)                     -            -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式    66,100                 -             -

                     普通株式         4,227,100
     完全議決権株式(その他)                                    42,271           -
                     普通株式               600
     単元未満株式                                 -        一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       4,293,800          -             -

     総株主の議決権                     -               42,271           -

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。
         また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
        2.単元未満株式数には当社所有の自己株式88株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                  所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
               東京都中央区日本橋
      株式会社ハイパー                         66,100          -      66,100          1.54
               堀留町二丁目9番6号
         計           -          66,100          -      66,100          1.54
     (注)上記の他に単元未満株式として自己株式を88株所有しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,643,023              2,008,843
         現金及び預金
                                      ※1 2,761,566             ※1 2,869,920
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 155,741             ※1 188,086
         電子記録債権
                                         10,000              10,000
         有価証券
                                        835,872              472,451
         商品
                                         77,587              149,570
         その他
                                        △ 3,401             △ 3,574
         貸倒引当金
                                       5,480,389              5,695,299
         流動資産合計
       固定資産
                                         50,355              57,883
         有形固定資産
         無形固定資産
                                            -           206,933
          のれん
                                        119,450              205,550
          その他
                                        119,450              412,483
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         33,859              37,373
          投資有価証券
                                        189,296              242,479
          その他
                                        △ 74,122             △ 84,190
          貸倒引当金
                                        149,033              195,662
          投資その他の資産合計
                                        318,839              666,029
         固定資産合計
                                       5,799,229              6,361,328
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,555,615              2,462,383
         買掛金
                                            -           150,000
         短期借入金
                                        311,100              411,198
         1年内返済予定の長期借入金
                                         21,635              65,688
         未払法人税等
                                         46,506              34,365
         賞与引当金
                                        157,572              303,384
         その他
                                       3,092,430              3,427,018
         流動負債合計
       固定負債
                                        303,071              411,203
         長期借入金
                                            -            23,959
         退職給付に係る負債
                                         20,085              24,774
         その他
                                        323,156              459,937
         固定負債合計
                                       3,415,586              3,886,955
       負債合計
                                  9/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        299,831              302,328
         資本金
                                        270,032              272,529
         資本剰余金
                                       1,768,179              1,838,937
         利益剰余金
                                        △ 32,053             △ 32,053
         自己株式
                                       2,305,990              2,381,742
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,728              4,019
         その他有価証券評価差額金
                                         1,728              4,019
         その他の包括利益累計額合計
                                         75,923              88,611
       新株予約権
                                       2,383,642              2,474,373
       純資産合計
                                       5,799,229              6,361,328
      負債純資産合計
                                 10/20















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      売上高                                 14,505,737              16,771,473
                                       12,579,727              14,562,100
      売上原価
                                       1,926,009              2,209,373
      売上総利益
                                       1,787,105              1,981,391
      販売費及び一般管理費
                                        138,904              227,981
      営業利益
      営業外収益
                                           681              435
       受取利息
                                           500              550
       受取配当金
                                         1,200              1,400
       広告料収入
                                           620              889
       受取手数料
                                         1,234              3,251
       その他
                                         4,238              6,527
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,978              4,375
       支払利息
       支払手数料                                   989              604
                                           394               17
       その他
                                         7,361              4,997
       営業外費用合計
                                        135,780              229,511
      経常利益
                                        135,780              229,511
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   51,897              82,856
                                         10,120               2,126
      法人税等調整額
                                         62,017              84,982
      法人税等合計
                                         73,763              144,529
      四半期純利益
                                         73,763              144,529
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/20











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                         73,763              144,529
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 41             2,291
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 41             2,291
       その他の包括利益合計
                                         73,721              146,820
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         73,721              146,820
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第3四半期連結会計期間から、株式の取得によりマルチネット株式会社を連結の範囲に含めております。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1
         四半期連結会計期間から適用しております。
                                 13/20


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※1 四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権
            四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもっ
           て決済処理をしております。
            なお、当第3四半期連結会計期間の末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満
           期手形及び電子記録債権が四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間

                            (平成28年12月31日)                   (平成29年9月30日)
     受取手形                                8,066千円                  12,069千円
     電子記録債権                                1,811                   5,001

                                 14/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成28年1月1日                  (自 平成29年1月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     減価償却費                                62,541千円                  56,420千円

     のれんの償却額                                   -               10,891
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年9月30日)
          1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      当額(円)
     平成28年3月24日
                普通株式         38,414        18.00    平成27年12月31日         平成28年3月25日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成28年8月10日
                普通株式         37,621        9.00   平成28年6月30日         平成28年9月1日         利益剰余金
     取締役会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

            当社は、平成28年2月23日開催の取締役会決議に基づき、自己株式88,100株の取得を実施し、当第3四半
           期連結累計期間において自己株式が42,654千円増加しております。
            また、ストック・オプションの行使による自己株式の処分に伴い、当第3四半期連結累計期間において自
           己株式が10,648千円減少しております。
            この結果、当第3四半期連結会計期間末における自己株式は32,053千円となっております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)

          1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      当額(円)
     平成29年3月23日
                普通株式         37,929        9.00   平成28年12月31日         平成29年3月24日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年8月10日
                普通株式         35,841        8.50   平成29年6月30日         平成29年9月1日         利益剰余金
     取締役会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 15/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                     その他                  損益計算書
                        アスクル                   合計      調整額
                  情報機器販                   (注)2                   計上額
                        エージェン        計
                                                       (注)1
                   売事業
                         ト事業
     売上高
                  9,731,267      4,772,827      14,504,094         1,642    14,505,737           -  14,505,737
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                      -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
                  9,731,267      4,772,827      14,504,094         1,642    14,505,737           -  14,505,737
          計
     セグメント利益又は
                    80,944      72,324      153,269      △ 14,364      138,904         -   138,904
     損失(△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、児童発達支援事業及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                     その他                  損益計算書
                        アスクル                   合計      調整額
                                     (注)2                   計上額
                  情報機器販
                        エージェン        計
                                                       (注)1
                   売事業
                         ト事業
     売上高
                  11,059,767       5,693,525      16,753,292        18,181    16,771,473           -  16,771,473
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                      -      -      -      -      -      -      -
      上高又は振替高
                  11,059,767       5,693,525      16,753,292        18,181    16,771,473           -  16,771,473
          計
     セグメント利益又は
                   186,681       51,109      237,791      △ 9,809     227,981         -   227,981
     損失(△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、児童発達支援事業及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (のれん金額の重要な変動)
            「情報機器販売事業」セグメントにおいて、マルチネット株式会社の全株式を取得し連結の範囲に含め
            たことに伴い、当第3四半期連結累計期間において、のれんが206,933千円増加しております。
                                 16/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        株式取得による会社等の買収
         当社は、平成29年5月12日開催の取締役会において、マルチネット株式会社(以下、マルチネット社)の全株式
        を取得し、子会社化することについて決議し、平成29年7月3日に当該株式を取得いたしました。
       (1)企業結合の概要

        ①被取得企業の名称及び事業の内容
          被取得企業の名称 マルチネット株式会社
          事業の内容    ネットワークシステムのコンサルティング、ネットワークシステムの構築
        ②企業結合を行った主な理由
          マルチネット社は、平成7年の設立以来、大手企業を中心にITコンサルティングのプロフェッショナル集団
         として付加価値の高いサービスを提供しており、お客様と強固な関係を築き上げております。
          当社の営業力・販売チャネル・サービスと、マルチネット社のコンサルティング力・技術力を活用し、両社の
         人材・経験を集結することで、今まで以上にお客様のニーズに応えることができ、当社グループの更なる発展と
         業容拡大が見込めるものと考えております。
        ③企業結合日
          平成29年7月3日
        ④企業結合の法的形式
          株式取得
        ⑤結合後企業の名称
          結合後企業の名称に変更はありません。
        ⑥取得した議決権比率
          100%
       (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

          平成29年7月1日から平成29年9月30日まで
       (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

          取得の対価  現金   361,600千円
          取得原価        361,600千円
       (4)主要な取得関連費用の内容及び金額

         アドバイザーに対する報酬・手数料  35,002千円
       (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        ①発生したのれんの金額
         217,824千円
         なお、当第3四半期連結会計期間末においては、取得原価の配分が完了していないため、のれんの金額は暫定
        的に算定された金額であります。
        ②発生原因
         取得原価が取得した資産及び引き受けた負債に配分された純額を上回ったため、その差額をのれんとして計上
        しております。
        ③償却方法及び償却期間
         5年間にわたる均等償却
                                 17/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
        基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                項目               (自 平成28年1月1日               (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   17円53銭               34円28銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         73,763               144,529
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         73,763               144,529
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                4,207,981               4,216,542
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   16円94銭               32円97銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                 146,241               167,226

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                        平成28年5月17日開催の取締役

     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株                        会の決議による株式会社ハイ
                                                           -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも                        パー第8回新株予約権(普通株
     のの概要                        式116,900株)
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        平成29年8月10日開催の取締役会において、平成29年6月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中
       間配当を行うことを決議いたしました。
        ① 配当金の総額………………………………………35,841千円
        ② 1株当たりの金額…………………………………8円50銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日………平成29年9月1日
                                 18/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月10日

     株式会社ハイパー
      取締役会 御中
                         新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            小  野  木  幹  久          印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            石  井  広  幸  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ハイ

     パーの平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
     成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ハイパー及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。