スパークス・グループ株式会社 四半期報告書 第29期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第29期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:スパークス・グループ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月10日
      【四半期会計期間】                    第29期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    スパークス・グループ株式会社
      【英訳名】                    SPARX   Group   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 グループCEO  阿部 修平
      【本店の所在の場所】                    東京都港区港南一丁目2番70号品川シーズンテラス
      【電話番号】                    (03)6711-9100(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ執行役員 コーポレート本部長  峰松 洋志
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区港南一丁目2番70号品川シーズンテラス
      【電話番号】                    (03)6711-9100(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ執行役員 コーポレート本部長  峰松 洋志
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第28期           第29期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第28期
                              累計期間           累計期間
                           自  平成28年4月1日          自  平成29年4月1日          自  平成28年4月1日

              会計期間
                           至  平成28年9月30日          至  平成29年9月30日          至  平成29年3月31日
                     (百万円)              3,948           5,280           8,907

     営業収益
                     (百万円)              1,261           2,146           3,179
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)               616          1,574           2,346
     (当期)純利益
                     (百万円)                3         1,668           2,482
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             14,703           17,710           17,183
     純資産額
                     (百万円)             21,493           24,329           23,541
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             3.02           7.80           11.55
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             3.02           7.80           11.55
     期(当期)純利益金額
                      (%)             62.0           66.7           66.7
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              △ 313          1,515           1,972
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              △ 53         △ 1,007          △ 1,658
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              1,976          △ 1,160            914
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             14,253           13,713           14,459
     (期末)残高
                               第28期           第29期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自  平成28年7月1日          自  平成29年7月1日

              会計期間
                           至  平成28年9月30日          至  平成29年9月30日
                                   2.80           5.53

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載

           しておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含んでおりません。
         3.当社は当第2四半期会計期間より株式付与ESOP信託を導入しており、日本マスタートラスト信託銀行株式
           会社(株式付与ESOP信託口)が保有する自社の株式は、1株当たり純資産額及び1株当たり四半期純利益
           金額の算定上、期末発行済株式総数及び期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めておりま
           す。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証
        券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
        す。
       (1)業績の状況

         当第2四半期の日本株式市場は、北朝鮮情勢など地政学リスクに対する懸念や米国の経済政策に対する期待感
        の後退などを受けて期初は軟調に推移しましたが、米国経済指標の好調さと日本企業の収益の上昇を背景に堅調
        さを取り戻しました。夏場から再度                 北朝鮮リスクが断続的に意識され一時軟調となった局面もありましたが、9
        月後半に日本では衆議院の解散と10月の総選挙が決定され、政治が活性化されるとの期待から日経平均株価は当
        四半期期末にかけて上昇し、結果、前期末に比べ7.7%上昇し20,356.28円で取引を終えました。                                            韓国株式市場
        も、地政学的リスクが浮き彫りになり、期初は軟調に推移したものの、大統領選挙前後の政治的な不確実性が解
        消されたこと、好調な企業業績などを背景に堅調な局面が継続しました。                                  北朝鮮の核実験と米国大統領の強硬発
        言、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁など政治的リスクはあるものの堅調さは維持され、                                          韓国総合株価指数
        (KOSPI)は前期末に比べ10.8%上昇して2,394.47で取引を終えました。
         このような市場環境のもと、当社グループの当第2四半期末運用資産残高は、1兆832億円と前期末に比して
        12.6%増となりました。
         上記の結果、当第2四半期における残高報酬は前年同期比12.4%増の40億39百万円となりました。また、成功
        報酬は、前年同期比279.5%増の11億42百万円となり、営業収益は前年同期比33.7%増の52億80百万円となりまし
        た。
         営業費用及び一般管理費に関しては、前年同期比17.5%増の31億25百万円となりました。これは、主に営業収
        益の増加に伴う支払手数料及び業績に連動する賞与引当金繰入額が増加したことにより費用が増加したもので
        す。
         この結果、営業利益は前年同期比67.3%増の21億55百万円、経常利益は前年同期比70.1%増の21億46百万円と
        なりました。また、税金等を計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期比155.4%増の15億74
        百万円となりました。
        (注1)成功報酬には、不動産購入・売却に対して当社グループがファンドから受ける一時的な報酬や、日本再生可能エネルギー投資
            戦略に関連する発電所等から、資金調達の対価等として受ける一時的な報酬(アクイジションフィー)を含んでおります。
        (注2)当第2四半期末(平成29年9月末)運用資産残高は速報値であります。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                        前連結会計年度末に比べ7
        億45百万円減少し、137億13百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における営業によるキャッシュ・フローは15億15百万円の収入(前年同期は3億13百
        万円の支出)となりました。これは主に、未払金及び未払費用の増加額6億19百万円があった一方で、税金等調整
        前四半期純利益21億34百万円の計上があったことによるものです。
                                  4/20





                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは10億7百万円の支出(前年同期は53百
        万円の支出)となりました。これは主に、投資有価証券の売却及び償還による収入5億26百万円があった一方で、
        投資有価証券の取得による支出14億46百万円取得があったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは11億60百万円の支出(前年同期は19億
        76百万円の支出)となりました。これは主に、自己株式の処分による収入6億42百万円があった一方で、配当金の
        支払8億10百万円及び自己株式の取得9億72百万円があったことによるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/20















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 644,000,000

                  計                               644,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成29年11月10日)
               (平成29年9月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                      単元株式数
                               209,562,300
       普通株式           209,562,300                     JASDAQ
                                                       100株
                                        (スタンダード)
         計          209,562,300             209,562,300              -          -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含んでおりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金増
                発行済株式総
                                       資本金残高
                       発行済株式総        資本金増減額                       資本準備金残
                                              減額
        年月日       数増減数
                       数残高(株)        (百万円)                      高(百万円)
                                       (百万円)
                 (株)
                                               (百万円)
                                                  -

     平成29年9月30日              -    209,562,300           -      8,581                128
                                  6/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                                             82,182,600            39.22
     阿部 修平                 東京都品川区
                                             25,600,000            12.22
     株式会社阿部キャピタル                 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
                                             10,475,000            5.00
     清水 優                 兵庫県川西市
     日本マスタートラスト信託銀行株
     式会社(株式付与ESOP信託口・                                        3,000,000            1.43
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     76095口)
     シービーエヌワイ チャールズ 
                      101  MONTGOMERY      STREET,    SAN  FRANCISCO
     シュワッブ エフビーオー カス
                      CA,  94104   USA                  2,526,450            1.21
     タマー(常任代理人シティバン
                      (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     ク、エヌ・エイ東京支店)
                      42,  AVENUE    JF  KENNEDY,     L-1855
     クリアストリーム バンキング 
     エス エー(常任代理人香港上海                 LUXEMBOURG                        2,000,000            0.95
     銀行東京支店)
                      (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
                                             1,706,700            0.81
     阿部 朋子                 東京都品川区
     クレディ スイス ルクセンブル
                      56,  GRAND   RUE  L-1660
     グ エスエー カスタマー ア
     セッツ ファンズ ユーシッツ                 LUXEMBOURG                                                   1,600,000            0.76
     (常任代理人株式会社三菱東京U
                      (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
     FJ銀行)
                                             1,595,590            0.76
     諌山 哲史                 東京都豊島区
                                             1,428,700            0.68
     深見 正敏                 東京都世田谷区
                               -             132,115,040            63.04
             計
      (注1)当社は、平成29年9月30日現在自己株式を5,237,210株保有しておりますが、上記からは除外しております。
      (注2)日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・76095口)は「株式付与ESOP信託」導入に伴
         い設定された信託であります。なお、当該株式は連結財務諸表上、自己株式として処理しております。
                                  7/20









                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式  5,237,200                 -            -

     完全議決権株式(その他)                   普通株式 204,321,900                 2,043,219             -

     単元未満株式                   普通株式    3,200                  -            -

     発行済株式総数                        209,562,300                 -            -

     総株主の議決権                        -            2,043,219             -

     (注1)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株(議決権の数2個)および日本マ
         スタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・76095口)が保有する当社株式3,000,000株(議決権の
         数30,000個)が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
      スパークス・グループ            東京都港区港南一丁目
                                 5,237,200        -      5,237,200           2.50
      株式会社            2番70号
          計             -         5,237,200        -      5,237,200           2.50
     (注1)「自己名義所有株式数」及び「所有株式数の合計」の欄に含まれない単元未満株式が10株あります。なお、当該
        株式は、上表①「発行済株式」の「単元未満株式」の欄に含まれております。
     (注2)日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・76095口)が所有する当社株式3,000,000株
        (1.43%)は、上記自己株式に含めておりません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)、並びに同規則第61条及び第82条の規定に基づき、当社グループの主たる事業である投信投資顧問業を営
       む会社の連結財務諸表に適用される「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて
       作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         14,459              13,713
         現金・預金
                                           124              136
         前払費用
                                           756             1,033
         未収入金
                                           362              517
         未収委託者報酬
                                           836              986
         未収投資顧問料
                                           203              203
         預け金
                                           693              646
         繰延税金資産
                                           330              205
         その他
                                         17,767              17,442
         流動資産計
       固定資産
                                           999             1,004
         有形固定資産
                                            8              7
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         4,415              5,550
          投資有価証券
                                           300              277
          差入保証金
                                           12              13
          繰延税金資産
                                           52              33
          その他
                                          △ 14              -
          貸倒引当金
                                         4,766              5,875
          投資その他の資産合計
                                         5,774              6,886
         固定資産計
                                         23,541              24,329
       資産合計
                                 10/20












                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                           98              124
         未払手数料
                                           961              315
         未払金
                                           46              102
         預り金
                                           121              260
         未払法人税等
                                           -              478
         賞与引当金
                                           32              131
         その他
                                         1,261              1,412
         流動負債計
       固定負債
                                         5,000              5,000
         長期借入金
                                            3              10
         退職給付に係る負債
                                           22              78
         繰延税金負債
                                           71              118
         その他
                                         5,097              5,206
         固定負債計
       特別法上の準備金
                                            0              0
         金融商品取引責任準備金
                                            0              0
         特別法上の準備金合計
                                         6,358              6,619
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         8,581              8,581
         資本金
                                         4,111              3,285
         資本剰余金
                                         5,503              6,266
         利益剰余金
                                        △ 3,701             △ 3,204
         自己株式
                                         14,494              14,929
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 29              133
         その他有価証券評価差額金
                                         1,220              1,161
         為替換算調整勘定
                                            8              8
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,199              1,303
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    9              9
                                         1,479              1,467
       非支配株主持分
                                         17,183              17,710
       純資産合計
                                         23,541              24,329
      負債・純資産合計
                                 11/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                  1,358              1,718
                                         2,279              2,850
       投資顧問料
                                           311              710
       その他営業収益
                                         3,948              5,280
       営業収益計
                                         ※ 2,660              ※ 3,125
      営業費用及び一般管理費
                                         1,287              2,155
      営業利益
      営業外収益
                                            1              0
       受取配当金
                                           40              35
       受取利息
                                           13              -
       投資事業組合運用益
                                           56              10
       雑収入
                                           113               47
       営業外収益計
      営業外費用
                                           20              21
       支払利息
                                           47               2
       為替差損
                                           43              18
       支払手数料
                                           -              11
       投資事業組合運用損
                                           27               2
       雑損失
                                           139               55
       営業外費用計
                                         1,261              2,146
      経常利益
      特別利益
                                            0              20
       投資有価証券売却益
                                            0              20
       特別利益計
      特別損失
                                           -              32
       固定資産除却損
                                            0              -
       投資有価証券評価損
                                            ▶              -
       海外子会社特別退職金
                                            ▶              32
       特別損失計
                                         1,257              2,134
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     335              497
                                           293               45
      法人税等調整額
                                           628              543
      法人税等合計
                                           628             1,590
      四半期純利益
                                           12              16
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                     616             1,574
                                 12/20







                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                           628             1,590
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 168              163
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 456              △ 85
       為替換算調整勘定
                                           △ 0             △ 0
       退職給付に係る調整額
                                         △ 625               77
       その他の包括利益合計
                                            3            1,668
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           93             1,678
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 90              △ 9
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,257              2,134
       税金等調整前四半期純利益
                                           43              74
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   150              478
                                          △ 42             △ 36
       受取利息及び受取配当金
                                           20              21
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    27               8
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 20
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                    0              -
       未収入金の増減額(△は増加)                                  △ 214             △ 295
       未収委託者報酬・未収投資顧問料等の増減額(△
                                            7            △ 304
       は増加)
       未払金及び未払費用の増減額(△は減少)                                  △ 679             △ 619
       預り金の増減額(△は減少)                                  △ 112               55
                                         △ 150              178
       その他
                                           306             1,674
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    42              35
                                          △ 20             △ 21
       利息の支払額
                                         △ 642             △ 172
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         △ 313             1,515
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       固定資産の増減額(△は増加)                                  △ 414             △ 112
                                           460               -
       有価証券の売却及び償還による収入
                                         △ 181            △ 1,446
       投資有価証券の取得による支出
                                            9             526
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                           25               9
       投資事業組合等の出資金の払戻による収入
                                           46              15
       その他
                                          △ 53            △ 1,007
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         3,000                -
       長期借入れによる収入
                                         △ 199             △ 972
       自己株式の取得による支出
                                           -              642
       自己株式の処分による収入
                                          △ 12              △ 1
       非支配株主への配当金の支払額
                                         △ 810             △ 810
       配当金の支払額
                                           -             △ 18
       その他
                                         1,976             △ 1,160
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 426              △ 93
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,183              △ 745
                                         13,070              14,459
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 14,253              ※ 13,713
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20






                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
       (株式付与ESOP信託)
        グループ従業員(当社及び当社子会社3社(スパークス・アセット・マネジメント株式会社、スパークス・グリー
       ンエナジー&テクノロジー株式会社及びスパークス・アセット・トラスト&マネジメント株式会社。以下「グループ
       子会社」という。)の従業員)に業績向上や株価上昇に対する意欲の高揚を促すことにより、中長期的な企業価値向
       上を図ることを目的として、「株式付与ESOP信託」(以下、「本制度」という。)を導入しております。なお、当社
       は「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(企業会計基準委員会実務対応報
       告第30号(平成27年3月26日)の指針に従って会計処理を行っております。
       ①  取引の概要

        本制度は、予めグループ子会社が定めた株式交付規程に基づき、一定の要件を満たしたグループ従業員に対し当社
       株式を給付する仕組みです。グループ子会社は、従業員に対し当社グループの業績や個人の貢献度等に応じてポイン
       トを付与し、一定の条件により受給権を取得したときに当該付与ポイントに相当する当社株式を給付します。給付す
       る株式については、予め信託設定した金銭により将来分も含めて取得し、信託財産として分別管理するものとしま
       す。
        本制度の導入により、グループ従業員は当社株式の株価上昇による経済的な利益を収受することができるため、株
       価を意識した業務遂行を促すとともに、勤労意欲を高める効果が期待できます。また、ESOP信託の信託財産に属する
       当社株式に係る議決権行使は、受益者候補であるグループ従業員の意思が反映される仕組みであり、経営参画を促す
       企業価値向上プランとして有効です。
       ②  信託に残存する自社の株式

        信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式とし
       て計上しております。当第2四半期連結会計期間末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、642百万円及び
       3,000,000株であります。
                                 15/20












                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
        ※ 営業費用及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至     平成28年9月30日)               至     平成29年9月30日)
         支払手数料                            473  百万円                530  百万円
         給料及び賞与                            852  百万円                823  百万円
         賞与引当金繰入額                            150  百万円                478  百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記
           のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                              至   平成28年9月30日)              至   平成29年9月30日)
          現金及び預金勘定                         14,253百万円                13,713百万円
          現金及び現金同等物                         14,253百万円                13,713百万円
                                 16/20















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        前第2四半期連結累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年9月30日)
       1.  配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      平成28年6月8日
                普通株式          815      4.00    平成28年3月31日          平成28年6月9日          利益剰余金
      定時株主総会
        当第2四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年9月30日)

       1.  配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      平成29年6月7日
                普通株式          811      4.00    平成29年3月31日          平成29年6月8日          利益剰余金
      定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
         前第2四半期連結累計期間(自平成28年4月1日                         至平成28年9月30日)及び当第2四半期連結累計期間(自
         平成29年4月1日          至平成29年9月30日)
          当社グループは、投信投資顧問事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
        基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                  3円2銭               7円80銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         616              1,574
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         616              1,574
       利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              203,403,526               201,729,272
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                  3円2銭               7円80銭

       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
        普通株式増加額(株)                                46,397               17,099
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)株主資本において自己株式として計上されている株式給付ESOP信託に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純
     利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。また、                                            1株当たり四半期純利益
     金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は前第2四半期連結累計期間0株、当第2四半期連結累計期間
     672,131株であります。
                                 17/20


                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 18/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                  スパークス・グループ株式会社(E05242)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月10日

     スパークス・グループ株式会社

      取締役会 御中

                          新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              森重 俊寛    印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                              市川 克也    印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているスパークス・グ

     ループ株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7月
     1日から平成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、スパークス・グループ株式会社及び連結子会社の平成29年9月30日現
     在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表
     示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.      XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。