株式会社Ubicomホールディングス 四半期報告書 第13期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

四半期報告書-第13期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社Ubicomホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               2017年11月9日

     【四半期会計期間】               第13期第2四半期(自 2017年7月1日 至 2017年9月30日)

     【会社名】               株式会社Ubicomホールディングス

                    (旧会社名 株式会社AWSホールディングス)
     【英訳名】               Ubicom    Holdings,     Inc.
                    (旧英訳名 AWS        Holdings,     Inc.)
                     (注)   2017年6月27日開催の第12回定時株主総会の決議により、2017年7月1日
                       から会社名を上記のとおり変更いたしました。
     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  青木 正之
     【本店の所在の場所】               東京都文京区小石川二丁目23番11号

     【電話番号】               03-5803-7339(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員コーポレート本部長  豊福 政博

     【最寄りの連絡場所】               東京都文京区小石川二丁目23番11号

     【電話番号】               03-5803-7339(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員コーポレート本部長  豊福 政博

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                               第12期           第13期

               回次               第2四半期           第2四半期            第12期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自   2016年4月1日         自   2017年4月1日         自   2016年4月1日
              会計期間
                           至   2016年9月30日         至   2017年9月30日         至   2017年3月31日
                                1,447,303           1,545,375           2,992,365

     売上高                  (千円)
                                 173,002           156,868           289,076

     経常利益                  (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                                 105,258           95,447          112,464
                       (千円)
     純利益
                                  7,052          98,408           56,328
     四半期包括利益又は包括利益                  (千円)
                                1,027,794           1,220,869           1,109,470

     純資産額                  (千円)
                                2,196,372           2,419,293           2,229,310

     総資産額                  (千円)
                                  10.21           8.59          10.60

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                                   9.45           7.87          10.03
                        (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                   46.8           50.5           49.8
     自己資本比率                  (%)
                                 185,458           225,004           149,212

     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
                                  23,267          △ 52,928          △ 64,021

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
                                 260,824          △ 28,096          237,766

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
     現金及び現金同等物の
                                1,157,291           1,187,549           1,044,865
                       (千円)
     四半期末(期末)残高
                               第12期           第13期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自   2016年7月1日         自   2017年7月1日
              会計期間
                           至   2016年9月30日         至   2017年9月30日
                                   5.38           7.40

     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.当社株式は、2016年6月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、第12期第2四半期連結累計期
          間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から前第2四半期連結会計期間末までの平
          均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
        4.当社は、2016年10月1日付で普通株式1株につき2株、2017年4月1日付で普通株式1株につき2株、さら
          に2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第12期の期首に当該株
          式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当
          期)純利益金額を算定しております。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
     変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。 
                                  3/23



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)   業績の状況

       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、欧米各国の政治情勢の変動や金融政策動向、北朝鮮問題等の地
      政学リスクの高さ等から先行き不透明感が依然として残るものの、企業収益や雇用環境の改善が引き続き継続してお
      り、緩やかな回復基調で推移しております。
       また、当社の属する情報サービス産業におきましては、ビッグデータ、IoT、人工知能(AI)等の市場の拡大が引き
      続き見込まれる一方で、国内でこれらの開発を担う人材の不足が懸念されております。
       このような状況の中、グローバル事業においては、主にフィリピンでのオフショア拠点を活用したITソリューショ
      ン開発事業を展開しており、自動車、電機、産業機械をはじめとする製造業や流通、金融、医療など幅広い業界に対
      して、より付加価値の高いソリューションを提供しております。さらに、マニラ首都圏に1,900㎡規模の本社兼開発セ
      ンター(含「教育センター」)を開設し、開発体制の強化・拡大を着実に進めております。また、米国子会社である
      Ubicom    U.S.A.,    Inc.を通じて米国とフィリピンをダイレクトに結び、主として米国の自動車、製造業、医療分野に向
      けた分析、IoTを活用したサービス展開のための更なる業容拡大を目的とした取組みを進めております。
       メディカル事業においては、医療機関向けレセプト点検ソフトウエア『Mighty』シリーズのシェア拡大に向けた取
      組みを継続し、レセプト点検ソフト「MightyChecker®」シリーズ、オーダリングチェックソフト「Mighty                                                   QUBE®」
      は、ストック型ビジネスとして安定した収益源を確保しております。さらに、クラウドコンピューティングを活用し
      たレセプト点検及びデータ分析エンジンを構築することにより、「レセプト点検ソフトのリーディングカンパニー」
      から「医療ビッグデータ分析のリーディングカンパニー」へと、新たな高収益モデル確立に向けた取組みを実施して
      おります。
       コーポレート部門においても、コーポレートガバナンス、決算・開示業務、IRおよび広報業務を重点項目として、
      これらに要するコスト負担をこなしつつ、上場企業としての体制の強化を継続的に進めております。
       この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高1,545,375千円(前年同期四半期比6.8%増)、営業利益
      135,598千円(前年同期四半期比5.3%増)、経常利益156,868千円(前年同期四半期比9.3%減)、親会社株主に帰属
      する四半期純利益は95,447千円(前年同期四半期比9.3%減)となりました。
      セグメントの業績を示しますと、次のとおりであります。

      ① グローバル事業 
       a.グローバル部門
        グローバル部門においては、フィリピン及び日本における既存顧客からの継続・安定した堅調な受注と、新規顧
       客の増加が継続していることに加え、スマートデバイスリンクを活用した車載機器向け音声AIアシスタント、製造
       業及び医療分野における分析ソリューション、IoTソリューションの確立を模索する等、当社グループの成長戦略に
       向けた取組みを積極的に実施しております。中国においては、案件が翌四半期へずれ込む等の状況が続いておりま
       すが、既存顧客との関係強化と新規案件獲得のための営業活動を積極的に進めております。また、米国において
       は、引き続き新規顧客の開拓や案件の獲得に注力する等、中長期的な連結業績および企業価値の向上に向けた積極
       的な営業活動を実施しております
                                  4/23




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
       b.エンタープライズソリューション部門
        エンタープライズソリューション部門においては、日本アイ・ビー・エム株式会社を始めとする開発案件を中心
       とした既存案件が堅調に推移しております。また、前連結会計年度に引き続き、AIに関する取り組みを積極的に推
       進しており、IBM        Watson    Ecosystemパートナーとして、大手顧客におけるAIを用いた業務への開発参画など、当社
       グループの成長戦略に沿った取り組みを積極的に実施しております。さらに、今後見込まれる案件の増加に対応す
       べく、引き続き積極的な採用活動による優秀な人材を確保するとともに、その教育・育成のための先進技術の習得
       を含めた個々のスキルアップ研修を引き続き重点的に行っております。 
        以上の状況により、グローバル事業の売上高は概ね計画通りに進捗しております。また、ソリューション事業に

       関する開発投資や人員強化による人員増及び前述の本社兼開発センター開設等による先行的な投資によるコスト増
       および一時的な稼働率低下の影響はあるものの、フィリピン・ペソの為替レートの円高基調での推移による、海外
       子会社の人件費等のコストの圧縮効果が寄与し、セグメント営業費用は計画より低い水準で進捗しております。
        この結果、グローバル事業の売上高は989,998千円(前年同四半期比5.6%増)、セグメント利益は136,451千円
       (前年同四半期比29.6%減)となりました。
      ② メディカル事業

        当社グループの戦略的ドメインの1つである「医療領域」においては、子会社である株式会社エーアイエスの主
       力製品であるレセプト点検ソフト「MightyChecker®」やオーダリングチェックシステム「Mighty                                              QUBE®」の売上は
       堅調に推移しております。また、CPC(Cell                     Processing      Center)トレースシステム導入等を始めとする開発案件の
       増加や保守業務も順調に推移した結果、売上高は概ね計画どおりに進捗しております。
        一方、利益面につきましては、スクラップアンドビルドで実施した選択と集中により効率的な経営資源の活用、
       プロジェクト毎の徹底した収益管理及び継続的なコスト削減等への取組みなどにより、収益性が大幅に改善してお
       ります。
        この結果、メディカル事業の売上高は567,228千円(前年同四半期比10.4%増)、セグメント利益は169,658千円
       (前年同四半期比229.4%増)となりました。
      (2)   財政状態の分析

       (資産の部)
        当第2四半期連結会計期間末における流動資産は2,030,203千円となり、前連結会計年度末に比べ167,567千円増
       加しました。これは主に、現金及び預金が142,684千円、受取手形及び売掛金が51,635千円増加したことによるもの
       であります。固定資産は389,089千円となり、前連結会計年度末に比べ22,415千円増加しました。これは、有形固定
       資産が7,549千円、無形固定資産が4,593千円、投資その他の資産が10,272千円増加したことによるものでありま
       す。
       (負債の部)

        当第2四半期連結会計期間末における流動負債は993,948千円となり、前連結会計年度末に比べ113,939千円増加
       しました。これは主に、買掛金が13,320千円、1年内返済予定の長期借入金が7,914千円、未払法人税等が2,495千
       円減少したものの、前受金が36,337千円、賞与引当金が45,618千円増加したことによるものであります。固定負債
       は204,476千円となり、前連結会計年度末に比べ35,354千円減少しました。これは主に、退職給付に係る負債が
       5,066千円増加したものの、長期借入金が33,172千円、役員退職慰労引当金が18,262千円減少したことによるもので
       あります。
       (純資産の部)

        当第2四半期連結会計期間末における純資産は1,220,869千円となり、前連結会計年度末に比べ111,398千円増加
       いたしました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金が95,447千円、新株予約
       権の行使により資本金及び資本剰余金が12,720千円増加したことによるものであります。
                                  5/23




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
       142,684千円増加し、1,187,549千円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果獲得した資金は225,004千円(前年同四半期比21.3%増)とな
       りました。これは主に、役員退職慰労引当金の減少額18,262千円、売上債権の増加額52,642千円、法人税等の支払
       額44,471千円があったものの、税金等調整前四半期純利益156,868千円、現金支出を伴わない減価償却費39,357千
       円、賞与引当金の増加額45,877千円、前受金の増加額36,312千円があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果使用した資金は52,928千円(前年同四半期は23,267千円の獲
       得)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出25,631千円、無形固定資産の取得による支出
       26,846千円があったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果使用した資金は28,096千円(前年同四半期は260,824千円の獲
       得)となりました。これは主に、新株予約権の行使による株式の発行による収入12,720千円があったものの、長期
       借入金の返済による支出41,086千円があったことによるものであります。
      (4)   事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)   研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額はありません。
      (6)   従業員数

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの従業員数は99名増加し、867名となりました。主な理由は、
       グローバル事業における業容の拡大に伴うものであります。
      (7)   主要な設備の状況

        新設について、当第2四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は、次のとおりであります。
                  事業所名
        会社名                  セグメントの名称          設備の内容        投資額(千円)         完了年月
                  (所在地)
                本社兼開発センター
     Advanced     World
                (フィリピン共和国
                           グローバル事業         事務所設備等            18,127     2017年6月
     Systems,     Inc.
                モンテンルパ市)
                開発センター
     Advanced     World
                (フィリピン共和国
                           グローバル事業         事務所設備等            30,920     2017年6月
     Solutions,      Inc.
                モンテンルパ市)
                                  6/23







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    19,200,000

                  計                                  19,200,000

      (注) 2017年8月9日開催の取締役会決議により、2017年10月1日付で株式分割に伴う定款変更を行い、発行可能株
         式総数は19,200,000株増加し、38,400,000株となっております。
       ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2017年9月30日)          (2017年11月9日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                   東京証券取引所
                                            社における標準となる株式で
       普通株式           5,572,880         11,149,760
                                            あり、単元株式数は100株で
                                    (マザーズ)
                                            あります。
         計          5,572,880         11,149,760          -            -
      (注)   1.提出日現在発行数には、2017年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は含まれておりません。
        2.2017年8月9日開催の取締役会決議により、2017年10月1日付で1株を2株に株式分割しております。これ
          により株式数は5,572,880株増加しております。
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2017年7月1日~
     2017年9月30日              13,760     5,572,880         1,720      703,253        1,720      607,869
     (注)
      (注)   新株予約権の権利行使によるものであります。
                                  7/23





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
      (6) 【大株主の状況】
                                                2017年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
                                             2,174,520          39.02
     青木 正之                兵庫県西宮市
     松下 順一                東京都港区                         406,000         7.29

                                              366,840         6.58

     窪田 一貴                東京都中野区
                     Muntinlupa      City,   Metro   Manila,
                                              356,000         6.39
     小西 彰
                     Philippines
                                              300,000         5.38
     息栖 邦夫                東京都杉並区
                                              269,800         4.84

     山路 敏之                東京都新宿区
                                              212,800         3.82

     小船 賢一                神奈川県横浜市青葉区
                                               98,440         1.77

     畑崎 重雄                千葉県市川市
                                               84,000         1.51

     日本証券金融株式会社                東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号
                                               59,680         1.07

     髙木 英治                神奈川県横浜市鶴見区
                                             4,328,080          77.66

            計                    ―
      (7)  【議決権の状況】

       ① 【発行済株式】
                                                2017年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               55,711            -
                         5,571,100
                     普通株式
     単元未満株式                              -              -
                           1,780
     発行済株式総数                    5,572,880          -              -
     総株主の議決権                    -           55,711            -

      (注) 当社は、2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記「株式数」
         及び「議決権の数」は株式分割前の「株式数」及び「議決権の数」を記載しております。
       ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/23



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2017年7月1日から2017年
      9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
      いて、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,079,865              1,222,549
         現金及び預金
                                         414,366              466,002
         受取手形及び売掛金
                                          8,341              19,267
         仕掛品
                                         367,033              329,221
         その他
                                         △ 6,971             △ 6,836
         貸倒引当金
                                        1,862,635              2,030,203
         流動資産合計
       固定資産
                                          82,547              90,096
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          98,114              81,320
           ソフトウエア
                                          19,581              40,970
           ソフトウエア仮勘定
                                         117,696              122,290
           無形固定資産合計
                                       ※  166,430             ※  176,702
         投資その他の資産
                                         366,674              389,089
         固定資産合計
                                        2,229,310              2,419,293
       資産合計
                                 10/23













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         48,972              35,651
         買掛金
                                         80,126              72,212
         1年内返済予定の長期借入金
                                         42,248              39,753
         未払法人税等
                                         469,353              505,690
         前受金
                                         141,566              187,185
         賞与引当金
                                         97,741              153,455
         その他
                                         880,008              993,948
         流動負債合計
       固定負債
                                         102,861               69,689
         長期借入金
                                         18,262
         役員退職慰労引当金                                                 -
                                         39,839              44,905
         退職給付に係る負債
                                          7,769              7,168
         資産除去債務
                                         71,098              82,713
         その他
         固定負債合計                                239,830              204,476
                                        1,119,839              1,198,424
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         696,893              703,253
         資本金
                                         601,509              607,869
         資本剰余金
                                        △ 103,833              △ 8,385
         利益剰余金
                                        1,194,568              1,302,736
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 66,773             △ 70,370
         為替換算調整勘定
                                        △ 18,324             △ 11,766
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 85,098             △ 82,137
         その他の包括利益累計額合計
                                                         270
       新株予約権                                    -
                                        1,109,470              1,220,869
       純資産合計
                                        2,229,310              2,419,293
      負債純資産合計
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                                        1,447,303              1,545,375
      売上高
                                         896,719              912,444
      売上原価
                                         550,584              632,930
      売上総利益
                                       ※  421,790             ※  497,332
      販売費及び一般管理費
                                         128,793              135,598
      営業利益
      営業外収益
                                           174              478
       受取利息
                                          2,308              7,431
       持分法による投資利益
                                         48,816               6,042
       為替差益
                                          6,024              8,675
       その他
                                         57,324              22,627
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,432               778
       支払利息
                                          1,014
       株式交付費                                                  -
                                          9,802
       株式公開費用                                                  -
                                           866              578
       その他
                                         13,115               1,357
       営業外費用合計
                                         173,002              156,868
      経常利益
                                         173,002              156,868
      税金等調整前四半期純利益
                                         67,744              61,421
      法人税等
                                         105,258               95,447
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
                                         105,258               95,447
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/23










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                                         105,258               95,447
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 103,722              △ 3,597
       為替換算調整勘定
                                          5,517              6,558
       退職給付に係る調整額
                                        △ 98,205               2,961
       その他の包括利益合計
                                          7,052              98,408
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          7,052              98,408
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 13/23
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         173,002              156,868
       税金等調整前四半期純利益
                                         38,286              39,357
       減価償却費
                                          △ 129             △ 124
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         44,409              45,877
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 14,266               7,787
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                                      △ 18,262
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    -
                                          △ 174             △ 478
       受取利息及び受取配当金
                                          1,432               778
       支払利息
                                          1,014
       株式交付費                                                  -
                                          9,802
       株式公開費用                                                  -
                                         △ 2,308             △ 7,431
       持分法による投資損益(△は益)
                                         △ 4,337             △ 52,642
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          1,906             △ 10,520
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 22,236             △ 11,861
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          8,657              36,312
       前受金の増減額(△は減少)
                                         △ 7,994             △ 18,619
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                         △ 2,820              4,223
       その他の固定資産の増減額(△は増加)
                                         11,528              54,247
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                          1,775             △ 1,056
       その他
                                         237,547              224,456
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,699               170
                                         △ 1,432              △ 778
       利息の支払額
                                        △ 53,355             △ 44,471
       法人税等の支払額
                                                       45,627
                                           -
       法人税等の還付額
                                         185,458              225,004
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 12,509
       定期預金の預入による支出                                                  -
                                         61,195
       定期預金の払戻による収入                                                  -
                                         △ 8,831             △ 25,631
       有形固定資産の取得による支出
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 16,586             △ 26,846
                                                        △ 450
                                           -
       貸付けによる支出
                                         23,267             △ 52,928
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 14/23








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         10,000
       短期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 41,967
       短期借入金の返済による支出                                                  -
                                         70,000
       長期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 55,618             △ 41,086
       長期借入金の返済による支出
                                         288,772
       株式の発行による収入                                                  -
                                          1,440              12,720
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                                         270
       新株予約権の発行による収入                                    -
                                        △ 11,802
                                                         -
       株式公開費用の支出
                                         260,824              △ 28,096
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 66,477              △ 1,295
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         403,072              142,684
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         754,219             1,044,865
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,157,291             ※  1,187,549
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/23















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
         計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

      ※ 資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                         前連結会計年度                 当第2四半期連結会計期間
                         (2017年3月31日)                   (2017年9月30日)
                                 931                   931
        投資その他の資産                           千円                   千円
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                             至   2016年9月30日)               至   2017年9月30日)
                                  120,211                 150,937
         給料及び手当                             千円                 千円
                                  11,798                 18,729
         賞与引当金繰入額                              〃                  〃
                                   4,512                 7,007
         退職給付費用                              〃                  〃
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      
       りであります。
                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                              (自    2016年4月1日             (自    2017年4月1日
                              至   2016年9月30日)             至   2017年9月30日)
         現金及び預金                        1,182,291千円               1,222,549千円
                                 △25,000     〃           △35,000     〃
         預入期間が3か月を超える定期預金
         現金及び現金同等物                        1,157,291千円               1,187,549千円
                                 16/23








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       前第2四半期連結累計期間(自                2016年4月1日 至           2016年9月30日)
       1.配当金支払額
         該当事項はありません。
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

        当社は、2016年6月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。上場にあたり、2016年6月20日を
       払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株式発行110,000株により、資本金
       及び資本準備金がそれぞれ125,994千円増加しております。また、2016年7月25日を払込期日とする有償第三者割
       当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)による新株式発行16,500株により、資
       本金及び資本準備金がそれぞれ18,899千円増加しております。
        さらに、当第2四半期連結累計期間において新株予約権の行使による払込みにより、資本金及び資本準備金がそ
       れぞれ720千円増加しております。
        この結果、当第2四半期連結会計期間末において、資本金は680,693千円、資本剰余金は585,309千円となってお
       ります。 
       当第2四半期連結累計期間(自                2017年4月1日 至           2017年9月30日)

       1.配当金支払額
         該当事項はありません。
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
                                 17/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        前第2四半期連結累計期間(自                2016年4月1日         至   2016年9月30日)
      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                      四半期連結
                           報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                           合計
                     グローバル       メディカル
                                                (注1)       計上額
                                     計
                       事業       事業
                                                       (注2)
     売上高
                       933,671       513,631     1,447,303       1,447,303             1,447,303
      外部顧客への売上高                                               -
      セグメント間の内部
                        3,748             3,748       3,748     △ 3,748
                                -                          -
      売上高又は振替高
                       937,419       513,631     1,451,051       1,451,051        △ 3,748    1,447,303
            計
                       193,843       51,507      245,350       245,350     △ 116,557       128,793
     セグメント利益
      (注) 1.セグメント利益の調整額△116,557千円は、主に報告セグメントに帰属していない一般管理費等の全社費用
           であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        当第2四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年9月30日)

      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                      四半期連結
                           報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                           合計
                     グローバル       メディカル
                                                (注1)       計上額
                                     計
                       事業       事業
                                                       (注2)
     売上高
                       985,966       559,408     1,545,375       1,545,375             1,545,375
      外部顧客への売上高                                               -
      セグメント間の内部
                        4,032       7,819      11,851       11,851     △ 11,851
                                                          -
      売上高又は振替高
                       989,998       567,228     1,557,226       1,557,226       △ 11,851     1,545,375
            計
                       136,451       169,658       306,110       306,110     △ 170,511       135,598
     セグメント利益
      (注) 1.セグメント利益の調整額△170,511千円は、主に報告セグメントに帰属していない一般管理費等の全社費用
           であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 18/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                 項目
                                  至   2016年9月30日)           至   2017年9月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        10円21銭             8円59銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

                                         105,258              95,447
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         105,258              95,447
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                       10,305,693             11,106,635
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        9円45銭             7円87銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      -             -

      普通株式増加数(株)                                    829,034            1,025,087

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -             -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)   1.当社株式は、2016年6月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、前第2四半期連結累計期間の
          潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から前第2四半期連結会計期間末までの平均株
          価を期中平均株価とみなして算定しております。
        2.当社は、2016年10月1日付で普通株式1株につき2株、2017年4月1日付で普通株式1株につき2株、さら
          に2017年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首
          に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期
          純利益金額を算定しております。
                                 19/23










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
       (株式分割)
        当社は、2017年8月9日開催の取締役会決議に基づき、2017年10月1日付で株式分割を行っております。
       1.株式分割の目的

         投資家の皆様にとって、より投資しやすい環境を整えるため、株式分割を行い投資単位当たりの金額を引き下
        げることにより、当社株式の流動性の向上と投資家層の更なる拡大を図ることを目的とするものであります。
       2.株式分割の概要

        (1)   株式分割の方法
          2017年9月30日(土曜日)(但し、当日は株主名簿管理人の休業日となるため、実質的には2017年9月29日
         (金曜日))を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式を、1株
         につき2株の割合をもって分割いたしました。
        (2)   分割により増加する株式数

         ①株式分割前の発行済株式総数                                  5,572,880株
         ②今回の分割により増加する株式数                              5,572,880株
         ③株式分割後の発行済株式総数                                 11,145,760株
         ④株式分割後の発行可能株式総数                               38,400,000株
       3.日程

        (1)   基準日公告日      2017年9月15日(金曜日)
        (2)   基準日                      2017年9月30日(土曜日)
        (3)   効力発生日                  2017年10月1日(日曜日)
        (4)   増加記録日       2017年10月2日(月曜日)
       4.1株当たり情報に及ぼす影響については、(1株当たり情報)に反映されております。

       5.新株予約権の行使価格の調整

        上記株式分割に伴い、2017年10月1日以降に行使する新株予約権の行使価格を以下の通り調整いたしました。
             名称               調整前行使価格                  調整後行使価格
         第4回新株予約権                            250円                  125円
         第5回新株予約権                            250円                  125円
         第6回新株予約権                            250円                  125円
         第7回新株予約権                            250円                  125円
         第8回新株予約権                           1,430円                   715円
                                 20/23







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       (訴訟等)
        フィリピン共和国において当社連結子会社のAdvanced                          World   Systems,     Inc.   (本項目において、以下、「当連結
       子会社」という。)は、経済特区における企業所得税優遇措置の対象企業として長年認められておりました。当連
       結子会社は税務調査の結果、2014年12月29日付で、同国の内国歳入庁より、税務調査に係る処分通知書を受領して
       おり、当通知書においては、当連結子会社のマカティ支店の所得税優遇措置の適用に対する指摘がなされ、経過利
       子を含め、51,444千フィリピン・ペソの追徴課税を課す内容とされております。当連結子会社は、2015年1月28日
       付で、当処分には重要な認識の誤りがあり不当であるとして、同国租税裁判所へ処分の取り消し及び当税務調査の
       無効の宣言を求め、提訴いたしました。
        なお、当連結子会社は、法律事務所の見解等を基に当連結子会社の勝訴の公算が大きいと判断しております。
       (付加価値税の還付)

        フィリピン共和国において当社連結子会社Advanced                          World   Systems,     Inc.及びAdvanced         World   Solutions,      Inc.
       (本項目において、以下、「当連結子会社」という。)は、付加価値税の還付請求権を有しております。当連結子
       会社は、同国の内国歳入庁に対し遅滞なく還付請求を行っておりますが、同庁による付加価値税の還付手続の遅延
       により、未だ一部の付加価値税については還付されておりません。
        なお、当連結子会社は、請求済みの付加価値税については還付可能であると判断しております。
                                 21/23














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社Ubicomホールディングス(E32408)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2017年11月9日

     株式会社Ubicomホールディングス
      取締役会  御中
                         新日本有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  市  川  亮  悟  ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  齋  藤  祐  暢  ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社Ubicom

     ホールディングスの2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2017年7月1日
     から2017年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社Ubicomホールディングス及び連結子会社の2017年9月30
     日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適
     正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。