三菱自動車工業株式会社 四半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書

提出日:

提出者:三菱自動車工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月10日
      【四半期会計期間】                    平成29年度第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    三菱自動車工業株式会社
      【英訳名】                    MITSUBISHI      MOTORS    CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    取締役 CEO  益子 修
      【本店の所在の場所】                    東京都港区芝五丁目33番8号
      【電話番号】                    (03)3456-1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    制度会計部長  佐藤 正志 
                         (「第一部第3提出会社の状況」に関する事項については
                         総務渉外部長  藤倉 佳子)
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝五丁目33番8号
      【電話番号】                    (03)3456-1111(大代表)
      【事務連絡者氏名】                    制度会計部長  佐藤 正志
                         (「第一部第3提出会社の状況」に関する事項については
                         総務渉外部長  藤倉 佳子)
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                            平成28年度            平成29年度
              回次              第2四半期            第2四半期            平成28年度
                            連結累計期間            連結累計期間
                          自平成28年4月1日            自平成29年4月1日            自平成28年4月1日

             会計期間
                          至平成28年9月30日            至平成29年9月30日            至平成29年3月31日
                                 864,872            947,678           1,906,632
      売上高               百万円
                                △ 28,218            60,561            8,944
      経常損益               百万円
      親会社株主に帰属する四半期
                                △ 219,595            48,386          △ 198,524
                     百万円
      (当期)純損益
                                △ 253,480            55,130          △ 204,740
      四半期包括利益又は包括利益               百万円
                                 422,237            751,646            703,463
      純資産額               百万円
                                1,178,187            1,533,900            1,484,413
      総資産額               百万円
      1株当たり四半期(当期) 
                                △ 223.29            32.47          △ 164.11
                      円
      純損益金額
      潜在株式調整後1株当たり 
                                   -          32.47             -
                      円
      四半期(当期)純利益金額
                      %           34.88            47.90            46.51
      自己資本比率
      営業活動によるキャッシュ・
                                △ 59,837            1,589          △ 45,829
                     百万円
      フロー
      投資活動によるキャッシュ・
                                △ 37,996           △ 38,405           △ 73,119
                     百万円
      フロー
      財務活動によるキャッシュ・
                                 △ 1,028           △ 9,402           210,377
                     百万円
      フロー
      現金及び現金同等物の四半期
                                 342,628            522,022            555,906
                     百万円
      末(期末)残高
                            平成28年度            平成29年度

              回次              第2四半期            第2四半期
                            連結会計期間            連結会計期間
                          自平成28年7月1日            自平成29年7月1日
             会計期間
                          至平成28年9月30日            至平成29年9月30日
      1株当たり四半期
                                             17.05
                      円          △ 91.38
      純損益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
           ない。
         2.売上高は、消費税等を含んでいない。
         3.  平成28年度第2四半期連結累計期間及び平成28年度の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額
           については、潜在株式が存在しないため記載していない。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更は無い。
        なお、新たにインドネシアのピーティー・ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシアが連結子会社とな
       り、本年4月に工場の開所式を行うとともに生産を開始した。
                                  2/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて以下の項目
       を変更する。
        また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
       業の状況 4 事業等のリスク」の項目番号に対応したものである。
       (6)為替変動の影響

          当社グループの前連結会計年度売上高に占める海外売上高比率は約8割であり、このうち外貨建債権債務に
         ついては主な外貨建債務であるタイバーツと、主な外貨建債権である米ドル、ユーロとの相場動向を注視しつ
         つ、適宜、必要な措置を講じてきているが、為替相場が大幅に変動した場合、当社グループの経営成績又は財
         政状態に重大な影響を及ぼす可能性がある。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)   業績の状況
          当第2四半期連結累計期間の販売台数(小売)は合計で498千台(前年同期比+62千台、同+14%)となっ
         た 。
          日本市場は、軽自動車『eKワゴン』『eKスペース』の復調と、『デリカD:5』を中心に「ACTIVE                                             GEAR」シ
         リーズが好評なことから、前年同期比48%増の43千台まで着実に回復してきている。
          また、中国では、昨年現地生産化した『アウトランダー』が好調を維持しており、前年同期比87%増の58千
         台と成長を力強く牽引している。アセアン地域も、タイを中心に『トライトン』や『パジェロスポーツ』が順
         調な伸びをみせ、前年同期比15%増の113千台となった。
          この他、主力市場の一つであるオセアニアや、需要が回復基調にあるロシアでも、順調に販売を伸ばしてい
         る 。
          北米は前年同期比1%増の72千台の販売、欧州は前年同期比1%減の89千台の販売となった。
          当期の売上高は、9,477億円(前年同期比+828億円、同+10%)となった                                   。
          営業利益は442億円(前年同期比+758億円)となりました。経常利益は、606億円(前年同期比+888億円)
         となった。親会社株主に帰属する四半期純利益は、484億円(前年同期比+2,680億円)となった                                            。
       (2)財政状態

          当第2四半期連結会計期間末の総資産は1兆5,339億円(前年度末比+495億円)となった。そのうち現金及
         び預金は5,230億円(前年度末比△338億円)となった。負債合計は7,823億円(前年度末比+14億円)となり、
         そのうち有利子負債残高は、298億円(前年度末比+142億円)となった。純資産は7,516億円(前年度末比+
         481億円)となった         。
       (3)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の四半期末残高は5,220億円となり、期首残高から
         339億円減少した。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、                    16億円の収入(前年同期は598億円の支出)となった                        。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、                    384億円の支出(前年同期は380億円の支出)となった                         。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、                    94億円の支出(前年同期は10億円の支出)となった                        。
                                  3/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (4)   経営方針及び対処すべき課題等

          当社は、平成29年度から平成31年度の3年間を対象に中期経営計画「DRIVE                                   FOR  GROWTH」を策定しました。
          この中期経営計画では、次の3つの課題に重点を置き、利益ある持続的成長への基盤作りを目指します。
          第一の課題は、燃費不正問題で傷ついた信頼の回復です。

          今後もコンプライアンスを最優先に、IT等も活用しながら内部統制・ガバナンス体制の抜本的改革と強化に
         取り組み、お客様や社会からの信頼を早期に取り戻すべく、不断の努力を続けてまいります。
          第二の課題は、業績のV字回復を確実に軌道に乗せることです。

          これまで100万台前後で推移してきた販売台数を2019年度までに130万台に増加させ、売上高も2016年度に比
         べ30%増となる2兆5千億円まで増やすことを目標とします。同時に、コスト管理も徹底し、営業利益率につ
         いて過去ピーク並みの6%以上まで引き上げることを目指します。
          この通り、ボリューム面での成長と収益力強化の両立を図るため、新型車の投入や事業基盤の整備に向けた
         開発および設備に3年間累計で6千億円を超える資金を投入します。一方、このように積極的に投資を行う中
         でも、毎年のフリーキャッシュフローは黒字を確保し、健全な財務体質の維持に努めます。
          第三の課題は、新型車を成功させることです。

          当社は、今後も成長が見込まれるSUVセグメントを中心に、4WDやピックアップトラックなど当社の強みを活
         かした商品ラインアップを更に強化していきます。具体的に、新型の『エクスパンダー』『エクリプス・クロ
         ス』をはじめとして、この中期経営計画期間中に11モデルを新たに投入する計画です。当社が強みを持つアセ
         アンだけでなく、日本、オセアニア、米国、中国などの主要な市場での販売に注力する中で、これらの新型車
         を成功させ、ブランドの向上と規模の成長に繋げていく考えです。
         (中期経営計画の戦略の柱)

         ①  商品の刷新
           本計画の期間中に、当社は11車種の新型車を投入します。このうち6車種は新規モデルまたはフルモデル
          チェンジとなり、毎年2車種の投入が予定されています。当社の強みであるSUV・4WD車およびプラグインハ
          イブリッド車からなる主力5車種でグローバル販売台数の70%を占める予定です。さらに、低排出ガス車への
          シフトが進む中、2020年以降、軽自動車EVを含めた主力モデルの電動化を進める予定です。
         ②  中核市場への注力により売上成長を実現

           当社の高収益市場であるアセアンでは、今年操業を開始したインドネシアの新工場、および新規投入した新
          型『エクスパンダー』が成長を主導します。アセアンでの年間販売台数は206千台から2019年度には310千台ま
          で増加する予定です。日本では、軽自動車の新型車を投入します。米国では、販売事業の強化を進め、2019年
          度に30%増となる年間130千台の販売を目指します。中国では、ディーラー網を倍増し、2019年度までには販
          売台数を倍以上の220千台に引き上げます。
         ③  コスト最適化

           当社はコスト管理を徹底するとともに、研究開発費を大幅に増額しながらも、生産・物流コストも含めた
          「ものづくり総コスト」の年率△1.3%低減を目指します。これらのコスト管理を行いながら、当社はアライ
          アンスのメンバーとして、共同購買や研究開発でのコスト抑制などのシナジーで本計画期間中に1,000億円以
          上の効果を生み出します。
          自動車業界は過去にない大きな変革の時代を迎え、電動化、自動運転、コネクティビティなど、開発競争は

         これまでとは質的にも量的にも全く異なるものになっていくと考えられます。今後もクルマの新たな価値を提
         供し、社会から存在を求められる企業であり続けるために、ルノー・日産とのアライアンスを最大限に活かし
         つつ、これらの大きな環境変化に適応し、自ら変革し続けていきたいと考えています。
                                  4/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (5)研究開発活動
          当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、222億円である。
          なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
       (6)生産、受注及び販売の状況

         ①   生産実績
          当第2四半期連結累計期間における生産実績は次のとおりである。
                          当 第2四半期連結累計期間
                                           前 第2四半期連結累計期間比            (%)
                              数量(台)
     国 内                                257,638                    116.8

                                     305,560                    123.7

     海 外
                                     563,198                    120.4

             合計
         ② 販売実績

          当第2四半期連結累計期間             における販売実績は次のとおりである。
                          当 第2四半期連結累計期間               前 第2四半期連結累計期間比(%)
                         数量(台)        金額(百万円)            数量         金額

     国内                       103,968         160,364          207.6         149.5

     海外                       446,984         787,314          101.7         103.9

                                                         109.6

             合計               550,952         947,678          112.6
        (注)1.     販売実績は、外部顧客の所在地別の当社及び連結子会社の完成車及びKDパックの卸売り台数を示す。
           2.  上記金額は、消費税等を含んでいない。
                                  5/24












                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                        1,575,000,000

                  計                              1,575,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                      又は登録認可金融商品                内容
                          (平成29年11月10日)
              (平成29年9月30日)                          取引業協会名
                                       東京証券取引所
       普通株式         1,490,282,496            1,490,282,496                      単元株式数 100株
                                        市場第一部
         計       1,490,282,496            1,490,282,496              -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

           当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりである。
           平成29年4月24日開催の定例取締役会決議に基づく新株予約権(第1回新株予約権)
      決議年月日                                     平成29年4月24日
      新株予約権の数                                       9,800個
                                              -
      新株予約権のうち自己新株予約権の数
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      当社普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数                                    780,331株     (注)1.
      新株予約権の行使時の払込金額                                     1株当たり1円
                                  以下の①から③のうち最も早い日から2070年4月30日ま
                                  で
                                  ①  2020年5月1日
                                  ②  当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                   取締役会)が、当社が消滅会社となる合併契約又は
                                   当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式
      新株予約権の行使期間
                                   移転計画を承認した場合、当該承認の日
                                  ③  当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、
                                   取締役会)が、当社の事業のすべて若しくは実質的
                                   にすべてを譲渡する事業譲渡契約又は当社の事業の
                                   すべて若しくは実質的にすべてを承継会社に承継さ
                                   せる会社分割契約若しくは会社分割計画を承認した
                                   場合、当該承認の日
                                  発行価格     518.42円     (注)2.
                                  資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出さ
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                  れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
      発行価格および資本組入額
                                  結果生じる1円未満の端数は、これを切り上げるものと
                                  する。
                                            (注)3.
      新株予約権の行使の条件
                                  当社と本新株予約権の割当てを受ける者との間で締結す
      新株予約権の譲渡に関する事項                            る新株予約権割当契約書において、本新株予約権の譲渡
                                  が禁止される旨の制限を付すものとする。
                                              -
      代用払込みに関する事項
                                            (注)4.
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注)1.      新株予約権の目的となる株式の数
                                  6/24


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
           本新株予約権1個当たりの目的である株式の数は、79株とする。本新株予約権の新株予約権者(以下「本新
           株予約権者」という。)が本新株予約権複数個の行使を同時に行った場合には、当社が当社普通株式を交付
           する数は、当該本新株予約権者による行使に係る本新株予約権の数に41,200を乗じて得られる値を517.42で
           除 して得られる最大整数とする。
           ただし、当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同様。)又
           は併合を行う場合には、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を以下に定める算式
           により調整し、調整の結果生じる1株に満たない端数については、これを切り捨てる。
            (調整後株式数)=(調整前株式数)×(分割・併合の比率)
           上記の他、本新株予約権のうち、未行使の新株予約権の目的となる株式数を調整することが必要な場合は、
           当社は、合理的な範囲で調整することができ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
      (注)2.      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
           本新株予約権の1株当たりの公正価値(517.42円)と本新株予約権の行使時の1株当たりの払込金額(1
           円)の合計額を記載。
      (注)3.新株予約権の行使の条件
           1.各本新株予約権の1個に満たない端数は行使できないものとする。
           2.本新株予約権の譲渡がなされた場合は、その後、本新株予約権者は、当該譲渡がなされた本新株予約権
             を行使することができないものとする。
           3.本新株予約権者が死亡した場合には、当該本新株予約権者の相続人は、当社と本新株予約権者との間で
             締結する新株予約権割当契約書の定めるところにより、本新株予約権を承継し、その権利を行使するこ
             とができるものとする。ただし、当該相続人が死亡した場合には、当該相続人の相続人は、本新株予約
             権を行使することができないものとする。
           4.その他の条件については、当社と本新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書の定めるとこ
             ろによる。
      (注)4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる合併、当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転、当社の事業を承継会社に
           承継させる会社分割(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を行う場合においては、組織再編
           行為の効力発生日の直前の時点において残存する本新株予約権の新株予約権者に対し、会社法第236条第1
           項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基
           づきそれぞれ交付する。この場合においては残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに
           発行するものとする。但し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、株
           式交換契約、株式移転計画、会社分割契約又は会社分割計画において定めた場合に限る。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとす
             る。
           ② 新株予約権の目的である株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
           ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             以下に定める再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社
             の株式の数を乗じて得られる額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することに
             より交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
           ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            (a)以下の(ⅰ)から(ⅲ)のうち最も早い日又は(b)組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から2070
              年4月30日までとする。
             (ⅰ)2020年5月1日
             (ⅱ)当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、取締役会)が、当社が消滅会社となる合併契
                約又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画を承認した場合、当該承認の
                日
             (ⅲ)当社の株主総会(株主総会決議が不要である場合、取締役会)が、当社の事業のすべて若しくは
                実質的にすべてを譲渡する事業譲渡契約又は当社の事業のすべて若しくは実質的にすべてを承継
                会社に承継させる会社分割契約若しくは会社分割計画を承認した場合、当該承認の日
                                  7/24


                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
           ⑥ 新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に
             関する事項
             以下に記載する本新株予約権にかかる事項に準じて、決定する。
             本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則
             第17条第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円未満
             の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当該資本金等増加限度額から増加する資本
             金の額を減じた額を増加する資本準備金の額とする。
           ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             再編対象会社と新株予約権の割当てを受ける者との間で締結する新株予約権割当契約書において、新株
             予約権の譲渡が禁止される旨の制限を付すものとする。
           ⑧ 新株予約権の行使の条件
             上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定す                       る。
           ⑨ 組織再編行為を行う場合の新株予約権の交付
             本項に準じて決定する。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はない。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はない。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                       資本準備金
                発行済株式         発行済株式                      資本準備金
                                   資本金
                                         資本金残高
        年月日                           増減額                     残高
                総数増減数          総数残高                       増減額
                                         (百万円)
                                  (百万円)
                 (株)         (株)                     (百万円)
                                                       (百万円)
     自平成29年7月1日

                     -    1,490,282,496             -    284,382          -    118,680
     至平成29年9月30日
                                  8/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                    の割合(%)
                         神奈川県横浜市神奈川区宝町2                    506,620,577          33.99

     日産自動車株式会社
                                             137,682,876           9.23

     三菱商事株式会社                    東京都千代田区丸の内2丁目3番1号
                         東京都港区港南2丁目16-5                    124,293,855           8.34

     三菱重工業株式会社
                                             48,717,212          3.26

     株式会社三菱東京UFJ銀行                    東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式                    東京都中央区晴海1丁目8-11                    32,085,200          2.15

     会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社                    東京都港区浜松町2丁目11番3号                    27,463,200          1.84

     (信託口)
     MHIオートモーティブ・キャピタル合                    東京都港区港南2丁目16番5号 三菱重                    23,768,200          1.59

     同会社MMC株式運用匿名組合2                    工品川ビル内
     BNYMSANV AS AGENT/                    VERTIGO BUILDING                     19,205,300          1.28

     CLIENTS LUX UCITS                     - POLARIS 2-4 RUE 
     NON TREATY 1                    EUGENE RUPPERT L-2
                         453 LUXEMBOURG GRA
     (常任代理人:株式会社三菱東京UFJ
                         ND DUCHY OF LUXEMB
     銀行)
                         OURG
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1 
                         決済事業部)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式                    東京都中央区晴海1丁目8-11                    14,732,100          0.98

     会社(信託口9)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式                    東京都中央区晴海1丁目8-11                    13,977,300          0.93

     会社(信託口5)
                                  -           948,545,820          63.64

              計
                                  9/24







                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -             -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

     議決権制限株式(その他)                       -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式     222,100                   -        単元株式数 100株

                       普通株式  1,489,980,500
     完全議決権株式(その他)                                  14,899,805             同上
                       (注)1.
                       普通株式               79,896
     単元未満株式                                    -           同上
                       (注)2.
     発行済株式総数                       1,490,282,496            -            -
     総株主の議決権                       -           14,899,805              -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には証券保管振替機構名義の株式6,400株(議決権の数64個)が含まれ
           ている。
         2.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式36株が含まれている。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                  東京都港区芝五丁

      三菱自動車工業株式会社                         222,100         -      222,100          0.01
                  目33番8号
           計            -        222,100         -      222,100          0.01
                                 10/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりである。
        役員の異動

        新役名          新職名          旧役名          旧職名           氏名      異動年月日
            副社長執行役員
                               副社長執行役員
            (海外事業、グローバル・アフ
                               (海外事業、グローバル・アフ
                                              白地   浩三
        取締役                   取締役                         平成29年8月1日
            ターセールス担当)         CPO
                               ターセールス担当)         CPO
            兼  米州・大洋州
       (注)執行役員の異動は次の通りである。

        新任
                職名                 氏名             異動年月日
       執行役員

                                中山 悟             平成29年7月1日
       CFO室長
        退任

                職名                 氏名             異動年月日
       常務執行役員
                               黒井   義博
                                             平成29年6月30日
       CPO補佐
        役職の異動

        新役名          新職名          旧役名          旧職名           氏名      異動年月日
            事業管理本部長        兼  経理本部

        常務                   常務
                               (事業管理担当)               北村   康一
                                                    平成29年8月1日
       執行役員                   執行役員
            本部長補佐
                                 11/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成している。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
       成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、          新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                 12/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                                 平成29年度
                                平成28年連結会計年度
                                              第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)
                                               (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        556,836              522,987
         現金及び預金
                                        164,761              146,483
         受取手形及び売掛金
                                        118,195              149,966
         商品及び製品
                                         19,695              22,589
         仕掛品
                                         26,139              39,616
         原材料及び貯蔵品
                                         86,983              97,062
         その他
                                        △ 1,209             △ 1,192
         貸倒引当金
                                        971,401              977,512
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               77,002              87,885
          機械装置及び運搬具(純額)                              100,516              109,941
          工具、器具及び備品(純額)                               22,349              45,483
                                         89,925              96,558
          土地
                                         19,210              26,845
          建設仮勘定
                                        309,004              366,714
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                22,939              26,498
         投資その他の資産
                                         94,959              92,175
          投資有価証券
                                         91,962              76,918
          その他
                                        △ 5,853             △ 5,918
          貸倒引当金
                                        181,068              163,174
          投資その他の資産合計
                                        513,011              556,387
         固定資産合計
                                       1,484,413              1,533,900
       資産合計
                                 13/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                                 平成29年度
                                平成28年連結会計年度
                                              第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)
                                               (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        378,561              381,916
         支払手形及び買掛金
                                         21,393              18,678
         電子記録債務
                                         15,069              14,245
         短期借入金
                                           299             1,995
         1年内返済予定の長期借入金
                                        124,573              128,814
         未払金及び未払費用
                                         26,485              17,253
         未払法人税等
                                         45,512              46,048
         製品保証引当金
                                         28,136              15,853
         燃費試験関連損失引当金
                                         33,535              31,709
         その他
                                        673,566              656,516
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                  240             13,539
                                         41,593              42,835
         退職給付に係る負債
                                         65,549              69,363
         その他
                                        107,383              125,737
         固定負債合計
                                        780,949              782,254
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        284,382              284,382
         資本金
                                        203,938              203,938
         資本剰余金
                                        277,281              314,579
         利益剰余金
                                         △ 220             △ 220
         自己株式
                                        765,381              802,680
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         7,480              7,104
         その他有価証券評価差額金
                                           627              241
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 62,739             △ 55,673
         為替換算調整勘定
                                        △ 20,295             △ 19,675
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 74,926             △ 68,002
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -              35
                                         13,008              16,932
       非支配株主持分
                                        703,463              751,646
       純資産合計
                                       1,484,413              1,533,900
      負債純資産合計
                                 14/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                   平成28年度              平成29年度
                               第2四半期連結累計期間              第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                        864,872              947,678
      売上高
                                        748,183              742,029
      売上原価
                                        116,689              205,648
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         35,412              47,086
       広告宣伝費及び販売促進費
                                         21,631              16,111
       運賃
                                         △ 138               2
       貸倒引当金繰入額
                                         32,801              35,492
       役員報酬及び給料手当
                                         1,832              1,719
       退職給付費用
                                         4,921              6,201
       減価償却費
                                         25,697              22,222
       研究開発費
                                         26,157              32,597
       その他
                                        148,315              161,432
       販売費及び一般管理費合計
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 31,625              44,215
      営業外収益
                                         1,823              1,606
       受取利息
                                         1,496              2,080
       受取配当金
                                         3,593              9,759
       持分法による投資利益
                                            -            5,576
       為替差益
                                           353              286
       その他
                                         7,267              19,309
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           541             1,685
       支払利息
                                         1,568                -
       為替差損
                                         1,750              1,277
       その他
                                         3,860              2,963
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 28,218              60,561
      特別利益
                                           771              119
       固定資産売却益
                                           312              307
       投資有価証券売却益
                                         1,403                -
       収用補償金
                                           816               -
       関係会社出資金売却益
                                           36              52
       その他
                                         3,339               479
       特別利益合計
      特別損失
                                         1,184               896
       固定資産除却損
       減損損失                                   483              950
                                        ※ 166,182
                                                          -
       燃費試験関連損失
                                         2,603               117
       その他
                                        170,454               1,964
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                       △ 195,333               59,075
      純損失(△)
                                         10,885              11,663
      法人税等
                                         12,619                 -
      過年度法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 218,838               47,412
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           756             △ 974
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 219,595               48,386
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 15/24



                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                   平成28年度              平成29年度
                               第2四半期連結累計期間              第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 218,838               47,412
      その他の包括利益
                                         △ 876             △ 373
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 54             △ 14
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 25,887               7,767
       為替換算調整勘定
                                         1,402               647
       退職給付に係る調整額
                                        △ 9,225              △ 309
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 34,641               7,717
       その他の包括利益合計
                                       △ 253,480               55,130
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 252,329               56,301
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 1,150             △ 1,171
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/24















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   平成28年度              平成29年度
                               第2四半期連結累計期間              第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                       △ 195,333               59,075
       期純損失(△)
                                         24,119              23,581
       減価償却費
                                           483              950
       減損損失
                                        166,182                 -
       燃費試験関連損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 155              △ 92
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   259             1,990
                                        △ 3,320             △ 3,686
       受取利息及び受取配当金
                                           541             1,685
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  △ 539              △ 93
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 3,593             △ 9,759
       固定資産除売却損益(△は益)                                   625              842
       売上債権の増減額(△は増加)                                  56,317              21,142
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,741             △ 41,887
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 30,162              △ 7,286
                                        △ 7,135             △ 16,543
       その他
                                         11,029              29,918
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  7,127              6,279
                                         △ 456            △ 1,677
       利息の支払額
                                        △ 64,493             △ 13,942
       燃費試験関連支払額
                                        △ 13,044             △ 18,988
       法人税等の支払額
                                        △ 59,837               1,589
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の増減額(△は増加)                                   △ 30             △ 84
                                        △ 30,731             △ 30,837
       有形固定資産の取得による支出
                                         3,040              1,286
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 6,886             △ 1,129
       長期貸付けによる支出
                                           267              345
       長期貸付金の回収による収入
                                        △ 3,656             △ 7,986
       その他
                                        △ 37,996             △ 38,405
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                  11,799               △ 787
       長期借入れによる収入                                   835             1,259
                                        △ 3,582              △ 176
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 7,843             △ 7,505
       配当金の支払額
                                        △ 1,649             △ 1,833
       非支配株主への配当金の支払額
                                         △ 586             △ 360
       その他
                                        △ 1,028             △ 9,402
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 20,949               5,408
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 119,812              △ 40,810
      現金及び現金同等物の期首残高                                   462,440              555,906
                                            -            6,927
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                        ※ 342,628              ※ 522,022
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
          第1四半期連結会計期間から、重要性が増加したことにより、                             ピーティー・ミツビシ・モーターズ・クラマ・
         ユダ・インドネシアを連結の範囲に含めている。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益または税引前当期純
         損失に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益または税引前四半期純損失に
         当該見積実効税率を乗じて計算している                   。ただし、見積実効税率を使用できない場合には、法定実効税率を使用
         している。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         保証債務
                                             平成29年度
                平成28年連結会計年度
                                          第2四半期連結会計期間
                (平成29年3月31日)
                                          (平成29年9月30日)
                            被保証債務                          被保証債務
           被保証者         保証金額                  被保証者        保証金額
                             の内容                          の内容
         ピーティー・ミツ                          ピーティー・ミツ
                    9,739百万円       銀行借入金                   8,316百万円       銀行借入金
         ビシ・モーター                          ビシ・モーター
         ズ・クラマ・ユ                          ズ・クラマ・ユ
         ダ・セールス・イ                          ダ・セールス・イ
         ンドネシア                          ンドネシア
         ピーシーエム                          ピーシーエム
                    2,705       銀行借入金他                   1,913       銀行借入金他
         エー  ・ルス・エル                        エー  ・ルス・エル
         エル  シー                        エル  シー
         従業員            541      (注)         従業員            494      (注)
         その他            65     リース債務他         その他            58     リース債務他
             計       13,052                   計       10,782

             (注)「社員財形住宅貸金」等に係る銀行借入金
        (四半期連結損益計算書関係)

          ※ 燃費試験関連損失
           平成28年度第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
           燃費試験に関連したお客様、日産自動車株式会社及びサプライヤーへのお支払い費用並びに水島製作所の固
          定資産減損損失等である。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は
            下記のとおりである。
                                 平成28年度                 平成29年度
                              第2四半期連結累計期間                 第2四半期連結累計期間
                             (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                              至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
         現金及び預金                            343,587百万円                 522,987百万円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                             △958                 △964
         現金及び現金同等物                            342,628                 522,022
                                 18/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
      Ⅰ   平成28年度第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日                              至 平成28年9月30日)
        1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                             配当額(円)
      平成28年6月24日
                普通株式         7,867        8.0    平成28年3月31日          平成28年6月27日          利益剰余金
       定時株主総会
        2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      平成28年10月28日
                普通株式         4,917        5.0    平成28年9月30日          平成28年12月2日          利益剰余金
        取締役会
      Ⅱ   平成29年度第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日                              至 平成29年9月30日)

        1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                             配当額(円)
      平成29年6月23日
                普通株式         7,450        5.0    平成29年3月31日          平成29年6月26日          利益剰余金
       定時株主総会
        2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
                      配当金の総額       1株当たり
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      平成29年11月7日
                普通株式        10,430        7.0    平成29年9月30日          平成29年12月4日          利益剰余金
        取締役会
                                 19/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        Ⅰ 平成28年度第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
        当社グループは、「自動車事業」の単一セグメントであるため、記載を省略している。
         (地域に関する補足情報)

          1.    国又は地域の区分に係る           変更に関する事項
           「Ⅱ 平成29年度第2四半期連結累計期間                         (地域に関する補足情報)              1.  国又は地域の区分に係る           変更
          に関する事項」に記載のとおりである。
          2.外部顧客の所在地を基礎として区分した外部顧客に対する売上高

                                                   (単位:百万円)
                        日本     北米     欧州     アジア    オセアニア      その他     合 計

      売上高

                        107,254     150,418     215,726     191,772      98,559     101,141     864,872
       外部顧客に対する売上高
       (注)本邦以外の区分に属する主な国又は地域
           (1)北 米・・・・・・米国、プエルトリコ
           (2)欧 州・・・・・・ロシア、イギリス、ドイツ、フランス、オランダ
           (3)アジア・・・・・・タイ、フィリピン、中国、インドネシア
           (4)オセアニア・・・・オーストラリア、ニュージーランド
           (5)その他・・・・・・ブラジル、U.A.E.
          3.当社及び連結子会社の所在地を基礎として区分した売上高及び営業利益又は営業損失

                                                   (単位:百万円)
                 日本     北米     欧州     アジア    オセアニア      その他      計    調整額     合 計

      売上高

      (1)外部顧客に
                501,062     137,452      27,520     94,621     98,559      5,656    864,872        -   864,872
         対する売上高
      (2)セグメント間
                233,037      3,767     2,603    218,712       105      0  458,226     △458,226        -
         の内部売上高
           計       734,100     141,220      30,123     313,334      98,664      5,656   1,323,099     △458,226      864,872
      営業利益
                △78,859      1,831     2,781     30,450      5,720      562   △37,513       5,887    △31,625
      又は営業損失(△)
       (注)本邦以外の区分に属する主な国又は地域
           (1)北 米・・・・・・米国              、プエルトリコ
           (2)欧 州・・・・・・オランダ、ロシア
           (3)アジア・・・・・・タイ、フィリピン
           (4)オセアニア・・・・オーストラリア、ニュージーランド
           (5)その他・・・・・・U.A.E.
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
        Ⅱ 平成29年度第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
        当社グループは、「自動車事業」の単一セグメントであるため、記載を省略している。
         (地域に関する補足情報)

          1.国又は地域の区分に係る変更に関する事項
            国又は地域の区分は、「地理的近接度及び事業活動の相互関連性」によっているが、社内管理との整合性
           を図るため、前連結会計年度まで「その他」に含めていたプエルトリコを第1四半期連結累計期間より「北
           米」に含めて表示している。
            当該変更に伴い、当第2四半期連結累計期間及び前第2四半期連結累計期間について、変更後の区分に組
           み替えて表示している。
          2.外部顧客の所在地を基礎として区分した外部顧客に対する売上高

                                                   (単位:百万円)
                        日本     北米     欧州     アジア    オセアニア      その他     合 計

      売上高

                             147,429           263,030           82,201     947,678
                        160,364           180,797           113,854
       外部顧客に対する売上高
       (注)本邦以外の区分に属する主な国又は地域
           (1)北 米・・・・・・米国、プエルトリコ
           (2)欧 州・・・・・・ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、ロシア
           (3)アジア・・・・・・タイ、フィリピン、中国、インドネシア
           (4)オセアニア・・・・オーストラリア、ニュージーランド
           (5)その他・・・・・・ブラジル、U.A.E.
          3.当社及び連結子会社の所在地を基礎として区分した売上高及び営業利益又は営業損失

                                                   (単位:百万円)
                 日本     北米     欧州     アジア    オセアニア      その他      計    調整額     合 計

      売上高

      (1)外部顧客に
                487,114     126,197      33,951     181,186     113,854      5,374    947,678        -  947,678
         対する売上高
      (2)セグメント間
                296,413      4,303     2,109    217,662       18      -  520,506     △520,506        -
         の内部売上高
           計       783,527     130,501      36,060     398,848     113,872      5,374   1,468,184     △520,506      947,678
      営業利益
                 19,553      571    2,827     21,065      7,658      195    51,872     △7,656     44,215
      又は営業損失(△)
       (注)本邦以外の区分に属する主な国又は地域
           (1)北 米・・・・・・米国              、プエルトリコ
           (2)欧 州・・・・・・オランダ、ロシア
           (3)アジア・・・・・・タイ、フィリピン、インドネシア
           (4)オセアニア・・・・オーストラリア、ニュージーランド
           (5)その他・・・・・・U.A.E.
                                 21/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                                 平成28年度第2四半期               平成29年度第2四半期
                                   連結累計期間               連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
     (1)   1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四
                                      △223円29銭                 32円47銭
        半期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親
        会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                               △219,595                 48,386
        (百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
        利益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損                               △219,595                 48,386
        失金額(△)(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                983,439              1,490,060
     (2)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                          -            32円47銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
        (百万円)
        普通株式増加数(千株)                                  -               336
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                            ─────────                 ─────────
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
      (注)平成28年度第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在
         しないため記載していない。
        (重要な後発事象)

         該当事項はない。
      2【その他】

        平成29年11月7日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議した。
        (1)中間配当金の総額                           10,430百万円
        (2)1株当たりの金額                             7円00銭

        (3)支払請求の効力発生日及び支払開始日                        平成29年12月4日

       (注)平成29年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録されている最終の株主又は登録株式質権者に対し、支払いを
          行う。
                                 22/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項なし。
                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                     三菱自動車工業株式会社(E02213)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成29年11月10日

     三菱自動車工業株式会社

      取締役会       御中
                            新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             室橋 陽二  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             水野 友裕  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             齋田  毅  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             安永 千尋  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている三菱自動車工業

     株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日か
     ら平成29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、三菱自動車工業株式会社及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財
     政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途

           保管している。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 24/24




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。