株式会社宮入バルブ製作所 四半期報告書 第73期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第73期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)
提出日
提出者 株式会社宮入バルブ製作所
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年11月14日
      【四半期会計期間】                    第73期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
      【会社名】                    株式会社宮入バルブ製作所
      【英訳名】                    MIYAIRI    VALVE   MFG.   CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  西田 憲司
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区銀座西一丁目2番地
      【電話番号】                    03(3535)5575(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理部長  市川 浩
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区銀座西一丁目2番地
      【電話番号】                    03(3535)5575(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 経営管理部長  市川 浩
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第72期           第73期
               回次                                       第72期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                           自 平成28年4月1日           自 平成29年4月1日           自 平成28年4月1日

              会計期間
                           至 平成28年9月30日           至 平成29年9月30日           至 平成29年3月31日
                      (千円)           2,089,156           2,319,922           4,514,514
     売上高
                      (千円)            30,046           75,180           111,333
     経常利益
                      (千円)             4,281           83,542           199,604
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)           1,993,096           1,993,096           1,993,096
     資本金
                      (株)          48,849,935           48,849,935           48,849,935
     発行済株式総数
                      (千円)           3,710,180           4,005,107           3,927,645
     純資産額
                      (千円)           6,439,683           7,771,584           7,103,133
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             0.09           1.75           4.18
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (円)              -           -          1.00
     1株当たり配当額
                      (%)             57.6           51.5           55.3
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 46,178           11,772          △ 67,266
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            31,547          △ 206,205          △ 212,271
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            61,480           319,986           392,910
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            376,788           568,864           443,311
     (期末)残高
                               第72期           第73期

               回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                           自 平成28年7月1日           自 平成29年7月1日

              会計期間
                           至 平成28年9月30日           至 平成29年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                  △ 0.08          △ 0.01
                      (円)
     (△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移につ
           いては記載しておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 当社には関連会社がないため、「持分法を適用した場合の投資利益」は記載しておりません。
         4 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額につきましては、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間における、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
       者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
       スク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)業績の状況
         当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、地政学的リスクの高まりや、米国および欧州の政治リスクによる
        影響が懸念され安定感を欠いたものの、企業収益の底堅さや雇用・所得環境の改善が継続するなど緩やかな回復基
        調で推移いたしました。
         このような状況のなか、当第2四半期累計期間の売上高は、LPガス容器用弁については新容器切替え、再検査
        需要低迷の中、顧客密着型営業を徹底したため、販売数量(前年同期比3.1%増)、売上高(前年同期比2.0%増)
        ともに増加しました。設備用弁については、前期初からの販売価格の見直し、代理店との仕切り方法の変更および
        納期短縮が奏功し、売上高は前年同期比14.2%増加しました。また、車載用弁、船舶用弁およびLPガスバルク付
        属機器は、いずれも前年同期と比較して増加しましたが、特にLPガスバルク付属機器については、今後数年間に
        わたるバルク貯槽の20年再検査需要を背景に、前年同期比24.0%増と好調に推移いたしました。
         以上により、売上高は2,319百万円(前年同期比11.0%増)となりました。
         損益面につきましては、年初からのLPガス容器用弁の主要原材料である黄銅材価格の上昇に伴い材料費が高値
        で推移したこと、および従業員の待遇改善に伴う人件費の増加により製造費用等が上昇し、また、LNGや水素用
        の低温弁開発等、新製品・新事業開発を積極化させたために開発費用が増加し、営業利益は前年同期と比較して微
        増の37百万円となりました。また、営業外収益に保険解約返戻金38百万円を計上したことにより経常利益は75百万
        円(前年同期比150.2%増)となり、さらに、特別利益に固定資産売却益30百万円を計上したことにより、四半期
        純利益は83百万円(前年同期は、四半期純利益4百万円)となりました。
         今後、材料費の上昇に伴う利益率の低下が懸念されますが、これに対処すべく生産管理フローの見直しや多能工
        化による生産性向上を推し進めております。また、試作業務を主に担当する製造開発部を設置しましたので、部品
        加工の内製化、納期短縮を行い製品開発を加速させることで収益体質の強化を図ります。
       (2)資産・負債及び純資産の状況

        (資産)
         流動資産は、前事業年度末に比べて、559百万円増加して3,688百万円となりました。これは主に、現金及び預金
        の増加131百万円、商品及び製品の増加337百万円および原材料及び貯蔵品の増加76百万円によるものです。
         固定資産は、前事業年度末に比べて、108百万円増加して4,082百万円となりました。これは主に、建物の増加
        179百万円による一方で、土地の減少65百万円によるものです。
         この結果、資産合計は前事業年度末に比べて、668百万円増加して7,771百万円となりました。
        (負債)
         流動負債は前事業年度末に比べて、702百万円増加して2,564百万円となりました。これは主に、支払手形及び買
        掛金の増加113百万円、短期借入金の増加339百万円および1年内返済予定の長期借入金の増加97百万円によるもの
        です。
         固定負債は、前事業年度末に比べて、111百万円減少して1,202百万円となりました。これは主に、長期借入金の
        減少62百万円および退職給付引当金の減少43百万円によるものです。
         この結果、負債合計は前事業年度末に比べて、590百万円増加して3,766百万円となりました。
        (純資産)
         純資産は、前事業年度末に比べて、77百万円増加して4,005百万円となりました。これは主に、四半期純利益83
        百万円およびその他有価証券評価差額金の増加41百万円により増加する一方で、剰余金の配当により47百万円減少
        したためです。
         この結果、自己資本比率は前事業年度末の55.3%から51.5%となりました。
                                  3/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
       (3 )キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、125百万円増加(前第2四半
        期累計期間は46百万円の増加)して568百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は11百万円(前第2四半期累計期間は46百万円の減少)となりました。これは主
        に、税引前四半期純利益107百万円、仕入債務の増加額113百万円および保険解約返戻金の受取額255百万円により
        増加する一方で、たな卸資産の増加額423百万円により減少するものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は206百万円(前第2四半期累計期間は31百万円の増加)となりました。これは主
        に、有形固定資産の売却による収入103百万円により増加する一方で、有形固定資産の取得による支出130百万円、
        投資有価証券の取得による支出56百万円および預け金の預け入れによる支出(投資有価証券取得預け金)114百万
        円により減少するものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果得られた資金は319百万円(前第2四半期累計期間は61百万円の増加)となりました。これは主
        に、短期借入金の純増額339百万円および長期借入金の借入れによる収入120百万円により増加する一方で、長期借
        入金の返済による支出84百万円および配当金の支払額46百万円により減少するものです。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
       (5)研究開発活動

         当第2四半期累計期間における研究開発活動の金額は、78百万円であります。
         なお、当第2四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/16













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                      150,000,000
                 普通株式
                                                      150,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末            提出日現在発行数
                                    上場金融商品取引所名
              現在発行数(株)               (株)
        種類                            又は登録認可金融商品                内容
              (平成29年9月30日)           (平成29年11月14日)           取引業協会名
                                                権利内容に何ら限定のない
                                      東京証券取引所
                                                当社における標準となる株
                   48,849,935           48,849,935
       普通株式
                                      (市場第二部)
                                                式であり、単元株式数は、
                                                100株であります。
                   48,849,935           48,849,935           -            -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
                  数増減数
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成29年7月1日~
                       -   48,849,935           -    1,993,096           -       -
     平成29年9月30日
                                  5/16









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                                              2,311,500            4.73

     昌栄機工株式会社                  大阪府大阪市西区阿波座1丁目10番8号
                                              1,286,200            2.63
     清野 正廣                  山形県山形市
     株式会社宮入バルブ製作所(注)                                         1,047,708            2.14
                       東京都中央区銀座西1丁目2番地
                                              1,001,000            2.04
     株式会社CKサンエツ                  富山県高岡市守護町2丁目12番1号
                                               773,100           1.58
     宮入バルブ製作所取引先持株会                  東京都中央区銀座西1丁目2番地
                                               750,000           1.53
     森下 均                  大阪府大阪市淀川区
                                               703,400           1.43
     阿部 敬二                  東京都江戸川区
                                               700,000           1.43
     阿部 五美                  東京都江戸川区
                                               507,700           1.03
     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号
                                               498,100           1.01
     宮入バルブ従業員持株会                  東京都中央区銀座西1丁目2番地
                                -              9,578,708           19.60
             計
      (注) 当社が保有する自己株式であります。
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年9月30日現在
                        株式数(株)           議決権の数(個)

            区分                                        内容
                           -            -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                      -            -             -
     議決権制限株式(その他)                      -            -             -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                      普通株式         1,047,700
     完全議決権株式(その他)                 普通株式  47,799,900                    477,999           -
                      普通株式             2,335         -             -

     単元未満株式
                            48,849,935           -             -
     発行済株式総数
                           -               477,999           -
     総株主の議決権
      (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、自己保有株式が8株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都中央区銀座西1-2               1,047,700         ―      1,047,700          2.14
     株式会社宮入バルブ製作所
                        -         1,047,700         ―      1,047,700          2.14
           計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成29年7月1日から平成29
       年9月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、藍監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        547,311              678,864
         現金及び預金
                                      ※1 1,066,367           ※1 , ※2 1,061,096
         受取手形及び売掛金
                                       1,116,915              1,454,729
         商品及び製品
                                         38,061              47,810
         仕掛品
                                        316,318              392,389
         原材料及び貯蔵品
                                         45,539              55,511
         その他
                                        △ 1,417             △ 1,417
         貸倒引当金
                                       3,129,095              3,688,985
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              115,321              294,507
          構築物(純額)                               44,289              57,114
          機械及び装置(純額)                              324,450              331,407
          車両運搬具(純額)                                601              510
          工具、器具及び備品(純額)                               20,969              34,297
                                       2,506,900              2,441,000
          土地
          リース資産(純額)                               14,626              12,951
                                        264,894              227,863
          建設仮勘定
                                       3,292,053              3,399,651
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                25,879              20,448
         投資その他の資産
                                        223,203              336,227
          投資有価証券
                                        251,937              250,369
          破産更生債権等
                                        429,003              322,373
          その他
                                       △ 248,040             △ 246,472
          貸倒引当金
                                        656,104              662,498
          投資その他の資産合計
                                       3,974,037              4,082,598
         固定資産合計
                                       7,103,133              7,771,584
       資産合計
                                  8/16









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        598,740              711,924
         支払手形及び買掛金
                                       ※3 564,980             ※3 904,281
         短期借入金
                                       ※3 290,610             ※3 388,370
         1年内返済予定の長期借入金
                                         8,119              23,379
         未払法人税等
                                         61,233              61,611
         賞与引当金
                                        337,674              474,768
         その他
                                       1,861,358              2,564,335
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※3 168,810             ※3 106,300
         長期借入金
                                        735,183              731,471
         再評価に係る繰延税金負債
                                        342,493              299,107
         退職給付引当金
                                         49,190              50,940
         役員退職慰労引当金
                                         18,451              14,321
         その他
                                       1,314,129              1,202,141
         固定負債合計
                                       3,175,487              3,766,476
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,993,096              1,993,096
         資本金
                                        381,172              401,574
         利益剰余金
                                       △ 157,214             △ 157,214
         自己株式
                                       2,217,054              2,237,456
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         27,262              68,984
         その他有価証券評価差額金
                                       1,683,328              1,698,666
         土地再評価差額金
                                       1,710,590              1,767,650
         評価・換算差額等合計
                                       3,927,645              4,005,107
       純資産合計
                                       7,103,133              7,771,584
      負債純資産合計
                                  9/16










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                       2,089,156              2,319,922
      売上高
                                       1,704,966              1,860,628
      売上原価
                                        384,190              459,294
      売上総利益
                                       ※1 347,274             ※1 421,990
      販売費及び一般管理費
                                         36,916              37,303
      営業利益
      営業外収益
                                           30              20
       受取利息
                                         1,900              2,426
       受取配当金
                                         3,857              2,965
       不動産賃貸料
                                           779             1,834
       スクラップ売却益
                                           -            38,791
       保険解約返戻金
                                         2,499              1,157
       その他
                                         9,068              47,196
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,276              4,006
       支払利息
                                           76              -
       社債利息
                                         6,449              3,814
       手形売却損
                                         3,228                -
       訴訟関連費用
                                         1,906              1,497
       その他
                                         15,937               9,319
       営業外費用合計
                                         30,046              75,180
      経常利益
      特別利益
                                           -             1,567
       貸倒引当金戻入額
                                         17,279                -
       役員退職慰労引当金戻入額
                                           -            30,601
       固定資産売却益
                                         17,279              32,169
       特別利益合計
      特別損失
                                            0             119
       固定資産除却損
                                         23,226                -
       事業整理損
                                         23,226                119
       特別損失合計
                                         24,099              107,230
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    4,412              13,840
                                         15,405               9,848
      法人税等調整額
                                         19,817              23,688
      法人税等合計
                                         4,281              83,542
      四半期純利益
                                 10/16







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         24,099              107,230
       税引前四半期純利益
                                         38,668              41,556
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                △ 487,849              △ 1,567
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  3,493               378
       製品補償引当金の増減額(△は減少)                                 △ 9,403                -
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △ 10,639             △ 43,386
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 22,922               1,750
                                        △ 1,931             △ 2,446
       受取利息及び受取配当金
                                         4,352              4,006
       支払利息
                                           -           △ 38,791
       保険解約返戻金
       固定資産売却損益(△は益)                                    -           △ 30,601
                                            0             119
       固定資産除却損
                                         23,226                -
       事業整理損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 415,561               40,330
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 230,519             △ 423,634
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 67,587              113,184
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 26,458             △ 10,078
       割引手形の増減額(△は減少)                                △ 159,031              △ 35,060
       破産更生債権等の増減額(△は増加)                                 487,849               1,567
                                        △ 22,754              40,866
       その他
                                        △ 41,847             △ 234,576
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,947              2,447
                                        △ 3,966             △ 4,159
       利息の支払額
                                           -            255,142
       保険解約返戻金の受取額
                                        △ 2,312             △ 7,080
       法人税等の支払額
                                        △ 46,178              11,772
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 125,645             △ 130,264
       有形固定資産の取得による支出
                                           -            103,297
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 550            △ 3,049
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 436            △ 56,029
       投資有価証券の取得による支出
       定期預金の増減額(△は増加)                                 158,000              △ 6,000
                                           -           △ 114,430
       預け金の預け入れによる支出
                                           180              270
       その他
                                         31,547             △ 206,205
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 149,999              339,301
       長期借入れによる収入                                 100,000              120,000
                                       △ 114,410              △ 84,750
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 20,000                -
       社債の償還による支出
                                        △ 46,459             △ 46,999
       配当金の支払額
                                        △ 7,649             △ 7,565
       その他
                                         61,480              319,986
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   46,849              125,553
                                        329,939              443,311
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1 376,788             ※1 568,864
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 11/16




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
         (有形固定資産の減価償却方法の変更)
           有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法については、従来、定率法によっておりましたが、
          第1四半期会計期間より定額法に変更しております。
           これは、大規模な設備投資を契機に、有形固定資産の使用状況を検証した結果、その設備投資効果や利益
          貢献は長期的かつ安定的に推移することが予想されるため、費用収益対応の観点から、設備投資のコストを
          毎期平均的に負担させることが会社の経済的実態を合理的に反映させることができると判断し、定額法に変
          更しました。
           これにより、従来の方法と比べて、当第2四半期累計期間の営業利益、経常利益及び税引前四半期純利益
          はそれぞれ8,074千円増加しております。
        (四半期貸借対照表関係)

     ※1 受取手形割引高
                                前事業年度               当第2四半期会計期間
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年9月30日)
     受取手形割引高                               503,662    千円              468,601    千円
     ※2 四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

        なお、当第2四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が、四半期会
       計期間末残高に含まれております。
                                前事業年度               当第2四半期会計期間
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年9月30日)
     受取手形                                  ― 千円                 2,344千円
     ※3 当社は、運転資金及び設備資金の機動的かつ効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約、取引銀行1行

       と特殊当座借越契約、取引銀行1行と貸出コミットメントライン契約及び取引銀行1行とコミットメント期間付ター
       ムローン契約(コミットメント期間平成29年3月17日~平成30年3月30日)を締結しております。
       当座貸越契約、特殊当座借越契約、貸出コミットメントライン契約及びタームローン契約に係る借入金未実行残高等
       は次のとおりであります。
                                前事業年度               当第2四半期会計期間
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年9月30日)
     当座貸越極度額、特殊当座借越契約及び
                                     600,000千円                  900,000千円
     貸出コミットメントの総額
     タームローン極度額                               300,000千円                  300,000千円
     借入実行残高                               370,000千円                  814,283千円
      差引額                                530,000千円                  385,716千円
            なお、コミットメントライン契約、特殊当座借越契約及びタームローン契約については、下記の財務制限
           条項が付されております。
          (1)コミットメントライン契約
           ① 各事業年度の決算期の末日において貸借対照表における純資産の部の金額が平成25年3月期の純資産の
            金額の75%以上を維持すること。
           ② 各事業年度の決算期の末日において損益計算書における経常損益が2期連続して損失とならないように
            すること。
          (2)特殊当座借越契約
           ① インタレストカバレッジレシオ1以下
             インタレストカバレッジレシオとは、金利等の負担能力を示す指標のことをいい、最終の決算期に関す
            る損益計算書(もしくはこれに準じるもの)により以下の算式で算出されるものをいいます。
           (営業利益+受取利息)/支払利息
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
           ② 2期連続当期赤字

             2期連続当期赤字とは、最終の決算期およびその前の決算期において、損益計算書(もしくはこれに準
            じるもの)における当期利益が赤字である場合をいい、3期以上連続して当期利益が赤字になる場合も改
            めてこの条項に該当するものとします。
           ③ 債務超過
             債務超過とは、最新の決算期の貸借対照表において、負債が資産を上回る状態をいいます。
           ④ その他取引条件の見直しを必要と認める客観的な事由が生じた場合。
          (3)タームローン契約
           ① 各事業年度の決算期の末日において貸借対照表における純資産の部の金額が前事業年度末の純資産の金
            額の75%以上を維持すること。
           ② 各事業年度の決算期の末日において損益計算書における経常損益が損失とならないようにすること。
          4 訴訟関連

            西日本宮入販売株式会社は当社に対し、平成25年9月26日に継続的製品供給契約に係る債務不履行及び不
           法行為に基づく損害賠償請求訴訟(損害額402,882千円のうち、一部請求金額100,000千円)を東京地方裁判
           所に提起し、これに対し、当社は西日本宮入販売株式会社が売買代金236,924千円及び貸付金15,000千円の
           合計251,924千円を支払わなかったとして反訴を提起しておりましたが、平成28年11月16日に東京地方裁判
           所は西日本宮入販売株式会社の請求を棄却するとともに、同社に対し、当社に251,924千円を支払うよう命
           じる判決を下しました。西日本宮入販売株式会社はこれを不服として平成28年11月29日に東京高等裁判所に
           控訴し、係属中でした。
            当社は、今般、東京高等裁判所から和解勧告があったことを受け、その内容について慎重に検討を重ね、
           本件訴訟を継続した場合に得られる債権回収可能額及びそれに要するコスト等を総合的に勘案した結果、相
           手方が全面的に争っているので一審通りの当社全面勝訴の判決が得られるか疑問があること、相手方の財務
           内容等から見て当社が勝訴判決を得ても全額の回収は極めて困難で回収可能額は少なくそれに要するコスト
           もかかること、判決には相当の日時を要することから、相手方の返済可能額の上限である5,000千円を支
           払ってもらうことで和解し、早期解決をはかることが最も合理的であると判断し、平成29年7月19日付で裁
           判上の和解が成立しました。
        (四半期損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は、次のとおりであります。
                             前第2四半期累計期間                   当第2四半期累計期間
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成28年9月30日)                    至 平成29年9月30日)
     従業員給料手当                                79,436   千円              109,703    千円
     賞与引当金繰入額                                8,541   千円              12,943   千円
     退職給付費用                                3,712   千円               7,454   千円
     役員退職慰労引当金繰入額                                7,818   千円               9,750   千円
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
           おりであります。
                             前第2四半期累計期間                  当第2四半期累計期間
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成28年9月30日)                  至 平成29年9月30日)
     現金及び預金                               468,788千円                  678,864千円
     預入期間が3か月を超える定期性預金                               △92,000千円                 △110,000千円
     現金及び現金同等物                               376,788千円                  568,864千円
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         前第2四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成28年6月28日
                        47,802          1
               普通株式                    平成28年3月31日         平成28年6月29日          利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後と

          なるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の著しい変動
           該当事項はありません
         当第2四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)

         1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成29年6月23日
                        47,802          1
               普通株式                    平成29年3月31日         平成29年6月26日          利益剰余金
     定時株主総会
         2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後と

          なるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の著しい変動
           該当事項はありません
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社の主たる事業は、高圧ガス用バルブおよび関連機器類の製造、販売等の単一セグメントであるため、記載
         を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                項目
                                至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   0円09銭               1円75銭

     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)                                   4,281               83,542

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                   4,281               83,542

      普通株式の期中平均株式数(株)                                 47,802,227               47,802,227

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社宮入バルブ製作所(E01624)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月14日

     株式会社宮入バルブ製作所
      取締役会 御中
                              藍監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              古谷 義雄  印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              関端 京夫  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社宮入バ

     ルブ製作所の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第73期事業年度の第2四半期会計期間(平成29年7月1日か
     ら平成29年9月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社宮入バルブ製作所の平成29年9月30日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      【注記事項】(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)(有形固定資産の減価償却方法の変
     更)に記載のとおり、会社は、有形固定資産(リース資産を除く)の減価償却方法を定率法から定額法に変更している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク