アドバンス・レジデンス投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第14期(平成29年2月1日-平成29年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書(内国投資証券)-第14期(平成29年2月1日-平成29年7月31日)

提出日:

提出者:アドバンス・レジデンス投資法人

カテゴリ:有価証券報告書(内国投資証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     【表紙】

     【提出書類】                   有価証券報告書

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   2017年10月25日

     【計算期間】                   第14期(自      2017年2月1日       至  2017年7月31日)

     【発行者名】                   アドバンス・レジデンス投資法人

     【代表者の役職氏名】                   執行役員         髙坂    健司

     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング

     【事務連絡者氏名】                   ADインベストメント・マネジメント株式会社

                        取締役経営管理部長              木村    知之
     【連絡場所】                   東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング

     【電話番号】                   03-3518-0480

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/334











                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     第一部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【投資法人の概況】

      (1)【主要な経営指標等の推移】
       ①   主要な経営指標等の推移
                 期                   第5期     第6期     第7期     第8期     第9期

                                単位
                                    2013年     2013年     2014年     2014年     2015年
                決算年月
                                    1月     7月     1月     7月     1月
     営業収益                          百万円     12,194     13,493     13,794     14,668     15,633
     (うち賃貸事業収入)                  ▶        百万円     12,155     13,462     13,756     14,590     14,738
     (うち不動産等売却益)                  b        百万円       -     -     -     -     839
     営業費用                          百万円      5,773     6,517     6,658     7,164     7,474
     (うち賃貸事業費用)                  ▲        百万円      4,557     5,343     5,366     5,749     5,817
     (うち不動産等売却損)                  ▼        百万円       -     -     -     -     185
     (うち減損損失)                  e        百万円       -     -     -     -     -
     営業利益                          百万円      6,420     6,976     7,136     7,504     8,158
     経常利益                  f        百万円      4,681     5,292     5,475     5,880     6,591
     当期純利益                  ➨        百万円      4,681     5,291     5,475     5,880     6,591
     総資産額                  h        百万円     383,476     410,989     418,785     435,215     430,509
     有利子負債額                  i        百万円     206,166     210,269     218,116     221,799     215,799
     純資産額                          百万円     172,640     195,446     195,220     207,757     208,378
     出資総額                  k        百万円     80,087     102,557     102,557     114,936     114,936
     分配総額                  l        百万円      4,955     5,700     5,722     5,970     6,669
        配当性向              l/g          %     105.9     107.7     104.5     101.5     101.2
     発行済投資口の総口数                  m         口   1,100,000     1,240,000     1,240,000     1,300,000     1,300,000
     1口当たり純資産額                 j/m          円    156,945     157,617     157,436     159,813     160,290
     1口当たり当期純利益                      (注2)     円     4,255     4,270     4,415     4,526     5,070
     1口当たり分配金額                 l/m          円     4,505     4,597     4,615     4,593     5,130
        うち1口当たり利益分配金                        円     4,505     4,597     4,615     4,593     5,130
        うち1口当たり利益超過分
                                円       0     0     0     0     0
        配金
        年換算配当利回り                   (注3)     %      4.7     4.7     4.2     3.8     3.4
                      (g+q)/
     投下資本利益率(出資総額)                      (注3)     %      4.7     4.9     4.8     5.0     5.5
                      (k+i)
                      (g+q)/
        投下資本利益率(時価総
                           (注3)     %      3.2     3.4     3.2     3.1     3.0
        額)
                     (m×r+i)
                      (g-b+
     1口当たりFFO                           円     6,152     6,109     6,298     6,413     6,504
                     d+e+q)/m
        年換算               n    (注3)     円    12,203     12,321     12,494     12,932     12,903
        FFO倍率              r/n          倍     15.6     16.1     17.4     19.0     23.4
     総資産経常利益率                 f/h     (注4)     %      1.2     1.3     1.3     1.4     1.5
        年換算                   (注3)     %      2.4     2.7     2.6     2.8     3.0
     自己資本比率                 j/h          %     45.0     47.6     46.6     47.7     48.4
     自己資本利益率                 g/j     (注5)     %      2.7     2.9     2.8     2.9     3.2
        年換算                   (注3)     %      5.4     5.8     5.6     5.9     6.3
     総資産有利子負債比率                 i/h          %     53.8     51.2     52.1     51.0     50.1
     DSCR                 o/p          倍      5.6     6.6     6.7     7.2     7.7
        金利償却前当期純利益               o        百万円      8,243     8,940     9,177     9,686     10,476
        支払利息               p        百万円      1,476     1,364     1,367     1,349     1,365
     賃貸NOI                 a-c+q     (注6)    百万円      9,681     10,401     10,722     11,295     11,438
        年換算NOI利回り                  (注3,7)       %      5.2     5.4     5.3     5.5     5.3
     減価償却費                  q    (注8)    百万円      2,085     2,284     2,335     2,457     2,519
     期末投資口価格                  •         円    190,100     198,100     217,200     245,500     301,500
                                   2/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                 期                  第10期     第11期     第12期     第13期     第14期
                                単位
                                    2015年     2016年     2016年     2017年     2017年
                決算年月
                                    7月     1月     7月     1月     7月
     営業収益                          百万円     14,998     15,082     15,444     15,504     15,918
     (うち賃貸事業収入)                  ▶        百万円     14,964     15,082     15,444     15,504     15,918
     (うち不動産等売却益)                  b        百万円       -     -     -     -     -
     営業費用                          百万円      7,497     7,593     7,716     7,702     7,949
     (うち賃貸事業費用)                  ▲        百万円      5,974     6,024     6,092     6,045     6,275
     (うち不動産等売却損)                  ▼        百万円       -     -      3     -     -
     (うち減損損失)                  e        百万円       -     -     -     -     -
     営業利益                          百万円      7,501     7,489     7,727     7,801     7,968
     経常利益                  f        百万円      5,945     5,951     6,206     6,371     6,642
     当期純利益                  ➨        百万円      5,944     5,951     6,205     6,371     6,642
     総資産額                  h        百万円     440,991     440,108     448,160     450,967     450,479
     有利子負債額                  i        百万円     227,486     226,280     233,864     223,774     223,374
     純資産額                          百万円     207,653     207,661     207,915     220,834     220,754
     出資総額                  k        百万円     114,936     114,936     114,936     127,690     127,690
     分配総額                  l        百万円      5,943     5,951     6,206     6,721     6,978
                                                         105.1
        配当性向              l/g          %     100.0     100.0     100.0     105.5
     発行済投資口の総口数                  m         口   1,300,000     1,300,000     1,300,000     1,350,000     1,350,000
     1口当たり純資産額                 j/m          円    159,733     159,739     159,935     163,580     163,521
     1口当たり当期純利益                      (注2)     円     4,572     4,577     4,773     4,771     4,920
     1口当たり分配金額                 l/m          円     4,572     4,578     4,774     4,979     5,169
        うち1口当たり利益分配金                        円     4,572     4,578     4,774     4,979     5,169
        うち1口当たり利益超過分
                                円       0     0     0     0     0
        配金
        年換算配当利回り                   (注3)     %      3.4     3.5     3.4     3.3     3.9
                      (g+q)/
     投下資本利益率(出資総額)                      (注3)     %      5.0     4.9     5.1     5.1     5.3
                      (k+i)
                      (g+q)/
        投下資本利益率(時価総
                           (注3)     %      2.9     3.0     2.9     2.8     3.2
        額)
                     (m×r+i)
                      (g-b+
     1口当たりFFO                           円     6,497     6,524     6,752     6,640     6,869
                     d+e+q)/m
        年換算               n    (注3)     円    13,103     12,942     13,579     13,209     13,853
        FFO倍率              r/n          倍     20.6     20.1     21.0     22.6     19.4
     総資産経常利益率                 f/h     (注4)     %      1.4     1.4     1.4     1.4     1.5
        年換算                   (注3)     %      2.8     2.7     2.8     2.8     3.0
     自己資本比率                 j/h          %     47.1     47.2     46.4     49.0     49.0
     自己資本利益率                 g/j     (注5)     %      2.9     2.9     3.0     3.0     3.0
        年換算                   (注3)     %      5.8     5.7     6.0     5.9     6.1
     総資産有利子負債比率                 i/h          %     51.6     51.4     52.2     49.6     49.6
     DSCR                 o/p          倍      7.5     7.4     8.0     8.6     9.5
        金利償却前当期純利益               o        百万円      9,756     9,803     10,024     10,151     10,367
        支払利息               p        百万円      1,309     1,321     1,250     1,186     1,093
     賃貸NOI                 a-c+q     (注6)    百万円     11,491     11,588     11,920     12,052     12,274
                                                          5.6
        年換算NOI利回り                  (注3,7)       %      5.5     5.4     5.6     5.5
     減価償却費                  q    (注8)    百万円      2,502     2,531     2,568     2,593     2,631
     期末投資口価格                  •         円    270,500     260,500     284,600     297,900     269,400
      (注1)営業収益等には、消費税等は含まれていません。また、金額については、記載未満の桁数を切り捨てて記載し、各種比率等について
         は、小数点第2位を四捨五入して記載しています。以下、特に記載ない限り同様です。
      (注2)1口当たり当期純利益は、当期純利益を期間の日数による加重平均投資口数で除することにより算出しています。
      (注3)第5期計算期間を184日、第6期計算期間を181日、第7期計算期間を184日、第8期計算期間を181日、第9期計算期間を184日、第10期計
         算期間を181日、第11期計算期間を184日、第12期計算期間を182日、第13期計算期間を184日、第14期計算期間を181日として年換算値
         を算出しています。
      (注4)総資産経常利益率=経常利益/{(期首総資産額+期末総資産額)÷2}×100
      (注5)自己資本利益率=当期純利益/{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
      (注6)賃貸NOIの計算上、賃貸事業費用に含まれる減価償却費のみを加算しています。
      (注7)年換算NOI利回り=年換算NOI/物件取得価格
         (年換算NOIは、物件毎に実質運用日数を勘案して算出しています。)
      (注8)減価償却費には、有形固定資産に関する減価償却費の他に、無形固定資産に関する減価償却費が含まれています。
                                   3/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②   業績等の概要
         (イ)    投資法人の主な推移
          本投資法人は、賃貸マンションを主たる投資対象とする「住宅系J-REIT」であり、2009年当時、住宅系J−
         REITとして資産規模最大であった日本レジデンシャル投資法人(以下「NRI」といいます。)と、旧アドバン
         ス・レジデンス投資法人(以下「旧ADR」といいます。)が、2010年3月1日付で新設合併し誕生しました。
          合併に際し掲げた「長期安定的な利益分配の実現」という基本方針に基づき、以下施策に取組んできたこと
         により、長期安定的な分配金の礎を築いて参りました。
          ①  高収益物件の取得及び低収益物件の売却を行い、当期末現在の資産規模は住宅系J-REIT最大となる260物
            件、4,427        億円(取得価格合計額)まで成長
          ②  同時に保有物件の収益性向上を目指した賃料水準の引き上げやスケールメリットを活かした運用コスト

            の削減、物件の競争力維持・向上を目的とする大規模修繕工事及びバリューアップ工事の実施
          ③  有利子負債の残存期間の長期化、返済期限の分散及び金利の固定化を推進することによる財務基盤の強

            化
          また、合併に伴う負ののれん発生益による剰余金(当期末現在332億円)を有することも、長期安定的な運

         営基盤に繋がると考えています。
          なお、直近6期間の運用実績は以下の通りです。

                      2015年1月期      2015年7月期      2016年1月期      2016年7月期      2017年1月期      2017年7月期

               期
                       (第9期)      (第10期)      (第11期)      (第12期)      (第13期)      (第14期)
          運用日数               184日      181日      184日      182日      184日      181日

          期中物件取得      (注1)

                       計222億円      計136億円       計17億円      計86億円      計32億円      計57億円
          期中物件売却      (注1)

                       計293億円          -      -    8億円        -      -
          期末保有物件
                       4,105億円      4,241億円      4,258億円      4,336億円      4,369億円      4,427億円
          取得価格合計額
          期末保有物件数              240物件      249物件      251物件      255物件      257物件      260物件
          期中平均稼働率               96.1%      96.6%      96.5%      96.8%      96.5%      97.0%

          当期純利益/口       (注2)

                        5,070円      4,572円      4,577円      4,773円      4,719円      4,920円
          1口当たり分配金              5,130円      4,572円      4,578円      4,774円      4,979円      5,169円

         (注1)   取得価格(取得に要した諸費用(公租公課等)を含まない金額)の合計額を記載しています。

         (注2)   当期純利益/口については、当期純利益を期末時点における発行済投資口数で除すことによって算出しています。以下、特
             に記載のない限り同じです。
         (ロ)    当期の運用実績

          「長期安定的な利益分配の実現」のため、当期においては以下の施策を実施しました。
          ①  内部成長

           高稼働率の維持と賃料水準の引き上げ、そしてバリューアップ工事による競争力強化を促進
          ②  外部成長

           スポンサーパイプラインからの築浅の2物件及び第三者からの相対取引による1物件を取得し、優良物件取
           得による資産規模の増大
                                   4/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ③  財務戦略
           前期に比べ有利子負債の残存期間を長期化し、平均支払金利を低減し、固定化比率の引き上げを実施
          これら諸施策を実施した結果、当期の運用実績は、以下の通りとなりました。

                                                     (単位:百万円)
                               業績予想
              項目         前期実績
                                       当期実績
                                (注3)
                                               対前期実績       対業績予想
             営業収益            15,504        15,755        15,918        +414       +162
             営業利益             7,801        7,819        7,968        +167       +149

             経常利益             6,371        6,480        6,642        +270       +162

                                                         +162

             当期純利益             6,371        6,480        6,642        +270
                                 4,800円
                                                 +201円
                                                        +120円
            当期純利益/口             4,719円                4,920円
                                                  (注4)
                                   ( 注3)                     (注4)
                                         5,169円               +120円
            1口当たり分配金             4,979円        5,049円                +190円
         (注3)   業績予想とは、2017年3月10日付「2017年1月期決算短信」にて公表した当期の運用状況の予想をいいます。以下同じです。

             また、当期純利益/口については、当期純利益を2017年3月10日時点における発行済投資口の予定総口数1,350,000口で除す
             ことによって算出しています。
         (注4)   当期純利益/口の端数は考慮していません。
          業績予想との比較においては、①予想を上回る稼働率を達成したことによる賃貸事業収入の増加、②調達金

         利の低下に伴う支払利息の低減等が実現したことから、増収増益を達成しました。なお、前期実績との比較に
         おいては、新規取得物件の収益貢献等により増収増益となり、当期純利益/口では前期実績対比201円増加の
         4,920円となっています。
          この結果、1口当たり分配金は、一時差異等調整積立金の取崩額(1口当たり248円)を加え、業績予想対比
         120円増配、前期実績対比190円増配となる、5,169円としました。
                                   5/334











                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ①  内部成長
         -  高稼働率の維持と賃料水準の引上げ                 -

          本投資法人が投資している地域においては、人口流入は継続しているものの、賃貸住宅着工数が限定的なた
         め、需給は逼迫しています。そのような良好な環境下、当期の期中平均稼働率は過去最高の97.0%となり、ま
         た、繁忙期(注5)を含む期であったことから積極的にテナント入替時及び更新時の賃料引上げを行った結
         果、ポートフォリオ全体の賃料水準(注6)も前期末に比べ0.30%引き上げることができました。
         -  バリューアップ工事実施による競争力強化を促進                       -

          本投資法人では、計画的に大規模修繕工事を実施し、保有物件の機能維持・意匠の改善を図っています。ま
         た、大規模修繕工事を行った物件を中心に、個別住戸についても、設備更新及び間取り変更等を伴うバリュー
         アップ工事をテナント入替時に実施することで、競争力の維持・向上に努めています。
          当期は、大規模修繕工事を計3物件、バリューアップ工事を計27戸実施しました。それらのバリューアップ

         工事実施住戸のうち、2017年8月31日までに新たな賃貸借契約が締結された20戸では、従前に対して、平均で
         17%程度の賃料を引き上げることができました。本投資法人は、今後もこのような取組みを通じて、物件競争
         力の強化を進めます。
         -  サステナビリティ(持続可能性)確保に関する取組み                         -

          本投資法人では、従前よりサステナビリティ向上のため、1)LED照明や節水型トイレ導入等による保有物件
         の省資源化の推進、2)入居者サービスの展開や入居者アンケートの実施等によるテナント満足度の向上、3)近
         隣住民も利用可能なAEDの設置等による地域社会への貢献に係る取組み実践、また、ADインベストメント・
         マネジメント株式会社では、コンプライアンス及びリスク管理体制の整備や従業員満足度向上の諸施策もあわ
         せて実施しております。
          結果として、当期その様な活動が評価され、本投資法人は、MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数に

         組み入れられました。本指数は、ESG(Environmental(環境)/Social(社会)/Governance(ガバナンス))評価が優
         れた企業で構成される指数で、年金積立管理運用独立行政法人がパッシブ運用を行う際のESGベンチマーク指
         数の一つとして選定されています。
          また、欧州の年金基金が中心となって創設したGRESBリアルエステイト評価(不動産会社の環境・社会・ガバ

         ナンス配慮を測る年次ベンチマーク)にも継続して参加し、2016年に続き、2017年も最高位の「GreenStar」
         を獲得し、「GRESBレーティング」においては、「3スター」の評価を得ることができました。
         (注5)本書においては、当該決算の対象となる運用期間において、新規の賃貸借契約が相対的に多く締結される傾向にある2月から

            4月までの期間が含まれる決算期を「繁忙期」と表現しています(本投資法人の場合は7月期が「繁忙期」となります。)。
         (注6)通期保有している物件を対象として、期首及び期末時点の坪単価を比較し算出しています。以下同じです。
         ②外部成長 

         - スポンサーパイプラインからの築浅物件を中心とした優良物件の着実な取得                                      -
          当期はスポンサーである伊藤忠商事株式会社が開発した2物件(43億円)及び第三者との相対取引による1物
         件(14億円)の計3物件(取得価格合計57億円)を取得しました。いずれの物件も各所在エリアにおける希少
         性の高い物件であり、取得競争が厳しい中においても着実に優良物件の取得を実現することができたと考えて
         います。
                                   6/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ③  財務戦略
         -  平均支払金利の低減及び有利子負債の残存期間の長期化を実施                             -
          当期においては、借入金及び投資法人債(以下「借入金等」といいます。)の残存期間の長期化、金利の固
         定化及び返済期限の分散化という財務方針のもと、総額225億円(平均調達年数8.3年、平均支払金利0.46%
         (注7))の借換えを実施しました。
          その結果、当期末現在、借入金等の総額は2,233億円、平均残存期間は4.7年、平均支払金利は0.94%(注
         8)、固定化比率(注9)は98.3%となり、財務基盤の一層の強化を図ることができたと考えています。
          (注7)「平均支払金利」とは、借入れ及び起債時点における借入金等の加重平均金利をいいます。なお、借入金の金利変動リス

             クをヘッジする目的で金利スワップ契約が締結されている場合においては、各金利スワップ契約による金利固定化効果の
             反映後の支払金利を基に算出しています。
          (注8)「平均支払金利」とは、当期末時点における借入金等の加重平均金利をいいます。なお、借入金の金利変動リスクをヘッ
             ジする目的で金利スワップ契約が締結されている場合においては、各金利スワップ契約による金利固定化効果の反映後の
             支払金利を基に算出しています。
          (注9)「固定化比率」とは、金利変動リスクがヘッジされている借入金等の元本合計額の借入金等合計額に対する比率をいいま
             す。以下同じです。
                                   7/334















                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③今後の運用方針及び対処すべき課題
         (イ)運用における外部環境
         (J-REIT及び金融資本市場)
           当期のJ-REIT市場は、米国の長期金利上昇や「毎月分配型」の国内投資信託からの資金流出により、軟調
          に推移しました。市場金利については、大幅なマイナス金利は前期に解消されたものの、日本銀行が引き続
          きゼロ金利政策を維持していることから、安定的に推移しました。
           今後も日本銀行による金融緩和政策は継続すると予想されるものの、中東・東北アジアにおける地政学的

          リスクや英国のEU離脱等、金融市場に影響を及ぼす可能性のある政治経済イベントが今後も予想されること
          から、それらの動向に今まで以上に注視していく必要があると考えています。
         (不動産売買市場)

           賃貸住宅については、好立地かつ高品質な賃貸住宅の新規供給が限定的であることから、依然として取得
          競争が激しく、取引価格が高騰した状態が継続しています。今後も供給が限定的であると考えられること、
          また日本銀行による金融緩和政策の継続が予想されることにより、当面は現在の厳しい取得環境が継続する
          ものと考えています。
         (賃貸住宅市場)

           本投資法人が投資対象地域としている東京23区を含む首都圏及び一部の政令指定都市については人口流入
          が継続している一方、新規供給が限定的であることから、賃貸住宅市場は当面良好な環境が継続すると考え
          ています。
         (ロ)運用方針及び対処すべき課題

          本投資法人は、上述の外部環境を踏まえ、以下の戦略を着実に実行することによって、1口当たり当期純利
         益の着実な成長を目指します。
         a)  内部成長戦略

           物件特性や個別契約条件等総合的に勘案し、引き続きテナント入替時及び更新時において賃料水準の増額
          を図ります。礼金の積極的な収受を含む募集関連収支の改善を進めることによって、物件収支の維持・向上
          を目指します。また、今後も築年数の経過に応じて大規模修繕工事を計画的に行うとともに、物件特性も考
          慮したバリューアップ工事を継続的に実施することによって、物件競争力の維持・向上に努めます。
         b)  外部成長戦略

           物件の取得環境は引き続き厳しい状況にあるため、スポンサーからの物件供給や、本投資法人に寄せられ
          る物件情報を活かした第三者との相対取引を通じ、過度な競争を回避しつつ、ポートフォリオの質及び収益
          力の向上に資する物件取得を目指します。また、不動産売買市場の活況に鑑み、物件の入替えを通じたポー
          トフォリオの質及び収益力の向上も引き続き検討していきます。
                                   8/334







                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c) 財務戦略
           金利動向を注視しつつ、引き続き借入金等の返済期限のさらなる分散化を図るとともに、残存期間の長期
          化及び金利の固定化に留意した資金調達を実施します。これにより、将来の環境変化に柔軟な対応ができる
          財務基盤の維持・強化を図ります。
         d)  分配金戦略

           本投資法人は、基本方針である「長期安定的な利益分配を実現」のもと、分配金の創出に注力していきま
          す。
           また、「投資法人の計算に関する規則」及び一般社団法人投資信託協会の「不動産投資信託及び不動産投
          資法人に関する規則」の一部改正に伴う、毎期「50年均等額」(注10)以上の一時差異等調整積立金の取崩
          しについては、前期より最長50年での分配を行っています。
           なお、仮に「50年均等額」の取崩しを行っても1口当たり分配金が4,500円に満たない場合には、追加の取
          崩しを行うことにより、原則として1口当たり分配金の水準を4,500円以上に維持する方針としています。
          (注11)
          (注10)2017年1月期に一時差異等調整積立金に振り替えた分配準備積立金の金額を100で除すことによって算出されます(50年

             ×2期=100期)。本書の日付現在において、一時差異等調整積立金の50年均等額は約3.35億円です。なお、分配金水準の
             安定化等を目的として、当該金額を上回る金額の取崩しを行う場合があります。
          (注11)但し、分配金の額を保証するものではなく、実際の分配金の支払額については、最終的には投資法人役員会での承認が必
             要となります。
         (ハ)情報開示

          本投資法人は、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資情報について、
         正確、迅速かつ理解し易い開示に努めます。具体的には、東京証券取引所の適時開示(TDnet登録及びプレス
         リリース)に加えて、本投資法人のホームページ(http://www.adr-reit.com/)を通じた積極的な情報開示を
         行います。
         (ニ)決算後に生じた重要な事実

          該当事項はありません。
                                   9/334










                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
       ①   投資法人の目的及び基本的性格
         本投資法人は、主として不動産等資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129
        号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法施行規則」といいます。)第105条第1号ヘに規定するものをい
        います。以下同じです。)のうち、不動産、不動産の賃借権、地上権及びこれらの資産のみを信託する信託の受
        益権に投資します。また、本投資法人は、投資対象地域の分散化を考慮しつつ、居住の用に供されている不動産
        に係る不動産等資産を主要な投資対象として投資を行い、中長期にわたる安定的収益の獲得と運用資産の成長を
        目指し、投資主価値の極大化を図ります(規約別紙1「資産運用の対象及び方針                                       資産運用の基本方針」)。
       ②   投資法人の特色

         本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以
        下「投信法」といいます。)に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的としま
        す。本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。本投資法人
        の資産運用は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)(以下「金融商品取引法」
        といいます。)上の金融商品取引業者である本資産運用会社にすべて委託してこれを行います。
        (注1)投資法人に関する法的枠組みは、大要以下の通りです。

           投資法人は、金融商品取引法上の金融商品取引業者などの一定の資格を有する設立企画人により設立されます。投資法人を設立
           するには、設立企画人が規約を作成しなければなりません。規約とは、株式会社における定款に相当するものであり、投資法人
           の商号、発行可能投資口総口数、資産運用の対象及び方針、金銭の分配の方針等を規定する投資法人の根本規則です。投資法人
           は、かかる規約に沿って運営されます。なお、規約は、投資法人の成立後には、投資主総会の特別決議により変更することがで
           きます。
           投資法人は、投資口を発行して、投資家より出資を受けます。投資口を有する者を投資主といい、投資主は、投資主総会を通じ
           て、一定の重要事項につき投資法人の意思決定に参画できる他、投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、か
           かる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同一ではありません。
           投資法人には、その機関として、投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人が設置されます。執行役員は、投資
           法人の業務を執行し、投資法人を代表します。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督します。すべての執行役員と監督役員
           は、役員会を構成し、かかる役員会は、執行役員の一定の重要な職務の執行に対する承認、計算書類等(金銭の分配に係る計算
           書を含みます。)の承認等、投資法人の一定の業務の執行に係る重要な意思決定を行います。会計監査人は、投資法人の会計監
           査を行います。これらの執行役員、監督役員及び会計監査人はいずれも投資主総会の決議によって選任されます。投資主総会、
           執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人については、後記「(4)投資法人の機構                                   ①   投資法人の統治に関する事項 
           (イ)機関の内容」をご参照ください。
           投資法人は、規約に定める額を限度として、借入れを行うことができるほか、投資主の請求により投資口の払戻しをしない旨を
           規約に定めたクローズド・エンド型の投資法人の場合には、規約に定める額を限度として、投資法人債を引き受ける者を募集す
           ることもできます。また、投資法人は一定の要件を充足した場合に、短期投資法人債を発行することができます。
           投資法人は、投資口及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じです。)の発行による手取金並びに借入金を、規約
           に定める資産運用の対象及び方針に従い運用します。なお、投資法人がこのような資産の運用を行うためには、内閣総理大臣の
           登録を受ける必要があります(以下、この登録を受けた投資法人を「登録投資法人」といいます。)。本投資法人の資産運用の
           対象及び方針については、後記「2               投資方針     (1)投資方針       及び(2)投資対象」をご参照ください。
        (注2)本投資口(本投資法人の投資口をいいます。以下同じです。)は、振替投資口(振替投資口である本投資法人の投資口を、以下
           「本振替投資口」ということがあります。)です。本振替投資口については、本投資法人は投資証券を発行することができず、
           権利の帰属は振替口座簿の記載又は記録により定まります(社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号。その後の
           改正を含みます。)(以下「振替法」といいます。)第226条、第227条)。なお、以下では、別途明記する場合を除き、本投資
           法人が発行する投資証券(以下「本投資証券」といいます。)についての記載には、本振替投資口を含むものとします。
           また、本投資法人が発行する投資法人債は、振替投資法人債(振替法第116条に定める意味を有します。以下同じです。また、
           振替投資法人債である本投資法人の投資法人債を、以下「本振替投資法人債」といいます。)です。なお、以下では、別途明記
           する場合を除き、本投資法人が発行する投資法人債券(以下「本投資法人債券」といいます。)についての記載には、本振替投
           資法人債を含むものとします。
        (注3)本投資法人は、不動産等を運用財産とする匿名組合出資持分に投資することがあります。
                                  10/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (3)【投資法人の仕組み】
      ① 本投資法人の仕組図 
     (イ)資産運用委託契約








     (ロ)一般事務委託契約/資産保管委託契約
     (ハ)事務委託契約(投資口事務受託契約)/特別口座の管理に関する契約
     (ニ)財務及び発行・支払代理契約/財務代理契約
     (ホ)(ヘ)優先交渉権等に関する覚書
     (ト)交渉権等に関する覚書
     (チ)加盟店による不動産情報提供に関する覚書
     (リ)不動産等の仲介情報提供に関する協定書
     (ヌ)不動産等売却情報の提供に関する覚書
     (ル)建物賃貸借兼管理運営業務委託契約等(※)
     (※)本投資法人が不動産を信託する信託の受益権を保有する場合には、契約当事者は、主として不動産信託受託者と
        伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社となります。
                                  11/334







                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ②    本投資法人、本投資法人の関係法人及び主な関係者の名称、運営上の役割及び関係業務の内容
       運営上の役割             名称                   関係業務の内容
     本投資法人           アドバンス・レジデ           規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主として不
                 ンス投資法人           動産等及び不動産対応証券等に投資することにより運用を行い
                            ます。
     本資産運用会社           ADインベストメン           資産の運用に係る業務
                 ト・マネジメント株
                 式会社
     一般事務受託者           三井住友信託銀行株           <一般事務委託契約>
                 式会社           ①計算に関する事務
     資産保管会社
                            ②会計帳簿の作成に関する事務
                            ③納税に関する事務
                            ④機関の運営に関する事務(投資主名簿等管理人が行う事務を
                             除きます。)
                            <資産保管委託契約>
                            資産の保管に係る業務
     投資主名簿等管理人           みずほ信託銀行株式           ①投資主名簿及び投資法人債原簿の作成及び備置、その他の投
                 会社            資主名簿及び投資法人債原簿に関する事務(ただし、投資法
     特別口座管理機関
                             人債原簿に関する事務は本投資法人が投資主名簿等管理人に
                             別途委託するものに限ります。)
                            ②投資証券の発行に関する事務
                            ③投資主に対して分配する金銭の支払に関する事務
                            ④投資主の権利行使に関する請求その他の投資主からの申出の
                             受付に関する事務
                            ⑤投資主等の個人番号、法人番号の収集・保管・廃棄等に関連
                             する事務
                            ⑥①~⑤に掲げる委託事務に付随する業務
     投資法人債に関する           株式会社三菱東京U           <アドバンス・レジデンス投資法人第14回、第20回、第23回、
                 FJ銀行           第24回及び第25回無担保投資法人債関係>
     一般事務受託者
                            ①投資法人債原簿の作成及び備置その他の投資法人債原簿に関
                             する事務
                            ②投資法人債券の発行に関する事務
                            ③投資法人債権者に対する利息又は償還金の支払に関する事務
                            ④投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人債
                             権者からの申出の受付に関する事務
                 三井住友信託銀行株           <アドバンス・レジデンス投資法人第19回、第22回及び第27回
                 式会社           無担保投資法人債関係>
                            ①投資法人債原簿の作成及び備置その他の投資法人債原簿に関
                             する事務
                            ②投資法人債券の発行に関する事務
                            ③投資法人債権者に対する利息又は償還金の支払に関する事務
                            ④投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人債
                             権者からの申出の受付に関する事務
                 株式会社みずほ銀行           <アドバンス・レジデンス投資法人第18回、第21回及び第26回
                            無担保投資法人債関係>
                            ①投資法人債原簿の作成及び備置その他の投資法人債原簿に関
                             する事務
                            ②投資法人債券の発行に関する事務
                            ③投資法人債権者に対する利息又は償還金の支払に関する事務
                            ④投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人債
                             権者からの申出の受付に関する事務
                                  12/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       運営上の役割             名称                   関係業務の内容
     伊藤忠サポート           伊藤忠商事株式会社           本資産運用会社のメインスポンサーとして、本投資法人及び本
                            資産運用会社との間で、2005年10月20日付の優先交渉権等に関
     ライン会社
                            する覚書(その後の変更を含みます。)を締結しています。
                 伊藤忠都市開発株式           本投資法人及び本資産運用会社との間で、2005年10月20日付の
                 会社           優先交渉権等に関する覚書(その後の変更を含みます。)を締
                            結しています。
     パートナーサポート           株式会社新日本建物           本投資法人及び本資産運用会社との間で、2005年10月20日付の
     ライン会社                       交渉権等に関する覚書(その後の変更を含みます。)を締結し
                            ています。
     物件情報提供           株式会社センチュ           本投資法人及び本資産運用会社との間で、2005年10月20日付の
                 リー21・ジャパン           加盟店による不動産情報提供に関する覚書(その後の変更を含
     ライン会社
                            みます。)を締結しています。
                 三井住友信託銀行株           本投資法人及び本資産運用会社との間で、2005年10月20日付の
                 式会社           不動産等の仲介情報提供に関する協定書を締結しています。
                 東京建物不動産販売           本投資法人及び本資産運用会社との間で、2005年10月20日付の
                 株式会社           不動産等売却情報の提供に関する覚書(その後の変更を含みま
                            す。)を締結しています。
     主なマスターリース           伊藤忠アーバンコ           (ⅰ)本投資法人、本資産運用会社及び本投資法人の保有資産
     兼プロパティ・マネ           ミュニティ株式会社           に係る信託不動産の信託受託者又は(ⅱ)本投資法人及び本資
     ジメント業務受託者                       産運用会社との間で、建物賃貸借兼管理運営業務委託契約書等
                            を締結しています。
                            同社との間の取引の概要については、後記「5                      運用状況     (2)投
                            資資産    ③その他投資資産の主要なもの(ニ)個別不動産等の概
                            要」及び同「(ワ)主要なテナントの概要」並びに「第二部                             投
                            資法人の詳細情報         第3  管理及び運営       2 利害関係人との取引制
                            限  (3)利害関係人等との取引状況等」をご参照ください。
     (注)本投資法人の特定関係法人(特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正を含みます。)第12
       条第3項に定める特定関係法人をいいます。)は、伊藤忠商事株式会社及び伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社です。なお、伊藤忠商事
       株式会社は、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号。その後の改正を
       含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。)であり、伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社は、本資産運用会社の利害関係
       人等(投信法第201条第1項に規定する利害関係人等をいいます。)であって、金融商品取引法施行令第29条の3第3項第3号及び第4号に該
       当する取引を行っている法人です。
                                  13/334









                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (4)【投資法人の機構】
       ①   投資法人の統治に関する事項
        (イ)機関の内容
          本投資法人の執行役員は2名以内、監督役員は3名以内(ただし、執行役員の数に1を加えた数以上としま
         す。)とされています(規約第17条)。
          本書の日付現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監督役
         員2名、執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されています。
        a.投資主総会

          投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総会に
         て決定されます。投資主総会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合の他、出席した投資主の議決権
         の過半数をもって行います(規約第11条)が、規約の変更(投信法第140条)等、投信法第93条の2第2項に定め
         る決議は、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席し、出席した当該投資主の議決権の3分の2以
         上に当たる多数をもって行われます(特別決議)(投信法第93条の2第2項)。ただし、投資主が投資主総会に
         出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主はその投資主総会に提出された議案(複数の議案が
         提出された場合において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きま
         す。)について賛成するものとみなします(投信法第93条第1項、規約第14条第1項)。
          本投資法人の資産運用の対象及び方針は、本投資法人の規約に定められています(規約第6章「資産運用の対
         象及び方針」及び別紙1)。かかる規約中に定められた資産運用の対象及び方針を変更する場合には、上記の通
         り投資主総会の特別決議による規約の変更が必要となります。
          本投資法人の投資主総会は、原則として、2年に1回以上開催し(規約第9条第1項)、2017年10月1日及び同
         日以後遅滞なく招集し、以後、隔年毎の10月1日及び同日以後遅滞なく招集します。また、必要があるときは
         随時投資主総会を開催することができます(規約第9条第3項)。
          また、本投資法人は、本資産運用会社との間で資産運用委託契約を締結し、本投資法人の資産の運用に係る
         業務を委託しています。本資産運用会社が資産運用委託契約を解約するためには本投資法人の同意を得なけれ
         ばならず、執行役員は、かかる同意を与えるために原則として投資主総会の承認を得ることが必要となります
         (投信法第205条)。また、本投資法人が資産運用委託契約を解約する場合にも原則として投資主総会の決議が
         必要です(投信法第206条第1項)。
        b.執行役員、監督役員及び役員会

          執行役員は、本投資法人の業務を執行するとともに、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切
         の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項、第5項、会社法(平成17年法律第
         86号。その後の改正を含みます。)(以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。ただし、投資主総会の
         招集、一般事務受託者への事務委託、資産運用委託契約又は資産保管委託契約の締結、本資産運用会社からの
         資産運用委託契約の解約への同意その他投信法に定められた一定の職務執行については、役員会の承認を得な
         ければなりません(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限を有していま
         す(投信法第111条第1項)。また、役員会は、一定の職務執行に関する上記の承認権限を有する(投信法第109
         条第2項)ほか、投信法及び規約に定める権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投
         信法第114条第1項)。役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがない限り、議決に加わることができる構
         成員の過半数が出席の上、出席者の過半数の議決をもって行います(投信法第115条第1項、会社法第369条第1
         項及び規約第22条)。
          投信法の規定(投信法第115条第1項、会社法第369条第2項)において、決議について特別の利害関係を有す
         る執行役員及び監督役員は議決に加わることができないこと及びその場合には当該執行役員又は監督役員の数
         は出席した執行役員又は監督役員の数に算入しないことが定められています。
          執行役員、監督役員又は会計監査人は、その任務を怠ったときは、投資法人に対し、これによって生じた損
         害を賠償する責任を負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6
         第7項)により、規約をもって、当該執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場
         合において、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務の執行の状況その他の事情を
         勘案して特に必要と認めるときは、法令の定める限度において役員会の決議によって前記賠償責任を免除する
         ことができるものとしています(規約第20条)。
                                  14/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        c.会計監査人
          本投資法人は、有限責任監査法人トーマツを会計監査人に選任しています。会計監査人は、本投資法人の計
         算書類等の監査を行う(投信法第115条の2第1項)とともに、執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令
         若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法令で定める
         職務を行います(投信法第115条の3第1項等)。
        (ロ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

          本投資法人の役員会は、執行役員1名及び執行役員の職務の執行を監督する監督役員2名で構成されていま
         す。2名の監督役員は、それぞれ本投資法人及び本資産運用会社と利害関係のない弁護士及び公認会計士で構成
         されています。
          監督役員は投資主総会の決議によって選任され、任期は選任後2年間となっています。ただし、投資主総会の
         決議によって、法令に定める限度において、その期間を延長又は短縮することを妨げません。また、補欠とし
         て又は増員のために選任された役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とされています(規約第18
         条)。
          役員会の決議は、本投資法人の規約において、法令又は規約に別段の定めがない限り、議決に加わることが
         できる構成員の過半数が出席の上、出席者の過半数の議決をもって行うものとされています(投信法第115条第
         1項、会社法第369条第1項及び規約第22条)。
          本投資法人は、役員会において上記のような監督役員による監督の組織等を構成することにより厳格な内部
         管理体制を構築しています。
        (ハ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携

          本投資法人は、役員会規程に従い、原則として1か月に1回の頻度で定例役員会を開催します。また、執行役
         員は、内部規程の定めに該当するときその他職務執行のために必要があると判断したときは臨時役員会を開催
         します。執行役員は、役員会において役員会規程に定めた事項の決議を諮るほか、定例役員会においては監督
         役員に対し役員会規程で定められた事項について報告を行います。
          法令等遵守に係る事項についても、本投資法人の役員会において基本方針を決定するとともに定期的に報告
         がなされる体制となっています。
          会計監査人は、必要に応じて監督役員と連携をとりつつ、決算ごとに本投資法人の計算書類等の監査を行
         い、監査報告書を提出するほか、監査の過程で執行役員の職務の執行に関し不正行為又は法令若しくは規約に
         違反する重大な事実があることを発見したときには、その事実を監督役員に報告する義務を負っています。
          また、役員会が必要と認めるときは、本資産運用会社、会計監査人、又は法律事務所の役職員その他適当と
         認める者を役員会に同席させ、説明、意見の申述等を行わせることにより、役員会を通じた厳格な内部管理体
         制を構築しています。
        (ニ)投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

          本資産運用会社に対しては、本投資法人との間で締結された資産運用委託契約に基づいて本資産運用会社が
         作成した運用ガイドライン等に従って委託業務を遂行させています。また、本資産運用会社がその利害関係者
         (後記「第二部         投資法人の詳細情報           第3    管理及び運営        2   利害関係人との取引制限              (2)利害関係者と
         の取引規程」に定義します。)との間において特定資産の売買その他法令に定める取引を行ったときは、当該
         取引に係る事項を記載した書面を本投資法人へ交付させています。
          機関の運営に関する事務を委託した一般事務受託者に対しては、役員会の招集手続や決議要件の充足状況等
         の適法性及び妥当性を確認させています。
          一般事務受託者及び資産保管会社に対しては、受託した業務の処理状況を定期的に書面にて報告させていま
         す。特に、会計に関する事務については、月次ごとに前月までの会計帳簿を本資産運用会社へ報告をさせるこ
         とで、本投資法人の運用結果が正しく反映されているかを確認しています。
                                  15/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②   投資法人の運用体制
         前記の通り、本投資法人の資産運用は、本資産運用会社に委託して行います。
         本投資法人の資産運用会社であるADインベストメント・マネジメント株式会社の組織及びそれぞれの業務の
        概略は、以下の通りです。
         本資産運用会社は、上記組織の下、本投資法人より委託を受けた資産運用業務を行います。各種業務は、コン








        プライアンス・リスク管理室、内部監査室、経営管理部、経理部、財務部、投資開発部、エンジニアリング部及
        び資産運用部の各部署に分掌されます。管理本部は、経営管理部、経理部及び財務部を統括し、運用本部は、投
        資開発部、エンジニアリング部及び資産運用部を統括します。
         また、本投資法人の投資運用等に関する審議及び決議を行う機関として投資委員会を、コンプライアンス及び
        コンプライアンス体制に関する審議又は決議を行う機関としてコンプライアンス委員会を設置します。
        (イ)本資産運用会社の各組織の業務の概要

           各組織の主な業務は、以下の通りです。
        a.管理本部
         ⅰ.経営管理部
          (ⅰ)本資産運用会社の経営企画・立案・推進に関する事項
          (ⅱ)本資産運用会社の株主総会・取締役会等の機関運営に関する事項
          (ⅲ)本資産運用会社の総務、人事労務に関する事項
          (ⅳ)本資産運用会社のシステム及び情報管理に関する事項
          (ⅴ)監督官庁、各協会その他の諸団体への対応等に関する事項
          (ⅵ)市場動向、制度法令等に係る調査・研究に関する事項
          (ⅶ)IR、顧客対応等に関する事項
          (ⅷ)本投資法人の資産運用計画・資産管理計画書策定に関する事項
          (ⅸ)本投資法人の資産運用委託契約に関する事項
          (ⅹ)本投資法人の資産保管会社及び一般事務受託者(機関運営等)との対応等に関する事項
          (ⅺ)本投資法人役員の業務補助に関する事項
          (ⅻ)本投資法人の資本に関する事項
          (ⅹⅲ)上記に付随する事項
                                  16/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ⅱ.財務部
          (ⅰ)本投資法人の資金調達計画案及び余資の運用計画案に関する事項
          (ⅱ)本投資法人の資金運用に関する事項
          (ⅲ)本投資法人の財務に関する事項
          (ⅳ)本資産運用会社の財務に関する事項
          (ⅴ)格付機関との渉外に関する事項
          (ⅵ)上記に付随する事項
         ⅲ.経理部

          (ⅰ)本投資法人の損益の管理(予算管理等)に関する事項
          (ⅱ)本投資法人の経理・決算及び税務に関する事項
          (ⅲ)本資産運用会社の経理・決算及び税務に関する事項
          (ⅳ)本投資法人の帳簿類の写しの保管に関する事項
          (ⅴ)本資産運用会社の帳簿類の保管に関する事項
          (ⅵ)本資産運用会社の固定資産に関する事項
          (ⅶ)本投資法人の開示書類策定業務
          (ⅷ)本資産運用会社の開示書類策定業務
          (ⅸ)上記に付随する事項
        b.運用本部

         ⅰ.資産運用部
          (ⅰ)本投資法人に係る運用資産の運営管理に関する事項
          (ⅱ)本投資法人の運用資産のうち、有価証券の議決権行使等に関する事項
          (ⅲ)本投資法人に係る運営管理計画の策定及び活動報告に関する事項
          (ⅳ)本投資法人の資産運用のための個別不動産に関する市場性、評価に関する事項
          (ⅴ)上記に付随する業務
         ⅱ.エンジニアリング部

          (ⅰ)本投資法人の運用資産に係る建物の管理に関する事項
          (ⅱ)本投資法人の運用資産に係る遵法性・安全性確保に関する事項
          (ⅲ)本投資法人に係る修繕計画の策定及び実績管理に関する事項
          (ⅳ)本投資法人の資産取得に係る技術的支援に関する事項
          (ⅴ)本投資法人の運用資産の調査・評価支援に関する事項
          (ⅵ)工事関連コンサルティング及びこれらに付随するプロジェクト支援業務
          (ⅶ)上記に付随する業務
         ⅲ.投資開発部

          (ⅰ)本投資法人に係る新規投資計画の策定に関する事項
          (ⅱ)本投資法人に係る運用資産の処分計画の策定に関する事項
          (ⅲ)本投資法人による新規投資及び運用資産の処分の実行
            ①   新規投資のための情報収集、取得の可否、取得価格及び取得交渉、並びに取得に関する契約締結に
              関する事項
            ②   運用資産の処分のための処分価格、処分代り金の使途、処分交渉、及び処分に関する契約締結に関
              する業務
          (ⅳ)不動産投資理論・スキームの調査・研究に関する事項
          (ⅴ)本投資法人の資産運用に係る基本的な投資方針・基準に関する事項
          (ⅵ)上記に付随する業務
        c.コンプライアンス・リスク管理室

          (ⅰ)コンプライアンス委員会で決議された法令その他規則の遵守に必要な処置に関する取組方針の推進・
             実行
          (ⅱ)コンプライアンス委員会の事務局
          (ⅲ)国内及び国外の法規制状況の把握及び本資産運用会社内における連絡・徹底
          (ⅳ)コンプライアンスに関する役職員の指導・研修
          (ⅴ)苦情・トラブル・コンプライアンス違反行為に対する協議・対応(内部監査の結果に基づく業務の改
             善に関する事項を含む)
          (ⅵ)個別案件に関するコンプライアンス上の問題の有無等の調査・報告
          (ⅶ)リスク管理状況に関する審査・改善指導・報告
          (ⅷ)反社会的勢力への対応の総括
          (ⅸ)社内規程類の策定及び改廃の審査
          (ⅹ)上記に付随関連する本資産運用会社のコンプライアンス及びリスク管理のために必要となる事項
                                  17/334


                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        d.内部監査室
          (ⅰ)内部監査計画の立案
          (ⅱ)決定事項及び契約書、規程、規約、マニュアル、報告書、資料、広告宣伝物等に関する法令その他規
             制の遵守状況の監査
          (ⅲ)各部における業務の内部監査・報告
          (ⅳ)監査結果に基づく改善指示及び助言
          (ⅴ)監査役監査及び公認会計士監査との協力 
        e.コンプライアンス・オフィサー

          (ⅰ)コンプライアンス関連全般の統括
          (ⅱ)リスク管理全般の統括
          (ⅲ)コンプライアンス委員会招集・議事統括
          (ⅳ)決裁事項の審査
          (ⅴ)内部監査室との連携
        (ロ)委員会

          本書の日付現在、本資産運用会社に設置されている各委員会の概要は、以下の通りです。
        a.投資委員会

     委員      代表取締役社長(委員長)、運用本部長、管理本部長、コンプライアンス・リスク管理室長及び外
            部委員(注)
     審議内容      ⅰ.投資運用業に関する運用方針(運用ガイドラインの策定及び修正、年度資産運用計画書の作成
              及び変更、中期資産運用計画書の作成及び変更等)に関する事項
            ⅱ.投資運用業に係る資産の取得及び処分に関する事項(運用ガイドラインに定める容認取引(例
              外的に一定の条件を満たさなくても行うことができる取引をいいます。以下同じです。)に関
              する事項を含みます。)
            ⅲ.投資運用業のうち、利害関係者との取引(後記「第二部                              投資法人の詳細情報           第3    管理及び
              運営    2   利害関係人との取引制限             (2)利害関係者との取引規程」に定義します。以下同じで
              す。)に関する事項(ⅱ.に定める事項を除きます。)
            ⅳ.投資運用業のうち、コンプライアンス・オフィサーがコンプライアンス委員会での審議が必要
              であると判断した取引に関する事項(ⅱ.及びⅲ.に定める事項を除きます。)
            ⅴ.本投資法人の資金調達に関する事項
            ⅵ.投資運用業に係る運用評価、投資及び運用上のリスク管理に関する事項
            ⅶ.前各号に定めるもののほか、当社の他の内部規程類に定める事項
     審議方法等      代表取締役社長及び外部委員を含む委員の3分の2以上が出席し、コンプライアンス・オフィサーが
            同席の上、代表取締役社長及び外部委員を含む出席委員の3分の2以上の賛成により決議します。た
            だし、外部委員が、事故・疾病その他の事由によりやむを得ず投資委員会への出席ができない場合
            には、代表取締役社長は、当該外部委員と同等の知識を有すると認められる者を、外部委員の代行
            者として、投資委員会へ出席させることができます。
      (注)本書の日付現在、外部委員には、不動産鑑定士1名が就任しています。
                                  18/334







                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        b.コンプライアンス委員会
     委員      代表取締役社長、コンプライアンス・オフィサー(委員長)、管理本部長及び外部委員(注)
     審議内容      ⅰ.投資運用業のうち、利害関係者との取引に関する事項
            ⅱ.投資運用業における利害関係者以外を相手方とする資産の取得及び処分のうち、運用ガイドラ
              インに定める容認取引に関する事項
            ⅲ.投資運用業における利害関係者以外を相手方とする取引のうち、ⅰ.ⅱ.に準ずる取引とし
              て、コンプライアンス・オフィサーがコンプライアンス委員会での審議が必要であると判断し
              た取引に関する事項
            ⅳ.本投資法人の資金の借入れ(基本合意契約、個別タームローン契約、極度ローン基本契約等を
              含み、極度ローン内の個別ローン契約は除きます。)に係る、利害関係者との取引のうち利益
              相反に関する事項
            ⅴ.本資産運用会社の苦情等処理規程の定めに従い、コンプライアンス・オフィサーがコンプライ
              アンス委員会での審議・決議が必要であると判断した苦情等への対応方針及び同種の苦情等の
              再発防止策に関する事項
            ⅵ.投資運用業に関する運用方針(運用ガイドラインの策定及び変更、年度資産運用計画書の作成
              及び重要な方針の変更、中期資産運用計画書の作成及び重要な方針の変更等)
            ⅶ.コンプライアンス・マニュアルの策定及び変更に関する事項
            ⅷ.コンプライアンス・プログラムの策定に関する事項
            ⅸ.社内諸規程等(本資産運用会社の規程類管理規程に定めるものをいいます。)の制定案及び改
              廃案のうち、コンプライアンスに関する事項
            ⅹ.社内のコンプライアンス及びコンプライアンス態勢に関する事項
            ⅺ .その他コンプライアンス・オフィサーがコンプライアンス委員会での審議が必要であると判断
              した事項
            ・コンプライアンス委員会は、コンプライアンス・オフィサーがこれを招集し、議事を統括しま

     審議方法等
             す。
            ・コンプライアンス委員会の開催にあたっては、委員の3分の2以上の出席を要するものとしま
             す。ただし、コンプライアンス・オフィサー及び外部委員は必ず出席するものとします。外部委
             員が、事故・疾病その他の事由によりやむを得ず委員会への出席ができない場合には、代表取締
             役社長は、当該外部委員と同等の知識等を有すると認められる者を代行者として選任し、その任
             に当らせることができます。
            ・コンプライアンス委員会の審議又は決議は、出席委員全員の賛成意見一致によるものとします。
             また、委員長は、当該審議の経過及び結果について、投資委員会ないし取締役会に報告をしま
             す。
      (注)本書の日付現在、外部委員には、弁護士1名が就任しています。
       ③   投資運用の意思決定機構

         本資産運用会社は、規約に沿って、本投資法人から資産運用業務の委託を受けた資産運用会社として、運用ガ
        イドラインを制定し、投資方針、利害関係者との取引のルール、分配の方針、開示の方針等の投資運用に関する
        基本的な考え方について定めます。
         また、本資産運用会社は、運用ガイドラインに従い、年度資産運用計画書及び中期(3年)資産運用計画書を制
        定し、運用ガイドラインに定める投資方針、利害関係者との取引のルールに従い、投資物件を選定し、その取得
        を決定するとともに、保有資産の売却を決定します。
         運用ガイドライン、年度資産運用計画書及び中期(3年)資産運用計画書の制定及び変更に係る意思決定フロー
        並びに資産の取得及び売却に係る意思決定フローは、以下の通りです。
        (イ)運用ガイドライン、年度資産運用計画書及び中期(3年)資産運用計画書の制定及び変更に係る意思決定フ

           ロー
         a.起案部は、関係各部と協議の上、これを起案し、コンプライアンス委員会に付議します。
         b.コンプライアンス委員会で審議され、出席委員全員の意見が当該審議事項に賛成することで一致した場合
           には、投資委員会に付議されます。
         c.投資委員会で審議され、承認決議がなされた場合には、取締役会に付議されます。なお、投資委員会で否
           決された場合、当該議案は廃案となります。
         d.取締役会で審議され、承認決議がなされた場合には、制定されます。なお、取締役会で否決された場合、
           当該議案は廃案となります。
                                  19/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          運用ガイドラインは、経済情勢、不動産市況等の変化に則して必要に応じて見直します。運用ガイドライン
         を変更する必要が生じた場合には、起案部が、関係各部と協議の上、その変更を起案し、運用ガイドラインの
         制定の場合と同様の手続で決定します。
          また、経営管理部は、運用実績及びマーケット状況を踏まえ、年度資産運用計画書又は中期(3年)資産運用
         計画書の変更が適切であると判断する場合は、その変更を立案し、制定する際と同様の手続で決定します。
        (ロ)資産の取得及び売却に係る意思決定フロー

         a.資産の取得
          ⅰ.投資開発部は、投資方針に合致する資産を選定の上、当該資産の取得に関する稟議を起案し、コンプラ
            イアンス・オフィサーがこれを審査します。
          ⅱ.(ⅰ)利害関係者との取引、(ⅱ)運用ガイドラインに定める容認取引、その他(ⅲ)コンプライアンス・オ
            フィサーがコンプライアンス委員会での審議が必要であると判断した取引については全件コンプライア
            ンス委員会に付議され、その他の取引は、投資委員会に付議されます。かかる審議に際しては、必要に
            応じて外部の専門家から意見書等を取得することができます。また、取得した意見書等は、資産取得に
            関する決定の一助として投資委員会及び取締役会に提出されます。
          ⅲ.コンプライアンス委員会に付議された、上記ⅱ.(ⅰ)から(ⅲ)までの取引については、コンプライアン
            ス委員会における審議の結果、出席委員全員の意見が当該審議事項に賛成することで一致した場合に
            は、投資委員会に付議されます。コンプライアンス委員会出席委員全員の賛成意見による一致が得られ
            なかった場合には、コンプライアンス・オフィサーは、審議結果及び指摘事項について、直ちに起案部
            署に通知します。起案部署は、指摘事項の内容を検証するとともに、当該審議事項の起案を継続するか
            又は取下げるかを判断し、その結果について速やかにコンプライアンス・オフィサーに書面にて回答し
            ます(以下当該書面を「回答書」といいます。)。起案部署は、当該審議事項の起案継続が妥当である
            と判断する場合には、指摘事項に係る回答と対策を回答書に記載します。回答書を受領した場合、コン
            プライアンス・オフィサーは、回答書の内容について起案部署と協議の上、直ちに回答結果についてコ
            ンプライアンス委員会の出席委員に報告し、必要に応じて出席委員の意見を聴取します。コンプライア
            ンス・オフィサーは、起案部署より受領した回答書を投資委員会に提出するとともに、コンプライアン
            ス委員会での審議結果等(当該回答書に対する意見がなされた場合は、これを含みます。)を投資委員
            会及び取締役会に説明・報告します。
          ⅳ.投資委員会で審議され、承認決議がなされた場合には、取締役会に付議されますが、1物件10億円未満の
            取引でかつ上記ⅱ.(ⅰ)及び(ⅱ)に定める取引でない場合には、投資委員会の決議をもって本資産
            運用会社の意思決定とします。なお、投資委員会で否決された場合、当該議案は廃案となります。
          ⅴ.1物件10億円以上の取引並びに上記ⅱ.(ⅰ)及び(ⅱ)に定める取引については、取締役会で審議され、承
            認決議がなされた場合に、当該資産の取得が決定されます。ただし、上記ⅱ.                                     (ⅰ)及び(ⅱ)に定める取
            引については、投資委員会での承認決議後に、取締役会審議に先立ち本投資法人の役員会の事前承認
            (特別の利害関係を有する執行役員又は監督役員は、当該決議に参加することができません。)を得ま
            す(本投資法人の役員会の承認を停止条件として決議する場合は、本投資法人の役員会に先行して取締
            役会に付議することができるものとします。)。なお、役員会又は取締役会で否決された場合、当該議
            案は廃案となります。
         b.資産の売却

           資産の売却に関しては、資産の取得と同様に、投資開発部で起案し、売却の是非について投資委員会で審
          議後、取締役会において委員会での審議内容を精査して決議が行われます。なお、利害関係者との取引につ
          いては、これらの審議・決議に加え、コンプライアンス委員会の審議及び本投資法人の役員会の事前承認を
          経ます。審議・決議方法等はすべて、資産の取得の場合と同様です。
                                  20/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          c.資産の取得及び売却に係る意思決定フロー図
          i.  (ⅰ)利害関係者との取引、(ⅱ)運用ガイドラインに定める容認取引に該当する取引
                                  21/334




















                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ⅱ.  iに該当しない取引
                                  22/334




















                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ④   投資運用に関するリスク管理体制の整備状況
         本投資法人の運用資産に係る投資リスク管理体制の整備状況については、後記「3                                        投資リスク       (2)投資リス
        クに対する管理体制」をご参照ください。
         なお、上記のほか、本資産運用会社においては、投資運用に関するリスク管理体制を有効に機能させるため、
        コンプライアンス・リスク管理室をリスク管理の統括部署とし、包括規程である「リスク管理規程」に基づき、
        総責任者である代表取締役社長及び責任者である各部長のもと、コンプライアンス・オフィサーと連携して組織
        的・統一的なリスク管理を推進しています。さらに、次のような規程類の整備及び遵守を通じて、事務リスク管
        理や情報リスク管理等に係る厳格な体制を構築しています。
         事務リスク管理及び情報リスク管理については、特定の権限者による印章の管理方法等を定めた「印章管理規
        程」、本資産運用会社の情報資産を適切に保護するための基本的事項や重要な情報に関する厳格な管理方法等を
        定めた「情報管理規程」、さらに関連法令等に則った個人情報の詳細な管理方法等を定めた「個人情報取扱規
        程」等を設けています。また、運用物件に予期し得ない重大な自然災害や人災等が発生した場合に備え、迅速・
        的確な対応措置がとれるよう、予め本資産運用会社とプロパティ・マネジメント(以下「PM」といいます。)会
        社との間で時や場所を問わない緊急連絡網及びマニュアルを整備し、運用物件の災害等に係るリスク管理体制を
        構築しています。
         当該リスク管理体制の整備状況等は、内部監査室が本資産運用会社の各部署に対して定期的又は臨時に行う内
        部監査によりチェックされることとなっており、当該内部監査について「内部監査規程」を定め、その実効性を
        高める体制をとっています。
         本資産運用会社は、以上の通り投資運用に関する広範なリスク管理体制を整備することにより、投資法人に対
        する忠実義務、善良な管理者の注意義務を遵守する体制を整備しています。
                                  23/334













                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (5)【投資法人の出資総額】
        本書の日付現在の出資総額、発行可能投資口総口数及び発行済投資口の総口数は以下の通りです。
     出資総額(注)                                             127,690百万円
     発行可能投資口総口数                                              6,000,000口
     発行済投資口の総口数                                              1,350,000口
      (注)2017年7月31日現在の貸借対照表上、出資総額以外に出資剰余金53,220百万円が計上されています。なお、金額は百万円未満を切り捨て
        て記載しています。
        最近5年間における出資総額及び発行済投資口の総口数の増減は以下の通りです。

                         出資総額(百万円)
                                     発行済投資口の総口数(口)
                           (注1)
       年月日         摘要                                     備考
                         増減       残高       増減       残高
     2013年2月1日         公募増資            21,667       101,754       135,000      1,235,000       (注2)

     2013年2月27日         第三者割当増資             802     102,557        5,000     1,240,000       (注3)
     2014年2月3日         公募増資            11,967       114,524        58,000      1,298,000       (注4)

     2014年2月26日         第三者割当増資             412     114,936        2,000     1,300,000       (注5)

     2016年9月23日         公募増資            12,115       127,052        47,500      1,347,500       (注6)
     2016年10月19日         第三者割当増資             637     127,690        2,500     1,350,000       (注7)
      (注1)金額は百万円未満を切り捨てて記載しています。
      (注2)1口当たり発行価格165,945円(発行価額160,498円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、公募新投資口を発行しまし
         た。
      (注3)1口当たり発行価額160,498円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、みずほ証券株式会社を割当先とする第三者割当によ
         り新投資口を発行しました。
      (注4)1口当たり発行価格213,330円(発行価額206,328円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、公募新投資口を発行しまし
         た。
      (注5)1口当たり発行価額206,328円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、みずほ証券株式会社を割当先とする第三者割当によ
         り新投資口を発行しました。
      (注6)1口当たり発行価格263,445円(発行価額255,068円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、公募新投資口を発行しまし
         た。
      (注7)1口当たり発行価額255,068円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、みずほ証券株式会社を割当先とする第三者割当によ
         り新投資口を発行しました。
                                  24/334









                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (6)【主要な投資主の状況】
        2017年7月31日現在における主要な投資主は以下の通りです。
                                                 発行済投資口の総
                                            所有
                                                 口数に対する所有
             名称                  住所            投資口数
                                                 投資口数の割合
                                           (口)
                                                 (%)(注1、2)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海一丁目8番11号                     353,309          26.17
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町二丁目11番3号                     153,855          11.40
     会社(信託口)
                       東京都中央区晴海一丁目8番12号
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                                             83,527          6.19
                       晴海アイランドトリトンスクエア 
     (証券投資信託口)
                       オフィスタワーZ棟
     野村信託銀行株式会社(投信口)                  東京都千代田区大手町二丁目2番2号                      52,528          3.89

     伊藤忠商事株式会社                  東京都港区北青山二丁目5番1号                      34,800          2.58

     STATE    STREET    BANK-WEST      PENSION

                       1776 HERITAGE DRIVE,NORTH 
                                             19,012          1.41
     FUND   CLIENTS-EXEMPT               QUINCY,MA 02171,U.S.A.
                       東京都中央区晴海一丁目8番12号
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                       晴海アイランドトリトンスクエア                      18,330          1.36
     (金銭信託課税口)
                       オフィスタワーZ棟
     DFA   INTERNATIONAL        REAL   ESTATE    6300   BEE  CAVE   ROAD,BUILDING       ONE

                                             16,526          1.22
     SECURITIES      PORTFOLIO            AUSTIN    TX  78746   US
                       ONE   LINCOLN     STREET,     BOSTON    MA

     STATE     STREET     BANK   AND  TRUST 
                                             15,941          1.18
                       USA  02111
     COMPANY
                       P.O.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     STATE     STREET     BANK   AND  TRUST 
                                             14,869          1.10
                       02101   U.S.A.
     COMPANY
                      計                      762,697          56.50
      (注1)発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数第3位を四捨五入して記載しています。
      (注2)四捨五入表記のため、各数値の合計は上記表中の合計と必ずしも一致しません。
      (参考)投資口の所有者別状況

                       金融機関
                              その他の
            区分          (証券会社を               外国法人等       個人・その他          計
                              国内法人
                       含む)
     投資主数(人)                     202       256       260      15,943       16,661
             割合(%)            1.21       1.54       1.56       95.69       100.00

     所有投資口数(口)                   939,481        61,877       246,608       102,034      1,350,000

             割合(%)            69.59        4.58       18.27        7.56      100.00
      (注1)割合については、小数第3位を四捨五入して記載しています。
      (注2)四捨五入表記のため、各数値の合計は上記表中の合計と必ずしも一致しません。
                                  25/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     2【投資方針】
      (1)【投資方針】
       ①   本投資法人の基本戦略
         本投資法人は、中長期にわたる安定的収益の獲得と運用資産の成長を目指し、日本全国に立地する、あらゆる
        タイプの賃貸住宅を投資対象として、分散を図りながら投資を行い、投資主価値の極大化を図ります。本投資法
        人は、かかる目的達成のため、主に伊藤忠グループ(注1)、さらに、本資産運用会社に出資した企業等より、賃
        貸住宅の取得、運営管理及びマーケティングといった住宅事業に係る全面的なバックアップ、さらには人材派遣
        を受けるとともに、伊藤忠グループ及びサポート企業(注2)が有する資産運用に関するスキルとノウハウを活用
        していきたいと考えています。本投資法人は、かかる各企業との間で充実したサポート体制を構築し、投資基準
        に合致した運用資産の確保に努め、本投資法人の着実な成長を目指します。
         本投資法人は、安定的な賃貸ニーズと収益に支えられていると考える賃貸住宅市場に投資を行います。
         本投資法人は、賃貸住宅について、オフィスビルや商業施設等に比較して、テナント、立地及び住戸タイプに
        ついて分散投資が図り易いこと、また、住宅の賃料が生活必需コストとして、経済や社会情勢の影響を受けにく
        いことから、収益の安定性が高いと考えています。
         また、我が国の人口は減少基調で推移するものと考えられますが、都区部を中心とした東京都の人口は当面増
        加するものと見込んでいます。これは、都市的利便性のニーズの高まりや企業の拠点集約に伴う都心回帰の傾向
        を反映したものであると本投資法人は考えています。さらに、シングル(社会人や学生等の単身世帯をいいま
        す。以下同じです。)やDINKS(共働きのため夫婦ともに収入があり、かつ子供のいない世帯をいいます。以下同
        じです。)の世帯の増加等により、一世帯当たりの人員数は減少傾向を示しています。このため、人口とは異な
        り世帯数は現在も増加基調で推移しており、当面はその傾向が続くものと見込んでいます。
         シングル・DINKSの世帯は、ファミリー(子供のいる夫婦世帯をいいます。以下同じです。)の世帯と比べ持ち
        家比率は低いため、本投資法人は、賃貸住宅需要が高まるものと推測しています。
        (注1)伊藤忠グループとは、伊藤忠商事株式会社及びその関連会社で構成された企業集団をいいます。関連会社は、2017年6月30日現
           在、連結子会社207社及び持分法適用関連会社99社の合計306社です。以下同じです。
        (注2)サポート企業とは、パートナーサポートライン会社及び物件情報提供ライン会社をいいます。以下同じです。
            伊藤忠グループ及びサポート企業各社による支援については、後記「②                             本投資法人の成長戦略」をご参照ください。
            なお、伊藤忠グループ又はサポート企業(株式会社新日本建物及び東京建物不動産販売株式会社を除きます。)から投資資産
           を取得する場合には、その取引の基準を利害関係者との取引規程等により定め、かつ、運営面においても独立性を保つ等、コン
           プライアンスやガバナンスの体制に十分に注意した運営を行います。利害関係者との取引規程については、後記「第二部                                                投資
           法人の詳細情報        第3   管理及び運営       2  利害関係人との取引制限           (2)利害関係者との取引規程」をご参照ください。
        (イ)全国及び全住戸タイプへの分散投資

           本投資法人は、投資対象エリアを全国とし、投資対象物件を全住戸タイプの賃貸住宅として、分散投資に
          よる収益の安定化を図ることを基本方針としますが、当面は、賃料・稼働率の安定度が高い東京23区及びそ
          の近郊エリアのシングル・タイプ住戸へ重点的に投資を行います(後記「③                                       ポートフォリオ構築方針 
          (イ)投資対象エリア及び(ロ)住戸タイプ」をご参照ください。)。
        (ロ)運営型賃貸住宅の組入れ

           本投資法人は、企業の社宅や寮の廃止に伴って高まる賃貸住宅への代替需要、遠隔地にある学校への進学
          等に伴う学生の賃貸住宅需要、又は高齢化社会への移行に伴う高齢者の賃貸住宅需要等、一般の賃貸住宅で
          は捉えきれない需要について的確に対応することができる賃貸住宅として、運営型賃貸住宅(オペレーター
          により一括運営されている物件をいいます。以下同じです。)に対して、中長期的に安定した収益実現の可
          能性を図るため投資を行っていきます。運営型賃貸住宅の特色や取得条件等については、後記「③                                                ポート
          フォリオ構築方針          (ハ)運営型賃貸住宅の組入れ」をご参照ください。
                                  26/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②   本投資法人の成長戦略
        (イ)外部成長戦略








         a.伊藤忠サポートラインの活用による外部成長戦略
           本投資法人(旧ADRを含みます。以下本「(イ)外部成長戦略」において同じです。)及び本資産運用
          会社は、伊藤忠サポートライン会社である伊藤忠商事株式会社及び伊藤忠都市開発株式会社との間で、外部
          成長を実現するため、2005年10月20日付で優先交渉権等に関する覚書(以下「伊藤忠サポートライン契約」
          といいます。)を締結しています。伊藤忠サポートライン契約に基づき、本資産運用会社は、伊藤忠サポー
          トライン会社が取り扱う不動産について、伊藤忠サポートライン会社以外の第三者に優先して購入を検討す
          ることができます。
          ⅰ.伊藤忠サポートライン会社により企画・開発された物件の取得
            本投資法人及び本資産運用会社は、中長期的に着実な成長を図るため、伊藤忠サポートライン会社を活
           用します。中でも分譲マンション開発に実績のある伊藤忠サポートライン会社が企画・開発・展開する賃
           貸マンションの優先的な取得機会の確保を重視します。かかる対応により、本投資法人は、伊藤忠サポー
           トライン会社が有するマンション開発ノウハウに基づき、品質管理が行われた新築物件を取得する機会を
           確保することができると考えています。さらに、本資産運用会社と伊藤忠サポートライン会社との間の賃
           貸マーケットに係る情報交換や賃貸住宅の商品性に関する議論及び検討を通じて、本投資法人の投資方針
           に合致した物件の開発が増え、より多くの取得機会を確保することができると考えています。
          ⅱ.伊藤忠サポートライン会社の概要
           (ⅰ)伊藤忠商事株式会社の概要
              本資産運用会社のメインスポンサーである伊藤忠商事株式会社の建設・金融部門が主に本投資法人
             をサポートします。建設・金融部門は、住宅・物流施設・商業施設等の企画・開発やイトーピア・ア
             セットマネジメント株式会社(注)を通じてこれら不動産の証券化業務を担っており、本資産運用会
             社のスポンサー企業として、本投資法人向けの賃貸マンションの開発・供給も行っております。
             (注)イトーピア・アセットマネジメント株式会社は、伊藤忠商事株式会社の連結子会社で、主として、伊藤忠商事株式
                会社が組成する不動産私募ファンドのアセットマネジメントを受託している投資運用業、投資助言・代理業者で
                す。
           (ⅱ)伊藤忠都市開発株式会社の概要
              伊藤忠都市開発株式会社は、伊藤忠商事株式会社が99.8%の議決権を所有する同社の連結子会社
             で、「クレヴィア」シリーズの自社ブランドマンションや戸建等の建設・分譲を行う伊藤忠グループ
             の不動産会社であり、本投資法人向けの賃貸マンションの開発・供給も行っています。
                                  27/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ⅲ.伊藤忠サポートライン契約の概要
           (ⅰ)売却物件の優先交渉権
              伊藤忠サポートライン会社が、本投資法人の投資方針及び投資基準に合致する不動産等を売却しよ
             うとする場合、本資産運用会社を通じて本投資法人に対して、優先的にその売却を申し入れるものと
             し、本投資法人がその取得を希望し一定期間中に当事者間で売却条件に合意した場合には、本投資法
             人に対して売却することとしています。
              なお、売却条件が合意に達しなかった場合には、伊藤忠サポートライン会社は、当該不動産等を第
             三者に売却することができますが、第三者が提示する条件が本資産運用会社より提示された条件と同
             等以下である場合には、伊藤忠サポートライン会社は本資産運用会社を通じて本投資法人に対して、
             再度当該不動産等の売却を当該第三者と同条件により申し入れ、かかる売却条件で合意した場合に
             は、本投資法人に対して売却するものとされています。
           (ⅱ)物件情報提供に係る優先交渉権
              伊藤忠サポートライン会社は、本投資法人の投資方針及び投資基準に合致する不動産等で、かつ第
             三者が保有し又は開発・保有を予定する不動産等に係る売却・仲介情報を得た場合、本資産運用会社
             を通じて本投資法人に対して提供するものとし、本資産運用会社が当該情報に係る不動産等の本投資
             法人による購入を検討するための一定期間中、これを第三者に提供しないものとされています。
          ⅳ.伊藤忠商事株式会社によるウェアハウジング機能の提供
            将来における本投資法人の物件取得を実現するために、第三者が保有又は運用する不動産等について取
           得及び一時的な保有を、伊藤忠商事株式会社において行います。
         b.パートナーサポートラインの活用による外部成長戦略

           本投資法人及び本資産運用会社は、株式会社新日本建物(注)との間で、2005年10月20日付で交渉権等に
          関する覚書を締結しています。交渉権等に関する覚書に基づき、本資産運用会社は、株式会社新日本建物が
          所有する不動産等のうち、本投資法人の投資方針及び投資基準に合致するものを売却しようとする場合、同
          社より売却の申入れを受けることとなっており、また、第三者が保有し又は開発・保有を予定する不動産等
          に係る売却・仲介情報を同社が得た場合、速やかに情報提供を受け、購入を検討することができます。
          (注)株式会社新日本建物は、マンション・戸建住宅の開発・分譲販売等を行う不動産会社で、東京証券取引所JASDAQ市場(ス
             タンダード)上場企業です。
         c.物件情報提供ラインの活用による外部成長戦略
          ⅰ.株式会社センチュリー21・ジャパンの加盟店ネットワーク活用
            本投資法人及び本資産運用会社は、株式会社センチュリー21・ジャパン(注)との間で、2005年10月20
           日付で加盟店による不動産情報提供に関する覚書を締結しており、同社が首都圏、関西圏、中部圏及び九
           州圏に有する不動産業者加盟店のネットワークを利用した物件の情報提供を受けることができます。
          (注)株式会社センチュリー21・ジャパンは、不動産業者を加盟店としてセンチュリー21フランチャイズシステムを運営するサ
             ブフランチャイザー(日本本部)であり、伊藤忠グループの東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)上場企業です。
          ⅱ.三井住友信託銀行株式会社による物件情報提供
            本投資法人及び本資産運用会社は、三井住友信託銀行株式会社(注)との間で、2005年10月20日付で不
           動産等の仲介情報提供に関する協定書を締結しています。不動産等の仲介情報提供に関する協定書に基づ
           き、本資産運用会社は、三井住友信託銀行株式会社が入手する第三者保有の不動産等の売却に関する仲介
           情報のうち、本投資法人の投資方針及び投資基準に合致するものについて、速やかに情報提供を受けるこ
           とができます。
          (注)三井住友信託銀行株式会社は、銀行法(昭和56年法律第59号。その後の改正を含みます。)(以下「銀行法」といいま
             す。)に基づく銀行業とともに金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(昭和18年法律第43号。その後の改正を含みま
             す。)(以下「兼営法」といいます。)に基づく信託業務を中心とした金融サービス及び不動産事業を行う東京証券取引
             所第一部上場企業である三井住友トラスト・ホールディングス株式会社の連結子会社です。
                                  28/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ⅲ.東京建物不動産販売株式会社による物件情報提供
            本投資法人及び本資産運用会社は、東京建物不動産販売株式会社(注)との間で、2005年10月20日付で
           不動産等売却情報の提供に関する覚書を締結しています。不動産等売却情報の提供に関する覚書に基づ
           き、本資産運用会社は、東京建物不動産販売株式会社が入手する第三者保有の不動産等に関する売却・仲
           介情報のうち、本投資法人の投資方針及び投資基準に合致するものについて、速やかに情報提供を受ける
           ことができます。
          (注)東京建物不動産販売株式会社は、東京証券取引所第一部上場企業である東京建物株式会社の連結子会社で、不動産の売買
             及び貸借等の仲介・代理を行う東京証券取引所第一部上場企業です。
        (ロ)内部成長戦略

           本投資法人(旧ADR及びNRIを含みます。以下本「(ロ)内部成長戦略」において同じです。)及び
          本資産運用会社は、伊藤忠グループ及びサポート企業から多角的な支援を受けるという基本方針に則り、伊
          藤忠アーバンコミュニティ株式会社(注)及び株式会社センチュリー21・ジャパン各社との間で、資産価値
          の維持及びPM業務水準を確保することを目指し、以下の通りサポート体制を構築しています。
          (注)伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社は、伊藤忠商事株式会社の連結子会社で、主に住宅・オフィスのPM・BM及び学生会
             館の運営を行う、不動産の賃貸運営・管理会社です。
         a.マスターリース兼PM機能集約による効果的・効率的な賃貸運営管理
           本投資法人は、中長期的な運営管理業務の質の向上及び効率化を目指し、伊藤忠グループの住宅運営管理
          会社として豊富な実績を有している伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社に対するマスターリース兼PM業務
          委託の集約化によるコスト削減、契約・会計等の情報一元管理による効率化及びデータの活用を図るととも
          に、同社を窓口として、他のPM会社及び賃貸媒介業者とのネットワークを構築することにより、テナント・
          リーシングを強化していく方針です。さらに、本投資法人は、立地及び物件特性(住戸タイプ、仕様及び運
          営方法等)に応じて、一部の物件については、マスターリース兼PM業務又はPM業務を上記以外の適切な業者
          に委託又は再委託する方針です。
           伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社は、長年にわたる住宅管理実績を有しており、建物管理面でのコス
          ト削減、資産価値維持を目指した修繕計画の立案及び実践が期待できます。
           このように、伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社を活用して賃貸住宅の運営管理を実施することを通じ
          て、顧客重視のサービスを提供し入居者満足度の向上に努める方針です。
         b.株式会社センチュリー21・ジャパンの加盟店ネットワーク活用
           本投資法人及び本資産運用会社は、株式会社センチュリー21・ジャパンとの間で、2005年10月20日付で加
          盟店による不動産情報提供に関する覚書を締結しており、同社の有する不動産業者加盟店のネットワークを
          利用した、賃貸マーケット情報の収集やテナント・リーシングを展開しています。
       ③   ポートフォリオ構築方針

         本投資法人は、賃貸住宅の特性を考慮しつつ、以下の方針に基づきポートフォリオを構築します。
        (イ)投資対象エリア
           東京23区を中心としながら、首都圏、政令指定都市等に所在する物件に投資し、以下の投資比率を目標に
          全国に分散投資を行います。
                                  29/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                  投資対象エリア                  投資比率(注3)
          東京23区(注1)                           70~100%
          その他地域(注2)                           0~30%

          (注1)東京23区のうち、港区、千代田区、渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区及び品川区を都心主要7区とし、都心主要7区を除く
             東京23区を都心部として分類します。
          (注2)「その他地域」とは、東京23区を除く首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県をいいます。)と政令指定都市
             及びこれに準ずる都市を指します。
          (注3)「投資比率」は、取得価格ベースとしています。「取得価格」とは、本投資法人が取得する資産及び旧ADR保有資産につ
             いては、当該不動産等の取得に要した諸費用(売買媒介手数料、公租公課等)を含まない金額(信託受益権譲渡契約書又は
             不動産売買契約書に記載された不動産等の売買代金)を、NRI保有資産については、2010年2月末時点の鑑定評価額又は
             調査価格を、それぞれ指します。
           各投資対象エリアについての本資産運用会社の分析は以下の通りです。

               投資対象エリア                         分析(注)
          都心主要7区                  JR山手線の内側及びその周辺の地域で生活利便性が極めて良
                             好である地区、エリアとしてのブランドイメージが定着して
                             いる地区、及び従来からの住宅地で比較的新規物件の供給が
                             難しい地区が集積する地域
          都心部                  立地特性・賃料水準等から、都心主要7区とは異なる賃貸需
                             要が期待でき、ターミナル駅へのアクセスで都心主要7区に
                             準じた利便性を有する地域、及び再開発計画等により将来性
                             の見込める地区が存在する地域
          首都圏                  主要駅から徒歩圏で、都心への良好なアクセスを有するベッ
                             ドタウン地域、及び、独自の経済圏を有する地域
          政令指定都市及びこれに準ずる都市                  各地方経済圏で、一定の優位性を有する主要地方都市
          (注)本資産運用会社が、各投資対象エリアについて、本書の日付現在において、その性質や需給の見込み等を分析した結果を記
            載しています。したがって、分析の時点における本資産運用会社の意見を示したものにとどまり、客観的な当該投資対象エ
            リアの性質や需給の状況等と一致するとは限りません。また、かかる本資産運用会社の分析の結果は、現在及び将来におい
            て当該分析に従った性質や需給の状況が生じることを保証又は約束するものではありません。
        (ロ)住戸タイプ

           地域特性、社会情勢の動向、賃貸住宅需要の変化等に応じて、シングル向けからファミリー向けまで幅広
          いテナントを対象とする物件に投資し、以下の投資比率を目標に住戸タイプの分散投資を図ります。
             住戸タイプ          投資比率(注)
          シングル・タイプ               ~50%
          コンパクト・タイプ              20~40%

          ファミリー・タイプ              20~40%
          ラージ・タイプ               ~10%
           また、上記の投資比率にかかわらず、以下の投資を行うことができます。
             住戸タイプ          投資比率(注)
          ドミトリー・タイプ              上限20%

          (注)比率は賃貸可能面積ベースとします。
                                  30/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           上記でいう住戸タイプの定義は以下の通りです。
                                  専有面積
           間取り
                 ~30㎡     ~40㎡     ~50㎡     ~60㎡     ~70㎡     ~80㎡     ~90㎡     90㎡超
          STUDIO        S     S     C     C     L     L     L     L

          1BED        S     C     C     C     L     L     L     L
          2BED             C     C     }     }     }     }     L
          3BED                  }     }     }     }     }     L

          4BED                            }     }     }     L

           S:シングル・タイプ             主に単身者向けの住戸

           C:コンパクト・タイプ             主に単身者及び小規模家族(2~3人)向けの住戸
           F:ファミリー・タイプ             主にファミリー向けの住戸
           L:ラージ・タイプ             主に外国人向けの住戸
           STUDIO             1R、1K、STUDIO

           1BED             1DK、1LDK
           2BED             2DK、2LDK、1LDK+S等
           3BED             3DK、3LDK、2LDK+S等
           4BED             4DK、4LDK、3LDK+S等及び居室が5以上あるもの
           ドミトリー・タイプ             浴室や洗濯機置場がなく、物件内の共用施設(共同浴場・ランドリー

                        等)の利用によって賄われる住戸
           各住戸タイプについての本資産運用会社の分析は以下の通りです。

              住戸タイプ                        分析(注)
          シングル・タイプ             企業の単身寮廃止・晩婚化等のトレンドから、需要は旺盛であり、かつ
                       一時的住居というニーズの性格からも、現状では最も大きなマーケット
                       を形成しています。
          コンパクト・タイプ             都心回帰、20~30代の個性的なライフスタイルを求める傾向、また、高
                       齢者層の潜在需要等から、有望なマーケットを形成しています。
          ファミリー・タイプ             都心部にあっては、日本人の富裕層を中心に根強い需要があり魅力的な
                       投資対象ですが、マーケットの規模は比較的小さいといえます。
                       都心部以外の地域にあっては、勤務先から家賃補助のある家族帯同転勤
                       者や、分譲住宅を購入するまでの間、賃貸住宅を志向するファミリー層
                       など、常時一定量のニーズがあり安定的なマーケットが形成されていま
                       す。
          ラージ・タイプ             マーケット規模が小さく、外資系企業の動向等に左右される傾向にあり
                       ます。
                       有能と判断されるPM業者(オペレーター)の管理運営が不可欠な物件で
                       す。
          ドミトリー・タイプ             一般の住戸タイプと比較して汎用性に劣りますが、後記「(ハ)運営型
                       賃貸住宅の組入れ」に記載の運営型賃貸住宅に属する場合のみ投資が可
                       能となります。
          (注)本資産運用会社が、各住戸タイプについて、本書の日付現在において、その性質や需給の見込み等を分析した結果を記載し
            ています。したがって、分析の時点における本資産運用会社の意見を示したものにとどまり、客観的な当該住戸タイプの性
            質や需給の状況等と一致するとは限りません。また、かかる本資産運用会社の分析の結果は、現在及び将来において当該分
            析に従った性質や需給の状況が生じることを保証又は約束するものではありません。
                                  31/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)運営型賃貸住宅の組入れ
           本投資法人は、一般の賃貸住宅とは異なる運営を行う物件(運営型賃貸住宅)に投資することができま
          す。運営型賃貸住宅とは、サービス・アパートメント(短期滞在者向けの家具付賃貸住宅をいいます。以下
          同じです。)、社会人及び学生向けの寮、高齢者向け住宅等で、フロントサービスや食事提供等の生活支援
          サービスが付加された賃貸住宅をいいます。
           本投資法人は、取得に際して以下の事項に留意しながら、総合的に判断して投資を行うものとします。
         a.物件の特性(立地、利便性、周辺の状況等)から、社宅・寮等、物件の運営内容に照らし、将来にわたり
           エンド・ユーザーのニーズが見込めると判断されること。
         b.テナントである法人又はオペレーターへの一括賃貸を前提とし、テナントの信頼性、運営能力、実績等を
           考慮した上で、中長期的な安定収益の獲得が可能と判断されること。
           上記に加え、本投資法人は、運営型賃貸住宅のうち、シニアタイプ物件(有料老人ホーム(老人福祉法
          (昭和38年法律第133号。その後の改正を含みます。)第29条に定める有料老人ホームをいいます。以下同じ
          です。)及びサービス付き高齢者向け住宅(高齢者の居住の安定確保に関する法律(平成13年法律第26号。
          その後の改正を含みます。)第5条に定めるサービス付き高齢者向け住宅をいいます。以下同じです。)等の
          高齢者向けの住宅物件を総称していいます。以下同じです。)については、以下の事項に留意します。
         c.シニアタイプ物件について、市場性・事業性の評価、法令遵守状況等に関するデュー・ディリジェンスを実
           施し、また、運営状況に係るモニタリングを実施すること。なお、これらの実施に際しては、必要に応じ
           て外部専門家を活用すること。
         d.物件に係る運営状況、入居者の状況等から、オペレーターにつき相応の賃料負担能力が認められること。
        (ニ)テナント構成

           テナント構成が特定のテナント層に集中するのを避け、テナント層における分散を図りながら運用を行い
          ます。
       ④   投資基準

         本投資法人は、投資にあたり、以下の投資基準を満たすことを前提とします。ただし、以下の基準のうち
        (ロ)のa.からe.までの各項目(細目を含みます。)に適合しない要素が3つまでであり、その投資が投資主
        価値の増大に寄与すると判断できる場合には、運用ガイドラインに定める容認取引として投資を行うことができ
        るものとします。
        (イ)保有期間

           本投資法人は、原則として、5~10年の中長期保有を前提に投資するものとし、短期の売却を目的とした不
          動産の取得を行いません。
        (ロ)取得基準

         a.築年数
           原則として、取得時において15年以内とします。
         b.立地
           以下の要素に地域及び物件の特性を加味し、総合的に勘案した上で取得の是非を判断します。ただし、運
          用ガイドラインに定める容認取引の基準としては、各細目を1つの要素として勘定します。
          ⅰ.最寄駅の都心部或いは中心ターミナル駅へのアクセスの良否
          ⅱ.最寄駅からの距離
            シングル・タイプ及びコンパクト・タイプについては徒歩10分以内、ファミリー・タイプ及びラージ・
           タイプについては徒歩15分以内を目途とします。
          ⅲ.日照、眺望、景観、騒音等の住環境、嫌悪施設の有無
          ⅳ.公共サービス、日常利便施設の有無
          ⅴ.周辺の土地利用状況の適否
                                  32/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c.構造
           原則として、構造は、RC(鉄筋コンクリート)造又はSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造で、新耐震基準(昭
          和56年に改正された建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。)(以下「建築基準法」
          といいます。)に基づく建物等の耐震基準を指します。以下同じです。)に適合している、又は同程度の建
          物とします。
         d.規模
          ⅰ.原則として、1物件当たりの取得価格(取引価格を指し、取引に付随する費用を含みません。以下同じで
            す。)は、ポートフォリオ全体の取得価格総額の10%以内とします。
          ⅱ.原則として、1物件当たりの取得価格は5億円以上とします。
         e.権利形態
           原則として、敷地も含めた物件全体の所有権を取得するものとしますが、ポートフォリオ全体への影響を
          考慮した上で、以下の物件も取得できるものとします。
          ⅰ.区分所有建物
            原則として、50%以上の区分所有割合の場合に取得できるものとします。
          ⅱ.共有物件
            管理・処分の自由度が確保できることを前提に、他の共有者の属性、信用力等を総合的に考慮し、個別
           に判断します。
          ⅲ.借地物件
            原則として、借地権又は定期借地権付建物を取得できるものとします。具体的には、借地契約の内容
           を、収益性、安全性、流動性等の観点から検討した上で取得の是非を判断します。
          ⅳ.その他
            用益物権が付着している不動産及び担保権設定物件等については、設定内容を確認の上、収益性、安全
           性、流動性等の観点から検討した上で取得の是非を判断します。
            原則として、担保権設定物件は取得しません。
         f.環境・地質等
           デュー・ディリジェンスの結果、土壌汚染があり、適切な処置が施されていないことが判明した物件、又
          は、日本国の法令(条例を含みます。)上、不動産に対する使用が禁止若しくは制限されている有害物質を
          含む建材等を使用し、適切な処置が施されていないことが判明した物件は取得しません。
         g.現所有者の属性等
           現所有者又は主たる使用者が、反社会的団体又はその構成員である物件、及び社会通念に照らして公序良
          俗に反する使用が行われている物件は取得しません。
        (ハ)デュー・ディリジェンス基準

           本投資法人は、物件の取得にあたっては、当該不動産の予想収益、エリアの将来性、建物仕様、耐震性
          能、権利関係、建物管理状況、環境・地質等を充分に調査し、総合的に検討します。具体的には、投資対象
          不動産の投資価値を見極めるために、公正かつ調査能力・経験のある第三者による不動産鑑定評価書、建物
          状況調査報告書、地震リスク診断報告書による分析評価及びマーケットレポート等を参考にするとともに、
          経済的調査、物理的調査、法的調査等の物件精査を行った上で、総合的に判断します。
                                  33/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         a.経済的調査
              評価項目                        調査事項
          テナント調査            ⅰ.テナントの信用情報
                      ⅱ.テナントの賃料支払状況等
                      ⅲ.テナントの業種、テナント数、賃借目的、契約内容、用途等
                      ⅳ.現在及び過去の稼働率、平均入居期間、賃料推移及び将来の見通し
                      ⅴ.各建物における各テナントの占有割合等
          市場調査            ⅰ.市場賃料、稼働率
                      ⅱ.競合物件・テナント需要動向等
                      ⅲ.周辺の開発計画の動向
                      ⅳ.商圏分析:商圏人口、世帯数、商業指標等
          収益関係            ⅰ.テナント誘致・物件の処分性等の競争力調査
                      ⅱ.賃貸借契約水準、賃貸借契約体系及び更新の可能性
                      ⅲ.費用水準、費用関連の契約体系及び更新の可能性
                      ⅳ.適正賃料水準、適正費用水準の調査、将来予想される費用負担の可能性
                      ⅴ.修繕履歴及び修繕計画との比較における実際の修繕積立状況
                      ⅵ.公租公課
         b.物理的調査

              評価項目                        調査事項
          立地要因            ⅰ.街路の状況、鉄道等主要交通機関からの利便性、主要交通機関の乗降客
                        数
                      ⅱ.利便施設、経済施設、教育施設、官公署、娯楽施設等の配置、近接性
                      ⅲ.周辺土地の利用状況及び将来の動向
                      ⅳ.都市計画及び地域計画
                      ⅴ.日照、眺望、景観、騒音等環境状況
                      ⅵ.公共サービス・インフラ整備状況
                      ⅶ.地域の知名度、評判等の状況
          建築・設備・仕様概要            ⅰ.意匠、主要構造、築年数、設計・施工業者等
                      ⅱ.内外装の部材の状況
                      <住宅>
                        間取り、天井高、空調設備、防犯設備、放送受信設備、インターネット
                        配備状況、給排水設備、昇降機設備、駐車場、駐輪場、エントランス等
                        その他共用設備の状況等
                      <オフィス・店舗>
                        前面道路との位置関係及び前面道路からの視認性、前面道路の繁華性、
                        開口又は奥行等の形状と広さ、分割対応の可否、階数、天上高、空調方
                        式、電気容量、営業可能業種、駐車場その他共有施設の利用状況、フ
                        リーアクセスフロア、床荷重等
          耐震性能診断            ⅰ.新耐震基準又はそれと同水準以上の性能の確保
                      ⅱ.地震リスク分析及び耐震診断実施
          建物・管理診断            ⅰ.関係法規(建築基準法、消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を
                        含みます。)(以下「消防法」といいます。)、都市計画法(昭和43年
                        法律第100号。その後の改正を含みます。)(以下「都市計画法」といい
                        ます。)その他建築法規及び自治体による指導要綱等)の遵守状況等
                      ⅱ.建物状況調査報告書における将来(10~12年程度)の修繕費見込み
                      ⅲ.建物管理状況の良否、管理規約の有無・内容、管理会社へのヒアリング
                      ⅳ.施工業者からの保証及びアフターサービス内容
                      ⅴ.近隣住民との協定書の有無
          環境・土壌等            ⅰ.アスベスト・フロン・PCB等の有害物質の使用・管理状況
                      ⅱ.地質状況、土地利用履歴、土壌等の環境調査
                                  34/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c.法的調査
              評価項目                        調査事項
          権利関係への対応            前所有者等の権利の確実性を検討。特に、共有・区分所有・借地物件等、本
                      投資法人が所有権を有しない又は単独では所有権を有しない等、権利関係が
                      複雑な物件について、以下の点を含めその権利関係について慎重に検討しま
                      す。
                      ⅰ.借地権に関する対抗要件具備の有無及び借地権に優先する他の権利の有
                        無
                      ⅱ.敷地権登記の有無、建物と敷地権の分離処分の制限及びその登記の有
                        無、持分割合の状況
                      ⅲ.敷金保全措置、長期修繕計画に基づく積立金の方針・措置
                      ⅳ.共有物不分割特約及びその登記の有無、共有物分割請求及び共有持分売
                        却等に関する適切な措置の有無並びに共有者間における債権債務関係
                      ⅴ.区分所有の区分性
                      ⅵ.本投資法人による取得前に設定された担保の設定状況や契約の内容とそ
                        の承継の有無
                      ⅶ.借地権設定者、区分所有者及び共有者等と締結された規約・特約等の内
                        容(特に優先譲渡条項の有無とその内容)
                      ⅷ.借地権設定者、区分所有者及び共有者等の法人・個人の別等の属性
                      ⅸ.不動産を信託する信託受益権については信託契約の内容
          境界調査            境界確定の状況、越境物の有無とその状況
          (注)上表に記載する事項は投資対象不動産等取得の判断にあたっての検討事項であり、本投資法人が取得する投資対象物件等が
            結果的に一部の項目について基準を満たさないことがあります。
        (ニ)開発案件への投資方針

           安定的賃貸収入を現に生じている不動産の取得を原則とし、自ら土地を取得し建物を建築する開発投資は
          行わないものとします。ただし、第三者が建築中の物件については、竣工後のテナント確保が十分可能と判
          断され、完工・引渡しリスクが極小化されていると判断できる場合には、当該建物の竣工前の取得契約も検
          討することができることとします。また、既取得物件の建替を行う場合や投資法人が自ら宅地の造成又は建
          物に係る請負契約の注文者となる場合については、本投資法人に一定の期間、賃貸事業収入が生じないデメ
          リットやその他に生じ得るリスク等を十分に勘案した上で実施するものとします。
        (ホ)不動産に関する匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資方針

           不動産に関する匿名組合出資持分(後記「(2)投資対象                             ①投資対象とする資産の種類(イ)f.」に定
          義します。以下同じです。)又は不動産対応証券(後記「(2)投資対象                                     ①投資対象とする資産の種類
          (ロ)」に定義します。以下同じです。)への投資を行う場合は、以下の事項も検討して投資を行うものと
          します。
          a.不動産に関する匿名組合出資持分又は不動産対応証券の裏付けとなる不動産等が本「④                                            投資基準」に適
           合した資産であること。
          b.不動産に関する匿名組合出資持分又は不動産対応証券の運用対象とされる不動産等の売却時に、本投資法
           人による取得機会が与えられていること。
                                  35/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ⑤   運営管理方針
         運用資産の価値の維持向上、空室率の低減、運営管理コストの削減等、安定的な賃貸収益確保のため、以下の
        方針でPM業務を委託します。
        (イ)PM会社選定における基準
           以下の観点から複数のPM会社を比較検討することにより、効果的かつ効率的な運営管理の実行を図りま
          す。
           a.経験及び実績
           b.財務体質・信用力
           c.リーシング能力
           d.建物管理能力
           e.レポーティング能力
           f.報酬手数料の水準
        (ロ)PM会社の管理及び指導監督方針

           主に毎月の状況報告書に基づき、以下の事項につき検証するとともに、PM会社に対し、運用計画に沿った
          運営管理を遂行させるための指導及び監督を行います。
           a.テナントからの入金状況
           b.テナントの入退去の状況
           c.経費等の支払状況
           d.テナントからの要望・クレームとその対応
           e.新規テナントの獲得に関する情報及びその活動内容
           f.修繕等工事の状況
        (ハ)PM会社の評価

           定期的(原則として1年)に以下の観点を含む事項につき運営管理実績を評価し、その結果によってはPM会
          社の変更を検討します。
           a.運営管理計画の達成度
           b.リーシング実績
           c.PM業務の遂行能力
           d.テナント対応能力
        (ニ)テナントの選定

           以下の項目について総合的に評価して選定します。
           a.法人
            ・業種、業歴、決算等
            ・賃貸借の内容(使用目的、契約期間等)
            ・連帯保証人の有無とその属性
            ・保証会社による保証の適否
           b.個人
            ・職業、勤務先の内容等
            ・年収、その他賃料負担能力の根拠
            ・賃貸借の内容(使用目的、契約期間等)
            ・連帯保証人の有無とその属性
            ・保証会社による保証の適否
                                  36/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ⑥   付保方針
        (イ)損害保険
           各不動産の特性に応じて適正と判断される内容の火災保険及び賠償責任保険を付保します。
        (ロ)地震保険

           個別の投資物件のPML(予想最大損失率)値(注)が20%を超過する場合、又は個別の投資物件が加わるこ
          とによりポートフォリオ全体のPML値が10%を超過する場合には、災害による影響と保険料負担等とを総合的
          に比較した上で、地震保険の付保を検討します。
          (注)PML(Probable Maximum Loss)とは、地震による予想最大損失率を意味し、個別物件に関するものと、ポートフォリオ全体
            に関するものとがあります。PMLについての統一された厳密な定義はありませんが、本書においては、想定した予定使用期間
            (50年=一般的建物の耐用年数)中に想定される最大規模の地震(再現期間475年、50年間に起こる可能性が10%の大地震)
            によりどの程度の被害を受けるかを、損害の予想損失額の再調達原価に対する比率(%)で示したものをいいます。以下同
            じです。
            ただし、予想損失額は、地震動による建物(構造部材・非構造部材・建築設備)のみの直接損失に関するものであり、機
            器、家具、什器等の被害や地震後の水又は火災による損失、被災者に対する補償、営業中断による営業損失等の二次的被害
            は含まれていません。
       ⑦   資産運用計画書

         本資産運用会社は、本投資法人の運用資産全体について、投資法人の営業期間を基準として年度(1年)資産運
        用計画書及び中期(3年)資産運用計画書を策定し、計画的な資産の運用を行います。これら資産運用計画書に
        は、新規投資、保有資産の売却及び物件ごとの運営管理計画(修繕計画を含みます。)が含まれます。
        (イ)年度資産運用計画書
           2営業期間ごとに年度資産運用計画書を策定し、本投資法人の計画的なポートフォリオ運用を実施します。
          年度資産運用計画書は、各物件の収支予算、新規投資、保有資産の売却予定から構成され、各営業期間の開
          始時までに、本資産運用会社のコンプライアンス委員会、投資委員会及び取締役会において審議及び決議さ
          れます。
        (ロ)中期(3年)資産運用計画書

           中期(3年)資産運用計画書を策定し、本投資法人の中長期的な視野に立った計画的なポートフォリオ運用
          を実施します。中期(3年)資産運用計画書は、中期の各物件の収支予算、新規投資計画、保有資産の売却計
          画から構成され、各営業期間の開始時までに、本資産運用会社のコンプライアンス委員会、投資委員会及び
          取締役会において審議及び決議されます。
        (ハ)資産運用計画書の検証

           年度資産運用計画書については、月次収支実績による検証を行い、予算と実績に乖離が見られる等、計画
          の見直しが必要と判断される場合には、速やかに修正年度資産運用計画書を策定します。
           また、中期(3年)資産運用計画書については、営業期間ごとに実績による検証を行い、予算と実績に乖離
          が見られる等、計画の見直しが必要と判断される場合には、速やかに修正中期(3年)資産運用計画書を策定
          します。
           資産運用計画書の変更は、本資産運用会社のコンプライアンス委員会、投資委員会及び取締役会において
          審議及び決議されます。
                                  37/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ⑧   売却方針
         本投資法人は、中長期での運用を基本方針として物件の取得を行います。ただし、以下の事項を検討の上、総
        合的に判断して物件の売却を行うことがあります。
        (イ)金融市場及び不動産市場の動向
        (ロ)収益予想
        (ハ)資産価値の増減及びその予測
        (ニ)立地エリアの将来性
        (ホ)ポートフォリオの構成
       ⑨   財務方針

        (イ)基本方針
           本投資法人は、資金調達の機動性及び財務体質の健全性の維持を図りつつ、物件取得による外部成長の実
          現に努めます。
        (ロ)現預金の管理方針

           本投資法人は、修繕、分配金の支払、物件の購入等の諸々の資金需要に対応するため、融資極度枠等の設
          定状況も勘案した上で、妥当と考えられる現預金を常時保有します。また、余資の運用を目的として、安全
          性及び換金性を重視しながら、有価証券又は金銭債権に投資することがあります。
        (ハ)借入れ及び投資法人債発行

         a.短期又は長期、変動又は固定金利及び有担保又は無担保等のバランスをとりながら、借入れ又は投資法人
           債の発行を行います。
         b.本投資法人の資産の総額に対する借入金及び投資法人債の残高の割合の上限は60%を目途とします。な
           お、本投資法人は、本投資法人の負債から生じる金利変動リスクその他のリスクをヘッジするため、デリ
           バティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その後の改
           正を含みます。)(以下「投信法施行令」といいます。)第3条第2号で定めるものをいいます。)への投
           資を行うことがあります。
         c.借入先の選定にあたっては、借入期間、金利、担保提供の要否、手数料等の諸条件につき、市場相場と比
           較しながら総合的に判断して決定します。なお、借入先は、金融商品取引法第2条第3項第1号に規定する適
           格機関投資家(ただし、租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正を含みます。)(以下「租
           税特別措置法」といいます。)第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)に限定します。
        (ニ)投資口の追加発行

           長期的かつ安定的な成長を目指し、投資口の希薄化に配慮しつつ投資口の追加発行を行います。
       ⑩   開示方針

        (イ)本投資法人は、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資情報を、正確
           かつ迅速に開示します。
        (ロ)本投資法人は、投信法、金融商品取引法、一般社団法人投資信託協会が定める規則、その他の法令等及び

           本資産運用会社の諸規程を遵守した情報開示を行います。
        (ハ)本投資法人は、投資主及び投資家に可能な限り迅速かつ理解し易い情報開示に努めます。

       ⑪   その他

         本投資法人は、特定不動産(本投資法人が取得する特定資産のうち不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又
        は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額の本投
        資法人の有する特定資産の合計額に占める割合を100分の75以上とします。
                                  38/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資対象】
       ①   投資対象とする資産の種類
         本投資法人は、前記「1 投資法人の概況 (2)投資法人の目的及び基本的性格 ①                                          投資法人の目的及び基
        本的性格」に記載の資産運用の基本方針に従い、下記の不動産等及び不動産対応証券に投資します(規約別紙1
        「資  産運用の対象及び方針            資産運用の対象」)。
        (イ)不動産等(次に掲げるものをいいます。)
         a.不動産
         b.不動産の賃借権
         c.地上権
         d.不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と合わせて信託する
           包括信託を含みます。)
         e.信託財産を主として不動産、不動産の賃借権又は地上権に対する投資として運用することを目的とする金
           銭の信託の受益権
         f.当事者の一方が相手方の行う上記a.からe.までに掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がそ
           の出資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行う
           ことを約する契約に係る出資の持分(以下「不動産に関する匿名組合出資持分」といいます。)
         g.信託財産を主として不動産に関する匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭
           の信託の受益権
        (ロ)不動産対応証券(裏付けとなる資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的とする、次に掲

           げるものをいいます。)
         a.優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。)(以下
           「資産流動化法」といいます。)第2条第9項に定める優先出資証券をいいます。)
         b.受益証券(投信法第2条第7項に定める受益証券をいいます。)
         c.投資証券(投信法第2条第15項に定める投資証券をいいます。)
         d.特定目的信託の受益証券(資産流動化法第2条第15項に定める特定目的信託の受益証券(上記(イ)d.、
           e.又はg.に規定する資産に該当するものを除きます。)をいいます。)
        (ハ)本投資法人は、上記(イ)及び(ロ)に掲げる不動産等及び不動産対応証券の他、次に掲げる特定資産に

           投資することができます。
         a.預金
         b.コールローン
         c.譲渡性預金証書
         d.有価証券(投信法第2条第5項に定義されるものをいいます。)(ただし、本「① 投資対象とする資産の
           種類」において定められている他の資産に該当するものを除きます。)
         e.金銭債権(投信法施行令第3条第7号に定めるものをいいます。)
         f.信託財産を上記a.からe.までに掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託
           の受益権
         g.デリバティブ取引に係る権利(投信法施行令第3条第2号に定めるものをいいます。)
         h.再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令第3条第11号に定めるものをいいます。)
                                  39/334






                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)本投資法人は、不動産等への投資にあたり、必要がある場合には以下に掲げる資産に投資することができ
           ます。
         a.商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に規定する商標権又はその専用使用権若しく
           は通常使用権(不動産等への投資に付随するものに限ります。)
         b.株式(本投資法人が主たる投資対象とする不動産等資産への投資に付随する場合に取得する当該不動産の
           管理会社等の株式に限ります。)
         c.著作権法(昭和45年法律第48号、その後の改正を含みます。)に基づく著作権等
         d.資産流動化法第2条第6項に規定する特定出資
         e.地役権
         f.民法(明治29年法律第89号、その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)に規定する動産(設
           備、備品その他の構造上又は利用上不動産に付加されたものに限ります。)
         g.上記a.からf.までに掲げる資産のほか、不動産等又は不動産対応証券の投資に付随して取得が必要又
           は有用となるその他の権利
        (ホ)金融商品取引法第2条第2項に規定する有価証券表示権利について当該権利を表示する有価証券が発行され
           ていない場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、上記(イ)から(ニ)までを適用するも
           のとします。
       ②   投資基準及び種類別、地域別、用途別等による投資割合

        (イ)投資基準については、前記「(1)投資方針                         ④   投資基準」をご参照ください。
        (ロ)種類別、地域別、用途別等による投資割合については、前記「(1)投資方針                                         ③   ポートフォリオ構築方

           針」をご参照ください。
                                  40/334












                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (3)【分配方針】
        本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします(規約第32条)。
       ①   利益の分配(規約第32条第1号)
        (イ)投資主に分配する金銭の総額のうち、利益の額(以下「分配可能金額」といいます。)は、わが国におい
           て一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して計算される金額とします。
        (ロ)分配金額は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額(以
           下「配当可能利益の額」といいます。)の100分の90に相当する金額を超えて本投資法人が決定する金額と
           します。
           なお、本投資法人は、運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、支払準備金、分
           配準備積立金(注)並びにこれらに類する積立金及び引当金のほか必要な金額を分配可能金額から積み立
           て、又は留保その他の処理を行うことができます。
           (注)本投資法人は、2017年1月期に分配準備積立金を一時差異等調整積立金に振り替えています。
       ②   利益を超えた金銭の分配(規約第32条第2号)

         本投資法人は、分配可能金額が配当可能利益の額の100分の90に相当する金額に満たない場合、又は本投資法人
        が適切と判断した場合、又は本投資法人における法人税等の課税負担を軽減することができる場合、投信協会の
        規則に定められる金額を限度として、本投資法人が決定した金額を、利益を超えた金銭として分配することがで
        きます。ただし、この場合において、金銭の分配金額が投資法人に係る課税の特例規定における要件を満たさな
        い場合には、当該要件を満たす目的をもって本投資法人が決定した金額をもって、分配可能金額を超えて金銭の
        分配をすることができます。
       ③   分配金の分配方法(規約第32条第3号)

         分配は、金銭により行うものとし、原則として決算期から3か月以内に、決算期現在の最終の投資主名簿に記載
        又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象にその有する投資口の口数又は登録投資口質権の対象たる投
        資口の口数に応じて分配します。
       ④   分配金請求権の除斥期間(規約第32条第4号)

         本投資法人は、本条に基づく金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、その分
        配金の支払義務を免れるものとします。なお、未払分配金には利息は付さないものとします。
       ⑤   一般社団法人投資信託協会の規則(規約第32条第5号)

         本投資法人は、上記①から④までのほか、金銭の分配にあたっては、投信協会の定める規則等に従うものとし
        ます。
                                  41/334








                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (4)【投資制限】
       ①   規約に基づく投資制限
         本投資法人の規約に基づく投資制限は、以下の通りです。
        (イ)投資制限(規約別紙1「資産運用の対象及び方針                           投資制限」)
         a.有価証券及び金銭債権に係る制限
           本投資法人は、有価証券及び金銭債権への投資を、安全性及び換金性を重視して行うものとし、積極的な
          運用益の取得のみを目指した投資を行わないものとします。
         b.デリバティブ取引に係る制限
           本投資法人は、デリバティブ取引に係る権利への投資を、本投資法人に係る負債から生じる金利変動リス
          クその他のリスクをヘッジすることを目的としてのみ行うものとします。
         c.本投資法人は、投資対象となる不動産(不動産を除く不動産等及び不動産対応証券の裏付けとなる不動産
           等を含みます。)を国内に所在する不動産に限定します。
         d.本投資法人は、外貨建資産への投資は行わないものとします。
        (ロ)組入資産の貸付(規約別紙1「資産運用の対象及び方針                              取得した資産の貸付けの目的及び範囲」)

         a.本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する不動産(本投資法人が取得す
           る不動産等以外の不動産対応証券の裏付けとなる不動産を含みます。以下本(ロ)において同じです。)
           を賃貸(駐車場、看板等の設置等を含みます。)することができます。
         b.本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金又は保証金等これらに類する金銭を収受することがあり、かか
           る収受した金銭を前記投資方針に従い運用することができます。
         c.本投資法人は、運用資産に属する不動産以外の運用資産の貸付けを行うことがあります。
        (ハ)借入金及び投資法人債発行の限度額等(規約第30条)

         a.借入れの目的
           借入れ及び投資法人債により収受した金銭の使途は、資産の取得、修繕、分配金の支払、本投資法人の運
          営に要する資金又は債務の返済(敷金及び保証金の返還並びに借入金及び投資法人債の債務の返済を含みま
          す。)等とします。
         b.借入金及び投資法人債発行の限度額
           借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないものと
          します。
         c.借入先
           本投資法人は、安定した収益の確保及び運用資産の着実な成長を目的として、資金の借入れ又は投資法人
          債の発行を行うことができます。なお、資金を借り入れる場合は、金融商品取引法第2条第3項第1号に規定す
          る適格機関投資家(租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)からの借入れに限るも
          のとします。
         d.担保の提供
           上記c.に基づき借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、本投資法人は、運用資産を担保とし
          て提供することができます。
       ②   その他の投資制限

        (イ)有価証券の引受け及び信用取引
           本投資法人は有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
        (ロ)集中投資

           集中投資について制限はありません。なお、ポートフォリオの構築方針については、前記「(1)投資方針
           ③   ポートフォリオ構築方針」をご参照ください。
        (ハ)他のファンドへの投資

           不動産に関する匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資を行う場合は、本投資法人の資産の総額に
          対する、投資時における不動産に関する匿名組合出資持分又は不動産対応証券の割合が100分の10以内となる
          ようにします。
                                  42/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     3【投資リスク】
      (1)リスク要因
        以下には、本投資証券又は本投資法人債券への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事
       項を記載しています。ただし、以下は本投資証券又は本投資法人債券への投資に関するすべてのリスクを網羅した
       ものではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。また、個別の不動産又は信託不動産に特有のリスク
       については、後記「5            運用状況      (2)投資資産         ③   その他投資資産の主要なもの              (ニ)個別不動産等の概要」
       を併せてご参照ください。
        本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です
       が、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資証券
       又は本投資法人債券の市場価格は下落し、発行価格に比べ低くなることもあると予想され、その結果、投資主又は
       投資法人債権者が損失を被る可能性があります。また、本投資法人の純資産額の低下、その他財務状況の悪化によ
       る分配金の減少が生じる可能性があります。
        各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で本投資証券又は
       本投資法人債券に関する投資判断を行う必要があります。
        本項に記載されているリスク項目は、以下の通りです。なお、本項において将来に関する事項が記載されている
       場合がありますが、当該事項については、本投資法人が本書提出日現在において判断したものです。
       ①   本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク
        (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
        (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク
        (ハ)金銭の分配に関するリスク
        (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク
        (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
        (ヘ)投資法人債券の償還・利払に関するリスク
        (ト)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことについて
       ②   本投資法人の運用方針に関するリスク
        (イ)優先交渉権等に関する覚書等に基づく物件取得が想定通りに行えないリスク
        (ロ)地域的な偏在に関するリスク
        (ハ)不動産を取得又は処分できないリスク
        (ニ)投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
        (ホ)投資対象を賃貸住宅に特化していることによるリスク
       ③   本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク
        (イ)伊藤忠商事株式会社等への依存、利益相反に関するリスク
        (ロ)PM会社に関するリスク
        (ハ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
        (ニ)本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
        (ホ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
        (ヘ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
        (ト)敷金及び保証金に関するリスク
       ④   不動産及び信託の受益権に関するリスク
        (イ)不動産の欠陥又は瑕疵に関するリスク
        (ロ)賃貸借契約に関するリスク
        (ハ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク
        (ニ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
        (ホ)不動産に係る行政法規及び条例等に関するリスク
        (ヘ)法令の制定又は変更に関するリスク
        (ト)売主の倒産等の影響を受けるリスク
        (チ)マスターリース会社に関するリスク
        (リ)転貸に関するリスク
                                  43/334


                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ヌ)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク
        (ル)共有物件に関するリスク
        (ヲ)区分所有建物に関するリスク
        (ワ)借地物件に関するリスク
        (カ)借家物件に関するリスク
        (ヨ)開発物件に関するリスク
        (タ)有害物質に関するリスク
        (レ)保留地に関するリスク
        (ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
        (ツ)フォワード・コミットメント等に係るリスク
        (ネ)テナント集中に関するリスク
       ⑤   税制に関するリスク
        (イ)導管性要件に関するリスク
        (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
        (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
        (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク
       ⑥   その他
        (イ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク
        (ロ)専門家報告書等に関するリスク
        (ハ)減損会計の適用に関するリスク
        (ニ)取得予定資産の取得及び売却予定資産の売却を実行することができないリスク
        (ホ)過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク
        (ヘ)シニアタイプ物件に関するリスク
        (ト)一時差異等調整積立金の活用方針に関するリスク
        (チ)匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資に関するリスク
       ①   本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク

        (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
           本投資法人は、投資主からの請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資主が本
          投資証券を換価する手段は、第三者に対する売却に限定されます。
           本投資証券又は本投資法人債券の市場価格は、金融商品取引所における需給バランスにより影響を受け、
          一定の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。
           また、市場価格は、金利情勢、経済情勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変
          動します。本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督
          官庁による行政処分の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下
          落することがあります。
           そのため、投資主又は投資法人債権者は、本投資証券又は本投資法人債券を取得した価格で売却できない
          可能性があり、その結果、損失を被る可能性があります。
        (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク

           本投資証券は、東京証券取引所に上場していますが、本投資法人の資産総額の減少、投資証券の売買高の
          減少その他の東京証券取引所の有価証券上場規程に定める上場廃止基準に抵触する場合には、本投資証券の
          上場が廃止されます。本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡す
          る他に換金の手段がないため、本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投
          資証券の譲渡自体が事実上不可能となる場合があり、損失を被る可能性があります。
                                  44/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)金銭の分配に関するリスク
           本投資法人は前記「2            投資方針      (3)分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分
          配を行う予定ですが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではありませ
          ん。本投資法人が取得する不動産及び不動産を裏付けとする資産の当該裏付け不動産(以下、本「(1)リス
          ク要因」の項において「不動産」と総称します。)の賃貸状況、売却に伴う損益や建替えに伴う除却損等に
          より、期間損益が変動し、投資主への分配金が増減することがあります。また、課税負担を軽減する目的で
          期間利益を超える分配を行うことや、逆に下回る分配に留まることがあります。
        (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク

           本投資法人の収入は、不動産の賃料収入に主として依存しています。不動産に係る賃料収入は、不動産の
          稼働率の低下等により、大きく減少する可能性があるほか、賃借人との協議や賃借人からの請求等により賃
          料が減額されることや、契約通りの増額改定を行えない可能性もあります(なお、これら不動産に係る賃料
          収入に関するリスクについては、後記「④                      不動産及び信託の受益権に関するリスク                     (ロ)賃貸借契約に
          関するリスク」をご参照ください。)。本書において開示されている運用資産の過去の収支の状況や賃料総
          額も、当該資産の今後の収支の状況や賃料総額を必ずしも予測させ又は保証するものではありません。ま
          た、当該不動産に関して締結される賃貸借契約に基づく賃料が、一般的な賃料水準に比して適正な水準にあ
          るとは限りません。
           一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、大規模修繕等に要する
          費用支出、多額の資本的支出、不動産の取得等に要する費用、その他不動産に関する支出が状況により増大
          し、キャッシュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。
           このように、不動産からの収入が減少する可能性があるとともに、不動産に関する支出は増大する可能性
          があり、これら双方又はいずれか一方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少することや、本投資
          証券の市場価格が下落することがあります。
        (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク

           本投資法人は、新規投資口を随時追加発行する予定ですが、かかる追加発行により既存の投資主の保有す
          る投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中に追加発行された投資口に対して、当該
          営業期間の期初から存在する投資口と同額の金銭の分配が行われる場合には、既存の投資主は、追加発行が
          なかった場合に比して、悪影響を受ける可能性があります。
           さらに、追加発行の結果、本投資口1口当たりの価値や市場における需給バランスが影響を受ける可能性が
          あります。
        (ヘ)投資法人債券の償還・利払に関するリスク

           本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債券について元本や利子の支払が滞ること
          や、支払不能が生じるリスクがあります。
        (ト)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことについて

           本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、本投資法人の意思決定に参画することができる他、本投資
          法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ず
          しも同一ではありません。たとえば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員会の
          承認のみで確定し(投信法第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会は、
          必ずしも、決算期ごとに招集されるわけではありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議
          決権を行使しないときは、当該投資主はその投資主総会に提出された議案について賛成するものとみなされ
          ます(投信法第93条第1項、規約第14条第1項)。さらに、本投資法人は、資産の運用に係る業務その他の業
          務を本資産運用会社その他の第三者に委託しています。これらの要因により、投資主による資産の運用に係
          る業務その他の業務に対する統制が効果的に行えない可能性もあります。
                                  45/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②   本投資法人の運用方針に関するリスク
        (イ)優先交渉権等に関する覚書等に基づく物件取得が想定通りに行えないリスク
           本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠サポートライン会社、パートナーサポートライン会社及び物件
          情報提供ライン会社との間で、優先交渉権等に関する覚書等を締結しています。しかし、これらの会社は、
          一定の不動産につき、本投資法人及び本資産運用会社に情報の提供を受ける権利や取得に関する優先交渉権
          等を与えるものにすぎず、これらの会社は、本投資法人に対して、不動産を本投資法人の希望する価格で売
          却する義務等を負っているわけではありません。また、これらの会社が本投資法人と競合して不動産を取得
          する可能性を完全に排除するものではありません。即ち、本投資法人は、優先交渉権等に関する覚書等によ
          り、本投資法人が適切であると判断する不動産を適切な価格で取得できることまで常に確保されているわけ
          ではありません。
           したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産の
          ポートフォリオを構築できない可能性があります。
        (ロ)地域的な偏在に関するリスク

           本投資法人は、投資金額(本投資法人が取得する資産及び旧ADR保有資産については、当該不動産等の
          取得に要した諸費用(売買媒介手数料、公租公課等)を含まない金額(信託受益権譲渡契約書又は不動産売
          買契約書に記載された不動産等の売買代金)を、NRI保有資産については、2010年2月末時点の鑑定評価額
          又は調査価格を、それぞれ指します。)を基準として70%以上を東京23区に所在する不動産等に投資する方
          針です。このように、投資対象となる不動産が地域的に偏在していることから、東京23区における地域経済
          や不動産マーケットの変動、地震・台風等の災害、人口変動等の特有な事象の発生によって、本投資法人の
          収益に重大な悪影響が生じる可能性があります。
        (ハ)不動産を取得又は処分できないリスク

           不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強いために代替性がなく、流動性が低いため、希望する時
          期に希望する物件を取得又は処分できない可能性があります。また、不動産投資信託、その他のファンド及
          び投資家等による不動産に対する投資が活況である場合には、必ずしも、本投資法人が取得を希望した不動
          産等及び不動産対応証券等を取得することができるとは限りません。取得が可能であったとしても、投資採
          算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあります。さらに、本投資法人
          が不動産等及び不動産対応証券等を取得した後にこれらを処分する場合にも、投資採算の観点から希望した
          価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあります。
           以上の結果、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを
          構築できない可能性があり、またポートフォリオの組替えが適時に行えない可能性があります。
        (ニ)投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク

           投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用
          力、金利情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で投資口の追
          加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取
          得できなかったり、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性がありま
          す。なお、本投資法人は、本投資法人の借入れに係る全貸付人との間で「基本合意書」を締結しており、当
          該合意書には、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する財務制限条項が設けられていま
          す。
           また、本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資
          法人債の発行の条件として、投資主への金銭の分配を制約する等の財務制限条項が設けられたり、運用資産
          に担保を設定することとなったり、規約の変更が制限される等の可能性があり、このような制約が本投資法
          人の運営に支障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
           さらに、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左右され、変動金利
          の場合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は、本投資法
          人の借入額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資法人の利払額は増加します。このような利払
          額の増加により、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  46/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ホ)投資対象を賃貸住宅に特化していることによるリスク
           本投資法人は、不動産の中でも、賃貸住宅を主たる投資対象としています。
           したがって、本投資法人の業績は、景気動向、人口・世帯数動向等に大きく依存しているということがで
          きます。場合によっては、入居者が、賃料を約定通り支払うことができなくなったり、賃貸借契約を解約し
          て又は更新せずに退去したり、賃料の減額請求を行ったりする可能性があります。これらの要因により、本
          投資法人の収益は悪影響を受ける可能性があります。
       ③   本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

        (イ)伊藤忠商事株式会社等への依存、利益相反に関するリスク
           伊藤忠商事株式会社は、本書の日付現在、本資産運用会社の80.58%の株式を保有しています。また、伊藤
          忠商事株式会社は、本資産運用会社の取締役及び従業員の主要な出向元であり、本資産運用会社の社外取締
          役の兼任先です。また、本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠商事株式会社との間で優先交渉権等に関
          する覚書を締結しています(優先交渉権等に関する覚書については、前記「2                                       投資方針      (1)投資方針 
          ②   本投資法人の成長戦略             (イ)外部成長戦略           a.伊藤忠サポートラインの活用による外部成長戦略」
          をご参照ください。)。
           また、本投資法人は、基本的に、伊藤忠商事株式会社の子会社である伊藤忠アーバンコミュニティ株式会
          社に対してマスターリース兼PM業務委託を集約化する方針です。
           即ち、本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠商事株式会社及び伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社
          と密接な関係を有しており、本投資法人による安定した収益の確保と成長性に対する影響は相当程度高いと
          いうことができます。
           したがって、本投資法人及び本資産運用会社が伊藤忠商事株式会社及び伊藤忠アーバンコミュニティ株式
          会社との間で、本書の日付現在における関係と同様の関係を維持できなくなった場合や、伊藤忠商事株式会
          社及び伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社に業務の懈怠その他義務違反があった場合、上記契約が解除さ
          れた場合、伊藤忠商事株式会社及び伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社が倒産手続その他の理由により業
          務遂行能力を維持できなくなった場合等には、本投資法人に悪影響が及ぶ可能性があります。
           さらに、本投資法人や本資産運用会社が、資産運用活動その他を通じて、伊藤忠商事株式会社又は同社が
          運用するファンドとの間で取引を行う場合、伊藤忠商事株式会社又は同社が運用するファンドの利益を図る
          ために、本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反する行為を行う可能性もあり、その場合には、
          本投資法人の投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。
           上記のほか、本資産運用会社の出資者であり優先交渉権等に関する覚書等を締結している伊藤忠都市開発
          株式会社についても、上記の伊藤忠商事株式会社と類似のことが言えます。
        (ロ)PM会社に関するリスク

           一般に、賃借人の管理、建物の保守管理等不動産の管理業務全般の成否は、PM会社の能力、経験、ノウハ
          ウによるところが大きく、本投資法人が保有する不動産の管理についても、管理を委託するPM会社の業務遂
          行能力に強く依拠することになります。
           管理委託先を選定するにあたっては、当該PM会社の能力、経験及びノウハウ等を十分考慮することが前提
          となりますが、そのPM会社における人的又は財産的基盤が維持される保証はありません。また、複数の不動
          産に関して、他の顧客(他の不動産投資法人を含みます。)から不動産の管理及び運営業務を受託し、本投
          資法人の投資対象不動産に係るPM業務と類似又は同種の業務を行う可能性があります。これらの場合、当該
          PM会社は、本投資法人以外の者の利益を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能性がありま
          す。さらに、PM会社につき、業務懈怠又は倒産事由が生じないとの保証はありません。これらの事象が生じ
          た場合、本投資法人は、管理委託契約を解除することはできますが、この場合、後任のPM会社が任命される
          まではPM会社不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に当該投資対象不動産の管理状況が悪化する
          可能性があります。
                                  47/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
           本投資法人は、投信法に基づき、すべての執行役員及び監督役員から構成される役員会において重要な意
          思決定を行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事務を一般事務受託者
          に、それぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及び
          ノウハウに依存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等
          を必ずしも維持できる保証はありません。また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本投
          資法人の関係者に関する義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関係者が投信法その他の法
          令に反し、又は、法定の措置をとらないときは、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があり
          ます。
           また、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者
          としての注意義務(善管注意義務)、本投資法人のために忠実に職務を遂行する義務(忠実義務)、利益相
          反状況にある場合に本投資法人の利益を害してはならない義務、その他の義務に違反した場合には、本投資
          法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。
           このほかに、本資産運用会社又は本投資法人若しくは運用資産である不動産信託受益権に関する信託受託
          者から委託を受ける業者として、PM会社、建物の管理会社、テナント債務の保証受託会社等があります。本
          投資法人の収益性の向上及び安定のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところも大き
          いと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はな
          く、またこれらの者との契約が将来にわたり維持される保証もありません。これらの者について業務の懈怠
          その他の義務違反があった場合や業務遂行能力が失われた場合その他何らかの理由によりこれらの者との契
          約が終了した場合には本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ニ)本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク

           本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存しており、これらの
          人材が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
        (ホ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク

           本投資法人の規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の
          承認が必要ですが、本投資法人の役員会及び本資産運用会社の取締役会が定めたより詳細な投資方針、ポー
          トフォリオ構築方針、運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更することが
          可能です。そのため、本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性がありま
          す。
        (ヘ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

           本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「破産法」といいま
          す。)上の破産手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。)(以下「民事再生
          法」といいます。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性がありま
          す。
           本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に
          投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資証券の
          上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
           本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後
          の残余財産の分配を受けることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、
          投資金額の全部又は一部を回収することができない可能性があります。
                                  48/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ト)敷金及び保証金に関するリスク
           本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用資産の取得資金の一
          部として利用する場合があります。しかし、賃貸市場の動向、賃借人との交渉等により、本投資法人の想定
          よりも賃借人からの敷金及び保証金の預託額が少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があり、この場
          合、必要な資金を借入れ等により調達せざるを得なくなります。また、敷金又は保証金を本投資法人が利用
          する条件として、本投資法人が敷金又は保証金の返還債務を負う場合があり、当該返還債務の履行に必要な
          資金を借入れ等により調達する可能性があります。これらの結果、本投資法人の収益に悪影響をもたらす可
          能性があります。
       ④   不動産及び信託の受益権に関するリスク

         本投資法人の主たる運用資産は、前記「2                     投資方針      (2)投資対象         ①   投資対象とする資産の種類」に記
        載の通り、不動産等及び不動産対応証券です。不動産を信託する信託の受益権その他不動産を裏付けとする資産
        の所有者は、その信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的には、ほぼ同様
        の利益状況に置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関するリスクは、不動産を信託する信託の受益
        権その他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。
         なお、信託の受益権特有のリスクについては、後記「(ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固
        有のリスク」をご参照ください。
        (イ)不動産の欠陥又は瑕疵に関するリスク
           不動産には権利、地盤、地質、構造等に関して欠陥、瑕疵等(工事における施工の不具合や施工報告書の
          施工データの転用・加筆等がなされているものを含みますが、これらに限りません。)が存在している可能
          性があり、また、かかる欠陥、瑕疵等が取得後に判明する可能性もあります。建築基準法等の行政法規が求
          める所定の手続を経由した不動産についても、一般的に、建物の施工を請負った建築会社又はその下請け業
          者において、建物が適正に施工されない場合がありうるほか、建築基準関係規定の求める安全性や構造耐力
          等を有することが保証されるわけではありません。本投資法人は、状況によっては、前所有者又は前信託受
          益者に対し一定の事項につき表明及び保証を要求し、瑕疵担保責任を負担させる場合もありますが、たとえ
          かかる表明及び保証が真実でなかったことを理由とする損害賠償責任や瑕疵担保責任を追及できたとして
          も、これらの責任の期間及び責任額は一定範囲に限定されるのが通例であり、また、前所有者又は前信託受
          益者が解散したり無資力になっているために実効性がない場合もあります。
           これらの場合には、当該欠陥、瑕疵等の程度によっては当該不動産の資産価値が低下することを防ぐため
          に買主である本投資法人が当該欠陥、瑕疵等の修補、建替えその他に係る予定外の費用を負担せざるを得な
          くなることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           また、本投資法人が不動産を売却する場合、本投資法人は、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。そ
          の後の改正を含みます。)(以下「宅建業法」といいます。)上、宅地建物取引業者とみなされるため、同
          法に基づき、売却の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、不動産の売買契約において、瑕疵担保
          責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、本投資法人が不動産を売
          却する場合は、売却した不動産の欠陥、瑕疵等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなる
          ことがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等
          により制限を受ける可能性があるほか、第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があ
          ります。その結果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
           また、不動産登記簿の記録を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがあ
          ります。さらに、権利に関する事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項が現況と一致
          していない場合もあります。このような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約
          上可能な範囲で責任を追及することとなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
        (ロ)賃貸借契約に関するリスク

         a.賃貸借契約の解約及び更新に関するリスク
           賃借人が賃貸借契約上解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても賃貸借契約が終了するこ
          とがあるほか、賃貸借契約の期間満了時に契約の更新がなされない場合もあるため、稼働率が低下し、不動
          産に係る賃料収入が減少することがあります。また、解約禁止条項、解約ペナルティ条項等を置いて期間中
          の解約権を制限している場合や更新料を定めている場合でも、裁判所によって所定の金額から減額されるこ
          とや、かかる条項の効力が否定される可能性があります。
           以上のような事由により、賃料収入等が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又
          は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
                                  49/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         b.賃料不払に関するリスク
           賃借人の財務状況が悪化した場合又は破産手続、民事再生法上の再生手続若しくは会社更生法(平成14年
          法律第154号。その後の改正を含みます。)(以下「会社更生法」といいます。)上の更生手続その他の倒産
          手続(以下、併せて「倒産等手続」と総称します。)の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が
          滞る可能性があり、この延滞賃料等の債務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲を超える状況になっ
          た場合には、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
         c.賃料改定に係るリスク
           テナントとの賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合には、多くの場合、賃料等の賃貸借契約の内容
          について、定期的に見直しを行うこととされています。
           したがって、本書の日付現在の賃料が今後も維持される保証はありません。賃料改定により賃料が減額さ
          れた場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があり
          ます。
           また、定期的に賃料等を増額する旨の規定が賃貸借契約にある場合でも、賃借人との交渉いかんによって
          は、必ずしも、規定通りに賃料を増額できるとは限りません。
         d.賃借人による賃料減額請求権行使のリスク
           建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約において借地借家法(平成3年法律第90号。その後の改正を含みま
          す。)(以下「借地借家法」といいます。)第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特約を設けた場合を
          除いて、同条に基づく賃料減額請求をすることができます。請求が認められた場合、当該不動産から得られ
          る賃料収入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可
          能性があります。なお、定期建物賃貸借契約において借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する
          特約を設けた場合には、同条に基づく賃料増額請求もできなくなるので、かかる賃料が契約締結時に予期し
          得なかった事情により一般的な相場に比べて低額となり、通常の賃貸借契約の場合よりも低い賃料収入しか
          得られない可能性があります。
         e.敷引特約に関するリスク
           敷引特約がある賃貸借契約については、敷引額の敷金額に対する割合が高い場合において、敷引特約の全
          部又は一部の有効性が否定され、本投資法人が引き継いだ敷金額より多額の敷金返還債務を負う可能性があ
          ります。
        (ハ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク

           火災、地震、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、戦争、暴動、騒乱、テロ等(以下「災害等」といいま
          す。)により不動産が滅失、劣化又は毀損し、又はライフラインの断絶、周辺環境の悪化等の間接被害によ
          り、その価値が影響を受ける可能性があります。このような場合には、滅失、劣化又は毀損した個所の修復
          のため一定期間建物が不稼働となることや、安全な地域への退避により退去者が増加する可能性がありま
          す。その結果、賃料収入が減少し当該不動産の価値が下落することが考えられ、投資主又は投資法人債権者
          に損害を与える可能性があります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払
          われる上限額を上回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等が発生した場合又は保険契約に
          基づく保険会社による支払が他の何らかの理由により行われず、減額される場合若しくは遅れる場合には、
          本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        (ニ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク

           運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が
          発生し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民
          法上無過失責任を負うことがあります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、上記(ハ)
          と同様、本投資法人は悪影響を受ける可能性があります。
           また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要となる場合には、かかる修繕又は対処に関
          連して多額の費用を要する可能性があります。加えて、不動産の所在地によっては、自然由来と推定される
          原因によって有害物質が存在し、その対処に関連して相当の費用を要する可能性があります。かかる修繕又
          は対処が困難又は不可能な場合には、不動産から得られる賃料収入が減少し、不動産の価格が下落する可能
          性があります。
                                  50/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           さらに、経済状況によっては、インフレーション、水道光熱費等の費用の高騰、不動産管理や建物管理に
          係る費用、備品調達等の管理コスト及び各種保険料等のコストの上昇、租税公課の増大その他の理由によ
          り、不動産の運用に関する費用が増加する可能性があります。
        (ホ)不動産に係る行政法規及び条例等に関するリスク

           建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整
          理等の行政行為の規定の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存する建物(現に建
          築中のものを含みます。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱いとされています(いわゆ
          る既存不適格)。しかし、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用されるの
          で、現行の規定に合致するよう手直しをする必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、ま
          た、現状と同規模の建物を建築できない可能性があります。
           また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性
          があります。例えば、都市計画法、地方公共団体の条例による風致地区内における建築等の規制、河川法
          (昭和39年法律第167号。その後の改正を含みます。)による河川保全区域における工作物の新築等の制限、
          文化財保護法(昭和25年法律第214号。その後の改正を含みます。)に基づく試掘調査義務、航空法(昭和27
          年法律第231号。その後の改正を含みます。)による建造物等の高さ制限、一定割合において住宅を付置する
          義務や、駐車場設置義務、福祉配慮設備設置義務、緑化推進義務及び雨水流出抑制施設設置義務等が挙げら
          れます。このような義務が課せられている場合、当該不動産の処分及び建替え等に際して、事実上の困難が
          生じるほか、これらの義務を遵守するための追加的な費用負担が生じる可能性があります。さらに、運用資
          産である不動産を含む地域が道路設置等の都市計画の対象となる場合には、当該都市計画対象部分に建築制
          限が付されることや、建物の敷地とされる面積が減少することにより、収益が減少する可能性があります。
          また、当該不動産に関して建替え等を行う際に、現状と同規模の建築物を建築できない可能性があります。
        (ヘ)法令の制定又は変更に関するリスク

           土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後の改正を含みます。)(以下「土壌汚染対策法」といいま
          す。)のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産に
          つき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性がありま
          す。
           また、消防法その他不動産の管理に影響する関係法令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能
          性があります。さらに、建築基準法、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行政行
          為等により不動産に関する権利が制限される可能性があります。このような法令若しくは行政行為又はその
          変更等が本投資法人の収益に悪影響をもたらす可能性があります。
        (ト)売主の倒産等の影響を受けるリスク

           本投資法人が、債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義があ
          る者を売主として不動産を取得した場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取消される(詐害行
          為取消)可能性があります。また、本投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始した
          場合には、不動産の売買が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
           また、本投資法人が、ある売主から不動産を取得した別の者(以下、本(ト)において「買主」といいま
          す。)からさらに不動産を取得した場合において、本投資法人が、当該不動産の取得時において、売主と買
          主間の当該不動産の売買が詐害行為として取消され又は否認される根拠となりうる事実関係を知っている場
          合には、本投資法人に対しても、売主・買主間の売買が否認され、その効果を主張される可能性がありま
          す。
           本投資法人は、管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等について諸般の事情を慎重に検討し、
          実務的に可能な限り管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等を回避するよう努めますが、このリ
          スクを完全に排除することは困難です。
           さらに、取引の態様によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、担保取引であると判断され、
          当該不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売主の
          財産に属するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
                                  51/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (チ)マスターリース会社に関するリスク
           運用資産である特定の不動産において、PM会社が不動産の所有者である本投資法人又は信託受託者との間
          でマスターリース契約を締結してマスターリース会社となり、その上でエンド・テナントに対して転貸して
          いる場合があります。また、今後も同様の形態を用いる場合があります。
           この場合、マスターリース会社の財務状態の悪化等により、エンド・テナントからマスターリース会社に
          対して賃料が支払われたにもかかわらず、マスターリース会社から賃貸人である信託受託者又は本投資法人
          への賃料の支払が滞る可能性があります。
           また、マスターリース会社の倒産又は契約期間満了等によりマスターリース契約が終了した場合には、稼
          働率の低下等が生じる可能性があります。
        (リ)転貸に関するリスク

           賃借人(転借人を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸する権限を与えた場合、本投資法人は、
          不動産に入居するテナントを自己の意思により選択できなくなることや、退去させられなくなる可能性があ
          るほか、賃借人の賃料が、転借人の賃借人に対する賃料に連動する場合、転借人の信用状態等が、本投資法
          人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
           また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契
          約上、賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定され
          ている場合等には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、
          敷金等の返還原資は賃貸人の負担となり、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ヌ)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク

           テナントによる不動産の利用・管理状況により、当該不動産の資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が
          及ぶ可能性があります。また、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不動産のテナン
          ト属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。
           例えば、建物そのものが法令や条例等の基準を満たす場合であっても、入居者による建物への変更工事、
          内装の変更、その他利用状況等により、建築基準法・消防法その他の法令や条例等に違反する状態となり、
          本投資法人が、その改善のための費用を負担する必要が生じ、又は法令上不利益を被る可能性があります。
          また、賃貸借契約における規定の如何にかかわらず、入居者による転貸や賃借権の譲渡が本投資法人の承諾
          なしに行われる可能性があります。その他、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不
          動産のテナント属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。
           なお、本投資法人は、かかるリスクを低減するため、独自のテナント審査基準に基づくテナント審査の実
          施、また、定期的にテナントの不動産利用状況の調査を行う方針ですが、なおかかるリスクが現実化しない
          という保証はありません。
        (ル)共有物件に関するリスク

           運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独
          で所有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
           まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の価格に従い、その過半
          数で行うものとされているため(民法第252条)、持分の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理
          及び運営について本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持
          分の割合に応じて共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者によるこれらの権
          利行使によって、本投資法人の当該不動産の保有又は利用が妨げられるおそれがあります。
           さらに、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256
          条)、及び裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共有者の
          意図に反して他の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
                                  52/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有しま
          せん。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産手続の対象となった場合に
          は、管財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、倒
          産手続の対象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます(破産法第52
          条、会社更生法第60条、民事再生法第48条)。
           他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体
          について当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられ
          ています。したがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持
          分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持
          分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
           共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、共有不動産については、共有者
          間で共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を第三者に売却する場合に他
          の共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
           不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になる
          と一般的には解されており、共有者は他の賃貸人である共有者の信用リスクの影響を受ける可能性がありま
          す。
           共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却に
          より多くの時間と費用を要し、あるいは価格の減価要因が増す可能性があります。
        (ヲ)区分所有建物に関するリスク

           区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。)
          (以下「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と
          共有となる共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。区分所有建物の場合に
          は、区分所有法上、法定の管理方法及び管理規約(管理規約の定めがある場合)によって管理方法が定めら
          れます。建替決議等をする場合には集会において区分所有者及び議決権(管理規約に別段の定めのない限
          り、その有する専有部分の床面積の割合)の各5分の4以上の多数の建替決議が必要とされる等(区分所有法
          第62条)、区分所有法の適用を受けない単独所有物件と異なり管理方法に制限があります。
           区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができますが、区分所有者間で優先的購入権の合意をす
          ることがあることは、共有物件の場合と同様です。
           区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
           区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいま
          す。区分所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る
          敷地利用権を分離して処分することが原則として禁止されています(区分所有法第22条)。ただし、敷地権
          の登記がなされていない場合には、分離処分の禁止を善意の第三者に対抗することができず、分離処分が有
          効となります(区分所有法第23条)。また、区分所有建物の敷地が数筆に分かれ、区分所有者が、それぞ
          れ、その敷地のうちの一筆又は数筆の土地について、単独で、所有権、賃借権等を敷地利用権(いわゆる分
          有形式の敷地利用権)として有している場合には、分離して処分することが可能とされています。このよう
          に専有部分とそれに係る敷地利用権が分離して処分された場合、敷地利用権を有しない区分所有者が出現す
          る可能性があります。
           また、敷地利用権が使用借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第
          三者に移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性が
          あります。
           このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、取得及び売却により多くの
          時間と費用を要し、あるいは価格の減価要因が増す可能性があります。
                                  53/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ワ)借地物件に関するリスク
           借地権とその借地上に存在する建物については、自らが所有権を有する土地上に存在する建物と比べて特
          有のリスクがあります。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に
          消滅し(定期借地権の場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由が
          ある場合に消滅します(普通借地権の場合)。また、借地権が地代の不払その他により解除その他の理由に
          より消滅してしまう可能性もあります。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求できる場合(借地
          借家法第13条、借地法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。)第4条)を除き、借地上に存在す
          る建物を取り壊した上で、土地を返還しなければなりません。普通借地権の場合、借地権の期限到来時の更
          新拒絶につき上記正当事由が認められるか否かを本投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能で
          あり、仮に建物の買取請求権を有する場合でも、買取価格が本投資法人が希望する価格以上である保証はあ
          りません。
           また、本投資法人が借地権を有している土地の所有権が、他に転売されるほか、借地権設定時に既に存在
          する土地上の抵当権等の実行により第三者に移ってしまう可能性があります。この場合、借地権について適
          用のある法令に従い第三者対抗要件が具備されていないときは、本投資法人は、借地権を当該土地の新所有
          者に対して対抗できず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
           さらに、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要と
          なります。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになる
          ので、原則として、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権
          設定者への承諾料の支払が予め約束されている場合のほか、約束されていなくても慣行を理由として借地権
          設定者が承諾料を承諾の条件として請求してくる場合があります(なお、法律上借地権設定者に当然に承諾
          料請求権が認められているものではありません。)。
           加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額
          又は一部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について
          担保設定や保証はなされないのが通例です。
           借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上
          記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要し、あるいは価格の減価要
          因が増す可能性があります。
        (カ)借家物件に関するリスク

           本投資法人は、建物(共有持分、区分所有権等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に賃
          借させた上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分を
          単独で、テナントへ転貸することがあります。
           この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全
          額又は一部が返還されない可能性があることは、上記(ワ)の借地物件の場合と同じです。
           加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らか
          の理由により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了す
          るとされているため、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがありま
          す。
        (ヨ)開発物件に関するリスク

           本投資法人は、規約に定める投資方針に従って、竣工後の物件を取得するために予め開発段階で売買契約
          を締結することがあります。かかる場合、既に完成した物件につき売買契約を締結して取得する場合とは異
          なり、様々な事由により、開発が遅延し、変更され、又は中止されることにより、売買契約通りの引渡しを
          受けられない可能性があります。この結果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能
          性があるほか、予定された時期に収益等が得られなかったり、収益等が全く得られなかったり、又は予定さ
          れていない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があり、その結果、本投資法
          人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
                                  54/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (タ)有害物質に関するリスク
           本投資法人が土地又は土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合に
          おいて、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵
          されている場合には当該土地の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために
          土壌の入替えや洗浄が必要となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性がありま
          す。また、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的
          に、本投資法人がかかる損害を賠償する義務を負う可能性があります。なお、土壌汚染対策法によれば、土
          地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の特定有害物質による土地の土壌
          の汚染の状況について、都道府県知事により調査・報告を命ぜられることがあり、また、土壌の特定有害物
          質による汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあるときは、都道府県知事によりそ
          の被害を防止するため必要な汚染の除去等の措置を命ぜられることがあります。
           この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくされた
          費用について、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
           また、本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等に
          アスベストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やPCB
          廃棄物が保管されている場合等には、当該建物の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質
          を除去するために建材の全面的若しくは部分的交換が必要となる場合又は有害物質の処分若しくは保管が必
          要となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有害物質
          によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人にかかる損害
          を賠償する義務が発生する可能性があります。
           将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産につき大気、土
          壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があります。
        (レ)保留地に関するリスク

           保留地とは、土地区画整理法(昭和29年法律第119号。その後の改正を含みます。)(以下「土地区画整理
          法」といいます。)に基づき、換地計画において保留地として定められた土地をいいます。
           保留地の所有権は、土地区画整理法により換地処分の公告の日の翌日までは取得できないものとされてい
          るため、本投資法人が上記保留地を取得した後も、換地処分の公告の日の翌日までは当該保留地について所
          有権の取得及び所有権移転登記ができません。そのため、保留地の売主が当該保留地を第三者に重ねて譲渡
          した場合には、本投資法人による当該保留地の取得の効果を第三者に対抗することができなくなる可能性が
          あります。また、換地処分の公告の日の翌日より前の保留地に対する権利は、所有権ではなく、保留地を使
          用収益する権利等であると考えられます。しかし、かかる保留地を使用収益する権利等の性質や対抗要件具
          備の方法について確立した判例はなく、当該権利等の性質又は対抗要件具備の方法について裁判所が異なる
          判断をした場合、本投資法人が期待していた利益が得られなくなり、又は想定されていない費用の負担が生
          じる可能性があります。なお、上記の換地処分の時期等は事業計画に定められていますが、かかる定め通り
          に換地処分が完了する保証はなく、換地処分が予定通りに完了しない場合、本投資法人は、相当期間当該保
          留地の完全な所有権を取得することができない可能性があります。
        (ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク

           本投資法人は、不動産を信託の受益権の形態で取得することがあります。
           信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権又は地上権を所有し管理するのは受益者のためで
          あり、その経済的利益と損失は、最終的にはすべて受益者に帰属することになります。したがって、本投資
          法人は、信託受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的にほぼ同じ
          リスクを負担することになります。
           信託契約上信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。さ
          らに、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権は受益証券発行信託の受益証券でない限
          り私法上の有価証券としての性格を有していませんので、債権譲渡と同様の譲渡方法によって譲渡すること
          になり、有価証券のような流動性がありません。
                                  55/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           信託法(大正11年法律第62号。その後の改正を含みますが、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関す
          る法律(平成18年法律第109号)による改正前のもの)及び信託法(平成18年法律第108号。その後の改正を
          含みます。)上、信託受託者が倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産
          が信託財産であることを破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をす
          る必要があり、仮にかかる登記が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託受益権の目
          的となっていることを第三者に対抗できない可能性があります。
           また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産であ
          る不動産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投
          資法人が不測の損害を被る可能性があります。
           さらに、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵等につき、当初委託
          者が信託財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任を負担する場合に、信託財産の受託者が、かかる瑕疵担保
          責任を適切に追及しない、又はできない結果、本投資法人が不測の損害を被り、投資主又は投資法人債権者
          に損害を与える可能性があります。
        (ツ)フォワード・コミットメント等に係るリスク

           本投資法人は、不動産等を取得するにあたり、いわゆるフォワード・コミットメント(先日付の売買契約
          であって、契約締結から一定期間経過した後に決済・物件引渡しを行うことを約する契約)等を行うことが
          あります。不動産売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠償義務
          を負担することとなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産等の売買価格に対して一定の割合
          の違約金が発生する旨の合意がなされることも少なくありません。フォワード・コミットメント等の場合に
          は、契約締結後、決済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等によ
          り本投資法人が不動産取得資金を調達できない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった場合には、違
          約金等の支払により、本投資法人の財務状況等が悪影響を受ける可能性があります。
        (ネ)テナント集中に関するリスク

           運用資産である投資対象不動産のテナント数が少なくなればなるほど、本投資法人は特定のテナントの支
          払能力、退去その他の事情による影響を受けやすくなります。特に、一テナントしか存在しない投資対象不
          動産においては、本投資法人の当該投資対象不動産からの収益等は、当該テナントの支払能力、当該投資対
          象不動産からの転出・退去その他の事情により大きく左右されます。また、賃貸面積の大きなテナントが退
          去したときに、大きな空室が生じ、他のテナントを探しその空室を回復させるのに時間を要することがあ
          り、その期間が長期になればなるほど、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。また、本
          投資法人の運用資産における特定の少数のテナントの賃借比率が増大したときは、当該テナントの財務状況
          や営業状況が悪化した場合、本投資法人の収益も悪影響を受ける可能性があります。
                                  56/334








                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ⑤   税制に関するリスク
        (イ)導管性要件に関するリスク
           税法上、投資法人に係る課税の特例規定により一定の要件(以下「導管性要件」といいます。)を満たし
          た投資法人に対しては、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、投資法人による配当等の額を
          投資法人の損金に算入することが認められています。本投資法人は、導管性要件を満たすよう努める予定で
          すが、今後、本投資法人の投資主の異動、分配金支払原資の制限・不足、借入金等の定義に係る不明確性、
          会計処理と税務処理の取扱いの差異(一時差異等調整の対象となる部分を除く。)、税務当局と本投資法人
          との見解の相違、法律の改正、その他の要因により導管性要件を満たすことができない可能性があります。
          本投資法人が、導管性要件を満たすことができなかった場合、配当等の額を損金算入できなくなり、本投資
          法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額等に悪影響をもたらし、本投資証券の市場価格に影響を及
          ぼす可能性があります。また、本投資法人において、導管性要件を満たさないこととなる場合、支払配当額
          が法人税の課税所得の計算上損金不算入となるため、税務上の課税所得が大幅に増加する可能性がありま
          す。このような一事業年度における会計上の利益及び税務上の課税所得の大幅な増加は、その増加が生じた
          事業年度以降の支払配当要件へも影響を及ぼすこととなる場合があります。即ち、本投資法人の租税債務が
          発生することにより、分配原資が不足するような場合には、次年度以降も導管性要件を満たすことが困難と
          なり、通常の法人と同様に法人税等の課税を受けることとなり、投資主への分配額や純資産額が減少する可
          能性があります。なお、導管性要件に関しては、後記「4                             手数料等及び税金           (5)課税上の取扱い            ② 
          投資法人の税務         (イ)利益配当等の損金算入」をご参照ください。
        (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク

           本投資法人に対して税務調査が行われ、導管性要件に関する取扱いに関して、税務当局との見解の相違に
          より税務否認等の更正処分を受けた場合には、過年度における導管性要件が事後的に満たされなくなる可能
          性があります。このような場合には、本投資法人が過年度において損金算入した配当金が税務否認される結
          果、本投資法人の税負担が増大し、投資主への分配額等に悪影響をもたらす可能性があります。
        (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク

           本投資法人は、規約における投資方針において、その有する特定資産の価額の合計額に占める特定不動産
          (不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信
          託の受益権をいいます。)の価額の合計額の割合が100分の75以上となるように資産を運用すること(規約別
          紙1「資産運用の対象及び方針                投資態度」第5項)としています。本投資法人は、上記内容の投資方針を規
          約に定めることその他の税制上の要件を充足することを前提として、直接に不動産を取得する場合の不動産
          流通税(登録免許税及び不動産取得税)の軽減措置の適用を受けることができると考えています。しかし、
          本投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、又は軽減措置の要件が変更され若しくは
          軽減措置が廃止された場合において、軽減措置の適用を受けることができない可能性があります。
        (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク

           不動産、不動産信託受益権その他本投資法人の資産に関する税制若しくは本投資法人に関する税制又はか
          かる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の
          収益に悪影響をもたらす可能性があります。また、投資証券に係る利益の配当、出資の払戻し、譲渡等に関
          する税制又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投資証券の保有若しくは売却に
          よる投資主の手取金の額が減少し、又は税務申告等の税務上の手続面での負担が投資主に生じる可能性があ
          ります。
                                  57/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ⑥   その他
        (イ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク
           本投資法人が不動産を売却した場合に、当該不動産に物的又は法的な瑕疵があるために、法令の規定又は
          売買契約上の規定に従い、瑕疵担保責任や表明保証責任を負担する可能性があります。特に、本投資法人
          は、宅建業法上のみなし宅地建物取引業者となりますので、買主が宅地建物取引業者でない場合には、本投
          資法人の瑕疵担保責任に関するリスクを排除できない場合があります。
        (ロ)専門家報告書等に関するリスク

           不動産の鑑定評価額及び不動産価格調査の調査価額は、個々の不動産鑑定士等の分析に基づく、分析の時
          点における評価に関する意見を示したものにとどまり、客観的に適正な不動産価格と一致するとは限りませ
          ん。同じ物件について鑑定、調査等を行った場合でも、不動産鑑定士等、評価方法又は調査の方法若しくは
          時期によって鑑定評価額、調査価額の内容が異なる可能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現在
          及び将来において当該鑑定評価額や調査価額による売買の可能性を保証又は約束するものではありません。 
          建物エンジニアリング・レポート及び地震PML評価報告書は、建物の評価に関する専門家が、設計図書等の確
          認、現況の目視調査又は施設管理者への聞き取り等を行うことにより、現在又は将来発生することが予想さ
          れる建物の不具合、必要と考えられる修繕又は更新工事の抽出及びそれらに要する概算費用並びに再調達価
          格の算出、並びに建物の耐震性能及び地震による損失リスク等を検討した結果を記載したものであり、不動
          産に欠陥、瑕疵等が存在しないことを保証又は約束するものではありません。
           また、不動産に関して算出されるPML値も個々の専門家の分析に基づく予想値にすぎません。PML値は、損
          害の予想復旧費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以上の多額
          の復旧費用が必要となる可能性があります。
        (ハ)減損会計の適用に関するリスク

           固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審
          議会    平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号
           平成15年10月31日)が、2005年4月1日以後開始する事業年度より強制適用されたことに伴い、本投資法人
          においても減損会計が適用されています。減損会計とは、主として土地・建物等の事業用不動産について、
          収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった場合に、一定の条件の下で回収可能性を反映
          させるように帳簿価額を減額する会計処理のことをいいます。減損会計の適用に伴い、地価の動向及び運用
          資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、本投資法人の損益に悪影響を及ぼす可能性があり
          ます。
        (ニ)取得予定資産の取得及び売却予定資産の売却を実行することができないリスク

           経済環境等が著しく変わった場合、その他相手方の事情等により売買契約において定められた前提条件が
          成就しない場合等においては、有価証券届出書、有価証券報告書等において開示した取得予定資産の取得及
          び売却予定資産の売却を実行することができない可能性があります。この場合、本投資法人は、代替資産の
          取得又は売却のための努力を行う予定ですが、取得予定資産に関しては、短期間に投資に適した物件を取得
          することができる保証はなく、短期間に物件を取得することができず、かつかかる資金を有利に運用するこ
          とができない場合には、投資主に損害を与える可能性があり、また、売却予定資産に関しては、同様の条件
          で他の売却先に売却することができない場合には、投資主に大きな損害を与える可能性があります。
        (ホ)過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク

           本投資法人が取得する個別投資資産の過去の収支状況を開示する場合、不動産又は不動産信託受益権に係
          る不動産の前所有者又は現所有者における賃貸事業収支をあくまで参考として記載することとしています。
          これらは不動産又は不動産信託受益権に係る不動産の前所有者又は現所有者から提供を受けた未監査の情報
          を基礎としているため、すべてが正確であり、かつ完全な情報であるとの保証はありません。また、これら
          の情報は本投資法人に適用される会計原則と同じ基準に基づいて作成されたとの保証もありません。
           したがって、当該投資資産を取得した後の本投資法人の収支はこれと大幅に異なるおそれがあります。
                                  58/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ヘ)シニアタイプ物件に関するリスク
           本投資法人の保有資産には、シニアタイプ物件が含まれていますが、このような物件においては、高齢の
          入居者が多いことから、入居契約締結時における入居者の意思能力等に関するリスクは、他の類型の物件よ
          りも大きくなる可能性があります。
           また、シニアタイプ物件の運用においては、業務の特性上PM会社及び施設の運営やテナントサービス(シ
          ニアタイプ物件の場合は、主に介護サービス)を提供するオペレーターの代替性が小さいため、前記「③ 
          本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク                       (ロ)PM会社に関するリスク」に記載のリスク及び当該オペ
          レーターに交代事由が生じた際の代替オペレーター確保に係るリスクが他の類型の物件よりも大きくなる可
          能性があります。
           さらに、シニアタイプ物件においては、敷金及び保証金に相当する入居一時金の額が他の住居タイプの物
          件よりも大きくなる傾向があります。したがって、このような物件の組入れ比率の上昇に伴い、敷金及び保
          証金(又は入居一時金)に関するリスクがより大きくなる可能性があります。なお、その前提として、入居
          契約及び入居一時金の法的性質が必ずしも明らかではないことから、本投資法人がシニアタイプ物件を取得
          する際に、入居契約及び(これに随伴して)入居一時金の返還債務を本投資法人が承継したものとみなされ
          るリスクもあります。
           このほかに、シニアタイプ物件には間取りや付帯設備、その立地、建築基準法による用途制限等の点で他
          の一般賃貸共同住宅とは異なる特性を有する場合があります。将来テナントが退去した際に一般賃貸共同住
          宅への転用ができなかったり、売却をしようとした際に用途が限定されていることにより購入先が限られ処
          分ができないか又は想定した価格で処分することができなかったりする等の可能性があります。また、介護
          保険等に関する将来的な制度改正により、シニアタイプ物件のオペレーターの運営環境が影響を受け(その
          影響はオペレーターの介護保険料への収入依存度がより高ければより大きくなります。)、結果として本投
          資法人の賃料収入に波及するなどして物件の価値にも影響を及ぼす可能性があります。
        (ト)一時差異等調整積立金の活用方針に関するリスク

           本投資法人は、負ののれん発生益により生じた剰余金を源泉とする一時差異等調整積立金を、毎期「50年
          均等額」(3.35億円)以上取崩して分配を行う方針です。また、中長期にわたる安定した利益分配を目指
          し、当該積立金を、物件売却損失発生による分配金への影響の吸収及び新投資口発行・マーケット環境等に
          よる分配金への影響の緩和等に活用することにより、上記「50年均等額」の取崩しを行っても1口当たり分配
          金が4,500円に満たない場合においては、追加の取崩しを行うことによって、原則として1口当たり分配金
          4,500円を維持する方針です。(以下、上記の方針を総称して「当該積立金の活用方針」といいます。)。し
          かしながら、当該積立金はキャッシュの裏付けのない会計上の利益である負ののれん発生益が主な源泉であ
          るため、当該積立金の活用方針は、分配可能なキャッシュの額による制約を受けます。本投資法人は、かか
          る観点から、本投資法人のキャッシュ・マネジメントに留意しながら、原則として、当期純利益とは別に、
          当該積立金活用上限額を、物件売却(評価)損失額及び減価償却額その他償却費の合計額とする方針です。
          ただし、本投資法人が金銭の分配を行う時点において当該上限額のキャッシュが存在するという保証はな
          く、当該上限額よりも低い金額が実際の上限となる可能性があります。さらに、当該上限額はあくまで上限
          であり、分配が可能であっても、必ずしも当該上限額までの分配が行われるわけではありません。
        (チ)匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資に関するリスク

           本投資法人は、規約に基づき、不動産に関する匿名組合出資持分又は優先出資証券等の不動産対応証券へ
          の投資を行うことがあります。
           本投資法人が出資するかかる匿名組合又は特定目的会社等においては、本投資法人の出資金が不動産等に
          投資されますが、当該不動産等に係る収益が悪化した場合、当該不動産等の価値が下落した場合、意図され
          ない課税が生じた場合等には、本投資法人が得られる分配金、配当金、元本の償還金額、残余財産分配額等
          が減少し、その結果、本投資法人が出資した金額を回収できない等の損害を被る可能性があります。
           また、匿名組合出資持分又は優先出資証券等については契約上譲渡が制限されていることがあり、又は、
          確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適切な時期及
          び価格で譲渡することが困難となる可能性があります。
                                  59/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)投資リスクに対する管理体制
        本投資法人及び本資産運用会社は、以上のようなリスクが投資リスクであることを認識しており、その上でこの
       ようなリスクに最大限対応できるようリスク管理体制を整備しています。
        しかしながら、当該リスク管理体制については、十分に効果があることが保証されているものではなく、リスク
       管理体制が適切に機能しない場合、投資主又は投資法人債権者に損害が及ぶおそれがあります。
        (イ)本投資法人の体制
         a.役員会
           本投資法人は、業務執行の意思決定及び執行役員に対する監督機関として役員会が十分に機能し、執行役
          員が本投資法人のために忠実にその職務を遂行するよう努めています。本投資法人の定例役員会は、原則と
          して1か月に一度開催され、定例役員会において、執行役員は、本資産運用会社、一般事務受託者及び資産保
          管会社の業務執行状況等を報告するものとされています。また、役員会において、法令等の遵守の基本方針
          を決定するとともに、定期的に法令等遵守に関する事項について本資産運用会社より報告がなされるものと
          されています。
         b.本資産運用会社への牽制
           本投資法人と本資産運用会社との間で締結された資産運用委託契約には、本資産運用会社が規約の基準に
          従って運用ガイドラインを制定すること並びに投信法、規約、運用ガイドライン及び本資産運用会社の社内
          諸規則に従って委託業務を遂行することを定めています。また、本資産運用会社が制定する資産運用計画書
          等は本投資法人が承認するものであり、かつ、本資産運用会社に対して本投資法人への報告義務を負わしめ
          ていることにより、本投資法人の投資リスクに対する管理体制を強化しています。
         c.投資法人内部者取引管理規程
           本投資法人は、投資法人内部者取引管理規程を制定し、役員によるインサイダー取引の防止に努めていま
          す。なお、同規程においては、本投資法人の執行役員が投資口の売買を行うことは禁止されています。
        (ロ)本資産運用会社の体制

           本資産運用会社は、前記のようなリスクの存在及びそのリスク量を十分に把握するよう努めており、それ
          らのリスクを回避する手段を以下のように構築し、厳格なルールに則り運用資産への投資及び運用を行って
          います。
         a.運用ガイドラインの制定及び遵守
           本資産運用会社は、規約に沿って、本投資法人から資産運用の一任を受けた投資法人資産運用会社とし
          て、運用ガイドラインを制定し、投資方針、利害関係者との取引のルール、分配の方針、開示の方針等の投
          資運用に関する基本的な考え方について定めています。本資産運用会社は、運用ガイドラインを遵守するこ
          とにより、投資運用に係るリスクの管理に努めます。
         b.組織体制
           本資産運用会社では、利害関係者との取引等の一定の重要事項については、コンプライアンス・オフィ
          サーが審査した上、コンプライアンス委員会及び投資委員会の審議・決議を経て、さらに、本投資法人の役
          員会及び本資産運用会社の取締役会の承認を得るという厳格な手続を経ることが要求されています。このよ
          うな手続により、本資産運用会社は、リスクの存在及び量を十分に把握します。前記「1                                           投資法人の概況 
          (4)投資法人の機構            ③   投資運用の意思決定機構」をご参照ください。
         c.利害関係者との取引規程
           後記「第二部        投資法人の詳細情報           第3    管理及び運営        2   利害関係人との取引制限             (2)利害関係者
          との取引規程」をご参照ください。
         d.内部者取引等管理規程
           本資産運用会社では、内部者取引等管理規程を制定し、本資産運用会社の役職員等によるインサイダー取
          引の防止に努めています。
                                  60/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     4【手数料等及び税金】
      (1)【申込手数料】
        該当事項はありません。
      (2)【買戻し手数料】

        本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行わないため(規約第8条第1項)、該当事項はありませ
       ん。
        なお、本投資法人は、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得することができる旨を規約に定め
       ています(規約第8条第2項)。
      (3)【管理報酬等】

       ①   役員報酬(規約第19条)
         本投資法人の執行役員及び監督役員の報酬の支払基準及び支払の時期は、次の通りです。
        (イ)各執行役員の報酬は、一人当たり月額100万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と
           判断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
        (ロ)各監督役員の報酬は、一人当たり月額50万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と
           判断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
       ②   本資産運用会社への資産運用報酬(規約第33条及び別紙3「資産運用会社に対する資産運用報酬」)

         本投資法人が運用資産の運用を委託する資産運用会社に支払う報酬の計算方法及び支払の時期は、次の通りと
        します。なお、各報酬の支払に際しては、当該報酬に係る消費税及び地方消費税相当額を加えた金額を資産運用
        会社の指定する銀行口座へ入金する方法で支払うものとします。
        (イ)運用報酬1
           本投資法人の直前の営業期間の決算日付の貸借対照表(投信法第131条第2項の承認を受けたものに限りま
          す。)に記載された総資産額に年率0.20%を乗じた額(1年365日として当該計算期間の実日数による日割計
          算。以下、基本報酬の計算において同じです。)を上限とする金額を決算日より2か月以内に支払います。
        (ロ)運用報酬2

           本投資法人の当該営業期間の不動産賃貸事業収入合計(運用資産に不動産に関する匿名組合出資持分又は
          不動産対応証券が含まれる場合には、当該運用資産に係る配当その他これに類する収益の額を含みます。)
          から不動産賃貸事業費用(減価償却費及び固定資産除却損を除きます。)合計を控除した金額に3.0%を乗じ
          た額を上限とする金額を決算日より3か月以内に支払います。
        (ハ)運用報酬3

           以下の計算式に従って算出される金額を上限として、決算日より3か月以内に支払います。
           <計算式>
           (当該営業期間に係る運用報酬1及び運用報酬2の合計額)×調整後EPU×0.008%
           (注)ただし、調整後EPU=A/B
           A:  運用報酬3の金額を控除する前の当該営業期間に係る当期純利益
           B:  当該決算日における発行済投資口数
           (注)運用報酬3の適用が開始する営業期間の初日以後に、(ⅰ)                               1:Xの割合で本投資法人の投資口の分割
              が行われた場合には、当該営業期間以降の営業期間における運用報酬3の金額は、上記式による算出
              値のX倍とし、(ⅱ)Y:1の割合で本投資法人の投資口の併合が行われた場合には、当該営業期間以降
              の営業期間における運用報酬3の金額は、上記式による算出値のY分の1倍とします。
                                  61/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)取得報酬
           新たに不動産等及び不動産対応証券を取得した場合、当該不動産等の「売買代金」に1.0%を乗じた額を上
          限とする金額を取得日の属する月の翌月末までに支払います。「売買代金」とは、売買契約書に記載された
          金額とし、取得に伴う費用並びに消費税及び地方消費税を除くものとします。
        (ホ)譲渡報酬

           不動産等及び不動産対応証券を譲渡した場合、当該不動産等の「売買代金」に0.50%を乗じた額を上限と
          する金額を譲渡日の属する月の翌月末までに支払います。「売買代金」とは、売買契約書に記載された金額
          とし、譲渡に伴う費用並びに消費税及び地方消費税を除くものとします。
        (ヘ)合併報酬

           本資産運用会社が、本投資法人の合併の相手方の保有資産等の調査及び評価その他の合併に係る業務を実
          施し、本投資法人が当該相手方の保有する資産を合併により承継した場合には、本投資法人が承継する不動
          産等、不動産対応証券、特定社債券及び不動産関連ローン等資産の合併の効力発生日における評価額の合計
          額に0.5%を上限とする料率を乗じた金額を合併の効力発生日の属する月の月末から3か月以内に支払いま
          す。
       ③   資産保管会社、一般事務受託者、投資主名簿等管理人、特別口座管理機関及び投資法人債に関する一般事務受

         託者への支払手数料
         資産保管会社、一般事務受託者、投資主名簿等管理人、特別口座管理機関及び投資法人債に関する一般事務受
        託者がそれぞれの業務を遂行することに対する対価である事務受託手数料は、以下の通りです。
        (イ)資産保管会社の報酬
         a.本投資法人は委託業務の対価として資産保管会社に対し、下記c.に基づき計算された業務手数料並びに
           当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。ただし、下記c.に定め
           のない業務に対する手数料は、本投資法人及び資産保管会社が協議の上、決定するものとします。
         b.資産保管会社は、本投資法人の計算期間ごとに、上記a.に基づき業務手数料並びに当該業務手数料金額
           に係る消費税及び地方消費税相当額を計算の上、本投資法人に請求し、本投資法人は請求を受けた月の翌
           月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに資産保管会社の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並び
           に当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払うものと
           します。
         c.業務手数料の計算方法
           手数料金額は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額を上限として、その資産構成に応じて
           算出した金額とします。
          (計算式)

           各月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表上の総資産額×0.03%÷12
           なお、計算対象月における資産保管会社の委託業務日数が1か月に満たない月の月額手数料については、当

          該月の日数に対する当該月における資産保管会社の委託業務日数に基づき日割計算して算出するものとしま
          す。
           上記計算により算出された手数料金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとします。
        (ロ)一般事務受託者の報酬

         a.本投資法人は委託業務の対価として一般事務受託者に対し、下記c.に基づき計算された業務手数料並び
           に当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。ただし、下記c.に定
           めのない業務に対する業務手数料は、本投資法人及び一般事務受託者が協議の上決定するものとします。
         b.一般事務受託者は、本投資法人の計算期間ごとに、上記a.に基づき業務手数料並びに当該業務手数料金
           額に係る消費税及び地方消費税相当額を計算の上、本投資法人に請求し、本投資法人は請求を受けた月の
           翌月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに一般事務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数料
           並びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払うも
           のとします。
                                  62/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c.業務手数料の計算方法
           手数料金額は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額を上限として、その資産構成に応じて
           算出した金額とします。
          (計算式)

           各月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表上の総資産額×0.09%÷12
           なお、計算対象月における一般事務受託者の委託業務日数が1か月に満たない月の月額手数料については、

          当該月の日数に対する当該月における一般事務受託者の委託業務日数に基づき日割計算して算出するものと
          します。
           上記計算により算出された手数料金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとします。
        (ハ)投資主名簿等管理人の報酬

           本投資法人は、委託事務に係る手数料として、下記の委託事務手数料表により計算した金額を上限として
          別途合意する金額を投資主名簿等管理人に対して支払うものとします。ただし、募集投資口の発行に関する
          事務その他本投資法人が臨時に委託する事務については、その都度本投資法人及び投資主名簿等管理人が協
          議の上、その手数料を定めます。投資主名簿等管理人は、上記の手数料を毎月末に締め切り、翌月20日まで
          に本投資法人に請求し、本投資法人はその月末までにこれを支払うものとします。支払日が、銀行休業日の
          場合、前営業日を支払日とします。
                                  63/334














                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      委託事務手数料表
       項目          対象事務の内容                      計算単位及び計算方法
     基本料       1.投資主名簿の作成、管理及び備                  1.毎月の基本料は、各月末現在の投資主数につき下記段
              置                  階に応じ区分計算したものの合計額の6分の1。
              投資主名簿の維持管理                  ただし、月額最低基本料を200,000円とします。
              期末、中間及び四半期投資主の                  (投資主数)                    (投資主1名当たりの基本料)
              確定
                                投資主数のうち最初の5,000名について                          480円
             2.期末統計資料の作成
                                 5,000名超       10,000名以下の部分について               420円
              (所有者別、所有数別、地域別
                                 10,000名超        30,000名以下の部分について               360円
              分布状況)
                                 30,000名超        50,000名以下の部分について               300円
              投資主一覧表の作成
                                 50,000名超      100,000名以下の部分について                260円
              (全投資主、大投資主)
                                100,000名を超える部分について                                225円
                                 ※資料提供はWebによります。書面での提供は、別途手
                                 数料が必要となります。
     分配金支払管       1.分配金支払原簿、分配金領収                  1.分配金等を受領する投資主数につき、下記段階に応じ
     理料         書、指定口座振込票、払込通知                  区分計算したものの合計額。
              書の作成、支払済分配金領収証                  ただし、1回の対象事務の最低管理料を350,000円とし
              等による記帳整理、未払分配金                  ます。
              確定及び支払調書の作成、印紙                  (投資主数)                    (投資主1名当たりの管理料)
              税納付の手続
                                投資主数のうち最初の5,000名について                          120円
                                 5,000名超       10,000名以下の部分について               110円
                                 10,000名超        30,000名以下の部分について               100円
                                 30,000名超        50,000名以下の部分について                 80円
                                 50,000名超      100,000名以下の部分について                 60円
                                100,000名を超える部分について                                  50円
             2.銀行取扱期間経過後の分配金等                  2.指定口座振込分については1件につき130円を加算。
              の支払及び支払原簿の管理                3.各支払基準日現在の未払い対象投資主に対する支払1件
                                につき450円
     諸届管理料       1.投資主等からの諸届関係等の照                  1.照会、受付1件につき             600円
              会、受付(投資主情報等変更通
              知の受付を含みます。)
             2.投資主等からの依頼に基づく調                  2.調査、証明1件につき             600円
              査、証明
     投資主総会関       1.議決権行使書用紙の作成並びに                  1.議決権行使書用紙の作成1通につき                     15円
     係手数料         返送
                                議決権行使書用紙の集計1通につき                  100円
              議決権行使書の受理、集計
                                ただし、1回の議決権行使書用紙集計の最低管理料を
                                50,000円とします。
             2.投資主総会当日出席投資主の受                  2.派遣者1名につき           20,000円
              付、議決権個数集計の記録等の
                                ただし、電子機器等の取扱支援者は別途料金が必要と
              事務
                                されます。
     郵便物関係手       1.投資主総会の招集通知、同決議                  1.封入物3種まで
     数料         通知、決算報告書、分配金領収                  期末、基準日現在投資主1名につき                  35円
              証(又は計算書、振込案内)等
                                ハガキ
              投資主総会、決算関係書類の封
                                期末、基準日現在投資主1名につき                  23円
              入・発送事務
             2.返戻郵便物データの管理                  2.返戻郵便物を登録する都度、郵便1通につき                        200円
     投資主等デー       振替機関(振替法第2条第2項に定め                  データ1件につき          150円
     タ受付料       る振替機関をいいます。以下同じで
             す。)からの総投資主通知の受付、
             新規記録に伴う受付、通知
                                  64/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)特別口座管理機関の報酬
           本投資法人は、口座管理事務に係る手数料として、下記の口座管理事務手数料明細表により計算した金額
          を特別口座管理機関に支払うものとします。ただし、口座管理事務手数料明細表に定めのない事務に係る手
          数料は、その都度本投資法人及び特別口座管理機関が協議の上、定めます。経済情勢の変動、口座管理事務
          の内容の変化等により、上記の定めにより難い事情が生じた場合は、随時本投資法人及び特別口座管理機関
          が協議の上口座管理事務手数料を変更し得るものとします。口座管理事務手数料について、特別口座管理機
          関は毎月末に締切り、翌月20日までに本投資法人に請求し、本投資法人は請求のあった月の末日までにこれ
          を支払います。支払日が、銀行休業日の場合、前営業日を支払日とします。
      口座管理事務手数料明細表

       項目          主な事務の内容                        手数料体系
     基本料       特別口座の加入者の管理                  毎月の基本料は、各月末現在の口座数につき下記段階に応
                               じ区分計算したものの合計額とします。ただし、月額最低
                               基本料を35,000円とします。
                               (口座数)                            (口座1件当たりの基本料)
                                口座数のうち最初の5,000口座について                                150円
                                 5,000口座超        10,000口座以下の部分について                140円
                                 10,000口座超         30,000口座以下の部分について                130円
                                 30,000口座超         50,000口座以下の部分について                120円
                                 50,000口座超       100,000口座以下の部分について                 110円
                                100,000口座を超える部分について                                    100円
     口座振替料       口座振替の受付                  口座振替1件につき                                                     500円
     各種取次ぎ料       各種振替機関への取次ぎ                  取次1件につき                                                         300円
             (個別投資主通知の申出、情報提供
             請求等)
                                  65/334











                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ホ)投資法人債に関する一般事務受託者の報酬
         a.本投資法人第14回、第20回、第23回、第24回及び第25回無担保投資法人債
          ⅰ.財務代理手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、一般事務受
           託者に対して発行日に支払っています。
          ⅱ.元金支払手数料・利金支払手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、元利金の支
           払期日の前営業日に支払います。
          (基準報酬額表)
            手数料項目                         金額
                    <基準額>
                     14百万円(以下、本表において「基準額」といいます。)とします。
                    <変動要因(基準額比)>
                     上記基準額の変動要因は以下の通りとします。
          財務代理手数料
                     (1)投資法人債の発行総額
                       発行金額100円当たり3銭を基準額に加算します。
                     (2)償還期限
                       償還期限1年間当たり50万円を基準額に加算します。
          元金支払手数料          支払元金金額の10,000分の0.075
          利金支払手数料          支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
          ⅲ.引受手数料
            投資法人債買取引受団に対し、第14回及び第23回無担保投資法人債については額面100円につき40銭を、
           第20回及び第24回無担保投資法人債については額面100円につき45銭を、第25回無担保投資法人債について
           は額面100円につき50銭をそれぞれ支払っています。
         b.本投資法人第19回、第22回及び第27回無担保投資法人債

          ⅰ.財務代理手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、一般事務受
           託者に対して発行日に支払っています。
          ⅱ.元利金支払手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、元利金の支
           払期日の前営業日に支払います。
          (基準報酬額表)
            手数料項目                         金額
                    <基準額>
                     14百万円(以下、本表において「基準額」といいます。)とします。
                    <変動要因(基準額比)>
                     上記基準額の変動要因は以下の通りとします。
          財務代理手数料
                     (1)投資法人債の発行総額
                       発行金額100円当たり3銭を基準額に加算します。
                     (2)償還期限
                       償還期限1年間当たり50万円を基準額に加算します。
                    (1)  元金支払の場合         支払元金の10,000分の0.075
          元利金支払手数料
                    (2)  利金支払の場合         残存元金の10,000分の0.075
          ⅲ.引受手数料
            投資法人債買取引受団に対し、第19回、第22回及び第27回無担保投資法人債については額面100円につき
           45銭をそれぞれ支払っています。
                                  66/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c.本投資法人第18回、第21回及び第26回無担保投資法人債
          ⅰ.財務代理手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、一般事務受
           託者に対して発行日に支払っています。
          ⅱ.元利金支払事務手数料
            以下の基準報酬額表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従って算出した金額とし、元利金の支
           払期日の前営業日に支払います。
          (基準報酬額表)
            手数料項目                         金額
                    <基準額>
                     14百万円(以下、本表において「基準額」といいます。)とします。
                    <変動要因(基準額比)>
                     上記基準額の変動要因は以下の通りとします。
          財務代理手数料
                     (1)投資法人債の発行総額
                       発行金額100円当たり8銭を基準額に加算します。
                     (2)償還期限
                       償還期限1年間当たり100万円を基準額に加算します。
                    (1)  元金支払の場合         元金の10,000分の0.075
          元利金支払事務
                    (2)  利金支払の場合         元金の10,000分の0.075
          手数料
          ⅲ.引受手数料
            投資法人債買取引受団に対し、第18回及び第26回無担保投資法人債については額面100円につき40銭を、
           第21回無担保投資法人債については額面100円につき45銭をそれぞれ支払っています。
       ④   会計監査人報酬(規約第27条)

         会計監査人の報酬は、監査の対象となる決算期ごとに2,000万円を上限とし、役員会で決定する金額を、当該決
        算期後3か月以内に支払うものとします。
       ⑤   手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

         上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせください。
        (照会先)
         ADインベストメント・マネジメント株式会社
         東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング
         電話番号      03-3518-0480
                                  67/334








                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (4)【その他の手数料等】
        本投資法人は、以下の費用について負担するものとします。
       ①   運用資産に関する租税、一般事務受託者、資産保管会社及び本資産運用会社が本投資法人から委託を受けた業
         務乃至事務を処理するために要した諸費用又は一般事務受託者、資産保管会社及び本資産運用会社が立て替え
         た立替金の遅延利息若しくは損害金の請求があった場合のかかる遅延利息若しくは損害金(ただし、別途資産
         運用委託契約に記載される内部的諸費用を除きます。)
       ②   投資口、新投資口予約権及び投資法人債の発行に関する費用
       ③   投資主の氏名・住所データ作成費用、投資主宛書類送付に係る郵送料及び使用済書類等返還(廃棄)に要する
         運搬費
       ④   分配金支払に関する費用(分配金領収証、銀行取扱手数料等を含みます。)
       ⑤   有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書の作成、印刷及び提出に係る費用
       ⑥   目論見書及び仮目論見書の作成、印刷及び交付に係る費用
       ⑦   財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用を含
         みます。)
       ⑧   本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝等に要する費用
       ⑨   本投資法人の法律顧問及び税務顧問等に対する報酬及び費用
       ⑩   投資主総会及び役員会開催に係る費用、公告に係る費用並びに投資主に対して送付する書面の作成、印刷及び
         交付に係る費用
       ⑪   執行役員、監督役員に係る実費及び立替金等
       ⑫   運用資産の取得、管理、売却等に係る費用(媒介手数料、管理委託費用、損害保険料、維持・修繕費用、水道
         光熱費等を含みます。)
       ⑬   借入金及び投資法人債に係る利息
       ⑭   本投資法人の運営に要する費用
       ⑮   その他上記①から⑭までに類する費用で役員会が認めるもの
                                  68/334











                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (5)【課税上の取扱い】
        日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは下記の通りです。な
       お、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがあります。また、
       個々の投資主の固有の事情によっては、異なる取扱いが行われることがあります。
       ①   投資主の税務
        (イ)個人投資主の税務
         a.金銭の分配に係る税務
           個人投資主が投資法人から受け取る金銭の分配(下記b.を除く)は、配当所得として取り扱われ、原則と
          して20%の税率により所得税が源泉徴収された後、総合課税の対象となります。配当控除の適用はありませ
          ん。また、2013年1月1日から2037年12月31日までの間は、所得税の額の2.1%に相当する額の復興特別所得税
          が併せて課されます。ただし、本投資法人から受け取る金銭の分配は、上場株式等の配当として、大口個人
          投資主(発行済投資口の総口数の3%以上を保有)を除き、以下の特例の対象となります。
          ⅰ.2014年1月1日以後20%(所得税15%、住民税5%)の源泉徴収税率が適用されます(2013年1月1日から
            2037年12月31日までの間は復興特別所得税が併せて源泉徴収されます。)。
          ⅱ.金額にかかわらず、源泉徴収だけで納税手続を終了させる確定申告不要制度の選択ができます。
          ⅲ.確定申告を行う場合には、総合課税に代えて、20%(所得税15%、住民税5%)の税率による申告分離課
            税が選択できます(2013年1月1日から2037年12月31日までの間は復興特別所得税が併せて課されま
            す。)。上場株式等の譲渡損失の金額がある場合には、一定の要件の下、申告分離課税を選択した上場株
            式等の配当所得の金額から控除することができます。
          ⅳ.上場株式等の配当等を特定口座(源泉徴収選択口座)に受け入れることが可能となります。
          ⅴ.2014年から実施された少額上場株式等の非課税口座制度に基づき、2014年1月1日以降、金融商品取引業
            者等の営業所に開設した非課税口座において管理されている上場株式等(2014年から2023年までの10年
            間、新規投資額で毎年120万円を上限とします。)に係る配当等で、その非課税口座に非課税管理勘定を
            設けた日から、同日の属する年の1月1日から5年を経過する日までの間に支払いを受けるべきもの(非課
            税投資総額は最大で600万円(年間120万円×5年)となります。)については、所得税(復興特別所得税を含
            みます。)及び住民税が課されません。なお、非課税累積投資契約に係る非課税措置(つみたてNISA)の適
            用を受けるため、累積投資勘定が設けられる年は、非課税管理勘定を設けることはできません。
          ⅵ.2016年4月1日から実施された未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度に基づき、2016年4月1日
            以降、金融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座において管理されている上場株式等(2016年
            4月1日から2023年12月31日までの期間、新規投資額で毎年80万円を上限とします。)に係る配当等で、そ
            の未成年者口座に非課税管理勘定を設けた日から、同日の属する年の1月1日から5年を経過する日までの
            間に支払いを受けるべきもの(非課税投資総額は最大で400万円(年間80万円×5年)となります。)につい
            ては、所得税(復興特別所得税を含みます。)及び住民税が課されません。
         b.出資等減少分配に係る税務

           個人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配(出資総額等の減少に伴う金銭の分配(出資総額又
          は出資剰余金の額から控除される金額のうち、一時差異等調整引当額の増加額と同額である金銭の分配を除
          く))は、出資の払戻しとして取り扱われ、この出資等減少分配額のうち払戻しを行った本投資法人の出資
          金等に相当する額を超える金額がある場合には、みなし配当(注1)として上記a.における金銭の分配と同
          様の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額のうちみなし配当以外の金額は、投資口の譲渡に係
          る収入金額(注2)として取扱われます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価(注3)を算定し、投
          資口の譲渡損益の額(注4)を計算します。この譲渡損益の取扱いは、下記c.の投資口を譲渡等する場合と
          原則として同様となります。
                                  69/334





                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c.投資口の譲渡に係る税務
           個人投資主が投資口を譲渡した際の譲渡益は、上場株式等の譲渡所得等として、原則20%(所得税15%、
          住民税5%)の税率による申告分離課税の対象となります。譲渡損が生じた場合は、他の上場株式等の譲渡所
          得等との相殺を除き、その損失は他の所得と相殺することはできません。また、2013年1月1日から2037年12
          月31日までの間の譲渡等については、所得税の額の2.1%に相当する復興特別所得税が併せて課されます。た
          だし、本投資口を金融商品取引業者等を通じて譲渡等した場合は、以下の特例の対象となります。
          ⅰ.その年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額があるときは、一定の要件の下で、これらの損失の金額を

            上場株式等に係る配当所得等の金額(上場株式等に係る利子所得の金額及び配当所得の金額で、申告分
            離課税を選択したものに限ります。)から控除することができます。
          ⅱ.上場株式等の譲渡等により生じた譲渡損失のうちその譲渡日の属する年分の上場株式等に係る譲渡所得
            等の金額の計算上控除しきれない金額(上記ⅰ.の適用を受けている場合には、適用後の金額)は、一
            定の要件の下で、その年の翌年以後3年内の各年分の上場株式等に係る譲渡所得等の金額及び申告分離課
            税を選択した上場株式等に係る配当所得等の金額からの繰越控除が認められます。
          ⅲ.金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座(源泉徴収を選択した特定口座)内において
            譲渡等した場合の所得に関しては源泉徴収による申告不要の選択が認められます。源泉徴収税率は、
            2014年1月1日以後の譲渡等に対しては20%(所得税15%、住民税5%)となります(2013年1月1日から
            2037年12月31日までの間の譲渡等については復興特別所得税が併せて源泉徴収されます。)。
          ⅳ.金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内において上場株式等の配当等を受け取るこ
            とを選択したときは、この源泉徴収選択口座における上場株式等の譲渡所得等に係る損失をこの源泉徴
            収選択口座における配当等から控除することも可能となり、上場株式等の配当等に係る源泉徴収税額も
            減額調整されます。
          ⅴ.2014年から実施された少額上場株式等の非課税口座制度に基づき、非課税口座に非課税管理勘定を設け
            た日から、同日の属する年の1月1日から5年を経過する日までの間にその非課税口座において管理されて
            いる上場株式等(2014年から2023年までの10年間、新規投資額で毎年120万円を上限とします。)を譲渡
            した場合には、その譲渡所得等については、所得税(復興特別所得税を含みます。)及び住民税が課され
            ません。なお、非課税累積投資契約に係る非課税措置(積立NISA)の適用を受けるため、累積投資勘定が
            設けられる年は、非課税管理勘定を設けることはできません。
          ⅵ.2016年4月1日から実施された未成年者に係る少額上場株式等の非課税口座制度に基づき、未成年者口座
            の開設年の1月1日から5年内にその未成年者口座において管理されている上場株式等(2016年4月1日から
            2023年12月31日までの期間、新規投資額で毎年80万円を上限とします。)を譲渡した場合には、その譲渡
            所得等については、所得税(復興特別所得税を含みます。)及び住民税が課されません。
                                  70/334









                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)法人投資主の税務
         a.金銭の分配に係る税務
           法人投資主が投資法人から受け取る金銭の分配(下記b.を除く)は、受取配当等として取り扱われ、原則
          20%の税率により所得税が源泉徴収されます。また、2013年1月1日から2037年12月31日までの間は、所得税
          の額の2.1%に相当する額の復興特別所得税が併せて源泉徴収されます。ただし、本投資法人から受け取る金
          銭の分配は特例の対象となり、この所得税の源泉徴収税率は2014年1月1日以後に支払を受けるべきものに関
          しては15%となります(2013年1月1日から2037年12月31日までの間は復興特別所得税が併せて源泉徴収されま
          す。)。この源泉税は、利子配当等に対する所得税として一定の要件の下、法人税の課税上、所得税額控除の
          対象となります(復興特別所得税は法人税の額から控除されます。)。なお、受取配当等の益金不算入規定の
          適用はありません。
         b.出資等減少分配に係る税務
           法人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配(出資総額等の減少に伴う金銭の分配(出資総額又
          は出資剰余金の額から控除される金額のうち、一時差異等調整引当額の増加額と同額である金銭の分配を除
          く))は、投資口の消却を伴わない出資の払戻しとして取り扱われ、この出資等減少分配額のうち払戻しを
          行った本投資法人の出資金等に相当する額を超える金額がある場合には、みなし配当(注1)として上記a.
          における金銭の分配と同様の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額のうち、みなし配当以外の
          金額は、投資口の譲渡に係る収入金額(注2)として取扱われます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡
          原価(注3)を算定し、投資口の譲渡損益の額(注4)を計算します。
          (注1)みなし配当の金額は、次のように計算されます。なお、この金額は、本投資法人からお知らせします。

             みなし配当の金額=出資等減少分配額-投資主の所有投資口に相当する投資法人の資本金等の額
          (注2)投資口の譲渡に係る収入金額は、以下の通り算定されます。
             投資口の譲渡に係る収入金額=出資等減少分配額-みなし配当金額                          (注1)
          (注3)投資主の譲渡原価は、次の算式により計算されます。
                                    投資法人の出資等減少分配総額
             投資主の譲渡原価=出資等減少分配直前の取得価額×
                                  投資法人の税務上の前期末の純資産価額
             ※ この割合は、小数点以下第3位未満の端数がある時は切り上げとなります。この割合に関しては、本投資法人からお知ら
              せします。
          (注4)投資口の譲渡損益の額は、次のように計算されます。
             投資口の譲渡損益の額=譲渡に係る収入金額(注2)-譲渡原価の額                           (注3)
         c.投資口の譲渡に係る税務

           法人投資主が投資口を譲渡した際は、有価証券の譲渡として、原則約定日の属する事業年度に譲渡損益を
          計上します。
         d.投資口の期末評価方法
           法人投資主による本投資口の期末評価方法としては、税務上、投資口が売買目的有価証券である場合には
          時価法、売買目的外有価証券である場合には原価法が適用されます。
                                  71/334







                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②   投資法人の税務
        (イ)利益配当等の損金算入
           税法上、「投資法人に係る課税の特例規定」により一定の要件を満たした投資法人に対しては、投資法人
          と投資主との間の二重課税を排除するため、配当等の額(金銭の分配及び配当等の額とみなす金額を含
          む。)を損金に算入することが認められています。配当等の額を損金算入するために留意すべき主要な要件
          (導管性要件)は以下の通りです。
         a.配当等の額が買換特例圧縮積立金及び一時差異等調整積立金及び繰越利益等超過純資産控除項目控除後の
           配当可能利益の額の90%超であること
         b.他の法人(租税特別措置法施行規則に定めるものを除きます。)の株式又は出資の50%以上を有していな
           いこと
         c.機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するものをいいます。)以外の者から借入
           れを行っていないこと
         d.事業年度の終了時において投資主の1人及びその特殊関係者により発行済投資口の総口数又は議決権総数の
           50%超を保有されている同族会社に該当していないこと
         e.投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集される投資口の発行価額の占める割合が50%を超える
           旨が投資法人の規約に記載・記録されていること
         f.事業年度の終了時において発行済の投資口が50人以上の者によって所有されていること
         g.特定資産のうち一定の資産の事業年度末の帳簿価額の合計額が、事業年度末において有する総資産の帳簿
           価額の合計額の二分の一超であること
        (ロ)不動産流通税の軽減措置

         a.登録免許税
           不動産を取得した際の所有権の移転登記に対しては、原則として登録免許税が課税標準額に対して2%の税
          率により課されますが、土地に対しては2019年3月31日までは1.5%とされています。ただし、規約におい
          て、資産運用の方針として、特定不動産(不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土
          地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額が本投資法人の有する特
          定資産の価額の合計額に占める割合を100分の75以上とする旨の記載があること、その他の要件を満たす投資
          法人が、2019年3月31日までに取得する不動産に対しては1.3%に税率が軽減されます。
         b.不動産取得税
           不動産を取得した際には、原則として不動産取得税が課税標準額に対して4%の税率により課されますが、
          土地及び住宅用の建物に対しては2018年3月31日までは3%とされています。また、特例により、上記a.の
          要件を満たす投資法人が2019年3月31日までに取得する不動産に対しては課税標準額が5分の2に軽減されます
          (共同住宅等の場合には、すべての区画が50㎡以上等の一定の要件を満たす必要があります。)。
                                  72/334








                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     5【運用状況】
      (1)【投資状況】
         本投資法人の2017年7月31日現在における投資状況の概要は、以下の通りです。
                                      第13期             第14期
                                   2017年1月31日現在             2017年7月31日現在
             投資対象
     資産の種類         エリア          投資地域等
                                                     対総資産比率
                                  保有総額      対総資産比率        保有総額
                                                       (%)
                                  (百万円)        (%)      (百万円)
                                                       (注8)
                                   (注7)       (注8)       (注7)
                     都心主要7区         (注3)      99,751        22.1      99,464        22.1
            東京23区
                     都心部         (注4)      109,607        24.3     113,553        25.2
                 東京23区 計                  209,358        46.4     213,018        47.3
     信託不動産
      (注1)
                     首都圏         (注5)      21,888        4.9     21,743        4.8
            その他地域
            (注2) 
                     政令指定都市等         (注6)      54,118        12.0      55,282        12.3
                 その他地域 計                   76,006        16.9      77,026        17.1
                  小計                 285,365        63.3     290,044        64.4
                     都心主要7区         (注3)      65,615        14.5      65,329        14.5
            東京23区
                     都心部         (注4)      25,598        5.7     25,504        5.7
                 東京23区 計                   91,213        20.2      90,834        20.2
      不動産
      (注1)
                     首都圏         (注5)      16,381        3.6     16,229        3.6
            その他地域
            (注2)
                     政令指定都市等         (注6)      27,756        6.2     27,603        6.1
                 その他地域 計                   44,138        9.8     43,833        9.7
                  小計                 135,352        30.0     134,667        29.9
     預金・その他の資産                              30,249        6.7     25,767        5.7
     資産総額計                              450,967        100.0      450,479        100.0
     (注1)信託不動産及び不動産の主たる用途は、共同住宅です。
     (注2)「その他地域」とは、首都圏及び政令指定都市等をいいます。
     (注3)「都心主要7区」とは、東京都港区、千代田区、渋谷区、新宿区、目黒区、世田谷区及び品川区をいいます。
     (注4)「都心部」とは、都心主要7区を除く東京23区をいいます。
     (注5)「首都圏」とは、東京23区を除く東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県をいいます。
     (注6)「政令指定都市等」とは、首都圏以外に存する政令指定都市及びこれに準ずる都市をいいます。
     (注7)「保有総額」は、決算日現在の貸借対照表計上額(不動産等については、減価償却後の帳簿価額の合計額)によっており、百万円未満
         を切り捨てて記載しています。
     (注8)「対総資産比率」は、資産総額に対する当該不動産等の貸借対照表計上額の比率を表しており、小数点第2位を四捨五入して記載して
         います。
     (注9)金額は切り捨て、比率は四捨五入表記のため、各数値の合計は上記表中の合計とは必ずしも一致しません。以下、別段の記載のない限
        り同じです。
                           第13期                     第14期

                        2017年1月31日現在                     2017年7月31日現在
                             対総資産比率(%)                     対総資産比率(%)
                    金額(百万円)                     金額(百万円)
                                (注2)                     (注2)
     負債総額(注1)                   230,133            51.0         229,724            51.0
     純資産総額(注1)                   220,834            49.0         220,754            49.0
     資産総額(注1)                   450,967            100.0         450,479            100.0
     (注1)「負債総額」、「純資産総額」及び「資産総額」は、決算日時点の貸借対照表計上額を記載しています。
     (注2)「対総資産比率」については、小数点第2位を四捨五入しています。
                                  73/334




                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資資産】
       ①【投資有価証券の主要銘柄】
         本投資法人は、金融商品取引法第2条第2項第1号において有価証券とされる不動産の信託受益権を保有していま
        すが、参照の便宜上、当該信託受益権に係る信託不動産につき、後記「③ その他投資資産の主要なもの」に含
        めて記載しています。
                                  74/334



















                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ②【投資不動産物件】
         本投資法人が保有する不動産は、後記「③ その他投資資産の主要なもの」に含めて記載しています。
                                  75/334




















                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ③【その他投資資産の主要なもの】
         2017年7月31日現在における本投資法人の保有資産の概要は以下の通りです。
        (イ)価格及び投資比率
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)       (注2)
                                                     (注3)
                                          2,860        0.6
              P-2     -    レジディア島津山                                 2,381
                                          1,730        0.4
              P-3     -    レジディア中目黒                                 1,425
                                          1,229        0.3
              P-4     -    レジディア世田谷弦巻                                 1,178
                                          1,230        0.3
              P-7     -    レジディア池尻大橋                                 1,162
                                          2,270        0.5
              P-9     -    レジディア九段下                                 2,039
                                          1,130        0.3
             P-10     -    レジディア幡ヶ谷                                 1,069
                                          1,120        0.3
             P-13     -    レジディア桜上水                                 1,065
                                          2,720        0.6
             P-14     -    レジディア北品川                                 2,549
                                           732       0.2
             P-15     -    レジディア代々木の杜                                  708
             P-16     -    レジディア新宿イーストⅢ                     750       0.2       724
                                           588       0.1
             P-19     ○    レオパレス宇田川町マンション                                  564
                                          1,380        0.3
             P-21     ○    レジディア新宿イーストⅡ                                 1,309
                                           941       0.2
             P-22     ○    レジディア新宿イースト                                  932
                                          1,520        0.3
             P-23     ○    レジディア神田岩本町                                 1,407
                                           874       0.2
             P-24     ○    レジディア麻布十番Ⅱ                                  888
                                           554       0.1
             P-25     ○    レジディア恵比寿                                  569
                                           722       0.2
             P-26     ○    レジディア目黒                                  742
      都心主要7区
                                          1,660        0.4
             P-29     ○    レジディア広尾Ⅱ                                 1,533
                                          1,950        0.4
             P-30     ○    ピアネッタ汐留                                 1,808
                                           333       0.1
             P-31     ○    レジディア駒沢大学                                  310
             P-32     ○    レジディア代々木                     326       0.1       309
             P-33     ○    レジディア西新宿                     363       0.1       345
                                           286       0.1
             P-34     ○    レジディア経堂                                  267
                                           947       0.2
             P-35     ○    レジディア大井町                                  873
                                          2,280        0.5
             P-36     ○    レジディア恵比寿Ⅱ                                 2,222
                                          1,180        0.3
             P-37     ○    レジディア上落合                                 1,100
                                          2,040        0.5
             P-38     ○    レジディア東品川                                 1,924
                                          1,190        0.3
             P-39     ○    レジディア目黒Ⅱ                                 1,145
                                          1,320        0.3
             P-40     ○    レジディア虎ノ門                                 1,246
                                          1,160        0.3
             P-41     ○    レジディア新御茶ノ水                                 1,103
                                           918       0.2
             P-42     ○    レジディア神楽坂                                  871
                                          1,050        0.2
             P-43     ○    レジディア大井町Ⅱ                                  994
                                          1,050        0.2
             P-45     ○    レジディア自由が丘                                 1,031
                                          2,310        0.5
             P-47     ○    レジディア水道橋                                 2,159
                                  76/334


                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                          3,660        0.8
             P-48     ○    レジディアタワー乃木坂                                 3,442
                                          1,180        0.3
             P-49     ○    レジディア赤坂                                 1,107
                                          6,780        1.5
             P-50     ○    レジディア西麻布                                 6,410
                                          2,150        0.5
             P-51     ○    レジディア代官山                                 1,994
             P-52     ○    レジディア市ヶ谷                    2,500        0.6     2,341
                                          3,570        0.8
             P-53     ○    レジディア六本木檜町公園                                 3,596
                                          16,500        3.7
             P-55     ○    レジディアタワー目黒不動前                                15,091
                                          2,760        0.6
             P-56     ○    レジディア三軒茶屋                                 2,542
                                           728      0.2
             P-58     ○    レジディア南青山                                  701
                                          1,620        0.4
             P-59     ○    レジディア神田東                                 1,500
                                          1,430        0.3
             P-60     ○    レジディア東麻布                                 1,348
                                          2,020        0.5
             P-61     ○    レジディア恵比寿南                                 1,945
                                          6,190        1.4
             P-62     ○    レジディアタワー麻布十番                                 5,994
                                          1,250        0.3
             P-63     ○    レジディア渋谷                                 1,207
                                          1,880        0.4
             P-64     ○    レジディア中延                                 1,768
                                          1,610        0.4
             P-65     ○    レジディア麻布台                                 1,549
                                          1,740        0.4
             P-66     ○    レジディア芝大門Ⅱ                                 1,681
                                          1,140        0.3
             P-67     ○    レジディア神田                                 1,091
      都心主要7区
                                          1,280        0.3
             P-68     ○    レジディア三軒茶屋Ⅱ                                 1,223
                                          1,830        0.4
             P-69     ○    レジディア西新宿Ⅱ                                 1,720
                                           923      0.2
             P-70     ○    レジディア広尾南                                  876
                                           974      0.2
             P-72     ○    レジディア目白御留山                                  919
                                          4,670        1.1
             P-73     ○    レジディア芝浦                                 4,420
                                           930      0.2
             P-74     ○    レジディア御殿山                                  884
                                          5,260        1.2
             P-75     ○    レジディア祐天寺                                 5,063
                      パークタワー芝浦ベイワード 
                                          9,570        2.2
             P-76     ○                                     8,967
                      アーバンウイング
                                           878      0.2
             P-79     ○    レジディア上目黒                                  852
                                          1,750        0.4
             P-81     ○    ウインザーハウス広尾                                 1,641
             P-84     ○    レジディア北新宿                    1,460        0.3     1,378
                                           870      0.2
             P-85     -    レジディア駒沢                                  834
                                          2,400        0.5
             P-86     -    レジディア芝浦KAIGAN                                 2,342
                                          2,070        0.5
             P-87     -    レジディア市谷薬王寺                                 2,005
                                          1,523        0.3
             P-88     -    レジディア用賀                                 1,556
                                          3,300        0.7
             P-89     -    レジディアタワー中目黒                                 3,348
                                          3,760        0.8
             P-90     -    レジディア笹塚Ⅱ                                 3,725
                                  77/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                           950      0.2
             P-91     -    レジディア目黒Ⅲ                                  961
                                           778      0.2
             P-92     -    レジディア自由が丘Ⅱ                                  784
                                          1,240        0.3
             P-93     -    レジディア九段下Ⅱ                                 1,239
                                          1,620        0.4
             P-94     -    レジディア大森Ⅱ                                 1,615
             P-95     -    レジディア白金高輪                    1,480        0.3     1,480
                                          3,656        0.8
             P-96     -    レジディア中落合                                 3,790
                                          1,119        0.3
             P-97     -    レジディア中目黒Ⅱ                                 1,125
                                          1,720        0.4
             P-98     -    アルティスコート南青山                                 1,736
                                          2,090        0.5
             P-99     -    レジディア四谷三丁目                                 2,099
                                           900      0.2
             P-100      ―   レジディア高輪桂坂                                  948
      都心主要7区
                                           611      0.1
             P-101      ―   レジディア恵比寿Ⅲ                                  651
                                           687      0.2
             P-102      ―   レジディア新宿御苑                                  723
                                          1,177        0.3
             P-103      ―   レジディア南品川                                 1,208
                                          3,117        0.7
             P-104      ―   チェスターコート御茶ノ水                                 3,180
                                          1,280        0.3
             P-105      ―   レジディア神田岩本町Ⅱ                                 1,308
                                           980      0.2
             P-106      ―   レジディア品川                                 1,003
                                           839      0.2
             P-107      ―   レジディア代々木Ⅱ                                  900
                                           917      0.2
             P-108      ―   レジディア中延Ⅱ                                  946
                                           821      0.2
             P-109      ―   レジディア御茶ノ水Ⅱ                                  848
                                          1,159        0.3
             P-110      ―   レジディア三宿                                 1,197
                                          1,920        0.4
              C-1     -    レジディア三越前                                 1,581
                                          2,640        0.6
              C-2     -    レジディア蒲田                                 2,133
                                          1,520        0.3
              C-3     -    レジディア池袋                                 1,400
                                          1,680        0.4
              C-4     -    レジディア文京本郷                                 1,562
                                          1,060        0.2
              C-5     -    レジディア浅草橋                                  939
              C-6     -    メゾンエクレーレ江古田                     953      0.2       914
              C-7     -    レジディア上野御徒町                    3,160        0.7     2,870
                                          1,623        0.4
              C-8     -    レジディア文京本郷Ⅱ                                 1,544
       都心部
                                           913      0.2
              C-9     -    レジディア両国                                  852
                                          5,251        1.2
             C-10     -    レジディア東銀座                                 5,046
                                          3,180        0.7
             C-12     -    レジディア日本橋人形町Ⅱ                                 2,973
                                          1,980        0.4
             C-13     -    レジディア大森東                                 1,845
                                          4,200        0.9
             C-15     -    レジディア錦糸町                                 4,022
                                           856      0.2
             C-16     -    レジディア根岸                                  818
                                          1,880        0.4
             C-17     ○    レジディア新川                                 1,816
                                           558      0.1
             C-18     ○    レジディア上池袋                                  545
                                  78/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                           352      0.1
             C-19     ○    レジディア新中野                                  355
                                          1,010        0.2
             C-21     ○    レジディア文京湯島Ⅱ                                  928
                                          1,460        0.3
             C-22     ○    レジディア築地                                 1,332
                                          1,800        0.4
             C-23     ○    レジディア笹塚                                 1,800
             C-24     ○    レジディア京橋                    1,220        0.3     1,126
                                          1,300        0.3
             C-25     ○    レジディア多摩川                                 1,182
                                           603      0.1
             C-26     ○    レジディア後楽園                                  551
                                          2,000        0.5
             C-27     ○    レジディア銀座東                                 1,844
                                           867      0.2
             C-28     ○    レジディア王子                                  797
                                          1,050        0.2
             C-29     ○    レジディア目白Ⅱ                                  980
                                          1,100        0.2
             C-31     ○    レジディア月島                                 1,022
                                          1,360        0.3
             C-32     ○    レジディア蒲田Ⅱ                                 1,278
                                          2,440        0.6
             C-33     ○    レジディア月島Ⅱ                                 2,303
                                          2,380        0.5
             C-34     ○    レジディア錦糸町Ⅱ                                 2,245
                                          3,380        0.8
             C-35     ○    レジディア文京音羽                                 3,165
                                           707      0.2
             C-36     ○    レジディア文京千石                                  637
                                          1,050        0.2
             C-37     ○    レジディア文京湯島                                  956
                                           378      0.1
             C-38     ○    レジディア池上                                  347
       都心部
                                           557      0.1
             C-39     ○    レジディア日本橋人形町                                  504
                                          1,440        0.3
             C-40     ○    レジディア文京千石Ⅱ                                 1,353
                                           990      0.2
             C-41     ○    レジディア入谷                                  885
                                          1,310        0.3
             C-42     ○    レジディア日本橋浜町                                 1,252
                                          1,860        0.4
             C-43     ○    レジディア新御徒町                                 1,762
                                          1,290        0.3
             C-44     ○    レジディア千鳥町                                 1,210
                                          1,320        0.3
             C-45     ○    レジディア新川Ⅱ                                 1,202
             C-46     ○    レジディア目白                    6,280        1.4     6,136
             C-47     ○    レジディア葛西                     683      0.2       666
                                          5,500        1.2
             C-48     ○    レジディア日本橋馬喰町                                 5,121
                                          3,834        0.9
             C-49     -    レジディア杉並方南町                                 3,644
                                           888      0.2
             C-50     -    レジディア新板橋                                  854
                                          1,950        0.4
             C-51     -    レジディア木場                                 1,905
                                          1,129        0.3
             C-52     -    レジディア文京湯島Ⅲ                                 1,097
                                          2,340        0.5
             C-53     -    レジディア文京本駒込                                 2,296
                                          2,570        0.6
             C-54     -    レジディア月島Ⅲ                                 2,487
                                          2,580        0.6
             C-55     -    レジディア南千住                                 2,458
                                          1,710        0.4
             C-56     -    レジディア荻窪                                 1,767
                                  79/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                           970      0.2
             C-57     -    レジディア門前仲町                                  974
                                          2,090        0.5
             C-58     -    レジディア御茶ノ水                                 2,052
                                          1,150        0.3
             C-59     -    レジディア大森                                 1,130
                                          1,075        0.2
             C-60     -    レジディア中村橋                                 1,046
             C-61     -    レジディア勝どき                    1,805        0.4     1,765
                                          2,268        0.5
             C-62     -    レジディア文京音羽Ⅱ                                 2,293
                                           651      0.1
             C-63     -    レジディア錦糸町Ⅲ                                  655
                                           948      0.2
             C-64     -    レジディア蒲田Ⅲ                                  937
                                          8,250        1.9
             C-65     -    レジディアタワー上池袋                                 8,049
                                           502      0.1
             C-66     -    レジディア高島平                                  526
                                           580      0.1
             C-67     -    レジディア志村坂上                                  609
                                          1,093        0.2
             C-68     -    レジディア志村坂上Ⅱ                                 1,134
                                           411      0.1
             C-69     -    レジディア志村坂上Ⅲ                                  433
                                          1,115        0.3
             C-70     -    レジディア池袋ウエスト                                 1,120
                                          1,282        0.3
             C-71     -    レジディア大島                                 1,286
                                          1,168        0.3
       都心部      C-72      ―   レジディア町屋                                 1,192
                                          1,700        0.4
             C-73      ―   レジディア上野池之端                                 1,784
                                           502      0.1
             C-74      ―   レジディア練馬                                  517
                                           378      0.1
             C-75      ―   レジディア東日本橋                                  400
                                           652      0.1
             C-76      ―   レジディア中野                                  694
                                           460      0.1
             C-77      ―   レジディア荻窪Ⅱ                                  491
                                          1,299        0.3
             C-78      ―   レジディア南雪谷                                 1,364
                                           977      0.2
             C-79      ―   レジディア秋葉原                                 1,002
                                           876      0.2
             C-80      ―   レジディア浅草吾妻橋                                  899
                                          1,395        0.3
             C-81      ―   レジディア大森Ⅲ                                 1,427
             C-82      ―   レジディア日本橋馬喰町Ⅱ                    1,975        0.4     2,024
             C-83      ―   レジディア日本橋馬喰町Ⅲ                    1,833        0.4     1,880
                                          1,655        0.4
             C-84      ―   レジディア文京本郷Ⅲ                                 1,703
                                          4,650        1.1
             C-85      ―   レジディア新御徒町Ⅱ                                 4,799
                                                  0.7
             C-86      ―   レジディア亀戸                    2,988             3,095
                                                  0.3
             C-87      ―   レジディア高円寺                    1,380             1,433
                                           770      0.2
              S-2     -    チェスターハウス川口                                  706
                                          1,100        0.2
              S-4     -    レジディア東松戸                                 1,029
                                          1,920        0.4
       首都圏       S-5     -    レジディア新横浜                                 1,778
                                          1,143        0.3
              S-7     -    レジディア調布                                 1,076
                                           675      0.2
             S-11     -    東京・スチューデントハウス和光                                  677
                                  80/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                           518      0.1
             S-12     ○    レジディア国分寺                                  505
                                          1,700        0.4
             S-14     ○    レジディア横濱関内                                 1,530
                                           755      0.2
             S-15     ○    レジディア大倉山                                  715
                                          1,580        0.4
             S-16     ○    レジディア武蔵小杉                                 1,493
             S-17     ○    レジディア船橋Ⅰ・Ⅱ                    2,730        0.6     2,547
                                          1,380        0.3
             S-19     ○    レジディア吉祥寺                                 1,430
                      パシフィックロイヤルコートみな
                                          14,000        3.2
             S-20     ○                                    11,850
                      とみらい オーシャンタワー
                                          1,670        0.4
             S-22     ○    ライフ&シニアハウス港北2                                 1,568
                                           810      0.2
             S-23     -    カレッジコート田無                                  770
       首都圏
                                          2,115        0.5
             S-24     -    レジディア浦安                                 2,085
                                           823      0.2
             S-25     -    レジディア南行徳                                  823
                                           802      0.2
             S-26     -    レジディア浦安Ⅱ                                  804
             S-27     -    レジディア行徳                     761      0.2       760
                                          1,670        0.4
             S-28     -    レジディア川崎                                 1,630
                                          1,050        0.2
             S-29     -    ココファン日吉                                 1,012
                                          1,050        0.2
             S-30      ―   レジディア相模原                                 1,073
                                           735      0.2
             S-31      ―   レジディア横濱馬車道                                  786
                                           606      0.1
             S-32      ―   レジディア本厚木                                  647
                                           620      0.1
             S-33      ―   レジディア船橋Ⅲ                                  670
                                          1,671        0.4
              R-2     -    レジディア今出川                                 1,491
                                          1,290        0.3
              R-4     -    レジディア東桜                                 1,043
                                          1,610        0.4
              R-5     -    レジディア亀山                                 1,534
                                           979      0.2
              R-6     -    レジディア緑地公園                                  893
                                          3,740        0.8
              R-8     -    レジディア神戸ポートアイランド                                 3,449
                                          1,220        0.3
             R-10     ○    レジディア博多                                 1,235
                                           871      0.2
             R-11     ○    レジディア天神橋                                  851
                                          2,220        0.5
             R-12     ○    レジディア三宮東                                 1,966
                                           900      0.2
     政令指定都市等        R-13     ○    KC21ビル                                  877
                                          1,170        0.3
             R-14     ○    レジディア靭公園                                 1,053
                                          1,970        0.4
             R-15     ○    レジディア京都駅前                                 1,789
             R-16     ○    レジディア高岳                    2,330        0.5     2,155
                                          1,340        0.3
             R-17     ○    レジディア日比野                                 1,151
                                           936      0.2
             R-19     ○    レジディア天神南                                  838
                                           324      0.1
             R-20     ○    レジディア博多駅南                                  322
                                           685      0.2
             R-21     ○    レジディア久屋大通Ⅱ                                  610
                                          1,640        0.4
             R-24     ○    レジディア南一条                                 1,473
                                  81/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                          1,320        0.3
             R-25     ○    レジディア大通西                                 1,208
                                          1,130        0.3
             R-26     ○    レジディア北三条                                 1,007
                                           831      0.2
             R-27     ○    レジディア白壁東                                  760
                                           701      0.2
             R-29     ○    レジディア太秦                                  650
             R-30     ○    レジディア泉                    3,700        0.8     3,347
                                          1,050        0.2
             R-31     ○    レジディア円山北五条                                  956
                                           751      0.2
             R-32     ○    レジディア徳川                                  721
                                          2,010        0.5
             R-34     ○    レジディア大通公園                                 1,844
                                          1,100        0.2
             R-35     -    レジディア谷町                                 1,102
                                           652      0.1
             R-36     -    レジディア久屋大通                                  637
                                           529      0.1
             R-37     -    レジディア仙台宮町                                  509
                                           494      0.1
             R-38     -    レジディア広瀬通                                  478
                                          1,400        0.3
             R-39     -    レジディア江戸堀                                 1,404
                                          1,000        0.2
             R-40     -    レジディア京町堀                                 1,008
                                           989      0.2
             R-41     -    レジディア江坂                                  971
                                          2,380        0.5
             R-42     -    レジディア西新                                 2,288
                                          1,206        0.3
             R-43     -    レジディア鶴舞                                 1,165
                                          2,740        0.6
             R-44     -    レジディア神戸磯上                                 2,636
     政令指定都市等
                                           894      0.2
             R-45     -    レジディア北二条イースト                                  874
                                          1,921        0.4
             R-46     -    レジディア心斎橋ウエスト                                 1,897
                                           972      0.2
             R-47     -    レジディア丸の内                                  959
                                          1,483        0.3
             R-48     -    レジディア札幌駅前                                 1,451
                                          1,227        0.3
             R-49     -    レジディア御所東                                 1,212
                                           874      0.2
             R-50     -    レジディア洛北                                  865
                                          3,232        0.7
             R-51     -    レジディア都島Ⅰ・Ⅱ                                 3,270
             R-52     -    レジディアタワー仙台                    1,705        0.4     1,753
             R-53     -    レジディア東桜Ⅱ                    2,862        0.6     2,859
                                          1,796        0.4
             R-54     -    レジディア榴岡                                 1,779
                                          1,052        0.2
             R-55     -    レジディア神戸元町                                 1,050
                                          1,117        0.3
             R-56     -    レジディア仙台本町                                 1,112
                                           593      0.1
             R-57     -    レジディア仙台原ノ町                                  587
                                          1,062        0.2
             R-58     -    レジディア南一条イースト                                 1,063
                                          2,644        0.6
             R-59      ―   レジディア新大阪                                 2,785
                                           772      0.2
             R-60      ―   レジディア岡山駅前                                  855
                                           227      0.1
             R-61      ―   レジディア京都岡崎                                  237
                                          1,083        0.2
             R-62      ―   レジディア仙台一番町                                 1,107
                                  82/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    貸借対照表
                 合併前                       取得価格       投資比率
      投資対象       物件                                        計上額
                 保有者が           物件名称           (百万円)        (%)
       エリア      番号                                       (百万円)
                 NRI                       (注1)      (注2)
                                                     (注3)
                                           538      0.1
             R-63      ―   レジディア北二条イーストⅡ                                  555
                                           488      0.1
             R-64      ―   レジディア高宮                                  502
                                           384      0.1
             R-65      ―   レジディア桑園                                  398
                                          1,122        0.3
             R-66      ―   レジディア天神                                 1,146
             R-67      ―   レジディア薬院大通                    1,123        0.3     1,145
                                          1,358        0.3
     政令指定都市等        R-68      ―   レジディア博多Ⅱ                                 1,385
                                           834      0.2
             R-69      ―   レジディア警固                                  858
                                           907      0.2
             R-70      ―   レジディア白壁                                  958
                                           868      0.2
             R-71      ―   レジディア栄                                  947
                                                  0.3
             R-72      ―   レジディア千里藤白台                    1,430             1,552
                                          2,124        0.5
             R-73      ―   レジディア千里万博公園                                 2,273
                     合計                    442,716        100.0     424,712
     (注1)「取得価格」は、当該不動産等の取得に要した諸費用(売買媒介手数料、公租公課等)を含まない金額(信託受益権譲渡契約書又は不
         動産売買契約書に記載された不動産等の売買代金)を記載しています。また、NRIが保有していた資産については、2010年2月末時
         点の鑑定評価額又は調査価格を記載しています。なお、金額は百万円未満を切り捨てて記載しています。
     (注2)「投資比率」は、取得価格の総額に対する各資産の取得価格の割合を記載しており、小数点第2位を四捨五入して記載しています。
     (注3)「貸借対照表計上額」は、取得価額から減価償却累計額を控除した価額です。なお、金額は百万円未満を切り捨てて記載しています。
                                  83/334












                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)不動産鑑定評価の概要
          2017年7月31日現在保有する資産に係る不動産鑑定評価の概要は、以下の通りです。
         ・「不動産鑑定評価の概要」は、一般財団法人日本不動産研究所、大和不動産鑑定株式会社、森井総合鑑定株
          式会社、株式会社中央不動産鑑定所又は株式会社谷澤総合鑑定所が評価対象不動産に関して作成した鑑定評
          価書又は価格調査報告書による価格を記載しています。
         ・金額は百万円未満を切り捨てて記載しています。
         ・同一の不動産について再度鑑定評価又は価格調査を行った場合でも、鑑定評価又は価格調査を行う不動産鑑
          定士、鑑定評価又は価格調査の方法又は時期によって鑑定評価額又は調査価格が異なる可能性があります。
         ・不動産の鑑定評価額又は調査価格は、現在及び将来における当該鑑定評価額又は調査価格による売買の可能
          性を保証又は約束するものではありません。
         ・鑑定評価又は価格調査を行った一般財団法人日本不動産研究所、大和不動産鑑定株式会社、森井総合鑑定株
          式会社、株式会社中央不動産鑑定所又は株式会社谷澤総合鑑定所は本投資法人の利害関係者ではありませ
          ん。
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     P-2   レジディア島津山                ①       3,190      3,240      4.2    3,140     4.0     4.4
     P-3   レジディア中目黒                ①       2,090      2,120      4.1    2,050     3.9     4.3
     P-4   レジディア世田谷弦巻                ④       1,260      1,310      4.6    1,260     4.4     4.8
     P-7   レジディア池尻大橋                ①       1,410      1,430      4.2    1,390     4.0     4.4
     P-9   レジディア九段下                ④       2,610      2,660      4.4    2,610     4.2     4.6
     P-10   レジディア幡ヶ谷                ①       1,230      1,250      4.2    1,210     4.0     4.4
     P-13   レジディア桜上水                ①       1,280      1,300      4.3    1,260     4.1     4.5
     P-14   レジディア北品川                ①       2,990      3,030      4.3    2,950     4.1     4.5
     P-15   レジディア代々木の杜                ①        735      746     4.2     723    4.0     4.4
     P-16   レジディア新宿イーストⅢ                ①        912      926     4.1     897    3.9     4.3
        レオパレス宇田川町マンショ
     P-19                   ①        726      737     4.3     715    4.1     4.5
        ン
     P-21   レジディア新宿イーストⅡ                ①       1,700      1,730      4.1    1,670     3.9     4.3
     P-22   レジディア新宿イースト                ①       1,150      1,170      4.3    1,130     4.1     4.5
     P-23   レジディア神田岩本町                ②       2,070      2,100      4.2    2,050     4.0     4.4
     P-24   レジディア麻布十番Ⅱ                ②       1,050      1,060      4.1    1,040     3.9     4.3
     P-25   レジディア恵比寿                ②        680      687     4.2     677    4.0     4.4
     P-26   レジディア目黒                ②        723      733     4.3     719    4.1     4.5
     P-29   レジディア広尾Ⅱ                ②       2,090      2,120      4.0    2,070     3.8     4.2
     P-30   ピアネッタ汐留                ②       2,250      2,280      4.2    2,230     4.0     4.4
     P-31   レジディア駒沢大学                ②        389      397     4.4     386    4.2     4.6
     P-32   レジディア代々木                ②        398      406     4.2     394    4.0     4.4
     P-33   レジディア西新宿                ②        439      448     4.3     435    4.1     4.5
     P-34   レジディア経堂                ②        340      347     4.4     337    4.2     4.6
     P-35   レジディア大井町                ②       1,120      1,130      4.4    1,110     4.2     4.6
     P-36   レジディア恵比寿Ⅱ                ②       2,810      2,850      4.1    2,790     3.9     4.3
     P-37   レジディア上落合                ②       1,470      1,480      4.4    1,460     4.2     4.6
                                  84/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     P-38   レジディア東品川                ②       2,370      2,400      4.5    2,350     4.3     4.7
     P-39   レジディア目黒Ⅱ                ②       1,340      1,360      4.2    1,330     4.0     4.4
     P-40   レジディア虎ノ門                ③       1,550      1,580      4.1    1,520     3.9     4.3
     P-41   レジディア新御茶ノ水                ②       1,500      1,520      4.2    1,490     4.0     4.4
     P-42   レジディア神楽坂                ③       1,070      1,080      4.2    1,050     4.0     4.4
     P-43   レジディア大井町Ⅱ                ①       1,300      1,320      4.3    1,280     4.1     4.5
     P-45   レジディア自由が丘                ①       1,240      1,260      4.3    1,220     4.1     4.5
     P-47   レジディア水道橋                ①       2,710      2,750      4.2    2,670     4.0     4.4
     P-48   レジディアタワー乃木坂                ③       3,820      3,880      4.0    3,750     3.8     4.2
     P-49   レジディア赤坂                ⑤       1,410      1,430      4.1    1,400     4.1     4.3
     P-50   レジディア西麻布                ③       7,640      7,770      4.1    7,510     3.9     4.3
     P-51   レジディア代官山                ③       2,150      2,180      4.1    2,110     3.9     4.3
     P-52   レジディア市ヶ谷                ③       2,960      3,010      4.1    2,900     3.9     4.3
     P-53   レジディア六本木檜町公園                ②       4,370      4,420      4.1    4,350     3.9     4.3
     P-55   レジディアタワー目黒不動前                ②      18,600      18,900       4.3    18,400     4.1     4.5

     P-56   レジディア三軒茶屋                ②       3,460      3,520      4.1    3,440     3.9     4.3

     P-58   レジディア南青山                ③        486      493     4.9     478    4.6     5.2
     P-59   レジディア神田東                ②       2,070      2,100      4.2    2,060     4.0     4.4
     P-60   レジディア東麻布                ③       1,440      1,460      4.1    1,410     3.9     4.3
     P-61   レジディア恵比寿南                ②       2,200      2,230      4.1    2,190     3.9     4.3
     P-62   レジディアタワー麻布十番                ①       6,070      6,150      4.1    5,990     3.9     4.3
     P-63   レジディア渋谷                ②       1,540      1,570      4.1    1,530     3.9     4.3
     P-64   レジディア中延                ③       2,260      2,290      4.3    2,220     4.1     4.5
     P-65   レジディア麻布台                ②       1,760      1,780      4.1    1,750     3.9     4.3
     P-66   レジディア芝大門Ⅱ                ③       1,850      1,880      4.2    1,810     4.0     4.4
     P-67   レジディア神田                ②       1,440      1,450      4.2    1,430     4.0     4.4
     P-68   レジディア三軒茶屋Ⅱ                ①       1,500      1,520      4.2    1,470     4.0     4.4
     P-69   レジディア西新宿Ⅱ                ①       2,170      2,200      4.2    2,140     4.0     4.4
     P-70   レジディア広尾南                ①       1,010      1,020      4.1     991    3.9     4.3
     P-72   レジディア目白御留山                ①       1,080      1,090      4.4    1,070     4.2     4.6
     P-73   レジディア芝浦                ③       5,570      5,660      4.3    5,480     4.1     4.5
     P-74   レジディア御殿山                ②        963      974     4.2     958    4.0     4.4
     P-75   レジディア祐天寺                ②       5,980      6,070      4.2    5,940     4.0     4.4
        パークタワー芝浦ベイワー
     P-76                   ①      11,400      11,600       4.1    11,200     3.9     4.3
        ド アーバンウイング
     P-79   レジディア上目黒                ③       1,010      1,020      4.3     990    4.1     4.5
     P-81   ウインザーハウス広尾                ②       1,490      1,570      4.3    1,450     4.0     4.6
                                  85/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     P-84   レジディア北新宿                ①       1,630      1,650      4.3    1,600     4.1     4.5
     P-85   レジディア駒沢                ①       1,230      1,240      4.1    1,210     3.9     4.3
     P-86   レジディア芝浦KAIGAN                ③       2,980      3,030      4.2    2,920     4.0     4.4
     P-87   レジディア市谷薬王寺                ③       2,530      2,580      4.1    2,480     3.9     4.3
     P-88   レジディア用賀                ③       1,840      1,870      4.2    1,810     4.0     4.4
     P-89   レジディアタワー中目黒                ③       4,260      4,330      4.1    4,190     3.9     4.3
     P-90   レジディア笹塚Ⅱ                ①       4,590      4,660      4.2    4,520     4.0     4.4
     P-91   レジディア目黒Ⅲ                ①       1,300      1,320      4.0    1,280     3.8     4.2
     P-92   レジディア自由が丘Ⅱ                ②        960      975     4.4     953    4.2     4.6
     P-93   レジディア九段下Ⅱ                ①       1,670      1,690      4.1    1,640     3.9     4.3
     P-94   レジディア大森Ⅱ                ①       2,120      2,150      4.2    2,090     4.0     4.4
     P-95   レジディア白金高輪                ③       1,950      1,980      4.0    1,910     3.8     4.2
     P-96   レジディア中落合                ①       4,430      4,500      4.1    4,360     3.9     4.3
     P-97   レジディア中目黒Ⅱ                ①       1,420      1,440      4.1    1,400     3.9     4.3
     P-98   アルティスコート南青山                ③       1,930      1,960      4.2    1,890     4.0     4.4
     P-99   レジディア四谷三丁目                ②       2,770      2,800      4.4    2,760     4.2     4.6
     P-100   レジディア高輪桂坂                ③       1,050      1,070      4.1    1,030     3.9     4.3
     P-101   レジディア恵比寿Ⅲ                ③        744      757     4.0     731    3.8     4.2
     P-102   レジディア新宿御苑                ③        839      854     4.1     824    3.9     4.3
     P-103   レジディア南品川                ①       1,390      1,410      4.2    1,370     4.0     4.4
     P-104   チェスターコート御茶ノ水                ①       3,790      3,830      4.2    3,750     3.9     4.4
     P-105   レジディア神田岩本町Ⅱ                ①       1,580      1,600      4.2    1,550     4.0     4.4
     P-106   レジディア品川                ①       1,190      1,200      4.2    1,170     4.0     4.4
     P-107   レジディア代々木Ⅱ                ①        955      970     4.1     940    3.9     4.3
     P-108   レジディア中延Ⅱ                ①       1,010      1,020      4.2     994    4.0     4.4
     P-109   レジディア御茶ノ水Ⅱ                ①        932      944     4.2     919    4.0     4.4
     P-110   レジディア三宿                ①       1,300      1,310      4.1    1,280     3.9     4.3
     C-1   レジディア三越前                ①       2,530      2,560      4.2    2,490     4.0     4.4
     C-2   レジディア蒲田                ①       3,550      3,590      4.4    3,500     4.2     4.6
     C-3   レジディア池袋                ①       1,790      1,810      4.4    1,760     4.2     4.6
     C-4   レジディア文京本郷                ①       2,200      2,230      4.2    2,170     4.0     4.4
     C-5   レジディア浅草橋                ①       1,410      1,420      4.4    1,390     4.2     4.6
     C-6   メゾンエクレーレ江古田                ④       1,100      1,110      4.8    1,100     4.6     5.0
     C-7   レジディア上野御徒町                ①       3,730      3,780      4.3    3,670     4.1     4.5
     C-8   レジディア文京本郷Ⅱ                ①       1,920      1,950      4.2    1,890     4.0     4.4
     C-9   レジディア両国                ①       1,200      1,210      4.3    1,180     4.1     4.5
                                  86/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     C-10   レジディア東銀座                ①       5,590      5,670      4.2    5,500     4.0     4.4
     C-12   レジディア日本橋人形町Ⅱ                ①       3,770      3,820      4.2    3,710     4.0     4.4
     C-13   レジディア大森東                ①       2,030      2,060      4.6    2,000     4.4     4.8
     C-15   レジディア錦糸町                ①       4,580      4,650      4.3    4,510     4.1     4.5
     C-16   レジディア根岸                ③        919      933     4.4     905    4.2     4.6
     C-17   レジディア新川                ①       2,330      2,360      4.3    2,290     4.1     4.5
     C-18   レジディア上池袋                ①        714      723     4.6     705    4.4     4.8
     C-19   レジディア新中野                ①        509      516     4.4     502    4.2     4.6
     C-21   レジディア文京湯島Ⅱ                ①       1,220      1,230      4.2    1,200     4.0     4.4
     C-22   レジディア築地                ①       1,850      1,880      4.2    1,820     4.0     4.4
     C-23   レジディア笹塚                ②       2,140      2,170      4.4    2,130     4.2     4.6
     C-24   レジディア京橋                ②       1,480      1,510      4.3    1,470     4.2     4.5
     C-25   レジディア多摩川                ③       1,620      1,640      4.4    1,590     4.2     4.6
     C-26   レジディア後楽園                ②        760      768     4.3     756    4.1     4.5
     C-27   レジディア銀座東                ③       2,460      2,500      4.2    2,410     4.0     4.4
     C-28   レジディア王子                ②       1,040      1,050      4.6    1,030     4.5     4.8
     C-29   レジディア目白Ⅱ                ②       1,230      1,250      4.4    1,220     4.2     4.6
     C-31   レジディア月島                ②       1,270      1,280      4.3    1,260     4.1     4.5
     C-32   レジディア蒲田Ⅱ                ③       1,610      1,630      4.3    1,580     4.1     4.5
     C-33   レジディア月島Ⅱ                ②       2,940      2,980      4.3    2,920     4.1     4.5
     C-34   レジディア錦糸町Ⅱ                ①       2,640      2,670      4.4    2,600     4.2     4.6
     C-35   レジディア文京音羽                ①       4,030      4,080      4.3    3,970     4.1     4.5
     C-36   レジディア文京千石                ①        872      884     4.3     860    4.1     4.5
     C-37   レジディア文京湯島                ①       1,310      1,330      4.3    1,290     4.1     4.5
     C-38   レジディア池上                ①        413      417     4.9     407    4.7     5.1
     C-39   レジディア日本橋人形町                ①        762      773     4.2     750    4.0     4.4
     C-40   レジディア文京千石Ⅱ                ③       1,640      1,660      4.3    1,610     4.1     4.5
     C-41   レジディア入谷                ②       1,140      1,150      4.7    1,130     4.5     4.9
     C-42   レジディア日本橋浜町                ②       1,580      1,600      4.2    1,570     4.0     4.4
     C-43   レジディア新御徒町                ①       2,110      2,140      4.3    2,080     4.1     4.5
     C-44   レジディア千鳥町                ①       1,450      1,470      4.6    1,430     4.4     4.8
     C-45   レジディア新川Ⅱ                ①       1,540      1,560      4.3    1,510     4.1     4.5
     C-46   レジディア目白                ⑤       7,730      7,810      4.3    7,700     4.3     4.5
     C-47   レジディア葛西                ②        818      830     5.0     813    4.8     5.2
     C-48   レジディア日本橋馬喰町                ②       7,060      7,190      4.2    7,010     4.0     4.4
     C-49   レジディア杉並方南町                ①       5,430      5,510      4.2    5,350     4.0     4.4
                                  87/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     C-50   レジディア新板橋                ①       1,220      1,230      4.4    1,200     4.2     4.6
     C-51   レジディア木場                ③       2,930      2,980      4.2    2,880     4.0     4.4
     C-52   レジディア文京湯島Ⅲ                ①       1,510      1,530      4.1    1,480     3.9     4.3
     C-53   レジディア文京本駒込                ②       2,950      2,990      4.3    2,930     4.1     4.5
     C-54   レジディア月島Ⅲ                ③       3,590      3,650      4.1    3,530     3.9     4.3
     C-55   レジディア南千住                ①       3,530      3,570      5.0    3,480     4.5     5.4
     C-56   レジディア荻窪                ①       2,220      2,250      4.3    2,190     4.1     4.5
     C-57   レジディア門前仲町                ③       1,280      1,300      4.3    1,260     4.1     4.5
     C-58   レジディア御茶ノ水                ①       2,850      2,890      4.2    2,810     4.0     4.4
     C-59   レジディア大森                ①       1,480      1,500      4.5    1,460     4.3     4.7
     C-60   レジディア中村橋                ③       1,340      1,360      4.3    1,310     4.1     4.5
     C-61   レジディア勝どき                ①       2,420      2,450      4.3    2,380     4.1     4.5
     C-62   レジディア文京音羽Ⅱ                ③       2,960      3,010      4.1    2,910     3.9     4.3
     C-63   レジディア錦糸町Ⅲ                ③        818      816     4.4     819    4.5     4.6
     C-64   レジディア蒲田Ⅲ                ③       1,210      1,230      4.3    1,190     4.1     4.5
     C-65   レジディアタワー上池袋                ①      11,400      11,600       4.4    11,100     4.0     4.8
     C-66   レジディア高島平                ②        618      638     4.8     609    4.6     5.0
     C-67   レジディア志村坂上                ②        700      714     4.6     694    4.4     4.8
     C-68   レジディア志村坂上Ⅱ                ②       1,360      1,390      4.7    1,340     4.5     4.9
     C-69   レジディア志村坂上Ⅲ                ②        502      510     4.7     499    4.5     4.9
     C-70   レジディア池袋ウエスト                ①       1,350      1,360      4.6    1,330     4.4     4.8
     C-71   レジディア大島                ③       1,570      1,590      4.3    1,540     4.1     4.5
     C-72   レジディア町屋                ③       1,300      1,320      4.6    1,280     4.4     4.8
     C-73   レジディア上野池之端                ③       1,940      1,970      4.4    1,900     4.2     4.6
     C-74   レジディア練馬                ③        632      637     4.4     626    4.0     4.6
     C-75   レジディア東日本橋                ③        468      475     4.2     461    4.0     4.4
     C-76   レジディア中野                ③        779      792     4.1     765    3.9     4.3
     C-77   レジディア荻窪Ⅱ                ③        540      549     4.4     530    4.2     4.6
     C-78   レジディア南雪谷                ③       1,520      1,540      4.2    1,490     4.0     4.4
     C-79   レジディア秋葉原                ③       1,160      1,180      4.4    1,140     4.2     4.6
     C-80   レジディア浅草吾妻橋                ①       1,120      1,130      4.5    1,110     4.2     4.7
     C-81   レジディア大森Ⅲ                ①       1,640      1,660      4.1    1,610     3.9     4.3
     C-82   レジディア日本橋馬喰町Ⅱ                ①       2,410      2,440      4.1    2,370     3.9     4.3
     C-83   レジディア日本橋馬喰町Ⅲ                ③       2,240      2,270      4.2    2,200     4.0     4.4
     C-84   レジディア文京本郷Ⅲ                ①       1,870      1,890      4.2    1,840     4.0     4.4
     C-85   レジディア新御徒町Ⅱ                ①       5,290      5,350      4.1    5,230     3.9     4.3
                                  88/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     C-86   レジディア亀戸                ①       3,280      3,320      4.2    3,230     4.0     4.4
     C-87   レジディア高円寺                ①       1,520      1,530      4.2    1,500     4.0     4.4
     S-2   チェスターハウス川口                ④        745      750     5.3     745    5.1     5.5
     S-4   レジディア東松戸                ①       1,190      1,200      5.4    1,170     5.2     5.6
     S-5   レジディア新横浜                ①       1,990      2,010      5.1    1,970     4.9     5.3
     S-7   レジディア調布                ①       1,180      1,190      4.7    1,170     4.5     4.9
        東京・スチューデントハウス
     S-11                   ①        755      761     5.9     749    5.7     6.1
        和光
     S-12   レジディア国分寺                ②        608      616     4.6     604    4.4     4.8
     S-14   レジディア横濱関内                ②       1,880      1,910      4.5    1,870     4.3     4.7
     S-15   レジディア大倉山                ②        914      926     5.0     909    4.8     5.2
     S-16   レジディア武蔵小杉                ②       1,950      1,970      4.6    1,940     4.4     4.8
     S-17   レジディア船橋Ⅰ・Ⅱ                ②       3,090      3,110      4.8    3,080     4.6     5.0
     S-19   レジディア吉祥寺                ⑤       1,640      1,660      4.5    1,630     4.5     4.7
        パシフィックロイヤルコート
     S-20   みなとみらい オーシャンタ                ①      16,100      16,100       4.9    16,100     4.4     5.1
        ワー
        ライフ&シニアハウス港北2
     S-22                   ②       2,190      2,200      4.9    2,190     4.6     5.2
        (注2)
     S-23   カレッジコート田無                ①       1,130      1,140      5.3    1,120     5.1     5.5
     S-24   レジディア浦安                ③       2,870      2,910      4.6    2,830     4.4     4.8
     S-25   レジディア南行徳                ③       1,030      1,040      4.9    1,020     4.7     5.1
     S-26   レジディア浦安Ⅱ                ③        997     1,010      4.7     983    4.5     4.9
     S-27   レジディア行徳                ③        938      946     4.9     929    4.7     5.1
     S-28   レジディア川崎                ③       2,120      2,150      4.5    2,080     4.3     4.7
     S-29   ココファン日吉(注2)                ①       1,210      1,220      5.3    1,190     4.9     5.7
     S-30   レジディア相模原                ③       1,250      1,260      5.2    1,240     4.8     5.4
     S-31   レジディア横浜馬車道                ②       1,140      1,150      4.6    1,140     4.4     4.8
     S-32   レジディア本厚木                ③        696      706     5.1     686    4.9     5.3
     S-33   レジディア船橋Ⅲ                ②        691      701     4.7     686    4.5     4.9
     R-2   レジディア今出川                ④       1,660      1,670      5.3    1,660     5.1     5.5
     R-4   レジディア東桜                ①       1,430      1,440      4.9    1,410     4.7     5.1
     R-5   レジディア亀山                ①       1,150      1,150      7.2    1,150     7.0     7.4
     R-6   レジディア緑地公園                ①        925      935     4.9     915    4.7     5.1
        レジディア神戸ポートアイラ
     R-8                   ①       4,150      4,190      5.2    4,110     5.0     5.4
        ンド
     R-10   レジディア博多                ②       1,440      1,450      5.0    1,430     4.8     5.2
     R-11   レジディア天神橋                ②       1,140      1,150      4.7    1,130     4.5     4.9
     R-12   レジディア三宮東                ③       2,770      2,810      4.8    2,730     4.6     5.0
     R-13   KC21ビル                ②        916      919     5.5     915    5.3     5.7
                                  89/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     R-14   レジディア靭公園                ③       1,460      1,480      4.5    1,440     4.3     4.7
     R-15   レジディア京都駅前                ②       2,450      2,470      4.8    2,440     4.6     5.0
     R-16   レジディア高岳                ①       3,040      3,070      4.7    3,000     4.5     4.9
     R-17   レジディア日比野                ①       1,420      1,430      5.4    1,410     5.2     5.6
     R-19   レジディア天神南                ②       1,180      1,190      4.9    1,170     4.7     5.1
     R-20   レジディア博多駅南                ②        394      397     5.2     392    5.0     5.4
     R-21   レジディア久屋大通Ⅱ                ②        796      802     4.8     793    4.6     5.0
     R-24   レジディア南一条                ②       1,920      1,930      5.2    1,920     5.0     5.4
     R-25   レジディア大通西                ②       1,370      1,370      5.2    1,370     5.0     5.4
     R-26   レジディア北三条                ②       1,380      1,390      5.2    1,380     5.0     5.4
     R-27   レジディア白壁東                ②        906      913     4.9     903    4.7     5.1
     R-29   レジディア太秦                ②        757      757     5.4     757    5.2     5.6
     R-30   レジディア泉                ②       4,240      4,270      4.8    4,230     4.6     5.0
     R-31   レジディア円山北五条                ②       1,200      1,210      5.3    1,200     5.1     5.5
     R-32   レジディア徳川                ②        850      856     4.9     847    4.7     5.1
     R-34   レジディア大通公園                ①       2,460      2,480      5.2    2,430     5.0     5.4
     R-35   レジディア谷町                ③       1,610      1,640      4.5    1,580     4.3     4.7
     R-36   レジディア久屋大通                ②        933      942     4.8     929    4.6     5.0
     R-37   レジディア仙台宮町                ②        737      746     5.4     733    5.4     5.6
     R-38   レジディア広瀬通                ②        668      677     5.2     664    5.4     5.4
     R-39   レジディア江戸堀                ①       1,850      1,870      4.7    1,830     4.5     4.9
     R-40   レジディア京町堀                ①       1,350      1,360      4.7    1,330     4.5     4.9
     R-41   レジディア江坂                ①       1,250      1,260      4.7    1,230     4.5     4.9
     R-42   レジディア西新                ②       3,080      3,100      5.0    3,070     4.8     5.2
     R-43   レジディア鶴舞                ②       1,650      1,660      5.0    1,640     4.8     5.2
     R-44   レジディア神戸磯上                ③       3,730      3,790      4.7    3,670     4.5     4.9
     R-45   レジディア北二条イースト                ②       1,070      1,080      5.2    1,070     5.0     5.4
     R-46   レジディア心斎橋ウエスト                ②       2,410      2,440      4.6    2,400     4.4     4.8
     R-47   レジディア丸の内                ②       1,200      1,210      4.9    1,190     4.7     5.1
     R-48   レジディア札幌駅前                ②       2,110      2,120      5.2    2,110     5.0     5.4
     R-49   レジディア御所東                ①       1,550      1,560      4.7    1,530     4.5     4.9
     R-50   レジディア洛北                ①       1,010      1,020      4.9     995    4.7     5.1
     R-51   レジディア都島Ⅰ・Ⅱ                ③       4,750      4,820      4.7    4,680     4.5     4.9
     R-52   レジディアタワー仙台                ①       2,040      2,060      5.1    2,020     4.9     5.3
     R-53   レジディア東桜Ⅱ                ②       3,700      3,730      4.9    3,690     4.7     5.1
     R-54   レジディア榴岡                ①       2,410      2,430      5.2    2,380     5.0     5.4
                                  90/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                      鑑定評価     鑑定評価額       直接還元      直接還元      DCF        最終還元
     物件                                             割引率
             物件名称           機関    又は調査価格         価格     利回り      価格        利回り
     番号                                             (%)
                       (注1)     (百万円)      (百万円)       (%)    (百万円)          (%)
     R-55   レジディア神戸元町                ①       1,350      1,360      4.9    1,330     4.7     5.1
     R-56   レジディア仙台本町                ①       1,620      1,640      5.1    1,600     4.9     5.3
     R-57   レジディア仙台原ノ町                ①        874      882     5.3     866    5.1     5.5
     R-58   レジディア南一条イースト                ①       1,360      1,370      5.1    1,350     4.9     5.3
     R-59   レジディア新大阪                ②       3,500      3,570      4.6    3,470     4.4     4.8
     R-60   レジディア岡山駅前                ③        992     1,000      5.7     983    5.3     5.9
     R-61   レジディア京都岡崎                ③        306      312     4.8     300    4.4     5.0
     R-62   レジディア仙台一番町                ③       1,400      1,400      4.9    1,390     4.5     5.1
     R-63   レジディア北二条イーストⅡ                ②        739      742     5.2     737    5.0     5.4
     R-64   レジディア高宮                ②        581      586     4.9     579    4.7     5.1
     R-65   レジディア桑園                ②        541      544     5.3     539    5.1     5.5
     R-66   レジディア天神                ①       1,310      1,320      4.8    1,290     4.6     5.0
     R-67   レジディア薬院大通                ①       1,320      1,330      4.8    1,300     4.6     5.0
     R-68   レジディア博多Ⅱ                ①       1,570      1,580      4.8    1,550     4.6     5.0
     R-69   レジディア警固                ②       1,110      1,120      4.7    1,110     4.5     4.9
     R-70   レジディア白壁                ③       1,100      1,120      4.7    1,080     4.5     4.9
     R-71   レジディア栄                ②        960      970     4.8     956    4.6     5.0
     R-72   レジディア千里藤白台                ②       1,590      1,640      4.8    1,570     4.6     5.0
     R-73   レジディア千里万博公園                ②       2,320      2,380      4.7    2,290     4.5     4.9
              資産合計                531,174      538,045           524,756
     (注1)鑑定評価書及び価格調査報告書における鑑定評価機関は、それぞれ以下の通りです。
        ①一般財団法人日本不動産研究所、②大和不動産鑑定株式会社、③森井総合鑑定株式会社、④株式会社中央不動産鑑定所、⑤株式会社
        谷澤総合鑑定所
     (注2)シニアタイプ物件に係る不動産鑑定評価においては、専門家によるレポートや事業デューディリジェンス等の内容を踏まえて鑑定評価
        が実施されています。 
                                  91/334









                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)信託不動産の概要
          2017年7月31日現在の保有資産のうち、不動産を信託する信託の受益権である個別資産ごとの信託受託者及び
         信託期間は以下の通りです。
     物件
             信託不動産                信託受託者                 信託期間(注1)
     番号
     P-2   レジディア島津山                 みずほ信託銀行株式会社               自:2003年3月31日 至:2020年11月30日
     P-3   レジディア中目黒                 みずほ信託銀行株式会社               自:2004年2月26日 至:2020年11月30日
     P-4   レジディア世田谷弦巻                 三井住友信託銀行株式会社               自:2002年3月20日 至:2020年11月30日
     P-7   レジディア池尻大橋                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年9月27日 至:2020年11月30日
     P-9   レジディア九段下                 みずほ信託銀行株式会社               自:2002年12月6日 至:2020年11月30日
     P-10   レジディア幡ヶ谷                 三井住友信託銀行株式会社               自:2006年4月14日 至:2021年3月31日
     P-13   レジディア桜上水                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年8月25日 至:2022年4月28日
     P-14   レジディア北品川                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年3月28日 至:2025年2月28日
     P-15   レジディア代々木の杜                 みずほ信託銀行株式会社               自:2007年7月27日 至:2023年2月28日
     P-16   レジディア新宿イーストⅢ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2009年3月19日 至:2024年3月31日
     P-19   レオパレス宇田川町マンション                 三井住友信託銀行株式会社               自:2002年12月20日 至:2020年11月27日
     P-21   レジディア新宿イーストⅡ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年3月26日 至:2021年3月31日
     P-22   レジディア新宿イースト                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年3月30日 至:2021年3月31日
     P-23   レジディア神田岩本町                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年3月26日 至:2021年3月31日
     P-24   レジディア麻布十番Ⅱ                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年3月31日 至:2020年3月31日
     P-25   レジディア恵比寿                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年3月31日 至:2020年3月31日
     P-26   レジディア目黒                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年3月31日 至:2020年3月31日
     P-30   ピアネッタ汐留                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2005年3月25日 至:2026年3月31日
     P-31   レジディア駒沢大学                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2005年3月25日 至:2026年3月31日
     P-32   レジディア代々木                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2005年3月25日 至:2026年3月31日
     P-33   レジディア西新宿                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2005年3月25日 至:2026年3月31日
     P-34   レジディア経堂                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2005年3月25日 至:2026年3月31日
     P-45   レジディア自由が丘                 三井住友信託銀行株式会社               自:2003年4月10日 至:2020年3月26日
     P-50   レジディア西麻布                 みずほ信託銀行株式会社               自:2001年12月27日 至:2024年12月31日
     P-51   レジディア代官山                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年9月3日 至:2024年9月30日
     P-52   レジディア市ヶ谷                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年9月24日 至:2024年9月30日
     P-53   レジディア六本木檜町公園                 三井住友信託銀行株式会社               自:2002年2月22日 至:2022年3月31日
     P-64   レジディア中延                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年3月31日 至:2020年3月31日
     P-65   レジディア麻布台                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年3月31日 至:2020年3月31日
     P-66   レジディア芝大門Ⅱ                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2006年10月27日 至:2026年10月31日
     P-72   レジディア目白御留山                 三井住友信託銀行株式会社               自:2003年4月2日 至:2020年3月26日
     P-73   レジディア芝浦                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年9月27日 至:2024年9月30日
     P-75   レジディア祐天寺                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2006年10月27日 至:2026年10月31日
                                  92/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     物件
             信託不動産                信託受託者                 信託期間(注1)
     番号
        パークタワー芝浦ベイワード
     P-76                    みずほ信託銀行株式会社               自:2005年7月28日 至:2018年2月28日
        アーバンウイング
     P-79   レジディア上目黒                 みずほ信託銀行株式会社               自:2004年12月9日 至:2024年12月31日
     P-85   レジディア駒沢                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2010年7月6日 至:2020年7月31日
     P-86   レジディア芝浦KAIGAN                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2011年3月1日 至:2021年3月31日
     P-87   レジディア市谷薬王寺                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2011年5月11日 至:2021年5月31日
     P-90   レジディア笹塚Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2012年2月24日 至:2022年2月28日
     P-91   レジディア目黒Ⅲ                 みずほ信託銀行株式会社               自:2013年2月21日 至:2023年2月28日
     P-92   レジディア自由が丘Ⅱ                 みずほ信託銀行株式会社               自:2006年7月7日 至:2023年2月28日
     P-93   レジディア九段下Ⅱ                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2013年3月1日 至:2023年2月28日
     P-94   レジディア大森Ⅱ                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2013年3月1日 至:2023年2月28日
     P-95   レジディア白金高輪                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2013年3月1日 至:2023年2月28日
     P-96   レジディア中落合                 みずほ信託銀行株式会社               自:2009年8月13日 至:2023年9月30日
     P-97   レジディア中目黒Ⅱ                 みずほ信託銀行株式会社               自:2006年11月30日 至:2024年2月29日
     P-98   アルティスコート南青山                 三井住友信託銀行株式会社               自:2010年4月21日 至:2024年2月29日
     P-99   レジディア四谷三丁目                 みずほ信託銀行株式会社               自:2007年12月14日 至:2024年2月29日
     P-100   レジディア高輪桂坂                 みずほ信託銀行株式会社               自:2014年12月19日 至:2024年12月31日
     P-102   レジディア新宿御苑                 みずほ信託銀行株式会社               自:2014年12月19日 至:2024年12月31日
     P-103   レジディア南品川                 三菱UFJ信託銀行株式会社               自:2015年3月19日 至:2025年3月31日
     P-104   チェスターコート御茶ノ水                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年3月30日 至:2025年4月30日
     P-105   レジディア神田岩本町Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年9月7日 至:2025年4月30日
     P-106   レジディア品川                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年8月2日 至:2025年4月30日
     P-108   レジディア中延Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2016年4月14日 至:2026年4月30日
     P-109   レジディア御茶ノ水Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2016年4月14日 至:2026年4月30日
     P-110   レジディア三宿                 三井住友信託銀行株式会社               自:2016年10月3日 至:2026年9月30日
     C-1   レジディア三越前                 みずほ信託銀行株式会社               自:2004年3月30日 至:2020年11月30日
     C-2   レジディア蒲田                 みずほ信託銀行株式会社               自:2003年11月13日 至:2020年11月30日
     C-3   レジディア池袋                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年4月15日 至:2020年11月30日
     C-4   レジディア文京本郷                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年9月21日 至:2020年11月30日
     C-5   レジディア浅草橋                 三井住友信託銀行株式会社               自:2005年9月21日 至:2020年11月30日
     C-6   メゾンエクレーレ江古田                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年3月19日 至:2020年11月30日
     C-7   レジディア上野御徒町                 三井住友信託銀行株式会社               自:2006年3月20日 至:2021年3月31日
     C-8   レジディア文京本郷Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2006年3月1日 至:2026年2月28日
     C-9   レジディア両国                 三井住友信託銀行株式会社               自:2006年9月1日 至:2021年8月31日
     C-10   レジディア東銀座                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年2月16日 至:2027年2月28日
     C-12   レジディア日本橋人形町Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年1月31日 至:2027年1月31日
     C-13   レジディア大森東                 三井住友信託銀行株式会社               自:2007年9月3日 至:2022年9月28日
                                  93/334



                                                           EDINET提出書類
                                                 アドバンス・レジデンス投資法人(E24347)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     物件
             信託不動産                信託受託者                 信託期間(注1)
     番号
     C-15   レジディア錦糸町                 三井住友信託銀行株式会社               自:2008年3月21日 至:2023年3月31日
     C-16   レジディア根岸                 みずほ信託銀行株式会社               自:2005年11月24日 至:2025年11月30日
     C-17   レジディア新川                 株式会社りそな銀行               自:2003年3月11日 至:2023年5月31日
     C-18   レジディア上池袋                 三井住友信託銀行株式会社               自:2003年1月23日 至:2023年1月22日
     C-19   レジディア新中野                 三井住友信託銀行株式会社               自:2002年12月20日 至:2021年3月31日
     C-21   レジディア文京湯島Ⅱ                 三井住友信託銀行株式会社               自:2004年3月30日 至:2021年3月31日
     C-23   レジディア笹塚&n