株式会社ティーケーピー 四半期報告書 第13期第2四半期(平成29年6月1日-平成29年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第13期第2四半期(平成29年6月1日-平成29年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社ティーケーピー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年10月16日
      【四半期会計期間】                    第13期第2四半期(自 平成29年6月1日 至 平成29年8月31日)
      【会社名】                    株式会社ティーケーピー
      【英訳名】                    TKP  Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  河野 貴輝
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                    03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長  髙木 寛
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                    03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長  髙木 寛
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ティーケーピー横浜支店
                         (神奈川県横浜市神奈川区金港町3番地1)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第13期
               回次               第2四半期            第12期
                             連結累計期間
                           自平成29年3月1日           自平成28年3月1日

              会計期間
                           至平成29年8月31日           至平成29年2月28日
                     (百万円)              13,983           21,978
     売上高
                     (百万円)              2,116           2,552

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              1,554           1,352
     (当期)純利益
                     (百万円)              1,559           1,341
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              8,185           4,470

     純資産額
                     (百万円)              27,878           24,140

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             48.32           45.22
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             47.56             -
     期(当期)純利益金額
                      (%)              29.2           18.3
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              1,288           1,096
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)               511         △ 7,705
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)               766          6,310
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)              8,051           5,494
     (期末)残高
                               第13期

               回次               第2四半期
                             連結会計期間
                           自平成29年6月1日

              会計期間
                           至平成29年8月31日
                      (円)             25.07
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.当社は第12期第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、第12期第2四
           半期連結累計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
         3 .売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.  当社は   平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。また、平成29年7月
           3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の                                      株式分割を行っておりま
           す。このため、第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、                               1株当たり四半期(当期)純利益金額を
           算定しております。
         5 . 第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社は非
           上場であったため、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         6.  当社は平成29年3月27日に東京証券取引所マザーズに上場したため、第13期第2四半期連結累計期間の潜在
           株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から第13期                               第2四半期連結会計         期間末までの平均株
           価を期中平均株価とみなして算定しております。
                                  2/20


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。なお、当社は前第2四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないた
       め、前年同四半期連結累計期間との比較分析は行っておりません。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、平成29年4~6月の実質GDP成長率が6四半期連続でのプ
        ラスであり、雇用環境の改善に伴う個人消費の拡大や好調な企業業績を受けた設備投資の増加に支えられて、内需
        主導型で日本経済が回復基調にあると考えられます。また、                            雇用環境については、人手不足を背景として改善が続
        く見込みです。
         一方、海外経済も緩やかな回復傾向がみられる中、特に、米国はトランプ政権の政策動向に注視は必要なもの
        の、平成29年8月の製造業ISM指数は58.8ポイントと平成23年4月以来6年4ヶ月ぶりの高水準となっており、
        製造業を中心とした民間需要による成長の下支えが期待されています。
         当社グループを取り巻く環境においては、労働市場における需給の逼迫に伴い各企業の新卒採用活動の積極化
        や、パートタイム労働者の正規雇用化などを背景に、社員教育研修等のニーズが増大し、当社貸会議室の需要も好
        調に推移いたしました。また、企業業績の改善に伴い、従来よりも高価格帯の会議室の利用も増加しているほか、
        宿泊研修施設への需要も高まっております。
         このような状況のなか、当社グループは平成29年3月27日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。
         当第2四半期における主な出店といたしましては、8月にリゾート型宿泊研修施設である「レクトーレ熱海桃
        山」「レクトーレ箱根強羅」をリニューアルオープンしたほか                             、8月に札幌に直営レストラン「Kizuna S
        usukino S4」を新たにオープンいたしました。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末での当社グループが運営する貸会議室数は、全国の大都市圏を中心                                                   に
        1,813室(前期末比3.5%増)となりました。
         以上のとおり、企業による旺盛な需要を積極的に取り込む一方、出店の加速化が奏功した結果、                                            当第2四半期連
        結累計期間の業績につきましては、売上高は                     13,  983  百万円、営業利益は2,          298  百万円、経常利益は2,116百万円、親
        会社株主に帰属する四半期純利益は                 1,554   百万円   となりました。
         なお、当社グループは空間再生流通事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
        す。
       (2)財政状態の分析

        (流動資産)
         当第2四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ3,145百万円増加し、11,634百万円
        となりました。主な増加要因は、現金及び預金の増加が2,556百万円あったことによるものです。
        (固定資産)

         当第2四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ592百万円増加し、16,243百万円と
        なりました。主な増加要因は、建物及び構築物の増加が583百万円、敷金及び保証金の増加が511百万円、その他有
        形固定資産のうち、建設仮勘定の増加が1,831百万円に対し、土地が2,566百万円減少したことによるものです。
        (流動負債)

         当第2四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ1,707百万円増加し、6,991百万円と
        なりました。主な増加要因は、1年内返済予定の長期借入金の増加が255百万円、未払法人税等の増加が460百万円
        あったことによるものです。
                                  4/20



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
        (固定負債)
         当第2四半期連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ1,683百万円減少し、12,701百万円
        となりました。主な減少要因は、長期借入金の減少が2,226百万円に対し、社債が544百万円増加したことによるも
        のです。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ3,715百万円増加し、8,185百万円とな
        りました。主な増加要因は、資本剰余金の増加が2,060百万円に加え、利益剰余金の増加が1,554百万円あったこと
        によるものです。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
        2,556百万円増加し、8,051百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により得られた資金は1,288百万円となりました。主な要因は、税金等調整前四半期純利益が2,603百万
        円、法人税等の支払額が625百万円あったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動により得られた資金は511百万円となりました。主な要因は、有形固定資産の取得による支出が2,019百
        万円、敷金及び保証金の差入による支出が563百万円あった一方で、長期貸付金の回収による収入が41百万円、敷
        金及び保証金の回収による収入が51百万円、有形固定資産の売却による収入が3,069百万円                                          あったことによるもの
        であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動により得られた資金は766百万円となりました。主な要因は、長期借入れによる収入が1,600百万円及び
        社債の発行による収入が983百万円に加え、自己株式の売却による収入が2,153百万円あった一方で、長期借入金の
        返済による支出が3,571百万円、社債の償還による支出が385百万円                               あったことによるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/20









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       12,000,000
     普通株式
                                                       12,000,000
                  計
      ( 注 ) 平成29年7月3日開催の取締役会決議により                     、平成29年9月1日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行可
         能株式総数は72,000,000株増加し、84,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年10月16日)
               (平成29年8月31日)                        取引業協会名
                                       東京証券取引所           単元株式数
                     4,730,000            33,110,000
     普通株式
                                       マザーズ           100株
                     4,730,000            33,110,000           -           -
         計
      (注)平成29年7月3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の株式分割を行っ
         ております。これにより発行済株式数は28,380,000株増加し、                             33,110,000     株となっております。
       (2)【新株予約権等の状況】

         当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     決議年月日                            平成29年7月3日
     新株予約権の数(個)                            8,300(注)1

                                 -
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                            58,100(注)1、4

     新株予約権の行使時の払込金額                            1株当たり17,500円(注)2

                                 自 平成31年7月18日
     新株予約権の行使期間
                                 至 平成39年7月3日
                                 発行価格         17,500
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)
                                 資本組入額  8,750
     新株予約権の行使の条件                            (注)3
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の
     新株予約権の譲渡に関する事項
                                 決議による承認を要するものとする。
                                 -
     代用払込みに関する事項
                                 -
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
           調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           割当日以降、当社が合併、会社分割、株式交換または株式移転を行う場合等、株式数の調整を必要とするや
           むを得ない事由が生じたときは、合併、会社分割、株式交換または株式移転の条件等を勘案の上、合理的な
           範囲で株式数を調整するものとする。
                                  6/20



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
         2.当社が新株予約権の割当日後、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額
           を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。
                               1
           調整後払込金額=調整前払込金額×
                           分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株を発行する場合または自己株式を処分する場合(新株予約権の行使によるも
           のを除く。)は、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げま
           す。
                                               1株当たりの払込金額又
                                   新規発行又は処分株式数×
                                               は処分金額
                           既発行株式数+
                                          新規発行前の株価
           調整後払込金額=調整前払込金額×
                                既発行株式数+新規発行株式数又は処分株式数
           上記に定める場合の他、割当日以降、行使価額の調整を必要とするやむを得ない事由が生じた場合、当社
           は、合理的な範囲で行使価額の調整を行う。
         3.権利行使の条件は以下のとおりであります。
           (1)新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役もしくは従
             業員のいずれかの地位にあることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職その他正当な理由
             があると取締役会が認めた場合にはこの限りではない。
           (2)新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の行使は認めない。
           (3)新株予約権者は、割当個数の一部又は全部を行使することができる。但し、新株予約権1個未満の行使
             はできないものとする。
           (4)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することと
             なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
           (5)新株予約権者は、以下の期間ごとに、以下に掲げる割合を上限としてその権利を行使することができ
             る。ただし、各期間において行使可能な新株予約権の数は、整数未満を切り上げた数とする。
             ① 平成31年7月17日までは、割り当てられた新株予約権のすべてについて権利行使することができな
               い。
             ② 平成31年7月18日から平成33年7月17日までは、割当数の4分の1について行使することができ
               る。
             ③ 平成33年7月18日から平成35年7月17日までは、割当数の4分の2から②で行使した数を控除した
               数を上限として行使することができる。
             ④ 平成35年7月18日から平成37年7月17日までは、割当数の4分の3から②及び③で行使した数を控
               除した数を上限として行使することができる。
             ⑤ 平成37年7月18日から平成39年7月3日までは、割当数から②乃至④で行使した数を控除した数を
               上限として行使することができる。
           (6)その他の権利行使の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に
             おいて定めるものとする。
         4.平成29年7月3日開催の取締役会決議により、                        平成29年9月1日        付で普通株式1株につき7株の株式分割を
           行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」が調整されております。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数       総数残高                      増減額       残高
         年月日
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     平成29年6月1日~
                       -    4,730,000           -       287        -       242
     平成29年8月31日
      (注)平成29年7月3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の株式分割を行っ
         ております。これにより発行済株式数は28,380,000株増加し、33,110,000株となっております。
                                  7/20



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   平成29年8月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                              所有株式数
                                                    対する所有株式数
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
                                                 1,924         40.68

     株式会社リバーフィールド                    東京都港区赤坂6丁目8番2号
                                                 1,434         30.32
     河野 貴輝                    東京都港区
                         東京都品川区東大井5丁目15-3                         363         7.68
     株式会社井門コーポレーション
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                         146         3.10
     会社
                         東京都港区浜松町2丁目11-3                         86        1.83
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都千代田区大手町1丁目9-7
                                                  30        0.65
     モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
                         大手町フィナンシャルシテイサウスタワー
                                                  30        0.63
     嘉藤 靖                    東京都江戸川区
                         東京都中央区晴海1丁目8-12
                                                  28        0.60
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                         晴海トリトンスクエアタワーZ
                         東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10                         27        0.59
     日本証券金融株式会社
     STATE   STREET    LONDON    CARE   OF  STATE
     STREET    BANK   AND  TRUST.           ONE  LINCOLN    STREET,BOSTON       MA  USA  02111
     BOSTON    SSBTC   A/C  UK  LONDON    BRANCH      東京都中央区日本橋3丁目11-1                         23        0.49
     CLIENTS-UNITED        KINGDOM            (常任代理人)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店)
                                  -               4,094         86.56
              計
      (注)1.当第2四半期会計期間末現在における、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社の信託業務に係る株式
           数については、当社として把握することができないため記載しておりません。
         2.当第2四半期会計期間末現在における、日本マスタートラスト信託銀行株式会社の信託業務に係る株式数に
           ついては、当社として把握することができないため記載しておりません。
         3.当第2四半期会計期間末現在における、資産管理サービス信託銀行株式会社の信託業務に係る株式数につい
           ては、当社として把握することができないため記載しておりません。
         4.上記のほか、当社所有の自己株式72,100株(1.52%)があります。
                                  8/20









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年8月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                             72,100
                           普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   46,560              -
                           4,656,000
                           普通株式
                                         -            -
     単元未満株式
                             1,900
     発行済株式総数                      4,730,000              -            -
     総株主の議決権                        -           46,560              -

      (注)平成29年7月3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の株式分割を行っ
         ております。これに伴い、提出日現在において、完全議決権株式(自己株式等)の株式数は普通株式504,700
         株、完全議決権株式(その他)の株式数は普通株式32,592,000株、議決権の数は325,920個、単元未満株式の数
         は普通株式13,300株、発行済株式総数の株式数は33,110,000株、総株主の議決権の議決権の数は325,920個と
         なっております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年8月31日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義       他人名義       所有株式数
                                                     に対する所有株
                               所有株式数       所有株式数       の合計
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                                     式数の割合
                                 (株)       (株)       (株)
                                                       (%)
                   東京都新宿区市谷八幡町
                                  72,100         -     72,100         1.52
     株式会社ティーケーピー
                   8番地
                        -          72,100         -     72,100         1.52
           計
      (注)   平成29年7月3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の株式分割を行っ
         ております。これにより自己名義所有株式数は432,600株増加し、504,700株となっております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/20







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年6月1日から平
       成29年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年8月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.最初に提出する四半期報告書の記載上の特例

        当四半期報告書は、「企業内容等開示ガイドライン24の4の7-6」の規定に準じて前年同四半期との対比は行っ
       ておりません。
                                 10/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成29年2月28日)              (平成29年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         5,494              8,051
         現金及び預金
                                         2,165              2,188
         売掛金
                                           841             1,405
         その他
                                          △ 12             △ 10
         貸倒引当金
                                         8,489              11,634
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               4,035              4,619
                                         6,507              3,941
          土地
                                           279             2,275
          その他(純額)
                                         10,822              10,836
          有形固定資産合計
                                           64              126
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         4,021              4,532
          敷金及び保証金
                                           776              747
          その他
                                          △ 34              -
          貸倒引当金
                                         4,763              5,280
          投資その他の資産合計
                                         15,650              16,243
         固定資産合計
                                         24,140              27,878
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           400              447
         買掛金
                                           681             1,141
         未払法人税等
                                           770              840
         1年内償還予定の社債
                                         1,903              2,158
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,528              2,403
         その他
                                         5,284              6,991
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,571              4,116
         社債
                                         10,363               8,136
         長期借入金
                                           263              272
         資産除去債務
                                           187              176
         その他
                                         14,385              12,701
         固定負債合計
                                         19,669              19,693
       負債合計
                                 11/20







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成29年2月28日)              (平成29年8月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                           287              287
         資本金
                                           242             2,302
         資本剰余金
                                         3,927              5,482
         利益剰余金
                                         △ 110              △ 17
         自己株式
                                         4,346              8,055
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           47              58
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 13             △ 10
         繰延ヘッジ損益
                                           47              36
         為替換算調整勘定
                                           80              84
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -               1
                                           42              44
       非支配株主持分
                                         4,470              8,185
       純資産合計
                                         24,140              27,878
      負債純資産合計
                                 12/20














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年8月31日)
                                         13,983
      売上高
                                         8,345
      売上原価
                                         5,638
      売上総利益
                                        ※1 3,339
      販売費及び一般管理費
                                         2,298
      営業利益
      営業外収益
                                            1
       受取利息
                                            ▶
       受取配当金
                                           36
       貸倒引当金戻入額
                                           14
       その他
                                           56
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           74
       支払利息
                                           125
       支払手数料
                                           38
       その他
                                           239
       営業外費用合計
                                         2,116
      経常利益
      特別利益
                                           487
       固定資産売却益
                                           487
       特別利益合計
                                         2,603
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,044
                                            2
      法人税等調整額
                                         1,047
      法人税等合計
                                         1,556
      四半期純利益
                                            1
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         1,554
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/20










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年8月31日)
                                         1,556
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           10
       その他有価証券評価差額金
                                            2
       繰延ヘッジ損益
                                           △ 9
       為替換算調整勘定
                                            3
       その他の包括利益合計
                                         1,559
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         1,557
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            2
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/20















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:百万円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,603
       税金等調整前四半期純利益
                                           268
       減価償却費
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 487
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 36
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    49
                                           16
       社債発行費
                                           △ 5
       受取利息及び受取配当金
                                           74
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 23
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 23
       立替金の増減額(△は増加)                                  △ 503
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    47
       未払金の増減額(△は減少)                                  △ 338
       未払費用の増減額(△は減少)                                    87
       前受金の増減額(△は減少)                                    87
                                           168
       その他
                                         1,983
       小計
                                            5
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 75
       利息の支払額
                                         △ 625
       法人税等の支払額
                                         1,288
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ ▶
       資産除去債務の履行による支出
                                        △ 2,019
       有形固定資産の取得による支出
                                         3,069
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 56
       無形固定資産の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           △ 5
       支出
                                           41
       長期貸付金の回収による収入
                                         △ 563
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           51
       敷金及び保証金の回収による収入
                                           △ 0
       その他
                                           511
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,800
       短期借入れによる収入
                                        △ 1,800
       短期借入金の返済による支出
       長期借入れによる収入                                  1,600
                                        △ 3,571
       長期借入金の返済による支出
                                           983
       社債の発行による収入
                                         △ 385
       社債の償還による支出
       自己株式の売却による収入                                  2,153
                                          △ 14
       その他
                                           766
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 9
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    2,556
                                         5,494
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 8,051
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/20




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第                                                  1
          四半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当座貸越契約及び貸出コミットメント
          当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため、金融機関と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
         を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成29年2月28日)                  (平成29年8月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                     6,400百万円                  9,600百万円
     総額
                                     2,547                   -
     借入実行残高
                                     3,852                  9,600
      差引額
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成29年3月1日
                             至 平成29年8月31日)
     給料及び手当                               1,900   百万円
         2 業績の季節的変動

            当社グループは、顧客企業における採用活動や新入社員研修を中心とした利用が、利用目的の比較的多く
           を占める傾向にあることから、業績は季節的に変動し、売上高・営業利益ともに下期より上期、特に第1四
           半期連結会計期間の割合が大きくなる傾向があります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                            当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成29年3月1日
                             至 平成29年8月31日)
     現金及び預金勘定                               8,051百万円
     現金及び現金同等物                               8,051
                                 16/20








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         当第2四半期連結累計期間(自平成29年3月1日 至平成29年8月31日)
          1.  配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

             当社は、平成29年3月26日を払込期日とする公募による普通株式に係る自己株式の処分、並びに平成29
            年4月25日を払込期日とする第三者割当による普通株式に係る自己株式の処分を行い、自己株式処分差益
            が2,060百万円発生したことにより、当第2四半期連結累計期間において、資本剰余金が同額増加すると
            ともに、自己株式が93百万円減少しております。
             この結果、当第2四半期連結会計期間末において、資本剰余金が2,302百万円、自己株式が17百万円と
            なっております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年8月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   48円32銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          1,554
        (百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                          1,554
        純利益金額(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 32,174
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   47円56銭

       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -
        (百万円)
        普通株式増加数(千株)                                   513
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                           -
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
      (注)   1.  当社は、平成29年3月27日に東京証券取引所マザーズへ上場したため、当第2四半期連結累計期間の潜在                                                株
           式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から当第2四半期連結累計期間末までの平均株価を期
           中平均株価とみなして算定しております。
         2.当社は、平成29年7月3日開催の取締役会決議により、平成29年9月1日付で普通株式1株につき7株の                                                   株
           式分割を行っております。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純
           利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 17/20


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。

                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年10月13日

     株式会社ティーケーピー
      取締役会 御中
                            有限責任監査法人 トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              森田 浩之  印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              佐々田 博信 印
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ティー

     ケーピーの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年6月1日か
     ら平成29年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年8月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ティーケーピー及び連結子会社の平成29年8月31日現在の財
     政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。