株式会社PR TIMES 四半期報告書 第13期第2四半期(平成29年6月1日-平成29年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第13期第2四半期(平成29年6月1日-平成29年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社PR TIMES

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年10月12日
      【四半期会計期間】                    第13期第2四半期(自 平成29年6月1日 至 平成29年8月31日)
      【会社名】                    株式会社PR       TIMES
      【英訳名】                    PR  TIMES,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 山口 拓己
      【本店の所在の場所】                    東京都港区南青山二丁目27番25号
      【電話番号】                    03-5770-7888
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 管理本部長 寺澤 美砂
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区南青山二丁目27番25号
      【電話番号】                    03-6455-5464
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 管理本部長 寺澤 美砂
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第12期           第13期
               回次               第2四半期           第2四半期            第12期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自  平成28年3月1日          自  平成29年3月1日          自  平成28年3月1日
              会計期間
                           至  平成28年8月31日          至  平成29年8月31日          至  平成29年2月28日
                      (千円)            644,686           804,860          1,355,036

     売上高
                      (千円)            115,087           179,628           237,720

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            76,282           124,489           154,179
     期)純利益
                      (千円)            76,282           124,489           154,179
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,221,682           1,440,390           1,315,820
     純資産額
                      (千円)           1,426,811           1,698,122           1,564,607
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             25.22           38.19           49.89
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             23.43           36.71           46.49
     (当期)純利益金額
                      (%)             85.6           84.8           84.1
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            100,949           110,560           262,026
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            13,923          △ 22,446          △ 12,030
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            606,529           △ 1,147          621,626
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            971,683          1,208,870           1,121,904
     (期末)残高
                               第12期           第13期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自  平成28年6月1日          自  平成29年6月1日
              会計期間
                           至  平成28年8月31日          至  平成29年8月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)             14.53           23.02

      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
           りません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が営む事業の内容について、重要な変
       更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第2四半期連結累計期間(平成29年3月1日~平成29年8月31日)におけるわが国の経済は、引き続き緩やか
        な回復基調で推移しているものの、不安定な海外情勢の影響が懸念され、先行き不透明な状況にあります。
         当社におきましては、自治体や新聞社との業務提携を通じて、ベンチャー企業や地方・地域の情報を流通させる
        仕組みづくりを積極的に実施いたしました。また、引き続きメディアとの提携も増やしております。
         このような環境のもと、当社はニュースリリース配信サイト「PR                              TIMES」をはじめとした多数のWebサイトに
        ニュースリリースを配信・掲載しました結果、平成29年6月には利用企業社数が18,000社を突破し、国内上場企業
        のうち32%超の企業に利用していただきました。
         これらの結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は                         804,860千円      (前年同期比24.8%増)、営業利益は                  179,747
        千円  (前年同期比40.1%増)、経常利益は                  179,628千円      (前年同期比56.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純
        利益は   124,489千円      (前年同期比63.2%増)となりました。
       (2)  財政状態の分析

         (資産の部)
          当第  2 四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ133,514千円増加し、1,698,122千円
         となりました。
          流動資産におきましては、当第               2 四半期連結会計期間末残高は、1,443,135千円と前連結会計年度末に比べ
         141,306千円の増加となりました。これは、現金及び預金の増加86,966千円並びに受取手形及び売掛金の増加
         54,869千円が主な要因となります。
          固定資産におきましては、当第              2 四半期連結会計期間末残高は、              254,987千円と前連結会計年度末に比べ7,791
         千円の減少となりました。これは、有形固定資産の減少10,797千円、無形固定資産の増加5,820千円及び投資そ
         の他の資産の減少2,814千円が主な要因となります。
         (負債の部)

          当第  2 四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ8,944千円増加し、257,732千円となり
         ました。
          流動負債におきましては、当第              2 四半期連結会計期間末残高は、254,193千円と前連結会計年度末に比べ9,691
         千円の増加となりました。これは、支払手形及び買掛金の増加3,878千円並びに未払法人税等の増加3,690千円が
         主な要因となります。
          固定負債におきましては、当第              2 四半期連結会計期間末残高は、3,538千円と前連結会計年度末に比べ746千円
         の減少となりました。
         (純資産の部)

          当第  2 四半期連結会計期間末における純資産は、                    前連結会計年度末に比べ124,570千円増加し、1,440,390千円
         となりました。これは、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金の増加124,489千円が主な
         要因となります。
                                  3/16




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
       (3)  キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、                                        1,208,870千円       と前連結
        会計年度末に比べ        86,966千円     の増加となりました。当           第2四半期連結累計期間           における各キャッシュ・フローの状
        況とそれらの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は              110,560千円      (前年同期は      100,949千円      の収入)となりました。これは主に、売
         上債権の増加額       54,869千円     、法人税等の支払額         52,188千円     及び未払金の減少額         23,109千円     があったものの、税金
         等調整前四半期純利益          179,628千円      及び減価償却費       29,444千円     の計上並びに前受収益の増加額              30,322千円     があっ
         たことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果支出した資金は              22,446千円     (前年同期は      13,923千円     の収入)となりました。これは主に、無形
         固定資産の取得による支出            20,115千円     があったことによるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果支出した資金は              1,147千円     (前年同期は      606,529千円      の収入)となりました。これは主に、リー
         ス債務の返済による支出           1,227千円     によるものであります。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/16












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  10,000,000
        普通株式
                                                  10,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年10月12日)
               (平成29年8月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容等に何ら限
                                                   定のない当社におけ
                                         東京証券取引所
                     3,260,000            3,260,000
     普通株式                                             る標準となる株式で
                                         (マザーズ)
                                                   あり、単元株式数は
                                                   100株であります。
                     3,260,000            3,260,000           -           -
         計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
       平成29年6月1日~
                       -    3,260,000           -     412,833          -     387,833
       平成29年8月31日
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年8月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                       東京都港区赤坂4-15-1                       1,900,000           58.28

     株式会社ベクトル
                       P.O.Box957,Offshore          Incorporations
     GMCM   Venture    Capital    Partners     I  Centre,    Road   Town,Tortola,
                                               320,000           9.81
     Inc (常任代理人 濵崎一真)                  British    Virgin    Islands
                       (東京都港区)
                                                94,000          2.88
     山口拓己                  東京都杉並区
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2-11-3                         68,000          2.08
     会社(信託口)
                       東京都港区六本木1-6-1                         48,600          1.49
     株式会社SBI証券
                                                37,000          1.13

     山田健介                  東京都新宿区
     野村信託銀行株式会社(投信口)                  東京都千代田区大手町2-2-2                         25,000          0.76

                       東京都中央区日本橋茅場町1-2-10                         23,700          0.72

     日本証券金融株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                         23,500          0.72
     株式会社(信託口)
                       PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC
                       LONDON    EC4A   2BB  UNITED    KINGDOM
     ISG  (FE-AC) (常任代理人 株式                                        21,840          0.66
                       (東京都千代田区丸の内2-7-1 決
     会社三菱東京UFJ銀行)
                       済事業部)
                                -              2,561,640           78.57
             計
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年8月31日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

            区分                                         内容
                                -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -             -             -
     議決権制限株式(その他)                          -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                          -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のない
                                                当社における標準となる株
     完全議決権株式(その他)                  普通株式      3,259,200               32,592
                                                式であります。なお、単元
                                                株式数は100株でありま
                                                す。
                       普通株式               800              -             -
     単元未満株式
                            3,260,000                 -             -
     発行済株式総数
                                -           32,592               -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                  6/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
         前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動
       新役名        新職名        旧役名        旧職名           氏名          異動年月日
            コミュニケーショ
                            マーケティング本
     取締役       ンプランニング本         取締役                 山田 健介           平成29年6月1日
                            部長
            部長
     取締役       経営企画本部長         取締役       サービス本部長           三島 映拓           平成29年6月1日
         なお、当社は執行役員制度を導入しており、当四半期累計期間における執行役員の異動は、次のとおりでありま

        す。
        役職の異動
       新役名        新職名        旧役名        旧職名           氏名          異動年月日
     執行役員       管理本部長         執行役員       経営企画本部長           寺澤 美砂           平成29年6月1日
                                  7/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年6月1日から平
       成29年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年8月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,121,904              1,208,870
         現金及び預金
                                        156,687              211,556
         受取手形及び売掛金
                                         12,903              12,903
         繰延税金資産
                                         14,043              15,415
         その他
                                        △ 3,709             △ 5,610
         貸倒引当金
                                       1,301,829              1,443,135
         流動資産合計
       固定資産
                                         82,421              71,623
         有形固定資産
                                        100,600              106,421
         無形固定資産
                                         79,756              76,941
         投資その他の資産
                                        262,778              254,987
         固定資産合計
                                       1,564,607              1,698,122
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         29,311              33,189
         支払手形及び買掛金
                                         57,927              61,617
         未払法人税等
                                         14,500              15,908
         賞与引当金
                                        142,764              143,478
         その他
                                        244,502              254,193
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,285              3,538
         その他
                                         4,285              3,538
         固定負債合計
                                        248,787              257,732
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        412,833              412,833
         資本金
                                        400,630              400,630
         資本剰余金
                                        502,355              626,845
         利益剰余金
                                           -             △ 99
         自己株式
                                       1,315,820              1,440,210
         株主資本合計
                                           -              180
       新株予約権
                                       1,315,820              1,440,390
       純資産合計
                                       1,564,607              1,698,122
      負債純資産合計
                                  9/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年8月31日)               至 平成29年8月31日)
                                        644,686              804,860
      売上高
                                        153,629              187,208
      売上原価
                                        491,056              617,652
      売上総利益
                                        ※ 362,734              ※ 437,904
      販売費及び一般管理費
                                        128,321              179,747
      営業利益
      営業外収益
                                            ▶              5
       受取利息
                                           170               0
       その他
                                           174               6
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           154              125
       支払利息
                                         7,247                -
       株式公開費用
                                         6,000                -
       解決金
                                            6              -
       その他
                                         13,408                125
       営業外費用合計
                                        115,087              179,628
      経常利益
                                        115,087              179,628
      税金等調整前四半期純利益
                                         38,804              55,138
      法人税等
                                         76,282              124,489
      四半期純利益
                                         76,282              124,489
      親会社株主に帰属する四半期純利益
        【四半期連結包括利益計算書】

         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年8月31日)               至 平成29年8月31日)
                                         76,282              124,489
      四半期純利益
                                           -              -
      その他の包括利益
                                         76,282              124,489
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         76,282              124,489
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 10/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成28年8月31日)               至 平成29年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        115,087              179,628
       税金等調整前四半期純利益
                                         26,408              29,444
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 194             1,901
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,500              1,408
                                           △ ▶             △ 5
       受取利息及び受取配当金
                                           154              125
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 8,018             △ 54,869
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,764              3,878
       未払金の増減額(△は減少)                                  △ 939            △ 23,109
       前受収益の増減額(△は減少)                                  7,083              30,322
                                         2,013             △ 5,854
       その他
                                        147,855              162,869
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    ▶              5
                                         △ 105             △ 125
       利息の支払額
                                        △ 46,805             △ 52,188
       法人税等の支払額
                                        100,949              110,560
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 8,643             △ 2,422
       有形固定資産の取得による支出
                                         23,829                -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 24,657             △ 20,115
       無形固定資産の取得による支出
                                         23,394                90
       敷金及び保証金の回収による収入
                                         13,923             △ 22,446
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 100,000                 -
       短期借入金の返済による支出
                                        △ 1,097             △ 1,227
       リース債務の返済による支出
                                        707,627                 -
       株式の発行による収入
                                           -             △ 99
       自己株式の取得による支出
                                           -              180
       新株予約権の発行による収入
                                        606,529              △ 1,147
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   721,402               86,966
                                        250,281             1,121,904
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 971,683             ※ 1,208,870
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 11/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (1)連結の範囲の重要な変更
           該当事項はありません。
        (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当第
         1四半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社グループにおいては、             将来の機動的な資金投下事象に備えるため、取                      引銀行9行と当座貸越契約及び貸出コ
        ミットメント契約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                            (平成29年2月28日)                 (平成29年8月31日)
        当座貸越極度額及び貸出コミット
                                    100,000千円                 700,000千円
        メントの総額
        借入実行残高                              -                 -
               差引額                     100,000                 700,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                          (自    平成28年3月1日                (自    平成29年3月1日
                           至     平成28年8月31日)                 至     平成29年8月31日)
         給与手当                          102,741    千円                98,959   千円
                                    10,500                   15,313
         賞与引当金繰入額
                                     515                  3,403
         貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                         前第2四半期連結累計期間                    当第2四半期連結累計期間
                         (自    平成28年3月1日                 (自    平成29年3月1日
                          至   平成28年8月31日)                  至   平成29年8月31日)
        現金及び預金勘定                          971,683千円                   1,208,870千円
        現金及び現金同等物                          971,683                   1,208,870
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
          前第2四半期連結累計期間(自 平成28年3月1日 至 平成28年8月31日)
           株主資本の金額の著しい変動
            当社は、平成28年3月31日付で東京証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。上場にあたり、平成28
           年3月30日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株発行460,000
           株により、資本金及び資本準備金がそれぞれ283,544千円増加しております。
            また、平成28年5月11日にオーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関連した第三者割当増資に
           よる払込みを受け、資本金及び資本準備金がそれぞれ70,269千円増加しております。
            これらの結果、当第2四半期連結会計期間末において資本金が404,713千円、資本準備金が379,713千円と
           なっております。
          当第2四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年8月31日)

           株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社グループの事業は、ニュースリリース配信事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
         す。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                  前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                  (自 平成28年3月1日             (自 平成29年3月1日
                                   至 平成28年8月31日)             至 平成29年8月31日)
         (1)1株当たり四半期純利益金額                                25円22銭             38円19銭

         (算定上の基礎)

           親会社株主に帰属する四半期純利益金額                   (千
                                          76,282             124,489
           円)
           普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -             -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                          76,282             124,489
           益金額   (千円)
                                         3,025,011             3,259,977
           普通株式の期中平均株式数(株)
         (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                23円43銭             36円71銭
         (算定上の基礎)
           親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                    (千
                                            -             -
           円)
           普通株式増加数(株)                               230,322             130,968
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                                      平成29年3月16日取締役
         当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜                                      会決議
         在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が                                      第3回新株予約権
         あったものの概要                                      (普通株式 36,000株)
                                       -
                                                平成29年3月16日取締役
                                                会決議
                                                第4回新株予約権
                                               (普通株式 144,000株)
         (注)当社は、平成28年3月31日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場したため、前第2四半期連結累計期間の
            潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から前第2四半期連結会計期間末までの平均
            株価を期中平均株価とみなして算定しております。
                                 13/16



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         重要な   事業の譲受
          当社(以下、PR         TIMESという。)は、平成29年9月20日開催の取締役会において、Skipforward
         PTE.LTD.(本社:シンガポール、以下、Skipforwardという。)が運営するクラウド型タスク管理ツール
         「Jooto」事業を譲り受けることに関し、同社と事業譲渡契約を締結することを決議し、同日付で事業譲渡契約
         を締結し、平成29年9月29日付で事業を譲り受けました。
         1.企業結合の概要

         (1)   相手企業の名称及び取得した事業の内容
           相手企業の名称           Skipforward      PTE.LTD.
           取得した事業の内容           Skipforwardが運営するクラウド型タスク管理ツール「Jooto」事業
         (2)   企業結合を行った主な理由
            PR    TIMESは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションステートメントに掲
           げ、顧客企業とステークホルダーとのつながりをテクノロジーの力で強めるサービスを展開しております。
            主力事業のプレスリリース配信サービス「PR                      TIMES」は、企業からメディアへ一方向の情報伝達だった従
           来のプレスリリース配信を、企業とメディアそして生活者をニュースでつなぐインターネットサービスへと
           昇華し、2007年4月のサービス開始より成長を続けて利用企業数は19,000社を突破、国内上場企業の約33%
           にご利用いただいております(2017年9月15日時点)。
            また2015年7月には、スマートフォン時代のWeb接客体験を円滑にするカスタマーサポートツール
           「Tayori」をサービス開始し、コーポレートサイトからブログまでWebサービスのお問合せ体験をシンプル
           に、しかし丁寧につなぐ顧客対応を実現し、7,000超のユーザーにご利用いただいております。
            今回譲受するタスク管理ツール「Jooto」は、シンプルで直感的な操作性を実現するインターフェース、
           ストレスフリーなタスク管理でチーム内のつながりを強めたいという想いを持ったサービスであり、PR
           TIMESのミッションに相通じるものがあります。またタスク管理には「PR                                     TIMES」や「Tayori」など既
           存の運営事業とのシナジーが想定されることから、この度の事業譲受が実現しました。
         (3)   企業結合日
           平成29年9月29日
         (4)   企業結合の法的形式
           事業譲受
         2.取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           当事者間の合意により非開示とさせていただきます。
         3.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

           現時点では確定しておりません。
         4.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

           相手先の意向により、非公表とさせていただきます。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社PR TIMES(E31965)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年10月12日

     株式会社PR        TIMES
     取締役会 御中
                              東陽監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              本橋 隆夫
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              三浦 貴司
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社PR                                                      T

     IMESの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年6月1日か
     ら平成29年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年8月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書                                              、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書         及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社PR                              TIMES及び連結子会社の平成29年8月31日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。