グローバル・アロケーション・ファンド(毎月決算・為替ヘッジなしコース、年2回決算・為替ヘッジなしコース、毎月決算・限定為替ヘッジコース、年2回決算・限定為替ヘッジコース)(目標払出し型) 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      訂正有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成29年10月27日        提出
      【発行者名】                      アセットマネジメントOne株式会社
      【代表者の役職氏名】                      取締役社長      西 惠正
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
      【事務連絡者氏名】                      三木谷 正直
      【電話番号】                      03-6774-5100
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース
      信託受益証券に係るファンドの名称】                      (目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコー
                            ス(目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース
                            (目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコー
                            ス(目標払出し型)
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      継続募集額(平成29年4月28日から平成30年4月27日まで)
      信託受益証券の金額】
                             グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコー
                            ス(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなし
                            コース(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコー
                            ス(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジ
                            コース(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                   1/154









                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       本日、有価証券報告書を提出しましたので、平成29年                               4月27日付をもって提出した有価証券届出

      書(以下「原届出書」といいます。)の関係情報を新たな情報に訂正するため、また、記載事項に
      訂正すべき事項がありますので、これを訂正するため、あわせて委託会社の統合に伴い一部記載を
      統一するため提出するものです。
     2【訂正の内容】

       <訂正前>および<訂正後>に記載している下線部                                  は訂正部分を示し、<更新後>に記載

      している内容は原届出書が更新されます。なお、「第二部 ファンド情報 第1 ファンドの状
      況 5 運用状況」および「第二部 ファンド情報 第3 ファンドの経理状況」は原届出書の更
      新後の内容を記載しています。
                                   2/154















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (6)【申込単位】

      <訂正前>

          お申込単位は、販売会社またはお申込コースにより異なります。

          お申込コースには、各コースそれぞれ収益の分配時に分配金を受け取るコース(「分配金
         受取コース」)と、分配金が税引き後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資コー
         ス」)があります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみの取り扱いとなる場合
         があります。また、スイッチングについて、「分配金受取コース」の場合はスイッチング対
         象ファンドの同コースへの、「分配金再投資コース」の場合はスイッチング対象ファンドの
         同コースへのスイッチングとなります。なお、販売会社によってはスイッチングの取り扱い
         を行わない場合もあります。
          詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                       アセットマネジメントOne株式会社
                        コールセンター 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                         http://www.am-one.co.jp/
      <訂正後>

          お申込単位は、販売会社またはお申込コースにより異なります。

          お申込コースには、各コースそれぞれ収益の分配時に分配金を受け取るコース(「分配金
         受取コース」)と、分配金が税引き後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資コー
         ス」)があります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみの取り扱いとなる場合
         があります。また、スイッチングについて、「分配金受取コース」の場合はスイッチング対
         象ファンドの同コースへの、「分配金再投資コース」の場合はスイッチング対象ファンドの
         同コースへのスイッチングとなります。なお、販売会社によってはスイッチングの取り扱い
         を行わない場合もあります。                 また、受益者と販売会社との間であらかじめ決められた一定の
         金額を一定期間毎に定時定額購入(積立)をすることができる場合があります。
          詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                       アセットマネジメントOne株式会社
                        コールセンター 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                         http://www.am-one.co.jp/
     (7)【申込期間】

      <訂正前>

          平成29年      4月28日から平成30年             4月27日までです。

          ※申込期間は終了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
                                   3/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <訂正後>

          平成29年      4月28日から平成30年             4月27日までです。

          ※申込期間は       上記期間     終了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
                                   4/154



















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       b.ファンドの特色

      <訂正前>

                               (略)

     ブラックロック
     ・「ブラックロック」は、運用資産総額で世界最大級の独立系運用会社であるブラックロック・インクおよび

     グループ会社の総称です。
                                       ※
     ・「ブラックロック」の運用資産総額は                     5.15  兆米ドル(      約600   兆円   )にのぼります。
     ・「ブラックロック」は世界各国の個人投資家および機関投資家のため、株式、債券およびオルタナティブ商
     品といったさまざまな資産クラスの運用を行っています。
     上記は   2016年12月末       時点です。       ※1米ドル=      116.635    円で換算

                               (略)

     参照ファンドの概要

     ファンド名       :  ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・ファンド

     形態       :  ルクセンブルグ籍外国投資法人/クラスI米ドル建投資証券
     設定日       :  1997年1月3日(当外国投資法人の設定日)
     投資       :  ブラックロック・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シー
     運用会社
     投資方針       :  世界中のさまざまな資産(株式・債券など)、国・地域、セクターなどから、投資魅
              力度が高いと判断する資産を発掘します。
              多くの資産および銘柄(証券)に分散投資をすることで、株式投資より低いリスク
              で、競争力のあるリターンの獲得を目指します。
              投資環境に応じて株式や債券などの各資産への配分比率や個別銘柄(証券)への投資
              比率を機動的に変更することで、中長期的なトータルリターンの最大化を目指しま
              す。
     㭎ઊᡢ閌읏ដ㱒㠰欰搰䐰昰漰ƌ작텭䅑祝攰欰栰舰樰䑶穵ἰ夰譓홟ᖌ뭵⠰樰椰欰蠰譟厊牢閌읏ដ㱒㠰湽ᒌ

      産への影響を軽減するため、純資産価格の調整が行われることがあります。純流入額が純資産総額に対し所
      定の割合を超える場合には純資産価格が上方へ調整され、逆に純流出額が純資産総額に対し所定の割合を超
      える場合には純資産価格が下方に調整されます。したがって、資金流出入の動向が純資産価格に影響を与え
      ることになります。
                               (略)

                                   5/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     収益分配金に関する留意事項

     ●投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配

       金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。なお、分配金の有無や金額は確定
       したものではありません。
     ●分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を


       超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落
       することになります。
       また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありませ
       ん。
      分配金は、分配方針に基づき、以下の分配対象額から支払われます。







       ①配当等収益(経費控除後)、②有価証券売買益・評価益(経費控除後)、③分配準備積立金、
       ④収益調整金
      上図のそれぞれのケースにおいて、前期決算日から当期決算日まで保有した場合の損益を見ると、次の

      とおりとなります。
       ケースA:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差                                         0円=    100円
       ケースB:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差▲                                        50円=     50円
       ケースC:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差▲200円=▲100円
      ★A、B、Cのケースにおいては、分配金受取額はすべて同額ですが、基準価額の増減により、投資信

       託の損益状況はそれぞれ異なった結果となっています。このように、投資信託の収益については、分
       配金だけに注目するのではなく、「分配金の受取額」と「投資信託の基準価額の増減額」の合計額で
       ご判断ください。
      上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。

                                   6/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ●投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないし全部が、実質的には元本の一部払
       い戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の
       値 上がりが小さかった場合も同様です。
       普通分配金:個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。



       元本払戻金(特別分配金):個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、元
                      本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
                               (略)

      <訂正後>

                               (略)

     ブラックロック
     ・「ブラックロック」は、運用資産総額で世界最大級の独立系運用会社であるブラックロック・インクおよび

     グループ会社の総称です。
                                       ※
     ・「ブラックロック」の運用資産総額は                     5.68  兆米ドル(      約639   兆円   )にのぼります。
     ・「ブラックロック」は世界各国の個人投資家および機関投資家のため、株式、債券およびオルタナティブ商
     品といったさまざまな資産クラスの運用を行っています。
     上記は   2017年6月末      時点です。       ※1米ドル=      112.36   円で換算

                               (略)

     参照ファンドの概要

     ファンド名       :  ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・ファンド

     形態       :  ルクセンブルグ籍外国投資法人/クラスI米ドル建投資証券
     設定日       :  1997年1月3日(当外国投資法人の設定日)
     投資       :  ブラックロック・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シー
     運用会社
     投資方針       :  世界中のさまざまな資産(株式・債券など)、国・地域、セクターなどから、投資魅
              力度が高いと判断する資産を発掘します。
              多くの資産および銘柄(証券)に分散投資をすることで、株式投資より低いリスク
              で、競争力のあるリターンの獲得を目指します。
              投資環境に応じて株式や債券などの各資産への配分比率や個別銘柄(証券)への投資
              比率を機動的に変更することで、中長期的なトータルリターンの最大化を目指しま
              す。
     㭎ઊᡢ閌읏ដ㱒㠰欰搰䐰昰漰ƌ작텭䅑祝攰欰栰舰樰䑶穵ἰ夰譓홟ᖌ뭵⠰樰椰欰蠰譟厊牢閌읏ដ㱒㠰湽ᒌ

      産への影響を軽減するため、純資産価格の調整が行われることがあります。純流入額が純資産総額に対し所
                                   7/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      定の割合を超える場合には純資産価格が上方へ調整され、逆に純流出額が純資産総額に対し所定の割合を超
      える場合には純資産価格が下方に調整されます。したがって、資金流出入の動向が純資産価格に影響を与え
      る ことになります。
     運用プロセス

     出所:ブラックロックのデータを基にアセットマネジメントOne作成













     ※運用プロセスは2017年5月末現在のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
                               (略)

                                   8/154




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               (略)

















     (3)【ファンドの仕組み】

       a.ファンドの仕組み

      <訂正前>

                                   9/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        図中の*には次の表の各コースの名称をあてはめてご覧ください。
        毎月決算・            年2回決算・            毎月決算・            年2回決算・
        為替ヘッジなしコース            為替ヘッジなしコース            限定為替ヘッジコース            限定為替ヘッジコース
       (注1)証券投資信託契約











            委託者と受託者との間において「証券投資信託契約(投資信託約款)」を締結してお
           り、委託者および受託者の業務、受益者の権利、受益権、投資信託財産の運用・評価・
           管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定しています。
       (注2)募集・販売等に関する契約
            委託者と販売会社との間において「証券投資信託に関する基本契約」を締結してお
           り、販売会社が行う募集・販売等の取り扱い、収益分配金および償還金の支払い、解約
           の取り扱い等を規定しています。
                                  10/154






                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・投資対象とする指数連動債は、「為替ヘッジなしコース」ではグローバル・アロケーション・ファンド・イ




      ンデックス(為替ヘッジなし)連動債A/B、「限定為替ヘッジコース」ではグローバル・アロケーショ
      ン・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債C/Dとなります。
     ・指数連動債ごとに利金を計算する際に用いる利金乗数が異なります。
     ・指数連動債は円建てです。
      <訂正後>

        図中の*には次の表の各コースの名称をあてはめてご覧ください。

        毎月決算・            年2回決算・            毎月決算・            年2回決算・
        為替ヘッジなしコース            為替ヘッジなしコース            限定為替ヘッジコース            限定為替ヘッジコース
       (注1)証券投資信託契約











            委託者と受託者との間において「証券投資信託契約(投資信託約款)」を締結してお
           り、委託者および受託者の業務、受益者の権利、受益権、投資信託財産の運用・評価・
                                  11/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定しています。
       (注2)募集・販売等に関する契約
            委託者と販売会社との間において「証券投資信託に関する基本契約」を締結してお
           り、販売会社が行う募集・販売等の取り扱い、収益分配金および償還金の支払い、解約
           の取り扱い等を規定しています。
     ・投資対象とする指数連動債は、「為替ヘッジなしコース」ではグローバル・アロケーション・ファンド・イ





      ンデックス(為替ヘッジなし)連動債A/B、「限定為替ヘッジコース」ではグローバル・アロケーショ
      ン・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債C/Dとなります。
     ・指数連動債ごとに利金を計算する際に用いる利金乗数が異なります。
     ・指数連動債は円建てです。
       b.委託会社の概況

       <訂正前>
       (イ)    資本金の額 20億円(             平成29年1月31日         現在)  
       (ロ)    委託会社の沿革
                               (略)
       (ハ)大株主の状況
                                              ( 平成29年1月31日         現在   )
                               (略)
       <訂正後>

       (イ)資本金の額 20億円(                平成29年      7月31日    現在)  
       (ロ)委託会社の沿革
                               (略)
       (ハ)大株主の状況
                                              ( 平成29年      7月31日    現在   )
                               (略)
     2【投資方針】

     (3)【運用体制】

      <訂正前>

                               (略)

        ※運用体制は       平成29年      1月31日    現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                  12/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <訂正後>

                               (略)

        ※運用体制は       平成29年      7月31日    現在のものであり、今後変更となる場合があります。
     3【投資リスク】

      (1)ファンドのもつリスク

      <訂正前>

         各コースは、値動きのある有価証券などに投資しますので、基準価額は変動します。また、

       外貨建資産に投資した場合、為替相場の変動などの影響も受けます。
         これらの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者の
       みなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投
       資元本を割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金とは異なります。
                               (略)
      <訂正後>

         各コースは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投

       資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これらの運用による損益はすべて投資者の
       みなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものでは
       なく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
         また、投資信託は預貯金と異なります。
                               (略)
     (2)リスク管理体制
      <訂正前>

                               (略)

       ※リスク管理体制は           平成29年      1月31日    現在のものであり、今後変更になることがあります。

      <訂正後>

                               (略)

       ※リスク管理体制は           平成29年      7月31日    現在のものであり、今後変更になることがあります。

      <更新後>

                                  13/154





                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  14/154





















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  15/154





















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】


















     (3)【信託報酬等】

                                  16/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <更新後>

               ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.1124%(税抜1.03%)

               信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
               㮐䭵⡻ꅴڌ뭵⣿ࡏ᝘㆑泿र漰ū칥ࡎਰ唰谰ū캊ࡻ靧ὧ⬰縰弰潏᝽䉎蘰渰
                きファンドから支払われます。
                 支払先       内訳(税抜)                  主な役務
                                  信託財産の運用、目論見書等各種書類の
                 委託会社        年率0.30%
                                  作成、基準価額の算出等の対価
       各コース
                                  購入後の情報提供、交付運用報告書等各
                 販売会社        年率0.70%        種書類の送付、口座内でのファンドの管
                                  理等の対価
                                  運用財産の保管・管理、委託会社からの
                 受託会社        年率0.03%
                                  運用指図の実行等の対価
               年率0.08%

      指数手数料        (注)参照指数は年率0.08%が指数手数料(指数算出費用)として日々控除され
                  た形で算出されます。
               参照ファンドの純資産総額に対して年率0.75%
      参照ファンド
               (注)参照ファンドの投資運用会社に対する運用等の報酬です。
      実質的な負担         各コースの日々の純資産総額に対して最大で年率1.9424%(税抜1.86%)程度

     (5)【課税上の取扱い】

      <更新後>

       ◇各コースは、課税上「株式投資信託」として取扱われます。

       a.個人の受益者に対する課税
       (イ)収益分配時
           収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%
          (所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率で源泉徴収に
          よる申告不要制度が適用されます。なお、確定申告により、申告分離課税または総合課税
          (配当控除の適用なし)のいずれかを選択することもできます。
           詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       (ロ)解約時および償還時
                                 ;
           解約時および償還時の差益(譲渡益)                      については、譲渡所得として、20.315%(所得税
          15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率での申告分離課税が適
          用されます。
           原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)を利用する場合、
          20.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率によ
          る源泉徴収が行われます。
          㮉яꆘ䴰䨰蠰獑ᾐ葏ꆘ䴰䬰襓홟鞌뭵⣿ࡵ㎏뱢䭥灥餰䨰蠰獟厊牢䭥灥餰欰䬰䬰譭袌뭺๻
           に相当する金額を含みます。)を控除した利益。
           買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
       (ハ)損益通算について
           解約(換金)時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告を行うことにより上
          場株式等(上場株式、上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(REIT)、公募株式投資
                                  17/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          信託および特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)など。以下同じ。)の譲渡
          益ならびに上場株式等の配当所得および利子所得の金額(配当所得については申告分離課
          税 を選択したものに限ります。)との損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすること
          ができます。また、特定口座(源泉徴収口座)をご利用の場合、その口座内において損益
          通算を行います(確定申告不要)。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
         㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰ౡ᭹᫿⻿⧿㏿⇿࠰쬰ﰰ뗿रര䨰蠰獧⩢ၞ璀՜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰ౡ

          称:ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
          NISAおよびジュニアNISAは、上場株式や公募株式投資信託などにかかる非課税制度
          です。毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得およ
          び譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開
          設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わ
          せください。なお、同非課税口座内で少額上場株式等にかかる譲渡損失が生じた場合には、
          課税上譲渡損失はないものとみなされ、他の口座の上場株式等の譲渡益および上場株式等の
          配当所得等の金額との損益通算を行うことはできませんので、ご留意ください。
       b.法人の受益者に対する課税

          収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過
         額については、15.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。))の税率による
         源泉徴収が行われます。なお、地方税の源泉徴収は行われません。
          買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
          なお、益金不算入制度の適用はありません。
         㭎ઊᠰ漰Ş獢က㈀㥞琀㝧ࡧ⭳﹗⠰渰舰渰朰夰ɺ๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰Ŏઊᠰ湑蕛뤰䱙०

          になる場合があります。
         ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。

       ◇個別元本方式について
         受益者毎の信託時の受益権の価額等を当該受益者の元本とする個別元本方式は次のとおりで
         す。
       c.個別元本について
       (イ)受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税
          等に相当する金額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
       (ロ)受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加
          信託を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
           ただし、同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎
          に個別元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンド
          の受益権を取得する場合は当該支店等毎に、「分配金受取コース」と「分配金再投資コー
          ス」の両コースで同一ファンドの受益権を取得する場合はコース別に個別元本の算出が行わ
          れる場合があります。
       (ハ)収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別
          元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本
          となります。(「元本払戻金(特別分配金)」については、「d.収益分配金の課税につ
          いて」を参照。)
       d.収益分配金の課税について
          収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別
         分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
                                  18/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          収益分配の際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合
         または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金
         と なり、②当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合に
         は、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本
         払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
          なお、収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその
         個別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元
         本となります。
        ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更になることがあります。

     5【運用状況】

     (1)【投資状況】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                                  (平成29年     7月31日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                 72,454,982,400              98.32
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                 1,233,202,072              1.67
                  純資産総額                          73,688,184,472              100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                                  (平成29年     7月31日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                 7,273,653,400              98.36
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  120,922,967             1.63
                  純資産総額                           7,394,576,367             100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                                  (平成29年     7月31日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                 3,304,639,800              98.13
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  62,689,296             1.86
                  純資産総額                           3,367,329,096             100.00
                                  19/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                                  (平成29年     7月31日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                  881,680,800             96.28
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  34,011,536             3.71
                  純資産総額                            915,692,336            100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成29年     7月31日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額             投資

                     数量又は                               利率
     順
      国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
     位
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・      118,880,000,000          60.78   72,258,815,700         60.9480    72,454,982,400       0.0000   2023.01.20    98.32
       ンド       アロケーショ
              ン・ファン
              ド・インデッ
              クス(為替
              ヘッジなし)
              連動債A
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成29年     7月31日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                98.32
                  合計                               98.32
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成29年     7月31日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額            投資

                     数量又は                               利率
     順
      国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
     位
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
                                  20/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・       5,980,000,000         121.30    7,253,919,400        121.6330     7,273,653,400      0.0000   2023.01.20    98.36
       ンド       アロケーショ
              ン・ファン
              ド・インデッ
              クス(為替
              ヘッジなし)
              連動債B
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成29年     7月31日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                98.36
                  合計                               98.36
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成29年     7月31日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額             投資

                     数量又は                               利率
     順位  国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・ア       6,780,000,000         48.61   3,296,164,800         48.7410    3,304,639,800      0.0000   2023.01.20    98.13
       ンド       ロケーション・
              ファンド・イン
              デックス(限定
              為替ヘッジ)連
              動債C
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成29年     7月31日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                98.13
                  合計                               98.13
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成29年     7月31日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額            投資

                     数量又は                               利率
     順位  国/地域     種類     銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
                                  21/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・ア       910,000,000         96.63    879,414,900        96.8880     881,680,800     0.0000   2023.01.20    96.28
       ンド       ロケーション・
              ファンド・イン
              デックス(限定
              為替ヘッジ)連
              動債D
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成29年     7月31日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                96.28
                  合計                               96.28
     ②【投資不動産物件】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                  22/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1特定期間末         (平成25年     7月29日)
                            90,078,175,333         91,124,500,595             1.0331         1.0451
       第2特定期間末         (平成26年     1月27日)
                            78,297,276,853         79,195,025,507             1.0466         1.0586
       第3特定期間末         (平成26年     7月28日)
                            68,530,481,911         69,428,622,555             0.9767         0.9895
       第4特定期間末         (平成27年     1月27日)
                           101,644,773,954         102,917,566,631             1.0222         1.0350
       第5特定期間末         (平成27年     7月27日)
                           167,649,047,433         169,745,115,168             1.0078         1.0204
       第6特定期間末         (平成28年     1月27日)
                           174,863,415,119         177,623,532,540             0.7983         0.8109
       第7特定期間末         (平成28年     7月27日)
                           130,787,932,538         132,765,111,310             0.6946         0.7051
       第8特定期間末         (平成29年     1月27日)
                           101,908,921,662         103,439,936,568             0.6989         0.7094
       第9特定期間末         (平成29年     7月27日)
                            73,708,943,582         74,630,827,362             0.6796         0.6881
                 平成28年     7月末日
                           130,286,677,203                ―      0.6951           ―
                     8月末日
                           118,603,118,073                ―      0.6579           ―
                     9月末日
                           113,942,704,921                ―      0.6510           ―
                     10月末日           110,037,651,010                ―      0.6602           ―
                     11月末日           110,210,443,851                ―      0.6923           ―
                     12月末日           108,898,208,004                ―      0.7222           ―
                 平成29年     1月末日
                           102,415,850,136                ―      0.7083           ―
                     2月末日       95,518,961,440                ―      0.6944           ―
                     3月末日
                            88,672,828,514                ―      0.6820           ―
                     4月末日       84,320,912,489                ―      0.6843           ―
                     5月末日
                            80,297,370,022                ―      0.6834           ―
                     6月末日       76,466,390,641                ―      0.6830           ―
                     7月末日
                            73,688,184,472                ―      0.6814           ―
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1計算期間末         (平成25年     7月29日)
                            16,655,080,352         16,806,741,758             1.0982         1.1082
       第2計算期間末         (平成26年     1月27日)
                            9,954,916,512        10,038,993,459             1.1840         1.1940
       第3計算期間末         (平成26年     7月28日)
                            6,832,182,445         6,902,097,502            1.1824         1.1945
                                  23/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第4計算期間末         (平成27年     1月27日)
                            9,269,744,814         9,354,269,495            1.3270         1.3391
       第5計算期間末         (平成27年     7月27日)       14,109,920,349         14,247,137,366             1.3985         1.4121
       第6計算期間末         (平成28年     1月27日)
                            13,915,054,708         14,073,617,566             1.1935         1.2071
       第7計算期間末         (平成28年     7月27日)
                            11,148,900,436         11,277,846,878             1.1240         1.1370
       第8計算期間末         (平成29年     1月27日)
                            9,349,312,071         9,448,211,691            1.2289         1.2419
       第9計算期間末         (平成29年     7月27日)
                            7,384,811,799         7,457,213,392            1.2750         1.2875
                 平成28年     7月末日
                            11,125,078,345                ―      1.1253           ―
                     8月末日
                            10,376,699,211                ―      1.0820           ―
                     9月末日
                            10,054,276,678                ―      1.0878           ―
                     10月末日            9,964,477,524               ―      1.1210           ―
                     11月末日           10,254,473,007                ―      1.1942           ―
                     12月末日           10,134,693,769                ―      1.2641           ―
                 平成29年     1月末日
                            9,401,149,163               ―      1.2458           ―
                     2月末日
                            8,914,699,062               ―      1.2362           ―
                     3月末日
                            8,481,644,618               ―      1.2290           ―
                     4月末日
                            8,222,367,309               ―      1.2488           ―
                     5月末日
                            7,932,031,930               ―      1.2623           ―
                     6月末日
                            7,601,297,821               ―      1.2778           ―
                     7月末日
                            7,394,576,367               ―      1.2788           ―
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1特定期間末         (平成25年     7月29日)
                            26,652,062,026         26,983,784,062             0.9641         0.9761
       第2特定期間末         (平成26年     1月27日)
                            18,920,421,918         19,164,311,423             0.9309         0.9429
       第3特定期間末         (平成26年     7月28日)
                            11,870,727,864         12,022,601,674             0.8832         0.8945
       第4特定期間末         (平成27年     1月27日)
                            10,212,739,171         10,358,218,132             0.7933         0.8046
       第5特定期間末         (平成27年     7月27日)
                            7,976,767,511         8,080,180,877            0.7405         0.7501
       第6特定期間末         (平成28年     1月27日)
                            6,105,430,587         6,201,565,675            0.6097         0.6193
       第7特定期間末         (平成28年     7月27日)
                            4,981,807,735         5,048,265,870            0.5922         0.6001
       第8特定期間末         (平成29年     1月27日)
                            4,071,018,431         4,128,853,691            0.5561         0.5640
       第9特定期間末         (平成29年     7月27日)
                            3,362,103,758         3,402,658,942            0.5472         0.5538
                 平成28年     7月末日
                            4,965,017,260               ―      0.5950           ―
                     8月末日
                            4,726,363,804               ―      0.5919           ―
                     9月末日
                            4,810,241,385               ―      0.5848           ―
                     10月末日            4,526,621,743               ―      0.5692           ―
                     11月末日            4,225,623,918               ―      0.5589           ―
                     12月末日            4,143,175,824               ―      0.5566           ―
                 平成29年     1月末日
                            4,051,856,904               ―      0.5568           ―
                     2月末日
                            3,909,452,153               ―      0.5581           ―
                     3月末日
                            3,756,111,042               ―      0.5540           ―
                                  24/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     4月末日
                            3,567,565,224               ―      0.5527           ―
                     5月末日       3,480,795,328               ―      0.5531           ―
                     6月末日
                            3,383,266,679               ―      0.5481           ―
                     7月末日
                            3,367,329,096               ―      0.5485           ―
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1計算期間末         (平成25年     7月29日)
                            3,687,793,136         3,723,662,136            1.0281         1.0381
       第2計算期間末         (平成26年     1月27日)
                            2,376,257,247         2,398,617,055            1.0627         1.0727
       第3計算期間末         (平成26年     7月28日)
                            1,653,051,274         1,669,462,814            1.0778         1.0885
       第4計算期間末         (平成27年     1月27日)
                            1,595,030,819         1,611,399,058            1.0427         1.0534
       第5計算期間末         (平成27年     7月27日)
                            1,595,311,526         1,611,403,310            1.0410         1.0515
       第6計算期間末         (平成28年     1月27日)
                            1,347,221,257         1,362,510,369            0.9252         0.9357
       第7計算期間末         (平成28年     7月27日)
                            1,361,189,941         1,375,128,125            0.9668         0.9767
       第8計算期間末         (平成29年     1月27日)
                            1,050,543,049         1,061,191,833            0.9767         0.9866
       第9計算期間末         (平成29年     7月27日)
                             900,866,535         909,409,773           1.0228         1.0325
                 平成28年     7月末日
                            1,309,419,870               ―      0.9718           ―
                     8月末日
                            1,314,783,092               ―      0.9795           ―
                     9月末日
                            1,253,593,727               ―      0.9811           ―
                     10月末日            1,088,304,696               ―      0.9679           ―
                     11月末日            1,079,185,331               ―      0.9640           ―
                     12月末日            1,085,848,999               ―      0.9736           ―
                 平成29年     1月末日
                            1,045,874,445               ―      0.9782           ―
                     2月末日
                            1,003,427,287               ―      0.9923           ―
                     3月末日
                             995,347,865              ―      0.9970           ―
                     4月末日
                             981,583,769              ―      1.0068           ―
                     5月末日
                            1,034,522,739               ―      1.0193           ―
                     6月末日
                            1,027,088,473               ―      1.0222           ―
                     7月末日
                             915,692,336              ―      1.0257           ―
     ②【分配の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0720
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0720
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0768
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0768
                                  25/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0756
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0756
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            0.0630
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                            0.0630
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                            0.0510
     (注)各特定期間中の分配金の合計額を表示しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0100
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0100
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0121
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0121
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0136
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0136
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            0.0130
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                            0.0130
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                            0.0125
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0720
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0720
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0678
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0678
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0576
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0576
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            0.0474
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                            0.0474
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                            0.0396
     (注)各特定期間中の分配金の合計額を表示しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0100
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0100
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0107
                                  26/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0107
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0105
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0105
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            0.0099
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                            0.0099
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                            0.0097
     ③【収益率の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             10.5
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             8.3
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             0.7
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                             12.5
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             6.0
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △13.3
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            △5.1
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                             9.7
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                             4.5
     (注)収益率は各特定期間における騰落率を表示しており、当該特定期間中の分配金合計額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             10.8
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             8.7
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             0.9
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                             13.3
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             6.4
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △13.7
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                            △4.7
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                             10.5
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                             4.8
     (注)収益率は各計算期間における騰落率を表示しており、当該計算期間の分配金額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

                                  27/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             3.6
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             4.0
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             2.2
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            △2.5
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             0.6
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △9.9
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                             4.9
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                             1.9
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                             5.5
     (注)収益率は各特定期間における騰落率を表示しており、当該特定期間中の分配金合計額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             3.8
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             4.3
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             2.4
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            △2.3
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             0.8
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △10.1
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日                             5.6
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日                             2.0
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日                             5.7
     (注)収益率は各計算期間における騰落率を表示しており、当該計算期間の分配金額を加算して計算しています。

     (4)【設定及び解約の実績】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           89,540,598,721            2,346,826,829
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日           21,387,082,966            33,768,466,970
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日           22,100,946,437            26,746,096,438
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日           40,781,411,689            11,511,721,647
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日           80,546,832,554            13,629,178,298
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日           74,495,743,250            21,793,387,199
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日           11,391,048,914            42,145,246,914
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日            5,633,985,602           48,125,782,349
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日            1,712,326,445           39,066,354,630
     (注)第1特定期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

                                  28/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           16,201,369,333            1,035,228,730
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日            1,123,274,629            7,881,720,452
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日            1,244,339,142            3,873,930,000
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日            2,776,593,448            1,569,186,487
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日            4,431,645,701            1,327,670,000
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日            3,267,807,161            1,698,260,000
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日             579,766,282           2,319,842,896
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日             205,104,264           2,516,398,264
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日             67,133,706          1,882,669,337
     (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           27,996,608,624             353,105,548
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日            3,045,744,637           10,365,122,290
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日            1,392,564,824            8,276,530,000
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日            1,918,247,395            2,484,163,259
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日             761,383,991           2,863,402,694
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日            1,175,160,000            1,933,313,916
        第7特定期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日             557,292,017           2,158,941,629
        第8特定期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日             847,103,421           1,938,606,534
        第9特定期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日             216,899,335           1,393,093,430
     (注)第1特定期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日            3,667,200,000             80,300,000
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日             244,350,860           1,595,270,000
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日             293,437,999            995,630,000
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日             265,473,138            269,520,000
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日             253,330,000            250,521,131
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日             167,795,072            244,240,000
        第7計算期間         平成28年     1月28日~平成28年         7月27日             91,571,507           139,780,000
        第8計算期間         平成28年     7月28日~平成29年         1月27日             80,098,179           412,360,860
                                  29/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第9計算期間         平成29年     1月28日~平成29年         7月27日             103,721,750            298,610,293
     (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     ≪参考情報≫

                                  30/154



















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】


















     3【資産管理等の概要】

                                  31/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【資産の評価】

      <更新後>

          基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券

         を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た
         投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)
         を、計算日における受益権口数で除した金額をいいます。
          基準価額は、毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合わせくださ
         い。
                       アセットマネジメントOne株式会社
                        コールセンター 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                         http://www.am-one.co.jp/
          
          い合わせいただけます基準価額は、前日以前のものとなります。
          <主な投資対象の時価評価方法の原則>

             投資対象                         評価方法
                            ※
                        計算日     における以下のいずれかの価額
                        ・日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
             公社債等
                        ・金融商品取引業者、銀行などの提示する価額(売り気配
                         相場を除きます。)
                        ・価格情報会社の提供する価額
          外貨建資産の円換算              計算日の国内における対顧客電信売買相場の仲値
         外国為替予約の円換算               計算日の国内における対顧客先物売買相場の仲値
         ※外国で取引されているものについては、計算時に知りうる直近の日
     4【受益者の権利等】

      <更新後>

       a.収益分配金請求権

          受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて請求する権利を有します。
          受益者が収益分配金支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い、
         受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
          収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益
         者(当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者
         を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得
         申込代金支払前のため委託会社または販売会社の名義で記載または記録されている受益権に
         ついては原則として取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日ま
         でにお支払いを開始します。
          なお、「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する受益者に対しては、委託会
         社は受託会社から受けた収益分配金を、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に販売会社
         に交付します。販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売
                                  32/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         付を行います。再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       b.償還金請求権
          受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有します。
          受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間支払いを請求しないとき
         は、その権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
          償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
         (償還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償
         還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため、委託会社または販売会社の名義
         で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、原則
         として償還日(休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日までにお支払いを開始しま
         す。
       c.一部解約請求権
          受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることができま
         す。
       d.帳簿書類の閲覧・謄写の請求権
          受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿
         書類の閲覧または謄写を請求することができます。
                                  33/154













                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38

        年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
        則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成
        しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2) 当ファンドの計算期間は6ヵ月未満であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第9期特定期間(平成29年

        1月28日から平成29年             7月27日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監査
        を受けております。
     ○グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38

        年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
        則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作
        成しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2) 当ファンドの計算期間は6ヵ月であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第9期計算期間(平成29年

        1月28日から平成29年             7月27日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監
        査を受けております。
     1【財務諸表】

     【グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                  第8期特定期間末               第9期特定期間末
                                 平成29年     1月27日現在           平成29年     7月27日現在
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                              3,952,325,823               2,485,567,508
        社債券                             100,222,560,000                72,684,311,400
        未収入金                               249,723,200                    -
                                        79,162,854               17,016,319
        その他未収収益
                                  34/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  第8期特定期間末               第9期特定期間末
                                 平成29年     1月27日現在           平成29年     7月27日現在
                                      104,503,771,877                75,186,895,227
        流動資産合計
                                      104,503,771,877                75,186,895,227
       資産合計
      負債の部
       流動負債
        未払収益分配金                              1,531,014,906                921,883,780
        未払解約金                               961,985,997               486,229,947
        未払受託者報酬                                2,949,343               2,022,353
        未払委託者報酬                                98,311,450               67,411,732
        未払利息                                  6,526               4,766
                                          581,993               399,067
        その他未払費用
                                       2,594,850,215               1,477,951,645
        流動負債合計
                                       2,594,850,215               1,477,951,645
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                             145,810,943,489               108,456,915,304
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                           △43,902,021,827               △34,747,971,722
                                       7,586,343,433               6,380,930,693
          (分配準備積立金)
                                      101,908,921,662                73,708,943,582
        元本等合計
                                      101,908,921,662                73,708,943,582
       純資産合計
                                      104,503,771,877                75,186,895,227
      負債純資産合計
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  第8期特定期間               第9期特定期間
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
      営業収益
       受取利息                               12,825,185,304                7,740,478,143
       有価証券売買等損益                               △1,733,484,000               △3,503,683,400
                                        48,291,529               37,126,764
       その他収益
                                      11,139,992,833                4,273,921,507
       営業収益合計
      営業費用
       支払利息                                   619,641               514,336
       受託者報酬                                 18,709,015               13,932,720
       委託者報酬                                 623,633,681               464,423,879
                                         7,033,793               5,221,660
       その他費用
                                        649,996,130               484,092,595
       営業費用合計
                                      10,489,996,703                3,789,828,912
      営業利益
                                      10,489,996,703                3,789,828,912
      経常利益
                                      10,489,996,703                3,789,828,912
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
                                        160,205,585                97,033,578
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △57,514,807,698               △43,902,021,827
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                 15,441,459,590               12,229,703,375
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      15,441,459,590               12,229,703,375
       額
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                 1,837,614,623                533,532,654
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       1,837,614,623                533,532,654
       額
                                      10,320,850,214                6,234,915,950
      分配金
                                     △43,902,021,827               △34,747,971,722
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                  35/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       第9期特定期間
                                     自  平成29年     1月28日
                     区分
                                     至  平成29年     7月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

               第8期特定期間末                            第9期特定期間末

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.   特定期間末日における受益権の総数                          1.   特定期間末日における受益権の総数
                        145,810,943,489口                            108,456,915,304口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 43,902,021,827円                            元本の欠損 34,747,971,722円
     3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.6989円        1口当たり純資産額                     0.6796円
        (1万口当たり純資産額)                    (6,989円)        (1万口当たり純資産額)                    (6,796円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                          第8期特定期間                     第9期特定期間

                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
     分配金の計算過程              第43期(自 平成28年           7月28日 至 平成28           第49期(自 平成29年           1月28日 至 平成29
                   年  8月29日)                    年  2月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (2,182,973,659円)、費用控除後、繰越欠損                     (1,330,665,729円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託                     金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(23,034,591,308                     約款に定める収益調整金(17,664,809,863
                   円)及び分配準備積立金(7,652,120,224円)                     円)及び分配準備積立金(7,174,804,802円)
                   より分配対象収益は32,869,685,191円(1万口                     より分配対象収益は26,170,280,394円(1万口
                   当たり1,808.30円)であり、うち                     当たり1,895.67円)であり、うち
                   1,908,579,147円(1万口当たり105円)を分配                     1,173,430,925円(1万口当たり85円)を分配
                   しております。                     しております。
                                  36/154





                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          第8期特定期間                     第9期特定期間
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
                   第44期(自 平成28年           8月30日 至 平成28           第50期(自 平成29年           2月28日 至 平成29
                   年  9月27日)                    年  3月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (2,145,155,204円)、費用控除後、繰越欠損                     (1,282,848,952円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託                     金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(22,446,573,454                     約款に定める収益調整金(16,908,149,400
                   円)及び分配準備積立金(7,626,738,548円)                     円)及び分配準備積立金(6,989,160,242円)
                   より分配対象収益は32,218,467,206円(1万口                     より分配対象収益は25,180,158,594円(1万口
                   当たり1,825.37円)であり、うち                     当たり1,907.94円)であり、うち
                   1,853,267,265円(1万口当たり105円)を分配                     1,121,787,219円(1万口当たり85円)を分配
                   しております。                     しております。
                   第45期(自 平成28年           9月28日 至 平成28           第51期(自 平成29年           3月28日 至 平成29
                   年10月27日)                     年  4月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (2,069,553,760円)、費用控除後、繰越欠損
                                        (1,195,787,303円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(21,390,341,787
                                        約款に定める収益調整金(15,897,829,999
                   円)及び分配準備積立金(7,496,860,321円)
                                        円)及び分配準備積立金(6,679,830,781円)
                   より分配対象収益は30,956,755,868円(1万口
                                        より分配対象収益は23,773,448,083円(1万口
                   当たり1,843.94円)であり、うち
                                        当たり1,919.70円)であり、うち
                   1,762,764,235円(1万口当たり105円)を分配
                                        1,052,627,064円(1万口当たり85円)を分配
                   しております。
                                        しております。
                   第46期(自 平成28年10月28日 至 平成28                     第52期(自 平成29年           4月28日 至 平成29
                   年11月28日)
                                        年  5月29日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (2,032,963,802円)、費用控除後、繰越欠損
                                        (1,169,898,762円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(20,442,475,937
                                        約款に定める収益調整金(15,182,140,811
                   円)及び分配準備積立金(7,414,106,283円)
                                        円)及び分配準備積立金(6,501,988,435円)
                   より分配対象収益は29,889,546,022円(1万口
                                        より分配対象収益は22,854,028,008円(1万口
                   当たり1,865.98円)であり、うち
                                        当たり1,933.79円)であり、うち
                   1,681,884,923円(1万口当たり105円)を分配
                                        1,004,545,274円(1万口当たり85円)を分配
                   しております。
                                        しております。
                   第47期(自 平成28年11月29日 至 平成28                     第53期(自 平成29年           5月30日 至 平成29
                   年12月27日)
                                        年  6月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (1,906,115,466円)、費用控除後、繰越欠損
                                        (1,108,286,639円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(19,275,520,267
                                        約款に定める収益調整金(14,528,253,882
                   円)及び分配準備積立金(7,282,340,725円)
                                        円)及び分配準備積立金(6,367,447,690円)
                   より分配対象収益は28,463,976,458円(1万口
                                        より分配対象収益は22,003,988,211円(1万口
                   当たり1,887.58円)であり、うち
                                        当たり1,946.95円)であり、うち960,641,688
                   1,583,339,738円(1万口当たり105円)を分配
                                        円(1万口当たり85円)を分配しております。
                   しております。
                                  37/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          第8期特定期間                     第9期特定期間
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
                   第48期(自 平成28年12月28日 至 平成29                     第54期(自 平成29年           6月28日 至 平成29
                   年  1月27日)
                                        年  7月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (1,773,114,395円)、費用控除後、繰越欠損
                                        (1,066,353,324円)、費用控除後、繰越欠損
                   金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                   約款に定める収益調整金(18,649,164,116
                                        約款に定める収益調整金(13,959,004,523
                   円)及び分配準備積立金(7,344,243,944円)
                                        円)及び分配準備積立金(6,236,461,149円)
                   より分配対象収益は27,766,522,455円(1万口
                                        より分配対象収益は21,261,818,996円(1万口
                   当たり1,904.26円)であり、うち
                                        当たり1,960.38円)であり、うち921,883,780
                   1,531,014,906円(1万口当たり105円)を分配
                                        円(1万口当たり85円)を分配しております。
                   しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第8期特定期間                   第9期特定期間

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
                                  38/154








                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             第8期特定期間                   第9期特定期間
                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  運用担当部署から独立したコンプライア                   同左
                       ンス・リスク管理担当部署が、運用リス
                       クを把握、管理し、その結果に基づき運
                       用担当部署へ対応の指示等を行うことに
                       より、適切な管理を行います。
                       リスク管理に関する委員会等はこれらの
                       運用リスク管理状況の報告を受け、総合
                       的な見地から運用状況全般の管理を行い
                       ます。
                       なお、具体的には以下のリスクの管理を
                       行っております。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

               第8期特定期間末                            第9期特定期間末

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.  貸借対照表計上額、時価及び差額                           1.  貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.  時価の算定方法                           2.  時価の算定方法
     社債券                            同左
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
                                  39/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者との取引に関する注記)
                             第8期特定期間                   第9期特定期間

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                第8期特定期間末                 第9期特定期間末

               区分
                               平成29年     1月27日現在            平成29年     7月27日現在
     期首元本額                               188,302,740,236円                 145,810,943,489円
     期中追加設定元本額                                5,633,985,602円                 1,712,326,445円
     期中一部解約元本額                               48,125,782,349円                 39,066,354,630円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                           第8期特定期間末                     第9期特定期間末

                         平成29年     1月27日現在                平成29年     7月27日現在
           種類
                     最終の計算期間の損益に含まれた評価差額                     最終の計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                      △3,664,783,100                       156,673,600
           合計                      △3,664,783,100                       156,673,600
     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                          119,580,000,000             72,684,311,400
            クス(為替ヘッジなし)連動債A
                    合計                   119,580,000,000             72,684,311,400
                                  40/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     【グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     第8期               第9期
                                 平成29年     1月27日現在           平成29年     7月27日現在
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                               376,893,135               312,839,615
        社債券                              9,154,938,000               7,253,919,400
        未収入金                                70,359,240                    -
                                         5,106,176                   -
        その他未収収益
                                       9,607,296,551               7,566,759,015
        流動資産合計
                                       9,607,296,551               7,566,759,015
       資産合計
      負債の部
       流動負債
        未払収益分配金                                98,899,620               72,401,593
        未払解約金                               101,226,336                63,227,580
        未払受託者報酬                                1,671,781               1,338,296
        未払委託者報酬                                55,725,854               44,609,842
        未払利息                                   622               599
                                          460,267               369,306
        その他未払費用
                                        257,984,480               181,947,216
        流動負債合計
                                        257,984,480               181,947,216
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                              7,607,663,131               5,792,127,500
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             1,741,648,940               1,592,684,299
                                       1,051,256,097                848,553,608
          (分配準備積立金)
                                       9,349,312,071               7,384,811,799
        元本等合計
                                       9,349,312,071               7,384,811,799
       純資産合計
                                       9,607,296,551               7,566,759,015
      負債純資産合計
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     第8期               第9期
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
      営業収益
       受取利息                                 203,412,140               145,261,723
       有価証券売買等損益                                 841,824,790               267,966,300
                                         5,106,176               4,163,239
       その他収益
                                       1,050,343,106                417,391,262
       営業収益合計
      営業費用
       支払利息                                   49,312               49,332
       受託者報酬                                  1,671,781               1,338,296
                                  41/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     第8期               第9期
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
       委託者報酬                                 55,725,854               44,609,842
                                          710,473               551,060
       その他費用
                                        58,157,420               46,548,530
       営業費用合計
                                        992,185,686               370,842,732
      営業利益
                                        992,185,686               370,842,732
      経常利益
                                        992,185,686               370,842,732
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
                                        92,152,702               34,792,200
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                 1,229,943,305               1,741,648,940
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                   21,542,435               18,459,189
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        21,542,435               18,459,189
       額
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                  310,970,164               431,072,769
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        310,970,164               431,072,769
       額
                                        98,899,620               72,401,593
      分配金
                                       1,741,648,940               1,592,684,299
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                         第9期

                                     自  平成29年     1月28日
                     区分
                                     至  平成29年     7月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

                  第8期                            第9期

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.   計算期間末日における受益権の総数                          1.   計算期間末日における受益権の総数
                         7,607,663,131口                            5,792,127,500口
     2.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額                          2.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     1.2289円        1口当たり純資産額                     1.2750円
        (1万口当たり純資産額)                    (12,289円)         (1万口当たり純資産額)                    (12,750円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                  42/154




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            第8期                     第9期
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
     分配金の計算過程              計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (190,299,563円)、費用控除後、繰越欠損金                     (129,454,193円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(1,732,751,070円)及                     款に定める収益調整金(1,328,739,634円)及
                   び分配準備積立金(959,856,154円)より分配                     び分配準備積立金(791,501,008円)より分配
                   対象収益は2,882,906,787円(1万口当たり                     対象収益は2,249,694,835円(1万口当たり
                   3,789.46円)であり、うち98,899,620円(1万                     3,884.04円)であり、うち72,401,593円(1万
                   口当たり130円)を分配しております。                     口当たり125円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                               第8期                   第9期

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
                                  43/154









                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               第8期                   第9期
                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  運用担当部署から独立したコンプライア                   同左
                       ンス・リスク管理担当部署が、運用リス
                       クを把握、管理し、その結果に基づき運
                       用担当部署へ対応の指示等を行うことに
                       より、適切な管理を行います。
                       リスク管理に関する委員会等はこれらの
                       運用リスク管理状況の報告を受け、総合
                       的な見地から運用状況全般の管理を行い
                       ます。
                       なお、具体的には以下のリスクの管理を
                       行っております。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                  第8期                            第9期

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.  貸借対照表計上額、時価及び差額                           1.  貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.  時価の算定方法                           2.  時価の算定方法
     社債券                            同左
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
                                  44/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者との取引に関する注記)
                               第8期                   第9期

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                   第8期                 第9期

               区分
                               平成29年     1月27日現在            平成29年     7月27日現在
     期首元本額                                9,918,957,131円                 7,607,663,131円
     期中追加設定元本額                                 205,104,264円                  67,133,706円
     期中一部解約元本額                                2,516,398,264円                 1,882,669,337円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                             第8期                     第9期

                         平成29年     1月27日現在                平成29年     7月27日現在
           種類
                      当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                        743,808,500                     235,134,000
           合計                        743,808,500                     235,134,000
     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                           5,980,000,000            7,253,919,400
            クス(為替ヘッジなし)連動債B
                    合計                    5,980,000,000            7,253,919,400
                                  45/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     【グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                  第8期特定期間末               第9期特定期間末
                                 平成29年     1月27日現在           平成29年     7月27日現在
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                               152,954,562               118,829,498
        社債券                              4,002,862,200               3,296,164,800
                                         3,087,575                729,554
        その他未収収益
                                       4,158,904,337               3,415,723,852
        流動資産合計
                                       4,158,904,337               3,415,723,852
       資産合計
      負債の部
       流動負債
        未払収益分配金                                57,835,260               40,555,184
        未払解約金                                26,100,100                9,952,199
        未払受託者報酬                                 114,140                89,930
        未払委託者報酬                                3,804,660               2,997,741
        未払利息                                   252               227
                                          31,494               24,813
        その他未払費用
                                        87,885,906               53,620,094
        流動負債合計
                                        87,885,906               53,620,094
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                              7,320,919,039               6,144,724,944
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            △3,249,900,608               △2,782,621,186
                                        411,038,453               365,391,138
          (分配準備積立金)
                                       4,071,018,431               3,362,103,758
        元本等合計
                                       4,071,018,431               3,362,103,758
       純資産合計
                                       4,158,904,337               3,415,723,852
      負債純資産合計
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  第8期特定期間               第9期特定期間
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
      営業収益
       受取利息                                 452,748,044               313,926,407
       有価証券売買等損益                                △342,998,120                △93,952,680
                                         1,927,730               1,527,871
       その他収益
                                        111,677,654               221,501,598
       営業収益合計
      営業費用
       支払利息                                   25,587               22,094
       受託者報酬                                   745,430               587,447
       委託者報酬                                 24,847,783               19,581,834
                                  46/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  第8期特定期間               第9期特定期間
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
                                          427,078               330,548
       その他費用
                                        26,045,878               20,521,923
       営業費用合計
                                        85,631,776               200,979,675
      営業利益
                                        85,631,776               200,979,675
      経常利益
                                        85,631,776               200,979,675
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
                                         1,155,300               2,347,191
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △3,430,614,417               △3,249,900,608
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                  815,447,097               622,406,458
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        815,447,097               622,406,458
       額
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                  348,855,917                96,407,682
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        348,855,917                96,407,682
       額
                                        370,353,847               257,351,838
      分配金
                                      △3,249,900,608               △2,782,621,186
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                       第9期特定期間

                                     自  平成29年     1月28日
                     区分
                                     至  平成29年     7月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

               第8期特定期間末                            第9期特定期間末

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.   特定期間末日における受益権の総数                          1.   特定期間末日における受益権の総数
                         7,320,919,039口                            6,144,724,944口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 3,249,900,608円                            元本の欠損 2,782,621,186円
     3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.5561円        1口当たり純資産額                     0.5472円
        (1万口当たり純資産額)                    (5,561円)        (1万口当たり純資産額)                    (5,472円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                  47/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          第8期特定期間                     第9期特定期間
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
     分配金の計算過程              第43期(自 平成28年           7月28日 至 平成28           第49期(自 平成29年           1月28日 至 平成29
                   年  8月29日)                    年  2月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (70,322,708円)、費用控除後、繰越欠損金                     (53,123,553円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(194,091,357円)及び                     款に定める収益調整金(205,445,318円)及び
                   分配準備積立金(436,912,204円)より分配対                     分配準備積立金(392,886,228円)より分配対
                   象収益は701,326,269円(1万口当たり876.60                     象収益は651,455,099円(1万口当たり929.27
                   円)であり、うち63,202,545円(1万口当たり                     円)であり、うち46,267,797円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。                     66円)を分配しております。
                   第44期(自 平成28年           8月30日 至 平成28           第50期(自 平成29年           2月28日 至 平成29
                   年  9月27日)                    年  3月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (73,864,322円)、費用控除後、繰越欠損金                     (51,665,854円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(227,919,864円)及び                     款に定める収益調整金(201,515,456円)及び
                   分配準備積立金(429,136,405円)より分配対                     分配準備積立金(392,052,367円)より分配対
                   象収益は730,920,591円(1万口当たり887.75                     象収益は645,233,677円(1万口当たり938.42
                   円)であり、うち65,042,388円(1万口当たり                     円)であり、うち45,379,389円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。                     66円)を分配しております。
                   第45期(自 平成28年           9月28日 至 平成28           第51期(自 平成29年           3月28日 至 平成29
                   年10月27日)                     年  4月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (72,137,922円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        (48,193,717円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(235,307,485円)及び
                                        款に定める収益調整金(189,861,516円)及び
                   分配準備積立金(421,321,871円)より分配対
                                        分配準備積立金(373,228,837円)より分配対
                   象収益は728,767,278円(1万口当たり898.51
                                        象収益は611,284,070円(1万口当たり947.10
                   円)であり、うち64,074,717円(1万口当たり
                                        円)であり、うち42,597,885円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。
                                        66円)を分配しております。
                   第46期(自 平成28年10月28日 至 平成28                     第52期(自 平成29年           4月28日 至 平成29
                   年11月28日)
                                        年  5月29日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (70,211,768円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        (46,593,507円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(225,871,519円)及び
                                        款に定める収益調整金(190,026,425円)及び
                   分配準備積立金(411,025,931円)より分配対
                                        分配準備積立金(365,954,482円)より分配対
                   象収益は707,109,218円(1万口当たり909.85
                                        象収益は602,574,414円(1万口当たり955.84
                   円)であり、うち61,395,395円(1万口当たり
                                        円)であり、うち41,606,565円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。
                                        66円)を分配しております。
                                  48/154





                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          第8期特定期間                     第9期特定期間
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
                   第47期(自 平成28年11月29日 至 平成28                     第53期(自 平成29年           5月30日 至 平成29
                   年12月27日)
                                        年  6月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (67,233,077円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        (46,520,472円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(216,977,134円)及び
                                        款に定める収益調整金(190,910,899円)及び
                   分配準備積立金(401,477,364円)より分配対
                                        分配準備積立金(361,466,783円)より分配対
                   象収益は685,687,575円(1万口当たり921.17
                                        象収益は598,898,154円(1万口当たり965.36
                   円)であり、うち58,803,542円(1万口当たり
                                        円)であり、うち40,945,018円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。
                                        66円)を分配しております。
                   第48期(自 平成28年12月28日 至 平成29                     第54期(自 平成29年           6月28日 至 平成29
                   年  1月27日)
                                        年  7月27日)
                   計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (66,019,993円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        (45,927,493円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(213,707,924円)及び
                                        款に定める収益調整金(193,009,957円)及び
                   分配準備積立金(402,853,720円)より分配対
                                        分配準備積立金(360,018,829円)より分配対
                   象収益は682,581,637円(1万口当たり932.35
                                        象収益は598,956,279円(1万口当たり974.73
                   円)であり、うち57,835,260円(1万口当たり
                                        円)であり、うち40,555,184円(1万口当たり
                   79円)を分配しております。
                                        66円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第8期特定期間                   第9期特定期間

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
                                  49/154




                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             第8期特定期間                   第9期特定期間
                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  運用担当部署から独立したコンプライア                   同左
                       ンス・リスク管理担当部署が、運用リス
                       クを把握、管理し、その結果に基づき運
                       用担当部署へ対応の指示等を行うことに
                       より、適切な管理を行います。
                       リスク管理に関する委員会等はこれらの
                       運用リスク管理状況の報告を受け、総合
                       的な見地から運用状況全般の管理を行い
                       ます。
                       なお、具体的には以下のリスクの管理を
                       行っております。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

               第8期特定期間末                            第9期特定期間末

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.  貸借対照表計上額、時価及び差額                           1.  貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.  時価の算定方法                           2.  時価の算定方法
     社債券                            同左
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
                                  50/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者との取引に関する注記)
                             第8期特定期間                   第9期特定期間

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                第8期特定期間末                 第9期特定期間末

               区分
                               平成29年     1月27日現在            平成29年     7月27日現在
     期首元本額                                8,412,422,152円                 7,320,919,039円
     期中追加設定元本額                                 847,103,421円                 216,899,335円
     期中一部解約元本額                                1,938,606,534円                 1,393,093,430円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                           第8期特定期間末                     第9期特定期間末

                         平成29年     1月27日現在                平成29年     7月27日現在
           種類
                     最終の計算期間の損益に含まれた評価差額                     最終の計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                        △17,320,400                     △7,592,800
           合計                       △17,320,400                     △7,592,800
     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                           6,780,000,000            3,296,164,800
            クス(限定為替ヘッジ)連動債C
                    合計                    6,780,000,000            3,296,164,800
                                  51/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     【グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     第8期               第9期
                                 平成29年     1月27日現在           平成29年     7月27日現在
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                                41,322,203               64,530,754
        社債券                              1,027,216,200                879,414,900
        未収入金                                27,643,800                    -
                                          536,267                  -
        その他未収収益
                                       1,096,718,470                943,945,654
        流動資産合計
                                       1,096,718,470                943,945,654
       資産合計
      負債の部
       流動負債
        未払金                                     -           28,982,670
        未払収益分配金                                10,648,784                8,543,238
        未払解約金                                28,867,830                    -
        未払受託者報酬                                 192,404               160,452
        未払委託者報酬                                6,413,419               5,348,412
        未払利息                                    68               123
                                          52,916               44,224
        その他未払費用
                                        46,175,421               43,079,119
        流動負債合計
                                        46,175,421               43,079,119
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                              1,075,634,764                880,746,221
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             △25,091,715                20,120,314
                                        67,049,054               55,636,025
          (分配準備積立金)
                                       1,050,543,049                900,866,535
        元本等合計
                                       1,050,543,049                900,866,535
       純資産合計
                                       1,096,718,470                943,945,654
      負債純資産合計
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     第8期               第9期
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
      営業収益
       受取利息                                 21,965,014               16,545,102
       有価証券売買等損益                                  6,959,047               42,108,840
                                          536,267               478,406
       その他収益
                                        29,460,328               59,132,348
       営業収益合計
      営業費用
       支払利息                                    6,137               8,108
                                  52/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     第8期               第9期
                                 自 平成28年       7月28日         自 平成29年       1月28日
                                 至 平成29年       1月27日         至 平成29年       7月27日
       受託者報酬                                   192,404               160,452
       委託者報酬                                  6,413,419               5,348,412
                                          131,734               120,729
       その他費用
                                         6,743,694               5,637,701
       営業費用合計
                                        22,716,634               53,494,647
      営業利益
                                        22,716,634               53,494,647
      経常利益
                                        22,716,634               53,494,647
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
                                         2,114,396               8,079,722
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                  △46,707,504               △25,091,715
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                   13,519,371                8,340,342
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        13,519,371                6,540,126
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                             -           1,800,216
       額
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                   1,857,036                   -
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                         1,857,036                   -
       額
                                        10,648,784                8,543,238
      分配金
                                       △25,091,715                20,120,314
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                         第9期

                                     自  平成29年     1月28日
                     区分
                                     至  平成29年     7月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

                  第8期                            第9期

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.   計算期間末日における受益権の総数                          1.   計算期間末日における受益権の総数
                         1,075,634,764口                             880,746,221口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 25,091,715円                            -
     3.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.9767円        1口当たり純資産額                     1.0228円
        (1万口当たり純資産額)                    (9,767円)        (1万口当たり純資産額)                    (10,228円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                  53/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            第8期                     第9期
                        自  平成28年     7月28日               自  平成29年     1月28日
           区分
                        至  平成29年     1月27日               至  平成29年     7月27日
     分配金の計算過程              計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                   (16,431,393円)、費用控除後、繰越欠損金                     (14,958,808円)、費用控除後、繰越欠損金
                   補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                   款に定める収益調整金(53,872,466円)及び                     款に定める収益調整金(50,296,822円)及び
                   分配準備積立金(61,266,445円)より分配対                     分配準備積立金(49,220,455円)より分配対
                   象収益は131,570,304円(1万口当たり                     象収益は114,476,085円(1万口当たり
                   1,223.16円)であり、うち10,648,784円(1万                     1,299.74円)であり、うち8,543,238円(1万
                   口当たり99円)を分配しております。                     口当たり97円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                               第8期                   第9期

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
                                  54/154









                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               第8期                   第9期
                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                     区分
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  運用担当部署から独立したコンプライア                   同左
                       ンス・リスク管理担当部署が、運用リス
                       クを把握、管理し、その結果に基づき運
                       用担当部署へ対応の指示等を行うことに
                       より、適切な管理を行います。
                       リスク管理に関する委員会等はこれらの
                       運用リスク管理状況の報告を受け、総合
                       的な見地から運用状況全般の管理を行い
                       ます。
                       なお、具体的には以下のリスクの管理を
                       行っております。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                  第8期                            第9期

              平成29年     1月27日現在                        平成29年     7月27日現在
     1.  貸借対照表計上額、時価及び差額                           1.  貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.  時価の算定方法                           2.  時価の算定方法
     社債券                            同左
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
                                  55/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者との取引に関する注記)
                               第8期                   第9期

                            自  平成28年     7月28日             自  平成29年     1月28日
                            至  平成29年     1月27日             至  平成29年     7月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                   第8期                 第9期

               区分
                               平成29年     1月27日現在            平成29年     7月27日現在
     期首元本額                                1,407,897,445円                 1,075,634,764円
     期中追加設定元本額                                 80,098,179円                 103,721,750円
     期中一部解約元本額                                 412,360,860円                 298,610,293円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                             第8期                     第9期

                         平成29年     1月27日現在                平成29年     7月27日現在
           種類
                      当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                         5,595,790                    34,269,250
           合計                         5,595,790                    34,269,250
     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                 券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                            910,000,000            879,414,900
            クス(限定為替ヘッジ)連動債D
                    合計                     910,000,000            879,414,900
                                  56/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                 (平成29年      7月31日現在)

     Ⅰ 資産総額                               74,145,110,779       円 

     Ⅱ 負債総額                                456,926,307      円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               73,688,184,472       円 
     Ⅳ 発行済口数                              108,142,701,106        口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.6814   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (6,814    円)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                 (平成29年      7月31日現在)

     Ⅰ 資産総額                               7,423,955,940       円 

     Ⅱ 負債総額                                 29,379,573     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               7,394,576,367       円 
     Ⅳ 発行済口数                               5,782,409,587       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.2788   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (12,788    円)
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                 (平成29年      7月31日現在)

     Ⅰ 資産総額                               3,370,802,534       円 

     Ⅱ 負債総額                                 3,473,438     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               3,367,329,096       円 
     Ⅳ 発行済口数                               6,139,124,944       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.5485   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (5,485    円)
                                  57/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                 (平成29年      7月31日現在)

     Ⅰ 資産総額                                915,804,150      円 

     Ⅱ 負債総額                                  111,814    円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                915,692,336      円 
     Ⅳ 発行済口数                                892,746,221      口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.0257   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (10,257    円)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      <更新後>

      (1)受益証券の名義書換

          該当事項はありません。
          ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定
        まります。委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣
        の指定を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替
        業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権
        を表示する受益証券を発行しません。
          なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無
        記名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券へ
        の変更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      (2)受益者等名簿
          該当事項はありません。
      (3)受益者に対する特典
          該当事項はありません。
      (4)受益権の譲渡制限
          譲渡制限はありません。
        ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権
          が記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとしま
          す。
        ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する
          受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口
          座簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設
          したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機
          関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の
          口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
        ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
          録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が
          異なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断
          したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
                                  58/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (5)受益権の譲渡の対抗要件
          受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社
        に対抗することができません。
      (6)受益権の再分割
          委託会社は、社振法に定めるところにしたがい、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益
        権を均等に再分割できるものとします。
      (7)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて
          振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の
        支払い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款
        の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                  59/154
















                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

       <訂正前>

       a.資本金の額(          平成29年1月31日         現在)
                               (略)
       b.会社の機構(          平成29年1月31日         現在)
                               (略)
       <訂正後>

       a.資本金の額(          平成29年      7月31日    現在)
                               (略)
       b.会社の機構(          平成29年      7月31日    現在)
                               (略)
     2【事業の内容及び営業の概況】

      <更新後>

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、投資信託

      の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用
      業)ならびにその受益証券(受益権)の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。
      また、「金融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っています。
       平成29年7月31日現在、委託会社の運用する投資信託は以下の通りです。(親投資信託を除く)
             基本的性格                本数          純資産総額(単位:円)

          追加型公社債投資信託                       38          1,168,722,685,027

           追加型株式投資信託                     862          11,823,622,172,099

          単位型公社債投資信託                       57           303,337,802,496

           単位型株式投資信託                     125            828,610,960,565

               合計                1,082           14,124,293,620,187

     3【委託会社等の経理状況】

      <更新後>

     1.委託会社であるアセットマネジメントOne株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、「財務

      諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の規定に
      基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
                                  60/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      す。
     2.財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

     3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき第32期事業年度(自平成28年4月1日至平成29

      年3月31日)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
     ※ DIAMアセットマネジメント株式会社は、平成28年10月1日にみずほ投信投資顧問株式会社、新光投信株式

     会社及びみずほ信託銀行株式会社の資産運用部門と統合し、商号をアセットマネジメントOne株式会社に変
     更いたしました。
      委託会社の財務諸表に引き続き、DIAMアセットマネジメント株式会社の第32期中間会計期間の中間財務
     諸表、みずほ投信投資顧問株式会社の第53期事業年度の財務諸表及び第54期中間会計期間の中間財務諸表並び
     に新光投信株式会社の第56期事業年度の財務諸表及び第57期中間会計期間の中間財務諸表を参考として添付し
     ております。
     (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)

                                第31期                 第32期
                            (平成28年3月31日現在)                 (平成29年3月31日現在)
            (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                              12,951,736                  27,972,477
       金銭の信託                              13,094,914                  12,366,219
       有価証券                                  -               297,560
       未収委託者報酬                              4,460,404                 10,164,041
       未収運用受託報酬                              1,859,778                  7,250,239
       未収投資助言報酬                               277,603                  316,414
       未収収益                               205,097                  52,278
       前払費用                                44,951                 533,411
       繰延税金資産                               341,078                  678,104
       その他                                40,689                 445,717
                   流動資産計                 33,276,255                  60,076,462
      固定資産

       有形固定資産                               658,607                 1,900,343
        建物                       ※1        29,219          ※1       1,243,812
        車両運搬具                       ※1         549        ※1          -
        器具備品                       ※1       184,683          ※1        656,235
        建設仮勘定                              444,155                    295
       無形固定資産                              1,706,201                  1,614,084
                                  61/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        商標権                                 7                  5
        ソフトウエア                             1,645,861                  1,511,558
        ソフトウエア仮勘定                               53,036                  98,483
        電話加入権                               7,148                  3,934
        電信電話専用施設利用権                                146                  103
       投資その他の資産                              6,497,772                 10,055,336
        投資有価証券                              458,701                 3,265,786
        関係会社株式                             3,229,196                  3,306,296
        長期差入保証金                             2,040,945                  1,800,827
        前払年金費用                                 -               686,322
        繰延税金資産                              679,092                  893,887
        その他                               89,835                 102,215
                   固定資産計                  8,862,580                 13,569,764
             資産合計                       42,138,836                  73,646,227
                                                     (単位:千円)

                                第31期                  第32期
                           (平成28年3月31日現在)                  (平成29年3月31日現在)
            (負債の部)
      流動負債
       預り金                               966,681                 1,169,128
       未払金                              2,055,332                  4,745,195
        未払収益分配金                                -                1,027
        未払償還金                              49,873                  57,332
        未払手数料                             1,744,274                  4,062,695
        その他未払金                              261,185                  624,140
       未払費用                              3,076,566                  7,030,589
       未払法人税等                              1,223,957                  1,915,556
       未払消費税等                               352,820                  891,476
       賞与引当金                               728,769                 1,432,264
       役員賞与引当金                                  -                27,495
                   流動負債計                  8,404,128                 17,211,706
      固定負債
       退職給付引当金                               997,396                 1,305,273
       役員退職慰労引当金                               154,535                     -
       時効後支払損引当金                                 -               216,466
       本社移転費用引当金                                 -               942,315
                   固定負債計                  1,151,932                  2,464,055
             負債合計                        9,556,060                 19,675,761
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                              2,000,000                  2,000,000
                                  62/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       資本剰余金                              2,428,478                 19,552,957
        資本準備金                             2,428,478                  2,428,478
        その他資本剰余金                                -              17,124,479
       利益剰余金                             28,000,340                  31,899,643
        利益準備金                              123,293                  123,293
        その他利益剰余金                            27,877,047                  31,776,350
         別途積立金                           22,030,000                  24,580,000
         研究開発積立金                             300,000                  300,000
         運用責任準備積立金                             200,000                  200,000
         繰越利益剰余金                            5,347,047                  6,696,350
                   株主資本計                 32,428,818                  53,452,601
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               153,956                  517,864
               評価・換算差額等計                       153,956                  517,864
            純資産合計                        32,582,775                  53,970,465
           負債・純資産合計                         42,138,836                  73,646,227
     (2)【損益計算書】


                                                    (単位:千円)

                             第31期                   第32期
                         (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
                          至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                   30,188,445                    56,355,754
       運用受託報酬                    7,595,678                   12,834,241
       投資助言報酬                     993,027                   1,002,482
       その他営業収益                     724,211                    378,715
                営業収益計                  39,501,363                   70,571,194
      営業費用
       支払手数料                   12,946,176                    24,957,038
       広告宣伝費                     468,931                    838,356
       公告費                       258                    991
       調査費                    7,616,390                   15,105,578
        調査費                   4,969,812                    7,780,474
        委託調査費                   2,646,578                    7,325,104
       委託計算費                     412,257                    891,379
       営業雑経費                     548,183                   1,102,921
        通信費                    34,855                    51,523
        印刷費                    436,756                    926,453
        協会費                    23,698                    37,471
        諸会費                      40                    74
        支払販売手数料                    52,833                    87,399
                営業費用計                  21,992,198                   42,896,265
      一般管理費
       給料                    5,382,757                    8,517,089
        役員報酬                    242,446                    220,145
        給料・手当                   4,431,015                    7,485,027
        賞与                    709,295                    811,916
       交際費                     43,975                    66,813
       寄付金                      2,628                   13,467
                                  63/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       旅費交通費                     254,276                    297,237
       租税公課                     180,892                    430,779
       不動産賃借料                    1,128,367                    1,961,686
       退職給付費用                     226,460                    358,960
       固定資産減価償却費                     902,248                    825,593
       福利厚生費                     36,173                    39,792
       修繕費                     31,617                    27,435
       賞与引当金繰入額                     728,769                   1,432,264
       役員賞与引当金繰入額                       -                  27,495
       役員退職慰労引当金繰入額                     49,320                      -
       役員退職慰労金                      5,250                   63,072
       機器リース料                       140                    210
       事務委託費                     251,913                   1,530,113
       事務用消耗品費                     70,839                   127,265
       器具備品費                     14,182                   271,658
       諸経費                     214,532                    129,981
               一般管理費計                    9,524,346                   16,120,918
      営業利益                             7,984,819                   11,554,010
                                                    (単位:千円)

                             第31期                   第32期
                         (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
                         至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                      2,079                     537
       受取配当金                     25,274                    51,036
       時効成立分配金・償還金                       -                   103
       為替差益                      3,996                    7,025
       投資信託解約益                       -                    2
       雑収入                 ※1     6,693             ※1       18,213
               営業外収益計                     38,044                   76,918
      営業外費用
       投資信託解約損                       -                  31,945
       投資信託償還損                       -                  47,201
       金銭の信託運用損                     305,368                    552,635
       時効成立後支払分配金・償還金                       -                    39
       時効後支払損引当金繰入額                       -                 209,210
               営業外費用計                     305,368                   841,031
      経常利益                             7,717,494                   10,789,897
      特別利益
       固定資産売却益                 ※2       -           ※2       2,348
       投資有価証券売却益                      3,377                     -
       貸倒引当金戻入益                       -                  8,883
       訴訟損失引当金戻入益                       -                  21,677
       その他特別利益                       -                   746
                特別利益計                     3,377                   33,655
      特別損失
       固定資産除却損                 ※3      624            ※3       23,600
                                  64/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       固定資産売却損                 ※4     2,653             ※4       10,323
       投資有価証券評価損                       -                  12,085
       ゴルフ会員権評価損                      6,307                    4,832
       訴訟和解金                       -                  30,000
       本社移転費用                 ※5       -           ※5     1,511,622
                特別損失計                     9,584                 1,592,463
      税引前当期純利益                             7,711,286                   9,231,089
      法人税、住民税及び事業税                             2,557,305                   2,965,061
      法人税等調整額                              27,424                  △177,275
      法人税等合計                             2,584,730                   2,787,786
      当期純利益                             5,126,556                   6,443,302
     (3)【株主資本等変動計算書】

     第31期(自平成27年4月1日至平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                     利益剰余金
                                             その他利益剰余金
             資本金
                        その他     資本剰余金      利益
                                                 運用責
                 資本準備金
                                       別途    研究開発          繰越利益
                       資本剰余金       合計    準備金
                                                 任準備
                                       積立金     積立金          剰余金
                                                 積立金
     当期首残高        2,000,000      2,428,478        -   2,428,478     123,293    19,480,000      300,000     200,000     5,314,491
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △2,544,000
      別途積立金の
                                       2,550,000               △2,550,000
      積立
      当期純利益                                                 5,126,556
      株主資本以外の項
      目の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計          -      -      -      -    -   2,550,000       -     -    32,556
     当期末残高        2,000,000      2,428,478        -   2,428,478     123,293    22,030,000      300,000     200,000     5,347,047
                 株主資本          評価・換算差額等

              利益剰余金                        純資産
                           その他
                     株主資本           評価・換算
                                      合計
                          有価証券
              利益剰余金
                     合計          差額等合計
                          評価差額金
               合計
     当期首残高          25,417,784      29,846,262      252,905     252,905      30,099,168
     当期変動額
      剰余金の配当         △2,544,000      △2,544,000                 △2,544,000
      別途積立金の
                 -        -                 -
      積立
      当期純利益          5,126,556       5,126,556                 5,126,556
                                  65/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外の項
      目の当期変動額(純                     △98,949     △98,949       △98,949
      額)
     当期変動額合計          2,582,556      2,582,556      △98,949     △98,949       2,483,607
     当期末残高          28,000,340      32,428,818      153,956     153,956      32,582,775
     第32期(自平成28年4月1日至平成29年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                  株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                              その他利益剰余金
              資本金
                         その他     資本剰余金      利益
                                                  運用責
                  資本準備金
                                         別途     研究開発          繰越利益
                        資本剰余金       合計     準備金
                                                  任準備
                                        積立金     積立金          剰余金
                                                  積立金
     当期首残高         2,000,000     2,428,478        -   2,428,478     123,293     22,030,000      300,000     200,000     5,347,047
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △2,544,000
      別途積立金の
                                        2,550,000               △2,550,000
      積立
      当期純利益                                                   6,443,302
      合併による
                        17,124,479      17,124,479
      増加
      株主資本以外の項
      目の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計           -     -   17,124,479      17,124,479       -   2,550,000       -     -   1,349,302
     当期末残高         2,000,000     2,428,478     17,124,479      19,552,957      123,293     24,580,000      300,000     200,000     6,696,350
                  株主資本           評価・換算差額等

              利益剰余金                         純資産
                           その他
                     株主資本          評価・換算
                                       合計
                           有価証券
              利益剰余金
                      合計          差額等合計
                           評価差額金
               合計
     当期首残高           28,000,340      32,428,818      153,956      153,956       32,582,775
     当期変動額
      剰余金の配当         △2,544,000      △2,544,000                  △2,544,000
      別途積立金の
                  -      -                  -
      積立
      当期純利益          6,443,302      6,443,302                  6,443,302
      合併による
                      17,124,479                  17,124,479
      増加
      株主資本以外の項
      目の当期変動額(純                   -   363,907      363,907        363,907
      額)
     当期変動額合計           3,899,302      21,023,782      363,907      363,907       21,387,689
     当期末残高           31,899,643      53,452,601      517,864      517,864       53,970,465
                                  66/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針

     1.  有価証券の評価基準及び評価方法                   (1)子会社株式及び関連会社株式
                                   :移動平均法による原価法
                          (2)その他有価証券
                           時価のあるもの:決算日の市場価格等に基づく時価法
                           (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
                           動平均法により算定)
                           時価のないもの:         移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び評価方法                    時価法

     3.  固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産

                           定率法によっております。
                            ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備につい
                           ては、定額法を採用しております。
                          (2)無形固定資産
                           定額法によっております。
                            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利
                           用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨へ                    外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に

                           換算し、換算差額は損益として処理しております。
      の換算基準
                                  67/154












                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5.  引当金の計上基準                   (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充て
                           るため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
                           上しております。
                          (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充
                           てるため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を
                           計上しております。
                          (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職
                           一時金制度及び確定給付型企業年金制度(キャッシュバランス
                           型)について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                           産の見込額に基づき計上しております。
                            ①退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年
                             度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
                             基準によっております。
                            ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存
                             勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による定額法に
                             よ  り  按  分  し  た  額  を  費  用  処  理  し  て  お  り  ま
                             す。              
                             数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業
                             員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)に
                             よる定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年
                             度から費用処理しております。
                            なお、一部の確定給付企業年金制度については、退職給付引
                           当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
                           要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用して
                           おります。
                          (4)役員退職慰労引当金は、役員の退職慰労金の支払に備える
                           ため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
                          (5)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益
                           分配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備
                           えるため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上し
                           ております。
                          (6)本社移転費用引当金は、本社移転に関連して発生する損失
                           に備えるため、発生すると見込まれる額を計上しております。
                            なお、本社移転費用引当金繰入額は、本社移転費用に含めて
                           表示しております。
     6.消費税等の会計処理                     消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま

                          す。
     会計方針の変更

                   第32期    (自平成28年4月1日           至平成29年3月31日)
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」

     (実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物
     附属設備に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      この結果、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ42,532千円増加しており
     ます。
     追加情報

                   第32期    (自平成28年4月1日           至平成29年3月31日)
                                  68/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1.「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28
       日)を当事業年度から適用しております。
      2.当社は、平成28年9月7日開催の臨時株主総会において、退任となる取締役及び監査役に対して、在任
       中の労に報いるため、当社所定の基準による相当額の範囲内で役員退職慰労金を支給することを決議
       しました。
        これに伴い、当事業年度末日までに217,608千円を支給し、役員退職慰労引当金全額を取り崩してお
        ります。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                            (平成28年3月31日現在)                  (平成29年3月31日現在)
      建物                                767,802                   53,098
      車両運搬具                                 4,374                    -
      器具備品                                562,853                  734,064
     (損益計算書関係)

     ※1.  関係会社項目
      各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、次のとおりであります。
                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                             (自   平成27年4月       1日        (自   平成28年4月       1日
                              至  平成28年3月31日)                至  平成29年3月31日)
      雑収入                                  4,715                  8,183
     ※2.固定資産売却益の内訳

                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                            (自   平成27年4月       1日        (自   平成28年4月       1日
                             至  平成28年3月31日)                至  平成29年3月31日)
      建物                                   -                 546
      車両運搬具                                   -                 696
      器具備品                                   -                1,104
     ※3.固定資産除却損の内訳

                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                            (自   平成27年4月       1日        (自   平成28年4月       1日
                             至  平成28年3月31日)                至  平成29年3月31日)
      器具備品                                   182                 4,727
      ソフトウエア                                   442                 2,821
      電話加入権                                   -                16,052
     ※4.固定資産売却損の内訳
                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                            (自   平成27年4月       1日        (自   平成28年4月       1日
                             至  平成28年3月31日)                至  平成29年3月31日)
      建物                                   -                 543
      器具備品                                 2,653                  9,779
                                  69/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※5.本社移転費用の内訳

                                                        (千円)
                                 第31期                  第32期
                            (自   平成27年4月       1日        (自   平成28年4月       1日
                             至  平成28年3月31日)                至  平成29年3月31日)
      本社移転費用引当金繰入額                                    -               942,315
      旧本社不動産賃借料                                   -               418,583
      賃貸借契約解約損                                   -               150,723
     (株主資本等変動計算書関係)

      第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
       発行済株式の種類
                  株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数(株)
                                    -           -        24,000
         普通株式              24,000
                                    -           -        24,000
          合計             24,000
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                  株式の      配当金の総額        1株当たり配当
          決議                                基準日         効力発生日
                  種類      (千円)        額(円)
       平成27年6月29日

                 普通株式        2,544,000         106,000      平成27年3月31日          平成27年6月30日
        定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         平成28年6月29日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
                株式の     配当の     配当金の総額        1株当たり配
         決議                                  基準日         効力発生日
                種類     原資     (千円)       当額(円)
       平成28年6月29日          普通    利益剰

                            2,544,000        106,000      平成28年3月31日          平成28年6月30日
       定時株主総会         株式     余金
      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
       発行済株式の種類
                  株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                                   490           -         24,490
        普通株    式           24,000
                                  15,510            -         15,510
        A種種類株式                 -
                                  16,000            -         40,000
          合計             24,000
     (注)普通株式及びA種種類株式の発行済株式総数の増加は、当社統合に伴う新株の発行による増加でありま
     す。
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                                  70/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  株式の      配当金の総額        1株当たり配当
          決議                                基準日         効力発生日
                  種類      (千円)        額(円)
       平成28年6月29日

                 普通株式        2,544,000         106,000      平成28年3月31日          平成28年6月30日
        定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         平成29年6月21日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
                株式の     配当の     配当金の総額        1株当たり配
         決議                                  基準日         効力発生日
                種類     原資      (千円)       当額(円)
                普通

                株式
       平成29年6月21日               利益
                           3,200,000         80,000     平成29年3月31日          平成29年6月22日
       定時株主総会             剰余金
                A種種類
                株式
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、短期的な預金等に限定しております。
        当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するため、当該投資信託を特定金外信託を通じて、ま
       たは直接保有しております。なお、特定金外信託を通じて行っているデリバティブ取引は後述するリスク
       を低減する目的で行っております。当該デリバティブ取引は、実需の範囲内でのみ利用することとしてお
       り、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託及びデ
       リバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リスクに晒されて
       おりますが、デリバティブ取引(為替予約取引、株価指数先物取引及び債券先物取引)を利用して一部リ
       スクを低減しております。
        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、相手先の信用リスクに晒されております。
        有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式で
       あり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である未払手数料は、1年以内の支払期日であります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          預金の預入先については、余資運用規程に従い、格付けの高い預入先に限定することにより、リスク
         の軽減を図っております。
          営業債権の相手先の信用リスクに関しては、当社の信用リスク管理の基本方針に従い、取引先ごとの
         期日管理及び残高管理を行うとともに、主な相手先の信用状況を把握する体制としています。
          有価証券及び投資有価証券の発行体の信用リスクに関しては、信用情報や時価の把握を定期的に行う
         ことで管理しています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及びリスク量
         等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰りを確認するとともに、十分な手
         許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
       が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
                                  71/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       用することにより、当該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
       第31期(平成28年3月31日現在)
                            貸借対照表計上額                時価           差額
                               (千円)             (千円)           (千円)
       (1)現金・預金                          12,951,736             12,951,736              -
       (2)金銭の信託                          13,094,914             13,094,914              -
       (3)未収委託者報酬                          4,460,404             4,460,404             -
       (4)未収運用受託報酬                          1,859,778             1,859,778             -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                        381,005             381,005            -
               資産計                  32,747,840             32,747,840              -
       (1)未払手数料                          1,744,274             1,744,274             -
               負債計                   1,744,274             1,744,274             -
       第32期(平成29年3月31日現在)

                            貸借対照表計上額                時価           差額
                               (千円)             (千円)           (千円)
       (1)現金・預金                          27,972,477             27,972,477              -
       (2)金銭の信託                          12,366,219             12,366,219              -
       (3)未収委託者報酬                          10,164,041             10,164,041              -
       (4)未収運用受託報酬                          7,250,239             7,250,239             -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                       3,225,878             3,225,878             -
               資産計                  60,978,855             60,978,855              -
       (1)未払手数料                           4,062,695             4,062,695             -
               負債計                   4,062,695             4,062,695             -
       (注1)金融商品の時価の算定方法

        資 産
        (1)現金・預金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
        (2)金銭の信託

         有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券に
         ついて、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より提
         示された価格によっております。
        (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
        (5)有価証券及び投資有価証券

         これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっております。
        負 債

        (1)未払手数料
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
                                  72/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ます。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                        (千円)
                                   第31期                第32期
                 区分
                               (平成28年3月31日現在)                (平成29年3月31日現在)
       ①非上場株式                                  77,696                337,468
       ②関係会社株式                                3,229,196                3,306,296
        ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
        把握することが極めて困難と認められるため、「(5)                            有価証券及び投資有価証券              その他有価証券」には
        含めておりません。
        ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価
        を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第31期(平成28年3月31日現在)
                            1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内          10年超
                            (千円)         (千円)          (千円)        (千円)
       (1)現金・預金                     12,951,736              -          -       -
       (2)金銭の信託                     13,094,914              -          -       -
       (3)未収委託者報酬                     4,460,404              -          -       -
       (4)未収運用受託報酬                     1,859,778              -          -       -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                                -          -          -       -
          その他有価証券(投資信託)
       第32期(平成29年3月31日現在)

                            1年以内        1年超5年以内          5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)          (千円)         (千円)
       (1)現金・預金                    27,972,477              -          -       -
       (2)金銭の信託                    12,366,219              -          -       -
       (3)未収委託者報酬                    10,164,041              -          -       -
       (4)未収運用受託報酬                     7,250,239              -          -       -
       (5)有価証券及び投資有価証券
                             297,560          320,736          888,110        12,660
          その他有価証券(投資信託)
     (有価証券関係)

     1.  子会社株式及び関連会社株式
       関係会社株式(第31期の貸借対照表計上額3,229,196千円、第32期の貸借対照表計上額3,306,296千円)
      は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.  その他有価証券

      第31期(平成28年3月31日現在)
                                                         (千円)
                     貸借対照表日における
            区分                          取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                      365,683               146,101              219,581
       ②投資信託                       15,322              13,000               2,322
                                  73/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       小計                       381,005              159,101              221,903
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
       ②投資信託                         -              -              -
       小計                         -              -              -
       合計                       381,005              159,101              221,903
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額77,696千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが
         極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      第32期(平成29年3月31日現在)

                                                         (千円)
                     貸借対照表日における
            区分                          取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
       ①株式                      609,710               146,101              463,608
       ②投資信託                     2,384,278              2,091,387               292,891
       小計                     2,993,988              2,237,489               756,499
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
       ①株式                         -              -              -
       ②投資信託                       231,889              241,951             △10,061
       小計                       231,889              241,951             △10,061
       合計                     3,225,878              2,479,440               746,438
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額337,468千円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
         が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.当該事業年度中に売却したその他有価証券

      第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)
                           売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
       株式                        5,927             3,377               -
      第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)

                           売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
       投資信託                       717,905                2          79,146
       (注)投資信託の「売却額」、「売却の合計額」及び「売却損の合計額」は、解約又は償還によるもので
         あります。
     4.減損処理を行った有価証券

       第32期において、有価証券について12,085千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処
      理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理
      を行っております。
     (退職給付関係)

                                  74/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度(積立型制度であります) 及び退職一時金制度
      (非積立型制度であります)を採用しております。また、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を採用し
      ております。
       なお、当社が有する確定給付企業年金制度の一部は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計
      算しております。
     2.確定給付制度(複数事業主制度を含む)

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                      第31期               第32期
                                  (自   平成27年4月       1日     (自   平成28年4月       1日
                                   至  平成28年3月31日)             至  平成29年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                   973,035              1,086,550
          勤務費用                                134,944               189,127
          利息費用                                  8,660              10,905
          数理計算上の差異の発生額                                 21,441               89,303
          退職給付の支払額                               △  51,531             △144,062
          過去勤務費用の発生額                                   -               -
          合併による増加                                   -           1,486,547
       退職給付債務の期末残高                                  1,086,550               2,718,372
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                        (千円)
                                      第31期               第32期
                                  (自   平成27年4月       1日     (自   平成28年4月       1日
                                   至  平成28年3月31日)             至  平成29年3月31日)
       年金資産の期首残高                                      -               -
          期待運用収益                                   -             16,033
          数理計算上の差異の発生額                                   -             1,894
          事業主からの拠出額                                   -             37,402
          退職給付の支払額                                   -           △28,876
          合併による増加                                   -           1,336,984
       年金資産の期末残高                                      -           1,363,437
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

      調整表
                                                        (千円)
                                     第31期               第32期
                                (平成28年3月31日現在)               (平成29年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                      -           1,275,346
       年金資産                                      -          △1,363,437
                                             -            △88,090
       非積立型制度の退職給付債務                                  1,086,550               1,443,026
       未積立退職給付債務                                  1,086,550               1,354,935
       未認識数理計算上の差異                                  △79,449              △430,203
       未認識過去勤務費用                                   △9,704               △4,852
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   997,396               919,879
       退職給付引当金                                   997,396              1,245,019

       前払年金費用                                      -           △325,140
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   997,396               919,879
                                  75/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                        (千円)
                                     第31期               第32期
                                 (自   平成27年4月       1日     (自   平成28年4月       1日
                                  至  平成28年3月31日)             至  平成29年3月31日)
       勤務費用                                   134,944               189,127
       利息費用                                    8,660              10,905
       期待運用収益                                      -            △16,033
       数理計算上の差異の費用処理額                                    31,542               78,229
       過去勤務費用の費用処理額                                    4,852               4,852
       その他                                    2,268               7,498
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   182,267               274,580
      (5)年金資産に関する事項

         ①年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                                        (千円)
                                     第31期               第32期
                                 (平成28年3月31日現在)               (平成29年3月31日現在)
         株式                                    -             31.5%
         債券                                    -             29.0%
         共同運用資産                                    -             24.1%
         生命保険一般勘定                                    -             10.5%
         現金及び預金                                    -             4.6%
         合計                                    -            100.0%
         ②長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
         構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                     第31期               第32期
                                (平成28年3月31日現在)               (平成29年3月31日現在)
       割引率                                   0.89%           0.02%~1.09%
       長期期待運用収益率                                     -             2.50%
       予想昇給率                              1.00%~8.73%                1.00%~8.73%
     3.簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                    第31期                第32期
                                (自   平成27年4月       1日      (自   平成28年4月       1日
                                 至  平成28年3月31日)              至  平成29年3月31日)
       退職給付引当金の期首残高                                     -                -
         退職給付費用                                   -             22,562
         退職給付の支払額                                   -                -
         制度への拠出額                                   -            △36,177
         合併による増加                                   -            △287,313
       退職給付引当金の期末残高                                     -            △300,927
                                  76/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の
      調整表
                                                        (千円)
                                     第31期               第32期
                                (平成28年3月31日現在)               (平成29年3月31日現在)
       積立型制度の退職給付債務                                      -            789,261
       年金資産                                      -          △1,150,443
                                             -           △361,181
       非積立型制度の退職給付債務                                      -             60,254
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                      -           △300,927
       退職給付引当金                                      -             60,254

       前払年金費用                                      -           △361,181
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                      -           △300,927
      (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用 前事業年度                       -千円 当事業年度22,562千円
     4.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度44,193千円、当事業年度61,817千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                第31期                   第32期
                            (平成28年3月31日現在)                   (平成29年3月31日現在)
       繰延税金資産                             (千円)                   (千円)
        未払事業税                          79,702                  124,081
        未払事業所税                          5,581                  11,054
        賞与引当金                         224,898                  441,996
        未払法定福利費                          28,395                  80,909
        資産除去債務                          13,244                  86,421
        減価償却超過額(一括償却資
       産)                          3,389                  10,666
         減価償却超過額                        136,503                  116,920
        繰延資産償却超過額(税法上)                         1,339                  32,949
        退職給付引当金                         305,591                  399,808
        役員退職慰労引当金                          47,318                     -
        時効後支払損引当金                           -                 66,282
        ゴルフ会員権評価損                          3,768                  14,295
         関係会社株式評価損                        166,740                  191,166
         未払給与                          -                 12,344
         本社移転費用引当金                          -                289,865
         その他有価証券評価差額金                         1,196                    -
                                  2,500                  17,552
         その他
       繰延税金資産小計
                               1,020,171                  1,896,316
                                   -                   -
         評価性引当額
                                  77/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               1,020,171                  1,896,316
       繰延税金資産合計
       繰延税金負債
         前払年金費用                           -              △210,151
                                   -              △114,171
         その他有価証券評価差額金
                                   -              △324,323
       繰延税金負債合計
                               1,020,171                  1,571,992
       繰延税金資産の純額
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下である
      ため、注記を省略しております。
     (企業結合等関係)

      当社(以下「AMOne」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社(以
     下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下
     「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の
     「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合いたしました。
     1.結合当事企業

       結合当事企業             DIAM           MHAM            TB         新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
       事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
     2.企業結合日

      平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合
     併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを
     吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
     4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
     5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「MHFG」という)及び第一生命ホールディングス
     株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのも
     と、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、MHFGと第一生命両社グループとの
     連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛
     躍を目指してまいります。
     6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                          DIAM                      MHAM
         会社名
                        (存続会社)                      (消滅会社)
       合併比率(*)                    1                     0.0154
      (*)普通株式と種類株式を合算して算定しております。
     7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所有する
                                  78/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     MHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交
     付しました。
     8.経済的持分比率(議決権比率)

       MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                      50.00%
       MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                      20.00%
       MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                      70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
     9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社であるMHFGが、結合後
     企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当し、DIAMが被
     取得企業となるものです。
     10.会計処理

      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計
     基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)
     に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
     11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         平成28年10月1日から平成29年3月31日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価         MHAMの普通株式           144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                               被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                               債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額        資産合計                    40,451,657千円
                    うち現金・預金                   11,605,537千円
                    うち金銭の信託                   11,792,364千円
          b.負債の額
                   負債合計                    9,256,209千円
                    うち未払手数料及び未払費用                   4,539,592千円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額には含
             まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種類別の
          加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額
                                      53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産
                                      53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産
                                           16.9年
     12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

       (1)貸借対照表項目
       流動資産                         -千円
                                  79/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       固定資産                    123,277,747千円
       資産合計                    123,277,747千円
       流動負債                         -千円
       固定負債                    14,647,470千円
       負債合計                    14,647,470千円
       純資産                    108,630,277千円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額74,319,216千円及び顧客関連資産の金額50,434,199千
          円が含まれております。
       (2)損益計算書項目

       営業収益                         -千円
       営業利益                    △4,483,082千円
       経常利益                    △4,483,082千円
       税引前当期純利益                    △4,483,082千円
       当期純利益                    △3,693,863千円
       1株当たり当期純利益                    △115,512円36銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額1,905,620千円及び顧客関連資産の償却額2,595,800千円が含まれ
          ております。
     (資産除去債務関係)

       当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有し
      ているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
       なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計
      上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負
      担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
     (セグメント情報等)

     1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)           及び  第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)
      (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごとの営業
       収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
        載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報
        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
       略しております。
     (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引
     (1)親会社及び法人主要株主等
     第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)
                資本金    事業の    議決権等        関係内容
                                  80/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     属  会社等の      住所   又は出    内容又     の所有                取引の内容      取引金額      科目   期末残高
                              役員の     事業上の
     性   名称        資金    は職業    (被所有)                       (千円)         (千円)
                              兼任等      関係
                         割合
     そ  第一生命     東京都     3,431    生命保    (被所有)     兼務2名,      資産運用      資産運用の       795,405    未収投     207,235

     の  保険株式     千代田     億円   険業    直接50%     出向3名,      の助言      助言の顧問           資助言
     他  会社     区                  転籍2名           料の受入           報酬
     の
     関
     係
     会
     社
     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)

     該当はありません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)資産運用の助言の顧問料は、一般的取引条件を定めた規定に基づく個別契約により決定しております。
     (注2)上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれております。
     (2)子会社及び関連会社等

     第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)
                     資本金又     事業の    議決権     関係内容
                                              取引金額      科目   期末残高
       会社等の名称         住所     は出資金     内容又    等の所           取引の内
     属
                                  役員   事業
                                              (千円)         (千円)
                          は職業    有(被所             容
     性
                                  の兼   上の
                              有)割合
                                  任等   関係
       DIAM        London      9,000千      資産の    (所有)    兼務   当社    当社預り      800,617    未払     308,974

                    GBP      運用     直接    2名  預り    資産の運          費用
               United
       International
                               100%      資産    用の顧問
               kingdom
       Ltd
                                     の運    料の支払
                                     用    増資の引      912,600    -        -
     子
                                         受
     会
     社
       DIAM   U.S.A.,     New  York   4,000千      資産の    (所有)    兼務   当社    当社預り      473,948    未払     157,130
                    USD      運用     直接    2名  預り    資産の運          費用
       Inc.        U.S.A.
                               100%      資産    用の顧問
                                     の運    料の支払
                                     用
     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)

     該当はありません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)当社預り資産の運用の顧問料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)上記の取引金額及び期末残高には免税取引のため、消費税等は含まれておりません。
     (注3)増資の引受は、子会社が行った増資を引き受けたものであります。
     (3)兄弟会社等

     第31期(自平成27年4月1日              至平成28年3月31日)
               資本金    事業    議決    関係内容
                                      取引金額      科目        期末残高
       会社等     住所   又は出    の内    権等           取引の
                                  81/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       の名称        資金   容又    の所           内容    (千円)             (千円)
     属
                          役員   事業上
                   は職   有(被
     性
                          の兼   の関係
                   業   所有)
                          任等
                      割合
       株式会     東京    14,040    銀行    -   兼務   当社設    投資信     3,023,040     未払             372,837

       社     都    億円   業       1名   定投資    託の販          手数
       みずほ     千代                 信託の    売代行          料
       銀行     田区                 販売    手数料
     そ

       みずほ     東京    2億円    金融    -   兼務   当社預    当社預      557,013    未払             292,861
     の
       第一     都       技術       1名   り資産    り資産          費用
     他
       フィナ     千代       研究          の助言    の助言
     の
       ンシャ     田区       等              の顧問
     関
       ルテク                      金融技    料の支       8,540   未払              7,581
     係
       ノロ                      術の開    払          金
     会
       ジー株                      発業務    業務委
     社
       式会社                      委託    託料の
     の
                                 支払
     子
       資産管     東京    500   資産    -   -  当社信    信託元      700,000    金銭           13,094,914
     会
       理サー     都    億円   管理          託財産    本の払          の信
     社
       ビス信     中央       等          の運用    戻(純          託
       託銀行     区                      額)       8,336
       株式会                          信託報
       社                          酬の支
                                 払
     第32期(自平成28年4月1日              至平成29年3月31日)

                 資本金    事業の    議決権      関係内容
       会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内      取引金額      科目     期末残高
     属
        名称        出資金    は職業    有(被              容    (千円)           (千円)
                             役員の    事業上
     性
                         所有)
                             兼任等    の関係
                         割合
            東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設     投資信託      4,530,351      未払      767,732

       株式会社
            千代田     億円                定投資     の販売代            手数料
       みずほ銀
            区                    信託の     行手数料
       行
                                 販売
       資産管理      東京都     500   資産管     -    -   当社信     信託元本       100,000     金銭の     12,366,219

       サービス      中央区     億円    理等            託財産     の払戻            信託
     親
       信託銀行                          の運用     (純額)
     会
       株式会社                              信託報酬        7,080
     社
                                     の支払
     の
     子
       みずほ証      東京都    1,251    証券業     -    -   当社設     投資信託      5,061,766      未払     1,166,212
     会
       券株式会      千代田     億円                定投資     の販売代            手数料
     社
       社      区                    信託の     行手数料
                                 販売
                                  82/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       みずほ信      東京都    2,473    信託銀     -    -   投資一     運用受託      2,520,431      未収運     2,722,066
       託銀行株      中央区     億円    行業            任契約     報酬の受            用受託
       式会社                          の締結     取            報酬
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)    投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)    当社預り資産の助言の顧問料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注3)    業務委託料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注4)    信託報酬は、一般的取引条件を勘案した料率が適用されております。
     (注5)    運用受託報酬は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注6)    上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
       (東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務諸表

        当事業年度において、重要な関連会社は株式会社みずほ証券リサーチ&コンサルティングであり、その
       要約財務諸表は以下のとおりであります。
                                          (単位:千円)
                     株式会社みずほ証券リサーチ&コンサルティング
                               前事業年度          当事業年度
                   流動資産合計                  -      7,449,532
                   固定資産合計                  -       124,292
                   流動負債合計                  -      1,665,547

                   固定負債合計                  -       114,110
                   純資産合計                  -      5,794,167

                   営業収益                  -      1,093,658

                   税引前当期純利益                  -      5,546,153
                   当期純利益                  -      3,891,816
     (1株当たり情報)

                              第31期                  第32期
                         (自   平成27年4月       1日         (自   平成28年4月       1日
                          至  平成28年3月31日)                 至  平成29年3月31日)
      1株当たり純資産額                          1,357,615円66銭                  1,349,261     円 64 銭
      1株当たり当期純利益金額                           213,606円51銭                  201,491    円 22 銭

     (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりま
        せん。
     (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             第31期                   第32期
                        (自   平成27年4月       1日         (自   平成28年4月       1日
                         至  平成28年3月31日)                 至  平成29年3月31日)
      当期純利益金額                           5,126,556千円                   6,443,302千円
                                  83/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      普通株主及び普通株主と同
                                       -                   -
      等の株主に帰属しない金額
      普通株式及び普通株式と同

      等の株式に係る当期純利益                           5,126,556千円                   6,443,302千円
      金額
      普通株式及び普通株式と同

                                                    31,978株
      等の株式の期中平均株式数                           24,000株
                                                   (24,244株)

      (うち普通株式)                          (24,000株)
      (うちA種種類株式)                             (-)                 (7,734株)

     (注1)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を有して
        いるため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
     (重要な後発事象)

      当社は、株式会社みずほ証券リサーチ&コンサルティング(以下、同社といいます。)の株式のうち当社が保
     有している全株式について、同社が実施する自己株式取得に伴い、平成29年4月1日付で同社へ譲渡いたしま
     した。
      これにより、関係会社株式売却益として1,492百万円の特別利益を計上する予定であります。
     (参考)DIAMアセットマネジメント株式会社の経理状況

     1.委託会社であるDIAMアセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の中間財務諸表

      は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)、ならびに同
      規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令
      第52号)により作成しております。
     2.中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

     3.委託会社は、第32期中間会計期間(自平成28年4月1日至平成28年9月30日)の中間財務諸表について、新日

      本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
                       独立監査人の中間監査報告書

                                                 平成28年12月13日
     アセットマネジメントOne株式会社
      取 締 役 会           御 中
                            新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         湯原  尚 印
                            業務執行社        員
                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         山野  浩 印
                            業務執行社        員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、                                                「委託会社等

     の経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社(旧社名:DIAMアセットマネジメ
     ント株式会社)の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第32期事業年度の中間会計期間
     (平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中
     間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
                                  84/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財
     務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含ま
     れる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意
     見を表明することにある。              当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
     して中間監査を行った。中間監査の基準                     は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るため
     に、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監
     査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤
     謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必
     要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明す
     るためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立
     案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務
     諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
     準に準拠して、アセットマネジメントOne株式会社                          (旧社名:DIAMアセットマネジメント株式会社)                             の
     平成28年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成28年4月1日から平成
     28年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、アセットマネジメントOne株式会社                                        (旧社名:DIAMアセット
     マネジメント株式会社)は、平成                  28年7月13日付の「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日に
     みずほ投信投資顧問株式会社、みずほ信託銀行株式会社及び新光投信株式会社と統合した。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上
     (注1)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

      管しております。
     (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
     (1)中間貸借対照表

                                                    (単位:千円)
                                          第32期中間会計期間末
                                         (平成28年9月30日現在)
                 (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                               11,605,537
       金銭の信託                                               11,792,364
       前払費用                                                122,161
       未収委託者報酬                                               4,755,701
       未収運用受託報酬                                               2,465,934
       未収投資助言報酬                                                261,221
       未収収益                                                181,959
                                  85/154

                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       繰延税金資産                                                329,236
       その他                                                122,804
                             流動資産計                        31,636,922
      固定資産

       有形固定資産                                               1,541,889
        建物                                  ※1              6,517
        器具備品                                  ※1             152,176
        建設仮勘定                                              1,383,196
       無形固定資産                                               1,613,174
        ソフトウエア                                              1,421,245
        ソフトウエア仮勘定                                               184,656
        電話加入権                                                7,148
        電信電話専用施設利用権                                                 124
       投資その他の資産                                               6,281,765
        投資有価証券                                               441,519
        関係会社株式                                              3,229,196
        繰延税金資産                                               713,716
        差入保証金                                              1,808,323
        その他                                                89,010
                             固定資産計                         9,436,830
                  資産合計                                    41,073,753
                                                    (単位:千円)

                                          第32期中間会計期間末
                                         (平成28年9月30日現在)
                 (負債の部)
      流動負債
       預り金                                               1,080,224
       未払金                                               2,651,649
        未払償還金                                                49,873
        未払手数料                                              1,865,871
        その他未払金                                               735,905
       未払費用                                               2,673,720
       未払法人税等                                                907,554
       未払消費税等                                                 69,484
       賞与引当金                                                724,711
       訴訟損失引当金                                                 30,000
       その他                                                 21,000
                             流動負債計                         8,158,344
      固定負債
                                  86/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       退職給付引当金                                               1,027,049
                             固定負債計                         1,027,049
                  負債合計                                    9,185,394
                (純資産の部)
      株主資本
       資本金                                               2,000,000
       資本剰余金                                               2,428,478
        資本準備金                                              2,428,478
       利益剰余金                                               27,317,845
        利益準備金                                               123,293
        その他利益剰余金
         別途積立金                                             24,580,000
         研究開発積立金                                              300,000
         運用責任準備積立金                                              200,000
         繰越利益剰余金                                             2,114,551
                             株主資本計                        31,746,323
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                                142,035
                         評価・換算差額等計                              142,035
                 純資産合計                                    31,888,358
                負債・純資産合計                                      41,073,753
     (2)中間損益計算書

                                                    (単位:千円)
                                        第32期中間会計期間
                                  (自平成28年4月1日至平成28年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                14,454,974
       運用受託報酬                                 3,732,759
       投資助言報酬                                  456,986
       その他営業収益                                  323,793
                        営業収益計                              18,968,513
      営業費用
       支払手数料                                 6,111,449
       広告宣伝費                                  108,789
       公告費                                    428
       調査費                                 3,764,163
        調査費                                2,639,714
        委託調査費                                1,124,449
       委託計算費                                  216,712
       営業雑経費                                  278,529
        通信費                                 17,844
        印刷費                                 212,004
        協会費                                 11,277
        諸会費                                   18
        支払販売手数料                                 37,384
                        営業費用計                              10,480,072
      一般管理費
       給料                                 2,330,263
                                  87/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        役員報酬                                 124,419
        給料・手当                                2,205,843
       交際費                                  16,973
       寄付金                                  13,268
       旅費交通費                                  100,973
       租税公課                                  148,041
       不動産賃借料                                 1,329,821
       退職給付費用                                  121,590
       固定資産減価償却費                              ※1    353,322
       福利厚生費                                  11,020
       修繕費                                  10,082
       賞与引当金繰入額                                  724,711
       役員退職慰労金                                  63,072
       機器リース料                                    146
       事務委託費                                  182,857
       事務用消耗品費                                  37,442
       器具備品費                                  236,524
       諸経費                                  58,359
                       一般管理費計                               5,738,473
      営業利益                                                2,749,968
                                                    (単位:千円)

                                        第32期中間会計期間
                                  (自平成28年4月1日至平成28年9月30日)
      営業外収益
       受取配当金                                   7,882
       受取利息                                    341
       為替差益                                  32,301
       雑収入                                   4,836
                       営業外収益計                                 45,361
      営業外費用
       金銭の信託運用損                                  59,768
                       営業外費用計                                 59,768
      経常利益                                                2,735,561
      特別損失
       固定資産除却損                                   2,820
       固定資産売却損                                   1,780
       訴訟損失引当金繰入額                                  30,000
                        特別損失計                                34,601
      税引前中間純利益                                                2,700,960
      法人税、住民税及び事業税                                                 856,976
      法人税等調整額                                                 △17,520
      法人税等合計                                                 839,455
      中間純利益                                                1,861,504
     (3)中間株主資本等変動計算書

      第32期中間会計期間(自平成28年4月1日至平成28年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                  88/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                   株主資本
                   資本剰余金                  利益剰余金
                                   その他利益剰余金
                                                       株主資本
              資本金
                          利益                        利益剰余金
                                        運用責
                                                        合計
                   資本準備金
                                   研究開発         繰越利益
                         準備金                         合計
                             別途積立金           任準備
                                   積立金         剰余金
                                        積立金
     当期首残高         2,000,000      2,428,478     123,293    22,030,000      300,000    200,000     5,347,047     28,000,340      32,428,818
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                     △2,544,000      △2,544,000      △2,544,000
      別途積立金の積
                              2,550,000              △2,550,000        -        -
      立
      中間純利益                                      1,861,504       1,861,504       1,861,504
      株主資本以外の
      項目の当中間期
      変動額
      (純額)
     当中間期変動額合
                 -      -    -   2,550,000        -    -  △3,232,495      △682,495      △682,495
     計
     当中間期末残高         2,000,000      2,428,478     123,293    24,580,000      300,000    200,000     2,114,551     27,317,845      31,746,323
             評価・換算差額等

                     純資産
             その他有価証券        合計
              評価差額金
     当期首残高           153,956    32,582,775
     当中間期変動額
      剰余金の配当              △2,544,000
      別途積立金の積
                        -
      立
      中間純利益               1,861,504
      株主資本以外の
      項目の当中間期
                △11,921     △11,921
      変動額
      (純額)
     当中間期変動額合
                △11,921     △694,416
     計
     当中間期末残高           142,035    31,888,358
     重要な会計方針

             項目                        第32期中間会計期間
                               (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
                                  89/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.有価証券の評価基準及び評価                  (1)子会社株式及び関連会社株式
       方法                         :移動平均法による原価法
                       (2)その他有価証券
                        時価のあるもの:中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は
                        全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
                        時価のないもの:移動平均法による原価法
                       時価法

     2.  金銭の信託の評価基準及び
        評価方法
                       時価法

     3.デリバティブ取引の評価基準
        及び評価方法
     4.固定資産の減価償却の方法                  (1)有形固定資産:定率法

                        ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定
                        額法を採用しております。
                        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                         建物        …   6~18年
                         車両運搬具        …      6年
                         器具備品        …   3~20年
                       (2)無形固定資産:定額法
                        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期
                        間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     5.引当金の計上基準                  (1)貸倒引当金:一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等

                        特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額
                        を計上しております。
                       (2)賞与引当金:従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来
                        支給見込額を計上しております。
                       (3)退職給付引当金:従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末にお
                        ける退職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期間末において発生
                        していると認められる額を計上しております。また、退職給付債務の
                        算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属
                        させる方法については、給付算定式基準によっております。数理計算
                        上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法は以下のとおりでありま
                        す。
                          数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期
                          間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額を、それぞ
                          れ発生の翌会計期間から費用処理
                          過去勤務費用:発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
                          数(5年)による定額法により按分した額を費用処理
                       (4)訴訟損失引当金:訴訟に対する損失に備えるため、将来発生する可能
                        性のある金額を見積り、必要と認められる額を計上しております。
     6.外貨建の資産及び負債の本邦                   外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算

        通貨への換算基準                し、換算差額は損益として処理しております。
     7.その他中間財務諸表作成のた                   消費税等の会計処理:消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式に

        めの基本となる重要な事項                よっております。
     会計方針の変更

                            第32期中間会計期間

                      (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
                                  90/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務
     対応報告第32号 平成28年6月17日)を当中間会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
     設備に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      なお、当中間会計期間において、中間財務諸表への影響額はありません。
     追加情報

                            第32期中間会計期間

                      (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
     1.「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を

       当中間会計期間から適用しております。
     2.当社は、平成28年9月7日開催の臨時株主総会において、退任となる取締役及び監査役に対して、在任中
       の労に報いるため、当社所定の基準による相当額の範囲内で役員退職慰労金を支給することを決議しまし
       た。
       これに伴い、当中間会計期間末日までに217,608千円を支給し、役員退職慰労引当金全額を取り崩してお
       ります。
     注記事項

     (中間貸借対照表関係)
                項目                        第32期中間会計期間末

                                       (平成28年9月30日現在)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額                         建物           …    790,504千円

                               器具備品           …    596,199千円
     (中間損益計算書関係)

                項目                        第32期中間会計期間

                                  (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
      ※1.減価償却実施額                         有形固定資産           …    57,752千円

                               無形固定資産           …    295,570千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)


      第32期中間会計期間(自平成28年4月1日                     至平成28年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                            当中間会計期間            当中間会計期間           当中間会計期間末
      発行済株式の種類           当事業年度期首
                            増加株式数(株)            減少株式数(株)             株式数(株)
                  株式数(株)
                                    -            -         24,000
        普通株式              24,000
                                    -            -         24,000
         合計             24,000
                                  91/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.配当に関する事項

       配当金支払額
                        配当金の        1株当たり           基準日          効力発生日
         決議        株式の
                         総額        配当額
                  種類
                        (千円)         (円)
      平成28年6月29日
                 普通株式        2,544,000          106,000      平成28年3月31日           平成28年6月30日
       定時株主総会
     (金融商品関係)

      第32期中間会計期間末(平成28年9月30日現在)
      金融商品の時価等に関する事項
      平成28年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
      す。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                     中間貸借対照表計上額                   時価             差額
                        (千円)               (千円)             (千円)
      (1)現金・預金                      11,605,537              11,605,537                 -
      (2)金銭の信託                      11,792,364              11,792,364                 -
      (3)投資有価証券
         その他有価証券                     363,823              363,823               -
          資産計                  23,761,725              23,761,725                 -
      (1)未払法人税等                        907,554              907,554               -
          負債計                   907,554              907,554               -
     (注1)金融商品の時価の算定方法

     資 産
     (1)現金・預金
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     (2)金銭の信託

      有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券につい
      て、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関より提示された
      価格によっております。
     (3)投資有価証券

      これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっております。
     負 債

     (1)未払法人税等
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
                                  92/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                          中間貸借対照表計上額
                  区分
                                             (千円)
      ①非上場株式                                                   77,696
      ②関係会社株式                                                  3,229,196
      ③差入保証金                                                  1,808,323
      ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握
       することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券                                その他有価証券」には含めておりません。
      ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把
       握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
      ③差入保証金は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等であり、市場価格がなく、時価
       を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
     (有価証券関係)


                            第32期中間会計期間末

                           (平成28年9月30日現在)
      1.満期保有目的の債券

        該当事項はありません。
      2.  子会社株式及び関連会社株式
        関係会社株式(中間貸借対照表計上額3,229,196千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
        めて困難と認められることから、記載しておりません。
      3.  その他有価証券
                        中間貸借対照表               取得原価             差額
             区 分
                        計上額(千円)               (千円)            (千円)
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えるもの
        ①株式                       349,644
                                          146,101            203,542
        ②債券                         -
                                             -            -
        ③その他(投資信託)                       14,179
                                           13,000             1,179
        小計                       363,823
                                          159,101            204,721
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えないもの
        ①株式                         -
                                             -            -
        ②債券                         -
                                             -            -
        ③その他(投資信託)                         -
                                             -            -
        小計                         -
                                             -            -
        合計                       363,823
                                           159,101            204,721
       (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額77,696千円)については、市場価格がなく、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  93/154



                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金銭の信託関係)
                            第32期中間会計期間末

                           (平成28年9月30日現在)
      1.満期保有目的の金銭の信託

        該当事項はありません。
      2.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)
        該当事項はありません。
     (資産除去債務関係)

      当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有して
      いるため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
      なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債計上
      に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担
      に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
      (セグメント情報等)

      第32期中間会計期間(自平成28年4月1日                     至平成28年9月30日)
      1.セグメント情報
       当社は、投資信託及び投資顧問を主とした資産運用業の単一事業であるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

      (1)サービスごとの情報
                     投資信託           投資顧問            その他            合計
                     (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
         営業収益            14,454,974           4,189,745            323,793         18,968,513
      (注)一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
      (2)地域ごとの情報

       ①営業収益
        当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超える
        ため、記載を省略しております。
       ②有形固定資産

        当社は、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

                                             営業収益
              顧客の名称又は氏名
                                             (千円)
               第一生命グループ                                         1,928,739
      (注)第一生命グループには、第一生命保険株式会社及び第一フロンティア生命保険株式会社が含まれてお
      ります。
                                  94/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1株当たり情報)

                            第32期中間会計期間

                      (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
       1株当たり純資産額                   1,328,681円  62銭

       1株当たり中間純利益金額                     77,562円  67銭
       なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
       せん。
     (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                         第32期中間会計期間
                                   (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
      中間純利益                                     1,861,504千円

      普通株主に帰属しない金額                                        -

      普通株式に係る中間純利益                                     1,861,504千円

      期中平均株式数                                      24,000株

     (重要な後発事象)

                            第32期中間会計期間

                      (自平成28年4月1日           至平成28年9月30日)
                                  95/154











                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当社(以下「DIAM」という)は、平成28年7月13日付で締結した、DIAM、みずほ投信投資顧問株式会社(以下
     「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式会社(以下「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投
     信」という)(以下総称して「統合4社」という)間の「統合契約書」に基づき、平成28年10月1日付で統合
     いたしました。
     1.結合当事企業

        結合当事企業             DIAM           MHAM            TB          新光投信
                 投資運用業務、投資           投資運用業務、投資           信託業務、銀行業           投資運用業務、投資

        事業の内容
                 助言・代理業務           助言・代理業務           務、投資運用業務           助言・代理業務
     2.企業結合日

     平成28年10月1日
     3.企業結合の方法

     ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、吸収合併
     後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分割、③DIAMを吸
     収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施。
     4.結合後企業の名称

     アセットマネジメントOne株式会社
     5.交付した株式数

     「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、DIAMは、MHAMの親会社である株式会社みずほフィナンシャ
     ルグループ(以下「みずほフィナンシャルグループ」という)に対して、その所有するMHAMの普通株式103万
     8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式15,510株を交付しました。
     6.企業結合の主な目的

     当社は、みずほフィナンシャルグループ及び第一生命保険株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用
     ビジネス強化・発展に対する強力なコミットメントのもと、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用
     に係わる英知を結集し、みずほフィナンシャルグループと第一生命両社グループとの連携も最大限活用し
     て、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバルな運用会社としての飛躍を目指してまいり
     ます。
     7.取得企業を決定するに至った主な根拠

     「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社であるみずほフィナン
     シャルグループが、結合後企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取
     得企業に該当し、DIAMが被取得企業となるものです。
     8.実施予定の会計処理

     「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計基
     準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)に
     基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下の取引として処理
     し、③の吸収合併については逆取得として処理することをそれぞれ予定しております。
     (参考)みずほ投信投資顧問株式会社の経理状況

     ※当該(参考)において、みずほ投信投資顧問株式会社を「当社」という。
     1 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)並

                                  96/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     びに同規則第2条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて
     作成しております。
      当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第
     38号)並びに同規則第38条及び第57条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
     第52号)に基づいて作成しております。
     2 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第53期事業年度(自 平成27年4月1日 

     至 平成28年3月31日)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
      また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第54期中間会計期間(自 平成28年4月1日 
     至 平成28年9月30日)の中間財務諸表について、新日本有限責任監査法人により中間監査を受けておりま
     す。
                        独立監査人の監査報告                 書

                                                 平成28年6月10日

     みずほ投信投資顧問株式会社

      取 締 役 会  御 中

                       新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員
                                        公認会計士         江見 睦生         印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員
                                        公認会計士         亀井 純子 印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、                                                     「委託

     会社等の経理状況」に掲げられているみずほ投信投資顧問株式会社の平成27年4月1日                                                  から平成2
     8年3月31日までの第53期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本
     等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用する                                                 ことが含まれ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に                                                    対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準
     に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
     ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施                                             することを求めてい
     る。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施                                                     され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示                                                    のリスク
     の評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に                                                ついて意見表明
     するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に                                             応じた適切な監査手
     続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を                                           検討する。また、監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって                                        行われた見積りの評価も含め
     全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の                                                     基準に
     準拠して、みずほ投信投資顧問株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び                                                 同日をもって
     終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項
      追加情報に記載されているとおり、会社は平成27年9月30日付の「統合基本合意書」に基づ
                                  97/154


                                                           EDINET提出書類
                                               アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     き、平成28年3月3日付で新会社に係わる一部主要事項を内定している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                       独立監査人の中間監査報告書

                                                 平成28年12月13日
     アセットマネジメントOne株式会社
      取 締 役 会           御 中
                            新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         湯原  尚 印
                            業務執行社        員
                            指定有限責任社         員
                                        公認会計士         山野  浩 印
                            業務執行社        員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、                                                「委託会社等

     の経理状況」に掲げられているみずほ投信投資顧問株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月3
     1日までの第54期事業年度の中間会計期間                        (平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る
     中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及
     びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財
     務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含ま
     れる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意
     見を表明することにある。              当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
     して中間監査を行った。中間監査の基準                     は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るため
     に、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監
     査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤
     謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必
     要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明す
     るためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立
     案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務
     諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
     準に準拠して、     &