ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.) 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                     有価証券報告書
     【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     平成29年8月14日
     【事業年度】                     自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日
     【会社名】                     ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ
                          (Nomura     Europe    Finance     N.V.)
     【代表者の役職氏名】                     社長兼業務執行取締役

                          (President       & Managing     Director)
                          山 﨑 裕 二
                          (Yuji    Yamasaki)
     【本店の所在の場所】                     オランダ王国 アムステルダム市1096HA
                          アムステルプライン1 レンブラント・タワー19階
                          (Rembrandt       Tower    19th   floor,    Amstelplein       1,  1096HA
                          Amsterdam,       The  Netherlands)
     【代理人の氏名又は名称】                     弁護士  柴 田 弘 典

     【代理人の住所又は所在地】                     東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     03-6888-1000

     【事務連絡者氏名】                     弁護士  安 藤 紘 人
                          弁護士  下 山 秀 賀
     【連絡場所】                     東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                     03-6888-1189

                          03-6894-4063
     【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注1) 本書中の「提出会社」、「当社」または「NEF」は、法人所在地をアムステルダムとするノムラ・ヨーロッパ・ファ

          イナンス・エヌ・ブイを指し、「保証会社」または「野村ホールディングス」は野村ホールディングス株式会社を
          指し、「野村グループ」は野村ホールディングスおよびその連結子会社を指す。
      (注2) 本書中に別段の表示がある場合を除き、
         ・「インドネシア・ルピア」は、全てインドネシア共和国の法定通貨を指し、
         ・「インド・ルピー」は、全てインド共和国の法定通貨を指し、
         ・「トルコ・リラ」は、全てトルコ共和国の法定通貨を指し、
         ・「メキシコ・ペソ」は、全てメキシコ合衆国の法定通貨を指し、
         ・「南アフリカランド」は、全て南アフリカ共和国の法定通貨を指し、
         ・「ブラジル・レアル」は、全てブラジル連邦共和国の法定通貨を指し、
         ・「ロシア・ルーブル」は、全てロシア連邦の法定通貨を指し、
         ・「ニュージーランド・ドル」は、全てニュージーランドの法定通貨を指し、
         ・「ユーロ」は、全て欧州経済通貨同盟に参加している欧州連合の加盟国の統一通貨を指し、
         ・「豪ドル」は、全てオーストラリア連邦の法定通貨を指し、
         ・「米ドル」は、全てアメリカ合衆国の法定通貨を指し、
         ・「円」は、全て日本国の法定通貨を指す。
      (注3) 本書の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
                                   1/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     第1【本国における法制等の概要】

     1【会社制度等の概要】

     (1)【提出会社の属する国・州等における会社制度】
      オランダにおける会社設立の方法

       オランダ法は、有限責任株式公開会社(                      naamloze     vennootschap       またはN.V.)および有限責任株式非公開会社
      ( besloten     vennootschap       met  beperkte     aansprakelijkheid          またはB.V.)を規定している。本項では、N.V.に関
      してのみ説明し、「会社」とは、N.V.のみを指す。
       オランダ法の下に設立された会社はその法人所在地をオランダ国内に置く必要がある。オランダ法において
      は、会社の国籍決定につき設立地主義を採用しており、会社がその主たる事業をオランダ国外で行うことによっ
      てその国籍を失うことはない。
       会社は定款(        statuten     )を含む設立の公正証書(              akte   van  oprichting      )を作成することにより設立される。
       設立によって会社は法人となる。
       会社は、オランダ民法典第2編に含まれるオランダ会社法および定款の規定に従って統治される。定款は法律
      の強行規定に反してはならない。しかし、全ての場合にオランダ会社法は強行法規性を備えていない。
       現在、オランダ民法典第2編では、会社の定款中において少なくとも以下の項目を記載していなければならな
      いとされる。
      ( ⅰ)  名称
      ( ⅱ)  所在地
      (ⅲ)   目的
      (ⅳ)   授権株式資本ならびに株式の数および額面金額
      (ⅴ)   執行取締役がその義務の履行を怠るかまたは妨げられた場合の規定
       会社の公式な(法人)所在地はオランダ国内でなくてはならない。会社は、公式所在地以外の場所に、業務上
      の住所および/または本社を置くことができる。法に従って、全ての会社は商業登記簿に所定の法定事項を届け
      出る必要がある。公式所在地および商業登記簿ナンバーは、会社の特定の書類(電報および広告を除く。)に記
      載されなければならない。
       会社の目的は会社の主たる事業の簡潔な記述で足りる。目的の項は定款の変更によって変更することができ
      る。会社が当該目的の実現に資する行為を行わない場合には、会社または破産管財人は、取引を無効とする越権
      行為の原則(       ultra   vires   doctrine     )を主張することができる。
       オランダ会社法は、各会社が期限の定めなく存続することを規定している。
                                   2/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      執行取締役会および監督取締役会
       会社は、原則として、後述のいわゆる「大会社制(Large                               Company     Regime)」が適用されない限り、執行取締
      役会(    bestuur    )による経営構造になっている。「大会社制」の場合、監督取締役会(                                             raad   van
      commissarissen        )または後述の一層制取締役会(one-tier                      board)という追加的機関を置くことが、法により義
      務付けられている。その他の場合においては、会社は監督取締役会という追加的機関の設置を選択することがで
      きる。監督取締役会の代わりに、会社は、業務執行取締役および非業務執行取締役がともに選任される一層制取
      締役会の設置を選択することができる。後述のいわゆる「大会社制」が適用される場合を除き、株主総会は定款
      中において株主総会以外では執行取締役会のみを設置する旨を定めることができる。
       監督取締役会は自然人のみで構成されるが、執行取締役会は自然人、法人のいずれも構成員となることができ
      る。同様に、一層制取締役会の非業務執行取締役は自然人のみが就くことができる一方で、業務執行取締役は、
      自然人、法人のいずれもが就くことができる。監督取締役会は、定款または法律によりその他の権限が付与され
      ている場合を除き、監督・助言機能を有する。しかし、執行機能を有することはできない。一層制取締役会の業
      務執行取締役および非業務執行取締役の職務は、定款の規定によりまたは定款に基づき割り当てられる。ただ
      し、取締役が業務執行取締役または非業務執行取締役のいずれに選任されるかについては、株主総会がこれを決
      定し、さらに、取締役による任務の遂行を監督するという非業務執行取締役の職務については、非業務執行取締
      役から奪うことはできない。
       会社が人員数および資本規模において特定の要件を3年間連続で満たしている場合、当該会社は、法に従い、
      法定規則を遵守し、とりわけ、執行取締役会に加え、監督取締役会または業務執行取締役および非業務執行取締
      役の両取締役から成る一層制取締役会を設置しなければならない(「大会社制」)。この場合、執行取締役会の
      構成員は、一般的に監督取締役会により選任および解任され、一層制取締役会の場合、非業務執行取締役により
      選任または解任される。
       執行取締役または監督取締役と会社との間に利益相反が生じた場合、当該執行取締役または監督取締役は、関
      連のある議題に関する協議および意思決定プロセスに参加することができない。
      株式資本

       オランダ会社法では、「授権資本」、「発行済資本」および「払込済資本」を区別している。株式資本と負債
      の比率については、オランダ会社法上の規定はない。定款は授権資本の規定を有していなくてはならず、授権資
      本は、定款の変更がない限りそれを超えて株式を発行できない限度を定めている。授権資本の限度内であれば、
      会社の発行済資本はオランダ民法典第2編および定款所定の手続によって下記のとおり増加させることができ
      る。授権資本は、定款に基づき発行される株式の最大額面金額である。授権資本は、実際の発行済資本の5倍を
      超えてはならない。株式は、定款に規定される額面金額でなければならない。定款は、額面金額の異なる様々な
      株式の種類を定めることができる。
       発行済および払込済資本の最低金額は45,000ユーロ以上でなければならない。一般に、発行済株式は全額払込
      済であり、かかる場合発行済資本および払込済資本は同一であるが、定款に定めのある場合には、少なくとも発
      行済株式の額面金額の25%を払い込む一部払込済株式が認められる。ただし、かかる払込金額は、45,000ユーロ
      以上であることを条件とする。
       法規定に基づき、株式の各発行に関して定められた条件として、払込の繰延およびオランダ通貨以外の対価を
      定めることができる。株式が公募される場合、これらの条件は目論見書に記載される。一般に、全額払込済では
      ない株式を譲渡する株主は、残額の支払について会社に対し引続き責任を負う。さらに、オランダ会社法は、全
      額払込済ではない株式の譲渡に関し、一定の追加的手続を課している。
       会社の定款において、会社の株式資本は、ユーロでのみ表示することができる。株式に係る支払は、現金また
      は現物で行うことができる。
                                   3/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       非上場N.V.の資本の記名式株式の譲渡は、オランダ民法典第2編第86条の規定に従い、公正証書の作成により
      効力を生じるものとされている。株式を譲渡された会社が譲渡の当事者でない場合、書面による承認書がかかる
      会 社へ供されなければならない。
      資本増加

       執行取締役会のような会社における別の機関が株主総会の決議または会社の定款により、授権された機関
      ( orgaan   )に指定されない限り、株主総会は、株式発行を決議する権限ならびにかかる株式の発行価額およびそ
      の他の発行条件を決定する権限を有する。上記の指定は5年以内の特定の期間においてのみ有効であり、5年以
      内の期間で随時延長することができる。
       授権資本は、定款の変更により増加させることができる。株式は額面金額を下回って発行してはならないが、
      額面金額を上回っての発行は可能である。発行済資本は授権資本を超えることはできない。原則として、既存の
      株主は、新規発行株式に関して先買権がある。これらの先買権は、株主総会(または指定された機関)により制
      限または除外することができる。
      資本減少

       オランダ会社法および定款の規定に従い、株主総会は、(ⅰ)株式の消却、または(ⅱ)定款の変更を通じて株式
      の額面金額を減額することにより、発行済株式資本の減少を決議することができる。
      株式の買戻

       会社は、全額払込済株式のみ自己資金で取得することができる。会社が対価の支払を要しない場合、または全
      ての(   onder   algemene     titel   )株式が取得される場合、無制限に行うことができる。取得価格の支払による株式
      の取得は、会社の定款において排除または制限することができる。会社の資本および剰余金ならびに買い戻され
      る会社の発行済株式の割合(非上場N.V.:1株を除く全株式、上場N.V.:最大50%)に関する特定の条件を満た
      さなければならない。株主総会は、取得価格の支払により株式が取得される場合、執行取締役会に授権を行わな
      ければならない。株主総会による授権は、上場N.V.の場合、最長18ヶ月にわたって付与することができ、非上場
      N.V.の場合、最長5年間にわたって付与することができる。かかる授権は、オランダ会社法に規定される一定の
      詳述が含まれなければならない。
       買い戻された株式は引続き発行済であるが、将来譲渡が要求された場合のため、会社により自己保有株式とみ
      なされる。
                                   4/206








                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      分配
       定款に別段の定めのない限り、利益は株主に分配されるものとする。定款には、利益の処分権限を株主総会の
      権限とする旨を規定することができる。この場合、株主総会は、利益を剰余金に組み入れ、分配される配当金額
      を決定する権限を有する。あるいは、利益の剰余金への割当を行う権限を、執行取締役会または監督取締役会等
      の他の機関に付与する旨を定款に規定することができる。
       配当は利益からのみ分配される(当該利益が当該年度のものであるか前年度のものであるかを問わない。)。
      配当は、株主に対しその所有株式の額面金額に応じて支払われる。また、会社は、上記記載の要件ならびにオラ
      ンダ民法典および会社の定款の規定に従い、中間配当を行うことができる。
       法律または定款の下で維持することが規定されていない会社の剰余金残高は、通常、執行取締役会の信任義務
      に従い、随時株主に分配される。これらの分配可能剰余金は、株式払込剰余金等を含む。
      株主  および   その権限

       オランダ会社法は、オランダの株主と外国の株主とで区別を設けていない。
       オランダ会社法の主な原則の一つは、全ての株主は、同じ状況において、同等に扱われなければならないとい
      うことである。各株主は、会社において株主総会に出席する権利、株主総会で発言する権利および議決権を行使
      する権利を有する。一般に、株主には同等に情報が与えられなければならない。
       株主総会において、一般に決議は議決権の絶対多数により可決される。少数株主は、特別な過半数または大多
      数を要求する法律または定款の特別規定によりその立場が強化されない限り、多数票を得ることができない。株
      主総会で少数株主が行使できる実際の影響力は、自身の所有株式数、他の株主が保有する株式およびかかる株主
      総会に実際に出席している株主数に直接的に関連している。
       オランダ会社法は、少数株主が利用可能な特定の権利および救済方法について規定している。これらの権利
      は、とりわけ会社の業務の実施方法に少数株主が反対する場合に関連する。
       オランダ法の下で、株主は他の株主に対し受託者としての義務を負わない。原則として、オランダ法の下で、
      株主は自身の利益のみを追求することができるが、これは自身が保有する利益であるためである。しかし、オラ
      ンダの判例法においては、オランダの企業統治法に規定されているとおり、株主は他の株主の利益を害してはな
      らないと判断されている。
       株主総会は会社の機関である。法により特定の権限を付与されており、多くの場合、当該権限は定款により補
      足される。法または定款により会社の他の機関に対して付与されていない権限は、株主総会によって行使され
      る。しかし、株主総会は会社の最高機関ではない。したがって、株主総会は、以下の事項を行うことはできな
      い。
      (ⅰ)   会社の執行機関として行為すること(これは執行取締役会の固有の権能である。)。
      ( ⅱ)  執行取締役会に詳細な指示を与えること。
      (ⅲ)   法または定款が監督取締役会に決定権を授権した場合に、監督取締役会の決定を却下すること。
      株主総会

       株主総会は、定款に定められたオランダ国内の場所においてのみ開催される。株主総会がその他の場所で開催
      される場合、有効な決議は会社の全ての発行済株式がかかる株主総会において代表される場合にのみ採択するこ
      とができる。株主総会は、年一回以上開催されなければならず、年次株主総会と呼ばれる。年次株主総会は、定
      款中に短縮した期間が定められていない限り、会社の事業年度の終了から6ヶ月以内に開催されなければならな
      い。株主総会は、通常執行取締役会または監督取締役会により招集される。
       株式が上場されていないN.V.に関し、株主総会招集通知は、株主総会の日の15日前までに、無記名株式が発行
      されている場合は指定された新聞に発表され、記名株式が発行されている場合には郵送により送付されなければ
                                   5/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      ならない。株主総会が適正な方法により招集されない場合、有効な決議は全ての株主が出席したか、または代理
      人により議決権を行使した場合にのみ採択することができる。議案は、株主総会を招集した者が決定する。議案
      に ない事項に関する決議は、会社の全ての発行済株式を代表する全ての株主の全員一致の場合のみ有効となる。
      株式を上場しているN.V.については、特定の法規定が適用される。とりわけ、株式を上場しているN.V.の株主総
      会は、株主総会の日の42日前までに招集されなければならず、参加および投票に係る強制基準日(株主総会の日
      の28日前)が適用される。
       実務上、定款には監督取締役会(もしあれば)の会長または執行取締役会の会長が株主総会の議長となる旨が
      しばしば規定される。議長は議事録の保管および出席者名簿の作成のために秘書役を指名することができる。
       オランダ会社法は、(合併または業務執行取締役の任命の決議といった)特定の決議について、定足数を規定
      している。さらに、定款は(例えば、定款の変更および会社の解散の決議等に関し)大多数および定足数の要件
      について定めることができる。
     (2)【提出会社の定款等に規定する制度】

      当社の株式資本

       当社の授権資本は、1株当たり454ユーロである普通株式(以下「普通株式」という。)315,000株、合計
      143,010,000ユーロである。2016年8月2日付の商業登記簿抄本によると、当社の発行済および払込済株式資本
      は51,302,000ユーロであり、普通株式113,000株に分割される。
      株式の形式

       普通株式は、記名式株式である。
      株式発行

       普通株式は、株主総会の決議に従って発行することができる。株主総会は、上述のとおり、その決議により株
      式発行の権限を最長5年間にわたり執行取締役会に委任することができる。かかる委任が行われた場合、株主総
      会は株式発行の権限を執行取締役会に委任する決議において株式発行の権限を留保しない限り、当該委任期間
      中、株式発行の権限を有さない。
       普通株式を発行する決議を行う権限を与えられた機関(すなわち、株主総会または執行取締役会)は、発行価
      額およびその他の発行条件を決定する。普通株式は、発行時に全額払い込まれなければならない。各株主は、発
      行される株式に関し先買権を有する。
       原則として、各株主は株式が発行されるときはいつでも、その保有株式の合計金額に比例して、発行される株
      式に関し先買権を有する。
      執行取締役会

       執行取締役会は、当社の業務および経営について責任を負っている。執行取締役会は、株主総会により決定さ
      れる構成員数から構成される。執行取締役会の全ての構成員は株主総会により選任および解任される。当社の定
      款(以下「当社定款」という。)には執行取締役の任期に係る定めはない。執行取締役の報酬は、株主総会によ
      り決定される。
       当社定款には執行取締役会の正式な会合の数、定足数または決議手続についての定めはない。ただし、執行取
      締役会の決議は投票数の絶対多数をもって採択される。執行取締役会の会合において可否同数となった場合は、
      株主総会が決定する。株主総会は、決議により執行取締役会の明確に確定した決定を承認することができる。さ
                                   6/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      らに、執行取締役会は内部の意思決定手続について定めた内部規程を採用する場合がある(また、採用してい
      る。)。
       当社定款は、監督取締役会について規定していない。
       執行取締役会に加え、執行取締役会の各構成員は、個々に当社を代表する権限を有している。
      株主総会

       年次株主総会は、当社の事業年度の終了から6ヶ月以内に開催されなければならない。臨時株主総会は、執行
      取締役会が必要と判断したときに開催される。株主総会は、ハーレム、アムステルダム、ロッテルダムまたは
      ハーレマミアー(スキポール)で開催される。その他の場所で開催される株主総会においては、全ての発行済株
      式が代表される場合にのみ、有効な決議を採択することができる。
       株主本人またはその代理人は、株主総会に出席することができる。株主総会の決議は、当社定款または法律に
      別段の定めがない限り、行使された議決権の絶対多数により採択される。執行取締役会の事前の認識を条件とし
      て、株主は、総会を開催しなくとも、株主総会で可決する全ての決議を可決することができる。当社定款に基づ
      き、全ての株主が書面、電報、ファクシミリまたはテレックスにより当該提案に賛成する意思を表明した場合に
      のみ、かかる決議は有効となる。
       年次株主総会の議題は、年次計算書類の承認および利益の配当を含む特定の議題を含んでいなければならな
      い。
      議決権

       当社の株式資本の各株式には、1議決権が付与されている。
      配当受領権

       オランダ民法典第2編第105条に従い、株主総会は、普通株式についての年間配当金の支払の有無および利益
      の分配方法について決議するものとする。
       自由に配当可能な剰余金がある限り、オランダ民法典第2編第105条に従って、株主総会は、当社の執行取締
      役会による提案後、中間配当の支払を決定することができる。
                                   7/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      会計
       当社の事業年度は、4月1日から翌年の3月31日までである。
       執行取締役会は、毎事業年度末から5ヶ月以内(ただし、特別な事態に応じて、かかる期間が株主総会により
      最長5ヶ月延長された場合を除く。)に年次決算書を作成し、株主に公開するものとする。また、執行取締役会
      は、法により義務付けられている場合は、同期間内に管理報告書を作成するものとする。
     2【外国為替管理制度】

       現在、   オランダ     国内で効力を有するオランダ会社法の規定または当社定款上の規定の中に、オランダの居住者
      でない当社株主への送金を制限するものはない。当社の株式に関するユーロによる現金配当は適法にオランダの
      銀行口座から送金でき、ユーロからいかなる交換可能通貨にも交換することができる。しかし、他通貨への交換
      および/またはオランダ国外への送金は、1994年対外財政関係法(                                    Wet  financiele      betrekkingen       buitenland
      1994  )、1977年制裁法(          Sanctiewet      1977  )または国際的制裁により制限される可能性がある。さらに、1994年
      対外財政関係法に従い、オランダ中央銀行は、オランダ王国の居住者により行われる国外への支払に対し一定の
      報告要件を課すことがある。かかる居住者は、2003年一般報告指令(                                            Rapportagevoorschriften
      betalingsbalansrapportages               2003  )に従い、オランダ中央銀行に国外への支払を報告しなければならない。報
      告要件は、主にオランダ中央銀行が国際収支統計(                           betalingsbalans         )を編成できるようにすることを目的とし
      ている。報告要件は、支払義務の相殺にも適用される。
     3【課税上の取扱い】

     (1)  オランダの租税制度
       以下は、概要であり、ここに記載されたオランダの課税上の取扱いは本社債権者に適用されない可能性があ
      る。以下「本社債」とは、220億米ドルのユーロ・ノート・プログラムに基づきNEFが発行した社債をいう。
       この概要は、本社債の取得、所有および処分に関連するオランダにおける主たる課税上の取扱いのみを対象と
      するものであり、特定の社債権者に関連しうる税制について全ての側面について説明することを意図していな
      い。税務は複雑であり、特定の本社債権者に対する発行に関する課税上の取扱いは部分的に当該社債権者の事情
      に左右される。したがって、社債権者はその発行に対するオランダの税法の適用および効果を含む課税上の取扱
      いについて十分な理解を得るため、自身の税務顧問に助言を求めるべきである。
       この概要において、オランダの概念に言及するために英語による用語および表現が使用されている場合、当該
      用語および表現に与えられた意味は、オランダの税法に基づき相当するオランダの概念に与えられた意味を有す
      るものとする。この概要において「オランダ」および「オランダの」という用語が使用される場合、オランダ王
      国の欧州部分のみを指す。
       この概要は、本書の日付現在に有効なオランダの税法(未公表の判例は含まない。)に基づいている。この概
      要が基準としているかかる税法は、変更される可能性があり、遡及的効果を伴う可能性もある。かかる変更は、
      この概要(当該変更を反映するために更新されることはない。)の内容を無効にする可能性がある。
       オランダの税制に係る本項目における概要は、以下に該当する本社債権者に対するオランダにおける課税上の
      取扱いを述べたものではない。
      (ⅰ)   オランダの税法における特定の法的帰属規則に基づき、オランダの税制の目的において本社債の所有者で
         あるとみなされることのある者。
      (ⅱ)   原則的にはオランダの法人所得税に服するものとしながらも、その全部または一部において、本社債によ
         る収益に関しては特別に免税されている者。
      (ⅲ)   1969  年オランダ法人所得税法に定義される投資機関。
                                   8/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      (ⅳ)   執行取締役会もしくは監督取締役会の一員としての関係、雇用関係、みなし雇用関係、または経営的役割
         において本社債を所有する者。
      (ⅴ)   当社に対し相当程度持分を有し、またはオランダの税制の目的上相当程度の持分を有するとみなされる
         者。一般に、相当程度の持分を有する者とは、(a)単独で、もしくは個人の場合には血縁もしくは婚族を問
         わずそのパートナーもしくはその直系の親族(里子を含む。)、もしくはオランダの税制上の目的におけ
         るそのパートナーと共同で、直接的もしくは間接的に、当社のいずれかの株式もしくは種類株式の5%以
         上を、もしくはかかる当社の株式持分を直接的もしくは間接的に取得する権利を、もしくは、当社の年間
         利益の5%以上もしくは清算手取金の5%以上に関連する利益参加証書を保有もしくは保有しているとみ
         なされる者、または(b)当社に関するかかる者の株式、株式を取得する権利、もしくは利益参加証書が非認
         識規定の適用に基づき保有される場合をいう。
       源泉徴収税

        本社債に係る一切の支払は、オランダまたはオランダ国内における下部行政主体もしくは税務当局により
       課税、徴収、源泉徴収または賦課されるあらゆる租税(性質の如何を問わない。)のまたはそれに係る源泉
       徴収または控除を受けない。ただし、かかる本社債をオランダ税制の目的上当社の株主資本と分類すること
       ができる発行条件に基づき本社債が発行される場合または1969年オランダ法人所得税法第10条第1項第d号の
       意味において実際に当社の株主資本として機能している場合で、かつ本社債が当社もしくは当社に関連する
       事業体により発行されたかもしくは発行される予定の株式もしくはその他の持分金融商品と引き換えに償還
       可能であるか、それらに転換可能であるかもしくはそれらに連動している場合を除く。
       所得税およびキャピタル・ゲイン税

        非居住者である本社債権者
        個人
        オランダの所得税の目的上オランダの居住者またはみなし居住者のいずれにも該当しない個人の本社債権
       者は、本社債からまたは本社債に関連して得ているかまたは得ているとみなされる一切の利益について、オ
       ランダの所得税は課税されない。ただし、以下の場合を除く。
       (ⅰ)   同個人が企業家としてまたは当該企業の純価値に対する共同権利に従ってとを問わず、企業から利益を
          得ている場合(株主として得る場合を除く。)であって、かかる企業の全部または一部がオランダ国内
          における恒久的施設または恒久的代理人を通じて営まれており、かつ同個人の本社債がかかる恒久的施
          設または恒久的代理人に帰属する場合。
       (ⅱ)   同個人が、本社債からまたは本社債に関連してオランダ国内で操業される雑業務による収益として課税
          される利益を得ているか、または利益を得ているとみなされる場合。
        企業体

        本社債権者がオランダの法人所得税の目的上オランダの居住者またはみなし居住者のいずれにも該当しな
       い企業体、または組合、パートナーシップおよびミューチュアル・ファンドを含む企業体として課税対象と
       なる事業体である場合には、本社債からまたは本社債に関連して得ているかまたは得ているとみなされる利
       益について、オランダの法人所得税は課税されない。ただし、以下の場合を除く。
       (ⅰ)   その全部または一部がオランダ国内において課税される恒久的施設または恒久的代理人を通じて営まれ
          ている企業から直接利益を得ており、かつ同本社債権者の社債がかかる恒久的施設または恒久的代理人
          に帰属する場合。
                                   9/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       (ⅱ)   オランダ国内にて運営されている企業の純価値に対する共同権利に従った利益を得ており(有価証券の
          所持人として得る場合を除く。)、かつ同本社債権者の社債がかかる企業に帰属する場合。
        一般

        本社債権者は、本社債の発行に関する書類の調印および/もしくは執行または本社債もしくはかかる書類
       に基づく当社の義務の履行のみの理由においてオランダの税制の目的上オランダの居住者とはみなされな
       い。
        本社債権者がオランダの居住者またはみなし居住者のいずれにも該当しない場合、かかる本社債権者は本
       社債の発行に関する書類の調印および/もしくは執行またはかかる書類もしくは本社債に基づく当社の義務
       の履行のみの理由において、オランダの税制の目的上、オランダにおける恒久的施設また恒久的代理人を通
       じて企業を全体または部分的にも運営せず、または運営しているとはみなされない。
       贈与税および相続税

        オランダの贈与税または相続税の目的上オランダの居住者またはみなし居住者に該当しない本社債権者に
       よる贈与またはその死亡により本社債を取得または取得したとみなされる場合には、オランダの贈与税また
       は相続税は課税されない。ただし、オランダの贈与税または相続税の目的上オランダの居住者またはみなし
       居住者に該当しない本社債権者による贈与の場合には、かかる本社債権者がかかる贈与の日付から180日以内
       にオランダの居住者またはみなし居住者となり死亡した場合を除く。
        オランダの贈与税または相続税の目的のため、停止条件に基づく本社債の贈与は、停止条件が満たされた
       場合に行われるとみなされる。
       付加価値税

        本社債の発行に関する支払、または当社による本社債の元利金の支払に関連してオランダの付価値税は課
       税されない。
       登録税

        本社債の発行に関する文書の調印および/もしくは執行(法的手続によるものおよびオランダの裁判所に
       おける外国判決の執行を含む。)、かかる文書もしくは本社債に基づく当社の義務の履行、または本社債の
       譲渡に関連して、オランダの登録税、譲渡税、印紙税もしくはその他の類似の文書税(裁判所費用を除
       く。)はオランダにおいて課されない。ただし、オランダに所在する不動産、オランダに所在する不動産と
       して適格な資産(の持分)、もしくはオランダの不動産譲渡税の目的上オランダに所在する不動産に対する
       権利(の持分)を本社債に関連して取得する場合、または本社債がオランダの不動産譲渡税の目的上オラン
       ダに所在する不動産として適格な資産(の持分)を表章する発行条件に基づき本社債が発行される場合、オ
       ランダの不動産譲渡税が本社債権者に対して課される場合がある。
     (2)  日本の租税制度

       居住者または内国法人に対して支払われた本社債に関する利息は、通常現行の租税法規に基づき日本における
      課税の対象となる。居住者または内国法人がかかる利息を国内における支払の取扱者を通じて交付される場合、
      支払われた利息は、通常20%(所得税および地方税の合計)(2037年12月31日までは20.315%(所得税、復興特
      別所得税および地方税の合計))が源泉徴収される。上記にかかわらず、居住者である個人が支払を受ける本社
      債の利息は、20%(所得税および地方税の合計)(2037年12月31日までは20.315%(所得税、復興特別所得税お
      よび地方税の合計))の申告分離課税の対象となる。
                                  10/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       内国法人による本社債の譲渡から生じる利益は益金の額に算入されるが、居住者による本社債の譲渡から生じ
      る利益は、一定の場合を除き、日本における課税の対象とはならない。上記にかかわらず、居住者である個人が
      本 社債を譲渡した場合には、その譲渡益は、20%(所得税および地方税の合計)(2037年12月31日までは
      20.315%(所得税、復興特別所得税および地方税の合計))の申告分離課税の対象となる。
       居住者または内国法人が本社債の償還を受けたことによって得た利益は、通常現行の租税法規に基づき日本に
      おける課税の対象となる。上記にかかわらず、居住者である個人が本社債の償還を受けた場合の償還差益は、
      20%(所得税および地方税の合計)(2037年12月31日までは20.315%(所得税、復興特別所得税および地方税の
      合計))の申告分離課税の対象となる。
       居住者である個人について生じる、本社債に係る利子所得、譲渡損益および償還差損益は、一定の条件のもと
      にこれらの所得間および一定の他の有価証券に係る所得または損失との損益通算および繰越控除が認められる。
       本社債に関して非居住者または外国法人に対して支払われた利息は、通常日本の課税の対象とはならない。非
      居住者または外国法人による本社債の日本における譲渡から生じる利益は、日本において恒久的施設を有する非
      居住者または外国法人による譲渡の場合を除き、通常日本の課税の対象とならない。ただし、非居住者または外
      国法人に納税義務が課される場合も、租税条約の適用ある規定により、限定または免除される場合がある。本社
      債に関して非居住者または外国法人が本社債の償還を受けたことによって得た利益も、通常日本の課税の対象と
      はならない(ただし、租税条約の規定の適用があればそれに従う。)。
     4【法律意見】

       当社のオランダにおける法律顧問であるデ・ブラウ・ブラックストーン・ウエストブルック・エヌ・ブイ(De
      Brauw   Blackstone      Westbroek      N.V.)より、下記の趣旨の法律意見書が提出されている。ただし、一定の仮定お
      よび留保に服する。
         本書中の記載は、オランダの法律(オランダ税法を除く。)に関する限りにおいて正確である。
       当社のオランダにおける法律顧問であるロイエンズ・アンド・ルフ・エヌ・ブイ(Loyens                                               & Loeff   N.V.)よ
      り、下記の趣旨の法律意見書が提出されている。
         本書の「3 課税上の取扱い-(1)                   オランダの租税制度」という表題の項に含まれている、本社債の取
        得、保有および売却に関し適用されるオランダ税制の法令に関する記述は、全ての重要な点において真実か
        つ正確である。
                                  11/206








                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第2【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
       当社は、2013年3月31日現在においてもその後の期間においても子会社または関連会社を有していないため、
      2013年3月31日、2014年3月31日、2015年3月31日、2016年3月31日および2017年3月31日に終了した各年度に
      ついては、連結財務書類の作成は要求されていない。
     (2)  提出会社の事業年度に係る主要な経営指標等の推移

                     2013年3月31日        2014年3月31日        2015年3月31日        2016年3月31日        2017年3月31日

           決算期
                     終了事業年度        終了事業年度        終了事業年度        終了事業年度        終了事業年度
                                      IFRS(注1)

     受取利息および
                百万円         40,203        38,454        30,292        25,022        25,989
     類似収益
     税引前利益/
                百万円           65      (1,250)         4,602        (1,940)         (991)
     (損失)
     当期利益/(損失)           百万円           38       (963)        3,483        (1,440)         (744)
     発行済および
     払込済株式資本           百万円         6,191        7,285        6,613        6,569        6,113
     (注2)
     発行済株式総数            株       113,000        113,000        113,000        113,000        113,000
     株主資本合計           百万円         17,700        16,737        20,220        18,780        18,036
     資産合計           百万円       2,235,486        2,347,644        1,863,864        2,218,997        2,044,153
     1株当たり株主資本            円       156,638        148,115        178,938        166,195        159,611
     1株当たり当期利益
                 円       336.44      (8,522.12)        30,823.01        (12,743.36)         (6,584.07)
     (損失)
     自己資本比率            %         0.79        0.71        1.08        0.85        0.88
     自己資本利益率            %         0.22        (5.59)        18.85        (7.38)        (4.04)
     営業活動による
                百万円        164,085        (128,249)         444,766        (11,203)         69,510
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                百万円           -        -        -        -        -
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                百万円       (188,628)         120,154        (446,767)         10,929        (69,551)
     キャッシュ・フロー
     現金および現金同等
                百万円         10,049         2,479         550        270        225
     物の期末残高
      (注1) 欧州連合が採用した国際財務報告基準。
      (注2) 1株当たり額面金額454ユーロの株式113,000株を各期末日のレートにて円換算した金額。「第5 提出会社の状況
           -1 株式等の状況-(1) 株式の総数等」を参照のこと。
     2【沿革】

       当社は、1990年7月20日に野村證券株式会社(現野村ホールディングス)の子会社であるノムラ・ヨーロッ
      パ・ピー・エル・シー(現ノムラ・プリンシパル・                          インベストメント         ・ピー・エル・シー)の全額出資金融子会
      社として、オランダ法に基づき有限責任株式公開会社(N.V.)の形態で設立された。
       1994  年9月にノムラ・ヨーロッパ・ピー・エル・シー(同上)から野村證券株式会社(同上)へ当社の全株式
      が譲渡され、当社は野村證券株式会社(同上)の子会社となった。1998年1月に野村證券株式会社(同上)が英
      国に全額出資金融子会社のノムラ・グローバル・ファンディング・ピー・エル・シーを設立し、当社の全株式が
      現物  出資  されたことに伴い、当社はノムラ・グローバル・ファンディング・ピー・エル・シーの子会社となっ
                                  12/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      た。その後、2011年6月29日付で、ノムラ・グローバル・ファンディング・ピー・エル・シーが保有していた当
      社の全株式が野村ホールディングスに譲渡されたことに伴い、当社は野村ホールディングスの子会社となった。
       当社は、当社の発行に係る外国指標連動証券を信託財産とする有価証券信託受益証券を、東京証券取引所に上
      場している。
     3【事業の内容】

     (1)  提出会社
       当社の主な事業内容は、社債の発行、野村グループからの借入等により資金調達を行い、野村グループへ資金
      供給を図ることである。
     (2)  親会社

       野村ホールディングスおよびその連結子会社等(連結子会社および連結変動持分事業体、2017年3月末現在
      1,285社)の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業であり、日本をはじめ世界の主要な金
      融・資本市場を網羅する営業拠点等を通じ、お客様に対し資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供す
      ることである。具体的な事業として、有価証券の売買等および売買等の委託の媒介、有価証券の引受けおよび売
      出し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、                                      自己資金投資業、アセット・マネジメ
      ント業および       その他の証券業ならびに金融業等を営んでいる。                         なお持分法適用会社は2017年3月末現在15社であ
      る。
     (3)  子会社

       該当事項なし。
       本書提出日現在の企業集団の概要は以下のとおりである。

     <企業集団の概要>

                                  13/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
     (1)  親会社
      (a)   名称       野村ホールディングス株式会社
      (b)   所在地      東京都中央区日本橋一丁目9番1号
      (c)   資本の額                594,493    百万円   (2017年3月31日現在)
      (d)   業種       持株会社
      (e)   株式の所有割合  100%
      (f)   提出会社との営業上の関係
         当社は野村ホールディングスの金融子会社である。同社は、当社が発行する社債に関して保証を行ってお
        り、ファシリティ・アグリーメントに基づく金銭の貸借取引を行っている。
      (g)   野村ホールディングスは有価証券報告書提出会社である。
     (2)  子会社

       該当事項なし。
     (3)  関連会社

       該当事項なし。
     5【従業員の状況】

     (1)  提出会社の従業員数
       本書提出日現在の従業員数は10人である。
     (2)  提出会社の従業員の平均年齢、平均勤続年数および平均年間給与

       当社の従業員の平均年齢、平均勤続年数、平均年間給与はそれぞれ37.6歳、6.4年および7.7百万円である。
     (3)  労働組合の状況等

       該当事項なし。
                                  14/206








                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第3【事業の状況】

     1【業績等の概要】

       当社の主な事業は、野村グループの海外における資金調達およびその調達した資金の野村グループへの貸付で
      ある。当社は上記事業に関連して発生する金利および外国為替の変動リスク・ヘッジを目的に、デリバティブ取
      引を野村グループ内で行っている。受取利息および類似収益、支払利息および類似費用、支払手数料等および純
      トレーディング利益/(損失)はこれらの活動から生じる。
       2017  年3月期の受取利息および類似収益は25,989百万円(前期25,022百万円)、支払利息および類似費用は
      12,049百万円(前期4,502百万円)、支払手数料等は710百万円(前期754百万円)、純トレーディング利益は
      66,071百万円(前期損失674,696百万円)、純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負
      債に関する純損失は71,725百万円(前期純利益659,116百万円)となっており、税引前損失は991百万円(前期
      1,940百万円)である。なお、法人所得税収益は247百万円(前期500百万円)であり、2017年3月期包括損失合
      計は744百万円(前期1,440百万円)となった。
       また、現金および現金同等物の2017年3月期末残高は、225百万円(前期270百万円)である。営業活動により
      生じた(に使用した)キャッシュ・フロー純額は、                          関係会社への貸付金が減少              したこと等により、69,510百万円
      収入(前期11,203百万円支出)となった。財務活動により生じた(に使用した)キャッシュ・フロー純額は、前
      期に比べて純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債からの収入が減少したことによ
      り、69,551百万円支出(前期10,929百万円収入)となった。
     2【生産、受注及び販売の状況】

       該当事項なし。
     3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       下記の記載のほか、下記「4 事業等のリスク」中、<当社固有のリスク>の記載を参照のこと。
       当社に求められている大きな役割は、当社による野村グループの海外における資金調達機能である。したがっ
      て、当社は、野村グループの業務が円滑に行われるように、グローバルに安定的な資金供給を図るため、当社が
      設定しているユーロ・ノート・プログラムの下、資金調達を継続的に行う必要がある。
     4【事業等のリスク】

       以下に述べるリスクが実際に生じた場合、当社のビジネスや財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの
      状況に悪影響を及ぼす可能性がある。これらは、本書提出日現在で当社が判断したものであるが、現時点では確
      認できていない追加的リスクや現在は重要ではないと考えるリスクも当社に悪影響を与える可能性がある。
      <当社固有のリスク>

       (1)   オペレーショナル・リスク
       当社では、オペレーショナル・リスクを内部プロセス・人・システムが不適切であること、もしくは機能しな
      いこと、または外生的事象が生起することから損失を被るリスクと定義している。この定義には、戦略リスク
      (経営陣の不適切な意思決定により損失を被るリスク)は含まれないが、オペレーショナル・リスクの顕在化の
      結果、法令や規制等の違反に至るリスク、および野村グループ各社の評判の悪化に係るリスクを含んでいる。
       なお、当社は、野村グループのオペレーショナル・リスク管理の枠組に全面的に統合されている。
       (2)   市場リスク

                                  15/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       市場リスクは、市場のリスク・ファクター(金利、為替、有価証券等の価格)の変動により、保有する金融資
      産および金融負債(オフ・バランスを含む。)の価値が変動し、損失を被るリスクである。
       ただし、当社は貸付金およびミディアム・ターム・ノートのエクスポージャーを経済的にヘッジするためにデ
      リバティブ取引を行っており、市場リスクは最小限に抑えられている。
       (3)   信用リスク

       信用リスクとは、債務者またはカウンターパーティーが、債務不履行、破産、または法的手続等の結果とし
      て、予め合意した条件通りに契約上の義務を履行できないことにより損失を被るリスクをいい、オフ・バランス
      資産に係る損失を含む。当該リスクはまた、カウンターパーティーの信用評価調整により損失を被るリスクを含
      む。
       当社の金融商品の取引相手は野村グループのみであるため、信用リスクは最小限に抑えられている。
       (4)   資金流動性リスク

       市況の低迷等に伴う業績の悪化等により必要な資金が確保できなくなり、資金繰りがつかなくなる場合や、資
      金の確保に通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスクである。当社
      は、野村グループの資金調達会社としての主要な役割を果たすことから、当社の活動は野村グループの流動性リ
      スク管理のフレームワークの中に統合されている。
       (5)   その他

       収益環境の悪化または業務運営の効率性もしくは有効性の低下により、収益がコストをカバーできなくなるリ
      スクであるビジネス・リスク、当局による規制の導入・改正・撤廃により新たな義務が課せられるまたは費用が
      発生する等のリーガル・リスクがある。
      <野村グループのリスク>

       当社の金融商品の取引相手先は野村グループのみであるため、野村グループの経営成績および財政状態の悪化
      は、当社のビジネスや経営に悪影響を与える可能性がある。当社が本書提出日現在において、野村グループのリ
      スクとして認識している事項は以下のとおりである。
       野村グループのビジネスは日本経済および世界経済の情勢および金融市場の動向により重大な影響を受ける可

      能性がある
       野村グループのビジネスや収益は、日本経済および世界経済の情勢ならびに金融市場の動向により影響を受け
      る可能性がある。また、各国の経済情勢や金融市場の動向は、経済的要因だけではなく、戦争、テロ行為、経
      済・政治制裁、世界的流行病、地政学的リスクの見通しまたは実際に発生した地政学的イベント、あるいは自然
      災害などによっても影響を受ける可能性がある。仮に、このような事象が生じた場合、金融市場や経済の低迷が
      長期化し、野村グループのビジネスに影響が及ぶとともに、大きな損失が発生する可能性がある。また、金融市
      場や経済の低迷が長期化しない場合でも、市場のボラティリティの変化など、環境の変化が野村グループのビジ
      ネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある。
       なお、野村グループのビジネス・業務運営に影響を与える金融市場や経済情勢に関するリスクには以下のもの
      が含まれる。
        野村グループがビジネスを行う国・地域における政府・金融当局による政策の変更が、野村グループのビジ

       ネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある
                                  16/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        野村グループは、国内外の拠点網を通じて、グローバルにビジネスを展開している。したがって、野村グ
       ループがビジネスを行う国・地域において、政府・金融当局が財政および金融その他の政策を変更した場合、
       野 村グループのビジネス、財政状態または経営成績に影響を与える可能性がある。例えば、英国は、2016年6
       月に実施された国民投票により、欧州連合からの離脱を決定した。野村グループはロンドンに欧州地域の中核
       拠点を置いているため、欧州連合からの離脱が現実化した場合、野村グループのビジネスに影響が及ぶととも
       に、業務運営態勢や人員配置等の見直しにより追加的な費用が発生する可能性がある。また、日本を含む各国
       の中央銀行は、金融緩和政策(マイナス金利政策の導入等)を近年実施しているが、当該政策の長期化や、マ
       イナス金利幅の拡大、利回り水準の低下等が進んだ場合には、顧客向け運用商品の提供やトレーディング活動
       または投資活動等に影響を及ぼす可能性がある。
        野村グループの仲介手数料やアセット・マネジメント業務からの収入が減少する可能性がある

        金融市場や経済情勢が低迷すると、野村グループが顧客のために仲介する証券取引の取扱高が減少するた
       め、仲介業務にかかる収入が減少する可能性がある。また、アセット・マネジメント業務については、多くの
       場合、野村グループは顧客のポートフォリオを管理することで手数料を得ており、その手数料額はポートフォ
       リオの価値に基づいている。したがって、市場の低迷によって、顧客のポートフォリオの価値が下がり、解約
       等の増加や新規投資の減少が生じることによって、野村グループがアセット・マネジメント業務から得ている
       収入も減少する可能性がある。
        野村グループの投資銀行業務からの収入が減少する可能性がある

        金融市場や経済情勢の変動によって、野村グループの行う引受業務や財務アドバイザリー業務などの投資銀
       行業務における案件の数や規模が変化する可能性がある。これらの業務の手数料をはじめとして、投資銀行業
       務からの収入は、野村グループが取り扱う案件の数や規模により直接影響を受けるため、野村グループの投資
       銀行業務および当該業務における顧客等に好ましくない形で経済または市場が変動した場合には、これらの収
       入が減少する可能性がある。例えば、2011年には欧州の財政危機の深刻化および長期化により資金調達活動が
       低下したことを一因として、野村グループの2012年3月期および2013年3月期のインベストメント・バンキン
       グ収益合計(金融費用控除後)は前年比でそれぞれ15.9%減および15.0%減となった。
        野村グループの電子取引業務からの収入が減少する可能性がある

        電子取引システムは、野村グループのビジネスにとって、少ないリソースで効率的に迅速な取引を執行する
       ために必要不可欠なシステムである。これらのシステムを利用することにより、取引所またはその他の電子取
       引市場を介して効率的な執行プラットフォームおよびオンライン・コンテンツやツールを顧客に提供すること
       が可能となる。取引手数料やスプレッド等を含むこれらの電子取引業務からの収入は、野村グループが取り扱
       う案件の数や規模により直接影響を受けるため、金融市場や経済情勢が変動した結果、顧客の取引頻度の低下
       または取引額の低下が生じた場合にはこれらの収入が減少する可能性がある。また、さまざまなキャピタル
       マーケット商品における電子取引の利用が増加しており、野村グループの電子取引業務の競争が激化すること
       で、取引手数料やスプレッドに対する低下圧力が高まっている。電子取引により取引量は今後増加する可能性
       があるが、取引手数料の低下を補填するほど十分でない場合は、野村グループの収入が減少する可能性があ
       る。野村グループは今後も効率的な取引プラットフォームの提供に関する技術開発投資を続けていく予定であ
       るが、電子取引の手数料の値下げ圧力が高まった場合には、当該投資から生み出される収益を最大限に確保で
       きない可能性がある。
        トレーディングや投資活動から大きな損失を被る可能性がある

                                  17/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        野村グループは自己売買および顧客取引のために、債券市場や株式市場等で大きなトレーディング・ポジ
       ションと投資ポジションを保有している。野村グループのポジションはさまざまな種類の資産によって構成さ
       れ ており、その中には株式、金利、通貨、クレジットなどのデリバティブ取引、さらに貸付債権、リバース・
       レポおよび不動産も含まれる。これらの資産が取引される市場の変動は、当該資産の価値に影響を与える場合
       がある。野村グループが資産を保有している場合(すなわちロング・ポジション)、これらの資産の価格が下
       落すると、野村グループが損失を被る可能性がある。また、野村グループが資産を保有せずに売却した場合
       (すなわちショート・ポジション)、それらの資産の価格が上昇すると、潜在的には重大な損失に晒される可
       能性がある。そのため、野村グループはさまざまなヘッジ手法を用いてポジションリスクの軽減に努めている
       が、それでも資産の価格変動により、損失を被る可能性がある。また、金融市場や経済情勢が急激に変化する
       ような場合には、金融システム全体に過度のストレスがかかり、市場が野村グループの予測していない動きを
       することにより、野村グループは損失を被る可能性がある。
        野村グループのビジネスは市場のボラティリティ水準の変化の影響を既に受けているか、または、将来、受

       ける可能性がある。野村グループのトレーディングビジネスの一部であるトレーディングや裁定取引の機会は
       市場のボラティリティの変化により作り出される。したがって、ボラティリティが低下した場合、取引機会が
       減少し、これらのビジネスの結果に影響を与える可能性がある。一方、ボラティリティが上昇した場合は、ト
       レーディング量やスプレッドを増加させることがあるが、これによりバリュー・アット・リスク(VaR)で計
       測されるリスク量が上昇し、野村グループはマーケットメイキングや自己勘定投資に伴って高いリスクに晒さ
       れ、またはVaRの増加を避けるためにこれらのビジネスのポジションまたは取引量を減らすことがある。
        さらに野村グループは、資本市場における取引を円滑に進めるために、引受業務やトレーディング業務に伴

       い比較的大きなポジションを保有することがある。また、野村グループが投資商品の開発を目的としてパイ
       ロット・ファンドを設定してポジションを保有し、投資商品の設定・維持を目的としてシード・マネーに出資
       を行うことがある。野村グループは市場価格の変動によりこれらのポジションから大きな損失を被る可能性が
       ある。
        加えて、野村グループが担保を提供する取引においては、担保資産の価値の大幅な下落や、野村グループの

       格付の低下をはじめとした信用力の低下が発生した場合は、追加担保を必要とするなど取引コストの上昇およ
       び収益性の低下を招く可能性がある。一方、担保の提供を受ける取引においては、資産価値の下落が顧客取引
       の減少につながり、それに伴う収益性の低下を招く可能性がある。2017年3月31日現在、1ノッチないし2
       ノッチの格下げがあり、それ以外の変化はなかったと想定した場合、野村ホールディングスが、デリバティブ
       契約に関連して、追加担保提供を求められる見積もり合計額は、それぞれ約202億円と約475億円である。
        証券やその他の資産に大口かつ集中的なポジションを保有することによって、野村グループは大きな損失を

       被る可能性がある
        マーケット・メイク、ブロックトレード、引受業務、証券化商品の組成、第三者割当による新株予約権付社
       債等の買い取り業務、または、顧客ニーズに対応した各種ソリューション・ビジネス等においては、特定の資
       産を大口かつ集中的に保有することがあり、大きな損失を被る可能性がある。野村グループは多額の資金をこ
       れらのビジネスに投じており、その結果、しばしば特定の発行者または特定の業界、国もしくは地域の発行者
       が発行する証券または資産に大口のポジションを保有することがある。野村グループは、一般に、商業銀行、
       ブローカー・ディーラー、清算機関、取引所および投資会社といった金融サービス業に携わる発行者に対する
       エクスポージャーが大きくなる傾向がある。また、顧客や取引先とのビジネスにより、特定の国や地域の発行
                                  18/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       者が発行する証券を保有する場合がある。加えて、住宅および商業用不動産ローン担保証券などの資産担保証
       券についても、市場価格が変動すると、野村グループは大きな損失を被る可能性がある。
        市場低迷の長期化や市場参加者の減少が流動性を低下させ、大きな損失が生じる可能性がある

        市場低迷が長期化すると、野村グループの業務に関連する市場において取引量が減少し、流動性が低下す
       る。また、規制強化を背景とする金融機関の市場関連業務の縮小も市場の流動性に影響を与える。この結果、
       市場において、野村グループは、自己の保有する資産を売却またはヘッジすることが困難になるほか、当該資
       産の市場価格が形成されず、自己の保有する資産の時価を認識できない可能性がある。特に店頭デリバティブ
       等においてはポジションのすべてを適切に解消し、またはヘッジすることができない場合に大きな損失を被る
       可能性がある。さらに、市場の流動性が低下し、自己の保有するポジションの市場価格が形成されない場合、
       予期しない損失を生じることがある。
        ヘッジ戦略により損失を回避できない場合がある

        野村グループはさまざまな方法や戦略を用い、多様な種類のリスクに対するエクスポージャーをヘッジして
       いる。ヘッジ戦略が効果的に機能しない場合、野村グループは損失を被る可能性がある。野村グループのヘッ
       ジ戦略の多くは過去の取引パターンや相関性に根拠を置いている。例えば、ある資産を保有する場合は、それ
       までその資産の価値の変化を相殺する方向に価格が動いていた資産を保有することでヘッジを行っている。し
       かし野村グループは、さまざまな市場環境においてあらゆる種類のリスクに晒されており、過去の金融危機の
       際に見られたように、過去の取引パターンや相関性が維持されず、これらのヘッジ戦略が必ずしも十分に効果
       を発揮しない可能性がある。
        野村グループのリスク管理方針や手続が市場リスクの管理において十分に効果を発揮しない場合がある

        リスクの特定、モニターおよび管理を行うための野村グループの方針や手続が十分な効果を発揮しない場合
       がある。例えば、野村グループのリスク管理方法の一部は過去の金融市場におけるデータの動きに基づいて設
       計、構築されているが、将来の金融市場における個々のデータの振る舞いは、過去に観察されたものと同じで
       あるとは限らない。その結果、将来のリスク・エクスポージャーが想定を超えて、大きな損失を被る可能性が
       ある。また、野村グループが使用しているリスク管理方法は、市場、顧客等に関する公表情報または野村グ
       ループが入手可能な情報の評価をよりどころとしている。これらの情報が正確、完全、最新なものではなく、
       あるいは正しく評価されていない場合には、野村グループは、リスクを適切に評価できず、大きな損失を被る
       可能性がある。加えて、市場の変動などにより野村グループの評価モデルが市場と整合しなくなり、適正な評
       価やリスク管理が行えなくなる可能性がある。
        市場リスクによって、その他のリスクが増加する可能性がある

        前述の野村グループのビジネスに影響を与えうる可能性に加え、市場リスクがその他のリスクを増幅させる
       可能性がある。例えば、金融工学や金融イノベーションを用いて開発された金融商品に内在する諸リスクは市
       場リスクによって増幅されることがある。
        また、野村グループが市場リスクによりトレーディングで大きな損失を被った場合、野村グループの流動性

       ニーズが急激に高まる可能性があり、一方で、野村グループの信用リスクが市場で警戒され、資金の調達が困
       難になる可能性がある。
                                  19/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        さらに、市場環境が悪化している場合に、野村グループの顧客や取引相手が大きな損失を被り、その財政状
       態が悪化した場合には、これらの顧客や取引相手に対する信用リスクのエクスポージャーが増加する可能性が
       ある。
       連結財務諸表に計上されているのれんおよび有形・無形資産にかかる減損が認識される可能性がある

       野村グループは、事業の拡大等のため、企業の株式などを取得し、または企業グループの一部の事業を承継し
      ており、野村グループが適切と判断した場合にはこれらを継続して行う見込みである。このような取得や承継
      は、米国会計原則に基づき、野村グループの連結財務諸表において、企業結合として認識され、取得価額は資産
      と負債に配分され、差額はのれんとしている。また、その他にも有形・無形資産を所有している。
       これらの企業結合などにより認識されたのれんおよび有形・無形資産に対して減損損失やその後の取引に伴う
      損益が認識される可能性がある。その場合、野村グループの経営成績および財政状態に影響を与える可能性があ
      る。例えば、野村グループは、2014年3月期および2015年3月期において、それぞれ2,840百万円と3,188百万円
      ののれんの減損を認識している。
       資金流動性リスクの顕在化によって野村グループの資金調達能力が損なわれ、野村グループの財政状態が悪化

      する可能性がある
       資金流動性、すなわち必要な資金の確保は、野村グループのビジネスにとって極めて重要である。野村グルー
      プでは、資金流動性リスクを野村グループの信用力の低下または市場環境の悪化により必要な資金の確保が困難
      になる、または通常より著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスクと定義して
      いる。即時に利用できるキャッシュ・ポジションを確保しておくことに加え、野村グループは、レポ取引や有価
      証券貸借取引、長期借入金の利用や長期社債の発行、コマーシャル・ペーパーのような短期資金調達先の分散、
      流動性の高いポートフォリオの構築などの方法によって十分な資金流動性の確保に努めている。しかし、野村グ
      ループは一定の環境の下で資金流動性の低下に晒されるリスクを負っている。
       その内容は以下のとおりである。

        野村グループが無担保あるいは有担保での資金調達ができなくなる場合がある

        野村グループは、借り換えも含めた日常の資金調達において、短期金融市場や債券発行市場での債券発行、
       銀行からの借入といった無担保資金調達を継続的に行っている。また、トレーディング業務のための資金調達
       活動として、レポ取引や有価証券貸借取引といった有担保資金調達を行っている。これらの資金調達ができな
       い場合、あるいは通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされる場合、野村グループの資金流動性
       は大きく損なわれる可能性がある。例えば、野村グループの短期または中長期の財政状態に対する評価を理由
       に、資金の出し手が資金提供を拒絶する可能性があるのは、次のような場合である。
        ・多額のトレーディング損失

        ・市場の低迷に伴う野村グループの営業活動水準の低下
        ・規制当局による行政処分
        ・信用格付けの低下
        上記に加え、資金の出し手側の貸付余力の低下、金融市場やクレジット市場における混乱、投資銀行業や証

       券ブローカレッジ業、その他広く金融サービス業全般に対する否定的な見通し、日本の国家財政の健全性に対
                                  20/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       する市場の否定的な見方など、野村グループに固有でない要因によって、野村グループの資金調達が困難にな
       ることもある。
        野村グループが資産を売却できなくなる可能性がある

        野村グループが資金を調達できない、もしくは資金流動性残高が大幅に減少するなどの場合、野村グループ
       は期限が到来する債務を履行するために資産を売却するなどの手段を講じなければならない。市場環境が不安
       定で不透明な場合には、市場全体の流動性が低下している可能性がある。このような場合、野村グループは資
       産を売却することができなくなる可能性や資産を低い価格で売却しなければならなくなる可能性があり、結果
       的に野村グループの経営成績や財政状態に影響を与える場合がある。また、他の市場参加者が同種の資産を同
       時期に市場で売却しようとしている場合には、野村グループの資産売却に影響を及ぼすことがある。
        信用格付の低下により、野村グループの資金調達能力が損なわれる可能性がある

        野村グループの資金調達は、信用格付に大きく左右される。格付機関は野村グループの格付けの引下げや取
       消しを行い、または格下げの可能性ありとして「クレジット・ウォッチ」に掲載することがある。将来格下げ
       があった場合、野村グループの資金調達コストが上昇する可能性や、資金調達自体が制約される可能性があ
       る。その結果、野村グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性がある。
        さらに、日本の国家財政の健全性に対する市場の否定的な見方といった、野村グループに固有でない要因に
       よっても、野村グループの資金調達が困難になることもある。
       市場リスクや資金流動性リスクだけではなく、イベント・リスクも野村グループのトレーディング資産や投資

      資産に損失を生じさせる可能性がある
       イベント・リスクとは、事前に予測不能な出来事(例えば、自然災害、人災、流行病、テロ行為、武力紛争、
      政情不安、その他野村グループのビジネスや取引相手等に影響を与える出来事)によりマーケットに急激な変動
      がもたらされた場合に発生する潜在的な損失をいう。これらには、2001年9月11日の米国同時多発テロ、2007年
      以降の米国サブプライム問題、2008年秋の金融危機、2011年3月の東日本大震災、2011年に顕在化した米国や欧
      州諸国における財政問題、2013年後半に発生したウクライナ問題、2015年11月のパリ同時多発テロ、2016年3月
      のブリュッセル同時爆発攻撃、および2017年6月のロンドンテロなどの社会的に重大な事象のほか、より個別具
      体的に野村グループのトレーディング資産や投資資産に損失を生じさせるおそれのある、次のような出来事が含
      まれる。
       ・主要格付機関による、野村グループのトレーディング資産や投資資産に関する信用格付の突然かつ大幅な格

        下げ
       ・野村グループのトレーディング戦略を陳腐化させ、競争力を低下させ、または実行不能にするような、ト
        レーディング、税務、会計、金融規制、法律その他関連規則の突然の変更
       ・野村グループが関与する取引が予測不能な事由により遂行されないために野村グループが受取るべき対価を
        受取れないこと、または野村グループがトレーディングもしくは投資資産として保有する有価証券の発行会
        社の倒産や詐欺的行為もしくはこれらに対する行政処分等
       野村グループに債務を負担する第三者がその債務を履行しない結果、損失を被る可能性がある

       野村グループの取引先は、ローンやローン・コミットメントに加え、その他偶発債務、デリバティブなどの取
      引や契約により、野村グループに対して債務を負担することがある。これら取引先が法的整理手続きの申請、信
                                  21/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      用力の低下、流動性の欠如、人為的な事務手続き上の過誤、政治的・経済的事象による制約など、さまざまな理
      由で債務不履行に陥った場合、野村グループは大きな損失を被る可能性がある。
       信用リスクは、次のような場合からも生じる。

       ・第三者が発行する証券の保有

       ・証券、先物、通貨またはデリバティブの取引において、クレジット・デフォルト・スワップの取引相手であ
        るモノライン(金融保証会社)など野村グループの取引相手に債務不履行が生じた場合や、決済機関、取引
        所、清算機関その他金融インフラストラクチャーのシステム障害により所定の期日に決済ができない場合
       第三者の信用リスクに関連した問題には次のものが含まれる。

        大手金融機関の破綻が金融市場全般に影響を与え、野村グループに影響を及ぼす可能性がある

        多くの金融機関の経営健全性は、与信、トレーディング、清算・決済など、金融機関間の取引を通じて密接
       に連関している。その結果、ある特定の金融機関に関する信用懸念や債務不履行が、他の金融機関の重大な流
       動性問題や損失、債務不履行を引き起こし、決済・清算機関、銀行、証券会社、取引所といった、野村グルー
       プが日々取引を行っている金融仲介機関にも影響を及ぼす可能性がある。また将来発生しうる債務不履行や債
       務不履行懸念の高まり、その他類似の事象が、金融市場や野村グループに影響を及ぼす可能性がある。国内外
       を問わず、主要な金融機関が流動性の問題や支払能力の危機に直面した場合、野村グループの資金調達にも影
       響を及ぼす可能性がある。
        野村グループの信用リスクに関する情報の正確性や信用リスクの軽減のために受け入れている担保が十分で

       あるという保証はない
        野村グループは信用に懸念のある顧客や取引相手、特定の国や地域に対するクレジットエクスポージャーを
       定期的に見直している。しかし、債務不履行が発生するリスクは、粉飾決算や詐欺行為のように発見が難しい
       事象や状況から生じる場合がある。また、野村グループが取引相手のリスクに関し、すべての情報を手に入れ
       ることができない可能性がある。さらに、野村グループが担保提供を条件として与信をしている場合に、当該
       担保の市場価格が急激に下落すると、担保価値が減少し、担保不足に陥る可能性がある。
        野村グループの顧客や取引相手が政治的・経済的理由から野村グループに対する債務を履行できない可能性

       がある
        カントリー・リスクや地域特有のリスク、政治的リスクは、市場リスクのみならず、信用リスクに影響を与
       える可能性がある。現地市場における混乱や通貨危機のように、ある国または地域における政治的・経済的問
       題はその国や地域の顧客・取引相手の信用力や外貨調達力に影響を与え、結果として野村グループに対する債
       務の履行に影響を与える可能性がある。
       金融業界は激しい競争に晒されている

       野村グループのビジネスは激しい競争に晒されており、この状況は今後も続くことが予想される。野村グルー
      プは、取引執行能力や商品・サービス、イノベーション、評判(レピュテーション)、価格など多くの要因にお
      いて競争しており、特に、仲介業務、引受業務などで激しい価格競争に直面している。
        商業銀行、大手銀行の系列証券会社や外資系証券会社との競争が激化している

                                  22/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        1990  年代後半から、日本の金融業界では規制緩和が進んだ。2004年12月1日から施行されている証券取引法
       の改正(2007年9月30日より金融商品取引法に改称)により、銀行およびその他の金融機関がブローカレッジ
       業 務に参入可能となった。また、2009年6月1日から施行されている金融商品取引法の改正により、商業銀行
       と証券会社間のファイアーウォール規制が緩和され、競合他社は関係のある商業銀行とより密接に協業するこ
       とができるようになり、銀行やその他の金融機関は、規制緩和前に比較して、資金調達や投資信託の分野にお
       いて競争力を増している。とりわけ、日本の大手商業銀行の系列証券会社や外資系証券会社は、セールス・ト
       レーディング、投資銀行業務、リテールビジネスの分野において、野村グループのシェアに影響を及ぼしてい
       る。
        金融グループの統合・再編、各種業務提携や連携の進展により競争が激化している

        金融業界において、金融機関同士の統合・再編が進んでいる。特に、大手の商業銀行、その他幅広い業容を
       持つ大手金融グループは、その傘下における証券業の設置および獲得ならびに他金融機関との連携に取り組ん
       でいる。近年ではこれら大手金融グループが、総合的な金融サービスをワンストップで顧客に提供すべく、グ
       ループ内での事業連携を一層強化している。具体的には、ローン、預金、保険、証券ブローカレッジ業務、資
       産運用業務、投資銀行業務など、グループ内での幅広い種類の商品・サービスの提供を進めており、この結果
       として金融グループの競争力が野村グループに対し相対的に高まる可能性がある。また、金融グループは、市
       場シェアを獲得するために、商業銀行業務その他金融サービスの収入により投資銀行業務や証券ブローカレッ
       ジ業務を補う可能性がある。また、グループの垣根を越えた商業銀行と証券業との提携や、昨今では新興企業
       を含む事業会社との提携等、業態・業界を超えた連携へと広がる傾向も見られ、これらの大手金融グループの
       事業拡大や提携等による収益力の向上などにより、野村グループの市場シェアが低下する可能性がある。
        海外の競合他社との競争や経営資源配分の適正化の不結実により、野村グループのグローバルな経営戦略が

       功を奏しない可能性がある
        海外には多くのビジネスの機会およびそれに伴う競争が存在する。野村グループは、これらのビジネス機会
       を有効に活用するため、米国、欧州、アジアなどの重要な海外市場において競合金融機関と競争している。こ
       のような競争に向けて、野村グループは海外ビジネスの強化のため、2008年にリーマン・ブラザーズの欧州、
       中東の一部の事業およびアジアの事業を承継し、またそれらの地域および米国において業務の再構築と拡大を
       行うために多大な経営資源を投資してきた。一方で、欧州金融機関による市場関連業務からの撤退や各国中央
       銀行による金融緩和政策等を背景に、市場構造が大きく変化しており、市場全体の流動性も低下している。野
       村グループは、このような厳しい環境に対応するため、経営資源配分の適正化および効率性を追求し、収益性
       の向上に努めている。例えば、野村グループは、2016年、高いノウハウや収益性を持つ分野に経営資源を集中
       できるよう、欧州地域および米州地域におけるホールセール・ビジネスに関し、戦略的に見直しを行った。こ
       のような取組みについて十分な効果が得られなかった場合は、野村グループのビジネス、財政状態、経営成績
       に影響を与える可能性がある。
       野村グループのビジネスは、さまざまなオペレーショナル・リスクに晒されている

       野村グループは、オペレーショナル・リスクを、内部プロセス・人・システムが不適切であること、もしくは
      機能しないこと、または外生的事象が生起することから損失を被るリスクと定義している。この定義には、戦略
      リスク(経営陣の不適切な意思決定により損失を被るリスク)は含まれないが、法令や規制等の違反にかかるリ
      スク、オペレーショナル・リスクの顕在化に起因する野村グループ各社のレピュテーションの悪化にかかるリス
      クを含む。オペレーショナル・リスクはすべての商品、業務、プロセスおよびシステムに付随するリスクであ
      り、顕在化した場合には直接的財務影響、事業の制約・中断に伴う収益機会の喪失などの間接的財務影響、行政
                                  23/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      当局による処分、顧客の喪失、レピュテーションの悪化、役職員の安全および健康への被害などをもたらす可能
      性がある。
       野村グループは、このように対象範囲の広いオペレーショナル・リスクを網羅的に把握、管理していくための

      体制を整えているが、例えば次のような事象等については、オペレーショナル・リスクの顕在化を回避できない
      可能性がある。
                        自らの行為が法令諸規則や社内ルールに対する違反であることを知りな

        内部不正
                        がらそれを行うこと、または法令諸規則や社内ルール上義務づけられて
                        いることを知りながらそれを行わないこと
                        顧客の知識、経験、財産の状況、投資目的やリスク管理判断能力等に照

        不適切な商品や取引の勧誘
                        らして不適切な商品や取引の勧誘
                        社内ルールならびに金融サービス関連およびその他野村ホールディング

        法令諸規則等の違反
                        スに適用される法令諸規則等への違反
                        顧客情報を含む野村ホールディングスの情報資産の毀損や漏洩に繋がり

        情報の不適切な管理
                        得る行為、または情報資産の毀損や漏洩を防ぐための体制が不十分であ
                        ること
                        情報通信ネットワークや情報システム等の悪用により、サイバー空間を

        サイバー攻撃
                        経由して行われる不正侵入、情報の窃取、改ざんや破壊、情報システム
                        の作動停止や誤作動、不正プログラムの実行等
                        野村ホールディングスが管理するシステムの停止や誤作動等のうち重大

        野村ホールディングスのシステム
                        なもの
        における重大な障害
                        大規模な自然災害、テロ・感染症等に対して、事前の準備が十分に行わ

        災害等に対する不十分な業務継続
                        れていないことにより、当該事象発生時に業務が想定通りに継続できな
        体制
                        いこと
       役職員または第三者による不正行為や詐欺により、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある

       野村グループは、役職員または第三者による不正行為というリスクに晒されている。野村グループの役職員
      が、上限額を超えた取引、限度を超えたリスクの負担、権限外の取引や損失の生じた取引の隠蔽等の不正行為を
      行うことにより、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある。また、不正行為には、インサイダー取
      引、情報伝達行為や取引推奨行為等の役職員または第三者による非公開情報の不適切な使用・漏洩その他の犯罪
      も含まれ、その結果、野村グループが行政処分を受け、もしくは法的責任を負う可能性、または野村グループの
      レピュテーションや財政状態に重大な悪影響が及ぶ可能性がある。
       2012  年8月、野村ホールディングスの子会社である野村證券株式会社(以下「野村證券」という。)は、公募

      増資案件にかかる法人関係情報に関する管理態勢に不備が認められた等として、金融庁から業務改善命令を受け
      た。これに対して、野村證券は改善策を策定し、同年12月末までにすべての施策を実施している。
                                  24/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       野村グループは、不正行為を防止または発見するための対策を講じているが、これらの対策により役職員によ
      る不正行為を常に防止または発見できるとは限らず、また、不正行為の防止・発見のために取っている予防措置
      がすべての場合に効果を発揮するとは限らない。そのような不正行為の結果として野村グループに対する行政上
      の 処分または司法上の決定・判決等が行われれば、野村グループは一定期間、ビジネスの機会を喪失する可能性
      があり、また、顧客、特に公的機関が野村グループとの取引を行わない決定をした場合は、たとえ処分等が解除
      された後であっても、ビジネスの機会を喪失する可能性がある。
       また、野村グループは、第三者が行う詐欺的行為に直接または間接に巻き込まれる可能性がある。野村グルー

      プは、投資、融資、保証、その他あらゆる種類のコミットメントを含め、幅広いビジネス分野で多くの第三者と
      日々取引を行っているため、こうした第三者による詐欺や不正行為を防止し、発見することが困難な場合があ
      る。
       これらによる損失が多額になる可能性があり、また野村グループに対する信頼が損なわれるおそれもある。

       利益相反を特定し適切に対処することができないことにより、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性

      がある
       野村グループは、多様な商品およびサービスを個人、企業、他の金融機関および政府機関を含む幅広い顧客に
      対して提供するグローバルな金融機関である。それに伴い、野村グループの日々の業務において利益相反が発生
      するおそれがある。利益相反は、特定の顧客へのサービスの提供が野村グループの利益と競合・対立する、また
      は競合・対立するとみなされることにより発生する。また、適切な非公開情報の遮断措置または共有がされてい
      ない場合、特定の顧客との取引とグループ各社の取引または他の顧客との取引が競合・対立する、または競合・
      対立するとみなされることにより利益相反が発生するおそれがある。野村グループは利益相反を特定し対処する
      ための利益相反管理体制を整備しているが、利益相反を特定、開示し、適切に対処することができなかった場
      合、またはできていないとみなされた場合には、野村グループのレピュテーションが悪化し、現在または将来の
      顧客を失う可能性がある。また、利益相反の発生により行政処分、または訴訟の提起を受ける可能性がある。
       野村グループのビジネスは、重大なリーガル・リスク、レギュラトリー・リスクおよびレピュテーション・リ

      スクに影響される可能性がある
       野村グループが重大な法的責任を負うことまたは野村グループに対する行政処分がなされることにより、重大
      な財務上の影響を受け、または野村グループのレピュテーションが低下し、その結果、ビジネスの見通し、財務
      状況や経営成績に悪影響を与える可能性がある。また、野村グループや野村グループが業務を行う市場に適用さ
      れる規制に重大な変更がなされた場合、これが野村グループのビジネスに悪影響を与える可能性がある。
        野村グループはさまざまな法的責任を負う可能性がある

        野村グループは、ビジネスにおいてさまざまなリーガル・リスクに晒されている。これらのリスクには、金
       融商品取引法およびその他の法令における有価証券の引受けおよび勧誘に関する責任、有価証券その他金融商
       品の売買から生じる責任、複雑な取引条件に関する紛争、野村グループとの取引にかかる契約の有効性をめぐ
       る紛争、業務提携先との間の紛争ならびにその他の業務に関する法的賠償請求等が含まれる。
        市場の低迷の長期化または市場に重大な影響を与えるイベントの発生により、野村グループに対する賠償請

       求等が増加することが予想され、また、重大な訴訟を提起される可能性がある。これらの訴訟費用は高額にの
       ぼる可能性もあり、訴訟を提起されることにより野村グループのレピュテーションが悪化する可能性もある。
                                  25/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       さらに、適法な取引であったとしても、その取引手法によっては社会的非難の対象となってしまう場合もあ
       る。これらのリスクの査定や数量化は困難であり、リスクの存在およびその規模が認識されない状況が相当期
       間 続く可能性もある。野村グループに対する主な訴訟その他の法的手続きについては、野村ホールディングス
       株式会社     有価証券報告書(第113期)の「第5                   経理の状況 1         連結財務諸表等 (1)           連結財務諸表 連結財
       務諸表注記 20         コミットメント、偶発事象および債務保証」を参照のこと。
        以下、野村ホールディングス株式会社(本枠内の文章中において「当社」といいます。)                                           有価証券報告書(第

        113期)の「第5         経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)           連結財務諸表 連結財務諸表注記 20                   コミットメン
        ト、偶発事象および債務保証」の全文を投資家の便宜のため掲載します。なお、本枠内の文章中において「野
        村」とは野村グループを意味します。
        コミットメント、偶発事象および債務保証:

        コミットメント
        信用および投資関連コミットメント
         野村は、銀行もしくは金融業務の一環として、貸出コミットメントを行っており、この契約義務には一般に固
        定満期日が設定されております。投資銀行業務に関連して、野村は顧客により発行されうる債券を引き受けるこ
        とを保証する契約を結んでおります。この契約のもとでのコミットメント残高は貸出コミットメントに含まれて
        おります。
         また野村は、パートナーシップ等に投資するコミットメントを行っております。また当該投資に関連しパート

        ナーシップ等に資金提供するコミットメントを行っております。この契約のもとでのコミットメント残高は投資
        コミットメントに含まれております。
         2016年3月31日および2017年3月31日において、上記の各コミットメントの残高は、それぞれ以下のとおりで

        あります。
                                                     (単位:百万円)
                                       2016年3月31日            2017年3月31日
         貸出コミットメント
                                             782,525           1,010,257
         投資コミットメント          (1)
                                             136,204             15,194
         (1)   2016年3月31日の投資コミットメントは、主にアメリカン・センチュリー・カンパニーズ                                          Inc.への出資で
           あり、2016年5月19日に出資を完了しております。
         2017年3月31日現在の上記コミットメントの満期年限別の情報は、以下のとおりであります。

                                                     (単位:百万円)
                                             満期年限
                           契約金額
                                  1年以内       1~3年       3~5年       5年超
         貸出コミットメント
                            1,010,257        388,275       123,303       157,510       341,169
         投資コミットメント                     15,194         465        -       383     14,346
                                  26/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         貸出コミットメントにかかる契約金額は、契約がすべて実行され、取引相手先が債務不履行の状態となり、既
        存担保が無価値になったと仮定した場合に想定される、野村の信用関連損失の最大値を表しております。締結さ
        れた契約が実行されることなく契約義務が満期を迎える場合もあるため、こうした信用関連コミットメントの契
        約金額は将来の現金所要額を必ずしも表しているわけではありません。こうした契約義務にかかる信用リスク
        は、顧客の信用力および受入担保の価値によって異なるものになります。野村は、各顧客の信用力を個別に評価
        しております。信用供与に際して必要と考えられる場合に野村が取引相手から受け入れる担保の金額は、取引相
        手の信用力評価に基づいております。
        その他のコミットメント

         建物設備等の工事、広告宣伝、コンピュータ・IT関連の維持管理などに関する契約を含む物品およびサービス
        を購入する義務は、2016年3月31日現在33,230百万円、2017年3月31日現在27,313百万円となっております。
         野村は担保付契約および担保付調達に関連する金額を含む売戻契約および買戻契約を結ぶ義務を負っておりま

        す。これらのコミットメントは2016年3月31日現在、売戻契約に対して1,813十億円および買戻契約に対して535
        十億円、2017年3月31日現在、売戻契約に対して1,830十億円および買戻契約に対して968十億円となっておりま
        す。
         日本では、参加者が金融機関との間で債券・株式の貸借取引を無担保で行う市場があります。この取引に基づ

        き、野村は無担保で借入れた債券・株式を返済する義務を2016年3月31日現在486十億円、2017年3月31日現在
        477十億円負っております。
         証券決済機関および取引所の会員として、野村は当該決済機関および取引所に対して債務不履行となった他の

        会員の財務上の義務の一部を支払うことを要求される可能性があります。これらの保証は一般的に会員契約の下
        で求められます。これらのリスクを軽減するために取引所および決済機関はしばしば会員に担保を差し入れるこ
        とを求めます。このような保証の下で野村が支払いを行う可能性は低いと考えられます。
        偶発事象

        訴訟およびその他の法的手続き
         野村は、グローバルな金融機関として通常の業務を行う過程で訴訟およびその他の法的手続きに関係せざるを
        得ません。その結果として、野村は罰金、違約金、賠償金または和解金および訴訟費用または弁護士費用等の負
        担を強いられることがあります。
         これらの訴訟や法的手続きの結果を予想することは難しく、とりわけ、巨額の賠償請求または金額未定の賠償

        請求の場合、法的手続きが初期段階にある場合、新たな法的論点が争われている場合、多数の当事者が手続きに
        関与している場合、複雑または不明確な法律が適用されている国外の法域で手続きが進められる場合等には特に
        困難であるといえます。
                                  27/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         当社は外部弁護士と協議の上で個々の法的手続きおよび請求について定期的に評価を行い、これらの損失額の
        水準や範囲を見積もることが可能かどうか査定しております。当社は、編纂書450「偶発事象」(以下「編纂書
        450」)に従い、個々の事案について損失が生じる蓋然性が高く、かつそのような損失の金額を見積もることが合
        理的に可能な場合にはこれら個々の事案について損失リスクに関する負債を計上します。負債計上される金額は
        少なくとも四半期ごとに見直され、新たな情報をもとに修正されます。個別の事案についてこれらの基準が満た
        されない場合、例えば、損失が生じる可能性はあるものの、その蓋然性が高いとまではいえないような場合、負
        債は計上されません。しかし、重大な損失が発生する合理的な可能性がある場合、当社はその法的手続きまたは
        請求の詳細を以下において開示します。編纂書450において合理的な可能性がある場合とは当社に対する損失の発
        生の蓋然性は高くはないが、その可能性が低いとまではいえない場合であると定義されております。
         野村に対する主な訴訟および法的手続きの概要は以下のとおりです。連結財務諸表の作成基準日時点の情報に

        基づき、当社は、これらの法的手続きの解決が当社の財務状況に重大な影響を与えるものではないと考えていま
        す。しかしながら、これらの事案の結果が、特定の四半期または事業年度の連結損益計算書やキャッシュ・フ
        ローに重大な悪影響を及ぼす可能性もあります。
         以下の野村に対する主な訴訟および法的手続きの一部について、当社は、負債計上されている額がある場合に

        はその額を超えて合理的に発生する可能性のある損失額または合理的に発生する可能性のある損失の範囲を見積
        もることができます。これらの見積もりは、各事案において野村に対して主張されている特定の損害額や請求等
        の連結財務諸表の作成基準日時点の情報に基づき算出されています。2017年6月26日現在、当社は、合理的に発
        生する可能性のある損失の範囲を見積もることができるこれらの事案において、負債計上されている額がある場
        合にはその額を超えて合理的に発生する可能性のある最大損失額の合計は、約470億円であると見積もっていま
        す。
         その他の主要な訴訟および法的手続きについて、当社は合理的に発生する可能性のある損失額やその範囲を見
        積もることができません。その理由としては、とりわけ①法的手続きが初期段階にあり、主張されている請求に
        根拠があるかどうかを判断する情報が十分にないこと、②相手方が損害を明らかにしていないこと、③損害に根
        拠がないこと、または損害が誇張されていること、④係属中の控訴または申立ての結果が不確かであること、⑤
        時効の適用等を含め、請求の却下にもつながる重要な法律問題が解決されていないこと、または⑥請求に関連し
        てこれまでに議論されなかったまたは未解決の法的な論点が争われていること等が挙げられます。
         2008年1月、ノムラ・インターナショナル                      PLC(以下「NIP」)は、イタリア共和国ペスカーラ県の租税局か

        ら、二重課税にかかる英伊租税条約(1998年)に反した行為があったとする通知を受領しました。その通知の内
        容は、イタリア株式の配当金に関して、NIPが既に還付金として受領した約33.8百万ユーロおよび金利の返還を求
        めるものでした。NIPは同県租税裁判所の租税局の主張を認める決定を不服とし、その取消しを求めております。
                                  28/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2010年10月および2012年6月に、Fairfield                      Sentry    およびFairfield        Sigmaの2つのファンド(共に清算手続き
        中。以下総称して「Fairfield」)が過去にNIPに支払った償還金の返還を求めて、2件の訴訟がNIPに対して提起
        されています。Fairfieldは、米国のBernard                      L.  Madoff    Investment      Securities      LLC(米国証券投資者保護法に
        基づき2008年12月より清算手続き中。以下「BLMIS」)を主たる運用先としていました。1件目の訴訟は2010年10
        月5日にFairfieldの清算人が米国の州裁判所に提起したもので、その後、米国の連邦破産裁判所に移送されまし
        た。2件目の訴訟はBLMISの破産管財人(以下「Madoff管財人」)が米国の連邦破産裁判所に提起した訴訟で、
        2012年6月に、NIPが被告として追加されたものです。2016年11月、連邦破産裁判所はMadoff管財人が提起した訴
        訟について請求却下の申立てを認めました。この決定に対し、Madoff管財人は第2巡回区控訴裁判所に控訴しま
        した。これら2件の訴訟は、同じ約35百万米ドルの償還金の返還を請求するものです。
         2011年4月、ボストン連邦住宅貸付銀行は住宅用不動産ローン担保証券(以下「RMBS」)の発行体、スポン
        サー、引受人およびそれらの親会社等多数の者に対してマサチューセッツ州裁判所に訴訟を提起しました。その
        中にはノムラ・アセット・アクセプタンス・コーポレーション(以下「NAAC」)、ノムラ・クレジット&キャピ
        タルInc.(以下「NCCI」)、ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル                                     Inc.(以下「NSI」)およびノム
        ラ・ホールディング・アメリカInc.(以下「NHA」)が含まれております。ボストン連邦住宅貸付銀行はNAACが発
        行したRMBSを購入したが、募集資料の中に、証券の裏付けとされているそれぞれのローンを最初に貸し付けた業
        者の貸付基準およびそれらローンの特性に関連して不実記載があった、または重要事実が記載されていなかった
        と主張しています。ボストン連邦住宅貸付銀行は州法に基づき購入の取消しまたは損害賠償を請求しています。
        ボストン連邦住宅貸付銀行はNAACが発行した約406百万米ドルの証券を4回にわたる募集において購入したと主張
        しています。現在、証拠開示手続きが行われております。
         2011年7月、ウエスタン・コーポレート連邦信用組合(Western                                 Corporate     Federal    Credit    Union(以下

        「WesCorp」))の清算人である米国信用組合管理機構(National                                Credit    Union   Administration        Board(以下
        「NCUA」))はRMBSの発行体、スポンサー、引受人等に対してカリフォルニア中部地区連邦地方裁判所に訴訟を
        提起しました。その中にはNAACおよびノムラ・ホーム・エクイティ・ローンInc.(以下「NHEL」)が含まれてお
        ります。WesCorpは募集資料の中に、証券の裏付けとされているそれぞれのローンを最初に貸し付けた業者の貸付
        基準に関連して不実記載があった、または重要事実が記載されていなかったと主張していました。WesCorpは2回
        にわたる募集において約83百万米ドルの証券を購入したと主張し、購入の取消しまたは損害賠償を請求していま
        した。2016年10月28日に当事者らは和解し、当該訴訟は取り下げられました。
                                  29/206








                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2011年9月、連邦住宅抵当公庫(Federal                      National     Mortgage     Association)および連邦住宅金融抵当金庫
        (Federal     Home   Loan   Mortgage     Corporation)(以下総称して「政府系機関」)の財産管理人である米連邦住宅
        金融局(Federal        Housing    Finance    Agency)は、RMBSの発行体、スポンサー、引受人およびこれらの親会社等に
        対してニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に訴訟を提起しました。その中には当社の米国子会社であるNAAC、
        NHEL、NCCI、NSIおよびNHAが含まれております。政府系機関はNAACおよびNHELが発行したRMBSを購入したが、募
        集資料の中に、証券の裏付けとされているそれぞれのローンを最初に貸し付けた業者の貸付基準およびそれら
        ローンの特性に関連して不実記載があった、または重要事実が記載されていなかったと主張していました。政府
        系機関は7回にわたる募集において約20億46百万米ドルの証券を購入したと主張し、購入の取消しを請求してい
        ました。2015年3月16日から審理が行われ、2015年4月9日に最終弁論が終了しました。2015年5月15日、裁判
        所の判決が言い渡され、裁判所は政府系機関が被告らに対し訴訟の対象となっているRMBSを引き渡す代わりに、
        被告らが政府系機関に対し806百万米ドルを支払うよう命じました。当社米国子会社らは第2巡回区控訴裁判所に
        控訴しました。被告らは、州証券法に基づき回収可能な訴訟費用および弁護士費用を、控訴審の判決に応じて最
        大33百万米ドル支払うことに合意しました。
         2011年10月、米国中央連邦信用組合(U.S.                     Central    Federal    Credit    Union(以下「U.S.         Central」))の清算

        人であるNCUAはRMBSの発行体、スポンサー、引受人等に対してカンザス地区連邦地方裁判所に訴訟を提起しまし
        た。その中にはNHELが含まれております。U.S.                       CentralはNHELが発行したRMBSを購入したが、募集資料の中に、
        証券の裏付けとされているそれぞれのローンを最初に貸し付けた業者の貸付基準に関連して不実記載があった、
        または重要事実が記載されていなかったと主張していました。U.S.                                Centralは1回の募集において約50百万米ド
        ルの証券を購入したと主張し、購入の取消しまたは損害賠償を請求していました。2016年10月28日に当事者らは
        和解し、当該訴訟は取り下げられました。
         2011年11月、NIPはBLMISの破産手続きのために、ニューヨーク南部地区米国破産裁判所によって任命された

        Madoff管財人からの訴状の送達を受けました。Madoff管財人は同様の訴訟を多数の法人に対して提起していま
        す。Madoff管財人は、NIPがBLMISに投資を行うフィーダー・ファンドであったHarley                                         International       (Cayman)
        Limitedから償還金を2008年12月11日(BLMISに対して破産手続きが開始された日)以前の6年間に受け取ったと
        主張し、これを返還するよう、連邦破産法およびニューヨーク州法に基づき求めています。2016年11月、連邦破
        産裁判所はMadoff管財人が提起した訴訟について請求却下の申立てを認めました。この決定に対し、Madoff管財
        人は第2巡回区控訴裁判所に控訴しました。Madoff管財人によるNIPに対する返還請求の金額は、約21百万米ドル
        です。
                                  30/206







                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2013年3月、モンテパスキ銀行(以下「MPS」)は、①MPSの元役員2名および②NIPに対してイタリアの裁判所
        に訴えを提起しました(以下「MPS訴訟」)。この訴えにおいてMPSは、当該銀行の元役員が2009年に不正にNIPと
        のデリバティブ取引を締結したと主張し、NIPは、MPS元役員の違法行為につき不正に加担したとして、連帯して
        責任を負うと主張しました。また、その損害額は少なくとも11.42億ユーロであると主張しました。
         2013年3月、NIPは、MPSとの取引が有効であり法的拘束力がある旨を確認するため、MPSに対して英国の裁判所
        に訴えを提起しました。2014年3月、MPSは反論書を提出し、取引が違法であり無効であると主張するとともに、
        NIPは当該取引の下で受け取った約15億ユーロを返還するべきと主張しました。
         2015年9月23日、NIPおよびMPSは、当該デリバティブ取引を終了する旨の和解契約を締結しました。NIPは、当
        該デリバティブ取引は適法・適正に行われたものと考えており、今般の和解はNIPの法的責任を認めるものではあ
        りません。しかしながらNIPとしては、欧州関係当局や外部の専門家の意見、助言にも鑑み、和解を選択すること
        が最善であると判断しました。和解契約に基づき、当該デリバティブ取引はMPSからNIPに支払われるべき額を440
        百万ユーロ減額し清算されました。本和解に基づき、MPSおよびNIPは、イタリアの裁判所にMPSのNIPに対する訴
        訟を取り下げるための申し立てを行いました。2015年12月、イタリアの裁判所は、MPSの元役員が提起している訴
        訟を除き、NIPに対するすべての訴訟を取り下げる旨の判断をしました。これにより、イタリアおよび英国におけ
        るMPSとNIP間の民事訴訟は終了しました。本和解により前連結会計年度に与えた連結税引前当期純利益への影響
        額は約340億円の損失であり、その全額をトレーディング損益として計上しました。
         2013年7月、MPSの大株主(Fondazione                    Monte   dei  Paschi    di  Siena(以下「FMPS」))は、MPSの元役員およ
        びNIPに対してMPS訴訟と同様の訴えを提起しました(以下「FMPS訴訟」)。この訴えについて、FMPSは、その損
        害額は少なくとも315.2百万ユーロであると主張しています。NIPは、MPS訴訟およびFMPS訴訟について反論書を提
        出しました。
         なお、2013年4月、イタリアのシエナ地方検察当局は、MPSおよびMPSの元役員らが当該デリバティブ取引にお
        いて果たした役割等の解明のため捜査を開始し、その後ミラノ地方検察当局に引き渡されました。2015年4月3
        日、ミラノ地方検察当局は、予備捜査を終了する通知を発出し過去のMPSの決算に関して不正会計および相場操縦
        等があったとして、MPS、MPSの元役員3名、NIPならびにNIPの元役員および職員2名の起訴に向けて手続きを進
        めていました。2016年10月1日、起訴の是非を判断する裁判所の予備審問が終了し、裁判官は、検察官との間で司
        法取引を行ったMPSを除く関係者について、審理を開始することを決定し、2016年12月に審理が開始されました。
         また、NIPはイタリア金融規制当局(CONSOB)より、当該デリバティブ取引に関する虚偽情報の市場への流布に
        ついて課徴金調査手続きを開始する旨の送達を受けました。受領した通知では、当該デリバティブ取引に関連し
        て、MPS、MPSの元役員3名、NIPの元役員および職員2名が被審人として挙げられており、NIPは当該元役員およ
        び職員に課せられる罰金の支払いに対して雇用者として連帯責任を負う者として挙げられております。NIPは本手
        続きについて反論書を提出しています。
         NIPは、係属中の法的手続きにおけるNIPの正当性を主張してまいります。
         2016年1月、イタリアのチビタベッキア自治体(以下「自治体」)はNIPに対してチビタベッキア地方裁判所に

        訴訟を提起しました。当該訴訟は、2003年から2005年にかけて自治体が行ったデリバティブ取引に関連するもの
        であり、自治体は、NIPがアドバイザリー契約に基づく義務を遵守しなかったとして約35百万ユーロの損害賠償を
        求めています。NIPは、NIPの正当性を主張してまいります。
                                  31/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2016年6月、ノムラ・インターナショナル(ホンコン)LIMITED(以下「NIHK」)は、台北地方裁判所におい
        て、Cathay      United    Bank,   Co.,   Ltd.、Taiwan       Cooperative      Bank   Ltd.、Chang       Hwa  Commercial      Bank   Ltd.、
        Taiwan    Business     Bank   Ltd.、KGI     Bank   およびHwatai       Bank   Ltd.(以下総称して「シンジケート団銀行」)から
        NIHKおよびその関係会社に対して提起された訴訟について送達を受けました。当該訴訟は、NIHKがアレンジャー
        を務めたUltrasonic          AGの子会社に対する60百万米ドルのシンジケートローンに関連するものです。シンジケート
        団銀行は、NIHKのアレンジャーとしての信任義務違反等を根拠として約48百万米ドルの損害賠償を求めていま
        す。NIHKは、NIHKの正当性を主張してまいります。
         2017年3月、American            International       Group,    Inc.の子会社数社(以下「AIG」)は、NSIを含む数社および数

        人の個人に対し、テキサス州ハリス郡州地方裁判所に訴訟を提起しました。当該訴訟は、2012年に募集が行われ
        た総額750百万米ドルのプロジェクト・ファイナンス社債のうちAIGが購入したと主張している92百万米ドル分に
        関連するものです。AIGは当該社債の勧誘、募集、発行および販売に関連する重要な不実記載によるテキサス州証
        券法違反を根拠とし購入の取消しまたは損害賠償を求めています。
         国債、国際機関債および政府関連機関債に関連するNIP、その他野村グループ内の該当会社およびその他当事者

        の活動に対し規制当局による競争法関連の調査が行われております。また、NIPおよびその他野村グループ内の該
        当会社は、国際機関債および政府関連機関債の流通市場における価格操作により米国独占禁止法等の違反があっ
        たとして、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に提起された集団訴訟の被告となっております。
         野村證券株式会社(以下「野村證券」)は日本を代表する証券会社であり、同社の顧客口座数は約536万口座に
        及びます。同社の顧客との多くの取引において、顧客の投資損失等をめぐっての係争が、場合によっては訴訟に
        なることがあります。その中には、2013年4月に法人顧客より提起された2005年から2011年にかけて行われた為
        替デリバティブ取引およびエクイティ関連の仕組債11銘柄の売却や償還により発生した損失額等の10,247百万円
        の損害賠償を求めるもの、2014年10月に法人顧客より提起された2006年から2012年にかけて行われた為替デリバ
        ティブ取引により発生した損失額等の2,143百万円の損害賠償を求めるものが含まれます。これらの訴訟の顧客
        は、取引契約時点における、野村證券による説明義務違反等を主張していますが、同社はこれらの顧客の主張に
        は理由がないと考えております。
                                  32/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         上記に記載したいずれの訴訟においても、当社は、当社子会社による主張が正当に認められるものと確信して
        おります。
         当社の米国子会社であるNHA、NAAC、NCCI、NHEL、NSI、ノムラ・アメリカ・モーゲッジ・ファイナンスLLCおよ

        びノムラ・アセット・キャピタル・コーポレーションは、米国司法省およびニューヨーク東地区連邦検事局よ
        り、2006年および2007年に当社米国子会社がスポンサー、発行、引受け、または勧誘したRMBSに関連して、金融
        機関改革救済執行法に基づき当社米国子会社に対して民事制裁金等を課すことができるかを調査中であるとする
        通知を受領しております。当社米国子会社は調査に対して全面的に協力してまいります。
         米国証券取引委員会および米国司法省は、商業用および住宅用不動産ローン担保証券取引におけるNSIの元職員

        数名の行為に対する調査を行っています。NSIはこれらの調査に対し全面的に協力しております。NSIは、米国証
        券取引委員会が、当該元職員に対するNSIの当時の監督状況についての行政手続きを開始すると考えており、問題
        となっている取引に関連した不当利得の返還等を行う必要が出てくると想定しております。
        上記以外の米国における不動産証券化商品に関する偶発債務

         当社の米国子会社では、住宅用不動産担保ローンをRMBSとする証券化を行っておりました。これらの子会社で

        は、原則として、不動産を担保に自ら貸付を行うのではなく、第三者であるローン組成業者(以下「オリジネー
        ター」)から不動産担保付ローンを購入しておりました。ローンの購入に際しては、オリジネーターからローン
        債権の内容に関する表明保証(representations)を受け入れておりました。証券化にあたって子会社が行った表
        明保証は、オリジネーターから受け入れた表明保証の内容をそのまま反映させたもので、その内容は概ね以下の
        とおりです。
         不動産担保ローンの証券化のためのローン債権に関して提供される表明保証とは、個々のローン債権に関する

        詳細なもので、ローンの借り手および当該不動産の特性に応じたものです。これらの表明保証には、借り手の信
        用状態、対象不動産価値のローン債権額に対する比率、対象不動産の所有者による当該不動産の居住利用状況、
        抵当権の順位等の情報、オリジネーターのガイドラインに従ってローンが組成された事実、およびローンが関連
        法令に従い適法に組成された旨の事実等が含まれます。子会社組成のRMBSの中には、いわゆるモノラインの保険
        会社が保険を付与して信用が補完されたものもありました。
         子会社の中には、証券の信託受託者から、ローンを買戻すように請求を受けているものがあります。これらの

        請求は保険提供者であるモノラインや、投資家の要請によるものがあると思われます。各証券化から6年以内に
        当社子会社らが買戻請求を受けたローンの元本合計金額は3,203百万米ドルです。表明保証違反に基づく請求に適
        用される時効成立後に買戻請求を受けたものについては、当社子会社らは買戻しに応じていません。6年以内に
        買戻請求を受けたものについては、当社子会社らは個々の請求を精査し、請求の根拠がないと考えられるものに
        ついては異議を唱え、一定の意義を見出せる請求についてはローンの買戻しに応じています。当社子会社らが買
        戻しに応じなかった請求の一部については、契約違反として証券の信託受託者から訴訟が提起されているものも
        あります。契約違反に関する請求に適用される6年の時効成立前に提起された訴訟については、却下されること
        なく初期段階にあります。これらの訴訟は事実に基づく情報が欠如し法的に不確定な部分が多く存在するため、
        当社は負債計上されている額を超えて合理的に発生する可能性のある損失額を見積もることはできません。
                                  33/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        債務保証
         野村は、通常の業務の一環として、スタンドバイ信用状およびその他の債務保証の方法で取引相手とさまざま
        な債務保証を行っており、こうした債務保証には一般に固定満期日が設定されております。
         加えて、野村は債務保証の定義に該当する一定のデリバティブ取引を行っております。こうしたデリバティブ

        取引は被債務保証者の資産、負債または持分証券に関連する原証券の変動に伴って債務保証者が被債務保証者に
        支払いを行うことが偶発的に求められるようなデリバティブ取引であります。野村は顧客がこれらのデリバティ
        ブ取引を投機目的で行っているのかまたはヘッジ目的で行っているかを把握していないため、債務保証の定義に
        該当すると考えられるデリバティブ取引に関して情報を開示しております。
         一定のデリバティブ取引によって、野村が将来支払わなければならない潜在的な最大金額の情報として契約の

        想定元本額を開示しております。しかしながら、金利キャップ売建取引および通貨オプション売建取引のような
        一定のデリバティブ取引に対する潜在的な最大支払額は、将来の金利または為替レートにおける上昇が理論的に
        は無制限であるため、見積もることができません。
         野村はすべてのデリバティブ取引を連結貸借対照表に公正価値で認識しております。また、想定元本額は一般

        的にリスク額を過大表示していると考えております。デリバティブ取引は公正価値で認識されているため、帳簿
        価額は個々の取引に対する支払、履行リスクを最も適切に表すものと考えております。
         債務保証の定義に該当すると考えられる野村のデリバティブ取引およびスタンドバイ信用状およびその他の債

        務保証は以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                               2016年3月31日                 2017年3月31日
                                    潜在的な最大                 潜在的な最大
                            帳簿価額        支払額または          帳簿価額        支払額または
                                    契約額                 契約額
         デリバティブ取引(1)(2)
                              5,710,433        204,781,587          4,501,962        209,982,338
         スタンドバイ信用状および
                                 242        8,422          900        8,604
         その他の債務保証(3)
         (1)クレジット・デリバティブは「注記3 デリバティブ商品およびヘッジ活動」で開示されており、上記デ
           リバティブ取引には含まれておりません。
         (2)主にエクイティ・デリバティブ、金利デリバティブおよび為替取引で構成されております。
         (3)スタンドバイ信用状およびその他の債務保証に関連して保有される担保は2016年3月31日においては6,115
           百万円でした。2017年3月31日現在においては5,656百万円となっております。
                                  34/206





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2017年3月31日現在の債務保証の定義に該当すると考えられる野村のデリバティブ取引およびスタンドバイ信
        用状およびその他の債務保証にかかる満期年限別の情報は、以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                                    潜在的な最大支払額または契約額
                      帳簿価額                        満期年限
                               計
                                    1年以内      1~3年      3~5年       5年超
         デリバティブ取引
                      4,501,962       209,982,338       68,194,141      55,660,060      25,428,588      60,699,549
         スタンドバイ信用状
         およびその他の債務                 900       8,604        15       3     688     7,898
         保証
        野村グループに適用のあるさまざまな規制により業務が制限され、また行政処分等や損失を受ける可能性が

       ある
        金融業界は広範な規制を受けている。野村グループは、国内において政府機関や自主規制機関の規制を受け
       るとともに、海外においては業務を行っているそれぞれの国の規制を受けている。また、野村グループのビジ
       ネスの拡大とともに、適用される政府機関や自主規制機関の規制も増加する可能性や、法改正によって、これ
       らの規制が強化される可能性がある。さらに、金融規制の体系の複雑化が進み、ある一国の規制が、当該国以
       外の活動に域外適用される可能性も増加している。これらの規制は、広く金融システムの安定や金融市場・金
       融機関の健全性の確保、野村グループの顧客および野村グループと取引を行う第三者の保護等を目的としてお
       り、自己資本規制、顧客保護規制、市場行動規範などを通じて野村グループの活動を制限し、野村グループの
       収益に影響を与えることがある。この他、従来の金融関連法制に加え、広く国際的な政治経済環境や政府当局
       の規制・法執行方針等によっても、野村グループのビジネスに適用・影響する法令諸規制の範囲が拡大する可
       能性がある。とりわけ、金融業界に対する各国の政府機関や自主規制機関による調査手続や執行については、
       近年件数が増加し、また、それらによる影響はより重大なものになっており、野村グループもそのような調査
       手続や執行の対象となるリスクに晒されている。この点、野村グループは、法令諸規制を遵守するための対策
       を講じてはいるが、法令諸規制に抵触することを完全には防ぐことができない可能性があり、仮に法令違反等
       が発生した場合には、罰金、一部の業務の停止、社内管理態勢の改善等にかかる命令、もしくは営業認可の取
       消しなどの処分を受ける可能性がある。野村グループが行政上の処分または司法上の決定・判決等を受けた場
       合、野村グループのレピュテーションが悪化し、ビジネス機会の喪失や人材確保が困難になるといった悪影響
       を受ける可能性がある。また、それらの処分により、顧客(とりわけ公的機関)が野村グループとの金融取引
       を行わない決定をした場合は、たとえ命令等の処分が解除された後であっても、一定期間、野村グループがビ
       ジネスの機会を喪失する可能性がある。さらに、野村グループが国際的な制裁の対象地域で事業活動を行う場
       合には、当該事業活動が制裁規制に違反していなくても、一部の市場関係者が野村グループへの投資や野村グ
       ループとの取引を控える可能性がある。
        金融システム・金融セクターに対する規制強化の進行が、野村グループのビジネス、財政状態および経営成

       績に影響を及ぼす可能性がある
        野村グループのビジネスに適用される規制が導入・改正・撤廃される場合、野村グループは、直接またはそ
       の結果生じる市場環境の変化を通じて悪影響を受けることがある。規制の導入・改正・撤廃により、野村グ
       ループの全部または一部の事業を継続することの経済合理性がなくなる可能性、もしくは規制の対応に膨大な
       費用が生じる可能性がある。
                                  35/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        特に米国におけるドッド・フランク法や欧州連合・英国における各種の金融規制強化策など、さまざまな金

       融規制改革が進行している。これらの制度改正の詳細および野村グループへの影響は、政府・監督機関により
       策定される最終的な規制による。
        加えて、野村グループに適用される会計基準や自己資本比率・流動性比率・レバレッジ比率等に関する規制

       の変更が、野村グループのビジネス、財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性がある。そうした新たな
       規制の導入または既存の規制の改正には、バーゼル銀行監督委員会(以下「バーゼル委員会」という。)によ
       るいわゆるバーゼルⅢと呼ばれる規制パッケージが含まれ、その一部はルールの最終化に向けた作業が続いて
       いる。これらの規制により、野村グループの資金調達コストが上昇する、あるいは野村グループのビジネス、
       資金調達活動や野村グループの株主の利益に影響を及ぼすような資産売却、資本増強もしくは野村グループの
       ビジネスの制限を行わなければならない可能性がある。なお、金融当局が認定するグローバルにシステム上重
       要な銀行(以下「G-SIBs」という。)の対象およびG-SIBsに対する追加的な自己資本規制等は、金融安定理事
       会(以下「FSB」という。)およびバーゼル委員会により毎年見直されている。さらに、G-20首脳会合は、G-
       SIBsの枠組を国内のシステム上重要な銀行(以下「D-SIBs」という。)まで拡張するようFSBおよびバーゼル
       委員会に対して要請し、2012年10月、バーゼル委員会は、D-SIBs                                  に関する評価手法およびより高い損失吸収
       力の要件に関する一連の原則を策定し、公表した。2015年12月、金融庁は野村ホールディングスをD-SIBsに指
       定し、2016年3月以降の追加的な資本賦課水準を3年間の経過措置はあるが0.5%とした。その結果として、
       今後各種のコスト負担や影響が加重される可能性がある。
        経営状況、法的規制の変更などにより、繰延税金資産の計上額の見直しが行われ、野村グループの経営成績

       および財政状態に影響を及ぼす可能性がある
        野村グループは、一定の条件の下で、将来における税金負担額の軽減効果を有すると見込まれる額を繰延税
       金資産として連結貸借対照表に計上している。今後、経営状況の悪化、法人税率の引下げ等の税制改正、会計
       原則の変更などその回収可能性に変動が生じる場合には、野村グループの連結貸借対照表に計上する繰延税金
       資産を減額する可能性がある。その結果、野村グループの経営成績および財政状態に影響が生じる可能性があ
       る。繰延税金資産の内訳については野村ホールディングス株式会社                                   有価証券報告書(第113期)の「第5                    経
       理の状況 1       連結財務諸表等 (1)           連結財務諸表 連結財務諸表注記 15                    法人所得税等」を参照のこと。
        以下、野村ホールディングス株式会社(本枠内の文章中において「当社」といいます。)                                           有価証券報告書(第113

        期)の「第5       経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結財務諸表 連結財務諸表注記 15                  法人所得税等」の全文
        を投資家の便宜のため掲載します。なお、本枠内の文章中において「野村」とは野村グループを意味します。
                                  36/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        法人所得税等:
         2016年3月期および2017年3月期における連結損益計算書に記載されている法人所得税等の内訳は、以下のとおり
        です。
                                                     (単位:百万円)

                                        2016年3月期            2017年3月期
          当年度分
          国 内                                   72,272            52,004
                                              9,183            5,697
          海 外
            当年度分計                                 81,455            57,701
          繰延分
          国 内                                  △66,176             20,239
                                              7,317            2,289
          海 外
            繰延分計                                △58,859             22,528
          法人所得税等計                                   22,596            80,229
         2016年3月期および2017年3月期の法人所得税等(繰延分)のうち、税務上の繰越欠損金にかかる税務ベネフィッ

        トの認識額は、それぞれ5,451百万円および868百万円となりました。
         当社および日本の100%子会社は、日本における連結納税制度を導入しております。この連結納税制度は、国税だ

        けを対象としています。
         2015年および2016年の税制改正により当社の法定実効税率は、2016年3月期は33%、2017年3月期は31%となって

        おります。
         「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正す

        る法律等の一部を改正する法律」(平成28年法律第86号)が2016年11月18日に成立し、2017年4月1日以降に開始す
        る事業年度に予定されていた国税および地方税の税率改正の実施時期が2019年10月1日以降に開始する事業年度に延
        期されました。繰延税金資産および繰延税金負債を計算する法定実効税率は変更ありませんが、国税と地方税の間で
        税率の組替えが発生する影響により、繰延税金負債の純額は3,366百万円増加し、法人税等調整額は同額増加してお
        ります。
         海外子会社は、各会社が事業を行う国の法人税率の適用を受けております。法人所得税等と会計上の税引前当期純

        利益(損失)との関係は、さまざまな税額控除、課税所得に影響しない特定の収益、税務上控除されない特定の費
        用、評価性引当金の増減、および海外子会社に適用される税率の相違等、多様な要因の影響を受けております。
                                  37/206





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2016年3月期および2017年3月期における連結損益計算書に記載されている法人所得税等の負担税率と当社の法定
        実効税率との差異の内訳は、以下のとおりであります。
                                            2016年3月期          2017年3月期

          当社の法定実効税率
                                                33.0  %        31.0  %
          影響要因:
           評価性引当金の増減                                     36.1         △10.8
           益金に加算される項目                                     0.3          0.1
           損金に算入されない費用項目                                     7.8          2.9
           益金に算入されない収益項目                                    △7.2          △2.6
           海外子会社からの配当                                     0.0          0.0
           海外子会社の未分配所得の影響                                     0.1          0.0
           海外子会社の所得(欠損金)に適用される税率差異                                     1.1          0.3
           国内の税制改正の影響                                    △0.9           1.0
           子会社・関連会社株式等の評価減の税務上の認容見込み
                                               △54.8            1.7
                                     (1 )
                                                △ 1.8          1.3
           その他
          実効税率                                      13.7  %        24.9  %
         (1)2016年3月期の子会社・関連会社株式等の評価減の税務上の認容見込み90十億円(野村の実効税率への影響は

         △54.8%)は、当社の100%子会社の清算決定に伴って繰延税金資産を計上したことによるものです。なお、合計
         24十億円の評価性引当金がこれらの繰延税金資産に対して計上されており、同期間の評価性引当金の増減に含まれ
         ております。
                                  38/206











                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2016年3月31日および2017年3月31日現在の特定の税務管轄地域内における同一納税主体に関連するものを相殺す
        る前の繰延税金資産および負債の内訳は、以下のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)

                                        2016年3月31日            2017年3月31日
          繰延税金資産
           減価償却、その他の償却、および固定資産の評価                                  16,862            17,988
           子会社・関連会社株式投資                                  112,030            100,100
           金融商品の評価差額                                  60,776            65,158
           未払退職・年金費用                                  16,190            21,854
           未払費用および引当金                                  96,202            84,268
           繰越欠損金                                  435,122            406,440
                                              5,644            8,408
           その他
           繰延税金資産小計
                                             742,826            704,216
                                            △543,489            △519,492
           控除:評価性引当金
            繰延税金資産合計                                 199,337            184,724
          繰延税金負債
           子会社・関連会社株式投資                                  121,874            125,752
           金融商品の評価差額                                  49,873            46,684
           海外子会社の未分配所得                                    711            947
           固定資産の評価                                  19,165            18,042
                                              6,822            5,840
           その他
            繰延税金負債合計                                 198,445            197,265
          繰延税金資産(負債)の純額                                     892         △12,541
         連結貸借対照表のその他の資産-その他として記載されている特定の税務管轄地域内における同一納税主体に関連

        するものを相殺した後の繰延税金資産の純額は、それぞれ2016年3月31日現在36,130百万円、2017年3月31日現在
        21,825百万円となりました。また、連結貸借対照表のその他の負債として記載されている特定の税務管轄地域内にお
        ける同一納税主体に関連するものを相殺した後の繰延税金負債の純額は、それぞれ2016年3月31日現在35,238百万
        円、2017年3月31日現在34,366百万円となりました。
         2017年3月31日現在、予見可能な将来に配当支払が予想されていない海外子会社の未分配所得の合計額3,927百万

        円に対して繰延税金負債の計上は行われておりません。これらすべての海外子会社の所得が配当される際の税額を見
        積もることは現実的ではありません。
                                  39/206





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2016年3月期および2017年3月期における繰延税金資産にかかる評価性引当金の推移は、以下のとおりでありま
        す。
                                                   (単位:百万円)
                                     2016年3月期              2017年3月期
          期首残高
                                          565,103              543,489
                                         △21,614              △23,997
          期中の純増減額                                    (1)              (2)
          期末残高                                543,489              519,492
         (1)海外子会社では、主に繰越欠損金の増加による評価性引当金の計上により7,003百万円の増加となり、将来の

           実現可能性の見直しおよび海外子会社の影響により、評価性引当金が27,757百万円減少しました。また、当社
           および国内子会社では、主に国内の税制改正の影響により繰越欠損金にかかる評価性引当金が減少した結果、
           評価性引当金が860百万円減少したため、全体で21,614百万円の減少となりました。
         (2)海外子会社では、将来の実現可能性の見直しおよび海外子会社の影響により、評価性引当金が2,040百万円の
           増加となり、主に繰越欠損金の使用によって評価性引当金が35,214百万円減少しました。また、当社および国
           内子会社では、主に将来の実現可能性の見直しにより評価性引当金が5,811百万円増加、国内の税制改正の影
           響により繰越欠損金にかかる評価性引当金が3,366百万円増加した結果、全体で23,997百万円の減少となりま
           した。
         2017年3月31日現在、野村は、1,985,408百万円の税務上の繰越欠損金を有しております。このうち、当社および

        国内子会社に関連するものが585,026百万円、英国に所在する海外子会社に関連するものが717,812百万円、米国に所
        在する海外子会社に関連するものが411,370百万円、香港に所在する海外子会社に関連するものが200,857百万円、そ
        の他の地域に所在する海外子会社に関連するものが70,343百万円であります。当該欠損金については、無期限に繰越
        が可能な983,470百万円を除き、2017年から2026年までに656,168百万円、2027年以降345,770百万円が税務上の効果
        を失うことになります。
         野村は、2017年3月31日現在の評価性引当金の計上にあたり、当社および当社の国内子会社および海外子会社の税

        務管轄地域内における繰延税金資産の回収可能性に関連する入手可能なあらゆる肯定的および否定的証拠を適切に検
        討しております。
         日本およびその他の税務管轄地において、近年、野村の国内子会社および海外子会社は累積的な繰越欠損金を計上

        しております。これは繰延税金資産の回収可能性に関連する入手可能な最も否定的な証拠が入手可能な肯定的な証拠
        を上回っているためであります。
         一方、野村は、特定の税務戦略は将来繰越欠損金を使用するために充分な課税所得を生み出すための潜在的な資源

        と考えております。しかし、この税務戦略は、2016年3月期および2017年3月期において、野村が業務を行っている
        すべての主要な税務管轄地において、評価性引当金の減少をもたらす肯定的な証拠ではありません。加えて、これら
        の税務管轄地において、2016年3月期および2017年3月期において、肯定的および否定的証拠の適用度合の変更によ
        る評価性引当金の減少はありませんでした。
                                  40/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         2016年3月31日および2017年3月31日現在、重要な未認識税務ベネフィットはありません。また、2016年3月期お
        よび2017年3月期において、重要な未認識税務ベネフィットの変動および未認識税務ベネフィットにかかる利息およ
        び加算税はありません。野村は、日本の国税庁ならびに主要な業務を行っている税務管轄地におけるその他の税務当
        局より、継続的に税務調査を受けております。野村はそれぞれの税務管轄地において追加的に徴収される可能性と連
        結財務諸表における影響額を定期的に評価しております。期末日以降12ヶ月の間に、未認識の税務ベネフィットが著
        しく増加する可能性はありますが、現時点では潜在的な結果が不確実なため、定量的に見積もることは出来ません。
        しかしながら、未認識税務ベネフィットの変動が当社の連結財政状態に重要な影響を与えるとは考えておりません。
         野村は複数の税務管轄地において業務を行っており、移転価格税制、費用の控除可能性、外国税額控除、その他多

        くの問題について、それぞれの税務当局からの調査に応じなければなりません。
         次の表は、2017年3月31日現在、野村が業務を行っている主要な税務管轄地において、税務調査が未了となってい

        る最も古い年度を表しています。なお香港の税制上、繰越欠損金がある場合、当局による更正の期間制限がないた
        め、記載しておりません。
                税務管轄地                       年度
                日本                       2012年     (1)

                英国                       2016年
                米国                       2014年
                (1)移転価格税制にかかる最も古い調査未了年度は、2011年となります。
       野村グループの保有する個人情報の漏洩により、野村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある

       野村グループは業務に関連して顧客から取得する個人情報を保管、管理している。近年、企業が保有する個人
      情報および記録への不正アクセスや漏洩にかかる事件が多数発生していると報じられている。
       野村グループは個人情報の保護に関する法令諸規則に基づき、個人情報の保護に留意し、セキュリティ対策を

      講じているが、仮に個人情報の重大な不正漏洩が生じた場合には、野村グループのビジネスにさまざまな点で悪
      影響が及ぶ可能性がある。例えば、個人情報の漏洩(業務委託先による漏洩を含む。)により顧客に損失が生じ
      た場合には、野村グループは顧客から苦情や損害賠償請求を受ける可能性がある。また、自主的に、もしくは行
      政上の命令その他の規制上の措置の対応として行うセキュリティ・システムの変更により、追加的な費用が発生
      する可能性がある。また、不正漏洩の結果、野村グループに対するレピュテーションが悪化することによって、
      新規顧客が減少したり既存顧客を喪失したりするとともに、野村グループのブランド・イメージやレピュテー
      ションの悪化の防止・抑制のために行う広報活動のために追加的な費用が発生する可能性がある。
       野村グループの情報システムが適切に稼働しない、または外部からのサイバー攻撃を受けて情報が漏洩し、野

      村グループのビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある
       野村グループのビジネスは、個人および機密情報を野村グループのシステムにおいて安全に処理、保存、送受
      信できる環境に依拠している。野村グループは、野村グループのシステム上にある情報にアクセスしこれを入手
      することを企図した、または野村グループのサービスにシステム障害その他の損害をもたらすことを企図した不
      正アクセス、コンピューターウイルスもしくは破壊工作ソフトその他のサイバー攻撃の標的になる可能性があ
      る。これらの脅威は、人為的なミスまたは技術的不具合から発生する場合もあるが、従業員などの内部関係者ま
      たは海外の非国家主体および過激派組織などの第三者の悪意もしくは不正行為により発生する場合もある。ま
                                  41/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      た、野村グループのシステムが相互接続している外部事業者、証券取引所、決済機関またはその他の金融機関の
      いずれかがサイバー攻撃その他の情報セキュリティ侵害の対象となった場合、野村グループにもその悪影響が及
      ぶ 可能性がある。当該事象により、野村グループのシステム障害、信用の失墜、顧客の不満、法的責任、法の行
      政処分または追加費用が生じる可能性があり、上記事象のいずれかまたはその全部の発生により、野村グループ
      の財政状態および事業運営が悪影響を受ける可能性がある。
       野村グループは、システムのモニタリングおよびアップデートを行うため多大な経営資源を継続的に投入し、

      かつシステム保護のため情報セキュリティ対策を講じているが、実施しているそれらの管理手段や手続が、将来
      のセキュリティ侵害から野村グループを十分に保護できる保証はない。サイバー上の脅威は日々進化しているた
      め、将来的には、現在の管理手段や手続が不十分となる可能性があり、また、システム修正または強化のため、
      更なる経営資源を投入しなければならなくなる可能性がある。
       自然災害、テロ、武力紛争、感染症等により野村グループのビジネスに悪影響がおよぶ可能性がある

       野村グループは、不測の事態に備えたコンティンジェンシープランを策定しているが、想定を上回る規模の災
      害、武力紛争またはテロ行為等により、野村グループの施設やシステムが被災し、業務の継続が困難になる可能
      性がある。また、感染症等により役職員による業務遂行に支障が生じる可能性がある。
       野村ホールディングスは持株会社であり、野村ホールディングスの子会社からの支払に依存している

       野村ホールディングスは、配当金の支払や負債の支払の資金について、野村ホールディングスの子会社から受
      領する配当金、分配金およびその他の支払に依存している。会社法などの法規制により、子会社への資金移動ま
      たは子会社からの資金移動が制限される可能性がある。特に、ブローカー・ディーラー業務を行う子会社を含
      め、多くの子会社は、親会社である持株会社への資金の移動を停止または減少させる、あるいは一定の状況にお
      いてそのような資金の移動を禁止するような、自己資本規制を含む法規制の適用を受けている。例えば、野村
      ホールディングスのブローカー・ディーラー子会社である野村證券、ノムラ・セキュリティーズ・インターナ
      ショナル・インク、ノムラ・インターナショナル                         ・ピー・エル・シー          およびノムラ・インターナショナル(ホン
      コン)リミテッドは、自己資本規制の適用を受けており、野村ホールディングスへの資金移動が制限される可能
      性がある。これらの法規制は野村ホールディングスの債務履行に必要となる資金調達の方法を制限する可能性が
      ある。
       投資持分証券・トレーディング目的以外の負債証券について野村グループが期待する収益を実現できない可能

      性がある
       野村グループは多額の投資持分証券・トレーディング目的以外の負債証券を保有している。米国会計原則で
      は、市場環境によって投資持分証券・負債証券にかかる多額の未実現損益が計上されることがあり、このことが
      野村グループの損益に大きな影響を与える。市場の環境によっては、野村グループはこれらの株式・負債証券を
      売却したい場合にも、期待どおり迅速には、また望ましい水準では売却できない可能性がある。
       連結財務諸表に計上されている関連会社およびその他の持分法投資先の株価が一定期間以上大幅に下落した場

      合には減損が認識される可能性がある
       野村グループは上場している関連会社およびその他の持分法投資先の株式に投資しており、この投資は持分法
      で連結財務諸表に計上されている。米国会計原則では、野村グループが保有する関連会社の株式の公正価値(市
      場価格)が一定期間を超えて下落した場合において、価格の下落が一時的ではないと野村グループが判断したと
                                  42/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      きには、野村グループは対応する会計年度に減損を認識しなければならない。このことは、野村グループの経営
      成績および財政状態に重要な影響を与える可能性がある。
       野村グループが提供したキャッシュ・リザーブ・ファンドや債券に損失が生じることで顧客資産が流出する可

      能性がある
       野村グループは、リスク許容度の異なる顧客のさまざまなニーズに応えるために多くの種類の商品を提供して
      いる。
       マネー・マネジメント・ファンド(MMF)やマネー・リザーブ・ファンド(MRF)といったキャッシュ・リザー

      ブ・ファンドは低リスク商品と位置づけられている。このようなキャッシュ・リザーブ・ファンドなどは、急激
      な金利上昇に伴うポートフォリオに組み込まれた債券価格の下落による損失の発生、ファンドのポートフォリオ
      に組み込まれた債券のデフォルト、マイナス金利の適用によるファンドへの手数料チャージにより、元本割れを
      起こす場合がある。野村グループは、運用による安定的な利回りが見込めないと判断した場合、これらのキャッ
      シュ・リザーブ・ファンドなどを繰上償還、もしくは入金制限する可能性がある。例えば、野村ホールディング
      スの子会社である野村アセットマネジメント株式会社は、2016年8月末にMMFの運用を終了、同年9月に資金償
      還した。
       さらに、野村グループが提供した債券が債務不履行に陥り、利息や元本の支払が遅延する場合がある。

       野村グループが提供したこれら商品に損失、繰上償還あるいは入金制限が生じた場合、野村グループは顧客の

      信頼を失う可能性があり、ひいては野村グループが保管する顧客からの預かり資産の流出もしくは預かり資産増
      加の妨げとなる可能性がある。
     5【経営上の重要な契約等】

       プログラム名           設定日        限度額           ディーラー           クレジット・サポート

     ユーロ・ノート・プ           1994年10月19日         400億米ドル        ノムラ・インターナショナ               野村ホールディングス株

     ログラム                            ル・ピー・エル・シー               式会社単独による保証ま
                                               たは野村證券株式会社お
                                               よび野村ホールディング
                                               ス株式会社による連帯保
                                               証(注2)
     ユーロ・ノート・プ           2009年7月31日         220億米ドル        ノムラ・インターナショナ               野村ホールディングス株

     ログラム(注1)                            ル・ピー・エル・シー               式会社単独による保証ま
                                               たは野村證券株式会社お
                                 ノムラ・バンク・インターナ               よび野村ホールディング
                                 ショナル・ピー・エル・シー               ス株式会社による連帯保
                                               証(注2)
      (注1) ノムラ・バンク・インターナショナル・ピー・エル・シー、ノムラ・グローバル・ファンディング・ピー・エル・

          シーおよび当社が共同で設定したプログラムである。尚、当該プログラムは2011年7月29日付でノムラ・バンク・
          インターナショナル・ピー・エル・シーおよび当社のみにて設定されている。また、当該プログラムは2016年9月
          16日付で限度額が250億米ドルから220億米ドルに変更されている。
      (注2) 2009年7月31日に設定されたユーロ・ノート・プログラムおよび1994年10月19日に設定されたユーロ・ノート・プ
          ログラムの保証枠は、合計で220億米ドルである。
                                  43/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     6【研究開発活動】
       該当事項なし。
     7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       本「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」については、上記「3 経営方針、経営
      環境及び対処すべき課題等」および「4 事業等のリスク」をあわせて参照のこと。
     (1)  重要な会計方針および見積もり

       財務書類の作成に際し、経営者は、特定の金融商品と投資の評価、訴訟の結果、貸付金に対する貸倒引当金、
      繰延税金資産の回収可能性および資産負債の報告数値ならびに財務書類の開示内容に影響を与えるその他の事項
      について見積もりを行っている。これらの見積もりは、その性質上、判断および入手しうる情報に基づいて行わ
      れることになる。したがって、実際の結果がこれらの見積もり額と異なることがあり、結果として財務書類に重
      要な影響を与える場合や、近い将来調整が生じる可能性がある。
       重要な会計方針については、「第6 経理の状況-1 財務書類-財務書類に関する注記 2.会計方針」を
      参照のこと。
     (2)  経営成績の分析

       上記「1 業績等の概要」を参照のこと。
     (3)  財政状態の分析

       当社の主な事業目的は野村グループのための資金調達活動であり、社債の発行等により資金調達を行い、野村
      グループへ貸付等を行っている。
       2017  年3月期末の負債合計は2,026,117百万円と前期末比174,100百万円減少した。また、野村グループへの貸
      付金の合計が1,829,858百万円と前期末比147,078百万円減少したこと等により、2017年3月期末の資産合計は、
      前期末比174,844百万円減少し、2,044,153百万円である。
       株主資本合計は、18,036百万円と前期末比744百万円減少した。
     (4)  キャッシュ・フローの分析

       上記「1 業績等の概要」を参照のこと。
                                  44/206








                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第4【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】

       該当事項なし。
     2【主要な設備の状況】

       該当  事項  なし。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       該当事項なし。
                                  45/206
















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第5【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                                               (2017年3月31日現在)
            授権株数(株)               発行済株式総数(株)                  未発行株式数(株)
              315,000                 113,000                 202,000
       ②【発行済株式】

                                               (2017年3月31日現在)
                                       上場金融商品取引所
         記名・無記名の別及び
                        種類       発行数(株)        名又は登録認可金融             内容
          額面・無額面の別
                                        商品取引業協会名
          記名式額面株式                                        議決権の制限
                       普通株式          113,000           -
         (額面454ユーロ)                                          のない株式
             計            -        113,000           -          -
     (2)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。
     (3)【発行済株式総数及び資本金の推移】

        上記の当社の発行済株式の総数ならびに発行済および払込済株式資本は、最近5年間変動していないが、
       IFRSに基づいて作成された財務書類は円貨表示であり、各期末為替レートの変動により、発行済および払込
       済株式資本の円貨表示金額が変動する。
     (4)【所有者別状況】

        本書の日付現在、野村ホールディングスが当社の発行済株式の100%を保有している。下記「(5) 大株主
       の状況」を参照のこと。
     (5)【大株主の状況】

                                               (2017年3月31日現在)
                                              発行済株式総数に対する
                                       所有株式数
           氏名又は名称                住  所
                                        (株)
                                              所有株式数の割合(%)
        野村ホールディングス              東京都中央区日本橋一丁目9番
                                        113,000           100%
        株式会社              1号
              計                -           113,000           100%

     2【配当政策】

       利益の配当は株主総会が決定する。2017年7月18日の株主総会において、2017年3月期に終了した事業年度の
      当期損失合計744百万円を利益剰余金から控除する決定をしている。株主への配当金の支払およびその時期につ
      いての方針は決定していない。
     3【株価の推移】

       該当事項なし。
                                  46/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     4【役員の状況】

       男性1名 女性1名(役員のうち女性の比率50%)
                                                   (本書の日付現在)
      役職名      氏名および生年月日                      略    歴                   所有株式数
                                                      0株
      取締役     山﨑裕二            1996年4月       野村證券株式会社入社
          1973年5月13日生            2006年3月       企業金融本部 インダストリアルズセク
                               ター
                       2012年7月       ノムラ・インターナショナル・ピーエル
                               シー   インベストメント・バンキング
                       2015年5月
                              当社社長兼業務執行取締役に就任
                                                      0株
      取締役     出本裕子            1995年4月       モルガン・スタンレー・ジャパン・リミ
          1970年8月18日生                    テッド入社
                       2008年4月       株式会社新生銀行入社
                       2010年10月       GEジャパン株式会社入社
                       2012年4月       野村證券株式会社入社
                       2017年4月       野村ホールディングス株式会社トレジャ
                               リー&キャピタルマネジメント部長
                               (現職)
                              野村證券株式会社トレジャリー&キャピタ
                               ルマネジメント部長(現職)
                       2017年7月
                              当社会長兼業務執行取締役に就任
       取締役に任期の定めはない。また、当社には監査役は存在しない。2017年3月31日に終了した事業年度におい

      て、当社の役員報酬はなかった。役員に対するその他の特別な利益の提供は行っていない。
     5【コーポレート・ガバナンスの状況等】

     (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社の機関は、株主総会および取締役会から成っている。当社の親会社である野村ホールディングスが当
       社の発行済株式を100%所有している。取締役会は、株主総会により選任された山﨑裕二、出本裕子の2名か
       ら構成されている。当社においては内部監査は行っておらず、また監査役が存在しないため監査役監査も
       行っていない。当社は、アーンスト・アンド・ヤング・アカウンタンツ・エルエルピーとの間で監査契約を
       締結し、会計監査を受けている。業務を執行した公認会計士はP.J.A.J.                                      ナイセン(P.J.A.J.           Nijssen)氏
       (および補助者5名)であり、同氏は提出会社の財務書類について2013年3月期の監査より監査業務を行っ
       ている。なお、当社株主に関する詳細は「第2 企業の概況-4 関係会社の状況-(1) 親会社」を参照の
       こと。
        取締役に関する詳細は上記「4 役員の状況」を参照のこと。
     (2)【監査報酬の内容等】

       ①【外国監査公認会計士等に対する報酬の内容】
         当社がアーンスト・アンド・ヤング・アカウンタンツ・エルエルピーと契約締結した監査報酬およびそ
        の他の業務報酬は以下のとおりである。
                                                (単位:百万円)

                           2016年3月31日終了事業年度                2017年3月31日終了事業年度
      監査報酬
                                     22                19
                                     12                10
      その他の業務報酬
      合計                               34                29
                                  47/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項なし。
       ③【外国監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         コンフォートレター作成業務等。
       ④【監査報酬の決定方針】

         該当事項なし。
                                  48/206

















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第6【経理の状況】

     (1)  本書記載の当社の邦文の財務書類は、欧州連合が採用した国際財務報告基準(IFRS)およびオランダ民法典第

      2編9章に準拠して作成された本書記載の原文の財務書類を翻訳したものである。本書記載の財務書類について
      は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第131条第1項の規定
      が適用されている。なお、当社の採用している会計原則および会計慣行と日本において一般に公正妥当と認めら
      れる会計原則および会計慣行の主要な相違については、「3 その他-(3)                                       本国と日本における会計原則および
      会計慣行の主要な相違」に記載されている。
     (2)  2017年3月31日に終了した事業年度の原文の財務書類は、独立監査人であるアーンスト・アンド・ヤング・ア
      カウンタンツ・エルエルピーの監査を受けており、監査報告書の原文および訳文は添付のとおりである。
       なお、当社の財務書類には、金融商品取引法施行令(昭和40年政令第321号)第35条の規定に基づき「財務諸
      表等の監査証明に関する内閣府令」(昭和32年大蔵省令第12号)第1条の3の規定が適用されるため、金融商品
      取引法第193条の2の規定に基づく日本の公認会計士または監査法人による監査は必要とされていない。
     (3)  「2 主な資産・負債及び収支の内容」および「3 その他」に記載の事項は原文の財務書類には記載されて
      おらず、当該事項における財務書類への参照事項を除き、上記(2)の会計監査の対象になっていない。
                                  49/206














                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     1【財務書類】
     2017   年3月31日に終了した事業年度の財務書類

     包括利益計算書

                                     2017  年3月31日             2016  年3月31日

                                    に終了した事業年度               に終了した事業年度
                                      単位:百万円               単位:百万円
                               注記
                              3,  2 6         25,989               25,022

     受取利息および類似収益
                                         (12,049)                (4,502)
                              3 , 26
     支払利息および類似費用
     純受取利息                                    13,940               20,520
                              4,  2 6          (710)               (754)

     支払手数料等
     純トレーディング利益/(損失)                          5          66,071              (674,696)
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に
     指定された金融負債に関する純利益/(損失)                          6          (71,725)               659,116
                                           (442)                 19
     その他の営業利益/(損失)                          7
     純営業収益                                     7,134               4,205
                               8,  9           (99)               (88)

     給与および社会保障費
                              1 0 , 26         (8,026)               (6,057)
     一般管理費
     営業費用合計                                    (8,125)               (6,145)
     税引前損失                                     (991)              (1,940)

                                           247               500

     法人所得税収益                          1 1
                                           (744)              (1,440)

     当期  損失
                                           (744)              (1,440)

     当期包括    損失  合計
     2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度には、その他の包括利益はなかった。

                                  50/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     財政状態計算書
                                          201  7 年            201  6 年

                                        3月  31 日現在           3月  31 日現在
                                        単位:百万円              単位:百万円
                              注記
     非流動資産
                           1 2 , 2 2 , 2 3 , 2 6          240,971              243,147
     関係会社への貸付金
                         1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3 , 24,  2 6         94,464              99,543
     デリバティブ金融資産
                                             3,210              2,535
     繰延税金資産                         1 1
                                            338,645              345,225
     非流動資産合計
     流動資産

                            1 2 , 2 2 , 2 6          1,588,887              1,733,789
     関係会社への貸付金
                         1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3 , 24,  2 6         37,102              19,173
     デリバティブ金融資産
                           1 2 , 1 ▶ , 2 2 , 2 6            225              270
     現金および現金同等物
     未収還付法人所得税                         11                41              51
                            1 2 , 1 5 , 2 6            79,253             120,489
     その他の資産
                                           1,705,508              1,873,772
     流動資産合計
                                           2,044,153              2,218,997
     資産合計
     株主資本および負債

     株主資本

                             1 6 , 2 5             6,113              6,569
     発行済および払込済株式資本
     株式払込剰余金                         2 5              1,321              1,321
                             1 6 , 2 5             2,289              1,833
     剰余金
                                             8,313              9,057
     利益剰余金                         1 7
                                             18,036              18,780
     株主資本合計
     非流動負債

                         1 2 , 1 8 , 2 2 , 2 3 , 2 5 , 2 6        862,648              822,557
     社債およびその他の借入金
     純損益を通じて公正価値で測定される
                          1 2 , 19 , 2 2 , 2 3 , 2 5
     金融商品に指定された金融負債                                       516,574              462,772
                                             90,348             103,704
                         1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3 , 24,  2 6
     デリバティブ金融負債
                                           1,469,570              1,389,033
     非流動負債合計
     流動負債

                            12,  23,  26            267,003              348,702
     関係会社からの借入金
                          1 2 , 1 8 , 2 2 , 2 5 , 2 6          78,104             216,325
     社債およびその他の借入金
     純損益を通じて公正価値で測定される
                          1 2 , 19 , 2 2 , 2 3 , 2 5
     金融商品に指定された金融負債                                       186,471              191,891
                         1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3 , 24,  2 6         19,431              38,413
     デリバティブ金融負債
                                             5,538             15,853
                            1 2 , 2 0 , 2 6
     その他の負債
                                            556,547              811,184
     流動負債合計
                                           2,026,117              2,200,217
     負債合計
                                           2,044,153              2,218,997
     株主資本および負債合計
                                  51/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     持分変動計算書
                       発行済

                                株式                         株主資本
                     および払込済株
                       式資本        払込剰余金          剰余金        利益剰余金          合計
                     単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円
     2016  年4月1日の期首残高                  6,569         1,321         1,833         9,057        18,780

     (注記16,     25 )
                           -         -         -       (744)         (744)
     当期損失
     包括利益合計                      -         -         -       (744)         (744)
                          (456)          -        456          -         -
     ユーロ建資本の為替評価額
                         6,113         1,321         2,289         8,313        18,036
     2017  年3月   31 日の期末残高
                       発行済

                                株式                         株主資本
                     および払込済株
                       式資本        払込剰余金          剰余金        利益剰余金          合計
                     単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円         単位:百万円
     2015  年4月1日の期首残高

     (注記16,     25 )
                         6,613         1,321         1,789        10,497         20,220
                           -         -         -      (1,440)         (1,440)
     当期損失
     包括利益合計                      -         -         -      (1,440)         (1,440)
                          (44)          -        44         -         -
     ユーロ建資本の為替評価額
                         6,569         1,321         1,833         9,057        18,780
     2016  年3月   31 日の期末残高
                                  52/206












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     キャッシュ・フロー計算書
                                       2017  年3月31日            2016  年3月31日

                                      に終了した事業年度              に終了した事業年度
                                        単位:百万円              単位:百万円
                               注記
     営業活動によるキャッシュ・フロー

     当期  損失                                      (744)             (1,440)
     調整項目:

      財務活動によって生じた純利益への調整                                      19,803              39,057
      その他                                       (671)              (890)
     営業資産および営業負債:

                                            147,078              (307,586)
      関係会社への貸付金の減少/(増加)                         1 2
      関係会社からの借入金の増加/(減少)                         12            (81,699)              348,702
                             1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3        (12,850)              (33,061)
      デリバティブ金融資産の増加
                             1 2 , 1 3 , 2 2 , 2 3        (32,338)              (40,913)
      デリバティブ金融負債の減少
      その他の営業資産の減少/(増加)                                      41,246              (13,870)
                                            (10,315)               (1,202)
      その他の営業負債の減少
     営業活動により生じた(に使用した)キャッ
                                            69,510              (11,203)
     シュ・フロー純額
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                              1 2 , 1 8 , 2 2          296,403              659,774
     社債およびその他の借入金による収入
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商
                             1 2 , 19 , 2 2 , 2 3
     品に指定された金融負債からの収入                                       141,840             1,084,315
                              1 2 , 1 8 , 2 2         (399,949)              (826,216)
     社債およびその他の借入金の償還
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商
                                           (107,845)              (906,944)
                             1 2 , 19 , 2 2 , 2 3
     品に指定された金融負債の償還
     財務活動により生じた(に使用した)キャッ
                                            (69,551)               10,929
     シュ・フロー純額
     現金および現金同等物の減少純額                                         ( 41 )            (274)

     純為替換算差額                                         (4)              (6)
                                              270              550
     現金および現金同等物の期首残高
                                              225              270
     現金および現金同等物の期末残高                           1 ▶
     営業キャッシュ・フロー

                                       2017  年3月31日            2016  年3月31日
                                      に終了した事業年度              に終了した事業年度
                                        単位:百万円              単位:百万円
     利息の支払額                                       (16,394)              (13,427)

     利息の受取額                                       25,287              24,522
     税金  支払  額                      1 1             (421)              (467)
                                  53/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     財務書類に関する注記
     1.企業情報

      ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ(以下「当社」という。)は、日本国で登記され、日本、米国

     およびシンガポールで上場している野村ホールディングス株式会社(以下「NHI」という。)の全額出資子会社で
     あり、NHIは当社の最終親会社である。
      当社はオランダのアムステルダムで設立され、本拠を置き、同国のアムステルダム市1096HA、アムステルプライ

     ン1、レンブラント・タワー(Rembrandt                      Tower,    Amstelplein       1,  1096   HA  Amsterdam)に登記上の事務所を有す
     る、オランダ法に基づいて設立された有限責任株式公開会社である。(商工会議所番号                                             33221661)
      当社の主たる業務は、NHIおよびその子会社(以下ではあわせて「野村グループ」という。)の資金調達会社と

     して活動することである。
      当社の2017年3月31日に終了した事業年度の財務書類は2017年7月18日に開催される年次株主総会に提出され承

     認を受けることとなる。株主総会は当該財務書類を否認することはできるが、これを修正することはできない。
     2.会計方針

     2.1   作成基準

      2017年3月31日に終了した当社の事業年度の財務書類は、欧州連合(以下「EU」という。)が採用した国際財務

     報告基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成されている。また、財務書類は、オランダ民法典第2編第9章
     の要件に準拠して作成されている。
      デリバティブ金融商品および純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債等、公正価値

     で測定されているものを除き、財務書類は取得原価主義に基づいて作成されている。
      財務書類は日本円で表示されており、別途記載がある場合を除き、すべての金額は百万円単位に四捨五入されて

     いる。
     2.2   重要な会計上の判断、見積もりおよび仮定

      当社の財務書類の作成には、経営者による判断、見積もりおよび仮定が求められており、それによって収益、費

     用、資産および負債の計上金額ならびに関連する開示に影響を及ぼすことがある。
     金融商品の公正価値

      一部の金融資産と金融負債の公正価値に関しては、重要な判断と見積もりが適用されている。公正価値が活発な

     市場から導出できない場合には、金融資産と金融負債の公正価値を決定するに当たり、さまざまな評価手法が用い
     られている。評価モデルには、可能な限り観察可能な市場データが使用されている。観察可能なデータが入手でき
     ない場合には、公正価値を決定するために一定の判断が必要とされている。
                                  54/206







                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     貸付金に係る減損損失
      当社は各財政状態計算書日現在に貸付金を評価して、包括利益計算書上で減損引当金を計上すべきかどうかを判

     断している。中でも、必要な引当金の水準を決定するに当たって将来キャッシュ・フローの金額と発生時期を見積
     もる際に、経営者による判断が求められる。かかる見積もりは、多数の要因に対する仮定に基づいており実際の結
     果は仮定と異なることもありうることから、結果として引当金の金額も将来的に変動する可能性がある。貸付金の
     当初認識後に発生した単一もしくは複数の事象の結果、貸付金の見積将来キャッシュ・フローが影響を受けるとい
     う客観的証拠がある場合に、貸付金は減損したと判断される。貸付金の減損の客観的証拠としては、借り手の財政
     状態が著しく悪化したこと、金利や元本の債務不履行や延滞、借り手が破産または更生手続に陥る可能性などが含
     まれている。
     2.3   重要な会計方針の要約

     a)  外国為替換算

      財務書類は、当社の機能通貨でありかつ表示通貨でもある日本円で表示されている。

      当年度中の外貨建取引は、取引日の為替レートで換算されている。

      当初認識後、それぞれの財政状態計算書日に、貨幣性項目は決算日レートで換算され、非貨幣性項目は取引日の

     スポットレートで換算される。貨幣性資産および貨幣性負債である金融資産および金融負債に係る為替換算差額
     は、包括利益計算書で認識されている。
     b)  営業収益

     (i)   受取利息および支払利息

      トレーディング目的で保有するデリバティブおよび純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された

     金融負債に分類されるものを除き、すべての金融商品に関する受取利息および支払利息は、実効金利法により                                                        受取
     利息および類似収益          または   支払利息および類似費用             として認識されている。
      実効金利法とは、金融資産または負債(または資産および負債のグループ)の償却原価を計算し、受取利息また

     は支払利息を関連期間にわたって配分する方法である。実効金利とは、金融商品の予想残存期間または場合によっ
     てはそれより短い期間で、将来の現金支払額または受取額の見積額を、当該金融商品の正味帳簿価額まで正確に割
     り引く利率をいう。この計算方法には、取引に直接起因するすべての受取手数料または支払手数料、および実効金
     利と一体化しているディスカウントまたはプレミアムの影響が考慮されている。
     (ii) 純受取手数料等

      ローンオリジネーションフィーは、実効金利法により償却原価で計上される金融資産に係る収益に対する調整と

     して、包括利益計算書で認識されている。
      デリバティブ金融商品に関して受け払いされる前払手数料は、その関連する金融商品の当初公正価値測定の一部

     として認識されている。
      当社が一定の融資契約を締結する可能性が高く、かつ貸出コミットメントが国際会計基準(以下「IAS」とい

     う。)第39号の対象範囲ではない場合には、受取コミットメント手数料は金融商品の取得に対する継続的関与のた
     めの対価であるとみなされ、(IAS第39号で定義される)関連する費用と同様に繰り延べられ、実効金利の調整と
     して認識される。当社が貸出を行わないまま当該コミットメントの期限が到来した場合には、当該手数料は期限到
     来時に収益として認識される。IAS第39号の対象範囲となる貸出コミットメントはデリバティブとして会計処理さ
     れ、公正価値で測定される。
     c)金融商品の公正価値

      当社の金融商品の一部は公正価値で保有されている。重要な金融商品に対する公正価値測定の適用に関する当社

     の方針は、以下のとおりである。
     (i)   公正価値の決定および公正価値測定

      当社はデリバティブなどの金融商品を各財政状態計算書日現在の公正価値で測定している。償却原価で測定され

     ている他の金融商品の公正価値に関しては注記24で開示している。
                                  55/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      公正価値とは、測定日に市場参加者との間の通常の取引において資産を売却する際に受領または負債を移転する
     際に支払うと予想される価格をいう。公正価値測定は、資産を売却または負債を移転するための取引が
       - 当該資産または負債の主たる市場で行われている、もしくは
       - 主たる市場が存在しない場合には、当該資産または負債に対して最も有利な市場で行われている
     のいずれかであるという前提に基づいている。
      主たる市場または最も有利な市場は、当社が利用可能なものでなければならない。

      市場公表価格またはブローカー/ディーラーからの価格が入手できない場合は、公正価値の決定において類似金

     融商品の価格または価格算定モデルを使用することが考慮される。かかる金融商品は、相関係数や長期のボラティ
     リティのような有意な観察不能なインプット、または他の観察不能なインプットなどを用いたモデルを使って算定
     されている。価格算定モデルでは、契約条項、ポジションの規模、原資産の価格、金利、配当率、時間価値、ボラ
     ティリティ、およびその関連する金融商品または類似特性を持つ金融商品に関するその他の統計測定値が考慮され
     ている。これらのモデルには市場の流動性に関する調整も含んでいる。こうした調整は、公正価値計算の過程にお
     ける基礎的要素である。使用される評価手法においては、市場から得られるインプットを最大限に使用し、市場で
     観察不能な、当社特有のインプットの使用を最小限に抑えている。
      価格算定モデルやその基礎的前提は、認識される未実現損益の金額および時期に影響を与えるため、異なる価格

     算定モデルまたは基礎的前提を使用した場合は、異なる財務報告となる可能性がある。債券、株式、外国為替、コ
     モディティ等の市場の変化は、将来の当社の公正価値の見積もりに影響を与え、ひいてはトレーディング損益なら
     びに純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する損益に影響を与える可能性があ
     る。価格算定モデルの基礎的前提として使用できる観察可能な市場データが不足している場合には、当社の公正価
     値の見積もりは主観的な部分をより多く伴う可能性がある。
      当社はIFRS第13号第48項の例外規定を適用し、金融資産および金融負債の公正価値を仲値に基づいて測定してい

     る。組込デリバティブが分離されている複合金融商品や公正価値オプション(以下「FVO」という。)が適用され
     ている金融商品の場合には、かかる金融商品のエクスポージャーはヘッジデリバティブによって相殺されている。
      トレーディング目的に分類される金融商品の公正価値の変動から生じる利益または損失はすべて、                                                   純トレーディ

     ング収益/(損失)          で認識されている。
      公正価値を測定または財務書類の中で開示されているすべての資産と負債は、下記のとおり、全体として公正価

     値に有意な最も低いレベルのインプットに基づいて、公正価値評価の階層の中に分類されている。
     レベル1       当社が取引可能な活発な市場における測定日現在の同一の資産または負債の未調整の公表価格。

     レベル2       活発でない市場における取引価格、または直接・間接を問わず観察可能な他のデータで調整された取引

          価格。観察可能なデータを使用する評価方法は、金融商品の価格付けに市場参加者により使用される仮
          定を反映しており、測定日において独立した市場ソースから入手したデータに基づいている。
     レベル3       金融商品の公正価値測定に有意な観察不能なデータ。観察不能なデータを用いた評価方法は、類似する

          金融商品を他の市場参加者が評価する際に使用するであろうと当社が仮定する見積もり、および測定日
          における利用可能な最善の情報に基づいている。
      公正価値開示上、当社は、当該資産または負債の内容、特徴、リスクおよび、上記に説明している公正価値評価

     の階層に基づいて、資産および負債の分類を決定している。
      継続的に財務書類で認識される資産および負債に関しては、当社は各報告期間の期首に分類を再評価することに

     より、レベル間の移転が生じたかどうかを判断している。
     (ii) 初日利益および損失の認識

      金融商品の公正価値は、通常は取引価格(すなわち支払対価または受取対価の公正価値)である。ただし場合に

     よっては、当初の公正価値は、観察可能な市場データのみを用いる価格算定モデルか、条件変更やリパッケージが
     されていない同一金融商品の観察可能な市場取引に基づいている。このような評価手法が使用された場合は、観察
     可能なインプットにより公正価値が算定されるため、公正価値と取引価格との差額は、当初、包括利益計算書で認
     識されている。
      有意な観察不能なデータを用いる評価手法が、当初の公正価値の算定に使用されることもある。この状況では、

     取引価格とモデル評価の差額は、インプットが観察可能となった時点、または当該金融商品の認識が中止された時
     点で、包括利益計算書で認識されている。
     (iii)   純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融商品

                                  56/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      一部の金融商品は、下記の要件のうちの一つを満たす場合に、純損益を通じて公正価値で測定されている場合が
     ある。
        1. 金融商品が当該金融商品から生ずるキャッシュ・フローを著しく変化させる組込デリバティブを含む場

          合;
        2. 異なる基準で当該金融商品を測定することで生じる測定または認識上の不整合が、解消または大幅に削
          減される場合;
        3. 金融商品が、文書化されたリスク管理戦略または投資戦略に従って、公正価値ベースで管理かつ評価さ
          れる金融商品のグループの一部である場合。これらの金融商品に関する情報は、当社の主だった経営陣
          に対し公正価値に基づいて内部で提供されている。
                                  57/206


















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      当社はミディアム・ターム・ノートのエクスポージャーを経済的にヘッジするために、デリバティブ契約を締結
     することで、市場リスクを最小限に抑えようとしている。ヘッジしたデリバティブの価値と関連する社債は互いに
     相殺され、パフォーマンスは等しくなるため、社債にFVOを適用することにより、当社は認識上の不整合と時価評
     価における変動を縮小するものと見込んでいる。
      2014年4月1日から、当社は新規発行されたすべての固定金利付プレーン・バニラ債および、組込デリバティブ

     が分離されていない複合金融商品にFVOを適用している。2016年4月1日から、当社はそれまでは金融商品ごとに
     FVOを選択していた日本預託証券について、ブランケットFVOポリシーを採用した。
      その他の金融商品については、当社は金融商品ごとにFVOの選択を決定している。当社は、上述の要件の単一ま

     たは複数の要件を満たす金融商品のうち、公正価値のほうが当該金融商品に関連したリスクをより適切に表示する
     と考えられる金融商品にFVOを適用している。
      FVOの選択は、当該金融商品の当初認識時に行われるものとし、その後に取り消すことはできない。

     d)  金融商品

      IAS第39号の対象範囲にある金融商品は、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産または金融負債、貸付

     金および債権、償却原価で計上される金融負債、売却可能投資、または満期保有投資のいずれかに分類されてい
     る。
      当社は、保有する金融資産について、当初認識時に、その金融資産の取得目的および特性に基づいて分類を決定

     する。複合金融商品の場合、当社は、最初に契約当事者となる時点で契約が組込デリバティブを含んでいるかどう
     かを考慮し、その時点で適切な分類を決定している。
     (i)   デリバティブ金融商品

      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品には、トレーディング目的で保有するデリバティブ金融商品が含

     まれている。金融資産および金融負債が、(1)                         主に短期に売却するかまたは買い戻す目的で取得または発生し、
     (2)  当初認識時に、ともに運用されかつ直近に短期の利鞘目的の取引事例が存在する特定の金融商品のポートフォ
     リオの一部を構成し、あるいは(3)                  金融保証契約となるデリバティブや有効なヘッジ手段として指定されたものを
     除くデリバティブであれば、トレーディング目的保有に分類されている。
      デリバティブ金融商品は、主としてリスク管理の目的に使用されている。当社は金利や為替等のエクスポー

     ジャーを経済的にヘッジする目的でデリバティブ金融商品を使用している。IAS第39号に従い、すべてのデリバ
     ティブは、まず当社が契約当事者となった日に公正価値で認識され、その後もプラスの公正価値を持つデリバティ
     ブは資産として、マイナスの公正価値を持つデリバティブは負債として公正価値で測定され、それぞれ財政状態計
     算書に計上されている。
      契約に組込まれたデリバティブは、(1)                     経済的特性やリスクが主契約と密接に関連づけられておらず、(2)                                  組込

     デリバティブと同じ条件を備えた別の金融商品がデリバティブの定義を満たし、かつ(3)                                              複合金融商品が公正価値
     で測定されず、公正価値の変動が純損益で認識されない場合には、区分して会計処理され、公正価値で計上され
     る。これらの組込デリバティブは公正価値で測定され、公正価値の変動は包括利益計算書で認識される。契約で求
     められているキャッシュ・フローを大幅に修正する契約の条件変更がある場合にのみ会計処理の再判定を行う。
     (ii) 純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債

      このカテゴリーに分類された金融負債は、そのような認識がより目的適合性の高い情報を得られるとして、当初

     認識時に経営陣によって指定されたものである。このように指定された金融商品は、固定金利付プレーン・バニラ
     債、組込デリバティブが分離されない複合金融商品、および注記2.3                                    c)(iii)の中の要件のうち単一または複数満
     たす金融商品などである。
      これらの金融商品は当初に公正価値で認識され、取引費用は直接包括利益計算書に計上される。                                                 純トレーディン

     グ収益/(損失)         に含められる為替換算調整額を除き、支払利息、純損益を通じて公正価値で測定される金融商品
     に指定された金融負債に関連する公正価値の変動と取引費用から生ずる利益および損失は、                                               純損益を通じて公正価
     値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                      に計上されている。
      純損益を通じて公正価値で測定される金融負債に指定されたローン・コミットメントはIAS第39号の範囲に含ま

     れている。これらのローン・コミットメントは、まず当社が契約当事者となった日に当初認識され、その後も公正
     価値で計上され、その公正価値の変動は、                      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に
     関する純利益/(損失)             で測定される。
                                  58/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     (iii)   償却原価で計上される金融商品
      a)  貸付金および債権

         貸付金および債権は、支払金額が確定している、あるいは確定しうる非デリバティブ金融資産であり、活
        発な市場における公表価格はない。貸付金および債権は、直接的で付随して発生する取引費用を含めて当社
        が契約当事者となった日に認識される。当初測定後は、貸付金および債権は、実効金利法を用いた償却原価
        から減損引当金を控除した金額で計上される。償却原価は、取得に係るディスカウントまたはプレミアムお
        よび手数料には実効金利法を適用して算出し、そこに取引費用を考慮した上で算定されている。利益または
        損失は、包括利益計算書で認識されるが、償却過程を通じて認識されるほか、貸付金および債権が認識中止
        となった時点または減損した時点においても、認識される。
      b)  償却原価で計上される金融負債

         償却原価で計上される金融負債には、一部の社債および債券、ならびにその他の借入金が含まれている。
        償却原価で計上される金融負債は、当社が契約当事者となった日に当初の認識が行われる。当初測定後は、
        これらの金融商品は実効金利法により償却原価で測定される。
     金融商品の当初測定

      金融資産または金融負債の当初認識時点において、当社はその公正価値で認識することとし、それが純損益を通

     じて公正価値で測定されない金融資産または金融負債の場合には、公正価値に金融資産または金融負債の取得また
     は発行に直接帰属すべき取引費用を加えて測定している。
     認識の中止

      資産から生ずるキャッシュ・フローを受領する権利が消滅した場合、または当社がその資産から生ずるキャッ

     シュ・フローを受領する権利を譲渡し、かつ当社からその資産のリスクと経済価値のほとんどすべてが他に移転し
     た場合に、金融資産の認識が中止される。
      負債に基づく義務が解消、取消または失効した場合に、金融負債の認識が中止される。
      既存の金融負債が、同じ貸主から著しく異なる条件の他の金融負債に交換された場合、または既存の負債の条件

     が著しく修正された場合には、こうした交換または修正は当初の負債の認識中止として処理した後に新たな負債を
     認識し、個々の帳簿価額の差額は包括利益計算書で認識される。
     e)  減損

      当社は財政状態計算書日に、金融資産または金融資産のグループが減損していることを示す客観的証拠があるか

     否かの評価を行う。金融資産は、その資産の当初認識後、財政状態計算書日前までに発生した単一または複数の損
     失事象により減損が生じたという客観的証拠があり、かつその損失事象が当該金融資産の見積可能な将来キャッ
     シュ・フローに影響を与えた場合にのみ、減損を認識する。
      貸付金および債権に関する減損金額は、その資産の帳簿価額と、その資産の当初認識時に計算された実効金利で

     割り引いた見積将来キャッシュ・フローの現在価値との差額として測定される。損失の金額は包括利益計算書に計
     上される。その後の期間において減損金額が減少し、その減少が減損認識後に発生した事象と客観的に関連付けら
     れる場合は、過去に包括利益計算書で認識された減損の戻入が行われる。
     f)  金融商品の相殺

      当社が金融資産および金融負債を相殺する法的に強制力のある権利を有し、かつ当社が金融資産および金融負債

     を純額で決済する意図を有している場合を除き、金融資産および金融負債は総額で表示される。
     g)  ヘッジ会計

      当社は金利リスクのエクスポージャーを管理するためにデリバティブ金融商品を使用することがある。特定のリ

     スクを管理するために、当社はIAS第39号に定められた基準を満たす取引に対してはヘッジ会計を適用することが
     ある。
      公正価値ヘッジ関係において、金利スワップがヘッジ手段として指定される場合がある。ヘッジ関係の開始時点

     に、当社ではヘッジ対象とヘッジ手段の関係性について正式に文書化を行い、文書には対象リスクの性質、目的お
     よびヘッジ戦略のほかヘッジ関係の有効性評価に使用される方法が含まれる。
      また、ヘッジ関係の開始時点には正式な評価を行い、ヘッジ対象に起因するリスクを相殺するために、ヘッジ手

     段が極めて有効であることが見込まれることを確認する必要がある。ヘッジ関係の有効性は財政状態計算書日毎に
     評価されている。ヘッジが指定されている期間を通じて、ヘッジされているリスクに起因する公正価値の変動が
     80%から125%の範囲で相殺されると見込まれる場合は、ヘッジ関係が極めて有効であると見込まれる。
                                  59/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      ヘッジ手段が失効、売却、解約または権利行使された場合や、ヘッジがヘッジ会計の要件を満たさなくなった場

     合には、ヘッジ会計は中止される。ヘッジ関係が有効であると評価された最終日におけるヘッジ対象の帳簿価額
     と、ヘッジが存在しなかった場合に計上されていたと考えられる金額との差額が実効金利法により当初のヘッジの
     残存期間にわたって償却され               支払利息および類似費用             として認識される。ヘッジ対象の認識が中止された場合に
     は、未償却の公正価値の調整は直ちに                   その他の営業利益/(損失)               で認識される。
                                  60/206



















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     h)キャッシュ・フロー計算書
      キャッシュ・フロー計算書は間接法を使用して作成されている。現金および現金同等物は、預金のみから構成さ

     れている。
      キャッシュ・フロー計算書上、                調整項目     – 財務活動によって生じた純利益/(損失)への調整                           は、外国為替換

     算による影響、公正価値ヘッジに基づく調整、実効金利法を用いて算定した社債およびその他の借入に関する償却
     および、FVO評価などの非貨幣性項目が含まれている。
      繰延税金資産       の変動は     その他   の項目に含められている。また                未収還付(未払)法人所得税               の変動は、      その他の営

     業資産の減少/(増加)             および、     その他の営業負債の減少/(増加)                  に含められている。この二つの項目は共に、
     営業活動により生じた(に使用した)キャッシュ・フロー純額                                の中に表示されている。
     i)税金

      当期および過年度に関する当期税金資産および負債は、税務当局からの還付または支払見積金額で測定されてい

     る。
      繰延税金資産および負債は、財政状態計算書日の帳簿価額と税務上の金額の一時差異に対して認識される。繰延

     税金資産は、一時差異を利用できる将来課税所得が生じる可能性が高い範囲で認識される。
      金額計算には、財政状態計算書日に施行され、または実質的に施行されている税率および税法を使用する。

     2.4   セグメント報告

      当社は商品とサービスに基づいて事業活動を行っている。当社は資金調達活動という単一の事業セグメントしか

     有していないため、財務書類上に表示されている総資産および純資産ならびに税引前利益/損失のすべては、同セ
     グメントから生じている。債券の大半は日本の投資家向けに発行されている。すべての借入金、貸付金および一部
     のミディアム・ターム・ノートに組み込まれたデリバティブを除くすべてのデリバティブは、野村グループとの間
     で取引されている。
     2.5   会計方針および見積もりの変更

      2017年3月31日に終了した事業年度に有効となり、当社の財務書類に関連性がある下記の改訂の適用を除き、会

     計方針および見積もりは過年度に適用されたものと整合している。
                                  61/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     IFRS  年次改善 2012-2014年サイクル
      2014年9月、国際会計基準審議会(以下「IASB」という。)は、2012-2014年サイクルで提起された問題への対

     応として一連のIFRSの改訂を公表した。これらの改訂はEUによる承認を経たうえで、2016年1月1日以降に開始す
     る年度から適用され、早期適用も認められている。
      当社の評価に基づくと、IFRSに対するこれらの改訂が当社の財政状態、業績および財務書類の注記に重要な影響

     を及ぼすことはなかった。
     2.6   公表されたものの、まだ適用には至っていない基準

      本財務書類の承認日現在、当社が適用することになる可能性が高い下記の新基準、改訂基準および改訂解釈指針

     はIASBによって公表されているものの、2017年3月31日に終了した事業年度には適用されていない。
     IFRS  第9号   「金融商品」

      IFRS第9号「金融商品」には、認識および測定に加えヘッジ会計に関する規定が含まれている。その目的は、

     IAS第39号「金融商品:認識と測定」に全面的に差し替わるものを策定することである。IFRS第9号は当初、2009
     年11月に公表され、2014年7月に最終決定が行われた。
      IFRS第9号では、IFRS第9号の分類および測定の要件の当初適用にあたり、比較期間の財務書類の修正再表示は

     求められていない。そのかわりに、IFRS第9号への移行に伴う修正開示が求められている。これらの要求事項は、
     現行のIAS第39号の規則に基づく要求事項とは異なることから、当社はその影響を評価している段階である。
     金融資産の減損

      IFRS第9号は貸付金に係る減損の方法を根本的に変更する。当基準はIAS第39号の発生損失モデルを、フォワー

     ドルッキングな予想信用損失モデルに置き換えることとなる。すべての貸付金、純損益を通じて公正価値で測定さ
     れないその他の負債性金融資産、ローン・コミットメントおよび金融保証契約につき、予想損失について引当金を
     計上することを当社は要求されるようになる。当引当金は、当初認識時以降、信用リスクが著しく増加していない
     限り、向こう12か月のデフォルト確率に起因する予想信用損失に基づいている。なお、当初認識時以降、信用リス
     クが著しく増加している場合には、引当金は当該資産の残存期間におけるデフォルト確率に基づくこととなる。
     分類および測定

      分類上の観点では、当新基準は、資本性金融商品とデリバティブを除く全ての資産について、金融資産の管理に

     関する企業のビジネスモデルおよび金融資産の契約上のキャッシュ・フローの特性の両方に基づいて評価すること
     を要求する。IAS第39号の測定分類は、純損益を通じた公正価値測定、その他の包括利益を通じた公正価値測定、
     および償却原価の分類に置き換えられる。また、IFRS第9号は、純損益を通じた公正価値測定をすることにより、
     測定または認識の不整合を排除または大幅に軽減できる場合には、すべての企業に、償却原価またはその他の包括
     利益を通じた公正価値測定をすることが要求される金融商品に、取消不能を要件として、純損益を通じて公正価値
     測定をするものとして継続して指定することを容認している。トレーディング目的で保有されない資本性金融商品
     は、取消不能を要件として、その他の包括利益を通じた公正価値測定をするものとして指定されることができ、そ
     の場合、その後の損益計算書への組替調整は行われない。
      純損益を通じて公正価値で測定される負債に係る自己の信用リスクから生じる損益の取り扱いを除いて、金融負

     債の会計処理はIAS第39号の要求とおおむね同様となる。そのような自己の信用リスクの変動は、損益における会
     計上のミスマッチが生じない限り、その他の包括利益において表示され、その後の損益計算書への組替は行われな
     い。
      IFRS第9号は、2018年1月1日以降に開始される年度から適用される。当社は目下、IFRS第9号が当社の財政状

     態および経営成績に及ぼす潜在的な影響を評価し、また、財務書類の適正な表示を向上させるために、純損益を通
     じて公正価値で測定される方法を広範囲に適用する見通しを精査している段階である。この評価および経営者の判
     断に基づいて、当社は、IFRS第9号が金融資産および負債の分類および測定に影響を及ぼすであろうと想定してい
     る。本基準はEUによる承認を経たうえで、2018年1月1日以降に開始する年度から適用され、早期適用も認められ
     ている。
     IFRS  第15号   「顧客との契約から生じる収益」

      2014年5月に、IASBはIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表した。これは収益の計上方法と計上時

     期を定めたものであるが、IFRS第9号およびIAS第39号の対象範囲となる金融商品に関連した収益認識には影響し
     ない。IFRS第15号は、現在IFRSにおいて収益認識基準を規定している他の基準や解釈基準書を置き換えるものであ
     り、顧客との取引すべてに適用する5段階モデルを定めて統一された収益認識基準を定めている。また本基準は、
                                  62/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     事業体に、財務諸表の利用者に対して有益で目的適合性のある情報を提供することを求めている。2016年4月、
     IASBは基準の明確化を公表し、いくつかの要求事項を明確化するとともに、新基準を適用している企業のために追
     加 の暫定的な救済措置を提供した。
      IFRS第15号は2018年1月1日以降に開始する年度から適用され、早期適用も認められている。当社は、この新基

     準が当社の財政状態および経営成績に重大な影響を及ぼすことは見込んでいない。本基準(2016年4月に公表され
     た明確化を除く)はEUによる承認を経たうえで、2018年1月1日以降に開始する年度から適用され、早期適用も認
     められている。
     修正版IAS第12号         「未実現損失に係る繰延税金資産の認識」

      2016年1月に、IASBはIAS第12号「法人所得税」の最終改訂を公表した。IASBは、公正価値で測定された負債証券

     に関する繰延税金資産の認識に関する実務上の多様性は、主にIAS第12号の原則の一部の適用に関する不確実性に
     起因すると結論付けた。したがって、当改訂は公正価値で測定された負債証券に関する繰延税金をどのように会計
     計上するかを明らかにしている。これらの改訂は2017年1月1日以降に開始する年度から適用される。これらの改
     訂はEUによる承認を受けていない。
      当社は、これらの改訂が当社の財政状態および経営成績に重要な影響を及ぼすことは見込んでいない。

     改訂IAS第7号       「開示イニシアティブ」

      2016年1月、IASBは、IAS第7号「キャッシュ・フロー計算書」の改訂を公表した。これらのIAS第7号キャッ

     シュ・フロー計算書の改訂はキャッシュ・フローから生じる変動もキャッシュ・フローを伴わない変動も含めて、
     財務活動から生じる負債の変動の開示を要求する。この改訂は2017年1月1日以降に開始する年度から適用され、早
     期適用も認められている。これらの改訂はEUによる承認を受けていない。
      当社は、財務諸表利用者がキャッシュ・フローから生じる変動およびキャッシュ・フローを伴わない変動の両方

     を含む財務活動から生じる負債の変動を評価することを可能とする開示を提供しているため、これらの改訂が当社
     の財政状態および経営成績に重要な影響を及ぼすことは見込んでいない。
     3.受取利息および支払利息

                                              終了事業年度

                                       201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
     受取利息および類似収益
     関係会社への貸付金(注記26)                                      25,970              24,766

                                              19             256
     担保金(注記      1 5 )
                                            25,989              25,022
                                              終了事業年度

                                       201  7 年3月   31 日       201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
     支払利息および類似費用
     社債およびその他の借入金                                      (4,877)              (1,270)

     受入担保金(注記        2 0 )                               (1)              (3)
                                            (7,171)              (3,229)
     関係会社からの借入金(注記26)
                                           (12,049)              (4,502)
      組込デリバティブが区分処理され、関連する主契約が決定される複合金融商品(詳細については注記2.3を参照

     のこと。)については、組込デリバティブに関する当初認識額は公正価値で計上され、主契約は償却原価で計上さ
     れる  社債およびその他の借入金              に原契約として認識されている。かかる組込デリバティブから生じる当初認識時の
     損益は繰り延べられ、原契約の期間にわたって償却され、                              支払利息および類似費用             に、収益として認識される場合
     がある。かかる原契約の償却から認識される収益の減少は、前年同期と比較した場合、2017年3月31日に終了した
     事業年度の      純受取利息      の減少として表れている。              支払利息および類似費用             に含まれるかかる金額は、2017年3月31
     日終了年度は       3,436   百万円(2016年3月期:             8,970百万円)であった。
                                  63/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      上記に加え、異なる通貨間の借入利率と貸出利率の間の金利ギャップ等、金利に関する市場環境の変化は                                                      純受取
     利息  の増減の要因となる。
     4.支払手数料等

                                              終了事業年度

                                       201  7 年3月   31 日       201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
                                             (710)              (754)

     支払保証料(注記        2 6 )
                                             (710)              (754)
                                  64/206

















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     5.純トレーディング利益               /(損失)
                                              終了事業年度

                                       201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
     デリバティブ金融商品に関する純トレーディング利益/(損失)                                      65,819             (674,804)

                                             252              108
     純外国為替換算損失
                                            66,071             (674,696)
      当社は外国為替の換算や金利の変動などから生ずるリスクをデリバティブ金融商品を用いて管理している。これ

     らの変動を相殺するためにリスク管理目的で保有しているデリバティブ金融商品から生じる利益および損失は、                                                         純
     トレーディング利益/(損失)                に含まれる。       純トレーディング利益/(損失)                 の変動は、純損益を通じて公正価値
     で測定される金融商品に指定された金融負債のヘッジを目的とする場合、                                      純損益を通じて公正価値で測定される金
     融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                             (注記6を参照のこと。)の変動を大部分相殺しており、
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債以外の金融商品のヘッジを目的とする場合
     は、  純受取利息      (注記3を参照のこと。)の変動を大部分相殺している。
      区分処理が適用され、組込デリバティブが公正価値で測定されている複合金融商品については、ヘッジデリバ

     ティブから生じる損益は、組込デリバティブによる損益と相殺されている。区分処理されていない金融商品に関し
     ては、ヘッジデリバティブから生じる損益が、                        純トレーディング利益/(損失)                 の中で認識される損益の変動要因
     となる。
      前年同期と比較した場合、2017年3月期の                      純トレーティング利益/(損失)                 の増加の大半は、純損益を通じて公

     正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関連するヘッジデリバティブによるものである。この増加
     は、対応する       純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                                 の増
     加によって相殺されている(注記6を参照のこと。)。
      金融商品に関する当社の取扱内容および範囲に関する情報は、注記22「リスク管理」で開示されている。

     6.純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純                                                利益   /(損失)

                                             終了事業年度

                                     201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                      単位:百万円              単位:百万円
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金

                                         (71,725)              659,116
     融負債に関する純利益/(損失)
                                         (71,725)              659,116
      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関連する支払利息、公正価値の変動およ

     び取引費用から生ずる利益および損失は、                      純トレーディング利益/(損失)                  に含まれる為替換算調整額を除き、
     純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                                  で認識されてい
     る。
      当社は野村グループの信用スプレッドの変動に基づいて、OCAを算定・適用している。当社が発行した債券はNHI

     単独またはNHIと野村證券株式会社の両方によって保証されている(注記18および26を参照のこと。)ため、当社
     はOCAを算定するに当たって野村グループの信用スプレッドを利用している。                                        純損益を通じて公正価値で測定され
     る金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                に含まれる、自己の信用リスクの変動による影響額
     は、債券通貨における野村グループの信用スプレッド変動も考慮し、2017年3月31日に終了した事業年度で8,035
     百万円の利益であった(2016年3月期:2,573百万円の利益)。
      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                                  の減少は、純

     損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関連したヘッジデリバティブから生じる                                                        純ト
     レーディング利益/(損失)               (注記5を参照のこと。)の増加によって相殺されている。
     7.その他の営業利益             /(損失)

                                              終了事業年度

                                       201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                  65/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                       単位:百万円              単位:百万円
     償還  損                                     (455)              (11)

                                              13              30
     その他
                                             (442)               19
     8.給与および社会保障費

                                               終了事業年度

                                        201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                        単位:百万円              単位:百万円
     給与                                         (83)              (72)

     年金保険料                                          (8)              (6)
                                               (8)             (10)
     社会保障および福利厚生費
                                              (99)              (88)
     9.従業員数

      2017年3月31日現在、当社の従業員はオランダで働いている10名であった(2016年3月期:10名)。2017年3月

     31日現在、その10名のうち、6名は非常勤の従業員であった(2016年3月期:4名)。
                                  66/206













                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     10 . 一般管理費
                                               終了事業年度

                                        201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                         単位:百万円              単位:百万円
     事前確認制度の調整(注記26)                                        (6,898)              (5,162)

     業務委託費(注記        2 6 )                                (109)              (126)
     法人所得税以外の税金                                         (862)              (567)
     専門家報酬                                         (82)             (123)
     管理費(注記      2 6 )                                  (21)              (20)
                                               (54)              (59)
     その他
                                             (8,026)              (6,057)
     事前確認制度

      オランダと日本の二重課税を回避するための二国間事前確認制度は、2012年3月31日に満了した。2012年11月30

     日に当社は、オランダ税務当局に国内事前確認制度(以下「国内APA」という。)を申請した。オランダ税務当局
     は2014年4月4日にこの国内APAの申請を承認した。当国内APAは、2012年4月1日から遡及適用されるほか、2013
     年4月1日から2017年3月31日までにわたって適用される。2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業
     年度に関し、NHIと当社は国内APAに基づく調整金額を決済することに同意した。その結果、2017年3月31日に終了
     した事業年度については、NHIに支払う調整金額6,898百万円(2016年3月期:5,162百万円)が上記の事前確認制
     度の調整という項目に含まれている。2017年3月に終了する報告期間中に、当社はオランダ税務当局に国内APAを
     2017年4月1日から2018年3月31日まで延長する申請を行った。オランダ税務当局は2017年3月14日に当該延長申
     請を承認した。
                                  67/206













                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     11 . 税金
      2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度に関する法人所得税収益/(費用)の内訳は以下のと

     おりである。
                                               終了事業年度

                                        201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                         単位:百万円              単位:百万円
     当期税金    :
      当期法人所得税                                        (428)              (396)
      過年度の法人所得税に関する調整                                         -              -
     繰延税金    :
                                               675              896
      一時差異の発生および戻入に関する繰延税金
                                               247              500
     法人所得税     収益  /(費用)
                                               終了事業年度

                                        201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                         単位:百万円              単位:百万円
                                              (991)             (1,940)

     税引前利益/      (損失)
     オランダの法定法人所得税率25%による税額                                         247              485

     過年度の法人所得税率による調整額                                          -              -
                                                -             15
     課税所得と会計上の利益の永久差異の影響
                                               247              500
     法人所得税     収益  /(費用)
      2017年3月31日に終了した事業年度の表面税率は25%(2016年3月期:25%)、実効税率は24.92%(2016年3

     月期:25.77%)である。
      (未払)/未収還付法人所得税および繰延税金資産の変動は以下のとおりである。

                                               終了事業年度

                                        201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                         単位:百万円              単位:百万円
     (未払)/未収還付法人所得税
     期首残高                                          51              (5)
     納付  額                                       421              467
     損益計上額                                         (428)              (396)
                                               (3)             (15)
     その他の変動
                                               41              51
     期末残高
     繰延税金資産

     期首残高                                        2,535              1,639
                                               675              896
     一時差異に関連した増加
                                              3,210              2,535
     期末残高
      繰延税金資産は、財政状態計算書上の帳簿価額と課税標準との一時差異に対して認識されている。繰延税金は、

     税額基準の測定と課税所得の認識のタイミングの違いにより生じる。当社の繰延税金資産の大半は、デリバティブ
     金融商品および純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債の評価に関連する。
     12 . 金融商品の分類の概要

                                     201 7年3月   31 日現在

                                      単位:百万円
                                  68/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                             純損益を通じて公
                                             正価値で測定され
                                             る金融商品に指定
                       貸付金および               償却原価で計上
                              トレーディング目                 された
                         債権       的保有      される金融負債         金融負債        合計
     関係会社への貸付金                    1,829,858           -        -        -    1,829,858

     デリバティブ金融資産                       -     131,566          -        -     131,566
     現金および現金同等物                      225        -        -        -       225
     その他の資産
                          76,106          -        -        -     76,106
     - 担保金(注記     15)
                         1,906,189        131,566          -        -    2,037,755
     金融資産合計
     社債およびその他の借入金                       -        -     940,752          -     940,752

     純損益を通じて公正価値で測定される金融
     商品に指定された金融負債                       -        -        -     703,045        703,045
     関係会社からの借入金                       -        -     267,003          -     267,003
     デリバティブ金融負債                       -     109,779          -        -     109,779
     その他の負債
     - 受入担保金(注記       20)              -        -      2,010         -      2,010
                            -     109,779       1,209,765        703,045       2,022,589
     金融負債合計
                                     201 6年3月   31 日現在

                                      単位:百万円
                                             純損益を通じて公
                                             正価値で測定され
                                             る金融商品に指定
                       貸付金および               償却原価で計上
                              トレーディング目                 された
                         債権       的保有      される金融負債         金融負債        合計
     関係会社への貸付金                    1,976,936           -        -        -    1,976,936

     デリバティブ金融資産                       -     118,716          -        -     118,716
     現金および現金同等物                      270        -        -        -       270
     その他の資産
                         118,050          -        -        -     118,050
     - 担保金(注記     15)
                         2,095,256        118,716          -        -    2,213,972
     金融資産合計
     社債およびその他の借入金                       -        -    1,038,882           -    1,038,882

     純損益を通じて公正価値で測定される金融
     商品に指定された金融負債                       -        -        -     654,663        654,663
     関係会社からの借入金                       -        -     348,702          -     348,702
     デリバティブ金融負債                       -     142,117          -        -     142,117
     その他の負債
                            -        -      7,930         -      7,930
     - 受入担保金(注記       20)
                            -     142,117       1,395,514        654,663       2,192,294
     金融負債合計
                                  69/206






                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                    (1)
     13 . デリバティブ金融商品
                                      201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                        現在              現在
                                      単位:百万円              単位:百万円
     プラスの公正価値
      外国為替関連デリバティブ                                    19,033              10,657

      金利関連デリバティブ                                    56,378              57,985
      株式関連デリバティブ                                    35,334              44,322
      コモディティ・デリバティブ                                    17,115               2,553
                                           3,706              3,199
      クレジット・デリバティブ
                                          131,566              118,716
     マイナスの公正価値
      外国為替関連デリバティブ                                    22,025              24,617

      金利関連デリバティブ                                    49,923              44,277
      株式関連デリバティブ                                    33,939              65,274
      コモディティ・デリバティブ                                     198             4,750
                                           3,694              3,199
      クレジット・デリバティブ
                                          109,779              142,117
      上記の表は、流動および非流動デリバティブ金融資産・負債を表している。

                                      201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                        現在              現在
                                      単位:百万円              単位:百万円
     想定元本額
      外国為替関連デリバティブ                                   572,620              527,597

      金利関連デリバティブ                                  1,417,926              1,541,831
      株式関連デリバティブ                                   503,607              489,880
      コモディティ・デリバティブ                                    52,215              80,235
                                          295,476              281,132
      クレジット・デリバティブ
                                         2,841,844              2,920,675
      上記のすべての表には区分処理された組込デリバティブが含まれている。上記の表におけるデリバティブの想定

     元本は、総額ベースで表示されている。
      区分処理された組込デリバティブを除き、上記のすべてのデリバティブはすべて野村グループとの取引である。

      当社では自社の資産および負債のポートフォリオ管理において、ヘッジを目的としてデリバティブを利用してい

     る。これにより、当社は自社の資産および負債から生じる市場リスクと金利リスクの低減している。
      デリバティブの公正価値を算定する際には信用評価調整および負債評価調整が考慮される。当社は担保金を交換

     しているため信用評価調整および負債評価調整額は僅少である(注15および20を参照のこと。)。
     (1)  各デリバティブの区分には、複数のリスク要素を参照するデリバティブが含まれている。たとえば金利関連には、外国為替リスクに加え

      金利リスクを参照する複合型のデリバティブが含まれる。
     14 . 現金および現金同等物

      残高は、使途に制限がない銀行預金のみである。

     15 . その他の資産

                                      201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                  70/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                       単位:百万円              単位:百万円
                                           76,106              118,050
     担保金(注記      2 2 , 2 6 )
                                           3,147               2,439
     その他
                                           79,253              120,489
      当社は関連当事者との間で締結した国際スワップ・デリバティブズ協会(以下「ISDA」という。)制定の担保契

     約書に基づき、デリバティブの取引相手方に対して、デリバティブ取引に関連した                                           担保金   を差し入れている。          その
     他 は主に未収利息が含まれている。
     16 . 発行済および払込済株式資本および剰余金

      授権資本は、1株454ユーロの普通株式315,000株である。発行済および払込済株式資本は、1株当たり額面金額

     454ユーロの株式113,000株である。
      発行済株式および剰余金の増減の調整項目は以下のとおりである。

                                      201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
     発行済および払込済株式資本(発行価額)(百万円)                                      8,402               8,402
     発行済および払込済株式(千株)                                       113              113
                                             454              454
     1株当たり額面金額(ユーロ)
     発行済株式(額面)(千ユーロ)                                      51,302              51,302
                                          119.1524              128.0520
     為替レート(ユーロ対円)
                                            6,113               6,569
     発行済および払込済株式資本(百万円)
      剰余金の内訳は以下のとおりである。

                                      201  7 年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                       単位:百万円              単位:百万円
     発行済および払込済株式資本(発行価額)                                      8,402               8,402

                                           6,113               6, 569
     発行済および払込済株式資本
                                           2,289               1, 833
     為替換算差額
      オランダ民法典2:373条第5項の求めにより、                         発行済および払込済株式資本               勘定は、発行済および払込済株式

     資本の額面価格を用いて測定され、財政状態計算書日現在の終値を用いてユーロから円へ換算されている。財政状
     態計算書日現在の、発行済および払込済株式資本の発行価額と帳簿価額の差異は、                                          剰余金   勘定に計上されている。
     17 . 支払配当金

      2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度に決定された、あるいは支払われた配当金はない。

     18 . 社債およびその他の借入金

      a. 非流動負債に含まれる社債およびその他の借入金

                                              終了事業年度

                                      2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
     期首残高                                     822,557             1,075,548

     発行                                     182,284               276,970
     償還                                     (91,337)              (320,985)
     流動負債への分類変更                                     (51,851)              (198,949)
                                             995            (10,027)
     その他の変動
                                          862,648               822,557
     期末残高
                                  71/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      b. 流動負債に含まれる社債およびその他の借入金

                                              終了事業年度

                                      2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日
                                       単位:百万円              単位:百万円
     期首残高                                     216,325              150,425

     発行                                     114,119              382,803
     償還                                     (308,612)               (505,962)
     非流動負債からの分類変更                                      51,851              198,949
                                           4,421              (9,890)
     その他の変動
                                           78,104              216,325
     期末残高
      上記表中の      その他の変動       は、主に外国為替の変動、ならびに実効金利法を用いた                             社債およびその他の借入金              の償

     却により生じたものである。
      発行される社債はすべて、NHI単独、またはNHIと野村證券株式会社の両者により保証されている(注記26を参照

     のこと。)。
                                  72/206















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     19 . 純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債
                                      2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                       単位:百万円              単位:百万円
                                          703,045              654,663

     社債およびミディアム・ターム・ノート
                                          703,045              654,663
      上記の表中の数値は純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された流動負債に含まれる金融負債お

     よび非流動負債に含まれる金融負債からなっている。
      OCAの変動による影響額(注記6を参照のこと。)は、2017年3月31日に終了した年度で8,035百万円の利益とな

     り、2017年3月31日現在の累積残高は9,324百万円の利益であった(2016年3月期:2,573百万円の利益であり、
     2016年3月31日現在の累積残高は1,290百万円の利益であった。)。
      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債                                    の帳簿価額と、契約上の支払金額との差額

     は2017年3月31日現在、20,103百万円であった(2016年3月期:17,331百万円)。
     20 . その他の負債

                                      2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                       単位:百万円              単位:百万円
     受入担保金(注記        22 、 26 )                           2,010               7,930

                                           3,528               7,923
     その他
                                           5,538              15,853
      当社は関連当事者との間で締結したISDA制定の担保契約書に基づき、デリバティブの取引相手から、デリバティ

     ブに関連した       担保金    を受け入れている。           その他    に含まれている主なものは未払利息およびその他の未払費用であ
     る。
                                  73/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     21 . コミットメントおよび偶発債務
      当社は2017年3月31日現在、野村グループに対する貸付契約の未実行残高として224,200百万円(2016年3月

     期:223,600百万円)のコミットメント残高がある。
     22 . リスク管理

      当社のリスク管理業務は、当社が管理しなければならない特定のリスクの評価と移転に関わっている。最も重要

     なリスクの種類は、市場リスク、信用リスク、流動性リスクおよびオペレーショナル・リスクである。市場リスク
     には、為替リスク、価格リスク、金利リスクが含まれる。
      当社の主な目的は、野村グループのために資金調達会社として活動することである。そのために当社は、株式、

     金利、為替、信用、コモディティを含む、これらに限定されないさまざまな異なるインデックスに連動したリター
     ンが付いた社債を発行している。当社は、このような金融商品から生じる重大な市場リスクを取り除くという意図
     を持って、デリバティブ金融商品を使用し、結果として生じるそのリスクを積極的に管理している。このようなデ
     リバティブ金融商品の取引相手は野村グループに限られている。
      当社の金融商品には、貸付金、野村グループの他の会社から受け入れまたは差し入れる担保金、社債およびその

     他の借入金、純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債およびデリバティブが含まれて
     いる。
     グループのリスク・アペタイト

      野村グループは、戦略目標と事業計画を達成するために進んで引き受けるリスクの最大リスク量および種類を決

     定し、リスク・アペタイト・ステートメントの中に定めている。この文書は、チーフ・リスク・オフィサー(以下
     「CRO」という。)とチーフ・フィナンシャル・オフィサー(以下「CFO」という。)が共同して経営会議(以下
     「EMB」という。)に提出し承認を受ける。
      リスク・アペタイト・ステートメントは、リスクを集約的な見地から定め、自己資本充実度、バランスシート尺

     度、流動性リスク、市場リスク、信用リスク、オペレーショナル・リスクおよびモデルリスクも含め、定量的基準
     と定性的な説明から構成されている。リスク・アペタイト・ステートメントに対してはその各担当者によって定期
     的なモニタリングが行われ、リミット抵触があった場合には適宜上層部に対し報告が行われている。
      野村グループのリスク・アペタイト・ステートメントに対しては、EMBが一年に一度は検証を行うことが求めら

     れているものの、必要に応じて適宜見直しが行われるほか、野村グループの戦略に重大な変更が生じた場合には、
     それを受けて具体的に見直しを行うことが必要となっている。リスク・アペタイトは野村グループのリスク管理体
     制のすべての追加的な側面の裏付けともなるものである。
                                  74/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     グローバル・リスク管理体制
      業務の健全かつ円滑な運営に資することを目的として、EMBの委任を受け、グループ統合リスク管理会議(以下

     「GIRMC」という。)は野村グループの統合リスク管理にかかる重要事項を審議、決定している。GIRMCは野村グ
     ループのリスク・アペタイトを設定し、それに整合した統合リスク管理の枠組みの整備を行っている。またGIRMC
     は、リスク管理の枠組みを整備することを通じて監督している。GIRMCは、リスク管理に関する重要な事項その他
     議長が必要と認める事項について、取締役会およびEMBに報告を行っている。
      加えて、GIRMCは、EMBの委譲を受け、リスク管理規程を策定し、リスク管理の基本方針を含む野村グループ全体

     のリスク管理の枠組みについて定めている。
      GIRMCの委任を受けたリスク管理委員会(以下「GRMC」という。)は、GIRMCが定める野村グループの戦略的なリ

     スク配分やリスク・アペタイトに基づいて、野村グループの市場リスク、信用リスク、レピュテーショナル・リス
     クに係る重要事項を審議、決定し、業務の健全かつ円滑な運営に努めている。GRMC                                            は、審議内容や議長が必要と
     認める事項について、GIRMCに報告を行っている。
     当社の定性的および定量的リスク管理

     市場リスク

      市場リスクは、市場のリスク・ファクター(金利、為替、有価証券等の価格等)の変動により、保有する金融資

     産および負債(オフ・バランスを含む)の価値が変動し、損失を被るリスクである。市場リスクを適切に管理する
     ためには、複雑かつ不断に変動する世界的な市場環境を分析し、損失に繋がる可能性のある傾向を把握したうえ
     で、適時に適切な対応を取る能力が必要となる。当社は、貸付金およびミディアム・ターム・ノートのエクスポー
     ジャーを経済的にヘッジするためにデリバティブ契約を締結しており、市場リスクを最小限に抑えている。デリバ
     ティブの満期は、ヘッジされているミディアム・ターム・ノートの満期と一致している。
     金利および株価リスク

      金利または通貨関連デリバティブやエクイティスワップの利用を通じ、金利や株価のエクスポージャーのヘッジ
     を行うことが当社の方針である。
      当社は、ミディアム・ターム・ノート発行により短期あるいは長期の資金の調達を行っている。当社は、固定あ

     るいは変動金利により必要な通貨の借入を行い、その上で金利および通貨デリバティブを使用して必要なヘッジ・
     プロファイルを得ている。これは、関連する資産および負債の利払日のマッチング等も含んでいる。
      金利エクスポージャーに関して上記のヘッジ方針を適用しているため、2017年3月31日および2016年3月31日現

     在、当社は重大な金利エクスポージャーを有していない。
     為替エクスポージャー

      為替エクスポージャーは、当社の機能通貨以外の通貨で表される貨幣性資産および貨幣性負債から構成される。
     当社の活動から生じるすべての重要な為替ネット・エクスポージャーは、外国為替関連デリバティブおよび/また
     は通貨デリバティブを用いて積極的にヘッジされている。
      為替エクスポージャーのトレーディングを行わないことは当社の方針であり、したがってすべての通貨デリバ

     ティブ取引は、ヘッジ目的のみで行われる。
      為替エクスポージャーに関して上記のヘッジ方針を適用しているため、2017年3月31日および2016年3月31日現

     在、当社は重大な為替エクスポージャーを有していない。
     信用リスク

     信用リスク管理

      信用リスクとは、債務者が、債務不履行、破産または法的手続等の結果として、予め合意した条件通りに契約上
     の義務を履行できないことにより損失を被るリスクをいい、オフ・バランス資産に係る損失を含む。当該リスクは
     また、カウンターパーティーの信用力低下を反映した信用評価調整額の計上により損失を被るリスクを含む。
      当社の貸付金およびデリバティブ金融商品の取引相手は野村グループのみであるため、信用リスクは最小限に抑

     えられている。
     金融資産の信用度

      当社は、野村グループの信用格付を、NHIがスタンダード・アンド・プアーズ・インターナショナル・エルエル
     シーより付与されたA-と同等であると考えている。執行取締役の報告日現在(2017年7月7日)において、上記信
     用格付に変更はない。
                                  75/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      当社には延滞または減損した金融資産はない。

     信用リスク・エクスポージャー

      以下の表は、当社の財政状態計算書日現在における、信用リスクに対する最大のエクスポージャーを示してい
     る。当事者による契約不履行によって当社に損失のリスクをもたらす一部のオフバランスシート商品も開示されて
     いる。
                                      2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                       単位:百万円              単位:百万円
     デリバティブ金融資産(注記13)                                     131,566              118,716

     現金および現金同等物(注記12)                                       225              270
     その他の債権                                    1,832,993              1,979,371
                                           (2,010)              (7,930)
     受入担保金(注記        2 0 )
                                         1,962,774              2,090,427
     信用リスクに対するエクスポージャー合計
     信用リスク低減手法

      前述のとおり、当社は信用リスクに対するエクスポージャーを抑えるために、ISDAマスター契約またはそれに相
     当する契約(以下「マスターネッティング契約」という。)を締結している。これらの契約に従った金融資産と金
     融負債の相殺による影響は、財政状態計算書に反映されていない。
     減損した金融資産

      当社は、上記の注記2.3             e)にあるとおり、各財政状態計算書日現在で金融資産が減損していることを示す客観
     的な兆候があるかどうかを判定している。
      すべての貸付金は野村グループとの間の取引である。2017年3月31日に終了した事業年度および過年度におい

     て、金融資産の減損は認識されなかった。
                                  76/206












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     流動性リスク
     流動性リスク管理

      野村グループでは、資金流動性リスクを市況の低迷または野村グループの信用力の低下により必要な資金が確保
     できなくなり、資金繰りがつかなくなる場合や、資金の確保に通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なく
     されることにより損失を被るリスクであると定義している。このリスクは、市場において有担保あるいは無担保調
     達が不可能になる、野村グループの信用格付が低下する、予定外の資金需要の変化に対応できない、迅速かつ最小
     の損失での資産の流動化ができない、あるいは、野村グループ会社間の自由な資金移動が妨げられる規制資本上の
     制約に関する変化等、市場全体の事情や野村グループ固有の事情により発生する。資金流動性リスク管理について
     は、EMBが定める流動性リスク・アペタイトに基づくことを基本方針としている。野村グループの資金流動性管理
     は、市場全体が流動性ストレス下にある場合において、またそれに加えて野村グループの信用リスクに過度なスト
     レスを想定した場合においても、それぞれ1年間、および1ヶ月間にわたり、無担保による資金調達が困難な場合
     においても、保有資産を維持しつつ業務を継続することができる十分な資金流動性を常に確保することを主な目的
     としている。
      野村グループは、主な流動性維持の目的を達成可能とする、さまざまな資金流動性リスク管理フレームワークを

     定めている。このフレームワークには、(1)                       余剰資金の集中管理と流動性ポートフォリオの維持、(2)                              処分制約
     を受けない資産の流動性ポートフォリオとしての活用、(3)                               資産構成等に見合った資金調達ならびに調達手段の多
     様化および調達期間の分散、(4)                  野村グループ各社に対する与信枠の管理、(5)                         流動性ストレス・テストの実
     行、(6)     コンティンジェンシー・ファンディング・プランに関することが含まれる。
      EMBは野村グループの資金流動性に関する重要事項についての決定権を有しており、NHIのCFOは、EMBの決定に基

     づき、野村グループの資金流動性管理に関する業務を執行する権限と責任を有している。
      当社は野村グループの資金調達会社としての主要な役割を果たすことから、野村グループの流動性リスク管理の

     フレームワークの中に統合されている。
      野村グループにおける、満期および調達先の集中を防ぐために、野村グループのグローバル・トレジャリーが資

     金調達に係る満期および調達先を積極的にモニタリングし管理している。資金調達手段を確保し、調達時期と調達
     先の集中を防ぐために、調達先とその満期の分散が積極的に図られている。
     契約上の満期別の表

      以下の表は割引前のキャッシュ・フローに基づいているため、要求払いの項目に計上されている                                                 純損益を通じて

     公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債                            を除いては、財政状態計算書とは一致しない。支払金額また
     は受取金額が固定金額でない場合には、開示金額は報告期間の終了日における状況に基づいて決定されている。
      デリバティブ金融資産           および   デリバティブ金融負債           として計上されている組込デリバティブは、当該金融商品の

     契約上の満期を表示する目的では、複合金融商品から区分処理されていない。
      下記の金融負債の約45%(2016年3月期:43%)は、期限前解約または期限前償還となる可能性があるという特

     徴を有している。
     金融負債

                                 2017  年3月   31 日現在

                             30 日超      90 日超      1年超
               要求払い       30 日以下      90 日以下      1年以下       5年以下       5年超       合計
               単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円
     社債およびその他の借
     入金              -     7,700      18,718       72,344      457,917       564,038      1,120,717
     純損益を通じて公正価
     値で測定される金融商
     品に指定された金融負
     債           177 ,690      7,265       2,601      13,494      359,635       224,133       784 ,818
     関係会社からの借入金              -     96,230      171,255         -       -       -    267,485
     その他のコミットメン
                   -    224,200         -       -       -       -    224,200
     ト
                177,690       335,395       192,574       85,838      817,552       788,171      2, 397 ,220
     割引前の金融負債合計
     流動性リスクに対する
                177,690       335,395       192,574       85,838      817,552       788,171      2, 397 ,220
     エクスポージャー合計
                                  77/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                 201 6年3月   31 日現在
                             30 日超      90 日超      1年超
               要求払い       30 日以下      90 日以下      1年以下       5年以下       5年超       合計
               単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円
     社債およびその他の借
     入金              -     16,148       35,677      188,580       429,397       571,160      1,240,962
     純損益を通じて公正価
     値で測定される金融商
     品に指定された金融負
     債           188,637        3,082       2,000       9,275      253,742       260,848       717,584
     関係会社からの借入金              -    111,748       170,869       66,585         -       -    349,202
     その他のコミットメン
                   -    223,600         -       -       -       -    223,600
     ト
                188,637       354,578       208,546       264,440       683,139       832,008      2,531,348
     割引前の金融負債合計
     流動性リスクに対する
                188,637       354,578       208,546       264,440       683,139       832,008      2,531,348
     エクスポージャー合計
                                  78/206
















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      以下の表は当社の金融デリバティブの満期の内訳を示している。満期区分に関する分析は、契約上の満期までの
     残存期間を基礎としている。
     金融デリバティブ

                                   2017  年3月   31 日現在

                              30 日超      90 日超      1年超
                要求払い       30 日以下      90 日以下      1年以下       5年以下       5年超       合計
               単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円
     純額決済される金融デ
     リバティブ
     トレーディング目的で
     保有し純額決済される
                  27,399
                         1,627       3,205       14,080       51,917       109,333       207,561
     金融デリバティブ
     割引前の純額決済され
     る金融デリバティブ合
                  27,399
                         1,627       3,205       14,080       51,917       109,333       207,561
     計
     総額決済される金融デ

     リバティブ
     契約上の債権金額               -    333,309       188,389       15,255       111,093       133,005       781,05   1
                        (332,523)       (186,665)        (5,615)       (66,712)       (120,213)       (711,72   8)
                    -
     契約上の債務金額
     割引前の総額決済され
     る金融デリバティブ合
                    -      786      1,724       9,640       44,381       12,792       69,323
     計
     割引前の金融デリバ

                  27,399
                         2,413       4,929       23,720       96,29  8    122,125       276,884
     ティブ合計
                                  2016  年3月   31 日現在

                              30 日超      90 日超      1年超
                要求払い       30 日以下      90 日以下      1年以下       5年以下       5年超        合計
               単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円     単位  :百万円
     純額決済される金融デ
     リバティブ
     トレーディング目的で
     保有し純額決済される
                 (17,198)        1,742       3,442       15,115       55,970       126,038       185,109
     金融デリバティブ
     割引前の純額決済され
     る金融デリバティブ合
                 (17,198)        1,742       3,442       15,115       55,970       126,038       185,109
     計
     総額決済される金融デ

     リバティブ
     契約上の債権金額               -    525,649       64,987       12,985       73,183       102,717       779,521
                    -    (523,209)       (62,211)       (3,691)       (42,981)       (97,755)       (729,847)
     契約上の債務金額
     割引前の総額決済され
     る金融デリバティブ合
                    -     2,440       2,776       9,294       30,202       4,962       49,674
     計
     割引前の金融デリバ

                 (17,198)        4,182       6,218       24,409       86,172       131,000       234,783
     ティブ合計
                                  79/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     オペレーショナル・リスク
      野村グループでは、オペレーショナル・リスクを、内部プロセス・人・システムが不適切であること、もしくは

     機能しないこと、または外生的事象が生起することから損失を被るリスクと定義している。この定義には、戦略リ
     スク(経営陣の不適切な意思決定により損失を被るリスク)は含まれないが、オペレーショナル・リスクの顕在化
     の結果、法令や規制等の違反に至るリスク、および野村グループ各社の評判の悪化に係るリスクを含んでいる。
     三段階管理

      野村グループは、業界標準である以下の「三段階管理」でオペレーショナル・リスク管理を行うこととしてい
     る。
      (1)  第一段階:ビジネス・ユニットは自らリスク管理を行う。
      (2)  第二段階:オペレーショナル・リスク管理(以下「ORM」という。)部署は、オペレーショナル・リスク管
        理の中長期的方針と枠組みを策定し、その運用を推進する。
      (3)  第三段階:内部監査および外部監査は、独立した立場でオペレーショナル・リスク管理の枠組みの確認を行
        う。
     オペレーショナル・リスク管理の枠組み

      野村グループは、オペレーショナル・リスクの特定、評価、管理、モニタリング、報告が可能となるオペレー
     ショナル・リスク管理の枠組みを整備している。EMBより委任を受けたGIRMCがこの枠組みに基づくオペレーショナ
     ル・リスク管理全般を監督している。
      ORMの枠組みでは、1)           枠組みのインフラ、2)            商品とサービス、3)           アウトプットから構成されている。当社は野

     村グループのORMの枠組みに全面的に統合されている。
      ORM体制の中で、商品とサービスに関連する主なオペレーショナル・リスクを管理するために講じられる措置は

     下記のとおりである。
      ・リスクとコントロールの自己評価:自らの業務におけるオペレーショナル・リスクや、リスク削減のために導

       入されているコントロールを特定、評価し、更なるリスク削減に向けた対応策を策定するために、ビジネス・
       ユニットが用いるプロセス
      ・シナリオ分析:低頻度であるが大規模な損失をもたらす、いわゆる「テイル・リスク」を特定、分析するプロ
       セス
      ・損失事象等の報告:会社内で発生した事象および他社で発生した事象を収集し、業務改善に質する情報を得る
       プロセス。将来における同様な事象の発生を防止または低減するために、適正な対応策を策定する重要なス
       テップとなる。
      ・リスク指標:オペレーショナル・リスクにかかる主要な計数の収集と監視を行い、予め定めた水準を超えた場
       合には必要な対応を行うプロセス
                                  80/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     23 . 公正価値
     金融資産および金融負債の公正価値

     金融商品の帳簿価額と公正価値の比較

      流動資産に含まれる金融資産および流動負債に含まれる金融負債のうち、                                      関係会社からの借入金           を含む償却原価
     で測定されるものの帳簿価額は、短期であり信用リスクも限定的であることから、公正価値と近似している。下記
     の表は、非流動資産に含まれる関係会社への貸付金と、非流動負債に含まれる社債およびその他の借入金の帳簿価
     額と公正価値の比較である。
                                          2017  年3月   31 日現在

                                 帳簿価額                  公正価値
                                              レベル2          レベル3
                                単位:百万円             単位:百万円          単位:百万円
     関係会社への貸付金                              240,971             232,305             -

     社債およびその他の借入金                              862,648             805,719           1,276
                                          201  6 年3月   31 日現在

                                 帳簿価額                  公正価値
                                              レベル2          レベル3
                                単位:百万円             単位:百万円          単位:百万円
     関係会社への貸付金                              243,147             236,257             -

     社債およびその他の借入金                              822,557             760,689           1,529
      償却原価で計上され、財政状態計算書日から満期までの期間が一年超の金融資産に関しては、活発な市場から入

     手した主要な金利を用いて計算された割引キャッシュ・フローに基づいて公正価値が決定される。当該貸付金の公
     正価値の決定にあたっては、信用リスクおよび当該貸付金の弁済順位が考慮される。
      償却原価で計上され、財政状態計算書日から満期までの期間が一年超の金融負債に関しては、財政状態計算書日

     現在の公表価格に基づいて公正価値が決定される。これらの価格は公正価値に有意な影響を及ぼすすべてのイン
     プットが直接的または間接的に観察可能であるような技法に基づく場合もあれば、観察可能な市場データに基づか
     ないインプットを用いた技法に基づく場合もある。
                                  81/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     公正価値     の階層
      下記の表は、毎期経常的に公正価値評価される金融資産および金融負債を、当社の評価手法に使用しているイン

     プットの透明性に基づき公正価値の階層ごとに分類表示したものである。
                          2017  年3月   31 日現在                201 6年3月   31 日現在

                     帳簿価額     レベル1     レベル2     レベル3      帳簿価額     レベル1     レベル2     レベル3
                      単位  :   単位  :   単位  :   単位  :    単位  :   単位  :   単位  :   単位  :
                     百万円     百万円     百万円     百万円      百万円     百万円     百万円     百万円
     公正価値で測定される金融資産
     デリバティブ金融資産                 131,566       -   87,824     43,742      118,716       -   80,067     38,649
      外国為替関連デリバティブ                19,033       -   17,644     1,389      10,657       -   9,038     1,619
      金利関連デリバティブ                56,378       -   18,486     37,892      57,985       -   21,018     36,967
      株式関連デリバティブ                35,334       -   30,874     4,460      44,322       -   44,294       28
      コモディティ・デリバティブ                17,115       -   17,115       -    2,553       -   2,553       -
                      3,706       -   3,705       1    3,199       -   3,164      35
      クレジット・デリバティブ
                      131,566       -   87,824     43,742      118,716       -   80,067     38,649
     公正価値で測定される金融負債

     デリバティブ金融負債                 109,779       -   65,539     44,240      142,117       -  103,975     38,142
      外国為替関連デリバティブ                22,025       -   20,636     1,389      24,617       -   22,998     1,619
      金利関連デリバティブ                49,923       -   11,533     38,390      44,277       -   7,817    36,460
      株式関連デリバティブ                33,939       -   29,479     4,460      65,274       -   65,246       28
      コモディティ・デリバティブ                 198      -    198      -    4,750       -   4,750       -
      クレジット・デリバティブ                3,694       -   3,693       1    3,199       -   3,164      35
     純損益を通じて公正価値で測定される
                      703,045       -  655,752     47,293      654,663       -  616,425     38,238
     金融商品に指定された金融負債
                      812,824       -  721,291     91,533      796,780       -  720,400     76,380
                                  82/206












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     レベル3の公正価値の階層に分類された公正価値測定に関する調整
      以下の表は、報告期間の期首残高と期末残高との間に生じた、レベル3に分類された金融商品の公正価値のすべ

     ての変動について、その推移を示したものである。
                                         2017  年3月   31 日 現在

                                                    純損益を通じて公正
                                                    価値で測定される金
                                デリバティブ           デリバティブ         融商品に指定された
                                 金融資産           金融負債           金融負債
                                単位:百万円           単位:百万円           単位:百万円
     期首残高                               38,649           38,142           38,239

     包括利益計算書に含まれている期間の収益                    / (損

          (1)
     失)の合計
                                     1,955           1,361            (402)
     新規発行                                 -           -        38,600
     決済額                                492          2,070          (30,388)
     レベル3への移動                               6,205           6,230           1,550
                                    (3,559)           (3,563)            (306)
     レベル3からの移動
                                    43,742           44,240           47,293
     期末残高
     報告期間末に保有されている金融商品に対する包

     括利益計算書に含まれている期間の未実現利益                      /
                                     4,763          (5,473)            (775)
     (損失)の合計
                                         201  6 年3月   31 日 現在

                                                    純損益を通じて公正
                                                    価値で測定される金
                                デリバティブ           デリバティブ         融商品に指定された
                                 金融資産           金融負債           金融負債
                                単位:百万円           単位:百万円           単位:百万円
     期首残高                               41,420           41,649           17,326

     包括利益計算書に含まれている期間の収益                    / (損

          (1)
     失)の合計
                                     3,781           5,231            446
     新規発行                                 -           -        27,650
     決済額                               (6,563)           (8,910)           (3,336)
     レベル3への移動                               1,035           1,319           6,450
                                    (1,024)           (1,147)          (10,298)
     レベル3からの移動
                                    38,649           38,142           38,238
     期末残高
     報告期間    末 に保有   されている     金融商品に     対する   包

     括利益計算書に含まれている              期間の未実現利益         /
                                    15,220          (14,405)             157
     ( 損失  ) の合計
     (1)  資産について      は、プラスの残高は利益を、マイナスの残高は損失を表している。負債については、プラスの残高は損失を、マイナスの残

       高は利益を表している。
      上記の表中のデリバティブに関る損益は、包括利益計算書中の                                純トレーディング利益/損失               に含められている。

     上記の表中の、純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債による損益の合計は、包括利
     益計算書の中の        純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                                 に
     含められている。
      2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度において、レベル1に認識された金融資産および金融

     負債はない。したがって、レベル1とレベル2との間での移動は生じなかった。
                                  83/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      当社では、公正価値の階層の中での金融商品のあるレベルから他のレベルへの移動は、すべて移動が発生した期
     間の期首に起きたものとしている。したがって、移動に関して上記に計上されている金額は、かかる移動が発生し
     た期間の期首における当該金融商品の公正価値を表している。
     評価手法

      当社が保有しているものは、区分処理された組込デリバティブを含めて、店頭(OTC)デリバティブのみであ

     る。こうした店頭デリバティブは内部モデルを使用して公正価値を算定するが、この内部モデルでは市場取引価格
     のほか、市場に基づいたインプットのモデルへの入力、市場の清算取引に対するモデルの調整、ブローカー・
     ディーラーの公表価格、合理的な水準で価格の透明性が認められる他の価格情報などといった、市場で観察される
     他の証拠を可能な限り用いている。評価手法としては、単純な割引期待キャッシュ・フロー計算のほか、ブラック
     ショールズ・モデルとモンテカルロ・シミュレーションが使われている。有意なインプットすべてが市場の証拠で
     裏付けられる場合には、区分処理された組込デリバティブを含む店頭デリバティブは公正価値の階層のレベル2に
     分類されている。
      相関係数、長期ボラティリティ等の有意な観察不能なインプットを用いてモデルを使って算定されるデリバティ

     ブは、レベル3に分類される。当社でレベル3に分類されるデリバティブの例としては、金利関連のエキゾチッ
     ク・デリバティブ、外国為替関連のエキゾチック・デリバティブ、株式関連のエキゾチック・デリバティブ、金利
     リスクと外国為替リスクと株式リスクを組み合わせたエキゾチック・デリバティブ、長期またはエキゾチック・ク
     レジット・デリバティブを含むその他の取引等がある。
      評価手法はパラメーターに依拠するが、こうしたパラメーターは、同等の取引が現状の市場で取引されていな

     い、あるいは市場データが得られないといったことにより、必ずしも市場で観察可能なものではない。このような
     評価手法は仮定に基づいていることから、前提となる仮定が変更となった場合には、これらの評価手法を用いて算
     定された公正価値も変わる可能性がある。
      2017年3月31日に終了した事業年度では、合計で6,205百万円(2016年3月期:1,035百万円)の金融資産および

     6,230百万円(2016年3月期:1,319百万円)の金融負債がレベル3へ移動した。金融資産側で移動した金額に含ま
     れる主なものは、株式スワップの6,196百万円(2016年3月期:主として金利スワップの947百万円)であり、一部
     のボラティリティや相関係数が観察不能となった、または観察不能なパラメーターの重要度が増したことによりレ
     ベル3へ移動した。金融負債側で移動した金額に含まれる主なものは、株式スワップの6,196百万円(2016年3月
     期:主として金利スワップの1,231百万円)であり、一部のボラティリティや相関係数が観察不能となった、また
     は観察不能なパラメーターの重要度が増したことによりレベル3へ移動した。
      2017年3月31日に終了した事業年度では、合計で3,559百万円(2016年3月期:1,024百万円)の金融資産と

     3,563百万円(2016年3月期:1,147百万円)の金融負債がレベル3から移動した。金融資産側で移動した金額に含
     まれる主なものは、金利スワップの2,245百万円およびクロスカレンシー金利スワップの1,300百万円(2016年3月
     期:主として金利スワップの451百万円および株式スワップの572百万円)であり、一部のボラティリティや相関係
     数が観察可能となった、または観察不能なパラメーターの重要度が低下したためレベル3から移動した。金融負債
     側で移動した金額に含まれる主なものは、金利スワップの2,249百万円および1300百万円の株式スワップ(2016年
     3月期:主として金利スワップの575百万円および株式スワップの572百万円)であり、一部のボラティリティや相
     関係数が観察可能となった、または観察不能なパラメーターの重要度が低下したためレベル3から移動した。
     評価プロセス

      当社は、公正価値の階層内でレベル3に分類される金融商品を含む、本財務書類上に計上される金融商品のあら

     ゆる公正価値測定の適正性を確保するため、金融商品のリスクを負うトレーディング部門から独立した組織とし
     て、公正価値測定の裁定または検証を行うための管理機能および支援機能を有する野村グループのガバナンス・フ
     レームワークの中に全面的に統合されている。
      評価方針および手続の定義、実行および管理している野村グループ内の部署は、以下のとおりである。

      ・野村グループの財務部門内のプロダクト・コントロール・バリュエーション・グループ(以下「PCVG」とい

       う。)が、一義的には公正価値測定の決定に関して、評価方針および手続の決定、履行について責任を有して
       いる。特に当該グループが、各タイプ別の金融商品に対する評価方針の文書化を担当している。野村グループ
       のトレーディング部門が当社の金融商品の価格を付ける責任を負う一方で、PCVGは独立した立場でその価格の
       検証および認証を行う責任を負う。意見の相違が生じた場合や公正価値の見積もりに判断が必要な場合には、
       本財務書類に計上される公正価値は、トレーディング部門から独立したシニア・マネジメントによって評価さ
       れる。PCVGはプロダクト・コントロールのグローバルヘッド、そして最終的に野村グループのCFOに報告を
       行っている。
      ・野村グループの財務部門内のアカウンティング・ポリシー・グループは、公正価値の決定に関連した意見書も

       含め、グループの会計方針と手続を定めている。このグループは、アカウンティング・ポリシーのグローバル
       ヘッド、そして最終的に野村グループのCFOに報告を行っている。
                                  84/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      ・野村グループのリスク・マネジメント部門内のグローバル・モデル・バリデーショングループ(以下「MVG」

       という。)は、公正価値測定を行うモデルの設計や開発を行う部署とは独立した立場で、当該モデルの適正性
       および一貫性を確認している。MVGはCROに報告を行っている。
     独立した価格評価の検証プロセス

      独立した価格評価の検証プロセス(Independent                          Price    Verification        Processes、以下「IPVプロセス」とい

     う。)における主要な目的は、野村グループのすべての金融商品に適用されている公正価値測定の適正性を検証す
     ることである。このプロセスでは、可能な限り観察可能なデータを用いており、観察不能なデータを必要とする場
     合には、適用する評価手法およびデータの適正性、合理性および整合性の確保を行っている。
      IPVプロセスは、定期的に外部の水準に対するすべてのポジションの公正価値を検証しようとするものである。

     このプロセスには、取引状況、指標、価格などのデータを内部および外部のデータソースから取得し、ポジション
     を外部価格に置き換えた場合の影響を調査することを含む。また、担保の受渡しプロセスにおいて、取引の評価に
     差異があり、担保金額の公正価値評価に差異がある場合、適正な公正価値を確定するためにその差異を調査してい
     る。
      ブローカー、ディーラーあるいはコンセンサス・プライシング・サービスに基づいた外部の価格情報をIPVプロ

     セスの一部として使用する場合、その情報が直近の市場の実勢取引を反映しているか、またはその価格で商品自体
     ないし類似の金融商品の取引の執行が現在可能かについて検討を行う。そのような取引や価格の情報がない場合、
     当該金融商品は通常レベル3に分類される。
      公正価値測定のためのインプットについて観察可能な市場情報が欠如している場合、PCVGおよびMVGは比較可能

     な商品、サーフェス、カーブおよび過去の取引を含めた利用可能な情報を考慮し、データの妥当性を評価する。追
     加調整は、相関係数等のデータが不確実な場合、もしくはトレーディング・デスクが市場水準の確認のため取引を
     行った場合などに行われる。
     有意な観察不能なインプットおよび仮定に関する定量的情報

      下記の表は、レベル3金融商品に使用される有意な観察不能なインプットおよび仮定に関する情報を示してい

     る。これらの金融商品は、一般的に公正価値階層のレベル2に使用される観察可能な評価インプット(つまりレベ
     ル2の評価インプット)も含んでいるが、これらの評価インプットは下記の表には含まれていない。
                                  85/206











                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      下記の表は、レベル3の金融資産および金融負債の公正価値測定に使用されている評価手法とインプットを示し
     たものである。
                    2017  年3月31日現在の公正

                         価値
                                                       インプットの
                       単位:百万円
                                             有意な観察不能な
                                                            (1)
                                                        評価範囲
                     金融資産       金融負債         評価手法          インプット
     外国為替関連デリバティブ                  1,389       1,389      DCF  /オプション         ボラティリティ          15.01-15.63%

                                        モデル
     金利関連デリバティブ                 37,892       38,390      DCF  /オプション               金利      0.13-3.04%
                                                        12.42-15.63%
                                        モデル      ボラティリティ
                                                         -0.51-0.98
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     株式関連デリバティブ                  4,460       4,460      DCF  /オプション           配当利回り         0.00-5.31%
                                                         7.90-61.08%
                                        モデル      ボラティリティ
                                                          0.76-0.96
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     クレジット・デリバティブ                    1       1          DCF   クレジットスプレッ            14.66-85.00%
                                                    ド
     純損益を通じて公正価値で測                    -    47,293      DCF  /オプション               金利      0.13-3.04%

     定される金融商品に指定され                                                   12.42-15.61%
                                        モデル      ボラティリティ
     た金融負債                                                     0.35-0.88
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     合計                 43,742       91,533
                    2016  年3月31日現在の公正

                         価値
                                                       インプットの
                       単位:百万円
                                             有意な観察不能な
                                                            (1)
                                                        評価範囲
                     金融資産       金融負債         評価手法          インプット
     外国為替関連デリバティブ                  1,619       1,619      DCF  /オプション         ボラティリティ          16.70-17.21%

                                        モデル
     金利関連デリバティブ                 36,967       36,460      DCF  /オプション               金利      0.07-2.74%
                                                        13.84-91.39%
                                        モデル      ボラティリティ
                                                         -0.57-0.97
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     株式関連デリバティブ                   28       28    DCF  /オプション           配当利回り         1.17-4.47%
                                                        21.87-46.05%
                                        モデル      ボラティリティ
                                                          0.61-0.76
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     クレジット・デリバティブ                   35       35          DCF        相関係数         0.75-0.75
                                               (-1.0   to  1.0)
     純損益を通じて公正価値で測                    -    38,238      DCF  /オプション               金利      0.10-2.74%
     定される金融商品に指定され                                                   13.84-91.39%
                                        モデル      ボラティリティ
     た金融負債                                                     0.35-0.87
                                                 相関係数
                                               (-1.0   to  1.0)
     合計                 38,649       76,380
     (1)  範囲に関する情報はパーセンテージおよび係数で示され、金融商品の種類を評価するために使用される有意な観察不能な評価インプット

      の最高値と最低値を示している。その範囲に大きな差があることは、必ずしも評価インプットに不確実性または主観性が大きく反映してい
      ることを意味しておらず、主として当該金融商品そのものの特徴が異なることによる。
     観察不能なインプットの変動に対する公正価値の感応度

      レベル3に分類される金融商品の評価が、一般市場心理、信用、金利、外国為替、相関係数のみならずさまざま

     な要因によって変動することを考慮すると、状況がさらに悪化した場合には現在の価値は引き続き減少する可能性
     がある。それとは逆に、状況が改善した場合には、レベル3のポートフォリオの価値の増加が見込まれることにな
                                  86/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     る。ただし、経営者はレベル3に分類される金融商品の公正価値の純額に重大な影響を及ぼすことは予期していな
     い。
      当社はミディアム・ターム・ノートのエクスポージャーをヘッジするためにデリバティブ取引を行っているた

     め、レベル3のポートフォリオの価値の増減は、当社の損益に重大な影響を及ぼすものではない。ヘッジデリバ
     ティブ取引は、負債性金融商品に組み込まれたデリバティブから生じるポジションを相殺し、当該金融商品に関連
     する観察不能なインプットの変動に対する公正価値の感応度を限定的なものとしている。
      上記の表に記載されている各金融商品の種類に対し、当社が使用する有意な観察不能なインプットや仮定の変化

     が当該金融商品の公正価値の決定に影響を及ぼすことがある。観察不能なインプットとそのインプット間の相関関
     係の変動に対するレベル3の公正価値測定の感応度は以下のとおりである。
      デリバティブ        — デリバティブの原資産から生じるリスクに関して当社のポジションがロングであれば、金利や

     信用スプレッドのようなデリバティブの原資産の個別の要素の大幅な上昇(低下)や、配当利回りの大幅な低下
     (上昇)によって、公正価値測定は大幅に増加(減少)することになる。デリバティブの原資産から生じるリスク
     に関して当社のポジションがショートである場合には、この変動による影響は当社が報告する公正価値測定に逆の
     影響を及ぼすことになると思われる。
      オプション価値やリカバリーレートや相関係数に関して当社のポジションがロングであり、ボラティリティやリ

     カバリーレートや相関係数が大幅に上昇(低下)した場合には、通常、公正価値測定は大幅に増加(減少)するこ
     とになる。当社のオプション価値やリカバリーレートや相関係数のポジションがショートである場合には、これら
     の変動の影響は公正価値測定に逆の影響を及ぼすことになると思われる。
      純損益を通じて公正価値で              測定される金融商品に指定された                 金融負債     -  純損益を通じて公正価値で測定される

     金融商品に指定された金融負債にデリバティブが組み込まれている場合、その組込デリバティブは投資家への単純
     な固定または変動金利のリターンを、株価もしくは株価指数、商品相場、為替レート、第三者の信用格付、または
     より複雑な金利等の変数に応じたリターンに変換する特徴をもっている。
      デリバティブ金融商品がこのような純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債の変動

     を相殺するリスク管理目的で保有されていることを考慮すると、観察不能なインプットの変動に対する純損益を通
     じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債の公正価値の感応度はデリバティブのものとは反対の方
     向になると予想される。
      レベル3金融商品の有意な観察不能なインプット間には、予測可能な相関はない。

                                  87/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     初日利益および損失
      有意な観察不能なパラメーターを用いる評価手法により算定されたことから生じる利益または損失は、当該パラ

     メーターが観察可能になるまで、あるいは当該金融商品の認識が中止されるまで、契約期間にわたって繰り延べら
     れる。一方で、当初認識後の公正価値の変動は損益として認識される。こうした金融商品から生じている損益とし
     て認識されていない公正価値の合計額は、財政状態計算書日現在、1,264百万円の利益(2016年3月期:710百万円
     の利益)であった。下記の表は、期首残高から期末残高にかけての、初日利益および損失の変動に関する調整を示
     したものである。
                                       2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                       単位:百万円              単位:百万円
      初日利益の期首残高                                       710              (211)

      新規取引                                       908              625
      当年度中に純損益に認識された金額                                       (354)              (126)
      初日利益の期末残高
                                            1,264                710
                                  88/206
















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     24 . 金融資産と金融負債の相殺
      下記の表は、マスターネッティング契約や同種の契約の対象となる金融資産および金融負債の概要を示したもの

     である。
                                    2017  年3月31日現在

                                     単位:百万円
                                  財政状態
                  認識されてい        財政状態計算
                                            財政状態計算書上
                  る金融資産/        書上相殺され        計算書上に計
                                          相殺されていない関連金額
                    負債の        ている       上されて
                      (1)                        (2)       (3)
                    総額                      金融商品        担保金
                            総額       いる金額                        純額
     デリバティブ金融資産                68,683          -     68,683       (65,734)        (2,010)         939

     関係会社への貸付金               358,292           -     358,292           -        -     358,292
     その他の資産                7,710          -      7,710       (7,515)          -       195
     金融資産合計               434,685           -     434,685        (73,249)        (2,010)       359,426
     デリバティブ金融負債                97,232          -     97,232       (73,249)        (23,882)          101

     金融負債合計                97,232          -     97,232       (73,249)        (23,882)          101
                                    201  6 年3月31日現在

                                     単位:百万円
                                  財政状態
                  認識されてい        財政状態計算
                                            財政状態計算書上
                  る金融資産/        書上相殺され        計算書上に計
                                          相殺されていない関連金額
                    負債の        ている       上されて
                      (1)                        (2)       (3)
                    総額                      金融商品        担保金
                            総額       いる金額                        純額
     デリバティブ金融資産                43,526          -     43,526       (34,378)        (7,930)        1,218

     関係会社への貸付金                2,110          -      2,110          -        -      2,110
     その他の資産                24,360          -     24,360       (23,186)           -      1,174
     金融資産合計                69,996          -     69,996       (57,564)        (7,930)        4,502
     デリバティブ金融負債               127,566           -     127,566        (57,564)        (70,002)           -

     金融負債合計               127,566           -     127,566        (57,564)        (70,002)           -
     (1)  区分処理された組込デリバティブは除外されている。

     (2)  これらは、貸借対照表上は相殺が認められていないが、取引相手方の債務不履行、支払不能もしくは倒産時には相殺する権利を当社が有
       している金額を表している。
     (3)  デリバティブのプラス時価に対して受け入れた担保金および、デリバティブのマイナスの時価に対して差し入れた担保金は、それぞれ                                                       そ
       の他の負債     および   その他の資産      に計上されている。
      当社はすべてのデリバティブ取引相手との間で、取引相手方の債務不履行、支払不能もしくは倒産時には相殺す

     る権利を当社が有することになるISDAのマスター契約を締結している。また当社は、取引相手方のうちの1社との
     間でマスターネッティング契約を締結したことにより、オンバランスシート取引およびオフバランスシート取引双
     方に関し、当該取引相手方の債務不履行時、支払不能もしくは倒産時には相殺する権利を有している。これらの契
     約によれば、同一の取引相手との間の同一の原契約に関するグロスエクスポージャーに対し、その信用エクスポー
     ジャーを削減することになる。
      ネッティング契約は、通常、取引当事者同士で合意された原則的な条件を取り決めているマスターネッティング

     契約を指す。マスターネッティング契約では、ネッティング額の算定原則、担保の種類、債務不履行や他の倒産事
     由の定義、債務不履行の際の損害額や必要となる文書等に関して取り決められている。また、マスターネッティン
     グ契約は、取引当事者間における取引のすべてもしくはできる限り多くの取引を契約下にすべく条件が定められて
     いる。こうして個々の取引はマスターネッティング契約の下における取引となり、取引当事者同士が互いに営業活
     動を行う際、この契約が単一の基本契約となる。このようにして信用リスクを低減させることに加え、相殺条項を
     定めた単一契約の下で個別取引を行うことにより、複数の法域または複数の契約にまたがる取引の決済リスクを低
     減することもできる。
     25 . 資本管理方針

                                  89/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
      当社の資本管理方針の目標は、発行済株式資本およびミディアム・ターム・ノートから構成される資本の適正な

     水準を維持することである。
      当社は、資本の適正水準について見直しを行っており、適正水準に関しては、野村グループにおける資金需要や

     流動性ポジションを十分に検討した上で決定している。
      当年度中、資本管理の目標、方針、プロセスに変更はなかった。

                                       2017  年3月   31 日        201  6 年3月   31 日

                                         現在              現在
                                       単位:   百万円           単位:   百万円
      発行済および払込済株式資本                                      6,113              6,569

      株式払込剰余金                                      1,321              1,321
                                            2,289              1,833
      剰余金
                                            9,723              9,723
      発行済株式資本合計
      社債およびその他の借入金                                     940,752             1,038,882

       - 非流動負債に含まれるもの                                   862,648              822,557
       - 流動負債に含まれるもの                                   78,104              216,325
      純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融

      負債                                     703,045              654,663
       - 非流動負債に含まれるもの                                   516,574              462,772
       - 流動負債に含まれるもの                                   186,471              191,891
      関係会社からの借入金                                     267,003              348,702
       - 非流動負債に含まれるもの                                      -              -
       - 流動負債に含まれるもの                                   267,003              348,702
      発行済株式資本、ミディアム・ターム・ノートおよび関係会社か
                                          1,920,523              2,051,970
      らの借入金合計
     26 . 関連当事者

      本財務書類の他の箇所で開示されているように、当社が当期間中に関連当事者との間で行った重要な取引は以下

     のとおりである。
       a.親会社との取引

         i.  当社はNHIとの間で金銭消費貸借契約を締結しており、2017年3月31日に終了した事業年度の受取

             利息は8,605百万円であった(2016年3月期:5,429百万円)。2017年3月31日現在、NHI向けの貸
             付金残高は699,300百万円(2016年3月期:1,133,600百万円)であり、残高はすべて無担保であ
             る。2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度において、NHIへの貸付金に関する
             減損は認識されていない。
         ii.    当社は、当社の社債(注記18を参照のこと。)に対する保証人の1社であるNHIとディーラー契約

             を締結しており、計算対象期間における社債の平均発行残高に基づいて手数料(注記4を参照のこ
             と。)を支払うことに合意している。2017年3月31日に終了した事業年度には700百万円の保証料
             が 支払手数料等        に計上されている(2016年3月期:737百万円)。2017年3月31日現在、NHIへの
             未払保証料は700百万円(2016年3月期:737百万円)である。
         iii. 国内APA(注記10を参照のこと。)に基づいて、当社はAPAによる調整額をNHIに支払うことに合意

             した。調整額の6,898百万円(2016年3月期:5,162百万円)は                                一般管理費      に計上されている。2017
             年3月31日現在、NHIへの1,048百万円(2016年3月期:5,162百万円)が                                      その他の負債       で認識され
             ている。
         iv.   2017年3月31日に終了した事業年度のNHIによる情報テクノロジーインフラに関するサービス費用

             は43百万円(2016年3月期:8百万円)であった。この費用は包括利益計算書の中の                                            一般管理費      に
             計上されている。2017年3月31日現在、NHIへの未払金は31百万円であった(2016年3月期:34百
             万円)。
                                  90/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       b.執行取締役との取引
          2017年3月31日現在、当社の執行取締役は2名であり、野村グループ内から派遣されている。2017年3

         月31日および2016年3月31日に終了した事業年度において、当社が負担した当該執行取締役への報酬はな
         かった。
       c.その他の関連当事者との取引

         i.  当社は他の関連当事者との間で金銭消費貸借契約を締結しており、2017年3月31日に終了した事業

             年度の受取利息は17,365百万円(2016年3月期:19,337百万円)であった(注記3を参照のこ
             と。)。残高はすべて無担保である。2017年3月31日および2016年3月31日に終了した事業年度に
             おいて、関係会社への貸付金に関する減損は認識されていない。
         ii.    当社は他の関連当事者との間で金銭消費貸借契約を締結しており、支払利息が発生している(注記

             3を参照のこと。)。
         iii. 当社はISDA制定のマスター契約書に基づいて、他の関連当事者とデリバティブ契約を締結してい

             る。2017年3月31日現在、他の関連当事者との間のデリバティブ金融資産およびデリバティブ金融
             負債はそれぞれ68,368百万円および96,917百万円(2016年3月期:デリバティブ金融資産:43,006
             百万円、デリバティブ金融負債:127,046百万円)である。関連当事者との間で締結したISDA制定
             の担保契約書に基づき、当社はデリバティブ取引に関連した担保金を差し入れ、また受け入れてい
             る。(注記15、20を参照のこと。)
         iv.    当社が、関連当事者となる銀行に開設している当座預金口座の残高に基づいて受け取った利息はな

             く(注記3を参照のこと。)、2017年3月31日現在、この関連当事者となる銀行に開設している預
             金口座の平均残高はない(2016年3月期:なし)。
         v.  2017年3月31日現在、流動性対策やマーケット・メーク業務の一環として、野村グループで保有し

             ている当社の社債の発行残高は13,554百万円(2016年3月期:14,469百万円)であり、そのうちの
             11,459百万円(2016年3月期:11,754百万円)は                          社債およびその他の借入金              に分類されており、
             2,095百万円(2016年3月期:2,715百万円)は                        純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に分
             類された金融負債         に分類されている。
         vi.     当社は、当社の社債(注記18を参照のこと。)の保証人である野村グループの関連当事者1社と

             ディーラー契約を締結しており、計算対象期間における社債の平均発行残高に基づいて、保証料
             (注記4を参照のこと。)を支払うことに同意している。2017年3月31日に終了した事業年度に
             は、10百万円の保証料が             支払手数料等       に計上されている(2016年3月期:17百万円)。2017年3月
             31日現在、その他の関連当事者に対する未払保証料は10百万円(2016年3月期:17百万円)であ
             る。
         vii. 2017年3月31日に終了した事業年度において、当社は、一部の関連当事者の人員によるサポートに

            係るサービスフィーを85百万円支払っており、包括利益計算書の中の                                     一般管理費      に計上されてい
            る。(2016年3月期:116百万円)
         viii.   当社は、     純損益を通じて公正価値で測定される金融商品に指定された金融負債                                     に分類される社債

             を含め、当社が発行する社債の引受を行う他の関連当事者との間でディーラー契約を締結した。当
             社はその他の関連当事者との間でデリバティブ取引を締結することにより、当該社債の仕組物とし
             ての特性を経済的にヘッジしている。当該社債から生じる損益は                                 、純損益を通じて公正価値で測定
             される金融商品に指定された金融負債に関する純利益/(損失)                                  で認識され、デリバティブ取引
             から生じる損益は         純トレーディング利益/(損失)                  で認識されている。
     27 . 後発事象

      本報告書日現在、2017年3月31日に終了した事業年度以降に、財務書類またはその注記の中で修正または開示を

     必要とする事象は発生していない。
     28 . 利益処分      ‐ 経営者の提案

      経営者は、2017年3月31日に終了した事業年度の当期損失合計744百万円を利益剰余金から控除するよう提案し

     ている。この提案は財務書類に反映されている。
                                  91/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     2017年7月7日
     執行取締役

      山﨑 裕二                    柘植 謙二

     その他の情報


     監査報告書

      監査人であるアーンスト・アンド・ヤング・アカウンタンツ・エルエルピーによる監査報告書は、巻末に掲載さ

     れている。
     利益処分     – 当社定款での規定

      当社定款第20条に従い、純利益は株主総会で自由に処分されるものとする。

       次へ

                                  92/206














                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  93/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  94/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  95/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  96/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  97/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  98/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                  99/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                100/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                101/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                102/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                103/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                104/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                105/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                106/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                107/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                108/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                109/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                110/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                111/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                112/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                113/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                114/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                115/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                116/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                117/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                118/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                119/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                120/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                121/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                122/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                123/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                124/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                125/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                126/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                127/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                128/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                129/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                130/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                131/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                132/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                133/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                134/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                135/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     2【主な資産・負債及び収支の内容】

       「第3 事業の状況-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および上記「1 財務
      書類」を参照のこと。
     3【その他】

     (1)  後発事象
        当社が2017年4月1日から2017年7月31日までの間にユーロ・ノート・プログラム(「第3 事業の状況-
      5 経営上の重要な契約等」を参照のこと。)に基づいて発行した社債は、円貨建債計166,304.056百万円、イ
      ンドネシア・ルピア建債計40,000百万インドネシア・ルピア、インド・ルピー建債計2,320百万インド・ル
      ピー、トルコ・リラ建債計1,492.5百万トルコ・リラ、メキシコ・ペソ建債計275百万メキシコ・ペソ、南アフ
      リカランド建債計155百万ランド、米ドル建債計150.55百万米ドル、ブラジル・レアル建債計114.5百万ブラジ
      ル・レアル、ロシア・ルーブル建債計100百万ロシア・ルーブル、豪ドル建債計35.68百万豪ドル、ニュージー
      ランド・ドル建債計5百万ニュージーランド・ドル、ユーロ建債計0.5百万ユーロとなっている。
     (2)  訴訟

        重要な訴訟等はない。
     (3)  本国と日本における会計原則および会計慣行の主要な相違

        添付の財務書類は、IFRSに準拠して作成されているが、これらは日本における会計処理の原則および手続な
      らびに財務書類の表示方法(以下「日本の会計原則」という。)と以下の重要な分野で相違している。
        1.公正価値評価

          IAS  第39号では、トレーディング目的の金融資産および金融負債(デリバティブを含む。)は公正価値で
         測定し、公正価値の変動を包括利益計算書で認識する。評価モデルへのインプットが市場で観察不能な場
         合、その取引に係る当初の認識は、一般に公正価値の最良の指標となる取引価格で行う。取引価格とモデ
         ル評価の差額は、インプットが観察可能となった時点、または金融商品の認識が中止された時点で認識さ
         れる。
          日本の会計原則では、トレーディング目的の金融資産および金融負債(デリバティブを含む。)は時価
         をもって貸借対照表価額とし、評価差額は当期の損益として処理する。なお、IFRSのような取引の当初損
         益を規定する基準はない。
        2.ヘッジ会計

          IAS  第39号では、デリバティブ金融商品は、会計基準により定められたヘッジ会計に指定されかつその要
         件を満たす場合には、ヘッジ会計が適用され、公正価値ヘッジ、キャッシュ・フロー・ヘッジ、または在
         外営業活動体に対する純投資のヘッジについて、ヘッジ会計による処理が認められている。公正価値ヘッ
         ジの場合は、ヘッジ対象の特定のリスクに係る公正価値の変動と、ヘッジ手段の公正価値の変動を、とも
         に損益として認識・計上する。
          一方、日本の会計原則では、ヘッジ目的で保有するデリバティブに関する評価差額は、純資産の部に計
         上され、ヘッジ対象に係る損益が認識されるまで繰り延べることとなっている。ただし、一定の要件を満
         たす金利スワップの特例処理が認められた場合については、金利スワップを時価評価せず金銭の受払の純
         額等を当該資産または負債に係る利息に加減することが認められている。
                                136/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
        3.複合金融商品
          IAS  第39号では、組込デリバティブは以下の全ての条件を満たしたとき、区分処理が必要となる。
          ・組込デリバティブの経済的特性やリスクが主契約のそれらと密接に関連していない。
          ・それが同一条件の独立の金融商品ならばデリバティブの要件を充足する。
          ・デリバティブが組み込まれた複合金融商品が、損益を通じて公正価値で計上される金融商品として分
           類されていない。
          一方、日本の会計原則では、以下の全ての要件を満たす複合金融商品については、組込デリバティブを
         組込対象である金融資産または金融負債とは区分して時価評価し、評価差額を当期の損益として処理す
         る。
          ・組込デリバティブのリスクが現物の金融資産または金融負債に及ぶ可能性があること。
          ・組込デリバティブと同一条件の独立したデリバティブが、デリバティブの特徴を満たすこと。
          ・当該複合金融商品について、時価の変動による評価差額が当期の損益に反映されないこと。
        4.公正価値オプション

          IAS  第39号では、トレーディング目的保有以外に一定の要件を満たす場合には、金融資産および金融負債
         について公正価値オプションを適用し、当該金融資産および金融負債を毎期、公正価値で評価し、評価差
         額を純損益で認識することが認められる。
          一方、日本の会計原則では、公正価値オプションは認められていない。
        5.金融商品の開示

          IFRS  第13号では、金融商品の種類ごとに公正価値測定に用いられたインプットの源泉別ごとに3つのレ
         ベルの階層に従って、公正価値測定額について開示することが求められている。
          一方、日本の会計原則では、公正価値の階層の開示は求められていない。
                                137/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第7【外国為替相場の推移】

       該当事項なし。

     第8【本邦における提出会社の株式事務等の概要】

       該当事項なし。

     第9【提出会社の参考情報】

     1【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に定める親会社等が存在しないため、該当事項はない。
     2【その他の参考情報】

       平成28年4月1日以降、本書提出日までの間において提出された書類および提出日は以下のとおりである。
     (1)   有価証券届出書の訂正届出書

        平成28年4月28日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (2)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年6月24日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (3)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年7月29日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (4)   有価証券報告書およびその添付書類
        平成28年8月15日 関東財務局長に提出
     (5)   有価証券届出書の訂正届出書およびその添付書類
        平成28年8月16日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (6)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年10月28日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (7)   有価証券届出書およびその添付書類
        平成28年11月4日 関東財務局長に提出
     (8)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年11月14日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (9)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年11月14日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (10)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年11月15日 平成28年3月24日提出の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (11)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成28年11月15日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (12)   半期報告書およびその添付書類
        平成28年12月22日 関東財務局長に提出
     (13)   有価証券届出書の訂正届出書およびその添付書類
        平成28年12月26日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
                                138/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     (14)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年1月17日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (15)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年2月1日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (16)   有価証券届出書およびその添付書類
        平成29年2月3日 関東財務局長に提出
     (17)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年2月15日 上記(7)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (18)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年2月15日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (19)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年3月10日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (20)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年4月28日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (21)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年6月27日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (22)   臨時報告書およびその添付書類
        平成29年7月21日 関東財務局長に提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の
        開示に関する内閣府令第19条第2項第9号)
     (23)   訂正発行登録書
        平成29年7月21日 平成27年8月18日提出の発行登録書の訂正発行登録書を関東財務局長に提出
     (24)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年7月24日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
     (25)   有価証券届出書の訂正届出書
        平成29年7月31日 上記(16)記載の有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長に提出
                                139/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

     第1【保証会社情報】

     1【保証の対象となっている社債】

                                売出券面額の

                                                2017  年3月31日
                                         償 還 額
           社債の名称             発行年月日        総額又は振替                         上 場
                                                現在の未償還額
                                 社債の総額
     野村ホールディングス株式会社保証ノム
     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年3月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年3月27日       2億7,700万円        2億7,700万円          0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:JXホールディング
     ス株式会社(証券コード:5020)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年3月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年3月27日       8億9,500万円        8億9,500万円          0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:日産自動車株式会社
     (証券コード:7201)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年3月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年3月27日       42 億1,600万円       42 億1,600万円         0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:三菱商事株式会社
     (証券コード:8058)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年5月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年5月29日       2億6,600万円        1億9,000万円         7,600  万円     該当事項なし
     建社債   償還対象証券:株式会社小松製作所
     (証券コード:6301)(注1)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年5月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年5月29日        5,700  万円      5,700  万円       0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:東京海上ホールディ
     ングス株式会社(証券コード:8766)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年6月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年6月19日        7,000  万円      7,000  万円       0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:伊藤忠商事株式会社
     (証券コード:8001)
     野村ホールディングス株式会社保証ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年6月満期       他社株償還条項付        円
                       2012  年6月19日        3,000  万円      3,000  万円       0円      該当事項なし
     建社債   償還対象証券:株式会社三井住友
     フィナンシャルグループ(証券コー
     ド:8316)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2013  年9月12日       2,930  万米ドル       0米ドル       2,930  万米ドル     該当事項なし
     イ 2018年9月満期      米ドル建変動利付社債
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2013  年10月23日       5,340  万米ドル       0米ドル       5,340  万米ドル     該当事項なし
     イ 2018年10月満期      米ドル建固定利付社債
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2013  年10月23日       5,557  万米ドル       0米ドル       5,557  万米ドル     該当事項なし
     イ 2018年10月満期      米ドル建変動利付社債
                                140/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム
     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2013  年12月19日       1,700  万米ドル       0米ドル       1,700  万米ドル     該当事項なし
     イ 2018年12月満期      米ドル建固定利付社債
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2013  年12月19日      852 万4,000米ドル         0米ドル      852 万4,000米ドル       該当事項なし
     イ 2018年12月満期      米ドル建変動利付社債
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ                  2014  年1月27日       5,900  万米ドル       0米ドル       5,900  万米ドル     該当事項なし
     イ 2019年1月満期      米ドル建社債
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2017年3月満期       利率固定型     円/豪ド     2014  年3月17日        124 億円       124 億円        0円      該当事項なし
     ル・デュアル・カレンシー社債(任意繰上
     償還条項付)(3年債)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2019年3月満期      利率ステップアップ型          2014  年3月17日        45 億円        0円        45 億円     該当事項なし
     円/豪ドル・デュアル・カレンシー社債
     (任意繰上償還条項付)(5年債)(注2)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2019年6月満期       ETF交換権付与型
                       2014  年6月18日       3,267  万豪ドル       0豪ドル       3,267  万豪ドル     該当事項なし
     豪ドル建社債      対象証券:NEXT       FUNDS   JPX
     日経インデックス400連動型上場投信(証券
     コード:1591)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2019年7月満期      利率ステップアップ型          2014  年7月22日       33 億2,000万円         0円      33 億2,000万円       該当事項なし
     円/豪ドル・デュアル・カレンシー社債
     (任意繰上償還条項付)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2019年9月満期      利率ステップアップ型          2014  年9月16日       74 億6,000万円         0円      74 億6,000万円       該当事項なし
     円/豪ドル・デュアル・カレンシー社債
     (任意繰上償還条項付)(注2)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2016年6月満期       円/豪ドル・デュア          2014  年12月15日       70 億4,000万円       70 億4,000万円         0円      該当事項なし
     ル・カレンシー社債(円貨償還条件付)(任
     意繰上償還条項付)
     野村ホールディングス株式会社保証               ノム

     ラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブ
     イ 2019年12月満期      利率ステップアップ型          2014  年12月15日       25 億3,000万円         0円      25 億3,000万円       該当事項なし
     円/豪ドル・デュアル・カレンシー社債
     (任意繰上償還条項付)
     (注1) 2017年3月31日以降、本書提出日までの間に全額償還されている。

     (注2) 2017年3月31日以降、本書提出日までの間に部分償還されている。
     2【継続開示会社たる保証会社に関する事項】

       保証会社である野村ホールディングス株式会社は、継続開示会社である。
     (1)【保証会社が提出した書類】
       ①【有価証券報告書及びその添付書類又は四半期報告書若しくは半期報告書】
         イ.有価証券報告書およびその添付書類
           事業年度(第113期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           平成29年6月26日関東財務局長に提出
                                141/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
         ロ.四半期報告書または半期報告書
           事業年度(第114期第1四半期)(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           平成29年8月14日関東財務局長に提出
       ②【臨時報告書】

         ①の有価証券報告書提出後、本書提出日(平成29年8月14日)までに、平成29年6月26日関東財務局長に
         提出(提出理由:金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2
         項第9号の2)
       ③【訂正報告書】

         該当事項なし。
     (2)【上記書類を縦覧に供している場所】

                 名    称                          所  在  地

         野村ホールディングス株式会社本店                           東京都中央区日本橋一丁目9番1号
         株式会社東京証券取引所                           東京都中央区日本橋兜町2番1号
         株式会社名古屋証券取引所                           名古屋市中区栄三丁目8番20号
     3【継続開示会社に該当しない保証会社に関する事項】

       該当事項なし。
                                142/206











                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第2【保証会社以外の会社の情報】
     1【当該会社の情報の開示を必要とする理由】

      1.野村ホールディングス株式会社保証                      ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ                          2019年6月満期         E
       TF交換権付与型          豪ドル建社債        対象証券:NEXT         FUNDS   JPX日経インデックス400連動型上場投信(証券コー
       ド:1591)
       (1)  発行日

         2014  年6月18日
       (2)  売出金額

         3,267   万豪ドル
       (3)  上場金融商品取引所名または登録許可金融商品取引業協会名

         該当事項なし。
       (4)  償還対象受益権の発行会社の名称および住所

         野村アセットマネジメント株式会社
         東京都中央区日本橋一丁目12番1号
       (5)  理    由

         本社債は、該当する訂正発行登録書に記載の条件に従い、(a)参照期間中のある本取引所営業日におい
         て、参照価格がノックイン価格以下であり、かつ(b)判定価格が基礎価格未満であると計算代理人が判断
         した場合、償還対象受益権口数および残余現金額(もしあれば)の交付により償還されるため、償還対象
         受益権であるNEXT          FUNDS   JPX日経インデックス400連動型上場投資信託に関する以下の情報は本社債の投
         資判断に重要な影響を及ぼすものと判断される。ただし、以下に記載した情報は公開の情報より抜粋した
         ものである。
       (6)  償還対象受益権についての詳細

         種類:                証券投資信託の受益権
         受益権残存口数:                31,230,811口       (平成29年4月7日現在)
         上場金融商品取引所:                株式会社東京証券取引所
     2【継続開示会社たる当該会社に関する事項】

       以下の書類は、平成29年8月9日までに関東財務局に提出され、かつ、EDINETを通じて閲覧が可能であった書
      類である。
      1.野村ホールディングス株式会社保証                      ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ                          2019年6月満期         E

       TF交換権付与型          豪ドル建社債        対象証券:NEXT         FUNDS   JPX日経インデックス400連動型上場投信(証券コー
       ド:1591)
                                143/206



                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
       野村アセットマネジメント株式会社(ファンド名称:NEXT                               FUNDS   JPX日経インデックス400連動型上場投信)
       の情報
       (1)  償還対象受益権に関して当該会社が提出した書類
         ①  有価証券報告書およびその添付書類
           (第7期)(自 平成28年10月8日 至 平成29年4月7日)
           平成29年6月29日関東財務局長に提出
         ②  四半期報告書または半期報告書

           該当事項なし。
         ③  臨 時 報 告 書

           該当事項なし。
         ④  訂 正 報 告 書

           該当事項なし。
       (2)  上記  書類の写しを縦覧に供している場所

                 名    称                          所  在  地

         野村アセットマネジメント株式会社本店                           東京都中央区日本橋一丁目12番1号
         株式会社東京証券取引所                           東京都中央区日本橋兜町2番1号
     3【継続開示会社に該当しない当該会社に関する事項】

       該当事項なし。
                                144/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     第3【指数等の情報】

     1【当該指数等の情報の開示を必要とする理由】

     ハンセン指数・レバレッジインデックス、ハンセン指数・ショートインデックス、韓国総合株価指数200・レバ

     レッジインデックスおよび韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックス(本項において、以下個別に
     または総称して「本指数」という。)
     1  理由

     (1)  当社の発行している有価証券

     ( ⅰ)  NEXT   NOTES   香港ハンセン・ダブル・ブル               ETN
     ( ⅱ)  NEXT   NOTES   香港ハンセン・ベア           ETN
     ( ⅲ)  NEXT   NOTES   韓国KOSPI・ダブル・ブル              ETN
     ( ⅳ)  NEXT   NOTES   韓国KOSPI・ベア         ETN
     本項においては、上記(ⅰ)から(ⅳ)までの受益証券発行信託に係る受益権を個別にまたは総称して「本受益権」
     という。また、各本受益権に係る信託の信託財産である受託有価証券を個別にまたは総称して「本外国指標連動
     証券」という。
     (2)  各本受益権に係る受託有価証券である本外国指標連動証券は、償還額がそれぞれ本指数の水準により決定され

      るため、これらの指数についての開示を必要とする。
     2  内容

     ハンセン指数

     ハンセン指数は、香港取引所上場の浮動株に基づく時価総額加重平均指数である。指数構成銘柄は、ハンセン商工
     業株指数、ハンセン金融株指数、ハンセン公益事業株指数およびハンセン不動産株指数という4つの業種別指数に
     分かれており、1964年7月31日を基準日とし、その日の時価総額を100として算出される。一方、トータルリター
     ンハンセン指数(配当込指数)は、1990年1月2日の指数値を2,838.07ポイントとして計算されている。
     韓国総合株価指数200

     韓国総合株価指数200は、韓国証券取引所上場の主要200銘柄からなる時価総額加重平均指数である。1990年1月3
     日を基準日とし、その日の時価総額を100として算出される。
     韓国総合株価指数200(先物)

     韓国総合株価指数200(先物)は、韓国総合株価指数200先物市場に上場している直近限月の価格の値動きに連動し
     た指数である。2007年1月2日を基準日とし、その日の時価総額を1,000として算出される。
     (※ロール時は直近限月と翌限月を加重平均、またロールオーバーコスト込み指数である。)
     ハンセン指数・レバレッジインデックス、ハンセン指数・ショートインデックス、韓国総合株価指数200・レバ

     レッジインデックス、韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックス
     ハンセン指数・レバレッジインデックスは、日々の騰落率をハンセン指数の騰落率の2倍として計算された指数
     で、2006年1月3日の指数値を14,944.77ポイントとして計算されている。
                                145/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     ハンセン指数・ショートインデックスは、日々の騰落率をトータルリターンハンセン指数(配当込指数)の騰落率
     の-1倍として計算された指数で、2006年1月3日の指数値を26,650.28ポイントとして計算されている。
     韓国総合株価指数200・レバレッジインデックスは、日々の騰落率を韓国総合株価指数200の騰落率の2倍として計
     算された指数で、2010年2月22日の指数値を217.81ポイントとして計算されている。
     韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックスは、日々の騰落率を韓国総合株価指数200(先物)の騰落
     率の-1倍として計算された指数で、2009年9月16日の指数値を1,062.83ポイントとして計算されている。
     ハンセン指数・レバレッジインデックスの計算方法

     HSILI(T)     = HSILI(T-1)×[1         + {K×(HSI(T)/HSI(T-1)            - 1)  - (K-1)   ×(HIBOR/365)        ×D(T,T-1)      - K×(K-1)     ×|
     (HSI(T)/HSI(T-1)          - 1)  |×Stamp      Duty   } ]
     HSILI(T):      指数計算時点(T)におけるハンセン指数・レバレッジインデックス値

     HSILI(T-1):       指数計算時点(T)の前日におけるハンセン指数・レバレッジインデックス終値
     K:  2
     D(T,T-1):      TからT-1までの実日数
     HIBOR:    前日の午前11時(香港時間)頃におけるオーバーナイトHIBOR(%                                  年率)
     HSI(T):     現在のハンセン指数値
     HSI(T-1):      前日のハンセン指数値
     Stamp   Duty:   印紙税率
     㬰켰묰ݥ瀰אּ퀰쌰렰ꐰ윰쌰꼰뤰䱒䵥湽䉐␰桫풏̰地昰Ā㔀ヿՎ੎஄㴰地彘㑔࠰漰ţݥ瀰溊ࡻ霰䱐屫
     される。
     ハンセン指数・ショートインデックスの計算方法

     HSISI(T)     = HSISI(T-1)×[1         + {-K×(TRHSI(T)/TRHSI(T-1)               - 1)  + (K+1)   ×(HIBOR/365)        ×D(T,T-1)      - K×(K+1)
     ×|(TRHSI(T)/TRHSI(T-1)              - 1)  |×Stamp      Duty   } ]
     HSISI(T):      指数計算時点(T)におけるハンセン指数・ショートインデックス値

     HSISI(T-1):       指数計算時点(T)の前日におけるハンセン指数・ショートインデックス終値
     K:  1
     D(T,T-1):      TからT-1までの実日数
     HIBOR:    前日の午前11時(香港時間)頃におけるオーバーナイトHIBOR(%                                  年率)
     TRHSI(T):      現在のトータルリターンハンセン指数値(配当込指数値)
     TRHSI(T-1):       前日のトータルリターンハンセン指数値(配当込指数値)
     Stamp   Duty:   印紙税率
     㬰켰묰ݥ瀰אּ뜰ﰰ젰ꐰ윰쌰꼰뤰䱒䵥湽䉐␰桫풏̰地昰Ā㔀ヿՎ੎஄㴰地彘㑔࠰漰ţݥ瀰溊ࡻ霰䱐屫戰
     れる。
     韓国総合株価指数200・レバレッジインデックスの計算方法

     L(T)   = L(T-1)×[1      + {K×(F(T)/F(T-1)          - 1)  - (K-1)   ×(r/365)      ×D(T,T-1)      } ]
     L(T):   指数計算時点(T)における韓国総合株価指数200・レバレッジインデックス値

     L(T-1)    : 指数計算時点(T)の前日における韓国総合株価指数200・レバレッジインデックス値
     K:  2
     D(T,T-1):      TからT-1までの実日数
     r:  91日満期CDの金利(%            年率)
     F(T):   現在の韓国総合株価指数200指数値
     F(T-1):     前日の韓国総合株価指数200指数終値
                                146/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックスの計算方法

     I(T)   = I(T-1)×[1      + {-K×(F(T)/F(T-1)          - 1)  + (K×0.85)      ×(r/365)      ×D(T,T-1)      } ]
     I (T):   指数計算時点(T)における韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックス値

     I (T-1)   : 指数計算時点(T)の前日における韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックス値
     K:  1
     D(T,T-1):      TからT-1までの実日数
     r:  91日満期CDの金利(%            年率)
     F(T):   現在の韓国総合株価指数200(先物)指数値
     F(T-1):     前日の韓国総合株価指数200(先物)指数終値
                                147/206
















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     レバレッジ指数の値動きについて
     レバレッジ指数は、日々の騰落率が元の指数の騰落率の2倍として計算された指数である。したがって、以下の例
     に示すように、レバレッジ指数の騰落率と元の指数の騰落率とは、                                  2日以上離れた日との比較においては、一般に
     「2倍」とならない          ので、十分留意すべきである。
     <1> ハンセン指数が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

     <2> ハンセン指数が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合






                                148/206












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <3> ハンセン指数が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合
     <4> ハンセン指数が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合






     㬰匰谰褰湏譹㨰漰İ켰묰ݥ瀰湐⑒픰䴰栰켰묰ݥ瀰אּ퀰쌰렰ꐰ윰쌰꼰뤰湐⑒픰䴰溕ꉏ숰銊걦ะ夰謰






     めの計算例であり、実際の値動きを示したものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響などにより、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まる。したがって、市場価格は
     基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     インバース(ショート)指数の値動きについて

     インバース(ショート)指数は、日々の騰落率が元の指数の騰落率の-1(マイナス1)倍として計算された指数
     である。したがって、以下の例に示すように、インバース(ショート)指数の騰落率と元の指数の騰落率とは、                                                         2
     日以上離れた日との比較においては、一般に「-1倍」とならない                                  ので、十分留意すべきである。
     <5> トータルリターンハンセン指数(配当込指数)が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

                                149/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <6> トータルリターンハンセン指数(配当込指数)が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合




     <7> トータルリターンハンセン指数(配当込指数)が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合






                                150/206











                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <8> トータルリターンハンセン指数(配当込指数)が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合
     㬰匰谰褰湏譹㨰漰İ젰ﰰ뼰뼰ﰰ켰묰ݥ烿࢑䵟厏뱣ݥ烿र湐⑒픰䴰栰켰묰ݥ瀰אּ뜰ﰰ젰ꐰ윰쌰






     スの値動きの関係を説明するための計算例であり、実際の値動きを示したものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響などにより、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まる。したがって、市場価格は
     基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     日経・東商取金レバレッジ指数、日経・東商取金インバース指数、日経・東商取原油レバレッジ指数、日経・東商

     取原油インバース指数および日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数(本項において、以下個別にまた
     は総称して「本指数」という。)
     1  理由

     (1)  当社の発行している有価証券

     ( ⅰ)  NEXT   NOTES   日経・TOCOM 金         ダブル・ブル       ETN
     ( ⅱ)  NEXT   NOTES   日経・TOCOM 金 ベア             ETN
     ( ⅲ)  NEXT   NOTES   日経・TOCOM 原油          ダブル・ブル       ETN
     ( ⅳ)  NEXT   NOTES   日経・TOCOM 原油 ベア              ETN
     ( ⅴ)  NEXT   NOTES   日経平均VI先物指数           ETN
     本項においては、上記(ⅰ)から(ⅴ)までの受益証券発行信託に係る受益権を個別にまたは総称して「本受益権」
     という。また、各本受益権に係る信託の信託財産である受託有価証券を個別にまたは総称して「本外国指標連動
     証券」という。
                                151/206





                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     (2)  各本受益権に係る受託有価証券である本外国指標連動証券は、償還額がそれぞれ上記の本指数の水準により決
      定されるため、これらの指数についての開示を必要とする。
     2  内容

     日経・東商取金指数

     日経・東商取原油指数
     日経・東商取金指数と日経・東商取原油指数は、                         日経・東商取サブ商品指数              (※1)     として、算出される指数であ
     る。
     日経・東商取金指数の構成銘柄は金のみ、また日経・東商取原油指数の構成銘柄は原油のみであり、                                                    「中心限月を
     対象限月とする」、「           月初第   5 取引日から第       9 取引日までの       5 取引日間で      5 分の  1 ずつ  5 番限月から      6 番限月へ限
     月切り替えを行う(※           ただし、貴金属市場およびアルミニウム市場の偶数限月の商品については、奇数月のみ限月
     の切り替えを行う。)           」指数である。
     日経・東商取サブ商品指数は、帳入値段にて、1日1回算出・公表される。
     㯿ᄀ   日経・東商取サブ商品指数とは、市場ごとまたは商品ごとのベンチマークとなることを目指し、                                                 基本的に日

     経・東商取商品指数          (Nikkei-TOCOM         Commodity      Index)    (※2)と同様の計算方法に基づく指数である。
     ※2.   「日経・東商取商品指数」は、2002年5月31日を基準日として(同日の帳入値段に基づく指数値を100.00と

     する)、構成銘柄ごとの配分比率に当該銘柄の価格騰落率を乗じ、それを全銘柄分合計して算出される。
     「日経・東商取商品指数」は、当初「東京工業品取引所商品指数」として2006年7月24日より公表を開始し、その
     後、名称を2009年4月1日算出分から「日経・東工取商品指数」に変更し、2013年2月12日付で「日経・東商取商
     品指数」に変更したものである。
     日経・東商取金レバレッジ指数

     日経・東商取原油レバレッジ指数
     日経・東商取金レバレッジ指数は、                  日経・東商取金指数を原指数として                  、原指数の1日の変化率(前日帳入値ベー
     スの原指数値と当日帳入値ベースの原指数値とを比較して算出)を2倍したものを、前日の指数値に乗じて算出さ
     れる。
     日経・東商取原油レバレッジ指数は、                    日経・東商取       原油  指数を原指数として、           原指数の1日の変化率(前日帳入値
     ベースの原指数値と当日帳入値ベースの原指数値とを比較して算出)を2倍したものを、前日の指数値に乗じて算
     出される。
     日経・東商取金レバレッジ指数および日経・東商取原油レバレッジ指数は2012年12月3日以降、2009年12月30日の
     値を10,000.00とし、1日1回、東京商品取引所の日中立会終了後に算出される。
     日経・東商取金インバース指数

     日経・東商取原油インバース指数
     日経・東商取金インバース指数は、                  日経・東商取金指数を原指数として                  、原指数の1日の変化率(前日帳入値ベー
     スの原指数値と当日帳入値ベースの原指数値とを比較して算出)の逆の変化率を、前日の指数値に乗じて算出され
     る。
     日経・東商取原油         インバース      指数は、     日経・東商取       原油  指数を原指数として、           原指数の1日の変化率(前日帳入値
     ベースの原指数値と当日帳入値ベースの原指数値とを比較して算出)の逆の変化率を、前日の指数値に乗じて算出
     される。
     日経・東商取金インバース指数および日経・東商取原油インバース指数は2012年12月3日以降、2009年12月30日の
     値を10,000.00とし、1日1回、東京商品取引所の日中立会終了後に算出される。
     日経・東商取レバレッジ指数(日経・東商取金レバレッジ指数、日経・東商取原油レバレッジ指数)                                                    の計算方法

                                152/206

                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     日経・東商取レバレッジ指数は、以下の算式に従って算出される。
     (日経・東商取商品指数および各日経・東商取サブ商品指数のレバレッジ指数(日経・東商取金レバレッジ指数、
     日経・東商取原油レバレッジ指数を含む)を総称して、「日経・東商取レバレッジ指数」という。)
     Lev.Index       = Lev.Index        ×[1+2×{      ( Index     / Index      ) -1)}]

          t.d        s. d-1           t.d      s. d-1
     ただし、

     Lev.Index       :  ▼ 日の時点     • における原指数の直近値より算出した日経・東商取レバレッジ指数
          t.d
     Lev.Index        :  d- 1 日における帳入値段に基づく原指数値より算出した日経・東商取レバレッジ指数
          s. d-1
     Index    :  ▼ 日の時点     • における原指数の直近値
        t.d
          なお、   Index    は、日中立会終了後の帳入値段確定時は帳入値段に基づく原指数値を用いる。
                 t.d
     Index      :  d- 1 日における帳入値段に基づく原指数値
        s. d-1
     日経・東商取インバース指数(日経・東商取金インバース指数、日経・東商取原油インバース指数)                                                    の計算方法

     日経・東商取インバース指数は、以下の算式に従って算出される。
     (日経・東商取商品指数および各日経・東商取サブ商品指数のインバース指数(日経・東商取金インバース指数、
     日経・東商取原油         インバース      指数を含む)を総称して、「日経・東商取                      インバース      指数」という。)
     Inv.Index       = Inv.Index        ×[1-1×{      ( Index     / Index      ) -1)}]

          t.d        s. d-1           t.d      s. d-1
     ただし、

     Inv.Index       :  ▼ 日の時点     • における原指数の直近値より算出した日経・東商取                          インバース      指数
          t.d
     Inv.Index        :  d- 1 日における帳入値段に基づく原指数値より算出した日経・東商取                                 インバース      指数
          s. d-1
     Index    :  ▼ 日の時点     • における原指数の直近値
        t.d
          なお、   Index    は、日中立会終了後の帳入値段確定時は帳入値段に基づく原指数値を用いる。
                 t.d
     Index      :  d- 1 日における帳入値段に基づく原指数値
        s. d-1
                                153/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     日経・東商取レバレッジ指数の値動きについて
     日経・東商取レバレッジ指数は、日々の騰落率が原指数の騰落率の2倍として計算された指数である。したがっ
     て、以下の例に示すように、日経・東商取レバレッジ指数の騰落率と原指数の騰落率とは、                                               2日以上離れた日との
     比較においては、一般に「2倍」とならない                       ので、十分留意する必要がある。
     <1> 日経・東商取金指数が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

     <2> 日経・東商取金指数が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合






                                154/206












                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <3> 日経・東商取金指数が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合
     <4> 日経・東商取金指数が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合






     㬰匰谰褰湏譹㨰漰ť䰰ﭧ煕䙓횑텣ݥ瀰湐⑒픰䴰桥䰰ﭧ煕䙓횑터퀰쌰롣ݥ瀰湐⑒픰䴰溕ꉏ숰銊걦ะ夰謰弰






     の計算例であり、実際の値動きを示したものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約に影響されるため、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決定する。したがって、市場価格
     は基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     日経・東商取インバース指数の値動きについて

     日経・東商取インバース指数は、日々の騰落率が原指数の騰落率の-1(マイナス1)倍として計算された指数で
     ある。したがって、以下の例に示すように、日経・東商取インバース指数の騰落率と原指数の騰落率とは、                                                       2日以
     上離れた日との比較においては、一般に「-1倍」とならない                                ので、十分留意する必要がある。
     <5> 日経・東商取金指数が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

                                155/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <6> 日経・東商取金指数が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合




     <7> 日経・東商取金指数が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合






                                156/206











                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <8> 日経・東商取金指数が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合
     㬰匰谰褰湏譹㨰漰ť䰰ﭧ煕䙓횑텣ݥ瀰湐⑒픰䴰                          日経・東商取金インバース指数                の値動きの関係を説明するため






     の計算例であり、実際の値動きを示したものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約に影響されるため、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決定する。したがって、市場価格
     は基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     日経平均株価

     日経平均株価は東京証券取引所第一部に上場する225銘柄を選定し、その株価を使って算出される平均株価型の指
     数である。算出開始は1950年9月7日であり、値は戦後、東京証券取引所が再開した1949年5月16日まで遡及計算
     されている。当初は東京証券取引所が算出していたが、1970年以降は日本経済新聞社が算出している。
     日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数

     日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数は、大阪取引所の日経平均ボラティリティー・インデックス先
     物(日経平均VI先物)を対象にして、期近限月と期先限月のウエートを日々調整することで、仮想的に満期1ヶ月
     の日経平均VI先物を合成し、その合成した先物価格の日々の変動率に連動するよう設計された指数である。(日経
     平均ボラティリティー・インデックスについては、後述する(※)。)
     ・当日の指数値は、前日の指数値に対して、日経平均VI先物価格をもとに算出された変化率を乗じて計算される。

     ・算出に用いる先物価格は、大阪取引所の日経平均VI先物取引における前日および当日の取引所公表値(終値また
     は清算値)とする。
     ・対象となる先物の限月は、期近および期先の直近2限月で、取引最終日の翌営業日(通常はSQ日)から、それぞ
     れ次の限月にロールして算出される。
     ・小数点以下第3位を四捨五入して第2位まで算出される。単位はポイントとする。
     ・2012年2月27日の値を100,000とする。
     ・2012年12月3日から、1日1回終値ベースで算出・公表される。
     

     を表した指数である。指数値が高いほど、投資家が今後、相場が大きく変動すると見込んでいることを意味する。
     (対象とする指数)
     現在の市場で見込まれている日経平均株価(日経平均)の1ヶ月先の変動率を示す。
     (算出方法)
                                157/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     大阪取引所に上場している日経平均先物および日経平均オプションの価格をもとに算出する。直近二限月のオプ
     ションのうち、直近限月の先物価格を基準としてOTM(アウト・オブ・ザ・マネー)となる行使価格のオプション
     価格をつかって、それぞれの限月のボラティリティーを求め、満期が30日になるように線形補間を行う。
     (起点など)
     算出開始は2010年11月19日(1989年6月11日まで遡及計算)。現在は大阪取引所の日経平均オプション取引の日中
     立会の時間帯に、15秒間隔で算出している。
     日経平均ボラティリティー・インデックス先物指数の計算方法

     以下の算式に従って算出される。
     通常日の算式
     指数値   • =指数値     t-1  ×[  ( }  ×W    + }  ×W    )/  ( }   ×W    + }   ×W    )]
                   1,t   1,t-1    2,t   2,t-1     1,t-1    1,t-1    2,t-1    2,t-1
     ロール日(SQ日)の算式             ( ※1)

     指数値   • = 指数値   t-1  × ( }  / }   )
                  1,t   2,t-1
     W  :  時点  • における第      i 限月の限月ウエート
      i,t
     }  :  時点  • における第      i 限月の先物価格
      i,t
     ( 㯿ᄀ⧿ᨰ樰䨰Ŧ䉰         • がロール日の場合、時点             • における期近限月(          i =1 )は、時点      • -1 (取引最終日)における期

     先限月(     i =2 )と同じ限月となることに注意する。
     先物の価格

     価格採用の優先順位は以下の通りである。
     1.終値
     2.清算値
     限月ウエートの算出

     期近限月と期先限月の限月ウエートは以下の通り算出される。
     1.直近にロール(算出の対象となる限月のシフト、通常はSQ日に実施)した日の期近限月の残存日数(営業日
     ベース)を「対象日数」とする(※2)。
     2.当日の期近限月の残存日数(営業日ベース)から1を減じた値を「対象日数」で除した値(小数点以下第3位
     を切り捨てて第2位まで)を当日の期近限月の限月ウエート(※3)とする。
     3.1から期近限月の限月ウエートを減じた値を期先限月の限月ウエートとする。
     ( ※2):ロールから次のロールまでの間、「対象日数」は固定である。
     ( ※3):取引最終日における期近限月の限月ウエートは0となる。
     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 レバレッジ(2倍)・インデックス(円ヘッジ・プライスリターン)、ダウ・

     ジョーンズ工業株価平均              インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ・トータルリターン)および東証マ
     ザーズ指数(本項において、以下個別にまたは総称して「本指数」という。)
     1  理由

     (1)  当社の発行している有価証券

     ( ⅰ)  NEXT   NOTES   NYダウ・ダブル・ブル・ドルヘッジ                   ETN
     ( ⅱ)  NEXT   NOTES   NYダウ・ベア・ドルヘッジ              ETN
                                158/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     ( ⅲ)  NEXT   NOTES   東証マザーズ       ETN
     本項においては、上記(ⅰ)から(ⅲ)までの受益証券発行信託に係る受益権を個別にまたは総称して「本受益権」
     という。また、各本受益権に係る信託の信託財産である受託有価証券を個別にまたは総称して「本外国指標連動
     証券」という。
     (2)  各本受益権に係る受託有価証券である本外国指標連動証券は、償還額がそれぞれ本指数の水準により決定され

      るため、これらの指数についての開示を必要とする。
     2  内容

     ダウ・ジョーンズ工業株価平均™(Dow                    Jones   Industrial      Average™     - DJIA-)

     1896  年に誕生したこの指数はダウ®の名称でも呼ばれており、米国を代表する優良企業30銘柄の株価加重指数であ
     る。この指数は、輸送株および公共株を除く全ての業種をカバーしている(輸送株および公共株については、ダ
     ウ・ジョーンズ         輸送株価平均™およびダウ・ジョーンズ                     公共株価平均™でカバーされている)。銘柄選択は定量的
     なル  ールに従ったものではないが、採用銘柄は主として、企業の評判が高く、持続的な成長を達成し、多くの投資
     家が高い関心を示すものに限られている。また、銘柄選択においては指数内で適切なセクター配分を維持できるこ
     とも考慮されている。
     指数の計算

     この指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの全ての株価指数において使用される除数メソドロジーに従っ
     て計算される。
     この指数が最初に構築されたときには、指数の価値は単純に構成銘柄の株価を合計し、構成銘柄の数で除すること
     により計算された。今日では、除数を調整することで、株式分割やその他の構成銘柄変更の影響を抑え、指数の連
     続性を維持している。
                                159/206










                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     構成銘柄の選出方法
     ウォール・ストリート・ジャーナルの編集担当者たちが、構成する銘柄を選出する。工業(industrial)という意
     味に対しては広範な考えを持ち、鉄道と公共事業以外の会社であれば、全ての会社が対象となる。(ダウ・ジョー
     ンズ平均株価には工業株の他に鉄道株、公共株の指数がある。)ダウ平均に加える新しい企業の選出にあたっては
     膨大な数の企業の中から、企業の継続的な成長性や投資家たちの関心を考慮に入れて選出する。ただし、指数の連
     続性を維持するため、構成銘柄の変更は稀であり、通常は構成銘柄の企業のコア・ビジネスにおいて買収やその他
     の重大な変化があった場合に構成銘柄が変更される。そうしたイベントにより、一つの銘柄を入れ替える必要が生
     じた場合、指数全体が審査されて、その結果、いくつかの構成銘柄の変更が同時に行われることもある。
     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 レバレッジ(2倍)・インデックス(円ヘッジ)

     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ)
     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 レバレッジ(2倍)・インデックス(円ヘッジ)およびダウ・ジョーンズ工業株価平
     均  インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ)では、標準的な方法を適用することにより、為替リスクのヘッ
     ジを行い、ダウ・ジョーンズ工業株価平均に対するレバレッジもしくはインバース・エクスポージャーを提供す
     る。
     為替ヘッジ指数

     S&P  ダウ・ジョーンズ・インデックスの標準為替ヘッジ指数は、1ヶ月ごとにロールオーバーされる先渡取引を利
     用し、期初におけるバランスをヘッジすることで計算される。ヘッジされる額は毎月調整される。
     毎月の為替ヘッジ指数の計算

     m = 計算における月、0、1、2などの数字で示される。
     SPI_EH    m = m 月の末におけるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの為替ヘッジ指数の水準
     SPI_EH    m-1 = 前月  (m-1)   末におけるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの為替ヘッジ指数の水準
     SPI_E    m = m 月の末におけるS&P          ダウ・ジョーンズ・インデックスの指数の水準(外貨建て)
     SPI_E    m-1 = 前月(m-1)末におけるS&P             ダウ・ジョーンズ・インデックスの指数の水準(外貨建て)
     SPI_EL    m-1 = 前月(m-1)末におけるS&P             ダウ・ジョーンズ・インデックスの指数の水準(現地通貨建て)
     HR m = m 月におけるヘッジ・リターン(%)
     S m = m 月の末における現地通貨に対する外貨のスポット・レート(FC/LC)
     } m = m 月の末における現地通貨に対する外貨の先渡レート(FC/LC)
     m = 1 の月の末において

     SPI_EH    1 = SPI_EH    0 ×(  SPI_E    1 /SPI_E    0 +  HR 1)

     m 月の末において

     SPI_EH    m = SPI_EH    m-1  ×(  SPI_E    m /SPI_E    m-1 +  HR m)

     月次の為替ヘッジ指数のヘッジ・リターンは:

     HR m = (S m-1 / } m-1 )-(  S m-1 / S m)

     日次のリターンはスポット価格と先渡価格の間で内挿することにより計算される。
     各 m 月について、       d=1,2,3,     ・・・D    の暦日がある。
     md は m 月における      ▼ 日であり、      m0 は m-1  月における最終日である。
     F_I  md = m 月の  ▼ 日時点における内挿された先渡レート
                                160/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     F_I  md = S md + (D-d)/D     × (F md - S md )

     m 月の  ▼ 日において

     SPI_EH    md = SPI_EH    m0 ×(  SPI_E   md /SPI_E    m0 +  HR md )

     月次の為替ヘッジ指数のヘッジ・リターンは:

     HR m = (S m0 / } m0 )-(  S m0 / F_I  md )

     レバレッジ指数の計算方法

     S&P  ダウ・ジョーンズ・インデックスのレバレッジ指数は、対象指数の複数倍のリターンを生み出すように設計さ
     れており、投資家はキャッシュ・ポジションを超えたエクスポージャーを得るために資金を借り入れる。アプロー
     チとしては、まず対象指数を計算し、その次にレバレッジ指数の日次リターンを計算し、最後に、日次リターンに
     より前回の価値を増加させることにより、レバレッジ指数の現在の価値を計算する。
     レバレッジ指数の日次リターンは2つの部分から構成される:(1)対象指数のトータル・ポジションのリターン
     から、(2)レバレッジのための借入コストを減じる:
     レバレッジ指数の数式は以下のようになる:

     レバレッジ指数のリターン=K×[対象指数(t)/対象指数(t-1)                                -1]-(K-1)×(借入金利/360)×D(t,t-1)

     上記の式で、借入金利がレバレッジ指数に適用されている。これは、借入資金を表す。これを踏まえ、時間tにお

     けるレバレッジ指数価値は以下のように計算される:
     レバレッジ指数の価値(t)=(レバレッジ指数の価値(t-1))×(1+レバレッジ指数のリターン)

     指数リターンの数式を指数価値の数式に代入し、指数価値の数式の右辺を拡大させると以下のようになる:

     レバレッジ指数の価値(t)=(レバレッジ指数の価値(t-1))

         ×[1   + [K×[対象指数(t)/対象指数(t-1)                  - 1]  - (K-1)×(借入金利/360)×D(t,t-1)]                    ]
     K = レバレッジ・レシオ

         K = 2,  エクスポージャー          = 200%
     借入金利     = 3 ヶ月円Libor(JY0003M)

     Dt,  t-1  = • と t-1  の日付の間の暦日数
     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 レバレッジ(2倍)・インデックス(円ヘッジ)(DJIA2LJP)は、ダウ・ジョーンズ工

     業株価平均(プライス・リターン、円ヘッジ)(DJIHJP)の2倍のレバレッジがかかっており、DJIA2LJPの数式は以
     下のようになる。
     DJIA2LJP(t)=

         DJIA2LJP(t-1)       ×[1+[2×[DJIHJP(t)/            DJIHJP(t-1)-1]-(2-1)×[JY0003M/360]×                     D(t,t-1)]      ]
     インバース指数の計算方法

                                161/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     S&P  ダウ・ジョーンズ・インデックスのインバース指数は、対象指数のショート・ポジションを保有することによ
     り、対象指数と反対のパフォーマンスを提供するように設計されている。投資家がショート・ポジションを保有す
     る 場合、借株の配当と金利を支払う必要がある。指数の計算はレバレッジ指数と同様の一般的なアプローチに従っ
     ており、いくつか調整が行われる:第一に、対象指数のリターンはプラスマイナスが逆となり、対象指数のトータ
     ル・リターンに基づくものとなるため、配当や価格の動きが含まれる。第二に、借株コストは含まれないが、初期
     投資から得られる金利と、対象指数の証券の空売りから生じる収益から得られる金利を反映するために調整が行わ
     れる。こうした前提は業界における通常の慣習を反映している。(借株コストを含めるため、或いは空売りによる
     収益から得られる金利や初期投資から得られる金利を除外するため、単純な調整を行うことができる。)
     インバース指数のリターンを計算するための一般的な数式は:

     インバース指数のリターン              =

         -K ×[対象指数のトータルリターン(t)/対象指数のトータルリターン(t-1)                                     - 1]
              + (K+1)×(貸出金利/360)×D(t,t-1)
     ここで、右辺の最初の項は対象指数のトータル・リターンを示し、右辺の2つ目の項は初期投資から得られる金利

     および空売りによる収益から得られる金利を示している。
     時間tにおける       インバース      指数価値は以下のように計算される:

     インバース      指数の価値(t)        =(  インバース      指数の価値(t-1))×(1+              インバース      指数のリターン)
     指数リターンの数式を指数価値の数式に代入し、指数価値の数式の右辺を拡大させると以下のようになる:

     インバース指数の価値(t)              =(  インバース指数の価値(t-1))
         ×[1-[K×[対象指数のトータルリターン(t)/                       対象指数のトータルリターン(t-1)                  -1]
         -(K+1)   × ( 貸出金利/360)×D(t,t-1)]              ]
     K = レバレッジ・レシオ

         K = 1,  エクスポージャー          = 100%
     貸出金利     = 3 ヶ月円Libor(JY0003M)

     Dt,  t-1  = • と t-1  の日付の間の暦日数
     ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ)(DJIAIJT)は、ダウ・ジョーンズ工

     業株価平均(トータル・リターン、円ヘッジ)(DJIHJT)のインバース・バージョンである。DJIAIJTの数式は以下
     のようになる。
     DJIAIJT(t)=

         DJIAIJT(t-1)       ×[1-   [1×[DJIHJT(t)/         DJIHJT(t-1)-1]-(1+1)×[JY0003M/360]×                     D(t,t-1)]      ]
     レバレッジ指数の値動きについて

     レバレッジ指数は、日々の騰落率が元の指数の騰落率の2倍として計算された指数である。したがって、以下の例
     に示すように、レバレッジ指数の騰落率と元の指数の騰落率とは、                                  2日以上離れた日との比較においては、一般に
     「2倍」とならない          ので、十分留意すべきである。
     <1> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

                                162/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
                                163/206





















                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <2> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合
     <3> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合






                                164/206














                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <4> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合
     㬰匰谰褰湏譹㨰漰          ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                       の値動きとダウ・ジョーンズ工業株価平均                       レバ






     レッジ(2倍)・インデックス               (円ヘッジ)       の値動きの関係を説明するための計算例であり、実際の値動きを示した
     ものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響などにより、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まる。したがって、市場価格は
     基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     インバース指数の値動きについて

     インバース指数は、日々の騰落率が元の指数の騰落率の-1(マイナス1)倍として計算された指数である。した
     がって、以下の例に示すように、インバース指数の騰落率と元の指数の騰落率とは、                                            2日以上離れた日との比較に
     おいては、一般に「-1倍」とならない                     ので、十分留意すべきである。
     <5> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「下落」、2日目「上昇」の場合

                                165/206









                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <6> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「上昇」、2日目「下落」の場合
     <7> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「上昇」、2日目「上昇」の場合






                                166/206














                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     <8> ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                            が、1日目「下落」、2日目「下落」の場合
     㬰匰谰褰湏譹㨰漰          ダウ・ジョーンズ工業株価平均(円ヘッジ)                       の値動きと      ダウ・ジョーンズ工業株価平均                 イン






     バース(-1倍)・インデックス                (円ヘッジ)       の値動きの関係を説明するための計算例であり、実際の値動きを示し
     たものではない。
     実際の本受益権の基準価格は、管理費用等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響などにより、運用目標が完全
     に達成できるとは限らない。
     また、本受益権の市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まる。したがって、市場価格は
     基準価格とは必ずしも一致するものではない。
     東証マザーズ指数

     東証マザーズ指数は、新興企業向けに東京証券取引所が開設(市場創設は1999年11月11日、取引開始日は1999年12
     月22日)している市場である「マザーズ」に上場する内国普通株式全銘柄を対象とした、「時価総額加重型」の株
     価指数である。基準日である2003年                   9 月12日を1,000ポイントとし、現在の時価総額がどの程度かを表す。(算出
     開始日:2003年        9 月16日)
     マザーズのコンセプト

     1999  年11月11日、資金を必要とする新興企業にその調達の場を広く提供し、また、投資者が成長性の高い企業への
     投資をすることが出来るよう、既存の本則市場(市場第一部・第二部)とは明確に異なるコンセプトの新市場とし
     て、東京証券取引所はマザーズを創設した。
     その後、2009年11月にマザーズのコンセプトを「市場第一部へのステップアップのための成長企業向けの市場」と

     して再確立した。また、2011年3月には、マザーズの信頼性向上および活性化に向けた取り組みを行っている。
     上場対象企業

        ・マザーズは、新興企業を中心に将来の高い成長が期待される企業を対象としている。
        ・多くの成長企業に資金調達の場を提供するという観点から、その上場対象とする企業について、規模や業
         種などによる制限を設けていない。
        ・個人創業型で従業員数十名規模の会社から、情報通信などのいわゆるインフラ型で従業員数千人規模の会
         社までが上場している。
        ・業種についても、製造業、放送・通信業、運輸業、サービス業など様々である。
     STOXX   アセアン好配当50(円、ネットリターン)(本項において、以下「本指数」という。)

                                167/206


                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     1  理由

     (1)  当社の発行している有価証券

      NEXT   NOTES   STOXX   アセアン好配当50(円、ネットリターン)ETN
      本項においては、上記の受益証券発行信託に係る受益権を「本受益権」という。また、本受益権に係る信託の信
      託財産である受託有価証券を「本外国指標連動証券」という。
     (2)  本受益権に係る受託有価証券である本外国指標連動証券は、償還額が本指数の水準により決定されるため、こ

      の指数についての開示を必要とする。
     2  内容

     STOXX   アセアン好配当50(円、ネットリターン)

     STOXX   アセアン好配当        50 (円、ネットリターン)             では、東南アジア諸国            (ASEAN)     の企業を構成銘柄とする投資ユ
     ニバースから、最も配当が多い                50 社を選択することを目指している。対象国は、フィリピン、マレーシア、タイ、
     シンガポール、インドネシアで、ベトナムはこのインデックスの投資ユニバースに入っていない。
     このインデックスは、日本円建てインデックスであり、配当から源泉徴収税を控除した金額を再投資するネットリ
     ターン・インデックスである。
     投資ユニバース:          配当利回りで選択した投資可能なユニバースの全ての株式銘柄。

     加重スキーム       :  このインデックスは、浮動株の時価総額に従って加重されている。

     基準価額と基準日         :  2004  年 3 月 31 日時点の数値を        1000  としている。

     インデックス構成銘柄の見直し

     構成銘柄の選択と35-70バッファー・ルール
     この投資ユニバースは、             STOXX   Asia   Total   Market   インデックス中の、フィリピン、マレーシア、タイ、シンガ
     ポール、インドネシアに属する全ての株式銘柄である。(STOXX                                  Asia   Total   Marketインデックスとは、アジア地
     域に存在する13ヶ国の株式市場の動きを全体的に反映することを目的にした株価指数であり、各対象国の浮動株時
     価総額の95%をカバーした国別の指数をもとに構築されている。2011年1月31日を基準日として100を基準値とし
     ている。)
                                168/206







                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)
                                                            有価証券報告書
     以下の株式は、この投資ユニバースから外されている。
      ・3  ヶ月平均の日次取引金額が、               150  万米ドル未満の銘柄
      ・セクター「       8670  」 - 不動産投資信託        (REIT)     企業に指定されている銘柄
      ・配当性向が0%未満か、80%を超える銘柄
     残りの全ての株式は、過去              12 ヶ月間の配当利回りでランク付けされる。選択銘柄は                            1 ヶ国当たり最大        15 銘柄とし、

     1 ヶ国当たりの最少銘柄数は設定されていない。選択リスト中、上位                                  35 銘柄がまず選択される。残りの15銘柄は、
     36位から70位の間にランク付けされた株式銘柄の中から、既存の構成銘柄をランク上位から順に選択される。この
     ようにして選択した株式銘柄数がまだ50銘柄未満の場合、50銘柄になるまで、残りの株式銘柄からランク順に選択
     される。
     構成銘柄の見直し頻度            :  このインデックスは毎年             3 月に見直される。第1金曜日に構成銘柄を発表し、第3金曜

     日にインデックスに反映させ、翌取引日から有効とされる。
     株式数と浮動株調整係数については、四半期ごとに更新される。変更は全て                                       3 月、  6 月、  9 月、  12 月の第   3 金曜日
     にインデックスに反映させ、翌取引日から有効とされる。
     ウェイト調整係数         :  各 構成銘柄のウェイトが最大              10 %になるよう、        四半期ごとに調整係数が設定される。ウェイ

     ト調整係数は、見直し月の第               2 金曜日に公表される。その際、木曜日(第2金曜日の前日)の終値が使用される。
     期中のメンテナンス

     銘柄の置き換え:上場廃止等の銘柄の除外により、インデックス構成銘柄数が                                        45 銘柄未満に減少した場合、選択リ
     ストに掲載されている最上位の非構成銘柄と、除外された銘柄が置き替えられる。選択リストは年1回、インデッ
     クスの年次見直し時に更新される。
     臨時除外:      なし

     臨時追加     : なし

     スピンオフ:        スピンオフした株式銘柄は、インデックスに恒久的に追加されるわけではない。次回の構成銘柄見

     直し時に条件を満たす場合のみ、見直し後も継続してインデックスにとどまる。
     配信のタイミング

     STOXX   アセアン好配当50(円、ネットリターン)は、                        インデックス配信期間中、              15 秒ごとに計算して配信され、ま
     た 1 日 1 回、インデックス配信期間の最後に計算して配信される。
     為替レート

     STOXX   アセアン好配当50(円、ネットリターン)では、以下の為替レートが使用される。
      ・  CET(中央欧州時間)00:00              から  11:00   までは、アジア太平洋地域のインデックスを計算する為替レートとし
        て、直近リアルタイムの買値と売値の仲値が使用され、                             CET  (中央欧州時間)17:30            からは、固定為替レート
        を使用して、インデックスが計算される(The                        World   Markets     Company     PLC  (以下「WM社」という。)              の
        CET17:00時点の固定為替レートを使用                   ) 。
                                169/206




                                                           EDINET提出書類
                ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ (Nomura Europe Finance N.V.)(E24747)