日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第15期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第15期第2四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次               第2四半期           第2四半期            第14期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自  平成28年1月1日          自  平成29年1月1日          自  平成28年1月1日
              会計期間
                           至  平成28年6月30日          至  平成29年6月30日          至  平成28年12月31日
                      (千円)           1,334,346           1,279,493           2,509,189
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            62,956          △ 13,775           118,914
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            40,120          △ 15,295           64,049
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            △ 4,437          △ 17,922           50,872
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            660,961           696,260           721,511
     純資産額
                      (千円)           2,018,960           2,196,451           2,079,137
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)            16.36           △ 6.21           26.06
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            15.94             -          25.42
     (当期)純利益金額
                      (%)             32.3           30.8           34.0
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            442,539           182,934           421,749
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 16,402          △ 89,632          △ 46,132
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 75,781           10,203          △ 104,648
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,008,096           1,049,290            957,357
     (期末)残高
                               第14期           第15期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自  平成28年4月1日          自  平成29年4月1日
              会計期間
                           至  平成28年6月30日          至  平成29年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                   4.79
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)                       △ 8.08
     (△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第15期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在す
          るものの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
        社)が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間における世界経済は、英国のEU離脱問題、米国新政権の政策動向、新興国経済の減
        速、原油価格や為替の変動などにより先行き不透明感はあるものの、国内では企業収益や雇用情勢などに改善がみ
        られ、緩やかな回復基調となりました。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、4月は1,234千人(前年同月比
        1.2%減)、5月は1,317千人(前年同月比6.9%増)、6月は1,320千人(前年同月比3.8%増)と4月を除き対前
        年同期比で増加となりました(日本政府観光局(JNTO)調べ                            6月はJNTO推計値)。
         海外からの訪日外客数は4月は2,578千人(前年同月比23.9%増)、5月は2,294千人(前年同月比21.2%
        増)、6月は2,346千人(前年同月比18.2%増)と前年と比較して増加しています(日本政府観光局(JNTO)調
        べ、5、6月はJNTO推計値)。
         当社の主要業務である海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加
        は好環境であり、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンス
        サービスの提供は堅調に推移しました。
         また、国際医療事業についても日本の医療ツーリズムに対する認知度の向上と訪日外客数の増加を受けて着実
        に実績をあげております。
         しかし、海外旅行保険の付帯サービスに関して請求業務の企業間競争が激しく、またテロ等の影響により欧州
        での売上が低調であったことにより想定より売上が伸びず、当第2四半期連結累計期間の売上高は1,279百万円
        (前年同期比4.1%減)となりました。
         さらにサービス強化のための人員の採用、営業要員の増員もあり、当第2四半期連結累計期間の売上原価は996
        百万円(前年同期比0.2%増)、販売費及び一般管理費が280百万円(前年同期比14.9%増)となり、営業利益は2百
        万円(前年同期比97.1%減)、経常損失は13百万円(前年同期 経常利益62百万円)となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する四半期純損失は15百万円(前年同期 親会社
        株主に帰属する四半期純利益40百万円)となりました。
        セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
         前述のとおり、海外出国者数は円高の進展等により堅調に推移しており、海外での事故や病気などのトラブル
        も増加し、加えてシニア層の海外旅行が増えているため高額医療対応ケースも増え、医療アシスタンスサービスに
        対するニーズは高まる傾向にあります。
         このような状況の中で、当社のサービスの提供は以下の通りでした。
        (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
         海外出国者数が堅調に推移する中、請求業務の企業間競争が激しく、またテロ等の影響により欧州での売上が低
       調であったことにより売上は前年より減少しております。
         第3四半期からは海外センターも含め、件数の増加を目指し、新規顧客の開拓にも力を入れていきます。
         主要取引先である損保ジャパン日本興亜株式会社に対する新たなサービスとして、同社が                                          6 月5日に販売を開
        始した「海外非常事態対応費用保険」の中で24時間対応のコールセンター業務及び感染症発生時の医療アシスタン
        スサービスの提供を実施しております。
        (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
         世界情勢に目を向けると、イスラム過激派によるテロ、自然災害、感染症、武力衝突など、数多くのリスクが
        顕在化しています。
         当社は医療アシスタンスサービスの提供に加え、大手セキュリティリスクマネジメント専門会社とパートナー
        シップ契約を締結し、全世界各地でセキュリティアシスタンスのサービスを提供しております。セキュリティ及び
                                  3/21

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        医療アシスタンスサービスをワンストップで提供することで、法人・大学に対する売上高も着実に増加しておりま
        す。
        (ⅲ)国際医療事業
         国際医療事業につきましては、これまで積み上げてきた実績をベースとして、海外からの外国人患者受入事業
        は着実に増加しております。今後も現地におけるプロモーション活動や関連業種との連携により受入患者数増加を
        目指します。
         4月からは長生人寿保険有限公司と提携し、がん治療に際し日本での治療を希望する中国人のお客様に対して治
        療に伴う様々な費用の保障を目的として開発した保険の                          付帯サービスサポートを提供することとなりました。
         また、外国人に対するインバウンドサービスに関する情報提供のため、Facebook等のSNSサービスの提供を始
        め、集客に努めて参ります。
         また、海外からの訪日外客数の増加に伴い、外国人に病気や怪我など不測の事態が起こった場合や国内医療機
        関からの協力要請に応じてアシスタンスサービスを提供するケースも増加しております。
         こうした緊急対応型アシスタンスに関しても関連業種との提携を進め、訪日外国人の緊急対応型アシスタンス
        をスムーズに提供できるような仕組みづくりに力を入れていきます。
         7月1日にはSOMPOホールディングス株式会社の香港グループ会社である「日本財産保険(香港)有限公
        司」が販売を開始した「訪日旅行者専用インターネット完結型海外旅行保険」のサービスの中で24時間対応のコー
        ルセンター業務及び小口現金手配サービス等の医療アシスタンスサービスの提供を実施しております。
         当セグメントの費用に関しましては、将来のビジネス拡大を見据えて人材投資を継続的に実施しましたが、昨今
       の人手不足によって採用コストや人件費単価が増加しました。
         これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は1,049百万円(前年同期比6.1%減)、セグメント利益は155百
        万円(前年同期比31.3%減)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)
         ライフアシスタンス事業においても2017年の目標である「質の追求」を実施し他社が追随できない高品質の
        サービス提供を実施しました。
         一方で増大する顧客対応業務に対応するため、システム投資の実施・人員採用を積極的に進め、サービス品質
        の向上に努めました。
         この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は230百万円(前年同期比6.3%増)、セグメント利益は52百万円
        (前年同期比13.6%減)となりました。
       (2)財政状態の分析

       ①資産、負債及び純資産の状況
         当第2四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ117百万円増加し、2,196百万円
       となりました。
         主な増減要因としては、営業キャッシュ・フローが増加したことによる現金及び預金83百万円の増加、仕掛品40
       百万円の減少、売掛金15百万円の減少、立替金11百万円の増加、無形固定資産29百万円の増加、投資その他の資産
       25百万円の増加がありました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ142百万円増加し、1,500百万円となりました。主な増減要因とし
       ては、前受収益92百万円の増加、未払法人税等25百万円の減少、長期借入金22百万円の増加がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ25百万円減少し、696百万円となりました。これは主に、親会
       社株主に帰属する四半期純損失が15百万円発生したこと、配当金を12百万円支払ったこと、円高に伴い為替換算調
       整勘定が2百万円減少したことによるものであります。
       ②キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ91百万円増加
       し、1,049百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・インフローは、182百万円(前第2四半期連結
       累計期間は442百万円のキャッシュ・インフロー)となりました。この主な要因は、税金等調整前四半期純損失を14
       百万円計上しましたが、減価償却費を36百万円計上したことに加え、前受収益92百万円の増加、仕掛品40百万円の
       減少、前受金31百万円の増加によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・アウトフローは、89百万円(前2四半期連結累
       計期間は16百万円のキャッシュ・アウトフロー)となりました。この主な要因は、ライフアシスタンス事業におけ
       る基幹業務システムの改修に係る無形固定資産の取得による支出53百万円、海外センターオフィス移転等に係る有
       形固定資産の取得による支出16百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・インフローは、10百万円(前2四半期連結累計
       期間は75百万円のキャッシュ・アウトフロー)となりました。この主な要因は、長期借入による収入58百万円、長
       期 借入金の返済による支出35百万円、配当金の支払による支出が12百万円あったことによるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/21

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000

                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年8月10日)
               (平成29年6月30日)                          取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                   限定のない当社にお
       普通株式             2,463,600            2,463,600        JASDAQ
                                                   ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                   で、単元株式数は
                                                   100株であります。
         計            2,463,600            2,463,600           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総        発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         数増減数       総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
                                         303,237
     平成29年6月30日                 -    2,463,600           -               -     89,237
                                  6/21








                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成29年6月30日現在

                                                     発行済株式総数
                                              所有株式       に対する所有株
            氏名又は名称                      住所
                                              数(株)        式数の割合
                                                       (%)
                                               802,000          32.55
     吉田 一正                     東京都世田谷区
                          1ST  FLOOR.    KINGS   COURT,    BAY  STREET
     ヴァンタークルーズヘルスサービスインク
                          PO  BOX  N-3944,NASSAU,BAHAMAS                   294,400          11.95
     (常任代理人 吉田 一正)
                          (東京都世田谷区)
                                               121,200          4.91
     白水 秀樹                     東京都江戸川区
                                                93,000          3.77
     近藤 仁                     東京都八王子市
                                                70,700          2.86
     カブドットコム証券株式会社                     東京都千代田区大手町1丁目3番2号
                                                34,600          1.40
     株式会社SBI証券                     東京都港区六本木1丁目6番1号
                                                20,000          0.81
     近藤 定典                     愛知県愛知郡東郷町
                          Richmond,     VA,  U.S.A.               19,200          0.77
     ア-ル・スティ-ブン・ジェイ
                                                17,600          0.71
     楽天証券株式会社                     東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                                                17,000          0.69
                          東京都中央区晴海1丁目8番11号
     社
                                  -            1,489,700           60.47
               計
     (注)持株比率は自己株式(148株)を控除して計算しております。
                                  7/21












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年6月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                             100
                                                権利内容に何ら限定のな
                            普通株式                     い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   24,630
                           2,463,000                     であり、単元株式数は
                                                100株であります。
                           普通株式
     単元未満株式                                    -            -
                             500
     発行済株式総数                      2,463,600              -            -

     総株主の議決権                        -           24,630             -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式48株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     日本エマージェンシーア            東京都文京区小石川一丁目
                                 100       -       100       0.00
     シスタンス株式会社            21番14号
          計             -          100       -       100       0.00
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/21









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平
       成29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        990,743             1,074,025
         現金及び預金
                                        200,405              185,158
         売掛金
                                         47,731               7,644
         仕掛品
                                        508,942              520,091
         立替金
                                         67,579              85,967
         その他
                                         △ 559            △ 1,313
         貸倒引当金
                                       1,814,843              1,871,575
         流動資産合計
       固定資産
                                         84,825              90,820
         有形固定資産
                                        131,580              160,891
         無形固定資産
                                         47,886              73,164
         投資その他の資産
                                        264,293              324,875
         固定資産合計
                                       2,079,137              2,196,451
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         3,347              6,958
         買掛金
                                        660,000              660,000
         短期借入金
                                         62,716              64,944
         1年内返済予定の長期借入金
                                         34,129               8,992
         未払法人税等
                                        236,696              329,177
         前受収益
                                        297,524              346,286
         その他
                                       1,294,413              1,416,360
         流動負債合計
       固定負債
                                         45,102              65,248
         長期借入金
                                         18,110              18,581
         その他
                                         63,212              83,829
         固定負債合計
                                       1,357,625              1,500,190
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,237              303,237
         資本金
                                        205,054              205,054
         資本剰余金
                                        172,791              145,178
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        680,969              653,356
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         26,407              23,779
         為替換算調整勘定
                                         26,407              23,779
         その他の包括利益累計額合計
                                         14,135              19,124
       新株予約権
       純資産合計                                 721,511              696,260
                                       2,079,137              2,196,451
      負債純資産合計
                                 10/21






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      売上高                                  1,334,346              1,279,493
                                        994,137              996,128
      売上原価
                                        340,209              283,364
      売上総利益
                                        ※ 244,235              ※ 280,601
      販売費及び一般管理費
                                         95,974               2,763
      営業利益
      営業外収益
                                         1,063               716
       受取利息
                                           605               96
       助成金収入
                                           174              434
       その他
                                         1,843              1,246
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,878              2,110
       支払利息
       為替差損                                  31,807              14,513
                                           90              30
       株式交付費
                                           85             1,131
       その他
                                         34,861              17,786
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   62,956             △ 13,775
      特別損失
                                           -              103
       固定資産売却損
                                           188              245
       固定資産除却損
                                           188              348
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         62,767             △ 14,124
      純損失(△)
                                         22,647               1,171
      法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   40,120             △ 15,295
                                           -              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         40,120             △ 15,295
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/21









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   40,120             △ 15,295
      その他の包括利益
                                        △ 10,554                -
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 34,003              △ 2,627
       為替換算調整勘定
                                        △ 44,558              △ 2,627
       その他の包括利益合計
                                        △ 4,437             △ 17,922
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 4,437             △ 17,922
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                         62,767             △ 14,124
       期純損失(△)
                                         34,525              36,694
       減価償却費
                                         4,989              4,989
       株式報酬費用
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 54              753
       為替差損益(△は益)                                  20,286              10,437
                                           188              245
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                    -              103
       売上債権の増減額(△は増加)                                   498             14,730
       仕掛品の増減額(△は増加)                                  80,542              40,046
                                           90              30
       株式交付費
       立替金の増減額(△は増加)                                 228,095              △ 11,427
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 3,518              3,611
       前受収益の増減額(△は減少)                                  68,661              92,502
       前受金の増減額(△は減少)                                  △ 613             31,622
       預り金の増減額(△は減少)                                 △ 1,727              15,520
                                        △ 1,063              △ 716
       受取利息
                                         2,878              2,110
       支払利息
                                        △ 27,099             △ 11,156
       その他
                                        469,447              215,972
       小計
                                         1,063               716
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 2,785             △ 2,336
       利息の支払額
                                        △ 25,185             △ 31,418
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        442,539              182,934
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,151             △ 4,225
       定期預金の預入による支出
                                           -             8,276
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 12,918             △ 16,938
       有形固定資産の取得による支出
                                           -               7
       有形固定資産の売却による収入
                                           -           △ 53,147
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 334            △ 2,236
       敷金及び保証金の差入による支出
                                            0             495
       敷金及び保証金の回収による収入
                                           -           △ 21,863
       その他
                                        △ 16,402             △ 89,632
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                 △ 30,000                -
                                           -            58,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 38,328             △ 35,626
                                         3,916                -
       株式の発行による収入
                                        △ 11,370             △ 12,170
       配当金の支払額
                                        △ 75,781              10,203
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 40,514             △ 11,571
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   309,840               91,933
                                        698,256              957,357
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,008,096              ※ 1,049,290
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/21




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
         ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、税引前四半
        期純利益または税引前四半期純損失に法定実効税率を乗じた金額に、繰延税金資産の回収可能性を考慮しておりま
        す。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
        半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成28年12月31日)                  (平成29年6月30日)
     当座貸越極度額                              1,500,000千円                  1,500,000千円
     借入実行残高                               610,000                  560,000
      差引額                              890,000                  940,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成28年1月1日              (自    平成29年1月1日
                             至     平成28年6月30日)               至     平成29年6月30日)
     給料手当                                73,880   千円              91,623   千円
                                     38,994                  40,491
     役員報酬
                                       -                 753
     貸倒引当金繰入
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年1月1日              (自    平成29年1月1日
                             至   平成28年6月30日)               至   平成29年6月30日)
     現金及び預金勘定                              1,039,062千円                  1,074,025千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △30,965                  △24,735
     現金及び現金同等物                              1,008,096                  1,049,290
                                 14/21







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年6月30日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成28年3月25日
                普通株式      12,249千円         5円     平成27年12月31日         平成28年3月28日          利益剰余金
       定時株主総会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成29年2月24日
                普通株式      12,317千円         5円     平成28年12月31日         平成29年3月29日          利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 15/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高
                        1,117,776            216,569      1,334,346          -   1,334,346

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,117,776            216,569      1,334,346          -   1,334,346

           計
                         226,736           60,174      286,911      △ 190,936       95,974
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
           該当事項はありません。
          (のれんの金額の重要な変動)

           該当事項はありません。
          (重要な負ののれん発生益)

           該当事項はありません。
                                 16/21










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高
                        1,049,179            230,313      1,279,493          -   1,279,493

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,049,179            230,313      1,279,493          -   1,279,493

           計
                         155,680           52,017      207,697      △ 204,933        2,763
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
           該当事項はありません。
          (のれんの金額の重要な変動)

           該当事項はありません。
          (重要な負ののれん発生益)

           該当事項はありません。
                                 17/21











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額              又は1株当たり四半期純損失金額               及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                  至 平成28年6月30日)              至 平成29年6月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
                                        16円36銭              △6円21銭
        期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親
        会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                40,120             △15,295
        (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
        益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金                                40,120             △15,295
        額(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 2,452              2,463
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        15円94銭                  -
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)                                  65              -
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                              ――――――              ――――――
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
     (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するもの
        の1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 18/21









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月10日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              栗栖 孝彰  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              大谷 はるみ        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     29年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。