株式会社ファインデックス 四半期報告書 第33期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第33期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
提出日
提出者 株式会社ファインデックス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    四国財務局長
      【提出日】                    平成29年8月9日
      【四半期会計期間】                    第33期第2四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ファインデックス
      【英訳名】                    FINDEX    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 相原 輝夫
      【本店の所在の場所】                    愛媛県松山市三番町四丁目9番地6
      【電話番号】                    089(947)3388(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長 藤田 篤
      【最寄りの連絡場所】                    愛媛県松山市三番町四丁目9番地6
      【電話番号】                    089(947)3388(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長 藤田 篤
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                         第33期
                    回次                   第2四半期連結
                                        累計期間
                                     自 平成29年1月1日

                   会計期間
                                     至 平成29年6月30日
                                 (千円)           1,508,022
     売上高
                                 (千円)            216,395
     経常利益
                                 (千円)            146,823
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 (千円)            142,423
     四半期包括利益
                                 (千円)           2,646,555
     純資産額
                                 (千円)           3,011,364
     総資産額
                                 (円)             5.69
     1株当たり四半期純利益金額
                                 (円)             5.59
     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                 (%)             87.9
     自己資本比率
                                 (千円)            524,091
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 (千円)           △ 190,234
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 (千円)           △ 129,986
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                 (千円)           1,485,542
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                             第33期

             回次             第2四半期連結
                            会計期間
                         自 平成29年4月1日
            会計期間
                         至 平成29年6月30日
                                  2.95
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.当社は第33期第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しておりますので、第32期第2四半期連
          結累計期間及び第32期連結会計年度の主要な経営指標については記載しておりません。
        3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        4.当社は株式給付信託(J-ESOP)を導入しております。当該株式給付信託が保有する当社株式は、四半期連結財
          務諸表において自己株式として計上しております。「1株当たり四半期純利益金額」及び「潜在株式調整後1
          株当たり四半期純利益金額」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に当該株式給付信託
          が所有する当社株式の期中平均株式数を含めております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社53.8%出資による連結子会社イーグルマトリックスコンサルティング株
       式会社を設立しております。
       この結果、当社グループは当社及び連結子会社1社により構成されることとなりました。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません          。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)業績の状況
        当社グループ(当社及び当社の連結子会社)が主に事業を展開しております医療業界におきましては、「未来投資
       戦略2017」において新たに講ずべき施策として、データ利活用基盤の構築や遠隔医療・AI等のICT医療の実現などが
       挙げられ、     ICTを利用した診療の効率化や地域包括ケアシステムの構築、国民の健康管理や医療と介護の一体化に向
       けたデータ集積とAI技術によるデータ活用に向けた                        情報システムのさらなる普及が期待されております。
        このような環境の中、当社では、医療用データマネジメントシステムClaio(クライオ)や院内ドキュメント作
       成/データ管理システムDocuMaker(ドキュメーカー)、放射線部門システムまでを含めた統合ソリューションを強
       みに、大学病院をはじめとする大規模病院や地域中核病院等への販売・導入に注力するとともに、中小規模病院に対
       してもPACS(医療用画像管理システム)を中心とした統合ソリューションの積極的な販売・導入に取り組みました。
       また、新たな代理店の開拓や既存代理店の取り扱い製品の拡大にも鋭意取り組み、病院案件44件及び診療所案件46件
       の新規・追加導入を行いました。
        この結果、     当第2四半期連結累計期間(※)の                 売上高は1,508,022千円となりました。また、営業利益は216,070千
       円、経常利益は216,395千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は146,823千円となりました。
         ※当社は平成29年2月14日付で連結子会社イーグルマトリックスコンサルティング株式会社を設立しております

          が、  当第2四半期連結累計期間においては当該連結子会社の                          販売実績はありませんので、参考として単体業績
          予想達成率及び前第2四半期の個別四半期財務諸表と比較した前年同四半期比を下表に記載いたします。
                                      単体業績予想
                                                  対前年同四半期比
                        単体金額(千円)
                                      達成率(%)
                                                   増減(%)
                            1,508,022               95.4
           売上高                                             △14.0
                             238,156              73.3
           営業利益                                             △48.8
                             238,671              73.4
           経常利益                                             △48.9
                             164,723              74.9
           四半期純利益                                             △49.8
        当社は第4四半期に売上が集中する傾向にあるため、当連結会計年度においても例年通りの市場環境として第4四

       半期集中型の業績予想を立てております。当第2四半期累計期間においては、下期に時期変更となった案件もありま
       したが、通期計画に対しては順当に進捗しております。
        医療分野においては、中小規模病院向けパッケージとして、新たに月額利用サービスの取り扱い開始いたしまし

       た。これにより、医療機関においては多額の初期費用をかけることなく当社製品を利用することが可能となります。
       また、当社においてはさらなるストック収益基盤を拡大するだけでなく、売上の季節偏重を軽減し得る施策でもある
       ことから、今後の販売拡大に積極的に取り組んでまいります。
        医療以外の分野においては、文書管理システムDocuMaker                           Officeの販売に取り組み、公益社団法人や建築企業に導
       入を行いました。        当システムは、多様な紙文書をフレキシブルかつ効率的に作成する機能に加え、紙書類をスキャン
       してe-文書法に準拠した原本管理を行う機能も有しております。また、これらの方法で作成された文書をデジタル
       データとして統合管理し、豊富な機能を利用して効率的かつ省コストに業務改善を行うことができます。                                                導入済みの
       業種以外の企業からも引き続き多くの引き合いを受けており、今後もより積極的に販売に注力してまいります。ま
       た、すでに当社の医療システムを利用している医療機関から、診療以外の事務部門における契約書や受発注管理など
       の文書管理に関する要望を多くいただいており、第3四半期以降の導入に向けて調整中であります。
        研究開発活動においては、平成28年4月の診療報酬改定を受け、患者紹介における診療情報提供書や検査結果、画

       像などの電子的な提供及び送受に対する加算の算定を実現するソリューションの開発に取り組んでおります。患者紹
       介に必要となる文書や画像は、当社ソリューションで統合管理されてきたものであり、ここに紹介データ管理システ
       ムPDI+    MoveByや、C-Scan、DocuMakerなどの文書システムの技術を組み合わせることで、スムーズな患者紹介の仕組
       みを構築することが可能となります。既にいくつかの地域中核病院と協議を行っており、今年度以降の実現に向けて
       取り組みを行ってまいります。また、院外でも画像診断を行うことができる汎用画像診断用閲覧システムProRad                                                    Web
       (薬事法承認番号:229ALBZX00002000)を製品化しました。ProRad                               Webは、政府の推進する遠隔診療、遠隔診断にも
       対応しており、医師の負担軽減に貢献します。
        また、在宅アセスメントシステムでは、在宅ケアの主業務を担う訪問看護のデータを集めAI分析を行うことで、訪
       問看護の質の向上と均等化に貢献するだけでなく、訪問看護計画の自動立案や重症化の予防、治療、ひいては医療費
       及び介護費の削減を目指します。本書提出日現在においてすでにサービスを開始しており、今後利用施設の拡大およ
       びデータ集積に取り組んでまいります。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
        さらに、京都大学医学部及び愛媛大学工学部との共同研究により、緑内障などの早期発見に繋がる網膜症検査シス
       テムの開発に取り組んでおります。当システムでは、これまで集めることのできなかった世界中の早期網膜症に関す
       るデータの集積と分析ができることから、創薬や新たな検査、治療へのデータ利用が期待されます。京都大学での臨
       床研究についても準備を進めており、第3四半期以降の実施を予定しております。
        政府の新たな成長戦略においても、ITによる医療・介護の効率化と社会保障費の抑制、深刻な人手不足の解消が要
       諦であり、当社グループのデータ集積やAI分析は、本政策にも大きく貢献し得る事業であります。すでに連結子会社
       イーグルマトリックスコンサルティング株式会社では、患者の体動をリアルタイムに把握することのできるIoTデバ
       イスの   開発を終えており、今後遠隔診療をはじめ、広くヘルスケア分野での                                利用も期待されます。また、同社はAI技
       術を活用したデータ分析を得意としていることから、当社ソリューションにより一元管理してきた診療情報やこれま
       で誰も集めることのできなかった医療・ヘルスケアデータを集積し様々な用途へ活用していくことで、当社製品の価
       値をさらに高め販売拡大へと繋げてまいります。
        当第2四半期連結累計期間における売上の構成は下表のとおりであります。

        販売・サービス種類別                 販売高(千円)             構成比(%)           前年同四半期比(%)
                          914,990
     ソフトウエア
                                         60.7             74.8
                         (298,237)
     (うち代理店販売額)
                          116,197
     ハードウエア
                                          7.7             92.2
                          (5,060)
     (うち代理店販売額)
                          476,833               31.6             118.0
     サポート等
                         1,508,022               100.0              86.0
            合計
       (2)資産、負債及び純資産の状況

        当第2四半期連結会計期間末の総資産は、                    3,011,364千円となり、前事業年度末と比較して91,177千円減少しまし
       た。これは主に、受取手形及び売掛金の減少335,626千円に対し現金及び預金の増加203,942千円及び商品の増加
       23,068千円を      主な要因とする       流動資産の減少104,763千円によるものであります。
        負債は、364,808千円となり、前事業年度末と比較して109,017千円減少しました。これは主に、                                            未払法人税等の減
       少 61,227   千円、未払消費税等の減少49,662千円及び未払金の減少28,391千円に対し前受金の増加35,160千円を主な要
       因とする流動負債の減少110,141千円によるものであります。
        純資産は、2,646,555千円となり、前事業年度末と比較して17,839千円増加しました。これは主に、利益剰余金の
       増加16,889千円による株主資本の増加17,839千円によるものであります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比較して
       203,942    千円増加し、      1,485,542     千円となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況
       とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動により得られた資金は、               524,091    千円(前年同四半期比52.9%)となりました。主な要因は、税引前四半
       期純利益が     216,395    千円、販売目的のソフトウエアの償却による増加                       138,789    千円及び売上債権の減少による増加
       335,626    千円に対し法人税等の支払による減少                  132,278    千円であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動により使用した資金は、               190,234    千円(前年同四半期比134.9%)となりました。主な要因は、無形固定資
       産の取得による支出         154,595    千円及び有形固定資産の取得による支出                   28,626   千円であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動により使用した資金は、               129,986    千円(前年同四半期比94.9%)となりました。主な要因は、配当金の支
       払による支出      129,409    千円であります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の金額は4,970千円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          78,336,000
                  計                                78,336,000
        ②【発行済株式】

           第2四半期会計期間末                        上場金融商品取引所
                      提出日現在発行数(株)
      種類    現在発行数(株)                        名又は登録認可金融                 内容
                       (平成29年8月9日)
           (平成29年6月30日)                        商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権利
                                    東京証券取引所         内容に何ら限定のない当社にお
     普通株式          26,138,400            26,138,400
                                    (市場第一部)         ける標準となる株式であり、単
                                             元株式数は100株であります。
       計         26,138,400            26,138,400           -             -
     (注)提出日現在発行数には、平成29年8月1日から本四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株
        式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
          年月日
                  数増減(株)       数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     平成29年4月1日~
                                          249,320              219,320
                       -   26,138,400           -              -
     平成29年6月30日
                                  5/17









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                               所有株式数
                                                    対する所有株式数の
              氏名又は名称                       住所
                                               (株)
                                                    割合(%)
     相原 輝夫                        東京都港区
                                               7,467,600           28.56
     相原 菜月                        愛媛県松山市

                                               1,440,000           5.50
     相原 未菜

                             愛媛県松山市
                                               1,440,000           5.50
     (親権者    相原  輝夫)
     株式会社愛媛銀行                        愛媛県松山市勝山町2丁目1

                                                967,200          3.70
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社

                             中央区晴海1丁目8-11
                                                943,400          3.60
     (信託口)
                             RUE  MONTOYERSTRAAT      46,  1000  BRUSSELS,
     THE  BANK  OF NEW  YORK  133524
                             BELGIUM
                                                412,600          1.57
                             (港区港南2丁目15-1          品川インターシ
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)
                             ティA棟)
                             RUE  MONTOYERSTRAAT      46,  1000  BRUSSELS,
     THE  BANK  OF NEW  YORK  133652
                             BELGIUM
                                                351,100          1.34
                             (港区港南2丁目15-1          品川インターシ
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)
                             ティA棟)
                             千代田区有楽町1丁目13-1
     第一生命保険株式会社                        (中央区晴海1丁目8-12 晴海アイラ
                                                349,400          1.33
     (常任代理人 資産管理サービス信託銀行株式会社)                        ンドトリトンスクエアオフィスタワーZ
                             棟)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                             中央区晴海1丁目8-11
                                                269,200          1.02
     (信託口5)
     鳥飼 治彦                        愛媛県松山市
                                                204,000          0.78
                計                     -
                                              13,844,500           52.96
     (注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、以下のとおりであります。
         日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)  863,400株
         日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 269,200株
       2.平成28年10月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社及びその
         共同保有者であるJPモルガン証券株式会社及びジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエルシー(J.P.Morgan                                               Securities
         plc)が平成28年10月14日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末現在におけ
         る実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                                 保有株券等      株券等保有
                 氏名又は名称                      住所
                                                 の数(株)      割合(%)
                               東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社                                        1,063,500        4.08
                               東京ビルディング
                               東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
          JPモルガン証券株式会社                                         △26,500       △0.10
                               東京ビルディング
          ジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・ピーエ                      英国、ロンドン      E14  5JP カナリー・
                                                   93,900       0.36
          ルシー(J.P.Morgan        Securities     plc)
                               ウォーフ、バンク・ストリート25
                                  6/17






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年6月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                       普通株式   150,200
                                               権利内容に何ら限定のない
                       普通株式       25,984,500
     完全議決権株式(その他)                                     259,845
                                               当社の標準となる株式
     単元未満株式                 普通株式    3,700                  -             -
                            26,138,400

     発行済株式総数                                   -             -
     総株主の議決権                      -               259,845          -

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(J-ESOP)」

          の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有している当社株式193,000株が含
          まれております。なお、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有している当社株式は、四半期
          連結財務諸表において自己株式として表示しております。
        2.「単元未満株式」には自己株式82株を含めて記載しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                              自己名義所有株        他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                              式数(株)        株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     (自己保有株式)              愛媛県松山市三番町
                                  150,200       -       150,200          0.6
     株式会社ファインデックス              四丁目9番地6
           計            -          150,200       -       150,200          0.6
     (注)上記のほか、従業員インセンティブ・プラン「株式給付信託(J-ESOP)」の信託財産として、資産管理サービス信
        託銀行株式会社(信託E口)が所有している当社株式193,000株を、四半期連結財務諸表において自己株式として
        表示しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/17







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
        なお、第1四半期連結会計期間から四半期連結財務諸表を作成しているため、比較情報は記載しておりません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平
       成29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,614,542
         現金及び預金
                                        566,461
         受取手形及び売掛金
                                         76,137
         商品
                                         1,097
         仕掛品
                                         34,405
         その他
                                       2,292,644
         流動資産合計
       固定資産
                                         59,379
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        349,413
          ソフトウエア
                                        172,809
          のれん
                                           344
          その他
                                        522,567
          無形固定資産合計
                                        136,772
         投資その他の資産
                                        718,719
         固定資産合計
                                       3,011,364
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         23,852
         支払手形及び買掛金
                                         79,582
         未払法人税等
                                        189,838
         その他
                                        293,274
         流動負債合計
       固定負債
                                         42,973
         株式給付引当金
                                         28,561
         その他
                                         71,534
         固定負債合計
                                        364,808
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        249,320
         資本金
                                        219,320
         資本剰余金
                                       2,515,004
         利益剰余金
                                       △ 337,089
         自己株式
                                       2,646,555
         株主資本合計
                                            -
       非支配株主持分
                                       2,646,555
       純資産合計
                                       3,011,364
      負債純資産合計
                                  9/17







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年6月30日)
      売上高                                  1,508,022
                                        632,653
      売上原価
                                        875,368
      売上総利益
                                        ※ 659,297
      販売費及び一般管理費
                                        216,070
      営業利益
      営業外収益
                                            8
       受取利息
                                           253
       為替差益
                                           291
       未払配当金除斥益
                                           112
       その他
                                           666
       営業外収益合計
      営業外費用
       株式交付費                                    80
                                           261
       創立費償却
                                           341
       営業外費用合計
                                        216,395
      経常利益
                                        216,395
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   68,398
                                         5,573
      法人税等調整額
                                         73,971
      法人税等合計
                                        142,423
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 4,400
                                        146,823
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年6月30日)
                                        142,423
      四半期純利益
                                        142,423
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        146,823
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 4,400
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日
                                至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        216,395
       税金等調整前四半期純利益
                                         13,977
       減価償却費
                                        138,789
       ソフトウエア償却費
                                         28,801
       のれん償却額
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                   221
                                           △ 8
       受取利息及び受取配当金
                                           80
       株式交付費
       売上債権の増減額(△は増加)                                 335,626
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 26,240
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 6,732
       未収入金の増減額(△は増加)                                  4,830
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,371
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 30,865
       未払費用の増減額(△は減少)                                   △ 93
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 49,662
                                         29,870
       その他
                                        656,361
       小計
                                            8
       利息及び配当金の受取額
                                       △ 132,278
       法人税等の支払額
                                        524,091
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 78,000
       定期預金の預入による支出
                                         78,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 28,626
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 154,595
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 13,241
       敷金の差入による支出
                                         4,400
       非支配株主からの払込みによる収入
                                         1,828
       その他
                                       △ 190,234
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 522
       リース債務の返済による支出
                                           25
       株式の発行による収入
                                          △ 80
       株式の発行による支出
                                       △ 129,409
       配当金の支払額
                                       △ 129,986
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           72
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   203,942
                                       1,281,600
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,485,542
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/17






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、連結子会社イーグルマトリックスコンサルティング株式会社を設立したため、連
        結の範囲に含めております。
        (追加情報)

        (四半期連結財務諸表の作成のための基本となる重要な事項)
         当社は第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しております。四半期連結財務諸表作成のための
        基本となる重要な事項は以下のとおりであります。
         1.連結の範囲に関する事項

           連結子会社の数  1社
           連結子会社の名称 イーグルマトリックスコンサルティング株式会社
         2.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の四半期決算日は、四半期連結決算日と一致しております。
         3.会計方針に関する事項

          (1)たな卸資産の評価基準及び評価方法
           商品、仕掛品
            個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用して
           おります。
          (2)固定資産の減価償却の方法

           ①有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
           は定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物                     8~18年
            車両運搬具                  2~  6年
            工具、器具及び備品              3~15年
           ②無形固定資産(リース資産を除く)

            市場販売目的のソフトウエア
             見込販売数量に基づく償却額と、販売可能見込期間(2年)に基づく均等配分額とを比較し、いずれか
            大きい額を計上しております。
            自社利用のソフトウエア
             社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法                        を採用しております。
          (3)リース資産

           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (4)長期前払費用

           定額法   を採用しております。
          (5)重要な繰延資産の処理方法

           株式交付費
            支出時に全額費用として処理しております。
           創立費
            支出時に全額費用として処理しております。
          (6)引当金の計上基準

           貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定債
           権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           株式給付引当金
            株式給付規程に基づく従業員の当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務の見込
           額に基づき計上しております。
          (7)キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
          負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           のれんの償却方法及び償却期間
            発生年度以後5年間の均等償却を行っております。
           消費税等の会計処理
            税抜方式によっております。
                                 13/17


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
        (株式給付信託(J-ESOP)における会計処理方法)
         当社は、平成27年10月29日開催の取締役会において、当社の株価や業績と従業員の処遇の連動性をより高め、経
        済的な効果を株主の皆様と共有することにより、株価及び業績向上への従業員の意欲や士気を高めるため、従業員
        に対して市場から購入した自社の株式を給付するインセンティブプラン「株式給付信託(J-ESOP)」を導入するこ
        とを決議しております。
         この導入に伴い、平成27年11月13日から平成27年11月26日の間に資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E
        口)が当社株式194,200株を取得しております。
         当該株式給付信託に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する
        実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じて、信託の資産及び負債を企業の資産及び負
        債として貸借対照表上に計上する総額法を適用しております。
         なお、当第2四半期連結会計期間末において資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する自己株
        式は、四半期連結貸借対照表の純資産の部に自己株式として表示しており、計上額は148,885千円、株式数は
        193,000株であります。
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)

         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
        半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成29年1月1日
                             至     平成29年6月30日)
     役員報酬                                45,067   千円
                                     282,086
     給与手当
                                     58,643
     旅費交通費
                                      9,508
     減価償却費
                                     37,500
     支払手数料
                                      4,970
     研究開発費
                                     28,801
     のれん償却費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年1月1日
                             至   平成29年6月30日)
     現金及び預金勘定                              1,614,542千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                              △129,000
                                    1,485,542
     現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

         当第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
          1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)       配当額(円)
     平成29年3月28日
               普通株式         129,934         5.00   平成28年12月31日         平成29年3月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注)「配当金の総額」には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対す
        る配当金971千円が含まれております。
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

            末後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)       配当額(円)
     平成29年8月9日
               普通株式         51,976         2.00   平成29年6月30日         平成29年9月14日         利益剰余金
     取締役会
     (注)「配当金の総額」には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対す
        る配当金386千円が含まれております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社グループにおける報告セグメントは、医療システム事業のみであり、開示情報としての重要性が乏しいた
         め、セグメント情報の記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 14/17


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
                                 当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年1月1日
                                  至 平成29年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    5円69銭
      (算定上の基礎)
                                         146,823
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額                   (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         146,823
       四半期純利益金額        (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                25,793,641
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    5円59銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                    (千円)                 -
       普通株式増加数(株)                                  460,737
      (注)「    1株当たり     四半期   純利益金額」及び「潜在株式調整後1株当たり                      四半期   純利益金額」の算定上、期中平均株式
         数の計算において控除する自己株式に                  資産管理サービス信託銀行(信託E口)が所有する当社株式                            の期中平均株
         式数193,933株を含めております。
        (重要な後発事象)

         該当事項    はありません。
      2【その他】

        平成29年8月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額………………………51百万円
       (ロ)1株当たりの金額……………………………………2円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日……………平成29年9月14日
      (注)平成29年6月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 15/17













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ファインデックス(E25283)
                                                             四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成29年8月9日

     株式会社ファインデックス

       取    締    役    会   御中
                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                         指定有限責任社員

                                           久      保    誉      一
                                                         ㊞
                                  公  認  会  計  士
                         業 務 執 行 社 員
                         指定有限責任社員

                                           千      原    徹      也
                                                         ㊞
                                  公  認  会  計  士
                         業 務 執 行 社 員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る株式会社ファインデックスの平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第2四半
     期連結会計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29
     年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照
     表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ファインデックス及び連
     結子会社の平成29年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経
     営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点に
     おいて認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本
            は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク