株式会社電業社機械製作所 四半期報告書 第83期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第83期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社電業社機械製作所

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第83期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    株式会社電業社機械製作所
      【英訳名】                    DMW  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長
                          最高執行役員社長 土屋 忠博
      【本店の所在の場所】                    東京都大田区大森北1丁目5番1号
                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は、下記「最寄りの連絡場所」
                          で行っています。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県三島市三好町3番27号
      【電話番号】                    055(975)8221
      【事務連絡者氏名】                    取締役
                          上席執行役員管理本部長 稲垣 晃
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          株式会社電業社機械製作所大阪支店
                          (大阪市中央区南本町2丁目6番12号)
                          株式会社電業社機械製作所名古屋支店
                          (名古屋市中区栄2丁目4番18号)
                          株式会社電業社機械製作所関東支店
                          (さいたま市大宮区宮町2丁目96番1号)
                                  1/17










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第82期           第83期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第82期
                              累計期間           累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日
              会計期間
                           至平成28年6月30日           至平成29年6月30日           至平成29年3月31日
     売上高                (千円)           2,353,587           2,082,813           18,275,990

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 234,859          △ 130,825          1,433,390

     親会社株主に帰属する四半期純損
                      (千円)           △ 165,956           △ 99,625           966,606
     失(△)又は親会社株主に帰属す
     る当期純利益
                      (千円)           △ 378,669            21,480          1,045,412
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          15,779,152           16,982,411           17,093,069
     純資産額
                      (千円)          20,946,274           22,666,466           25,086,379

     総資産額
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)           △ 37.68          △ 22.62           219.45
     (△)又は当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)            75.33           74.92           68.14
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ていません。
         2.売上高には、消費税等は含んでいません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株
           式が存在しないため記載していません。
         4.第82期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していま
           せん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、
       主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績の分析
         当第1四半期連結累計期間の海外経済に関しては、米国や欧州の政治動向など先行きに不透明感があるものの、
        景気は緩やかな回復基調が継続しました。                    日本経済に関しても、雇用・所得環境の改善が続く中で、公共投資が経済対
        策の効果などから底堅く、民間設備投資は企業収益の改善を受けて持ち直していることから、景気は緩やかな回復基調が
        続いています。
         当社グループが属する風水力機械業界に関しては、官公需の受注が好調なことに加えて、海外での受注も増加し
        ており、全体の受注額は前年同期に比べて増加しました。
         このような環境下で、当社グループは積極的な営業活動を展開した結果、当第1四半期連結累計期間における受
        注額は、官公需の受注が増加したことにより、前年同期に対し120.4%の28億58百万円となりました。売上高につ
        きましては、前年同期に対し88.5%の20億82百万円を計上しました。また、利益につきましては、前年同期に比べ
        て利益率の良い案件が多いことなどから営業損失は1億70百万円(前年同四半期営業損失2億76百万円)となりま
        した。その結果、経常損失は1億30百万円(前年同四半期経常損失2億34百万円)、親会社株主に帰属する四半期
        純損失は99百万円(前年同親会社株主に帰属する四半期純損失1億65百万円)となりました。
         なお、当社グループの売上高は、公共事業物件の割合が高いため連結会計年度末に集中する季節性を有していま
        す。そのため、例年、第1四半期の売上高については、相対的に低い水準にとどまっています。
       (2)財政状態の分析

       (資産)
         当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ、24億19百万円減少し226億66百万円となり
        ました。これは、現金及び預金の増加41億9百万円、仕掛品の増加4億24百万円があったものの、受取手形及び売
        掛金の減少70億41百万円、有価証券の減少2億50百万円などがあったことによるものです。
       (負債)
         当第1四半期連結会計期間末の総負債は、前連結会計年度末と比べ、23億9百万円減少し56億84百万円となりま
        した。これは、前受金の増加5億79百万円があったものの、支払手形及び買掛金の減少20億91百万円、未払法人税
        等の減少4億23百万円、流動負債のその他の減少3億63百万円などがあったことによるものです。
       (純資産)
         当第1四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末と比べ、1億10百万円減少し169億82百万円となり
        ました。これは、その他有価証券評価差額金の増加1億5百万円があったものの、利益剰余金の減少2億31百万円
        などがあったことによるものです。この結果、自己資本比率は、74.9%(前連結会計年度末68.1%)となりまし
        た。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (4 )事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下、基本方針という。)を定
        めており、(a)基本方針の内容、(b)基本方針の実現に資する取組みの概要、(c)基本方針に照らして不適切な者
        によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みの概要、(d)上記(c)の取組
        みに対する当社取締役会の判断及びその理由は次のとおりです。
        (a)基本方針の内容
          当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式等の自由な取引を尊重し、特
         定の者による当社株式等の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確
         保・向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式等の大規
         模買付提案に応じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えています。
          ただし、株式等の大規模買付提案の中には、例えばステークホルダーとの良好な関係を保ち続けることができ
         ない可能性があるなど、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を損なう虞のあるものや、当社グルー
                                  3/17


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
         プの価値を十分に反映しているとは言えないもの、あるいは株主の皆様が最終的な決定をするために必要な時間
         や情報が十分に提供されないものもありえます。
          そのような提案に対して、当社取締役会は、株主の皆様から負託された者の責務として、株主の皆様のため
         に、必要な時間や情報の確保、株式等の大規模買付提案者との交渉を行う必要があると考えています。
        (b)基本方針の実現に資する取組みの概要

          当社は、当社グループの企業価値向上を実現するための直近の中期経営計画を実施し、推進しております。
          また、当該中期経営計画期間及びそれ以降についても引続き時々の経営課題に対処し、コーポレート・ガバナ
         ンスの強化にも取り組み、企業価値の向上に努めてまいります。
        (c)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

          取組みの概要
          当社は、平成27年6月26日開催の第80回定時株主総会において「当社株式等の大規模買付行為に関する対応策
         (買収防衛策)」(以下「本プラン」という。)の継続について株主の皆様の承認を受けています。
          本プランは、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者が遵守すべきルールを策定するとともに、一定の
         場合には当社が対抗措置をとることによって大規模買付行為を行おうとする者に損害が発生する可能性があるこ
         とを明らかにし、これらを適切に開示することにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に資さ
         ない当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者に対して、警告を行うものです。
          本プランの概要は以下のとおりです。なお、本プランの全文は、次の当社ウェブサイトに掲載しています。
           http://www.dmw.co.jp/
         ①対象となる大規模買付け等
           本プランは以下の(ⅰ)又は(ⅱ)に該当する当社株式等の買付け又はこれに類似する行為(ただし、当社取締
          役会が承認したものを除きます。当該行為を、以下、「大規模買付け等」といいます。)がなされる場合を適
          用対象とします。大規模買付け等を行い、又は行おうとする者(以下、「買付者等」といいます。)は、予め
          本プランに定められる手続きに従わなければならないものとします。
          (ⅰ)当社が発行者である株式等について、保有者の株式等保有割合が20%以上となる買付け
          (ⅱ)当社が発行者である株式等について、公開買付けに係る株式等の株式等所有割合及びその特別関係者の株
            式等所有割合の合計が20%以上となる公開買付け
         ②意向表明書の当社への事前提出
           買付者等に対し当該買付者等が大規模買付け等に際して本プランに定める手続きを遵守する旨の誓約文言等
          を記載した書面(以下、「意向表明書」といいます。)の提出を求めます。
         ③本必要情報の提供
           上記②の意向表明書の提出があった場合には、買付者等に対し、大規模買付け等に対する株主及び投資家の
          皆様の判断、並びに、当社取締役会の評価・検討等のために必要かつ十分な情報(以下、「本必要情報」とい
          います。)の日本語での提供を求めます。
          なお、当社取締役会は、買付者等から大規模買付け等の提案がなされた事実とその概要及び本必要情報の概
          要その他の情報のうち株主及び投資家の皆様の判断に必要であると認められる情報がある場合には、適切と判
          断する時点で開示いたします。
          また、当社取締役会は、買付者等による本必要情報の提供が十分になされたと認めた場合には、その旨を買
          付者等に通知(以下、「情報提供完了通知」といいます。)するとともに、速やかにその旨を開示いたしま
          す。
         ④取締役会評価期間の設定等
          当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後、大規模買付け等の評価の難易度等に応じて、以下の(ⅰ)又
          は(ⅱ)の期間(いずれも初日不算入)を、当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替案立案の
          ための期間(以下、「取締役会評価期間」といいます。)として設定します。
          (ⅰ)対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式等を対象とした公開買付けの場合には最大60
            日間
          (ⅱ)その他の大規模買付け等の場合には最大90日間
          ただし、上記(ⅰ)(ⅱ)いずれにおいても、取締役会評価期間は、取締役会が合理的に必要な事由があると認
          める場合に限り、延長できるものとします。その場合は、延長期間及び当該延長期間が必要とされる具体的理
          由を買付者等に通知すると共に株主及び投資家の皆様に開示いたします。また、延長の期間は最大30日間とし
          ます。
          当社取締役会は、取締役会評価期間内において、必要に応じて適宜外部専門家等の助言を得ながら、買付者
          等から提供された本必要情報を十分に評価・検討し、当社取締役会としての意見を慎重にとりまとめ、買付者
          等に通知するとともに、適時かつ適切に株主及び投資家の皆様に開示します。また、必要に応じて、買付者等
          との間で大規模買付け等に関する条件・方法について交渉し、更に、当社取締役会として、株主及び投資家の
          皆様に代替案を提示することもあります。
         ⑤取締役会の決議
                                  4/17


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
           当社取締役会は、上記④の検討等の後、以下の手続きに従い、対抗措置の発動の是非について決議を行うも
          のとします。
          (ⅰ)買付者等が本プランに定める手続きを遵守しなかった場合
            当社取締役会は、買付者等が本プランに規定する手続きを遵守しなかった場合には、対抗措置の発動の決
           議を行うことができるものとします。
            当社取締役会は、対抗措置の発動の決議に先立ち、株主の皆様の意思を確認することが適切と判断する場
           合、下記⑥に定める手続きを行うものとします。この場合、当社取締役会は、下記⑥に定める株主総会の決
           定に従って、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から速やかに対抗措置の発動又は不
           発動の決議を行うものとします。
          (ⅱ)買付者等が本プランに定める手続きを遵守した場合
           (ア)   買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうものと認められる
             場合
             当社取締役会は、買付者等が本プランに規定する手続きを遵守した場合であっても、当該大規模買付け
            等が専ら買付者等の短期的な利得のみを目的とするものである等、当社の企業価値・株主共同の利益を著
            しく損なうものと認められ、対抗措置の発動が相当であると思われる場合には、対抗措置の内容及びその
            発動の賛否に関し、株主の皆様の意思を確認するために下記⑥に定める手続きを行うものとします。この
            場合、当社取締役会は、下記⑥に定める株主総会の決定に従って、当社の企業価値・株主共同の利益の確
            保・向上という観点から速やかに対抗措置の発動又は不発動の決議を行うものとします。
           (イ)   買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうものではないと認
             められる場合
             当社取締役会は、買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうも
            のではないと認められる場合には、対抗措置の不発動の決議を行うものとします。
           当社取締役会は、上記の決議を行った場合には、その内容が対抗措置の発動であるか不発動であるかを問わ
          ず、速やかに当該決議の概要その他当社取締役会が適切と判断する事項について、情報開示を行います。
         ⑥株主意思の確認
           当社取締役会は、上記⑤(ⅱ)(ア)                に該当する場合、及び、上記⑤(ⅰ)に該当しかつ当社取締役会が必要と
          認める場合、対抗措置の発動の是非に関し株主の皆様の意思を確認するために、株主総会に対抗措置の発動の
          是非に関する議案を付議するものとします。
           この場合、当社取締役会は、実務上可能な限り速やかに株主総会を開催します。また、対抗措置の発動の是
          非に関する株主総会の決議の概要、その他当社取締役会が適切と判断する事項について、速やかに情報開示を
          行います。
         ⑦対抗措置の中止又は発動の停止
           当社取締役会が上記⑤の手続きに従い対抗措置の発動を決議した後又は発動後においても、(ⅰ)買付者等が
          大規模買付け等を中止した場合又は(ⅱ)対抗措置を発動するか否かの判断の前提となった事実関係等に変動が
          生じ、かつ、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から対抗措置の発動が相当でないと考
          えられる状況に至った場合には、当社取締役会は、対抗措置の中止又は発動の停止を行うものとします。
           当社取締役会は、上記決議を行った場合、速やかに、当該決議の概要その他当社取締役会が適切と判断する
          事項について、情報開示を行います。
         ⑧大規模買付け等の開始
           買付者等は、本プランに規定する手続きを遵守するものとし、当社取締役会において対抗措置の発動又は不
          発動の決議がなされるまでは大規模買付け等を開始することはできないものとします。
         ⑨対抗措置の具体的内容
           当社取締役会が上記⑤に記載の決議に基づき発動する対抗措置としては、原則として、新株予約権(以下、
          「本新株予約権」といいます。)の無償割当てを行うこととします。ただし、会社法その他の法令及び当社の
          定款上認められるその他の対抗措置を発動することが相当と判断される場合には当該その他の対抗措置を用い
          ることもあります。
           当社取締役会は、対抗措置の発動を決議した後又は発動後においても、上記⑦に記載の通り、対抗措置の中
          止又は発動の停止を決定することがあります。
         ⑩本プランの有効期間、廃止及び変更
           本プランの有効期間は、平成30年6月開催予定の定時株主総会終結の時までとします。
           ただし、当該有効期間の満了前であっても、当社の株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなさ
          れた場合には、本プランは当該決議に従い、その時点で変更又は廃止されるものとします。また、当社の株主
          総会で選任された取締役で構成される取締役会により本プランの廃止の決議がなされた場合には、本プランは
          その時点で廃止されるものとします。
                                  5/17



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
        (d)上記(c)の取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
          当社取締役会は、本プランの設計に際し、以下の事項を考慮し織り込むことにより、本プランが基本方針に沿
         うものであり、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと考えています。
         イ.買収防衛策に関する指針の要件を全て充足していること
           本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は
          向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事
          前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しており、かつ、企業価値研究会が平成20年6
          月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容を踏まえております。
         ロ.当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること
           本プランは、当社株式等に対する大規模買付け等がなされた際に、当該大規模買付け等に応じるべきか否か
          を株主の皆様が判断するため、または当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や期間を確保し、当
          社取締役会が、株主の皆様のために買付者等との交渉の機会を確保することにより、当社の企業価値・株主共
          同の利益を確保し、向上させるという目的をもって導入されているものです。
         ハ.株主意思を重視するものであること
           本プランは、買付者等が本プランに定められた手続きに従うことなく大規模買付け等を行おうとする場合で
          あって、かつ当社取締役会の決議だけで対抗措置の発動を決議する場合を除き、買付者等による大規模買付け
          等に対する対抗措置の発動について株主の皆様の意思を直接確認するものです。
           また、本プランの有効期間は、平成30年6月開催予定の定時株主総会終結の時までですが、その有効期間の
          満了前であっても、当社株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなされた場合には、当該決議に従
          い変更又は廃止されることになります。従いまして、本プランの継続、変更及び廃止には、株主の皆様の意思
          が十分反映される仕組みとなっています。
         ニ.合理的かつ客観的発動要件の設定
           本プランは、合理的かつ客観的な発動要件が充足されなければ発動されないように設定されており、当社取
          締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しています。
         ホ.デッドハンド型若しくはスローハンド型買収防衛策ではないこと
           本プランは、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により、いつでも廃止することがで
          きるものとされています。従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交
          代させても、なお発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。
           また、当社は期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型(取締役会の構成員の交代を一
          度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
       (5)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、64                                     百万円   となっています。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 19,107,600

                  計                                19,107,600

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類      現在発行数(株)                        又は登録認可金融商品                内容
                         (平成29年8月10日)
             (平成29年6月30日)                        取引業協会名
                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                       東京証券取引所
      普通株式           4,776,900            4,776,900                    標準となる株式で、
                                        市場第二部
                                                  単元株式数は100株
                                                  です。
        計          4,776,900            4,776,900             ―            ―
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高
                                (千円)        (千円)      減額(千円)        残高(千円)
                 (千株)       (千株)
     平成29年4月1日~

                      ―     4,776          ―    810,000           ―     28,739
     平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません                                   。
                                  7/17







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてい
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         ―            ―            ―

      議決権制限株式(自己株式等)                         ―            ―            ―

      議決権制限株式(その他)                         ―            ―            ―

                                                  権利内容に何ら限定
                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                     ―       のない当社における
                          普通株式  372,200
                                                  標準となる株式
      完全議決権株式(その他)                    普通株式 4,397,600                   43,976         同上
      単元未満株式                      普通株式 7,100               ―            ―

      発行済株式総数                         4,776,900            ―            ―

      総株主の議決権                         ―              43,976          ―

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含
           まれています。
         2.  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式72株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)             東京都大田区大森北
                                372,200         ―       372,200         7.79
     株式会社電業社機械製作所             1丁目5番1号
           計            -         372,200         ―       372,200         7.79
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/17








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平
       成29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  9/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,947,306              7,056,448
         現金及び預金
                                       13,798,422               6,756,682
         受取手形及び売掛金
                                        350,441              100,018
         有価証券
                                       1,362,968              1,787,145
         仕掛品
                                        125,095              125,059
         原材料及び貯蔵品
                                        293,108              324,332
         繰延税金資産
                                        108,929              144,621
         その他
                                           -             △ 439
         貸倒引当金
                                       18,986,271              16,293,868
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,170,750              2,171,846
                                       1,174,929              1,327,737
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             3,345,679              3,499,583
         無形固定資産                                181,948              176,059
         投資その他の資産
                                       2,330,157              2,447,621
          投資有価証券
                                         1,343              5,577
          繰延税金資産
          その他(純額)                              281,876              284,653
                                        △ 40,898             △ 40,898
          貸倒引当金
                                       2,572,480              2,696,954
          投資その他の資産合計
                                       6,100,108              6,372,597
         固定資産合計
                                       25,086,379              22,666,466
       資産合計
                                 10/17











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       4,962,388              2,870,975
         支払手形及び買掛金
                                        436,975               13,801
         未払法人税等
                                        634,328             1,214,295
         前受金
                                        147,745              157,414
         受注損失引当金
                                         76,125              81,011
         製品保証引当金
                                         70,450              10,750
         役員賞与引当金
                                       1,265,822               901,950
         その他
                                       7,593,836              5,250,199
         流動負債合計
       固定負債
                                         96,349              82,750
         退職給付に係る負債
                                        202,473              253,236
         繰延税金負債
                                        100,651               97,869
         その他
                                        399,473              433,855
         固定負債合計
                                       7,993,310              5,684,055
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        810,000              810,000
         資本金
                                        111,319              111,319
         資本剰余金
                                       16,209,947              15,978,183
         利益剰余金
                                       △ 594,572             △ 594,572
         自己株式
                                       16,536,694              16,304,929
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        726,905              832,307
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,288             △ 1,161
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 81,325             △ 75,967
         為替換算調整勘定
                                        △ 81,915             △ 77,696
         退職給付に係る調整累計額
                                        556,375              677,481
         その他の包括利益累計額合計
                                       17,093,069              16,982,411
       純資産合計
                                       25,086,379              22,666,466
      負債純資産合計
                                 11/17









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      売上高                                  2,353,587              2,082,813
                                       1,944,657              1,572,322
      売上原価
                                        408,929              510,490
      売上総利益
                                        685,748              680,883
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 276,818             △ 170,392
      営業外収益
                                         2,876              3,212
       受取利息
                                         33,580              36,288
       受取配当金
                                         17,681              17,678
       受取賃貸料
                                           921             3,395
       その他
                                         55,059              60,575
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           -            10,350
       投資有価証券評価損
                                         4,461              4,248
       賃貸費用
                                         8,639              6,409
       その他
                                         13,100              21,007
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 234,859             △ 130,825
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 234,859             △ 130,825
      法人税、住民税及び事業税                                    2,249              4,438
                                        △ 71,152             △ 35,638
      法人税等調整額
                                        △ 68,903             △ 31,199
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 165,956              △ 99,625
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 165,956              △ 99,625
                                 12/17











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      四半期純損失(△)                                  △ 165,956              △ 99,625
      その他の包括利益
                                       △ 169,746              105,401
       その他有価証券評価差額金
                                         1,329              6,127
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 44,536               5,357
       為替換算調整勘定
                                           240             4,218
       退職給付に係る調整額
                                       △ 212,713              121,105
       その他の包括利益合計
                                       △ 378,669               21,480
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 378,669               21,480
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 13/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         前第1四半期連結累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年6月30日)及び当第1四半期連結累計期間(自
         平成29年4月1日 至平成29年6月30日)
          当社グループでは、公共事業に依存する割合が高いため、売上高が第4四半期に集中する傾向があり、四半
         期別の業績には季節的変動があります。そのため、例年、第1四半期の売上高については、相対的に低い水準
         にとどまっています。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第1四半
         期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりです。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成28年6月30日)                 至 平成29年6月30日)
         減価償却費                          91,384千円                 89,070千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
        (決議)
                              (円)
      平成28年6月29日
                普通株式        132,139        30.0    平成28年3月31日          平成28年6月30日          利益剰余金
       定時株主総会
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
        (決議)
                              (円)
      平成29年6月29日
                普通株式        132,138        30.0    平成29年3月31日          平成29年6月30日          利益剰余金
       定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)及び当第1四半期連結累計期間
          (自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           当社グループは、風水力機械の製造・据付・販売を専ら事業としており、製品の性質、製造方法、販売市場
          等の類似性から判断して単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しています。
                                 14/17





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                △37円68銭               △22円62銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                      △165,956                △99,625
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      △165,956                △99,625
       損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 4,404               4,404
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在株
         式が存在しないため記載していません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

          該当事項はありません。
                                 15/17













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月9日

     株式会社電業社機械製作所

      取締役会 御中

                           新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              北川 卓哉  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              大屋 浩孝  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社電業社

     機械製作所の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日
     から平成29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書                                  、四半期連結包括利益計算書             及び注記について
     四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社電業社機械製作所及び連結子会社の平成29年6月30日現在の
     財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

          ています。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。