株式会社カネカ 四半期報告書 第94期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第94期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社カネカ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年8月10日

     【四半期会計期間】                      第94期第1四半期

                          (自  平成29年4月1日 至           平成29年6月30日)
     【会社名】                      株式会社カネカ

     【英訳名】                      KANEKA CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  角 倉                 護

     【本店の所在の場所】                      大阪市北区中之島二丁目3番18号

     【電話番号】                      (06)6226―5169

     【事務連絡者氏名】                      経理部長  鈴 木 啓 司

     【最寄りの連絡場所】                      東京都港区赤坂一丁目12番32号

     【電話番号】                      (03)5574―8001

     【事務連絡者氏名】                      総務部東京総務グループリーダー 南  吉 隆

     【縦覧に供する場所】                      株式会社カネカ東京本社

                           (東京都港区赤坂一丁目12番32号)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社名古屋証券取引所

                           (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/27





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第93期           第94期

              回次              第1四半期           第1四半期            第93期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成28年4月1日         自   平成29年4月1日         自   平成28年4月1日
             会計期間
                          至   平成28年6月30日         至   平成29年6月30日         至   平成29年3月31日
                                136,058           144,302           548,222
     売上高                (百万円)
                                 7,131           7,151          27,426

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                 4,600           4,761          20,484
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)           △ 2,245          10,372           23,531
                                303,123           327,430           321,551

     純資産額                (百万円)
                                564,820           599,284           592,900

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 13.87           14.43           61.72
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                 13.86           14.42           61.65
                      (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                  50.8           51.9           51.5
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                 16,705            8,844          48,119
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 11,095          △ 9,842         △ 36,369
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 5,585          △ 5,711         △ 13,612
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 42,303           34,444           41,018
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                  2/27









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当社は、当連結会計年度から新たにスタートした中期経営計画において、技術革新による新たな価値の創出を通じ
      て、社会の課題に対する解決策、即ちソリューションの提供を軸にしたビジネスモデルへの転換を加速するべく、経
      営システムを大きく変更しました。
       事業部門を「Solutions           Vehicle(以下、SV)」に改称し、ソリューション視点の成長戦略を遂行する組織としまし
      た。合わせて、9つのSVをソリューション別に4つの新しいドメイン(「Solutions                                       Unit」)に刷新しました。
       この経営システムの変更に伴い、当第1四半期連結会計期間より、従来「化成品」「機能性樹脂」「発泡樹脂製
      品」「食品」「ライフサイエンス」「エレクトロニクス」「合成繊維、その他」としていた報告セグメントを、新た
      な事業ドメインに沿った区分としております。
       新報告セグメントと、報告セグメントを構成するSV、主要製品及び主な関係会社は次のとおりであります。なお、
      このセグメントは「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメ
      ントの区分と同一であります。
      (Material      Solutions     Unit)

       社会インフラ・モビリティ(軽量化・燃費向上)の発展を支える優れた素材や、環境社会に直接役立つバイオポリ
       マーなどの先端素材をソリューションとして提供し、地球環境保護と快適なくらしに貢献します。
                SV、主要製品                           主な関係会社
      (Vinyls    and  Chlor-Alkali)                    (国内)
       一般用塩化ビニル樹脂、か性ソーダ、塩ビ系特殊樹脂                            昭和化成工業㈱、龍田化学㈱、サンビック㈱、
      (Performance       Polymers)                     セメダイン㈱
       モディファイヤー、変成シリコーンポリマー、                           (海外)
       生分解性ポリマー                            カネカベルギーN.V.、カネカノースアメリカLLC、
                                  カネカマレーシアSdn.Bhd.、
                                  カネカペーストポリマーSdn.Bhd.
      (Quality     of  Life   Solutions     Unit)

       住宅や生活インフラなどの省エネ・スマート化ニーズや、IoT・AIの発達など情報化社会の革新に応える優れ
       た素材と独自のサービスをソリューションとして提供し、省エネルギーと豊かなくらしの創造に貢献します。
                SV、主要製品                           主な関係会社
      (Foam   & Residential      Techs)                (国内)
       発泡スチレン樹脂・成型品、                            カネカケンテック㈱、㈱羽根、
       押出法発泡ポリスチレンボード、                            カネカソーラーテック㈱、
       ビーズ法発泡ポリオレフィン、                            ㈱カネカソーラーサーキットのお家
       ソーラーサーキット工法(外断熱・二重通気工法)                           (海外)
      (E  & I Technology)                        カネカベルギーN.V.、カネカノースアメリカLLC、
       超耐熱ポリイミドフィルム、光学材料、                            カネカエペランSdn.Bhd.、
       超高熱伝導グラファイトシート                            鐘化(蘇州)緩衝材料有限公司、
      (PV  & Energy    management)                     カネカアピカルマレーシアSdn.Bhd.、
       太陽電池、住宅用蓄電池                            カネカイノベイティブファイバーズSdn.Bhd.、
      (Performance       Fibers)                     青島海華繊維有限公司
       アクリル系合成繊維
                                  3/27





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      (Health     Care   Solutions     Unit)
       医療・健康・介護等の分野において、デバイスと医薬の融合による価値あるソリューションを提供するとともに、
       バイオ医薬や再生・細胞医療など先端医療技術に基づく独自のヘルスケア事業を展開し、高齢化社会・医療高度化
       社会に貢献します。
                SV、主要製品                           主な関係会社
      (Medical     Devices)                      (国内)
       医療機器                            ㈱カネカメディックス、㈱大阪合成有機化学研究所
      (Pharma)                           (海外)
       医薬品(API・中間体)、バイオ医薬品                            カネカユーロジェンテックS.A.               、
                                  カネカシンガポールCo.(Pte)Ltd.
      (Nutrition      Solutions     Unit)

       「食」の多様化や健康増進ニーズに応える特色ある素材、サプリメントをソリューションとして幅広く提供すると
       ともに、農業・畜産・水産分野の食料生産支援に寄与するソリューションを提供し、健康と豊かな「食」に貢献し
       ます。
                SV、主要製品                           主な関係会社
      (Supplemental       Nutrition)                   (国内)
       機能性食品素材                            カネカ食品㈱、㈱カネカサンスパイス、太陽油脂㈱、
      (Foods    & Agris)                       カネカユアヘルスケア㈱
       マーガリン、ショートニング、パン酵母、香辛料、                           (海外)
       不凍素材、機能性肥料・飼料                            カネカノースアメリカLLC
      (その他)

       SVに含まれない損害保険・生命保険の代理業務、当社に係る構内作業等であり、主な関係会社は次の通りでありま
       す。
      [主な関係会社]
       ㈱カネカ高砂サービスセンター、カネカ保険センター㈱
       上記以外に地域統括会社として、カネカヨーロッパホールディングカンパニーN.V.、カネカアメリカズホールディ

       ングInc.、鐘化企業管理(上海)有限公司、㈱カネカ北海道があります。
       また、当第1四半期連結累計期間における主要な関係会社の異動は次のとおりであります。

      (Quality     of  Life   Solutions     Unit)

       新たに設立した㈱カネカソーラーサーキットのお家を連結子会社にしております。
       上記以外に新たに設立した㈱カネカ北海道を連結子会社にしております。

                                  4/27






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等又は、前
      事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
      (1)  業績の状況
        世界経済が堅調に推移するなか、当社グループの当第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日~平成29年6月
       30日)の業績は、引き続き海外市場を中心に拡販が進み、売上高は四半期として過去最高の144,302百万円(前年同
       四半期連結累計期間(以下、前年同期)比6.1%増)となりました。経常利益は7,151百万円(前年同期比0.3%増)、
       親会社株主に帰属する四半期純利益は4,761百万円(前年同期比3.5%増)とそれぞれ前年実績を上回りましたが、営
       業利益は一部原料の価格急騰が大きく影響し7,252百万円(前年同期比17.4%減)と前年実績を下回りました。
        各セグメントの状況は、次のとおりであります。

        なお、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、前年同期比較においては、前年
       同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
      ① Material       Solutions     Unit

        当セグメントの売上高は57,034百万円と前年同期と比べ6,943百万円(13.9%増)の増収となり、営業利益は
       5,747百万円と前年同期と比べ73百万円(1.3%増)の増益となりました。
        Performance      Polymersのモディファイヤーは、旺盛な需要が続くなか、マレーシア新設備が本年3月に稼働し、
       能力不足が解消され販売数量が大きく増加しました。しかしながら、新設備の早期フル稼働に備えて大量に調達し
       た主要原料ブタジエン価格の急変(急騰・急落)により、当四半期は大幅な採算悪化となりました。第2四半期連
       結会計期間(以下、第2四半期)以降は、この一時的なブタジエンの影響が解消されるとともに、生産能力増強に
       より拡販が進むことから一層の収益拡大がはかれる見通しです。
        変成シリコーンポリマーは、グローバルに用途拡大が進み着実に販売数量が増加しました。また、マレーシア新
       生産設備は本年7月に計画通り稼働し、すでに販売を開始しております。
        Vinyls    and  Chlor-Alkaliは、一般用塩化ビニル樹脂およびか性ソーダのアジア市場での販売が好調に推移すると
       ともに、米国市場を中心として塩素化塩ビなど塩ビ系特殊樹脂の販売が順調に拡大し増益となりました。
                                  5/27







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      ② Quality      of  Life   Solutions     Unit
        当セグメントの売上高は35,618百万円と前年同期と比べ1,256百万円(3.7%増)の増収となりましたが、営業利
       益は2,839百万円と前年同期と比べ1,673百万円(37.1%減)の減益となりました。
        Foam   & Residential      Techsは、販売数量が増加しましたが、スチレンモノマーなどの主要原料価格の上昇の影響
       を受け減益となりました。需要期に入る第2四半期は販売価格の修正と拡販が進む見通しです。
        Performance      Fibersは、パイル市場の旺盛な需要が戻り、頭髪市場も前年度第3・4四半期連結会計期間を底に
       需要が回復しております。しかしながら、新設のマレーシア工場の競争力の十分な活用が出来ず、原料価格の上昇
       も加わり採算は悪化しました。第2四半期以降は、需要回復とマレーシア生産品の本格寄与により収益が改善する
       見通しです。
        E & I Technologyの需要は順調に拡大しており、ピクシオなど高機能品の販売数量が増加し、また遅れていた超
       耐熱ポリイミドフィルムの生産体制整備が進み、採算が改善しました。第2四半期以降は引き合いが旺盛な大手ス
       マートフォンメーカーの新規モデルなどの大型需要が加わり、能力増強した設備を戦力化させ採算を向上させま
       す。
        PV  & Energy    managementは、昨年上市した高効率瓦一体型太陽電池の大手ハウスメーカー向け出荷が順調に拡大
       しています。今後は、太陽電池事業を軸に、住宅のネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)に貢献するエネル
       ギーソリューションの提供に注力してまいります。
      ③ Health      Care   Solutions     Unit

        当セグメントの売上高は11,209百万円と前年同期と比べ675百万円(5.7%減)の減収となり、営業利益は2,364百
       万円と前年同期と比べ425百万円(15.3%減)の減益となりました。
        Medical    Devicesは、国内外で販売が堅調に推移しました。第2四半期以降はインターベンション事業で他社との
       共同事業をさらに進展させ、また米国での販売体制強化により血液浄化事業を一層拡大させます。
        Pharmaは、APIやバイオロジクス事業が順調に推移しましたが、中間体は販売が集中した前年度第1四半期連
       結累計期間に比べ当四半期は販売数量が減少し減益となりました。
      ④ Nutrition       Solutions     Unit

        当セグメントの売上高は40,051百万円と前年同期と比べ574百万円(1.5%増)の増収となり、営業利益は1,220百
       万円と前年同期と比べ264百万円(27.6%増)の増益となりました。
        Foods   & Agrisは、新規の食品素材を武器にした大手製パン、コンビニエンスストアや食品メーカーへの提案型営
       業が実を結び販売が拡大しました。
        Supplemental       Nutritionは、還元型コエンザイムQ10の認知度向上とともに、生産性改善により収益性が向上
       しました。第2四半期以降は米国を中心に販売の増加が見込まれます。
     (2)  財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末の総資産は、投資有価証券や有形固定資産の増加等により前連結会計年度末に比べ
       て6,384百万円増の599,284百万円となりました。負債は、未払費用の増加等により504百万円増の271,853百万円と
       なりました。また、純資産は、その他有価証券評価差額金や利益剰余金の増加等により5,879百万円増の327,430百
       万円となりました。この結果、自己資本比率は51.9%となりました。
                                  6/27






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況
        当第1四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は、前連結会計年
       度末に比べ6,573百万円減少し、34,444百万円となりました。
        区分毎の概況は、次のとおりであります。

      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第1四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、8,844百万円の収入(前年同期比7,860百万
       円減)となりました。減価償却費7,300百万円、税金等調整前四半期純利益6,869百万円等による資金の増加と、仕
       入債務の減少額2,616百万円等による資金の減少がその主な内容であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第1四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、9,842百万円の支出(前年同期比1,252百万
       円減)となりました。有形固定資産の取得による支出8,732百万円等がその主な内容であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第1四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、5,711百万円の支出(前年同期比125百万円
       増)となりました。配当金の支払2,979百万円、自己株式の取得による支出1,502百万円等による資金の減少がその
       主な内容であります。
                                  7/27














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更又は新たな発生は
        ありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下、「基本方針」)を定
        めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       ①  基本方針の内容

         当社が公開会社である以上、当社の株式が市場で自由に取引されるべきことは当然であり、仮に当社取締役会
        の賛同を得ずに、いわゆる「敵対的買収」がなされたとしても、それが企業価値ひいては株主共同の利益につな
        がるものであるならば、これを一概に否定するものではありません。しかし、当社株式に対する大規模な買収行
        為が行われる場合には、株主に十分な情報提供が行われることを確保する必要があると考えます。また、もっぱ
        ら買収者自らの利潤のみを追求しようとするもの等、当社の企業価値・株主共同の利益を損なう敵対的かつ濫用
        的買収が当社を対象に行われた場合には、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を守るために、必要・適正な
        対応策を採らなければならないと考えております。
       ②  当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する取組み

         当社は、平成21年に長期経営ビジョン『KANEKA                      UNITED宣言』を策定いたしました。この中で、当社グループの
        抜本的な「変革」と継続的な「成長」をめざし、「環境・エネルギー」、「健康」、「情報通信」、「食料生産
        支援」を重点戦略分野と位置付け、経営の重点施策として、①研究開発型企業への進化、②グローバル市場での
        成長促進、③グループ戦略の展開、④アライアンスの推進、⑤CSRの重視、に取り組んでおります。平成29年
        4月から新たにスタートした中期経営計画においては、従来の「プロダクトの視点」に基づく事業ドメインの構
        成を、「ソリューションの視点」で新たに4つのドメインを設定しました。成長ドライバーを「R&D」、「グ
        ローバル化」、「人材育成」とし、ソリューション・プロバイダーとしての取組みを徹底することにより、事業
        構造を変革させ、当社グループの成長を加速します。
       ③  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

        組み
         当社は、引き続き当社の中長期にわたる企業価値・株主共同の利益を確保・向上させることを目的として、当
        社株式の大規模買付行為に関する対応方針(以下、「本プラン」といいます)の継続を、平成28年6月29日開催
        の第92回定時株主総会において株主の皆様にご承認いただいております。本プランの概要は以下のとおりです。
        イ.  本プランは、特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等に対する買付行為(以下、「大規
          模買付行為」といいます)を対象とします。
        ロ.  当社の株券等に対する大規模買付行為を行おうとする際に遵守されるべき所定の手続(以下、「大規模買付
          ルール」といいます)を予め定めておいて、当該大規模買付行為に関する必要かつ十分な情報提供を求め、
          当該大規模買付行為についての情報収集・検討を行い、また株主の皆様に対して当社取締役会としての意見
          や代替案等を提示する、あるいは買付者との交渉を行っていく機会と時間を確保します。
        ハ.  大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合、あるいは、大規模買付ルールを遵守した場合であって
          も、当社に回復しがたい損害を与えるなど当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうと判断される場
          合には、当社の企業価値・株主共同の利益を守ることを目的として、当該大規模買付行為に対する対抗措置
          として新株予約権の無償割当を行うことがあります。
        ニ.  当社取締役会は、対抗措置の発動に先立ち、当社取締役会から独立した組織である特別委員会に対し、対抗
          措置の発動の可否を諮問します。対抗措置の発動の可否は、当社取締役会の決議によりますが、当社取締役
          会は、特別委員会の勧告を最大限尊重いたします。また、当社取締役会が株主の皆様の意思を確認すること
          が適切であると判断した場合には、株主総会を招集し、対応措置発動その他当該大規模買付行為に関する株
          主の皆様の意思を確認することができるものとします。
        ホ.  本プランの有効期間は、平成31年6月開催予定の当社第95回定時株主総会終結の時までとします。
                                  8/27




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       ④ 取締役会の判断及びその判断に係る理由
         当社取締役会は、前号の取組みが、本基本方針に沿うものであること、当社の株主の共同の利益を損なうもの
        ではないこと、及び当社の会社役員の地位を維持するものでないこと、という三つの要件に該当すると判断して
        おります。その理由は、以下に記載するとおりであります。
        イ.  本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は

          向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、
          事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性の原則)を充足しております。また、企業価値研究会が平成20
          年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」において示された考え方に沿
          うものであります。
        ロ.  本プランは、大規模買付行為が行われた際に、当該大規模買付行為が適切なものであるか否かを株主の皆様
          が判断するために必要な情報や時間を確保し、株主の皆様のために交渉を行うことなどを可能とすること
          で、株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されたものです。
        ハ.  本プランは、平成28年6月29日開催の第92回定時株主総会で、株主の皆様のご承認をいただいております。
          また、本プランの有効期間は、平成31年6月開催予定の当社第95回定時株主総会終結の時までと設定されて
          おりますが、その時点までに当社株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プ
          ランはその時点で廃止されることになり、株主の皆様の意向が反映されるものとなっております。
        ニ.  社外取締役、社外監査役または社外有識者から構成される特別委員会によって当社取締役の恣意的行動を厳
          しく監視し、その勧告の概要及び判断の理由等は適時に株主の皆様に情報開示することとされており、当社
          の企業価値・株主共同の利益に資する範囲で本プランの運用が行われる仕組みが確保されております。
        ホ.  本プランは、大規模買付行為に対する対抗措置が合理的かつ詳細な客観的要件が充足されなければ発動され
          ないように設計されており、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みが確保されておりま
          す。
        ヘ.  特別委員会は、当社の費用で独立した第三者専門家の助言を得ることができるとされており、特別委員会の
          判断の公正さ、客観性がより強く担保される仕組みとなっております。
        ト.  本プランは、いわゆるデッドハンド型の買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動
          を阻止できない買収防衛策)ではありません。さらに、当社は取締役の任期を1年としており、本プランは
          スローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止す
          るのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
      (5)  研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は7,191百万円であります。
                                  9/27









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                    750,000,000

                  計                                   750,000,000

       ②  【発行済株式】

                第1四半期会計期間            提出日現在         上場金融商品取引所

         種類       末現在発行数(株)           発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
                (平成29年6月30日)          (平成29年8月10日)           商品取引業協会名
                                   東京(市場第一部)、
                                               単元株式数は1,000株であ
        普通株式          350,000,000          350,000,000       名古屋(市場第一部)
                                               ります。
                                   各証券取引所
          計         350,000,000          350,000,000            ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
      平成29年4月1日~
                       ―    350,000          ―    33,046          ―    34,821
      平成29年6月30日
                                 10/27







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
       できませんので、直前の基準日である平成29年3月31日の株主名簿により記載しております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年6月30日現在
             区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                        ―          ―          ―
      議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―
      議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―
                      (自己保有株式)
                      普通株式
                          18,903,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                  ―          ―
                      (相互保有株式)
                      普通株式
                            30,000
                      普通株式
      完全議決権株式(その他)                               329,895             ―
                         329,895,000
                      普通株式
      単元未満株式                                  ―  1単元(1,000株)未満の株式
                          1,172,000
      発行済株式総数                   350,000,000               ―          ―
      総株主の議決権                        ―       329,895             ―
      (注)1 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が211株含まれております。
        2 上記「完全議決権株式(自己株式等)」のほか、連結財務諸表に自己株式として認識している「野村信託銀
          行株式会社(カネカ従業員持株会信託口)」保有の当社株式が931,000株あります。
          なお、当該株式数は上記「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年6月30日現在
                                 自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
         所有者の氏名
                      所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
          又は名称
                                  (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
      (自己保有株式)             大阪市北区中之島
                                18,903,000           ―  18,903,000            5.40
      株式会社カネカ             二丁目3番18号
      (相互保有株式)             大阪府堺市南区原山台
                                  30,000         ―    30,000          0.01
      株式会社オーノ             五丁15番1号
            計              ―       18,933,000           ―  18,933,000            5.41
      (注) 上記のほか、連結財務諸表に自己株式として認識している「野村信託銀行株式会社(カネカ従業員持株会信託
         口)」保有の当社株式が931,000株あります。
         なお、当該株式数は「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれております。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 11/27






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第2項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりま
      す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
      29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/27
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          41,116              34,874
         現金及び預金
                                         125,482              127,205
         受取手形及び売掛金
                                           110              110
         有価証券
                                          52,493              54,155
         商品及び製品
                                          10,148               9,471
         仕掛品
                                          34,106              34,526
         原材料及び貯蔵品
                                          17,334              20,284
         その他
                                          △ 353             △ 354
         貸倒引当金
                                         280,439              280,272
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          74,073              74,631
           建物及び構築物(純額)
                                          98,666              101,763
           機械装置及び運搬具(純額)
                                          52,803              52,102
           その他(純額)
                                         225,544              228,498
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          3,322              3,509
           のれん
                                          6,929              6,730
           その他
                                          10,251              10,239
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          62,584              67,627
           投資有価証券
                                          14,309              12,921
           その他
                                          △ 228             △ 275
           貸倒引当金
                                          76,665              80,273
           投資その他の資産合計
                                         312,461              319,011
         固定資産合計
                                         592,900              599,284
       資産合計
                                 13/27









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         73,058              70,776
         支払手形及び買掛金
                                         52,294              51,839
         短期借入金
                                          3,390              2,349
         未払法人税等
                                           135               16
         引当金
                                         40,122              44,533
         その他
                                         169,001              169,514
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000              10,000
         社債
                                         50,336              49,927
         長期借入金
                                           319              279
         引当金
                                         37,310              37,272
         退職給付に係る負債
                                          4,381              4,859
         その他
         固定負債合計                                102,347              102,339
       負債合計                                  271,349              271,853
      純資産の部
       株主資本
                                         33,046              33,046
         資本金
                                         32,813              32,803
         資本剰余金
                                         248,523              250,305
         利益剰余金
                                        △ 16,753             △ 18,122
         自己株式
                                         297,630              298,032
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         22,338              25,464
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 61             △ 99
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 5,105             △ 3,403
         為替換算調整勘定
                                         △ 9,653             △ 9,204
         退職給付に係る調整累計額
                                          7,518              12,757
         その他の包括利益累計額合計
                                           271              263
       新株予約権
                                         16,130              16,377
       非支配株主持分
                                         321,551              327,430
       純資産合計
                                         592,900              599,284
      負債純資産合計
                                 14/27








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                         136,058              144,302
      売上高
                                         94,321              104,526
      売上原価
                                         41,737              39,776
      売上総利益
                                         32,957              32,523
      販売費及び一般管理費
                                          8,779              7,252
      営業利益
      営業外収益
                                           733              715
       受取配当金
                                                         261
       為替差益                                    -
                                           37              32
       持分法による投資利益
                                           164              182
       その他
                                           935             1,192
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           324              388
       支払利息
                                           485              390
       固定資産除却損
                                          1,349
       為替差損                                                  -
                                           424              514
       その他
                                          2,584              1,293
       営業外費用合計
                                          7,131              7,151
      経常利益
      特別損失
                                           184              281
       訴訟関連費用
                                           184              281
       特別損失合計
                                          6,946              6,869
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,346              2,310
                                          △ 271             △ 344
      法人税等調整額
                                          2,075              1,966
      法人税等合計
                                          4,871              4,903
      四半期純利益
                                           270              141
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          4,600              4,761
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/27









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                          4,871              4,903
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 703             3,191
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 2             △ 38
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 6,845              1,862
       為替換算調整勘定
                                           436              449
       退職給付に係る調整額
                                           △ 2              3
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 7,116              5,469
       その他の包括利益合計
                                         △ 2,245              10,372
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 2,173              10,000
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 72              372
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/27















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          6,946              6,869
       税金等調整前四半期純利益
                                          6,634              7,300
       減価償却費
                                           541              566
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                           14              29
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 747             △ 730
       受取利息及び受取配当金
                                           324              388
       支払利息
                                          △ 37             △ 32
       持分法による投資損益(△は益)
                                           130              146
       固定資産処分損益(△は益)
                                          3,584             △ 1,169
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          1,163              △ 838
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         △ 2,023             △ 2,616
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          3,125              1,145
       その他
                                         19,657              11,059
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   750              740
                                          △ 239             △ 254
       利息の支払額
                                         △ 3,464             △ 2,700
       法人税等の支払額
                                         16,705               8,844
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,116              △ 8,732
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 425             △ 332
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 10             △ 511
       投資有価証券の取得による支出
                                                         131
       投資有価証券の売却による収入                                    -
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                          △ 102
                                                          -
       る支出
                                          △ 67             △ 786
       貸付けによる支出
                                           30              733
       貸付金の回収による収入
                                          △ 403             △ 344
       その他
                                        △ 11,095              △ 9,842
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 1,568               304
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                           17              48
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                  △ 590            △ 1,347
                                          △ 44             △ 182
       リース債務の返済による支出
                                           △ 1           △ 1,502
       自己株式の取得による支出
                                           87              95
       自己株式の売却による収入
                                         △ 3,330             △ 2,979
       配当金の支払額
                                          △ 155             △ 127
       非支配株主への配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                                        △ 20
                                            -
       による支出
                                         △ 5,585             △ 5,711
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 881              135
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 857            △ 6,573
                                         43,161              41,018
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  42,303            ※1  34,444
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/27




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                         当第1四半期連結累計期間

                    (自    平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)
      (1)連結の範囲の重要な変更
        当第1四半期連結会計期間より、新たに設立した(株)カネカソーラーサーキットのお家及び(株)カネカ北
       海道を連結の範囲に含めております。
      (2)持分法適用の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
       (会計方針の変更等)

       当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
        該当事項はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
        該当事項はありません。
                                 18/27














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
      1.保証債務
         連結会社以外の会社の銀行等よりの借入に対する保証
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年6月30日)
         KSSベトナムCo.,Ltd.                        289百万円                 278百万円
         ㈱カナエ                        174百万円                 174百万円
         連結会社以外の会社の銀行よりの借入に対する経営指導念書等

                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年6月30日)
         TGA  ペーストリーカンパニー
                                 180百万円                 180百万円
         Pty.Ltd.
      2.受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高

                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年6月30日)
                                  30                 30
         受取手形割引高                          百万円                 百万円
                                  8                 9
         受取手形裏書譲渡高                          百万円                 百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年6月30日)               至   平成29年6月30日)
         現金及び預金勘定                       42,678百万円                 34,874百万円
                                 110百万円                 110百万円
         有価証券勘定
         計
                               42,788百万円                 34,984百万円
         預入期間が3か月を
                                △484百万円                 △539百万円
         超える定期預金
                               42,303百万円                 34,444百万円
         現金及び現金同等物
                                 19/27










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第1四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年6月30日)
      1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成28年5月12日
               普通株式      利益剰余金          3,330         10  平成28年3月31日         平成28年6月6日
     取締役会
     (注)平成28年5月12日取締役会による配当金の総額には、「カネカ従業員持株会信託」が保有する当社の株式に対す
        る配当金14百万円が含まれております。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
      当第1四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)

      1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成29年5月12日
               普通株式      利益剰余金          2,979         9 平成29年3月31日         平成29年6月5日
     取締役会
     (注)平成29年5月12日取締役会による配当金の総額には、「カネカ従業員持株会信託」が保有する当社の株式に対す
        る配当金8百万円が含まれております。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
                                 20/27












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間 (自                 平成28年4月1日 至            平成28年6月30日)
       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                         報告セグメント
                                         その他             損益計算書
                      Quality   of
                                               合計    調整額
                  Material         Health  Care   Nutrition
                                         (注)1               計上額
                       Life
                  Solutions         Solutions     Solutions
                                      計
                      Solutions
                                                       (注)2
                   Unit         Unit     Unit
                       Unit
     売上高
                  50,090     34,362     11,885     39,477    135,815       242   136,058          136,058

      外部顧客への売上高                                                ―
       セグメント間の
                    274      ▶         ▶    283     390     673    △ 673
                              ―                             ―
      内部売上高又は振替高
                  50,365     34,366     11,885     39,481    136,099       633   136,732      △ 673   136,058
          計
                   5,674     4,513     2,790      956   13,934      104   14,039    △ 5,260     8,779

       セグメント利益
      (注)   1 「その他」は、報告セグメントに含まれない損害保険・生命保険の代理業務等であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

         容(差異調整に関する事項)
                                                  (単位:百万円)
                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                 13,934

     「その他」の区分の利益                                                   104

     セグメント間取引消去                                                  △13

     全社費用(注)                                                 △5,255

     その他の調整額                                                    9

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                  8,779

      (注)    全社費用は主に特定の報告セグメントに帰属しない基礎的研究開発費であります。
                                 21/27








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間 (自                 平成29年4月1日 至            平成29年6月30日)
       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                         報告セグメント
                                         その他             損益計算書
                      Quality   of
                                               合計    調整額
                  Material         Health  Care   Nutrition
                                         (注)1               計上額
                       Life
                  Solutions         Solutions     Solutions
                                      計
                      Solutions
                                                       (注)2
                   Unit         Unit     Unit
                       Unit
     売上高
                  57,034     35,618     11,209     40,051    143,914       387   144,302          144,302

      外部顧客への売上高                                                ―
       セグメント間の
                    313      5         10    329     265     595    △ 595
                              ―                             ―
      内部売上高又は振替高
                  57,347     35,624     11,209     40,062    144,244       653   144,897      △ 595   144,302
          計
                   5,747     2,839     2,364     1,220    12,172      244   12,416    △ 5,164     7,252

       セグメント利益
      (注)   1 「その他」は、報告セグメントに含まれない損害保険・生命保険の代理業務等であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

         容(差異調整に関する事項)
                                                  (単位:百万円)
                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                 12,172

     「その他」の区分の利益                                                   244

     セグメント間取引消去                                                    0

     全社費用(注)                                                 △5,173

     その他の調整額                                                    9

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                  7,252

      (注)    全社費用は主に特定の報告セグメントに帰属しない基礎的研究開発費であります。
                                 22/27









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       3.  報告セグメントの変更等に関する事項
         当連結会計年度から新たにスタートした中期経営計画において、地球環境保護や人口の増加、食糧問題、高齢
        化社会における健康増進など、社会が抱える様々な課題の解決やIoT、AIなどの技術革新による新たな価値
        創出を通じて社会の発展への貢献を加速させるため、経営システムを大きく変更しました。
         事業部門を「Solutions           Vehicle」に改称し、ソリューション視点の成長戦略を遂行する組織としました。合わ
        せて、9つの「Solutions            Vehicle」をソリューション別に4つの新しいドメイン(Solutions                                Unit)に刷新しま
        した。
         この経営システムの変更に伴い、当第1四半期連結会計期間より、従来「化成品」「機能性樹脂」「発泡樹脂
        製品」「食品」「ライフサイエンス」「エレクトロニクス」「合成繊維、その他」としていた報告セグメント
        を、新たな事業ドメインに沿った区分としております。
         なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後のセグメント区分で記載しております。
         各報告セグメントに属するSolutions                  Vehicle及び主要製品は、次のとおりであります。

       Solutions     Unit
                     Solutions     Vehicle
                                             主要製品
      (報告セグメント)
                                    一般用塩化ビニル樹脂、か性ソーダ、
                Vinyls    and  Chlor-Alkali
                                    塩ビ系特殊樹脂
     Material
     Solutions     Unit
                                    モディファイヤー、
                Performance      Polymers
                                    変成シリコーンポリマー、生分解性ポリマー
                                    発泡スチレン樹脂・成型品、
                                    押出法発泡ポリスチレンボード、
                Foam   & Residential      Techs
                                    ビーズ法発泡ポリオレフィン、
                                    ソーラーサーキット工法(外断熱・二重通気工法)
     Quality    of  Life
                                    超耐熱ポリイミドフィルム、光学材料、
     Solutions     Unit
                E & I Technology
                                    超高熱伝導グラファイトシート
                PV  & Energy    management
                                    太陽電池、住宅用蓄電池
                Performance      Fibers
                                    アクリル系合成繊維
                Medical    Devices
                                    医療機器
     Health    Care
                Pharma    & Supplemental       Nutrition
     Solutions     Unit
                                    医薬品(API・中間体)、バイオ医薬品
                (Pharma)
                Pharma    & Supplemental       Nutrition
                                    機能性食品素材
                (Supplemental       Nutrition)
     Nutrition
     Solutions     Unit
                                    マーガリン、ショートニング、パン酵母、
                Foods   & Agris
                                    香辛料、不凍素材、機能性肥料・飼料
                                 23/27








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成28年6月30日)           至   平成29年6月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        13円87銭             14円43銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                          4,600             4,761
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                          4,600             4,761
       益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         331,663             329,963
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        13円86銭             14円42銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                            0             0
       (百万円)
       (うち連結子会社の潜在株式による調整額)
                                            0             0
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)
                                           321             354
      (注)「カネカ従業員持株会信託」が保有する当社株式を、1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当
         たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
         1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株
         式の期中平均株式数は前第1四半期連結累計期間1,401千株、当第1四半期連結累計期間905千株であります。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 24/27










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        平成29年5月12日の取締役会において、配当につき次のとおり決議しました。
       (イ)剰余金の配当による配当金の総額                         2,979百万円
       (ロ)1株当たりの金額                         9円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日                         平成29年6月5日
       (注)平成29年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
       訴訟等

       (イ)   当社は、韓国のUNO&COMPANY,LTD.並びに、米国のJBS                          HAIR,INC.及びJinny           Beauty    Supply    Company,Inc.
         を相手方とし、難燃性ポリエステル系人工毛髪用繊維に関する米国特許侵害訴訟を提起しておりましたが、本
         訴訟については、平成25年11月5日に当社の主張を認める地裁判決、平成28年4月7日に地裁判決を支持する
         控訴審判決があり、その後、最高裁判所への上告がなかったため、平成28年7月に当社の勝訴が最終確定して
         おります。
       (ロ)   当社は、韓国のSKC         KOLON   PI,Inc.(以下、SKPI)及び米国のSKC,Inc.を相手方とし、ポリイミドフィルム

         製品に関する米国特許侵害訴訟を提起しております。本訴訟については、平成29年5月24日に米国カリフォル
         ニア州中部地区連邦地方裁判所は、当社の主張を認め、13,488千米ドルの損害賠償金を当社に支払うようSKPI
         に命じる判決を下しました。
       (ハ)   当社は、Zhejiang         Medicine     Co.,Ltd.(ZMC),ZMC‐USA,LLC,Xiamen                    Kingdomway      Group   Company,Pacific

         Rainbow    International       Inc.,及びShenZhou         Biology&Technology          Co.,Ltd.を相手方とし、酸化型コエンザ
         イムQ10に関する米国特許侵害訴訟を提起しております。
                                 25/27












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 26/27



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社カネカ(E00879)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月9日

     株式会社カネカ
      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  土  居  正  明  ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  小  野  友  之  ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  池  田  剛  士  ㊞
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社カネカ

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成29
     年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社カネカ及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 27/27



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。