京成電鉄株式会社 四半期報告書 第175期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第175期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:京成電鉄株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年8月10日

     【四半期会計期間】                      第175期第1四半期

                          (自  平成29年4月1日         至  平成29年6月30日)
     【会社名】                      京成電鉄株式会社

     【英訳名】                      Keisei    Electric     Railway    Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  小 林 敏 也

     【本店の所在の場所】                      千葉県市川市八幡三丁目3番1号

     【電話番号】                      047(712)7000

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  河 角   誠

     【最寄りの連絡場所】                      千葉県市川市八幡三丁目3番1号

     【電話番号】                      047(712)7000

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  河 角   誠

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                         第174期            第175期
            回次             第1四半期            第1四半期             第174期
                        連結累計期間            連結累計期間
                      自 平成28年4月1日            自 平成29年4月1日            自 平成28年4月1日
           会計期間
                      至 平成28年6月30日            至 平成29年6月30日            至 平成29年3月31日
                              61,165            62,970            245,837

     営業収益            (百万円)
                              12,529            13,975            47,064

     経常利益            (百万円)
     親会社株主に帰属する
                              9,201            9,902            35,711
                 (百万円)
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は
                              9,023            11,100            38,438
                 (百万円)
     包括利益
                             303,967            342,259            332,344
     純資産額            (百万円)
                             777,852            798,584            795,447

     総資産額            (百万円)
     1株当たり四半期
                              54.36            58.50            210.96
                  (円)
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)               ―            ―            ―
     (当期)純利益金額
                               37.9            41.5            40.5
     自己資本比率             (%)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
         ない。
        2 「第1 企業の概況」から「第4 経理の状況」まで、特に記載のない限り、消費税等抜きで記載してい
         る。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していな
         い。
        4 平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合をもって株式併合を実施したことに伴い、1株当たり
         四半期(当期)純利益金額については、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、算定してい
         る。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はない。また、主要な関係会社に異動はない。
                                  2/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
       業等のリスク」についての重要な変更はない。
        なお、重要事象等は存在していない。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、新たに締結した経営上の重要な契約等はない。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        以下の文中には将来に関する事項が含まれているが、当該事項は当四半期連結会計期間の末日現在において判断
       したものである。
     (1)  経営成績の分析 

        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、経済対策等を背景に企業収益や雇用情勢が改善していること
       に加え、個人消費に持ち直しの動きが見られるなど、緩やかな回復基調で推移した。
        このような状況の中で、当社グループは、全事業にわたり積極的な営業活動を展開するとともに、より一層の経
       費削減に取り組むなど、業績の向上に努めたほか、「BMK(ベストマナー向上)推進運動」にも引き続き取り組
       み、お客様サービスの向上を図った。
        その結果、営業収益は629億7千万円(前年同期比2.9%増)となり、営業利益は95億9千5百万円(前年同期比
       7.1%増)となった。経常利益は139億7千5百万円(前年同期比11.5%増)となり、親会社株主に帰属する四半期
       純利益は99億2百万円(前年同期比7.6%増)となった。
        セグメント別の業績は、以下のとおりである。

      (運輸業)

        鉄道事業では、安全輸送確保の取り組みとして、高架橋の耐震補強工事等を実施したほか、日暮里駅へのホーム
       ドア設置工事を開始した。
        大規模工事については、葛飾区内の押上線連続立体化工事において、仮下り線工事を推進したほか、東京オリン
       ピック・パラリンピックを控え、お客様サービスの向上を図るため、京成上野駅のリニューアル工事に着手した。
        営業面では、韓国の仁川国際空港とソウル市内を結ぶ空港鉄道株式会社と協力して相互に企画乗車券の販売を開
       始するなど、訪日外国人向け企画乗車券の販路を拡大したほか、各種営業施策を実施した。
        バス事業では、一般乗合バス路線において、千葉市及び流山市内で新規路線の運行を開始したほか、既存路線の
       系統新設等を実施した。高速バス路線においては、成田空港発着の一部路線において、運行経路の変更による所要
       時間の短縮を行ったほか、成田空港~日光間の運行を通年で開始するなど、お客様の利便性向上を図った。
        タクシー事業では、スマートフォン用タクシー配車サービスの英語版「COME ON TAXI(カモンタク
       シー)」の提供を開始し、訪日外国人の利便性向上に努めた。
        以上の結果、訪日外国人増加の影響等により、営業収益は370億8千1百万円(前年同期比4.5%増)となり、営
       業利益は75億2千4百万円(前年同期比7.8%増)となった。
                                  3/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
        (業種別営業成績表)
                                当第1四半期連結累計期間
                                 (29.4.1~29.6.30)
            業種別
                          営業収益(百万円)                  前年同期比(%)
     鉄道事業                              21,471                   4.4

     バス事業                              11,258                   3.3

     タクシー事業                              6,049                  7.2

            消去                      △1,698                    ―

           営業収益計                        37,081                   4.5

        提出会社の鉄道事業運輸成績表

                                当第1四半期連結累計期間
                                (29.4.1~29.6.30)
          種別        単位
                                           前年同期比(%)
     営業日数             日                  91                 0.0

     営業キロ             キロ                 152.3                  0.0

     客車走行キロ            千キロ                 24,352                   1.2

            定期      千人                 43,682                   2.5

     旅客人員       定期外      〃                29,416                   2.6

              計      〃                73,098                   2.6

            定期     百万円                  5,385                  2.4

     旅客運輸収入       定期外      〃                10,235                   6.4

              計

                  〃                15,621                   5.0
     運輸雑収             〃                  910                 3.0

     収入合計             〃                16,532                   4.9

     一日平均収入             〃                  181                 4.9

     乗車効率             %                 34.5                   ―

                       延人キロ
                                による。
     (注)  乗車効率の算出方法は
                   客車走行キロ×平均定員
                                  4/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      (流通業)
        百貨店業では、新規ブランドを導入したほか、つくば市内において販売イベントを開催するなど、収益の拡大に
       努めた。
        ストア業では、各種キャンペーンを実施し、集客を図った。
        しかしながら、営業収益は171億5千1百万円(前年同期比1.1%減)となり、営業利益は2億8千5百万円(前
       年同期比30.7%減)となった。
        (業種別営業成績表)

                                当第1四半期連結累計期間
                                 (29.4.1~29.6.30)
            業種別
                          営業収益(百万円)                  前年同期比(%)
     ストア業                              9,230                 △0.8

     百貨店業                              6,323                  0.6

     園芸植物卸売業                               627               △16.8

     ショッピングセンター業                              1,071                 △1.9

            消去                       △100                   ―

           営業収益計                        17,151                  △1.1

      (不動産業)

        不動産販売業では、「サングランデ ザ・レジデンス千葉」の中高層住宅を販売した。
        不動産賃貸業では、今年度中の竣工に向け、曳舟高架下施設の建設を推進し、一部商業施設等が稼働した。ま
       た、八千代市八千代台東の賃貸施設を取得した。
        以上の結果、営業収益は43億6千5百万円(前年同期比4.4%増)となり、営業利益は15億7千5百万円(前年同
       期比12.4%増)となった。
        (業種別営業成績表)

                                当第1四半期連結累計期間
                                 (29.4.1~29.6.30)
            業種別
                          営業収益(百万円)                  前年同期比(%)
     不動産販売業                               838                 57.2

     不動産賃貸業                              2,834                  4.0

     不動産管理業                              1,271                  1.1

            消去                       △579                   ―

           営業収益計                         4,365                  4.4

                                  5/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      (レジャー・サービス業)
        ホテル業では、宿泊主体型ホテル業を運営する新会社「ケイ・アンド・アール・ホテルデベロップメント株式会
       社」を設立した。また、京成ホテルミラマーレにおいて、開業15周年を記念した各種プランを企画するなど、新規
       顧客の獲得に努めた。
        旅行業では、各種キャンペーンを実施するなど、集客及び販売の強化に努めた。
        以上の結果、営業収益は22億9百万円(前年同期比8.3%減)となったが、営業利益は3千8百万円(前年同期比
       21.7%増)となった。
        (業種別営業成績表)

                                当第1四半期連結累計期間
                                 (29.4.1~29.6.30)
            業種別
                          営業収益(百万円)                  前年同期比(%)
     飲食・映画業                               617               △20.8

     ホテル業                               673                △0.9

     広告代理業                               664                △6.3

     旅行業                               241                 5.9

     清掃業                                11                 0.5

            消去                         ―                 ―

           営業収益計                         2,209                 △8.3

      (建設業)

        建設業では、鉄道施設改良工事やビジネスホテルの新築工事等を行ったほか、新規受注先の拡大に努めた。
        以上の結果、営業収益は42億9百万円(前年同期比14.6%増)となり、営業利益は2億2百万円(前年同期比
       44.1%増)となった。
      (その他の事業)

        その他の事業の営業収益は14億4千2百万円(前年同期比56.3%増)となったが、5千1百万円の営業損失と
       なった。
        (業種別営業成績表)

                                当第1四半期連結累計期間
                                 (29.4.1~29.6.30)
            業種別
                          営業収益(百万円)                  前年同期比(%)
     鉄道車両整備業                               422                 3.8

     自動車車体製造業                               171               △33.3

     保険代理業                               106                 5.2

     自動車教習所業                               147                 3.3

     太陽光発電業                                16                 9.5

     燃料販売・車体整備業                               578                  ―

            消去                         ―                 ―

           営業収益計                         1,442                  56.3

                                  6/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
       資産合計は、前期末比31億3千7百万円(0.4%)増の7,985億8千4百万円となった。これは、「現金及び預
      金」、及び持分法適用会社株式の増加により「投資有価証券」が増加したことによるものである。
       負債合計は、前期末比67億7千7百万円(1.5%)減の4,563億2千5百万円となった。これは、「1年内償還予定の
      社債」が減少したことによるものである。
       純資産合計は、前期末比99億1千4百万円(3.0%)増の3,422億5千9百万円となった。これは、親会社株主に帰
      属する四半期純利益の計上により「利益剰余金」が増加したことによるものである。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       重要な変更及び新たに生じた課題はない。
       なお、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針については以下のとおりである。
      (会社の支配に関する基本方針)

      (1)当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
      ① 当社グループの基本的な事業運営の考え方
       当社グループは、鉄道事業を中心とした運輸業という極めて公共性の高い社会的インフラを提供する事業を基幹
      (以下「コア事業」という。)としており、それに伴う社会的責任を負っている。
       このような社会的責任は、当社グループの事業においては、利用者の安全と利便性を確保しつつ安定的な輸送サー
      ビスを提供することによって全うすることができる。そして、そのためには、安全対策、線路整備、施設拡充、沿線
      開発等において、様々な事業環境の変化を見据えた中長期的視点に立った経営を行うことが必要不可欠であると考え
      ている。
       また、当社グループの事業においては、顧客、株主、取引先、従業員にとどまらず、前記の社会的責任をもたらす
      ものとして、地域社会との調和、環境への配慮等、事業を進めるにあたり広範囲のステークホルダーの利益に最大限
      配慮することも重要である。
       このように、当社グループの事業は、中長期的な視点に立ち、広範囲のステークホルダーの存在に配慮した事業展
      開を行ってきた一つの帰結として、鉄道事業を中核としつつ、バス事業、タクシー事業を運営する運輸業や流通業、
      不動産業、レジャー・サービス業、建設業等幅広く事業展開しており、当社グループの企業価値は、コア事業である
      運輸業とこれらの関連事業との有機的な結合によって確保・向上されるべきものと考えている。
      ② 大規模買付行為への対応方針
       当社は、上場会社の株主は株式の市場での自由な取引を通じて決まるものであり、株式会社の支配権の移転を伴う
      ような株式等の大規模な買付行為であっても、これを受け容れて大規模買付行為に応じるか否かの判断は、最終的に
      は個々の株主の判断に委ねられるべきものと考えている。
       しかしながら、大規模な買付行為は、それが成就すれば、当社グループの経営に直ちに大きな影響を与えうるだけ
      の支配権を取得するものであり、当社グループの企業価値及び株主共同の利益に重大な影響を及ぼす可能性を内包し
      ている。
       にもかかわらず、実際には、大規模買付者及び大規模買付行為に関する十分な情報の提供なくしては、株主が、当
      該大規模買付行為により当社グループの企業価値及び株主共同の利益に及ぼす影響を適切に判断することは困難であ
      る。とりわけ、前記の当社グループの企業価値に関わる特殊事情をも考慮すると、当社は、大規模買付者をして株主
      の判断に必要かつ十分な情報を提供せしめること、さらに、大規模買付者の提案する経営方針等が当社グループの企
      業価値に与える影響を当社取締役会が検討・評価して株主の判断の参考に供すること、場合によっては、当社取締役
      会が大規模買付行為又は当社グループの経営方針等に関して大規模買付者と交渉又は協議を行い、あるいは当社取締
      役会としての経営方針等の代替的提案を株主に提示することも、当社の取締役としての責務であると考えている。
       さらに、近時の日本の資本市場と法制度の下においては、当社グループの企業価値又は株主共同の利益に対する明
      白な侵害をもたらすような大規模買付行為がなされる可能性も、決して否定できない状況にある。かかる状況の下に
      おいては、当社は、大規模買付者による情報提供、当社取締役会による検討・評価といったプロセスを確保するとと
      もに、当社グループの企業価値又は株主共同の利益に対する明白な侵害を防止するため、大規模買付行為に対する対
      抗措置を準備しておくことも、また当社の取締役としての責務であると考えている。
                                  7/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      (2)基本方針の実現に資する特別な取組み

      ① グループ経営理念
       当社グループは、前記の考え方をもとに、日々の事業活動を通じて、企業としての社会的責任を果たし、健全な事
      業成長を遂げることにより、社会の発展に貢献することを目指している。そのため、「京成グループは、お客様に喜
      ばれる良質な商品・サービスを、安全・快適に提供し、健全な事業成長のもと、社会の発展に貢献します。」という
      「グループ経営理念」を策定するとともに、この理念を実現するため、安全・接客・成長・企業倫理・環境の5項目
      からなる「グループ行動指針」を定め、企業価値の確保・向上に努めている。
      ② グループ経営計画
       当社グループでは、前記のグループ経営理念のもと、グループ全体の経営の方針と目標を明確にするため、3年毎
      にグループ中期経営計画を作成している。この中で、グループシナジーを最大限発揮しうる体制の強化を図り、当社
      グループ全体の企業価値の最大化を目指すことを基本方針としている。
       平成28年度から平成30年度にわたる「E3プラン」においては、「持続的な成長に向けた収益拡大への挑戦」、
      「安全かつ安心なサービスの提供」及び「経営基盤の一層の強化」の基本方針のもと、「インバウンド市場の深
      耕」、「事業機会を活かした収益拡大」、「沿線エリアの魅力向上」、「安全・安心の確保並びにサービス品質の向
      上」及び「財務健全性の向上並びにグループ経営体制の充実」を基本戦略としてグループ全体の企業価値の最大化を
      追求する。
      ③ 利益還元の考え方
       当社グループは鉄道事業を中心とする公共性の高い業種であるため、当社としては、今後の事業展開と経営基盤の
      強化安定に必要となる内部留保資金の確保や業績等を勘案しながら、安定的かつ継続的に利益還元していくことを基
      本方針としている。
      ④ コーポレート・ガバナンスの強化に向けた取組み
       当社は、各ステークホルダーとの良好な関係を築くとともに、内部統治構造の機能及び制度を一層強化・改善・整
      備しながら、コーポレート・ガバナンスの充実を図っている。具体的には、業務の執行を迅速かつ効果的に行うた
      め、内部統制機能の充実、職務権限規則等の運用を行うことにより、その実効性を図るとともに、コンプライアンス
      を含むリスク管理、経営の透明性確保や公正な情報開示等の取組みを行っている。今後とも当社のガバナンス体制の
      より一層の強化を進めていく。
       当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置している。当社の取締役会は社外取
      締役2名を含む16名で構成している。なお、取締役の任期を1年とすることにより、業務執行の監視体制の強化を
      図っている。監査役会は5名で構成しており、4名は社外監査役となっている。監査役は取締役会のほか重要な会議
      に出席し、取締役の職務執行状況を監査するとともに、内部監査部及び会計監査人と緊密な連携を保ち、情報交換を
      行い、相互の連携を深め、監査の有効性・効率性を高めている。
      (3)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

      組み
       当社は、前記の基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止
      するための取組みとして、当社グループの企業価値及び株主共同の利益の確保・向上を目的として、当社株式等の大
      規模買付行為に関する対応策(買収防衛策)(以下「本施策」という。)を定めている。
       本施策の概要は、次のとおりである。
      ① 大規模買付ルールの設定
       本施策においては、まず、大規模買付行為を行う場合に大規模買付者に従っていただくべきルール(本施策におい
      て「大規模買付ルール」という。)として、(ⅰ)株主及び当社取締役会による判断を可能にするため、事前に当該大
      規模買付者及び当該大規模買付行為に関する必要な情報を提供すること、及び(ⅱ)当社取締役会が当該大規模買付行
      為についての検討・評価を行い、大規模買付者と交渉し、株主に意見・代替的提案等を提示するため、一定期間は大
      規模買付行為を行わないことを、それぞれ定めている。
                                  8/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      ② 独立委員会の設置
       本施策においては、さらに、当社が大規模買付行為に対して発動する対抗措置(本施策において「大規模買付対抗
      措置」という。)の発動等に関する当社取締役会の判断の客観性及び合理性を担保するため、当社の業務執行を行う
      経営陣から独立した者から構成される独立委員会(本施策において「独立委員会」という。)を設置することを定め
      ている。
      ③ 大規模買付対抗措置の内容・発動要件・発動手続
       本施策においては、次に、大規模買付対抗措置について、(ⅰ)その内容として、原則として、新株予約権の無償割
      当てによること、(ⅱ)その発動の要件として、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合又は大規模買付行
      為によって当社グループの企業価値若しくは株主共同の利益が著しく毀損される場合であって、当該大規模買付行為
      に対する対抗手段として相当性を有する場合に限って発動しうること、及び(ⅲ)その発動手続として、原則として、
      前記②の独立委員会の勧告を最大限尊重しつつ、当社取締役会の決議をもって発動することを、それぞれ定めてい
      る。
       当社は、平成28年5月20日開催の取締役会において本施策の具体的な内容について決定し、平成28年6月29日開催
      の第173期定時株主総会においてその承認を受けており、その詳細は、平成28年5月20日付で「当社株式等の大規模買
      付行為に関する対応策(買収防衛策)の継続のお知らせ」として公表し、インターネット上の当社ウェブサイト
      (http://www.keisei.co.jp/)に掲載している。
      (4)前記の取組みが基本方針に沿い、当社グループの企業価値及び株主共同の利益に合致し、当社の会社役員の地位

      の維持を目的とするものではないことについて
      ① 基本方針の実現に資する特別な取組みについて
       前記(2)に記載した企業価値の向上のための取組みは、当社グループの企業価値及び株主共同の利益を持続的に確
      保・向上させるための具体的方策として策定されたものである。したがって、これらの取組みは、基本方針に沿い、
      当社の株主共同の利益を損なうものではなく、かつ、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではない。
      ② 基本方針に照らして不適切な者による支配を防止するための取組みについて
       前記(3)に記載した本施策は、以下のとおり、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株
      主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」で定める3原則(企業価値・株主共同の利益の確
      保・向上の原則、事前開示・株主意思の原則、及び必要性・相当性の原則)に適合している。また、本施策は、企業
      価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」を踏まえた内容と
      なっている。したがって、本施策は、基本方針に沿い、当社の株主共同の利益を損なうものでなく、かつ当社の会社
      役員の地位の維持を目的とするものでもない。
      ア 企業価値・株主共同の利益の確保・向上の目的
       本施策は、株主をして大規模買付行為に応じるか否かについての適切な判断を可能ならしめ、かつ当社グループの
      企業価値及び株主共同の利益に対する明白な侵害を防止するため、大規模買付者が従うべき大規模買付ルール、並び
      に当社が発動しうる大規模買付対抗措置の内容及び発動要件を予め設定するものであり、当社グループの企業価値及
      び株主共同の利益の確保及び向上を目的とするものである。
       また、大規模買付ルールの内容並びに大規模買付対抗措置の内容及び発動要件は、当社グループの企業価値及び株
      主共同の利益の確保及び向上という目的に照らして合理的であり、当社グループの企業価値及び株主共同の利益の確
      保及び向上に資するような大規模買付行為までも不当に制限するものではないと考える。
      イ 事前開示
       本施策における大規模買付ルールの内容並びに大規模買付対抗措置の内容及び発動要件は、いずれも本施策に具体
      的かつ明確に示したところであり、株主、投資家及び大規模買付者にとって十分な予見可能性を与えるものであると
      考える。
                                  9/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      ウ 株主意思の反映
       本施策は、株主総会の決議によって承認されることを条件として効力を生じている。また、本施策は、本施策の有
      効期間中いつでも、当社株主総会の決議によっても廃止することができ、本施策の変更は、原則として、当社株主総
      会の決議によって承認されることをもって効力を生じる。したがって、本施策の導入、継続、廃止及び変更の是非の
      判断には、いずれも株主の意思が反映されるものと考える。
       なお、当社の取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
      の日までとなっている。したがって、大規模買付対抗措置の発動等の是非の判断にも、取締役の選任を通じて株主の
      意思が適切に反映されるものと考える。
      エ 取締役会の判断の客観性・合理性の確保
       本施策においては、当社の業務執行を行う経営陣から独立した者から構成される独立委員会を設置している。そし
      て、この独立委員会は、当社取締役会に対して大規模買付対抗措置を発動することの是非を勧告するほか、当社取締
      役会が諮問した事項について勧告又は意見の提出を行うこととし、当社取締役会は、独立委員会の勧告及び意見を最
      大限尊重するものとしている。
       また、本施策においては、大規模買付対抗措置の発動の要件として、客観的かつ明確な要件を定めており、発動の
      要件に該当するか否かの判断に当社取締役会の恣意的判断の介入する余地を可及的に排除している。
       したがって、本施策においては、当社取締役会が大規模買付対抗措置の発動を決議するにあたり、その判断の客観
      性・合理性を担保するための十分な仕組みが確保されているものと考える。
      オ デッドハンド型・スローハンド型の買収防衛策ではないこと
       本施策は、当社株主総会の決議によって廃止することができるほか、当社株主総会で選任された取締役により構成
      される当社取締役会の決議によっても廃止することができ、大規模買付者が、当社株主総会で取締役を指名し、当該
      取締役により構成される当社取締役会の決議をもって本施策を廃止することが可能である。したがって、本施策は、
      いわゆるデッドハンド型の買収防衛策(取締役会を構成する取締役の過半数を交替させてもなおその発動を阻止する
      ことができない買収防衛策)ではない。
       また、当社の取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
      の日までとなっている。したがって、本施策は、いわゆるスローハンド型の買収防衛策(取締役会を構成する取締役
      を一度に交替させることができないため、その発動を阻止するために時間を要する買収防衛策)でもない。
     (4)  研究開発活動

       該当事項なし。
     (5)  主要な設備

       前連結会計年度末に計画中であった重要な設備の新設等のうち、「八千代市賃貸住宅取得」については平成29年6
      月に完了した。
                                 10/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    500,000,000

                  計                                   500,000,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年6月30日)          (平成29年8月10日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式          172,411,185          172,411,185                 単元株式数は100株である。
                                   (市場第一部)
         計         172,411,185          172,411,185           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項なし。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項なし。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成29年4月1日~
                    ―       172,411       ―       36,803       ―       27,845
     平成29年6月30日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はない。
                                 11/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしている。
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年6月30日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                         ―         ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                         ―         ―          ―

     議決権制限株式(その他)                         ―         ―          ―

                     (自己保有株式)
                     普通株式        663,100
     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―          ―
                     (相互保有株式)
                     普通株式     2,665,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,690,476              ―
                         169,047,600
                     普通株式
     単元未満株式                                  ―  1単元(100株)未満の株式
                            35,485
     発行済株式総数                    172,411,185              ―          ―
     総株主の議決権                         ―     1,690,476              ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が95百株(議決権の数95
         個)及び株主名簿上は当社子会社名義となっているが実質的に保有していない株式2百株(議決権の数2個)が含
         まれている。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  千葉県市川市八幡
     京成電鉄株式会社                             663,100         ─    663,100        0.38
                  3-3-1
     (相互保有株式)
                  千葉県鎌ケ谷市
     新京成電鉄株式会社                            1,858,500          ─   1,858,500         1.08
                  くぬぎ山4-1-12
                  茨城県土浦市真鍋
     関東鉄道株式会社                             806,500          ―    806,500        0.47
                  1-10-8
           計              ―        3,328,100          ─   3,328,100         1.93
      (注) 上記のほか、株主名簿上は当社子会社名義となっているが実質的に保有していない株式が2百株(議決権の数
         2個)あり、「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれている。
     2  【役員の状況】

        該当事項なし。
                                 12/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成している。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
      29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けている。
                                 13/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          23,483              29,322
         現金及び預金
                                          19,434              16,906
         受取手形及び売掛金
                                          5,571              5,821
         分譲土地建物
                                          2,314              2,385
         商品
                                           764             1,153
         仕掛品
                                          2,332              2,371
         原材料及び貯蔵品
                                          1,892              2,326
         繰延税金資産
                                          40,372              37,481
         その他
                                           △ 46             △ 42
         貸倒引当金
                                          96,118              97,725
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         270,354              268,469
           建物及び構築物(純額)
                                          18,964              18,384
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         146,414              147,594
           土地
                                          30,973              30,286
           リース資産(純額)
                                          19,835              19,804
           建設仮勘定
                                          2,035              1,915
           その他(純額)
                                       ※  488,576             ※  486,454
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          1,491              1,453
           リース資産
                                          9,574              9,406
           その他
                                          11,066              10,860
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         184,091              188,069
           投資有価証券
                                           624              630
           長期貸付金
                                          11,139              11,034
           繰延税金資産
                                          4,598              3,827
           その他
                                          △ 908             △ 151
           貸倒引当金
                                         199,545              203,411
           投資その他の資産合計
                                         699,187              700,726
         固定資産合計
                                           140              133
       繰延資産
                                         795,447              798,584
       資産合計
                                 14/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         19,398              13,360
         支払手形及び買掛金
                                         55,540              53,635
         短期借入金
                                         10,000
         1年内償還予定の社債                                                 ―
                                          4,138              4,135
         リース債務
                                          4,791              3,207
         未払法人税等
                                         47,451              51,076
         前受金
                                          2,812              1,740
         賞与引当金
                                           41               ▶
         役員賞与引当金
                                         31,943              45,286
         その他
                                         176,120              172,447
         流動負債合計
       固定負債
                                         40,000              40,000
         社債
         長期借入金                                127,968              125,399
         鉄道・運輸機構長期未払金                                55,254              55,254
                                         19,829              19,177
         リース債務
                                          1,838              1,874
         繰延税金負債
                                           384              355
         役員退職慰労引当金
                                         30,961              30,983
         退職給付に係る負債
                                         10,746              10,833
         その他
                                         286,982              283,878
         固定負債合計
                                         463,102              456,325
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         36,803              36,803
         資本金
                                         28,533              28,533
         資本剰余金
                                         254,307              263,196
         利益剰余金
                                         △ 2,036             △ 2,050
         自己株式
                                         317,608              326,483
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          4,491              5,119
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 70             △ 51
         繰延ヘッジ損益
                                           37              45
         退職給付に係る調整累計額
                                          4,458              5,114
         その他の包括利益累計額合計
                                         10,277              10,662
       非支配株主持分
                                         332,344              342,259
       純資産合計
                                         795,447              798,584
      負債純資産合計
                                 15/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                         61,165              62,970
      営業収益
      営業費
                                         43,470              44,878
       運輸業等営業費及び売上原価
                                          8,734              8,496
       販売費及び一般管理費
                                         52,205              53,375
       営業費合計
                                          8,960              9,595
      営業利益
      営業外収益
                                           39              34
       受取利息
                                           200              128
       受取配当金
                                          3,962              4,779
       持分法による投資利益
                                           391              283
       雑収入
                                          4,594              5,226
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           910              714
       支払利息
                                           114              131
       雑支出
                                          1,024               845
       営業外費用合計
                                         12,529              13,975
      経常利益
      特別利益
                                           381              297
       工事負担金等受入額
                                            5
                                                          ―
       その他
                                           386              297
       特別利益合計
      特別損失
                                                         420
       事業撤退損                                    ―
                                           377              285
       固定資産圧縮損
                                           38              82
       その他
                                           416              787
       特別損失合計
                                         12,500              13,485
      税金等調整前四半期純利益
                                          3,184              3,510
      法人税、住民税及び事業税
                                          △ 400             △ 469
      法人税等調整額
                                          2,784              3,040
      法人税等合計
                                          9,716              10,444
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                     514              542
                                          9,201              9,902
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 16/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                          9,716              10,444
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 230              430
       その他有価証券評価差額金
                                            0              10
       退職給付に係る調整額
                                          △ 463              215
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          △ 693              655
       その他の包括利益合計
                                          9,023              11,100
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          8,508              10,558
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           515              542
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 17/23















                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結貸借対照表関係)
      ※ 固定資産の取得原価から控除した工事負担金等累計額
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年6月30日)
                              160,007百万円                 160,752百万円
       (四半期連結損益計算書関係)

        該当事項なし。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。なお、第1四半期連
       結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりである。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年6月30日)               至   平成29年6月30日)
         減価償却費                       5,753百万円                 5,962百万円
       (株主資本等関係)

      前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
      1 配当金支払額
                             1株当たり
        決議      株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成28年6月29日
               普通株式      1,202百万円          3.50円    平成28年3月31日         平成28年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
      2 基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生日が

        当四半期連結会計期間の末日後となるもの
         該当事項なし。
      当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

      1 配当金支払額
                             1株当たり
        決議      株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成29年6月29日
               普通株式      1,373百万円          8.00円    平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
      2 基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力発生日が

        当四半期連結会計期間の末日後となるもの
         該当事項なし。
                                 18/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年6月30日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期
                           報告セグメント
                                                  調整額
                                                      連結損益
                                              計        計算書
                              レジャー・          その他
                                                  (注)1
                 運輸業     流通業    不動産業          建設業                   計上額
                              サービス業          の事業
                                                       (注)2
       営業収益
      (1)   外部顧客に対する
                  35,238     17,239     3,045     1,851     3,101      690   61,165         61,165
        営業収益                                                ―
      (2)   セグメント間の内部
                   233     97   1,134      557     570     233    2,826    △ 2,826
        営業収益又は振替高                                                     ―
                  35,472     17,337     4,179     2,408     3,671      923   63,992    △ 2,826    61,165
          計
        セグメント利益
                  6,981      411    1,401      32    140    △ 26   8,939      20   8,960
        又は損失(△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去である。
        2      セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)

       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期
                           報告セグメント
                                                  調整額
                                                      連結損益
                                              計        計算書
                              レジャー・          その他
                                                  (注)1
                 運輸業     流通業    不動産業          建設業                   計上額
                              サービス業          の事業
                                                       (注)2
       営業収益
      (1)   外部顧客に対する
                  36,861     17,071     3,024     1,561     3,560      891   62,970         62,970
        営業収益                                                ―
      (2)   セグメント間の内部
                   219     79   1,341      647     649     551    3,489    △ 3,489
        営業収益又は振替高                                                     ―
                  37,081     17,151     4,365     2,209     4,209     1,442    66,459    △ 3,489    62,970
          計
        セグメント利益
                  7,524      285    1,575      38    202    △ 51   9,575      19   9,595
        又は損失(△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去である。
        2      セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
                                 19/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                             前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                             (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                              至 平成28年6月30日)             至 平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                54.36円             58.50円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する
                                      9,201             9,902
      四半期純利益金額  (百万円)
      普通株主に帰属しない金額     (百万円)                                  ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      9,201             9,902
      四半期純利益金額  (百万円)
      普通株式の期中平均株式数                       (千株)
                                     169,283             169,277
      (注)1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        2 平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合をもって株式併合を実施したことに伴い、1株当たり
          四半期純利益金額については、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、算定している。
       (重要な後発事象)

       該当事項なし。
                                 20/23














                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項なし。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                       京成電鉄株式会社(E04091)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月4日

     京成電鉄株式会社

       取 締 役 会  御中
                           有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  滝  沢  勝  己  ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  古  賀  祐               一  郎  ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている京成電鉄株式会

     社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
     29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、京成電鉄株式会社及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。