第一生命ホールディングス株式会社 四半期報告書 第116期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第116期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
提出日
提出者 第一生命ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年8月9日

     【四半期会計期間】                      第116期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

     【会社名】                      第一生命ホールディングス株式会社

     【英訳名】                      Dai-ichi     Life   Holdings,     Inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 稲垣           精二

     【本店の所在の場所】                      東京都千代田区有楽町一丁目13番1号

     【電話番号】                      03-3216-1222(代)

     【事務連絡者氏名】                      執行役員     経営企画ユニット長 隅野             俊亮

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区有楽町一丁目13番1号

     【電話番号】                      03-3216-1222(代)

     【事務連絡者氏名】                      経営企画ユニット         IRグループ      部長 西村      賢治

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/46









                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      連結経営指標等

                            第115期            第116期
             回次             第1四半期連結            第1四半期連結              第115期
                            累計期間            累計期間
                         自   2016年4月1日          自   2017年4月1日          自   2016年4月1日
            会計期間
                         至   2016年6月30日          至   2017年6月30日          至   2017年3月31日
                              1,092,356            1,034,811            4,468,736
     保険料等収入              (百万円)
                               382,666            482,003           1,626,177

     資産運用収益              (百万円)
                               892,237            858,699           3,618,385

     保険金等支払金              (百万円)
     経常利益              (百万円)            117,615            98,173           425,320

                                25,985            21,462            85,000

     契約者配当準備金繰入額              (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                48,444            71,936           231,286
                   (百万円)
     四半期(当期)純利益
                               △ 32,848           251,372            264,969
     四半期包括利益又は包括利益              (百万円)
                              2,842,690            3,338,502            3,137,266

     純資産額              (百万円)
                              49,677,192            52,644,234            51,985,850

     総資産額              (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                                41.06            61.20           196.62
                     (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                41.03            61.16           196.48
                     (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                 5.7            6.3            6.0
     自己資本比率               (%)
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2 保険料等収入、資産運用収益及び保険金等支払金には、消費税等は含まれておりません。
        3 1株当たり情報の算定上の基礎となる「普通株式の期中平均株式数」の計算において控除する自己株式に
          は、株式給付信託(J-ESOP)により信託口が所有する連結財務諸表提出会社株式及び信託型従業員持株イン
          センティブ・プラン(E-Ship®)により第一生命保険従業員持株会専用信託が所有する連結財務諸表提出会
          社株式が含まれております。なお、2016年7月をもって第一生命保険従業員持株会専用信託は終了しており
          ます。
                                  2/46






                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
      ん。
       また、主要な関係会社の異動は、次のとおりであります。 
       (国内生命保険事業)

        該当事項はありません。
       (海外保険事業)

        該当事項はありません。
       (その他事業)

        Janus   Capital    Group   Inc.および傘下23社(当社の持分法適用関連会社)について、2017年5月30日付でJanus
       Capital    Group   Inc.とHenderson        Group   plcが経営統合したことにより、当第1四半期連結累計期間より持分法の適
       用から除外したため、当社の持分法適用関連会社は24社減少しております。
                                  3/46















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度
      の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更として当社が認識しているものはありませ
      ん。
       なお、重要事象等はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は行われておりません。
                                  4/46
















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績(連結)の状況

        当第1四半期連結累計期間における日本経済は、好調に推移しました。世界経済の改善に伴う輸出の増加を受け
       て、生産が堅調に推移したことに加え、昨年度の補正予算による経済対策効果も徐々に明確化し、景気を押し上げ
       始めました。また、野菜などの生鮮食品価格高騰が一服したことを受けて、緩やかながらも消費は持ち直しの兆し
       を見せています。
        このような経済環境の下、国内株式市場は、地政学リスクや各国の政治リスクに左右されつつも、景気回復など
       を背景に緩やかな回復基調を辿り、6月には日経平均株価が2015年以来となる20,000円台を回復しました。国内の
       長期金利につきましては、米欧の金融緩和縮小への思惑から上下する場面がありましたが、日本銀行の緩和的な金
       融政策を背景にゼロ%程度の横ばい圏で推移しました。為替相場につきましては、地政学リスクや米欧の金融政策
       動向の影響を受けつつも、ならして見れば安定的に推移し、ドル円相場は概ね110円台前半での動きとなりました。
        当社グループが事業を展開している地域の経済につきましては、米国では、引き続き消費の回復を牽引役に緩や
       かな景気拡大が続きました。アジア新興国では、世界的な製造業部門の持ち直しなどを背景に、景気は緩やかな回
       復基調を維持しました。
        こうした事業環境にあって、当第1四半期連結累計期間の業績は以下のとおりとなりました。
       ①  連結経営成績

         当第1四半期連結累計期間の経常収益は、保険料等収入1兆348億円(前年同期比5.3%減)、資産運用収益
        4,820億円(同26.0%増)、その他経常収益756億円(同62.4%減)を合計した結果、1兆5,925億円(同5.0%
        減)となりました。第一生命保険株式会社において保障性商品への販売シフトを進め、貯蓄性商品の販売を抑制
        した結果、保険料等収入が減少したこと等が減収の要因であります。
         一方、経常費用は、保険金等支払金8,586億円(同3.8%減)、責任準備金等繰入額3,186億円(同14,863.4%
        増)、資産運用費用806億円(同80.4%減)、事業費1,555億円(同3.5%増)、その他経常費用806億円(同
        20.5%減)を合計した結果、1兆4,943億円(同4.1%減)となりました。資産運用費用の減少は、第一フロン
        ティア生命保険株式会社において為替差損が減少したこと等が要因でありますが、為替差損の減少は責任準備金
        等繰入額の増加で相殺されるものを含むため、経常利益に大きな影響を与えるものではありません。
         この結果、経常利益は981億円(同16.5%減)となりました。また、経常利益に、特別利益、特別損失、契約者
        配当準備金繰入額、法人税及び住民税等、法人税等調整額並びに非支配株主に帰属する四半期純利益を加減した
        親会社株主に帰属する四半期純利益は、719億円(同48.5%増)となりました。 
       ②  連結財政状態

         当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、52兆6,442億円(前連結会計年度末比1.3%増)となりました。主
        な資産構成は、有価証券が44兆2,669億円(同1.4%増)、貸付金が3兆5,446億円(同0.6%減)、有形固定資産
        が1兆1,343億円(同0.4%減)であります。
         負債合計は、49兆3,057億円(同0.9%増)となりました。また、負債の大部分を占める保険契約準備金は44兆
        6,979億円(同0.0%増)となりました。
         純資産合計は、3兆3,385億円(同6.4%増)となりました。純資産合計のうち、その他有価証券評価差額金
        は、国内外の株式の含み益が増加したこと等から、2兆1,307億円(同11.8%増)となりました。
         なお、保険金等の支払余力を示す連結ソルベンシー・マージン比率は、前連結会計年度末に比べ23.5ポイント
        増加し、772.7%(前連結会計年度末は749.2%)となりました。
                                  5/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (2)  セグメント別業績の状況
        当第1四半期連結累計期間のセグメント業績は以下のとおりとなりました。
        なお、当社の報告セグメントは、前中間連結会計期間までは単一セグメントとしておりましたが、2016年10月1
       日付で当社グループが持株会社体制へ移行したことに伴い、「国内生命保険事業」、「海外保険事業」、「その他
       事業」の3つを新たに報告セグメントとして設定いたしました。詳細は、「第4                                      経理の状況 1        四半期連結財務
       諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
       ①  国内生命保険事業

         国内生命保険事業における経常収益は、第一生命保険株式会社において保障性商品への販売シフトを進め、貯
        蓄性商品の販売を抑制した結果、保険料等収入が減少したこと等により、前年同期に比べて2,199億円減少し、1
        兆2,544億円(前年同期比14.9%減)となりました。セグメント利益は、第一生命保険株式会社において前年同期
        に計上した金融派生商品収益による影響の剥落等により、前年同期に比べて125億円減少し、850億円(同12.8%
        減)となりました。
       ②  海外保険事業

         海外保険事業における経常収益は、Protective                      Life   Corporationにおいて特別勘定資産に係る運用収益が増加
        したこと等により、前年同期に比べて609億円増加し、3,697億円(前年同期比19.7%増)となりました。なお、
        特別勘定資産に係る運用収益の増加は責任準備金の繰り入れで相殺されるため、セグメント利益への影響はあり
        ません。セグメント利益は、Protective                   Life   Corporationにおいて前年同期に計上した修正共同再保険契約に係
        るキャピタル収益による影響の剥落等により、前年同期に比べて85億円減少し、137億円(同38.5%減)となりま
        した。
       ③  その他事業

         その他事業においては、当社が子会社より配当金を受取ったこと等により、経常収益は前年同期に比べて289億
        円増加し、377億円(前年同期比330.0%増)となり、セグメント利益は前年同期に比べて308億円増加し、322億
        円(同2,282.5%増)となりました。
        なお、セグメントにおける主たる子会社の業績は以下のとおりであります。

      <国内生命保険事業(第一生命保険株式会社)>(※)

       (※)第一生命保険株式会社の業績に関する記載数値の定義につきましては、「(参考)第一生命保険株式会社の

          業績に関する記載数値について」をご覧ください。
       ①  経営成績

         当第1四半期累計期間の経常収益は、保険料等収入5,432億円(前年同期比14.7%減)、資産運用収益2,938億
        円(同2.0%減)、その他経常収益679億円(同20.3%減)を合計した結果、9,051億円(同11.5%減)となりまし
        た。保険料等収入の減少は、保障性商品への販売シフトを進め、貯蓄性商品の販売を抑制したこと等が要因であ
        ります。
         一方、経常費用は、保険金等支払金5,543億円(同2.9%減)、責任準備金等繰入額193億円(同55.5%減)、資
        産運用費用784億円(同21.3%減)、事業費1,013億円(同3.8%増)、その他経常費用708億円(同21.2%減)を
        合計した結果、8,243億円(同8.6%減)となりました。責任準備金等繰入額の減少は、貯蓄性商品の販売を抑制
        したこと等が要因であります。
         この結果、経常利益は807億円(同32.9%減)となりました。また、四半期純利益は386億円(同34.9%減)と
        なりました。
         なお、生命保険本業における期間収益を示す指標の一つである基礎利益は、順ざやが増加したこと等により、
        1,026億円(同19.7%増)となりました(※)。
        (※)当第1四半期累計期間より基礎利益の算出方法を変更いたしました。変更後基準による前年同期の基礎利
           益は857億円であり、対前年同期比の増減率もこの数値を元に算出しております。
                                  6/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       ②  財政状態
         当第1四半期会計期間末の資産合計は、36兆2,952億円(前事業年度末比1.7%増)となりました。主な資産構
        成は、有価証券が31兆553億円(同1.8%増)、貸付金が2兆6,504億円(同0.3%減)、有形固定資産が1兆1,209
        億円(同0.3%減)であります。
         負債合計は、33兆6,213億円(同1.3%増)となりました。負債の大部分を占める保険契約準備金は30兆8,586億
        円(同0.0%減)となりました。
         純資産合計は、2兆6,738億円(同7.7%増)となりました。純資産合計のうち、その他有価証券評価差額金
        は、国内外の株式の含み益が増加したこと等から、2兆1,572億円(同9.9%増)となりました。
         なお、保険金等の支払余力を示すソルベンシー・マージン比率は、前事業年度末に比べ5.5ポイント増加し、
        856.0%(前事業年度末は850.5%)となりました。
       ③  契約業績

         個人保険・個人年金保険を合わせた新契約高は、前年同期に比べて2,468億円減少し、5,049億円(前年同期比
        32.8%減)となりました。個人保険・個人年金保険を合わせた保有契約高は、前事業年度末に比べて1兆5,900億
        円減少し、118兆4,697億円(前事業年度末比1.3%減)となりました。
         個人保険・個人年金保険を合わせた新契約年換算保険料は、前年同期に比べて99億円減少し、247億円(前年同
        期比28.8%減)となりました。また、保有契約年換算保険料は、前事業年度末に比べて29億円減少し、2兆1,443
        億円(前事業年度末比0.1%減)となりました。なお、医療保障・生前給付保障等の第三分野の新契約年換算保険
        料は、前年同期に比べて55億円増加し、168億円(前年同期比49.5%増)となりました。第三分野の保有契約年換
        算保険料は、前事業年度末に比べて91億円増加し、6,154億円(前事業年度末比1.5%増)となりました。
         団体保険の保有契約高は、前事業年度末に比べて2,746億円増加し、47兆7,264億円(同0.6%増)となりまし
        た。団体年金保険の保有契約高は、前事業年度末に比べて15億円増加し、6兆1,081億円(同0.0%増)となりま
        した。
        ▶ 保有契約高及び新契約高

         ・  保有契約高                                                                                 (単位:千件、億円、%)

                   前事業年度末
                                   当第1四半期会計期間末
                 (2017年3月31日)
                                    (2017年6月30日)
         区分
                  件数      金額      件数     前年度末比        金額     前年度末比
     個人保険              11,704     1,085,784        11,700       100.0    1,070,217         98.6
     個人年金保険              1,964     114,813       1,964      100.0     114,479        99.7
     個人保険+個人年金              13,668     1,200,597        13,665       100.0    1,184,697         98.7
     団体保険                -   474,518         -      -   477,264       100.6
                                  -      -    61,081       100.0
     団体年金保険                -    61,066
      (注)1     個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資と年金支払開始後契約の
          責任準備金を合計したものであります。
         2  団体年金保険については、責任準備金の金額であります。
         ・  新契約高                                                                                   (単位:千件、億円、%)

                  前第1四半期累計期間
                                      当第1四半期累計期間
                  (自 2016年4月1日
                                      (自 2017年4月1日
                   至 2016年6月30日)                    至 2017年6月30日)
        区分
                           転換による                  転換による
              件数    金額    新契約         件数    金額    新契約         前年同期比
                            純増加                  純増加
                           △ 4,322                 △ 4,425
     個人保険          230    4,301     8,624         222    4,328     8,754         100.6
                             △  24                 △ 18
     個人年金保険           54   3,215     3,240          14    720     739         22.4
                           △ 4,347                 △ 4,444
     個人保険+個人年金          285    7,517    11,864          236    5,049     9,493          67.2
     団体保険           -    272     272      -    -   2,602     2,602      -   956.0
                                  -     0     0     -   63.9
     団体年金保険           -     0     0     -
      (注)1     件数は、新契約に転換後契約を加えた数値であります。
         2  新契約・転換による純増加の個人年金保険の金額は年金支払開始時における年金原資であります。
         3  新契約の団体年金保険の金額は第1回収入保険料であります。
                                  7/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (参考)    個人保険・個人年金保険の解約・失効高、解約・失効率
                                             (単位:億円、%)
                       前第1四半期累計期間
                                        当第1四半期累計期間
           区分           (自 2016年4月1日
                                        (自 2017年4月1日
                       至 2016年6月30日)
                                         至 2017年6月30日)
     解約・失効高                            11,629                  11,483
                                                    0.96
     解約・失効率                             0.93
      (注)1     失効後復活契約を失効と相殺せずに算出しております。
         2  主契約が継続している「減額」・「特約解約」を除いております。
        b 年換算保険料

         ・  保有契約                                                                                     (単位:億円、%)

                   前事業年度末
                              当第1四半期会計期間末
         区分
                                            前年度末比
                  (2017年3月31日)
                               (2017年6月30日)
     個人保険                    16,203              16,162         99.7
     個人年金保険                     5,269              5,280        100.2
     合計                    21,472              21,443         99.9
      うち医療保障・
                                        6,154        101.5
                          6,063
      生前給付保障等
        ・  新契約                                                                                        (単位:億円、%)

                 前第1四半期累計期間
                               当第1四半期累計期間
         区分        (自 2016年4月1日
                               (自 2017年4月1日             前年同期比
                  至 2016年6月30日)
                               至 2017年6月30日)
     個人保険                      204              214       105.3
     個人年金保険                      142              32       22.6
     合計                      347              247       71.2
      うち医療保障・
                                         168       149.5
                           112
      生前給付保障等
      (注)1     「年換算保険料」とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの
          保険料に換算した金額であります(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)。
         2  「医療保障・生前給付保障等」には、医療保障給付(入院給付、手術給付等)、生前給付保障給付(特定疾
          病給付、介護給付等)、保険料払込免除給付(障害を事由とするものは除く。特定疾病罹患、介護等を事由
          とするものを含む)等に該当する部分の年換算保険料を計上しております。
         3  「新契約」には転換純増分も含んでおります。
      <国内生命保険事業(第一フロンティア生命保険株式会社)>

       ①  経営成績
         当第1四半期累計期間の経常収益は、保険料等収入2,591億円(前年同期比11.1%増)、資産運用収益896億円
        (同178.8%増)、その他経常収益0億円(同100.0%減)を合計した結果、3,488億円(同22.7%減)となりまし
        た。その他経常収益の減少は、前年同期に発生した責任準備金戻入額が当第1四半期累計期間は繰り入れに転じ
        たこと等が要因であります。
         一方、経常費用は、保険金等支払金1,202億円(同16.1%減)、責任準備金等繰入額2,021億円(前年同期は0
        円)、資産運用費用80億円(前年同期比97.4%減)、事業費108億円(同22.7%増)、その他経常費用14億円(同
        4.6%減)を合計した結果、3,426億円(同27.4%減)となりました。資産運用費用の減少は、為替差損が減少し
        たこと等が要因であります。
         経常利益は、金融環境の改善を背景に変額商品の最低保証や定額商品の市場価格調整に係る責任準備金負担が
        前年同期に比べ軽減されたこと等により、61億円(前年同期は209億円の経常損失)となりました。また、四半期
        純利益は27億円(前年同期は217億円の四半期純損失)となりました。
         なお、生命保険本業における期間収益を示す指標の一つである基礎利益は、最低保証に係る責任準備金を取り
        崩したこと等により、220億円となりました(※)。
        (※)当第1四半期累計期間より基礎利益の算出方法を変更いたしました。変更後基準による前年同期の基礎利
           益は△237億円であります。
                                  8/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       ②  財政状態
         当第1四半期会計期間末の資産合計は、6兆9,734億円(前事業年度末比3.4%増)となりました。資産の大部
        分を占める有価証券は6兆4,124億円(同3.2%増)となりました。
         負債合計は、6兆8,541億円(同3.3%増)となりました。負債の大部分を占める保険契約準備金は6兆6,212億
        円(同3.1%増)となりました。
         純資産合計は、1,193億円(同8.2%増)となりました。
         なお、保険金等の支払余力を示すソルベンシー・マージン比率は、前事業年度末に比べ27.4ポイント増加し、
        604.0%(前事業年度末は576.6%)となりました。
       ③  契約業績

         個人保険・個人年金保険を合わせた新契約高は、前年同期に比べて341億円増加し、2,480億円(前年同期比
        16.0%増)となりました。保有契約高は、前事業年度末に比べて2,033億円増加し、7兆440億円(前事業年度末
        比3.0%増)となりました。
         新契約年換算保険料は、前年同期に比べて215億円増加し、401億円(前年同期比116.5%増)となりました。ま
        た、保有契約年換算保険料は、前事業年度末に比べて312億円増加し、7,440億円(前事業年度末比4.4%増)とな
        りました。
        ▶ 保有契約高及び新契約高

         ・  保有契約高                                                                                    (単位:千件、億円、%)

                   前事業年度末
                                   当第1四半期会計期間末
                 (2017年3月31日)
                                    (2017年6月30日)
         区分
                  件数      金額      件数     前年度末比        金額     前年度末比
     個人保険               324     23,689        337     104.1      24,691       104.2
     個人年金保険               754     44,716        769     102.0      45,749       102.3
     団体保険                -      -      -      -      -      -
                                  -      -      -      -
     団体年金保険                -      -
      (注)個人年金保険については、年金支払開始前契約の年金支払開始時における年金原資と年金支払開始後契約の責
         任準備金を合計したものであります。
         ・  新契約高                                                                                        (単位:千件、億円、%)

                  前第1四半期累計期間
                                      当第1四半期累計期間
                  (自 2016年4月1日
                                      (自 2017年4月1日
                  至 2016年6月30日)
                                       至 2017年6月30日)
        区分
                           転換による                  転換による
              件数    金額    新契約         件数    金額    新契約         前年同期比
                            純増加                  純増加
     個人保険           12    974     974      -   15   1,084     1,084      -   111.3
     個人年金保険           20   1,163     1,163      -   25   1,395     1,395      -   119.9
     団体保険           -     -     -     -    -     -     -     -     -
                                  -     -     -     -     -
     団体年金保険           -     -     -     -
      (注)新契約の個人年金保険の金額は年金支払開始時における年金原資であります。
                                  9/46







                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        b 年換算保険料
         ・  保有契約                                                                                      (単位:億円、%)

                   前事業年度末
                              当第1四半期会計期間末
         区分
                                            前年度末比
                  (2017年3月31日)
                               (2017年6月30日)
     個人保険                     1,851              1,928        104.2
     個人年金保険                     5,276              5,511        104.5
     合計                     7,127              7,440        104.4
      うち医療保障・
                                          -        -
                            -
      生前給付保障等
         ・  新契約                                                                                        (単位:億円、%)

                 前第1四半期累計期間
                               当第1四半期累計期間
         区分        (自 2016年4月1日
                               (自 2017年4月1日             前年同期比
                  至 2016年6月30日)
                               至 2017年6月30日)
     個人保険                      71              89      125.1
     個人年金保険                      114              312       273.7
     合計                      185              401       216.5
      うち医療保障・
                            -              -        -
      生前給付保障等
      (注)「年換算保険料」とは、1回当たりの保険料について保険料の支払方法に応じた係数を乗じ、1年当たりの保
         険料に換算した金額であります(一時払契約等は、保険料を保険期間で除した金額)。
      <海外保険事業(Protective              Life   Corporation)>

        Protective      Life   Corporation(以下、「プロテクティブ社」という。)の前第1四半期累計期間は、2016年1月
       1日から2016年3月31日までであります。また、当第1四半期累計期間は2017年1月1日から2017年3月31日まで
       であります。
        以下では、プロテクティブ社の業績を現地通貨であります米ドル建で表示しております。日本円に換算する際の
       為替レートは、前第1四半期累計期間については1米ドル=112.68円、前事業年度末については1米ドル=116.49
       円、当第1四半期累計期間及び当第1四半期会計期間末については、1米ドル=112.19円であります。
       ①  経営成績

         当第1四半期累計期間の業績は、保険販売や資産運用が好調である一方で、前年同期に計上された修正共同再
        保険契約に係るキャピタル収益による影響の剥落等により、増収減益となりました。
         経常収益は、保険料等収入1,337百万米ドル(前年同期比2.2%減)、資産運用収益1,066百万米ドル(同78.2%
        増)、その他経常収益109百万米ドル(同5.5%増)を合計した結果、2,513百万米ドル(同21.5%増)となりまし
        た。
         一方、経常費用は、保険金等支払金1,160百万米ドル(同3.0%減)、責任準備金等繰入額849百万米ドル(同
        167.3%増)、資産運用費用140百万米ドル(同3.5%増)、事業費207百万米ドル(同9.3%増)、その他経常費用
        43百万米ドル(同24.3%減)を合計した結果、2,401百万米ドル(同26.6%増)となりました。
         この結果、経常利益は112百万米ドル(同34.7%減)となりました。また、四半期純利益は75百万米ドル(同
        34.6%減)となりました。
        ②  財政状態

         当第1四半期会計期間末の資産合計は、76,010百万米ドル(前事業年度末比1.3%増)となりました。主な資産
        構成は、有価証券が56,903百万米ドル(同1.2%増)、貸付金が7,953百万米ドル(同2.2%増)、無形固定資産が
        2,910百万米ドル(同0.9%減)であります。
         負債合計は、70,445百万米ドル(同1.3%増)となりました。負債の大部分を占める保険契約準備金は、61,250
        百万米ドル(同0.9%増)となりました。
         純資産合計は、5,564百万米ドル(同1.7%増)となりました。
                                 10/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      <海外保険事業(TAL          Dai-ichi     Life   Australia     Pty  Ltd)>
        以下では、TAL       Dai-ichi     Life   Australia     Pty  Ltdの業績を現地通貨であります豪ドル建で表示しております。日
       本円に換算する際の為替レートは、前第1四半期累計期間については1豪ドル=76.74円、前事業年度末については
       1豪ドル=85.84円、当第1四半期累計期間及び当第1四半期会計期間末については、1豪ドル=86.18円でありま
       す。
        ①  経営成績

         当第1四半期累計期間の業績は、団体保険において複数の新契約を受注するなど好調な販売に加え、団体保険
        の支払請求が減少するなど収益力は向上しましたが、前年同期に金利低下の影響を強く受けた会計利益押し上げ
        による影響の剥落等により、増収減益となりました。
         経常収益は、保険料等収入867百万豪ドル(前年同期比5.2%増)、資産運用収益34百万豪ドル(同49.1%
        減)、その他経常収益20百万豪ドル(同6.3%減)を合計した結果、921百万豪ドル(同0.9%増)となりました。
         一方、経常費用は、保険金等支払金618百万豪ドル(同11.5%増)、責任準備金等繰入額62百万豪ドル(同
        31.4%減)、資産運用費用10百万豪ドル(同0.9%減)、事業費157百万豪ドル(同4.4%減)、その他経常費用31
        百万豪ドル(同14.2%減)を合計した結果、880百万豪ドル(同3.7%増)となりました。
         この結果、経常利益は41百万豪ドル(同35.3%減)となりました。また、四半期純利益は31百万豪ドル(同
        28.1%減)となりました。
        ②  財政状態

         当第1四半期会計期間末の資産合計は、7,220百万豪ドル(前事業年度末比0.6%増)となりました。主な資産
        構成は、現預金が1,540百万豪ドル(同1.2%減)、有価証券が2,797百万豪ドル(同1.2%減)、無形固定資産が
        1,171百万豪ドル(同0.6%減)であります。
         負債合計は、4,917百万豪ドル(同0.6%増)となりました。負債の大部分を占める保険契約準備金は、3,578百
        万豪ドル(同1.5%増)となりました。
         純資産合計は、2,303百万豪ドル(同0.5%増)となりました。
      (3)  経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断
       するための客観的な指標等に重要な変更はありません。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありま
       せん。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
      (6)  従業員数

        当第1四半期累計期間において、当社の連結子会社である第一生命保険株式会社の従業員のうち当社との兼務者
       が増加したこと等により、当社の従業員数は63名増加しております。なお、当社のセグメントは単一セグメントで
       あり、当社の従業員は全て、セグメント情報の「その他事業」に属しております。
                                 11/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     (参考)第一生命保険株式会社の業績に関する記載数値について
       第一生命保険株式会社(旧             第一生命:下図A)は、2016年10月1日付で「第一生命ホールディングス株式会社」に

      商号を変更し、事業目的をグループ会社の経営管理等に変更しております。
       旧  第一生命が営んでいた国内生命保険事業は、会社分割により、第一生命保険株式会社(※)(現                                              第一生命:下
      図C)が承継しております。
      (※)2016年10月1日付で「第一生命分割準備株式会社(分割準備会社:下図B)」から商号を変更しております。

       「第2    事業の状況 3        財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」においては、業績の前年度と

      の比較を適切に表示する観点から、次の定義で数値を記載しております。
     <記載数値>

     ・会計期間末残高等の状況を表す項目
       当第1四半期会計期間末の数値、前事業年度末の数値の両方について、現                                   第一生命の数値を記載しております。
     事業年度                   記載数値
                         現  第一生命の2017年6月30日時点の数値
     当第1四半期会計期間末
                         現  第一生命の2017年3月31日時点の数値
     前事業年度末
     ・期間損益等を表す項目

       当第1四半期累計期間の数値は、現                 第一生命の数値を記載しております。
       前第1四半期累計期間の数値は、旧                 第一生命の数値を記載しております。
     事業年度                   記載数値
                         現  第一生命(2017年4月1日~同6月30日)の数値
     当第1四半期累計期間
                         旧  第一生命(2016年4月1日~同6月30日)の数値
     前第1四半期累計期間
                                 12/46











                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                   4,000,000,000

               甲種類株式                                     100,000,000

                  計                                 4,000,000,000

      (注)    当社の発行可能株式総数は、普通株式と甲種類株式をあわせて4,000,000,000株であります。
       ②  【発行済株式】

                         提出日現在

           第1四半期会計期間末
                                 上場金融商品取引所名
       種類      現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品                 内容
                                   取引業協会名
            (2017年6月30日)
                       (2017年8月9日)
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない、当社
                                 東京証券取引所
      普通株式         1,198,023,000           1,198,023,000
                                            にとって標準となる株式
                                 (市場第一部)
                                            (1単元の株式数         100株)
       計       1,198,023,000           1,198,023,000             ―             ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)        (株)                     (百万円)       (百万円)
     2017年4月1日~
                      ―  1,198,023,000             ―    343,146          ―    343,146
     2017年6月30日
                                 13/46






                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(2017年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                2017年3月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                                         権利内容に何ら限定のない、当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                     普通株式         ―
                                         とって標準となる株式
                         18,539,500
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              11,794,621              同上
                        1,179,462,100
                     普通株式
                                                 ―
     単元未満株式                              ―
                           21,400
     発行済株式総数                  1,198,023,000            ―              ―
     総株主の議決権                    ―         11,794,621               ―

      (注)   「完全議決権株式(その他)」欄の株式数には、株式給付信託(J-ESOP)により信託口が所有する当社株式
         4,334,100株(議決権43,341個)が含まれております。
         なお、当第1四半期会計期間末において信託口が所有する当社株式は4,309,000株(議決権43,090個)でありま
         す。
       ②  【自己株式等】
                                                  2017年3月31日現在
                                                      発行済株式
                               自己名義        他人名義       所有株式数
        所有者の氏名
                                                     総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計
                                                      所有株式数
         又は名称
                                (株)        (株)        (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
                 東京都千代田区有楽町
                               18,539,500          ―      18,539,500           1.54
     第一生命ホールディン
                 一丁目13番1号
     グス株式会社
          計             ―        18,539,500          ―      18,539,500           1.54
      (注)   1 上記の他に、当連結会計年度の連結財務諸表及び当事業年度の財務諸表において自己株式として認識してい
          る当社株式が4,334,100株あります。これは、「①                        発行済株式」に記載の信託口については、経済的実態を
          重視し、当社と一体であるとする会計処理を行っており、信託口が所有する当社株式を自己株式として計上
          していることによるものであります。なお、同様の理由により当第1四半期会計期間末において自己株式と
          して認識している当社株式は4,309,000株であります。
        2 当第1四半期会計期間末における当社所有の自己株式は18,357,600株であります。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 14/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1  四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)第61条及び第82条に基づき、同規則及び「保険業法施行規則」(平成8年大蔵省令第5号)により作成し
      ております。
     2  監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2017年4月1日から2017年
      6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
       第115期連結会計年度 新日本有限責任監査法人
       第116期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間 有限責任                                  あずさ監査法人
                                 15/46















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                  (2017年3月31日)              (2017年6月30日)
      資産の部
                                         881,965              815,473
       現金及び預貯金
                                         98,500              187,200
       コールローン
                                         198,294              194,844
       買入金銭債権
                                         333,111              366,876
       金銭の信託
                                     ※1  43,650,962            ※1  44,266,997
       有価証券
                                        3,566,603              3,544,670
       貸付金
                                        1,138,416              1,134,309
       有形固定資産
                                         433,236              421,672
       無形固定資産
                                         91,248              93,760
       再保険貸
                                        1,492,098              1,502,121
       その他資産
                                           150              131
       繰延税金資産
                                         103,786              119,106
       支払承諾見返
                                         △ 2,079             △ 2,556
       貸倒引当金
                                          △ 444             △ 372
       投資損失引当金
                                       51,985,850              52,644,234
       資産の部合計
      負債の部
                                       44,694,128              44,697,973
       保険契約準備金
                                         568,005              572,859
         支払備金
                                       43,740,238              43,748,636
         責任準備金
                                       ※2  385,884            ※2  376,477
         契約者配当準備金
                                         208,621              209,515
       再保険借
                                         989,743              967,042
       社債
                                        1,852,035              2,227,291
       その他負債
                                         421,560              424,111
       退職給付に係る負債
                                          1,498              1,457
       役員退職慰労引当金
                                           800              708
       時効保険金等払戻引当金
                                         174,677              179,579
       特別法上の準備金
                                         174,677              179,579
         価格変動準備金
                                         324,496              401,750
       繰延税金負債
       再評価に係る繰延税金負債                                  77,236              77,195
                                         103,786              119,106
       支払承諾
                                       48,848,583              49,305,732
       負債の部合計
                                 16/46







                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年6月30日)
      純資産の部
                                         343,146              343,146
       資本金
                                         329,740              329,659
       資本剰余金
                                         665,345              687,218
       利益剰余金
                                        △ 37,476             △ 37,135
       自己株式
                                        1,300,756              1,322,889
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                1,906,091              2,130,796
                                        △ 25,243             △ 35,723
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 17,541             △ 17,648
       土地再評価差額金
                                         △ 8,178             △ 43,498
       為替換算調整勘定
                                        △ 19,865             △ 19,333
       退職給付に係る調整累計額
                                        1,835,262              2,014,591
       その他の包括利益累計額合計
                                          1,247              1,020
       新株予約権
                                        3,137,266              3,338,502
       純資産の部合計
      負債及び純資産の部合計                                 51,985,850              52,644,234
                                 17/46














                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                        1,676,078              1,592,502
      経常収益
                                        1,092,356              1,034,811
       保険料等収入
                                         382,666              482,003
       資産運用収益
                                         255,951              290,734
         利息及び配当金等収入
                                          4,847
         金銭の信託運用益                                                 ―
                                         19,962              59,610
         売買目的有価証券運用益
                                         56,937              55,554
         有価証券売却益
                                          5,070              3,845
         有価証券償還益
                                         39,551
         金融派生商品収益                                                 ―
                                           26              65
         投資損失引当金戻入額
                                           319              110
         その他運用収益
                                                        72,083
         特別勘定資産運用益                                   ―
                                         201,055               75,687
       その他経常収益
                                        1,558,462              1,494,328
      経常費用
                                         892,237              858,699
       保険金等支払金
                                         295,982              285,712
         保険金
                                         128,252              150,243
         年金
                                         118,601              118,367
         給付金
                                         167,073              161,765
         解約返戻金
                                         182,326              142,611
         その他返戻金等
                                          2,129             318,690
       責任準備金等繰入額
                                                       316,616
         責任準備金繰入額                                   ―
                                          2,129              2,073
         契約者配当金積立利息繰入額
                                         412,182               80,693
       資産運用費用
                                          8,895              10,753
         支払利息
                                                        1,118
         金銭の信託運用損                                   ―
                                         18,753              21,978
         有価証券売却損
                                          9,439               987
         有価証券評価損
                                           664               97
         有価証券償還損
                                                        27,283
         金融派生商品費用                                   ―
                                         280,140               4,244
         為替差損
         貸倒引当金繰入額                                  199              484
                                            3              3
         貸付金償却
                                          3,454              3,303
         賃貸用不動産等減価償却費
                                         11,826              10,439
         その他運用費用
                                         78,806
         特別勘定資産運用損                                                 ―
                                         150,374              155,568
       事業費
                                         101,538               80,675
       その他経常費用
                                         117,615               98,173
      経常利益
                                 18/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                          1,490              33,612
      特別利益
                                          1,487               102
       固定資産等処分益
                                                       33,507
       関係会社株式交換益                                    ―
                                            3              1
       その他特別利益
                                         15,981               5,540
      特別損失
                                          1,322               345
       固定資産等処分損
                                          9,931               292
       減損損失
                                          4,727              4,902
       価格変動準備金繰入額
                                            0              0
       その他特別損失
                                         25,985              21,462
      契約者配当準備金繰入額
                                         77,140              104,783
      税金等調整前四半期純利益
      法人税及び住民税等                                    27,481              35,927
                                          1,208             △ 3,081
      法人税等調整額
                                         28,690              32,846
      法人税等合計
      四半期純利益                                    48,450              71,936
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      5              ―
                                         48,444              71,936
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 19/46














                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                         48,450              71,936
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 42,843              224,003
       その他有価証券評価差額金
                                         28,423             △ 10,480
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 12              △ 0
       土地再評価差額金
                                        △ 64,648             △ 23,050
       為替換算調整勘定
                                           759              536
       退職給付に係る調整額
                                         △ 2,977             △ 11,572
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 81,299              179,435
       その他の包括利益合計
                                        △ 32,848              251,372
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 32,854              251,372
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            5
       非支配株主に係る四半期包括利益                                                   ―
                                 20/46














                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                         当第1四半期連結累計期間

                     (自    2017年4月1日         至   2017年6月30日)
      持分法適用の範囲の重要な変更
       Janus   Capital    Group   Inc.及びその傘下23社の計24社は、Henderson                      Group   plcとの経営統合に伴い当社の関連
      会社でなくなったため、当第1四半期連結会計期間より持分法の適用範囲から除外しております。
       (四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理)

                               当第1四半期連結累計期間

                          (自    2017年4月1日         至   2017年6月30日)
     税金費用の計算           一部の連結子会社の税金費用は、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前
                当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に
                当該見積実効税率を乗じることにより算定しております。
                                 21/46















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
     㯿ᄀ   消費貸借契約により貸し付けている有価証券の四半期連結貸借対照表(連結貸借対照表)価額は、次のとおりで
       あります。
             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
            (2017年3月31日)                 (2017年6月30日)
             2,094,089百万円                 3,063,796百万円
     ※2    契約者配当準備金の異動状況は次のとおりであります。

                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (2017年3月31日)                 (2017年6月30日)
                               390,701百万円
        期首残高                                       385,884百万円
                                98,201      〃
        契約者配当金支払額                                        32,943 〃
                                8,384     〃
        利息による増加等                                        2,073 〃
                               85,000     〃
        契約者配当準備金繰入額                                        21,462 〃
                               385,884      〃
        期末残高                                       376,477 〃
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る賃貸用不動産等減価償却費、減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含
       む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                             至   2016年6月30日)               至   2017年6月30日)
        賃貸用不動産等減価償却費                        3,454百万円                 3,303百万円
                               12,529     〃             10,976     〃
        減価償却費
                                 799    〃              999    〃
        のれんの償却額
                                 22/46











                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
       前第1四半期連結累計期間(自                2016年4月1日         至   2016年6月30日)
       1   配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日      効力発生日       配当の原資
                        (百万円)       配当額(円)
       2016年6月24日                                 2016年       2016年
                普通株式          41,497          35                  利益剰余金
       定時株主総会                                3月31日       6月27日
       (注)    配当金の総額には、株式給付信託(J-ESOP)導入に伴い設定した信託口及び第一生命保険従業員持株会専用
          信託に対する配当金192百万円を含めておりません。これは、信託口及び第一生命保険従業員持株会専用信託
          が所有する当社株式を自己株式として認識しているためであります。
       2   株主資本の著しい変動

         当社は、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、2016年5月13
        日開催の取締役会決議により、自己株式の取得を行いました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間において自己株式が15,999百万円増加し、当第1四半期連結会計期間末
        において自己株式が38,709百万円となっております。
       当第1四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年6月30日)

       配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日      効力発生日       配当の原資
                        (百万円)       配当額(円)
       2017年6月26日                                 2017年       2017年
                普通株式          50,531          43                  利益剰余金
       定時株主総会                                3月31日       6月27日
       (注)    配当金の総額には、株式給付信託(J-ESOP)導入に伴い設定した信託口に対する配当金186百万円を含めてお
          りません。これは、信託口が所有する当社株式を自己株式として認識しているためであります。
                                 23/46











                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        前第1四半期連結累計期間(自                2016年4月1日         至   2016年6月30日)
        報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                    四半期連結
                              報告セグメント
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)2      計上額
                       国内生命      海外保険
                                  その他事業        計
                                                     (注)3
                       保険事業       事業
       経常収益(注)1
                       1,468,505       308,160       2,223    1,778,889      △ 102,810      1,676,078

        外部顧客からの経常収益
        セグメント間の内部経常収益
                         5,927       625     6,547     13,100     △ 13,100
                                                        ―
        又は振替高
                       1,474,432       308,785       8,770    1,791,989      △ 115,910      1,676,078
              計
                        97,619      22,327      1,352     121,300      △ 3,684      117,615

       セグメント利益
       (注)1     一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

         2   調整額は次のとおりであります。
          (1)  外部顧客からの経常収益の調整額△102,810百万円は、主に経常費用のうち責任準備金繰入額77,453百万
            円、金融派生商品費用15,982百万円について、四半期連結損益計算書上は、経常収益のうちその他経常
            収益、金融派生商品収益にそれぞれ含めたことによる振替額であります。
          (2)  セグメント利益の調整額△3,684百万円は、主に関係会社からの受取配当金の消去額であります。
         3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
        当第1四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年6月30日)

       1 報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                    四半期連結
                              報告セグメント
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)2      計上額
                       国内生命      海外保険
                                  その他事業        計
                                                     (注)3
                       保険事業       事業
       経常収益(注)1
                       1,252,061       369,341       2,282    1,623,686      △ 31,184     1,592,502

        外部顧客からの経常収益
        セグメント間の内部経常収益
                         2,376       426    35,430      38,232     △ 38,232         ―
        又は振替高
                       1,254,437       369,768      37,713    1,661,919      △ 69,417     1,592,502
              計
       セグメント利益                  85,089      13,735      32,230     131,055     △ 32,881       98,173

       (注)1     一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

         2   調整額は次のとおりであります。
          (1)  外部顧客からの経常収益の調整額△31,184百万円は、主に経常収益のうち為替差益12,108百万円、経常
            費用のうち支払備金繰入額6,498百万円について、四半期連結損益計算書上は、経常費用のうち為替差
            損、経常収益のうちその他経常収益にそれぞれ含めたことによる振替額であります。
          (2)  セグメント利益の調整額△32,881百万円は、主に関係会社からの受取配当金の消去額であります。
         3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                 24/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       2 報告セグメントの変更等に関する事項

         (報告セグメントの変更)
          当社の報告セグメントは、前中間連結会計期間までは単一セグメントとしておりましたが、2016年10月1日
         付で持株会社体制へ移行したことに伴い、当社は、傘下の子会社等の経営管理等に特化しております。
          従って、当社は、傘下の子会社等を基礎としたセグメントから構成されており、「国内生命保険事業」、
         「海外保険事業」、「その他事業」の3つを新たに報告セグメントとして設定いたしました。
          なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の区分により作成したものを記載しておりま
         す。
                                 25/46

















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (金融商品関係)
       前連結会計年度(2017年3月31日)
       金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
       が極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2参照)。
                                連結貸借対照表

                                            時価         差額
                                  計上額
                                           (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
     (1) 現金及び預貯金                               881,965         881,965            ―
     (2) コールローン                               98,500         98,500            ―
     (3) 買入金銭債権                               198,294         198,294            ―
     (4) 金銭の信託                               333,111         333,111            ―
     (5) 有価証券
       ①  売買目的有価証券                              5,171,157         5,171,157             ―
       ②  満期保有目的の債券                               369,012         369,239           226
       ③  責任準備金対応債券                             15,033,383         17,895,895          2,862,511
       ④  子会社・関連会社株式                               38,206         55,260         17,054
       ⑤  その他有価証券                             22,264,874         22,264,874              ―
     (6) 貸付金                              3,566,603
                                     △892
           貸倒引当金(※1)
                                   3,565,711         3,683,457          117,746
                資産計                  47,954,216         50,951,755          2,997,538
     (1) 社債                               989,743         996,144          6,401
     (2) 借入金                               771,988         780,425          8,437
                負債計                   1,761,731         1,776,570           14,838
     デリバティブ取引(※2)
       ①  ヘッジ会計が適用されていないもの                              (26,955)         (26,955)             ―
       ②  ヘッジ会計が適用されているもの                              (156,757)         (159,730)          △2,972
             デリバティブ取引計                      (183,713)         (186,685)          △2,972
      (※1)  貸付金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      (※2)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては、(  )で示しております。
                                 26/46








                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (注)1     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資  産
        (1) 現金及び預貯金
          預貯金は、満期までの期間が短いもの及び満期のないものであり、時価は帳簿価額と近似していることか
         ら、当該帳簿価額によっております。
        (2) コールローン
          コールローンはすべて満期までの期間が短いため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
         によっております。
        (3) 買入金銭債権
          買入金銭債権は合理的に算定された価額等によっております。
        (4) 金銭の信託
          株式は取引所等の価格によっており、債券は取引所等の価格又は取引金融機関から提示された価格によって
         おります。また、投資信託は、基準価格等によっております。
         (※)    金銭の信託内のデリバティブ取引は、取引所の価格、取引先金融機関から提示された価格等によってお
            ります。
        (5) 有価証券
          株式は取引所等の価格によっており、債券は取引所等の価格又は取引金融機関から提示された価格等によっ
         ております。また、投資信託は、基準価格等によっております。組合出資金は、組合財産を時価評価できるも
         のには時価評価を行った上、当該財産に対する持分相当額を組合出資金の時価とみなして計上しております。
         なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については「(有価証券関係)」に記載しております。
        (6) 貸付金
          貸付金は、対象先に新規貸付を行った場合に想定される内部格付・残存期間に応じた利率等で、対象先の将
         来キャッシュ・フローを割り引いて算定しております。
          また、リスク管理債権は、見積将来キャッシュ・フローの現在価値又は担保・保証による回収見込額等に基
         づいて貸倒引当金を算定しており、時価は連結貸借対照表計上額から貸倒引当金を控除した金額に近似してい
         るため、当該金額をもって時価としております。
          なお、貸付金のうち、当該貸付を担保資産の範囲内に限る等の特性により、返済期限を設けていないものに
         ついては、返済見込期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価
         額を時価としております。
      負  債
        (1) 社債
          社債は取引所等の価格によっております。
        (2) 借入金
          借入金は、新規借入を行った場合に想定される内部格付・残存期間に応じた利率等で、将来キャッシュ・フ
         ローを割り引いて算定しております。また、一部の借入金については、金利条件等から時価は帳簿価額と近似
         しているものと想定されるため、帳簿価額を時価としております。
      デリバティブ取引
       デリバティブ取引は、取引所の価格、取引先金融機関から提示された価格等によっております。
                                 27/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (注)2     時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は次のとおりであり、金融商品の時価情報の「資産
          (5)  有価証券」には含まれておりません。
                                         連結貸借対照表計上額

                     区分
                                            (百万円)
          (1)  非上場国内株式(※)
                                                      170,966
          (2)  非上場外国株式(※)                                           58,542
          (3)  外国その他証券(※)
                                                      472,414
          (4)  その他の証券(※)
                                                       72,404
                     合計                                  774,328
          (※)  市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の対象とはしてお
             りません。
                                 28/46
















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間(2017年6月30日)
       金融商品の時価等に関する事項
        四半期連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
       ることが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2参照)。
                                四半期連結貸借

                                            時価         差額
                                 対照表計上額
                                           (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
      (1)  現金及び預貯金
                                    815,473         815,473            ―
      (2)  コールローン
                                    187,200         187,200            ―
      (3)  買入金銭債権
                                    194,844         194,844            ―
      (4)  金銭の信託
                                    366,876         366,876            ―
      (5)  有価証券
       ①   売買目的有価証券
                                   5,193,014         5,193,014             ―
       ②   満期保有目的の債券
                                    356,128         359,036          2,908
       ③   責任準備金対応債券
                                   15,198,545         18,052,849          2,854,303
       ④   子会社・関連会社株式
                                      1,249         1,228          △20
       ⑤   その他有価証券
                                   22,731,481         22,731,481              ―
      (6)  貸付金
                                   3,544,670
         貸倒引当金(※1)                            △1,379
                                   3,543,291         3,659,547          116,256
                 資産計                  48,588,104         51,561,552          2,973,447
      (1)  社債
                                    967,042         984,441          17,398
      (2)  借入金
                                    790,405         795,386          4,980
                 負債計                   1,757,448         1,779,827           22,378
      デリバティブ取引(※2)
       ①   ヘッジ会計が適用されていないもの
                                    (42,655)         (42,655)             ―
       ②   ヘッジ会計が適用されているもの
                                   (141,130)         (143,982)          △2,851
              デリバティブ取引計                      (183,786)         (186,638)          △2,851
      (※1)  貸付金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      (※2)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては、(  )で示しております。
                                 29/46








                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (注)1     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資  産
        (1)  現金及び預貯金
          預貯金は、満期までの期間が短いもの及び満期のないものであり、時価は帳簿価額と近似していることか
         ら、当該帳簿価額によっております。
        (2)  コールローン
          コールローンはすべて満期までの期間が短いため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
         によっております。
        (3)  買入金銭債権
          買入金銭債権は合理的に算定された価額等によっております。
        (4)  金銭の信託
          株式は取引所等の価格によっており、債券は取引所等の価格又は取引金融機関から提示された価格によって
         おります。また、投資信託は、基準価格等によっております。
         (※)    金銭の信託内のデリバティブ取引は、取引所の価格、取引先金融機関から提示された価格等によってお
            ります。
        (5)  有価証券
          株式は取引所等の価格によっており、債券は取引所等の価格又は取引金融機関から提示された価格等によっ
         ております。また、投資信託は、基準価格等によっております。組合出資金は、組合財産を時価評価できるも
         のには時価評価を行った上、当該財産に対する持分相当額を組合出資金の時価とみなして計上しております。
         なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については「(有価証券関係)」に記載しております。
        (6)  貸付金
          貸付金は、対象先に新規貸付を行った場合に想定される内部格付・残存期間に応じた利率等で、対象先の将
         来キャッシュ・フローを割り引いて算定しております。
          また、リスク管理債権は、見積将来キャッシュ・フローの現在価値又は担保・保証による回収見込額等に基
         づいて貸倒引当金を算定しており、時価は四半期連結貸借対照表計上額から貸倒引当金を控除した金額に近似
         しているため、当該金額をもって時価としております。
          なお、貸付金のうち、当該貸付を担保資産の範囲内に限る等の特性により、返済期限を設けていないものに
         ついては、返済見込期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価
         額を時価としております。
      負  債
        (1)  社債
          社債は取引所等の価格によっております。
        (2)  借入金
          借入金は、新規借入を行った場合に想定される内部格付・残存期間に応じた利率等で、将来キャッシュ・フ
         ローを割り引いて算定しております。また、一部の借入金については、金利条件等から時価は帳簿価額と近似
         しているものと想定されるため、帳簿価額を時価としております。
      デリバティブ取引
        デリバティブ取引は、取引所の価格、取引先金融機関から提示された価格等によっております。
                                 30/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
      (注)2     時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は次のとおりであり、金融商品の時価情報の「資産
          (5)  有価証券」には含まれておりません。
                                       四半期連結貸借対照表計上額

                     区分
                                            (百万円)
          (1)  非上場国内株式(※)
                                                      171,651
          (2)  非上場外国株式(※)                                           57,850
          (3)  外国その他証券(※)
                                                      474,262
          (4)  その他の証券(※)
                                                       82,813
                     合計                                  786,577
          (※)    市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の対象とはしてお
             りません。
                                 31/46
















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (有価証券関係)
       前連結会計年度(2017年3月31日)
       1  満期保有目的の債券
                  連結貸借対照表計上額                  時価              差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                          46,314              50,832               4,517
      ①   国債
                          46,014              50,534               4,519
      ②   地方債
                             ―              ―              ―
      ③   社債
                            300              297              △2
     (2)  外国証券
                          322,697              318,406              △4,291
      ①   外国公社債
                          322,697              318,406              △4,291
         合計                 369,012              369,239                226
       2  責任準備金対応債券

                  連結貸借対照表計上額                  時価              差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                        12,738,045              15,553,124               2,815,079
      ①   国債
                        11,949,483              14,704,542               2,755,059
      ②   地方債
                          83,688              97,698              14,010
      ③   社債
                          704,873              750,883               46,009
     (2)  外国証券
                         2,295,338              2,342,770                47,431
      ①   外国公社債
                         2,295,338              2,342,770                47,431
         合計               15,033,383              17,895,895               2,862,511
       3  その他有価証券

                     取得原価           連結貸借対照表計上額                  差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                         3,919,830              4,414,256               494,425
      ①   国債
                         2,123,631              2,558,793               435,162
      ②   地方債
                           35,845              37,667              1,822
      ③   社債
                         1,760,354              1,817,795               57,440
     (2)  株式
                         1,647,671              3,335,538              1,687,866
     (3)  外国証券
                         13,452,398              13,765,984               313,585
      ①   外国公社債
                         12,646,361              12,835,532               189,171
      ②   外国その他証券
                          806,037              930,451              124,414
     (4)  その他の証券                   949,232              997,387              48,154
          合計               19,969,134              22,513,167              2,544,032
     (注)    その他の証券には、連結貸借対照表において現金及び預貯金として表示している譲渡性預金(取得原価50,000百万
        円、連結貸借対照表計上額49,998百万円)及び買入金銭債権として表示している信託受益権(取得原価192,393百
        万円、連結貸借対照表計上額198,294百万円)が含まれております。
                                 32/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間(2017年6月30日)
       1  満期保有目的の債券
                四半期連結貸借対照表計上額                    時価              差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                          46,692              50,920               4,227
      ①   国債
                          46,089              50,318               4,228
      ②   地方債
                             ―              ―              ―
      ③   社債
                            602              601              △1
     (2)  外国証券
                          309,435              308,115              △1,319
      ①   外国公社債
                          309,435              308,115              △1,319
         合計                 356,128              359,036               2,908
       2  責任準備金対応債券

                四半期連結貸借対照表計上額                    時価              差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                        12,759,256              15,546,881               2,787,624
      ①   国債                11,956,322              14,684,754               2,728,432
      ②   地方債
                          86,324              100,099               13,774
      ③   社債
                          716,609              762,027               45,417
     (2)  外国証券
                         2,439,289              2,505,967                66,678
      ①   外国公社債
                         2,439,289              2,505,967                66,678
         合計               15,198,545              18,052,849               2,854,303
       3  その他有価証券

                     取得原価         四半期連結貸借対照表計上額                    差額
                     (百万円)              (百万円)              (百万円)
     (1)  公社債
                         3,890,191              4,381,662               491,470
      ①   国債
                         2,113,142              2,542,466               429,324
      ②   地方債
                           37,186              38,897              1,710
      ③   社債
                         1,739,862              1,800,298               60,435
     (2)  株式
                         1,662,417              3,485,927              1,823,509
     (3)  外国証券
                         13,728,212              14,237,197               508,985
      ①   外国公社債
                         12,734,380              13,097,389               363,009
      ②   外国その他証券
                          993,832             1,139,808               145,975
     (4)  その他の証券
                          819,325              871,534              52,208
          合計               20,100,148              22,976,321              2,876,173
      (注)    その他の証券には、四半期連結貸借対照表において現金及び預貯金として表示している譲渡性預金(取得原価
         50,000百万円、四半期連結貸借対照表計上額49,996百万円)及び買入金銭債権として表示している信託受益権
         (取得原価189,270百万円、四半期連結貸借対照表計上額194,844百万円)が含まれております。
                                 33/46





                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (デリバティブ取引関係)
       前連結会計年度(2017年3月31日)
       ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        (1)  通貨関連
                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            通貨先物
        取引所
             売建                      39,613           918          918
            為替予約
             売建                    1,287,415          △12,627          △12,627
             買建                    1,056,823            5,344          5,344
            通貨スワップ
             外貨受取/円貨支払                     117,326           3,634          3,634
            通貨オプション
             売建
        店頭
              コール                     93,491
                                    (690)            ―         690
             買建
              プット                    521,866
                                   (7,321)           2,668         △4,652
            トータル・リターン・スワップ
             為替指数連動                     177,858          △4,559          △4,559
                 合計                 ―          ―          △11,251
        (注)1     括弧内には、連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引、先渡契約及びスワップ取引については時価を記載し、オプション取引につ
            いてはオプション料と時価との差額を記載しております。
        (2)  金利関連

                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            金利スワップ
             固定金利受取/変動金利支払                     193,788           6,629          6,629
             固定金利支払/変動金利受取                      52,254           131          131
            金利スワップション
             売建
        店頭
              固定金利支払/変動金利受取                    350,000
                                   (1,672)            67        1,604
             買建
              固定金利支払/変動金利受取                   1,176,210
                                  (20,235)           2,311        △17,923
                 合計                 ―          ―          △9,558
        (注)1     括弧内には、連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、スワップ取引については時価を記載し、オプション取引についてはオプション料と時
            価との差額を記載しております。
                                 34/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (3)  株式関連
                                 契約額等          時価        評価損益
        区分          取引の種類
                                 (百万円)         (百万円)         (百万円)
            円建株価指数先物
             売建                       20,849           223         223
             買建                       25,313          △268         △268
            外貨建株価指数先物
             売建                       107,669           120         120
             買建                       21,439           126         126
            円建株価指数オプション
             買建
              プット                      80,000
                                    (2,362)            10       △2,352
            外貨建株価指数オプション
       取引所     売建
              コール                      198,955
                                    (9,315)          13,397         △4,082
             買建
              コール                      193,410
                                   (12,385)          17,289          4,904
              プット                      78,340
                                    (4,629)          7,517         2,887
            その他
             買建
              コール                         24
                                     (15)          17          2
            円建株価指数オプション
             買建
              プット                      12,099
                                    (2,743)          1,704        △1,038
            外貨建株価指数オプション
             売建
        店頭      コール                      102,772
                                    (3,993)          4,920         △926
             買建
              コール                      101,902
                                    (5,608)          6,905         1,297
              プット                      73,734
                                   (13,623)           4,896        △8,726
                  合計                  ―         ―          △7,834
        (注)1     括弧内には、連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引については時価を記載し、オプション取引についてはオプション料と時価と
            の差額を記載しております。
                                 35/46




                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (4)  債券関連
                                 契約額等          時価        評価損益
        区分          取引の種類
                                 (百万円)         (百万円)         (百万円)
            円建債券先物
             売建                        9,298          △18         △18
             買建                       103,370           172         172
       取引所
            外貨建債券先物
             売建                       260,734          △921         △921
             買建                       314,486           531         531
            円建債券店頭オプション
             売建
              コール                      18,784
                                     (47)          90        △42
              プット                      99,556
        店頭                             (693)          496         197
             買建
              コール                      99,556
                                     (453)          675         222
              プット                      18,784
                                     (119)          160          41
                  合計                  ―         ―            182
        (注)1     括弧内には、連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引については時価を記載し、オプション取引についてはオプション料と時価と
            の差額を記載しております。
                                 36/46











                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (5)  その他
         ①   クレジット・デフォルト・スワップ及び組込デリバティブ
                                 契約額等           時価         評価損益
         区分          取引の種類
                                 (百万円)          (百万円)          (百万円)
             クレジット・デフォルト・スワップ
         店頭     プロテクション売建                      28,000           674          674
              プロテクション買建                      11,385          △119          △119
         その他     組込デリバティブ                      1,709,918          △52,131          △52,131
                  合計                 ―          ―          △51,577
         (注)1     組込デリバティブには、一部の在外連結子会社において現地の会計基準に基づき組込デリバティブと
             して区分処理された変額年金の最低保証部分等を記載しております。
           2   評価損益欄には、時価を記載しております。
         ②   第一フロンティア生命保険株式会社は、運用目的の金銭の信託及び外国証券(投資信託)内においてデリ

          バティブ取引を利用しております。取引の詳細は次のとおりであります。
          a   通貨関連
                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             通貨先物
         取引所      売建                     19,009          △242          △242
              買建                     41,336           876          876
             為替予約
         店頭
              売建                    118,513           1,371          1,371
                 合計                 ―          ―           2,005
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
          b   株式関連

                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             円建株価指数先物
              売建                     58,946           972          972
         取引所
             外貨建株価指数先物
              売建                     59,483          △476          △476
                 合計                 ―          ―            496
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
          c   債券関連

                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             円建債券先物
              売建                     82,659            5          5
         取引所
             外貨建債券先物
              売建                    132,238           △253          △253
                 合計                 ―          ―           △247
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
                                 37/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結会計期間(2017年6月30日)
       ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        (1) 通貨関連
                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            通貨先物
        取引所
             売建                       33,528          △699          △699
            為替予約
             売建
                                  1,502,813          △31,224          △31,224
             買建                     1,130,596           11,147          11,147
            通貨スワップ
             円貨支払/外貨受取
                                   159,426           8,234          8,234
            通貨オプション
             売建
              プット                       25,802
                                    (25)           0         25
        店頭
              コール                       19,195
                                    (70)          111         △41
             買建
              プット                      496,162
                                   (6,520)           2,095         △4,424
              コール                       94,012
                                    (721)          1,527           806
            トータル・リターン・スワップ
             為替指数連動
                                   178,164          △2,657          △2,657
                 合計                 ―          ―          △18,832
        (注)1     括弧内には、四半期連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引、先渡契約及びスワップ取引については時価を記載し、オプション取引につ
            いてはオプション料と時価との差額を記載しております。
                                 38/46









                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (2)  金利関連
                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            金利スワップ
             固定金利受取/変動金利支払
                                   221,709           4,237          4,237
             固定金利支払/変動金利受取
                                   58,100            61          61
            金利スワップション
             売建
        店頭
              固定金利支払/変動金利受取                      350,000
                                   (1,672)            10        1,661
             買建
              固定金利支払/変動金利受取                     1,270,242
                                  (19,894)           2,555        △17,339
                 合計                 ―          ―          △11,379
        (注)1     括弧内には、四半期連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、スワップ取引については時価を記載し、オプション取引についてはオプション料と時
            価との差額を記載しております。
                                 39/46














                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (3) 株式関連
                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            円建株価指数先物
             売建                      16,109          △143          △143
             買建                      8,892           67          67
            外貨建株価指数先物
             売建                      96,383          △188          △188
             買建                      17,905          △155          △155
            円建株価指数オプション
             買建
              プット                     55,757
                                   (1,875)            430        △1,445
            外貨建株価指数オプション
        取引所      売建
              コール                    236,864
                                  (10,120)           16,219         △6,099
             買建
              コール                    230,101
                                  (13,722)           21,057          7,334
              プット                     92,376
                                   (6,713)           5,600         △1,112
            その他
             買建
              コール                       17
                                    (14)           17          2
            円建株価指数オプション
             買建
              プット                     8,691
                                   (2,138)           1,517          △620
            外貨建株価指数オプション
             売建
        店頭      コール                    102,153
                                   (3,527)           6,424         △2,897
             買建
              コール                    102,262
                                   (5,058)           8,693          3,635
              プット                     60,920
                                  (10,455)           3,522         △6,932
                 合計                 ―          ―          △8,556
        (注)1     括弧内には、四半期連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引については時価を記載し、オプション取引についてはオプション料と時価と
            の差額を記載しております。
                                 40/46




                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (4) 債券関連
                                契約額等           時価         評価損益
        区分          取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
            円建債券先物
             買建                       92,850          △233          △233
        取引所     外貨建債券先物
             売建                      621,370           2,413          2,413
             買建                      828,414          △6,995          △6,995
            外貨建債券先渡契約
             売建
                                   61,161           275          275
             買建
                                   73,646          △382          △382
            円建債券店頭オプション
             売建
              コール
                                   29,647
                                    (135)           129           5
        店頭
              プット
                                   134,285
                                    (760)          1,016          △256
             買建
              コール
                                   134,285
                                    (443)           343         △99
              プット
                                   29,647
                                    (230)           425          194
                 合計                 ―          ―          △5,076
        (注)1     括弧内には、四半期連結貸借対照表に計上したオプション料を記載しております。
          2   評価損益欄には、先物取引及び先渡契約については時価を記載し、オプション取引についてはオプショ
            ン料と時価との差額を記載しております。
                                 41/46










                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
        (5) その他
         ①   クレジット・デフォルト・スワップ及び組込デリバティブ
                                 契約額等           時価         評価損益
         区分          取引の種類
                                 (百万円)          (百万円)          (百万円)
             クレジット・デフォルト・スワップ
              プロテクション売建                       28,500           690          690
         店頭
              プロテクション買建
                                     4,000          △85          △85
         その他     組込デリバティブ                      1,657,623          △50,894          △50,894
                  合計                 ―          ―          △50,289
         (注)1     組込デリバティブには、一部の在外連結子会社において現地の会計基準に基づき組込デリバティブと
             して区分処理された変額年金の最低保証部分等を記載しております。
           2   評価損益欄には、時価を記載しております。
         ② 第一フロンティア生命保険株式会社は、運用目的の金銭の信託及び外国証券(投資信託)内においてデリ

          バティブ取引を利用しております。取引の詳細は次のとおりであります。
          a   通貨関連
                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             通貨先物
              売建
                                   16,968          △336          △336
         取引所
              買建
                                   37,865          △899          △899
             為替予約
              売建
                                   96,196         △4,218          △4,218
         店頭
              買建
                                    1,744           △0          △0
                 合計                 ―          ―          △5,454
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
          b   株式関連

                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             円建株価指数先物
              売建                      49,446          △268          △268
         取引所
             外貨建株価指数先物
              売建                      49,096           405          405
                 合計                 ―          ―            137
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
          c   債券関連

                                契約額等           時価         評価損益
         区分         取引の種類
                                (百万円)          (百万円)          (百万円)
             円建債券先物
              売建
                                   69,156           105          105
         取引所
             外貨建債券先物
              売建
                                   111,980            906          906
                 合計                 ―          ―           1,012
         (注)    評価損益欄には、時価を記載しております。
                                 42/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、次のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                                  至   2016年6月30日)           至   2017年6月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        41円06銭              61円20銭
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)
                                         48,444             71,936
      普通株主に帰属しない金額(百万円)
                                            ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         48,444             71,936
      四半期純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)
                                        1,179,942             1,175,352
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        41円03銭              61円16銭
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                      ―             ―
      普通株式増加数(千株)
                                           703             791
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                            ―             ―
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)    株式給付信託(J-ESOP)により信託口が所有する当社株式及び信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-
         Ship®)により第一生命保険従業員持株会専用信託が所有する当社株式は、1株当たり四半期純利益金額の算定
         上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。なお、2016年7月をもって第一生命
         保険従業員持株会専用信託は終了しております。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2 【その他】

       該当事項はありません。
                                 43/46









                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 44/46



















                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2017年8月8日

     第一生命ホールディングス株式会社
      取締役会  御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          髙      波      博      之      ㊞
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          三      輪      登    信       ㊞
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          関               賢      二      ㊞
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている第一生命ホール

     ディングス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2017年4月
     1日から2017年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年6月30日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につい
     て四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、第一生命ホールディングス株式会社及び連結子会社の2017年6月
     30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の2017年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に係
     る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監
     査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2016年8月8日付けで無限定の結論を表明して
     おり、また、当該連結財務諸表に対して2017年6月26日付けで無限定適正意見を表明している。
                                 45/46



                                                           EDINET提出書類
                                                第一生命ホールディングス株式会社(E06141)
                                                             四半期報告書
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      㯿ᄀ   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
       2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 46/46


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク