GFA株式会社 四半期報告書 第17期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第17期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
提出日
提出者 GFA株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年8月9日
      【四半期会計期間】                    第17期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    GFA株式会社
      【英訳名】                    GFA  Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  高木 良
      【本店の所在の場所】                    東京都港区南青山二丁目2番15号
      【電話番号】                    (03)-6432-9140(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部 主任 飛田 津由佳
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区南青山二丁目2番15号
      【電話番号】                    (03)-6432-9140(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部 主任 飛田 津由佳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                             第16期            第17期

              回次                                       第16期
                          第1四半期累計期間            第1四半期累計期間
                         自 平成28年4月1日            自 平成29年4月1日            自 平成28年4月1日

             会計期間
                         至 平成28年6月30日            至 平成29年6月30日            至 平成29年3月31日
                    (千円)             35,704            201,986            765,828

     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)            △ 14,058            75,579           △ 27,661

     四半期純利益又は四半期(当
                    (千円)            △ 16,650            64,245           △ 49,882
     期)純損失(△)
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)               -            -            -
     利益
                    (千円)             452,697            452,697            452,697
     資本金
                    (株)           2,704,600            8,113,800            8,113,800

     発行済株式総数
                    (千円)             727,318            758,236            694,010

     純資産額
                    (千円)             884,558            935,289            869,114

     総資産額
     1株当たり四半期純利益金
     額又は1株当たり四半期(当              (円)             △ 2.13            8.22           △ 6.38
     期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)               -            -            -
     四半期(当期)純利益金額
                    (%)              82.2            81.1            79.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移につ
           いては記載しておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在していないため記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         5.  当社は、平成28年9月1日付けで普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。これに伴い
           前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し「1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
           (当期)純損失金額」を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
       社における異動もありません。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
       事業等のリスクについて重要な変更はありません。
        当社は、当第1四半期累計期間では64,245千円の四半期純利益を計上しましたが、前事業年度において当期純損失
       を計上し、営業キャッシュ・フローもマイナスとなったため、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるよう
       な事象又は状況が存在しておりますが、継続企業の前提に関する重要な不確実性はないものと判断しております。
        詳しい内容については、「3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 2.事業等のリスクに
       記載した重要事象等についての分析・検討内容及び当該重要事象等を解消し、又は改善するための対応策」をご参照
       ください。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       1.財政状態及び経営成績の状況の分析
       (1)  業績の状況
         当第1四半期累計期間(平成29年4月1日~平成29年6月30日)における我が国経済の業況判断につきまして
        は、6月の日銀短観によりますと、機械や素材など大企業製造業の景況感が改善し、景気回復の裾野は中小企業や
        非製造業にも広がりました。業況判断指数(DI)は全規模全産業でプラス12となり、リーマンショック危機後で
        最高となりました。しかし、その一方で、長期政権に対する不信感が高まっており、先行きの不透明な状況が続い
        てお  ります。
         世界経済につきましては、米国では、景気の拡大局面が8年に達しましたが、貿易をはじめとした保護主義政策
        による各国への影響が懸念されております。一方、5月7日に行われたフランス大統領選挙では、親EU派のエマ
        ニュエル・マクロン氏が勝利し、その後6月に行われたフランス下院議員選挙におきましても、マクロン大統領率
        いる新党「共和国前進」が6割の議席を獲得しました。また、北朝鮮の軍備増強といった地政学リスクに左右され
        る経済環境が依然として続いております。
         国内不動産業界におきましては、ワンルームマンションをはじめとした投資用マンションの価格上昇が続いてお
        ります。株式会社ファーストロジックによりますと、東京都のマンション1室の平均価格が、4~6月は1,963万
        円と1~3月に比べ2.5%上昇しており、個人や海外投資家の需要が根強い傾向が見られます。
         このような環境のもと、当社は、収益獲得のさらなる強化に努めてまいりました。不動産投資業務につきまして
        は、リフォーム等で付加価値を高めて販売することを目的として中古区分マンションの取得に努めるとともに、リ
        フォーム後の中古区分マンションを売却いたしました。アドバイザリー業務につきましては、収益不動産を中心に
        不動産仲介業務に取り組んでまいりました。
         この結果、当第1四半期累計期間の業績は、営業収益201,986千円(前年同四半期比465.7%増)となり、経常利
        益75,579千円(前年同四半期は14,058千円の経常損失)、四半期純利益64,245千円(前年同四半期は16,650千円の
        四半期純損失)となりました。
         セグメント毎の業績につきましては、当社は金融サービス事業のみの単一セグメントであるため、記載するべき
        事項はありません。
       (2)  財政状態の分析

        (流動資産)
         当第1四半期会計期間末における流動資産の残高は924,496千円となり、前事業年度末比61,677千円の増加とな
        りました。     これは主に現金及び預金が61,888千円、仕掛販売用不動産が52,563千円、販売用不動産が23,643千円増
        加した一方で、営業貸付金が81,900千円減少したことなどによるものであります。
        (固定資産)
         当第1四半期会計期間末における固定資産の残高は6,269千円となり、前事業年度末比25千円の減少となりまし
        た。これは備品取得額と減価償却費との差額によるものであります。
         (繰延資産)
         当第1四半期会計期間末における繰延資産の残高は4,523千円となりました。これは新株予約権発行に伴う費用
        であります。
        (流動負債)
         当第1四半期会計期間末における流動負債の残高は173,413千円となり、前事業年度末比1,949千円の増加となり
        ました。    これは主に未払法人税等が11,465千円、未払金が4,252千円増加した一方で、短期借入金が12,540千円減
        少したことなどによるものであります。
        (固定負債)
                                  3/17

                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
         当第1四半期会計期間末における固定負債の残高は3,639千円となり、前事業年度末比は変動なしとなりまし
        た。
        (純資産)
         当第1四半期会計期間末における純資産の残高は758,236千円となり、前事業年度末比64,225千円の増加
        となりました。       これは主に四半期純利益の計上などによるものであります。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期累計期間において当社が対処すべき課題について重要な変更はございません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
       2.事業等のリスクに記載した重要事象等についての分析・検討内容及び当該重要事象等を解消し、又は改善するた

         めの対応策
         「1 事業等のリスク」に記載のとおり、当社は、当第1四半期累計期間では64,245千円の四半期純利益を計上
        しましたが、前事業年度において当期純損失を計上し、営業キャッシュ・フローもマイナスとなったため、継続企
        業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
         当社は、平成29年6月22日に第1回新株予約権発行に関するお知らせで発表しましたとおり、資金調達を決議いた
        しました。調達した資金を新たな収益不動産の残高拡充や金融・不動産に関わる新たな事業展開に投下することに
        より収益改善・収益拡大を企図しております。
         以上のような事業展開を進めてゆくことによって、営業キャッシュ・フローについて改善を見込んでいること、
        また当該事業を展開するに十分な現預金を有していることから、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる
        ような事象又は状況を解消することが可能であると考えており、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認めら
        れないと判断しております。
                                  4/17












                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                                  32,000,000

       普通株式
                  計                                32,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                          (平成29年8月9日)
            (平成29年6月30日)                          取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                    単元株数は100株
                 8,113,800              8,334,800
      普通株式                                    JASDAQ
                                                    であります。
                                         (スタンダード)
        計          8,113,800              8,334,800             -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数         発行済株式総数         資本金増減額        資本金残高      資本準備金       資本準備金
        年月日
               増減数(株)         残高(株)          (千円)       (千円)      増減額(千円)       残高(千円)
     平成29年4月1日~
                         8,113,800
                  -                -      452,697        -      487,497
      平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年6月30日現在
             区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -             -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -             -            -

      議決権制限株式(その他)                        -             -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式  300,400                   -            -

      完全議決権株式(その他)                   普通株式 7,812,900                    78,129           -

      単元未満株式                   普通株式    500                   -            -

      発行済株式総数                        8,113,800                   -            -

      総株主の議決権                        -              78,129           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                  対する所有株式数
      又は名称                    株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
                 東京都港区南青山

       GFA株式会社                       300,400           -      300,400            3.70
                 二丁目2番15号
          計          -         300,400           -      300,400            3.70

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平成
       29年6月30日まで)及び当第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸
       表について、興亜監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
         第16期事業年度                 監査法人アヴァンティア
         第17期第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間 興亜監査法人
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/17















                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        326,332              388,220
         現金及び預金
                                        260,700              178,800
         営業貸付金
                                         2,223              6,184
         営業未収入金
                                        270,777              294,420
         販売用不動産
                                           -            52,563
         仕掛販売用不動産
                                           -             1,500
         前渡金
                                         2,785              2,807
         前払費用
                                        862,819              924,496
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         3,779              3,779
          建物
                                        △ 1,702             △ 1,771
            減価償却累計額
            建物(純額)                              2,077              2,008
          工具、器具及び備品                               3,705              3,811
                                        △ 3,084             △ 3,147
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               620              663
                                         2,698              2,672
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           88              88
          電話加入権
                                           88              88
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         1,090              1,090
          投資有価証券
                                         2,417              2,417
          差入保証金
                                         3,508              3,508
          投資その他の資産合計
                                         6,294              6,269
         固定資産合計
       繰延資産
                                           -             4,523
         社債発行費等
                                           -             4,523
         繰延資産合計
                                        869,114              935,289
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         10,402              14,655
         未払金
                                        149,140              136,600
         短期借入金
                                         1,573              13,038
         未払法人税等
                                         8,606              6,517
         未払消費税等
                                           998              998
         前受金
                                           743             1,603
         預り金
                                        171,464              173,413
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,639              3,639
         長期預り保証金
                                         3,639              3,639
         固定負債合計
                                        175,103              177,052
       負債合計
                                  8/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        452,697              452,697
         資本金
                                        487,497              487,497
         資本剰余金
                                       △ 221,327             △ 157,082
         利益剰余金
                                        △ 24,856             △ 24,876
         自己株式
                                        694,010              758,236
         株主資本合計
                                        694,010              758,236
       純資産合計
                                        869,114              935,289
      負債純資産合計
                                  9/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業収益
                                         35,704              201,986
       業務収益
                                         35,704              201,986
       営業収益合計
      営業原価
                                         10,940              80,189
       業務原価
                                         10,940              80,189
       営業原価合計
                                         24,764              121,797
      営業総利益
      営業費用
       販売費及び一般管理費
                                         5,850              7,990
         役員報酬
                                         11,346               9,150
         給料及び手当
                                         4,070              5,015
         支払報酬
                                         5,739              5,470
         支払手数料
                                         10,888              17,823
         その他
                                         37,895              45,450
         販売費及び一般管理費合計
                                         37,895              45,450
       営業費用合計
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 13,131              76,347
      営業外収益
                                            0              -
       受取利息
                                           -               2
       受取配当金
                                            2              18
       雑収入
                                            2              20
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           929              789
       支払利息
                                           929              789
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 14,058              75,579
      特別損失
                                         2,520                -
       賃貸借契約解約損
                                         2,520                -
       特別損失合計
      税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                  △ 16,578              75,579
                                           72            11,333
      法人税、住民税及び事業税
      法人税等合計                                     72            11,333
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 16,650              64,245
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
        間に係る減価償却費は、次のとおりであります。
                            前第1四半期累計期間                  当第1四半期累計期間
                           (自 平成29年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                            至 平成29年6月30日)                  至 平成29年6月30日)
      減価償却費                               103千円                  131千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
          1. 配当金支払額
            該当事項はありません。
         2. 株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第1四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

          1. 配当金支払額
            該当事項はありません。
         2. 株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
        (持分法損益等)

         該当事項はありません。
        (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
            当社は、金融サービス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

            当社は、金融サービス事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 11/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
                                      △2円13銭                 8円22銭
      期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)
                                       △16,650                 64,245
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る四半期純利益金額又は四半期純
                                       △16,650                 64,245
       損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               7,813,509               7,813,376
        (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
           2.     当社は、平成28年9月1日付けで普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。これに
           伴い前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し「普通株式の期中平均株式数」及び「1株当たり
           四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額」を算定しております。
        (重要な後発事象)

       (第三者割当による第1回新株予約権の発行に係る払込完了)
        平成29年6月22日開催の当社取締役会にIbuki                     Japan   Fundを割当先とする新株予約権(以下「本新株予約権」とい
       います。)の発行について決議し、平成29年7月10日、発行価額の全額の払込が完了したことを確認致しました。
     第三者割当による第1回新株予約権の発行概要

      (1)
          割当日                平成29年7月10日
      (2)
          発行新株予約権総数                19,500個
      (3)                    本新株予約権1個当たり1,547円(1株につき15.47円)
          発行価額
      (4)                    1,950,000株(本新株予約権1個当たり100株)
          当該発行による潜在株式数
                         1,120,601,500円
                         (内訳)
                                                  30,166,500円
                          本新株予約権発行による調達額
      (5)    調達資金の額
                                                1,154,400,000円
                          本新株予約権行使による調達額
                                                  63,965,000円
                          発行諸費用
                                                1,120,601,500円
                          差引手取概算額
      (6)
          行使価額                1株あたり592円
          募集又は割当方法
      (7)                    Ibuki   Japan   Fundに対する第三者割当方式
          (割当先)
     (注)調達資金の額は、本新株予約権の払込金額の総額に本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額を合算した
        額から、本新株予約権の発行に係る諸費用の概算額を差し引いた金額です。行使価額が調整された場合には、調達
        資金の額は増加又は減少する可能性があります。また、本新株予約権の行使期間内に行使が行われない場合及び当
        社が取得した本新株予約権を消却した場合には、調達資金の額は減少します。
                                 12/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
       (第三者割当による第1回新株予約権の行使による増資)
        当社が発行いたしました新株予約権につき、平成29年7月度に下記のように行使されています。
     1.新株予約権行使の内容

     銘          柄          名   第1回新株予約権
                            19,500個
     新  株  予  約  権  の  発  行  総  数
                            (新株予約権1個につき100株)
     対   象   月   間   の   行   使  個  数    2,210個
     対  象  月  間  の  交  付  株  式  数   221,000株

                            130,832,000円
     対   象   月   間   の   払   込   総   額
                            (行使価額は1株につき592円(固定))
     対  象  期  間  の  前  月  末  に  お  け  る
                            -
     未  行  使  の  新  株  予  約  権  の  数
     対  象  月  の  末  日  時  点  に  お  け  る
                            17,290個
     未  行  使  の  新  株  予  約  権  の  数
     2.平成29年7月31日現在の発行済株式数及び資本金の額

                            8,334,800株
     発   行   済   株   式   総   数
                            518,113,500円
     資     本     金     の     額
       (不動産      の取得)

        当社は、平成29年7月24日開催の取締役会において、株式会社シェアカンパニーが保有する不動産を取得すること
       を取締役会で決議いたしました。
     取得不動産の概要

     物件名称          WISE   OWL  HOSTELS    SHIBUYA
     物件種別          簡易宿所・飲食店舗・住居

     建物建築時期          昭和60年(注1)

     資産の種類          現物不動産(土地・建物)

     鑑定評価額          847,000,000円(注2)

     取得予定価格          847,000,000円

     取得先          株式会社シェアカンパニー

     取得資金          自己資金(注3)

     決済方法          引渡時一括

       (注)1.平成29年3月、オフィスビルから簡易宿所・飲食店舗・住居に用途変更されています。併せて、主要設備に
           ついても、リニューアル済みです。
         2.株式会社桜木不動産コンサルタントの鑑定士による平成29年6月末日時点における鑑定評価額を記載して
           おります。
         3.平成29年6月22日に開示致しました「第三者割当による第1回新株予約権発行のお知らせ」のとおり、新株
           予約権の行使      資金を充当する予定です。
                                 13/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 14/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月8日

     GFA株式会社
      取締役会 御中
                              興亜監査法人
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              武 田  茂    印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              柿 原  佳 孝  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているGFA株式会

     社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第17期事業年度の第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平成29年6月
     30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半
     期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、GFA株式会社の平成29年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する
     第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     強調事項
      1.重要な後発事象(第三者割当による第1回新株予約権の発行に係る払込完了)に記載されているとおり、会社は、
       平成29年6月22日開催の取締役会において、第三者割当による新株予約権の発行を決議し、平成29年7月10日に払込
       を完了している。
      2.重要な後発事象(第三者割当による第1回新株予約権の行使による増資)に記載されているとおり、新株予約権の
       行使による増資が行われている。
      3.重要な後発事象(不動産の取得)に記載されているとおり、会社は、平成29年7月24日開催の取締役会において、
       収益不動産の取得を決議している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     その他の事項
      会社の平成29年3月31日をもって終了した前事業年度の第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間に係る四半期財務諸
     表並びに前事業年度の財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が実施されている。前任監査
     人は、当該四半期財務諸表に対して平成28年8月10日付けで無限定の結論を表明しており、また、当該財務諸表に対して
     平成29年6月23日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
                                 16/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        GFA株式会社(E03740)
                                                             四半期報告書
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
          書提出会社)が四半期財務諸表に添付する形で別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク