株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト) 四半期報告書 第7期第3四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第7期第3四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
提出日
提出者 株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年8月4日

     【四半期会計期間】               第7期第3四半期(自            平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)

     【会社名】               株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名                          株式会社フリークアウト)

     【英訳名】               FreakOut     Holdings,     inc.(旧英訳名 FreakOut,             inc)

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 佐藤 裕介

     【本店の所在の場所】               東京都港区六本木六丁目3番1号

     【電話番号】               03-6721-1740(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役CFO 横山 幸太郎

     【最寄りの連絡場所】               東京都港区六本木六丁目3番1号

     【電話番号】               03-6721-1740(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役CFO 横山 幸太郎

                    株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                    (注)平成28年12月21日開催の第6期定時株主総会の決議により、平成29年1月4

                       日付で会社名および英訳名を上記のとおり変更いたしました。
                                  1/18








                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                             第6期           第7期

              回次              第3四半期           第3四半期            第6期
                            連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成27年     10月1日    自   平成28年     10月1日    自   平成27年     10月1日
             会計期間
                         至   平成28年     6月30日    至   平成29年     6月30日    至   平成28年     9月30日
                               3,808,529           9,089,818           5,792,944
     売上高                (千円)
                                363,881          1,061,933            561,527

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                                297,525           737,772           394,208
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
                                284,692           852,741           353,974
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
     純資産額                (千円)          2,841,262           4,171,253           3,197,363

                               4,878,221           8,414,015           5,700,792

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 23.31           56.19           30.72
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                 23.04           55.90           30.03
                      (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                  57.2           47.1           54.7
     自己資本比率                 (%)
                             第6期           第7期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成28年     4月1日    自   平成29年     4月1日
             会計期間
                         至   平成28年     6月30日    至   平成29年     6月30日
                                  6.29           12.86
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.平成28年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。このため、前連結会計年度
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1
          株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
                                  2/18








                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社は、平成29年1月4日付で持株会社体制へ移行し、グループ会社の経営
      管理を担うこととなりました。同日付で商号を「株式会社フリークアウト・ホールディングス」に変更いたしまし
      た。また、当社のグループ会社の経営管理事業を除く一切の事業を新設分割会社の株式会社フリークアウトに継承し
      当第2四半期連結会計期間より、連結の範囲に含めております。
       その他の主要な関係会社の異動は下記のとおりです。
       (DSP事業)
       当第2四半期連結会計期間より、PT                  Gema   Teknologi     Cahaya    Gemilangを、当第3四半期連結会計期間より、PT
      AMARTA    ZWARA   GUNAを新たに連結の範囲に含めております。
       (その他事業)
       当第2四半期連結会計期間より、株式会社タレンティオを新たに連結の範囲に含めております。
       なお、当第2四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状

      況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
                                  3/18















                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       また、重要事象等は存在しておりません。
     2【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  経営成績の分析

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善がみられ、消費の回復を後
       押しするなど回復基調で推移したものの、中国経済を始めとした新興国経済及びEU圏経済の減速懸念から依然不透
       明な状況が続いております。
        当社グループの主要な事業領域であるインターネット広告市場においては、平成28年のインターネット広告費
       (注1)が1兆3,100億円(前年比13.0%増)と広告費全体の20.8%を占めるまでに拡大しております。そのうち、
       運用型広告費(注2)においては、7,383億円(前年比18.6%増)と高い成長をしております。
        このような状況のもと、当社グループは、複数の産業を対象としてバーティカルクラウド化を推進し、あらゆる

       領域において当社のコーポレートビジョン「人に人らしい仕事を」の実現を目指しております。その一環として、
       DSP事業において、これまで培ってきたマーケティングテクノロジー領域での知見を活用し、流通・小売業の抱える
       様々な課題を解決するリテールテックプロダクトユニット                           「ASE(エース)」を発足いたしました。ASEが提供する
       プロダクトの第一弾として、ジオマーケティングプロダクト                             「ASE   Ad」(注3)       、「ASE    Analytics」(注4)の
       サービス提供を開始いたしました。なお、スマートフォン領域における広告効果の最大化を目指し、最先端の広告
       配信最適化技術の適用、優良な独自広告枠在庫の確保を実現したモバイル特化型のマーケティングプラットフォー
       ム「Red」は引続き順調に推移し業績を牽引いたしました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高9,089百万円(前年同四半期比138.7%増)、営業利益

       625百万円(前年同四半期比129.6%増)、経常利益1,061百万円(前年同四半期比191.8%増)、親会社株主に帰属
       する四半期純利益737百万円(前年同四半期比148.0%増)となりました。
         (注)1.出典:株式会社電通「2016年日本の広告費」平成29年2月23日

            2.運用型広告とは、膨大なデータを処理するプラットフォームにより、広告の最適化を自動的もしく
              は即時的に支援する広告手法のこと。検索連動型広告や一部のアドネットワークが含まれるほか、
              新しく登場してきたDSP/アドエクスチェンジ/SSPなどが典型例。なお、枠売り広告、タイアップ広
              告、アフィリエイト広告などは、運用型広告には含まれない。
            3.ASE    Ad(エースアド)
              取得された生活者の位置情報に基づき、任意の店舗への来店者、エリアの居住者を識別・セグメン
              ト化し、RedやSNSを通じた広告配信を可能にします。また、広告を閲覧したユーザーが実店舗への
              来店を行ったかを計測する来店コンバージョンの計測の機能も実装しております。
            4.ASE    Analytics(エースアナリティクス)
              指定した自店舗・競合店に対し、それぞれの店舗への来店者居住地域分析や、他店舗との併用利用
              率分析を可能にし、リテール事業者の顧客動向を可視化します。
                                  4/18




                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
        セグメント別の業績は次のとおりであります。
       なお、当第2四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しておりますので、以下の前年同期比較につ
       いては、前年同期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
       (DSP事業)

        DSP事業では、DSPプラットフォーム「Red」・「FreakOut」、ネイティブアドプラットフォーム及びトレーディ
       ングデスクの提供を行い、幅広い業種における広告主の広告効果の最大化及び媒体社に対する収益最大化に取り組
       みました。
        当第3四半期連結累計期間においては、特にスマートフォン広告市場の拡大により、当社グループが提供をして
       おりますモバイル向けDSPプラットフォーム「Red」が業績を牽引いたしました。
        この結果、DSP事業の売上高は8,092百万円(前年同四半期比142.6%増)、セグメント利益は652百万円(前年同
       四半期比199.2%増)となりました。
       (DMP事業)

        DMP事業では、大規模ポータルサイトのDMP構築、クライアント企業及び代理店のデータマーケティングの支援を
       行っております。
        当第3四半期連結累計期間においては、データを活用したデータマーケティングにおける認知度向上及び導入社
       数の増加を背景に、DMP事業の業績が拡大いたしました。
        この結果、DMP事業の売上高は1,040百万円(前年同四半期比105.1%増)、セグメント利益は113百万円(前年同
       四半期比109.2%増)となりました。
       (その他事業)

        その他事業では、国内外のグループにおける新規事業及び経営管理を行ってります。
        その他事業の売上高は307百万円、セグメント損失は140百万円となりました。
      (2)  財政状態の分析

        資産、負債及び純資産の状況
        (資産)
        当第3四半期連結会計期間末における総資産は8,414百万円となり、前連結会計年度末と比べ2,713百万円増加し
       ました。これは主に、受取手形及び売掛金の増加311百万円、のれんの増加441百万円、投資有価証券の取得等によ
       る増加1,154百万円によるものであります。
        (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債は4,242百万円となり、前連結会計年度末と比べ1,739百万円増加しま
       した。これは主に、短期借入金の増加1,675百万円によるものであります。
        (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産は4,171百万円となり、前連結会計年度末と比べ973百万円増加しま
       した。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金の増加737百万円によるものであ
       ります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
      (5)  従業員数
        ①  連結会社の状況
         当第3四半期連結累計期間において、連結会社の従業員数は、前連結会計年度末から170名増加し、325名と
        なっております。その主な要因は、新規連結子会社の増加によるものであります。
         なお、従業員数は就業人員数(当社グループから当社グループ外への出向者を除く。)であります。
        ②  提出会社の状況

         当第3四半期連結累計期間において、当社の従業員数は、前連結会計年度末から54名減少し、54名となってお
        ります。その主な要因は、平成29年1月4日付で持株会社に移行し、新設分割会社の株式会社フリークアウトに
        事業を承継したことによるものであります。
         なお、従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除く。)であります。
                                  6/18
















                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     20,000,000

                  計                                   20,000,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成29年8月4日)
               (平成29年6月30日)                      商品取引業協会名
                                              株主としての権利内容に
                                              何ら限定のない当社にお
                                     東京証券取引所
       普通株式            13,156,400           13,156,400                ける標準となる株式であ
                                       マザーズ
                                              り、単元株式数は100株
                                              であります。
         計          13,156,400           13,156,400           ―           ―
      (注)   提出日現在発行数には、平成29年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ

         れた株式数は、含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年4月1日~
                    4,400    13,156,400          1,925     1,173,377         1,925     1,153,377
     平成29年6月30日
     (注)
      (注) 新株予約権の行使による増加であります。
      (6)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/18






                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
      (7)【議決権の状況】
        当第3四半期連結会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
       す。
       ①  【発行済株式】

                                               平成29年6月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                          普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                           14,200
                                         完全議決権株式であり、株主として
                                         の権利内容に何ら限定のない当社に
                          普通株式
     完全議決権株式(その他)                               131,359     おける標準となる株式であります。
                         13,135,900
                                         また、単元株式数は100株でありま
                                         す。
                          普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,900
     発行済株式総数                    13,152,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          131,359             ―

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式が64株含まれております。

       ②  【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
                                                      総数に対す
         所有者の氏名
                                                        る
                       所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称
                                                      所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
      株式会社フリークアウト・               東京都港区六本木六丁目
                                    14,200       ―       14,200        0.10
      ホールディングス               3番1号
            計              ―          14,200       ―       14,200        0.10
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動(役職の異動)は、次のとお
      りであります。
            新役職名            旧役職名             氏名           異動年月日
         代表取締役      Global    CEO     代表取締役      CEO        本田   謙
                                              平成29年1月4日
          代表取締役      社長        取締役    COO         佐藤   裕介
                                              平成29年1月4日
                                  8/18






                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
      29年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年10月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        3,140,034              3,349,147
         現金及び預金
                                        1,176,877              1,488,040
         受取手形及び売掛金
                                          36,331              37,402
         繰延税金資産
                                         268,456              498,297
         その他
                                         △ 6,982             △ 5,867
         貸倒引当金
                                        4,614,718              5,367,020
         流動資産合計
       固定資産
                                         212,191              330,426
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         219,427              661,247
           のれん
                                          14,706              14,002
           その他
                                         234,133              675,249
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         402,653             1,557,366
           投資有価証券
                                                        150,000
           長期貸付金                                 ―
                                         193,184              327,884
           敷金及び保証金
                                           964             1,732
           繰延税金資産
                                          43,306               4,734
           その他
                                          △ 359             △ 397
           貸倒引当金
                                         639,749             2,041,319
           投資その他の資産合計
                                        1,086,074              3,046,995
         固定資産合計
                                        5,700,792              8,414,015
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         745,423              797,432
         買掛金
                                                      1,675,049
         短期借入金                                   ―
                                         259,620              258,420
         1年内返済予定の長期借入金
                                          1,879              1,879
         リース債務
                                         171,017              244,812
         未払法人税等
                                          55,444              45,880
         賞与引当金
                                                        20,295
         関係会社整理損失引当金                                   ―
                                         286,241              403,670
         その他
                                        1,519,626              3,447,440
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                944,985              745,937
                                          4,228              2,818
         リース債務
                                          29,592              42,721
         資産除去債務
                                          4,997              3,844
         繰延税金負債
                                         983,803              795,321
         固定負債合計
                                        2,503,429              4,242,762
       負債合計
                                 10/18




                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年9月30日)              (平成29年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        1,160,777              1,173,377
         資本金
                                        1,335,565              1,348,165
         資本剰余金
                                         662,255             1,400,028
         利益剰余金
                                        △ 16,421             △ 16,421
         自己株式
                                        3,142,176              3,905,149
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                                       △ 4,270
         その他有価証券評価差額金                                   ―
                                        △ 23,706              62,808
         為替換算調整勘定
                                        △ 23,706              58,537
         その他の包括利益累計額合計
                                                         700
       新株予約権                                     ―
                                         78,893              206,866
       非支配株主持分
                                        3,197,363              4,171,253
       純資産合計
      負債純資産合計                                  5,700,792              8,414,015
                                 11/18














                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                        3,808,529              9,089,818
      売上高
                                        2,376,769              6,686,181
      売上原価
                                        1,431,759              2,403,636
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         420,965              582,207
       給料及び手当
                                         738,511             1,196,273
       その他
                                        1,159,476              1,778,481
       販売費及び一般管理費合計
                                         272,283              625,155
      営業利益
      営業外収益
                                           600             3,601
       受取利息
                                         100,735              434,291
       持分法による投資利益
                                                        6,159
       為替差益                                    ―
                                           741             2,357
       その他
                                         102,077              446,410
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,775              6,133
       支払利息
                                                        3,303
       投資事業組合運用損                                    ―
                                          8,703
       為替差損                                                   ―
                                                         195
                                            ―
       その他
                                         10,479               9,632
       営業外費用合計
                                         363,881             1,061,933
      経常利益
      特別利益
                                                         207
       固定資産売却益                                    ―
                                         43,916
       段階取得に係る差益                                                   ―
                                          5,849
                                                          ―
       その他
                                         49,765                207
       特別利益合計
      特別損失
                                           57              228
       固定資産売却損
                                                         21
       固定資産除却損                                    ―
                                                       20,295
                                            ―
       関係会社整理損失引当金繰入額
                                           57            20,546
       特別損失合計
                                         413,589             1,041,594
      税金等調整前四半期純利益
                                         122,389              271,059
      法人税等
                                         291,199              770,535
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         △ 6,326              32,762
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   297,525              737,772
                                 12/18






                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成28年10月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                         291,199              770,535
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                                       △ 4,270
       その他有価証券評価差額金                                    ―
                                         △ 6,506              86,475
       為替換算調整勘定
                                         △ 6,506              82,205
       その他の包括利益合計
                                         284,692              852,741
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         290,853              820,017
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 6,160              32,723
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/18
















                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                         当第3四半期連結累計期間
                    (自    平成28年10月1日          至   平成29年6月30日)
     連結の範囲の重要な変更
       当第2四半期連結会計期間より、持株会社体制移行に伴い会社分割により設立した株式会社フリークアウト
      を連結の範囲に含めております。また、PT                    Gema   Teknologi     Cahaya    Gemilang及び株式会社タレンティオの株式
      を取得したため、連結の範囲に含めております。
       当第3四半期連結会計期間より、PT                 AMARTA    ZWARA   GUNAの株式を取得したため、連結の範囲に含めておりま
      す。
       (追加情報)

                         当第3四半期連結累計期間
                    (自    平成28年10月1日          至   平成29年6月30日)
     「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
     半期連結会計期間から適用しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3
       四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
       は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                              (自    平成27年10月1日            (自    平成28年10月1日
                               至   平成28年6月30日)            至   平成29年6月30日)
        減価償却費                              62,988千円              85,953千円
        のれんの償却額                              13,174千円              56,268千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成27年10月1日          至   平成28年6月30日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

       末日後となるもの
        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成28年10月1日          至   平成29年6月30日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

       末日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 14/18





                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        前第3四半期連結累計期間(自 平成27年10月1日 至 平成28年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期
                             報告セグメント
                                              調整額     連結損益計算書
                                              (注1)       計上額
                     DSP事業      DMP事業     その他事業        計
                                                      (注2)
      売上高

                     3,336,177       472,351           3,808,529              3,808,529
       外部顧客への売上高                                ―            ―
       セグメント間の内部売上高
                             35,179            35,179     △ 35,179
                         ―            ―                     ―
       又は振替高
                     3,336,177       507,530           3,843,708      △ 35,179       3,808,529
            計                         ―
                      217,945       54,335            272,280         2     272,283
       セグメント利益                               ―
        (注)1.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益の調整額は、四半期連結損益計算書の営業利益との調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
         (のれんの金額の重要な変動)

         「DMP事業」セグメントにおいて、「株式会社インティメート・マージャーの株式の追加取得をいたしました。
         なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間においては74百万円であります。
         (重要な負ののれん発生益)

         該当事項はありません。
                                 15/18










                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
        当第3四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成29年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期
                              報告セグメント
                                               調整額     連結損益計算書
                                               (注1)       計上額
                       DSP事業      DMP事業     その他事業        計
                                                      (注2)
      売上高

                       8,082,200      1,005,010        2,607    9,089,818             9,089,818
       外部顧客への売上高                                             ―
       セグメント間の内部売上高又は
                        10,411      35,797      304,438      350,647     △ 350,647
                                                           ―
       振替高
                       8,092,611      1,040,808       307,046     9,440,466      △ 350,647       9,089,818
             計
                        652,155      113,661     △ 140,653      625,163        △ 7    625,155
       セグメント利益又は損失(△)
        (注)1.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益の調整額は、四半期連結損益計算書の営業利益との調整を行っております。
       2.報告セグメントの変更等に関する事項

        当社は、新規事業やM&Aを含むグループ経営の戦略立案機能を強化すること、グループ各社の権限・責任の明確
       化とともに経営の自主性を推進してグループとして企業競争力の強化を図ること、グループ経営管理及び業務執行
       の分離によるコーポレート・ガバナンスの向上を図ることが必要であると判断し、これらを実現する上で最適な手
       法として、新設分割の方法による持株会社体制へ移行いたしました。
        これに伴い、当第2四半期連結会計期間より、事業セグメントの区分方法を見直し、報告セグメントの区分を従
       来の「DSP事業」「DMP事業」から、「DSP事業」「DMP事業」「その他事業」に変更いたしました。
        なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成したものを記載し
       ております。
       3.報告セグメントごとの資産に関する情報

        前連結会計年度の末日に比して、当第3四半期連結会計期間の報告セグメントごとの資産の金額が著しく変動し
       ております。その概要は、以下のとおりであります。
        「DSP事業」において、「2.報告セグメントの変更等に関する事項」に記載のとおり、提出会社は従来の「DSP
       事業」から「その他事業」に区分を変更したため、セグメント資産が1,815百万円減少しております。
        「DMP事業」において、売上が増加した結果、セグメント資産が160百万円増加しております。
       4.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失) 
         該当事項はありません。
        (のれんの金額の重要な変動) 

         「DSP事業」セグメントにおいて、PT                  Gema   Teknologi     Cahaya    Gemilang及びPT        AMARTA    ZWARA   GUNAの株式の取
         得をいたしました。当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間においては164百万円であり
         ます。
         「その他事業」セグメントにおいて、株式会社タレンティオの株式の取得をいたしました。当該事象によるの
         れんの増加額は、当第3四半期連結累計期間においては333百万円であります。
        (重要な負ののれん発生益) 

         該当事項はありません。
                                 16/18



                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成27年10月1日           (自    平成28年10月1日
                 項目
                                 至   平成28年6月30日)            至   平成29年6月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        23円31銭               56円19銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

                                        297,525               737,772
       普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―               ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        297,525               737,772
       四半期純利益金額(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  12,762,217               13,131,100
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        23円04銭               55円90銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                                            ―               ―
       普通株式増加数(株)

                                        151,204               66,171
                                             (提出会社)
                                             第7回新株予約権 7,000個
                                連結子会社(株式会社イン
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                             (連結子会社)
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                          ティメート・マージャー)
                                             連結子会社(株式会社イン
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
                                発行の第1回新株予約権
                                             ティメート・マージャー)
     概要
                                14,054個
                                             発行の第2回新株予約権 
                                             1,765個
      (注)   当社は平成28年9月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。このため、前連
        結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後
        1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。
                                 17/18






                                                           EDINET提出書類
                            株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧会社名 株式会社フリークアウト)(E30648)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月4日

     株式会社フリークアウト・ホールディングス
      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          杉      山      正      樹      ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          安      藤      眞      弘      ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社フリー

     クアウト・ホールディングス(旧社名 株式会社フリークアウト)の平成28年10月1日から平成29年9月30日までの連
     結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成
     28年10月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損
     益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社フリークアウト・ホールディングス(旧社名 株式会社
     フリークアウト)及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期
     間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク