太陽ホールディングス株式会社 四半期報告書 第72期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第72期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:太陽ホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2017年8月1日
      【四半期会計期間】                    第72期第1四半期(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)
      【会社名】                    太陽ホールディングス株式会社
      【英訳名】                    TAIYO   HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 佐藤 英志
                         埼玉県比企郡嵐山町大字大蔵388番地
      【本店の所在の場所】
                         (2017年6月21日より、本店所在地は東京都練馬区羽沢二丁目7番1号から
                         上記に移転しています)
      【電話番号】                    0493(62)7777(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長 尾身 修一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都練馬区羽沢二丁目7番1号
      【電話番号】                    03(5999)1511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理本部長 尾身 修一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19












                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第71期           第72期
               回次               第1四半期           第1四半期            第71期
                              連結累計期間           連結累計期間
                            自 2016年4月1日           自 2017年4月1日           自 2016年4月1日
              会計期間
                            至 2016年6月30日           至 2017年6月30日           至 2017年3月31日
                      (百万円)             11,306           12,425           47,866
     売上高
                      (百万円)              2,153           2,683           9,202

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期  
                      (百万円)              1,876           1,844           6,398
     (当期)純利益
                      (百万円)              △ 399          1,925           6,151
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             43,453           71,773           71,846

     純資産額
                      (百万円)             63,238           92,431           92,386

     総資産額
     1株当たり四半期      
                       (円)             81.17           64.10          266.46
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)             65.9           76.9           76.9
     自己資本比率
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
          ません。
        2.売上高には消費税等は含まれていません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していませ
          ん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19










                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社が判断したものです。
        製商品品目については以下の略語を使用しています。

             略 語                      内 容
          PWB
                      プリント配線板
          PKG
                      半導体パッケージ
      (1)業績の状況

         当第1四半期連結累計期間における米国経済は、企業の投資活動は減速していますが、労働市場の改善による前
        向きな購買意欲を背景にした個人消費は持ち直しを見せた結果、全体としては緩やかな景気の回復が続いていま
        す。欧州経済は、個人消費の緩やかな改善を背景にした、堅調な景気の回復が続いています。また、中国経済は、
        伸び率は鈍化していますが、景気の拡大は続いています。日本経済は、好調な雇用、所得情勢を受け、個人消費と
        景気の回復は、緩やかに続いています。
         当社グループの関連市場である電子部品業界については、スマートフォンや車載関連部材の需要が堅調に推移し
        ました。
         このような状況の下、景気の拡大を背景とした販売数量の増加や、為替が円安に推移した影響を受け、                                               当第1四
        半期連結累計期間の売上高は12,425百万円(前年同期比9.9%増)、                               営業利益は     2,714   百万円(前年同期比         26.9  %
        増 )、経常利益は       2,683   百万円(前年同期比         24.6  % 増 )となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は                       1,844   百万円
        (前年同期比1       .7 %減)となりました。
         リジッド基板用部材については、販売数量が前年同期を上回るとともに、為替が円安に推移した影響を受け、売
        上高は   8,506百万円(前年同期比6.7%増)となりました。
         PKG基板用及びフレキシブル基板用部材については、販売数量が前年同期を上回るとともに、為替が円安に推移
        した影響を受け、売上高は            2,704百万円(前年同期比19.1%増)となりました。
        (製商品品目区分による販売実績)

         第1四半期連結累計期間における製商品品目別の販売実績は次のとおりです。
                                                  前期比

                           前第1四半期        当第1四半期
                           連結累計期間        連結累計期間
             製商品品目の名称
                                              増減額         増減率
                            (百万円)        (百万円)
                                            (百万円)          (%)
              リジッド基板用部材                 7,971        8,506          535         6.7

              PKG基板用及び

        PWB用
                               2,270                  434        19.1
                                       2,704
        部材
              フレキシブル基板用部材
                                275                  68        24.9

              ビルドアップ基板用部材                           344
                                788                  80        10.2

        その他関連商材                                 869
                               11,306        12,425         1,119          9.9

               合 計
                                  3/19




                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
         当社は、製造・販売体制を基礎とした所在地別のセグメントから構成されており、「日本」、「中国」、「台

        湾」、「韓国」の4つを報告セグメントとしています。
        セグメントの業績は以下のとおりです(売上高にはセグメント間の内部取引が含まれています)。

        ① 日本
          リジッド基板用部材は、車載関連部材を中心に堅調に推移し、PKG基板用部材も高機能なスマートフォン関連
         部材を中心に好調に推移しました。
          この結果、売上高は4,686百万円(前年同期比15.7%増)、セグメント利益は805百万円(前年同期比154.2%
         増)となりました。
        ② 中国

          リジッド基板用部材は、車載関連部材を中心に堅調に推移しました。
          この結果、売上高は5,221百万円(前年同期比5.1%増)、セグメント利益は1,147百万円(前年同期比3.5%
         増)となりました。
        ③ 台湾

          リジッド基板用部材は、車載関連部材を中心に堅調に推移しました。
          この結果、売上高は2,235百万円(前年同期比11.4%増)、セグメント利益は487百万円(前年同期比23.0%
         増)となりました。
        ④ 韓国

          リジッド基板用部材は、韓国車の中国市場でのシェア低下を背景に、車載関連部材が低調に推移しましたが、
         PKG基板用部材は、高機能なスマートフォン関連部材を中心に堅調に推移しました。
          この結果、売上高は2,369百万円(前年同期比29.0%増)、セグメント利益は368百万円(前年同期比15.4%
         増)となりました。
        ⑤ その他

          リジッド基板用部材は、車載関連部材を中心に堅調に推移しました。
          この  結果、売上高は       1,084   百万円(前年同期比         9.3  % 増 )、セグメント利益は          126  百万円(前年同期比         10.5  %
         減)となりました。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処する課題について、重要な変更はありません。
      (3)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の金額は741百万円です。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/19








                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                             50,000,000

      第1回A種種類株式                                              100,000

      第2回A種種類株式                                              100,000

                  計                                 50,200,000

     (注)当社定款第6条に次のとおり規定しています。
        「当会社の発行可能株式総数は、50,200,000株とし、各種類の株式の発行可能種類株式総数は、次のとおりとす
        る。   普通株式:50,000,000株            第1回A種種類株式:100,000株               第2回A種種類株式:100,000株」
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                         は登録認可金融商品取引                内容
                            (2017年8月1日)
                (2017年6月30日)                        業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数100株
                               28,800,694
     普通株式             28,776,600
                                       市場第一部               (注)1
                                                    単元株式数100株
     第1回
                     21,600             21,600
                                       非上場
                                                      (注)2
     A種種類株式
                                                    単元株式数100株
     第2回
                     42,900             42,900
                                       非上場
                                                      (注)2
     A種種類株式
         計          28,841,100             28,865,194             -           -
     (注)1    . 2017年6月29日付の会社法第370条に基づく取締役会決議に替わる電磁的決議により、2017年7月14日                                               付で譲
          渡制限付株式報酬として、新株式を24,094株発行しました。当該新株式発行の内容は次のとおりです。
          (1)
             払込期日                 2017年7月14日
          (2)
             発行する株式の種類及び数                 当社普通株式 24,094株
          (3)
             発行価額                 1株につき5,060円
          (4)
             発行総額                 121,915,640円
          (5)
             募集又は割当方法                 特定譲渡制限付株式を割り当てる方法
          (6)
             出資の履行方法                 金銭報酬債権の現物出資による
             割当ての対象者及びその人数並び
          (7)
                              当社の業務執行取締役5名 24,094株
             に割り当てる株式の数
        2.第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式の内容は次のとおりです。
         (ⅰ)譲渡制限
             第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式を譲渡により取得する場合は、当社の取締役会の承認が
             必要となります。
         (ⅱ)普通株式を対価とする取得条項
             当社は、第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式の全部を、次に定める日をもって取得するもの
             とし、当該取得と引換えに、第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式を有する株主に対して、第
             1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式1株につき普通株式1株を交付します。
             第1回A種種類株式
             第1回A種種類株式の最初の発行日の3年後の応当日
             第2回A種種類株式
             第2回A種種類株式の最初の発行日の3年後の応当日
                                  5/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
         (ⅲ)普通株式を対価とする取得請求権
             第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式の株主は、当社に対し、その保有する第1回A種種類株
             式ないし第2回A種種類株式の全部又は一部を当社が取得するのと引換えに、当社の普通株式を交付す
             ることを請求することができます。第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式と引換えに交付すべ
             き普通株式は、第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式1株につき普通株式1株とします。当該
             取得請求は、第1回A種種類株式ないし第2回A種種類株式の発行後いつでも、当該株式の株主につい
             て相続が開始した場合に限り、当該相続の対象となった当該株式についてのみ行うことができるものと
             します。
         (ⅳ)会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
             会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                      資本準備金増       資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日       数増減数        数残高                      減額       高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)        (株)                     (百万円)       (百万円)
     2017年4月1日~
                      -   28,841,100            -      9,171         -     10,138
     2017年6月30日
     (注)2017年6月29日付の会社法第370条に基づく取締役会決議に替わる電磁的決議により、2017年7月14日                                                  付で譲渡制
        限付株式報酬としての新株式発行を行い、発行済株式総数が24,094株、資本金及び資本準備金がそれぞれ60百万円
        増加しています。
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19










                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2017年6月30日現在
             区分                株式数(株)             議決権の数(個)             内容

     無議決権株式                                 -           -      -
     議決権制限株式(自己株式等)                                 -           -      -
     議決権制限株式(その他)                                 -           -      -
                                    58,300             583
     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                              (注)1
                                  28,686,700             286,867
                        普通株式                              (注)2
     完全議決権株式(その他)                   第1回A種種類株式             21,600             216     (注)3
                        第2回A種種類株式                              (注)3
                                    42,900             429
     単元未満株式                   普通株式             31,600             -    (注)4
     発行済株式総数                             28,841,100               -      -
     総株主の議決権                                 -         288,095        -
     (注)1.日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与                             ESOP  信託口)が所有する58,300株です。
        2.普通株式の「株式数」欄には、証券保管振替機構名義の株式が、100株含まれています。また、「議決権の
          数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれています。
        3.第1回A種種類株式及び第2回A種種類株式の内容については、「1                                   株式等の状況       (1)    株式の総数等 
          ②  発行済株式」に記載しています。
        4.当社所有の自己株式55株及び日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口)が所有する50株
          が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                   2017年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称               所有者の住所                               に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     太陽ホールディングス
                    練馬区羽沢2-7-1                 -     58,300       58,300         0.20
     株式会社
           計             -            -     58,300       58,300         0.20
     (注)1.上記の株式数には「単元未満株式」105株(株式付与ESOP信託口が所有する当社株式50株を含む)は含まれて
          いません。
        2.他人名義で所有している理由等
          「株式付与ESOP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式会社((株式付与ESOP信託口)
          東京都港区浜松町2-11-3)が所有しています。
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は次のとおりです。
      (1)退任役員
             役名                   氏名                 退任年月日
     取締役                   岩城 慶太郎                   2017年6月30日
      (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性10名 女性1名(役員のうち女性の比率9.0%)
      (執行役員の状況)

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における執行役員の異動はありません。
                                  7/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第1四半期連結会計期間(2017年4月1日から
       2017年6月30日まで)及び当第1四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年6月30日まで)に係る四半期連結
       財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けています。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         48,800              49,279
         現金及び預金
                                         13,346              13,395
         受取手形及び売掛金
                                         2,182              2,142
         商品及び製品
                                           437              436
         仕掛品
                                         1,797              1,709
         原材料及び貯蔵品
                                         1,017               852
         その他
                                          △ 99             △ 95
         貸倒引当金
                                         67,483              67,719
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               10,359              10,185
                                         8,030              7,947
          その他(純額)
                                         18,389              18,132
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         4,104              4,141
          のれん
                                           433              440
          その他
                                         4,537              4,582
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,130              2,148
          その他
                                         △ 154             △ 151
          貸倒引当金
                                         1,975              1,996
          投資その他の資産合計
                                         24,903              24,712
         固定資産合計
                                         92,386              92,431
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,170              6,071
         支払手形及び買掛金
                                         1,274              1,672
         短期借入金
                                           500             4,810
         1年内返済予定の長期借入金
                                           884             1,187
         未払法人税等
                                         2,778              2,304
         その他
                                         11,608              16,046
         流動負債合計
       固定負債
                                         7,169              2,810
         長期借入金
                                         1,762              1,800
         その他
                                         8,931              4,611
         固定負債合計
                                         20,540              20,657
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         9,171              9,171
         資本金
                                         14,824              14,824
         資本剰余金
         利益剰余金                                46,308              46,279
                                         △ 178             △ 178
         自己株式
                                         70,125              70,096
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           195              242
         その他有価証券評価差額金
                                           741              752
         為替換算調整勘定
                                            0              1
         退職給付に係る調整累計額
                                           938              996
         その他の包括利益累計額合計
                                           782              680
       非支配株主持分
                                         71,846              71,773
       純資産合計
                                         92,386              92,431
      負債純資産合計
                                  9/19


                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
      売上高                                   11,306              12,425
                                         6,311              6,544
      売上原価
                                         4,994              5,880
      売上総利益
                                         2,855              3,166
      販売費及び一般管理費
                                         2,139              2,714
      営業利益
      営業外収益
                                           18              18
       受取利息
                                           34               ▶
       受取配当金
                                           21              31
       その他
                                           74              53
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           17              26
       支払利息
                                           38              54
       為替差損
                                            3              3
       その他
                                           60              84
       営業外費用合計
                                         2,153              2,683
      経常利益
      特別損失
                                           -              19
       関係会社株式売却損
                                           -              19
       特別損失合計
                                         2,153              2,664
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     938             1,025
                                         △ 698             △ 225
      法人税等調整額
                                           239              799
      法人税等合計
                                         1,913              1,865
      四半期純利益
                                           37              20
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         1,876              1,844
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
                                         1,913              1,865
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 29              46
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,289                13
       為替換算調整勘定
                                            ▶              0
       退職給付に係る調整額
                                        △ 2,313                60
       その他の包括利益合計
                                         △ 399             1,925
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 309             1,902
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 90              22
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
           当社は、    「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
          第30号 平成27年3月26日)を適用しています。
          (1)取引の概要
              当社は、当社従業員の帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、長期的な業績向上や株価上昇に対
             する意欲や士気の高揚を図るとともに、中長期的な企業価値向上を図ることを目的として、2014年5
             月2日開催の取締役会において、従業員インセンティブ・プラン「株式付与                                   ESOP  信託」の導入を決議
             しました。当社が当社従業員のうち一定の要件を充足する者を受益者として、当社株式の取得資金を
             拠出することにより信託を設定します。当該信託は予め定める株式交付規程に基づき当社従業員に交
             付すると見込まれる数の当社株式を、当社から一括して取得します。その後、当該信託は、株式交付
             規程に従い、信託期間中の当社従業員の資格等級等に応じた当社株式を、在職時に無償で当社従業員
             に交付します。当該信託により取得する当社株式の取得資金は全額当社が拠出するため、当社従業員
             の負担はありません。当該信託については、信託の資産及び負債を企業の資産及び負債として、貸借
             対照表に計上し、信託の損益を企業の損益として損益計算書に計上する方法(総額法)を適用してい
             ます。
          (2)信託に残存する自社の株式
              信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除きます。)により純資産の
             部に自己株式として計上しています。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、当第1四半期連結会計期
             間末177百万円、58,350株です。
                                 12/19













                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         輸出手形割引高
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2017年3月31日)                  (2017年6月30日)
     輸出手形割引高                                 30 百万円                 21 百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第1四半
         期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
         次のとおりです。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2016年6月30日)               至   2017年6月30日)
     減価償却費                                506百万円                  450百万円
     のれんの償却額                                 63                  63
        (株主資本等関係)

          前第1四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)
          1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
                普通株式         1,273         55   2016年3月31日         2016年6月22日         利益剰余金

     2016年6月21日
     定時株主総会
               第1回A種
                          1       55   2016年3月31日         2016年6月22日         利益剰余金
                種類株式
     (注)2016年6月21日定時株主総会の決議による配当金の総額には、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与
        ESOP信託口)が保有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれています。
          当第1四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)

          1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
                普通株式         1,873        65.1    2017年3月31日         2017年6月22日         利益剰余金

               第1回A種
     2017年6月21日
                          1      65.1    2017年3月31日         2017年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
                種類株式
               第2回A種
                          2      65.1    2017年3月31日         2017年6月22日         利益剰余金
                種類株式
     (注)2017年6月21日定時株主総会の決議による配当金の総額には、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与
        ESOP信託口)が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれています。
                                 13/19







                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                   その他
                                                         合計
                               中 国     台 湾
                                                   (注)2
                         日 本               韓 国      計
                              (注)1     (注)1
           売上高
                          2,413     4,768     1,408     1,746     10,337       968    11,306
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高
                          1,638      201     598      90    2,530       23    2,553
            又は振替高
                          4,052     4,970     2,007     1,837     12,867       992    13,860
                 計
                           316    1,108      396     318    2,141      141    2,282
           セグメント利益
          (注)1.     「中国」及び「台湾」セグメントには、永勝泰科技股份有限公司(その他 子会社3社)の売上高
               及び営業利益を含んでいます。
             2.  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主として米国及びその
               他アジアの現地法人です。
          2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主

            な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                         利益                         金額
           報告セグメント計                                               2,141
           「その他」の区分の利益                                               141
           セグメント間取引消去                                                36
           のれんの償却額                                               △63
           事業セグメントに配分していない損益(注)                                              △116
           その他の調整額                                                1
           四半期連結損益計算書の営業利益                                               2,139
          (注)主として持株会社(連結財務諸表提出会社)に係る損益です。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 14/19









                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                   その他
                                                         合計
                               中 国     台 湾
                                                   (注)2
                         日 本               韓 国      計
                              (注)1     (注)1
           売上高
                          2,450     5,073     1,595     2,254     11,373      1,051     12,425
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高
                          2,236      148     640     114    3,139       33    3,173
            又は振替高
                          4,686     5,221     2,235     2,369     14,513      1,084     15,598
                 計
                           805    1,147      487     368    2,808      126    2,934
           セグメント利益
          (注)1.     「中国」及び「台湾」セグメントには、永勝泰科技股份有限公司(その他 子会社3社)の売上高
               及び営業利益を含んでいます。              なお、2017年2月10日に永勝泰科技股份有限公司(その他 子会社
               3社)のうち1社を売却しています。
             2.  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主として米国及びその
               他アジアの現地法人です。
          2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主

            な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                         利益                         金額
           報告セグメント計                                               2,808
           「その他」の区分の利益                                               126
           セグメント間取引消去                                                19
           のれんの償却額                                               △63
           事業セグメントに配分していない損益(注)                                              △180
           その他の調整額                                                3
           四半期連結損益計算書の営業利益                                               2,714
          (注)主として持株会社(連結財務諸表提出会社)に係る損益です。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2016年6月30日)               至 2017年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  81.17円               64.10円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        1,876               1,844
      (百万円)
      普通株主及び普通株主と同等の株主に帰属しない
                                          -               -
      金額(百万円)
      普通株式及び普通株式と同等の株式に係る親
                                        1,876               1,844
      会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)
      普通株式及び普通株式と同等の株式の期中平均株
      式数(株)                               23,117,288               28,782,668
      (うち普通株式)                              (23,084,963)               (28,718,168)
      (うち第1回A種種類株式)                                (21,600)               (21,600)
      (うち第2回A種種類株式)                                (10,725)               (42,900)
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
        2.普通株式の期中平均株式数については、その計算において控除する自己株式に、株式付与ESOP信託口として保
          有する当社株式を含めています。(前第1四半期連結累計期間74,390株、当第1四半期連結累計期間58,383
          株)
        3.第1回A種種類株式及び第2回A種種類株式は剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式
          と同等の権利を有しているため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 16/19










                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2017年8月1日

     太陽ホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                          有限責任監査法人 トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              北地 達明  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              早稲田 宏        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている太陽ホール

     ディングス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2
     017年4月1日から2017年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年6
     月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括
     利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、太陽ホールディングス株式会社及び連結子会社の2017年6月30
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
     項がすべての重要な点において認められなかった。
                                 18/19



                                                           EDINET提出書類
                                                  太陽ホールディングス株式会社(E00913)
                                                             四半期報告書
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報


           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。