株式会社ミルボン 四半期報告書 第58期第2四半期(平成29年3月21日-平成29年6月20日)

四半期報告書-第58期第2四半期(平成29年3月21日-平成29年6月20日)

提出日:

提出者:株式会社ミルボン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成29年7月28日
      【四半期会計期間】                    第58期第2四半期
                         (自 平成29年3月21日 至 平成29年6月20日)
      【会社名】                    株式会社ミルボン
      【英訳名】                    Milbon       Co.,    Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐藤 龍二
      【本店の所在の場所】                    大阪市都島区善源寺町2丁目3番35号
      【電話番号】                    (06)6928-2331(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理・経営戦略・CS推進担当  村井 正浩
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市都島区善源寺町2丁目3番35号
      【電話番号】                    (06)6928-2331(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理・経営戦略・CS推進担当  村井 正浩
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ミルボン東京青山支店
                         (東京都渋谷区神宮前2丁目6番9号)
                         株式会社ミルボン名古屋支店
                         (名古屋市中区栄3丁目19番8号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第57期           第58期
               回次               第2四半期           第2四半期            第57期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成27年12月21日           自 平成28年12月21日           自 平成27年12月21日

              会計期間
                           至 平成28年6月20日           至 平成29年6月20日           至 平成28年12月20日
                       (千円)          14,218,270           14,956,764           29,134,631
     売上高
                       (千円)          2,188,127           2,147,120           4,733,678
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                       (千円)          1,464,955           1,508,240           3,069,216
     期)純利益
                       (千円)          1,195,762           2,117,912           2,757,224
     四半期包括利益又は包括利益
                       (千円)          26,767,759           29,165,806           27,706,448
     純資産額
                       (千円)          31,282,778           34,050,703           32,444,187
     総資産額
     1株当たり四半期
                       (円)            89.48           92.13           187.47
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)            85.6           85.7           85.4
     自己資本比率
                       (千円)          1,103,053           1,992,801           3,355,248
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         △ 2,051,419          △ 1,785,360          △ 4,366,808
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)          △ 639,787          △ 657,650         △ 1,262,225
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                       (千円)          5,461,985           4,333,415           4,737,426
     (期末)残高
                               第57期           第58期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成28年3月21日           自 平成29年3月21日

              会計期間
                           至 平成28年6月20日           至 平成29年6月20日
                                   56.10           59.25

     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載してお
           りません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業の内容に重要な
       変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/26





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
        ( 1)業績の状況
         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用環境の改善により、緩やかな回復基調が継続しました。
        先行きについては、米国新政権の政策や欧州における政治リスク、中国やアジア新興国等の景気減速懸念など、経
        済全般に不透明な状況が続いております。美容業界におきましても、人口動態の影響などにより、厳しい状況が続
        いております。
         このような状況のもと、当社グループは、美容室に対して『顧客の世代観と価値観を捉えることで生涯顧客を創
        造する「生涯美容師の育成」を支援し、世代波及消費による生産性の向上を目指します。』をテーマに取り組んで
        おります。
         当第2四半期連結累計期間の連結売上高は、149億56百万円(前年同期比5.2%増)となりました。この主な要因
        は、染毛剤部門において、2月に発売しました欧米人のように自由なカラーデザインを楽しめる「オルディーブ
        アディクシー」が好調に推移していることによるものです。また、中国、韓国を始めとする東アジア、東南アジア
        で順調に伸長していることも要因のひとつです。
         営業利益は23億33百万円(同3.7%減)、経常利益は21億47百万円(同1.9%減)、親会社株主に帰属する四半期
        純利益は15億8百万円(同3.0%増)となりました。
        部門別売上高及び国内海外別売上高は次のとおりです。


        (連結部門別売上高)
                                                    (単位:百万円)
                   前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

          部門                                      増減額      増減率(%)
                     金額     構成比(%)         金額     構成比(%)
                      8,511       59.8      8,680       58.0        169       2.0
     ヘアケア用剤
                      4,944       34.8      5,462       36.5        517       10.5
     染毛剤
                       664       4.7       709       4.8        45       6.8
     パーマネントウェーブ用剤
                        98      0.7       104       0.7        6      6.3
     その他
                      14,218       100.0      14,956       100.0        738       5.2
          合計
        (国内海外別売上高)

                                                    (単位:百万円)
                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                                増減額      増減率(%)
                    金額     構成比(%)         金額     構成比(%)
                     12,330        86.7      12,847        85.9        517       4.2
     国内売上高
                     1,888        13.3       2,109                      11.7
     海外売上高                                      14.1        221
                     14,218              14,956                738       5.2
          合計                   100.0              100.0
                                  3/26


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
         当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比較して16億6百万円増加の340億50百万円とな
        りました。
         流動資産は前連結会計年度末と比較して2億45百万円減少の131億65百万円となりました。主な変動要因は、有
        価証券(合同運用指定金銭信託等)が10億円減少し、現金及び預金が5億53百万円、商品及び製品が3億94百万円
        それぞれ増加したことによるものであります。
         固定資産は前連結会計年度末と比較して18億52百万円増加の208億84百万円となりました。主な変動要因は、青
        山工場の売却などで有形固定資産が3億67百万円減少し、投資有価証券の取得と上場株式の時価上昇等により投資
        有価証券が20億55百万円増加したことによるものであります。
         流動負債は前連結会計年度末と比較して1億28百万円減少の44億62百万円となりました。主な変動要因は、未払
        金が3億12百万円減少したことによるものであります。
         固定負債は前連結会計年度末と比較して2億75百万円増加の4億22百万円となりました。
         純資産は前連結会計年度末と比較して14億59百万円増加の291億65百万円となりました。主な変動要因は、利益
        剰余金が8億53百万円、上場株式の時価上昇等によりその他有価証券評価差額金が4億30百万円それぞれ増加した
        ことによるものであります。
         この結果、自己資本比率は前連結会計年度末の85.4%から85.7%となりました。期末発行済株式総数に基づく1
        株当たり純資産は、前連結会計年度末の1,692円33銭から1,781円54銭となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は営業活動で獲得した
        資金を、納税による法人税等の支払及び配当金の支払等で使用した結果、前連結会計年度末に比べて4億4百万円
        減少し、当第2四半期連結会計期間末残高は43億33百万円となりました。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は19億92百万円となりました。これは主に税金等調整前四半期純利益21億46百万円
        の計上、減価償却費5億53百万円、たな卸資産の増加額4億9百万円、法人税等の支払額6億40百万円によるもの
        であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は17億85百万円となりました。これは主に投資有価証券の取得による支出14億34百
        万円、有形固定資産の取得による支出4億19百万円、無形固定資産の取得による支出2億16百万円と有形固定資産
        の売却による収入3億円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果使用した資金は6億57百万円となりました。これは主に株主さまへの配当金支払額6億53百万円
        によるものであります。
                                  4/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社は、財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針として、平成28年1月27日開催の取
        締役会において、当社株式の大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)の改訂及び継続を、平成28年3月17日開
        催の当社定時株主総会においてご承認いただくことを条件として発効させることを決議し、同株主総会においてこ
        れをご承認いただきました。平成30年3月開催予定の当社定時株主総会終結の時まで有効な、当社株式の大規模買
        付行為への対応方針(買収防衛策)(以下、「本対応方針」といいます。)を含む会社法施行規則第118条第3号
        所定の事項は以下のとおりです。
        1 基本方針の内容(概要)

          当社グループは『ミルボンは、ヘアデザイナーを通じて、美しい生き方を応援する事業展開をします。美しい
         生き方、美しい髪は人の心を豊かにします。豊かな心は文化を育みます。文化を大切にする社会は平和をもたら
         します。ミルボンはそう信じて事業展開を推進し、業界、ひいては国、地域に貢献します。』を企業理念とし、
         事業領域を美容室、美容師に絞った事業活動を展開しております。
          そうした中で培った、以下の1)から3)が、当社グループの独自性であり、企業価値の源泉と考えていま
         す。
         1)販売力=フィールドパーソンシステム

            当社グループは、美容室とヘアデザイナーを支援するために、独自の営業体制を確立しています。単なる
           商品販売ではなく、美容室、エンドユーザーの声を真摯に聴き、課題を発見、対処法を考え提案します。美
           容室への教育活動を中核に、美容室の増収・増益に貢献します。当社グループでは、そのような活動を行う
           営業部員をフィールドパーソンと呼んでいます。
            フィールドパーソンを育てるために、9ヶ月間に及ぶ社内研修を実施しています。ヘアケアやカラーリン
           グ、パーマなどの基本的な美容技術に加え、美容業界の幅広い知識・経営分析・企画立案などの様々なスキ
           ルを習得しています。競合他社が真似のできない、当社グループ独自のビジネスモデルとなっています。
         2)商品開発力=TAC製品開発システム
            美容室の現場で成功しているヘアデザイナー、さらにエンドユーザーに学びながら、美容ソフトと製品を
           開発するのが当社グループ独自の「TAC(Target Authority Customer)製品開発システム」です。
            ヘアカラー客が他店と比べて飛びぬけて多い美容室、ヘアケア客が飛びぬけて多い美容室など、テーマに
           よって顧客からダントツの人気を集めている美容室・ヘアデザイナーには、成功技術(哲学、考え方、ヘア
           デザイン、美容技術)が存在しています。その成功技術を一般の美容室でも使えるように標準化し、それを
           サポートする製品を創ります。
         3)市場戦略=フィールド活動システム
            どのような市場環境においても、成長する美容室は存在しています。当社グループでは、成長している、
           または、成長する可能性の大きい美容室にフィールドパーソンの活動を集約することで、市場環境が悪化し
           ても、当社グループも一緒に成長できるマーケティングを展開しています。
          当社取締役会は、あらゆる大規模買付行為に対して否定的な見解を有するものではありません。しかし、株式

         の大規模買付行為の中には、その目的等から見て企業価値及び株主共同の利益を明確に毀損するもの、大規模買
         付行為に応じることを株主の皆さまに強要して不利益を与えるおそれがあるもの等、必ずしも対象会社の企業価
         値、ひいては、株主共同の利益を確保し、向上させることにはならないと思われるものも存すると考えられま
         す。そのような大規模買付行為に対しては、当社としてこのような事態が生ずることのないように、あらかじめ
         何らかの対抗措置を講ずる必要があると考えます。
          もっとも、そのような大規模買付行為以外の大規模買付行為については、それを受け入れるべきか否かの最終
         的な判断は、当社取締役会ではなく当社株主の皆さまに委ねられるべきものと考えております。
          しかしながら、当社の経営には、当社の企業価値の源泉であるフィールドパーソンシステム、TAC製品開発
         システム、フィールド活動システムを前提とした特有の経営ノウハウや、当社の従業員、仕入先などの協力業
         者、当社の直接の取引先である代理店、さらに、その先の美容室等のステークホルダーとの間に築かれた信頼関
         係等への深い理解が不可欠であります。
                                  5/26




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
          これらに関する十分な知識と理解なくしては、株主の皆さまが将来実現することのできる株主価値を適正に判

         断することはできません。当社は、平素から、当社株式の適正な価値を株主及び投資家の皆さまにご理解いただ
         くよう努めておりますが、突然大規模買付行為がなされたときに、大規模買付者の提示する当社株式の取得対価
         が妥当かどうかを株主の皆さまに短期間の間に適切に判断していただくためには、大規模買付者及び当社取締役
         会の双方から適切かつ十分な情報が提供されることが不可欠と考えております。
          なお、当社株主の皆さまがこのような判断を行うための十分な情報提供という観点から、大規模買付者自身の
         提供する情報に加え、それに対する当社取締役会の評価・検討に基づく意見や、場合によっては当社取締役会に
         よる代替案の提案も、当社株主の皆さまにとっては重要な判断材料になると考えます。このような観点から、当
         社取締役会としては、当社株主の皆さまにより適切にご判断いただけるよう、大規模買付者に対して大規模買付
         行為に関する情報提供を求め、係る情報提供がなされた後、当社取締役会において速やかにこれを検討・評価
         し、後述の特別委員会の勧告を最大限に尊重し、当社取締役会としての意見を取りまとめて一般に公開します。
         そして、当社取締役会が必要と判断した場合は、大規模買付者の提案の改善についての交渉、当社取締役会とし
         ての当社株主の皆さまへの代替案の提示を行うこととします。
          当社取締役会は、上記の基本的な考え方に立ち、大規模買付行為が、これを具体化した一定の合理的なルール
         に従って進められることが当社及び当社株主共同の利益に合致すると考え、以下のとおり当社株式の大規模買付
         行為に関するルール(以下、「大規模買付ルール」といいます。)を設定し、大規模買付者に対して大規模買付
         ルールの遵守を求めます。そして、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合には、当社取締役会は、
         一定の対抗措置を取ることができるものといたします。上記の基本的な考え方に照らし、大規模買付者が大規模
         買付ルールを遵守しないこと自体が、当社株主の皆さまの適切な判断を妨げ、当社株主共同の利益を損なうもの
         と考えられるからです。また、大規模買付ルールが遵守されている場合であっても、当該大規模買付行為が、当
         社に回復し難い損害を与えるなど当社株主共同の利益を著しく損なうと判断される場合には、一定の対抗措置を
         取ることができるものといたします。
          なお、当社は、現時点において、特定の第三者から大規模買付けを行う旨の通告や買収提案をうけておりませ
         ん。
                                  6/26












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
        2 基本方針実現のための具体的な取り組み(概要)
          当社グループは、2015年度(第56期)より、新たなブランドスローガン「美しさを拓く。Find                                             Your   Beauty」
         のもと、次の未来を見据えた中期的な経営ビジョン「中期5ヵ年事業構想(2015年~2019年)」を策定しておりま
         す。その主な内容は以下のとおりです。
          「教育を中心としたフィールド活動によって、世界の国・地域の美容に地域貢献し、日本発(初)、世界No.

         1のグローバルプロフェッショナルメーカーをめざします。」をグローバルビジョンとして掲げ、以下のような
         取り組みを通じてグローバル化を推進します。
         1)グローバル組織態勢

           多文化対応ネットワーク型のグループ企業経営を目指します。
         2)グローバル商品戦略
           グローバル研究開発・生産態勢を構築します。
         3)グローバル人材育成
           グローバルな視野でリーダーシップを発揮する、経営感覚のある次期グローバルリーダーを育成します。
         4)グローバル市場展開
           アジア3本柱構想(日本、東アジア、東南アジア)と欧米のネットワークの構築によって、グローバル事業
           展開を加速します。
         5)グローバル財務戦略
           営業活動により獲得したフリーキャッシュの約半分を、生産能力の増強、新規営業拠点の設立・増強、M&A
           投資、化粧品ビジネスへの投資等、今後のさらなる成長のために投資し、一方、株主還元としては、配当性
           向40%を目安に安定的に実施したいと考えております。
            また、資本効率の目標として2019年度にROE12%以上を目指します。
          このような取り組みを通して、当社グループは、「世界のヘア化粧品プロフェッショナル市場においてアジア

         No.1、世界ベスト5入りをめざします。」を中期ビジョンとして掲げ、ヘアデザイナーと共に、世界の美容に
         貢献していきます。
          当社グループは、経営の透明性、公平性を重視したコーポレート・ガバナンスを実施しております。さらに、

         積極的な情報開示に努めることで企業に対する信頼が高まり、企業価値の向上につながると考えております。
          当社は監査役制度を採用しており、現在、取締役は11名(うち社外取締役2名)、監査役は3名(うち社外監
         査役2名)であります。また、社外有識者とのアドバイザー契約により、適宜社外有識者の意見を取り入れる体
         制を整えております。
                                  7/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
        3 基本方針に照らして不適切な者による支配を防止するための取り組み(概要)
         大規模買付ルールの内容
          当社取締役会が設定する大規模買付ルールとは、イ)当社株主の皆さまの判断及び当社取締役会としての意見
         形成のために、事前に大規模買付者から当社取締役会に対して必要かつ十分な情報(以下、「必要情報」といい
         ます。)が提供され、ロ)大規模買付行為は、当社取締役会による当該大規模買付行為に対する一定の評価期間
         が経過した後に開始されるものとする、というものです。
          具体的には、当社取締役会は、大規模買付行為の提案があった場合、まず、その事実を速やかに開示します。
         さらに、大規模買付者には、当社取締役会に対して、必要情報を提供していただきます。
          必要情報の具体的内容は大規模買付行為の内容によって異なり得るため、具体的には大規模買付者が大規模買
         付行為を行おうとする場合には、まず当社取締役会宛に、大規模買付者の名称、住所、設立準拠法、代表者の氏
         名、国内連絡先及び提案する大規模買付行為の概要を記載した、大規模買付ルールに従う旨の意向表明書をご提
         出いただくこととし、当社取締役会は、係る意向表明書受領後10営業日以内に、大規模買付者から当初提供いた
         だくべき必要情報のリストを当該大規模買付者に交付します。その項目の一部は以下のとおりです。
         1)大規模買付者及びそのグループの概要(大規模買付者の事業内容、当社の事業と同種の事業についての経験

           等に関する情報を含みます。)
         2)大規模買付行為の目的及び内容(対価の種類及び価額、関連する取引の仕組み、買付方法及び関連する取引
           の適法性等を含みます。)
         3)大規模買付行為の対価の価額の算定根拠(算定の前提となる事実、算定方法、算定に用いた数値情報及び大
           規模買付行為に係る一連の取引により生じることが予想されるシナジーの内容を含みます。)
         4)大規模買付行為の資金の裏付け
         5)当社の経営に参画した後に想定している経営者候補(当社の事業と同種の事業についての経験等に関する情
           報を含みます。)、経営方針、事業計画、財務計画、資本政策、配当政策、資産活用策等
         6)大規模買付行為の後における当社の従業員、取引先、顧客その他の当社に係る利害関係者の処遇方針
          なお、当初提供していただいた情報を精査した結果、それだけでは合理的に不十分と認められる場合には、当

         社取締役会は、特別委員会の助言を受け、大規模買付者に対して必要情報が揃うまで追加的に情報提供を求めま
         す。但し、当社取締役会は、追加的な情報提供の求めについても、特別委員会の助言を最大限尊重するものと
         し、無制限に追加的な情報提供の求めを行うことはいたしません。
          当社取締役会は、提供された必要情報が、当社株主の皆さまの判断のために必要であると認められる場合に
         は、適切と判断する時点で、その全部または一部を開示します。また、大規模買付者が当社取締役会に対し必要
         情報の提供を完了した場合には、速やかにその旨を開示いたします。
          次に、当社取締役会は、大規模買付者が当社取締役会に対し必要情報の提供を完了した後、60日間(対価を現
         金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付の場合)または90日間(その他の大規模買付行為の場
         合)を取締役会による評価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期間(以下、「評価期間」といいま
         す。)として与えられるべきものと考えます。ただし、特別委員会が後述の特別委員会の勧告期限の延期を勧告
         し、当社取締役会が、特別委員会の勧告期限を最大10日間延期した場合には、評価期間は、勧告期限が延期され
         た日数に応じ、それぞれ最大10日間延長されるものとします。また、評価期間が延長される場合には延長される
         日数及び延長の理由を公表します。評価期間中、当社取締役会は外部専門家等の助言を受けながら、提供された
         必要情報を十分に評価・検討し、当社取締役会としての意見をとりまとめ、公表します。また、評価期間中、必
         要に応じ、大規模買付者との間で大規模買付行為に関する条件改善について交渉し、当社取締役会として代替案
         を公表して当社株主の皆さまに対し提示することもあります。従って、大規模買付行為は、評価期間(前述の勧
         告期限の延期がなされた場合は、これに伴う延長後の評価期間)の経過後にのみ開始されるものとします。
         ※大規模買付ルールを遵守しない大規模買付行為、あるいは大規模買付ルールを遵守するものであっても当社に

          回復し難い損害を与えるなど、当社株主共同の利益を著しく損なうと判断される大規模買付行為がなされた場
          合の対応方針、特別委員会の設置(対抗措置の公正さを担保するための手続き)や特別委員会規則の内容、株
          主・投資家の皆さまに与える影響等、ルールの有効期限等の具体的事項につきましては、下記ホームページで
          ご覧いただけます。
           (http://www.milbon.co.jp/ir/upload_file/top_02/160127_baishu-bouei.pdf)
                                  8/26




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
        4 具体的な取り組みに対する取締役会の判断及びその理由
          当社取締役会は、以下の理由から、本対応方針が基本方針に沿い、当社の企業価値・株主共同の利益を損なう
         ものではなく、かつ、当社役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
         1)買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
            本対応方針は、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保
           又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原
           則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しています。また、企業価値研究会が
           平成20年6月30日に発表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」において示された考え
           方に沿うものであります。
         2)株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること
            本対応方針は、上述のとおり、当社株式に対する大規模買付行為が行われた際に、当該大規模買付行為が
           適切なものであるか否かを株主の皆さまが判断するために必要な情報や時間を確保したり、株主の皆さまの
           ために交渉を行うことなどを可能とすることで、当社企業価値、ひいては、当社株主共同の利益を確保し、
           向上させるという目的をもって導入されるものです。
         3)株主意思を重視するものであること
            当社は、平成28年3月17日開催の当社定時株主総会において今般の改訂後の本対応方針の是非につき、株
           主の皆さまのご意思を問い、ご承認いただきましたことをもって、株主の皆さまの意向が反映されておりま
           す。加えて、本対応方針の有効期間は平成30年3月開催予定の当社定時株主総会終結の時までと設定されて
           おりますが、その時点までに当社株主総会、または取締役会において本対応方針を廃止する旨の決議が行わ
           れた場合には、本対応方針はその時点で廃止されることになり、株主の皆さまの意向が反映されるものと
           なっています。
         4)独立性の高い社外者の判断を重視していること
            当社は、本対応方針の導入に当たり、取締役会の恣意的な対抗措置の発動を排除し、株主の皆さまのため
           に、本対応方針の運用に際しての実質的な判断を客観的に行う機関として特別委員会を設置します。
            本対応方針の導入に際し、特別委員会は、外部有識者と社外監査役等から構成いたします。
            特別委員会は、大規模買付者から提供された必要情報が十分であるか、不足しているかを助言します。
            実際に当社に対して大規模買付行為がなされた場合には、特別委員会が、「特別委員会規則」に従い当該
           買付が当社の企業価値、ひいては、当社株主共同の利益を著しく損なうものであるか否か等を判断し、当社
           取締役会はその勧告を最大限に尊重することとします。特別委員会の勧告の概要及び判断の理由等について
           は適時に株主の皆さまに情報開示いたします。
            このように、独立性の高い特別委員会により、当社取締役会が恣意的に追加的な情報提供の求めを無制限
           に行うことや対抗措置の発動を行うことのないよう厳しく監視することによって、当社の企業価値、ひいて
           は、当社株主共同の利益に資する範囲で本対応方針の運用が行われる仕組みが確保されております。
            また、当社は平成28年3月開催の定時株主総会終結の時をもって、社外取締役2名が就任しました。社外
           取締役は当社に対して大規模買付行為がなされた場合に、当該買付が当社の企業価値、ひいては、当社株主
           共同の利益に資するか否かについて、客観的かつ独立した立場から取締役会で意見を述べることも期待され
           ており、特別委員会と共に独立性の高い社外者の判断を重視する仕組みとなっています。
         5)合理的な客観的要件を設定していること
            本対応方針においては、上述のとおり、大規模買付行為に対する対抗措置は合理的、かつ、詳細な客観的
           要件が充足されなければ発動されないように設計されており、当社取締役会による恣意的な発動を防止する
           ための仕組みを確保しているものといえます。
         6)第三者専門家の意見を取得すること
            大規模買付者が出現すると、特別委員会は、当社の費用で、独立した第三者(ファイナンシャル・アドバ
           イザー、公認会計士、弁護士、コンサルタント等の専門家を含みます。)の助言を受けることができるとさ
           れています。これにより、特別委員会による判断の公正さ、客観性がより強く担保される仕組みとなってい
           ます。
         7)デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと
            上述のとおり、本対応方針は当社株主総会あるいは取締役会の決議で廃止することができるため、本対応
           方針は、いわゆるデッドハンド型の買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動を阻
           止できない買収防衛策)ではありません。
            また、当社は取締役の任期について、期差任期制を採用していないため、本対応方針はスローハンド型買
           収防衛策(取締役会の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要す
           る買収防衛策)でもありません。
                                  9/26



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (4)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の総額は6億45百万円であります。
                                 10/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                                 60,204,000
                  計                                     60,204,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年7月28日)
               (平成29年6月20日)                        取引業協会名
                                                   株主としての権利内
                                                   容に何ら制限のない
                                         東京証券取引所
       普通株式             16,558,617            16,558,617
                                                   標準となる株式
                                         (市場第一部)
                                                   単元株式数       100株
         計            16,558,617            16,558,617           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式        発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成29年3月21日~
                       -   16,558,617           -    2,000,000           -     199,120
     平成29年6月20日
                                 11/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                 平成29年6月20日現在
                                                     発行済株式総
                                              所有株式数       数に対する所
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      有株式数の割
                                                     合(%)
     STATE STREET BAN
     K AND TRUST COMP                  ONE LINCOLN STREET, B
     ANY                  OSTON MA USA 02111
                                                 1,498        9.05
     (常任代理人 香港上海銀行東京支                  (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     店)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                          1,366        8.25
     株式会社(信託口)
                       大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1-1 
                                                  960       5.80
     鴻池資産管理株式会社
                       江戸堀センタービル9F
                                                  741       4.48
     村井 佳比子                  大阪府大阪市都島区
                                                  741       4.48
     北嶋 舞子                  大阪府豊中市
                       東京都千代田区丸の内1丁目4-1                           667       4.03
     三井住友信託銀行株式会社
     特定有価証券信託受託者 株式会社
                                                  664       4.01
                       東京都港区西新橋1丁目3番1号
     SMBC信託銀行
                       25 BANK STREET, CANAR
     JP MORGAN CHASE 
                       Y WHARF, LONDON, E14 
     BANK
                       5JP, UNITED KINGDOM
                                                  500       3.02
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南2丁目15-1 
     決済営業部)
                       品川インターシティA棟)
                       大阪府大阪市都島区善源寺町2丁目3-35                           485       2.93
     ミルボン協力企業持株会
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                                  436       2.63
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
                                 -                8,060       48.68
             計
      (注)1 上記銀行の所有株式数のうち、信託業務に係る株式を以下のとおり含んでおります。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                       1,366千株
           株式会社SMBC信託銀行                        664千株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社                        436千株
         2 平成29年5月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、キャピタル・リ

          サーチ・アンド・マネージメント・カンパニーが平成29年4月28日現在で以下の株式を所有している旨が記載
          されているものの、当社として当第2四半期会計期間末時点における実質所有株式数の確認ができないため、
          上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、当該大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりです。
                                                     発行済株式総

                                              所有株式数       数に対する所
          氏名又は名称                      住所
                                               (千株)      有株式数の割
                                                     合(%)
      キャピタル・リサーチ・アンド・                 アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスアン

                                                 1,487        8.98
      マネージメント・カンパニー                 ジェルス、サウスホープ・ストリート333
                                 -                1,487        8.98

             計
                                 12/26




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年6月20日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -           -              -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -

     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                     (自己保有株式)                       株主としての権利内容に制限のな
     完全議決権株式(自己株式等)                                -
                       普通株式        187,400
                                             い、標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                 普通株式16,143,400                 161,434            同上
                       普通株式        227,817
     単元未満株式                                -              -
     発行済株式総数                      16,558,617           -              -

     総株主の議決権                     -             161,434            -

      (注)1 「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の株式がそれぞれ
           1,000株(議決権10個)及び34株含まれております。
         2 「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式が97株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月20日現在
                                                     発行済株式総数

                            自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合        に対する所有株
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            式数(株)        式数(株)        計(株)        式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)           大阪市都島区善源寺町
                                187,400           -      187,400          1.13
     ㈱ミルボン           2丁目3番35号
          計           -          187,400           -      187,400          1.13
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 13/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年3月21日から平
       成29年6月20日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年12月21日から平成29年6月20日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 14/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月20日)              (平成29年6月20日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,023,328              4,576,341
         現金及び預金
                                       3,805,519              3,728,228
         受取手形及び売掛金
                                       1,000,000                  -
         有価証券
                                       2,974,165              3,368,638
         商品及び製品
                                         36,684              35,272
         仕掛品
                                        883,147              983,772
         原材料及び貯蔵品
                                        862,383              631,235
         その他
                                       △ 173,901             △ 157,644
         貸倒引当金
                                       13,411,329              13,165,844
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             6,795,092              6,562,320
          機械装置及び運搬具(純額)                             2,377,617              2,264,147
                                       5,154,087              5,022,794
          土地
                                         21,093              41,474
          建設仮勘定
                                        333,243              422,638
          その他(純額)
                                       14,681,134              14,313,375
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                789,601              871,653
         投資その他の資産
                                       2,621,957              4,677,521
          投資有価証券
                                        249,854              248,509
          退職給付に係る資産
                                        743,866              837,662
          その他
                                        △ 53,556             △ 63,862
          貸倒引当金
                                       3,562,121              5,699,830
          投資その他の資産合計
                                       19,032,857              20,884,859
         固定資産合計
                                       32,444,187              34,050,703
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        687,193              784,022
         買掛金
                                       2,788,818              2,475,940
         未払金
                                        678,180              546,644
         未払法人税等
                                         15,198              14,353
         返品調整引当金
                                        137,562              131,454
         賞与引当金
                                        284,059              509,795
         その他
                                       4,591,012              4,462,211
         流動負債合計
       固定負債
                                         32,270              41,564
         退職給付に係る負債
                                        114,456              381,119
         その他
                                        146,726              422,684
         固定負債合計
                                       4,737,738              4,884,896
       負債合計
                                 15/26






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月20日)              (平成29年6月20日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,000,000              2,000,000
         資本金
                                        199,946              200,066
         資本剰余金
                                       25,248,823              26,102,191
         利益剰余金
                                       △ 544,946             △ 548,748
         自己株式
                                       26,903,823              27,753,509
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        752,695             1,183,380
         その他有価証券評価差額金
                                         43,336              236,681
         為替換算調整勘定
                                         6,592             △ 7,764
         退職給付に係る調整累計額
                                        802,624             1,412,296
         その他の包括利益累計額合計
                                       27,706,448              29,165,806
       純資産合計
                                       32,444,187              34,050,703
      負債純資産合計
                                 16/26















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月21日              (自 平成28年12月21日
                                至 平成28年6月20日)               至 平成29年6月20日)
      売上高                                 14,218,270              14,956,764
                                       4,430,459              4,887,391
      売上原価
                                       9,787,810              10,069,372
      売上総利益
                                       ※ 7,364,168              ※ 7,736,350
      販売費及び一般管理費
                                       2,423,642              2,333,022
      営業利益
      営業外収益
                                         2,632              2,991
       受取利息
                                         6,073              8,352
       受取配当金
                                           -             8,592
       為替差益
                                         28,590              33,203
       社宅負担金
                                         2,622                -
       保険解約差益
                                         12,442              26,248
       その他
                                         52,361              79,388
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        233,411              246,739
       売上割引
                                         54,061                -
       為替差損
                                           -            11,962
       減価償却費
                                           403             6,588
       その他
                                        287,876              265,290
       営業外費用合計
                                       2,188,127              2,147,120
      経常利益
      特別損失
                                         4,124               954
       固定資産除却損
                                         4,124               954
       特別損失合計
                                       2,184,002              2,146,165
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   667,995              520,603
                                         51,050              117,321
      法人税等調整額
                                        719,046              637,924
      法人税等合計
                                       1,464,955              1,508,240
      四半期純利益
                                       1,464,955              1,508,240
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 17/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月21日              (自 平成28年12月21日
                                至 平成28年6月20日)               至 平成29年6月20日)
                                       1,464,955              1,508,240
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                       △ 169,748              430,684
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 89,222              193,344
       為替換算調整勘定
                                        △ 10,223             △ 14,357
       退職給付に係る調整額
                                       △ 269,193              609,671
       その他の包括利益合計
                                       1,195,762              2,117,912
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,195,762              2,117,912
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 18/26
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月21日              (自 平成28年12月21日
                                至 平成28年6月20日)               至 平成29年6月20日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,184,002              2,146,165
       税金等調整前四半期純利益
                                        471,529              553,015
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 118,037              △ 6,139
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,436             △ 10,121
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,243              △ 844
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                 △ 36,003             △ 19,343
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  4,604              6,241
                                        △ 8,705             △ 11,344
       受取利息及び受取配当金
       為替差損益(△は益)                                  13,796             △ 16,498
                                         4,124               954
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 45,833              99,152
       たな卸資産の増減額(△は増加)                               △ 1,074,475              △ 409,398
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 249,305               58,790
                                        △ 53,883              231,581
       その他
                                       1,826,692              2,622,211
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  7,774              11,128
                                       △ 731,413             △ 640,538
       法人税等の支払額
                                       1,103,053              1,992,801
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,812,088              △ 419,815
       有形固定資産の取得による支出
                                           -            300,000
       有形固定資産の売却による収入
                                       △ 166,608             △ 216,798
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 500            △ 3,150
       貸付けによる支出
                                         1,318              3,013
       貸付金の回収による収入
                                           -             △ 430
       定期預金の預入による支出
                                         29,970              51,407
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 100,000            △ 1,434,980
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 23,649             △ 67,867
       差入保証金の差入による支出
                                         10,970               7,446
       差入保証金の回収による収入
                                          △ 26              -
       保険積立金の積立による支出
                                         12,634                -
       保険積立金の解約による収入
                                        △ 3,439             △ 4,186
       その他
                                      △ 2,051,419             △ 1,785,360
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の純増減額(△は増加)                                 △ 2,013             △ 3,682
                                       △ 637,773             △ 653,968
       配当金の支払額
                                       △ 639,787             △ 657,650
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 36,810              46,198
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 1,624,963              △ 404,011
                                       7,086,948              4,737,426
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 5,461,985              ※ 4,333,415
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 19/26






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
       (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
        (有形固定資産の減価償却方法の変更)
          当社は、有形固定資産の減価償却方法については、定率法を採用しておりましたが、第1四半期連結会計期間
         より定額法に変更しております。
          この変更は、当社が実施した大型生産設備への投資が前連結会計年度までに完了したことを機に、今後の生産
         高と減価償却費や修繕費等の設備維持コストとの対応関係の見直しを行った結果、より適切な費用配分を行うた
         め、定額法が合理的であると判断したことによるものであります。
          この結果、従来の方法によった場合に比べ、当第2四半期連結累計期間の減価償却費は237,348千円減少し、
         営業利益は235,313千円、経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ237,348千円増加しております。
       (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四半
       期連結会計期間から適用しております。
                                 20/26















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
      ※ 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成27年12月21日                  (自 平成28年12月21日
                             至 平成28年6月20日)                    至 平成29年6月20日)
     販売促進費                              1,162,459     千円             1,223,012     千円
     報酬・給与・手当                              1,860,435     千円             1,927,814     千円
     賞与引当金繰入額                                79,100   千円              99,034   千円
     退職給付費用                               116,131    千円              113,375    千円
     研究開発費                               590,504    千円              645,780    千円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成27年12月21日                  (自 平成28年12月21日
                             至 平成28年6月20日)                  至 平成29年6月20日)
     現金及び預金勘定                              4,754,483千円                  4,576,341千円
     預入期間が3ヵ月を超える定期預金                              △292,498千円                  △242,926千円
     有価証券(合同運用指定金銭信託)                              1,000,000千円                     -千円
     現金及び現金同等物                              5,461,985千円                  4,333,415千円
                                 21/26














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第2四半期連結累計期間(自 平成27年12月21日 至 平成28年6月20日)
       (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年3月17日
               普通株式        638,522          39  平成27年12月20日         平成28年3月18日          利益剰余金
     定時株主総会
       (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年6月29日
               普通株式        622,133          38  平成28年6月20日         平成28年8月10日          利益剰余金
     取締役会
       当第2四半期連結累計期間(自 平成28年12月21日 至 平成29年6月20日)

       (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年3月16日
               普通株式        654,872          40  平成28年12月20日         平成29年3月17日          利益剰余金
     定時株主総会
       (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月28日
               普通株式        654,844          40  平成29年6月20日         平成29年8月10日          利益剰余金
     取締役会
                                 22/26











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社グループは頭髪化粧品の製造、販売の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                項目               (自 平成27年12月21日               (自 平成28年12月21日
                                至 平成28年6月20日)               至 平成29年6月20日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   89円48銭               92円13銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 1,464,955               1,508,240

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        1,464,955               1,508,240
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 16,372,151               16,371,459
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       本社の移転について
        当社は、平成29年6月28日開催の取締役会において、本社の東京への移転を決議致しました。
       本社移転の概要につきましては、以下のとおりであります。
       1.移転先所在地

        東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
       2.移転時期

        平成29年11月予定
       3.移転目的

        (1)化粧品事業を推進していくためのブランドイメージアップ
        (2)グローバル事業展開の加速
        (3)上記事業を推進していくために必要となる多様な人材の確保
        (4)新たなフィールドへの展開に不可欠なパートナー企業との関係強化
       4.業績に与える影響

        平成29年12月期に与える影響は軽微であります。
                                 23/26







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        第58期(平成28年12月21日から平成29年12月31日まで)中間配当については、平成29年6月28日開催の取締役会に
       おいて、平成29年6月20日の最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議致しま
       した。
        ① 配当金の総額                               654,844千円
        ② 1株当たりの金額                                   40 円
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                             平成29年8月10日
                                 24/26


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ミルボン(E01039)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年7月28日

     株式会社ミルボン
      取締役会 御中
                      仰星監査法人

                       代表社員

                                公認会計士
                                        德  丸  公  義  印
                       業務執行社員
                       業務執行社員         公認会計士

                                        俣  野  朋  子  印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ミルボ

     ンの平成28年12月21日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年3月21日から平成
     29年6月20日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年12月21日から平成29年6月20日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ミルボン及び連結子会社の平成29年6月20日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更に記載されているとおり、会社は、第1四半期連結会計
     期間より、従来、定率法により減価償却を行っていた有形固定資産の減価償却方法を定額法に変更している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 26/26



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。