ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    平成29年7月5日

      【発行者名】                    ピクテ投信投資顧問株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 萩野 琢英

      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目2番1号

      【事務連絡者氏名】                    佐藤 直紀

      【電話番号】                    03-3212-3411

      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)

       益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    ① 当初自己設定:100万円とします。
       益証券の金額】
                          ② 継続申込期間:1兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/50














                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】
       ( 1)【ファンドの名称】

        ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)
        ( 以下「ファンド」といいます。)
       ( 2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        追加型証券投資信託受益権
        ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の適用を受け、受益権の
        帰属は、後記の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2
        条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または
        記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」
        といいます)。委託会社であるピクテ投信投資顧問株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権
        を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
        なお、ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供された信用格付または
        信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ( 3)【発行(売出)価額の総額】

                      ※
        ① 当初    自己設定    : 100万円    と します。
                     ※
        ② 継続申込期間:1兆円             を上限とします。
          ※受益権1口当たりの各発行価格に各                 発行口数を乗じて得た金額の合計額
       ( 4)【発行(売出)価格】

        ① 当初    自己設定:1口当たり1円とします。
                                   ※
        ② 継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額                            とします。
         ※「基準価額」とは、ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を計算日における受益権口数で
          除した金額で、ファンドにおいては1万口当たりの価額で表示しています。基準価額は、組入れた有価証券等の値
          動きにより日々変動します。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合の発行価格は、各計算期間終了
        日の基準価額とします。
        基準価額は、委託会社(ピクテ投信投資顧問株式会社 電話番号0120-56-1805(受付時間:委託会社の営業日の午前9時
        から午後5時まで) ホームページおよび携帯サイトhttp://www.pictet.co.jp)または販売会社に問い合わせることによ
        り知ることができます。また、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます(略称「                                               セキュリテ
        H 」)。
       ( 5)【申込手数料】

        3.24  %(税抜3.0%)の手数料率を上限として、販売会社が独自に定める率を発行価格に乗じて得た額とします。
        詳しくは、販売会社にてご確認ください。
        申込手数料には、消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)相当額が加算されます。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合は無手数料となります。
         ※償還乗換優遇措置等の取扱いを行う販売会社では、一定の条件を満たした場合に申込手数料が割引または無手数料
          となる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       ( 6)【申込単位】

        販売会社が定      める1円または1口(当初元本1口=1円)の整数倍の単位とします。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合は1口単位とします。詳しく
        は、販売会社にてご確認ください。
                                  2/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  ※
        自動購入サービス契約           を利用してのご購入の場合は、当該契約に定める単位にて申込みいただく場合があります。
         ※当該契約または規定については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあ
          り、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。また、「自動購入サービス」等の取扱いの有無について
          は、販売会社にご確認ください。
       ( 7)【申込期間】

        ① 当初    自己設定申込日:平成29年7月21日とします。
        ② 継続申込期間:平成29年7月24日から平成30年11月20日までとします。
         なお、継続申      込期間は上記期間満了前に、委託会社が有価証券届出書を提出することにより更新されます。
       ( 8)【申込取扱場所】

        販売会社の本支店等において申込みの取扱いを行います。販売会社については、委託会社(ピクテ投信投資顧問株式会
        社 電話番号0120-56-1805(受付時間:委託会社の営業日の午前9時から午後5時まで) ホームページおよび携帯サイ
        トhttp://www.pictet.co.jp)までお問い合わせください。
       ( 9)【払込期日】

        ① 当初自己設定
         委託会社は、当初自己設定に係る発行価額の総額を販売会社の定める日までに支払うものとします。当初自己設定に
         係る発行価額の総額は、当初設定日(平成29年7月24日)に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定す
         るファンド口座に払い込まれます。
        ② 継続申込期間
         受益権の取得申込者は、取得申込みを行った販売会社の定める日までに申込代金(申込金額(発行価格×申込口数)に申
         込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を加算した額)を支払うものとします。各取得申込受付日の発行価額
         の総額は追加信託の行われる日に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込
         まれます。
       (10)  【払込取扱場所】

        申込代金は、取得申込みを行った販売会社へお支払いください(販売会社については、「(8)申込取扱場所」に記載の委
        託会社までお問い合わせください)。
       (11)  【振替機関に関する事項】

        ファンドの受益権の振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
       (12)  【その他】

        ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、前記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の振替業に係
        る業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
        ファンドの収益分配金、償還金、換金代金は、社振法および前記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の業
        務規程その他の規則にしたがって支払われます。
                                  3/50






                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】

      1【ファンドの性格】
       ( 1)【ファンドの目的及び基本的性格】
        ① ファンドは、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行うことを基本とします。
          信託金の限度額は3,000億円です。
                    ※

        ② ファンドの商品分類            は、追加型投信/内外/株式です。
          ※ 一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づきます。
          <商品分類表(ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。)>

                                                  投資対象資産
              単位型・追加型                  投資対象地域
                                                  (収益の源泉)
                                  国内

                                                    株式
                単位型
                                                    債券
                                  海外
                                                  不動産投信
                追加型
                                                  その他資産
                                  内外
                                                   資産複合
          <属性区分表(ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。)>

           投資対象資産            決算頻度          投資対象地域            投資形態          為替ヘッジ
         株式

          一般
                       年1回
                                                       あり
          大型株
                                 グローバル           ファミリー
                                                     ( フルヘッジ)
          中小型株
                                ( 日本を含む)           ファンド
                       年2回
         債券
                                  日本
          一般
                       年4回           北米
          公債
                                  欧州
          社債
                     年6回(隔月)            アジア
          その他債券
                                 オセアニア
          クレジット属性
                     年12回(毎月)            中南米
         不動産投信
                                 アフリカ           ファンド
         その他資産
                       日々         中近東(中東)            ・オブ・
         ( 投資信託証券
                                エマージング            ファンズ
                                                       なし
         ( 株式))
                       その他
         資産複合
         ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。
          <ファンドが該当する商品分類の定義>

               商品分類                            定義
         単位型・追加型         追加型投信        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産
                          とともに運用されるファンドをいいます。
         投資対象地域         内外        目論見書または投資信託約款において、国内および海外の資産による投資収
                          益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         投資対象資産         株式        目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実
                          質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         (収益の源泉)
          <ファンドが該当する属性区分の定義>

               属性区分                            定義
                                  4/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         投資対象資産         その他資産        目論見書または投資信託約款において、株式、債券および不動産投信以外の
                          資産(ファミリーファンド方式による投資信託証券)を通じて、主として株式
                  (投資信託証券
                          に投資する旨の記載があるものをいいます。
                  (株式))
         決算頻度         年1回        目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるもの
                          をいいます。
         投資対象地域         グローバル        目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界(日
                  ( 日本を含む)        本を含みます)の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         投資形態         ファミリー        目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファ
                          ンズにのみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投資するものを
                  ファンド
                          いいます。
         為替ヘッジ         あり        目論見書または投資信託約款において、為替のフルヘッジまたは一部の資産
                  ( フルヘッジ)        に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいいます。
          ファンド    は、マザーファンド受益証券(投資信託証券)への投資を通じて、株式を主要投資対象とします。したがっ

          て、「商品分類」における投資対象資産と、「属性区分」における投資対象資産は異なります。
          ( 注)ファンドが該当しない商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のインターネッ

            ト・ホームページ(http://www.toushin.or.jp)で閲覧できます。
        ③ ファンドの特色

         a 主に世界のセキュリティ関連企業の株式に投資します

         ○マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として世界のセキュリティ関連企業の株式に投資します。

           セキュリティ関連企業とは?

            「暮らしの安心」「移動の安心」「情報の安心」といった、日常生活に欠かせない「安心」へのニーズに応え
            る製品やサービスを提供する企業を、セキュリティ関連企業とします。
                                  5/50










                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ※上記はセキュリティ関連製品・サービスの一部を表すものであり、投資対象のすべてを表すものではありませ
            ん。また、すべてに投資するものでもありません。
            なお、武器・軍事関連、原子力関連の製品・開発・検査・メンテナンス事業が売上高の5%以上を占める企業に
            は投資を行いません。
          ○特定の銘柄、国や通貨に集中せず分散投資を基本としリスク分散を図ります。

                         <マザーファンドの投資プロセス>

             ※投資プロセスは、平成29年5月末日現在のものであり、今後変更される場合があります。






         b 原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります

          ○ 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。

         c 年1回決算を行います

          ○毎年2月20日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として収益分配方針に基づき分配を行います。

            ※将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。
                           [収益分配金に関する留意事項]

          ○ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、そ
           の金額相当分、基準価額は下がります。
          ○ 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払わ
           れる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。ま
           た、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
          ○ 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当
           する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場
           合も同様です。
        ※資金動向、市況動向等によっては前記のような運用ができない場合があります。

       ( 2)【ファンドの沿革】

        平成29年7月24日 信託契約締結、ファンドの設定および運用開始(予定)
       ( 3)【ファンドの仕組み】

        ① 委託会社およびファンドの関係法人
                                  6/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ※1 ファンドの投資対象・投資制限、委託会社・受託会社・受益者の権利義務関係等が規定されています。








          ※2 販売会社が行う募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求受付けならびに収益分配金、償還金および一部解
            約代金の支払い等について規定されています。
          ※3 委託会社が委託する運用の指図に係る業務の内容、運用指図に関する権限の委託先の注意義務、法令等に違反
            した場合の委託の中止、変更等について規定されています。
        ○ピクテ・セキュリティ・マザーファンド                    ( 以下「マザーファンド」といいます。)                  受益証券を主要投資対象としたファ

         ミリーファンド方式で運用を行います。なお、直接株式に投資を行う場合があります。
        ○ファミリーファンド方式とは、投資者から投資された資金をまとめてベビーファンドとし、その資金をマザーファン
         ドに投資して、実質的な運用を行う仕組みです。
                    購入代金

                                投資           投資
                                                  世界の
                    ―――――>
             ご投資者                        マザー
                                ―――>           ―――>
                          ファンド                     セキュリティ関連
                   < ―――――
                               < ―――          < ―――
             (受益者)                       ファンド
                                                企業の株式等
                   収益分配金
                                損益           損益
                    換金代金
                    償還金
        ② 委託会社の概況(平成29年5月末日現在)

         ・資本金:2億円
         ・沿 革:昭和56年 ピクテ銀行東京駐在員事務所開設
              昭和61年 ピクテジャパン株式会社設立
              昭和62年 投資顧問業の登録、投資一任業務の認可取得
              平成9年 ピクテ投信投資顧問株式会社に社名変更
              平成9年 投資信託委託業務の免許取得
              平成23年 大阪事務所開設
              現在に至る
         ・大株主の状況
                                  7/50

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               名称                   住所             所有株式数      所有株式比率
         ピクテ・アジア・              シンガポール共和国 シンガポール #02-00

                                                800  株     100  %
         プライベート・リミテッド              ロビンソンロード 80
      2 【投資方針】

       ( 1)【投資方針】
        ① 基本方針
         ファンドは、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行うことを基本とします。
        ② 投資態度

         a  マザーファンド受益証券を主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行うこと
          を基本とします。
         b マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として世界のセキュリティ関連企業の株式に投資します。
         c マザーファンド受益証券の組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。
         d 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図ります。
         e 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
        ≪マザーファンドの投資態度≫

         a  世界のセキュリティ関連企業の株式を主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用
          を行うことを基本とします。
         b 特定の銘柄、国や通貨に集中せず分散投資を基本としリスク分散を図ります。
         c 株式の組入比率は、原則として高位を維持しますが、市況動向により弾力的に変更を行う場合があります。
         d 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
         e 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
       ( 2)【投資対象】

        ① 投資の対象とする資産の種類
         ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         a  次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいま
          す。以下同じ。)
         ( a)有価証券
         ( b)デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第22条、第23条および
            第24条に定めるものに限ります。)
         ( c)金銭債権((a)、(b)および(d)に掲げるものに該当するものを除きます。)
         ( d)約束手形((a)に掲げるものに該当するものを除きます。)
         b 次に掲げる特定資産以外の資産
         ( a)為替手形
        ② 有価証券の指図範囲
         委託会社は、信託金を、主として、ピクテ投信投資顧問株式会社を委託会社とし、三井住友信託銀行株式会社を受託
         会社として締結されたマザーファンドの受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有
         価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
         a 株券または新株引受権証書
         b 国債証券
         c 地方債証券
         d 特別の法律により法人の発行する債券
         e 社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付社債券」とい
          います。)の新株引受権証券を除きます。)
         f 特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
                                  8/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         g 特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるものをいいま
          す。)
         h 協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいます。)
         i 特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2条第1項第8号で
          定めるものをいいます。)
         j コマーシャル・ペーパー
         k 新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新株予約権証券
         l 外国または外国の者の発行する証券または証書で、aからkまでの証券または証書の性質を有するもの
         m 投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)
         n 投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
         o 外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
         p オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有価証券に係る
          ものに限ります。)
         q 預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         r 外国法人が発行する譲渡性預金証書
         s 指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限りま
          す。)
         t 抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         u 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に表示さ
          れるべきもの
         v 外国の者に対する権利でuの有価証券の性質を有するもの
         なお、aの証券または証書、lならびにqの証券または証書のうちaの証券または証書の性質を有するものを以下
         「株式」といい、bからfまでの証券およびlならびにqの証券または証書のうちbからfまでの証券の性質を有す
         るものを以下「公社債」といい、mおよびnの証券を以下「投資信託証券」といいます。
        ③ 金融商品の指図範囲
         委託会社は、信託金を、②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により
         有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指図することができます。
         a 預金
         b 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
         c コール・ローン
         d 手形割引市場において売買される手形
         e 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         f 外国の者に対する権利でeの権利の性質を有するもの
        ④ ②の規定にかかわらず、ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認
         めるときには、委託会社は、信託金を、③のaからdまでに掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
        ⑤ その他
         a 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をすることがで
          きます。なお、当該売付の決済については、株券の引き渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることができ
          るものとします。
         b 委託会社は、信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所(金
          融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国
          金融商品市場をいいます。以下同じ。)における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げる
          ものをいいます。以下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをい
          います。以下同じ。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいま
          す。以下同じ。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることが
          できます。なお、選択権取引はオプション取引に含めるものとします(以下同じ)。
                                  9/50



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         c 委託会社は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における通貨に
          係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図
          をすることができます。
         d 委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における金利に
          係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うこと
          の指図をすることができます。
         e 委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクおよび為替変動リスクを回避するた
          め、  異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下
          「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。スワップ取引を行うにあたり担保の提供
          あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         f 委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うこと
          の指図をすることができます。金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要
          と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         g 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債の貸付の指図をするこ
          とができます。有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとします。
         h 委託会社は、信託財産に属する外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外貨建有価証券」といいます。)、預
          金その他の資産をいいます。以下同じ。)の額とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属
          するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額
          に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額についての為替変動リスクを回避す
          るため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
         i 委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴う支払資金の手当て(一部
          解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資に係る収益分
          配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることがで
          きます。
      ( 3)【運用体制】

                                 10/50










                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・マザーファンドの運用にあたっては、外国株式等の運用指図に関する権限を「ピクテ・アセット・マネジメント・エ
        ス・エイ」へ委託します。
       ・投資政策委員会(7名程度)において、投資政策が審議・決定されます。
       ・モニタリングに関しては、法務コンプライアンス部(4名程度)において、運用・トレーディングの状況、資産の組入れ
        の状況ならびに投資信託約款、投資ガイドラインおよび法令等の遵守状況がチェックされます。また、コンプライアン
        ス&ビジネスリスク委員会(5名程度)において、法令諸規則、投資信託約款および投資制限条項について、その遵守状
        況が分析・管理されます。運用リスク管理委員会(10名程度)において、運用財産の運用方針および運用目標等に沿って
        運用リスクの管理が行われます。投資政策委員会においては、前記のほか、運用の成果および投資政策との関連での妥
        当性が分析されます。これらのモニタリングの結果、必要に応じて、関連部署に指示が出されます。
       ・委託会社においては、運用方針に関する社内規則、運用担当者に関する社内規則およびトレーディングに関する社内規
        則などのほか、インサイダー取引防止に関する規則等を定め、運用が行われております。
       ・運用の委託先に対しては、適宜運用状況の報告を求め、また法務コンプライアンス部、コンプライアンス&ビジネスリ
        スク委員会および投資政策委員会において、運用のガイドライン等に基づいた運用がなされているかを確認します。
       ・受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行っており、また受託会社としての事務遂行力が
        適宜モニタリングされます。
        ※運用体制は、平成29年5月末日現在のものであり、今後変更される場合があります。

       ( 4)【分配方針】

        ① 毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
         a 分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額と
          します。
         b 収益分配金額は、基準価額の水準および市況動向等を勘案して委託会社が決定します。ただし、必ず分配を行う
          ものではありません。
         c 留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行います。
        ② 信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         a 配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収
          益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等相当額を控除した後その残金を受益者
          に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てるこ
          とができます。
         b 売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報
          酬に係る消費税等相当額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に
          分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができま
          す。
        ③ 毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
        ④ ファンドの決算日
         毎年2月20日(休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。
        ⑤ 収益分配金のお支払い
         収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金に係る決
         算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設
         定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則とし
         て取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日目までにお                                      支払いします。
         「自動けいぞく投資コース」を申込みの場合は、収益分配金は税引後無手数料で再投資されますが、再投資により増
         加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ( 5)【投資制限】

        ① 株式への実質投資割合(投資信託約款)
                                 11/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         制限を設けません。ただし、未上場株式および未登録株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内と
         します。
        ② 新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合(投資信託約款)
         取得時において信託財産の純資産総額の20%以内とします。
        ③  同一銘柄の株式への実質投資割合(投資信託約款)
         信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        ④ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合(投資信託約款)
         信託財産の純資産総額の5%以内とします。
        ⑤ 外貨建資産への実質投資割合(投資信託約款)
         制限を設けません。
        ⑥ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(投資信託約款)
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約され
         ることがあります。
        ⑦ 投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券(金融商品取引所に上場等され、かつ当該取引所に
         おいて常時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している場合を除きます。)な投資信託証券をいいま
         す。)を除きます。)への実質投資割合(投資信託約款)
         信託財産の純資産総額の5%以内とします。
        ⑧ 同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合(投資信託約款)
         信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        ⑨ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよび
         デリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計で20%
         以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率
         以内となるよう調整を行うこととします。
        ⑩ 投資する株式等の範囲(投資信託約款)
         委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所に上場されてい
         る株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行会社の発行
         するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証
         券については、この限りではありません。また、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権
         証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては委託会社が投資することを指図す
         ることができるものとします。
         上記にかかわらず、次に掲げる発行会社の発行する株式および外国におけるこれに準ずる発行会社の発行する株式に
         ついては、委託会社が投資することを指図することができるものとします。
         a 金融商品取引法第24条の規定に基づき有価証券報告書(総合意見が適正である旨の監査報告書が添付されているも
          のに限ります。)を継続的に提出している発行会社(金融商品取引法第5条に規定する有価証券届出書(総合意見が適
          正である旨の監査報告書が添付されているものに限ります。)を提出している発行会社を含みます。)
         b 会社法(平成17年法律第86号)に基づく監査(会社法施行の際現に存する会社について、旧株式会社の監査等に関す
          る商法の特例に関する法律(昭和49年法律第22号)に基づいて行われた監査を含みます。以下同じ。)が行われ、か
          つ、その総合意見が適正または適法である旨の監査報告書が添付されている財務諸表等を委託会社において入手で
          きる発行会社
         c 公認会計士または監査法人により金融商品取引法または会社法に準ずる監査が行われ、かつ、その総合意見が適
          正または適法である旨の監査報告書が添付されている財務諸表等を委託会社において入手できる発行会社で、今後
          も継続的に開示が見込める会社
        ⑪ 信用取引の指図範囲(投資信託約款)
         信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うことができるものとし、かつ次に掲
         げる株券数の合計数を超えないものとします。
         a 信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
         b 株式分割により取得する株券
         c 有償増資により取得する株券
                                 12/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         d 売り出しにより取得する株券
         e 信託財産に属する転換社債の転換請求および転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使により取得可能な
          株券
         f 信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信託財産に属する新株
          予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(eのものを除きます。)の行使により取得可能な株券
        ⑫ 先物取引等の運用指図・目的・範囲(投資信託約款)
         a 委託会社は、信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所に
          おける有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引および有価証券オプション取引ならびに外国の金融商品取引所
          におけるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。
          ( a)先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジの対象とする有価証券(以
            下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
          ( b)先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有価証券の組入可能
            額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引いた額)に信託財産が限月までに受取る組入公社債、組入外国貸付債権信
            託受益証券、組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額を限度とし、かつ信託財産が限月まで
            に受取る組入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに「(2)投資対象 ③金融商品の指図範囲」のaか
            らdに掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
          ( c)コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、⑫で規定する全オプション取引に係る支払い
            プレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
         b 委託会社は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における通貨に
          係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およびオプション取引を次の範囲で行う
          ことの指図をすることができます。
          ( a)先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の売予約と合わせてヘッジ
            対象とする外貨建資産の時価総額とマザーファンドの信託財産に属するヘッジ対象とする外貨建資産の時価総
            額のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファン
            ドの信託財産の純資産総額に占めるヘッジ対象とする外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいま
            す。)との合計額の範囲内とします。
          ( b)先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の買予約と合わせて、外貨
            建有価証券の買付代金等実需の範囲内とします。
          ( c)コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計額が取引時点の保
            有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ⑫で規定する全オプション取引に係る支払いプ
            レミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
         c 委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における金利に
          係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を次の範囲
          で行うことの指図をすることができます。
          ( a)先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象とする金利商品(信託
            財産が1年以内に受取る組入有価証券の利払金および償還金等ならびに                                 「(2)投資対象 ③金融商品の指図範
            囲」のaからd       に掲げる金融商品で運用されているものをいい、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の
            時価総額の範囲内とします。
          ( b)先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、信託財産が限月までに受取る組
            入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに「(2)投資対象 ③金融商品の指図範囲」のaからdに掲げ
            る金融商品で運用している額(以下(b)において「金融商品運用額等」といいます。)の範囲内とします。ただ
            し、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨建資産組入可能額(約款上の組入可能額から保有外貨建資
            産の時価総額を差し引いた額。以下同じ。)に信託財産が限月までに受取る外貨建組入公社債および組入外国貸
            付債権信託受益証券ならびに外貨建組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額が当該金融商品
            運用額等の額より少ない場合には外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに受取る外貨建組入有価証券に
            係る利払金および償還金等を加えた額を限度とします。
                                 13/50



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ( c)コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計額が取引時点の
            ヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ⑫で規定する全オプション取引に係る支
            払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
        ⑬ スワップ取引の運用指図・目的・範囲(投資信託約款)
         a スワップ取引の契約期限は、原則として信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内
          で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
         b スワップ取引の想定元本の総額とマザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財
          産に属するとみなした額との合計額(以下「スワップ取引の想定元本の合計額」といいます。以下bにおいて同
          じ。)が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。                           なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資産
          総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託
          会社は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとします。
         c bにおいてマザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財産に属するとみなした
          額とは、マザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総
          額に占める信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        ⑭ 金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図(投資信託約款)
         金利先渡取引および為替先渡取引の決済日は、原則として信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当
         該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
        ⑮ デリバティブ取引に係る投資制限(投資信託約款)
         デリバティブ      取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定めるデリバティブ取引をいいま
         す。)については、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動その他の理由により発生し
         得る危険に対応する額として、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が信託財産の
         純資産総額を超えないこととします。
        ⑯ 有価証券の貸付の指図および範囲(投資信託約款)
         a  株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額の50%以内
          とします。
         b 公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債の額面金額
          の合計額の50%以内とします。
        ⑰ 資金の借入れ(投資信託約款)
         a 委託会社は、借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
         b 一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有
          価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の
          解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入
          金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金または解約代
          金ならびに有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入指図を行う日における信
          託財産の純資産総額の10%以内とします。
         c 収益分配金の再投資に係る借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日までとし、資金
          借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        ⑱ 同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         委託会社は、同一法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信託につき投資信託財産
         として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数を超える
         こととなる場合においては、投資信託財産をもって取得することを受託会社に指図しないものとします。
      3【投資リスク】

       ( 1)ファンドのリスク
        ファンドの投資に当たりましては、以下のようなファンドの運用に関わるリスク等に十分ご留意ください。
        ファンドは、実質的に株式等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動等(外
        国証券には為替変動リスクもあります。)により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資
        元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ま
                                 14/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        た、収益や投資利回り等も未確定です。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信
        託は預貯金と異なります。
        ① 基準価額の変動要因
         a  株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
          ・ファンドは、実質的に株式に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動の
           影響を受けます。
          ・株式の価格は、政治経済情勢、発行企業の業績・信用状況、市場の需給等を反映して変動し、短期的または長期
           的に大きく下落することがあります。
          ・特定の業種・テーマに絞った銘柄選定を行いますので、平均的な株式市場の動きと比べて異なる動きをする場合
           やその価格変動が大きい場合があります。
         b  為替に関する留意点
          ・実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図りますが、為
           替変動リスクを完全に排除できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合があります。
          ・円金利がヘッジ対象通貨の金利より低い場合、当該通貨と円との金利差相当分のヘッジコストがかかることにご
           留意ください。
         c 流動性リスク
          ・市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合、投資銘柄が未上場である場合等には、機動的に有価証券等を売買で
           きない場合があります。このような場合には、当該有価証券等の価格の下落により、ファンドの基準価額が影響
           を受け損失を被ることがあります。
         d  解約によるファンドの資金流出に伴う基準価額変動リスク
          ・解約によるファンドの資金流出に伴い、保有有価証券等を大量に売却(先物取引等については反対売買)しなけれ
           ばならないことがあります。その際には、市況動向や市場の流動性等の状況によって基準価額が大きく下落する
           可能性があります。
         ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。

        ②  その他の留意点

         ・ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありませ
          ん。
         ・ジュネーブの銀行およびニューヨーク証券取引所の休業日においては、取得申込み(継続申込期間中)および解約請
          求はできません。
         ・信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。
         ・金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
          は、受益権の取得申込みおよび解約請求の受付けを中止することならびにすでに受付けた取得申込みおよび解約請
          求の受付けを取消すことがあります。その場合、受益者は当該受付中止以前に行った当日の解約請求を撤回できま
          す。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受益権の解約価額は、当該受付中止を解除した後
          の最初の基準価額の計算日に解約請求を受付けたものとして後記の解約価額に準じて計算された価額とします。
         ・ファンドは、受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合等には、信託契約を解約し償還される場合がありま
          す。
        ファンド    の取得申込者には、慎重な投資を行うためにファンドの投資目的およびリスク等を認識することが求められま

        す。
       ( 2)リスクの管理体制

        委託会社のリスク管理体制は以下のとおりです。
        ○ファンドの運用におけるリスクの評価・分析(パフォーマンスの考査を含みます。)および資産の組入れの状況等なら
         びに投資信託約款、投資ガイドライン、法令諸規則の遵守状況および運用・トレーディングの状況等のモニタリング
         は、運用部署から独立した部署で行います。
                                 15/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ○モニタリングの結果は、上記部署により定期的に投資管理およびコンプライアンス関連の委員会へ報告されると共
         に、必要に応じて経営陣へも報告されます。また、問題点等が認識された場合は、すみやかに運用部署その他関連部
         署 へ改善の指示または提案等を行うことにより、適切なファンドのリスク管理を行います。
        ※リスクの管理体制は、平成29年5月末日現在のものであり、今後変更される場合があります。





       <参考情報>

                                                        ※

           ファンドの年間騰落率
                                ファンドと代表的な資産クラスとの騰落率の比較
           および基準価額の推移
                                      (2012   年5月~2017年4月)
      ファンドの運用は2017年7月24日より開始

      する予定であり、該当事項はありません。
                            上記グラフは、ファンドと代表的な資産クラスを定量的に比較できるように作成





                            したものですが、ファンドの騰落率については運用開始前のため該当事項はあり
                            ません。なお、すべての資産クラスがファンドの投資対象とは限りません
         ※2012年5月~2017年4月の5年間の各月末における直近1年間の騰落率の平均・最大・最小を代表的な資産クラスについて表示したもので

         す。各資産クラスについては以下の指数に基づき計算しております。
        <各資産クラスの指数>

         日 本 株  東証株価指数(TOPIX)(配当込み)
              MSCI  コクサイ指数(税引前配当込み、円換算)
         先進国株
              MSCI  エマージング・マーケット指数(税引前配当込み、円換算)
         新興国株
              NOMURA-BPI    国債
         日本国債
              シティ世界国債指数(除く日本、円換算)
         先進国債
              JP モルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド(円換算)
         新興国債
                                 16/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (海外の指数は、為替ヘッジをしない投資を想定して、ドルベースの各指数を委託会社が円換算しております。)
                            ――― 上記各指数について ―――

        ■東証株価指数(TOPIX)(配当込み):東証株価指数(TOPIX)とは、東京証券取引所第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象とし、
        浮動株ベースの時価総額加重型で算出された指数で、同指数に関する知的財産権その他一切の権利は株式会社東京証券取引所(以下「東
        証」といいます。)に帰属します。東証は、同指数の指数値およびそこに含まれるデータの正確性、完全性を保証するものではありませ
        ん。東証は同指数の算出もしくは公表方法の変更、同指数の算出もしくは公表の停止または同指数の商標の変更もしくは使用の停止を行
        う権利を有しています。 ■MSCIコクサイ指数(税引前配当込み):MSCIコクサイ指数とは、MSCI                                      Inc.が開発した株価指数で、日本を除
        く世界の先進国で構成されています。また、同指数に対する著作権およびその他知的財産権はすべてMSCI                                          Inc.に帰属します。 ■MSCI
        エマージング・マーケット指数(税引前配当込み):MSCIエマージング・マーケット指数とは、MSCI                                       Inc.が開発した株価指数で、世界の
        新興国で構成されています。また、同指数に対する著作権およびその他知的財産権はすべてMSCI                                      Inc.に帰属します。 ■NOMURA-BPI国
        債:NOMURA-BPI国債とは、野村證券株式会社が公表する国内で発行された公募利付国債の市場全体の動向を表す投資収益指数で、一定の
        組入れ基準に基づいて構成された国債ポートフォリオのパフォーマンスをもとに算出されます。同指数の知的財産権とその他一切の権利
        は野村證券株式会社に帰属しています。また同社は同指数の正確性、完全性、信頼性、有用性を保証するものではなく、ファンドの運用
        成果に関して一切責任を負いません。 ■シティ世界国債指数(除く日本):シティ世界国債指数(除く日本)とは、Citigroup                                                 Index   LLC
        により設計、算出、公表されている指数であり、日本を除く世界主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均した債券
        指数です。 ■JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド:JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイドとは、
        J.P.Morgan     Securities     LLCが算出し公表している指数で、現地通貨建てのエマージング債市場の代表的な指数です。現地通貨建てのエ
        マージング債のうち、投資規制の有無や発行規模等を考慮して選ばれた銘柄により構成されています。同指数の著作権はJ.P.Morgan
        Securities     LLCに帰属します。
      4【手数料等及び税金】

       ( 1)【申込手数料】
        3.24  %(税抜3.0%)の手数料率を上限として、販売会社が独自に定める率を発行価格に乗じて得た額とします。
        詳しくは、販売会社にてご確認ください。
        申込手数料には、消費税等相当額が加算されます。
        ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合は無手数料となります。
         ※償還乗換優遇措置等の取扱いを行う販売会社では、一定の条件を満たした場合に申込手数料が割引または無手数料
          となる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は、取得申込みの際に販売会社の定める日までに販売会社へ支払う
        ものとします。
        申込手数料は、投資信託を購入する際の商品等の説明や事務手続等の対価として、販売会社に支払う手数料です。
       ( 2)【換金(解約)手数料】

        ありません。
       ( 3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.75824%(税抜1.628%)の率を乗じ
        て得た額とし、その配分は次のとおりとします。
        <信託報酬の配分(税抜)および役務の内容>
               委託会社                  販売会社                  受託会社
              年率0.8%                  年率0.8%                  0.028   %

        ファンドの運用とそれに伴う調査、                  購入後の情報提供、交付運用報告書                  ファンドの財産の保管・管理、委託

        受託会社への指図、各種情報提供                  等各種書類の送付、口座内でのファ                  会社からの指図の実行等
        等、基準価額の算出等                  ンドの管理および事務手続等
        上記の信託報酬は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日が休業日の場合は当該終了日の翌営業日)および毎計
        算期末または信託終了のとき信託財産中から支払うものとします。
        信託報酬に係る消費税等相当額を信託報酬支払いのときに信託財産中から支払います。
        なお、委託会社の信託報酬には、マザーファンドの運用指図に関する権限の委託に係る投資顧問会社への報酬が含まれ
        ています。
                                 17/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ( 4)【その他の手数料等】
        信託財産に関する租税および受託会社の立替えた立替金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支払います。
        信託事務の処理等に要する諸費用(監査費用、法律・税務顧問への報酬、印刷等費用(有価証券届出書、有価証券報告
        書、投資信託約款、目論見書、運用報告書その他法令により必要とされる書類の作成、届出、交付に係る費用)、公告費
        用、格付費用、受益権の管理事務に関する費用を含みます。)は、受益者の負担とし、信託財産中から支払うことができ
        ます。委託会社は、係る諸費用の支払いをファンドのために行い、その金額を合理的に見積もった結果、信託財産の純
        資産総額の年率0.054%(税抜0.05%)相当を上限とした額を、係る諸費用の合計額とみなして、ファンドより受領しま
        す。ただし、委託会社は、信託財産の規模等を考慮して、随時係る諸費用の年率を見直し、前記の額を上限としてこれ
        を変更することができます。また、当該諸費用は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に応じて
        計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日が休業日の場合は当該終了日の翌営業日)および毎計算期末ま
        たは信託終了のとき、信託財産中から委託会社に対して支払われます。
        ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、当該売買委託手数料に係る消費税等相当額、先物取
        引・オプション取引等に要する費用および外国における資産の保管等に要する費用等(これらの費用は運用状況等により
        変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。)が、そのつど信託財産から支払われます。
        ファンドにおいて資金借入れを行った場合、当該借入金の利息はファンドから支払われます。
       当該手数料等の合計額については、投資者の皆様がファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示すること

       ができません。
       ( 5)【課税上の取扱い】

        ファンドは課税上、株式投資信託として取扱われます。受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通
        分配金ならびに解約時および償還時における差益(法人の受益者の場合は、個別元本超過額)が課税の対象となります。
        なお、収益分配金のうちの元本払戻金(特別分配金)は課税されません。
        公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適用対象です。
        <収益分配金の課税>

         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱い(配当所得)となる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻
         金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払い戻しに相当する部分)の区分があります。受益者が収益分配金を受取る
         際、
         ① 当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回って
          いる場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
                               <イメージ図>

         ② 当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元本




          払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となりま
          す。
         ③ なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻金
          (特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
                                 18/50



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               <イメージ図>
        <個別元本について>




         ① 個別元本とは、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれ
          ません。)をいいます。
         ② 受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつど当該受益
          者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ③ ただし、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に個別元本の算出が行われます。
          また、同一販売会社であっても複数口座で同一ファンドを取得する場合は当該口座毎に、「一般コース」と「自動
          けいぞく投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に、個別元本の算出が行われる場合があります。
         ④ 受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻金(特別分
          配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります(元本払戻金(特別分配金)については、前記の
          「収益分配金の課税」を参照ください)。
        <解約時および償還時の課税>

         個人の受益者の場合、解約時および償還時における差益が課税対象(譲渡所得とみなされます。)となります。
         法人の受益者の場合、解約時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。
        <個人の受益者に対する課税>

         ① 収益分配金のうち課税扱い(配当所得)となる普通分配金における源泉徴収の税率は、以下のとおりとなります(原
          則として、確定申告は不要です。なお、確定申告を行うことにより申告分離課税または総合課税(配当控除の適用は
          ありません。)を選択することもできます)。
         ② 解約時および償還時における差益(譲渡所得とみなして課税されます。)に係る税率は、以下のとおりとなります
          (特定口座(源泉徴収選択口座)を利用している場合は、原則として、確定申告は不要となります)。
                期間                          税率
            平成26年1月1日から

                            20.315   % ( 所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)
            平成49年12月31日まで
            平成50年1月1日以降                  20 % ( 所得税15%および地方税5%)

        <法人の受益者に対する課税>

         法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本
         超過額については、以下の税率で源泉徴収され法人の受取額となります(地方税の源泉徴収はありません)。なお、
         ファンドは、益金不算入制度の適用はありません。
                期間                          税率
            平成26年1月1日から

                            15.315   % ( 所得税15%および復興特別所得税0.315%)
            平成49   年12月   31 日 まで
            平成50年1月1日以降                  15 % ( 所得税15%)

        ※ 少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」について

                                 19/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         NISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲
         渡所得が一定期間非課税となります。販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となり
         ま す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        㭎ઊᠰ漰Ş獢က㈀㥞瓿ᕧࡧ⭥﹗⠰渰舰渰朰夰渰朰ź๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰ź๳蝻䤰䱙०唰谰識㑔࠰䰰䈰訰
         す。
        ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
      5 【運用状況】

       ファンドの運用は平成29年7月24日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありません。
       ( 1)【投資状況】

         該当事項はありません。
       ( 2)【投資資産】

        ① 【投資有価証券の主要銘柄】
         該当事項はありません。
        ② 【投資不動産物件】

         該当事項はありません。
        ③【その他投資資産の主要なもの】

         該当事項はありません。
       ( 3)【運用実績】

        ① 【純資産の推移】
         該当事項はありません。
        ②【分配の推移】

         該当事項はありません。
        ③【収益率の推移】

         該当事項はありません。
       ( 4)【設定及び解約の実績】

         該当事項はありません。
       <参考情報:運用実績>

        ① 基準価額・純資産の推移

         該当事項はありません。
        ② 分配の推移

         該当事項はありません。
        ③ 主要な資産の状況

         該当事項はありません。
        ④ 年間収益率の推移

         該当事項はありません。なお、ファンドにはベンチマークはありません。
                                 20/50

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        最新の運用実績は委託会社のホームページ等で確認することができます。

     第2【管理及び運営】

      1【申込(販売)手続等】
       <申込手続き>
        ・ファンドの受益権の取得申込みは、原則として申込期間における毎営業日受付けます。ただし、継続申込期間中の
         ジュネーブの銀行およびニューヨーク証券取引所の休業日においては、取得申込みの受付けは行いません(別に定める
         契約に基づく収益分配金の再投資に係る追加信託の申込みに限ってこれを受付けるものとします)。
        ・継続申込期間における取得申込みの受付けは原則として午後3時までとします(取得申込みの受付けに係る販売会社所
         定の事務手続きが完了したものを当日の申込み分とします)。これら受付時間を過ぎてからの取得申込みは翌営業日の
         取扱いとします。
        ・取得申込みに際しては、販売会社所定の方法で申込みください。
        ・収益分配金の受取方法により、取得申込みには次の2コース(販売会社によっては異なる名称が使用される場合があり
         ます。)があります。
         一般コース             :収益分配金を受取るコース
         自動けいぞく投資コース             :収益分配金が税引後無手数料で再投資されるコース

        ・取得申込みを行う投資者は、取得申込みをする際に「一般コース」か「自動けいぞく投資コース」か、いずれかの
         コースを選択するものとします。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみのお取扱いとなる場合がありま
         す。  なお、申込済みのコースの変更を行うことは原則としてできません。
                                                   ※
        ・「自動けいぞく投資コース」を選択する場合は、販売会社との間で「自動けいぞく投資契約                                            」を締結していただきま
         す。
                                                            ※
        ・販売会社によっては「自動けいぞく投資コース」において収益分配金を定期的に受取るための「定期引出契約                                                    」を締
         結することができる場合があります。
         ※当該契約または規定については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあ
          り、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。
        ・取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設されたファンドの受益権の振替
         を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行
         われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数
         の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関
         等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。
         振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への
         新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関
         の定める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
        ・金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
         は、受益権の取得申込みの受付けを中止することおよびすでに受付けた取得申込みの受付けを取消すことがありま
         す。
       <申込単位>
        ・販売会社が定める1円または1口(当初元本1口=1円)の整数倍の単位とします。
         ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合は1口単位とします。
         詳しくは、販売会社にてご確認ください。
                    ※
        ・自動購入サービス契約            を利用してのご購入の場合は、当該契約に定める単位にて申込みいただく場合があります。
         ※当該契約または規定については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあ
          り、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。また、「自動購入サービス」等の取扱いの有無について
          は、販売会社にご確認ください。
       <申込価額>
        ・取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初自己設定申込日は1口当たり1円)とします。
                                 21/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <申込手数料>
        ・3.24%(税抜3.0%)の手数料率を上限として、販売会社が独自に定める率を申込価額に乗じて得た額とします(申込手
         数料には、消費税等相当額が加算されます)。
         ※詳しくは、販売会社にてご確認ください。
       <払込期日、払込取扱場所>
        ・ 申込代金は、取得申込みを行った販売会社の定める日までに当該販売会社へお支払いください。
       <スイッチング>
        ・ 販売会社によっては、スイッチングによる取得申込みを受付ける場合があります。
         詳しくは、販売会社にてご確認ください。
      2【換金(解約)手続等】

       <換金手続き(解約請求)>
        ・ 受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に販売会社が定める1口の整数倍の単位をもって解約の実行を請
         求することができます。なお、販売会社へのお申込みにあたっては1円の整数倍の単位でお申込みできる場合があり
         ます。詳しくは、販売会社にてご確認ください。                       ただし、ジュネーブの銀行およびニューヨーク証券取引所の休業日
         においては、解約請求の受付けは行いません。
        ・解約請求の受付けは原則として午後3時までとします(解約請求の受付けに係る販売会社所定の事務手続きが完了した
         ものを当日の請求分とします)。これら受付時間を過ぎてからの請求は翌営業日の取扱いとします。
        ・解約請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係るファンドの信託契
         約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うもの
         とし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。解約
         請求を受益者がするときは、振替受益権をもって行うものとします。
        ・金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
         は、解約請求の受付けを中止することおよびすでに受付けた解約請求の受付けを取消すことがあります。解約請求の
         受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の解約請求を撤回できます。ただし、受益者
         がその解約請求を撤回しない場合には、当該受益権の解約価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計
         算日に解約請求を受付けたものとして後記の解約価額に準じて計算された価額とします。
       <解約価額>
        ・解約請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額は、委託会社(ピクテ投信投資顧問株式会社 電話番号0120-56-1805(受付時間:委託会社の営業日の午前9
         時から午後5時まで) ホームページおよび携帯サイトhttp://www.pictet.co.jp)または販売会社に問い合わせること
         により知ることができます。また、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます(略称「セキュリテ
         H」)。
       <解約手数料>
        ・ありません。
       <信託財産留保額>
        ・ありません。
       <解約代金のお支払い>
        ・解約代金は、原則として解約請求受付日から起算して5営業日目から販売会社の本・支店等で支払われます。
       <大口解約の制限>
        ・信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。
       <スイッチング>
        ・ 販売会社によっては、スイッチングによる解約請求を受付ける場合があります。
         詳しくは、販売会社にてご確認ください。
      3【資産管理等の概要】

      ( 1)【資産の評価】
        ① 基準価額の算出方法
                                 22/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協
                                    ※
         会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評価                            して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額
         (以下「純資産総額」といいます。)を計算日における受益権口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産の円換
         算 については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。予約為替の評価
         は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によって計算します。なお、便宜上、基準価額
         は1万口当たりに換算した価額で表示しています。
         ※ファンドの主要投資対象であるマザーファンド受益証券については、計算日の基準価額で評価します。
          マザーファンドの主要投資対象である株式は、金融商品取引所における最終相場(最終相場のないものについてはそ
          れに準ずる価額)または金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評価します。
        ② 基準価額の算出頻度
         原則として、委託会社の毎営業日に計算されます。
        ③ 基準価額の照会方法
         基準価額は、委託会社(ピクテ投信投資顧問株式会社 電話番号0120-56-1805(受付時間:委託会社の営業日の午前9
         時から午後5時まで) ホームページおよび携帯サイトhttp://www.pictet.co.jp)または販売会社に問い合わせること
         により知ることができます。また、基準価額は、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます(略称
         「セキュリテH」)。
       ( 2)【保管】

         該当事項はありません。
       ( 3)【信託期間】

         信託期間は、平成29年7月24日(当初設定日)から無期限です。
         ただし、後記の「(5)その他 ①ファンドの償還」に記載の条件に該当する場合には、信託を終了させる場合があり
         ます。
       ( 4)【計算期間】

         ファンドの計算期間は、毎年2月21日から翌年2月20日までとすることを原則とします。ただし、第1計算期間は信
         託契約締結日から平成30年2月20日までとします。
         なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日の
         翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は信託期間の
         終了日とします。
       ( 5)【その他】

        ① ファンドの償還
         a 委託会社は、信託期間終了前に、ファンドの信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が10億口を下回
          ることとなった場合またはファンドの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるときもしくはや
          むを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させること
          ができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
         b 委託会社は、aの事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行います。この場合におい
          て、あらかじめ、書面決議の日ならびにファンドの信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週
          間前までに、ファンドの信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議
          の通知を発します。
         c bの書面決議において、受益者(委託会社およびファンドの信託財産にファンドの受益権が属するときの当該受益
          権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下cにおいて同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、こ
          れを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書
          面決議について賛成するものとみなします。
         d bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。
                                 23/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         e bからdまでの規定は、委託会社がファンドの信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につ
          き、ファンドの信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用
          しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、bからdまでに規
          定 するファンドの信託契約の解約の手続きを行うことが困難な場合には適用しません。
         f 委託会社は、監督官庁よりファンドの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、ファンドの
          信託契約を解約し信託を終了させます。
         g 委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会社は、
          ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁がファンドの信託契約に関する委託会社の
          業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、ファンドは、後記「② 投資信託約款の変更等」に
          記載の書面決議が否決となる場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
         h 受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に違反して信託
          財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益者は、裁判所に受託会社の解
          任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、
          後記「② 投資信託約款の変更等」に記載の規定にしたがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、前記に
          よって行う場合を除き、受託会社を解任することはできないものとします。委託会社が新受託会社を選任できない
          ときは、委託会社はファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。
        ② 投資信託約款の変更等
         a 委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意
          のうえ、ファンドの投資信託約款を変更することまたはファンドと他のファンドとの併合(投資信託及び投資法人に
          関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができる
          ものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、ファンドの
          投資信託約款は本規定に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
         b 委託会社は、aの事項(aの変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に限り、aの併合にあっ
          ては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除きます。以下「重大な約款の変更
          等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な
          約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、ファンドの投資信託約款
          に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         c bの書面決議において、受益者(委託会社およびファンドの信託財産にファンドの受益権が属するときの当該受益
          権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下cにおいて同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、こ
          れを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書
          面決議について賛成するものとみなします。
         d bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行います。
         e 書面決議の効力は、ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
         f bからeまでの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該提案につき、
          ファンドの投資信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用
          しません。
         g aからfまでの規定にかかわらず、ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当該併合に
          係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を
          行うことはできません。
        ③ 反対者の買取請求の不適用
         ファンドは、受益者からの換金請求に対して、投資信託契約の一部を解約することにより応じることができるため、
         受益者の保護に欠けるおそれがないものとして、書面決議において反対した受益者からの買取請求は受付けません。
        ④ 公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
        ⑤ 運用報告書の作成
         a 委託会社は、毎決算時および償還時に、運用経過、信託財産の内容、有価証券売買状況、費用明細などのうち重
          要な事項を記載した交付運用報告書(投資信託及び投資法人に関する法律第14条第4項に定める運用報告書をいいま
                                 24/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          す。)を作成し、かつファンドに係る知れている受益者に交付します。また、電子交付を選択された場合には、所定
          の方法により交付します。
         b 委託会社は、運用報告書(全体版)(投資信託及び投資法人に関する法律第14条第1項に定める運用報告書をいいま
          す。)を作成し、委託会社のホームページ(http://www.pictet.co.jp)に掲載します。ただし、受益者から運用報告
          書(全体版)の交付の請求があった場合には、これを交付します。
        ⑥ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、ファンドの信託契約に関する事業を譲渡す
         ることがあります。また、委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、
         ファンドの信託契約に関する事業を承継させることがあります。
        ⑦ 関係法人との契約の更改
         委託会社と販売会社との間で締結された募集・販売等に関する契約の有効期間は、期間満了3ヵ月前までに両者いず
         れからも何ら意思表示のないときは、自動的に1年間更新され                             るものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同
         様とします。
         委託会社と投資顧問会社との間で締結された運用指図に関する権限の委託に係る契約は、発効日から有効に存続し、
         両者のいずれかが契約終了日の3ヵ月以上前までに書面により契約終了の通知を行った場合、終了することができま
         す。
      4【受益者の権利等】

       ファンドの受益権は、その取得口数に応じて、取得申込者に帰属します。この受益権は、信託の日時を異にすることによ
       り差異を生ずることはありません。
       受益者の有する主な権利は次のとおりです。
       ( 1)収益分配金の請求権
         受益者は、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて委託会社に請求する権利を有します。
         収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金に係る決
         算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日
         以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
         原則として取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日目までにお支払いします。
         「自動けいぞく投資コース」を申込みの場合は、収益分配金は税引後無手数料で再投資されますが、再投資により増
         加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
         収益分配金の請求権は、支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社から交付
         を受けた金銭は委託会社に帰属します。
       ( 2)償還金に対する請求権

         受益者は、償還金を持分に応じて委託会社に請求する権利を有します。
         償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から
         起算して5営業日目までの日)から受益者に支払われます。
         償還金の請求権は、支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社から交付を受
         けた金銭は委託会社に帰属します。
       ( 3)受益権の一部解約の実行請求権

         受益者は、受益権の一部解約の実行を、委託会社に請求する権利を有します。
         一部解約代金は、原則として解約請求受付日から起算して5営業日目から支払われます。
     第3【ファンドの経理状況】

       ファンドの運用は平成29年7月24日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありません。

       ファンドの監査はPwCあらた有限責任監査法人が行う予定です。
                                 25/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1【財務諸表】
       該当事項はありません。
      2【ファンドの現況】

       【純資産額計算書】
       該当事項はありません。
                                 26/50


















                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      1 名義書換について
       該当事項はありません。
      2 受益者等に対する特典

       該当事項はありません。
      3 受益権の譲渡

       ( 1)受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
         いる振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ( 2)(1)の申請のある場合には、(1)の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少および譲受

         人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、(1)
         の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の
         振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載ま
         たは記録が行われるよう通知するものとします。
       ( 3)(1)の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振替口座簿に

         係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託会社が必要と認めたとき
         またはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      4 受益権の譲渡の対抗要件

       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することができませ
       ん。
      5 受益権の再分割

       委託会社は、受託会社と協議のうえ、                  社振  法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割できるもの
       とします。
      6 償還金

       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行
       われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社
       の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。
      7 質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払い、一部解約の実行の請求
       の受付け、一部解約代金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって
       取扱われます。
                                 27/50





                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】
     第1【委託会社等の概況】

      1【委託会社等の概況】
       ( 1)資本金の額
         平成  29 年5月末日現在:2億円
         委託会社が発行する株式の総数:10,000株
         発行済株式総数:800株
         最近5年間における資本金の額の増減はありません。
       ( 2)委託会社の機構

        ① 経営の意思決定機構
         株主総会で選任された取締役および監査役で構成される取締役会が設置されています。取締役会は、委託会社の業務
         執行の基本方針を含む企業運営方針を決定し、取締役の職務の執行を監督します。また、取締役会の定めた経営方
         針・経営計画に基づく業務執行の意思決定(取締役会の専権事項を除く。)を行う機関として、取締役会で選任された
         経営会議メンバーで構成される経営会議が設置されています。代表取締役は経営会議メンバーの業務を統括し、指揮
         監督します。
        ② 投資運用の意思決定機構
         資産運用部、プロダクト・マネジメント部および法務コンプライアンス部の代表者を主要メンバーとして構成される
         投資政策委員会において、投資政策の審議・決定ならびにその運用の成果および投資政策との関連での妥当性を分析
         します。投資政策委員会において決定された信託財産の投資政策に基づき、資産運用部門が運用の指図を行います。
         運用の指図に関する権限を外部の投資顧問会社に委託することまたは外部の投資顧問会社からの助言を受けることが
         あります。
      2【事業の内容及び営業の概況】

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うとともに金
       融商品取引法に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める投資
       助言・代理業、第二種金融商品取引業の一部および付随業務の一部を行っています。
       平成29年5月末日現在、委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産総額は次のとおりです(ただし、マザーファンドを
       除きます)。
           種類       本数      純資産総額(円)
        追加型株式投資信託            90      1,357,517,274,624
        単位型株式投資信託             9       46,430,768,072
           合計         99      1,403,948,042,696
                                 28/50







                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3【委託会社等の経理状況】
       ( 1)財務諸表の作成方法について

         当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸
         表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
         第52号)に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
       ( 2)監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第32期(平成28年1月1日から平成28年12月31日まで)の
         財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の監査を受けております。
      財務諸表

       ( 1)【貸借対照表】

                                                       ( 単位:千円)
                                  第31期                 第32期
                              ( 平成27年12月31日現在)                 ( 平成28年12月31日現在)
      資産の部
       流動資産
         現金・預金                               2,385,788                  924,365
         前払費用                                57,885                 59,747
         未収委託者報酬                               1,356,500                 1,153,310
         未収還付法人税等                                   -               345,831
         未収入金                                 1,863                 55,343
         未収収益                                122,402                 139,176
         繰延税金資産                                350,440                 162,143
                                          6,154                 2,431
         その他
         流動資産計                               4,281,034                 2,842,350
       固定資産
         有形固定資産
          建物付属設備               ※1                250,318                 231,871
                                         98,667                 143,817
          器具備品               ※1
          有形固定資産合計                               348,986                 375,688
         無形固定資産
          ソフトウェア                               30,520                 27,488
                                           831                 831
          その他
          無形固定資産合計                               31,352                 28,320
         投資その他の資産
          投資有価証券                               11,486                  8,765
          長期差入保証金                               283,788                 284,854
                                         415,275                 521,213
          繰延税金資産
          投資その他の資産合計                               710,550                 814,832
         固定資産計                               1,090,889                 1,218,842
       資産合計                                5,371,923                 4,061,192
                                 29/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                       ( 単位:千円)
                                  第31期                 第32期
                              ( 平成27年12月31日現在)                 ( 平成28年12月31日現在)
      負債の部
       流動負債
         預り金                                86,227                 57,245
         未払金
          未払手数料                               839,416                 689,715
          その他未払金                               421,910                 344,363
         未払法人税等                                509,355                    -
         賞与引当金                                795,751                 459,502
                                         166,411                    -
         その他
       流動負債合計                                2,819,073                 1,550,826
       固定負債
         退職給付引当金                                384,870                 392,032
                                         80,912                 81,151
         資産除去債務
         固定負債合計                                465,783                 473,184
       負債合計                                3,284,856                 2,024,011
      純資産の部

       株主資本
          資本金                               200,000                 200,000
          利益剰余金
           利益準備金                              50,000                 50,000
           その他利益剰余金                             1,834,153                 1,786,067
                                        1,834,153                 1,786,067
            繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                              1,884,153                 1,836,067
         株主資本合計                               2,084,153                 2,036,067
       評価・換算差額等
                                          2,912                 1,114
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 2,912                 1,114
       純資産合計                                2,087,066                 2,037,181
       負債・純資産合計                                5,371,923                 4,061,192
       ( 2)【損益計算書】

                                                       ( 単位:千円)
                                  第31期                 第32期
                              ( 自 平成27年1月1日                 ( 自 平成28年1月1日
                               至 平成27年12月31日)                 至 平成28年12月31日)
      営業収益
       委託者報酬                                20,912,351                 15,368,625
                                         500,247                 507,886
       その他営業収益
      営業収益計                                 21,412,598                 15,876,511
      営業費用
       支払手数料                                13,637,489                  9,881,105
                                 30/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       広告宣伝費                                 363,213                 283,435
       調査費
         調査費                                128,610                 131,020
         委託調査費                                650,321                 688,993
       委託計算費                                 366,114                 370,168
       営業雑経費
         通信費                                63,799                 35,828
         印刷費                                379,727                 305,457
         諸会費                                13,829                 13,241
         図書費                                 2,006                 3,063
                                          4,132                 3,973
         諸経費
      営業費用計
                                       15,609,244                 11,716,287
      一般管理費
       給料
         役員報酬                                81,402                 96,100
         給料・手当                               1,663,100                 1,713,891
         賞与                ※1                284,312                 313,895
         賞与引当金繰入                                795,751                 459,502
       旅費交通費                                 159,723                 132,406
       租税公課                                  27,093                 28,797
       不動産賃借料                                 298,364                 298,001
       退職給付費用                 ※2                95,445                 204,549
       固定資産減価償却費                                  76,599                 69,221
       消耗器具備品費                                  20,170                 18,116
       人材採用費                                  20,664                 62,443
       修繕維持費                                  43,833                 38,352
                                         154,832                 176,363
       諸経費
      一般管理費計                                 3,721,294                 3,611,641
      営業利益                                 2,082,059                  548,583
      営業外収益
       受取利息                                    31                 49
       投資有価証券売却益                                    61                2,783
                                          1,737                 2,396
       その他
      営業外収益計                                   1,829                 5,228
      営業外費用
                                           842                33,337
       その他                 ※3
      営業外費用計                                    842                33,337
      経常利益                                 2,083,046                  520,474
      特別損失
                                          8,031                   -
       固定資産除却損                 ※4
      特別損失計                                   8,031                   -
      税引前当期純利益                                 2,075,015                  520,474
      法人税、住民税及び事業税
                                         788,745                  24,985
      法人税等還付税額                                     -              △39,673
                                         50,388                 83,249
      法人税等調整額
                                 31/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      法人税等合計額                                  839,134                  68,561
      当期純利益                                 1,235,880                  451,913
       ( 3)【株主資本等変動計算書】

        第31期(    自 平成27年1月1日 至 平成27年                  12 月31日   )
                                                          ( 千円)
                             株主資本                 評価・換算差額等
                            利益剰余金
                                              その他
                                                         純資産
                           その他利益
                                                  評価・換算
                                       株主資本
                                             有価証券
                                  利益
                                                         合計
                  資本金         剰余金                       差額等
                       利益
                                         合計
                                              評価
                                  剰余金
                                                    合計
                      準備金
                           繰越利益
                                              差額金
                                  合計
                            剰余金
      当期首残高            200,000     50,000     1,598,272      1,648,272      1,848,272       1,508      1,508    1,849,780
      当期変動額
       剰余金の配当              -    -  △1,000,000      △1,000,000      △1,000,000          -      -  △1,000,000
       当期純利益              -    -   1,235,880      1,235,880      1,235,880         -      -   1,235,880
       株主資本以外の項目の
                     -    -      -      -      -    1,404      1,404      1,404
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計               -    -    235,880      235,880      235,880      1,404      1,404     237,285
      当期末残高            200,000     50,000     1,834,153      1,884,153      2,084,153       2,912      2,912    2,087,066
        第32期(    自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日                      )

                                                          ( 千円)
                              株主資本                 評価・換算差額等
                             利益剰余金
                                              その他
                                                         純資産
                            その他利益
                                                  評価・換算
                                        株主資本
                                             有価証券
                                   利益
                                                          合計
                   資本金          剰余金                       差額等
                        利益
                                         合計
                                              評価
                                   剰余金
                                                    合計
                        準備金
                            繰越利益
                                              差額金
                                   合計
                             剰余金
      当期首残高             200,000     50,000     1,834,153     1,884,153     2,084,153        2,912      2,912   2,087,066
      当期変動額
       剰余金の配当               -    -  △500,000     △500,000     △500,000         -      -  △500,000
       当期純利益               -    -   451,913     451,913     451,913        -      -   451,913
       株主資本以外の項目の
                      -    -      -     -     -   △1,798      △1,798     △1,798
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計                -    -   △48,086     △48,086     △48,086      △1,798      △1,798     △49,884
      当期末残高             200,000     50,000     1,786,067     1,836,067     2,036,067        1,114      1,114   2,037,181
       重要な会計方針

              区分
       1.有価証券の評価基準及び評価方法                   ( 1)その他有価証券
                         時価のあるもの
                         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理
                         し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
       2.固定資産の減価償却の方法                   ( 1)有形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法により償却しております。
                                 32/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         ( 2)無形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法により償却しております。
                         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)
                         に基づく定額法により償却しております。
       3.外貨建の資産又は負債の本邦通貨                   外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額
        への換算基準                  は損益として処理しております。
       4.引当金の計上基準                   ( 1)貸倒引当金
                         債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率によ
                         り算出した額を計上しております。貸倒懸念債権等はありません。
                         ( 2)賞与引当金
                         従業員に支給する賞与の支払いに充てるため、支出見込額の当期負担分を計上
                         しております。
                         ( 3)退職給付引当金
                         従業員及び役員の退職金に充てるため、当期末における退職給付債務及び年金
                         資産の見込額に基づき計上しております。退職給付見込額を当期までの期間に
                         帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。過去勤務費用
                         及び数理計算上の差異は、その発生年度に一括損益処理しています。
       5.その他財務諸表作成のための基本                   ( 1)消費税等の会計処理
        となる重要な事項                  消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       注記事項

       ( 貸借対照表関係)
                  第31期                            第32期
               平成27年12月31日現在                            平成28年12月31日現在
       ※1 有形固定資産の減価償却累計額                            ※1 有形固定資産の減価償却累計額
         建物付属設備                230,633    千円        建物付属設備                253,020    千円
         器具備品                271,764    千円        器具備品                272,249    千円
       ( 損益計算書関係)

                  第31期                            第32期
               自 平成27年1月1日                            自 平成28年1月1日
               至 平成27年12月31日                            至 平成28年12月31日
       ※1 従業員及び役員の賞与であります。                            ※1 従業員及び役員の賞与であります。
       ※2 従業員及び役員の退職給付費用であります。                            ※2 従業員及び役員の退職給付費用であります。
       ※3 主な内訳は次のとおりであります。                            ※3 主な内訳は次のとおりであります。
         為替差損益                  651  千円        過失により生じた損害の賠償                 32,818   千円
       ※4 固定資産除却損は次のとおりであります。
         建物付属設備                 6,273   千円                  -
         器具備品                 1,757   千円
       ( 株主資本等変動計算書関係)

        第31期(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
        1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      第31期首            第31期          第31期          第31期末
                      株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
                       ( 株)          ( 株)          ( 株)          ( 株)
      発行済株式
                                 33/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      普通株式                      800           -          -          800
      合計                      800           -          -          800
        2.配当に関する事項

        ( 1)配当金支払額
                       配当の総額             1株当たり
          決議       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                        ( 千円)           配当額(円)
       平成27年12月1日

                 普通株式      1,000,000      利益剰余金       1,250,000      平成26年12月31日          平成27年12月2日
        臨時株主総会
        ( 2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      第32期首            第32期          第32期          第32期末
                       株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
                       ( 株)           ( 株)          ( 株)          ( 株)
      発行済株式
      普通株式                      800           -          -           800
      合計                      800           -          -           800
        2.配当に関する事項

        ( 1)配当金支払額
                       配当の総額             1株当たり
          決議       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                        ( 千円)           配当額(円)
       平成28年12月7日

                 普通株式       500,000      利益剰余金       625,000      平成27年12月31日          平成28年12月8日
        臨時株主総会
        ( 2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
       ( リース取引関係)

        第31期(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
        1.ファイナンス・リース取引(借主側)
         該当事項はありません。
        2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                    ( 千円)
               1年内                    101,812
               1年超                     47,349
                合計                    149,161
        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.ファイナンス・リース取引(借主側)
         該当事項はありません。
                                 34/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                    ( 千円)
               1年内                    272,255
               1年超                    668,112
                合計                    940,367
       ( 金融商品に関する注記)

        第31期(自 平成27年1月1日                至 平成27年12月31日)
        1.金融商品の状況に関する事              項
        ( 1)金融商品に対する取組方針
          余剰資金については銀行預金(普通預金、定期預金又は信託預金)で運用しております。
        ( 2)金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク

          銀行預金は、本邦銀行に預け入れているものと海外にある当社のグループ銀行に預け入れているものがあります。
         本邦銀行に預け入れているものは、その元本が預金保険制度の対象となっております。グループ銀行に預け入れてい
         る預金は、グループ銀行の破たんによる信用リスクに晒されております。
          営業債権である未収委託者報酬は、信託銀行により分別保管されている投資信託の信託財産から直接支弁されるの
         で信用リスクは発生せず、また投資信託の決算日までに信託財産が減少し委託者報酬が支払えなくなるというマー
         ケットリスクは非常に低いものと考えております。
          営業債務である未払手数料は、回収不能となるリスクの非常に低い委託者報酬の入金後、これを原資に支払いをお
         こなうので、支払不能となる流動性リスクは非常に低いものと考えております。また、その他未払金については、そ
         の債務を履行するに十分な即時引出し可能な決済性預金を保有していることから、流動性不足はないものと考えてお
         ります。
        ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は本邦銀行における預金を預金保険制度の保険対象範囲に限定して信用リスクの軽減を図っており、その状況
         は代表取締役およびピクテグループファイナンスに報告されモニタリングされています。
        2.金融商品の時価等に関する事項

        ( 1)平成27年12月31日における金融商品の貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額は次のとおりであります。
                                                          ( 千円)
                       貸借対照表計上額                 時価              差額
      現金・預金                       2,385,788              2,385,788                 -
      未収委託者報酬                       1,356,500              1,356,500                 -
      未払手数料                        839,416              839,416                -
      その他未払金                        421,910              421,910                -
        ( 2)金融商品の時価の算定方法

          現金・預金、未収委託者報酬及び未払金といった当社の金融商品は短期決済されるものなので、時価は帳簿価額に
         ほぼ等しくなっております。したがって時価は当該帳簿価額によっております。
        ( 3)長期差入保証金(貸借対照表計上額283,788千円)は、本社オフィス等の不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等

         であり、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
        ( 4)金銭債権の償還予定額は次のとおりであります。

                                                          ( 千円)
                                 35/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                              2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
      現金・預金                  2,385,788          -       -       -       -       -
      未収委託者報酬                  1,356,500          -       -       -       -       -
        第32期(自 平成28年          1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.金融商品の状況に          関する事項
        ( 1)金融商品に対する取組方針
          余剰資金については銀行預金(普通預金、定期預金又は信託預金)で運用しております。
        ( 2)金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク

          銀行預金は、本邦銀行に預け入れているものと海外にある当社のグループ銀行に預け入れているものがあります。
         本邦銀行に預け入れているものは、その元本が預金保険制度の対象となっております。グループ銀行に預け入れてい
         る預金は、グループ銀行の破たんによる信用リスクに晒されております。
          営業債権である未収委託者報酬は、信託銀行により分別保管されている投資信託の信託財産から直接支弁されるの
         で信用リスクは発生せず、また投資信託の決算日までに信託財産が減少し委託者報酬が支払えなくなるというマー
         ケットリスクは非常に低いものと考えております。
          営業債務である未払手数料は、回収不能となるリスクの非常に低い委託者報酬の入金後、これを原資に支払いをお
         こなうので、支払不能となる流動性リスクは非常に低いものと考えております。また、その他未払金については、そ
         の債務を履行するに十分な即時引出し可能な決済性預金を保有していることから、流動性不足はないものと考えてお
         ります。
        ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は本邦銀行における預金を預金保険制度の保険対象範囲に限定して信用リスクの軽減を図っており、その状況
         は代表取締役およびピクテグループファイナンスに報告されモニタリングされています。
        2.金融商品の時価等に関する事項

        ( 1)平成28年12月31日における金融商品の貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額は次のとおりであります。
                                                          ( 千円)
                       貸借対照表計上額                 時価              差額
      現金・預金                        924,365              924,365                -
      未収委託者報酬                       1,153,310              1,153,310                 -
      未収還付法人税等                        345,831              345,831                -
      未払手数料                        689,715              689,715                -
      その他未払金                        344,363              344,363                -
        ( 2)金融商品の時価の算定方法

          現金・預金、未収委託者報酬、未収還付法人税等及び未払金といった当社の金融商品は短期決済されるものなの
         で、時価は帳簿価額にほぼ等しくなっております。したがって時価は当該帳簿価額によっております。
        ( 3)長期差入保証金(貸借対照表計上額284,854千円)は、本社オフィス等の不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等

         であり、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
        ( 4)金銭債権の償還予定額は次のとおりであります。

                                                          ( 千円)
                                 36/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
      現金・預金                    924,365         -      -      -      -      -
      未収委託者報酬                   1,153,310          -      -      -      -      -
      未収還付法人税等                    345,831         -      -      -      -      -
       ( 有価証券関係)

        第31期(平成27年12月31日現在)
        1.その他有価証券で時価のあるもの
                                                          ( 千円)
            区分            種類          取得原価         貸借対照表計上額             差額
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   5,000           9,486          4,486
      価を超えるもの
                        小計               5,000           9,486          4,486
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   2,132           2,000          △132
      価を超えないもの
                        小計               2,132           2,000          △132
                 合計                     7,132          11,486           4,354
        2.当期中に売却されたその他有価証券(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)

         該当事項は     ありません     。
        第32期(平成28年12月31日現在)

        1.その他有価証券で時価のあるもの
                                                          ( 千円)
            区分            種類          取得原価         貸借対照表計上額             差額
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   5,900           7,679          1,779
      価を超えるもの
                        小計               5,900           7,679          1,779
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   1,200           1,085          △115
      価を超えないもの
                        小計               1,200           1,085          △115
                 合計                     7,100           8,765          1,665
        2.当期中に売却されたその他有価証券(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

                                                          ( 千円)
            区分              売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      投資信託受益証券                         9,039              2,783              376
            合計                    9,039              2,783              376
       ( デリバティブ取引関係)

        第31期(自 平成27年1月1日 至 平成27年                     12 月31日)
         当社は、デリバティブ取引を行って                 いない   ため、該当事項はありません。
        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

         当社は、デリバティブ取引を行っていない                    ため  、該当事項はありません。
                                 37/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ( 退職給付関係)
        第31期(自 平成27年1月            1日 至 平成27年12月31日)
        1.採用している退職給付            制度の概要
         当社は、従業員及        び役員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
         確定給付企業年金        制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。なお、当社は、平成27年1月に
         確定給付制度の一部について確定拠出年金制度へ移行しております。
        2.退職給付制度

        ( 1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                         ( 千円)
           退職給付債務の期首残高                             1,595,264
            勤務費用                             48,768
            利息費用                             11,770
            数理計算上の差異の発生額                             31,967
            確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                            △43,536
            過去勤務費用の発生額                            △97,686
            退職給付の支払額                             △3,894
           退職給付債務の期末残高                             1,542,652
        ( 2)年金資産の期首残高と期末残高との調整表

                                         ( 千円)
           年金資産の期首残高                                -
            数理計算上の差異の発生額                             △4,116
            事業主からの拠出額                            1,161,898
           年金資産の期末残高                             1,157,782
        ( 3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                         ( 千円)
           積立型制度の退職給付債務                             1,542,652
           年金資産                             1,157,782
           貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              384,870
        ( 4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                         ( 千円)
            勤務費用                             48,768
            利息費用                             11,770
            数理計算上の差異の費用処理額                             36,083
            過去勤務費用の費用処理額                            △94,186
           退職給付制度に係る退職給付費用                               2,435
           確定拠出年金制度への移行に伴う損益                              △3,499
        ( 5)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産    合計  に対する主な分類ごとの比率は、以下のとおりであります。
           証券投資信託受益証券                              37.3  %
           投資証券                              49.7  %
           その他                              13.0  %
           合計                              100.0   %
           ( 注)年金資産は全て企業年金制度に対して設定した退職給付信託であります。
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
           な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 38/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ( 6)数理計算上の計算基礎に関する事項
         当期末における主要な数理計算上の計算基礎
         割引率  0.60%
         長期期待運用収益率  1.00%
        3.確定拠出制度

         当社の確定拠出制度への要拠出額は96,509千円であります。
        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、従業員及び役員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
         確定給付企業年金制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。
        2.退職給付制度

        ( 1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                         ( 千円)
           退職給付債務の期首残高                             1,542,652
            勤務費用                             48,616
            利息費用                              9,209
            数理計算上の差異の発生額                             64,961
            退職給付の支払額                            △44,427
           退職給付債務の期末残高                             1,621,013
        ( 2)年金資産の期首残高と期末残高との調整表

                                         ( 千円)
           年金資産の期首残高                             1,157,782
            期待運用収益                             11,577
            数理計算上の差異の発生額                              9,851
            事業主からの拠出額                             49,769
           年金資産の期末残高                             1,228,980
        ( 3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                         ( 千円)
           積立型制度の退職給付債務                             1,621,013
           年金資産                             1,228,980
           貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              392,032
        ( 4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                         ( 千円)
            勤務費用                             48,616
            利息費用                              9,209
            期待運用収益                            △11,577
            数理計算上の差異の費用処理額                             55,109
           退職給付制度に係る退職給付費用                              101,358
        ( 5)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、以下のとおりであります。
           証券投資信託受益証券                              33.5  %
           投資証券                              51.8  %
           株式                               2.0  %
           その他                              12.7  %
           合計                              100.0   %
           ( 注)年金資産は全て企業年金制度に対して設定した退職給付信託であります。
                                 39/50

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
           な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
        ( 6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         当期末における主要な数理計算上の計算基礎
         割引率  0.3%
         長期期待運用収益率  1.0%
        3.確定拠出制度

         当社の確定拠出制度への要拠出額は103,192千円であります。
       ( 税効果会計関係)

        1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                                          ( 千円)
                                    第31期                第32期
                区分
                                 ( 平成27年12月31日)                ( 平成28年12月31日)
      繰延税金資産
       退職給付引当金損金算入限度超過額                                  508,373                497,362
       未払事業税否認                                   36,489                  -
       賞与引当金損金算入限度超過額                                  300,545                169,106
       資産除去債務                                   17,779                17,965
       その他                                   22,329                20,943
      繰延税金資産小計
                                          885,518                705,376
      評価性引当額                                  △ 118,361                   -
      繰延税金資産合計
                                          767,157                705,376
      繰延税金負債
       未収還付事業税                                     -              21,468
       その他有価証券評価差額                                   1,441                 550
      繰延税金負債小計
                                           1,441                22,019
      繰延税金資産合計(純額)
                                          765,716                683,357
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                  第31期                            第32期
               ( 平成27年12月31日)                           ( 平成28年12月31日)
      法定実効税率                        35.6  %  法定実効税率                         33.0  %
      ( 調整)                           ( 調整)
      交際費等永久に損金算入されない項目                        1.3  %  交際費等永久に損金算入されない項目                         3.5  %
      評価性引当金                        0.3  %  評価性引当金                       △ 23.3  %
      法人税率の変更等による影響                        3.4  %  法人税率の変更等による影響                         8.5  %
      その他                       △0.2%    過年度法人税等
                                                          △7  .6 %
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                            その他
                              40.4  %
                                                          △ 1.0  %
                                  税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                          13.1  %
                                 40/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産の金額の修正

         第31期(平成2      7 年12月31日)
         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27年法
         律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げ等が
         行われることとなりました。これに伴い当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用した法定実効税率
         は、平成28年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について前事業年度の35.64%から33.06%
         に、平成29年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について32.26%に変更されております。
         その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が70,785千円減少し、当事業年度に計上された
         法人税等調整額が同額増加しております。
         第32期(平成28年12月31日)

         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15条)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28
         年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引
         下げ等が行われることとなりました。これに伴い当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用した法定
         実効税率は、平成29年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について前事業年度の32.26%から
         30.86%に、平成31年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について30.62%に変更されておりま
         す。
         その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が44,564千円減少し、当事業年度に計上された
         法人税等調整額が同額増           加しております。
       ( 資産除去債務関係)

        第31期(平成27年12月          31 日現在)
        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
        ( 1)東京本社事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        2.当該資産除去債務の金額と算定方法

        ( 1)東京本社      事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は1.13%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。増床部
         分は使用    見込  期間を取得から10年と見積り、割引率は0.53%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.96%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        3.当期における当該資産除去債務の総額の増減

                                            ( 千円)
                        期首残高                   80,164
             有形固定資産の取得に伴う増加額                                 -
                  時の経過による調整額                           747
             資産除去債務の履行による減少額                                 -
                        期末残高                   80,912
        第32期(平成28年        12 月31日現在)

        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
        ( 1)東京本社事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
                                 41/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2.当該資産除去債務の金額と算定方法

        ( 1)東京本社      事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は1.13%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。増床部
         分は使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.53%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        ( 2)大阪連絡      事務所用    ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.96%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        3.当期における        当該  資産除去債務の総額の増減

                                            ( 千円)
                         期首残高                   80,912
              有形固定資産の取得に伴う増加額                                -
                   時の経過による調整額                           239
              資産除去債務の履行による減少額                                -
                         期末残高                   81,151
       ( セグメント情報等)

        第31期(自      平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
        1.セグ    メント情報
         当社は、投資      運用業   及び投資助言代理業の単一セグメントを報告セグメントとしております。
         従いまして、開示対象となる             セグメント     はありませんので、記載を省略しております。
        2.関連情報

        ( 1)製品及びサービスごとの情報
                                                          ( 千円)
                     投資信託委託業            投資顧問業            その他           合計

      外部顧客への営業収益                  20,912,351            311,102           189,145         21,412,598

        ( 2)地域ごとの情報

         ① 営業収益
           本邦外部顧客への営業収益が営業収益総額の90%を超えるため、記載を省略しております。
         ② 有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
        ( 3)主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一顧客が存在しないため、記載を省略しております。
        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.セグメント情報
         当社は、投資運用業及び投資助言代理業の単一セグメントを報告セグメントとしております。
         従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
        2.関連情報

        ( 1)製品及びサービスごとの情報
                                                          ( 千円)
                     投資信託委託業            投資顧問業            その他           合計

                                 42/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      外部顧客への営業収益                  15,368,625            310,642           197,244         15,876,511
        ( 2)地域ごとの情報

         ① 営業収益
           本邦外部顧客への営業収益が営業収益総額の90%を超えるため、記載を省略しております。
         ② 有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
        ( 3)主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一顧客が存在しないため、記載を省略しております。
       ( 関連当事者との取引関係)

        第31期(自 平成2        7 年1月1日 至 平成27年12月31日)
        1.関連当事者との取引
        ( 1)財務諸表提       出会社の親会社
                            事業の
                     資本金又は          議決権等の      関連当事者            取引金額       期末残高
       種類   会社等の名称       所在地            内容                 取引の内容          科目
                      出資金         被所有割合       との関係            (千円)       (千円)
                           又は職業
           ピクテ

           アンド                          グループ会社管理        コーディネー
                スイス、            グループ
      親会社     シー         CHF148,500,000           間接100%     に関するサービス        ション手数料       94,868   未払金      -
               ジュネーブ            管理会社
          グループ                          の提供        の支払(注1)
          エスシーエー
        ( 2)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社

                             事業の    議決権等
                       資本金又は               関連当事者            取引金額       期末残高
       種類    会社等の名称       所在地           内容   の被所有            取引の内容          科目
                        出資金               との関係            (千円)       (千円)
                             又は職業     割合
                                            運用手数料
                                                   357,565   未払金    36,974
            ピクテ                         投資運用の委託
                                            の支払(注2)
       同一の
            アセット      スイス、           資産運用        契約
      親会社を                CHF21,000,000            -
                                            翻訳事務手
          マネージメント       ジュネーブ            会社       投資運用に関する
                                                       未収
      持つ会社
                                            数料の受取        4,555         -
            エスエー                         サービスの提供
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                   248,926   未払金    60,817
            ピクテ                         投資運用の委託
                                            の支払(注2)
       同一の
            アセット      英国、           資産運用        契約
      親会社を                GBP45,000,000            -
                                            翻訳事務手
          マネージメント       ロンドン            会社       投資運用に関する
                                                       未収
      持つ会社
                                            数料の受取        1,448         -
           リミテッド                         サービスの提供
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
            ピクテ                         投資運用の委託
                                                    43,831   未払金    26,396
                                            の支払(注2)
       同一の     アセット                         契約
                  ルクセン           資産運用
      親会社を    マネージメント            CHF8,750,000           -   投資運用に関する
                                            翻訳事務手
                  ブルグ           会社
                                                       未収
      持つ会社     (ヨーロッパ)                         サービスの提供
                                            数料の受取       54,754         -
                                                       収益
            エスエー                         役員の兼任
                                            (注3)
            ピクテ
       同一の     アセット                                 トレーディ
                             資産運用        投資運用に関する
      親会社を    マネージメント        香港    HKD30,000,000            -          ング手数料       11,663   未払金     2,102
                              会社       サービスの提供
      持つ会社     (ホンコン)                                 の支払(注4)
           リミテッド
                                 43/50

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         取引条件及び取引条件          の決定方針等

         ( 注1)コーディネーション手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注2)運用手数料についてはファンド毎の契約運用資産に一定比率を乗じて決定しております。
         ( 注3)翻訳事務手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注4)トレーディン         グ手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
        2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        ( 1)  親会社   情報
         ピクテ アンド シー            グループ エスシーエー(非上場)
         ピクテ アセット マネージメント エスエー(非上場)
         ピクテ アジ      ア プライベート リミテッド(非上場)
        ( 2)重要な関連会社の要約財務情報

         重要な関連会社は        ありません     。
        第32期(自 平成        28 年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1.関連当事者との取引
        ( 1)財務諸表提       出会社の親会社
                            事業の
                     資本金又は          議決権等の      関連当事者            取引金額       期末残高
       種類   会社等の名称       所在地            内容                 取引の内容          科目
                      出資金         被所有割合       との関係            (千円)       (千円)
                           又は職業
           ピクテ

           アンド                          グループ会社管理        コーディネー
                スイス、            グループ
      親会社     シー         CHF148,500,000           間接100%     に関するサービス        ション手数料       69,058   未払金      -
               ジュネーブ            管理会社
          グループ                             の提供      の支払(注1)
          エスシーエー
        ( 2)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社

                             事業の    議決権等
                       資本金又は               関連当事者            取引金額       期末残高
       種類    会社等の名称       所在地           内容   の被所有            取引の内容          科目
                        出資金               との関係            (千円)       (千円)
                             又は職業     割合
                                            運用手数料
                                                   411,227   未払金    39,450
                                            の支払(注2)
            ピクテ                         投資運用の委託
       同一の                                      運用手数料           未収
            アセット      スイス、           資産運用        契約               5,252       1,657
      親会社を                CHF21,000,000            -          の受取(注2)           収益
          マネージメント       ジュネーブ            会社       投資運用に関する
      持つ会社
            エスエー                         サービスの提供
                                            翻訳事務
                                                       未収
                                            手数料の受取        9,636       2,850
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                   234,350   未払金    42,288
            ピクテ                         投資運用の委託
                                            の支払(注2)
       同一の
            アセット      英国、           資産運用        契約
      親会社を                GBP45,000,000            -
                                            翻訳事務
          マネージメント       ロンドン            会社       投資運用に関する
                                                       未収
      持つ会社
                                            手数料の受取        1,448         -
           リミテッド                         サービスの提供
                                                       収益
                                            (注3)
                                 44/50




                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                            運用手数料
                                                    43,415   未払金    18,532
                                            の支払(注2)
            ピクテ                         投資運用の委託
       同一の     アセット                         契約        運用手数料           未収
                  ルクセン           資産運用                       4,003       2,041
      親会社を    マネージメント            CHF8,750,000           -   投資運用に関する        の受取(注2)           収益
                  ブルグ           会社
      持つ会社     (ヨーロッパ)                         サービスの提供
                                            翻訳事務
            エスエー                         役員の兼任
                                                       未収
                                            手数料の受取       54,217         -
                                                       収益
                                            (注3)
            ピクテ
       同一の     アセット                                 トレーディ
                             資産運用        投資運用に関する
      親会社を    マネージメント        香港    HKD30,000,000            -          ング手数料       23,566   未払金    15,793
                              会社       サービスの提供
      持つ会社     (ホンコン)                                 の支払(注4)
           リミテッド
         取引条件及び      取引条件の決定方針等

         ( 注1)コーディネーション手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注2)運用手数料についてはファンド毎の契約運用資産に一定比率を乗じて決定しております。
         ( 注3)翻訳事務手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注4)トレー      ディング手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
        2.親会    社又は重要な関連会社に関する注記

        ( 1)親会    社情報
         ピクテ アンド         シー グループ エスシーエー(非上場)
         ピクテ アセット マネージメント エスエー(非上場)
         ピクテ     アジア プライベート リミテッド(非上場)
        ( 2)重要な     関連  会社の要約財務情報

         重要な関連     会社  は ありません     。
       ( 1株当たり情報)

                  第31期                            第32期
               自 平成27年1月1日                            自 平成28年1月1日
               至 平成27年12月31日                            至 平成28年12月31日
      1株当たり純資産額                    2,608,833     円39銭    1株当たり純資産額                    2,546,477     円36銭
      1株当たり当期純利益                    1,544,851     円06銭    1株当たり当期純利益                     564,891    円70銭
      損益計算書上当期純利益                     1,235,880     千円   損益計算書上当期純利益                      451,913    千円
      1株当たり当期純利益の算定                            1株当たり当期純利益の算定
                           1,235,880     千円                        451,913    千円
      に用いられた当期純利益                            に用いられた当期純利益
      差額                          -  差額                          -
      期中平均株式数                            期中平均株式数
      普通株式                         800  株  普通株式                         800  株
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
      は、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しており                            は、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しており
      ません。                            ません。
       ( 重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 45/50



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止されていま
       す。
       ( 1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠
         け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
         るものを除きます)。
       ( 2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害

         し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます)。
       ( 3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託会社の総

         株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体
         として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)および(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が
         総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団
         体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバ
         ティブ取引を行うこと。
       ( 4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額もし

         くは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
       ( 5)(3)および(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に

         欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣府令で定
         める行為。
      5【その他】

       ( 1)定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項
         該当事項はありません。
       ( 2)訴訟事件その他の重要事項

         訴訟事件その他委託会社等に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。
     第2【その他の関係法人の概況】

      1【名称、資本金の額及び事業の内容】
       ( 1)受託会社
                                   ※
                名称                              事業の内容
                              資本金の額
                                     銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の

       三井住友信託銀行株式会社                       342,037    百万円    信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を
                                     営んでいます。
        ※平成29年3月末日現在
        <再信託受託会社の概要>

                                   ※
                名称                              事業の内容
                              資本金の額
                                     銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の

       日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                       51,000   百万円    信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を
                                     営んでいます。
        ※平成29年3月末日現在
                                 46/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ( 再信託の目的)
         原信託契約に係る信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託受託会社へ委託するため、原信託財
         産のすべてを再信託受託会社へ移管することを目的とします。
       ( 2)販売会社

                                    ※
                 名称                              事業の内容
                              資本金の額
       SMBC日興証券株式会社(注1)                       10,000   百万円
                                     金融商品取引法に定める第一種金融商品取引業を営
       SMBCフレンド証券株式会社(注1)                       27,270   百万円
                                     んでいます。
       野村證券株式会社(注1)                       10,000   百万円
                                     銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の
       三井住友信託銀行株式会社(注2)                       342,037    百万円    信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を
                                     営んでいます。
        ※平成29年3月末日現在
        ( 注1)SMBC日興証券株式会社、SMBCフレンド証券株式会社および野村證券株式会社は、平成29年7月24日から
           取扱いを行います。
        ( 注2)   三井住友信託銀行株式会社は、当初申込日においては委託会社による買付にかかる取得申込みのみを取扱い、継
           続申込期間は募集・販売業務を取扱いません。
       ( 3)投資顧問会社

                              ※
             名称                               事業の内容
                        資本金の額
       ピクテ・アセット・               2,100   万スイスフラン        スイス籍の法人であり、内外の有価証券等に係る投資顧問業

       マネジメント・エス・エイ                 ( 約2,387百万円)        務およびその業務に付随する一切の業務を営んでいます。
        
         電信売買相場の仲値(1スイスフラン=113.67円)によります。
      2【関係業務の概要】

       ( 1)受託会社
         ファンドの財産の保管および管理を行います。
       ( 2)販売会社

         募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求受付けならびに収益分配金、償還金および一部解約代金の支払い等を行
         います。
       ( 3)投資顧問会社

         委託会社より運用指図に係る権限の委託を受け、マザーファンドの外国株式等に関する運用の指図を行います。
      3【資本関係】

       ( 1)受託会社
         該当事項はありません。
       ( 2)販売会社

         該当事項はありません。
       ( 3)投資顧問会社

         委託会社と投資顧問会社の最終的な株主はピクテ・グループのパートナーです。
     第3【その他】

                                 47/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1 目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見書)」と称すること
        があります。
      2 金融商品取引法第15条第2項に規定する目論見書(以下「交付目論見書」といいます。)の表紙、表紙裏または裏表紙に

        以下の事項を記載することがあります。
       ( 1)図案およびキャッチコピー(図案については交付目論見書本文に記載することもあります。)
       ( 2)金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
       ( 3)一般社団法人投資信託協会が定める商品分類および属性区分のうちファンドが該当する事項ならびに商品分類および
         属性区分の定義が一般社団法人投資信託協会のホームページで閲覧できる旨
       ( 4)当該交付目論見書の使用開始日
       ( 5)ファンドに関する詳細情報の入手方法について、委託会社の電話番号および受付時間ならびにホームページおよび携
         帯サイトに関する事項
       ( 6)金融商品取引法第15条第3項に規定する目論見書(以下「請求目論見書」といいます。)の入手方法および投資信託約
         款が請求目論見書に掲載されている旨
       ( 7)金融商品取引法第4条第1項または第2項の規定による届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内
         容
        ① 届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
        ② 届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
       ( 8)ファンドの内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき事前に受益者の意
         向を確認する旨
       ( 9)ファンドの財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
       (10)  請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはその旨の記録をして
         おくべきである旨
       (11)  「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す事項
       (12)  委託会社の名称、ロゴマーク、金融商品取引業者登録番号、設立年月日、資本金、運用する投資信託財産の合計純資
         産総額、加入協会およびファンドの運用の指図を行う者である旨
       (13)  受託会社の名称およびファンドの財産の保管及び管理を行う者である旨
      3 本書で使用している「発行価格」、「申込価格」ならびに「取得」、「取得申込」、「解約」、「解約請求」および

        「信託報酬」などを交付目論見書においてそれぞれ「購入価額」ならびに「購入」、「購入時」、「換金」、「換金申
        込」および「運用管理費用」などと記載することがあります。
      4 請求目論見書の表紙または表紙裏に以下の事項を記載することがあります。

       ( 1)ファンドの名称、愛称
       ( 2)金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書であり、投資者の請求により交付される目論見書(請求目論見書)であ
         る旨
       ( 3)一般社団法人投資信託協会が定める商品分類のうちファンドが該当する事項
       ( 4)当該請求目論見書の使用開始日
       ( 5)金融商品取引法第4条第1項または第2項の規定による届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内
         容
        ① 届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
        ② 届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
       ( 6)委託会社の名称およびロゴマーク
      5 請求目論見書にファンドの投資信託約款、マザーファンドの運用の基本方針を掲載することがあります。

      6 目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。

                                 48/50


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 49/50





















                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                  平成29年3月6日

           ピクテ投信投資顧問株式会社
            取 締 役 会            御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                                指定有限責任社員
                                          公認会計士   鶴田 光夫 ㊞
                                業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

      状況」に掲げられているピクテ投信投資顧問株式会社の平成28年1月1日から平成28年12月31日までの第32期事
      業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の
      注記について監査を行った。
      財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適
      正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示す
      るために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明す
      ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
      た。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るため
      に、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
      は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及
      び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査
      法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な
      表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営
      者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
      ピクテ投信投資顧問株式会社の平成28年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
      をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 50/50



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。