三菱UFJ証券ホールディングス株式会社 有価証券報告書 第12期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第12期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:三菱UFJ証券ホールディングス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月28日
      【事業年度】                    第12期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    三菱UFJ証券ホールディングス株式会社
      【英訳名】                    Mitsubishi      UFJ  Securities      Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長   長岡           孝
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
      【電話番号】                    03(6213)2550(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務企画部長  山本           慎二郎
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区大手町一丁目9番2号
      【電話番号】                    03(6213)2550(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務企画部長  山本           慎二郎
      【縦覧に供する場所】                    本店のほかに該当ありません。
                                   1/128













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
           回     次             第8期        第9期        第10期        第11期        第12期
           決 算 年 月            平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月
       営業収益           (百万円)        350,524        487,796        482,541        474,449        404,497
       純営業収益
                  (百万円)        306,082        450,633        435,757        437,742        379,237
       経常利益           (百万円)        84,228       163,304        114,930        107,857        99,595
       親会社株主に帰属する当期
                  (百万円)        46,946        97,781        50,995        43,262        49,085
       純利益
       包括利益
                  (百万円)        118,517        191,284        107,749        50,175        22,836
       純資産額           (百万円)        924,400       1,068,092        1,025,771        1,033,030         959,450
       総資産額           (百万円)       26,506,478        30,418,476        29,993,106        31,023,040        30,493,167
       1株当たり純資産額            (円)       904.31       1,065.74        1,052.85        1,053.38         915.70
       1株当たり当期純利益金額            (円)        63.70       132.68        69.19        58.70        66.60
       潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -      66.60
       当期純利益金額
       自己資本比率            (%)         2.5        2.6        2.6        2.5        2.2
       自己資本利益率
                   (%)         7.4       13.5        6.5        5.6        6.8
       株価収益率
                   (倍)         -        -        -        -        -
       営業活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 130,199        △ 2,397      △ 482,491        525,034       △ 369,635
       シュ・フロー
       投資活動によるキャッ
                  (百万円)        82,043       △ 40,280       201,690       △ 78,423        59,718
       シュ・フロー
       財務活動によるキャッ
                  (百万円)        335,014        434,373        300,286       △ 362,075        745,838
       シュ・フロー
       現金及び現金同等物の期末
                  (百万円)        717,806       1,124,995        1,149,317        1,194,597        1,614,478
       残高
       従業員数                    7,118        7,370        7,725        7,797        7,600
                   (人)
       (外、平均臨時雇用者数)                    (412 )      (589 )      (596 )      (726 )      (684 )
      (注)1.      第8期、第9期、第10期および第11期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式
           が存在しないため記載しておりません。
         2.株価収益率につきましては、株式が非上場であるため、記載しておりません。
           なお、消費税等の課税取引については、消費税等を含んでおりません。

                                   2/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
           回     次             第8期        第9期        第10期        第11期        第12期
           決 算 年 月            平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月
       営業収益           (百万円)        29,116        51,518        57,440        72,113        32,923
       経常利益           (百万円)        11,556        35,817        32,092        57,189        19,418
       当期純利益           (百万円)        10,667        15,666        31,527        56,094        20,126
       資本金           (百万円)        75,518        75,518        75,518        75,518        75,518
       発行済株式総数
                   (千株)        736,985        736,985        736,985        736,985        736,985
       純資産額           (百万円)        715,351        713,427        670,140        697,494        644,183
       総資産額           (百万円)       1,340,964        1,553,334        1,504,066        1,673,894        1,854,133
       1株当たり純資産額            (円)        970.64        968.03        909.30        946.42        874.08
       1株当たり配当額                    19.42        94.12        42.67       100.49        27.47
                   (円)
       (うち1株当たり中間配当
                           (9.72  )     (12.75  )     (15.80  )     (14.24  )     (13.59  )
       額)
       1株当たり当期純利益金額            (円)        14.47        21.26        42.78        76.11        27.31
       潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -        -
       当期純利益金額
       自己資本比率            (%)        53.3        45.9        44.6        41.7        34.7
       自己資本利益率            (%)         1.5        2.2        4.6        8.2        3.0
       株価収益率            (倍)         -        -        -        -        -
       配当性向            (%)        134.2        442.8        99.7       132.0        100.6
       従業員数
                            140        149        177        193        193
                   (人)
       (外、平均臨時雇用者数)                     (1)       (2)       (3)       (2)       (▶)
      (注)1.第10期の1株当たり配当額には、特別配当10円89銭を含んでおります。
         2.第11期の1株当たり配当額には、配当財産が金銭以外の財産による特別配当72円32銭を含んでおります。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.株価収益率につきましては、株式が非上場であるため、記載しておりません。
           なお、消費税等の課税取引については、消費税等を含んでおりません。

                                   3/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       年  月                   沿                 革

       昭和23年3月       八千代證券株式会社を設立。
         43年4月     改正証券取引法に基づく証券業の免許を受ける。
         56年10月     光亜証券株式会社、野村證券投資信託販売株式会社と合併し、商号を国際証券株式会社に変更。

         58年3月     国際投信委託株式会社を設立。

         62年5月     株式を東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所の各市場第二部に上場。

       平成元年3月       株式を東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所の各市場第一部に上場。

         2年6月     国際コンピュータシステム株式会社を設立(現商号はエム・ユー・エス情報システム株式会

              社)。
         6年10月     <三菱ダイヤモンド証券株式会社を設立(平成8年4月東京三菱証券株式会社に商号変更)。>
         10年12月     改正証券取引法に基づく証券業の登録を受ける。

         11年7月     <東京三菱証券株式会社が三菱信証券株式会社から営業の全部を譲り受け、同社と統合。>

         12年4月     <ユニバーサル証券株式会社、太平洋証券株式会社、東和証券株式会社、第一證券株式会社が合

              併し、つばさ証券株式会社となる。>
         14年6月     <つばさ証券株式会社とUFJキャピタルマーケッツ証券株式会社が合併し、UFJつばさ証券
              株式会社となる。>
         14年7月     三菱東京ウェルスマネジメント(スイス)の設立にあたり出資。(現商号は三菱UFJウェルス
              マネジメント銀行(スイス))。
         14年9月     東京三菱証券株式会社、東京三菱パーソナル証券株式会社および一成証券株式会社と合併し、商
              号を三菱証券株式会社に変更。同時に、株式会社東京三菱銀行および株式会社三菱東京フィナン
              シャル・グループの子会社となる。
         15年5月     東京三菱インターナショナル(シンガポール)を子会社化(現商号はMUFGセキュリティーズ
              アジア(シンガポール))。
         15年6月     東京三菱インターナショナル(ホンコン)を子会社化(現商号はMUFGセキュリティーズアジ
              ア)。
         15年7月     東京三菱セキュリティーズ(USA)を子会社化(現商号はMUFGセキュリティーズアメリ
              カ)。
         16年7月     東京三菱インターナショナルを子会社化(現商号はMUFGセキュリティーズEMEA)。
         17年7月     株式会社三菱東京フィナンシャル・グループ(現商号は株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ

              ループ)の直接出資子会社となる。
         17年10月     UFJつばさ証券株式会社と合併し、商号を三菱UFJ証券株式会社に変更。
              UFJつばさ証券株式会社との合併により、UFJつばさビジネスサービス株式会社(現商号は

              MUSビジネスサービス株式会社)が子会社となる。
         19年9月     株式交換により三菱UFJフィナンシャル・グループの完全子会社となる(これに伴い当社株式
              の上場を廃止)。
         19年12月     三菱UFJウェルスマネジメント銀行(スイス)を子会社化。
                                   4/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       年  月                   沿                 革
         20年3月     国際投信投資顧問株式会社を連結子会社とする。
         21年12月     三菱UFJ証券分割準備株式会社を設立。
         22年4月     会社分割(吸収分割)により国内の事業を子会社の三菱UFJ証券分割準備株式会社に承継して

              中間持株会社となり、商号を三菱UFJ証券ホールディングス株式会社に変更。
              三菱UFJ証券分割準備株式会社は商号を三菱UFJ証券株式会社に変更。
         22年5月     三菱UFJ証券株式会社はモルガン・スタンレー証券株式会社のインベストメントバンキング部
              門を統合し、商号を三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社に変更。
         24年12月     三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社を子会社化。
         26年3月     三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社は当社の子会社である三菱UFJモルガン・スタン

              レー証券株式会社の子会社となるとともに、商号を三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株
              式会社に変更。
         27年4月     カブドットコム証券株式会社を子会社化。
         27年7月     三菱UFJ投信株式会社と国際投信投資顧問株式会社が合併し、商号を三菱UFJ国際投信株式
              会社に変更(持分法適用関連会社となる)。
         28年7月     MUFGセキュリティーズアメリカの全株式を株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループに
              現物配当したことに伴い、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社の連結範囲から除外。
                                   5/128













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
      当社グループ(連結子会社11社、持分法適用関連会社3社)は、金融商品取引業を中心とする営業活動を各地域で展開
     し、主たる事業として投資・金融サービス業(有価証券の売買およびその委託の媒介等、有価証券の引受けおよび売出
     し、有価証券の募集および売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い、その他の金融商品取引業                                            ならびに貸金業       等)を営
     んでおり、お客さまに対し資金調達、資金運用の両面で幅広い投資・金融サービスを提供しております。その中で当社
     は、証券持株会社として傘下の事業会社各社のグループ間連携を推進しつつ、業態毎に経営資源の配分や業績の確認を
     行っております。したがって、当社グループは、業態・地域別のセグメントから構成されており、「証券業務(国内)」
     「証券業務(英国)」「証券業務(米国)」を報告セグメントとしております。
      主要な関係会社の異動につきましては、平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社で
     あるMUFGセキュリティーズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、当社の社内収益管理は引き続き
     両社を含めて行うため、セグメント情報においては、「証券業務(米国)」での開示を継続しております。
      また、同一の親会社をもつ会社である株式会社三菱東京UFJ銀行および三菱UFJ信託銀行株式会社と当社との間に
     は、資金貸借取引または有価証券の売買等の取引において継続的で緊密な事業上の関係があります。
      以上述べた事項を系統図によって示すと次のとおりであります。
                                   6/128















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
     (1)  議決権の所有(または被所有)割合によるもの
                                         議決権の所
                                         有(または
        名  称         住  所       資 本 金        主要な事業の内容               関 係 内 容         摘 要
                                         被所有)割
                                         合(%)
     (親会社)
     株式会社三菱UFJフィ                                         経営管理、金銭貸借、
                東京都千代田区        2,141,513百万円       金融持株会社            100            (注)1
     ナンシャル・グループ                                         役員の兼任等
     (連結子会社)
                                              経営管理、金銭貸借、
     三菱UFJモルガン・ス                                                  (注)3
                東京都千代田区         40,500百万円      金融商品取引業               設備の賃貸借、
                                           60.0
     タンレー証券株式会社                                                  (注)5
                                              役員の兼任等
     三菱UFJモルガン・ス
                                           75.0   金銭貸借、
     タンレーPB証券株式会           東京都千代田区         8,000百万円      金融商品取引業                         (注)3
                                          (75.0)    役員の兼任等
     社
     カブドットコム証券株式
                東京都千代田区         7,196百万円      金融商品取引業            52.8   役員の兼任等          (注)1
     会社
                               証券バックオフィス事
     MUSビジネスサービス                          務の代行業務、不動産               経営管理、
                東京都文京区          100百万円
                                           100
     株式会社                          賃貸・管理業および事               金銭貸借
                               務受託
     エム・ユー・エス情報シ                          システム開発・運用・
                東京都文京区          100百万円                 100   経営管理
     ステム株式会社                          保守業務
                                                        (注)1
     MUFGセキュリティー
                英国          1,317百万                    経営管理、金銭貸借、          (注)3
                               証券業            100
     ズEMEA           ロンドン市           英ポンド                   役員の兼任等
                                                        (注)6
                                                        (注)7
     三菱UFJウェルスマネ
                スイス連邦            65百万
                               銀行業および証券業            60.0   経営管理
     ジメント銀行(スイス)           ジュネーブ市         スイスフラン
                中華人民共和国            38百万    経営管理およびこれに

     SL16,   Limited
                                           100   -          (注)8
                香港            米ドル    付帯する業務
     MUFGセキュリティー           中華人民共和国           207百万                   経営管理、          (注)3

                               証券業            100
     ズアジア           香港            米ドル                  役員の兼任等          (注)9
     MUFGセキュリティー           シンガポール
                           35百万                  経営管理、
     ズアジア(シンガポー
                共和国               証券業            100            (注)10
                       シンガポールドル                       役員の兼任等
     ル)           シンガポール
                                   7/128








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                         議決権の所

                                         有(または
        名  称         住  所       資 本 金        主要な事業の内容               関 係 内 容         摘 要
                                         被所有)割
                                         合(%)
     (持分法適用関連会社)
     モルガン・スタンレーM                                     49.0             (注)1
                東京都千代田区         62,149百万円      金融商品取引業               役員の兼任等
     UFG証券株式会社
                                          (49.0)             (注)2
     三菱UFJ国際投信株式                          投資信託委託業務
                東京都千代田区         2,000百万円                 34.0   -
     会社                          投資顧問業務
     丸の内キャピタル株式会                          投資事業組合運営
                東京都千代田区          150百万円                    役員の兼任等
                                           50.0
     社
                               業務
     (注)1.有価証券報告書を提出しております。
        2.有価証券届出書を提出しております。
        3.特定子会社に該当します。
        4.議決権の所有(または被所有)割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        5 . 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社については、純営業収益(連結会社相互間の内部純営業収益を
          除く。)の連結純営業収益に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等   (1)純営業収益                     261,784百万円
                     (2)経常利益   50,482百万円
                     (3)当期純利益  35,720百万円
                     (4)純資産額           424,278百万円
                     (5)総資産額 14,900,816百万円
        6.  MUFGセキュリティーズEMEA                は、純営業収益(連結会社相互間の内部純営業収益を除く。)の連結純営
          業収益に占める割合が10%を超えておりますが、有価証券報告書を提出しているため、主要な損益情報等の記
          載を省略しております。
        7.MUFGセキュリティーズEMEAは、三菱UFJセキュリティーズインターナショナルから商号変更してお
          ります。
        8.SL16,     Limitedは、三菱UFJセキュリティーズ(香港)ホールディングスから商号変更しております。
        9.MUFGセキュリティーズアジアは、三菱UFJセキュリティーズ(香港)から商号変更しております。
        10.MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)は、三菱UFJセキュリティーズ(シンガポール)から商
          号変更しております。
     (2)  業務執行権および出資割合によるもの

                                      業務執行権
                                            出資割合
                                      の所有割合           関 係 内 容
        名  称        住  所       出 資 金       主要な事業の内容                           摘 要
                                            (%)
                                       (%)
     (連結子会社)
                             三菱UFJモルガ

                             ン・スタンレー証券
                       508,237百万円       株式会社およびモル
     MMパートナーシップ          東京都千代田区                        (注)2       60.0   -        (注)1
                         (注)3    ガン・スタンレーM
                             UFG証券株式会社
                             の各株式の保有等
     (注)1.特定子会社に該当します。
        2.当該連結子会社は、その事業の一環として、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(以下「MUMS
          S」といいます。)の議決権総数の40%が付与された株式およびモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
          (以下「MSMS」といいます。)の議決権総数の49%が付与された株式を保有しております。Partnership
          Agreementにおいて、当該連結子会社の業務執行は、両組合員(当社及びモルガン・スタンレー・ホールディ
          ングス株式会社(以下「MSJHD」といいます。))の合意により決定することを原則とし、両組合員が合
          意しない場合には、各組合員が出資割合に応じて有する議決権(当社:60%、MSJHD:40%)の単純過半
          数により決定されることとされています。ただし、Partnership                              Agreementにおいて、当社は、当該連結子会
          社を通じて保有されるMSMS株式に付された一定の事項に関する議決権を行使する権限を有し、MSJHD
          は、当該連結子会社を通じて保有されるMUMSS株式に付された一定の事項に関する議決権を行使する権限
          を有することとされています。また、当該連結子会社を通じた保有のほかに、当社及びMSJHDは、それぞ
          れMUMSS及びMSMSの過半数の議決権が付与された株式(当社はMUMSSの議決権総数の60%、MS
          JHDはMSMSの議決権総数の51%)を直接保有しております。
        3.MUMSSおよびMSMSの株式の平成22年5月1日時点における評価額にその後の出資および出資の払い戻
          し額を反映した金額であります。
                                   8/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
                 セグメントの名称                          従 業 員 数 (人)

       証券業務(国内)

                                                    5,910(467)
       証券業務(英国)                                              570(118)

       証券業務(米国)                                              363(     4)

                                                    1,120(    99)

       その他
       調整                                             △363(△4)

                   合 計                                 7,600(684)

       (注)1.従業員数は、就業人員数であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員数を外数で記載しておりま
            す。
          2.上記のほか、執行役員の平成29年3月末の人数は66人であります。
          3.平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社であるMUFGセキュリ
            ティーズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、セグメント情報においては、引き続き
            「証券業務(米国)」として開示を継続しているため、当連結会計年度末の従業員数との差を調整してお
            ります。なお、詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグ
            メント情報等)」に記載のとおりであります。
       (2)提出会社の状況

                                                 平成29年3月31日現在
          従業員数(人)               平均年齢            平均勤続年数            平均年間給与(円)

               193(4)         42歳8ヵ月             8年1ヵ月               10,164,219

       (注)1.従業員数は、就業人員数であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員数を外数で記載しておりま
            す。
          2.上記のほか、執行役員の平成29年3月末の人数は15人であります。
          3.平均年間給与は、基準外賃金および賞与を含んでおります。
          4.平均勤続年数は、出向元での勤続年数を加算しております。
          5.従業員の属するセグメントは、「その他」に含まれます。
       (3)労働組合の状況

        労使関係について特記すべき事項はありません。
                                   9/128








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業    績
        当連結会計年度の連結純営業収益は3,792億37百万円(前年度比86.6%)、販売費・一般管理費は3,151億25百万円
       (同88.3%)、連結経常利益は995億95百万円(同92.3%)、親会社株主に帰属する当期純利益は490億85百万円(同
       113.5%)となりました。
        当連結会計年度のセグメントの業績は、次のとおりであります。

        「証券業務(国内)」

         株式会社三菱東京UFJ銀行との協働・Morgan                       Stanleyとの連携やお客様との取引を起点としたビジネスモデ
        ルの定着等により安定的に収益を計上しておりますが、当連結会計年度前半における国内外の不安定な市場環境を
        背景とした個人投資家の投資運用意欲の減退に伴う投資信託や仕組債販売の低迷が影響し、セグメント収益は減少
        しました。
         この結果、当連結会計年度における証券業務(国内)の純営業収益は3,160億70百万円(前年度比89.4%)、セ
        グメント利益は437億97百万円(同68.7%)となりました。
        「証券業務(英国)」

         対顧デリバティブや債券引受業務等の好調によりビジネスは順調に推移し、当連結会計年度後半におけるブレグ
        ジットや米国大統領選挙等による市場変動にも的確な在庫運営で対処しました。また、経費の抑制運用に加え、前
        年度の一時的な費用計上の剥落もあり、セグメント利益は黒字化しました。
         これらの結果、当連結会計年度における証券業務(英国)の純営業収益は448億60百万円(前年度比117.6%)、
        セグメント利益は55億92百万円(前年度は3億42百万円のセグメント損失)となりました。
        「証券業務(米国)」

         株式会社三菱東京UFJ銀行との連携により債券引受業務が好調を維持し、レポ業務や当連結会計年度から本格
        稼働したMBS(Mortgage-Backed                 Securities)(不動産担保証券)業務も堅調に推移しました。
         この結果、当連結会計年度における証券業務(米国)の純営業収益は542億88百万円(前年度比121.0%)、セグ
        メント利益は73億8百万円(前年度比173.9%)となりました。
        「その他」

         平成27年7月1日付で連結子会社であった国際投信投資顧問株式会社を連結の範囲から除外したことから、セグ
        メント収益は減少しました。また、持株会社において営業外収益で計上される子会社からの受取配当金の減少等に
        より、セグメント利益は減少しました。
         これらの結果、当連結会計年度におけるその他の純営業収益は328億61百万円(前年度比86.1%)、セグメント
        利益は323億19百万円(同30.3%)となりました。
         なお、上記のセグメント別純営業収益には、セグメント間の内部純営業収益または振替高が含まれております。

       (2)  キャッシュ・フロー

        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、有価証券担保貸付金及び有価証券担保
       借入金の差引残高の増加による支出、社債の償還による支出および投資有価証券の取得による支出等があったもの
       の、短期借入金の増加による収入、社債の発行による収入、受入保証金の増加による収入およびトレーディング商品
       の差引残高の減少による収入等により、前年度末比4,198億81百万円の資金の増加となり、当連結会計年度末の資金
       残高は1兆6,144億78百万円(前年度末比135.2%)となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動による資金の減少は、3,696億35百万円(前年度は5,250億34百万円の資金の
        増加)となりました。これは主に、受入保証金の増加による収入3,924億43百万円およびトレーディング商品の
        差引残高の減少による収入3,921億円43百万円があったものの、有価証券担保貸付金及び有価証券担保借入金の
        差引残高の増加による支出8,494億25百万円、顧客分別金信託の増加による支出1,769億13百万円および短期差入
        保証金の増加による支出1,512億45百万円があったこと等によるものであります。
                                  10/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における投資活動による資金の増加は、597億18百万円(前年度は784億23百万円の資金の減
        少)となりました。これは主に、投資有価証券の取得による支出3,274億76百万円および有価証券の取得による
        支出1,232億7百万円があったものの、投資有価証券の売却及び償還による収入3,344億20百万円および有価証券
        の売却及び償還による収入2,154億80百万円があったこと等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動による資金の増加は、7,458億38百万円(前年度は3,620億75百万円の資金の
        減少)となりました。これは主に、社債の償還による支出4,619億48百万円、長期借入金の返済による支出2,263
        億72百万円およびコマーシャル・ペーパーの減少による支出1,290億36百万円があったものの、短期借入金の増
        加による収入7,534億98百万円、社債の発行による収入5,461億96百万円および長期借入れによる収入2,937億4
        百万円があったこと等によるものであります。
       (3)  トレーディング業務の概要

         トレーディング商品:当連結会計年度の期末日時点のトレーディング商品の残高は以下のとおりです。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
              区     分                 (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
                                 (百万円)                (百万円)
        トレーディング商品(資産の部)                           14,549,323                14,756,676
           商品有価証券等                         3,082,614                3,381,146
             株式・ワラント                        473,815                705,504
             債券                       2,400,976                2,456,612
             受益証券                        126,685                 85,656
             その他                        81,136                133,373
           デリバティブ取引                        11,466,709                11,375,529
             オプション取引                       1,119,769                1,071,287
             派生商品評価勘定                      10,346,939                10,304,241
               為替予約取引                     101,135                 90,616
               先物取引                      24,327                33,796
               スワップ取引                    10,221,476                10,179,828
        トレーディング商品(負債の部)                           12,932,406                14,156,731
           商品有価証券等                         1,730,053                2,925,489
             株式・ワラント                        199,878                257,280
             債券                       1,528,582                2,668,209
             受益証券                         1,591                  -
           デリバティブ取引                        11,202,353                11,231,241
             オプション取引                       1,216,762                1,168,989
             派生商品評価勘定                       9,985,590                10,062,251
               為替予約取引                      83,442                86,378
               先物取引                      13,604                39,453
               スワップ取引                    9,888,544                9,936,419
                                  11/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      2【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成29年6月28日)現在において、当社グループが判断し
     たものであります。
     (1)  経済情勢・市場動向
       当連結会計年度の我が国の景気は、緩やかな回復基調で推移しました。海外景気が持ち直す中、輸出が増加し、製造
      業の生産回復を後押ししました。個人消費は総じて底堅く、調整局面が続いた設備投資も持ち直しつつあります。住宅
      投資は夏場に弱含みましたが、その後は貸家を中心に回復しています。夏場から年末にかけて低迷が続いた公共投資
      は、10月に成立した平成28年度第2次補正予算の本格執行を受けて、増加に転じました。
       株式市場では、16,719円でスタートした日経平均株価が、18,909円で終了しました。株価は当初、資源高や円安を好
      感して堅調に推移したものの、英国のEU離脱決定などの悪材料が相次いだことから下落し、日経平均株価は6月に一
      時15,000円を割り込みました。しかし7月以降は、日銀の上場投資信託(ETF)買入れ増額などを反映して株価は反転
      し、11月以降は、米国大統領選挙に勝利したトランプ氏の経済政策への期待感や、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非
      加盟国の協調減産合意を背景に、株価は上昇基調を強めました。年明け1月には、英国がEU単一市場へのアクセスを
      失う「ハード・ブレグジット」への警戒感から株価は弱含みましたが、トランプ米大統領の経済政策へ期待感が強いこ
      ともあり、株価は再び持ち直しました。
       債券市場では、長期金利(新発10年国債利回り)が△0.040%で始まり、0.065%で終了しました。日銀のマイナス金
      利政策や英国のEU離脱などを反映して、10年債利回りは7月に一時△0.300%まで低下しました。しかし、日銀がマ
      イナス金利の深掘りを見送ったことから、長期金利は夏場にかけて急上昇しました。9月下旬には、欧州系銀行の財務
      不安などから長期金利が低下する局面もありましたが、その後はトランプ米大統領による財政支出の拡大観測や、米利
      上げ観測の高まりなどから、長期金利は上昇傾向を辿りました。年明け以降は、日銀の国債買入れの減額観測から、長
      期金利が一時0.15%まで上昇しましたが、日銀が指定する利回りで国債を無制限に買い入れる指し値オペを実施したこ
      とを受けて、長期金利は低下基調に転じました。
     (2)  経営方針

       当社および当社グループ各社は、当社が採択したMUFGグループ全体で共有する「経営ビジョン」に基づき、最適
      なソリューションをご提供すると共に、リスク管理、コンプライアンス、情報管理を徹底し、お客さまのご期待に応え
      続けていきます。そして、「信頼」「先進性」「成長力」No.1で、お客さまから最も評価される本邦証券業界の
      リーディング・カンパニーとしての地位を確立していくことをめざします。
      「経営ビジョン」
                              私たちの使命
            いかなる時代にあっても決して揺らぐことなく、常に世界から信頼される存在であること。
          時代の潮流をとらえ、真摯にお客さまと向き合い、その期待を超えるクオリティで応え続けること。
             長期的な視点で、お客さまとの末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現すること。
              そして、日本と世界の健全な発展を支える責任を胸に、社会の確かな礎となること。
                          それが、私たちの使命です。
                             中長期的にめざす姿

                      世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ
                  1.お客さまの期待を超えるクオリティを、グループ全員の力で
                  2.お客さま・社会を支え続ける、揺るぎない存在に
                  3.世界に選ばれる、アジアを代表する金融グループへ
                  4.企業価値の向上を実現し、株主の信頼に応える
                             共有すべき価値観

             1.「信頼・信用」 2.「プロフェッショナリズムとチームワーク」 3.「成長と挑戦」
                                  12/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (3)  対処すべき課題
       当社グループの財政状態、経営成績等は、他の業種に比べ、その業務の性格上、経済情勢・市場動向により影響を受
      けることは避けられません。こうした中、当社グループでは、MUFGグループの有する、本邦最大のお取引先数や
      ネットワーク、および強固な財務基盤と、Morgan                       Stanley(以下「モルガン・スタンレー」といいます。)が有する質
      の高い商品、サービス、ネットワークを有機的に結びつけることで、法人、個人のお客さまに質の高い証券サービスを
      提供してまいります。業務別の重点課題、取り組みは以下のとおりです。
      ① 業務別の課題
       ・国内営業部門においては、お客さまのニーズに適した商品やサービスを提供できる営業体制を構築すると共に、M
        UFGグループの顧客基盤を最大限に活用して、MUFGグループベースの預り資産拡大に取り組んでまいりま
        す。また、カブドットコム証券株式会社をネットリテールビジネスの中核会社として位置づけ、その機能を活用し
        つつ、収益力を拡大・多様化してまいります。
       ・市場商品業務においては、これまで培ってきたお客さまとの取引に立脚したビジネスモデルと高度なリスク管理体
        制を基盤として、内外/グループ連携を進化させ、お客さまから最も信頼される国内トッププレーヤーを目指して
        まいります。
       ・投資銀行業務においては、MUFGグループの顧客基盤とモルガン・スタンレーのグローバルな商品力、情報力を
        活かし、エクイティ、債券の引受業務およびM&Aアドバイザリー業務においてお客さまのニーズに応える質の高
        いソリューション機能を提供してまいります。
       ・海外業務においては、MUFGにとって不可欠なグローバル証券プラットフォームとしての役割を果たし、銀行系
        総合証券会社の強みを活かした引受等の投資銀行業務や対顧デリバティブ業務を推進してまいります。また、金
        利・クレジット等のトレーディング力を強化するとともに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、海外
        現地法人間の一層の連携体制構築とグローバルな業務体制の深化を進めてまいります。
       また、MUFGグループの一員として、社会に対して負う金融機関の責任を常に高く意識すると共に、G-SIFI
      sに相応しいグローバル業務運営を担保するガバナンス態勢の定着と進化を目指し、以下の重点課題にも取り組んでま
      いります。
      ② 経営管理上の課題
       ・グループ全体のガバナンス態勢では、証券・市場業務を行う海外拠点も含めて、従来からの拠点軸管理に加え、国
        内外に跨る業務・機能軸管理を取り入れたグローバル・ガバナンス態勢を平成26年4月に導入しました。グローバ
        ル・ヘッド体制のもと、各拠点が現地法令規制等を遵守し、一企業としての完結性を引き続き確保したうえで、拠
        点横断・統合的な業務戦略の策定、リスク管理、業務インフラ統一化等の取り組みを加速させてまいります。
       ・カブドットコム証券株式会社は、同社に対する日本証券業協会および日本取引所自主規制法人による合同検査の結
        果、売買管理態勢が不十分であったとして東京証券取引所から平成29年1月25日に業務改善報告書提出処分を受け
        ておりますが、今般の処分を厳粛かつ真摯に受け止め、不公正取引防止のための売買管理を含む一層の内部管理態
        勢の強化に努めてまいります(同社は、平成29年4月に日本証券業協会から過怠金賦課処分を受けました)。
       ・当社は、平成28年6月に、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しており、取締役会の監督機能と
        コーポ   レート・ガバナンス体制の一層の強化を図るとともに、経営の健全性と効率性を高めてまいります。
        また、当社は、平成29年4月にお客さま本位の取組みの一層の徹底、さらなる高度化を図るため、「フィデュー
        シャリー・デューティー            推進委員会」を経営会議傘下の委員会として新設いたしました。さらに当社およびグ
                   *
        ループ会社は、金融庁が公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、「MUFGフィデューシャ
        リー・デューティー基本方針」を受け入れ、グループ会社では同方針に基づく取組内容を公表しております。今後
        も商品・サービスのさらなる向上に取り組み、その取組状況を定期的に公表してまいります。
         他者の信任に応えるべく一定の任務を遂行する者が負うべき幅広い様々な役割・責任の総称
         *
                                  13/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      3【事業等のリスク】
      当社は、事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項とし
     て、以下を認識しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資者の投資判断
     上、重要であると考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に記載しております。な
     お、当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対応に努める所存ですが、
     必ずしも確実にリスクの回避や十分な対応が実現される保証がないことに留意する必要があります。
      なお、本稿における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成29年6月28日)現在において、当社が判断した
     ものであります。
     (1)  財政状態、経営成績等の変動

      当社グループの主な事業である証券・金融商品取引業は、国内外の経済情勢・市場動向の影響を受けて、受入手数料や
     トレーディング損益が変動し易い特性を持っております。
      当社グループは、法人・ホールセール事業では顧客フローを軸としたビジネスの推進やエクイティ業務の強化と同時
     に、投資銀行業務、海外業務等の強化により、収益源の多様化に取り組んでおります。一方、リテール事業においては、
     預り資産の増強やウェルスマネジメント・ビジネスの強化                           を図っており、その取組みにおいては株式会社三菱UFJフィ
     ナンシャル・グループ(以下「MUFG」といいます。)が構築を進める総合金融サービス提供体制の一翼を担っていく
     ことで事業基盤を強化することを重要な課題と位置付け、グループにおける他のグループメンバーとの一層の連携を進め
     ております。またリスク管理に関しましても、後記「(2)大幅な市場変動に伴うリスク」に記載のとおり、市場リスクを
     はじめとする各種リスクの管理により損失の回避に努めております。加えて徹底した経費抑制施策の実行により利益水準
     の向上にも努力しております。これらによりできる限り経済情勢・市場動向に左右されにくい収益体質の確立を当社グ
     ループは目指しております。しかしながら、かかる方策によっても当社グループの財政状態、経営成績等は、他の業種に
     比べ、その業務の性格上、国内外の経済情勢・市場動向により影響を受けることは避けられません。したがって、必ずし
     も受入手数料やトレーディング損益の変動の回避が保証されるものではなく、また収益源の多様化の順調な進展が保証さ
     れるものでもありません。
      その他、法令諸規則等の変更や予測・管理困難なインフラストラクチャーの障害、災害ならびに戦争・テロ等も、当社
     グループの業績に直接的あるいは間接的に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  大幅な市場変動に伴うリスク

      当社は、当社グループの事業運営におけるリスク管理については、グループ全体の統合的な管理態勢の整備に努めてい
     ます。当社は子会社の業務に内在する諸リスクの区分に応じて、一体としてリスク管理を行う体制を構築すると共に、子
     会社からリスク管理に係る協議または報告を受け、必要に応じ指導・助言しています。
      当社グループは、業務戦略・収益計画と各種リスクの運営方針を有機的に関連付け一体管理する枠組みとしてリスク・
     アペタイト・フレームワーク(RAF)を導入しています。当社グループの収益・リスクのバランスを確保し、リスクガ
     バナンス強化や資本運営の最適化を図るため、当社は、経営ビジョンならびに許容すべきリスクの基本戦略、原則および
     方針を国内主要子会社、海外主要子会社それぞれに対して、「リスク・アペタイト・ステートメント(RAS)」として
     定め、また、主要子会社は、これらと整合する各社毎のRASを定め、それぞれRAFの基本方針を明文化しています。
     当社は、当社グループ主要各社が、経営計画をRASに基づいて策定し、その業務運営がRASに沿ってなされているか
     モニタリングすると共に、必要に応じ指導・助言しています。
      当社は、当社グループのリスク管理に係る重要事項について、取締役会からリスク管理にかかる重要事項の決議を委任
     された「リスク管理会議」(             当社グループ      のリスク管理に係る事項をより専門的かつ幅広く決議および審議することを目
     的とする機関)が決議しています。その他、例えば英国のEU離脱是非を問う国民投票前後で、EU離脱シナリオによる
     ストレステスト結果および影響試算ならびに投票結果を受けた対応方針等をリスク管理会議、経営会議および取締役会に
     報告しています。当社グループのリスク管理は、当社の「リスク管理会議」において、市場リスク管理、信用リスク管
     理、資金流動性リスク管理、オペレーショナルリスク管理に係る規程等を制定し、当該規程に則り行っています。当社グ
     ループの各種リスクの状況は、業務を執行する部署から独立した当社のリスク管理部署がモニタリングするとともに、そ
     の結果   を定期的    に経営陣、リスク管理会議および取締役会に報告しています。当社グループが保有する金融商品の時価評
     価については、当社グループ主要各社のプロダクトコントロール部署が日次でモニタリングするとともに、独立した検証
     を行い、その結果を定期的に関連会議体に報告しています。リスク管理および財務等に係る重要なデータの信頼性を支え
     る体制整備のため、当社は、チーフ・データ・オフィサー、経営情報管理部署を設置しています。
      また当社は、MUFGグループ全体のリスク管理の側面から、リスク管理に係る重要事項の決定にあたっては、MUF
     Gと経営管理契約に基づく協議を実施しています。
      このような方策により、以下の主要なリスクの管理を行っていますが、それによって当社グループとしてかかるリスク
     の影響を十分に回避できることを保証するものではありません。
                                  14/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      ① トレーディング業務のリスク
       当社グループは、お客さまのニーズに応じた金融商品や金融サービスを提供するため、種々の金融商品を保有してい
      ます。また、社債や株式など有価証券の引受業務も行っており、これらを一時的に保有することもあります。更にポジ
      ションのリスクコントロールやマーケットメイキングなどを目的としてトレーディングを行っており、この結果、種々
      のリスクポジションが発生します。リスクポジション保有に伴って発生し、当社グループの財務状況について大きな影
      響を与えるリスクとして、保有する金融商品の市場価値(株式、金利、外国為替、コモディティ等の市場価格の水準ま
      たは、これらのボラティリティ等)が変動することにより損失を被る市場リスク、ならびに当社グループが信用を供与
      した取引先および当社グループが保有する有価証券の発行者、もしくはクレジットデリバティブ取引等における参照体
      の財務状況の悪化、または契約不履行等により損失を被る信用リスクがあります。
       市場リスクについて、当社ならびに当社グループ主要各社は(i)市場リスク量による管理方法、(ⅱ)ストレステスト
      による管理方法、(ⅲ)感応度等による管理方法、等を通じて、それぞれに限度枠を設定し、リスク管理部署がその遵守
      状況をモニタリングすることにより管理しています。これら市場リスク管理の状況は、リスク管理会議および取締役会
      にリスク管理部署が取り纏めて定期的に報告しています。
      (i)市場リスク量による管理方法
        市場リスク量は、保有期間や信頼区間等の一定の前提条件の下、市場変化によって被る可能性のある損失額として
       定義されます。
        当社では、当社グループ主要各社が保有している商品有価証券やデリバティブ取引等の全てのリスクポジションを
       対象として、金利、為替、株価等の代表的な市場変化に伴うリスクを表すVaR(バリュー・アット・リスク                                                   )と
                                                          ※
       債券や株式等の個別銘柄事情に起因した価格変動リスクを表すVaI(バリュー・アット・イディオシンクラティッ
       ク・リスク)を日次で計測しています。これらVaRおよびVaI(これらを合わせて「市場リスク量」と言う)の
       算定に当たっては、保有期間10日間、信頼区間99%、観測期間701日間のヒストリカルシミュレーション法を採用し
       た計測モデルを用いています。こうして算出される市場リスク量について、当社グループ主要各社の業務分野毎に限
       度枠(市場リスク量枠)を設定し、その費消状況等を日次でモニタリングしています。これらの限度枠は、原則、半
       期毎に見直しを行っています。
        なお、上記市場リスク量は、月次でバック・テスティング                            を行い、計測モデルの妥当性を確認しています。
                                   ※
      (ⅱ)ストレステスト          による管理方法
                ※
        当社では、市場リスク量だけでは捕捉し切れない大幅な市場変化等のストレス事象が発生した際に生じる想定損失
       額を一定限度に収めるため、ストレステストを月次で実施すると共に、そこで算出されたストレス損失額に対して、
       一定の限度枠を設定し、管理しています。当社グループ主要各社においても独自のストレステストを実施していま
       す。
        当社のストレステストは、当社グループ主要各社が保有しているリスクポジションについて、債券や株式等のよう
       に市場流動性の高いポジションとエキゾチックデリバティブ等のように市場流動性の低いポジションに分別した上
       で、それぞれに市場流動性を反映したストレスシナリオを設定し、計測を行っています。
        なお、ストレステストの計測手法については、保有するリスクポジション状況や市場変化等を考慮した上で、原
       則、半期毎に見直しを行っています。
      (ⅲ)感応度等による管理方法
        上記市場リスク量やストレステストを通じた管理を補完するものとして、当社グループ主要各社は、各社の商
       品・業務特性に応じた市場リスクファクターの各種感応度や取引残高に対して、様々な限度枠(「各種パラメータ
       枠」と言う)を設定し、日次でモニタリングすることにより、きめ細かな管理を行っています。
        また、当社は、グループ主要各社に対し、パラメータ枠を設定し、運営状況を週次でモニタリングしています。
       これら各種パラメータ枠は、当社ならびに当社グループ主要各社が、市場リスク量枠等と整合性を確認しつつ、原
       則、半期毎に見直しを行っています。
       当社は、当社グループの信用リスクについて、「与信リスク」、「発行体リスク」および「カントリーリスク」毎
      に、管理方法を定めています。与信リスクは取引先グループないしは取引先毎に管理し、与信の供与は、リスク管理会
      議において決定するほか、リスク管理会議からの権限委譲に基づき決定しています。発行体リスクは、集中度回避等を
      目的とするポートフォリオ管理を原則とし、当社グループがトレーディング目的で保有する有価証券等およびクレジッ
      トデリバティブ取引における参照体に対し、格付け別の上限額等を設定することにより管理しています。さらに、特定
      の発行体等へのリスクの集中を回避することを目的とし、発行体別限度枠等を設定することにより管理しています。カ
      ントリーリスクは、対象国毎に当該国のリスクに晒されているカントリーリスク額の上限を設定することにより、当該
      国毎に管理しています。これら信用リスク管理の状況は、リスク管理会議および取締役会にリスク管理部署が取り纏め
      て定期的に報告しています。
                                  15/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       ※バリューアットリスク方式                     ポートフォリオ等の資産を一定期間保有すると仮定した場合に、ある一定の確率
                       の範囲内で、マーケットの変動によりどの程度損失を被り得るかを、過去のマー
                       ケットのデータから計測する方法。
       ※バック・テスティング                         実際に発生した損益またはポートフォリオを固定した場合に発生したと想定され
                       る損益とリスク計測モデルにより算出される損益との比較の結果に基づき、リス
                       ク計測モデルの正確性の検定を行うこと。
       ※ストレステスト                               市場リスク量だけでは捕捉しきれない大幅な市場変化や複合的な市場変化が生じ
                       た場合に発生する損益に関する分析を行うこと。当社では、保有商品の市場流動
                       性に応じたマーケットショックシナリオを設定することにより計測している。特
                       に複雑なデリバティブ商品等に派生したリスクポジションに対しては、過去の市
                       場変化等を参考にショックシナリオを設定した上で、最大損失額(ストレスロス
                       額)を見積もっている。
      ② ブローカレッジ業務(有価証券等の売買の媒介、取次または代理業務)のリスク

       当社グループの主な事業である証券・金融商品取引業は、ブローカレッジ業務において、市況の低迷などにより投資
      家の証券に対する投資需要が低調となる等の環境となった場合、収益が大きく低下する可能性があります。ブローカ
      レッジ業務は、その業務の性質上、営業のためのインフラストラクチャー整備・維持のために多額の固定的経費(人件
      費、不動産費、減価償却費等)を必要とします。ブローカレッジ業務については、効率化策を実行してきており、今後
      も引き続き経費削減のための努力を推進してまいります。今後、市場環境の変化等の要因により、市況が低迷した場合
      には、ブローカレッジ業務の収益が大きく低下し、かかる経費削減のための努力にもかかわらず利益面において大幅な
      悪化を生じる可能性があります。
      ③ 投資銀行業務のリスク

       投資銀行業務では、既公開企業の有価証券の引受けおよび募集・売出しの取扱い、未公開企業の新規公開業務、IR
      に関するアドバイス、各種資産の証券化に関するアドバイスならびに証券化商品の引受けおよび募集・売出しの取扱
      い、M&Aに対するアドバイスを主要な業務としています。これらの業務についても、経済情勢・市場動向の影響を受
      けて、手数料収入が変動し易い特性を持っています。また、引受業務には、引き受けた証券が市況の下落等で円滑に販
      売できない場合、損失を被るリスクがあります。
      ④ 流動性リスク

       当社グループの主要事業である金融商品取引業は、その業務の性質上、大量の商品在庫を保有すると共に、それを支
      えるため大量の資金を必要とするため、これらの商品在庫および資金を機動的かつ安定的に運用・調達できることが必
      要となります。流動性リスクとは、市場の状況、当社グループの信用状態等の要因により、これらの運用・調達が妥当
      な水準でできなくなることにより損失を被るリスクをいい、資金流動性リスクと商品流動性リスクに大別されます。当
      社グループの財務内容悪化等により取引や業務の遂行に必要な資金を確保できなくなること、または資金の確保に通常
      より著しく不利な条件での資金調達を余儀なくされることにより、当社グループが損失を被るリスクを資金流動性リス
      ク(資金繰りリスク)といいます。市場の混乱や取引の厚み不足等により、保有ポジションを解消しようとする場合、
      必要とされる数量を妥当な水準で取引できないことにより、当社グループが損失を被るリスクを商品流動性リスクとい
      います。
       資金流動性リスクは、市場参加者にとって回避が困難なリスクであり、取引に際しては、キャッシュ・フローの確実
      性、時期その他の特性を分析した上、資金繰りを管理する必要があります。当社は、当社における資金流動性に係る危
      険度段階(流動性ステージ)を決定すること、ならびに決定されたステージに応じた資金流動性に係る行動計画および
      緊急時対応(コンティンジェンシー・プラン)を定め、有担保による調達、換金性の高い資産の売却などの代替資金調
      達手段を整備しています。当社グループ主要各社は、各社が設定した資金流動性に関する限度枠・各種パラメータ枠等
      を日次でモニタリングしています。加えて、当社グループ主要各社は、資金流動性の危機事象が発生した場合の資金繰
      りおよびバランスシートの状況を把握するため、月次でストレステストを実施するとともに、資金流出額に対する良質
      な流動資産の割合(バーゼル規制の流動性カバレッジ比率(LCR))に数値基準を設定しています。当社は、当社グ
      ループ主要各社連結ベースのLCRに設定した数値基準に基づくLCRステージ運営を行っています。これら資金流動
      性リスク管理の状況は、リスク管理会議および取締役会にリスク管理部署が取り纏めて定期的に報告しています。ま
      た、必要により指導・助言しています。
       当社では、商品流動性リスクは、リスク管理会議において、取引等の市場規模(厚み)を勘案し、必要な場合、当社
      グループが保有する商品在庫に対して商品流動性枠を設定して管理し、通常想定しうるリスクの極小化を図っていま
      す。
       しかしながら、資金流動性リスクが顕在化し、資金調達条件が著しく悪化した場合や、保有する金融商品の流動性が
      著しく悪化した場合には、事業の円滑な遂行に制約を受けることとなる可能性もあります。
                                  16/128


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       また、当社は信用格付けの維持向上に取り組んでいますが、当社の信用格付けが低下すると、当社の負債性資金の調
      達や借換えが円滑に行いにくくなり、事業に制約が生じるリスクがあります。これに対しましては、信用補完の方策と
      して、当社がMUFGおよび株式会社三菱東京UFJ銀行(以下、「三菱東京UFJ銀行」といいます。)とのキープ
      ウェ  ル契約を締結していることに加えて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(以下、「三菱UFJモルガ
      ン・スタンレー証券」といいます。)が、当社、MUFG、および三菱東京UFJ銀行とのキープウェル契約を締結し
      ていることによって、高い水準の格付けを維持し、当社グループとして機動的かつ安定的な資金調達基盤を構築してい
      ます。
     (3)  オペレーショナルリスク

      当社では、オペレーショナルリスクを、内部プロセス・人・システムが不適切であることもしくは機能しないこと、ま
     たは外性的事象に起因する損失に係るリスクと定義し、具体的には「事務リスク」、「情報資産リスク」、「法的リス
     ク」、「人材リスク」、「有形資産リスク」、「評判リスク」に分類のうえ、グループ主要各社においてその規模・特性
     に応じた管理を行っています。
      オペレーショナルリスクは全ての業務に所在することから、当社グループ主要各社において、コントロール・セルフ・
     アセスメント(CSA)等を実施し、重要な内部統制プロセスにおけるオペレーショナルリスクの認識・評価を行ってい
     ます。
      オペレーショナルリスクの管理状況は、リスク管理部署が取り纏め、定期的にリスク管理会議および取締役会に報告し
     ています。
      これらの管理により、当社グループがオペレーショナルリスクを特定し、コントロールしてリスクの回避に備えていま
     すが、これらによって当社グループがオペレーショナルリスクの影響を十分に回避できることを保証するものではありま
     せん。
       ※ 事務リスク         役職員が正確な事務を怠る、あるいは事故または不正等を起こすことにより、当社グループが

                 損失を被るリスク
       ※ 情報資産リスク           情報の喪失、改竄、不正使用、外部への漏洩、ならびに情報システムの破壊、停止、誤作動、
                 不正使用等により、当社グループが損失を被るリスクおよびこれに類するリスク
       ※ 法的リスク         法令等の遵守状況が十分でないことにより当社グループが損失を被るリスクおよび契約等の検
                 討や訴訟等への対応が不十分であることにより、当社グループが損失を被るリスク
       ※ 人材リスク               人材の流出・喪失もしくは士気の低下等、または役職員あるいはその他組織構成員による法令
                 等遵守の観点から問題となる行為等により、当社グループが損失を被るリスク
       ※ 有形資産リスク           災害や資産管理の瑕疵等の結果、有形資産(所有および賃借中の土地・建物、および建物に付
                 随する設備、什器・備品等の動産・不動産)の毀損または執行環境の質の低下等により、当社
                 グループが損失を被るリスク
       ※ 評判リスク         諸リスクの顕在化、顧客とのトラブル、もしくは不祥事件の発生等が生起することから生じ
                 る、市場内もしくは社会的な評判の低下により当社グループが損失を被るリスク(顧客や市場
                 等において、事実と異なる風説等で評判が悪化することにより、当社グループが損失を被るリ
                 スクを含む)
     (4)  コンプライアンス(法令遵守)に関するリスク

      当社グループは、コンプライアンス態勢の整備を経営の重要課題の一つとして位置づけ、「経営ビジョン」およびその
     下での具体的判断・行動基準を定めた「行動規範」をコンプライアンスの基本原則とし、コンプライアンス態勢の不断の
     改善・充実に取り組んでおります。
      このため、当社グループ各社は、「コンプライアンス・プログラム」を制定し、                                     コンプライアンス・ガバナンス強化、
     法規制対応、顧客保護、市場公正性の確保、内部不正・不祥事防止                               等の観点からコンプライアンス態勢が実効性のあるも
     のとするため、組織的に取り組んでおります。また、役職員に対する教育・研修等を通じ、ファイアーウォール規制・イ
     ンサイダー取引規制・個人情報保護・反社会的勢力との取引排除を含め法令等遵守の徹底に注力しております。
      しかしながら、上記取組みにより、当社グループがコンプライアンス上のリスクの影響を十分に回避できることを保証
     するものではありません。役職員の故意または過失による不正行為や法人としての当社またはグループ各社に法令等違反
     その他の問題が認められた場合、その内容によっては、監督官庁等より業務の制限または停止や課徴金納付命令等の処
     分・命令を受ける可能性があり、当社グループの社会的な評判が低下する可能性もあります。また、お客さまとのトラブ
     ル、もしくは不祥事等の発生に起因して、当社グループ各社に対して訴訟が提起され、多額の損害賠償支払いが生じる可
     能性もあります。かかる事態の発生により、当社グループが損失(もしくは得べかりし利益の逸失)を被り、当社グルー
     プの財政状態、経営成績等が影響を受ける可能性があります。なお、平成29年1月に東京証券取引所、平成29年4月に日
     本証券業協会、それぞれより当社子会社であるカブドットコム証券株式会社は不公正防止のための売買管理態勢が不十分
     であったとして業務改善報告書の提出等の処分を受けております。
                                  17/128


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (5)  当社の資本提携等に関するリスク
     ① 三菱UFJフィナンシャル・グループ
       当社の親会社はMUFGであり、当社議決権の100%を所有しております。当社グループは、MUFGグループの一
      員として、有価証券の売買および売買等の委託の媒介・取次ぎ・代理、有価証券の引受けおよび売出し、有価証券の募
      集・売出しの取扱いおよび私募の取扱い、各種デリバティブ取引、M&Aや資産の証券化等に係るアドバイス、投資信
      託委託業、投資顧問業、富裕層のお客さま向けの総合的な資産運用・管理業務(ウェルスマネジメント業務)を行って
      いますが、加えて金融機関等に対して金融商品仲介業および市場誘導業務の委託も行っています。なお、当社は平成22
      年4月1日付で、証券持株会社となり、傘下企業の事業全般に係る経営管理を行っております。
       海外では、子会社であるロンドンに本拠を有するMUFGセキュリティーズEMEAや、MUFGセキュリティーズ
      アジア、MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)等を通じて証券業務等を行っております。
       当社は、MUFGの事業本部制度のもと各事業本部と緊密な連携をとり、銀行・信託・証券すべての商品・サービス
      の中から、お客さまのニーズに対し適切なものを効率的かつ迅速に提供するという考え方でビジネスをグループ展開し
      ております。グループとしてのシナジー効果を最大限に発揮すべく、MUFGと経営管理契約を締結するとともに、当
      社の証券子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、三菱東京UFJ銀行および三菱UFJ信託銀行株式会
      社(以下、「三菱UFJ信託銀行」といいます。)と各種業務に関する提携契約を締結しております。経営管理契約
      は、MUFGが当社に対して、必要に応じてリスク管理を含む助言・協議を行い、グループの健全かつ適切な業務運営
      を確保するとともに、当社グループの業務伸展を図ることを目的とする契約です。また各種業務に関する提携契約は、
      当該契約を通じて、当社グループのお客さまに対して、グループ銀行・信託銀行との協働による金融商品・サービスの
      提供およびそれぞれの分野にとらわれない総合的なアドバイスを行うことにより、当社グループおよびMUFGグルー
      プの連結ベースの収益力増強を目指す契約です。当社グループは、上記の各種契約に基づき、連結経営の観点から経営
      体制およびグループ内連携の強化を進めております。
       当社グループは今後とも、MUFGグループとの連携の一層の強化につとめてまいりますが、万一、MUFGグルー
      プの政策が変更され、上記の経営管理契約、および、各種業務に関する提携契約の内容が大幅に改定、もしくは契約が
      終了された場合には、当社グループの業務および業績に影響を与える可能性があります。
     ② 共同出資により設立された証券会社

       当社の親会社であるMUFGと、Morgan                   Stanley(以下「モルガン・スタンレー」といいます。)は、当社と当時の
      モルガン・スタンレー証券株式会社(以下、「旧モルガン・スタンレー証券」といいます。)の統合に関する統合契約
      書を締結しており、平成22年5月1日付けで共同出資による証券会社2社(三菱UFJモルガン・スタンレー証券およ
      びモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社(以下、「モルガン・スタンレーMUFG証券」といいます。))を発
      足させました。グローバルかつ競争力の高いソリューション機能を最大限に活用し、投資銀行業務強化を推進いたしま
      すが、想定したシナジーその他の効果を十分に発揮できない                            場合や、万が一統合に変更が生じた場合を                    含めて、当社グ
      ループの業務および業績に影響を与える可能性があります。
     (6)  競合に関するリスク

      本邦金融・証券市場におきましては、金融規制緩和の進展、オンライン証券取引の普及、外資系投資銀行による日本国
     内における業務拡大、異業種からの金融商品取引業参入等が進んでおります。規制緩和やオンライン取引の普及は、当社
     グループにとりましても新たな事業機会の拡大となり得ますが、反面、参入企業の増加により、競争が一層激化しており
     ます。具体的には、オンライン証券会社による委託取引サービスの急速な普及の結果として、手数料等の低下等が生じま
     した。また、引受およびコーポレートアドバイザリーサービスの分野においては日本市場に業務を拡大している外資系証
     券との競争が激しくなっています。加えて、日本の金融業界は大きな整理統合が進み、結果として各種金融サービスを総
     合的に提供しようとする金融機関が競合相手となっています。その中で、当社の証券子会社である三菱UFJモルガン・
     スタンレー証券はモルガン・スタンレーとのジョイントベンチャーとして得られるグローバルな知見を活かし、国内外の
     お客さまに幅広い商品・サービスを提供しております。また、オンライン取引に強みを持つカブドットコム証券が当社グ
     ループに加わったことにより、お客さまの幅広いニーズに対応することが可能になります。然しながら、かかるより競争
     的で規制緩和が進んだ事業環境において十分に競争することができない場合、当社グループの財政状態、経営成績等に影
     響を及ぼす可能性があります。
                                  18/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (7)  法的規制の変更への対応
      日本国内の金融商品取引業者には、金融商品取引法に基づき、自己資本規制比率が120%を下回ることがないようにし
     なければならないとの自己資本規制が設けられております。自己資本規制比率とは、「固定化されていない自己資本の
     額」の、保有する有価証券の価格の変動その他の理由により発生しうる危険に対応する額である「リスク相当額」に対す
     る比率です。金融商品取引業者はその業務の性格上、保有有価証券等の価格変動などの各種リスクに備えるため、自己資
     本規制比率を一定水準以上に維持することが義務付けられています。この比率を維持できなかった場合、業務方法の変更
     等、種々の命令を受けることとなります。なお、当社の証券子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券の自己資
     本規制比率は平成29年3月期末現在、連結324%、単体323%となっています。
      金融商品取引業者には、この他にも種々の規制の適用がありますが、規制を受ける法令諸規則の変更があった場合、ま
     た、新たな法的規制が導入された場合、業務が影響を受ける可能性があります。当社が米国に上場するMUFGの子会社
     であること、および子会社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券がモルガン・スタンレーの関連会社であることから、
     国内の規制のみならず米国金融機関を対象とする米国の規制の影響を受ける可能性があります。                                            例えば、平成25年12月10
     日にFRB等の米国当局から公表されたドッドフランク法619条に基づく最終規制(いわゆる「ボルカー・ルール」)で
     は、バンキング・エンティティによる自己勘定取引およびファンドへの投資等が規制対象となっており、一定の条件を満
     たさないものは禁止されます。              当社グループでも、規制対応の観点で態勢整備を実施し、一部の業務見直しを進めていま
     すが、業績への影響等については既に計画に織り込み済です。
      また当社グループは、当社の海外子会社を通じて海外でも証券業を行っており(後記「(8)カントリーリスク」をご参
     照下さい。)、当該国における種々の法的規制に服しております。かかる法的規制が当該国の政府の方針等により変更さ
     れた場合、当社グループの海外における業務は影響を受ける可能性があります。
     (8)  カントリーリスク

      当社グループの主な海外拠点は現地法人等5社および駐在員事務所1ヶ所(北京)があります。現地法人等は英国にM
     UFGセキュリティーズEMEA、米国にMUFGセキュリティーズアメリカ、香港にMUFGセキュリティーズアジ
     ア、シンガポールにMUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)、スイスに三菱UFJウェルスマネジメント銀行
     (スイス)があります。国内外での連携により、お客さまに対してより充実したサービス・商品を提供するためには、こ
     れら海外拠点等において展開される業務等は重要な役割を果たしますが、内外における経済、市場等事業環境の変動が当
     該海外拠点等における事業に影響を及ぼす可能性があります。また、現地法令諸規則の変更等により当該海外拠点等の事
     業に影響が及ぶ場合があります。なお、海外拠点等に関しましても、当社の証券子会社である三菱UFJモルガン・スタ
     ンレー証券を取り巻くリスクと同様に、事業上、法令上のリスクの回避ならびにリスク管理等のための体制構築・向上に
     努めております。
     (9)  会計上の見積りの不確実性に関するリスク

      当社グループにおける重要な会計方針および見積りに関して、選択可能な見積り方法・手続きのうち最善かつ合理的な
     方法を選択し、合理的な前提条件および入手可能な情報の中で最も客観性のある情報に基づいて金額を算出し、計上して
     おります。ただし、見積りは不確実なものであるため、見積りが確定するまでの間の環境等の変動により、見積り段階に
     おいて設定した前提条件や利用した情報等に見積り誤差が生じ、結果として翌期以降の財政状態および経営成績に影響を
     与えることがあります。なお、決算期後に生じた事象(後発事象)について、その実質的な原因が決算日現在において既
     に存在しており、決算日現在の状況に関する会計上の判断ないし見積りをする上で、追加的ないしより客観的な証拠を提
     供するものである場合には、原則として当該決算期の財務諸表の修正を行っております。
      なお、特に重要と考えられる項目は、次の項目であります。
      ① トレーディング商品
      ② トレーディング商品関連以外の有価証券等
      ③ 有形固定資産・無形固定資産
      ④ 貸倒引当金
      ⑤ 繰延税金資産・負債
      ⑥ 退職給付会計
                                  19/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
     (1)  MUFGグループにおける契約
      当社グループはMUFGグループの中核証券会社グループとして、MUFGグループにおける証券関連商品・サービス
     の提供機能を担っております。MUFGグループにおいては、お客さま一人ひとり、一社一社の金融ニーズにスピー
     ディーかつ的確にお応えするために、お客さまのセグメント毎にグループ会社が緊密な連携のもと、一元的に戦略を策定
     し、グループ一体となって事業を推進する事業本部制度が導入されており、当社も各事業本部と緊密な連携をとりビジネ
     スを展開して参ります。このような体制のもと、当社グループは、MUFGグループとしてのシナジー効果を最大限に発
     揮すべく、株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、「MUFG」といいます。)と経営管理契約を締結する
     とともに、株式会社三菱東京UFJ銀行(以下、「三菱東京UFJ銀行」といいます。)および三菱UFJ信託銀行株式
     会社(以下、「三菱UFJ信託銀行」といいます。)と各種業務に関する提携契約を締結しております。
      各種契約の内容は以下のとおりです。
      ① 経営管理契約
       当社グループは、MUFGと、当社グループの経営にかかる提携について、経営管理契約を締結しております。
       この契約は、MUFGが当社グループに対して、必要に応じてリスク管理を含む助言・協議を行い、MUFGグルー
      プの健全かつ適切な業務運営を確保するとともに、当社グループの業務伸展を図ることを目的としたものであります。
       また、当社は証券持株会社として、内外の子会社・関連会社を含めて一元的に統括することにより、グループ全体で
      の内部統制の強化につなげていくため、主要な連結対象の子会社との間で経営管理契約を締結しております。
      ② 各種業務に関する提携契約について
       当社の証券子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社(以下、「三菱UFJモルガン・スタンレー
      証券」といいます。)は、三菱東京UFJ銀行および三菱UFJ信託銀行と各種業務に関して提携契約を締結しており
      ます。
       これらの提携契約は、当該契約を通じて、MUFGグループのお客さまに対して、グループ銀行・信託銀行との協働
      による当社の金融商品・サービスの提供およびそれぞれの分野にとらわれない総合的なアドバイスを行うことにより、
      当社グループのみならずMUFGグループの連結ベースの収益力増強を目指すものであります。
     (2)  共同出資により設立された証券会社に係る契約

      当社の親会社であるMUFGと、Morgan                   Stanley(以下「モルガン・スタンレー」といいます。)は、統合契約書を締
     結しており、平成22年5月1日付けで共同出資による証券会社2社(三菱UFJモルガン・スタンレー証券およびモルガ
     ン・スタンレーMUFG証券株式会社)を発足させました。
      当該統合により、昨今のグローバルな金融規制環境の動向等を踏まえ、MUFGの本邦での総合金融ネットワークおよ
     び広範な顧客基盤と、モルガン・スタンレーのグローバル・リーチおよび質の高い商品・サービスの両者を有機的に結び
     付け、お客さまの高度化・多様化するニーズに的確・迅速に対応することで、お客さまに最も支持される本邦証券業界の
     リーディング・カンパニーを目指しています。
      5【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  20/128








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      6【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当連結会計年度の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
      なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成29年6月28日)現在において、当社グループが
     判断したものであります。
     (1)  重要な会計方針および見積り

       当社の連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。こ
      の連結財務諸表の作成にあたり、トレーディング商品および投資についての評価、貸付等債権に対する貸倒引当金、繰
      延税金資産についての回収可能性、退職給付費用および債務、偶発事象や訴訟、その他資産・負債の報告数値や財務諸
      表の開示内容に影響を与える事項に対して、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられる判断や見積りを行っておりま
      す。従って、不確実性を内在しており、将来生じる実際の結果と大きく異なる可能性もありますので、ご留意下さい。
      ① トレーディング商品
        トレーディング商品(デリバティブを含む)は時価により評価され、評価損益はトレーディング損益に計上されて
       おります。時価については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、またはこれら
       に準ずる価格等によっております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には、原金融資産の時間的価値と
       ボラティリティ等を加味した時価評価モデルによって算出されております。
      ② トレーディング商品関連以外の有価証券等
        有価証券については「金融商品に関する会計基準」に基づき、トレーディング商品、満期保有目的債券、子会社株
       式・関連会社株式のいずれにも属さないものについて、その他有価証券として分類しております。
        その他有価証券のうち、時価のあるものについては時価法で、時価のないものについては移動平均法による原価法
       でそれぞれ評価されております。また、時価のあるものについては時価、時価のないものについてはその実質価額が
       取得原価より著しく下落し、かつ回復可能性がないと判断したものについては、社内の減損処理基準にしたがって時
       価または実質価額まで減損処理しております。
        投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされ
       るもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の決算書を基礎とし、持分相当額を
       純額で取り込む方法によっております。
      ③ 有形固定資産・無形固定資産
        主に建物、器具備品、土地からなる有形固定資産および主にソフトウェアからなる無形固定資産は取得価額により
       計上し、有形固定資産については個々の耐用年数に基づき主として定額法により、ソフトウェアについては利用可能
       期間に基づく定額法により、それぞれ減価償却しております。
        また、収益性が低下した資産について、回収可能価額まで減損処理しております。
      ④ 貸倒引当金
        信用取引貸付金等の一般債権については過去の貸倒実績率により、貸倒懸念債権および破産更生債権等については
       個別に回収可能性を検討し、回収不能と判断した金額を貸倒見積額として計上しております。
      ⑤ 繰延税金資産・負債
        税務上の繰越欠損金や会計上の資産・負債と税務上の資産・負債との差額(一時差異の額)のうち、将来において
       税務上の損金となることで節税効果が見込まれると判断される金額(将来の減算一時差異等の解消見込額)につい
       て、将来の合理的な課税所得見積額の範囲内で繰延税金資産に計上しております。なお、その他有価証券の評価差益
       に対しては、将来の売却による課税の発生が確実であることから、繰延税金負債(固定負債)を計上しております。
      ⑥ 退職給付会計
        従業員の退職給付に係る負債(または資産)および退職給付費用については、割引率、退職率、年金資産の長期期
       待運用収益率等の合理的な見積りに基づく退職給付債務の数理計算上の見込額および年金資産の公正な評価額に基づ
       いて計上しております。
                                  21/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (2)  経営成績の分析
       当連結会計年度の主要な収益・費用の概況は以下のとおりです。
      ① 受入手数料

                            前連結会計年度             当連結会計年度
                         (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
             区     分                                       前年度比(%)
                          至 平成28年3月31日)             至 平成29年3月31日)
                             (百万円)             (百万円)
        受入手数料                         226,105             173,279           76.6
           委託手数料                       46,662             39,056           83.7
           引受け・売出し・特定投資家
                                  54,157             36,696           67.8
           向け売付け勧誘等の手数料
           募集・売出し・特定投資家向
                                  49,702             35,623           71.7
           け売付け勧誘等の取扱手数料
           その他の受入手数料                       75,582             61,901           81.9
        受入手数料の合計は1,732億79百万円で前年度比76.6%となりました。内訳は次のとおりです。
       a.委託手数料
        当連結会計年度の東証の1日平均売買高(内国普通株合計)は、株数で25億40百万株(前年度比86.0%)、
       金額で2兆7,399億円(同88.9%)となりました。このような状況のもと、当社の株式委託手数料は372億53百万円
       (同84.8%)、債券委託手数料は78百万円(同25.1%)、受益証券委託手数料は15億18百万円(同75.9%)、その他
       の委託手数料は2億5百万円(同49.2%)となり、                        委託手数料は合計で390億56百万円(同83.7%)となりました。
       b.引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料
        国内株式発行市場は、民営化等大型の売出しが複数あったものの、企業による新株発行への慎重な姿勢が見られ、
       前年度と比べて発行量は大きく減少しました。当社はこのような環境の下、既公開会社の公募・売出し、新規公開、
       既公開REITの公募・売出し、REITの新規公開で多くの主幹事をつとめました。
        国内債券発行市場は、マイナス金利政策による超低金利環境を受けた超長期債の起債や、金融機関による資本規制
       に対応した起債、事業会社によるハイブリッド債の起債等により、発行量は前年度より増加しました。当社はこのよ
       うな環境の下、普通社債、財投機関債、地方債・地方公社債、円建外債等で多くの主幹事をつとめました。
        欧米発行市場は、大型のM&A関連ファイナンスが発行額を押し上げるなど、海外企業による資金調達需要は前年
       度に続き旺盛で、発行額は前年度を上回る水準となりました。このような環境の下、当社の海外現地法人は、株式会
       社三菱東京UFJ銀行との緊密な協働・連携により、多数の主幹事案件を積み重ねました。なお、平成28年7月1日
       付でMUFGセキュリティーズアメリカは当社の連結範囲から除外されております。
        以上の結果、当連結会計年度の引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料は合計で366億96百万円
       (前年度比67.8%)となりました。
       c.募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料
        募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は、その大半を連結子会社の三菱UFJモルガン・スタ
       ンレー証券株式会社(以下、「MUMSS」といいます。)および三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会
       社における投資信託の募集取扱手数料が占めています。当連結会計年度は、MUMSSにおいてグローバル・マクロ
       戦略を活用する「マクロ・トータル・リターン・ファンド」や、世界各国の転換社債等に投資を行う「世界好利回り
       CBファンド2016-09(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)(限定追加型)」等の新規募集を行いました。また、「L
       M・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型/年2回決算型)」や「ダイワFEグローバル・バリュー(為替
       ヘッジあり/為替ヘッジなし)」等の新規取扱を開始したことに加え、従前よりニーズの高い「JPX日経400アク
       ティブ・プレミアム・オープン(毎月決算型)」、「新光US-REITオープン」の継続募集にも注力しました。
        投資信託の販売額および募集取扱手数料は、年明け以降に公募投資信託の増加により回復したものの、それまでの
       不安定な市場環境を背景としたお客さまの様子見姿勢が影響し、前年度比では減少する結果となりました。
        MUMSSにおける当連結会計年度の投資信託の募集・売出し取扱高は5兆9,406億円(前年度比81.7%)とな
       り、当連結会計年度末における投資信託の残存元本は、外国投資信託を含め5兆5,789億円(前年度末比98.4%)と
       なりました。
        以上の結果、当連結会計年度の募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は356億23百万円(前年
       度比71.7%)となりました。
       d.その他の受入手数料
        その他の受入手数料には、投資信託の代行手数料のほかに、M&A業務および財務アドバイザリー業務にかかる手
       数料、証券化・不動産ファイナンス業務などを含んでおります。投資信託の代行手数料は、純資産残高の減少により
       前年度比で減少する結果となりました。M&A業務では、MUFGとMorgan                                    Stanleyが有する国内外ネットワーク
       や、プロダクトに関する豊富な知見・経験の活用を通じ、国内/クロスボーダーを問わず多くの実績を積み重ね、お
       客さまの企業価値向上に貢献いたしました。なお、前年度には平成27年6月30日まで連結子会社だった国際投信投資
       顧問株式会社における投資信託の委託者報酬も含まれております。
                                  22/128


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        以上の結果、当連結会計年度のその他の受入手数料は619億1百万円(前年度比81.9%)となりました。
      ② トレーディング損益
                              前連結会計年度             当連結会計年度
                          (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
             区     分                                       前年度比(%)
                            至 平成28年3月31日)             至 平成29年3月31日)
                              (百万円)             (百万円)
        トレーディング損益                          178,770             179,112          100.2
           株券等トレーディング損益                        37,574             29,210          77.7
           債券等・その他トレーディング
                                  141,196
                                               149,902          106.2
           損益
        国内株式市場では、6月に英国民投票の結果を受け日経平均株価は一時15,000円を下回りましたが、11月の米国大

       統領選挙以降は大幅に上昇し、1月以降は19,000円台を中心に推移する落ち着いた展開となりました。海外株式市場
       でも、ブレグジットにより米国株価指数が一時的に下落する局面がありましたが、米国大統領選挙をきっかけに大幅
       に上昇し、米経済の拡大基調を背景に過去最高値を更新しています。このような市場環境の下、当社はお客さまの
       ニーズに応じた商品供給に努めました。
        日本国債市場では、追加緩和期待と英国のEU離脱懸念から6月には10年物国債利回りが△0.20%台まで切り下
       げ、7月に過去最低を更新しました。その後7月末の日銀金融政策決定会合を受け金利は上昇し、11月には米国大統
       領選挙直後の米金利急騰に伴いプラス圏に転じました。その後はプラス圏で緩やかに推移する展開となりました。ク
       レジット市場では期を通してクレジットスプレッドのタイト化が進みました。このような市場環境の下、当社はお客
       さまのニーズに応じた商品供給を行いました。
        海外市場(1~12月)では、年初は原油価格の低迷や中国株式急落等を背景とした景気後退懸念から金利・株価は
       低位で推移しました。年央には6月の英国民投票によるEU離脱を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まり、世界
       的に金利は更に低下しました。その後11月の米国大統領選挙以降は新政権への期待から市場はリスクオンに転じ、金
       利・株価は上昇しました。また米国景気は堅調に回復の兆しを見せており、12月には米国で利上げが発表されまし
       た。このような市場環境の下、当社の海外現地法人は、在庫リスクを抑制しつつも米ドル建金利商品を中心にお客さ
       まのニーズに合致した商品供給を行いました。
        以上の結果、当連結会計年度のトレーディング損益は、株券等によるものが292億10百万円(前年度比77.7%)、
       債券等・その他によるものが1,499億2百万円(同106.2%)、合計では1,791億12百万円(同100.2%)となりまし
       た。
      ③ 金融収支
        当連結会計年度の金融収益521億5百万円(前年度比74.9%)から金融費用252億60百万円(同68.8%)を差し引い
       た金融収支は、268億44百万円の利益(同81.7%)となりました。
      ④ 販売費・一般管理費
        国内および海外拠点でのコストコントロールに加え、連結子会社の連結除外、円高の影響もあり、当連結会計年度
       の販売費・一般管理費は3,151億25百万円(前年度比88.3%)となりました。
      ⑤ 特別損益
        当連結会計年度の特別利益は1億80百万円(前年度は2億75百万円)、特別損失は34億65百万円(前年度は35億13
       百万円)となりました。特別利益のうち主なものは、金融商品取引責任準備金戻入が1億56百万円であります。特別
       損失のうち主なものは、本社移転費用16億57百万円、偶発損失引当金繰入額12億76百万円、減損損失4億74百万円で
       あります。
                                  23/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (3)  財政状態の分析
       当連結会計年度末における総資産は30兆4,931億67百万円(前年度末比5,298億72百万円減)となりました。内訳は流
      動資産が29兆8,079億89百万円(同5,491億24百万円減)であり、このうちトレーディング商品が14兆7,566億76百万円
      (同2,073億52百万円増)、有価証券担保貸付金が10兆8,267億70百万円(同1兆4,775億11百万円減)となっておりま
      す。固定資産は6,851億78百万円(同192億51百万円増)となっております。
       負債合計は、29兆5,337億17百万円(同4,562億92百万円減)となりました。内訳は流動負債が27兆9,863億92百万円
      (同5,828億87百万円減)であり、このうちトレーディング商品が14兆1,567億31百万円(同1兆2,243億25百万円
      増)、有価証券担保借入金が8兆4,623億25百万円(同2兆7,101億81百万円減)となっております。固定負債は1兆
      5,432億49百万円(同1,267億51百万円増)となっております。
       純資産合計は9,594億50百万円(同735億79百万円減)となりました。うち、利益剰余金は配当金支払いによる735億
      83百万円の減少、連結範囲の変動による179億3百万円の減少および親会社株主に帰属する当期純利益による490億85百
      万円の増加の結果、1,856億88百万円(同424億1百万円減)となっております。また、為替換算調整勘定は△269億92
      百万円(同465億1百万円減)となっております。
     (4)  キャッシュ・フローの状況

      「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (2)キャッシュ・フロー」に記載しております。
                                  24/128















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社および連結子会社)が当連結会計年度において実施した設備投資およびコンピューター関連投
       資の総額は、458億円であります。
        設備投資については、本社機能の移転を中心に、営業店舗等の一般改修および長期修繕等の改修投資を行ってまい
       りました。
        コンピュータ関連投資については、インターネットトレードシステム構築、DR、次世代執行基盤構築、営業店電
       話IP対応等、必要不可欠な案件を中心に、対応期限や投資効果を勘案し、緊急性および優先度の高い案件に限定し
       た対応を行ってまいりました。
        なお、平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社であるMUFGセキュリティー
       ズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、セグメント情報においては、引き続き「証券業務(米
       国)」として開示を継続しているため、当連結会計年度の設備投資金額との差を調整しております。詳細は「第5 
       経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
       す。
        この結果、セグメント別の設備投資金額は以下のとおりとなりました。
            セグメントの名称                 設備投資金額(億円)
       証券業務(国内)
                                       422
       証券業務(英国)
                                        28
       証券業務(米国)
                                        14
       その他                                 7

       調整額                               △14

              合 計                          458

                                  25/128












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当連結会計年度末における主要な設備の状況は、以下のとおりであります。
                                                 平成29年3月31日現在
                                                 器具
                                      土地       建物        合計
               セグメン     店舗名          設備の                  備品       従業員数
          会社名                所在地
               トの名称     その他           内容                         (人)
                                   面積(㎡)
                                           帳簿価額(百万円)
                    本社ほ          事務所
                         東京都              -    -    0    2    2   184
                    か           ほか
          当社     その他
                    駐在員     アジア地
                               事務所        -    -    5    2    7    1
                    事務所     区
                    本店ほ          店舗・
                         東京都              -    - 14,468     3,807    18,275     3,111
                    か11店          事務所
                    大宮支     東京都を
                    店ほか     除く関東      店舗        -    -   328    150    478    371
                    12店     地区
                    札幌支     北海道地
                               店舗        -    -    12    13    25    38
                    店     区
                    仙台支
                    店ほか     東北地区      店舗        -    -    54    29    83    57
                    2店
                    名古屋
                    支店ほ     愛知県      店舗        -    -   142     68   210    217
                    か3店
           三菱UF
                    岐阜支     愛知県を
        国内   Jモルガ
                    店ほか     除く中部      店舗        -    -   120     92   212    218
        連結   ン・スタ
               証券業務
                    8店     地区
        子会   ンレー証
               (国内)
                    大阪支
        社   券株式会
                    店ほか     大阪府      店舗        -    -   146    102    249    322
           社
                    3店
                    神戸支     大阪府を
                    店ほか     除く近畿      店舗        -    -   262     77   340    219
                    5店     地区
                    広島支
                    店ほか     中国地区      店舗        -    -   127     41   169    103
                    3店
                    高松支
                    店ほか     四国地区      店舗        -    -    56    35    92    65
                    2店
                    福岡支
                    店ほか     九州地区      店舗        -    -   205     83   289    116
                    5店
                                  26/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                 器具
                                      土地       建物        合計
               セグメン     店舗名          設備の                         従業員数
                                                 備品
                          所在地
          会社名
               トの名称     その他           内容                         (人)
                                   面積(㎡)
                                           帳簿価額(百万円)
           三菱UF
           Jモルガ
                         東京都
               証券業務
                    その他
           ン・スタ
                         江東区ほ      その他       146     0   882   5,884    6,766      -
           ンレー証
               (国内)     の施設
                         か
           券株式会
           社
           三菱UF
           Jモルガ
                         東京都
               証券業務               店舗・
           ン・スタ
                    本店ほか     千代田区              -    -  2,143     355   2,498     530
           ンレーP
               (国内)               事務所
                         ほか
           B証券株
           式会社
           カブドッ
                         東京都
               証券業務
           トコム証
                    本店ほか     千代田区     店舗ほか         -    -   186    825   1,011     136
           券株式会
               (国内)
                         ほか
           社
        国内
        連結
                    本社ほか     東京都      事務所        -    -    2   29    32    262
        子会
                         東京都を
        社
                     小田原
                         除く関東     賃貸ビル        183     27    47     0    74     -
                     ビル
                         地区
                         北海道地
                    札幌ビル          賃貸ビル        273    284    104     0   389     -
                         区
           MUSビ
                    豊橋ビル     愛知県     賃貸ビル        389     31    65     1    97     -
           ジネス
                その他
           サービス
                         愛知県を
           株式会社
                    甲府ビル     除く中部     賃貸ビル        781    190     83     0   273     -
                         地区
                    大阪ビル     大阪府     賃貸ビル        642    718    780     6  1,504      -
                         東京都世
                    研修所
                         田谷区ほ     賃貸施設      15,532     4,425    1,056      12  5,494      -
                    ・寮
                         か
        海外   MUFG
                         英国ロン
               証券業務
           セキュリ
        連結
                    本社ほか     ドン市ほ     店舗ほか         -    -  1,321     448   1,769     557
        子会   ティーズ
               (英国)
                         か
        社   EMEA
                         アメリカ
        MUFGセキュ
               証券業務          合衆国
        リティーズアメ
                    本社ほか          店舗ほか         -    -  2,746     705   3,451     361
               (米国)          ニュー
        リカ (注)5
                         ヨーク市
        (注)1.三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の賃借物件にかかる年間賃借料は12,263百万円でありま
            す。
          2.器具備品は、コンピューター関連および通信機器等7,324百万円、その他什器・備品等3,064百万円であり
            ます(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の国内記帳資産のみ)。
          3 . 上記のほか、ソフトウエア資産75,978百万円(うち、証券業務(国内)セグメント65,354百万円、証券業
            務(英国)セグメント7,123百万円、証券業務(米国)セグメント1,353百万円、その他セグメント2,147
            百万円)を所有しています。
          4 . 従業員数には執行役員、嘱託および臨時従業員を含めておりません。
          5.平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社であるMUFGセキュリ
            ティーズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、セグメント情報においては、引き続き
            「証券業務(米国)」として開示を継続しております。詳細は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表
            等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  27/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当連結会計年度末において計画中である重要な設備の新設、除却等は、次のとおりであります。
       (1)  新設、改修計画等
                                   投資予定額
              セグメン     店舗名                 (百万円)       資金調達            完了予定
         会社名               所在地    設備の内容                     着手年月
              ト名称     その他                         方法            年月
                                  総額    既支払額
                            市場リス
                            ク管理業
                       東京都     務高度化
        当社       その他    本社ほか     千代田     プロジェ      1,100      -  自己資金     平成29年2月       平成30年9月
                       区ほか     クトに係
                            るシステ
                            ム投資
                            インター
        三菱UFJ                    ネットト
        モルガン・                東京都     レードシ
              証券業務
        スタンレー           本社ほか     千代田     ステム再      8,500     7,684    自己資金     平成27年7月       平成29年6月
              (国内)
        証券株式会                区ほか     構築に係
        社                    るシステ
                            ム投資
                            PEGA
                            SUS・
        三菱UFJ                    リテール
        モルガン・                東京都     フロント
              証券業務
        スタンレー           本社ほか     千代田     システム      4,963     4,889    自己資金     平成27年7月       平成29年4月
              (国内)
        証券株式会                区ほか     の二重化
        社                    に係るシ
                            ステム投
                            資
        三菱UFJ                    営業店電
        モルガン・                東京都     話設備I
              証券業務
        スタンレー           本社ほか     千代田     P化に係      2,356     1,645    自己資金     平成27年10月       平成29年4月
              (国内)
        証券株式会                区ほか     るシステ
        社                    ム投資
                            次世代執
        三菱UFJ
                            行基盤構
        モルガン・                東京都
              証券業務              築(顧客
        スタンレー           本社ほか     千代田           4,065     2,457    自己資金     平成27年11月       平成30年2月
              (国内)              注文管理
        証券株式会                区ほか
                            システ
        社
                            ム)
        三菱UFJ                    次世代執
        モルガン・                東京都     行基盤構
              証券業務
        スタンレー           本社ほか     千代田     築(執行      1,477      879   自己資金     平成27年11月       平成30年2月
              (国内)
        証券株式会                区ほか     管理シス
        社                    テム)
                            バックオ
        三菱UFJ
                            フィスシ
        モルガン・                東京都
              証券業務              ステム刷
        スタンレー           本社ほか     千代田           1,048      81  自己資金     平成29年1月       平成30年1月
              (国内)              新に伴う
        証券株式会                区ほか
                            システム
        社
                            投資
                                  28/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                   投資予定額
              セグメン     店舗名                 (百万円)       資金調達            完了予定
         会社名               所在地    設備の内容                     着手年月
              ト名称     その他                         方法            年月
                                  総額    既支払額
                            市場リス
        三菱UFJ                    ク管理業
        モルガン・                東京都     務高度化
              証券業務
        スタンレー           本社ほか     千代田     プロジェ      3,050      485   自己資金     平成29年2月       平成30年9月
              (国内)
        証券株式会                区ほか     クトに係
        社                    るシステ
                            ム投資
        MUFGセ
                       英国ロ
        キュリ
              証券業務              システム
                    本社    ンドン           2,280     2,149    自己資金     平成25年7月       平成29年5月
        ティーズ    E
              (英国)              投資
                       市
        MEA
       (注)上記設備計画の記載金額については、消費税および地方消費税を含んでおりません。
       (2)  除却、売却計画等

         重要な設備の除却、売却等の計画はありません。
                                  29/128














                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
              種           類                           発行可能株式総数(株)
           普     通     株      式                                1,800,000,000

                     計                      1,800,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所
              事業年度末現在発行数(株)             提出日現在発行数(株)
         種 類                               名または登録認可金            内     容
              (平成29年3月31日現在)             (平成29年6月28日現在)
                                        融商品取引業協会名
         普通株式          736,985,496             736,985,496             -       単元株式数1,000株

          計        736,985,496             736,985,496             -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式                             資本準備金
                        発行済株式       資本金増減額        資本金残高               資本準備金
        年  月  日          総数増減数                             増 減 額
                        総数残高(株)        (千円)       (千円)              残高(千円)
                   (株)                             (千円)
       平成23年11月24日
                  20,000,000       736,985,496        10,000,000       75,518,843       10,000,000       426,944,245
       (注)
       (注)有償・株主割当
           割当比率     716,985,496:20,000,000
           発行価格      1,000円
           資本組入額       500円
       (6)【所有者別状況】

                                                   平成29年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数            1,000株)
                                                        単元未満
                                                        株 式 の
        区   分                              外国法人等
              政府および
                              その他の
                         金融商品                               状  況
              地方公共団      金融機関                          個人その他       計
                         取引業者
                              法 人                          (株)
              体
                                   個人以外      個人
       株主数(人)                          1                     1
                 -     -     -           -     -     -          -
       所有株式数
                               736,985                     736,985       496
                 -     -     -           -     -     -
       (単元)
       所有株式数の
                               100.00                     100.00
                 -     -     -           -     -     -          -
       割合(%)
                                  30/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                   平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
           氏名または名称                    住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
       株式会社三菱UFJ
                        東京都千代田区丸の内2-7-1                       736,985          100.00
       フィナンシャル・グループ
                                -               736,985          100.00
               計
       (8)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
              区  分             株式数(株)          議決権の数(個)              内  容

        無議決権株式                      -           -            -

        議決権制限株式(自己株式等)                      -           -            -

        議決権制限株式(その他)                      -           -            -

        完全議決権株式(自己株式等)                      -           -            -

                          普通株式
        完全議決権株式(その他)                                             -
                             736,985,000             736,985
                          普通株式
        単元未満株式                                -      1単元(1,000株)未満の株式
                                 496
        発行済株式総数                     736,985,496            -            -
        総株主の議決権                      -            736,985           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                     発行済株式総
        所有者の氏名または名                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        数に対する所
                     所有者の住所
        称                    株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        有株式数の割
                                                     合(%)
              -          -        -        -        -        -
              計          -        -        -        -        -

       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                  31/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、利益配分にあたり、市況変動に備えた収益基盤の強化ならびに将来の事業展開のための内部留保の充実に
       努めるとともに、適正な利益還元を継続的に行うことを基本方針としております。当社は、経営基盤をより強固なも
       のにしていくため、株主資本の有効活用に努め、株主価値最大化を目指してまいります。
        毎事業年度における配当の回数については、株主への利益配分の機会を増やすため、中間配当および期末配当の年
       2回を基本的な方針としております。当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議により毎年9
       月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨、および、会社法第459条第1項に規定される剰余金の配当等
       に係る事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議により剰余金の配当等を行う旨をそれ
       ぞれ定款に定めており、中間配当、期末配当およびその他の剰余金の配当の決定機関は取締役会であります。
        当事業年度の配当については、上記方針に基づき、中間配当を1株当たり13.59円、期末配当を1株当たり13.88円
       といたしました。また、米国プルデンシャル規制に対応するため、平成28年7月1日付で配当財産が金銭以外の財産
       による特別配当を実施しております。
        内部留保資金については、市況変動に備えた収益基盤の強化ならびに将来の事業展開のための自己資本の拡充に充
       当いたします。
       (注)1.当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                                     配当金の総額           1株当たり配当額
               決議年月日            配当財産
                                      (百万円)             (円)
             平成28年11月1日
                                                      13.59
                           金銭               10,015
              取締役会決議
             平成29年5月1日
                                                      13.88
                           金銭               10,229
              取締役会決議
          2.平成28年7月1日、           株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(当社議決権割合の100%を有する株
            主)に対し、      以下の内容で特別配当を実施しております。
                                     配当金の総額           1株当たり配当額
               決議年月日            配当財産
                                      (百万円)             (円)
                       MUFGセキュリ
             平成28年3月25日
                                                      72.32
                       ティーズアメリカ                   53,301
              取締役会決議
                       (注)の普通株式全て
           (注)MUFGセキュリティーズアメリカは、平成28年7月1日付で三菱UFJセキュリティーズ(US
               A)から商号変更しております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
           当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

           当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  32/128


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性14名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                         所 有
        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和35年8月 日綿實業株式会社(現:双日株式会社)入
                                      社
                               昭和39年4月 オリエント・リース株式会社(現:オリッ
                                      クス株式会社)入社
                               昭和45年3月 同社取締役
                               昭和55年12月 同社取締役社長・グループ                CEO
                               平成12年4月 同社取締役会長・グループ                CEO
                               平成15年6月 同社取締役           兼 代表執行役会長・グループ
                 宮内  義彦
        取締役               昭和10年9月13日生                                (注)4    -
                                     CEO
                               平成18年4月 株式会社         ACCESS   取締役(現任)
                               平成26年6月 オリックス株式会社シニア・チェアマン(現
                                      任)
                                      株式会社ドリームインキュベータ取締役
                               平成27年6月 当社取締役(現任)
                               平成28年4月 関西エアポート株式会社取締役(現任)
                               平成29年6月 カルビー株式会社取締役(現任)
                               昭和51年4月 大同生命保険相互会社入社

                               平成11年3月 同社企画部長
                               平成12年7月 同社取締役
                               平成14年4月 大同生命保険株式会社取締役
                               平成15年4月 同社常務取締役
                               平成18年6月 同社常務執行役員
                               平成19年4月       T&D  フィナンシャル生命保険株式会社取締
                                      役
                                     T&D  アセットマネジメント株式会社取締役
                                      株式会社         T&D  ホールディングス常務執行役
                                      員
                               平成19年6月 株式会社         T&D  ホールディングス取締役常務
        取締役
                                      執行役員
                 喜田  哲弘
                       昭和28年6月19日生                                (注)5    -
      (監査等委員)
                               平成20年4月 同社取締役専務執行役員
                               平成22年4月 大同生命保険株式会社取締役社長
                                      株式会社         T&D  ホールディングス取締役
                               平成25年6月 当社取締役
                               平成27年4月 大同生命保険株式会社取締役会長(現任)
                                      株式会社         T&D  ホールディングス取締役社長
                                      (現任)
                               平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                               〔他の法人等の代表状況〕

                                大同生命保険株式会社取締役会長
                                株式会社    T&D  ホールディングス取締役社長
                                  33/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                         所 有

        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和47年4月 プライスウォーターハウス会計事務所入所
                               昭和63年7月 青山監査法人代表社員
                                      PriceWaterhouseパートナー
                               平成12年4月 中央青山監査法人代表社員
                                      PricewaterhouseCoopersパートナー
                               平成18年9月 あらた監査法人(現PwCあらた監査法人)
                                      代表社員
        取締役                       平成19年4月 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授
                 五十嵐則夫     昭和23年7月16日生                                (注)5    -
      (監査等委員)                         平成19年6月 松井証券株式会社監査役
                               平成25年3月 花王株式会社監査役
                               平成26年4月 国立大学法人横浜国立大学成長戦略研究セン
                                      ター客員教授(現任)
                               平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                               平成29年6月 アンリツ株式会社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                               平成元年4月 日本開発銀行(現:株式会社日本政策投資銀

                                      行)入行
                               平成5年4月 自治省(現:総務省)財政局出向
                               平成18年10月 東京弁護士会登録
                                      西村あさひ法律事務所入所
                               平成21年12月 日産大阪販売株式会社社外監査役
        取締役
                 森  浩  志
                       昭和40年2月21日生                                (注)5    -
                               平成22年11月 株式会社USEN社外取締役(現任)
      (監査等委員)
                               平成24年1月 西村あさひ法律事務所パートナー(現任)
                               平成28年3月 カゴメ株式会社社外取締役(監査等委員)
                                      (現任)
                               平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                               昭和59年4月 株式会社三菱銀行入行

                               平成18年4月 三菱        UFJ 証券株式会社(現:当社)金融市場
                                      部長
                               平成19年7月       三菱  UFJ セキュリティーズ(香港)ホールデ
                                      ィングス社長
                               平成21年6月       三菱  UFJ 証券株式会社執行役員
                               平成22年5月       三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
        取締役
                 熊田  充男
                       昭和34年6月23日生                                (注)5    -
      (監査等委員)
                                      執行役員
                               平成28年6月 当社取締役(監査等委員)(現任)
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      常勤監査役(現任)
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー         PB 証券株式会
                                      社監査役(現任)
                                  34/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                         所 有

        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和58年4月 株式会社三菱銀行入行
                               平成22年4月 三菱        UFJ 証券株式会社(現:三菱         UFJ モルガ
                                      ン・スタンレー証券株式会社)リスク統括部
                                      長
                               平成24年4月 当社リスク統括部長
                               平成24年6月 当社執行役員
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      執行役員
                               平成27年6月       株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
                                      執行役員
        取締役
                                      当社常務取締役
                 細見  昌裕
      (常勤監査等
                       昭和34年7月20日生                                (注)6    -
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
        委員)
                                      常務取締役
                                     株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
                                      常務執行役員
                                      モルガン・スタンレー               MUFG  証券株式会社
                                      取締役
                               平成28年6月       カブドットコム証券株式会社取締役
                               平成29年6月       当社取締役(常勤監査等委員)(現任)
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      監査役(現任)
                               昭和48年4月 株式会社三菱銀行入行

                               平成11年7月 株式会社東京三菱銀行営業第一本部営業
                                     第三部長
                               平成13年6月 同行執行役員
                               平成16年5月 同行常務執行役員
                               平成18年1月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務執行役員
                               平成19年6月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                     常務執行役員
                               平成20年4月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行専務執行役員
       取締役会長
                               平成21年6月 同行副頭取
                 豊泉  俊郎
                       昭和24年10月26日生                                (注)4    -
      (代表取締役)
                               平成23年4月 当社取締役社長            最高経営責任者
                                     三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                     取締役社長     最高経営責任者
                               平成23年6月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                     取締役
                               平成26年6月 当社取締役会長(現任)
                                     三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                     副会長(現任)
                                  35/128








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                         所 有

        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和51年4月 株式会社三菱銀行入行
                               平成15年5月 株式会社東京三菱銀行京都支社長
                               平成15年6月 同行執行役員
                               平成18年5月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務執行役員
                               平成20年4月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                     常務執行役員
                               平成20年6月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務取締役
                               平成22年5月 同行専務執行役員
                               平成23年6月 同行副頭取
                               平成26年6月 当社顧問
       取締役社長
                                      当社取締役社長            最高経営責任者(現任)
                 長 岡  孝   昭和29年3月3日生                                (注)4    -
      (代表取締役)
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      取締役社長           最高経営責任者(現任)
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                      取締役
                               平成27年6月 同社取締役代表執行役副会長(現任)
                               〔他の法人等の代表状況〕

                                三菱   UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社取締役社長
                                株式会社三菱      UFJ フィナンシャル・グループ取締役代表執
                                行役副会長
                               昭和55年4月 株式会社三菱銀行入行

                               平成18年1月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行融資企画部長
                               平成18年6月 同行執行役員
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                      執行役員
                               平成22年5月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務執行役員
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
            総括並びに
                                      常務執行役員
            経営企画
                               平成25年6月 当社取締役副社長(現任)
            部・財務企
                               平成25年7月 三菱        UFJ セキュリティーズ(        USA  )(現:
            画部・国際
                                     MUFG   Securities    Americas    Inc. ) 取締役
            事業統括
                                     (現任)
            部・アライ
                                      三菱        UFJ セキュリティーズ(香港)ホール
            アンス戦略
                                      ディングス取締役
            部・人事
                                      三菱        UFJ セキュリティーズ(シンガポール)
      取締役副社長
            部・総務     小野寺隆実     昭和32年4月4日生                                (注)4    -
                                     (現:   MUFG   Securities    Asia  (Singapore)
      (代表取締役)
            部・広報・
                                     Limited   ) 取締役(現任)
            CSR推進
                               平成26年6月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
            部・システ
                                      常務執行役員(現任)
            ム企画部の
                                      三菱        UFJ セキュリティーズインターナショナ
            統括並びに
                                      ル(現:         MUFG   Securities    EMEA   plc ) 取締役
            グローバル
                                      (現任)
            業務戦略部
                               平成27年1月 三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            の共同統括
                                      取締役(現任)
                                      モルガン・スタンレー               MUFG  証券株式会社
                                      取締役(現任)
                               平成27年10月 三菱        UFJ セキュリティーズ(香港)(現:
                                     MUFG   Securities    Asia  Limited   ) 取締役
                                      (現任)
                                  36/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                         所 有

        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和58年4月 株式会社三和銀行入行
                               平成21年4月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行営業第二本部営業
                                      第七部長
                               平成23年4月 三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      経営管理本部副本部長
                               平成24年6月 同社執行役員
                               平成24年10月 当社執行役員
            財務担当グ
                               平成25年6月 当社常務執行役員
            ローバル
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            ヘッド並び
                 二宮  明雄                  常務執行役員
       専務取締役                昭和35年11月5日生                                (注)4    -
            に経営企画
                               平成27年6月       株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
            部・財務企
                                      常務執行役員(現任)
            画部の担当
                               平成28年6月 当社常務取締役
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      常務取締役
                               平成29年6月 当社専務取締役(現任)
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      専務取締役(現任)
                               昭和57年4月 株式会社三菱銀行入行

                               平成21年6月 三菱        UFJ 証券株式会社(現:当社)総務部長
                               平成23年6月 三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      執行役員
                               平成28年6月 当社執行役員
            グローバル
                                     株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
            内部監査総
                 中村  哲也
       常務取締役     括並びに内          昭和34年7月13日生
                                                       (注)4    -
                                      執行役員
            部監査部の
                                      当社常務取締役(現任)
            統括
                                      三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      常務取締役(現任)
                                     株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
                                      常務執行役員(現任)
                               昭和60年4月 株式会社東京銀行入行

                               平成18年8月 三菱        UFJ 証券株式会社(現:当社)投資開発
                                      部長
                               平成21年12月 三菱        UFJ セキュリティーズ(シンガポール)
                                     (現:   MUFG   Securities    Asia  (Singapore)
                                     Limited   )社長
            リスク担当                   平成26年6月 当社執行役員
            グローバル                   平成27年7月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
       常務取締役     ヘッド並び     三 杯  力  昭和35年8月23日生                                (注)4    -
                                      執行役員
            にリスク統
                               平成29年6月 三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            括部の統括
                                      執行役員
                                      当社常務取締役(現任)
                                     三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
                                      常務取締役(現任)
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                      常務執行役員(現任)
                                  37/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                         所 有

        役 名      職 名    氏   名     生年月日               略    歴               任期  株式数
                                                         (千株)
                               昭和61年4月 日興證券株式会社入社
            コンプライ
                               平成20年5月 日興シティホールディングス株式会社財務
            アンス担当
                                      部長
            グローバル
                               平成22年4月 当社財務企画部長
            ヘッド   兼
                               平成23年4月 三菱        UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            オペレー
                                      財務企画部長
            ション担当
                               平成26年6月 当社執行役員
            グローバル
                                     三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            コーディ
                                      執行役員
            ネーター
                               平成29年6月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
            兼 リーガ
                 圓城寺   貢
      常務取締役                昭和38年9月28日生                                (注)4    -
                                      執行役員
            ル担当グ
                                      当社常務取締役(現任)
            ローバル
                                     三菱  UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社
            コーディ
            ネーター並
                                      常務取締役(現任)
            びにコンプ
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
            ライアンス
                                      常務執行役員(現任)
            統括部・事
                                      カブドットコム証券株式会社取締役(現任)
            務統括部・
                                     MUS  ビジネスサービス株式会社取締役(現
            法
                                      任)
            務部の統括
                               昭和58年4月 株式会社東京銀行入行
                               平成20年7月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行米州金融市場部長
                               平成21年6月 同行執行役員
                               平成23年5月       株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
                                      執行役員
                               平成26年5月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務執行役員
                               平成26年11月 三菱UFJセキュリティーズインターナショ
                                      ナル(現:          MUFG   Securities    EMEA   plc )取締
                                      役(現任)
                               平成27年5月 株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                      常務執行役員
                               平成27年6月 当社取締役(現任)
                                      株式会社三菱東京             UFJ 銀行常務取締役
                 安田  正道
        取締役               昭和35年8月22日生                                (注)4    -
                                      株式会社三菱           UFJ フィナンシャル・グループ
                                      取締役執行役常務
                                      カブドットコム証券株式会社取締役
                               平成29年5月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行専務取締役
                                     株式会社三菱     UFJ フィナンシャル・グループ
                                      取締役執行役専務(現任)
                               平成29年6月 株式会社三菱東京             UFJ 銀行取締役専務執行役
                                      員(現任)
                               〔他の法人等の代表状況〕

                                株式会社三菱東京        UFJ 銀行取締役専務執行役員
      (注)1.    取締役の宮内義彦氏、取締役(監査等委員)の喜田哲弘氏、五十嵐則夫氏および森浩志氏は、社外取締役であります。

        2.喜田哲弘氏は、監査等委員会委員長であります。
        3.当社は、経営と執行の役割の明確化により、迅速な意思決定と業務執行における監督機能の強化を図るため、執行役員制度を導入し
          ております。上記取締役のうち小野寺隆実氏は副社長執行役員を、二宮明雄氏は専務執行役員を、中村哲也氏、三杯力氏および、圓
          城寺貢氏は常務執行役員を兼務しております。
        4.平成29年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
          の時まで。
        5.平成28年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
          の時まで。
        6.平成29年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
         の時まで。
                                  38/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
     (1)会社の機関の内容
      当社は監査等委員会設置会社であります。当連結会計年度末における当社の会社の機関の内容は、以下のとおりです。
      取締役13名のうち、4名を社外取締役(株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「MUFG」といいま
     す。)外の現役経営者を含む)とすることにより、取締役会の活性化を図るとともに経営の透明性を高め、また、監査等
     委員5名(うち社外監査等委員3名)が取締役の職務執行について監査しております。
      取締役会が決定した基本方針に基づき、当社および子会社等の経営全般的な重要事項および業務執行に関する重要事項
     を審議・協議・決定し業務執行の意思統一を図る機関として、経営会議を取締役会の下に設置しております。業務執行の
     機動性を高めるため、重要な業務執行の決定を取締役会から経営会議に大幅に委任しております。また、適切なリスク管
     理を図るため、リスク管理に関して取締役会から委任された事項を審議・決定する機関としてリスク管理会議を設置して
     おります。経営会議およびリスク管理会議傘下に当社の重要事項を審議、および調査研究を組織横断的に実施する諮問機
     関として各種の委員会を設置しております。
      監査等委員会監査につきましては、各監査等委員は監査等委員会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、重要な会
     議に出席する他、取締役等からその業務の執行状況を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧し、業務および財産の状況を調査
     し、必要に応じて子会社から事業の報告を求めております。また、計算書類および附属明細書につき検討を加えるにあた
     り、会計監査人から報告および説明を受けているほか、定期的に会計監査人と情報交換を行い密接な連携を保つよう努め
     ております。さらに、内部監査部門(43名、ただし三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社内部監査部門との兼務
     者を含む)から定期的に監査の状況および結果の説明を受け、内部監査部門と緊密な連携を保ち、効率的な監査を実施す
     るよう努めております。なお、これらの監査等委員会業務をサポートするため、専属のスタッフ組織として監査等委員会
     室を設置しております。
      当社の社外取締役につきましては、宮内義彦氏はオリックス株式会社シニア・チェアマン、株式会社ACCESS取締
     役および関西エアポート株式会社取締役、カルビー株式会社取締役、喜田哲弘氏は株式会社T&Dホールディングス代表
     取締役社長および大同生命保険株式会社代表取締役会長、五十嵐則夫氏は国立大学法人横浜国立大学成長戦略研究セン
     ター客員教授、アンリツ株式会社取締役(監査等委員)、森浩志氏は西村あさひ法律事務所パートナー、株式会社USE
     N取締役およびカゴメ株式会社取締役(監査等委員)を兼務しております。
                                  39/128












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (2)内部統制システムおよびリスク管理体制の整備の状況
      当連結会計年度末における当社の内部統制システムおよびリスク管理体制の整備の状況は、以下のとおりです。
      当社は、会社法第399条の13第1項第1号ロ、ハおよび第2項ならびに会社法施行規則第110条の4の規定に基づき、当
     社の業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)を以下の通り整備しております。
      ①  法令等遵守体制

       a.  役職員の職務の執行が、法令および定款に適合することを確保するため、「経営ビジョン」および具体的判断・
        行動基準であるMUFGグループ共通の「行動規範」を定め、当社のコンプライアンス基本方針とする。
       b.  社内規則の整備を通じて、役職員が法令等を遵守するための体制を整備する。
       c.  コンプライアンスを担当する役員を置くとともに、コンプライアンスに関する統括部署を設置する。
       d.  コンプライアンス・プログラム(役職員を対象とする教育等、コンプライアンス体制を実効性あるものにするた
        めの組織的な取組み)を策定し、その進捗状況のフォローアップを実施する。
       e.  コンプライアンス・ホットライン(広く社員等から不正行為に関する通報を社外を含む窓口で受け付ける内部通
        報制度)を設置する。
       f.  「反社会的勢力に対する基本方針」を策定し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅
        然とした態度を貫き、取引の防止に努める。
       g.  グローバルな総合金融グループの一員として、その業務が犯罪目的に利用されることを防止することが、経営の
        重要課題の一つであることを認識し、マネー・ローンダリングの防止に努める。
      ②   顧客保護等管理体制

       a.  「経営ビジョン」および「行動規範」を踏まえて「お客さま本位の徹底」を実現するため、社内規則等の制定、
        管理・統括部署の設置、役職員への周知等を通じてお客さまへの説明やサポート体制、情報管理体制、利益相反
        管理体制等を整備する。
       b.  個人情報の管理体制整備の一環として「個人情報保護方針」を策定し、個人情報が適切に保護・管理される体制
        を整備する。
       c.  利益相反管理に関する基本方針として「利益相反管理方針」を策定し、お客さまの利益を不当に害することがな
        いよう、利益相反を管理する体制を整備する。
      ③  情報保存管理体制

       a.  取締役会および経営会議等の会議の議事録のほか、取締役の職務執行にかかる重要な情報について、社内規則等
        の定めるところにより、保存・管理を行うものとする。
       b.  保存・管理されている情報について担当部署は、合理的な事情がある場合、いつでも閲覧または謄写に供するこ
        とができる体制を整備する。
      ④  リスク管理体制

       a.  施策計画その他戦略目標に基づき、すべての主要なリスクを特定・計測・制御・継続監視するとともに、そのプ
        ロセスの有効性を監査を通じて検証することにより、リスクに見合った収益の安定的計上、適正な資本構成の達
        成、資源の適正配分等の基盤を提供し、株主価値の最大化に資することとする。
       b.  リスクを次のように分類、定義したうえで社内規則においてリスク管理・運営の基本方針を定めるとともに個々
        のリスク管理および運営体制においてはリスクの特定、計測、制御、継続監視の重要性を認識し、その把握と管
        理のための体制を整備する。
         ・市場リスク
         ・信用リスク
         ・資金流動性リスク
         ・オペレーショナルリスク
       c.  取締役は、業務推進担当部署から独立した、リスク管理および運営機能ならびに内部監査機能を担う部署をそれ
        ぞれ設け、それぞれの機能遂行に必要な経営資源の配分を行うこととする。
       d.  多岐に亘る当社グループの業務のリスクを可能な限り統一的な尺度で総合的に把握・運営を図るものとし、その
        ための体制を確立、維持、発展させ、リスク管理のベストプラクティスを目指すものとする。
       e.  当社の連結対象子会社のリスク管理および運営に際しては、当社グループにおけるリスク管理および運営方針に
        則り業務実態に応じた態勢を目指すよう各社を指導するとともに、所在する各種リスクを把握・管理する態勢の
        整備に努めるものとする。
                                  40/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       f.  危機事象に対し、社内規則で定める以下の事業継続に向けた基本方針に基づき、危機管理体制の整備を行うもの
        とする。
         ・お客さまおよび役職員の生命、身体等の安全確保を最優先する。
         ・お客さまのデータおよび資産保護を図りつつ、迅速な復旧対策を講じる。
         ・業務継続に務めるも、非常時において当社グループの事業に支障が生じ、全ての業務を継続させることが困
          難となった場合には、お客さまの生活、経済活動および証券市場の機能維持の観点から優先する業務を再
          開・継続させ、お客さまへの影響の極小化に務める。
      ⑤  効率性確保のための体制

       a.  経営目標を定めるとともに、財務計画・事業戦略、リスク・アペタイトを有機的に関連付けた経営計画を策定
        し、適切な手法に基づく経営管理を行う。
       b.  取締役の職務執行の効率性を高めるために、取締役会の効率的な運営を図るとともに、リスク管理会議、経営会
        議を設置し、会社法で定められた取締役会の専決事項以外の業務執行等の決定を委任する。
       c.  取締役会、リスク管理会議、経営会議の諮問機関として各種の委員会を設置し、取締役会、リスク管理会議、経
        営会議の協議・決議に資する事項の審議を組織横断的に行う。
       d.  取締役会の決定に基づく職務の執行を効率的に行うため、社内規則に基づく業務分掌ならびに職務権限、組織体
        制の整備を行い、職務執行を分担する。
      ⑥  グループ管理体制

       a.  当社グループにおける業務の適正を確保するため以下のような体制を整備する。
         ・当社グループの経営目標の達成ならびに業務の健全、適切かつ効率的な運営の確保とともに、子会社等を含
          めたグループ事業の発展を図るため、原則として                       経営管理契約を締結し、当社             グループ各社からの業務の執
          行に係る事項、リスク管理に係る事項、コンプライアンス管理に係る事項等について、当社グループ会社か
          ら報告等を受け、グループの連結戦略の策定・推進など、子会社等への指導・助言を含めた経営管理を行
          う。
         ・子会社経営管理に関する基本方針を定める社内規則を制定する他、リスク管理、コンプライアンス、内部監
          査、財務報告に係る内部統制等の各社内規則において子会社管理に関する事項を定める。
       b.  MUFGグループ内企業との不適切な取引を防止し、当社グループの健全性を確保するため以下のような体制を
        整備する。
          ・MUFGグループ外の社外取締役を複数選任する。
          ・過半数を     MUFGグループ外の社外取締役で構成する監査等委員会において、内部監査および法令遵守に関
           わる諸事項を審議する          。
      ⑦  内部監査体制

       a.  リスク管理、内部統制およびガバナンスの各プロセスの適切性・有効性を検証・評価する機能を担う高い専門性
        と独立性を備えた内部監査体制を構築し、当社および当社グループの業務の健全性および適切性を確保する。
       b.  当社および当社グループの内部監査の基本事項を定めた社内規則を制定する。
       c.  当社および当社グループの内部監査担当部署として内部監査部を設置する。
       d.  内部監査部長は、監査等委員会および会計監査人等の外部監査人との間で協力関係を構築し、内部監査の実効的
        な実施に努める。
      ⑧  監査等委員会の職務を補助する使用人に関する体制

       a.  監査等委員会の職務を補助する組織の設置、使用人の配置については、監査等委員会の意向を尊重する。
       b.  監査等委員会の職務を補助し、かつ監査等委員会の運営事務に関する職務を行う組織として監査等委員会室を設
        置し、監査等委員会の指揮の下に置く。
       c.  監査等委員会室の人事に関する事項等、監査等委員会の補助者の独立性に関する事項は、監査等委員会の意向を
        尊重する。
                                  41/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      ⑨  監査等委員会への報告体制
       a.    役職員等は社内規則の定めるところにより当社および当社グループに関する下記の事項を監査等委員会に報告し
        なければならない。
        ・   取締役会および経営会議で決議された事項
        ・   会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項
        ・   内部監査の実施状況およびその結果
        ・   定款および重大な法令違反等
        ・   コンプライアンス・ホットラインの通報状況および事案内容
        ・   その他監査等委員会が報告を求める事項
       b.  前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けない旨を所定の規則等において定め
        る。
      ⑩  監査等委員の職務の執行について生ずる費用または債務に係る方針

       監査等委員の職務の執行に必要な費用または債務については、監査等委員の請求に従い支払その他の処理を行う。
      ⑪  その他監査等委員会による監査の実効性確保のための体制

       a.  監査等委員会による監査の実効性を確保するため、監査等委員会規則および監査等委員会監査等基準に定めのあ
        る事項についてはその意向を尊重する。
       b.  監査等委員は、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、経営会議その他の重要な委員会等
        に出席できる。
       c.  監査等委員会は、監査の実効をあげるため何時でも重要な役職員から業務の報告を求め、調査することができ
        る。
       d.  監査等委員会による監査の実効性を確保するため、監査等委員会は代表取締役、内部監査部門と適時および定期
        的に意見交換できる。
       e.  監査等委員会による監査の実効性を確保するための基本事項を定めた社内規則を制定する。
       f.  監査等委員会は、内部監査担当部署から内部監査計画の協議と内部監査結果の報告を受ける他、必要に応じて内
        部監査担当部署に対して具体的な指示を行うことができる。
       g.  内部監査部門の重要な人事については、監査等委員会の同意を要するものとする。
     (3)会計監査の状況

          業務を執行した公認会計士の氏名等                       所属する監査法人名              継続監査年数

       指定有限責任社員 業務執行社員 坂本一朗                        有限責任監査法人トーマツ                -(注)

       指定有限責任社員 業務執行社員 岸野 勝                        有限責任監査法人トーマツ                 -(注)

       指定有限責任社員 業務執行社員 墨岡俊治                        有限責任監査法人トーマツ                -(注)

       (注)7年以内であるため記載を省略しております。
        監査業務に係る補助者              人数

       公認会計士                23名

       会計士試験合格者等                21名

       その他                25名

             合計            69名

        内部監査、監査等委員会監査および会計監査の相互連携につきましては、内部監査、監査等委員会監査ともに、定
       期的に会計監査人と情報交換を行い密接な連携を保つよう努めております。
                                  42/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (4)役員報酬の内容
       ①  役員報酬の内容
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                      報酬等
                                 ストックオプション
                                                       対象となる
                      の総額
                             年額               株式      役員
                                 としての新株予約権
                                                       役員の員数
                     (百万円)
                            報酬額                報酬      賞与
                                 に関する報酬
                                                        (人)
        監査等委員以外の取締役

                        182       93               30      54
                                        3                  9
        (社外取締役を除く。)
        監査等委員である取締役
                         34      34         -      -      -      2
        (社外取締役を除く。)
            監査役
                         9      9        -      -      -      2
        (社外監査役を除く。)
            社外役員             61      61         -      -      -      8
       (注)1.当社は、平成28年6月28日に監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。
            当該移行以前に在任した取締役については、監査等委員以外の取締役として計上しております。
            また、同一人が監査等委員以外の取締役、監査等委員である取締役または監査役の複数の区分にわたって
            報酬等を受けていた場合、支給人数はそれぞれの区分で計上しております。
          2.当社は、平成28年7月1日付で、役員報酬BIP信託の仕組みを用いた業績連動型株式報酬制度を導入し
            ております。上記表中の株式報酬の総額は、当該制度に基づき当事業年度中に付与された株式交付ポイン
            トにかかる費用計上額等を記載しております。
          3.当社は、平成28年12月1日付で、株式報酬型ストックオプション(新株予約権)から役員報酬BIP信託
            への移行を行い、当社役員のうち過去に割当を受けた未行使のストックオプションを保有しその権利放棄
            を行った者を対象に、当該ストックオプションの目的となる株式の数に相当する株式交付ポイントを当該
            ストックオプションからの移行分として付与しております。当該移行分の株式交付ポイントは、移行前の
            ストックオプションと同じく基本的に退任後に初めてMUFG株式等の交付が行われるものであり、ま
            た、移行前のストックオプションとしての新株予約権に関する金銭報酬の報酬等の額の開示が行われてい
            るため、上表の報酬等の金額に含んでおりません。
      ②  役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針等

       ・本方針は、親会社であるMUFGの報酬委員会が定める「役員等の個人別の報酬等の内容に係る決定に関する方針
        (以下、「MUFG方針」という。)を踏まえ、当社の取締役会で決定しております。
       ・当社は、MUFGグループの中核総合証券グループとして、激しい環境変化のなか、ますます多様化・高度化する
        お客さまの金融ニーズに対し、モルガン・スタンレーのグローバルな知見を活かすと同時に、MUFGグループ各
        社との協働をさらに進め、さらには当社グループ内各社の総合機能を最大限活用することで、これまで以上にハイ
        クオリティのサービスを的確かつ迅速に提供してまいります。
       ・役員報酬の決定方針としては、このような経営方針の実現を目指し、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を
        可能とするよう、過度なリスクテイクを抑制しつつ、短期のみならず中長期的な業績向上への役員等の貢献意欲も
        高めることを目的としております。また、当社の業績の状況および財務の健全性、ならびに国内外の役員報酬に係
        る規制を踏まえることとしております。
       ・役員報酬の水準に関しては、経済および社会の情勢、業界動向、当社の経営環境および業績の状況ならびに取締役
        および執行役員の採用国における人材マーケットの状況等を踏まえ、当社として適切な水準を決定することとして
        おります。
       ・当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等は、株主総会において報酬種類別の総額をそれぞれ決
        定し、その範囲内において取締役会がMUFGの報酬委員会の審議の内容を踏まえ、個人別の報酬等の額を決定す
        ることとしております。また、執行役員の個人別の報酬等の内容は、取締役会が決定することとしております。
       ・MUFGは、独立社外取締役および代表執行役社長を兼務する取締役を委員とし、独立社外取締役を委員長とする
        報酬委員会を設けて、「MUFG方針」に従って取締役および執行役の個人別の報酬等の内容、ならびに同社子会
        社の役職員を兼務する場合は、当社等子会社が決定した子会社役職員としての報酬等(ただし、賞与は標準額)を
        合算した総額について決定しております。
       ・さらに、MUFGの報酬委員会は、同社の役員等の報酬等に関する制度の設置・改廃の内容を決定するとともに、
        当社の役員等の報酬等に関する制度の設置・改廃の内容、ならびに当社を含む同社の主な子会社の会長、副会長、
        社長および頭取の報酬等も審議し、同社取締役会に提言しております。
       ・当社の監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会において基本報酬の総額を決定し、その範囲内において監査
        等委員である取締役の協議により、監査等委員である取締役が受ける個人別の報酬等の額を決定しております。
       ・当社の役員等が受ける報酬等は、原則として、「基本報酬」、「株式報酬」および「役員賞与」の3種類により構
        成し、それぞれの種類ごとに分けて支払うこととしております。また、その構成割合は、前述の理念・目的を踏ま
                                  43/128

                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        え適切に決定しております。なお、社外取締役および監査等委員である取締役は、職務内容を勘案し、株式報酬お
        よび賞与の支給対象外としております。
       ・「基本報酬」は、原則として各役員等の役位や駐在地等に応じて決定し、毎月現金で支払っております。
       ・「株式報酬」は、従来のストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等に代えて、平成28年度より新たな
        中長期インセンティブプランとして導入したもので、これまで以上に、MUFGグループの中長期的な業績向上へ
        の役員等の貢献意欲を高めるとともに、MUFG株主の皆様との利益意識の共有を図ることを目的としておりま
        す。本株式報酬は、信託の仕組みを利用して、以下の通り各役員等にMUFG株式等が交付される制度となってお
        ります。
        (ⅰ)業績連動部分
         「役位に応じて定められた基準額×MUFG中期経営計画の達成度等に応じた業績連動係数(業績達成度に応じ
        て0~150%の範囲で変動)」に相当するMUFG株式等                             が原則としてMUFG中期経営計画の終了後に交付
                                  (注)
        されます。業績達成度を評価するうえでの指標は、MUFGの連結業務純益、親会社株主に帰属する当期純利益、
        時価総額およびEPS(1株当たり利益)等としております。
        (ⅱ)業績非連動部分
         「役位に応じて定められた基準額」に相当するMUFG株式等                                   が、原則として各役員等の退任時に交付さ
                                      (注)
        れます。
        (注)信託によるMUFG株式の平均取得単価により計算されます。
       ・「役員賞与」は、役員等の毎年度の業績向上への貢献意欲を高めることを目的とし、業績連動報酬として、前年度

        の業績および役員等個人の職務遂行状況に応じて決定し(役位別の基準額に対し0~200%の範囲で変動)、原則
        として年1回現金で支払うこととしております。
       ・上記にかかわらず、日本以外の現地採用役員等の報酬等については、職務内容や業務特性に加え、採用国の報酬規
        制・報酬慣行、現地でのマーケット水準等を勘案し、過度なリスクテイクを招かないよう個人別に設計しておりま
        す。
     (5)責任限定契約の内容の概要

      当社は、当連結会計年度末の定款において、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との責任限定契約に関す
     る規定を設けておりますが、当該定款に基づき当社が取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)と締結している責
     任限定契約の内容の概要は次のとおりであります。
      ① 取締役(業務執行取締役であるものを除く。)の責任限定契約
         取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、本契約締結後、会社法第423条第1項の責任について、そ
        の職務を行うにつき善意でありかつ重大な過失がなかったときは、金1千万円または会社法第425条第1項に定め
        る最低責任限度額のいずれか高い額を限度として損害賠償責任を負担するものとする。
     (6)定款で取締役の定数または取締役の資格制限について定め、また、取締役の選解任の決議要件につき、会社法と異

     なる別段の定めをした場合の内容
      当社の当連結会計年度末の定款には、取締役の定数および選任決議について、以下のとおり定めております。なお、解
     任決議につきましては別段の定めはございません。
      (取締役の員数および選任)
       第15条 当会社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は15名以内、監査等委員である取締役は6名以内と 
           し、それぞれ区別して株主総会において選任する。
         2.前項の選任決議には、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上にあたる株式を有する株
           主の出席を要する。
         3.取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする。
     (7)剰余金の配当の決定機関

      当社は、資本政策および配当政策を機動的に遂行するため、会社法第459条第1項各号に規定される、剰余金の配当お
     よび株主との合意による自己株式の取得等については法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議によって定め
     ることができます。また、当社は、株主への利益配分の機会を増やすため、会社法第454条第5項の規定により、毎年9
     月30日を基準日として、取締役会の決議により中間配当を行うことができます。
                                  44/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前連結会計年度                      当連結会計年度
            区分
                 監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                 く報酬(百万円)           報酬(百万円)           く報酬(百万円)           報酬(百万円)
          提出会社               407           23          395           43

          連結子会社               455           103           467           48

            計             863           126           863           91

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、「コンフォート・レ
         ター作成業務」等があります。
          (当連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、「コンフォート・レ
         ター作成業務」等があります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          監査報酬については、会計監査人より監査の体制・手続き・日程等の監査計画、監査見積時間等の提示を受
         け、その妥当性を検証の上、監査等委員会の同意を得て決定しております。
                                  45/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表および財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        ならびに同規則第46条および第68条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
        第52号)および「有価証券関連業経理の統一に関する規則」(昭和49年11月14日付日本証券業協会自主規制規則)
        に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に準拠して作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表および事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、有
       限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
       法人財務会計基準機構へ加入し、研修に参加しております。
                                  46/128













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,202,126              1,620,266
         現金・預金
                                        609,108              768,679
         預託金
                                      ※2 14,549,323             ※2 14,756,676
         トレーディング商品
                                       3,082,614              3,381,146
          商品有価証券等
                                       11,466,709              11,375,529
          デリバティブ取引
                                        159,535              238,148
         約定見返勘定
                                        260,890              287,718
         信用取引資産
                                        210,157              206,613
          信用取引貸付金
                                         50,732              81,104
          信用取引借証券担保金
                                       12,304,282              10,826,770
         有価証券担保貸付金
                                       4,648,830              4,708,149
          借入有価証券担保金
                                       7,655,452              6,118,621
          現先取引貸付金
                                         4,986              3,936
         立替金
         短期差入保証金                                944,504             1,026,110
                                           133             94,521
         短期貸付金
                                        180,930               56,697
         有価証券
                                         1,862               629
         未収還付法人税等
                                         22,560              19,253
         繰延税金資産
                                        116,868              108,582
         その他の流動資産
                                           △ 0             △ 0
         貸倒引当金
                                       30,357,113              29,807,989
         流動資産計
       固定資産
                                        ※1 37,508             ※1 39,954
         有形固定資産
                                         18,610              22,690
          建物
                                         12,162              12,398
          器具備品
                                         4,724              4,718
          土地
                                         1,797                14
          建設仮勘定
                                           213              132
          その他
                                        100,035              109,110
         無形固定資産
                                         62,277              73,463
          ソフトウエア
                                         37,758              35,646
          その他
                                        528,383              536,113
         投資その他の資産
                                       ※4 497,255             ※4 494,546
          投資有価証券
                                           31            12,363
          長期貸付金
                                         4,284              3,793
          退職給付に係る資産
                                         4,551              4,192
          繰延税金資産
                                         23,873              22,331
          その他
                                        △ 1,613             △ 1,113
          貸倒引当金
                                        665,927              685,178
         固定資産計
                                       31,023,040              30,493,167
       資産合計
                                  47/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       12,932,406              14,156,731
         トレーディング商品
                                       1,730,053              2,925,489
          商品有価証券等
                                       11,202,353              11,231,241
          デリバティブ取引
                                        162,002              229,484
         信用取引負債
                                        ※2 33,926
          信用取引借入金                                             51,393
                                        128,075              178,091
          信用取引貸証券受入金
                                       11,172,507               8,462,325
         有価証券担保借入金
                                       2,590,459              2,465,473
          有価証券貸借取引受入金
                                       8,582,047              5,996,852
          現先取引借入金
                                        433,688              533,224
         預り金
                                       1,559,515              1,744,172
         受入保証金
                                      ※2 1,147,689             ※2 1,855,938
         短期借入金
                                        169,048              137,573
         1年内償還予定の社債
                                         71,548              122,820
         1年内返済予定の長期借入金
                                        735,924              592,078
         コマーシャル・ペーパー
                                         12,084              11,192
         未払法人税等
                                         36,400              26,530
         賞与引当金
                                           275             1,336
         偶発損失引当金
                                         1,055                6
         資産除去債務
                                        135,133              112,977
         その他の流動負債
                                       28,569,280              27,986,392
         流動負債計
       固定負債
                                       ※2 918,311            ※2 1,022,165
         社債
                                        488,815              505,000
         長期借入金
                                         1,390              2,868
         繰延税金負債
                                         1,826              3,249
         退職給付に係る負債
                                           19              30
         役員退職慰労引当金
                                         5,629              7,634
         資産除去債務
                                           504             2,301
         その他の固定負債
                                       1,416,497              1,543,249
         固定負債計
       特別法上の準備金
                                        ※5 4,232             ※5 4,075
         金融商品取引責任準備金
         特別法上の準備金計                                 4,232              4,075
                                       29,990,010              29,533,717
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         75,518              75,518
         資本金
         資本剰余金                                451,480              438,916
                                        228,089              185,688
         利益剰余金
                                        755,089              700,123
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                  690              840
                                          △ 37              43
         繰延ヘッジ損益
                                         19,508             △ 26,992
         為替換算調整勘定
                                         1,074               846
         退職給付に係る調整累計額
                                         21,236             △ 25,262
         その他の包括利益累計額合計
                                           -              16
       新株予約権
                                        256,704              284,574
       非支配株主持分
                                       1,033,030               959,450
       純資産合計
                                       31,023,040              30,493,167
      負債・純資産合計
                                  48/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業収益
                                        226,105              173,279
       受入手数料
                                         46,662              39,056
         委託手数料
         引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘
                                         54,157              36,696
         等の手数料
         募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等
                                         49,702              35,623
         の取扱手数料
                                         75,582              61,901
         その他の受入手数料
                                        178,770              179,112
       トレーディング損益
                                         69,573              52,105
       金融収益
                                            0              0
       その他の営業収益
       営業収益計                                 474,449              404,497
                                         36,706              25,260
      金融費用
                                        437,742              379,237
      純営業収益
      販売費・一般管理費
                                        122,518               98,435
       取引関係費
                                       ※1 133,462             ※1 120,415
       人件費
       不動産関係費                                  26,696              26,090
                                         33,844              31,607
       事務費
                                         21,077              23,019
       減価償却費
                                         10,089               7,179
       租税公課
                                         9,365              8,377
       その他
                                        357,055              315,125
       販売費・一般管理費計
                                         80,687              64,111
      営業利益
      営業外収益
                                         4,148              4,351
       受取利息
                                         19,578              29,248
       持分法による投資利益
                                         4,158              3,475
       その他
                                         27,885              37,075
       営業外収益計
      営業外費用
                                           195               -
       デリバティブ評価損
                                           269              859
       固定資産除却損
                                           -              350
       事務過誤損失
                                           249              381
       その他
                                           715             1,591
       営業外費用計
                                        107,857               99,595
      経常利益
                                  49/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      特別利益
                                           275               23
       投資有価証券売却益
                                           -              156
       金融商品取引責任準備金戻入
                                           275              180
       特別利益計
      特別損失
                                           26              53
       投資有価証券売却損
                                          ※2 23
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                                        ※3 3
                                           -
       固定資産売却損
                                         ※4 710             ※4 474
       減損損失
                                         1,884                -
       持分変動損失
                                           460               -
       金融商品取引責任準備金繰入れ
                                            2            1,657
       本社移転費用
                                                      ※5 1,276
                                           -
       偶発損失引当金繰入額
                                           406               -
       その他
                                         3,513              3,465
       特別損失計
                                        104,619               96,310
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   35,556              20,169
                                        △ 1,585              1,525
      法人税等調整額
                                         33,971              21,695
      法人税等合計
                                         70,647              74,615
      当期純利益
                                         27,384              25,529
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         43,262              49,085
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  50/128












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         70,647              74,615
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 7,567               128
       その他有価証券評価差額金
                                           31              82
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 9,311             △ 51,678
       為替換算調整勘定
                                        △ 3,138              △ 174
       退職給付に係る調整額
                                         △ 485             △ 137
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※ △ 20,471             ※ △ 51,779
       その他の包括利益合計
                                         50,175              22,836
      包括利益
      (内訳)
                                         23,999              △ 2,351
       親会社株主に係る包括利益
                                         26,175              25,187
       非支配株主に係る包括利益
                                  51/128















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金          資本剰余金           利益剰余金           株主資本合計
     当期首残高
                        75,518           452,817           207,098           735,434
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 22,271          △ 22,271
      親会社株主に帰属する当
                                              43,262           43,262
      期純利益
      連結範囲の変動                                          -           -
      子会社株式の追加取得                             △ 1,336                     △ 1,336
      子会社株式の一部売却                               -                      -
      非支配株主との取引に係
                                     -                      -
      る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -         △ 1,336           20,991           19,654
     当期末残高
                        75,518           451,480           228,089           755,089
                         その他の包括利益累計額

                                                   非支配
                 その他有価                       その他の     新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ      為替換算     退職給付に係                 株主持分
                 証券評価差                      包括利益累
                        損益     調整勘定     る調整累計額
                 額金                       計額合計
     当期首残高              8,833      △ 134    28,811      2,988     40,499       -   249,837     1,025,771
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 22,271
      親会社株主に帰属する当
                                                         43,262
      期純利益
      連結範囲の変動                                                     -
      子会社株式の追加取得                                                   △ 1,336
      子会社株式の一部売却                                                     -
      非支配株主との取引に係
                                                           -
      る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当
                  △ 8,143       97   △ 9,302     △ 1,914    △ 19,262       -    6,866    △ 12,396
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 8,143       97   △ 9,302     △ 1,914    △ 19,262       -    6,866      7,258
     当期末残高
                    690     △ 37    19,508      1,074     21,236       -   256,704     1,033,030
                                  52/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金          資本剰余金           利益剰余金           株主資本合計
     当期首残高                   75,518           451,480           228,089           755,089
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 73,583          △ 73,583
      親会社株主に帰属する当
                                              49,085           49,085
      期純利益
      連結範囲の変動
                                              △ 17,903          △ 17,903
      子会社株式の追加取得                              △ 564                     △ 564
      子会社株式の一部売却                               0                      0
      非支配株主との取引に係
                                  △ 12,000                     △ 12,000
      る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -        △ 12,564          △ 42,401          △ 54,966
     当期末残高                   75,518           438,916           185,688           700,123
                         その他の包括利益累計額

                                                   非支配
                 その他有価                       その他の     新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ      為替換算     退職給付に係                 株主持分
                 証券評価差                      包括利益累
                        損益     調整勘定     る調整累計額
                 額金                       計額合計
     当期首残高               690     △ 37    19,508      1,074     21,236       -   256,704     1,033,030
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 73,583
      親会社株主に帰属する当
                                                         49,085
      期純利益
      連結範囲の変動
                                                        △ 17,903
      子会社株式の追加取得                                                    △ 564
      子会社株式の一部売却                                                     0
      非支配株主との取引に係
                                                        △ 12,000
      る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当
                    149      80   △ 46,501      △ 227   △ 46,499       16    27,869     △ 18,613
      期変動額(純額)
     当期変動額合計               149      80   △ 46,501      △ 227   △ 46,499       16    27,869     △ 73,579
     当期末残高               840      43   △ 26,992       846   △ 25,262       16   284,574      959,450
                                  53/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        104,619               96,310
       税金等調整前当期純利益
                                         21,077              23,019
       減価償却費
                                         2,077              2,077
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 371             △ 499
       金融商品取引責任準備金の増減額(△は減少)                                   460             △ 156
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,384              1,422
                                        △ 74,233             △ 57,704
       受取利息及び受取配当金
                                         36,706              25,260
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 19,578             △ 29,248
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 2,226             △ 1,107
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    23              -
       固定資産売却損益(△は益)                                    -               3
                                           710              474
       減損損失
       持分変動損益(△は益)                                  1,884                -
       顧客分別金信託の増減額(△は増加)                                  61,842             △ 176,913
                                       1,937,477               392,143
       トレーディング商品の増減額
       約定見返勘定の増減額(△は増加)                                △ 831,220             △ 143,715
                                        △ 2,410              40,655
       信用取引資産及び信用取引負債の増減額
       有価証券担保貸付金及び有価証券担保借入金の増
                                       △ 654,135             △ 849,425
       減額
                                        △ 34,943              121,533
       立替金及び預り金の増減額
       短期差入保証金の増減額(△は増加)                                  6,464            △ 151,245
       受入保証金の増減額(△は減少)                                  65,605              392,443
                                       △ 101,978              △ 95,366
       その他
                                        516,467             △ 410,036
       小計
                                         95,443              80,036
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 43,716             △ 22,051
       利息の支払額
                                        △ 60,590             △ 26,733
       法人税等の支払額
                                         17,430               9,149
       法人税等の還付額
                                        525,034             △ 369,635
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  54/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 6,234             △ 5,917
       定期預金の預入による支出
                                         6,483              7,377
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 320,493             △ 123,207
       有価証券の取得による支出
                                        267,292              215,480
       有価証券の売却及び償還による収入
                                       △ 325,531             △ 327,476
       投資有価証券の取得による支出
                                        337,612              334,420
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 9,648             △ 12,694
       有形固定資産の取得による支出
                                            0              0
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 422            △ 1,005
       有形固定資産の除却による支出
                                        △ 38,713             △ 31,247
       無形固定資産の取得による支出
       貸付金の増減額(△は増加)                                  8,633              3,986
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        ※2 2,597
                                                         -
       収入
                                        △ 78,423              59,718
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 193,311              753,498
       コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                △ 160,396             △ 129,036
       長期借入れによる収入                                 248,073              293,704
                                       △ 247,692             △ 226,372
       長期借入金の返済による支出
                                        709,274              546,196
       社債の発行による収入
                                       △ 663,067             △ 461,948
       社債の償還による支出
                                        △ 22,271             △ 20,281
       配当金の支払額
                                        △ 28,796              △ 8,310
       非支配株主への分配金支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                        △ 3,888             △ 1,612
       よる支出
                                           -               0
       その他
                                       △ 362,075              745,838
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,212             △ 7,492
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   81,323              428,428
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,149,317              1,194,597
                                        △ 36,043              △ 8,547
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                      ※1 1,194,597             ※1 1,614,478
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  55/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           連結子会社数        11 社
           連結子会社名
            三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
            三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社
            カブドットコム証券株式会社
            MUS   ビジネスサービス株式会社
            エム・ユー・エス情報システム株式会社
            MUFGセキュリティーズEMEA (注)1
            三菱UFJウェルスマネジメント銀行(スイス)
            SL16,   Limited (注)2
            MUFGセキュリティーズアジア (注)3
            MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール) (注)4
            MMパートナーシップ
            (注)1.     MUFGセキュリティーズEMEAは、三菱UFJセキュリティーズインターナショナルから
                 商号変更しております。
               2.  SL16,   Limited    は、三菱UFJセキュリティーズ(香港)ホールディングスから商号変更して
                 おります。
               3.MUFGセキュリティーズアジアは、三菱UFJセキュリティーズ(香港)から商号変更して
                 おります。
               4.MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)は、三菱UFJセキュリティーズ(シンガ
                 ポール)から商号変更しております。
          (除外)
            MUFGセキュリティーズアメリカ
            MUFGセキュリティーズ(カナダ)
             上記2社は、当社がMUFGセキュリティーズアメリカの全株式を当社の親会社である株式会社三菱U
             FJフィナンシャル・グループに現物配当したことに伴い、連結の範囲から除外しております。なお、
             MUFGセキュリティーズアメリカは、三菱UFJセキュリティーズ(USA)から商号変更しており
             ます。
         2.持分法の適用に関する事項
           持分法適用関連会社数            3 社
           持分法適用関連会社名
            モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
            三菱UFJ国際投信株式会社
            丸の内キャピタル株式会社
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社の決算日は以下のとおりであります。
            12月末日  6社
            3月末日  5社
            決算日が連結決算日と異なる連結子会社のうち、決算日の差異が3ヶ月を超えない6社については、各社
           の決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、各社の決算日から連結決算日までの期間に発生した
           重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
                                  56/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         4.会計方針に関する事項
          (1)トレーディングに関する有価証券等の評価基準および評価方法
            トレーディングに関する有価証券(売買目的有価証券)およびデリバティブ取引等については、原則と
           して時価法を採用しております。
          (2)トレーディング関連以外の有価証券等の評価基準および評価方法
           ① その他有価証券
             ア.時価のあるもの
               当連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売
              却原価は移動平均法により算定)によっております。
             イ.時価のないもの
               移動平均法による原価法によっております。
           ② 投資事業有限責任組合等出資
              投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証
             券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の決算書
             を基礎とし、持分相当額を純額で取込む方法によっております。
          (3)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産の減価償却の方法(リース資産を除く)
              当社および連結子会社は、主として定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物       6~50年
              器具備品     5~15年
           (会計方針の変更)
              法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」
             (実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得
             した建物附属設備および構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
              なお、この結果、当連結会計年度の営業利益、経常利益および税金等調整前当期純利益に与える影響
             は軽微であります。
           ② 無形固定資産の減価償却の方法(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期
             間(主として5年)に基づく定額法によっております。
          (4)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
              貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の
             債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
              従業員に対する賞与の支払いに備えるため、所定の計算方法による支払見込額を計上しております。
           ③ 役員賞与引当金
              役員賞与の支払いに備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
           ④  偶発損失引当金
              各種の訴訟や規制当局による検査・調査等に関して偶発的に発生する損失に備えるため、将来発生す
             る可能性のある損失の見積額を計上しております。
           ⑤  役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支払に備えるため、一部連結子会社は内規に基づく当連結会計年度末要支給額を
             計上しております。
                                  57/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
          ( 5 )  退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
              過去勤務費用については,その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主とし
             て12年)による定額法により費用処理しております。
              数理計算上の差異については,各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
             定の年数(主として12年)による定額法により按分した額をそれぞれ主として発生の翌連結会計年度か
             ら費用処理しております。
          (6)重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
              通貨スワップ、為替予約および金利スワップをヘッジ手段として指定した時価ヘッジおよび繰延ヘッ
             ジを適用しています。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
             ア.為替変動リスク
              (a)ヘッジ手段
               通貨スワップ、為替予約
              (b)ヘッジ対象
               外貨建金融資産(有価証券、投資有価証券)
             イ.金利変動リスク
              (a)ヘッジ手段
               金利スワップ
              (b)ヘッジ対象
               有価証券、投資有価証券
           ③ ヘッジ方針
              外貨建金融資産の一部について為替変動リスクを回避するため通貨スワップ取引および為替予約取引
             を行っているほか、一部の有価証券・投資有価証券の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取
             引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別契約ごとに行っております。
           ④ ヘッジの有効性評価の方法
              ヘッジ対象とヘッジ手段の有効性の評価を定期的に行っております。
          (7)のれんの償却方法および償却期間
            のれんの償却については、発生の都度、子会社の実態に基づいて償却期間を見積り、20年以内の年数で
           均等償却しております。なお、のれんの金額に重要性が乏しい場合には、発生年度に全額償却しておりま
           す。
          (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金および当座預金、普通預金等の随時引き出し可能な預金からなっております。(預入期間が
           3ヶ月を超える定期預金は含んでおりません。)
          (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           ① 消費税等の会計処理
              消費税および地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。
           ② 連結納税制度の適用
              当社および一部の国内連結子会社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを連結納税親会
             社とする連結納税制度を適用しております。
                                  58/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計年
     度から適用しております。
                                  59/128



















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                        (平成28年3月31日)                     (平成29年3月31日)
        減価償却累計額                         28,497   百万円                  28,225   百万円
     ※2.担保に供している資産

        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                     被担保債務                        担保に供している資産
                               期末残高         トレーディング商品               計
                 科目
                              (百万円)           (百万円)           (百万円)
        短期借入金                          165,982           121,413           121,413
         共通担保資金供給オペレーション                         150,000           102,374           102,374
        信用取引借入金                           2,208           2,910           2,910
        社債                          19,301           20,276           20,276
                 計                 187,492           144,600           144,600
        (注)1.担保に供している資産は期末帳簿価額によるものであります。
           2.上記のほか、短期借入金(共通担保資金供給オペレーション)の担保として消費貸借契約により借り入
             れた有価証券169,773百万円および担保として受け入れた有価証券191,113百万円を差し入れておりま
             す。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                     被担保債務                        担保に供している資産
                               期末残高         トレーディング商品               計
                 科目
                              (百万円)           (百万円)           (百万円)
        短期借入金                          161,704           229,080           229,080
         共通担保資金供給オペレーション                         161,704           229,080           229,080
        社債                          11,474           12,023           12,023
                 計                 173,178           241,104           241,104
        (注)1.担保に供している資産は期末帳簿価額によるものであります。
           2.上記のほか、短期借入金(共通担保資金供給オペレーション)の担保として消費貸借契約により借り入
             れた有価証券146,675百万円および担保として受け入れた有価証券10,137百万円を差し入れておりま
             す。
                                  60/128








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      3.有価証券を担保とした金融取引および有価証券の消費貸借契約により差し入れた、または受け入れた有価証券の時
        価額は以下のとおりであります。
        (1)差し入れた有価証券
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
        信用取引貸証券                            127,114百万円                 178,826百万円
        信用取引借入金の本担保証券                             33,886                 50,881
        消費貸借契約により貸し付けた有価証券                           2,880,429                 2,820,371
        現先取引で売却した有価証券                           10,795,883                 7,772,466
        その他担保として差し入れた有価証券                            489,209                 605,015
        (注)担保に供している資産に属するものは除いております。
        (2)受け入れた有価証券

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
        信用取引貸付金の本担保証券                            193,048百万円                 196,739百万円
        信用取引借証券                             47,940                 76,232
        消費貸借契約により借り入れた有価証券                           5,479,009                 5,477,981
        現先取引で買い付けた有価証券                           8,788,999                 6,701,258
        その他担保として受け入れた有価証券                            561,172                 489,747
     ※4.関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
        投資有価証券(株式)                            287,449百万円                 291,688百万円
     ※5.特別法上の準備金の計上を規定した法令の条項は以下のとおりであります。

         金融商品取引責任準備金
          金融商品取引法第46条の5
      6.当座貸越契約および貸出コミットメント

        (貸手側)
         連結子会社は貸出コミットメント契約等を締結しております。この契約に基づく貸出未実行残高は以下のとおり
         であります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
         貸出コミットメントの総額                            60,271百万円                 29,245百万円
         貸出実行残高                              -                 -
                 差引額                     60,271                 29,245
        (借手側)

         当社および連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行9行(前連結会計年度末10行)
         と当座貸越契約等を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
         当座貸越極度額                           310,728百万円                 269,607百万円
         借入実行残高                              -               4,000
                 差引額                    310,728                 265,607
      7.偶発債務

       (保証債務)
        当社は、MUFGセキュリティーズアメリカが有価証券担保取引を行うに当たり、取引の相手方となる金融機関へ
       の債務に対して保証を行っております。なお、当連結会計年度末において当該残高は114百万円であります。
                                  61/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
     ※1.人件費には、次のものが含まれております。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
        賞与引当金繰入額                             29,980百万円                 25,735百万円
        退職給付費用                              675               6,158
     ※2.投資有価証券評価損

        「金融商品に関する会計基準」に基づき減損処理を行ったものであります。
     ※3.固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
        器具備品                               -百万円                 3百万円
     ※4.減損損失

        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
             場所             用途             種類         減損損失額(百万円)
                                   ソフトウエア                       185
         東京都江東区
                      業務システム
         他1箇所
                                   器具備品                       176
                                   建物                        164
         東京都渋谷区
                      店舗設備              器具備品                        104
         他57箇所
                                   土地                         7
                                   建物                        54
         その他              移転予定オフィス
                                   器具備品                        16
         当社グループは、主要な連結子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社については、同社の管
        理会計制度における管理単位をキャッシュ・フロー生成単位としてホールセールとリテールに分け、それぞれの本
        部および支店についてグルーピングを行っており、その他の連結子会社のうち、賃貸用不動産を有する会社につい
        てはそれぞれの物件毎に、当社を含むそれ以外の会社については原則として、事業全体を1つの資産グループとし
        てそれぞれグルーピングを行い減損の兆候を判断しております。
         当連結会計年度において、業務システムの一部更改等により使用の見込みがなくなったソフトウェア・器具備
        品、稼働率が低下したもしくは店舗の移転・電話設備の更改により使用の見込みがなくなった建物・器具備品・土
        地、オフィスの移転により使用の見込みがなくなった建物・器具備品について、帳簿価額を回収可能価額まで減額
        し、減損損失(710百万円)として特別損失に計上しております。
         当資産グループの回収可能価額のうち、業務システムの器具備品、店舗の移転・電話設備の更改により使用の見
        込みがなくなった建物・器具備品、移転予定オフィスの建物・器具備品については正味売却可能価額で測定してお
        り、合理的な見積もりにより評価しております。
         また、業務システムのソフトウェア、稼働率が低下した店舗設備の建物・器具備品・土地については使用価値で
        測定しており、将来キャッシュ・フローを0.2%~0.5%で割り引いて算定しております。
                                  62/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
             場所             用途             種類         減損損失額(百万円)
         東京都千代田区
                      業務システム              ソフトウエア                       255
         他2箇所
                                   建物                        118
         愛知県名古屋市
                      店舗設備              器具備品                        16
         他55箇所
                                   土地                         6
         その他              移転予定オフィス              建物                        77
         当社グループは、主要な連結子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社については、同社の管
        理会計制度における管理単位をキャッシュ・フロー生成単位としてそれぞれの本部および支店についてグルーピン
        グを行っており、その他の連結子会社のうち、賃貸用不動産を有する会社についてはそれぞれの物件毎に、当社を
        含むそれ以外の会社については原則として、事業全体を1つの資産グループとしてそれぞれグルーピングを行い減
        損の兆候を判断しております。
         当連結会計年度において、業務システムの一部更改等により使用の見込みがなくなったソフトウェア、稼働率が
        低下したもしくは店舗の移転等・電話設備の更改により使用の見込みがなくなった建物・器具備品・土地、オフィ
        スの移転により使用の見込みがなくなった建物について、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失(474百
        万円)として特別損失に計上しております。
         当資産グループの回収可能価額のうち、店舗の移転等・電話設備の更改により使用の見込みがなくなった建物・
        器具備品、移転予定オフィスの建物については正味売却可能価額で測定しており、合理的な見積もりにより評価し
        ております。
         また、業務システムのソフトウェア、稼働率が低下した店舗設備の建物・器具備品・土地については使用価値で
        測定しており、将来キャッシュ・フローを0.1%~0.3%で割り引いて算定しております。
     ※5.偶発損失引当金繰入額

        当社の英国現地法人は、同国における関係当局による調査に対応しており、この調査に関連して偶発損失引当金を
       計上しております。なお、本報告書提出日時点では、関係当局との間で合意に達し既に金銭の支払いを行っておりま
       す。
                                  63/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                            △8,168百万円                  2,054百万円
                                     △3,305                 △1,910
         組替調整額
          税効果調整前
                                    △11,474                   143
                                      3,906                 △14
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                           △7,567                   128
        繰延ヘッジ損益:
         当期発生額                             △67                  72
                                       124                 36
         組替調整額
          税効果調整前
                                       57                109
                                      △26                 △26
          税効果額
          繰延ヘッジ損益                             31                 82
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                            △9,311                △51,301
                                       -                 -
         組替調整額
          税効果調整前
                                     △9,311                △51,301
                                       -               △377
          税効果額
          為替換算調整勘定                           △9,311                △51,678
        退職給付に係る調整額:
         当期発生額                            △3,546                   525
                                     △1,174                  △776
         組替調整額
          税効果調整前
                                     △4,720                  △251
                                      1,582                  76
          税効果額
                                     △3,138                  △174
          退職給付に係る調整額
        持分法適用会社に対する持分相当額:
         当期発生額                             △565                 △84
                                       80               △53
         組替調整額
                                      △485                 △137
          持分法適用会社に対する持分相当額
           その他の包括利益合計                         △20,471                 △51,779
                                  64/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
       発行済株式
        普通株式                  736,985            -          -       736,985
             合計             736,985            -          -       736,985
      (注)自己株式については、該当事項はありません。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
          (決議)       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
        平成27年6月24日
                  普通株式           11,777         15.98    平成27年3月31日          平成27年6月24日
        定時株主総会
                         配当金の総額         1株当たり

          (決議)       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
        平成27年10月29日
                  普通株式           10,494         14.24    平成27年9月30日          平成27年11月16日
        取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                       配当金の総額             1株当たり
          (決議)       株式の種類             配当の原資               基準日        効力発生日
                        (百万円)            配当額(円)
        平成28年4月28日
                  普通株式        10,266    利益剰余金         13.93    平成28年3月31日         平成28年5月17日
        取締役会
      (3)  取締役会決議に基づき、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(当社議決権割合の100%を有する株主)

        に対し、平成28年7月1日に以下の内容で特別配当を実施する予定です。かかる特別配当に伴い、株式会社三菱U
        FJフィナンシャル・グループに対し、金銭分配請求権(当社に対し、下記配当財産に代えて金銭を交付すること
        を請求する権利。行使期間は平成28年3月28日から平成28年6月30日まで。)を付与しております。
                       配当財産の種類および                  1株当たり
          (決議)       株式の種類                 配当の原資             基準日      効力発生日
                       帳簿価額(百万円)
                                         配当額(円)
                       三菱UFJセ
                       キュリティー
        平成28年3月25日
                  普通株式     ズ(USA)       53,301    利益剰余金         72.32     -   平成28年7月1日
        取締役会
                       の普通株式全
                       て
                                  65/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首 株式数(千株)         加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
       発行済株式
        普通株式                  736,985            -          -       736,985
             合計             736,985            -          -       736,985
      (注)自己株式については、該当事項はありません。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                 当連結会計年度末残高
          区分
                    (百万円)
        連結子会社                   16

     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                                         1株当たり
                          配当財産の種類および
          (決議)       株式の種類                        配当額      基準日      効力発生日
                           帳簿価額    (百万円)
                                          (円)
                       MUFGセキュリティー
        平成28年3月25日
                  普通株式                          72.32     -    平成28年7月1日
                       ズアメリカ(注)の普通             53,301
        取締役会
                       株式全て
        (注)MUFGセキュリティーズアメリカは、平成28年7月1日付で三菱UFJセキュリティーズ(USA)から
           商号変更しております。
                         配当金の総額         1株当たり

          (決議)       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
        平成28年4月28日
                  普通株式           10,266         13.93    平成28年3月31日          平成28年5月17日
        取締役会
                         配当金の総額         1株当たり

          (決議)       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
        平成28年11月1日
                  普通株式           10,015         13.59    平成28年9月30日          平成28年11月15日
        取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                       配当金の総額             1株当たり
          (決議)       株式の種類             配当の原資               基準日        効力発生日
                        (百万円)            配当額(円)
        平成29年5月1日
                  普通株式        10,229    利益剰余金         13.88    平成29年3月31日         平成29年5月16日
        取締役会
                                  66/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記する科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
       現金・預金                              1,202,126百万円              1,620,266百万円
       預入期間が3ヶ月を超える定期預金                               △7,529              △5,788
       現金及び現金同等物の期末残高                              1,194,597              1,614,478
     ※2.株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産および負債の主な内訳

       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        株式の取得により新たにカブドットコム証券株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産および負債の内訳な
       らびに株式の取得価額と取得による収入との関係は次のとおりであります。
       流動資産               809,222     百万円

       固定資産                10,480
       のれん                22,374
       流動負債              △752,269
       固定負債               △22,758
       特別法上の準備金               △2,046
       非支配株主持分               △21,024
                      △6,459
       既存持分
       株式の取得価額
                       37,518
                      △40,115
       現金及び現金同等物
                       2,597
       差引:取得による収入
      3.重要な非資金取引の内容

       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        合併による関係会社株式の取得   35,067百万円
        (注)三菱UFJ投信株式会社を存続会社、国際投信投資顧問株式会社を消滅会社とする合併を行ったことにより、
          国際投信投資顧問株式会社が連結子会社でなくなったことに伴い、三菱UFJ国際投信株式会社(持分法適用
          関連会社)の株式を取得しております。
       当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        株式の現物配当によりMUFGセキュリティーズアメリカ等が連結の範囲から除外されたことに伴い減少した資
        産および負債額
         流動資産(除く現金及び現金同等物)                           2,870,845      百万円
         固定資産                             7,165
         流動負債                          △2,801,251
         固定負債                           △19,038
                                     △66,267
         純資産
                                     △8,547
         差引:連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                  67/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
        重要性がないため、リース資産の内容および減価償却の方法の記載を省略しております。
       (貸主側)

        該当事項はありません。
     2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       (借主側)
                                                  (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
        1年内                              9,932                 9,572
        1年超                              79,961                 57,911
               合計                       89,894                 67,484
       (貸主側)

                                                  (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                                                        -
        1年内                               172
                                                        -
        1年超                               852
                                                        -
               合計                       1,025
                                  68/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        当社グループは、お客様のニーズに応じた金融商品や金融サービスを提供するため、種々の金融商品を保有してい
       ます。また、社債、株式など有価証券の引受業務も行っており、これらを一時的に保有することもあります。更にポ
       ジションのリスクコントロールやマーケットメイキングなどを目的として、トレーディングを行っています。また、
       資金調達の手段として種々の金融商品を利用しています。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク

        当社グループが保有する金融商品は、(a)株式や債券に代表される有価証券の現物取引、(b)株価指数の先物取引や
       オプション取引、国債証券の先物取引や先物オプション取引といった取引所上場の金融派生商品[市場デリバティブ
       取引、外国市場デリバティブ取引]、(c)スワップ取引、外国為替先物取引、通貨オプション取引、選択権付債券売
       買、有価証券店頭デリバティブ取引等の取引所以外の金融派生商品[店頭デリバティブ取引]、(d)証券化商品、その
       他の有価証券等、の4種類に大別されます。また、資金調達や運用の手段として、レポ取引や有価証券貸借取引、長
       期借入金、デリバティブを内包したMTNや仕組みローン等を利用しています。
        なお、ヘッジ会計に関する手段、対象、方針、有効性の評価方法等については、前述の「連結財務諸表作成のため
       の基本となる重要な事項」の「重要なヘッジ会計の方法」を参照ください。
       [金融商品に係る主要なリスク]

        当社グループが金融商品を保有することに伴い発生し、当社グループの財務状況に影響を与えるリスクには、主と
       して市場リスクと信用リスクがあります。市場リスクとは、金利、有価証券の価格、為替等の様々な指標(市場リス
       クファクター)の変動により、保有する資産・負債(オフバランスの資産・負債を含む)の価値が変動し、損失を被
       るリスク(市場変動リスク)、および市場の混乱や取引の厚み不足等により、必要とされる数量を妥当な水準で取引
       できないことにより損失を被るリスク(商品流動性リスク)をいいます。信用リスクとは、当社グループが信用を供
       与した取引先、ならびに当社グループが保有する有価証券の発行者、もしくはクレジットデリバティブ取引等におけ
       る参照体の財務状況の悪化、契約不履行等により損失を被るリスクをいいます。また、その他に、当社グループの財
       務内容の悪化等により金融商品を保有するために必要な資金が確保できなくなること、または資金の確保に通常より
       著しく不利な条件での資金調達を余儀なくされることにより損失を被る可能性がある資金流動性リスク、金融商品の
       取扱などに関連し内部プロセス・人・システムが不適切であることもしくは機能しないこと、または外性的事象に起
       因するオペレーショナルリスクがあります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

       [リスクガバナンス]
        当社グループは、業務戦略・収益計画と各種リスクの運営方針を有機的に関連付け一体管理する枠組みとしてリス
       ク・アペタイト・フレームワーク(RAF)を導入しています。当社グループの収益・リスクのバランスを確保し、
       リスクガバナンス強化や資本運営の最適化を図るため、当社は、経営ビジョンならびに許容すべきリスクの基本戦
       略、原則および方針を国内主要子会社、海外主要子会社それぞれに対して、「リスク・アペタイト・ステートメント
       (RAS)」として定め、また、主要子会社は、これらと整合する各社毎のRASを定め、それぞれRAFの基本方
       針を明文化しています。当社は、当社グループ主要各社が、経営計画をRASに基づいて策定し、その業務運営がR
       ASに沿ってなされているかモニタリングすると共に、必要に応じて指導・助言しております。
        また、当社は、取締役会からリスク管理に係る重要事項の決議を委任された「リスク管理会議」において、市場リ
       スク管理、信用リスク管理、資金流動性リスク管理、オペレーショナルリスク管理に係る規程等を制定し、当該規程
       に則りリスク管理を行っています。当社グループの各種リスクの状況は、業務を執行する部署から独立した当社のリ
       スク管理部署がモニタリングするとともに、その結果を定期的に経営陣、リスク管理会議および取締役会に報告して
       います。
        金融商品の時価評価は、当社グループ主要各社のプロダクトコントロール部署が日次でモニタリングするととも
       に、独立した検証を行い、その結果を定期的に関連会議体に報告しています。また、リスク管理および財務等に係る
       重要なデータの信頼性を支える体制整備のため、チーフ・データ・オフィサー、経営情報管理部署を設置していま
       す。
                                  69/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       [市場リスク]
        市場リスクについて、当社ならびに当社グループ主要各社は①市場リスク量による管理方法、②ストレステストに
       よる管理方法、③感応度等による管理方法等を通じて、それぞれに限度枠を設定し、リスク管理部署がその遵守状況
       をモニタリングすることにより管理を行っています。これら市場リスク管理の状況は、定期的にリスク管理会議およ
       び取締役会にリスク管理部署が取り纏めて報告しています。
       ①市場リスク量による管理方法
        市場リスク量は、保有期間や信頼区間等の一定の前提条件の下、市場変化によって被る可能性のある損失額として
       定義されます。当社では、当社グループ主要各社が保有している商品有価証券やデリバティブ取引等の全てのトレー
       ディングポジションを対象として、金利、為替、株価等の代表的な市場変化に伴うリスクを表すVaR(バリュー・
       アット・リスク)と債券や株式等の個別銘柄事情に起因した価格変動リスクを表すVaI(バリュー・アット・イ
       ディオシンクラティック・リスク)を日次で計測しています。これらVaRおよびVaI(これらを合わせて「市場
       リスク量」と言う)の算定に当たっては、保有期間10日間、信頼区間99%、観測期間701日間のヒストリカルシミュ
       レーション法を採用した計測モデルを用いています。こうして算出される市場リスク量について、当社グループ主要
       各社の各業務分野毎に限度枠(市場リスク量枠)を設定し、その費消状況等を日次でモニタリングしています。これ
       らの限度枠は、原則、半期毎に見直しを行っています。なお、上記市場リスク量は、月次でバック・テスティングを
       行い、計測モデルの妥当性を確認しています。
       ②ストレステストによる管理方法
        当社では、市場リスク量だけでは捕捉し切れない大幅な市場変化等のストレス事象が発生した際に生じる想定損失
       額を一定限度に収めるため、ストレステストを月次で実施すると共に、そこで算出されたストレス損失額に対して、
       一定の限度枠を設定し、管理しています。当社のストレステストは、当社グループ主要各社が保有している市場リス
       クポジションについて、債券や株式等のように市場流動性の高いポジションとエキゾチックデリバティブ等のように
       市場流動性の低いポジションに分別した上で、それぞれに市場流動性を反映したストレスシナリオを設定し、計測を
       行っています。さらに、当社グループ主要各社も、それぞれ独自にストレステストを実施しています。なお、ストレ
       ステストの計測手法は、保有するリスクポジション状況や市場変化等を考慮した上で、原則、半期毎に見直しを行っ
       ています。
       ③感応度等による管理方法
        上記市場リスク量やストレステストを通じた管理を補完するものとして、当社グループ主要各社は、各社の商品・
       業務特性に応じた市場リスクファクターの各種感応度や取引残高に対して、様々な限度枠(「各種パラメータ枠」と
       言う)を設定し、日次でモニタリングすることにより、きめ細かな管理を行っています。また、当社は、グループ主
       要各社に対し、パラメータ枠を設定し、運営状況を週次でモニタリングしています。これら各種パラメータ枠は、当
       社および当社グループ主要各社が、市場リスク量枠等と整合性を確認しつつ、原則、半期毎に見直しを行っていま
       す。
       [市場リスクに係る定量的情報]
       (トレーディング目的の金融商品)
        平成29年3月31日(当期の連結決算日)現在で当社グループのトレーディング業務の市場リスク量は、全体で
       8,036百万円(前連結会計年度は10,107百万円)であります。
        平成28年度に関して実施したバック・テスティングの結果、実際の損失額が市場リスク量を超えた回数は0回(前
       連結会計年度は1回)であります。
        市場リスク量は過去の相場変動をベースに統計的に算出した一定の発生確率でのリスク量ですが、通常では考えら
       れないほど市場環境が激変する状況下におけるリスクは捕捉できない場合があるため、これを補完するため、ストレ
       ステストを実施しています。
       (トレーディング目的以外の金融商品)
        当社グループにおいて、リスク管理上市場リスクに関する定量的分析を利用していない金融商品のうち市場リスク
       変動の影響を受ける主な金融商品は「有価証券および投資有価証券」のその他有価証券に分類される上場株式および
       債券です。
        平成29年3月31日(当期の連結決算日)現在で主にヒストリカルシミュレーション法(保有期間10日、信頼区間
       99%、観測期間701営業日)を採用し市場リスク量を算定した場合、全体で2,170百万円(前連結会計年度は2,902百
       万円)となります。
        なお、トレーディング目的の金融商品と同じく、トレーディング目的以外の金融商品に対しても、ストレステスト
       を実施しています。
                                  70/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       [信用リスク]
        当社は、当社グループの信用リスクについて「与信リスク」、「発行体リスク」および「カントリーリスク」毎
       に、管理方法を定めています。与信リスクは取引先グループないし取引先毎に管理し、与信の供与は、リスク管理会
       議において決定するほか、リスク管理会議からの権限委譲に基づき決定しています。発行体リスクは、集中度回避等
       を目的とするポートフォリオ管理を原則とし、当社グループがトレーディング目的で保有する有価証券等およびクレ
       ジットデリバティブ取引における参照体に対し、格付け別の上限額等を設定することにより管理しています。さら
       に、特定の発行体等へのリスクの集中を回避することを目的とし、発行体別限度枠等を設定することにより管理して
       います。カントリーリスクは、対象国毎に当該国のリスクに晒されているカントリーリスク額の上限を設定すること
       により、当該国毎に管理しています。これら信用リスク管理の状況は、定期的にリスク管理会議および取締役会にリ
       スク管理部署が取り纏めて報告しています。
       [資金流動性リスク]
        当社では、当社およびMUFGグループの信用力の状況や資金調達市場の状況等に応じて、当社における資金流動
       性に係る危険度段階(流動性ステージ)を決定すること、ならびに決定されたステージに応じた資金流動性に係る行
       動計画およびコンティンジェンシープランを定めています。当社グループ主要各社は、資金流動性の危機事象が発生
       した場合の資金繰りおよびバランスシートの状況を把握するため、日次でストレステストを実施するとともに、資金
       流出額に対する良質な流動資産の割合(バーゼル規制の流動性カバレッジ比率(LCR))に数値基準を設定してい
       ます。当社は、当社グループ主要各社連結ベースのLCRに設定した数値基準に基づくLCRステージ運営を行って
       います。これら資金流動性リスク管理の状況は、定期的にリスク管理会議および取締役会にリスク管理部署が取り纏
       めて報告しています。
       [オペレーショナルリスク]
        当社では、オペレーショナルリスクを、内部プロセス・人・システムが不適切であることもしくは機能しないこ
       と、または外性的事象に起因する損失に係るリスクと定義し、具体的には「事務リスク」、「情報資産リスク」、
       「法的リスク」、「人材リスク」、「有形資産リスク」、「評判リスク」に分類のうえ、グループ主要各社において
       その規模・特性に応じた管理を行っています。オペレーショナルリスクは全ての業務に存在することから、当社グ
       ループ主要各社において、コントロール・セルフ・アセスメント(CSA)等を実施し、重要な内部統制プロセスに
       おけるオペレーショナルリスクの認識・評価を行っています。当社は、オペレーショナルリスクの管理状況は、リス
       ク管理部署が取り纏め、定期的にリスク管理会議および取締役会に報告しています。
      (4)   金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
       おります。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該
       価額が異なることもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等
       は、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクではありません。
                                  71/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
       極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)参照)
       前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                連結貸借対照表
                                           時    価     差    額
                                計   上   額
                                            (百万円)          (百万円)
                                  (百万円)
       (1)  現金・預金                                    1,202,126             -
                                    1,202,126
       (2)  預託金                           609,108          608,673           △435
       (3)  商品有価証券等                          3,082,614          3,082,614             -
       (4)  約定見返勘定                           159,535          159,535            -
       (5)  信用取引資産                           260,890          260,890            -
                                     210,157
          ①信用取引貸付金(            *1)
                                       △0
           貸倒引当金
                                     210,157          210,157            -
                                                           -
          ②信用取引借証券担保金                              50,732          50,732
       (6)  有価証券担保貸付金                                                △152
                                   12,304,282          12,304,129
                                    4,648,830          4,648,830             -
          ①借入有価証券担保金
          ②現先取引貸付金                            7,655,452          7,655,299            △152
       (7)  立替金                            4,986          4,986           -
       (8)  短期差入保証金                           944,504          944,504            -
       (9)  短期貸付金(      *1)                        133
                                       △0
          貸倒引当金
                                                           -
                                       133          133
       (10)   有価証券および投資有価証券                           388,919          389,038            118
                                   18,957,102          18,956,633            △469
       資           産           計
       (1)  商品有価証券等                          1,730,053          1,730,053             -
       (2)  信用取引負債                           162,002          162,002            -
                                     33,926          33,926            -
          ①信用取引借入金
                                     128,075          128,075            -
          ②信用取引貸証券受入金
       (3)  有価証券担保借入金                          11,172,507          11,172,377            △129
                                    2,590,459          2,590,459             -
          ①有価証券貸借取引受入金
                                    8,582,047          8,581,918            △129
          ②現先取引借入金
       (4)  預り金                           433,688          433,688            -
       (5)  受入保証金                          1,559,515          1,559,515             -
       (6)  短期借入金                          1,147,689          1,147,689             -
       (7)  1年内返済予定の長期借入金                            71,548          71,556            8
       (8)  コマーシャル・ペーパー                           735,924          735,924            -
       (9)  1年内償還予定の社債                           169,048          169,122            74
                                     918,311          919,323           1,011
       (10)社債
                                     488,815          491,847           3,031
       (11)長期借入金
                                   18,589,104          18,593,101            3,996
       負           債           計
       デリバティブ取引        (*2)
        ①ヘッジ会計が適用されていないもの                             267,242          267,242            -
                                     (2,886)          (2,886)            -
        ②ヘッジ会計が適用されているもの
                                     264,356          264,356            -
       デ   リ   バ   テ   ィ   ブ   取   引   計
       (*1)該当科目は、対応する一般貸倒引当金を控除しております。
       (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で示しております。
                                  72/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                連結貸借対照表
                                           時    価     差    額
                                計   上   額
                                            (百万円)          (百万円)
                                  (百万円)
       (1)  現金・預金                                    1,620,266             -
                                    1,620,266
       (2)  預託金                           768,679          767,345          △1,334
       (3)  商品有価証券等                          3,381,146          3,381,146             -
       (4)  約定見返勘定                           238,148          238,148            -
       (5)  信用取引資産                           287,718          287,718            -
                                     206,613
          ①信用取引貸付金(            *1)
                                       △0
           貸倒引当金
                                     206,613          206,613            -
                                                           -
          ②信用取引借証券担保金                              81,104          81,104
       (6)  有価証券担保貸付金                                    10,826,770              -
                                   10,826,770
                                    4,708,149          4,708,149             -
          ①借入有価証券担保金
                                    6,118,621          6,118,621             -
          ②現先取引貸付金
       (7)  立替金                            3,936          3,936           -
       (8)  短期差入保証金                          1,026,110          1,026,110             -
       (9)  短期貸付金(      *1)                      94,521
                                       △0
          貸倒引当金
                                               94,521            -
                                     94,521
       (10)   有価証券および投資有価証券                           257,889          257,889            -
       (11)   長期貸付金(      *1)                      12,363
                                       △0
          貸倒引当金
                                     12,363          12,363            -
                                   18,517,552          18,516,217           △1,334
       資           産           計
       (1)  商品有価証券等                          2,925,489          2,925,489             -
       (2)  信用取引負債                           229,484          229,484            -
                                     51,393          51,393            -
          ①信用取引借入金
                                     178,091          178,091            -
          ②信用取引貸証券受入金
       (3)  有価証券担保借入金                          8,462,325          8,462,325             -
                                    2,465,473          2,465,473             -
          ①有価証券貸借取引受入金
                                    5,996,852          5,996,852             -
          ②現先取引借入金
       (4)  預り金                           533,224          533,224            -
       (5)  受入保証金                          1,744,172          1,744,172             -
       (6)  短期借入金                          1,855,938          1,855,938             -
       (7)  1年内返済予定の長期借入金                           122,820          122,904            84
       (8)  コマーシャル・ペーパー                           592,078          592,078            -
                                     137,573          137,640            67
       (9)1年内償還予定の社債
                                    1,022,165          1,022,615             450
       (10)社債
                                     505,000          507,283           2,283
       (11)長期借入金
                                   18,130,272          18,133,158            2,886
       負           債           計
       デリバティブ取引        (*2)
                                     149,103          149,103            -
        ①ヘッジ会計が適用されていないもの
                                     (4,815)          (4,815)            -
        ②ヘッジ会計が適用されているもの
                                     144,287          144,287            -
       デ   リ   バ   テ   ィ   ブ   取   引   計
       (*1)該当科目は、対応する一般貸倒引当金を控除しております。
       (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で示しております。
                                  73/128





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
       資産
       (1)  現金・預金ならびに(2)           預託金
        これらについては、主として約定期間が短期間のもの、あるいは満期のないものであり、時価は帳簿価額と近似し
       ていることから、当該帳簿価額を時価としております。なお、一部の子会社においては、預託金に含まれる債券およ
       びマルチコーラブル預金(定期預金)の時価は、取引金融機関等から提示された価格によっております。
       (3)  商品有価証券等
        商品有価証券等については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、またはこれ
       らに準ずる価格等を時価としております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には理論価格をそれぞれ時
       価として使用しております。理論価格を算出する際には対象となる商品や取引について最も適切と考えられるモデル
       を採用しております。
        また、当連結会計年度の損益に含まれた評価差額については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
       (4)  約定見返勘定
        当該取引期間は主に短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
       す。
       (5)  信用取引資産
        信用取引貸付金については、当該取引期間は主に短期間であり、時価は貸倒引当金控除後の帳簿価額と近似してい
       ることから、当該価額を時価としております。
        信用取引借証券担保金については、当該取引期間は主に短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、
       当該帳簿価額を時価としております。
       (6)  有価証券担保貸付金
        これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
       としております。また在外子会社の一部の時価は、対象残高のイールドカーブに基づき算出した現在価値により算出
       しております。
       (7)  立替金、(8)      短期差入保証金ならびに(9)             短期貸付金
        これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
       としております。
       (10)   有価証券および投資有価証券
        これらの時価については、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格または取引金融機関から提示さ
       れた価格によっております。投資信託については、公表されている基準価格等によっております。組合出資金につい
       ては、組合財産を時価評価できるものには時価評価を行ったうえ、当該時価に対する持分相当額を組合出資金の時価
       とみなして計上しております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
       (11)   長期貸付金
        主に短期間で市場金利を反映する変動金利での貸付であり、主として時価は貸倒引当金控除後の帳簿価額と近似し
       ていることから、当該価額を時価としております。
       負債

       (1)  商品有価証券等
        商品有価証券等については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、またはこれ
       らに準ずる価格等を時価としております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には理論価格をそれぞれ時
       価として使用しております。理論価格を算出する際には対象となる商品や取引について最も適切と考えられるモデル
       を採用しております。
       (2)  信用取引負債
        これらは主に短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額を時価としておりま
       す。
       (3)  有価証券担保借入金
        これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
       としております。また在外子会社の一部の時価は、対象残高のイールドカーブに基づき算出した現在価値により算出
       しております。
                                  74/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (4)  預り金、(5)      受入保証金ならびに(6)           短期借入金
        これらは主に短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (7)  1年内返済予定の長期借入金ならびに(11)長期借入金
        長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、当社の信用状態が実行後大
       きく異なっていないかぎり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。なお、一部
       の長期借入金は、組込デリバティブを区分処理しており、現物負債部分を、変動利率の長期借入金とみなしており、
       変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は借入後大きく異なってい
       ないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっております。また、変動金利
       で当社の信用状態が実行時と乖離しているものは、一定の期間ごとに区分した当該長期借入金の元利金の合計額を同
       様の借入において想定される利率で割引いたものを用いて時価としております。一方、固定金利によるものは、主に
       一定期間ごとに区分した当該長期借入金の元利金の合計額を同様の借入において想定される利率で割り引いて現在価
       値を算定しております。
       (8)  コマーシャル・ペーパー
        コマ-シャル・ペ-パ-は約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額に近似していることから、当該
       帳簿価額を時価としております。また、在外子会社の時価は公正価値オプションを適用しており、理論価格によって
       ります。なお、理論価格を算出する際には、最も適切と考えられるモデルを採用しております。
       (9)  1年内償還予定の社債ならびに(10)                 社債
        当社の発行する社債は、組込デリバティブを区分処理しており、現物負債部分を、変動利率の社債とみなしており
       ます。変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は社債発行後大きく
       異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっております。な
       お、劣後特約付社債については、変動金利で当社の信用状態が発行時と乖離しているものは、一定の期間ごとに区分
       した当該社債の元利金の合計額を同様の発行において想定される利率で割引いたものを用いて時価としております。
       一方、固定金利によるものは、一定期間ごとに区分した当該社債の元利金の合計額を同様の発行において想定される
       利率で割り引いて現在価値を算定しております。
        在外子会社において発行する仕組債の時価は公正価値オプションを適用しており、理論価格によっております。な
       お、理論価格を算出する際には、最も適切と考えられるモデルを採用しております。
       デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
       (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は次のとおりであり、金融商品の時価情報の「資産

          (10)有価証券      および投資有価証券         」には含まれておりません。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

          区             分
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
       ①非上場株式等(*1)                                289,284                 293,420
       ②組合出資金等(*2)                                  74                 26
       (*1)非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開
         示の対象としておりません。
       (*2)組合出資金等のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められるもので構成さ
         れているものについては、時価開示の対象としておりません。
                                  75/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (注3)    金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                        1年以内      1 年超    2 年超    3 年超    4 年超    5 年超     10年超
                             2年以内     3年以内     4年以内     5年以内     10年以内
                        (百万円)      (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
       現金・預金                1,202,126         -     -     -     -     -     -
       預託金(*)                 509,718      15,000      9,000     6,000     5,000     45,000     15,000
                         260,890        -     -     -     -     -     -
       信用取引資産
                         210,157        -     -     -     -     -     -
        ①信用取引貸付金
                         50,732       -     -     -     -     -     -
        ②信用取引借証券担保金
                       12,077,853       192,297      37,882       -     -     -     -
       有価証券担保貸付金
                        4,648,830         -     -     -     -     -     -
        ①借入有価証券担保金
                        7,429,023      192,297      37,882       -     -     -     -
        ②現先取引貸付金
                          4,986       -     -     -     -     -     -
       立替金
                         944,504        -     -     -     -     -     -
       短期差入保証金
                           138      -     -     -     -     -     -
       短期貸付金
                         184,274      74,333      3,015     60,355     24,076     32,381       -
       有価証券および投資有価証券
        その他有価証券のうち満期が
                         184,274      74,333      3,015     60,355     24,076     32,381       -
        あるもの
          (1)債券               184,274      74,333      3,015     60,355     24,076     32,381       -
          (2)その他                  -     -     -     -     -     -     -
                              281,630      49,897     66,355     29,076     77,381     15,000
       合  計                15,184,493
       (*)預託金のうち、期間の定めのないものについては上表に含めておりません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                        1 年以内     1 年超    2 年超    3 年超    4 年超    5 年超     10年超
                             2 年以内    3 年以内    4 年以内    5 年以内    10年以内
                        (百万円)      (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
       現金・預金                1,620,266         -     -     -     -     -     -
       預託金(*)                 650,167      9,000     6,000     5,000     6,000     57,000     34,000
                         287,718        -     -     -     -     -     -
       信用取引資産
                         206,613        -     -     -     -     -     -
        ①信用取引貸付金
                         81,104       -     -     -     -     -     -
        ②信用取引借証券担保金
                       10,795,969       54,216     59,804      2,264     13,204       -     -
       有価証券担保貸付金
                        4,708,149         -     -     -     -     -     -
        ①借入有価証券担保金
                        6,087,820       54,216     59,804      2,264     13,204       -     -
        ②現先取引貸付金
                          3,936       -     -     -     -     -     -
       立替金
       短期差入保証金                1,026,110         -     -     -     -     -     -
                         94,521       -     -     -     -     -     -
       短期貸付金
                         55,863     40,959     47,028     34,802     31,333     35,490       -
       有価証券および投資有価証券
        その他有価証券のうち満期が
                         55,863     40,959     47,028     34,802     31,333     35,490       -
        あるもの
          (1)債券                     40,959     47,028     34,802     31,333     35,490       -
                         55,863
          (2)その他                  -     -     -     -     -     -     -
                            0   12,341       10      2     -      1     7
       長期貸付金
                              116,517     112,843      42,070     50,538     92,491     34,007
       合  計                14,534,554
       (*)預託金のうち、期間の定めのないものについては上表に含めておりません。
                                  76/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                        1 年以内    1 年超    2 年超    3 年超    4 年超    5 年超     10年超
                             2 年以内    3 年以内    4 年以内    5 年以内    10年以内
                        (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
       信用取引負債
                         33,926       -     -     -     -     -     -
        信用取引借入金
                       1,147,689         -     -     -     -     -     -
        短期借入金
                        735,924        -     -     -     -     -     -
       コマーシャル・ペーパー
                        169,611      82,373     204,905      33,701     142,613      62,662     391,492
        社債
                         71,548     75,015     27,500     57,500      6,000    141,200     181,600
       長期借入金
                       2,158,700      157,388     232,405      91,201     148,613     203,862     573,092
       合計
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                        1 年以内    1 年超    2 年超    3 年超    4 年超    5 年超     10年超
                             2 年以内    3 年以内    4 年以内    5 年以内    10年以内
                        (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
       信用取引負債
                         51,393       -     -     -     -     -     -
        信用取引借入金
                       1,855,938         -     -     -     -     -     -
        短期借入金
                        592,078        -     -     -     -     -     -
       コマーシャル・ペーパー
                        138,957     254,252     100,201     133,240     137,445      54,998     340,641
        社債
       長期借入金(*)                 122,820      27,500     57,500      5,000     19,000     136,500     214,500
                       2,761,187      281,752     157,701     138,240     156,445     191,498     555,141
       合計
       (*)長期借入金のうち、期間の定めのない永久劣後特約付借入金45,000百万円は上表に含めておりません。
                                  77/128












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
     1.商品有価証券等
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       連結会計年度の損益に含まれた評価差額                                   △9,258               4,681
     2.  その他有価証券

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                                        取得原価(百万円)            差額(百万円)
                      種類
                               (百万円)
                                    3,300           1,453           1,847
                    (1)株式
                                   58,445           58,247            198
                    (2)債券
       連結貸借対照表計上額が
        取得  原価を超えるもの
                                    3,682           2,646           1,036
                    (3)その他
                      小計               65,428           62,346           3,081
                                    3,812           4,298           △486
                    (1)株式
                                   317,887           320,517           △2,629
                    (2)債券
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                    (3)その他                 1,790           1,791            △0
                      小計              323,490           326,607           △3,116
                                   388,919           388,954            △34
                合計
       (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額 1,834百万円)および組合出資金等のうち組合財産が非上場株式等で
          構成されているもの(連結貸借対照表計上額 74百万円)については、時価を把握することが極めて困難と認
          められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                                        取得原価(百万円)            差額(百万円)
                      種類
                               (百万円)
                                    3,532           1,420           2,112
                    (1)株式
                                   72,324           71,423            901
                    (2)債券
       連結貸借対照表計上額が
        取得  原価を超えるもの
                                    2,065           1,761            304
                    (3)その他
                      小計               77,923           74,605           3,317
                                    2,261           2,833           △571
                    (1)株式
                                   177,663           179,903           △2,240
                    (2)債券
       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                      41           41           -
                    (3)その他
                      小計              179,966           182,778           △2,811
                                   257,889           257,383             506
                合計
       (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額 1,731百万円)および組合出資金等のうち組合財産が非上場株式等で
          構成されているもの(連結貸借対照表計上額 26百万円)については、時価を把握することが極めて困難と認
          められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.売却したその他有価証券

       前連結会計年度       (自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                     売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
            種類
                             1,972               212
        (1)株式                                                    -
                            329,994               2,101               88
        (2)債券
                               1
        (3)その他                                      0             -
                            331,968               2,314               88
            合計
                                  78/128



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度       (自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                     売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
            種類
                             1,471               20              51
        (1)株式
                            456,785               1,243               106
        (2)債券
                               9                            1
        (3)その他                                      3
                            458,266               1,267               159
            合計
     4.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度において、有価証券について23百万円(その他有価証券のその他23百万円)減損処理を行っており
       ます。
        当連結会計年度において、有価証券について減損処理を行っておりません。
        なお、減損処理にあたっては、原則として、時価のある有価証券については連結決算日の時価が取得原価と比べ
       て、また時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については実質価額が取得原価と比べて、50%以上
       下落した全銘柄および30%以上50%未満下落した銘柄のうち回復可能性があると認められるものを除き、減損処理を
       行っております。
                                  79/128















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
     ①ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
     ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの連結決算日における契約額または
     契約において定められた元本相当額、時価および評価損益ならびに当該時価の算定方法は、次のとおりであります。
     (a)  金利関連取引

      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                               契約額等                 時価      評価損益
                                      1年超のもの
        区分            種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)       (百万円)
                                5,027,666        3,380,849        △2,704
                        売建                                 △2,704
             金利先物
                                16,146,657        11,573,458          11,359       11,359
                        買建
      市場取引
                                1,655,317          15,003        △108         82
                        売建
             金利オプション
                                1,602,451                   123      △180
                        買建                    -
                                22,491,816          529,083       △2,053       △2,053
                        売建
             金利先渡契約
                                22,518,932          237,386           0       0
                        買建
                        受取固定    ・
                                       220,928,106                8,668,799
                               299,794,702                 8,668,799
                        支払変動
                        受取変動・
                               293,225,265        230,744,788       △8,591,396       △8,591,396
                        支払固定
             金利スワップ
                        受取変動・
      市場取引以外
                                35,986,545        30,510,738          22,952       22,952
                        支払変動
      の取引
                        受取固定・
                                 289,737        229,346       △1,371       △1,371
                        支払固定
                                23,908,894        17,303,698        △762,459       △202,160
                        売建
             金利スワップション
                                21,716,652        16,112,749         675,327       175,802
                        買建
                                1,984,820        1,628,162        △52,322       △28,298
                        売建
             その他
                                2,342,570        1,685,478         48,604       24,256
                        買建
                                                 14,750       75,087
                合計                -        -
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、シカゴ・マーカンタイル取引所等が定める清算価格によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                  80/128









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                      契約額等のうち
                               契約額等                 時価      評価損益
                                      1年超のもの
        区分
                    種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)       (百万円)
                                4,724,989        3,436,186         21,515
                        売建                                 21,515
             金利先物
                                7,769,253        7,073,392        △42,800       △42,800
                        買建
      市場取引
                                1,139,524                   64       126
                        売建                    -
             金利オプション
                                 879,043                 △19       △86
                        買建                    -
                                33,776,455         2,713,200        △11,740       △11,740
                        売建
             金利先渡契約
                                31,994,901         2,335,493          8,580       8,580
                        買建
                        受取固定    ・
                                       235,154,737                6,539,175
                               320,772,281                 6,539,175
                        支払変動
                        受取変動・
                               318,283,063        236,497,774       △6,503,899       △6,503,899
                        支払固定
             金利スワップ
                        受取変動・
      市場取引以外
                                44,428,621        39,235,372          47,608       47,608
                        支払変動
      の取引
                        受取固定・
                                 252,038        180,823        6,941       6,941
                        支払固定
                                25,165,848        19,238,532        △769,934        △4,390
                        売建
             金利スワップション
                                22,666,158        16,851,347         652,522        70,185
                        買建
                                2,858,451        2,503,697        △49,468       △23,479
                        売建
             その他
                                2,927,230        2,664,795         54,975       17,254
                        買建
                                                △46,478        124,989
                合計                -        -
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、シカゴ・マーカンタイル取引所等が定める清算価格によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                  81/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (b)  通貨関連取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                    契約額等のうち
                              契約額等                 時価       評価損益
                                     1年超のもの
         区分          種類
                              (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                              29,646,490        20,715,593          114,948        114,948
              通貨スワップ
                               1,980,308         219,525        △54,459        △54,459
                      売建
              為替予約
       市場取引以外
                               1,060,961         299,151         72,570        72,570
                      買建
       の取引
                      売建        2,952,622        1,948,627         △96,006        △49,290
              通貨オプション
                               2,436,037        1,689,198         114,625         71,931
                      買建
                                                151,678        155,701
                合計               -        -
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                    契約額等のうち
                              契約額等                 時価       評価損益
                                     1年超のもの
         区分          種類
                              (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                              31,214,227        25,830,240          52,040        52,040
              通貨スワップ
                               2,405,363         221,211        △70,402        △70,402
                      売建
              為替予約
       市場取引以外
                               1,466,137         279,254         77,327        77,327
                      買建
       の取引
                               2,805,868        1,961,460         △42,794         △7,477
                      売建
              通貨オプション
                               2,435,130        1,700,967          72,317        28,079
                      買建
                                                 88,488        79,567
                合計               -        -
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                  82/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (c)  株式関連取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                  489,737        28,533          45        45
                      売建
              株式指数先物
                                  168,758        27,306        4,415        4,415
                      買建
       市場取引
                                  900,200        438,503       △88,295        △6,351
                      売建
              株式指数
              オプション
                                  678,945        319,969        60,159        △822
                      買建
                                  483,991        340,304       △77,487        △49,318
                      売建
              有価証券    店頭
              オプション
                                                 79,790        62,643
                      買建           426,366        304,417
                      株価指数変化率
       市場取引以外
                                  153,042        73,998       △4,055        △4,055
                      受取・金利支払
              有価証券店頭
       の取引
              指数等スワップ
                      金利受取・株価
                                  219,416        181,319        39,097        39,097
                      指数変化率支払
                      売建            3,534         -        0        0
              有価証券店頭
              指数等先渡取引
                      買建            19,116          -        59        59
                                                 13,730        45,713
                 合計                -        -
       (注)   時価の算定方法
          市場取引については、大阪取引所等が定める清算指数によっております。
          市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                  712,269        28,533        8,088        8,088
                      売建
              株式指数先物
                                  211,670        13,055        8,383        8,383
                      買建
       市場取引
                                  912,968        548,323       △80,776         15,306
                      売建
              株式指数
              オプション
                                  595,585        374,733        50,766       △8,241
                      買建
                                  408,855        289,484       △64,760        △44,497
                      売建
              有価証券    店頭
              オプション
                                                 79,791        67,269
                      買建           545,345        452,629
                      株価指数変化率
       市場取引以外                          290,276        125,134       △11,671        △11,671
                      受取・金利支払
              有価証券店頭
       の取引
              指数等スワップ
                      金利受取・株価
                                  506,680        468,069        26,903        26,903
                      指数変化率支払
                      売建             738        -        24        24
              有価証券店頭
              指数等先渡取引
                      買建            70,526         882     △1,392        △1,392
                                                 15,358        60,173
                 合計                -        -
       (注)   時価の算定方法
          市場取引については、大阪取引所等が定める清算指数によっております。
          市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                  83/128






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (d)  債券関連取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      売建           154,102          -        37        37
              債券先物
                      買建           185,725          -      △405        △405
       市場取引
                      売建            6,733         -       △2         0
              債券先物
              オプション
                      買建            1,495         -        2        0
                      売建           158,030          -      △666         207
              債券店頭
              オプション
                      買建           172,082          -      1,781         953
                      受取固定・
                                  38,100        38,100        6,575        6,575
                      支払変動
                      受取変動・
                                   2,000        2,000         70        70
                      支払固定
              債券店頭
       市場取引以外
              スワップ
                      受取変動・
       の取引
                                  384,093        384,093        △4,907        △4,907
                      支払変動
                      受取固定・
                                  27,000        27,000        5,141        5,141
                      支払固定
                      売建            5,272         -      △32        △32
              債券店頭
              先渡取引                      70        -        0        0
                      買建
                                                  7,595        7,642
                 合計                -        -
       (注)   時価の算定方法
          市場取引については、大阪取引所等が定める清算値段によっております。
          市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      売建           303,117          -      △116        △116
              債券先物
                      買建           538,677          -      3,801        3,801
       市場取引
                      売建           136,773          -      △48         54
              債券先物
              オプション
                      買建            52,068          -      △13        △50
                      売建           190,254          -      △615        △66
              債券店頭
              オプション
                      買建           182,095          -       360      △149
                      受取固定・
                                   6,800        6,800        1,308        1,308
                      支払変動
       市場取引以外
                      受取変動・
                                   2,000         -        64        64
       の取引
                      支払固定
              債券店頭
              スワップ
                      受取変動・
                                  236,014        236,014        △9,144        △9,144
                      支払変動
                      受取固定・
                                  30,500        30,500        5,145        5,145
                      支払固定
                                                   741        846
                 合計                -        -
       (注)   時価の算定方法
          市場取引については、大阪取引所等が定める清算値段によっております。
          市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                  84/128




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (e)  商品関連取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                       1年超のもの
         区分            種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      商品指数変化率
                                  68,483        65,602      △13,955        △13,955
                      受取・金利支払
              商品スワップ
       市場取引以外
                      金利受取・商品
       の取引
                                  68,483        65,602        14,032        14,032
                      指数変化率支払
                                    99        99      △58        △58
              商品オプション        売建
                                                   18        18
                 合計                -        -
       (注)1     時価の算定方法
           取引対象物の価格、契約期間、その他当該取引に係る契約を構成する要素に基づき算定しております。
          2  商品は主に石油に係るものであります。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                       1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      商品指数変化率
                                  63,691        63,485      △15,672        △15,672
                      受取・金利支払
              商品スワップ
       市場取引以外
                      金利受取・商品
       の取引
                                  63,691        63,485        15,735        15,735
                      指数変化率支払
                                    100        100       △71        △71
              商品オプション        売建
                                                   △8        △8
                 合計                -        -
       (注)1     時価の算定方法
           取引対象物の価格、契約期間、その他当該取引に係る契約を構成する要素に基づき算定しております。
          2  商品は主に天然ガスに係るものであります。
                                  85/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (f)  クレジットデリバティブ取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分            種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                         売建        2,469,938        1,916,208         21,276        21,276
              クレジット・デフォ
              ルト・オプション
                         買建        3,321,682        2,727,227         58,081        58,081
       市場取引以外
              トータル・レート・
       の取引
              オブ・リターンス          買建         111,818        68,928         110        110
              ワップ
                                                 79,468        79,468
                 合計                -        -
       (注)1     時価の算定     方法
           割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
          2  「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                         売建        2,425,318        1,654,503         34,298        34,298
              クレジット・デフォ
              ルト・オプション
                         買建        3,332,535        2,593,156         47,744        47,744
       市場取引以外
              トータル・レート・
       の取引
              オブ・リターンス          買建         80,310        11,479        8,956        8,956
              ワップ
                                                 91,000        91,000
                 合計                -        -
       (注)1     時価の算定     方法
           割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
          2  「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
                                  86/128










                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     ②ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引について、                           取引の対象物の種類ごとの連結決算日における契約額または契
     約において定められた元本相当額、時価ならびに当該時価の算定方法は、次のとおりであります                                            。
     (a)  金利関連取引

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                              契約額等の
                                       契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計                      主なヘッジ
                     種類
                                               のもの
         の方法                       対象
                                       (百万円)        (百万円)        (百万円)
       ヘッジ対象に係
                       受取変動・       有価証券、投
                                         151,611        125,708        △2,468
       る損益を認識す        金利スワップ
                       支払固定       資有価証券
       る方法
                     合計                   -        -        △2,468
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値等により算定しております。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                              契約額等の
                                       契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計                      主なヘッジ
                     種類
                                               のもの
         の方法                       対象
                                       (百万円)        (百万円)        (百万円)
       ヘッジ対象に係
                       受取変動・
                                         120,361        120,361        △2,078
       る損益を認識す        金利スワップ              投資有価証券
                       支払固定
       る方法
                     合計                   -        -        △2,078
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値等により算定しております。
                                  87/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
     (b)  通貨関連取引
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                              契約額等の
                                       契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計                      主なヘッジ
                     種類
                                               のもの
          の方法                      対象
                                       (百万円)        (百万円)        (百万円)
                             外貨建金融資産
       原則的
               為替予約       売建      (有価証券、投            117,459        25,582        △418
       処理方法
                             資有価証券)
                                                         △418
                     合計                   -        -
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値等により算定しております。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                              契約額等の
                                       契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計                      主なヘッジ
                     種類
                                               のもの
          の方法                      対象
                                       (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                         38,923               △2,687

               為替予約       売建                            920
                             外貨建金融資産
       原則的
                             (有価証券、投
       処理方法
                             資有価証券)
                                         12,781                 △49
               通貨スワップ                                  12,781
                                                        △2,737

                     合計                   -        -
       (注)   時価の算定方法
          割引現在価値等により算定しております。
                                  88/128











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社および一部の国内連結子会社は、キャッシュバランス型の確定給付企業年金制度および確定拠出年金制度を
        採用しております。
         また、一部の海外子会社でも確定給付型および確定拠出型の制度を設けております。
         なお、当社および一部の連結子会社は、退職給付債務および退職給付費用の算定にあたり、簡便法を採用してお
        ります。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                                76,309             71,961
          勤務費用                                2,926             3,140
          利息費用                                1,290              953
          数理計算上の差異の発生額                                △295             5,680
                                         △2,826             △2,498
          退職給付の支払額
          外貨換算の影響による増減額                               △1,269             △5,186
          その他                               △4,174               22
         退職給付債務の期末残高                                71,961             74,072
         (注)前連結会計年度の「その他」は、連結範囲の変更に伴う退職給付債務の減少額等であります。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
         年金資産の期首残高                                77,108             74,419
          期待運用収益                                2,326             2,235
          数理計算上の差異の発生額                               △1,840              2,620
          事業主である会社等からの拠出額                                4,618             3,296
          退職給付の支払額                               △2,633             △2,430
          外貨換算の影響による増減額                               △1,199             △5,526
          その他                               △3,961                0
         年金資産の期末残高                                74,419             74,616
         (注)前連結会計年度の「その他」は、連結範囲の変更に伴う年金資産の減少額等であります。
                                  89/128







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                            有価証券報告書
       (3)退職給付債務および年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債および退職                                                  給付に係
         る資産の調整表
                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)             (平成29年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                                70,134             71,926
         年金資産                               △74,419             △74,616
                                         △4,284             △2,689
         非積立型制度の退職給付債務                                 1,826             2,145
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △2,458              △544
         退職給付に係る負債                                 1,826             3,249

         退職給付に係る資産                                △4,284             △3,793
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △2,458              △544
       (4)退職給付費用およびその内訳項目の金額

                                                    (百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
         勤務費用                                 2,926             3,140
         利息費用                                 1,290              953
         期待運用収益                                △2,326             △2,235
         数理計算上の差異の費用処理額  &nb