ヒビノ株式会社 有価証券報告書 第54期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第54期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:ヒビノ株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月26日
      【事業年度】                    第54期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    ヒビノ株式会社
      【英訳名】                    Hibino    Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  日比野 晃久
      【本店の所在の場所】                    東京都港区港南三丁目5番14号
      【電話番号】                    (03)3740-4391
      【事務連絡者氏名】                    執行役員ヒビノGMC経営企画本部長 大関 靖
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区港南三丁目5番14号
      【電話番号】                    (03)3740-4391
      【事務連絡者氏名】                    執行役員ヒビノGMC経営企画本部長 大関 靖
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/111













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
             回次            第50期        第51期        第52期        第53期        第54期
            決算年月            平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月

                  (千円)      15,161,735        17,670,040        19,220,208        32,281,122        29,133,050
     売上高
                  (千円)       577,352       1,143,746        1,350,650        4,409,159        2,160,906
     経常利益
     親会社株主に帰属する当
                  (千円)       257,856        651,601        755,412       2,733,886        1,500,308
     期純利益
                  (千円)       305,102        721,500        828,669       2,591,133        1,560,279
     包括利益
                  (千円)      4,049,176        4,667,348        5,069,289        7,484,981        8,586,530
     純資産額
                  (千円)      12,828,822        14,365,197        16,148,686        23,855,242        22,430,911
     総資産額
                   (円)       822.96        935.75       1,012.84         747.76        857.82
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金
                   (円)        52.37       131.93        151.00        273.12        149.88
     額
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)         -      129.63        150.29          -        -
     り当期純利益金額
                   (%)        31.6        32.5        31.4        31.4        38.3
     自己資本比率
                   (%)         6.5       15.0        15.5        43.6        18.7
     自己資本利益率
                   (倍)        14.1        14.6        16.7        5.0       16.7
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (千円)      1,969,579        2,173,902        1,389,617        1,549,904        4,218,948
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)     △ 1,125,972       △ 1,920,217       △ 1,684,103       △ 1,209,318       △ 2,127,580
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)     △ 1,229,461        △ 46,394       192,262        772,475      △ 2,433,239
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  (千円)      1,397,102        1,647,464        1,601,794        2,689,111        2,400,991
     末残高
                            625        665        685        786        944
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 7 )       ( 8 )       ( 5 )       ( 6 )       ( 8 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第50期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         3.第53期以降の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
         4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、( )内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しておりま
           す。なお、従業員数には、契約社員、準社員及び長期アルバイトを含んでおります。
         5.  当社は、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しております。これ
           に伴い、第53期(平成28年3月期)の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び
           1株当たり当期純利益を算定しております。なお、第54期(平成29年3月期)の株価収益率については、平
           成29年3月末時点の株価が権利落ち後の株価となっているため、権利落ち後の株価に当該株式分割の分割割
           合を加味して計算しております。
                                   2/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
             回次            第50期        第51期        第52期        第53期        第54期
            決算年月            平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月

                  (千円)      11,338,545        13,305,365        13,664,698        21,469,033        17,103,837
     売上高
                  (千円)       383,583        987,129        641,767       2,531,147        1,664,536
     経常利益
                  (千円)       400,077        621,204        397,813       1,623,567        1,087,779
     当期純利益
                  (千円)      1,721,487        1,743,119        1,748,655        1,748,655        1,748,655
     資本金
                   (株)      5,047,840        5,115,440        5,132,740        5,132,740        5,132,740
     発行済株式総数
                  (千円)      4,545,468        5,063,441        5,048,260        6,483,041        7,128,229
     純資産額
                  (千円)      11,976,058        12,939,756        14,237,771        18,590,498        16,587,510
     総資産額
                   (円)       923.83       1,015.16        1,008.64         647.66        712.13
     1株当たり純資産額
                           30.00        30.00        40.00        80.00        60.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配
                          ( 15.00   )    ( 15.00   )    ( 25.00   )    ( 20.00   )    ( 30.00   )
     当額)
     1株当たり当期純利益金
                   (円)        81.25       125.77        79.52       162.19        108.67
     額
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)         -      123.58        79.15         -        -
     り当期純利益金額
                   (%)        38.0        39.1        35.5        34.9        43.0
     自己資本比率
                   (%)         9.0       12.9        7.9       28.2        16.0
     自己資本利益率
                   (倍)         9.1       15.3        31.7        8.4       23.0
     株価収益率
                   (%)        36.9        23.9        50.3        24.7        27.6
     配当性向
                            414        424        451        471        485
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 7 )       ( 8 )       ( 5 )       ( 6 )       ( 7 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第52期の1株当たり配当額には、設立50周年記念配当10円を含んでおります。
         3.第53期の1株当たり配当額には、特別配当40円を含んでおります。
         4.第50期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         5.第53期以降の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
         6.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、( )内に当事業年度の平均人員を外数で記載しております。
           なお、従業員数には、契約社員、準社員及び長期アルバイトを含んでおります。
         7.  当社は、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しております。これ
           に伴い、第53期(平成28年3月期)の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び
           1株当たり当期純利益を算定しております。なお、第54期(平成29年3月期)の株価収益率については、平
           成29年3月末時点の株価が権利落ち後の株価となっているため、権利落ち後の株価に当該株式分割の分割割
           合を加味して計算しております。
                                   3/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
                                   事    項
        年 月
      昭和39年11月        昭和31年6月創業の「日比野電気」を母体として、ヒビノ電気音響株式会社を東京都台東区浅草
              橋二丁目7番5号に資本金800千円で設立。業務用音響機器の設計・販売・修理業務を開始。
      昭和46年4月        コンサート用音響機材の貸出と設置・オペレートを行う運用業務を開始。
      昭和51年9月        本社を東京都台東区浅草橋四丁目6番8号に移転。
      昭和58年7月        大阪出張所を開設。
      昭和58年11月        本社を東京都港区白金五丁目10番2号に移転。
      昭和59年5月        本格的に映像サービス事業を開始。
      昭和60年4月        大型映像機器の貸出と設置・オペレートを行う運用業務を開始。
      昭和62年2月        大阪出張所を大阪営業所に昇格。
      昭和62年11月        音響・映像・コンピューターシステムの設備工事業務を開始。
      昭和63年6月        商号をヒビノ株式会社に変更し、本社を東京都港区港南三丁目5番14号に移転。
      平成元年4月        福岡営業所を開設。
      平成元年5月        企業のショールーム・展示施設等の常設映像・音響機器のシステム設計・販売・保守業務を開
              始。
      平成2年6月        建設業(電気通信工事業)東京都知事                  許可(般2)      第83271号を取得。
      平成3年10月        札幌営業所を開設。
      平成7年2月        映像周辺機器メーカーのクロマテック株式会社に資本参加し、同社製品の開発援助及び販売業務
              を開始。同社は平成13年8月、ヒビノクロマテック株式会社に商号を変更。
      平成7年4月        名古屋営業所を開設。
      平成12年6月        ヒビノドットコム株式会社を設立し、インターネットによる映像・音声の配信サービスに参入。
      平成14年10月        ヒビノドットコム株式会社と株式交換を実施し、同社を完全子会社化。
      平成14年11月        ヒビノクロマテック株式会社の事業を統合し、映像機器の開発・製造・販売業務を開始。
      平成15年3月        ISO9001:2000品質管理規格を取得。
      平成16年7月        子会社ヒビノドットコム株式会社を吸収合併。
      平成18年2月        ジャスダック証券取引所(現              東京証券取引所 JASDAQ〈スタンダード〉)に株式を上場。
      平成18年8月        一般建設業(電気通信工事業)               国土交通大臣       許可(般-18)       第21843号を取得。
      平成18年9月        株式会社メディア・テクニカルを完全子会社化。同社は平成22年7月、ヒビノメディアテクニカ
              ル株式会社に商号を変更。
      平成19年4月        アイテムプラス株式会社を完全子会社化。平成21年1月、同社を吸収合併。
              イギリスに現地法人(完全子会社)Hibino                    Europe    Limitedを設立。
      平成19年8月        香港に現地法人(子会社)             Hibino    Asia   Pacific    Limitedを設立。
      平成19年12月        株式会社ヘビームーンを完全子会社化。
      平成20年5月        スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社を完全子会社化。
      平成21年1月        輸入代理業務の一部を子会社株式会社ヘビームーンに譲渡・移管。同社はヒビノインターサウン
              ド株式会社に商号を変更。
      平成22年4月        上海に現地法人(子会社)Hibino                Asia   Pacific    (Shanghai)      Limitedを設立。
      平成22年10月        ビクターアークス株式会社を持分法適用関連会社化。同社は平成26年7月、株式会社JVCケン
              ウッド・アークスに商号を変更。
      平成23年11月        Hibino    Asia   Pacific    Limited及びHibino         Asia   Pacific    (Shanghai)      Limitedを完全子会社化。
      平成25年1月        子会社ヒビノメディアテクニカル株式会社が株式会社ベスコを完全子会社化。株式会社ベスコは
              平成26年4月、ヒビノベスコ株式会社に商号を変更。
      平成25年6月        株式会社エィティスリーを完全子会社化。
      平成25年7月        株式会社ファーストエンジニアリングを完全子会社化。業務用照明機器の販売、システム設計・
              施工・メンテナンス業務を開始。同社は平成28年2月、ヒビノライティング株式会社に商号を変
              更。
      平成26年3月        コバレント販売株式会社を完全子会社化。同社は平成26年7月、ヒビノイマジニアリング株式会
              社に商号を変更。
      平成26年11月        子会社ヒビノメディアテクニカル株式会社が株式会社メディアニクスを完全子会社化。平成28年
              4月、ヒビノメディアテクニカル株式会社が株式会社メディアニクスを吸収合併。
                                   4/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                   事    項

        年 月
      平成27年4月        日東紡音響エンジニアリング株式会社を完全子会社化。同社は平成27年7月、日本音響エンジニ
              アリング株式会社に商号を変更。
      平成28年4月        株式会社エレクトリを完全子会社化。
      平成28年12月        持分法適用関連会社株式会社JVCケンウッド・アークスを子会社化。
     (注)組織名称は当時の名称で記載しております。

      3【事業の内容】

        当社グループは、当社(ヒビノ株式会社)と連結子会社12社により構成されており、音響機器販売・施工、映像製
       品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主たる事業としております。
        当社グループでは、報告セグメントを音響機器販売・施工事業、映像製品の開発・製造・販売事業、コンサート・
       イベント事業及びその他の事業に区分しております。当社グループの事業内容及び当社と連結子会社の当該事業に係
       る位置付けは次のとおりであります。
       報告セグメント                   主要な会社                    主要な事業内容
     音響機器販売・施工事業             当社                       ・業務用音響・映像・制御機器の販売、
                  ヒビノインターサウンド株式会社                        システム設計・施工・メンテナンス
                  スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株                       ・コンシューマー用音響機器の販売
                  式会社                       ・建築音響に関する設計・施工
                  ヒビノイマジニアリング株式会社                       ・音響製品の開発・製造・販売、音響調
                  日本音響エンジニアリング株式会社                        査・測定
                  株式会社エレクトリ
                  株式会社JVCケンウッド・アークス
     映像製品の開発・製造・             当社                       ・LEDディスプレイ及び周辺機器の開
     販売事業             ヒビノメディアテクニカル株式会社                        発・製造・販売
                  Hibino    Europe    Limited                ・業務用映像・音響機器の販売、システ
                                          ム設計・施工・メンテナンス
                  (ヒビノ     ヨーロッパ      リミテッド)
                  Hibino    Asia   Pacific    Limited
                  (ヒビノ     アジア    パシフィック       リミテッド)
                  Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)      Limited
                  (ヒビノ     アジア    パシフィック(シャンハイ)
                  リミテッド)
     コンサート・イベント             当社                       ・ コンサート・イベント用音響システ
     事業             ヒビノメディアテクニカル株式会社                        ム・映像システムの企画立案、レンタ
                  ヒビノベスコ株式会社                        ル、オペレート並びにコンサート・イ
                  Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)      Limited        ベントの録音、中継、トラックダウ
                                          ン、オーサリング
                  (ヒビノ     アジア    パシフィック(シャンハイ)
                                         ・イベントの企画立案、運営、コンサル
                  リミテッド)
                                          ティング
                                         ・音響・映像・システム関連のオペレー
                                          ター及びエンジニアの人材派遣
     その他の事業             当社                       ・業務用照明機器の販売、システム設
                  ヒビノライティング株式会社                        計・施工・メンテナンス
                                   5/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      [事業系統図]
        当社グループの事業系統図は下記のとおりであります。
                                   6/111




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                       議決権の
                               主要な事業の
                          資本金
           名称          住所                  所有割合           関係内容
                          (千円)
                               内容(注1)
                                       (%)
     (連結子会社)
                               映像製品の開            当社グループ製品の販売をしており
                               発・製造・販            ます。
                    東京都
     ヒビノメディアテクニカル㈱                     35,000     売事業        100.0    所有機材を必要に応じて相互にレン
                    江東区
                               コンサート・            タルしております。
                               イベント事業            当社へ資金貸付をしております。
                                            同社が輸入販売する商品及び当社グ
     ヒビノインターサウンド㈱               東京都           音響機器販
                          40,000             100.0    ループ取扱い商品を必要に応じて相
           (注2)         港区           売・施工事業
                                            互に供給しております。
                                            同社が輸入販売する商品及び当社グ
     スチューダー・ジャパン-ブ               東京都           音響機器販            ループ取扱い商品を必要に応じて相
                          150,000             100.0
     ロードキャスト㈱               港区           売・施工事業            互に供給しております。
                                            当社へ資金貸付をしております。
                                            当社グループ製品の販売をしており
     日本音響エンジニアリング㈱               東京都           音響機器販            ます。
                          30,000             100.0
          (注7)          墨田区           売・施工事業            役員の兼任があります。
                                            当社へ資金貸付をしております。
                                            当社グループ取扱い商品の販売先で
     ㈱JVCケンウッド・アークス               東京都           音響機器販
                          35,000             99.97    あります。
          (注4)          港区           売・施工事業
                                            役員の兼任があります。
                                            同社が輸入販売する商品及び当社グ
     ㈱エレクトリ               東京都           音響機器販            ループ取扱い商品を必要に応じて相
                          60,000             100.0
          (注5)          豊島区           売・施工事業            互に供給しております。
                                            役員の兼任があります。
                                            所有機材を必要に応じて相互にレン
     ヒビノベスコ㈱               東京都           コンサート・        100.0
                          10,000                 タルしております。
           (注3)         中央区           イベント事業        (100.0)
                                            当社へ資金貸付をしております。
                                            同社が輸入販売する商品及び当社グ
                    東京都
     ヒビノライティング㈱                     10,000     その他の事業        100.0    ループ取扱い商品を必要に応じて相
                    港区
                                            互に供給しております。
                                            当社グループ取扱い商品の販売先で
                    東京都           音響機器販
     ヒビノイマジニアリング㈱                     80,000             100.0    あります。
                    港区           売・施工事業
                                            当社へ資金貸付をしております。
     Hibino    Europe    Limited
                    英国      91,789     映像製品の開
     (ヒビノ     ヨーロッパ      リミ    サリー州      (50万     発・製造・販        100.0    役員の兼任があります。
                         英ポンド)      売事業
     テッド)
                                            当社グループ製品の販売をしており
     Hibino    Asia   Pacific    Limited    中華人民
                               映像製品の開
                          521,850                  ます。
                    共和国
     (ヒビノ     アジア    パシフィッ
                               発・製造・販
                         (35百万              100.0    同社製品を当社が輸入販売しており
                    香港特別           売事業
     ク  リミテッド)
                         香港ドル)                  ます。
                    行政区
           (注2)
                                            役員の兼任があります。
                                            当社グループ製品の販売をしており
     Hibino    Asia   Pacific
                               映像製品の開            ます。
     (Shanghai)      Limited
                    中華人民      428,559     発・製造・販            所有機材を必要に応じて相互にレン
                                       100.0
                    共和国      (470万     売事業            タルしております。
     (ヒビノ     アジア    パシフィッ
                                       (3.2)
                    上海市     米ドル)      コンサート・            役員の兼任があります。
     ク(シャンハイ)リミテッ
                               イベント事業            当社より資金援助を受けておりま
     ド)  (注2,3,6)
                                            す。
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.議決権所有割合の( )内は、間接所有割合であります。
         4.平成28年12月1日付で当社の持分法適用関連会社である㈱JVCケンウッド・アークスの株式を追加取得して
           連結子会社となりました。
         5.平成28年4月1日付で㈱エレクトリの全株式を取得し、連結子会社となりました。
         6.平成29年1月に200万米ドルの増資を行い、資本金は470万米ドルとなりました。
                                   7/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         7.  日本音響エンジニアリング㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
           占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等     (1)売上高                           4,412,731千円
                        (2)経常利益                   352,321千円
                        (3)当期純利益                 238,150千円
                        (4)純資産額                1,076,645千円
                        (5)総資産額                2,634,253千円
                                   8/111


















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
               セグメントの名称

                                          従業員数(人)
                                                    (  1)
      音響機器販売・施工事業                                            378
      映像製品の開発・製造・販売事業                                             22 (-)

                                                    (  7)

      コンサート・イベント事業                                            461
      その他の事業                                             10 (-)

                                                    (  8)

       報告セグメント計                                           871
      全社(共通)                                             73 (-)

                                                    (  8)

                  合計                                 944
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。なお、
           従業員数には、契約社員、準社員及び長期アルバイトを含んでおります。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。
         3.従業員数が前連結会計年度末と比べて、158名増加しましたが、主な要因は、                                      持分法適用関連会社でありま
           した  株式会社JVCケンウッド・アークス                を連結子会社化したためであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                  平成29年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(千円)

           485(7)              42.9              13.9              6,313

               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      音響機器販売・施工事業                                             111  (-)
      映像製品の開発・製造・販売事業                                              13 (-)

                                                     (  7)

      コンサート・イベント事業                                             288
                                                     (  7)

       報告セグメント計                                            412
      全社(共通)                                              73 (-)

                                                     (  7)

                  合計                                 485
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。な
           お、従業員数には、契約社員、準社員及び長期アルバイトを含んでおります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。
       (3)  労働組合の状況

         労働組合はありませんが、労使関係は円満であり特記すべき事項はありません。
                                   9/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善や堅調な企業収益を背景に緩やかな回復が続いて
        おりますが、中国・新興国経済の減速や、米国政権交代後の政策動向、英国のEU離脱問題等への懸念から海外経済
        の不確実性は高まっており、金融資本市場は不安定な状況で推移いたしました。
         このような状況のもと当社グループ(当社と連結子会社12社)は、中期経営計画「ビジョン300」に基づき、
        「音響」「映像」「音楽」「ライブ」分野における多角化とシナジーの創出により強い事業構造を構築する「ハニ
        カム型経営」の実践に取り組んでおります。M&Aを成長戦略の中核と位置づけ、第1四半期には業務用制御機器及
        び家庭用ハイエンドオーディオ機器の有力ブランドの輸入総代理権を有する株式会社エレクトリを、第3四半期に
        は当社の持分法適用関連会社であり、業務用音響・映像機器のシステム設計・施工を手掛ける株式会社JVCケン
        ウッド・アークスの株式を追加取得し、連結子会社化いたしました。
         当連結会計年度は、2020年に向けた設備投資や旺盛なコンサート・イベント需要を背景とした良好な経営環境の
        中、新規連結子会社の寄与もあり、計画を上回って推移いたしました。しかしながら、電波法改正による特定ラジ
        オマイクの周波数移行の契約はすでに99%が完了し特需がピークアウトしたことから、売上高は前年同期実績に及
        びませんでした。
         利益につきましては、利益貢献度の高かった特需の減少、連結子会社増加に伴う販売費及び一般管理費の増加等
        により前年同期を下回りました。
         これらの結果、売上高29,133百万円(前年同期比9.8%減)、営業利益2,009百万円(同53.2%減)、経常利益
        2,160百万円(同51.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益1,500百万円(同45.1%減)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

        [音響機器販売・施工事業]
         音響機器販売・施工事業は、放送局市場、設備市場における大型案件の受注や、売上の基礎となる流通商品の販
        売が過去最高となるなど、全体的に堅調に推移いたしました。また、新たに連結子会社化した株式会社エレクトリ
        及び株式会社JVCケンウッド・アークスの業績が寄与いたしました。しかしながら、特定ラジオマイクの周波数移
        行に伴う特需がピークアウトし、Shureブランドのワイヤレスシステムの販売が大幅に減少した影響が大きく、売
        上高・利益ともに前年同期を下回りました。
         これらの結果、音響機器販売・施工事業の売上高は16,945百万円(前年同期比14.5%減)となりました。
        [映像製品の開発・製造・販売事業]

         映像製品の開発・製造・販売事業は、2020年に向けた都市再開発や訪日外国人観光客への対応などを背景に、大
        型映像装置の新設・リニューアル需要が拡大傾向にあります。このような状況のもと、自動車メーカーショールー
        ム、大型商業施設、横浜アリーナ等いくつかの大型受注があり、前年同期と比べ売上高は増加、利益も改善し黒字
        化いたしました。
         これらの結果、映像製品の開発・製造・販売事業の売上高は1,126百万円(前年同期比15.5%増)となりまし
        た。
        [コンサート・イベント事業]

         コンサート・イベント事業は、前年同期の大型案件(ミラノ国際博覧会及び東京モーターショー)剥落による減
        少分を好調が続くコンサート案件で補い、高水準を堅持いたしました。第1四半期に首都圏の主要アリーナ会場の
        改修工事に伴い一時的にコンサートが減少いたしましたが、第2四半期以降は大型のコンサートツアーを多数手掛
        け、さらに新規アーティストの獲得が寄与し、音響・映像サービスを合わせたコンサート案件売上高は過去最高と
        なりました。また、平成28年5月に開催された「G7伊勢志摩サミット2016」、8月、9月のリオデジャネイロオリ
        ンピック・パラリンピック関連の大型イベントをはじめ、企業・コンベンションイベント、ゲーム系イベントの受
        注も順調に進捗いたしました。一方、コンサート用機材の減価償却費等の原価が増加していることから、利益は前
        年同期を下回りました。
         これらの結果、コンサート・イベント事業の売上高は10,628百万円(前年同期比1.1%減)となりました。
                                  10/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        [その他の事業]
         その他の事業は、業務用照明機器の販売、システム設計・施工・メンテナンスを行っております。新規ブランド
        の取得、既存ブランドの活性化に積極的に取り組みましたが、大型案件が少ない状況の中、前年同期実績に届きま
        せんでした。
         その他の事業の売上高は432百万円(前年同期比42.3%減)となりました。
       (2)  キャッシュ・フロー

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度に比べ288百
        万円減少し、2,400百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は4,218百万円(前年同期比172.2%増)となりました。
          資金の主な増加要因としては、売上債権の減少額2,905百万円、税金等調整前当期純利益2,216百万円の計上及
         び減価償却費1,968百万円であります。また、主な減少要因としては、法人税等の支払額2,033百万円及びその他
         流動負債の減少額761百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は2,127百万円(前年同期比75.9%増)となりました。
          資金の主な減少要因としては、有形固定資産の取得による支出1,459百万円であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用した資金は2,433百万円(前年同期は772百万円の資金獲得)となりました。
          資金の主な増加要因としては、長期借入れによる収入1,080百万円であります。また、主な減少要因として
         は、短期借入金の純減額1,565百万円、長期借入金の返済による支出1,285百万円、配当金の支払額453百万円及
         びリース債務の返済による支出422百万円であります。
                                  11/111












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)  生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 平成29年3月31日)
         音響機器販売・施工         事業
                                   2,605,745                   120.7
                  (千円)
         映像製品の開発・製造・販売事業
                                    503,610                  619.4
                  (千円)
         合計            (千円)
                                   3,109,355                   138.8
      (注)1.音響機器販売・施工               事業  の金額は、一部の国内連結子会社における当期完成工事高を記載しております。
         2.映像製品の開発・製造・販売事業の金額は、製造原価によっております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)  受注状況

         当連結会計年度の受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)
         音響機器販売・施工事業                  2,812,742            96.5       3,767,119            96.8

         映像製品の開発・製造・販
                           1,086,380           196.9        196,816          772.2
         売事業
         合計                  3,899,122           112.5       3,963,935           101.1
      (注)1.音響機器販売・施工               事業  は、一部の国内連結子会社における建設工事に限定しております。
         2.映像製品の開発・製造・販売事業の受注実績は、特注品を対象にしております。
       (3)  商品仕入実績

         当連結会計年度の商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 平成29年3月31日)
         音響機器販売・施工事業
                                   4,584,596                   94.8
                  (千円)
         映像製品の開発・製造・販売事業
                                    324,426                  94.1
                  (千円)
         その他の事業   (千円)                           281,139                  58.6
         合計            (千円)

                                   5,190,163                   91.7
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  12/111







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (4)  販売実績
         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 平成29年3月31日)
         音響機器販売・施工事業
                                  16,945,403                    85.5
                  (千円)
         映像製品の開発・製造・販売事業
                                   1,126,266                   115.5
                  (千円)
         コンサート・イベント事業
                                  10,628,437                    98.9
                  (千円)
         その他の事業   (千円)                           432,942                  57.7
         合計                (千円)

                                  29,133,050                    90.2
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       (1)  経営方針
         当社グループは、「創造と革新」を経営理念に掲げ、音と映像の事業を基軸としたプロ用AV&ITのトータル・ソ
        リューション企業として、各事業部間及び子会社との相乗効果を高めるとともに、時代の変化を先取りして創造性
        を最大限に発揮できる体制を企業グループ全体で共有しながら、日々の改善・改革を実行し、事業の継続的な発展
        により、企業価値の最大化を目指してまいります。
         当社グループは、顧客のニーズに、長年の実績により積上げてきたノウハウや技術力に裏打ちされた、信頼性の
        高い、安全で高品質の製品・商品・サービスを適正な価格で提供してまいります。
         事業を拡大していくことで株主の皆様をはじめとしたすべてのステークホルダー(利害関係者)に満足していた
        だくことが最善であるとの考えから、企業価値の最大化に向けて法令等を遵守しながら利潤を追求してまいります
        が、社会への貢献や環境への配慮も重要なファクターと考えております。
       (2)  経営戦略等

         当社グループは、中期経営計画「ビジョン300」(平成28年3月期~平成30年3月期)を策定しております。最
        終年度である平成30年3月期に連結売上高30,000百万円、連結経常利益1,800百万円を目指します。
         計画を遂行する3年間を「新たな成長の10年」に向けた第1ステップとして位置付け、目の前の成長の“その
        先”のステージを見据え、新たな成長の種をまき、育て、ハニカム型経営のさらなる「進化」を目指してまいりま
        す。重点事業戦略の骨子は、①業界トップの維持・シェア向上、②ものづくり事業の強化、③グローバル展開の強
        化、④新規事業の開発の4つを設定しております。M&Aを成長戦略の軸に据え、当社グループの強みの源泉である
        「音響」「映像」「音楽」「ライブ」分野における多角化と、相互シナジーの創出により、強い事業構造の構築を
        推進いたします。
       (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         「ROA(総資産経常利益率)10%」等の経営指標を意識しながらも、各事業部及び子会社の事業内容の相違等を
        考慮し、グループ全体で認識の一致する「経常利益」を尺度にしております。
         独立採算制を採用していることで、各事業部及び子会社が目標として掲げた経常利益を、責任をもって達成する
        ことにより、企業価値の最大化を図ってまいります。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        ① 事業の拡大
         イ.輸入販売権の確保
           当社グループの主要事業の一つである音響機器販売事業においては、取扱ブランドを継続的に増強していく
          ことが、事業拡大にとって必要となります。
           著名なブランドだけではなく、まだ国内での知名度は高くなくても優秀であると当社グループが見極めたブ
          ランドの輸入代理店契約締結を推進し、優れた商品を直輸入販売することで業績拡大に努めてまいります。
                                  13/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         ロ.LEDディスプレイ・システムの拡販

           「音と映像のプレゼンテーター」を標榜する当社グループにとって、映像関連製品の販売増強に向けた当社
          製LEDディスプレイ・システムの拡販は重要な課題となっております。
           ものづくり体制を推進し、高品質・高精彩によって世界的な評価を得ている当社製LEDディスプレイ・シス
          テムの性能をさらに高めることやコンサート・イベント事業との連携を強化すること等により、映像製品の開
          発・製造・販売事業の事業基盤を拡充してまいります。
         ハ.グローバル展開の強化

           グローバルな競争で勝ち抜くため、市場や市況の変化に柔軟に適応しつつ、ブレのない真に強い企業を目指
          し、多様化するニーズに的確で競争力ある製品とサービスを提供してまいります。
           また、グローバル各地域における市場動向並びに投資効果を慎重に見極めた上で進出拠点を決定し、最適生
          産・販売体制及びサービス体制の充実を図ってまいります。
         ニ.M&A等の検討及び新規事業の開発

           当社グループは、持続的な成長軌道を構築するため、当社グループの強みを発揮できる音と映像分野の事業
          基盤を強化することが重要な課題であると考えております。
           マーケットシェアの拡大を図るべく、M&A等を活用した事業展開を検討してまいります。また、当社グルー
          プが保有する音と映像に関連した技術、ノウハウを活かし、基幹事業とのシナジーが見込める高付加価値な新
          規事業を開発してまいります。
        ② リスク管理の強化

         イ.安全管理の強化
           当社グループの主要事業の一つである、コンサート・イベント事業においては、大型案件を中心に多数の機
          材の仮設、オペレート等を行うことから、事故を未然に防止するために十分な安全管理が必要となります。ま
          た、地震や台風等に対する防災対策も重要となります。
           事故事例やヒヤリハット事例を集めて原因をさぐり、スタッフ一人一人に仮想体験を数多くさせることで事
          故を予見・予防しやすくしています。また、安全講習の受講、資格の取得等で安全管理を推進するとともに、
          現場でのヘルメットや安全ベルトの着用等、基本作業を徹底させることで、安全対策を進めてまいります。
         ロ.情報管理の強化

           当社グループは、職務上取引先企業の情報や個人情報を入手することがあることから、社内情報を含めたこ
          れらの情報管理が重要な課題であると認識しております。個人情報保護においてプライバシーマークの付与認
          定を受けておりますが、情報管理全般におきまして、今後ともさらなる社内管理体制の整備と適正な運用を推
          進し、一層の強化を図ってまいります。
         ハ.品質管理の徹底

           各事業において品質管理は欠くべからざる重要事項であります。当社グループは、映像製品の開発・製造・
          販売事業における品質マネジメント規格ISO9001の取得はもとより、機器やサービスの質の良さで顧客からの
          信頼を得てまいりました。今後とも、より良い品質を追求し品質管理の徹底を図ってまいります。
       (5)  会社の支配に関する基本方針

        ① 基本方針の内容
          当社は、「創造と革新」を経営理念に掲げ、音と映像の事業を基軸としたプロ用AV&ITのトータル・ソリュー
         ション企業として、各事業部間及び子会社との相乗効果を高めるとともに、時代の変化を先取りして創造性を最
         大限に発揮できる体制を企業グループ全体で共有しながら、日々の改善・改革を実行し、事業の継続的な発展に
         より、企業価値の最大化を目指してまいります。
          当社は、顧客のニーズに、長年の実績により積み上げてきたノウハウや技術力に裏打ちされた、信頼性の高
         い、安全で高品質の製品・商品・サービスを適正な価格で提供してまいります。
          事業を拡大していくことで株主の皆様をはじめとしたすべてのステークホルダー(利害関係者)に満足してい
         ただくことが最善であるとの考えから、企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に向けて法令等を遵守し
         ながら利潤を追求してまいりますが、社会への貢献や環境への配慮も重要なファクターと考えております。
          当社では、以上の経営方針を支持する者が「会社の財務及び事業の方針を決定する者」であることが望ましい
         と考えております。
                                  14/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ② 基本方針の実現に資する特別な取組み

          当社は上記①の方針を実現するため、企業グループとして、組織体制の見直しや施策の実施等に加え積極的な
         IR活動と適時適切な情報開示を行うことで、透明性の確保された質の高い企業グループ体制を構築することを目
         指し、平成28年3月期より中期経営計画「ビジョン                        300」に取り組んでおります。
        ③ 不適切な支配の防止のための取組み

          当社取締役会は、公開会社として当社株式の自由な売買を認める以上、特定の者の大規模買付行為に応じて当
         社株式の売却を行うか否かは、最終的には当社株式を保有する当社株主の皆様の判断に委ねられるべきものであ
         ると考えます。
          しかし、株式の大規模買付行為の中には、その目的等から、企業価値・株主共同の利益に対する明白な侵害を
         もたらすおそれのあるもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれのあるもの、対象会社に、当該買収に対
         する代替案を提示するために合理的に必要とされる情報を十分に提供することなく行われるもの、買収の条件等
         (対価・種類、買付けの時期、買付けの方法等)が対象会社の有する本来の企業価値・株主共同の利益に照らし
         て不十分または不適当なもの、対象会社の持続的な企業価値増大のために必要不可欠な従業員、顧客を含む取引
         先、債権者などのステークホルダーとの関係を破壊し、企業価値・株主共同の利益に反する重大なおそれをもた
         らすもの等が含まれていることも想定されます。
          また、当社は創業者及びその親族等の株主が発行済株式数の約44%を保有しておりますが、株主個々の事情に
         よる株式の譲渡や、相続等の処分によって持株比率が低下する可能性も否定できないことから、今後、当社株式
         に対する大規模な買付がなされる可能性を有するものと考えております。
          さらに上記①の方針により、安定的かつ持続的な企業価値の向上を目指す当社の経営にあたっては、幅広いノ
         ウハウと豊富な経験、並びに顧客・従業員及び取引先等のステークホルダーとの間に築かれた関係等への十分な
         理解が不可欠と考えております。これらに関する十分な理解がなくては、株主の皆様が将来実現することのでき
         る企業価値を適正に判断することはできません。当社は、当社株式の適正な価値を株主の皆様や投資家の皆様に
         ご理解いただくようなIR活動を目指しておりますものの、突然大規模買付行為がなされたときに、大規模買付者
         の提示する当社株式の取得対価が妥当かどうかを株主の皆様が短期間の内に適切に判断するためには、大規模買
         付者及び当社取締役会の双方から適切かつ十分な情報が提供されることが不可欠であり、さらに当社株式をその
         まま継続的に保有することを考える株主の皆様にとっても、大規模買付行為が当社に与える影響や、当社の従業
         員、関係会社、顧客及び取引先等のステークホルダーとの関係についての方針を含む、大規模買付者が考える当
         社の経営に参画したときの経営方針や事業計画の内容等は、その継続保有を検討するうえで重要な判断材料であ
         ります。同様に、当社取締役会が当該大規模買付行為についてどのような意見を有しているのかも、当社株主の
         皆様にとっては重要な判断材料となると考えます。
          これらを考慮し、当社取締役会は、大規模買付行為に際しては、大規模買付者から事前に、株主の皆様の判断
         のために必要かつ十分な大規模買付行為に関する情報が提供されるべきである、という結論に至りました。当社
         取締役会は、かかる情報が提供された後、大規模買付行為に対する当社取締役会としての意見の検討を速やかに
         開始し、独立の外部専門家等の助言を受けながら慎重に検討したうえで意見を形成し公表いたします。さらに、
         必要と認めれば、大規模買付者の提案の改善についての交渉や当社取締役会としての株主の皆様に対する代替案
         の提示も行います。かかるプロセスを経ることにより、当社株主の皆様は、当社取締役会の意見を参考にしつ
         つ、大規模買付者の提案と(代替案が提示された場合には)その代替案を検討することが可能となり、最終的な応
         否を適切に決定する機会を与えられることとなります。                          そこで、平成18年5月29日開催の当社取締役会におい
         て、大規模買付行為が、上記の見解を具体化した一定の合理的なルールに従って行われることが、当社の企業価
         値ひいては株主共同の利益に合致すると考え、「大規模買付行為への対応方針」(以下、「本対応方針」といい
         ます。)の導入を決議し、平成26年6月24日開催の取締役会において、内容を一部変更のうえ、更新いたしまし
         た。本対応方針の有効期間は、毎年の当社定時株主総会終了後、最初に開催される当社取締役会の時までとして
         おります。
          本対応方針の詳細につきましては、当社ホームページに記載しております、平成29年6月23日付プレスリリー

         ス「大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)の継続について」をご覧ください。
          ( http://www.hibino.co.jp/gmc/ir/news.html )
        ④ 上記の取組みについての取締役会の判断

           当社取締役会は、上記③の取組みが上記①の基本方針に沿って策定され、また大規模買付行為が一定の合理
          的なルールに従って行われることが、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保するための取組みであ
          り、株主の皆様の共同の利益を損なうものではないと考えます。
           また、当社取締役会は、大規模買付行為に係る対応方針を適正に運用し、取締役会によって恣意的な判断が
          されることを防止するため、特別委員会規程を採択するとともに、特別委員会を設置し、大規模買付行為に対
                                  15/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
          する対抗措置をとる場合には特別委員会の勧告を最大限尊重することとしており、取締役の地位の維持を目的
          とするものではありません。
                                  16/111




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しており
       ます。また、必ずしも事業上のリスクには該当しない事項についても、投資判断上あるいは当社グループの事業活動
       を理解する上で重要と考えられる事項については、投資家に対する情報開示の観点から積極的に対応しております。
        また、当社グループは、これらリスク発生の可能性を認識したうえで、発生の予防に努めるとともに、万一発生し
       た場合には、速やかに対応策を講じる所存でありますが、本株式に関する投資判断は本項及び本項以外の記載事項を
       慎重に検討した上で行う必要があります。
        なお、将来に関する部分の記載は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  景気動向や企業イベントについて

         企業の販売促進活動やその他のイベントは、企業の広告宣伝費支出の増減により開催数や規模が変動する傾向に
        あり、企業は景況に応じて広告宣伝費を調整するため、景気動向に影響を受けやすい性格を有しております。ま
        た、企業イベントの開催時期も主催者となる顧客企業の都合等により左右される傾向があります。
         景気動向や企業イベントの開催状況による影響を軽減するため、広範囲の業種にわたる顧客基盤の構築等を図る
        所存でありますが、その対応が十分ではない場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があ
        ります。
       (2)  アーティストの活動について

         コンサート市場は、もともと景気変動に左右されにくい性格を有しておりますが、一方で、当該市場はスーパー
        スターの出現や集客力のある人気アーティストのコンサート活動の有無に左右されます。また、アーティストの傷
        病や不測の事態等によりコンサート活動が休止される場合や、アルバム制作等の都合でコンサート活動のスケ
        ジュールに変更が生じる場合等があります。
         そのため、年間を通して多数のアーティストのコンサート案件を手掛けること等により業績の平準化を図ってお
        りますが、その対応が十分ではない場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (3)  自然災害等の突発的事象の発生について

         国内や海外において自然災害等の突発的事象が発生した場合、イベントやコンサートの開催状況に影響が生じる
        ことがあります。このような場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (4)  検収時期の変動による影響について

         機器販売やシステム工事等の一部において、案件の売上計上時期が、顧客の多くで年度末となる3月頃に集中す
        る傾向にあります。また、LEDディスプレイ・システムの販売や音響・映像のシステム工事等の一部には、1案件
        あたりの金額が高額となる大型案件があります。
         リスク軽減に向けて、製造や工事の進捗管理を慎重に行い、計画通りに納入できるように努めておりますが、顧
        客の都合によるシステムや仕様の変更等により、予定していた検収時期が遅れた場合、当社グループの財政状態及
        び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (5)  為替変動について

         事業のグローバル化を推進している当社グループにおいて、海外企業とは売上や仕入その他で取引高が増加の傾
        向にあります。円建て等特定通貨による取引の交渉を進めてはいるものの、取引先企業の現地通貨による決済とな
        る状況も多くあって、外貨建て取引においては為替変動の影響を受けます。
         このため、為替予約を行う等、為替変動によるリスクをヘッジするようにしておりますが、その対応が十分では
        ない場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (6)  業界取引慣行について

         展示会やイベント、コンサート等においては、企画を立案後、制作等のいわゆる準備段階に入ってからも主催者
        や顧客、アーティスト等から仕様変更や追加発注の要請があり、受注金額が役務提供時までに確定しないケースが
        あります。また、当社グループが属する業界の一部では、慣習として契約書を締結しないまま取引をするケースが
        あります。このため、注文書・発注確認書の授受や請求受領書の回収を徹底して行う等、トラブルを未然に回避す
        るための施策を講じておりますが、不測の事態や紛争が発生した場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影
        響が及ぶ可能性があります。
                                  17/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (7)  海外ブランド音響製品の輸入代理店契約について
         当社グループは、海外メーカーと輸入代理店契約を締結して国内における輸入販売権を取得しております。これ
        らの契約内容はメーカーごとに異なりますが、メーカーとの間で最低仕入額を設けるケースが多くなっており輸入
        実績がメーカーの希望する金額を下回った場合は次回の契約に影響が及ぶ可能性があります。
         当社グループは、メーカーに対して多くの要望や指摘事項を伝えておりますが、商品の開発・生産等に関して
        は、メーカーの事情に影響されるため、新商品の発表や商品供給に対する大幅な遅延や、メーカーの商品戦略に当
        社グループが考えているものと大きな乖離が発生する可能性があります。
         さらに、当社グループは著名なブランドだけではなく、まだ国内での知名度は高くなくても優秀であると当社グ
        ループが見極めたブランドの輸入代理店契約締結を推進し、優れた商品を直輸入販売することで業績拡大に努めて
        おりますが、買収・統合等によりメーカー側の経営方針等が転換した場合、代理店が変更される可能性がありま
        す。
         以上の状況を踏まえると、多数の優秀なブランドの輸入販売権を確保できなかった場合、当社グループの財政状
        態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (8)  研究開発について

         当社グループは、新しい製品や技術・サービスの開発のために、研究開発を積極的に推進するとともに最新の技
        術情報や業界動向・顧客ニーズ等の把握に努めております。しかし、技術革新等により製品やサービスに求められ
        る品質や機能が急速に高度化した場合、開発期間が長期化する可能性があります。また、長期に亘る開発投資にも
        かかわらず、投資額に見合うだけの十分な利益を確保することができない可能性があります。このような場合、当
        社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (9)  知的財産権(産業財産権、著作権その他)について

         当社グループは、事業の優位性を確保するため、製品・技術、ノウハウ及び製品等の名称等について、必要に応
        じて特許や商標等の産業財産権取得手続きを行うほか、著作権その他の知的財産権を保護することだけでなく、第
        三者が所有している知的財産権を侵害することのないように努めております。しかしながら、産業財産権では必ず
        しもすべての権利を取得できるとは限らず、場合によっては、他社によって先に権利が取得される可能性がありま
        す。
         また、現在または今後販売する製品・サービス等において、第三者の知的財産権に抵触する可能性を的確・適切
        に判断できないことにより、当該第三者から損害賠償等の訴えを起こされる可能性があります。このような場合、
        当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
       (10)   製品の欠陥について

         製品の品質確保については、ISO9001等所定の品質基準に基づき、細心の注意を払っておりますが、すべての製
        品に欠陥が発生しないという保証はありません。また、欠陥に起因する損害(間接損害も含む)に対して、製造物
        責任保険に加入しておりますが、万が一、欠陥が発生した場合、その保険で補償されない賠償責任を負う可能性が
        あります。さらに、クレームに対する処理並びに製品の回収及び交換による多大な費用の支出が生じる可能性があ
        ります。このような場合、当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
       (11)   製造体制について

         製品の製造においては、高度なデジタル処理技術を有した製造技術者や生産施設を必要としますが、製品の製造
        設備を自社で保有しないで製造を外部に委託するファブレス方式を採用しております。
         また、当社グループは、ISO9001を取得し製品の品質や生産工程を管理しております。しかし、製造委託先の経
        営状態、供給体制、品質保持力等に問題が発生した場合に、製造に支障をきたし、予定する納入時期に製品を出荷
        することが困難となる場合や、製造活動において追加的なコストが発生する場合があり、当社グループの財政状態
        及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (12)   設備投資と保有機材の陳腐化について

         コンサート音響やイベント映像の業界においては、最新鋭かつ大量の機材を保有して他社との差別化を図る必要
        があるため、機材投資を欠かすことはできません。適時適切に機材投資を行っておりますが、投資額に見合うだけ
        の十分な利益を確保することができない場合や急速な技術革新により保有機材が陳腐化した場合、当社グループの
        財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
                                  18/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (13)   人材の確保・育成について
         音響・映像機器のオペレート、システム設計、メンテナンスにおいては、専門的な知識や才能、ノウハウが要求
        されますが、当社グループには顧客やアーティストから特別に指名を受けるオペレーター等が多数在籍しておりま
        す。しかし、人材の育成には時間を要することから、人材の流出があった場合や人材の確保及び育成ができなかっ
        た場合、当社グループの財政状態や経営成績及び将来の成長に影響を与える可能性があります。
         また、人材派遣業務においては、顧客の要望に応じた人材を確保し派遣することが重要となりますが、特に音
        響・映像業界においては専門性の高い人材の派遣が求められるため、人材の確保に努めておりますが、適時に適応
        した人材を確保できない場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響が及ぶ可能性があります。
       (14)   設計・施工、機材運用業務における品質・安全性について

         当社グループでは、設計・施工及び機材運用業務における品質向上・安全性確保には万全を期しておりますが、
        万一、重大な瑕疵があった場合や、人身・施工物等に関わる重大な事故が発生した場合には、当社グループの財政
        状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
       (15)   情報管理について

         当社グループの役社員は、職務上取引先企業の情報や個人情報を入手することがあります。また、人材派遣業務
        においては、登録スタッフの個人情報を知りうる立場にあります。このため、当社グループでは、社内情報を含め
        たこれらの情報の機密保持に細心の注意を払っており、個人情報保護においてはプライバシーマークの付与認定を
        受ける等、情報管理全般におきまして最大限の対策を講じておりますが、万が一、情報が外部に流出した場合に
        は、イメージダウン、信用失墜につながることや損害賠償責任が生じることもあり、当社グループの財政状態、経
        営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
       (16)   法的規制について

         当社グループは、事業活動を行う上で、建設業法、製造物責任法、電気用品安全法、下請法等さまざまな法規制
        の適用を受けております。今後、法律の改廃、法的規制の新設、適用基準の変更等があった場合、また、何らかの
        事情により法律に抵触する事態が生じた場合には、当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能
        性があります。
       (17)   財務制限条項について

         貸出コミットメント契約の締結につきましては以下の財務制限条項が付されており、これに抵触した場合、借入
        先の請求に基づき、借入金を一括返済することがあり(複数ある場合は、条件の厳しい方を記載しておりま
        す。)、当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
         ①各年度及び第2四半期の決算期末日において、貸借対照表(連結及び個別)における純資産の部の金額を、前
          年度決算期末日における純資産の部の合計額の80%以上に維持すること。
         ②各年度及び第2四半期の決算期末日における、損益計算書(連結及び個別)の営業損益及び経常損益において
          それぞれ損失を計上しないこと。
         なお、当連結会計年度末において財務制限条項に抵触しておりません。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  19/111







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
        当社グループの研究開発活動は、映像製品の開発・製造・販売事業において進められているもので、当社グループ
       の持続的な成長の牽引力となるよう、世界最高水準の高精彩LEDディスプレイ・システム「ChromaLED(クロマレッ
       ド)」のラインアップの充実に向けた研究開発及び全天候対応のデジタルサイネージ戦略モデルであるLEDディスプ
       レイ・システム「Chromawall(クロマウォール)」の開発を中心に取り組んでおります。
        当社グループは、レンタルシステムと常設型システムに分けて研究開発をしております。

        (1)レンタルシステム
          当社製LEDディスプレイ・システムを多数採用してクライアント等から好評を博しているコンサート・イベン
         ト事業は、当該システムの広告塔にしてかつ最大のユーザーでもあることから、事業部の枠を超えた厳しい要求
         や意見が非常に有効な助言となって製品開発はもちろん、効率的な研究開発の一助となっております。
        (2)  常設型システム
          あらゆる設置条件に最適な提案が行えるトータル・ソリューションシステムと同時に軽量、シンプルかつ堅牢
         で厳しい環境下においても耐久性に優れた全天候対応型構造を研究開発しております。
        当連結会計年度における研究開発費の総額は346百万円となっております。なお、当社グループの行っている研究

       開発活動は、概ね各セグメントに共通するものであり、セグメントに関連づけての記載は行っておりません。
        現在の主な研究開発テーマは、以下のとおりであります。

        (1)より高精彩な、より臨場感あふれる「空間の演出に相応しい」LED表示装置
        (2)高精彩(色調補正・輝度補正)の最適化
        (3)LED表示装置用の映像信号変換装置及びLEDプロセッサーの操作性・利便性の向上
        (4)現状の色再現性を超える次世代向けLED表示装置
        (5)LEDを使用した表示装置以外の応用製品
        (注)   LED(エルイーディー):            Light   Emitting     Diode(発光ダイオード)

          デジタルサイネージ:            Digital    Signage(屋外用電子広告システム)
          プロセッサー:        Processor(映像信号制御装置)
                                  20/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが分析、判断したものであります。
       (1)  重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
        ります。この連結財務諸表の作成にあたりまして経営陣は、資産・負債及び収益・費用の計上、偶発債務等の開示
        に関連した種々の見積りと仮定を行っております。これら見積りと仮定につきましては過去の実績や状況を勘案し
        合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があ
        ります。
         当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5「経理の状況」の連結財務諸表の「連結財務諸
        表作成のための基本となる重要な事項」に記載しておりますが、特に次の重要な会計方針が連結財務諸表作成にお
        ける重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすものと考えております。
        ① 貸倒引当金

          当社グループは、債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特
         定債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を貸倒引当金として計上しております。取引先の
         財政状況が悪化しその支払い能力が低下した場合、追加の引当が必要になる場合があります。
        ② 繰延税金資産

          当社グループは、将来の課税所得及び慎重かつ実現可能性の高い継続的なタックス・プランニングの検討に基
         づいて繰延税金資産を計上しておりますが、当該資産の全部または一部について、将来、回収できないと判断し
         た場合、当該判断を行った会計年度において繰延税金資産の調整額を税金費用として計上する場合があります。
       (2)  当連結会計年度の経営成績の分析

        ① 売上高及び売上総利益
          当連結会計年度は、2020年に向けた設備投資や旺盛なコンサート・イベント需要を背景とした良好な経営環境
         の中、新規連結子会社の寄与もあり、計画を上回って推移いたしました。しかしながら、電波法改正による特定
         ラジオマイクの周波数移行の契約はすでに99%が完了し特需がピークアウトしたことから、売上高は前年同期実
         績に及びませんでした。
          これらの結果、売上高は29,133百万円(前年同期比9.8                          %減  )、売上総利益は9,937百万円(同10.0                  %減  )とな
         りました。
        ② 営業損益、経常損益
          利益につきましては、利益貢献度の高かった特需の減少、連結子会社増加に伴う販売費及び一般管理費の増加
         等により前年同期を下回りました。
          これらの結果、営業利益は2,009百万円(前年同期比53.2                           %減  )、経常利益は2,160百万円(同51.0                 %減  )とな
         りました。
        ③ 特別損益及び親会社株主に帰属する当期純損益
          法人税、住民税及び事業税が532百万円、法人税等調整額が179百万円となった結果、親会社株主に帰属する当
         期純利益は1,500百万円(            同45.1%減     )となりました。
       (3)  経営成績に重要な影響を与える要因について

         経営成績に重要な影響を与える要因は、「第2 事業の状況 4.事業等のリスク」に詳述したとおりでありま
        す。
       (4)  経営戦略の現状と見通し

         経営戦略の現状と見通しは、「第2 事業の状況 3.経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に詳述した
        とおりであります。
                                  21/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (5)  資本の財源及び資金の流動性についての分析
        ① キャッシュ・フロー
          当社グループのキャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (2)キャッ
         シュ・フロー」に詳述したとおりであります。
        ② 資金需要

          当社グループの資金需要の主なものは、設備投資資金と運転資金であります。設備(機材)投資資金は、最新鋭
         かつ大量の機材を保有し他社との差別化を図るために欠かすことの出来ないものです。また運転資金としては、
         売上債権の入金時期と仕入債務の支払時期に差異が出るため、一定の資金を常に保有しておく必要があります。
        ③ 財務政策

          当社グループは、運転資金及び設備投資資金等について、必要に応じて借入による資金調達を行っておりま
         す。借入金につきましては貸出コミットメント契約を締結し機動的な調達を行なっております。
          なお、貸出コミットメント契約の締結につきましては以下の財務制限条項が付されており、これに抵触した場
         合、借入先の請求に基づき、借入金を一括返済することがあり(複数ある場合は、条件の厳しい方を記載してお
         ります。)、当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
          ①各年度及び第2四半期の決算期末日において、貸借対照表(連結及び個別)における純資産の部の金額を、
           前年度決算期末日における純資産の部の合計額の80%以上に維持すること。
          ②各年度及び第2四半期の決算期末日における、損益計算書(連結及び個別)の営業損益及び経常損益におい
           てそれぞれ損失を計上しないこと。
          なお、当連結会計年度末において財務制限条項に抵触しておりません。
       (6)  経営者の問題認識と今後の方針について

         当社グループを取り巻く経営環境は、技術革新や社会インフラ整備の進行により日々変化し続けております。
         当社グループの経営陣は、当社グループを「仕事にこだわりを持つ、技術力を背景にした信頼度の高いプロ集
        団」と位置づけ、グループ全体でヒビノブランドの知名度拡大・浸透を図りながら、プロ用AV&IT業界の牽引役に
        なれるよう法令等の遵守のもと改善・改革を推し進め、時代の変化を先取りして創造性を十二分に発揮することで
        事業を継続的に発展させ、企業価値の最大化を目指してまいります。
         とりわけ、音響機器販売・施工事業においては、すでに品質の良さを認知されている著名なブランドだけでな
        く、国内での知名度は高くなくても当社グループが品質等に関して優秀であると見極めたブランドについても輸入
        販売権を確保することで、より一層の業績拡大を図ってまいります。
         LEDディスプレイ・システムを中心とした映像製品の開発・製造・販売事業においては、高品質・高精彩によっ
        て世界的な評価を得ている当社製LEDディスプレイ・システムの性能をさらに高めることやコンサート・イベント
        事業との連携を強化すること等により、事業基盤を拡充してまいります。また、さらなる「ものづくり」事業の強
        化に向けて、LED関連のオリジナル製品や、市場ニーズを先取りした製品の研究開発に注力するとともに、製造面
        で一層のコストダウンを図り収益性を高めてまいります。
         さらにM&Aや業務提携による事業分野の拡大を進めるとともに、グループ全体の連携、共同事業の拡大、業務の
        効率化にも努めてまいります。
         グループ経営に関しては、引き続き内部統制体制を強化しつつ、リスク管理の徹底、公正な経営の推進ならびに
        透明性の確保によりコーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいります。
                                  22/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資等の総額は、                    1,573,   585  千円となっております。その主なものは、事業用機材への投資
       であります。
        経営に重要な影響を与えるような設備の除却、売却等はありません。
               会社名                  セグメントの名称              設備投資等の額(千円)
      ヒビノ㈱
      ヒビノインターサウンド㈱
      スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト㈱
                                                    125,463
      ヒビノイマジニアリング㈱                        音響機器販売・施工事業
      日本音響エンジニアリング㈱
      ㈱ エレクトリ
      ㈱ JVCケンウッド・アークス
      ヒビノ㈱
      ヒビノメディアテクニカル㈱
      Hibino    Europe    Limited
                                                      995
                              映像製品の開発・製造・販売事業
      Hibino    Asia   Pacific    Limited
      Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)      Limited
      ヒビノ㈱
      ヒビノメディアテクニカル㈱
                                                   1,230,602
                              コンサート・イベント事業
      ヒビノベスコ㈱
      Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)      Limited
      ヒビノ㈱
                                                     8,331
                              その他の事業
      ヒビノライティング㈱
                                                   1,365,393
                計                     -
                                                    208,192

      全社(共通)                               -
                                                   1,573,585

                合計                     -
                                  23/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                    平成29年3月31日現在
                                    帳簿価額

      事業所名                                                   従業員

           セグメント     設備の     建物    機械装置    工具、器具          リース    リース
                                   土地
      (所在地)     の名称      内容                       資産    資産             数(人)
                     及び     及び     及び                 その他     合計
                                  (千円)
                     構築物     運搬具     備品        (有形)    (無形)
                                               (千円)     (千円)
                                  (面積㎡)
                    (千円)     (千円)     (千円)         (千円)    (千円)
           音響機器販
           売・施工事
           業
     本社     コンサー
                                                          266
                                   404,627
                事業用
     (東京都     ト・イベン
                    409,747    2,147,763      88,126         203,519    149,088     83,890    3,486,764
                設備
                                                          (1)
                                   (694.50)
      港区)     ト事業
           その他の事
           業
           管理部門
     新木場ビル     コンサー
                                                          118
                事業用
     (東京都     ト・イベン          18,595     600,540     14,992      -  236,900       -    851   871,881
                設備
                                                          (6)
      江東区)     ト事業
           映像製品の
     横浜事業所     開発・製
                                                          26
                事業用
     (神奈川県     造・販売事           2,482     30,246     6,217      -    -    -   11,320     50,266
                設備
                                                          (-)
           業
      横浜市)
           管理部門
           音響機器販
           売・施工事
     大阪営業所
                                                          53
           業     事業用
     (大阪府                3,105     12,193    10,401      -    -   1,414     330    27,444
           コンサー     設備
                                                          (-)
      吹田市)
           ト・イベン
           ト事業
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」はソフトウエアであります。また建設仮勘定は含んでおりません。
         2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
                                  24/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                    平成29年3月31日現在
                                       帳簿価額
                                            リース
           事業所名     セグメン     設備の内                                    従業員数
                          建物及び    機械装置
      会社名
                                  工具、器具      土地
                                            資産
           (所在地)     トの名称      容                          その他     合計    (人)
                          構築物   及び運搬具     及び備品    (千円)
                                                (千円)    (千円)
                                           (有形)
                                  (千円)    (面積㎡)
                          (千円)    (千円)
                                           (千円)
                映像製品の
                開発・製造
      ヒビノメ      本社
                                                          161
                ・販売事業     事業用設
      ディアテク     (東京都                7,269    81,369     2,185      -  102,634     7,005    200,464
                コンサート     備
                                                         (-)
      ニカル㈱      江東区)
                ・イベント
                事業
      ヒビノイン      本社     音響機器
                                                          18
                     事業用設
      ター     (東京都      販売・施工
                            -    21   62,965      -    -   1,426    64,413
                     備
                                                         ( - )
      サウンド㈱      港区)     事業
      スチュー
      ダー・     本社
                音響機器
                                                          19
                     事業用設
      ジャパン-     (東京都      販売・施工            615     0  32,295      -    -    184   33,095
                     備
                                                         ( - )
      ブロード
           港区)     事業
      キャスト㈱
      日本音響エ      本社     音響機器
                                        54,510                   80
                     事業用設
      ンジニアリ     (東京都
                販売・施工          96,370    27,022    23,840           -   5,944    207,689
                     備                  (991.00)
                                                         (-)
      ング㈱      墨田区)     事業
           本社     コンサート

                                                          12
      ヒビノベス
                     事業用設
          (東京都      ・イベント            434   86,083      405     -  140,961     6,060    233,945
      コ㈱               備
                                                         ( - )
                事業
           中央区)
           本社

                                                          10
      ヒビノライ           その他の事     事業用設
          (東京都                  90    502   32,104      -    -    409   33,107
                業     備
      ティング㈱
                                                         ( - )
           港区)
      ヒビノイマ      本社     音響機器

                                        1,452                  20
                     事業用設
      ジニアリン     (東京都      販売・施工
                           1,260      -   4,967          -    287    7,967
                     備                   (0.77)
                                                         ( - )
      グ㈱      港区)     事業
           本社     音響機器

                                                          36
      ㈱エレクト                事業用設
          (東京都
                販売・施工           3,725     557    5,567      -   6,438      -   16,288
      リ               備
                                                         ( 1)
           豊島区)     事業
      ㈱JVCケン      本社     音響機器

                                                          94
                     事業用設
      ウッド・     (東京都      販売・施工          15,910      -   10,616      -   2,799    3,564    32,890
                     備
                                                         ( - )
      アークス          事業
           港区)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」はソフトウエアであります。また建設仮勘定は含んでおりません。
         2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
       (3)在外子会社

                                                    平成29年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                           リース
             事業所名     セグメント                                       従業員数
                                           資産
       会社名                設備の内容
                            建物及び     機械装置    工具、器具
            (所在地)     の名称                              その他     合計    (人)
                                          (有形)
                             構築物    及び運搬具     及び備品
                                               (千円)     (千円)
                                          (千円)
                            (千円)     (千円)     (千円)
                 映像製品の
      Hibino   Asia
            本社     開発・製造
      Pacific
                                                           5
            (中華人民     ・販売事業      事業用
                               -   123,941       563     46    1,799    126,351
      (Shanghai)
            共和国上海     コンサート      設備
                                                         (-)
      Limited
                 ・イベント
            市)
                 事業
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」はソフトウエアであります。また建設仮勘定は含んでおりません。
         2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
                                  25/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
         当社グループの設備投資については、予算作成時に年度利益計画の中で設備投資計画を策定し、決定しておりま
        す。
         なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設

                                                    平成29年3月31日現在
                                  投資予   定金額          着手及び    完了予定

                   セグメント                       資金調達              完成後
       会社名    事業所    所在地    の名称        設備の内容                 方法             の増加
                                  総額    既支払額
                                                着手     完了
            名                                             能力
                                 (千円)     (千円)
                                          自己資金

       ヒビノ        東京都    コンサート・       LEDディスプ                     平成28年     平成29年
            本社                      750,000     517,643    及び借入              (注)2
        ㈱       港区   イベント事業       レイシステム                      11月     6月
                                          金
                          映像演出用
                                          自己資金
       ヒビノ        東京都    コンサート・       モーショント                     平成29年     平成29年
            本社                      45,000      -   及び借入              (注)2
        ㈱
                港区   イベント事業       ラッキングシ                      3月     6月
                                          金
                          ステム
                          屋外イベント                自己資金
       ヒビノ        東京都    コンサート・                            平成29年     平成29年
            本社               用車載型LED       49,000      -   及び借入              (注)2
        ㈱       港区   イベント事業                             3月     6月
                          システム                金
                          4K対応HD                自己資金

       ヒビノ        東京都    コンサート・                            平成29年     平成29年
            本社               デジタルシス       49,000      -   及び借入              (注)2
        ㈱       港区   イベント事業                             6月     9月
                          テム                金
                          700MHzワイヤ                自己資金

       ヒビノ    新木場    東京都    コンサート・                            平成29年     平成29年
                          レスマイクシ       175,000      -   及び借入              (注)2
        ㈱   ビル   江東区    イベント事業                             4月     9月
                          ステム入替                金
                                          自己資金

       ヒビノ    新木場    東京都    コンサート・       スピーカー                     平成29年     平成29年
                                 106,000      -   及び借入              (注)2
        ㈱   ビル   江東区    イベント事業       システム                      4月     6月
                                          金
                                          自己資金

       ヒビノ    新木場    東京都    コンサート・       デジタル                     平成29年     平成29年
                                 36,250      -   及び借入              (注)2
        ㈱   ビル   江東区    イベント事業       コンソール                      5月     6月
                                          金
            東雲                               自己資金

               東京都    コンサート・       事業所用建物                     平成29年     平成29年
       (注)1
           事業所                      265,313      -   及び借入              (注)2
               江東区    イベント事業       設備                      9月     12月
            ビル                               金
        (注)1 当社サウンドDiv.の事業所である新木場ビルが手狭となったこと、また業務効率の改善を目的として、
            東京都江東区東雲に当社サウンドDiv.、ヒビノメディアテクニカル㈱及びヒビノベスコ㈱を集約・移転
            する計画であります。
          2 完成後の増加能力については、合理的な測定が困難なため、記載を省略しております。
       (2)重要な設備の除却等

         平成29年12月に予定しております当社サウンドDiv.、ヒビノメディアテクニカル㈱及びヒビノベスコ㈱の事業
        所移転に伴い、それぞれの現事業所内の将来使用見込みのない設備・備品等の除却及び原状回復工事等について、
        移転費用が生じる見込みであります。
                                  26/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)

       普通株式                                       17,000,000

                  計                             17,000,000

     (注)平成29年2月22日開催の取締役会決議により、平成29年4月1日付で株式分割(1株を2株に分割)に伴う定款
        変更が行われ、発行可能株式総数は17,000,000株増加し、34,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

           事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)             上場金融商品取引所名又は登

       種類                                                 内容
             (平成29年3月31日)             (平成29年6月26日)            録認可金融商品取引業協会名
                                      東京証券取引所        JASDAQ

                                                      単元株式数
      普通株式             5,132,740            10,265,480
                                                        100株
                                      (スタンダード)
       計           5,132,740            10,265,480               -           -

     (注)平成29年4月1日付の株式分割(1株を2株に分割)により、発行済株式の総数は5,132,740株増加し10,265,480

        株となっております。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                     発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金      資本準備金
           年月日          総数増減数        総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                      (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)      (千円)
      平成24年10月9日  (注)1                △500,000       5,047,840          -   1,721,487          -   2,074,601

      平成25年4月1日~

                        67,600     5,115,440        21,632     1,743,119        21,632     2,096,233
      平成26年3月31日  (注)2
      平成26年4月1日~

                        17,300     5,132,740         5,536     1,748,655         5,536    2,101,769
      平成27年3月31日  (注)2
      (注)1.自己株式の消却による減少であります。

         2.新株予約権の行使による増加であります。
         3.平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株をもって株式分割を実施しております。これにより発行済
           株式総数は5,132,740株増加し、10,265,480株となっております。
                                  27/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                  平成29年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満
                                    外国法人等
       区分                                               株式の状況
             政府及び
                   金融    金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
             地方公共                                      計
                   機関    取引業者      法人               その他
                                  個人以外      個人
             団体
     株主数(人)           -     14     12     21     42      ▶   1,945     2,038        -

     所有株式数

                -   10,740      1,204     16,218      3,328       ▶  19,819     51,313       1,440
     (単元)
     所有株式数の
                -    20.93      2.34     31.60      6.48     0.00    38.62      100       -
     割合(%)
     (注)自己株式127,910株は「個人その他」に1,279単元及び「単元未満株式の状況」に10株を含めて記載しております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
            氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
                           東京都港区芝四丁目16番2号             3302号      1,499         29.22

     有限会社ハイビーノ
                                               522        10.17
     日比野 晃久                     東京都港区
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                                               319         6.21
                           東京都中央区晴海一丁目8番11号
     社(信託口)
                                               241         4.70
     ヒビノ従業員持株会                     東京都港区港南三丁目5番14号
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                               174         3.39
                           東京都港区浜松町二丁目11番3号
     (信託口)
                                               120         2.34
     日比野 宏明                     東京都港区
                                               117         2.28
     日比野 純子                     東京都港区
     BNP  PARIBAS    SECURITIES      SERVICES
                           33  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826
     LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG
                           HOWALD-HESPERANGE,          LUXEMBOURG           116         2.26
     FUNDS/UCITS      ASSETS
                           (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     (常任代理人:香港上海銀行 東京支店)
                           東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
     日本生命保険相互会社                                          104         2.03
                           日本生命証券管理部内
                                               100         1.94
     株式会社みずほ銀行                     東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                                               100         1.94
     株式会社三菱東京UFJ銀行                     東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                               100         1.94
     野村ホールディングス株式会社                     東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                   -           3,514         68.47

               計
     (注)1.上記のほか、自己株式が127千株あります。
        2.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、
          306千株であります。また、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業
          務に係る株式数は、174千株であります。
        3.平成29年2月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書に係る変更報告書において、三井住友アセッ
          トマネジメント株式会社及びその共同保有者である株式会社三井住友銀行が平成29年2月22日現在でそれぞれ
          以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数
          の確認ができておりません。
          なお、その大量保有報告書に係る変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                  28/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
            氏名又は名称                      住所                  対する所有株式数
                                             (千株)
                                                     の割合(%)
                          東京都港区愛宕二丁目5番1号
     三井住友アセットマネジメント株式会社                                          257         5.01
                          愛宕グリーンヒルズMORIタワー28階
     株式会社三井住友銀行                     東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                      80        1.56

               計                    -             337         6.57

                                  29/111

















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                      -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                      -            -            -

      議決権制限株式(その他)                      -            -            -

                                             権利内容に何ら限定のない当社

                       普通株式         127,900
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -      における標準となる株式
                                             単元株式数100株
                       普通株式      5,003,400

      完全議決権株式(その他)                                 50,034             同上
                       普通株式            1,440

      単元未満株式                                  -      1単元(100株)未満の株式
      発行済株式総数                      5,132,740            -            -

      総株主の議決権                      -           50,034             -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                    自己名義所有         他人名義所有        所有株式数の
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      又は名称                    株式数(株)         株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
              東京都港区港南三丁目
     ヒビノ株式会社                      127,900          -       127,900          2.49
              5番14号
         計          -        127,900          -       127,900          2.49

       (9)【ストックオプション制度の内容】

           該当事項はありません。
                                  30/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】          会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                               107              361,493

      当期間における取得自己株式                                -               -

     (注)当期間における取得自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
       りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                          -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                          -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を

                                -        -        -        -
      行った取得自己株式
      その他
                                -        -        -        -
      (  -  )
      保有自己株式数                        127,910           -      255,820           -

     (注)1.当期間の保有自己株式数には、平成29年4月1日付の株式分割(1:2)による増加株式数                                                127,910株が

          含ま  れております。
        2.当期間における保有自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式は含まれておりません。
                                  31/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆様への利益還元を重要な経営課題のひとつと認識し、経営体質を強化するために必要な内部留保
       と成果配分とのバランスを勘案しながら、安定配当を継続していくことを基本方針としております。
        内部留保資金の使途としては、当社成長の根源である研究開発や設備投資に振り向けていく所存であります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        また、定款の定めにより期末配当・中間配当以外にも取締役会の決議によって基準日を定め、機動的な剰余金の
       配当が可能となっておりますが、実際の運用に関しましては、適宜検討してまいります。
        当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除
       き、取締役会の決議により定めることができる旨及び期末配当の基準日を毎年3月31日、中間配当の基準日を毎年9
       月30日とする旨を定款に定めております。
        当期の配当(1株当たり)につきましては、期末配当を普通配当30円とし、すでに実施しました中間配当30円と合
       わせ年間配当金60円となります。
        当社は、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより次事業年
       度の配当につきましては、1株当たり中間配当15円、期末配当15円の年間配当金30円を予定しております。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                              配当金の総額                  1株当たり配当額
           決議年月日
                               (千円)                   (円)
          平成28年11月4日
                               150,146                   30.00
           取締役会決議
          平成29年5月23日
                               150,144                   30.00
           取締役会決議
        上記配当金については、平成29年4月1日付で行った株式分割前の株式数を基準に配当を実施しております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第50期          第51期          第52期          第53期          第54期

      決算年月       平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月

                                                        5,020

      最高(円)
                  828         2,171          2,879          5,250
                                                        ※2,538
                                                        2,060
      最低(円)
                  470          658         1,431          2,112
                                                        ※2,305
     (注)1.最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであ
          り、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        2.平成29年2月22日開催の取締役会決議に基づき、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式
          分割を行っております。なお、※印は、株式分割による権利落後の最高・最低株価を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年10月          11月        12月      平成29年1月          2月        3月

                                                        5,020

      最高(円)
                2,835        3,720        3,800        4,450        4,870
                                                        ※2,538
                                                        4,285
      最低(円)
                2,275        2,793        3,455        3,700        3,880
                                                        ※2,305
     (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        2.平成29年2月22日開催の取締役会決議に基づき、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式
          分割を行っております。なお、※印は、株式分割による権利落後の最高・最低株価を示しております。
                                  32/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 11名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                         所有
      役名     職名      氏名     生年月日                                任期   株式数
                                   略      歴
                                                         (株)
                          昭和28年4月       ミナミテレビ㈱入社
                          昭和31年6月       日比野電気創業
     取締役               昭和9年      昭和39年11月       ヒビノ電気音響㈱(当社)設立                    (注)
              日比野宏明                                          240,560
     会長               3月25日生             代表取締役社長                    5
                          平成14年6月       代表取締役会長
                          平成17年6月       取締役会長(現任)
                          昭和60年4月       当社入社
                          昭和63年7月       AVCシステム事業部事業部長
     代表                     平成2年6月       取締役映像事業部事業部長
                    昭和37年                                 (注)
     取締役         日比野晃久            平成9年6月       常務取締役                      1,044,300
                    7月23日生                                 5
     社長                     平成12年6月       ヒビノドットコム㈱代表取締役社長
                          平成14年6月       代表取締役社長(現任)
                          平成23年9月       (有)ハイビーノ取締役社長(現任)
                          昭和43年3月       松下電器産業㈱(現パナソニック㈱)入社
                                 松下通信工業㈱(現パナソニックモバイ
                                 ルコミュニケーションズ㈱)配属
                          平成15年1月
                                 同社パナソニックシステムソリューショ
                                 ンズ社常務      兼  ブロードメディア本部長
                          平成17年2月
                                 同社パナソニックAVCネットワークス社
                                 審議役
                          平成17年11月
                                 当社常務取締役ヒビノクロマテックDiv.
                                 事業部長
                          平成19年4月
                                 Hibino    Europe    Limited(ヒビノ        ヨー
                                 ロッパ    リミテッド)代表取締役社長
                          平成19年6月
                                 取締役副社長
      代表
                          平成19年8月
                                 Hibino    Asia   Pacific    Limited(ヒビノ
                    昭和25年                                 (注)
               野牧   幸雄
     取締役                                                    49,000
                    1月29日生             アジア    パシフィック       リミテッド)          5
     副社長
                                 董事長(現任)
                          平成20年4月
                                 Hibino    Europe    Limited(ヒビノ        ヨー
                                 ロッパ    リミテッド)代表取締役会長
                                 (現任)
                          平成20年6月
                                 代表取締役副社長
                          平成22年10月
                                 ビクターアークス㈱(現㈱JVCケン
                                 ウッド・アークス)取締役(非常勤)(現
                          平成23年6月
                                 任)
                                 代表取締役副社長         ヒビノクロマテック
                          平成28年6月
                                 Div.担当
                                 代表取締役副社長         ヒビノクロマテック
                                 グループ担当(現任)
                          昭和49年3月       当社入社
         常務執行
                          昭和59年9月       PA事業部部長
         役員ヒビノ
                    昭和25年      平成5年6月       取締役PA事業部(現ヒビノサウンド                    (注)
               橋本   良一
     取締役    サウンド                                                69,400
                    10月5日生             Div.)事業部長                    5
         グループ
                          平成28年4月       取締役常務執行役員ヒビノサウンド
         担当
                                 グループ担当(現任)
                                  33/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
      役名     職名      氏名     生年月日                                任期    株式数
                                   略      歴
                                                         (株)
                          平成3年4月       当社入社
                          平成14年9月       ヒビノビジュアル         Div.ビジュアル東京
                                  2部部長
                          平成17年4月
                                  ヒビノビジュアル         Div.営業部部長
         常務執行
                          平成17年6月
                                  取締役ヒビノビジュアル            Div.事業部長
         役員ヒビノ
                     昭和44年                                (注)
                          平成24年1月
               芋川   淳一
     取締役    ビジュアル                                                 8,600
                                  Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)
                     2月3日生                                 5
         グループ
                                  Limited(ヒビノ        アジア    パシフィック
         担当
                                  (シャンハイ)リミテッド)執行董事
                                  (現任)
                          平成28年4月
                                  取締役常務執行役員ヒビノビジュアル
                                  グループ担当(現任)
                          昭和60年10月       当社入社
                          平成14年9月       ヒビノAVCセールス         Div.東京ブランチ
                                  部長
                          平成17年4月
                                  ヒビノプロオーディオセールス               Div.
                                  営業3部部長
                          平成17年10月
                                  ヒビノプロオーディオセールス               Div.
                                  統括部長
                          平成18年11月
                                  ㈱メディア・テクニカル(現ヒビノメ
         常務執行
                                  ディアテクニカル㈱)取締役音響特機事
         役員ヒビノ
                                  業本部本部長
                          平成19年2月
         プロオー
                                  ヒビノプロオーディオセールス               Div.
                     昭和39年                                (注)
               久野   慎幸
     取締役    ディオセー                                                26,800
                                  事業部長
                     8月26日生                                 5
                          平成19年6月
         ルスグルー
                                  取締役ヒビノプロオーディオセールス
         プ
                                  Div.事業部長
                          平成22年10月
         担当
                                  ビクターアークス㈱(現㈱JVCケン
                                  ウッド・アークス)取締役(非常勤)
                                  (現任)
                          平成27年4月
                                  日東紡音響エンジニアリング㈱(現日本
                                  音響エンジニアリング㈱)取締役
                                  (非常勤)(現任)
                          平成28年4月
                                  取締役常務執行役員ヒビノプロオーディ
                                  オセールスグループ担当(現任)
                                  ㈱エレクトリ取締役(非常勤)(現任)
                          昭和58年4月       ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行
                          平成18年3月       ㈱みずほ銀行平塚支店長
                          平成22年4月       同行人事部付参事役
                          平成22年6月       当社出向
                                  当社取締役ヒビノGMC担当
                          平成23年5月       ㈱みずほ銀行退職
         常務執行
                          平成27年4月       日東紡音響エンジニアリング㈱              (現日本
                     昭和36年                                (注)
               吉松   聡
      取締役    役員ヒビノ                                                 6,000
                     1月18日生             音響エンジニアリング㈱)            取締役       5
         GMC担当
                                  (非常勤)(現任)
                          平成28年4月
                                  取締役常務執行役員ヒビノGMC担当
                                  (現任)
                                  ㈱エレクトリ取締役(非常勤)(現任)
                          平成28年12月
                                  ㈱JVCケンウッド・アークス取締役
                                  (非常勤)(現任)
                                  34/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有

      役名    職名     氏名     生年月日                                 任期    株式数
                                   略      歴
                                                         (株)
                          平成4年4月       弁護士登録(第一東京弁護士会)
                          平成4年4月       小松・狛法律事務所入所
                          平成8年9月       Whitman,     Breed,    Abbot   & Morgan    LLP
                                 (ウィットマン・ブリード・アボット&
                                 モーガン法律事務所)入所
                          平成9年2月
                                 ニューヨーク州弁護士登録
                          平成10年4月
                    昭和42年             小松・狛・西川法律事務所パートナー                    (注)
              清水   建成
     取締役                                                      -
                          平成12年2月
                    1月10日生             神谷町法律事務所パートナー(現任)                    5
                          平成18年3月
                                 クレノートン㈱監査役
                          平成19年8月
                                 スター・ホテルズ・アンド・リゾーツ
                                 投資法人監督役員
                          平成27年6月
                                 当社社外取締役(現任)
                          平成28年6月
                                 サクサホールディングス㈱社外監査役
                                 (現任)
                          昭和49年4月       ㈱東京銀行(現㈱三菱東京UFJ銀行)
                                 入行
                          平成5年12月       ㈱東京銀行信託会社ニューヨーク信託
                                 部長
                          平成11年4月       ㈱東京三菱銀行(現㈱三菱東京UFJ
                                 銀行)新赤坂支店長
     常勤               昭和25年                                 (注)
                          平成12年10月       同行新宿中央支社長
              深沢   澄男
                                                          2,600
     監査役               9月26日生                                 6
                          平成15年4月       ㈱アプリックス入社          管理本部部長       執行
                                 役員グループ管理室長、海外管理部長
                          平成18年10月
                                 当社入社     内部監査室室長
                          平成19年6月
                                 常勤監査役
                          平成20年6月
                                 取締役ヒビノGMC本部長
                          平成22年6月
                                 常勤監査役(現任)
                          昭和56年4月       ㈱第一勧業銀行(現㈱みずほ銀行)入行
                          平成14年4月       ㈱みずほ銀行駒込霜降橋支店長
                          平成15年9月       同行大塚支店長
                          平成16年4月       同行今治支店長
                          平成18年3月       同行秘書室長
                    昭和33年                                 (注)
              金子   基宏
     監査役                    平成20年4月       同行執行役員秘書室長                          600
                    9月5日生                                 6
                          平成21年4月       同行執行役員本店長
                          平成23年4月       同行常務執行役員
                          平成24年6月       みずほ情報総研㈱代表取締役副社長
                                 (現任)
                          平成26年6月       当社社外監査役(現任)
                          昭和47年4月       東京国税局入局
                          平成23年7月       目黒税務署署長
                          平成24年7月       東京国税局調査第一部次長
                    昭和28年      平成25年7月       麹町税務署署長                    (注)
               唯木   誠
     監査役                                                     1,200
                    9月13日生      平成26年8月       税理士登録、唯木誠税理士事務所開設                    7
                                 (現任)
                          平成27年6月       当社社外監査役(現任)
                          平成28年5月       日生研㈱監査役(現任)
                                  計                      1,449,060
                                  35/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.取締役         清水   建成は、社外取締役であります。
         2.監査役      金子   基宏及び唯木       誠は、社外監査役であります。
         3.取締役会長        日比野    宏明は、代表取締役社長            日比野    晃久   の実父であります。
         4.組織名称及び会社名等は、当時の名称で記載しております。ただし、一部に関しましては、説明の都合上、
           現在の名称等を(         )書きで付記しております。
         5.平成29年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         6.平成26年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         7.平成27年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         8.当社は、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っており、所有株式数は、
           当該株式分割考慮後の株式数を記載しております。
         9.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役2名を選任しております。なお、補欠監査役の選任の効力は、平成29年3月期に係る第54期定時株主総会
           の終結の時から、平成30年3月期に係る第55期定時株主総会の開始の時までであります。
           補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                         所有

             氏名     生年月日                                     株式数
                                   略      歴
                                                         (株)
                        昭和43年4月       日本無線㈱入社
                        昭和48年6月       日本楽器製造㈱(現ヤマハ㈱)入社
                        平成17年1月       ヤマハサウンドテック㈱(現ヤマハサウンド
                                システム㈱)代表取締役社長
                  昭和23年
            福島   周治          平成21年5月       ヒビノインターサウンド㈱顧問
                                                          -
                  11月24日生
                        平成23年5月       ヒビノインターサウンド㈱代表取締役社長
                        平成25年11月       当社ヒビノプロオーディオセールスDiv.                   顧問
                                (現任)
                        平成27年6月
                                当社補欠監査役(現任)
                        平成10年4月       弁護士登録(東京弁護士会)
                  昭和37年      平成17年5月       栗原法律事務所開設、代表(現任)
            栗原   守之
                                                          -
                  11月27日生      平成18年4月       東京弁護士会法制委員会副委員長
                        平成19年6月       当社補欠監査役(現任)
                                 計                          -
          (注)補欠監査役の任期は、就任した時から退任した監査役の任期満了の時までであります。
         10.当社は、経営の意思決定の迅速化、監督機能の強化及び業務執行の効率化を図るため、平成28年4月1日

           より執行役員制度を導入しております。執行役員は上記の取締役と兼務する常務執行役員(4名)のほか、
           次の5名であります。
            執行役員   小林          瑞夫   ヒビノプロオーディオセールス                    Div.   事業部長
            執行役員   井澤          孝    ヒビノサウンド             Div.   営業統括
            執行役員   堀田          久幸   ヒビノビジュアル              Div.   事業部長
            執行役員   大関          靖    ヒビノGMC          経営企画本部本部長
            執行役員   田中          祐輔   ヒビノGMC          総務事業企画本部本部長
                                  36/111






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社は、「企業価値最大化」がコーポレート・ガバナンスの最終的な目標であるという基本的な認識に立ち、法令
       等の遵守の徹底、株主利益の重視及び経営の透明性確保を基本理念としております。
        経営の透明性確保の見地から、企業の社会的責任を果たすべく迅速かつ正確なディスクロージャーに努めておりま
       す。
        事業を拡大していくことで株主をはじめとしたすべてのステークホルダー(利害関係者)に満足してもらうことが
       最善であるとの考えから、企業価値の最大化に向けて法令等を遵守しながら利潤を追求してまいりますが、社会への
       還元や環境への配慮も重要なファクターと考えております。
       ① 企業統治の体制

        イ.企業統治の体制の概要
          当社の取締役会は、取締役8名(うち社外取締役1名)で構成されております。経営方針その他重要事項を決
         定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。
          当社は監査役制度を採用しており、監査役会は、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されております。
         各監査役は、監査役会で策定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役会をはじめとする重要な会議に出席
         し、必要に応じ積極的に意見表明をしております。また、業務及び財産の状況調査を通じて、取締役の職務の執
         行を監査しております。
          当社は、ヒビノグループの企業活動における健全性の維持、子会社を含めた業務の適正を確保するための体制
         整備ならびに企業価値の最大化を実現するため、強固な内部管理体制を確立し運営・維持することを目的に内部
         統制委員会を設置しております。また、内部統制委員会の機能を補完する下部組織として、リスク管理委員会、
         コンプライアンス委員会及びJ-SOX委員会を設置しております。
          また当社は、経営の意思決定の迅速化、監督機能の強化及び業務執行の効率化をより一層図ること、優秀な従
         業員を執行役員に登用することで経営者の育成を図り、企業活力の向上による持続的な成長と、企業価値の向上
         を目指すため、平成28年4月1日より執行役員規程を整備し、執行役員制度を導入しております。
          執行役員は取締役会にて選任され、執行業務が決定されます。任期は1年とし、再任は妨げないものとしてお
         ります。取締役との兼任を含め、9名(うち取締役常務執行役員4名)の執行役員を任命しております。
                                  37/111












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ロ.コーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりであります。
        ハ.企業統治の体制を採用する理由
















          当社は、コーポレート・ガバナンスの最終的な目標である「企業価値最大化」に向け、法令等の遵守の徹底、
         株主利益の重視及び経営の透明性確保という基本理念を遂行する体制として、現在の体制を採用・構築しており
         ます。
                                  38/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ニ.内部統制システムの整備の状況
          当社は、コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの一環として内部管理体制強化のための牽制組織の
         整備を図っております。
          当社の管理部門(ヒビノGMC)は、総務事業企画本部及び経営企画本部で構成されており、現業部門である各
         事業部(Div.)内の管理部門とそれぞれダブルチェック体制を敷いております。
          当社は、ヒビノグループの企業活動における健全性の維持、子会社を含めた業務の適正を確保するための体制
         整備ならびに企業価値の最大化を実現するため、強固な内部管理体制を確立し運営・維持することを目的に代表
         取締役社長を委員長、全取締役を委員、全監査役をオブザーバーとする内部統制委員会を設置しており、その機
         能を補完する下部組織としてリスク管理委員会、コンプライアンス委員会及びJ-SOX委員会を設置しておりま
         す。
          その他、代表取締役社長の直轄機関として経営会議があり、直轄部門として内部監査室があります。
          経営会議は、代表取締役社長を議長とし、取締役、執行役員、幹部社員及び関係会社社長を出席メンバーとし
         た協議機関で、原則月1回開催しております。
          経営会議では、各事業部及び関係会社の経営に関する重要事項の審議及び業務進捗報告等を行っており、グ
        ループ経営のチェック機能を果たしております。また、常勤監査役は、オブザーバーとして経営会議に出席して
        おり、監査役の立場でグループ全体の業務執行状況を監視し、意見表明を行っております。
          社内規程の整備状況といたしましては、当社は事業活動を展開するにあたり、ヒビノ憲章として「ヒビノグ
         ループ行動規範」と「個人情報保護方針」を定めております。その他、基本・組織・業務・人事・総務の社内全
         般にわたる諸規程を整備しており、その中で業務分掌規程及び職務権限規程により、各部門における職務と職位
         の責任と権限の範囲を明確にしております。また内部通報規程によりヒビノグループにおいて通常の業務報告経
         路とは別の報告経路(ヘルプライン)を設置しております。
        ホ.リスク管理体制の整備の状況

          代表取締役社長を委員長、全取締役を委員、全監査役をオブザーバーとする内部統制委員会は、その機能を補
         完する下部組織として、リスク管理委員会、コンプライアンス委員会及びJ-SOX委員会を設置し、各委員会に対
         して指示を行い、報告を求めることが出来る仕組みとなっております。
          リスク管理委員会は、ヒビノグループ全体の各種リスクを統率・管理しており、傘下に実行委員会として、安
         全管理委員会・防災管理委員会・交通安全管理委員会等を配置しております。また、当社は、業務の性質上大規
         模なイベントの運営に関わることからイベント会場における作業の安全管理がきわめて重要なため、業界のNPO
         法人日本舞台技術安全協会における安全強化運動に積極的に関与し、安全管理の徹底に向けた研究や情報交換活
         動を通じて社員の事故防止意識を高めながら、「安全管理の強化」「情報管理の強化」「品質管理の徹底」を
         図っております。
          コンプライアンス委員会は、ヒビノグループの全役職員が、法令及び社内・グループの諸規程や社会規範・企
         業倫理等を遵守するための体制を構築・運営しております。この法令遵守体制の一環として、コンプライアンス
         担当役員を配置するとともに、内部通報規程により通常の業務報告経路とは別の報告経路(ヘルプライン)を設
         置しております。
          J-SOX委員会は、金融商品取引法に基づく内部統制報告制度への的確な対応、具体的には、法令及び社内・グ
         ループの諸規程等に従い、ヒビノグループの財務情報の正確性が確保され、かつ開示が適正に実施されるととも
         に、業務の有効性及び効率性を高めるための体制を構築・運用しております。
          このように当社のリスク管理においては、「法令規則等の遵守」「事故防止の徹底」を含めたさまざまな課題
         に対応できる体制としております。
        ヘ.提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

          当社は、「ヒビノグループ行動規範」「関係会社管理規程」等を定め、子会社を管理する部署が子会社におけ
         る法令順守、業務の適正の確保等に関する指導及び支援を行う体制を整備しております。
          子会社の自主性を尊重しつつ、当社と子会社の権限と責任を明確化し、子会社社長等による定期的な業務報告
         と、重要案件についての事前協議が行われております。
          また、定期的に子会社に対する内部監査を実施すること等によって、子会社に対する統制と、業務の適正を確
         保しております。
        ト.責任限定契約の内容の概要

          当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役と
         の間に、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めておりま
         す。当該契約に基づく責任の限度額は、法令に定める最低責任限度額であります。
                                  39/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       ② 内部監査及び監査役監査の状況
         内部監査は、代表取締役社長直轄の内部監査室(人員2名)が担当しております。内部監査規程に基づき、年間
        監査計画を作成し、諸規程の適合性や準拠性だけでなく各業務が合理的・効率的に運営されているか、各種資産の
        管理・保全が適切に行われているか等を検証しております。
         内部監査の結果は、代表取締役社長に報告されるとともに、社長指示に従って被監査部門に対し、改善勧告を行
        い、改善計画及び改善結果を確認することにより、内部監査の実効性を高めております。
         監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に出席し、当社及び子会社の重要な報告や必要な情報を収集して
        おります。また、定期的に代表取締役社長と会合をもち、会計監査人と四半期レビュー・期末監査等の報告会参加
        や、内部統制の検証、実査、実地棚卸の立会い等により意見・情報交換を行っております。さらに、内部監査室と
        それぞれの監査計画を調整・確認し合うとともに、内部監査結果の報告を適宜受け、相互の意見・情報交換を行う
        ことで実効性のある監査役監査を遂行しております。
         なお、監査役は、全取締役で構成される内部統制委員会にオブザーバーとして参加しております。
       ③ 会計監査の状況

         当社は、東陽監査法人と監査契約を締結し、会社法監査及び金融商品取引法監査を受けております。会計監査人
        は、独立した第三者の立場から財務諸表等の監査を実施し、当社は監査結果の報告を受け、意見の交換をしており
        ます。
         その業務執行社員は公認会計士               高木康行氏、公認会計士            浅川昭久氏であり、会計監査業務に係る補助者は、公
        認会計士8名、その他1名であります。
         なお、当社と上記監査法人または業務執行社員との間に利害関係はありません。
       ④ 社外取締役及び社外監査役

         当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
         社外取締役及び社外監査役と当社との間に利害関係はありません。
         社外取締役清水建成は、長年の弁護士として培われた法律知識と、事業会社の監査役としての経験を、独立した
        立場から当社の経営と企業統治の強化に活かしていただけると判断しております。
         社外監査役金子基宏は、金融機関の執行役員及び事業会社の取締役としての豊富な経験と、企業会計に精通し、
        企業統治に関する高い見識を有しているため、社外監査役として職務を適切に遂行できると判断しております。
         社外監査役唯木誠は、税務に関する専門知識と、企業会計・企業統治を含む幅広い見識を有しており、かつ当社
        との関係において、一般株主と利益相反が生じる恐れのある事由に該当しないことから、経営陣からの独立性を保
        ち経営を監視できると判断しております。
         以上、1名の社外取締役と2名の社外監査役の幅広い経験と知識に基づく客観的・独立的視点による助言・提言
        により、取締役会の意思決定の妥当性・合理性・適正性が確保されると考えております。
         当社においては、社外取締役または社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は方針につい
        て特段の定めはありませんが、社外取締役の選定に際しては、取締役会において、社外監査役の選定に際しては、
        監査役会において、会社との関係、代表取締役その他の取締役や主要な使用人との関係等を勘案して独立性に問題
        がないことを前提として、社外取締役及び各社外監査役がそれぞれの豊富な経験、幅広い見識等を生かして客観
        的・中立的な立場より当社の経営の監督及び監視等の職責を果たされること等を考慮して候補者を選任しておりま
        す。
         なお、当社は清水建成氏、唯木誠氏を株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所
        に届出をしております。
         社外取締役または社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携ならび
        に内部統制部門との関係につきましては、社外取締役は、取締役会への出席等を通じ、会計監査及び内部監査、内
        部統制について適宜報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより、監督機能を果たしております。また、内
        部監査室、経営企画部、経理財務部等の内部統制部門は、必要に応じて取締役会において社外取締役に対し内部統
        制等の実施状況について報告する体制を構築しております。
         社外監査役は、取締役会、監査役会に出席し、取締役等よりその職務の執行状況を聴取するとともに、常勤監査
        役より、定期的かつ随時報告を受けることにより意思疎通を図り、内部監査及び内部統制部門等から経営の監視に
        必要な情報の収集により、監査役会で十分な審議を行ない、監査の実効性を確保しております。また、全取締役で
        構成される内部統制委員会にオブザーバーとして参加しております。
                                  40/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 役員報酬等

        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                  報酬等の総額
                                    ストック
        役員区分                                              役員の員数
                            基本報酬               賞与    退職慰労金
                   (千円)
                                   オプション
                                                       (人)
     取締役

                     275,993         275,993         -      -      -       7
     (社外取締役を除く。)
     監査役

                      12,600         12,600        -      -      -       1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                 8,424         8,424        -      -      -       3

        ロ.報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

          該当事項はありません。
        ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          使用人兼務役員が存在しないため、該当事項はありません。
        ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          当社の役員の報酬は、世間水準及び経営内容、社員給与とのバランスを考慮し、取締役の報酬は株主総会が決
         定した報酬額の限度内において取締役会で決定し、監査役の報酬は株主総会が決定した報酬額の限度内において
         監査役会の協議で決定しております。
          なお、取締役の報酬は平成17年6月29日開催の第42回定時株主総会での決議により年額300百万円以内(ただ
         し使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない)、監査役の報酬は平成3年6月22日開催の第28回定時株主総会
         での決議により年額20百万円以内となっております。
       ⑥ 取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
       ⑦ 取締役の選任決議要件

         当社は、取締役を株主総会の決議によって選任する旨定款で定めております。
         取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
        議決権の過半数をもって行う旨定款で定めております。また、取締役の選任決議については、累積投票によらない
        ものとする旨定款で定めております。
       ⑧ 剰余金の配当等及び中間配当

         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除
        き、取締役会の決議により定めることができる旨及び期末配当の基準日を毎年3月31日、中間配当の基準日を毎年
        9月30日とする旨を定款に定めております。
         これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主の皆様への利益還元を機動的に行うことを目
        的とするものであります。
       ⑨ 自己の株式の取得

         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって同条第1項に定める市場取引等により自
        己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、自己の株式の取得を企業環境の変化に対応し
        て機動的に行うことを目的とするものであります。
       ⑩ 取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及
        び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除す
        ることができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分
        に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
                                  41/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       ⑪ 株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
        有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款で定めております。これは、株主総会特別決
        議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
       ⑫ 株式の保有状況

        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           11銘柄 53,398千円
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          前事業年度
           特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
               銘柄              株式数(株)                       保有目的
                                       (千円)
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                         30,160.00            15,728     企業間取引の強化

     ㈱電通                         1,320.00            7,458    企業間取引の強化

     ㈱みずほフィナンシャルグループ                         22,100.00             3,715    企業間取引の強化

     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                          378.00           1,289    企業間取引の強化

        当事業年度

         特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
               銘柄              株式数(株)                       保有目的
                                       (千円)
     ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                         30,160.00            21,102     企業間取引の強化

     ㈱電通                         1,320.00            7,972    企業間取引の強化

     ㈱みずほフィナンシャルグループ                         22,100.00             4,508    企業間取引の強化

     ㈱三井住友フィナンシャルグループ                          378.00           1,529    企業間取引の強化

        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

         当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
          該当事項はありません。
                                  42/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(千円)            酬(千円)            報酬(千円)            酬(千円)
                                             38,000
      提出会社                35,000              -                       -
      連結子会社                  -            -            -            -

                                             38,000

         計             35,000              -                       -
        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          会計監査人の報酬等は、代表取締役が監査役会の同意を得て定める旨定款に定めており、監査計画の内容等を
         勘案して、会計監査人との協議により合意することにしております。
                                  43/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、東陽
       監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
       人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しております。
                                  44/111














                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,689,111              2,400,991
         現金及び預金
                                       9,377,419              7,115,637
         受取手形及び売掛金
                                       2,813,214              2,699,451
         商品及び製品
                                        618,590              365,250
         仕掛品
                                        109,547               95,617
         原材料及び貯蔵品
                                        508,545              323,353
         繰延税金資産
                                        352,196              570,447
         その他
                                        △ 43,201             △ 86,634
         貸倒引当金
                                       16,425,423              13,484,114
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,491,951              1,665,561
          建物及び構築物
                                       △ 950,321            △ 1,104,403
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             541,629              561,158
          機械装置及び運搬具                             8,287,018              10,226,997
                                      △ 5,780,445             △ 7,113,830
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                            2,506,573              3,113,167
          工具、器具及び備品                             1,180,513              1,253,372
                                       △ 812,207             △ 930,458
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             368,306              322,914
          土地                              460,590              460,590
                                       2,320,708              2,010,869
          リース資産
                                      △ 1,553,218             △ 1,319,750
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             767,490              691,119
                                        482,371              301,869
          建設仮勘定
                                       5,126,961              5,450,818
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        203,445             1,068,001
          のれん
                                         2,067             150,502
          リース資産
                                        304,893              186,568
          その他
                                        510,406             1,405,072
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         73,245              136,689
          投資有価証券
                                        429,190               26,345
          関係会社株式
                                            -            2,524
          退職給付に係る資産
                                        703,710              857,058
          繰延税金資産
                                        631,026             1,128,902
          その他
                                        △ 44,721             △ 60,615
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                             1,792,451              2,090,905
                                       7,429,818              8,946,796
         固定資産合計
                                       23,855,242              22,430,911
       資産合計
                                  45/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       2,443,035              2,296,042
         支払手形及び買掛金
                                       2,945,001              1,817,517
         短期借入金
                                       1,010,976              1,119,432
         1年内返済予定の長期借入金
                                        367,589              328,667
         リース債務
                                       1,584,339               176,779
         未払法人税等
                                        821,595              749,120
         賞与引当金
                                            -            49,630
         資産除去債務
                                       2,042,275              1,763,897
         その他
                                       11,214,812               8,301,086
         流動負債合計
       固定負債
                                       2,788,884              2,643,422
         長期借入金
                                        436,477              535,765
         リース債務
                                       1,800,285              2,129,605
         退職給付に係る負債
         資産除去債務                                35,446              23,586
                                         94,353              210,914
         その他
                                       5,155,447              5,543,294
         固定負債合計
                                       16,370,260              13,844,381
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,748,655              1,748,655
         資本金
                                       2,101,769              2,054,027
         資本剰余金
                                       3,797,349              4,890,818
         利益剰余金
                                        △ 77,401             △ 77,762
         自己株式
                                       7,570,372              8,615,738
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         15,266              13,865
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,819                77
         繰延ヘッジ損益
                                         17,792              27,729
         為替換算調整勘定
                                       △ 114,630              △ 70,956
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 85,391             △ 29,283
         その他の包括利益累計額合計
                                            -              75
       非支配株主持分
                                       7,484,981              8,586,530
       純資産合計
                                       23,855,242              22,430,911
      負債純資産合計
                                  46/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       32,281,122              29,133,050
      売上高
                                      ※1 21,234,561             ※1 19,195,051
      売上原価
                                       11,046,561               9,937,998
      売上総利益
                                    ※2 , ※3 6,753,230           ※2 , ※3 7,928,438
      販売費及び一般管理費
                                       4,293,331              2,009,560
      営業利益
      営業外収益
                                           786              696
       受取利息
                                         3,957              4,099
       受取配当金
                                         33,150              10,612
       仕入割引
                                         61,522               8,926
       為替差益
                                       ※4 154,323             ※4 186,728
       固定資産受贈益
                                         6,353              34,953
       受取保険金
                                         24,566              44,112
       その他
                                        284,660              290,128
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         90,719              62,432
       支払利息
                                         30,786              56,611
       持分法による投資損失
                                         25,344                 -
       金利スワップ解約損
                                         21,981              19,739
       その他
                                        168,831              138,782
       営業外費用合計
                                       4,409,159              2,160,906
      経常利益
      特別利益
                                            -            77,949
       段階取得に係る差益
                                            -            77,949
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※5 96,745
                                                          -
       減損損失
                                            -            22,778
       事務所移転費用
                                         96,745              22,778
       特別損失合計
                                       4,312,414              2,216,076
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,762,540               532,744
                                       △ 184,013              179,136
      法人税等調整額
                                       1,578,527               711,881
      法人税等合計
      当期純利益                                  2,733,886              1,504,195
                                            -            3,887
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                       2,733,886              1,500,308
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  47/111







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       2,733,886              1,504,195
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 8,525              △ 536
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 6,006              3,897
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 30,632               9,937
       為替換算調整勘定
                                        △ 98,476              43,673
       退職給付に係る調整額
                                           888             △ 888
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※1 △ 142,752             ※1 56,083
       その他の包括利益合計
                                       2,591,133              1,560,279
      包括利益
      (内訳)
                                       2,591,133              1,556,416
       親会社株主に係る包括利益
                                            -            3,863
       非支配株主に係る包括利益
                                  48/111















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       1,748,655        2,101,769        1,238,638         △ 77,134       5,011,928
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 175,174                △ 175,174
      親会社株主に帰属する当期純利
                                       2,733,886                 2,733,886
      益
      自己株式の取得                                           △ 266        △ 266
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                          -        -     2,558,711          △ 266      2,558,444
     当期末残高                 1,748,655        2,101,769        3,797,349         △ 77,401       7,570,372
                               その他の包括利益累計額

                                                       純資産合計
                   その他有価証券                     退職給付に係る       その他の包括
                          繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                   評価差額金                     調整累計額       利益累計額合計
     当期首残高
                      22,904       2,187       48,424      △ 16,154       57,361      5,069,289
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 175,174
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                        2,733,886
      益
      自己株式の取得                                                    △ 266
      株主資本以外の項目の当期変動
                      △ 7,637      △ 6,006      △ 30,632      △ 98,476      △ 142,752      △ 142,752
      額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 7,637      △ 6,006      △ 30,632      △ 98,476      △ 142,752      2,415,692
     当期末残高                 15,266       △ 3,819       17,792      △ 114,630       △ 85,391      7,484,981
                                  49/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 1,748,655        2,101,769        3,797,349         △ 77,401       7,570,372
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 450,442                △ 450,442
      親会社株主に帰属する当期純利
                                       1,500,308                 1,500,308
      益
      合併による増加
                                         43,602                 43,602
      自己株式の取得                                           △ 361        △ 361
      非支配株主との取引に係る親会
                               △ 47,741                        △ 47,741
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                     -     △ 47,741       1,093,468          △ 361      1,045,365
     当期末残高                 1,748,655        2,054,027        4,890,818         △ 77,762       8,615,738
                             その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主持
                                           その他の包括            純資産合計
                   その他有価証      繰延ヘッジ損       為替換算     退職給付に係            分
                                           利益累計額
                   券評価差額金      益       調整勘定     る調整累計額
                                           合計
     当期首残高
                     15,266      △ 3,819      17,792     △ 114,630      △ 85,391        -   7,484,981
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 450,442
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                        1,500,308
      益
      合併による増加                                                   43,602
      自己株式の取得                                                    △ 361
      非支配株主との取引に係る親会
                                                         △ 47,741
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
                     △ 1,401      3,897      9,937      43,673      56,107        75    56,183
      額(純額)
     当期変動額合計                △ 1,401      3,897      9,937      43,673      56,107        75   1,101,548
     当期末残高                13,865        77    27,729     △ 70,956     △ 29,283        75   8,586,530
                                  50/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       4,312,414              2,216,076
       税金等調整前当期純利益
                                       1,735,863              1,968,347
       減価償却費
                                         32,347              63,699
       無形固定資産償却費
                                         64,895              125,050
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,129              30,021
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 262,459             △ 186,093
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  28,984              65,143
                                        △ 4,744             △ 4,795
       受取利息及び受取配当金
                                        △ 6,353             △ 34,953
       受取保険金
                                       △ 143,569             △ 180,547
       固定資産受贈益
                                         90,719              62,432
       支払利息
       減損損失                                  96,745                 -
                                            -            22,778
       移転費用
       金利スワップ解約損益(△は益)                                  25,344                 -
       持分法による投資損益(△は益)                                  30,786              56,611
       段階取得に係る差損益(△は益)                                    -           △ 77,949
       売上債権の増減額(△は増加)                               △ 4,139,291              2,905,605
       たな卸資産の増減額(△は増加)                               △ 1,318,320               701,131
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  30,990             △ 93,711
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 734,403             △ 616,053
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 209,473             △ 761,832
                                        183,585              △ 14,896
       その他
                                       2,223,605              6,246,066
       小計
                                         30,756              32,794
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 91,179             △ 61,083
       利息の支払額
                                         6,353              34,953
       保険金の受取額
                                        △ 30,216                 -
       役員退職慰労金の支払額
                                        △ 25,344                 -
       金利スワップ解約損の支払額
                                       △ 564,071            △ 2,033,783
       法人税等の支払額
                                       1,549,904              4,218,948
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  51/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                            -           110,900
       貸付金の回収による収入
                                         △ 521            △ 1,437
       投資有価証券の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                       ※2 178,403
                                                          -
       収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                    ※2 △ 554,770
                                            -
       支出
                                      △ 1,183,982             △ 1,459,079
       有形固定資産の取得による支出
                                         5,186              8,304
       有形固定資産の売却による収入
                                       △ 175,222             △ 114,505
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 33,182             △ 116,991
       その他
                                      △ 1,209,318             △ 2,127,580
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 415,001            △ 1,565,051
                                       3,791,460              1,080,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 2,788,880             △ 1,285,956
       長期借入金の返済による支出
       リース債務の返済による支出                                △ 470,905             △ 422,911
                                         △ 266             △ 361
       自己株式の取得による支出
                                       △ 174,875             △ 453,308
       配当金の支払額
                                           941            277,208
       セール・アンド・リースバックによる収入
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                            -           △ 62,860
       よる支出
                                        772,475            △ 2,433,239
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 25,744               8,736
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  1,087,316              △ 333,135
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,601,794              2,689,111
      非連結子会社との合併に伴う現金及び現金同等物の
                                            -            45,016
      増加額
                                      ※1 2,689,111             ※1 2,400,991
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  52/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        ①連結子会社の状況
         連結子会社の数          12 社
          主要な連結子会社の名称
           ヒビノメディアテクニカル㈱
           ヒビノインターサウンド㈱
           スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト㈱
           ヒビノベスコ㈱
           ヒビノライティング㈱
           ヒビノイマジニアリング㈱
           日本音響エンジニアリング㈱
           ㈱エレクトリ
           ㈱JVCケンウッド・アークス
           Hibino    Europe    Limited
           Hibino    Asia   Pacific    Limited
           Hibino    Asia   Pacific    (Shanghai)      Limited
          ㈱エレクトリは当連結会計年度において子会社となったため連結の範囲に含めております。
          持分法適用関連会社でありました㈱JVCケンウッド・アークスは平成28年12月1日において子会社化したこと
         により、持分法適用の範囲から除外し、連結の範囲に含めております。
        ②非連結子会社の状況
          主要な非連結子会社の名称
           ㈱エイティスリー
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持
         分に見合う額)等は、全体としても重要性がないため、連結の適用範囲から除外しております。
       2.持分法の適用に関する事項
        ①持分法適用の関連会社数              0 社
          ㈱JVCケンウッド・アークスは平成28年12月1日において子会社化したことにより、持分法適用の範囲から除
         外し、連結の範囲に含めております。
        ②持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社
          主要な非連結子会社の名称
           ㈱エイティスリー
         (持分法を適用しない理由)
          持分法を適用していない           非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
         額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重
         要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項
         連結子会社のうち、          ヒビノメディアテクニカル㈱、ヒビノインターサウンド㈱、スチューダー・ジャパン-ブ
        ロードキャスト㈱、ヒビノベスコ㈱、ヒビノライティング㈱、ヒビノイマジニアリング㈱、日本音響エンジニア
        リング㈱、㈱エレクトリ及び㈱JVCケンウッド・アークスの決算日は連結決算日と一致しております。
         連結子会社のうち、Hibino             Europe    Limited、Hibino        Asia   Pacific    Limited及びHibino         Asia   Pacific
        (Shanghai)      Limitedの決算日は12月末日であります。                   連結決算日現在で本決算に準じた仮決算を行った                       財務諸表
        を基礎としております。
                                  53/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       4.会計方針に関する事項
        (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①   有価証券
          イ.その他有価証券
           a.時価のあるもの
             連結決算日の市場価格等に基づく時価法
            (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
           b.時価のないもの
             移動平均法による原価法
         ②   デリバティブ
           時価法
         ③   たな卸資産
          イ.商品、製品(量産品)、原材料
            移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          ロ.製品(受注生産品)、仕掛品
            個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          ハ.貯蔵品
            最終仕入原価法
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①   有形固定資産(リース資産を除く)
           主に定率法
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に
           取得した建物附属設備及び構築物については、定額法。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物              2~50年
            機械装置及び運搬具              2~15年
            工具、器具及び備品              2~20年
         ②   無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法。
         ③   リース資産
           所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法。
        (3)  重要な引当金の計上基準
         ①   貸倒引当金
           債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定債権について
          は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ②   賞与引当金
           従業員の賞与の支出に備えるため、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を賞与引当金として計上してお
          ります。
                                  54/111






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法
         ① 退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
         ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主に10年)
          による定額法により費用処理しております。
           数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
          年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
         ③    未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
           未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるそ
          の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
         ④ 小規模企業等における簡便法の採用
           一部の国内連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
          要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (5)重要な収益及び費用の計上基準
          完成工事高及び完成工事原価の計上基準
          イ   当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
             一部の国内連結子会社は、工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しておりま
            す。
          ロ   その他の工事
             一部の国内連結子会社は、工事完成基準を適用しております。
        (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
         ます。なお、在外子会社の資産、負債は在外子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用
         は期中平均為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
        (7)  重要なヘッジ会計の方法
         ① ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理によっております。ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップについては特例処理に
          よっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
           (イ)ヘッジ手段…為替予約、金利スワップ
           (ロ)ヘッジ対象…外貨建債務及び外貨建予定取引、借入金
         ③ ヘッジ方針
           デリバティブ取引に関する権限及び取引限度額を定めた内部規程に基づき、ヘッジ対象に係る為替相場変動
          リスク及び金利変動リスクを一定範囲内でヘッジしております。
         ④ ヘッジ有効性評価の方法
           各取引ごとにヘッジの有効性の評価を行うことを原則としておりますが、高い有効性があるとみなされる場
          合には、有効性の評価を省略しております。
        (8)  のれんの償却方法及び償却期間
          のれんの償却については、20年以内のその効果の発現する期間で均等償却を行っております。
        (9)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、
         かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資からなっております。
        (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         ① 消費税等の会計処理
           税抜方式によっております。
         ② 連結納税制度の適用
           当社及び一部の国内連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
                                  55/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
        応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備
        及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         なお、これによる損益への影響額は軽微であります。
         (表示方法の変更)

        (連結損益計算書)
         前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「受取保険金」は、営業外収益の総額の
        100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
        め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた30,919千
        円は、「受取保険金」6,353千円、「その他」24,566千円として組替えております。
        (連結キャッシュ・フロー計算書)

         前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「受取保険金」は「税金等調整前当期純
        利益」に含めて表示しておりましたが、金額的重要性が増したため当連結会計年度より独立掲記することといた
        しました。
         それに伴い、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の小計欄以下において「保険金の受取額」を独立掲記し
        ております。この表示方法の変更を反映させるため前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書の「営業活動によるキャッシュ・フロー」におい
        て 「受取保険金」△6,353千円、小計欄以下の「保険金の受取額」6,353千円として組替えております。
         (会計上の見積りの変更)

        (耐用年数及び資産除去債務の見積りの変更)
         当社は、平成28年4月27日開催の取締役会で定期建物賃貸借契約締結の決議を行い、当社事業部事務所及び一
        部の国内子会社の事業所の移転を予定しております。
         これにより、事務所移転に伴い利用不能となる固定資産について耐用年数を短縮し、移転予定日までの期間で
        減価償却が完了するように当連結会計年度に耐用年数を変更しております。
         また、移転前の事務所の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務について、原状
        回復費用の新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積りの変更を行い、同時に償却に係る合理的な期
        間を短縮し、将来にわたり変更しております。
         見積りの変更に伴い総資産が37,326千円増加し、従来の方法に比べて当連結会計年度の営業利益、経常利益及
        び税金等調整前当期純利益がそれぞれ31,666千円減少しております。
         (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連
        結会計年度から適用しております。
                                  56/111







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
       1 貸出コミットメント
         当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と貸出コミットメント契約を締結しております。この
        契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     貸出コミットメントの総額                              2,000,000千円                 2,000,000千円
     借入実行残高                              1,000,000                   600,000
              差引額                      1,000,000                 1,400,000
         なお、貸出コミットメント契約の締結につきましては以下の財務制限条項が付されており、これに抵触した場
        合、借入先の請求に基づき、借入金を一括返済することがあります。(複数ある場合は、条件の厳しい方を記載
        しております。)
         ①各年度及び第2四半期の決算期末日において、貸借対照表(連結及び個別)における純資産の部の金額を、
          前年度決算期末日における純資産の部の合計額の80%以上に維持すること。
         ②各年度及び第2四半期の決算期末日における、損益計算書(連結及び個別)の営業損益及び経常損益におい
          てそれぞれ損失を計上しないこと。
         なお、当連結会計年度末において財務制限条項に抵触しておりません。
                                  57/111















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
        ます。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                              至 平成29年3月31日)
                          151,987    千円                         66,196   千円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
     給与及び賞与                              2,225,560     千円             2,759,262     千円
                                     503,857                  524,327
     賞与引当金繰入額
                                     38,514                  43,245
     貸倒引当金繰入額
                                     122,270                  203,419
     退職給付費用
      ※3 一般管理費に含まれる研究開発費

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                              至 平成29年3月31日)
                          247,578    千円                        346,188    千円
      ※4 固定資産受贈益の内容は次のとおりであります。

       電波法改正による特定ラジオマイク(ワイヤレスマイクロホン等)の新周波数帯域への移行に伴い、一般社団法人
      700MHz利用推進協会より旧周波数機器と交換に提供された新周波数機器を                                  計上したためであります。
      ※5 減損損失の内容は次のとおりであります。

       前連結会計年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
            場所              用途              種類           減損損失(千円)
                                  機械装置及び運搬具                       17,304
      中華人民共和国上海市              事業用資産
                                  リース資産                       79,441
                                       計                       96,745
         当社グループは、事業部門別の事業用資産及び共用資産にグルーピングしております。
         一部の在外連結子会社のコンサート・イベント部門において、収益性の低下が見込まれるため同部門にかかる資
        産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として96,745千円を特別損失に計上いた
        しました。その内訳は、機械装置及び運搬具17,304千円及びリース資産79,441千円であります。
         なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを6.45%で割り引いて算定してお
        ります。
       なお、当連結会計年度については、該当事項はありません。

                                  58/111






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △7,467千円                 9,330千円
      組替調整額                                △5,590               △10,542
       税効果調整前
                                      △13,058                △1,211
       税効果額                                4,532                 674
       その他有価証券評価差額金
                                       △8,525                 △536
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                △5,515                  135
      組替調整額                                △3,336                 5,515
       税効果調整前
                                       △8,851                 5,650
       税効果額                                2,844              △1,753
       繰延ヘッジ損益
                                       △6,006                 3,897
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △30,632                 9,937
      組替調整額                                   -                -
       税効果調整前
                                      △30,632                 9,937
       税効果額                                  -                -
       為替換算調整勘定
                                      △30,632                 9,937
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               △145,995                 43,896
      組替調整額                                  4,427               19,071
       税効果調整前
                                      △141,567                 62,967
       税効果額                                43,090              △19,294
       退職給付に係る調整額
                                      △98,476                 43,673
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                   888              △888
        その他の包括利益合計
                                      △142,752                 56,083
                                  59/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度
                                当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   5,132,740             -          -      5,132,740

            合計             5,132,740             -          -      5,132,740

     自己株式

      普通株式(注)                    127,718            85          -       127,803

            合計              127,718            85          -       127,803

     (注)      普通株式の自己株式の株式数の増加85株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     決議                     (千円)       額(円)
     平成27年5月20日
                 普通株式           75,075         15.00    平成27年3月31日          平成27年6月24日
     取締役会
     平成27年11月6日
                 普通株式           100,099         20.00    平成27年9月30日          平成27年12月10日
     取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     決議                  (千円)             当額(円)
     平成28年5月20日
                普通株式         300,296      利益剰余金         60.00    平成28年3月31日         平成28年6月24日
     取締役会
                                  60/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度
                                当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      期首株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   5,132,740              -          -      5,132,740

            合計             5,132,740              -          -      5,132,740

     自己株式

      普通株式(注)                    127,803            107           -       127,910

            合計              127,803            107           -       127,910

     (注)      普通株式の自己株式の株式数の増加107株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     決議                     (千円)       額(円)
     平成28年5月20日
                 普通株式           300,296         60.00    平成28年3月31日          平成28年6月24日
     取締役会
     平成28年11月4日
                 普通株式           150,146         30.00    平成28年9月30日          平成28年12月9日
     取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     決議                  (千円)             当額(円)
     平成29年5月23日
                普通株式         150,144      利益剰余金         30.00    平成29年3月31日         平成29年6月26日
     取締役会
                                  61/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                              至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
      現金及び預金                             2,689,111     千円            2,400,991     千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                -                 -
      現金及び現金同等物                             2,689,111                 2,400,991
      ※2  株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        株式の取得により新たに日東紡音響エンジニアリング㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳
       並びに株式の取得価額と取得のための収入(純額)との関係は次のとおりであります。
                                      1,957,855
         流動資産                                 千円
         固定資産                              362,231
         のれん                              163,146
         流動負債                            △1,294,963
         固定負債                             △388,260
         日東紡音響エンジニアリング㈱株式の取得価額
                                       800,010
         日東紡音響エンジニアリング㈱現金及び現金同等物                             △978,413
         差引:日東紡音響エンジニアリング㈱取得による収入
                                      △178,403
        なお、同社は平成27年7月1日をもって日本音響エンジニアリング㈱に商号を変更いたしました。
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        株式の取得により新たに㈱エレクトリを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得
       価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
                                       711,494
         流動資産                                  千円
         固定資産                              305,665
         のれん                              118,431
         流動負債                             △599,632
         固定負債                             △355,958
         ㈱エレクトリ株式の取得価額
                                       180,000
         ㈱エレクトリ現金及び現金同等物                             △102,001
         差引:   ㈱エレクトリ      取得による支出
                                        77,998
        株式の取得により新たに㈱JVCケンウッド・アークスを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並び

       に株式の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
                                        700,099
         流動資産                                  千円
         固定資産                              301,203
         のれん                              850,912
         流動負債                             △534,188
         固定負債                             △269,821
         非支配株主持分                              △11,330
         段階取得に係る損益                              △77,949
         支配獲得時までの持分法評価額                             △307,068
         ㈱JVCケンウッド・アークス株式の取得価額
                                        651,858
         ㈱JVCケンウッド・アークス現金及び現金同等物                             △175,086
         差引:   ㈱JVCケンウッド・アークス             取得による支出
                                        476,772
                                  62/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
      (借主側)
       1.ファイナンス・リース取引
        所有権移転ファイナンス・リース取引
         ①    リース資産の内容
           コンサート・イベント事業におけるイベント用映像機材(機械装置及び運搬具)であります。
         ②   リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の
          減価償却の方法」に記載のとおりであります。
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
         ①    リース資産の内容
           主として映像製品の開発・製造・販売事業における映像機材(機械装置及び運搬具)、コンサート・イベン
          ト事業におけるイベント用映像機材及びコンサート用音響機材(機械装置及び運搬具)であります。
         ②    リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の
          減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       2.オペレーティング・リース取引

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成28年3月31日)                   (平成29年3月31日)
     1年内                              24,643                   22,899

     1年超                              25,242                   15,486
             合計                       49,886                   38,386
                                  63/111












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)  金融商品に対する取組方針
          当社グループは、資金計画に照らして、銀行等金融機関から必要な資金を調達(借入金)しております。借
         入金の使途は運転資金(主として短期)及び設備投資資金(長期)であり、設備投資については必要に応じて
         ファイナンス・リース取引を行っております。デリバティブ取引は、後述するリスクを回避するために利用し
         ており、投機的な取引は行わない方針であります。
        (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当
         社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状
         況を半期ごとに把握する体制としております。また、外貨建ての営業債権は、為替変動リスクに晒されており
         ます。
          投資有価証券である株式は、市場価額の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業
         の株式であり、定期的に把握した時価を取締役会に報告し、市場や取引先企業との関係を勘案して保有状況を
         見直しております。
          関係会社株式は、当社グループの非連結子会社及び持分法適用会社の関連会社株式であり、非連結子会社及
         び持分法適用会社の業績変動リスクに晒されていますが、定期的に財務状況等を把握しております。
          営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。外貨建ての営業債
         務については、為替の変動リスクに晒されておりますが、一部の営業債務については先物為替予約を利用して
         リスクヘッジを図っております。
          借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5年以内)は主
         に設備投資に係る資金調達であります。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されておりますが、この
         うち長期のものの一部については、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、個別契約
         ごとにデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段として利用しております。ヘッジの有効性の評価
         方法については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(7)重
         要なヘッジ会計の方法」をご参照ください。
          デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っており、また、デリバ
         ティブ取引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っており
         ます。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、各社が月次に資金繰
         計画を作成するなどの方法により管理しております。
        (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額
         自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  64/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
         ことが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2.参照)。
         前連結会計年度(平成28年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額

                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
      (1)  現金及び預金

                              2,689,111            2,689,111                -
      (2)  受取手形及び売掛金

                              9,377,419            9,377,419                -
      (3)  投資有価証券

         その他有価証券                       32,050            32,050              -

         資産計                     12,098,580            12,098,580                 -

      (1)  支払手形及び買掛金

                              2,443,035            2,443,035                -
      (2)  短期借入金                     2,945,001            2,945,001                -
      (3)  未払法人税等

                              1,584,339            1,584,339                -
      (4)  長期借入金    (1年以内返済予定含む)
                              3,799,860            3,805,157
                                                         5,297
      (5)  リース債務    (1年以内リース債務含む)
                               804,066            813,228             9,161
         負債計                     11,576,302            11,590,761              14,459

      デリバティブ取引(※)                        △8,244            △8,244               -

       (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては△で示しております。
                                  65/111












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(平成29年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額

                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
      (1)  現金及び預金

                              2,400,991            2,400,991                -
      (2)  受取手形及び売掛金

                              7,115,637            7,115,637                -
      (3)  投資有価証券
         その他有価証券                      116,905            116,905               -

         資産計                     9,633,533            9,633,533                -

      (1)  支払手形及び買掛金

                              2,296,042            2,296,042                -
      (2)  短期借入金
                              1,817,517            1,817,517                -
      (3)  未払法人税等

                               176,779            176,779               -
      (4)  長期借入金    (1年以内返済予定含む)
                              3,762,854            3,764,392              1,538
      (5)  リース債務    (1年以内リース債務含む)
                               864,432            859,348            △5,084
         負債計                     8,917,626            8,914,081             △3,545

      デリバティブ取引(※)                         9,650            9,650              -

       (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
          ついては△で示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資 産
          (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)  投資有価証券
            これらの時価については、取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事
           項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債
          (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金、(3)        未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (4)  長期借入金、(5)        リース債務
            これらの時価は、元利金の合計額を、新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利率
           で割り引いた現在価値により算定しております。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。なお、金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ
         対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて
         記載しております。
                                  66/111






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:千円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                区分
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         投資有価証券
          非上場株式     (注)                        41,194                 19,784

         関係会社株式

          非上場株式     (注)                       429,190                 26,345
         (注)これらについては、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、                                                  「(3)
            投資有価証券」       には含めておりません。
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                             1年以内(千円)
          現金及び預金                                          2,689,111

          受取手形及び売掛金                                          9,377,419

                        合計                           12,066,530

          当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                             1年以内(千円)
          現金及び預金                                          2,400,991

          受取手形及び売掛金                                          7,115,637

                        合計                            9,516,628

        4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              2,945,001           -       -       -       -       -

     長期借入金              1,010,976        905,892       756,972       656,380       469,640          -
     リース債務               367,589       231,415       141,591        53,534        9,935         -
          合計         4,323,566       1,137,307        898,563       709,914       479,575          -

          当連結会計年度(平成29年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,817,517           -       -       -       -       -

     長期借入金              1,119,432        973,012       874,920       685,680       109,810          -
     リース債務               328,667       239,275       149,938       100,018        44,069        2,462
          合計         3,265,617       1,212,287       1,024,858        785,698       153,879        2,462

                                  67/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.その他有価証券
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)  株式

                                   31,777           13,374           18,403
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも
                   ② 社債                  -           -           -
     の
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計              31,777           13,374           18,403

                  (1)  株式

                                     272           280           △7
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                   ② 社債                  -           -           -
     もの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計               272           280           △7

               合計                    32,050           13,654           18,395

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 41,194千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含めておりません。
                                  68/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成29年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)  株式

                                   116,905           58,941           57,963
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも
                   ② 社債                  -           -           -
     の
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計             116,905           58,941           57,963

                  (1)  株式

                                     -           -           -
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
                   ② 社債                  -           -           -
     もの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計                -           -           -

               合計                   116,905           58,941           57,963

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 19,784千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含めておりません。
                                  69/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                        9,614              3,963                -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                   9,614              3,963                -

        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       31,474              10,542                -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                  31,474              10,542                -

                                  70/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
      1.   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       (1)通貨関連
          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                    契約額等のうち
                             契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分         取引の種類
                             (千円)                 (千円)        (千円)
                                    (千円)
                為替予約取引

     市場取引以外の取引           買建
                                36,405                △2,728        △2,728
                  米ドル                        -
                                36,405                △2,728        △2,728

               合計                           -
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
          当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                    契約額等のうち
                             契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分         取引の種類
                             (千円)                 (千円)        (千円)
                                    (千円)
                為替予約取引

     市場取引以外の取引           買建
                               158,114                  9,515        9,515
                  米ドル                        -
                               158,114                  9,515        9,515

               合計                           -
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  71/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2.   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       (1)通貨関連
          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                為替予約取引

                 買建
     原則的処理方法
                                       392,269           -      △5,632
                  米ドル          外貨建予定取引
                                        4,990          -        117
                  ユーロ          外貨建予定取引
                                       397,259           -      △5,515

                   合計
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
          当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                為替予約取引

                 買建
     原則的処理方法
                                       278,928                    31
                  米ドル          外貨建予定取引                       -
                                        32,086                   104
                  ユーロ          外貨建予定取引                       -
                                       311,014                   135
                   合計                                -
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  72/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      (2)金利関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                 金利スワップ取引

     金利スワップの特例
     処理
                                      1,450,000        1,120,000         △10,616
                 変動受取・固定支払           長期借入金
                                      1,450,000        1,120,000         △10,616

                   合計
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (千円)                 (千円)
                                              (千円)
                 金利スワップ取引

     金利スワップの特例
     処理
                                      1,370,000          990,000        △6,884
                 変動受取・固定支払           長期借入金
                                      1,370,000          990,000        △6,884

                   合計
      (注)   時価の算定方法
        取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  73/111













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の国内連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度として、確
       定給付企業年金制度及び退職一時金制度を採用しております。
        確定給付企業年金制度(すべて積立型制度であります。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給
       します。
        なお、一部の国内連結子会社は、退職一時金制度に関し、確定拠出制度として中小企業退職金共済制度を併用して
       おります。
        また、一部の国内連結子会社は、複数事業主制度の厚生年金基金制度に加入しており、このうち、自社の拠出に対
       応する年金資産の額を合理的に計算することができない制度については、確定拠出制度と同様に会計処理しておりま
       す。
        退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給します。
        一部の国内連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算して
       おります。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                              2,140,043千円              2,399,483千円
          勤務費用                              129,243              141,851
          利息費用                               14,952               9,552
          数理計算上の差異の発生額                              144,691              △39,916
          過去勤務債務の発生額                               9,326                -
          退職給付の支払額                              △38,774              △57,842
         退職給付債務の期末残高                              2,399,483              2,453,127
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
         年金資産の期首残高                               935,966千円             1,029,306千円
          期待運用収益                               11,699              12,866
          数理計算上の差異の発生額                               8,022              3,979
          事業主からの拠出額                               91,281              95,324
          退職給付の支払額                              △17,663              △42,489
         年金資産の期末残高                              1,029,306              1,098,987
       (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                                98,710千円              430,109千円
          企業結合の影響による増減額                              326,947              324,619
          退職給付費用                               25,591              96,011
          退職給付の支払額                              △21,139              △52,020
          制度への拠出額                                 -           △23,255
         退職給付に係る負債の期末残高                               430,109              775,464
                                  74/111






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                              2,107,622千円              1,885,101千円
         年金資産                             △1,029,306              △1,219,794
                                       1,078,316               665,306
         非積立型制度の退職給付債務                               721,969             1,461,773
                                                      2,127,080
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,800,285
         退職給付に係る負債                              1,800,285              2,129,605

         退職給付に係る資産                                  -            △2,524
                                                      2,127,080
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,800,285
       (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
         勤務費用                               129,243千円              141,851千円
         利息費用                                14,952               9,552
         期待運用収益                               △11,699              △12,866
                                        △3,950               20,020
         数理計算上の差異の費用処理額
                                                        △948
         過去勤務費用の費用処理額                                8,378
         簡便法で計算した退職給付費用                                25,591              96,011
         確定給付制度に係る退職給付費用                               162,515              253,620
       (6)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
         過去勤務費用                                  948千円              948千円
         数理計算上の差異                               140,618              △63,916
           合 計                             141,567              △62,967
       (7)  退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
         未認識過去勤務費用                               △3,319千円              △2,370千円
         未認識数理計算上の差異                               168,153              104,236
           合 計                             164,833              101,865
       (8)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
           一般勘定                              100%              100%
             合 計                            100              100
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
          割引率                               0.4%              0.5%
          長期期待運用収益率                               1.25%              1.25%
          予想昇給率                               4.8%              4.8%
          一時金選択率                                50%              50%
                                  75/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      3.確定拠出制度
         一部の国内連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度14,645千円、当連結会計年度17,007千円
        であります。
      4.複数事業主制度

         確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前連結会計年度
        5,296千円、当連結会計年度12,745千円であります。
      (1)複数事業主制度の直近の積立状況

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
        年金資産の額                             317,423,759千円              122,897,822千円
        年金財政計算上の数理債務の額と
                                      302,957,896              152,503,499
        最低責任準備金の額との合計額
        差引額                              14,465,863             △29,605,676
       (注)直近の積立状況については、前連結会計年度は平成27年3月31日、当連結会計年度は平成28年3月31日にお
         ける状況を記載しております。
      (2)複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

        前連結会計年度 0.049%  (自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        当連結会計年度 0.361%  (自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      (3)補足説明

        上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高(前連結会計年度18,843,938千円、当連結
       会計年度21,959,157千円)、別途積立金(前連結会計年度24,330,833千円、当連結会計年度105,156,463千円)及
       び剰余金(前連結会計年度8,978,968千円、当連結会計年度△112,802,983千円)であります。
        なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                  76/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産
                                      千円            千円
        賞与引当金繰入超過額                           262,023            243,127
        未払事業税                           123,487             6,378
        未払事業所税                            6,391            7,560
        未払費用                           44,988            50,868
        貸倒引当金繰入超過額                           28,735            47,488
        退職給付に係る負債                           569,721            683,428
        減価償却超過額                           163,390            172,003
        たな卸資産評価損否認                           60,268            20,495
        投資有価証券評価損否認                           11,970            3,163
        資産除去債務                           11,699            26,096
        繰越欠損金                           182,842            102,850
        長期未払金                           29,770            70,015
        その他                           27,369            14,597
       繰延税金資産小計
                                 1,522,657            1,448,071
       評価性引当額                          △301,936            △200,279
       繰延税金資産合計
                                 1,220,721            1,247,792
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                            5,661           16,053
        資産除去債務に対応する除去費用                            2,744            6,829
        未収還付事業税等                             -          20,643
        段階取得に係る差益                             -          23,712
        その他                             58           141
       繰延税金負債合計
                                   8,465           67,380
       繰延税金資産の純額
                                 1,212,256            1,180,412
       (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれて

         おります。
                                前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       流動資産-繰延税金資産
                                   508,545千円            323,353千円
       固定資産-繰延税金資産                            703,710            857,058
                                  77/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                前連結会計年度            当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                                     33.06%      法定実効税率と税
       (調整)                                   効果会計適用後の法
       交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.36    人税等の負担率との
       住民税均等割等                              0.38    間の差異が法定実効
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              0.02    税率の100分の5以
       評価性引当額の影響額                              1.02    下であるため注記を
       税率変更による期末の繰延税金資産の減額修正                              5.13    省略しております。
       のれんの償却額                              0.50
       連結子会社の税率差異                              0.67
       持分法による投資損益                              0.24
       その他                             △4.78
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                     36.60
                                  78/111















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
      Ⅰ.取得による企業結合
       1.企業結合の概要
       (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称          ㈱ エレクトリ
           事業の内容       業務用音響・映像及び制御機器の販売、システム設計、コンシューマー用音響・映像機器の販
         売
       (2)企業結合を行った主な理由
           ㈱ エレクトリは、業務用音響・映像及び制御機器並びに家庭用ハイエンドオーディオ機器の輸入販売を手掛
         け、複数の有力ブランドの輸入総代理権を有しており、学校や官公庁、企業の会議室、ホテル、エンターテイ
         ンメント施設等に豊富な納入実績があります。同社が取り扱う商品は、当社グループ商品との親和性が高く、
         これらを融合させることで、音響・映像をはじめ、あらゆるIT機器をシームレスにつなぐデジタル時代に即
         したシステム構築が可能となり、互いの商品ブランド価値の向上と、さらなるマーケットシェア拡大につなが
         ると判断し、子会社化するものであります。
       (3)企業結合日
           平成28年4月1日
       (4)企業結合の法的形式
           現金を対価とする株式取得
       (5)結合後企業の名称
           ㈱ エレクトリ
       (6)取得した議決権比率
           100%
       (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           ヒビノ㈱による、現金を対価とする株式取得であること。
       2.連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
          平成28年4月1日から平成29年3月31日まで
       3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
         取得の対価     現金                         180,000千円
         取得原価                         180,000千円
       4.主要な取得関連費用の内容及び金額
         アドバイザリーに対する報酬・手数料等                          5,000千円
       5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
       (1)発生したのれんの金額
           118,431千円
       (2)発生原因
           主として今後の事業展開によって期待される超過収益力から発生したものであります。
       (3)償却方法及び償却期間
           5年間にわたる均等償却
       6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          流動資産               711,494千円
          固定資産
                         305,665
          資産合計
                        1,017,160
          流動負債
                         599,632
          固定負債
                         355,958
          負債合計
                         955,591
       7.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響
        の概算額及びその算定方法
          企業結合日が当連結会計年度の開始日であるため、記載を省略しております。
                                  79/111




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       Ⅱ.取得による企業結合
       1.企業結合の概要
       (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称 ㈱JVCケンウッド・アークス
           事業の内容 業務用音響・映像機器の販売・施工
       (2)企業結合を行った主な理由
           ㈱JVCケンウッド・アークス             は 、創業以来56年にわたり業務用音響・映像機器のシステム設計・施工を手掛
         けてきた国内有数のエンジニアリング企業であり、全国自治体・ホール、文教・文化施設、体育施設等に豊富
         な実績を有しております。当社は、音響機器販売・施工事業にて取り扱う輸入ブランド商品の販売拡大に向
         け、ホール音響市場を強化することを目的として、平成22年10月1日付で㈱JVCケンウッド・アークスの発行
         済株式総数の35%を取得し持分法適用関連会社といたしました。以降、同社のホール音響における高度なエン
         ジニアリング技術と強固な販売ルートに、当社グループの商品及びサービスを融合させることで、音響システ
         ムの設計・施工から機器販売、保守まで一貫したソリューションを提供できる体制を確立してまいりました。
           今回の㈱JVCケンウッド・アークスの連結子会社化は、これまでの取り組みをさらに推し進めるとともに、
         エンジニアリング業務を行う当社グループ各社との連携を図ることで新たな受注機会を生み出し、当社グルー
         プ、㈱JVCケンウッド・アークス双方の企業価値向上を実現することを目的としております。
       (3)企業結合日
           平成28年12月1日
       (4)企業結合の法的形式
           現金を対価とする株式取得
       (5)結合後企業の名称
          ㈱  JVCケンウッド・アークス
       (6)取得した議決権比率
         企業結合日直前に所有していた議決権比率  35.00%
         企業結合日に追加取得した議決権比率    59.26%
         取得後の議決権比率            94.26%
       (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           ヒビノ㈱による、現金を対価とする株式取得であること。
       2.連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
          平成28年12月1日から平成29年3月31日まで
          なお、平成28年11月30日をみなし取得日としているため、平成28年4月1日から平成28年11月30日までの業績
         は持分法による投資損失として計上しております。
       3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
         企業結合直前に保有していた             ㈱ JVCケンウッド・アークスの株式の時価                       385,017千円
         企業結合日に取得した          ㈱ JVCケンウッド・アークスの株式の時価                           651,858千円
         取得原価                                     1,036,875千円
       4.主要な取得関連費用の内容及び金額
         アドバイザリーに対する報酬・手数料等                          3,300千円
       5.被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額
         段階取得に係る差益 77,949千円
       6.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
       (1)発生したのれんの金額
           850,912千円
       (2)発生原因
           主として今後の事業展開によって期待される超過収益力から発生したものであります。
       (3)償却方法及び償却期間
           10年間にわたる均等償却
                                  80/111





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       7.  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          流動資産               700,099千円
          固定資産
                         301,203
          資産合計
                        1,001,302
          流動負債
                         534,188
          固定負債
                         269,821
          負債合計
                         804,009
       8.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響
        の概算額及びその算定方法
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      Ⅲ.共通支配下の取引等

       1.取引の概要
        (1)   対象となった事業の名称及びその事業の内容
          事業の名称:         ㈱JVCケンウッド・アークス
          事業の内容:         業務用音響・映像機器の販売・施工
        (2)   企業結合日
          平成29年3月31日
        (3)   企業結合の法的形式
          現金を対価とする株式取得
        (4)   結合後企業の名称
          ㈱JVCケンウッド・アークス
        (5)   その他取引の概要に関する事項
          資本関係をより強固なものとするため、非支配株主が保有する株式を買取したものであります。
       2.実施した会計処理の概要
         「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、
        共通支配下の取引として処理しております。
       3.子会社株式を追加取得した場合に掲げる事項
         被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
         取得の対価     現金                          62,860千円
         取得原価                          62,860千円
       4.非支配株主との取引に係る当社の持分変動に関する事項
        (1)   資本剰余金の主な変動要因
          子会社株式の追加取得
        (2)   非支配株主との取引によって減少した資本剰余金の金額
          47,741千円
                                  81/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       イ   当該資産除去債務の概要
         当社及び一部の国内連結子会社における事務所等の不動産賃貸借契約及び定期借地権契約に基づく退去時におけ
        る原状回復義務等であります。
       ロ   当該資産除去債務の金額の算定方法
         使用見込期間を取得から5~30年と見積り、割引率は0.442~2.25%を使用して資産除去債務の金額を計算して
        おります。
       ハ   当該資産除去債務の総額の増減
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
          期首残高                              13,990千円              35,446千円
          新規連結子会社の取得に伴う増加額                              21,044                -
          見積りの変更による増加額                                -            37,326
          時の経過による調整額                                412              443
          期末残高                              35,446              73,216
       ニ   資産除去債務の見積りの変更
         当社は、平成28年4月27日開催の取締役会で定期建物賃貸借契約締結の決議を行い、当社事業部事務所の移転を
        予定しております。
         これにより当連結会計年度において、移転前の事業所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務として計上して
        いた資産除去債務について、原状回復費用の新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積りの変更を行
        いました。
         この見積りの変更による増加額を変更前の資産除去債務残高に37,326千円加算しております。
                                  82/111












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
       営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、音響及び映像に関連した事業を展開しておりますが、取り扱う商品・製品・サービスの種類、販
       売(役務提供)対象市場の類似性によって判断したセグメントから構成されており、「音響機器販売・施工事業」、
       「映像製品の開発・製造・販売事業」、「コンサート・イベント事業」及び「その他の事業」の4つを報告セグメン
       トとしております。
        「音響機器販売・施工事業」は、主に業務用音響・映像機器の販売、システム設計・施工・メンテナンス、建築音
       響工事の設計・施工を行っております。「映像製品の開発・製造・販売事業」は、主にLEDディスプレイ及び周辺機
       器の開発・製造・販売を行っております。「コンサート・イベント事業」は、主にコンサート・イベント用音響シス
       テム及び映像システムの企画立案、レンタル、オペレート並びにコンサート・イベントの録音、中継、トラックダウ
       ン、オーサリング等を行っております。「その他の事業」は、主に業務用照明機器の販売、システム設計・施工・メ
       ンテナンスを行っております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
       る記載と同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益をベースとしております。
        セグメント間の売上高は、第三者間取引価格に基づいております。
       (耐用年数及び資産除去債務の見積りの変更)

        当社は、平成28年4月27日開催の取締役会で定期建物賃貸借契約締結の決議を行い、当社事業部事務所及び一部の
       国内子会社の事業所の移転を予定しております。
        これにより、事務所移転に伴い利用不能となる固定資産について耐用年数を短縮し、移転予定日までの期間で減価
       償却が完了するように当連結会計年度に耐用年数を変更しております。
        また、移転前の事務所の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務について、原状回復
       費用の新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積りの変更を行い、同時に償却に係る合理的な期間を短縮
       し、将来にわたり変更しております。
        見積りの変更に伴い「コンサート・イベント事業」のセグメント資産が37,326千円増加し、従来の方法に比べて当
       連結会計年度の「コンサート・イベント事業」のセグメント利益が31,666千円減少しております。
                                  83/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
        前連結会計年度(自平成27年4月1日                  至平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                        連結
                                                  調整額
                                                       財務諸表
                                                 (注)1,
                  音響機器      映像製品の      コンサート              合計
                                                        計上額
                                     その他の
                                                   3
                  販売・施工      開発・製造      ・イベント
                                                       (注)2
                                      事業
                   事業     ・販売事業        事業
     売上高

                  19,814,032        975,333     10,741,595        750,161     32,281,122           -  32,281,122
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                   284,789       57,462      57,454      31,044      430,752     △ 430,752         -
      上高又は振替高
                  20,098,822       1,032,796      10,799,050        781,206     32,711,874       △ 430,752     32,281,122
          計
     セグメント利益又は損失
                  3,687,195       △ 40,569     1,446,700        89,960     5,183,286      △ 889,955     4,293,331
     (△)
                  12,854,590       1,195,148      6,735,118       288,071     21,072,927       2,782,314      23,855,242
     セグメント資産
     その他の項目

                   142,057       35,130     1,492,515        10,932     1,680,636        87,575     1,768,211
      減価償却費
                    45,799        -    19,096        -    64,895         -    64,895
      のれんの償却額
      有形固定資産及び無形
                   184,448       4,221    1,002,807        11,125     1,202,602       156,602     1,359,204
      固定資産の増加額
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△889,955千円には、セグメント間取引消去△26,224千円、各報告セ
         グメントに配分していない全社費用△863,730千円が含まれております。全社費用は、主に当社の総務・経理部
         門等の管理部門に係る費用であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        3.セグメント資産の調整額2,782,314千円には、セグメント間取引消去△667,767千円、各報告セグメントに配分
         していない全社資産3,450,082千円が含まれております。全社資産の主なものは、当社での余資運用資金(現金
         及び預金)及び管理部門に係る資産であります。
                                  84/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自平成28年4月1日                  至平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                        連結
                                                 調整額      財務諸表
                  音響機器      映像製品の      コンサート             合計
                                                (注)1,3        計上額
                                    その他の
                  販売・施工      開発・製造      ・イベント
                                                       (注)2
                                      事業
                   事業     ・販売事業        事業
     売上高

                  16,945,403       1,126,266      10,628,437       432,942     29,133,050           -  29,133,050
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                   399,732       72,989      88,659      15,667      577,048      △ 577,048         -
      上高又は振替高
                  17,345,135       1,199,255      10,717,096       448,610     29,710,098       △ 577,048     29,133,050
          計
                  1,786,532        17,194     1,249,234       12,472     3,065,434      △ 1,055,873      2,009,560
     セグメント利益
                  12,040,430        869,848     7,611,122       245,031     20,766,433       1,664,477      22,430,911
     セグメント資産
     その他の項目

                   171,235       10,476     1,695,809       12,514     1,890,036        142,010     2,032,047
      減価償却費
                   105,954         -    19,096        -    125,050          -   125,050
      のれんの償却額
      有形固定資産及び無形
                   125,463        995   1,230,602        8,331    1,365,393        208,192     1,573,585
      固定資産の増加額
     (注)1.セグメント利益の調整額△1,055,873千円には、セグメント間取引消去△56,659千円、各報告セグメントに配
         分していない全社費用△999,213千円が含まれております。全社費用は、主に当社の総務・経理部門等の管理部
         門に係る費用であります。
        2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        3.セグメント資産の調整額1,664,477千円には、セグメント間取引消去△1,181,683千円、各報告セグメントに配
         分していない全社資産2,846,161千円が含まれております。全社資産の主なものは、当社での余資運用資金(現
         金及び預金)及び管理部門に係る資産であります。
                                  85/111











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
      前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示をしているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        該当事項はありません。
      当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示をしているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        該当事項はありません。
                                  86/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                音響機器       映像製品の        コンサート
                                       その他の
               販売・施工        開発・製造        ・イベント               全社・消去         合計
                                        事業
                 事業      ・販売事業         事業
                    -        -      96,745          -        -      96,745
     減損損失
      当連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)

      該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                音響機器       映像製品の        コンサート
                                       その他の
               販売・施工        開発・製造        ・イベント               全社・消去         合計
                                        事業
                 事業      ・販売事業         事業
     当期償却額             45,799          -      19,096          -        -      64,895
     当期末残高            170,027          -      33,418          -        -     203,445

      当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                音響機器       映像製品の        コンサート
                                       その他の
               販売・施工        開発・製造        ・イベント               全社・消去         合計
                                        事業
                 事業      ・販売事業         事業
                  105,954          -      19,096          -        -     125,050
     当期償却額
                 1,053,679           -      14,322          -        -    1,068,001
     当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

         前連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)

         該当事項はありません。
                                  87/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                               至   平成28年3月31日)              至   平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 747.76円                857.82円

     1株当たり当期純利益金額                                 273.12円                149.88円

     (注)1.当社は、平成29年2月22日開催の当社取締役会の決議に基づき、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2
          株の株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資
          産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
        2.  1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                               至   平成28年3月31日)              至   平成29年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                     2,733,886                1,500,308
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                     2,733,886                1,500,308
      利益金額(千円)
      期中平均株式数(千株)                                10,009                10,009
                                  88/111













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
       (株式分割及び定款の一部変更)
        当社は、平成29年2月22日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更に関し、下記の
       とおり決議いたしました。
       1.株式分割の目的

         当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整え、当社
        株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的としております。
       2.株式分割の概要

       (1)分割の方法
          平成29年3月31日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式を、
          1株につき2株の割合をもって分割いたしました。
       (2)分割により増加する株式数
          ①株式分割前の発行済株式総数                       5,132,740株
          ②今回の分割により増加する株式数                     5,132,740株
          ③株式分割後の発行済株式総数    10,265,480株
          ④株式分割後の発行可能株式総数   34,000,000株
       (3)日程
          ①基準日公告日   平成29年3月1日(水曜日)
          ②基     準    日   平成29年3月31日(金曜日)
          ③効力発生日    平成29年4月1日(土曜日)
       (4)1株当たり情報に及ぼす影響
          株式分割による影響は(1株当たり情報)に記載しております。
       3.株式分割に伴う定款の一部変更

       (1)変更の理由
          上記の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、平成29年4月1日をもって、当社定款第6条
          で定める発行可能株式総数を変更しております。
       (2)変更の内容
                                               (下線は変更部分)
                変更前                          変更後
     (発行可能株式総数)                          (発行可能株式総数)
     第6条  当会社の発行可能株式総数は、                    1,700万    株   第6条  当会社の発行可能株式総数は、                    3,400万    株
     とする。                          とする。
       4.その他

       (1)資本金の額の変更
          上記の株式分割に際して、資本金の額の変更はありません。
       (2)配当について
          上記の株式分割は、平成29年4月1日を効力発生日としておりますので、平成29年3月31日を基準日とする平
          成29年3月期の期末配当金は、株式分割前の株式が対象となります。
       (3)株主優待制度について
          平成29年3月31日を基準日とする株主優待制度につきましては、株式分割前の株式数を基準に実施いたしま
          す。なお、株式分割後の株主優待制度につきましては、現行の株主優待制度の対象及び内容の変更は行わずに
          維持いたしますので、実質的には制度拡充となります。
       (米国子会社及び孫会社設立)

        当社は、平成29年5月12日開催の取締役会において、米国に当社の完全子会社及び完全孫会社を設立することを決
       議いたしました。両社とも平成29年5月25日に設立しております。
        なお両社は、出資が完了しますと、いずれも資本金が当社の資本金の額の100分の10以上に相当し、当社の特定子
       会社に該当することとなります。
       1.設立の目的

         平成30年3月期を最終年度とする中期経営計画「ビジョン300」において当社グループは、「グローバル展開の
        強化」を重点事業戦略の一つとして掲げ、世界4極体制(日本・欧州・アジア・北米)を構築することを目指して
        おります。
         この度、米国市場への本格進出を果たすべく、米国カリフォルニア州に中間持株会社となる子会社「Hibino
        USA,   Inc.」及びコンサート・イベント事業を展開する孫会社「H&X                             Technologies,       Inc.」を設立することといた
        しました。
                                  89/111


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
         H&X   Technologies,       Inc.は、米国で開催されるモーターショーを照準に、当社がこれまで培ってきた運用技術や
        実績を生かし、高品質な大型映像サービスを提供してまいります。また将来的には、各種展示会、企業イベント等
        の分野への展開も視野に、グローバルな事業活動を加速させてまいります。
       2.設立する子会社及び孫会社(特定子会社)の概要

       (1)子会社(中間持株会社)
         ① 名称      Hibino              USA,   Inc.
         ② 所在地     8900             Research     Drive,    Irvine,    CA  92618,    U.S.A.
         ③ 代表者     野牧 幸雄(当社代表取締役副社長 ヒビノクロマテックグループ担当)
         ④ 事業内容    米国子会社の管理・統轄
         ⑤ 資本金     450万米ドル
         ⑥ 設立年月日   2017年5月25日
         ⑦ 事業開始    2017年6月1日
         ⑧ 株主構成    当社             100.0%
       (2)孫会社(事業会社)
         ① 名称      H&X            Technologies,       Inc.
         ② 所在地               8900   Research     Drive,    Irvine,    CA  92618,    U.S.A.
         ③ 代表者     芋川 淳一(当社取締役 常務執行役員 ヒビノビジュアルグループ担当)
         ④ 事業内容    イベント用映像システム・音響システムの企画立案、レンタル、オペレート
         ⑤ 資本金     300万米ドル
         ⑥ 設立年月日   2017年5月25日
         ⑦ 事業開始    2017年7月1日(予定)
         ⑧ 株主構成    Hibino              USA,   Inc. 100.0%
                                  90/111














                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません
         【借入金等明細表】

                           当期首   残高       当期末残高         平均利率
            区   分                                         返済期限
                            (千円)          (千円)         (%)
     短期借入金                        2,945,001          1,817,517        0.56        -

      1年以内に返済予定の長期借入金                         1,010,976          1,119,432        0.87        -

      1年以内に返済予定のリース債務                          367,589          328,667       1.55        -

     長期借入金
                              2,788,884          2,643,422        0.77     平成30年~33年
     (1年以内に返済予定のものを除く。)
     リース債務
                               436,477          535,765       0.92     平成30年~35年
     (1年以内に返済予定のものを除く。)
                                                -
     その他有利子負債                            -          -            -
              合計                7,548,927          6,444,804        -         -

      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                           (千円)         (千円)         (千円)          (千円)
          長期借入金                  973,012         874,920         685,680         109,810

          リース債務                  239,275         149,938         100,018          44,069

         3.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行3行と貸出コミットメント契約を締結しておりま
           す。
           貸出コミットメントの総額                2,000,000千円
           借入実行残高                 600,000千円
             差引額              1,400,000千円
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                  91/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)               第1四半期           第2四半期           第3四半期          当連結会計年度
     売上高(千円)                 6,382,144          13,562,068           20,264,724           29,133,050
     税金等調整前四半期(当
                        415,647          1,377,193           1,965,199           2,216,076
     期)純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四
     半期(当期)純利益金額                  248,937           928,028          1,303,023           1,500,308
     (千円)
     1株当たり四半期(当
                         24.87           92.71          130.18           149.88
     期)純利益金額(円)
     (会計期間)               第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                         24.87           67.84           37.46           19.71
     金額(円)
     (注)当社は、平成29年2月22日開催の取締役会決議に基づき、平成29年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合を
        もって株式分割を実施しております。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四
        半期(当期)純利益金額を算定しております。
                                  92/111














                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,337,189               500,642
         現金及び預金
                                       ※1 760,568             ※1 348,416
         受取手形
                                      ※1 4,994,980             ※1 3,812,360
         売掛金
                                       1,017,530               903,896
         商品及び製品
                                        170,509              109,186
         仕掛品
                                         64,874              45,343
         原材料及び貯蔵品
                                        142,104              158,080
         前払費用
                                        332,661              187,587
         繰延税金資産
                                            -            50,000
         関係会社短期貸付金
                                         5,881              5,946
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                       ※1 730,244             ※1 405,843
         その他
                                        △ 35,459             △ 86,617
         貸倒引当金
                                       9,521,084              6,440,685
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        417,178              427,773
          建物
                                         8,826              7,707
          構築物
                                       2,331,755              2,793,433
          機械及び装置
                                         7,191              4,296
          車両運搬具
                                        168,780              131,296
          工具、器具及び備品
                                        404,627              404,627
          土地
                                        622,509              440,420
          リース資産
                                        461,157              299,920
          建設仮勘定
                                       4,422,026              4,509,475
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,034              2,034
          借地権
                                         56,318              96,454
          ソフトウエア
                                         2,067             150,502
          リース資産
                                         12,397               9,050
          電話加入権
                                        144,967               1,000
          その他
                                        217,784              259,041
          無形固定資産合計
                                  93/111








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
         投資その他の資産
                                         67,886              53,398
          投資有価証券
                                       3,382,243              4,170,510
          関係会社株式
                                           350              350
          出資金
                                         7,549              1,602
          関係会社長期貸付金
                                         10,786               9,787
          破産更生債権等
          長期前払費用                                 -             729
                                        489,130              552,003
          繰延税金資産
                                        482,443              599,714
          その他
                                        △ 10,786              △ 9,787
          貸倒引当金
                                       4,429,603              5,378,307
          投資その他の資産合計
                                       9,069,414              10,146,825
         固定資産合計
                                       18,590,498              16,587,510
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        146,005               89,639
         支払手形
                                      ※1 1,133,195             ※1 1,069,287
         買掛金
                                       1,900,001               700,000
         短期借入金
                                        570,000              810,000
         関係会社短期借入金
                                        851,436             1,009,582
         1年内返済予定の長期借入金
                                        256,927              238,384
         リース債務
                                       ※1 522,643             ※1 362,799
         未払金
                                        210,296              211,919
         未払費用
                                       1,336,289               131,114
         未払法人税等
                                         44,093              50,131
         前受金
                                         23,251              28,744
         預り金
                                        583,389              442,046
         賞与引当金
                                            -            49,630
         資産除去債務
                                       ※1 360,677
                                                       73,009
         その他
                                       7,938,207              5,266,289
         流動負債合計
       固定負債
                                       2,594,334              2,558,722
         長期借入金
                                        336,872              363,089
         リース債務
                                       1,161,706              1,206,989
         退職給付引当金
                                         14,145               2,000
         資産除去債務
                                         62,190              62,190
         その他
                                       4,169,249              4,192,992
         固定負債合計
                                       12,107,457               9,459,281
       負債合計
                                  94/111







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       1,748,655              1,748,655
         資本金
         資本剰余金
                                       2,101,769              2,101,769
          資本準備金
                                       2,101,769              2,101,769
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         46,328              46,328
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        200,000              200,000
            別途積立金
                                       2,455,366              3,092,703
            繰越利益剰余金
                                       2,701,695              3,339,032
          利益剰余金合計
                                        △ 77,401             △ 77,762
         自己株式
                                       6,474,718              7,111,693
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         12,252              16,723
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,928              △ 187
         繰延ヘッジ損益
                                         8,323              16,535
         評価・換算差額等合計
                                       6,483,041              7,128,229
       純資産合計
                                       18,590,498              16,587,510
      負債純資産合計
                                  95/111













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                      ※1 21,469,033             ※1 17,103,837
      売上高
                                      ※1 15,360,301             ※1 12,219,106
      売上原価
                                       6,108,732              4,884,731
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 4,000,455           ※1 , ※2 4,079,790
      販売費及び一般管理費
                                       2,108,276               804,940
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 4,599             ※1 1,807
       受取利息
                                       ※1 303,884             ※1 639,933
       受取配当金
                                         12,452               3,651
       仕入割引
                                         25,406              21,708
       為替差益
                                        134,363              149,990
       固定資産受贈益
                                        ※1 54,778            ※1 104,586
       その他
                                        535,485              921,678
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        ※1 72,577             ※1 48,288
       支払利息
                                         25,344                 -
       金利スワップ解約損
                                         14,692              13,793
       その他
                                        112,614               62,081
       営業外費用合計
                                       2,531,147              1,664,536
      経常利益
      特別損失
                                        142,181              320,431
       関係会社株式評価損
                                        142,181              320,431
       特別損失合計
                                       2,388,965              1,344,105
      税引前当期純利益
                                        919,980              177,766
      法人税、住民税及び事業税
                                       △ 154,581               78,558
      法人税等調整額
                                        765,398              256,325
      法人税等合計
                                       1,623,567              1,087,779
      当期純利益
                                  96/111










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自         平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                       資本剰余金               利益剰余金
                                     その他利益剰余金                   株主資本合
                資本金                                   自己株式
                          資本剰余金                    利益剰余金          計
                     資本準備金          利益準備金
                          合計               繰越利益剰     合計
                                    別途積立金
                                         余金
     当期首残高           1,748,655     2,101,769     2,101,769      46,328     200,000    1,006,974     1,253,302     △ 77,134    5,026,592
     当期変動額
      剰余金の配当
                                         △ 175,174    △ 175,174         △ 175,174
      当期純利益                                   1,623,567     1,623,567          1,623,567
      自己株式の取得                                               △ 266    △ 266
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     -  1,448,392     1,448,392       △ 266  1,448,125
     当期末残高           1,748,655     2,101,769     2,101,769      46,328     200,000    2,455,366     2,701,695     △ 77,401    6,474,718
                             評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                その他有価証券評価差額金             繰延ヘッジ損益          評価・換算差額等合計
     当期首残高                  20,766             902          21,668          5,048,260
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                        △ 175,174
      当期純利益                                                  1,623,567
      自己株式の取得                                                    △ 266
      株主資本以外の項目の
                       △ 8,513          △ 4,831          △ 13,344          △ 13,344
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       △ 8,513          △ 4,831          △ 13,344          1,434,780
     当期末残高                  12,252           △ 3,928           8,323          6,483,041
                                  97/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                       資本剰余金               利益剰余金
                                     その他利益剰余金                   株主資本合
                資本金                                   自己株式
                          資本剰余金                    利益剰余金          計
                     資本準備金          利益準備金
                          合計               繰越利益剰     合計
                                    別途積立金
                                         余金
     当期首残高           1,748,655     2,101,769     2,101,769      46,328     200,000    2,455,366     2,701,695     △ 77,401    6,474,718
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 450,442    △ 450,442         △ 450,442
      当期純利益
                                         1,087,779     1,087,779          1,087,779
      自己株式の取得                                               △ 361    △ 361
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   -     -     -     -     -  637,336     637,336      △ 361   636,975
     当期末残高           1,748,655     2,101,769     2,101,769      46,328     200,000    3,092,703     3,339,032     △ 77,762    7,111,693
                             評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                その他有価証券評価差額金             繰延ヘッジ損益          評価・換算差額等合計
     当期首残高
                       12,252           △ 3,928           8,323          6,483,041
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 450,442
      当期純利益                                                  1,087,779
      自己株式の取得
                                                          △ 361
      株主資本以外の項目の
                        4,470           3,741           8,211           8,211
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   4,470           3,741           8,211          645,187
     当期末残高
                       16,723            △ 187          16,535          7,128,229
                                  98/111









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.  資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
         (イ)     子会社株式及び関連会社株式                 移動平均法による原価法
         (   ロ ) その他有価証券
          ・時価のあるもの                        決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法に
                           より処理し、売却原価は移動平均法により算定)
          ・時価のないもの        移動平均法による原価法
       (2)  デリバティブ等の評価基準及び評価方法
          ・    デリバティブ                  時価法
       (3)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
          ・商品、製品(量産品)、原材料                    移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価
                           切下げの方法により算定)
          ・製品(受注生産品)、仕掛品                     個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
                           げの方法により算定)
          ・貯蔵品                   最終仕入原価法
      2.固定資産の減価償却の方法
       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法
          ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得し
         た建物附属設備及び構築物については、定額法。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物                        2~50年
          構築物                      10~50年
          機械及び装置                2~15年
          車両運搬具                 2~6年
          工具、器具及び備品                 2~20年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法。
       (3)  リース資産
         所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法。
      3.引当金の計上基準
       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定債権については個
        別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員の賞与の支出に備えるため、賞与支給見込額の当事業年度負担額を賞与引当金として計上しております。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、計上し
        ております。
         (イ)     退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込                        額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
           給付算定式基準によっております。
         (   ロ ) 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
            過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)によ
           る定額法により費用処理しております。
            数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
           (10年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                  99/111



                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                            有価証券報告書
      4.重要なヘッジ会計の方法
       (1)  ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップについては、特例処理によっ
        ております。
       (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
         (イ)ヘッジ手段…為替予約、金利スワップ
         (ロ)ヘッジ対象…外貨建債務及び外貨建予定取引、借入金
       (3)  ヘッジ方針
         デリバティブ取引に関する権限及び取引限度額を定めた内部規程に基づき、ヘッジ対象に係る為替相場変動リス
        ク及び金利変動リスクを一定範囲内でヘッジしております。
       (4)  ヘッジ有効性評価の方法
         各取引ごとにヘッジの有効性の評価を行うことを原則としておりますが、高い有効性があるとみなされる場合に
        は、有効性の評価を省略しております。
      5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)  退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表
        におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
       (2)  消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
       (3)  連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
         (会計方針の変更)

        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
        応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び
        構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         なお、これによる損益への影響額は軽微であります。
         (会計上の見積りの変更)

        (耐用年数及び資産除去債務の見積りの変更)
         当社は、平成28年4月27日開催の取締役会で定期建物賃貸借契約締結の決議を行い事業部事務所移転を予定し
        ております。
         これにより、事務所移転に伴い利用不能となる固定資産について耐用年数を短縮し、移転予定日までの期間で
        減価償却が完了するように当事業年度に耐用年数を変更しております。
         また、移転前の事務所の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務について、原状
        回復費用の新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積りの変更を行い、同時に償却に係る合理的な期
        間を短縮し、将来にわたり変更しております。
         見積りの変更に伴い総資産が37,326千円増加し、従来の方法に比べて当事業年度の営業利益、経常利益及び税
   &nbs