グローリー株式会社 有価証券報告書 第71期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第71期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:グローリー株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月26日
      【事業年度】                    第71期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    グローリー株式会社
      【英訳名】                    GLORY   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  尾上 広和
      【本店の所在の場所】                    兵庫県姫路市下手野一丁目3番1号
      【電話番号】                    079(297)3131(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役副社長  三和 元純
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県姫路市下手野一丁目3番1号
      【電話番号】                    079(297)3131(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役副社長  三和 元純
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第67期       第68期       第69期       第70期       第71期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)        190,938       218,632       222,356       226,952       222,581
     売上高
                   (百万円)        13,695       19,764       22,211       17,583       17,205
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                   (百万円)         6,873       9,939       12,887        8,829       10,382
     利益
                   (百万円)        18,102       25,781       18,753       △ 3,512       3,275
     包括利益
                   (百万円)        168,464       190,804       204,544       198,287       191,443
     純資産額
                   (百万円)        319,077       340,943       346,613       321,672       312,821
     総資産額
                    (円)      2,537.23       2,865.09       3,066.53       2,966.22       2,939.78
     1株当たり純資産額
                    (円)       104.64       151.31       196.19       134.38       160.35
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        52.2       55.2       58.1       60.6       60.1
     自己資本比率
                    (%)         4.3       5.6       6.6       4.5       5.4
     自己資本利益率
                    (倍)        21.6       18.7       17.1       28.5       22.8
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        14,704       17,623       21,106       28,142       30,087
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (百万円)       △ 52,336       △ 4,770      △ 3,425      △ 7,714      △ 6,632
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        40,604      △ 18,708      △ 15,749      △ 16,844      △ 10,964
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                   (百万円)        63,314       61,029       64,222       67,133       77,050
     高
                            7,903       7,833       7,802       8,177       8,440
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( - )     ( - )     ( 829  )     ( 830  )     ( 899  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.平均臨時雇用者数は、従業員数の100分の10未満の場合には記載を省略しております。
         4.第70期より在外子会社の収益及び費用の換算方法を変更しております。当該会計方針の変更は遡及適用さ
           れ、第69期については遡及適用後の数値を記載しております。なお、第68期以前に係る累積的影響額につい
           ては、第69期の期首の純資産額に反映させております。
         5.  第70期及び第71期の「1株当たり純資産額」の算定において、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与E
           SOP信託口」が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、当該株式を控除対象の自己株
           式に含めて期末の株式数を算出しております。また、「1株当たり当期純利益金額」の算定においても、期
           中平均株式数は当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております。
                                   2/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第67期       第68期       第69期       第70期       第71期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)        126,844       132,610       134,718       139,538       140,548
     売上高
                   (百万円)        11,720       19,721       18,970       14,018       12,905
     経常利益
                   (百万円)         7,435       14,641       13,744       10,036       10,266
     当期純利益
                   (百万円)        12,892       12,892       12,892       12,892       12,892
     資本金
                    (株)     68,638,210       68,638,210       68,638,210       68,638,210       68,638,210
     発行済株式総数
                   (百万円)        146,260       158,155       168,620       174,094       175,170
     純資産額
                   (百万円)        257,683       259,125       258,341       249,560       250,967
     総資産額
                    (円)      2,226.61       2,407.71       2,567.04       2,650.39       2,739.90
     1株当たり純資産額
                            44.00       49.00       54.00       56.00       60.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                      ( 21.00   )    ( 22.00   )    ( 24.00   )    ( 27.00   )    ( 30.00   )
                    (円)       113.19       222.90       209.24       152.75       158.55
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        56.8       61.0       65.3       69.8       69.8
     自己資本比率
                    (%)         5.2       9.6       8.4       5.9       5.9
     自己資本利益率
                    (倍)        20.0       12.7       16.0       25.0       23.0
     株価収益率
                    (%)        38.9       22.0       25.8       36.7       37.8
     配当性向
                            3,412       3,349       3,262       3,244       3,246
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 447  )     ( 462  )     ( 453  )     ( 440  )     ( 420  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.  第70期及び第71期の「1株当たり純資産額」の算定において、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与E
           SOP信託口」が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、当該株式を控除対象の自己株
           式に含めて期末の株式数を算出しております。また、「1株当たり当期純利益金額」の算定においても、期
           中平均株式数は当該株式を控除対象の自己株式に含めて算出しております                                  。
                                   3/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
      大正7年3月       兵庫県姫路市延末にて、故尾上作兵衛が個人経営で電球製造機の修理・販売を開始
      昭和11年1月       合名会社国栄機械製作所に改組(出資金5万円)し、石油発動機の製造販売開始
      昭和19年11月       合名会社国栄機械製作所を株式会社国栄機械製作所と改組、資本金150万円にて設立、軍需用船舶向レ
             シプロエンジンを製造販売開始
      昭和25年2月       造幣局向硬貨計数機を開発し製造販売開始
      昭和28年12月       硬貨計算機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和32年3月       当社の営業部門を分離独立し、国栄商事株式会社(グローリー商事株式会社)を設立
      昭和33年12月       煙草販売機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和37年4月       硬貨包装機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和39年11月       硬貨選別機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和40年2月       千円紙幣両替機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和40年12月       日送り付コインロッカー(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和44年3月       コインロッカーの販売及び自動販売機のオペレーションを目的として、グローリーサービス株式会社
             を設立
      昭和45年2月       当社製品の板金、塗装の製造を主とする昭和塗装整備株式会社を買収し、商号をグローリー機器株式
             会社(現     グローリープロダクツ株式会社)に変更
      昭和46年1月       現金支払機(国産第1号)を開発し製造販売開始
      昭和46年11月       旧グローリー工業株式会社を吸収合併し、合併後の商号をグローリー工業株式会社と改称
      昭和55年8月       北海道地域におけるグローリー商事株式会社の総販売代理店、第一事務器株式会社をグローリー商事
             株式会社が買収し、商号を北海道グローリー株式会社に変更
      昭和57年2月       米国における当社製品の販売及びアフターサービスを目的として、米国にGLORY                                     (U.S.A.)     INC.
             (現   Glory   Global    Solutions     Inc.  )を設立
      昭和58年11月       株式を大阪証券取引所市場第二部へ新規上場
      平成3年7月       欧州における当社製品の販売及びアフターサービスを目的として、ドイツにGLORY                                      GmbHを設立
      平成6年8月       当社製品の組立製造を目的として、フィリピンに                       GLORY   (PHILIPPINES),        INC.  を設立
      平成8年4月       東南アジアならびにオセアニアにおける当社製品の販売及びアフターサービスを目的として、シンガ
             ポールにGLORY       MONEY   HANDLING     MACHINES     PTE  LTD(現    Glory   Global    Solutions     (Singapore)
             Pte.Ltd.    )を設立
      平成12年3月       当社は、グローリー商事株式会社と株式交換を行い、同社を完全子会社化
      平成12年9月       大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
      平成12年12月       株式を東京証券取引所市場第一部に上場
      平成13年7月       中国における当社製品の販売及びアフターサービスを目的として、香港にGLORY                                     Cash   Handling
             Systems    (China)    Ltd.(現     Glory   Global    Solutions     (Hong   Kong)   Ltd.  )を設立
      平成15年2月       中国における当社製品の製造及び販売を目的として、光栄電子工業(蘇州)有限公司を設立
      平成15年9月       中国における当社製品の販売及びアフターサービスを目的として、グローリー商事株式会社が光栄国
             際貿易(上海)有限公司(Glory               Global    Solutions     (Shanghai)      Co.,   Ltd.)を設立
      平成16年7月       欧州における当社製品の開発、製造、販売及びアフターサービスを目的として、ドイツの貨幣処理機
             メーカー等を傘下に持つ持株会社Reis                  Eurosystems      AGの株式を譲受け、GLORY            Europe    GmbH、
             Standardwerk       Eugen   Reis   GmbH、Reis      Service    GmbHを完全子会社化
      平成17年4月       遊技カード及び関連機器の販売を目的として、グローリー商事株式会社がナスカ株式会社(現                                            グロー
             リーナスカ株式会社)の株式を取得し、同社を子会社化
      平成18年10月       グローリー商事株式会社を吸収合併し、商号をグローリー株式会社に変更
      平成20年8月       遊技場向けプリペイドカードシステム事業の一層の拡大と収益力向上を目的として、クリエイション
             カード株式会社の株式を取得し、同社を子会社化
      平成20年10月       ナスカ株式会社とグローリーリンクス株式会社は合併し、商号をグローリーナスカ株式会社に変更
      平成20年10月       加西グローリー株式会社と佐用グローリー株式会社は合併し、商号を播磨グローリー株式会社に変更
      平成22年4月       グローリー機器株式会社と播磨グローリー株式会社及びグローリーテック株式会社は合併し、商号を
             グローリープロダクツ株式会社に変更
      平成22年10月       欧州における当社製品の販売を目的として、イタリア有数の貨幣処理機の販売会社であるSitrade
             Italia    S.p.A.の株式を取得し、同社を子会社化
      平成23年1月       GLORY   Europe    GmbHはReis      Service    GmbHを吸収合併
      平成23年4月       グローリーナスカ株式会社はクリエイションカード株式会社を吸収合併
                                   4/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      平成24年2月       貨幣処理機の製造・販売会社であるTalaris                     Topco   Limited(現      Glory   Global    Solutions     (Topco)
             Ltd.   )の買収主体として、英国にGlory                 Global    Solutions     Ltd.を設立
      平成24年4月       グローリーサービス株式会社はグローリーF&C株式会社を吸収合併
      平成24年7月       Glory   Global    Solutions     Ltd.はTalaris       Topco   Limited(現      Glory   Global    Solutions     (Topco)    Ltd.
             )の買収を完了し、同社及びその子会社を子会社化
      平成25年3月       GLORY   Europe    GmbHは、Talaris        Cash   Systems    (Germany)     GmbH(現     Glory   Global    Solutions
             (Germany)     GmbH)及びTalaris         Limited(現      Glory   Global    Solutions     (International)        Ltd.)に事
             業・資産を譲渡し、事業活動を終了
      平成25年4月       Talaris    Limitedは、商号をGlory            Global    Solutions     (International)        Ltd.に変更
      平成25年4月       Talaris    (France)     S.A.S.は、商号をGlory           Global    Solutions     (France)     S.A.S.に変更
      平成25年4月       GLORY   (U.S.A.)     INC.は、Talaris        Inc.から事業・資産を譲り受けるとともに、商号をGlory                           Global
             Solutions     Inc.に変更
      平成25年4月       GLORY   MONEY   HANDLING     MACHINES     PTE  LTDは、商号をGlory          Global    Solutions     (Singapore)      Pte.Ltd.
             に変更
      平成25年4月       Glory   Global    Solutions     (Germany)     GmbHは、GLORY       Europe    GmbH及びLutzwolf         Systems    GmbHを吸収合
             併
                                   5/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(グローリー株式会社)、子会社51社及び関連会社1社により
       構成されており、貨幣処理機のトップメーカーとして、主に貨幣処理機・貨幣端末機・自動販売機・自動サービス機
       器の製造・販売・保守サービスを行っております。
        当社グループの事業に係る当社と主要な関係会社の位置付け及び事業区分との関連は、次のとおりであります。
                                      流通・交

                                金融市場            遊技市場      海外市場      その他
                                      通市場
          グローリー㈱                       ○      ○      ○      ○      ○

          グローリープロダクツ㈱                       ○      ○      ○

      国内
          グローリーナスカ㈱                                   ○
          北海道グローリー㈱                       ○      ○                  ○

          光栄電子工業(蘇州)有限公司                                         ○

          GLORY   (PHILIPPINES),        INC.

                                                   ○
          Sitrade    Italia    S.p.A.

                                                   ○
          Glory   Global    Solutions     Ltd.

                                                   ○
          Glory   Global    Solutions     (International)
                                                   ○
          Ltd.
      海外
          Glory   Global    Solutions     (France)     S.A.S.
                                                   ○
          Glory   Global    Solutions     Inc.

                                                   ○
          Glory   Global    Solutions     (Singapore)
                                                   ○
          Pte.   Ltd.
          Glory   Global    Solutions     (Shanghai)      Co.,
                                                   ○
          Ltd.
                                   6/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は次のとおりであります。
                                   7/103




















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                         資本金又は               議決権の

                                主要な事業の
         名称          住所       出資金              所有割合           関係内容
                                内容
                         (百万円)                (%)
     連結子会社
                               金融市場

     グローリープロダク                                        当社製品の製造
                 兵庫県神崎郡            80   流通・交通市場          100.0
     ツ㈱                                        役員の兼任等……有
                               遊技市場
                                              当社遊技関連製品の販売・保
     グローリーナスカ㈱                                        守
                 東京都墨田区          2,000    遊技市場          100.0
     (注)5                                        当社所有の建物を賃借
                                              役員の兼任等……有
                               金融市場               北海道における当社製品の販
     北海道グローリー㈱           札幌市中央区            50   流通・交通市場          100.0    売・保守
                               その他               役員の兼任等……有
                         千米ドル
     光栄電子工業(蘇           中国                             当社製品の製造・販売
                               海外市場          100.0
     州)有限公司           江蘇省                             役員の兼任等……有
                           5,200
                         千米ドル
     GLORY
                 フィリピン                             当社製品の製造
                               海外市場          100.0
     (PHILIPPINES),        INC.    カヴィテ州                             役員の兼任等……有
                           1,600
                                              イタリアにおける当社製品の
                         千ユーロ
     Sitrade    Italia
                 イタリア
                               海外市場           51.0    販売・保守
                 ミラノ市
     S.p.A.
                            620
                                              役員の兼任等……有
     Glory   Global
                 英国                             営業上の取引なし
                        千英ポンド
     Solutions     Ltd.      ベージングス               海外市場          100.0    資金援助あり
                          520,107
                 トーク市                             役員の兼任等……有
     (注)5,6
     Glory   Global
                         千米ドル
     Solutions
                 英国                             海外における当社製品の販
                                          100.0
                 ベージングス               海外市場               売・保守事業の統括
     (International)
                           34,702              (100.0)
                 トーク市                             役員の兼任等……有
     Ltd.
     (注)5,7
     Glory   Global
                 フランス                             フランスにおける当社製品の
                         千ユーロ
     Solutions     (France)                               100.0
                 マルヌ・ラ・               海外市場               販売・保守
                                         (100.0)
     S.A.S.
                           14,567
                 ヴァレ                             役員の兼任等……なし
     (注)5
     Glory   Global
                                              米国における当社製品の販
                         千米ドル
                 米国
     Solutions     Inc.                     海外市場          100.0    売・保守
                 イリノイ州
                           5,000
                                              役員の兼任等……有
     (注)8
     Glory   Global

                                              アジアにおける当社製品の販
                         千Sドル
     Solutions
                 シンガポール               海外市場          100.0    売・保守及び部品調達
     (Singapore)      Pte.
                           4,000
                                              役員の兼任等……有
     Ltd.
     Glory   Global

                                              中国における当社製品の販
                         千米ドル
     Solutions
                 中国
                               海外市場          100.0    売・保守
                 上海市
     (Shanghai)      Co.,
                           1,000
                                              役員の兼任等……有
     Ltd.
     その他32社

                                   8/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.主要な事業の内容の欄には、事業セグメントの名称を記載しております。

         2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         3.役員の兼任等では、当社の役員または従業員が関係会社の役員を兼任している有無を表示しております。
         4.有価証券届出書または、有価証券報告書を提出している会社はありません。
         5.特定子会社に該当しております。
           表中記載の他に特定子会社として以下の3社があります。
           ・Glory      Global    Solutions     (Topco)    Ltd.
           ・Glory      Global    Solutions     (Midco)    Ltd.
           ・Glory      Global    Solutions     (Holdings)      Ltd.
         6.Glory     Global    Solutions     Ltd.の資本金の額は、平成29年2月28日付で、デット・エクイティ・スワップを
           実施したことにより438,000千英ポンドから520,107千英ポンドに増加いたしました。
         7.Glory     Global    Solutions     (International)        Ltd.の資本金の額は、平成29年2月1日付で、機能通貨を米ド
           ルに変更したことにより18,442千英ポンドから34,702千米ドルとなりました。
         8.Glory     Global    Solutions     Inc.は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割
           合が100分の10を超えております。
                                      Glory   Global    Solutions     Inc.
           主要な損益情報等          (1)売上高                         35,025百万円
                      (2)経常利益                          936百万円
                      (3)当期純利益                          386百万円
                      (4)純資産額                         1,117百万円
                      (5)総資産額                         23,119百万円
                                   9/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      金融市場                                            1,880   (364)

      流通・交通市場                                            1,463   (228)

      遊技市場                                             648   (97)

      海外市場                                            4,286   (175)

       報告セグメント計                                           8,277   (864)

      その他                                             163  (35)

                  合計                                8,440   (899)

      (注)従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
         者を含む)であり、臨時雇用者数(パートタイマー等を含み、人材会社からの派遣社員を除く)は、年間の平均
         人員を( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                 平成29年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

          3,246(420)                  42.9              19.6           7,126,161

               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      金融市場                                            1,374   (178)

      流通・交通市場                                            1,009   (131)

      遊技市場                                             227  (29)

      海外市場                                             558  (72)

       報告セグメント計                                           3,168   (410)

      その他                                              78  (10)

                  合計                                3,246   (420)

      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー等を含み、人材会社からの派遣社員を除く)は、年間の平均人員を( )外数で記
           載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合との間に特記すべき事項はありません。
                                  10/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当連結会計年度におけるわが国の経済は、企業の設備投資に足踏みがみられたものの、個人消費や雇用情勢が改
        善傾向となるなど、緩やかな回復基調となりました。一方、世界経済につきましては、米国、欧州では回復の動き
        が継続し、アジアでも中国において持直しの動きがみられたものの、英国のEU離脱問題や米国の大統領選挙結果
        の影響等により為替相場や株式市場が大きく変動するなど、全体としては先行きが不透明な状況で推移いたしまし
        た。
         こうした状況のなか、当社グループは、平成27年4月からの3ヶ年を計画期間とした『2017中期経営計画』の2
        年目として、“長期ビジョン達成に向けた「顧客起点のモノづくり」による事業成長と収益性向上”を基本方針
        に、「事業戦略」、「機能戦略」、「企業戦略」の各戦略を積極的に展開してまいりました。
         海外事業では、市場の特性に応じた地域別戦略を実行してまいりました。特に、欧州、米国では金融市場の更新
        需要を獲得するとともに、流通市場の営業体制の強化、製品ラインナップの拡充、大口顧客を含めた幅広い顧客層
        への営業展開等を積極的に推進し、「紙幣硬貨入出金機」等の販売拡大に注力してまいりました。
         国内事業では、主要製品である「オープン出納システム」や窓口用「紙幣硬貨入出金機」の更新需要を獲得する
        とともに、セルフ決済端末向け「レジつり銭機」を市場投入するなど、収益の拡大を図ってまいりました。
         一方、企業体質の強化にも注力し、技術のプラットフォーム化の推進、開発効率の向上、国内外における生産・
        物流体制の整備等を進めてまいりました。
         この結果、当連結会計年度の売上高は、222,581百万円(前期比                              1.9%減)となりました。このうち、製品及び
        商品売上高は、158,659百万円(前期比                   1.7%減)、保守売上高は、63,921百万円(前期比                        2.6%減)でありまし
        た。利益につきましては、営業利益は、20,365百万円(前期比                             0.9%減)、経常利益は、為替差損の発生等により
        17,205百万円(前期比           2.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は、10,382百万円(前期比                                  17.6%増)とな
        りました。また包括利益は、3,275百万円(前期は包括利益3,512百万円の損失)となりました。
         セグメント別にみますと、次のとおりであります。

         (金融市場)

           主要製品である「オープン出納システム」の販売は、中小規模店舗向けのコンパクトタイプが好調であり、
          窓口用「紙幣硬貨入出金機」の販売も更新需要を捉え好調でありました。
           この結果、当セグメントの売上高は、53,301百万円(前期比                             2.9%増)、営業利益は、6,510百万円(前期
          比  3.9%減)となりました。
         (流通・交通市場)

           主要製品である「レジつり銭機」の販売は大口需要の反動により低調であり、流通市場向け「売上金入金
          機」の販売も低調に推移いたしました。
           この結果、当セグメントの売上高は、42,657百万円(前期比                             6.3%減)、営業利益は、3,468百万円(前期
          比  7.9%減)となりました。
         (遊技市場)

           主要製品である「カードシステム」等の販売は、ホールの設備投資抑制の影響を受け低調でありました。
           この結果、当セグメントの売上高は、20,434百万円(前期比                             5.0%減)、営業利益は、737百万円(前期比
          33.7%減)となりました。
         (海外市場)

           主要製品である「紙幣入出金機」及び流通市場向け「紙幣硬貨入出金機」の販売は欧州、米国において好調
          であり、「硬貨選別機」の販売も米国において好調でありました。また、OEM向け新製品であるATM用
          「紙幣入出金ユニット」の販売も好調でありました。市場全体としては、現地通貨ベースでは好調に推移いた
          しましたが、円換算後の売上高は、円高の影響により前期並みでありました。
           この結果、当セグメントの売上高は、103,787百万円(前期比                             1.7%減)、営業利益は、プロダクトミック
          スの改善やコスト削減等により、9,900百万円(前期比                          7.3%増)となりました。
                                  11/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         その他の事業セグメントにつきましては、売上高は、2,400百万円(前期比                                   3.9%減)、営業損益は、251百万円
        の損失(前期は営業損失            322百万円)となりました。
         なお、当連結会計年度より、事業セグメントを見直したことに伴い、従来「その他」に含めていた当選金払出ユ

        ニットを「金融市場」に、たばこ販売機、診療費支払機、社員食堂システム及び自書式投票用紙分類機を「流通・
        交通市場」に区分変更しております。この変更により、上記の前期比較については、前期の数値を変更後のセグメ
        ント区分に組み替えた数値で算出しております。
         上記金額には消費税等は含まれておりません。

       (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度
        末に比べ9,917百万円増加し、77,050百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動によるキャッシュ・フローは、30,087百万円のプラスとなりました(前連結会計年度は28,142百万円
         のプラス)。キャッシュ・フローの主な内訳は、資金の減少要因として、たな卸資産の増加4,288百万円、及
         び、資金の増加要因として、税金等調整前当期純利益17,161百万円、減価償却費9,469百万円、のれん償却額
         4,072百万円、仕入債務の増加2,798百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、6,632百万円のマイナスとなりました(前連結会計年度は7,714百万円
         のマイナス)。キャッシュ・フローの主な内訳は、資金の減少要因として、有形固定資産の取得による支出
         5,220百万円であります。有形固定資産の取得は、主に製品の製造に係る金型・治工具類等であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、10,964百万円のマイナスとなりました(前連結会計年度は16,844百万
         円のマイナス)。キャッシュ・フローの主な内訳は、資金の増加要因として、短期借入金の純増額8,819百万
         円、及び、資金の減少要因として、長期借入金の返済による支出9,128百万円、自己株式の取得による支出6,082
         百万円、配当金の支払額3,864百万円、非支配株主への配当金の支払額790百万円であります。
                                  12/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         なお、当社グループ(当社及び連結子会社)の生産実績のうち、当社及び主な海外連結子会社の金額を記載して
        おります。
                             当連結会計年度
            セグメントの名称              (自 平成28年4月1日                 前年同期比(%)
                           至 平成29年3月31日)
        金融市場(百万円)                        22,849               100.8
        流通・交通市場(百万円)                        16,375                83.6
        遊技市場(百万円)                        7,166               84.7
        海外市場(百万円)                        37,472               103.7
         報告セグメント計(百万円)                       83,864                96.6
        その他(百万円)                          762              83.8
            合計(百万円)                    84,626                96.4
       (注)1.金額は当社及び主な海外連結子会社の製造原価によっております。
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)受注状況

         当連結会計年度の受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         なお、当社グループ(当社及び連結子会社)の受注高及び受注残高のうち、当社及び主な海外連結子会社の金額
        を記載しております。
                            受注高                 受注残高
            セグメントの名称                      前年同期比(%)                  前年同期比(%)
                           (百万円)                  (百万円)
        金融市場                      5,934         88.4         491        24.3
        流通・交通市場                       822        64.3          94        31.7
        遊技市場                       -         -         -         -
        海外市場                      9,996         96.3        2,068         100.7
            報告セグメント計                  16,752          91.2        2,655         60.7
        その他                       -         -         -         -
               合計              16,752          91.2        2,655         60.7
       (注)1.金額は当社及び主な海外連結子会社の販売価格によっております。
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  13/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (3)販売実績
         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
            セグメントの名称              (自 平成28年4月1日                 前年同期比(%)
                           至 平成29年3月31日)
                                  53,301
        金融市場(百万円)                                          102.9
                                  42,657
        流通・交通市場(百万円)                                          93.7
                                  20,434
        遊技市場(百万円)                                          95.0
        海外市場(百万円)                          103,787                 98.3
                                  220,180
         報告セグメント計(百万円)                                         98.1
                                   2,400
        その他(百万円)                                          96.1
                                  222,581
            合計(百万円)                                      98.1
       (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  14/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)  会社の経営の基本方針
         当社グループは、経営の基本方針として、「企業理念体系」を制定し、「企業理念」、「経営理念」などを定め
        ており、これを踏まえ、グループ全体の企業価値向上を実現するために、一人ひとりが個性を発揮してお客様の期
        待に応え、私企業としての利益を追求するとともに社会の公器として社会に貢献してまいります。
        《企業理念》

         私たちは「求める心とみんなの力」を結集し、セキュア(安心・確実)な社会の発展に貢献します。
         「求める心」には、顧客、社会ニーズに不屈の精神で挑戦し、不可能を可能にしていくという思いが込められて
         います。そして、「求める心」を共有した「みんなの力」が結束して初めて偉大な仕事ができるという、いつの
         時代も変わることのないグローリーの原点を表しています。
        《経営理念》

         ①絶えざる開発の心で、お客様から信頼される製品とサービスを提供します。
         ②個性の尊重とチームワークにより、活力ある企業グループをつくります。
         ③良き企業市民として行動し、社会との共存・共生に努めます。
        《企業メッセージ》

      (2)  経営環境


         経営環境につきましては、「1.業績等の概要 (1)                        業績」に記載のとおりであります。
      (3)  目標とする経営指標

         当社グループは、全てのステークホルダーの皆様との良好な関係に基づく企業価値向上を目指し、売上高営業利
        益率、自己資本当期純利益率(ROE)の向上を目標とする経営を実践してまいります。
      (4)  中長期的な会社の経営戦略及び会社の対処すべき課題

         長期ビジョン及び中期経営計画

          当社グループは、創業100周年となる平成30年(2018年)に向け、グループビジョンである「GLORYを世
         界のトップブランドに!」の実現を目指すべく、以下の『長期ビジョン2018』を定めております。
          ・「モノづくり」の技術で新たな価値を創造し、夢へ挑戦する
          ・CSR活動を通じて、社会とともに継続的な企業成長を図る
          当社グループは、この長期ビジョン実現に向けた最終ステップとして、平成27年4月から平成30年3月までの
         3ヶ年を計画期間とする『2017中期経営計画』を推進中であります。“長期ビジョン達成に向けた「顧客起点の
         モノづくり」による事業成長と収益性向上”を基本方針に掲げ、「事業戦略」、「機能戦略」、「企業戦略」の
         3戦略を柱に、諸施策を展開しております。当計画の最終年度である次期におきましては、以下の重点施策に取
         り組んでまいります。
         ①  事業戦略

           本戦略では、“事業規模・領域の拡大による収益性向上”を目的に、以下の戦略を展開してまいります。
           「国内事業戦略」では、現場営業力の強化により更新需要の確実な獲得や新たな市場の開拓を推し進めると
          ともに、ソリューション提案力を強化し、近年急速な拡大を見せるセキュリティ事業やFintech領域を含め、
          市場環境の変化に対応した新たなビジネスモデルや次期基幹製品の創出に取り組んでまいります。
           「海外事業戦略」では、徹底した地域別マーケット分析に基づき販売を展開するとともに、直販・直メンテ
          ナンス拠点を活用して顧客ニーズに応えるソリューション提案を推進し、収益性の向上を図ります。特に、流
          通市場では、営業体制の強化、製品ラインナップの拡充、大口顧客を含めた幅広い顧客層への強力な営業展開
          等が功を奏し、急速な成長を遂げております。当社グループは、今後も同市場に経営資源を投入し、事業展開
          を加速させてまいります。
                                  15/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         ②  機能戦略

           本戦略では、“市場ニーズに応える製品及びサービスのタイムリーな提供”を目的に、以下の戦略を展開し
          てまいります。
           「製品開発戦略」では、次世代製品につながる新技術の開発や国内外における製品開発体制の強化に注力し
          てまいります。特に、海外市場の急速な拡大やシステム製品の普及・拡大を受け、各国通貨に係る認識・識別
          技術の強化やシステム開発力の強化が急務となっておりますので、市場環境に合わせた技術力の強化に努めて
          まいります。
           「生産・調達戦略」では、グローバル生産体制の確立やグローバル調達の推進により、コスト競争力をさら
          に強化してまいります。特に、リードタイム短縮とコスト削減を目的に設立したオランダの物流センターを最
          大限に活用し、グローバル規模での競争力を高めてまいります。
           「品質保証戦略」では、海外事業の拡大によって重要性を増す海外品質保証体制の充実を図ってまいりま
          す。
         ③  企業戦略

           本戦略では、“グループ経営基盤の強化”を目的に、以下の戦略を展開してまいります。
           「グループ・ガバナンス戦略」では、企業理念に基づきグループ経営を実践するとともに、グローバルレベ
          ルでの経営力の強化を図り、グローバルな競争に対応可能なスピード経営を実現し得るコーポレートガバナン
          ス体制の確立に努めてまいります。
           「人事戦略」では、グローバルな事業展開を支える人材の育成・活用を推進するとともにダイバーシティを
          推進し、人的資源の強化を図ってまいります。
           「資本・財務戦略」では、適切な株主還元の継続実施に努めるとともに資本効率の向上を図ってまいりま
          す。
           「情報システム戦略」では、安定した事業活動を支える情報基盤の構築や情報セキュリティ体制の強化に取
          り組んでまいります。
      (5)  株式会社の支配に関する基本方針について

         当社は、当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大量買付行為を抑止するために、「当社株券等の大量買付
        行為に関する対応策(買収防衛策)」(以下「本プラン」といいます。)を導入しており、その具体的な内容は、
        以下のとおりであります。
       ①  当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の概要

         当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の財務及び事業の内容や当社の企業価値の源泉
        を十分に理解し、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を継続的に確保、向上させていくことを可能とする者
        である必要があると考えております。
         当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には当社株主の皆様の判断に委ねられる
        べきものと考えており、また、当社は、当社が発行者である株券等(以下「当社株券等」といいます。)の大量買
        付であっても、当社の企業価値・株主共同の利益に資するものであれば、何らこれを否定するものではありませ
        ん。
         しかしながら、株式の大量買付の中には、その目的等から見て企業価値や株主共同の利益に対する明白な侵害を
        もたらすもの等、対象会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
         特に、国内外で貨幣処理事業を営み、貨幣処理業務の効率化に加え、世界各国の通貨システムを支える重要な側
        面も担っている当社にとって、社会から求められる高い信頼性を維持し、製品の安定的な供給を通じて当社がさら
        に発展していくためには、当社の企業理念、通貨処理事業に欠かせない様々な技術力やノウハウ、お客様・取引
        先・地域社会等ステークホルダーとの信頼関係等、当社企業価値の源泉を十分理解することが必要不可欠でありま
        す。
         従って、これらの当社企業価値の源泉に対する理解がないまま、当社株券等に対する大量買付がなされた場合に
        は、当社の企業価値・株主共同の利益が大きく毀損されることとなります。当社は、このような当社の企業価値・
        株主共同の利益に資さない大量買付を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であ
        り、このような者による大量買付に対しては、必要かつ相当な対抗措置を講じることにより、当社の企業価値・株
        主共同の利益を確保する必要があると考えております。
                                  16/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       ②  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

        組み
        (イ)本プランの目的
          本プランは、当社の企業価値・株主共同の利益を確保し、向上させることを目的として、前述の基本方針に
         沿って、平成28年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議により継続的に導入したものであります。
          具体的には、当社株式に対する大量買付が行われる際に、当該大量買付に応じるべきか否かを当社株主が判
         断し、または取締役会が当社株主に代替案を提案するために必要な情報や時間を確保するとともに、当社株主
         のために、買付者と協議・交渉等を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値・株主共同の利益に
         反する大量買付を抑止するものであります。
        (ロ)本プランの概要

         1.手続の設定
           本プランは、(i)当社が発行者である株券等について、保有者の株券等保有割合が20%以上となる買付その
          他の取得、または、(ii)当社が発行者である株券等について、公開買付けの後における株券等の株券等所有
          割合及びその特別関係者の株券等所有割合の合計が20%以上となる公開買付けのいずれかに該当する当社株
          券等の買付もしくはこれに類似する行為またはその提案がなされる場合(以下「大量買付行為」といい、大
          量買付行為を行おうとする者を「大量買付者」といいます。)を適用対象とする手続をあらかじめ設定して
          おります。
         2.情報提供の要求
           大量買付者には、大量買付行為の開始に先立ち買付内容等の検討に必要な情報を取締役会に対して提供し
          ていただきます。
         3.独立委員会による検討・勧告等
           独立性の高い社外取締役等から構成される独立委員会は、大量買付者または取締役会から提供された情
          報、買付等に対する意見、代替案等を検討します。大量買付者が本プランに定める手続を遵守しない場合や
          大量買付行為の内容が当社の企業価値・株主共同の利益を毀損するおそれがあるときなど所定の要件を充足
          し、新株予約権の無償割当てを実施することが相当であると判断した場合には、当社取締役会に対し、新株
          予約権の無償割当ての実施を勧告します。大量買付行為が所定の要件に該当しない場合等には、独立委員会
          は、新株予約権無償割当ての不実施を勧告します。なお、独立委員会が新株予約権の無償割当てを実施すべ
          き旨の勧告を行うにあたって適切と判断する場合は、予め当該実施に関して株主の意思を確認するべき旨の
          留保を付すことができます。
         4.取締役会の決議/株主意思確認総会の開催
           当社取締役会は、独立委員会の上記勧告を最大限尊重して新株予約権の無償割当ての実施または不実施等
          に関する会社法上の機関としての決議を行います。ただし、取締役会は、当社株主の意思を確認することが
          実務上可能であり、かつ、法令及び当社取締役の善管注意義務等に照らし適切であると判断する場合、また
          は、独立委員会が新株予約権の無償割当ての実施に関して当社株主の意思を確認するべき旨の留保を付した
          勧告をした場合には、株主総会を招集し、新株予約権の無償割当ての実施に関する当社株主の意思を確認す
          ることができます。
        (ハ)本プランの合理性

          当社は、以下の理由から本プランは合理性が高いものと考えております。
         1.買収防衛策に関する指針の要件を充足
           本プランは、経済産業省及び法務省が発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収
          防衛策に関する指針」の定める三原則を充足しております。
         2.株主意思の重視
           本プランは、平成28年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議に基づき導入されております。また、大
          量買付行為に対する本プランの発動の是非についても、株主総会において当社株主の意思を確認することが
          できます。
         3.独立委員会の設置・判断
           本プランを適正に運用し、当社取締役によって恣意的な判断がなされることを防止し、その判断の合理
          性、公正性を担保するため、独立社外者のみから構成される独立委員会を設置しております。取締役会は、
          独立委員会の勧告を最大限尊重して会社法上の機関としての決議を行うこととしております。
         4.合理的な客観的要件の設定
           本プランは、合理的な客観的要件が充足されなければ発動されないように設定されており、取締役会によ
          る恣意的な発動を防止するための仕組みが確保されております。
                                  17/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         5.外部専門家の意見の取得

           独立委員会は、その判断にあたり、当社の費用で、取締役会及び独立委員会から独立した外部専門家の助
          言を受けることができるものとされ、独立委員会による判断の公正さ・客観性がより強く担保される仕組み
          となっております。
         6.本プランの廃止
           当社株主総会または取締役会により、本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランは当該
          決議に基づき廃止されることになります。
        (ニ)本プランの公開

          本プランの詳細は、当社ウェブサイトに掲載の平成28年5月12日付プレスリリース「当社株券等の大量買付
         行為等に関する対応策(買収防衛策)の継続的導入に関するお知らせ」をご参照ください。
           当社ウェブサイト http://www.glory.co.jp
      4【事業等のリスク】

        当社グループの経営成績、財務状況に影響を及ぼす可能性のあるリスク及び変動要因と、その他重要と考えられ
       る事項には以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)特殊な市場環境要因等による経営成績及び財政状態の異常な変動について

         当社グループは、事業活動を行っている国及び地域において、事業の許認可や輸出入規制のほか各種法令の適用
        を受けております。これらの法令の改廃や新たな公的規制の新設等がなされた場合、また、それ以外の特殊な市場
        環境要因が発生した場合、当社グループの業績に悪影響を与える可能性があります。
       (2)特定の業界への高い依存度について

         当社グループは、売上高の構成で金融市場に対する依存度が高く、今後、金融機関が営業上または財務上の重大
        な問題などから、設備投資を削減しなければならなくなった場合、当社グループの業績に悪影響を与える可能性が
        あります。
       (3)研究開発投資について

         当社グループは、研究開発型企業であり、積極的な研究開発投資を継続しておりますが、新製品の開発にはリス
        クが伴っており、テーマによっては開発期間が長期化し、開発費用が高額になる可能性があります。このような事
        態が発生した場合には、当社グループの業績に悪影響を与える可能性があります。
       (4)知的財産権について

         当社グループは、当社グループ製品による第三者の重要な知的財産権の侵害は存在していないと認識しておりま
        すが、当社グループのような研究開発型企業にとって、このような知的財産権侵害問題の発生を完全に回避するこ
        とは困難であります。このような事態が発生した場合には、当社グループの業績に悪影響を与える可能性がありま
        す。
       (5)海外への事業展開について

         当社グループは、製品の販売・保守や生産・調達等、グローバルに事業活動を展開しておりますが、海外におけ
        る政治経済情勢の急な変化や、予想の範囲を超える為替相場の変動等が発生した場合には、当社グループの業績に
        悪影響を与える可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                  18/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
        当社グループは、紙幣・硬貨の計数、搬送、集積等で培われた媒体処理技術(メカトロ技術)、さらには認識・識
       別技術を当社のコア技術と捉え、それら技術を徹底的に追求していくことを研究開発の基本方針としております。ま
       た、認識・識別技術等のコア技術をベースに、顔認証技術等のバイオメトリクス関連の研究にも積極的に取り組んで
       おります。
        現在、当社を中心に研究開発スタッフ870名(グループ従業員の約10%)を擁し、基礎研究分野から製品の開発、
       設計までを手がけており、当連結会計年度の研究開発費の総額は、13,965百万円であります。
        当連結会計年度におけるセグメントごとの研究成果及び研究開発費は次のとおりであります。
       (1)金融市場

         当連結会計年度の主な成果といたしましては、金融機関の営業店窓口に設置される「紙幣硬貨入出金機<RB-
        500Y>」をOEM供給用に開発いたしました。
         研究開発費は、4,086百万円であります。
       (2)流通・交通市場

         当連結会計年度の主な成果といたしましては、流通小売店向けに、レジ毎の売上金の入金と不足つり銭の出金に
        対応する「小型入出金機<RCM-500>」を開発いたしました。
         研究開発費は、2,712百万円であります。
       (3)遊技市場

         当連結会計年度の主な成果といたしましては、「会員管理システム<P・BANK                                       EXSIM>」及び「IC
        カードシステム<G8           EXSIM>」の連携により、遊技顧客の店内での動向を分析できる新機能を開発いたし
        ました。
         研究開発費は、1,294百万円であります。
       (4)海外市場

         当連結会計年度の主な成果といたしましては、新興国の金融機関向けに、大量の紙幣を入金できる「紙幣入金機
        <GDB-100>」を開発いたしました。
         研究開発費は、5,652百万円であります。
        その他の事業セグメントでの当連結会計年度の主な成果といたしましては、従来の顔認証技術の精度を大幅に高

       めた「顔照合サーバーソフトウェア<ISG-533>」を開発いたしました。
        その他の事業セグメントにおける研究開発費は、219百万円であります。
                                  19/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)当連結会計年度の経営分析

         当社グループの報告セグメントである、金融市場、流通市場、遊技市場及び海外市場は、いずれも前期並みであ
        りました。
         この結果、売上高は前期比1.9%減の222,581百万円となりました。このうち、製品及び商品売上高は前期比
        1.7%減の158,659百万円、保守売上高は前期比2.6%減の63,921百万円でありました。また、海外の売上高につき
        ましては、前期比1.7%減の103,787百万円でありました。
         売上原価は、売上高の減少に伴い、前期比1.1%減の135,907百万円となりました。なお、売上原価率は、前期比
        0.6ポイント増の61.1%となりました。
         販売費及び一般管理費は、前期比4.0%減の66,307百万円となりました。なお、販売費及び一般管理費の売上高
        に占める割合は、前期比0.6ポイント減の29.8%となりました。
         以上の結果、営業利益は前期比0.9%減の20,365百万円となりました。なお、営業利益率につきましては、前期
        と同様9.1%となりました。セグメント別で比較しますと、金融市場は、前期比3.9%減の6,510百万円となりまし
        た。流通・交通市場は、前期比7.9%減の3,468百万円となりました。遊技市場は、前期比33.7%減の737百万円と
        なりました。海外市場は、前期比7.3%増の9,900百万円となりました。
         営業外損益は、円高の進行による大幅な為替差損の計上等により、3,159百万円の損失(純額)となりました。
        この結果、経常利益は、前期比2.1%減の17,205百万円となりました。
         特別損益は、固定資産除却損の計上等により、44百万円の損失(純額)となりました。この結果、税金等調整前
        当期純利益は、前期比3.4%減の17,161百万円となりました。また、法人税等が減少した結果、親会社株主に帰属
        する当期純利益は、前期比17.6%増の10,382百万円となりました。
       (2)経営成績に重要な影響を与える要因について

         経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「4.事業等のリスク」に記載のとおりであります。
       (3)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当社グループの資金状況は、現金及び現金同等物が前連結会計年度末に比べ9,917百万円増加し、77,050百万円
        となりました。各キャッシュ・フローの状況は下記のとおりであります。
         営業活動によって得られた資金は、たな卸資産の増加(資金の減少要因)があったものの、税金等調整前当期純
        利益、減価償却費、のれん償却額及び仕入債務の増加(資金の増加要因)により、30,087百万円となりました。投
        資活動の結果使用した資金は、有形固定資産の取得による支出等により、6,632百万円となりました。財務活動の
        結果使用した資金は、長期借入金の返済による支出、自己株式の取得による支出及び配当金の支払等により、
        10,964百万円となりました。
                                  20/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社及び連結子会社)は、研究開発活動、生産性向上活動、販売・保守活動を中心に8,043百万円
       の設備投資を実施いたしました。
        セグメントごとの設備投資実施額(無形固定資産、長期前払費用への投資を含む)は次のとおりであります。
             セグメント名称                   設備投資実施額
         金融市場                         1,918百万円
         流通・交通市場                         1,465百万円
         遊技市場                         1,010百万円
         海外市場                         3,537百万円
         その他                          111百万円
        当連結会計年度の主な設備投資は、新製品生産用の金型・治工具類1,353百万円であります。

        所要資金については、いずれの投資も主に自己資金により充当いたしました。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)

        事業所名                                                 従業員
               セグメントの名称          設備の内容      建物及     機械装          工具器
        (所在地)                                                 数(人)
                                          土地
                               び構築     置及び          具及び      合計
                                         (面積㎡)
                               物     運搬具          備品
               金融市場、遊技市          製造設備及

                                6,795      699     2,213      952   10,660     1,520
     本社工場
               場、海外市場、そ          びその他設
     (兵庫県姫路市)
                                          (87,088)
               の他          備
                         製品の企画

                                 369     10    1,013      61   1,455      142
     品川事業所          流通・交通市場、
                         ・設計に関
     (東京都品川区)          海外市場
                                          (1,695)
                         する設備
                                1,135      398     1,575      309    3,419      123

     埼玉工場          流通・交通市場、
                         製造設備
     (埼玉県加須市)          海外市場
                                          (40,813)
                         製品、保守

               金融市場、遊技市          機材、部品
                                 700     28     932     53   1,715      21
     夢前事業所
               場、海外市場、そ          の保管・配
     (兵庫県姫路市)
                                          (28,033)
               の他          送に関する
                         設備
                                  21/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)

              事業所名      セグメント       設備の内                              従業員
       会社名                         建物及     機械装          工具器
              (所在地)      の名称       容                              数(人)
                                           土地
                                び構築     置及び          具及び      合計
                                          (面積㎡)
                                物     運搬具          備品
                    金融市場、
            福崎工場
                                  475     195      794     35   1,500      342
                    流通・交通
            (兵庫県神崎              製造設備
                    市場、遊技
                                          (49,073)
            郡福崎町)
                    市場
            市川工場              製造設備
                                  186     181      400     22    790     53
                    金融市場、
            (兵庫県神崎              及びその
                    遊技市場
                                          (13,875)
            郡市川町)              他設備
     グローリー
     プロダクツ
     ㈱
            加西工場
                                  210      0     217      9    438     77
                    金融市場、
            (兵庫県加西              製造設備
                    遊技市場
                                           (8,202)
            市)
            高知工場

                                  207     12      42     6    268      ▶
                    金融市場、
            (高知県高岡              製造設備
                    遊技市場
                                           (9,409)
            郡佐川町)
                    金融市場、

     北海道       本社              販売設備
                                  174      0     112     24    312     71
                    流通・交通
     グローリー       (札幌市中央              及びその
                    市場、その
                                           (1,925)
     ㈱       区)              他設備
                    他
            大阪支店

                          販売設備
            (大阪市浪速                      220      0     177      3    401     41
     グローリー
                    遊技市場       及びその
            区)
     ナスカ㈱
                                            (434)
                          他設備
                                  22/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)

              事業所名      セグメント       設備の内                              従業員
       会社名                         建物及     機械装          工具器
              (所在地)      の名称       容                              数(人)
                                           土地
                                び構築     置及び          具及び      合計
                                          (面積㎡)
                                物     運搬具          備品
            ウォータータ
     Glory
            ウン事業所              販売設備
     Global                                       27
            (米国        海外市場       及びその       681     56          18    783     214
                                          (47,429)
     Solutions
            ウィスコンシ              他設備
     Inc.
            ン州)
     光栄電子工                     製造設備

            本社
     業(蘇州)               海外市場       及びその       818     42      -    15    875     425
            (中国江蘇省)
     有限公司                     他設備
     GLORY

            本社              製造設備
     (PHILIPPINE       (フィリピン        海外市場       及びその       418     187       -    37    642     252
     S),  INC.     カヴィテ州)              他設備
      (注)1.各資産の帳簿価額には、消費税等は含まれておりません。

         2.現在休止中の主要な設備はありません。
         3.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
          (1)提出会社
              事業所名                            従業員数      建物面積      年間賃借料
                       セグメントの名称            設備の内容
              (所在地)                            (人)       (㎡)      (百万円)
                      金融市場、流通・交

            東京本部                     事務所用建物
                      通市場、遊技市場、                       355     4,808        514
            (東京都千代田区)                     (賃借)
                      海外市場、その他
                      金融市場、流通・交

            首都圏支店                     事務所用建物
                      通市場、遊技市場、                       187     3,976        353
            (東京都文京区)                     (賃借)
                      その他
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)当連結会計年度末現在における重要な設備の新設の計画は、次のとおりであります。
      重要な設備の新設

                                               着手及び完了予定
                     事業の           投資予定金額
                                                  年月
                     種類別
               事業所名           設備の               資金調               完成後の
        会社名              セグメ
                                総額     既支払
              (所在地)            内容               達方法               増加能力
                     ントの
                               (百万     額(百           着手     完了
                      名称
                                円)     万円)
              ベージング
              ストーク事
     Glory   Global
              業所
                                              平成27年     平成30年
     Solutions
                      海外     ソフト               親会社               管理機能
              (英国 
                                1,601      771
                      市場     ウェア               借入金               の強化
     (International
                                               12月     3月
              ベージング
     ) Ltd.
              ストーク
              市)
       (2)当連結会計年度末現在における重要な設備の除却等の計画はありません。

                                  23/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在
                        提出日現在発行数(株)             上場金融商品取引所名又は登
       種類       発行数(株)                                         内容
                         (平成29年6月26日)             録認可金融商品取引業協会名
            (平成29年3月31日)
                                                    権利内容に何ら限

                                                    定のない当社にお
                                                    ける標準となる株
      普通株式          68,638,210             68,638,210        東京証券取引所(市場第一部)
                                                    式であり、単元株
                                                    式数は100株であ
                                                    ります。
       計         68,638,210             68,638,210              -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                      資本準備金
                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                               残高
                総数増減数        総数残高                       増減額
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)
                                                      (百万円)
      平成22年5月20日
                  △1,200        68,638          -      12,892          -      20,629
        (注)
      (注)自己株式の消却による減少であります。
                                  24/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                  平成29年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状
            政府及び
                       金融商品     その他の                個人その
                                                       況(株)
            地方公共     金融機関                                  計
                       取引業者     法人                他
            団体                      個人以外       個人
     株主数
                1     64     31     119     266      ▶   5,310     5,795       -
     (人)
     所有株式数
              1,600    264,271      6,359     52,341     187,093        14   174,542     686,220      16,210
     (単元)
     所有株式数
     の割合         0.23     38.51      0.93     7.63     27.26      0.00     25.44      100      -
     (%)
      (注)1.自己株式4,496,099株は「個人その他」に44,960単元及び「単元未満株式の状況」に99株を含めて記載して
           おります。なお、期末日現在の実質的な所有株式数も4,496,099株であります。
         2.「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が30単元含まれております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                              所有株式数
                                                    対する所有株式数
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
                        東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
                                               3,427         4.99
     日本生命保険相互会社
                        日本生命証券管理部内
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                               3,401         4.96
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                       2,747         4.00
     式会社(信託口)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY
                        P.O.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       U.S.A.
     505223
                                               2,302         3.35
                        (東京都港区港南2丁目15-1 品川イ
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済
                        ンターシティA棟)
     営業部)
                                               2,100         3.06

     株式会社三井住友銀行                   東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
                                               2,080         3.03

     グローリーグループ社員持株会                   兵庫県姫路市下手野1丁目3番1号
     日本トラスティ・サービス信託銀行株

                        東京都中央区晴海1丁目8-11                       2,007         2.92
     式会社(信託口9)
                                               1,500         2.19

     タツボーファッション株式会社                   兵庫県姫路市東延末264番地
     CBNY-GOVERNMENT        OF  NORWAY

                        388  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NY  USA
                                               1,349         1.97
     (常任代理人 シティバンク銀行株式
                        (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     会社 証券業務部)
                        25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385174
                        UNITED    KINGDOM
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済                                   1,297         1.89
                        (東京都港区港南2丁目15-1 品川イ
     営業部)
                        ンターシティA棟)
                                  -             22,214         32.36

              計
      (注)1.当社は、自己株式               4,496,099株を保有しておりますが、上記大株主から除いております。

         2.日本マスタートラスト信託銀行株式会社及び日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社の所有株式数は、
           同行の信託業務に係るものであります。
                                  25/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         3.日本生命保険相互会社から平成23年4月7日付で近畿財務局長に提出された大量保有(変更)報告書によ
           り、平成23年3月31日現在で以下のとおり株式を共同保有している旨の報告を受けておりますが、当社とし
           ては、当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができませんので、株主名簿上の所有株式数を上記
           「大株主の状況」に記載しております。
           なお、その大量保有(変更)報告書の内容は、次のとおりであります。
                                                    発行済株式総数に
                                              所有株式数
           氏名又は名称                      住所                  対する所有株式数
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
     日本生命保険相互会社                   大阪府大阪市中央区今橋三丁目5番12号                       3,697          5.39

     ニッセイアセットマネジメント

                        東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                        181         0.26
     株式会社
               計                    -             3,878          5.65
         4.平成27年12月3日付で公衆の縦覧に供されている大量保有(変更)報告書において、MFSインベストメン

           ト・マネジメント株式会社及びその共同保有者1社が、平成27年11月30日現在で以下のとおり株式を共同保
           有している旨が記載されているものの、当社としては、当事業年度末時点における実質所有株式数の確認が
           できませんので、上記「大株主の状況」には含めておりません。
           なお、その大量保有(変更)報告書の内容は、次のとおりであります。
                                                    発行済株式総数に
                                              所有株式数
           氏名又は名称                      住所                  対する所有株式数
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
     MFSインベストメント・マネジメン                   東京都千代田区霞が関一丁目4番2号
                                                598        0.87
     ト株式会社                   大同生命霞が関ビル
     マサチューセッツ・ファイナンシャ                   アメリカ合衆国、マサチューセッツ州、ボ
                                               3,190         4.65
     ル・サービセズ・カンパニー                   ストン、ハンティントンアベニュー111
               計                    -             3,788         5.52
         5.平成29年3月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有(変更)報告書において、キャピタル・ガーディ

           アン・トラスト・カンパニー及びその共同保有者3社が、平成29年2月28日現在で以下のとおり株式を共同
           保有している旨が記載されているものの、当社としては、当事業年度末時点における実質所有株式数の確認
           ができませんので、上記「大株主の状況」には含めておりません。
           なお、その大量保有(変更)報告書の内容は、次のとおりであります。
                                                    発行済株式総数に
                                              所有株式数
           氏名又は名称                      住所                  対する所有株式数
                                              (千株)
                                                    の割合(%)
                        アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスア
     キャピタル・ガーディアン・トラス
                        ンジェルス、サウスホープ・ストリート                        711         1.04
     ト・カンパニー
                        333
     キャピタル・インターナショナル・リ                   英国、ロンドン、グロスヴェノー・プレイ
                                                733         1.07
     ミテッド                   ス40
                        アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスア
     キャピタル・インターナショナル・イ
                        ンジェルス、サンタ・モニカ通り11100、                        249         0.36
     ンク
                        15階
     キャピタル・インターナショナル株式                   東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
                                               1,902          2.77
     会社                   明治安田生命ビル14階
               計                    -             3,597          5.24
                                  26/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                            -        -           -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -        -           -

     議決権制限株式(その他)                            -        -           -

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式        4,496,000            -           -

     完全議決権株式(その他)                普通株式        64,126,000          641,230             -

     単元未満株式                普通株式          16,210          -    一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                        68,638,210            -           -

     総株主の議決権                            -      641,230             -

      (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP
           信託口」が所有する当社株式は含まれておりません。
         2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が3,000株含まれておりま
           すが、議決権の数の欄には同機構名義の議決権30個は、含まれておりません。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に

       所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
        又は名称                  株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                     の割合(%)
                兵庫県姫路市下手
     グローリー株式会社                       4,496,000         -        4,496,000           6.55
                野一丁目3番1号
          計          -        4,496,000         -        4,496,000           6.55
      (注)上記のほか、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所有する当社株式があります。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
       (10)【従業員株式所有制度の内容】

        ①取締役向け業績連動型株式報酬制度
        (1)業績連動型株式報酬制度の概要
           当社は、当社グループの中長期的な業績向上及び企業価値増大を目的に、当社取締役(社外取締役を除く。
          以下同じ。)及び国内子会社の取締役社長(以下「取締役等」という。)を対象とした業績連動型株式報酬制
          度を導入しております。
           本制度では、『2017中期経営計画』(計画期間:平成28年3月期~平成30年3月期)の各事業年度の役位及
          び業績目標(連結売上高、連結営業利益)の達成度に応じて、取締役等に対する報酬として当社株式(当社株
          式の換価処分金相当額の金銭を含む。)の交付を行います。
        (2)取締役等に取得させる予定の株式の総数

          上限     57,800株(信託期間3年)
        (3)当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          取締役等または取締役等を退任した者のうち受益者要件を満たす者
                                  27/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ②従業員株式所有制度
        (1)インセンティブ・プラン(株式付与ESOP信託)の概要
           当社は、当社グループの中長期的な業績向上及び企業価値増大を目的に、当社執行役員及び経営幹部社員
          (以下「執行役員等」という。)を対象としたインセンティブ・プランを導入しております。
           本制度では、『2017中期経営計画』(計画期間:平成28年3月期~平成30年3月期)の各事業年度の役位及
          び業績目標(連結売上高、連結営業利益)の達成度に応じて、当社執行役員等に対する報酬として当社株式
          (当社株式の換価処分金相当額の金銭を含む。)の交付を行います。
        (2)執行役員等に取得させる予定の株式の総数

          上限     172,000株(信託期間3年)
        (3)当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          執行役員等または執行役員等を退職した者のうち受益者要件を満たす者
                                  28/103
















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 会社法第155条第3号及び第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(平成28年8月4日)での決議状況

                                        2,000,000
                                                    6,000,000,000
      (取得期間 平成28年8月5日~平成29年1月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                  1,774,000           5,999,952,000
      残存決議株式の総数及び価格の総額                                    226,000              48,000
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     11.3              0.0
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                     11.3              0.0
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      198           727,030
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      (注)当期間における取得自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                  36      132,660           -        -
      (単元未満株式の買増請求による売渡)
      その他 (注)3
                                27,800      81,426,200            -        -
      (第三者割当による自己株式の処分)
                                               4,496,099
      保有自己株式数                         4,496,099            -                 -
      (注)1.当期間における処理自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の売渡しによる株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取り・売渡しによる株式は含まれておりません。
         3.当社は、取締役(社外取締役を除く。)及び国内子会社の取締役社長を対象とする業績連動型株式報酬制度
           (役員報酬BIP信託)に伴い、平成28年8月4日開催の当社取締役会決議により、日本マスタートラスト
           信託銀行株式会社(役員報酬BIP信託口)に対し自己株式の処分を行いました。
                                  29/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題と位置づけ、将来の事業展開に備えた財務体質の維持・強
       化を図りつつ、安定した配当を継続することを基本方針とし、連結配当性向30%以上を目標に配当を実施することと
       しております。
        また、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これら剰余金配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        上記の基本方針に基づき、当期の配当につきましては、1株につき60円(中間配当30円、期末配当30円)といたし
       ました。これにより、連結配当性向は37.4%となりました。
        次期の配当につきましても、現在の上記基本方針を継続し、1株につき62円(中間配当31円、期末配当31円)とさ
       せていただく予定です。
        また、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                       配当金の総額         1株当たり配当額
            決議年月日
                       (百万円)           (円)
          平成28年11月7日
                           1,953           30
           取締役会決議
          平成29年6月23日
                           1,924           30
          定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第67期          第68期          第69期          第70期          第71期
      決算年月       平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月

      最高(円)            2,334          2,960          3,545          4,000          4,095

      最低(円)            1,454          2,058          2,562          2,796          2,606

      (注)最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所市場第一部におけるものであり、それ以前は大阪証券
         取引所市場第一部におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年10月          11月        12月      平成29年1月          2月        3月
      最高(円)          3,555        3,770        3,815        3,835        3,945        4,095

      最低(円)          3,335        3,260        3,585        3,465        3,480        3,645

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  30/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性12名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                         所有
       役名       職名       氏名    生年月日               略歴             任期
                                                         株式数
                                                        (千株)
                               昭和45年9月       当社入社
                               平成12年4月       当社自販機・遊技システム事業部
                                      長
                               平成13年6月       当社取締役
                                                      (注)
     代表取締役
                          昭和23年
                               平成16年6月       当社常務取締役
               -      尾上広和                                      26
                          3月19日生
                                                      3
     社長
                               平成18年6月       当社取締役常務執行役員
                               平成21年4月       当社経営戦略統括部長
                               平成22年6月       当社取締役執行役員副社長
                               平成23年4月       当社代表取締役社長(現任)
                               昭和52年4月       株式会社太陽神戸銀行(現             株式

                                      会社三井住友銀行)入行
                               平成13年10月       株式会社三井住友銀行           神戸ブ
                                      ロック部長      兼  神戸営業部長
                               平成17年6月       神戸ビル管理株式会社           常務取締
                                      役
                               平成21年6月       当社入社
                               平成22年3月       当社総務統括部        法務部長
                               平成22年6月       当社執行役員
           経営管理本部管
                               平成24年4月       当社上席執行役員
                                                      (注)
     代表取締役      掌、
                          昭和29年
                                      当社総務本部長
                     三和元純                                      9
                          6月9日生
                                                      3
     副社長      CSR、ブランド
                               平成24年6月       当社取締役上席執行役員
           戦略、IR担当
                               平成25年4月
                                      当社CSR、ブランド戦略、IR
                                      担当(現任)
                               平成26年4月       当社取締役常務執行役員
                                      当社経営管理本部長、総務本部担
                                      当
                               平成27年4月       当社取締役専務執行役員
                               平成28年4月       当社代表取締役専務執行役員
                               平成29年4月       当社代表取締役副社長(現任)
                                      当社経営管理本部管掌(現任)
                               平成11年1月       当社入社

                               平成17年10月       当社貨幣処理システム事業部              生
                                      産統括部     SC管理部長
                               平成18年10月       当社執行役員
                               平成21年7月       GLORY(U.S.A.)INC.(現           Glory
                                      Global    Solutions     Inc.)
                                      President
                               平成24年4月       当社上席執行役員
                                                      (注)
           専務執行役員、
                          昭和42年
     取締役                尾上英雄                                     373
                                      当社生産本部長
                          10月17日生
                                                      3
           国内事業本部長
                               平成25年4月       光栄電子工業(蘇州)有限公司
                                      董事長
                               平成26年4月       当社常務執行役員
                                      当社生産本部長        兼  購買統括部長
                               平成26年6月       当社取締役常務執行役員
                               平成27年4月       当社国内事業本部長(現任)
                               平成29年4月       当社取締役専務執行役員(現任)
                                  31/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名       職名       氏名    生年月日               略歴             任期
                                                         株式数
                                                        (千株)
                               昭和57年4月       グローリー商事株式会社(現              当
                                      社)入社
                               平成17年4月       同社総合企画部        経営企画室長
                               平成21年4月       当社保守統括本部         保守事業統括
                                      部長
                                                      (注)
           専務執行役員、
                          昭和32年
                               平成22年6月       当社執行役員
     取締役                馬渕成俊                                      ▶
                          12月19日生
                                                      3
           保守本部長
                               平成24年4月       当社上席執行役員
                                      当社保守本部長(現任)
                               平成26年4月       当社常務執行役員
                               平成26年6月       当社取締役常務執行役員
                               平成29年4月       当社取締役専務執行役員(現任)
                               昭和62年6月       当社入社

                               平成22年6月       当社通貨システム機器事業本部
                                      開発統括部長
                               平成23年4月       当社開発本部       副本部長
           専務執行役員、
                               平成24年4月       当社執行役員
           開発本部長、
                               平成25年4月       当社上席執行役員
                                                      (注)
                          昭和34年
     取締役      知的財産部担当、         小谷 要                                      5
                                      当社開発本部長、知的財産部担当
                          8月23日生
                                                      3
                                      (現任)
           情報セキュリ
                               平成26年6月       当社取締役上席執行役員
           ティ担当
                               平成27年4月       当社取締役常務執行役員
                               平成28年4月       当社情報セキュリティ担当(現
                                      任)
                               平成29年4月       当社取締役専務執行役員(現任)
                               昭和60年3月       当社入社

                               平成15年4月       当社金融機器事業部          姫路工場     生
                                      産技術部長
                               平成18年1月       GLORY   (PHILIPPINES),        INC.
                                      President
                               平成21年4月       当社経営戦略統括部          経営企画部
                                      長
                               平成24年4月       当社執行役員
                                      当社海外事業統合プロジェクト
                                      リーダー
                               平成24年7月       Glory   Global    Solutions     Ltd.
                                      Director
                                                      (注)
           常務執行役員、
                          昭和38年
                               平成26年4月       当社上席執行役員
     取締役                原田明浩                                      2
                          3月10日生
                                                      3
           海外事業本部長
                                      Glory   Global    Solutionsグループ
                                      生産・調達・品質担当
                               平成27年4月       当社海外事業本部長(現任)
                                      Glory   Global    Solutions     Ltd.
                                      Chairman     of  the  Board
                               平成27年6月       当社取締役上席執行役員
                               平成28年1月       Sitrade    Italia    S.  p.  A.
                                      Chairman     of  the  Board(現任)
                               平成28年4月       Glory   Global    Solutions     Ltd.
                                      Chairman     of  the  Board   & Chief
                                      Executive     Officer    (現任)
                               平成29年4月       当社取締役常務執行役員(現任)
                                  32/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名       職名       氏名    生年月日               略歴             任期
                                                         株式数
                                                        (千株)
                               昭和40年4月       富士製鐵株式會社(現           新日鐵住
                                      金株式会社)入社
                               平成7年6月       新日本製鐵株式會社(現            新日鐵
                                      住金株式会社)取締役
                               平成11年4月       同社常務取締役
                                                      (注)
     取締役
                          昭和17年
                               平成13年6月       山陽特殊製鋼株式会社           代表取締
                    佐々木    宏機
               -                                            6
                          2月15日生
                                                      3
     (注)1
                                      役副社長
                               平成14年6月       同社代表取締役社長
                               平成19年6月       同社取締役相談役
                               平成20年6月       当社取締役(現任)
                               平成21年6月       株式会社キッツ        社外監査役
                               昭和52年4月       川崎重工業株式会社          入社

                               平成14年11月       同社ガスタービン・機械カンパ
                                      ニー   機械ビジネスセンター空力
                                      機械部長
                               平成21年4月       同社執行役員
                                      ガスタービン・機械カンパニー
                                      機械ビジネスセンター長
                               平成24年4月       同社常務執行役員
                                      ガスタービン・機械カンパニー
                                                      (注)
     取締役
                          昭和26年
                                      プレジデント
               -      井城讓治                                      -
                          9月5日生
                                                      3
     (注)1
                               平成24年6月       同社代表取締役常務
                               平成27年4月       同社代表取締役副社長
                                      社長補佐、技術・営業・調達部門
                                      管掌
                               平成28年4月       同社代表取締役副社長
                                      社長補佐、技術・営業部門管掌、
                                      船舶海洋カンパニー管掌
                               平成29年4月       同社取締役(社長付)
                               平成29年6月       当社取締役(現任)
                               昭和58年1月       当社入社

                               平成18年10月       当社流通・メディアカンパニー
                                      事業企画部長
                               平成23年4月       当社監査部長
                                                      (注)
                          昭和30年
                               平成27年6月       当社常勤監査役(現任)
     常勤監査役          -      長島正和                                      2
                          2月8日生
                                                      4
                               平成28年6月       グローリーナスカ株式会社             監査
                                      役(現任)
                                      北海道グローリー株式会社             監査
                                      役(現任)
                               昭和63年9月       当社入社

                               平成23年4月       当社経営管理統括部          経理部長
                               平成24年4月       当社経営管理本部         経理部長       (注)
                          昭和32年
     常勤監査役          -      藤田 亨                                      1
                          5月5日生
                               平成26年6月       グローリープロダクツ株式会社                 5
                                      監査役(現任)
                               平成29年6月       当社常勤監査役(現任)
                               平成10年4月       弁護士登録、澤田・菊井法律事務

                                      所(現    澤田・中上法律事務所)
                                      入所
                               平成17年4月       澤田・中上法律事務所           パート
                                                      (注)
     監査役
                          昭和38年
                                      ナー   弁護士(現任)
               -      中上幹雄                                      3
                          3月19日生
                                                      4
     (注)2
                               平成21年4月       兵庫県弁護士会        副会長
                               平成22年6月       西芝電機株式会社         社外監査役
                                      (現任)
                               平成23年6月       当社監査役(現任)
                                  33/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有

       役名       職名       氏名    生年月日               略歴             任期
                                                         株式数
                                                        (千株)
                               昭和51年4月       監査法人中央会計事務所            入所
                               昭和56年8月       監査法人朝日会計社(現            有限責
                                      任あずさ監査法人)入社
                               昭和56年11月       公認会計士登録
                               昭和59年9月       公認会計士濱田聡経営会計事務所
                                      開設、所長(現任)
                               平成6年5月       株式会社西松屋チェーン            社外監
                                                      (注)
     監査役
                                      査役
                          昭和27年
               -      濱田 聡                                      0
                          10月3日生
                                                      4
     (注)2                          平成17年6月       WDB株式会社(現          WDBホー
                                      ルディングス株式会社)            社外監
                                      査役(現任)
                               平成26年9月       ハマダ税理士法人設立、代表社員
                                      (現任)
                               平成27年6月       当社監査役(現任)
                               平成28年5月       株式会社西松屋チェーン            社外取
                                      締役(現任)
                                         計                 434
      (注)1.取締役佐々木宏機、井城讓治の両氏は、社外取締役であります。
         2.監査役中上幹雄、濱田 聡の両氏は、社外監査役であります。
         3.平成29年6月23日選任後、1年以内に終了する事業年度に係る定時株主総会の終結まで。
         4.平成27年6月26日選任後、4年以内に終了する事業年度に係る定時株主総会の終結まで。
         5.任期満了前の辞任により退任した監査役の補欠として選任されているため、
           平成29年6月23日選任後、2年以内に終了する事業年度に係る定時株主総会の終結まで。
        なお、当社は、取締役会の経営監督機能の強化と効率的かつ機動的な経営の意思決定が可能な体制の実現を図るた

       め、執行役員制度を導入しております。執行役員23名のうち、取締役を兼務していない執行役員は、下記の19名であ
       ります。
        常務執行役員            村 上 憲 生

        上席執行役員            清 水 徳 弥
        上席執行役員            関 野 博 一
        上席執行役員            馬 場   哲
        上席執行役員            亀 山 博 史
        上席執行役員            田 中 英 登
        上席執行役員            山 本 勝 則
        執行役員            岩 田   務
        執行役員            上 田   誠
        執行役員            香 山 俊 彦
        執行役員            江 端 種 義
        執行役員            石 田 雅 人
        執行役員            道 下 政 司
        執行役員            高 田 芳 宏
        執行役員            植 村   裕
        執行役員            坊 垣 哲 也
        執行役員            クリス・リーガン
        執行役員          ヴァンソン・ナカーシェ
        執行役員            川 端 祥 文
                                  34/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社グループにおける「コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方」は、以下のとおりであります。
        当社グループは、不屈の精神で製品開発に取り組み、社会の発展に貢献することにより持続的な企業の発展を目指
       すという思いが込められた「企業理念」に基づき、社会と共生し、すべてのステークホルダーの皆さまに信頼され支
       持される健全で効率的な企業経営を推進することにより、継続的な企業価値の向上を図ります。また、そのために、
       コーポレート・ガバナンスの強化に取り組み、経営における監督機能ならびに業務執行機能の強化、意思決定の迅速
       化、透明性及び客観性の確保、コンプライアンス経営のさらなる充実等を図り、一層の企業価値向上に努めておりま
       す。
       (1)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

        ① 会社の機関等の内容
         当社は、複数の社外取締役を含む取締役会において経営の重要課題に関する意思決定と業務執行の監督を行い、
        監査役会がそれを監視する体制が、当社経営において有効であると判断し、会社法上の機関設計として「監査役会
        設置会社」を採用しております。また、執行役員制度を導入し、経営の監督機能と業務執行機能を分離することに
        より、事業経営の迅速化や効率性の向上に努めております。加えて、指名諮問委員会、報酬諮問委員会等を設置
        し、経営の重要事項決定における透明性、客観性の向上に努めております。
         上記のような当社のコーポレート・ガバナンス体制を支える主な機関等の概要は、以下のとおりであります。
        (取締役・取締役会)
         当社の取締役会は、取締役8名(うち社外取締役2名)で構成し、監査役4名(うち社外監査役2名)の出席の
         下、原則月1回の取締役会を開催しております。取締役会では、当社及び当社グループの重要な経営方針の決
         定、業務執行の監督、業務執行状況の報告等を行っております。また、社外取締役を含めた取締役間では、活発
         な議論及び意見交換がなされ、監査役も適宜意見を述べております。
         なお、社外取締役2名は、取締役会に加え、経営会議等の重要会議や、指名諮問委員会、報酬諮問委員会等に出
         席するとともに、適宜当社役職員から直接または間接に内部統制等に係る情報提供を受けており、利害関係のな
         い見地から的確な提言及び意見交換を行うことにより、当社経営の監督機能強化及び透明性・公正性の確保・向
         上に重要な役割を果たしております。
        (監査役・監査役会)
         当社の監査役会は、常勤監査役2名、社外監査役2名の計4名で構成し、原則月1回の監査役会を開催しており
         ます。社外監査役を含む各監査役は、監査役会が定めた監査の方針及び職務分担に従って年度の監査計画に基づ
         く監査を実施し、監査役会において、監査の実施状況の報告や情報・意見の交換を行っております。
         常勤監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に出席し、適宜意見を述べるとともに、重要な決裁書類等の
         閲覧や、関係取締役・執行役員等からの報告・説明等を通して得た情報等を、社外監査役を含めた他の監査役と
         共有し、業務執行状況の把握及び監査の実効性確保に努めております。また、監査の実施状況とその結果につい
         ては、四半期ごとに代表取締役社長に報告し、意見交換を行っております。
         特に、2名の社外監査役につきましては、その有する高度な専門的知識や豊富な経験を当社の監査に活かし、当
         社経営の適法性・妥当性の確保・向上に重要な役割を果たしております。
         なお、常勤監査役藤田           亨氏は、当社経理部門において経理部長等を歴任し、また、社外監査役濱田                                    聡氏は、公
         認会計士であり、いずれも財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
         また、当社は、監査役監査のより一層の実効性確保のため、監査役の職務を補佐する専任の使用人を1名配置し
         ております。
        (執行役員)
         当社は、業務執行の迅速化及び効率化を図るため、執行役員制度を採用しております。執行役員は、代表取締役
         の指揮監督の下、取締役会の意思決定を受け委任された業務執行を行うこととしております。
        (経営会議)
         当社は、取締役会が決定した基本方針に基づく業務執行方針や計画ならびに重要な業務の実施に関し協議するこ
         とを目的として、月1回の経営会議を実施しております。取締役、常勤監査役、役付執行役員、事業本部長及び
         本部長等で構成し、経営上の重要事項や課題に関し審議を行っております。
                                  35/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        (事業推進会議)
         当社は、より迅速かつ的確な事業運営の遂行を目的として、事業推進会議を設置しております。主要事業である
         国内及び海外事業を管轄する事業本部長を委員長とし、営業、開発、品質保証、生産、保守の各機能部門の長を
         構成員とし、事業戦略の立案・推進、事業計画の進捗確認ならびに連携強化を図っております。
        (指名諮問委員会・報酬諮問委員会)
         当社は、取締役・監査役等の指名及び報酬決定に係る透明性と客観性を確保するために、取締役会の諮問機関と
         して、構成員の半数以上及び委員長を独立社外取締役とする「指名諮問委員会」及び「報酬諮問委員会」を設置
         しております。
        (各種委員会)
         当社は、社内における法令遵守の徹底を図るためのコンプライアンス委員会、リスク発生時における対応策の検
         討及びリスク予防措置の実施等のためのリスク管理委員会、会社情報の適時・適切な開示を積極的に行うための
         情報開示委員会等を設置し、審議内容を適宜取締役会に報告しております。
        (内部監査部門)
         当社は、法令及び社内規程の遵守と経営効率の向上を徹底するため、内部監査部門として代表取締役社長直轄の
         監査部を設置し、11名で構成しております。コンプライアンス上、リスクが高いと思われるテーマを中心に立案
         した年度監査計画に従い、計画的に監査を実施し、監査結果に基づく改善勧告を行うほか、財務報告の信頼性向
         上のため、財務報告に係る内部統制の有効性についての評価も行っております。
        (会計監査人)
         当社は、平成19年6月より会計監査人に有限責任監査法人トーマツを起用しております。同監査法人及び当社監
         査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には特別の利害関係はなく、また同監査法人は自主的に業務
         執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのないよう措置をとっております。
         なお、監査役と会計監査人との連携状況につきましては、監査役と会計監査人は、それぞれの監査の効率性及び

        実効性を高めるため、互いに緊密な連携を図っており、年数回の定期会合に加え、必要に応じ適宜会合を持ち、期
        初の年度監査計画及び往査計画(連結子会社への往査を含む。)の説明・協議、留意事項の聴取・確認等を通し
        て、相互に業務遂行の適正性及び信頼性の確保に努めております。
         また、監査役と内部監査部門の連携状況につきましては、監査役と内部監査部門である監査部は、それぞれの監

        査の効率性及び実効性を高めるため、互いに緊密な連携を図っており、監査役は、監査部が年度監査計画に基づく
        監査を実施する都度、監査の日程・対象・目的・方法等を記載した監査通知書の写しを受領・確認し、監査の実施
        後には、内部監査実施状況報告書により、指摘事項、改善実施状況等の状況説明を受け、相互に意見交換を行なっ
        ております。
         会社と会社の社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要につき

        ましては、当社は、当社の社外取締役及び社外監査役は、会社法に定める要件を充足するだけでなく、当社から独
        立している必要があると考えております。独立性を判断するための要件は、当社の「コーポレート・ガバナンス・
        ガイドライン」において独立社外取締役の独立性判断基準を定めるとともに、当社を含む当社のグループ会社との
        間における取引関係、当社を含む当社のグループ会社の役職員との間における個人的な関係等も考慮し、「指名諮
        問委員会」への諮問及び同委員会からの答申結果を踏まえ、取締役会が判断するものとしております。
         なお、当社と現任社外取締役である佐々木宏機及び井城讓治の両氏ならびに現任社外監査役である中上幹雄及び
        濱田   聡の両氏との間には、いずれも特別の利害関係はありません。また、現任の社外取締役及び社外監査役が、
        他の会社等の役員、使用人である又はあった他の会社等と当社との間の人的関係、資本的関係又は取引関係につき
        ましても、特別の利害関係はありません。
        ② 内部統制システムの整備の状況

          当社が、会社法及び会社法施行規則に基づき、取締役の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するた
         めの体制その他当社の業務ならびに当社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制と
         して、取締役会で決議しております「内部統制システムに関する基本方針」の内容は、次のとおりであります。
        1.  当社及び子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
         (1)当社グループの「企業理念」は、「私たちは『求める心とみんなの力』を結集し、セキュア(安心・確実)
           な社会の発展に貢献します」である。この企業理念には、不屈の精神で製品開発に取り組み、社会の発展に
           貢献するとともに、持続的な企業の発展を目指すという思いが込められている。
           この理念に基づき当社グループは、社会と共生し、すべてのステークホルダーの皆様との信頼関係を築き上
           げるために、社長を始め全取締役が自らコンプライアンス経営を実践するとともに、繰り返し使用人に伝
           え、法令及び社会倫理の遵守が企業活動の前提であることを徹底する。
           また、当社グループにおけるコーポレート・ガバナンスに係る基本的な考え方、方針等は、「コーポレー
           ト・ガバナンス・ガイドライン」において規定する。
                                  36/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (2)取締役会は、法令・定款に基づき経営の重要事項を決定し、取締役の職務の執行を監督する。
         (3)当社は、指名諮問委員会・報酬諮問委員会を設置し、同委員会において取締役会の審議機能サポート及び第
           三者的なチェックを行うことにより、役員及び執行役員の指名ならびに報酬額算定の透明性を確保する。
         (4)監査役は、定常的に取締役会に出席し、取締役の職務の執行が法令・定款に適合することを確認する。
         (5)当社は、社長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、社外有識者を含む構成員により当社グルー
           プのコンプライアンスに関する重要な問題を審議し、その結果を取締役会に報告する。
           また、当社取締役会は、コンプライアンス統括責任者を取締役より任命し、コンプライアンス委員会事務局
           を中心に、施策の企画・立案・実施ならびに監視・研修にあたらせる。
         (6)当社は、グループにおけるコンプライアンス全般に関する相談窓口(ヘルプライン)として、①                                               直属の上
           司、②    コンプライアンス委員会事務局、③                 職場相談員、④        社外相談窓口の4つを設置し、問題の早期発
           見・是正を図るとともに、「内部相談規程」に基づき相談者の保護に努める。
         (7)  当社は、反社会的な勢力とは一切の関係を遮断し、どのような名目であっても、いかなる利益供与も行わ
           ず、関係行政機関と密接に連携協力し、反社会的勢力に対して毅然とした対応を行うことを「グローリー法
           令遵守規範」において基本方針として規定する。また、総務部門は統括部署として統括責任者を設置し、各
           支店の担当者と連携協力する態勢を取る。総務部門は、関係行政機関が主催する講習会等には平素から積極
           的に参加して情報収集に努め、取締役及び使用人に対して適宜研修活動を行い、緊急時には顧問弁護士及び
           関係行政機関と連携して対応する。
        2.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         (1)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関し、「文書管理規程」に基づき、保存対象文書、保存期
           間及び文書管理責任者を定め、情報の保存・管理を行う。
         (2)取締役及び監査役は、取締役会議事録を常時閲覧できるものとする。
         (3)情報の保存・管理の適切性を維持するため、「情報セキュリティ規程」及び関連する規則類を定め、運用す
           る。
        3.  当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         (1)当社は、「リスク管理規程」に基づき「リスク管理マニュアル」及び「危機管理マニュアル」を規定し、当
           社グループにおけるあらゆるリスクの未然防止と危機発生時の損失最小化及び早期回復のために適切な対応
           を図る。
         (2)当社は、当社グループのリスク管理を統括する組織としてリスク管理委員会を設置し、選定されたリスクの
           項目ごとに主管部門、責任者を定め、リスクに関する予防措置を実施する。
           また、危機発生時に迅速に対応できる体制を確保する。
        4.  当社及び子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)当社は、毎月1回の定例取締役会及び適宜臨時取締役会を開催し、経営の基本方針、その他重要事項に関し
           て的確な意思決定を行うとともに、取締役の職務の執行状況を監督する。
         (2)当社は、執行役員制度を導入し、業務執行権限を執行役員に委譲することにより、取締役の職務の執行が効
           率的に行われることを確保する。
         (3)当社は、取締役及び使用人が共有する全社的な目標として『2017中期経営計画』を定め、各戦略の下、適正
           かつ効率的な業務の推進を図る。
         (4)当社は、当社及び各子会社の組織、階層における責任と権限を「決裁権限規程」において明確にし、適宜権
           限委譲を行うことにより、迅速かつ的確な意思決定を行うことのできる体制を確保する。
        5.  当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         (1)当社は、グループコンプライアンス担当取締役を選定し、子会社の役員及び使用人に啓蒙活動を行うととも
           に、法令、「グローリー法令遵守規範」及び各社社内規程の遵守・徹底を図る。
         (2)当社の監査役は、グループ各社の監査役と定期的あるいは必要時に会合を持ち、連結経営に対応したグルー
           プ全体の監視・監査が実効的かつ適正に実施できるよう、会計監査人及び内部監査部門と緊密な連携を行
           う。
         (3)当社の取締役会において、子会社の経営戦略に係る重要事項や経営基本方針・利益計画の承認ならびに四半
           期ごとの業績・財務状況その他重要な事項について報告させること等を通して、子会社の業務の適正化を図
           る。
         (4)当社は、取締役、監査役、執行役員等を、必要に応じ各子会社の取締役または監査役として配置するととも
           に、「関係会社管理規程」等に基づき、子会社に対して経営上の重要事項の報告を義務付ける。
         (5)当社の経営企画部門は、子会社を統括する適切な統治部門を定める。また、当社及び子会社の決裁権限及び
           所管業務を定め、これに基づく統制を行うとともに、適切な子会社管理と指導を行う。当該統治部門は、経
           営企画部門と連携して子会社の経営管理を行う。
                                  37/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (6)財務報告書の作成過程において虚偽記載や誤謬等が生じないように、IT利用による統制も含め実効性のあ
           る内部統制を行う。
         (7)当社は、金融商品取引法が求める財務諸表の適正性を確保するため、内部統制評価委員会を設置すること
           で、関係部署間の連携を図り、内部統制システムを有効なものにする。また、監査役は、定期的に取締役及
           び使用人から内部統制の構築運用状況について報告を受ける。
        6.  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項ならびにその

          使用人の取締役からの独立性に関する事項
         (1)取締役会は、監査役の職務を補助するため、監査役と協議のうえ監査役の求める知見を十分に有する専任の

           使用人を補助使用人として配置する。
         (2)補助使用人は、監査役の指示に従いその職務を行うとともに、子会社の監査役を兼務可能とする。
         (3)補助使用人の指揮権は、補助使用人の独立性を確保するため監査役が指定する期間中は監査役に移譲され、
           取締役の指揮命令は受けない。
         (4)補助使用人の任命・異動・人事権に係る事項の決定は、監査役の事前の同意を得る。
        7.  当社及び子会社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体

          制
         (1)  当社の取締役及び使用人ならびに子会社の取締役・監査役及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者
           (以下、総称して「取締役及び使用人等」という。)は、当社グループに著しい損害を及ぼす事項、不正行
           為や重要な法令・定款違反行為が発生した事実もしくは発生するおそれがある場合等には、発見次第速やか
           に当社の監査役に対して報告を行う。
         (2)当社グループにおいては、取締役及び使用人等に対し、上記に定める報告をしたことを理由に不利な取扱い
           を行うことを禁止する。
         (3)当社の監査役は、必要に応じて取締役及び使用人等から報告または情報の提供を受け、会議の資料や記録の
           閲覧等を行うことができ、取締役及び使用人等は、これに迅速・的確に対応する。
        8.  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         (1)監査役は、独自の意見形成あるいは監査の実施のため、必要に応じて公認会計士、弁護士、コンサルタント
           その他外部のアドバイザーを活用することができる。
         (2)当社は、監査役がその職務の執行について費用または債務を請求したときは、取締役会において必要でない
           と認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を負担する。
         (3)代表取締役は、監査役と定期的に会合を持ち、会社が対処すべき課題、会社を取り巻くリスクの他、監査役
           監査の環境整備の状況、監査上の重要課題について意見交換する。
         (4)監査役は、取締役会の他、取締役の重要な職務の執行を審議する会議に出席することができる。
                                  38/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (2)当社のコーポレート・ガバナンス体制
         当社のコーポレート・ガバナンス体制は以下のとおりです。
                                  39/103




















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (3)役員報酬等
        ①取締役及び監査役の報酬等の額
                                 当事業年度に係る基本報酬               当事業年度に係る賞与
              区  分           報酬等の総額
                                 支給人員        支給額       支給人員        支給額
         取締役    (社外取締役を除く)
                         150百万円         7名      82百万円        6名      68百万円
         監査役    (社外監査役を除く)                                    -
                          31百万円        2名      31百万円              -
                                                 -      -
         社外役員                 31百万円        4名      31百万円
          (うち社外取締役)                 (19百万円)        (2名)      (19百万円)         (-)      (-)
          (うち社外監査役)                 (12百万円)        (2名)      (12百万円)         (-)      (-)
        (注)1.当事業年度に係る基本報酬には、平成28年6月24日開催の第70回定時株主総会終結の時をもって退任し
             た取締役1名への支給額を含んでおります。
           2.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
           3.取締役の報酬限度額は、平成19年6月28日開催の第61回定時株主総会において年額150百万円以内(う
             ち社外取締役20百万円以内。ただし、使用人兼務取締役に支給する使用人分給与は含まない。)と決議
             されたものであります。
           4.監査役の報酬限度額は、平成19年6月28日開催の第61回定時株主総会において年額50百万円以内と決議
             されたものであります。
           5.当事業年度に係る賞与は、平成29年6月23日開催の第71回定時株主総会において決議されたものであり
             ます。
           6.上記のほか、当事業年度に係る業績連動型株式報酬として計上した株式付与引当金の額は、取締役6名
             に対し17百万円であります。
        ②役員報酬の算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          当社は、以下のとおり、取締役及び監査役の報酬等に関する方針を定めております。
         (報酬の基本方針)
          当社の取締役及び監査役の報酬は、株主との価値を共有でき、かつ、その職責に相応しい水準とし、企業業績
          や企業価値の持続的な向上に対するインセンティブや優秀な人材の確保にも配慮した体系とする。
         (報酬の決定手続)
          取締役及び監査役の報酬については、その透明性と客観性を確保する観点から、「報酬諮問委員会」の審議を
          踏まえたうえで、株主総会で承認を得た範囲内で、取締役の報酬は取締役会において決定し、監査役の報酬は
          監査役の協議により決定する。
         (報酬体系)
          取締役報酬
          「月額固定報酬」、業績連動型の「賞与」及び「株式報酬」から構成し、具体的には以下のとおりとする。
          ・ 「月額固定報酬」は、役職及び職責に応じて支給する。
          ・「賞与」は、業績と連動した指標である「親会社株主に帰属する当期純利益」の一定割合を賞与原資の総額
           として支給する。
          ・ 中期業績目標への達成意欲向上を目的とする「株式報酬」は、平成27年度からの3年間を対象に、その期の
           業績目標(連結売上高・営業利益)の達成度に応じて、役位別基準ポイントの0倍(達成率90%未満)から
           1.2倍(達成率130%以上)のポイントに応じた株式等を付与する。
          ・役員退職慰労金は支給しない。
          ・経営の監督機能を中心に担う社外取締役の報酬は、「月額固定報酬」のみとする。
          監査役報酬
          ・経営の監査機能を中心に担う監査役の報酬は、「月額固定報酬」のみとする。
       (4)責任限定契約の内容の概要

         当社は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役との間に、その期待される役割を十分に発
        揮できるよう責任限定契約を締結できる旨を定款で定めております。これに基づき、当社と、社外取締役である
        佐々木宏機、井城讓治の両氏及び社外監査役である中上幹雄、濱田                               聡の両氏は、会社法第427条第1項の賠償責任
        を限定する契約を締結しております。
         その契約内容の概要は、次のとおりであります。
        ・取締役または監査役が任務を怠ったことによって当社に損害賠償責任を負う場合は、会社法第425条第1項に規
         定する最低責任限度額を限度として、その責任を負う。
        ・上記の責任限定が認められるのは、取締役または監査役がその責任の原因となった職務の遂行について善意でか
         つ重大な過失がないときに限るものとする。
       (5)会計監査の状況

                                  40/103

                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、会社法及び金融商品取引法に基づく監査を受けており
        ます。
         当連結会計年度において業務を執行した公認会計士の氏名及び監査業務に係る補助者の構成は次のとおりであり
        ます。
         ①業務を執行した会計監査人の氏名
          指定有限責任社員 業務執行社員  松尾 雅芳
          指定有限責任社員 業務執行社員  下井田 晶代
          指定有限責任社員 業務執行社員  増村 正之
          なお、継続監査年数が7年以内のため監査年数の記載は省略しております。
         ②会計監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士     9名
          会計士試験合格者等 9名
          その他       17名
       (6)取締役の定数等に関する定款の定め

         ①取締役の定数
          当社の取締役は、10名以内とする旨を定款に定めております。
         ②取締役の選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって選任する旨、また累積投票によらないものとする旨を定めておりま
         す。
       (7)株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項

         ①自己の株式の取得
          当社は、自己株式の取得について、機動的な資本政策を遂行することが可能となるように、会社法第165条第
         2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定
         めております。
         ②中間配当
          当社は、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取
         締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       (8)株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、特別決議の審議をより確実に行う
         ことができるように、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
         議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。
                                  41/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (9)株式の保有状況
         ①投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           126銘柄  4,895百万円
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          前事業年度
           特定投資株式
                                       貸借対照表
                               株式数(株)         計上額
                  銘柄                                 保有目的
                                       (百万円)
        株式会社三井住友フィナンシャルグループ                          82,397         281   取引関係の維持強化の為
        株式会社ノーリツ                          151,200         277   取引関係の維持強化の為
        株式会社広島銀行                          531,289         218   取引関係の維持強化の為
                                  300,000
        神姫バス株式会社                                   216   取引関係の維持強化の為
                                  155,200
        株式会社T&Dホールディングス                                   162   取引関係の維持強化の為
                                  120,000
        株式会社中国銀行                                   140   取引関係の維持強化の為
        株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                          262,780         137   取引関係の維持強化の為
                                  100,000
        株式会社アルファ                                   109   取引関係の維持強化の為
                                  621,050
        兼松株式会社                                   101   取引関係の維持強化の為
                                  34,200         96
        ニッタ株式会社                                      取引関係の維持強化の為
        エスペック株式会社                          63,150         92  経営者の交流の為
        株式会社伊予銀行                          125,394          92  取引関係の維持強化の為
        株式会社京葉銀行                          160,775          65  取引関係の維持強化の為
        株式会社さくらケーシーエス                          100,000          65  取引関係の維持強化の為
        株式会社みずほフィナンシャルグループ                          366,986          61  取引関係の維持強化の為
        株式会社みなと銀行                          398,204          60  取引関係の維持強化の為
        株式会社スルガ銀行                          30,000         59  取引関係の維持強化の為
        株式会社千葉銀行                          105,000          58  取引関係の維持強化の為
        株式会社帝国電機製作所                          75,400         58  経営者の交流の為
        株式会社平和堂                          24,710         57  取引関係の維持強化の為
        株式会社百十四銀行                          178,500          56  取引関係の維持強化の為
        株式会社池田泉州ホールディングス                          130,697          52  取引関係の維持強化の為
        双葉電子工業株式会社                          32,000         51  取引関係の維持強化の為
        株式会社東京TYファイナンシャルグループ                          17,050         44  取引関係の維持強化の為
        株式会社佐賀銀行                          207,360          43  取引関係の維持強化の為
        株式会社イオンファンタジー                          19,166         43  取引関係の維持強化の為
        株式会社宮崎銀行                          152,400          41  取引関係の維持強化の為
        株式会社ふくおかフィナンシャルグループ                          112,151          41  取引関係の維持強化の為
        三井住友トラスト・ホールディングス株式会社                          114,782          37  取引関係の維持強化の為
        株式会社大垣共立銀行                          109,575          37  取引関係の維持強化の為
                                  42/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度

           特定投資株式
                                       貸借対照表
                               株式数(株)         計上額
                  銘柄                                 保有目的
                                       (百万円)
        株式会社三井住友フィナンシャルグループ                          82,397         333   取引関係の維持強化の為
        株式会社ノーリツ                          151,200         319   取引関係の維持強化の為
        株式会社広島銀行                          531,289         251   取引関係の維持強化の為
        株式会社T&Dホールディングス                          155,200         250   取引関係の維持強化の為
        神姫バス株式会社                          300,000         212   取引関係の維持強化の為
                                  100,000
        株式会社アルファ                                   200   取引関係の維持強化の為
        株式会社中国銀行                          120,000         194   取引関係の維持強化の為
        株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                          262,780         183   取引関係の維持強化の為
                                  621,050
        兼松株式会社                                   124   取引関係の維持強化の為
        株式会社小森コーポレーション                          84,700         121   取引関係の維持強化の為
        ニッタ株式会社                          34,200         106   取引関係の維持強化の為
                                  125,394
        株式会社伊予銀行                                    93  取引関係の維持強化の為
        エスペック株式会社                          63,150         87  経営者の交流の為
        株式会社帝国電機製作所                          75,400         83  経営者の交流の為
        株式会社みなと銀行                          39,820         82  取引関係の維持強化の為
        株式会社京葉銀行                          160,775          77  取引関係の維持強化の為
        株式会社千葉銀行                          105,000          75  取引関係の維持強化の為
        株式会社みずほフィナンシャルグループ                          366,986          74  取引関係の維持強化の為
        株式会社スルガ銀行                          30,000         70  取引関係の維持強化の為
        株式会社百十四銀行                          178,500          67  取引関係の維持強化の為
        株式会社平和堂                          24,710         66  取引関係の維持強化の為
                                  100,000
        株式会社さくらケーシーエス                                    63  取引関係の維持強化の為
        株式会社佐賀銀行                          207,360          63  取引関係の維持強化の為
        双葉電子工業株式会社                          32,000         62  取引関係の維持強化の為
        株式会社東京TYフィナンシャルグループ                          17,050         56  取引関係の維持強化の為
        株式会社イオンファンタジー                          19,166         55  取引関係の維持強化の為
        株式会社りそなホールディングス                          91,857         54  取引関係の維持強化の為
        株式会社ふくおかフィナンシャルグループ                          112,151          54  取引関係の維持強化の為
        株式会社宮崎銀行                          152,400          52  取引関係の維持強化の為
        株式会社池田泉州ホールディングス                          100,000          46  取引関係の維持強化の為
                                  43/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  73           -           73           -

      連結子会社                  12           -           12           -

         計               85           -           85           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
           当社及び当社の連結子会社であるGlory                   Global    Solutions     Ltd.他6社は、当社の監査公認会計士等と同一
          のネットワークに属している監査人に対して、総額146百万円の報酬を支払っております。
         (当連結会計年度)

           当社及び当社の連結子会社であるGlory                   Global    Solutions     Ltd.他6社は、当社の監査公認会計士等と同一
          のネットワークに属している監査人に対して、総額115百万円の報酬を支払っております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は、監査報酬の決定に際しては、会計監査人より年間の監査計画の提示を受け、その監査内容、監査日数
         等について当社の規模・業務特性に照らして過不足がないかを検討し、会計監査人との協議の上決定することと
         しております。また、その内容について監査役に説明し監査役の同意を得た後に契約をすることとしておりま
         す。
                                  44/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、有限
       責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
       法人財務会計基準機構へ加入しております。
                                  45/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         68,053              74,292
         現金及び預金
                                         50,671              47,137
         受取手形及び売掛金
                                         2,916              2,823
         リース投資資産
                                           500             3,000
         有価証券
                                         25,380              26,098
         商品及び製品
                                         6,526              8,491
         仕掛品
                                         11,462              11,536
         原材料及び貯蔵品
                                         4,528              4,905
         繰延税金資産
                                         2,446              2,814
         その他
                                         △ 675             △ 502
         貸倒引当金
                                        171,811              180,597
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         34,198              34,905
          建物及び構築物
                                        △ 19,593             △ 20,520
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             14,604              14,385
          機械装置及び運搬具                               12,396              13,504
                                       ※1 △ 9,623           ※1 △ 10,603
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              2,772              2,901
                                         58,052              57,406
          工具、器具及び備品
                                       ※1 △ 51,611            ※1 △ 51,112
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              6,441              6,294
          土地                               11,954              11,919
                                           59              156
          建設仮勘定
                                         35,832              35,657
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         27,344              22,221
          顧客関係資産
                                         3,938              3,931
          ソフトウエア
                                         63,796              51,573
          のれん
                                         2,240              1,717
          その他
                                         97,320              79,443
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※2 8,765            ※2 10,010
          投資有価証券
                                         4,335              3,322
          繰延税金資産
                                         3,665              3,982
          その他
                                          △ 59             △ 194
          貸倒引当金
                                         16,707              17,121
          投資その他の資産合計
                                        149,860              132,223
         固定資産合計
                                        321,672              312,821
       資産合計
                                  46/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         18,971              18,484
         支払手形及び買掛金
                                         16,885              25,602
         短期借入金
                                         9,424              8,843
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,230              2,903
         未払法人税等
                                         7,786              8,191
         賞与引当金
                                           71              94
         役員賞与引当金
                                           67              61
         株式付与引当金
                                         26,181              28,261
         その他
                                         81,619              92,443
         流動負債合計
       固定負債
                                         22,629              13,271
         長期借入金
                                         1,667              1,745
         リース債務
                                         8,443              6,457
         繰延税金負債
         退職給付に係る負債                                 6,607              4,419
                                           67              116
         株式付与引当金
                                         2,350              2,923
         その他
                                         41,766              28,933
         固定負債合計
                                        123,385              121,377
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         12,892              12,892
         資本金
                                         20,952              20,974
         資本剰余金
                                        151,653              158,504
         利益剰余金
                                        △ 6,141             △ 12,090
         自己株式
                                        179,357              180,281
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           235              822
         その他有価証券評価差額金
                                         17,819               8,181
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,572             △ 1,336
         退職給付に係る調整累計額
                                         15,483               7,667
         その他の包括利益累計額合計
                                         3,446              3,494
       非支配株主持分
                                        198,287              191,443
       純資産合計
                                        321,672              312,821
      負債純資産合計
                                  47/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       ※1 226,952             ※1 222,581
      売上高
                                    ※2 , ※3 , ※5 137,357          ※2 , ※3 , ※5 135,907
      売上原価
                                         89,595              86,673
      売上総利益
                                      ※4 , ※5 69,042           ※4 , ※5 66,307
      販売費及び一般管理費
                                         20,552              20,365
      営業利益
      営業外収益
                                           160              201
       受取利息
                                           295              340
       受取配当金
                                           319              146
       補助金収入
                                           621              508
       その他
                                         1,397              1,196
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           661              585
       支払利息
                                         3,395              3,458
       為替差損
                                           309              311
       その他
                                         4,366              4,355
       営業外費用合計
                                         17,583              17,205
      経常利益
      特別利益
                                          ※6 15             ※6 18
       固定資産売却益
                                           283               19
       投資有価証券売却益
                                           299               37
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※7 7             ※7 0
       固定資産売却損
                                         ※8 107             ※8 72
       固定資産除却損
                                           -               9
       投資有価証券評価損
                                           115               81
       特別損失合計
                                         17,766              17,161
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    6,438              6,869
                                         1,231             △ 1,133
      法人税等調整額
                                         7,670              5,736
      法人税等合計
                                         10,096              11,424
      当期純利益
                                         1,267              1,041
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         8,829              10,382
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  48/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         10,096              11,424
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 828              586
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,678             △ 9,970
       為替換算調整勘定
                                        △ 5,102              1,235
       退職給付に係る調整額
                                       ※1 △ 13,608            ※1 △ 8,148
       その他の包括利益合計
                                        △ 3,512              3,275
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 4,450              2,437
       親会社株主に係る包括利益
                                           938              838
       非支配株主に係る包括利益
                                  49/103
















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       12,892         20,629        145,165         △ 5,817        172,871
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 3,749                △ 3,749
      親会社株主に帰属する当期
                                        8,829                 8,829
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 722        △ 722
      自己株式の処分                           322                 398         720
      連結範囲の変動                                  1,407                 1,407
      連結子会社の決算報告日変
                                                           -
      更に伴う増減
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -        322        6,487         △ 324        6,485
     当期末残高                  12,892         20,952        151,653         △ 6,141        179,357
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                  評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 1,064       24,962        2,532       28,559        3,113      204,544
     当期変動額
      剰余金の配当
                                             -      △ 605     △ 4,355
      親会社株主に帰属する当期
                                             -             8,829
      純利益
      自己株式の取得                                       -             △ 722
      自己株式の処分
                                             -              720
      連結範囲の変動                        206       △ 2      203             1,611
      連結子会社の決算報告日変
                                             -              -
      更に伴う増減
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 828      △ 7,349      △ 5,102      △ 13,280        938     △ 12,341
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 828      △ 7,143      △ 5,105      △ 13,076        332     △ 6,257
     当期末残高
                       235      17,819       △ 2,572       15,483        3,446      198,287
                                  50/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  12,892         20,952        151,653         △ 6,141        179,357
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 3,863                △ 3,863
      親会社株主に帰属する当期
                                        10,382                 10,382
      純利益
      自己株式の取得
                                                △ 6,082        △ 6,082
      自己株式の処分                           22                 133         155
      連結範囲の変動                                   371                 371
      連結子会社の決算報告日変
                                         △ 39                △ 39
      更に伴う増減
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         22       6,850        △ 5,948         924
     当期末残高                  12,892         20,974        158,504        △ 12,090        180,281
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                  評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 235      17,819       △ 2,572       15,483        3,446      198,287
     当期変動額
      剰余金の配当                                       -      △ 790     △ 4,654
      親会社株主に帰属する当期
                                             -            10,382
      純利益
      自己株式の取得                                       -            △ 6,082
      自己株式の処分                                       -              155
      連結範囲の変動
                              129              129              501
      連結子会社の決算報告日変
                                             -             △ 39
      更に伴う増減
      株主資本以外の項目の当期
                       586      △ 9,768       1,235      △ 7,945        838     △ 7,107
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 586      △ 9,638       1,235      △ 7,815        48     △ 6,843
     当期末残高                 822      8,181      △ 1,336       7,667       3,494      191,443
                                  51/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         17,766              17,161
       税金等調整前当期純利益
                                         10,327               9,469
       減価償却費
                                         5,053              4,072
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   158               19
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  3,522              △ 747
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,348               594
       株式付与引当金の増減額(△は減少)                                   135               42
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 283              △ 19
                                         △ 456             △ 541
       受取利息及び受取配当金
                                           661              585
       支払利息
                                           107               72
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  3,511               840
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,429             △ 4,288
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 1,707              2,798
       リース債務の増減額(△は減少)                                   △ 59              80
       リース投資資産の増減額(△は増加)                                  △ 198               93
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 1,120               △ 6
                                        △ 1,624               689
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         1,458              5,117
       その他
                                         36,173              36,033
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   463              542
                                         △ 676             △ 616
       利息の支払額
                                        △ 7,818             △ 5,871
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         28,142              30,087
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 340              △ 83
       定期預金の預入による支出
                                           120              870
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 8,410             △ 5,220
       有形固定資産の取得による支出
                                           65              53
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,607             △ 1,556
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 476             △ 871
       投資有価証券の取得による支出
                                         3,407               755
       投資有価証券の売却及び償還による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                         △ 449             △ 315
       支出
                                          △ 24             △ 264
       その他
                                        △ 7,714             △ 6,632
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  52/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 2,500              8,819
                                        △ 9,987             △ 9,128
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 3,749             △ 3,864
       配当金の支払額
                                         △ 605             △ 790
       非支配株主への配当金の支払額
                                         △ 722            △ 6,082
       自己株式の取得による支出
                                           720               81
       自己株式の処分による収入
                                        △ 16,844             △ 10,964
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,644             △ 2,055
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,938              10,435
      現金及び現金同等物の期首残高                                   64,222              67,133
                                           972              711
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
      連結子会社の決算報告日変更に伴う現金及び現金同
                                           -            △ 1,229
      等物の増減額(△は減少)
                                        ※1 67,133             ※1 77,050
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  53/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           44 社
            主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況」の「4.関係会社の状況」に記載しているため、省略して
           おります。
            当連結会計年度より、非連結子会社であったGlory                         Global    Solutions     (Hong   Kong)   Ltd.、GLORY      IPO
           Asia   Ltd.及び光栄華南貿易(深圳)有限公司は、重要性が増したため、新たに連結の範囲に含めておりま
           す。
            平成28年7月12日付で株式を取得し、In-Tech,                       LLC(現    Glory   Global    Solutions     RUS,   LLC)及びその他
           1社を、連結の範囲に含めております。
          (2)主要な非連結子会社の名称等

            主要な非連結子会社
             PT.  Glory   Global    Solutions     Indonesia
           (連結の範囲から除いた理由)
             非連結子会社の総資産、売上高、当期純損益持分見合い額及び利益剰余金持分見合い額等のそれぞれの
            合計がいずれも少額であり、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除いてお
            ります。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法適用の非連結子会社数                 -社
          (2)持分法を適用していない非連結子会社(PT.                       Glory   Global    Solutions     Indonesia他)及び関連会社(株式
           会社テクノパワー)は、当期純損益持分見合い額及び利益剰余金持分見合い額等からみて、持分法の対象か
           ら除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用
           範囲から除いております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
                     会社名                 決算日
           光栄電子工業(蘇州)有限公司                        12月31日 ※1、2
           Sitrade    Italia    S.p.A.
                                   12月31日 ※3
           Glory   Global    Solutions     (Shanghai)      Co.,   Ltd.
                                   12月31日 ※1、2
           光栄華南貿易(深圳)有限公司                        12月31日 ※1
           Glory   Global    Solutions     (Brasil)     Maquinas     e
                                   12月31日 ※1
           Equipamentos       Ltda.
           他3社                        12月31日 ※1
          ※1 連結決算日で本決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としております。
          ※2 連結財務諸表のより適正な開示を図るため、当連結会計年度より、決算日が12月31日である光栄電子工
            業(蘇州)有限公司及びGlory              Global    Solutions     (Shanghai)      Co.,   Ltd.について、連結決算日である3
            月31日に仮決算を行い連結する方法に変更しております。なお、当該連結子会社の平成28年1月1日から
            平成28年3月31日までの損益については、利益剰余金の増減として調整しております。
          ※3 決算日の差異が3ヶ月以内であるため、連結子会社の決算日現在の財務諸表に基づき連結しておりま
            す。ただし、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
           (イ)満期保有目的の債券
              償却原価法(定額法)を採用しております。
           (ロ)その他有価証券
              時価のあるもの
               決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
              移動平均法により算定)を採用しております。
                                  54/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
              時価のないもの

               移動平均法による原価法を採用しております。
           ② デリバティブ
              時価法を採用しております。
           ③ たな卸資産
           (イ)製品、仕掛品
              主として総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
             法)を採用しております。
           (ロ)商品、原材料、貯蔵品
              主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
             法)を採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             当社及び国内連結子会社は、主として定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属
            設備を除く)ならびに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採
            用し、在外連結子会社は主として定額法を採用しております。
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             自社利用のソフトウェアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法、市場販売目的
            のソフトウェアについては販売見込数量に基づく償却額と残存有効期間(3年以内)に基づく均等配分額
            のいずれか大きい額を計上する方法、顧客関係資産については定額法(20年)を採用しております。
             なお、それ以外(在外連結子会社を含む)の無形固定資産については定額法を採用しております。
           ③ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             当社及び国内連結子会社は、債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等
            を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しており、
            在外連結子会社については、主として特定の債権について、その回収可能性を検討した所要見積額を計上
            しております。
           ② 賞与引当金
             従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しております。
           ③ 役員賞与引当金
             役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しております。
           ④ 株式付与引当金
             株式交付規程に基づく当社取締役及び執行役員等への当社株式等の給付に備えるため、当連結会計年度
            末における株式等の給付見込額に基づき計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
             過去勤務費用は、主としてその発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定
            率法により費用処理しております。
             数理計算上の差異は、主として各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
            の年数(15年)による定率法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しており
            ます。
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整のうえ、純資産の部におけ
            るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。なお、在外子会社の資産及び負債はそれぞれの決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益
           及び費用は期中平均為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非
           支配株主持分に含めて計上しております。
                                  55/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          (6)重要なヘッジ会計の方法

           ① ヘッジ会計の方法
             振当処理の要件を満たしている為替予約及び通貨スワップについては、振当処理を採用しております。
            また、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては特例処理を採用しております。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            a.ヘッジ手段…為替予約取引
              ヘッジ対象…外貨建金銭債権
            b.ヘッジ手段…金利スワップ、通貨スワップ
              ヘッジ対象…借入金
           ③ ヘッジ方針
             将来の為替相場の変動による損失を回避する目的で、為替予約取引及び通貨スワップ取引を行っており
            ます。
             また、将来の金利変動による損失を回避する目的で、金利スワップ取引を行っております。
           ④ ヘッジの有効性評価の方法
             振当処理を行った為替予約及び通貨スワップ、特例処理を行った金利スワップについては有効性の評価
            を省略しております。
          (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については、その効果の及ぶ期間を合理的に見積り、当該期間において均等償却を行っ
           ております。
          (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           ① 消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
            連結会計年度の費用として処理しております。
           ② 連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
         (会計方針の変更)

          (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
           法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実
          務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物
          附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
           この変更に伴う当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微で
          あります。
         (追加情報)

          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
          当連結会計年度から適用しております。
          (取締役向け株式報酬制度)

           当社は、中長期的な業績向上と企業価値増大への貢献意欲をより一層高めることを目的に、当社取締役
          (社外取締役を除く。以下同じ。)及び国内子会社の取締役社長(以下「取締役等」という。)向け業績連
          動型株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入しております。
          (1)取引の概要
           本制度では、取締役等のうち一定の要件を充たす者を受益者として、当社が当社株式の取得資金を拠出す
          ることにより信託を設定し、当該信託はあらかじめ定める株式交付規程に基づき取締役等に交付すると見込
          まれる数の当社株式を、当社からの第三者割当によって取得するものであります。
           また、本信託からの当社株式等の交付等は、株式交付規程に従い、受益者要件を充たす取締役等に対して
          毎年一定時期及び取締役等の退任時に役位及び業績目標の達成度に応じて行われます。
          (2)信託に残存する自社の株式
                                  56/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
           本信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に
          自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度107百万円、
          30,000株、当連結会計年度179百万円、55,365株であります。
          (執行役員等向けインセンティブ・プラン)

           当社は、中長期的な業績向上と企業価値増大への貢献意欲をより一層高めることを目的に、執行役員及び
          経営幹部社員(以下「執行役員等」という。)向けインセンティブ・プラン(以下「本プラン」という。)
          を導入しております。
          (1)取引の概要
           本プランでは、執行役員等のうち一定の要件を充たす者を受益者として、当社が当社株式の取得資金を拠
          出することにより信託を設定し、当該信託はあらかじめ定める株式交付規程に基づき執行役員等に交付する
          と見込まれる数の当社株式を、当社からの第三者割当によって取得するものであります。
           また、本信託からの当社株式等の交付等は、株式交付規程に従い、受益者要件を充たす執行役員等に対し
          て毎年一定時期及び退職時に執行役員等の役職及び業績目標の達成度に応じて行われます。
          (2)信託に残存する自社の株式
           本信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に
          自己株式といて計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度613百万円、
          172,000株、当連結会計年度547百万円、153,585株であります。
         (連結貸借対照表関係)

         ※1 有形固定資産の減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。
         ※2 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
         投資有価証券(株式)                             1,111百万円                904百万円
          3 保証債務

           (1)従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し、次の保証を行っております。
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                 (平成28年3月31日)                          (平成29年3月31日)
                              32百万円                          27百万円
           (2)当社グループの得意先が抱えるリース債務に対し、次の保証を行っております。

                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                 (平成28年3月31日)                          (平成29年3月31日)
                              566百万円                          331百万円
         (連結損益計算書関係)

         ※1 売上高の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
         商品及び製品                            161,338百万円               158,659百万円
         保守                             65,613百万円               63,921百万円
                   計                   226,952百万円               222,581百万円
                                  57/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         ※2 売上原価の内訳は次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
         商品及び製品                            104,817百万円               104,622百万円
         保守                             32,539百万円               31,285百万円
                   計                   137,357百万円               135,907百万円
         ※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれ

           ております。(△は戻入額)
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                (自 平成27年4月1日                          (自 平成28年4月1日
                 至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
                             △ 78 百万円                       1,492   百万円
         ※4 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
         給料手当                             22,982   百万円            22,055   百万円
         賞与                             1,834   百万円             1,761   百万円
         賞与引当金繰入額                             3,903   百万円             4,010   百万円
         株式付与引当金繰入額                              135  百万円              123  百万円
         退職給付費用                             1,445   百万円             1,860   百万円
         減価償却費                             5,054   百万円             4,347   百万円
         賃借料                             4,651   百万円             4,604   百万円
         のれん償却額                             5,053   百万円             4,072   百万円
         ※5 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                (自 平成27年4月1日                          (自 平成28年4月1日
                 至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
                            12,590   百万円                       13,965   百万円
         ※6 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
         建物及び構築物                                4百万円               -百万円
         機械装置及び運搬具                                6百万円               8百万円
         工具、器具及び備品                                0百万円               2百万円
         土地                                3百万円               7百万円
         無形固定資産の「その他」                               -百万円                0百万円
                   計                      15百万円               18百万円
         ※7 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
         機械装置及び運搬具                                7百万円               0百万円
         工具、器具及び備品                                0 百万円               0百万円
                   計                      7百万円               0百万円
                                  58/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         ※8 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
         建物及び構築物                               65百万円               54百万円
         機械装置及び運搬具                               13百万円               12百万円
         工具、器具及び備品                               23百万円                5百万円
         ソフトウェア                                3百万円               0百万円
         無形固定資産の「その他」                               -百万円                0百万円
         投資その他の資産の「その他」                                0百万円               0百万円
                   計                     107百万円                72百万円
         (連結包括利益計算書関係)

         ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △1,515百万円                  855百万円
      組替調整額                                  283               △10
       税効果調整前
                                      △1,232                  845
       税効果額                                404              △258
       その他有価証券評価差額金
                                       △828                 586
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                               △7,657               △9,962
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                      △7,657               △9,962
       税効果額                                △20                △8
       為替換算調整勘定
                                      △7,678               △9,970
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               △6,816                 1,139
      組替調整額                                △426                 544
       税効果調整前
                                      △7,243                 1,683
       税効果額                               2,140               △447
       退職給付に係る調整額
                                      △5,102                 1,235
     その他の包括利益合計
                                     △13,608                △8,148
                                  59/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                       株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                       (株)          (株)          (株)          (株)
     発行済株式
      普通株式                 68,638,210              -          -      68,638,210

           合計            68,638,210              -          -      68,638,210

     自己株式

      普通株式 (注)1,2                 2,951,231             506        202,000         2,749,737

           合計             2,951,231             506        202,000         2,749,737

     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加506株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少202,000株は、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託
          口」への第三者割当による自己株式処分による減少であります。
        3.上記のほか、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所有する当社株式が202,000株
          あります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                  配当額         基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                   (円)
     平成27年6月26日
                 普通株式            1,970          30   平成27年3月31日          平成27年6月29日
     定時株主総会
     平成27年11月5日
                 普通株式            1,778          27   平成27年9月30日          平成27年12月4日
     取締役会
     (注)基準日が平成27年9月30日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所
        有する当社株式に対する配当5百万円が含まれております。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                      (円)
     平成28年6月24日
                普通株式          1,910     利益剰余金           29  平成28年3月31日         平成28年6月27日
     定時株主総会
     (注)基準日が平成28年3月31日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所
        有する当社株主に対する配当5百万円が含まれております。
                                  60/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                       株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                       (株)          (株)          (株)          (株)
     発行済株式
      普通株式                 68,638,210              -          -      68,638,210

           合計            68,638,210              -          -      68,638,210

     自己株式

      普通株式 (注)1,2                 2,749,737          1,774,198            27,836         4,496,099

           合計             2,749,737          1,774,198            27,836         4,496,099

     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1,774,198株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加1,774,000
          株及び単元未満株式の買取りによる増加198株であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少27,836株は、「役員報酬BIP信託口」への第三者割当による自己株式処
          分による減少27,800株及び単元未満株式の売渡しによる減少36株であります。
        3.上記のほか、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所有する当社株式が208,950株
          あります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                  配当額         基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                   (円)
     平成28年6月24日
                 普通株式            1,910          29   平成28年3月31日          平成28年6月27日
     定時株主総会
     平成28年11月7日
                 普通株式            1,953          30   平成28年9月30日          平成28年12月5日
     取締役会
     (注)1.基準日が平成28年3月31日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」
          が所有する当社株式に対する配当5百万円が含まれております。
        2.基準日が平成28年9月30日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」
          が所有する当社株式に対する配当6百万円が含まれております。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                      (円)
     平成29年6月23日
                普通株式          1,924     利益剰余金           30  平成29年3月31日         平成29年6月26日
     定時株主総会
     (注)基準日が平成29年3月31日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所
        有する当社株主に対する配当6百万円が含まれております。
                                  61/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                              至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
      現金及び預金勘定                              68,053   百万円              74,292   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                               △920   百万円              △242   百万円
      譲渡性預金                                - 百万円              3,000   百万円
      現金及び現金同等物                              67,133   百万円              77,050   百万円
                                  62/103


















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ①   リース資産の内容
              全て転リース取引であるため、該当事項はありません。
            ②   リース資産の減価償却の方法
              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償
             却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
      1年内                                70                  71
      1年超                                429                  367
             合計                        499                  439
          (貸主側)

          1.ファイナンス・リース取引
           (1)リース投資資産の内訳
             流動資産                                                                                                         (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
      リース料債権部分                               3,737                  3,654
      見積残存価額部分                                -                  -
      受取利息相当額                                820                  831
      リース投資資産                               2,916                  2,823
           (2)リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の連結決算日後の回収予定額

                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                    5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
      リース投資資産                1,111        880       656       459       291       337
                                                    (単位:百万円)

                                    当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                    5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
      リース投資資産                1,046        822       623       487       351       323
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
             該当事項はありません。
                                  63/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業計画に照らして、必要な資金を借入により調達しております。一時的な余資は安全
           性の高い金融資産で運用しております。デリバティブは、為替変動リスク及び金利変動リスクを回避するた
           めに利用しており、投機的な取引は行わないこととしております。
          (2)金融商品の内容及びそのリスクならびにリスク管理体制
            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては社
           内規程に従い、取引先毎に期日及び残高管理を行っております。また、グローバルに事業を展開しているこ
           とから生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されていますが、社内規程に従い先物為替予約
           を利用して一部ヘッジしております。
            投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場リスクに晒
           されております。当該リスクに関しては定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しております。
            営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。また、その一部には、原材料等
           の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されていますが、同じ外貨建ての売掛金残高に
           てヘッジしております。
            短期借入金は、主に運転資金の調達を目的としたものであります。また、長期借入金は主に買収に係る資
           金調達を目的としたものであり、このうち一部は、為替及び金利の変動リスクを回避するためにデリバティ
           ブ取引の利用等によりヘッジしております。ヘッジの有効性の評価については、特例処理の要件を満たして
           いるため、評価を省略しております。
            デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした
           先物為替予約取引及び借入金に係る金利変動リスク、為替変動リスクのヘッジを目的とした金利スワップ取
           引、通貨スワップ取引であります。なおデリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内
           規程に従っており、またデリバティブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付けの高い金
           融機関とのみ取引を行っております。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合は、合理的に算定された価額が
           含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を利用する
           ことにより、当該価額が変動することもあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリ
           バティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すもの
           ではありません。
                                  64/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注)2.をご参照下さい)。
           前連結会計年度(平成28年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1)現金及び預金                           68,053           68,053             -

      (2)受取手形及び売掛金                           50,671

          貸倒引当金(*1)                        △580

                                  50,091           50,093              2

      (3)リース投資資産

                                  2,916
          貸倒引当金(*1)                         △94
                                  2,821           2,825             3

      (4)有価証券及び投資有価証券                            7,691           7,801            109

       資産計

                                 128,657           128,773             115
      (1)支払手形及び買掛金                           18,971           18,971             -

      (2)短期借入金                           16,885           16,885             -

      (3)長期借入金(1年内返済予定を含む)                           32,053           32,537             483

      (4)未払法人税等                            2,230           2,230             -

      (5)リース債務(固定負債)                            1,667           1,621            △45

       負債計

                                  71,807           72,244             437
       (*1)個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                  65/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(平成29年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1)現金及び預金                           74,292           74,292             -

      (2)受取手形及び売掛金                           47,137

          貸倒引当金(*1)

                                  △492
                                  46,644           46,643             △1

      (3)リース投資資産

                                  2,823
          貸倒引当金(*1)                         △9
                                  2,813           3,239            426

      (4)有価証券及び投資有価証券

                                  11,627           11,710             82
       資産計

                                 135,378           135,886             507
      (1)支払手形及び買掛金                           18,484           18,484             -

      (2)短期借入金                           25,602           25,602             -

      (3)長期借入金(1年内返済予定を含む)                           22,115           22,365             249

      (4)未払法人税等                            2,903           2,903             -

      (5)リース債務(固定負債)                            1,745           1,736            △8

       負債計

                                  70,851           71,092             241
       (*1)個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資   産
          (1)現金及び預金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。
          (2)受取手形及び売掛金
             これらのうち短期間で決済されるものは、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。また、割賦手形又は一年超の受取手形の時価は、金利スワップレートを使用した割引計
           算による現在価値から貸倒引当金を控除した金額によっております。
          (3)リース投資資産
             リース投資資産の時価については、金利スワップレートを使用した割引計算による現在価値から貸倒引
           当金を控除した金額によっております。
          (4)有価証券及び投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関から提示された価格に
           よっております。また、譲渡性預金等の短期のものについては、時価は帳簿価額と近似していることか
           ら、当該帳簿価額によっております。
            また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
                                  66/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         負   債
          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(4)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によってお
            ります。
          (3)長期借入金(1年以内返済予定を含む)、(5)リース債務(固定負債)
             これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規取引を行った場合に想定される利率で割り引い
            た金額によっております。ただし、金利スワップの特例処理及び通貨スワップの振当処理を採用している
            長期借入金については、当該デリバティブと一体として処理された元利金の合計額を同様の新規借入を
            行った場合に想定される利率で割り引いた金額によっております。
             また、変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額に近似してい
            ることから、当該帳簿価額によっております。
         デリバティブ取引
           取引先の金融機関から提示された価格等に基づいて算定しております。ただし、為替予約の振当処理によ
          るものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、その時価は、当該売掛金の時
          価に含めて記載しております。
          また、金利スワップの特例処理及び通貨スワップの振当処理を採用しているものは、ヘッジ対象とされてい
          る長期借入金と一体として処理されているため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しておりま
          す。
           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                区分
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
          非上場株式                              1,574                 1,383
           これらについては、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積もるには過大なコストを要す
          ると見込まれます。したがって、時価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、「資産
          (4)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
           なお、上記「非上場株式」には、子会社及び関連会社株式904百万円を含んでおります。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                     1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (百万円)                           (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
          現金及び預金                    68,053           -         -         -
          受取手形及び売掛金                    49,727          943         -         -

          有価証券及び投資有価証券

           満期保有目的の債券

           (1)  国債・地方債等

                                -       1,000          -         -
           (2)  社債                  500        1,563          100         -

           (3)  その他

                                -         -         -         -
           その他有価証券のうち満期
           があるもの
           (1)  国債・地方債等
                                -         -         -         3
           (2)  社債

                                3        -         25         -
           (3)  その他

                                -         -         -         -
          リース投資資産                     876        1,774          265         -

                合計             119,161          5,281          391          3

                                  67/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                     1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (百万円)                           (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
          現金及び預金                    74,292           -         -         -
          受取手形及び売掛金                    46,256          881         -         -

          有価証券及び投資有価証券

           満期保有目的の債券

           (1)  国債・地方債等

                                -       1,000          -         -
           (2)  社債

                                -       1,577          -         -
           (3)  その他

                                -         -         -         -
           その他有価証券のうち満期
           があるもの
           (1)  国債・地方債等
                                -         -         -         3
           (2)  社債

                                -         24         -         -
           (3)  その他

                              3,000          -         -         -
          リース投資資産                     804        1,750          268         -

                合計             124,353          5,233          268          3

        4.  長期借入金(1年以内返済予定含む)及びリース債務(固定負債)の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成28年3月31日)
                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                             2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                      (百万円)                                 (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
        短期借入金               16,885         -       -       -       -       -

        長期借入金(1年以内返
                        9,424       9,049       9,049       4,530        -       -
        済予定含む)
        リース債務(固定負債)                 -      728       431       265       124       117
          当連結会計年度(平成29年3月31日)

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                             2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                      (百万円)                                 (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
        短期借入金               25,602         -       -       -       -       -

        長期借入金(1年以内返
                        8,843       8,843       4,427        -       -       -
        済予定含む)
        リース債務(固定負債)                 -      652       480       283       172       156
                                  68/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.満期保有目的の債券
           前連結会計年度(平成28年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)国債・地方債等               1,000           1,066            66
                  (2)社債               1,108           1,160            52
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                 -           -           -
                      小計            2,108           2,227            118
                  (1)国債・地方債等                 -           -           -
                  (2)社債               1,077           1,068            △9
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                  (3)その他                 -           -           -
                      小計            1,077           1,068            △9
               合計                  3,185           3,295            109
           当連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)国債・地方債等               1,000           1,050            50
                  (2)社債               1,006           1,048            41
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                 -           -           -
                      小計            2,006           2,098            91
                  (1)国債・地方債等                 -           -           -
                  (2)社債                570           561           △9
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                  (3)その他                 -           -           -
                      小計             570           561           △9
               合計                  2,577           2,660            82
                                  69/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         2.その他有価証券
           前連結会計年度(平成28年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                     種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                               (百万円)
                 (1)株式                2,150           1,463            686
                 (2)債券
                    国債・地方債等               -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え              社債               -           -           -
     るもの
                    その他               -           -           -
                 (3)その他                 157           131           26
                     小計            2,308           1,595            713
                 (1)株式                1,687           2,060           △373
                 (2)債券
                    国債・地方債等               3           3          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え              社債               28           28          △0
     ないもの
                    その他               -           -           -
                 (3)その他                 477           477           △0
                     小計            2,196           2,570           △373
               合計                  4,505           4,165            339
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 462百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含めておりません。
           当連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                     種類                   取得原価(百万円)            差額(百万円)
                               (百万円)
                 (1)株式                4,239           3,058           1,180
                 (2)債券
                    国債・地方債等               -           -           -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え              社債               -           -           -
     るもの
                    その他               -           -           -
                 (3)その他                1,320           1,260            59
                     小計            5,559           4,319           1,240
                 (1)株式                 464           520          △56
                 (2)債券
                    国債・地方債等               2           2          -
     連結貸借対照表計上
     額が取得原価を超え              社債               22           22           -
     ないもの
                    その他               -           -           -
                 (3)その他                3,000           3,000            -
                     小計            3,490           3,546           △56
               合計                  9,050           7,865           1,184
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 478百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」に含めておりません。
                                  70/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         3.売却したその他有価証券
           前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                      501              282               -

     (2)債券                      306               0              -
     (3)その他                       -              -              -

          合計                 808              283               -

           当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                       58              19               0

     (2)債券                       3              0              -
     (3)その他                       -              -              -

          合計                  62              19               0

                                  71/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
         1.  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            前連結会計年度(平成28年3月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

             該当事項はありません。
         2.  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          (1)通貨関連
            前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引

     為替予約等の振当処
                 売建
     理
                                        2,265          -    (注)
                  ユーロ          売掛金
      (注)為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、その時
        価は、当該売掛金の時価に含めて記載しております。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引

     為替予約等の振当処
                 売建
     理
                                        1,985          -    (注)
                  ユーロ          預金・売掛金
      (注)為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている預金・売掛金と一体として処理されているため、
        その時価は、当該売掛金の時価に含めて記載しております。
          (2)金利関連

            前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の   種類      主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                金利スワップ取引

     金利スワップの特例
                 変動受取・固定支
     処理
                                        19,913        14,223      (注)
                           長期借入金
                 払
                金利通貨スワップ取
                引
                 変動受取・固定支払
     金利通貨スワップ一
                                        5,349        3,820      (注)
                  米ドル受取・日本
     体処理(特例処理、
                  円支払
     振当処理)
                           長期借入金
                 変動受取・固定支払
                                        3,480        2,486      (注)
                  米ドル受取・ユー
                  ロ支払
                                        28,742        20,530
                             計
      (注)金利スワップの特例処理及び金利通貨スワップの一体処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と
        一体として処理されているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  72/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の   種類      主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                金利スワップ取引

     金利スワップの特例
                 変動受取・固定支
     処理
                                        13,858         8,315      (注)
                           長期借入金
                 払
                金利通貨スワップ取
                引
                 変動受取・固定支払
     金利通貨スワップ一
                                        3,820        2,292      (注)
                  米ドル受取・日本
     体処理(特例処理、
                  円支払
     振当処理)
                           長期借入金
                 変動受取・固定支払
                                        2,337        1,402      (注)
                  米ドル受取・ユー
                  ロ支払
                                        20,016        12,010
                             計
      (注)金利スワップの特例処理及び金利通貨スワップの一体処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と
        一体として処理されているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  73/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要(複数事業主制度を含む)
        当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、基金型確定給付企業年金制度、規約型確定給付企業年金制
       度及び退職一時金制度を設けております。その内、基金型確定給付企業年金制度については、平成18年10月1日付で
       年金給付利率を引き下げて擬似キャッシュバランス制度に変更しております。なお、従業員の退職等に際して、退職
       給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
        また、一部の在外連結子会社は、確定給付型制度のほか、確定拠出型制度を設けております。
      2.確定給付制度(複数事業主制度を含む)

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                 50,727百万円               57,337百万円
      勤務費用                                2,375               2,518
      利息費用                                  620               411
      数理計算上の差異の発生額                                5,236               △412
      退職給付の支払額                               △1,504               △1,416
      過去勤務費用の発生額                                   8             △107
      その他                                △125                 177
     退職給付債務の期末残高                                 57,337               58,508
      (注)一部の連結子会社は退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     年金資産の期首残高                                 51,302百万円               50,729百万円
      期待運用収益                                  645               362
      数理計算上の差異の発生額                               △1,475                  726
      事業主からの拠出額                                1,516               3,420
      退職給付の支払額                               △1,404               △1,335
      その他                                  145               184
     年金資産の期末残高                                 50,729               54,089
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                 56,579百万円               57,758百万円
     年金資産                                △50,729               △54,089
                                       5,849               3,669
     非積立型制度の退職給付債務                                   758               750
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  6,607               4,419
     退職給付に係る負債                                  6,607               4,419

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  6,607               4,419
      (注)簡便法を採用した制度を含めております。
                                  74/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     勤務費用(注)1、2                                  2,375百万円               2,518百万円
     利息費用                                   620               411
     期待運用収益                                  △645               △362
     数理計算上の差異の費用処理額                                  △365                 596
     過去勤務費用の費用処理額                                  △157               △159
     確定給付制度に係る退職給付費用                                  1,828               3,003
      (注)1.簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「勤務費用」に含めております。
         2.企業年金基金に対する従業員拠出額を控除しております。
       (5)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     過去勤務費用                                  △166百万円                △52百万円
     数理計算上の差異                                △7,076                 1,735
      合計                               △7,243                 1,683
       (6)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     未認識過去勤務費用                                   372百万円               319百万円
     未認識数理計算上の差異                                △3,927               △2,191
      合計                               △3,555               △1,871
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     債券                                    46%               43%
     株式                                    25               25
     現金及び預金                                     1               -
     生保一般勘定                                    14               18
     その他                                    14               14
      合計                                   100               100
      (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が、前連結会計年度において1%含まれており
         ます。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                  75/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項
         主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     割引率                             主として0.6~1.0%               主として0.6~1.0%
     長期期待運用収益率                             主として0.9~1.5%               主として0.6~1.0%
      3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度616百万円、当連結会計年度526百万円であり
       ます。
                                  76/103

















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
          繰延税金資産
           退職給付に係る否認額                           1,822百万円            1,215百万円
           未実現損益消去相当額                           1,259百万円            1,197百万円
           賞与引当金                           1,943百万円            2,200百万円
           研究開発費                           1,341百万円            1,367百万円
           減価償却超過額                            346百万円            346百万円
           たな卸資産                            540百万円            609百万円
           投資有価証券評価損                            150百万円            155百万円
           貸倒引当金                            71百万円            90百万円
           その他                           2,443百万円            2,182百万円
          繰延税金資産小計
                                      9,919百万円            9,365百万円
          評価性引当額                            △846百万円            △786百万円
          繰延税金資産合計
                                      9,073百万円            8,579百万円
          繰延税金負債
           無形固定資産                          △7,037百万円            △5,179百万円
           その他有価証券評価差額金                           △218百万円            △379百万円
           その他                          △1,396百万円            △1,248百万円
          繰延税金負債合計
                                     △8,652百万円            △6,808百万円
          繰延税金資産の純額
                                       420百万円           1,770百万円
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

          なった主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
          法定実効税率
                                      33.1%            30.8%
          (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.9%            2.6%
          受取配当金の益金不算入額                            △1.1%            △2.4%
          研究費等の法人税額特別控除                            △5.1%            △4.5%
          のれん償却額                             9.4%            7.3%
          海外との税率差異                            △2.3%            △1.5%
          評価性引当額の増減                             0.1%            1.5%
          税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                             3.3%            -%
          住民税均等割                             0.8%            0.9%
          その他                             3.1%           △1.3%
          税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                      43.2%            33.4%
                                  77/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)

         共通支配下の取引等
          当社は、平成29年2月28日付で、当社の完全子会社であるGlory                               Global    Solutions     Ltd.に対し当社の金銭債
         権を現物出資し、優先株式を引き受けております。
         1.取引の概要
         (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
           ①結合当事企業の名称 グローリー株式会社、Glory                         Global    Solutions     Ltd.
           ②事業の内容 グローリー株式会社                 : 通貨処理機器等の製造、販売及び保守
                  Glory   Global    Solutions     Ltd.   : 海外事業に関する戦略策定及び管理
         (2)企業結合日
            平成29年2月28日
         (3)企業結合の法的形式
            貸付金の現物出資による株式取得(デット・エクイティ・スワップ)
         (4)結合後企業の名称
            名称の変更はありません。
         (5)取引の目的を含む取引の概要
            当社は、Glory       Global    Solutions     Ltd.の財務体質の改善を目的とした同社の増資を、デット・エクイ
            ティ・スワップによる方法で引き受けております。
         2.実施した会計処理の概要
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結合会計基準及
          び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日公表分)に基づ
          き、共通支配下の取引として会計処理を行っております。
         3.子会社株式の追加取得に関する事項
          取得原価及びその内訳
          取得の対価(現物出資の対象となる債権の額面総額)   11,434百万円
          取得原価                       11,434百万円
                                  78/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営
          資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社グループは、製品・サービスについて、各市場毎に包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しておりま
          す。
           したがって、当社グループのセグメントは、市場別に構成されており、「金融市場」、「流通・交通市
          場」、「遊技市場」、「海外市場」の4つを報告セグメントとしております。
           各セグメントの概要は、以下のとおりです。
           「金融市場」……………国内の金融機関、OEM先等への販売・保守
           「流通・交通市場」……国内のスーパーマーケット、百貨店、警備輸送会社、鉄道会社、たばこメーカー、
                      病院、自治体、企業等への販売・保守
           「遊技市場」……………国内の遊技場(パチンコホール等)への販売・保守
           「海外市場」……………海外の金融機関、警備輸送会社、小売店、カジノ、OEM先等への販売・保守
         (報告セグメントの変更等に関する事項)

          当連結会計年度より、事業セグメントを見直したことに伴い、従来「その他」に含めていた当選金払出ユ
         ニットを「金融市場」に、たばこ販売機、診療費支払機、社員食堂システム及び自書式投票用紙分類機を「流
         通・交通市場」に区分変更しております。この変更により、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の報
         告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

          報告セグメントの利益は、営業利益の数値であります。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                         連結
                                          その他
                                               合計    調整額    財務諸表
                      流通・交通                    (注)1
                  金融市場         遊技市場     海外市場      計                  計上額
                        市場
     売上高
      外部顧客への売上高
                  51,819     45,531     21,506    105,595     224,453      2,498    226,952       -  226,952
      セグメント間の内部売上高
                     -     -     -     -     -     -     -     -     -
      又は振替高
           計
                  51,819     45,531     21,506    105,595     224,453      2,498    226,952       -  226,952
     セグメント利益 (注)2
                   6,773     3,764     1,112     9,224    20,874     △ 322   20,552       -   20,552
     セグメント資産 (注)3
                  36,924     35,126     20,975    158,425     251,452      2,166    253,619     68,053    321,672
     その他の項目
      減価償却費 (注)4
                   1,842     1,693     1,566     5,097    10,199      128   10,327       -   10,327
      のれんの償却額
                     -     -     -   5,053     5,053      -   5,053      -   5,053
      有形固定資産及び無形固定
                   2,031     1,902     1,433     4,033     9,400      175    9,576      -   9,576
      資産の増加額 (注)5
      (注)1.「その他」の区分は、上記の報告セグメントに属さない製品及び商品であります。
         2.営業費用につきましては、全てセグメントに直課または配賦しております。
         3.セグメント資産の調整額68,053百万円は、余資運用資金(現金及び預金)であります。
         4.減価償却費には、長期前払費用の償却額が含まれております。
         5.有形固定資産及び無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
                                  79/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                         連結
                                          その他
                                               合計    調整額    財務諸表
                      流通・交通                    (注)1
                  金融市場         遊技市場     海外市場      計                  計上額
                        市場
     売上高
      外部顧客への売上高
                  53,301     42,657     20,434    103,787     220,180      2,400    222,581       -  222,581
      セグメント間の内部売上高
                     -     -     -     -     -     -     -     -     -
      又は振替高
           計
                  53,301     42,657     20,434    103,787     220,180      2,400    222,581       -  222,581
     セグメント利益 (注)2
                   6,510     3,468      737    9,900    20,617     △ 251   20,365       -   20,365
     セグメント資産 (注)3
                  40,245     33,583     20,973    141,965     236,768      1,759    238,528     74,292    312,821
     その他の項目
      減価償却費 (注)4
                   1,862     1,472     1,402     4,620     9,359      110    9,469      -   9,469
      のれんの償却額
                     -     -     -   4,072     4,072      -   4,072      -   4,072
      有形固定資産及び無形固定
                   1,918     1,465     1,010     3,561     7,955      111    8,067      -   8,067
      資産の増加額 (注)5
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに属さない製品及び商品であります。
         2.営業費用につきましては、全てセグメントに直課または配賦しております。
         3.セグメント資産の調整額74,292百万円は、余資運用資金(現金及び預金)であります。
         4.減価償却費には、長期前払費用の償却額が含まれております。
         5.有形固定資産及び無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
         【関連情報】

          前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報                     (単位:百万円)
                     貨幣処理機及び         自動販売機及び         その他の商品  
                                                  計
                      貨幣端末機       自動サービス機器           及び製品
           外部顧客への売上高            172,606         36,321        18,024        226,952
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高                                   (単位:百万円)
             日本        アジア         米国       その他米州          欧州         計
            121,356         19,493        34,053         6,218        45,830        226,952
         (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         (2)有形固定資産                        (単位:百万円)

             日本        アジア         米州        欧州         計
             31,256         1,980        1,143        1,452        35,832
        3.主要な顧客ごとの情報

          特定の顧客への外部売上高が連結損益計算書の売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。
                                  80/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報                     (単位:百万円)
                     貨幣処理機及び         自動販売機及び         その他の商品  
                                                  計
                      貨幣端末機       自動サービス機器           及び製品
           外部顧客への売上高            170,236         32,974        19,370        222,581
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高                                   (単位:百万円)
             日本        アジア         米国       その他米州          欧州         計
            118,793         18,401        36,361         6,384        42,640        222,581
         (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         (2)有形固定資産                        (単位:百万円)

             日本        アジア         米州        欧州         計
             31,066         1,686        1,693        1,211        35,657
        3.主要な顧客ごとの情報

          特定の顧客への外部売上高が連結損益計算書の売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                         連結
                                            その他    合計    調整額    財務諸表
                         流通・交通
                     金融市場         遊技市場     海外市場      計
                                                         計上額
                          市場
            当期償却額
                       -     -     -   5,053     5,053      -  5,053      -   5,053
            当期末残高
                       -     -     -   63,796     63,796      -  63,796      -   63,796
          当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                         連結
                                            その他    合計    調整額    財務諸表
                         流通・交通
                     金融市場         遊技市場     海外市場      計
                                                         計上額
                          市場
            当期償却額
                       -     -     -   4,072     4,072      -  4,072      -   4,072
            当期末残高
                       -     -     -   51,573     51,573      -  51,573      -   51,573
                                  81/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
          前連結会計年度(自平成27年4月1日                    至平成28年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

           該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自    平成27年4月1日            (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)             至   平成29年3月31日)
      1株当たり純資産額                                2,966.22円                2,939.78円
      1株当たり当期純利益金額                                 134.38円                160.35円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.純資産の部において、自己株式として計上されている「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信
          託口」に残存する当社株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式に
          含めております(前連結会計年度202,000株、当連結会計年度208,950株)。
          また、1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており
          ます(前連結会計年度117,557株、当連結会計年度203,195株)。
        3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自    平成27年4月1日            (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)             至   平成29年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(百万円)                                 8,829               10,382

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                       8,829               10,382
      金額(百万円)
      期中平均株式数(株)                               65,703,764                64,752,945
                                  82/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                              当期首   残高     当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                              (百万円)        (百万円)         (%)
     短期借入金                           16,885        25,602         0.8      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            9,424        8,843         1.2      -

     1年以内に返済予定のリース債務                             950        949        -     -

     長期借入金                                                平成30年
                                 22,629        13,271         1.2
     (1年以内に返済予定のものを除く。)                                                ~平成31年
     リース債務                                                平成30年
                                 1,667        1,745         -
     (1年以内に返済予定のものを除く。)                                                ~平成37年
     その他有利子負債                             -        -        -     -
                合計                 51,556        50,412          -     -

      (注)1.平均利率については、加重平均利率で記載しておりますが、当該利率を算定する際の利率及び残高は期末の
           ものを使用しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
           分している為、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
           額は以下のとおりであります。
                           1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                            (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
            長期借入金                  8,843         4,427          -         -

            リース債務                   652         480         283         172

         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
                                  83/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     46,090          102,343          159,554          222,581
     税金等調整前四半期(当期)純
     利益金額又は税金等調整前四半                      △751          3,820          10,856          17,161
     期純損失金額(△)(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益金額又は親会社
                           △860          2,136          6,707          10,382
     株主に帰属する四半期純損失金
     額(△)(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
     益金額又は1株当たり四半期純                     △13.10           32.63          103.16          160.35
     損失金額(△)(円)
     (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額又
     は1株当たり四半期純損失金額                     △13.10           45.91          71.33          57.48
     (△)(円)
                                  84/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         35,691              36,770
         現金及び預金
                                         1,281              1,001
         受取手形
                                        ※1 40,130             ※1 39,144
         売掛金
                                           214              188
         リース投資資産
                                           500             3,000
         有価証券
                                         15,399              15,190
         商品及び製品
                                         5,111              7,164
         仕掛品
                                         4,285              4,102
         原材料及び貯蔵品
                                         4,431              5,017
         関係会社短期貸付金
                                           82              66
         前渡金
                                           77              119
         前払費用
                                         2,846              3,242
         繰延税金資産
                                        ※1 2,042             ※1 2,594
         その他
                                          △ 23             △ 21
         貸倒引当金
                                        112,072              117,581
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         10,403              10,060
          建物
                                           392              375
          構築物
                                         1,223              1,213
          機械及び装置
                                           30              21
          車両運搬具
                                         2,169              2,600
          工具、器具及び備品
                                         8,856              8,825
          土地
                                           17              52
          建設仮勘定
                                         23,093              23,149
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           14               8
          特許権
                                         3,217              2,914
          ソフトウエア
                                           67              53
          その他
                                         3,299              2,976
          無形固定資産合計
                                  85/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
         投資その他の資産
                                         7,332              8,793
          投資有価証券
                                         73,044              84,478
          関係会社株式
                                           579              579
          関係会社出資金
                                            ▶              5
          従業員に対する長期貸付金
                                         26,824              10,590
          関係会社長期貸付金
          長期前払費用                                 86              138
                                            0              2
          破産更生債権
                                           783              271
          繰延税金資産
                                         2,443              2,405
          その他
                                           △ ▶             △ 6
          貸倒引当金
                                        111,095              107,259
          投資その他の資産合計
                                        137,488              133,385
         固定資産合計
                                        249,560              250,967
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         4,969              6,151
         支払手形
                                        ※1 8,427             ※1 7,532
         買掛金
                                         16,885              25,602
         短期借入金
                                         9,424              8,843
         1年内返済予定の長期借入金
                                        ※1 3,797             ※1 4,521
         未払金
                                        ※1 1,234             ※1 1,268
         未払費用
                                         1,157              1,741
         未払法人税等
                                           877              974
         前受金
                                           163              231
         預り金
                                         4,044              3,791
         賞与引当金
                                           43              68
         役員賞与引当金
                                           67              52
         株式付与引当金
                                           111              528
         設備関係支払手形
                                            3              11
         その他
                                         51,209              61,319
         流動負債合計
       固定負債
                                         22,629              13,271
         長期借入金
                                         1,431              1,010
         退職給付引当金
                                           67              107
         株式付与引当金
                                           127               88
         その他
                                         24,255              14,477
         固定負債合計
                                         75,465              75,797
       負債合計
                                  86/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         12,892              12,892
         資本金
         資本剰余金
                                         20,629              20,629
          資本準備金
                                           322              344
          その他資本剰余金
                                         20,952              20,974
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         3,223              3,223
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         3,000              3,000
            配当準備積立金
                                         2,000              2,000
            試験研究基金
                                         86,500              86,500
            別途積立金
                                         51,463              57,865
            繰越利益剰余金
                                        146,186              152,588
          利益剰余金合計
                                        △ 6,141             △ 12,090
         自己株式
                                        173,889              174,366
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           204              804
         その他有価証券評価差額金
                                           204              804
         評価・換算差額等合計
                                        174,094              175,170
       純資産合計
                                        249,560              250,967
      負債純資産合計
                                  87/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       ※6 139,538             ※6 140,548
      売上高
                                       ※6 100,147             ※6 101,625
      売上原価
                                         39,391              38,922
      売上総利益
                                      ※1 , ※6 27,902           ※1 , ※6 28,131
      販売費及び一般管理費
                                         11,488              10,790
      営業利益
      営業外収益
                                        ※6 1,424             ※6 1,113
       受取利息
                                           55              37
       有価証券利息
                                        ※6 2,597             ※6 3,005
       受取配当金
                                         ※6 224             ※6 217
       受取賃貸料
                                         ※6 483             ※6 418
       その他
                                         4,785              4,793
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           606              530
       支払利息
                                          ※2 63             ※2 64
       賃貸原価
                                         1,419              1,819
       為替差損
                                         ※6 165             ※6 264
       その他
                                         2,255              2,678
       営業外費用合計
                                         14,018              12,905
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 9             ※3 7
       固定資産売却益
                                           282               17
       投資有価証券売却益
                                           292               24
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 136              ※4 0
       固定資産売却損
                                          ※5 76             ※5 68
       固定資産除却損
                                           -               9
       投資有価証券評価損
                                           510               -
       減損損失
                                           723               78
       特別損失合計
                                         13,587              12,851
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,827              2,733
                                           722             △ 148
      法人税等調整額
                                         3,550              2,585
      法人税等合計
                                         10,036              10,266
      当期純利益
                                  88/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                  利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                                        株主資
              資本金        その他    資本剰                       利益剰    自己株式
                 資本準            利益準                           本合計
                     資本剰    余金合                       余金合
                                 配当準            繰越利
                 備金            備金        試験研    別途積
                     余金    計        備積立            益剰余    計
                                     究基金    立金
                                 金            金
     当期首残高         12,892    20,629      -  20,629    3,223    3,000    2,000   86,500    45,176   139,899    △ 5,817   167,604
     当期変動額
      剰余金の配当
                           -                 △ 3,749   △ 3,749       △ 3,749
      当期純利益                     -                  10,036    10,036        10,036
      自己株式の取得                     -                       -   △ 722   △ 722
      自己株式の処分                 322    322                        -   398    720
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計          -    -   322    322    -    -    -    -   6,286    6,286    △ 324   6,285
     当期末残高         12,892    20,629     322   20,952    3,223    3,000    2,000   86,500    51,463   146,186    △ 6,141   173,889
             評価・換算差額等

             その他    評価・    純資産
             有価証    換算差    合計
             券評価    額等合
             差額金    計
     当期首残高         1,015    1,015   168,620
     当期変動額
      剰余金の配当
                   -  △ 3,749
      当期純利益             -  10,036
      自己株式の取得             -   △ 722
      自己株式の処分             -   720
      株主資本以外の
      項目の当期変動
              △ 811   △ 811   △ 811
      額(純額)
     当期変動額合計         △ 811   △ 811   5,473
     当期末残高          204    204  174,094
                                  89/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                     資本剰余金                  利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                                        株主資
              資本金        その他    資本剰                       利益剰    自己株式
                 資本準            利益準                           本合計
                     資本剰    余金合        配当準            繰越利    余金合
                 備金            備金        試験研    別途積
                     余金    計        備積立            益剰余    計
                                     究基金    立金
                                 金            金
     当期首残高
              12,892    20,629     322   20,952    3,223    3,000    2,000   86,500    51,463   146,186    △ 6,141   173,889
     当期変動額
      剰余金の配当                     -                 △ 3,863   △ 3,863       △ 3,863
      当期純利益                     -                  10,266    10,266        10,266
      自己株式の取得
                           -                       -  △ 6,082   △ 6,082
      自己株式の処分                 22    22                       -    133    155
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                -    -    22    22    -    -    -    -   6,402    6,402   △ 5,948     476
     当期末残高         12,892    20,629     344   20,974    3,223    3,000    2,000   86,500    57,865   152,588    △ 12,090   174,366
             評価・換算差額等

             その他    評価・    純資産
             有価証    換算差    合計
             券評価    額等合
             差額金    計
     当期首残高
               204    204  174,094
     当期変動額
      剰余金の配当             -  △ 3,863
      当期純利益             -  10,266
      自己株式の取得
                   -  △ 6,082
      自己株式の処分             -   155
      株主資本以外の
      項目の当期変動         599    599    599
      額(純額)
     当期変動額合計
               599    599   1,075
     当期末残高          804    804  175,170
                                  90/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)  有価証券
            満期保有目的の債券          ……………償却原価法(定額法)
            子会社株式及び関連会社株式              … 移動平均法による原価法
            その他有価証券        …………………       時価のあるもの
                           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法
                           により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
                          時価のないもの
                           移動平均法による原価法
          (2)  デリバティブ等
            デリバティブ       ……………………時価法
          (3)  たな卸資産
            製品、仕掛品       ……………………総平均法による原価法
                          (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
            商品、原材料、貯蔵品…………移動平均法による原価法
                          (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         2 .固定資産の減価償却の方法
          (1)  有形固定資産……………………定率法
                           ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)
                           ならびに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につ
                           いては定額法
                           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                               建物         3~50年
                               機械及び装置       7年
          (2)  無形固定資産……………………自社利用のソフトウェア
                           社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
                          その他
                           定額法
         3 . 引当金の計上基準
          (1)  貸倒引当金………………………債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等
                          を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回
                          収不能見込額を計上しております。
          (2)  賞与引当金………………………従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しておりま
                          す。
          (3)  役員賞与引当金…………………役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しておりま
                          す。
          (4)  退職給付引当金…………………従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び
                          年金資産の見込額に基づき計上しております。
                          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
                          数(15年)による定率法により費用処理しております。
                          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務
                          期間以内の一定の年数(15年)による定率法により按分した額を、それぞ
                          れ発生の翌事業年度から費用処理しております。
          (5)  株式付与引当金…………………株式交付規程に基づく当社取締役及び執行役員等への当社株式等の給付に
                          備えるため、当事業年度末における株式等の給付見込額に基づき計上して
                          おります。
         4 . 重要なヘッジ会計の方法
          (1)  ヘッジ会計の方法………………振当処理の要件を充たしている為替予約及び通貨スワップについては、振
                          当処理を採用しております。
                          また、特例処理の要件を充たす金利スワップについては特例処理を採用
                          しております。
          (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象………(ヘッジ手段)      (ヘッジ対象)
                           為替予約………………………外貨建金銭債権
                           通貨スワップ…………………外貨建借入金
                                  91/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
                           金利スワップ…………………借入金
          (3)  ヘッジ方針………………………将来の為替相場の変動による損失を回避する目的で、為替予約取引及び通
                          貨スワップ取引を行っております。また、将来の金利変動による損失を回
                          避する目的で、金利スワップ取引を行っております。
          (4)  ヘッジの有効性評価の方法……振当処理を行った為替予約及び通貨スワップ、特例処理を行った金利ス
                          ワップについては有効性の評価を省略しております。
         5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          (1)  退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財
           務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
          (2)  消費税等の会計処理
            税抜方式を採用しており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当事業年度の費用として処理しておりま
           す。
          (3)  連結納税制度の適用
            連結納税制度を適用しております。
         (会計方針の変更)

          (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
           法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実
          務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
          設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
           この変更に伴う当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益に与える影響は軽微であります。
         (追加情報)

          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を
          当事業年度から適用しております。
          (取締役向け株式報酬制度)

           取締役に信託を通じて当社株式を交付する取引に関する注記については、連結財務諸表「注記事項(追加
          情報)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略しております。
          (執行役員等向けインセンティブ・プラン)

           執行役員等に信託を通じて当社株式を交付する取引に関する注記については、連結財務諸表「注記事項
          (追加情報)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略しております。
                                  92/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
         ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
          短期金銭債権                            19,760百万円               22,047百万円
          短期金銭債務                            4,887百万円               5,686百万円
          2 保証債務

            従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し、次の保証を行っております。
                   前事業年度                          当事業年度
                 (平成28年3月31日)                          (平成29年3月31日)
                              32百万円                          27百万円
         (損益計算書関係)

         ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度43%、当事業年度43%、一般管理費に属する費用のお
           およその割合は前事業年度57%、当事業年度57%であります。
            販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
         販売諸費                             3,065   百万円             2,903   百万円
         荷造運送費                              700  百万円              752  百万円
         給与手当                             6,874   百万円             6,687   百万円
         賞与                             1,243   百万円             1,151   百万円
         賞与引当金繰入額                             1,749   百万円             1,536   百万円
         福利厚生費                              501  百万円              518  百万円
         役員賞与引当金繰入額                               43 百万円              68 百万円
         株式付与引当金繰入額                              135  百万円              104  百万円
         退職給付費用                              395  百万円              738  百万円
         減価償却費                             1,360   百万円             1,327   百万円
         賃借料                             2,516   百万円             2,524   百万円
         手数料                             3,392   百万円             3,520   百万円
         ※2 賃貸原価のうちには、次の減価償却費が含まれております。

                   前事業年度                          当事業年度
                (自 平成27年4月1日             &nbs