株式会社清水銀行 有価証券報告書 第142期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第142期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社清水銀行

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年6月23日

     【事業年度】                      第142期(自       平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

     【会社名】                      株式会社清水銀行

     【英訳名】                      THE SHIMIZU BANK,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      取締役頭取    豊島  勝一郎

     【本店の所在の場所】                      静岡県静岡市清水区富士見町2番1号

     【電話番号】                      054(353)5162

     【事務連絡者氏名】                      理事総合統括部長            田村 直之

     【最寄りの連絡場所】                      株式会社清水銀行 東京事務所

                          東京都中央区日本橋2丁目8番6号
     【電話番号】                      03(3246)1855

     【事務連絡者氏名】                      東京事務所長           後藤 純一

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社清水銀行 東京支店

                           (東京都中央区日本橋2丁目8番6号)

                                  1/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移
                        平成24年度       平成25年度       平成26年度       平成27年度       平成28年度
                        (自平成24年       (自平成25年       (自平成26年       (自平成27年       (自平成28年
                         4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
                        至平成25年       至平成26年       至平成27年       至平成28年       至平成29年
                         3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)
                          29,636       30,265       29,070       29,539       28,760
     連結経常収益              百万円
                           3,518       3,660       4,615       4,989       3,948
     連結経常利益              百万円
     親会社株主に帰属する
                           2,430       2,077       3,400       3,299       2,978
                   百万円
     当期純利益
                           5,868        668      7,463        372      1,684
     連結包括利益              百万円
                          74,432       74,250       80,717       80,528       81,659
     連結純資産額              百万円
                         1,488,023       1,494,830       1,591,910       1,483,918       1,590,062
     連結総資産額              百万円
                         7,571.05       7,552.19       8,329.77       8,302.98       8,408.00
     1株当たり純資産額               円
                          254.72       217.78       356.45       345.92       312.29
     1株当たり当期純利益金額               円
     潜在株式調整後1株当たり
                          226.98                     345.79       311.94
                    円                ―       ―
     当期純利益金額
                           4.85       4.82       4.99       5.33       5.04
     自己資本比率               %
                           3.49       2.88       4.47       4.15       3.73
     連結自己資本利益率               %
                           11.05       12.31        8.51       6.80       10.85
     連結株価収益率               倍
     営業活動による
                         △ 35,688       43,803       83,960      △ 124,395        87,442
                   百万円
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                          64,559      △ 11,601       △ 4,490       62,340       △ 1,690
                   百万円
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                           △ 749      3,249      △ 8,724       △ 647      △ 586
                   百万円
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                          86,319       121,765       192,500       129,797       214,968
                   百万円
     の期末残高
                           1,106       1,109       1,103       1,071       1,044
     従業員数
                    人
     〔外、平均臨時従業員数〕
                          〔 414  〕     〔 377  〕     〔 389  〕     〔 396  〕     〔 421  〕
     (注)1.当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2.  平成25年度及び平成26年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため、記載し
         ておりません。
        3.  自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権-期末非支配株主持分)を期末資産の部の合計で
         除して算出しております。
                                  2/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (2) 当行の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次            第138期       第139期       第140期       第141期       第142期
            決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月
                           24,905       25,520       24,459       24,650       23,632
     経常収益              百万円
                           3,238       3,505       4,464       4,662       3,472
     経常利益              百万円
                           1,824       1,999       2,527       3,210       2,697
     当期純利益              百万円
                           8,670       8,670       8,670       8,670       8,670
     資本金              百万円
                           9,600       9,600       9,600       9,600       9,600
     発行済株式総数               千株
                           71,060       70,974       77,161       77,857       78,289
     純資産額              百万円
                         1,482,692       1,487,974       1,584,920       1,477,336       1,581,427
     総資産額              百万円
                         1,350,435       1,382,325       1,404,405       1,353,887       1,373,814
     預金残高              百万円
                         1,017,400       1,036,413       1,050,470       1,070,463       1,073,777
     貸出金残高              百万円
                          285,174       301,501       318,442       254,296       253,973
     有価証券残高              百万円
                          7,448.37       7,440.33       8,089.85       8,161.97       8,205.68
     1株当たり純資産額               円
                    円        60       60       60       60       60
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間配当額)
                    (円)        ( 30 )     ( 30 )     ( 30 )     ( 30 )     ( 30 )
     1株当たり当期純利益金額               円      191.24       209.55       264.99       336.65       282.87
     潜在株式調整後
                           170.55                     336.53       282.55
                    円                ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
                            4.79       4.77       4.86       5.27       4.94
     自己資本比率               %
                            2.65       2.81       3.40       4.14       3.45
     自己資本利益率               %
                           14.72       12.79       11.45        6.99      11.98
     株価収益率               倍
                           31.37       28.63       22.64       17.82       21.21
     配当性向               %
                           1,007       1,002        999       974       951
     従業員数
                    人
     〔外、平均臨時従業員数〕
                           〔 327  〕    〔 284  〕    〔 291  〕    〔 294  〕    〔 314  〕
     (注)1.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2.  第142期(平成29年3月)中間配当についての取締役会決議は平成28年11月11日に行いました。
        3.  第139期(平成26年3月)及び第140期(平成27年3月)の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜
         在株式が存在しないため、記載しておりません。
        4.  自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権)を期末資産の部の合計で除して算出しておりま
         す。
                                  3/93










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       昭和3年7月1日           富士川銀行・由比銀行・江尻銀行・蒲原銀行・庚子銀行・岩淵銀行の6銀行
                  が合併し、駿州銀行を設立。
       昭和7年4月1日           旧清水銀行を合併。
       昭和23年5月1日           商号を株式会社清水銀行と改称。
       昭和36年4月1日           乙種外国為替公認銀行となる。
       昭和40年10月28日           清水総合保険株式会社を設立。
       昭和50年12月1日           清水総合リース株式会社を設立。
       昭和52年3月7日           総合オンライン稼動。
       昭和53年11月1日           清水信用保証株式会社を設立。(現・連結子会社)
       昭和56年12月10日           清水ビジネスサービス株式会社を設立。(現・連結子会社)
       昭和58年4月9日           国債等公共債の窓口販売を開始。
       昭和58年10月26日           当行株式、東京証券取引所市場第二部に上場。
       昭和61年6月1日           商品有価証券売買業務を開始。
       昭和61年7月15日           外国為替コルレス業務の許可を取得。
       昭和61年9月1日           当行株式、東京証券取引所市場第一部に指定替えとなる。
       昭和62年11月25日           国内発行コマーシャルぺーパーの取扱いを開始。
       平成元年4月1日           増資を実施し、資本金は86億7,000万円となる。
       平成元年6月15日           担保附社債に関する信託事業の免許を取得。
       平成元年7月1日           清水総合コンピュータサービス株式会社を設立。(現・連結子会社)
       平成元年9月12日           コルレス包括契約銀行の承認を受ける。
       平成2年10月22日           清水キャリエール株式会社を設立。
       平成3年12月24日           清水総合メンテナンス株式会社を設立。(現・連結子会社)
       平成6年1月6日           信託代理店業務を開始。
       平成10年12月1日           証券投資信託の窓口販売を開始。
       平成11年4月14日           清水ミリオンカード株式会社・清水ジェーシービーカード株式会社を設立。
       平成13年4月2日           損害保険の窓口販売を開始。
       平成14年1月15日           清水ミリオンカード株式会社、社名を清水カードサービス株式会社に変更。
       平成14年3月11日           清水総合保険株式会社、社名を株式会社清水地域経済研究センターに変更
                  し、業務内容も保険代理店業務から金融・経済の調査研究業務に変更。
                  (現・連結子会社)
       平成14年10月1日           生命保険の窓口販売を開始。
       平成15年3月3日           株式会社中部銀行からの営業の一部譲り受けを実施。
       平成16年12月1日           証券仲介業務を開始。
       平成17年5月6日           新勘定系システムPROBANK稼働。
       平成18年4月1日           清水キャリエール株式会社の商号を清水銀キャリアップ株式会社に変更。
                  (現・連結子会社)
       平成18年12月12日           第1回無担保転換社債型新株予約権付社債(劣後特約付)を発行。
       平成21年2月23日           本店を現在地に新築移転。
       平成22年1月1日           清水カードサービス株式会社と清水ジェーシービーカード株式会社は、清
                  水カードサービス株式会社を存続会社として合併。
       平成22年1月29日           第1回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)を発行。
       平成25年4月1日           清水カードサービス株式会社と清水総合リース株式会社は、清水カードサ
                  ービス株式会社を存続会社として合併し、存続会社の商号を清水リース&
                  カード株式会社に変更。(現・連結子会社)
       平成25年5月6日           勘定系システムをPROBANK-R2に移行。
       平成25年9月4日           第2回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)を発行。
       平成28年4月5日           清水みなとインターネット支店開店
       (平成29年3月末日現在、資本金86億7,050万円、国内本支店78、出張所1、連結子会社7)
                                  4/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社7社で構成され、銀行業務を中心にリース業務など金融サービスに
      係る事業を行っております。
      〔銀行業〕

       本店ほか支店77、出張所1において、預金業務、貸出金業務、内国為替業務、外国為替業務、商品有価証券売買業
      務、有価証券投資業務、投資信託販売業務、保険代理店業務、金融商品仲介業務等を行っております。
      〔リース業・クレジットカード業〕
       連結子会社の清水リース&カード株式会社において、リース業務及びクレジットカード業務を行っております。
      〔その他〕
       連結子会社において、信用保証業務等を行っております。
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  5/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                                           当行との関係内容

                             議決権の
                   資本金    主要な事業
                                  役員の
                             所有割合
        名称       住所
                                      資金             設備の
                   (百万円)      の内容
                                  兼任等        営業上の取引              業務提携
                              (%)
                                      援助             賃貸借
                                  (人)
     (連結子会社)
               静岡県
                                                  提出会社よ
     清水ビジネス                                    預金取引関係
                                    ▶
               静岡市       10   その他      100.0         ―           り建物の一        ―
                                    (2)
     サービス株式会社                                    業務委託関係
                                                  部を賃借
               清水区
     清水銀          静岡県
                                         預金取引関係
                                    ▶
     キャリアップ          静岡市       30   その他      100.0         ―             ―     ―
                                    (2)
                                         有料職業紹介
     株式会社          清水区
     清水総合          静岡県
                                                  提出会社よ
                                         預金取引関係
                                    ▶
     メンテナンス          静岡市       30   その他      100.0         ―           り建物の一        ―
                                    (2)
                                         業務委託関係
                                                  部を賃借
     株式会社          清水区
     株式会社          静岡県
                                         預金取引関係
                                    5
     清水地域経済          静岡市       12   その他      100.0         ―             ―     ―
                                    (2)
                                         業務委託関係
     研究センター          清水区
     清水          静岡県                          預金取引関係
                       リース業・
                                                  提出会社よ
                               61.3     8
     リース&カード          静岡市       60                  ―  金銭貸借関係         り不動産の        ―
                       クレジット
                              (45.3)     (2)
                                                  一部を賃借
                        カード業
     株式会社          清水区                          リース取引関係
                                         預金取引関係
               静岡県
     清水信用保証
                               95.0     6     ローン保証取引
               静岡市       50   その他               ―             ―     ―
                              (90.0)     (2)     関係
     株式会社
               清水区
                                         業務委託関係
     清水総合          静岡県
                                                  提出会社よ
                                         預金取引関係
                               55.0     7
     コンピュータ          静岡市       30   その他               ―           り建物の一        ―
                              (50.0)     (2)
                                         業務委託関係
                                                  部を賃借
     サービス株式会社          清水区
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         2.「議決権の所有割合」欄の(                 )内は、子会社による間接所有の割合(内書き)であります。
         3.「当行との関係内容」の「役員の兼任等」欄の(                          )内は、当行の役員(内書き)であります。
         4.清水リース&カード株式会社については経常収益(連結会社間の内部取引を除く)の連結経常収益に占め
          る割合が10%を超えております。ただし、当連結会計年度におけるセグメント情報(リース業・クレジット
          カード業)の経常収益に占める当該連結子会社の経常収益(セグメント間の内部経常収益又は振替高を含
          む。)の割合が90%を超えておりますので、主要な損益情報等の記載を省略しております。
     5 【従業員の状況】

      (1) 連結会社における従業員数
                                               平成29年3月31日現在
                              リース業・
       セグメントの名称              銀行業                     その他           合計
                            クレジットカード業
                      951           28          65         1,044
        従業員数(人)
                     〔314〕           〔9〕          〔98〕          〔421〕
      (注)   1.従業員数は、当行グループから当行グループ外への出向者を除き、当行グループ外から当行グループへの出
          向者を含む就業人員であります。
        2.従業員数は、当行グループ嘱託及び臨時従業員432人を含んでおりません。
        3.臨時従業員数は、〔  〕内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
      (2) 当行の従業員数

                                               平成29年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             951
                          39.3             15.8             6,234
            〔314〕
      (注)   1.従業員数は、当行から当行外への出向者を除き、当行外から当行への出向者を含む就業人員であります。
        2.当行の従業員はすべて銀行業のセグメントに属しております。
        3.従業員数は、執行役員4人を含み、嘱託及び臨時従業員321人を含んでおりません。
        4.臨時従業員数は、〔             〕内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
        5.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        6.当行の従業員組合は、清水銀行職員組合と称し、組合員数は731人であります。労使間においては特記すべ
         き事項はありません。
                                  6/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      [金融経済環境]
       当期中におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が進み、個人消費が底堅い動きとなったことに加え、好調な
      企業業績を背景に設備投資が回復するなど、総じて緩やかな回復基調で推移しました。一方、非製造業を中心に人手
      不足の影響が顕在化しており、人員確保が課題となっています。また、英国のEU離脱や米国の新政権発足などによ
      り、海外経済の先行きは不透明感の強い状況が継続しています。
       当行の主要営業基盤である静岡県経済につきましても、大企業・中堅企業の製造業を中心に生産性向上や研究開発
      関連の設備投資が増加するなど、緩やかな改善基調で推移しました。また、輸出につきましては、中国向けが堅調と
      なったほか、自動車・二輪車等を中心に欧州向けの輸出が増加するなど、世界経済の回復を背景に、下げ止まりを見
      せています。個人消費につきましては、雇用・所得環境が改善するなか、食料品や家電販売等が底堅く推移してお
      り、緩やかに持ち直しました。
       金融環境につきましては、日経平均株価は英国国民投票の結果を受け下落する局面もありましたが、その後は米国
      経済指標の持ち直しを受けて上昇に転じました。長期金利は期の前半にはマイナス圏で推移しましたが、日本銀行が
      新たに「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入し、0%近辺で推移しました。
      [経営成績]

       当行グループの経常収益は、資金運用収益の減少等により、前期比7億79百万円減少の287億60百万円となりまし
      た。経常費用は、その他業務費用の増加等により、前期比2億61百万円増加の248億11百万円となりました。この結
      果、経常利益は、前期比10億40百万円減少の39億48百万円となりました。
       セグメントについては、次のとおりであります。

      <銀行業>
       経常収益は、資金運用収益の減少等により、前期比10億17百万円減少の236億32百万円となりました。経常費用は、
      その他業務費用の増加等により、前期比1億72百万円増加の201億60百万円となりました。
       この結果、経常利益は、前期比11億90百万円減少の34億72百万円となりました。
      <リース業・クレジットカード業>
       経常収益は、リース料収入の増加等により、前期比2億60百万円増加の52億66百万円となりました。経常利益は、
      経常費用が増加したことにより、前期比83百万円減少の1億62百万円となりました。
      <その他>
       その他の事業は、信用保証業務等であります。経常収益は、前期比8百万円減少の11億85百万円、経常利益は、前
      期比2億33百万円増加の3億19百万円となりました。
      [財政状態]

       預金につきましては、地域に密着した営業基盤の拡充に努めました結果、前期末比197億円増加の1兆3,691億円と
      なりました。
       個人預かり資産につきましては、お客さまの多様化するニーズにお応えするなか、個人預金、個人年金保険等が増
      加した結果、前期末比219億円増加の1兆992億円となりました。
       貸出金につきましては、地域金融機関としてお客さまの資金需要に積極的にお応えした結果、前期末比25億円増加
      の1兆677億円となりました。
       有価証券につきましては、市場動向を注視しつつ、機動的な運用を行った結果、前期末比2億円減少の2,537億円と
      なりました。
                                  7/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      [キャッシュ・フローの状況]
       営業活動によるキャッシュ・フローは、譲渡性預金の増加等により、前期比2,118億38百万円増加の874億42百万円
      となりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の売却による収入の減少等により、前期比640億31百万円減少の△
      16億90百万円となりました。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、前期比61百万円増加の△5億86百万円となりました。
       これらの結果、「現金及び現金同等物」の当期末残高は、前期末比851億71百万円増加の2,149億68百万円となりま
      した。
      (1)  国内業務部門・国際業務部門別収支

        国内業務部門の資金運用収支は141億27百万円、役務取引等収支は35億88百万円、その他業務収支は3億51百万円
       となりました。
        また、国際業務部門の資金運用収支は14億92百万円、役務取引等収支は35百万円、その他業務収支は△5億61百
       万円となりました。
        この結果、全体の資金運用収支は156億20百万円、役務取引等収支は36億23百万円、その他業務収支は△2億9百
       万円となりました。
                           国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)           合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度             14,576        1,710          ―     16,286
     資金運用収支
                  当連結会計年度             14,127        1,492          ―     15,620
                  前連結会計年度             15,624        1,786        △62       17,348
      うち資金運用収益
                  当連結会計年度             14,780        1,687        △23       16,444
                  前連結会計年度              1,047         76       △62       1,061
      うち資金調達費用
                  当連結会計年度               653        194       △23        824
                  前連結会計年度              3,659         19        ―      3,678
     役務取引等収支
                  当連結会計年度              3,588         35        ―      3,623
                  前連結会計年度              8,399         31        ―      8,430
      うち役務取引等収益
                  当連結会計年度              8,608         46        ―      8,655
                  前連結会計年度              4,739         11        ―      4,751
      うち役務取引等費用
                  当連結会計年度              5,020         10        ―      5,031
                  前連結会計年度              1,775        △210          ―      1,565
     その他業務収支
                  当連結会計年度               351       △561          ―      △209
                  前連結会計年度              2,387         71        ―      2,459
      うちその他業務収益
                  当連結会計年度              1,600         222         ―      1,822
                  前連結会計年度               612        281         ―      894 
      うちその他業務費用
                  当連結会計年度              1,248         783         ―      2,032
      (注)   1.国内業務部門は国内店の円建取引、国際業務部門は国内店の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住
         者取引は国際業務部門に含めております。
        2.資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を控除し
         て表示しております。
        3.資金運用収益及び資金調達費用の相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の利息であり
         ます。
                                  8/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (2) 国内業務部門・国際業務部門別資金運用/調達の状況
        国内業務部門の資金運用勘定平均残高は1兆4,432億90百万円、利回りは1.02%、資金調達勘定平均残高は1兆
       4,258億21百万円、利回りは0.04%となりました。
        また、国際業務部門の資金運用勘定平均残高は709億26百万円、利回りは2.37%、資金調達勘定平均残高は710億
       11百万円、利回りは0.27%となりました。
        その結果、全体の資金運用勘定平均残高は1兆4,552億80百万円、利回りは1.13%、資金調達勘定平均残高は1兆
       4,378億97百万円、利回りは0.05%となりました。
       ①  国内業務部門

                               平均残高           利息          利回り

          種類            期別
                              金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                   前連結会計年度              1,452,236            15,624           1.07
     資金運用勘定
                   当連結会計年度              1,443,290            14,780           1.02
                   前連結会計年度              1,035,254            13,420           1.29
      うち貸出金
                   当連結会計年度              1,052,730            12,436           1.18
                   前連結会計年度                 289           2         0.73
      うち商品有価証券
                   当連結会計年度                 451           2         0.59
                   前連結会計年度               256,798           2,062           0.80
      うち有価証券
                   当連結会計年度               245,007           2,227           0.90
                   前連結会計年度                 136           0         0.10
      うちコールローン
                   当連結会計年度                 356          △0         △0.01
                   前連結会計年度               75,800            77         0.10
      うち預け金
                   当連結会計年度               85,808            84         0.09
                   前連結会計年度              1,414,981            1,047           0.07
     資金調達勘定
                   当連結会計年度              1,425,821             653          0.04
                   前連結会計年度              1,338,994             845          0.06
      うち預金
                   当連結会計年度              1,331,858             491          0.03
                   前連結会計年度               41,951            43         0.10
      うち譲渡性預金
                   当連結会計年度               48,658             ▶         0.00
                   前連結会計年度                 ―            ―          ―
      うちコールマネー
                   当連結会計年度                  ―          ―          ―
                   前連結会計年度               24,395            68         0.27
      うち借用金
                   当連結会計年度               35,260            52         0.14
      (注)   1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
         の残高に基づく平均残高を利用しております。
        2.資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度9億72百万円、当連結会計年度278億12百万
         円)を、資金調達勘定は、金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度12億円、当連結会計年度11億84
         百万円)及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しており
         ます。
                                  9/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ②  国際業務部門
                               平均残高           利息          利回り

          種類            期別
                              金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                   前連結会計年度               87,165           1,786           2.04
     資金運用勘定
                   当連結会計年度               70,926           1,687           2.37
                   前連結会計年度                 482           6         1.42

      うち貸出金
                   当連結会計年度                 397           8         2.22
                   前連結会計年度                  ―          ―          ―

      うち商品有価証券
                   当連結会計年度                  ―          ―          ―
                   前連結会計年度               84,391           1,777           2.10
      うち有価証券
                   当連結会計年度               69,357           1,675           2.41
                   前連結会計年度                 52           1         2.16
      うちコールローン
                   当連結会計年度                 143           2         1.63
                   前連結会計年度                  3          0         0.01

      うち預け金
                   当連結会計年度                  3          0         0.00
                   前連結会計年度               87,253            76         0.08
     資金調達勘定
                   当連結会計年度               71,011            194          0.27
                   前連結会計年度                1,486            0         0.03
      うち預金
                   当連結会計年度                1,684            3         0.19
                   前連結会計年度                  ―          ―          ―
      うち譲渡性預金
                   当連結会計年度                  ―          ―          ―
                   前連結会計年度                1,800            10         0.60

      うちコールマネー
                   当連結会計年度               10,382            162          1.56
                   前連結会計年度                  ―          ―          ―
      うち借用金
                   当連結会計年度                  ―          ―          ―
      (注)   1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
         の残高に基づく平均残高を利用しております。
        2.資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度3百万円、当連結会計年度3百万円)を控除し
         て表示しております。
        3.国際業務部門の外貨建取引の平均残高は、月次カレント方式(前月末TT仲値を当該月のノンエクスチェン
         ジ取引に適用する方式)により算出しております。
                                 10/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ③  合計
                           平均残高(百万円)                 利息(百万円)

                                                       利回り
                              相殺                相殺
         種類         期別
                                                        (%)
                         小計     消去額      合計     小計     消去額      合計
                              (△)                (△)
               前連結会計年度        1,539,401      △83,956     1,455,444       17,410      △62    17,348    1.19
     資金運用勘定
               当連結会計年度        1,514,216      △58,935     1,455,280       16,468      △23    16,444    1.13
               前連結会計年度        1,035,737         ― 1,035,737       13,426        ―   13,426    1.29

      うち貸出金
               当連結会計年度        1,053,127         ― 1,053,127       12,445        ―   12,445    1.18
               前連結会計年度           289      ―    289      2     ―     2  0.73

      うち商品有価証券
               当連結会計年度           451      ―    451      2     ―     2  0.59
               前連結会計年度         341,190        ―  341,190      3,840       ―   3,840    1.12
      うち有価証券
               当連結会計年度         314,365        ―  314,365      3,902       ―   3,902    1.24
               前連結会計年度           188      ―    188      1     ―     1  0.67
      うちコールローン
               当連結会計年度           499      ―    499      2     ―     2  0.45
               前連結会計年度         75,803        ―   75,803       77      ―     77  0.10

      うち預け金
               当連結会計年度         85,811        ―   85,811       84      ―     84  0.09
               前連結会計年度        1,502,234      △83,956     1,418,278       1,123      △62     1,061    0.07

     資金調達勘定
               当連結会計年度        1,496,833      △58,935     1,437,897        847     △23      824   0.05
               前連結会計年度        1,340,481         ― 1,340,481        846      ―    846   0.06
      うち預金
               当連結会計年度        1,333,543         ― 1,333,543        494      ―    494   0.03
               前連結会計年度         41,951        ―   41,951       43      ―     43  0.10
      うち譲渡性預金
               当連結会計年度         48,658        ―   48,658        ▶     ―     ▶  0.00
               前連結会計年度          1,800       ―   1,800       10      ―     10  0.60

      うちコールマネー
               当連結会計年度         10,382        ―   10,382       162      ―    162   1.56
               前連結会計年度         24,395        ―   24,395       68      ―     68  0.27

      うち借用金
               当連結会計年度         35,260        ―   35,260       52      ―     52  0.14
      (注) 1.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息であります。
        2.資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度9億75百万円、当連結会計年度278億16百万
         円)を、資金調達勘定は、金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度12億円、当連結会計年度11億84
         百万円)及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しており
         ます。
                                 11/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (3) 国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
       国内業務部門の役務取引等収益は86億8百万円、役務取引等費用は50億20百万円となりました。
       また、国際業務部門の役務取引等収益は46百万円、役務取引等費用は10百万円となりました。
       この結果、全体の役務取引等収益は86億55百万円、役務取引等費用は50億31百万円となりました。
                             国内業務部門           国際業務部門             合計

         種類           期別
                             金額(百万円)           金額(百万円)           金額(百万円)
                  前連結会計年度                8,399            31         8,430
     役務取引等収益
                  当連結会計年度                8,608            46         8,655
                  前連結会計年度                 487            ―          487
      うち預金・
      貸出業務
                  当連結会計年度                 544            ―          544
                  前連結会計年度                 982           31         1,013
      うち為替業務
                  当連結会計年度                 968           46         1,014
                  前連結会計年度                1,079             ―         1,079
      うち証券関連業務
                  当連結会計年度                 925            ―          925
                  前連結会計年度                 495            ―          495
      うち代理業務
                  当連結会計年度                 503            ―          503
                  前連結会計年度                  79           ―          79
      うち保護預り・
      貸金庫業務
                  当連結会計年度                  79           ―          79
                  前連結会計年度                 334            ―          334
      うち保証業務
                  当連結会計年度                 341            ―          341
                  前連結会計年度                3,563             ―         3,563
      うちリース業務
                  当連結会計年度                3,630             ―         3,630
                  前連結会計年度                4,739            11         4,751
     役務取引等費用
                  当連結会計年度                5,020            10         5,031
                  前連結会計年度                 161           11          173
      うち為替業務
                  当連結会計年度                 160           10          171
      (注)      国内業務部門は国内店の円建取引、国際業務部門は国内店の外貨建取引から各々発生した役務取引でありま
        す。ただし、円建対非居住者取引から発生した役務取引は国際業務部門に含めております。
      (4) 国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況

       ○  預金の種類別残高(末残)
                              国内業務部門          国際業務部門            合計

          種類            期別
                              金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                   前連結会計年度              1,347,881            1,508        1,349,389
     預金合計
                   当連結会計年度              1,367,745            1,437        1,369,182
                   前連結会計年度               512,020             ―       512,020
      うち流動性預金
                   当連結会計年度               558,493             ―       558,493
                   前連結会計年度               820,039             ―       820,039
      うち定期性預金
                   当連結会計年度               791,748             ―       791,748
                   前連結会計年度               15,821           1,508          17,329
      うちその他
                   当連結会計年度               17,503           1,437          18,940
                   前連結会計年度                5,000            ―        5,000
     譲渡性預金
                   当連結会計年度               59,710             ―       59,710
                   前連結会計年度              1,352,881            1,508        1,354,389
     総合計
                   当連結会計年度              1,427,455            1,437        1,428,892
      (注)   1.国内業務部門は国内店の円建取引、国際業務部門は国内店の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住
         者取引は国際業務部門に含めております。
        2.流動性預金には、当座預金、普通預金、貯蓄預金、通知預金を、定期性預金には、定期預金、定期積金を記
         載しております。
                                 12/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (5) 貸出金残高の状況
       〇 業種別貸出状況(末残・構成比)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

            業種別
                        金  額(百万円)          構成比(%)        金  額(百万円)          構成比(%)
     国内
                            1,065,150         100.00         1,067,716         100.00
     (除く特別国際金融取引勘定分)
       製造業                        177,319        16.65          174,860        16.38
       農業、林業                          864       0.08           911       0.09
       漁業                          538       0.05           551       0.05
       鉱業、採石業、砂利採取業                          349       0.03           210       0.02
       建設業                        51,004        4.79          53,420        5.00
       電気・ガス・熱供給・水道業                        13,700        1.29          13,007        1.22
       情報通信業                         5,488        0.51          5,484        0.51
       運輸業、郵便業                        48,013        4.51          46,458        4.35
       卸売業、小売業                        113,809        10.68          112,032        10.49
       金融業、保険業                        35,555        3.34          37,713        3.53
       不動産業、物品賃貸業                        229,299        21.53          232,347        21.76
       各種サービス業                        104,007         9.76         103,747         9.72
       地方公共団体                        78,576        7.38          75,604        7.08
       その他                        206,622        19.40          211,365        19.80
     特別国際金融取引勘定分                           ―       ―           ―       ―
       政府等                           ―       ―           ―       ―
       金融機関                           ―       ―           ―       ―
       その他                           ―       ―           ―       ―
            合計               1,065,150           ―       1,067,716           ―
      (注)  国内とは、当行及び連結子会社であります。
      (6) 国内業務部門・国際業務部門別有価証券の状況

       ○   有価証券残高(末残)
                              国内業務部門          国際業務部門            合計

          種類            期別
                              金額(百万円)          金額(百万円)          金額(百万円)
                   前連結会計年度               67,287             ―       67,287
     国債
                   当連結会計年度               65,425             ―       65,425
                   前連結会計年度               35,444             ―       35,444
     地方債
                   当連結会計年度               22,377             ―       22,377
                   前連結会計年度               63,864             ―       63,864
     社債
                   当連結会計年度               62,395             ―       62,395
                   前連結会計年度               18,130             ―       18,130
     株式
                   当連結会計年度               21,011             ―       21,011
                   前連結会計年度               6,119          63,138          69,257
     その他の証券
                   当連結会計年度               17,685          64,808          82,493
                   前連結会計年度              190,845           63,138          253,983
     合計
                   当連結会計年度              188,895           64,808          253,703
      (注)   1.国内業務部門は国内店の円建取引、国際業務部門は国内店の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住
         者取引は国際業務部門に含めております。
        2.「その他の証券」には、外国債券を含んでおります。
                                 13/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (自己資本比率の状況)
     (参考)
      自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適
     当であるかどうかを判断するための基準(平成18年金融庁告示第19号。以下、「告示」という。)に定められた算式に
     基づき、連結ベースと単体ベースの双方について算出しております。
      なお、当行は、国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては標準的手法、オペレーショナル・リ
     スク相当額に係る額の算出においては基礎的手法を採用しております。
      連結自己資本比率(国内基準)

                                    (単位:億円、%)
                               平成29年3月31日
     1.連結自己資本比率(2/3)                             10.60
     2.連結における自己資本の額                               888
     3.リスク・アセットの額                             8,379
     4.連結総所要自己資本額                               335
      単体自己資本比率(国内基準)

                                    (単位:億円、%)
                               平成29年3月31日
     1.自己資本比率(2/3)                             10.30
     2.単体における自己資本の額                               852
     3.リスク・アセットの額                             8,271
     4.単体総所要自己資本額                               330
     (資産の査定)

     (参考)
      資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第132号)第6条に基づき、当行の貸
     借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているも
     のであって、当該社債の発行が金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募による
     ものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並
     びに貸借対照表に注記することとされている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借
     契約によるものに限る。)について債務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものでありま
     す。
      なお、区分対象となる社債のうち、「その他有価証券」目的で保有しているものは、時価(貸借対照表計上額)で区
     分されております。
     1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

       破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により
      経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
     2.危険債権

       危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権
      の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
     3.要管理債権

       要管理債権とは、3ヵ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
     4.正常債権

       正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外
      のものに区分される債権をいう。
      資産の査定の額

                                 平成28年3月31日              平成29年3月31日
               債権の区分
                                   金額(億円)              金額(億円)
     破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                      80              62
     危険債権                                     154              133
     要管理債権                                      32              29
     正常債権                                   10,474              10,549
                                 14/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     2 【生産、受注及び販売の状況】
       「生産、受注及び販売の状況」は、銀行業における業務の特殊性のため、該当する情報がないので記載しておりま
      せん。
     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      1.経営の基本方針
        当行は、地域金融機関として地域経済活性化への貢献を第一義としており、「社会的公共性を重んじ健全経営を
       すすめる」「お客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる」「人間関係を尊重し働きがいある職場をつくる」
       という経営理念のもと、地域経済やお客さまとの深度あるリレーションを基にした、地域のお客さまの更なる発展
       のための付加価値の高い金融サービスを通して、安定的な収益の確保と強固な財務基盤を確立し、企業価値の向上
       を図ります。
        また、株主の皆さまやお取引の皆さまに対する適時適切な情報開示や企業説明会を通じて、当行の経営内容に対
       する理解を深めていただくとともに、適切な経営管理のもと、法令等遵守、お客さま保護の徹底及びリスク管理態
       勢の強化を図り、自己責任原則に基づいた経営を行っております。
      2.中長期的な経営戦略

        平成28年4月より、期間4年間の第26次中期経営計画「ADVANCE                              AS  ONE  ~地域・お客さまとともに、持続的成長
       を実現するために~」をスタートさせました。地域・お客さまとともに前進すると同時に、当行グループ全員が一
       体となり、この地で存在意義を発揮してまいります。
        1つ目に「金融仲介機能の向上」として、法人のお客さまのニーズに対し最適なサービス、ソリューションを提
       供するとともに、個人戦略を強化し、お客さまが真に求める商品・サービスを市場に提供してまいります。2つ目
       に「生産性の向上」として、従来の慣習に囚われず、業務の見直し、改善を進め、経費削減等、コストマネジメン
       ト力を強化することで、積極的な投資とローコスト運営を実現し、組織としての生産性を向上させてまいります。
       3つ目に「経営基盤の確立」として、ガバナンス・リスク管理態勢の強化、コンプライアンスの徹底に努め、IR等
       による積極的な情報開示を実践してまいります。また、金融仲介機能の向上を実現するための最適な店舗配置、本
       部機構改革を進め、強固な経営基盤を確立してまいります。最後に「人財活力の向上」として、行員一人ひとりの
       能力を更にレベルアップさせ、実践的な研修の充実や能力を最大限に引き出すキャリアパスによる活躍機会の拡大
       を実現してまいります。
        地域金融機関として、強固な経営基盤の確立を図るとともに、多様化するお客さまのニーズにお応えすること
       で、地域にとってなくてはならない銀行を目指してまいります。
      3.目標とする経営指標

        第26次中期経営計画「ADVANCE               AS  ONE~地域・お客さまとともに、持続的成長を実現するために~」では、平成
       32年3月期に達成すべき指標を以下の通りに定めております。
        [コア業務純益 40億円以上]

        ・持続的な成長には、外部環境の変化や顧客ニーズの多様化に対応するための積極的な投資が必要であり、その
         ための水準として「コア業務純益40億円以上」としております。
        [コアOHR 70%台]
        ・コア業務純益40億円達成には、経費率の低下は必須であり、トップライン向上施策と両輪で、生産性の向上及
         び経費削減に取り組んでまいります。
        [中小企業等向け貸出残高 8,800億円以上]
        ・中小企業等向け貸出は、当行が従来からコア業務として取り組んできており、今後も県内を中心に増強してま
         いります。
        [個人預金残高 1兆円以上]
        ・インターネット支店の開設やクレジット一体型キャッシュカードの発売等、個人顧客基盤の拡大を目指しま
         す。人口減少が予想される中においても、顧客の利便性を向上させ、個人預金を獲得し、調達コストを抑えた
         安定的な資金調達を実現してまいります。
                             第142期実績             第145期目標

                            (平成29年3月期)             (平成32年3月期)
           コア業務純益                    19億円            40億円以上
           コアOHR                    88.6%             70%台
           中小企業等向け貸出金残高                   8,336億円            8,800億円以上
           個人預金残高                   9,278億円             1兆円以上
                                 15/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      4.対処すべき課題
        当行は、地域金融機関として、お客さまとのリレーションを深め、最適な金融サービスを提供することで、地域
       における存在感を高めてまいりました。しかしながら、人口減少、少子高齢化の進展、企業の海外進出等に加え、
       マイナス金利政策の継続等、社会構造と金融環境が変化する中で金融機関に求められる役割も多様化・高度化し、
       環境は一段と厳しさが増すことが予想されます。
        このような認識のもと、当行では、現在取り組んでおります第26次中期経営計画において、地域金融機関として
       の原点に立ち返り、様々な施策に取り組んでおります。お客さまとの信頼関係をさらに強固なものとし、お客さま
       のニーズを汲み上げ、商品として具現化するとともに、お客さま一人ひとりにきめ細やかなサービスを提供するこ
       とで、地域とともに持続的な成長を実現いたします。
        また、金融機関としての社会的責任を十分に認識し、強固なコンプライアンス態勢を構築するとともに、企業価
       値向上に向けたガバナンスの強化を図ってまいります。
     4  【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当行グループ(当行及び連結
      子会社。以下、本項目においては「当行」という。)が判断したものであります。
     1.自己資本比率に関するリスク

       当行は、海外営業拠点を有しておりませんので、連結自己資本比率及び単体自己資本比率を「告示」に定められて
      いる国内基準(4%)以上に維持する必要があります。
       当行の自己資本比率は、現在この基準を大幅に上回っておりますが、貸出先の信用力の変動に伴う与信関係費用の
      増減、保有する有価証券の価値変動に伴う減損額の計上、貸出金や有価証券等の増減、繰延税金資産計上額の制限な
      どにより、自己資本比率に影響を及ぼす可能性があります。
     2.繰延税金資産に関するリスク

       当行は、現時点の会計基準に基づき、将来実現すると見込まれる税金費用の減少を繰延税金資産として計上してお
      ります。繰延税金資産の計算は、将来の課税所得予想を含む様々な仮定に基づいて行っており、実際の結果と異なる
      可能性があります。
       今後、繰延税金資産の一部又は全部の回収が出来ないと判断した場合、会計基準等が変更された場合、繰延税金資
      産が減額され、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     3.信用リスク

     (1)不良債権
       当行の不良債権は、国内景気や地域経済の動向、あるいは不動産価格・株価の変動、並びに融資先の経営状況の変
      化などによって増加する可能性があります。その結果、与信関係費用が増加し、業績に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
     (2)貸倒引当金の状況
       当行は、融資先の信用状態、担保の価値・保証の状況並びに貸出金の過去の貸倒実績率に基づき、貸倒引当金を計
      上しておりますが、経済動向によっては実際の貸倒れが当該見積りと乖離することがあり、計上した貸倒引当金の積
      み増しが必要となる可能性があります。
     (3)権利行使の困難性
       当行が、担保設定された不動産や有価証券などの資産を売却して資金回収する場合、不動産市場や有価証券市場の
      相場変動などにより、即時行使できない可能性があります。
     4.市場リスク

       当行は、市場性のある有価証券を保有しています。金利、株価及び為替の動向による急激な価格変動で、保有有価
      証券に評価損が発生し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     5.流動性リスク

       当行の資金の運用と調達における期間のミスマッチや予期せぬ資金の流出により、必要な資金の確保が困難となる
      場合や、市場の混乱により通常よりも不利な条件での取引を余儀なくされる可能性があります。
                                 16/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     6.事務・システムリスク
       当行の役職員が正規の事務処理を怠る、あるいは不正を行うことで事故が発生した場合、事後処理及び原状回復、
      損害補填費用等の発生により、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       コンピュータシステムの事故・故障の発生、不正使用やコンピュータ犯罪等による情報の破壊や流出、決済機能を
      はじめとしたサービスの停止で社会的信用の失墜や不測の損失を被る可能性があります。
     7.法務リスク

       当行は、様々な規則・法令等を遵守した上で業務を遂行しており、コンプライアンスを経営の最重要課題としてそ
      の徹底に努めております。これらが不十分な場合、あるいは将来における法律、規則、実務慣行、解釈、財政及びそ
      の他の政策等が変更された場合には、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     8.その他のリスク

     (1)格付低下リスク
       格付機関が当行の格付を引き下げた場合、当行の資本・資金調達等において、不利な条件での取引を余儀なくされ
      たり、取引が制約される可能性があります。このような事態が生じた場合、資本・資金調達費用が増加したり、資金
      調達そのものが困難になる等、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)情報資産に関するリスク
       当行の顧客情報などの漏洩、紛失、不正使用などが発生した場合、社会的信用が失墜し不測の損失を被る可能性が
      あります。
     (3)風評リスク
       当行に対する悪評、信用不安に繋がる噂などが広がった場合、風評の内容、対処法によっては不測の事態が発生
      し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)年金債務
       当行の年金資産等の時価が下落した場合、当行の年金資産の運用利回りが低下した場合、予定給付債務を計算する
      前提となる保険数理上の前提・仮定に変更があった場合、年金制度の変更により未認識の過去勤務費用が発生した場
      合、金利環境の変動その他の要因などが生じた場合、年金の未積立債務及び年間積立額に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (5)固定資産の減損会計
       当行は、固定資産を保有しており、現時点の会計基準に基づき、固定資産の減損を行っております。保有している
      固定資産の価格が大幅に下落した場合、固定資産の減損会計基準等が変更された場合、減損損失の計上を余儀なくさ
      れ、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)災害等に関するリスク
       大規模な災害、感染症の流行等が発生した場合は、当行の営業インフラ被害を受ける可能性があります。当行の営
      業地域は予想される東海地震の想定震源域上に点在しており、大規模地震の発生等により、社会的ライフラインが被
      害を被れば、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)競争に伴うリスク
       近年の金融制度は大幅な規制緩和が進められており、金融業界は競争が激化しております。規制緩和による業務範
      囲の拡大で従来想定していないリスクに晒されたり、他業種、他業態を交えた競争において、当行が競争優位を得ら
      れない場合は、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)地域の経済動向に関するリスク
       当行は、静岡県を主たる営業基盤としており、静岡県の景気動向及び各産業の動向が貸出金の増減や信用リスクに
      影響を及ぼした場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)劣後債務の借り換えに関するリスク
       当行は、劣後債務による資金調達を行っております。一定の要件を満たす劣後債務は、自己資本比率算定において
      自己資本の額に算入することができます。劣後債務の自己資本算入期限到来に際し、自己資本の額に算入可能な資本
      調達が出来ない場合、自己資本比率に影響を及ぼす可能性があります。
     5 【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
     6 【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 17/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       当連結会計年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
      (1)経営成績の分析
       ①主な収支
        連結粗利益は、前期比24億96百万円減少の190億34百万円となりました。経費は、前期比2億50百万円減少の162
       億8百万円となりました。
        有価証券関連費用の増加により、連結業務純益は前期比23億69百万円減少の28億96百万円となりました。
                          前連結会計年度           当連結会計年度           比較(百万円)
                         (百万円)(A)           (百万円)(B)           (B)-(A)
        連結粗利益                       21,530           19,034          △2,496
            資金利益                       16,286           15,620           △666
            役務取引等利益                        3,678           3,623           △55
            その他業務利益                        1,565           △209          △1,774
        経費(除く臨時処理分)                       16,459           16,208           △250
        連結業務純益                        5,265           2,896          △2,369
       ②与信関係費用

        与信関係費用は、一般貸倒引当金繰入額が前期比1億23百万円増加の△70百万円、個別貸倒引当金繰入額が前期
       比9億19百万円減少の2億18百万円となり、与信関係費用総額は前期比10億51百万円減少の2億17百万円となりま
       した。
                          前連結会計年度           当連結会計年度           比較(百万円)
                         (百万円)(A)           (百万円)(B)           (B)-(A)
        与信関係費用総額                       1,268            217         △1,051
          貸出金償却
                                 65           ―         △65
          個別貸倒引当金繰入額
                                1,138            218          △919
            一般貸倒引当金繰入額                       △194           △70           123
            債権売却損                         △1          △53           △51
            その他                         261           122          △138
       ③株式等関係損益

        株式等関係損益は、前期比4億5百万円増加の12億74百万円となりました。
                          前連結会計年度           当連結会計年度           比較(百万円)
                          (百万円)(A)          (百万円)(B)           (B)-(A)
        株式等関係損益                         869          1,274            405
            株式等売却益                         929          1,433            503
            株式等売却損                         59           64           5
            株式等償却                          ―          93           93
      (2)財政状態の分析

        ①貸出金
        貸出金は、前期末比25億65百万円増加の1兆677億16百万円となりました。
                              前連結会計年度         当連結会計年度         比較(百万円)
                              (百万円)(A)         (百万円)(B)          (B)-(A)
        貸出金(末残)                         1,065,150         1,067,716           2,565
                                 18/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
         <参考>リスク管理債権の状況
                              前連結会計年度         当連結会計年度         比較(百万円)
                              (百万円)(A)         (百万円)(B)          (B)-(A)
                 破綻先債権額                  2,322         2,132         △189
                 延滞債権額                 21,755         17,903         △3,852
        リスク管理債権         3ヵ月以上延滞債権額                   304         339          35
                 貸出条件緩和債権額                  2,947         2,568         △379
                 合計                 27,329         22,943         △4,385
                              前連結会計年度         当連結会計年度          比較(%)

                               (%)(A)         (%)(B)         (B)-(A)
                 破綻先債権額                  0.21         0.19        △0.02
                 延滞債権額                  2.04         1.67        △0.37
        貸出金残高比率         3ヵ月以上延滞債権額                  0.02         0.03         0.01
                 貸出条件緩和債権額                  0.27         0.24        △0.03
                 合計                  2.56         2.14        △0.42
        ②預金

        預金は、前期末比197億93百万円増加の1兆3,691億82百万円となりました。
                              前連結会計年度         当連結会計年度          比較(百万円)
                              (百万円)(A)         (百万円)(B)          (B)-(A)
        預金                         1,349,389         1,369,182           19,793
          うち個人預金                          909,158         927,807          18,649
        譲渡性預金                           5,000         59,710         54,710
        ③有価証券

        有価証券は、前期末比2億79百万円減少の2,537億3百万円となりました。
                              前連結会計年度         当連結会計年度         比較(百万円)
                              (百万円)(A)         (百万円)(B)          (B)-(A)
        有価証券                          253,983         253,703          △279
            国債                          67,287         65,425         △1,861
            地方債                          35,444         22,377        △13,066
            社債                          63,864         62,395         △1,468
            株式                          18,130         21,011          2,881
            その他証券                          69,257         82,493         13,235
      (3)キャッシュ・フローの状況の分析

        営業活動によるキャッシュ・フローは、譲渡性預金の増加等により、前期比2,118億38百万円増加の874億42百万
       円となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の売却による収入の減少等により、前期比640億31百万円減少の
       △16億90百万円となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、前期比61百万円増加の△5億86百万円となりました。これらの結果「現
       金及び現金同等物」の当期末残高は、前期末比851億71百万円増加の2,149億68百万円となりました。
                              前連結会計年度         当連結会計年度          比較(百万円)
                              (百万円)(A)         (百万円)(B)          (B)-(A)
        営業活動によるキャッシュ・フロー                         △124,395           87,442         211,838
          うち譲渡性預金の純増減(△)                         △63,215          54,710         117,925
         うち預金の純増減(△)
                                  △50,349          19,793         70,142
        投資活動によるキャッシュ・フロー                          62,340         △1,690         △64,031
          うち有価証券の取得による支出                         △320,066         △274,114           45,952
          うち有価証券の売却による収入                          332,100         244,457         △87,642
        財務活動によるキャッシュ・フロー                           △647         △586           61
        現金及び現金同等物の期末残高                          129,797         214,968          85,171
                                 19/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当行及び連結子会社は、顧客利便性の向上及び事務効率化を目的として投資を行っております。
       セグメントごとの設備投資については、次のとおりであります。
     <銀行業>
       当連結会計年度における重要な設備投資として、由比支店の新築移転に係る投資を行いました。
       当連結会計年度の設備投資額は、ソフトウエア等の無形固定資産への投資を含め8億51百万円となりました。
     <リース業・クレジットカード業及びその他>
       リース業・クレジットカード業及びその他において特筆すべき設備投資はありません。
     2 【主要な設備の状況】

       当連結会計年度末における主要な設備の状況は次のとおりであります。
                                                (平成29年3月31日現在)
                                                  リース
                                     土地      建物    動産       合計
                                                          従業
               店舗名        セグメン      設備の
                                                   資産
          会社名          所在地                                      員数
               その他        トの名称      内容
                                   面積           帳簿価額
                                                          (人)
                                   (㎡)           (百万円)
                    静岡県
               本店他75
                                   47,298
           ―                   店舗
                                       6,757    4,663     130    77  11,629     673
               店
                   静岡市他
                                   (26,718)
                    東京都
           ―    東京支店               店舗
                                      ―    ―   11    0    1   13    7
                    中央区
                    愛知県
               名古屋支
           ―                   店舗
                   名古屋市
                                     755    129    16    1    3   151    14
               店他1店
                    他
     当行                   銀行業
                    静岡県
                             本部施設、
                                   12,135
           ―    天神本部
                                       1,916    2,875     198    770   5,761    257
                            事務センター
                    静岡市
                                    (370)
                    静岡県
           ―    寮                寮
                                    3,177     298    148     0    ―   446    ―
                   伊東市他
                    静岡県
           ―    山林               山林
                                             ―
                                  1,178,080       43        ―    ―   43    ―
                   静岡市他
               その他     静岡県          その他
                                    5,303
           ―
                                        293    373     7    ―   674    ―
               の施設    静岡市他          の施設
                                    (281)
                                                  リース

                                     土地      建物    動産       合計
                                                         従業
               店舗名        セグメン      設備の
                                                   資産
          会社名          所在地                                      員数
               その他        トの名称      内容
                                   面積           帳簿価額
                                                         (人)
                                   (㎡)           (百万円)
                       リース業・
                    静岡県
     連結   清水リース&
               本社他        クレジット      営業所
                                      ―   ―   647    87    19   754    28
     子会社   カード株式会社
                   静岡市他
                        カード業
                                 20/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
                                                  リース
                                     土地      建物    動産       合計
                                                         従業
               店舗名        セグメン      設備の
                                                   資産
          会社名          所在地                                      員数
               その他        トの名称      内容
                                   面積           帳簿価額
                                                         (人)
                                   (㎡)           (百万円)
        清水ビジネス
                    静岡県
        サービス株式会       本社他               営業所
                                      ―    ―    ―    ▶   13    17   20
                   静岡市他
        社
                    静岡県
        清水銀キャリ
               本社               営業所
                                      ―    ―    ―    ―    2    2   2
        アップ株式会社
                    静岡市
                    静岡県
        清水総合メンテ
               本社               営業所
                                      ―    ―    ―    ―    3    3   7
        ナンス株式会社
                    静岡市
     連結
                        その他
        株式会社清水地
     子会社
                    静岡県
        域経済研究セン       本社               営業所
                                      ―    ―    ―    ―    2    2   ▶
                    静岡市
        ター
                    静岡県
        清水信用保証
               本社               営業所
                                      ―    ―    ―    0    8    8   9
        株式会社
                    静岡市
        清水総合コン
                    静岡県
        ピュータサービ       本社               営業所
                                      ―    ―    ―    2    2    ▶  23
                    静岡市
        ス株式会社
      (注)   1.土地の面積欄の(            )内は、借地の面積(内書き)であり、その年間賃借料は建物も含め342百万円でありま
          す。
        2.連結子会社が親会社より賃借する土地・建物は、当行の土地・建物に含めて記載しております。
        3.動産は、事務機械348百万円、貸与資産84百万円であります。
        4.店舗外現金自動設備68か所(提携ATM除く)は、上記に含めて記載しております。
        5.上記の他、無形固定資産1,112百万円を所有しております。
        6.リース資産については、当行及び連結子会社におけるリース資産計上額を記載しております。
        7.上記の他、リース契約による主な賃借設備は次のとおりであります。
                    店舗名          セグメントの                従業員数      年間リース料
                会社名          所在地             設備の内容
                    その他            名称               (人)      (百万円)
                         静岡県
            当行    ―  天神本部            銀行業      電子計算機組織
                                                 ―        37
                         静岡市
     3 【設備の新設、除却等の計画】

       当連結会計年度末において計画中である重要な設備の新設、除却等は次のとおりであります。
      (1) 新設、改修

                                  投資予定金額
                                   (百万円)
          店舗名                  設備の               資金
                       セグメン
     会社名          所在地     区分                            着手年月      完了予定年月
                       トの名称
          その他                   内容             調達方法
                                  総額   既支払額
               静岡県
      当行    本支店他           ―   銀行業    事務機械等        141     ― 自己資金        ―       ―
               静岡市他
      (注)   上記設備計画の記載金額については、消費税及び地方消費税を含んでおりません。
      (2) 売却

       該当事項はありません。
                                 21/93







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     19,800,020
                  計                                   19,800,020
       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年3月31日)          (平成29年6月23日)          商品取引業協会名
                                            株主としての権利内容に制限
                                  東京証券取引所
                                            のない、標準となる株式
       普通株式           9,600,218          9,600,218
                                  市場第一部
                                                単元株式数100株
         計          9,600,218          9,600,218          ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       平成27年6月19日の取締役会において決議されたもの
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                               (平成29年3月31日)               (平成29年5月31日)
                                  529個(注1)
     新株予約権の数                                              同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数                               ―               ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                同左
                                  5,290株(注2)
     新株予約権の目的となる株式の数                                              同左
     新株予約権の行使時の払込金額                            1株当たり1円                  同左
                                平成27年8月4日~
     新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成52年8月3日
                             発行価格3,501円
                             資本組入額は、会社計算規則
                             第17条第1項の規定に従い算
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
                             出される資本金等増加限度額
                                                   同左
     式の発行価格及び資本組入額
                             の2分の1の金額とし、計算
                             の結果1円未満の端数が生じ
                             たときは、その端数を切り上
                             げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                             (注3)                同左
                             譲渡による新株予約権の取得
     新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当行の取締役会                      同左
                             の承認を要することとする。
     代用払込みに関する事項                               ―               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                  (注4)                同左
     事項
                                 22/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       平成28年6月23日の取締役会において決議されたもの
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                               (平成29年3月31日)               (平成29年5月31日)
                                  838個(注1)
     新株予約権の数                                              同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数                               ―               ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                同左
                                  8,380株(注2)
     新株予約権の目的となる株式の数                                              同左
     新株予約権の行使時の払込金額                            1株当たり1円                  同左
                                平成28年8月2日~
     新株予約権の行使期間                                              同左
                                平成53年8月1日
                             発行価格2,732円
                             資本組入額は、会社計算規則
                             第17条第1項の規定に従い算
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
                             出される資本金等増加限度額
                                                   同左
     式の発行価格及び資本組入額
                             の2分の1の金額とし、計算
                             の結果1円未満の端数が生じ
                             たときは、その端数を切り上
                             げるものとする。
     新株予約権の行使の条件                             (注3)                同左
                             譲渡による新株予約権の取得
     新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当行の取締役会                      同左
                             の承認を要することとする。
     代用払込みに関する事項                               ―               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                  (注4)                同左
     事項
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数 10株
        2.新株予約権の目的となる株式の数
          新株予約権の割当日後に、当行が普通株式の株式分割(株式無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき
         同じ。)または株式併合を行う場合は、新株予約権のうち、当該株式分割または株式併合の時点で行使されて
         いない新株予約権について、次の計算式により付与株式数の調整を行い、調整により生じる1株未満の端数に
         ついては、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割または併合の比率
          また、割当日後に当行が合併または会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必
         要とする場合には、合併または会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内付与株式数は調整されるもの
         とする。
        3.新株予約権の行使の条件
          新株予約権者は、権利行使時において、当行の取締役の地位を喪失した時に限り、新株予約権を行使できる
         ものとする。ただし、この場合、新株予約権者は、取締役の地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日ま
         での間に限り、新株予約権を一括して行使することができる。
        4.組織再編を実施する際の新株予約権の取扱
          当行が、合併(当行が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日におい
         て残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項8号イからホ
         までに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、新株予約権
         者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新た
         に交付するものとする。
          ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分
         割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
         (2)新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類及び数
           新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する再
          編 対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(注2)に準じて決定する。
         (3)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該各新
          株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予約権を行
          使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とする。
         (4)新株予約権を行使することができる期間
           前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
          の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権の行使期間の
          満了日までとする。
         (5)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           前記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定す
        る。
         (6)新株予約権の譲渡制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
                                 23/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成18年4月1日~
                     198    9,600,218           0     8,670         0     5,267
     平成19年3月31日
     (注)第1回無担保転換社債型新株予約権付社債(平成18年12月12日発行)の株式転換に伴い、発行済株式数が198株増
       加し、資本金及び資本準備金がそれぞれ500千円増加しております。
      (6) 【所有者別状況】

                                              平成29年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
            政府及び
                                  外国法人等
       区分                                              株式の状況
                      金融商品     その他の                個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
             団体
     株主数
               1     48     28     602      89      ―   2,573     3,341        ―
     (人)
     所有株式数
               2   35,882      4,276     23,859      6,978       ―   24,444     95,441      56,118
     (単元)
     所有株式数
              0.00     37.60      4.48     25.00      7.31       ―   25.61      100       ―
     の割合(%)
      (注)自己株式64,366株は「個人その他」に643単元、「単元未満株式の状況」に66株含まれております。
      (7) 【大株主の状況】

                                              平成29年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                  所有株式数の割合
                                                     (%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                              629,600          6.55
                       東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口)
                                              472,724          4.92
     鈴与株式会社                  静岡県静岡市清水区入船町11番1号
                                              330,078          3.43
     清水銀行従業員持株会                  静岡県静岡市清水区天神1丁目8番25号
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                              324,300          3.37
                       東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口4)
                                              237,000          2.46
     共栄火災海上保険株式会社                  東京都港区新橋1丁目18番6号
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE
                       388  GREENWICH     STREET,    NY,
     PORTFOLIO
                       NY  10013,    USA                 195,100          2.03
     (常任代理人)
                       (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     シティバンク銀行株式会社
                       東京都千代田区大手町1丁目5番5号
     株式会社みずほ銀行
                       (東京都中央区晴海1丁目8番12号 晴
                                              189,648          1.97
     (常任代理人)
                       海アイランドトリトンスクエアオフィス
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                       タワーZ棟)
                                              170,304          1.77
     藍澤證券株式会社                  東京都中央区日本橋1丁目20番3号
                       東京都千代田区大手町2丁目6番1号
     朝日生命保険相互会社
                       (東京都中央区晴海1丁目8番12号 晴
                                              155,000          1.61
     (常任代理人)
                       海アイランドトリトンスクエアオフィス
     資産管理サービス信託銀行株式会社
                       タワーZ棟)
     大同生命保険株式会社
                       大阪府大阪市西区江戸堀1丁目2番1号
     (常任代理人)
                                              148,300          1.54
                       (東京都中央区晴海1丁目8番11号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
     株式会社
                                            2,852,054           29.70
             計                    ―
     (注)日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社の所有株式は、当該会社の信託業務に係る株式であります。
                                 24/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                              平成29年3月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―
     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―
     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―
                     (自己保有株式)
                                         株主としての権利内容に制限のな
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                    普通株式            64,300
                                         い、標準となる株式
                    普通株式      9,479,800
     完全議決権株式(その他)                               94,798            同上
                    普通株式       56,118
     単元未満株式                               ―             同上
     発行済株式総数                     9,600,218          ―              ―
     総株主の議決権                    ―           94,798             ―
      (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には当行所有の自己株式66株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                              平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名
                                                    総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             静岡県静岡市清水区
                                  64,300       ―       64,300        0.66
     株式会社清水銀行             富士見町2番1号
           計              ―          64,300       ―       64,300        0.66
      (9) 【ストックオプション制度の内容】

       ①平成27年6月19日の取締役会において決議されたもの
        当該制度は、会社法第236条、第238条及び240条の規定に基づき、平成27年6月19日開催の取締役会において、当
       行取締役(社外取締役を除く)に対して、株式報酬型ストックオプションとして割り当てる新株予約権の募集事項
       について決議されたものであり、その内容は次のとおりであります。
      決議年月日                          平成27年6月19日
      付与対象者の区分及び人数                          当行の取締役(社外取締役を除く)8名
      新株予約権の目的となる株式の種類                          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数                          同上
      新株予約権の行使時の払込金額                          同上
      新株予約権の行使期間                          同上
      新株予約権の行使の条件                          同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                          同上
      代用払込に関する事項                          同上
      組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          同上
       ②平成28年6月23日の取締役会において決議されたもの

        当該制度は、会社法第236条、第238条及び240条の規定に基づき、平成28年6月23日開催の取締役会において、当
       行取締役(社外取締役を除く)に対して、株式報酬型ストックオプションとして割り当てる新株予約権の募集事項
       について決議されたものであり、その内容は次のとおりであります。
      決議年月日                          平成28年6月23日
      付与対象者の区分及び人数                          当行の取締役(社外取締役を除く)8名
      新株予約権の目的となる株式の種類                          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数                          同上
      新株予約権の行使時の払込金額                          同上
      新株予約権の行使期間                          同上
      新株予約権の行使の条件                          同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                          同上
      代用払込に関する事項                          同上
      組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          同上
                                 25/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ③平成29年6月23日の取締役会において決議されたもの
        当該制度は、会社法第236条、第238条及び240条の規定に基づき、平成29年6月23日開催の取締役会において、当
       行取締役(社外取締役を除く)に対して、株式報酬型ストックオプションとして割り当てる新株予約権の募集事項
       について決議されたものであり、その内容は次のとおりであります。
      決議年月日                          平成29年6月23日
      付与対象者の区分及び人数                          当行の取締役(社外取締役を除く)8名
      新株予約権の目的となる株式の種類                          当行普通株式
      株式の数                          4,460株
                                新株予約権の行使により交付される株式1株当たりの金
      新株予約権の行使時の払込金額
                                額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
      新株予約権の行使期間                          [募集事項](8)に記載しております。
      新株予約権の行使の条件                          [募集事項](11)に記載しております。
      新株予約権の譲渡に関する事項                          [募集事項](10)に記載しております。
      代用払込に関する事項                          ―
      組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          [募集事項](13)に記載しております。
      [募集事項]
       (1)新株予約権の名称
         株式会社清水銀行 第3回新株予約権(株式報酬型ストックオプション)
       (2)新株予約権の割当対象者及び人数
         当行の取締役(社外取締役を除く)8名
       (3)新株予約権の総数
         446個
         上記総数は、割当予定個数であり、引受けの申込みがなされなかった場合等、割り当てる募集新株予約権の総
        数が減少したときは、割り当てる募集新株予約権の総数をもって発行する募集新株予約権の総数とする。
       (4)新株予約権の目的となる株式の種類及び数
         新株予約権の目的となる株式の種類は当行普通株式とし、新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、10株
        とする。なお、新株予約権の割当日後に、当行が普通株式の株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割
        の記載につき同じ。)または株式併合を行う場合は、新株予約権のうち、当該株式分割または株式併合の時点で
        行使されていない新株予約権について、次の計算式により付与株式数の調整を行い、調整により生じる1株未満
        の端数については、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割または併合の比率
         また、割当日後に当行が合併または会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必要
        とする場合には、合併または会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で付与株式数は調整されるものと
        する。
       (5)新株予約権の払込金額
         新株予約権の割当日においてブラック・ショールズモデルにより算定した公正価値に基づいた価額を払込金額
        とする。なお、新株予約権の割り当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、当該払込金額の払込
        みに代えて、当行に対する報酬債権と相殺するものとする。
       (6)新株予約権の割当日
         平成29年7月31日
       (7)新株予約権の行使に際して出資される財産の額
         各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付される株式1株当たりの
        金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
       (8)新株予約権を行使することができる期間
         平成29年8月1日から平成54年7月31日までとする。
         ただし、行使の期間の最終日が当行の休日に当たる場合は、その前営業日を最終日とする。
       (9)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ①新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          の 規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じた
          ときは、その端数を切り上げるものとする。
         ②新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等増
          加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた金額とする。
       (10)新株予約権の譲渡制限
         譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要することとする。
       (11)新株予約権の行使の条件
         新株予約権者は、権利行使時において、当行の取締役の地位を喪失した時に限り、新株予約権を行使できるも
        のとする。ただし、この場合、新株予約権者は、取締役の地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日までの
        間に限り、新株予約権を一括して行使することができる。
       (12)新株予約権の取得に関する事項
         ①新株予約権者が権利行使をする前に、前記(11)の定めまたは新株予約権割当契約の定めにより新株予約権
          を行使できなくなった場合、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって、当該新株予約権を無償で取得
          することができる。
         ②当行が消滅会社となる合併契約、当行が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画または当行が完
          全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画の承認の議案が当行の株主総会(株主総会が不要な場合
                                 26/93

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
          は当行の取締役会)において承認された場合は、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって、同日時点
          で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
       (13)組織再編を実施する際の新株予約権の取扱
         当行が、合併(当行が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
        (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において
        残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項8号イからホまで
        に掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、新株予約権者に交
        付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新たに交付す
        るものとする。
         ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割
        計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
         ②新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類及び数
          新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する再編対
         象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(4)に準じて決定する。
         ③新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該各新株
         予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予約権を行使す
         ることにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とする。
         ④  新株予約権を行使することができる期間
          前記(8)に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
         れか遅い日から、前記(8)に定める新株予約権の行使期間の満了日までとする。
         ⑤  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          前記(9)に準じて決定する。
         ⑥  新株予約権の譲渡制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
         ⑦  新株予約権の取得に関する事項
          前記(12)に準じて決定する。
       (14)1株に満たない端数の処理
         新株予約権者が新株予約権を行使した場合に新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数があると
        きには、これを切り捨てるものとする。
       (15)新株予約権証券の不発行
         当行は新株予約権に係る新株予約権証券を発行しない。
       (16)新株予約権の行使に際して出資される財産の払込取扱場所
         静岡県静岡市清水区富士見町2番1号
         株式会社清水銀行 本店営業部
     2 【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】            会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                株式数(株)             価額の総額(円)
        当事業年度における取得自己株式                                  996          2,855,011
        当期間における取得自己株式                                   25            88,250
        (注)当期間における取得自己株式の株式数及び価額の総額には、平成29年6月1日から報告書を提出するまで
          の取得自己株式数及び価額は含まれておりません。
                                 27/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                   当事業年度               当期間
                  区分
                                 株式数      処分価額の        株式数      処分価額の
                                 (株)      総額(円)        (株)      総額(円)
        引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             ―       ―       ―       ―
        消却の処分を行った取得自己株式                             ―       ―       ―       ―
        合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                    ―       ―       ―       ―
        行った取得自己株式
        その他(単元未満株式の買増請求に伴う処理)                            112     525,046          ―       ―
        保有自己株式数                          64,366         ―    64,391         ―
        (注)当期間における処理株式数及び処分価額の総額には、平成29年6月1日から報告書を提出するまでの処理
          株式数及び処分価額は含まれておりません。
     3 【配当政策】

       当行は、健全経営を推し進めるとともに、お客さまへの更なる利便性や情報等の提供により、地域のお取引先の資
      金需要にきめ細やかに対応することで、安定した収益の確保を目指し、株主の皆さまへ安定した配当を実施していく
      ことを基本としております。
       なお、内部留保金につきましては、健全性確保の観点から自己資本の充実を図りつつ、経営基盤の更なる強化を目
      的として営業戦略上必要な業務や設備等への経営資源の重点投入により有効に活用してまいります。
       当事業年度の配当につきましては、当初予想通りの1株当たり30円(年間60円)とさせていただきました。
       また、当行は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
       なお、第142期の剰余金の配当は以下のとおりであります。
              決議年月日               配当金の総額(百万円)               1株当たり配当額(円)
       平成28年11月11日          取締役会決議                        286                30
       平成29年6月23日          定時株主総会決議
                                        286                30
     4 【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
          回次        第138期        第139期        第140期        第141期        第142期
         決算年月        平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月
         最高(円)            3,245        3,035        3,275        3,800        3,895
         最低(円)            1,945        2,323        2,387        1,958        2,071
       (注)     最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

         月別     平成28年10月       平成28年11月       平成28年12月       平成29年1月       平成29年2月       平成29年3月
        最高(円)          3,185       3,500       3,800       3,840       3,895       3,735
        最低(円)          2,718       2,851       3,300       3,480       3,500       3,285
       (注)     最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 28/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性14名 女性1名 (役員のうち女性の比率6%)
                                                         所有
      役名     職名      氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                         (株)
                              昭和56年4月      当行入行
                              平成13年4月
                                     理事総合統括部長
                              平成15年6月
                                     取締役  富士支店長
                              平成17年6月
                                     常務取締役
     取締役頭取     代表取締役     豊  島  勝一郎      昭和32年7月6日生                              (注)3     12,173
                              平成19年6月
                                     専務取締役
                              平成22年4月
                                     代表取締役専務
                              平成23年4月
                                     代表取締役副頭取
                              平成24年4月      代表取締役頭取(現職)
                              昭和55年4月      当行入行
                              平成16年4月
                                     理事経営企画部長
                              平成16年7月
                                     理事静岡支店長
                              平成17年6月
                                     取締役  静岡支店長
                              平成18年12月
     専務取締役     代表取締役     望  月  昭  宏      昭和32年4月4日生               取締役常務執行役員               (注)3     5,100
                              平成22年4月
                                     取締役
                              平成23年4月      常務取締役
                              平成25年6月      専務取締役
                              平成28年4月      代表取締役専務(現職)
                              昭和58年4月      当行入行
                              平成19年6月
                                     理事本店営業部長
                              平成23年4月      理事総合統括部長
                野   々   山   茂
     常務取締役       ―         昭和34年5月30日生                              (注)3     4,700
                              平成23年6月      取締役    総合統括部長
                              平成24年4月      取締役
                              平成25年6月      常務取締役(現職)
                              昭和61年4月      当行入行
                              平成23年7月      理事本店営業部長兼興津支店長兼八
                                     木間支店長
                              平成24年7月      理事本店営業部長
                望   月   文   人
     常務取締役       ―         昭和39年1月27日生        平成25年6月                     (注)3     2,700
                                     取締役 本店営業部長
                              平成25年7月      取締役 経営企画部長兼総務管理部
                                     長
                              平成26年4月
                                     取締役
                              平成27年6月      常務取締役(現職)
                              昭和63年4月      当行入行
                              平成24年4月      理事富士支店長兼富士市役所前支店
                                     長兼松岡支店長
                              平成26年4月
                                     常務執行役員
     常務取締役       ―   岩 山 靖 宏      昭和39年7月13日生                              (注)3     2,300
                              平成27年4月
                                     常務執行役員総合統括部長
                              平成27年6月
                                     取締役 総合統括部長
                              平成28年4月
                                     取締役
                              平成28年10月      常務取締役(現職)
                              昭和44年9月      清水市採用
                              平成13年4月      財政部長
                              平成15年4月
                                     静岡市収入役
                金   田   富士夫
      取締役       ―         昭和19年1月25日生                              (注)3     1,800
                              平成19年3月      静岡市退職
                              平成19年6月
                                     当行監査役
                              平成26年6月      当行取締役(現職)
                              昭和55年4月
                                     東海大学短期大学部 専任講師
                              平成2年4月
                                     東海大学短期大学部 助教授
                              平成16年4月
                                     東海大学短期大学部 教授
      取締役          東   惠 子      昭和28年8月23日生                              (注)3      600
             ―
                              平成19年4月
                                     東海大学開発工学部 教授
                              平成23年4月
                                     東海大学海洋学部 教授(現職)
                              平成27年6月
                                     当行取締役(現職)
                                 29/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有

      役名     職名      氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                         (株)
                              昭和44年4月      株式会社日本長期信用銀行入行
                              平成8年6月      株式会社日本長期信用銀行 取締役
                              平成9年10月      長銀証券株式会社 専務取締役
                              平成10年6月      株式会社熊谷組 常務取締役
                              平成14年4月      鈴与株式会社入社
      取締役       ―   相 澤   隆      昭和21年10月16日生                              (注)3       ―
                              平成14年11月      鈴与建設株式会社 取締役
                              平成16年11月      鈴与建設株式会社 取締役副社長
                              平成17年4月      鈴与建設株式会社 代表取締役社長
                              平成28年11月      鈴与建設株式会社
                                     代表取締役会長(現職)
                              平成29年6月      当行取締役(現職)
                              昭和58年4月      当行入行
                              平成22年4月      理事静岡支店長兼鷹匠町支店長兼安
                                     倍川支店長
                                     常務執行役員
                              平成24年4月
                                     常務執行役員東京支店長
                              平成25年7月
      取締役       ―   宇佐美 俊 二      昭和34年10月25日生                              (注)3     2,300
                              平成25年10月      常務執行役員東京支店長兼東京事務
                                     所長
                              平成26年4月      常務執行役員審査部長
                              平成26年6月      取締役 審査部長
                                     取締役(現職)
                              平成27年4月
                              昭和60年4月      当行入行
                              平成24年4月      理事総合統括部長
                              平成25年6月      執行役員総合統括部長
      取締役       ―   薮 崎 文 敏      昭和37年6月1日生                              (注)3     3,000
                              平成27年4月      常務執行役員
                              平成29年6月      取締役(現職)
                              平成元年4月      当行入行
                              平成28年4月      総務管理部長
      取締役       ―   若 林 陽 介      昭和40年12月23日生                              (注)3     1,400
                              平成29年4月      経営企画部長
                              平成29年6月      取締役(現職)
                              昭和58年4月      当行入行
                              平成20年4月      理事浜松支店長
                              平成21年7月      理事総合統括部長
                              平成22年6月      取締役 総合統括部長
                鳥羽山    直   樹
     常勤監査役       ―         昭和34年6月14日生                              (注)4     2,400
                              平成25年7月      取締役常務執行役員
                              平成27年6月      取締役 退任
                                     株式会社地域経済研究センター
                                     代表取締役社長
                              平成29年6月      常勤監査役(現職)
                              昭和52年4月      当行入行
                              平成15年7月      理事審査部長
     常勤監査役       ―   清   明 宏      昭和29年9月7日生                              (注)4     2,801
                              平成18年12月      常務執行役員
                              平成27年6月      常勤監査役(現職)
                              平成2年4月      東京弁護士会弁護士登録
                              平成7年4月      静岡県弁護士会弁護士登録換
                                     伊藤総合法律事務所開設(現職)
      監査役       ―   伊  藤  洋一郎      昭和23年2月1日生                              (注)4      800
                              平成11年4月      当行仮監査役、平成11年6月終了
                              平成21年6月      当行監査役(現職)
                              昭和46年4月      昭和監査法人(現 新日本有限責任
                                     監査法人)
                              昭和49年3月      公認会計士試験合格
      監査役       ―   磯 部 和 明      昭和23年1月4日生                              (注)4     1,100
                              昭和49年9月      公認会計士磯部和明事務所開設(現
                                     職)
                              平成26年6月      当行監査役(現職)
                                                         43,174
                              計
                                 30/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (注)    1.取締役      金田富士夫、取締役          東惠子及び取締役         相澤隆は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であり
          ます。
         2.監査役      伊藤洋一郎及び監査役           磯部和明は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終
          結の時までであります。
         4.監査役の任期は以下のとおりであります。
           磯部和明の任期は、平成26年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成30年3月期に係る定時株主総会
          終結の時までであります。
           清明宏の任期は、平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終
          結の時までであります。
           鳥羽山直樹及び伊藤洋一郎の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成33年3月期に
          係る定時株主総会終結の時までであります。
         5.当行は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
          役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                        所有
             氏名         生年月日                   略歴               株式数
                                                        (株)
                              平成12年10月       東京弁護士会弁護士登録
                                    相川法律事務所入所
           河 野   誠         昭和45年11月12日生          平成17年4月       静岡県弁護士会弁護士登録換                       ―
                                    河野法律事務所入所(現職)
                              平成27年6月       当行補欠監査役(現職)
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      <コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方>
       当行は、コーポレート・ガバナンスの充実が求められるなか、株主の皆さまやお客さまに対して経営の透明性を高
      め、公正な経営を行うことが使命であると考えております。
       そのためには、取締役会の機能を強化し、スピーディな意思決定の実現及び経営の業務執行に対する厳正な監視態
      勢を整備することが必要であると考えております。
       ①企業統治の体制の概要等

         当行は、監査役制度を採用し、監査役4名(うち社外監査役2名)を構成員とする監査役会を設置しており、
        取締役の業務執行を適正に監査し、経営に対するチェック機能を充実させております。
         取締役会は、社外取締役(非常勤)3名を含め取締役11名で構成されており、経営理念を踏まえて、重要な経
        営戦略等の決定を行っております。取締役の業務執行に対する外部からの監督機能等を発揮させるべく、社外取
        締役を選任しております。
         監査役会は、社外監査役(非常勤)2名を含め監査役4名で構成されており、監査役の機能を高めるため、公
        正で専門性の高い社外監査役を選任しております。
         社外取締役(非常勤)3名及び社外監査役(非常勤)2名については、東京証券取引所の有価証券上場規程に
        基づく「独立役員」(一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役及び社外監査役)として指定してお
        ります。
         業務執行を機動的かつ相互牽制機能をもって行うための合議機関として、「通常経営会議」「拡大経営会議」
        「プロジェクト会議」の3種類の経営会議を設置しております。「通常経営会議」は原則毎日開催し、ガバナン
        スの強化と意思決定の迅速化を図っております。「拡大経営会議」は原則月2回開催し、より深度ある決議・協
        議等を行うために、信用リスク管理を強化するための「融資審査」、収益管理とその向上策検討のための「収益
        管理」、各種リスクを総合的に管理するための「リスク管理」、法令等の厳格な遵守とチェック・指導のための
        「コンプライアンス」、各業務のシステム戦略を検討するための「システム戦略」、決算実施方針を決定する
        「財務報告」、中小企業者等に対する金融円滑化管理の状況を把握し分析・評価・検証を行う「金融円滑化」な
        ど、テーマを定めて開催しております。「プロジェクト会議」は特殊なテーマについて期間限定で継続的に決議
        (協議)する会議として随時開催でき、対象とするテーマ・運営等については都度通常経営会議にて決議するこ
        ととしております。「通常経営会議」は頭取を議長とし、その他の構成員は議長付議により取締役会にて決定し
        ております。また、議題に応じて会長がオブザーバーとして参加しております。「拡大経営会議」は「通常経営
        会議」の構成員に、テーマ毎に別に定めた細則で示された者を加えた構成員となっており、オブザーバーとして
        常勤監査役が参加しております。「プロジェクト会議」は「通常経営会議」に準ずる構成員となっております。
        なお、各経営会議は取締役会の委任に基づき、決議・協議等を行う機関と位置付けていることから、決議内容等
        は議事録を作成し取締役会へ報告を行っております。
         更に、資産・負債の総合管理を行い、戦略目標等の策定に関わる組織として、「ALM収益管理委員会」を設
        置し、収益管理及びALMに関する態勢強化を図っております。
                                 31/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       (業務執行・経営の監視の仕組み)
       ②内部統制システムの整備の状況









          当行は、以下のとおり「内部統制システムの基本方針」を定めるとともに、内部統制システムの整備に取り
         組んでおります。
         a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・「コンプライアンス・マニュアル」を制定し、役職員が遵守しなければならない法令・ルール等を定め
           る。
          ・コンプライアンスを統括する部署を設置し、当行及びグループ全体のコンプライアンス態勢の整備及び問
           題点の把握に努める。頭取を議長とし、コンプライアンスをテーマとする拡大経営会議を月1回開催し、
           顧問弁護士もそのメンバーとする。
          ・本部・営業店にコンプライアンス責任者と管理者を配置し、日常業務での適法性のチェックを実施すると
           ともに、「コンプライアンス報告制度」を設け、違反行為の未然防止等を図る。
            なお、本報告制度の利用者に対して、報告等の行為を理由として懲罰、人事考課への悪影響等、報告者
           にとって不利益となる行為は行わない。
          ・使用人の法令・定款違反行為については、賞罰委員会において懲罰を付し、役員の法令・定款違反につい
           ては、「取締役コンプライアンス規程」に基づき、経営会議等による調査を経て、取締役会において具体
           的な処分を決議する。
          ・市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは、断固として対決し、利益を供与しな
           い。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          ・取締役会等の議事録や稟議書等、取締役の職務の執行に係る情報については、行内規程等に従い、適切に
           保存及び管理を行う。
         c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          ・リスク管理を適切に行うため、「統合的リスク管理規程」を制定し、カテゴリー毎に所管部を定めて、各
           種リスクについての管理体制を構築する。また、銀行全体のリスク統括を図る部署を設置し、各種リスク
           の状況について、必要に応じて取締役会及び経営会議への報告を行う。
          ・非常時において適切に業務を継続するための「業務継続規則」を制定し、迅速かつ適切に対応すること
           で、経営への影響を最小限に止めることができる体制を整備する。
                                 32/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
         d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          ・取締役は、組織規程及び職務権限規程に基づき、業務執行を行う。また、取締役会の委任の範囲内で決
           議・協議等を行う機関として、「経営会議」を設置し、業務執行の決定の迅速化を図る。
          ・取締役会で決議された事項は、3ヵ月毎にその進捗状況を取締役会へ報告することで、完了までの管理・
           把握を行う。
         e.当行及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          ・グループ会社におけるコンプライアンス、当行への適切な報告、リスク管理、職務執行の効率性など業務
           の適正を確保するため、グループ会社を運営・管理する統括部署を設置するとともに、「清水銀行グルー
           プ運営管理規程」を定める。また、グループ会社は、「グループ会社協議・報告一覧」に基づいて、当行
           へ報告し、協議を行う。
          ・当行は、必要に応じてグループ会社に立ち入り、監査を行う。
          ・当行及びグループ会社は、会計基準その他関連する諸法令を遵守し、財務報告の信頼性を確保するための
           体制を整備する。
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
          ・監査役の職務を補助すべき使用人として、監査役会担当者を1名以上配置する。
         g.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に
           関する事項
          ・監査役会担当者の人事異動や評価等については監査役会の意見を尊重する。
         h.取締役及び使用人等が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
          ・当行及びグループ会社の取締役は、当行の業務または業績に影響を与える重要な事項について、監査役に
           遅滞なく報告するものとし、当行及びグループ会社の使用人は主管部署を通じて、担当取締役、グループ
           会社取締役から報告するものとする。また、当行及びグループ会社の取締役及び使用人は、監査役から業
           務について報告を求められたときは、協力するものとする。
          ・上記の報告を理由として懲罰や人事考課への悪影響等、報告者にとって不利益になる行為は行わないもの
           とする。
         i.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          ・頭取は、当行が対処すべき課題、監査役監査の環境整備の状況、監査上の重要課題等について、監査役と
           定期的に意見の交換を行い、相互の認識を深めるよう努める。
         j.  監査役の職務の執行について生じる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生ずる
           費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          ・当行は監査役がその職務の執行について必要な費用の前払又は償還等の請求をしたときは、速やかに当該
           費用又は債務を処理する。
       <反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方>

        ・社会の秩序や安全に脅威を与えるような反社会的勢力からの不当な要求は、断固として拒否するとともに、一
         切の関係を排除していくことを「清水銀行倫理憲章」に掲げております。
       <反社会的勢力排除に向けた整備状況>

        ・反社会的勢力に関する情報を収集・分析・一元管理する統括管理部署を総合統括部とし、警察等の外部専門機
         関と連携を図り、反社会的勢力を排除するシステムを構築しております。
        ・反社会的勢力との対応手引き・対策マニュアルを整備して、全職員への周知徹底等に努めております。
       ③リスク管理体制の整備の状況

         当行では、リスク管理を経営の重要課題とし、各種リスクをその特性に応じて適切に管理することで、収益力
        の強化と健全性の維持、向上を図ることを目指しております。
         「統合的リスク管理規程」において、統合的リスク管理に係る基本事項及び方針を定め、リスク管理を適切に
        行うための体制と役割を明確化した上で、リスクカテゴリー毎に所管部を定め管理を行っております。また、総
        合統括部リスク統括室が銀行全体のリスク統括を図り、各種リスクの状況について、取締役会又は経営会議への
        報告を行うとともに、年度毎に策定する「リスク管理計画」に基づいた重点施策の実施・検証により、自己改善
        が図られるリスク管理体制を構築しております。
                                 33/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (統合的リスク管理体制図)
       ④内部監査及び監査役監査の状況










         当行では内部監査部門として、監査部(平成29年3月末現在14名)を設置しております。監査部は取締役会直
        轄の組織として位置付けられ、すべての被監査部門からの独立性を確保することで、十分な牽制機能が働く体制
        としております。監査部には、監査統括担当、資産査定監査担当、システム監査担当、検査担当のほか、監査役
        会担当を配置しております。
         監査部は「内部監査方針」「内部監査規程」のもと、取締役会の承認を得て「内部監査計画」を年度毎に策定
        し、「監査実施規則」「検査実施規則」「自己査定監査実施基準」等に基づいた監査を実施し、その監査結果を
        取締役会へ報告しております。
         内部監査は、各業務部門における内部管理態勢等の有効性・適切性を検証かつ評価し、改善勧告等を通じて経
        営の健全性確保に資することを目的としております。監査の対象は、当行における全ての業務とし、連結対象子
        会社等の業務についても監査対象としております。
         当行は監査役制度を採用しており、4名の監査役により監査役会が構成されております。4名の監査役のうち
        2名は社外監査役であります。監査役は取締役会へ出席し、必要に応じて意見を述べるなど、取締役の業務執行
        に対する客観的な監視機能を確保しております。
         監査役は、会計監査人から監査計画の概要を受領し、監査重点項目等について説明を受けるほか、自己査定監
        査報告会及び期末(中間)監査結果報告会など、会計監査人と定期的な意見交換を行っております。
         また、会計監査人の往査及び監査講評に立ち会うほか、会計監査人主催の監査役向けセミナーにも参加するな
        ど、会計監査人との適切な連携を図っております。
         さらに、監査役は、内部監査部門が実施する営業店検査等への立ち会いや定期的な意見交換会などを通じて、
        内部監査部門とも緊密な連携を図っております。
         上記のように、監査役は、監査の実効性を高めるため、会計監査人・内部監査部門との連携により効率的な監
        査を行い、定期的な頭取との意見交換、拡大経営会議への出席等により監査役監査の環境整備を図っておりま
        す。
         また、公正で専門性が高く、財務及び会計に関する相当程度の知見を有している社外監査役を選任することで
        監査役の機能を高めております。詳細は後述の⑥「社外取締役及び社外監査役」をご参照ください。
                                 34/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ⑤会計監査の状況
        a.業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名
         指定有限責任社員          業務執行社員        鈴木    敏夫(有限責任        あずさ監査法人)
                         当事業年度を含む継続関与年数3年
         指定有限責任社員          業務執行社員        深井    康治(有限責任        あずさ監査法人)
                         当事業年度を含む継続関与年数2年
        b.監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士         6名
          その他             11名
       ⑥社外取締役及び社外監査役

         当行は金田富士夫氏、東惠子氏及び相澤隆氏を社外取締役として選任しております。
         金田富士夫氏は、平成19年3月まで静岡市収入役を務めておりました。当行とは利害関係を有せず、静岡市収
        入役として行政で培ってきた経験と社会的信用を備えており、同氏の広い見識を経営に取り入れることができる
        ことから社外取締役に選任しております。同氏は、当行株式1,800株を保有しております。
         東惠子氏は、平成2年より東海大学助教授、平成16年より同大学教授を務めております。当行とは利害関係を
        有せず、大学教授として培ってきた経験と社会的信用を備えており、同氏の広い見識を経営に取り入れることが
        できることから社外取締役として選任しております。同氏は、当行株式600株を保有しております。
         相澤隆氏は、株式会社日本長期信用銀行取締役等を歴任し、平成17年より鈴与建設株式会社の代表取締役を務
        めております。当行とは利害関係を有せず、企業経営に関する豊富な経験及び幅広い見識を有しており、同氏の
        広い見識を経営に取り入れることができることから社外取締役に選任しております。
         当行は社外監査役として、伊藤洋一郎氏(弁護士)及び磯部和明氏(公認会計士、税理士)を選任しておりま
        す。
         伊藤洋一郎氏は、平成8年4月より当行の顧問弁護士であります。長年に亘る弁護士としての見識と経験を有
        しており、法律の専門家としての見地から業務執行の適法性の監査等、監査役として職務の遂行を適切に行うこ
        とができることから社外監査役に選任しております。同氏は、当行株式800株を保有しております。なお、同氏と
        当行との間で顧問契約を締結し顧問料を支払っておりますが、当該顧問料は多額の金銭その他の財産に該当する
        ものではなく、一般の株主との利益相反が生ずるおそれはありません。
         磯部和明氏は、長年に亘る公認会計士、税理士としての見識と経験を有しており、会計の専門家としての見地
        から業務執行の適法性の監査等、監査役として職務の遂行を適切に行うことができることから社外監査役に選任
        しております。同氏は、当行株式1,100株を保有しております。
         社外取締役である金田富士夫氏、東惠子氏及び相澤隆氏並びに社外監査役である伊藤洋一郎氏及び磯部和明氏
        の5名の選任については、専門家としての知識及び職務執行に必要な知見や経営者としての豊富な経験を有し、
        当行独自の独立性判断基準と株式会社東京証券取引所が定める独立性の基準に照らし、一般株主との利益相反が
        生じるおそれがないと判断し、独立役員として指定をしております。
       ⑦責任限定契約

         当行と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、会社法第423条第1項の損害賠償
        責任を限定する契約を締結しております。社外取締役及び社外監査役が任務を怠ったことによって当行に対し損
        害賠償責任を負う場合は、会社法第425条第1項に規定する最低責任限度額を限度としてその責任を負います。但
        し、責任限定が認められるのは、社外取締役及び社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でか
        つ重大な過失がないときに限ります。
                                 35/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ⑧役員の報酬等の内容
        a.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
          当事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                         報酬等の総額
            役員区分         員数
                                                  株式報酬型ストッ
                          (百万円)
                                  基本報酬      業績連動型報酬
                                                  ク・オプション
            取締役           8       267        235         9          22
            監査役           2        38        38         ―          ―
            社外役員           5        30        30         ―          ―
          (注)取締役1名の使用人としての報酬1百万円については、上記に含まれておりません。
        b.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
        c.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          取締役1名に対し、使用人としての報酬1百万円を支払っております。
        d.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          平成27年6月19日開催の第140期定時株主総会における決議に基づき、取締役(社外取締役を除く)に対す
         る報酬等は、(ⅰ)役割や責任に応じて月次で支給する「確定金額報酬」、(ⅱ)単年度の業績等に応じて支
         給する「業績連動型報酬」、(ⅲ)取締役の企業価値向上への貢献意欲及び株主重視の経営意識を従来以上に
         高めることを目的とする「株式報酬型ストックオプション」の3つの構成としております。
          また、社外取締役及び監査役の報酬については、中立性と独立性を高めるため、「確定金額報酬」のみとし
         ております。
          なお、報酬等の支給時期、配分等につきましては、次の金額の範囲内で、取締役については取締役会の決議
         により、監査役については監査役の協議により決定します。
         (ⅰ) 確定金額報酬は、取締役については年額270百万円以内(うち社外取締役の報酬額は年額20百万円以
             内)、監査役については年額60百万円以内としております。
         (ⅱ) 業績連動型報酬は、確定金額報酬とは別枠で、当期純利益を基準として、次表のとおり決定される額
             の範囲内で支給するものであります。
         (ⅲ) 株式報酬型ストックオプションは、確定金額報酬及び業績連動型報酬とは別枠で、新株予約権を年額
             36百万円以内の範囲で割り当てることとしております。
          なお、取締役の報酬額には、使用人兼務役員の使用人分給与は含まれておりません。
           表)業績連動型報酬枠

              当期純利益水準             報酬枠(年額)
               50億円以上                 30百万円
             30億円以上50億円未満                    20百万円
             10億円以上30億円未満                    10百万円
               10億円未満                    0円
                                 36/93








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ⑨株式の保有状況
        a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄数及び貸借対照表計上額
             銘柄数                                     107銘柄
             貸借対照表計上額の合計額              20,708百万円
        b.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

        (前事業年度)

         貸借対照表計上額が資本金額の100分の1を超える銘柄は次のとおりであります。
         (特定投資株式)
                               株式数     貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                               (株)       (百万円)
                                              相互の安定的かつ継続
         東海旅客鉄道株式会社                      201,600           4,012    的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         スズキ株式会社                      651,000           1,960    的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         静岡ガス株式会社                     1,200,000             906   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         三菱UFJリース株式会社                     1,637,800             809   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社静岡銀行                      900,000            730   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社TOKAIホールディングス                     1,219,627             714   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         特種東海製紙株式会社                     1,865,000             678   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社T&Dホールディングス                      410,000            430   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         東京海上ホールディングス株式会社                      108,500            412   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         綜合警備保障株式会社                       65,000           396   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         MS&ADインシュアランスグループホール
                                115,200            361   的な企業活動の発展に
         ディングス株式会社
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社東邦銀行                      848,000            306   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社アーレスティ                      403,097            295   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社大和証券グループ本社                      400,000            276   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社山梨中央銀行                      602,000            248   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社滋賀銀行                      515,000            244   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         王子ホールディングス株式会社                      513,000            231   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社北越銀行                     1,265,000             230   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                 37/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
                               株式数     貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                               (株)       (百万円)
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社武蔵野銀行                       81,000           229   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社村上開明堂                      150,000            221   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社南都銀行                      704,000            215   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         藍澤證券株式会社                      333,000            197   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社岩手銀行                       48,200           196   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         野村ホールディングス株式会社                      382,000            192   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         靜甲株式会社                      309,290            170   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社沖縄銀行                       43,700           161   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         住友不動産株式会社                       45,000           148   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         クミアイ化学工業株式会社                      137,000            138   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社青森銀行                      413,000            135   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社十八銀行                      522,000            130   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社みずほフィナンシャルグループ                      712,800            119   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社紀陽銀行                       86,800           110   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社ノダ                      292,600            108   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社東京TYフィナンシャルグループ                       40,700           106   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         協立電機株式会社                       75,720           106   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         日本製紙株式会社                       50,100           100   的な企業活動の発展に
                                              資するため
         (みなし保有株式)

                               株式数     貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                               (株)       (百万円)
                                              議決権行使の指図
         富士通株式会社                      518,000            215
                                              (退職給付信託)
                                              議決権行使の指図
         株式会社大和証券グループ本社                      193,000            133
                                              (退職給付信託)
           (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりませ
            ん。
                                 38/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
         (当事業年度)
         貸借対照表計上額が資本金額の100分の1を超える銘柄は次のとおりであります。
         (特定投資株式)
                               株式数
                                    貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                                      (百万円)
                               (株)
                                              相互の安定的かつ継続
         東海旅客鉄道株式会社                      201,600           3,657    的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         スズキ株式会社                      651,000           3,008    的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社TOKAIホールディングス                     1,219,627            1,044    的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         三菱UFJリース株式会社                     1,637,800             908   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         静岡ガス株式会社                     1,200,000             906   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社静岡銀行                      900,000            815   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         特種東海製紙株式会社                      186,500            776   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社T&Dホールディングス                      410,000            662   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         東京海上ホールディングス株式会社                      108,500            509   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社アーレスティ                      403,097            458   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         MS&ADインシュアランスグループホール
                                115,200            407   的な企業活動の発展に
         ディングス株式会社
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社北越銀行                      126,500            363   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社東邦銀行                      848,000            355   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社村上開明堂                      150,000            337   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社山梨中央銀行                      602,000            299   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社滋賀銀行                      515,000            294   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社南都銀行                       70,400           286   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社大和証券グループ本社                      400,000            271   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         綜合警備保障株式会社                       65,000           270   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社武蔵野銀行                       81,000           267   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                 39/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
                               株式数
                                     貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                                      (百万円)
                               (株)
                                              相互の安定的かつ継続
         王子ホールディングス株式会社                      513,000            267   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         野村ホールディングス株式会社                      382,000            264   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社岩手銀行                       48,200           227   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社沖縄銀行                       52,440           223   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         藍澤證券株式会社                      333,000            217   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社ノダ                      288,600            214   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         靜甲株式会社                      309,290            191   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社十八銀行                      522,000            187   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社青森銀行                      413,000            157   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社紀陽銀行                       86,800           148   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社みずほフィナンシャルグループ                      712,800            145   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         協立電機株式会社                       75,720           136   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         住友不動産株式会社                       45,000           129   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         東洋証券株式会社                      480,000            123   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         日本製紙株式会社                       50,100           100   的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         フジ日本精糖株式会社                      175,000            97  的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         株式会社巴川製紙所                      400,000            92  的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         鈴与シンワート株式会社                      500,000            89  的な企業活動の発展に
                                              資するため
                                              相互の安定的かつ継続
         クミアイ化学工業株式会社                      137,000            86  的な企業活動の発展に
                                              資するため
         (みなし保有株式)

                               株式数     貸借対照表計上額
                  銘柄                               保有目的
                               (株)       (百万円)
                                              議決権行使の指図
         富士通株式会社                      518,000            352
                                              (退職給付信託)
                                              議決権行使の指図
         株式会社大和証券グループ本社                      193,000            130
                                              (退職給付信託)
           (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりませ
            ん。
                                 40/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
        c.保有目的が純投資目的である投資株式の貸借対照表計上額、受取配当金、売却損益及び評価損益
                                   前事業年度
                    貸借対照表計上額           受取配当金         売却損益         評価損益
                      (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
         上場株式                   ―         ―         ―         ―
         非上場株式                  180          0        ―           ―
                                   当事業年度

                    貸借対照表計上額           受取配当金         売却損益         評価損益
                      (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
         上場株式                   ―         ―         ―         ―
         非上場株式                  180          1         ―         ―
        d. 当事業年度中に投資株式のうち、保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

               該当事項はありません。
        e. 当事業年度中に投資株式のうち、保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

               該当事項はありません。
       ⑩取締役の選任決議の要件

         当行は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積決議によらない旨定款に定めております。
       ⑪株主総会の決議事項のうち取締役会で決議することができる事項

        a.  自己株式の取得
          当行は、機動的に自己株式の取得を行うことを目的として、会社法第165条第2項の規定により、取締役会決
         議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
        b.  中間配当
          当行は、機動的に株主への利益還元を図ることを目的として、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基
         準日として中間配当をすることができる旨定款に定めております。
       ⑫取締役の定数

         当行の取締役は、17名以内とする旨定款に定めております。
       ⑬株主総会の特別決議要件

         当行は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める決議については、議決
        権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
        もって行う旨定款に定めております。
     (2)  【監査報酬の内容等】

       ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前連結会計年度                    当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に          非監査業務に         監査証明業務に          非監査業務に
                  基づく報酬(百万円)          基づく報酬(百万円)          基づく報酬(百万円)          基づく報酬(百万円)
           提出会社               56          ―         56          ―
           連結子会社                ―          ―          ―          ―
             計             56          ―         56          ―
       ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありません。
                                 41/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.当行の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基

      づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省
      令第10号)に準拠しております。
     2.当行の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて

      作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10
      号)に準拠しております。
     3.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自平成28年4月1日  至平成29年3月

      31日)の連結財務諸表及び事業年度(自平成28年4月1日  至平成29年3月31日)の財務諸表について、有限責任 あず
      さ監査法人の監査証明を受けております。
     4.当行は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。

       会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構等の
      行う研修に参加しております。
                                 42/93














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                     (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
      資産の部
                                         131,417               216,802
       現金預け金
                                           388               449
       商品有価証券
       金銭の信託                                  1,200               1,201
                                     ※6 , ※11  253,983            ※6 , ※11  253,703
       有価証券
                               ※1 , ※2 , ※3 , ※4 , ※5 , ※7  1,065,150       ※1 , ※2 , ※3 , ※4 , ※5 , ※7  1,067,716
       貸出金
                                         ※5  609
                                                          619
       外国為替
                                        ※6  9,787             ※6  9,989
       リース債権及びリース投資資産
                                        ※6  5,316             ※6  22,164
       その他資産
                                      ※8 , ※9  19,729            ※8 , ※9  19,571
       有形固定資産
                                          8,871               8,737
         建物
                                          9,320               9,393
         土地
                                           17               19
         リース資産
         建設仮勘定                                   0               -
                                          1,519               1,420
         その他の有形固定資産
                                          1,256               1,112
       無形固定資産
                                          1,013                 786
         ソフトウエア
                                            5               92
         リース資産
                                           237               233
         その他の無形固定資産
                                          1,258               1,797
       繰延税金資産
                                          2,769               2,693
       支払承諾見返
                                         △ 8,951              △ 7,758
       貸倒引当金
                                        1,483,918               1,590,062
       資産の部合計
      負債の部
                                      ※6  1,349,389             ※6  1,369,182
       預金
                                          5,000               59,710
       譲渡性預金
                                                       ※6  11,219
       コールマネー                                     -
                                       ※6  25,999             ※6  47,529
       借用金
                                            5               1
       外国為替
                                       ※10  10,000             ※10  10,000
       社債
                                          6,439               6,347
       その他負債
                                           506               496
       賞与引当金
                                          3,142               1,071
       退職給付に係る負債
                                           93               85
       役員退職慰労引当金
                                           43               40
       睡眠預金払戻損失引当金
                                                           24
       繰延税金負債                                     -
                                          2,769               2,693
       支払承諾
                                        1,403,389               1,508,403
       負債の部合計
      純資産の部
                                          8,670               8,670
       資本金
                                          5,272               5,272
       資本剰余金
                                         61,202               63,608
       利益剰余金
                                          △ 298              △ 300
       自己株式
                                         74,847               77,250
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                  5,218               3,496
                                            0               28
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 882              △ 598
       退職給付に係る調整累計額
       その他の包括利益累計額合計                                  4,335               2,926
       新株予約権                                    18               41
                                          1,327               1,440
       非支配株主持分
                                         80,528               81,659
       純資産の部合計
                                        1,483,918               1,590,062
      負債及び純資産の部合計
                                 43/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
       ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         29,539              28,760
      経常収益
                                         17,348              16,444
       資金運用収益
                                         13,426              12,445
         貸出金利息
                                          3,842              3,905
         有価証券利息配当金
                                            1              2
         コールローン利息
                                           77              84
         預け金利息
                                            0              7
         その他の受入利息
                                          8,430              8,655
       役務取引等収益
                                          2,459              1,822
       その他業務収益
                                        ※1  1,301            ※1  1,837
       その他経常収益
                                         24,550              24,811
      経常費用
                                          1,062               824
       資金調達費用
                                           846              494
         預金利息
                                           43               ▶
         譲渡性預金利息
                                           10              162
         コールマネー利息
                                           68              52
         借用金利息
                                           88              88
         社債利息
                                            5              23
         その他の支払利息
                                          4,751              5,031
       役務取引等費用
                                           894             2,032
       その他業務費用
                                       ※2  16,457            ※2  16,409
       営業経費
                                          1,384               513
       その他経常費用
                                           943              147
         貸倒引当金繰入額
                                         ※3  440            ※3  365
         その他の経常費用
                                          4,989              3,948
      経常利益
      特別利益                                                    141
                                            -
                                                         141
       固定資産処分益                                     -
                                           50              46
      特別損失
                                            2              31
       固定資産処分損
                                         ※4  47            ※4  14
       減損損失
                                          4,939              4,043
      税金等調整前当期純利益
                                          1,465               752
      法人税、住民税及び事業税
                                           111              206
      法人税等調整額
                                          1,577               958
      法人税等合計
                                          3,362              3,085
      当期純利益
                                           63              106
      非支配株主に帰属する当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益                                    3,299              2,978
                                 44/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                          3,362              3,085
      当期純利益
                                       ※1  △  2,990           ※1  △  1,400
      その他の包括利益
                                         △ 1,959             △ 1,713
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 0              28
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 1,030               283
       退職給付に係る調整額
                                           372             1,684
      包括利益
      (内訳)
                                           309             1,568
       親会社株主に係る包括利益
                                           62              115
       非支配株主に係る包括利益
                                 45/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自         平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)
                                        (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
                  8,670      5,272      58,475       △ 294     72,125
     当期首残高
     当期変動額
                                △ 572            △ 572
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                3,299             3,299
      る当期純利益
                                       △ ▶     △ ▶
      自己株式の取得
      自己株式の処分                    ―              ―      ―
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                2,726        △ ▶    2,722
     当期変動額合計               ―      ―
                  8,670      5,272      61,202       △ 298     74,847
     当期末残高
                       その他の包括利益累計額

                                          新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券             退職給付に係る       その他の包括利
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整累計額      益累計額合計
                  7,177        0      147      7,325            1,266      80,717
     当期首残高                                         ―
     当期変動額
                                                         △ 572
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                         3,299
      る当期純利益
                                                          △ ▶
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                                     ―
      株主資本以外の項目
                  △ 1,959       △ 0    △ 1,030      △ 2,989       18      60    △ 2,910
      の当期変動額(純
      額)
                  △ 1,959       △ 0    △ 1,030      △ 2,989       18      60     △ 188
     当期変動額合計
                  5,218        0     △ 882      4,335       18     1,327      80,528
     当期末残高
      当連結会計年度(自         平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)

                                        (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
                  8,670      5,272       61,202       △ 298     74,847
     当期首残高
     当期変動額
                                △ 572            △ 572
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                2,978             2,978
      る当期純利益
                                       △ 2     △ 2
      自己株式の取得
                         △ 0              0      0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                         △ 0     2,405        △ 2    2,403
     当期変動額合計               -
                  8,670      5,272       63,608       △ 300     77,250
     当期末残高
                       その他の包括利益累計額

                                          新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券             退職給付に係る       その他の包括利
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整累計額      益累計額合計
                  5,218        0     △ 882      4,335       18     1,327      80,528
     当期首残高
     当期変動額
                                                         △ 572
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                         2,978
      る当期純利益
                                                          △ 2
      自己株式の取得
                                                           0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
                  △ 1,721       28      283     △ 1,409       22      113    △ 1,273
      の当期変動額(純
      額)
                  △ 1,721       28      283     △ 1,409       22      113     1,130
     当期変動額合計
                  3,496       28      △ 598      2,926       41     1,440      81,659
     当期末残高
                                 46/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                   至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           4,939              4,043
       税金等調整前当期純利益
                                           1,256              1,213
       減価償却費
                                             47              14
       減損損失
                                           △ 939            △ 1,192
       貸倒引当金の増減(△)
                                            △ 15             △ 9
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                            477
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                                    -
                                            780            △ 2,071
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                            △ 13             △ 7
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                            △ 1             △ 2
       睡眠預金払戻損失引当金の増減(△)
                                          △ 17,348             △ 16,444
       資金運用収益
                                           1,062               824
       資金調達費用
                                          △ 2,730             △ 1,673
       有価証券関係損益(△)
                                            △ 12             △ 12
       金銭の信託の運用損益(△は運用益)
                                             2            △ 109
       固定資産処分損益(△は益)
                                           △ 167             △ 60
       商品有価証券の純増(△)減
       貸出金の純増(△)減                                  △ 19,519             △ 2,565
                                          △ 50,349              19,793
       預金の純増減(△)
                                          △ 63,215              54,710
       譲渡性預金の純増減(△)
                                           6,211             21,529
       借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減(△)
                                            △ 25            △ 214
       預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減
                                                        11,219
       コールマネー等の純増減(△)                                      -
                                            △ 87             △ 9
       外国為替(資産)の純増(△)減
                                            △ 21             △ ▶
       外国為替(負債)の純増減(△)
                                           △ 543             △ 64
       リース債権及びリース投資資産の純増(△)減
                                           17,699              16,728
       資金運用による収入
                                          △ 1,086              △ 895
       資金調達による支出
                                            758           △ 15,852
       その他
                                         △ 122,841              88,887
       小計
                                          △ 1,553             △ 1,444
       法人税等の支払額
                                         △ 124,395              87,442
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 320,066             △ 274,114
       有価証券の取得による支出
                                          332,100              244,457
       有価証券の売却による収入
                                           51,976              28,609
       有価証券の償還による収入
                                             12              12
       金銭の信託の減少による収入
                                          △ 1,099              △ 912
       有形固定資産の取得による支出
                                           △ 693             △ 107
       無形固定資産の取得による支出
                                            109              363
       有形固定資産の売却による収入
                                           62,340             △ 1,690
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            △ 70             △ 11
       リース債務の返済による支出
                                            △ ▶             △ 2
       自己株式の取得による支出
                                                           0
       自己株式の売却による収入                                      -
                                           △ 570             △ 570
       配当金の支払額
                                            △ 2             △ 2
       非支配株主への配当金の支払額
                                           △ 647             △ 586
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            △ 0              5
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                          △ 62,703              85,171
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                          192,500              129,797
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1  129,797            ※1  214,968
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 47/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)連結子会社        7 社
        主要な連結子会社名は、「第1                企業の概況       4.関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
      (2)非連結子会社
           該当事項はありません。
     2.持分法の適用に関する事項

      (1)持分法適用の非連結子会社
           該当事項はありません。
      (2)持分法適用の関連会社
           該当事項はありません。
      (3)持分法非適用の非連結子会社
           該当事項はありません。
      (4)持分法非適用の関連会社
           該当事項はありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の決算日は次のとおりであります。
        3月末日      7社
     4.開示対象特別目的会社に関する事項

       該当事項はありません。
     5.会計方針に関する事項

      (1)商品有価証券の評価基準及び評価方法
        商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)により行っております。
      (2)有価証券の評価基準及び評価方法
        有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、その他有価証券に
       ついては原則として連結決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、ただ
       し時価を把握することが極めて困難と認められるものについては移動平均法による原価法により行っております。
        なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
      (3)デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
        デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
      (4)固定資産の減価償却の方法
       ①有形固定資産(リース資産を除く)
        当行の有形固定資産は、定率法(ただし、平成10年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並び
       に平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
        また、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物  :5年~50年
            その他:3年~20年
        連結子会社の有形固定資産については、資産の見積耐用年数に基づき、主として定額法により償却しておりま
       す。
       ②無形固定資産(リース資産を除く)
        無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウエアについては、当行及び連結子
       会社で定める利用可能期間(主として5年)に基づいて償却しております。
       ③リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」及び「無形固定資産」中のリース資産は、リー
       ス期間を耐用年数とした定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の
       取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
                                 48/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      (5)貸倒引当金の計上基準
        当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
        「銀行等金融機関の資産の自己査定並びに貸倒償却及び貸倒引当金の監査に関する実務指針」(日本公認会計士
       協会銀行等監査特別委員会報告第4号 平成24年7月4日)に規定する正常先債権及び要注意先債権に相当する債
       権については、一定の種類毎に分類し、過去の一定期間における各々の貸倒実績から算出した貸倒実績率等に基づ
       き計上しております。破綻懸念先債権に相当する債権については、債権額から担保の処分可能見込額及び保証によ
       る回収可能見込額を控除し、その残額のうち必要と認める額を計上しております。破綻先債権及び実質破綻先債権
       に相当する債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除した残額を
       計上しております。
        すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産
       監査部署が査定結果を監査しております。
        連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念債
       権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
      (6)賞与引当金の計上基準
        賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年
       度に帰属する額を計上しております。
      (7)役員退職慰労引当金の計上基準
        役員退職慰労引当金は、連結子会社7社の役員への退職慰労金の支払いに備えるため、役員に対する退職慰労金
       の支給見込額のうち、当連結会計年度末までに発生していると認められる額を計上しております。
      (8)睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
        睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払
       戻請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
      (9)退職給付に係る会計処理の方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については給付
       算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりでありま
       す。
         過去勤務費用           :その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主として3年)による定額法に
                  より損益処理
         数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主として10年)に
                  よる定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理
        なお、連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を
       退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (10)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        当行の外貨建資産・負債は、連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
      (11)リース取引の収益・費用の計上基準
        ファイナンス・リース取引に係る収益・費用の計上基準については、リース料受取時に売上高と売上原価を計上
       する方法によっております。
      (12)重要なヘッジ会計の方法
       (イ)金利リスク・ヘッジ
         当行の金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における金融商品会計基
        準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号 平成14年2月13
        日。以下、「業種別監査委員会報告第24号」という。)                          に規定する繰延ヘッジによっております。ヘッジ有効性
        評価の方法については、相場変動を相殺するヘッジについて、ヘッジ対象となる預金・貸出金等とヘッジ手段で
        ある金利スワップ取引等を一定の(残存)期間毎にグルーピングのうえ特定し評価しております。また、キャッ
        シュ・フローを固定するヘッジについては、ヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素の相関関係の検証により有
        効性の評価をしております。
       (ロ)為替変動リスク・ヘッジ
         当行の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨
        建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第25号 
        平成14年7月29日。以下、「業種別監査委員会報告第25号」という。)に規定する繰延ヘッジによっておりま
        す。ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨ス
        ワップ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ
        手段の外貨ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
      (13)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及び日本
       銀行への預け金であります。
      (14)消費税等の会計処理
        当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 49/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (会計方針の変更)
       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
      告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築
      物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
       なお、当連結会計年度において連結財務諸表に与える影響は軽微であります。 
     (追加情報)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会
      計年度から適用しております。
     (連結貸借対照表関係)

     ※1.貸出金のうち破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     破綻先債権額                          2,322百万円                  2,132百万円
     延滞債権額                         21,755百万円                 17,903百万円
      なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の
     取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下、
     「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号イからホま
     でに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
      また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的
     として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
     ※2.貸出金のうち3ヵ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     3ヵ月以上延滞債権額                          304百万円                 339百万円
      なお、3ヵ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で破綻
     先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
     ※3.貸出金のうち貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     貸出条件緩和債権額                         2,947百万円                 2,568百万円
      なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、
     元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3ヵ月以上
     延滞債権に該当しないものであります。
     ※4.破綻先債権額、延滞債権額、3ヵ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     合計額                         27,329百万円                 22,943百万円
      なお、上記1.から4.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
     㯿ᗿ๢䭟扒牟ᔰ漰İ౩浺⹒╶ﭙ푔ᩘㅔ䩻Ⰰ㈀㑓ര歗侮攰䶑톇赓홟ᔰ栰地晑ذ地昰䨰訰縰夰Ȱ匰谰欰蠰詓휰兑攰

       た銀行引受手形、商業手形、荷付為替手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分で
       きる権利を有しておりますが、その額面金額は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                              7,960百万円                 6,412百万円
     ※6.担保に供している資産は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     担保に供している資産
        有価証券                     30,507百万円                 47,905百万円
        リース債権及びリース投資資産                       573百万円                 508百万円
        現金預け金(その他資産)                       19百万円               12,621百万円
                              31,100百万円                 61,034百万円
                 計
     担保資産に対応する債務
        預金                      1,149百万円                 3,992百万円
        コールマネー                        ―百万円               11,219百万円
        借用金                     20,639百万円                 41,167百万円
                                 50/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      上記のほか、為替決済等の取引の担保として、次のものを差し入れております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     有価証券                         11,140百万円                 10,109百万円
     現金預け金(その他資産)                           ―百万円               2,000百万円
      また、その他資産には、保証金が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     保証金                          565百万円                 580百万円
     

       約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。こ
       れらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                             258,487百万円                 290,622百万円
     融資未実行残高
                             257,355百万円                 289,271百万円
       うち原契約期間が1年以内のもの
      (又は任意の時期に無条件で取消可
       能なもの)
       うち総合口座未実行残高
                             116,823百万円                 114,292百万円
      なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも当行
     及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢
     の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行及び連結子会社が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は
     契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有
     価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内(社内)手続に基づき顧客の業況等を把握し、必
     要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
     ※8.有形固定資産の減価償却累計額

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                             20,691                 20,369
     減価償却累計額                            百万円                 百万円
     ※9.有形固定資産の圧縮記帳額

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     圧縮記帳額
                               802百万円                 422百万円
                               (―百万円)                 (―百万円)
     (当該連結会計年度の圧縮記帳額)
     ※10.社債は、劣後特約付社債であります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     劣後特約付社債                         10,000百万円                 10,000百万円
     ※11.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                               550百万円                 700百万円
                                 51/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (連結損益計算書関係)
     ※1.その他経常収益には、次のものを含んでおります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
     株式等売却益                          929百万円                1,433百万円
     ※2.営業経費には、次のものを含んでおります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
     給料・手当                         9,158百万円                 8,991百万円
     退職給付費用                          380百万円                 578百万円
     ※3.その他の経常費用には、次のものを含んでおります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
     貸出金償却                           65百万円                  ―百万円
     株式等売却損                           59百万円                 64百万円
     株式等償却                           ―百万円                 93百万円
     

       当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
     稼働資産
         地域                         静岡県内                 静岡県内
         主な用途                        営業店舗8か所                 営業店舗5か所
         種類                       土地、建物及び動産                   土地及び建物
                                               14百万円
         減損損失                         47百万円
     減損損失合計                         47百万円                 14百万円
         土地                         11百万円                  4百万円
         建物                         35百万円                 10百万円
         動産                          0百万円                 ―百万円
      当行及び連結子会社は、減損損失の算定にあたり、管理会計上の最小区分である営業店単位(ただし、連携して営業
     を行っている営業店グループは当該グループ単位)でグルーピングを行っております。また、遊休資産については、
     各々独立した単位として取り扱っております。
      なお、当該資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、「不動産鑑定評価基準」等に基づい
     て評価した額から処分費用見込額を控除して算定しております。
     (連結包括利益計算書関係)

     ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                        △187百万円                 △867百万円
                             △2,724百万円                 △1,700百万円
      組替調整額
       税効果調整前
                             △2,911百万円                 △2,568百万円
                               951百万円                 854百万円
       税効果額
       その他有価証券評価差額金                      △1,959百万円                 △1,713百万円
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                          0百万円                 47百万円
                               △0百万円                 △6百万円
      組替調整額
       税効果調整前
                               △0百万円                  41百万円
                                0百万円                △12百万円
       税効果額
       繰延ヘッジ損益                        △0百万円                  28百万円
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                       △1,474百万円                   204百万円
                               △2百万円                 200百万円
      組替調整額
       税効果調整前
                             △1,476百万円                   405百万円
                               446百万円                △121百万円
       税効果額
       退職給付に係る調整額                      △1,030百万円                   283百万円
                             △2,990百万円                 △1,400百万円
      その他の包括利益合計
                                 52/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
     1. 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                    (単位:株)
              当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                     摘要
               期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
     発行済株式
       普通株式            9,600,218             ―         ―     9,600,218
        合計         9,600,218             ―         ―     9,600,218
     自己株式
       普通株式              62,115         1,367           ―      63,482       (注)
        合計           62,115         1,367           ―      63,482
     (注)自己株式の変動事由
             増加数の内訳は次のとおりであります。
          単元未満株式の買取りによる増加                  1,367株
     2. 新株予約権に関する事項

                            新株予約権の目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                               当連結会計
          新株予約権
                   目的となる                              年度末残高
     区分                            当連結会計年度                      摘要
                          当連結会計                 当連結会
           の内訳
                   株式の種類                              (百万円)
                           年度期首                 計年度末
                                  増加     減少
         ストック・オプ
     当行   ションとしての新                        ―                    18
           株予約権
          合 計                        ―                    18
     3. 配当に関する事項

     (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
     平成27年6月19日
                普通株式            286         30  平成27年3月31日         平成27年6月22日
     定時株主総会
     平成27年11月13日
                普通株式            286         30  平成27年9月30日         平成27年12月10日
     取締役会
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                     配当金の
               株式の             配当の
                                  1株当たり配
        (決議)              総額                     基準日        効力発生日
                                  当額(円)
                種類             原資
                     (百万円)
     平成28年6月23日
               普通株式          286   利益剰余金           30  平成28年3月31日         平成28年6月24日
      定時株主総会
                                 53/93









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
     1. 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                    (単位:株)
              当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                     摘要
               期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
     発行済株式
       普通株式            9,600,218             ―         ―     9,600,218
        合計         9,600,218             ―         ―     9,600,218
     自己株式
       普通株式              63,482          996         112       64,366       (注)
        合計           63,482          996         112       64,366
     (注)自己株式の変動事由
             増加数の内訳は次のとおりであります。
          単元未満株式の買取りによる増加                          996株
         減少数の内訳は次のとおりであります。
          単元未満株式の買増請求による減少   112株
     2. 新株予約権に関する事項

                            新株予約権の目的となる株式の数(株)
                   新株予約権の                               当連結会計
          新株予約権
                   目的となる                              年度末残高
     区分                            当連結会計年度                      摘要
                          当連結会計                 当連結会
           の内訳
                   株式の種類                              (百万円)
                           年度期首                 計年度末
                                  増加     減少
         ストック・オプ
     当行   ションとしての新                        ―                    41
           株予約権
          合 計                        ―                    41
     3. 配当に関する事項

     (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
     平成28年6月23日
                普通株式            286         30  平成28年3月31日         平成28年6月24日
     定時株主総会
     平成28年11月11日
                普通株式            286         30  平成28年9月30日         平成28年12月9日
     取締役会
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                     配当金の
               株式の             配当の
                                  1株当たり配
        (決議)              総額                     基準日        効力発生日
                                  当額(円)
                種類             原資
                     (百万円)
     平成29年6月23日
               普通株式          286   利益剰余金           30  平成29年3月31日         平成29年6月26日
      定時株主総会
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
        現金預け金勘定                    131,417百万円                  216,802百万円
        預け金(日銀預け金を除く)                    △1,619百万円                  △1,833百万円
        現金及び現金同等物
                             129,797百万円                  214,968百万円
                                 54/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (リース取引関係)
     1. ファイナンス・リース取引
     (借手側)
      (1) 所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①リース資産の内容
       (ア)有形固定資産
         主として、電子計算機、ATM、事務機器及び車両等であります。
       (イ)無形固定資産
         ソフトウエアであります。
       ②リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「5.会計方針に関する事項」の「(4)固定資産の減価償却の
        方法」に記載のとおりであります。
     (貸手側)
      (1)リース投資資産の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
        リース料債権部分                          11,047百万円                 11,269百万円
        見積残存価額部分                            13百万円                 13百万円
        受取利息相当額                          △1,273百万円                 △1,293百万円
               合 計                    9,787百万円                 9,989百万円
      (2)リース投資資産に係るリース料債権部分の金額の回収期日別内訳

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
        1年以内                           3,104百万円                 3,311百万円
        1年超2年以内                           2,794百万円                 2,603百万円
        2年超3年以内                           1,996百万円                 1,861百万円
        3年超4年以内                           1,292百万円                 1,411百万円
        4年超5年以内                            887百万円                1,001百万円
        5年超                            971百万円                1,079百万円
               合  計                    11,047百万円                 11,269百万円
        リース契約の締結日が平成20年4月1日前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、会計基準適用
       初年度の前連結会計年度末における賃貸資産の帳簿価額(減価償却累計額控除後)をリース投資資産の期首の価額
       として計上しております。
        また、当該リース投資資産に関しては、会計基準適用後の残存期間における利息相当額の各期への配分方法は、
       定額法によっております。
        このため、リース取引開始日に遡及してリース会計基準を適用した場合に比べ、前連結会計年度の税金等調整前
       当期純利益は1百万円、当連結会計年度の税金等調整前当期純利益は0百万円多く計上されております。
       2.オペレーティング・リース取引

        借手側、貸手側ともに該当事項はありません。
                                 55/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当行グループは、銀行業務を中心にリース業務・クレジットカード業務などの金融サービスに係る業務を行って
       おります。当行では、金利変動を伴う金融資産及び金融負債を有しているため、金利変動リスクの回避等を目的と
       して、資産・負債の総合的管理(ALM)を行っており、その一環として、デリバティブ取引を行っております。
        また、当行の一部の連結子会社には、信用保証業務を行っている子会社があります。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        当行グループが保有する金融資産は、主に貸出金及び有価証券であり、金融負債は、主に預金、借入金及び社債
       となっております。また、リース業務を行う連結子会社において、リース資産を保有しております。
        貸出金は、主として国内の取引先に対するものであり、顧客の債務不履行によってもたらされる信用リスクに晒
       されております。貸出金は、経済環境等の状況変化により、契約条件に従った債務履行がなされない可能性があり
       ます。
        有価証券は、主に債券、株式、投資信託であり、純投資目的及び事業推進目的で保有しているほか、商品有価証
       券を売買目的で保有しております。これらは、それぞれ発行体の信用リスク及び金利変動リスク、価格変動リスク
       に、外貨建債券については為替変動リスクに晒されております。
        預金、借入金及び社債は、一定の環境の下で当行及び当行グループが市場で調達できない場合、支払期日にその
       支払を実行できなくなるなど、流動性リスクに晒されております。
        当行の保有する金融商品は、資産・負債ともに変動金利または期間1年以内の短期間のものでの資金運用及び資
       金調達が中心となっております。固定金利による資金運用及び資金調達については、金利変動リスクに晒されてい
       ることから、円金利スワップ取引を行うことによって当該リスクを回避しております。
        外貨建債権債務については、為替変動リスクに晒されており、為替スワップ取引を行うことにより当該リスクを
       回避しております。
        ALMの一環として、デリバティブ取引(円金利スワップ取引)を行っております。当行では、これらをヘッジ
       手段として、ヘッジ対象である預金・貸出金に係る金利変動リスクに対してヘッジ会計を適用しております。
        ヘッジ有効性評価の方法に関しては、相場変動を相殺するヘッジについて、ヘッジ対象となる預金・貸出金等と
       ヘッジ手段である金利スワップ取引等を一定の(残存)期間毎にグルーピングのうえ特定し評価しております。
        キャッシュ・フローを固定するヘッジについて、ヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素の相関関係の検証によ
       り有効性の評価をしております。
        一部の連結子会社では、貸出金や株式による資金運用及び借入金による資金調達を行っております。当該金融商
       品は金利変動リスク、流動性リスク、価格変動リスク及び信用リスク等に晒されております。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

        当行グループでは、経営の健全性を確保するため、「統合的リスク管理規程」を定め、統合的リスク管理態勢を
       構築しております。これに基づき、各リスクカテゴリーにリスク所管部門を設置するとともに、具体的な管理の方
       法等を定めた、リスク管理規則及びリスク管理手続等を制定しております。また、当行が抱えるリスクを一元的に
       管理するため、総合統括部にリスク統括室を設置しております。
      ①信用リスクの管理
        当行グループは、「統合的リスク管理規程」に基づき、審査部をリスク所管部門としております。
        信用リスクに関する各種の情報については、速やかに取締役会等に報告がなされ、的確かつ迅速な与信判断を行
       うことができる態勢としております。
        また、貸出先の信用リスクを統一的な尺度で測るため信用格付制度を導入し、リスク量の計測や適切なポート
       フォリオ管理に努め、リスクの分散と安定した収益確保に努めております。
      ②市場リスクの管理
      ⅰ.金利リスクの管理
        当行では、金利リスクは、市場リスクの一つとして位置付け、管理しております。市場リスク管理については、
       取締役会にて承認された「統合的リスク管理規程」において、総合統括部リスク統括室をリスク所管部門としてお
       ります。債券等の時価評価及び金利リスクに関する情報は日次管理しており、総合統括部担当取締役、市場営業部
       担当取締役に報告されております。
                                 56/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
        預金、貸出金及びオフバランス取引等の金利リスクについては、月次管理しております。
        これら金利リスクの状況は、ALM体制の枠組みの中で、月次で経営会議及びALM収益管理委員会に報告され
       ております。
        連結子会社の金利リスクについては、資産・負債の構成が、銀行単体に比して少額であることから、リスク計測
       をしておりません。
      ⅱ.為替リスクの管理
        当行では、為替の変動リスクに関して、外貨建資産及び負債ごとに管理しており、先物為替予約等を利用し、リ
       スク回避を行っております。
      ⅲ.価格変動リスクの管理
        当行では、出資等または株式等エクスポージャーは、市場リスクの一つとして位置付け、管理しております。
        株式等の時価評価及び価格変動リスクに関する情報は日次管理しており、総合統括部担当取締役、市場営業部担
       当取締役に報告されております。
        出資等または株式等エクスポージャーの価格変動リスクについては、他の市場リスクのリスクファクターととも
       に、経営会議やALM収益管理委員会に報告されております。
        連結子会社の保有する出資等または株式等エクスポージャーは、非上場株式が中心であり、価格変動の影響が軽
       微であることから、リスク計測を行っておりません。
      ⅳ.デリバティブ取引
        当行では、デリバティブ取引に関して、当行の金利変動等のリスクヘッジを目的としてデリバティブ取引に取り
       組んでおり、仕組みが複雑で投機的な取引は行わない方針であります。デリバティブ取引の状況については、月次
       で管理しており、ALM体制の枠組みの中で、経営会議、ALM収益管理委員会に報告されております。
      ⅴ.市場リスクに係る定量的情報
      (ア)トレーディング目的の金融商品
        当行グループにおいて、売買目的有価証券を有する会社は当行のみであります。売買目的有価証券として保有し
       ている有価証券は、「商品有価証券」であり、当該有価証券のリスク管理については、バリュー・アット・リスク
       (VaR)を用いて算出しております。
        VaRの算定にあたっては、分散共分散法(保有期間20日、信頼区間99%、観測期間720日)を採用しており、平成29
       年3月31日におけるVaRは3百万円であります。
      (イ)トレーディング目的以外の金融商品
        当行グループにおいて、主要なリスク変数である金利リスク及び価格変動リスクの影響を受ける主な金融商品
       は、「貸出金」、「有価証券」の債券、株式及び投資信託、「預金」、「社債」及び「デリバティブ取引」のうち
       の金利スワップ取引であります。なお、当行グループのうち、当行以外では、金利リスク及び価格変動リスクの影
       響を受ける金融商品の保有額が僅少であるため、リスク管理の対象としておりません。
        これらの金融資産及び金融負債について、金利の変動リスクの管理にあたり、VaRを用いて定量的に分析し、内部
       管理に利用しております。
        VaRの算定にあたっては、分散共分散法(信頼区間99%、観測期間720日)を採用しております。保有期間について
       は、金融商品の保有目的などに応じて20日、60日、240日のいずれかを適用しております。
        平成29年3月31日におけるVaRは、貸出金、有価証券、預金及び金利スワップ取引の合計で17,895百万円でありま
       す。
        上記(ア)(イ)のVaRは、過去の相場変動を基に統計的な手法で算出した、一定の確率で発生しうる市場リスク
       量を表しており、過去の観測期間内の相場変動に比して著しく大きな変動を伴う市場環境においては、そのリスク
       を正確に捕捉できない場合があります。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、
       当該価額が異なることもあります。
                                 57/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難
     と認められる非上場株式等は、次表には含めておりません((注2)参照)。
     前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                           時価          差額
                                計上額
      (1)現金預け金                             131,417          131,417             ―
      (2)有価証券
        満期保有目的の債券                              8,000          8,156           156
        その他有価証券                             244,435          244,435             ―
      (3)貸出金                            1,065,150
                                   △8,634
        貸倒引当金(*1)
                                 1,056,516          1,059,172            2,655
      資産計                            1,440,369          1,443,182            2,812
      (1)預金                            1,349,389          1,349,568             178
      (2)譲渡性預金                              5,000          5,000            ―
      (3)借用金                             25,999          25,977           △21
      (4)社債                             10,000          10,132            132
      負債計                            1,390,389          1,390,679             289
      デリバティブ取引(*2)
        ヘッジ会計が適用されていないもの                               346          346           ―
        ヘッジ会計が適用されているもの                               (0)          (0)           ―
      デリバティブ取引計                               346          346           ―
     (*1)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で表示しております。
     当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                           時価          差額
                                計上額
      (1)現金預け金                             216,802          216,802             ―
      (2)有価証券
        満期保有目的の債券                              8,000          8,005            5
        その他有価証券                             244,074          244,074             ―
      (3)貸出金                            1,067,716
        貸倒引当金(*1)                             △7,482
                                 1,060,233          1,062,316            2,082
      資産計                            1,529,110          1,531,199            2,088
      (1)預金                            1,369,182          1,369,404             221
      (2)譲渡性預金                             59,710          59,710             ―
      (3)コールマネー                             11,219          11,219             ―
      (4)借用金                             47,529          47,549            19
      (5)社債                             10,000          10,060            60
      負債計                            1,497,641          1,497,943             302
      デリバティブ取引(*2)
        ヘッジ会計が適用されていないもの                               (66)          (66)           ―
        ヘッジ会計が適用されているもの                               48          48           ―
      デリバティブ取引計                               (18)          (18)           ―
     (*1)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
     (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で表示しております。
                                 58/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (注1)金融商品の時価の算定方法
      資  産
      (1)現金預け金
        現金預け金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      (2)有価証券

        株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によっております。投資信託
       は、公表されている基準価格によっております。
        自行保証付私募債は、貸出金に準じた方法で時価を算定しております。
        なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「(有価証券関係)」に記載しております。
      (3)貸出金

        貸出金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、貸出先の信用状態が実行後大きく異
       なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。固定金利によ
       るものは、貸出金の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額を同様の新規貸出を行った場合
       に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。なお、約定期間が短期間(1年以内)のものは、時価は
       帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
        また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フローの現在価値
       又は担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は連結決算日における連結
       貸借対照表上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を控除した金額に近似しており、当該価額を時価としておりま
       す。
        貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものについて
       は、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価額を時価
       としております。
     負  債

      (1)預金、及び(2)譲渡性預金
        要求払預金については、連結決算日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしております。また、
       定期預金の時価は、一定の期間ごとに区分して、将来のキャッシュ・フローを割り引いて現在価値を算定しており
       ます。その割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率を用いております。なお、預入期間が短期間(1
       年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      (3)コールマネー

        コールマネーについては、約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当
       該帳簿価額を時価としております。
      (4)借用金

        借用金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当行及び連結子会社の信用状態は実
       行後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額を時価とし
       ております。固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該借用金の元利金の合計額(金利スワップの特例
       処理の対象とされた借用金については、その金利スワップのレートによる元利金の合計額)を同様の借入において想
       定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。なお、約定期間が短期間(1年以内)のものは、時価は
       帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      (5)社債

        当行の発行する社債の時価は、市場価格(第三者機関が公表する債券標準価格)によっております。
     デリバティブ取引

       デリバティブ取引については、「(デリバティブ取引関係)」に記載しております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額は次のとおりであり、金融商

         品の時価情報の「資産(2)その他有価証券」には含まれておりません。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                 区分
                                (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       ①非上場株式(*1)(*2)                                   1,344              1,417
       ②組合出資金(*3)                                    202              211
       ③その他                                     0              0
                 合計                        1,547              1,629
     (*1)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の
         対象とはしておりません。
     (*2)前連結会計年度において、非上場株式については減損処理を行っておりません。
         当連結会計年度において、非上場株式について26百万円減損処理を行っております。
     (*3)組合出資金のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められるもので構成され
         ているものについては、時価開示の対象とはしておりません。
                                 59/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            1年超       3年超       5年超       7年超
                     1年以内                                 10年超
                           3年以内       5年以内       7年以内       10年以内
       預け金               113,235          ―       ―      ―       ―       ―
       有価証券                30,805       60,133       41,697       37,453       51,643       8,000
         満期保有目的の債券                   ―       ―       ―      ―       ―    8,000
           うち国債                   ―      ―         ―      ―       ―       ―
               地方債                   ―       ―       ―      ―       ―       ―
               社債                   ―       ―       ―      ―       ―       ―
               その他                   ―       ―       ―      ―       ―    8,000
         その他有価証券の
                       30,805       60,133       41,697       37,453       51,643         ―
         うち満期があるもの
           うち国債                15,060       15,133         ―    31,867       5,227         ―
               地方債                 1,131       2,578       2,900      1,936      26,897         ―
               社債                 2,322      23,042       15,329       3,650      19,518         ―
               その他                12,291       19,379       23,467         ―       ―       ―
       貸出金(*)               108,061       109,091       128,852       77,134       97,637      408,838
            合計          252,102       169,224       170,549      114,587       149,280       416,838
     (*)貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない24,077百万円、期
        間の定めのないもの111,458百万円は含めておりません。
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                            1年超       3年超       5年超       7年超
                     1年以内                                 10年超
                           3年以内       5年以内       7年以内       10年以内
       預け金               197,954          ―       ―      ―       ―       ―
       有価証券                20,231       50,024       41,358       24,641       49,363       29,388
         満期保有目的の債券                   ―       ―       ―      ―    3,000       5,000
           うち国債                   ―       ―       ―      ―       ―       ―
               地方債                   ―       ―       ―      ―       ―       ―
               社債                   ―       ―       ―      ―       ―       ―
               その他                   ―       ―       ―      ―    3,000       5,000
         その他有価証券の
                       20,231       50,024       41,358       24,641       46,363       24,388
         うち満期があるもの
           うち国債                10,026       5,039      10,534       10,416       5,021      24,388
               地方債                 1,857       2,020       2,637      3,956      11,905         ―
               社債                 7,343      24,209       8,417      9,444      12,980         ―
               その他                 1,003      18,755       19,769        823     16,456         ―
       貸出金(*)               110,727       92,683      133,886       77,533       91,362      432,991
            合計          328,913       142,708       175,245      102,174       140,725       462,379
     (*)貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない20,035百万円、期
        間の定めのないもの108,495百万円は含めておりません。
     (注4)預金、社債及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            1年超      3年超      5年超      7年超
                     1年以内                                 10年超
                            3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
       預金(*)               1,280,793        59,544       9,050         ―      ―      ―
       譲渡性預金                 5,000         ―      ―      ―      ―      ―
       借用金                 2,553      16,751       6,592        102        ―      ―
       社債                   ―      ―      ―      ―    10,000         ―
            合計
                     1,288,347        76,296      15,643        102     10,000         ―
      (*)預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                            1年超      3年超      5年超      7年超
                     1年以内                                 10年超
                            3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
       預金(*)               1,268,189        84,007      16,985         ―      ―      ―
       譲渡性預金                59,710         ―      ―      ―      ―      ―
       コールマネー                11,219         ―      ―      ―      ―      ―
       借用金                 7,747      17,377      22,083        320        ―      ―
       社債                   ―      ―      ―    10,000         ―      ―
            合計
                     1,346,866        101,385       39,069      10,320         ―      ―
      (*)預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
                                 60/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (有価証券関係)
      ※1.連結貸借対照表の「有価証券」のほか、「商品有価証券」を含めて記載しております。
      ※2.「子会社株式及び関連会社株式」については、財務諸表における注記事項として記載しております。
     1.売買目的有価証券

                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成28年3月31日)                   (平成29年3月31日)
      連結会計年度の損益に含まれた
                                       ▶                   1
      評価差額(百万円)
     2.満期保有目的の債券

     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                          連結貸借対照表              時価           差額
                   種類
                          計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
                国債                   ―           ―            ―
                地方債                   ―           ―            ―
      時価が連結貸借対
                社債                   ―           ―          ― 
      照表計上額を超え
                その他                6,000           6,313             313
      るもの
                 外国債券                6,000           6,313             313
                   小計              6,000           6,313             313
                国債                   ―           ―            ―
                地方債                   ―           ―            ―
      時価が連結貸借対
                社債                   ―           ―            ―
      照表計上額を超え
                その他                2,000           1,843            △157
      ないもの
                 外国債券                2,000           1,843            △157
                   小計              2,000           1,843            △157
              合計                   8,000           8,156             156
     当連結会計年度(平成29年3月31日)

                          連結貸借対照表              時価           差額
                   種類
                          計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
                国債                   ―           ―            ―
                地方債                   ―           ―            ―
      時価が連結貸借対
                社債                   ―           ―            ―
      照表計上額を超え
                その他                6,000           6,134             134
      るもの
                 外国債券                6,000           6,134             134
                   小計              6,000           6,134             134
                国債                   ―           ―            ―
                地方債                   ―           ―            ―
      時価が連結貸借対
                社債                   ―           ―            ―
      照表計上額を超え
                その他                2,000           1,871            △128
      ないもの
                 外国債券                2,000           1,871            △128
                   小計              2,000           1,871            △128
              合計                   8,000           8,005              5
                                 61/93





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     3.その他有価証券
     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                           連結貸借対照表             取得原価             差額
                   種類
                          計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
                株式                10,878            7,439            3,438
                債券               165,518           161,617             3,900
                  国債                67,287           65,294            1,992
      連結貸借対照表計
                  地方債                35,134           34,213             920
      上額が取得原価を
                  社債                63,096           62,109             987
      超えるもの
                その他                55,159           54,101            1,057
                 外国債券                51,756           51,263             493
                   小計             231,555           223,158             8,397
                株式                5,907           6,951          △1,043
                債券                1,077           1,078             △0
                  国債                   ―           ―           ―
      連結貸借対照表計
                  地方債                  309           310           △0
      上額が取得原価を
                  社債                  767           768           △0
      超えないもの
                その他                5,895           5,967            △72
                 外国債券                3,380           3,410            △30
                   小計             12,880           13,997           △1,117
              合計                  244,435           237,156             7,279
      (注)非上場株式等(貸借対照表計上額1,547百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     当連結会計年度(平成29年3月31日)

                           連結貸借対照表             取得原価             差額
                   種類
                          計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
                株式                17,866           13,784            4,082
                債券               121,732           119,764             1,968
                  国債                41,037           40,248             789
      連結貸借対照表計
                  地方債                18,826           18,437             388
      上額が取得原価を
                  社債                61,868           61,078             790
      超えるもの
                その他                36,129           35,849             279
                 外国債券                28,213           28,056             156
                   小計             175,728           169,398             6,329
                株式                1,727           1,914            △187
                債券                28,466           28,919            △453
                  国債                24,388           24,804            △416
      連結貸借対照表計
                  地方債                3,551           3,585            △33
      上額が取得原価を
                  社債                  526           530           △3
      超えないもの
                その他                38,152           39,129            △977
                 外国債券                28,594           29,153            △558
                   小計             68,345           69,964           △1,618
              合計                  244,074           239,362             4,711
      (注)非上場株式等(貸借対照表計上額1,629百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     4.当連結会計年度中に売却した満期保有目的の債券

      該当事項はありません。
                                 62/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     5.当連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
           種類         売却額(百万円)           売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
      株式                     2,890               929               ―
      債券                    296,073               2,303               468
        国債                    254,793               1,671               451
        地方債                    19,345                292               17
        社債                    21,934                339               ―
      その他                    28,409                153              186
       外国債券                    23,786                 71               ―
           合計               327,374               3,386               655
      当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

           種類         売却額(百万円)           売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
      株式                     5,614              1,433                 ―
      債券                    201,698               1,444              1,211
        国債                    181,480                 978             1,211
        地方債                    20,217                466               ―
        社債                       ―              ―              ―
      その他                    35,009                371              271
       外国債券                    28,736                222              206
           合計               242,321               3,249              1,482
     6.保有目的を変更した有価証券

      該当事項はありません。
     7.減損処理を行った有価証券

      売買目的有価証券以外の有価証券(時価を把握することが極めて困難なものを除く)のうち、当該有価証券の時価が
     取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復する見込みがあると認められないものについては、当
     該時価をもって連結貸借対照表価額とするとともに、評価差額を当該連結会計年度の損失として処理(以下、「減損処
     理」という。)しております。
      前連結会計年度における減損処理はありません。
      当連結会計年度における減損処理額は、株式66百万円であります。
      また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、連結会計年度末日における時価が、取得原価に比べて
     50%以上下落した場合、あるいは時価が30%以上50%未満下落した銘柄について、過去の一定期間における時価の推移
     並びに当該発行会社の業績等を勘案し、回復する見込みがあると認められない場合であります。
     (金銭の信託関係)

     1.運用目的の金銭の信託
      該当事項はありません。
     2.満期保有目的の金銭の信託

      該当事項はありません。
     3.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)

     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                        うち連結貸借対照          うち連結貸借対照
               連結貸借対照表
                          取得原価         差額
                                        表計上額が取得原          表計上額が取得原
                 計上額
                                        価を超えるもの          価を超えないもの
                         (百万円)        (百万円)
                (百万円)
                                          (百万円)          (百万円)
     その他の金銭の信託                1,200         1,200         ―          ―          ―
     当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                        うち連結貸借対照          うち連結貸借対照
               連結貸借対照表
                          取得原価         差額
                                        表計上額が取得原          表計上額が取得原
                 計上額
                                        価を超えるもの          価を超えないもの
                         (百万円)        (百万円)
                (百万円)
                                          (百万円)          (百万円)
     その他の金銭の信託                1,201         1,201         ―          ―          ―
                                 63/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (その他有価証券評価差額金)
      連結貸借対照表に計上されているその他有価証券評価差額金の内訳は、次のとおりであります。
     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                          金額(百万円)
     評価差額                                                  7,279
         その他有価証券                                                  7,279
         その他の金銭の信託                                                    ―
       (△)繰延税金負債                                                  2,051
     その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                  5,228
      (△)非支配株主持分相当額
                                                         10
     その他有価証券評価差額金                                                  5,218
     当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                          金額(百万円)
     評価差額                                                  4,711
         その他有価証券                                                  4,711
         その他の金銭の信託                                                    ―
       (△)繰延税金負債                                                  1,196
     その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                  3,515
      (△)非支配株主持分相当額
                                                         18
     その他有価証券評価差額金                                                  3,496
     (デリバティブ取引関係)

      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの連結決算日における契約額
      又は契約において定められた元本相当額、時価及び評価損益並びに当該時価の算定方法は、次のとおりであります。
      なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
       (1)金利関連取引

         該当事項はありません。
       (2)通貨関連取引

     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                              契約額等のうち1年
      区分        種類       契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                               超のもの(百万円)
           通貨先物                  ―          ―         ―         ―
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
     金融商品
           通貨オプション                  ―          ―         ―         ―
     取引所
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建                 ―          ―         ―         ―
           通貨スワップ                  ―          ―         ―         ―
           為替予約               40,483            63         360         360
            売建
                          39,996            31         372         372
            買建
                            487          31        △12         △12
           通貨オプション                  ―          ―         ―         ―
     店頭
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
           その他                  ―          ―         ―         ―
            売建                 ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
            合計                 ―          ―        360         360
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
                                 64/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(平成29年3月31日)
                              契約額等のうち1年
      区分        種類       契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                               超のもの(百万円)
           通貨先物                  ―          ―         ―         ―
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
     金融商品
           通貨オプション                  ―          ―         ―         ―
     取引所
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
           通貨スワップ                  ―          ―         ―         ―
           為替予約               41,923            64        △31         △31
            売建
                          41,461            34        △40         △40
            買建
                            462          30          9         9
           通貨オプション                  ―          ―         ―         ―
     店頭
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
           その他                  ―          ―         ―         ―
            売建
                             ―          ―         ―         ―
            買建
                             ―          ―         ―         ―
            合計                 ―          ―        △31         △31
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
       (3)株式関連取引

         該当事項はありません。
       (4)債券関連取引

         該当事項はありません。
       (5)商品関連取引

         該当事項はありません。
       (6)クレジット・デリバティブ取引

     前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                契約額等のうち1年
      区分         種類        契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                                超のもの(百万円)
           クレジット・デフォル
                               ―          ―        ―         ―
           ト・オプション
            売建
                               ―          ―        ―         ―
            買建
                               ―          ―        ―         ―
           クレジット・デフォル
                            1,978          1,978         △13         △13
           ト・スワップ
     店頭
            売建
                               ―          ―        ―         ―
            買建
                            1,978          1,978         △13         △13
           その他                    ―          ―        ―         ―
            売建
                               ―          ―        ―         ―
            買建
                               ―          ―        ―         ―
            合計                  ―          ―       △13         △13
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
       3.「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
                                 65/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                契約額等のうち1年
      区分         種類        契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                                超のもの(百万円)
           クレジット・デフォル
                               ―          ―        ―         ―
           ト・オプション
            売建
                               ―          ―        ―         ―
            買建
                               ―          ―        ―         ―
           クレジット・デフォル
                            4,118          4,118         △35         △35
           ト・スワップ
     店頭
            売建                                     ―
                               ―          ―                 ―
            買建
                            4,118          4,118         △35         △35
           その他                    ―          ―        ―         ―
            売建
                               ―          ―        ―         ―
            買建
                               ―          ―        ―         ―
            合計                  ―          ―       △35         △35
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
       3.「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごと、ヘッジ会計の方法別の連結決
      算日における契約額又は契約において定められた元本相当額及び時価並びに当該時価の算定方法は、次のとおりであ
      ります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありませ
      ん。
       (1)金利関連取引

      前連結会計年度(平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                             契約額等のうち
       ヘッジ会計の                     主なヘッジ         契約額等                 時価
                                             1年超のもの
                   種類
         方法                     対象       (百万円)                (百万円)
                                              (百万円)
               金利スワップ
      原則的処理方法          受取固定・支払変動              貸出金             ―         ―       ―
                                         6,000         6,000        44
                受取変動・支払固定
               合計                ―            ―         ―      44
      (注)1.主として「業種別監査委員会報告第24号」に基づき、繰延ヘッジによっております。
         2.時価の算定
           割引現在価値等により算定しております。
       (2)通貨関連取引

      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                         契約額等のうち
       ヘッジ会計の                 主なヘッジ          契約額等                  時価
                 種類                         1年超のもの
         方法                 対象        (百万円)                 (百万円)
                                          (百万円)
       原則的処理方法          為替予約       外貨建の貸出金               391          ―        △0
            合   計
                           ―            ―         ―        △0
      (注)1.主として「業種別監査委員会報告第25号」に基づき、繰延ヘッジによっております。
         2.時価の算定
           割引現在価値等により算定しております。
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                         契約額等のうち
       ヘッジ会計の                 主なヘッジ          契約額等                  時価
                 種類                         1年超のもの
         方法                 対象        (百万円)                 (百万円)
                                          (百万円)
       原則的処理方法          為替予約       外貨建の貸出金               387          ―         ▶
            合   計
                           ―            ―         ―         ▶
      (注)1.主として「業種別監査委員会報告第25号」に基づき、繰延ヘッジによっております。
         2.時価の算定
           割引現在価値等により算定しております。
       (3)株式関連取引

         該当事項はありません。
       (4)債券関連取引

         該当事項はありません。
                                 66/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
      当行は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けており、従業員の退職等に際し
     て割増退職金を支払う場合があります。
      なお、当行において、退職給付信託を設定しております。
      連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                       7,258            8,484
      勤務費用                                       339            393
      利息費用                                       113             57
      数理計算上の差異の発生額                                      1,108              34
      退職給付の支払額                                      △333            △294
      その他                                       △1            △0
     退職給付債務の期末残高                                       8,484            8,674
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     年金資産の期首残高                                       5,374            5,342
      期待運用収益                                       70            73
      数理計算上の差異の発生額                                      △366              238
      事業主からの拠出額                                       412             98
      退職給付の支払額                                      △149            △150
      退職給付信託設定額                                        ―          2,000
     年金資産の期末残高                                       5,342            7,602
     (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産

       の調整表
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                       8,484            8,674
     年金資産                                      △5,342            △7,602
                                            3,142            1,071
     非積立型制度の退職給付債務                                         ―            ―
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                       3,142            1,071
     退職給付に係る負債                                       3,142            1,071

     退職給付に係る資産                                         ―            ―
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                       3,142            1,071
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     勤務費用                                        339            393
     利息費用                                        113             57
     期待運用収益                                       △70            △73
     数理計算上の差異の費用処理額                                        △8            197
     過去勤務費用の費用処理額                                         6            3
     確定給付制度に係る退職給付費用                                        380            578
                                 67/93



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (5)退職給付に係る調整額
      退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     過去勤務費用                                         6            3
     数理計算上の差異                                      △1,483               402
       合計                                      △1,476               405
     (6)退職給付に係る調整累計額

      退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     未認識過去勤務費用                                         3            ―
     未認識数理計算上の差異                                       1,257              855
       合計                                       1,260              855
     (7)年金資産に関する事項

     ① 年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     債券                                      22.6%            10.0%
     株式                                      30.1%            18.1%
     一般勘定                                      43.8%            30.9%
     現金及び預金                                       3.0%            41.0%
     その他                                       0.5%            0.0%
       合計                                      100.0%            100.0%
      (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度5.0%、当連結会計年度
        4.2%、退職一時金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度3.1%、当連結会計年度29.7%含まれて
        おります。
     ② 長期期待運用収益率の設定方法

       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
      な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

      主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                   区分
                                    至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     割引率                                       0.6%            0.6%
     長期期待運用収益率                                       1.5%            1.5%
     3.確定拠出制度

       該当事項はありません。
                                 68/93






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                    前連結会計年度               当連結会計年度
                 (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                  至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     営業経費                     18百万円               22百万円
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)ストック・オプションの内容
                                 平成27年ストック・               平成28年ストック・
                                    オプション               オプション
                               当行の取締役(社外取締役を               当行の取締役(社外取締役を
     付与対象者の区分及び人数
                               除く)8名               除く)8名
     株式の種類別のストック・オプションの付与数(注)                          普通株式 5,290株               普通株式 8,380株
     付与日                          平成27年8月3日               平成28年8月1日
     権利確定条件                          権利確定条件は定めていない               権利確定条件は定めていない
     対象勤務期間                          対象勤務期間は定めていない               対象勤務期間は定めていない
                               平成27年8月4日から               平成28年8月2日から
     権利行使期間
                               平成52年8月3日まで               平成53年8月1日まで
     (注)株式数に換算して記載しております。
      (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当連結会計年度(平成29年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については、株式数に換算して記載しております。
       ①ストック・オプションの数
                                 平成27年ストック・               平成28年ストック・
                                    オプション               オプション
     権利確定前
      前連結会計年度末                                   ―               ―
      付与                                   ―            8,380株
      失効                                   ―               ―
      権利確定                                   ―            8,380株
      未確定残                                   ―               ―
     権利確定後
      前連結会計年度末                                5,290株                  ―
      権利確定                                   ―            8,380株
      権利行使                                   ―               ―
      失効                                   ―               ―
      未行使残                                5,290株               8,380株
       ②単価情報

                                 平成27年ストック・               平成28年ストック・
                                    オプション               オプション
     権利行使価格                                 1円               1円
     行使時平均株価                                   ―               ―
     付与日における公正な評価単価                                3,500円               2,731円
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      当連結会計年度において付与された平成28年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下のと
     おりであります。
      (1)使用した評価技法  ブラック・ショールズ式
      (2)主な基礎数値及び見積方法
                         平成28年ストック・オプション
     株価変動性(注1)                           38.7%
     予想残存期間(注2)                            1.4年
     予想配当(注3)                          60円/株
     無リスク利子率(注4)                          △0.25%
     (注)1.予想残存期間に対応する期間(平成27年3月から平成28年7月まで)の株価実績に基づいて算定しておりま
         す。
        2.過去10年間に退任した取締役の退任時年齢の平均と、現在の在任取締役の現在年齢の平均との差を予想残存
         期間とする方法で見積っております。
        3.平成28年3月期の配当実績であります。
        4.予想残存期間に対応する国債の利回りであります。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
     す。
                                 69/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     繰延税金資産
      貸倒引当金                                2,361百万円                2,002百万円
      退職給付に係る負債                                1,455百万円                1,436百万円
      有価証券償却                                 501百万円                403百万円
      ソフトウエア等償却                                 353百万円                298百万円
      土地評価損                                 204百万円                205百万円
      賞与引当金                                 154百万円                151百万円
      減価償却                                 136百万円                104百万円
      繰越欠損金                                 65百万円                61百万円
      繰延消費税                                 54百万円                51百万円
                                      313百万円                252百万円
      その他
     繰延税金資産小計
                                     5,600百万円                4,968百万円
                                    △1,924百万円                △1,616百万円
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                     3,675百万円                3,352百万円
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                               △2,051百万円                △1,196百万円
      退職給付信託設定差益                                △254百万円                △254百万円
                                     △110百万円                △127百万円
      その他
     繰延税金負債合計                               △2,417百万円                △1,578百万円
     繰延税金資産の純額                                1,258百万円                1,773百万円
     2.連結財務諸表提出会社の法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、

       当該差異の原因となった主な項目別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     法定実効税率                                     ―             30.2%
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                     ―              0.3%
      住民税均等割等                                     ―              0.6%
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                     ―             △0.6%
      評価性引当額の増減                                     ―             △7.5%
                                          ―              0.7%
      その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                     ―             23.7%
      (注)前連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が、法定実効税率の百
        分の五以下であるため、記載を省略しております。
     (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要

          賃借物件に係る原状回復義務であります。
        2.当該資産除去債務の金額の算定方法

          使用見込期間を取得から34年と見積り、割引率は1.9%~2.3%を使用して資産除去債務の金額を計算してお
         ります。
        3.当該資産除去債務の総額の増減

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
           期首残高
                                       33百万円               34百万円
                                        0百万円               0百万円
           時の経過による調整額
                                       34百万円               35百万円
           期末残高
                                 70/93




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
       当行グループの報告セグメントは、分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び
      業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当行グループは、当行、連結子会社7社で構成され、銀行業務を中心にリース業務など金融サービスに係る事業を
      行っております。事業セグメントのうち、セグメント情報の開示が必要な「銀行業」及び「リース業・クレジット
      カード業」を報告セグメントとしております。「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメント
      であり、信用保証業務等であります。
       「銀行業」は、預金業務、貸出金業務、内国為替業務、外国為替業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業
      務、投資信託販売業務、保険代理店業務等を行っております。
       「リース業・クレジットカード業」は、連結子会社の清水リース&カード株式会社において、リース業務及びクレ
      ジットカード業務を行っております。
      2.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」にお
      ける記載と同一であります。
       報告セグメントの利益又は損失は、経常利益ベースの数値であります。
       セグメント間の内部経常収益は、第三者間取引価格に基づいております。
      3.報告セグメントごとの経常収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                               その他       合計
                              リース業・
                       銀行業                  計
                            クレジットカード業
     経常収益
                         24,496          4,641       29,137        402     29,539
       外部顧客に対する経常収益
      セグメント間の内部経常収益                    154         364        518      791     1,310
                         24,650          5,005       29,656       1,193      30,850
            計
                         4,662          246       4,909        86     4,995
     セグメント利益
                       1,477,336           15,689      1,493,026         3,606    1,496,633
     セグメント資産
     その他の項目
       減価償却費                  1,115          114       1,230        25     1,256
       資金運用収益                 17,391            75      17,466         5    17,472
       資金調達費用                  1,067          168       1,235         3    1,239
       貸倒引当金繰入額                   791         △ 44       746      197      944
       減損損失                   47                 47             47
                                     ―              ―
       有形固定資産及び無形固定
                         1,833           13      1,846        15     1,861
       資産投資額
     (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
        2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業務等であります。
       当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                               その他       合計
                              リース業・
                       銀行業                  計
                            クレジットカード業
     経常収益
                         23,463          4,879       28,342        417     28,760
       外部顧客に対する経常収益
      セグメント間の内部経常収益                    169         387        557      767     1,325
                         23,632          5,266       28,899       1,185      30,085
            計
                         3,472          162       3,634       319     3,954
     セグメント利益
                       1,581,427           17,766      1,599,193         3,944    1,603,138
     セグメント資産
     その他の項目
       減価償却費                  1,078          102       1,181        32     1,213
       資金運用収益                 16,493            71      16,564         5    16,570
       資金調達費用                   834         169       1,003         ▶    1,008
       貸倒引当金繰入額                   220         △ 35       185      △ 37      147
       減損損失                   14                 14             14
                                     ―              ―
       有形固定資産及び無形固定
                          851         135        987       59     1,047
       資産投資額
     (注)1.一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
        2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、信用保証業務等であります。
                                 71/93


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社清水銀行(E03572)
                                                            有価証券報告書
      4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
      (1) 報告セグメントの経常収益の合計額と連結損益計算書の経常収益計上額
                                                  (単位:百万円)
                経常収益                   前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                    29,656             28,899
     「その他」の区分の経常収益                                     1,193             1,185
     セグメント間取引消去                                   △1,310             △1,325
     連結損益計算書の経常収益                                    29,539             28,760
     (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
      (2)  報告セグメントの利益の合計額と連結損益計算書の経常利益計上額

                                                  (単位:百万円)
                 利益                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                     4,909             3,634
     「その他」の区分の利益                                 &n