株式会社フォーバルテレコム 有価証券報告書 第22期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第22期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社フォーバルテレコム

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月21日
      【事業年度】                    第22期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    株式会社フォーバルテレコム
      【英訳名】                    FORVAL    TELECOM,INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  谷井 剛
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
      【電話番号】                    03(3233)1301
      【事務連絡者氏名】                    取締役  山本 忠幸
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目26番地
      【電話番号】                    03(3233)1301
      【事務連絡者氏名】                    取締役  山本 忠幸
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/83













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
           回次           第18期        第19期        第20期        第21期        第22期
          決算年月           平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月

                 (千円)     11,990,464        12,145,509        12,385,375        13,842,138        15,049,737

     売上高
                 (千円)       438,402        435,312        567,737        672,700        700,078

     経常利益
     親会社株主に帰属する
                 (千円)       269,717        272,776        305,217        441,116        462,111
     当期純利益
                 (千円)       272,982        273,598        306,635        443,207        464,332
     包括利益
                 (千円)      1,769,058        1,792,259        1,848,497        2,041,306        2,254,193

     純資産額
                 (千円)      5,171,267        4,980,553        5,592,092        6,803,197        7,219,279

     総資産額
                 (円)       105.43        106.77        110.05        121.48        134.16

     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益
                 (円)       16.16        16.34        18.28        26.42        27.68
     金額
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -        -        -        -        -
     たり当期純利益金額
                 (%)        34.0        35.8        32.9        29.8        31.0
     自己資本比率
                 (%)        15.4        15.4        16.9        22.8        21.7

     自己資本利益率
                 (倍)        20.5        19.6        21.8        13.7        14.1

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                 (千円)       204,658        272,489       △ 154,389        △ 53,165        286,461
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)       105,003         11,461        258,463       △ 134,317       △ 146,009
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                 (千円)      △ 773,309       △ 386,417       △ 140,253        301,165       △ 116,759
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)       996,856        894,390        858,203        971,884        995,573
     期末残高
                         238        226        360        260        276
     従業員数
                 (人)
     [外、平均臨時雇用者
                         [ 25 ]       [ 40 ]      [ 178  ]      [ 260  ]      [ 237  ]
     数]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第20期の連結従業員数及び平均臨時雇用者数が前連結会計年度末に比べ従業員数で134名、平均臨時雇用者
           数で138名増加しましたのは、主に子会社である㈱保険ステーションにおいて改正保険業法に対応し、委託
           契約先を使用人としたことによるものです。
         4.第21期の連結従業員数及び平均臨時雇用者数が前連結会計年度末に比べ従業員数で100名減少し、平均臨時
           雇用者数で82名増加しましたのは、主に子会社である㈱保険ステーションにおいて出向者を嘱託社員とした
           ことによるものです。
         5.平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第18期
           連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額
           及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  2/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
           回次           第18期        第19期        第20期        第21期        第22期
          決算年月           平成25年3月        平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月

                 (千円)      8,770,865        8,209,336        7,809,801        8,893,633        10,167,345

     売上高
                 (千円)       328,365        260,864        302,220        349,740        606,434

     経常利益
                 (千円)       180,536        153,450        122,412        224,066        456,669

     当期純利益
     資本金           (千円)       542,354        542,354        542,354        542,354        542,354

                 (株)      166,932       16,693,200        16,693,200        16,693,200        16,693,200

     発行済株式総数
                 (千円)      2,045,189        1,948,241        1,820,256        1,793,925        2,000,196

     純資産額
                 (千円)      4,581,260        4,308,835        4,623,827        5,854,813        6,411,984

     総資産額
                 (円)       122.52        116.71        109.04        107.46        119.82

     1株当たり純資産額
                       1,500.0          15.0        15.0        15.0        15.0
     1株当たり配当額
                 (円)
     (うち1株当たり中間
                        ( 700.0   )      ( 7.0  )      ( 7.0  )      ( 7.0  )      ( 7.0  )
     配当額)
     1株当たり当期純利益
                 (円)       10.82         9.19        7.33        13.42        27.36
     金額
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -        -        -        -        -
     たり当期純利益金額
                 (%)        44.6        45.2        39.4        30.6        31.2
     自己資本比率
                 (%)        8.7        7.7        6.5        12.4        24.1

     自己資本利益率
                 (倍)        30.7        34.8        54.4        26.9        14.3

     株価収益率
                 (%)       138.7        163.2        204.6        111.8         54.8

     配当性向
                          52        53        57        59        61
     従業員数
                 (人)
     [外、平均臨時雇用者
                          [ 1 ]       [ ▶ ]       [ 1 ]       [ 1 ]       [ 1 ]
     数]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.平成25年10月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。これに伴い、第18期
           事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び
           潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                  3/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      平成7年4月        「フォーバル・インターナショナル・テレコミュニケーションズ株式会社」(略称fit、現・株
              式会社フォーバルテレコム)設立(資本金2億円)
          5月    一般第二種電気通信事業者として届出
          6月    提供サービス名「fitコール」を商標登録
          7月    「fitコール国際電話サービス」を開始
      平成8年8月        特別第二種電気通信事業者として登録
              「fitコール市外電話サービス」を開始
              資本金を5億円へ増資
          12月    資本金を10億円へ増資
      平成9年6月        「fitコール国際電話再販サービス」を開始
          7月    「fitコール携帯電話サービス」を開始
          10月    「fitコール市内電話サービス」を開始
              合算割引プラン「まるごとfit」を開始
              「ワンビリングサービス(一括請求サービス)」を開始
      平成10年5月        「fitコールISRサービス(国際公専公サービス)」を開始
          8月    社名を「株式会社フォーバルテレコム」に変更
      平成11年3月        「fitコール国際10円電話サービス(国際公専公サービス)」を開始
          10月    インターネットサービス「fit接続サービス」を開始
      平成12年2月        インターネットサービス「fitホスティングサービス」を開始
          9月    インターネットサービスと音声サービスを組み合せた「iパックサービス」を開始
          11月    東京証券取引所マザーズ市場に上場(11月28日)証券コード:9445
              資本金を10億51百万円に増資
      平成14年2月        ソフトバンクグループのビー・ビー・テクノロジー株式会社「現・ソフトバンク株式会社」と
              「ビー・ビー・コミュニケーションズ株式会社」を設立
          4月    法人向けVoIP及びADSLサービス「BBフォン」を開始
              業界初課金2分5.5円の市内電話「55フォンサービス」を開始
          7月    資本金を29億52百万円に増資
      平成15年8月        資本金を5億円に減資
          10月    法人向け光ファイバー対応IP電話サービス「FTフォンサービス」を開始
          11月    インターネットサービス「fit              webチェンジサービス」を開始
      平成16年1月        インターネットサービス「fit              de  Mailサービス」を開始
              インターネットサービス「fit              ワークトランクサービス」を開始
              インターネットサービス「ブロードバンド・ガレージサービス」を開始
          5月    FTフォンご利用明細をウェブで簡単確認「e-bill」サービスを開始
          9月    インターネットサービス「Very               Card(ネット電報)サービス」を開始
          10月    持分法適用関連会社であった「ビー・ビー・コミュニケーションズ株式会社」を子会社化
          11月    オン・デマンド印刷業に強みを持つ「株式会社トライ・エックス」を買収し子会社化
      平成17年5月        株式分割(1株→3株)を実施
      平成18年2月        プライバシーマーク認定取得
          7月        株式会社トライ・エックスが、特注ファイル・バインダーの製造・販売に強みを持つ「株式会社
              新英」を買収し子会社化
          10月        株式分割(1株→2株)を実施
      平成19年4月        「グローバル・ワン株式会社」及び「ケイ・ワイズファクトリー株式会社」を買収し子会社化
          10月        「グローバル・ワン株式会社」と「ケイ・ワイズファクトリー株式会社」を合併し「株式会社
              FISソリューションズ」と社名変更
      平成20年3月        「ビー・ビー・コミュニケーションズ株式会社」を売却
          4月        株式会社トライ・エックスが、「タクトシステム株式会社」を買収し子会社化
          10月        「株式会社ホワイトビジネスイニシアティブ」を設立(持分法適用関連会社)
      平成22年10月        スマートフォンを利用したFMCサービス「ツーウェイスマート」を開始
      平成23年3月        「株式会社FISソリューションズ」から「株式会社保険ステーション」に社名変更と同時に、
              通信機器・サービス販売事業譲渡にて「株式会社FISソリューションズ」新設
          4月        「スマートひかり」「アイスマート」「スマートセンター」を開始
      平成24年12月        子会社である「株式会社新英」を吸収合併
      平成25年10月        株式分割(1株→100株)を実施
      平成26年8月        東京証券取引所市場第二部へ市場変更(8月1日)
      平成27年2月        光コラボレーションサービス「iSmartひかり」を開始
      平成27年5月        iSmartひかり専用法人向けIP電話サービス「AmaVo」を開始
                                  4/83



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び連結子会社4社及び関連会社1社で構成されております。当社は「“fitコール”
       (フィットコール)」という自社ブランドにより、顧客と直接割引電話サービス契約を締結し、ワンストップショッ
       ピング・ワンビリングにて通信サービスを提供しておりますが、それに要する通信設備は一部分を保有するのみであ
       り、自社保有していない設備による通信サービスは電気通信事業者等から仕入れて提供しております。従いまして、
       それらの仕入先事業者から見れば、一括して通信回線等を卸売する大口ユーザーとして位置付けられると言えます。
        また当社グループは、自ら構築した顧客データベース及び課金・請求システムを活用して、顧客に対する課金金額
       等の請求及び回収業務(「ビリングプロバイダー(Billing                            Provider)」)を行っております。当該業務を事業プ
       ラットフォームとすることにより、ブロードバンド時代のユーザーニーズに対応したサービスメニューの創出が効率
       的に行えるものと考えております。
        サービス提供形態の概要は次のとおりであります。

        当社グループの事業内容及び当社と子会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。



        なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント
       の区分と同一であります。
       (1)IP&Mobileソリューション事業
        ・法人向けVoIPサービス、個人向けインターネットサービス、情報通信機器販売
        ・株式会社フォーバルテレコム、株式会社FISソリューションズ
       (2)ドキュメント・ソリューション事業
        ・印刷、商業印刷物の企画・編集・制作
        ・株式会社トライ・エックス、タクトシステム株式会社
       (3)コンサルティング事業
        ・経営支援コンサルティング、保険サービス
        ・株式会社フォーバルテレコム、株式会社保険ステーション
                                  5/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は次のとおりとなっております。
                                  6/83




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       「ビリングプロバイダー」について
        当社グループが提供する通信サービスに係る利用代金は、当社が自ら構築した顧客データベース及び課金・請求シ
       ステムを活用して、顧客に一括請求し、回収しております。
        具体的には、下図のフローに示すように課金・請求を行っております。
      4【関係会社の状況】




                          資本金               議決権の所有又は
          名称          住所             主要な事業の内容                     関係内容
                          (千円)                被所有割合(%)
                                                   サービスの利用及

     (親会社)
                                          被所有
                                情報通信コンサル                   び取次
                 東京都渋谷区         4,150,294
                                タント業                   資金の借入あり
     ㈱フォーバル         ※1
                                               75.4
                                                   役員の兼任あり
     (連結子会社)

                                オン・デマンド印                   サービスの利用
                                          所有
     ㈱トライ・エックス
                 広島県呉市          78,900     刷業及び普通印刷                   資金の借入あり
                                               97.5
                                業                   役員の兼任あり
              ※2
     (連結子会社)

                                          所有
                                商業印刷物の企                   サービスの利用
     タクトシステム㈱
                 東京都新宿区          20,000
                                画・編集・制作                   資金の借入あり
                                               100.0
     (連結子会社)

                                経営支援コンサル                   サービスの利用及
                 東京都千代田                        所有
     ㈱保険ステーション
                           17,000     ティング及び保険                   び取次
                 区                             100.0
                                サービス                   資金の貸付あり
                                                   サービスの利用及

     (連結子会社)
                 東京都千代田                        所有
                                情報通信コンサル                   び取次
     ㈱FISソリューショ                      25,000
                                ティング                   資金の貸付あり
                 区                             100.0
     ンズ
                                                   役員の兼任あり
     (持分法適用関連会社)
     ㈱ホワイトビジネスイ
                 東京都千代田                        所有
                                                   サービスの企画
                           99,975     商品の企画開発
                                                   役員の兼任あり
     ニシアティブ
                 区                              25.0
      (注)※1有価証券報告書を提出しております。

         ※2特定子会社であります。
                                  7/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      IP&Mobileソリューション事業                                             58   [-]

      ドキュメント・ソリューション事業                                            114   [16]

      コンサルティング事業                                             33  [217]

       報告セグメント計                                           205   [233]
      全社(共通)                                             71   [4]
                  合計                                 276   [237]
      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む)であり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員は除く)は[ ]内に年間の平均人員を外数
           で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成29年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)              平均勤続年数            平均年間給与(円)

          61[1]                  37.8           7年0ヶ月              5,591,799

               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      IP&Mobileソリューション事業                                             27   [-]
      ドキュメント・ソリューション事業                                             -   [-]

      コンサルティング事業                                              9  [-]

       報告セグメント計                                            36   [-]

      全社(共通)                                             25   [1]

                  合計                                 61   [1]

      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時雇用
           者数(人材会社からの派遣社員は除く)は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は良好であり、特記すべき事項はありません。
                                  8/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
      (1)業績
       当連結会計年度の我が国経済は、               政府・日銀による各種政策効果を背景に雇用情勢の改善などが見られるものの、朝
      鮮半島での有事の可能性、英国のEU離脱、米国大統領の交代による政策の不確実性などの不安要素があり、先行きは
      依然として不透明な状況が続いております                    。
       当社グループの中核的な事業領域である情報通信分野では、移動系超高速ブロードバンド接続サービスの契約数が急
      拡大し、ビジネスにおける効果的な活用や急増したデータ量への対応・セキュリティ対策が課題となっております。
       このような環境の下で、当社グループは、法人向けVoIPサービス、法人向けFMC(Fixed                                         Mobile    Convergence)サー
      ビス、個人向けインターネットサービス等「IP&Mobileソリューション」と位置付ける利便性の高いサービスの拡販を
      中心に、中小法人及びコンシューマ向けの各種サービスを提供しておりま                                  す 。
       具体的には、当社及び当社連結子会社である㈱FISソリューションズにおいては、光回線サービス「iSmartひか
      り」、法人を対象とした光ファイバー対応IP電話「スマートひかり」・「AmaVo」及びスマートフォンを利用したFMC
      サービス「ツーウェイスマート」並びに個人を対象としたISPサービス「iSmart接続-Fひかり」を中心に、インター
      ネットサービス、情報通信機器販売等を提供しております。
       当社連結子会社である㈱トライ・エックス及びタクトシステム㈱においては、当社サービスの利用顧客からのニーズ
      が強い「ドキュメント・ソリューション」を提供しており、上流工程から最終工程まで一貫したサービスの提供が可能
      となっております        。
       また、当社及び当社連結子会社である㈱保険ステーションにおいては、当社サービスを利用している顧客へ「コンサ
      ルティング」を提供しております               。
       これらの事業活動の結果、当連結会計年度の売上高は150億49百万円(前期比8.7%増)、営業利益が6億95百万円
      (前期比7.9%増)、経常利益が7億円(前期比4.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益が4億62百万円(前期比
      4.8%増)となりました           。
       セグメントの業績は次のとおりであります。
      ≪IP   & Mobileソリューション事業≫
       「IP   & Mobileソリューション事業」では、VoIPサービス、モバイルサービス等の情報通信サービス全般を提供して
      おります。当連結会計年度におきましては、新サービスである「iSmartひかり」の契約獲得が順調に伸びたこと等に
      より、   当連結会計年度の売上高は108億24百万円、セグメント利益は3億40百万円となりました。
      ≪ドキュメント・ソリューション事業≫
       「ドキュメント・ソリューション事業」では、印刷及び商業印刷物の企画・制作等を行っております。受注単価が
      減少傾向である一方、コスト削減に努めること等により、                           当連結会計年度の売上高は18億48百万円、セグメント利益
      は1億98百万円となりました。
      ≪コンサルティング事業≫
       「コンサルティング事業」では、経営支援コンサルティング、保険サービス及びセキュリティサービス等を提供し
      ております。㈱保険ステーションの一人当たりの営業効率の向上による売上高拡大と保険業法改正に対応するコスト
      が増加したこと等により、            当連結会計年度の        売上高は23億76百万円、セグメント利益は1億76百万円となりました。
      (2)キャッシュ・フロー
       当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ23百万円増加し、
      9億95百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであり
      ます  。
      <営業活動によるキャッシュ・フロー>
       営業活動の結果獲得した資金は、2億86百万円となりました。
       これは主に、税金等調整前当期純利益が6億99百万円、売上債権の増加額が3億98百万円、前払費用の増加額が4
      億30百万円及び長期前払費用の減少額が1億25百万円となったことによるものです。
      <投資活動によるキャッシュ・フロー>
       投資活動の結果使用した資金は、1億46百万円となりました。
       これは主に、有形固定資産の取得による支出が26百万円及び無形固定資産の取得による支出が1億16百万円となっ
      たことによるものです。
      <財務活動によるキャッシュ・フロー>
       財務活動の結果使用した資金は、1億16百万円となりました。
       これは主に、短期借入金の純増額が2億50百万円、長期借入金の返済による支出が1億円及び配当金の支払額が2
      億51百万円となったことによるものです。
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)生産、受注の状況
                                  9/83


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         当社グループは生産、受注形態はとっておりません。
       (2)販売実績
         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
                                当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年4月1日                  前年同期比(%)
                              至 平成29年3月31日)
      IP&Mobileソリューション事業(千円)                            10,824,242                    13.6
      ドキュメント・ソリューション事業(千円)                            1,848,712                   △3.0
      コンサルティング事業(千円)                            2,376,783                   △1.5
             合計(千円)                    15,049,737                     8.7
      (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針
         親会社である㈱フォーバルの社名は、「For                      Social    Value」を語源とし、「社会価値創出企業」を目指す姿勢を
        表しております。当社グループも、情報通信サービスの分野において、「安く」「早く」そして「簡単便利に」と
        いう、ユーザーの視点に立脚したより良いサービスを創造し提供していくことにより、新たな社会価値の実現を目
        指してまいります。
       (2)目標とする経営指標
        安定した経営基盤の継続及び効率的経営のもと、利益率の向上を目指しております。
       (3)経営環境及び中長期的な会社の経営戦略
         通信業界におきましては、「ブロードバンドとIP電話」が急速に普及している状況の下で、新たなユーザー
        ニーズの顕在化、また、それに対応する新たな技術・サービスの具現化など、ダイナミックな事業環境の変化が今
        後も続くものと予測されます。当社は、中小法人ユーザーを主要ターゲットとして、通信業界における様々な環境
        変化に積極的かつ機敏に対応し、今後、加速度的に進展していくブロードバンド時代に適応したサービスメニュー
        を創出していくことにより、中長期的な成長力・収益力の強化に努めていく所存であります。
       (4)対処すべき課題
         平成30年3月期におきましては、引き続きお客様の事業インフラ・生活インフラの費用対効果の向上ニーズにお
        応えすることに全力を注いで参ります                  。
         当社及び㈱FISソリューションズは、固定通信回線(電話+ブロードバンド接続)にとどまらず、携帯回線
        (音声+データ通信)から通信機器(ビジネスフォン、ルーター、セキュリティ機器)、更にはデジタル複合機と
        の連動までも視野に入れたトータルソリューションと、多岐にわたる通信サービスを一括してご請求するワンビリ
        ングサービスを合わせて、更なるサービスレベルの向上に取り組んで参ります                                    。
         財務・税務・リスク管理面の課題解決を支援する㈱保険ステーション、事業運営上必須な各種ドキュメントの制
        作・印刷を手掛ける㈱トライ・エックス、タクトシステム㈱とともに、グループの総力を結集して、お客様により
        良くお役に立てる「新しいあたりまえ」の創造にチャレンジして参ります。単なるサービス提供にとどまらず、そ
        の利活用支援まで踏み込んだ付加価値の提供にグループをあげて取り組んでいきたいと考えております                                               。
         当社グループは、常にお客様の「半歩先」のあるべき姿をイメージし、お客様の「半歩先のニーズ」に対応でき
        るソリューションを提供しております。その「半歩先の提案」が情報通信における「新しいあたりまえ」となるも
        のと考えております。
                                 10/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        以下において、当社の事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しております。ま
       た、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につ
       いては、投資者に対する情報開示の観点から積極的に開示しております。なお、当社は、これらのリスク発生の可能
       性を認識した上で、発生の回避、発生した場合の対応に努める方針でありますが、当社株式に関する投資判断は、本
       項目及び本書の本項目以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。また、
       以下の記載は当社株式への投資に関連するリスクを全て網羅するものではありませんので、この点にご留意下さい。
      1.事業内容について
      (1)当社の業態について
        当社は、変化の激しい通信業界において、価格低減メリットや先端的サービスをいち早く享受しやすい大口ユー
       ザーを対象とするのではなく、割引サービス等を受けにくい小口ユーザーを主要なターゲットとして、より廉価な通
       信サービスを提供すべく、第二種電気通信事業者として平成7年4月に設立されました。
        顧客と直接サービス契約を締結し、「fitコール」という当社ブランドによる通信サービスを提供しております。
       なお、当社は通信設備の一部分を保有するのみであり、自社保有していない設備による通信サービスに関しては電気
       通信事業者等から仕入れて提供しております。従いまして、当社はそれらの仕入先事業者から見れば、一括して通信
       回線等を卸売する大口ユーザーとしての位置付けになります。
        また当社が構築した顧客データベース及び課金・請求システムを活用して、顧客に課金金額等を請求及び回収する
       業務(「ビリングプロバイダー(Billing                   Provider)」)を行っております。当該業務を事業プラットフォームとする
       ことにより、サービス内容の拡充及び新サービスの付加等、ユーザーニーズに対応したサービスメニューの創出が効
       率的に行えるものと考えております。
      (2)スマートひかり・AmaVoサービスについて
        「スマートひかり・AmaVo」サービスは、アルテリア・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区                                                  社長:
       安斎富太郎      以下、「アルテリア」という)の光ファイバー網を用いたIP電話及びデータ通信のブロードバンド通
       信サービスであります。
        「スマートひかり・AmaVo」サービスの展開にあたっては、その性格上予測とは異なる状況が発生する等、計
       画通りにサービスの立上げが進まず、結果として当社の事業展開及び業績が影響を受ける恐れがあります。特に、下
       記リスク要因があると認識しております(なお、下記リスク要因は、当該サービスの全リスクを網羅するものではあ
       りません)。
       (ⅰ)「スマートひかり・AmaVo」サービスの構築においては、第一種通信事業者であるアルテリアの光ファイ
         バーのネットワーク・インフラ及びIP電話プラットフォームを利用しているため、アルテリアの事業展開の方
         向性、スケジュール等によって、「スマートひかり・AmaVo」サービス自体の事業展開も大きな影響を受け
         ます。従って、必ずしも当社の計画通りに事業展開を行えるとは限りません。
       (ⅱ)「スマートひかり・AmaVo」サービスは、潤沢な通信回線キャパシティを確保できない可能性があり、計
         画通りに顧客数を拡大できない場合があります。
       (ⅲ)「スマートひかり・AmaVo」サービスは、高品質な光ファイバーを利用したサービスです。しかしなが
         ら、ウィルス等により予期せぬ影響が生じる可能性があり、計画通りに顧客数を拡大できない場合があります。
      (3)ビリングプロバイダーについて
        当社が提供する通信サービスに係る利用代金は、当社が構築した顧客データベース及び課金・請求システムを活用
       して、当社が顧客に一括請求し、回収しております。具体的には、下図のフローに示すように課金・請求を行ってお
       ります。
        現時点においては、当社の課金・請求システムに特段の問題点は無いと認識しておりますが、現在は顕在化してい




       ないシステム上のバグが表面化するケースや、新サービス導入に伴ってシステムの抜本的再構築の必要性が発生する
                                 11/83


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       ケース等が生じる可能性は皆無とは言えません。そうした場合には、当社が現時点では想定していないシステム投資
       を行う必要が生じるために、当社の業績、キャッシュ・フローに影響を与えるおそれがあります。
        また、システム障害やキャリア等の仕入先事業者からの必要データ到着遅れ等に起因する誤請求や課金計算の遅延
       という事態が発生する可能性が皆無とは言えません。そうした場合には、利用代金の回収遅延・回収率低下等の要因
       によって当社の業績に影響を与える可能性があります。
      (4)収益構造について
        当社は、顧客に請求するサービス利用料金等と、仕入先事業者に支払う仕入原価等との差額(下図A-B。以下、
       「課金利ザヤ」という。)を主たる収益源としております。また、仕入先事業者から顧客獲得時等に一時金手数料
       (下図C)が当社に支払われる場合もあります。
        一方で当社は、販売代理店経由で獲得した顧客に関して当該代理店への取次手数料(下図D)を支払っておりま
       す。基本的には課金利ザヤを支払原資としているため、毎月の利用代金の一定比率を継続的に支払う形態となってお
       りますが、当社への顧客取次の時点で一時的に支払う場合もあります。いずれの場合においても、サービス利用料、
       獲得件数等の実績ベースでの支払となっており、固定的な販売経費を抑えることを基本方針としております。
        しかしながら、今後とも仕入先事業者が現在の当社への取引条件を継続させていく保証は無く、何らかの理由に





       よって当社に対する取引姿勢を変更することも想定されます。その場合、仕入原価等の変動により課金利ザヤが減少
       すること、又は一時金手数料が減少する可能性があり、当社の業績に影響を与えるおそれがあります。
        また、販売代理店への取次手数料に関しても現在の取引条件が今後とも継続する保証は無く、当社の販売政策又は
       販売代理店の販売政策等により、取次手数料の支払条件を変更する必要性が生じて当社からの支払額が増加する可能
       性があります。その場合、当社の業績に影響を与えるおそれがあります。
                                 12/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      (5)販売政策について
        当社は通信サービスの運営、新サービスの企画立案及び仕入先事業者との価格交渉等に特化し、販売活動について
       は、新サービス立上げ期に直接販売部門を保有することはあっても、基本的には販売代理店を活用した顧客獲得を主
       体とすることによって、固定的販売費用を最小化することを基本方針としております。
        当社の販売体制は、上述のとおり販売代理店に依存しております。従って、これら販売代理店が当社サービスの市
       場競争力が失われたと判断した場合及び代理店側にて取扱商品に関する政策を変更した場合等、当社サービスの顧客
       獲得活動を抑制又は停止する可能性は否定できません。加えて、販売代理店の動向により、当社内に直接販売部門を
       保有・強化せざるを得ないと判断される状況が生じる可能性があり、固定的販売費用を最小化する当社の基本方針を
       維持できずに、当社の業績に影響を与えるおそれがあります。
      (6)仕入について
        当社の仕入先事業者である電気通信事業者は少数に限定されており、それらの政策変更等により当社の通話料原価
       等が変動した場合、当社の業績に影響を与えるおそれがあります。
      (7)個人情報について
        当社グループでは、個人情報の適正な取扱いを推進することが通信サービス提供事業者としての社会的責務である
       と考え、安心して当社グループのサービスをご利用頂けるよう「個人情報保護方針」を定め、本方針に従って個人情
       報保護の運営と管理を実施致しております。不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えい等の個人情報に関する事故
       を防止し、万一の事故に最善の対応を可能にするため、個人情報の管理者を任命し、管理体制を確立しております。
       また、事業所の入退出をはじめ、コンピュータシステム上の安全対策など多方面に渡り各種の安全対策措置を講じて
       おります。
        しかしながら、当社グループにおいて個人情報の外部流出等が発生した場合、社会的信用の低下や損害賠償の請求
       等により、当社グループの業績等に影響を与える可能性があります。
      2.株式価値の希薄化について

        当社は、平成29年3月31日現在、ストックオプション等のインセンティブプランを実施しておりません。しかしな
       がら、当社は、子会社を含む役員・従業員の士気向上と有能な人材確保のためのインセンティブプランとして、今後
       新株予約権の付与を行う可能性があり、新たな新株予約権の付与は、株式価値の希薄化を招くおそれがあります。
      5【経営上の重要な契約等】

     (1)取次契約
      締結年月日           契約の名称            相手先          契約の概要             契約期間
                                    当社が提供するfitコール
                                                 平成8年8月8日から
                                    (電気通信)サービスに関
     平成8年8月8日         「fitコール」取次基本契約              ㈱フォーバル       する営業活動の一部を㈱              平成9年8月7日まで
                                    フォーバルに委託すること
                                                 (1年毎の自動更新)
                                    についての契約
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 13/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)財政状態の分析
       (資産)
        当連結会計年度末における資産の残高は72億19百万円となり、前連結会計年度末比4億16百万円の増加となりまし
       た。これは主に、受取手形及び売掛金の増加(2億90百万円)、前払費用の増加(1億26百万円)及び未収入金の増
       加(62百万円)によるものであります                  。
       (負債)
        当連結会計年度末における負債の残高は49億65百万円となり、前連結会計年度末比2億3百万円の増加となりまし
       た。これは主に、支払手形及び買掛金の増加(1億円)及び短期借入金の増加(1億50百万円)によるものでありま
       す。
       (純資産)
        当連結会計年度末における非支配株主持分の残高は14百万円となりました。また、純資産の残高は22億54百万円と
       なり、前連結会計年度末比2億12百万円の増加となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益の計上
       及び剰余金の配当によるものであります。
       (2)キャッシュ・フローの分析
        「1 業績等の概要、(2)キャッシュ・フロー」を参照願います。
       (3)経営成績
        「1 業績等の概要、(1)業績               」を参照願います。
                                 14/83














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度の設備投資においては、特に記載すべき事項はありません。
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備の状況は、次のとおりであります。
       (1)提出会社                                          平成29年3月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
      事業所名     セグメント                                             従業員数
                設備の内容
           の名称
      (所在地)                建物及び構      機械装置及      工具、器具       土地                (人)
                                            リース資産     ソフトウェア
                      築物      び運搬具      及び備品
                                       (面積㎡)
           IP&Mobile

           ソリュー
     本社           統括業務施
           ション事業                               -                 61
     (東京都千代           設及び販売       12,605       -    9,537           1,409     224,013
           コンサル
                                          (-)                 [1]
     田区)           設備
           ティング事
           業
       (注)1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
          2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数の年間平均人員を( )内に外書で記載しております。
          3 本社の建物は賃借中のものであり、主な設備の内容は以下のとおりであります。
                 事業所名                               年間賃料
                                設備の内容
                (所在地)                                (千円)
                  本社
                                                      34,149
                            統括業務施設及び販売設備
              (東京都千代田区他)
       (2)国内子会社                                          平成29年3月31日現在

                                  帳簿価額(千円)
      事業所名     セグメント                                             従業員数
                設備の内容
                                        土地
                      建物及び構      機械装置及      工具、器具
           の名称
      (所在地)                                                  (人)
                                            リース資産     ソフトウェア
                      築物      び運搬具      及び備品      (面積㎡)
     ㈱トライ・

           ドキュメン
     エックス                                     -                 73
           トソリュー      印刷機器        3,186     38,342      4,528            -      86
     (広島県呉市
                                          (-)                 [16]
           ション事業
     他)
     タクトシス

           ドキュメン
     テム㈱                                     -                 48
           トソリュー      印刷機器
                         779      0    5,823            -    2,462
     (東京都新宿                                     (-)                 [-]
           ション事業
     区)
     ㈱保険ス

           コンサル
     テーション           本社・42店                          -                 45
           ティング事
                        2,846       0    5,553            -    1,613
     (東京都千代           舗設備
                                          (-)                [220]
           業
     田区他)
       (注)1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
          2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数の年間平均人員を( )内に外書で記載しております。
          3 子会社の事務所建物等は賃借中のものであり、主な設備の内容は以下のとおりであります。
                 事業所名                               年間賃料
                                設備の内容
                (所在地)                                (千円)
              ㈱トライ・エックス
                                                      43,989
                               子会社事務所
               (広島県呉市他)
               タクトシステム㈱
                               子会社事務所                      25,613
               (東京都新宿区)
              ㈱保険ステーション
                              子会社事務所・店舗                        80,777
              (東京都千代田区他)
      3【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                 15/83


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           66,000,000
                  計                                66,000,000
        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                            (平成29年6月21日)
               (平成29年3月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数

     普通株式              16,693,200             16,693,200
                                        (市場第二部)             100株
         計           16,693,200             16,693,200             -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      平成25年10月1日

                16,526,268        16,693,200            -     542,354          -      42,353
        (注)
      (注)株式分割(1:100)によるものであります。

                                 16/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                    平成29年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
       区分                             外国法人等                   単元未満株式
            政府及び地           金融商品取      その他の法
                  金融機関                           個人その他       計   の状況(株)
            方公共団体           引業者      人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      1     12      17      12      7    3,845      3,894       -
     所有株式数
               -     346      741    128,233       828      26    36,745     166,919      1,300
     (単元)
     所有株式数の
               -     0.21      0.44     76.82      0.50      0.02     22.01     100.00       -
     割合(%)
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                            (株)
                                                   の割合(%)
     株式会社フォーバル               東京都渋谷区神宮前5丁目52-2                       12,584,200            75.39

                                             158,700           0.95
     谷井 剛               東京都西東京市
                                             136,600           0.82
     橋本 正               富山県高岡市
                                             86,000           0.52
     関根 芳喜               埼玉県新座市
                    東京都港区西麻布4丁目12-13                         74,000           0.44
     株式会社原一平商会
                    25  Cabot   Square,    Canary    Wharf,    London
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                    E14  4QA,   U.K.                    69,700           0.42
     (常任代理人 モルガン・ス
     タンレーMUFG証券株式会社)
                    (東京都千代田区大手町1丁目9番7号)
                                             62,100           0.37
     浅田 康治               大阪府堺市堺区
     浅田    久子                                     60,000           0.36
                    大阪府堺市堺区
     菅原    泰男                                     50,000           0.30
                    東京都港区
                    富山県小矢部市上野本52-7                         50,000           0.30
     有限会社福田商事
                              ――             13,331,300            79.86

            計
     (注)発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第三位を四捨五入しております。
                                 17/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                            ―            ―         ―

      議決権制限株式(自己株式等)                            ―            ―         ―

      議決権制限株式(その他)                            ―            ―         ―

      完全議決権株式(自己株式等)                            ―            ―         ―

                               普通株式
      完全議決権株式(その他)                                     166,919            ―
                              16,691,900
                               普通株式
      単元未満株式                                        ―         ―
                                1,300
      発行済株式総数                        16,693,200                ―         ―
      総株主の議決権                            ―         166,919            ―

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                   対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
          ―          ―           -         -         -          -
                   ―           -         -         -          -

         計
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          当社はストックオプション制度を採用しておりますが、提出日現在において該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          該当事項はありません。
                                 18/83





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
       当社は、利益配分につきましては、企業体質の一層の強化・充実を進め、長期にわたる安定的な経営基盤の確立と業
      績の向上に努力し、安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり15円の配当(うち中間配当7円)を決定しました。
      この結果、当事業年度の配当性向は54.8%となりました。
       内部留保資金につきましては、IP                 & Mobileソリューション事業及び各種サービスの品質向上のための投資等に活用
      させて頂く予定であります。
       当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる。」
      旨定款に定めております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額         1株当たり配当額
            決議年月日
                        (千円)           (円)
          平成28年11月10日
                          116,852             7
          臨時取締役会決議
          平成29年6月21日
                          133,545             8
          定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第18期          第19期          第20期          第21期          第22期
      決算年月       平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月

                          45,350

                 43,050
      最高(円)                                429          424          458
                      (注)2.□      389
                          26,900

                 22,600
      最低(円)                                310          333          340
                      (注)2.□      300
      (注)1.最高・最低株価は、平成26年8月1日より東京証券取引所(市場第二部)におけるものであり、それ以前は

           東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
         2.□印は、株式分割(2013年10月1日、1株→100株)による権利落後の最高・最低株価を示しています。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年10月          11月        12月      平成29年1月          2月        3月
      最高(円)           368        368        378        415        413        458

      最低(円)           355        351        361        373        384        385

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                 19/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 平成8年6月      当社入社
                                 平成12年5月      当社管理本部長
                                 平成12年6月      当社取締役
                                 平成18年6月      当社常務取締役
                                 平成19年4月      株式会社FISソリューションズ
                                      (現株式会社保険ステーション)
                                      取締役
                                 平成19年6月      当社代表取締役社長(現任)
     代表取締役
              -     谷井 剛     昭和40年4月17日生                            (注)3     158,700
                                 平成20年4月      タクトシステム株式会社代表取締
     社長
                                      役社長
                                 平成20年6月      株式会社トライ・エックス代表取
                                      締役社長(現任)
                                 平成20年10月      株式会社ホワイトビジネスイニシ
                                      アティブ代表取締役社長(現任)
                                 平成23年2月      株式会社FISソリューションズ
                                      代表取締役社長(現任)
                                 平成25年6月      タクトシステム株式会社取締役
                                 平成12年4月      当社入社
                                 平成16年1月      当社経営管理本部経営企画担当マ
                                      ネージャー
                                 平成18年6月      当社取締役(現任)
     取締役      経営管理本部長       山本 忠幸      昭和37年10月13日生                            (注)3     40,000
                                 平成18年6月      当社経営管理本部長(現任)
                                 平成20年6月      株式会社フリード(現株式会社
                                      フォーバル・リアルストレート)
                                      監査役
                                 昭和60年3月      株式会社フォーバル入社
                                 平成8年4月      同社OA営業本部大阪支店長
                                 平成12年4月      同社ISP事業部副事業部長兼F
                                      C本部長
                                 平成14年2月      当社取締役事業本部長
                                 平成16年7月      株式会社フォーバル理事ビジネス
                                      パートナー事業部長
     取締役       事業本部長       梶野 清治      昭和35年10月2日生                            (注)3      1,000
                                 平成21年4月      ビー・ビー・コミュニケーション
                                      ズ株式会社取締役事業本部長
                                 平成22年4月      株式会社フォーバル執行役員ビジ
                                      ネスパートナーディビジョンディ
                                      ビジョンヘッド
                                 平成25年4月      当社事業本部長(現任)
                                 平成25年6月      当社取締役(現任)
                                 平成8年2月      株式会社フォーバル入社
                                 平成18年6月      同社取締役
                                 平成19年6月      当社取締役(現任)
                                 平成21年6月      株式会社フリード(現株式会社
     取締役         -     加藤 康二      昭和34年3月10日生                            (注)3       -
                                      フォーバル・リアルストレート)
                                      取締役(現任)
                                 平成25年4月      株式会社フォーバル取締役兼内部
                                      統制室長
                                 平成26年4月      同社常務取締役(現任)
                                 20/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 平成元年5月      株式会社フォーバル入社
                                 平成18年4月      同社役員待遇兼事業統括本部通信
                                      事業統括
                                 平成19年4月      同社執行役員首都圏第二支社長
                                 平成22年4月      同社上席執行役員首都圏支社長兼
                                      城南支店長兼企画営業部長兼事業
                                      推進本部副本部長
                                 平成24年4月      同社上席執行役員営業本部長兼首
                                      都圏支社長兼城南第二支店長
                                 平成25年4月      同社上席執行役員社長室長
                                 平成25年4月      ビー・ビー・コミュニケーション
                                      ズ株式会社代表取締役社長
                                 平成25年6月      当社取締役(現任)
     取締役              行 辰哉     昭和39年10月15日生         平成25年6月      株式会社フォーバル・リアルスト              (注)3       -
              -
                                      レート取締役(現任)
                                 平成27年4月      株式会社フォーバル常務執行役員
                                      社長室長
                                 平成28年4月      同社常務執行役員社長室長兼グ
                                      ループ統括部長
                                 平成28年4月      ビー・ビー・コミュニケーション
                                      ズ株式会社代表取締役会長
                                 平成28年6月      株式会社フォーバル取締役(現
                                      任)
                                 平成28年6月      ビー・ビー・コミュニケーション
                                      ズ株式会社取締役会長
                                 平成29年2月      株式会社アップルツリー代表取締
                                      役社長(現任)
                                 平成10年10月      当社入社
                                 平成27年4月      当社  経営企画部部長
     取締役(監
                   指田 直木      昭和39年2月27日生
                                                    (注)4     19,800
              -
                                 平成29年6月      当社取締役(監査等委員)(現
     査等委員)
                                      任)
                                 昭和43年10月      司法試験合格
                                 昭和44年6月      東京大学法学部卒業
                                 昭和44年7月      自治省入省
                                 昭和48年10月      千葉県企画部水資源課長
                                 昭和51年4月      山梨県総務部地方課長
                                 昭和54年7月      外務省在ロンドン日本大使館一等
     取締役(監
                                      書記官
                   橋本 勇     昭和20年7月16日生                            (注)4       -
              -
                                 昭和57年6月      自治省自治大学校教授
     査等委員)
                                 昭和61年3月      司法修習終了(38期)
                                 昭和61年4月      弁護士登録(第一東京弁護士会)
                                 昭和62年4月      東京平河法律事務所パートナー
                                      (現任)
                                 平成27年6月      当社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                                 21/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和49年3月      中央大学商学部会計学科卒業
                                 昭和49年4月      クーパースアンドライブランド会
                                      計事務所入所
                                 昭和52年6月      監査法人中央会計事務所(後にみ
                                      すず監査法人に名称変更)入所
                                 昭和53年9月      公認会計士登録
                                 昭和60年8月      監査法人中央会計事務所(後にみ
                                      すず監査法人に名称変更)社員
                                 昭和63年6月      同所代表社員
                                 平成19年8月      太陽ASG監査法人(現太陽有限
     取締役(監
                                      責任監査法人)入所
                   和田 芳幸      昭和26年3月2日生                            (注)4       -
              -
                                 平成19年8月      同法人代表社員
     査等委員)
                                 平成26年9月      株式会社ゼロ監査役(現任)
                                 平成26年10月      ケネディクス商業リート投資法人
                                      監督役員
                                 平成27年6月      当社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                                 平成27年12月      株式会社キャリアデザインセン
                                      ター社外取締役(現任)
                                 平成28年6月      株式会社LIXILビバ取締役
                                      (監査等委員)(現任)
                                 平成28年8月      和田会計事務所所長(現任)
                                          計               219,500
      (注)1.橋本勇及び和田芳幸は、社外取締役であります。
         2.当社の監査等委員会については次のとおりであります。
            委員長 指田直木、委員 橋本勇、委員 和田芳幸
             なお、指田直木は、常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は、常勤の監
            査等委員を選定することにより実効性のある監査・監督体制を確保するためであります。
         3.      平成29年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         4.平成29年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。
                                 22/83











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
      (1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社では、取締役会を唯一の経営意思決定機関として位置付けております。
        定例取締役会を毎月開催するほか、重要案件が生じる都度臨時取締役会を機動的に開催し、迅速且つ的確な経営判
       断を行っております。また、企業経営情報の積極的な開示を目的として、適時に当社のホームページにおいて財務情
       報に限定されないディスクロージャーを行っております。
      (2)会社の機関の内容及び内部統制システムの整備等の状況等
       ① 当社の会社組織体制
        当社の企業統治体制の模式図は以下の通りであります。
       ② 会社の機関の内容










        当社の取締役会は監査等委員でない取締役(以下、取締役)5名と監査等委員である取締役(以下、監査等委員)
       3名の合計8名で構成されます。また、監査等委員会制度を採用することで監査等委員が取締役の職務執行を監督・
       監査する役割を担います。監査等委員会は3名で構成されており、取締役の業務執行に関して厳正な監督・監査を行
       います。内部牽制組織として、社長直轄の内部監査室を設置し、当社の諸業務が法令及び社内規程等に準拠し、適法
       かつ適正に運営されているかについて随時内部監査を実施します。
       ③ 内部監査及び監査等委員監査の状況
        監査等委員と内部監査室(1名)とは、情報交換及び相互連携を図り、内部監査による重要な発見事項があった場
       合には、その内容及び対処について監査等委員に報告する体制を確保しております。
                                 23/83





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       ④ 会計監査の状況
        会計監査は優成監査法人に依頼しており、会社法及び金融商品取引法に基づいた監査を受けております。また、監
       査等委員と監査法人は緊密な連携を保ち、会計監査人の監査計画の聴取を行い、監査結果の報告を受けるだけでなく
       適時必要な情報交換、意見交換を行っております。同様に内部監査室と会計監査人においても緊密な連携を保ち、適
       時必要な情報交換、意見交換を行っております。
        なお、当期において業務を執行した公認会計士は次のとおりであります。
        指定社員・業務執行社員 須永                真樹
        指定社員・業務執行社員 佐藤                健文
        指定社員・業務執行社員 小野                潤
        監査業務に係る補助者の構成
        公認会計士       1名   その他    7名
       ⑤ 社外取締役
        当社は社外取締役として監査等委員2名を選任しております。
        社外取締役と当社の間には、人的関係、資本関係及び重要な取引関係その他の利害関係はないものと判断しており
       ます。
        当社において、社外取締役を選任するための独立性について特段の定めはありませんが、専門的な知見に基づく客
       観的かつ適切な監督・監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じるおそれがないことを基本
       的な考え方として、選任しております。
       ⑥ その他の企業統治に関する事項
        A.   内部統制システム構築の基本方針
         a.当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・ 全取締役が、業務執行を通じて法令等遵守重視の姿勢を明確に示しつつ、『フォーバルグループ行動綱領』
          を徹底する等により、法令等遵守重視の企業風土の醸成を進めます                               。
          ・法令等遵守の充実強化のために、『内部統制委員会』により推進体制を整備します                                       。
          ・ 当社の従業員が、法令及び定款に照らして疑義のある行為等を知ったときに、通常の報告経路によらず、
          『内部通報制度』を活用して、直接通報窓口に報告する仕組みを運営します                                   。
         b.当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          ・ 取締役の職務執行に係る情報は、文書管理規程に基づいて各所管部門が適切に保存及び管理し、取締役の閲
          覧に供します      。
          ・ 文書を適切に保存及び管理するために、内部監査部門が文書管理の運用状況を毎年検証し、是正及び改善の
          必要が認められる場合は、遅滞なく社長に報告します                         。
         c.当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          ・リスク管理基本規程に基づき、体系的なリスク管理体制の確立を図り、関連規程の制定または見直し、ガイ
          ドラインの制定、マニュアルの作成、教育研修の実施等を通じリスク管理体制を強化します。
          ・リスクの発生または発見時に、取締役会への報告及び社外への開示の必要性を判断する基準を明確にする
          等、リスク対応と開示を適時適切に行う体制を整備します。
          ・大規模な事故、災害、不祥事等の緊急事態が発生した場合に備えた危機管理体制として、『危機管理委員
          会』を設置し対応ルールを整備します。
         d.当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          ・組織・業務分掌・職務権限等の職務執行体制を適時適切に見直し、職務遂行に係る意思決定及び指揮体制を
          最適の状態に保ちます。
          ・取締役会の効率化を図るため、常勤取締役を含めた執行責任者が参加する会議を毎月開催し、執行状況を確
          認することにより、取締役会の決定事項の徹底を図ります。
                                 24/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         e.当社並びに親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          ・『フォーバルグループ行動綱領』を子会社の役員、従業員全員への浸透に努めることにより、企業集団全体
          の業務の適正確保を図ります。
          ・ 当社は、各子会社の自主性を尊重しつつ必要な助言・支援を『内部統制委員会』の活動を通して行う等によ
          り、企業集団全体の内部統制システムの整備を促進します                           。
          ・ 関係会社管理規程に基づき、子会社が業績状況、財務状況及び経営上重要な事項について、当社へ定期的に
          報告する体制を整備します            。
          ・ リスク管理基本規程に基づき、子会社がリスクを発見した場合には、速やかに当社のリスク管理担当部門に
          報告します。当社は子会社に対し、事案に応じた支援を行うとともに、社外への開示の必要性を判断します。
          ・子会社の自主性を尊重しつつ、子会社が組織・業務分掌・職務権限等の職務執行体制を適時適切に見直すと
          ともに、職務執行に係る意思決定及び指揮体制を最適な状態に保つように支援します。
          ・当社の内部監査部門は、子会社の監査または子会社が実施した監査報告をもとに、法令順守、リスク管理及
          び業務の適正性を確保するための指導・支援を行います。
          ・ 子会社の役員及び従業員が、法令及び定款に照らして疑義のある行為等を知ったときに、通常の報告経路に
          よらず、『内部通報制度』を活用して、直接通報窓口にその旨を報告する仕組みを運用します                                           。
         f.  当社の監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事
         項
          ・監査等委員会は、必要がある場合は、事前に人事担当取締役に通知したうえで、監査業務を補助すべき従業
          員の配属を求め、監査業務を補助するよう命令することができます。この通知を受けた取締役は、特段の事情
          がない限りこれに従うものとします                。
          ・監査等委員会から監査業務を補助すべき従業員の配属を求められた場合は、必要なスキルその他について具
          体的な意見を聴取したうえで人選し、監査等委員会の同意を得て任命します。
         g.前項の使用人の当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項並びに当該使
         用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
          ・前項により、監査等委員会から命令を受けた従業員は、その命令の遂行に関して取締役(監査等委員である
          取締役を除く。)の指揮命令を受けず、また、実施結果の報告は命令した監査等委員会に対してのみ行うこと
          とします。
          ・監査等委員会の職務を補助すべき従業員には、当該業務に必要な調査権限及び情報収集権限を付与します。
          ・取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、監査等委員会の命令を受けた従業員に対し、そのことを理
          由に人事処遇等において不利な扱いをしません。
          ・前項により監査業務を補助すべき従業員を配属した場合、その人事異動・人事評価・懲戒処分に関しては監
          査等委員会の同意を得るものとします。
         h.当社の監査等委員会への報告に関する体制
          ・当社及び子会社の役員(当社の監査等委員である取締役を除く。)及び従業員は、次の場合には、当社の監
          査等委員会に対して直接かつ速やかに報告します。
           ⅰ.法令及び定款に違反する事実またはその疑いがある事実を発見したとき
           ⅱ.当社及び子会社に著しい損害を与える事実またはそのおそれのある事実を発見したとき
           ⅲ.その他業務執行に係る重要な報告事項として監査等委員会が求める事項を発見したとき
          法令及び定款の遵守に関する事項、リスク管理に関する事項、内部監査の実施状況、その他の事項を、随時、
          内部監査管掌取締役または担当部門長から監査等委員会に報告する体制を整備します。報告事項及び報
          告の方法については、監査等委員会との協議により決定します                             。
         i.前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するための体
         制
           監査等委員会に対し前各項の事実を直接報告した者(当初の監査等委員である取締役を除く。)に対して、
          そのことを理由に人事処遇等について不利な取扱をしません。
         j.当社の監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行につい
         て生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
          ・監査等委員会は、職務の執行上必要と認める費用についてあらかじめ予算を計上し会社に請求することがで
          きます。
          ・監査等委員が前号の予算以外に緊急または臨時に支出した費用についても、事後会社に請求することができ
          ます。
                                 25/83



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         k.その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          ・代表取締役と監査等委員会との間の定期的な意見交換会を実施します。
          ・監査等委員会に対して内部監査の実施状況について報告するとともに、監査等委員会が必要と認めるときは
          追加監査の実施、業務改善策の策定等を行います。
        B.   内部統制システムの運用状況の概要について
           当社グループは、「内部統制システムに関する基本方針」に基づき、次のとおり運用しております。
         a.内部統制システム全般
           当社及び子会社の内部統制システム全般の整備・運用状況を当社の内部監査室及び内部統制委員会(当事業
          年度は6回開催)がモニタリングし、改善を進めております。また、内部統制委員会は金融商品取引法に基づ
          く「財務報告に係る内部統制の有効性の評価」を行っております。
         b.コンプライアンス
           当社の企業集団における経営理念と経営基本方針を周知徹底するため、コンプライアンス研修を実施してお
          ります。
           法令違反・不正行為等の早期発見及びそれらを未然に防止することで当社の社会的信頼を維持することを目
          的とし、コンプライアンス・アラーム運用規程を制定し、内部通報制度を整備しております。また、コンプラ
          イアンス・アラーム運用規程に通報者は不利益を受けない旨を規定しております。
         c.  リスク管理
           当社の危機管理に関する基本的事項について定め、経営に重大な影響を及ぼす危機を未然に防止すること、
          及び万一発生した場合の被害の極小化を図ることを目的とし、リスク管理基本規程を制定し、危機管理委員会
          が危機管理ガイドラインの定期的な見直しと周知徹底を実施しております。また、大規模災害に備えた安否確
          認システムの運用確認テストも定期的に実施しております。
         d.  子会社経営管理
           子会社の経営管理については、関係会社管理規程を制定し、業績状況、財務状況及び経営上重要な事項につ
          いて、当社へ定期的に報告する体制を整備しております。また、当社の内部監査部門は、子会社に対する監査
          を実施しており、定期的なモニタリングを実施しております。
         e.  取締役の職務執行
           取締役が法令及び定款に則って行動するように徹底しており、社外取締役を複数名選任し、かつ、取締役会
          等を通じて社外取締役から発言が積極的に行われる機会を設けることで、監督機能を強化しております。な
          お、当事業年度においては、取締役会は20回開催されております。
           また、業務分掌規程・職務権限規程を制定し、責任の明確化ならびに効率的な業務遂行を図っております。
         f.監査等委員
           社外取締役を含む監査等委員は、取締役会への出席及び監査等委員長による内部統制委員会への出席を通じ
          て、内部統制の整備、運用状況を確認しているほか、会計監査人、内部監査室などの内部統制に係る組織と必
          要に応じて双方向的な情報交換を実施することで当社の内部統制システム全般をモニタリングしております                                                  。
        C.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方と整備状況
         a.基本的な考え方
           当社は、『フォーバルグループ行動綱領』において反社会的勢力排除に向けた指針を定め、具体的には反社
          会的勢力対応規程の内容を遵守し、反社会的な勢力と一切の関係を遮断することを基本方針とします。
         b.体制の整備
           当社は、反社会的勢力等への対応に関する統括部門を置き、関係行政機関等との連携を図り、反社会的勢力
          に関する情報収集を行うほか、司法機関や顧問弁護士とも常に連携して協力体制を整備します。
           また、当社及び子会社においては、対応する規程類やマニュアルを整備し、各種研修を通じ反社会的勢力排
          除に向けた啓発活動を行います。
                                 26/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      (3)役員報酬の内容
       ① 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別総額(千円)
                   報酬等の                                    対象となる
       役   員   区   分    総   額                                 役員の員数
                                 ス ト ッ ク
                   (千円)                                     (人)
                          基本報酬              賞   与    そ の 他
                                 オプション
      取     締     役
      (監査等委員を除く。)
                     70,588       25,588         -      45,000                 3
                                                   -
      (社外取締役を除く。)
      取     締     役

      (  監  査  等  委  員  )
                     6,000       6,000         -                      1
                                            -       -
      (社外取締役を除く。)
      社   外   役   員

                     8,400       8,400         -       -               2
                                                   -
       (注)1.     当社は、平成27年6月18日に監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております                                           。

          2.使用人兼務取締役の使用人給与相当額20,004千円を支給しております。
       ② 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
        役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針につきましては、同業あるいは同規模の他企業の報酬水準
       を勘案し、当社の業績に見合った水準を設定しております。
      (4)会計監査人との責任限定契約の内容
        当社と会計監査人優成監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限
       定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、優成監査法人の会計監査人としての在
       職中に報酬その他の職務執行対価として当社から受け、又は受けるべき財産上の利益の額の事業年度ごとの合計額の
       うち最も高い額に二を乗じて得た額としております。
      (5)監査等委員との責任限定契約の内容
        当社と監査等委員は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締
       結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令の定める額を上限としております。
      (6)コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1年間における実施状況
        内部統制委員会を設置し、本委員会を中心に財務報告に係る内部統制の体制整備、リスク管理やコンプライアンス
       の推進、個人情報保護対策等に努めております。コンプライアンスに向けた取組みの一環として、社員に対し具体的
       な行動規範を示し、周知徹底を図っております。
      (7)取締役の定数
        当社の取締役は15名以内、監査等委員は5名以内とする旨定款に定めております。
      (8)取締役の選任の要件
        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
       出席し、その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨定款に定めております。
      (9)株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
        当社は、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸政策を機動的に遂行するとともに、資本効率の向上を図る
       ため、剰余金の配当、自己株式の取得等会社法第459条第1項各号の事項については、法令に別段の定めがある場合を
       除き、株主総会の決議によらず、取締役会の決議により定めることができる旨定款で定めております。
        当社は、取締役及び監査等委員が職務の執行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法
       第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む)及び監査等委員(監査等委員であった者を含む)の
       会社法第423条第1項の責任について、当該取締役または監査等委員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がな
       い場合は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、同法第426条第1項の規定に基
       づき、取締役会の決議によって、法令に定める額を限度として、その責任を免除することができる旨定款で定めてお
       ります。
                                 27/83





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      (10)株式の保有状況
       ① 保有目的が純投資目的以外の投資株式
        前事業年度及び当事業年度 該当事項はありません。
       ② 保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに
        当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                     前事業年度
                                        当事業年度(千円)
                      (千円)
            区分
                     貸借対照表計        貸借対照表計         受取配当金         売却損益        評価損益
                     上額の合計額        上額の合計額         の合計額        の合計額        の合計額
      非上場株式                   1,000        7,000          -        -        -

      上場株式

                          -        -        -        -        -
      (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益

        の合計額」は記載しておりません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(千円)            酬(千円)            報酬(千円)            酬(千円)
      提出会社                17,000              -         19,000              -
      連結子会社                  -            -            -            -

         計             17,000              -         19,000              -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         前連結会計年度及び当連結会計年度 該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前連結会計年度及び当連結会計年度 該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

         監査日数等を勘案したうえで決定しております。
                                 28/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
        す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について優成監
       査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握すると共に、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務
       会計基準機構へ加入し、監査法人主催のセミナー等に参加しております。また、指定国際会計基準による適正な財務
       諸表等を作成するためのプロジェクトチームを設置しております。
                                 29/83













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        971,884              995,573
         現金及び預金
                                       2,033,539              2,324,158
         受取手形及び売掛金
                                         51,006              66,970
         商品及び製品
                                         55,020              33,855
         仕掛品
                                         30,511              66,089
         原材料及び貯蔵品
                                         18,804              13,565
         短期貸付金
                                        930,924              993,217
         未収入金
                                         63,834              32,930
         前渡金
                                       ※1 943,993            ※1 1,070,118
         前払費用
                                        136,409              160,659
         繰延税金資産
                                         22,719              17,620
         その他
                                        △ 50,913             △ 74,928
         貸倒引当金
         流動資産合計                               5,207,736              5,699,831
       固定資産
         有形固定資産
                                         42,518              43,081
          建物及び構築物
                                        △ 20,235             △ 23,663
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             22,283              19,418
          機械装置及び運搬具                              197,081              198,034
                                       △ 150,199             △ 159,692
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             46,882              38,342
          工具、器具及び備品                              207,466              184,095
                                       △ 176,699             △ 158,652
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             30,767              25,443
          リース資産                              159,294              157,481
                                       △ 150,832             △ 156,072
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              8,461              1,409
                                        108,394               84,613
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         31,548              11,427
          のれん
                                        150,464              228,174
          ソフトウエア
          無形固定資産合計                              182,012              239,602
         投資その他の資産
                                        ※3 17,655             ※3 24,328
          投資有価証券
                                         8,560              8,111
          差入保証金
                                         5,143              1,650
          長期貸付金
                                         89,033              197,217
          破産更生債権等
                                      ※2 1,122,286              ※2 996,532
          長期前払費用
                                         44,828              43,681
          繰延税金資産
          その他                              106,581              113,525
                                        △ 89,033             △ 189,814
          貸倒引当金
                                       1,305,054              1,195,232
          投資その他の資産合計
                                       1,595,461              1,519,448
         固定資産合計
                                       6,803,197              7,219,279
       資産合計
                                 30/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,503,490              1,604,233
         支払手形及び買掛金
                                       1,250,000              1,400,000
         短期借入金
                                       1,116,420              1,186,912
         未払金
                                         14,538               4,291
         リース債務
                                        203,061              171,342
         未払法人税等
                                        111,565              133,500
         賞与引当金
                                         66,558              60,904
         役員賞与引当金
                                        360,959              269,032
         その他
                                       4,626,594              4,830,216
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,354                63
         リース債務
                                           -             2,491
         繰延税金負債
                                        130,942              132,314
         退職給付に係る負債
                                        135,297              134,869
         固定負債合計
                                       4,761,891              4,965,085
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        542,354              542,354
         資本金
                                         42,353              42,353
         資本剰余金
                                       1,443,159              1,654,872
         利益剰余金
                                       2,027,867              2,239,580
         株主資本合計
                                         13,438              14,613
       非支配株主持分
                                       2,041,306              2,254,193
       純資産合計
                                       6,803,197              7,219,279
      負債純資産合計
                                 31/83











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       13,842,138              15,049,737
      売上高
                                       9,700,756              10,461,127
      売上原価
                                       4,141,382              4,588,609
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         60,928              87,798
       貸倒引当金繰入額
                                       1,113,358              1,168,646
       給与・賞与
                                         90,087              110,869
       賞与引当金繰入額
                                         66,558              59,924
       役員賞与引当金繰入額
                                         31,141              27,382
       退職給付費用
                                         16,130              12,229
       減価償却費
                                        823,411             1,015,124
       支払手数料
       委託業務費                                 282,335              313,166
                                         92,190              93,781
       情報処理費
                                         11,443              21,199
       広告宣伝費
                                         20,120              20,120
       のれん償却額
                                        888,890              962,431
       その他
                                       3,496,597              3,892,676
       販売費及び一般管理費合計
                                        644,784              695,933
      営業利益
      営業外収益
                                           236              140
       受取利息
                                           20              20
       受取配当金
                                           -              673
       持分法による投資利益
                                         1,458              5,500
       助成金収入
                                         95,019              87,176
       違約金収入
                                         3,531              3,126
       その他
                                        100,265               96,637
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         14,070              12,712
       支払利息
                                         3,057                -
       持分法による投資損失
                                         50,745              79,044
       貸倒引当金繰入額
                                         4,476               734
       その他
                                         72,349              92,492
       営業外費用合計
                                        672,700              700,078
      経常利益
                                 32/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      特別利益
                                         ※1 213
                                                         -
       固定資産売却益
                                           213               -
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※2 1,777              ※2 341
       固定資産除却損
                                           491               -
       投資有価証券評価損
                                        ※3 13,521              ※3 221
       減損損失
                                         15,790                562
       特別損失合計
                                        657,123              699,515
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   234,785              255,796
                                        △ 20,868             △ 20,612
      法人税等調整額
                                        213,916              235,183
      法人税等合計
                                        443,207              464,332
      当期純利益
                                         2,091              2,220
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                        441,116              462,111
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 33/83














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                        443,207              464,332
      当期純利益
                                        443,207              464,332
      包括利益
      (内訳)
                                        441,116              462,111
       親会社株主に係る包括利益
                                         2,091              2,220
       非支配株主に係る包括利益
                                 34/83

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                             (単位:千円)
                            株主資本
                                        非支配株主
                                             純資産合計
                                   株主資本合     持分
                     資本金    資本剰余金     利益剰余金
                                   計
     当期首残高                542,354      42,353    1,252,441     1,837,149      11,347    1,848,497

     当期変動額
      剰余金の配当                 -     -  △ 133,545    △ 133,545       -  △ 133,545
      剰余金の配当(中間配当)                 -     -  △ 116,852    △ 116,852       -  △ 116,852
      親会社株主に帰属する当期純利益                 -     -   441,116     441,116       -   441,116
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       -     -     -     -    2,091     2,091
      (純額)
     当期変動額合計
                       -     -   190,718     190,718      2,091    192,809
     当期末残高                542,354      42,353    1,443,159     2,027,867      13,438    2,041,306
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                             (単位:千円)
                            株主資本
                                        非支配株主
                                             純資産合計
                                   株主資本合     持分
                     資本金    資本剰余金     利益剰余金
                                   計
     当期首残高

                     542,354      42,353    1,443,159     2,027,867      13,438    2,041,306
     当期変動額
      剰余金の配当                 -     -  △ 133,545    △ 133,545        -  △ 133,545
      剰余金の配当(中間配当)                 -     -  △ 116,852    △ 116,852       -  △ 116,852
      親会社株主に帰属する当期純利益
                       -     -   462,111     462,111       -   462,111
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       -     -     -     -    1,174     1,174
      (純額)
     当期変動額合計                  -     -   211,713     211,713      1,174    212,887
     当期末残高
                     542,354      42,353    1,654,872     2,239,580      14,613    2,254,193
                                 35/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        657,123              699,515
       税金等調整前当期純利益
                                        109,632               94,099
       減価償却費
                                         20,120              20,120
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  81,670              124,796
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  31,319              21,935
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  14,808              △ 5,653
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  17,109               1,371
                                         △ 256             △ 160
       受取利息及び受取配当金
                                         14,070              12,712
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                  3,057              △ 673
                                         1,777               341
       固定資産除却損
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   491               -
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 213               -
                                         13,521                221
       減損損失
       違約金収入                                 △ 95,019             △ 87,176
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 151,554             △ 398,802
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 9,024             △ 30,377
       未収入金の増減額(△は増加)                                △ 436,515              △ 62,890
       前払費用の増減額(△は増加)                                △ 514,733             △ 430,590
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  22,228              35,834
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                △ 318,659              125,754
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 214,692               97,511
       未払金の増減額(△は減少)                                  60,633              68,469
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  13,723             △ 64,267
                                        △ 1,570             △ 28,030
       その他
                                       △ 251,565              194,062
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   256              160
                                        △ 14,180             △ 12,503
       利息の支払額
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                △ 105,265             △ 287,516
                                        317,588              392,257
       違約金の受取額
                                        △ 53,165              286,461
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 36/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 37,967             △ 26,173
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 90,013             △ 116,579
       無形固定資産の取得による支出
                                           235               -
       有形固定資産の売却による収入
                                           -            △ 6,000
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 13,300              △ 1,000
       貸付けによる支出
                                         8,568              9,732
       貸付金の回収による収入
                                           -             △ 10
       出資金の払込による支出
                                        △ 3,027             △ 6,160
       敷金の差入による支出
                                         1,186               182
       敷金の回収による収入
                                       △ 134,317             △ 146,009
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       非支配株主への配当金の支払額                                    -            △ 1,046
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 724,325              250,000
                                       △ 140,676             △ 100,000
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 250,948             △ 251,174
       配当金の支払額
                                        △ 31,535             △ 14,538
       リース債務の返済による支出
                                        301,165             △ 116,759
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              △ 3
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   113,681               23,688
                                        858,203              971,884
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 971,884              ※ 995,573
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 37/83












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数         ▶ 社
         主要な連結子会社の名称
         ㈱トライ・エックス
         タクトシステム㈱
         ㈱保険ステーション
         ㈱FISソリューションズ
       (2)  非連結子会社の名称等
         非連結子会社
         TACT   SYSTEM    VIETNAM    CO.,LTD.
        (連結の範囲から除いた理由)
         非連結子会社は小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等はいずれも連結財務諸表
        に重要な影響を及ぼさないためであります。
         なお、当該子会社は現在清算中であります。
       2.持分法の適用に関する事項

       (1)  持分法適用の関連会社数             1 社
         持分法適用関連会社の名称  ㈱ホワイトビジネスイニシアティブ
       (2)  持分法適用しない非連結子会社数 1社
         持分法適用しない非連結子会社の名称  TACT                      SYSTEM    VIETNAM    CO.,LTD.
          上記非連結子会社の当期純損益及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても
         連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外し
         ております。
          なお、当該子会社は現在清算中であります。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
       4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ① 有価証券
           その他有価証券
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
         ② たな卸資産
           商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
           主として移動平均法(一部先入先出法)による原価法
           (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ① 有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)                                            並びに平
          成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、                                定額法によっております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物   3年~20年
           機械装置及び運搬具 2年~6年
           工具、器具及び備品 2年~20年
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           自社利用のソフトウエア  5年
         ③ リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         ④ 長期前払費用
           定額法により償却しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準
                                 38/83

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         ① 貸倒引当金
           売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
          定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ② 賞与引当金
           従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度末に負担すべき額を計上しており
          ます。
         ③ 役員賞与引当金
           役員に支給する賞与に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度末に負担すべき額を計上しておりま
          す。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法
          退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算は、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とす
         る方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  のれんの償却方法及び償却期間
          のれん償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金及び要求払預金のほか、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償
         還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式を採用しております。
         (会計方針の変更)

        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
        報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び
        構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         この結果、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響額は軽微でありま
        す。
         (未適用の会計基準等)

        重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 39/83










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
        該当事項はありません。
         (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結
        会計年度から適用しております。
                                 40/83


















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1 前払費用
       主として代理店に支払う手数料(諸手数料)に係わる前払相当額であります。
      ※2 長期前払費用

       主として代理店に支払う手数料(諸手数料)に係わる前払相当額であります。
      ※3 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成28年3月31日)                   (平成29年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               16,655千円                   17,328千円
         (連結損益計算書関係)

      ※1 固定資産売却損益の内容は次のとおりであります。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
     売却益
      機械装置及び運搬具                      213千円                            -千円
                                 41/83














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      ※2 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
      建物及び構築物                       -千円                            1千円
      機械装置及び運搬具                      952                            147
      工具、器具及び備品                      274                            192
      ソフトウエア                      550                            -
             計               1,777                             341
      ※3 減損損失

      前連結会計年度(自            平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             場所               用途             種類            減損損失
                                    リース資産                   543千円
       ㈱フォーバルテレコム                 事業用資産
                                    ソフトウェア                  12,978千円
       当社グループは、原則として減損損失の算定にあたり、セグメントを基準に独立したキャッシュ・フローを生み出
      す最小単位によって資産のグルーピングを行っております。
       当連結会計年度において、当社(東京都千代田区)における事業用資産の収益性及び評価額が帳簿価額に比べて著
      しく低下したことにより、減損の兆候が認められましたので、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
       なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、使用価値は、当該資産グループの事業計画の実現可能性を保
      守的に評価して算定しております。
      当連結会計年度(自            平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             場所               用途             種類            減損損失
       ㈱フォーバルテレコム                 事業用資産             リース資産                   221千円
       当社グループは、原則として減損損失の算定にあたり、セグメントを基準に独立したキャッシュ・フローを生み出
      す最小単位によって資産のグルーピングを行っております。
       当連結会計年度において、当社(東京都千代田区)における事業用資産の収益性及び評価額が帳簿価額に比べて著
      しく低下したことにより、減損の兆候が認められましたので、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。
       なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、使用価値は、当該資産グループの事業計画の実現可能性を保
      守的に評価して算定しております。
         (連結包括利益計算書関係)

          該当事項はありません。
                                 42/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  16,693,200              -          -      16,693,200

            合計             16,693,200              -          -      16,693,200

         2.新株予約権に関する事項

                          新株予約権       新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                          の目的とな
       区分       新株予約権の内訳                                         年度末残高
                          る株式の種
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (千円)
                          類
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            ストック・オプションとして
     連結子会社                       -      -      -      -      -    (注)1
            の新株予約権
            ストック・オプションとして
     連結子会社                       -      -      -      -      -    (注)2
            の新株予約権
              合計              -      -      -      -      -       -
         (注)1.会社法の施行日前に付与されたストック・オプションであるため、残高はありません。

            2.自社の株式の評価額が行使価格を下回ったため、期末残高はありません。
         3.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     平成27年6月18日
                 普通株式           133,545           8  平成27年3月31日          平成27年6月19日
     定時株主総会
     平成27年11月11日
                 普通株式           116,852           7  平成27年9月30日          平成27年12月10日
     臨時取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     平成28年6月22日
                普通株式         133,545       利益剰余金           8  平成28年3月31日         平成28年6月23日
     定時株主総会
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                  16,693,200              -          -      16,693,200

            合計             16,693,200              -          -      16,693,200

                                 43/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         2.新株予約権に関する事項
                          新株予約権       新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                          の目的とな
       区分       新株予約権の内訳                                         年度末残高
                          る株式の種
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (千円)
                          類
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            ストック・オプションとして
     連結子会社                       -      -      -      -      -     (注)
            の新株予約権
              合計              -      -      -      -      -       -
         (注)当連結会計年度末時点において既に失効しております。

         3.配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     平成28年6月22日
                 普通株式           133,545           8  平成28年3月31日          平成28年6月23日
     定時株主総会
     平成28年11月10日
                 普通株式           116,852           7  平成28年9月30日          平成28年12月9日
     臨時取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     平成29年6月21日
                普通株式         133,545       利益剰余金           8  平成29年3月31日         平成29年6月22日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                               至   平成28年3月31日)              至   平成29年3月31日)
      現金及び預金勘定                                971,884    千円            995,573    千円
      現金及び現金同等物                                971,884                995,573
                                 44/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
      (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
        有形固定資産
         主として、OA機器であります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
        償却の方法」に記載のとおりであります。
         (金融商品関係)

          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
          1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、         資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については主として親会社
         及び銀行等金融機関からの短期的な資金を借入しております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である受取手形、売掛金及び未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。
          投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
          営業債務である支払手形及び買掛金並びに未払金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
          借入金は、主に運転資金の調達を目的としたものであります。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
         ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は、営業債権については専任の債権管理部門を設置することにより、取引相手ごとに期日及び残高を管
         理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や貸倒リスクの軽減を図っております。長期
         貸付金については、主な貸付先が連結子会社であることから、役員を兼務すること等により財政状態の把握に
         つとめております。連結子会社においても同様の管理を行っております。
         ② 市場リスク(時価の変動リスク)の管理
          投資有価証券については、定期的に時価や取引先企業の財務状況等を把握し、また、市況や取引先企業との
         関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。なお、連結子会社においても同様の管理を行っており
         ます。
         ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
         維持などにより流動性リスクを管理しております。なお、連結子会社においても同様の管理を行っておりま
         す。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することがあります。
                                 45/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
         平成28年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
        す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                        971,884            971,884               -

      (2)受取手形及び売掛金                       2,033,539            2,033,539                -

      (3)長期貸付金(1年内回収予
                               23,947            22,501            △1,446
        定の長期貸付金を含む)
      (4)未収入金                        930,924            930,924               -
       資産計                       3,960,297            3,958,850             △1,446

      (1)支払手形及び買掛金                       1,503,490            1,503,490                -

      (2)短期借入金                       1,250,000            1,250,000                -

      (3)未払金                       1,116,420            1,116,420                -

       負債計                       3,869,911            3,869,911                -

      (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金並びに(4)未収入金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)長期貸付金(1年内回収予定の長期貸付金を含む)
            これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割り引い
           た現在価値により算定しております。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金並びに(3)未払金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                 区分            連結貸借対照表計上額(千円)
           非上場株式                                17,655

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、開示の対
          象から除いております。
                                 46/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                             (千円)                           (千円)
                                      (千円)          (千円)
           現金及び預金                   971,884           -         -         -
           受取手形及び売掛金                  2,033,539            -         -         -

           長期貸付金                    18,804         5,143          -         -

           未収入金                   930,924           -         -         -

                合計            3,955,154           5,143          -         -

        4.  借入金の連結決算日後の返済予定額
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
           短期借入金            1,250,000          -      -      -      -      -
                       1,250,000

               合計                  -      -      -      -      -
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

          1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、         資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については主として親会社
         及び銀行等金融機関からの短期的な資金を借入しております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である受取手形、売掛金及び未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。
          投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
          営業債務である支払手形及び買掛金並びに未払金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
          借入金は、主に運転資金の調達を目的としたものであります。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
         ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は、営業債権については専任の債権管理部門を設置することにより、取引相手ごとに期日及び残高を管
         理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や貸倒リスクの軽減を図っております。長期
         貸付金については、主な貸付先が連結子会社であることから、役員を兼務すること等により財政状態の把握に
         つとめております。連結子会社においても同様の管理を行っております。
         ② 市場リスク(時価の変動リスク)の管理
          投資有価証券については、定期的に時価や取引先企業の財務状況等を把握し、また、市況や取引先企業との
         関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。なお、連結子会社においても同様の管理を行っており
         ます。
         ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
         維持などにより流動性リスクを管理しております。なお、連結子会社においても同様の管理を行っておりま
         す。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することがあります。
                                 47/83





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
         平成29年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
        す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                        995,573            995,573               -

      (2)受取手形及び売掛金                       2,324,158            2,324,158                -

      (3)長期貸付金(1年内回収予
                               15,215            15,182             △33
        定の長期貸付金を含む)
      (4)未収入金                        993,217            993,217               -
       資産計                       4,328,164            4,328,131               △33

      (1)支払手形及び買掛金                       1,604,233            1,604,233                -

                             1,400,000
      (2)短期借入金                                   1,400,000                -
      (3)未払金                       1,186,912            1,186,912                -

       負債計                       4,191,145            4,191,145                -

      (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金並びに(4)未収入金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)長期貸付金(1年内回収予定の長期貸付金を含む)
            これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割り引い
           た現在価値により算定しております。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金並びに(3)未払金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                 区分            連結貸借対照表計上額(千円)
           非上場株式                                24,328

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、開示の対
          象から除いております。
                                 48/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                             (千円)                           (千円)
                                      (千円)          (千円)
           現金及び預金                   995,573           -         -         -
           受取手形及び売掛金                  2,324,158            -         -         -

           長期貸付金                    13,565         1,650          -         -

           未収入金                   993,217           -         -         -

                合計            4,326,514           1,650          -         -

        4.  借入金の連結決算日後の返済予定額
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
           短期借入金            1,400,000          -      -      -      -      -
                       1,400,000

               合計                  -      -      -      -      -
         (有価証券関係)

      1.その他有価証券
         投資有価証券(前連結会計年度の連結貸借対照表計上額は17,655千円、当連結会計年度の連結貸借対照表計上額
        は24,328千円)は市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから記載しておりません。
      2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 49/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       退職金規程に基づく社内積立の退職一時金制度のほか、確定拠出型の確定拠出年金制度を設けております。
      当社グループは、退職給付に係る負債及び退職給付費用の算定にあたり、簡便法を採用しております。
      なお、当社及び一部の連結子会社は、平成28年4月に確定拠出年金制度へ移行しております。
     2.確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                113,832千円               130,942千円
      退職給付費用                                19,985               17,885
      退職給付の支払額                               △2,875               △16,514
     退職給付に係る負債の期末残高                                130,942               132,314
      (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産

       の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                130,942千円               132,314千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                130,942               132,314
     退職給付に係る負債                                130,942               132,314

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                130,942               132,314
      (3)退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用   前連結会計年度19,985千円   当連結会計年度17,885千円
     3.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度8,228千円であります。
     4.複数事業主制度

       確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前連結会計年度13,541千
      円であります。
       また、当社が加入しておりました「全国通信機械工業厚生年金基金」は、平成28年3月31日に厚生労働大臣より解散
      認可を受けております。なお、同基金解散による追加負担額の発生はありません。
      (1)複数事業主制度の直近の積立状況

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成27年3月31日)               (平成28年3月31日)
     年金資産の額                              102,247,461千円                    -千円
     年金財政計算上の数理債務の額と
                                    95,439,078                    -
     最低責任準備金の額との合計額
     差引額                               6,808,383                   -
      (2)複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

        前連結会計年度       0.3  %  (自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
        当連結会計年度        -%  (自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                 50/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      (3)補足説明
        上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の剰余金であります。
        本制度における過去勤務債務残高は、前連結会計年度15,024,257千円であります。また、過去勤務債務の償却方法
       は期間16年の元利均等償却であり、当社グループは、連結財務諸表上、当該償却に充てられる特別掛金(前連結会計
       年度5,638千円)を費用処理しておりました。
        なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
        また、当連結会計年度につきましては、上記のとおり解散済みであることから記載を省略しております。
                                 51/83


















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         株式会社トライ・エックス(連結子会社)
         1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
         2.権利不行使による失効により利益として計上した金額
           該当事項はありません。
         3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
          (1)ストック・オプションの内容
                           平成17年              平成19年
                        ストック・オプション              ストック・オプション
                                    当社取締役     2名
                                    当社従業員     1名
                      子会社取締役    1名              子会社取締役          2名
     付与対象者の区分及び人数
                      子会社従業員    39名              子会社従業員          10名
                                    孫会社取締役          2名
                                    孫会社従業員    24名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式   294株              普通株式   120株
     ションの数(注)
     付与日                 平成17年10月27日              平成19年3月30日
                       権利行使時に、提出会社な
                                     権利行使時に、提出会社な
                       らびに提出会社の子会社及
                                     らびに提出会社の子会社及
                                     び関連会社の取締役、監査
                       び関連会社の取締役、監査
     権利確定条件
                                     役、従業員その他これに準
                       役、従業員その他これに準
                                     ずる地位にあることを要す
                       ずる地位にあることを要す
                                     る。
                       る。
     対象勤務期間                 定めておりません。              定めておりません。
                       自平成19年10月28日               自平成21年3月11日
     権利行使期間
                       至平成27年10月27日              至平成29年3月10日
          (注)株式数に換算して記載しております。
                                 52/83










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数について
           は、株式数に換算して記載しております。
           ① ストック・オプションの数
                           平成17年              平成19年
                        ストック・オプション              ストック・オプション
     権利確定前      (株)

      前連結会計年度末                         -              -

      付与                         -              -

      失効                         -              -

      権利確定                         -              -

      未確定残                         -              -

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                         248              72

      権利確定                         -              -

      権利行使                         -              -

      失効                         248              -

      未行使残                         -              72

           ② 単価情報

                           平成17年              平成19年
                        ストック・オプション              ストック・オプション
                                           100,000
     権利行使価格      (円)                           -
     行使時平均株価     (円)                           -              -

     公正な評価単価(付与日)(円)                           -              -

         4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
          ております。
         5.連結会計年度末におけるストック・オプションの本源的価値合計額   0円

                                 53/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         株式会社トライ・エックス(連結子会社)
         1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
         2.権利不行使による失効により利益として計上した金額
           該当事項はありません。
         3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
          (1)ストック・オプションの内容
                           平成19年
                        ストック・オプション
                      当社取締役     2名
                      当社従業員     1名
                      子会社取締役          2名
     付与対象者の区分及び人数
                      子会社従業員          10名
                      孫会社取締役          2名
                      孫会社従業員    24名
     株式の種類別のストック・オプ
                      普通株式   120株
     ションの数(注)
     付与日                 平成19年3月30日
                       権利行使時に、提出会社な
                       らびに提出会社の子会社及
                       び関連会社の取締役、監査
     権利確定条件
                       役、従業員その他これに準
                       ずる地位にあることを要す
                       る。
     対象勤務期間                 定めておりません。
                       自平成21年3月11日
     権利行使期間
                       至平成29年3月10日
          (注)株式数に換算して記載しております。
                                 54/83










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数について
           は、株式数に換算して記載しております。
           ① ストック・オプションの数
                           平成19年
                        ストック・オプション
     権利確定前      (株)

      前連結会計年度末                         -

      付与                         -

      失効                         -

      権利確定                         -

      未確定残                         -

     権利確定後      (株)

      前連結会計年度末                         72

      権利確定                         -

      権利行使                         -

      失効                         72

      未行使残                         -

           ② 単価情報

                           平成19年
                        ストック・オプション
                             100,000
     権利行使価格      (円)
     行使時平均株価     (円)                           -

     公正な評価単価(付与日)(円)                           -

         4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
          ております。
         5.連結会計年度末におけるストック・オプションの本源的価値合計額   0円

                                 55/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産(流動)
        賞与引当金                           32,265千円            44,224千円
        役員賞与引当金                           21,290            19,130
        貸倒引当金                           42,783            81,040
        繰越欠損金                           14,869            1,689
        その他                           34,887            30,402
                                   △9,687           △15,828
        評価性引当額
             計
                                   136,409            160,659
       繰延税金資産(固定)
        繰越欠損金                           19,897              -
        投資有価証券評価損                            9,392            9,392
        退職給付に係る負債                           41,276            41,531
        その他                           10,062            11,421
                                  △35,801            △18,663
        評価性引当額
             計
                                   44,828            43,681
       繰延税金負債(固定)
                                     -          2,491
        倒産防止共済
             計
                                     -          2,491
       繰延税金資産の純額                            181,237            201,850
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度            当事業年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                               法定実効税率と税効                   30.9%
                              果会計適用後の法人税
       (調整)
                              等の負担率との間の差
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                          0.8
                              異が法定実効税率の
        住民税均等割                                          0.7
                              100分の5以下である
        子会社との税率差異                                          1.2
                              ため注記を省略してお
        評価性引当額の変動                                         △0.6
                              ります。
        その他                                          0.6
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                 33.6
                                 56/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
         前連結会計年度末(平成28年3月31日)
          当社グループは、本社事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務とし
         て認識しておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
          なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸契約に関連する敷金の回収
         が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上す
         る方法によっております。
         当連結会計年度末(平成29年3月31日)

          当社グループは、本社事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務とし
         て認識しておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
          なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸契約に関連する敷金の回収
         が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上す
         る方法によっております。
                                 57/83
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           Ⅰ 前連結会計年度(自             平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
            1.報告セグメントの概要
               当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
              取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
              るものであります。
               当社グループの各社は、取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開してお
              ります。したがって、当社はグループ各社のサービスを基礎としたセグメントから構成されており、
              「IP   & Mobileソリューション事業」、「ドキュメント・ソリューション事業」及び「コンサルティ
              ング事業」の3つを報告セグメントとしております。
               「IP   & Mobileソリューション事業」はVoIPサービス、モバイルサービス等の情報通信サービ
              ス全般を提供しております。「ドキュメント・ソリューション事業」は、普通印刷・商業印刷物の企
              画・編集・制作を行っております。「コンサルティング事業」は経営支援コンサルティング、保険
              サービス及びセキュリティサービス等を行っております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

               報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要
              な事項」における記載と概ね同一であります。
               報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
               セグメント間の内部売上高又は振替高は、主に市場価格に基づいております。
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                      IP & Mobile

                                ドキュメント・
                                                      合計
                                          コンサルティング
                                ソリューション
                     ソリューション
                                            事業
                                  事業
                       事業
      売上高

                        9,524,876          1,905,244          2,412,017          13,842,138

       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部

                          26,436          17,383           6,847          50,667
       売上高又は振替高
                        9,551,313          1,922,628          2,418,864          13,892,806
            計
      セグメント利益                   201,869          255,330          206,913          664,113
                        5,060,901          1,114,223           628,073         6,803,197
      セグメント資産
      その他の項目
                          70,647          31,675           7,309         109,632
       減価償却費
       有形固定資産及び

                          84,845          26,048           6,281         117,174
       無形固定資産の増加額
                                 58/83






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
            4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事
              項)
                             利益(千円)
            報告セグメント計                                     664,113
            セグメント間取引消去                                       792
            のれんの償却額                                    △20,120
            連結損益計算書の営業利益                                     644,784
           Ⅱ 当連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            1.報告セグメントの概要
               当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
              取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
              るものであります。
               当社グループの各社は、取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開してお
              ります。したがって、当社はグループ各社のサービスを基礎としたセグメントから構成されており、
              「IP   & Mobileソリューション事業」、「ドキュメント・ソリューション事業」及び「コンサルティ
              ング事業」の3つを報告セグメントとしております。
               「IP   & Mobileソリューション事業」はVoIPサービス、モバイルサービス等の情報通信サービ
              ス全般を提供しております。「ドキュメント・ソリューション事業」は、普通印刷・商業印刷物の企
              画・編集・制作を行っております。「コンサルティング事業」は経営支援コンサルティング、保険
              サービス及びセキュリティサービス等を行っております。
            2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

               報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要
              な事項」における記載と概ね同一であります。
               報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
               セグメント間の内部売上高又は振替高は、主に市場価格に基づいております。
                                 59/83











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
            3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                      IP & Mobile

                                ドキュメント・
                                                      合計
                                          コンサルティング
                                ソリューション
                     ソリューション
                                            事業
                                  事業
                       事業
      売上高

                        10,824,242           1,848,712          2,376,783          15,049,737

       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部

                          28,870          15,856           6,288          51,015
       売上高又は振替高
                        10,853,112           1,864,569          2,383,071          15,100,753
            計
                         340,168          198,288          176,775          715,232
      セグメント利益
                        5,567,034          1,036,701           615,543         7,219,279
      セグメント資産
      その他の項目
                          58,568          29,375           6,155          94,099
       減価償却費
       有形固定資産及び

                         105,713           17,169          25,406          148,289
       無形固定資産の増加額
            4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事

              項)
                             利益(千円)
            報告セグメント計                                     715,232
            セグメント間取引消去                                       821
            のれんの償却額                                    △20,120
            連結損益計算書の営業利益                                     695,933
                                 60/83










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           Ⅰ 前連結会計年度(自             平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

              特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略し
             ております。
           Ⅱ 当連結会計年度(自             平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

              特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略し
             ております。
                                 61/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                   IP & Mobile
                              ドキュメント・
                                        コンサルティング
                              ソリューション                        合計
                  ソリューション
                                           事業
                                事業
                     事業
                       13,521             -           -         13,521
     減損損失
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                   IP & Mobile
                              ドキュメント・
                                        コンサルティング
                              ソリューション                        合計
                  ソリューション
                                           事業
                                事業
                     事業
                         221            -           -           221
     減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                      IP & Mobile
                                ドキュメント・
                                          コンサルティング
                                ソリューション                       合計
                     ソリューション
                                            事業
                                  事業
                       事業
                            -        11,427           8,693          20,120
     当期償却額
                            -        22,855           8,693          31,548
     当期末残高
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                      IP & Mobile
                                ドキュメント・
                                          コンサルティング
                                ソリューション                       合計
                     ソリューション
                                            事業
                                  事業
                       事業
                            -        11,427           8,693          20,120
     当期償却額
                            -        11,427            -        11,427
     当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 62/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
          連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         (1)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                             議決権等の所
           会社等の         資本金     事業の           関連当事者           取引金額          期末残高
                             有(被所有)
      種類         所在地                         取引の内容            科目
           名称        (千円)      内容           との関係          (千円)          (千円)
                             割合(%)
                                        商品の販売
                                                   売掛金
                                               676,459          181,841
                                        等
                                    当社サー
                                        サービスの
                                                   買掛金      26,916
                                    ビスの利
                        情報通信
                                        取次・委託       154,487
          ㈱フォー     東京都             (被所有)       用及び取
     親会社              4,150,294     コンサル                           未払金      338,818
                                        業務等
          バル     渋谷区                    次
                             直接 75.4
                        業
                                        資金の借入
                                    資金の借
                                               100,000    借入金      600,000
                                        (純額)
                                    入
                                        利息の支払       3,480     -
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                             議決権等の所
           会社等の         資本金     事業の           関連当事者           取引金額          期末残高
      種類         所在地              有(被所有)            取引の内容            科目
           名称              内容           との関係
                   (千円)                           (千円)          (千円)
                             割合(%)
                                        商品の販売
                                               597,656    売掛金      156,406
                                        等
                                    当社サー
                                        サービスの
                                                   買掛金      24,320
                                    ビスの利
                        情報通信
                                        取次・委託       148,606
          ㈱フォー     東京都             (被所有)       用及び取
     親会社              4,150,294     コンサル                           未払金      355,307
                                        業務等
          バル     渋谷区              直接 75.4       次
                        業
                                        資金の借入
                                    資金の借
                                               250,000    借入金      850,000
                                        (純額)
                                    入
                                        利息の支払       2,279     -
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        ① 商品・サービスの販売価格については、市場価格を参考に決定しております。
        ② 借入金の金利は、市場金利等を参考に決定しております。
        ③ 委託業務費については、役務提供に対する費用単価を勘案して交渉の上、決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

          親会社情報
           株式会社フォーバル (東京証券取引所第一部に上場)
                                 63/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
      1株当たり純資産額                     121.48円       1株当たり純資産額                     134.16円

      1株当たり当期純利益金額                     26.42円       1株当たり当期純利益金額                     27.68円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                      441,116                  462,111
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                  -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                      441,116                  462,111
      期純利益金額(千円)
      期中平均株式数(株)                              16,693,200                  16,693,200
         (重要な後発事象)

         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
                                 64/83













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】
                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                            1,250,000        1,400,000         0.6      -

     1年以内に返済予定のリース債務                             14,538        4,291       5.5      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              4,354         63      5.5    平成30年

                 計                1,268,893        1,404,354          -     -

      (注)1.平均利率については、当連結会計年度末の残高に対する加重平均利率を記載しております。

        2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
          ります。
                  1年超2年以内            2年超3年以内            3年超4年以内            4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
      リース債務                    63           -           -           -
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                 65/83












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   3,676,876          7,253,751          10,955,627          15,049,737
     税金等調整前四半期(当期)
                         186,451          276,244          421,382          699,515
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         123,801          181,467          277,448          462,111
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                           7.42          10.87          16.62          27.68
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                           7.42          3.45          5.75          11.06
     (円)
                                 66/83















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        307,766              460,420
         現金及び預金
                                      ※1 1,214,057             ※1 1,483,873
         売掛金
                                         32,527              53,395
         商品
                                         23,566              59,422
         貯蔵品
                                         63,794              30,293
         前渡金
                                       ※3 911,217            ※3 1,033,429
         前払費用
                                       ※1 928,160             ※1 970,508
         未収入金
                                         80,778              126,479
         繰延税金資産
                                        ※1 78,444             ※1 58,729
         その他
                                        △ 49,177             △ 68,956
         貸倒引当金
                                       3,591,136              4,207,595
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         15,549              12,605
          建物及び構築物
                                         14,738               9,537
          工具、器具及び備品
                                         8,461              1,409
          リース資産
                                         38,749              23,552
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        144,928              224,013
          ソフトウエア
                                        144,928              224,013
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         1,000              7,000
          投資有価証券
                                        717,096              717,096
          関係会社株式
                                           110              110
          出資金
                                        ※1 1,060              ※1 990
          長期貸付金
                                        147,500              124,500
          関係会社長期貸付金
                                         88,624              196,808
          破産更生債権等
                                      ※4 1,122,274              ※4 995,839
          長期前払費用
                                         33,783              31,702
          繰延税金資産
                                         70,774              72,181
          その他
                                       △ 102,224             △ 189,405
          貸倒引当金
                                       2,079,999              1,956,822
          投資その他の資産合計
                                       2,263,676              2,204,389
         固定資産合計
                                       5,854,813              6,411,984
       資産合計
                                 67/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※1 1,165,595             ※1 1,272,913
         買掛金
                                      ※1 1,300,000             ※1 1,600,000
         短期借入金
                                       ※1 100,000
                                                         -
         1年内返済予定の長期借入金
                                         14,538               4,291
         リース債務
                                      ※1 1,059,705             ※1 1,130,641
         未払金
                                        ※1 26,877             ※1 28,703
         未払費用
                                        146,959              134,458
         未払法人税等
                                         13,868               8,105
         前受金
                                         31,610              20,251
         預り金
                                         17,491               6,431
         前受収益
                                         27,887              44,908
         賞与引当金
                                         40,000              45,000
         役員賞与引当金
                                         13,077              19,273
         その他
                                       3,957,612              4,314,979
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,354                63
         リース債務
                                         98,920              96,745
         退職給付引当金
                                        103,274               96,808
         固定負債合計
                                       4,060,887              4,411,787
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        542,354              542,354
         資本金
         資本剰余金
                                         42,353              42,353
          資本準備金
                                         42,353              42,353
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         94,359              94,359
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,114,857              1,321,128
            繰越利益剰余金
                                       1,209,217              1,415,488
          利益剰余金合計
                                       1,793,925              2,000,196
         株主資本合計
                                       1,793,925              2,000,196
       純資産合計
                                       5,854,813              6,411,984
      負債純資産合計
                                 68/83








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      売上高
                                       8,893,633              10,167,345
       売上高合計
      売上原価
                                       6,715,486              7,498,734
       売上原価合計
                                       2,178,147              2,668,611
      売上総利益
                                      ※2 1,888,079             ※2 2,193,828
      販売費及び一般管理費
                                        290,067              474,783
      営業利益
      営業外収益
                                         3,028              2,772
       受取利息
                                           -            119,085
       受取配当金
                                         94,151              87,235
       違約金収入
                                         3,475              2,738
       その他
                                        100,655              211,832
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         14,082              14,126
       支払利息
       貸倒引当金繰入額                                  22,945              65,444
                                         3,955               610
       その他
                                         40,983              80,181
       営業外費用合計
                                        349,740              606,434
      経常利益
      特別損失
                                           491               -
       投資有価証券評価損
                                         13,521                221
       減損損失
                                           811              159
       その他
                                         14,825                381
       特別損失合計
                                        334,914              606,053
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   147,421              193,004
                                        △ 36,573             △ 43,619
      法人税等調整額
                                        110,847              149,384
      法人税等合計
                                        224,066              456,669
      当期純利益
     【売上原価明細書】

         売上原価明細書
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                            至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
                     注記                 構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                 (%)                  (%)
     1.課金原価                         5,335,166        79.4          5,986,702        79.8

     2.サービス原価                         1,139,066        17.0          1,249,951        16.7

     3.商品原価                          205,120        3.1           233,782        3.1

     4.工事原価                          30,436       0.5           23,537       0.3

                                5,695                  4,759

     5.その他                                  0.1                  0.1
       当期売上原価                       6,715,486        100.0           7,498,734        100.0

      (注) 製品、仕掛品がないため、原価計算制度は採用しておりません。

                                 69/83



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益               純資産合計
                                                   株主資本合
                     資本金                    剰余金
                              資本剰余金               利益剰余金     計
                         資本準備金          利益準備金
                              合計               合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高                542,354      42,353     42,353     94,359    1,141,188     1,235,548     1,820,256     1,820,256
     当期変動額
      剰余金の配当                 -     -     -     -  △ 133,545    △ 133,545    △ 133,545    △ 133,545
      剰余金の配当(中間配当)                 -     -     -     -  △ 116,852    △ 116,852    △ 116,852    △ 116,852
      当期純利益                 -     -     -     -   224,066     224,066     224,066     224,066
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       -     -     -     -     -     -     -     -
      (純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -   △ 26,331    △ 26,331    △ 26,331    △ 26,331
     当期末残高                542,354      42,353     42,353     94,359    1,114,857     1,209,217     1,793,925     1,793,925
          当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益               純資産合計
                                                   株主資本合
                     資本金                    剰余金
                              資本剰余金               利益剰余金     計
                         資本準備金          利益準備金
                              合計               合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高
                     542,354      42,353     42,353     94,359    1,114,857     1,209,217     1,793,925     1,793,925
     当期変動額
      剰余金の配当                 -     -     -     -  △ 133,545    △ 133,545    △ 133,545    △ 133,545
      剰余金の配当(中間配当)                 -     -     -     -  △ 116,852    △ 116,852    △ 116,852    △ 116,852
      当期純利益
                       -     -     -     -   456,669     456,669     456,669     456,669
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       -     -     -     -     -     -     -     -
      (純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -   206,271     206,271     206,271     206,271
     当期末残高                542,354      42,353     42,353     94,359    1,321,128     1,415,488     2,000,196     2,000,196
                                 70/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
       (2)  その他有価証券
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
       (3)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
        商品、貯蔵品
         移動平均法(一部先入先出法)による原価法
        (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      2.固定資産の減価償却の方法
       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)                                            並びに平成28
        年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、                              定額法によっております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物                     3~16年
         工具、器具及び備品              3~15年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は、自社利用のソフトウェア5年であります。
       (3)  リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年3月31日以前のリース取
        引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
       (4)  長期前払費用
         定額法により償却しております。
      3.引当金の計上基準
       (1)貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金
         従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額のうち当事業年度末に負担すべき額を計上しております。
       (3)役員賞与引当金
         役員賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち当事業年度末に負担すべき額を計上しております。
       (4)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 71/83







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
      (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
      告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に
      係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
       これによる財務諸表に与える影響はありません。
                                 72/83



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
       ( 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用                        )
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業
       年度から適用しております。
                                 73/83



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
      短期金銭債権                              268,127千円                 228,241千円
      長期金銭債権                              147,500                 124,500
      短期金銭債務                             1,155,477                 1,462,984
      ※2 保証債務

       関係会社の仕入代金に対する債務保証
                前事業年度                            当事業年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
                             776千円                            871千円
     ㈱FISソリューションズ
      ※3 前払費用

      主として代理店に支払う手数料(諸手数料)に係わる前払相当額であります。
      ※4 長期前払費用

      主として代理店に支払う手数料(諸手数料)に係わる前払相当額であります。
                                 74/83














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                前事業年度                            当事業年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
     売上高                     778,498千円                            688,608千円
     仕入高                     159,373                            156,091
     その他営業取引高                      41,689                            34,375
     営業取引以外の取引高                      8,926                           127,904
      ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度44%、当事業年度48%、一般管理費に属する費用のおおよそ

        の割合は前事業年度56%、当事業年度52%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
     減価償却費                               10,499   千円               7,147   千円
                                    294,097                  310,735
     給与・賞与
     賞与引当金繰入額                               27,700                  44,870
                                    40,000                  45,000
     役員賞与引当金繰入額
                                    29,096                  22,026
     退職給付費用
                                    246,367                  276,231
     委託業務費
                                    774,069                  972,381
     支払手数料
                                    59,697                  83,214
     貸倒引当金繰入額
         (有価証券関係)

          前事業年度(平成28年3月31日)
          子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため子会社及
          び関連会社株式の時価を記載しておりません。
          (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額
                     区分              貸借対照表計上額
              子会社株式                           697,382千円

                                         19,714
              関連会社株式
                                         717,096

                     合計
          当事業年度(平成29年3月31日)

          子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため子会社及
          び関連会社株式の時価を記載しておりません。
          (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額
                     区分              貸借対照表計上額
              子会社株式                           697,382千円

                                         19,714
              関連会社株式
                                         717,096

                     合計
                                 75/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産(流動)
        賞与引当金                           20,950千円            27,745千円
        貸倒引当金                           42,525            79,374
        その他                           17,302            19,359
       繰延税金資産(流動)合計
                                   80,778           126,479
       繰延税金資産(固定)
        貸倒引当金                            4,164千円             -千円
        退職給付引当金                           30,302            29,623
        投資有価証券評価損                           27,442            27,442
        子会社株式評価損                           69,849            69,849
        資産除去債務                            1,036            1,332
        その他                            7,613            6,211
        評価性引当額                          △106,625            △102,756
       繰延税金資産(固定)合計
                                   33,783            31,702
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度            当事業年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                               法定実効税率と税効
                                                 30.9%
                              果会計適用後の法人税
       (調整)
                              等の負担率との間の差
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                          0.4
                              異が法定実効税率の
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                         △6.0
                              100分の5以下である
        住民税均等割                                          0.1
                              ため注記を省略してお
        評価性引当額の変動                                         △0.7
                              ります。
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                 24.7
         (重要な後発事象)

         当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
                                 76/83










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:千円)
       区分      資産の種類        当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額
           建物及び構築物            15,549         -       -      2,944      12,605       11,195
           工具、器具及び備品            14,738       1,704        159      6,745       9,537      123,964
                                     1,812
     有形固定資産
           リース資産
                       8,641        -            5,239       1,409      156,072
                                     (1,812)
                                     1,972
               計        38,749       1,704             14,929       23,552      291,231
                                     (1,812)
     無形固定資産      ソフトウエア
                      144,928       123,666         -     44,581      224,013       653,470
     (注)1.リース資産の減少額は営業活動上取得したリース資産の減損額1,812千円であります。
       2.ソフトウエアの増加額は主に受注管理システム及びビリングシステム構築に伴う新規取得109,971千円でありま
        す。
       3.「当期減少額」欄の(              )内は内書きで減損損失の計上額であります。
         【引当金明細表】

                     当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

           科目
                      (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
      貸倒引当金                  151,402        214,345        107,385        258,362

      賞与引当金                  27,887        44,870        27,849        44,908

      役員賞与引当金                  40,000        45,000        40,000        45,000

       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 77/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                         三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                         三井住友信託銀行株式会社
       取次所                               ──────
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他
                        のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                        当社の公告掲載URLは次のとおり。                 http://www.forvaltel.co.jp
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
      (注)当会社の株主は、その有する単元未満株式について次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
         1.会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         2.会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         3.株主の有する株式数に応じて募集株式又は募集新株予約権の割当を受ける権利
         4.株主の有する単元未満株式の数と併せて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                 78/83











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第21期)(自            平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)平成28年6月22日関東財務局長に提出
     (2)内部統制報告書及びその添付書類
        平成28年6月22日関東財務局長に提出
     (3)四半期報告書及び確認書
        (第22期第1四半期)(自             平成28年4月1日 至           平成28年6月30日)平成28年8月9日関東財務局長に提出
        (第22期第2四半期)(自             平成28年7月1日 至           平成28年9月30日)平成28年11月10日関東財務局長に提出
        (第22期第3四半期)(自             平成28年10月1日 至           平成28年12月31日)平成29年2月10日関東財務局長に提出
     (4)臨時報告書
        平成28年6月24日 関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
     (5)有価証券報告書の訂正報告書及び確認書
        平成28年7月4日関東財務局長に提出
        事業年度(第21期)(自            平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書及びその
        確認書であります。
                                 79/83













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 80/83




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

                                                   平成29年6月20日

     株式会社フォーバルテレコム

       取締役会 御中

                          優成監査法人

                          指定社員

                                     公認会計士
                                            須永 真樹   印
                          業務執行社員
                          指定社員
                                     公認会計士
                                            佐藤 健文   印
                          業務執行社員
                          指定社員
                                     公認会計士
                                            小野     潤     印
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社フォーバルテレコムの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社フォーバルテレコム及び連結子会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 81/83




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社フォーバルテレコム
     の平成29年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社フォーバルテレコムが平成29年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示し
     た上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

          す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/83









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社フォーバルテレコム(E04476)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書

                                                   平成29年6月20日

     株式会社フォーバルテレコム

       取締役会 御中

                          優成監査法人

                          指定社員

                                     公認会計士
                                            須永 真樹   印
                          業務執行社員
                          指定社員
                                     公認会計士
                                            佐藤 健文   印
                          業務執行社員
                          指定社員
                                     公認会計士
                                            小野     潤     印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社フォーバルテレコムの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第22期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     フォーバルテレコムの平成29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

          す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 83/83



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。