株式会社ドトール・日レスホールディングス 有価証券報告書 第10期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第10期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社ドトール・日レスホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年5月26日
      【事業年度】                    第10期(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
      【会社名】                    株式会社ドトール・日レスホールディングス
      【英訳名】                    DOUTOR・NICHIRES Holdings Co.,                              Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  星野 正則
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
      【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  木高 毅史
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
      【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  木高 毅史
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/85













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第6期        第7期        第8期        第9期        第10期

            決算年月            平成25年2月        平成26年2月        平成27年2月        平成28年2月        平成29年2月

                  (百万円)       107,825        113,520        120,020        124,796        126,927
     売上高
                  (百万円)        7,653        8,830       10,085        9,491       10,675
     経常利益
     親会社株主に帰属する当
                  (百万円)        3,598        3,876        5,219        5,456        6,050
     期純利益
                  (百万円)        4,652        4,018        5,729        4,371        6,343
     包括利益
                  (百万円)        85,380        88,202        92,433        95,834        99,461
     純資産額
                  (百万円)       105,966        109,788        116,504        120,529        124,843
     総資産額
                   (円)      1,770.04        1,827.86        1,916.32        1,987.09        2,092.34
     1株当たり純資産額
                   (円)       74.68        80.44       108.32        113.23        126.70
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)         -        -        -        -        -
     り当期純利益
                   (%)        80.5        80.2        79.3        79.4        79.6
     自己資本比率
                   (%)        4.2        4.5        5.8        5.8        6.2
     自己資本利益率
                   (倍)        16.9        20.1        16.5        15.7        17.1
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (百万円)        9,269       10,869        10,431        10,362        9,405
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)        △ 823      △ 4,115       △ 6,567       △ 4,713       △ 5,433
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 1,643       △ 2,878       △ 2,704       △ 1,897       △ 3,404
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  (百万円)        27,874        31,950        33,158        36,897        37,414
     末残高
                          2,336        2,379        2,548        2,625        2,706
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者
                          ( 5,746   )    ( 6,004   )    ( 6,533   )    ( 6,562   )    ( 6,687   )
     数)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
        3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
          り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
                                  2/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第6期        第7期        第8期        第9期        第10期
            決算年月            平成25年2月        平成26年2月        平成27年2月        平成28年2月        平成29年2月

                  (百万円)        4,195        1,795        2,155        1,995        2,389
     営業収益
                  (百万円)        3,564        1,111        1,479        1,280        1,724
     経常利益
                  (百万円)        3,541         785       1,460         243       1,312
     当期純利益
                  (百万円)        1,000        1,000        1,000        1,000        1,000
     資本金
                   (株)     50,609,761        50,609,761        50,609,761        50,609,761        50,609,761
     発行済株式総数
                  (百万円)        74,731        74,263        74,422        73,315        71,947
     純資産額
                  (百万円)        78,045        76,297        75,648        74,529        74,278
     総資産額
                   (円)      1,550.72        1,541.03        1,544.33        1,521.38        1,515.01
     1株当たり純資産額
     1株当たり配当額                     26.00        26.00        28.00        28.00        30.00
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                          ( 13.00   )    ( 13.00   )    ( 14.00   )    ( 14.00   )    ( 15.00   )
     額)
                   (円)       73.49        16.30        30.31        5.05       27.49
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -        -
     当期純利益
                   (%)        95.8        97.3        98.4        98.4        96.9
     自己資本比率
                   (%)        4.8        1.1        2.0        0.3        1.8
     自己資本利益率
                   (倍)        17.2        99.2        59.1       351.1        78.8
     株価収益率
                   (%)        35.4       159.5        92.4       554.2        109.1
     配当性向
                   (人)         33        34        36        35        33
     従業員数
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
                                  3/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      昭和37年4月        ㈲ドトールコーヒーをコーヒー焙煎加工卸販売を目的に設立。
      昭和48年4月        ショウサンレストラン企画㈱設立。
      昭和48年6月        ジャーマンレストランシステム㈱設立。
      昭和51年1月        ㈲ドトールコーヒーを株式会社に組織変更。
      昭和53年6月        ショウサンレストラン企画㈱とジャーマンレストランシステム㈱が合併し、商号を日本レストラ
              ンシステム㈱(現連結子会社)に改める。
      平成5年8月        ㈱ドトールコーヒー(現連結子会社)、日本証券業協会に株式を店頭登録。
      平成12年11月        ㈱ドトールコーヒー、東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
      平成15年7月        日本レストランシステム㈱、東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
      平成16年11月        日本レストランシステム㈱、東京証券取引所市場第一部に指定。
      平成19年4月        日本レストランシステム㈱及び㈱ドトールコーヒー(以下、総称し「両社」という)は、株主総
              会の承認決議等所要の手続きを経た上で、株式移転により共同で持株会社(当社)を設立するこ
              とを両社の取締役会で決議し、基本合意書を締結。
      平成19年5月        両社は、基本合意書に基づき共同して株式移転計画書を作成。
      平成19年6月        両社の株主総会において、両社が共同で株式移転の方法により当社を設立し、両社がその完全子
              会社となることについての承認を得る。
      平成19年10月        両社が共同で当社を設立し、当社普通株式を東京証券取引所に上場。
      平成20年8月        洋菓子製造卸の効率化・強化を図るために、D&Nコンフェクショナリー㈱(現連結子会社)を
              設立。
      平成20年12月        両社のノウハウを集結した新業態店舗の事業展開を図るために、D&Nカフェレストラン㈱(現
              連結子会社)を設立。
      平成21年10月        ベーカリー事業に本格進出するために、(株)サンメリー(現連結子会社)を全株式取得により
              子会社化。
      平成23年8月        海外飲食事業を統括するための会社として、D&Nインターナショナル㈱(現連結子会社)を設
              立。
      平成28年9月        プレミアムに特化した、コーヒーおよび紅茶の生産・販売・提供を目的に、(株)プレミアムコー
              ヒー&ティーの営業を開始。
                                  4/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社(共同持株会社)と子会社25社及び関連会社2社で構成され、コーヒーの焙煎加工並びに販
       売および多業態の飲食店経営を主力事業とし、そのほか、フランチャイズチェーンシステムによる飲食店の募集およ
       び加盟店の指導事業、ベーカリー事業、食料品の販売事業等、また各事業に関連するサービス等の事業活動を行って
       おります。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメン
       トの区分と同一であります。
       (1)事業内容
        (日本レストランシステムグループ)
         日本レストランシステム㈱が主に「洋麺屋五右衛門」および「星乃珈琲」を始めとしたレストランチェーンを
        展開しております。また、仕入機能として日本レストランベジ㈱(青果物の仕入)・日本レストランフーズ㈱
        (食肉類の仕入)が、製造及び加工の機能として日本レストランプロダクツ㈱(ソース等の製造)・日本レスト
        ランハムソー㈱(ハム等の製造)が、物流機能として日本レストランデリバリー㈱が、サービス機能としてD&
        Nレストランサービス㈱(デザイン、メンテナンス等)を運営しております。また、エフアンドエフシステム㈱
        は直営店において自然食品を販売しております。
        (ドトールコーヒーグループ)
         ㈱ドトールコーヒーが主に直営店及びフランチャイズシステムによるコーヒーチェーンの経営をしており、
        コーヒー豆の仕入、焙煎加工、直営店舗による販売、フランチャイズ店舗への卸売りやロイヤリティの収入、ま
        た、コンビニエンスストア等へのコーヒー製品の販売をしております。また、㈱Les                                       Deuxが直営店の運営を、㈱
        マグナが国内外においてコーヒーマシン等の販売を行っております。
        (その他)
         D&Nコンフェクショナリ-㈱が洋菓子の製造及び卸販売を行っております。D&Nカフェレストラン㈱はレ
        ストラン経営を行っており、また、㈱サンメリーがパンの製造及び販売、㈱プレミアムコーヒー&ティーは希少
        なコーヒー豆および紅茶を直輸入し提供等を行っております。更に、当社グループの海外統括会社であるD&N
        インターナショナル㈱のもと、シンガポールにおいてはD&N                            Singapore     Pte  Ltd、中国・上海においては和餐餐飲
        管理(上海)有限公司、台湾においては台灣羅多倫和餐餐飲股份有限公司、香港においてはD&N                                            Hong   Kong
        Limited、韓国においてはD&N              KOREA   Co.,   Ltd.が各国において直営店の運営を行っております。
         なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重
        要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することになります。
      (2)事業系統図

        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
      ※ その他、関連会社(持分法適用会社)として2社、非連結子会社(持分法非適用会社)として2社、非連結子会社







     (持分法適用会社)として2社がこざいます。
                                  5/85


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              議決権の
                              資本金
           名称           住所              主要な事業内容          所有割合        関係内容
                             (百万円)
                                               (%)
     (連結子会社)
     ㈱ドトールコーヒー
                                   ドトールコーヒー
                    東京都渋谷区           11,141                 100.0    役員の兼任6名
                                   グループ
     (注)2
     日本レストランシステム㈱
                                   日本レストラン
                    東京都渋谷区            3,505                 100.0    役員の兼任5名
     (注)2
                                   システムグループ
     D&Nコンフェクショナ
                    東京都渋谷区             80   その他             100.0    役員の兼任4名
     リー㈱
     D&Nカフェレストラン㈱
                    東京都渋谷区             200   その他             100.0    役員の兼任4名
     (注)2
     D&Nインターナショナル
                    東京都渋谷区             50   その他             100.0    役員の兼任6名
     ㈱
     ㈱プレミアムコーヒー&
                    東京都渋谷区             20   その他             100.0    役員の兼任5名
     ティー
     ㈱サンメリー              東京都渋谷区             50   その他             100.0    役員の兼任5名

                                   ドトールコーヒー             100.0

     ㈱マグナ(注)2              東京都港区             100                    役員の兼任なし
                                   グループ            (100.0)
                                   日本レストラン             100.0
     日本レストランベジ㈱              東京都渋谷区             20                    役員の兼任2名
                                   システムグループ            (100.0)
     日本レストランフーズ㈱                              日本レストラン             100.0
                    東京都渋谷区             100                    役員の兼任2名
     (注)2                              システムグループ            (100.0)
     日本レストランデリバリー                              日本レストラン             100.0
                    東京都渋谷区             100                    役員の兼任2名
     ㈱(注)2                              システムグループ            (100.0)
     日本レストランプロダクツ              三重県度会郡玉                日本レストラン             100.0
                                 30                    役員の兼任2名
     ㈱              城町                システムグループ            (100.0)
     D&Nレストランサービス                              日本レストラン             100.0
                    東京都渋谷区             77                    役員の兼任2名
     ㈱                              システムグループ            (100.0)
     エフアンドエフシステム㈱                              日本レストラン             100.0
                    東京都渋谷区             100                    役員の兼任3名
     (注)2                              システムグループ            (100.0)
                                   日本レストラン             60.0
     日本レストランハムソー㈱              東京都渋谷区             10                    役員の兼任2名
                                   システムグループ             (60.0)
                                   ドトールコーヒー             100.0
     ㈱Les   Deux           東京都渋谷区             50                    役員の兼任2名
                                   グループ            (100.0)
                    シンガポール                             90.0
                              650,000
     D&N  Singapore     Pte  Ltd
                                   その他                 役員の兼任4名
                    共和国            (S$)                (90.0)
     和餐餐飲管理(上海)有限公                                           70.0
                    中国、上海             190   その他                 役員の兼任1名
     司                                           (70.0)
     台灣羅多倫和餐餐飲股份有                       20,000,000                    100.0
                    台湾                その他                 役員の兼任5名
     限公司                          (NT$)                (100.0)
                             8,000,000                    60.0
     D&N  Hong   Kong   Limited
                    香港                その他                 役員の兼任2名
                               (HK$)                 (60.0)
                                800                65.0
     D&N  KOREA   Co.,   Ltd.
                    韓国                その他                 役員の兼任2名
                             (百万KRW)                   (65.0)
                                  6/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                              資本金
           名称           住所              主要な事業内容          所有割合        関係内容
                             (百万円)
                                               (%)
     (持分法適用関連会社)
                                   日本レストラン             50.0
     T&Nアグリ㈱              東京都渋谷区             100                    役員の兼任1名
                                   システムグループ             (50.0)
     D&N  COFFEE    AND  RESTAURANT
                             3,673,500                    49.0
                    マレーシア                その他                 役員の兼任1名
     MALAYSIA     SDN.BHD.                     (MYR)                 (49.0)
     (注)    1.「主要な事業内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.議決権の所有割合の(             )内は、間接所有割合で内数であります。
         4.  ㈱ドトールコーヒー、日本レストランシステム㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除
           く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
               ㈱ドトールコーヒー            (1)売上高          72,560百万円
                           (2)経常利益           4,346百万円
                           (3)当期純利益           2,272百万円
                           (4)純資産額          50,406百万円
                           (5)総資産額          66,476百万円
               日本レストランシステム㈱(1)売上高                       39,439百万円

                           (2)経常利益           5,148百万円
                           (3)当期純利益           3,424百万円
                           (4)純資産額          40,990百万円
                           (5)総資産額          46,694百万円
                                  7/85












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年2月28日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      日本レストランシステムグループ                                           1,337   (3,090)

      ドトールコーヒーグループ                                           1,038   (3,097)

      その他                                            296   (499)

                                                      (1)

      全社(共通)                                             35
                  総計                                2,706   (6,687)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定の事業に区分できない管理部門に所属しているもので
           あります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成29年2月28日現在
                      平均年齢(歳)              平均勤続年数            平均年間給与(千円)

        従業員数(人)
          33                  39.0           5年11ヶ月                 6,112

       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/85












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
        当連結会計年度(平成28年3月1日~平成29年2月28日)におけるわが国経済は、政府・日銀による経済対策や金融
       政策の効果から雇用情勢の改善をはじめとした緩やかな景気回復基調で推移しました。しかし、中国をはじめとする
       アジア新興国等の景気の下振れや、米国の政策方針による影響、英国のEU離脱問題の影響などから依然として先行
       き不透明な状態が続いております。また、雇用環境の改善が賃金の上昇を伴わず、物価上昇への懸念もあることか
       ら、個人消費は引き続きさえない動きに変化はなく、消費全般の基調は厳しさを増しております。
        外食業界におきましても、円安の影響による輸入品価格の実質的な値上がりや原材料価格、物流費の上昇などによ
       り、国内景気を下押しするリスクが存在することから、お客様の選別が一層厳しくなり、景気の先行きには依然不透
       明な状況が続いております。また人手不足に伴う人件費の高まりなども加わり、経営環境はより一層の厳しさを増し
       ております。
        このような状況のもとで、当社グループは、「外食業界におけるエクセレント・リーディングカンパニー」の地位
       確立を目指し、立地を厳選してグループ全体で93店舗(直営店48店舗、加盟店41店舗、海外直営店4店舗)を新規出
       店しました。
        既存事業においては、積極的な新メニュー開発や新規業態の立ち上げ、顧客の嗜好に合わせグループ全体で29店舗
       の業態変更をしたほか、業務の効率化を推進するとともに、ブランド価値の向上を目指した改装を継続して推進する
       など、事業基盤の強化に努めました。また、グループ全体で経費の削減にも取り組み、コスト管理の徹底に注力いた
       しました。
        以上の結果、当連結会計年度における業績は、売上高1,269億27百万円(前年同期比1.7%増)、営業利益は105億
       14百万円(前年同期比11.1%増)、経常利益106億75百万円(前年同期比12.5%増)、親会社株主に帰属する当期純
       利益60億50百万円(前年同期比10.9%増)となり、増収増益の結果となりました。
       各セグメントの概況は次のとおりであります。

       (日本レストランシステムグループ)
        日本レストランシステムグループでは、「星乃珈琲店」等を新規出店するなど、お客様のご要望にお応えできるよ
       う、店舗網の拡大に努め、売上伸長を図りました。また、マーケティングにより立地環境や顧客層等に応じて肉料理
       業態への業態変更を積極的に推し進め、「牛たん焼き仙台辺見」のほか、「黒毛和牛腰塚」、「神戸れんが亭」、
       「鶏五味」、「牛忠」、「宮忠」と肉料理業態のブランドを拡充させ、新規顧客の開拓に取り組んだことや、創業40
       年となる「洋麺屋五右衛門」ブランドにおいて、元祖和風スパゲティをコンセプトに全商品を見直し、新メニューに
       刷新したことでお客様のニーズを的確に捉え、売上動向は堅調に推移しました。
        また、業態変更による新規ブランドのメニュー開発や既存ブランドのメニュー変更においては、商品力を高めると
       ともに、使用食材や共通食材の見直し等を行い、業務の効率化も考慮することで原価管理を徹底しております。な
       お、水道光熱費をはじめとした経費の削減を浸透させることで、引き続きコスト管理の徹底に努めました。
        以上の結果、日本レストランシステムグループにおける売上高は416億54百万円(前年同期比5.1%増)、セグメン
       ト利益は53億86百万円(前年同期比6.7%増)と、増収増益の結果を出すことができました。
       (ドトールコーヒーグループ)

        ドトールコーヒーグループの小売事業及びフランチャイズ事業においては、エクセルシオール業態において、“ひ
       とりひとりのお客様に「価値ある時間(とき)」を提供すること”をテーマに進めているリブランディングを加速し
       ております。ベーカリーを中心に従来のメニューからも大きく変更し、お客様からもご支持を頂くなど、改装前を上
       回る実績を残しております。また、ドトールコーヒーショップ業態では、季節に合わせた魅力ある商品作りを継続す
       るとともに、プリペイド方式のカードを中心としたキャンペーンを展開したことで、お客様の利用頻度も高まるな
       ど、既存店の業況は期初と比較し大きく改善しております。
        卸売事業においては、ドリップコーヒーの販路および取引先の拡大、またコンビニエンス・ストアを中心にチルド
       飲料など定番商品と新商品の継続的な投入に注力したほか、他企業とのコラボレーションなど新たな商品の開発・販
       売をはじめるなど、引き続き業容拡大に努めた結果、売上を伸ばすことができました。
        以上の結果、ドトールコーヒーグループにおける売上高は783億98百万円(前年同期比1.3%増)、セグメント利益
       は44億53百万円(前年同期比14.4%増)と、増収増益の結果を出すことができました。
                                  9/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (その他)
        報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食事業に係る小売及び卸売りに
       関する事業で、洋菓子製造卸のD&Nコンフェクショナリー及びベーカリーのサンメリーが中心となります。
        一部事業において、店舗を戦略的に閉店したこともあり、その他セグメントの売上高は減少したものの、洋菓子製
       造卸での外販及びベーカリーの既存店が順調に推移するとともに、コスト管理を徹底したことで、増益を果たしてお
       ります。
        以上の結果、売上高は68億75百万円(前年同期比11.4%減)、セグメント利益は7億71百万円(前年同期比11.6%
       増)となりました。
       (2)キャッシュ・フロー

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ5億17百万円増加し、374億14百万円
       (前年同期比1.4%増)となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益98億86百万円、減価償却費43億8百万円、法人税
       等の支払額43億87百万円等により、94億5百万円の収入となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは、新規出店等の有形固定資産の取得による支出45億36百万円、敷金保証金の
       差入による支出4億96百万円等により、54億33百万円の支出となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額13億86百万円や自己株式の取得による支出12億93百万円等
       により、34億4百万円の支出となりました。
                                 10/85












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年3月1日                    前年同期比(%)
                              至 平成29年2月28日)
     日本レストランシステムグループ(百万円)                               3,678                 97.7
     ドトールコーヒーグループ(百万円)                               5,256                 90.6

     その他(百万円)                               4,718                 99.0

            合計(百万円)                        13,654                  95.2

      (注)1.金額は製造原価によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (2)仕入実績

         当連結会計年度の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年3月1日                    前年同期比(%)
                              至 平成29年2月28日)
     日本レストランシステムグループ(百万円)                               5,377                 120.9
     ドトールコーヒーグループ(百万円)                               31,930                 102.6

     その他(百万円)                                338                70.4

            合計(百万円)                        37,645                 104.4

      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (3)受注状況

         当社グループは、見込み生産を行なっておりますので、受注状況については記載すべき事項はありません。
       (4)販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 平成28年3月1日                    前年同期比(%)
                              至 平成29年2月28日)
     日本レストランシステムグループ(百万円)                               41,654                 105.1
     ドトールコーヒーグループ(百万円)                               78,398                 101.3

     その他(百万円)                               6,875                 88.6

            合計(百万円)                        126,927                  101.7

      (注)1.金額は外部顧客に対する売上高を示しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.主な相手先別の販売実績及びその割合については、いずれも売上高の100分の10未満のため、記載を省略
           しております。
                                 11/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        日本経済を取り巻く環境は、人口の減少による需要不足、近隣諸国との領土問題、エネルギー対策など多くの不透
       明要因があります。
        外食産業を取り巻く環境につきましても、政府や日銀による経済・金融政策により個人所得が改善に向かい個人消
       費が堅調になる可能性が見込まれる期待がある一方で、原材料価格の上昇なども想定されます。また、業界の垣根を
       越えた競争も継続するものと思われ、引き続き厳しい経営環境が続くと思われます。
        このような環境下、当社グループではリ・ブランディングや新商品の開発を含めた商品力のアップ、新規出店、新
       業態開発のほか、フランチャイズ・ビジネスなどグループのノウハウの共有化による収益シナジーの創出により高収
       益の体質を目指すとともに、高成長が期待できるアジアを中心とした海外事業の展開を推し進める所存です。
        今後は高収益と高成長を兼ね備えた企業として、「外食産業における日本一のエクセレント・リーディングカンパ
       ニー」の地位確立とグローバル展開による企業価値の増大を目指してまいります。
        中長期的な経営戦略として、次の施策を重点的に行ってまいります。
         ①  既存事業の再強化(既存店の強化、ブランド価値向上)
         ②  効率化の徹底(不採算店舗の閉鎖、業態転換の促進、イニシャルコストの低減)
         ③  新規出店(出店候補地の厳選、新規出店の拡大促進)
         ④  シナジー効果の拡大(資材・食材の効率的な調達によるコスト削減、複合店・併設店・新業態の開発)
         ⑤  成長戦略の一環としてM&Aによる事業拡大
         ⑥  成長機会が最も高いアジア市場を中心とするグローバル展開
         ⑦  内部統制強化によるガバナンス体制の確立とコンプライアンス遵守
      4【事業等のリスク】

        記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項に
       は、下記のようなものがあります。
        本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したも
       のであり、以下の記載は当社株式への投資に関するリスク全てを網羅するものではありません。
       ① コーヒー生豆価格相場及び為替相場の変動
        当社グループの主要商品であるコーヒー生豆の価格は、国際的なコモディティ価格の高騰による相場の上昇や、昨
       今の新興国における需給の状況、生産地における天候等の影響を受けることがあります。このような影響をヘッジす
       る目的で、ニューヨーク生豆相場に基づく商社からの見積り提示価格をベースに、生豆の先物買契約を締結し原料確
       保を行っており、また、その際為替相場の影響を回避する目的で実需の範囲内において為替の先物予約を実施してお
       ります。しかし、相場の変動状況によっては当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ② 法的規制等について
        当社グループは、お客様に飲食を提供するために「食品衛生法」の規制を受けております。従来より、定期的に第
       三者機関による細菌、及び衛生検査を各店舗で実施しておりますが、万一、食中毒事故等が発生し営業停止等の処分
       を受けたり、法的規制が強化された場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ③ 自然災害による影響について
        当社グループは、特に出店が集中している地域である首都圏や大都市において、地震や大規模な台風、異常気象等
       の自然災害が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       ④ 店舗の賃借物件への差入保証金等について
        当社グループの事務所及び直営店舗は、そのほとんどが建物を賃借しております。賃借に際して差し入れる保証金
       等については、平成29年2月末時点で、当社グループで201億円あります。万一、賃借先である家主の倒産等により
       一部回収不能となった場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。当社グループとしては、新規に
       出店する際の与信管理を徹底させるとともに、特定の家主に対し出店が集中しないように取り組んでおります。
       ⑤ 出店政策について
        当社グループが出店する際の出店先の選定につきましては、店舗の収益性を重視しており、差入保証金や家賃など
       の出店条件、商圏人口、競合店舗の有無等を勘案した上で一定条件を満たしたものを対象物件としております。この
       ため、当社グループの出店条件に合致する物件がなければ、出店予定数を変更することもあるため当社グループの業
       績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥ 減損会計の適用について
        当社グループは、店舗環境の変化や経済的要因により店舗毎の収益性が損なわれた場合、減損損失を認識する必要
       があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/85


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       ⑦ 個人情報保護について
        当社グループは、お客様の個人情報等を有しております。当情報の管理については個人情報保護法の趣旨に沿った
       社内体制に基づき運用しておりますが、万一漏洩があった場合には、顧客に重大な損失を与えるばかりでなく、当社
       グループの社会的信用の失墜につながる可能性があります。
       ⑧   海外における事業展開
        当社グループは、海外における事業展開を中期的な成長戦略のひとつとしております。しかしながら、海外の事業
       展開には、各国の法令・制度、政治・経済・社会情勢、文化・宗教・商慣習の違いや為替レートの変動等をはじめと
       した様々なリスクが存在し、事前に想定できなかった問題の発生により投資回収が困難となった場合には、当社グ
       ループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        国内フランチャイズ契約
          ① 「ドトールコーヒーショップ」チェーン加盟契約
          (a)契約の本旨
             ㈱ドトールコーヒーと「ドトールコーヒーショップ」チェーンに加盟し事業を行なおうとする事業者
            (加盟者)との間の相互の利益に基づく共存共栄と永続的な提携関係を保持することを目的とする。
          (b)契約内容
            (イ)加盟店は本部より許可された商標、サービスマーク等を使用することができる。
            (ロ)加盟店は本部が提供するノウハウ、システム等を利用することができる。
            (ハ)加盟店は営業を開始するに当たり、本部よりインストラクターの派遣を受けられるものとする。
            (ニ)加盟に際し、㈱ドトールコーヒーが徴収する加盟契約料、ロイヤリティ等に関する事項
                加盟金:チェーン加盟金 150万円(新規加盟時のみ) 出店準備金 150万円(店舗出店時)
                保証金:チェーン保証金 150万円(新規加盟時のみ) 出店保証金 150万円(店舗出店時)
                ロイヤリティ   売上高の2%
                設計管理料    店舗設計等1件につき基本料110万円+(契約坪数-10坪)×4万円
                研修費      20万円(1名分)
          (c)契約期間
             契約日以降最初に到来する3月1日から5年間。期間満了後は協議の上更新できる。
          ② 「エクセルシオール・カフェ」チェーン加盟契約
           契約の本旨、契約内容については、ロイヤリティが売上高の3%であるほかは、上記①「ドトールコーヒ
           ーショップ」チェーン加盟契約と基本的に同一内容であります。
      6【研究開発活動】

        特記事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成29年2月28日)現在において当社グループが判断した
       ものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて作成して
       おります。この連結財務諸表の作成にあたっては、決算日における                               財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
       況 に影響を与えるような経営者の見積りおよび予測を必要としております。当社グループは、過去の実績値や状況を
       踏まえ合理的と判断される前提に基づき、見積りおよび予測を行っています。
       (2)当連結会計年度の経営成績の分析

        「第2[事業の状況]1[業績等の概要](1)業績」に記載のとおりであります。
                                 13/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (3)当連結会計年度末の財政状態の分析
        当連結会計年度末における総資産は、営業の拡大に伴う売掛金の増加や、新規出店及び店舗改装における固定資産
       の増加等により1,248億43百万円と前連結会計年度末と比べ43億13百万円の増加となりました。負債は、未払法人税
       等の減少があったものの、買掛金の増加等により253億81百万円と前連結会計年度末と比べ6億85百万円の増加とな
       りました。純資産は、剰余金の増加等により994億61百万円となり前連結会計年度末と比べ36億27百万円の増加とな
       りました。
       (4)キャッシュ・フローの分析

        当社グループの資金状況は、営業活動によるキャッシュ・フローが94億5百万円の収入、投資活動によるキャッ
       シュ・フローが54億33百万円の支出、財務活動によるキャッシュ・フローが34億4百万円の支出となりました。
        当連結会計年度の詳細につきましては、「第2[事業の状況]1[業績等の概要]](2)キャッシュ・フロー」
       に記載のとおりであります。
        なお、キャッシュ・フロー指標のトレンドは下記のとおりであります。
                            平成27年2月期        平成28年2月期        平成29年2月期

                                         79.4        79.6

              自己資本比率(%)                   79.3
              時価ベースの自己資本比率
                                 74.1        70.9        82.4
              (%)
              キャッシュ・フロー対有利
                                 0.1        0.1        0.1
              子負債比率(年)
              インタレスト・カバレッ
                                667.5        695.3        633.1
              ジ・レシオ(倍)
      (注)1.自己資本比率:自己資本/総資産

        2.時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
        3.キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
        4.インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
        5.株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
        6.いずれも連結ベースの財務諸表により計算しております。
        7.キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
        8.有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象としており
         ます。
        9.利払いは、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
       (5)経営陣の問題意識と今後の方針

        当社は、日本レストランシステム㈱と㈱ドトールコーヒーの両社の共同株式移転により設立された共同持株会社で
       あります。
        当社グループの経営陣は、近年の外食産業を取り巻く環境は一段と厳しくなっており、企業間の格差も鮮明になる
       ことが予想されると認識しております。
        このような状況下、統合により、両社の持つ経営資源とノウハウの有効活用により、㈱ドトールコーヒーの強みで
       ある「飲」と、日本レストランシステム㈱の強みである「食」を更に強化・発展させていくとともに、㈱ドトール
       コーヒーの店舗展開力及び日本レストランシステム㈱の業態開発力の融合による新たな価値創造を最大限発揮できる
       体制を確立することで、グループ価値の最大化を推進していきます。
        また、多様化したお客様の心の奥底にある期待感に応えることのできる「外食業界における日本一のエクセレン
       ト・リーディングカンパニー」の地位確立を目指してまいります。
                                 14/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における当社グループは、主に長期的な視点に立った外食事業の売上拡大のための投資を行い、そ
       の投資総額は64億65百万円となりました。なお、当連結会計年度において生産能力あるいは販売能力に重要な影響を
       与えるような設備の除却、売却等はありません。また、投資額には有形固定資産、無形固定資産及び長期前払費用等
       への投資を含んでおります。
        (日本レストランシステムグループ)

        当連結会計年度においては、直営店の新規出店27店舗(「星乃珈琲店」16店舗、その他11店舗)や業態変更29店舗
       による改装投資を行いました。これらにより27億24百万円の設備投資を行ないました。
        (ドトールコーヒーグループ)

        当連結会計年度においては、直営店の新規出店19店舗(「ドトールコーヒーショップ」12店舗、その他7店舗)や
       既存店舗の全面的な改装を積極的に実施したこと等により33億8百万円の設備投資を行いました。
        (その他)

        当連結会計年度においては、焙煎設備を併設した「神乃珈琲」の新規出店や洋菓子製造設備の拡充を図ったこと等
       により、その他全体で4億31百万円の設備投資を行ないました。
                                 15/85














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        平成29年2月28日現在における当社グループの主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
         該当事項はありません。
       (2)国内子会社

                                           帳簿価額(百万円)
                                                        従業員数
                    事業所名      セグメントの
          会社名                       設備の内容
                    所在地      名称            建物及び     土地             (人)
                                                その他     合計
                                      構築物     (面積㎡)
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備        155         11    167     8
                          グループ
                  北海道・東北地区
                                             (- )
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備       5,355          230    5,586     224
                          グループ
                  関東地区
                                             (- )
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備
                                         280          ▶    285     15
                          グループ
                  中部地区
                                             (- )
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備        718         42    760     39
                          グループ
                  関西地区
                                             (- )
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備        150          6    157     9
                          グループ
                  中国地区
                                             (- )
                  営業店舗
                                             -
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            店舗設備
                                         184         12    196     12
                          グループ
                  九州地区
                                             (- )
                  本社等                           737
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            販売設備        808         44   1,590     359
                          グループ
                                            (263.0)
                  関東工場                           127
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            焙煎設備
                                         191         220    540     29
                          グループ
                  千葉県船橋市                         (3,339.6)
                  関西工場                           1,051
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            焙煎設備        928         300    2,281      28
                          グループ
                  兵庫県加東市
                                          (16,053.2)
                                             798
                  全社共通
                          ドトールコーヒー
       ㈱ドトールコーヒー                            土地他        378         25   1,202     179
                          グループ
                                           (135,497.9)
                  営業店舗                           739
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                            店舗設備        646         33   1,419      51
                          システムグループ
                  北海道・東北地区
                                           (9,389.9)
                  営業店舗                           3,671
                          日本レストラン
                                 店舗設備
      日本レストランシステム㈱                                  4,736          346    8,753     658
                          システムグループ
                  関東地区                         (23,102.2)
                  営業店舗                           506
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                            店舗設備       1,134          70   1,710     141
                          システムグループ
                  中部地区                         (4,607.4)
                  営業店舗                           588
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                            店舗設備       1,440          110    2,138     161
                          システムグループ
                  関西地区
                                           (4,185.6)
                  営業店舗                           150
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                            店舗設備        114          9    274     14
                          システムグループ
                  中国地区                          (976.2)
                  営業店舗                           1,655
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                            店舗設備       1,340          71   3,066     102
                          システムグループ
                  九州地区
                                          (15,821.9)
                  工場
                                            1,506
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱            東京セントラル                製造設備        195         18   1,720
                                                          -
                          システムグループ
                                           (3,233.1)
                  キッチン等
                  物流
                                             853
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱            鵜の木物流セン                物流設備        154          0   1,008
                                                          -
                          システムグループ
                                           (2,671.9)
                  ター等
                                             795
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱            本社等                本社設備        333         29   1,158      58
                          システムグループ
                                            (719.7)
                  福利厚生施設                           1,685
                          日本レストラン
      日本レストランシステム㈱                           福利厚生設備        659          1   2,347
                                                          -
                          システムグループ
                  雪が谷寮等                         (3,783.9)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、「機械装置及び運搬具」「工具、器具及び備品」であり、「建設仮勘定」を
           含んでおりません。
           なお、金額には消費税等は含めておりません。
         2.従業員数には、パートタイマー等の臨時雇用者数は含まれておりません。
                                 16/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         3.上記の他、主要なリース資産の内容は下記のとおりであります。
                                      帳簿価額
                  事業所名      セグメントの名
         会社名                      設備の内容
                   所在地     称              (百万円)
                        ドトールコーヒー
      ㈱ドトールコーヒー            直営店舗               店舗設備等         1,705
                        グループ
                        日本レストラン
     日本レストランシステム㈱            直営店舗               店舗設備等         2,773
                        システムグループ
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資について、店舗については収益性を勘案し、連結会社各社につきましてはグループとして
       の投資効率を考慮して、提出会社を中心に調整を図っております。
        なお、平成29年2月28日現在における重要な設備の新設、改修、除却等の計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設

                                投資予定金額              着手及び完了予定年月
             事業所名
                  セグメントの                       資金調達                完成後の
       社名                 設備の内容
             所在地       名称                     方法                増加能力
                               総額    既支払額
                                               着手      完了
                              (百万円)     (百万円)
     ㈱ドトール
            直営店の新設
                  ドトールコーヒー
                         店舗設備等        3,848       -  自己資金    平成29年3月      平成30年2月       -
                  グループ
            及び改装等
     コーヒー
     日本レストラ
            直営店の新設
                  日本レストラン
                         店舗設備等        3,750       -  自己資金    平成29年3月      平成30年2月       -
                  システムグループ
     ンシステム㈱       及び改装等
       (注)1.投資予定金額には差入保証金、敷金が含まれております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)重要な改修、除却等

         該当事項はありません。
                                 17/85











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          200,000,000

                  計                               200,000,000

        ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所名又
             事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
        種類                                 は登録認可金融商品取引               内容
              (平成29年2月28日)              (平成29年5月26日)
                                         業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
      普通株式             50,609,761              50,609,761
                                         (市場第一部)            100株
        計           50,609,761              50,609,761             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
     平成19年10月1日
                50,609,761        50,609,761          1,000        1,000        1,000        1,000
     (注)
     (注)株式移転による設立であります。
       (6)【所有者別状況】

                                                  (平成29年2月28日現在)
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品取      その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
           方公共団体           引業者      人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      37      26     250      175      42    44,456      44,986       -
     所有株式数
               -    73,764      3,753     97,339     103,425        91   227,110      505,482      61,561
      (単元)
     所有株式数の
               -    14.59      0.74     19.26      20.46      0.02     44.93     100.00       -
     割合(%)
     (注) 自己株式3,120,116株は、「個人その他」に31,201単元及び「単元未満株式の状況」に16株を含めて記載しており
       ます。
                                 18/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                (平成29年2月28日現在)
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
                                              6,759          13.36

     大林 豁史               東京都世田谷区
                    東京都世田谷区奥沢5-31-8                         3,732          7.37
     株式会社マダム・ヒロ
     株式会社バードフェザーリン
                    東京都世田谷区等々力2-27-2                         3,300          6.52
     ク
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町2-11-3                         1,535          3.03
     行株式会社(信託口)
                                              1,430          2.83
     鳥羽 博道               東京都大田区
                    東京都港区虎ノ門2-2-1                         1,320          2.61
     日本たばこ産業株式会社
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1-8-11                         1,073          2.12
     託銀行株式会社(信託口)
                                               832         1.65
     鳥羽 豊               東京都世田谷区
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1-8-11                          806         1.59
     託銀行株式会社(信託口9)
     クレディ・スイス・セキュリ
                    ELEVEN       MADISON        AVENU
     ティーズ(ユーエスエー)エ
     ルエルシー      エスピーシーエ         E  NEW    YORK     NY   10010-3
                                               661         1.31
     ル.フォー イーエックスシー               629    USA
     エル.ビーイーエヌ
                    (常任代理人 東京都港区六本木1-6-
     (常任代理人 クレディ・ス
                    1)
     イス証券株式会社)
                              -               21,450          42.38

            計
     (注)1.上記信託銀行の所有株式数は、信託業務に係るものであります。
        2.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は小数点以下第3位を四捨五入しております。
        3.  当社は3,120千株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合6.17%)を保有しておりますが、当該自己株式に
          は議決権がないため、上記の大株主から除いております。
                                 19/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                (平成29年2月28日現在)
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         ―            ―            ―

      議決権制限株式(自己株式等)                         ―            ―            ―

      議決権制限株式(その他)                         ―            ―            ―

      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式      3,120,100            ―            ―

      完全議決権株式(その他)                   普通株式      47,428,100             474,281           ―

      単元未満株式                   普通株式        61,561          ―            ―

      発行済株式総数                         50,609,761            ―            ―

      総株主の議決権                         ―             474,281           ―

        ②【自己株式等】

                                                (平成29年2月28日現在)
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     ㈱ドトール・日レ

               東京都渋谷区猿楽
     スホールディング                      3,120,100             ―    3,120,100            6.17
               町10番11号
     ス
         計             ―    3,120,100             ―    3,120,100            6.17

       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                 20/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
          会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                区分                  株式数(株)             価額の総額(百万円)
      取締役会(平成28年7月14日)での決議状況
                                        700,000                1,292
     (取得期間      平成28年7月15日~平成28年7月15日)
                                           ―               ―
      当事業年度前における取得自己株式
                                        700,000                1,292
      当事業年度における取得自己株式
                                           ―               ―
      残存決議株式の総数及び価額の総額
                                          0.0               0.0
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                           ―               ―
      当期間における取得自己株式
                                          0.0               0.0
      提出日現在の未行使割合(%)
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          会社法第155条第7号による取得
                区分                 株式数(株)             価額の総額(百万円)
                                          315                0
      当事業年度における取得自己株式
                                           ―               ―
      当期間における取得自己株式
      (注)当期間における取得自己株式には、平成29年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
         買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                 当期間
               区分
                                   処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                    (百万円)                (百万円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

     消却の処分を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ

     た                            ―        ―        ―        ―
     取得自己株式
     その他
                                  ―        ―        ―        ―
     (  ― )
      保有自己株式数                        3,120,116            ―    3,120,116            ―
      (注)1.当期間における保有自己株式数には、平成29年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における処理株式には、平成29年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡
           による株式は含まれておりません。
                                 21/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社グループでは、高収益と成長を両立させ、外食業界のエクセレント・リーディングカンパニーを目指しており
       ます。配当につきましては、業績に応じた配当を基本としつつ、企業体質の一層の強化と事業展開に備えるための内
       部留保を勘案し、配当性向20%~30%を目処に利益還元を行っております。
        また、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決
       定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        以上の基本方針及び当連結会計年度の業績を総合的に勘案し、当連結会計年度末の配当金は1株につき15円とし、
       この結果、既に実施しております中間配当金の1株当たり15円と合わせて、当期の1株当たり年間配当金は30円とい
       たしました。
        なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議により行うことができる旨を定款に定め
       ております。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
              決議年月日             配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
        平成28年10月14日取締役会決議                              712              15
        平成29年5月25日定時株主総会決議                              712              15
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第6期          第7期          第8期          第9期          第10期
      決算年月       平成25年2月          平成26年2月          平成27年2月          平成28年2月          平成29年2月

      最高(円)            1,299          1,832          1,878          2,410          2,247

      最低(円)             945         1,224          1,570          1,656          1,700

      (注)最高・最低株価は、株式会社東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年9月          10月        11月        12月      平成29年1月          2月
      最高(円)          1,910        2,183        2,139        2,194        2,218        2,247

      最低(円)          1,822        1,832        2,023        2,075        2,081        2,132

      (注)最高・最低株価は、株式会社東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 22/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性13名 女性1名 (役員のうち女性の比率7.1%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和48年8月      ㈱ボルツ・ジャパン(南インド
                                       ㈱に商号変更し、平成13年6月
                                       日本レストランシステム㈱と合
                                       併)設立代表取締役社長
                                 昭和48年10月      ショウサンレストラン企画㈱
                                       (現日本レストランシステム
                                       ㈱)取締役
                                 昭和51年2月      同社代表取締役専務
                                 昭和52年8月      ジャーマンレストランシステム
                                       ㈱(現日本レストランシステム
                                       ㈱)取締役
                                 昭和53年6月      上記ショウサンレストラン企画
     代表取締役 
                                       ㈱とジャーマンレストランシス
               ―     大林 豁史      昭和19年8月4日生                             注3   6,759,200
     会長
                                       テム㈱が合併して日本レストラ
                                       ンシステム㈱代表取締役専務
                                 昭和54年7月      同社代表取締役社長
                                 平成17年8月      同社代表取締役会長
                                 平成19年10月      当社代表取締役会長
                                 平成20年5月      当社取締役
                                 平成28年5月
                                       当社代表取締役会長(現任)
                                 平成28年5月      日本レストランシステム㈱代表
                                       取締役会長兼     社長(現任)
                                 平成28年5月
                                       ㈱ドトールコーヒー取締役
                                 平成29年4月
                                       ㈱ドトールコーヒー代表取締役
                                       会長(現任)
                                 昭和58年4月      ㈱ドトールコーヒー入社

                                 平成12年6月      同社取締役
                                 平成14年6月      同社常務取締役
                                 平成16年6月      同社専務取締役
                                 平成17年7月      同社取締役副社長
                                 平成19年10月      当社取締役
     代表取締役 
                                 平成20年5月
                  星野 正則      昭和34年10月22日生               当社代表取締役社長(現任)
               ―                                       注3     10,700
     社長
                                 平成23年5月      ㈱ドトールコーヒー代表取締役
                                       会長
                                 平成25年5月      日本レストランシステム㈱取締
                                       役(現任)
                                 平成29年4月      ㈱ドトールコーヒー代表取締役
                                       社長(現任)
                                 昭和58年4月      日本レストランシステム㈱入社

                                 平成16年5月      同社執行役員
                                 平成17年8月      同社取締役
                                 平成19年10月      当社取締役
                                 平成20年5月      日本レストランシステム㈱常務
     常務取締役         ―     木高 毅史      昭和38年12月12日生                             注3     19,070
                                       取締役
                                 平成22年5月      当社常務取締役(現任)
                                 平成27年5月
                                       日本レストランシステム㈱専務
                                       取締役(現任)
                                 23/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和58年2月      ㈱ドトールコーヒー入社
                                 平成13年6月      同社取締役
                                 平成14年10月      同社取締役退任
                                 平成16年8月      同社入社
     常務取締役         ―     稲森 六郎      昭和33年4月13日生                             注3     3,200
                                 平成18年6月      同社取締役
                                 平成19年4月
                                       同社常務取締役(現任)
                                 平成19年10月      当社取締役
                                 平成26年5月      当社常務取締役(現任)
                                 昭和48年4月      日本航空㈱入社

                                 平成12年2月      同社マイレージセンター部長
                                 平成14年7月
                                       同社オーストラリア地区代表駐
                                       在員
                                 平成18年7月      ㈱JALセールス北海道代表取
                                       締役社長
     取締役         ―     橋本 邦夫      昭和22年11月16日生                             注3     5,505
                                 平成19年10月      日本レストランシステム㈱監査
                                       役
                                 平成22年1月
                                       同社海外事業部長(現任)
                                 平成25年5月
                                       当社取締役(現任)
                                 平成25年5月      D&N   インターナショナル㈱取
                                       締役(現任)
                                 昭和54年8月      ㈱ドトールコーヒー入社

                                 平成20年3月      同社上席執行役員商品生産統括
                                       本部統括本部長
                                 平成26年5月
     取締役         ―     菅野 眞博      昭和34年1月23日生               同社取締役    (現任)          注3     4,300
                                 平成27年12月      ㈱プレミアムコーヒー&ティー
                                       代表取締役社長(現任)
                                 平成28年5月      当社取締役(現任)
                                 平成6年4月      日本レストランシステム㈱入社

                                 平成17年8月      日本レストランコンフェクシ

                                       ョナリー㈱(平成21年2月
                                       日本レストランシステム㈱と合
                                       併)取締役
                                 平成20年4月      同社常務取締役
     取締役         ―     合田 知代      昭和45年9月8日生                             注3     5,317
                                 平成20年8月      D&Nコンフェクショナリー㈱
                                       取締役
                                 平成25年5月      日本レストランシステム㈱取締
                                       役(現任)
                                 平成28年5月
                                       当社取締役(現任)
                                 平成28年5月
                                       D&Nコンフェクショナリー㈱
                                       常務取締役(現任)
                                 24/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 平成9年10月      ㈱ドトールコーヒー入社
                                 平成22年3月      同社上席執行役員営業統括本部

                                       統括本部長
     取締役         ―     竹林 基哉      昭和41年5月26日生                             注3      500
                                 平成26年5月      同社取締役
                                 平成28年5月
                                       同社常務取締役(現任)
                                 平成29年5月
                                       当社取締役(現任)
                                 昭和48年4月      外務省入省

                                 平成13年4月      在ロサンゼルス日本総領事館総
                                       領事
                                 平成17年8月      総合外交政策局長
                                 平成19年1月
                                       外務審議官(経済担当)
                                 平成21年4月      駐ロシア連邦特命全権大使
     取締役             河野 雅治      昭和23年12月21日生
               ―                                       注3      200
                                 平成23年3月      駐イタリア特命全権大使
                                 平成26年3月      2020年東京オリンピック・パラ
                                       リンピック組織委員会理事
                                       (現任)
                                 平成26年9月      日本国政府代表(現任)
                                 平成27年5月
                                       当社取締役(現任)
                                 昭和43年4月      ㈱三菱銀行(現㈱三菱東京UFJ銀

                                       行)入行
                                 平成5年6月      同行新橋支店長
                                 平成7年4月      同行公務部長
                                 平成9年4月      日本電子㈱入社
                                 平成9年6月      同社常務取締役
     取締役             大塚 東      昭和20年3月8日生         平成13年6月      同社専務取締役
               ―                                       注3      -
                                 平成17年6月      同社取締役副社長
                                 平成18年6月      同社代表取締役兼副社長執行役
                                       員
                                 平成21年5月      日本電子テクニクス㈱取締役会
                                       長
                                 平成29年5月      当社取締役(現任)
                                 昭和50年4月      ㈱ドトールコーヒー入社

                                 平成11年9月      ㈱ドトールコーヒー監査室室長
                                 平成16年6月      ㈱ドトールコーヒー常勤監査役
     常勤監査役         ―     宮林 哲夫      昭和24年11月1日生                             注4     1,520
                                       (現任)
                                 平成19年10月
                                       当社常勤監査役(現任)
                                 昭和52年4月      日本レストランシステム㈱入社

                                 平成9年4月      同社社長室店舗開発課長
                                 平成13年4月      同社社長室店舗開発エネルギー
                                       コスト担当課長
                                 平成13年6月      日本レストランサービス㈱(現
     常勤監査役         ―     川﨑 嘉範      昭和29年5月7日生                             注4     44,874
                                       D&Nレストランサービス)取
                                       締役
                                 平成20年8月      日本レストランシステム㈱内部
                                       監査室室長    (現任)
                                 平成28年5月
                                       当社常勤監査役(現任)
                                 25/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                 昭和39年4月      丸紅飯田㈱入社
                                 平成5年4月      丸紅㈱砂糖貿易部長
                                 平成6年4月      丸紅㈱食品原料部長
                                 平成7年4月      丸紅食料㈱専務取締役営業本部
     監査役         ―     梶川 浩      昭和14年2月2日生                             注4     7,900
                                       長
                                 平成9年6月      丸紅食料㈱代表取締役社長
                                 平成16年6月      ㈱ドトールコーヒー監査役
                                 平成19年10月      当社監査役(現任)
                                 昭和46年7月      運輸省(現国土交通省)入省

                                 平成3年7月      同省運輸政策局消費者行政課長
                                 平成6年7月      日本鉄道建設公団総務部長
                                 平成12年6月      海上保安庁次長
     監査役         ―     浅井 廣志      昭和22年6月10日生                             注5     1,687
                                 平成18年6月      日本貨物鉄道㈱専務取締役
                                 平成21年6月      日本フレートライナー㈱代表取
                                       締役社長
                                 平成29年5月      当社監査役(現任)
                                          計

                                                        6,863,973
      (注)1 取締役河野雅治及び大塚東は、社外取締役であります。
         2 監査役梶川浩及び浅井廣志は、社外監査役であります。
         3 取締役の任期は、平成29年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成30年2月期に係る定時株主総会終結
           の時までであります。
         4 監査役の任期は、平成27年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年2月期に係る定時株主総会終結
           の時までであります。
         5 任期満了前に退任した監査役の補欠として選任されたため、当社定款の定めにより平成29年2月期に係る定
           時株主総会終結の時から平成31年2月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
                                 26/85











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、グループの持つ経営資源とノウハウを有効活用し、店舗展開力と業態開発力の融合による新たな価値創
       造を最大限発揮できる体制を確立することで、企業価値・株主価値の最大化を推進し、多様化したお客様の心の奥
       底にある期待感に応えることのできる「外食業界における日本一のエクセレント・リーディングカンパニー」の地
       位確立を目指しております。
       ① 企業統治の体制

        イ.企業統治の体制の概要
        当社の取締役会は、取締役10名で構成され、うち2名は社外取締役であります。取締役会は、毎月1回開催の 
       ほか、必要に応じて随時開催し、重要業務執行について審議・決定するほか、職務執行状況を監督する場として、
       十分な議論と時宜を得た意思決定を図っております。
        当社は監査役設置会社制度を採用し、監査役会は社外監査役2名を含む4名で構成しております。監査役は、取
       締役会に出席し、必要に応じて担当部署に対するヒアリングや報告を受けるほか、経営会議内容の把握などを実施
       し、経営全般および個別案件に関して取締役の業務執行を監査することとしております。
        業務執行に関しましては、意思決定の迅速化の観点から、会長、社長および取締役会の主要メンバーからなる経
       営会議を設置し、当社および当社グループ会社の業務執行に関する重要事項を協議し、運営してまいります。
        当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりであります。
                                 27/85














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ロ.当該体制を採用する理由
        当社グループは、持株会社のもとに事業を展開する事業会社を置く体制をとっております。持株会社である当社
       はグループの一元的なガバナンスの中心にあって、グループ全体の最適化を図るための、企画・運営・管理等を行
       い、グループ全体の経営を統括することにより、株主をはじめ全てのステークホルダーにとっての企業価値最大化
       に努めております。
        当社ではコーポレート・ガバナンスのより一層の強化を図る目的から、社外取締役制を導入するとともに、取締
       役の任期を1年といたしております。有価証券報告書提出日現在において、社外取締役2名を含む10名から構成さ
       れる取締役会が、業務執行に対する適切な監督機能を発揮するとともに、経営効率の維持・向上に努めており、社
       外監査役2名を含む4名から構成される監査役会が経営を監視し、その健全強化に努めております。
        ハ.内部統制システムの整備の状況

        当社並びに当社グループでは、全ての役員および従業員が適正な業務を行うための体制を整備し、運用していく
       ことが重要な経営の責務であると認識し、「内部統制システム構築の基本方針」を定めております。その基本的な
       考え方は以下のとおりであります。
        ・当社及び子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (ⅰ)当社取締役会は、法令等遵守(以下「コンプライアンス」という。)のための体制を含む内部統制シス
            テムの整備方針・計画について決定するとともに、当社及び当社子会社(以下「当社グループ」とい
            う。)の状況について定期的に状況報告を受ける。
         (ⅱ)当社監査役は、独立した立場から、内部統制システムの整備・運用状況を含め、当社グループ取締役の
            職務執行を監査する。
         (ⅲ)当社内部監査室は、当社グループの内部統制システムが有効に機能し、運営されているか調査し、整備
            方針・計画の実行状況を監視する。調査結果は、当社代表取締役社長に報告する。
         (ⅳ)当社代表取締役社長は、当社グループ取締役の中からコンプライアンスを推進する責任者を任命し、グ
            ループ全体のコンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めるとともに当社グループの取締役及
            び使用人のコンプライアンス教育を推進し、意識の維持・向上に努める。また、任命を受けた当社グ
            ループ取締役は、重要な問題を随時取締役会に報告する。
         (ⅴ)当社グループは、健全な会社経営の為、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切関
            わりを持たず、これら反社会的勢力に対しては、警察等の外部専門機関と緊密に連携し、全社を挙げて
            毅然とした態度で対応する。
        ・当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制
          当社の取締役会にて経営に重大な影響を及ぼすリスクをトータルに認識、検討をするとともに想定されるリ
         スクについては、当社グループ各社の責任者が研修や会議を通じて具体的なリスク管理対応策を検討、実施す
         る。また、当社グループにおいて認識された事業運営上のリスクのうち、重要な内容については、対応方針を
         取締役会において決定し、各関係責任者がこれを実行することでリスクの発生を防止する。
          なお、重大な不測事態が発生し、または発生するおそれが生じた場合、当社代表取締役社長を本部長とする
         対策本部を設け迅速に対応し、事態の早期収拾に努めるとともに、原因追究を行い再発防止に努める。
        ・当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          取締役会を経営方針、法令に定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定するとともに業務執行状
         況を監督する機関として、定例で月1回開催し、必要に応じて臨時取締役会を招集する。取締役会の機能をよ
         り強化し経営効率を向上させるため、当社グループ取締役が出席する経営会議を毎月1回開催し、業務執行に
         関する基本的事項及び重要事項に係る意思決定を機動的に行う。当社グループ取締役の職務権限、担当業務に
         関しては、当社グループ各社において、取締役会規程、職務権限規程等に基づき明確にし、会社の機関相互の
         適切な役割分担と連携を確保する。
        ・取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          当社は、法令・社内規程に基づき、文書等の保存・管理(文書管理規程)を行い、必要な関係者が閲覧でき
         る体制を整備する。また、情報の管理についてはセキュリティに関するガイドライン、個人情報保護法に関す
         る基本方針を定めて対応する。
                                 28/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ・子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制その他当社及び子会社から成る企業集
        団における業務の適正を確保するための体制
         (ⅰ)当社グループにおけるリスク管理、コンプライアンス管理及び内部監査については互いに緊密な連携を
            とり進め、当社業務運営の基本方針に準じて業務遂行を行う。また、子会社の経営に関しては、その自
            主性を尊重しつつ、経営会議等において事業内容の定期的な報告を受け、重要案件についての事前協議
            を行う。
         (ⅱ)当社グループは、業務の有効性と効率性、財務報告の信頼性の確保及び関連法規の遵守については、内
            部統制の充実を図るとともに、より有効に機能する為、評価、維持及び改善等を行う。
        ・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制ならびにその
        使用人の取締役からの独立性及びその使用人に対する監査役の指示の実行性に関する事項
          取締役会は、監査役の求めにより必要に応じて監査役の業務補助を行う使用人を置くこととし、その人事に
         ついては、取締役と監査役が協議を行う。
          監査役から監査業務に必要な指示を受けた使用人は、その指示に関する限りにおいては、取締役の指揮命令
         を受けないものとする。
        ・当社の取締役及び使用人、並びに子会社の取締役、監査役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の
        監査役への報告に関する体制
          当社グループの取締役、監査役及び使用人は、会社経営及び事業運営上の重要事項(コンプライアンス、リ
         スクに関する事項を含む)ならびに業務執行の状況及び結果を監査役に報告する。また、当社グループ取締役
         は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見した場合は、直ちに当社監査役会に報告す
         る。
          なお、当社グループ監査役及び監査役会への報告は、誠実に洩れなく行うこととし、定期的な報告に加えて
         必要に応じその都度遅延無く行う。
          当社グループは、監査役への報告を行った当社グループの取締役及び使用人に対し、当該報告をしたことを
         理由として不利益な取り扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの取締役及び使用人に周知徹底す
         る。
        ・監査役の職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は監査役がその職務の執行について生じる費用の前払いまたは償還等の請求をしたときは、当該監査役
         の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
        ・その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          監査役は、代表取締役・内部監査室及び会計監査人と定期的な情報交換をする場を設けるほか、取締役会に
         出席し積極的に発言する。監査役は、重要な意思決定及び業務の執行状況を把握するため、社内や子会社の重
         要な会議へ参加し、必要に応じて取締役または使用人に説明を求めることとする。
          取締役または取締役会は、監査役が必要と認めた重要な取引先の調査への協力、監査役の職務遂行上、監査
         役が必要と認めた場合、弁護士及び公認会計士等の外部専門家との連携を図れる環境の体制を整備する。
        ニ.リスク管理体制の整備の状況

        当社は、グループ傘下に外食事業を行う多業態のチェーンと物販事業を経営しております。その事業領域は広範
       であり、多数の店舗でお客様の嗜好に合う商品を提供しております。それゆえ、食品衛生法等の遵守すべき法律も
       多く、食中毒や自然災害などの損失の危険も想定されております。このような事業特性のもとで、健全で持続的な
       発展をするために内部統制システムを整備し適切に運用すること、そして適宜見直しをかけていくことが経営上重
       要な課題であると考えております。取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため
       の体制としましては、代表取締役社長がリスク・コンプライアンス委員会にコンプライアンスを推進する責任者を
       任命し、グループ全体のコンプライアンス体制の整備及び問題点の把握に努めると共に取締役及び使用人のコンプ
       ライアンスの意識の維持・向上に努めております。また、任命を受けた者は、重要な問題を随時取締役会に報告す
       るとともに、相談・通報体制(内部通報制度)を設けております。さらに、リスク体制の整備状況として、想定さ
       れるリスクについては、研修制度で従業員教育に努めるほか、情報管理責任者のもとで情報の一元化を行い、緊急
       対応時マニュアルを整備し定期的な見直しを行っております。万一、不測の事態が発生した場合には、リスク・コ
       ンプライアンス委員会に経営トップ直轄の対策本部を設け、迅速に対応するとともに、事態の早期収拾を図り、原
       因追求を行うことで再発の防止に努めることとしております。
                                 29/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ホ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
        当社グループでは、毎月経営会議等を開催しており、各子会社役員から、月次業績や経営計画の進捗状況および
       業務執行状況等について報告を受け、質疑応答を行って情報の共有化を図るなど、子会社の経営管理体制を構築し
       ております。また、当社が定める「取締役会規程」「職務権限規程」に基づき、子会社に必要とされる稟議事項に
       ついては、親会社である当社への事前報告を行い、当社の取締役若しくは取締役会において十分な検討を行い、承
       認決裁を行うことで、子会社の業務の適正を確保しております。
        ヘ.責任限定契約の内容の概要

        当社は、社外取締役及び社外監査役全員と会社法第423条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当す
       る場合には、賠償責任の限度額を同法第425条第1項各号が定める額の合計額とする契約を締結しております。
       ② 内部監査及び監査役監査の状況

        当社の内部監査室(現在3名体制)は、年度ごとに作成する「監査計画」に基づき、当社、子会社、および孫会社
       の内部監査を実施しております。また監査役会と連携をとりながら内部監査を実施し、内部監査室長が監査結果を
       適宜報告しております。
        監査役は取締役会に出席し、必要に応じて担当部署に対するヒアリングや報告を受けるほか、経営会議内容の把
       握などを実施し、経営全般および個別案件に関して取締役の業務執行を監査しているほか、監査法人や内部監査室
       とも情報交換を適宜行なっております。
       ③ 会計監査の状況

        当社は、会計監査人として有限責任                  あずさ監査法人を選任しており、会社法における計算書類および金融商品取
       引法における財務諸表の監査を依頼しております。
        同監査法人および当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間に特別の利害関係はありません。
       当期において監査業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については下記のとおりです。
        ・監査業務を執行した公認会計士の氏名
          指定有限責任社員 業務執行社員:                    轟  芳英氏、佐藤 義仁氏、神宮 厚彦氏
        ・監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士11名  その他7名
         (注)継続監査年数については、7年を超える者がおりませんので記載を省略しております。
       ④ 社外取締役及び社外監査役

        当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。当社株式の保有状況については、「5 役員の状況」
       に記載のとおりであります。また、当社との関係において、人的関係、重要な資本的関係、又は取引関係その他の
       利害関係はありません。
        また、上記の社外取締役2名と社外監査役2名は東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し同取引所
       に届出しております。当社は社外取締役と社外監査役の独立性に関する基準を定めていませんが当社の経営、執行
       に利害関係がなく客観的かつ公平な判断が可能であり、一般株主と利益相反が生じる恐れのない独立役員を選任し
       ております。
        ・河野雅治氏は、外交官としての豊富な経験と国際情勢に関する専門的かつ幅広い知見を有しております。これ
        までも取締役会において適時適切な意見・提言を行っていただいております。同氏が当社の経営を監督する適切
        な人材と判断したため、引き続き社外取締役として選任しております。
        ・大塚東氏は、金融機関での実績や企業経営者としての豊富な経験と幅広い見識を有しております。これまでの
        経験を基に取締役会において幅広い観点から意見・提言を行っていただけると期待しております。同氏が当社の
        経営を監督する適切な人材と判断したため、社外取締役として選任しております。
        ・梶川浩氏は、他の会社の経営者としての長年培ってきた豊富な経営経験と業界知識を積んでおり、当社取締役
        会に有益な助言をいただくとともに、経営執行等の適法性について中立的な監査をしていただくため、社外監査
        役として選任しております。また当社子会社の仕入取引先である丸紅食料株式会社の出身でありますが、平成16
        年4月退任後相当期間が経過しており、また当社グループの仕入高に占める同社との間の取引額の割合は3.0%未
        満であり、一般株主と利益相反を生じる恐れがないものと判断しております。
        ・浅井廣志氏は、運輸省(現              国土交通省)に於ける各分野において重要ポストを歴任されており、また企業経営
        者としても豊富な経験と幅広い見識を有しております。それら経験を活かし当社の監査体制強化に努めて頂き、
        会社の業務執行の適法性や妥当性を的確に監査頂けるものと判断し、新たに社外監査役として選任しておりま
        す。
                                 30/85


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 取締役及び監査役の報酬等
        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                      報酬等の総額
                                                      役員の員数
             役員区分
                                    ストック
                      (百万円)
                              基本報酬              賞与     退職慰労金
                                                       (人)
                                   オプション
         取締役
                          265      219       -      46      -      10
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                          18      18      -      -      -       3
         (社外監査役を除く。)
                          17      15      -       1      -       ▶
         社外役員
        ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
        取締役の報酬等は、株主総会で承認された報酬総額の範囲内において、取締役会で了承された方法により決定し
       ております。
        監査役の報酬等は、株主総会で承認された報酬総額の範囲内で、監査役会において決定しております。
       ⑥ 株式の保有状況
        当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)で
       ある日本レストランシステム株式会社については以下のとおりであります。
        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

          該当事項はありません
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          該当事項はありません
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

        当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                       前事業年度
                                        当事業年度(百万円)
                       (百万円)
              区分
                      貸借対照表計上        貸借対照表計上        受取配当金の        売却損益の        評価損益の
                       額の合計額        額の合計額         合計額        合計額        合計額
                            -        -        -        -        -
         非上場株式
                           243        328         7       -       156
         上記以外の株式
        当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表額(投資株式計上額)が最大保有会社の次に大きいD&Nレ

       ストランサービス株式会社については以下のとおりであります。
        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

          該当事項はありません
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          該当事項はありません
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

        当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                       前事業年度
                                        当事業年度(百万円)
                       (百万円)
              区分
                      貸借対照表計上        貸借対照表計上        受取配当金の        売却損益の        評価損益の
                       額の合計額        額の合計額         合計額        合計額        合計額
                            -        -        -        -        -
         非上場株式
                           180        235         ▶       -        86
         上記以外の株式
                                 31/85



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ⑦ 責任限定契約の内容
          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額を上限とし
         ております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は社外監査役がその職務を行うにつき善
         意でありかつ重大な過失がないときに限られております。
        ⑧ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらないものとする旨定款に定めておりま
         す。
        ⑨ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        イ.自己株式の取得
           当社は、経済情勢の変化に対応して機動的な資本政策を遂行できるようにするため、会社法第165条第2項
          の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することができる旨定款に定めております。
        ロ.中間配当

           当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決
          議によって、毎年8月3           1 日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
        ハ.取締役及び監査役の責任免除

           当社は、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり、期待された役割を十分に発揮できるようにするため、会
          社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含
          む)の賠償責任について、善意でかつ重大な過失がない場合には、法令の定める限度額の範囲内で、取締役会
          の決議によって免除することができる旨定款に定めております。
        ⑩ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
                                 32/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  23           -           23            8

      連結子会社                  45           -           45           -

         計               68           -           68            8

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査法人から提示を受けた監査報酬見積
         額に対して内容の説明を受け、両者協議の上、監査役会の同意を得て決定しております。
                                 33/85














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年3月1日から平成29年2月28
       日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年3月1日から平成29年2月28日まで)の財務諸表について、有限責
       任  あずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には公益財団法人財
       務  会計基準機構へ加入し会計基準等に関する情報を適時に入手に努めるとともに、会計専門誌の定期購読や監査
       法人の開催する研修へ参加等しております。
                                 34/85














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                         36,897              37,414
         現金及び預金
                                         7,145              7,485
         受取手形及び売掛金
                                         1,829              1,675
         商品及び製品
                                           92              106
         仕掛品
                                         1,358              1,726
         原材料及び貯蔵品
                                         1,004               892
         繰延税金資産
                                         3,200              3,340
         その他
                                          △ 17              △ 9
         貸倒引当金
                                         51,510              52,632
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         42,728              44,106
          建物及び構築物
                                        △ 21,683             △ 22,473
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             21,045              21,633
                                         5,366              5,648
          機械装置及び運搬具
                                        △ 4,531             △ 4,696
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                               834              952
          土地                               15,867              16,358
                                         5,861              6,353
          リース資産
                                        △ 1,410             △ 1,933
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              4,451              4,419
          その他                               6,981              7,061
                                        △ 5,353             △ 5,673
            減価償却累計額
            その他(純額)                              1,627              1,387
                                         43,826              44,750
          有形固定資産合計
                                         1,171              1,224
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         ※1 733             ※1 958
          投資有価証券
                                         1,723              1,567
          繰延税金資産
                                        ※2 20,523             ※2 20,160
          敷金及び保証金
                                        ※2 1,040             ※2 3,548
          その他
                                         24,021              26,235
          投資その他の資産合計
                                         69,018              72,210
         固定資産合計
       資産合計                                 120,529              124,843
                                 35/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,439              6,838
         支払手形及び買掛金
                                           570              570
         短期借入金
                                         2,440              2,276
         未払法人税等
                                         1,132              1,243
         賞与引当金
                                           64              80
         役員賞与引当金
                                           83              90
         株主優待引当金
                                         7,194              7,216
         その他
                                         17,924              18,314
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,381              1,345
         リース債務
                                         1,995              2,071
         退職給付に係る負債
                                           997             1,337
         資産除去債務
                                         2,395              2,312
         その他
                                         6,770              7,066
         固定負債合計
                                         24,695              25,381
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,000              1,000
         資本金
                                         25,858              25,858
         資本剰余金
                                         71,848              76,511
         利益剰余金
                                        △ 2,787             △ 4,080
         自己株式
                                         95,920              99,289
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           77              189
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 182              △ 34
         繰延ヘッジ損益
                                           145              101
         為替換算調整勘定
                                         △ 203             △ 182
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 162               74
         その他の包括利益累計額合計
                                           76              97
       非支配株主持分
                                         95,834              99,461
       純資産合計
                                        120,529              124,843
      負債純資産合計
                                 36/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
                                        124,796              126,927
      売上高
                                         50,050              51,072
      売上原価
                                         74,745              75,855
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         22,439              22,905
       給料及び手当
                                         1,026              1,137
       賞与引当金繰入額
                                           64              80
       役員賞与引当金繰入額
                                           665              554
       退職給付費用
                                         14,482              14,835
       賃借料
                                         3,299              2,999
       水道光熱費
                                         23,301              22,827
       その他
                                         65,279              65,340
       販売費及び一般管理費合計
                                         9,466              10,514
      営業利益
      営業外収益
       受取利息                                    47              39
                                           45              19
       受取配当金
                                            -              18
       為替差益
                                           69              68
       不動産賃貸料
                                            3              -
       持分法による投資利益
                                           90              99
       その他
                                           256              245
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           14              14
       支払利息
                                           161               -
       為替差損
                                           43              44
       不動産賃貸費用
                                            -              17
       持分法による投資損失
                                           11               7
       その他
                                           230               84
       営業外費用合計
                                         9,491              10,675
      経常利益
      特別利益
                                           247               55
       退店補償金収入
                                           686               -
       投資有価証券売却益
                                          ※1 12             ※1 5
       固定資産売却益
                                           946               61
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※2 64             ※2 49
       固定資産除却損
                                        ※3 1,013              ※3 786
       減損損失
                                           28              14
       その他
                                         1,106               850
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益                                    9,331              9,886
      法人税、住民税及び事業税                                    4,003              3,656
                                         △ 119              124
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    3,884              3,781
                                         5,446              6,105
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                           △ 9              55
      帰属する当期純損失(△)
                                         5,456              6,050
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 37/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
                                         5,446              6,105
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 745              112
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 436              147
       繰延ヘッジ損益
                                           113              △ 43
       為替換算調整勘定
                                           △ 6              21
       退職給付に係る調整額
                                       ※1 △ 1,075              ※1 238
       その他の包括利益合計
                                         4,371              6,343
      包括利益
      (内訳)
                                         4,377              6,287
       親会社株主に係る包括利益
                                           △ 5              56
       非支配株主に係る包括利益
                                 38/85















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                                    (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高
                      1,000        25,858        67,359        △ 2,786        91,431
      会計方針の変更による累積
                                        382                382
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      1,000        25,858        67,741        △ 2,786        91,813
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 1,349                △ 1,349
      親会社株主に帰属する当期
                                       5,456                5,456
      純利益
      自己株式の取得
                                                △ 1       △ 1
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  -        -       4,107         △ 1      4,106
     当期末残高
                      1,000        25,858        71,848        △ 2,787        95,920
                            その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                                       純資産合計
                 その他有価証             為替換算調整      退職給付に係る       その他の包括利        持分
                       繰延ヘッジ損益
                 券評価差額金              勘定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高                822      254       36     △ 196       916      84    92,433
      会計方針の変更による累積
                                                -           382
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                     822      254       36     △ 196       916      84    92,815
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,349
      親会社株主に帰属する当期
                                                          5,456
      純利益
      自己株式の取得                                                     △ 1
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 745     △ 436      109      △ 6    △ 1,079       △ 7   △ 1,087
      変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 745     △ 436      109      △ 6    △ 1,079       △ 7    3,019
     当期末残高                 77     △ 182      145     △ 203      △ 162      76    95,834
                                 39/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                                    (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 1,000        25,858        71,848        △ 2,787        95,920
      会計方針の変更による累積
                                                         -
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      1,000        25,858        71,848        △ 2,787        95,920
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △ 1,387                △ 1,387
      親会社株主に帰属する当期
                                       6,050                6,050
      純利益
      自己株式の取得                                        △ 1,293       △ 1,293
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -        -      4,663       △ 1,293        3,369
     当期末残高                 1,000        25,858        76,511        △ 4,080        99,289
                            その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                                       純資産合計
                 その他有価証             為替換算調整      退職給付に係る       その他の包括利        持分
                       繰延ヘッジ損益
                 券評価差額金              勘定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高
                      77     △ 182      145     △ 203      △ 162      76    95,834
      会計方針の変更による累積
                                                -            -
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      77     △ 182      145     △ 203      △ 162      76    95,834
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,387
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,050
      純利益
      自己株式の取得
                                                         △ 1,293
      株主資本以外の項目の当期
                     112      147      △ 44      21      237      20     257
      変動額(純額)
     当期変動額合計                112      147      △ 44      21      237      20     3,627
     当期末残高                189      △ 34      101     △ 182       74      97    99,461
                                 40/85








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         9,331              9,886
       税金等調整前当期純利益
                                         4,044              4,308
       減価償却費
                                           28              28
       のれん償却額
                                         1,013               786
       減損損失
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   143              113
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 8             △ 8
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   100              111
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    6              15
                                           64              49
       固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 686               -
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 12              △ 5
                                          △ 92             △ 58
       受取利息及び受取配当金
                                           14              14
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   157              △ 14
       売上債権の増減額(△は増加)                                   335             △ 343
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 340             △ 228
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 230              508
                                           241            △ 1,865
       その他
                                         14,111              13,297
       小計
                                           58              28
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 14             △ 14
       利息の支払額
                                        △ 4,255             △ 4,387
       法人税等の支払額
                                           464              481
       法人税等の還付額
                                         10,362               9,405
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 26               -
       投資有価証券の取得による支出
                                         2,916                -
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                          △ 55             △ 53
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 6,532             △ 4,536
       有形固定資産の取得による支出
                                           12               6
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 479             △ 371
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 833             △ 496
       敷金及び保証金の差入による支出
       敷金及び保証金の回収による収入                                   617              589
                                          △ 10               -
       貸付けによる支出
                                         △ 323             △ 571
       その他
                                        △ 4,713             △ 5,433
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 544             △ 720
       リース債務の返済による支出
                                           △ 1           △ 1,293
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,349             △ 1,386
       配当金の支払額
                                           △ 2             △ ▶
       その他
                                        △ 1,897             △ 3,404
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 12             △ 49
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    3,738               517
                                         33,158              36,897
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 36,897             ※1 37,414
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 41/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           21 社
            連結子会社の名称
             ㈱ドトールコーヒー、日本レストランシステム㈱、D&Nコンフェクショナリー㈱、D&Nカフェレストラン
            ㈱、㈱サンメリー、㈱プレミアムコーヒー&ティー、㈱マグナ、D&Nレストランサービス㈱、日本レスト
            ランデリバリー㈱、エフアンドエフシステム㈱、日本レストランフーズ㈱、日本レストランベジ㈱、日本
            レストランプロダクツ㈱、日本レストランハムソー㈱、㈱Les                             Deux、和餐餐飲管理(上海)有限公司、D&N
            Singapore     Pte  Ltd、D&Nインターナショナル㈱、台灣羅多倫和餐餐飲股份有限公司、D&N                                  Hong   Kong
            Limited、D&N       KOREA   Co.,   Ltd.
          (2)非連結子会社

            ㈱ドトールコーヒーハワイ、㈱バリューネクスト、                        T&Nネットサービス㈱          、 ㈱絶品豆腐
            連結の範囲から除いた理由
             非連結子会社4社は、いずれも小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及
            び利益剰余金(持分に見合う額)等のそれぞれの合計額は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼし
            ておりません。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法適用非連結子会社及び持分法適用関連会社の数                             ▶ 社
            持分法適用非連結子会社及び持分法適用関連会社の名称
             T&Nネットサービス㈱、T&Nアグリ㈱、㈱絶品豆腐                       、D&N   COFFEE    AND  RESTAURANT      MALAYSIA     SDN.BHD.
          (2)持分法を適用していない非連結子会社

            ㈱ドトールコーヒーハワイ、㈱バリューネクスト、
            持分法を適用しない理由
             持分法非適用会社2社は、いずれも当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体
            としても重要性がないため、持分法の適用から除外しております。
         3.連結の範囲及び持分法の適用の範囲の変更に関する事項

           三富餐飲設備股份有限公司は株式の売却により、連結の範囲から除外しております。
           D&N   COFFEE    AND  RESTAURANT      MALAYSIA     SDN.BHD.は増資により持分比率が低下したものの実質的に重要性が
          増したことから、持分法を適用していない非連結子会社から持分法適用関連会社になっております。
           ㈱絶品豆腐は株式を追加取得した結果、持分法適用関連会社から、持分法適用非連結子会社としておりま
          す。
         4.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社のうち、D&NSingapore                 Pte  Ltd  、和餐餐飲管理(上海)有限公司、台灣羅多倫和餐餐飲股份有限
          公司、D&N     Hong   Kong   Limited及びD&N        KOREA   Co.,   Ltd.の決算日は12月31日であります。
           連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、1月1日から連
          結決算日2月末日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
                                 42/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         5.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
            ①  満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)
            ②  その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法に基づく原価法
           ロ デリバティブ
             時価法
           ハ たな卸資産
             評価基準は原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
            ①  製品、仕掛品、原材料
              総平均法
              店舗設計仕掛品は個別原価法、又、一部の連結子会社の原材料は最終仕入原価法
            ②  商品、店舗食材、貯蔵品
              最終仕入原価法
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             建物(建物附属設備は除く)
             ①  平成10年3月31日以前に取得したもの
               旧定率法
             ②  平成10年4月1日から平成19年3月31日までに取得したもの
               旧定額法
             ③  平成19年4月1日以降に取得したもの
               定額法
             建物(建物附属設備は除く)以外
             ①  平成19年3月31日以前に取得したもの
               旧定率法
             ②  平成19年4月1日以降に取得したもの
               定率法
             (但し一部工場の資産については定額法によっております。)
             ③  平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
               定額法
              主な耐用年数
               建物及び構築物    15年~50年
               機械装置及び運搬具              4年~10年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             自社利用のソフトウェアは、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
             商標権は、10年で償却しております。
           ハ 長期前払費用
             均等償却。なお、償却期間については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
           ニ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産は、リース期間を耐用年数とし、残存価額を
            零とする定額法を採用しております。
                                 43/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          (3)重要な引当金の計上基準
           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上して
            おります。
           ハ 役員賞与引当金
             役員に対する賞与の支給に備えるため、役員賞与支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計
            上しております。
           ニ  株主優待引当金
             株主優待品の費用負担に備えるため、昨年の実績等を基礎に、当連結会計年度末において将来見込まれ
            る株主優待品に対する所要額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
           イ 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
           ロ 数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間(5年~10
            年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度より費用処理することとしておりま
            す。
           ハ 一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
            支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           ニ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の処理方法
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の処理方法については、税効果を調整の上、純資産の
            部におけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
          (5)重要なヘッジ会計の方法
           イ ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理を採用しております。
           ロ ヘッジ手段とヘッジ対象
             ヘッジ手段        為替予約
             ヘッジ対象        原材料輸入による外貨建買入債務及び外貨建予約取引
           ハ ヘッジ方針
             原材料等の輸入に係る将来の為替変動リスク回避のため、対象債務の範囲内でヘッジを行っておりま
            す。
           ニ ヘッジの有効性評価の方法
             ヘッジ開始時から有効性の判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を
            比較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については10年間の均等償却を行っております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税等は税抜方式によっております。
                                 44/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
         (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と
        いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計
        基準」という。)等を当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動によ
        る差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法に
        変更しております。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定に
        よる取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。加え
        て、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示
        の変更を反映させるため、前連結会計年度については連結財務諸表の組替えを行っております。
         当連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変更を伴わない子会社株式の取得又は
        売却に係るキャッシュ・フローについては、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載し、連結範囲の
        変動を伴う子会社株式の取得関連費用もしくは連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得又は売却に関連して生
        じた費用に係るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載する方法に変更して
        おります。
         企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業
        分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将来にわ
        たって適用しております。
         この変更による当連結会計年度の損益に与える影響は軽微であります。
         (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
        報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び
        構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         なお、この変更による損益に与える影響は軽微であります。
         (未適用の会計基準等)

        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                      平成28年3月28日)
      (1)  概要

        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に
       関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見積る
       枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2)  適用予定日

       平成30年2月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 45/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 非連結子会社及び関連会社の株式
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     投資有価証券(株式)                                129百万円                  194百万円
          ※2 直接控除している貸倒引当金

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     敷金及び保証金                                 27 百万円                 27 百万円
                                      25                  24
     投資その他の資産「その他」
         (連結損益計算書関係)

          ※1 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
                       前連結会計年度                            当連結会計年度
                    (自 平成27年3月1日                            (自 平成28年3月1日
                     至 平成28年2月29日)                            至 平成29年2月28日)
     機械装置及び運搬具等                       12百万円                            5百万円
           合計                 12                            5
          ※2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                       前連結会計年度                            当連結会計年度
                    (自 平成27年3月1日                            (自 平成28年3月1日
                     至 平成28年2月29日)                            至 平成29年2月28日)
     解体撤去費用等                       64百万円                            49百万円
           合計                 64                            49
                                 46/85












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          ※3 当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
             前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
            用途・場所
                                種別               減損損失(百万円)
             店舗等
      東北        2店舗  東海            3店舗
                             建物及び構築物                              693
      関東       30店舗  九州             1店舗
                               その他                            320
      近畿         9店舗     その他     10店舗
                       合計                                    1,013
              当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗毎、並びに工場を基本とした
             資産のグルーピングを行っております。また、のれんについては、会社単位を資産グループとしており
             ます。
              営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失(1,013百万円)として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額
             は固定資産の使用価値により測定しており、将来キャッシュフローを資本コストの4%で割り引いて算
             定しております。
             当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

            用途・場所
                                種別               減損損失(百万円)
             店舗等
      東北        1店舗  東海            3店舗
                             建物及び構築物                              638
      関東       28店舗  九州             3店舗
                               その他                            148
      近畿         6店舗     その他       1店舗
                       合計                                     786
              当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、店舗毎、並びに工場を基本とした
             資産のグルーピングを行っております。また、のれんについては、会社単位を資産グループとしており
             ます。
              営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失(786百万円)として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は
             固定資産の使用価値により測定しており、将来キャッシュフローを資本コストの3%で割り引いて算定
             しております。
                                 47/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年3月1日               (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △480百万円                 164百万円
      組替調整額                                △686                 -
       税効果調整前
                                      △1,167                  164
       税効果額                                421               △52
       その他有価証券評価差額金
                                       △745                 112
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                 △82                 15
      組替調整額                                △598                 205
       税効果調整前
                                       △681                 221
       税効果額                                244               △73
       繰延ヘッジ損益
                                       △436                 147
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                  113               △64
      組替調整額                                  -               21
       税効果調整前
                                        113               △43
       為替換算調整勘定
                                        113               △43
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                 △55               △26
      組替調整額                                  60               64
       税効果調整前
                                         ▶               38
       税効果額                                △11               △16
      退職給付に係る調整額
                                        △6                21
        その他の包括利益合計
                                      △1,075                  238
                                 48/85











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
     1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び総数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末

                      当連結会計年度
                       期首株式数
                                 増加株式数          減少株式数           株式数
                        (株)
                                  (株)          (株)          (株)
      発行済株式
        普通株式                    50,609,761              -          -      50,609,761
          合計                    50,609,761              -          -      50,609,761
      自己株式
        普通株式       (注)              2,419,262             539          -      2,419,801
          合計                    2,419,262             539          -      2,419,801
      (注)自己株式の数の増加は、単元未満株式の買取によるものであります。
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                               1株当たり

                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成27年5月27日
                                      平成27年2月28日         平成27年5月28日
                 普通株式       674百万円        14.00円
       定時株主総会
                               1株当たり

                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成27年10月14日
                                      平成27年8月31日         平成27年11月2日
                 普通株式       674百万円        14.00円
        取締役会
     (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                      1株当たり

                               配当金の総額
          決議       株式の種類       配当の原資                       基準日       効力発生日
                                       配当額
                               (百万円)
                                       (円)
      平成28年5月25日
                                             平成28年2月29日         平成28年5月26日
                 普通株式       利益剰余金        674百万円        14.00円
       定時株主総会
                                 49/85








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
     1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び総数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末

                      当連結会計年度
                       期首株式数
                                 増加株式数          減少株式数           株式数
                        (株)
                                  (株)          (株)          (株)
      発行済株式
        普通株式                    50,609,761              -          -      50,609,761
          合計                    50,609,761              -          -      50,609,761
      自己株式
        普通株式       (注)              2,419,801           700,315            -      3,120,116
          合計                    2,419,801           700,315            -      3,120,116
      (注)自己株式の数の増加700,315株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加700,000株、単元未満株式の買
         取による増加315株であります。
      2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                               1株当たり

                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成28年5月25日
                                      平成28年2月29日         平成28年5月26日
                 普通株式       674百万円        14.00円
       定時株主総会
                               1株当たり

                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成28年10月14日
                                      平成28年8月31日         平成28年11月11日
                 普通株式       712百万円        15.00円
        取締役会
     (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                      1株当たり

                               配当金の総額
          決議       株式の種類       配当の原資                       基準日       効力発生日
                                       配当額
                               (百万円)
                                       (円)
      平成29年5月25日
                                             平成29年2月28日         平成29年5月26日
                 普通株式       利益剰余金        712百万円        15.00円
       定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
     現金及び預金勘定                                  36,897百万円              37,414百万円
                                                      37,414
     現金及び現金同等物                                  36,897
           2 重要な非資金取引の内容

              重要な資産除去債務の額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
     重要な資産除去債務の額
                                         126百万円              369百万円
                                 50/85



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             (ア)有形固定資産
                小売事業における店舗設備であります。
             (イ)無形固定資産
                ソフトウエアであります。
            ② リース資産の減価償却の方法
              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
             産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成28年2月29日)                   (平成29年2月28日)
     1年内                                  746                   824

     1年超                                 4,574                   4,514

             合計                          5,321                   5,339

                                 51/85













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については余剰資金を事業に投資するまでの待機資金と位置づけて、元本割
            れの可能性が極めて低い金融商品を中心に運用を行っております。また、資金調達につきましては、金融
            機関からの借入により資金を調達しております。デリバティブは、主に為替変動リスクを回避するために
            利用し、投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクまたは取引先の信用リスクに晒されておりま
            す。
             投資有価証券は、主にその他有価証券および業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動
            に晒されております。
             敷金保証金は、主に店舗の賃借に係る敷金および保証金であり、差入相手先の信用リスクに晒されてお
            ります。
             営業債務である支払手形及び買掛金のほとんどが1年以内の支払期日であります。また、一部外貨建て
            のものについては、為替の変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約取引を利用しヘッジしており
            ます。
             短期借入金は、金融機関からの資金調達であり、主に設備投資に係る資金調達であります。
             デリバティブ取引については、外貨建ての営業債務に係る為替変動リスクに対するヘッジのみを目的と
            した先物為替予約であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ①信用リスク(相手先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             当社グループは、受取手形及び売掛金や敷金保証金に係る相手先の信用リスクに関しては、新規取引時
            に相手先の信用状態を十分に検証するとともに、相手先の状況をモニタリングし、取引相手先ごとに期日
            および残高管理を実施することで、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っておりま
            す。
            ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
             当社グループは、投資有価証券に係る市場価格の変動リスクに関しては、定期的に時価や発行体の財務
            状況を把握し、また、市況や業務上の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
             デリバティブ取引の執行・管理については、その目的、利用限度、取引の範囲および組織体制等を定め
            た社内規程に従っております。デリバティブの利用にあたっては、実需に基づいて投機的な取引を排除し
            為替変動リスク回避に限定して利用するとともに、信用リスクを軽減するために信用度の高い銀行に限定
            して取引を行っております。
            ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
             当社グループは、各部署からの報告に基づき適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性
            の維持などにより流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格がない場合には合理的に算定された価格が含まれております。当該価格
            の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより当該価格が変動
            することがあります。
                                 52/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません。
            前連結会計年度(平成28年2月29日)

                                     時    価              差    額
                   連結貸借対照表計上額(百万円)
                                      (百万円)              (百万円)
     (1)現金及び預金
                             36,897              36,897                -
     (2)受取手形及び売掛金
                             7,145              7,145               -
     (3)投資有価証券
                              504              504              -
     (4)敷金及び保証金
                             11,390              11,565               174
       資産計
                             55,937              56,112               174
     (5)支払手形及び買掛金
                             6,439              6,439               -
     (6)短期借入金
                              570              570              -
     (7)未払法人税等
                             2,440              2,440               -
       負債計
                             9,450              9,450               -
     デリバティブ取引(※1)
                                                           -
                             (212)              (212)
      (※1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
        ては(    )で示しております。
            当連結会計年度(平成29年2月28日)

                                     時    価              差    額
                   連結貸借対照表計上額(百万円)
                                      (百万円)              (百万円)
     (1)現金及び預金
                             37,414              37,414                -
     (2)受取手形及び売掛金
                             7,485              7,485               -
     (3)投資有価証券
                              668              668              -
     (4)敷金及び保証金
                             11,113              11,173                59
       資産計
                             56,682              56,742                59
     (5)支払手形及び買掛金

                             6,838              6,838               -
     (6)短期借入金
                              570              570              -
     (7)未払法人税等
                             2,276              2,276               -
       負債計
                             9,684              9,684               -
     デリバティブ取引(※1)
                                                           -
                              (98)              (98)
      (※1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
        ては(    )で示しております。
                                 53/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
           よっております。
          (3)投資有価証券
            これらの時価については、株式等については取引所の価格によっており、債券は取引所の価格または取引
           金融機関等から提示された価格によっております。
          (4)敷金及び保証金
            敷金保証金の時価の算定については、その将来のキャッシュ・フローを国債利回りで割り引いた現在価値
           により算定しております。
         負 債
          (5)支払手形及び買掛金、(6)短期借入金、(7)未払法人税等
            これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
           よっております。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                           (平成28年2月29日)                   (平成29年2月28日)
     非上場株式                                  229                   289

     敷金及び保証金                                 9,133                   9,047

            非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
           「(3)投資有価証券」には含めておりません。
            また、上記の敷金及び保証金については、市場価格がなく、かつ、出店から閉店までの実質的な預託期間
           等を算定することは困難であることから、合理的なキャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と認め
           られるため、「(4)敷金及び保証金」には含めておりません。
                                 54/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(平成28年2月29日)
                                        1年超
                           1年以内                         5年超
                                        5年以内
                           (百万円)                         (百万円)
                                       (百万円)
                                              -            -
     現金及び預金                          36,897
                                              -            -
     受取手形及び売掛金                           7,145
     投資有価証券

                                  -            -            -
      満期保有目的の債券
                                  -            -            -
      その他有価証券
                                  -           1,872
     敷金及び保証金                                                   9,517
                                44,043             1,872

             合計                                            9,517
           当連結会計年度(平成29年2月28日)

                                        1年超
                           1年以内                         5年超
                                        5年以内
                           (百万円)                         (百万円)
                                       (百万円)
                                              -            -
     現金及び預金                          37,414
                                              -            -
     受取手形及び売掛金                           7,485
     投資有価証券

                                  -            -            -
      満期保有目的の債券
                                  -            -            -
      その他有価証券
                                  -           1,817
     敷金及び保証金                                                   9,296
                                44,900             1,817

             合計                                            9,296
         4.リース債務の連結決算日後の返済予定額

          連結附属明細表「借入金等明細表」をご参照ください。
                                 55/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(平成28年2月29日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                   491           371           120

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計               491           371           120

                  (1)株式                    12           16          △3

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                12           16          △3

               合計                     504           387           116

      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 100百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 56/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成29年2月28日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                   656           374           282

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計               656           374           282

                  (1)株式                    11           13          △1

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                11           13          △1

               合計                     668           387           280

      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 95百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
          困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          2.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額

           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                        2,909               686              -

     (2)債券
      ① 国債・地方債等                         -              -              -

      ② 社債                         -              -              -

      ③ その他                         -              -              -

     (3)その他                          -              -              -

           合計                   2,909               686              -

            当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
            該当事項はありません。
          3.減損処理を行った有価証券

            前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
             重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 57/85



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)

          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           通貨関連
           前連結会計年度(平成28年2月29日)
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 為替予約取引

     原則的処理方法            買建
                                         7,283        3,713        △212
                   米ドル         買掛金
                                         7,283        3,713        △212

                   合計
      (注) 時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
           当連結会計年度(平成29年2月28日)

                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 為替予約取引

     原則的処理方法            買建
                                         3,713         705        △98
                   米ドル         買掛金
                                         3,713         705        △98

                   合計
      (注) 時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                 58/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
      当社グループは、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度並びに中小企業退職金共済制度
     を採用するとともに、当連結会計年度より確定拠出型の制度として確定拠出企業年金制度を採用しております。
      また、一部の連結子会社はこの他に複数事業主制度による企業年金(全日本コーヒー厚生年金基金)に加入しておりま
     したが、平成28年9月15日付で厚生労働大臣の認可を受け解散しております。
      なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算してお
     ります。
      2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                              前連結会計年度              当連結会計年度

                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       退職給付債務の期首残高                            2,803百万円              2,446百万円
        会計方針の変更による累積的影響額                            △576                -
       会計方針の変更を反映した期首残高                            2,226              2,446
        勤務費用                              252              265
        利息費用                               7              8
        数理計算上の差異の発生額                              51              47
        退職給付の支払額                             △91              △141
       退職給付債務の期末残高                            2,446              2,626
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                              前連結会計年度              当連結会計年度

                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       年金資産の期首残高                              608百万円              689百万円
        期待運用収益                               6              6
        数理計算上の差異の発生額                              △3               20
        事業主からの拠出額                              125              154
        退職給付の支払額                             △45              △63
       年金資産の期末残高                              689              807
     (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                              前連結会計年度              当連結会計年度
                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       退職給付に係る負債の期首残高                              238百万円              238百万円
        退職給付費用                              28              33
        退職給付の支払額                             △23              △14
        制度への拠出額                              △5              △4
       退職給付に係る負債の期末残高                              238              252
                                 59/85






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る
       資産の調整表
                              前連結会計年度              当連結会計年度

                             (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
       積立型制度の退職給付債務                              954百万円              999百万円

       年金資産                            △689              △807
                                   264              192
       非積立型制度の退職給付債務                            1,730              1,879
       連結貸借対照表に計上され負債と
                                  1,995              2,071
       資産の純額
      退職給付に係る負債                            1,995              2,071

      連結貸借対照表に計上された負債と
                                  1,995              2,071
      資産の純額
     (注)簡便法を適用した制度を含みます。
     (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                              前連結会計年度              当連結会計年度

                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       勤務費用                              252百万円              265百万円
       利息費用                               7              8
       期待運用収益                              △6              △6
       数理計算上の差異の費用処理額                              60              64
       簡便法で計算した退職給付費用                              28              33
       その他                               ▶              3
       確定給付制度に係る退職給付費用                              347              368
     (6)退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当連結会計年度
                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       数理計算上の差異                              △4百万円              △38  百万円
         合 計                              △4              △38
     (7)退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当連結会計年度

                            (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
       未認識数理計算上の差異                              300  百万円             262  百万円

         合 計                              300              262
                                 60/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     (8)年金資産に関する事項
      ① 年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当連結会計年度

                             (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
       生命保険一般勘定                             93.9%              93.7%

       債券                              2.4              2.7
       株式                              3.5              3.4
       その他                              0.2              0.2
         合 計                            100.0              100.0
      ② 長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
       な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

      主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                              前連結会計年度              当連結会計年度

                            (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
       割引率                        0.006~1.571%              0.006~1.571%
       長期期待運用収益率                              1.0              1.0
      3.確定拠出制度

     当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度45百万円であります。
      4.複数事業主制度

      確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前連結会計年度364百万
     円、当連結会計年度212百万円であります。
      なお、連結子会社が加入している全日本コーヒー厚生年金基金は、平成28年9月15日付で厚生労働大臣の認可を受け解
     散したため、当連結会計年度における当基金の制度全体の積立状況に関する事項、制度全体に占める当社の掛金拠出割合
     及び補足説明に関する事項については記載しておりません。また、当基金の解散による追加負担額の発生はありません。
     (1)複数事業主制度の直近の積立状況

                              前連結会計年度              当連結会計年度

                             (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       年金資産の額                            16,879百万円                 -百万円

       年金財政計算上の給付債務の額と
       最低責任準備金の額との合計額                            20,244                 -
       差引額                           △3,365                 -
     (2)複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

       前連結会計年度 26.11           % (自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       当連結会計年度            -%  (自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     (3)補足説明

      上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高(                                  前連結会計年度       33億60百万円)、前年度剰余金
     ( 前連結会計年度5        百万円)であります。
      本制度における過去勤務債務の償却方法は長期均等償却であり、償却残余期間は平成27年3月末で16年であります。
      なお、上記(2)        の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 61/85


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           繰延税金資産
            土地評価差額                              141百万円              141百万円
            賞与引当金                              385              411
            貸倒引当金                              23              19
            未払事業税                              242              234
            役員退職慰労金未払額                              103              81
            減損損失                              803              736
            退職給付に係る負債                              735              791
            投資有価証券                              69              65
            繰越欠損金                              125              85
            資産除去債務                              348              447
                                          470              361
            その他
           繰延税金資産小計                              3,448              3,375
           評価性引当額                              △494              △563
           繰延税金資産合計
                                         2,953              2,812
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                             △38              △91
            土地評価差額                             △45              △45
                                         △141              △215
            資産除去債務
           繰延税金負債合計                              △226              △351
           繰延税金資産の純額                              2,727百万円              2,460百万円
          (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含

           まれております。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
            流動資産-繰延税金資産
                                         1,004百万円               892百万円
            固定資産-繰延税金資産                             1,723              1,567
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           法定実効税率                              35.6%              33.1%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.5              0.4
            住民税均等割                              2.8              2.8
            評価性引当額                             △2.6               0.7
            税率変更による影響                              2.5              1.5
            海外子会社の税率差異                              2.2              1.4
            法人税等還付税額                             △1.4              △2.0
                                          2.0              0.3
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              41.6              38.2
                                 62/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産および繰延税金負債の金額の修正
            「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法
           律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会
           計年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負
           債の計算に使用する法定実効税率は従来の32.3%から平成29年3月1日に開始する連結会計年度及び平成30
           年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については30.9%に、平成31年3月1日
           に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異等については30.6%となります。
            なお、この税率変更による影響は軽微であります。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
             主として、店舗等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。なお、一部の原状回復義務に関
            しては、資産除去債務の計上に代えて、不動産賃貸借契約に係る敷金及び保証金の回収が最終的に見込め
            ないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する
            方法によっております。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間は不動産賃貸借契約の契約期間である1年~20年と見積り、また、割引率は当該資産の使
            用見込期間に応じた国債利回りを使用しており0.000%~2.019%を使用して資産除去債務の金額を計算し
            ております。
           3.当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
              期首残高                          932百万円              997百万円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                          126               77
              見積りの変更による増加額                           -              292
              時の経過による調整額                           12              12
              資産除去債務の履行による減少額                          △72              △39
              為替換算差額                          △1              △2
              期末残高                          997             1,337
           4.資産除去債務の金額の見積りの変更の内容及び影響額

             当連結会計年度において、不動産賃貸契約に伴う原状回復費用について、より精緻な見積りが可能と
            なったため見積額の変更を行っております。
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 63/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
            経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
            す。
             当社を持株会社とする当社グループは、2つの中核事業会社を基礎としたセグメントから構成されてお
            り、「日本レストランシステムグループ」、「ドトールコーヒーグループ」を主な事業セグメントとして
            おります。
             「日本レストランシステムグループ」は、主に直営店におけるレストランチェーンを経営しており、食
            材の仕入、製造及び販売までを事業活動としております。
             「ドトールコーヒーグループ」は、主に直営店及びフランチャイズシステムによるコーヒーチェーンの
            経営をしており、コーヒー豆の仕入、焙煎加工、直営店舗における販売、フランチャイズ店舗への卸売り
            やロイヤリティ等の収入、また、コンビニエンスストア等へのコーヒー製品の販売を事業活動として展開
            しております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
             報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        連結財務
                          報告セグメント
                                                   調整額
                                         その他               諸表計
                                                   (注)
                                               計
                    日本レストラン       ドトールコーヒー
                                         (注)1                上額
                                     計
                                                   2,4
                    システムグループ          グループ
                                                        (注)3
     売上高
                        39,639        77,395     117,034      7,761    124,796        -  124,796
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                        1,357         617    1,975     4,300     6,276    △ 6,276       -
      又は振替高
                        40,997        78,013     119,010      12,062     131,072     △ 6,276    124,796
            計
     セグメント利益
                        5,049        3,892     8,942      691    9,633     △ 167    9,466
     (又は△セグメント損失)
                        46,681        66,359     113,041      7,397    120,439        90  120,529
     セグメント資産
     その他の項目
                        1,612        2,038     3,651      391    4,043       1   4,044
      減価償却費
      有形固定資産及び無形固定
                        4,061        3,425     7,486      830    8,317       1   8,318
      資産の増加額
      (注)    1.  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食
           に係る小売及び卸売りに関する事業となります。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△167百万円には、主として親会社及び連結子会社の管理部門に係わる
           費用等である配賦不能営業費用900百万円及びセグメント間取引消去761百万円が含まれております。
         3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.セグメント資産の調整額90百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産や、その他の調整額
           (セグメント間取引消去等)であり、主に余剰運用資金(現金及び預金)であります。
         5.減価償却費には長期前払費用の償却費が含まれております。
         6.有形固定資産及び無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
                                 64/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        連結財務
                          報告セグメント
                                                   調整額
                                         その他               諸表計
                                                   (注)
                                               計
                    日本レストラン       ドトールコーヒー
                                         (注)1                上額
                                     計
                                                   2,4
                    システムグループ          グループ
                                                        (注)3
     売上高
                        41,654        78,398     120,052      6,875    126,927        -  126,927
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                        1,315         489    1,804     4,468     6,273    △ 6,273       -
      又は振替高
                        42,969        78,887     121,857      11,343     133,200     △ 6,273    126,927
            計
     セグメント利益
                        5,386        4,453     9,840      771    10,611      △ 96   10,514
     (又は△セグメント損失)
                        49,815        68,241     118,056      7,608    125,665      △ 822   124,843
     セグメント資産
     その他の項目
                        1,622        2,384     4,007      328    4,335      △ 27    4,308
      減価償却費
      有形固定資産及び無形固定
                        2,724        3,308     6,033      431    6,464       0   6,465
      資産の増加額
      (注)    1.  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食
           に係る小売及び卸売りに関する事業となります。
         2.セグメント利益又は損失の調整額△96百万円には、主として親会社及び連結子会社の管理部門に係わる
           費用等である配賦不能営業費用883百万円及びセグメント間取引消去814百万円が含まれております。
         3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.セグメント資産の調整額△822百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産や、その他の調整額
           (セグメント間取引消去等)であります。
         5.減価償却費には長期前払費用の償却費が含まれております。
         6.有形固定資産及び無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
                                 65/85











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自           平成27年3月1日          至   平成28年2月29日)
           1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
            す。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
            りません。
           当連結会計年度(自           平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)

           1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
            す。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
            りません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年3月1日          至   平成28年2月29日)
                                               (単位:百万円)
                      日本レスト
                             ドトールコー
                      ランシステム               その他      全社・消去        合計
                             ヒーグループ
                       グループ
                          353       548       108        2     1,013
             減損損失
           当連結会計年度(自           平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)

                                               (単位:百万円)
                      日本レスト
                             ドトールコー
                      ランシステム               その他      全社・消去        合計
                             ヒーグループ
                       グループ
                          175       522       88       0      786
             減損損失
                                 66/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
           前連結会計年度(自           平成27年3月1日          至   平成28年2月29日)
                                               (単位:百万円)
                      日本レスト
                             ドトールコー
                      ランシステム               その他      全社・消去        合計
                             ヒーグループ
                       グループ
                           -      28       -       -      28
            当期償却額
                           -      118        -       -      118
            当期末残高
           当連結会計年度(自           平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)

                                               (単位:百万円)
                      日本レスト
                             ドトールコー
                      ランシステム               その他      全社・消去        合計
                             ヒーグループ
                       グループ
                           -      28       -       -      28
            当期償却額
                           -      90       -       -      90
            当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年3月1日          至   平成28年2月29日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成28年3月1日          至   平成29年2月28日)

            該当事項はありません。
                                 67/85













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          1.関連当事者との取引

            連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
           前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

                                 関  係  内  容
                            議決権等
                   資本金又     事業の内
                                              取引金額         期末残高
          会社等の名
                            の所有
      種類         所在地    は出資金     容                  取引の内容          科  目
                                 役 員 の  事 業 上
           称
                            (被所有)
                                               (百万円)         (百万円)
                   (百万円)    又は職業
                                 兼 任 等  の 関 係
                            割合(%)
     役員及び
          株式会社
                                          ビルの         前払費用        36
              東京都世         不動産賃          兼任    設備の
     その近親
          バード            100          -                  407
              田谷区         貸業          1名    賃貸
     者が議決
                                          賃貸         差入保証金
                                                          369
          フェザー
     権の過
          株式会社
     半数を所
              米国ハワ         コーヒー              コーヒー     コーヒー
          バード           678千             兼任
     有してい
              イ州ホル         豆の生産              生豆の     生豆の
                               -                  20   -      -
          フェザー          米ドル             1名
     る会社等
              アロア         及び輸出              仕入     仕入
          ハワイ
     役員及び
                        当社     (被所有)
     その近親     鳥羽博道                                顧問料等
                -      -            -     -           22   -      -
                        名誉会長     直接2.97
     者
       (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
          2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (a)株式会社バードフェザーとの不動産賃借取引については、不動産鑑定士による算定価格及び近隣相場を勘
            案し決定しております。
          (b)株式会社バードフェザーハワイからのコーヒー生豆の仕入については、同社から提示された見積書並びに
            生豆市況等を勘案して決定しております。
          (c)鳥羽博道との取引価格等は、一般取引条件により決定しております。
           当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

                                 関  係  内  容
                            議決権等
                   資本金又
                        事業の内
          会社等の名                                     取引金額         期末残高
                            の所有
                   は出資金
      種類         所在地         容                  取引の内容          科  目
                                 役 員 の  事 業 上
           称
                            (被所有)
                                               (百万円)         (百万円)
                   (百万円)    又は職業
                                 兼 任 等  の 関 係
                            割合(%)
     役員及び
          株式会社
                                          ビルの         前払費用        36
              東京都世         不動産賃          兼任    設備の
     その近親
          バード            100          -                  407
              田谷区         貸業          1名    賃貸
     者が議決
                                          賃貸         差入保証金       369
          フェザー
     権の過
          株式会社
     半数を所
              米国ハワ         コーヒー              コーヒー     コーヒー
          バード           678千             兼任
     有してい         イ州ホル         豆の生産        -      生豆の     生豆の        32   -      -
          フェザー          米ドル             1名
     る会社等         アロア         及び輸出              仕入     仕入
          ハワイ
     役員及び
                        当社     (被所有)
     その近親     鳥羽博道      -      -            -     -   顧問料等        22   -      -
                        名誉会長     直接3.02
     者
       (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
          2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (a)株式会社バードフェザーとの不動産賃借取引については、不動産鑑定士による算定価格及び近隣相場を勘
            案し決定しております。
          (b)株式会社バードフェザーハワイからのコーヒー生豆の仕入については、同社から提示された見積書並びに
            生豆市況等を勘案して決定しております。
          (c)鳥羽博道との取引価格等は、一般取引条件により決定しております。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

            該当事項はありません。
                                 68/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年3月1日                            (自 平成28年3月1日
              至 平成28年2月29日)                            至 平成29年2月28日)
      1株当たり純資産額                   1,987円09銭         1株当たり純資産額                   2,092円34銭

      1株当たり当期純利益                    113円23銭        1株当たり当期純利益                    126円70銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                             なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
     は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                            は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 平成27年3月1日                 (自 平成28年3月1日
                              至 平成28年2月29日)                 至 平成29年2月28日)
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                       5,456                 6,050
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   ―                 ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                       5,456                 6,050
      期純利益(百万円)
      期中平均株式数(千株)
                                       48,190                 47,750
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 69/85













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                              570       570     0.29       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              -       -      -      -

     1年以内に返済予定のリース債務                              612       672     0.65       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                              -       -      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             1,381       1,345       0.56   平成30年~平成34年

     その他有利子負債                              -       -      -      -

                 計                 2,564       2,587        -      -

      (注)1.平均利率については、期末時点の借入金等残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は下記のとおりであ
          ります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     リース債務                  579           452           261            52

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     31,183          63,721          95,142          126,927
     税金等調整前四半期(当期)
                          2,846          5,625          7,819          9,886
     純利益金額(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益金額                     1,703          3,418          4,889          6,050
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                                     71.21          102.21
                          35.36                              126.70
     利益金額(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金額
                          35.36          35.85          30.98          24.44
     (円)
                                 70/85





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,333              1,110
         現金及び預金
                                            2              -
         前払費用
                                           344              353
         未収還付法人税等
                                           18               0
         その他
                                         1,697              1,464
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                            0              -
          建物
                                           △ 0              -
          減価償却累計額
          建物(純額)                                 0              -
          工具、器具及び備品                                 6              6
                                           △ 5             △ 5
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                                 1              1
                                            1              1
          有形固定資産合計
                                            1              0
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         4,340              4,730
          関係会社長期貸付金
                                         69,454              69,454
          関係会社株式
                                           18               -
          その他
                                         △ 983            △ 1,372
          貸倒引当金
                                         72,829              72,812
          投資その他の資産合計
                                         72,832              72,813
         固定資産合計
                                         74,529              74,278
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         1,000              2,000
         関係会社短期借入金
                                           74              141
         未払金
                                            2              11
         未払法人税等
                                           24              35
         賞与引当金
                                           29              47
         役員賞与引当金
                                           83              90
         株主優待引当金
                                            -              5
         その他
                                         1,214              2,330
         流動負債合計
                                         1,214              2,330
       負債合計
                                 71/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      純資産の部
       株主資本
                                         1,000              1,000
         資本金
         資本剰余金
                                         1,000              1,000
          資本準備金
                                         66,594              66,594
          その他資本剰余金
                                         67,594              67,594
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         7,354              7,279
            繰越利益剰余金
                                         7,354              7,279
          利益剰余金合計
                                        △ 2,632             △ 3,926
         自己株式
                                         73,315              71,947
         株主資本合計
                                         73,315              71,947
       純資産合計
                                         74,529              74,278
      負債純資産合計
                                 72/85














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      営業収益
                                         ※1 595             ※1 589
       事業会社管理収入
                                        ※1 1,400             ※1 1,800
       関係会社配当金収入
                                         1,995              2,389
       営業収益合計
                                         1,995              2,389
      売上総利益
      営業費用
                                           269              253
       役員報酬
                                           156              159
       給料及び手当
                                           24              35
       賞与引当金繰入額
                                           29              47
       役員賞与引当金繰入額
                                           51              52
       法定福利費
                                           44              15
       地代家賃
                                          ※1 94             ※1 89
       支払手数料
                                           22              22
       顧問料
                                           83              90
       株主優待引当金繰入額
                                           125              118
       その他
                                           900              883
       営業費用合計
                                         1,094              1,506
      営業利益
      営業外収益
                                          ※1 43             ※1 48
       受取利息
                                         ※1 150             ※1 177
       業務受託料
                                            2              8
       その他
                                           196              234
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          ※1 10             ※1 16
       支払利息
                                            0              0
       その他
                                           10              17
       営業外費用合計
                                         1,280              1,724
      経常利益
      特別損失
                                            2              0
       固定資産除却損
                                           49               -
       関係会社株式評価損
                                           983              389
       関係会社貸倒引当金繰入額
                                         1,035               389
       特別損失合計
                                           244             1,334
      税引前当期純利益
                                            1              22
      法人税、住民税及び事業税
                                            1              22
      法人税等合計
                                           243             1,312
      当期純利益
                                 73/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                                      (単位:百万円)
                                  株主資本
                           資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利                   純資産合計
                                                   株主資本
                  資本金                   益剰余金          自己株式
                           その他資     資本剰余          利益剰余          合計
                      資本準備金
                           本剰余金     金合計          金合計
                                     繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高              1,000     1,000    66,594     67,594     8,459     8,459    △ 2,631    74,422     74,422
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 1,349    △ 1,349         △ 1,349    △ 1,349
      当期純利益                                 243     243          243     243
      自己株式の取得                                           △ 1    △ 1    △ 1
     当期変動額合計
                     -     -     -     -  △ 1,105    △ 1,105      △ 1  △ 1,106    △ 1,106
     当期末残高              1,000     1,000    66,594     67,594     7,354     7,354    △ 2,632    73,315     73,315
          当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

                                                      (単位:百万円)
                                  株主資本
                           資本剰余金            利益剰余金
                                     その他利                   純資産合計
                                                   株主資本
                  資本金                   益剰余金          自己株式
                           その他資     資本剰余          利益剰余          合計
                      資本準備金
                           本剰余金     金合計          金合計
                                     繰越利益
                                     剰余金
     当期首残高              1,000     1,000    66,594     67,594     7,354     7,354    △ 2,632    73,315     73,315
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 1,387    △ 1,387         △ 1,387    △ 1,387
      当期純利益                                1,312     1,312          1,312     1,312
      自己株式の取得                                         △ 1,293    △ 1,293    △ 1,293
     当期変動額合計
                     -     -     -     -    △ 74    △ 74   △ 1,293    △ 1,367    △ 1,367
     当期末残高              1,000     1,000    66,594     67,594     7,279     7,279    △ 3,926    71,947     71,947
                                 74/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法を採用しております。
         2.引当金の計上基準

         (1)貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金

           従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当期に負担すべき額を計上しております。
         (3)役員賞与引当金

           役員に対する賞与の支給に備えるため、役員賞与支給見込額のうち当期に負担すべき額を計上しておりま
          す。
         (4)株主優待引当金

           株主優待品の費用負担に備えるため、前年の実績等を基礎に、当事業年度末において将来見込まれる株主優
          待品に対する所要額を計上しております。
         3.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
           消費税等は税抜方式によっております。
         (貸借対照表関係)

          該当事項はありません。
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引に係わるものが、次のとおり含まれております。
                        前事業年度                            当事業年度
                    (自 平成27年3月1日                            (自 平成28年3月1日
                     至 平成28年2月29日)                            至 平成29年2月28日)
     関係会社配当金収入                     1,400百万円                            1,800百万円
     事業会社管理収入                      595                            589
     業務受託料                      150                            177
     支払手数料                       36                            36
     受取利息                       43                            48
     支払利息                       10                            16
                                 75/85







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
       自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当期首株式数         当期増加株式数          当期減少株式数          当期末株式数
                         (株)          (株)          (株)          (株)
      自己株式
        普通株式                     2,419,262             539           ―      2,419,801
          合計                     2,419,262             539           ―      2,419,801
      (注)自己株式の増加は、単元未満株式の買取によるものであります。
      当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

       自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当期首株式数         当期増加株式数          当期減少株式数          当期末株式数
                         (株)          (株)          (株)          (株)
      自己株式
        普通株式                     2,419,801           700,315             ―      3,120,116
          合計                     2,419,801           700,315             ―      3,120,116
      (注)自己株式の数の増加700,315株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加700,000株、単元未満株式の買
     取による増加315株であります。
         (リース取引関係)

          該当事項はありません。
         (有価証券関係)

          前事業年度(平成28年2月29日現在)
          子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式69,454百万円)は、市場価格がなく、時価を
          把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(平成29年2月28日現在)

          子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式69,454百万円)は、市場価格がなく、時価を
          把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 76/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           繰延税金資産
            未払事業税等                               0百万円              2百万円
            賞与引当金                              17              25
            株主優待引当金                              27              27
            関係会社株式                              116              110
            貸倒引当金                              317              420
                                           1              1
            その他
           繰延税金資産小計
                                          481              587
                                         △481              △587
           評価性引当額
           繰延税金資産合計                               -              -
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           法定実効税率
                                          -%             33.1%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              -             1.9
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              -            △44.6
            評価性引当額増減                              -             10.7
                                          -             0.6
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               -             1.7
           (注)前事業年度は、課税所得が発生しない為、該当ありません。
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産および繰延税金負債の金額の修正

            「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法
           律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年
           度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の
           計算に使用する法定実効税率は従来の32.3%から平成29年3月1日に開始する事業年度及び平成30年3月1
           日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異等については30.9%に、平成31年3月1日に開始する事
           業年度以降に解消が見込まれる一時差異等については30.6%となります。
             なお、この税率変更による影響は軽微であります。
                                 77/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                前事業年度                            当事業年度
             (自 平成27年3月1日                            (自 平成28年3月1日
              至 平成28年2月29日)                            至 平成29年2月28日)
       1株当たり純資産額                  1,521円38銭          1株当たり純資産額                  1,515円01銭

       1株当たり当期純利益                    5円05銭        1株当たり当期純利益                   27円49銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                             なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
     は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                            は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成27年3月1日                 (自 平成28年3月1日
                              至 平成28年2月29日)                 至 平成29年2月28日)
     当期純利益(百万円)                                   243                1,312
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                 -
     普通株式に係る当期純利益(百万円)                                   243                1,312
     期中平均株式数(千株)                                 48,190                 47,750
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
        ④【附属明細表】

         【有価証券明細表】
          該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                                    (単位:百万円)
                                        当期末減価償
                                                      差引当期末残
      資産の種類       当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期末残高      却累計額又は        当期償却額
                                                      高
                                        償却累計額
     有形固定資産

      建物            0              0                     0
                        -              -       -              -
      工具、器具及
                  6       0       0       6       5       0       1
      び備品
      有形固定資産計             7       0       0       6       5       0       1
     無形固定資産
      ソフトウエア            2                     2       2       0       0
                        -       -
      無形固定資産計
                  2                     2              0       0
                        -       -              2
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
                                    当期減少額         当期減少額
          区分         当期首残高         当期増加額                          当期末残高
                                     (目的使用)         (その他)
                        983         389                         1,372
      貸  倒  引  当  金                           -         -
                        24         35         24                 35
      賞  与  引  当  金                                   -
                        29         47         29                 47
      役員賞与引当金                                            -
                        83         90         83                 90
      株主優待引当金                                            -
      貸倒引当金当期増加額は、関係会社への貸付金に対する繰入額であります。
                                 78/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 79/85



















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  3月1日から2月末日まで
      定時株主総会                  5月中

      基準日                  2月末日

      剰余金の配当の基準日                  2月末日、8月31日

      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り及び買増
      し
                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                        みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                        みずほ信託銀行株式会社
                        みずほ信託銀行株式会社 みずほ証券株式会社 本店、全国各支店および
       取次所
                        営業所
       買取手数料及び買増し手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                        電子公告により行います。ただし、電子公告によることができない事故そ

      公告掲載方法                  の他のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行いま
                        す。電子公告掲載URL http://www.dnh.co.jp/ir/koukoku/index.html
                        毎年2月末日現在の株主に対し「株主ご優待カード」を贈呈する
                        1 優待内容 (1)1,000円分

                               (2)3,000円分
                               (3)5,000円分
      株主に対する特典
                        2 贈呈基準 (1)100株以上300株未満を所有する株主
                               (2)300株以上500株未満を所有する株主
                               (3)500株以上を所有する株主
                        3 贈呈時期   5月末(予定)
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に応じて

        募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権利
        を有しておりません。
                                 80/85










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
         当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第9期)(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)平成28年5月26日関東財務局長に提出
       (2)四半期報告書及び確認書
         (第10期第1四半期)(自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)平成28年7月14日関東財務局長に提出
         (第10期第2四半期)(自 平成28年6月1日 至 平成28年8月31日)平成28年10月14日関東財務局長に提出
         (第10期第3四半期)(自 平成28年9月1日 至 平成28年11月30日)平成29年1月13日関東財務局長に提出
       (3)内部統制報告書及びその添付書類
         平成28年5月26日関東財務局長に提出
       (4)臨時報告書
         平成28年5月27日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
         づく臨時報告書であります。
       (5)自己株券買付状況報告書
         報告期間(自 平成28年7月1日 至 平成28年7月31日)平成28年8月10日関東財務局長に提出
                                 81/85













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 82/85




















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成29年5月26日

     株式会社ドトール・日レスホールディングス
       取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               轟     芳英  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        佐藤 義仁        ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        神宮 厚彦        ㊞
                             業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社ドトール・日レスホールディングスの平成28年3月1日から平成29年2月28日までの連結会計年度の連結財
     務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
     シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査
     を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するため
     に経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基
     準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用さ
     れる。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統
     制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社ドトール・日レスホールディングス及び連結子会社の平成29年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
     る連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認め
     る。
                                 83/85




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ドトール・日レス
     ホールディングスの平成29年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基
     準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚
     偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施するこ
     とを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要
     性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結
     果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社ドトール・日レスホールディングスが平成29年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有
     効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評
     価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているもの
     と認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 84/85









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年5月26日

     株式会社ドトール・日レスホールディングス
       取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        轟    芳英  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        佐藤 義仁        ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               神宮 厚彦        ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ドトール・日レスホールディングスの平成28年3月1日から平成29年2月28日までの第10期事業年度の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
     いて監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ドトール・日レスホールディングスの平成29年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を
     すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 85/85



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。