マックスバリュ九州株式会社 有価証券報告書 第15期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)

提出書類 有価証券報告書-第15期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)
提出日
提出者 マックスバリュ九州株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    福岡財務支局長
      【提出日】                    2017年5月23日
      【事業年度】                    第15期(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
      【会社名】                    マックスバリュ九州株式会社
      【英訳名】                    MAXVALU      KYUSHU     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐々木 勉
      【本店の所在の場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役常務執行役員 開発・管理担当兼開発本部長  井上 渡
      【最寄りの連絡場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理統括部長兼経営管理部長  篠崎 岳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/86













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                回次             第11期      第12期      第13期      第14期      第15期
               決算年月             2013年2月      2014年2月      2015年2月      2016年2月      2017年2月
                        (百万円)
                                -    140,833      146,109      159,125         -
       売上高
                        (百万円)
                                -     2,073      1,335      2,050        -
       経常利益
                        (百万円)
                                -      955      153      790       -
       親会社株主に帰属する当期純利益
                        (百万円)
                                -      968      169      798       -
       包括利益
                        (百万円)
                                -    11,738      11,635      12,163        -
       純資産額
                        (百万円)
                                -    32,231      34,225      36,141        -
       総資産額
                         (円)
                                -   1,556.43      1,540.76      1,608.81         -
       1株当たり純資産額
                         (円)
                                -    126.89       20.45      104.95        -
       1株当たり当期純利益金額
       潜在株式調整後1株当たり当期純
                         (円)
                                -    126.60       20.37      104.43        -
       利益金額
                        (%)
                                -     36.3      33.9      33.5       -
       自己資本比率
                        (%)
                                -      8.4      1.3      6.7       -
       自己資本利益率
                        (倍)
                                -     11.8      89.5      15.9       -
       株価収益率
                        (百万円)
                                -     3,603      4,318      3,212        -
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)
                                -    △ 2,255     △ 1,680     △ 3,024        -
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)
                                -    △ 1,135      △ 489      204       -
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)
                                -     3,874      6,022      6,414        -
       現金及び現金同等物の期末残高
                         (人)

                                -     1,136      1,189      1,350        -
       従業員数
       (外、平均臨時雇用者数)                        ( - )   ( 5,348   )   ( 5,441   )   ( 5,768   )     ( - )
       (注)1.第11期及び第15期は、連結財務諸表を作成していないため、記載しておりません。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.従業員数は就業人員です。従業員数の( )書きは、外書きで臨時従業員(フレックス社員1日8時間
             換算)の期中平均人員です。
                                  2/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
                回次             第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
               決算年月             2013年2月       2014年2月       2015年2月       2016年2月       2017年2月
                       (百万円)
                             134,288       138,612       141,936       155,037       170,353
        売上高
                       (百万円)
                              2,575       2,137       1,448       2,131       2,647
        経常利益
                       (百万円)       1,259       1,024        267       474      1,117
        当期純利益
        持分法を適用した場合の投資利益
                       (百万円)         -       -       -       -       -
                       (百万円)

                              1,587       1,587       1,589       1,589       1,590
        資本金
                        (株)
                            7,527,195       7,527,195       7,530,695       7,530,695       7,532,995
        発行済株式総数
                       (百万円)
                              11,010       11,807       11,818       12,031       12,973
        純資産額
                       (百万円)
                              31,141       31,101       33,064       35,339       36,102
        総資産額
                        (円)
                             1,462.76       1,565.65       1,565.07       1,591.23       1,712.61
        1株当たり純資産額
                                35       38       38       30       40
        1株当たり配当額
                        (円)
        (うち1株当たり中間配当額)
                               ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                        (円)
                              167.52       136.11       35.55       63.06      148.34
        1株当たり当期純利益金額
        潜在株式調整後1株当たり当期
                        (円)
                                -     135.79       35.41       62.75      147.27
        純利益金額
                        (%)
                               35.4       37.9       35.6       33.9       35.7
        自己資本比率
                        (%)
                               12.8       9.0       2.3       4.0       9.0
        自己資本利益率
                        (倍)
                               7.1      11.0       51.5       26.4       12.9
        株価収益率
                        (%)
                               20.9       27.9      106.9       47.6       27.0
        配当性向
                       (百万円)
                              3,468        -       -       -     3,118
        営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)
                             △ 2,791        -       -       -    △ 1,937
        投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)
                               975       -       -       -    △ 1,022
        財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)
                              3,662        -       -       -     6,554
        現金及び現金同等物の期末残高
                              1,024       1,057       1,116       1,274       1,399
        従業員数
                        (人)
        (外、平均臨時雇用者数)
                              ( 5,027   )    ( 5,234   )    ( 5,300   )    ( 5,628   )    ( 5,714   )
       (注)1.第12期以降第14期までは連結財務諸表を作成しているため、持分法を適用した場合の投資利益、営業活動
            によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フローお
            よび現金及び現金同等物の期末残高は記載しておりません。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.第15期の1株あたり配当額には、普通配当30円に加えて特別配当10円を含んでおります。
          4.第11期及び第15期の持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載してお
            りません。
          5.第11期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載してお
            りません。
          6.従業員数は就業人員です。従業員数の( )書きは、外書きで臨時従業員(フレックス社員1日8時間換
            算)の期中平均人員です。
          7.第11期は、決算期変更により2012年2月21日から2013年2月28日までの12か月と8日間の変則決算となっ
            ております。
                                  3/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は2001年12月に経営破たんした株式会社壽屋から店舗を譲り受けることを目的として、2002年3月に
       設立されました。さらに、2003年11月には当社、西九州ウエルマート株式会社、株式会社ハローの3社が九
       州地区におけるスーパーマーケット事業でのリーディングカンパニーを目指し、合併いたしました。
        設立後の当社の沿革は次のとおりです。
          年月                           事項
        2002年3月        経営破たんした株式会社壽屋から店舗を譲り受けることを目的として、イオン株式会社の100%子会社
                として資本金300百万円で熊本県熊本市にマックスバリュ九州株式会社を設立
        2002年3月        第一号店「くらし館田崎店」を熊本市西区田崎にオープンし、6月までに全35店舗を順次オープン。
        2003年11月        西九州ウエルマート株式会社及び株式会社ハローを吸収合併。「新生マックスバリュ九州」の出店一
                号店として、マックスバリュ2,000㎡標準タイプの「マックスバリュうきのじょう店」(宮崎県宮崎市)をオープ
                ン
        2003年11月        本店を福岡市博多区に移転
        2004年5月        イオン九州株式会社から、「マックスバリュ」屋号を持つスーパーマーケット事業4店舗の営業を譲り受
                け、9月までに順次リニューアルオープン
        2008年5月        株式会社タイホーから、福岡県久留米市近郊の6店舗を譲り受け、9月までに順次リニューアルオープ
                ン
        2010年8月        ディスカウント業態の第一号店「ザ・ビッグ福岡空港東店」をマックスバリュ福岡空港東店の業態変更に
                より営業開始
        2012年2月        大阪証券取引所(現 東京証券取引所)JJASDAQ(スタンダード)に株式を上場
        2013年7月        株式会社クリエイトの発行済株式の80%を取得し子会社化
        2014年11月        株式会社クリエイトの発行済株式の20%を追加取得し、完全子会社化
        2015年9月        株式会社ダイエーから、吸収分割により、九州地区のスーパーマーケット14店舗を承継
        2016年9月        完全子会社である株式会社クリエイトを吸収合併し、4店舗を承継
        西九州ウエルマート株式会社の合併までの沿革は次のとおりです。

          年月                           事項
        1958年1月        資本金190万円で有限会社ますや商店(西九州ウエルマート株式会社の前身)を設立し、長崎県佐世
                保市潮見町において食料品の小売事業を開始
        1979年1月        有限会社ますや商店を組織変更し資本金490万円で株式会社ますやを設立
        1988年1月        株式会社ますやがジャスコ株式会社(現イオン株式会社)と資本提携
        1994年2月        株式会社ますやが商号を西九州ウエルマート株式会社に変更
        2003年11月        マックスバリュ九州株式会社が西九州ウエルマート株式会社及び株式会社ハローを吸収合併
        株式会社ハローの合併までの沿革は次のとおりです。

          年月                           事項
        1958年9月        資本金200万円で株式会社佐賀主婦の店(株式会社ハローの前身)を設立し、佐賀県佐賀市伊勢町
                において食料品の小売事業を開始
        1958年11月        株式会社佐賀主婦の店が第一号店「西魚店」を佐賀県佐賀市伊勢町に開店
        1992年1月        株式会社佐賀主婦の店が商号を株式会社ハローに変更
        1998年11月        株式会社ハローが株式会社えじまや(株式会社壽屋の子会社)を吸収合併
        1998年11月        株式会社壽屋が株式会社ハローを子会社化
        2002年5月        株式会社壽屋が所有する株式会社ハローの株式をイオン株式会社が取得
        2003年11月        マックスバリュ九州株式会社が西九州ウエルマート株式会社及び株式会社ハローを吸収合併
                                  4/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       (1)事業の概況
          当社は、2001年12月に経営破たんした株式会社壽屋からスーパーマーケット店舗を譲り受けることを目
        的として、2002年3月に設立されました。
          2003年11月には、当社、西九州ウエルマート株式会社、株式会社ハローの3社が一緒になることによ
        り、九州地区におけるスーパーマーケット業界でのリーディングカンパニーになることを目指して、合併しま
        した。
          2013年7月に佐賀県で生鮮食品の調達・販売に強みを持つスーパーマーケット事業を営む株式会社ク
        リエイトの発行済株式の80%を取得して子会社化し、さらに2014年11月に残る20%についても追加取得
        したことにより、完全子会社としました。
          2015年9月には、株式会社ダイエーの九州地区におけるスーパーマーケット事業のうち、福岡県を中
        心とする14店舗を吸収分割により承継いたしました。店舗の立地状況や競争環境を勘案し、うち11店舗を
        「マックスバリュ」として、残る3店舗を「ザ・ビッグ」として営業しております。
          2016年9月には、完全子会社である株式会社クリエイトを吸収合併し、佐賀県内4店舗を「ザ・ビッグ」と
        して営業しております。
          当社は、純粋持株会社であるイオン株式会社を中心とする企業グループの中で、スーパーマーケット
        事業に位置づけられており、九州地区において食料品、家庭用品等の小売事業を営んでおり、                                               九州全県
        下に152店舗(2017年2月28日現在)を展開しております。
          その取扱商品につきましては、食料品を中心として、イオングループの独自の基準に基づき、環境へも
        配慮したイオンのブランド「トップバリュ」や、当社独自の品質基準を満たした商品を日本国内はもとより世
        界各地から幅広く調達するとともに、九州の各地域で生産・製造された地域で馴染みある商品を積極的
        に販売することで、地産地消の推進に取り組んでおります。
       (2)主な取扱商品の特徴

        「農産物」
           毎日の食卓に欠かせない青果物を、その季節ならではの幅広い品揃えで九州内の産地はもとより全
          国各地、さらには海外からも取り揃え、安全性と利便性にこだわって提供しております。安全・安心を追
          求したイオンのブランド「トップバリュグリーンアイ」をはじめ、地場産直市場コーナーでは生産者直送の
          季節の野菜や果物などの旬の味を豊富に取り揃えるほか、必要な分だけお買い求めいただける野菜
          や果物のバラ売りも行っております。また、下ごしらえ野菜、カット野菜、カットフルーツなど、手間がかか
          らず、そのまま食卓に出せる便利な商品も多数品揃えしております。
        「水産物」
           地元の市場に水揚げされる地元の魚介を豊富に取り扱い、新鮮な魚、切りたての刺身などを品揃え
          しております。また、調理の手間がかからない塩干物やその他の加工商品も多数品揃えしており、お客
          さまの用途やご希望に応じて調理加工サービスを行っております。
        「畜産物」
           国産の牛肉、豚肉、鶏肉を中心とした品揃えをしております。九州各地域において育てられた地域特
          産の銘柄牛を積極的に販売するとともに、抗生物質や合成抗菌剤、合成ホルモン剤を使用しない飼料
          で健康に育てた「特別飼育鶏」など、安全で安心な商品を厳選して提供しております。
        「惣菜」
           昼間や夕刻、夜間など、お客さまの購入時間に合わせた品揃えと製造を行っております。「から揚げ」
          「焼き鳥」「コロッケ」「天ぷら」などの出来たて、揚げたて商品、旬のネタを使用した新鮮なにぎり寿司や
          巻き寿司、生野菜をたっぷり使用したサラダなども豊富に品揃えしております。また、店内でふっくら炊
          き上げたお米を使用したお弁当など「出来たてのおいしさ」を提供しております。
           また、一部の店舗においては、お惣菜をグラム単位で欲しい量だけお買い求めいただける「マックス
          バリュビュッフェ」コーナーを展開しております。
        「日配品」
           毎日の食卓に並ぶ豆腐、納豆、練り物、牛乳など、新鮮であることはもちろん、地域のお客さまが慣
          れ親しんだ地元の商品を中心に品揃えしております。
        「加工食品」
           お米や調味料、菓子、飲料など毎日の食生活に欠かせない商品を中心に、地元の商品をはじめ、イ
          オンのブランド「トップバリュ」や全国の人気商品など幅広く品揃えしております。
                                  5/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (3)店舗形態
           店舗形態につきましては、深夜を含む長時間営業を主体にした「便利さ」を提供する食品スーパー
          マーケット「マックスバリュ」、及び「安さ」を提供する食品ディスカウントストア「ザ・ビッグ」の展開を行って
          おります。
           「マックスバリュ」は、「便利」「安い」をコンセプトに、日常の生活に必要な食料品・家庭用品を中心とし
          た品揃えで、24時間営業(一部の店舗は17時間営業)を行っていることが特徴です。当事業年度から
          は、お客さまのくらしの多様化に合わせ、「ライフスタイル提案型」店舗の展開をスタートしました。また、
          人口の都市回帰に呼応し、低投資で高速出店を狙い、小商圏かつコンビニエンス性を重視した、「都
          市型エクスプレス」店舗の開発もスタートしました。
           「ザ・ビッグ」は、「買えば買うほど安さがわかる」をコンセプトに、より低価格を実現するため、日常の生
          活に必要な食料品・家庭用品を中心に「マックスバリュ」に比べアイテム数を絞り込んだ品揃えや大量
          陳列、均一価格の設定などの販売方法を行っていることが特徴です。生鮮食品の仕入・販売について
          は、地域の有力な業者さまにコンセッショナリーとして入っていただく形態を主体としておりましたが、合
          併した株式会社クリエイトの生鮮食品調達力、販売力を融合し、生鮮ディスカウントとして収益力強化の
          取り組みをスタートしました。
           なお、フォーマット別店舗の標準仕様は以下のとおりとなります。
       (4)「安い」・「便利」・「地域貢献」の追求



        ①「安い」
           イオンのプライベートブランド「トップバリュ」や「毎日がお買い得」「週間おすすめ品」などのEDLP(エ
          ブリディ・ロープライス)商品の継続的な販売により「安い」を追求しております。
           さらに、2016年6月より、イオングループ共通の「WAON POINTカード」の新規導入を図り、現金でお
          支払のお客さまに対しても、ポイントがたまる楽しみの提供を開始しております。
        ②「便利」
           単身世帯や家族構成の変化に対応したバラ売りや小容量商品に加えて、小規模業務用の冷凍食品
          等の充実とともに、見やすくわかりやすい価格表示など、常にお客さまのニーズに対応した品揃えと、
          選びやすく、手に取りやすく、買いやすい売場を提供しております。
           また、車で来店されるお客さまのために、店舗前面に駐車場を配置(ダイレクトパーキング)し、駐車
          場から店内へスムーズに行き来できるようにするとともに、階段や段差のないフラットで通路幅が広い売
          場作りを行っております。
           また、お客さまの支払方法の多様化にも取り組んでおります。クレジットカードでのサインレスのお支
          払や、WAONや交通系電子マネーでのお支払に対応したレジ導入、イオン銀行をはじめとした金融機
          関ATMの店内設置等に加えて、お買い上げ点数が少なく時間を大切にされるお客さまのために、お客
          さまご自身で操作いただくセルフレジ、セミセルフレジを導入し、チェックアウト時間の短縮に取り組んで
          おります。
        ③「地域貢献」
           ローカル商品の品揃え拡充など地元九州で製造・生産された商品を積極的に販売することで、地産
          地消の推進に取り組んでおります。
                                  6/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (5)企業集団の状況(事業系統図)
         事業系統図及びイオングループとの主な取引内容は次のとおりです。
         当社はイオン株式会社と同社が所有する商標等の使用に対するブランドロイヤリティ契約等を締結して
        おります。イオン九州株式会社及びイオンタウン株式会社と店舗不動産賃借取引、イオンクレジットサービ
        ス株式会社に対してイオンカードやWAON等のクレジット回収業務等の委託、イオン銀行株式会社と店舗
        内ATM設置に伴う賃貸取引、イオンマーケティング株式会社に対してWAONポイントカードの運用や顧
        客分析の委託、イオンディライト株式会社と店舗維持管理及びレジ袋等の店舗資材の供給等及び自動販
        売機の業務委託の取引を行っております。株式会社未来屋書店及びイオンリテール株式会社から商品
        の一部供給を、イオントップバリュ株式会社からイオンのブランド「トップバリュ」の供給を受けております。
        イオングローバルSCM株式会社に対して物流業務の委託を、イオンアイビス株式会社に対して電子計算
        処理や事務処理の委託を行っております。
                                  7/86

















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                           議決権の
                                           所有割合
                             資本金
                                   主要な事業
                                           又は被所
            名称           住所                              関係内容
                             (百万円)
                                   の内容
                                           有割合
                                           (%)
        (親会社)                                    被所有
                                                  ブランドロイヤリティ
                                             78.72
                              220,007
        イオン株式会社            千葉市美浜区                純粋持株会社
                                                  契約等
        (注)1、2                                      (1.48)
       (注)1.有価証券報告書を提出しております。
         2.議決権の所有割合又は被所有割合の( )書は内書で、間接所有割合です。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  2017年2月28日現在
          従業員数(人)                                      平均年間給与(千円)

                         平均年齢            平均勤続年数
          1,399(5,714)                                           4,644
                        43歳6か月              6年9か月
       (注)1.従業員数は就業人員であり、他社への出向者5人を含まず、他社からの受入出向者17人を含んで
           おります。
          2.従業員数の( )書きは、外書きで臨時従業員(フレックス社員1日8時間換算)の期中平均人員で
           す。
          3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
          4.当社は、単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。
       (2)労働組合の状況

          当社の労働組合である「マックスバリュ九州労働組合」は、イオングループ労働組合連合会に属してお
        り、2017年2月28日現在の組合員数は8,147人です。
          なお、「マックスバリュ九州労働組合」とは別に、組合員4名で構成される「連合福岡ユニオン管理職ユ
        ニオン」があります。
          労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  8/86










                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
      (1)業績の状況
        当事業年度は、株価の上昇等により景気の先行きの明るさは見え始めているものの、アメリカやヨーロッパ
       における政治環境の変化や、世界景気をけん引してきた新興国の経済成長に鈍化が見られることに加え、
       我が国においても人口減少・都市部への集中・少子高齢化の進展によるマーケットの変化が続いています。
        当社の事業基盤であります九州地域におきましては、2016年4月に発生した熊本地震により、地域経済
       に多大な影響が生じました。クルーズ船の寄港やローコスト航空会社の路線増加によるインバウンド消費拡
       大にも鈍化が見られるとともに、生活物価の上昇による消費者の生活防衛意識の高まりや、商品・資材・燃
       料等の価格高止まり、店舗運営人材の確保難と労働単価の上昇、異業態の食品小売進出による店舗間競
       争の激化等により、取り巻く経営環境は厳しい状況が続いております。
        このような環境のなか、当社は「『すべてはお客さまのために』を原点にベストローカルを実現し、九州にお
       けるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになる」というビジョンのもと、店舗数の拡大及び既存
       店の活性化、お客さまニーズの変化に対応した商品群の積極導入を図ることにより、持続的な成長と地域社
       会への貢献を目指し、熾烈な競争に打ち勝つ収益構造の改革に取り組んでまいりました。
        結果として、当事業年度の業績は、売上高170,353百万円(前期比109.9%)、営業利益2,619百万円(前
       期比127.5%)、経常利益2,647百万円(前期比124.2%)、当期純利益は1,117百万円(前期比235.3%)と、
       前期に続き増収増益となりました。
       (店舗数拡大、商勢圏拡大への取り組み)
        事業基盤の安定的拡大を図るため、新規出店や店舗承継、スクラップアンドビルドに取り組んでまいりまし
       た。
        完全子会社であった株式会社クリエイトについて、2016年5月20日開催の定時株主総会で株主の皆さま
       のご承認をいただきまして、同年9月1日を効力発生日として吸収合併し、旬鮮市場4店舗(サンパーク・鳥
       栖・中原・江北)を承継いたしました。なお、旬鮮市場武雄店(佐賀県武雄市)及び旬鮮市場久保田店(佐賀
       県佐賀市)は、既存のマックスバリュ店舗と競合することと、収益改善が見込みにくいため、吸収合併実行前
       に閉店しました。
        マックスバリュ業態の新店としては、2016年3月に、中期経営計画に掲げた「都市型エクスプレス」の先駆
       けとして、「マックスバリュエクスプレス二日市店」(福岡県筑紫野市)、及び「ライフスタイル提案型」として「マッ
       クスバリュ上荒田店」(鹿児島県鹿児島市)を開店するとともに、2016年9月には「マックスバリュ熊本北店」(熊
       本市北区)をオープンしました。
        また、2016年11月に株式会社クリエイトから承継した「旬鮮市場江北店」(佐賀県江北町)を閉店し、隣接す
       る「イオン江北店」(イオン九州株式会社)の食品売場を賃借し、「ザ・ビッグ江北店」としてオープンしました。
        この結果、当事業年度末における店舗数は、152店舗(福岡県56店舗、佐賀県19店舗、長崎県15店舗、
       熊本県20店舗、大分県13店舗、宮崎県16店舗、鹿児島県13店舗)となりました。
       (営業における取り組み)
          2016年4月に発生した熊本地震発生により、熊本県19店舗、大分県3店舗の計22店舗が一時的に営
        業を中止しました。店舗建物や商品に損害が発生したことに加えて、当社従業員の住居も多くが被災しま
        した。このような状況のなか、地域のライフラインとしてのスーパーマーケットの役割を強く認識し、店舗従
        業員はもとより全社一丸となって営業再開に取り組みました。被災翌日より店舗の損害箇所修復や売場の
        清掃整理を行うとともに、当社の親会社であるイオン株式会社やイオングループ各社、そしてそのお取引
        先さまの惜しみないご協力を得て、鹿児島空港や長崎空港を活用した空輸による商品輸送や、長距離ト
        ラック臨時便による商品調達を行いました。これらの取り組みにより、本震後約2週間で被災した全22店舗
        の営業を再開することができました。
          営業面の取り組みとしては、既存店につきまして、中期経営計画に基づき「ライフスタイル提案型」の品
        揃えに刷新すべく、大型改装に取り組みました。マックスバリュ溝陸店(長崎県大村市)やマックスバリュオ
        プシアミスミ店(鹿児島県鹿児島市)は、お客さまニーズの変化に呼応した品揃えの刷新のみならず、建物
        外装に至るまで見直しを行いました。また、店内改装や商品入替等の売場手直し等についても積極的に
        実施し、商品構成の見直しや、地元産和牛等に代表される高品質商品や旬の商品、ヘルス&ウェルネス
        等のトレンド商品の品揃え拡大に取り組みました。
          食品ディスカウント業態「ザ・ビッグ」につきましては、従来から持つ加工食品やノンフード商品、惣菜等
        の商品調達力や価格競争力に加えて、当事業年度に吸収合併した株式会社クリエイトの持つ生鮮食品
        調達力・販売力を融合し、生鮮ディスカウントとして収益力強化の取り組みを始めました。
          また、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の新規商品の展開や、約100種類のお惣菜を欲しい
        量だけお買い求めいただける「マックスバリュビュッフェ」を展開し、提供メニューのグレードアップや作業
        の効率化による品質安定化に取り組みました。さらに、お客さまのライフスタイルの変化に対応した冷凍食
                                  9/86


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        品等の簡便商材の展開拡大や、話題のスーパーフードを含む健康食品の品揃え拡大を実施いたしまし
        た。これらの施策を実行することにより、売上高、売上総利益の拡大を図りました。
          販売費及び一般管理費につきましては、円安の影響による輸入資材のコスト増に加えて、吸収合併に
        関わる投資の発生や既存店舗改装による一時的なコスト増等があったものの、採用難に対応するための
        働き方を変える施策の実行による人件費の圧縮があったほか、原油価格下落に伴う水道光熱費や包装
        資材等の値下げの影響等もあり、コスト増加を抑制することができました。
       (環境保全・社会貢献活動に対する取り組み)
          当社は、環境保全や社会貢献を事業活動の一環として取り組むことが地域に根ざした小売業の使命で
        あると認識しております。
          当事業年度は次の活動を進めてまいりました。
          ①ISO14001の基準に基づく環境保全活動の実施
          ②植樹活動の実施
           当事業年度は新店で1,346本を地域のお客さまとともに植樹し、累計本数は94,515本となりました。
          ③トレー、牛乳パックおよび空き缶のリサイクル運動、買物袋持参運動並びにマイバスケット運動の実
           施
          ④レジ袋の有料化(大分県及び熊本県内の31店舗)
           レジ袋の代金としてお客さまからお預かりした2015年度分収益金については、熊本市に寄付いたし
           ました。
          ⑤「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」活動の実施
           福祉の増進、環境保全、環境学習、文化・芸術の振興などの分野で活躍する団体への助成を9,591
           千円実施いたしました。
          ⑥「被災地を支援する黄色いレシートキャンペーン」の実施
           「被災地を支援する黄色いレシートキャンペーン」では、ご投函いただいたお買い上げレシート合計
           額の1%をそれぞれの被災地に寄付いたしました。
             *「東北応援 黄色いレシートキャンペーン」
              2016年3月9日~3月11日実施  4,394千円
             *「熊本・大分復興支援 黄色いレシートキャンペーン」
              2016年5月29日~5月30日実施  2,654千円
         ⑦エコキャップ活動の実施
           ペットボトルキャップの回収を57店舗で実施し、その収益金284千円を認定NPO法人「世界の子ども
           にワクチンを日本委員会(JCV)」へ寄付いたしました。
         ⑧各種募金活動の実施
           当事業年度も募金活動を積極的に実施し、お客さまから総額で34,183千円の募金をいただきまし
           た。
          今後も、企業の社会的責任を果たすために、環境保全・社会貢献活動に継続的に取り組んでまいりま
        す。
                                 10/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況
        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、6,554百万円となりました。なお、当
       事業年度における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりです。なお、当事業年度より連結財務諸表を作
       成していないため、前期比較を行なっておりません。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は3,118百万円となりました。
        これは、主に税引前当期純利益1,691百万円と非資金費用である減価償却費1,789百万円及び減損損失
       759百万円等による増加と、法人税等の支払991百万円の減少があったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は1.937百万円となりました。
        これは、主に新規出店及び合併により承継した店舗の改装等にかかる有形固定資産の取得による支出
       1,620百万円があったこと等によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は1,022百万円となりました。
        これは、主に長期借入金の返済による支出705百万円及び配当金の支払額225百万円があったこと等に
       よるものです。
                                 11/86















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      2【仕入及び販売の状況】
       当事業年度より連結財務諸表を作成していないため、仕入実績、販売実績及び単位当たりの売上高につ
       いては、前期比較を行なっておりません。
       (1)仕入実績
        当事業年度の仕入実績を商品部門別に示すと、次のとおりです。
                                      当事業年度

                                    (自 2016年3月1日
                  商品部門別                  至 2017年2月28日)
                                仕入実績(百万円)           構成比(%)
                                    30,834           23.6

           加工食品
                                    11,462           8.7
           酒類
                                    10,254           7.8
           日配食品
                                    10,934           8.3
           乳製品・冷蔵飲料
                                     4,577           3.5
           冷凍食品
                                    16,069           12.3
           農産品
                                     8,114           6.2
           水産品
                                    11,434           8.7
           畜産品
                                    10,610           8.1
           弁当・惣菜
                                     5,983           4.6
           パン・生菓子
                                     3,728           2.8
           その他
                                    124,004           94.6
                  食品部門計
                                     7,030           5.4
           家庭用品等
                                     7,030           5.4
                 非食品部門計
                                    131,034           100.0
                   合計
          (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            2.「加工食品」は菓子・調味料等、「日配食品」は畜肉惣菜・魚惣菜等、「その他」は自販機・催事
              等に係る仕入高です。
                                 12/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (2)販売実績
        当事業年度の販売実績を商品部門別に示すと、次のとおりです。
                                      当事業年度
                                   (自 2016年3月1日
                 商品部門別                  至 2017年2月28日)
                               販売実績(百万円)            構成比(%)
                                    38,875           22.8

          加工食品
                                    13,412            7.9
          酒類
                                    14,899            8.8
          日配食品
                                    13,828            8.1
          乳製品・冷蔵飲料
                                     6,561           3.9
          冷凍食品
                                    19,615           11.5
          農産品
                                    10,274            6.0
          水産品
                                    14,982            8.8
          畜産品
                                    16,752            9.8
          弁当・惣菜
                                     7,842           4.6
          パン・生菓子
                                     4,338           2.5
          その他
                                    161,384            94.7
                 食品部門計
                                     8,969           5.3
          家庭用品等
                                     8,969           5.3
                 非食品部門計
                                    170,353           100.0
                   合計
          (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            2.「加工食品」は菓子・調味料等、「日配食品」は畜肉惣菜・魚惣菜等、「その他」は自販機・催事
             等に係る売上高です。
            3.地区別の販売実績及び構成比は、次のとおりです。
                                      当事業年度
                                    (自 2016年3月1日
                     地区別               至 2017年2月28日)
                                販売実績(百万円)           構成比(%)
                                     64,102           37.6

                 福     岡     県
                                     16,876            9.9
                 佐     賀     県
                                     19,803           11.6
                 長     崎     県
                                     24,166           14.2
                 熊     本     県
                                     15,666            9.2
                 大     分     県
                                     16,878            9.9
                 宮     崎     県
                                     12,859            7.6
                 鹿   児   島   県
                                    170,353           100.0
                     合計
                                 13/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (3)単位当たりの売上高
                                     当事業年度
                                  (自 2016年3月1日
                    項目
                                   至 2017年2月28日)
                   売上高                  170,353百万円

                                        220,988㎡
                     平  均  売  場  面  積
           1㎡当たり売上高
                     1㎡当たり売上高                  0.77百万円
                     平均売場人員数                    6,685人

           1人当たり売上高
                     1人当たり売上高                   25百万円
         (注)1.平均売場面積は、期中平均です。
           2.平均売場人員数は、臨時従業員(フレックス社員1日8時間換算)を含めた期中平均です。
                                 14/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        九州における経済環境は、2016年4月に発生した熊本地震により大きな影響を受け、復興への取り組み
       が続いております。地域や業種によってはやや明るさがみえるものの、消費マインドの低下や家計収入の伸
       び悩み等により、引き続き厳しい経営環境が続くものと考えられます。また、消費者の低価格志向の強まり
       や、少子高齢化と人口減、都市部への人口回帰によるマーケットの縮小、異業態の食品市場への参入拡大
       等により、厳しい価格競争はさらに激化するものと考えられます。
        このような環境のなか、当社は「『すべてはお客さまのために』を原点にベストローカルを実現し、九州にお
       けるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになる」というビジョン実現に向けて2013年からの10年
       間を「飛躍の10年」とし、次の施策に取り組んでまいります。
        ①店舗フォーマットの分化と確立
           当社の成長の原動力となっているマックスバリュフォーマットは、旧来の食品スーパーマーケットと比
          較して、深夜を含む長時間営業や2,000㎡前後の広い売場、入りやすく出やすいダイレクトパーキン
          グ、日々忙しいお客さまに対応したショートタイムショッピングの実現等の特徴を持ち、強い競争力を発
          揮してきました。
           昨今、競合各社においても同様の強みを持つ店舗が増加するとともに、小商圏を対象とし業態を超
          えて専門特化した競合店舗が高速出店を行い、競争が激化しています。
           新たな競争環境に適合し、さらなる強みを生み出すために、2016年3月より「店舗フォーマットの分化
          と確立」への取り組みをスタートさせました。
           目指す方向性は3つの店舗フォーマットと定義し、1)小商圏かつコンビニエンス性を重視した「都市
          型エクスプレス」フォーマット、2)圧倒的地域一番店を目指す「ライフスタイル提案型」フォーマット、3)
          低価格で広域商圏から集客し、生鮮食品を中心とし、より価格競争力を強化した新しい「ザ・ビッグ」
          フォーマットの確立に取り組み、新規出店並びに既存店の改装を順次進めてまいります。
        ②品揃え改革の実行
           ヘルス&ウェルネス&ハピネスをキーワードとして、売れ筋商品を地域で一番販売する体制の確立
          に取り組むとともに、産地との取り組み強化やローカルブランド商品の売場展開による地域性の適正化
          の実行を図り、「松・竹・梅」のグレードバランスや「大・中・小」の提供容量バランスを適正化することで、
          品揃え欠落の排除に取り組んでまいります。
        ③オペレーションの再構築と地域密着経営の推進
           地域密着経営を実現するための推進組織を再構築し、地区事業部の再編と権限移譲を行うととも
          に、フォーマット分化に呼応した機能別組織を導入しました。
           さらに、店舗運営人材を確保するため、働き方を変える施策を実行するとともに、個店中心であった
          採用方式の変革に取り組みます。また、専門技術分野の人材育成も強化し、商品力の強化を図りま
          す。
           あわせて、従来基本としていた24時間営業体制を見直しし、深夜売上高の少ない店舗を中心に、24
          時間営業の中止を行う予定としており、人材をはじめとする経営資源の有効活用を図ります。
           インバウンドに対応したお客さまの国籍の多様化への対応や、従業員の性別・国籍を問わない幹部
          登用の実行によるダイバーシティの推進も、引き続き取り組みを強化します。
                                 15/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす
       可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。
       (1)経営環境について
        ①景気の動向等
           不特定多数のお客さまを対象とする小売業においては、消費税の税率変更等の税制改正による影
          響等も含めた景気動向変化や気象状況等が、個人消費に影響を及ぼすため、経済の長期低迷や異
          常気象等が当社の業績に影響を与える可能性があります。
           また、当社が店舗展開しております九州地区の景気の動向が個人消費に影響を及ぼし、当社の業
          績に影響を与える可能性があります。
        ②競争の激化
           当社は、食品及び家庭用品等の生活必需品を取り扱う店舗を九州地区において展開しております。
          同じ地域内で競合する同業他社が新規出店を進めていることや、ディスカウントストア及びドラッグスト
          ア、コンビニエンスストア等の他の業態も食品の売上構成比を高めていることにより競争が激化しており
          ます。
           当社は、生鮮食品の強化やイオンのブランド「トップバリュ」の取り扱い品目の拡大等により他社との
          差別化を図っておりますが、競争の激化が当社の業績に影響を与える可能性があります。
       (2)店舗の新増設及び閉鎖について
        ①店舗の新増設に対する法規制
           当社の店舗の売場面積は1,000㎡超が主流であることから、店舗の新増設に対して「大規模小売店
          舗立地法」により規制を受けております。
           当社は、同法に準拠して、適切に店舗の新増設の手続を行っておりますが、地域環境の調査や行
          政との調整等に時間を要する場合があり、店舗の新増設が計画どおり進捗しない時は、当社の業績に
          影響を与える可能性があります。
        ②出店計画
           当社は、中長期計画による成長戦略として、一層のドミナント化の推進による地盤強化を図るべく取り
          組んでおります。
           今後、中長期計画に基づく出店において予定地の選定及び事前立地調査等の結果、投資回収期
          間や予想利益等の出店条件に見合う店舗が見つからない場合には出店計画を変更することもあり、計
          画の進捗状況、経営計画の変更等により当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ③不動産価格及び建築コストの上昇
           当社が店舗を新設する場合の不動産の形態は、土地を賃借して当社が建物を建築する場合及び賃
          貸人が建物を建築して当社が当該建物を賃借する場合並びに土地及び建物を当社が所有する場合
          があります。いずれの場合においても、地価が上昇したときは不動産コストが上昇することになり、当社
          の業績に影響を与える可能性があります。
           また、東日本大震災の復興需要や、東京オリンピックを見据えた首都圏を中心とした建設ラッシュに
          加えて、2016年4月に発生した熊本・大分地区を震源とする地震の復興需要等により、建設業界にお
          ける慢性的な人材不足が見られるとともに、建築資材価格の上昇により、建築コストの上昇や工期の長
          期化が発生する場合があり、当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ④賃借した土地等の継続使用に対する懸念
           当社が賃借している不動産の賃貸人が経営破たん等の状況に陥った場合、不動産の継続使用が
          困難となり、店舗の閉鎖や規模を縮小せざるを得なくなるほか、場合によっては保証金等の回収が困
          難になる可能性があります。
           また、不動産賃貸借契約満期に伴う賃貸人との契約更改の交渉が発生した場合、不動産市況の動
          向によっては、賃借料の見直しを要求される場合があり、いずれの場合も当社の業績に影響を与える
          可能性があります。
        ⑤店舗閉鎖に伴う損失
           当社は、店舗の機動的なスクラップアンドビルドを出店戦略の一つとしており、大部分の店舗につい
          ては土地や建物を賃借して出店しております。賃貸借契約期間が満了する前に店舗を閉鎖し賃貸借
          契約を解約した場合には、中途解約による違約金等の支払いが発生し、当社の業績に影響を与える
          可能性があります。
           また、店舗閉鎖実施時には、建物や土地を賃借している場合、その返却のために原状回復工事を
          実施しますが、この費用を事前に見積り、資産除去債務として計上しています。
                                 16/86


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           しかしながら、合併や承継による経年店舗において図面と実際の工事状況が異なる場合があること
          に加えて、出店場所によっては、地盤の関係から標準的な退店工事を超える対応が必要になる可能性
          があり、資産除去債務計上額を超える費用が発生し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
           さらに、賃貸借契約期間が満了する前に閉鎖した店舗を転貸借契約により転貸することがあります。
          この場合、当社の支払家賃と転借人からの受取家賃に差額が発生する場合は、契約満了までの差額
          家賃相当額を店舗閉鎖損失引当金として計上することになり、当社の業績に影響を与える可能性があ
          ります。
       (3)店舗の運営について
        ①衛生管理及び食品表示並びに食品の安全性
           当社は、生鮮食品を取り扱っているため、「衛生管理マニュアル」を従業員に配布するとともに外部の
          第三者機関によって各店舗の衛生管理状況を定期的に調査しております。食品表示については、「農
          林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」を遵守して、社内教育と徹底したチェックを
          行っております。
           しかしながら、当社が行う食品表示や当社が販売した商品について、予期せぬ事件や事故等が発
          生した場合には信用の低下を招き、当社の業績に影響を与える可能性があります。
           また、口蹄疫、BSE(牛海綿状脳症)、鳥インフルエンザ及び残留農薬問題等が発生した場合には、
          消費者の買い控えと商品の調達が困難になることが想定され、当社の業績に影響を与える可能性があ
          ります。
        ②人材の確保と育成
           生産年齢人口の減少、雇用形態の変化等により、正社員の採用が計画どおり進まず、さらに地域に
          よってはパート労働者の採用も難しい状況にあります。当社は、事業基盤を強固なものにするため、店
          舗の新増設や売場拡張を含む店舗改装を進めておりますが、人材の確保と育成が計画どおり進捗し
          ない場合には店舗の新増設が遅れ、当社の業績に影響を与える可能性があります。
           また、最低賃金の引き上げによりパート労働者の時間給単価が増加した場合には、販売費及び一般
          管理費が増加し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       (4)財務上の課題について
        ①減損会計の適用
           当社は、減損損失を認識するかどうかの判定及び減損損失の測定に際して、店舗を基本単位とし、
          遊休資産については物件単位毎にグルーピングしております。
           したがいまして、店舗における営業活動から生ずる損益が継続してマイナス又は継続してマイナスに
          なる見込となった場合等には、特別損失として減損損失が計上され、当社の業績に影響を与える可能
          性があります。さらに、当社が保有する不動産(土地)について、その市場価格の著しい下落が発生し
          た場合、減損損失が計上され、当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ②資金調達
           当社は、成長を維持し業容を拡大していくため、店舗の新増設による設備投資を継続して行っており
          ます。設備投資資金は、基本的に自己資金でまかなっておりますが、自己資金で不足する部分につい
          ては資金調達の必要があります。
           しかしながら、景気の動向、マーケット環境の変化、当社の信用力の低下等の要因により、当社が望
          む条件で適時に資金調達できない場合には当社の業績に影響を与える可能性があります。
                                 17/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (5)イオングループとの関係について
        ①イオングループ内の競合
           当社の親会社はイオン株式会社であり、2017年2月28日現在で当社の議決権のうち78.72%(間接所
          有1.48%を含む)を所有しております。
           現時点で九州地区においてイオングループでスーパーマーケット事業を営んでいる会社には、株式
          会社レッドキャベツがあります。同社は当社と同一の事業を営んでおりますが、商圏等の違いから現状
          では競合となりうる状況には至っておりません。
           また、将来的に当社の親会社であるイオン株式会社におけるグループ戦略に変更が生じた場合や
          グループ戦略に起因する各グループ企業の事業展開によっては、新たな競合が発生する可能性は否
          定できず、この場合当社の事業展開や業績に影響を与える可能性があります。
        ②イオングループ各社との取引
           当社は、イオングループの企業として、グループ企業のみが享受できるメリットを最大限に生かすた
          め、グループ各社と取引があり、その主な内容は下記のとおりです。
           ⅰ)業務委託
             イオングローバルSCM株式会社、イオンアイビス株式会社をはじめとする企業に、物流管理、
            電子計算処理、人事業務・経理業務の事務作業等の各種専門業務を委託しております。同社は
            イオングループの機能会社として、グループ各社に対してサービスを提供しております。
           ⅱ)クレジット、商品券等の取扱
             イオンクレジットサービス株式会社をはじめとするグループ企業各社が発行するクレジットカー
            ド、電子マネーWAONカード、イオン商品券などの取扱を行っております。
           ⅲ)コーポレート負担金
             イオン株式会社が行うイオングループ全体のグループマネジメントに必然的に要する費用の当
            社負担分の支払を行っております。
           ⅳ)ブランドロイヤリティ
             イオン株式会社に対してイオングループに属することにより得る、イオンブランドの使用の対価を
            支払っております。
        ③人的関係
           本書提出日現在におきまして、当社の監査役4名のうち2名がイオングループに所属しております。
          当社監査役(非常勤)の久家基裕は株式会社山陽マルナカに所属しております。また、監査役(非常
          勤)の大塚要はイオン株式会社のSM・DS事業政策チームに所属しております。両名とも、イオング
          ループでの豊富な経験及び知識などを考慮し、当社のコーポレート・ガバナンスの強化のため招聘い
          たしました。
           また、2017年2月28日現在、イオングループからの受入出向者は17名、イオングループへの派遣出
          向者は5名であり、当社の人材育成等を目的として行っております。
           当社とイオングループとの関係は以上の通りですが、いずれも当社の自由な営業活動や経営判断
          に影響を与えるものではなく、当社が独立して主体的に事業運営を行っております。
                                 18/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (6)その他の事項について
        ①自然災害及び事故等
           地震や台風等の自然災害が発生し、その被害が広範囲にわたった場合や予期せぬ事故等が発生
          した場合には、多数の店舗の営業が困難になり、当社の業績に影響を与える可能性があります。
           2016年4月に発生した熊本・大分を震源とする地震においては、一時的に複数の店舗が営業停止
          状態となりました。本震から一年経過した現在においても、余震と思われる地震が発生しており、終息し
          たとはまだ言い切れない状況にあります。耐震補強の推進や地震・火災等を想定した店舗防災訓練の
          実施、従業員安否確認システムの導入等、有事の際に損害を最小限に抑えるためのリスク管理体制を
          採っておりますが、状況によっては当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ②法的規制
           当社は、「大規模小売店舗立地法」「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」「独
          占禁止法」「下請法」「景品表示法」「薬事法」「食品衛生法」「未成年者飲酒禁止法」及び「労働基準
          法」等の法的規制を受けております。当社は、企業内における個人の行動指針としてイオングループで
          定める「イオン行動規範」を基に各法律の内容の理解のため研修会を実施し、コンプライアンス体制を
          構築しております。
           しかしながら、これらの規制に違反する事態が生じた場合において、行政処分等が科せられたとき
          は、信用の低下を招き、当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ③個人情報の管理
           当社は、贈答品の申込書等の個人情報を保有しております。個人情報の管理については、「個人情
          報の保護に関する法律」の施行にあわせ、保護方針を制定するとともに社内規程及びマニュアル等を
          作成し、厳格な運用と従業員への教育を徹底して行っております。
           お客さまからお預かりした贈答品の申込書等は、施錠できるロッカーで保管する等の措置を講じてお
          りますが、予期せぬ事件・事故等により個人情報が流失した場合は、社会的信用の低下を招き、当社
          の業績に影響を与える可能性があります。
           また、従業員の源泉徴収票作成や当社と取引のある個人事業主の支払調書を作成するため、個人
          ごとのマイナンバーを電子保管しております。イオングループ共通のマイナンバー管理システムを導入
          し、マイナンバー情報にアクセスできる専用パソコンを設置して業務にあたっておりますが、予期せぬ事
          件・事故等により個人情報が流失した場合は、社会的信用の低下を招き、当社の業績に影響を与える
          可能性があります。
                                 19/86











                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
      (1)親会社との契約
           相手方の名称             契約名称              内容             契約期間
                                イオングループ全体のグ
             イオン
                    コーポレート負担金                            2016年3月1日から
                                ループマネジメントに要
                    契約                           2017年2月末日まで
            株式会社
                                する費用
                                イオングループに属する
             イオン
                    ブランドロイヤリティ           ことによる無形の経済的                2016年3月1日から
                    契約           利益に対する対価に関                2017年2月末日まで
            株式会社
                                する契約
      (2)その他の契約

           相手方の名称             契約名称              内容             契約期間
                                ITに関する情報提供等と              2009年8月21日から業務提
           イオンアイビス
                    情報システム利用等
                                統合システムの利用に関              携・協力関係が存続する期
                    に関する契約
            株式会社
                                する契約              間
                                プライベートブランド「トッ
          イオントップバリュ                                    2008年6月21日から1年間
                    トップバリュ商品販
                                プバリュ」等の供給に関
                                              (以降、1年自動更新)
                    売基本契約
            株式会社
                                する契約
          イオンリテール                                   2008年6月21日から1年間

                    商品売買基本契約           商品仕入
                                              (以降、1年自動更新)
            株式会社
          イオングローバル                                    2009年1月13日から12年間

                                物流業務の委託に関す
                    業務委託基本契約
                                              (以降、1年自動更新)
                                る契約
          SCM株式会社
      6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 20/86










                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当社に関する財政状態及び経営成績の分析・検討内容は、原則として財務諸表に基づいて分析した内
       容です。なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末日現在において判断したものです。
      (1)重要な会計方針及び見積り
         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準等に基づき作成されて
        おります。その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債や収益・費用の報告金額及び開
        示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案し合理
        的に判断していますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合が
        あります。
         当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注記
        事項 重要な会計方針」に記載しております。
      (2)財政状態の分析

       (資産)
          当事業年度末における総資産は、前事業年度末と比べ762百万円増加し、36,102百万円となりました。
          流動資産は前事業年度末より905百万円増加し、15,090百万円となりました。主な要因は、商品が584
        百万円増加したこと等によるものです。
          固定資産は前事業年度末より142百万円減少し、21,012百万円となりました。
          主な要因は、有形固定資産において、新規出店や店舗改装等により1,320百万円の増加及び照明設
        備のLED化やセルフレジ導入等による店舗営繕として601百万円増加、さらに株式会社クリエイトの吸収
        合併により364百万円増加したものの、減価償却費の計上により1,789百万円、減損損失の計上により759
        百万円減少したこと等によるものです。
       (負債)
          当事業年度末における負債は、前事業年度末と比べ179百万円減少し、23,128百万円となりました。
          流動負債は前事業年度末より907百万円増加し、20,417百万円となりました。主な要因は、買掛金が
        304百万円増加したことと、株式会社クリエイトの吸収合併により1年内返済予定の長期借入金が210百万
        円増加したこと等によるものです。
          固定負債は前事業年度末より1,086百万円減少し、2,711百万円となりました。主な要因は、株式会社ク
        リエイトとの吸収合併により関係会社事業損失引当金が641百万円減少したことと、返済により長期借入金
        が370百万円減少したこと等によるものです。
       (純資産)
          当事業年度末における純資産は、前事業年度末と比べ942百万円増加し、12,973百万円となりました。
        主な要因は、当期純利益の計上等により利益剰余金が891百万円増加したこと等によるものです。
      (3)経営成績の分析

       (売上高及び営業利益)
         当事業年度は熊本地震により一部店舗において店休及び時間短縮等が発生しましたが、全社一丸と
        なって早期の店舗再開に注力したことと、4店舗の新規出店及び9店舗の店舗改装に積極的に取り組ん
        だ結果、売上高で170,353百万円(対前期比109.9%)と15,316百万円の増収となりました。
         売上総利益率は値入率改善等により23.4%となり、売上総利益は39,940百万円(対前期比109.9%)と
        なりました。
         販売費及び一般管理費は39,379百万円(対前期比108.9%)となりました。新規出店や店舗改装及び
        新たな販売促進としてのWAON                POINTカードの新規導入による初期コストの発生や、採用難に対処した
        派遣社員のコストが増額したものの、継続した節電対策や計画外勤務の低減に取り組んだことにより、売
        上高に対する販管費率は23.1%と前期より0.2ポイントの改善となりました。
         以上の結果、営業利益は2,619百万円(対前期比127.5%)となりました。
       (営業外損益及び経常利益)
         営業外収益は、受取利息や受取保険金の計上等により87百万円(前事業年度172百万円)となり、前事
        業年度より85百万円減少しました。
         営業外費用は、支払利息の計上等により58百万円(前事業年度95百万円)となり、前事業年度より37百
        万円減少しました。
          以上の結果、経常利益は2,647百万円(対前期比124.2%)となりました。
                                 21/86


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (特別損益及び税引前当期純利益)

          特別利益は、熊本地震による被害等による災害保険金収入の計上等により、183百万円(前事業年度
        は219百万円)となり、前事業年度より36百万円減少しました。
          特別損失は、減損損失や抱合せ株式消滅差損の計上等により1,138百万円(前事業年度は1,039百万
        円)となり、前事業年度より99百万円増加しました。
          以上の結果、税引前当期純利益は1,691百万円(対前期比129.0%)となりました。
       (法人税等(法人税等調整額を含む))
          法人税等は、574百万円(前事業年度は836百万円)となり、262百万円減少しました。法定実効税率は
        当事業年度は32.8%(前期35.4%)であったものの、株式会社クリエイトの吸収合併により、繰越欠損金を引
        き継いだため、税効果会計適用後の法人税等の負担率は32.1%(前期63.8%)となりました。
       (当期純利益)
          当期純利益は、1,117百万円(対前期比235.3%)となり、643百万円増加しました。また、1株当たり当期
        純利益は、148.34円(前事業年度は63.06円)となり、85.28円増加しました。
      (4)経営戦略の現状と見通し

        九州の経済環境は、地域や業種によってはやや明るさが見られるものの、消費支出の伸び悩みや、円安
       の進行による輸入コストや燃料費の上昇等による生活コスト上昇等によるお客さまの価格志向への強まりに加
       え、異業種の食品市場への参入による店舗間競争の激化が進み、引き続き厳しい状況であるものと予想され
       ます。
        こうした環境のもと、当社は翌事業年度においても、中期計画に基づき、新規出店を継続して実施してまい
       ります。新規店舗につきましては、従来のマックスバリュとは異なるコンセプトを持つ都心型店舗「COCOSA
       B1店」(熊本市中央区)を、熊本市の中心街である下通商店街内に2017年4月に開店しました。さらに、長崎
       県内、宮崎県内において出店準備を進めており、初夏から秋にかけてオープン予定としており、引き続き九
       州主要都市部での出店を推進し、更なる商圏シェアの拡大を図ってまいります。また、既存店の活性化につ
       きましても、店舗ごとに目指すべきフォーマットを明確化して積極的に取り組み、更なる収益力の向上を図っ
       てまいります。
        収益面につきましては、仕入価格上昇による一品単価が微増するなか、レジ通過客数増、お客さま一人当
       たり買上点数アップへの継続的な取り組み、及び改装や軽微な売場手直しによる商品構成の見直しの取り組
       みと併せて、原価低減並びに商品廃棄削減への継続的な取り組みにより、売上高の拡大と売上総利益率の
       改善を図ってまいります。
        経費面につきましては、厳しい雇用環境によりフレックス社員の時給が高騰することが予測される中、店内
       オペレーションの見直しによる作業の効率化や固定費の見直し等による削減への取り組みを継続して行って
       まいります。
        以上の取り組みにより、翌事業年度(2018年2月期)の業績見通しにつきましては、売上高175,000百万円、
       営業利益2,700百万円、経常利益2,700百万円、当期純利益1,000百万円を見込んでおります。
      (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は、6,554百万円となりました。
        キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 1.業績等の概要(2)キャッシュ・フローの状
       況」をご参照下さい。
       (資金需要について)
        当事業年度において実施した設備投資の総額は1,959百万円であり、その主なものは、4店舗の新設、9店
       舗の改装および株式会社クリエイトからの4店舗の承継によるものです。なお、設備投資資金は自己資金及
       び借入金にてまかなっております。
        また、翌事業年度については、引き続き店舗の新設及び改装による設備投資を予定しており、これらに必
       要な資金は自己資金でまかなう予定です。
      (6)経営者の問題意識と今後の方針について

        経営者の問題認識と今後の方針につきましては、「第2 事業の状況 3.対処すべき課題」に記載のとおり
       です。
                                 22/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当事業年度における当社の主要な設備投資は、4店舗の新設や既存店舗の改装及び子会社であった株
       式会社クリエイトから承継した4店舗の追加投資によるもので、総額1,959百万円の設備投資(震災に係る復
       旧工事含む)を行いました。これらの資金は自己資金及び借入金によりまかないました。
      2【主要な設備の状況】

       当社における主要な設備は、以下のとおりです。
                                                  2017年2月28日現在
                                      帳簿価額
           事業所名                                             従業員数
                                 土地
                                            有形固定
                   設備の内容
                          建物            その他           差入保証金
          (所在地)                                              (人)
                               (百万円)
                                            資産合計
                         (百万円)             (百万円)            (百万円)
                                           (百万円)
                               (面積㎡)
       福岡県
                                   348                       383
       (マックスバリュ周船寺西
                    店舗      2,605            1,061      4,014      1,945
                                (11,103)                        (2,028)
       店ほか55店舗)
       佐賀県
                                   999                       156
       (マックスバリュ佐賀西店ほ
                    店舗      1,198              522     2,719       378
                                (16,638)                         (580)
       か18店舗)
       長崎県
                                  1,329                         111
       (マックスバリュ早岐店
                    店舗      1,240              403     2,972       483
                                (20,959)                         (667)
       ほか14店舗)
       熊本県
                                   -                       148
       (マックスバリュサンロード
                    店舗       928            416     1,344       547
                                  (-)                       (774)
       シティ熊本店ほか19店舗)
       大分県
                                   -                       93
       (マックスバリュ賀来店ほか
                    店舗       932            361     1,293       224
                                  (-)                       (548)
       12店舗)
       宮崎県
                                   -                       99
       (マックスバリュ宮崎駅東
                    店舗       666            256      922      382
                                  (-)                       (607)
       店ほか15店舗)
        鹿児島県
                                   111                        77
       (マックスバリュ武岡店ほか
                    店舗       556            219      886      576
                                (2,449)                         (477)
       12店舗)
                                  2,789                       1,067

                     -
           店舗計               8,128            3,241     14,158       4,538
                                (51,150)                        (5,680)
                                   21                       332

          本部・事業部
                    事務所        25            47      93     127
        (福岡市博多区ほか)
                                  (-)                       (34)
                                   92

           その他
                   貸店舗等         16             1     109      156      -
        (佐賀県佐賀市ほか)
                                (8,288)
                                  2,904                       1,399

                     -
            合計               8,170            3,290     14,365       4,821
                                (59,439)                        (5,714)
        (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、構築物、工具、器具及び備品、リース資産であり、建設仮勘定は含ん
            でおりません。なお、金額には消費税等は含まれておりません。
          2.帳簿価額のうち「差入保証金」は、流動資産「その他」に計上している1年内回収予定額162百万円
            を含んでおります。
          3.従業員数の( )書きは、外書きで臨時従業員(フレックス社員1日8時間換算)の期中平均人員で
            す。
          4.土地及び建物の一部を賃借しており、その年間賃借料は5,861百万円です。
                                 23/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        重要な設備の新設、改修計画は次のとおりです。
       (1)重要な設備の新設等
                    設備の内容            投資予定金額                 着手及び完了予定年月
         事業所名
                                           資金
                       売場面積        総額     既支払額
         (所在地)
                                          調達方法
                  区分                                着手      完了
                        (㎡)     (百万円)      (百万円)
        COCOSAB1店
                                                 2016年      2017年
                          1,300       173       -
                  店舗                        自己資金
        (熊本市中央区)
                                                  7月      4月
        マックスバリュ
                                                 2016年      2017年
                          2,015       196       -
        長与中央店          店舗                        自己資金
                                                  10月       5月
       (長崎県長与町)
        マックスバリュ
                                                 2017年      2017年
                          1,321       140       -
         木花台店         店舗                        自己資金
                                                  3月       秋
        (宮崎県宮崎市)
       (注)1.投資予定金額には、差入保証金が含まれております。
          2.上記の金額には、消費税等は含んでおりません。
       (2)重要な設備の除却等

         重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 24/86














                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                    種類
                                              25,000,000
           普通株式
                                              25,000,000
                     計
        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引
                  事業年度末           提出日現在
                                       所名又は登録認可
                 現在発行数(株)             発行数(株)
          種類                                           内容
                                       金融商品取引業協
                (2017年2月28日)           (2017年5月23日)
                                       会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                       東京証券取引所
                                                  限定のない当社にお
                                         JASDAQ
                    7,532,995           7,538,195
         普通株式                                        ける標準となる株式
                                        (スタンダード)          です。また、1単元の
                                                  株式数は100株で
                                                  す。
                    7,532,995           7,538,195            -           -
           計
        (注)提出日現在発行数には、2017年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使
           により発行された株式数は含まれておりません。
                                 25/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
          第1回新株予約権(第1回株式報酬型ストック・オプション)
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2017年2月28日)               (2017年4月30日)
          決議年月日                        2013年4月9日                  同左
          新株予約権の数(個)                           194               177
          新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                     -               -
          (個)
          新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                同左
          新株予約権の目的となる株式の数(株)                          19,400(注)1             17,700(注)1
          新株予約権の行使時の払込金額(円)                             1(注)2

                                                    同左
                                 自 2013年6月10日
          新株予約権の行使期間                                          同左
                                 至 2028年6月9日
          新株予約権の行使により株式を発行す
                                  発行価格 1,053
          る場合の株式の発行価格及び資本組
                                                    同左
                                 資本組入額 527
          入額(円)
                               ①新株予約権を引き受けた取締
                                役は、権利行使時において
                                も、当社の取締役又は監査役
                                の地位にあることを要する。た
                                だし、取締役及び監査役を退
                                任した場合であっても、退任日
                                から5年以内に限って権利行
          新株予約権の行使の条件                                          同左
                                使ができるものとする。
                               ②新株予約権については、その
                                数の全数につき一括して行使
                                することとし、これを分割して行
                                使することはできないものとす
                                る。
                               新株予約権を譲渡し、またはこれ
          新株予約権の譲渡に関する事項                                          同左
                               を担保に供することはできない。
                                     -               -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                     -               -
          交付に関する事項
          (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
              のとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約
              権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
              れを切り捨てるものとする。
                調整後株式数        =  調整前株式数        ×  分割(または併合)の比率
              当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が
              新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする
              場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
            2.株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整の
              結果生じる新株予約権1個当たり1円未満の端数については、これを切り上げるものとする。
                調整後払込金額         =  調整前払込金額         ×  (1÷分割(または併合)の比率)
                                 26/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         第2回新株予約権(第2回株式報酬型ストック・オプション)
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2017年2月28日)               (2017年4月30日)
          決議年月日                        2014年4月8日                  同左
          新株予約権の数(個)                           101                92
          新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                     -               -
          (個)
          新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                同左
          新株予約権の目的となる株式の数(株)                          10,100(注)1                9,200(注)1
          新株予約権の行使時の払込金額(円)                             1(注)2

                                                    同左
                                 自 2014年6月10日
          新株予約権の行使期間                                          同左
                                 至 2029年6月9日
          新株予約権の行使により株式を発行す
                                  発行価格 1,237
          る場合の株式の発行価格及び資本組
                                                    同左
                                 資本組入額 619
          入額(円)
                               ①新株予約権を引き受けた取締
                                役は、権利行使時においても、
                                当社の取締役又は監査役の地
                                位にあることを要する。ただし、
                                取締役及び監査役を退任した
                                場合であっても、退任日から5
                                年以内に限って権利行使がで
          新株予約権の行使の条件                                          同左
                                きるものとする。
                               ②新株予約権については、その
                                数の全数につき一括して行使
                                することとし、これを分割して行
                                使することはできないものとす
                                る。
                               新株予約権を譲渡し、またはこれ
          新株予約権の譲渡に関する事項                                          同左
                               を担保に供することはできない。
                                     -               -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                     -               -
          交付に関する事項
          (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
              のとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約
              権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
              れを切り捨てるものとする。
                調整後株式数        =  調整前株式数        ×  分割(または併合)の比率
              当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が
              新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする
              場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
            2.株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整の
              結果生じる新株予約権1個当たり1円未満の端数については、これを切り上げるものとする。
                調整後払込金額         =  調整前払込金額         ×  (1÷分割(または併合)の比率)
                                 27/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         第3回新株予約権(第3回株式報酬型ストック・オプション)
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2017年2月28日)               (2017年4月30日)
          決議年月日                        2015年4月9日                  同左
          新株予約権の数(個)                           101                92
          新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                     -               -
          (個)
          新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                同左
          新株予約権の目的となる株式の数(株)                          10,100(注)1              9,200(注)1
          新株予約権の行使時の払込金額(円)                             1(注)2

                                                    同左
                                 自 2015年6月10日
          新株予約権の行使期間                                          同左
                                 至 2030年6月9日
          新株予約権の行使により株式を発行す
                                  発行価格 1,547
          る場合の株式の発行価格及び資本組
                                                    同左
                                 資本組入額 774
          入額(円)
                               ①新株予約権を引き受けた取締
                                役は、権利行使時においても、
                                当社の取締役又は監査役の地
                                位にあることを要する。ただし、
                                取締役及び監査役を退任した
                                場合であっても、退任日から5
                                年以内に限って権利行使がで
          新株予約権の行使の条件                                          同左
                                きるものとする。
                               ②新株予約権については、その
                                数の全数につき一括して行使
                                することとし、これを分割して行
                                使することはできないものとす
                                る。
                               新株予約権を譲渡し、またはこれ
          新株予約権の譲渡に関する事項                                          同左
                               を担保に供することはできない。
                                     -               -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                     -               -
          交付に関する事項
          (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
              のとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約
              権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
              れを切り捨てるものとする。
                調整後株式数        =  調整前株式数        ×  分割(または併合)の比率
              当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が
              新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする
              場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
            2.株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整の
              結果生じる新株予約権1個当たり1円未満の端数については、これを切り上げるものとする。
                調整後払込金額         =  調整前払込金額         ×  (1÷分割(または併合)の比率)
                                 28/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         第4回新株予約権(第4回株式報酬型ストック・オプション)
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2017年2月28日)               (2017年4月30日)
          決議年月日                        2016年4月13日                  同左
          新株予約権の数(個)                           160               143
          新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                     -               -
          (個)
          新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                同左
          新株予約権の目的となる株式の数(株)                          16,000(注)1             14,300(注)1
          新株予約権の行使時の払込金額(円)                             1(注)2

                                                    同左
                                 自 2016年6月10日
          新株予約権の行使期間                                          同左
                                 至 2031年6月9日
          新株予約権の行使により株式を発行す
                                  発行価格 1,510
          る場合の株式の発行価格及び資本組
                                                    同左
                                 資本組入額 755
          入額(円)
                               ①新株予約権を引き受けた取締
                                役は、権利行使時においても、
                                当社の取締役又は監査役の地
                                位にあることを要する。ただし、
                                取締役及び監査役を退任した
                                場合であっても、退任日から5
                                年以内に限って権利行使がで
          新株予約権の行使の条件                                          同左
                                きるものとする。
                               ②新株予約権については、その
                                数の全数につき一括して行使
                                することとし、これを分割して行
                                使することはできないものとす
                                る。
                               新株予約権を譲渡し、またはこれ
          新株予約権の譲渡に関する事項                                          同左
                               を担保に供することはできない。
                                     -               -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                     -               -
          交付に関する事項
          (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
              のとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約
              権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
              れを切り捨てるものとする。
                調整後株式数        =  調整前株式数        ×  分割(または併合)の比率
              当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が
              新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする
              場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
            2.株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整の
              結果生じる新株予約権1個当たり1円未満の端数については、これを切り上げるものとする。
                調整後払込金額         =  調整前払込金額         ×  (1÷分割(または併合)の比率)
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                 29/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                                   資本金
                     発行済株       発行済株                    資本準備       資本準備
                                        資本金残高
                     式総数増       式総数残                    金増減額       金残高
             年月日                      増減額
                                         (百万円)
                     減数(株)       高(株)                    (百万円)       (百万円)
                                  (百万円)
           2012年2月21日
                    1,000,000       7,389,395          578      1,507        578      1,353
             (注)1
           2012年3月21日
                     137,800      7,527,195          79     1,587        79     1,432
             (注)2
           2014年9月29日
                       3,500     7,530,695           1     1,589         1     1,434
             (注)3
           2016年7月1日
                       2,300     7,532,995           1     1,590         1     1,436
             (注)3
           (注)1.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
                 発  行  価 格         1,250円
                 引  受  価 額        1,156.25円
                 資本組入額             578.125円
             2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
                 割  当  価 格        1,156.25円
                 資本組入額             578.125円
                 割   当   先   野村證券株式会社
             3.新株予約権の行使
                なお、2017年3月1日付で新株予約権の行使があり、発行済み株式総数が5,200株増加
               し、7,538,195株となりました。このため、資本金が3百万円増加し1,594百万円となり、資本準
               備金が3百万円増加し1,439百万円となりました。
       (6)【所有者別状況】

                                                  2017年2月28日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未
               政府及
                                                        満株の
                                     外国法人等
                         金融商
         区分
                     金融                          個人
               び地方               その他
                                                        状況
                         品取引                           計
               公共団               の法人
                     機関                         その他
                                                        (株)
                         業者
                                   個人以外      個人
               体
         株主数
                  -      ▶     5     68     17      2   6,106     6,202       -
         (人)
        所有株式数
                  -     90     20   62,233       216      2  12,734     75,295      3,495
         (単元)
        所有株式数
                  -     0.1     0.0     82.6      0.2     0.0     16.9     100.0       -
        の割合(%)
       (注)自己株式68株は、「単元未満株の状況」に含まれております。
                                 30/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                  2017年2月28日現在
                                                    発行済株式総
                                            所有株式数        数に対する所有
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)       株式数の割合
                                                    (%)
                         千葉市美浜区中瀬1-5-1                      5,815         77.20
        イオン株式会社 
                         福岡市博多区博多駅東3-13-21                       128         1.70
        マックスバリュ九州従業員持株会
                         福岡市博多区博多駅東3-13-21                       113         1.51
        マックスバリュ九州共栄会
                                                 49        0.65
        横尾 廣昭                  佐賀県佐賀市
                                                 39        0.52
        牛島 真澄                  佐賀県佐賀市
                         熊本県八代市新港町3-9-8                        39        0.51
        株式会社エーブル
                                                 37        0.50
        山本 ススミ                  長崎県佐世保市
                         千葉市美浜区中瀬1-5-1                        32        0.43
        ミニストップ株式会社
                         広島市南区段原南1-3-52                        30        0.40
        マックスバリュ西日本株式会社
                         東京都大田区平和島6-1-1                        30        0.39
        三菱食品株式会社
                         兵庫県西宮市松原町9-20                        30        0.39
        加藤産業株式会社
                                 -               6,346         84.25
               計
       (8)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2017年2月28日現在
                             株式数(株)          議決権の数(個)

                区分                                      内容
                                   -           -        -
         無議決権株式
         議決権制限株式(自己株式等)                          -           -        -
         議決権制限株式(その他)                          -           -        -

         完全議決権株式(自己株式等)                          -           -        -

                           普通株式
         完全議決権株式(その他)                                   75,295          -
                               7,529,500
                           普通株式
                                                  1単元(100株)未満
                                               -
         単元未満株式
                                  3,495
                                                  の株式
                               7,532,995               -        -
         発行済株式総数
                                   -         75,295          -
         総株主の議決権
        (注)「単元未満株式」の「株式数」の欄には、当社所有の自己株式68株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2017年2月28日現在
                                                     発行済株式
                             自己名義所        他人名義所
                                             所有株式数        総数に対する
         所有者の氏名
                              有株式数        有株式数
                    所有者の住所
                                             の合計(株)        所有株式数
         又は名称
                               (株)        (株)
                                                     の割合(%)
                    福岡市博多区
          マックスバリュ
                                  -        -        -        -
                   博多駅東3-13-21
          九州株式会社
                       -           -        -        -        -
             計
        (注)当社名義で単元未満株式68株を所有しております。
                                 31/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (9)【ストックオプション制度の内容】
         ①2012年5月11日の株主総会及び2013年4月9日開催の取締役会において決議した新株予約権は、次
          のとおりです。
          決議年月日                                   2013年4月9日
          付与対象者の区分及び対象者数                                  当社取締役10名

                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の目的となる株式の種類
                                            記載しております。
          株式の数                                    21,700株
                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の行使時の払込金額
                                            記載しております。
          新株予約権の行使期間                                     同上
          新株予約権の行使の条件                                     同上

          新株予約権の譲渡に関する事項                                     同上

                                                -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                -
          事項
         ②2013年5月14日の取締役会及び2014年4月8日開催の取締役会において決議した新株予約権は、次

          のとおりです。
          決議年月日                                   2014年4月8日
          付与対象者の区分及び対象者数                                  当社取締役10名

                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の目的となる株式の種類
                                            記載しております。
          株式の数                                    11,300株
                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の行使時の払込金額
                                            記載しております。
          新株予約権の行使期間                                     同上
          新株予約権の行使の条件                                     同上

          新株予約権の譲渡に関する事項                                     同上

                                                -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                -
          事項
                                 32/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         ③2014年5月23日の取締役会及び2015年4月9日開催の取締役会において決議した新株予約権は、次
          のとおりです。
          決議年月日                                   2015年4月9日
          付与対象者の区分及び対象者数                                  当社取締役9名

                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の目的となる株式の種類
                                            記載しております。
          株式の数                                    10,100株
                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の行使時の払込金額
                                            記載しております。
          新株予約権の行使期間                                     同上
          新株予約権の行使の条件                                     同上

          新株予約権の譲渡に関する事項                                     同上

                                                -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                -
          事項
         ④2015年5月22日の取締役会及び2016年4月13日開催の取締役会において決議した新株予約権は、

          次のとおりです。
          決議年月日                                  2016年4月13日
          付与対象者の区分及び対象者数                                  当社取締役8名

                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の目的となる株式の種類
                                            記載しております。
          株式の数                                    18,300株
                                         「(2)新株予約権等の状況」に
          新株予約権の行使時の払込金額
                                            記載しております。
          新株予約権の行使期間                                     同上
          新株予約権の行使の条件                                     同上

          新株予約権の譲渡に関する事項                                     同上

                                                -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                -
          事項
                                 33/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         ⑤2016年5月20日の取締役会及び2017年4月12日開催の取締役会において決議した新株予約権は、
          次のとおりです。
          決議年月日                                  2017年4月12日
          付与対象者の区分及び対象者数                                  当社取締役3名

          新株予約権の目的となる株式の種類                                    普通株式

                                            9,800株 (注)1
          株式の数
                                             1円 (注)2
          新株予約権の行使時の払込金額
          新株予約権の行使期間                              2017年6月10日~2032年6月9日

                                     ①新株予約権を引き受けた取締役は、権利
                                      行使時においても、当社の取締役又は監査
                                      役の地位にあることを要する。ただし、取締
                                      役及び監査役を退任した場合であっても、
          新株予約権の行使の条件                            退任日から5年以内に限って権利行使がで
                                      きるものとする。
                                     ②新株予約権については、その数の全数に
                                      つき一括して行使することとし、これを分割
                                      して行使することはできないものとする。
                                     新株予約権を譲渡し、またはこれを担保に供
          新株予約権の譲渡に関する事項
                                     することはできない。
                                                -
          代用払込みに関する事項
          組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                                -
          事項
          (注)1.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するも
              のとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約
              権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、こ
              れを切り捨てるものとする。
                 調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割(または併合)の比率
              当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い新株予約権が承継される場合、または当社が
              新設分割もしくは吸収分割を行う場合、その他これらの場合に準じ株式数の調整を必要とする
              場合、当社は必要と認める株式数の調整を行う。
            2.株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整の
              結果生じる新株予約権1個当たり1円未満の端数については、これを切り上げるものとする。
                 調整後払込金額 = 調整前払込金額 × (1÷分割(または併合)の比率)
                                 34/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
           会社法第155条第7号に基づく普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                                   株式数(株)          価値の総額(円)
                    区分
                                          31         62,721
          当事業年度における取得自己株式
                                      -           -
          当期間における取得自己株式
          (注)当期間における取得自己株式数には、2017年5月1日からこの有価証券報告書提出日ま
             での単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                    当事業年度                当期間
                  区  分
                                        処分価額の              処分価額の
                                株式数(株)              株式数(株)
                                        総額(円)              総額(円)
                                     -       -       -       -
         引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                     -       -       -       -
         消却の処分を行った取得自己株式
         合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                     -       -       -       -
         行った取得自己株式
         その他
                                     -       -       -       -
         ( - )
                                     68       -       68       -
         保有自己株式数
        (注)当期間における保有自己株式数には、2017年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元
           未満株式の買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
      3【配当政策】

         当社は、株主に対する利益の還元を経営上の重要な施策と位置づけており、事業規模の拡大と経営の
        効率化によって企業価値を高めるために必要な内部留保資金を確保しつつ、安定した配当を継続して
        行っていくことを基本方針としております。
         配当回数につきましては、年1回の剰余金の配当を行うこととしており、これらの剰余金の配当の決定機
        関は、取締役会となっております。当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議を
        もって剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定めております。
         当事業年度の配当金につきましては、1株当たりの期末配当金40円(特別配当金10円を含む)で実施す
        ることを決定しました。
         また、内部留保資金は、新設店舗等の設備投資や情報システムの構築等に活用し、業容の拡大と収益
        力の強化に努めてまいります。
         なお、当社は取締役会の決議により、毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定
        款に定めております。
         なお、2017年2月期の剰余金の配当は、以下のとおりです。
                          配当金の総額(百万円)                  1株当たり配当額(円)
             決議年月日
                                                40
            2017年4月12日
                                    301
            取締役会決議                            (普通配当30円+特別配当10円)
                                 35/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
           回次        第11期         第12期         第13期         第14期         第15期
         決算年月         2013年2月         2014年2月         2015年2月         2016年2月         2017年2月

         最高(円)             1,370         1,704         2,050         2,138         2,022
         最低(円)             1,029         1,182         1,406         1,617         1,619

        (注)最高・最低株価は、2013年7月15日までは大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場におけるも
          ので、2013年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場におけるものです。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

          月別      2016年9月       2016年10月        2016年11月        2016年12月        2017年1月        2017年2月
        最高(円)          1,975        2,021        1,983        1,992        2,004        2,022
        最低(円)          1,844        1,902        1,898        1,931        1,950        1,891

       (注)最高・最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場におけるものです。
                                 36/86















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 9名 女性 1名 (役員のうち女性の比率10.0%)
                                                       所有株式数
         役名      職名      氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                               1979年3月 ジャスコ㈱(現イオン㈱)入

                                      社
                               1995年5月 同社三岐商品水産マネー
                                      ジャー
                               2001年10月 同社水産商品部マネージャー
                               2003年3月 同社SSM商品本部北関東商
                                      品部長
                               2004年3月 同社SSM商品本部西関東商
                           1955年
        代表取締役
                                      品部長               (注)3       0
                    佐々木 勉
        社長
                          7月9日生
                               2004年9月 同社関東カンパニー食品商品
                                      部長
                               2007年5月 ㈱フードサプライジャスコ
                                      (現イオンフードサプライ
                                      ㈱)代表取締役社長
                               2011年4月 イオンアグリ創造㈱取締役
                               2014年5月 ㈱クリエイト取締役会長
                               2014年5月 当社代表取締役社長(現任)
                               1976年4月 福岡ジャスコ㈱(現イオン九

                                      州㈱)入社
                               1988年9月 同社開発本部開発部長
                               2002年5月 当社開発部長
                               2003年5月 当社取締役開発部長
               常務
                               2006年8月 当社取締役開発本部長
                           1952年
              執行役員
                               2007年9月 当社取締役開発本部長兼リー                     (注)3       1
         取締役            井上 渡
                          7月12日生
              開発・管理
                                      シング部長
               担当
                               2008年2月 当社取締役開発本部長
                               2012年5月 当社常務取締役開発本部長
                               2016年5月 当社取締役常務執行役員 開
                                      発・管理担当兼開発本部長
                                      (現任)
                               1980年4月 ㈱壽屋入社
                               2002年3月 当社入社
                               2004年6月 当社福岡南運営部長
                               2005年2月 当社営業企画部長
                               2006年1月 当社長崎商品部長
                               2006年4月 当社長崎事業部長
                               2009年4月 当社生鮮統括商品部長
              執行役員            1955年
                               2009年5月 当社取締役生鮮統括商品部長                     (注)3       1
         取締役            田中 實
              営業担当            3月2日生
                               2009年9月 当社取締役商品本部長
                               2013年5月 当社取締役マックスバリュ事
                                      業本部長
                               2016年5月 当社執行役員マックスバリュ
                                      事業本部長
                               2017年5月 当社取締役執行役員営業担当
                                      (現任)
                                 37/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役名      職名      氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                               1983年4月 ジャスコ㈱(現イオン㈱)入社
                               2000年9月 同社SSM兵庫商品部マネー
                                      ジャー
                               2001年3月 同社SSM水産商品開発部長
                               2006年3月 同社水産商品部長
                               2009年9月 イオンリテール㈱イオン東北
              執行役員            1960年           食品商品部長
                                                    (注)3       -
         取締役           南谷 和彦
                               2012年9月 同社中四国カンパニーイオン
              商品担当            8月16日生
                                      倉敷店長
                               2015年9月 当社商品副本部長
                               2016年5月 当社執行役員商品本部長兼九
                                      州商品開発部長
                               2017年5月 当社取締役執行役員商品担当
                                      兼九州商品開発部長(現任)
                               1972年4月 ㈱リクルートセンター(現㈱

                                      リクルートホールディング
                                      ス)入社
                               1978年11月 ㈱ルーデンス設立 代表取締
                                      役
                               1983年4月 ㈱フォーラム設立代表取締役
                               1985年4月 ㈱コミュニケーション・アー
                           1949年           ツ設立 代表取締役
                                                    (注)3       -
         取締役           青木 孝一
                               1994年4月 ㈱コミュニケーション・アー
                          11月2日生
                                      ツをコズミックアート㈱に社
                                      名変更
                               2009年6月 ㈱はせがわ 社外取締役
                               2014年10月 コズミックアート㈱を㈱ライ
                                      フワークス・ラボに改組 取
                                      締役(現任)
                               2016年5月 当社取締役(現任)
                               1968年4月 RKB毎日放送㈱アナウンス

                                      部入社
                               1971年3月 同社退社
                               1980年5月 フリーアナウンサー(現任)
                               1996年4月 大野城市都市施設管理公社大
                                      野城まどかぴあ(現公益財団
                                      法人大野城まどかぴあ)女性
                                      センター所長
                           1947年
                               1999年4月 私立筑紫女学園大学非常勤講
                                                    (注)3       -
         取締役           林田 スマ
                          12月16日生
                                      師(現任)
                               2006年4月 学校法人中村学園理事(現
                                      任)
                               2009年4月 公益財団法人大野城まどかぴ
                                      あ館長(現任)
                               2015年6月 ㈱福岡中央銀行社外取締役
                                      (現任)
                               2016年5月 当社取締役(現任)
                                 38/86






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数

         役名      職名      氏名     生年月日              略歴            任期
                                                        (千株)
                               1979年3月 福岡ジャスコ㈱(現イオン九
                                      州㈱)入社
                               1996年2月 同社能力開発部長
                               1999年3月 同社人事部長
                               2002年5月 同社取締役人事総務本部長
                           1955年     2007年3月 同社取締役企業倫理担当兼人
                                                    (注)4       0
        常勤監査役            宮崎 雅典
                                      事総務本部長
                          6月27日生
                               2010年5月 同社取締役社長室担当兼企業
                                      倫理担当兼人事総務本部長
                               2012年5月 イオンリテール㈱中四国カン
                                      パニー人事教育部長
                               2015年5月 当社常勤監査役(現任)
                               1986年4月 弁護士登録(福岡県弁護士
                                      会)ふくおか法律事務所入所
                               1989年4月 古賀和孝法律事務所(現、古
                                      賀・花島法律事務所)設立
                           1955年
                               2007年10月 当社監査役(現任)
                                                    (注)4       -
         監査役           古賀 和孝
                          9月17日生
                               2012年4月 福岡県弁護士会会長
                               2014年4月 日本弁護士連合会副会長
                               2016年6月 九州電力株式会社 監査役
                                      (現任)
                               1980年4月 ジャスコ㈱(現イオン㈱)入
                                      社
                               1992年9月 同社海南ココ店総務課長
                               1994年10月 同社奈良南店総務課長
                               1998年9月 同社総務部株式文書課長
                           1957年
                               2011年4月 同社コーポレート・コミュニ
                                                    (注)4       -
         監査役           久家 基裕
                          3月22日生
                                      ケーション部 株式グループ
                                      マネージャー
                               2016年5月 ㈱山陽マルナカ 常勤監査役
                                      (現任)
                               2016年5月 当社監査役(現任)
                               2002年4月 ㈱ヤオコー入社
                               2013年8月 同社営業企画部店舗戦略マ
                                      ネージャー
                               2015年4月 ㈱ダイエー入社 SM改革推進
                           1978年
                                                    (注)4       -
         監査役            大塚 要
                                      チーム
                          9月11日生
                               2016年3月 イオン㈱ SM・DS事業政策
                                      チーム(現任)
                               2016年5月 当社監査役(現任)
                                                            3
                                         計
       (注)1.取締役 青木孝一、林田スマは社外取締役です。
         2.監査役 古賀和孝、久家基裕は社外監査役です。
         3.2017年5月19日開催の定時株主総会の終結の時から、2018年2月期に係る定時株主総会の終結の時までです。
         4.2015年5月22日開催の定時株主総会の終結の時から、2019年2月期に係る定時株主総会の終結の時までです。
                                 39/86






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社におけるコーポレート・ガバナンス(企業統治)とは、会社の意思決定機関である取締役会の活
          性化、経営陣に対する監視及び不正を防止する仕組みであると考えております。
           円滑な企業経営のために行うあらゆる手段はコーポレート・ガバナンスの対象であり、企業に関わる
          利害関係者(株主、顧客、従業員、取引先、地域社会等)に対し、企業の透明性を高めることで、効率
          的な経営が実現できるシステムの確立を目指しております。
           また、経営陣に対する監視、不正防止の見地から、常勤監査役、非常勤監査役を選任し、株主に対
          する責任を重視した、チェック機能の強化に取り組んでおります。
        ①企業統治の体制の状況

          (企業統治の体制の概要)
           ア.取締役会
             当社の取締役会は、社外取締役2名を含む6名で構成されており、定例取締役会を毎月1回、
            臨時取締役会を随時必要な時に開催しております。
             取締役会は業務執行の決定及び取締役及び執行役員の職務の執行の監督を行っており、法
            令及び定款に定められた事項並びに重要な業務に関する事項を決議しております。
           イ.経営会議
             当社の経営会議は、取締役(社外取締役を含む)、執行役員、事業部長、新店・活性化推進部
            長、経営監査部長及び常勤監査役の20名で構成されており、毎月2回開催しております。
             経営会議は業務執行に必要な報告・審議などを行い、業務遂行の迅速化を図ることを目的とし
            た機関です。
           ウ.監査役会
             当社は監査役会設置会社です。当社の監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役3名の計
            4名で構成されております。非常勤監査役2名は会社法第2条第16号に定める社外監査役です。
             監査役4名は取締役会に出席し、うち常勤監査役は、経営会議などの重要な会議にも出席して
            おります。
          (取締役及び監査役の責任限定契約)
             当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役及び監査役との間において、会社法第423
            条第1項の損害賠償責任を限定することができる旨を定款で定めております。
             これに基づき、当社と社外取締役である青木孝一、林田スマ及び社外監査役である古賀和孝と
            の間で会社法第427条第1項の定める責任限定契約を締結しております。責任限定契約に基づく
            責任の限度額は法令の定める最低責任限度額となっておりますが、その責任範囲が認められるの
            は、その責任の原因となった職務の遂行において善意でかつ重大な過失が無い場合に限定して
            おります。
          (取締役の選任の決議要件             )
             当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
            以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によ
            らないものとする旨定款に定めております。
          (株主総会の特別決議要件)
             当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使す
            ることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
            もって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和すること
            により、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。
                                 40/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (株主総会決議要件を取締役会で決議することができる場合)
           ア.自己の株式の取得
             当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己
            の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機
            動的な資本政策の遂行を可能とするためです。
           イ.剰余金の配当等の決定機関
             当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項第2号から第4号に定める事項については、法
            令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款
            に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的
            な利益還元を行うことを目的とするものです。なお、中間配当の基準日は、毎年8月31日とする旨
            を定款に定めております。
          (内部統制システムの整備の状況)
             当社は「すべてはお客さまのために」を経営基本理念とし、株主・顧客・従業員・取引先・地域社
            会などのステークホルダーに対する社会的責任を果たしていくことを5つの経営理念として掲げて
            おります。この原理・原則に沿って、取締役会において内部統制システムに関する基本方針を以
            下のとおり決議しております。
                          「内部統制システム構築に関する基本方針」

             当社の事業が健全かつ継続的に発展するため、内部統制の体制の整備を進め、取締役及び
            従業員の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ当社の業務の適正を確保するため、この基
            本方針を制定しております。
           ⑴当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

             ①より良い地域社会との関係を構築するとともに、企業としての社会的責任を果たすためコンプ
              ライアンス経営を重要なものと位置付け、イオングループ共通のイオン行動規範を制定してい
              ます。
             ②当社の取締役会は、法令等遵守のための体制を含む内部統制システムの整備方針・計画に
              ついて決定すると共に各主管部署から定期的に報告を受けます。
             ③当社はイオングループ全従業員を対象としたイオン株式会社の内部通報制度(イオン行動規
              範110番)にも参加しており、当社に関する事項は、当社の担当部署に報告されるほか、イオ
              ン株式会社の監査委員会にも報告されます。なお、通報者に対しては不利な取扱いを行い
              ません。
             ④財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法等に従い、財務報告に係る内部統制を
              整備し、適切な運用に努めるとともに、それを評価するための体制を確保します。
             ⑤反社会的勢力との関係遮断のため、社内体制の整備を行い、反社会的勢力からの不当な要
              求に対して会社をあげて組織的に対応する風土を醸成します。
           ⑵当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             ①取締役の決定に関する記録については、社内規則に則り、作成、管理(アクセス・開示に関
              する事項を含む)、保存を行います。
             ②当社の取締役は、その職務の執行に係る文書その他の情報につき、当社の社内規程に従い
              適切に保存及び管理を行います。
             ③個人情報保護については、個人情報コンプライアンスマニュアルに基づき対応しています。
                                 41/86






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           ⑶損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             ①当社の取締役は、取締役会の決定により、社員は職務責任権限規程に基づき、それぞれの
              職務の遂行に必要な権限を付与されるとともに、その範囲において職務の執行に伴うリスクを
              管理し、結果について責任を負います。
             ②当社の取締役会は、内部統制担当を選任し、各部門担当取締役と共に、カテゴリー毎のリス
              クを体系的に管理し、リスク管理の状況を取締役会またはその他重要な会議において定期的
              に報告します。
             ③当社の取締役は、自己の担当領域に係るリスクについて、規則・ガイドラインの制定、マニュ
              アルの作成・配布、研修の実施等により全従業員に徹底します。
             ④当社の取締役会は、定期的にリスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善に努めます。
             ⑤災害、環境、コンプライアンス等に係るリスクについては、それぞれの担当部署にて規程・マ
              ニュアルの制定、配布を行い、研修の実施により全従業員に徹底します。
           ⑷当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             ①業務の有効性と効率性を図る観点から、当社の経営に係る重要事項については経営会議及
              び取締役会において決定します。
             ②当社の取締役会等での決定に基づく業務執行は、代表取締役社長の下、各部室・店長らが
              迅速に遂行し、あわせて内部牽制機能を確立するため、職務責任権限規程・個別職務責任
              権限基準表においてそれぞれの組織権限や実行責任者を明確にし、適切な業務手続を進
              めます。
           ⑸当社並びにその親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための
             体制
             ①イオングループ各社の関係部門が定期的に担当者会議を開催し、法改正対応の動向・対応
              の検討、業務効率化に資する対処事例の水平展開等を進めていきます。但し、具体的対応
              の決定については、各社の事情に応じて各社が自主決定するものとしており、当社としては
              水平展開候補事例の通知を受けるほか、コンプライアンス状況等に係る報告を適宜受ける体
              制とします。
             ②親会社との利益相反取引については、当社の利益を損なわない方策を講じます。
             ③当社の子会社に対しては、当社取締役会に営業・コンプライアンス・リスク管理に係る報告を
              求め、法改正対応の動向・対応の検討・業務効率の向上に関する情報共有を進める体制とし
              ます。
             ④当社は、当社子会社の業務の適正を確保するために、経営監査部が定期的に業務監査を
              実施すると共に、当社本社の管理担当部門が横断的に指導し、業務の適正化を推進しま
              す。
           ⑹当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関
             する事項
              監査役から求められた場合には、監査役と協議のうえ、専任または兼任の従業員を監査役ス
              タッフとして配置します。
           ⑺使用人の取締役からの独立性に関する事項
              当社の監査役スタッフについては、取締役からの独立性を確保するため、その任命、解任、人
              事異動等については、監査役会の同意を得るものとします。
           ⑻使用人に対する指示の実効性に関する事項
              当社の監査役スタッフは、監査役の指揮命令に従うものとし、他部署の業務を兼務する場合
              は、監査役に係る業務を優先するものとします。
                                 42/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           ⑼当社の監査役への報告体制及びその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するため
             の体制
             ①当社の取締役は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実があることを発見したときは、
              法令に従い直ちに監査役に報告します。
             ②当社の常勤監査役は、監査計画案及び監査予算の策定、監査役会の運営・議事録作成等
              の業務を直接実施することにより、監査業務の独立性の確保を進めます。
             ③当社の常勤監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把
              握するため、経営会議などの重要な会議に出席するとともに、業務執行に関する重要な文書
              を閲覧し、必要に応じて取締役または従業員にその説明を求めることとします。
             ④当社の監査役は、会計監査人から会計監査の方針及び内容について説明を受けるほか、適
              宜、情報の交換を行うなどの連携を図っていきます。
             ⑤当社及び当社子会社は、当社監査役へ報告をしたことを理由として、当該報告者に対して不
              利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び当社子会社の取締役及び従業員等に周
              知徹底します。
             ⑥当社の監査役が、その職務の執行について予算外の費用の前払い等の請求をしたときは、
              当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場
              合を除き、速やかに当該費用または債務を処理します。
                                 43/86















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (リスク管理体制の整備の状況)
              当社は、社内諸規程を定め、管理・運営を継続して行うとともに、情報の共有化を行うことで、
              不測の事態の発生を未然に防ぎ、業務の効率化を図る体制作りに取り組んでおります。また、
              リスク管理の担当部署は総務部とし、不測の事態が生じた場合は、代表取締役社長を本部長
              とする対策本部を設置し、専門家である弁護士及び監査法人の助言を受け、全社一丸となっ
              て迅速な対応を行う体制作りに取り組んでおります。
                                 44/86


















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ②内部監査及び監査役監査
           当社は内部監査部門として経営監査部を設置しており、専任担当者8名が担当しております。経営
          監査部は、年度監査計画を立案し、経営諸活動が、経営方針、計画に基づき効果的かつ適切に遂行
          されているか及び社会性、公共性、遵法性を健全に保持しているかどうかを監査し、具体的な改善方
          法を助言、勧告しております。
           監査役は、取締役会に出席するとともに、毎月1回監査役会を開催しております。常勤監査役は、取
          締役会のほか、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、経営会議などの重要な
          会議に出席するとともに、業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役または使用人
          にその説明を求めております。また、常勤監査役は本部・店舗等での監査を行い、経営監査部からの
          報告をもとに監査役会にて協議し、情報の共有化を図っております。
           当社の監査役監査、内部監査、会計監査は、各々監査主体としての独立性を維持しつつも、相互に
          連携・協力し、監査の効率性、実効性を高めるよう努めております。
           例えば、監査役は監査法人による会計監査の際、意見交換等を行い、監査状況の把握に努めるとと
          もに、経営監査部とも定期的に情報交換を行い、内部監査の進捗状況を確認しております。また、経営
          監査部は、内部監査の執行にあたり、監査法人と監査の結果明らかになった課題等を共有し、改善に
          向けた協議を行うことにより質の高い内部監査の実施に努めております。
           また、内部統制部門は、各担当者と情報交換することで、内部統制システムの継続的な改善、整備
          を実施しております。
        ③社外取締役及び社外監査役

           (人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係)
            当社の社外取締役は2名であり、2017年5月19日開催の第15期定時株主総会において、青木孝
           一、林田スマを再任いたしました。青木孝一は、長年会社の経営に携わっており、培われた専門的
           知識、経験等を活かして、当社の経営に対し的確な助言、監督をいただけるものと判断し、社外取締
           役に選任いたしました。林田スマは、アナウンサーとして培われた豊富な経験や高い見識等を当社
           の経営に活かしていただくとともに、女性生活者の立場から見た小売業に対しての商品・サービス等
           について的確な助言・監督をいただけるものと判断し、社外取締役に選任いたしました。なお、青木
           孝一、林田スマは、当社との間に、人的関係、資本的関係または取引関係その他特別な利害関係
           はありません。
            社外監査役としては、古賀和孝、久家基裕が就任しており、当社との資本的関係はなく、当社の
           取締役、監査役と人的関係もありません。
            当社は、社外取締役または社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針として
           明確に定めたものはありませんが、その選任に際しては、株式会社東京証券取引所が定める独立役
           員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
        ④会計監査の状況

           会計監査については、有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選任し、監査契約に基づいて
          定期的な会計監査を受けております。当社の会計監査業務を執行した公認会計士は野澤啓氏及び池
          田徹氏であり、会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名及びその他13名で構成されておりま
          す。なお、有限責任監査法人トーマツ及び同監査法人の業務執行社員と当社との間には特別な利害
          関係はありません。
                                 45/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ⑤役員の報酬等
           ア.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                  報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                       報酬等の総額
                                                      役員の員数
              役員区分
                        (百万円)
                                                ストック
                                                      (人)
                                基本報酬       業績報酬
                                               オプション
              取締役
                            102        54       27       20        8
           (社外取締役を除く)
              監査役
                             12       12       -       -        1
           (社外監査役を除く)
                             12       12       -       -        6

              社外役員
             (注)取締役の報酬限度額は、2012年5月11日開催の定時株主総会決議において年額250百万
               円以内(うち、金銭報酬額220百万円、株式報酬型ストックオプション公正価値分30百万円)
               監査役の報酬限度額は、2003年10月10日開催の臨時株主総会決議において年額30百万
               円以内とそれぞれ決議されております。
           イ.役員ごとの報酬等の総額
             報酬等の総額が1億円以上である役員は該当がないため、記載を省略しております。
           ウ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
             当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
           エ.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
             該当事項はありません。
          (取締役の定数)

             当社の取締役は3名以上とする旨を定款で定めております。
                                 46/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ⑥株式の保有状況
          ア.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
           銘柄数                   7銘柄
           貸借対照表計上額の合計額                 390百万円
          イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上
           額及び保有目的
           前事業年度
             特定投資株式
                                      貸借対照表計上額
                               株式数(株)
                    銘柄                                保有目的
                                        (百万円)
                                 120,000             198
             イオン九州株式会社                                   事業関係強化のため
                                  69,003            105
             マックスバリュ西日本株式会社                                   事業関係強化のため
                                  14,641             28
             ミニストップ株式会社                                   事業関係強化のため
                                  30,000             23
             株式会社ジーフット                                   事業関係強化のため
                                                 財務活動の取引円滑
                                   469            0
             株式会社西日本シティ銀行
                                                 化のため
             注)株式会社ジーフットは、2015年7月31日付で株式1株を2株に分割する株式分割を行ったため、当社
               の保有する株式数は30,000株に増加しております。
           当事業年度
             特定投資株式
                                      貸借対照表計上額
                               株式数(株)
                    銘柄                                保有目的
                                        (百万円)
                                 120,000            215
             イオン九州株式会社                                   事業関係強化のため
                                  69,003            113
             マックスバリュ西日本株式会社                                   事業関係強化のため
                                  14,641            32
             ミニストップ株式会社                                   事業関係強化のため
                                  30,000            22
             株式会社ジーフット                                   事業関係強化のため
             株式会社西日本フィナンシャル                                   財務活動の取引円滑
                                    93           0
             ホールディングス                                   化のため
             注)株式会社西日本シティ銀行は2016年10月3日付で持株会社体制へ移行し、同行の株式1株に対し株
               式会社西日本フィナンシャルホールディングスの株式0.2株を割り当てる株式移転を行っておりま
               す。
          ウ.保有目的が純投資目的である投資株式
             該当事項はありません。
                                 47/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 前連結会計年度                           当事業年度
         監査証明業務に基づく                          監査証明業務に基づく
                     非監査業務に基づく報酬                          非監査業務に基づく報酬
                         (百万円)                          (百万円)
           報酬(百万円)                          報酬(百万円)
                   31              2            31             -
        ②【その他重要な報酬の内容】

          (前連結会計年度)
             当社は、監査公認会計士等の同一のネットワークに属しているデロイトトーマツファイナンシャル
           アドバイザリー合同会社に対して、非監査業務に基づく報酬13百万円を支払っております。
          (当事業年度)
             該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          (前事業年度)
            当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業
           務)である財務報告に関する助言・指導業務についての対価を支払っております。
          (当事業年度)
            該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、会社規模、監査日数等の要
          素を勘案し、決定しております。
                                 48/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
          当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
        59号。以下「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
          なお、前事業年度(2015年3月1日から2016年2月29日まで)は連結財務諸表を作成しており、キャッ
        シュ・フロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フロー計算書に係る比較情報は記載しておりませ
        ん
      2.監査証明について

          当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2016年3月1日から2017年2
        月28日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

          当社は、2016年9月1日付で、連結子会社である株式会社クリエイトを吸収合併し、連結子会社が存在
        しなくなったため、当事業年度より連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

          当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基
        準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等についても的確に対応することができる体制を整備す
        るため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各セミナーへの参加等により情報を取得しておりま
        す。さらに、監査法人及び各種団体が主催する研修会等にも参加し、財務諸表等の適正性の確保に努
        めております。
                                 49/86













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2016年2月29日)              (2017年2月28日)
         資産の部
           流動資産
                                            6,364              6,554
            現金及び預金
                                            1,601              1,572
            売掛金
                                            4,219              4,804
            商品
                                              46              47
            貯蔵品
                                             480              442
            前払費用
                                             212              196
            繰延税金資産
                                            1,260              1,472
            その他
                                            14,184              15,090
            流動資産合計
           固定資産
            有形固定資産
                                           ※1 8,299            ※1 8,170
              建物(純額)
              構築物(純額)                                712              650
              工具、器具及び備品(純額)                               2,550              2,482
                                           ※1 2,773            ※1 2,904
              土地
              リース資産(純額)                                214              158
                                              6              0
              建設仮勘定
                                          ※2 14,556            ※2 14,365
              有形固定資産合計
            無形固定資産
                                              13              19
              ソフトウエア
                                              18              16
              その他
                                              32              35
              無形固定資産合計
            投資その他の資産
                                             362              390
              投資有価証券
                                              0              0
              出資金
                                             462              429
              長期前払費用
                                             982            1,131
              繰延税金資産
                                            4,759              4,659
              差入保証金
                                            6,566              6,610
              投資その他の資産合計
                                            21,155              21,012
            固定資産合計
                                            35,339              36,102
           資産合計
                                 50/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2016年2月29日)              (2017年2月28日)
         負債の部
           流動負債
                                              39              44
            支払手形
                                            13,393              13,698
            買掛金
                                            ※1 600            ※1 810
            1年内返済予定の長期借入金
            リース債務                                  84              70
                                            1,399              1,598
            未払金
                                            1,503              1,601
            未払費用
                                             637              431
            未払法人税等
                                             484              523
            預り金
                                              34              29
            前受収益
                                             247              294
            賞与引当金
                                              56              29
            役員業績報酬引当金
                                              46              12
            店舗閉鎖損失引当金
                                             983            1,274
            その他
                                            19,510              20,417
            流動負債合計
           固定負債
                                           ※1 1,200             ※1 830
            長期借入金
                                             223              148
            リース債務
                                              19              7
            店舗閉鎖損失引当金
                                             888              949
            資産除去債務
                                             641               -
            関係会社事業損失引当金
                                             824              776
            その他
                                            3,798              2,711
            固定負債合計
                                            23,308              23,128
           負債合計
         純資産の部
           株主資本
                                            1,589              1,590
            資本金
            資本剰余金
                                            1,434              1,436
              資本準備金
                                            1,434              1,436
              資本剰余金合計
            利益剰余金
                                              72              72
              利益準備金
              その他利益剰余金
                                              23              18
               固定資産圧縮積立金
                                              0              -
               特別償却積立金
                                            7,800              7,800
               別途積立金
                                             906            1,803
               繰越利益剰余金
                                            8,802              9,694
              利益剰余金合計
                                             △ 0            △ 0
            自己株式
            株主資本合計                                11,826              12,721
           評価・換算差額等
                                             156              179
            その他有価証券評価差額金
                                             156              179
            評価・換算差額等合計
                                              48              72
           新株予約権
                                            12,031              12,973
           純資産合計
                                            35,339              36,102
         負債純資産合計
                                 51/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                    至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
                                           155,037              170,353
         売上高
         売上原価
                                            3,662              4,219
           商品期首たな卸高
                                              -              29
           合併による商品受入高
                                           119,320              131,034
           当期商品仕入高
                                           122,982              135,283
           合計
                                            ※1 64            ※1 66
           他勘定振替高
                                            4,219              4,804
           商品期末たな卸高
                                           118,699              130,413
           商品売上原価
                                            36,338              39,940
         売上総利益
         その他の営業収入
                                             999              998
           不動産賃貸収入
                                            ※2 885           ※2 1,059
           その他
                                            1,885              2,057
           その他の営業収入
                                            38,223              41,998
         営業総利益
         販売費及び一般管理費
                                              56              29
           役員業績報酬引当金繰入額
                                            15,028              16,610
           給料手当及び賞与
                                             247              294
           賞与引当金繰入額
                                            1,844              1,789
           減価償却費
                                            5,569              5,913
           賃借料
                                            13,423              14,742
           その他
                                            36,168              39,379
           販売費及び一般管理費合計
                                            2,054              2,619
         営業利益
         営業外収益
                                              21              19
           受取利息
                                              ▶              ▶
           受取配当金
                                              20              29
           受取保険金
                                              41              21
           受取補償金
                                              22              -
           補助金収入
                                              47              -
           貸倒引当金戻入額
                                              14              10
           その他
                                             172              87
           営業外収益合計
         営業外費用
           支払利息                                   23              21
                                              32              -
           商品廃棄損
                                              39              37
           その他
                                              95              58
           営業外費用合計
                                            2,131              2,647
         経常利益
                                 52/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                      前事業年度              当事業年度
                                   (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                    至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
         特別利益
                                                          ※3 34
                                              -
           固定資産売却益
                                              -             102
           災害保険金収入
                                              -              46
           店舗閉鎖損失引当金戻入額
                                             219               -
           負ののれん発生益
                                             219              183
           特別利益合計
         特別損失
                                                          ※4 25
                                              -
           固定資産売却損
                                            ※5 48            ※5 44
           固定資産除却損
                                            ※6 228            ※6 759
           減損損失
                                              62              -
           関係会社株式評価損
                                             641               -
           関係会社事業損失引当金繰入額
                                              58              -
           店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                              -            178
           抱合せ株式消滅差損
                                              -            132
           災害による損失
                                            1,039              1,138
           特別損失合計
                                            1,311              1,691
         税引前当期純利益
         法人税、住民税及び事業税                                    840              713
                                             △ ▶           △ 138
         法人税等調整額
                                             836              574
         法人税等合計
                                             474            1,117
         当期純利益
                                 53/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
         前事業年度(自 2015年3月1日 至 2016年2月29日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                          資本剰余金                  利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                    資本金
                             資本剰余                            利益剰余
                        資本準備金         利益準備金
                                      固定資産
                             金合計              特別償却         繰越利益     金合計
                                      圧縮積立         別途積立金
                                           積立金         剰余金
                                      金
         当期首残高            1,589     1,434     1,434      72     26     6   7,800     707    8,614
         当期変動額
          新株の発行(新株予約
                                                           -
          権の行使)
          固定資産圧縮積立金の
                                        △ 3              3    -
          取崩
          特別償却積立金の取崩                                   △ 5         5    -
          剰余金の配当                                            △ 286    △ 286
          当期純利益                                             474     474
          自己株式の取得
          株主資本以外の項目の
          当期変動額(純額)
         当期変動額合計
                      -     -     -     -    △ 3    △ 5    -    198     188
         当期末残高            1,589     1,434     1,434      72     23     0   7,800     906    8,802
                        株主資本            評価・換算差額等

                                                新株予約権       純資産合計
                                 その他有価証券       評価・換算差額
                     自己株式      株主資本合計
                                 評価差額金       等合計
         当期首残高                △ 0     11,638        148       148       32     11,818
         当期変動額
          新株の発行(新株予約
                                -                            -
          権の行使)
          固定資産圧縮積立金の
                                -                            -
          取崩
          特別償却積立金の取崩                      -                            -
          剰余金の配当                     △ 286                           △ 286
          当期純利益
                               474                            474
          自己株式の取得                      -                            -
          株主資本以外の項目の
                                       8       8      15       23
          当期変動額(純額)
         当期変動額合計                -      188        8       8      15      212
         当期末残高                △ 0     11,826        156       156       48     12,031
                                 54/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                          資本剰余金                  利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                    資本金
                             資本剰余                            利益剰余
                        資本準備金         利益準備金     固定資産
                             金合計              特別償却         繰越利益     金合計
                                      圧縮積立         別途積立金
                                           積立金         剰余金
                                      金
         当期首残高
                     1,589     1,434     1,434      72     23     0   7,800     906    8,802
         当期変動額
          新株の発行(新株予約
                       1     1     1
          権の行使)
          固定資産圧縮積立金の
                                        △ ▶              ▶     -
          取崩
          特別償却積立金の取崩                                   △ 0         0     -
          剰余金の配当                                            △ 225    △ 225
          当期純利益                                            1,117     1,117
          自己株式の取得
          株主資本以外の項目の
          当期変動額(純額)
         当期変動額合計              1     1     1     -    △ ▶    △ 0     -    896     891
         当期末残高
                     1,590     1,436     1,436      72     18     -   7,800     1,803     9,694
                        株主資本            評価・換算差額等

                                                新株予約権       純資産合計
                                 その他有価証券       評価・換算差額
                     自己株式      株主資本合計
                                 評価差額金       等合計
         当期首残高
                        △ 0     11,826        156       156       48     12,031
         当期変動額
          新株の発行(新株予約
                                3                            3
          権の行使)
          固定資産圧縮積立金の
                                -                            -
          取崩
          特別償却積立金の取崩                       -                            -
          剰余金の配当                     △ 225                           △ 225
          当期純利益                     1,117                            1,117
          自己株式の取得               △ 0      △ 0                           △ 0
          株主資本以外の項目の
                                       23       23       24       47
          当期変動額(純額)
         当期変動額合計                △ 0      894       23       23       24      942
         当期末残高
                        △ 0     12,721        179       179       72     12,973
                                 55/86






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                       (単位:百万円)
                                      当事業年度
                                   (自 2016年3月1日
                                    至 2017年2月28日)
         営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            1,691
           税引前当期純利益
                                            1,789
           減価償却費
                                             759
           減損損失
           引当金の増減額(△は減少)                                  △ 149
                                             △ 24
           受取利息及び受取配当金
                                              21
           支払利息
                                             132
           災害損失
           抱合せ株式消滅差損益(△は益)                                   178
                                            △ 102
           災害保険金収入
                                             △ 46
           店舗閉鎖損失引当金戻入額
           固定資産売却損益(△は益)                                   △ 9
           固定資産除却損                                   44
           売上債権の増減額(△は増加)                                   96
           たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 556
           仕入債務の増減額(△は減少)                                   146
                                             181
           その他
                                            4,149
           小計
                                              5
           利息及び配当金の受取額
                                             △ 19
           利息の支払額
                                             102
           保険金の受取額
                                            △ 128
           災害損失の支払額
                                            △ 991
           法人税等の支払額
                                            3,118
           営業活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 1,620
           有形固定資産の取得による支出
                                              93
           有形固定資産の売却による収入
                                            △ 185
           差入保証金の差入による支出
                                             352
           差入保証金の回収による収入
                                             △ 65
           預り保証金の返還による支出
                                              15
           預り保証金の受入による収入
                                            △ 405
           関係会社貸付けによる支出
                                            △ 122
           その他
                                           △ 1,937
           投資活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動によるキャッシュ・フロー
           長期借入金の返済による支出                                  △ 705
                                            △ 225
           配当金の支払額
                                             △ 91
           その他
                                           △ 1,022
           財務活動によるキャッシュ・フロー
         現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    158
         現金及び現金同等物の期首残高                                   6,364
                                              31
         合併に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                           ※ 6,554
         現金及び現金同等物の期末残高
                                 56/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
          (重要な会計方針)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)時価のあるもの
              期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
             価は移動平均法により算定しております)
            (2)時価のないもの
              移動平均法による原価法
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
            (1)商品
              売価還元原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
            (2)貯蔵品
              最終仕入原価法
           3.固定資産の減価償却の方法
            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              経済的耐用年数に基づく定額法
              各資産別の経済的耐用年数として以下の年数を採用しております。
               建物
                (営業店舗)
                            15年~34年
                (建物附属設備)
                            3年~18年
               構築物             3年~30年
               工具、器具及び備品             2年~20年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいてお
             ります。
            (3)リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法
            (4)長期前払費用
              契約期間等に応じた均等償却
           4.引当金の計上基準
            (1)貸倒引当金
              債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
             念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しており
             ます。
            (2)賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち、当事業年度に負担
             する金額を計上しております。
            (3)役員業績報酬引当金
              役員に対して支給する業績報酬の支出に備えるため、支給見込額のうち、当事業年度に負
             担する金額を計上しております。
            (4)店舗閉鎖損失引当金
              店舗閉店に伴う損失に備えるため、退店時における中途解約金等の閉店関連損失見込額を
             退店意思決定時に計上しております。
            (5)関係会社事業損失引当金
              関係会社への投資に係る損失に備えるため、関係会社の財政状態を勘案して必要と認めら
             れる額を計上しております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
              手元現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につい
             て僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなって
             おります。
                                 57/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しております。
          (未適用の会計基準等)

           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」
             (企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
           1.概要
             「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」は、日本公認会計士協会における税効果会
            計に関する会計上の実務指針及び監査上の実務指針(会計処理に関する部分)を企業会計基準
            委員会に移管するに際して、企業会計基準委員会が、当該実務指針のうち主に日本公認会計士
            協会監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取り扱い」に
            おいて定められている繰延税金資産の回収可能性に関する指針について、企業を5つに分類し、
            当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見積もるという取り扱いの一部について必要な見直し
            を行ったもので、繰延税金資産の回収可能性について、「税効果会計に関わる会計基準」(企業
            会計審議会)を適用する際の指針を定めたものです。
           2.適用予定日
             2017年3月1日に開始する事業年度の期首から適用します。
           3.当該会計基準の適用による影響
             「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の適用による財務諸表への影響はありませ
            ん。
          (貸借対照表関係)

           ※1. 担保提供資産及び担保付債務
            (1)担保に供している資産
                                  前事業年度               当事業年度
                               (2016年2月29日)               (2017年2月28日)
             建物(純額)
                                      469百万円               437百万円
             土地                        1,330百万円               1,304百万円
                    計                 1,800百万円               1,741百万円
            (2)担保付債務

                                  前事業年度               当事業年度
                               (2016年2月29日)               (2017年2月28日)
             長期借入金(1年内返済予定の
                                      520百万円               340百万円
             長期借入金含む)
           ※2. 有形固定資産の減価償却累計額

                                  前事業年度               当事業年度
                               (2016年2月29日)               (2017年2月28日)
             減価償却累計額                        15,006    百万円           16,951    百万円
                                 58/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (損益計算書関係)
           ※1. 他勘定振替高の内容
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2015年3月1日               (自 2016年3月1日
                                至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
             販売費及び一般管理費                         27百万円               22百万円
             営業外費用                         37百万円               4百万円
                                          -
             災害による損失                                        37百万円
                                          -
             その他                                         1百万円
                    計                  64百万円               66百万円
           ※2. その他の営業収入(その他)の内容は、販売受入手数料等です。

           ※3. 固定資産売却益の内容は次のとおりです。

                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2015年3月1日               (自 2016年3月1日
                                至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
                                          -
             建物                                        17百万円
                                          -
             土地                                        16百万円
                                          -
                    計                                 34百万円
           ※4. 固定資産売却損の内容は次のとおりです。

                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2015年3月1日               (自 2016年3月1日
                                至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
                                          -
             工具、器具及び備品                                         0百万円
                                          -
             土地                                        25百万円
                                          -
                    計                                 25百万円
           ※5. 固定資産除却損は、改装等によるものであり、内容は次のとおりです。

                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2015年3月1日               (自 2016年3月1日
                                至 2016年2月29日)               至 2017年2月28日)
             建物                          47百万円               42百万円
             工具、器具及び備品                          0百万円               1百万円
                                          -
             長期前払費用                                         0百万円
                    計                  48百万円               44百万円
                                 59/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           ※6. 減損損失
             以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
            前事業年度(自 2015年3月1日 至 2016年2月29日)
             (1)減損損失を認識した資産グループの概要
                                          金額
                 用途      種類      場所      件数
                                        (百万円)
                                       9     225
                店    舗  建物等      福岡県他
                                       2      3
                遊休資産      土    地  福岡県他
                                      11     228
                       合計
             (2)減損損失の認識に至った経緯
                 店舗における営業活動から生ずる損益が継続してマイナスまたは継続してマイナスにな
                る見込みである資産グループ及び遊休状態にあり今後の使用目処が立っていない資産グ
                ループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に
                計上しております。
             (3)減損損失の金額
                               金額
                     種類
                             (百万円)
                                154
                建物
                                 8
                構築物
                                 59
                工具、器具及び備品
                                 3
                土地
                                 3
                その他
                                228
                     合計
             (4)資産のグルーピングの方法
                 キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、主として店舗を基本単位とし、また遊休資
                産については物件単位毎にグルーピングしております。
             (5)回収可能価額の算定方法
                 資産グループの回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しておりま
                す。正味売却価額は、土地については重要性を勘案して固定資産税評価額等を基に算
                定した金額により、その他の資産については取引事例等を勘案した合理的な見積りにより
                評価しております。また、使用価値は将来キャッシュ・フローを2.4%で割り引いて算定して
                おります。
                                 60/86









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
            当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
             (1)減損損失を認識した資産グループの概要
                                        金額
                用途     種類      場所      件数
                                      (百万円)
                                    14     630
                店舗    建物等      福岡県他
                 -            -        1     128
                    のれん
                                    15     759
                      合計
             (2)減損損失の認識に至った経緯
                 店舗における営業活動から生ずる損益が継続してマイナスまたは継続してマイナスにな
                る見込みである資産グループ及び子会社であった株式会社クリエイトののれんの帳簿価額
                について、回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上して
                おります。
             (3)減損損失の金額
                               金額
                     種類
                             (百万円)
                                342
                建物
                                 15
                構築物
                                254
                工具、器具及び備品
                                128
                のれん
                                 18
                その他
                                759
                     合計
             (4)資産のグルーピングの方法
                 キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、主として店舗を基本単位とし、また遊休資
                産については物件単位毎にグルーピングしております。
             (5)回収可能価額の算定方法
                 資産グループの回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しておりま
                す。正味売却価額は、土地については重要性を勘案して固定資産税評価額等を基に算
                定した金額により、その他の資産については取引事例等を勘案した合理的な見積りにより
                評価しております。また、使用価値は将来キャッシュ・フローを2.6%で割り引いて算定して
                おります。
                                 61/86









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (株主資本等変動計算書関係)
           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって、前事業年度については自己株式の種類及び株式数に関する事項のみ記載し
          ております。
           前事業年度(自 2015年3月1日 至 2016年2月29日)
           1.自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度          当事業年度          当事業年度          当事業年度末
                    期首株式数(千株)          増加株式数(千株)          減少株式数(千株)           株式数(千株)
           自己株式

                            0          -          -           0
            普通株式
                            0          -          -           0
             合計
           当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度          当事業年度          当事業年度
                                                    当事業年度末
                                                    株式数(千株)
                    期首株式数(千株)          増加株式数(千株)          減少株式数(千株)
          発行済株式

                         7,530             2          -         7,532
             普通株式
                         7,530             2          -         7,532
               合計
          自己株式

                            0          0          -           0
             普通株式
                            0          0          -           0
               合計
           注)1.発行済株式の増加2千株は、新株予約権の権利行使による新株発行によるものです。
             2.自己株式の増加は、単元未満株式の買い取りによるものです。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                            新株予約
                                   新株予約権の目的となる株式の数(千株)
                                                        当事業年
                            権の目的
                                                        度末残高
            区分     新株予約権の内訳
                                  当事業年      当事業年      当事業年      当事業年
                            となる株式
                                                        (百万円)
                                  度期首      度増加      度減少      度末
                            の種類
                 ストック・オプションと
                              -       -      -     -      -      72
           提出会社
                 しての新株予約権
                              -       -      -     -      -      72
                  合計
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                            配当金の        1株当たり
             (決議)
                    株式の種類                          基準日       効力発生日
                           総額(百万円)         配当額(円)
                                              2016年         2016年
           2016年4月13日
                                225         30
                     普通株式
            取締役会
                                             2月29日         5月6日
           (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                                          1株当たり
                            配当金の
                                    配当の
             (決議)                              配当額
                    株式の種類                             基準日     効力発生日
                           総額(百万円)
                                     原資
                                           (円)
                                     利益
                                                 2017年      2017年
           2017年4月12日
                                301              40
                    普通株式
            取締役会
                                                2月28日       5月8日
                                    剰余金
           (注)2017年2月28日を基準日とする1株当たり配当額は、特別配当(1株当たり10円)を含みます。
                                 62/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (キャッシュ・フロー計算書関係)
           ※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                    当事業年度

                                (自 2016年3月1日
                                 至 2017年2月28日)
           現金及び預金勘定                           6,554百万円
           現金及び現金同等物                           6,554百万円
          (リース取引関係)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
           ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
             ①リース資産の内容
              有形固定資産………店舗における建物及び器具・備品
             ②リース資産の減価償却の方法
              重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法(3)リース資産」に記載のとおりです。
           2.オペレーティング・リース取引
            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係わる未経過リース料
                       当事業年度
                      (2017年2月28日)
             1年内              2,153百万円
             1年超              11,318百万円
              合計             13,471百万円
                                 63/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (金融商品関係)
           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、食品スーパーマーケット事業を主力事業とし、そのほか、テナントに対する不動産賃
             貸借事業等を行っております。これらの事業を行うにあたり、資金運用については、主に安全性
             の高い金融資産に限定して運用し、資金調達については、銀行借入等による間接金融によっ
             ております。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク
              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は、主として業務上の関係を有する会社の株式であり、市場価格の変動リスク
             及び信用リスクに晒されております。
              差入保証金は、主に店舗の賃借に係るものであり、差入先の信用リスクに晒されております。
              営業債務である支払手形及び買掛金は、主に1年以内の支払期日です。
              長期借入金は、主に営業取引及び設備投資等に係る資金調達です。また、支払期日にその
             支払いを実行できなくなる流動性リスクを内包しておりますが、返済時期を分散させることにより
             流動性リスクの回避を図っております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制
             ①信用リスクの管理
                当社は、社内規定に従い、売掛金等の営業債権については、定期的にモニタリングし、取
              引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況の悪化等により回収懸念の早期把握
              や貸倒れリスクの軽減を図っております。
                投資有価証券のうち、時価のある株式については、四半期ごとに時価の把握を行い、時価
              のない株式等については定期的に発行体(取引先企業)の財務状況等の把握を行っており
              ます。
                差入保証金の一部については、抵当権、質権を設定するなど保全措置を講じております。
             ②市場リスクの管理
                投資有価証券については、市場動向、時価及び発行体(取引先企業)の財務状況等を定
              期的にモニタリングして経営陣に報告するとともに、保有状況を継続的に見直しております。
             ③資金調達に係る流動性リスクの管理
                当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
              に、手許流動性の維持等により流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算
             定された価額が含まれております。当該価額の算定おいては一定の前提条件等を採用してい
             るため、異なる前提条件等によった場合、当該時価が異なることもあります。
                                 64/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握す
            ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            当事業年度(2017年2月28日)

                                  貸借対照表
                                           時価(百万円)         差額(百万円)
                                   計上額
                                   (百万円)
                                      6,554         6,554           -

            (1)現金及び預金
                                      1,572         1,572           -

            (2)売掛金
                                       384         384          -

            (3)投資有価証券
            (4)差入保証金
                                      4,821         4,879           57
            (1年内償還予定の差入保証金含む)
                                     13,332         13,389           57

                    資産計
                                        44         44         -

            (1)支払手形
                                     13,698         13,698           -

            (2)買掛金
            (3)長期借入金
                                      1,640         1,641           1
            (1年内返済予定の長期借入金含む)
                                     15,382         15,383            1

                    負債計
           (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
              資産
                (1)現金及び預金、(2)売掛金
                  これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿
                 価額によっております。
                (3)投資有価証券
                  投資有価証券の時価については、株式等は取引所の価格によっております。
                (4)差入保証金
                  差入保証金の時価については、契約期間に基づいて算出した将来キャッシュ・フロー
                 を対応するリスクフリー・レートで割り引いた現在価値から貸倒見積高を控除した価額に
                 よっております。
              負債
                (1)支払手形、(2)買掛金
                  これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿
                 価額によっております。
                (3)長期借入金
                  長期借入金の時価については、元金利の合計額をリスクフリー・レートに信用リスクを
                 加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
              2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                           (単位:百万円)
                                        当事業年度

                         区分
                                       (2017年2月28日)
                                                 6
                非上場株式
                                 65/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
              3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                当事業年度(2017年2月28日)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                       10年超
                                        5年以内       10年以内
                                (百万円)                      (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
                                  6,554         -       -       -
                 現金及び預金
                                  1,572         -       -       -
                 売掛金
                                   162       466       361       117
                 差入保証金
                                  8,288        466       361       117
                      合計
                  
                   が確定していないもの(3,713百万円)については、償還予定額に含めておりません。
              4.長期借入金の決算日後の返済予定額
                当事業年度(2017年2月28日)
                                 1年超      2年超      3年超      4年超
                          1年以内                              5年超
                                2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                          (百万円)                             (百万円)
                                (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                             810      455      355      20      -      -
                 長期借入金
                                 66/86














                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (有価証券関係)
           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           その他有価証券
            当事業年度(2017年2月28日)
                                 貸借対照表
                                           取得原価
                                                   差額(百万円)
                           種類       計上額
                                           (百万円)
                                 (百万円)
                                      384         127         256
                         (1)株式
                                       -         -         -
                         (2)債券
             貸借対照表計上額が
             取得原価を超えるもの
                                       -         -         -
                         (3)その他
                                      384         127         256
                           小計
                                       0         0        △0
                         (1)株式
             貸借対照表計上額が
                                       -         -         -
                         (2)債券
             取得原価を超えないも
                                       -         -         -
                         (3)その他
             の
                                       0         0        △0
                           小計
                                      384         127         256
                    合計
            (注)非上場株式(貸借対照表計上額6百万円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
              が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          (デリバティブ取引関係)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           当事業年度(2017年2月28日)
            該当事項はありません。
          (退職給付関係)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
            1.採用している退職給付制度の概要
              当社は、イオン株式会社及び同社の主要国内関係会社で設立している確定拠出年金制度
             及び退職金前払制度を採用しております。
            2.確定拠出制度
              当社の確定拠出制度への要拠出額は、180百万円です。
                                 67/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                    (単位:百万円)
                                 当事業年度

                              (自 2016年3月1日
                               至 2017年2月28日)
                                          20
            販売費及び一般管理費
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                           2013年             2014年             2015年
            付与対象者の区分
                        当社取締役 10名             当社取締役 10名             当社取締役 9名
            及び人数(名)
            株式の種類別のス
            トック・オプションの数
                        普通株式 21,700株             普通株式 11,300株             普通株式 10,100株
            (注)
            付     与     日    2013年5月10日             2014年5月10日             2015年5月10日
                       権利確定条件は付され             権利確定条件は付され             権利確定条件は付され
            権  利  確  定  条  件
                       ておりません。             ておりません。             ておりません。
                       対象勤務期間の定め             対象勤務期間の定め             対象勤務期間の定め
            対  象  勤  務  期  間
                       はありません。             はありません。             はありません。
                       自 2013年6月10日             自 2014年6月10日             自 2015年6月10日
            権  利  行  使  期  間
                       至 2028年6月9日             至 2029年6月9日             至 2030年6月9日
                           2016年

            付与対象者の区分
                         当社取締役 8名
            及   び   人   数
            株式の種類別のス
            トック・オプションの数
                        普通株式 18,300株
            (注)
            付     与     日    2016年5月10日
                       権利確定条件は付され
            権  利  確  定  条  件
                       ておりません。
                       対象勤務期間の定め
            対  象  勤  務  期  間
                       はありません。
                       自 2016年6月10日
            権  利  行  使  期  間
                       至 2031年6月9日
           (注)株式数に換算して記載しております。
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

             当事業年度(2017年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
            ンの数については、株式数に換算して記載しております。
                                 68/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
            ①ストック・オプションの数
                          2013年       2014年       2015年       2016年
             権利確定前  (株)
                           -       -       -       -
              前事業年度末
                           -       -       -       18,300
              付与
                           -       -       -       -
              失効
                           -       -       -       18,300
              権利確定
                           -       -       -       -
              未確定残
             権利確定後  (株)
                           19,400       10,100       10,100         -
              前事業年度末
                              -       -       -     18,300
              権利確定
                              -       -       -     2,300
              権利行使
                              -       -       -       -
              失効
                           19,400       10,100       10,100       16,000
              未行使残
            ② 単価情報

                          2013年       2014年       2015年       2016年
             権利行使価格(円)                  1       1       1       1
             行使時平均株価(円)               -       -       -       1,760

             付与日における
                            1,052       1,236       1,546       1,509
             公正な評価単価 (円)
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            当事業年度において付与された2016年ストック・オプションについての公正な評価単位の見積方
           法は以下のとおりです。
                              2016年ストック・オプション
             使 用  し  た  評  価 技  法
                                  ブラック・ショールズ式
                       (注)1                 20.20%
             株  価  変  動  性
                       (注)2
             予想残存期間                             7.5年
                       (注)3                  1.74%
             予  想  配  当  率
                       (注)4                  0.00%
             無リスク利子率
            (注)1.上場来の株価実績に基づき算定しております。
              2.十分なデータの貯蓄がなく、合理的な見積が困難であるため、権利行使期間の中間地点
                において行使されるものと推定して見積もっております。
              3.予想配当率は、2016年2月期の配当実績によっております。
              4.無リスク利子率は、予想残存期間に対応する国債の利回りです。
                                 69/86







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       前事業年度             当事業年度
                                     (2016年2月29日)             (2017年2月28日)
           繰延税金資産
            有形固定資産                             1,084百万円             1,167百万円
                                           90             98
            無形固定資産
                                           285             289
            資産除去債務
                                           205             -
            関係会社事業損失引当金
                                           268             264
            その他
                                          1,936             1,819
            繰延税金資産小計
                                          △435             △222
            評価性引当額
                                          1,500             1,597
           繰延税金資産合計
           繰延税金負債
                                           72             77
            その他有価証券評価差額金
                                           105             90
            資産除去債務に対応する除去費用
                                           117             93
            差額負債調整勘定
                                           11             8
            その他
                                           306             269
           繰延税金負債合計
                                          1,194             1,327
           繰延税金資産の純額
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内

           訳
                                       前事業年度             当事業年度
                                     (2016年2月29日)             (2017年2月28日)
                                          35.4%
           法定実効税率
                                                 法定実効税率と税
            (調整)
                                                 効果会計適用後の
                                           7.7
            住民税均等割
                                                 法人税等の負担率
                                           9.3
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正
                                                 との間の差異が、法
                                                 定実効税率の100分
                                           0.0
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                                 の5以下であるた
                                          16.8
            評価性引当額
                                                 め、注記を省略して
                                          △5.9
            負ののれん受入益
                                                 おります。
                                           0.5
            その他
                                          63.8
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
          3.法人税の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            2016年3月29日に「所得税法等の一部を改正する法律(平成28年法律第十五号)」、「地方税法等
           の一部を改正する等の法律(平成28年法律第十三号)」が国会で成立し、2016年4月1日以後開始
           する事業年度から法人税率の引下げ、および事業税率が段階的に引下げられることとなりました。
            これに伴い、2017年3月1日以後開始する事業年度において解消が見込まれる一時差異等につ
           いては、繰延税金資産及び繰延税金負債を計算する法定実効税率は32.1%から30.7%に変更さ
           れ、2019年3月1日以後開始する事業年度において解消が見込まれる一時差異等については、繰
           延税金資産及び繰延税金負債を計算する法定実効税率は32.1%から30.5%に変更されておりま
           す。この税率変更により、繰延税金資産が66百万円減少し、法人税等調整額(借方)が70百万円増
           加し、その他有価証券評価差額金(貸方)が4百万円が増加しております。
                                 70/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (持分法損益等)
           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたので、該当事項はありません。
           当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
            関連会社がないため、該当事項はありません。
          (企業結合等関係)

           当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
           1.企業結合の概要
            (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
              吸収合併存続会社           マックスバリュ九州株式会社
              吸収合併消滅会社           株式会社クリエイト
              事業の内容           小売事業
            (2)企業結合日
              2016年9月1日
            (3)企業結合の法的形式
              当社を吸収合併存続会社、株式会社クリエイトを吸収合併消滅会社とする吸収合併
            (4)結合後企業の名称
              マックスバリュ九州株式会社
            (5)その他取引の概要に関する事項
              株式会社クリエイトの店舗網を合併により一体化することで、佐賀県における売上シェアを高
             めるとともに、当社既存店との物流面での相乗効果によるコストダウンや、商品調達面でのコスト
             メリットを追求します。また、株式会社クリエイトの持つ生鮮商品調達と販売のノウハウを享受でき
             ると考えており、経営資源を最適化します。
           2.実施した会計処理の概要

              「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日)及び「企業結合会
             計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号平成25
             年9月13日)に基づき、共通支配下の取引として処理しています。なお、合併効力発生日にお
             いて吸収合併消滅会社から受け入れる資産及び負債の差額と、当社が所有する子会社株式の
             帳簿価額との差額178百万円を特別損失(抱合せ株式消滅差損)として計上しております。
          (資産除去債務関係)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの

           (1)当該資産除去債務の概要
             主として、不動産賃貸借契約に付されている土地の更地返還義務及び建物原状回復義務に関
             して資産除去債務を計上しております。
           (2)当該資産除去債務の金額の算定方法
             使用見込期間を取得から20年と見積り、割引率は主として2.0%を使用して資産除去債務の金
             額を計算しております。
                                 71/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
           (3)当該資産除去債務の総額の増減
                                    当事業年度
                                 (自 2016年3月1日
                                  至 2017年2月28日)
             期首残高                          888百万円
                                        22
             有形固定資産の取得に伴う増加額
                                        13
             時の経過による調整額
                                       △12
             資産除去債務の履行による減少額
                                        37
             合併による増加額
                                       949
             期末残高
          (賃貸等不動産関係)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
           当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
            賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、注記を省略しております。
          (セグメント情報等)

           前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成し
          ております。したがって前事業年度の記載はしておりません。
          【セグメント情報】

           当社は、食品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその附随業務の単一セ
          グメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

          当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報
             (1)売上高
               本邦以外への外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産
               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報
             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、該
             当事項はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
          当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
          該当事項はありません。
                                 72/86





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          【関連当事者情報】
          前事業年度は、連結財務諸表を作成しておりましたが、当事業年度は個別財務諸表のみを作成して
          おります。したがって前事業年度の記載はしておりません。
          1.関連当事者との取引
           財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等
            当事業年度(自 2016年3月1日 至 2017年2月28日)
                                  議決権等
                         資本金
                                                 取引        期末
                会社等の              事業の     の所有     関連当
                         又は出                  取引の
                                  (被所有)
            種類    名称又は     所在地         内容又          事者と          金額    科目    残高
                          資金
                                            内容
                                   割合
                 氏名             は職業         の関係         (百万円)        (百万円)
                         (百万円)
                                   (%)
                イオンクレ
                                       クレジット    クレジット販
                ジットサー     東京都千         金融サー
                                       業務等委    売等の債権          売掛金
                           500        -              112,097         1,155
                ビス株式会     代田区         ビス業
                                       託    譲渡
                社
           同一の
                イ オ ン リ
                     千葉市美
           親会社
                テール株式            489  卸売業      -   営業取引    商品仕入      10,909   買掛金     1,201
                     浜区
           を持つ
                会社
           会社
                イオントップ              商 品 企

                     千葉市美
                バリュ株式              画・開発・         営業取引    商品仕入          買掛金
                           572        -              11,630        1,096
                     浜区
                会社              販売促進
           (注)1.上記の金額のうち、期末残高については消費税等をが含まれており、取引金額のうち、クレ

               ジット販売等の債権譲渡を除き消費税等は含まれておりません。
             2.取引条件及び取引条件の決定方針等
               (1)クレジット販売等の債権譲渡につきましては、一般取引条件を参考に決定しております。
               (2)商品仕入については商品の仕入価格、代金決済方法等については市場価格、総原価、
                業界の商習慣等を考慮し、交渉のうえ、一般的な取引条件と同様に決定しております。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
             イオン株式会社(東京証券取引所に上場)
           (2)重要な関連会社の要約財務情報
             該当事項はありません。
                                 73/86









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          (1株当たり情報)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                  至 2016年2月29日)              至 2017年2月28日)
            1株当たり純資産額                           1,591.23円              1,712.61円

            1株当たり当期純利益金額                            63.06円              148.34円

            潜在株式調整後1株当たり当期純利益
                                        62.75円              147.27円
            金額
           (注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎
             は、以下のとおりです。
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                  至 2016年2月29日)              至 2017年2月28日)
            1株当たり当期純利益金額

             当期純利益金額(百万円)                             474             1,117
             普通株主に帰属しない金額(百万
                                          -              -
             円)
             普通株式に係る当期純利益金額
                                         474             1,117
             (百万円)
             期中平均株式数(千株)                            7,530              7,532
            潜在株式調整後1株当たり当期純利益

            金額
             当期純利益調整額(百万円)                             -              -
             普通株式増加数(千株)                             37              54

              (うち新株予約権(千株))                            (37)              (54)

            希薄化効果を有しないため、潜在株式
                                      -              -
            調整後1株当たり当期純利益金額の算
            定に含めなかった潜在株式の概要
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 74/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
          【有形固定資産等明細表】
                                           当期末減
                                           価償却累
                     当期首      当期      当期     当期末            当期
                                                       差引当期
                                           計額又は
                                                       末残高
           資産の種類          残高     増加額      減少額      残高           償却額
                                           償却累計
                                                       (百万円)
                    (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)            (百万円)
                                             額
                                           (百万円)
          有形固定資産
                                   871
                     17,468      1,722           18,318      10,148        752     8,170
           建物
                                 (342)
                                   110
                      1,907       215          2,012      1,361        97     650
           構築物
                                  (15)
                                   454
           工具、器具及び
                      6,966      1,136            7,648      5,166       783     2,482
           備品                       (254)
                      2,773       213      82    2,904        -      -    2,904
           土地
                       441      -      7     433      275      53     158
           リース資産
                        6   2,563      2,569        0     -      -      0
           建設仮勘定
                                 4,096
                     29,563      5,850           31,317      16,951      1,687     14,365
          有形固定資産計
                                 (612)
          無形固定資産
                        -      -      -      36      17      5     19
           ソフトウエア
                        -      -      -      38      21      1     16
           その他
                        -      -      -      75      39      7     35
          無形固定資産計
                                   150
                      1,159       112          1,120       691      116      429
          長期前払費用
                                  (18)
          (注)1.無形固定資産の当期末残高が資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」、「当期増加
              額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。
            2.当期減少額の(         )は内書きで、減損損失の計上額を表示しております。
            3.長期前払費用の当期償却額のうち、21百万円は該当経費科目に振替えております。
            4.建設仮勘定の当期減少額は、本勘定への振替額です。
                                 75/86










                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
            5.「有形固定資産」及び「投資その他の資産」の当期増加額の主な内容は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                                          工具、器
                                                   長期前
              区分         店名等          建物    構築物     具及び     土地         合計
                                                   払費用
                                           備品
             店舗の
                                   185      1    94   -       7   289
                   マックスバリュ上荒田店
              新設
             店舗の
                                   54     1   101    -      10    168
                   マックスバリュ熊本北店
              新設
             店舗の
                                   48   -      73   -       2   123
                   ザ・ビッグ江北店
              新設
             店舗の
                   マックスバリュエクスプレス
                                   34     3    66   -       7   111
                   二日市店
              新設
             店舗の
                                   57     1    39   -       2   101
                   マックスバリュ溝陸店
             改装等
             店舗の
                   マックスバリュエクスプレス
                                   33   -      31   -       0    65
                   大橋店
             改装等
             店舗の
                                   27     0    18   -       2    49
                   マックスバリュ西都店
             改装等
             店舗の
                   マックスバリュオプシアミス
                                   29   -      15   -       2    47
                   ミ店
             改装等
             店舗の
                                   13   -      26   -       3    43
                   マックスバリュ桜坂店
             改装等
             店舗の
                   マックスバリュエクスプレス
                                   24     1     9   -       0    36
                   筑紫駅前店
             改装等
             店舗の
                                   21     0    13   -       0    35
                   マックスバリュ東郡元店
             改装等
             店舗の
                                   12     0    12   -       0    25
                   ザ・ビッグ中原店
             改装等
             店舗の
                                   10   -      11   -       0    22
                   マックスバリュ時津店
             改装等
             店舗の
                                    2   -      18   -       0    21
                   ザ・ビッグ福岡空港南店
             改装等
                   ザ・ビッグ白石店ほか3店
                                   916     181     197     45     1  1,341
              合併
                   舗等
                                 76/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
          【社債明細表】
           該当事項はありません。
          【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                   区分                                  返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
                                    600       810      0.5      -
          1年以内に返済予定の長期借入金
                                    84       70      5.7      -
          1年以内に返済予定のリース債務
          長期借入金(1年以内に返済予定のもの
                                   1,200        830      0.5
                                                    2018年~2020年
          を除く。)
          リース債務(1年以内に返済予定のもの
                                    223       148      2.0
                                                      2022年
          を除く。)
                                   2,108       1,858      -        -
                   合計
          (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
            2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年間の返済予
              定額は以下のとおりです。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                           455          355          20          -
             長期借入金
                            66          62          15          ▶
             リース債務
          【引当金明細表】

                                        当期減少額       当期減少額
                          当期首残高       当期増加額                     当期末残高
                                        (目的使用)        (その他)
                区分
                           (百万円)       (百万円)                     (百万円)
                                        (百万円)       (百万円)
                              247       294       247     -         294
          賞与引当金
                               56       29       56    -         29
          役員業績報酬引当金
                               66    -         46    -         19
          店舗閉鎖損失引当金
                              641     -         641     -         -
          関係会社事業損失引当金
          【資産除去債務明細表】

           本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されてい
          るため、資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 77/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 資産の部
         ア.現金及び預金
                                              金額(百万円)
                        区分
                                                   1,033
            現金
            預金

                                                   5,520
             普通預金
                                                   6,554
                        合計
         イ.売掛金

          (1)相手先別内訳
                                              金額(百万円)
                       相手先
                                                   1,155
            イオンクレジットサービス株式会社
                                                    139
            株式会社ジェーシービー
                                                     68
            三井住友カード株式会社
            アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,inc.                                         62
                                                     48

            三菱UFJニコス株式会社
                                                     97
            その他
                                                   1,572
                        合計
          (2)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

            当期首残高        当期発生高        当期回収高        当期末残高
                                             回収率(%)        滞留期間(日)
             (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                                      (A)+(D)

                                              (C)
                                                        2
              (A)        (B)        (C)        (D)          ×100
                                             (A)+
                                                        (B)
                                              (B)
                                                       365
               1,601        78,949        78,978         1,572        98.05         7.3

           (注)当期発生高には消費税等が含まれております。
                                 78/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
         ウ.商品

                                              金額(百万円)
                        品目
                                                   2,124
             加工食品
                                                    692
             酒類
                                                    129
             日配食品
                                                    121
             乳製品・冷蔵飲料
                                                    109
             冷凍食品
                                                    125
             農産品
                                                     73
             水産品
                                                     75
             畜産品
                                                     52
             弁当・惣菜
                                                     19
             パン・生菓子
                                                    217
             その他
                                                   3,740
                       食品部門計
                                                   1,063
             家庭用品等
                                                   1,063
                      非食品部門計
                                                   4,804
                        合計
         エ..貯蔵品

                                              金額(百万円)
                        品目
                                                     28
             包装資材
                                                     14
             WAONカード
                                                     ▶
             その他
                                                     47
                        合計
         オ.差入保証金

                                              金額(百万円)
                       相手先
                                                    291
             イオンタウン株式会社
                                                    269
             JR九州ビルマネジメント株式会社
                                                    224
             株式会社NTT西日本アセット・プランニング
                                                    201
             オリックス株式会社
                                                    183
             株式会社カリーノ
                                                   3,650
             その他
                                                   4,821
                        合計
                                 79/86




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
        ② 負債の部
         ア.支払手形
          (1)相手先別内訳
                                              金額(百万円)
                       相手先
                                                     12
             河淳株式会社
                                                     9
             ホシザキ南九株式会社
                                                     7
             株式会社アリガ
                                                     7
             株式会社太幸
                                                     5
             福島工業株式会社
                                                     0
             その他
                                                     44
                        合計
          (2)期日別内訳

                                              金額(百万円)
                       期日別
                                                     14
             2017年3月
                                                     18
                 4月
                                                     11
                 5月
                                                     44
                        合計
         イ.買掛金

                                              金額(百万円)
                       相手先
                                                   1,201
             イオンリテール株式会社
                                                   1,183
             三菱食品株式会社
                                                   1,096
             イオントップバリュ株式会社
                                                    985
             加藤産業株式会社
                                                    938
             株式会社日本アクセス
                                                   8,293
             その他
                                                   13,698
                        合計
                                 80/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
           ①当事業年度における四半期情報等
                (累計期間)
                             第1四半期        第2四半期        第3四半期        当事業年度
            売上高(百万円)                   -        -         127,157        170,353
            税引前四半期(当期)純利益
                               -        -           887       1,691
            金額(百万円)
            四半期(当期)純利益金額
                               -        -           581       1,117
            (百万円)
            1株当たり四半期(当期)純利
                               -        -          77.18        148.34
            益金額(円)
                (会計期間)

                             第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期
            1株当たり四半期純利益金額
            又は1株当たり四半期純損失                   -        -         △25.56         71.15
            金額(△) (円)
            注)第1四半期及び第2四半期は連結財務諸表を作成しているため、記載しておりません。
           ②決算日後の状況
            特記事項はありません。
           ③訴訟等
            該当事項はありません。
                                 81/86













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
        事業年度                3月1日から2月末日まで

        定時株主総会                毎事業年度終了後3か月以内

        基準日                2月末日

        剰余金の配当の基準日                8月31日、2月末日

        1単元の株式数                100株

        単元未満株式の買取り

                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会

         取扱場所
                        社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会
         株主名簿管理人
                        社
                        -

         取次所
         買取手数料               無料

                        電子公告とする。ただし、事故その他やむをえない事由により、電子

                        公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載
        公告掲載方法
                        する方法により行う。
                        電子公告掲載URL          http://www.mv-kyushu.co.jp
                        株主優待制度として、100株(1単元)以上保有の株主に対し、発行日
                        より1年間を有効期限とした優待券(100円券)を所有株式数の割合に
        株主に対する特典
                        応じて贈呈。遠隔地等の理由で株主優待券を利用できない場合は、
                        別途、地域の特産品を送付
       (注)当社の株式は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができ
         ない旨を定款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じた募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 82/86








                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          事業年度 第14期(自 2015年3月1日 至 2016年2月29日)
           2016年5月23日福岡財務支局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
           2016年5月23日福岡財務支局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書
          第15期第1四半期(自 2016年3月1日 至 2016年5月31日)
            2016年7月15日福岡財務支局長に提出
          第15期第2四半期(自 2016年6月1日 至 2016年8月31日)
            2016年10月14日福岡財務支局長に提出
          第15期第3四半期(自 2016年9月1日 至 2016年11月30日)
            2017年1月13日福岡財務支局長に提出
       (4)臨時報告書
           2016年5月25日福岡財務支局長に提出
            企業内容に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基
           づく臨時報告書です。
                                 83/86












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 84/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成29年5月19日

     マックスバリュ九州株式会社

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人 トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               野澤  啓  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               池田  徹  印
                               業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲
     げられているマックスバリュ九州株式会社の平成28年3月1日から平成29年2月28日までの第15期事業年度の
     財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会
     計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
     し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手
     続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選
     択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
     当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成
     と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法
     並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、マックスバリュ九州株式会社の平成29年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     <内部統制監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、マックスバリュ九州
     株式会社の平成29年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任
      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可
     能性がある。
                                 85/86



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                            有価証券報告書
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に
     対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係
     る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監
     査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証
     拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信
     頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部
     統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書
     の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、マックスバリュ九州株式会社が平成29年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有効で
     あると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統
     制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正
     に表示しているものと認める。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途

        保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 86/86












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク