日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第15期第1四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第1四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年5月12日
      【四半期会計期間】                    第15期第1四半期(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次               第1四半期           第1四半期            第14期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成28年1月1日           自平成29年1月1日           自平成28年1月1日

              会計期間
                           至平成28年3月31日           至平成29年3月31日           至平成28年12月31日
                      (千円)            742,708           664,869          2,509,189
     売上高
                      (千円)            45,073            6,325          118,914
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            28,355            4,608           64,049
     期)純利益
                      (千円)            14,366            △ 657          50,872
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            673,265           711,031           721,511
     純資産額
                      (千円)           2,172,105           2,265,874           2,079,137
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            11.57            1.87           26.06
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            11.32            1.83           25.42
     (当期)純利益金額
                      (%)             30.7           30.6           34.0
     自己資本比率
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/19










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第1四半期連結累計期間            における    世界経済は、英国のEU離脱問題による欧州経済の動揺や中国を始めとするア
        ジア新興国の景気の下振れに加え、米国新政権発足による政策変更,北朝鮮を巡る緊張の高まり等先行き不透明な
        状況が続いております。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、1月は1,295千人(前年同月比
         1.5%増)、2月は1,493千人(前年同月比12.2%増)、3月は1,739千人(前年同月比12.1%増)と対前年同期
         比で増加となりました(日本政府観光局(JNTO)調べ 3月はJNTO推計値)。
         海外からの訪日外客数も1月は2,295千人(前年同月比23.9%増)、2月は2,035千人(前年同月比7.6%増)、
        3月は2,205千人(前年同月比9.8%増)と前年と比較して増加しています(日本政府観光局(JNTO)調べ、2、3
        月はJNTO推計値)。
         当社の主要業務である海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加
        は好環境であり、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンス
        サービスの提供は堅調に推移しました。
         また、国際医療事業についても日本の医療ツーリズムに対する認知度の向上と訪日外客数の増加を受けて着実
        に実績をあげております。
         しかしながら、海外旅行保険の付帯サービスに関して昨年の一部契約の更新見送りの影響が出たこと、官公庁
        受注ビジネスの契約額が前年度に比べ減少したことにより、                            当第1四半期連結累計期間            の売上高は664百万円(前
        期比10.5%減)となりました。
         第2四半期以降について、海外旅行保険の付帯サービスの拡大が予想され、4月から新年度となる官公庁受注ビ
        ジネスは前年を上回る受注を獲得しており、売上に関して復調を見込んでいることから第1四半期は売上の減少に
        あわせた費用の削減をしておらず、引き続き要員体制の強化と設備投資を継続しております。
         さらに法人・大学からの危機管理対応ニーズに応えるため営業要員を増員し営業体制強化している事もあり、                                                    当
        第1四半期連結累計期間           の売上原価は521百万円(前期比7.4%減)、販売費及び一般管理費が132百万円(前期比
        9.1%増)となり、営業利益は11百万円(前期比80.4%減)、経常利益は6百万円(前期比86.0%減)となりました。
         以上の結果、      当第1四半期連結累計期間の             親会社株主に帰属する四半期純利益は4百万円(前期比83.7%減)と
        なりました。
        セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
         前述のとおり、海外出国者数は円高の進展等により堅調に推移しており、加えてシニア層の海外旅行が増えて
        いるため、海外での事故や病気などのトラブルが増え、医療アシスタンスサービスに対するニーズは高まる傾向に
        あります。
         このような状況の中で、当社のサービスの提供は以下の通りでした。
        (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
         海外出国者数が堅調に推移する中、昨年の一部契約更新見送りの影響が出て売上は前年より減少しておりま
        す。
         第2四半期からは既存顧客との取引が堅調なことと、新規顧客の開拓で売上の増加を見込んでおります。
        (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
         世界情勢に目を向けると、イスラム過激派によるテロ、自然災害、感染症、武力衝突など、数多くのリスクが顕
        在化しています。
         このような環境で、海外でグローバルに活動する企業や大学では医療のみならずセキュリティも含めたトータル
        リスク管理に対するニーズが増えております。
                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         当社は大手セキュリティリスクマネジメント専門会社とパートナーシップ契約を締結し全世界各地でセキュリ
        ティアシスタンスのサービスを提供しております。セキュリティ及び医療アシスタンスサービスをワンストップで
        提供することで、法人・大学に対する売上高も着実に増加しております。
         4月には独立行政法人国際協力機構(JICA)と海外セキュリティ・サービスに関しての契約を締結するなどセキュ
        リティ契約単体の売上も今後増加していくことを見込んでおります。
        (ⅲ)国際医療事業
         国際医療事業につきましては、これまで積み上げてきた実績、1月に「ジャパン                                      インターナショナル          ホスピ
        タルズ※」28医療機関のうち22医療機関から医療渡航支援企業として指定されたことを追い風に、海外からの外国
        人患者受入事業は着実に増加しております。今後も現地におけるプロモーション活動や関連業種との連携により受
        入患者数増加を目指します。
          ※「ジャパン      インターナショナル        ホスピタルズ」は一般社団法人            Medical   Excellence     JAPAN(MEJ)が、日本の医療機関に海外か
         らの渡航受診の受入を促進するため、渡航受診者受入に意欲と取組みのある病院を推奨したものであり、「医療渡航支援企業」を通
         じて外国人への渡航受診を実施することとされております。
         また、海外からの訪日外客数の増加に伴い、外国人に病気や怪我など不測の事態が起こった場合や国内医療機
        関からの協力要請に応じてアシスタンスサービスを提供するケースも増加しております。
         こうした緊急対応型アシスタンスに関しても関連業種との提携を進め、訪日外国人の緊急対応型アシスタンス
        をスムーズに提供できるような仕組みづくりに力を入れていきます。
        (ⅳ)その他
        「救急救命アシスタンス」サービスにおきましては、3月に独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
        (JOGMEC)から平成29年度三次元物理探査船に係る医療支援業務、および現場医療スタッフの提供業務を受託しま
        した。
         今後も社内外の救急救命士・看護師のリソースを生かして、お客様を実際に現場で手助けすることで危機管理を
        実施していきます。
         当セグメントの費用に関しましては、2017年の業務目標である「質の追求」に取組み、他社がまねできない高
        いレベルのサービス品質の確保と顧客のニーズに合わせた商品開発に努め、社内外のリソースを組み合わせた新規
        サービスの提供、新規システム開発等を進めております。
         これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は548百万円(前期比13.7%減)、セグメント利益は78百万円
        (前期比37.6%減)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)

         ライフアシスタンス事業においても2017年の目標である「質の追求」を実施し他社が追随できない高品質のサー
        ビス提供を追求しました。
         社員の育成・強化を図り、海外センターと連携を深めることで提携会社の営業拡大に貢献できるようにサービス
        品質の向上に努めました。その結果、当第1四半期は増収・増益を達成しております。
         この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は116百万円(前期比8.9%増)、セグメント利益は32百万円(前期
        比13.7%増)となりました。
       (2)  財政状態に関する説明

         資産、負債及び純資産の状況
         当第1四半期連結会計期間末              の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ186百万円増加し、2,265百万円
        となりました。
         主な増減要因としては、営業キャッシュ・フローが増加したことによる現金及び預金260百万円の増加、立替金
        98百万円の減少、仕掛品47百万円の減少、売掛金32百万円の増加、有形固定資産5百万円の減少がありました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ197百万円増加し、1,554百万円となりました。主な増減要因とし
        ては、短期借入金の100百万円の増加、長期借入金40百万円の増加がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ10百万円減少し711百万円となりました。これは主に、親会社
        株主に帰属する四半期純利益が4百万円発生し、配当金を12百万円支払ったこと、円高に伴い為替換算調整勘定が
        5百万円減少したことによるものであります。
                                  4/19




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/19



















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000
                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年5月12日)
              (平成29年3月31日)                         取引業協会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                  限定のない当社にお
       普通株式             2,463,600             2,463,600        JASDAQ
                                                  ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                  で、単元株式数は100
                                                  株であります。
        計            2,463,600             2,463,600           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成29年3月31日                 -    2,463,600           -     303,237          -     89,237

       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載する事ができないことから、直前の基準日(平成28年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年3月31日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
                            100
                                                権利内容に何ら限定のな

                           普通株式                     い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   24,629
                           2,462,900                      であり、単元株式数は100
                                                株であります。
                           普通株式

     単元未満株式                                    -             -
                            600
     発行済株式総数                     2,463,600              -             -
     総株主の議決権                       -            24,629              -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式48株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式総数

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                 に対する所有株
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     日本エマージェンシー            東京都文京区小石川一
                               100        -        100        0.00
     アシスタンス株式会社            丁目21番14号
          計            -         100        -        100        0.00

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/19







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年1月1日から平
       成29年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年3月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        990,743             1,251,239
         現金及び預金
                                        200,405              233,371
         売掛金
                                         47,731                -
         仕掛品
                                        508,942              410,841
         立替金
                                         67,579              75,258
         その他
                                         △ 559            △ 1,096
         貸倒引当金
                                       1,814,843              1,969,613
         流動資産合計
       固定資産
                                         84,825              79,304
         有形固定資産
                                        131,580              169,630
         無形固定資産
                                         47,886              47,325
         投資その他の資産
                                        264,293              296,261
         固定資産合計
                                       2,079,137              2,265,874
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         3,347              5,612
         買掛金
                                        660,000              760,000
         短期借入金
                                         62,716              69,942
         1年内返済予定の長期借入金
                                         34,129               3,301
         未払法人税等
                                        236,696              206,769
         前受収益
                                           -            28,119
         賞与引当金
                                        297,524              384,631
         その他
                                       1,294,413              1,458,376
         流動負債合計
       固定負債
                                         45,102              78,142
         長期借入金
                                         18,110              18,324
         その他
                                         63,212              96,466
         固定負債合計
                                       1,357,625              1,554,843
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,237              303,237
         資本金
                                        205,054              205,054
         資本剰余金
                                        172,791              165,081
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        680,969              673,260
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         26,407              21,141
         為替換算調整勘定
                                         26,407              21,141
         その他の包括利益累計額合計
                                         14,135              16,630
       新株予約権
                                        721,511              711,031
       純資産合計
                                       2,079,137              2,265,874
      負債純資産合計
                                  9/19





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      売上高                                   742,708              664,869
                                        563,128              521,313
      売上原価
                                        179,579              143,556
      売上総利益
                                        121,011              132,050
      販売費及び一般管理費
                                         58,568              11,505
      営業利益
      営業外収益
                                           379              236
       受取利息
                                           539               17
       助成金収入
                                            0              0
       その他
                                           919              255
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,477              1,075
       支払利息
                                         12,853               3,260
       為替差損
                                           84             1,098
       その他
                                         14,415               5,434
       営業外費用合計
                                         45,073               6,325
      経常利益
      特別損失
                                           -              102
       固定資産売却損
                                           -              102
       特別損失合計
                                         45,073               6,222
      税金等調整前四半期純利益
                                         16,717               1,614
      法人税等
                                         28,355               4,608
      四半期純利益
                                         28,355               4,608
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/19











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         28,355               4,608
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 1,361                -
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 12,627              △ 5,265
       為替換算調整勘定
                                        △ 13,989              △ 5,265
       その他の包括利益合計
                                         14,366               △ 657
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         14,366               △ 657
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/19
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当第1
        四半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (平成28年12月31日)                  (平成29年3月31日)
     当座貸越極度額                              1,500,000千円                  1,500,000千円
     借入実行残高                               610,000                  710,000
      差引額                              890,000                  790,000
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成28年1月1日                  (自 平成29年1月1日
                             至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
      減価償却費                              17,084千円                  18,137千円

                                 12/19











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年3月31日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成28年3月25日

                普通株式      12,249千円         5円     平成27年12月31日          平成28年3月28日          利益剰余金
       定時株主総会
         2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成29年2月24日

                普通株式      12,317千円         5円     平成28年12月31日          平成29年3月29日          利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 13/19













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年3月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                               調整額       損益計算書
                                              (注)1         計上額
                    医療アシスタン        ライフアシスタ
                                       計
                                                      (注)2
                      ス事業        ンス事業
     売上高
                       635,807        106,901        742,708           -      742,708
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
                       635,807        106,901        742,708           -      742,708
           計
                       126,309         28,441        154,751        △ 96,182        58,568
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 14/19











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                               調整額       損益計算書
                                              (注)1         計上額
                    医療アシスタン        ライフアシスタ
                                       計
                                                      (注)2
                      ス事業        ンス事業
     売上高
                       548,413        116,456        664,869           -      664,869
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                          -        -        -        -        -
      又は振替高
                       548,413        116,456        664,869           -      664,869
           計
                        78,876        32,349        111,226        △ 99,720        11,505
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 15/19












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                  至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
       (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        11円57銭               1円87銭
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         28,355               4,608
         (千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         28,355               4,608
         利益金額(千円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                                2,449              2,463
       (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        11円32銭               1円83銭
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
         (千円)
         普通株式増加数(千株)                                  54              53
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                             ――――――              ――――――
       当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
       在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
       あったものの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 16/19











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                        独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年5月12日
     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人
                            指定有限責任社員

                                                栗栖    孝彰
                                      公認会計士
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          大谷 はるみ
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間
     (平成29年1月1日から平成29年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年3月31日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。