株式会社メディア工房 四半期報告書 第20期第2四半期(平成28年12月1日-平成29年2月28日)

提出書類 四半期報告書-第20期第2四半期(平成28年12月1日-平成29年2月28日)
提出日
提出者 株式会社メディア工房
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年4月7日

     【四半期会計期間】               第20期第2四半期(自 平成28年12月1日 至 平成29年2月28日)

     【会社名】               株式会社メディア工房

     【英訳名】               Media   Kobo,Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  長沢 一男

     【本店の所在の場所】               東京都港区赤坂四丁目2番6号

     【電話番号】               03-5549-1804

     【事務連絡者氏名】               執行役員  長沢 和宙

     【最寄りの連絡場所】               東京都港区赤坂四丁目2番6号

     【電話番号】               03-5549-1804

     【事務連絡者氏名】               執行役員  長沢 和宙

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期            第19期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自平成27年9月1日           自平成28年9月1日           自平成27年9月1日
             会計期間
                          至平成28年2月29日           至平成29年2月28日           至平成28年8月31日
     売上高                          1,009,801           1,127,446           1,940,567
                      (千円)
                                 14,759             259        △ 60,097

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純

     利益又は親会社株主に帰属する                          △ 22,971           61,658         △ 139,588
                      (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                                 9,915          66,622         △ 158,437

     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               1,950,603           1,905,402           1,796,068

     純資産額                (千円)
                               3,230,249           3,238,672           3,260,791

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 △ 2.15           5.74         △ 13.04
                      (円)
     は四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                             5.73
                      (円)             -                     -
     四半期(当期)純利益金額
                                  59.3           58.0           53.8
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                230,547           243,731           196,956
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                               △ 292,664           237,033          △ 363,001
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                               △ 198,627          △ 176,860            10,988
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               1,629,381           2,039,376           1,735,069
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自平成27年12月1日           自平成28年12月1日
             会計期間
                          至平成28年2月29日           至平成29年2月28日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                 △ 0.97          △ 0.63
                      (円)
     四半期純損失金額(△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.第19期第2四半期連結累計期間及び第19期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額欄について
          は、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であるため、記載しておりません。
                                  2/17





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当社グループは、当社、連結子会社3社、関連会社1社で構成されており、占いコンテンツ事業、ゲームコンテン
      ツ事業、その他の事業を展開しております。当社グループの事業内容及び当社と主な連結子会社の当該事業に係る位
      置付けは次のとおりであります。
      (1)  占いコンテンツ事業
        当社、連結子会社及び関連会社が、携帯電話向け及びPC向け占いコンテンツ及びスマートフォン向けアプリケ
       ーションゲームを中心に企画・制作・配信しております。また、電話占いサービスや、LINE(LINE株式会社の提
       供するソーシャル・ネットワーキング・サービスアプリケーション)向けにお悩み鑑定を展開しております。 ISP
       (Internet     Service    Provider)、各移動体通信事業者、Apple                   や  Google    等のプラットフォーム向けに占いコンテン
       ツ等を企画・制作・配信するビジネスを中心に展開する他、電話による占いサービスの提供を行っております。
      (2)  ゲームコンテンツ事業
        当社が、国内向けソーシャルゲームを企画・制作・配信し、連結子会社が海外ゲームの国内パブリッシングを展
       開しております。また、連結子会社においては、平成28年9月1日付の事業譲受により、ソーシャルゲームのセカ
       ンダリー事業を行っております。
      (3)  その他
        当社が、様々な分野に対し、新規事業を行っております。当連結会計年度においてはクラウドファンディングを
       利用した新たなコンテンツサービスの展開、AI(人工知能:Artificial                                  Intelligence)研究所の設立及び運営を
       行っております。
                                  3/17














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、雇用並びに所得環境の改善が見られたものの、全体的には回
       復をあまり感じさせない緩慢な成長にとどまりました。一方で中国経済においては、輸出減少等による景気減速が
       顕著であり、米国においては新大統領の就任以後、長期金利の上昇が見られるなど、先行き不透明な世界情勢と
       なっております。
        当社グループの中心事業であるデジタルコンテンツビジネスにおいては、2016年1~12月期のスマートフォン出
       荷台数は前年比1.5%増の2,942.1万台で過去2番目を記録し、そのうちSIMフリーは266.1万台(88.5%増)となっ
       た(注1)ものの、MVNO(格安スマホ/格安SIM)の利用率は約15%(注2)と、依然として大手キャリアの利用者が
       多数であり、Apple、Googleへコンテンツ提供を拡大していく一方で、引き続きキャリア向けコンテンツの提供並び
       に多様化に注力していく必要があると考えられます。
        このような事業環境の中、当社グループは、占いコンテンツのアジア諸国を中心とした海外展開やLINE関連コン
       テンツの提供強化、子会社によるセカンダリー事業の展開、AI事業部の立ち上げやAR(拡張現実:Augmented
       Reality)、VR(仮想現実:Virtual                 Reality)技術を持つ企業との事業提携など、既存事業はもちろん、新たな分野
       に対し幅広く進出してまいりました。特にLINE関連コンテンツの提供強化やセカンダリー事業においては増収増益
       となるなど、事業への取り組みが実を結んでおります。こうした一方で占いコンテンツ事業全体としては、既存占
       いコンテンツにおいて売上が前年同期を下回ったことで減収となり、また子会社立ち上げや社内インフラ整備に伴
       う費用の増加、並びにAI、VR事業への先行投資が重なったため、営業利益ベースでは業績を押し下げることとなり
       ました。
        以上の結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高                                      1,127百万円      (前年同期比      11.7%
       増 )、営業利益      3百万円    (前年同期比      91.8%減    )、経常利益      0百万円    (前年同期比      98.2%減    )、親会社株主に帰属する四半
       期純利益    61百万円    (前年同期親会社株主に帰属する四半期純                   損失22百万円      )となりました。
        セグメント別の業績は、以下のとおりであります。

       ① 占いコンテンツ事業
         当第2四半期連結累計期間においては、月2~3本のコンテンツをリリースすると同時に占い総合サイト「占
        いBOX」を平成28年12月にオープンし、集客数の向上に尽力してまいりました。また、電話占いや人気キャラク
        ターとのコラボレーションアプリの配信(注3)に関しては、既存の電話による占いサービスの提供の他、LINE
        株式会社の提供する各種占いサービスへのコンテンツおよび占い師の提供を強化したことや、アプリ配信数の増
        加に注力したことにより、増収増益となりました。
         しかしながら、既存占いコンテンツにおいて、見込み集客数を下回ったことによる売上の減少が電話占いや他
        社IPとのコラボレーションアプリによる増収を上回り、占いコンテンツ事業全体としては減収減益となりまし
        た。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間における占いコンテンツ事業の売上高は                                      870百万円     (前年同期比      9.1%
        減 )、営業利益は       271百万円     (前年同期比      18.2%減    )となりました。
        (注4)KDDI       株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社が提供する「au                           スマートパス」、ソフトバンク株式会
        社 が提供する「App          Pass」に提供しております。
                                  4/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       ② ゲームコンテンツ事業
         平成28年9月1日付の事業譲受により、当社グループのゲーム事業は、「OBOKAID'EM」、「株式会社ブルーク
        エスト」、「株式会社ルイスファクトリー」の3ブランドでゲーム制作及び配信を行っております。当第2四半
        期連結累計期間におきましては、ルイスファクトリーにて、平成28年12月より運営開始した『イグドラシル戦
        記~世界樹の騎士団~』並びに既存運営タイトルが売上に貢献し、営業利益ベースで黒字化致しました。また、
        OBOKAID'EMにおいては、平成29年1月にベトナム企業である.GEARS社との共同開発タイトル『ニンジャチャレン
        ジ~スピンキーでござる』をリリースしております。
         しかしながら、OBOKAID'EMによるリリースタイトルの不振により、減価償却費の増加に加えて減損損失を計上
        することとなり、売上高大幅増ながらも、ゲームコンテンツ事業全体としての黒字化には至りませんでした。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるゲームコンテンツ事業の売上高は                                        255百万円     (前年同期比
        516.0%増     )、営業損失は       50百万円    (前年同期は営業        損失55百万円      )となりました。
       ③ その他

         新規事業におきましては、引き続きAI、VR等の最先端技術を活用した事業への参入及び先行投資を行ってまい
        りました。平成28年10月に立ち上げたAI事業「found                         it  Project」においては、これまでの弊社事業において蓄
        積してきたデータを今後の新たな取り組みに活用するべく解析・システム構築等行うほか、セミナー、勉強会の
        開催を通じて人材の確保、認知度の向上を図ってまいりました。一方、米国法人である                                         DoubleMe,Inc       との共同
        事業に関してもプロジェクトの早期実現に向け、粛々と準備を進めており、いずれも現時点においては収益段階
        には至らないものの、今後の当社事業において重要な役割を果たすものと考えております。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるその他の事業の売上高は                                  1百万円    (前年同期比      86.6%減    )、営業
        損失は   15百万円    (前年同期は営業        損失33百万円      )となりました。
      (注)   1.株式会社MM総研:2016年国内携帯電話端末出荷概況(2017年02月)によっております。

        2.株式会社MM総研:国内MVNO利用状況調査(2017年3月)によっております。
        3.KDDI     株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社が提供する「au                          スマートパス」、ソフトバンク株式会社が提
          供する「App      Pass」に提供しております。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比較して304百万円増加し、
       2,039百万円      となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各活動によるキャッシュ・フローの状況とそれらの主な増減要因は以下のと
       おりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、                                    243百万円の収入        (前年同四半期は
        230百万円の収入)となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益98百万円およびその他流動資産の減少
        124百万円によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、                                    237百万円の収入        (前年同四半期は
        292百万円の支出        )となりました。これは主に、有形固定資産の売却による収入317百万円および事業譲受による支
        出110百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、                                    176百万円の支出        (前年同四半期は
        198百万円の支出        )となりました。これは主に長期借入れによる収入200百万円、長期借入金の返済による支出416
        百万円及びストックオプションの行使による収入39百万円によるものです。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                                                     45,200,000

                普通株式
                                                     45,200,000

                  計
       ②  【発行済株式】
               第2四半期会計期間末                      上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成29年4月         日)
               (平成29年2月28日)                      商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            11,300,000           11,300,000                  単元株式数100株
                                       (マザーズ)
         計          11,300,000           11,300,000           ―           ―
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成29年4月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                 発行済株式
                                      資本金残高
                               資本金増減額
         年月日                総数残高                     増減額       残高
                 総数増減数
                                (千円)
                                       (千円)
                   (株)
                          (株)                    (千円)       (千円)
     平成28年12月1日~
                      ―  11,300,000            ―    451,459          ―    348,454
     平成29年2月28日
                                  6/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】                               平成29年2月28日現在
                                                   発行済株式総数
                                            所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    に対する所有株
                                             (株) 
                                                   式数の割合(%)
                                             4,859,000          43.00
     株式会社エヌカルテット                東京都港区
                                             1,901,100          16.82

     長沢 一男                東京都港区
                     東京都新宿区北新宿2-21-1                        200,000         1.77

     ニフティ株式会社
                                              188,000         1.66

     長沢 敦子                東京都港区
                     東京都千代田区麹町1-4                         94,900         0.84

     松井証券株式会社
                     東京都港区六本木1-6-1                         61,000         0.54

     株式会社SBI証券
                     東京都中央区日本橋茅場町1-2-10                         53,400         0.47

     日本証券金融株式会社
                                              40,000         0.35

     長沢 匡哲                東京都中央区
                     東京都中央区日本橋1-9-1                         35,300         0.31

     野村證券株式会社
                                              30,000         0.27

     林 靖                東京都世田谷区
            計                   -              7,462,700          66.04

      (注)当社は自己株式として504,876株(保有割合4.47%)を保有しておりますが、議決権の行使が制限されるため、
         上記大株主から除いております。
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】                               平成29年2月28日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                     普通株式       504,800

     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                     普通株式     10,794,400

     完全議決権株式(その他)                                  107,944           ―
                     普通株式         800

     単元未満株式                                 ―             ―
     発行済株式総数                     11,300,000           ―             ―

     総株主の議決権                     ―             107,944           ―

       ②  【自己株式等】                               平成29年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都港区赤坂4-2-
     株式会社メディア工房                            504,800          ―    504,800        4.47
                  6
           計              ―         504,800          ―    504,800        4.47
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/17


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年12月1日から平成
      29年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年9月1日から平成29年2月28日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年8月31日)              (平成29年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,735,069              2,039,376
         現金及び預金
                                         363,976              390,821
         売掛金
                                            0              0
         商品
                                          10,049              14,854
         仕掛品
                                          1,292              1,427
         貯蔵品
                                         199,462               38,169
         その他
                                         △ 3,421             △ 2,943
         貸倒引当金
                                        2,306,429              2,481,706
         流動資産合計
       固定資産
                                         280,001               25,075
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          6,239              99,202
           のれん
                                         316,421              312,951
           その他
                                         322,661              412,154
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            86            67,369
           投資有価証券
                                         156,753              124,375
           関係会社株式
                                         102,974               88,665
           敷金及び保証金
                                         122,395               69,836
           その他
                                         △ 30,509             △ 30,509
           貸倒引当金
                                         351,699              319,736
           投資その他の資産合計
                                         954,362              756,965
         固定資産合計
                                        3,260,791              3,238,672
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          45,667              43,260
         買掛金
                                         695,043              591,523
         1年内返済予定の長期借入金
                                          97,894              94,251
         未払費用
                                           280             19,479
         未払法人税等
                                          1,949              25,488
         未払消費税等
                                          27,817              76,072
         その他
                                         868,652              850,075
         流動負債合計
       固定負債
                                         596,070              483,194
         長期借入金
         固定負債合計                                596,070              483,194
                                        1,464,723              1,333,269
       負債合計
                                  9/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年8月31日)              (平成29年2月28日)
      純資産の部
       株主資本
                                         451,459              451,459
         資本金
                                         356,492              397,587
         資本剰余金
                                        1,052,706              1,114,364
         利益剰余金
                                        △ 103,508              △ 88,743
         自己株式
                                        1,757,150              1,874,668
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 1,655               348
         為替換算調整勘定
                                                        3,128
                                           -
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 1,655              3,477
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  40,404              27,256
                                           168
                                                          -
       非支配株主持分
                                        1,796,068              1,905,402
       純資産合計
      負債純資産合計                                  3,260,791              3,238,672
                                 10/17














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年9月1日              (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
                                        1,009,801              1,127,446
      売上高
                                         494,245              658,840
      売上原価
                                         515,555              468,606
      売上総利益
                                       ※  474,248             ※  465,233
      販売費及び一般管理費
                                         41,306               3,372
      営業利益
      営業外収益
                                           333              118
       受取利息
                                                         402
       為替差益                                    -
                                          1,660               463
       その他
                                          1,994               983
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          3,724              3,903
       支払利息
                                         24,247
       持分法による投資損失                                                  -
                                           570              194
       その他
                                         28,542               4,097
       営業外費用合計
                                         14,759                259
      経常利益
      特別利益
                                                        3,981
       受取和解金                                    -
                                                       69,671
       固定資産売却益                                    -
                                                       28,376
       関係会社株式売却益                                    -
                                                        1,492
                                           -
       その他
                                                       103,522
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                                        4,902
       のれん償却額                                    -
                                                         391
                                           -
       その他
                                                        5,293
       特別損失合計                                    -
                                         14,759              98,488
      税金等調整前四半期純利益
                                         33,969              14,723
      法人税、住民税及び事業税
                                          3,238              22,275
      法人税等調整額
                                         37,208              36,998
      法人税等合計
                                        △ 22,449              61,489
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           522             △ 168
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 22,971              61,658
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/17







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年9月1日              (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
                                        △ 22,449              61,489
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                                        3,128
       その他有価証券評価差額金                                    -
                                         32,364               2,004
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         32,364               5,132
       その他の包括利益合計
                                          9,915              66,622
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          9,393              66,791
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           522             △ 168
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年9月1日              (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         14,759              98,488
       税金等調整前四半期純利益
                                         37,320              55,850
       減価償却費
                                          9,115              17,261
       のれん償却額
                                          △ 379             △ 477
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 331             △ 118
       受取利息及び受取配当金
                                          3,724              3,903
       支払利息
                                         24,247
       持分法による投資損益(△は益)                                                  -
                                                      △ 28,376
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -
                                                      △ 69,671
       固定資産売却損益(△は益)                                    -
                                         91,645             △ 26,845
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         11,501              △ 4,940
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 15,319              △ 2,406
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 38,017              △ 3,642
       未払費用の増減額(△は減少)
                                         △ 2,625             124,902
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                          3,936              55,017
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                         11,406              11,395
       その他
                                         150,984              230,339
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   237              118
                                         △ 3,619             △ 4,019
       利息の支払額
                                          △ 180             △ 470
       法人税等の支払額
                                         83,124              17,764
       法人税等の還付額
                                         230,547              243,731
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 4,280              △ 620
       有形固定資産の取得による支出
                                                       317,000
       有形固定資産の売却による収入                                    -
                                        △ 152,206              △ 36,310
       無形固定資産の取得による支出
                                           332
       無形固定資産の売却による収入                                                  -
                                                      △ 62,758
       投資有価証券の取得による支出                                    -
                                        △ 135,250
       関係会社株式の取得による支出                                                  -
       関係会社株式の売却による収入                                    -            62,758
                                                       40,631
       投資不動産の売却による収入                                    -
                                         △ 4,198
       敷金及び保証金の差入による支出                                                  -
                                                       14,309
       敷金及び保証金の回収による収入                                    -
                                                      △ 110,000
       事業譲受による支出                                    -
                                                       12,021
       会員権の売却による収入                                    -
                                          2,937
       貸付金の回収による収入                                                  -
                                        △ 292,664              237,033
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         300,000              200,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 392,896             △ 416,396
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 105,731
       配当金の支払額                                                  -
                                                       39,536
                                           -
       ストックオプションの行使による収入
                                        △ 198,627             △ 176,860
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 6             402
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        △ 260,751              304,306
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,890,132              1,735,069
                                      ※  1,629,381             ※  2,039,376
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (1)  連結の範囲の重要な変更
         該当事項はありません。
       (2)  持分法適用の範囲の重要な変更

         第1四半期連結会計期間より、当社の持分法適用関連会社であった株式会社ギフトカムは、全保有株式を売却
        したことに伴い、持分法適用の範囲から除外しております。
       (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号平成28年3月28日)を第1四半
       期連結会計期間から適用しております。
       (四半期連結損益計算書関係)

        ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成27年9月1日              (自    平成28年9月1日
                            至   平成28年2月29日)               至   平成29年2月28日)
                                129,180                 120,216
         広告宣伝費                           千円                 千円
                                 4,057                 1,953
         貸倒引当金繰入額及び貸倒損失
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        
       りであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成27年9月1日              (自    平成28年9月1日
                            至   平成28年2月29日)               至   平成29年2月28日)
         現金及び預金勘定                      1,629,381     千円            2,039,376     千円
         現金及び現金同等物                      1,629,381                 2,039,376
       (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年9月1日 至 平成28年2月29日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年11月25日
               普通株式        106,971        10.00   平成27年8月31日         平成27年11月26日         利益剰余金
     定時株主総会
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年9月1日 至 平成29年2月28日)

       配当金支払額
        該当事項はありません。 
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年9月1日 至 平成28年2月29日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期連結
                        報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    占いコンテ      ゲームコン
                                 計
                                                      (注)3
                    ンツ事業     テンツ事業
     売上高
                     957,568      41,551     999,119      10,681    1,009,801           1,009,801

      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
                     957,568      41,551     999,119      10,681    1,009,801           1,009,801
           計                                       -
     セグメント利益又は
                     331,986     △ 55,737     276,248     △ 33,438     242,810    △ 201,503      41,306
     セグメント損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、O2O事業を含んでおります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                         △201,503千円       には、各報告セグメントに配分していない
          全社費用△203,003千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年9月1日 至 平成29年2月28日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期連結
                        報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    占いコンテ      ゲームコン
                                 計
                                                      (注)3
                    ンツ事業     テンツ事業
     売上高
                     870,050      255,962    1,126,012        1,434   1,127,446           1,127,446

      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
                     870,050      255,962    1,126,012        1,434   1,127,446           1,127,446
           計                                       -
     セグメント利益又は
                     271,486     △ 50,896     220,589     △ 15,262     205,326    △ 201,954       3,372
     セグメント損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、AI事業、VR事業などの新規事業
          を含んでおります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                         △201,954千円       には、各報告セグメントに配分していない
          全社費用△201,954千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (のれんの金額の重要な変動)
         のれんの金額の重要な変動はありません。
                                 15/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
       半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                 (自 平成27年9月1日             (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年2月29日)             至 平成29年2月28日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり
                                       △2円15銭              5円74銭
       四半期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
                                        △22,971              61,658
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
       純利益金額又は親会社株主に帰属する四半期                                 △22,971              61,658
       純損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                10,697,124             10,738,659
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                           -           5円73銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -             -
       (千円)
       普通株式増加数(株)
                                           -           29,296
                                          ( - )          ( 29,296   )
       (うち、新株予約権)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                 ―             ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注) 前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在するも
         のの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】


       該当事項はありません。

                                 16/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年4月7日

      株式会社メディア工房

      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士        平 井  清 印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士        木 下  洋 印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社メディ

     ア工房の平成28年9月1日から平成29年8月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年12月1日から
     平成29年2月28日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年9月1日から平成29年2月28日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社メディア工房及び連結子会社の平成29年2月28日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク