シュローダーBRICs株式ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:シュローダーBRICs株式ファンド

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成29年4月28日        提出
      【発行者名】                      シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        柏木 茂介
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
      【事務連絡者氏名】                      楠本 靖三
      【電話番号】                      03-5293-1500
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      シュローダーBRICs株式ファンド
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      3,000億円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/83














                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        シュローダーBRICs株式ファンド(以下「ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       ・ 追加型   証券投資信託受益権です。(以下「受益権」といいます。)
       ・信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供され、も
        しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        㬰픰ꄰ줰湓흶쩪⤰漰Ź㹐따Ũ⩟ཻ䤰湣⽦P殕ꈰ夰譬핟謰溉轛騰源極⠰鉓휰儰œ흶쩪⤰湞ぜ帰漰ş貏
        「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社債、
        株式等の振替に関する法律第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機
        関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿
        に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社は、やむ
        を得ない事情などがある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替
        受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        3,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

        取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせくださ
         い。
     (5)【申込手数料】

        販売会社が定めるものとします。
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額に3.78%(税抜3.50%)を上限として販売会社が独自に定める申
        込手数料率を乗じて得た額とします。
        申込手数料率につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせくださ
        い。
     (6)【申込単位】

        販売会社が定める単位とします。
         ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

        平成29年     4月29日から平成29年10月31日までとします。
        ・上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

        販売会社につきましては、委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
         シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
          電話番号:03-5293-          1323
          受付時間:午前9時~午後5時まで(土、日、祝日は除きます)
          ホームページアドレス:http://www.schroders.co.jp                            /
                                  2/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (9)【払込期日】

       ・取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する期日までに販売会社に支払うものとします。
       ・申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、追加設定が
        行なわれる日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれま
        す。
     (10)【払込取扱場所】

         申込金額は、販売会社にお支払いいただきます。
     (11)【振替機関に関する事項】

         振替機関は、株式会社証券保管振替機構とします。
     (12)【その他】

         日本以外の地域における発行
          該当事項はありません。
                                  3/83














                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ① ファンドの目的
        ファンドは、主としてシュローダーBRICs株式マザーファンド受益証券に投資し、長期的な信託財
        産の成長を目的に積極的な運用を行います。
      ② ファンドの基本的性格
       1)商品分類
        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。




       2)属性区分

        (注1)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。







        (注2)属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しておりま
             す。
        当ファンドは、        ファミリーファンド          です。このため、組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資

                                  4/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        産 (その他資産(投資信託証券(株式 一般)))                        と収益の源泉となる資産を示す商品分類上の投資対象
        資産  (株式)     とが異なります。
     <商品分類の定義>

     1.単位型投信・追加型投信の区分
      (1)単位型投信:当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドをい
       う。
      (2)追加型投信:        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファン
       ドをいう。
     2.投資対象地域による区分
      (1)国内:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (2)海外:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (3)内外:目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。
     3.投資対象資産による区分
      (1)株式:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (2)債券:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (3)不動産投信(リート):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資信
       託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲げ
       る資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる
       資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合:目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を実
       質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     4.独立した区分
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF:投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
       託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
     <補足として使用する商品分類>

      (1)インデックス型:目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      (2)特殊型:目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運用型」に該当
       する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を括弧書
       きで付記できるものとする。
     <属性区分の定義>

     1.投資対象資産による属性区分
      (1)株式
       ①一般:次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②大型株:目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
       ③中小型株:目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (2)債券
       ①一般:次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②公債:目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
        債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
                                  5/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③社債:目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
        う。
       ④その他債券:       目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるもの
        をいう。
       ⑤格付等クレジットによる属性:目論見書又は投資信託約款において、上記                                    ① から  ④ の「発行体」による区分のほ
        か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記                                 ① から  ④ に掲げる区分に加え「高格付債」
        「低格付債」等を併記することも可とする。
      (3)不動産投信
       これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      (4)その他資産
       組入れている資産を記載するものとする。
      (5)資産複合
       以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
       ①資産配分固定型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
        る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
       ②資産配分変更型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
        変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせている資産
        を列挙するものとする。
     2.決算頻度による属性区分
      ①年1回:目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      ②年2回:目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      ③年4回:目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      ④年6回(隔月):目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑤年12回(毎月):目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑥日々:目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑦その他:上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
     3.投資対象地域による属性区分(重複使用可能)
      ①グローバル:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。
      ②日本:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
       をいう。
      ③北米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ④欧州:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ⑤アジア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする
       旨の記載があるものをいう。
      ⑥オセアニア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
      ⑦中南米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      ⑧アフリカ:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記
       載があるものをいう。
      ⑨中近東(中東):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      ⑩エマージング:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
       域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     4.投資形態による属性区分
      ①ファミリーファンド:目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
       るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      ②ファンド・オブ・ファンズ:「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
       う。
     5.為替ヘッジによる属性区分
                                  6/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ①為替ヘッジあり:目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨の
       記載があるものをいう。
      ②為替ヘッジなし:目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
       ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     6.インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分
      ①日経225
      ②TOPIX
      ③その他の指数:前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
     7.特殊型
      ①ブル・ベア型:目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うととも
       に各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      ②条件付運用型:目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用いることによ
       り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定めら
       れる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      ③ロング・ショート型/絶対収益追求型:目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
       求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
      ④その他型:目論見書又は投資信託約款において、上記                          ① から  ③ に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。
     ※上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。また、商品分類および属性区分の定義は

      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。なお、一般社団法
      人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)でもご覧頂けます。
      ③ ファンドの特色

                                  7/83












                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/83





















                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/83





















                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④  信託金限度額

















       ・1,500億円を限度として信託金を追加することができます。
       ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
     (2)【ファンドの沿革】

                                 10/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        平成18年     1月31日
        ・信託契約締結、設定、運用開始
     (3)【ファンドの仕組み】

      ① ファンドの仕組み
     *1  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、










       収益分配金・償還金の支払い、解約請求の受付の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
     *2  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資
       制限、信託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
     *3  投資顧問会社に        運用の指図に関する権限を委託                するにあたり、そのルールを委託会社と投資顧問会社との
       間で規定したもの。委託する業務内容、報酬の取決めの内容などが含まれています。
      ② 委託会社の概況(           平成29年1月末現在          )

       1)資本金
         490百万円
       2)沿革
         昭和60年12月10日            :株式会社シュローダー・インベストメント・マネージメント設立
         平成   3年12月20日         :シュローダー投信株式会社設立
         平成   9年  4月  1日    :シュローダー投信株式会社と株式会社シュローダー・インベストメント・
                      マネージメントが合併し、シュローダー投信投資顧問株式会社設立
         平成19年     4月  3日    :シュローダー証券投信投資顧問株式会社に商号を変更
         平成24年     6月29日      :シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「当社」
                      ということがあります。)に商号を変更
       3)大株主の状況
                                 11/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 名  称
                                    住  所            所有株数      所有比率
         シュローダー・インターナショナル・                     英国 EC2V 7QA ロンドン 
                                                 9,800株       100%
         ホールディングス・リミテッド                     グレシャムストリート31
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

      ① 主として、マザーファンド受益証券に投資し、長期的な信託財産の成長を目的に積極的な運用を行いま
        す。
      ② 投資にあたっては、ブラジル、ロシア、インドおよび中国の株式を実質的な主要投資対象とします。
      ③ 実質外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
      ④ 株式等の実質組入比率については、原則としてフルインベストメントで積極的な運用を行います。
      ⑤ 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

       シュローダーBRICs株式マザーファンド(以下「マザーファンド」                                     ということがあります            。)受益証
       券を主要対象とします。ただし、市況動向等によっては、株式等に直接投資することもあります。
      ① 投資の対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定める
          ものをいいます。以下同じ。)
          イ)有価証券
          ロ)デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、                                             ファンドの
             約款第27条、第28条、第29条および第29条の2に定めるものに限ります。)
          ハ)約束手形
          ニ)金銭債権
        2)次に掲げる特定資産以外の資産
          イ)為替手形
      ② 有価証券の指図範囲             等
        委託者は、信託金を、主としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社を委託者と
        し、三菱UFJ信託銀行株式会社を受託者として締結された親投資信託「シュローダーBRICs株式
        マザーファンド」の受益証券ならびに次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券
        とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
        1)株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付
          社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)特定目的会社に係わる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
        7)特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるも
          のをいいます。)
        8)協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいま
          す。)
        9)特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2条第
          1項第8号で定めるものをいいます。)
        10)コマーシャル・ペーパー
        11)新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
          株予約権証券
        12)外国または外国の者の発行する証券または証書で、                             1)から11)まで         の証券または証書の性質を有
                                 12/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          するもの
        13)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいま
          す。)
        14)投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるも
          のをいいます。)
        15)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        16)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有
          価証券に係るものに限ります。)
        17)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        18)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        19)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券
          に限ります。)
        20)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        21)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
          券に表示されるべきもの
        22)外国の者に対する権利で               21)  の有価証券の性質を有するもの
        なお、   1)  の証券または証書、          12)  ならびに     17)  の証券または証書のうち             1)  の証券および証書の性質
        を有するものを以下「株式」といい、                    2)  から  6)  までの証券および         12)  ならびに     17)  の証券または証
        書のうち     2)  から  6)  の証券の性質を有するもの、および                   14)  の証券のうち投資法人債券を以下「公社
        債」といい、       13)  の証券および       14)  の証券(ただし、投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証
        券」といいます。
      ③ 金融商品の指図範囲
        委託者は、信託金を、            ② に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の
        規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指図する
        ことができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で               5)  の権利の性質を有するもの
        この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が運用上必要と認めるときには、
        委託者は、信託金を、           上記  に掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
      ④ その他の投資対象と指図範囲
        信用取引の指図、先物取引等の運用指図、スワップ取引の運用指図、金利先渡取引、為替先渡取引およ
        び直物為替先渡取引の運用指図、クレジットデリバティブ取引の運用指図、有価証券の貸付けの指図、
        外国為替予約取引の指図、              有価証券売却等の指図、             資金の借入      、担保権の設定        を行うことができます。
      ◆投資対象とする         マザーファンド        の概要

      <シュローダーBRICs株式マザーファンド>
      運用の基本方針
      基本方針             信託財産の成長を目的に積極的な運用を行います。
      主な投資対象             ブラジル、ロシア、インドおよび中国の株式を主要投資対象とします。
                                 13/83





                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資  態度           ① ブラジル、ロシア、インドおよび中国を主とするエマージング株式市場
                      の企業の株式に投資することにより、長期的な信託財産の成長を目的に
                      積極的な運用を行います。
                    ② 運用にあたっては、シュローダー・インベストメント・マネージメン
                      ト・リミテッドに外貨建資産の運用の指図に関する権限を委託します。
                    ③ 外貨建資産については、為替ヘッジを行いません。
                    ④ 株式等の組入比率については原則としてフルインベストメントで積極的
                      な運用を行います。
                    ⑤ 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があ
                      ります。
      主な投資制限             ① 株式への投資割合には、制限を設けません。
                    ② 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資
                      産総額の20%以下とします。
                    ③ 投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
                      す。
                    ④ 同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とし
                      ます。
                    ⑤ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託
                      財産の純資産総額の5%以下とします。
                    ⑥ 同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1
                      項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社
                      債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明
                      確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および
                      第8号の定めがある新株予約権付社債を含みます。)への投資割合は、
                      信託財産の純資産総額の10%以下とします。
                    ⑦ 外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                    ⑧ デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
      収益分配             収益分配は行いません。
      ファンドに係る費用
      信託報酬             ありません。
      申込手数料             ありません。
      信託財産留保額             ありません。
      その他の費用など             組入有価証券の売買時の売買委託手数料、信託事務の処理に要する諸費用、
                    信託財産に関する租税など。
                    ※上記費用に付随する消費税等相当額を含みます。
      その他
      委託会社             シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
      投資顧問会社             シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッド
      (運用委託先)
      受託会社             三菱UFJ信託銀行株式会社
     (3)【運用体制】

      ① 運用体制
        シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(                               外国株式運用担当         )が、ファンドおよびマ
        ザーファンドの運用を行います。
        なお、ファンドの主要投資対象であるシュローダーBRICs株式マザーファンドの運用にあたって
        は、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドに外貨建資産の運用の指図に関す
        る権限を委託します。
                                 14/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用にあたっては、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社が「投資運用業務に係る
        業務運営規程」(社内規則)に則り、以下の体制(委託会社と委託会社のグループ全体での運用体制を
        示 しています。)で臨みます。
        *1 国内株式運用における、個別銘柄分析、ポートフォリオの構築およびリスク管理、国内投資信託の











          運用指図
        *2 国内債券運用に関する指図の権限の委託(委託先は、マニュライフ・アセット・マネジメント株式
          会社)、国内投資信託の運用指図
        *3 外国株式運用に関する指図の権限の委託(委託先は、シュローダー・グループ内の各関連会社)、
          国内投資信託の運用指図
        *4 外国債券運用に関する指図の権限の委託(委託先は、シュローダー・グループ内の各関連会社)、
          国内投資信託の運用指図
        *5 マルチアセット運用に関する指図の権限の委託(委託先は、シュローダー・グループ内の各関連会
          社)、国内投資信託の運用指図
        *6 オルタナティブ運用に関する指図の権限の委託(委託先は、シュローダー・グループ内の各関連会
          社)、国内投資信託の運用指図
      ② 内部管理体制

        運用部門、トレーディング部門、管理部門はそれぞれ完全に独立しており、部門間で十分に牽制機能が
        働くような組織構成となっています。これらの牽制機能が十分に機能しているかどうかを監理するた
        め、  運用プロセスから独立した部門                がモニタリングを実施し業務手続の遵守状況やリスク管理状況を定
        期的にチェックしています。エラーや違反が行われた場合には、改善の提言およびその実施状況の確認
        を行います。
        約定から決済まで一貫して自動処理を行う売買発注システムの運営にあたっては、個々のスタッフに付
        与されている権限は厳格に分離されており、当事者以外が他の権限によりシステムにアクセスすること
                                 15/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        はできないようになっています。
        投資ガイドラインおよび社内ルール遵守状況については、当該売買発注システムのコンプライアンス機
        能により、自動的にチェックされています。個別の取引に関してはその都度、残高・保有に関しては日
        次で自動的にコンプライアンスチェックが行われます。遵守状況は                                    運用プロセスから独立した部門                 に
        よって日々モニタリングされ、是正が必要と認められた場合には、                                   運用部や口座       担当者に必要な措置を
        講じるよう求めます。
      ③ 受託銀行に関する管理の体制
        信託財産管理に関する、基準価額計算、決算処理などの日常業務を通じて、受託銀行の事務処理能力に
        ついては、商品対応力、即時対応力、正確性などを含め把握に努めています。問題が発見された場合に
        は、受託銀行と適宜連絡を行い、改善を求めています。受託銀行における内部統制については、各受託
        銀行より外部監査人による内部統制についての報告書を取得しています。
      ※上記体制は      平成29年1月末現在          のものであり、今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

      ① 収益分配方針
        毎決算時(毎年1月、4月、7月および10月の各30日、ただし決算日が休業日の場合は翌営業日)に原則と
        して以下の方針に基づき分配を行います。
        1)分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当収入と売買益(評価損益を含みま
          す。以下同じ。)等の全額とします。
        2)収益分配金額は、委託者が                1)  の範囲のうち原則として売買益を中心に、基準価額水準、市況動向
          等を勘案して決定します。なお、分配対象収益が少額等の場合には、収益分配を行わない場合があ
          ります。
        3)留保益の運用については、特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行
          います。
      ② 収益分配金の支払い
       <分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>
        原則として、収益分配金は              税金を差し引いた後、           無手数料で自動的に再投資されます。
       <分配金受取りコース(一般コース)>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日ま
        で)から収益分配金を支払います。支払いは販売会社において行なわれます。
       ※将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

     (5)【投資制限】

      ① 約款に定める投資制限
       1)株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       2)新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下としま
         す。
       3)投資信託証券(マザーファンド受益証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額
         の5%以下とします。
       4)同一銘柄の株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       5)同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以
         下とします。
       6)同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約
         権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあ
         らかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある
         新株予約権付社債を含みます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       7)外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
       8)投資する株式等の範囲
         委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、                                           運用の基本方針        の
         範囲内で、      金融商品取引所        に上場(上場予定も含みます。)されている株式の発行会社の発行するも
                                 16/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         の、  金融商品取引所        に準ずる市場において取引されている株式の発行会社の発行するものとします。
         ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券に
         つ いては、この限りではありません。
       9)信用取引の指図範囲
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの指図
           をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより
           行うことの指図をすることができるものとします。
         ロ)  イ)  の信用取引の指図は、            次に掲げる      有価証券の発行会社の発行する株券について行うことがで
           きるものとし、かつ          次に掲げる      株券数の合計を超えないものとします。
           1.信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
           2.株式分割により取得する株券
           3.有償増資により取得する株券
           4.信託財産に属する転換社債の転換請求ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項
              第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそ
              れぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧商
              法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株
              予約権付社債」といいます。)における新株予約権の行使により取得可能な株券
       10)先物取引等の運用指図              ・目的・範囲
         イ)委託者は、わが国の             金融商品取引所        における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3
           号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
           ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3
           号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引、な
           らびに有価証券先渡取引(金融商品取引法第28条第8項第4号イに掲げるものをいいます。)、有
           価証券店頭指数等先渡取引(金融商品取引法第28条第8項第4号ロに掲げるものをいいます。)お
           よび有価証券店頭オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第4号ハに掲げるものをいいま
           す。)を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて
           取扱うものとします。
         ロ)委託者は、わが国の             金融商品取引所        における通貨に係る先物取引ならびに外国の取引所における
           通貨に係る先物取引および先物オプション取引、ならびにわが国の                                   金融商品取引所        および外国の
           取引所によらないで行う通貨に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすること
           ができます。
         ハ)委託者は、わが国の             金融商品取引所        における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならび
           に外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引、ならびにわが国の                                     金融商品取引所        によらな
           いで行う金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所によらないで行うこ
           れらの取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができます。
       11)スワップ取引の運用指図               ・目的・範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取金
           利、または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下、「スワップ
           取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
         ロ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、                                  原則として信託期間          を超えないもの
           とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りでは
           ありません。
         ハ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価す
           るものとします。
         ニ)委託者は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
           の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       12)金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の運用指図                                    ・目的・範囲
         イ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引、為替先渡取引お
           よび直物為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
         ロ)金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日
           が、  原則として信託期間          を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解
           約が可能なものについてはこの限りではありません。
         ハ)金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実
                                 17/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           勢金利等を基に算出した価額で評価するものとします。
         ニ)委託者は、金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引を行うにあたり担保の提供ある
           いは受入れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         ホ)  12)において       「金利先渡取引」とは、             当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決
           済日」といいます。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいま
           す。)までの期間に係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金
           銭の貸借契約に基づく債権の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取
           り決めに係る数値と決済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定
           めた金額および当事者間で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標
           利率の現実の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいま
           す。
         ヘ)  12)において       「為替先渡取引」とは、             当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期
           間に係る為替スワップ取引(同一の相手方との間で直物外国為替取引および当該直物外国為替取
           引と反対売買の関係に立つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます。以下                                            12)  におい
           て同じ。)のスワップ幅(当該直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に
           係る外国為替相場との差を示す数値をいいます。以下                            12)  において同じ。)を取り決め、その取
           り決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引
           いた値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた額を決済日における指標利率の数値で決済日
           における現在価値に割り引いた額の金銭またはその取り決めに係るスワップ幅から決済日におけ
           る当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額
           を乗じた金額とあらかじめ元本として定めた金額について決済日を受渡日として行なった先物外
           国為替取引を決済日における直物外国為替取引で反対売買したときの差金に係る決済日から満期
           日までの利息とを合算した額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り
           引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
         ト)  12)において       「直物為替先渡取引」とは              、当事者間において、あらかじめ元本として定めた金額
           について決済日を受渡日として行なった先物外国為替取引を決済日における直物外国為替取引で
           反対売買したときの差金の授受を約する取引その他これに類似する取引をいいます。
       13)クレジットデリバティブ取引の運用指図
         委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、クレジットデリバティブ取引(金融
         商品取引法第2条第21項第5号イおよび同条第22項第6号イに掲げるものをいいます。以下同じ。)を行
         なうことの指図をすることができます。
       14)有価証券の貸付けの指図および範囲
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を                                                 次の範
           囲内  で貸付けの指図をすることができます。
           1.株式の貸付けは貸付時点において貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価
              合計額の50%を超えないものとします。
           2.公社債の貸付けは貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
              る公社債の額面金額の合計額の50%を超えないものとします。
         ロ)  イ)  に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は、すみやかにその超える額に相当
           する契約の一部の解約を指図するものとします。
         ハ)委託者は、有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものと
           します。
       15)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
         には、制約されることがあります。
       16)外国為替予約取引の指図および範囲
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすること
           ができます。
         ロ)  イ)  の予約取引の指図は、            信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につ
           き円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する
           外貨建資産とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした
           額(信託財産に属するマザーファンドの時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占
           める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額について、信託財産
                                 18/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           に属する外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、こ
           の限りではありません。
         ハ)  ロ)  の限度額を超えることとなった場合には、委託者は所定の期間内に、その超える額に相当す
           る為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
       17)資金の借入
         イ)委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴う支払資金
           の手当てを目的として、また、再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金
           の借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)を行うことができるものとします。
         ロ)委託者は       イ)  の規定により借入れた借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
         ハ)委託者は       イ)  に定める借入れの指図および必要な担保の差入れの指図を行うこととします。
         ニ)  イ)  に定める資金借入れ額は、              次にあげる範囲内         の額とします。
           1.信託財産で保有する有価証券等の売却代金、解約代金および償還金等により受取りの確定し
              ている資金の合計額の範囲内。
           2.かつ、信託財産の純資産額の100分の10を超えない額の範囲内。
           3.再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てのために借入れた場合については、収益分配金
              のうち再投資に係る額の範囲内。
         ホ)一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、解約代金の支払いのために行う信託財産の
           売却等により受取りの確定している当該資金の受入日までとします。
         ヘ)収益分配金の再投資に係る借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
           までとします。
         ト)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
       18)デリバティブの利用はヘッジ目的に限定します。
       19)  デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的な方法
         により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ② 法令による投資制限
        同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律)
        同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行なう投資信託全体で、当該株式の議決権
        の過半数を保有することとなる取引は行ないません。
     3【投資リスク】

     (1)ファンドのリスク
       ・ファンドは組入有価証券等の価格下落、発行体の倒産および財務状況の悪化、為替変動等の影響によ
        り、ファンドの基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資者の皆様の投資元本
        は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあり
        ます。ファンドは預貯金と異なります。ファンドの運用による損益はすべて投資者に帰属します。
       ・分配金は、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われるとその金額相当分、基準価額
        は下がります。また、必ず支払われるものではなく、金額も確定しているものではありません。
       なお、以下に記載するリスクは当ファンドに関するすべてのリスクについて必ずしも完全に網羅したもの

       ではなく、それ以外のリスクも存在する場合があることにつきご留意ください。
       ① 株式の価格変動リスク、信用リスク

         株式の価格は、政治・経済情勢、発行企業の業績、市場の需給関係等を反映し、下落することがあり
         ます。また、株式の発行企業が経営不安、倒産等に陥った場合には、投資資金が回収できなくなる場
         合もあります。それらにより組入株式の価格が下落した場合には、基準価額が下落する要因となり、
         投資元本を割り込むことがあります。
       ② 為替変動リスク
         実質外貨建資産について、当該外貨の為替レートが円高方向に進んだ場合には、基準価額が下落する
         要因となり、投資元本を割り込むことがあります。
       ③ カントリーリスク
         投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取引に
         対して新たな規制等が設けられた場合には、基準価額が下落したり、運用方針に沿った運用が困難と
                                 19/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なる場合があります。
         なお、BRICsへの投資には以下のようなリスクがあります。
         1)経済状況の変化に伴うリスク
           BRICsにおいては、経済成長率、インフレ率、国際収支、外貨準備高等の各種経済指標に
           よって象徴される経済状況の好転や悪化の度合いおよび速度が、先進国と比較して、一般に、大
           きくなる傾向があると考えられます。国全体の経済状況の変化は、当該国内の個々の企業業績に
           も多大な影響を与えるため、ファンドが主として投資を行うBRICsの株式は、先進国市場の
           株式と比較して、その価格変動が大きくなる傾向があると想定されます。
         2)流動性に関するリスク
           BRICsの証券市場は、先進諸国と比較して、一般に、その市場規模や取引量が小さく、流動
           性等の問題により、本来想定される投資価値とは乖離した価格水準による取引が行われたり、株
           価の変動性が大きくなる傾向があると考えられます。また、政治的・経済的な急変時等において
           は、流動性が極端に減少し、より一層、価格変動が大きくなることも想定されます。
         3)政治的・社会的な変化に伴うリスク
           BRICsにおいては、政治不安、社会不安、他国との外交関係の悪化等によっても、証券市場
           の価格変動が大きくなる場合があることが想定されます。また、政府当局による海外からの投資
           規制や外国人投資家に対する追徴的な課税、自国外への送金規制、金融商品取引所の閉鎖や取引
           停止等の規制が突然導入されることも想定され、その場合には証券市場の価格変動が大きくなる
           ばかりでなく、規制の内容等によっては、ファンドによる投資資金の回収が一時的に困難とな
           る、または、不可能となることも想定されます。
         4)制度、インフラストラクチャーに係るリスク
           BRICsにおいては、先進国と比較して、証券の決済・保管等に係る制度やインフラストラク
           チャーが未発達であったり、証券の売買を行う当該国の仲介業者等の固有の事由等により、決済
           の遅延・不能等が発生する可能性も想定されます。そのような場合、ファンドの基準価額に悪影
           響が生じる可能性があります。
         5)企業会計や情報開示等に係るリスク
           BRICsにおいては、一般に、企業会計や情報開示等に係る法制度や習慣等が、先進国とは異
           なることから、投資判断に際して正確な情報を十分確保できないことがあります。
       ④ 流動性に関するリスク
         証券  やその他の投資対象商品             を売買する際、その市場規模や取引量が小さい場合は、流動性が低下
         し、本来想定される投資価値とは乖離した価格水準による取引が行われたり、                                         価格  の変動性が大きく
         なる傾向があると考えられます。また、政治・経済情勢の急変時等においては、流動性が極端に低下
         し、より一層、価格変動が大きくなることも想定されます。このように流動性が低下した場合には、
         基準価額が下落する要因となり投資元本を割り込むことがあります。
       <その他の留意事項>

       ① ファンドからの資金流出に伴うリスクおよび留意点
         一部解約代金の支払資金を手当するために保有証券を大量に売却しなければならないことがありま
         す。その際、市況動向や流動性等の状況によっては基準価額が大きく変動する要因となります。ま
         た、保有証券の売却代金の回収までの期間、一時的にファンドで資金借入れを行うことによってファ
         ンドの解約代金の支払いに対応する場合、借入金利はファンドが負担することになります。
       ② 短期金融商品の信用リスク
         ファンドおよびマザーファンドの資産をコール・ローン、譲渡性預金証書等の短期金融商品で運用す
         る場合、債務不履行により損失が発生することがあります。この場合、基準価額が下落する要因とな
         ります。
       ③ 収益分配金に関する留意点
         収益分配金は、決算毎に委託会社が売買益を中心に基準価額水準、市況動向等を勘案して決定するた
         め分配額は決算毎に変動します。したがって、一定水準の収益分配が支払われることを示唆あるいは
         保証するものではありません。また、分配対象額が少額の場合や、決算時点での基準価額が当初元本
         (1万口当たり1万円)を下回っている場合等には、分配を行わない場合があります。
       ④ 信託の途中終了
         信託契約の一部解約により、               受益権の口数が25億口            を下回ることとなった場合、または取引市場の                        大
         幅な変動     などその他やむを得ない事情の発生により運用の継続が困難と認められた場合には、信託期
                                 20/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         間の途中でも信託を終了させる場合があります。
       ⑤ 買付・換金の中止
                   *
         金融商品取引所        等  における取引の停止、外国為替取引の停止                      、決済機能の停止         その他やむを得ない
         事情が生じた場合には、ファンドの買付け、換金の各申込みの受付けを中止すること、あるいは、す
         でに受付けたそれらの申込みの受付けを取り消すことがあります。
         *金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号
          ロに規定する外国金融商品市場をいいます                      。
       ⑥ 買付・換金に関する制限
         1)信託期間中であっても、               下記のいずれか        に該当する場合は、買付・換金の申込みを受付けませ
           ん。
           ・国内の休業日
           ・ロンドン証券取引所の休業日
           ・ニューヨーク証券取引所の休業日
           ・ロンドンの銀行の休業日
           ・ニューヨークの銀行の休業日
            ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
         2)信託財産の資金管理を円滑に行うため、原則として1日1件あたり                                    10億円   を超える一部解約の申込
           みは行えません。なお、別途換金制限を設ける場合があります。
       ⑦   運用  の基本方針に沿った運用ができない場合
         ファンドおよびマザーファンドが投資を行う各国市場の混乱やファンドに大量の解約が生じた場合な
         どには、機動的に保有資産の売却ができないことが想定されます。こうした場合を含め、資金動向、
         市況動向その他の要因等によっては、                   運用  の基本方針にしたがった運用ができない場合があります。
       ⑧ 運用体制の変更ならびにファンドマネジャーの交代
         ファンドおよびマザーファンドの運用体制は、今後、変更となる場合があります。
         また、ファンドおよびマザーファンドは長期(原則として信託期間は無期限)にわたり運用を行うた
         めに、信託期間の途中においてファンドマネジャーが交代となる場合があります。この場合において
         も、ファンドの運用方針が変更されることはありませんが、ファンドマネジャーの交代等に伴い、組
         入銘柄の入替等が行われる場合があります。
     (2)リスク管理体制
      ① ファンドの運用リスク管理
       <シュローダー・グループ全体の運用リスク管理>
        シュローダー・グループでは、発注および運用管理システムを導入し、投資ガイドラインチェック、
        ポートフォリオのモデリングおよびファンドマネジャーの運用指図、トレーダーの発注・約定などの業
        務プロセスを一貫して電子上で処理・管理しています。投資信託の約款に示されている運用方針や当社
        またはシュローダー・グループ内で統一的に定めた社内ルール等は、同システム上に設定されます。
        ファンドマネジャーがトレーダーに売買指示をする際に、システム上で投資ガイドラインに対する違反
        がないかどうかコンプライアンスチェックが実施され、遵守が確認されると注文はトレーダーに送信さ
        れます。遵守していない場合は、ただちにシステムから警告が発せられ、ファンドマネジャーは発注数
        量の変更や発注の取り消しなど必要な措置を講じることが要求されます。また、投資ガイドラインに抵
        触がないかどうかは、日次でポートフォリオ・コンプライアンスの担当者によりモニタリングされてい
        ます。
      ② 内部牽制体制の整備状況
        シュローダー・グループでは運用部門と管理部門を分離する一方、運用部門とトレーディング部門との
        分離もはかっています。これにより、運用部門は各ファンド毎に定められた投資制限の範囲内で投資判
        断を行い、トレーディング部門は最良発注および信託財産相互間の公平性の確保を目指しています。
        また、当社のリスク部門等やシュローダー・グループの内部監査部門が各部門の業務手続きを見直し、
        改善の提言および改善の実施状況のチェックを行います。
        さらに、当社のコンプライアンス部門のモニタリングにより各部門の手続きの遵守状況を定期的に
        チェックします。コンプライアンス部門ではまた、役職員に対し定期的にコンプライアンス・セッショ
        ン等を行うことにより、関連法規制の重要事項および社内手続き等の周知徹底を行います。
      ③ 内部検査・監査体制
        当社のコンプライアンス部門は、年間モニタリング計画に基づいて、運用、営業、管理の各部門が法
                                 21/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        令・諸規則、協会諸規則および社内業務手続きに沿って運営されているかどうかについて管理体制等を
        チェックします。問題もしくは懸念事項が発見された場合には、必要な改善策とその実施スケジュール
        を 各部門長と合意に至るまで協議し、合意された改善策の実施状況を確認します。また、シュロー
        ダー・グループの内部監査部門が定期的に当社を訪問し、各部門・業務に対する監査を行っています。
      ④ 外部監査について
        外部監査としては、会計監査並びに投信法に基づく投信ファンド監査、シュローダー・グループの財務
                                                 *
        諸表監査および諸手続きの監査、グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS)                                          準拠の検証、投資一任
        契約に係わる資産運用管理業務に係る内部統制についての検証が、各々監査法人により定期的に実施さ
        れています。
        *グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS)とは、IPC(Investment                                     Performance       Council)が所管す
         るパフォーマンス基準(資産運用会社が自社の投資パフォーマンスの記録を顧客に対して提示するた
         めの基準)をいいます。
      ⑤ 店頭デリバティブ取引に適用される制限に関する留意点
        店頭デリバティブ取引等の国際的な規制強化を受けて、一定のデリバティブ取引について、取引所等に
        おいて取引し清算機関を通じて決済することが、また一定の店頭デリバティブ取引について清算機関に
        おける清算と証拠金の提供が求められることとなります。さらに一定の清算機関を通さない非清算店頭
        デリバティブ取引については、取引当事者間での証拠金の授受が求められることとなります。ファンド
        が店頭デリバティブ取引等を活用する場合、当該規制による店頭デリバティブ・ディーラーのコスト増
        を受けた運用管理費用の増大や、証拠金拠出に備えた現金等の保有比率の高まりによる投資対象資産の
        組入比率の低下等により、ファンドの投資目的達成に悪影響を及ぼす可能性があります。また、清算ブ
        ローカーや清算機関が支払不能又は債務不履行に陥った場合、ファンドが拠出した証拠金が回収できな
        くなり、清算金の返金が遅れる可能性があります。この他、規制対象とならない店頭デリバティブ取引
        を行う場合、規制対象のデリバティブ取引に比べ、信用リスクや決済リスクその他のリスクが複雑なも
        のとなる可能性があります。
      ※上記体制は      平成29年1月末現在          のものであり、今後変更となる場合があります。

     ≪参考情報≫

                                 22/83










                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】









     (1)【申込手数料】

        販売会社が定めるものとします。
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額                    に 3.78%(税抜3.50%)            を上限として販売会社が独自に定める申
        込手数料率を乗じて得た額とします。
        申込手数料率につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>の場合、収益分配金の再投資により取得する口数
        については、申込手数料はかかりません。
         
         です。
     (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額
        解約請求受付日の翌営業日の基準価額                   に 0.3%   の率を乗じて得た額(1口当たり)が差し引かれます。
         
         入れる金額のことです。
     (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬
        信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年                                        率 2.0304%(税抜1.88%)
        を乗じて得た額とします。              (信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率)
      ② 信託報酬の配分
        信託報酬の配分は、以下の通りとします。
                                 23/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ※表中の率は税抜です。別途消費税がかかります。





         
         ジメント・リミテッドに対する報酬が含まれております。
      ③ 支払時期
        信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は、                                毎計算期末または信託終了のとき                 に、信
        託財産から支払います。
     (4)【その他の手数料等】

      ファンドから支払われる費用には次のものがあります。
      ①   株式等の売買委託手数料、先物取引やオプション取引等に要する費用                                    およびこれらに係る消費税等相当
        額
      ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する費用、外貨建資産の保管等費用、借入金の利息、融資
        枠の設定に要する費用、受託会社が立替えた立替金の利息およびこれらに係る消費税等相当額
      ③ その他の諸費用          およびこれらに係る消費税等相当額                   。なお、これらに該当する業務を委託する場合は、
        その委託費用を含みます。
        1)監査費用
        2)法律顧問・税務顧問への報酬および費用
        3)目論見書の作成・印刷・交付費用
        4)有価証券届出書・有価証券報告書等法定提出書類の作成・印刷・提出費用
        5)信託約款の作成・印刷・届出費用
        6)運用報告書の作成・印刷・交付費用
        7)公告に係る費用ならびに他の信託との併合、信託約款の変更および信託契約の解約に係る事項を記
          載した書面の作成・印刷・交付に係る費用
        8)投信振替制度に係る費用および手数料等
        9)この信託の計理業務(設定解約処理、約定処理、基準価額算出、決算処理等)およびこれに付随す
          る業務(法定帳簿管理、法定報告等)に係る費用
        10)格付の取得に要する費用
        委託会社は、上記③の諸費用の支払いをファンドのために行い、その金額を合理的に見積もった結果、
        信託財産の純資産総額の             年率0.054%(税抜0.05%)              相当額を上限として、係る諸費用の合計額とみなし
        て、実際の金額のいかんにかかわらず、ファンドより受領します。ただし、委託会社は、信託財産の規
        模等を考慮して、信託の設定時または期中に、係る諸費用の年率を見直し、                                       0.054%(税抜0.05%)            を上
        限としてこれを変更することができます。
        上記③の諸費用は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に応じて計上されます。
        係る諸費用は、        毎計算期末または信託終了のとき                 、信託財産中から委託会社に対して支弁されます。
      ※上記の監査費用は、監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用です。

      㯿ࣿᓿर崰湎혰湢䭥灥饻䤰渰䘰愰Ĥ怰䨰蠰猤愰溌뭵⠰漰Ɛ䭵⡲뙬셻䤰欰蠰詙॒픰夰謰弰脰Ŏ譒䴰步饳蜰Ŏ
       限額等を示すことができません。
      
       で、事前に示すことができません。
                                 24/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【課税上の取扱い】

        課税上は、      株式投資信託       として取り扱われます。             公募株式投資信託は税法上、NISA(少額投資非課税制
        度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の適用対象です。
      ① 個人受益者の場合
       1)収益分配金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得として、                                      20.315%(所得税15.315%
         および地方税5%)          の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
         なお、確定申告を行ない、申告分離課税または総合課税                             (配当控除の適用はありません。)                   のいずれ
         かを選択することもできます。
       2)解約金および償還金に対する課税
                             *
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                     については譲渡所得として、               20.315%(所得税15.315%およ
         び地方税5%)        の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴
         収ありの特定口座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、                                  20.315%(所得税15.315%および地
         方税5%)      の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
        *解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を含みま
         す。)を控除した利益
         㭸멛驵㍔䩻䤰欰蠰訰ƉѦ䈰䨰蠰獑ᾐ葦䈰湝෿ࢋ牮Ⅴ൙ㇿर欰搰䐰昰漰Ŏ੘㑨⩟ཻ䤰溋牮ⅶ쨰Ŏ੘
         株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益
         通算が可能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利
         子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算
         が可能です。
         㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰ౡ᭹ᨀ一䤀匀䇿࠰쬰ﰰ뗿रര鈰呒⥵⠰湘㑔࠰ū칞琰Ş璕錀㄀㈀ぎݑ蘰湻쑖来뀰弰殌
         入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用
         になれるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方
         が対象となります。また、              未成年者少額投資非課税制度               (ジュニアNISA)         をご利用の場合        、20歳未満
         の居住者などを対象に、年間80万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所
         得および譲渡所得が5年間非課税                 となります。       詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ② 法人受益者の場合
       1)収益分配金、解約金、償還金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額について
         は配当所得として、          15.315%(所得税のみ)             の税率による源泉徴収が行なわれます。源泉徴収された
         税金は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
       2)益金不算入制度の適用
         益金不算入制度は適用されません。
      ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
      ③ 個別元本
       1)各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれませ
         ん。)が個別元本になります。
       2)受益者が同一ファンドを複数回お申込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で加重平均した
         値となります。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法
         が異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせください。
      ④ 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)
       1)収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(元
         本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       2)受益者が収益分配金を受け取る際
         イ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場
           合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ロ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収益
           分配金の範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から
           元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         ハ)収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の受益
                                 25/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           者の個別元本となります。
      ⑤ 米国外国口座税務コンプライアンス法(以下「FATCA」という。)に基づく米国税務報告義務








         米国における追加雇用対策法案の一環として、2010年3月18日に、2012年外国口座税務コンプライア
        ンス法の規定が制定され、内国歳入法の一部となりました。FATCAには、外国金融機関(以下「FFI」と
        いう。)が、FATCAの目的における米国人またはFATCAの対象となる他の外国事業体により保有される受
        益証券に関する一定の情報を、米国内国歳入庁(以下「内国歳入庁」という。)に直接報告し、当該目
        的において追加の識別情報を集めるよう義務づける規定が含まれています。国内投資信託に関しては、
        ファンドおよびファンドの関係法人がFFIに該当し、それらが内国歳入庁に登録を行わない等FATCAの遵
        守が行われない場合、米国を源泉とする収益の支払および米国を源泉とする収益を生み出す有価証券の
        販売を行うことによりもたらされる総手取金額に関し、30%の源泉徴収税の対象となることがありま
        す。
         FATCA上課される義務を遵守する目的で、2014年7月1日から、販売会社は、自らの顧客の米国税務上
        の立場を確認するため、顧客がFATCAの目的における特定の米国人、米国人所有の非米国事業体もしくは
        非参加FFI(以下「NPFFI」という。)に該当する場合、または必要書類を速やかに提供しない場合、関
        係法令に従い、当該顧客に関する情報を内国歳入庁へ報告する必要があります。また、受益者は、FATCA
        の目的における米国人の定義が現行の米国人の定義よりも幅広い投資家を含みうることに留意が必要と
        なります。
      㭎ઊᠰ潞獢က㈀㥞琀ㅧࡧ⭳﹗⠰渰舰渰朰夰渰朰ź๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔࠰樰椰欰漰ź๳蜰樰椰溊뉺๎ਰ湓홢焰䐰

       変更になる場合があります。               税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧
       めします。
     5【運用状況】

     【シュローダーBRICs株式ファンド】

     以下の運用状況は2017年             1月31日現在です。
     ・投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     (1)【投資状況】

                                 26/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資産の種類                 国・地域          時価合計(円)            投資比率(%)
     親投資信託受益証券                       日本                 13,272,856,419              100.01
     コール・ローン等、その他資産(負債控除後)                        ―                   △766,955           △0.01
                合計(純資産総額)                            13,272,089,464              100.00
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     イ.評価額上位銘柄明細

                                   簿価       簿価       評価       評価     投資

      国・                      数量又は
          種類         銘柄名                単価       金額       単価       金額     比率
      地域                      額面総額
                                   (円)       (円)       (円)       (円)     (%)
      日本   親投資信託受     シュローダーBRICs株式マザー              7,852,831,866         1.7156    13,472,318,350          1.6902    13,272,856,419      100.01
          益証券    ファンド
     ロ.種類別の投資比率

                  種類                     投資比率(%)

              親投資信託受益証券                                  100.01
                 合  計                                100.01
     ②【投資不動産物件】

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

                              純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

              期別
                             分配落ち         分配付き         分配落ち         分配付き
       第3特定期間末          (2007年    7月30日)           49,206         55,139         1.0783         1.2083
       第4特定期間末          (2008年    1月30日)           100,494         100,494         1.0047         1.0047
       第5特定期間末          (2008年    7月30日)           85,621         86,560         0.9115         0.9215
       第6特定期間末          (2009年    1月30日)           31,161         31,577         0.3740         0.3790
       第7特定期間末          (2009年    7月30日)           51,950         52,555         0.6013         0.6083
       第8特定期間末          (2010年    2月  1日)         52,511         53,098         0.6270         0.6340
       第9特定期間末          (2010年    7月30日)           48,287         48,838         0.6136         0.6206
      第10特定期間末          (2011年    1月31日)           42,728         43,216         0.6131         0.6201
                                 27/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第11特定期間末          (2011年    8月  1日)         35,849         36,284         0.5773         0.5843
      第12特定期間末          (2012年    1月30日)           28,153         28,437         0.4956         0.5006
      第13特定期間末          (2012年    7月30日)           23,401         23,660         0.4512         0.4562
      第14特定期間末          (2013年    1月30日)           27,216         27,448         0.5878         0.5928
      第15特定期間末          (2013年    7月30日)           22,007         22,207         0.5493         0.5543
      第16特定期間末          (2014年    1月30日)           19,563         19,738         0.5596         0.5646
      第17特定期間末          (2014年    7月30日)           20,180         20,337         0.6424         0.6474
      第18特定期間末          (2015年    1月30日)           19,111         19,250         0.6882         0.6932
      第19特定期間末          (2015年    7月30日)           16,235         16,359         0.6564         0.6614
      第20特定期間末          (2016年    2月  1日)         12,015         12,132         0.5145         0.5195
      第21特定期間末          (2016年    8月  1日)         11,705         11,819         0.5097         0.5147
      第22特定期間末          (2017年    1月30日)           13,430         13,541         0.6048         0.6098
                 2016年    1月末日           11,760           ―      0.5035           ―
                     2月末日           10,929           ―      0.4682           ―
                     3月末日           12,124           ―      0.5220           ―
                     4月末日           12,050           ―      0.5206           ―
                     5月末日           11,786           ―      0.5089           ―
                     6月末日           11,140           ―      0.4838           ―
                     7月末日           12,046           ―      0.5244           ―
                     8月末日           12,364           ―      0.5383           ―
                     9月末日           12,332           ―      0.5403           ―
                    10月末日               12,552           ―      0.5515           ―
                    11月末日               12,664           ―      0.5582           ―
                    12月末日               12,916           ―      0.5756           ―
                 2017年    1月末日           13,272           ―      0.5958           ―
     (注)分配付きの金額は、特定期間末の金額に当該特定期間末の分配金を加算した金額です。

     ②【分配の推移】

          期                    期間                 1口当たりの分配金(円)

        第3特定期間         2007年    1月31日~2007年        7月30日                              0.2300
        第4特定期間         2007年    7月31日~2008年        1月30日                              0.1300
        第5特定期間         2008年    1月31日~2008年        7月30日                              0.0200
        第6特定期間         2008年    7月31日~2009年        1月30日                              0.0100
        第7特定期間         2009年    1月31日~2009年        7月30日                              0.0135
        第8特定期間         2009年    7月31日~2010年        2月  1日                            0.0150
        第9特定期間         2010年    2月  2日~2010年      7月30日                              0.0150
        第10特定期間         2010年    7月31日~2011年        1月31日                              0.0140
        第11特定期間         2011年    2月  1日~2011年      8月  1日                            0.0150
        第12特定期間         2011年    8月  2日~2012年      1月30日                              0.0100
        第13特定期間         2012年    1月31日~2012年        7月30日                              0.0115
                                 28/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第14特定期間         2012年    7月31日~2013年        1月30日                              0.0100
        第15特定期間         2013年    1月31日~2013年        7月30日                              0.0100
        第16特定期間         2013年    7月31日~2014年        1月30日                              0.0100
        第17特定期間         2014年    1月31日~2014年        7月30日                              0.0100
        第18特定期間         2014年    7月31日~2015年        1月30日                              0.0100
        第19特定期間         2015年    1月31日~2015年        7月30日                              0.0100
        第20特定期間         2015年    7月31日~2016年        2月  1日                            0.0100
        第21特定期間         2016年    2月  2日~2016年      8月  1日                            0.0100
        第22特定期間         2016年    8月  2日~2017年      1月30日                              0.0100
     ③【収益率の推移】

          期                    期間                    収益率(%)

        第3特定期間         2007年    1月31日~2007年        7月30日                              17.54
        第4特定期間         2007年    7月31日~2008年        1月30日                               5.23
        第5特定期間         2008年    1月31日~2008年        7月30日                              △7.29
        第6特定期間         2008年    7月31日~2009年        1月30日                             △57.87
        第7特定期間         2009年    1月31日~2009年        7月30日                              64.39
        第8特定期間         2009年    7月31日~2010年        2月  1日                             6.77
        第9特定期間         2010年    2月  2日~2010年      7月30日                               0.26
        第10特定期間         2010年    7月31日~2011年        1月31日                               2.20
        第11特定期間         2011年    2月  1日~2011年      8月  1日                            △3.39
        第12特定期間         2011年    8月  2日~2012年      1月30日                             △12.42
        第13特定期間         2012年    1月31日~2012年        7月30日                              △6.64
        第14特定期間         2012年    7月31日~2013年        1月30日                              32.49
        第15特定期間         2013年    1月31日~2013年        7月30日                              △4.85
        第16特定期間         2013年    7月31日~2014年        1月30日                               3.70
        第17特定期間         2014年    1月31日~2014年        7月30日                              16.58
        第18特定期間         2014年    7月31日~2015年        1月30日                               8.69
        第19特定期間         2015年    1月31日~2015年        7月30日                              △3.17
        第20特定期間         2015年    7月31日~2016年        2月  1日                           △20.09
        第21特定期間         2016年    2月  2日~2016年      8月  1日                             1.01
        第22特定期間         2016年    8月  2日~2017年      1月30日                              20.62
     (注)各特定期間の収益率は、特定期間末の基準価額(分配落ち)に当該特定期間の分配金を加算し、当該特定期間の直前の

       特定期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得
       た数に100を乗じた数です。
     (4)【設定及び解約の実績】

          期                期間              設定口数(口)            解約口数(口)

        第3特定期間         2007年    1月31日~2007年        7月30日             36,957,364,115            4,537,525,654
                                 29/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第4特定期間         2007年    7月31日~2008年        1月30日             68,908,130,812            14,514,597,481
        第5特定期間         2008年    1月31日~2008年        7月30日             10,973,283,626            17,068,409,585
        第6特定期間         2008年    7月31日~2009年        1月30日              4,091,484,222           14,694,892,084
        第7特定期間         2009年    1月31日~2009年        7月30日              8,050,935,440            4,982,525,285
        第8特定期間         2009年    7月31日~2010年        2月  1日            5,904,671,977            8,552,345,855
        第9特定期間         2010年    2月  2日~2010年      7月30日              3,169,021,733            8,230,678,952
        第10特定期間         2010年    7月31日~2011年        1月31日              1,596,917,451           10,589,064,774
        第11特定期間         2011年    2月  1日~2011年      8月  1日            1,515,767,639            9,113,392,658
        第12特定期間         2011年    8月  2日~2012年      1月30日              1,622,606,018            6,916,793,174
        第13特定期間         2012年    1月31日~2012年        7月30日              1,421,850,825            6,356,906,666
        第14特定期間         2012年    7月31日~2013年        1月30日              1,101,983,751            6,665,938,129
        第15特定期間         2013年    1月31日~2013年        7月30日               904,883,820           7,147,660,038
        第16特定期間         2013年    7月31日~2014年        1月30日               665,964,095           5,767,850,319
        第17特定期間         2014年    1月31日~2014年        7月30日               573,013,605           4,117,762,731
        第18特定期間         2014年    7月31日~2015年        1月30日               548,823,542           4,195,317,951
        第19特定期間         2015年    1月31日~2015年        7月30日               485,686,578           3,521,514,529
        第20特定期間         2015年    7月31日~2016年        2月  1日             486,168,031           1,867,388,451
        第21特定期間         2016年    2月  2日~2016年      8月  1日             517,525,878            905,205,136
        第22特定期間         2016年    8月  2日~2017年      1月30日               503,060,269           1,261,420,810
     (参考)

     シュローダーBRICs株式マザーファンド

     以下の運用状況は2017年             1月31日現在です。
     ・投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     投資状況

              資産の種類                 国・地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     株式                       ブラジル                 2,397,179,466              18.06
                            ロシア                 1,768,742,442              13.33
                            中国                 6,646,368,751              50.08
                            インド                 1,709,753,830              12.88
                                小計             12,522,044,489              94.34
     コール・ローン等、その他資産(負債控除後)                        ―                  750,775,721             5.66
                合計(純資産総額)                            13,272,820,210              100.00
     投資資産

     投資有価証券の主要銘柄

     イ.評価額上位銘柄明細

                                 30/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                   簿価       簿価       評価       評価    投資

      国・                       数量又は
         種類       銘柄名        業種           単価       金額       単価       金額    比率
      地域                       額面総額
                                   (円)       (円)       (円)       (円)     (%)
      中国    株式   TENCENT   HOLDINGS    LTD    ソフトウェ       408,500      2,738.00     1,118,476,595        2,998.54     1,224,906,858      9.23
                       ア・サービ
                         ス
      中国    株式   ALIBABA   GROUP  HOLDING-SP     ソフトウェ       102,328      9,684.09     990,953,859       11,497.08     1,176,473,837      8.86
                       ア・サービ
            ADR
                         ス
      中国    株式   CHINA  CONSTRUCTION     BANK-H    銀行     12,175,100        76.43    930,551,416         85.08   1,035,930,559      7.80
      中国    株式   CHINA  MOBILE   LTD      電気通信       630,500      1,402.30     884,153,492        1,288.75     812,562,865     6.12
                       サービス
      中国    株式   CHINA  PETROLEUM    &    エネルギー       7,277,000        80.83    588,212,281         91.10    662,939,794     4.99
            CHEMICAL-H
     ブラジル     株式   ITAU  UNIBANCO    HLDNG-PREF      銀行      480,267      1,086.88     521,995,238        1,356.61     651,537,512     4.91
            ADR
     ロシア    株式   SBERBANK    PAO-SPONSORED      ADR  銀行      407,720      1,014.04     413,447,284        1,353.20     551,727,071     4.16
      中国    株式   CHINA  PACIFIC   INSURANCE      保険     1,323,200        403.86     534,394,300        407.82     539,635,363     4.07
            GR-H
     ロシア    株式   LUKOIL   PJSC        エネルギー        66,022      5,359.31     353,832,556        6,471.23     427,243,983     3.22
     インド    株式   HDFC  BANK  LTD        銀行      166,840      2,106.97     351,527,208        2,158.71     360,160,177     2.71
      中国    株式   NEW  ORIENTAL    EDUCATIO-SP     消費者サー        64,180      5,009.91     321,536,422        5,400.28     346,590,259     2.61
                        ビス
            ADR
     インド    株式   MARUTI   SUZUKI   INDIA  LTD  自動車・自        32,064      8,126.37     260,564,197        9,903.51     317,546,337     2.39
                       動車部品
     インド    株式   AXIS  BANK  LTD        銀行      336,190       910.87     306,228,479        792.79     266,528,743     2.01
     インド    株式   HINDUSTAN    UNILEVER    LTD   家庭用品・       185,633      1,496.46     277,792,979        1,433.96     266,191,039     2.01
                       パーソナル
                        用品
     インド    株式   TATA  MOTORS   LTD      自動車・自       283,940       840.82     238,743,339        894.26     253,917,320     1.91
                       動車部品
     ブラジル     株式   VALE  SA-SP  ADR       素材      198,521       851.84     169,110,016        1,173.38     232,940,789     1.76
     ブラジル     株式   BANCO  BRADESCO-ADR         銀行      192,439       990.14     190,542,899        1,179.07     226,899,360     1.71
     ロシア    株式   X 5 RETAIL   GROUP  NV-REGS    食品・生活        53,795      2,545.92     136,958,288        3,817.18     205,345,596     1.55
                       必需品小売
            GDR
                         り
     ブラジル     株式   TELEF  BRASIL-ADR         電気通信       119,751      1,711.70     204,978,074        1,682.11     201,434,570     1.52
                       サービス
     インド    株式   ULTRATECH    CEMENT   LTD     素材       30,672      6,224.40     190,914,797        6,205.75     190,342,825     1.43
     ブラジル     株式   BRF  SA-ADR         食品・飲       115,431      1,891.52     218,340,299        1,605.85     185,365,922     1.40
                       料・タバコ
      中国    株式   CHINA  MENGNIU   DAIRY  CO   食品・飲       864,000       201.71     174,279,599        213.88     184,799,750     1.39
                       料・タバコ
     ブラジル     株式   CCR  SA          運輸      325,800       675.94     220,223,859        556.19     181,207,354     1.37
      中国    株式   ANHUI  CONCH  CEMENT   CO LTD-   素材      462,500       333.10     154,060,151        368.95     170,639,606     1.29
            H
     ロシア    株式   PJSC  MMC  NORILSK   NICKEL-     素材       87,464      1,712.84     149,811,881        1,864.20     163,051,071     1.23
            ADR
      中国    株式   CHINA  UNICOM   HONG  KONG  LTD  電気通信      1,066,000        121.32     129,328,079        135.25     144,184,388     1.09
                       サービス
     ブラジル     株式   LOJAS  RENNER   S.A.       小売      163,200       939.78     153,373,505        880.88     143,759,616     1.08
     ロシア    株式   NOVATEK   PJSC  GDR  REGS    エネルギー        9,583     13,109.77      125,630,963       14,624.58      140,147,398     1.06
      中国    株式   HOLLYSYS    AUTOMATION       テクノロ       74,282      2,229.53     165,614,534        1,884.69     139,998,810     1.05
                       ジー・ハー
            TECHNOLO
                       ドウェアお
                       よび機器
     ブラジル     株式   PETROLEO    BRASILEIRO-SPON       エネルギー       126,444       863.81     109,224,591        1,080.05     136,566,715     1.03
            ADR
     ロ.種類別及び業種別の投資比率

                                 31/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         種類      国内/国外                 業種              投資比率(%)

         株式        国外    エネルギー                             11.48
                    素材                             6.93
                    資本財                             0.67
                    運輸                             1.94
                    自動車・自動車部品                             4.31
                    耐久消費財・アパレル                             0.61
                    消費者サービス                             2.61
                    小売                             1.57
                    食品・生活必需品小売り                             1.55
                    食品・飲料・タバコ                             3.61
                    家庭用品・パーソナル用品                             2.01
                    銀行                             23.30
                    保険                             4.07
                    ソフトウェア・サービス                             18.97
                    テクノロジー・ハードウェアおよび機器                             1.19
                    電気通信サービス                             9.34
                    公益事業                             0.20
        合  計                                          94.34
     投資不動産物件

     該当事項はありません。
     その他投資資産の主要なもの

     該当事項はありません。

     ≪参考情報≫

     運用実績
                                 32/83







                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】

















     1【申込(販売)手続等】

     (1)申込方法
        販売会社所定の方法でお申し込みください。
     (2)コースの選択
        収益分配金の受取方法によって、<分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>と<分配金受取
                                 33/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        りコース(一般コース)>の2通りがあります。ただし、販売会社によって取扱コースは異なります。
        <分配金再投資コース(自動けいぞく投資コース)>
         収益分配金を自動的に再投資するコースです。
        <分配金受取りコース(一般コース)>
         収益分配金を再投資せず、その都度受け取るコースです。
     (3)申込みの受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
     (4)取扱時間
        原則として、       午後3時    までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (5)取得申込不可日
        販売会社の営業日であっても、取得申込日が                       下記のいずれか        に該当する場合は、取得の申込みの受付は
        行ないません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ・国内の休業日
        ・ロンドン証券取引所の休業日
        ・ニューヨーク証券取引所の休業日
        ・ロンドンの銀行の休業日
        ・ニューヨークの銀行の休業日
     (6)申込金額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額                    に取得申込口数を乗じて得た額に、申込手数料と当該手数料に係
        る消費税等相当額を加算した額です。
     (7)申込単位
        販売会社が定める単位とします。
         ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (8)申込代金の支払い
        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
     (9)受付の中止および取消
        委託会社は、金融商品取引所               等 における取引の停止、            外国為替取引の停止、            決済機能の停止、その他や
        むを得ない事情があるときは、取得の申込みの受付を中止すること、および既に受け付けた取得の申込
        みの受付を取り消すことができます。
     (10)米国人投資家に適用ある制限
         ファンドは、1940年米国投資会社法(改正済)(以下「投資会社法」という。)に基づき登録されて
        おらず、また登録される予定もありません。ファンドの受益証券は、1933年米国証券法(改正済)(以
        下「1933年証券法」といいます。)または米国のいずれかの州の証券法に基づき登録されておらず、登
        録される予定もなく、かかる受益証券は、1933年証券法および当該州の証券法またはその他の証券法を
        遵守する場合にのみ募集、販売、またはその他の方法により譲渡することができます。ファンドの受益
        証券は、米国内において、または米国人に対しもしくは米国人のために、もしくは、米国人が直接もし
        くは間接的な受益者である場合には、非米国人に対しもしくは非米国人のために、直接・間接的を問わ
        ず、募集または販売することができません。かかる目的において、米国人とは、1933年証券法に基づく
        レギュレーションSのルール902または1986年内国歳入法(改正済)(以下「歳入法」という。)に定め
        られた定義のとおりとします。
         1933年証券法に基づくレギュレーションSのルール902において、米国人とは、特に、米国に居住する
        自然人、および、個人ではない投資家については、(i)米国または米国の州の法律に基づき設立された会
        社またはパートナーシップ、(ii)(a)受託者が米国人である信託(当該受託者が専門受託人であり、米国
        人でない共同受託者が信託財産について単独または共有の投資裁量権を有し、信託の受益権者(および
        信託が取消不能の場合には信託設定者)が米国人ではない信託)、または(b)裁判所が信託に関し第一の
        管轄権を有し、かつ、一または複数の米国の受託人が信託に関するあらゆる実質的な決定を支配する権
        限を有する信託、および(iii)(a)すべての源泉から世界中の所得に課される米国の課税対象となる財
        団、または(b)米国人が遺言執行者または管財人である財団(米国人でない当該財団の遺言執行者または
        管財人が当該財団の資産について単独または共有の投資裁量権を有し、かつ、当該財団が外国の法律に
        準拠する場合を除く。)を含むものとして定義されています。
         また、「米国人」という用語は、以下の目的において、主に安定的投資(コモディティ・プール、投
        資会社またはその他同様の事業体等)を目的に設立された事業体を意味します。(a)当該運営者が非米国
                                 34/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        人である参加者により米国商品先物取引委員会が制定した規則のパート4の一定要件を免除されている、
        コモディティ・プールへの米国人による投資を促進することを目的として設立された事業体、または(b)
        1933  年証券法に基づき登録されていない証券への投資を主たる目的として米国人により設立された事業
        体(ただし、自然人、財団もしくは信託ではない「認可投資家」(1933年証券法に基づきルール501(a)
        に定義される。)により設立および所有されている場合にはこの限りではありません。)。
         歳入法上、米国人という用語は、以下に掲げる者を意味します。即ち、(i)米国の市民または居住者、
        (ii)米国の法律に基づき設立されたパートナーシップまたはその政治的下位機関、(iii)米国の法律に基
        づき設立される米国連邦所得税の目的上法人とみなされる会社もしくはその他の事業体、またはその政
        治的下位機関、(iv)源泉に関わらず、その所得に対して米国連邦所得税を課される財団、または(v)(a)
        米国内の裁判所が信託の運営について主たる監督権を行使することができ、一もしくは複数の米国人が
        信託のすべての実質的な決定を支配する権限を有する場合の信託、もしくは(b)1996年8月20日に存在し
        ており、米国人としてみなされるために適切に選択された信託です。
         自身の地位について疑義がある場合には、自らの金融アドバイザーまたはその他の専門アドバイザー
        に確認することをお勧めします。
     2【換金(解約)手続等】

     <解約請求による換金>
     (1)解約の受付
        販売会社の営業日に受け付けます。
     (2)取扱時間
        原則として、       午後3時    までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (3)解約請求不可日
        販売会社の営業日であっても、解約請求日が                       下記のいずれか        に該当する場合は、解約請求の受付は行な
        いません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ・国内の休業日
        ・ロンドン証券取引所の休業日
        ・ニューヨーク証券取引所の休業日
        ・ロンドンの銀行の休業日
        ・ニューヨークの銀行の休業日
     (4)解約制限
        ファンドの規模および商品性格などに基づき、運用上の支障をきたさないようにするため、大口の解約
        には受付時間制限および金額制限を行なう場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせくださ
        い。
     (5)解約価額
        解約請求受付日の翌営業日の基準価額                   から信託財産留保額(当該基準価額に                   0.3%   の率を乗じて得た額)
        を控除した価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
         シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
          電話番号:03-5293-          1323
          受付時間:午前9時~午後5時まで(土、日、祝日は除きます)
          ホームページアドレス:http://www.schroders.co.jp                            /
     (6)手取額
        1口当たりの手取額は、解約価額から所得税および地方税を差し引いた金額となります。
         ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         詳しくは、「課税上の取扱い」をご覧ください。
     (7)解約単位
        1口単位
         㮌꥘᩹㸰欰蠰挰昰漰Ɖѓ塏䴰䱵瀰樰識㑔࠰䰰䈰訰縰夰ʊ猰地估漰ƌ꥘᩹㸰欰䩕估䑔࠰輰嬰估怰
         い。
     (8)解約代金の支払い
                                 35/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        原則として、解約請求受付日から起算して                      6営業日目     からお支払いします。
     (9)受付の中止および取消
       ・委託会社は、金融商品取引所                等 における取引の停止、            外国為替取引の停止、            決済機能の停止、その他や
        むを得ない事情があるときは、解約請求の受付を中止すること、および既に受け付けた解約請求の受付
        を取り消すことができます。
       ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止                                  以前に行なった当日          の解約請求を撤回で
        きます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基
        準価額の計算日        (この計算日が解約請求を受け付けない日であるときは、この計算日以降の最初の解約
        請求を受け付けることができる日とします。)                        に解約請求を受け付けたものとして取り扱います。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

      ① 基準価額の算出
       ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
       ・基準価額とは、信託財産に属する                   資産  (受入担保金代用有価証券を除きます。)                      を評価して得た信託財
        産の総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を、計算日における受益権総口数で除した金額を
        いいます。      なお、ファンドは         1万口   当たりに換算した価額で表示することがあります。
      ② 有価証券などの評価基準






       ・信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って                                               時価評価     しま
        す。
        <主な資産の評価方法>
        ◇マザーファンド受益証券
         基準価額計算日の基準価額で評価します。
        ◇外国株式
         原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日における外国金融商品市場の最終相場                                             (店頭登録銘
         柄は海外店頭市場の最終相場または最終買気配相場)                            で評価します。
       ・外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。)の円換算については、原則と
        してわが国における計算日の対顧客相場の仲値によって計算します。                                    為替予約取引の評価については、
        原則としてわが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によって計算します。
      ③ 基準価額の照会方法
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        <委託会社の照会先>
         シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
          電話番号:03-5293-          1323
          受付時間:午前9時~午後5時まで(土、日、祝日は除きます)
          ホームページアドレス:http://www.schroders.co.jp                            /
                                 36/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【保管】

        該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

        無期限   とします(      平成18年     1月31日    設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約し、信託を
        終了させることがあります。
     (4)【計算期間】

        毎年1月31日から4月30日まで、5月1から7月30日まで、7月31日から10月30日までおよび10月31日から翌
        年の1月30日まで         とします。ただし、各計算期間の末日が休業日のときはその翌営業日を計算期間の末日
        とし、その翌日より次の計算期間が開始されます。
     (5)【その他】

      ① 信託の終了(繰上償還)
       1)委託会社は、次のいずれかの場合には、受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させること
         ができ   ます。
         イ)受益者の解約により             受益権の口数が25億口           を下回ることとなった場合
         ロ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ハ)やむを得ない事情が発生したとき
       2)この場合、あらかじめ、その旨およびその理由などを公告し、かつ知られたる受益者に書面を交付し
         ます。ただし、全ての受益者に書面を交付した場合は、原則として公告を行ないません。
       3)この繰上償還に異議のある受益者は、一定の期間内(1ヵ月以上で委託会社が定めます。以下同
         じ。)に異議を述べることができます。(後述の                         「異議の申立て」         をご覧ください。)
       4)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「異議の申立て」の規定は適用せず、信託契約を解約
         し繰上償還させます。
         イ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、一定の期間を設けてその
           公告および書面の交付が困難な場合
         ロ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
         ハ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき(監
           督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じ、異議申立
           の結果、信託約款の変更が成立の場合を除きます。)
         ニ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどして
           解任された場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
       5)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
      ② 償還金について
       ・償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日の場
        合は翌営業日)から起算して5営業日まで)から受益者に支払います。
       ・償還金の支払いは、販売会社において行なわれます。
      ③  信託約款の変更
       1)委託会社は、         受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、                                           受託
         会社と合意の上、この信託約款を変更することができます。信託約款の変更を行なう際には、委託会
         社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
       2)この変更事項のうち、その内容が重大なものについては、あらかじめ、その旨およびその内容などを
         公告し、かつ知られたる受益者に書面を交付します。ただし、全ての受益者に書面を交付した場合
         は、原則として公告を行ないません。
       3)この信託約款の変更             に異議のある受益者は、一定の期間内に異議を述べることができます。(後述の
         「異議の申立て」をご覧ください。)
       4)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「異議の申
         立て」の規定を適用します。
                                 37/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ 異議の申立て
       1)繰上償還または信託約款の重大な変更に対して、受益者は一定の期間内に委託会社に対して所定の手
         続きにより異議を述べることができます。一定の期間内に、異議を述べた受益者の受益権口数が受益
         権総口数の二分の一を超えるときは、繰上償還または信託約款の変更は行ないません。
       2)委託会社は、繰上償還または信託約款の変更を行なわない場合は、その旨およびその理由などを公告
         し、かつ知られたる受益者に書面を交付します。ただし、全ての受益者に書面を交付した場合は、原
         則として公告を行ないません。
       3)なお、一定の期間内に、異議を述べた受益者の受益権口数が受益権総口数の二分の一以下で、繰上償
         還、信託約款の変更を行なう場合は、異議を述べた受益者は受託会社に対し、自己に帰属する受益権
         を信託財産をもって買い取るべき旨を請求できます。
      ⑤ 公告





        公告は日本経済新聞に掲載します。
      ⑥ 運用報告書の作成
        ・委託会社は、        年2回(1月、7月)            および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および有価
         証券の売買状況などを記載した運用報告書を作成します。
        ・交付運用報告書は原則として                、販売会社を通じて          知れている受益者に対して交付されます。
        ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載されます。ただし、受益者から運用報告書
         (全体版)の交付請求があった場合には、交付します。
           ホームページアドレス:http://www.schroders.co.jp/
      ⑦ 関係法人との契約について
       ・販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期間満
        了の3ヵ月前までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に1年間
        延長されるものとし、以後も同様とします。
       ・投資顧問会社との          マザーファンドにおける             運用の指図に関する権限の委託契約は、当該ファンドの信託
        期間終了まで存続します。ただし、投資顧問会社、委託会社が重大な契約違反を行なったとき、その他
        契約を継続し難い重大な事由があるときは、相手方に通知をなすことにより契約を終了することができ
        ます。
     4【受益者の権利等】

      受益者の有する主な権利は次の通りです。
     (1)収益分配金・償還金受領権
       ・受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を、自己に帰属する受益権の口数に応じて受領する権利を有
        します。
       ・ただし、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から10年
        間請求を行なわない場合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
     (2)解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができま
        す。
     (3)帳簿閲覧権
                                 38/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求する
        ことができます。
                                 39/83




















                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
        第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府
        令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドの計算期間は6ヶ月未満であるため、財務諸表は6ヶ月ごとに作成しております。
     (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第22特定期間(平成28年                                                  8月  2日から
        平成29年     1月30日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けておりま
        す。
     1【財務諸表】

                                 40/83
















                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【シュローダーBRICs株式ファンド】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                   第21特定期間               第22特定期間
                                (平成28年     8月  1日現在)        (平成29年     1月30日現在)
      資産の部
       流動資産
                                      11,879,636,107               13,607,870,878
        親投資信託受益証券
                                         5,885,969               14,208,387
        未収入金
                                      11,885,522,076               13,622,079,265
        流動資産合計
                                      11,885,522,076               13,622,079,265
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        114,825,342               111,033,540
        未払収益分配金
                                         5,885,969               14,208,387
        未払解約金
                                         2,477,141               2,762,305
        未払受託者報酬
                                        55,735,651               62,151,965
        未払委託者報酬
                                         1,548,148               1,726,386
        その他未払費用
                                        180,472,251               191,882,583
        流動負債合計
                                        180,472,251               191,882,583
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      22,965,068,589               22,206,708,048
        元本
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                           △ 11,260,018,764               △ 8,776,511,366
                                       2,298,494,899               2,024,519,225
          (分配準備積立金)
                                      11,705,049,825               13,430,196,682
        元本等合計
                                      11,705,049,825               13,430,196,682
       純資産合計
                                      11,885,522,076               13,622,079,265
      負債純資産合計
                                 41/83










                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                   第21特定期間               第22特定期間
                                (自 平成28年       2月  2日      (自 平成28年       8月  2日
                                至 平成28年       8月  1日)      至 平成29年       1月30日)
      営業収益
                                        226,973,319              2,509,478,933
       有価証券売買等損益
                                        226,973,319              2,509,478,933
       営業収益合計
      営業費用
                                         4,961,274               5,423,977
       受託者報酬
                                        111,628,563               122,039,605
       委託者報酬
                                         3,100,667               3,389,871
       その他費用
                                        119,690,504               130,853,453
       営業費用合計
                                        107,282,815              2,378,625,480
      営業利益又は営業損失(△)
                                        107,282,815              2,378,625,480
      経常利益又は経常損失(△)
                                        107,282,815              2,378,625,480
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                        28,225,137
                                       △ 11,249,507
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △ 11,337,158,821              △ 11,260,018,764
                                        448,008,875               586,408,137
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        448,008,875               586,408,137
       額
                                        258,868,796               228,461,397
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        258,868,796               228,461,397
       額
                                        230,532,344               224,839,685
      分配金
                                     △ 11,260,018,764               △ 8,776,511,366
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 42/83












                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券

                       移動平均法に基づき、時価で評価しております。時価評価にあたっては、親投資信
                       託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
     2.その他財務諸表作成の為の基本とな
                       特定期間の取扱い
      る重要な事項
                       平成28年     7月30日、31日が休業日のため、当特定期間は平成28年                          8月  2日から平成
                       29年   1月30日までとしております。このため当特定期間は182日となっておりま
                       す。
     (貸借対照表に関する注記)

                                      第21特定期間              第22特定期間

                                   [平成28年     8月  1日現在]      [平成29年     1月30日現在]
     1.   投資信託財産に係る元本の状況
       期首元本額                                23,352,747,847円              22,965,068,589円
       期中追加設定元本額                                  517,525,878円              503,060,269円
       期中解約元本額                                  905,205,136円             1,261,420,810円
     2.   受益権の総数                                22,965,068,589口              22,206,708,048口
     3.   元本の欠損                           貸借対照表上の純資産額が元              貸借対照表上の純資産額が元
                                  本総額を下回っており、その              本総額を下回っており、その
                                  差額は11,260,018,764円であ              差額は8,776,511,366円であ
                                  ります。              ります。
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                          第21特定期間                     第22特定期間

                        自  平成28年     2月  2日             自  平成28年     8月  2日
                        至  平成28年     8月  1日             至  平成29年     1月30日
     1.分配金の計算過程              (平成28年      2月  2日から平成28年        5月  2日ま   (平成28年      8月  2日から平成28年10月31日ま
                  で)                     で)
                  計算期間末における解約に伴う当期純損失金                     計算期間末における解約に伴う当期純利益金
                  額分配後の配当等収益から費用を控除した額                     額分配後の配当等収益から費用を控除した額
                  (0円)、解約に伴う当期純損失金額分配後の                     (41,273,723円)、解約に伴う当期純利益金
                  有価証券売買等損益から費用を控除し、繰越                     額分配後の有価証券売買等損益から費用を控
                  欠損金を補填した額(0円)、信託約款に規定                     除し、繰越欠損金を補填した額(0円)、信託
                  される収益調整金(1,884,128,966円)及び分                     約款に規定される収益調整金(1,904,214,608
                  配準備積立金(2,453,633,912円)より、分配                     円)及び分配準備積立金(2,253,828,646円)
                  対象収益は4,337,762,878円(1万口当たり                     より、分配対象収益は4,199,316,977円(1万
                  1,874.45円)であり、うち115,707,002円(1                     口当たり1,844.93円)であり、うち
                  万口当たり50円)を分配金額としておりま                     113,806,145円(1万口当たり50円)を分配金
                  す。                     額としております。
                                 43/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  (平成28年      5月  3日から平成28年        8月  1日ま   (平成28年11月        1日から平成29年        1月30日ま
                  で)                     で)
                  計算期間末における解約に伴う当期純損失金                     計算期間末における解約に伴う当期純利益金
                  額分配後の配当等収益から費用を控除した額                     額分配後の配当等収益から費用を控除した額
                  (118,532,939円)、解約に伴う当期純損失金                     (29,854,804円)、解約に伴う当期純利益金
                  額分配後の有価証券売買等損益から費用を控                     額分配後の有価証券売買等損益から費用を控
                  除し、繰越欠損金を補填した額(0円)、信託                     除し、繰越欠損金を補填した額(0円)、信託
                  約款に規定される収益調整金(1,896,055,045                     約款に規定される収益調整金(1,881,492,253
                  円)及び分配準備積立金(2,294,787,302円)                     円)及び分配準備積立金(2,105,697,961円)
                  より、分配対象収益は4,309,375,286円(1万                     より、分配対象収益は4,017,045,018円(1万
                  口当たり1,876.48円)であり、うち                     口当たり1,808.92円)であり、うち
                  114,825,342円(1万口当たり50円)を分配金                     111,033,540円(1万口当たり50円)を分配金
                  額としております。                     額としております。
     2.信託財産の運用の指図に              委託者報酬のうち、販売会社へ支払う手数料                     同左

      係る権限の全部又は一部            を除いた額より、運用権限委託契約に定めら
      を委託するために要する            れた報酬額を支払っております。
      費用
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第21特定期間                   第22特定期間

                            自  平成28年     2月  2日           自  平成28年     8月  2日
                            至  平成28年     8月  1日           至  平成29年     1月30日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、「投資信託及び投資法人                   同左
                       に関する法律」(昭和26年法律第198号)
                       第2条第4項に定める証券投資信託であ
                       り、信託約款に規定する「運用の基本方
                       針」に従い、有価証券等の金融商品に対
                       して投資として運用することを目的とし
                       ております。
     2.金融商品の内容及び金融商品に係る                  当ファンドが運用する金融商品の種類                   同左
     リスク                  は、有価証券、デリバティブ取引、コー
                       ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務で
                       あり、有価証券の内容は「重要な会計方
                       針に係る事項に関する注記」に記載して
                       おります。これらは、株価変動リスク、
                       為替変動リスク、金利変動リスクなどの
                       市場リスク、信用リスク、及び流動性リ
                       スクに晒されております。
                                 44/83





                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスク管理体制                  運用部門におけるリサーチや投資判断に                   同左
                       おいて、運用リスクの管理に重点を置く
                       プロセスを導入しています。さらに、こ
                       れら運用プロセスから独立した部門が、
                       運用制限・ガイドラインの遵守状況を含
                       めたファンドの運用状況について随時モ
                       ニタリングを行い、運用部門に対する牽
                       制が機能する仕組みとしており、これら
                       の体制によりファンド運用に関するリス
                       クを管理しています。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                             第21特定期間                   第22特定期間

                           [平成28年     8月  1日現在]            [平成29年     1月30日現在]
     1.計上額、時価及び差額                  貸借対照表上の金融商品は原則としてす                   同左
                       べて時価で評価しているため、貸借対照
                       表計上額と時価との差額はありません。
     2.時価の算定方法                  (1)有価証券                   (1)有価証券
                        「重要な会計方針に係る事項に関する                   同左
                       注記」に記載しております。
                       (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                        該当事項はありません。                   同左
                       (3)有価証券及びデリバティブ取引以外の                   (3)有価証券及びデリバティブ取引以外の
                       金融商品                   金融商品
                        短期間で決済されるため、帳簿価額は                   同左
                       時価と近似していることから、当該帳簿
                       価額を時価としております。
     3.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価には、市場価格に基づく                   同左
     足説明                  価額のほか、市場価格がない場合には合
                       理的に算定された価額が含まれておりま
                       す。当該価額の算定においては一定の前
                       提条件等を採用しているため、異なる前
                       提条件等によった場合、当該価額が異な
                       ることもあります。
     (有価証券に関する注記)

     第21特定期間(平成28年             8月  1日現在)
     売買目的有価証券

              種類                    最終の計算期間の損益に含まれた評価差額

           親投資信託受益証券                                            471,842,871      円

              合計                                         471,842,871      円

                                 45/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第22特定期間(平成29年             1月30日現在)

     売買目的有価証券

              種類                    最終の計算期間の損益に含まれた評価差額

           親投資信託受益証券                                           1,369,036,204       円

              合計                                       1,369,036,204       円

     (デリバティブ取引等に関する注記)

     該当事項はありません。

     (関連当事者との取引に関する注記)



     該当事項はありません。

     (1口当たり情報に関する注記)

                              第21特定期間                   第22特定期間

                           [平成28年     8月  1日現在]            [平成29年     1月30日現在]
     1口当たり純資産額                                  0.5097円                   0.6048円
     (1万口当たり純資産額)                                 (5,097円)                   (6,048円)
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券


                                                       (単位:円)

                                 46/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        種 類                 銘 柄                券面総額           評価額        備考
     親投資信託受益証券          シュローダーBRICs株式マザーファンド                         7,931,843,599          13,607,870,878

                    合計                    7,931,843,599          13,607,870,878

     注)親投資信託受益証券における券面総額の数値は証券数を表示しております。

     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     当ファンドは「シュローダーBRICs株式マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、貸借対照



     表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同ファンドの受益証券です。
     なお、同ファンドの状況は以下の通りです。
     「シュローダーBRICs株式マザーファンド」の状況

     なお、以下に記載した情報は監査の対象外であります。
     (参考)

     シュローダーBRICs株式マザーファンド

     貸借対照表

                                                      (単位:円)
                                (平成28年     8月  1日現在)        (平成29年     1月30日現在)
      資産の部
       流動資産
        預金                               325,531,253                61,839,782
        金銭信託                               156,669,674                    -
        コール・ローン                                    -          810,368,845
        株式                              11,363,638,960               12,713,296,649
        派生商品評価勘定                                5,242,432                 27,401
        未収入金                                16,567,957               41,588,614
                                        28,476,419                9,324,211
        未収配当金
                                      11,896,126,695               13,636,445,502
        流動資産合計
                                      11,896,126,695               13,636,445,502
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                 47/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                (平成28年     8月  1日現在)        (平成29年     1月30日現在)
        派生商品評価勘定                                    -             17,950
        未払金                                10,535,829               14,393,132
        未払解約金                                5,885,969               14,208,387
        未払利息                                    -             2,109
                                          15,731               24,762
        その他未払費用
                                        16,437,529               28,646,340
        流動負債合計
                                        16,437,529               28,646,340
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                              8,440,838,502               7,931,843,599
        剰余金
                                       3,438,850,664               5,675,955,563
          剰余金又は欠損金(△)
                                      11,879,689,166               13,607,799,162
        元本等合計
                                      11,879,689,166               13,607,799,162
       純資産合計
                                      11,896,126,695               13,636,445,502
      負債純資産合計
     (注)   「シュローダーBRICs株式マザーファンド」の計算期間は原則として毎年7月31日から翌年7月30日までであり、
     当ファンドの計算期間とは異なります。                   上記の貸借対照表は、平成28年               8月  1日及び平成29年        1月30日における同ファン
     ドの状況であります。
     注記表

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  株式

                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                       は、金融商品取引所等における最終相場(最終相場のないものについては、それに
                       準ずる価額)、又は金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評価し
                       ております。
     2.デリバティブ等の評価基準及び評価                  為替予約取引
      方法
                       為替予約の評価は、原則として、わが国における計算期間末日の対顧客先物売買相
                       場の仲値によって計算しております。
     3.収益及び費用の計上基準                  受取配当金
                       受取配当金は、原則として、株式の配当落ち日において、その金額が確定している
                       ものについては当該金額、未だ確定していない場合には入金時に計上しておりま
                       す。
     4.その他財務諸表作成の為の基本とな
                       外貨建取引等の処理基準
      る重要な事項
                       外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第
                       133号)第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもって記録する方法を採用
                       しております。但し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当該外国通
                       貨に加えて、外貨建資産等の外貨基金勘定及び外貨建各損益勘定の前日の外貨建純
                       資産額に対する当該売却外国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却時の外国為替
                       相場等で円換算し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘定の割合相
                       当の邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を相殺した差額を為
                       替差損益とする計理処理を採用しております。
     (貸借対照表に関する注記)

                                   [平成28年     8月  1日現在]      [平成29年     1月30日現在]

     1.   投資信託財産に係る元本の状況
                                 48/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       期首元本額                                 8,849,108,572円              8,440,838,502円
       期中追加設定元本額                                  120,186,321円              114,341,188円
       期中解約元本額                                  528,456,391円              623,336,091円
       元本の内訳

       ファンド名
       シュローダーBRICs株式ファンド                                 8,440,838,502円              7,931,843,599円
                                        8,440,838,502円              7,931,843,599円
       計
     2.   受益権の総数                                 8,440,838,502口              7,931,843,599口

     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                            自  平成28年     2月  2日           自  平成28年     8月  2日

                            至  平成28年     8月  1日           至  平成29年     1月30日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、「投資信託及び投資法人                   同左
                       に関する法律」(昭和26年法律第198号)
                       第2条第4項に定める証券投資信託であ
                       り、信託約款に規定する「運用の基本方
                       針」に従い、有価証券等の金融商品に対
                       して投資として運用することを目的とし
                       ております。
     2.金融商品の内容及び金融商品に係る                  当ファンドが運用する金融商品の種類                   同左
     リスク                  は、有価証券、デリバティブ取引、コー
                       ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務で
                       あり、有価証券の内容は「重要な会計方
                       針に係る事項に関する注記」に記載して
                       おります。これらは、株価変動リスク、
                       為替変動リスク、金利変動リスクなどの
                       市場リスク、信用リスク、及び流動性リ
                       スクに晒されております。
                       当ファンドは為替変動リスクの低減を図
                       ることを目的として、為替予約取引を
                       行っております。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                  運用部門におけるリサーチや投資判断に                   同左
                       おいて、運用リスクの管理に重点を置く
                       プロセスを導入しています。さらに、こ
                       れら運用プロセスから独立した部門が、
                       運用制限・ガイドラインの遵守状況を含
                       めたファンドの運用状況について随時モ
                       ニタリングを行い、運用部門に対する牽
                       制が機能する仕組みとしており、これら
                       の体制によりファンド運用に関するリス
                       クを管理しています。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                                 49/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                           [平成28年     8月  1日現在]            [平成29年     1月30日現在]

     1.計上額、時価及び差額                  貸借対照表上の金融商品は原則としてす                   同左
                       べて時価で評価しているため、貸借対照
                       表計上額と時価との差額はありません。
     2.時価の算定方法                  (1)有価証券                   (1)有価証券
                        「重要な会計方針に係る事項に関する                   同左
                       注記」に記載しております。
                       (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                        「デリバティブ取引等に関する注記」                   同左
                       に記載しております。
                       (3)有価証券及びデリバティブ取引以外の                   (3)有価証券及びデリバティブ取引以外の
                       金融商品                   金融商品
                        短期間で決済されるため、帳簿価額は                   同左
                       時価と近似していることから、当該帳簿
                       価額を時価としております。
     3.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価には、市場価格に基づく                   同左
     足説明                  価額のほか、市場価格がない場合には合
                       理的に算定された価額が含まれておりま
                       す。当該価額の算定においては一定の前
                       提条件等を採用しているため、異なる前
                       提条件等によった場合、当該価額が異な
                       ることもあります。
                       また、デリバティブ取引に関する契約額
                       等は、あくまでもデリバティブ取引にお
                       ける名目的な契約額または計算上の想定
                       元本であり、当該金額自体がデリバティ
                       ブ取引のリスクの大きさを示すものでは
                       ありません。
     (有価証券に関する注記)

     (平成28年      8月  1日現在)
     売買目的有価証券

              種類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

              株式                                         637,169,777      円

              合計                                         637,169,777      円

     (平成29年      1月30日現在)

     売買目的有価証券

              種類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

              株式                                       1,104,559,464       円

                                 50/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              合計                                       1,104,559,464       円
     注)当計算期間の損益に含まれた評価差額は、親投資信託の期首日からシュローダーBRICs株式ファンドの期末日まで

      の期間に対応する金額であります。
     (デリバティブ取引等に関する注記)

     取引の時価等に関する事項
     通貨関連
      (平成28年      8月  1日現在)

                                                       (単位:円)

       区分         種類         契約額等                    時価         評価損益

                                   うち1年超
     市場取引以外       為替予約取引

       の取引
             売建              271,586,432              -     266,344,000           5,242,432
              米ドル             271,586,432              -     266,344,000           5,242,432

             合計              271,586,432              -     266,344,000           5,242,432

      (平成29年      1月30日現在)

                                                       (単位:円)

       区分         種類         契約額等                    時価         評価損益

                                   うち1年超
     市場取引以外       為替予約取引

       の取引
             買建              26,512,752              -      26,540,153            27,401
              米ドル             26,512,752              -      26,540,153            27,401

             売建              26,512,752              -      26,530,702           △17,950

              香港ドル             26,512,752              -      26,530,702           △17,950

             合計               53,025,504              -      53,070,855            9,451

     (注)時価の算定方法

        1.計算期間末日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。

         ①計算期間末日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という)の対顧客先物売買相場の仲値が発表されている

          場合は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
         ②計算期間末日において当該日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない場合は以下の方法によって評価し

          ております。
          ・計算期間末日に当該日を超える対顧客先物売買相場が発表されている場合には、発表されている先物相場のう

           ち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートにより評価しております。
                                 51/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ・計算期間末日に当該日を超える対顧客先物売買相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表され
           ている対顧客先物売買相場の仲値により評価しております。
        2.計算期間末日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない外貨については、計算期間末日の対顧客電信売買相

         場の仲値により評価しております。
        3.換算において円未満の端数は切り捨てております。

     (関連当事者との取引に関する注記)

     該当事項はありません。

     (1口当たり情報に関する注記)

                           [平成28年     8月  1日現在]            [平成29年     1月30日現在]

     1口当たり純資産額                                  1.4074円                   1.7156円
     (1万口当たり純資産額)                                 (14,074円)                   (17,156円)
     附属明細表

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
                                                評価額

       通  貨
                      銘 柄              株式数                       備考
                                            単価         金額
     米ドル        LUKOIL    PJSC

                                      66,022        58.180      3,841,159.96
            NOVATEK    PJSC   GDR  REGS

                                       9,583       130.000       1,245,790.00
            PETROLEO     BRASILEIRO      S.A.-ADR

                                      101,344         10.790      1,093,501.76
            PETROLEO     BRASILEIRO-SPON        ADR

                                      126,444         9.850      1,245,473.40
            PJSC   MMC  NORILSK    NICKEL-ADR

                                      87,464        16.450      1,438,782.80
            VALE   SA-SP   ADR

                                      198,521         10.670      2,118,219.07
            GLOBALTRA-SPONS        GDR  REG  S

                                      106,047         6.190       656,430.93
            NEW  ORIENTAL     EDUCATIO-SP      ADR

                                      64,180        48.800      3,131,984.00
            X 5 RETAIL    GROUP   NV-REGS    GDR

                                      53,795        33.950      1,826,340.25
            BRF  SA-ADR

                                      115,431         14.410      1,663,360.71
            BANCO   BRADESCO-ADR

                                      192,439         10.420      2,005,214.38
            ITAU   UNIBANCO     HLDNG-PREF      ADR

                                      480,267         12.070      5,796,822.69
            SBERBANK     PAO-SPONSORED       ADR

                                      407,720         12.160      4,957,875.20
            ALIBABA    GROUP   HOLDING-SP      ADR

                                      102,328        102.070      10,444,618.96
                                 52/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            MAIL.RU    GROUP-GDR     REGS
                                      29,875        18.340       547,907.50
            HOLLYSYS     AUTOMATION      TECHNOLO

                                      74,282        16.760      1,244,966.32
            MOBILE    TELESYSTEMS-SP        ADR

                                      67,326        10.780       725,774.28
            TELEF   BRASIL-ADR

                                      119,751         14.750      1,766,327.25
                                     2,402,819               45,750,549.46

                米ドル    小計
                                                   (5,248,960,539)
     ブラジルレアル        ULTRAPAR     PARTICIPACOES       SA

                                      16,108        67.100      1,080,846.80
            KLABIN    SA  - UNIT

                                      168,900         16.620      2,807,118.00
            WEG  SA

                                      152,620         16.140      2,463,286.80
            CCR  SA

                                      325,800         15.500      5,049,900.00
            LOJAS   AMERICANAS      SA-PREF

                                      104,340         17.450      1,820,733.00
            LOJAS   RENNER    S.A.

                                      153,400         24.870      3,815,058.00
            TRANSMISSORA       ALIANCA    DE-UNIT

                                      33,600        22.010       739,536.00
                                      954,768              17,776,478.60

              ブラジルレアル        小計
                                                    (649,196,998)
     英ポンド        POLYMETAL     INTERNATIONAL       PLC

                                      48,878         8.915       435,747.37
                                      48,878               435,747.37

                英ポンド     小計
                                                     (62,934,992)
     香港ドル        CHINA   PETROLEUM     & CHEMICAL-H

                                     7,277,000          6.210     45,190,170.00
            ANHUI   CONCH   CEMENT    CO  LTD-H

                                      462,500         25.150      11,631,875.00
            LI  NING   CO  LTD

                                     1,116,000          4.950      5,524,200.00
            CHINA   MENGNIU    DAIRY   CO

                                      864,000         14.580      12,597,120.00
            CHINA   RESOURCES     BEER   HOLDIN

                                      468,000         15.800      7,394,400.00
            CHINA   CONSTRUCTION       BANK-H

                                    12,175,100           5.800     70,615,580.00
            CHINA   PACIFIC    INSURANCE     GR-H

                                     1,323,200          27.800      36,784,960.00
            TENCENT    HOLDINGS     LTD

                                      408,500        204.400      83,497,400.00
            AAC  TECHNOLOGIES       HOLDINGS     IN

                                      15,500        80.000      1,240,000.00
            CHINA   MOBILE    LTD

                                      630,500         87.850      55,389,425.00
            CHINA   UNICOM    HONG   KONG   LTD

                                     1,066,000          9.220      9,828,520.00
                                    25,806,300               339,693,650.00

                香港ドル     小計
                                                   (5,024,069,083)
     インドルピー        ULTRATECH     CEMENT    LTD

                                      30,672      3,686.300       113,066,193.60
            MARUTI    SUZUKI    INDIA   LTD

                                      32,064      5,915.900       189,687,417.60
            TATA   MOTORS    LTD

                                      283,940        541.950      153,881,283.00
            HINDUSTAN     UNILEVER     LTD

                                      185,633        855.950      158,892,566.35
                                 53/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            AXIS   BANK   LTD
                                      336,190        472.850      158,967,441.50
            HDFC   BANK   LTD

                                      166,840       1,291.900       215,540,596.00
            INFOSYS    LTD

                                      34,527        942.150      32,529,613.05
                                     1,069,866              1,022,565,111.10

               インドルピー       小計
                                                   (1,728,135,037)
                                    30,282,631               12,713,296,649

                  合 計
                                                  (12,713,296,649)
      (2)株式以外の有価証券

     該当事項はありません。

     注)1.通貨種類毎の小計欄の(               )内は、邦貨換算額であります。

       2.合計欄の金額は円で表示しております。また(  )内の金額は外貨建有価証券の邦貨換算額の合計額であり、内数

        で表示しております。
       3.外貨建有価証券の内訳

                                       組入株式            合計金額に


           通貨               銘柄数
                                       時価比率            対する比率
     米ドル                  株式          18銘柄          100.0%               41.3%

     ブラジルレアル                  株式           7銘柄          100.0%                5.1%

     英ポンド                  株式           1銘柄          100.0%                0.5%

     香港ドル                  株式          11銘柄          100.0%               39.5%

     インドルピー                  株式           7銘柄          100.0%               13.6%

     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     「注記表(デリバティブ取引等に関する注記)」に記載しております。


                                 54/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     以下のファンドの現況は2017年                 1月31日現在です。
     【シュローダーBRICs株式ファンド】

     【純資産額計算書】

     Ⅰ 資産総額                               13,289,192,231       円 

     Ⅱ 負債総額                                 17,102,767     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               13,272,089,464       円 
     Ⅳ 発行済口数                               22,276,329,298       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.5958   円 
     (参考)

     シュローダーBRICs株式マザーファンド

     純資産額計算書

     Ⅰ 資産総額                               13,312,602,108       円 

     Ⅱ 負債総額                                 39,781,898     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               13,272,820,210       円 
     Ⅳ 発行済口数                               7,852,831,866       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.6902   円 
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)名義書換
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
        から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわな
        いものとします。
     (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
     (3)譲渡制限の内容
      ① 譲渡制限はありません。
      ② 受益権の譲渡
       ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
        は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少およ
        び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとし
        ます。ただし、振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設し
        た他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社債、株式等の振替に関する法律
        の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知
        するものとします。
       ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
                                 55/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などにおいて、
        委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止
        期 間を設けることができます。
      ③ 受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗する
        ことができません。
     (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行
        の請求を行なわないものとします。
     (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたがい、一
        定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
     (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、解
        約請求の受付、解約金および償還金の支払いなどについては、約款の規定によるほか、民法その他の法
        令などにしたがって取り扱われます。
                                 56/83















                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額
        平成29年1月末現在                 資本金                     490,000,000円
                         発行可能株式総数                       39,200株
                         発行済株式総数                        9,800株
       ●過去5年間における主な資本金の増減

        該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構(             平成29年1月末現在          )

      ① 経営体制
        委託会社の業務執行等に関する意思決定機関としてある取締役会は、15名以内の取締役で構成されま
        す。取締役の選任は株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有
        する株主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを行います。
        取締役会はその決議をもって代表取締役1名以上を選任し、うち1名を代表取締役社長とします。また、
        取締役会はその決議をもって、取締役会長、取締役副会長、取締役最高経営責任者、取締役副社長、専
        務取締役および常務取締役を任命することができます。
        取締役会はその決議をもって委託会社の経営に関するすべての重要事項、法令または定款によって定め
        られた事項を決定します。
        取締役会を招集するには、各取締役および監査役に対し、会日の少なくとも3日前までに招集通知を発し
        なければなりません。ただし、取締役および監査役全員の同意を得て、招集期間を短縮し、または招集
        手続を省略することができます。法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会は取締役会長が招集
        し、議長となります。取締役会長に事故のある場合、あるいは取締役会長が任命されていない場合に
        は、代表取締役の1名がこれに代わり、代表取締役のいずれにも事故のあるときには、予め取締役会の決
        議によって定められた順序に従って他の取締役がこの任にあたります。
         ※委託会社の業務運営の組織体系は以下の通りです。
                                 57/83









                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 投資運用に関する意思決定プロセス









       Plan   (計画)      基本的な運用方針は、シュローダー・グループのエコノミスト・チームが提供する
                マクロリサーチ情報および各運用チームによるマーケット分析等の情報を踏まえ、
                各運用チームの銘柄選定会議およびポートフォリオ構築会議(原則、週次で開催)を
                経て決定されます。
       Do  (実行)       各運用チームのファンドマネジャーは、前述の運用意思決定会議の議論内容等を踏
                まえ、運用基本方針および顧客毎の運用ガイドラインに従って、ポートフォリオを
                構築します。
       See  (検証)       プロダクトマネジャーは月次で                Schroder     Investment      Risk  Exception     Notification[SIREN]
                システムに於いて、各ポートフォリオが個別の運用ガイドラインに抵触していない
                かの確認、サインオフを行います。SIRENシステムは、運用チームから独立した、
                専任のインベストメント・リスク・チームによって管理され、その内容は四半期毎
                にリスク・コミッティー(株式ヘッドおよび債券ヘッドが主催)で承認されます。問
                題が生じた場合は、          Schroder     Investment      Risk  Framework[SIRF]        にて議論されます。
     2【事業の内容及び営業の概況】

       当社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として証券投資信託の設定を
       行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として証券投資信託の運用その他の投資運
       用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業および付随業務を行っています。
       平成29年1月末現在          、委託会社が運用する証券投資信託は以下のとおりです(ただし、親投資信託を除きま
       す。)。
            ファンドの種類                本数        純資産総額(円)
          追加型株式投資信託                    56        700,926,407,885
     3【委託会社等の経理状況】

     (1) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
                                 58/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        省令   第59  号)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」
        (平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。なお、財務諸表の金額について
        は、   千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第26期事業年度(平成28年1月1

        日から平成28年12月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監
        査を受けております。
     (1)【貸借対照表】

                                                 (単位:千円)
                                 第25期              第26期
                             (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
     資 産 の 部

      流 動 資 産
      預金                              3,469,940              2,247,081
      立替金                                   -             498
      前払費用                                74,114              57,386
                                         -          2,000,000
      貸付金
                                     261,752              365,739
      未収入金
                                     679,930              710,009
      未収委託者報酬
                                     952,004             1,217,426
      未収運用受託報酬
                                       2,000                200
      1年内受取予定の長期差入保証金
                                     579,737              627,082
      繰延税金資産
      流  動  資  産  合  計                     6,019,478              7,225,424
      固 定 資 産
      有  形  固  定  資  産
                                      28,813              30,705
       建物附属設備(純額)                   *1
                                      57,323              80,233
                          *1
       器具備品(純額)
                                      86,136              110,938
       有形固定資産合計
      無  形  固  定  資  産
                                       3,699              3,699
        電話加入権
                                      49,144              33,407
        ソフトウェア
                                      52,844              37,107
        無形固定資産合計
      投資その他の資産
        投資有価証券                               6,475              5,872
        長期差入保証金                              244,179              239,464
        その他投資                                950              950
                                      △  950             △  950
        貸倒引当金
                                     316,694              427,991
        繰延税金資産
                                     567,348              673,328
        投資その他の資産合計
      固  定  資  産  合  計                       706,329              821,374
                                    6,725,808              8,046,799
      資 産 合 計
                                                 (単位:千円)

                                第25期              第26期
                             (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
     負  債  の  部

                                 59/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      流 動 負 債
       預り金                               44,097               50,819
       未払金
                                        75               75
        未払収益分配金
                                      14,012               14,012
        未払償還金
                                     207,469               196,199
        未払手数料
                                    2,186,021               1,895,483
        その他未払金                 *2
                                      64,448               62,749
       未払費用
                                     719,335               323,451
       未払法人税等
                                      94,719               61,789
       未払消費税等
       流  動  負  債  合  計                    3,330,178               2,604,580
      固 定 負 債
                                     263,227               599,548
       長期未払金
                                      33,356               4,427
       長期未払費用
                                     796,438               859,177
       退職給付引当金
                                      31,052               37,066
       役員退職慰労引当金
                                      87,642               88,869
       資産除去債務
       固  定  負  債  合  計                    1,211,717               1,589,090
                                    4,541,896               4,193,671
      負 債 合 計
     純  資  産  の  部
      株 主 資 本
                                     490,000               490,000
       資本金
       資本剰余金
                                     500,000               500,000
        資本準備金
                                     500,000               500,000
       資本剰余金合計
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                    1,193,763               2,862,893
        繰越利益剰余金
                                    1,193,763               2,862,893
       利益剰余金合計
                                    2,183,763               3,852,893
       株主資本合計
      評価・換算差額等
                                       148               234
       その他有価証券評価差額金
                                       148               234
       評価・換算差額等合計
      純  資  産  合  計                       2,183,911               3,853,128
      負  債  純  資  産  合  計                    6,725,808               8,046,799
     (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                                    第25期               第26期

                                自 平成27年       1月  1日     自 平成28年       1月  1日
                                至 平成27年12月31日               至 平成28年12月31日
     営業収益

                                        2,612,569               2,622,715
      委託者報酬
      運用受託報酬                                 4,368,399               4,310,848
                                        2,819,369               3,540,406
      その他営業収益
                                        9,800,338               10,473,971
     営業収益計 
     営業費用
                                         913,688               882,417
      支払手数料
                                 60/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                         126,363                94,748
      広告宣伝費
                                           780               780
      公告費
      調査費
                                         153,656               195,993
        調査費
                                        1,148,494               1,352,260
        委託調査費
                                          2,908               2,454
        図書費
                                         318,157               316,583
      事務委託費
      営業雑経費
                                         28,523               27,662
        通信費
                                          8,173               10,574
        印刷費
                                          6,915               9,278
        協会費
                                          3,450               3,905
        諸会費
                                        2,711,112               2,896,659
     営業費用計
     一般管理費
      給料
        役員報酬                                 426,838               439,537
                                        1,354,590               1,402,374
        給料・手当
                                        1,194,038               1,207,233
        賞与
                                          7,738               6,470
      交際費
                                         69,476               67,689
      旅費交通費
                                         27,056               37,069
      租税公課
                                         245,143               247,157
      不動産賃借料
                                         109,057               116,557
      退職給付費用
                                          6,682               6,014
      役員退職慰労引当金繰入
                                         159,150               175,541
      法定福利費
                                         63,961               57,124
      固定資産減価償却費
                                        1,579,990               1,500,298
      諸経費
                                        5,243,724               5,263,069
     一般管理費計 
                                        1,845,501               2,314,242
     営業利益(△営業損失)
     営業外収益
                                          1,009                572
      受取利息
                                           439                26
      受取配当金
                                          3,512                 -
      有価証券売却益
                                         15,893                4,550
      為替差益
                                          1,738               31,754
      雑益
                                         22,593               36,904
     営業外収益計 
     営業外費用
                                            -              137
      有価証券売却損
                                          1,106                674
      雑損失
                                          1,106                812
     営業外費用計 
                                        1,866,988               2,350,334
     経常利益(△経常損失)
     特別損失
                                          7,034                 -
      割増退職金等                     *1
                                           356              1,992
      固定資産除却損
                                          7,390               1,992
     特別損失計 
     税引前当期純利益
                                        1,859,598               2,348,342
     (△税引前当期純損失)
     法人税、住民税及び事業税                                    912,004               837,854
                                       △  167,917             △  158,643
     法人税等調整額
                                         744,087               679,211
     法人税等合計
                                        1,115,511               1,669,130
     当期純利益(△当期純損失)
                                 61/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】

     第25期(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                             株主資本                評価・換算差額等          純資産合計
                  資本金      資本      利益剰余金        株主資本       その他有価証券
                        剰余金                合計       評価差額金
                        資本     その他利益剰余金
                        準備金
                              繰越利益剰余金
     当期首残高              490,000      500,000        2,038,251      3,028,251            4,562     3,032,813
     当期変動額
      剰余金の配当                          △1,960,000      △1,960,000                 △1,960,000
      当期純利益                           1,115,511      1,115,511                 1,115,511
      株主資本以外の項目の                                            △4,413       △4,413
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -      -      △844,488      △844,488           △4,413      △848,901
     当期末残高              490,000      500,000        1,193,763      2,183,763             148    2,183,911
     第26期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

                                                      (単位:千円)
                             株主資本                評価・換算差額等         純資産合計
                  資本金      資本      利益剰余金        株主資本       その他有価証券
                        剰余金                合計       評価差額金
                         資本     その他利益剰余金
                        準備金
                              繰越利益剰余金
     当期首残高              490,000      500,000        1,193,763       2,183,763            148    2,183,911
     当期変動額
      剰余金の配当                              -       -                -
      当期純利益                           1,669,130       1,669,130                1,669,130
      株主資本以外の項目の                                              85       85
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -      -     1,669,130       1,669,130            85    1,669,216
     当期末残高              490,000      500,000        2,862,893       3,852,893            234    3,853,128
     重要な   会計  方針

     1.有価     証券の評価基準及び評価
                        その他有価証券
        方法
                        時価のあるもの
                        決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産
                        直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)に
                        よっております。
     2.  固定資産の      減価償却     の方法

                        (1) 有形固定資産          (リース資産を除く)
                        定率法によっております。ただし、平成28年4月1日以降取得の建
                        物附属設備については、定額法によっております                         。
                        (2)    無形固定資産(        リース資産を除く)

                        定額法によっております。ただし、ソフトウェア(自社利用分)
                        については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                        よっております。
                                 62/83



                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.  引当金の計上基準
                        (1) 貸倒引当金
                        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒
                        実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収
                        可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
                        (2) 退職給付引当金

                        従業員の退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に
                        係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡
                        便法を適用しております。
                        (3) 役員退職慰労引当金

                        役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給
                        額の100%を計上しております。
     4.  その他財務諸表作成のための

                        消費税等の会計処理
        基本となる重要な事項
                        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっておりま
                        す。
     会計方針の変更

     1.建物附属設備に係る減価償却方法                           法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に
                                係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱
                                い」(実務対応報告第32号               平成28年6月17日)を
                                第26期事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に
                                取得した建物附属設備に係る減価償却方法を定率
                                法から定額法に変更しております。
                                なお、この変更による影響額は軽微であります。
     注記事項

     (貸借対照表関係)

                 第25期                           第26期
             平成27年12月31日現在                           平成28年12月31日現在
     *1 有形固定資産の減価償却累計額                           *1 有形固定資産の減価償却累計額
          建物附属設備            139,387千円               建物附属設備            144,495千円
          器具備品            151,545千円               器具備品            165,532千円
     *2 関係会社項目                           *2 関係会社項目

          その他未払金            515,023千円               その他未払金            229,880千円
                                     長期未払金            240,530千円
     (損益計算書関係)

                第25期                           第26期
            自 平成27年       1月  1日                 自 平成28年       1月  1日
            至 平成27年12月31日                           至 平成28年12月31日
     *1 割増退職金等には、期中退職者に対して支払                           -
     われた割増退職金等を計上しております。
     (株主資本等変動計算書関係)


     第25期(自平成27年1月1日至平成27年12月31日)
     1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                 63/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                第25期事業年度           第25期事業年度           第25期事業年度           第25期事業年度末
                期首株式数           増加株式数           減少株式数           株式数
     発行済株式
      普通株式               9,800株              -           -        9,800株
        合計              9,800株              -           -        9,800株
     2.  自己株式の種類及び株式数に関する事項
       該当事項はありません。
     3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
       該当事項はありません。
     4.  配当に関する事項
       (1) 配当金支払額
                                  1株当たり
                       配当金の総額
        決議       株式の種類                             基準日       効力発生日
                                  配当額(円)
                        (千円)
       平成27年
                                            平成27年        平成27年
        6月4日        普通株式         1,960,000           200,000
                                            6月30日         7月1日
       取締役会
       (2) 基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

          該当事項はありません。
     第26期(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)

     1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項
                第26期事業年度           第26期事業年度           第26期事業年度          第26期事業年度末
                期首株式数           増加株式数           減少株式数          株式数
     発行済株式
      普通株式               9,800株              -          -         9,800株
        合計              9,800株              -          -         9,800株
     2.  自己株式の種類及び株式数に関する事項
       該当事項はありません。
     3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
       該当事項はありません。
     4.  配当に関する事項
       該当事項はありません。
     (リース取引関係)

                第25期                           第26期
            自 平成27年       1月  1日                 自 平成28年       1月  1日
            至 平成27年12月31日                           至 平成28年12月31日
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能の                           オペレーティング・リース取引のうち解約不能の
     ものに係る未経過リース料                           ものに係る未経過リース料
          1年内          7,963千円                 1年内          1,493千円

          1年超          1,990千円                 1年超            -千円
          合計          9,954千円                 合計          1,493千円
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
                第25期                           第26期
            自 平成27年       1月  1日                 自 平成28年       1月  1日
            至 平成27年12月31日                           至 平成28年12月31日
                                 64/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)    金融商品に対する取組方針                       (1)    金融商品に対する取組方針
      当社は顧客の資産運用を行う上で、自己資金に                                     同左
     関しても安全な運用を心掛けております。余剰資
     金は安全性の高い金融資産で運用し、また、デリ
     バティブ取引等も行っておりません。
     (2)    金融商品の内容及びそのリスク                       (2)    金融商品の内容及びそのリスク

      当座預金は、預金保険の対象であるため信用リ                          当座預金は、預金保険の対象であるため信用リ
     スクはありませんが、普通預金及び定期預金は、                          スクはありませんが、普通預金及び定期預金は、
     銀行の信用リスクに晒されております。                          銀行の信用リスクに晒されております。
      営業債権である未収委託者報酬および未収運用                          貸付金、営業債権である未収委託者報酬および
     受託報酬、未収入金については、顧客の信用リス                          未収運用受託報酬、未収入金については、顧客の
     クに晒されております。                          信用リスクに晒されております。
      未収入金およびその他未払金の一部には、海外                          未収入金およびその他未払金の一部には、海外
     の関連会社との取引により生じた外貨建ての資                          の関連会社との取引により生じた外貨建ての資
     産・負債を保有しているため、為替相場の変動に                          産・負債を保有しているため、為替相場の変動に
     よる市場リスクに晒されております。                          よる市場リスクに晒されております。
     (3)    金融商品に係るリスク管理体制                       (3)    金融商品に係るリスク管理体制

     ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係る                          ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリ
        リスク)の管理                          スク)の管理
      預金に係る銀行の信用リスクに関しては、口座                          預金に係る銀行の信用リスクに関しては、口座
     開設時及びその後も継続的に銀行の信用力を評価                           開設時及びその後も継続的に銀行の信用力を評価
     し、格付けの高い金融機関でのみ運用し、預金に                           し、格付けの高い金融機関でのみ運用し、預金に
     係る信用リスクを管理しております。                           係る信用リスクを管理しております。
      未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、投資                          貸付金は海外の関連会社に対するものであり、
     信託または取引相手ごとに残高を管理し、当社が                           概ね3ヵ月程度と短期であり、期限前でも必要に
     運用している資産の中から報酬を徴収するため、                           応じて一部または全ての返済を要求できるという
     信用リスクは僅少であります。                           契約のため、回収が不能となるリスクは僅少であ
      また、未収入金は、概ね、海外の関連会社との                         ります。
     取引により生じたものであり、原則、翌月中に決                           未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、投資
     済が行われる事により、回収が不能となるリスク                           信託または取引相手ごとに残高を管理し、当社が
     は僅少であります。                           運用している資産の中から報酬を徴収するため、
                                信用リスクは僅少であります。
                                 また、未収入金は、概ね、海外の関連会社との
                                取引により生じたものであり、原則、翌月中に決
                                済が行われる事により、回収が不能となるリスク
                                は僅少であります。
     ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)                          ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の

        の管理                          管理
      外貨建ての債権債務に関する為替の変動リスク                                     同左
     に関しては、個別の案件ごとに毎月残高照合等を
     行い、原則、翌月中に決済が行われる事により、
     リスクは僅少であります。
     ③ 流動性リスク(支払期日に支払いを実行で                          ③ 流動性リスク(支払期日に支払いを実行でき

        きなくなるリスク)の管理                          なくなるリスク)の管理
      余剰資金は最長でも1ヵ月の定期預金で運用す                          余剰資金は最長でも1ヵ月の定期預金または関連
     ることにより、流動性リスクを管理しておりま                          会社への要求払い条件付き短期貸付で運用するこ
     す。                          とにより、流動性リスクを管理しております。
                                 65/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.金融商品の時価等に関する事項
      第25期(平成27年12月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとお

     りであります。
                                                (単位:千円)
                             貸借対照表
                                          時価          差額
                              計上額
      (1) 預金                          3,469,940           3,469,940             -
      (2) 未収入金                           261,752           261,752            -
      (3) 未収委託者報酬                           679,930           679,930            -
      (4) 未収運用受託報酬                           952,004           952,004            -
              資産計                  5,363,627           5,363,627             -
      (1) 未払手数料                            207,469           207,469            -
      (2) その他未払金                          2,186,021           2,186,021             -
              負債計                  2,393,490           2,393,490             -
      第26期(平成28年12月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとお

     りであります。
                                                (単位:千円)
                             貸借対照表
                                          時価          差額
                              計上額
      (1) 預金                          2,247,081           2,247,081             -
      (2) 貸付金                          2,000,000           2,000,000             -
      (3) 未収入金                           365,739           365,739            -
      (4) 未収委託者報酬                           710,009           710,009            -
      (5) 未収運用受託報酬                          1,217,426           1,217,426             -
              資産計                  6,540,256           6,540,256             -
      (1) 未払手数料                            196,199           196,199            -
      (2) その他未払金                          1,895,483           1,895,483             -
      (3) 長期未払金                           599,548           601,747         △2,198
              負債計                  2,691,231           2,693,430          △2,198
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

                 第25期                          第26期
             平成27年12月31日現在                          平成28年12月31日現在
                                 66/83








                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     資産                           資産
     (1)預金                           (1)預金
        預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価                                   同左
       額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。                          (2)貸付金
                                    貸付金はすべて短期であるため、時価は
                                  帳簿価額と近似していることから、当該帳
                                  簿価額によっております
     (2)未収入金                           (3)未収入金

        未収入金は短期債権であるため、時価は帳簿                                   同左
       価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
     (3)未収委託者報酬                           (4)未収委託者報酬

        未収委託者報酬は短期債権であるため、時価                                   同左
       は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
       価額によっております。
     (4)未収運用受託報酬                           (5)未収運用受託報酬

        未収運用受託報酬は短期債権であるため、時                                   同左
       価は帳簿価額と近似していることから、当該帳
       簿価額によっております。
                                 負債
     負債                           (1)未払手数料
     (1)未払手数料                                      同左
        未払手数料は短期債務であるため、時価は帳
       簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
       によっております。
                                 (2)その他未払金
     (2)   その他未払金                                   同左
        その他未払金は短期債務であるため、時価は
       帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
       額によっております。
                                 (3)長期未払金
                                    長期未払金の時価の算定は、合理的に見
                                  積りした支払予定時期に基づき、日本国債
                                  の利回りで割り引いた現在価値によってお
                                  ります。
     (注2)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

     第25期(平成27年12月31日現在)                                           (単位:千円)
                                  1年以内               1年超
     預金                                3,469,940                  -
     未収入金                                  261,752                -
     未収委託者報酬                                  679,930                -
     未収運用受託報酬                                  952,004                -
               合計                      5,363,627                  -
     第26期(平成28年12月31日現在)                                           (単位:千円)

                                  1年以内               1年超
     預金                                2,247,081                  -
                                 67/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     貸付金                                2,000,000                  -
     未収入金                                  365,739                -
     未収委託者報酬                                  710,009                -
     未収運用受託報酬                                1,217,426                  -
               合計                      6,540,256                  -
     (注3)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

     第25期(平成27年12月31日現在)
      該当事項はありません。
     第26期(平成28年12月31日現在)

      該当事項はありません。
     (有価証券関係)

     1 . その他有価証券
     第25期(平成27年12月31日現在)                                             (単位:千円)
              区分            貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取得原価を超

     えるもの                          3,367             3,060             307
      証券投資信託受益証券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの                            3,107           3,266            △159
      証券投資信託受益証券
                                                        148
              合計                   6,475           6,326
     第26期(平成28年12月31日現在)                                             (単位:千円)

              区分            貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取得原価を超

     えるもの                          3,937             3,568             369
      証券投資信託受益証券
     貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの                            1,934           2,070            △135
      証券投資信託受益証券
                                                        234
              合計                   5,872           5,638
     2 . 事業年度中に売却したその他有価証券

     第25期(自平成27年1月1日至平成27年12月31日)
      財務諸表等規則第8条の7により記載を省略しております。
     第26期(自平成28年1月1日至平成28年12月31日)

      財務諸表等規則第8条の7により記載を省略しております。
     (退職給付関係)

                第25期                           第26期
            自 平成27年       1月  1日                 自 平成28年       1月  1日
            至 平成27年12月31日                           至 平成28年12月31日
                                 68/83



                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.採用している退職給付制度の概要                           1. 採用している退職給付制度の概要
                                            同左
      当社は、従業員の退職給付に充てるため、退職
     一時金制度を採用しております。
      当社が有する退職一時金制度では、簡便法によ
     り退職給付引当金及び退職給付費用を計算してお
     り、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給して
     おります。
     2.確定給付制度                           2. 確定給付制度

      (1)退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整                           (1)退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整
        表                           表
        期首における退職給付引当金                           期首における退職給付引当金

                      710,422千円                           796,438千円
        退職給付費用              109,057千円             退職給付費用              116,557千円
        退職給付の支払額             △23,041千円              退職給付の支払額             △53,818千円
        期末における退職給付引当金                           期末における退職給付引当金
                      796,438千円                           859,177千円
      (2)退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計                           (2)退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計

        上された前払年金費用及び退職給付引当金                           上された前払年金費用及び退職給付引当金
        の調整表                           の調整表
        積立型制度の退職給付債務                           積立型制度の退職給付債務
                        -                           -
        年金資産                -           年金資産                -
                        -                           -
        非積立型制度の退職給付債務                           非積立型制度の退職給付債務
                      796,438千円                           859,177千円
        貸借対照表に計上された負債と資産                           貸借対照表に計上された負債と資産
        の純額             796,438千円              の純額              859,177千円
        退職給付引当金                           退職給付引当金
                      796,438千円                           859,177千円
        貸借対照表に計上された負債と資産                           貸借対照表に計上された負債と資産
        の純額             796,438千円              の純額              859,177千円
      (3)退職給付に関連する損益                           (3)退職給付に関連する損益
        簡便法で計算した退職給付費用                           簡便法で計算した退職給付費用
                       109,057千円                           116,557千円
     (税効果会計関係)

                第25期                           第26期
            自 平成27年       1月  1日                 自 平成28年       1月  1日
            至 平成27年12月31日                           至 平成28年12月31日
                                 69/83




                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1. 繰延税金資産発生の主な原因別内訳                           1. 繰延税金資産発生の主な原因別内訳
        繰延税金資産                           繰延税金資産
                            千 円                          千円
        未払費用否認                 857,947          未払費用否認                 729,305
         退職給付引当金損金                           退職給付引当金損金
           算入限度超過額               257,568            算入限度超過額               263,492
        役員退職慰労引当金否認                  10,042         役員退職慰労引当金否認                  11,367
        資産除去債務                  24,011         資産除去債務                  24,279
        その他                  54,926         その他                  26,628
       繰延税金資産小計                 1,204,494          繰延税金資産小計                 1,055,074

       評価性   引当額              △308,063          評価性引当額
                                                        -
       繰延税金資産合計                  896,431         繰延税金資産合計                 1,055,074

       繰延税金資産の純額                  896,431         繰延税金資産の純額                 1,055,074

     2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等                         2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等

     の負担率との間に重要な差異があるときの、当該                           の負担率との間に重要な差異があるときの、当該
     差異の原因となった主要な項目別内訳                           差異の原因となった主要な項目別内訳
        法定実効税率                    35.6%       法定実効税率                    33.1%

       (調整)                           (調整)
        役員賞与等永久に損金                           役員賞与等永久に損金
          算入されない項目                  6.7%         算入されない項目                  5.1%
        評価性引当額                   △3.4%        評価性引当額                   △13.1%
        税率変更による期末繰延                           税率変更による期末繰延
          税金資産の減額修正                  6.1%         税金資産の減額修正                  2.2%
        その他                   △5.0%        過年度法人税等                    2.3%
                                   法人税額の特別控除額                   △2.4%
                                   その他                    1.8%
        税効果会計適用後の
        法人税等の負担率                    40.0%
                                   税効果会計適用後の
                                   法人税等の負担率                    28.9%
                                 70/83








                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.   法人税等の税率の変更による繰延税金資産の                         3.   法人税等の税率の変更による繰延税金資産の
     金額の修正                           金額の修正
      「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地                           「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地
     方税法等の一部を改正する法律」が平成27年3月                           方税法等の一部を改正する法律」が平成28年3月
     31日に公布されたことに伴い、当事業年度の繰延                           29日に、また、「社会保障の安定財源の確保等を
     税金資産の計算に使用した法定実効税率は、前事                           図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の
     業年度の35.64%から、解消が見込まれる期間が                           一部を改正する等の法律等の一部を改正する法
     平成28年1月1日から平成28年12月31日までのもの                           律」及び「社会保障の安定財源の確保等を図る税
     は33.06%、平成29年1月1日以降のものについて                           制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方
     は32.26%にそれぞれ変更しております。その結                           交付税法の一部を改正する法律等の一部を改正す
     果、繰延税金資産の金額は113,879千円減少し、                           る法律」が平成28年11月18日に国会で成立したこ
     法人税等調整額が同額増加しております。                           とに伴い、当事業年度の繰延税金資産の計算(た
                                だし、平成29年1月1日以降解消されるものに限
                                る)に使用した法定実効税率は、前事業年度の
                                32.26%から、解消が見込まれる期間が平成29年1
                                月1日から平成30年12月31日までのものは
                                30.86%、平成31年1月1日以降のものについては
                                30.62%にそれぞれ変更しております。その結
                                果、繰延税金資産の金額は52,815千円減少し、法
                                人税等調整額が同額増加しております。
     ( 資産除去債務関係)

     1. 資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの

      (1)当該資産除去債務の概要
       当社は、本社オフィスの賃借契約において、建物所有者との間で貸室賃貸借契約を締結しており、賃借期
      間終了時に原状回復する義務を有しているため、契約上の義務に関して資産除去債務を計上しております。
      (2)当該資産除去債務の金額の算定方法
       使用見込期間を10年間(建物附属設備の減価償却期間)と見積り、割引率は当該減価償却期間に見合う国
      債の流通利回り(1.4%)を使用して、資産除去債務の金額を計算しております。
      (3)当該資産除去債務の総額の増減

                               第25期                  第26期
                           自 平成27年       1月  1日        自 平成28年       1月  1日
                           至 平成27年12月31日                  至 平成28年12月31日
     期首残高                             86,432千円                  87,642千円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                               -千円                  -千円
     その他増減額(△は減少)                             1,210千円                  1,226千円
     期末残高                             87,642千円                  88,869千円
     2.  貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務

        該当事項はありません。
     (セグメント情報等)

     <セグメント情報>

     当社は「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社であり証券投資信託の設定を行うと
     ともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っております。また
     「金融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っております。当社は、投資運用業及び投資助言・代理業
     にこれらの附帯業務を集約した単一セグメントを報告セグメントとしております。
                                 71/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
     <関連情報>

     第25期(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
     1.   製品およびサービスごとの情報
                                                  (単位:千円)
                                 海外ファンド
                投資信託業         投資顧問業                   その他         合計
                                   サービス
       外部顧客への
                  2,612,569         4,368,399         1,873,934         945,435        9,800,338
        営業収益
     2.   地域ごとの情報

      (1)  営業収益
                          (単位:千円)
          日本         その他          合計
          7,760,510          2,039,828          9,800,338
      (注)   海外外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める地域はありません。
      (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごと
      の有形固定資産の記載を省略しております。
     3.   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありま
      せん。
     第26期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

     1.   製品およびサービスごとの情報
                                                  (単位:千円)
                                 海外ファンド
                投資信託業         投資顧問業                   その他         合計
                                  サービス
       外部顧客への
                  2,622,715         4,310,848         2,586,536         953,870       10,473,971
        営業収益
     2.   地域ごとの情報

      (1)  営業収益
                          (単位:千円)
          日本         その他          合計
          7,916,799          2,557,171         10,473,971
      (注)   海外外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める地域はありません。
      (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごと
      の有形固定資産の記載を省略しております。
     3.   主要な顧客ごとの情報

       外部  顧客  への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の                        10%  以上を占める相手先がないため、記載はありま
       せん。
      <報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報>

       該当事項はありません。
                                 72/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報>
       該当事項はありません。
      <報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報>

       該当事項はありません。
     (関連当事者との取引)

     第25期    (  自  平成27年1月1日         至  平成27年12月31日          )

     1 関連当事者との取引
     (1)   親会社
                                                    (単位:千円)
                             議決権      関連
         会社等の               事業の     の所有      当事者
      種類         所在地     資本金                    取引の内容       取引金額      科目    期末残高
          名称              内容    (被所有)       との
                              割合      関係
      親会   シュロー      オラン     0.5百万     持株     被所有     当社への      剰余金の      1,960,000       -     -
      社   ダー・イ      ダ、    ユーロ     会社    直接100%      出資      配当
         ンターナ      アムス
         ショナ      テルダ
         ル・ファ      ム市
         イナン
         ス・
         ビー・
         ヴィー
      最終    シュロー      イギリ     282.5     持株     被所有     当社の最     一般管理費       192,399     その他     515,023
      親会    ダー・      ス、    百万ポン     会社    間接100%      終親会社     (役員およ            未払金
      社   ピーエル      ロンド      ド                   び従業員の
          シー     ン市                        賞与の負担
                                       金)(注1)
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)当社の役員及び従業員への賞与の支払いの一部は、シュローダー・ピーエルシーより行われております。                                               但し、これらの費用は
        シュローダー・ピーエルシーより当社に請求されるものであり、未払いの金額については、シュローダー・ピーエルシーに対す
        る債務として処理しております。
     (2)   兄弟会社等

                                                    (単位:千円)
                             議決権      関連
          会社等の              事業の     の所有     当事者
      種類         所在地     資本金                    取引の内容       取引金額      科目    期末残高
          名称              内容    (被所有)      との
                             割合     関係
     親会社    シュロー      イギリ     70.0    投資運      -    運用受託     運用受託報酬        113,510     未収運      5,358
         ダー・イ      ス、     百万    用業         契約の再                  用受託
      の                                  の受取
         ンベスト      ロンド     ポンド               委任等                  報酬
                                        (注4)
     子会社
         メント・      ン市
     (注2)
         マネージ
         メント・
         リミテッ
         ド
                                 73/83



                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       サービス提供        638,886     未収     86,701
                                       業務報酬の受             入金
                                         取
                                        (注5)
                                       情報提供業務        191,039

                                       報酬の受取
                                        (注6)
                                       役務提供業務        302,673

                                       の対価の受取
                                        (注6)
                                       運用再委託報        560,569     未払金     210,292

                                       酬の支払(注             (その
                                         4)           他未払
                                                    金)
                                       一般管理費        302,616

                                       (諸経費)の
                                        支払
                                        (注6)
                                       一般管理費        223,484

                                       (出向者人件
                                       費の負担金)
                                        (注7)
     親会社    シュロー      シンガ     50.7    投資運      -    運用受託     運用受託報酬         7,514    未収運       548

         ダー・イ      ポール     百万    用業         契約の再     の受取(注4)             用受託
      の
         ンベスト          シンガ              委任、業                  報酬
     子会社
         メント・          ポール              務委託等
     (注3)
         マネージ           ドル
                                       サービス提供        238,777     未収     46,826
         メント・
                                       業務報酬の受             入金
         (シンガ
                                         取
         ポー
                                        (注5)
         ル)・リ
         ミテッド
                                       役務提供業務         88,499
                                       の対価の受取
                                       (注6)  
                                       運用再委託報         12,189    未払金      62,438

                                       酬の支払            (その
                                        (注4)            他未払
                                                    金)
                                       一般管理費        797,951

                                       (諸経費)の
                                        支払
                                        (注6)
                                 74/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     兄弟会    シュロー     ルクセ     12.8    資産管      -    運用受託     運用受託報酬       1,693,619      未収運     172,717
      社   ダー・イ     ンブル     百万    理業         契約の再      の受取            用受託
          ンベスト      ク    ユーロ               委任等      (注4)            報酬
          メント・
          マネージ
                                       サービス提供        451,636     未収     59,918
          メント
                                       業務報酬の受             入金
          (ルクセ
                                         取
          ンブル
                                        (注5)
          ク)・エ
          ス・エー
                                       役務提供業務        267,314
                                       の対価の受取
                                        (注6)
                                       運用再委託報        468,269     未払金      64,221

                                       酬の支払            (その
                                        (注4)            他未払
                                                    金)
     (注2)当社の最終親会社であるシュローダー・ピーエルシーが、直接の子会社であるシュローダー・アドミニストレイション・リミテッ

        ドを通して、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドの議決権の100%を保有しております。
     (注3)当社の最終親会社であるシュローダー・ピーエルシーが、子会社であるシュローダー・インターナショナル・ホールディングス・
        リミテッドを通して、シュローダー・インベストメント・マネージメント・(シンガポール)・リミテッドの議決権の100%を保
        有しております。
     (注4)各社間の運用受託報酬の収受については、各ファンドの契約毎に契約運用資産に対する各社の運用資産の割合に応じた一定の比率
        により決定しております。
     (注5)各社間のサービス提供業務の報酬の収受については、各ファンドの契約毎に、当初募集金額および残存口数の割合に応じた一定の
        比率により決定しております。
     (注6)情報提供業務・役務提供業務・調査費・その他営業費用及び一般管理費(諸経費)の報酬の収受については、当業務に関する支出
        を勘案して合理的な金額により行っております。
     (注7)シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドより出向している役員及び従業員への給与、賞与の支払いは、
        シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドより行われております。但し、これらの費用はシュローダー・
        インベストメント・マネージメント・リミテッドより当社に請求されるものであり、未払いの金額については、シュローダー・
        インベストメント・マネージメント・リミテッドに対する債務として処理しております。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)   親会社情報
          シュローダー・ピーエルシー(ロンドン証券取引所に上場)
          シュローダー・インターナショナル・ファイナンス・ビー・ヴィー(非上場)
     (2)   重要な関連会社の要約財務諸表

          該当事項はありません。
     第26期    (  自  平成28年1月1日         至  平成28年12月31日          )

     1 関連当事者との取引
     (1)   親会社

                                                    (単位:千円)
                             議決権      関連
         会社等の               事業の     の所有      当事者
      種類         所在地     資本金                    取引の内容      取引金額      科目    期末残高
          名称              内容    (被所有)       との
                              割合      関係
                                 75/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     最終    シュロー      イギリ     282.5    持株          当社の最     一般管理費        185,595    その他     229,880
                            被所有
     親会    ダー・      ス、     百万    会社          終親会社     (役員およ            未払金
                            間接100%
     社    ピーエル      ロンド     ポンド                    び従業員の
         シー      ン市                        賞与の負担
                                       金(注1)            長期未     240,530
                                                   払金
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注  1)当社の役員及び従業員への賞与の支払いの一部は、シュローダー・ピーエルシーより行われております。                                             但し、これらの費用は
        シュローダー・ピーエルシーより当社に請求されるものであり、未払いの金額については、シュローダー・ピーエルシーに対す
        る債務として処理しております。
     (2)    兄弟会社等

                                                    (単位:千円)
                             議決権      関連
          会社等の              事業の     の所有     当事者
      種類         所在地     資本金                   取引の内容       取引金額      科目    期末残高
          名称              内容    (被所有)      との
                             割合     関係
     親会社    シュロー     イギリ     61.6    資金管      -    余資の     受取利息         49  貸付金     2,000,000
      の    ダー・     ス、     百万    理業          貸付等
     子会社    フィナン     ロンド     ポンド
     (注2)    シャル・      ン市
          サービセ
          ズ・リミ                             資金の貸付       2,000,000      未収        49
          テッド                              (注6)            入金
     親会社    シュロー     イギリ     70.0    投資運      -    運用受    運用受託報酬        51,382    未収運       5,278

      の   ダー・イ          百万    用業          託契約    の受取(注7)             用受託
               ス、
     子会社    ンベスト          ポンド               の再委                 報酬
               ロンド
     (注3)    メント・                         任等
               ン市
          マネージ
          メント・
                                      サービス提供        454,812     未収     104,244
          リミテッ
                                      業務報酬の受             入金
           ド
                                        取
                                        (注8)
                                      情報提供業務        205,442

                                       報酬の受取
                                        (注9)
                                      役務提供業務        289,764

                                      の対価の受取
                                        (注9)
                                      運用再委託報        678,268     未払金      162,975

                                       酬の支払            (その
                                       (注7)           他未払
                                                   金)
                                       一般管理費        280,589

                                      (諸経費)の
                                        支払
                                       (注9)
                                 76/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       一般管理費        146,277

                                      (出向者人件
                                      費の負担金)
                                       (注10)
     兄弟会    シュロー     シンガ     50.7    投資運      -    運用受    運用受託報酬         6,009    未収運        955

     社(注    ダー・イ     ポール     百万    用業          託契約    の受取(注7)             用受託
      4)    ンベスト          シンガ               の再委                 報酬
          メント・          ポール               任、業
          マネージ          ドル              務委託    サービス提供        293,578     未収      53,064
          メント・                         等   業務報酬の受             入金
          (シンガ                               取
          ポー                             (注8)
          ル)・リ
          ミテッド                             役務提供業務        91,910
                                      の対価の受取
                                        (注9)
                                      運用再委託報         8,183    未払金      100,434

                                       酬の支払            (その
                                                   他未払
                                       (注7)
                                                   金)
                                       一般管理費        762,719

                                      (諸経費)の
                                        支払
                                       (注9)
     兄弟会    シュロー     ルクセ     12.8    資産管      -    運用受    運用受託報酬       1,394,780      未収運      117,120

     社の子    ダー・イ     ンブル     百万    理業          託契約    の受取(注7)             用受託
      会社    ンベスト      ク    ユーロ               の再委                 報酬
      (注    メント・                         任等
      5)    マネージ                             サービス提供       1,184,231      未収     133,645
          メント                            業務報酬の受             入金
          (ルクセ                              取(注8)
          ンブル
          ク)・エ                             役務提供業務        260,098
          ス・エー                             の対価の受取
                                        (注9)
                                      運用再委託報        515,281     未払金      63,385

                                       酬の支払            (その
                                                   他未払
                                       (注7)
                                                   金)
     (注2)当社の最終親会社であるシュローダー・ピーエルシーが、直接の子会社であるシュローダー・アドミニストレイション・リミテッ

        ドを通して、シュローダー・フィナンシャル・サービセズ・リミテッドの議決権の100%を保有しております。
     (注3)当社の最終親会社であるシュローダー・ピーエルシーが、直接の子会社であるシュローダー・アドミニストレイション・リミテッ
        ドを通して、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドの議決権の100%を保有しております。
                                 77/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注4)当社の親会社であるシュローダー・インターナショナル・ホールディングス・リミテッドが、シュローダー・インベストメント・
        マネージメント・(シンガポール)・リミテッドの議決権の100%を保有しております。
     (注5)当社の兄弟会社であるシュローダー・インターナショナル・ファイナンス・ビー・ヴィーが、シュローダー・インベストメント・
        マネージメント(ルクセンブルグ)・エス・エーの議決権の100%を保有しております。
     (注6)資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済期間は概ね3ヶ月であります。なお、
        担保は受け入れておりません。
     (注7)各社間の運用受託報酬の収受については、各ファンドの契約毎に契約運用資産に対する各社の運用資産の割合に応じた一定の比率
        により決定しております。
     (注8)各社間のサービス提供業務の報酬の収受については、各ファンドの契約毎に、当初募集金額および残存口数の割合に応じた一定の
        比率により決定しております。
     (注9)情報提供業務・役務提供業務・調査費・その他営業費用及び一般管理費(諸経費)の報酬の収受については、当業務に関する支出
        を勘案して合理的な金額により行っております。
     (注10)シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドより出向している役員及び従業員への給与、賞与の支払いは、
        シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドより行われております。但し、これらの費用はシュローダー・
        インベストメント・マネージメント・リミテッドより当社に請求されるものであり、未払いの金額については、シュローダー・
        インベストメント・マネージメント・リミテッドに対する債務として処理しております。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)   親会社情報
          シュローダー・ピーエルシー(最終親会社、ロンドン証券取引所に上場)
          シュローダー・インターナショナル・ホールディングス・リミテッド(親会社、非上場)
     (2)   重要な関連会社の要約財務諸表

          該当事項はありません。
     (1株当たり情報)

                 第25期                            第26期
             自 平成27年       1月  1日                  自 平成28年       1月  1日
             至 平成27年12月31日                            至 平成28年12月31日
      1株当たり純資産額                  222,848円13銭          1株当たり純資産額                  393,176円33銭
      1株当たり当期純利益                  113,827円72銭          1株当たり当期純利益                  170,319円44銭

     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額に

     いては、潜在株式が存在しないため記載しておりま                            ついては、潜在株式が存在しないため記載しており
     せん。                            ません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                            1株当たり当期純利益の算定上の基礎

      損益計算書上の当期純利益                  1,115,511千円          損益計算書上の当期純利益                  1,669,130千円
      普通株式に係る当期純利益                  1,115,511千円          普通株式に係る当期純利益                  1,669,130千円
      普通株式に帰属しない金額の主要な内訳                            普通株式に帰属しない金額の主要な内訳
                該当事項はありません。                            該当事項はありません。
      普通株式の期中平均株式数                     9,800   株    普通株式の期中平均株式数                     9,800   株
     (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
     4【利害関係人との取引制限】

      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が
                                 78/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      禁止されています。
     (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと
        (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
        がないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、もし
        くは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
        定めるものを除きます。)。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等
        (委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関
        係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)、(5)に
        おいて同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
        該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をい
        います。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行なうこと。
     (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運
        用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
     (5)上記(3)、(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
        て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
        れのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

     (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想される訴訟事件などは発生していません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)受託会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               ( 平成28年3月末       現在)
                                             銀行法に基づき銀行業を営
                                             むとともに、金融機関の信
        三菱UFJ信託銀行株式会社                            324,279百万円        託業務の兼営等に関する法
                                             律に基づき信託業務を営ん
                                             でいます。
        <再信託受託会社の概要>
         名称    :日本マスタートラスト信託銀行株式会社
         資本金の額 :10,000百万円(                平成28年3月末       現在)
         事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に
                 基づき信託業務を営んでいます。
         再信託の目的:原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託者から再信託受
                 託者(日本マスタートラスト信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財産のすべ
                 てを再信託受託者へ移管することを目的とします。
     (2)販売会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               (平成28年3月末現在)
                    *
                                     14,577百万円
        いちよし証券株式会社
        SMBC日興証券株式会社                             10,000百万円
                                 79/83


                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                             金融商品取引法に定める第
        SMBCフレンド証券株式会社                             27,270百万円
                                             一種金融商品取引業を営ん
        株式会社SBI証券                             47,937百万円
                                             でいます。
        カブドットコム証券株式会社                             7,196百万円
        髙木証券株式会社                             11,069百万円
        ちばぎん証券株式会社                             4,374百万円
        西日本シティTT証券株式会社                             1,575百万円
        野村證券株式会社                             10,000百万円
        マネックス証券株式会社                             12,200百万円
        水戸証券株式会社                             12,272百万円
        UBS証券株式会社                             46,450百万円
        楽天証券株式会社                             7,495百万円
        株式会社荘内銀行                             8,500百万円
        ソニー銀行株式会社                             31,000百万円
        株式会社鳥取銀行                             9,061百万円
                                             銀行法に基づき銀行業を営
                                             んでいます。
        株式会社西日本シティ銀行                             85,745百万円
        株式会社肥後銀行                             18,128百万円
        株式会社みなと銀行                             27,484百万円
        * 募集の取扱いを行ないません。
     (3)投資顧問会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                              ( 平成  28年  12月末現在      )
        シュローダー・インベストメント・マ                                    資産運用に関する業務を営
                                     70百万ポンド
        ネージメント・リミテッド                                    んでいます。
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社
        ファンドの信託財産に属する有価証券の管理・計算事務などを行ないます。
     (2)販売会社
        日本におけるファンドの募集、                解約、   収益分配金および償還金の取扱い                 などを行ないます。
     (3)投資顧問会社
        委託会社から、        マザーファンドの         運用指図権限の委託を受け当該ファンドの運用(                          投資一任     )を行ない
        ます。
     3【資本関係】

     (1)受託会社
        該当事項はありません。
     (2)販売会社
        該当事項はありません。
     (3)投資顧問会社
        直接的な資本関係はありません。(                  平成  28年  12月末現在      )
     第3【その他】

     (1)目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
        書)」という名称を使用します。
     (2)目論見書の表紙、表紙裏または裏表紙に、以下を記載することがあります。
        ① 委託会社の金融商品取引業者登録番号および設立年月日
                                 80/83

                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ② ファンドの基本的性格など
        ③ 委託会社およびファンドのロゴ・マークや図案など
        ④ 委託会社のホームページや携帯電話サイトのご案内など
        ⑤ 目論見書の使用開始日
        ⑥ グループ会社全体の運用総額
        ⑦ シュローダー・グループのご紹介
     (3)目論見書の表紙または表紙裏に、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
        ② 投資信託は、元金および利回りが保証されているものではない旨の記載。
        ③ 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託を購入されたお客様が負う旨の記載。
        ④ 「金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である。」旨の記載。
        ⑤ 「ご購入に際しては、目論見書の内容を十分にお読みください。」という趣旨の記載。
        ⑥ 請求目論見書の入手方法(ホームページで閲覧、ダウンロードできるなど)についての記載。
        ⑦ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行なった場合には
          その旨の記録をしておくべきである旨の記載。
        ⑧ 「約款が請求目論見書に掲載されている。」旨の記載。
        ⑨ 商品内容に関して重大な変更を行なう場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき事前
          に受益者の意向を確認する旨の記載。
        ⑩ 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨の記載。
        ⑪ 有価証券届出書の効力発生およびその確認方法に関する記載。
        ⑫ 委託会社の情報として記載することが望ましい事項と判断する事項がある場合は、当該事項の記
          載。
     (4)有価証券届出書本文「第一部 証券情報」、「第二部 ファンド情報」に記載の内容について、投資者
        の理解を助けるため、当該内容を説明した図表などを付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記
        載することがあります。
     (5)目論見書に約款を掲載し、有価証券届出書本文「第二部 ファンド情報」中「第1 ファンドの状況」
        「2 投資方針」の詳細な内容につきましては、当該約款を参照する旨を記載することで、目論見書の
        内容の記載とすることがあります。
     (6)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
     (7)目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
     (8)交付目論見書の投資リスクに、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① ファンドの取引に関して、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用
          がない旨の記載。
        ② 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
        ③ 分配金は、投資信託の純資産から支払われるので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準
          価額は下がる旨。分配金は、計算期間中に発生した運用収益を超えて支払われる場合がある旨。投
          資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻し
          に相当する場合がある旨の記載。
     (9)交付目論見書の手続・手数料等に、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① 当初元本額についての記載。
        ② 基準価額が日本経済新聞に掲載される旨。
        ③ 所得税には、復興特別所得税が含まれる旨。
                                 81/83




                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                     平成29年3月15日

      シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社

       取 締 役 会 御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                                指定有限責任社員

                                             公認会計士      佐々木 貴 司
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                             公認会計士      太 田 英 男
                                業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」

      に掲げられているシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社の平成28年1月1日から平成28年12月31
      日までの第26期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針
      及びその他の注記について監査を行った。
      財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
      表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
      経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
      とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
      基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
      定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
      監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
      る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
      評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
      統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
      りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、シュ
      ローダー・インベストメント・マネジメント株式会社の平成28年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する
      事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以    上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

          す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/83



                                                           EDINET提出書類
                                       シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(E12586)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                     平成29年3月15日

        シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社

         取 締 役 会 御 中

                                  PwCあらた有限責任監査法人

                                   指定有限責任社員

                                              公認会計士       佐々木 貴司
                                   業務執行社員
                                   指定有限責任社員

                                              公認会計士       太田 英男
                                   業務執行社員
         当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」

        に掲げられているシュローダーBRICs株式ファンドの平成28年8月2日から平成29年1月30日までの特定期間の
        財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
        財務諸表に対する経営者の責任

         経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
        表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
        経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
        監査人の責任

         当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
        とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
        基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
        定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
         監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
        監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
        る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
        評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
        統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
        りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
         当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
        監査意見

         当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
        て、  シュローダーBRICs株式ファンドの平成29年1月30日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する特定
        期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
        利害関係

         シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間に
        は、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以  上

        (注)1.上記は、当社が、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

           しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 83/83


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。