グローリー株式会社 四半期報告書 第71期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第71期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:グローリー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年2月10日
      【四半期会計期間】                    第71期第3四半期(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)
      【会社名】                    グローリー株式会社
      【英訳名】                    GLORY   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  尾上 広和
      【本店の所在の場所】                    兵庫県姫路市下手野一丁目3番1号
      【電話番号】                    079(297)3131(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 専務執行役員 経営管理本部長 三和 元純
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県姫路市下手野一丁目3番1号
      【電話番号】                    079(297)3131(代表)
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役 専務執行役員 経営管理本部長 三和 元純
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第70期
                              累計期間           累計期間
                              自平成27年           自平成28年           自平成27年

                               4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                              至平成27年           至平成28年           至平成28年
                               12月31日            12月31日            3月31日
                     (百万円)             159,038           159,554           226,952

     売上高
                     (百万円)             10,665           10,868           17,583
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              4,911           6,707           8,829
     (当期)純利益
                     (百万円)              4,944          △ 1,098          △ 3,512
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             206,746           187,070           198,287
     純資産額
                     (百万円)             331,358           318,884           321,672
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             74.74           103.16           134.38
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             61.4           57.7           60.6
     自己資本比率
                               第70期           第71期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自平成27年           自平成28年

                               10月1日            10月1日
              会計期間
                              至平成27年           至平成28年
                               12月31日            12月31日
                                  28.85           71.33

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定において、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信
          託口」が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期中平均株式数は当該株式を控除対象の
          自己株式に含めて算出しております。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループにおける新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度
       の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであり
       ます。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、企業の設備投資に足踏みがみられたものの、個人消費や雇
        用情勢が改善傾向となるなど、緩やかな回復基調となりました。一方、世界経済につきましては、米国、欧州では
        回復の動きが継続し、アジアでも中国において持ち直しの動きがみられたものの、英国のEU離脱問題や米国の大
        統領選挙結果の影響等により為替相場や株式市場が大きく変動するなど、全体としては先行きが不透明な状況で推
        移いたしました。
         こうした状況のなか、当社グループは、平成27年4月からの3ヶ年を計画期間とした『2017中期経営計画』の2
        年目として、“長期ビジョン達成に向けた「顧客起点のモノづくり」による事業成長と収益性向上”を基本方針
        に、「事業戦略」、「機能戦略」、「企業戦略」の各戦略を積極的に展開してまいりました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、159,554百万円(前年同期比                                     0.3%増)となりました。この
        うち、製品及び商品売上高は、112,355百万円(前年同期比                            2.1%増)、保守売上高は、47,198百万円(前年同期
        比  3.7%減)でありました。利益につきましては、営業利益は、13,499百万円(前年同期比                                         21.9%増)、経常利
        益は、為替差損の発生等により10,868百万円(前年同期比                           1.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、
        6,707百万円(前年同期比            36.6%増)となりました。また、四半期包括利益は、円高による為替換算調整勘定の大
        幅な減少により、1,098百万円の損失(前年同期は四半期包括利益                               4,944百万円)となりました。
         セグメント別にみますと、次のとおりであります。

        (金融市場)

          主要製品である「オープン出納システム」の販売は中小規模店舗向けのコンパクトタイプが好調であり、ま
         た、窓口用「紙幣硬貨入出金機」の販売も更新需要を捉え好調でありました。
          この結果、当セグメントの売上高は、38,458百万円(前年同期比                              9.6%増)、営業利益は、4,922百万円(前
         年同期比     15.2%増)となりました。
        (流通・交通市場)

          主要製品である「レジつり銭機」の販売は大口需要の反動により低調であり、流通市場向け「売上金入金機」
         の販売も低調に推移いたしました。
          この結果、当セグメントの売上高は、30,369百万円(前年同期比                              10.2%減)、営業利益は、2,835百万円(前
         年同期比     12.3%減)となりました。
        (遊技市場)

          主要製品である「カードシステム」等の販売はホールの設備投資抑制の影響を受け低調でありました。
          この結果、当セグメントの売上高は、14,854百万円(前年同期比                              8.6%減)、営業利益は、526百万円(前年
         同期比    56.5%減)となりました。
        (海外市場)

          「紙幣整理機」の販売はアジアにおいて低調であったものの、主要製品である「紙幣入出金機」及び流通市場
         向け「紙幣硬貨入出金機」の販売は欧州、米国において好調でありました。また、「硬貨選別機」の販売は米国
         において好調でありました。市場全体としては、現地通貨ベースでは好調に推移いたしましたが、円換算後の売
         上高は、円高の影響により前年同期並みでありました。
          この結果、当セグメントの売上高は、74,378百万円(前年同期比                              3.2%増)、営業利益は、プロダクトミック
         スの改善やコスト削減等により、5,443百万円(前年同期比                            110.9%増)となりました。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
         その他の事業セグメントにつきましては、売上高は、1,492百万円(前年同期比                                     15.5%減)、営業損益は、228
        百万円の損失(前年同期は営業損失221百万円)となりました。
         なお、第1四半期連結会計期間より、事業セグメントを見直したことに伴い、従来「その他」に含めていた当選

        金払出ユニットを「金融市場」に、たばこ販売機、診療費支払機、社員食堂システム及び自書式投票用紙分類機を
        「流通・交通市場」に区分変更しております。この変更により、上記の前年同期比較については、前年同期の数値
        を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で算出しております。
         上記金額には消費税等は含まれておりません。

       (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は、当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大量買付行為を抑止するために、「当社株券等の大

        量買付行為に関する対応策(買収防衛策)」(以下「本プラン」といいます。)を導入しており、その具体的な内
        容は、以下のとおりであります。
        ① 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の概要

          当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の財務及び事業の内容や当社の企業価値の源
         泉を十分に理解し、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を継続的に確保、向上させていくことを可能とす
         る者である必要があると考えております。
          当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には当社株主の皆様の判断に委ねられ
         るべきものと考えており、また、当社は、当社が発行者である株券等(以下「当社株券等」といいます。)の大
         量買付であっても、当社の企業価値・株主共同の利益に資するものであれば、何らこれを否定するものではあり
         ません。
          しかしながら、株式の大量買付の中には、その目的等から見て企業価値や株主共同の利益に対する明白な侵害
         をもたらすもの等、対象会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
          特に、国内外で貨幣処理事業を営み、貨幣処理業務の効率化に加え、世界各国の通貨システムを支える重要な
         側面も担っている当社にとって、社会から求められる高い信頼性を維持し、製品の安定的な供給を通じて当社が
         さらに発展していくためには、当社の企業理念、通貨処理事業に欠かせない様々な技術力やノウハウ、お客様・
         取引先・地域社会等ステークホルダーとの信頼関係等、当社企業価値の源泉を十分理解することが必要不可欠で
         あります。
          従って、これらの当社企業価値の源泉に対する理解がないまま、当社株券等に対する大量買付がなされた場合
         には、当社の企業価値・株主共同の利益が大きく毀損されることとなります。当社は、このような当社の企業価
         値・株主共同の利益に資さない大量買付を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適
         切であり、このような者による大量買付に対しては、必要かつ相当な対抗措置を講じることにより、当社の企業
         価値・株主共同の利益を確保する必要があると考えております。
        ② 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

         取組み
         1)本プランの目的
           本プランは、当社の企業価値・株主共同の利益を確保し、向上させることを目的として、前述の基本方針に
          沿って、平成28年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議により継続的に導入したものであります。
           具体的には、当社株式に対する大量買付が行われる際に、当該大量買付に応じるべきか否かを当社株主が判
          断し、または取締役会が当社株主に代替案を提案するために必要な情報や時間を確保するとともに、当社株主
          のために、買付者と協議・交渉等を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値・株主共同の利益に
          反する大量買付を抑止するものであります。
         2)本プランの概要

          1.手続の設定
            本プランは、(i)当社が発行者である株券等について、保有者の株券等保有割合が20%以上となる買付そ
           の他の取得、または、(ii)当社が発行者である株券等について、公開買付けの後における株券等の株券等所
           有割合及びその特別関係者の株券等所有割合の合計が20%以上となる公開買付けのいずれかに該当する当社
           株券等の買付もしくはこれに類似する行為またはその提案がなされる場合(以下「大量買付行為」といい、
           大量買付行為を行おうとする者を「大量買付者」といいます。)を適用対象とする手続をあらかじめ設定し
           ております。
          2.情報提供の要求
                                  5/21

                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
            大量買付者には、大量買付行為の開始に先立ち買付内容等の検討に必要な情報を取締役会に対して提供し
           ていただきます。
          3.独立委員会による検討・勧告等
            独立性の高い社外取締役等から構成される独立委員会は、大量買付者または取締役会から提供された情
           報、買付等に対する意見、代替案等を検討します。大量買付者が本プランに定める手続を遵守しない場合や
           大量買付行為の内容が当社の企業価値・株主共同の利益を毀損するおそれがあるときなど所定の要件を充足
           し、新株予約権の無償割当てを実施することが相当であると判断した場合には、当社取締役会に対し、新株
           予約権の無償割当ての実施を勧告します。大量買付行為が所定の要件に該当しない場合等には、独立委員会
           は、新株予約権無償割当ての不実施を勧告します。なお、独立委員会が新株予約権の無償割当てを実施すべ
           き旨の勧告を行うにあたって適切と判断する場合は、予め当該実施に関して株主の意思を確認するべき旨の
           留保を付すことができます。
          4.取締役会の決議/株主意思確認総会の開催
            当社取締役会は、独立委員会の上記勧告を最大限尊重して新株予約権の無償割当ての実施または不実施等
           に関する会社法上の機関としての決議を行います。ただし、取締役会は、当社株主の意思を確認することが
           実務上可能であり、かつ、法令及び当社取締役の善管注意義務等に照らし適切であると判断する場合、また
           は、独立委員会が新株予約権の無償割当ての実施に関して当社株主の意思を確認するべき旨の留保を付した
           勧告をした場合には、株主総会を招集し、新株予約権の無償割当ての実施に関する当社株主の意思を確認す
           ることができます。
         3)本プランの合理性

           当社は、以下の理由から本プランは合理性が高いものと考えております。
          1.買収防衛策に関する指針の要件を充足
            本プランは、経済産業省及び法務省が発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収
           防衛策に関する指針」の定める三原則を充足しております。
          2.株主意思の重視
            本プランは、平成28年6月24日開催の第70回定時株主総会の決議に基づき導入されております。また、大
           量買付行為に対する本プランの発動の是非についても、株主総会において当社株主の意思を確認することが
           できます。
          3.独立委員会の設置・判断
            本プランを適正に運用し、当社取締役によって恣意的な判断がなされることを防止し、その判断の合理
           性、公正性を担保するため、独立社外者のみから構成される独立委員会を設置しております。取締役会は、
           独立委員会の勧告を最大限尊重して会社法上の機関としての決議を行うこととしております。
          4.合理的な客観的要件の設定
            本プランは、合理的な客観的要件が充足されなければ発動されないように設定されており、取締役会によ
           る恣意的な発動を防止するための仕組みが確保されております。
          5.外部専門家の意見の取得
            独立委員会は、その判断にあたり、当社の費用で、取締役会及び独立委員会から独立した外部専門家の助
           言を受けることができるものとされ、独立委員会による判断の公正さ・客観性がより強く担保される仕組み
           となっております。
          6.本プランの廃止
            当社株主総会または取締役会により、本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランは当該
           決議に基づき廃止されることになります。
         4)本プランの公開

           本プランの詳細は、当社ウェブサイトに掲載の平成28年5月12日付プレスリリース「当社株券等の大量買付
          行為等に関する対応策(買収防衛策)の継続的導入に関するお知らせ」をご参照ください。
           当社ウェブサイト http://www.glory.co.jp
                                  6/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
       (3)  研究開発活動
         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、10,296百万円であります。なお、当
        第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (4)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「1.事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         また、当社グループは、平成27年4月からスタートさせた『2017中期経営計画』に取り組んでおり、同計画の2
        年目である当連結会計年度も、“長期ビジョン達成に向けた「顧客起点のモノづくり」による事業成長と収益力向
        上”を基本方針に掲げ、「事業戦略」、「機能戦略」、「企業戦略」を展開しております。
         具体的には、「国内事業戦略」では、現場営業力の強化により各セグメントの売上拡大を図るとともに、市場対
        応力を強化することで新たなビジネスモデルや次期基幹製品の創出に取り組んでまいります。「海外事業戦略」で
        は、徹底した市場分析に基づいた地域別戦略を実行するとともに、直販・直メンテナス網の拡充による収益性の向
        上や国内事業で培った技術を応用した新分野・新領域での事業拡大を推進し、事業環境の変化に対応できる強固な
        事業基盤の確立を目指してまいります。
         利益面では、引き続き開発効率や生産性の向上、海外生産・海外調達の拡大等コストダウン策の推進により、利
        益体質の強化を図ってまいります。
       (5)  経営者の問題認識と今後の方針について

         当社グループの経営陣は、現在の事業環境及び入手可能な情報に基づき最善の経営方針を立案するよう努めてお
        ります。
         当社グループは、企業理念である「私たちは『求める心とみんなの力』を結集し、セキュア(安心・確実)な社
        会の発展に貢献します。」の精神の下、継続的に企業価値の向上を図ってまいりました。引き続き、創業100周年
        となる平成30年(2018年)に向け、当社グループビジョンである「GLORYを世界のトップブランドに!」を実
        現するべく、取り組んでまいります。
         具体的には、『2017中期経営計画』の2年目として、「事業戦略」、「機能戦略」、「企業戦略」を推進し、長
        期ビジョン達成に向け、「顧客起点のモノづくり」による事業成長と収益性向上を実現するべく、様々な施策を展
        開してまいります。
       (6)  利益配分に関する基本方針

         当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題と位置づけ、将来の事業展開に備えた財務体質の維持・
        強化を図りつつ、安定した配当を継続することを基本方針とし、連結配当性向30%以上を目標に配当を実施するこ
        ととしております。
         自己株式の取得につきましては、今後の事業展開、投資計画、内部留保の水準、業績動向等を総合的に勘案し、
        適切な対応を図るとともに、取得した自己株式は、M&A等将来に向けた成長投資や機動的な資本政策に活用して
        まいります。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

           第3四半期会計期間
                      提出日現在発行数(株)             上場金融商品取引所名又は登
       種類                                               内容
           末現在発行数(株)
                       (平成29年2月10日)            録認可金融商品取引業協会名
           (平成28年12月31日)
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い当社における標準とな
      普通株式         68,638,210            68,638,210        東京証券取引所(市場第一部)
                                                 る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
       計       68,638,210            68,638,210               -              -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式
                                               資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日                                       増減額        残高
                 総数増減数        総数残高
                                (百万円)       (百万円)
                                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)
     平成28年10月1日~
                      -     68,638          -     12,892          -     20,629
     平成28年12月31日
                                  8/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (7)【議決権の状況】

          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載する
         ことができないことから、直前の基準日(平成28年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  平成28年9月30日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                            -        -           -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -        -           -

     議決権制限株式(その他)                            -        -           -

                                         -
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式        3,531,900                      -
     完全議決権株式(その他)                普通株式        65,089,900          650,869             -

     単元未満株式                普通株式          16,410          -    一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                        68,638,210            -           -

     総株主の議決権                            -      650,869             -

      (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP
           信託口」が所有する当社株式は含まれておりません。
         2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が3,000株含まれておりま
           すが、議決権の数の欄には同機構名義の議決権30個は、含まれておりません。
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に

       所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
        又は名称                  株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                     の割合(%)
                兵庫県姫路市下手
     グローリー株式会社                       3,531,900            -     3,531,900           5.15
                野一丁目3番1号
          計          -        3,531,900            -     3,531,900           5.15
      (注)1.上記のほか、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託口」が所有する当社株式があります。
         2.当第3四半期会計期間末日現在の自己株式数は、同期間における自己株式の取得(964,000株)等により
           4,495,931株となっております。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成28年10月1日から平
       成28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         68,053              76,443
         現金及び預金
                                                      ※2 44,588
                                         50,671
         受取手形及び売掛金
                                           500             3,000
         有価証券
                                         25,380              30,750
         商品及び製品
                                         6,526              7,452
         仕掛品
                                         11,462              11,868
         原材料及び貯蔵品
                                         9,891              10,232
         その他
                                         △ 675             △ 833
         貸倒引当金
                                        171,811              183,502
         流動資産合計
       固定資産
                                         35,832              35,419
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         27,344              23,055
          顧客関係資産
                                         63,796              53,646
          のれん
                                         6,179              5,577
          その他
                                         97,320              82,279
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         8,765              9,702
          投資有価証券
                                         8,001              8,021
          その他
                                          △ 59             △ 42
          貸倒引当金
                                         16,707              17,681
          投資その他の資産合計
                                        149,860              135,381
         固定資産合計
                                        321,672              318,884
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                      ※2 18,401
                                         18,971
         支払手形及び買掛金
                                         16,885              34,383
         短期借入金
                                         9,424              9,003
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,230              1,927
         未払法人税等
                                         7,786              5,108
         賞与引当金
                                           71              54
         役員賞与引当金
                                           67              46
         株式付与引当金
                                                      ※2 30,826
                                         26,181
         その他
                                         81,619              99,751
         流動負債合計
       固定負債
                                         22,629              15,264
         長期借入金
                                           67              101
         株式付与引当金
                                         6,607              5,953
         退職給付に係る負債
                                         12,461              10,743
         その他
                                         41,766              32,062
         固定負債合計
                                        123,385              131,814
       負債合計
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         12,892              12,892
         資本金
                                         20,952              20,974
         資本剰余金
                                        151,653              154,828
         利益剰余金
                                        △ 6,141             △ 12,089
         自己株式
                                        179,357              176,606
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           235              828
         その他有価証券評価差額金
                                         17,819               8,922
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,572             △ 2,211
         退職給付に係る調整累計額
                                         15,483               7,539
         その他の包括利益累計額合計
                                         3,446              2,923
       非支配株主持分
                                        198,287              187,070
       純資産合計
      負債純資産合計                                   321,672              318,884
                                 12/21














                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
      売上高                                   159,038              159,554
                                         96,625              97,052
      売上原価
                                         62,413              62,502
      売上総利益
                                         51,340              49,002
      販売費及び一般管理費
                                         11,072              13,499
      営業利益
      営業外収益
                                           122              141
       受取利息
                                           292              336
       受取配当金
                                           504              366
       その他
                                           919              844
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           554              444
       支払利息
                                           578             2,820
       為替差損
                                           193              210
       その他
                                         1,326              3,475
       営業外費用合計
                                         10,665              10,868
      経常利益
      特別利益
                                           15              14
       固定資産売却益
                                           -               7
       投資有価証券売却益
                                           15              22
       特別利益合計
      特別損失
                                           43              33
       固定資産除却損
                                            6              0
       その他
                                           49              33
       特別損失合計
                                         10,631              10,856
      税金等調整前四半期純利益
                                         4,842              3,421
      法人税等
                                         5,788              7,435
      四半期純利益
                                           877              727
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         4,911              6,707
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                         5,788              7,435
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 81              592
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 273            △ 9,486
       為替換算調整勘定
                                         △ 489              360
       退職給付に係る調整額
                                         △ 844            △ 8,533
       その他の包括利益合計
                                         4,944             △ 1,098
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,315             △ 1,366
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           628              268
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
          第1四半期連結会計期間より、Glory                   Global    Solutions     (Hong   Kong)   Ltd.、GLORY      IPO  Asia   Ltd.及び光栄
         華南貿易(深圳)有限公司は、重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
          また、第2四半期連結会計期間より、In-Tech,                       LLC(現    Glory   Global    Solutions     RUS,   LLC)の全発行済株式
         を取得したため、連結の範囲に含めております。
         (連結子会社の事業年度等に関する事項の変更)

          連結財務諸表のより適正な開示を図るため、第1四半期連結会計期間より、決算日が12月31日である光栄電
         子工業(蘇州)有限公司及びGlory                Global    Solutions     (Shanghai)      Co.,   Ltd.について、連結決算日である3月
         31日に仮決算を行い連結する方法に変更しております。
          なお、当該連結子会社の平成28年1月1日から平成28年3月31日までの損益については、利益剰余金の増減
         として調整しております。
        (会計方針の変更)

         (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
          法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務
         対応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した
         建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          この変更に伴う当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影
         響は軽微であります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第
         1四半期連結会計期間から適用しております。
                                 15/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
          1 保証債務
           (1)従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し保証を行っております。
                  前連結会計年度                       当第3四半期連結会計期間
                 (平成28年3月31日)                          (平成28年12月31日)
                              32百万円                          28百万円
           (2)当社グループの得意先が抱えるリース債務に対し保証を行っております。

                  前連結会計年度                       当第3四半期連結会計期間
                 (平成28年3月31日)                          (平成28年12月31日)
                              566百万円                          378百万円
         ※2 四半期連結会計期間末日満期手形

            四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。
           なお、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が
           四半期連結会計期間末日残高に含まれております。
                                  前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                (平成28年3月31日)               (平成28年12月31日)
         受取手形                               -百万円               355百万円
         支払手形                               -百万円               147百万円
         流動負債「その他」(設備関係支払手形)                               -百万円                4百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産及び長期前払費用に係る償却費を含む。)及び
         のれんの償却額は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成27年4月1日            (自    平成28年4月1日
                                至   平成27年12月31日)             至   平成28年12月31日)
         減価償却費                             7,764百万円               7,076百万円
         のれんの償却額                             3,885百万円               3,057百万円
                                 16/21










                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成27年6月26日
                普通株式         1,970        30   平成27年3月31日          平成27年6月29日          利益剰余金
       定時株主総会
      平成27年11月5日
                普通株式         1,778        27   平成27年9月30日          平成27年12月4日          利益剰余金
        取締役会
         (注)基準日が平成27年9月30日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託
            口」が所有する当社株式に対する配当5百万円が含まれております。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成28年6月24日
                普通株式         1,910        29   平成28年3月31日          平成28年6月27日          利益剰余金
       定時株主総会
      平成28年11月7日
                普通株式         1,953        30   平成28年9月30日          平成28年12月5日          利益剰余金
        取締役会
         (注)1.基準日が平成28年3月31日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP
              信託口」が所有する当社株式に対する配当5百万円が含まれております。
            2.基準日が平成28年9月30日の配当金の総額には、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP
              信託口」が所有する当社株式に対する配当6百万円が含まれております。
          2.株主資本の金額の著しい変動

          (自己株式の取得)
           当社は、平成28年8月4日開催の取締役会において自己株式の取得を決議し、当第3四半期連結累計期間に
          次のとおり自己株式の取得を実施いたしました。なお、当該自己株式の取得は平成28年11月24日をもって終了
          しております。
          (1)取得した株式の種類   当社普通株式
          (2)取得した株式の総数   1,774,000株
          (3)株式の取得価額の総額  5,999,952,000円
          (4)取得期間        平成28年8月5日から平成28年11月24日まで
          (5)取得方法        信託方式による市場買付け
                                 17/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)
          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                          その他
                                               合計    調整額    損益計算書
                      流通・交通                    (注)
                                                        計上額
                  金融市場         遊技市場     海外市場      計
                        市場
     売上高
      外部顧客への売上高
                  35,098     33,817     16,254     72,102    157,273      1,765    159,038       -  159,038
      セグメント間の内部売上高
                     -     -     -     -     -     -     -     -     -
      又は振替高
           計
                  35,098     33,817     16,254     72,102    157,273      1,765    159,038       -  159,038
     セグメント損益
                   4,272     3,232     1,208     2,580    11,294     △ 221   11,072       -   11,072
         (注)「その他」の区分は、上記の報告セグメントに属さない製品及び商品であります。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                          その他
                                               合計    調整額    損益計算書
                                          (注)
                      流通・交通
                                                        計上額
                  金融市場         遊技市場     海外市場      計
                        市場
     売上高
      外部顧客への売上高
                  38,458     30,369     14,854     74,378    158,062      1,492    159,554       -  159,554
      セグメント間の内部売上高
                     -     -     -     -     -     -     -     -     -
      又は振替高
           計
                  38,458     30,369     14,854     74,378    158,062      1,492    159,554       -  159,554
     セグメント損益
                   4,922     2,835      526    5,443    13,727     △ 228   13,499       -   13,499
         (注)「その他」の区分は、上記の報告セグメントに属さない製品及び商品であります。
          2.報告セグメントの変更等に関する事項

            第1四半期連結会計期間より、事業セグメントを見直したことに伴い、従来「その他」に含めていた当
           選金払出ユニットを「金融市場」に、たばこ販売機、診療費支払機、社員食堂システム及び自書式投票用
           紙分類機を「流通・交通市場」に区分変更しております。この変更により、前第3四半期連結累計期間の
           セグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。
                                 18/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成27年12月31日)              至 平成28年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  74円74銭              103円16銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                  4,911              6,707

                                                         -
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         4,911              6,707
       金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               65,709,485              65,021,216
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.純資産の部において、自己株式として計上されている「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP
          信託口」に残存する当社株式は、1株当たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において
          控除する自己株式に含めております。(前第3四半期連結累計期間89,615株、当第3四半期連結累計期間
          201,312株)。
      2【その他】

       平成28年11月7日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額……………………                           1,953百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………  30円
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成28年12月5日
      (注) 平成28年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行います。
       (ニ)上記中間配当に伴う利益準備金の積立額はありません。
                                 19/21











                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      グローリー株式会社(E01650)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年2月8日

     グローリー株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              松尾 雅芳  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              下井田 晶代         印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              増村 正之  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているグローリー株式

     会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成28年10月1日から平
     成28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、グローリー株式会社及び連結子会社の平成28年12月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。