日産東京販売ホールディングス株式会社 四半期報告書 第105期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

四半期報告書-第105期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:日産東京販売ホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   平成29年2月10日

     【四半期会計期間】                   第105期第3四半期(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)

     【会社名】                   日産東京販売ホールディングス株式会社

     【英訳名】                   NISSAN TOKYO SALES HOLDINGS CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 酒 井  信 也

     【本店の所在の場所】                   東京都品川区西五反田四丁目32番1号

     【電話番号】                   03-5496-5203

     【事務連絡者氏名】                   執行役員 米 澤  領 一

     【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区西五反田四丁目32番1号

     【電話番号】                   03-5496-5203

     【事務連絡者氏名】                   執行役員 米 澤  領 一

                        株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                 第104期          第105期
                回次                第3四半期          第3四半期           第104期
                                連結累計期間          連結累計期間
                              自   平成27年4月1日        自   平成28年4月1日        自   平成27年4月1日
               会計期間
                              至   平成27年12月31日        至   平成28年12月31日        至   平成28年3月31日
                                   102,067          100,036          145,807

     売上高                   (百万円)
                                    1,923          2,381          3,602

     経常利益                   (百万円)
     親会社株主に帰属する

                                    1,276          1,751          3,392
                        (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                     986         1,949           464

     四半期包括利益又は包括利益                   (百万円)
                                    33,240          34,190          32,718

     純資産額                   (百万円)
                                    72,007          75,345          75,388

     総資産額                   (百万円)
                                    19.23          26.43          51.14

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                    (円)
     潜在株式調整後1株当たり

                         (円)            -          -          -
     四半期(当期)純利益金額
                                     44.8          43.9          42.0

     自己資本比率                    (%)
                                 第104期          第105期

                回次                第3四半期          第3四半期
                                連結会計期間          連結会計期間
                              自   平成27年10月1日        自   平成28年10月1日
               会計期間
                              至   平成27年12月31日        至   平成28年12月31日
                                     0.01          11.21

     1株当たり四半期純利益金額                    (円)
      (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
     2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/20





                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
       業等のリスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
      (1) 業績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済環境は、雇用、所得環境の改善が見られ、緩やかな回復基調に
       あるものの、個人消費は依然として足踏み状態にあり、先行き不透明な状況で推移いたしました。
        当社グループの主力である自動車関連事業における全国の新車販売台数は、登録車の販売が好調に推移した結
       果、前年同四半期比0.9%増まで回復いたしました。当社グループのマーケットである東京都内の新車販売台数につ
       きましても、同0.5%増となっております。
        当社グループの当第3四半期連結累計期間の新車販売台数は、軽自動車の「デイズ」「デイズルークス」(OE
       M車)の販売停止の影響やカナダ子会社を事業譲渡したことなどにより、19,312台(前年同四半期比2,736台減、
       12.4%減)となりました。
        なお、直近の当第3四半期連結会計期間(10月~12月)につきましては、8月発売の新型セレナ、11月発売の新
       型ノートが好調に推移し、カナダ子会社の事業譲渡による台数減をカバーした結果、新車販売台数は前年同四半期
       比5.7%増となり、同期間における過去最高の業績となっております。
        これらの結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の                            売上高は100,036百万円           ( 前年同四半期比2,030百万
       円減  、 2.0%減    )となりましたが、         営業利益は2,782百万円           ( 前年同四半期比383百万円増             、 16.0%増    )、  経常利益は
       2,381百万円      ( 前年同四半期比458百万円増             、 23.8%増    )、  親会社株主に帰属する四半期純利益は1,751百万円                       ( 前年
       同四半期比475百万円増           、 37.3%増    )と増益となりました。
        セグメントごとの業績を示すと、次のとおりであります。

       ① 自動車関連事業
         「デイズ」「デイズルークス」(OEM車)の販売停止などにより新車販売台数が減少した結果、                                               売上高は
        93,659百万円      ( 前年同四半期比4,103百万円減              、 4.2%減    )となりましたが、東京日産自動車販売㈱、日産プリン
        ス東京販売㈱、日産プリンス西東京販売㈱の三販売会社において、新型セレナ・新型ノートの新型車効果に加
        え、中古車販売、自動車整備事業も堅調に推移した結果、                           セグメント利益(営業利益)は3,051百万円                    ( 前年同四
        半期比258百万円増         、 9.3%増    )と増益となりました。
       ② 情報システム関連事業
         データセンターなどの第三世代ビジネス(クラウド・ビッグデータなど)は堅調に推移するとともに、大規模
        なパソコン代替案件などハードウェアビジネスが伸長したことにより、                                  売上高は6,067百万円          ( 前年同四半期比
        2,110百万円増       、 53.4%増    )、  セグメント利益(営業利益)は238百万円                   ( 前年同四半期比200百万円増             、 528.9%
        増 )と増収増益となりました。
       ③ その他
         その他の事業である不動産事業につきましては、外部顧客への賃貸契約が減少した結果、                                          売上高は309百万円
        ( 前年同四半期比38百万円減             、 11.0%減    )、  セグメント利益(営業利益)は97百万円                   ( 前年同四半期比6百万円
        減 、 6.4%減    )となりました。
                                  3/20



                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (2) 財政状態の分析
       ① 資産
         当第3四半期連結会計期間末における                  総資産は75,345百万円          ( 前連結会計年度比43百万円減             、 0.1%減    )となり
        ました。主な内容は、商品が2,463百万円及び有形固定資産が2,000百万円増加し、現金及び預金が1,159百万円、
        長短繰延税金資産が532百万円及びその他流動資産が2,921百万円減少しております。
       ② 負債
         当第3四半期連結会計期間末における                  負債は41,154百万円         ( 前連結会計年度比1,515百万円減               、 3.6%減    )とな
        りました。主な内容は、1年内返済予定を含む長短借入金が2,124百万円及びその他流動負債が353百万円増加
        し、買掛金が2,619百万円、長短リース債務が467百万円、未払法人税等が253百万円及び賞与引当金が666百万円
        減少しております。
       ③ 純資産
         当第3四半期連結会計期間末における                  純資産は34,190百万円          ( 前連結会計年度比1,471百万円増               、 4.5%増    )と
        なりました。主な内容は、配当金の支払が466百万円ありましたが、親会社株主に帰属する四半期純利益を1,751
        百万円計上したことにより利益剰余金が1,285百万円及びその他の包括利益累計額が123百万円増加しておりま
        す。
      (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
      (4) 研究開発活動

        特記すべき事項はありません。
                                  4/20












                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     136,400,000

                  計                                    136,400,000

       ②   【発行済株式】

                第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所
         種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
                 (平成28年12月31日)           (平成29年2月10日)            商品取引業協会名
                                        東京証券取引所
        普通株式             66,635,063           66,635,063                  単元株式数100株
                                        (市場第一部)
          計           66,635,063           66,635,063           -           -
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額       残 高      増 減 額       残   高
                    (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       平成28年12月31日                -   66,635,063           -     13,752         -       241
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/20







                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成28年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①   【発行済株式】

                                                 平成28年9月30日現在
            区分               株式数(株)             議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       -              -           -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -              -           -

     議決権制限株式(その他)                       -              -           -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        2,644        -
                      普通株式           319,700
     完全議決権株式(その他)                 普通株式         66,302,700             663,027         -
     単元未満株式                 普通株式            12,663         -           -

     発行済株式総数                          66,635,063           -           -

     総株主の議決権                       -                665,671         -

      (注)   1.「完全議決権株式(自己株式等)」の普通株式には、「株式給付信託(ESOP)」により資産管理サービ

          ス信託銀行株式会社(信託E口)名義となっている自己株式が264,400株含まれております。
        2.「単元未満株式」には、自己株式99株が含まれております。
       ②   【自己株式等】

                                                 平成28年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                   自己名義       他人名義      所有株式数
                                                     総数に対する
        所有者の氏名又は名称                 所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                      所有株式数
                                    (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
     日産東京販売ホールディングス                 東京都品川区西五反田
                                    55,300      264,400       319,700        0.47
     株式会社                 4-32-1
            計              -         55,300      264,400       319,700        0.47
      (注) 他人名義で所有している理由等
            所有理由               名義人の氏名又は名称                     名義人の住所
                                          東京都中央区晴海1-8-12
     「株式給付信託(ESOP)」制度                  資産管理サービス信託銀行株式会社
                                          晴海アイランド        トリトンスクエア
     の信託財産として拠出                  (信託E口)
                                          オフィスタワーZ棟
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/20





                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成28年10月1日から平成
      28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、明治アーク監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/20

















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)


                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          5,330              4,170
         現金及び預金
                                                      ※1  6,160
                                          6,476
         受取手形及び売掛金
                                          8,729              11,192
         商品
                                           212              324
         仕掛品
                                            55              56
         貯蔵品
                                          1,319               886
         繰延税金資産
                                          5,731              2,810
         その他
                                           △ 3             △ 2
         貸倒引当金
                                          27,852              25,599
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          6,324              6,596
           建物(純額)
                                          7,338              6,877
           リース資産(純額)
                                          16,742              17,181
           土地
                                          6,089              7,840
           その他(純額)
                                          36,494              38,495
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          1,354              1,287
           のれん
                                           157              205
           その他
                                          1,511              1,492
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          3,297              3,456
           投資有価証券
                                          2,783              2,682
           繰延税金資産
                                          3,806              4,159
           その他
                                          △ 356             △ 540
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                               9,529              9,758
                                          47,536              49,745
         固定資産合計
                                          75,388              75,345
       資産合計
                                  8/20







                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         14,542              11,923
         買掛金
                                                      ※2  1,000
         短期借入金                                  -
                                           336              824
         1年内返済予定の長期借入金
                                           551              492
         リース債務
                                           431              178
         未払法人税等
                                          1,342               675
         賞与引当金
                                           160              160
         資産除去債務
                                          5,355              5,709
         その他
                                         22,720              20,962
         流動負債合計
       固定負債
                                           244              880
         長期借入金
                                          6,794              6,387
         リース債務
         繰延税金負債                                  125              133
         退職給付に係る負債                                12,294              12,338
                                           302              302
         資産除去債務
                                           189              151
         その他
                                         19,949              20,191
         固定負債合計
                                         42,670              41,154
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         13,752              13,752
         資本金
                                           256              256
         資本剰余金
                                         17,137              18,422
         利益剰余金
                                          △ 131             △ 125
         自己株式
                                         31,013              32,305
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          1,162              1,273
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 497             △ 484
         退職給付に係る調整累計額
                                           664              788
         その他の包括利益累計額合計
                                          1,040              1,097
       非支配株主持分
                                         32,718              34,190
       純資産合計
                                         75,388              75,345
      負債純資産合計
                                  9/20








                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                         102,067              100,036
      売上高
                                         77,384              75,387
      売上原価
                                         24,682              24,648
      売上総利益
                                         22,283              21,866
      販売費及び一般管理費
                                          2,398              2,782
      営業利益
      営業外収益
                                            1              1
       受取利息
                                           70              84
       受取配当金
                                                       ※1  47
       為替差益                                    -
                                                       ※2  53
       還付消費税等                                    -
                                           52              27
       雑収入
                                           125              214
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           129              111
       支払利息
                                           184              183
       支払手数料
                                           127              182
       貸倒引当金繰入額
                                           158              137
       雑損失
                                           600              615
       営業外費用合計
                                          1,923              2,381
      経常利益
      特別利益
                                                         16
       固定資産売却益                                    -
                                           99               0
       投資有価証券売却益
                                                       ※3  516
                                           -
       受取補償金
                                           99              533
       特別利益合計
      特別損失
                                           63              68
       固定資産除売却損
                                                          3
       投資有価証券評価損                                    -
                                                       ※4  195
                                           -
       たな卸資産評価損
                                           63              268
       特別損失合計
                                          1,959              2,646
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     197              338
                                           477              484
      法人税等調整額
                                           674              822
      法人税等合計
                                          1,284              1,823
      四半期純利益
                                            8              72
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          1,276              1,751
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/20






                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                          1,284              1,823
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           37              113
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 206
       為替換算調整勘定                                                  -
                                          △ 130               13
       退職給付に係る調整額
                                          △ 298              126
       その他の包括利益合計
                                           986             1,949
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           979             1,875
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            6              74
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/20















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更)

                          当第3四半期連結累計期間
                     (自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
     (会計方針の変更)
       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
      報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
      設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
       この変更により、従来の方法と比べて、当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半
      期純利益はそれぞれ8百万円増加しております。
     (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
       連結子会社である東京日産コンピュータシステム㈱(情報システム関連事業)において、従来、有形固定資産
      (リース資産を除く)の減価償却方法について定率法を採用しておりましたが、第1四半期連結会計期間より定額
      法に変更しております。
       この変更は、契約期間にわたり均等に収益をもたらすクラウドサービス事業が拡大してきていること、また、今
      後もクラウドサービス事業に関する収益の拡大に向けた事業投資を見込んでいることもあり、当該事業に係る資産
      の重要性が高まる見通しであることなどを総合的に勘案し、使用期間にわたり均等に費用配分を行うことが、より
      適切に事業の実態を反映できるものと判断したことによるものであります。
       この変更により、従来の方法と比べて、当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半
      期純利益はそれぞれ39百万円増加しております。
       (追加情報)

                          当第3四半期連結累計期間
                     (自    平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
      半期連結会計期間から適用しております。
                                 12/20











                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
      
        当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
        連結会計期間末残高に含まれております。
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年12月31日)
     受取手形                                     -              9百万円
      㯿ዿ๟卹㸰뀰ﰰ휰漰Ɛ䮎작터湒륳蝶萰檊뾐吰銈䰰䘰弰脰œ홟ᖒ肈䳿ᦈ䳿ࡒ䶐⍽偏᪊࡞瑞꘰濿ᢈ䳿र桟卞ꞌ뢍詙

        約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高等は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年12月31日)
     当座貸越極度額の総額                                10,100百万円                10,600百万円
     借入実行残高                                     -            1,000百万円
       差引額                                10,100百万円                 9,600百万円
       (四半期連結損益計算書関係)

      
        す「為替差益」は、前連結会計年度におけるカナダ子会社の事業譲渡に伴う清算配当金等に係る為替レート差で
        あります。
      
        す「還付消費税等」は、過年度分(平成27年3月期~平成28年3月期の2ヶ年分)に係る消費税等の更正の請求
        に伴う還付税額であります。
      
        「受取補償金」は、三菱自動車工業の燃費認証値に関する問題が公表されたことによる軽自動車の「デイズ」
        「デイズルークス」(OEM車)の販売停止に伴う逸失利益等に対する補償金であります。
      
        「たな卸資産評価損」は、三菱自動車工業の燃費認証値に関する問題が公表されたことによる軽自動車の「デイ
        ズ」「デイズルークス」(OEM車)の中古車相場下落に伴う在庫車両に対する評価損等であります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
        は、次のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                               至   平成27年12月31日)              至   平成28年12月31日)
     減価償却費                                2,309百万円                2,376百万円
     のれんの償却額                                  67百万円                67百万円
                                 13/20






                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成27年6月19日
               普通株式           266       4.00   平成27年3月31日         平成27年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注) 平成27年6月19日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(ESOP)」制度において設
         定した信託が保有する当社株式に対する配当金0百万円が含まれております。
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)

       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成28年6月23日
               普通株式           466       7.00   平成28年3月31日         平成28年6月24日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注) 平成28年6月23日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(ESOP)」制度において設
         定した信託が保有する当社株式に対する配当金2百万円が含まれております。
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
                                 14/20












                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                             その他 (注)          合計
                      自 動 車       情報システ
                                        計
                      関連事業       ム関連事業
     売上高
                        97,763         3,956       101,719          348      102,067
      外部顧客への売上高
      セグメント間の
                           2       288        291                291
                                                  -
      内部売上高又は振替高
                        97,765         4,245       102,010          348      102,358
            計
                         2,793          37      2,830         103       2,934
     セグメント利益
      (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産事業であります。
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

        容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                 利益                            金額
     報告セグメント計                                                    2,830
     「その他」の区分の利益                                                     103
     セグメント間取引消去                                                     △0
     全社費用     (注)
                                                         △535
     四半期連結損益計算書の営業利益                                                    2,398
      (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係るものであります。
                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                             その他 (注)          合計
                      自 動 車       情報システ
                                        計
                      関連事業       ム関連事業
     売上高
                        93,659         6,067       99,726          309      100,036
      外部顧客への売上高
      セグメント間の
                           ▶       453        457                457
                                                  -
      内部売上高又は振替高
                        93,663         6,520       100,184          309      100,494
            計
                         3,051         238       3,289          97      3,387
     セグメント利益
      (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産事業であります。
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

        容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                 利益                            金額
     報告セグメント計                                                    3,289
     「その他」の区分の利益                                                     97
     全社費用     (注)
                                                         △604
     四半期連結損益計算書の営業利益                                                    2,782
      (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係るものであります。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

        (法人税法の改正による減価償却方法の変更)
          「会計方針の変更」に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設
         備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更したため、事業セグメントの減価償却の方法を同
         様に変更しております。
          この変更により、従来の方法と比べて、当第3四半期連結累計期間の「自動車関連事業」のセグメント利益
         が7百万円、「情報システム関連事業」のセグメント利益が0百万円、「その他」のセグメント利益が0百万円そ
         れぞれ増加しております。
        (自発的な減価償却方法の変更)
          「会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更」に記載のとおり、連結子会社である東京
         日産コンピュータシステム㈱(情報システム関連事業)において、有形固定資産(リース資産を除く)の減価
         償却方法を定率法から定額法に変更したため、事業セグメントの減価償却の方法を同様に変更しております。
          この変更により、従来の方法と比べて、当第3四半期連結累計期間の「情報システム関連事業」のセグメン
         ト利益は39百万円増加しております。
                                 16/20






                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                 項目                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                    19.23円              26.43円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額 (百万円)                                    1,276              1,751

      普通株主に帰属しない金額 (百万円)                                     -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          1,276              1,751
      四半期純利益金額 (百万円)
      普通株式の期中平均株式数 (千株)                                   66,366              66,274
      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.株主資本において自己株式に計上されている「株式給付信託(ESOP)」に残存する自社の株式は、1株
          当たり四半期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
          なお、1株当たり四半期純利益金額の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前第3四半期連
          結累計期間213千株、当第3四半期連結累計期間305千株であります。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 17/20













                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                              日産東京販売ホールディングス株式会社(E02544)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年2月9日

     日産東京販売ホールディングス株式会社
      取締役会      御中
                        明治アーク監査法人

                         指定社員

                                    公認会計士          吉  村   淳  一  ㊞
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士          冨  岡          慶  一  郎  ㊞
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士          三  島   徳  朗  ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日産東京販売

     ホールディングス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
     (平成28年10月1日から平成28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31
     日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益
     計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日産東京販売ホールディングス株式会社及び連結子会社の平成28
     年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      会計方針の変更等に記載されているとおり、連結子会社である東京日産コンピュータシステム㈱は、従来、有形固定
     資産(リース資産を除く)の減価償却方法について、定率法を採用していたが、第1四半期連結会計期間より定額法に
     変更している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。