サンフロンティア不動産株式会社 四半期報告書 第18期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:サンフロンティア不動産株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年2月8日

     【四半期会計期間】               第18期第3四半期(自           平成28年10月1日         至  平成28年12月31日)

     【会社名】               サンフロンティア不動産株式会社

     【英訳名】               Sun  Frontier     Fudousan     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長         堀口    智顕

     【本店の所在の場所】               東京都千代田区有楽町一丁目2番2号

     【電話番号】               03(5521)1301

     【事務連絡者氏名】               常務取締役 管理本部長 山田 康志

     【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区有楽町一丁目2番2号

     【電話番号】               03(5521)1301

     【事務連絡者氏名】               常務取締役 管理本部長 山田 康志

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第17期           第18期

              回次              第3四半期           第3四半期            第17期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成27年4月1日         自   平成28年4月1日         自   平成27年4月1日
             会計期間
                          至   平成27年12月31日         至   平成28年12月31日         至   平成28年3月31日
                               17,356,159           27,168,599           30,625,958
     売上高                (千円)
                               4,221,771           6,534,977           7,024,235

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                               4,283,056           4,513,326           8,157,072
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
                               4,274,393           4,434,860           8,140,818
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               26,278,230           33,508,746           30,144,656

     純資産額                (千円)
                               50,711,548           59,273,403           54,084,319

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 100.17           105.56           190.78
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  51.8           56.5           55.7
     自己資本比率                 (%)
                             第17期           第18期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成27年10月1日         自   平成28年10月1日
             会計期間
                          至   平成27年12月31日         至   平成28年12月31日
                                 36.62           25.55
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19






                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府・日銀による各種経済・金融政策の効果を背景に、企
        業収益が高い水準にあることから雇用情勢と所得環境に改善がみられ、個人消費は力強さに欠けるものの持ち直
        しの兆しがあることや訪日客の増加がもたらす経済への波及効果等により、緩やかな回復基調が続いておりま
        す。一方で、減速傾向にある中国をはじめとした新興国経済の下振れリスクや英国のEU離脱問題、米国の新政
        権が掲げる政策の影響等から、世界経済の先行きに対する不透明感が以前にも増して高まっております。
         当社及び連結子会社(以下、あわせて「当社グループ」という。)の属する不動産業界においては、都心オ
        フィスビル市場の平均空室率は3%台半ばに迫る水準まで改善しており、平均賃料は3年にわたって緩やかな上
        昇が続いております。一方で、不動産投資市場では、市場に供給される投資対象物件が乏しくなっていることや
        物件価格の上昇による高値取引を警戒した様子見姿勢が一部でみられることなどから、市場における事業用不動
        産の取引量に縮小傾向がみられます。
         当社グループでは、こうした環境下において、東京都心部における中小型オフィスビルの不動産再生と活用を
        本業とし、ビルオーナー様の不動産に関する様々な「お困りごと解決」にお客様視点で真摯に取り組んでまいり
        ました。具体的には、お客様お一人おひとりにビルの賃貸及び売買仲介、ビル管理・メンテナンス、小修繕から
        大規模リニューアル、専門家とタイアップした相続や税務等の相談、賃料滞納に備えた保証の提供等に至るまで
        多様なサービスをご提供することを通じて、お客様の不満や不便、お困りごとを現場で研究・解決し、多面的な
        収益機会の獲得に繋げてまいりました。
         そして、これら多様なサービスを提供する過程で培った知見やノウハウ、経験を連鎖的に活用することで、当
        社で購入した中古ビルの不動産再生事業を展開しています。街に活気をもたらす最適用途への変更やテナント募
        集前に内装を造り込むセットアップオフィス、また快適で潤いのある屋上テラスの設置など、テナントの心に響
        くリノベーションを施すことでオフィスビルを魅力的で高品質なビルに甦らせます。さらに、地域密着による土
        地勘を活かしたテナント斡旋を強みに収益を最大限に高め、周辺エリアの強みや特徴、地歴も価値に載せて資産
        家・富裕層へ販売いたします。このようにご利用いただくテナントのニーズを汲み、たゆまぬ改善で都心5区
        (千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)を中心にオフィスビルの再生実績を積み上げております。
         また当社グループは、オフィス事業を通じて培ったオペレーション力を強みとした事業モデルを、ホテルの開
        発・再生・運営事業に展開し、これをオフィス事業に続く2本目の柱とすべく推進しております。急増する訪日
        客の宿泊需要に応えることが社会利益の創出に資するものであるとの考えから、訪日客をメインターゲットとし
        た「インバウンド向け都市型観光ホテル」の開発を進めております。旅行・航空事業を展開する中国春秋グルー
        プとの共同ブランド「スプリングサニー」の第1号店を昨年4月に愛知県常滑市でグランドオープンし、当社グ
        ループの運営開始以降、「心温かいホテル」を目指し、オペレーションに努めた結果、稼働率は平均で96%を超
        えるまでに著しく改善し、客室単価も向上いたしました。昨年12月には首都圏を中心に4棟564室のホテルを運営
        する「スカイコートホテル株式会社」の株式を取得し、当社グループに迎えるとともに、今年4月下旬には、舞
        浜で当社開発ホテル第1号の開業を予定しております。さらに、飛騨高山、銀座東、成田空港、大阪本町、京都
        四条河原町等のエリアで、当社もしくは共同ブランドでの開発・運営に向け、次なるホテルの展開を進捗させて
        おります。
                                  3/19



                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
         2月中旬には東日本橋において、オフィスビルを訪日外国人向け宿泊施設にコンバージョンし、当社グループ
        初のホステル「Planetyze             Hostel(プラネタイズホステル)」を開業します。本施設は復興庁との官民連携によ
        る「東北復興プロジェクト」の1つに取り上げられました。
         加えて、ベトナムの中部最大都市ダナンでは昨年8月に当社グループ初となる海外第1号ホテルを開業すると
        ともに、28階建の分譲マンションを3月中にも着工する予定です。インドネシアの首都ジャカルタでは都市型分
        譲戸建住宅の建築に加え、サービスアパートメントの所有・運営に進出するなど、成長が続く東南アジアへの展
        開も加速しております。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高27,168百万円(前年同期比56.5%増)、営業利益
        6,904百万円(同52.7%増)、経常利益6,534百万円(同54.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益4,513百
        万円(同5.4%増)となりました。
         各セグメントの業績は次のとおりです。

        (不動産再生事業)

         当社グループは、仕入れの段階から最適用途の実現に向けた「ものづくり」を始めております。日々の活動か
        ら蓄積された賃貸市場における深い知見をベースに、テナント斡旋やビル管理、建設など他部署の経験、技術、
        知識を投入し、これらを連鎖させ、お客様視点で自由に発想し、創造的な企画を練り込んでおります。また、当
        社グループはテナントの満足度を高めることがビルオーナー様の満足度の向上につながるものと捉え、テナント
        の声を大切にしたテナント目線での快適性や利便性を追求し、愛され選ばれるビルへと再生しております。
         稼働率の低い不動産や老朽化で設備の更新を要する建物を当社グループで取得し、社会のニーズに合致した仕
        様にリノベーションを行い、稼働率の高い不動産に再生させ、不動産が生み出す利益の極大化を図った上で、資
        産家・富裕層の皆様に販売しております。
         また販売後においても、当社グループはスピードを重視したサービス(不動産のハード管理、ソフト管理、積
        極的な不具合対応、ビルオーナー様のお困りごと解決や新たな要望に応えるなど)を提供することにより、タイ
        ムリーなフォローアップに努めてまいりました。
         リプランニング事業においては、資産としての安定性のみならず、物件固有の立地特性やその地域の歴史など
        を大切に、エリアに最適なオフィスの創り込みとともに、容積率超過の是正など、建物の遵法性の確保に取り組
        んでまいりました。購入されるお客様からみた「価値」に訴求した商品づくりを行うことが、高い利益率につな
        がっており、前年同期に比べ売上高、利益ともに大幅に増加し、利益率も向上いたしました。
         賃貸ビル事業においては、当社グループの賃貸仲介、プロパティマネジメント、建設ソリューション、滞納賃
        料保証等で培った総合的な不動産オペレーション力を活かし、ビルを再生させて、高稼働で安定的な賃料収入を
        確保しております。棚卸資産に含まれる在庫棟数は前年同期に比べ増加した一方、複数年にわたり運用してきた
        中型物件を事業計画に基づくスケジュールにて販売したことなどから、賃料収入が減少し、前年同期に比べ売上
        高・利益ともに減少いたしました。
         以上の結果、売上高は23,688百万円(前年同期比62.7%増)となり、セグメント利益は7,651百万円(同58.6%
        増)となりました。
        (仲介事業)

         売買仲介事業においては、プロパティマネジメントや賃貸仲介をはじめとする他部署からの紹介案件にスピー
        ド重視で対応していくことで、リピートでの購入や売却、さらにはお客様からお客様をご紹介いただける機会創
        出につなげております。また、不動産の付加価値づくりや不動産コンサルティングによるソリューション力の向
        上、台湾をはじめとする海外顧客への言語対応などにより顧客層の拡大に努めております。一方で、局所的に過
        熱感がみられ、一部の金融機関で不動産投資に対する融資姿勢が慎重になるなか、前期と比べ、当期は昨年前半
        の円高傾向による海外投資家の様子見姿勢の影響があったこと、お客様の真のニーズにお応えできなかったこと
        などから、当社グループの売買仲介事業は前年同期に比べ売上高・利益ともに減少いたしました。
         賃貸仲介事業においては、都心5区を中心に支店を設け、拠点を細かく展開しております。市場における空室
        率が改善するなか、ビルオーナー様のお困りごとを空室という一面ではなく、老朽化や相続問題といったように
        多面的で長期的な視点から捉えることで、お客様との会話の中から関連するニーズをお聞きし、リニューアルや
        売買仲介等の切っ掛けを創り出すなど、様々なお困りごと解決に取り組んできたことにより、前年同期に比べ、
        売上高・利益ともに増加いたしました。
                                  4/19



                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
         また新分野として、都心ビルの有効活用事業に乗り出しております。これはビル運営に不安を抱えるビルオー
        ナー様に対して、当社グループがビルを一括して借り上げることで、ビルオーナー様は安定した賃料収入が見込
        め、ビルのリニューアル工事費用の追加融資を受けることが可能となり、管理の手間もなくなるなど、ビル運営
        の全てを当社が代行するものです。
         以上の結果、売上高は922百万円(前年同期比25.2%減)となり、セグメント利益は744百万円(同31.1%減)
        となりました。
        (プロパティマネジメント事業)

         プロパティマネジメント事業においては、テナント満足度を高めるためのきめ細やかなビル管理や土地勘を強
        みとした賃貸仲介に加え、適正賃料への条件変更等により、収益改善や安定的で高稼働なビル経営を実践してお
        ります。この実績を背景に、当社グループにビル管理をお任せいただいているビルオーナー様から、新たなビル
        管理を受託したり、リプランニング物件や売買仲介にて不動産をご購入いただいたお客様から、ご購入後の管理
        業務を一任されたりするなど、サービス品質を向上させながら受託棟数の増加に取り組んでまいりました。これ
        らにより、当四半期末の受託棟数は下表のとおり、前年同四半期末から41棟増加(13.0%増)しました。
         また、お客様の資産背景を把握し、ビル経営方針を伺うなかでお客様のことを深く知り、潜在的なお困りごと
        に対してもお客様視点のご提案を行うことで、売買仲介や工事受注などの事業機会を創出し、当社グループの総
        合力でお困りごとの解決に導いております。さらに、適正賃料への条件改定による収益改善や建て替えを見据え
        た定期借家契約への変更等により、高付加価値のサービスをご提供してまいりました。その結果、前年同期に比
        べ売上高・利益ともに増加いたしました。
                     平成26年12月末         平成27年12月末         平成28年12月末

               受託棟数         255棟         315棟         356棟
                稼働率        97.2%         96.3%         96.5%
         ビルメンテナンス事業においては、外壁等の高所清掃・補修作業を強みに、プロパティマネジメント事業との

        協働を推進してきたことでビルメンテナンス受託棟数とスポット案件が増加し、前年同期に比べ売上高・利益と
        もに増加いたしました。
         以上の結果、売上高は1,280百万円(前年同期比16.6%増)となり、セグメント利益は594百万円(同18.9%
        増)となりました。
        (その他)

         滞納賃料保証事業においては、賃貸仲介をはじめとする当社内の関連部署との連携強化に加え、ビルオーナー
        様、協力会社様へのセミナーを継続的に開催し、保証システムの活用方法や保証のメリットの浸透と認知度向上
        に努めるとともに、きめ細やかで迅速な保証審査に徹したことで、取り扱い件数が堅調に推移し、前年同期に比
        べ売上高・利益ともに増加いたしました。
         建設ソリューション事業においては、リプランニング物件の商品化に特化したことなどから、前年同期に比べ
        売上高は減少し、利益は微増となりました。
         貸会議室事業(スペースレンタル事業)においては、リピーターや紹介による貸会議室のご利用者様が着実に
        増加していることなどから、前年同期に比べ売上高が大幅に増加し、利益も大幅な黒字に転換いたしました。さ
        らに、賃貸仲介の部署との協業を推進し、3月には第5、第6の拠点として田町、横浜での新規開設を予定して
        おります。
                                  5/19






                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
         ホテル事業においては、旅行・航空事業を展開する中国春秋グループとの共同ブランド「スプリングサニー」
        の第1号店を昨年4月に愛知県常滑市でグランドオープンし、当社グループの運営開始以降、「心温かいホテ
        ル」を目指し、オペレーションに努めた結果、稼働率は平均で96%を超えるまでに著しく改善し、客室単価も向
        上いたしました。昨年12月には首都圏を中心に4棟564室のホテルを運営する「スカイコートホテル株式会社」の
        株式を取得し、当社グループに迎えるとともに、今年4月下旬には、舞浜で当社開発ホテル第1号の開業を予定
        しております。さらに、飛騨高山、銀座東、成田空港、大阪本町、京都四条河原町等のエリアで、当社もしくは
        共同ブランドによる「インバウンド向け都市型観光ホテル」の開発・運営に向け、次なるホテルの展開を進捗さ
        せております。
         以上の結果、売上高は1,277百万円(前年同期比174.1%増)となり、セグメント利益は608百万円(同144.8%
        増)となりました。
       (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)  研究開発活動

         該当事項はありません。
       (4)  生産、受注及び販売の実績

         当第3四半期連結累計期間において、生産、受注及び販売の実績について著しい変動はありません。
                                  6/19














                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      91,200,000

                  計                                     91,200,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
               (平成28年12月31日)           (平成29年2月8日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所             単元株式数は
       普通株式            42,755,500           42,755,500
                                      市場第一部          100株であります。
         計          42,755,500           42,755,500           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                      (千円)       (千円)
     平成28年12月31日                 ―  42,755,500            ―   8,387,211           ―   2,871,767
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/19






                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成28年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                 平成28年12月31日現在
             区分              株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                         ―           ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                         ―           ―            ―

     議決権制限株式(その他)                         ―           ―            ―

                            (自己保有株式)
                               普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    ―            ―
                                  100
                               普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     427,522           ―
                              42,752,200
                               普通株式
     単元未満株式                                    ―            ―
                                 3,200
     発行済株式総数                         42,755,500           ―            ―
     総株主の議決権                         ―             427,522           ―

      (注) 単元未満株式欄の普通株式には、自己株式43株が含まれております。
       ②  【自己株式等】
                                                 平成28年12月31日現在
                                                       発行済株式
                                      自己名義      他人名義      所有株式     総数に対す
        所有者の氏名又は名称                   所有者の住所            所有株式      所有株式      数の合計     る所有株式
                                      数(株)      数(株)      (株)     数の割合
                                                        (%)
     (自己保有株式)                 東京都千代田区有楽町一丁目
                                         100     ―      100      0.0
     サンフロンティア不動産株式会社                 2番2号
             計                 ―           100     ―      100      0.0
      (注)上記の他、単元未満株式が43株あります。なお、当該株式は上記「①発行済株式」の「単元未満株式」
         の欄に含まれております。
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成28年10月1日から平成
      28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
       (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        15,413,978              15,050,671
         現金及び預金
                                         344,832              389,638
         売掛金
                                        6,047,465              6,068,023
         販売用不動産
                                        26,664,726              28,065,289
         仕掛販売用不動産
                                          2,096              10,280
         貯蔵品
                                        1,736,749               505,796
         繰延税金資産
                                        1,174,601               936,132
         その他
                                         △ 18,977             △ 24,574
         貸倒引当金
                                        51,365,472              51,001,257
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         702,298              730,299
           建物(純額)
                                        1,172,832              6,404,988
           土地
                                          44,723              65,920
           その他(純額)
                                        1,919,854              7,201,209
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                278,208              553,809
         投資その他の資産
                                         525,166              521,702
           その他
                                         △ 4,381             △ 4,574
           貸倒引当金
                                         520,784              517,128
           投資その他の資産合計
                                        2,718,847              8,272,146
         固定資産合計
                                        54,084,319              59,273,403
       資産合計
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         599,139              793,340
         買掛金
                                        1,248,500               716,000
         短期借入金
                                         101,200             1,168,600
         1年内償還予定の社債
                                        2,004,184              2,071,844
         1年内返済予定の長期借入金
                                         973,017              356,765
         未払法人税等
                                         134,643               90,311
         賞与引当金
                                         41,150              36,000
         役員賞与引当金
                                          6,800              8,600
         工事保証引当金
                                         41,739              51,393
         保証履行引当金
                                        2,491,110              2,206,185
         その他
                                        7,641,484              7,499,040
         流動負債合計
       固定負債
         社債                               1,413,300               260,000
         長期借入金                              13,642,252              16,685,319
                                                        11,506
         退職給付に係る負債                                   ―
                                           578              886
         繰延税金負債
                                        1,242,048              1,307,904
         その他
                                       16,298,179              18,265,616
         固定負債合計
                                       23,939,663              25,764,657
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        8,387,211              8,387,211
         資本金
                                        2,871,767              2,871,767
         資本剰余金
                                       18,885,910              22,330,352
         利益剰余金
                                          △ 174             △ 174
         自己株式
                                       30,144,715              33,589,157
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          2,951              2,784
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 8,331             △ 85,087
         為替換算調整勘定
                                         △ 5,379             △ 82,302
         その他の包括利益累計額合計
                                          5,320              1,891
       非支配株主持分
                                       30,144,656              33,508,746
       純資産合計
                                       54,084,319              59,273,403
      負債純資産合計
                                 11/19








                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                       17,356,159              27,168,599
      売上高
                                       10,307,850              17,156,109
      売上原価
                                        7,048,308              10,012,490
      売上総利益
                                        2,526,468              3,108,139
      販売費及び一般管理費
                                        4,521,839              6,904,350
      営業利益
      営業外収益
                                          8,021              3,909
       受取利息
                                           275              282
       受取配当金
                                          4,470              1,770
       助成金収入
                                           577             1,753
       その他
                                         13,344               7,716
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         171,033              163,233
       支払利息
                                         86,364
       社債発行費                                                   -
                                         21,621              175,199
       融資関連費用
                                         34,392              38,657
       その他
                                         313,412              377,089
       営業外費用合計
                                        4,221,771              6,534,977
      経常利益
      特別利益
                                        1,257,517                1,778
       固定資産売却益
                                        1,257,517                1,778
       特別利益合計
      特別損失
                                           827
       固定資産除却損                                                   -
                                         10,850
       訴訟関連損失                                                   -
                                                        1,250
                                            -
       会員権評価損
                                         11,677               1,250
       特別損失合計
                                        5,467,612              6,535,506
      税金等調整前四半期純利益
                                        1,173,253               792,387
      法人税、住民税及び事業税
                                         13,362             1,231,335
      法人税等調整額
                                        1,186,616              2,023,722
      法人税等合計
                                        4,280,996              4,511,783
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 2,059             △ 1,542
                                        4,283,056              4,513,326
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/19







                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                        4,280,996              4,511,783
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 103             △ 166
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 6,500             △ 76,756
       為替換算調整勘定
                                         △ 6,603             △ 76,922
       その他の包括利益合計
                                        4,274,393              4,434,860
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        4,276,453              4,436,403
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 2,059             △ 1,542
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第3四半期連結会計期間より、新たに設立したサンフロンティアコミュニティアレンジメント株式会社、
        PT.SUN    FRONTIER     PROPERTY     ONE及びSUN      FRONTIER     DANANG    CO,.LTDを連結の範囲に含めております。また、当社の
        子会社であるサンフロンティアホテルマネジメント株式会社が新たに株式を取得したスカイコートホテル株式会
        社を連結の範囲に含めております。
       (会計方針の変更等)

        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対 
       応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附
       属設備に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        この変更による当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
       (追加情報)

        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
       半期連結会計期間から適用しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      偶発債務
       保証債務
                前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
               (平成28年3月31日)                            (平成28年12月31日)
         (保証先)                            (保証先)
          滞納賃料保証事業に係る                            滞納賃料保証事業に係る
                        17,298,338千円                            20,794,138千円
          顧客(保証限度相当額)                            顧客(保証限度相当額)
          保証履行引当金               △41,739             保証履行引当金               △51,393
           計             17,256,598               計             20,742,745
                                 14/19











                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(賃貸中のたな卸資産に係る償却費及びのれんを除く無形固定資産に係る償却費
       を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
                                   468,921千円                 423,321千円
         減価償却費
                                    1,875千円                   ―千円
         のれんの償却額
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
       1.配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
       平成27年6月26日
                 普通株式        705,463        16.50   平成27年3月31日         平成27年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

         日後となるもの
          該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)

       1.配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり
          決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
       平成28年6月24日
                 普通株式       1,068,883         25.00   平成28年3月31日         平成28年6月27日         利益剰余金
       定時株主総会
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

         日後となるもの
          該当事項はありません。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                     報告セグメント
                                      その他            調整額     損益計算書
                                            合計
                         プロパティ
                                      (注)1            (注)2      計上額
              不動産再生       仲介            計
                         マネジメン
                                                       (注)3
                           ト
              14,559,052      1,233,311      1,097,722     16,890,086       466,072    17,356,159            17,356,159
     売上高                                                ―
               4,825,013      1,080,780       499,781     6,405,575       248,759     6,654,335     △ 2,132,496      4,521,839

     セグメント利益
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設ソリューション事業、滞納
          賃料保証事業、スペースレンタル事業及びホテル事業等を含んでおります。なお、スペースレンタル事業
          は、第1四半期連結会計期間より開始した事業であり、ホテル事業は、当第3四半期連結会計期間より開始
          した事業であります。
        2.セグメント利益の調整額△2,132,496千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△2,303,529千
          円及び支払利息の調整額171,033千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
          販売費及び一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                     報告セグメント                                 四半期連結
                                      その他            調整額     損益計算書
                                            合計
                         プロパティ
                                      (注)1            (注)2      計上額
              不動産再生       仲介            計
                         マネジメン
                                                       (注)3
                           ト
              23,688,433       922,392     1,280,187     25,891,013      1,277,586     27,168,599            27,168,599
     売上高                                                ―
               7,651,699       744,151      594,019     8,989,870       608,965     9,598,835     △ 2,694,484      6,904,350

     セグメント利益
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設ソリューション事業、滞納
          賃料保証事業、スペースレンタル事業及びホテル事業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額△2,694,484千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△2,857,718千
          円及び支払利息の調整額163,233千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
          販売費及び一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
      3.報告セグメントの変更等に関する事項

        会計方針の変更に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備に係る
       減価償却方法を定率法から定額法に変更したため、事業セグメントの減価償却の方法を同様に変更しております。
        この変更による当第3四半期連結累計期間のセグメント利益に与える影響は軽微であります。
                                 16/19




                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成27年12月31日)           至   平成28年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   100.17円             105.56円
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

                                        4,283,056             4,513,326
       普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        4,283,056             4,513,326
       四半期純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)
                                       42,755,357             42,755,357
      (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 17/19













                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年2月7日

     サンフロンティア不動産株式会社
      取締役会      御中
                        三優監査法人

                         代表社員

                                    公認会計士          齋  藤         浩  史         印
                         業務執行社員
                                    公認会計士          森  田           聡      印

                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているサンフロンティ

     ア不動産株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成28年
     10月1日から平成28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、サンフロンティア不動産株式会社及び連結子会社の平成28年12月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
     る事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。