株式会社中広 四半期報告書 第39期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第39期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社中広

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               東海財務局長

     【提出日】               平成29年2月9日

     【四半期会計期間】               第39期第3四半期(自            平成28年10月1日          至   平成28年12月31日)

     【会社名】               株式会社中広

     【英訳名】               CHUCO   CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 後藤 一俊

     【本店の所在の場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】               058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

     【最寄りの連絡場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】               058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

                    株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/16







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第38期            第39期

              回次                                       第38期
                         第3四半期連結累計期間             第3四半期累計期間
                          自   平成27年4月1日         自   平成28年4月1日         自   平成27年4月1日
             会計期間
                          至   平成27年12月31日         至   平成28年12月31日         至   平成28年3月31日
                                5,152,054            5,389,539            6,807,604
     売上高                (千円)
                                 290,519            274,238            485,598

     経常利益                (千円)
     四半期(当期)純利益又は
                                 184,889            194,892            322,415
     親会社株主に帰属する                (千円)
     四半期純利益
     持分法を適用した場合の
                      (千円)              ―            ―            ―
     投資利益
                                 404,300            404,300            404,300
     資本金                (千円)
                                7,044,000            7,044,000            7,044,000

     発行済株式総数                 (株)
                                1,474,248            1,729,510            1,606,091

     純資産額                (千円)
                                3,312,447            3,490,039            3,468,891

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                  27.19            28.66            47.41
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―            ―            ―
     四半期(当期)純利益金額
                                                         10.00
     1株当たり配当額                 (円)              ―            ―
                                  44.5            49.6            46.3

     自己資本比率                 (%)
                              第38期            第39期

              回次
                         第3四半期連結会計期間             第3四半期会計期間
                          自   平成27年10月1日          自   平成28年10月1日
             会計期間
                          至   平成27年12月31日          至   平成28年12月31日
                                  10.84            12.83
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)   1.  当社は、平成28年4月1日付で連結子会社であった株式会社エルアドを吸収合併したことにより、連結子会

          社が存在しなくなったため、第39期第1四半期会計期間より四半期連結財務諸表を作成しておりません。
          なお、前連結会計年度まで連結財務諸表を作成しているため、主要な経営指標等の推移については、第38期
          第3四半期連結累計期間は四半期連結財務諸表について、第39期第3四半期累計期間は四半期財務諸表につ
          いて、第38期は財務諸表について記載しております。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        4.  持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
       なお、広告SP事業において、平成28年4月1日付で連結子会社であった株式会社エルアドを吸収合併いたしまし
      た。 
                                  2/16



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
      者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
      ク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      (1)  業績の状況
      当第3四半期累計期間(平成28月4月1日~平成28年12月31日)は、当社が全国展開を推し進めるフリーマガジン、
     ハッピーメディア(R)「地域みっちゃく生活情報誌(R)」(以下、フリーマガジン)事業の業容拡大のため、第1四半期
     に愛知県で1誌、第2四半期に長野県で1誌、当第3四半期に滋賀県において2誌を創刊いたしました。そのほか、事
     業譲受により、第1四半期に愛知県1誌、宮城県2誌、北海道1誌を直営化し、当社発行エリアを拡大いたしました。
     また、第1四半期に、県毎のフリーマガジン部門と広告SP部門を統合して支社体制とする組織変更を実施し、メディ
     ア事業と広告SP事業間の連携を深めることにより、発行エリア内の広告主への対応に加え、大口広告主によるエリア
     マーケティング戦略への要望に応える体制を整え、フリーマガジンの発行エリア拡大に伴う受注拡大に注力いたしまし
     た。
      当社は、当社の経営原則のひとつ「地域社会への貢献」の下、フリーマガジンを通して地域経済の活性化を図りたい
     と考えております。そのため、発行エリア内の各世帯に確実に配布する体制の構築と、巻頭特集の充実等による誌面の
     魅力アップと厳格な掲載基準の整備と運用により全世代が安心して読める広告媒体として、広告主・読者からの信頼向
     上とともに、フリーマガジンの知名度向上に取り組んでまいりました。その取り組みが奏功し、行政からも信頼が得ら
     れる広告媒体となり、広報等の受注も増加してまいりました。
      これらの結果、当第3四半期累計期間の売上高は5,389,539千円、売上総利益は2,534,424千円となりました。また、
     フリーマガジンの全国展開を見据えた事業基盤の強化を図るため積極的な人材増強や、リニア中央新幹線の開業等によ
     るアクセス向上が見込まれる名古屋市を核とした拠点整備及び、営業活動の効率化を目的としたシステム投資を実施
     し、利益面では、営業利益は273,783千円となり、経常利益は274,238千円、四半期純利益は194,892千円となりました。
      なお、当社は、前第3四半期連結累計期間では四半期連結財務諸表を開示しておりましたが、連結対象会社が存在し
     なくなったため(注)、第1四半期累計期間より四半期連結財務諸表を作成しておりません。このため、前年同四半期と
     の比較は行っておりません。
     (注)平成28年4月1日付にて連結子会社(株式会社エルアド)を吸収合併いたしました。
                                  3/16







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     a.メディア事業
      メディア事業では、第1四半期にフリーマガジン「ゆいまるくらぶ(愛知県豊明市27,200部)」、第2四半期に「Y
     uika(長野県飯田市32,000部)」、当第3四半期に「リクォラ(滋賀県栗東市24,500部)」を創刊し、滋賀県大津
     市の「オージスクラブ(滋賀県大津市)」の名称を「びわこと南部版(滋賀県大津市南部67,585部)」に変更するとと
     もに、新たに同市北部を発行エリアとする「びわこと北部版(滋賀県大津市北部44,500部)」を創刊し、同市内全域に
     発行エリアを拡大しました。また、事業譲受により、「なうてぃ!(宮城県名取市、岩沼市他57,000部)」、「とみい
     ず!(宮城県仙台市泉区他83,500部)」、「SORA(北海道滝川市周辺43,000部)」、「Cocon(愛知県刈谷市
     64,000部)」を当社発行とし、広告受注は増加いたしました。また、前事業年度に事業譲受で直営化とした群馬・埼
     玉・福井につきましても順調に推移いたしました。さらに新たな取り組みとして、第2四半期より開始しました新商品
     の子育て情報誌(季刊)「まま・ここっと」は、岐阜版(80,000部)、滋賀版(50,000部)に加え、当第3四半期に新
     たに三重版(60,000部)を創刊いたしました。その他の部門のうち通信販売部門では、家具や生活家電の販売が順調に
     推移し増加いたしました。これらの結果、メディア事業の売上高は3,682,151千円となりました。
      なお、フリーマガジンの発行部数は、直営フリーマガジンは65誌、発行部数379万部となり、VCによる発行を合わせ
     ますと112誌、総発行部数652万部に、「まま・ここっと」は既存の群馬版(60,000部)を加え4誌、総発行部数25万部
     となりました。
      また、フリーマガジンとWebとのメディアミックスとして展開する、地域みっちゃく生活情報総合ポータルサイト
     「フリモ(R)」(furimo.jp)の会員数は129,927名、掲載店舗数は29,901件、スマートフォン向けAR(拡張現実)サー
     ビス「フリモAR(R)」におけるアプリダウンロード数は43,291件となっております。
     b.広告SP事業
      広告市場は、全般的にマスコミ四媒体からネット広告へと移行が進み、特に新聞・雑誌等の紙媒体広告が減少する
     中、当社広告SP事業においても新聞・テレビ等への広告受注は減少傾向にあるものの、前述のとおり第1四半期に実
     施した組織変更により当社フリーマガジンの主な発行県毎(名古屋支社・岐阜支社・三重支社・滋賀支社)に設置した
     セールス・プロモーション課において、広域エリアや限定エリアにおける広告戦略の媒体として、フリーマガジンを核
     とした提案営業に注力することにより受注拡大に努めました。
      また、東京支社においては、全国各地でのエリア広告ニーズを獲得するためナショナルクライアントを中心としたフ
     リーマガジンの提案営業や、宝探し・謎解き・脱出ゲーム・スタンプラリー等の体感型イベントの展開により受注拡大
     に努めました。これらの結果、広告SP事業の売上高は1,707,388千円となりました。
     (※)VCとは
      Voluntary      Chain(ボランタリー・チェーン)契約。お互いの自由度を認めながら各戸配布型の無料情報誌をハッピー
     メディア(R)「地域みっちゃく生活情報誌(R)」ブランドで発行します。この契約により、当社はVC加盟契約先企業よ
     り、商標使用料及び編集サイト(C-side)の使用料を得ております。VC契約を推進する目的は、当社のフリーマガジ
     ンの考え方(地域みっちゃく・厳格な掲載基準・正確な配布部数)に賛同する企業とともにフリーマガジン事業を全国
     展開することで、地域経済の活性化に貢献するとともに、全国規模の広告インフラを迅速に整備することです。これに
     より当社は、広告媒体のスケールメリットを生かした提案営業を展開し、ナショナルスポンサーをはじめ、より多くの
     広告主を獲得し、収益拡大に繋げてまいります。
     (注)発行部数、会員数、掲載店舗数、ダウンロード件数は平成28年12月末現在
      (2)  財政状態の分析

      当社の当第3四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末と比べて21,148千円増加し、3,490,039千円となりました。
     これは主に受取手形及び売掛金が29,320千円減少したものの、差入保証金が32,498千円、土地23,997千円及び無形固定
     資産が26,136千円増加したこと等によるものです。
      負債は、前事業年度末と比べて102,270千円減少し、1,760,529千円となりました。これは主に買掛金が51,842千円、
     未払費用が40,022千円、流動負債のその他が62,635千円及び長期借入金が60,216千円増加したものの、短期借入金が
     170,000千円、未払法人税等が88,268千円、賞与引当金が42,396千円及び固定負債のその他が21,845千円減少したこと等
     によるものです。
      純資産は前事業年度末と比べて123,418千円増加し、1,729,510千円となりました。これは主に利益剰余金が126,892千
     円増加したことによるものです。
      なお、当第3四半期会計期間末の自己資本比率は49.6%です。
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
      当第3四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はあ
     りません。
      (4)  研究開発活動

      該当事項はありません。
      (5)  従業員数

      当第3四半期累計期間において、当社は業容の拡大に伴い、メディア事業において23名、全社(共通)において18名
     増加しており、広告SP事業においては3名減少しております。
      (6)  主要な設備

      当第3四半期累計期間において、主要な設備の著しい変動及び前事業年度末における計画の著しい変更はありませ
     ん。
                                  5/16















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     24,000,000

                  計                                   24,000,000

       ② 【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成29年2月9日)
               (平成28年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                      (市場第一部)
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            7,044,000           7,044,000
                                              ります。
                                     名古屋証券取引所
                                      (市場第一部)
         計           7,044,000           7,044,000          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成28年12月31日                 ―   7,044,000           ―    404,300          ―    94,800
      (6)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/16






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成28年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
       ① 【発行済株式】
                                               平成28年12月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
                         普通株式  
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                         243,900 
                     普通株式     6,799,700
     完全議決権株式(その他)                               67,997             ―
                     普通株式              400

     単元未満株式                              ―              ―
     発行済株式総数                    7,044,000          ―              ―

     総株主の議決権                    ―           67,997             ―

       ② 【自己株式等】

                                               平成28年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  岐阜市東興町27番地               243,900        ―      243,900        3.46
     株式会社 中広
           計              ―         243,900        ―      243,900        3.46
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  7/16








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
       なお、当社は前第3四半期累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)は四半期財務諸表を作成してい
      ないため、四半期損益計算書に係る比較情報は記載しておりません。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成28年10月1日から平成28年
      12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、平成28年4月1日を効力発生日とした連結子会社(株式会社エルアド)の吸収合併により、連結対象会社が
      存在しなくなったため、第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間より四半期連結財務諸表を作成しておりませ
      ん。
                                  8/16














                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
       (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)


                                    前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         978,158              997,598
         現金及び預金
                                         930,187              900,867
         受取手形及び売掛金
                                          6,428              12,472
         商品
                                          9,246              4,503
         仕掛品
                                           729              729
         貯蔵品
                                          30,769              11,089
         繰延税金資産
                                         142,211              138,269
         その他
                                         △ 11,467              △ 9,937
         貸倒引当金
                                        2,086,263              2,055,591
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         238,916              238,456
           建物及び構築物(純額)
                                         695,382              719,379
           土地
                                          92,060              74,678
           その他(純額)
                                        1,026,359              1,032,514
           有形固定資産合計
                                          83,110              109,247
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                          64,280              68,389
           投資有価証券
                                         171,945              204,444
           差入保証金
                                          86,566              72,763
           その他
                                         △ 49,634             △ 52,911
           貸倒引当金
                                         273,157              292,686
           投資その他の資産合計
                                        1,382,627              1,434,448
         固定資産合計
                                        3,468,891              3,490,039
       資産合計
                                  9/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         611,743              663,585
         買掛金
                                         530,000              360,000
         短期借入金
                                         118,332              111,530
         1年内返済予定の長期借入金
                                         38,731              51,056
         未払金
                                         68,201              108,224
         未払費用
                                         95,290               7,022
         未払法人税等
                                         59,996              17,600
         賞与引当金
                                         140,539              203,174
         その他
                                        1,662,835              1,522,194
         流動負債合計
       固定負債
                                         120,181              180,397
         長期借入金
                                         79,783              57,937
         その他
         固定負債合計                                199,964              238,334
       負債合計                                 1,862,799              1,760,529
      純資産の部
       株主資本
                                         404,300              404,300
         資本金
                                         94,800              94,800
         資本剰余金
                                        1,112,704              1,239,596
         利益剰余金
                                        △ 15,802             △ 15,802
         自己株式
                                        1,596,002              1,722,894
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         10,089               6,615
         その他有価証券評価差額金
                                         10,089               6,615
         評価・換算差額等合計
                                        1,606,091              1,729,510
       純資産合計
                                        3,468,891              3,490,039
      負債純資産合計
                                 10/16










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                      (単位:千円)
                                当第3四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)
                                        5,389,539
      売上高
                                        2,855,115
      売上原価
                                        2,534,424
      売上総利益
                                        2,260,640
      販売費及び一般管理費
                                         273,783
      営業利益
      営業外収益
                                           524
       受取利息
                                          3,339
       受取配当金
                                          9,748
       受取賃貸料
                                          5,029
       その他
                                         18,642
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          2,494
       支払利息
                                          8,352
       車両事故損失
                                          7,341
       その他
                                         18,188
       営業外費用合計
                                         274,238
      経常利益
      特別利益
                                         15,509
       投資有価証券売却益
                                          4,844
       抱合せ株式消滅差益
                                         20,354
       特別利益合計
      特別損失
                                           456
       固定資産除却損
                                           456
       特別損失合計
                                         294,136
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    80,135
                                         19,108
      法人税等調整額
                                         99,243
      法人税等合計
                                         194,892
      四半期純利益
                                 11/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
       (会計方針の変更)

         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
        応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
        設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         この変更による影響は軽微であります。   
       (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
       (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
        半期会計期間から適用しております。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
        期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおり
        であります。
                             当第3四半期累計期間
                             (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年12月31日)
        減価償却費                         40,589千円
        のれんの償却額                         3,958千円
       (株主資本等関係)

      当第3四半期累計期間(自              平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年6月17日
               普通株式         68,000         10  平成28年3月31日         平成28年6月20日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

       もの
         該当事項はありません。
                                 12/16






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      当第3四半期累計期間(自              平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                    四半期損益
                           報告セグメント
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                                             (注)1
                    メディア事業        広告SP事業          計
                                                     (注)2
     売上高
                      3,682,151        1,707,388        5,389,539                5,389,539
       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部売上高
                          ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
                      3,682,151        1,707,388        5,389,539                5,389,539
            計                                     ―
                       519,663        266,761        786,424       △ 512,640        273,783
     セグメント利益
      (注)   1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、管理部門及
          びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

         メディア事業セグメントにおいて株式会社コア・コミュニティーから事業譲受により、無形固定資産にて、の
        れん26,388千円を計上しております。
       (重要な負ののれん発生益)

         該当事項はありません。
                                 13/16











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第3四半期累計期間

                                 (自    平成28年4月1日
                 項目
                                 至   平成28年12月31日)
      1株当たり四半期純利益金額                                   28円66銭
      (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)                                   194,892

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                   194,892

      普通株式の期中平均株式数(株)                                  6,800,062

      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2  【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年2月9日

     株式会社中広
      取締役会      御中
                        有限責任     あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士         楠 元   宏  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       石 崎 勝 夫  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社中広の

     平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第39期事業年度の第3四半期会計期間(平成28年10月1日から平成28年
     12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すな
     わち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社中広の平成28年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
     る第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。