株式会社島根銀行 四半期報告書 第167期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第167期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社島根銀行

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年2月9日

     【四半期会計期間】                      第167期第3四半期(自            平成28年10月1日          至   平成28年12月31日)

     【会社名】                      株式会社  島根銀行

     【英訳名】                      THE SHIMANE BANK,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      取締役頭取          青 山 泰 之

     【本店の所在の場所】                      島根県松江市東本町二丁目35番地

                          (上記は登記上の本店所在地であり、主要な本部業務は下記「最寄り
                          の連絡場所」にて行っております。)
     【電話番号】                      (0852)24─1234(代表)
     【事務連絡者氏名】                      常務取締役          朝 山 克 也

     【最寄りの連絡場所】                      島根県松江市朝日町484番地19

     【電話番号】                      (0852)24─1234(代表)

     【事務連絡者氏名】                      常務取締役          朝 山 克 也

     【縦覧に供する場所】                      株式会社島根銀行  鳥取支店

                           (鳥取県鳥取市戎町501番地)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                        平成27年度第3四半期            平成28年度第3四半期

                                                   平成27年度
                          連結累計期間            連結累計期間
                        (自  平成27年4月1日          (自  平成28年4月1日          (自  平成27年4月1日

                        至  平成27年12月31日)          至  平成28年12月31日)          至  平成28年3月31日)
                                6,854            7,591            9,791
     経常収益               百万円
                                 916           1,506            1,175
     経常利益               百万円
     親会社株主に帰属する
                                 604            905
                    百万円                                      ―
     四半期純利益
     親会社株主に帰属する
                                                         694
                    百万円              ―            ―
     当期純利益
     四半期包括利益               百万円            △ 146            116             ―
                                                        △ 127

     包括利益               百万円              ―            ―
     純資産額               百万円            20,359            20,216            20,378
                               406,628            418,126            426,267
     総資産額               百万円
                                108.74            162.84
     1株当たり四半期純利益金額                円                                     ―
                                                        124.88
     1株当たり当期純利益金額                円             ―            ―
     潜在株式調整後
                     円             ―            ―            ―
     1株当たり四半期純利益金額
     潜在株式調整後
                     円             ―            ―            ―
     1株当たり当期純利益金額
                                 5.00            4.83            4.77
     自己資本比率                %
                        平成27年度第3四半期            平成28年度第3四半期

                          連結会計期間            連結会計期間
                        (自  平成27年10月1日          (自  平成28年10月1日

                         至  平成27年12月31日)          至  平成28年12月31日)
                                18.81            21.00
     1株当たり四半期純利益金額                円
      (注)   1   当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2   第3四半期連結累計期間に係る1株当たり情報の算定上の基礎は、「第4                                    経理の状況」中、「1            四半期
         連結財務諸表」の「1株当たり情報」に記載しております。
        3   自己資本比率は、((四半期)期末純資産の部合計-(四半期)期末非支配株主持分)を(四半期)期末資
         産の部の合計で除して算出しております。
        4   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式がないので記載しておりませ
         ん。
     2 【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当行グループ(当行及び当行の関係会社)が営む事業の内容については、重
      要な変更はありません。また、関係会社についても、異動はありません。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事業等のリスクについて
      は、前事業年度の有価証券報告書における記載から重要な変更及び新たに生じたリスクはありません。
     2 【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当行グループが判断したもの
      であります。
      (1) 業績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、企業収益が改善傾向にある中で、雇用・所得環境も着実に
       改善し、個人消費や輸出・生産面に持ち直しの動きがみられるなど、緩やかな回復基調が続きました。
        金融市場において長期金利は、日銀の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の導入以降もマイナス圏で推移
       したものの、11月の米国大統領選後に米国金利が上昇したことを受け、11月以降はプラス圏で推移しました。ま
       た、日経平均株価は、円安基調を背景として堅調に推移し、19,000円台を回復しました。一方、為替は、概ね円安
       傾向で推移しておりましたが、米国大統領選後の米国の経済政策への期待感や、政策金利見通しの上方修正等を背
       景として、さらに円安基調が強まり、12月は1ドル113円から118円前後での推移となりました。
        こうした中、当地山陰をみますと、個人消費に弱さがみられましたが、企業収益の改善を背景に雇用・所得環境
       は着実に改善しており、景気は、全国同様、緩やかな回復基調が続きました。
        その結果、当行グループの平成29年3月期第3四半期連結累計期間における業績は、次のとおりになりました。
        当第3四半期連結累計期間の経常収益は、貸出金利回りの低下を主因として貸出金利息が減少しましたが、有価
       証券関係収益が増加したことや、貸倒引当金戻入益を計上したことなどから、前年同期比737百万円増加し7,591百
       万円となりました。一方、経常費用は、貸倒引当金繰入額が戻入に転じたことに加え、営業経費が減少しました
       が、その他の経常費用が増加したことなどから、前年同期比146百万円増加し6,085百万円となりました。
        この結果、経常利益は、前年同期比590百万円増益の1,506百万円となりました。また、親会社株主に帰属する四
       半期純利益は、前年同期比300百万円増益の905百万円となりました。
        セグメントごとの損益状況につきましては、「銀行業」の経常収益が、前年同期比198百万円増加し5,792百万
       円、セグメント利益は、前年同期比577百万円増加し1,424百万円となりました。また、「リース業」の経常収益
       は、前年同期比524百万円増加し1,868百万円、セグメント利益は、前年同期比12百万円増加し89百万円となりまし
       た。
        当第3四半期連結会計期間末における財政状態については、総資産が前連結会計年度末比81億円減少し、4,181億
       円となり、純資産は、前連結会計年度末比1億円減少し、202億円となりました。
        預金は、定期性預金を中心として個人預金が増加しましたが、公金預金や法人預金が減少したことから、全体で
       は前連結会計年度末比72億円減少し、3,607億円となりました。
        貸出金は、中小企業向け貸出金や個人向け貸出金が減少したことなどから、全体では前連結会計年度末比64億円
       減少し、2,585億円となりました。
        また、有価証券は、受益証券が増加しましたが、国債や社債が減少したことなどから、前連結会計年度末比9億
       円減少し、996億円となりました。
                                  3/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
       国内・国際業務部門別収支
         当行及び連結子会社は、海外拠点等を有していないため、国内・海外別収支等にかえて、国内取引を「国内業
        務部門」・「国際業務部門」に区分して記載しております。
         当第3四半期連結累計期間の資金運用収支は、国内業務部門3,368百万円、国際業務部門△0百万円、合計(相
        殺消去後。以下、同じ。)で3,366百万円となりました。また、役務取引等収支は、国内業務部門45百万円、国際
        業務部門0百万円となり、合計で45百万円となりました。その他業務収支は、国内業務部門613百万円、国際業務
        部門0百万円となり、合計で613百万円となりました。
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第3四半期連結累計期間                 3,854         △0        △0       3,854
     資金運用収支
               当第3四半期連結累計期間                 3,368         △0         2      3,366
               前第3四半期連結累計期間                 4,379          ―       21      4,358
       うち資金運用収益
               当第3四半期連結累計期間                 3,860          ―       19      3,840
               前第3四半期連結累計期間                  524         0       21       503
       うち資金調達費用
               当第3四半期連結累計期間                  492         0       17       474
               前第3四半期連結累計期間                  143         0        0       143
     役務取引等収支
               当第3四半期連結累計期間                   45        0        0       45
               前第3四半期連結累計期間                  590         0        0       590
       うち役務取引等
       収益
               当第3四半期連結累計期間                  498         0        0       498
               前第3四半期連結累計期間                  446         0        ―       447
       うち役務取引等
       費用
               当第3四半期連結累計期間                  452         0        ―       452
               前第3四半期連結累計期間                   30        0        ―       30
     その他業務収支
               当第3四半期連結累計期間                  613         0        ―       613
               前第3四半期連結累計期間                   31        0        ―       31
       うちその他業務
       収益
               当第3四半期連結累計期間                  621         0        ―       621
               前第3四半期連結累計期間                   1        ―        ―        1
       うちその他業務
       費用
               当第3四半期連結累計期間                   8        ―        ―        8
      (注) 1 「国内業務部門」は当行及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」は当行の外貨建取引であります。
        2 相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門の資金貸借の利息及び連結会社間の取引であります。
                                  4/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
       国内・国際業務部門別役務取引の状況
         当第3四半期連結累計期間の役務取引等収益は、国内業務部門498百万円、国際業務部門0百万円となり、合計
        (相殺消去後。以下、同じ。)で498百万円となりました。また、役務取引等費用は、国内業務部門452百万円、
        国際業務部門0百万円となり、合計で452百万円となりました。
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第3四半期連結累計期間                  590         0        0       590
     役務取引等収益
               当第3四半期連結累計期間                  498         0        0       498
               前第3四半期連結累計期間                  119         ―        ―       119
       うち預金・貸出
       業務
               当第3四半期連結累計期間                  133         ―        ―       133
               前第3四半期連結累計期間                  115         0        0       115
       うち為替業務
               当第3四半期連結累計期間                  115         0        0       115
               前第3四半期連結累計期間                   0        ―        ―        0
       うち証券関連業務
               当第3四半期連結累計期間                   0        ―        ―        0
               前第3四半期連結累計期間                   8        ―        ―        8
       うち代理業務
               当第3四半期連結累計期間                   8        ―        ―        8
               前第3四半期連結累計期間                   1        ―        ―        1
       うち保護預り・
       貸金庫業務
               当第3四半期連結累計期間                   1        ―        ―        1
               前第3四半期連結累計期間                   6        ―        ―        6
       うち保証業務
               当第3四半期連結累計期間                   ▶        ―        ―        ▶
               前第3四半期連結累計期間                   88        ―        ―       88
       うち投資信託
       窓販業務
               当第3四半期連結累計期間                   54        ―        ―       54
               前第3四半期連結累計期間                  250         ―        ―       250
       うち保険窓販業務
               当第3四半期連結累計期間                  181         ―        ―       181
               前第3四半期連結累計期間                  446         0        ―       447
     役務取引等費用
               当第3四半期連結累計期間                  452         0        ―       452
               前第3四半期連結累計期間                   32        0        ―       32
       うち為替業務
               当第3四半期連結累計期間                   33        0        ―       33
      (注) 1 「国内業務部門」は当行及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」は当行の外貨建取引であります。
        2  相殺消去額は、連結会社間の取引であります。
                                  5/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
       国内・国際業務部門別預金残高の状況
        ○  預金の種類別残高(末残)
                             国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類            期別
                             金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
               前第3四半期連結会計期間                350,142           ―       302      349,839
     預金合計
               当第3四半期連結会計期間                361,037           ―       242      360,794
               前第3四半期連結会計期間                117,454           ―       152      117,302
       うち流動性預金
               当第3四半期連結会計期間                119,631           ―       92     119,539
               前第3四半期連結会計期間                232,327           ―       150      232,177
       うち定期性預金
               当第3四半期連結会計期間                241,106           ―       150      240,956
               前第3四半期連結会計期間                  359         ―        ―       359
       うちその他
               当第3四半期連結会計期間                  299         ―        ―       299
               前第3四半期連結会計期間                   ―        ―        ―        ―
     譲渡性預金
               当第3四半期連結会計期間                   ―        ―        ―        ―
               前第3四半期連結会計期間                350,142           ―       302      349,839
     総合計
               当第3四半期連結会計期間                361,037           ―       242      360,794
      (注) 1  流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        2  定期性預金=定期預金+定期積金
        3  「国内業務部門」は当行及び連結子会社の円建取引、「国際業務部門」は当行の外貨建取引であります。
        4  相殺消去額は連結会社間の取引であります。
                                  6/20












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
       国内・国際業務部門別貸出金残高の状況
        ○   業種別貸出状況(末残・構成比)
             業種別              前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

                          金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)

     国内 (除く特別国際金融取引勘定分)                         257,099        100.00         258,553        100.00

       製造業                         10,668        4.15         10,799        4.18
       農業,林業                           283       0.11          460       0.18
       漁業                           64      0.03          214       0.08
       鉱業,採石業,砂利採取業                           684       0.27          588       0.23
       建設業                         14,351        5.58         13,628        5.27
       電気・ガス・熱供給・水道業                          2,084        0.81         2,101        0.81
      情報通信業                          520       0.20          757       0.29
       運輸業,郵便業                          2,759        1.07         2,554        0.99
       卸売業,小売業                         17,945        6.98         18,048        6.98
       金融業,保険業                         26,182        10.18         26,514        10.26
       不動産業,物品賃貸業                         30,603        11.90         28,338        10.96
       学術研究,専門・技術サービス業                          2,635        1.03         2,361        0.91
       宿泊業                          2,725        1.06         2,869        1.11
       飲食業                          2,173        0.85         1,836        0.71
       生活関連サービス業,娯楽業                          3,776        1.47         4,112        1.59
       教育,学習支援業                          1,016        0.40         1,007        0.39
       医療・福祉                         12,222        4.75         13,586        5.25
       その他のサービス                          6,700        2.61         5,892        2.28
       地方公共団体                         35,565        13.83         41,494        16.05
       その他                         84,133        32.72         81,383        31.48
     海外及び特別国際金融取引勘定分                            ―       ―          ―       ―
       政府等                            ―       ―          ―       ―
       金融機関                            ―       ―          ―       ―
       その他                            ―       ―          ―       ―
             合計                257,099        ―         258,553        ―
      (注) 1  国内とは、当行及び連結子会社であります。
        2  当行及び連結子会社は海外に拠点等を有していないため、「海外」は該当ありません。
      (2) 事業上及び財務上の対処すべき課題、研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間において、当行グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。また、研究開発活動については該当事項はありません。
                                  7/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     第3 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          18,600,000

               A種優先株式                           18,600,000

                  計                        18,600,000

      (注)  当行の発行可能株式総数は18,600,000株であり、普通株式及びA種優先株式の発行可能種類別株式総数はそれ
        ぞれ、18,600,000株とする旨定款に規定しております。
       ② 【発行済株式】

          第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所名

      種類    末現在発行数(株)           発行数(株)         又は登録認可金融                  内容
          (平成28年12月31日)          (平成29年2月9日)           商品取引業協会名
                                東京証券取引所
     普通株式         5,576,000         同左                   単元株式数は100株であります。
                                 市場第一部
       計        5,576,000         同左            ―              ―
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成28年10月1日~
                      ─     5,576         ─     6,636         ─      472
     平成28年12月31日
                                  8/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (6) 【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7) 【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載するこ
       とができないことから、直前の基準日(平成28年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ① 【発行済株式】

                                               平成28年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式              ―      単元株式数は100株であります。
                           18,200
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                                54,899            同上
                         5,489,900
                      普通株式
     単元未満株式                              ―      1単元(100株)未満の株式
                           67,900
     発行済株式総数                    5,576,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           54,899             ―

      (注)    上記の「単元未満株式」の欄には、当行の所有する自己株式が51株含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             島根県松江市東本町
                                  18,200         ─     18,200        0.32
     株式会社島根銀行             二丁目35番地
           計              ―          18,200         ─     18,200        0.32
     2 【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1) 新任役員
        該当事項はありません。
      (2) 退任役員

        該当事項はありません。
      (3) 役職の異動

          新役名及び職名               旧役名及び職名                氏名          異動年月日
          取締役出雲支店長            取締役総合企画グループ部長                 吉川 隆博          平成28年7月1日
                                  9/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1  当行の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令

      第64号)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭
      和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
     2  当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自平成28年10月1日  至平

      成28年12月31日)及び第3四半期連結累計期間(自平成28年4月1日  至平成28年12月31日)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人の四半期レビューを受けております。
                                 10/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
                                         37,555              34,133
       現金預け金
                                          2,599              2,599
       買入金銭債権
                                         100,561               99,638
       有価証券
                                      ※1  264,980            ※1  258,553
       貸出金
                                            0              5
       外国為替
                                          4,061              4,220
       リース債権及びリース投資資産
                                          2,019              2,544
       その他資産
                                          8,928              11,037
       有形固定資産
                                           279              328
       無形固定資産
                                           83              86
       退職給付に係る資産
                                           59              48
       繰延税金資産
                                          8,816              8,305
       支払承諾見返
                                         △ 3,678             △ 3,375
       貸倒引当金
                                         426,267              418,126
       資産の部合計
      負債の部
                                         368,089              360,794
       預金
                                         23,583              23,571
       借用金
                                          1,540              1,530
       社債
                                          1,381              1,423
       その他負債
                                           223              208
       役員退職慰労引当金
                                           19              20
       睡眠預金払戻損失引当金
                                           87              59
       偶発損失引当金
                                           435              562
       本店建替損失引当金
                                          1,141               864
       繰延税金負債
                                           570              569
       再評価に係る繰延税金負債
                                          8,816              8,305
       支払承諾
                                         405,889              397,909
       負債の部合計
      純資産の部
                                          6,636              6,636
       資本金
                                           472              472
       資本剰余金
                                          7,374              8,002
       利益剰余金
                                          △ 43             △ 43
       自己株式
                                         14,440              15,068
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                  4,717              3,929
                                          1,187              1,186
       土地再評価差額金
                                           14              12
       退職給付に係る調整累計額
                                          5,918              5,128
       その他の包括利益累計額合計
                                           19              19
       非支配株主持分
                                         20,378              20,216
       純資産の部合計
                                         426,267              418,126
      負債及び純資産の部合計
                                 11/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                          6,854              7,591
      経常収益
                                          4,358              3,840
       資金運用収益
                                          3,305              2,983
         (うち貸出金利息)
                                          1,027               835
         (うち有価証券利息配当金)
                                           590              498
       役務取引等収益
                                         ※1  31           ※1  621
       その他業務収益
                                        ※2  1,874            ※2  2,631
       その他経常収益
                                          5,938              6,085
      経常費用
                                           503              474
       資金調達費用
                                           424              402
         (うち預金利息)
                                           447              452
       役務取引等費用
                                            1              8
       その他業務費用
                                          3,566              3,465
       営業経費
                                        ※3  1,420            ※3  1,683
       その他経常費用
                                           916             1,506
      経常利益
      特別損失                                     138              133
                                            1              6
       固定資産処分損
                                           136              126
       本店建替損失引当金繰入
                                           778             1,373
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     208              377
                                          △ 79
      法人税等還付税額                                                     -
                                           43              90
      法人税等調整額
                                           173              467
      法人税等合計
                                           605              905
      四半期純利益
                                            0              0
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           604              905
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
                                           605              905
      四半期純利益
                                          △ 751             △ 789
      その他の包括利益
                                          △ 740             △ 787
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 10              △ 1
       退職給付に係る調整額
                                          △ 146              116
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          △ 146              115
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            0              0
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (会計方針の変更)
       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
      告第32号     平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備
      及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
       この結果、当第3四半期連結累計期間の経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ0百万円増加しており
      ます。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

      当第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
       1  税金費用の処理
         当行及び連結子会社の税金費用は、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対す
        る税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じることにより
        算定しております。
      (追加情報)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                      平成28年3月28日)を第1四半
      期連結会計期間から適用しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1  貸出金のうち、リスク管理債権は次のとおりであります。
                              前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                             (平成28年3月31日)                 (平成28年12月31日)
         破綻先債権額                            766百万円                 989百万円
         延滞債権額                           9,965百万円                 9,167百万円
         3ヵ月以上延滞債権額                            11百万円                 25百万円
         貸出条件緩和債権額                           1,301百万円                 1,074百万円
         合計額                          12,044百万円                 11,257百万円
        なお、上記債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
      (四半期連結損益計算書関係)

       ※1    その他業務収益には、次のものを含んでおります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         国債等債券売却益                             ―百万円                618百万円
       ※2    その他経常収益には、次のものを含んでおります。

                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         株式等売却益                            501百万円                 436百万円
         貸倒引当金戻入益                             ―百万円                303百万円
         償却債権取立益                            35百万円                 28百万円
       ※3    その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         株式等償却                             3百万円                 5百万円
         貸倒引当金繰入額                            165百万円                  ―百万円
                                 14/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
      連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         減価償却費                            238百万円                 201百万円
      (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
      1  配当金支払額
                               1株当たり

                      配当金の総額
          (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                              配当額    (円)
                       (百万円)
       平成27年6月26日                                                 利益
                 普通株式          166        30  平成27年3月31日         平成27年6月29日
       定時株主総会                                                 剰余金
       平成27年11月11日                                                 利益
                 普通株式          138        25  平成27年9月30日         平成27年12月4日
       取締役会                                                 剰余金
      2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
          該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)

      1  配当金支払額
                               1株当たり

                      配当金の総額
          (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                              配当額    (円)
                       (百万円)
       平成28年6月28日                                                 利益
                 普通株式          138        25  平成28年3月31日         平成28年6月29日
       定時株主総会                                                 剰余金
       平成28年11月11日                                                 利益
                 普通株式          138        25  平成28年9月30日         平成28年12月5日
       取締役会                                                 剰余金
      2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
          該当事項はありません。
                                 15/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
      1  報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                       四半期連
                           報告セグメント
                                                       結損益計
                                        その他      合計     調整額
                                                       算書計上
                        銀行業     リース業       計
                                                         額
       経常収益
                         5,571      1,282      6,853       1   6,854          6,854
         外部顧客に対する経常収益                                               ―
                           21      61      83          83    △ 83
         セグメント間の内部経常収益                                     ―               ―
                         5,593      1,343      6,936       1   6,938      △ 83    6,854
              計
                          847      76     923      1    924     △ 8    916
       セグメント利益
      (注)1      一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。また、差異調整につきましては、経常収益と
          四半期連結損益計算書の経常収益計上額との差異について記載しております。
         2   「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業であり
          ます。
         3   セグメント利益の調整額△8百万円は、セグメント間取引消去であります。
         4  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)

      1  報告セグメントごとの経常収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                       四半期連
                           報告セグメント
                                                       結損益計
                                        その他      合計     調整額
                                                       算書計上
                        銀行業     リース業       計
                                                         額
       経常収益
                         5,771      1,818      7,590       1   7,591          7,591
         外部顧客に対する経常収益                                               ―
                           20      49      69          69    △ 69
         セグメント間の内部経常収益                                     ―               ―
              計           5,792      1,868      7,660       1   7,661      △ 69    7,591
                         1,424       89    1,513       1   1,515      △ 8   1,506
       セグメント利益
      (注)1      一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。また、差異調整につきましては、経常収益と
          四半期連結損益計算書の経常収益計上額との差異について記載しております。
         2   「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、クレジットカード業であり
          ます。
         3   セグメント利益の調整額△8百万円は、セグメント間取引消去であります。
         4  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
      3   報告セグメントの変更等に関する事項

        「会計方針の変更」に記載のとおり、第1四半期連結会計期間に「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変
       更に関する実務上の取扱い」を適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却
       方法を定率法から定額法に変更しております。
        この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、当第3四半期連結累計期間のセグメント利益が、「銀行業」
       で0百万円増加しております。
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (有価証券関係)
      ※1    企業集団の事業の運営において重要なものであるため記載しております。
      ※2    四半期連結貸借対照表の「有価証券」のほか、「買入金銭債権」中の信託受益権を含めて記載しております。
      1  満期保有目的の債券

       前連結会計年度        (平成28年3月31日)
                       連結貸借対照表
                                     時価(百万円)             差額(百万円)
                       計上額(百万円)
       国債                       5,494             5,756              262
       社債                       1,535             1,647              112
       その他                       2,599             2,599               ―
       合計                       9,629             10,004               374
       当第3四半期連結会計期間             (平成28年12月31日)

                      四半期連結貸借対照表
                                     時価(百万円)             差額(百万円)
                       計上額(百万円)
       国債                       5,495             5,681              185
       社債                       1,339             1,417               78
       その他                       2,599             2,599               -
       合計                       9,435             9,699              263
      2  その他有価証券

       前連結会計年度        (平成28年3月31日)
                                    連結貸借対照表
                       取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                    計上額(百万円)
       株式                       3,670             5,054             1,384
       債券                       61,445             64,843              3,397
         国債                       41,556             44,384              2,828
         地方債                       2,905             3,036              131
         社債                       16,984             17,423               438
       その他                       21,274             23,272              1,997
       合計                       86,390             93,170              6,780
       当第3四半期連結会計期間             (平成28年12月31日)

                                   四半期連結貸借対照表
                       取得原価(百万円)                            差額(百万円)
                                    計上額(百万円)
       株式                       3,101             4,548             1,447
       債券                       59,141             61,926              2,785
         国債                       40,550             42,853              2,302
         地方債                       2,490             2,607              117
         社債                       16,100             16,465               365
       その他                       24,568             25,972              1,404
       合計                       86,811             92,447              5,636
       (注)    その他有価証券のうち、当該有価証券の時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで
         回復する見込みがあると認められないものについては、当該時価をもって四半期連結貸借対照表計上額(連結貸
         借対照表計上額)とするとともに、評価差額を当第3四半期連結累計期間(連結会計年度)の損失として処理
         (以下、「減損処理」という。)しております。
          前連結会計年度における減損処理額は、株式52百万円及び受益証券21百万円であります。
          当第3四半期連結累計期間における減損処理はありません。
          また、時価が「著しく下落した」時とは、次の基準に該当した場合であります。
         (1)株式・受益証券
          時価が取得原価に比べ、30%以上下落した状態にある場合。
         (2)債券
          ①時価が取得原価あるいは償却原価に比べて、50%以上下落した場合。
          ②時価が取得原価あるいは償却原価に比べて、30%以上下落した状態にある場合で、信用リスクの増大(格付
           機関による直近の格付符号が「BBB」相当未満)要因がある場合。
                                 17/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間

                              (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                               至   平成27年12月31日)              至   平成28年12月31日)
         1株当たり四半期純利益金額                   円               108.74                162.84
        (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する
                         百万円                 604                905
        四半期純利益
         普通株主に帰属しない金額                  百万円                  ―                ―
        普通株式に係る親会社株主に
                         百万円                 604                905
        帰属する四半期純利益
         普通株式の期中平均株式数                  千株                5,557                5,557
       (注)   1   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式がないので記載しておりません。
         2   「会計方針の変更」に記載のとおり、第1四半期連結会計期間に「平成28年度税制改正に係る減価償却方
          法の変更に関する実務上の取扱い」を適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に
          係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
           この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、当第3四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益
          金額が7銭増加しております。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2 【その他】

        中間配当
        平成28年11月11日開催の取締役会において、第167期の中間配当につき次のとおり決議致しました。
        中間配当金額                        138百万円
        1株当たりの中間配当金                        25円
        支払請求の効力発生日及び支払開始日                        平成28年12月5日
                                 18/20










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社島根銀行(E03679)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成29年2月8日

     株式会社島根銀行
      取締役会 御中
                        有限責任 あずさ監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士          新      田      東      平      ㊞
                           業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士          奥      田         賢      ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社島根銀

     行の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成28年10月1日から平
     成28年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年12月31日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社島根銀行及び連結子会社の平成28年12月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(四半期報告

        書提出会社)が別途保管しております。
       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。