日東電工株式会社 四半期報告書 第152期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第152期第3四半期(平成28年10月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:日東電工株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                四半期報告書

      【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                関東財務局長
      【提出日】                2017年2月2日
      【四半期会計期間】                第152期第3四半期(自 2016年10月1日 至 2016年12月31日)
      【会社名】                日東電工株式会社
      【英訳名】                NITTO   DENKO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                取締役社長  髙﨑 秀雄
      【本店の所在の場所】                大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号
                      (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記で行っております。)
                      大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪タワーA
      【電話番号】                (06)7632-2101(代表)
      【事務連絡者氏名】                取締役 CFO  武内 徹
      【最寄りの連絡場所】                大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪タワーA
      【電話番号】                (06)7632-2101(代表)
      【事務連絡者氏名】                経理財務統括部 副統括部長 伊勢山 恭弘
      【縦覧に供する場所】                日東電工株式会社東京支店
                       東京都品川区東品川4丁目12番4号
                       品川シーサイドパークタワー
                      日東電工株式会社名古屋支店
                       名古屋市中区栄2丁目3番1号
                       名古屋広小路ビルヂング
                      株式会社東京証券取引所
                       東京都中央区日本橋兜町2番1号
                                  1/28










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第151期           第152期

                回次               第3四半期連結           第3四半期連結            第151期
                                累計期間           累計期間
                             自 2015年4月1日           自 2016年4月1日           自 2015年4月1日

               会計期間
                             至 2015年12月31日           至 2016年12月31日           至 2016年3月31日
                                   623,373           566,215           793,054
     売上収益
                       (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 207,636    )       ( 211,236    )
                       (百万円)             89,182           64,053          101,996
     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                    70,437           46,223           81,683
     (当期)利益                 (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 24,207   )       ( 25,647   )
     親会社の所有者に帰属する四半期
                       (百万円)             59,469           45,844           44,569
     (当期)包括利益
                       (百万円)            649,273           636,269           614,425
     親会社の所有者に帰属する持分
                       (百万円)            863,056           873,116           825,905

     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当期)利
                                    426.44           284.79           495.23
     益                  (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 146.55   )       ( 158.01   )
     希薄化後1株当たり四半期(当期)
                        (円)            425.84           284.43           494.56
     利益
                        (%)             75.2           72.9           74.4
     親会社所有者帰属持分比率
                       (百万円)             97,143           68,921          140,658

     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)            △ 46,079          △ 41,868          △ 57,085

     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)            △ 23,928          △ 28,654          △ 44,902

     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                       (百万円)            236,523           238,850           240,891
     末)残高
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.単位未満の数値は百万円未満を切り捨てて表示しております。
         3.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         4.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表および連結財務諸表に基づい
           ております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、当第3四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4                                               経理の状況 
       1   要約四半期連結財務諸表             (5)要約四半期連結財務諸表注記 4.セグメント情報」に記載のとおりでありま
       す。
                                  2/28





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社および当社の関係会
       社)が判断したものであります。なお、本四半期報告書に記載の数値は国際会計基準(IFRS)ベースで表示しており
       ます。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(2016年4月1日~2016年12月31日)における経済環境は、注目されていた米国大統
        領選挙において、劣勢とみられていたトランプ候補の勝利を金融市場は好感し、選挙後は、ドル高基調となってい
        ます。また米国は12月に1年ぶりに利上げを実施、米国経済は引き続き拡大基調にあるとみられていますが、今後
        新大統領の経済政策が新興国を始めとする世界経済全体に与える影響については不透明な状況です。国内では、円
        安、株高の進行とともに、企業業績の改善、個人消費の持ち直しが期待され、緩やかながら回復基調は続くとみら
        れています。
         このような状況下、日東電工グループは、変化の激しいグローバル経済環境においても将来に亘り安定した成長
        を遂げるため、事業ポートフォリオの変革を進めています。ライフサイエンス事業においては、昨年度より大きく
        事業規模を成長させた核酸医薬の受託製造が引き続き好調に推移しました。業界トップシェアの核酸医薬製造事業
        をさらに拡充すべく、米国において医薬品分析サービス会社及び無菌充填サービス会社2社の資産買収を行い、新
        会社を設立しました。更に2008年以来取り組んできました臓器線維症治療薬の開発については、開発スピードを加
        速させ、早期の上市を目指して、米ブリストル・マイヤーズ                             スクイブ社と治療薬の開発、製造および販売に関す
        る独占的ライセンス契約を締結しました。オプトロニクス事業では光学フィルムやプリント回路において、期後半
        での需要の回復により、改善が見られました。またインダストリアルテープ事業は生産性向上を図り、収益性を改
        善させています。今後もエレクトロニクス分野で予想されるアプリケーションでの大きな変化を新たな成長への
        チャンスと捉え、お客様に新たな価値を提供していきます。
         なお、当第3四半期より、メディカル事業の量的重要性が増したことにより、管理体制の変更を行い、メディカ
        ル事業と従来全社部門に含めていた臓器線維症関連事業をまとめてライフサイエンス事業として報告しています。
        また、従来メディカル事業と合わせて報告していたメンブレン事業は、全社部門に含めていた新規事業と合わせそ
        の他として報告しています。
         以上の結果、売上収益は前第3四半期と比較し                       9.2%減(以下の比較はこれに同じ)の566,215百万円となりまし
        た。また、営業利益は27.7%減の64,783百万円、税引前四半期利益は28.2%減の64,053百万円、四半期利益は
        34.3%減の46,436百万円、親会社の所有者に帰属する四半期利益は34.4%減の46,223百万円となりました。
        セグメント別の業績概況

        ① インダストリアルテープ
          トランスポーテーション事業の自動車材料では、テープ加工部品や内圧調整部材は引き続き堅調だったことに
         加え、期前半に為替の影響等で低調だった制振補強材にも改善が見られました。基盤機能材料では、スマート
         フォン向けテープ材料は、期前半までの在庫調整の動きを挽回するには至りませんでしたが、クリーンルーム空
         調設備向けフッ素多孔質機能材料、電子部品向け工程材料などは引き続き堅調に推移しました。工業用途全般に
         使用される汎用性の高い両面粘着テープや保護フィルムは、更に生産性を高めることで、収益力の向上を図って
         いきます。
          以上の結果、売上収益は230,284百万円(5.7%減)、営業利益は19,001百万円(6.7%減)となりました。
                                  3/28




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        ② オプトロニクス
          情報機能材料では、スマートフォンやテレビ用光学フィルムは、期前半の在庫調整の反動もあり、後半にかけ
         て全般的に物量の回復が見られました。また、タッチパネル用透明導電性フィルムも、季節要因により、期初に
         比べ需要は回復しています。プリント回路は、HDD全体の生産台数の減少を高容量のデータセンター向け機種
         の拡大により挽回しました。プロセス材料は、引き続き旺盛な中国系スマートフォン向けSSD用途の半導体需
         要を取り込み、堅調に推移しました。
          以上の結果、売上収益は307,658百万円(16.0%減)、営業利益は31,993百万円(50.5%減)となりました。
        ③ ライフサイエンス

          ライフサイエンス事業は、核酸医薬の受託製造が、引き続き好調に推移しました。M&Aに加え、設備の増強
         を行い、事業の更なる拡大を図ります。また、臓器線維症治療薬についても前述のとおり、開発、製造および販
         売について包括的なライセンス契約を締結し、契約一時金1億米ドルを計上しました。当第3四半期より、メ
         ディカル事業に臓器線維症関連事業を加えたものを、ライフサイエンス事業としています。
          以上の結果、売上収益は33,048百万円(97.8%増)、営業利益は16,794百万円(2,628.7%増)となりまし
         た。
        ④   その他

          その他事業のうち、メンブレン事業については、原油市場は底打ちを見せているものの、新規海水淡水化案件
         の投資が進まず、需要が低迷し、影響を受けました。なお、当第3四半期から全社部門に含めていた新規事業を
         当セグメントに含めています。
          以上の結果、売上収益は19,340百万円(13.8%減)、営業損失は799百万円                                    (前年同四半期は営業利益2,394百
         万円)   となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は238,850百万円となり、前
        連結会計年度末より2,041百万円減少(前年同四半期は21,963百万円の増加)しました。当第3四半期連結累計期
        間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、増加した資金は68,921百万円(前年同四半期は97,143百万円の増加)となりました。
         これは主に、税引前四半期利益64,053百万円、減価償却費及び償却費36,357百万円による増加、売上債権及びそ
        の他の債権の増減額47,621百万円による減少、仕入債務及びその他の債務の増減額19,625百万円による増加の結果
        であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、減少した資金は41,868百万円(前年同四半期は46,079百万円の減少)となりました。
         これは主に、有形固定資産及び無形資産の取得による支出34,827百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
        取得による支出4,796百万円による減少の結果であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、減少した資金は28,654百万円(前年同四半期は23,928百万円の減少)となりました。
         これは主に、連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支出3,224百万円、配当金の支払額23,533百
        万円による減少の結果であります。
                                  4/28







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (3)事業上および財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等
        (会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        (会社の支配に関する基本方針について)

         当社株式の大規模買付け行為に対する基本的な考え方は、以下のとおりであります。
         当社は、株式の大量保有を目的とする買付けが行われる場合において、それに応じるか否かは、最終的には株主
        の皆様の判断に委ねられるべきものと考えておりますが、一方では高値での売抜け等の不当な目的による企業買収
        の存在も否定できず、そのような買収者から当社の基本理念やブランドおよび株主を始めとする各ステークホル
        ダーの利益を守るのは、当社の経営を預かる者として当然の責務であると認識しております。
         現在のところ、当社株式の大量買付けに係る具体的な脅威が生じているわけでなく、また当社としても、そのよ
        うな買付者が出現した場合の具体的な取組み(いわゆる「買収防衛策」)を予め定めるものではありませんが、当
        社としては、株主から付託を受けた経営者の責務として、当社株式の取引や株主の異動状況を常に注視するととも
        に、株式の大量取得を企図する者が出現した場合には、直ちに当社として最も適切と考えられる措置を講じる方針
        です。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の金額は22,619百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  5/28














                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                            400,000,000
                  計                               400,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          名又は登録認可金融               内容
                            (2017年2月2日)
               (2016年12月31日)                         商品取引業協会名
                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                       東京証券取引所
     普通株式              173,758,428             173,758,428                  標準となる株式であ
                                       市場第一部
                                                  り、単元株式数は100
                                                  株であります。
        計           173,758,428             173,758,428            -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総                      資本準備金増       資本準備金残
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日        数増減数       数残高                      減額       高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2016年10月1日~
                       -   173,758,428            -     26,783         -     50,482
     2016年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/28







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2016年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】
                                                   2016年12月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のない
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -        当社における標準となる株
                     普通株式         11,449,300
                                                式
     完全議決権株式(その他)               普通株式  162,254,200                     1,622,542           同上
                     普通株式             54,928
     単元未満株式                                   -             -
     発行済株式総数                      173,758,428             -             -

     総株主の議決権                     -               1,622,542            -

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄には㈱証券保管振替機構名義の株式が500株含まれております。
          また、「議決権の数」欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2016年12月31日現在
                                                     発行済株式総数

                            自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合        に対する所有株
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            式数(株)        式数(株)        計(株)        式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)           大阪府茨木市下穂積
                             11,449,300          -       11,449,300           6.58
     日東電工㈱           1丁目1番2号
          計           -        11,449,300          -       11,449,300           6.58
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)退任役員
           役名              職名              氏名            退任年月日
          取締役
                        CTO             西岡 務            2016年10月31日
         上席執行役員
       (2)異動後の役員の男女別人数および女性の比率

         男性 13名 女性 0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                  7/28






                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸
       表規則」という。)第1条の2に定める「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、「四半期連結財務
       諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」とい
       う。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下「IAS第34号」という。)に準拠して要約
       四半期連結財務諸表を作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2016年10月1日から2016
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、有限責任             あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/28
















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度

                                              当第3四半期連結会計期間
                              (2016年3月31日)
                                                (2016年12月31日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                               240,891                  238,850
       売上債権及びその他の債権                               149,305                  198,866
       棚卸資産                                88,499                  88,087
       その他の金融資産                                8,662                  4,927
                                       14,894                  15,786
       その他の流動資産
       流動資産合計                               502,253                  546,518
      非流動資産
       有形固定資産                               263,645                  255,190
       のれん                                2,663                  7,732
       無形資産                                10,634                  14,678
       持分法で会計処理されている投資                                  319                  342
       金融資産                                7,869                  8,813
       繰延税金資産                                29,146                  30,769
                                        9,372                  9,072
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                               323,651                  326,598
                                       825,905                  873,116
      資産合計
                                  9/28













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度

                                              当第3四半期連結会計期間
                              (2016年3月31日)
                                                (2016年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        仕入債務及びその他の債務                               96,145                 115,544
        社債及び借入金                               3,395                  1,377
        未払法人所得税等                               3,753                  8,748
        その他の金融負債                               12,477                  14,288
                                       38,044                  39,346
        その他の流動負債
        流動負債合計                              153,817                  179,304
       非流動負債
        社債及び借入金                               3,000                  3,000
        その他の金融負債                                722                 1,377
        確定給付負債                               47,594                  48,829
        繰延税金負債                                349                  897
                                        2,530                  2,701
        その他の非流動負債
        非流動負債合計                               54,196                  56,806
       負債合計                               208,014                  236,111
      資本

       親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                               26,783                  26,783
        資本剰余金                               56,681                  56,090
        利益剰余金                              559,351                  582,075
        自己株式                              △51,016                  △50,892
                                       22,624                  22,212
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                              614,425                  636,269
       非支配持分                                3,465                   736
       資本合計                               617,891                  637,005
                                       825,905                  873,116
      負債及び資本合計
                                 10/28









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                             (自 2015年4月1日                  (自 2016年4月1日
                              至 2015年12月31日)                  至 2016年12月31日)
     売上収益                                  623,373                  566,215
                                       425,277                  395,083
     売上原価
     売上総利益                                  198,095                  171,131
     販売費及び一般管理費
                                       87,562                  80,779
     研究開発費                                  24,257                  22,619
     その他の収益                                   5,953                  4,574
                                        2,640                  7,524
     その他の費用
     営業利益                                  89,588                  64,783
     金融収益
                                         918                  755
     金融費用                                   1,325                  1,483
                                          1                 △2
     持分法による投資損益(△は損失)
     税引前四半期利益                                  89,182                  64,053
     法人所得税費用                                  18,459                  17,616
                                       70,722                  46,436
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                 70,437                  46,223
                                         285                  212
      非支配持分
                                       70,722                  46,436
      合計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益


      基本的1株当たり四半期利益(円)                                 426.44                  284.79
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                 425.84                  284.43
                                 11/28









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間

                             (自 2015年10月1日                  (自 2016年10月1日
                              至 2015年12月31日)                  至 2016年12月31日)
     売上収益                                  207,636                  211,236
     売上原価                                  141,248                  137,840
     売上総利益                                  66,388                  73,395
     販売費及び一般管理費
                                       29,572                  27,758
     研究開発費                                   8,097                  7,430
     その他の収益                                   1,494                  1,665
                                         784                 4,382
     その他の費用
     営業利益                                  29,427                  35,490
     金融収益
                                         327                  230
     金融費用                                    278                  521
                                          ▶                  3
     持分法による投資損益(△は損失)
     税引前四半期利益                                  29,481                  35,202
     法人所得税費用                                   5,193                  9,499
                                       24,287                  25,703
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                 24,207                  25,647
                                         79                  55
      非支配持分
                                       24,287                  25,703
      合計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益


      基本的1株当たり四半期利益(円)                                 146.55                  158.01
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                 146.35                  157.80
                                 12/28










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                             (自 2015年4月1日                  (自 2016年4月1日
                              至 2015年12月31日)                  至 2016年12月31日)
     四半期利益                                  70,722                  46,436
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                         109                  719
       定される金融資産の純変動額
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       在外営業活動体の換算差額                               △11,528                  △1,319
       キャッシュ・フロー・ヘッジに係る公正
                                         293                  32
       価値の純変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                         △5                  △4
       益に対する持分
     その他の包括利益合計                                 △11,131                   △571
                                       59,591                  45,864
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計額の帰属

      親会社の所有者                                 59,469                  45,844
                                         122                  20
      非支配持分
                                       59,591                  45,864
      合計
                                 13/28












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間

                             (自 2015年10月1日                  (自 2016年10月1日
                              至 2015年12月31日)                  至 2016年12月31日)
     四半期利益                                  24,287                  25,703
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                         473                  861
       定される金融資産の純変動額
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       在外営業活動体の換算差額                                  155                29,820
       キャッシュ・フロー・ヘッジに係る公正
                                         90                  9
       価値の純変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                         △3                   7
       益に対する持分
     その他の包括利益合計                                    715                30,700
                                       25,003                  56,403
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計額の帰属

      親会社の所有者                                 24,857                  56,343
                                         146                  60
      非支配持分
                                       25,003                  56,403
      合計
                                 14/28













                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
        前第3四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          親会社の所有者に帰属する持分
                                       その他の
                                                   非支配      資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式      資本の      合計
                                                   持分      合計
                                       構成要素
     2015年4月1日残高            26,783      56,761     508,564     △31,232       51,139     612,016       3,760     615,776
      四半期利益             -      -    70,437        -      -    70,437       285    70,722
                    -      -      -      -  △10,968      △10,968       △163    △11,131
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計              -      -    70,437        -  △10,968       59,469       122    59,591
      株式報酬取引
                    -     △14       -      -      -     △14       -     △14
      配当金             -      -   △22,297         -      -  △22,297       △252    △22,549
      自己株式の変動             -     △3      -     159      -     156      -     156
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金             -      -     826      -    △826       -      -      -
      への振替
                    -     △57       -      -      -     △57      △28      △86
      その他の増減額
     所有者との取引額等
                    -     △74    △21,470        159     △826    △22,212       △281    △22,493
     合計
                  26,783      56,686     557,531     △31,073       39,344     649,273       3,601     652,874
     2015年12月31日残高
        当第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          親会社の所有者に帰属する持分
                                       その他の
                                                   非支配      資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式      資本の      合計
                                                   持分      合計
                                       構成要素
     2016年4月1日残高            26,783      56,681     559,351     △51,016       22,624     614,425       3,465     617,891
      四半期利益             -      -    46,223        -      -    46,223       212    46,436
                    -      -      -      -    △379      △379      △192      △571
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計              -      -    46,223        -    △379     45,844        20   45,864
      株式報酬取引
                    -      53      -      -      -      53      -      53
      配当金             -      -   △23,533         -      -  △23,533       △151    △23,685
      自己株式の変動             -     △18       -     123      -     105      -     105
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金             -      -      33      -     △33       -      -      -
      への振替
      子会社持分の追加取
                    -    △626       -      -      -    △626     △2,598      △3,224
      得による増減
     所有者との取引額等
                    -    △590    △23,500        123     △33   △24,001      △2,750     △26,751
     合計
                  26,783      56,090     582,075     △50,892       22,212     636,269        736    637,005
     2016年12月31日残高
                                 15/28





                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                               (自 2015年4月1日                 (自 2016年4月1日
                                至 2015年12月31日)                 至 2016年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                  89,182                 64,053
      減価償却費及び償却費                                  36,481                 36,357
      確定給付負債の増減額                                    859               1,469
      売上債権及びその他の債権の増減額                                   6,514               △47,621
      棚卸資産の増減額                                  △1,349                   367
      仕入債務及びその他の債務の増減額                                  △2,146                 19,625
      利息及び配当金の受入額                                    815                 648
      利息の支払額                                   △411                 △309
      法人税等の支払額又は還付額                                 △32,365                 △11,707
                                         △436                 6,038
      その他
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  97,143                 68,921
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                 △45,972                 △34,827
      有形固定資産及び無形資産の売却による収入                                    338                 491
      定期預金の増減額                                  △2,053                  2,078
      投資有価証券の売却による収入                                   1,798                  76
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                          -              △4,796
      る支出
      事業譲受による支出                                    -              △4,752
                                         △190                 △139
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △46,079                 △41,868
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額                                   △781               △1,744
      長期借入金の返済による支出                                   △590                  -
      自己株式の増減額                                    △6                 △0
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          -              △3,224
      による支出
      配当金の支払額                                 △22,297                 △23,533
                                         △252                 △151
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △23,928                 △28,654
     現金及び現金同等物に係る為替換算差額の影響額                                   △5,171                  △439
     現金及び現金同等物の増減額                                   21,963                △2,041
     現金及び現金同等物の期首残高                                   214,559                 240,891
                                        236,523                 238,850
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/28







                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
       (5)【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          日東電工株式会社(以下「当社」という。)は、日本に所在する株式会社であります。本要約四半期連結財務
         諸表は、当社及び当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)により構成されております。当社グループ
         においては、「インダストリアルテープ事業」、「オプトロニクス事業」、「ライフサイエンス事業」を基軸と
         して、これらに関係する事業を行っており、その製品は多岐にわたっております。詳細は、「注記4.セグメン
         ト情報」をご参照ください。
        2.作成の基礎

         (1)準拠する会計基準
           本要約四半期連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2に定める「指定国際会計基準特定会社」の要件
          を満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
          なお、要約四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、
          2016年3月31日に終了した前連結会計年度の連結財務諸表と併せて使用されるべきものであります。
         (2)測定の基礎

           要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定される資産・負債を除き、取得原価を基礎として作成しており
          ます。
         (3)表示通貨及び単位

           要約四半期連結財務諸表は日本円で表示し、百万円未満を切り捨てております。
         (4)重要な会計上の見積り及び判断

           要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報
          告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。実際の業績はこれらの見積りとは異なる
          場合があります。見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによ
          る影響は、その見積りを見直した会計期間と将来の会計期間において認識しております。
           要約四半期連結財務諸表に重要な影響を与える会計上の判断、見積り及び仮定は、前連結会計年度に係る連
          結財務諸表と同様であります。
         (5)要約四半期連結財務諸表の承認

           2017年2月2日に、要約四半期連結財務諸表は当社取締役社長髙﨑秀雄及び最高財務責任者武内徹によって
          承認されております。
        3.重要な会計方針

          本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度の連結財務諸表において適用
         した会計方針と同一であります。
                                 17/28








                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        4.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          最高意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う
          対象となっているものであります。
           当社グループは、製品別の事業部を置き、各事業部は、取り扱う製品について国内及び海外の包括的な戦略
          を立案し、事業活動を展開しております。
           当社グループは、事業部を基礎とした製品別のセグメントから構成されており、「インダストリアルテープ
          事業」及び「オプトロニクス事業」の2つを報告セグメントとしておりましたが、「その他」に含めていた
          「メディカル事業」の量的重要性が増したため、管理体制の変更を行いました。その結果、従来「調整額」に
          含めていた臓器線維症関連事業を「メディカル事業」と集約し、新たに「ライフサイエンス事業」として記載
          しております。これらの報告セグメントは、製品の内容、市場等の類似性を勘案し、それぞれ一つの事業セグ
          メントとして集約したものであります。
           また、上記の管理体制の変更により、従来「調整額」に含めていた「新規事業」を「その他」に含めており
          ます。
           報告対象の事業セグメントとなっている「インダストリアルテープ事業」は、主に基盤機能材料(接合材
          料、保護材料等)、自動車材料等の製造と販売によって収益を生み出しております。「オプトロニクス事業」
          は、主に情報機能材料、プリント回路、プロセス材料等の製造と販売によって収益を生み出しております。ま
          た、「ライフサイエンス事業」は医療関連材料の製造及び販売により収益を生み出しております。
           「その他」には、「メンブレン事業」及び「新規事業」が含まれております。
           セグメント間の内部収益は市場実勢価格に基づいております。
                                 18/28














                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
         (2)報告セグメントの収益及び損益
           当社グループの報告セグメントに関するセグメントの情報は以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント

                                                        要約四半
                                        その他           調整額     期連結損
                  インダス
                                              合計
                       オプトロ     ライフサ
                                        (注)1           (注)2     益計算書
                  トリアル                 合計
                       ニクス     イエンス
                                                        計上額
                  テープ
                  233,485     352,922      16,487     602,896      19,508     622,405       968

     外部顧客からの売上収益                                                   623,373
                   10,727     13,172       218    24,119      2,920     27,040    △27,040
                                                           -
     セグメント間の売上収益
                  244,213     366,095      16,706     627,016      22,429     649,445     △26,071
     セグメント売上収益合計                                                   623,373
     営業利益(△は損失)
                   20,372     64,638       615    85,626      2,394     88,021      1,567
                                                        89,588
     合計
     金融収益
                                                          918
     金融費用                                                   △1,325
     持分法による投資損益
                                                           1
     (△は損失)
                                                        89,182
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2.営業利益の調整額1,567百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益等が含まれております。
            なお、第1四半期連結会計期間より、各セグメントの業績をより適切に評価するため、全社費用の配賦方
           法を変更しております。また、第1四半期連結会計期間においてマネジメント体制の変更を行ったこと、当
           第3四半期連結会計期間において「メディカル事業」の量的重要性が増したことに伴い管理体制の変更を
           行った結果、報告セグメントの分類に一部変更があります。前第3四半期連結累計期間数値は、これらの変
           更を反映した数値を記載しております。
                                 19/28










                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント

                                                        要約四半
                                        その他           調整額     期連結損
                  インダス
                                              合計
                       オプトロ     ライフサ
                                        (注)1           (注)2     益計算書
                  トリアル                 合計
                       ニクス     イエンス
                                                        計上額
                  テープ
                  219,990     298,136      30,565     548,692      16,708     565,401       814

     外部顧客からの売上収益                                                   566,215
                   10,293      9,522     2,483     22,299      2,631     24,930    △24,930
                                                           -
     セグメント間の売上収益
                  230,284     307,658      33,048     570,991      19,340     590,331     △24,116
     セグメント売上収益合計                                                   566,215
     営業利益(△は損失)
                   19,001     31,993     16,794     67,789      △799     66,990     △2,206
                                                        64,783
     合計
     金融収益
                                                          755
     金融費用                                                   △1,483
     持分法による投資損益
                                                          △2
     (△は損失)
                                                        64,053
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2.営業利益の調整額△2,206百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益及び構造改革に伴う早期退職
           割増金等が含まれております。
                                 20/28












                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2015年10月1日 至 2015年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント

                                                        要約四半
                                        その他           調整額     期連結損
                  インダス
                                              合計
                       オプトロ     ライフサ
                                        (注)1           (注)2     益計算書
                  トリアル                 合計
                       ニクス     イエンス
                                                        計上額
                  テープ
     外部顧客からの売上収益             78,758     115,630      6,602    200,991      6,336    207,328       308   207,636

     セグメント間の売上収益              3,600     3,959       73    7,633     1,266     8,899    △8,899        -
     セグメント売上収益合計             82,358     119,590      6,676    208,625      7,602    216,228     △8,591     207,636

     営業利益(△は損失)
                   6,754     20,866      1,202     28,823       676    29,499      △71    29,427
     合計
     金融収益
                                                          327
     金融費用                                                    △278
     持分法による投資損益
                                                           ▶
     (△は損失)
                                                        29,481
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2.営業利益の調整額△71百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益等が含まれております。
            なお、第1四半期連結会計期間より、各セグメントの業績をより適切に評価するため、全社費用の配賦方
           法を変更しております。また、第1四半期連結会計期間においてマネジメント体制の変更を行ったこと、当
           第3四半期連結会計期間において「メディカル事業」の量的重要性が増したことに伴い管理体制の変更を
           行った結果、報告セグメントの分類に一部変更があります。前第3四半期連結会計期間数値は、これらの変
           更を反映した数値を記載しております。
                                 21/28











                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結会計期間(自 2016年10月1日 至 2016年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント

                                                        要約四半
                                        その他           調整額     期連結損
                  インダス
                                              合計
                       オプトロ     ライフサ
                                        (注)1           (注)2     益計算書
                  トリアル                 合計
                       ニクス     イエンス
                                                        計上額
                  テープ
     外部顧客からの売上収益             77,940     111,003      17,224     206,168      4,798    210,967       268   211,236

                   3,449     3,281     1,181     7,912     1,060     8,972    △8,972        -
     セグメント間の売上収益
     セグメント売上収益合計             81,390     114,284      18,405     214,081      5,859    219,940     △8,703     211,236

     営業利益(△は損失)
                   7,615     17,712     12,333     37,660      △864     36,796     △1,306      35,490
     合計
     金融収益
                                                          230
     金融費用                                                    △521
     持分法による投資損益
                                                           3
     (△は損失)
                                                        35,202
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、「メンブレン(高分子分離膜)

           事業」及び「新規事業」で構成されております。
         2.営業利益の調整額△1,306百万円には、各セグメントに配賦されない全社損益及び構造改革に伴う早期退職
           割増金等が含まれております。
        5.配当に関する事項

     Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年12月31日)
     (1)   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)       株式の種類                           基準日       効力発生日       配当の原資
                     (百万円)          (円)
     2015年6月19日
              普通株式           10,734           65  2015年3月31日        2015年6月22日        利益剰余金
     定時株主総会
     2015年10月30日
              普通株式           11,563           70  2015年9月30日        2015年11月27日        利益剰余金
     取締役会
     (2)   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末後とな

       るもの
       該当事項はありません。
     Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

     (1)   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)       株式の種類                           基準日       効力発生日       配当の原資
                     (百万円)          (円)
     2016年6月24日
              普通株式           11,360           70  2016年3月31日        2016年6月27日        利益剰余金
     定時株主総会
     2016年10月31日
              普通株式           12,173           75  2016年9月30日        2016年11月25日        利益剰余金
     取締役会
     (2)   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末後とな

       るもの
       該当事項はありません。
                                 22/28



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        6.1株当たり情報
          基本的1株当たり四半期利益及び算定上の基礎、希薄化後1株当たり四半期利益及び算定上の基礎は、以下の
         とおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                              (自 2015年4月1日                 (自 2016年4月1日
                               至 2015年12月31日)                 至 2016年12月31日)
     (1)基本的1株当たり四半期利益                                 426円44銭                 284円79銭

       (算定上の基礎)
        親会社の所有者に帰属する四半期利
                                        70,437                 46,223
        益金額(百万円)
                                                        162,307
                                       165,177
        普通株式の期中平均株式数(千株)
     (2)希薄化後1株当たり四半期利益

                                      425円84銭                 284円43銭
       (算定上の基礎)
        ストック・オプションによる
                                         229                 206
        普通株式増加数(千株)
                             前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間

                              (自 2015年10月1日                 (自 2016年10月1日
                               至 2015年12月31日)                 至 2016年12月31日)
     (1)基本的1株当たり四半期利益                                 146円55銭                 158円01銭

       (算定上の基礎)
        親会社の所有者に帰属する四半期利
                                        24,207                 25,647
        益金額(百万円)
                                       165,187                 162,315
        普通株式の期中平均株式数(千株)
     (2)希薄化後1株当たり四半期利益

                                      146円35銭                 157円80銭
       (算定上の基礎)
        ストック・オプションによる
                                         219                 215
        普通株式増加数(千株)
                                 23/28









                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
        7.企業結合
          前第3四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年12月31日)
           前第3四半期連結累計期間に生じた企業結合に重要性はありません。
          当第3四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年12月31日)

           (nolax    Airbag    AG.の取得)
           (1)企業結合の概要
             2016年7月13日に、当社グループはスイス                     nolax   Airbag    AG.(2016年7月に社名をNitto               Switzerland
            AGに変更しております。)の株式を100%取得いたしました。この取得は、カーテンエアバッグ向け機能
            性フィルムの事業を買収し、今後成長が見込まれるカーテンエアバッグ市場に参入するとともに、成長を
            続けているNittoのトランスポーテーション事業の領域を更に広げ、事業ポートフォリオの変革を進める
            ことを目的としております。
           (2)取得日における取得資産及び負債の公正価値、取得対価の内訳

                                           (単位:百万円)
                                            金額
                   現金及び現金同等物                              355
                                                 105
                   売上債権及びその他の債権
                                                 12
                   棚卸資産
                                                 20
                   その他の流動資産
                                                4,763
                   無形資産
                                                △86
                   仕入債務及びその他の債務
                                                 △2
                   その他の流動負債
                                                △649
                   非流動負債
                                                1,671
                   のれん
                                                6,191
                    合計
                                                5,152
                   現金
                                                1,039
                   条件付対価
                                                6,191
                    取得対価合計
             当企業結合に係る取得関連費用は、123百万円であり、すべて「販売費及び一般管理費」にて費用処理

            しております。
             のれんの内容は、主に期待される将来の収益力に関連して発生したものであります。当該のれんは税法
            上、損金には計上できません。
             企業結合による条件付対価は、被取得企業の特定の業績指標達成水準等に応じて追加で支払う契約と
            なっており貨幣の時間価値を考慮して計算しております。なお、当社が条件付対価契約に基づき要求され
            得るすべての将来の支払額は、2,208百万円(割引前)であります。
           (3)子会社の取得による支出

                                           (単位:百万円)
                                            金額
                   取得対価合計                             6,191
                                               △1,039
                   取得対価に含まれる条件付対価
                                                △355
                   取得した子会社における現金及び現金同等物
                                                4,796
                    子会社の取得による支出
           (4)当社グループの業績に与える影響

             要約四半期連結損益計算書には、取得日以降にNitto                         Switzerland      AGから生じた売上収益556百万円及
            び四半期損失119百万円が含まれております。また、当企業結合が期首に実施されたと仮定した場合の売
            上収益は1,028百万円、四半期損失は113百万円であります。なお、この見積り額は監査証明を受けており
            ません。
                                 24/28



                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
           (Irvine     Pharmaceutical        Services及びAvrio         Biopharmaceuticalsの取得)
           (1)企業結合の概要
             2016年10月17日に、当社グループは日東電工アビシア社を通して、医療品の分析サービスを提供する
            Irvine    Pharmaceutical        Services社及び、医療品無菌充填サービスを提供するAvrio                            Biopharmaceuticals
            社の資産買収を行い、新会社「日東アビシアファーマサービス社(Nitto                                  Avecia    Pharma    Services社)」
            を設立いたしました。本買収により得られる新たな分析・製造能力を最大限に活用し、今後市場拡大が見
            込まれる核酸医薬で更なる事業拡大をすることを目的としております。
           (2)取得日における取得資産及び負債の公正価値、取得対価の内訳

                                           (単位:百万円)
                                            金額
                   売上債権及びその他の債権                              295
                                                 16
                   その他の流動資産
                                                1,709
                   有形固定資産
                                                 188
                   無形資産
                                                △95
                   仕入債務及びその他の債務
                                                △286
                   その他の流動負債
                                                3,048
                   のれん
                                                4,875
                    合計
                   現金                             4,752
                                                 123
                   条件付対価
                                                4,875
                    取得対価合計
             上記のうち、一部の金額については取得原価の配分が完了していないため、現時点で入手可能な合理的

            情報に基づき算定された暫定的な公正価値となっております。
             当企業結合に係る取得関連費用は、170百万円であり、すべて「販売費及び一般管理費」にて費用処理
            しております。
             のれんの内容は、主          に期待される将来の収益力に関連して発生したもので                         あります。なお、税法上損金
            算入を見込んでいるのれんの金額は3,048百万円であります。
             企業結合による条件付対価は              、被取得企業の特定の業績指標達成水準に応じて追加で支払う契約となっ
            ており貨幣の時間価値を考慮して計算しております。なお、当社が条件付対価契約に基づき要求され得る
            すべての将来の支払額は、524百万円(割引前)であります。
           (3)事業譲受による支出

                                           (単位:百万円)
                                            金額
                   取得対価合計                             4,875
                                                △123
                   取得対価に含まれる条件付対価
                                                4,752
                    事業譲受による支出
           (4)当社グループの業績に与える影響

             要約四半期連結損益計算書には、取得日以降にNitto                          Avecia    Pharma    Services社から生じた売上収益
            559百万円及び四半期損失4百万円が含まれております。また、当企業結合が期首に実施されたと仮定した
            場合の売上収益は        1,854百万円、四半期損失は71百万円であります。なお、この見積り額は監査証明を受
            けておりません。
        8.重要な後発事象

          該当事項はありません。
                                 25/28




                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2016年10月31日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当による配当金の総額……………………12,173百万円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………75円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2016年11月25日
       (注)2016年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行いました。
                                 26/28



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                       日東電工株式会社(E01888)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2017年2月2日

     日東電工株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任 あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              竹内  毅  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              千田 健悟  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              廣田 昌己  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日東電工株式会

     社の2016年4月1日から2017年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2016年10月1日から2016年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、す
     なわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レビューを
     行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、日東電工株式会社及び連結子会社の2016年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期
     連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正
     に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 28/28


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。