株式会社ティビィシィ・スキヤツト 有価証券報告書 第49期(平成27年11月1日-平成28年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第49期(平成27年11月1日-平成28年10月31日)

提出日:

提出者:株式会社ティビィシィ・スキヤツト

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年1月31日

     【事業年度】                      第49期(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

     【会社名】                      株式会社ティビィシィ・スキヤツト

     【英訳名】                      TBCSCAT    Inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 安田 茂幸

     【本店の所在の場所】                      栃木県小山市城東一丁目6番33号

     【電話番号】                      0285-23-5151

     【事務連絡者氏名】                      常務取締役経営管理本部長 古澤 誠一

     【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区日本橋本町三丁目8番4号

                          ユニゾ日本橋本町三丁目ビル7階
     【電話番号】                      03-5623-9670

     【事務連絡者氏名】                      常務取締役経営管理本部長 古澤 誠一

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
             回次             第47期       第48期       第49期

            決算年月            平成26年10月       平成27年10月       平成28年10月

                         3,275,873       2,925,136       2,866,513

     売上高               (千円)
                           319,829       214,283       239,874

     経常利益               (千円)
     親会社株主に帰属する
                           184,493       111,118       143,197
                    (千円)
     当期純利益
                           184,493       111,118       143,197
     包括利益               (千円)
                         1,420,683       1,519,052       1,649,500

     純資産額               (千円)
                         3,021,334       2,962,897       3,022,629

     総資産額               (千円)
                          1,114.28       1,191.44       1,293.75

     1株当たり純資産額               (円)
                           144.70        87.15       112.31

     1株当たり当期純利益金額               (円)
     潜在株式調整後

                    (円)         ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
                            47.0       51.3       54.6

     自己資本比率               (%)
                            13.8        7.6       9.0

     自己資本利益率               (%)
     株価収益率               (倍)         ―       ―       ―

     営業活動による
                           312,401       112,657       328,234
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                          △ 75,635       21,654      △ 87,786
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                         △ 301,040       △ 89,984      △ 89,466
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                           906,336       950,664      1,101,646
                    (千円)
     の期末残高
                             197       200       196
     従業員数
                    (名)
                           〔 90 〕     〔 85 〕     〔 71 〕
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕
      (注)   1.当社は第47期より連結財務諸表を作成しております。

        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.第47期、第48期及び第49期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づ
          き、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
        6.当社は、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っておりますが、第47期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
          ます。
        7.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
          り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
                                  2/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
             回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期

            決算年月            平成24年10月       平成25年10月       平成26年10月       平成27年10月       平成28年10月

                         2,636,319       2,570,980       2,568,666       2,219,906       2,155,565

     売上高               (千円)
                           217,288       229,926       236,376       141,277       153,783

     経常利益               (千円)
                           55,060      112,233       132,667       66,079       88,499

     当期純利益               (千円)
                           200,000       200,000       200,000       200,000       200,000

     資本金               (千円)
                           455,000       455,000       455,000       455,000      1,820,000

     発行済株式総数                (株)
                         1,358,752       1,189,374       1,314,072       1,367,402       1,443,151

     純資産額               (千円)
                         2,347,094       2,168,544       2,019,106       1,999,761       2,070,436

     総資産額               (千円)
                           746.57       932.86      1,030.66       1,072.49       1,131.90

     1株当たり純資産額                (円)
                             20       25       40       40       15
     1株当たり配当額
                     (円)
     (1株当たり中間配当額)
                             ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
                            30.25       79.56      104.05       51.83       69.41
     1株当たり当期純利益金額                (円)
     潜在株式調整後

                     (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
                            57.9       54.8       65.1       68.4       69.7

     自己資本比率                (%)
                             4.1       8.8      10.6       4.9       6.3

     自己資本利益率                (%)
     株価収益率                (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

                            16.5       7.9       9.6      19.3       21.6

     配当性向                (%)
                             130       131       131       131       120

     従業員数
                     (名)
                           〔 71 〕     〔 54 〕     〔 36 〕     〔 37 〕     〔 30 〕
     〔ほか、平均臨時雇用人員〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.第47期以降の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任監査
          法人により監査を受けておりますが、第45期及び第46期の財務諸表については、監査を受けておりません。
        5.当社は、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っておりますが、第45期の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
          ます。1株当たり配当額については、当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。
                                  3/92







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       創業者である齋藤靜枝が、「中小企業への経営支援を通じた社会貢献」を目的に、栃木県小山市にて、昭和43年2
      月に有限会社斉藤経営事務所を、昭和44年12月に大栄土地建物株式会社を、昭和47年11月に株式会社栃木県ビジネス
      センターを設立しました。
       その後昭和52年6月に、有限会社斉藤経営事務所の事業を引き継いだ株式会社栃木県ビジネスセンターと大栄土地
      建物株式会社が合併(存続会社は、大栄土地建物株式会社)し、旧社名の頭文字(                                      T ochigiken     B usiness    C enter)から
      株式会社ティビィシィと商号変更しました。
       一方、昭和56年3月に、現在の美容サロン向けICT事業の前身であるスキヤツト株式会社が設立されました。
       その後、平成3年3月に株式会社ティビィシィとスキヤツト株式会社及び4社(株式会社ティビィシィ・オフィス
      機器、株式会社ティビィシィ中央経営コンサルタンツ、株式会社ティビィシィ病医院経営研究所、株式会社ティビィ
      シィサンエス)との合併に伴い、商号を「株式会社ティビィシィ・スキヤツト」に変更し、現在に至っております。
       また、平成16年6月に設立されたTBCシルバーサービス株式会社を平成18年11月に子会社化し、平成24年3月に
      完全子会社化しました。
        年月                            概要

      昭和44年12月        大栄土地建物株式会社(現当社)を栃木県小山市に設立
      昭和52年6月        合併により株式会社ティビィシィに商号変更
      昭和56年3月        スキヤツト株式会社が群馬県邑楽郡に設立(現美容サロン向けICT事業)
      平成2年2月        スキヤツト株式会社が宮城県仙台市に販売拠点を設置(現当社仙台販売拠点)
      平成3年3月        合併により株式会社ティビィシィ・スキヤツトに商号変更
      平成5年9月        福岡県福岡市に販売拠点を設置
      平成8年2月        Windows版の美容サロン専用システム「ザ・ビューティ」(※1)を発売
      平成11年10月        業務拡大に伴い、東京都中央区に東京本社を設置
      平成13年7月        ASP(※2)を利用したWeb予約システムのサービスを開始
      平成14年2月        愛知県名古屋市に販売拠点を設置
          11月        広島県広島市に販売拠点を設置
      平成15年7月        大阪府大阪市に販売拠点を設置
      平成16年6月        TBCシルバーサービス株式会社が栃木県佐野市に設立
          11月        人材派遣・業務請負事業を栃木県中心に開始
      平成18年11月        TBCシルバーサービス株式会社を子会社化し、介護ビジネスに参入
              (栃木県、群馬県、長野県で展開)
      平成19年2月        栃木県宇都宮市に販売拠点を設置
      平成19年7月        美容サロン向け来店促進システム「メールマイスター」、「予約マイスター」を発売
      平成21年4月        美容サロン専用システム「スーパービューティ」を発売
      平成23年11月        美容サロン総合Webポータルサイト「へあぽた」をオープン
              自治体請負事業に参入し、栃木県、宇都宮市より就職支援事業を受託
      平成24年3月        TBCシルバーサービス株式会社を完全子会社化
      平成25年1月        iPad等に連携する複数のWebコンテンツシステムのリリース
              クラウドバックアップサービスの開始
          12月        美容サロン向け来店促進システムとして、スマートフォン用「マイページ」を発売
      平成26年11月        「Sacla」(クラウドを利用したサロンソリューションシステム)を発売
      平成27年7月        美容ディーラー専用システムの後継機「i-SCAP                      EX」を発売
          10月        製造業向け一般労働者派遣事業からの撤退
          11月        北海道札幌市に販売拠点を設置
      平成28年4月        美容サロン専用 スマートフォン向けアプリ「Salon                         Appli(サロンアプリ)」を発売
          12月        東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
      ※1.ザ・ビューティー
         美容サロン向けPOSレジ顧客管理システムであり、Windows(当時はWindows95)に対応したソフトウエアシ
        ステムです。その後「スーパービューティ」「Sacla」の基礎となったソフトウエアシステムです。
                                  4/92

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      ※2.ASP(Application             Service    Provider)
         アプリケーションソフト等のサービス(機能)をネットワーク経由で提供する事業者・仕組み等をいいます。
      [概要図]

                                  5/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは、当社及び連結子会社1社(TBCシルバーサービス株式会社)の計2社で構成されており、当社
      においては、美容サロン向けICT(※1)事業と中小企業向けビジネスサービス事業、連結子会社においては、介
      護サービス事業を営んでおります。
       当社の社是は「中小企業への経営支援を通じた社会貢献」であり、ICTを活用した商品・サービスの提供によ
      り、中小企業の経営をサポートすることが事業の中心となっております。
       当社及び連結子会社の事業内容は、次のとおりであります。なお、以下の事業区分は、「第5経理の状況                                                 1連結財
      務諸表等     (1)連結財務諸表        注記事項」に掲げる報告セグメントの区分と同一であります。
      (1)  美容サロン向けICT事業

        当事業においては、主に美容サロン向けに当社が開発したPOSレジ顧客管理システム「Sacla(サクラ)」と美
       容ディーラー専用販売管理システム「i-SCAP                     EX」を販売しております。
        当事業において当社は、開発・販売・集客支援・保守までをワンストップで提供しており、全国に8拠点(北海
       道札幌市、宮城県仙台市、栃木県宇都宮市、東京都中央区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、広島県広島市、福岡
       県福岡市)を設置し、事業を展開しております。
       ① POSレジ顧客管理システム「Sacla」

          美容サロンのレジと連携し、顧客管理及び販売管理を行うシステムです。このシステムは、美容サロンの顧
         客の来店歴、商品購買歴及び施術内容等を記録し集計・分析できる機能を有しております。美容サロンはその
         分析結果と別途オプションにて提供される集客支援ツールを利用し、来店顧客数増加やサービスの向上に繋げ
         ることが可能となっております。
       ②  集客支援ツール

          「Sacla]と連携する美容サロンの集客支援ツールは下記のとおりであります。その他、新規顧客開発支援の
         一環で、美容室総合検索サイト「へあぽた」を提供するなど、様々な集客支援ツールにより美容サロンの集
         客・囲い込み支援のニーズに応えております。
         品  目                       内     容

                  スマートフォン向けアプリ

                  このアプリは美容サロン個々のオリジナルのアイコンで作成されます。美容サロンは店で
        Salon   Appli
                  ダウンロードサイトを提示し顧客にダウンロードしてもらいます。美容サロンの顧客が美
        (サロンアプリ)
                  容室コードをアプリに登録することにより会員証の役割を果たし、既存のツールである予
                  約マイスターやマイページ等が利用できます。
                  スマートフォン、携帯、パソコン及びSalon                     Appliに対応したWeb上の予約システムで
        予約マイスター
                  24時間365日の受付が可能です。
                  美容サロンの顧客向けメール(来店促進)配信サービス。既存メールとSalon                                     Appliへの
        メールマイスター         プッシュ通知(※2)やSalon               Appliアイコンへのバッチ表示(※3)でリアルタイムな
                  通知が可能です。
                  インターネット上の個人カルテ
        マイページ
                  利用者のヘアスタイル(写真及び動画)や施術履歴及び美容サロンのキャンペーン情報
                  を、スマートフォンやパソコン等で確認できるサービス
                  美容室総合検索ポータルサイト
        へあぽた
                  インターネットにより美容サロンを探している顧客に、ニーズにあった美容サロンを紹介
                  するポータルサイトです。
       ③   美容ディーラー専用販売管理システム「i-SCAP                      EX」

          美容ディーラー専用販売管理システム「i-SCAP                       EX」とは、美容サロンにシャンプー等を卸しているディー
         ラー(業者)向けの顧客管理・販売管理システムのことで、在庫管理や営業支援を行うシステムです。
          ・在庫管理:美容商材メーカー等の物流システムとも連携し、複数倉庫、車載在庫、美容サロンへの委託在
                庫等の多様な形態の在庫に対応した管理システム
          ・営業管理:ハンディターミナル(※4)による販売支援(作業時間の短縮、データ入力及び管理)
                スマートフォンやタブレット端末による美容サロンへの販売データ検索機能による営業支援
                請求区分を細分化(業務用・店舗販売用・社員使用等)して管理
                                  6/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ④   セールス及びサポート体制
          各販売拠点には、それぞれ専任の営業スタッフと保守サービススタッフを配置しております。これにより、
         システムが適正に稼働するようサポートするとともに、システム活用のコンサルティングを行っております。
          さらに、当社商品及びICTソリューションに関する知識を有した専属インストラクターが所属するコール
         センターを設置し、リモートアクセス等のサービスをリアルタイムで提供することにより、顧客をサポートし
         ております。
      《用語説明》

       ※1.ICT(Information             and  Communication       Technology):情報通信技術
          IT(情報技術)に通話コミュニケーションを加えた、コンピューターやデータ通信に係る技術の総称。
       ※2.プッシュ通知
          スマートフォン等のモバイル端末に対して、加入・利用しているサービスの情報を運営側(店舗)からクラ
         イアント(お客様)に通知する仕組み。
       ※3.バッチ表示
          「バッチ」とはスマートフォンやPCの画面上にあるアプリアイコンの上に表示される数字による通知。主
         に新着などの件数表示に使用。
       ※4.ハンディターミナル
          データ収集用の携帯端末。小型で軽量のため場所を問わず入力でき、利便性に優れている。
      (2)  中小企業向けビジネスサービス事業

        中小企業向けビジネスサービス事業は、栃木県を中心に中小企業への経営支援を実践するために、BPO(ビジ
       ネス・プロセス・アウトソーシング)(※5)サービス、人材サービス、及びビジネスサービスを提供しておりま
       す。
        ① BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス:業務請負
          中小企業は経営資源が限られているため、経理処理等の業務を外部に依頼する傾向があります。当社はこの
         ような企業向けのBPOサービスを提供しており、主な内容は次のとおりです。
          ・経理代行:会計基準に則った残高試算表(月次決算)を作成
          ・事務代行:原始証憑の整理、伝票起票、会計データ入力等のサービスを提供
          ・その他 :給与計算事務代行、各種業務請負など
        ② 人材サービス:一般労働者派遣、有料職業紹介

          関与先(中小企業)の自計化(※6)支援のため、事務系人材の派遣や職業紹介等の人材サービスを提供し
         ております。
        ③ ビジネスサービス

          中小企業の自計化や成長に伴い発生する経営上の諸問題の解決のため、税理士、司法書士、行政書士、社会
         保険労務士等と連携したソリューションサービスを提供しております。
          ・リモートサービス:リモートアクセス(※7)を活用した遠隔操作により、経営指標作成等の即時対応や
                    月次決算の早期提示等を提供。
          ・経 営 分 析          :財務数値を、収益性・成長性・効率性・生産性・安全性の観点から分析して提供
          ・そ  の  他 :事業計画作成、決算代行、助成金申請、生命保険・損害保険対応、株価算定等
      《用語説明》
       ※5.BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
          企業運営上の業務を専門企業に外部委託すること。総務・人事・経理に関連するデータ処理などの業務が対
         象となるケースが多い。
       ※6.自計化
          企業自ら経理処理や会計処理等を行うこと。自計化は会計処理したデータを経営に活用することが目的。
       ※7.リモートアクセス
          通信回線を通して、遠隔地にあるコンピューター等に接続すること。遠隔地のコンピューターにリモートア
         クセスすることによって、そのコンピューターを目の前にある時と同じように直接操作することができる。
                                  7/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (3)  介護サービス事業
        介護サービス事業は、栃木県佐野市、群馬県館林市、長野県小諸市において、介護付き有料老人ホームを運営し
       介護サービスを提供しております。なお、当社の介護サービスは介護保険法上の居宅サービスに該当し、各県から
       「居宅サービス事業者」の指定を受けております。
        ① 介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)
          このサービスは、特定施設サービス計画に基づき、入居された要介護者に対し、入浴、排せつ、食事等の介
         護及び日常生活上の支援を行い、医療機関と連携したターミナルケア(※8)も行っております。
          さらに、東日本大震災を教訓に、有事の際の入居者へ介護サービスの継続のため、72時間の完全介護及び96
         時間の生活支援を行える体制(事業継続プログラム)を整備し対応しております。
        ② その他介護サービス
          その他介護サービスでは、長野県小諸市において「短期入所生活介護(ショートステイ)」「通所介護(デ
         イサービス)」「居宅介護支援事業」を提供しております。
      《用語説明》
       ※8.ターミナルケア
          終末期医療や看護のこと。
                                  8/92















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      [事業系統図]
      当社グループにおける事業の系統図は、次のとおりです。
                                  9/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                          議決権の所有

                             資本金      主要な事業
          名称           住所                    (又は被所有)          関係内容
                             (千円)       の内容
                                           割合(%)
     (連結子会社)
     TBCシルバーサービス                             介護サービス              役員の兼任3名
                  栃木県小山市            50,000               100.0
     株式会社 (注)2.4                                事業            従業員の出向
      (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        2.特定子会社であります。
        3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        4.TBCシルバーサービス㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占め
          る割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等  ①売上高                     714,522千円
                     ②経常利益              88,957千円
                     ③当期純利益              57,526千円
                     ④純資産額          265,357千円
                     ⑤総資産額           1,011,212千円
                                 10/92















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成28年10月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                               82  (3)

     美容サロン向けICT事業
     中小企業向けビジネスサービス事業                                          31(25)

     介護サービス事業                                          76(41)

                                                7  (2)

     全社(共通)
                                               196(71)

                 合計
      (注)   1.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除く、就業人数であります。

        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人数であります。
        3.臨時従業員には、契約社員・パートタイム社員を含み、派遣社員を除いております。
        4.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
      (2) 提出会社の状況

                                               平成28年10月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             120(30)                43.1             16.0             5,433

              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                82  (3)

     美容サロン向けICT事業
     中小企業向けビジネスサービス事業                                          31(25)

                                                7  (2)

     全社(共通)
                 合計                              120(30)

      (注)   1.従業員数は、当社から他社への出向者を除く、就業人数であります。

        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人数であります。
        3.臨時従業員には、契約社員・パートタイム社員を含み、派遣社員を除いております。
        4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        5.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
      (3) 労働組合の状況

        当社グループには、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。 
                                 11/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1) 業績
        当連結会計年度におけるわが国の経済は、企業収益や雇用環境の改善傾向が続き、緩やかな回復基調にあるもの
       の、足踏み状態が続く個人消費に加え、本年4月に発生した熊本地震に加え、6月の英国EU離脱決定など、依然
       として先行きが不透明な状況が続いております。
        このような状況のもと、当社グループは、中期計画に掲げた成長戦略の構築を推進すべく、事業の「断捨離」と
       「創造」をキーワードに、3つの事業(美容サロン向けICT事業、中小企業向けビジネスサービス事業及び介護
       サービス事業)を運営しております。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は2,866,513千円(前連結会計年度比2.0%の減少)、営業利益は217,865
       千円(同0.6%の増加)、経常利益は239,874千円(同11.9%の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は
       143,197千円(同28.9%の増加)となりました。
         セグメント別の業績は、以下のとおりであります。
      ① 美容サロン向けICT事業

        美容サロン向けICT事業の主要顧客である美容業界は、国内景気が緩やかな回復基調で推移していることから
       業界全体としては堅調に推移しております。しかしながら、美容業界においては、出店競争の激化に加え、美容
       ポータルサイトが提供する紹介割引等により顧客の流動化が進む等の厳しい経営環境が続いており、マーケティン
       グ分析をはじめとする販売促進手法に対するニーズが高まっておりますが、この傾向は今後も継続するものと認識
       しております。
        当事業では、このようなニーズに対応するため、主力商品である美容サロン向けPOSレジ顧客管理システムに
       連携したスマートフォン向けアプリを平成28年4月にリリースしております。アプリのリリース効果もあり、さら
       に多店舗展開している美容サロンのリプレイス(※1)に伴い、売上が増加しております。
        以上の結果、当連結会計年度のセグメント売上高は1,665,022千円(前連結会計年度比11.4%の増加)、セグメ
       ント利益(営業利益)は148,914千円(同55.7%の増加)となりました。
      《用語説明》

       ※1.リプレイス
          現在使用しているハードウエアやソフトウエアを新しいものや同等の機能を持つ別のものに置き換える場合
         に用いる。当社では、リース期間満了に伴う買い替え販売が行われる場合にこの用語を用いる。
      ②   中小企業向けビジネスサービス事業

        中小企業向けビジネスサービス事業では、北関東を中心とした中小企業事業者への経理代行等の会計サービスや
       人材サービスを提供しており、既存顧客を中心に業務を展開し、順調に推移しました。しかし、地方自治体からの
       就職支援等の請負業務は、採算が悪化していることから当連結会計年度に終了し、また、人材サービスは派遣人数
       が縮小しております。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は467,368千円(前連結会計年度比33.7%の減少)、セグメント損失(営
       業損失)は33,558千円(前連結会計年度は29,941千円の利益)となりました。
      ③   介護サービス事業

        介護サービス事業では、介護付き有料老人ホームを3施設(栃木県佐野市、群馬県館林市、長野県小諸市)を運
       営しており、各施設への入居率の向上に取り組み、安定した収益を確保しております。
        また、地域の特色を活かした地域密着型の施設運営と、東京都や神奈川県などの大都市圏内からの施設入居希望
       者が増加したことで、施設内の入居稼動率が向上しており、収益改善に貢献しております。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は714,522千円(前連結会計年度比0.6%の増加)、セグメント利益(営業
       利益)は88,614千円(同9.3%の増加)となりました。
                                 12/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (2) キャッシュ・フローの状況
        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ150,981千円
       増加し1,101,646千円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のと
       おりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は328,234千円となりました(前連結会計年度は112,657千円の獲得)。これは主
       に、税金等調整前当期純利益239,385千円、減価償却費137,389千円によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は87,786千円となりました(前連結会計年度は21,654千円の獲得)。これは主に、
       無形固定資産の取得による支出73,757千円、有形固定資産の取得による支出14,446千円によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー) 

        財務活動の結果使用した資金は89,466千円となりました(前連結会計年度は89,984千円の使用)。これは主に、
       長期借入金の返済による支出75,192千円、配当金の支払額12,752千円によるものであります。
                                 13/92















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      (1) 生産実績
        当連結会計年度における生産金額をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 平成27年11月1日
                                       至 平成28年10月31日)
            セグメントの名称
                                 売上原価(千円)               前年同期比(%)
      美容サロン向けICT事業                                  919,897               15.5

      中小企業向けビジネスサービス事業                                  326,346              △31.2

      介護サービス事業                                  493,569               △1.5

      その他                                   8,244              △6.8

               合計                        1,748,056                △1.8

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去前の金額となっております。

        2.  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)  販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                        当連結会計年度

                                      (自 平成27年11月1日
                                       至 平成28年10月31日)
            セグメントの名称
                                 販売高(千円)               前年同期比(%)
      美容サロン向けICT事業                                 1,665,022                11.4

      中小企業向けビジネスサービス事業                                  467,154              △33.6

      介護サービス事業                                  714,522                0.6

      その他                                   19,814               15.7

               合計                        2,866,513                △2.0

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。

        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.主な相手先別の販売実績については、当該販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満であるた
          め、記載を省略しております。
      (3)  受注実績

        当社グループの販売品目は、受注生産形態をとらないため、該当事項はありません。
                                 14/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
      (1)  ICT分野における新技術への対応
        当社グループは、ICT関連技術に基づいて事業を展開しておりますが、ICT分野における新技術や新サービ
       スは激しく変化しております。これらの変化に対応するために、新技術への対応に努めてまいります。
      (2)  経営管理体制の強化

        当社グループが顧客に対して継続的かつ安定的にサービスを提供し、企業価値を向上させるためには、経営管理
       体制の更なる強化が必要と認識しております。また、経営の意思決定や社内手続きが適正に行われるよう内部統制
       の強化に努めてまいります。さらに、多様化するリスクを正しく把握し、法令遵守を徹底するとともに、経営の透
       明性を高め、市場からの信頼を得られるよう、引き続き財務報告等の開示体制の強化に努めてまいります。
      (3)  事業の再編

        当社グループは複数の事業を有しており、法改正又は政策等の影響により、場合によっては不採算事業が発生す
       ることもあります。これに対し、事業の採算、将来性等を適時にモニタリングし、事業の再編を決定・実行するこ
       とで利益体質の構築に努めてまいります。
      (4)  人材の確保と育成

        当社グループが、今後更なる業容拡大を図るためには、提供する商品・サービスの質の向上が必要不可欠であ
       り、そのためプログラム作成等の技術者や介護経験など専門スキルを持った人材の確保と従業員の育成が重要な課
       題となっております。現在、経験豊かなスタッフによるサービス提供やソリューション対応により企業の信頼性に
       寄与しておりますが、社員の平均年齢も年々高くなりつつあります。そのため人材確保・定着に関しては、採用活
       動の継続的実施により各販売拠点や介護施設の社員数の拡充を行っております。施策の一つとして介護施設ではリ
       フレッシュ休暇(有給休暇を含む5日間連続の休暇付与)等を付与するなど職場環境の改善を実施しております。
       また、予算達成のため重視している項目の達成度を数値化し公平公正な評価の運用に努めており、処遇等の改善を
       しております。さらに各役職・各階層別に応じた研修プログラム(外部研修)の充実により、当社グループの事業
       コンセプトに必要な人材育成に努めてまいります。
      (5)  ICTシステムの安定性の確保

        当社グループは、美容サロン専用経営支援システムを主力商品としています。この商品をより効果的に活用する
       ために、多くのICT商品を開発・提供しております。今後もクラウド化等の機能を有するICT商品へと移行拡
       大していく計画であります。そのためにもサーバー設備等の情報セキュリティ強化に関する投資が必要不可欠であ
       ると認識しております。今後も継続的かつ適切な投資を行うことでシステムの安定性確保に取り組んでまいりま
       す。
      (6)  コンプライアンスの徹底

        当社グループは、日常的モニタリングを含む内部牽制機能を強化し、管理人員の増員及び内部監査機能の強化
       (人員増加)に取り組んでまいります。また、更なるコンプライアンスの遵守を徹底し、健全な企業体質を構築し
       てまいります。 
                                 15/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     4  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスクに該当しない事項について
      も、投資者の投資判断上、重要と考えられる事項については積極的な情報開示の観点から記載しております。
       当社グループは、これらリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針で
      ありますが、本株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載内容も併せて慎重に行われる必要がある
      と考えております。なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであり、将
      来において発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
      (1)  業界環境に関するリスクについて

       ①技術革新への対応について
        当社グループの美容サロン向けICT事業では、ICT関連技術に基づいた事業を展開しており、今後も適時に
       顧客や市場のニーズに対応した競争力のある製品・サービスを提供していく方針であります。
        しかしながら、ICT関連業界は、新技術の開発及びそれに基づく新サービスの導入が相次いで行われており、
       非常に変化が激しいものとなっております。そのため、技術革新に対する当社グループの対応が遅れた場合には、
       当社グループの競争力が低下する可能性に加え、急激な技術革新に対応するためにシステム又は人材への投資金額
       が増大する可能性があり、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②競合の激化による影響について

        当社グループの美容サロン向けICT事業では、当社グループ商品と競合するソフトウエアを販売する業者が複
       数存在しております。また、スマートフォン向けアプリやクラウド等の新技術を活用した新規参入業者も見られま
       す。当社グループは高機能で付加価値のある魅力的な商品を投入することにより他社との差別化を図る方針であり
       ますが、他社との競合が激化し、他社に対する当社グループの優位性が失われた場合や、当社グループの想定以上
       に価格が下落した場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ③特定業種への依存について

        当社グループの美容サロン向けICT事業では、主に美容サロン業界に対し業種特化型の業務アプリケーション
       を提供することを主要な事業としております。そのため、当社グループの業績は、美容サロンの業績の動向や設備
       投資の動向の影響を受ける場合があります。当社グループは、新たな市場や事業の創出、技術領域への取り組みな
       ど事業の拡大に努めておりますが、美容サロン業界における業績の低迷や設備投資の停滞が継続した場合、当社グ
       ループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  事業内容に関するリスクについて

       ①ソフトウエアへの開発投資について
        当社グループは、美容サロン向けICT事業において、ソフトウエアへの開発投資を実施しております。当該開
       発コストのうち要件を満たしたものは、ソフトウエアとして資産計上され、商品のリリース後に、見込販売数量に
       基づく償却方法と、販売可能見込期間(3年)に基づく均等配分額のいずれか大きい額をソフトウエア償却額とし
       て計上しております。しかしながら、当該商品の販売計画を中止する意思決定を行った場合や、事前の販売見込み
       を大幅に下回る場合等、回収可能性がないと判断された場合には、ソフトウエア償却費等の追加計上が必要となる
       可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 16/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ②納品後の不具合について
        当社グループの美容サロン向けICT事業において、ソフトウエアを開発するにあたっては、商品リリース前に
       入念にテストを実施し、不具合の発生防止に努めております。また、顧客への納品時にも様々なテストを行ってお
       りますが、システムの運用段階に至ってから不具合が発生される場合も想定されます。本書提出日現在においてシ
       ステムの不具合に関して顧客から損害賠償等を請求されている事実はありません。しかしながら、当社グループの
       過失によるシステムの不具合が顧客に損害を与えた場合、損害賠償を請求される可能性や不具合を修正するために
       追加費用が発生する可能性、顧客から商品が返品される可能性、当社グループ商品の評判が低下する可能性があ
       り、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ③システムトラブル・ネットワークインフラの障害について

        当社グループの美容サロン向けICT事業において、顧客にサービスを提供するにあたっては、コンピュータシ
       ステム及びそのネットワークに多くを依存しております。当社グループは、事業の安定的な運用のため、運用監視
       サービス導入による障害時対策、サーバー冗長化構成によるバックアップ体制等の手段を講じることで、システム
       トラブルの防止及び回避に努めております。また、外部不正アクセス防止やウィルス感染対策等、セキュリティ対
       策を実施しております。
        しかしながら、地震、火災などの自然災害や、サイバーテロなどに起因するシステムトラブル又はネットワーク
       インフラの障害等により、当社グループのシステムなどが正常に稼働しない状態が発生した場合、当社グル一プが
       提供するサービスが停止し、又はサービス品質が低下する等、重大な支障が生じる可能性があり、事業展開及び業
       績並びに企業としての社会的信用に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ④有資格者及び人員の確保について

        当社グループの介護サービス事業において提供する各種サービスは、介護保険法において有資格者の配置等、一
       定の人員基準等が定められております。当社グループは、当該基準を満たすため、有資格者を含む人材獲得及び自
       社教育等による人材育成に努めております。
        当社グループは、現時点において人員確保に関して重大な支障は生じていないものと認識しておりますが、事業
       運営に必要な人員の確保が困難となった場合や既存人員の流出等が生じた場合、サービス品質の低下や介護報酬の
       減算、介護サービスの継続提供が困難となる可能性があるほか、人員確保のための待遇の見直しや求人のためのコ
       スト負担が増加する可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤高齢者介護における安全衛生管理について

        当社グループの介護サービス事業における入居者及び利用者の大半は、要支援又は要介護認定を受けている高齢
       者であります。
        当社グループは、施設人員の十分な配置、接遇・サービスにかかる教育研修や各種マニュアルの整備及び徹底
       等、安全衛生管理には十分努めておりますが、各介護サービス事業所において転倒・転落事故、食中毒、集団感染
       の発生等、当社グループにとって不測の事態が生じた場合、その原因によっては当社グループの過失責任が問われ
       る可能性があり、損害賠償請求や行政による指導又は処分が生じる可能性があるほか、当社グループの事業所運営
       に対する信用が失墜し、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑥災害等発生時の対応について

        当社グループの介護サービス事業においては、大規模な自然災害や火災等が発生した場合に備えて、各施設にス
       プリンクラーを設置し、定期的に防災訓練を実施しております。しかしながら、入居者の多くは要支援又は要介護
       認定を受けた高齢者であるため、スムーズな避難が困難である可能性があります。自然災害が発生した場合に事前
       の想定通りに適切な対応ができなかった場合、当社グループの責任が問われ、当社グループが損害賠償を求められ
       る可能性や、当社グループの信用力が低下する可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼ
       す可能性があります。
                                 17/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ⑦機密情報の管理について
        当社グループでは、美容サロン向けICT事業において顧客情報や美容サロンユーザーの情報等、中小企業向け
       ビジネスサービス事業において顧客情報や顧客の財務情報等、介護サービス事業において入居者・利用者の情報
       等、多数の機密情報を取り扱っております。そのため、機密情報管理体制の整備、社員教育の徹底や情報漏洩防止
       ソフトウエアの導入等により、外部からの不正アクセス、情報データの持ち出し等による機密情報の漏洩を防止す
       るよう対策を講じております。しかしながら、不測の事態によりこれらの機密情報が外部に流出した場合、対応す
       るための費用が発生する可能性や、事業を停止せざるをえない可能性、当社グループの社会的信用が失墜する可能
       性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧知的財産権の侵害について

        当社グループは第三者の知的財産権を侵害しないよう常に注意を払って事業展開しております。現時点において
       当社グループが第三者の知的財産権を侵害している事実はないものと認識しておりますが、将来において当社グ
       ループの認識の範囲外で第三者の知的財産権を侵害してしまった場合、当該第三者から損害賠償請求や使用差止請
       求等の訴訟を提起される可能性があり、その場合、当社グループの事業運営、財務状態及び経営成績に影響を及ぼ
       す可能性があります。
      (3)  法的規制について

       ①インターネット上の事業展開に係る法的規制について
        当社グループの美容サロン向けICT事業においては、美容サロン向けPOSレジ顧客管理システム「Sacla」に
       おけるクラウドによるバックアップ機能、「Salon                        Appli」「予約マイスター」「マイページ」「へあぽた」等、イ
       ンターネットを利用したサービスを提供しております。
        近年、インターネット上のトラブル等への対応として、インターネット関連事業を規制する法令は徐々に整備さ
       れている状況にあり、当社グループのインターネットを利用したサービスは、「電気通信事業法」「特定電気通信
       役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)」「不正アクセス
       行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)」等、各種法令により規制を受けております。
        現時点において当該法令により事業展開に支障を生じている事実はありませんが、今後インターネットの利用や
       関連するサービス及びインターネット関連事業を営む事業者を規制対象として、新たな法令等の制定や既存法令の
       解釈変更等がなされた場合には、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
       ②一般労働者派遣及び有料職業紹介に係る法規制について

        当社グループの中小企業向けビジネスサービス事業においては、厚生労働大臣の許可を受け、一般労働者派遣事
       業及び有料職業紹介事業を行っております。
                             所轄官庁

             許認可等の名称                               有効期限
        1  一般労働者派遣事業許可証                  厚生労働省            平成30年      6月30日
        2  有料職業紹介事業許可証                  厚生労働省            平成32年12月31日
        一般労働者派遣事業については、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

       (労働者派遣法)」において、派遣元事業主(当社グループ)が欠格事由に該当した場合や、法令に違反した場
       合、事業許可の取消もしくは業務停止を命じられる旨が規定されております。また、有料職業紹介事業についても
       「職業安定法」に基づき、同様の処分がなされる旨が規定されております。現時点において上記に抵触する事実は
       ありませんが、今後何らかの理由により、当社グループに事業許可の取り消しや業務停止が命じられた場合には、
       財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 18/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
          許認可等の名称                法令違反及び主な許認可取消事由
                     労働者派遣法その他労働者派遣に関する法令もしくはこれに基づく処分に違反行為
                     があったとき、法人(業務を行う役員を含む)が労働者派遣法第6条許可の欠格事
        一般労働者派遣事業許可証              由に該当するに至ったときは、許可の取消または業務の停止を処する。
                     1)欠格事由:労働者派遣法 第6条(許可の欠格事由)
                     2)欠格事由に該当してはならない者の範囲:会社の役員、派遣元責任者
                     職業安定法その他職業紹介に関する法令もしくはこれに基づく処分に違反行為が
                     あったとき、法人(業務を行う役員を含む)が職業安定法第32条許可の欠格事由に
        有料職業紹介事業許可証             該当するに至ったときは、許可の取消または業務の停止を処する。
                     1)欠格事由:職業安定法 第32条(許可の欠格事由)
                     2)欠格事由に該当してはならない者の範囲:会社の役員
        また、当社グループが一般労働者派遣事業及び有料職業紹介事業を継続するにあたっては、上記法令及びその関
       連法令を遵守する必要があります。当社グループは、社員教育や内部監査室によるモニタリングにより、法令遵守
       に努める方針でありますが、労働市場を取り巻く社会情勢の変化に応じて関連法令の改正又は解釈の変更が行われ
       る可能性があります。法改正等の方向性によっては、当社グループの事業運営に制約が生じる可能性や、管理体制
       整備のため費用が増加する可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性がありま
       す。
       ③介護サービス事業に係る法規制について

        当社グループの介護サービス事業において提供されるサービスは、介護保険法に基づくサービスが中心となって
       おり、「介護保険法」その他関連諸法令の規制を受けております。
           許認可等の名称                     所轄官庁        有効期限

        1  介護保険事業所                     栃木県         ―
        2  特定施設入居者生活介護                     栃木県        平成30年8月31日
        3  介護予防特定施設入居者生活介護                     栃木県        平成30年8月31日
        ▶  介護保険事業所                     群馬県          ―
        5  特定施設入居者居宅介護                     群馬県         平成30年5月31日
        6  介護予防特定施設入居者生活介護                     群馬県         平成32年6月30日
        7  介護保険事業所                     長野県          ―
        8  通所介護                     長野県         平成29年11月15日
        9  短期入所生活介護                     長野県         平成29年11月15日
        10  特定施設入居者生活介護                     長野県         平成29年11月15日
        11  介護予防短期入所生活介護                     長野県         平成30年3月31日
        12  介護予防特定施設入居者生活介護                     長野県         平成30年3月31日
        13  介護予防通所介護                     長野県         平成30年3月31日
        14  居宅介護支援                     長野県         平成30年4月30日
        介護サービス事業を行うにあたっては、サービスの種類及び事業所毎に都道府県知事に申請し、指定を受ける必

       要があります。指定を受けるためには、定められた人員、設備及び運営基準を満たす必要があります。現時点にお
       いて上記に抵触する事実はありませんが、今後何らかの理由により、この基準を維持できない場合や法令に違反し
       た場合等、指定の取消事由に該当した場合、指定が取り消される可能性があり、当社グループの財政状態及び経営
       成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 19/92





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
         許認可等の名称                   法令違反及び主な許認可取消事由
                         都道府県知事は、介護保険法及び老人福祉法その他法令もしくはこれに基
                         づく処分に違反行為があったとき、法人(業務を行う役員を含む)が介護
        介護保険事業所
                         保険法第104条の指定の取消事由に該当するに至ったときは、指定の取消に
                         処する。
                         市町村長は、介護保険法及び老人福祉法その他法令もしくはこれに基づく
                         処分に違反行為があったとき、法人(業務を行う役員を含む)が介護保険
        通所介護
                         法第78条10の指定の取消事由に該当するに至ったときは、指定の取消に処
                         する。
        短期入所生活介護                  同 上
        特定施設入居者生活介護                  同 上
        介護予防短期入所生活介護                  同 上
        介護予防特定施設入居者生活介護                  同 上
        介護予防通所介護                  同 上
        居宅介護支援                  同 上
        なお、介護保険制度は、5年毎に制度全般の見直し、3年毎に介護報酬の改定が行われております。介護報酬の

       引き下げ等、当社グループにとって不利な方向で法令の改正又は報酬改定が行われた場合、当社グループの財政状
       態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
      (4)  その他について

       ①減損会計の適用について
        当社グループは、事業用の資産として土地・建物等の固定資産を有しており、各事業の収益性が低下した場合で
       あっても速やかに対応策を講じることにより、収益性向上に努めております。
        しかしながら、競合その他の理由によって、各事業の収益性が著しく低下する場合には、減損損失の計上が必要
       となり、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       ②特定の地域への依存について

        当社グループの中小企業向けビジネスサービス事業は、主に栃木県を中心に事業展開しております。また、介護
       サービス事業は、栃木県、群馬県、及び長野県に3施設を有しております。関東地方に大規模な地震等の自然災害
       が発生した場合、エリアが集中していることもあり、これら2事業の事業活動を停止せざるをえない可能性や、建
       物や設備等が損傷し、その修復に多大な費用が必要となる可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に
       影響を及ぼす可能性があります。
       ③資金使途について

        当社の自己株式の処分による調達資金の使途については、ソフトウエア等商品開発の資金に充当する予定であり
       ます。しかしながら、外部環境等の影響により、目論見通りに事業計画が進展せず、調達資金が上記の予定通りに
       使用されない可能性があります。また、予定通りに使用された場合でも、想定通りの効果を上げることができず、
       当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     5  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
     6  【研究開発活動】

       当連結会計年度の研究開発活動は、顧客ニーズに適応した商品を開発すべく研究を日々重ねております。
       当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発費の総額は、81千円であり、その全額が当社の主力セグ
       メントである美容サロン向けICT事業に対するものであります。
                                 20/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日において当社グループが判断したものであります。
      (1)  重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。その作成には、経営者により会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に
       影響を与える見積りを必要としております。これらの見積りについては、過去の実績等を勘案し合理的に判断して
       おりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りとは異なる場合があります。    
      (2)  経営成績の分析

        当連結会計年度における経営成績は、売上高につきましては2,866,513千円、売上総利益1,118,456千円、営業利
       益217,865千円、経常利益239,874千円、親会社株主に帰属する当期純利益は143,197千円となりました。
       ①売上高

        当連結会計年度の売上高は、2,866,513千円(前連結会計年度比2.0%の減少)となりました。
        売上高の分析につきましては「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (1)業績」をご参照ください。
       ②売上原価

        当連結会計年度の売上原価は、1,748,056千円(前連結会計年度比1.8%の減少)となりました。
        これは主として、中小企業向けビジネスサービス事業の派遣・請負事業縮小に伴う労務費等の211,128千円の減
       少、期末仕掛品の65,709千円の減少、商品仕入高の74,995千円の増加によるものであります。
       ③販売費及び一般管理費

        当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、900,591千円(前連結会計年度比2.9%の減少)となりました。
        これは主として、従業員給与の9,846千円の減少、研究開発費の6,368千円の減少、旅費の5,276千円の減少による
       ものであります。
       ④営業外損益

        当連結会計年度の営業外収益は、30,067千円(前連結会計年度比483.0%の増加)となりました。これは主とし
       て、保険解約返戻金25,894千円を計上したことによるものであります。
        営業外費用は、8,058千円(同7.8%の増加)となりました。これは主として、支払手数料の2,000千円の増加、支
       払利息の1,325千円の減少によるものであります。
       ⑤特別損益

        当連結会計年度の特別損失は、489千円(前連結会計年度比68.5%の減少)となりました。これは主として、固定
       資産除却損の921千円の減少によるものであります。
                                 21/92







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (3)  財政状態の分析
       ①流動資産 
        当連結会計年度末における流動資産の残高は1,408,630千円(前連結会計年度末比125,511千円の増加)となりま
       した。これは主として、現金及び預金の増加(同150,981千円の増加)、売掛金の増加(同42,831千円の増加)、仕
       掛品の減少(同65,709千円の減少)によるものであります。
       ②固定資産 

        当連結会計年度末における固定資産の残高は1,613,998千円(前連結会計年度末比65,780千円の減少)となりまし
       た。これは主として、保険積立金の減少(同20,932千円の減少)によるものであります。
       ③流動負債 

        当連結会計年度末における流動負債の残高は454,538千円(前連結会計年度末比7,898千円の減少)となりまし
       た。これは主として、未払費用の減少(同41,524千円の減少)、未払金の減少(同10,324千円の減少)、未払法人
       税等の増加(同46,105千円の増加)によるものであります。
       ④固定負債 

        当連結会計年度末における固定負債の残高は918,590千円(前連結会計年度末比62,817千円の減少)となりまし
       た。これは主として、長期借入金の減少(同75,192千円の減少)によるものであります。
       ⑤純資産 

        当連結会計年度末における純資産の残高は1,649,500千円(前連結会計年度末比130,447千円の増加)となりまし
       た。これは、利益剰余金の増加(同130,447千円の増加)によるものであります。
        以上の結果、当連結会計年度末の総資産は3,022,629千円(前連結会計年度末比59,731千円の増加)となりまし

       た。 
      (4)  キャッシュ・フローの状況

        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「第2 事業の状況 1 業績等の概要(2)キャッ
       シュ・フローの状況」をご参照ください。 
      (5)経営成績に重要な影響を与える要因について 

        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 4 事業のリスク」に記
       載のとおり、業界環境、事業内容、法的規制等様々なリスク要因があると認識しております。
      (6)  経営者の問題認識と今後の方針について

        当グループが今後、持続的な成長を果たすためには、「第2 事業の状況 3 対処すべき課題」に記載の様々
       な課題に対処していくことが必要であると認識しております。これらの課題に対し常に最大限入手可能な情報に基
       づき、現在及び将来の事業環境を認識し最適且つ迅速な対応に努めていく方針であります。
                                 22/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

        当連結会計年度の設備投資については、主力商品の機能の充実・強化を目的とした設備投資を継続的に実施し
       て おります。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資も含めて記載しております。
        当連結会計年度の設備投資の総額は90,891千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおり

       であります。
       (1)  美容サロン向けICT事業

         当連結会計年度の設備投資は、主力商品の機能の充実・強化を目的とし、ソフトウエアを中心に投資を実施し
        ました。その総額は80,206千円となっております。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
       (2)  中小企業向けビジネスサービス事業

         当連結会計年度の設備投資及び、重要な設備の除却または売却はありません。
       (3)  介護サービス事業

         当連結会計年度の設備投資は、工具器具及び備品を中心としており、その総額は4,102千円となっております。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
       (4)  全社共通

         当連結会計年度の設備投資は、提出会社において全社共通の工具器具備品4,837千円、ソフトウエア885千円、
        及び建物附属設備860千円であります。
         なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 23/92











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2  【主要な設備の状況】
      (1) 提出会社
                                               平成28年10月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
       事業所名
                                                       従業員数
              セグメン
                    設備の内容
              トの名称
                                                        (名)
       (所在地)
                           建物            土地     ソフト
                                工具、器具
                                                  合計
                                及び備品
                          及び構築物            (面積㎡)      ウエア
                    自社製品
       東京本社       美容サロン向
                                          ―               46
                     及び       5,002      2,260          145,667      152,930
              けICT事業
                                         (―)                (1)
     (東京都中央区)
                    事務所設備
       小山本社
                                       83,197                 10
                ―   事務所設備        232,983       4,580            2,502     323,264
                                      (1,650.12)                  (1)
     (栃木県小山市)
      賃貸等不動産
                                       88,721                  ―
                ―    賃貸設備       59,865        ―            ―   148,587
                                      (2,644.41)                  (―)
     (栃木県小山市)
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書きしております。
        4.上記の他、事務所を賃借しており、年間賃借料は、下記のとおりであります。
              事業所名

                                          年間賃借料
                       セグメントの名称          設備の内容
                                           (千円)
              (所在地)
              東京本社        美容サロン向け 
                                  事務所           45,732
            (東京都中央区)            ICT事業
      (2) 国内子会社

                                              平成28年10月31日現在
                                          帳簿価額(千円)
                                                       従業員
               事業所名       セグメントの
                                                         数
       会社名                      設備の内容
               (所在地)         名称
                                    建物及び      土地
                                                        (名)
                                               その他     合計
                                     構築物     (面積㎡)
     TBCシルバー          みずき佐野                           110,077               25
                      介護サービス事業
                               施設     476,975           4,844    591,898
     サービス㈱         (栃木県佐野市)                           (4,090.47)               (13)
     TBCシルバー          あすか小諸                            60,740              33
                      介護サービス事業
                               施設     147,904           2,467    211,111
     サービス㈱         (長野県小諸市)                           (1,972.28)               (21)
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.  帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品、車両運搬具の合計であります。
        4.  従業員数の( )は、臨時従業員数を外書きしております。
        5.上記の他、施設を賃借しており、年間賃借料は、下記のとおりであります。
                      事業所名        セグメントの

                                             年間賃借料
             会社名                         設備の内容
                                              (千円)
                      (所在地)          名称
           TBCシルバー          みずき館林
                             介護サービス事業
                                       施設       18,405
           サービス㈱         (群馬県館林市)
     3  【設備の新設、除却等の計画】


        該当事項はありません。

                                 24/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     5,200,000

                  計                                    5,200,000

      (注) 平成28年7月21日開催の臨時株主総会の決議により、当社定款の一部が変更され、発行可能株式総数は

         3,900,000株増加し、5,200,000株となっております。
       ②  【発行済株式】
                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年10月31日)          (平成29年1月31日)
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           1,820,000          1,820,000       JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計          1,820,000          1,820,000          ―            ―
      (注)   1.平成28年6月14日開催の取締役会の決議により、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で

          株式分割を行っております。これにより発行済株式総数は1,365,000株増加し、1,820,000株となっており
          ます。
          また、平成28年7月21日開催の臨時株主総会の決議により、定款変更を行い、単元株式数を100株とする
          単元株制度を導入しております。
        2.当社は、平成28年12月27日付で東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場いたしました。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成28年7月21日
                  1,365,000       1,820,000           ―    200,000          ―    143,198
     (注)
      (注) 平成28年7月21日付で、普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。
                                 25/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成28年10月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数 100                株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     ▶     ―     28      ―     ―    159     191       ―
     (人)
     所有株式数
               ―   1,200       ―   1,578       ―     ―   15,399     18,177      2,300
     (単元)
     所有株式数
               ―    6.60       ―    8.68       ―     ―   84.72     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)   1.自己株式545,024株は、「個人その他」に5,450単元、「単元未満株式の状況」に24株含まれております。
        2.平成28年6月14日開催の取締役会決議により、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株
          式分割を行っております。これにより、発行済株式総数は1,365,000株増加し、1,820,000株となっており
          ます。
          また、平成28年7月21日開催の臨時株主総会の決議により、定款変更を行い、単元株式数を100株とする
          単元株制度を導入しております。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成28年10月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                                                604       33.23
     齋藤 靜枝                栃木県小山市
     キヤノンマーケティングジャパ
                                                 93       5.15
                     東京都港区港南二丁目16番6号
     ン株式会社
                                                 68       3.74
     富国生命保険相互会社                東京都千代田区内幸町二丁目2番2号
                                                 40       2.23

     安田 茂幸                神奈川県横浜市栄区
                                                 36       1.98

     東京海上日動火災保険株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
                                                 21       1.16

     田中 秀幸                栃木県栃木市
                                                 16       0.89

     齋藤 武士                栃木県小山市
                                                 13       0.73

     石塚 久美雄                北海道札幌市中央区
                                                 12       0.71

     齋藤 悦代                栃木県佐野市
                                                 12       0.66

     古澤 誠一                茨城県結城郡八千代町
            計                    ―                 918       50.47

      (注) 当社は自己株式を545千株保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。

                                 26/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成28年10月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式              ―              ―
                          545,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               12,727             ―
                         1,272,700
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           2,300
     発行済株式総数                    1,820,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           12,727             ―

      (注)   「単元未満株式」の中には、自己株式が次のとおり含まれております。

         自己株式 24株
       ②  【自己株式等】

                                               平成28年10月31日現在
                                                    発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                   栃木県小山市城東
     株式会社                             545,000          ―    545,000         29.9
                      一丁目6番33号
     ティビィシィ・スキヤツト
           計              ―         545,000          ―    545,000        29.9
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
                                 27/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           普通株式
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―      170,000         218,960
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―         ―         ―
                                                 -
     保有自己株式数                      545,024            ―      375,024            ―
      (注) 当期間における「引き受ける者の募集を行った取得自己株式」は、平成28年12月26日を払込期日とするブック

         ビルディング方式による募集、並びに平成29年1月20日を払込期日とする第三者割当(オーバーアロットメン
         トによる売出しに伴うもの)による自己株式の処分であります。
                                 28/92











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社は、経営ビジョンの一つに「株主様から評価される会社」ということを掲げ、株主重視を経営の重要事項と位
      置付けております。株主に対する利益還元については、配当原資確保のための収益力を強化し、かつ将来の事業展開
      と経営体質を強化するために必要な内部留保を確保しつつ、積極的に株主への利益還元に取り組んでいく方針であり
      ます。
       当社の剰余金の配当は、年1回の期末配当を基本方針としておりますが、将来的な中間配当の実施に備え、会社法
      454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。なお、これら剰余金の配当の決定機
      関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       当事業年度(第49期)の剰余金の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり15円としております。
       なお、内部留保金の使途につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応する事業展開に備え、今まで以上
      にコスト競争力を高め、市場ニーズに応える技術・開発体制を強化するために投資してまいりたいと考えておりま
      す。
      (注)基準日が第49期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                決議年月日             配当金の総額(千円)              1株当たりの配当額(円)
           平成29年1月30日
                                      19,124                  15
           定時株主総会決議
     4  【株価の推移】

       当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
       なお、当社株式は平成28年12月27日付で、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場いたしました。
                                 29/92













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性9名女性1名(役員のうち女性比率10%)
                                                       所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                              昭和43年2月      ㈲斉藤経営事務所設立
                                     代表取締役就任
                              昭和44年12月      大栄土地建物㈱(現当社)設立
                                     代表取締役就任
                              昭和47年11月      ㈱栃木県ビジネスセンター設立
                                     代表取締役就任
                              昭和52年6月      大栄土地建物㈱と㈱栃木県ビジネス
                                     センターが合併し、商号を㈱ティ
     代表取締役
                                                    (注)1
            ―    齋藤 靜枝      昭和12年8月27日                                  524,728
      会長
                                     ビィシィに変更。代表取締役就任
                              平成3年3月      ㈱ティビィシィとスキヤツト㈱を含
                                     む5社が合併し、商号を㈱ティビィ
                                     シィ・スキヤツトに変更。代表取締
                                     役就任
                              平成9年1月      当社取締役退任
                              平成10年1月      当社取締役就任
                              平成24年7月      当社代表取締役会長就任(現任)
                                     日本オリベッティ㈱入社
                              昭和48年4月
                                     キヤノン販売(現キヤノンマーケティ
                              昭和55年7月
                                     ングジャパン)㈱入社
                                     スキヤツト㈱(当社に統合)の設立及
                              昭和56年3月
                                     び事業立ち上げに参画
                                     スキヤツト㈱へ役員として在籍出向
                              昭和61年1月
                                     (専務取締役)
                                     出向解除によりキヤノン販売㈱コン
                              平成2年7月
                                     ピューター企画課長就任
     代表取締役
                                                    (注)1
                                     ソニック㈱へ役員として在籍出向(代
            ―    安田 茂幸      昭和24年12月1日        平成3年1月                          40,520
      社長
                                     表取締役社長)
                                     出向解除によりキヤノン販売㈱             IT
                              平成13年1月
                                     ソリューション本部副本部長就任
                              平成14年4月
                                     当社入社
                              平成14年5月      当社専務取締役就任
                              平成16年1月      当社取締役副社長就任
                              平成16年11月      当社代表取締役社長就任(現任)
                              平成16年11月      TBCシルバーサービス㈱(当社子会
                                     社)取締役就任(現任)
                              昭和59年4月      小山物産㈱入社
                              昭和63年2月      当社入社
                              平成10年11月      当社営業副本部長就任
      取締役
                                                    (注)1
            ―    長島 秀夫      昭和36年12月22日                                  8,000
      副社長
                              平成14年1月      当社取締役就任(現任)
                              平成18年1月      当社専務取締役就任
                              平成26年1月      当社副社長就任(現任)
                              昭和54年4月      飯田会計事務所入所
                              昭和61年1月      当社入社
                              平成7年11月      当社事業部長就任
           経営管理
                                                    (注)1
     常務取締役           古澤 誠一      昭和33年6月13日                                  12,000
           本部長
                              平成11年1月      当社取締役就任
                              平成24年11月      当社経営管理本部長就任(現任)
                              平成27年1月      当社常務取締役就任(現任)
                              昭和59年10月      東京カレン㈱入社
                              昭和63年1月      当社入社
                              平成15年11月      当社営業本部長就任
                                                    (注)1
     常務取締役     営業本部長      吉川 公祐      昭和32年3月8日                                  5,200
                              平成18年1月      当社取締役就任
                              平成18年1月      当社営業本部長就任(現任)
                              平成27年1月      当社常務取締役就任(現任)
                              昭和63年4月      当社入社
                              平成26年11月      当社ビジネスサポート事業部長代理
                                     就任
           ビジネス
                              平成27年1月      TBCシルバーサービス㈱(当社子会
                                                    (注)1
      取締役     サービス      荒川 宏      昭和41年1月26日                                  3,268
                                     社)取締役就任(現任)
           事業部長
                              平成27年11月      当社ビジネスサービス事業部長就任
                                     (現任)
                              平成28年1月      当社取締役就任(現任)
                              昭和42年4月      関東信越国税局入局
                              平成7年9月      高橋税理士事務所開業(現任)
                                                    (注)1
      取締役      ―    高橋 晃       昭和22年10月30日        平成9年6月      藤井産業㈱監査役就任                      ―
                              平成17年1月      当社監査役就任
                              平成28年7月      当社取締役就任(現任)
                                 30/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                              昭和55年4月      ㈱宇都宮第一計算センター入社
                              昭和57年5月      当社入社
                              平成17年11月      当社営業副本部長就任
      監査役
                                                    (注)2
            ―    菊田 清友      昭和32年6月5日                                  8,000
      (常勤)
                              平成25年1月      当社常勤監査役就任(現任)
                              平成25年1月
                                     TBCシルバーサービス㈱(当社子会
                                     社)監査役就任(現任)
                              昭和48年4月      日本オリベッティ㈱入社
                              昭和55年9月      キヤノン販売(現キヤノンマーケティ
                                     ングジャパン)㈱入社
                              平成14年3月      キヤノンソフトウエア㈱常務取締役
                                     就任
                                                    (注)2
      監査役      ―    杉浦 芳幸      昭和24年9月24日                                   500
                              平成20年3月
                                     キヤノンソフトウエア㈱常勤監査役
                                     就任
                              平成22年3月      キヤノンソフトウエア㈱顧問就任
                              平成26年11月      ㈱パーク監査役就任(現任)
                              平成28年7月      当社監査役就任(現任)
                              平成19年1月      監査法人トーマツ入社
                              平成27年11月      西尾公認会計士事務所開業所長就任
                                     (現任)
                                                    (注)2
      監査役      ―    西尾 忍      昭和51年2月15日                                    ―
                              平成28年1月      税理士法人あさひ入社
                              平成28年5月      ㈱富士屋硝子店会計参与就任(現任)
                              平成28年7月      当社監査役就任(現任)
                             計                           602,216
      (注)   1.取締役の任期は、平成28年7月21日開催の臨時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        2.監査役の任期は、平成28年7月21日開催の臨時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度の
          うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        3.取締役 高橋晃は、社外取締役であります。
        4.監査役 杉浦芳幸及び西尾忍は、社外監査役であります。
        5.監査役 野村富男は、平成29年1月30日開催の定時株主総会終結の時をもって辞任いたしました。
                                 31/92












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、企業価値を向上させ、株主利益を最大化するためには、コーポレート・ガバナンスの更なる強化が不
        可欠であると考えております。
         具体的には、代表取締役以下、取締役等が自らを律し、適切な経営判断を行い、財務の健全性を確保してその
        信頼性を向上させ、実効性のある内部統制システムを構築し、監査役が独立性を保ち十分な監督機能を発揮する
        こと等が重要であると考えております。
       ② 企業統治の体制

        a   企業統治の体制及び概要
          当社は、監査役による取締役の意思決定・業務執行の適法性に対する監査を通じて、経営の透明性と機動的
         な意思決定に対応できる経営管理体制の維持を図る目的から監査役会制度を採用しております。また、会社法
         に基づく機関として、株主総会及び取締役のほか、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置しております。
        (取締役会) 

          取締役会は、当社の意思決定及び取締役の職務執行状況の監督・管理を行う機関であります。
          取締役会は、代表取締役社長を含む取締役7名で構成されており、経営監督機能の強化を図るため、うち1
         名を社外取締役として選任しております。
          なお、取締役会は原則として毎月1回開催しており、取締役会規程に基づいて経営並びに業務執行に関する決
         定・報告が行われております。また、別途必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会に付議さ
         れる事項は、事前に経営管理本部(経営企画室)によってとりまとめられ、補足資料を補充するなど取締役会
         の機動的な運営に努めております。
        (監査役会)

          当社は、監査役会制度を採用しており、監査役会は常勤監査役1名と非常勤監査役2名で構成されておりま
         す。また、企業経営の監督を強化するため、監査役3名のうち2名を社外監査役として選任しております。
          監査役会は、監査役会規程に基づいて、原則として毎月1回開催しております。
          監査役が、取締役会その他重要会議にも出席して必要に応じて意見を述べることで、取締役会の運営及び取
         締役の職務執行に関わる経営の監視機能の充実化が図られております。また、業務状況の確認を通じ、取締役
         の職務執行の状況を監査しております。
          なお、監査役は、内部監査担当者や会計監査人と緊密な連携を保ちながら、情報交換を行い、相互の連携を
         深めて監査の実効性と効率性の向上に努めております。
        (経営会議)

          経営会議は、常勤取締役6名、事業責任者、経理部及び総務部等により構成され、2部構成で実施しており
         ます。第1部では、コンプライアンスに係る事項(内部監査報告、内部通報報告、労務状況報告及び事業セグ
         メント毎のコンプライアンス委員会報告)を協議し、第2部では各事業の実績及び実務的な重要事項を審議
         し、経営上の重要な意思決定を迅速に反映するため定期的に開催しております。
        (内部監査室)

          当社の内部監査は、取締役社長直轄の部署である内部監査室(室員2名)で実施されます。内部監査室は監
         査役及び会計監査人と適時に情報交換を行い、業務監査に関わる監査方法や監査結果を共有しております。
          内部監査室長は、監査計画を策定し、基本的には事業年度毎のローテーションにより各組織の監査を実施し
         ております。内部監査は、法令及び社内規程の遵守状況、並びに事業活動の効率性等について、当社各部署に
         対し行い、取締役社長に結果を報告するとともに、被監査部署に対して業務改善に向け具体的に助言・勧告を
         行っております。またそれらの活動報告を経営会議において報告しております。その後の改善状況について
         は、適切な時期に内部監査室がフォローアップ監査を行います。
                                 32/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        b 会社機関・内部統制の関係を示す概要図は次のとおりであります。
         (会社機関・内部統制の関係図)
       ③ 内部統制システムの整備の状況








         当社は、業務を適切かつ効率的に執行するために、取締役会において内部統制システムの基本方針を定めてお
        ります。具体的な取締役の業務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、その他会社の業務
        の適正を確保するための体制についての概要は、次のとおりです。
        a 取締役及び使用人の職務の執行が、法令及び定款に適合することを確保するための体制

         (a) 社会的信頼と責任を果たす企業集団であるためには、コンプライアンスの徹底が経営の最重要課題であ
            ることを認識し、全役職員が高い倫理観に基づいて職務執行し、公正かつ透明性の高い経営体制を確立
            する。
         (b) 法令遵守体制の監視及び業務執行の適正の確保を目的として、取締役社長直轄の組織である内部監査室
            を設置する。
         (c)    内部監査人は、法令及び当社規程等に従い各業務が適正かつ合理的に執行されているかを定期的に監査
            し、その結果を取締役社長へ報告を行うとともに、問題のある事項については、該当部署へ改善要請を
            行う。また、監査役と連携し、必要に応じて取締役会へ報告を行う。
         (d) コンプライアンス体制の整備を行い、全従業員が、法令、定款、社内規程及び社会規範を遵守の上社会
            的責任を果たし企業理念を実践するように、定期的な社内教育を行うなど周知徹底を図る。
         (e) 当社のコンプライアンス体制は、経営管理本部を主管部署とし、内部通報(通報者の秘密管理性を確保
            し不利益を被らない制度)及び事業セグメント毎のコンプライアンス委員会(月1度開催)の報告を経
            営会議に上程し、問題ある場合は改善を指示する。また、経営会議では内部監査室による内部監査報告
            も行われ、仮にコンプライアンス違反が発生した場合は、代表取締役社長自ら問題解決にあたり、原因
            追及、再発防止に努めるとともに、責任を明確にした上で、厳正な処分を行う。
                                 33/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         (a) 取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理は、法令及び社内規程等に則り適切に保存・保管をす
            る。 
         (b) 経営に関する重要情報は、閲覧権限の明確化と周知徹底を実施し、また、社内規程等により情報漏洩の
            場合の責任及び懲罰について定める。
        c 損失の危機の管理に関する規程その他の体制

         (a) 取締役会においてリスク管理規程を制定し、取締役社長の下にリスク管理を含めたコンプライアンス体
            制を構築する。
         (b) リスク管理を含めたコンプライアンス体制は、経営管理本部を主管部署として統括し、経営管理本部長
            が管理責任者、運営事務局を経営企画室長が担い、活動計画に基づいた予防措置の実施及び緊急時の対
            応等を備えた規程等の整備と検証・見直しを図る。
         (c) 内部監査室を設置し、その職務機能として内部監査を定期的に実施し、その結果について取締役社長へ
            報告することで、リスクの現実化を未然に防止する。
         (d) 内部監査により法令、定款違反、その他の損失の危険のある業務執行が発見された場合には、その内容
            について直ちに取締役社長に報告され、また、取締役会、監査役にも報告される体制を整備する。 
        d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制 

         (a) 定例の取締役会を毎月開催し、重要事項の決定並びに取締役の業務執行状況の監督等を行う。
         (b) 担当取締役、経営幹部から構成するセグメント毎の経営会議を開催し、業務執行に関する基本的事項及
            び重要事項に係る意思決定を機動的に行う。 
         (c) 経営会議は、取締役会に次ぐ意思決定機関と位置づけ、経営に係る諸事項の審議を行うとともに、取締
            役会で承認された経営計画及び事業予算の各項目に関し、達成状況及び展開状況を検討・確認する。
         (d) 取締役社長は、経営会議に出席し、各担当取締役及び経営幹部に対し、業務上の諸事項及び予算と実績
            の乖離に対する是正を指示することにより、業務執行を適正に管理する。
         (e) 業務執行にあたり、社内規程において責任と権限を明確化し、適正な管理水準を維持する。
        e 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         (a) 当社を中心とする企業集団の業務の適正性を確保するため、当社は、子会社の持株比率を原則100%保有
            し、かつ子会社に対し当社の役員を取締役又は監査役として派遣し、子会社の業務運営を定常的に監督
            することとする。また、子会社の定時取締役会は当社の定時取締役会と同日開催とし、業務の執行状況
            等につき定期的に報告を受けるとともに、その議題及び意思決定においても企業集団としての統制を図
            る。
         (b) 子会社の業務執行については、関係会社規程により経営管理本部を主管とした損益管理、予算統制等の
            管理を実施する。
         (c) 当社の内部監査担当者は、監査役と連携し、内部監査規程に基づく子会社の業務運営に関する内部監査
            を実施し、企業集団における業務の適正及び経営リスクの軽減を確保する。
        f 監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制及び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項

         (a) 監査役は監査役会規程により、必要に応じ監査役の職務を補助する使用人を置くことができ、かつこの
            使用人の指揮権は監査役が有し、取締役の指揮命令に服さない。
         (b) 監査役の職務を補助する使用人の人事は、事前に取締役と監査役が意見交換を行い、監査役会の同意を
            得て決定する。
                                 34/92





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        g 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制、その他監査役への報告に関する体制
         (a) 取締役は、当社に重大な損失を及ぼすおそれのある事項及び違法又は不法行為を認知した場合は、法令
            に従い直ちに監査役に報告する。
         (b) 監査役は、取締役会等の業務執行の重要な会議に出席し、重要事項や損害を及ぼす恐れのある事実のほ
            か、会議の決定事項、内部監査の実施状況等の報告を受け意見を述べるとともに、主要な稟議書を閲覧
            する。
         (c) 監査役は内部統制システムの構築状況及び運用状況についての報告を取締役、内部監査人及び使用人か
            ら定期的に受けるほか、必要と判断した事項については説明を求めることができる。
         (d) 改正会社法の施行に伴い、監査役監査の実効性を確保するための体制として、取締役及び使用人(子会
            社取締役及び使用人を含む)が監査役に報告したことにより当該事項を理由として不利な取扱いを受け
            ないことを確保する。さらに、監査役の職務の遂行において生ずる費用の前払い、償還の手続き及びそ
            の他の当該職務の遂行において生ずる費用、債務の処理に係る事項を整備する。
        h その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制 

         (a) 監査役は、会社の業務及び財産の状況の調査その他の監査業務の遂行にあたり、内部監査室と緊密な連
            携を保ち、効率的・実効的な監査を実施する。
         (b) 監査役は、会計監査人と定期的な会合、往査への立合いのほか、会計監査人に対し監査の実施経過につ
            いて適時報告を求める等、監査人と緊密な連携を保ち、効率的な監査を実施する。 
         (c) 監査役は、取締役社長と定期的に会合を持ち、会社の課題、取り巻くリスク及び監査上の課題等につい
            て意見交換を行い、相互認識と信頼関係を確保する。 
        i 財務報告の信頼性確保のための体制 

         (a) 財務報告の信頼性の確保及び適正な財務諸表を作成するため、取締役会において財務報告に係る運用基
            本方針を定める。
         (b) 財務報告の信頼性と適正性を確保するため関係諸法令に基づき、財務報告に係る内部統制システムを整
            備し、その維持・改善に努める。
        j 反社会的勢力の排除に関する体制

         (a) 反社会的勢力排除に向けた基本方針により、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢
            力に対し、組織的な対応と毅然とした姿勢で臨み、不当要求等を拒否し、反社会的勢力と関係を一切持
            たない。
         (b) 平素より外部専門機関等の情報収集に努め、事案の発生時には関係行政機関や法律の専門家と緊密に連
            絡を取り、組織全体として速やかに対処する。
         (c) この基本方針を役員及び従業員全員に周知徹底し、反社会的勢力との接触を事前に防止できる体制を構
            築する。
       ④ リスク管理体制の整備状況

          リスク管理規程を制定し、取締役社長の下にリスク管理を含めたコンプライアンス体制を整備しておりま
         す。
          当該体制は、経営管理本部を主管部署とし、経営管理本部長が管理責任者、運営事務局を経営企画室長が担
         い、事業に係る法令等の変更確認、ITセキュリティ対応、個人情報保護、適時開示情報管理及び不正要求防
         止について、活動計画に基づいた予防措置を実施しております。
          さらに、内部監査室は、内部監査において把握したリスク管理体制の整備・運用状況について、取締役社長
         及び経営会議に報告しております。
                                 35/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 内部監査及び監査役監査の状況
          当社は、取締役社長の直轄の組織として、内部監査室を設置し、内部監査担当者2名を選任しております。
         内部監査担当者は、当社の業務部門の監査を、内部監査計画に基づいて行い、会社の業務運営が法令、社内規
         程、経営方針等に従って、適切かつ有効に執行されているかを監査しております。監査の結果報告を取締役社
         長に行い、また、各部署への業務改善等の助言も行っております。
          監査役については、3名(うち常勤監査役を1名)を選任しております。監査役は取締役会その他重要な会
         議へ出席し、経営の監視機能強化を図るとともに、重要な決裁書類の閲覧をし、取締役の職務執行及び意思決
         定についての適正性を監査しております。
          なお、内部監査担当者、監査役及び会計監査人は、適時に協議、意見交換を行い、連携を行う体制になって
         おります。
       ⑥ 会計監査の状況

          当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。平成28年10月期における
         当社の監査体制は以下のとおりであります。当社と同監査法人及び業務執行役員との間には、特別な利害関係
         はありません。なお、継続監査年数は7年以内のため、年数の記載を省略しております。
          業務を執行した公認会計士の氏名
           指定有限責任社員 公認会計士    新井 達哉 
           指定有限責任社員 公認会計士    秋田 秀樹 
           監査業務に係る補助者の構成     公認会計士8名 その他6名
       ⑦ 社外取締役及び社外監査役

          当社は、社外取締役1名及び社外監査役2名を選任しております。当社は、社外取締役及び社外監査役を選
         任するための独立性に関する基準又は方針を明確に定めてはおりませんが、その選任においては、経歴や当社
         との関係を踏まえて、個別に判断しております。
          社外取締役の高橋晃氏は、当社社外監査役としての実績があり事業内容に精通している一方、税理士として
         長年の経験と専門知識を有しており、経営の監視において経営陣からの独立性を十分に確保できると判断した
         ため、社外取締役として選任しております。なお、当社との間に、人的関係、資本的関係、又は取引関係その
         他の利害関係はありません。
          社外監査役の杉浦芳幸氏は、上場会社での業務を通じて培われた企業人としての幅広い経験と見識、及び監
         査役としての知識・経験があり、経営の監視や適切な助言を期待でき、当社の監査体制の強化に資すると判断
         したため、社外監査役として選任しております。なお、同氏は本書提出日現在、当社株式を500株有しておりま
         すが、当社との間に、その他の人的関係、資本的関係、又は取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役の西尾忍氏は、公認会計士として長年の経験と専門知識を有しており、当社の会計監査の強化に
         資すると判断したため、社外監査役として選任しております。なお、当社との間に、人的関係、資本的関係、
         又は取引関係その他の利害関係はありません。
          社外取締役による監督又は社外監査役による監査と、内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携、並
         びに内部統制部門との関係については、取締役会及び監査役会等において意見を交換し、必要に応じて各部署
         と協議等を行っております。
                                 36/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ⑧ 役員報酬等
        a 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別総額(千円)

                    報酬等の                                   対象となる
            役員区分          総額                                役員の員数
                                 ストック              役員退職慰労
                           基本報酬              賞与
                     (千円)                                  (人)
                                 オプション             引当金繰入額
         取締役
                      91,481       82,265         ―       ―     9,216     6名
         (社外取締役を除く)
         監査役
                       8,700       8,700         ―       ―       ―   1名
         (社外監査役を除く)
         社外役員              6,600       6,600         ―       ―       ―   4名
        b 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上の者が存在しないため、記載しておりません。
        c 役員の報酬等の額の決定に関する方針

          株主総会の決議によって取締役・監査役の別に上限を定め、各役員への配分は、取締役については取締役会
         において、監査役については監査役会が決定しております。 
       ⑨ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

        a 当社は、職務遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定
         により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の
         賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議をもって免除することができる旨を定款に定めておりま
         す。     
        b 当社は株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会決議をもって、毎年4月30日の最終株主名簿に記載又
         は記録された株主及び登録株主質権者に対し、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        c 当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得する旨を定款に定

         めております。
       ⑩ 取締役の定数

         当社は取締役の定数を10名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑪ 株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議
        決権を行使することができる株主の議決権を3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
        もって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株
        主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
       ⑫ 責任限定契約の内容の概要

         当社定款において、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役は、会社法427条第1項の規定に
        基づき、同法423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がないときは、法令が定める額を限度として責任
        を限定する契約を締結することができる旨を定めており、本書提出日現在、当社と社外取締役1名及び監査役3
        名との間で、会社法第425条第1項に定める最低限度額を限度として、責任限定契約を締結しております。
                                 37/92





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               19,300             ―        27,480             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

          計             19,300             ―        27,480             ―

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         事前に見積書の提示を受け、監査計画、監査日数及び当社の規模等を総括的に勘案し、監査法人と協議の上決
        定しております。
                                 38/92













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年11月1日から平成28年10月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年11月1日から平成28年10月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任
      監査法人により監査を受けております。
     3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容の変更等を適時適切に把握し、的確に対応できるようにするため、各種セミナー等への参加を通じて積極的に情報
      収集活動に努めております。
                                 39/92














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成27年10月31日)              (平成28年10月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         950,664             1,101,646
         現金及び預金
                                         178,324              221,155
         売掛金
                                          21,047              24,722
         商品
                                          72,946               7,236
         仕掛品
                                          25,369              31,926
         繰延税金資産
                                          34,916              22,283
         その他
                                          △ 150             △ 340
         貸倒引当金
                                        1,283,118              1,408,630
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1  1,833,364            ※1  1,831,626
           建物及び構築物
                                        △ 873,756             △ 904,268
             減価償却累計額
                                         959,609              927,357
             建物及び構築物(純額)
                                       ※1  342,737            ※1  342,737
           土地
                                       ※2  141,706            ※2  146,405
           その他
                                        △ 125,039             △ 123,304
             減価償却累計額
                                          16,667              23,101
             その他(純額)
                                        1,319,014              1,293,196
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         147,037              148,357
           ソフトウエア
                                          47,214              29,996
           その他
                                         194,251              178,354
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          90,591              88,554
           繰延税金資産
                                          93,812              71,370
           その他
                                         △ 17,891             △ 17,476
           貸倒引当金
                                         166,512              142,448
           投資その他の資産合計
                                        1,679,779              1,613,998
         固定資産合計
                                        2,962,897              3,022,629
       資産合計
                                 40/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年10月31日)              (平成28年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         61,414              61,852
         買掛金
                                       ※1  75,192            ※1  75,192
         1年内返済予定の長期借入金
                                         223,025              181,500
         未払費用
                                         19,505              65,610
         未払法人税等
                                         83,300              70,382
         その他
                                         462,437              454,538
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※1  605,563            ※1  530,371
         長期借入金
                                         293,562              291,375
         退職給付に係る負債
                                         61,090              70,306
         役員退職慰労引当金
                                         21,192              26,536
         その他
                                         981,407              918,590
         固定負債合計
       負債合計                                 1,443,845              1,373,129
      純資産の部
       株主資本
                                         200,000              200,000
         資本金
                                         143,198              143,198
         資本剰余金
                                        1,448,365              1,578,813
         利益剰余金
                                        △ 272,512             △ 272,512
         自己株式
                                        1,519,052              1,649,500
         株主資本合計
                                        1,519,052              1,649,500
       純資産合計
                                        2,962,897              3,022,629
      負債純資産合計
                                 41/92











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年11月1日              (自 平成27年11月1日
                                 至 平成27年10月31日)               至 平成28年10月31日)
                                        2,925,136              2,866,513
      売上高
                                      ※2  1,780,724            ※2  1,748,056
      売上原価
                                        1,144,411              1,118,456
      売上総利益
                                     ※1 , ※2  927,813           ※1 , ※2  900,591
      販売費及び一般管理費
                                         216,598              217,865
      営業利益
      営業外収益
                                           192               82
       受取利息
                                           23              30
       受取配当金
                                          1,565              1,796
       施設利用料
                                           697              233
       受取手数料
                                          1,680               240
       貸倒引当金戻入額
                                            3             808
       助成金収入
                                                       25,894
       保険解約返戻金                                    ―
                                           995              982
       その他
                                          5,157              30,067
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          7,269              5,944
       支払利息
                                                        2,000
       支払手数料                                    ―
                                           203              113
       その他
                                          7,472              8,058
       営業外費用合計
                                         214,283              239,874
      経常利益
      特別損失
                                        ※3  1,410             ※3  489
       固定資産除却損
                                          1,554               489
       特別損失合計
                                         ※4  144
       減損損失                                                   ―
                                         212,729              239,385
      税金等調整前当期純利益
                                         84,872              100,707
      法人税、住民税及び事業税
                                         16,737              △ 4,519
      法人税等調整額
                                         101,610               96,187
      法人税等合計
                                         111,118              143,197
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益                                      ―              ―
                                         111,118              143,197
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 42/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年11月1日              (自 平成27年11月1日
                                 至 平成27年10月31日)               至 平成28年10月31日)
                                         111,118              143,197
      当期純利益
                                            ―              ―
      その他の包括利益
                                         111,118              143,197
      包括利益
      (内訳)
                                         111,118              143,197
       親会社株主に係る包括利益
                                 43/92

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
         前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                                                     純資産合計
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   200,000       143,198      1,349,996       △ 272,512      1,420,683       1,420,683
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 12,749              △ 12,749      △ 12,749
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 111,118              111,118       111,118
      る当期純利益
                                 98,368              98,368       98,368
     当期変動額合計                ―       ―              ―
                   200,000       143,198      1,448,365       △ 272,512      1,519,052       1,519,052
     当期末残高
         当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                                                     純資産合計
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   200,000       143,198      1,448,365       △ 272,512      1,519,052       1,519,052
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 12,749              △ 12,749      △ 12,749
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 143,197              143,197       143,197
      る当期純利益
                                 130,447              130,447       130,447
     当期変動額合計                ―       ―              ―
                   200,000       143,198      1,578,813       △ 272,512      1,649,500       1,649,500
     当期末残高
                                 44/92












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年11月1日              (自 平成27年11月1日
                                 至 平成27年10月31日)               至 平成28年10月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         212,729              239,385
       税金等調整前当期純利益
                                         123,641              137,389
       減価償却費
                                           144
       減損損失                                                   ―
                                         △ 1,489              △ 224
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 215             △ 112
       受取利息及び受取配当金
                                          7,269              5,944
       支払利息
                                          1,410               489
       固定資産除却損
                                         △ 5,004              9,216
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         12,731              △ 2,186
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          1,213             △ 42,831
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 46,011              61,900
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          2,173               437
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           69           △ 41,524
       未払費用の増減額(△は減少)
                                         △ 4,734             △ 4,429
       前受金の増減額(△は減少)
                                        △ 32,983              28,565
       その他
                                         270,945              392,018
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   215              112
                                         △ 7,195             △ 5,967
       利息の支払額
                                                        1,843
       法人税等の還付額                                    ―
                                        △ 151,306              △ 59,772
       法人税等の支払額
                                         112,657              328,234
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         135,495
       定期預金の払戻による収入                                                   ―
                                         △ 9,145             △ 14,446
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,162              △ 922
       有形固定資産の除却による支出
                                        △ 105,212              △ 73,757
       無形固定資産の取得による支出
                                          1,680              1,341
       その他
                                         21,654             △ 87,786
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 75,192             △ 75,192
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 2,045             △ 1,521
       リース債務の返済による支出
                                        △ 12,746             △ 12,752
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 89,984             △ 89,466
                                         44,328              150,981
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         906,336              950,664
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  950,664           ※1  1,101,646
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 45/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1. 連結の範囲に関する事項
          すべての子会社を連結しております。
          連結子会社の数
           1 社
          連結子会社名 
          TBCシルバーサービス㈱ 
       2. 持分法の適用に関する事項

         該当する会社はありません。 
       3. 連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。 
       4. 会計方針に関する事項

        (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
         ① 商 品 総平均法による原価法(収益性低下による簿価切下げの方法)
         ② 仕掛品 個別法による原価法(収益性低下による簿価切下げの方法)
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

          ①有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。ただし、平成10年4月以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平
          成28年4月以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物及び構築物          3年    ~    50年
            その他          2年    ~    18年
          ②無形固定資産(リース資産を除く)  

          (a)ソフトウエア
           市場販売目的ソフトウエア              見込み販売数量に基づく償却額と、販売可能見込期間(3年)に基づく均等
                         配分額とを比較し、いずれか大きい額を計上しております。
           自社利用ソフトウエア              社内における利用可能見込期間(3~5年)に基づく定額法を採用しており
                         ます。
          (b)その他無形固定資産

           定額法を採用しております。  
          ③リース資産 

           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。 
                                 46/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (3)  重要な引当金の計上基準
          ①貸倒引当金  
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等、特定の債
         権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          ②役員退職慰労引当金

          役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
        (4)     退職給付に係る会計処理の方法

          当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
         給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (5) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であ
         り、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
        (6) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

          消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。 
                                 47/92













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       (会計方針の変更)
       (企業結合に関する会計基準等の適用)
        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
       う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と
       いう。)、及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会
       計基準」という。)等を当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動に
       よる差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法
       に変更いたしました。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定
       による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更いた
       します。加えて、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っておりま
       す。当該表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については連結財務諸表の組替えを行っております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58―2項(4)、連結会計基準第44―5項(4)及
       び事業分離等会計基準第57―4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将
       来にわたって適用しております。
        当連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得又は
       売却に係るキャッシュ・フローについては、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載し、連結範囲の
       変動を伴う子会社株式の取得関連費用もしくは連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得又は売却に関連して生
       じた費用に係るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載する方法に変更して
       おります。
        なお、当連結会計年度において、連結財務諸表及び1株当たり情報に与える影響額はありません。
       (減価償却方法の変更)

        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
       報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び
       構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        なお、この変更による当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微で
       あります。
       (未適用の会計基準等)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
      (1) 概要

        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断
       に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見
       積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
         い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2) 適用予定日

        平成29年10月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (追加情報)

        該当事項はありません。
                                 48/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (連結貸借対照表関係)
     ※1    担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (平成27年10月31日)                 (平成28年10月31日)
        建物及び構築物                         635,005    千円             619,169    千円
        土地                         167,719     〃             167,719     〃
        計                         802,724    千円             786,888    千円
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (平成27年10月31日)                 (平成28年10月31日)
        1年内返済予定の長期借入金                          57,204   千円              57,204   千円
        長期借入金                         505,010     〃             447,806     〃
        計                         562,214    千円             505,010    千円
     ※2 圧縮記帳額

        国庫補助金等により有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額及びその内訳は、次のとおりでありま
       す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年10月31日)                 (平成28年10月31日)
        圧縮記帳額                          1,953   千円              1,953   千円
        (うち、工具、器具及び備品)                          1,953    〃              1,953    〃
                                 49/92













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (連結損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    平成26年11月1日              (自    平成27年11月1日
                             至   平成27年10月31日)               至   平成28年10月31日)
                                 102,912                 108,365
        役員報酬                             千円                 千円
                                 303,309                 293,462
        従業員給与                              〃                  〃
                                  14,147    〃             15,027    〃
        退職給付費用
                                  9,715    〃             9,216    〃
        役員退職慰労引当金繰入
     ※2    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                 前連結会計年度                          当連結会計年度

               (自    平成26年11月1日                       (自    平成27年11月1日
                至   平成27年10月31日)                        至   平成28年10月31日)
                     6,450                            81
                        千円                          千円
     ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    平成26年11月1日              (自    平成27年11月1日
                             至   平成27年10月31日)               至   平成28年10月31日)
        建物及び構築物                          1,162   千円               289  千円
        その他(工具、器具及び備品)                           248  千円               199  千円
        計                          1,410   千円               489  千円
     ※4 減損損失

       前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
        前連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          場所             用途             種類             金額

     栃木県小山市             遊休資産             電話加入権                     144千円
       当社グループは、事業用資産は事業所を基礎として、資産をグルーピングしております。なお、遊休資産について
      は個別にグルーピングしております。
       上記の電話加入権は遊休状態にあり、将来の用途が定まっていないことから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し
      当該減少額を減損損失として特別損失に計上しました。
       遊休資産の回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、上記の電話加入権は売却が見込まれないため、零
      として算定しております。
       当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

        該当事項はありません。 
                                 50/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (連結包括利益計算書関係)
       その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
       該当事項はありません。
                                 51/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
      1. 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 455,000              ―           ―        455,000
      2. 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 136,256              ―           ―        136,256
      3. 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
      4. 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成27年1月29日
                普通株式           12,749           40  平成26年10月31日         平成27年1月30日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
     平成28年1月28日
               普通株式      利益剰余金         12,749         40  平成27年10月31日         平成28年1月29日
     定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

      1. 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 455,000          1,365,000               ―       1,820,000
       (注)   1.当社は、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。

         2.普通株式の発行済株式総数の増加1,365,000株は株式分割によるものであります。
      2. 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 136,256           408,768              ―        545,024
       (注)   1.当社は、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。

         2.普通株式の自己株式数の増加408,768株は株式分割によるものであります。
      3. 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
      4. 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年1月28日
                普通株式           12,749           40  平成27年10月31日         平成28年1月29日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
                                 52/92

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     平成29年1月30日
               普通株式      利益剰余金         19,124         15  平成28年10月31日         平成29年1月31日
     定時株主総会
       (注)    平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。
                                 53/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
       す。
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                             (自    平成26年11月1日             (自    平成27年11月1日
                              至   平成27年10月31日)             至   平成28年10月31日)
        現金及び預金                         950,664    千円           1,101,646     千円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                            ―  〃               ―  〃
        現金及び現金同等物                         950,664    千円           1,101,646     千円
        (リース取引関係)

      1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①リース資産の内容
        ・有形固定資産
         主として有料老人ホーム事業関連における送迎用車両及び介護記録システムであります。 
        ②リース資産の減価償却の方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         なお、リース取引会計基準の改正適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については通常

        の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、次の内容のとおりであります。
       (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額

                                                 (単位:千円)
                            前連結会計年度(平成27年10月31日)
                    取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
       建物                  227,099             106,925             120,173
       合計                  227,099             106,925             120,173
                                                 (単位:千円)
                            当連結会計年度(平成28年10月31日)
                    取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
       建物                  227,099             118,280             108,818
       合計                  227,099             118,280             108,818
       (2)未経過リース料期末残高相当額等

                                                    (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成27年10月31日)                 (平成28年10月31日)
        未経過リース料期末残高相当額
        1年内                              11,414                 11,675
        1年超                              123,520                 111,844
        合計                              134,935                 123,520
                                 54/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       (3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
                                                    (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成26年11月1日                 (自 平成27年11月1日
                             至 平成27年10月31日)                   至 平成28年10月31日)
        支払リース料                              14,350                 14,350
        減価償却費相当額                              11,354                 11,354
        支払利息相当額                               3,190                 2,935
       (4)減価償却費相当額の算定方法   

        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
       (5)利息相当額の算定方法

        リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法に
       よっております。
      2.オペレーティング・リース取引

       (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成27年10月31日)                 (平成28年10月31日)
        1年内                               4,506                 4,506
        1年超                              43,187                 38,681
        合計                              47,694                 43,187
                                 55/92












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (金融商品関係)
      1. 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については基本的に銀行借入
        による方針です。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、デリバティブ取引は行わない方針でありま
        す。
       (2)金融商品の内容及びリスク

         営業債権である売掛金は、一連の正常な営業循環過程で発生するものであり、顧客の信用リスクに晒されてお
        ります。
         営業債務である買掛金等は、そのほとんどが2ケ月以内の支払期日であります。
         借入金は設備投資を目的とした資金であり、償還日は決算日後、最長で9年後であります。これは、金利変動
        のリスクに晒されております。
       (3)金融商品に係るリスクの管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行に関するリスク)の管理
         当社は、債権管理規程に従い、営業債権については各事業の業務管理担当が、主要な取引先を定期的にモニタ
        リングし、取引相手ごとに期日及び残高を確認するとともに、回収懸念債権の早期把握や軽減を図っておりま
        す。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
        ②資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理 
         当社は、毎月経営管理本部長が経理部から資金繰り実績の報告を受けるとともに、手許流動性が適切に維持さ
        れているかを検討するにあたり、流動性比率及び当座比率の動向に注意をし、流動性リスクを管理しておりま
        す。連結子会社においても同様の管理を行うとともに親会社への報告を実施しております。 
        ③市場リスク(金利等の変動リスク)の管理
         当社グループの借入金は、すべて変動金利によるものですが、借入の償還日までの金利上昇に対するリスク
        は、常に市場の金利動向に注意を払い、定期的に把握された金利を管理し、その変動に対するリスクヘッジを講
        じます。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明 

          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格のない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用すること
         により、当該価額が変動することがあります。  
                                 56/92







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2. 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(平成27年10月31日)
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                              950,664            950,664               ―
     (2)  売掛金
                              178,324            178,324               ―
                               △150            △150              ―
       貸倒引当金 ※
                              178,173            178,173               ―
            資産計                 1,128,838            1,128,838                ―
     (1)  買掛金
                              61,414            61,414               ―
     (2)  未払費用
                              223,025            223,025               ―
     (3)  未払法人税等
                              19,505            19,505               ―
     (4)  長期借入金(1年以内返済予
                              680,755            680,755               ―
       定のものを含む)
            負債計                  984,700            984,700               ―
      (※) 売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
       当連結会計年度(平成28年10月31日)

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             1,101,646            1,101,646                ―
     (2)  売掛金
                              221,155            221,155               ―
                               △340            △340              ―
       貸倒引当金 ※
                              220,814            220,814               ―
            資産計                 1,322,461            1,322,461                ―
     (1)  買掛金
                              61,852            61,852               ―
     (2)  未払費用
                              181,500            181,500               ―
     (3)  未払法人税等
                              65,610            65,610               ―
     (4)  長期借入金(1年以内返済予
                              605,563            605,563               ―
       定のものを含む)
            負債計                  914,527            914,527               ―
      (※) 売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      資   産
       (1)現金及び預金、 (2)売掛金 
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。 
      負   債

       (1)買掛金、(2)未払費用、(3)未払法人税等             
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
       (4)長期借入金

        長期借入金はすべて変動金利であり、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額に近似していることか
       ら、当該帳簿価額によっております。
                                 57/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     (注2)金銭債権の連結決算日後の償還予定額
       前連結会計年度(平成27年10月31日)
                                        1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                            950,664          ―       ―       ―
     売掛金                            178,324          ―       ―       ―
                 合計                1,128,988           ―       ―       ―
       当連結会計年度(平成28年10月31日)

                                        1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
     現金及び預金                           1,101,646           ―       ―       ―
     売掛金                            221,155          ―       ―       ―
                 合計                1,322,802           ―       ―       ―
     (注3)長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

       前連結会計年度(平成27年10月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                75,192       75,192       75,192       75,192       75,192      304,795
          合計           75,192       75,192       75,192       75,192       75,192      304,795
       当連結会計年度(平成28年10月31日)

                           1年超       2年超       3年超       4年超

                    1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                75,192       75,192       75,192       75,192       75,192      229,603
          合計           75,192       75,192       75,192       75,192       75,192      229,603
                                 58/92










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
       重要性が乏しいため記載を省略しております。
        (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社グループは、退職金規定に基づく退職一時金制度を採用しております。 
        なお、退職給付に係る負債及び退職給付費用の算定にあたり、簡便法を採用しております。
      2.確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                                      (千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年11月1日              (自 平成27年11月1日
                                 至 平成27年10月31日)               至 平成28年10月31日)
       退職給付に係る負債の期首残高                                  280,831              293,562
        退職給付費用                                  33,691              36,925
        退職給付の支払額                                 △20,960              △39,112
       退職給付に係る負債の期末残高                                  293,562              291,375
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                      (千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年10月31日)              (平成28年10月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                                  293,562              291,375
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  293,562              291,375
       退職給付に係る負債                                  293,562              291,375

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  293,562              291,375
       (3)  退職給付費用

       簡便法で計算した退職給付費用          前連結会計年度                                33,691千円       当連結会計年度36,925千円
                                 59/92










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (平成27年10月31日)            (平成28年10月31日)
        繰延税金資産
         退職給付に係る負債                                 88,270   千円        84,404   千円
         減損損失                                 34,293    〃        32,179    〃
         未払賞与                                 27,411    〃        25,443    〃
         役員退職慰労引当金                                 19,585    〃        21,415    〃
         貸倒引当金                                 5,782    〃         5,427    〃
         未払事業税                                 1,059    〃         5,363    〃
         資産除去債務                                 4,971    〃         4,796    〃
         減価償却超過額                                 1,477    〃         3,609    〃
                                        10,600    〃        11,046    〃
         その他
        繰延税金資産小計
                                        193,452    千円        193,686    千円
                                        △66,249      〃       △65,638     〃
        評価性引当額
        繰延税金資産合計
                                        127,203    千円        128,047    千円
        繰延税金負債

         資産除去債務に対応する除去費用                                △1,729     〃        △1,372     〃
         未収還付事業税                                △3,281     〃           ―  〃
                                        △6,230     〃        △6,192     〃
         その他
        繰延税金負債合計                                △11,241     〃        △7,565     〃
        繰延税金資産純額                                115,961    千円        120,482    千円
       (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

          流動資産-繰延税金資産                               25,369   千円         31,926   千円

          固定資産-繰延税金資産                               90,591    〃         88,554    〃
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                    前連結会計年度            当連結会計年度

                                   (平成27年10月31日)            (平成28年10月31日)
        法定実効税率                                  35.38   %         32.83   %
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.71  %         0.63  %
        損金の額に算入した付帯税                                   0.55  %         0.25  %
        住民税均等割等                                   4.88  %         1.69  %
        評価性引当額の増減                                   1.04  %         1.11  %
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                   4.50  %         2.69  %
                                          0.71  %         0.98  %
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  47.77   %         40.18   %
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平
      成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税
      率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実
      効税率は、前連結会計年度の計算において使用した32.83%から平成28年11月1日に開始する連結会計年度及び平成29
                                 60/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      年11月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.69%に、平成30年11月1日に開始
      する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については、30.46%となります。
       この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は6,445千円減少し、法人税等調
      整額が6,445千円増加しております。
        (資産除去債務関係)

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 61/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (賃貸等不動産関係)
       当社は、栃木県において、賃貸用オフィスビルを所有しております。なお、オフィスビルの一部については、当社
      及び子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産としております。      
       また、当該賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上額、期
      中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成26年11月1日            (自 平成27年11月1日
                                     至 平成27年10月31日)             至 平成28年10月31日)
                             期首残高              105,307            103,718
                 連結貸借対照表計上額            期中増減額              △1,588            △2,919

      賃貸等不動産
                             期末残高              103,718            100,799
                 期末時価                           67,836            67,800

                             期首残高               34,142            32,890

                 連結貸借対照表計上額            期中増減額              △1,251            △1,163

      賃貸等不動産として
      使用される
      部分を含む不動産
                             期末残高               32,890            31,727
                 期末時価                           37,161            37,161

       (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。

         2.期末時価は、主に、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額(指標等を用いて調整を
           行ったものを含む。)であります。
       また、賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する損益は、次のとおりでありま

      す。
                                                     (単位:千円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 平成26年11月1日            (自 平成27年11月1日
                                     至 平成27年10月31日)             至 平成28年10月31日)
                 賃貸収益                           9,960            9,960
                 賃貸費用                           7,683            6,859

      賃貸等不動産
                 差額                           2,276            3,100
                 その他(売却損益等)                             ―            ―

                 賃貸収益                           6,792            9,583

                 賃貸費用                           1,726            2,031

      賃貸等不動産として
      使用される
      部分を含む不動産
                 差額                           5,065            7,552
                 その他(売却損益等)                             ―            ―

       (注)    賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、当社及び子会社が使用している部分も含むため、当

          該部分の賃貸収益は、計上されておりません。なお、当該不動産に係る費用(減価償却費、租税公課等)につ
          いては、賃貸費用に含まれております。
                                 62/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      1. 報告セグメントの概要
       (1)  報告セグメントの決定方法
         報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営
        資源の配分決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社グループは、商品・サービス別に戦略を立案し、事業活動を展開しております。したがって、当社グルー
        プは商品・サービス別のセグメントから構成されており、「美容サロン向けICT事業」、「中小企業向けビジ
        ネスサービス事業」、「介護サービス事業」の3つを報告セグメントとしております。 
       (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        ① 美容サロン向けICT事業 
         当セグメントは、美容サロン等を主要顧客とし、特定業種に特化した自社開発のパッケージソフトの提供や、I
        CT活用による経営支援及びソリューションサービスを行っております。
        ② 中小企業向けビジネスサービス事業
         当セグメントは、中小事業の人材不足を補い経営のサポートを行う目的で、人材派遣、経理・事務代行及び企
        業経営のソリューションサービスを提供しております。
        ③ 介護サービス事業
         当セグメントは、連結子会社のTBCシルバーサービス株式会社において、介護付き有料老人ホームの運営を
        主軸にした介護サービスの提供を行っております。
      2. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表作成のために採用している会計処理の方法と
       同一であります。 
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。 
        セグメント間の内部収益及び振替高は予め定めた合理的な価額に基づいております。 
      3. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)      
                                                (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             その他
                         中小企業向け
                                                    合計
                               介護サービス
                  美容サロン向け
                                             (注)
                        ビジネスサービ
                                        計
                   ICT事業
                                 事業
                          ス事業
     売上高
                   1,494,761       703,036      710,214     2,908,012        17,123     2,925,136
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                           1,625             1,625      3,360       4,985
                       ―             ―
      売上高又は振替高
                   1,494,761       704,662      710,214     2,909,638        20,483     2,930,121
           計
                    95,626      29,941      81,090      206,658       9,923      216,581
     セグメント利益
                    886,472      211,583     1,021,336      2,119,392       153,427      2,272,819
     セグメント資産
                    350,574      126,469      811,644     1,288,688             1,288,688
     セグメント負債                                           ―
     その他の項目
                    90,850       7,318      20,790      118,959       4,681      123,641
      減価償却費
      有形固定資産及び
                    108,852       1,067      2,881     112,801       1,540      114,341
      無形固定資産の増加額
      (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等を含んでおりま
         す。
                                 63/92



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)      
                                                (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             その他
                         中小企業向け
                                                    合計
                               介護サービス
                  美容サロン向け
                                             (注)
                        ビジネスサービ
                                        計
                   ICT事業
                                 事業
                          ス事業
     売上高
                   1,665,022       467,154      714,522     2,846,698        19,814     2,866,513
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                            213             213     3,360       3,573
                       ―             ―
      売上高又は振替高
                   1,665,022       467,368      714,522     2,846,912        23,174     2,870,087
           計
                    148,914      △ 33,558      88,614      203,971       13,873      217,845
     セグメント利益
                    992,039      153,757     1,010,244      2,156,041       148,587      2,304,628
     セグメント資産
                    370,452      102,023      745,855     1,218,331             1,218,331
     セグメント負債                                           ―
     その他の項目
                    105,861       6,747      20,416      133,024       4,365      137,389
      減価償却費
      有形固定資産及び
                    80,206             4,102      84,309             84,309
                             ―                   ―
      無形固定資産の増加額
      (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等を含んでおりま
         す。
      4. 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                  (単位:千円)
                 売上高                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                  2,909,638             2,846,912
     「その他」の区分の売上高                                    20,483             23,174
     セグメント間取引消去                                   △4,985             △3,573
     連結財務諸表の売上高                                  2,925,136             2,866,513
                                                    (単位:千円)

                 利益                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                   206,658             203,971
     「その他」の区分の利益                                     9,923             13,873
     その他                                      17             20
     連結財務諸表の営業利益                                   216,598             217,865
                                                    (単位:千円)

                 資産                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                  2,119,392             2,156,041
     「その他」の区分の資産                                   153,427             148,587
     全社資産 (注)                                   690,078             718,000
     その他                                       ―             ―
     連結財務諸表の資産合計                                  2,962,897             3,022,629
      (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない、本社建物、流動資産等であります。

                                 64/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                 負債                  前連結会計年度             当連結会計年度
     報告セグメント計                                  1,288,688             1,218,331
     「その他」の区分の負債                                       ―             ―
     全社負債 (注)                                   155,315             154,808
     セグメント間の取引消去                                     △158              △10
     連結財務諸表の負債合計                                  1,443,845             1,373,129
      (注)全社負債は、主に報告セグメントに帰属しない、未払費用等及び退職給付に係る負債であります。

                                                    (単位:千円)

                 報告セグメント計             その他         調整額(注)        連結財務諸表計上額
       その他の項目
                 前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結
                 会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度
     減価償却費            118,959     133,024      4,681     4,365       ―     ―  123,641     137,389
     有形固定資産及び
                 112,801      84,309      1,540       ―   1,888     6,582    116,229      90,891
     無形固定資産の増加額
      (注)    有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                       は、主に報告セグメントに帰属しない、本社建物等の設備投
         資増加額であります。
                                 65/92














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
         【関連情報】
      前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
      1.  製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.  地域ごとの情報

       (1) 売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
       (2) 有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.  主要な顧客ごとの情報

        連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の主要顧客はありません。
      当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

      1.  製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.  地域ごとの情報

       (1) 売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
       (2) 有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3.  主要な顧客ごとの情報

        連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の主要顧客はありません。
                                 66/92










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
                                                     (単位:千円)
                   中小企業向け
                          介護サービス
            美容サロン向け
                                報告                  全社・消去
                   ビジネスサービ
                                         その他              合計
             ICT事業
                            事業
                                セグメント計               (注)
                    ス事業
                                                   144       144
     減損損失            ―       ―       ―       ―       ―
         (注)全社・消去の金額は、報告セグメントに帰属しない電話加入権の減損損失であります。

       当連結会計年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)

         該当事項はありません。 
                                 67/92

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
       重要性が乏しいため記載を省略しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                 68/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    平成26年11月1日               (自    平成27年11月1日
                          至   平成27年10月31日)                至   平成28年10月31日)
     1株当たり純資産額                             1,191.44円                  1,293.75円
     1株当たり当期純利益金額                               87.15円                 112.31円

      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2.当社は平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定して
          おります。
        3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    平成26年11月1日           (自    平成27年11月1日
                 項目
                                 至   平成27年10月31日)           至   平成28年10月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    111,118             143,197
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         111,118             143,197
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   1,274,976             1,274,976
        4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目
                                  (平成27年10月31日)             (平成28年10月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                   1,519,052             1,649,500
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       ―             ―

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   1,519,052             1,649,500

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        1,274,976             1,274,976
     の数(株)
                                 69/92









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
       1.公募による自己株式の処分
        当社株式の平成28年12月27日の株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場に伴い、平成28
       年11月21日及び12月5日開催の取締役会において、下記のとおり公募による自己株式の処分を行うことを決議し、
       平成28年12月26日に払い込みが完了いたしました。また、同取締役会において、当社の発行する株式を以下の振替
       機関(社債、株式等の振替に関する法律第2条第2項に規定する振替機関をいう。)にて取扱うことについて同意
       することを決議しております。
        名称  株式会社証券保管振替機構
        住所  東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       (1)募集方法        一般募集(ブックビルディング方式による募集)
       (2)発行する株式数     普通株式  140,000株
       (3)発行価格        1株につき  1,400円 
       (4)引受価額        1株につき  1,288円
       (5)資本金組入額      本募集は、自己株式処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れ
                      されません。
       (6)引受金額の総額     180,320千円
       (7)払込期日        平成28年12月26日
       (8)資金の使途       主に、美容サロン向けPOSレジ顧客管理システム及び美容ディーラー向け販売管
                      理システムのバージョンアップ費用に充当する予定であります。
       2.第三者割当てによる自己株式の処分

        当社は上場に伴い、平成28年11月21日及び12月5日開催の取締役会において、オーバーアロットメントによる売
       出しに関連して、SMBCフレンド証券株式会社が当社株主である齋藤靜枝より借り入れる当社普通株式の返還に
       必要な株式を取得させるため、同社を割当先とする以下の内容の第三者割当てによる自己株式の処分を行うことを
       決議し、平成29年1月20日に払い込みが完了いたしました。
       (1)募集方法        一般募集(ブックビルディング方式による募集)
       (2)募集株式の種類及び数  普通株式                        30,000株
       (3)発行価格        1株につき  1,400円
       (4)引受価額        1株につき  1,288円
       (5)資本金組入額      本募集は、自己株式処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れ
                      されません。
        (6)   引受金額の総額     38,640千円    
       (7)払込期日        平成29年1月20日
       (8)資金の使途       主に、美容サロン向けPOSレジ顧客管理システム及び美容ディーラー向け販売管
                      理システムのバージョンアップ費用に充当する予定であります。   
                                 70/92







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
        該当事項はありません。
        【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                        ―         ―         ―      ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     75,192         75,192         0.93%         ―

     1年以内に返済予定のリース債務                      1,406         1,485           ―      ―

                                                 平成29年11月~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          605,563         530,371         0.93%
     のものを除く。)
                                                 平成37年8月
                                                 平成29年11月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                           1,623         5,054           ―
     のものを除く。)
                                                 平成35年3月
     その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
            合計              683,785         612,103            ―      ―

      (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

          なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
          貸借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
          済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金               75,192          75,192          75,192          75,192
           リース債務               1,324          1,141           776          776

        【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
      (2) 【その他】

        当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高          (千円)            ―          ―      2,165,078          2,866,513

     税金等調整前四半期
                (千円)            ―          ―       166,239          239,385
     (当期)純利益金額
     親会社株主に帰属
     する四半期(当期)          (千円)            ―          ―       99,160         143,197
     純利益金額
     1株当たり四半期
                (円)            ―          ―        77.77         112.31
     (当期)純利益金額
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり
                (円)            ―          ―        22.66          34.54
     四半期純利益金額
      (注)   1.  当社は、平成28年12月27日付で東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場いたしましたので、当
          連結会計年度の四半期報告書は提出しておりませんが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づ
          き、第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表について、太陽有限責任監
          査法人により四半期レビューを受けております。
                                 71/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        2.  当社は、平成28年7月21日付で、普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。当連結会計
          年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益金額を算出しておりま
          す。
                                 72/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年10月31日)              (平成28年10月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         876,669             1,026,636
         現金及び預金
                                          83,491              130,947
         売掛金
                                          20,623              24,292
         商品
                                          72,946               7,236
         仕掛品
                                            885             1,093
         貯蔵品
                                          16,367              12,690
         前払費用
                                          16,740              23,090
         繰延税金資産
                                          12,140               2,262
         その他
                                          △ 150             △ 340
         貸倒引当金
                                        1,099,713              1,227,909
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        1,001,761              1,000,871
           建物
                                        △ 685,767             △ 700,047
             減価償却累計額
                                         315,994              300,823
             建物(純額)
                                          30,646              30,646
           構築物
                                         △ 30,417             △ 30,471
             減価償却累計額
                                            228              175
             構築物(純額)
           工具、器具及び備品                               107,201              109,467
                                         △ 99,298             △ 100,635
             減価償却累計額
                                          7,902              8,832
             工具、器具及び備品(純額)
                                         171,919              171,919
           土地
                                         496,045              481,750
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         146,985              148,357
           ソフトウエア
                                          45,739              28,901
           ソフトウエア仮勘定
                                            467              158
           商標権
                                          1,008               936
           その他
                                         194,199              178,354
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            363              363
           投資有価証券
                                          56,000              56,000
           関係会社株式
                                            390              390
           出資金
                                            183               8
           破産更生債権等
                                          23,598                488
           長期前払費用
           繰延税金資産                               92,464              89,293
                                          54,695              53,354
           その他
                                         △ 17,891             △ 17,476
           貸倒引当金
                                         209,803              182,421
           投資その他の資産合計
                                         900,048              842,526
         固定資産合計
                                        1,999,761              2,070,436
       資産合計
                                 73/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年10月31日)              (平成28年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                          44,043              46,842
         買掛金
                                          30,820              17,131
         未払金
                                         163,959              127,902
         未払費用
                                          7,237              46,992
         未払法人税等
                                          13,424               9,130
         前受金
                                          2,660              2,217
         預り金
                                          12,469              15,545
         その他
                                         274,614              265,762
         流動負債合計
       固定負債
                                         281,146              275,468
         退職給付引当金
                                          61,090              70,306
         役員退職慰労引当金
                                          15,508              15,747
         資産除去債務
         固定負債合計                                357,744              361,522
       負債合計                                  632,359              627,284
      純資産の部
       株主資本
                                         200,000              200,000
         資本金
         資本剰余金
                                         143,198              143,198
           資本準備金
                                         143,198              143,198
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          9,579              10,854
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                        1,287,135              1,361,610
             繰越利益剰余金
                                        1,296,715              1,372,464
           利益剰余金合計
                                        △ 272,512             △ 272,512
         自己株式
                                        1,367,402              1,443,151
         株主資本合計
                                        1,367,402              1,443,151
       純資産合計
                                        1,999,761              2,070,436
      負債純資産合計
                                 74/92









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年11月1日              (自 平成27年11月1日
                                 至 平成27年10月31日)               至 平成28年10月31日)
                                        2,219,906              2,155,565
      売上高
      売上原価
                                         150,081              245,815
       当期製品製造原価
                                        1,129,575              1,008,672
       サービス原価
                                        1,279,657              1,254,487
       売上原価合計
                                         940,249              901,077
      売上総利益
                                       ※1  804,758            ※1  771,847
      販売費及び一般管理費
                                         135,491              129,230
      営業利益
      営業外収益
                                         ※2  274             ※2  77
       受取利息
                                        ※2  2,711            ※2  2,830
       受取配当金
                                          1,680               240
       貸倒引当金戻入額
                                                       22,125
       保険解約返戻金                                    ―
                                           697              233
       受取手数料
                                           337              276
       物品売却益
                                           288              884
       その他
                                          5,989              26,666
       営業外収益合計
      営業外費用
                                                        2,000
       支払手数料                                    ―
                                           203              113
       その他
                                           203             2,113
       営業外費用合計
      経常利益                                   141,277              153,783
      特別損失
                                        ※3  1,376             ※3  195
       固定資産除却損
                                           144
                                                          ―
       減損損失
                                          1,520               195
       特別損失合計
                                         139,757              153,587
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    57,227              68,267
                                         16,450              △ 3,179
      法人税等調整額
                                         73,677              65,088
      法人税等合計
                                         66,079              88,499
      当期純利益
                                 75/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       【売上原価明細書】
     (製造原価明細)
                                               当事業年度
                             前事業年度
                                            (自    平成27年11月1日
                          (自 平成26年11月1日
                           至 平成27年10月31日)
                                            至 平成28年10月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 労務費                         177,293       56.9          167,761       65.2
                      ※1

                               134,024                  89,417
     Ⅱ 経費                                 43.1                  34.8
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                               311,317                  257,178
       仕掛品期首たな卸高                          20,019                  72,946

           合計                         331,337                  330,125

       仕掛品期末たな卸高                          72,946                  7,236

                      ※2

       他勘定振替高                         108,309                  77,073
       当期製品製造原価                         150,081                  245,815

      (注)  ※1  主な内訳は、次のとおりであります。

                 項目             前事業年度(千円)                当事業年度(千円)
           外注費                           106,145                 53,986

           地代家賃                            12,216                12,341

         ※2  他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

                 項目             前事業年度(千円)                当事業年度(千円)
           ソフトウエア仮勘定                           101,859                 76,991

           研究開発費                            6,450                  81

                  計                    108,309                 77,073

                                 76/92









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     (サービス原価明細)
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成26年11月1日                  (自 平成27年11月1日
                           至 平成27年10月31日)                  至 平成28年10月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                          4,300       0.6           4,196       0.7
     Ⅱ 労務費                         565,740       73.0          367,515       58.3

                      ※1

                               204,686                  258,538
     Ⅲ 経費                                 26.4                  41.0
            計                          100.0                  100.0

                               774,727                  630,250
       期首商品たな卸高                          28,054                  20,623

       当期商品仕入高                         347,417                  382,217

           合計                  1,150,199                  1,033,091

       期末商品たな卸高                          20,623                  24,292

                      ※2

       他勘定振替高                             ―                 125
       サービス原価                        1,129,575                  1,008,672

      (注)  ※1  主な内訳は、次のとおりであります。

                 項目             前事業年度(千円)                当事業年度(千円)
           外注費                            19,714                18,510

           減価償却費                            73,937                88,907

           地代家賃                            22,467                23,673

         ※2  他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

                 項目             前事業年度(千円)                当事業年度(千円)
           工具、器具及び備品                              ―               125

                  計                       ―               125

        (原価計算の方法)

        当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計算であります。
                                 77/92







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 平成26年11月1日 至 平成27年10月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                  利益剰余金
                 資本金                           その他利益剰余金
                        資本準備金      資本剰余金合計        利益準備金              利益剰余金合計
                                            繰越利益剰余金
                   200,000       143,198       143,198        8,304      1,235,081       1,243,385
     当期首残高
     当期変動額
                                         1,274      △ 14,024      △ 12,749
      剰余金の配当
                                                66,079       66,079
      当期純利益
                                         1,274       52,054       53,329
     当期変動額合計                ―       ―       ―
                   200,000       143,198       143,198        9,579      1,287,135       1,296,715
     当期末残高
                    株主資本

                               純資産合計
                 自己株式      株主資本合計
                  △ 272,512      1,314,072       1,314,072
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 12,749      △ 12,749
      剰余金の配当
      当期純利益                    66,079       66,079
                          53,329       53,329
     当期変動額合計                ―
                  △ 272,512      1,367,402       1,367,402
     当期末残高
                                 78/92












                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                  利益剰余金
                 資本金                           その他利益剰余金
                        資本準備金      資本剰余金合計        利益準備金              利益剰余金合計
                                            繰越利益剰余金
                   200,000       143,198       143,198        9,579      1,287,135       1,296,715
     当期首残高
     当期変動額
                                         1,274      △ 14,024      △ 12,749
      剰余金の配当
                                                88,499       88,499
      当期純利益
                                         1,274       74,474       75,749
     当期変動額合計                ―       ―       ―
                   200,000       143,198       143,198        10,854      1,361,610       1,372,464
     当期末残高
                    株主資本

                               純資産合計
                 自己株式      株主資本合計
                  △ 272,512      1,367,402       1,367,402
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 12,749      △ 12,749
      剰余金の配当
                          88,499       88,499
      当期純利益
                          75,749       75,749
     当期変動額合計                ―
                  △ 272,512      1,443,151       1,443,151
     当期末残高
                                 79/92













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
       1. 有価証券の評価基準及び評価方法
         (1)   子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法 
         (2)   その他有価証券 
            時価のないもの
             移動平均法による原価法
       2. たな卸資産の評価基準及び評価方法

         (1)  商品
            総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法) 
         (2)  仕掛品
            個別法による原価法 (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         (3)貯蔵品
            総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       3. 固定資産の減価償却の方法

         (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。ただし、平成10年4月以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
            平成28年4月以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。  
            建物            6年    ~    50年
            構築物            10年    ~    15年
            工具、器具及び備品            3年    ~    18年
         (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

           ① 市場販売目的ソフトウエア
             見込販売数量に基づく償却額と、販売可能見込期間(3年)に基づく均等配分額とを比較し、いずれ
             か大きい額を計上しております。
           ② 自社利用ソフトウエア
             社内における利用可能期間(3~5年)に基づく定額法を採用しております。
           ③ その他無形固定資産
             定額法によっております。
       4. 引当金の計上基準

         (1)  貸倒引当金 
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実積率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。 
                                 80/92





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
         (2)  退職給付引当金 
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額(退職給付に係る期末自
            己都合要支給額を退職給付債務とする簡便法による方法により計算した金額)に基づき、必要額を計上
            しております。 
         (3)  役員退職慰労引当金 
            役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しておりま
            す。
       5. その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
         う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会
         計基準」という。)等を、当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する方
         法に変更いたしました。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確
         定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更いたし
         ます。
          企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)及び事業分離等会計基準第57-
         4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用しておりま
         す。
          なお、当事業年度において、財務諸表に与える影響はありません。
        (減価償却の方法)

          当事業年度より、法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上
         の取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
         設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          なお、当事業年度において、財務諸表に与える影響は軽微であります。
                                 81/92









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    平成26年11月1日              (自    平成27年11月1日
                             至   平成27年10月31日)               至   平成28年10月31日)
                                  92,667                 97,565
        役員報酬                             千円                 千円
                                  246,157                 228,977
        従業員給与                              〃                  〃
                                  27,900                 27,283
        減価償却費                              〃                  〃
                                  13,140                 13,885
        退職給付費用                              〃                  〃
                                   9,542                 9,216
        役員退職慰労引当金繰入額                              〃                  〃
        おおよその割合

        販売費                          37 %                38 %
        一般管理費                          63 %                62 %
     ※2    各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    平成26年11月1日              (自    平成27年11月1日
                             至   平成27年10月31日)               至   平成28年10月31日)
        受取利息                            97 千円                ― 千円
        受取配当金                          2,688    〃              2,800    〃
     ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。 

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    平成26年11月1日              (自    平成27年11月1日
                             至   平成27年10月31日)               至   平成28年10月31日)
        建物                          1,162   千円                25 千円
        工具、器具及び備品                            214   〃                97  〃
        その他                             ―  〃                72  〃
        計                          1,376   千円               195  千円
        (有価証券関係)

          子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難なため、時価を記載しておりません。
          なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                                       (単位:千円)
                        前事業年度             当事業年度
            区分
                       (平成27年10月31日)             (平成28年10月31日)
       子会社株式                      56,000             56,000
                                 82/92






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度            当事業年度
                                    (平成27年10月31日)            (平成28年10月31日)
        繰延税金資産
         退職給付引当金                                 83,920   千円        78,954   千円
         減損損失                                 34,293    〃        32,179    〃
         未払賞与                                 19,786    〃        18,464    〃
         役員退職慰労引当金                                 19,585    〃        21,415    〃
         貸倒引当金                                 5,782    〃         5,427    〃
         資産除去債務                                 4,971    〃         4,796    〃
         未払事業税                                   54  〃         3,699    〃
         減価償却超過額                                 1,468    〃         3,605    〃
                                         5,781    〃         6,047    〃
         その他
        繰延税金資産小計
                                        175,644    千円        174,590    千円
                                       △61,430     〃       △60,834     〃
        評価性引当額
        繰延税金資産合計
                                        114,214    千円        113,755    千円
        繰延税金負債

         未収還付事業税                                △3,281     〃           ―  〃
                                        △1,729     〃        △1,372     〃
         資産除去債務に対応する除去費用
        繰延税金負債合計                                △5,010     〃        △1,372     〃
        繰延税金資産純額                                109,204    千円        112,383    千円
       (注) 繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

          流動資産-繰延税金資産                               16,740   千円        23,090   千円

                                            〃           〃
          固定資産-繰延税金資産                               92,464           89,293
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                      前事業年度            当事業年度
                                    (平成27年10月31日)            (平成28年10月31日)
        法定実効税率                                  35.38   %         32.83   %
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                  1.07  %         0.98  %
        損金の額に算入した付帯税                                  0.84  %         0.39  %
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目(△)                                 △0.68   %         △0.6   %
         住民税均等割等                                   6.87  %         2.13  %
         評価性引当額の増減                                   1.77  %         1.75  %
         税率変更による繰延税金資産の減額修正                                   7.6  %          4.1  %
                                         △0.13   %         0.81  %
         その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  52.72   %         42.38   %
                                 83/92




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平
      成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等
      の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税
      率は前事業年度の計算において使用した32.06%から平成28年11月1日に開始する事業年度及び平成29年11月1日に開
      始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.69%に、平成30年11月1日に開始する事業年度以降に解消
      が見込まれる一時差異については、30.46%となります。
       この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は5,690千円減少し、法人税等調
      整額が5,690千円増加しております。
                                 84/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        (重要な後発事象)
       連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
                                 85/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                                     差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額
        資産の種類                                              残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)
                                                      (千円)
                                         計額(千円)
     有形固定資産
      建物             1,001,761        2,312      3,202    1,000,871       700,047      17,457     300,823

      構築物              30,646        ―      ―   30,646      30,471        53     175

      工具、器具及び備品              107,201       5,802      3,536     109,467      100,635       4,775      8,832

      土地              171,919         ―      ―   171,919         ―      ―   171,919

       有形固定資産計           1,311,529        8,114      6,738    1,312,905       831,154      22,285     481,750

     無形固定資産

      ソフトウエア              329,708      95,512        ―   425,220      276,862      94,139     148,357

      ソフトウエア仮勘定              45,739      76,991      93,829      28,901        ―      ―   28,901

      商標権               3,082        ―      ―    3,082      2,923       308      158

      その他               1,008        ―     72     936       ―      ―     936

       無形固定資産計            379,537      172,503      93,901     458,140      279,786      94,447     178,354

     長期前払費用              23,882        ―   23,082       800      311      26     488

      (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりです。

         ソフトウエア                     販売用ソフトウエア                 62,916   千円
                             自社利用ソフトウエア                 32,596    〃
         ソフトウエア仮勘定                     販売用ソフトウエア                 37,157    〃
                             自社利用ソフトウエア                 39,833    〃
        2.当期減少額のうち主なものは次のとおりです。

         ソフトウエア仮勘定                     販売用ソフトウエアへ振替                 62,916   千円
                             自社利用ソフトウエアへ振替                 30,913    〃
                                 86/92








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
        【引当金明細表】
                                    当期減少額         当期減少額

                   当期首残高         当期増加額                          当期末残高
          区分                          (目的使用)         (その他)
                    (千円)         (千円)                          (千円)
                                     (千円)         (千円)
     貸倒引当金                 18,042          349         183         390       17,817
     役員退職慰労金引当金                 61,090         9,216           ―         ―      70,306

      (注)   貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。

      (2)  【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 87/92















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度              毎年11月1日から10月31日まで
     定時株主総会              毎事業年度終了後3か月以内

     基準日              毎年10月31日

     株券の種類               ―

                   毎年10月31日
     剰余金の配当の基準日
                   毎年4月30日
     1単元の株式数              100株
     株式の名義書換え(注)1

       取扱場所              東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

       株主名簿管理人              東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所              みずほ信託銀行株式会社 全国各支店

       名義書換手数料              無料

       新券交付手数料               ―

     単元未満株式の買取り

       取扱場所              東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

       株主名簿管理人              東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所              みずほ信託銀行株式会社 全国各支店 (注)1

       買取手数料              無料 (注)2

                   当会社の公告方法は、電子公告としております。

                   ただし、事故その他やむ得ない事由により電子公告による公告をすることができ
     公告掲載方法
                   ない時は、日本経済新聞に掲載します。
                   http://www.tbcscat.jp/
     株主に対する特典              該当事項はありません。
      (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項

           に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなりました。
         2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が株式会社東京証券取引所に上場された日から、「株式の売買
           の委託に係る手数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
         3.当社の株主は、その有する単元株未満に株式ついて、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集株予約権の割当てを受ける権利
                                 88/92





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社はありません。
     2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)  有価証券届出書及びその添付書類

         有償一般募集増資(ブックビルディング方式による募集)及び株式売出し(ブックビルディング方式による売出
        し)平成28年11月21日関東財務局長に提出。
       (2)  有価証券届出書の訂正届出書

         上記(1)に係る訂正届出書を平成28年12月6日及び平成28年12月15日関東財務局長に提出。
                                 89/92















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 90/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年1月31日

     株式会社ティビィシィ・スキヤツト
      取締役会  御中
                         太陽有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士         新 井 達 哉             ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士             秋 田 秀 樹             ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ティビィシィ・スキヤツトの平成27年11月1日から平成28年10月31日までの連結会計年度の連結財務諸
     表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
     シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
     査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社ティビィシィ・スキヤツト及び連結子会社の平成28年10月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結
     会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      1. 重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成28年11月21日及び12月5日の取締役会において、公募によ
       る自己株式の処分を行うことを決議し、平成28年12月26日に払い込みが完了している。
      2. 重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成28年11月21日及び12月5日の取締役会において、オーバー
       アロットメントによる売出しに関連して、第三者割当てによる自己株式の処分を行うことを決議し、平成29年1月
       20日に払い込みが完了している。
       当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     監査意見

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年1月31日

     株式会社ティビィシィ・スキヤツト
      取締役会  御中
                         太陽有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士         新 井 達 哉             ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士             秋 田 秀 樹             ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社ティビィシィ・スキヤツトの平成27年11月1日から平成28年10月31日までの第49期事業年度の財務諸表、
     すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について
     監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社ティビィシィ・スキヤツトの平成28年10月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべ
     ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      1. 重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成28年11月21日及び12月5日の取締役会において、公募によ
       る自己株式の処分を行うことを決議し、平成28年12月26日に払い込みが完了している。
      2. 重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成28年11月21日及び12月5日の取締役会において、オーバー
       アロットメントによる売出しに関連して、第三者割当てによる自己株式の処分を行うことを決議し、平成29年1月
       20日に払い込みが完了している。
       当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/92


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。