日本ヘルスケア投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第5期(平成28年5月1日-平成28年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書(内国投資証券)-第5期(平成28年5月1日-平成28年10月31日)

提出日:

提出者:日本ヘルスケア投資法人

カテゴリ:有価証券報告書(内国投資証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   平成29年1月20日
                         第5期(自 平成28年5月1日 至 平成28年10月31日)
      【計算期間】
      【発行者名】                   日本ヘルスケア投資法人
      【代表者の役職氏名】                   執行役員 竹内 宏
      【本店の所在の場所】                   東京都中央区銀座六丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                   大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社
                         代表取締役副社長 篠塚 裕司
      【連絡場所】                   東京都中央区銀座六丁目2番1号
                         03-6757-9600
      【電話番号】
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/218















                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     第一部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】
      1【投資法人の概況】
       (1)【主要な経営指標等の推移】
        ①  主要な経営指標等の推移
               回次              第1期       第2期       第3期       第4期       第5期
              決算年月             平成26年10月       平成27年4月       平成27年10月       平成28年4月       平成28年10月

     (1)営業成績
                                354       507       555       667       679
        営業収益               百万円
                                354       507       555       667       679
          うち賃貸事業収入              百万円
                                184       261       330       377       404
        営業費用               百万円
                                112       166       208       258       272
          うち賃貸事業費用              百万円
                                169       245       224       289       274
        営業利益               百万円
                                130       162       201       261       247
        経常利益               百万円
                                129       161       200       260       246
        当期純利益               百万円
     (2)財産等の状況(期末日現在)
                               8,465      15,134       17,666       20,847       21,315
        総資産額               百万円
                               5,850       6,400       8,800       9,300       9,800
        有利子負債額               百万円
                               2,109       8,045       8,035      10,669       10,595
        純資産額               百万円
        出資総額(純額) (注3)                      1,980       7,884       7,834      10,408       10,348
                        百万円
     (3)分配の状況
                                129       211       247       320       306
        分配総額               百万円
                                129       161       200       260       246
          うち利益分配金総額              百万円
                                -       49       46       59       59
          うち利益超過分配金総額              百万円
        配当性向     (注4)                %      100.0       100.0       100.0       100.0       100.0
     (4)1口当たり情報
                              19,800       60,800       60,800       74,632       74,632
        発行済投資口の総口数                口
                             106,546       132,332       132,160       142,958       141,969
        1口当たり純資産額                円
                               6,546       3,471       4,067       4,295       4,106
        1口当たり分配金                円
                               6,546       2,661       3,299       3,495       3,306
          うち1口当たり利益分配金               円
          うち1口当たり利益超過分
                                -      810       768       800       800
                         円
          配金
     (5)財務指標
        総資産経常利益率
                         %    1.5(2.6)       1.4(2.8)       1.2(2.4)       1.4(2.7)       1.2(2.3)
        (注5、注6)
        自己資本利益率
                         %   6.1(10.3)       3.2(6.4)       2.5(4.9)       2.8(5.6)       2.3(4.6)
        (注6、注7)
        1口当たり当期純利益(注8)                      9,018       2,705       3,299       3,566       3,305
                         円
                         %      24.9       53.2       45.5       51.2       49.7
        期末自己資本比率
                         %      69.1       42.3       49.8       44.6       46.0
        期末総資産有利子負債比率
        賃貸キャッシュ・フロー
                                336       479       499       596       595
                        百万円
        (NOI)     (注9)
                                   2/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
               回次              第1期       第2期       第3期       第4期       第5期
              決算年月             平成26年10月       平成27年4月       平成27年10月       平成28年4月       平成28年10月

     (6)その他参考情報
                                 8      14       17       21       22
        投資物件数                件
        テナント数   (注10)                        8      14       17       21       22
                         件
                         ㎡    27,793.71       46,142.60       57,173.22       65,203.04       67,298.83
        総賃貸可能面積
        期末稼働率   (注11)                %      100.0       100.0       100.0       100.0       100.0
                                94      137       151       187       188
        当期減価償却費               百万円
                                 1       0       2      10       19
        当期資本的支出額               百万円
     (注1)日本ヘルスケア投資法人(以下「                    本投資法人」といいます。)の計算期間は、毎年5月1日から10月末日ま
         で、及び11月1日から翌年4月末日までの各6ヶ月間となっていますが、第1期計算期間は、本投資法人の設
         立の日である平成26年1月7日から平成26年10月末日までとなります。
     (注2)営業収益等には、消費税等は含まれていません。
     (注3)出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しております。
     (注4)第1期、第2期及び第4期の配当性向は、新投資口の発行を行っていることから、次の算式により計算してお
         ります。
         配当性向={分配金総額(利益超過分配金は含まない)÷当期純利益}×100
     (注5)総資産経常利益率=経常利益÷{(期首総資産額+期末総資産額)÷2}×100
     (注6)(      )内の数値は年換算値を記載しています。なお、第1期は実質的な運用開始日である平成26年3月28日から
         平成26年10月31日までの運用日数218日、第2期は運用日数181日、第3期は運用日数184日、第4期は運用日数
         182日、第5期は運用日数184日により年換算値を算出しています。
         また、総資産経常利益率及び自己資本利益率の計算において、第1期は、期末総資産額、期末純資産額をそれ
         ぞれ用いています。
     (注7)自己資本利益率=当期純利益÷{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
     (注8)1口当たり当期純利益は、次の日数加重平均投資口数により算出しています。
         第1期 14,374口、第2期 59,800口、第3期 60,800口、第4期 73,144口、第5期 74,632口
     (注9)賃貸キャッシュ・フロー(NOI)=賃貸事業収入-賃貸事業費用+当期減価償却費
     (注10)テナント数は、エンドテナントの総数を記載しています。
     (注11)期末稼働率=総賃貸面積÷総賃貸可能面積×100
         なお、小数第2位以下を切り捨てて記載しています。
     (注12)上記の表中特段の記載のない限り、記載未満の数値について、金額は切り捨て、比率は四捨五入して記載して
         います。
                                   3/218









                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ②  当期の資産運用の経過
        (イ)   本投資法人の主な推移
           本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。以
          下「投信法」といいます。)に基づき、大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社(以下
          「資産運用会社」といいます。)を設立企画人として平成26年1月7日に設立され、その後、平成26年4月3
          日に私募による投資口の追加発行(18,800口)を行いました。当該私募増資による手取金及び借入金により、
          平成26年3月28日に8物件を取得し、実質的な運用を開始しました。
           運用開始以降7ヶ月程度のトラックレコードを積んだ後、平成26年11月4日に公募による投資口の追加発行
          (39,000口)を実施し、翌日、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投資
          信託証券市場への上場(銘柄コード 3308)とあわせ、6物件を追加取得しました。第3期においては、借入
          金及び手元資金にて3物件を追加取得、第4期においては、平成27年11月17日に公募による投資口の追加発行
          (12,130口)を実施し、4物件を追加取得しました。また、当期においては、平成28年10月6日に借入金及び
          手元資金にて1物件を追加取得しました。上場時の合計取得金額は13,280百万円でしたが、物件の追加取得に
          より、平成28年10月末日現在で19,318百万円となっております。
           本投資法人は、主たる用途がヘルスケア施設(後記「2 投資方針                                (1)投資方針        ②  投資態度」をご参
          照下さい。)であるもののみを投資対象とする日本初のヘルスケア施設特化型リートとして、投資家の皆様の
          資金を有効に活用し、質の高いヘルスケア施設の供給拡大に繋げ、ヘルスケア施設の利用者に対して高水準な
          サービスを提供するとともに、投資家の皆様に対して適切な収益を還元し、さらなる資金の導入を図り、投資
          家の皆様とヘルスケア施設・サービス供給の好循環の創出を目指します。このような取組みを通じて、民間資
          金を有効に活用した高齢者向け住環境の整備という我が国の重要政策の実現にも貢献したいと考えています。
        (ロ)投資環境と運用実績

          a.  投資環境    (平成28年5月1日~平成28年10月31日)
            本投資法人の設立は、我が国が抱える年齢別人口動態における若年者層の減少と高齢者層の占める割合の
           増加という構造上の問題と、それに伴い不足すると考えられる高齢者施設・住宅の拡充の必要性という社会
           的需要を背景としています。
            我が国においては、平成28年6月1日現在、65歳以上の人口(以下、「高齢者人口」といいます。)が総
           人口の4分の1超を占め(総務省「人口推計」(平成28年11月21日公表)によります。)、今後も総人口の
           うち高齢者人口の占める割合(以下、「高齢化率」といいます。)の上昇、及び高齢者の一人暮らし人口の
           増加が予想されており、高齢者の居住を目的に介護サービス等の付された高齢者向け住宅(「シルバーハウ
           ジング」、「高齢者向け優良賃貸住宅」、「サービス付き高齢者向け住宅」、「有料老人ホーム」及び「軽
           費老人ホーム」をいいます。以下同じです。)の開発の拡大の可能性が十分にあると認識しています。
            国土交通省では、高齢者人口に対する高齢者向け住宅の割合を平成37年には4%とすることを政策目標と
           して設定しており、かかる政策目標を実現するためには、平成37年までに約77万人分(推計)の高齢者向け
           住宅の新規供給が必要となると見込まれます。
            このように、ヘルスケア施設の中でも特に高齢者施設・住宅に対する社会的需要は高まっており、国策と
           しても高齢者施設・住宅の拡充は重点事項の一つとなっていることから、本投資法人は、当面の間、ヘルス
           ケア施設の中でも高齢者施設・住宅を重点投資対象とし、高まる社会的需要から生じるキャッシュ・フロー
           の獲得機会を捉えていきます。
          b.  運用実績

            当期においては、平成28年10月6日に1物件(そんぽの家 西田辺駅前、取得価格710百万円)を取得し
           ました。
            なお、当期末(平成28年10月31日)現在保有する物件について、賃貸可能面積は67,298.83㎡、稼働率は
           100.0%となっております。
                                   4/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)資金調達の概要
          a.新規物件の取得資金の調達
            本投資法人は当期において、新規物件の取得資金等に充当するため、以下の借入れを行いました。
             ・平成28年10月6日に取得した新規物件(そんぽの家 西田辺駅前)の取得資金等の一部に充当するた
              め、平成28年10月6日を借入日とする株式会社みずほ銀行からの500百万円の短期借入れを行いまし
              た。
          b.  当期末の有利子負債の状況

            上記の結果、当期末(平成28年10月31日現在)の有利子負債残高は総額9,800百万円(うち短期借入金500
           百万円、長期借入金9,300百万円)となりました。長期借入金のうち、1年以内に返済期日が到来するもの
           が1,800百万円あります。当期末時点の平均残存年限は2.5年となりました                                  。
            当期中において、平成28年4月28日借入れの500百万円の借入金に対し、将来の金利上昇リスクをヘッジ
           するための金利スワップ契約を締結しました。
            当期中の借入一覧

                          借入金額                           借入期間
                借入先                   借入日          返済期限
                          (百万円)                             (年)
                              500                         1.0
            株式会社みずほ銀行                     平成28年10月6日          平成29年9月29日
            なお、当期末の金融機関毎の借入残高は以下のとおりです。

                              当期末(百万円)           比率(%)(注)
                  借入先
            株式会社みずほ銀行                         2,800           28.57
                                    1,700           17.35
            株式会社りそな銀行
                                    1,700           17.35
            三井住友信託銀行株式会社
                                    1,200           12.24
            みずほ信託銀行株式会社
                                    1,000           10.20
            株式会社武蔵野銀行
                                     900           9.18
            信金中央金庫
                                     500           5.10
            第一生命保険株式会社
                                               100.00
                                    9,800
                   合計
           (注)比率は小数第3位を四捨五入して記載しています。
                                   5/218










                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)業績及び分配の概要
           上記の運用の結果、本投資法人の当期の実績は、営業収益679百万円、営業利益274百万円、経常利益247百
          万円、当期純利益は246百万円となりました。
           分配金につきましては、投資法人に係る課税の特例(租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正
          を含みます。以下「租税特別措置法」といいます。)第67条の15)の適用により、利益分配金相当額が損金算
          入されることを企図して、投資口1口当たりの分配金が1円未満となる端数部分を除く当期未処分利益の全額
          を分配することとし、この結果、投資口1口当たりの分配金を3,306円としました。
           これに加え、本投資法人は、規約に定める分配の方針に従い、原則として毎期継続的に利益を超える金銭の
          分配を行うこととしています(注)。これに基づき、税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻しとして
          当期の減価償却費188百万円の100分の32にほぼ相当する額である59,705,600円を分配することとし、この結
          果、投資口1口当たりの利益超過分配金は800円となりました。
         (注) 本投資法人は、長期修繕計画に基づき想定される各計算期間の資本的支出を勘案し、長期修繕計画に
            影響を及ぼさず、かつ、資金需要(投資対象資産の新規取得、保有資産の維持・向上に向けて必要とな
            る修繕及び資本的支出、本投資法人の運転資金、債務の返済並びに分配金の支払い等)に対応するた
            め、融資枠等の設定状況を勘案し、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した上で、本投資法人の財
            務状態に悪影響を及ぼさない範囲で、毎計算期間における減価償却費の40%を上限として利益を超える
            金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を継続して実施する方針としていま
            す。
              なお、当期末現在保有する資産全22物件に係る東京海上日動リスクコンサルティング株式会社及び株
             式会社アセッツアールアンドディーによる建物調査診断報告書に記載の緊急修繕費用、短期修繕費用及
             び長期修繕費用を合計した額の6ヶ月平均額は29百万円です。
        ③  次期の見通し

        (イ)投資環境
           我が国においては、高齢者人口が総人口の4分の1超を占め、今後も高齢化率の上昇及び高齢者の一人暮ら
          し人口の増加が見込まれます。医療技術の発展等から日本人の平均寿命は、厚生労働省「平成27年簡易生命
          表」によると男性80.79歳、女性87.05歳となっており、総務省「人口推計」(平成28年11月21日公表)による
          と、平成28年6月1日現在の総人口1億2,698万人のうち、高齢者人口は3,443万人、高齢化率は27.1%と過去
          最高となっています。
           国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると、平成32年には総人
          口1億2,410万人、高齢者人口3,612万人と高齢化率は29.1%まで上昇し、さらに平成72年には総人口が8,673
          万人と現状から約4,000万人減少する一方で、高齢者人口は3,464万人となり、高齢化率は39.9%にまで到達す
          る見込みとなっています。
           国土交通省では、今後の高齢者向け住宅需要の拡大に備えて、平成37年までに高齢者人口に対する高齢者向
          け住宅の割合を4%とすることを政策目標として設定しています。かかる政策目標を実現するためには、平成
          37年までに約77万人分(推計)の高齢者向け住宅の新規供給が必要となると見込まれます。
           このような環境の下、民間資金の有効活用による、高齢者の居住を目的に介護サービス等の付された高齢者
          向け住宅の開発の拡大の可能性が十分にあると認識しています。
        (ロ)今後の運用方針及び対処すべき課題

          a.既存物件の運用戦略
            本投資法人は、安定的な収益を獲得し、投資主価値の維持・向上に資するために、以下の各施策を実施し
           ています。
          (ⅰ)   収入の安定化
            本投資法人は、原則として、各ヘルスケア施設の運営事業者(オペレーター)と長期かつ賃料固定の賃貸
           借契約を締結し、キャッシュフローの安定化を図ります。
            本投資法人又は信託受託者とオペレーターとの間で締結される賃貸借契約は、オペレーター負担費用の固
           定化及び本投資法人収入の安定化を実現する観点から、原則として、オペレーターが固定金額の賃料を支払
           うことを内容とする賃貸借契約とする方針です。本投資法人が本書の日付現在において保有する物件におけ
           るオペレーターとの賃貸借契約は、全て固定賃料契約となっています。
            また、原則として、取得時における賃貸借契約の残存年限が、契約更改の可能性も勘案の上、実質10年以
           上の物件を投資対象とします。
                                   6/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本書の日付現在本投資法人が保有している物件の残存賃貸借契約期間の状況は、以下のとおりです。
                                                     残存賃貸借
                   オペレーター                      物件             契約期間
                                                     (年)(注)
                                  みんなの家・中央区円阿弥                     27.3
            株式会社ウイズネット
                                  みんなの家・大宮吉野町                     20.2
            株式会社スーパー・コート                      スーパー・コートJR奈良駅前                     22.6

            株式会社チャーム・ケア・コーポレーション                      チャームスイート緑地公園                     21.7

            株式会社シルバーハイツ札幌                      シルバーハイツ羊ヶ丘3番館                     18.9

                                  アルファリビング岡山西川緑道公園                     18.5

                                  アルファリビング岡山後楽園                     18.5

            あなぶきメディカルケア株式会社
                                  アルファリビング高松駅前                     18.5
                                  アルファリビング高松百間町                     18.5

                                                       17.9
                                  さわやか日の出館
                                                       17.9
                                  さわやかリバーサイド栗の木
                                                       17.9
                                  さわやか大畠参番館
            株式会社さわやか倶楽部
                                  さわやか海響館                     17.2
                                  さわやか鳴水館                     17.2

                                  さわやかはーとらいふ西京極                     17.2

                                  SOMPOケア
                                                       17.7
                                  ラヴィーレ衣笠山公園
                                  SOMPOケア
            SOMPOケアネクスト株式会社                                            17.3
                                  ラヴィーレ広島光が丘
                                  SOMPOケア
                                                       17.3
                                  ラヴィーレ相模原中央
            株式会社ニチイ学館                      ニチイケアセンター福島大森                     17.3
            株式会社日本介護医療センター                      ヴェルジェ枚方                     17.3

            株式会社シダー                      ラ・ナシカあらこがわ                     11.3
            SOMPOケアメッセージ株式会社                      そんぽの家 西田辺駅前                     10.3

           (注)「残存賃貸借契約期間」は、平成28年12月31日現在において、各物件につき最も賃貸面積が大きいテ
              ナント(オペレーター)と締結済みの賃貸借契約における、平成28年12月31日から各契約期間満了日
              までの期間をいい、小数第2位を四捨五入して記載しています。
                                   7/218







                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人は、主に以下の3つにより構成されるオペレーターの収入からヘルスケア施設の運営事業に係
           る費用を控除した純収入の水準を把握することで、オペレーターの賃料負担力を分析・確認しています。
            ・入居一時金
             入居者が施設入居時にオペレーターに対して支払う費用です。オペレーターの会計処理上は、前受金等
            とし、オペレーターが入居者に対して示す一定期間で収入として償却します(入居一時金のうち一定割合
            については、施設入居時に初期費用として償却される傾向があります。)。そのため、オペレーターに
            とっては償却期間を超過した入居が続く場合は、損益計算書上の償却利益を得ることができず利益を圧迫
            することとなります。
            ・月額利用料等
             入居者が一般的にオペレーターに対して毎月支払う費用です。家賃、管理費、食費その他各施設で定め
            られた利用料及び入居者が自らの選択により提供を受けるサービスの対価として支払う費用(リネン費や
            各種の特別サービスへの対価)です。同一施設で入居一時金と月額利用料等の金額の組み合わせについて
            複数の料金プランがある場合、一般的に、入居一時金が高い料金プランは、入居一時金が設定されていな
            い又は低い料金プランと比較すると、月額利用料等は低くなる傾向にあります。
            ・介護報酬
             オペレーターが入居者に対して介護保険が適用される介護サービスを提供した場合に、その対価として
            オペレーターに支払われるサービス費用であり、介護保険法                            (平成9年法律第123号。その後の改正を含
            みます。以下同じです。)            に基づき入居者が一部負担し、残額については市町村、特別区、広域連合又は
            一部事務組合(以下「市町村等」といいます。)からオペレーターに支払われます。以下に記載する介護
            保険制度による保険料の変更に伴い変動する可能性があります。
            経済環境の大きな変化や賃貸借契約期間の満了等の諸要因により賃料収入が変動する可能性はあるもの




           の、かかるオペレーターとの長期賃貸借契約の締結及び固定賃料の収受を通じて、本投資法人の賃料収入の
           中長期的な安定を実現できるものと期待しています。
            介護保険制度は、①介護保険の運営者である保険者(市町村等)、②40歳以上の介護保険加入者、③介護
           サービス(居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス等)を提供する介護サービス事業者で構成さ
           れており、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みです。
            介護サービス事業者が、被保険者である介護保険の加入者に対して介護保険の対象となる介護サービスを
           提供した場合、介護サービスの提供を受けた介護保険加入者は介護報酬の1割(平成27年8月より一定以上
           の所得のある介護保険加入者は2割)を負担し、介護報酬の残額を保険者である市町村等が負担します。な
           お、利用者は介護保険対象外サービスを利用した場合には、その全額を負担することになります。
            介護保険の財源は、特定施設及び介護保険三事業(介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム、通称:特
           養)、介護老人保健施設(老人保健施設、通称:老健)、介護療養型医療施設)については、概ね、介護保
           険加入者が納付する保険料が50%、国の負担が20%(うち国庫負担金が15%、調整交付金が5%)、都道府
           県の負担が17.5%、市町村等の負担が12.5%となっており、居宅型(住宅型の有料老人ホーム、サービス付
           き高齢者向け住宅等)については、概ね、介護保険加入者が納付する保険料が50%、国の負担が25%(うち
           国庫負担金が20%、調整交付金が5%)、都道府県・市町村等の負担が各12.5%となっています。
                                   8/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            (注1)特定施設及び介護保険三事業についての国及び都道府県の負担を記載しています。





            (注2)平成27年8月より、一定以上の所得のある介護保険加入者は介護報酬の2割負担となっており、
               その場合の保険者(市町村等)は介護報酬の8割負担です。
          (ⅱ)   オペレーターの選定基準・方法

            本投資法人は、ヘルスケア施設を取得する場合、施設の不動産としての質だけでなく、運営主体であるオ
           ペレーターの信用力、運営力等が安定稼働を実現する上で重要な要素であると考えています。これは、入居
           者に選ばれるためには、入居一時金及び月額利用料等に見合う質及び種類のサービスをオペレーターが提供
           でき、当該オペレーターが継続的に運営を行えることがヘルスケア施設の収益性・資産価値という観点から
           も重要な要素となると考えているためです。
            本投資法人では、物件の取得・運用に当たり、オペレーターの競争力の源泉となる事業の継続性及び優位
           性を確認するため、以下のデューデリジェンスを実施しており、これが本投資法人における収入の安定化の
           実現に資するものと考えています。オペレーターが提供しているサービスの質及び種類、オペレーターの信
           用力及び運営力については、後記「b                  .新規物件の投資戦略           (ⅳ)アドバイザーとの協働による物件情報
           の取得等」に記載のアドバイザーの助言も活用して資産運用会社がデューデリジェンスを行います。また、
           原則として、ヘルスケア分野における事業面、財務面等に関する助言実績を有する外部の調査会社が作成す
           るマーケットレポートを取得し、投資対象資産周辺の高齢者人口の状況、施設の供給状況、投資対象資産に
           係る介護・医療サービス提供の体制及び内容、並びに設備及び稼働状況等を競合施設と比較検討すること
           で、オペレーターの現在及び将来の市場競争力についても検討を行います。
                                   9/218










                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人は、以下のオペレーターがいずれもヘルスケア施設の運営実績及び信用力の面において高い信
           頼性を有しているものと考えています。
                       運営施設数     運営居室数      売上高
                        (件)     (室)    (百万円)
             オペレーター                           設立年月           属性
                       (注1)     (注1)     (注2)
            株式会社
                          421    13,560     273,583
                                       昭和48年8月       東証一部上場会社
            ニチイ学館
                                              東証一部上場会社        SOMPO
            SOMPOケア
                          318    17,336     78,799
                                       平成9年5月       ホールディングス株式会社の
            メッセージ株式会社
                                              子会社
                                       平成10年1月
            株式会社                                   東証一部上場会社綜合警備保
                          126    3,576     16,986
                                       (注3)
            ウイズネット                                   障株式会社の子会社
                                              東証一部上場会社        SOMPO
            SOMPOケア
                          117    8,799     35,535
                                       平成4年11月       ホールディングス株式会社の
            ネクスト株式会社
                                              子会社
                                              東証一部上場会社株式会社ウ
            株式会社
                          69    4,128     13,194
                                       平成16年12月       チヤマホールディングスの子
            さわやか倶楽部
                                              会社
            株式会社
                          45    3,019     12,571
                                       平成7年5月       非上場会社
            スーパー・コート
                          41    2,169     11,731

            株式会社シダー                            昭和56年4月       東証JASDAQ上場会社
            株式会社チャーム・ケ

                          33    2,340     9,150
                                       昭和59年8月       東証JASDAQ上場会社
            ア・コーポレーション
            あなぶきメディカル                                   東証一部上場会社穴吹興産
                          27    1,196     3,418
                                       平成21年6月
            ケア株式会社                                   株式会社の子会社
            株式会社
                          22     941    1,837
                                       平成9年10月       非上場会社
            日本介護医療センター
            株式会社
                           3    321    1,281
                                       昭和36年12月       非上場会社
            シルバーハイツ札幌
           (注1)「運営施設数」及び「運営居室数」は、各社ホームページ及び各社へのヒアリング(平成28年11月
              末時点)から、有料老人ホーム、グループホーム及びサービス付き高齢者向け住宅についての施設
              数及び居室数を取得しています。
           (注2)「売上高」は、各オペレーターより提供を受けた平成28年3月期の値を記載しています。但し、株
              式会社チャーム・ケア・コーポレーションについては平成28年6月期、あなぶきメディカルケア株
              式会社は平成28年6月期、株式会社日本介護医療センターについては平成28年8月期、株式会社シ
              ルバーハイツ札幌については平成28年1月期の値をそれぞれ記載しています。
           (注3)株式会社ウイズネットは、平成10年1月14日に組織変更を行い、現在の名称で事業を開始している
              ため、同日を設立年月日として記載しています。
          (ⅲ)   Backup    Operator     Membershipの採用

            本投資法人は、オペレーターの運営の安定性に関して、アドバイザーからの助言、調査会社から取得した
           マーケットレポートの内容等も考慮し、慎重に判断することとしています。しかしながら、今後の経済情勢
           に大きな変動が生じた場合や、オペレーターの経営状態が悪化した場合には、既存のオペレーターによる施
           設運営の継続が困難となる可能性も否定はできません。
            このような可能性を踏まえ、本投資法人は、本書の日付現在保有する物件のすべてのオペレーターとの間
           で、本投資法人が保有するヘルスケア施設に係る賃貸借契約が解約、解除若しくはその他の原因により終了
           した場合又は終了することが見込まれる場合において、本投資法人又は信託受託者との間で新たな賃貸借契
           約を締結の上、当該ヘルスケア施設の運営を行うよう本投資法人が当該オペレーターに依頼した場合、当該
           オペレーターがかかる依頼について誠実に協議することを主な目的とする協定(運営のバックアップに関す
           る協定)をそれぞれ締結しており、また、将来取得するヘルスケア施設のオペレーターとの間でも同様の協
                                  10/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           定を締結することを検討します。このような各オペレーターとの協定による関係を「Backup                                             Operator
           Membership」といいます。
            本投資法人は、後記「2            投資方針     (1)投資方針       ③  ポートフォリオ構築方針            (ロ)地域」に記載のと
           おり安定的な入居需要が見込める地域に所在するヘルスケア施設を厳選して取得する方針であり、個別のオ
           ペレーターの経営状態の悪化等が生じた場合であっても、他のオペレーターによる運営の引継ぎが可能とな
           る体制をとることで入居者の生活の継続性も保たれるものと考えています。
            <Backup     Operator     Membershipの仕組み>

          b.新規物件の投資戦略




           本投資法人は、以下に記載のとおり、資産運用会社の実績及びネットワークを活用するほか、スポンサー
          グループ及びアドバイザーとの協働による物件情報の取得等を通じて、安定的な外部成長の実現を目指しま
          す。
            当期(平成28年10月期)においては、平成28年10月6日に1物件(そんぽの家 西田辺駅前、取得価格
           710百万円)を取得しました。
          (ⅰ)   高齢者人口の増加が見込まれる商圏を有する高齢者施設・住宅への投資
            本投資法人は、周辺地域の将来性(高齢者人口・高齢化率の推移、ヘルスケア施設の需給等)等を総合的
           に検討した上で、立地面において優位性の高い物件を投資対象とします。
            一般的に、高齢者施設・住宅の入居判断は、高齢者の家族又は本人が行い、その判断基準の重要な要素と
           して、高齢者の住み慣れた現住所地との近接性があると考えています。このため、要介護者等を対象とした
           高齢者施設・住宅の主な商圏は、施設により、当該施設から概ね3kmないし5km圏内となる場合が多いと考
           えています。
          (ⅱ)   資産運用会社の実績及びネットワーク

            本投資法人の資産運用を受託する資産運用会社は、大和証券グループ(株式会社大和証券グループ本社
           (以下「大和証券グループ本社」といいます。)並びにその子会社及び関係会社を意味します。以下同じで
           す。)の一員としてオフィスビルに特化した上場不動産投資法人である大和証券オフィス投資法人(証券
           コード:8976)及び住宅に特化した私募不動産投資法人である大和証券レジデンシャル・プライベート投資
           法人の資産運用も受託しています。そのほか、私募ファンドにおける投資一任業務・投資助言業務の受託実
           績も有しており、不動産全般における運用ノウハウを蓄積しています。大和証券グループが長年にわたって
           アセット・マネジメント事業において培ってきた運用管理とコンプライアンスの水準を本投資法人の資産運
           用業務にも敷衍し、投資主の期待に応えうる規律ある運用プロセスと運用プラットフォームを提供すること
           により、本投資法人の中長期にわたる安定的な収益の実現に寄与できるものと考えます。
            また、物件取得に当たっては、大和証券オフィス投資法人(平成28年12月末日現在の運用資産受託残高
           (注):約4,693億円)及び大和証券レジデンシャル・プライベート投資法人(平成28年12月末日現在の運
           用資産受託残高(注):約918億円)の資産運用で培ってきた様々な関係先(事業会社、金融機関、大手不
           動産仲介会社及び不動産仲介業者等)との強固な関係構築に基づく多様な物件取得ルートを活用した物件取
           得に努めています。また、本投資法人の投資対象であるヘルスケア施設の取得機会の拡大・促進を図るた
           め、ヘルスケア施設専門の投資チームを設置し、既存の物件取得ルート以外の新たな物件情報の提供先や
           ソーシング先(ヘルスケア施設のオペレーター、デベロッパー等)との関係構築も進め、物件情報を収集し
           ています。
           (注)取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)の総額を意味します。
                                  11/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (ⅲ)スポンサーグループとの協働による物件情報の取得等
            資産運用会社は、必要に応じてスポンサーグループである大和証券グループの保有する支店網及び顧客網
           を活用することで、資産運用会社が定める選定基準に合致したオペレーターを日本全国から探索し、物件取
           得・開発、施設運営の委託等の協働可能性を検討することが可能であると考えており、物件取得機会の拡大
           が期待できると考えています。
            また、スポンサーグループが、ブリッジファンド組成等への協力を行うことで、本投資法人による機動的
           な物件取得が可能となります。
          (ⅳ)アドバイザーとの協働による物件情報の取得等

            ヘルスケア施設は、オペレーターの事業運営能力が不動産の価値に大きく影響を与える運営型施設である
           ことから、本投資法人は、ヘルスケア施設の運用においては、ヘルスケア業界に対する深い理解と知識、こ
           れらに基づく綿密な分析力、オペレーターとの良好な関係の構築及び維持が重要であると考えています。資
           産運用会社は、平成13年以降ヘルスケア分野(病院・介護施設)に焦点を当てた投資戦略を実施し、平成20
           年以降高齢者施設・住宅向けに特化した投資を行ってきたAIPヘルスケアジャパン合同会社(以下「AI
           Pヘルスケアジャパン」といいます。)とアドバイザリー契約を締結しており、本投資法人による投資対象
           資産であるヘルスケア施設の情報提供、管理及び運営並びにオペレーターとの協働等に関する助言を受けて
           います。これにより、本投資法人の中長期にわたる安定的なパフォーマンスの実現に寄与できるものと考え
           ます。
            また、AIPヘルスケアジャパンは、竣工から安定稼働まで一定期間を要するヘルスケア施設の特性を考
           慮して、本投資法人へのヘルスケア施設の売却を主な目的とした私募ファンド(以下「フィーダーファン
           ド」といいます。)の組成・運用を行っています。フィーダーファンドでは、竣工後間もない施設や、低入
           居率ながらも潜在的な入居需要が高い施設を対象とした投資を行い、その上で、必要な場合には一定のバ
           リューアップを行います。入居率が安定水準に到達した段階又は将来的に安定水準に到達することが期待で
           きる段階で、本投資法人はフィーダーファンドからのヘルスケア施設の取得を検討します。
          c.財務戦略

           本投資法人は、安定収益の実現、運用資産の着実な成長及び効率的な運用を図るために、以下に掲げる方針
          に従い、資金の調達及び運用を行います。
          (ⅰ)投資口の追加発行
            投資口の追加発行は、新たに取得する不動産の取得時期、総資産に対する有利子負債の比率(以下「LT
           V」といいます。)、経済市況等を総合的に勘案の上、投資口の希薄化にも配慮しつつ機動的に行います。
          (ⅱ)借入れ及び投資法人債の発行

            LTVの水準は、資金余力の確保に留意した設定とし、原則として60%を上限とします。但し、新たな投
           資対象資産の取得、及びリファイナンス・リスクの軽減等のために、一時的に60%を超えることができるも
           のとします。
            安定的な財務基盤を構築し、将来の成長戦略を支えるため、有力金融機関とのいわゆるメインバンク体制
           を確立しつつ、借入先の分散、投資法人債の発行等による資金調達先の多様化にも積極的に取り組みます。
            借入れに際しては、借入コスト、借入期間、担保提供の要否等の諸条件につき複数の金融機関と交渉し、
           金利動向、マーケット水準、財務の機動性及び安全性、並びに借入先構成等のバランスを考慮しつつ諸条件
           を総合的に検討した上で、適切な資金調達を行います。
            金利上昇リスク及びリファイナンス・リスクを軽減するため、調達期間の長期化、金利の固定化、返済期
           日の分散、及び柔軟性の高い財務制限条項の導入等を必要に応じて検討します。
            各種必要資金を機動的に調達するために、コミットメントライン及び極度貸付枠等の融資枠の確保を必要
           に応じて検討します。
                                  12/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (ⅲ)資金管理
            本投資法人は、資金需要(投資対象資産の新規取得、保有資産の維持・向上に向けて必要となる修繕及び
           資本的支出、本投資法人の運転資金、債務の返済並びに分配金の支払等)に対応するため、融資枠等の設定
           状況も勘案の上、妥当と考えられる金額の現預金を常時保有します。
            本投資法人は、減価償却費相当額のうち、現預金として留保した後の残額を、本投資法人を取り巻く経済
           環境及び不動産市場の動向、並びに本投資法人の保有資産の状況及び財務状況等を総合的に勘案の上、毎計
           算期間における減価償却費の40%を上限として、毎期継続的に、投資主への利益を超える金銭の分配(税法
           上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)に充当し、効率的な資金管理を図ります。
            余剰資金は、安全性及び流動性の高い有価証券及び金銭債権へ投資を行う場合があります。
            デリバティブ取引(投信法第2条第6項)は、本投資法人の負債に起因する金利変動リスクをヘッジする
           ことを目的とした運用に限定します。
          d.投資主に配慮した投資主還元策の設定

          (ⅰ)利益を超える金銭の分配(利益超過分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し))の実施
            本投資法人が投資する施設は、都市部に限らず、需要の見込める地域に幅広く分散しており、鉄道駅から
           離れていてアクセスには車の利用が必要となる施設もあります。そのため、資産全体の価値に占める建物の
           価格の割合がオフィスビル等と比較して相対的に高くなる傾向にあり、結果として高い減価償却費を計上す
           ることが見込まれます。一方で、本投資法人が費用を負担する修繕は、賃貸借契約において躯体及び主要構
           造部分に限定されている施設もあることから、減価償却費に比べて設備更新等に要する費用は低額となる傾
           向があります。
            こうした事情を斟酌し、本投資法人は、長期修繕計画に基づき想定される各計算期間の資本的支出の額                                               及
           び資金需要(投資対象資産の新規取得、保有資産の維持・向上に向けて必要となる修繕及び資本的支出、本
           投資法人の運転資金、債務の返済並びに分配金の支払い等)に対応するための融資枠等の設定状況を勘案
           し、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した上で、長期修繕計画に影響を及ぼさず、かつ、本投資法人
           の財務状態に悪影響を及ぼさない範囲で                   、毎計算期間における減価償却費の40%を上限として、利益超過分
           配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を継続して実施する方針としています(注)。但
           し、経済環境、不動産市場の動向、保有資産の状況及び財務の状況を勘案し、利益超過分配(税法上の出資
           等減少分配に該当する出資の払戻し)を実施しない場合もあります。なお、利益超過分配(税法上の出資等
           減少分配に該当する出資の払戻し)を実施した場合、当該金額は出資総額又は出資剰余金から控除されま
           す。
           (注)クローズド・エンド型の投資法人は、一時差異等調整引当額の増加額に相当する分配についてはその
             金額、税法上の出資等減少分配に該当する分配(通常の利益超過分配)については計算期間の末日に
             算定された減価償却累計額の合計額から前計算期間の末日に計上された減価償却累計額の合計額を控
             除した額の100分の60に相当する金額を限度として、利益超過分配を行うことが可能とされています
             (一般社団法人投資信託協会(以下「投信協会」といいます。)「不動産投資信託及び不動産投資法
             人に関する規則」)。
            <利益超過分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)についてのイメージ図>

            上記はあくまでイメージであり、本投資法人の損益における賃貸収入や利益超過分配金額等の比率等を示




            すものではありません。実際には、経済環境、不動産市場の動向、保有資産の状況及び財務の状況等によ
            り、利益を超える金銭の分配の額は変動し、又は利益を超える金銭の分配は行われない可能性もありま
            す。
                                  13/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (ⅱ)投資主優待制度
            本投資法人は、本投資法人が保有するヘルスケア施設のオペレーターと合意し、投資主の裾野を拡大する
           ことを目的として、投資主優待制度を実施しております。投資主優待制度の概要は、以下のとおりです。
            かかる投資主優待制度は、投資主に、オペレーター及びその関係会社(以下総称して「オペレーター等」
           といいます。)のヘルスケア関連の施設・サービスに関する高い運営力を体験いただき、理解を深めていた
           だく機会を提供するとともに、本投資法人及びオペレーター等をより身近に感じてもらう効果をもたらすも
           のと考えています。
            なお、投資主優待制度に関する費用については、本投資法人が優待制度の運営費用(優待券の印刷、発送
           費用等)を負担し、オペレーター等が優待の利用に係る費用を負担いたします。
           [投資主優待制度の概要]

             (注)上記は、いずれも平成28年10月末時点の投資主を対象とした本書の日付現在における投資主優待









               制度であり、      今後変更又は実施が停止される可能性があります。後記「3                            投資リスク      (1)リスク
               要因   ⑥  その他    (ロ)   投資主優待制度に関するリスク」も併せてご参照下さい。
          [投資主優待制度の対象者]

            本投資法人は、各決算期(4月末日、10月末日)における最終の投資主名簿に記載又は記録のある投資主
           を投資主優待制度の対象としています。
        (ハ)   決算後に生じた重要な事実

           該当事項はありません。
                                  14/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
        ①  投資法人の目的及び基本的性格
          本投資法人は投信法に基づき、投資法人の資産を主として特定資産(投信法に定めるものをいいます。)に対
         する投資として運用することを目的とします。具体的には、運用資産を、主として不動産等資産(投資信託及び
         投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。以下「投信法施行規
         則」といいます。)に定めるものをいいます。以下同じです。)のうち不動産、不動産の賃借権、地上権及びこ
         れらの資産のみを信託する信託の受益権に対する投資として運用するものとし、将来にわたって安定的な収益の
         獲得と運用資産の持続的な成長を図り、投資主利益の最大化を目指します。
          本投資法人は、かかる基本方針に従い、不動産等(後記「2 投資方針 (2)投資対象 ① 投資対象とす
         る資産の種類 (イ)不動産等」に列挙される資産をいいます。以下同じです。)及び不動産対応証券(後記
         「2 投資方針 (2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類 (ロ)不動産対応証券」に列挙される資産
         をいいます。以下同じです。)に投資します(規約第29条及び規約別紙1「資産運用の対象及び方針」(資産運
         用の対象とする資産の種類、目的及び範囲))。
        ② 投資法人の特色

          本投資法人は、投信法に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的とします。
         本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。本投資法人の資
         産運用は、金融商品取引業者(投資運用業者)である資産運用会社にすべて委託してこれを行います。
        (イ)   本投資法人の      基本理念

           我が国においては、足元で65歳以上の高齢者人口が総人口の4分の1超を占め、今後もさらなる高齢者比率
          の拡大が予想されるとともに、それに伴う社会保障費の増加が進行する中、平成28年6月に閣議決定された安
          倍政権の経済財政政策「第三の矢」である「日本再興戦略2016」において健康寿命延伸産業が持続的・自立的
          に創出されていくための環境整備等が具体的施策として位置付けられ、また、ヘルスケアリートのさらなる普
          及・啓発に向けた取組みを進めることも具体的施策として掲げられています。
           こうした環境を背景に、本投資法人は、主たる用途がヘルスケア施設                                (後記「2 投資方針 (1)投資方
          針 ② 投資態度」をご参照下さい。)                   であるもののみを投資対象とする、日本初のヘルスケア施設特化型
          リートとして、投資家の皆様の資金を有効に活用し、質の高いヘルスケア施                                   設の供給拡大に繋げ、ヘルスケア
          施設の利用者に対して高水準なサービスを提供するとともに、投資家の皆様に対して適切な収益を還元し、さ
          らなる資金の導入を図るという、投資家の皆様の資金とヘルスケア施設・サービス供給の好循環の創出を目指
          します。このような取組みを通じて、民間資金を有効に活用した高齢者向け住環境の整備という我が国の重要
          政策の実現にも貢献したいと考えています。
           かかる基本理念に基づき、本投資法人は、高齢化社会における社会インフラであるヘルスケア施設に投資し
          拡充を促すことで、国民生活の長期的な安心感の形成に寄与し、日本に心強い未来をもたらすことを目指しま
          す。また、本投資法人は、ヘルスケア施設への社会的需要の高まりを背景に、厳選したヘルスケア施設に分散
          して投資を行うことで、投資主への中長期にわたる安定的な分配金の支払いを目指します。
        (ロ)ヘルスケア施設を取り巻く状況

           本投資法人の設立は、我が国が抱える年齢別人口動態における若年者層の減少と高齢者層の占める割合の増
          加という構造上の問題と、それに伴い不足すると考えられる高齢者施設・住宅の拡充の必要性という社会的需
          要を背景としています。
          a.高齢化の進む国内人口
            我が国の人口は、出生率の低下を背景に今後減少していくことが予想されています。一方で、医療技術の
           発展等から、      日本人の平均寿命は、厚生労働省「平成27年簡易生命表」によると男性80.79歳、女性87.05歳
           となっており、総務省「人口推計」(平成28年11月21日公表)によると、平成28年6月1日現在の総人口1
           億2,698万人のうち、高齢者人口は3,443万人、高齢化率は27.1%                              となっています。
            国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると、平成32年には総
           人口1億2,410万人、高齢者人口3,612万人と高齢化率は29.1%まで上昇し、さらに平成72年には総人口が
           8,673万人と現状から約4,000万人減少する一方で、高齢者人口は3,464万人となり、高齢化率は39.9%にま
           で到達する見込みとなっています。
            上記の人口動態に加えて、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)(平成
           25年1月推計)」によると、高齢化率の高まりとともに高齢者の一人暮らし人口が増加する見込みとなって
           います。
                                  15/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.  政策としての高齢者向け住宅の拡充
            高齢化率の上昇及び高齢者の一人暮らし人口の増加が見込まれる中、高                                 齢者の居住を目的に介護サービス
           等の付された高齢者向け住宅の整備状況には、大幅に拡大の余地があると認識しています。平成26年の国内
           高齢者向け住宅の定員は約69万人(推計)に留まり、高齢者人口の約2.1%にすぎない状況となっていま
           す。
            国土交通省は、今後の高齢者向け住宅需要の拡大に備えて、平成37年までに高齢者人口に対する高齢者向
           け住宅の割合を4%とすることを、政策目標として設定しています(注)。国土交通省の掲げる政策目標を
           実現するためには、平成37年までに約77万人分(推計)の高齢者向け住宅の新規供給が必要となると見込ま
           れます。
           (注)平成28年3月18日閣議決定「住生活基本計画(全国計画)」
          c.  ヘルスケアリートに関連する政策、ガイドライン等の公表状況

            国土交通省は、国内の高齢者向け住宅の不足を早期に解消することを目的として、ヘルスケアリートの創
           設を通じて、実質的に民間資金を活用したヘルスケア施設の拡充を行うための環境整備を推進しています。
           また、在宅でありながら選択的に介護サービスを受けることができるサービス付き高齢者向け住宅制度を確
           立することで、参入障壁の低下を図っています。
            なお、政府(国土交通省及び内閣に設置された日本経済再生本部)、投信協                                   会、一般社団法人不動産証券
           化協会及び東京証券取引所によるヘルスケアリートに関連する政策、ガイドライン等の公表状況は以下のと
           おりです。
                                  16/218














                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)ヘルスケア施設の概要
           本投資法人は、高齢化の進展、高齢者単身世帯及び高齢者夫婦のみ世帯の増加等に伴い、高齢者施設・住
          宅の需要は今後も増加すると考えています。このような考えのもと、本投資法人は、当面の間は、下記のヘ
          ルスケア施設の中でも高齢者施設・住宅を重点投資対象とします。また、高齢者施設・住宅の中でも、株式
          会社が運営可能であることから今後も民間資金を活用した施設数の大幅な増加が見込まれ、社会的需要が高
          いと考えられる有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を投資対象の中心とします。
                                            概要
              ヘルスケア施設タイプ区分
          高齢者
                               高齢者に対して、介護、食事、洗濯・掃除等の家事又は健康
          施設・
               有料老人ホーム(注1)                管理等の日常生活に必要なサービスを提供する施設(老人福
          住宅
                               祉施設、グループホーム等を除きます。)
                               介護保険法上の特定施設入居者生活介護(以下「特定施設」
                 介護付
                               といいます。)の指定を受けた有料老人ホーム
                               特定施設の指定を受けておらず、介護が必要になった場合
                 健康型
                               に、契約を解除して退去することが必要な有料老人ホーム
                               特定施設の指定を受けていない有料老人ホームのうち、健康
                               型以外の施設(介護が必要となった場合、外部の介護保険
                 住宅型
                               サービスを利用)
               サービス付き高齢者向け住宅
                               住宅(面積・設備・構造)、入居者へのサービス及び入居者
               (注2)
                               との契約に関する基準を満たす登録された賃貸住宅
                               高齢者を入居・利用の対象としたその他の介護施設及び居住
               その他の高齢者施設・住宅
                               施設
          医療施設                     病院、メディカル・モール
          その他                     ライフサイエンス施設(バイオテクノロジー、製薬、医療装
                               置開発等の生命科学産業に従事する法人又は個人が入居する
                               施設)
         (注1)「有料老人ホーム」とは、老人福祉法(昭和38年法律第133号。その後の改正を含みます。以下同じで
             す。)第29条に定義される施設をいいます。但し、サービス付き高齢者向け住宅に該当するものは除き
             ます。
         (注2)「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢者の居住の安定確保に関する法律等に定められる登録基
             準を満たし、都道府県に登録された賃貸住宅をいいます。なお、当該登録基準の概要は以下のとおりで
             す。
             (登録基準の概要)
             ・床面積が原則25㎡以上であり、トイレ・洗面設備等が設置され、バリアフリーであること
             ・少なくとも安否確認・生活相談サービスが提供されること
             ・高齢者の居住の安定が図られた契約であり、前払家賃等の返還ルール及び保全措置が講じられている
              こと
                                  17/218










                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)ヘルスケアリートの仕組みと特性
           ヘルスケアリートは、入居者に対しては有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等の高齢者施設・住
          宅等を提供する一方で、ヘルスケア施設の運営事業者(以下「オペレーター」といいます。)に対しては、事
          業用資産の賃貸を行い、その賃料はあくまでも賃借人であるオペレーターから受領する仕組みとなっており、
          ヘルスケアリートの保有するヘルスケア施設は運営型施設としての特性を有しています。本投資法人における
          各関係者の役割は以下のとおりです。
          a.本投資法人






            本投資法人は、ヘルスケア施設を直接又は信託受益権の形態で保有し、当該施設をオペレーターに賃貸す
           ることで、賃料を受領します。加えて本投資法人では、ヘルスケアリートの運営型施設としての特性に鑑
           み、オペレーターに対してオペレーターの経営状況及びヘルスケア施設の運営状況等の開示を求めます。本
           投資法人は、オペレーターの経営状況及びヘルスケア施設の運営状況等について継続的にモニタリングを行
           い、本投資法人の運用上著しい問題等が発覚した場合は、その内容を投資家に開示します。
          b.  資産運用会社
            資産運用会社は、本投資法人から資産運用業務を受託します。具体的には、本投資法人によるヘルスケア
           施設の取得及び運用管理並びに資金調達に関連する業務等を行います。また、ヘルスケア施設の取得に際し
           ては、オペレーターの経営状況及びヘルスケア施設の運営状況等についてのデューデリジェンス等を行うと
           ともに、ヘルスケア施設の取得後においても、オペレーターの経営状況及びヘルスケア施設の運営状況のモ
           ニタリングを行います。
          c.スポンサー
            資産運用会社の親会社である大和証券グループ本社は、資産運用会社との間でスポンサー・サポート契約
           を締結し、スポンサー・サポートの一環として資産運用会社に対して人材供給を行い、投資対象資産の物件
           情報等を随時提供し、また、ブリッジファンド組成等への協力を行います。
          d.  アドバイザー
            資産運用会社は、本投資法人の資産運用に当たり、ヘルスケア施設への投資及びモニタリングについて知
           見を有するAIPヘルスケアジャパンとアドバイザリー契約を締結しています。当該契約に基づき、資産運
           用会社は、AIPヘルスケアジャパンからヘルスケア施設の管理・運営等に関する情報提供、オペレーター
           の評価・分析に関する情報提供、オペレーターとの各種交渉の補助及び支援並びに投資対象資産に係る市場
           調査・分析等の各種助言を受けています。
          e.オペレーター
            オペレーターは、本投資法人又は本投資法人が保有する信託受益権に係る受託者からヘルスケア施設を賃
           借し、施設を運営します。各施設の入居者はオペレーターに対して入居費用等を支払い、オペレーターは本
           投資法人又は信託受託者に対して賃料(原則として固定賃料)を支払います。本投資法人の安定運用のため
           には、オペレーターの信用力及び運営力が重要な要素となります。
          f.入居者
           本投資法人が保有するヘルスケア施設への入居者を指します。
                                  18/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ホ)高齢者施設・住宅の概要
           一般的な高齢者施設・住宅の施設概要及びサービス概要並びに介護サービス提供方法の違いについては、以
          下のとおりです。なお、本投資法人の投資対象資産とは、必ずしも一致しないことにご留意下さい。
          <高齢者施設・住宅の施設概要>

          (注1)居室の水光熱費は、個別に水道事業者・電気事業者に支払う方法もあります。






          (注2)本投資法人が本書の日付現在において保有しているヘルスケア施設及び将来取得するヘルスケア施設
             は、上記の設備をすべて備えているものではありません。
          <高齢者施設・住宅のサービス概要>

          (注)本投資法人が本書の日付現在において保有しているヘルスケア施設は、上記のサービスをすべて提供し







             ているものではありません。また、本投資法人が将来取得するヘルスケア施設が、上記のサービスをす
             べて提供することを保証するものでもありません。
                                  19/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          <介護サービス提供方法の違い>
          (注)本投資法人が本書の日付現在において保有しているヘルスケア施設は、上記のサービスをすべて提供し








             ているものではありません。また、本投資法人が将来取得するヘルスケア施設が、上記のサービスをす
             べて提供することを保証するものでもありません。
        (ヘ)本投資法人の果たす役割

           前記「(ロ)ヘルスケア施設を取り巻く状況」のとおり、ヘルスケア施設の中でも特に高齢者施設・住宅に
          対する社会的需要は高まっており、国策としても高齢者施設・住宅の拡充は重点事項の一つとなっています。
          本投資法人としても、高齢化の進む我が国において高齢者施設・住宅の拡充を推進することは、国民生活の長
          期的な安心感を形成し、豊かな老後を送るための基盤となるものであり、その意味で、高齢者施設・住宅を含
          むヘルスケア施設は、高齢化社会の下で必要不可欠な社会インフラであると考えています。
           本投資法人は、日本初のヘルスケア施設特化型リートとして、高まる社会インフラ需要から生じるキャッ
          シュ・フローの獲得機会を捉え、かつ、社会インフラであるヘルスケア施設に継続的に投資することにより、
          以下の「アセットサイクル」、「グロースサイクル」及び「ナレッジサイクル」の3つの観点からの好循環
          (ポジティブサイクル)を形成し、投資主に対する中長期にわたる安定的な分配を実現すると同時に、国民生
          活の長期的な安心感の形成に寄与することを企図しています。これにより、今後の高齢化社会における社会イ
          ンフラであるヘルスケア施設の拡充を促進し、国民生活の支えとなることを目的としています。
          a.アセットサイクルの形成
            本投資法人は、資産運用会社が定める選定基準に合致したヘルスケア施設を保有するオペレーターを厳選
           し、投資家等から調達した資金を活用して、かかるオペレーターからヘルスケア施設を取得することで、厳
           選したオペレーターに資金を供給していくことを企図しています。これにより、オペレーターによる当該資
           金を活用した新たなヘルスケア施設の立ち上げが期待できるほか、ヘルスケア施設の保有・運用を通じて、
           貸借人であるオペレーターの財務基盤の安定を図り、オペレーターの長期的かつ安定的な事業遂行にも資す
           るものと考えています。本投資法人は、このサイクルを循環させることで、本投資法人が厳選したオペレー
           ター及びその運営するヘルスケア施設を拡充促進させ、高齢者施設・住宅入居者の生活向上に寄与したいと
           考えています。
            また、本投資法人は、オペレーターからのヘルスケア施設の取得の場合だけでなく、オペレーター以外の
           ヘルスケア施設の所有者からの取得も企図していますが、この場合も、ヘルスケア施設の保有・運用に当た
           り、オペレーターを厳選することで、高齢者施設・住宅入居者の生活向上に寄与したいと考えています。
                                  20/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.グロースサイクルの形成
            本投資法人は厳選したオペレーターが運営するヘルスケア施設を取得することで、外部成長を実現するこ
           とを企図しています。資産規模の拡大を通じて、資金調達力を強化し、マーケットでの認知度及び信頼度を
           向上させることによって、外部成長の継続及び運用の安定性向上という「グロースサイクル」の構築が期待
           でき、これが「アセットサイクル」及び「ナレッジサイクル」の拡大、ひいては本投資法人の投資主価値向
           上に寄与するものと考えています。
          c.  ナレッジサイクルの形成

            資産運用会社の株主及びアドバイザーには、特定のヘルスケア施設のオペレーターの参画はありません。
           そのため、本投資法人は、特定のオペレーターの系列等を問わず施設の取得交渉ができ、様々なオペレー
           ターが運営する施設の取得が可能となります。
            本投資法人は、オペレーターの系列等にかかわらず、資産運用会社が定める選定基準に照らして厳選した
           オペレーターが運営するヘルスケア施設の取得や厳選したオペレーターへの賃貸を行うとともに、施設保有
           者としてオペレーターのモニタリング等の運用を行うことで、資産運用会社にはヘルスケア施設運営に係る
           多様なノウハウの蓄積が期待できると考えています。これにより、新たな施設取得における目利き(選定能
           力)や、運営管理に係る指導能力を向上させることで、より良い施設運営が可能となると考えています。
            本投資法人は、独立した先行者として、こうしたナレッジ(知識・ノウハウ)の蓄積とその活用を通じ、
           業界における主導的な地位を確立することを目指しています。
            以上の3つのポジティブサイクルを図示したイメージは以下のとおりです。

                                  21/218














                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ト)運用サポート体制
           本投資法人は日本初のヘルスケア施設特化型リートであり、その資産運用に当たっては金融とヘルスケアを
          中心とした各分野におけるプロフェッショナルが万全のサポート体制を敷いています。それぞれの関係者の状
          況 は以下のとおりです。
          a.スポンサーによるサポート体制






            スポンサーである大和証券グループ本社にとっての本投資法人をサポートすることの意義及びサポート体
           制は以下のとおりです。
          (ⅰ)大和証券グループのアセット・マネジメント事業へのコミットメント

            大和証券グループ本社は、大和証券グループの中期経営計画"Passion                                  for  the  Best"   2017において、
           「不動産アセット・マネジメント・ビジネスの拡大」を掲げ、中長期的に戦略的強化を目指しています。
           (出所)大和証券グループ本社「大和証券グループ中期経営計画“Passion                                   for  the  Best”2017」









                                  22/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           上記の取組みに基づき、資産運用会社では以下のと                        おり順調に運用資産受託残高を拡大しています。平成
          28年12月31日時点における、資産運用会社が資産運用業務を受託する3つの投資法人(本投資法人、大和証
          券オフィス投資法人及び大和証券レジデンシャル・プライベート投資法人)に係る運用資産受託残高の合計
          額(注)は、約5,805億円です。
           <資産運用会社が資産運用業務を受託する投資法人の運用資産受託残高の推移>

            (注)取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)の総額に基づいています。




          (ⅱ)大和証券グループの企業理念における本投資法人運用の重要性

            大和証券グループでは企業理念の一つに「社会への貢献」を掲げており、当該理念の実現のためのCSR
           (企業の社会的責任)における重要課題として「金融機能を活用して持続可能な社会に貢献する」及び「健
           全な金融・資本市場を発展させ次の世代につなげる」の二つを掲げています。
            高齢化社会における社会インフラであるヘルスケア施設の供給促進を基本理念とする本投資法人の組成・
           運用は、大和証券グループのかかる企業理念及び重要課題と整合するものであり、大和証券グループにとっ
           て本投資法人のサポートは重要な施策の一つと位置付けられます。
          (ⅲ)大和証券グループによる本投資法人のサポート体制





            大和証券グループは、本投資法人のサポートとして、取得対象となりうる物件情報の提供及びブリッジ
           ファンドの組成等への協力に加えて、資産運用会社への人材供給のサポートを行います。
            平成28年11月30日現在、            資産運用会社に在籍する常勤の役員及び従業員(                       計74人、派     遣社員を除きま
           す。)のうち、大和証券グループからの                   出向者は27人      です。これらの出向者の一部が本投資法人の投資業
           務、資金調達・IR業務、経理業務、コンプライアンス業務、内部管理業務等に関与しています。また、
           大和証券グループにおいて、不動産の投資実績、ファイナンスのアレンジ実績を積んだ人材等が出向・在
           籍しています。
          (ⅳ)   大和証券グループ本社によるセイムボート出資

            大和証券グループ本社は、本書の日付現在                     、本投資法人の投資口7,600口(発行済投資口の総口数の
           10.18%)を保有しており、投資主との利益の共通化を図っています。大和証券グループは、CSR戦略の
           一環として、本投資法人の成長戦略に十分                    なサポートを継続して実施する方針であり、本投資法人の投資
           口の保有(セイムボート出資)は、かかる方針にも合致するものです。
                                  23/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.アドバイザーによるサポート体制
            本投資法人の資産運用に当たって、資産運用会社は、AIPヘルスケアジャパンとの間でアドバイザリー
           契約を締結しています。AIPヘルスケアジャパンは、ヘルスケア分野(病院・介護施設)において豊富な
           投資実績を有しており、ヘルスケア施設の投資運用及びオペレーターの選定について知見を有しています。
           また、前記「(1)主要な経営指標等の推移 ③                       次期の見通し (ロ)今後の運用方針及び対処すべき課
           題   b.新規物件の投資戦略           (ⅳ)アドバイザーとの協働による物件情報の取得等」に記載のとおり、本投
           資法人へのヘルスケア施設の売却を主な目的としたフィーダーファンドを組成・運用することで、今後の本
           投資法人の安定的な外部成長にも協力する方針です。
            AIPヘルスケアジャパンの概要及び強み並びに資産運用会社とAIPヘルスケアジャパンとの提携につ
           いては以下のとおりです。
          (ⅰ)AIPヘルスケアジャパンの概要(本書の日付現在)

             商  号:      AIPヘルスケアジャパン合同会社
             親  会  社:  アジア・インベストメント・パートナーズ・インク(所在地:米国コロラド州デンバー)
             代  表:      エイ・バリー・ハーシュフェルド・ジュニア
             沿  革:      平成10年12月 米国コロラド州デンバーに親会社設立
                  平成11年12月 エイ・アイ・ピー・ジャパン・エルエルシー日本支店設立
                         (その後、改組を経て平成21年に現在の合同会社形態に変更)
                  平成26年12月 AIPヘルスケアジャパン合同会社に社名変更
             社  員  数:  日本拠点 14名(介護事業経験者、ヘルスケア施設投資経験者、商業銀行・投資銀行経験
                          者等にて構成)
             資  本  金:  4億円
             事業内容:      ・投資助言・代理業(ヘルスケア施設を投資対象とした不動産私募ファンドの運用)
                  ・資産運用及び管理に関するコンサルティング(資産運用会社に対する助言業務を含みま
                   す。)
                  ・第二種金融商品取引業(ヘルスケア資産を対象とした不動産信託受益権の売買の媒介)
          (ⅱ)AIPヘルスケアジャパン               の強み

           ・ヘルスケア投資業界での先駆者として社会貢献に注力
            AIPヘルスケアジャパンは、平成13年よりヘルスケア分野(病院・介護施設)に焦点を当てた投資戦略
           を開始し、平成20年以降、高齢者施設・住宅向けに特化した投資を行っています。また、業界の先駆者とし
           て、高齢者施設・住宅運営事業者、金融機関、不動産業界関係者、行政当局等に対し、ヘルスケア投資業界
           の現状に関する普及活動を国内外において積極的に行っています。このようなヘルスケア分野への貢献を評
           価され、平成26年8月に高齢者住宅経営者連絡協議会に加入しています。
           ・ヘルスケア分野への豊富な投資実績と卓越したアセット・マネジメント

            病院再生案件(11案件)、高齢者施設・住宅(29施設)(平成28年12月1日時点)への投資又は受託実績
           等を通じ、ヘルスケア施設の運営実績が豊富なオペレーターとの良好な関係を構築しています。また、オペ
           レーター選定及び賃貸借契約の諸条件に関し、過去の投資・運用経験に基づき構築してきた独自の基準を有
           しており、ヘルスケア分野におけるアセット・マネジメントの知見・ノウハウを有しています。
           ・ ヘルスケア     施設へのBTS(Built to Suit)型投資への注力

            高齢者施設・住宅運営事業者の要望に沿った立地・仕様に基づき、新規にヘルスケア施設を設計・建築し
           賃貸するというBTS型投資に関し、実務経験の豊富な人材を配置し注力しております。また、平成28年2
           月には東京都官民連携福祉貢献インフラファンドのファンドマネージャーとして契約を締結(東京都より25
           億円出資)し、都内における高齢者向け施設や子育て支援施設を含む福祉貢献型建物の整備の促進を目的と
           した投資活動も行なっております。
          (ⅲ)AIPヘルスケアジャパンとの連携

            資産運用会社は、        AIP   ヘルスケアジャパンと連携して、物件取得に継続的に注力するとともに、PM
           (プロパティ・マネジメント)会社でもある同社を通じて、定期的にオペレーターや施設(施設長)から運
           営に関する情報収集を行い、必要に応じて収益力向上のためのアドバイスを行うことにより、各施設の価値
           向上に努めています。
                                  24/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (3)【投資法人の仕組み】
        ① 本投資法人の仕組図
          本書の日付現在における本投資法人の仕組みは、以下のとおりです。
          ① 資産運用委託契約/機関運営に係る一般事務委託契約











          ② 資産保管業務委託契約
          ③ 投資主名簿管理事務委託契約
          ④ 会計事務委託契約
          ⑤ 運営のバックアップに関する協定
          ⑥ スポンサー・サポート契約
          ⑦ アドバイザリー契約
         (注)本投資法人の特定関係法人(特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。

           その後の改正を含みます。)第12条第3項に定める特定関係法人をいいます。)は、大和証券グループ本
           社です。大和証券グループ本社は、資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関す
           る規則(昭和38年大蔵省令第59号。その後の改正を含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいま
           す。)です。
        ② 本投資法人及び本投資法人の関係法人の運営上の役割、名称及び関係業務の概要

          運営上の役割              名称                   関係業務の概要
        投資法人          日本ヘルスケア投資法人              規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主とし
                                て不動産等資産に投資することにより運用を行います。
                                  25/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          運営上の役割              名称                   関係業務の概要
        資産運用会社          大和リアル・エステート・               本投資法人との間で平成26年1月7日付の資産運用委託
        /機関運営に関す          アセット・マネジメント              契約を締結しています。
        る一般事務を行う          株式会社               投信法上の資産運用会社(投信法第198条第1項)とし
        一般事務受託者                        て、同契約に基づき、本投資法人の規約に定める資産運用
                                の対象及び方針に従い、資産の運用に係る業務を行いま
                                す。
                                 資産運用会社に委託された業務の内容は、①本投資法人
                                の資産の運用に係る業務、②本投資法人の資金調達に係る
                                業務、③本投資法人への報告業務、④その他本投資法人が
                                随時委託する上記①から③に関連し又は付随する業務(本
                                投資法人の役員会に出席して報告を行うことを含みま
                                す。)です。
                                 また、本投資法人との間で平成26年1月7日付の機関運
                                営に係る一般事務委託契約を締結しています。
                                 投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第4号)とし
                                て、同契約に基づき、機関運営に係る事務(投資主総会関
                                係書類の発送、議決権行使書の受理、集計に関する事務を
                                除きます。)を行います。
        資産保管会社          みずほ信託銀行株式会社               本投資法人との間で平成26年1月7日付の資産保管業務
                                委託契約を締結しています。
                                 投信法上の資産保管会社(投信法第208条第1項)とし
                                て、同契約に基づき、本投資法人の保有する資産の保管に
                                係る業務を行います。なお、資産保管会社は、資産保管業
                                務に付随して、①本投資法人名義の預金口座からの振込、
                                ②本投資法人名義の預金口座の開設及び解約、③その他①
                                及び②に準ずる業務を行います。
        計算、会計帳簿の作          税理士法人平成会計社               本投資法人との間で平成26年1月7日付の会計事務委託
        成及び納税に関する                        契約を締結しています。
        一般事務を行う一般                         投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第5号及び第
        事務受託者                        6号)として、同契約に基づき、本投資法人の①計算に関
                                する事務、②会計帳簿の作成に関する事務、③納税に関す
                                る事務、④その他上記の事務に関連し又は付随する業務を
                                行います。
        投資主名簿に関する          三井住友信託銀行株式会社               本投資法人との間で平成25年12月25日付の投資主名簿管
        一般事務を行う一般                        理事務委託契約を締結しています(本投資法人の設立企画
        事務受託者                        人たる資産運用会社が平成25年12月25日に同契約を締結
                                し、本投資法人は平成26年1月7日に資産運用会社から契
                                約上の地位を承継しています。)。
                                 投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号、第3
                                号及び第6号)として、同契約に基づき、①投資主名簿の
                                作成、管理及び備置に関する事務、②投資証券の発行に関
                                する事務、③投資主総会の運営に関する事務、④投資主に
                                対して分配又は払戻しをする金銭の支払に関する事務、⑤
                                投資主の権利行使に関する請求その他投資主からの申出の
                                受付に関する事務等を行います。
                                 資産運用会社の発行済株式総数の100%を保有する、資産
        特定関係法人(資産          株式会社
                                運用会社の親会社です。
                   大和証券グループ本社
        運用会社の親会社)
                                 資産運用会社との間で平成21年6月17日付のスポン
        /スポンサー
                                サー・サポート契約を締結しています。
                                本投資法人の持続的かつ安定的な成長を図ることを目的と
                                して、資産運用会社への物件等の情報その他の資産運用会
                                社の運営に関連する情報で、大和証券グループ本社が資産
                                運用会社又は本投資法人にとって有用であると判断する情
                                報を随時提供し、資産運用会社の人材確保への協力及びブ
                                リッジファンドの組成等への協力を行います。
                                  26/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 上記以外の本投資法人の主な関係者
          運営上の役割                名称                   関係業務の概要
        資産運用会社の          AIPヘルスケア                   資産運用会社との間で平成25年12月27日付のアド
        アドバイザー          ジャパン合同会社                  バイザリー契約を締結しています。
                                     本投資法人の投資機会の拡充を図り、かつ、資産
                                    運用会社による不動産運営管理を質的に向上させる
                                    こと等により、本投資法人の継続的かつ安定的な成
                                    長を図ることを目的として、資産運用会社に対する
                                    ヘルスケア施設の管理・運営等に関する情報提供、
                                    オペレーターとの各種交渉の補助及び支援等のアド
                                    バイザリー業務の提供及び投資対象資産に係る市場
                                    調査・分析等の各種助言を行います。
                   株式会社さわやか倶楽部
        運営バックアップ                             本投資法人との間でそれぞれ運営のバックアップ
                   株式会社シダー
        協定者                            に関する協定を締結しています。
                   株式会社スーパー・コート
                                     本投資法人が保有するヘルスケア施設に係る賃貸
                   株式会社チャーム・ケア・
                                    借契約が、解約、解除若しくはその他の原因により
                   コーポレーション
                                    終了した場合又は終了することが見込まれる場合に
                   株式会社ニチイ学館
                                    おいて、本投資法人から運営バックアップ協定者に
                   株式会社日本介護医療センター
                                    対して対象施設につき新たな賃貸借契約を締結の
                   SOMPOケアネクスト株式会社
                                    上、当該施設の運営を行うよう依頼した場合には、
                   株式会社ウイズネット
                   株式会社シルバーハイツ札幌
                                    当該運営バックアップ協定者は、かかる依頼につい
                   あなぶきメディカルケア株式会社
                                    て、本投資法人との間で誠実に協議を行います。
                   SOMPOケアメッセージ株式会社
                                  27/218













                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (4)【投資法人の機構】
        ① 投資法人の統治に関する事項
          本投資法人の執行役員は1人以上、監督役員は2人以上(但し、執行役員の数に1を加えた数以上としま
         す。)とされています(規約第18条)。
          本書の日付現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1人、監督役
         員2人、すべての執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されています。
        (イ)投資主総会

           投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総会に
          て決定されます。投資主総会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、出席した投資主の議決
          権の過半数をもって行います(規約第11条)が、規約の変更(投信法第140条)等、一定の重要事項について
          は、発行済投資口の総口数の過半数に当たる投資口を有する投資主が出席し、その議決権の3分の2以上によ
          る決議(以下「特別決議」といいます。)を経なければなりません(投信法第93条の2第2項)。但し、投資
          主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主は、その投資主総会に提出された
          議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案の
          いずれをも除きます。)について賛成するものとみなします(投信法第93条第1項、規約第15条第1項)。
           本投資法人の資産運用の対象及び方針は、本投資法人の規約に定められています(規約第6章「資産運用の
          対象及び方針」及び規約別紙1)。かかる規約中に定められた資産運用の対象及び方針を変更する場合には、
          上記のとおり投資主総会の特別決議による規約の変更が必要となります。
           本投資法人の投資主総会は、その開催場所を東京都23区内として開催します(規約第9条第1項)。
           また、本投資法人は、資産運用会社との間で資産運用委託契約を締結し、本投資法人の資産の運用に係る業
          務を委託しています。資産運用会社が資産運用委託契約を解約するためには本投資法人の同意を得なければな
          らず、執行役員は、かかる同意を与えるためには原則として、投資主総会の承認を得ることが必要となります
          (投信法第205条)。また、本投資法人が資産運用委託契約を解約する場合にも原則として投資主総会の決議
          が必要です(投信法第206条第1項)。
        (ロ)執行役員、監督役員及び役員会

           執行役員は、本投資法人の業務を執行するとともに、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切
          の裁判上又は裁判外の行為を行う権限を有しています(投信法第109条第1項、同条第5項、会社法(平成17
          年法律第86号。その後の改正を含みます。以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。但し、投資主総
          会の招集、一般事務受託者への事務委託、資産運用委託契約又は資産保管委託契約の締結、資産運用会社から
          の資産運用委託契約の解約への同意その他投信法に定められた一定の職務執行については、役員会の承認を得
          なければなりません(投信法第109条第2項)。
           監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投信法第111条第1項)。
           また、役員会は、一定の職務執行に関する上記の承認権限を有する(投信法第109条第2項)ほか、投信法
          及び規約に定める権限並びに執行役員の職務執行を監督する権限を有しています(投信法第114条第1項)。
          役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる構成員の過半数が
          出席の上、その過半数の議決をもって行います(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項、規約第23
          条)。但し、投信法の規定(投信法第115条第1項、会社法第369条第2項)において、決議について特別の利
          害関係を有する執行役員及び監督役員は決議に参加することができないことが定められています。
           執行役員又は監督役員は、その任務を怠ったときは、本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償す
          る責任を負います(投信法第115条の6第1項)が、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7
          項)により、規約をもって、当該執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合
          において、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務執行の状況その他の事情を勘案
          して特に必要と認めるときは、法令に定める額を限度として役員会の決議によって免除することができるもの
          としています(規約第21条)。
                                  28/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)会計監査人
           本投資法人は、有限責任             あずさ監査法人を会計監査人に選任しています。会計監査人は、本投資法人の計
          算書類等の監査を行うとともに、執行役員の職務執行に関して不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重
          大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法令で定める職務を行います(投信法第
          115条の2第1項、第115条の3第1項等)。
           会計監査人は、その任務を怠ったときは、本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負
          います(投信法第115条の6第1項)。
        (ニ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

           執行役員は、少なくとも3ヶ月に1回役員会を開催することとされています(投信法第109条第3項)。な
          お、本書の日付現在、実際の運営においては、原則として毎月1回の頻度で役員会を開催しています。役員会
          では、法令で定められた承認事項に加えて、本投資法人の運営及び資産運用会社の業務執行状況の詳細な報告
          を行います。この報告手続を通じ、資産運用会社又はその利害関係者から独立した地位にある監督役員は的確
          に情報を入手し、執行役員の業務遂行状況を監視できる体制を維持しています。
           執行役員及び監督役員は、投資主総会の決議によって選任され、任期は、就任後2年(但し、投資主総会の
          決議によって、法令に定める限度において、その期間を延長又は短縮することを妨げません。)とされていま
          す。また、補欠又は増員のために選任された執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と
          同一とされています(規約第19条)。
           本書の日付現在、監督役員は、弁護士の資格を有する社外専門家(1名)及び公認会計士の資格を有する社
          外専門家(1名)であり、それぞれの専門的見地から執行役員の職務執行に関する監督を行っています。
        (ホ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携

           各監督役員は、各々が執行役員の職務執行の監督を職責としていますが、限られた員数で組織的・効率的な
          監督を実施しています。また、各監督役員は、原則として毎月1回開催される役員会の席上、執行役員及び資
          産運用会社から、本投資法人の業務や運用資産の状況について報告を求めるとともに必要な調査を行うことに
          より、監督機能を果たします。
           会計監査人は、本投資法人の計算書類等の監査を行うとともに、執行役員の職務執行に関して不正の行為又
          は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法令で
          定める職責を行い、監督役員との相互連携を図っています。
        (ヘ)投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

          ・資産運用会社に対する管理体制
           執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、資産運用会社の役職員を役員会に同席させ、業務執行等に
          ついて説明させることができます。また、資産運用会社のコンプライアンス推進状況について、原則として毎
          月1回開催される役員会の席上で報告を受けています。
          ・一般事務受託者及び資産保管会社に対する管理体制
           執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、資産運用会社を通じて一般事務受託者及び資産保管会社に
          業務推進状況を説明させることができます。
                                  29/218








                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 投資法人の運用体制
          前記のとおり、本投資法人の資産運用は、資産運用会社に委託して行います。
          資産運用会社の組織及びそれぞれの業務の概略は、以下のとおりです。
                             資産運用会社組織

         (注)NHI投資委員会は本投資法人に関する投資委員会です。DOI投資委員会は大和証券オフィス投資法














            人(以下「DOI」といいます。)に関する投資委員会、DRP投資委員会は大和証券レジデンシャル・
            プライベート投資法人(以下「DRP」といいます。)に関する投資委員会、ファンド投資委員会は一任
            運用ファンド、助言ファンド等、前述の各投資委員会で対象とならない事項について審議・決議します。
                                  30/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           資産運用会社は、上記組織の下、本投資法人より委託を受けた資産運用業務を行います。
           なお、資産運用会社は、本投資法人のほか、上場のクローズド・エンド型不動産投資法人であるDOI及び
          非上場のオープン・エンド型不動産投資法人であるDRPの資産の運用を受託しています。DOIの投資対象
          は主たる用途をオフィスとする不動産等であり、DRPの投資対象は主たる用途を居住用施設(高齢者を入
          居・利用の対象としたヘルスケア施設を除きます。)とする不動産等であるため、ヘルスケア施設を投資対象
          とする本投資法人との間で、資産の賃貸借や取得又は処分等に関して利益相反が生じることはないものと考え
          られます。なお、本「②投資法人の運用体制」において、本投資法人、DOI及びDRPを「投資法人」と総
          称します。
           資産運用会社の各種業務は、投資企画部、投資オリジネーション部、資産運用部、ファンド運用部、営業推

          進部、財務部、総務部、経営企画部、内部管理室及びコンプライアンス・オフィサーの各部署に分掌されま
          す。このうち、本投資法人の運用業務は投資企画部ヘルスケア投資チーム及び資産運用部ヘルスケア運用チー
          ムが、DOIの運用業務は投資企画部オフィス投資チーム及び資産運用部オフィス運用チームが、DRPの運
          用業務は投資企画部レジデンシャル投資チーム及び資産運用部レジデンシャル運用チームがそれぞれ行ってい
          ます。
           投資企画部、投資オリジネーション部、資産運用部、ファンド運用部、営業推進部、財務部、総務部及び経
          営企画部については各部の部長が、内部管理室については内部管理室長が統括します。コンプライアンス・オ
          フィサーは、社内のコンプライアンスに関する事項を統括します。なお、執務上の都合により役職員は職務を
          兼務することができますが、投資運用に係る職務とコンプライアンスに係る職務を兼務することはできませ
          ん。
           本投資法人、DOI及びDRP並びにそれら以外の投資運用等に関する審議及び決議を行うことを目的とし
          て、各々について投資委員会(NHI投資委員会、DOI投資委員会及びDRP投資委員会並びにファンド投
          資委員会)を設置しています。また、DRPの保有不動産等の価値評価に関する審議及び決議を行うことを目
          的としてバリュエーション委員会を設置しています。
           資産運用会社社内のコンプライアンス及びコンプライアンス体制に関する審議及び決議を行うことを目的と
          して、コンプライアンス委員会を設置しています。
                                  31/218












                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (イ)資産運用会社の各組織の業務の概要
           各組織の主な業務は以下のとおりです。
             部署名                         分掌業務
                    a.オフィス投資チーム
           投資企画部
                     ・DOIの投資に係る計画及び方針の立案
                     ・DOIに係る投資運用業における資産の取得及び処分に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    b.レジデンシャル投資チーム
                     ・DRPの投資に係る計画及び方針の立案
                     ・DRPに係る投資運用業における資産の取得及び処分に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    c.ヘルスケア投資チーム
                     ・本投資法人の投資に係る計画及び方針の立案
                     ・本投資法人に係る投資運用業における資産の取得及び処分に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    d.インフラ投資チーム
                     ・インフラファンドの投資に係る計画及び方針の立案
                     ・インフラファンドに係る投資運用業における資産の取得及び処分に関する事項
                     ・その他付随する事項
           投資オリジネー          ・投資又は資産の処分に係る計画及び方針に基づくマーケティング活動
           ション部          ・新規の投資運用に係るマーケティング活動
                     ・その他付随する事項
                    a.オフィス運用チーム
           資産運用部
                     ・DOIの資産の処分に係る計画及び方針の立案
                     ・DOI及びそのブリッジファンド(※)(以下DOIとそのブリッジファンドを総
                      称して「DOI等」といいます。)の資産の賃貸及び管理に係る計画及び方針の立
                      案
                     ・DOI等の資産の賃貸、管理に関する事項
                     ・DOI等の資産の賃借人に係る与信管理に関する事項
                     ・DOI等の資産に係る保険の付保に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     
                      買付意向を記載した書面をファンド組成時に受領している不動産私募ファンドをい
                      い、資産運用会社が投資一任業務及び投資助言・代理業務以外の業務を受託するも
                      のをいいます。以下本表において同じです。
                    b.レジデンシャル運用チーム
                     ・DRPの資産の処分に係る計画及び方針の立案
                     ・DRP及びそのブリッジファンド(以下DRPとそのブリッジファンドを総称して
                      「DRP等」といいます。)の資産の賃貸及び管理に係る計画及び方針の立案
                     ・DRP等の資産の賃貸、管理に関する事項
                     ・DRP等の資産の賃借人に係る与信管理に関する事項
                     ・DRP等の資産に係る保険の付保に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    c.ヘルスケア運用チーム
                     ・本投資法人の資産の処分に係る計画及び方針の立案
                     ・本投資法人及びそのブリッジファンド(以下本投資法人とそのブリッジファンドを
                      総称して「NHI等」といいます。)の資産の賃貸及び管理に係る計画及び方針の
                      立案
                     ・NHI等の資産の賃貸、管理に関する事項
                     ・NHI等の資産の賃借人に係る与信管理に関する事項
                     ・NHI等の資産に係る保険の付保に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    d.運用企画チーム
                     ・投資法人及びそのブリッジファンド(以下投資法人とそのブリッジファンドを総称
                      して「投資法人等」といいます。)のポートフォリオに関する予算・実績の管理
                     ・その他付随する事項
                                  32/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             部署名                         分掌業務
                    e.コンストラクション・マネジメント・チーム
           資産運用部
                     ・投資法人等の資産の工事計画の策定・実施に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     ・助言顧客の助言対象資産の取得に係る助言に関する事項
           ファンド運用部
                     ・助言顧客の助言対象資産の入替計画及び収支計画策定に係る助言に関する事項
                     ・助言顧客の助言対象資産の処分に係る助言に関する事項
                     ・助言顧客の資産の管理及び運営に係る助言に関する事項
                     ・助言顧客の資産の賃貸及び補改修に係る助言に関する事項
                     ・助言顧客による資産の売却又は賃借等の代理又は媒介業務に関する事項
                     ・第二種金融商品取引業に関する事項(投資助言業務等に係る顧客資産の媒介)
                     ・一任運用ファンドの投資方針の立案
                     ・一任運用ファンドにおける資産の取得及び処分に関する事項
                     ・一任運用ファンドの資産の賃貸、管理に関する事項
                     ・一任運用ファンドの資産の賃借人に係る与信管理に関する事項
                     ・一任運用ファンドにおける資金調達に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     ・資産運用会社の受託業務に関するマーケティング活動
           営業推進部
                     ・私募商品の投資家マーケティングに関する事項
                     ・第二種金融商品取引業(みなし二種業を含みます。)に関する事項(投資助言業務
                      等に係る顧客資産の媒介を除きます。)
                     ・グループ会社との連携に関する事項
                     ・投資口の発行等による投資法人等の資金調達に関する事項
                     ・投資法人等のディスクロージャーに関する事項
                     ・投資法人等のIR戦略立案に関する事項
                     ・投資法人等のIRの実施
                     ・投資法人の広報に関する事項
                     ・投資法人の投資主総会の運営に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    a.財務チーム
           財務部
                     ・借入れ及び債券の発行による投資法人等の資金調達に関する事項
                     ・投資法人等のALM(注)に関する事項
                     ・投資法人等の余資運用に関する事項
                     ・投資法人等の資金管理に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    b.経理チーム
                     ・投資法人等の決算に関する事項
                     ・投資法人等の経理に関する事項
                     ・投資法人等の金銭の分配に関する事項
                     ・DRPの投資口に係る基準価額算定及び払戻しに関する事項
                     ・投資法人等の会計監査に関する事項
                     ・投資法人等の計算書類の作成に関する事項
                     ・投資法人等の予算、実績の管理
                     ・資産運用会社の経理に関する事項
                     ・資産運用会社の財務に関する事項
                     ・その他付随する事項
                    c.管理業務チーム
                     ・一任運用ファンド及び助言私募ファンドの顧客の管理に関する事項
                     ・助言業務の私募ファンド投資家向け業務(助言業務の投資家のために行う報告業務
                      に関する事項、助言業務の投資家が投資に関連して行う事務に係る補助及び代行に
                      関する事項)
                     ・第二種金融商品取引業に係る管理業務
                     ・DRPの投資証券の発行・受渡事務に関する事項
                     ・その他付随する事項
          (注)「ALM」とはAsset              Liability     Managementの略であり、市場金利に対する資産・負債の価値変動のリ
            スク管理を意味します。以下同じです。
                                  33/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             部署名                         分掌業務
                     ・投資法人の役員会の運営に関する事項
           総務部
                     ・株主総会、取締役会及び各種委員会の運営に関する事項
                     ・訴訟行為等に関する事項
                     ・規程の改廃に関する事項
                     ・文書管理、情報管理に関する事項
                     ・システム管理に関する事項
                     ・法令に基づく各種の許認可、承認、登録及び報告等に関する事項
                     ・苦情処理に関する事項
                     ・人事、労務に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     ・投資環境の調査分析
           経営企画部
                     ・投資法人の経営課題に関する分析管理
                     ・投資法人の資産管理計画の策定及び変更に関する事項
                     ・投資法人の運用ガイドラインの策定及び変更に関する事項
                     ・新規業務の開始準備に関する事項
                     ・投資法人のリスク管理の統括
                     ・監督官庁等との折衝に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     ・鑑定評価書取得の手続管理に関する事項
           内部管理室
                     ・内部監査に関する事項
                     ・監査役の業務の補佐に関する事項
                     ・その他付随する事項
                     ・社内のコンプライアンス(法令等遵守)に関する事項の統括
           コンプライアン
                     ・社内のコンプライアンス体制の確立及び法令等を尊重する企業風土の醸成
           ス・オフィサー
                     ・コンプライアンス関連規程(コンプライアンス・マニュアル、コンプライアンス・
                      プログラム等)の立案、整備
                     ・コンプライアンスに関する指導及び研修の実施
                     ・コンプライアンス委員会の運営に関する事項
                     ・コンプライアンス委員会及び投資委員会における審議事項の事前審査
                     ・オブザーバーとしての投資委員会への出席
                     ・日常業務におけるコンプライアンス状況についての検証
                     ・法令違反等のコンプライアンス上の問題の調査等
                     ・苦情対応の処理、各部署への改善指示等
                     ・第二種金融商品取引業に係る審査業務
                     ・その他付随する事項
                                  34/218









                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)委員会
           本投資法人の運用に関わる委員会の概要は以下のとおりです。
          a.NHI投資委員会
           委員         代表取締役社長(委員長)、取締役(取締役会で選定した者に限ります。)、コンプ
                    ライアンス・オフィサー(注)、内部管理室長(注)                         、取締役会で選定した社内外の
                    専門家(注)
           審議・決議内容         本投資法人に関する以下の事項についての審議及び決議
                     ・本投資法人資産運用業に関する運用方針及び投資方針に関する事項(運用ガイドラ
                      イン(「利益相反対策ルール」を含みます。)、中期資産管理計画及び年次資産管
                      理計画の策定及び変更)
                     ・本投資法人資産運用業における資産の取得及び売却に関する事項
                     ・本投資法人資産運用業の運用管理の計画策定及び実行に関する事項
                     ・本投資法人資産運用業に係る運用評価
                     ・1,000万円を超える諸外部委託契約の締結
                     ・「利益相反対策ルール」に定める取引に関する事項
                     ・本投資法人の資金調達及びALMに関する事項
                     ・本投資法人の金銭の分配に関する事項
                     ・本投資法人の余資運用に関する事項
                     ・本投資法人の資金管理に関する事項
                     ・本投資法人の一般事務受託者、資産保管会社及び投資主名簿等管理人の選定並びに
                      契約締結に関する事項
                     ・本投資法人の情報開示方針の策定及び変更
                     ・その他付随する業務に関する事項
           審議方法等          ・定足数は、議決権を有する委員の3分の2以上の出席をもって開催できるものとし
                      ます。
                     ・決議は、出席した議決権を有する委員の全会一致によります。
          (注)コンプライアンス・オフィサー及び内部管理室長は、オブザーバーとしてNHI投資委員会に参加しま
            すが、議案に関し議決権を有しません。また、取締役会で選定した社内外の専門家は、議決権を有する
            場合と有さない場合があります。
                                  35/218











                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.コンプライアンス委員会
           委員         コンプライアンス・オフィサー(委員長)、内部管理室長、総務部長、コンプライア
                    ンスに精通した社外専門家(注)
           審議内容         以下の事項についての審議及び決議
                     ・投資法人資産運用業に関する運用方針及び投資方針に関する事項(運用ガイドライ
                      ン(「利益相反対策ルール」を含みます。)、中期資産管理計画及び年次資産管理
                      計画の策定及び変更)
                     ・投資法人資産運用業における資産の取得及び売却に関する事項
                     ・投資法人資産運用業の運用管理の計画策定及び実行に関する事項
                     ・1,000万円を超える諸外部委託契約の締結
                     ・「利益相反対策ルール」に定める取引に関する事項
                     ・投資法人の資金調達及びALMに関する事項
                     ・投資法人の金銭の分配に関する事項
                     ・投資法人の一般事務受託者、資産保管会社及び投資主名簿等管理人の選定並びに契
                      約締結に関する事項
                     ・投資法人の重要な会計方針の変更に関する事項
                     ・投資法人の会計監査人の選任議案及び契約締結に関する事項
                     ・投資法人の情報開示方針の策定及び変更
                     ・資産運用会社のコンプライアンス及びコンプライアンス体制に関する事項
                     ・資産運用会社のリスク管理に関する事項
                     ・資産運用会社の内部監査に関する事項
                     ・資産運用会社の諸規程・規則等の制定及び改廃に関する事項
                     ・資産運用委託契約の締結及び解約に関する事項
                     ・訴訟行為等に関する事項
                     ・その他コンプライアンス・オフィサーが随時定めるコンプライアンスに関する事項
                     ・その他付随する業務に関する事項
           審議方法等          ・定足数は、委員の全員出席を原則とし、コンプライアンス・オフィサーがやむを得
                      ない事情があると判断する場合にのみ、委員の3分の2以上の出席をもって開催で
                      きるものとします。但し、コンプライアンス・オフィサー及びコンプライアンスに
                      精通した社外専門家の少なくとも1名以上は必ず出席するものとします。
                     ・決議は、出席した委員の全会一致によります。
          (注)本書の日付現在、社外専門家委員は、弁護士の資格を有する社外専門家(1名)及び税理士の資格を有
            する社外専門家(1名)です。
                                  36/218









                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 投資運用の意思決定機構
          資産運用会社は、規約に沿って、本投資法人から資産運用の一任を受けた投信法上の資産運用会社として、運
         用ガイドラインを作成し、投資方針、資産の取得及び売却等に関する利害関係者との取引のルール、開示の方針
         等の投資運用に関する基本的な考え方について定めます。
          また、資産運用会社は、運用ガイドラインに従い、資産管理計画を作成し、運用ガイドラインに定める投資方
         針及び利益相反対策ルール(その概要については、後記「第二部 投資法人の詳細情報 第3 管理及び運営 
         2 利害関係人との取引制限 (2)利益相反対策ルール」をご参照下さい。)に従い、投資対象資産を選定
         し、その取得を決定します。
                           <意思決定のフロー>

         (注)投信法上の利害関係人等との間で、不動産又は有価証券の取得若しくは譲渡又は貸借(以下「投信法上の






           利害関係人等取引」といいます。)を行う場合、一定の場合を除き、本投資法人の役員会の承認を受けな
           ければなりません。
          なお、コンプライアンス・オフィサーの審査、NHI投資委員会、コンプライアンス委員会又は取締役会にお

         ける審議の結果、承認されなかった場合、起案部署に差し戻されます。また、NHI投資委員会、コンプライア
         ンス委員会及び取締役会の決議事項について、特別な利害関係を有する者は、当該決議事項について議決権を行
         使することはできません。
        (イ)本投資法人の投資方針等に関する意思決定

          a.運用ガイドラインの変更に関する意思決定
            運用ガイドラインは、一年に一度見直しを行うことを原則としますが、見直しの結果によって変更を行わ
           ないこともあります。また、経済情勢の大幅な変化が生じた場合には、その都度見直し及び変更を行うこと
           があります。運用ガイドラインを変更する必要が生じた場合、経営企画部は運用ガイドラインの変更案を起
           案し、以下の手続を経て運用ガイドラインは変更されます。
          (ⅰ)経営企画部が運用ガイドラインの案(以下「議案」といいます。)を起案し、コンプライアンス・オ
              フィサーに提出します。
          (ⅱ)コンプライアンス・オフィサーは、法令、投信協会の定める規則、投資法人規約及び社内規程(以下
              「法令等」といいます。)に照らして審査します。
          (ⅲ)コンプライアンス・オフィサーの審査において、問題点がないと判断された議案は、NHI投資委員
              会において投資運用の観点から審議されます。
          (ⅳ)NHI投資委員会において承認の決議がなされた議案は、コンプライアンス委員会においてコンプラ
              イアンスの観点から審議されます。
          (ⅴ)コンプライアンス委員会において承認された議案が取締役会において、取締役全員出席のもと、全員
              一致による承認の決議を経た場合に、運用ガイドラインが制定されます。
            なお、コンプライアンス・オフィサー、NHI投資委員会、コンプライアンス委員会又は取締役会におけ

           る審査又は審議の結果、議案が承認されなかった場合には経営企画部に差戻されます。
                                  37/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)本投資法人の資産の運用に関する意思決定
          a.資産管理計画の制定及び変更に関する事項
            資産管理計画は、上記(イ)a.(ⅰ)乃至(ⅴ)記載の各手続を経て承認された場合に制定されます。
            資産管理計画について対象期間中に変更の必要が生じた場合、経営企画部は資産管理計画の変更計画書を
           起案し、資産管理計画の制定と同様の手続を経た承認の決議に基づき変更されます。
          b.資産の取得及び処分に関する事項
            資産の取得及び処分は、原則として、次の手続によって行われます。
          (ⅰ)投資企画部は、運用ガイドライン及び資産管理計画に従い、取得又は処分の対象となる資産を選定し
              ます。
          (ⅱ)投資企画部は、資産の取得及び処分に関する必要資料等(以下「議案等」といいます。)を整備の
              上、コンプライアンス・オフィサーに提出します。
          (ⅲ)コンプライアンス・オフィサーは、法令等に照らし、投資企画部が提出した議案等を審査します。
          (ⅳ)コンプライアンス・オフィサーの審査において問題がないと判断された議案等は、NHI投資委員会
              において、投資運用の観点から審議されます。
          (ⅴ)NHI投資委員会において承認の決議がなされた議案等は、コンプライアンス委員会において、コン
              プライアンスの観点から審議されます。
          (ⅵ)コンプライアンス委員会において承認された議案等は、取締役会において、取締役の3分の2以上が
              出席し、かつ、議決に加わることができる取締役の3分の2以上の賛成による承認の決議をもって意
              思決定されます。
          c.運用ガイドライン又は資産管理計画に定められた条件に従った内容の賃貸借契約の締結及び修繕工事の発
           注は、資産運用部長の承認のもと行います。
          d.上記b.及びc.の取引が利害関係者との取引(「利益相反対策ルール」に定める取引)に該当する場
           合、1件当たりの契約金額(注)が1千万円を下回る場合を除いて、全員出席の取締役会における全員一致
           による承認に基づき意思決定されます。
           (注)契約金額の基準につき、運用資産の賃貸については、当該賃貸借期間の合計金額を基準とします。
          e.資産運用会社は、本投資法人のために、投信法上の利害関係人等との間で、投信法上の利害関係人等取引
           を行おうとするときは、あらかじめ(但し、上記d.に定める手続を経る必要がある場合は、当該手続を経
           た後で、投信法上の利害関係人等取引に着手する前に)、本投資法人役員会の承認に基づく本投資法人の同
           意を得なければならないものとします。但し、当該取引が投信法施行規則第245条の2第1項各号に掲げる
           取引に該当する場合は、この限りではありません。
            なお、上記に基づき、資産運用会社が本投資法人の役員会の承認を求めた場合において、当該役員会が投
           信法上の利害関係人等取引を承認せず、資産運用会社に対してその中止又は内容の変更を指示した場合、資
           産運用会社は、内容の変更の指示を受けたものについては、内容の変更を行った後(但し、上記d.に定め
           る手続を経る必要がある場合は、変更後の内容につき、当該手続を経た後)でなければ、再度、本投資法人
           の役員会にその承認を求めることができないものとします。また、本投資法人の役員会から当該投信法上の
           利害関係人等取引の中止の指示を受けた場合、これを廃案にするものとします。
        ④ 投資運用に関するリスク管理体制

          投資運用に関するリスク管理体制については前記「③ 投資運用の意思決定機構」及び後記「3 投資リス
         ク (2)投資リスクに対する管理体制」をご参照下さい。
                                  38/218







                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (5)【投資法人の出資総額】
                                                   (本書の日付現在)
           出資総額(純額)(注1)
                                                    10,348百万円
           本投資法人が発行することができる投資口の総口数                                          10,000,000口
           発行済投資口の総口数                                            74,632口
          本投資法人設立以降の発行済投資口の総口数及び出資総額(純額)の増減は、以下のとおりです。

                                              出資総額(純額)
                                 発行済投資口の総口数
                                     (口)
                                             (百万円)(注1)
            払込年月日             摘要                                備考
                                   増減      残高      増減      残高
                                   1,000      1,000       100      100  (注2)
          平成26年1月7日              私募設立
                                   18,800      19,800      1,880      1,980   (注3)
          平成26年4月3日              私募増資
                                   39,000      58,800      5,616      7,596   (注4)
          平成26年11月4日              公募増資
                                   2,000     60,800       288     7,884   (注5)
          平成26年12月3日           第三者割当による増資
                     利益を超える金銭の分配
                                     -    60,800       △49     7,834   (注6)
          平成27年7月17日         ( 税法上の出資等減少分配に
                     該当する出資の払戻し)
                                   12,130      72,930      2,297     10,132    (注7)
          平成27年11月17日              公募増資
                                   1,702     74,632       322    10,455    (注8)

          平成27年12月16日           第三者割当による増資
                     利益を超える金銭の分配
                                     -    74,632       △46     10,408    (注9)
          平成28年1月21日         ( 税法上の出資等減少分配に
                     該当する出資の払戻し)
                     利益を超える金銭の分配
                                     -    74,632       △59     10,348    (注10)
          平成28年7月15日         ( 税法上の出資等減少分配に
                     該当する出資の払戻し)
          (注1)出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しております。
          (注2)1口当たりの発行価格100,000円にて、本投資法人が設立されました。設立時における投資口の引受
             けの申込人は、大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社です。
          (注3)1口当たりの発行価格100,000円にて、取得物件の取得資金等の調達を目的として日本エイチ・シー
             投資事業有限責任組合及びアジアクワトロ投資事業有限責任組合に対して投資口を追加発行いたしまし
             た。
          (注4)1口当たりの発行価格150,000円(発行価額144,000円)にて、取得物件の取得資金等の調達を目的と
             する公募による新投資口を発行いたしました。
          (注5)1口当たりの発行価額144,000円にて、取得物件の取得資金等の調達を目的とする第三者割当による
             新投資口を発行いたしました。
          (注6)    平成27年6月19日開催の本投資法人役員会において、第2期(平成27年4月期)に係る金銭の分配と
             して、1口当たり810円の利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻
             し)を行うことを決議し、同年7月17日よりその支払を開始しました。
          (注7)    1口当たりの発行価格196,570円(発行価額189,440円)にて、取得物件の取得資金等の調達を目的と
             する公募による新投資口を発行いたしました。
          (注8)    1口当たりの発行価額189,440円にて、取得物件の取得資金等の調達を目的とする第三者割当による
             新投資口を発行いたしました。
          (注9)平成27年12月18日開催の本投資法人役員会において、第3期(平成27年10月期)に係る金銭の分配と
             して、1口当たり768円の利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻
             し)を行うことを決議し、平成28年1月21日よりその支払を開始しました。
          (注10)平成28年6月21日開催の本投資法人役員会において、第4期(平成28年4月期)に係る金銭の分配と
             して、1口当たり800円の利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻
             し)を行うことを決議し、平成28年7月15日よりその支払を開始しました。
                                  39/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (6)【主要な投資主の状況】
                                                (平成28年10月31日現在)
                                                      発行済投資口
                                                      の総口数に対
                                                 所有
                                                      する所有投資
                                                投資口数
                氏名又は名称                     住所
                                                      口数の割合
                                                 (口)
                                                       (%)
                                                       (注1)
                                                  7,600       10.18
          株式会社大和証券グループ本社                    東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                  5,676        7.61
                              東京都港区浜松町二丁目11番3号
          (信託口)
          日本トラスティ・サービス信託銀行
                                                  5,602        7.51
                              東京都中央区晴海一丁目8番11号
          株式会社(信託口)
          資産管理サービス信託銀行株式会社
                                                  3,883        5.20
                              東京都中央区晴海一丁目8番12号
          (証券投資信託口)
          野村信託銀行株式会社(投信口)                                        1,873        2.51
                              東京都千代田区大手町二丁目2番2号
          大和リアル・エステート・アセット・
                                                  1,000        1.34
                              東京都中央区銀座六丁目2番1号
          マネジメント株式会社
          THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON    140044     225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW
                                                   850       1.14
                              YORK,   U.S.A
                                                   745       1.00
          福井県医師信用組合                    福井県福井市大願寺三丁目4番10号
                                                   700       0.94

          米沢信用金庫                    山形県米沢市大町五丁目4番27号
                              大阪府大阪市天王寺区上本町八丁目9
                                                   690       0.92
          大阪信用金庫
                              番14号
                                                  28,619        38.35
                          合  計
         (注1)発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数第3位を四捨五入して記載しています。
         (注2)平成28年11月1日以降、平成29年1                     月16  日までの間に本投資法人の投資口に関し提出された大量保有
            報告書又はその変更報告書につきまして、該当事項はありません。
         (所有者別状況)

                                                (平成28年10月31日現在)
                                       投資口の状況
                          金融機関
               区分
                                   その他の      外国法人・        個人・
                        (金融商品取引業者                                 計
                                   国内法人        個人      その他
                        (注1)を含む)
          投資主数(人)                     51      144       37     8,784       9,016
          投資主数の割合(%)                    0.57       1.60       0.41      97.43      100.00
          所有投資口数(口)                   24,218       12,146       2,439      35,829       74,632
          所有投資口数の割合(%)                   32.45       16.27       3.27      48.01      100.00
         (注1)本表においては第一種金融商品取引業を営む者を集計しています。
         (注2)割合は、小数第3位を四捨五入して記載しております。
                                  40/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      2【投資方針】
       (1)【投資方針】
        ①  基本方針
         本投資法人は、運用資産を、主として不動産等資産のうち不動産、不動産の賃借権、地上権及びこれらの資産の
        みを信託する信託の受益権(注)に対する投資として運用するものとし、将来にわたって安定的な収益の獲得と運
        用資産の持続的な成長を図り、投資主利益の最大化を目指します。
        (注)後記「(2)投資対象              ①  投資対象とする資産の種類」をご参照下さい。
        ②  投資態度

         本投資法人が不動産(信託受益権に投資する場合の主たる信託財産である不動産も含みます。以下同じです。)
        へ投資するに際しては、主たる用途がヘルスケア施設(高齢者を入居・利用の対象とした介護施設及び居住施設
        (主たるタイプを有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅とする建物並びにその他の高齢者施設・住宅を
        含みますが、これらに限られません。)並びに医療施設等をいいます。以下同じです。)であるもののみを投資対
        象とし、その投資対象エリアについては、収益の変動リスクを軽減する目的で日本全国を対象として分散投資する
        ものとします。但し、複数の不動産が社会経済上一体的に利用され得る場合において、これを一体として評価した
        場合の主たる用途がヘルスケア施設であると判断される場合には、これに関連して本投資法人が保有することとな
        る不動産等又は不動産対応証券の裏付けとなる不動産等の主たる用途がヘルスケア施設であることを条件として、
        当該一体としての不動産の全部又は一部に係る不動産等又は不動産対応証券を取得することができます。
         本投資法人が不動産へ投資するに際しては、各種のリスクを極小化することによりリターンの極大化を目指しま
        す。また、かかる不動産の資産価格及び競争力の維持及び向上を図り、収入拡大と費用逓減による運用収益の安定
        的な成長に努めます。
         本投資法人は、原則として、安定的賃貸事業収入(これに類似の収入も含みます。)が生じているか、生じる見
        込みの高い不動産に投資し、投資後は資産価値の向上を図りつつ安定性の維持に努めます。
         本投資法人が不動産へ投資するに際しては、(イ)経済要因(経済情勢、財政状況、金融・不動産市場動向)、
        社会要因(高齢者人口・要介護認定者推移)及び行政要因(介護・医療保険制度、ヘルスケア施設の供給規制)等
        の一般要因、(ロ)立地エリアの周辺環境(交通利便性、商業施設・公共施設等との接近性、居住環境としての品
        質)等の地域要因、(ハ)建物の仕様や賃借人であるオペレーター、施設の稼働状況、賃料負担率等の個別物件要
        因を総合的に判断した上で投資判断を行います。不動産の取得に際して、取得に先立って各種の調査(デューデリ
        ジェンス)を実施します。
         本投資法人が取得した不動産の売却については、中長期保有を前提としつつも最適なポートフォリオの維持のた
        めに必要に応じて、当該不動産の現在及び将来に亘る収益性、立地エリアの状況、当該不動産の劣化又は陳腐化に
        対する対応状況、並びに本投資法人のポートフォリオ構成等を総合的に考慮し、投資主の利益に資する最大限の努
        力をもって判断します。なお、不動産の売却を行う場合は、市場環境や本投資法人のポートフォリオの構成等を総
        合的に考慮し判断します。
         市場動向等の急激な変化又は予期せぬ状況が発生した際には、上記の定めに拘わらず、必要な措置を講じます。
         本投資法人は、特定不動産(本投資法人が取得する特定資産のうち、不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又
        は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額の本投資
        法人の有する特定資産の合計額に占める割合を100分の75以上とします。
        ③  ポートフォリオ構築方針

         本投資法人は、日本国内に所在するヘルスケア施設に分散して投資を行うとともに、ヘルスケア施設の中でも、
        中長期にわたって大きな需要が見込まれると考える有料老人ホーム等の高齢者施設・住宅へ重点投資を行います。
         本投資法人は、ヘルスケア施設の特性を勘案の上、以下に掲げる方針に基づきポートフォリオを構築します。
        (イ)ヘルスケア施設タイプ

           本投資法人は、下記のヘルスケア施設の中でも高齢者施設・住宅及び医療施設を重点投資対象とします。ま
          た、高齢者施設・住宅は、株式会社が運営可能であることから今後民間資金を活用した施設数の大幅な増加が
          見込まれ、社会的需要が高いと考えられる有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を投資対象の中心
          とします。
                                  41/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           高齢者施設・住宅以外のヘルスケア施設については、不動産及び事業収益構造等の特性を考慮して、中長期
          的に安定した賃貸借関係が維持可能と判断できる場合のみ取得することができるものとします。但し、オフィ
          スと同等又はこれに準じた仕様、若しくは容易にオフィスに転用可能なヘルスケア施設(メディカルビル等)
          は除くものとします。           なお、病院等の医療施設については、国土交通省が関係省庁との連携の下にとりまと
          め、平成27年6月26日に公表した「病院不動産を対象とするリートに係るガイドライン」の内容及びその運用
          状況等を勘案の上、その組入可能性につき、検討を行うこととしています。
           本投資法人は、投資対象資産の取得に際しては、地域特性、需要の変化等を勘案の上、以下に掲げる組入比
          率を目安にヘルスケア施設タイプの分散を図ります。
                                                     組入比率

          ヘルスケア施設タイプ区分                          概 要
                                                      (注1)
         高齢者施設
                         高齢者に対して、介護、食事、洗濯・掃除等の家事又
         ・住宅
               有料老人ホーム          は健康管理等の日常生活に必要なサービスを提供する
               (注2)          施設(老人福祉施設、グループホーム等を除きま
                         す。)
                         介護保険法上の特定施設入居者生活介護(以下「特定
                  介護付
                         施設」といいます。)の指定を受けた有料老人ホーム
                         特定施設の指定を受けておらず、介護が必要になった
                  健康型       場合に、契約を解除して退去することが必要な有料老
                         人ホーム
                                                      60%以上
                         特定施設の指定を受けていない有料老人ホームのう
                  住宅型       ち、健康型以外の施設(介護が必要となった場合、外
                         部の介護保険サービスを利用)
               サービス付き高齢
                         住宅(面積・設備・構造)、入居者へのサービス及び
               者向け住宅
                         入居者との契約に関する基準を満たす登録された賃貸
               (注3)
                         住宅
               その他の高齢者施          高齢者を入居・利用の対象としたその他の介護施設及
               設・住宅          び居住施設
         医療施設
                         病院、メディカル・モール                            40%以下
         その他
                         ライフサイエンス施設(バイオテクノロジー、製薬、
                         医療装置開発等の生命科学産業に従事する法人又は個
                                                      10%以下
                         人が入居する施設)
          (注1)組入比率は取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)を基準とします。複合施設の場合
             には、主たるタイプを用いて算定します。
          (注2)「有料老人ホーム」とは、老人福祉法第29条に定義される施設をいいます。但し、サービス付き高齢
             者向け住宅に該当するものは除きます。
          (注3)「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢者の居住の安定確保に関する法律等に定められる登録基
             準を満たし、都道府県に登録された賃貸住宅をいいます。なお、当該登録基準の概要は以下のとおりで
             す。
             (登録基準の概要)
             ・床面積が原則25㎡以上であり、トイレ・洗面設備等が設置され、バリアフリーであること
             ・少なくとも安否確認・生活相談サービスが提供されること
             ・高齢者の居住の安定が図られた契約であり、前払家賃等の返還ルール及び保全措置が講じられている
             こと
        (ロ)地域

           本投資法人は、中長期安定運用の観点から、日本の中でも人口が集中しており今後もその傾向が続くと見込
          まれ、また今後において高齢化率が高まり高齢化人口も集中すると見込まれる東京圏、中京圏、近畿圏の三大
          都市圏を中心としつつ、ポートフォリオのリスク分散の観点から全国を対象として高齢者人口の集中度、地方
          公共団体の財政状況等を勘案の上、中長期にわたって一定の需要が見込まれると考える地域のヘルスケア施設
          に投資を行うものとします。
           各投資対象地域における投資割合は、ポートフォリオ全体の資産規模(ポートフォリオ全体の取得価格合計
          額(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)をいいます。以下「資産規模」といいます。)に対して下記
          の組入比率を目安とします。
                                  42/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                    組入比率(注)の
           地域区分                       定義
                                                       目安
                   東京圏:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
         三大都市圏          中京圏:愛知県、三重県、岐阜県                                   50%以上
                   近畿圏:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県
                   人口20万人以上の都市(三大都市圏を除きます。)
         中核都市部                                             50%以下
                   人口20万人未満の都市(三大都市圏及び中核都市部を除きます。)
         その他                                             10%以下
           (注)「組入比率」は、取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)を基準とします。
        (ハ)オペレーター

           本投資法人は、以下の事項を勘案の上、中長期的な安定運用に資するオペレーターが運営する物件を投資対
          象とします。
           また、本投資法人は、投資対象資産の取得に際しては、一のオペレーターと賃貸借契約を締結する資産規模
          を、原則として本投資法人の資産規模の40%以下とし、オペレーターの分散を図ります。但し、新たな投資対
          象資産の取得等のために、一時的に資産規模の40%を超えることができるものとします。
           その他、オペレーターとの賃貸借契約終了又は解除を要因とした空室期間の長期化による収益の低下を回避
          するため、以下の事項を勘案の上、バックアップ・オペレーター(オペレーターに一定期間の賃料不払いや倒
          産その他の一定の事由が生じた場合に、これに代わりヘルスケア施設を賃借し、その運営に当たる者をいいま
          す。)を予め選定することがあります。
          a.オペレーターの財務の状況(収益性、安全性、成長性、規模、上場市場等)
          b.オペレーターのヘルスケア事業の状況(運営状況、運営規模、業歴、組織体制、企業戦略、法令遵守状況
            等)
        (ニ)グレード

           本投資法人は、高齢者施設・住宅の入居一時金及び月額利用料の価格帯、並びに提供サービス・共用部の設
          備の充実度を勘案の上、主に一般向けの高齢者施設・住宅に投資を行います。但し、富裕層向けの高齢者施
          設・住宅についても、当該施設におけるヘルスケア施設運営事業の継続性を勘案の上、投資を行うことができ
          るものとします。
        (ホ)築年数等

           本投資法人は、投資対象資産の取得に際しては、築年数、耐震性、大規模改修工事の時期等を勘案の上、投
          資を行います。
        ④  個別投資基準

         本投資法人は、投資対象資産の取得に際しては、投資対象資産の特性及び市場環境等を十分に勘案し、当該物件
        の中長期にわたる収益性を安定性の観点から十分に検証します。
         投資対象資産の選定に際しては、必要なデューデリジェンスを行った上で、以下に掲げる投資基準に照らして、
        地域及びタイプの分散状況についても十分配慮しつつ、取得について妥当性の判断を行います。
         なお、以下に掲げる基準は、選定の視点に留まり、総合的な検討の結果、すべての基準を充足していない場合で
        も投資を行うことがあります。
        (イ)立地

           本投資法人は、原則として以下に掲げる事項を総合的に検討した上で、優位性の高い物件を投資対象としま
          す。
          a.交通アクセス
          b.周辺施設の優位性
          c.周辺環境の適格性
          d.周辺地域の将来性(高齢者人口・高齢化率の推移、ヘルスケア施設の需給等)
          e.法規制、公的助成制度の状況
                                  43/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)投資規模
           本投資法人は、原則として1物件当たりの投資金額の上限を本投資法人の資産規模の30%以下とします。
           また、原則として1物件当たり5億円以上又は30室以上の物件を投資対象とします。但し、上記に満たない
          小規模の物件については、投資対象となりうる有料老人ホーム又はサービス付き高齢者向け住宅と実質的に一
          体として運営され又は近隣にあるとみなされる場合には、投資対象となりうる有料老人ホーム又はサービス付
          き高齢者向け住宅に与える効果、対象物件の収益性等を勘案の上、投資することがあります。
        (ハ)ヘルスケア施設の契約形態

           本投資法人は、原則として固定賃料による長期の賃貸借契約をオペレーターと締結している物件を投資対象
          とします。原則として取得時における賃貸借契約の残存年限が、契約更改の可能性も勘案の上、実質10年以上
          の物件を投資対象とします。
           また、オペレーターが退去した場合には、空室期間の発生により収益が低下するため、当該リスクの集中を
          回避することを目的として、賃貸借契約終了時期の分散に努めます。
        (ニ)耐震性

           本投資法人は、原則として新耐震基準(注1)に基づく建築物に相当する耐震性能を有し、かつ単体でのPM
          L(注2)の値が15%以下の物件を投資対象とします。
          (注1)「新耐震基準」とは、昭和56年に改正された建築基準法に基づく建物等の耐震基準(昭和56年6月1
             日施行)をいいます。以下同じです。
          (注2)「PML(Probable              Maximum    Loss)」は、最大予想損失率と訳されます。これは、「対象施設ある
             いは施設群に対し最大の損失をもたらす地震が発生し、その場合の90%信頼性水準に相当する物的損
             失額」と定義されています。実際には、PMLとして再現期間475年の地震を用いることが多く、この
             地震が発生した場合の物的損害額(90%信頼水準)の再調達価格に対する割合で表されます。以下同
             じです。
        (ホ)環境・地質

           本投資法人は、原則として環境有害物質が検出されず、又は土壌汚染調査基準値(注)を超えない物件を投
          資対象とし、下表の内容に基づき判断するものとします。但し、土壌汚染において当該基準値を超える投資物
          件であっても、対処方法を含め専門家意見を踏まえた上で、周辺環境に与える影響、人的な影響、経済的な影
          響等が極めて低いと判断され、かつポートフォリオの収益の安定に寄与すると判断されれば、当該物件の取得
          を検討する場合があります。
          (注)「土壌汚染調査基準値」とは、土壌汚染対策法施行規則(平成14年環境省令第29号)に定める数値をい
             います。
             項目                          内容

         環境有害物質          アスベスト、PCB等の有害物質が土地・建物から検出されないこと、又は適正に管理
                   されて有害物質による影響が排除されていることを取得の前提とします。有害物質の存
                   在が確認され、対応する費用が発生すると想定される場合には、これらの費用を勘案し
                   取得価格を調整するものとします。
         土壌汚染          当該敷地が、土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後の改正を含みます。)第5
                   条第1項で定義されている指定地域に該当する場合には、投資対象から除外します。土
                   壌調査から土壌汚染の存在が確認され、対応する費用が発生すると想定される場合に
                   は、これらの費用及び売却する場合の価格等を勘案し取得価格を調整するものとしま
                   す。
        (ヘ)権利形態

           本投資法人は、原則として完全所有権の物件を投資対象とします。
           但し、区分所有物件、共有物件等についても、物件の処分及び運営管理における意思決定権が確保できてい
          ることを前提とし、収益の安定性、物件特性、市場環境等を総合的に勘案の上、投資を行う場合があります。
           また、旧借地法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。以下「借地法」といいます。)又は借地
          借家法(平成3年法律第90号。その後の改正を含みます。以下「借地借家法」といいます。)に基づく借地権
          に対する投資を可能とします。
                                  44/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ト)未稼働物件及び低稼働物件への投資
           本投資法人は、原則として安定した収益を生み出している物件を投資対象としており、原則として取得時点
          における賃料負担力(注1)が1.2倍を上回る物件、かつ高齢者施設・住宅においては、取得時点における入
          居率(注2)がオペレーターの財務、事業等の状況に応じた基準を上回る物件を投資対象とします。竣工前の
          物件への投資は原則として行いません。但し、オペレーターの活動状況、及び物件の競争環境等から合理的に
          判断可能な入居率及び賃料負担力、オペレーターの信用力、並びに分配金に与える影響等を総合的かつ慎重に
          検討した上で、将来的に安定した収益を生み出すと判断される場合は投資を行う場合があります。
          (注1)「賃料負担力」とは、投資対象資産のEBITDARを賃料で除した倍率をいいます。「EBITD
             AR」とは、投資対象資産における営業利益に、減価償却費及び賃料を加えた値をいいます。但し、
             オペレーターがファイナンスリースとして会計処理している場合には、リース料相当額を考慮しま
             す。なお、営業利益はオペレーターから開示された直近の値を用います。
          (注2)「入居率」とは、高齢者施設・住宅を利用又は賃借している利用者又は入居者の人数の合計を当該施
             設の定員数で除した値とします。
        (チ)フォワード・コミットメント

           フォワード・コミットメント(先日付での売買契約であって、契約締結から1ヶ月以上経過した後に決済・
          物件引渡しを行うこととしているものその他これに類する契約をいいます。以下同じです。)を行う場合に
          は、以下の点に留意することとします。
          ・売買契約等に規定される解約条件等の内容及びフォワード・コミットメントを履行できない場合の財務への
           影響を確認するものとします。
          ・物件取得時の開示において解約条件等を適切に開示するものとします。
          ・取得を決定する時点までに資金の調達方法及び実現性を十分に検証するものとします。
          ・決済・物件引渡の前に投資法人の決算期末を迎えた場合は、不動産鑑定評価を行い、結果を開示するものと
           します。
                                  45/218













                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑤  デューデリジェンス
         本投資法人は、投資対象資産の取得に際しては、売主からの開示情報のみならず、独立した第三者である専門家
        から不動産鑑定評価書、エンジニアリング・レポート及び環境調査報告書並びに必要に応じて法務調査報告書等を
        取得し、また原則として外部の調査会社からマーケットレポートを取得することで、客観性及び透明性を確保する
        とともに、高齢者施設・住宅においては、以下に掲げる項目について適正なデューデリジェンスを行い、資産運用
        会社が投資の可否を判断します。
              項目                  調査事項                   調査方法

        経済的     取得価格の妥当         ・鑑定評価額
                                              鑑定評価書
        要件     性
                      ・入居率
                      ・賃料負担力
             オペレーション状                                 売主・オペレーター開示情報
                      ・収支状況(未償却一時金の状況を含みます。)
             況                                 マーケットレポート等
                      ・運営状況、運営体制
                      ・営業戦略・施策
                      ・周辺地域の交通アクセス、娯楽施設、居住環
                       境、医療機関
                                              資産運用会社による調査
                      ・周辺地域の高齢者人口推移、需要動向
             マーケット動向
                                              マーケットレポート等
                      ・周辺地域の法規制、公的助成制度の状況
                      ・競合施設等の状況及び開発動向
                      ・運営施設の規模、業歴
                      ・運営状況、財務内容
                      ・コンプライアンス体制、内部管理体制
                                              資産運用会社による調査
             オペレーター
                      ・営業戦略(新規開設、入居促進等)
                                              マーケットレポート等
                      ・役職員の状況
                      ・業界での地位、評判、経営理念
        物理的              ・投資対象資産の概要
             投資対象資産の基                                 売主開示情報
        要件              ・建物の仕様
             本情報、設備及び                                 エンジニアリング・レポート
                      ・設備の保有状況
             仕様                                 資産運用会社による現地調査
                      ・必要書類の管理状況
             投資対象資産の管                                 エンジニアリング・レポート
                      ・目視、管理者へのヒアリング
             理状況                                 資産運用会社による現地調査
                      ・関連法規の遵守状況
                      ・過去の修繕履歴
                                              エンジニアリング・レポート
             修繕・改修
                      ・将来の修繕費用、改修費用の見積り
                                              資産運用会社による現地調査
                      ・物理的耐用年数
             物理的耐用年数                                 エンジニアリング・レポート
                      ・有害物質の汚染、使用、保管状況
             環境汚染・有害物
                                              環境調査レポート等
                      ・土地利用履歴
             質リスク
                      ・新耐震基準等の充足状況
                      ・土地利用履歴、液状化発生可能性等
             耐震性能・構造計                                 エンジニアリング・レポート
                      ・PML値
             算                                 地震診断レポート
                      ・構造計算書の改ざん等の有無
        法的              ・投資対象資産の権利関係、登記の状況
                                              エンジニアリング・レポート
        要件              ・賃貸借契約、信託契約等の契約の状況
             権利関係
                                              資産運用会社による調査
                      ・関係法規の状況
                      ・建築基準法(注1)及び消防法(注2)等に基
             定期点検                                 エンジニアリング・レポート
                       づく定期点検の実施状況
                      ・境界確定の状況
                                              境界確定書
                      ・越境物の有無及び状況
             境界・越境物                                 エンジニアリング・レポート
                                              資産運用会社による調査
                      ・施設運営に係る許認可の状況
             許認可                                 売主・オペレーター開示情報
             係争、裁判、調停         ・係争等の有無、状況、相手方との協定締結の状
                                              資産運用会社による調査
             等の状況          況
                      ・売主・オペレーターの反社会的勢力の有無、状                        資産運用会社による調査(必
             取引相手の状況
                       況                       要に応じて調査会社に依頼)
          (注1)建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。)をいいます。以下同じです。
          (注2)消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を含みます。)をいいます。以下同じです。
                                  46/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑥  運営管理方針
         本投資法人は、中長期にわたる安定収益確保に主眼を置いて、ヘルスケア施設及びオペレーターのモニタリン
        グ、オペレーターへの提案、建物・設備の修繕及び戦略的改修等の運営管理を行います。
        (イ)ヘルスケア施設及びオペレーターのモニタリング

           本投資法人は、原則として固定賃料による長期の賃貸借契約をテナントであるオペレーターとの間で締結し
          ます。この場合においても、賃貸借契約の終了又は解除により収益が低下するリスクがあるため、ヘルスケア
          施設の運営管理方針・計画及び運営状況並びにオペレーターの状況について定期的に以下の事項のモニタリン
          グに努めます。
          a.ヘルスケア施設の運営管理方針・計画
            収支計画、管理運営計画、修繕計画
          b.ヘルスケア施設の運営状況
            入居状況、損益状況、資金収支状況、営業活動状況、事故報告
          c.オペレーターの状況
            事業報告書、財務諸表、賃料支払状況、ヘルスケア施設運営規模
           また、必要に応じて、ヘルスケア施設の運営体制、運営方法・戦略、入居率見通し、近隣競合施設の動向、
          入居者の入退去理由等をオペレーターにヒアリングします。
        (ロ)オペレーターへの提案

           本投資法人は、モニタリング結果を踏まえ、ヘルスケア施設の運営状況等を勘案の上、必要に応じて、オペ
          レーターに対して以下の改善策を協議・提案することに努めます。
          a.収支の改善
            人員体制、価格、サービス内容の見直し
          b.入居率の改善
            価格の見直し、入居促進の手法・体制
        (ハ)プロパティ・マネジメント会社の選定及び管理

           本投資法人ではプロパティ・マネジメント業務等については外部の専門業者に委託します。外部委託会社の
          選定に際しては、コストのみならず提供される業務の質も重視し、特に下記の点に留意するほか、詳細につい
          ては、資産運用会社において定める「外部委託先管理マニュアル」によるものとします。
           なお、本投資法人が本書の日付現在保有するヘルスケア施設のプロパティ・マネジメント会社はすべてAI
          Pヘルスケアジャパンです。同社は、アセットマネジャーとして当該施設を運用してきた実績・知見があり、
          かかる運用を通じて、当該施設のオペレーターとの関係を構築済であり、オペレーターとの円滑な協働が期待
          されます。また、資産運用会社との緊密な連携が期待されます。
               項目                         留意点

         企業の内容               ・業務の受託者としての実績
                        ・ヘルスケア業界の熟知度
                        ・財務の健全性
         業務執行体制               ・主要スタッフの専門性
                        ・関係業務のネットワークの有無
         コスト・報酬               ・必要となるコストの妥当性
                        ・報酬水準の妥当性
                        ・金額と業務品質のバランス
        (ニ)修繕工事、設備投資及び戦略的改修工事

          a.本投資法人は、賃貸借契約に定められた取得資産に係る修繕・改修費用及び設備更新費用の負担区分に応
           じて、適切に修繕、改修及び設備更新を実施することで、中長期的な視点から資産価値の維持・向上を図
           り、中長期的な収益安定を図ります。
                                  47/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.修繕工事、設備投資及び戦略的改修工事のための計画を「年次資産管理計画」及び「中期資産管理計画」
           において立案します。計画の立案に際しては、建物のライフサイクルコスト(注1)を考慮した上で、
           ポートフォリオ全体において可能な限り特定の時期に改修工事が集中しないように計画します。資本的支
           出については、減価償却費相当額とのバランス及び費用対効果等を考慮して計画します。また、計画の立
           案のために、資産運用会社及びプロパティ・マネジメント会社は、各投資対象資産の現地調査を少なくと
           も年一回実施するものとします。
          c.コンストラクション・マネジメント(注2)及びバリュー・エンジニアリング(注3)等の手法を積極的
           に導入して、効率的な工事計画を立案します。
          (注1)「ライフサイクルコスト」とは、建築物の企画設計段階、建設段階、運用管理段階及び解体再利用段
             階の各段階のコストの総計のことをいいます。
          (注2)「コンストラクション・マネジメント」とは、コンストラクション・マネージャーを選定して、スケ
             ジュール、コスト、品質をコントロールしてプロジェクトを円滑に管理・遂行することをいいます。
          (注3)「バリュー・エンジニアリング」とは、設計、施工方法等を総合的に見直して費用対効果を最大化す
             ることを目指す手法をいいます。
        ⑦  付保方針

        (イ)損害保険
           火災・事故等に起因する建物への損害又は対人・対物事故に関する第三者からの損害賠償請求等に対処する
          ため、必要な火災保険又は賠償責任保険等を付保します。
        (ロ)地震保険

           原則として物件単体のPMLの値が15%以下の投資対象資産を投資対象としますが、例外的に15%を超える
          投資対象資産に投資を行う場合においては、15%を超える部分に対して地震保険の付保等の必要な措置をとる
          ものとします。
        (ハ)引受保険会社

           引受保険会社の選定に際しては、保険代理店又は保険ブローカーを通じて、複数の条件等を検討します。
        ⑧  売却方針

         投資対象資産については中長期保有を原則とします。但し、投資対象資産の収支及び価値、並びに不動産売買・
        賃貸マーケットの状況及び予測を総合的に勘案の上、最適なポートフォリオの維持のために必要であると判断した
        場合、又は投資主の利益の最大化に資すると判断した場合、以下に掲げる方針に従い、投資対象資産の売却を行い
        ます。また、他の投資案件に付随して本投資法人の投資基準を満たさない投資対象資産を取得した場合には、短期
        間での売却を検討する場合があります。
        (イ)売却価格
           投資対象資産の売却価格の決定に際しては、マーケット調査、取引事例などを十分考慮し、合理的に決定し
          ます。また、必要に応じて鑑定評価書若しくは価格調査書等の取得による第三者意見を参考にします。
        (ロ)売却方法

           売却に際しては、当該投資対象資産の将来にわたる収益性、売却資産の個別性、市場動向等を総合的に勘案
          し、相対取引・入札等の方法により売却先を決定するものとします。
        ⑨  大和証券グループ本社との業務協力

        (イ)情報提供に関する協力
           大和証券グループ本社は、物件に関する情報、その他資産運用会社又は本投資法人にとって有用な情報を提
          供します。
        (ロ)人材に関する相互的な業務協力

           大和証券グループ本社は、資産運用会社の独自性を尊重しつつ、その不動産ファンド運用管理のノウハウを
          資産運用会社において承継、かつ発展させるため、資産運用会社及び本投資法人の成長に伴い必要とされる人
          材の確保に関し、資産運用会社に協力します。
        (ハ)ブリッジファンド組成等に関する協力

           大和証券グループ本社は本投資法人への売却を前提として物件等への投資を行うファンド(ブリッジファン
          ド)の組成等に協力を行います。
                                  48/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ニ)スポンサー・サポート契約
           資産運用会社は、大和証券グループ本社とスポンサー・サポート契約を締結し、同社より業務協力を受けま
          す。
        (ホ)投資対象不動産の取得に関する業務協力

          a.  大和証券グループ本社は、本投資法人の投資方針及び投資基準に概ね合致する物件情報、その他本投資法
           人の資産運用に有用な情報を提供します。
          b.  資産運用会社は、提供された物件情報をもとに物件取得の可能性を検討します。
        ⑩  財務方針

         本投資法人は、安定収益の実現、運用資産の着実な成長及び効率的な運用を図るために、以下に掲げる方針に従
        い、資金の調達及び運用を行います。
        (イ)投資口の追加発行
           投資口の追加発行は、新たに取得する不動産の取得時期、総資産に対する有利子負債の比率(以下「LT
          V」といいます。)、経済市況等を総合的に勘案の上、投資口の希薄化にも配慮しつつ機動的に行います。
        (ロ)借入れ及び投資法人債の発行

          a.LTVの水準は、資金余力の確保に留意した設定とし、原則として60%を上限とします。但し、新たな投
           資対象資産の取得、及びリファイナンス・リスクの軽減等のために、一時的に60%を超えることができる
           ものとします。
          b.安定的な財務基盤を構築し、将来の成長戦略を支えるため、有力金融機関とのいわゆるメインバンク体制
           を確立しつつ、借入先の分散、投資法人債の発行等による資金調達先の多様化にも積極的に取り組みま
           す。なお、借入先は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第3項第1号に定める適格機関投資
           家(但し、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)に限るものとします。
          c.借入れに際しては、借入コスト、借入期間、担保提供の要否等の諸条件につき複数の金融機関と交渉し、
           金利動向、マーケット水準、財務の機動性及び安全性、並びに借入先構成等のバランスを考慮しつつ諸条
           件を総合的に検討した上で、適切な資金調達を行います。
          d.金利上昇リスク及びリファイナンス・リスクを軽減するため、調達期間の長期化、金利の固定化、返済期
           日の分散及び柔軟性の高い財務制限条項の導入等を必要に応じて検討します。
          e.各種必要資金を機動的に調達するために、コミットメントライン及び極度貸付枠等の融資枠の確保を必要
           に応じて検討します。
        (ハ)資金管理

          a.本投資法人は、資金需要(投資対象資産の新規取得、保有資産の維持・向上に向けて必要となる修繕及び
           資本的支出、本投資法人の運転資金、債務の返済並びに分配金の支払等)に対応するため、融資枠等の設
           定状況も勘案の上、妥当と考えられる金額の現預金を常時保有します。
          b.上記の現預金は、原則として無利息型の普通預金口座(預金保険制度により全額保護の対象となる預金)
           又はムーディーズ・インベスターズ・サービス・インク(ムーディーズ・ジャパン株式会社を含みま
           す。)の短期格付がP-2以上、スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(スタンダー
           ド&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社を含みます。)の短期格付がA-2以上、株式会社格付
           投資情報センターの短期格付がa-2以上若しくは株式会社日本格付研究所の短期格付がJ-2以上であ
           る銀行に開設した無利息型の普通預金口座以外の普通預金口座に預け入れます。
          c.本投資法人は、減価償却費相当額のうち、上記a.にて現預金として留保した後の残額を、本投資法人を
           取り巻く経済環境及び不動産市場の動向、並びに本投資法人の保有資産の状況及び財務状況等を総合的に
           勘案の上、毎計算期間における減価償却費の40%を上限として、毎期継続的に、投資主への利益を超える
           金銭の分配に充当し、効率的な資金管理を図ります。
          d.余剰資金は、安全性及び流動性の高い有価証券及び金銭債権へ投資を行う場合があります。
          e.デリバティブ取引(投信法第2条第6項)は、本投資法人の負債に起因する金利変動リスクをヘッジする
           ことを目的とした運用に限定します。
                                  49/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ⑪  資産管理計画の策定
        (イ)年次資産管理計画
           年次資産管理計画は、各計算期間の開始後45日までを目処に、対象期間を1年間(当該計算期間及び翌計算
          期間)とし、概ね以下に掲げる内容を記載したものを策定し、計画的な資産運用を行う指針とします。
          a.物件の取得及び売却に関する計数計画
          b.保有物件の賃貸事業に関する計数計画
          c.保有物件の修繕・資本的支出に関する計数計画
          d.有利子負債の調達及び返済に関する計数計画
          e.過去の運用状況に関する分析
          f.経済要因(経済情勢、財政状況、金融・不動産市場動向)、社会要因(高齢者人口・要介護認定者推移)
           及び行政要因(介護・医療保険制度、ヘルスケア施設の供給規制)に関する分析
        (ロ)中期資産管理計画

           中期資産管理計画は、対象期間を5年間として、概ね以下に掲げる内容を記載したものを策定し、ポート
          フォリオの構築のための指針とします。
           なお、中期資産管理計画は、原則として年に一度以上策定するものとします。
          a.物件の取得及び売却に関する計数計画
          b.保有物件の賃貸事業に関する計数計画
          c.保有物件の修繕・資本的支出に関する計数計画
          d.有利子負債の調達及び返済に関する計数計画
        (ハ)資産管理計画書

           資産管理計画書には、投信協会の「不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則」に定める内容等を記
          載します。
           なお、資産管理計画書は、原則として年に一度以上策定するものとします。
        ⑫  情報開示方針

         本投資法人は、投資主、地域社会等のあらゆるステークホルダーの本投資法人に対する理解を促進し、その適正
        な評価のために、本投資法人及び資産運用会社に関する重要な情報(財務的・社会的・市場環境的側面の情報を含
        みます。)の公正かつ適時適切な開示を行います。
         また、金融商品取引法、投信法、会社法、その他の法令、並びに東京証券取引所及び投信協会が定める規程及び
        規則を遵守するとともに、内容的にも時間的にも公平な開示に努めます。
         情報開示については、説明会、電話会議、インターネット、各種印刷物をはじめとする様々な情報伝達手段を活
        用し、より多くの投資家に分かり易い開示を行うよう努めます。
        (イ)情報開示方針
           法定開示事項並びに東京証券取引所及び投信協会が定める事項の開示だけではなく、投資主に対して重要か
          つ有用な情報をできる限り開示することにより、資産運用についての説明責任を十分に果たすよう努めます。
        (ロ)開示の方法

           法令に基づく開示について法令に従った開示の方法によるほか、東京証券取引所の適時開示情報伝達システ
          ム(TDnet)への登録及び記者クラブへの開示資料の配布を行います。加えて、開示資料を本投資法人の
          ホームページに掲載します。
        ⑬  利害関係人との取引についての指針

         利害関係人との取引については、資産運用会社において定める「利益相反対策ルール」(その概要については、
        後記「第二部       投資法人の詳細情報          第3   管理及び運営       2  利害関係人との取引制限            (2)利益相反対策ルール」
        をご参照下さい。)に基づき行います。
        ⑭  環境方針

         本投資法人は、「環境方針」を定め、それに従うものとし、社会的な責任として、環境保全・環境負荷削減等に
        努めるものとします。なお、実施に際しては、費用対効果を十分に検討するものとします。
                                  50/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)【投資対象】
        ① 投資対象とする資産の種類
          本投資法人は、下記の不動産等及び不動産対応証券を投資対象とします。
        (イ)不動産等
          a.  不動産
          b.  不動産の賃借権
          c.  地上権
          d.  外国の法令に基づくa.乃至c.に掲げる資産
          e.  不動産、不動産の賃借権、地上権又はd.に掲げる資産を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と
           併せて信託する包括信託を含みます。)
          f.  信託財産を主として不動産、不動産の賃借権、地上権又はd.に対する投資として運用することを目的とす
           る金銭の信託の受益権
          g.  当事者の一方が相手方の行う上記a.乃至f.に掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がその出資
           された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行うことを
           約する契約に係る出資の持分(以下「匿名組合出資持分」といいます。)
          h.  信託財産を主としてg.に掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
          i.  外国の法令に準拠して組成されたe.乃至h.に掲げる資産と同様の性質を有する資産
        (ロ)不動産対応証券(裏付けとなる資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的とする、次に掲

          げる各資産をいいます。以下同じです。)
          a.  優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。以下「資産
           流動化法」といいます。)に定めるものをいいます。)
          b.  受益証券(投信法に定めるものをいいます。)
          c.  投資証券(投信法に定めるものをいいます。)
          d.  特定目的信託の受益証券(資産流動化法に定めるもの(上記(イ)e.又はf.に規定する資産に投資するも
           のを除きます。)をいいます。)
          e.  匿名組合出資持分証券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)
          f.  外国の法令に準拠して組成されたa.乃至e.に掲げる資産と同様の性質を有する資産
        (ハ)本投資法人は、上記(イ)に掲げる不動産等及び(ロ)に掲げる不動産対応証券のほか、次に掲げる特定資産に

          投資することができます。
          a.  預金(譲渡性預金を含みます。)
          b.  コール・ローン
          c.  デリバティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その後
           の改正を含みます。以下「投信法施行令」といいます。)に定めるものをいいます。)
          d.  金銭債権(投信法施行令に定めるものをいいます。)
          e.  信託財産を上記a.乃至d.に掲げるものに対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益
           権
          f.  信託財産を主として匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
          g.有価証券(投信法に定めるものをいいます。上記(イ)、(ロ)及び(ハ)a.乃至f.に列挙するものを除きま
           す。)
          h.  再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令に定めるものをいいます。以下同じです。)
          i.  公共施設等運営権(投信法施行令に定めるものをいいます。以下同じです。)
        (ニ)本投資法人は、上記(イ)乃至(ハ)に定める特定資産のほか、上記(イ)に掲げる不動産等又は上記(ロ)に掲げ

          る不動産対応証券への投資に当たり必要がある場合には、以下に掲げる資産に投資することができます。
          a.  商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に規定する商標権又は同法に規定する専用使
           用権若しくは同法に規定する通常使用権(上記(イ)a.乃至f.に掲げる資産に対する投資に付随するもの
           に限ります。)
          b.  著作権法(昭和45年法律第48号。その後の改正を含みます。)に基づく著作権等
          c.  資産流動化法に規定する特定出資(実質的に上記(イ)a.乃至e.に掲げる資産に投資することを目的とす
           る場合に限ります。)
          d.地役権
                                  51/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          e.民法(明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)に定める動産(設
           備、備品その他の構造上又は利用上不動産に付加されたものに限るものとし、再生可能エネルギー発電設
           備を除きます。)
          f.地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算定割
           当量その他これに類似するもの、又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
          g.  民法上の組合の出資持分(但し、上記(ハ)g.に掲げる有価証券に該当するものを除きます。)
          h.各種の損害保険契約及びこれに基づく権利又は利益
          i.温泉法(昭和23年法律第125号。その後の改正を含みます。)において定める温泉の源泉を利用する権利及
           び当該温泉に関する設備等
          j.上記a.乃至i.のほか、不動産等又は不動産対応証券の投資に付随して又は規約に定める投資態度に照ら
           して取得が必要又は有用となるその他の権利
        (ホ)金融商品取引法第2条第2項に定める有価証券表示権利について当該権利を表示する有価証券が発行されて

          いない場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、上記(イ)乃至(ニ)を適用するものとしま
          す。
        ②  投資基準及び種類別、地域別等による投資割合

        (イ)投資基準については、前記「(1)投資方針 ③ ポートフォリオ構築方針」及び「(1)投資方針 ④ 
          個別投資基準」をご参照下さい。
        (ロ)種類別、地域別等による投資割合については、前記「(1)投資方針 ② 投資態度」及び「(1)投資方
          針 ③ ポートフォリオ構築方針」をご参照下さい。
                                  52/218














                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (3)【分配方針】
          本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします。
        ① 利益の分配(規約第33条第1号)
        (イ)本投資法人の資産の運用によって生じる分配可能金額(以下「分配可能金額」といいます。)は、我が国に
          おいて一般に公正妥当と認められる企業会計の基準・慣行に準拠して計算される利益(決算日の貸借対照表上
          の資産合計額から負債合計額を控除した金額(純資産額)から出資総額、出資剰余金及び評価・換算差額等の
          合計額を控除した金額をいいます。)とします。
        (ロ)投資主への分配においては、原則として租税特別措置法第67条の15に定める投資法人の課税の特例(以下
          「投資法人に係る課税の特例規定」といいます。)に規定される本投資法人の配当可能利益の額の金額の100
          分の90に相当する金額(法令改正等により当該金額の計算に変更があった場合には変更後の金額とします。)
          を超えて分配するものとします。
           なお、本投資法人は、運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、支払準備金、分配
          準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等を分配可能金額から積み立てることができます。
        ② 利益を超えた金銭の分配

          本投資法人は、(a)金銭の分配金額が投資法人に係る課税の特例規定における要件を満たさない場合におい
         て、当該要件を満たすことを目的とする場合、又は、(b)本投資法人における課税負担の軽減を目的として本
         投資法人が適切と判断する場合、利益の金額を超えて分配することができます。また、本投資法人は経済環境、
         不動産市場、賃貸市場等の動向により本投資法人が適切と判断する場合、投信協会の定める規則等(以下「投信
         協会規則等」といいます。)において定める額(注)を限度として、利益の金額を超えて金銭を分配することが
         できます(規約第33条第2号本文)。なお、本投資法人は、原則として毎期継続的に当該利益を超える金銭の分
         配を行っていく方針とします。また、その実施及び金額の決定に当たっては、保有資産の競争力の維持・向上に
         向けて必要となる資本的支出の金額及び本投資法人の財務状態に十分配慮します。但し、経済環境、不動産市場
         の動向、保有資産の状況及び財務の状況等を踏まえ、本投資法人が不適切と判断した場合には利益を超える金銭
         の分配を行わないものとします(規約第33条第2号但書)。
         (注)クローズド・エンド型の投資法人は、                     一時差異等調整引当額の増加額に相当する分配についてはその金
            額、税法上の出資等減少分配に該当する分配(通常の利益超過分配)については計算期間の末日に算定
            された減価償却累計額の合計額から前計算期間の末日に計上された減価償却累計額の合計額を控除した
            額 の100分の60に相当する金額を限度として、利益超過分配を行うことが可能とされています(投信協会
            「不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則」)。
        ③ 分配金の分配方法(規約第33条第3号)

          分配は、金銭により行うものとし、原則として決算期から3ヶ月以内に、決算期現在の最終の投資主名簿に記
         載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象に投資口の所有口数又は登録投資口質権の対象たる投資口
         の口数に応じて分配します。
        ④ 分配金請求権の除斥期間(規約第33条第4号)

          本投資法人は、金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、その分配金の支払
         義務を免れるものとします。なお、未払分配金には利息は付さないものとします。
        ⑤ 投信協会規則等(規約第33条第5号)

          本投資法人は、上記①乃至④のほか、金銭の分配に当たっては、投信協会規則等に従うものとします。
                                  53/218







                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (4)【投資制限】
        ① 規約に基づく投資制限
          本投資法人の規約に基づく投資制限は以下のとおりです。
        (イ)投資制限(規約別紙1「資産運用の対象及び方針」(投資制限))
          a.  有価証券及び金銭債権に係る制限
            前記「(2)投資対象             ① 投資対象とする資産の種類 (ハ)」に掲げる有価証券及び金銭債権は、
           積極的に投資を行うものではなく、本投資法人の主たる投資目的たる不動産投資を補足する観点で、安全
           性、換金性又は前記「(2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類 (イ)又は(ロ)」に掲げる特定
           資産との関連性を勘案した運用を図るものとします。
          b.  再生可能エネルギー発電設備及び公共施設等運営権                        に係る制限
            前記「(2)投資対象            ① 投資対象とする資産の種類 (ハ)」に掲げる                         再生可能エネルギー発電設
           備及び公共施設等運営権           は、積極的に投資を行うものではなく、                   本投資法人の主たる投資目的たる不動産投
           資を補足する観点で、前記            「(2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類 (イ)又は(ロ)」                                  に掲げ
           る特定資産に付随して取得が必要又は有用となる場合に限り投資します。
          c.  デリバティブ取引に係る制限
            前記「(2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類 (ハ)」に掲げるデリバティブ取引は、本投資
           法人の負債に起因する金利変動リスクをヘッジすることを目的とした運用に限定し、相場変動による利殖目
           的の運用は行      わないものとします。
        (ロ)組入資産の貸付け(規約別紙1「資産運用の対象及び方針」(取得した資産の貸付けの目的及び範囲))

          a.  本投資法人の有する不動産については、第三者との間で賃貸借契約を締結し貸付けを行うことを原則とし
           ます。また、信託受益権に係る信託財産たる不動産については、当該信託の受託者に第三者との間で賃貸借
           契約を締結し貸付けを行うか、又は本投資法人が当該信託の受託者との間で賃貸借契約(マスターリース契
           約)を締結して当該不動産を賃借した上で、本投資法人が第三者との間で転貸借契約(サブリース契約)を
           締結して転貸することを原則とします。
          b.  上記a.に定める賃貸から敷金又は保証金及びこれらに類する金銭を受け入れた際には、資産運用の基本方
           針に基づき運用します。
          c.  余資の効率的な運用を目的に、安全性を考慮した上で、かかる余資を貸付けることができます。
        (ハ)借入れ及び投資法人債の発行に係る制限(規約第31条)

          a.  借入れの目的
            本投資法人は、安定した収益の確保及び運用資産を着実に成長させることを目的として、資金の借入れ
           (コール市場を通じる場合を含みます。)又は投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じ。)の発
           行を行うことができます。但し、短期投資法人債の発行により調達した資金の使途又は目的については、法
           令に定める範囲に限るものとします。なお、借入れ及び投資法人債により収受した金銭の使途は、資産の取
           得、修繕費その他の維持管理費用、分配金の支払、本投資法人の運営に要する資金又は債務の返済(敷金及
           び保証金の返還並びに借入金及び投資法人債の債務の返済を含みます。)等とします。
          b.  借入金の限度額
            借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないもの
           とします。
          c.  借入先
            資金を借入れる場合は、金融商品取引法に規定する適格機関投資家(但し、租税特別措置法第67条の15に
           規定する機関投資家に限ります。)からの借入れに限るものとします。
          d.  担保の提供
            上記a.に基づき借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、本投資法人は、運用資産を担保とし
           て提供することができます。
        ② 金融商品取引法及び投信法に基づく投資制限

          本投資法人は、金融商品取引法及び投信法に基づく投資制限に従います。主なものは、次のとおりです。
        (イ)金融商品取引法に基づく投資制限
            登録投資法人は、金融商品取引業者である資産運用会社にその資産の運用に係る業務を委託しなければな
           りません。資産運用会社は、当該投資法人の資産の運用に係る業務に関して金融商品取引法上一定の行為を
           行うことが禁止されており、結果的に、投資法人が一定の投資制限に服することになります。かかる禁止行
           為のうち、主なものは以下のとおりです。なお、利害関係人等との取引制限については、後記「第二部 投
           資法人の詳細情報 第3 管理及び運営 2 利害関係人との取引制限」をご参照下さい。
                                  54/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           a.  自己取引等
            資産運用会社が自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行
           うこと(金融商品取引法第42条の2第1号)。但し、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又
           は金融商品取引業の信用を失墜させる恐れのないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19年
           内閣府令第52号。その後の改正を含みます。以下「金商業等府令」といいます。)第128条に定めるものを
           除きます。
          b.  運用財産相互間の取引
            資産運用会社が運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第
           42条の2第2号)。但し、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を
           失墜させる恐れのないものとして金商業等府令第129条に定めるものを除きます。
          c.  第三者の利益を図る取引
            資産運用会社が特定の金融商品、金融指標又はオプションに関し、取引に基づく価格、指標、数値又は対
           価の額の変動を利用して自己又は登録投資法人以外の第三者の利益を図る目的をもって、正当な根拠を有し
           ない取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第3号)。
          d.  投資法人の利益を害する取引
            資産運用会社が通常の取引の条件と異なる条件で、かつ、当該条件での取引が登録投資法人の利益を害す
           ることとなる条件での取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第4号)
          e.  投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるものとして業
           府令で定める行為(金融商品取引法第42条の2第7号、金商業等府令第130条)
        (ロ)投信法に基づく投資制限

          a.  同一株式の取得制限
            登録投資法人は、         国外の特定資産につきその所在国の法令等により取引に制限がある場合等において、専
           ら当該取引を行うことを目的とする法人の発行する株式を取得する場合を除き、                                     同一の法人の発行する株式
           に係る議決権を、当該株式に係る議決権の総数の100分の50を超えて取得することができません(投信法第
           194条第1項、投信法施行規則第221条)。
          b.  自己投資口の取得及び質受けの制限
            投資法人は、当該投資法人の投資口を取得し、又は質権の目的として受けることができません。但し、次
           に掲げる場合において当該投資口を取得するときは、この限りではありません(投信法第80条第1項、規約
           第8条第2項)。
           (ⅰ)投資主との合意により当該投資口を取得する場合
           (ⅱ)合併後消滅する投資法人から当該投資口を承継する場合
           (ⅲ)投信法の規定により当該投資口の買取りをする場合
           (ⅳ)その他投信法施行規則で定める場合
          c.  子法人による親法人投資口の取得制限
            他の投資法人(子法人)の発行済投資口の総口数の過半数に当たる投資口を有する投資法人(親法人)の
           投資口については、当該子法人は、原則としてこれを取得することができません(投信法第81条)。
        ③ その他の投資制限

        (イ)   本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
        (ロ)集中投資
           集中投資について法令上制限はありません。なお、不動産の所在地域による投資に関する方針については、
          前記「(1)投資方針 ③ ポートフォリオ構築方針」をご参照下さい。
        (ハ)他のファンドへの投資
           他のファンド(投資証券及び投資信託の受益証券)への投資について、規約上の制限はありません。
                                  55/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      3【投資リスク】
       (1)リスク要因
          以下には、本投資法人の投資口(以下「本投資口」といいます。)及び本投資法人の投資法人債(以下「本投
         資法人債」といいます。)への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載してい
         ます。なお、本投資法人は本書の日付現在において投資法人債を発行していませんが、今後投資法人債を発行す
         る場合があることから、本投資法人債への投資に係るリスク要因も併せて記載しています。但し、以下は本投資
         口及び本投資法人債への投資に関するすべてのリスクを網羅したものではなく、記載されたリスク以外のリスク
         も存在します。また、本投資法人が取得している個別の不動産に特有のリスクについては、後記「5 運用状
         況 (2)投資資産 ③ その他投資資産の主要なもの (ル)個別信託不動産の概要」を併せてご参照下さ
         い。
          本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針で
         すが、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資
         口又は本投資法人債の市場価格は下落する可能性があり、その結果として、本投資口又は本投資法人債の投資家
         が損失を被る可能性があります。また、本投資法人の純資産額の減少、その他財務状況の悪化による分配金の減
         少が生じる可能性があります。
          各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で、本投資口又
         は本投資法人債に関する投資判断を行う必要があります。
          なお、本書に記載の事項には、将来に関する事項が含まれますが、別段の記載のない限り、これら事項は本書
         の日付現在における本投資法人及び資産運用会社の判断によるものです。
          本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。

         ① 本投資口又は本投資法人債の商品性に関するリスク
         (イ)本投資口又は本投資法人債の市場価格の変動に関するリスク
         (ロ)本投資口の市場性に関するリスク
         (ハ)金銭の分配に関するリスク
         (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク
         (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
         (ヘ)投資法人債の償還・利払に関するリスク
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
         (イ)投資対象をヘルスケア施設に限定していることによるリスク
         (ロ)投資対象不動産が地域的に偏ることに関するリスク
         (ハ)不動産を取得又は処分できないリスク
         (ニ)本投資法人の外部成長戦略に関するリスク
         (ホ)投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
         (ヘ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク
         (ト)金銭債権投資及び金銭債権を信託する信託受益権への投資に関するリスク
         (チ)特定目的会社の優先出資証券への投資に関するリスク
         ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク
         (イ)大和証券グループ本社への依存、利益相反に関するリスク
         (ロ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
         (ハ)本投資法人の執行役員及び資産運用会社の人材に依存しているリスク
         (ニ)資産運用会社の兼業業務によるリスク
         (ホ)インサイダー取引規制に関するリスク
         (へ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
         (ト)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
         (チ)敷金及び保証金に関するリスク
         (リ)本投資法人及び資産運用会社の実績が限られていることに伴うリスク
         ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク
         (イ)不動産の欠陥・瑕疵に関するリスク
         (ロ)土地の境界等に関するリスク
         (ハ)賃貸借契約に関するリスク
         (ニ)災害等による建物の滅失、劣化及び毀損のリスク
         (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
         (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
         (ト)法令の制定・変更に関するリスク
                                  56/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (チ)地球温暖化対策に関するリスク
         (リ)売主の倒産等の影響を受けるリスク
         (ヌ)マスターリースに関するリスク
         (ル)転貸に関するリスク
         (ヲ)ヘルスケア施設に対する投資の特性及びオペレーターに関するリスク
         (ワ)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク
         (カ)共有物件に関するリスク
         (ヨ)区分所有建物に関するリスク
         (タ)借地物件に関するリスク
         (レ)借家物件に関するリスク
         (ソ)開発物件に関するリスク
         (ツ)有害物質に関するリスク
         (ネ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
         (ナ)不動産信託受益権の準共有等に関するリスク
         (ラ)フォワード・コミットメント等に係るリスク
         ⑤ 税制等に関するリスク
         (イ)導管性の維持に関する一般的なリスク
         (ロ)過大な税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク
         (ハ)借入れに係る導管性要件に関するリスク
         (ニ)資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク
         (ホ)同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク
         (ヘ)投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク
         (ト)   税務調査等による更正処分のため、追加的な税金が発生するリスク
         (チ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
         (リ)一般的な税制の変更に関するリスク
         (ヌ)減損会計の適用に関するリスク
         (ル)納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク
         ⑥ その他
         (イ)専門家報告書等に関するリスク
         (ロ)投資主優待制度に関するリスク
         ① 本投資口又は本投資法人債の商品性に関するリスク

         (イ)本投資口又は本投資法人債の市場価格の変動に関するリスク
            本投資口は、投資主からの請求による投資口の払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資
           主が本投資口を換価する手段は、本投資口の売却に限定されます。
            本投資口の市場価格は、本投資口が上場している東京証券取引所における需給バランスにより影響を受
           け、一定の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。本投資口又は本
           投資法人債の市場価格は、国内外の金利情勢、経済情勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影
           響を受けて変動します。また、本投資法人はヘルスケア施設に特化しているため、本投資口の市場価格が他
           の投資法人の投資口とは異なる要因の影響を受けて変動する可能性があります。本投資法人若しくは資産運
           用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督官庁による行政処分の勧告や行政処分が
           行われた場合にも、本投資口又は本投資法人債の市場価格が下落することがあります。
            本投資口又は本投資法人債の市場価格が下落した場合、投資主又は投資法人債権者は、本投資口又は本投
           資法人債を取得した価額で売却できない可能性があり、その結果、損失を被る可能性があります。
         (ロ)本投資口の市場性に関するリスク

            本投資口は、投資主の希望する時期や条件で取引できる保証も、常に買主が存在するとの保証もなく、譲
           渡価格を保証する第三者も存在しません。また、本投資法人の資産総額の減少、投資口の売買高の減少その
           他により、東京証券取引所の定める「有価証券上場規程」に規定される上場廃止基準に抵触する場合には、
           本投資口の上場が廃止されます。本投資口の上場が廃止された場合、又はその他の理由で本投資口の東京証
           券取引所における売却が困難若しくは不可能となった場合には、投資主は、本投資口を希望する時期又は条
           件で換価できないか、全く換価できない可能性があり、これにより損失を被る可能性があります。なお、本
           投資法人が投資法人債を発行した場合について、本投資法人債には、確立された取引市場が存在せず、買主
           の存在も譲渡価格も保証されていません。
                                  57/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ハ)金銭の分配に関するリスク
            本投資法人は前記「2 投資方針 (3)分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の
           分配を行う予定ですが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではありませ
           ん。本投資法人が取得する不動産及び不動産を裏付けとする資産の当該裏付け不動産(以下、本「(1)リ
           スク要因」の項において「不動産」と総称します。)の賃貸状況、売却に伴う損益、減損損失の発生や建替
           えに伴う除却損等により、期間損益が変動し、投資主への分配金が増減することがあります。また、本投資
           法人は、利益の範囲内で行う金銭の分配に加え、前記「1 投資法人の概況 (1)主要な経営指標等の推
           移 ③次期の見通し (ロ)今後の運用方針及び対処すべき課題 d.投資主に配慮した投資主還元策の設
           定 (ⅰ)利益を超える金銭の分配(利益超過分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し))
           の実施」に記載の方針に従い、継続的に利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資
           の払戻し)を行う方針を採用しています。当該利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当す
           る出資の払戻し)を行うに当たり、本投資法人では、長期修繕計画に基づき想定される各計算期間の資本的
           支出の額を勘案し、長期修繕計画に影響を及ぼさず、かつ、資金需要(投資対象資産の新規取得、保有資産
           の維持・向上に向けて必要となる修繕及び資本的支出、本投資法人の運転資金、債務の返済並びに分配金の
           支払い等)に対応するため、融資枠等の設定状況を勘案し、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した上
           で、本投資法人の財務状態に悪影響を及ぼさない範囲で、毎計算期間における減価償却費の40%を上限とし
           て利益超過分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を継続して実施する方針としていま
           す。
            しかしながら、上記の方針にかかわらず、経済環境、不動産市場の動向、保有資産の状況及び財務の状況
           等によっては、利益を超える金銭の分配の額が変動する可能性や、利益を超える金銭の分配を一切行わない
           可能性があり、この場合には、投資主が利益を超える金銭の分配を踏まえて期待した投資利回りを得られな
           い可能性があります。また、利益を超える金銭の分配の実施は手元資金の減少を伴うため、突発的な事象等
           により本投資法人の想定を超えて資本的支出等を行う必要が生じた場合に手元資金の不足が生じる可能性
           や、機動的な物件取得に当たり資金面での制約となる可能性があります。我が国の不動産投資信託証券市場
           (J-REIT市場)においては、利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払
           戻し)を行う方針としている投資法人は少ないため、本投資法人の分配方針が市場においていかなる評価を
           受けるかは明らかでありません。また、投資法人の利益を超える金銭の分配に関する投信協会の規則等につ
           き将来新たな改正が行われる場合には、改正後の投信協会の規則等に従って利益を超える金銭の分配を行う
           必要があることから、これを遵守するために、利益を超える金銭の分配(税法上の出資等減少分配に該当す
           る出資の払戻し)の額が本書記載の方針による金額と異なる可能性や、利益を超える金銭の分配を一時的
           に、又は長期にわたり行うことができなくなる可能性があります。
         (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク

            本投資法人の収入は、本投資法人が取得する不動産の賃料収入に主として依存しています。不動産に係る
           賃料収入は、賃貸借契約の終了等により、大きく減少する可能性があるほか、賃借人との協議や賃借人から
           の請求等により賃料が減額されたり、契約どおりの増額改定を行えない可能性もあります(なお、これら不
           動産に係る賃料収入に関するリスクについては、後記「④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク 
           (ハ)賃貸借契約に関するリスク」をご参照下さい。)。また、当該不動産に関して締結される賃貸借契約
           に基づく賃料が、一般的な賃料水準に比して適正な水準にあるとは限りません。
            一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、改修工事等に要する費
           用支出、多額の資本的支出、不動産の取得等に要する費用、その他不動産に関する支出が状況により増大
           し、キャッシュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。このように、不動産からの収入が減少する
           可能性があるとともに、不動産に関する支出は増大する可能性があり、これら双方又はいずれか一方の事由
           が生じた場合、投資主への分配金額が減少したり、本投資口の市場価格が下落することがあります。
                                  58/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
            本投資法人は、新規投資口を随時追加発行する予定ですが、かかる追加発行により既存の投資主の保有す
           る投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の計算期間中に追加発行された投資口に対しては、そ
           の期における投資口保有期間が異なるにもかかわらず、当該計算期間の期首から存在する投資口と同額の金
           銭の分配を行うこととなるため、既存の投資主は、追加発行がなかった場合に比して、悪影響を受ける可能
           性があります。
            更に、追加発行の結果、本投資口1口当たりの価値に影響を与える可能性があります。
         (ヘ)投資法人債の償還・利払に関するリスク

            本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債について元本や利子の支払いが滞った
           り、支払不能が生じる可能性があります。
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク

         (イ)投資対象をヘルスケア施設に限定していることによるリスク
            本投資法人は、不動産の中でも、主たる用途をヘルスケア施設(主たるタイプを有料老人ホーム及びサー
           ビス付き高齢者向け住宅とする建物を含みますがこれらに限られません。)とする不動産及びかかる不動産
           を裏付けとする特定資産をその投資対象としています。したがって、本投資法人の運用成績は、ヘルスケア
           施設需要と供給の関係、ヘルスケア施設に関連する法令、ガイドライン、介護保険等の制度改正等、ヘルス
           ケア施設の収益性に影響を及ぼす要因により影響を受ける可能性があり、かかる要因等により、本投資法人
           の収益が悪影響を受ける可能性があります。
         (ロ)投資対象不動産が地域的に偏ることに関するリスク

            本投資法人が保有する不動産が、一定の地域に偏在した場合には、当該地域における地震その他の災害、
           地域経済の悪化、賃料水準の下落等が、本投資法人の全体収益にも著しい悪影響を及ぼす可能性がありま
           す。
         (ハ)不動産を取得又は処分できないリスク

            不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強いために代替性がなく、流動性が低いため、希望する時
           期に希望する物件を取得又は処分できない可能性があります。取得が可能であったとしても、投資採算の観
           点から希望した価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあります。更に、本投資法人が不動産
           を取得した後にこれらを処分する場合にも、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取引を
           行えない可能性等もあります。
            また、資産運用会社は、大和証券グループ本社との間で、スポンサー・サポート契約を締結しており、同
           社から提供される物件等に関する情報に基づく物件取得の機会を活用することを検討しています。しかし、
           大和証券グループ本社との間のスポンサー・サポート契約は、資産運用会社に物件等に関する情報の提供を
           受ける権利を与えるものにすぎず、大和証券グループ本社は、本投資法人に対して、不動産を本投資法人の
           希望する価格で売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、当該スポンサー・サポート契約
           により、本投資法人が適切であると判断する不動産を適切な価格で取得できることまで確保されているわけ
           ではありません。
            以上の結果、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを
           構築できない可能性があり、またポートフォリオの組替えが適時に行えない可能性があります。
         (ニ)本投資法人の外部成長戦略に関するリスク

            本投資法人は、個別の物件購入による方法に加え、投資主価値の向上のため適切であると考える場合に
           は、迅速な外部成長を達成するために、他の投資法人との合併による外部成長手段を用いることを排除する
           ものではありません。
            かかる合併が行われた場合、運用ガイドラインに定めるポートフォリオ構築方針とは異なる資産構成にな
           ることや本投資法人の財務状況に変動が生じる可能性があります。更に、合併により本投資法人が企図する
           シナジー効果又は費用削減の効果等のメリットが得られず、また、合併の条件によっては本投資法人の投資
           主の持分が希薄化される可能性もあり、結果として、投資主に損害を及ぼす可能性があります。
                                  59/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ホ)投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
            投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用
           力、金利情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で投資口の追
           加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取
           得できなかったり、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性がありま
           す。
            本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資法人債
           の発行の条件として、投資主への金銭の分配を制約する等の財務制限条項が設けられたり、規約の変更が制
           限される等の可能性があり、このような制約が本投資法人の運営に支障をきたし、又は投資主に対する金銭
           の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
            また、本投資法人は、保有する運用資産又はその原資産の全部又は一部を担保に供しており、今後、新規
           の借入れ又は既存の借入れについて新たに担保に供することがあります。この場合、本投資法人は、被担保
           債権を弁済しない限り、担保対象たる運用資産を処分し、又は運用不動産たる建物の建替等を行うに当た
           り、貸付人の承諾を取得する等の制限を受ける場合があります。その結果、本投資法人が必要とする時期や
           売却価格を含む条件で運用資産や運用不動産を処分等できないおそれがあります。
            更に、借入れ及び投資法人債の金利その他の条件やこれに関する費用は、借入時及び投資法人債発行時の
           市場動向並びに投資法人債に係る格付等に左右され、変動金利の場合には、その後の市場動向にも左右され
           ます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は、本投資法人の借入額及び投資法人債発行額が増加した
           場合には、本投資法人の利払額は増加します。このような利払額の増加により、投資主に対する金銭の分配
           額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ヘ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク

            本投資法人はその規約に基づき、不動産等に関する匿名組合出資持分への投資を行うことがあります。匿
           名組合に出資する場合、本投資法人の出資金を営業者が不動産等に投資することになりますが、当該不動産
           等に係る収益が悪化した場合、当該不動産等の価値が下落した場合、意図されない課税が生じた場合や匿名
           組合に係る不動産等が想定した価格で売却できない場合等には、当該匿名組合出資持分より得られる運用益
           や分配される残余財産の減少等により本投資法人が営業者に出資した金額を回収できない等の損害を被る可
           能性があります。また、匿名組合出資持分については契約上譲渡が禁止若しくは制限されている場合があ
           り、又は、確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適
           切な時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定より低い価額での売買を余儀なく
           される可能性があります。更に、匿名組合出資持分への投資は、営業者が開発する新規物件に係る優先交渉
           権等の取得を目的として行われることがありますが、かかる優先交渉権等により当該新規物件を取得できる
           保証がない場合があります。
         (ト)金銭債権投資及び金銭債権を信託する信託受益権への投資に関するリスク

            本投資法人は、個別の物件購入による方法に加え、投資主価値の向上に適切であると考える場合には、外
           部成長を達成するために、不動産を担保としている金銭債権及び不動産信託受益権を担保としている金銭債
           権を信託する信託受益権又は担保とする債券(以下「金銭債権等」といいます。)に投資を行うことがあり
           ます。かかる投資が行われた場合、金銭債権等の債務者から直接に担保としている不動産又は不動産信託受
           益権を取得する可能性があります。
            一方、金銭債権等の評価が下落した場合には、会計上の評価損が発生する可能性や、当該金銭債権等の回
           収を行う場合に、当初投資した金額未満しか回収することができず、投資損失が発生する可能性がありま
           す。また、投資した金銭債権等が債務不履行により予定された金利・信託配当等を受け取れなくなる可能性
           があります。
                                  60/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (チ)特定目的会社の優先出資証券への投資に関するリスク
            本投資法人はその規約に基づき、資産流動化法に基づく特定目的会社がその資産の2分の1を超える額を
           不動産等に投資することを目的とする場合、その優先出資証券への投資を行うことがあります。かかる優先
           出資証券への投資を行う場合、本投資法人の投資を特定目的会社が不動産等に投資することになりますが、
           当該不動産等に係る収益が悪化した場合、当該不動産等の価値が下落した場合、特定目的会社の保有する不
           動産等が想定した価格で売却できない場合又は導管体である特定目的会社において意図されない課税が生じ
           た場合等には、当該優先出資証券より得られる運用益や分配される残余財産の減少等により、本投資法人が
           投資した金額を回収できない等の損害を被る可能性があります。また、優先出資証券については、確立され
           た流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適切な時期及び価格で
           譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定より低い価額での売買を余儀なくされる可能性があり
           ます。更に、優先出資証券への投資は、特定目的会社が開発する新規物件に係る優先交渉権等の取得を目的
           として行われることがありますが、かかる優先交渉権等により当該新規物件を取得できる保証がない場合が
           あります。
         ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

         (イ)大和証券グループ本社への依存、利益相反に関するリスク
            大和証券グループ本社は、本書の日付現在、資産運用会社の発行済株式のすべてを保有しており、資産運
           用会社の親会社に該当します。大和証券グループ本社の子会社である大和証券株式会社は資産運用会社の一
           部の役職員の出向元であり、また、資産運用会社の取締役の一部及び監査役には、同社又はその子会社が兼
           職先となっている者がいます。更に、資産運用会社は、大和証券グループ本社とスポンサー・サポート契約
           を締結しています(スポンサー・サポート契約については、前記「1 投資法人の概況 (3)投資法人の
           仕組み ② 本投資法人及び本投資法人の関係法人の運営上の役割、名称及び関係業務の概要」をご参照下
           さい。)。
            すなわち、本投資法人及び資産運用会社は、大和証券グループ本社と密接な関係を有しており、本投資法
           人による安定した収益の確保と成長性に対する影響は相当程度高いといえます。
            したがって、本投資法人及び資産運用会社が大和証券グループ本社との間で、本書の日付現在における関
           係と同様の関係を維持できなくなった場合には、本投資法人に悪影響が及ぶ可能性があります。
            更に、本投資法人及び資産運用会社が、資産運用活動その他を通じて、大和証券グループ本社若しくはそ
           のグループ会社又はこれらの会社が運用するファンドとの間で取引を行う場合や物件を共同して運用・維持
           する場合、大和証券グループ本社若しくはそのグループ会社又はこれらの会社が運用するファンドの利益を
           図るために、本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反する行為を行う可能性もあり、その場合に
           は、本投資法人の投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。
         (ロ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

            本投資法人は、投信法に基づき、すべての執行役員及び監督役員から構成される役員会において重要な意
           思決定を行い、資産の運用を資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事務を一般事務受託者
           に、それぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及び
           ノウハウに依存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財務的基盤等
           を必ずしも維持できる保証はありません。また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本投
           資法人の関係者に関する義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関係者が投信法その他の法
           令に反し、又は、法定の措置をとらないときは、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があり
           ます。
            また、資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者と
           しての注意義務(善管注意義務)、本投資法人のために忠実に職務を遂行する義務(忠実義務)、利益相反
           状況にある場合に本投資法人の利益を害してはならない義務、その他の義務に違反した場合には、本投資法
           人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。
            なお、資産運用会社の役職員には、大和証券グループ本社の子会社である大和証券株式会社からの出向者
           である者及び大和証券グループ本社又はその子会社が兼職先となっている者がいます。また、資産運用会社
           の役職員は、大和証券グループ本社の株式を取得することがあります。このため、大和証券グループ本社を
           含む大和証券グループと本投資法人の間に利益相反関係が生ずる場面では、資産運用会社の当該役職員と本
           投資法人との間でも同様に利益相反関係が生じる可能性があります。
                                  61/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            このほかに、資産運用会社又は本投資法人若しくは運用資産である不動産信託受益権に関する信託受託者
           から委託を受ける業者として、PM会社、建物の管理会社等があります。本投資法人の収益性の維持・向上
           のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところも大きいと考えられますが、これらの者
           が業務遂行に必要な人的・財務的基盤等を必ずしも維持できる保証はありません。これらの者について業務
           の懈怠その他の義務違反があった場合や業務遂行能力が失われた場合には、本投資法人の存続及び収益等に
           悪影響を及ぼす可能性があります。
            加えて、資産運用会社は、本投資法人の運用に当たりAIPヘルスケアジャパンとアドバイザリー契約を
           締結していますが、同社とのアドバイザリー契約が解除された場合等においては、資産運用会社がヘルスケ
           ア施設の運営・取得について知見を有する者から十分な情報提供や支援等を受けることができなくなり、本
           投資法人の収益に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。また、AIPヘルスケアジャパンによるヘルス
           ケア施設の運用実績は、本投資法人としての今後の運用実績を保証するものではありません。
         (ハ)本投資法人の執行役員及び資産運用会社の人材に依存しているリスク

            本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び資産運用会社の個々の人材の能力、経験、ノウハウに大
           きく依存しており、これらの人材が失われた場合、又は将来的に必要とされる人材が確保できない場合、本
           投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
         (ニ)資産運用会社の兼業業務によるリスク

            資産運用会社は、本投資法人の資産の運用に加えて、クローズド・エンド型の上場不動産投資法人である
           大和証券オフィス投資法人(DOI)の資産の運用を受託しています。DOIの投資対象はオフィスである
           ため、主たる用途をヘルスケア施設とする不動産及びかかる不動産を裏付けとする特定資産を投資対象とす
           る本投資法人との間で、資産の賃貸借や取得又は処分等に関して利益相反が生じることはありません。
            また、資産運用会社は、非上場のオープン・エンド型不動産投資法人である大和証券レジデンシャル・プ
           ライベート投資法人(DRP)の資産の運用を受託しています。DRPの投資対象は主たる用途を居住用施
           設(高齢者を入居・利用の対象としたヘルスケア施設を除きます。)とする不動産等であるため、主たる用
           途をヘルスケア施設とする不動産及びかかる不動産を裏付けとする特定資産を投資対象とする本投資法人と
           の間で、資産の賃貸借や取得又は処分等に関して利益相反が生じることはありません。
            更に、資産運用会社は、その業務の一部として、投資助言業務を提供しています。投資助言業務における
           顧客と本投資法人が、特定の資産の賃貸借、取得又は処分に関して競合する場合において、本投資法人の投
           資運用業に際して取得したテナントや物件等に関する情報を本投資法人のために利用せず投資助言業務の顧
           客に提供する等、資産運用会社が本投資法人の利益を優先せず、投資助言業務における顧客の利益を優先
           し、その結果、本投資法人の利益を害することとなる可能性があります。資産運用会社は、これら利益相反
           その他の弊害の防止を目的として、適切かつ合理的な措置を講じるよう努めています。具体的には、資産運
           用会社は、同社の社内規程において、投資助言業務においては、本投資法人、DOI又はDRPの運用対象
           とはならない物件を取得する場合を除き、新規物件取得に関する助言は行わないこととしています。また、
           投資助言業務の顧客である投資ヴィークル・組合等と本投資法人との間の物件取引を制限することにより、
           利益相反が生ずる場面を極力回避しています。
            上記以外にも、資産運用会社は、本投資法人以外の投資法人又は不動産ファンド等の資産運用業務を受託
           することが可能となっています。資産運用会社の顧客である他の投資法人又は不動産ファンド等と本投資法
           人が、特定の資産の賃貸借、取得又は処分に関して競合する場合、資産運用会社が本投資法人の利益を優先
           せず当該他の投資法人又は不動産ファンド等の利益を優先し、あるいはかかる取扱いをしない場合において
           も、同一の資産運用会社が運用する投資法人及び不動産ファンド等において取得機会が競合する結果、本投
           資法人の資産の賃貸借や取得又は処分に悪影響を及ぼす可能性があります。この点に関しては、投資一任業
           務の投資対象を主たる用途がヘルスケア施設以外である不動産等とすることで、主たる用途をヘルスケア施
           設とする不動産及びかかる不動産を裏付けとする特定資産を投資対象とする本投資法人との間で、利益相反
           が生じることを防止しています。
            金融商品取引法上、資産運用会社は、本投資法人のため忠実に、かつ本投資法人に対し善良な管理者の注
           意をもって、本投資法人の資産の運用に係る業務を遂行することが義務づけられています(金融商品取引法
           第42条)。更に、資産運用会社は、本投資法人の資産運用業務を担当する部署を投資助言業務及び投資一任
           業務を担当する部署とは別の部署とした上で、双方の部署がそれぞれ有する情報を適切に管理することによ
           り、上記のような弊害の未然防止に努めています。
            兼業業務による弊害が生じないよう、上記のような措置がとられていますが、これらの措置が適切に運用
           されない場合には、本投資法人及び投資主に損害が発生する可能性があります。
                                  62/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ホ)インサイダー取引規制に関するリスク
            本投資口及び本投資法人債の取引は、金融商品取引法が定めるインサイダー取引規制の対象になっていま
           す。
            本投資口につきインサイダー取引規制に違反する行為が行われた場合には、投資家の本投資口又は不動産
           投資信託証券市場に対する信頼を害し、ひいては本投資口の流動性の低下や市場価格の下落等の悪影響をも
           たらすおそれがあります。
         (へ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク

            本投資法人の規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の
           承認が必要ですが、本投資法人の役員会及び資産運用会社の取締役会が定めたより詳細な投資方針、ポート
           フォリオ構築方針、運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更することが可
           能です。そのため、本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性がありま
           す。
            また、本投資口について支配権獲得その他を意図した取得が行われた場合、投資主総会での決議等の結果
           として本投資法人の運用方針、運用形態等が他の投資主の想定しなかった方針、形態等に変更される可能性
           があります。
         (ト)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

            本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。以下「破産法」といいます。)
           上の破産手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。以下「民事再生法」といい
           ます。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。
            本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に
           投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資口の
           上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
            本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後
           の残余財産の分配に与ることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投
           資金額の全部又は一部について回収を得ることができない可能性があります。
         (チ)敷金及び保証金に関するリスク

            本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用資産の取得資金の一
           部として利用する場合があります。しかし、賃貸市場の動向、賃借人との交渉等により、本投資法人の想定
           よりも賃借人からの敷金及び保証金の預託額が少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があり、この場
           合、必要な資金を借入れ等により調達せざるを得なくなります。また、敷金又は保証金を本投資法人が利用
           する条件として、本投資法人が敷金又は保証金の返還債務を負う場合があり、当該返還債務の履行に必要な
           資金を借入れ等により調達する可能性があります。これらの結果、本投資法人の収益に悪影響をもたらす可
           能性があります。
         (リ)本投資法人及び資産運用会社の実績が限られていることに伴うリスク

            本投資法人は平成26年1月7日に設立され、平成26年3月28日に当初の運用資産を取得し、その運用を開
           始していますが、その運用実績は限られており、過去の運用実績から今後の実績を予測することは困難で
           す。資産運用会社は、DOIの資産運用を通じて上場不動産投資法人の資産運用実績を有しているほか、非
           上場のオープン・エンド型不動産投資法人であるDRPの資産運用実績がありますが、これらの投資法人と
           本投資法人では資産運用の対象となる資産も異なることから、これらの実績が、資産運用会社による本投資
           法人の今後の運用実績を保証するものではありません。
         ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク

           本投資法人は、前記「2 投資方針 (2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類」に記載のとおり、
          不動産等及び不動産対応証券を投資対象とします。不動産を信託する信託の受益権その他不動産を裏付けとす
          る資産の所有者は、その信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的には、
          ほぼ同様の利益状況に置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関するリスクは、不動産を信託する
          信託の受益権その他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。なお、信託の受益権
          特有のリスクについては、後記「(ネ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク」及び
          「(ナ)不動産信託受益権の準共有等に関するリスク」をご参照下さい。
                                  63/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (イ)不動産の欠陥・瑕疵に関するリスク
            不動産には権利、地盤、地質、構造等に関して欠陥、瑕疵等が存在している可能性があり、また、かかる
           欠陥、瑕疵等が取得後に判明する可能性もあります。                         建築基準法等の行政法規が求める所定の手続を経由し
           た不動産についても、当該行政法規の求める安全性や構造耐力等を有するとの保証や建物が適正に施工され
           ているとの保証はなく、取得時には想定し得ない隠れた構造上その他の欠陥・瑕疵の存在等が取得後に判明
           するおそれもあります(建物の施工を請負った建設会社又はその下請業者において、建物が適正に施工され
           ない場合があり得るほか、建築資材の強度・機能等の不具合や基準への不適合がないとの保証はありませ
           ん。)。    本投資法人は、状況によっては、前所有者に対し一定の事項につき表明及び保証を要求し、瑕疵担
           保責任を負担させる場合もありますが、たとえかかる表明及び保証が真実でなかったことを理由とする損害
           賠償責任や瑕疵担保責任を追及できたとしても、これらの責任の期間及び責任額は一定範囲に限定されるの
           が通例であり、また、前所有者が解散したり無資力になっているために実効性がない場合もあります。更
           に、取得資産の売主は、いずれも主として不動産信託受益権の保有のみを目的とする法人で契約上瑕疵担保
           責任を負うこととされている場合であっても、瑕疵担保責任を負担するに足りる資力を有しない可能性があ
           ります。
            これらの場合には、当該欠陥、瑕疵等の程度によっては当該不動産の資産価値が低下することを防ぐため
           に買主である本投資法人が当該欠陥、瑕疵等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざるをえなくなるこ
           とがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
            また、本投資法人が不動産を売却する場合、本投資法人は、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。
           その後の改正を含みます。以下「宅地建物取引業法」といいます。)上、宅地建物取引業者とみなされるた
           め、同法に基づき、売却の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、不動産の売買契約において、瑕
           疵担保責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、本投資法人が不動
           産を売却する場合は、売却した不動産の欠陥、瑕疵等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得な
           くなることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
            加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等
           により制限を受けたり、第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。隣地と
           の越境や境界紛争に起因して損害賠償を請求される可能性もあります。その結果、本投資法人の収益等に悪
           影響をもたらす可能性があります。
            また、不動産登記簿の記載を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがあ
           ります。更に、権利に関する事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項が現況と一致し
           ていない場合もあります。このような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上
           可能な範囲で責任を追及することとなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
         (ロ)土地の境界等に関するリスク

            我が国においては、土地の境界が曖昧であることが稀ではありませんが、隣地の所有者若しくは占有者か
           らの境界確認書その他境界を確定させる書面が取得できない場合、又は境界標の確認ができないまま当該不
           動産を取得する場合には、後日、このような不動産を処分するときに事実上の障害が発生する可能性や、境
           界に関して紛争が発生し、所有敷地の面積の減少、損害賠償責任の負担等、これらの不動産について予定外
           の費用又は損失が発生する可能性があります。同様に、越境物の存在により、不動産の利用が制限され賃料
           に悪影響を与える可能性や、越境物の除去費用等の追加負担が本投資法人に発生し、本投資法人の収益等が
           悪影響を受ける可能性があります。
         (ハ)賃貸借契約に関するリスク

           a.賃貸借契約の解約リスク、更新がなされないリスク
            賃借人が賃貸借契約上解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても賃貸借契約が終了した
           り、また、賃貸借契約の期間満了時に契約の更新がなされない場合もあるため、不動産に係る賃料収入が
           減少することがあります。なお、解約禁止条項、解約ペナルティ条項等を置いて期間中の解約権を制限し
           ている場合でも、裁判所によって解約ペナルティが減額されたり、かかる条項の効力が否定される可能性
           があります。
            以上のような事由により、賃料収入が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又
           は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
                                  64/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           b.賃料不払に関するリスク
            賃借人の財務状況が悪化した場合又は破産手続、民事再生法上の再生手続若しくは会社更生法(平成14
           年法律第154号。その後の改正を含みます。以下「会社更生法」といいます。)上の更生手続その他の倒産
           手続(以下、併せて「倒産等手続」と総称します。)の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払
           が滞る可能性があり、この延滞賃料等の債務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲を超える状況に
           なった場合には、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           c.賃料改定に係るリスク
            テナントとの賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合には、多くの場合、賃料等の賃貸借契約の内
           容について、定期的に、又は経済情勢に応じて、見直しを行うこととされています。
            したがって、本書の日付現在の賃料が今後も維持される保証はありません。賃借人との交渉によって市
           場実勢に合わせた賃料の増額が実現できる保証はなく、他方、賃料改定により賃料が減額された場合、本
           投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           d.賃借人による賃料減額請求権行使のリスク
            建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約において借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特
           約を設けた場合を除いて、同条に基づく賃料減額請求をすることができます。請求が認められた場合、当
           該不動産から得られる賃料収入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債
           権者に損害を与える可能性があります。
         (ニ)災害等による建物の滅失、劣化及び毀損のリスク

            火災、地震、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、戦争、暴動、騒乱、テロ等(以下「災害等」といいま
           す。)により不動産が滅失、劣化又は毀損し、その価値が影響を受ける可能性があります。このような場合
           には、滅失、劣化又は毀損した個所を修復するため一定期間建物の不稼働を余儀なくされることにより、賃
           料収入が減少し、又は当該不動産の価値が下落する結果、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性
           があります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払われる上限額を上回る
           損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社による
           支払が他の何らかの理由により行われず、減額され若しくは遅れる場合には、本投資法人の収益等に悪影響
           を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
         (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク

            運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が
           発生し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民
           法上無過失責任を負うことがあります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、前記
           「(ニ)災害等による建物の滅失、劣化及び毀損のリスク」と同様、本投資法人は悪影響を受ける可能性が
           あります。
            また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要となる場合には、かかる修繕に関連して多
           額の費用を要する可能性があります。また、かかる修繕が困難又は不可能な場合には、不動産から得られる
           賃料収入が減少し、不動産の価値が下落する可能性があります。
         (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク

            建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。以下「建築基準法」といいます。)又は
           これに基づく命令若しくは条例の規定の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存す
           る建物(現に建築中のものを含みます。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱いとされて
           います(いわゆる既存不適格)。本投資法人はいわゆる新耐震基準を満たさない既存不適格物件を取得する
           可能性があります。しかし、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用される
           ので、現行の規定に合致させる必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、また、現状と同
           規模の建物を建築できない可能性があります。
                                  65/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性
           があります。例えば、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号。その
           後の改正を含みます。)に基づく建築物移動等円滑化基準への適合義務、都市計画法(昭和43年法律第100
           号。その後の改正を含みます。以下「都市計画法」といいます。)又は地方公共団体の条例による風致地区
           内における建築等の規制、河川法(昭和39年法律第167号。その後の改正を含みます。)による河川保全区
           域における工作物の新築等の制限、文化財保護法(昭和25年法律第214号。その後の改正を含みます。)に
           基づく試掘調査義務、一定割合において住宅を付置する義務、駐車場設置義務、福祉配慮設備設置義務、緑
           化推進義務及び雨水流出抑制施設設置義務等が挙げられます。このような義務が課せられている場合、当該
           不動産の処分及び建替え等に際して、事実上の困難が生じたり、これらの義務を遵守するための追加的な費
           用負担が生じる可能性があります。更に、運用資産である不動産を含む地域が道路設置等の都市計画の対象
           となる場合には、当該都市計画対象部分に建築制限が付されたり、建物の敷地とされる面積が減少し収益が
           減少する可能性があります。また、当該不動産に関して建替え等を行う際に、現状と同規模の建築物を建築
           できない可能性があります。
         (ト)法令の制定・変更に関するリスク

            土壌汚染対策法のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわら
           ず保有不動産につき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可
           能性があります。
            また、消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を含みます。)その他不動産の管理に影響する関係
           法令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能性があります。更に、建築基準法、都市計画法の改
           正、新たな立法又は収用、再開発若しくは区画整理等の行政行為等により不動産に関する権利が制限される
           可能性があります。このような法令若しくは行政行為又はその変更等が本投資法人の収益に悪影響をもたら
           す可能性があります。
         (チ)地球温暖化対策に関するリスク

            法律又は条例により、地球温暖化対策として、一定の不動産の所有者に温室効果ガス排出に関する報告や
           排出量制限の義務が課されることがあります。これらの制度創設又は拡充に伴い、排出量削減のための建物
           改修工事を実施したり、排出権などを取得する等の負担を余儀なくされる可能性があります。
         (リ)売主の倒産等の影響を受けるリスク

            本投資法人が、債務超過の状況にある等、財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義が
           ある者を売主として不動産を取得した場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取消される(詐害
           行為取消)可能性があります。また、本投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始し
           た場合には、当該不動産の売買が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
            また、本投資法人が、不動産の取得時において、売主とその前所有者の間の当該不動産の売買が詐害行為
           として取消され又は否認される根拠となりうる事実関係を知っている場合には、本投資法人に対しても、売
           主とその前所有者の間の売買が否認され、その効果を主張される可能性があります。
            本投資法人は、管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等について諸般の事情を慎重に検討し、
           実務的に可能な限り管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等を回避するよう努めますが、このリ
           スクを完全に排除することは困難です。
            更に、取引の態様如何によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、担保取引であると判断さ
           れ、当該不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売
           主の財産に属するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
         (ヌ)マスターリースに関するリスク

            本投資法人が運用する不動産は、本投資法人以外のマスターレッシー(転貸人)が本投資法人又は信託受
           託者(賃貸人)とマスターリース契約を締結した上でエンドテナント(転借人)に対して転貸する、マス
           ターリースの形態をとる場合があります。
            このようなマスターリースの形態をとる不動産においては、マスターレッシーの財務状態が悪化した場
           合、エンドテナントからマスターレッシーに賃料が支払われたにもかかわらず、マスターレッシーから本投
           資法人又は信託受託者への賃料の支払が滞る可能性があります。
                                  66/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ル)転貸に関するリスク
            賃借人(転借人を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸する権限を与えた場合、本投資法人は、
           不動産に入居するテナントを自己の意思により選択できなくなったり、退去させられなくなる可能性がある
           ほか、賃借人の賃料が、転借人の賃借人に対する賃料に連動する場合、転借人の信用状態等が、本投資法人
           の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
            また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契
           約上、賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定され
           ている場合等には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、
           敷金等の返還原資は賃貸人の負担となり、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ヲ)ヘルスケア施設に対する投資の特性及びオペレーターに関するリスク

           a.ヘルスケア施設の市場環境に関するリスク
             前記「1 投資法人の概況 (2)投資法人の目的及び基本的性格 ② 投資法人の特色                                          (ロ)ヘルス
           ケア施設を取り巻く状況」に記載のとおり、本投資法人は、高齢化率の上昇及び高齢者の一人暮らし人口
           の増加が見込まれる一方で、それに伴い不足する高齢者向け住宅の拡充の必要性という社会的需要等を背
           景として、ヘルスケア施設の供給が増加するものと考えていますが、本投資法人の想定どおりにヘルスケ
           ア施設の供給が増加する保証はなく、したがってこれを前提とする本投資法人の成長戦略の実現が困難と
           なる可能性があります。
             また、ヘルスケア施設の取得競争は激化しており、ヘルスケア施設の供給が増加する場合であっても、
           本投資法人が適正と判断する時期・条件でヘルスケア施設を取得できる保証はなく、また、前記「1 投
           資法人の概況 (2)投資法人の目的及び基本的性格 ② 投資法人の特色                                    (ヘ)本投資法人の果たす役
           割」に記載のアセットサイクル、グロースサイクル及びナレッジサイクルの形成を通じて業界における主
           導的な地位を確立できる保証もありません。
           b.ヘルスケア施設に対する投資特性に関するリスク
             ヘルスケア施設は、設備の陳腐化、所在地における交通環境・周辺環境・人口動態の変化、類似施設と
           の競合、機械化が難しいサービスを提供する従業員の確保の失敗等によるサービスの質の低下、食中毒・
           集団感染などの事故の発生、入居者情報の漏洩、従業員による入居者に対する虐待、オペレーター又は施
           設に対する不利益な情報や風評の流布、その他様々な要素により、本投資法人、資産運用会社又はオペ
           レーターの故意・過失に起因するか否かにかかわらず、集客力が低下し、その収益性や資産価値が悪影響
           を受ける可能性があります。
             ヘルスケア施設においては、テナントであるオペレーターは入居者から一定の入居一時金又は前受家賃
           を収受する場合があります。入居一時金は、ヘルスケア施設毎に定められている償却期間・償却率によっ
           て償却され、入居者が償却期間内に退去する場合には、残存額が返還されることになります。前受家賃は
           ヘルスケア施設毎に定められている規定に従って、入居者が償却期間内に退去する場合には、残存額が返
           還されることになります。本投資法人は、原則として、ヘルスケア施設を取得するに際し、入居契約、並
           びに入居一時金及び前受家賃の返還債務を承継せず、入居一時金等はオペレーターのみにより管理されま
           すが、オペレーターと入居者の間で賃貸借契約が締結され又は賃貸借契約が成立していると評価される場
           合には、オペレーターから当該物件を取得することにより本投資法人又は信託受託者が賃貸人としての地
           位を承継し、オペレーターへの賃貸借を通じた入居者への転貸借に関する賃貸人たる地位の承継について
           入居者の同意を取得できない場合には、本投資法人が賃貸人として入居一時金等の返還債務を承継するこ
           ととなります。また、オペレーターの事業内容又は財務内容が悪化した場合において、本来は本投資法人
           が債務を負担していないにもかかわらず、当該ヘルスケア施設に係る代替テナントの確保や本投資法人の
           レピュテーション維持その他の観点から、本投資法人において入居一時金残額の返還等の負担を余儀なく
           される可能性があります。
                                  67/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             また、ヘルスケア施設は、建物の構造、間取り、付帯施設、立地、建築基準法による制限等の点で、特
           異な建物の構造や設備を有することが多いことから、将来テナントが退去した際に、他の用途の建物への
           転用に費用負担が必要となり、また、転用できない場合には、用途が限定されているために購入先が限ら
           れることから想定した時期・価格で売却できない可能性があり、本投資法人の収益に悪影響を及ぼすおそ
           れがあります。ヘルスケア施設では、固定資産に区分される建物、付属設備等だけでなく、家具、什器、
           備品、装飾品及び厨房機器等の償却資産についても、その定期的な更新投資がヘルスケア施設の競争力維
           持のために不可欠となります。本投資法人が施設及び設備の運営維持費並びにその更新投資に関する費用
           を負担すべき場合で、かかる費用がヘルスケア施設からの収益に比べ過大な場合、本投資法人の業績に悪
           影響を及ぼす可能性があります。また、施設及び設備の更新投資がヘルスケア施設のオペレーター負担で
           ある場合であっても、当該オペレーターがその運営方針として本投資法人が必要と考える更新投資を行わ
           ない場合があり、また、当該オペレーターの信用力によっては、適切な更新投資を行うことができない可
           能性もあり、その結果、施設の競争力が低下し、当該施設の収益に悪影響を及ぼし、ひいては当該施設の
           資産価値に悪影響を及ぼす可能性があります。かかる場合、施設の競争力の低下を防止するために、本投
           資法人の負担において更新投資をせざるを得なくなる可能性があります。
             また、ヘルスケア施設に関連する法令、ガイドラインの改正や介護保険等の制度改正等がヘルスケア施
           設の運営や競争環境に影響を及ぼし、本投資法人が保有する施設の収益に悪影響を及ぼし、ひいては当該
           施設の資産価値に悪影響を及ぼす可能性や、本投資法人の成長戦略に悪影響を及ぼす可能性があります。
           c.オペレーターに関するリスク
             本投資法人は、ヘルスケア施設の取得に当たり、そのテナントであるオペレーターの運営力、信用力等
           を重視し、そのサービスの質及び種類並びに長期的な信用力をデューデリジェンスを通じて慎重に確認し
           た上で取得する方針ですが、オペレーターが期待どおりの運営成績を実現できる保証はありません。本投
           資法人は、その保有するヘルスケア施設について、原則として、オペレーターが固定金額の賃料を支払う
           ことを内容とする長期の賃貸借契約を締結する方針であり、オペレーターによるヘルスケア施設の運営管
           理が適切に行われなかった場合その他オペレーターが十分なサービスを提供しない場合であってもオペ
           レーターとの間の賃貸借契約を適時に終了させることができない場合があり、その結果、当該施設及び本
           投資法人のレピュテーションを損ない、また、当該施設の収益性や資産価値に悪影響を及ぼす可能性があ
           ります。また、ヘルスケア施設について、法令上の規制・ノウハウ・財務体質等の各種要請から、オペ
           レーター候補となりうる事業者は限定されており、更にオペレーターの変更については行政上の手続が必
           要となり当該手続につき既存のオペレーターの協力が必要となります。したがって、テナントであるオペ
           レーターとの間の賃貸借契約が終了し若しくは終了させるべき事由が発生した場合であっても、機動的に
           オペレーターを変更することができず、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。なお、オ
           ペレーターによる施設運営の継続が困難となった場合やそのおそれが生じた場合に備えて、一定のオペ
           レーターとの間で、本投資法人が対象施設の運営及び賃貸借契約の締結を依頼した場合に、当該各オペ
           レーターはかかる依頼について誠実に協議する旨の運営のバックアップに関する協定を締結しています
           が、当該協定には法的拘束力がなく、また、あくまで本投資法人の依頼について誠実に協議することにつ
           いて合意するに留まりますので、かかる協定によりオペレーターの円滑な変更及びヘルスケア施設の運営
           の承継が保証されているわけではありません。また、今後、当該協定を締結しているオペレーターの意向
           により、その内容が変更又は破棄される可能性もあります。また、本投資法人が保有する特定のヘルスケ
           ア施設につき、当該施設のオペレーターによる施設運営の継続が困難となった場合やそのおそれが生じた
           場合に備えて、運営のバックアップに関する協定とは別に、特定のオペレーターとの間で、いわゆるバッ
           クアップ・オペレーターとして、かかる場合に新たにオペレーターとして当該施設を賃借し運営する旨の
           合意を行う場合がありますが、かかるバックアップ・オペレーターへの施設運営の承継が円滑に行えると
           の保証はなく、また、施設運営の承継がなされた場合においても当該施設の収益性が低下しないとの保証
           もありません。
                                  68/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             ヘルスケア施設の収益性及び資産価値は、オペレーターの信用力、運営力、経験及びノウハウ並びにこ
           れらを通じた本投資法人が所有するヘルスケア施設の入居者の満足度の維持・向上等に依存するところが
           大きいと考えられますが、オペレーターが業務遂行に必要な人的・財政的基礎等を維持できるとの保証は
           ありません。また、本投資法人の保有するヘルスケア施設のオペレーターやその属する企業集団における
           他のオペレーターにつき、本投資法人が保有する施設であるか否かにかかわらず、業務の懈怠その他義務
           違反があった場合、食中毒や集団感染などの事故の発生、入居者の転倒事故、入居者情報の漏洩、従業員
           による入居者への虐待その他の問題が生じた場合や、オペレーター若しくはその属する企業集団又はそれ
           らの施設に対する不利益な情報や風評が流れた場合、当該オペレーター又はその属する企業集団における
           他のオペレーターが業務停止その他の行政処分を受けた場合等には、当該オペレーターが運用する本投資
           法人が保有するヘルスケア施設の運営に重大な支障が生じる可能性があり、ヘルスケア施設の収益性及び
           資産価値、ひいては本投資法人の収益に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
             また、オペレーターやオペレーターが属する企業集団の組織再編や株式譲渡等により、オペレーターの
           変更又はオペレーターの親会社の異動が生じた場合、オペレーターの信用力や運営力、ひいては本投資法
           人が保有するヘルスケア施設のレピュテーション、収益性及び資産価値に影響を及ぼす可能性がありま
           す。
         (ワ)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク

            テナントによる不動産の利用・管理状況により、当該不動産の資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が
           及ぶ可能性があります。また、転借人や賃借権の譲受人が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
           (平成3年法律第77号。その後の改正を含みます。)に定める暴力団、風俗営業等の規制及び業務の適正化
           等に関する法律(昭和23年法律第122号。その後の改正を含みます。)の規制対象となる風俗営業者である
           場合には、運用資産である不動産のテナント属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する
           可能性があります。
         (カ)共有物件に関するリスク

            運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独
           で所有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
            まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の過半数で行うものとさ
           れているため(民法第252条)、持分の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理及び運営につい
           て本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持分の割合に応じ
           て共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者によるこれらの権利行使によっ
           て、本投資法人の当該不動産の利用が妨げられるおそれがあります。
            更に、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256
           条)、及び当該分割請求において、現物分割が不可能又は分割によりその価格を著しく減少させるおそれが
           あるときには、裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共
           有者の意図に反して他の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
            この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、特約の有効期間(5年が最長ですが、
           5年を限度に更新することも可能です。)が満了していたり、その特約が未登記であるために第三者に対抗
           できないことがあります。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産等手続
           の対象となった場合には、管財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。
           但し、共有者は、倒産等手続の対象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することがで
           きます(破産法第52条、会社更生法第60条、民事再生法第48条)。
            他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体
           について当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられ
           ています。したがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持
           分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持
           分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
            共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されており、本投資法人の意向にかかわりなく他
           の共有者が変更される可能性があります。新共有者の資力、数、属性等の如何によっては、不動産関連資産
           の価値や収益が減少する可能性があります。これに対し、共有者間の協定書等において、当該不動産の持分
           を処分するに際し、他の共有者の先買権又は優先交渉権、事前同意の取得その他処分における一定の手続の
           履践義務等が課されている場合があります。この場合は、本投資法人が持分を処分する際に事前に優先交渉
           を他の共有者と行う等の制約を受ける可能性があります。
                                  69/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権と解されるおそれがあり、また、敷金返
           還債務は不可分債務になると一般的には解されており、本投資法人は、他の共有者(賃貸人)の債権者によ
           り当該他の共有者の持分を超えて賃料債権全部が差し押えられたり、賃借人に対する敷金返還債務を他の共
           有者がその持分等に応じて履行しない場合に、敷金全部の返還債務を負わされる可能性があります。これら
           の場合、本投資法人は、自己の持分に応じた賃料債権相当額や他の共有者のために負担拠出した敷金返還債
           務相当額の償還を当該他の共有者に請求することができますが、当該他の共有者の資力の如何によっては、
           償還を受けることができないおそれがあります。また、共有者が自ら負担すべき公租公課、修繕費、保険料
           等の支払い又は積立てを履行しない場合、当該不動産やその持分が法的手続の対象となる、又は、劣化する
           等の可能性があります。
            共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却に
           より多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
         (ヨ)区分所有建物に関するリスク

            区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。以下
           「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と共有と
           なる共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。
            区分所有建物の場合には、区分所有法上、法定の管理方法及び管理規約(管理規約の定めがある場合)に
           よって管理方法が定められます。建替決議等をする場合には集会において区分所有者及び議決権(管理規約
           に別段の定めのない限り、その有する専有部分の床面積の割合)の各5分の4以上の多数の建替決議が必要
           とされる等(区分所有法第62条)、区分所有法の適用を受けない単独所有物件と異なり管理方法に制限があ
           ります。
            区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができるため、本投資法人の意向にかかわりなく区分所
           有者が変更される可能性があります。新区分所有者の資力、数、属性等の如何によっては、不動産関連資産
           の価値や収益が減少する可能性があります。これに対し、管理規約等において当該不動産の区分所有権を処
           分するに際し、他の区分所有者の先買権又は優先交渉権、処分における一定の手続の履践義務等が課されて
           いる場合があります。この場合は、本投資法人が区分所有権を処分する際に事前に優先交渉を他の区分所有
           者と行う等の制約を受ける可能性があります。
            また、区分所有者は自己の専有部分を原則として自由に賃貸その他使用収益することができます。その結
           果、本投資法人の不動産関連資産の価値や収益は、他の区分所有者による使用収益の状況によって影響を受
           ける可能性があります。
            加えて、他の区分所有者が自己の負担すべき公租公課、修繕費、保険料等の支払い又は積立てを履行しな
           い場合、本投資法人が不動産関連資産の劣化を避けるため、その立替払を余儀なくされるおそれがありま
           す。これらの場合、本投資法人は、他の区分所有者に係る立替払金の償還を請求することができ、かかる請
           求権については区分所有法第7条により担保権(先取特権)が与えられていますが、当該他の区分所有者の
           資力の如何によっては、償還を受けることができない可能性があります。
            区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
            区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいま
           す。区分所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る
           敷地利用権を分離して処分することが原則として禁止されています(区分所有法第22条)。但し、敷地権の
           登記がなされていない場合には、分離処分の禁止を善意の第三者に対抗することができません(区分所有法
           第23条)。また、区分所有建物の敷地が数筆に分かれ、区分所有者が、それぞれ、その敷地のうちの一筆又
           は数筆の土地について、単独で、所有権、賃借権等を敷地利用権(いわゆる分有形式の敷地利用権)として
           有している場合には、分離して処分することが可能とされています。このように専有部分とそれに係る敷地
           利用権が分離して処分された場合、敷地利用権を有しない区分所有者が出現する可能性があります。
            また、敷地利用権が使用借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第
           三者に移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性が
           あります。
            このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、取得及び売却により多くの
           時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
                                  70/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (タ)借地物件に関するリスク
            借地権とその借地上に存在する建物については、自らが所有権を有する土地上に存在する建物と比べて特
           有のリスクがあります。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に
           消滅し(定期借地権の場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由が
           ある場合に消滅します(普通借地権の場合)。また、借地権が地代の不払その他により解除その他の理由に
           より消滅してしまう可能性もあります。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求できる場合(借地
           借家法第13条、借地法第4条)を除き、借地上に存在する建物を取り壊した上で、土地を返還しなければな
           りません。普通借地権の場合、借地権の期限到来時の更新拒絶につき上記正当事由が認められるか否かを本
           投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、仮に建物の買取請求権を有する場合でも、買
           取価格が本投資法人が希望する価格以上である保証はありません。
            また、本投資法人が借地権を有している土地の所有権が、他に転売されたり、土地上の抵当権等の実行に
           より第三者に移ってしまう可能性があります。この場合、借地権について適用のある法令に従い第三者対抗
           要件が具備されていないとき又は抵当権等の実行が先順位の対抗要件を具備した担保権の実行によるもので
           ある場合には、本投資法人は、借地権を当該土地の新所有者に対して対抗できず、当該土地の明渡義務を負
           う可能性があります。
            更に、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要とな
           ります。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるの
           で、原則として、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設
           定者への承諾料の支払があらかじめ約束されていたり、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定
           者が承諾料を承諾の条件として請求してくる場合があります(なお、法律上、借地権設定者に当然に承諾料
           請求権が認められているものではありません。)。
            加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額
           又は一部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について
           担保設定や保証はなされないのが通例です。
            借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上
           記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が
           増す可能性があります。
         (レ)借家物件に関するリスク

            本投資法人は、建物(共有持分、区分所有権等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に賃
           借させた上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分を
           単独で、テナントへ転貸することがあります。
            この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全
           額又は一部が返還されない可能性があることは、前記「(タ)借地物件に関するリスク」の借地物件の場合
           と同じです。
            加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らか
           の理由により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了す
           るとされているため、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがありま
           す。
         (ソ)開発物件に関するリスク

            本投資法人は、将来、規約に定める投資方針に従って、竣工後の物件を取得するためにあらかじめ開発段
           階で売買契約を締結する可能性があります。かかる場合、既に完成した物件につき売買契約を締結して取得
           する場合とは異なり、様々な事由により、開発が遅延し、変更され、又は中止されることにより、売買契約
           どおりの引渡しを受けられない可能性があります。この結果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を
           大きく下回る可能性があるほか、予定された時期に収益等が得られなかったり、収益等が全く得られなかっ
           たり、又は予定されていない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があり、そ
           の結果、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
                                  71/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ツ)有害物質に関するリスク
            本投資法人が土地、土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合にお
           いて、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵さ
           れている場合には当該土地等の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために
           土壌の入替えや洗浄が必要となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性がありま
           す。更に、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的
           に、本投資法人がかかる損害を賠償する義務を負う可能性があります。
            土壌汚染対策法によれば、土地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の
           特定有害物質による土地の土壌の汚染の状況について、都道府県知事により調査・報告を命ぜられることが
           あり、また、土壌の特定有害物質による汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがある
           ときは、都道府県知事によりその被害を防止するため必要な汚染の除去等の措置を命ぜられることがありま
           す。この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくされ
           た費用について、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
            本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等にアスベ
           ストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やPCBが
           保管されている場合等には、当該建物の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去す
           るために建材の全面的若しくは部分的交換が必要となる場合又は有害物質の処分若しくは保管が必要となる
           場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。更に、かかる有害物質によって
           第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人にかかる損害を賠償す
           る義務が発生する可能性があります。
            将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産につき大気、土
           壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があります。
         (ネ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク

            本投資法人は、不動産を信託の受益権の形態で取得することがあります。
            信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権又は地上権を保有するのは受益者のためであり、
           その経済的利益と損失は、原則として、最終的にはすべて受益者に帰属することになります。したがって、
           本投資法人は、信託の受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的に
           ほぼ同じリスクを負担することになります。
            信託契約上信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。更
           に、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権は、原則として債権譲渡と同様の譲渡方法
           によって譲渡することになり、株式や社債のような典型的な有価証券ほどの流動性がありません。
            信託法(大正11年法律第62号。その後の改正を含みますが、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関す
           る法律(平成18年法律第109号)による改正前のもの。以下「旧信託法」といいます。)の解釈上及び信託
           法(平成18年法律第108号。その後の改正を含みます。以下「新信託法」といいます。)上、信託受託者が
           倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産が信託財産であることを破産管
           財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をする必要があり、仮にかかる登記
           が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託の受益権の目的となっていることを第三者
           に対抗できない可能性があります。
            また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産であ
           る不動産を引当てとして、何らかの債務を負った場合には、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投
           資法人が不測の損害を被る可能性があります。
            更に、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵等につき、当初委託者
           が信託財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任を負担する場合に、信託財産の受託者が、かかる瑕疵担保責
           任を適切に追及しない、又はできない結果、本投資法人が不測の損害を被り、投資主又は投資法人債権者に
           損害を与える可能性があります。
                                  72/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ナ)不動産信託受益権の準共有等に関するリスク
            不動産信託受益権が準共有されている場合、単独で保有する場合には存在しない種々の問題が生じる可能
           性があります。準共有持分の処分については、旧信託法及び新信託法いずれの下でも、準共有者は、不動産
           信託受託者の承諾を得ることを条件として、自己の準共有持分を自己の判断で処分することができます。し
           たがって、本投資法人の意向にかかわりなく他の準共有者が変更される可能性があります。これに対し、準
           共有者間の協定書等において、準共有持分を処分するに際し、他の準共有者の先買権又は優先交渉権、処分
           における一定の手続の履行義務等が課されている場合があります。この場合は、本投資法人が準共有持分を
           処分する際に事前に優先交渉を他の準共有者と行う等の制約を受ける可能性があります。その他、当該不動
           産の管理及び運営についての信託受益者の指図に本投資法人の意向を反映させることができない可能性があ
           ります。
         (ラ)フォワード・コミットメント等に係るリスク

            本投資法人は、不動産又は不動産を信託する信託の受益権を取得するに当たり、いわゆるフォワード・コ
           ミットメント(先日付の売買契約であって、契約締結から一定期間経過した後に代金支払い・物件引渡しを
           行うことを約する契約)等を行うことがあります。かかる売買契約が、買主の都合により解約された場合に
           は、買主は債務不履行による損害賠償義務を負うことになります。また、損害額等の立証にかかわらず、不
           動産又は不動産を信託する信託の受益権の売買価格に対して一定割合の違約金が発生する旨の合意がなされ
           ることもあります。フォワード・コミットメント等の場合には、契約締結後、代金支払い・物件引渡しまで
           に一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等により本投資法人が不動産取得資金を調達で
           きない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった場合には、違約金等の支払いにより、本投資法人の財
           務状態が悪影響を受ける可能性があります。
         ⑤ 税制等に関するリスク

         (イ)導管性の維持に関する一般的なリスク
            税法上、一定の要件(以下「導管性要件」といいます。)を満たした投資法人に対しては、投資法人と投
           資主との間の二重課税を排除するため、後記「4 手数料等及び税金 (5)課税上の取扱い」に記載する
           配当等の額を投資法人の損金に算入することが認められています。導管性要件のうち一定のものについて
           は、計算期間毎に判定を行う必要があります。本投資法人は、導管性要件を継続して満たすよう努めていま
           すが、今後、本投資法人の投資主の異動・減少、海外投資主比率の増加、資金の調達先、分配金支払原資の
           制限・不足、法律の改正その他の要因により導管性要件を満たすことができない計算期間が生じる可能性が
           あります。現行税法上、導管性要件を満たさなかったことについてやむを得ない事情がある場合の救済措置
           が設けられていないため、後記(ホ)                  「同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことに
           よるリスク」に記載する同族会社化の場合等、本投資法人の意図しないやむを得ない理由により導管性要件
           を満たすことができなかった場合においても、配当等の額を損金算入できなくなり、本投資法人の税負担が
           増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があり、本投資口の市場価格に影響を及ぼす
           こともあります。
            なお、課税上の取扱いについては、後記「4 手数料等及び税金 (5)課税上の取扱い」をご参照下さ
           い。
         (ロ)過大な税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク

            導管性要件のうち、租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。以下「租税
           特別措置法施行令」といいます。)に規定する配当可能利益の額の90%超の金銭の分配を行うべきとする要
           件(以下「支払配当要件」といいます。)においては、投資法人の税引前の会計上の利益を基礎として支払
           配当要件の判定を行うこととされています。したがって、会計処理と税務上の取扱いの差異により、又は
           90%の算定について税務当局の解釈・運用・取扱いが本投資法人の見解と異なること等により、過大な税負
           担が発生した場合には、この要件を満たすことが困難となる計算期間が生じる場合があり得ます。かかる場
           合、配当等の額を損金算入できなくなることにより本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額
           や純資産額が減少する可能性があります。なお、平成27年4月1日以後に開始する計算期間については、会
           計処理と税務上の取扱いの差異が生じた場合であっても、一時差異等調整引当額の増加額(後記「4 手数
           料等及び税金(5)課税上の取扱い」をご参照下さい。)に相当する金銭の分配の額を配当等の額として取
           扱い、損金算入することが可能になるという手当てがなされています。
                                  73/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ハ)借入れに係る導管性要件に関するリスク
            税法上、上記の計算期間毎に判定を行う導管性要件のひとつに、借入れを行う場合には投資法人が租税特
           別措置法に規定する機関投資家以外の者から借入れを行っていないことという要件があります。したがっ
           て、本投資法人が何らかの理由により上記機関投資家以外からの借入れを行わざるを得ない場合、又は、保
           証金若しくは敷金の全部若しくは一部がテナントからの借入金に該当すると解釈された場合においては、導
           管性要件を満たせないことになります。この結果、本投資法人の税負担が増大し、投資主への分配額や純資
           産額が減少する可能性があります。
         (ニ)資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク

            本投資法人において利益が生じているにもかかわらず金銭の借入れ又は投資法人債の発行に際しての財務
           制限条項上、一定額を内部留保しなければならない等、配当原資となる資金が不足する場合は、借入金や資
           産の処分により配当原資を確保する場合があります。しかしながら、導管性要件に基づく借入先の制限や資
           産の処分の遅延等により機動的な資金調達ができない場合には、配当の金額が租税特別措置法施行令に規定
           する配当可能利益の額の90%超とならない可能性があります。かかる場合、配当等の額を損金算入できなく
           なることにより本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があり
           ます。
         (ホ)同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク

            各計算期間毎に判定を行う導管性要件のうち、計算期間終了時に同族会社のうち租税特別措置法施行令で
           定めるものに該当していないこと(発行済投資口の総口数又は一定の議決権総数の50%超が1人の投資主グ
           ループによって保有されていないこと等)とする要件、すなわち、同族会社要件については、本投資口が市
           場で流通することにより、公開買付等により、本投資法人のコントロールの及ばないところで、結果として
           満たされなくなる計算期間が生じるリスクがあります。
            本投資法人が同族会社要件を満たさなくなった場合、配当等の額を損金算入できなくなることにより本投
           資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
         (ヘ)投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク

            税法上、導管性要件のひとつに、計算期間末において投資法人の投資口が租税特別措置法に規定する機関
           投資家のみにより保有されること、又は50人以上の投資主に保有されることという要件があります。しか
           し、本投資法人は投資主による投資口の売買をコントロールすることができないため、本投資法人の投資口
           が50人未満の投資主により保有される(上記機関投資家のみに保有される場合を除きます。)こととなる可
           能性があります。かかる場合、配当等の額を損金算入できなくなることにより本投資法人の税負担が増大す
           る結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
         (ト)   税務調査等による更正処分のため、追加的な税金が発生するリスク

            本投資法人に対して税務調査が行われ、税務当局との見解の相違により過年度の課税所得計算について追
           加の税務否認項目等の更正処分を受けた場合には、予想外の追加的な課税が発生することとなり、投資主へ
           の分配額や純資産額が減少する可能性があります。
         (チ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク

            本投資法人は、本書の日付現在において、一定の内容の投資方針を規約に定めることその他の税制上の要
           件を充足することを前提として、直接に不動産を取得する場合の不動産取得税及び登録免許税の軽減措置の
           適用を受けることができると考えています。しかし、本投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことがで
           きない場合、又は軽減措置の要件が変更され若しくは軽減措置が廃止された場合において、軽減措置の適用
           を受けることができなくなる可能性があります。
         (リ)一般的な税制の変更に関するリスク

            不動産、信託の受益権その他投資法人の運用資産に関する税制若しくは投資法人に関する税制又はかかる
           税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の収益
           に悪影響をもたらす可能性があります。また、投資口に係る配当等の額、税法上の出資等減少分配に該当す
           る出資の払戻し、譲渡等に関する税制又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投
           資口の保有又は売却による手取金の額が減少する可能性があります。
                                  74/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ヌ)減損会計の適用に関するリスク
            固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審
           議会平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6
           号  平成15年10月31日。その後の改正を含みます。)が、平成17年4月1日以後開始する事業年度より強制
           適用されており、本投資法人においても第1期計算期間より「減損会計」が適用されています。「減損会
           計」とは、主として土地・建物等の事業用不動産について、収益性の低下により投資額を回収する見込みが
           立たなくなった場合に、一定の条件のもとで回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理の
           ことをいいます。
            「減損会計」の適用により、地価の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生
           し、本投資法人の損益に悪影響を及ぼす可能性があり、また、税務上は当該資産の売却まで損金を認識する
           ことができない(税務上の評価損の損金算入要件を満たした場合や減損損失の額のうち税務上の減価償却費
           相当額を除きます。)ため、税務と会計の齟齬が発生することとなり、税務上のコストが増加する可能性が
           あります。なお、平成27年4月1日以後に開始する計算期間については、会計処理と税務上の取扱いの差異
           が生じた場合であっても、一時差異等調整引当額の増加額に相当する金銭の分配の額を配当等の額として取
           扱い、損金算入することが可能になるという手当てがなされています。
         (ル)納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク

            本投資法人において納税義務が発生した場合に、納付原資の不足等の事情により納期限内に納税が完了し
           ない可能性があります。かかる場合には、遅延納付となった税額に対し遅延期間に応じ延滞税等が発生し、
           納税が発生した計算期間の投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
         ⑥ その他

         (イ)専門家報告書等に関するリスク
            不動産の鑑定評価額及び不動産の価格調査による調査価格は、個々の不動産鑑定士等の分析に基づく、分
           析の時点における評価に関する意見を示したものに留まり、客観的に適正な不動産価格と一致するとは限り
           ません。同じ物件について鑑定、調査等を行った場合でも、不動産鑑定士等、評価方法又は調査方法若しく
           は時期によって鑑定評価額、調査価格の内容が異なる可能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現
           在及び将来において当該鑑定評価額や調査価格による売買の可能性を保証又は約束するものではありませ
           ん。
            建物調査診断報告書及び地震リスク分析レポート等は、建物の評価に関する専門家が、設計図書等の確
           認、現況の目視調査及び施設管理者への聞取り等を行うことにより、現在又は将来発生することが予想され
           る建物の不具合、必要と考えられる修繕又は更新工事の抽出及びそれらに要する概算費用並びに再調達価格
           の算出、並びに建物の耐震性能及び地震による損失リスク等を検討した結果を記載したものであり、不動産
           に欠陥、瑕疵等が存在しないことを保証又は約束するものではありません。
            また、不動産に関して算出されるPML値も個々の専門家の分析に基づく予想値にすぎません。PML値
           は、損害の、予想復旧費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以
           上の多額の復旧費用が必要となる可能性があります。
            また、本投資法人は、ヘルスケア施設の取得に当たり、原則として、ヘルスケア分野における事業面、財
           務面等に関する助言実績を有する外部の調査会社が作成するマーケットレポートを取得し、投資対象資産周
           辺の高齢者人口の状況、施設の供給状況、投資対象資産に係る介護・医療サービス提供の体制及び内容、並
           びに設備及び稼働状況等を競合施設と比較検討することで、オペレーターの現在及び将来の市場競争力につ
           いても検討を行うこととしています。しかしながら、かかるマーケットレポートにより提示される外部の調
           査会社による分析、情報等は、個々の調査会社の分析に基づく、当該レポートの作成基準時点における分析
           に基づく意見を示したものに留まり、客観的に適正な投資対象周辺エリアの設定やその分析を示している保
           証はありません。
         (ロ)投資主優待制度に関するリスク

            本投資法人は、現在の法令、税務の取扱い、優待の内容及び利用状況の推定等を踏まえた本投資法人が取
           得し又は今後取得する物件に係るオペレーターとの合意を前提に、投資主優待制度を導入しています。した
           がって、これらの前提条件に変更がある場合、本投資主優待制度の内容等が変更され、又は実施が停止され
           る場合があります。
                                  75/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)投資リスクに対する管理体制
          本投資法人及び資産運用会社は、以上のようなリスクが投資リスクであることを認識しており、その上でこの
         ようなリスクに最大限対応できるようリスク管理体制を整備しています。
          しかしながら、当該リスク管理体制については、十分に効果があることが保証されているものではなく、リス
         ク管理体制が適切に機能しない場合、投資主又は投資法人債権者に損害が及ぶおそれがあります。
         ① 本投資法人の体制

           本投資法人は、投信法に基づき適法に設立されており、執行役員1名及び監督役員2名並びにすべての執行
          役員及び監督役員により構成される役員会により運営され、原則として毎月1回の頻度で開催される役員会
          で、法令で定められた承認事項に加え、本投資法人の運営及び資産運用会社の重要な業務遂行状況の報告を
          行っています。
           この報告により、資産運用会社又はその利害関係者等から独立した地位にある監督役員は的確に情報を入手
          し、執行役員の業務遂行状況を適時に監視できる体制を維持しています。
           本投資法人は、役員会において内部者取引管理規程を定め、インサイダー取引の防止に努めています。
         ② 資産運用会社の体制

           資産運用会社は、取締役会においてリスク管理規程を定め、各種リスク管理を行うため、取締役の中から代
          表取締役が指名する者をリスク管理統括責任者として任命し、投資企画部、投資オリジネーション部、資産運
          用部、ファンド運用部、営業推進部、財務部、総務部及び経営企画部の各部長をリスク管理責任者としていま
          す。これによりリスクを総合的に管理できる体制を整備しています。リスク管理統括責任者は、リスク管理の
          状況について少なくとも3ヶ月に1回、コンプライアンス委員会及び取締役会に報告しています。コンプライ
          アンス委員会には、外部から招聘したコンプライアンスに精通した社外専門家が参加しており、これにより一
          定の外部牽制機能を確保しています。なお、コンプライアンス委員会及び取締役会は、原則として1ヶ月に1
          回開催され、必要に応じて随時リスク管理統括責任者に報告を求めることができることになっています。
           資産運用会社は、コンプライアンス規程等を定めて、法令等の遵守、受託者としての善管注意義務及び忠実
          義務を果たすよう最善の努力を図っています。
           また、内部者取引管理規程及び役職員の有価証券の売買に関する規程を整備し、資産運用会社の役職員によ
          るインサイダー取引の防止に努めています。
                                  76/218











                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      4【手数料等及び税金】
       (1)【申込手数料】
          該当事項はありません。
       (2)【買戻し手数料】

          本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行わないため(規約第8条第1項)、該当事項はありま
         せん。
          但し、本投資法人は、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得することができるものとしてい
         ます(規約第8条第2項)。この場合、所定の手数料が課されることがあります。
       (3)【管理報酬等】

        ① 執行役員及び監督役員の報酬(規約第20条)
          本投資法人の執行役員及び監督役員の報酬の支払基準及び支払の時期は、以下のとおりとします。
        (イ)各執行役員の報酬は、1人当たり月額80万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と判
          断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
        (ロ)各監督役員の報酬は、1人当たり月額50万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と判

          断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
        ② 資産運用会社への資産運用報酬(規約第34条及び規約別紙3「資産運用会社に対する資産運用報酬」)

          資産運用会社に支払う報酬の計算方法及び支払の時期は、それぞれ以下のとおりとします。
          なお、本投資法人は、当該報酬に係る消費税及び地方消費税相当額を加えた金額を資産運用会社の指定する銀
         行口座へ入金する方法で支払うものとします。
        (イ)運用報酬Ⅰ(運用資産基準)
           本投資法人の決算期の翌日から当該決算期の3ヶ月後の日までの期間(以下「計算期間Ⅰ」といいます。)
          及び計算期間Ⅰの末日の翌日から次の決算期までの期間(以下「計算期間Ⅱ」といいます。)の運用に対する
          各対価として、次に定める方法により算出される本投資法人の総資産額に0.3%(年率)を上限として本投資
          法人及び資産運用会社の間で別途合意する料率を乗じた金額に、当該計算期間Ⅰ又は計算期間Ⅱの実日数を乗
          じ、365(注)で除して得られる金額(1円未満を切り捨てます。)を運用報酬Ⅰとし、計算期間Ⅰに係る運用
          報酬Ⅰは当該計算期間Ⅰの末日より3ヶ月以内に支払い、計算期間Ⅱに係る運用報酬Ⅰは当該計算期間Ⅱの末
          日より3ヶ月以内に支払うものとします。
          (注)当該営業期間の初日が属する暦年が閏年である場合には366とします。
           各計算期間Ⅰにおける総資産額とは、当該各計算期間Ⅰの直前の決算期における貸借対照表(投信法に基づ

          く役員会の承認を受けたもの。以下同じです。)に記載された総資産額を意味します。
           各計算期間Ⅱにおける総資産額とは、直前の計算期間Ⅰにおける総資産額に、当該計算期間Ⅰの期間中に本
          投資法人が取得した不動産関連投資対象資産(不動産等及び不動産対応証券をいいます。以下同じです。)の
          取得価額(当該不動産関連投資対象資産の取得に係る契約書に記載された金額とし、取得に伴う費用並びに消
          費税及び地方消費税を除くものとします。以下同じです。)を加算し、当該計算期間Ⅰの期間中に本投資法人
          が処分した不動産関連投資対象資産の当該計算期間Ⅰの直前の決算期における貸借対照表上の帳簿価額(但
          し、当該決算期における貸借対照表上に計上されていない不動産関連投資対象資産についてはその取得価格)
          を減  額した額を意味します。
           また、本書の日付現在、本(イ)第1段落の料率は東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場する日よ
          り前については0.2%(年率)、その後は0.3%(年率)で合意しています。
        (ロ)運用報酬Ⅱ(賃貸事業収益基準)

           各営業期間における、以下に規定するaからbを控除した金額に5.0%を上限として本投資法人及び資産運
                                  77/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          用会社が別途合意する料率を乗じて得られる金額(1円未満を切り捨てます。)を当該営業期間に係る運用報
          酬Ⅱとして、当該営業期間に係る決算期の3ヶ月以内に支払うものとします。
          a=当該営業期間に係る損益計算書(投信法に基づき承認を受けたものに限ります。以下「損益計算書」とい
           います。)上の賃貸事業収入にその他賃貸事業収入(但し、①不動産、②不動産の賃借権、③地上権、④
           不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と合わせて信託する
           包括契約を含みます。)に係る収入に限ります。)を加算した金額
          b=当該営業期間に係る損益計算書上の賃貸事業費用から減価償却費を控除した金額
           なお、本書の日付現在、料率は、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場する日より前について
          は、3.0%、その後は5.0%で合意しています。
        (ハ)運用報酬Ⅲ(資産取得基準)

           新たに不動産関連投資対象資産を取得した場合又は本投資法人が合併(新設合併及び本投資法人が吸収合併
          存続法人又は吸収合併消滅法人となる吸収合併を含みます。以下同じです。)した場合、当該不動産関連投資
          対象資産の取得価額(本投資法人が合併した場合は、資産運用会社が当該合併の相手方の保有資産等の調査及
          び評価その他の合併に係る業務を実施し、当該合併の効力が発生した場合、当該相手方が保有する不動産関連
          投資対象資産の当該合併の効力発生日における評価額の合計額とします。)に2.0%を上限として本投資法人
          及び資産運用会社の間で別途合意する料率を乗じた金額(1円未満を切り捨てます。)を運用報酬Ⅲとして、
          その取得日(本投資法人が合併した場合は、当該合併の効力発生日)の属する月の翌月の末日までに支払うも
          のとします。
           なお、本書の日付現在、資産を取得した場合の料率は1.5%で合意しています。但し、一定の場合には0.5%
          となります。
        (ニ)運用報酬Ⅳ(資産売却基準)

           運用資産中の不動産関連投資対象資産を譲渡した場合、当該不動産関連投資対象資産の「譲渡代金」に
          0.5%を上限として本投資法人及び資産運用会社の間で別途合意する料率を乗じた金額(1円未満を切り捨て
          ます。)を運用報酬Ⅳとして、その譲渡日の属する月の翌月の末日までに支払うものとします。
           但し、「譲渡代金」とは、当該不動産関連投資対象資産の譲渡に係る契約書に記載された金額とし、譲渡に
          伴う費用並びに消費税及び地方消費税を除くものとします。
           なお、本書の日付現在、料率は0.5%で合意しています。
        ③ 資産保管会社、会計事務等に関する一般事務受託者、機関運営に関する一般事務受託者、投資主名簿に関する

         一般事務を行う一般事務受託者への支払手数料
          資産保管会社、会計事務等に関する一般事務受託者、機関運営に関する一般事務受託者、投資主名簿に関する
         一般事務を行う一般事務受託者がそれぞれの業務を遂行することに対する対価である事務受託手数料は、以下の
         とおりです。
        (イ)資産保管会社の報酬
          a.業務に係る報酬(以下「資産保管業務報酬」といいます。)の計算期間は、毎年5月1日から10月末日ま
           で及び11月1日から翌年4月末日までの各期間(本(イ)において、以下、各期間の末日をそれぞれ「決算
           期」といいます。)とします。但し、初回の計算期間は、資産保管業務委託契約締結日から本投資法人及び
           資産保管会社が別途合意する日(本(イ)において、以下「当初計算期間末日」といいます。)までとしま
           す。
          b.各計算期間の資産保管業務報酬は、本投資法人の保有する資産が不動産信託の受益権又は預金であること
           を前提に、次の(ⅰ)及び(ⅱ)に定める金額とします。
          (ⅰ)資産保管業務委託契約締結日から、当初計算期間末日までについて、1年を365日として年500万円を上
             限として当事者間で別途合意した金額を日割計算した金額。なお、円単位未満の端数は切り捨てるもの
             とします。
          (ⅱ)当初計算期間末日の翌日以降について、当該計算期間初日の直前の本投資法人の決算期における貸借対
             照表上の資産総額(投信法に規定する貸借対照表上の資産の部の合計額をいいます。)に基づき、6ヶ
             月分の料率を記載した下記の基準報酬額表により計算した金額を上限として、当事者間で別途合意した
             金額。なお、円単位未満の端数は切り捨てるものとします。
          (基準報酬額表)
                                         算定方法(6ヶ月分)
                      資産総額
                                          資産総額 ×0.010%
                 300億円以下の部分について
                                          資産総額 ×0.008%
                  300億円超の部分について
                                  78/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          c.本投資法人は、各計算期間の資産保管業務報酬を、各計算期間の終了日の翌月末日又は本投資法人及び資
           産保管会社が別途合意する日までに資産保管会社の指定する銀行口座へ振込又は口座振替の方法により支払
           います。支払いに要する振込手数料等の費用は、本投資法人の負担とします。
          d.経済情勢の変動等により資産保管業務報酬の金額が不適当となったときは、本投資法人及び資産保管会社
           は、互いに協議し合意の上、資産保管業務報酬の金額を変更することができます。
          e.本投資法人の保有する資産に現物不動産が含まれることになった場合には、資産保管業務報酬は、上記
           b.(ⅰ)及び(ⅱ)に定める金額に現物不動産1物件当たり月額20万円を上限として本投資法人及び資産
           保管会社が合意した金額を加算した金額とします。なお、本投資法人の保有する資産に、現物不動産、不動
           産信託の受益権又は預金以外の資産が含まれることとなった場合には、その追加的な業務負担を斟酌するた
           め、本投資法人及び資産保管会社は、資産保管業務報酬の金額の変更額について、互いに誠意をもって協議
           します。
          f.本投資法人は、資産保管業務報酬に係る消費税及び地方消費税を別途負担し、資産保管会社に対する当該
           報酬支払いの際に消費税等相当額を加算して支払うものとします。
        (ロ)会計事務等に関する一般事務を行う一般事務受託者(本(ロ)において、以下「会計事務受託者」といいま

          す。)の報酬
          a.会計事務等に関する一般事務に係る報酬(本(ロ)において、以下「一般事務報酬」といいます。)の月
           額は、下記の算式により計算された額(消費税及び地方消費税は別途。)とし、本投資法人は、会計事務受
           託者に対して、当月分を翌月末日(末日が銀行休業日の場合には、前銀行営業日とします。)までに会計事
           務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料に係る消費税及び地方消費税は本投
           資法人の負担とします。)又は口座間振替の方法により支払うものとします。
            一般事務報酬の月額=

              年間固定報酬金額×1/12+変動報酬月額単価×(月末時点保有物件数-基準物件数)
            但し、償却資産税申告書の作成補助に関する業務が発生する月においては、

            一般事務報酬の月額=

              年間固定報酬金額×1/12+変動報酬月額単価×(月末時点保有物件数-基準物件数)
              +償却資産税申告報酬単価×(月末時点保有物件数)
            とします。
            ここで、年間固定報酬金額は金20,000,000円を、変動報酬月額単価は金200,000円を、償却資産税申告報

           酬単価は金100,000円を、それぞれ上限とし、また、基準物件数は、本投資法人が当月末時点で所有し、会
           計事務受託者が会計事務等に関する一般事務を行う不動産(本投資法人が所有する信託受益権に係る信託財
           産である不動産を含みます。)の物件数(以下「物件数」といいます。)で、一般事務報酬の月額の算定基
           礎となる物件数と定義し、各々、具体的な額及び数値は別途、本投資法人及び会計事務受託者が合意して定
           めるものとします。
          b.上記a.の規定にかかわらず、効力発生日から本投資法人が初めて物件を取得した日の前月までの期間に
           係る一般事務報酬は、月額金200,000円を上限として本投資法人及び会計事務受託者が別途合意して定める
           ものとします。
          c.上記a.及びb.において1ヶ月に満たない月に係る一般事務報酬は、1ヶ月分とみなして算出し、日割
           り計算は行わないものとします。
          d.新規に物件を取得した場合(区分所有権などの部分的な取得等を含みます。)には、初期の固定資産台帳
           作成・登録報酬として、1物件当たりの単価を1,000,000円を上限として別途本投資法人及び会計事務受託
           者による協議の上合意した額を、本投資法人は会計事務受託者に対して、作業完了時の翌月末日までに会計
           事務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料に係る消費税及び地方消費税は本
           投資法人の負担とします。)又は口座間振替の方法により支払うものとします。
          e.事業所税申告書の作成補助業務が生じた場合、一般事務報酬とは別に、事業所税申告報酬として、月末時
           点保有物件数に1物件当たりの単価金500,000円を上限として別途本投資法人及び会計事務受託者の協議の
           上合意した額を乗じた金額を、本投資法人は会計事務受託者に対して、事業所税申告書の申告月の末日まで
           に会計事務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料に係る消費税及び地方消費
           税は本投資法人の負担とします。)又は口座間振替の方法により支払うものとします。
          f.税務調査の立会等により、法律上必要と認められる書類・資料等の作成に関する業務が発生した場合にお
           ける一般事務報酬は、本投資法人及び会計事務受託者の協議の上合意します。
                                  79/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)機関運営に関する一般事務を行う一般事務受託者(本(ハ)において、以下「機関運営事務受託者」といい
          ます。)の報酬
          a.本投資法人は、委託業務の対価として機関運営事務受託者に対し、下記の表に基づき計算された業務手数
           料並びに当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。なお、下記の表に
           定めのない業務に対する業務手数料は、本投資法人及び機関運営事務受託者による協議の上決定するものと
           します。
            手数料金額は、以下の計算式により計算した業務手数料の合計金額を上限として本投資法人及び機関運営
           事務受託者の間で別途協議の上合意した金額とします。
             投資主総会の運営に関する業務手数料                     投資主総会開催毎に 金5,000,000円
             役員会の運営に関する業務手数料                     本投資法人の計算期間毎に 金1,500,000円

            但し、役員会の運営に関する業務手数料につき、各計算期間における機関運営事務受託者の委託業務日数
           が6ヶ月に満たない場合の手数料については、当該期間における機関運営事務受託者の委託業務日数に対す
           る当該計算期間の日数に基づき日割計算して算出するものとします。
            上記計算により算出された手数料金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとしま
           す。
            なお、本書の日付現在、投資主総会の運営に関する業務手数料は投資主総会開催毎に金5,000,000円、役
           員会の運営に関する業務手数料は本投資法人の計算期間毎に金1,500,000円で合意しています。
          b.機関運営事務受託者は、本投資法人の計算期間毎に、上記a.に基づき業務手数料並びに当該業務手数料
           金額に係る消費税及び地方消費税相当額を計算の上、本投資法人に請求し、本投資法人は請求を受けた月の
           翌月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに機関運営事務受託者の指定する銀行口座へ振込(振込手数
           料並びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払うも
           のとします。
        (ニ)投資主名簿に関する一般事務を行う一般事務受託者(本(ニ)において、以下「投資主名簿管理人」といい

          ます。)の報酬
          a.本投資法人は、委託事務の対価として、投資主名簿管理人に対し、下記の委託事務手数料表に記載された
           金額を上限として本投資法人及び投資主名簿管理人の間で別途合意した手数料を支払います。但し、下記の
           委託事務手数料表に定めのないものについては、本投資法人が当該事務を指定する際、本投資法人及び投資
           主名簿管理人間による協議の上、決定します。
          b.上記a.の手数料については、投資主名簿管理人は毎月15日までに前月分の金額を本投資法人に請求し、
           本投資法人は請求のあった月の末日までに、投資主名簿管理人の指定する銀行口座へ振込又は口座間振替の
           方法により、これを投資主名簿管理人に支払います。
          c.上記a.及びb.に定める手数料が経済情勢の変動又は当事者の一方若しくは双方の事情の変化等によ
           り、著しく不適正になったときは、本投資法人及び投資主名簿管理人の間による協議の上、随時これを変更
           することができます。
                                  80/218








                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                           <委託事務手数料表>
     Ⅰ.経常事務手数料
         項目                 手数料率                      対象事務の内容
     基本手数料          (1)月末現在の投資主名簿上の投資主1名につき、下                            ・投資主名簿の管理
                  記段階に応じ区分計算した合計額(月額)。但し、                          ・経常業務に伴う月報等諸報告
                  上記にかかわらず、最低料金を月額210,000円とし                          ・期末、中間一定日及び四半期一
                  ます。                           定日現在(臨時確定を除きま
                       1   ~ 5,000名                        86円     す。)における投資主の確定と
                                             諸統計表、大投資主一覧表、全
                     5,001    ~  10,000名                       73円
                                             投資主一覧表、役員一覧表の作
                     10,001     ~  30,000名                       63円
                                             成
                     30,001     ~  50,000名                       54円
                     50,001     ~100,000名                        47円
                     100,001名以上            40円
                (2)除籍投資主
                                            ・除籍投資主データの整理
                  1名につき                50円
     分配金事務手数料          (1)分配金計算料                            ・分配金額、源泉徴収税額の計算
                  分配金受領権者数に対し、下記段階に応じ区分計算                           及び分配金明細表の作成
                  した合計額とします。但し、最低料金を1回につき                          ・分配金領収証の作成
                  350,000円とします。                          ・印紙税の納付手続
                       1   ~ 5,000名         120円                   ・分配金支払調書の作成
                                            ・分配金の未払確定及び未払分配
                     5,001    ~  10,000名         105円
                                             金明細表の作成
                     10,001     ~  30,000名                       90円
                     30,001     ~  50,000名                       80円
                     50,001     ~100,000名                        60円
                                            ・分配金振込通知及び分配金振込
                     100,001名以上            50円
                                             テープ又は分配金振込票の作成
                (2)指定振込払いの取扱  1件につき                            150円
                                            ・分配金計算書の作成
                (3)分配金計算書作成   1件につき     15円
                                            ・配当割納付申告書の作成
                (4)道府県民税配当課税関係
                                            ・配当割納付データの作成及び納
                  納付申告書作成    1回につき   15,000円
                                             付資金の受入、付け替え
                  配当割納付代行    1回につき   10,000円
     分配金支払手数料          (1)分配金領収証     1枚につき                            450円    ・取扱期間経過後の分配金の支払
                                            ・未払分配金の管理
                (2)月末現在の未払分配金領収証
                             1枚につき     3円
     諸届・調査・証明          (1)諸  届       1件につき                            300円    ・投資主情報変更通知データの受
     手数料                                       理及び投資主名簿の更新
                (2)調  査       1件につき                          1,200円
                                            ・口座管理機関経由の分配金振込
                (3)証  明       1件につき                            600円
                                             指定の受理
                (4)投資口異動証明    1件につき                          1,200円
                                            ・税務調査等についての調査、回
                (5)個別投資主通知    1件につき                            300円
                                             答
                (6)情報提供請求     1件につき                            300円
                                            ・諸証明書の発行
                (7)個人番号等登録    1件につき                            300円
                                            ・投資口異動証明書の発行
                                            ・個別投資主通知の受理及び報告
                                            ・情報提供請求及び振替口座簿記
                                             載事項通知の受領、報告
                                            ・株式等振替制度の対象とならな
                                             い投資主等及び新投資口予約権
                                             者等の個人番号等の収集・登録
     諸通知発送手数料          (1)封入発送料                            ・招集通知、決議通知等の封入、
                  封入物2種まで    1通につき     25円                          発送、選別及び書留受領証の作
                              1種増すごとに5円加算               成
                (2)封入発送料(手封入の場合)
                  封入物2種まで    1通につき     40円
                              1種増すごとに15円加算
                                            ・葉書、シール葉書の発送
                (3)葉書発送料      1通につき     10円
                                            ・諸通知等発送のための宛名印字
                (4)シール葉書発送料   1通につき     20円
                                            ・2種以上の封入物についての照
                (5)宛名印字料      1通につき     15円
                                             合
                (6)照 合 料      1件につき     10円
                                            ・宛名ラベルの送付物への貼付
                (7)ラベル貼付料     1通につき     10円
                                  81/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         項目                  手数料率                      対象事務の内容
     還付郵便物整理          1通につき                  200円                            ・投資主総会関係書類、分配金そ
     手数料                                       の他還付郵便物の整理、保管、
                                             再送
     投資主総会関係          (1)議決権行使書作成料  1枚につき     15円                            ・議決権行使書用紙の作成
     手数料          (2)議決権行使集計料
                 a.投資口事務代行等受託者が集計登録を行う場合
                   議決権行使書(又は委任状)1枚につき  70円                         ・議決権行使書の集計
                   電子行使1回につき           35円                         ・電子行使の集計
                   但し、最低料金を投資主総会1回につき70,000円
                   とします。
                   議決権不統一行使集計料                         ・議決権不統一行使の集計
                         1件につき       70円加算
                   投資主提案等の競合議案集計料                         ・投資主提案等の競合議案の集計
                         1件につき       70円加算
                 b.本投資法人が集計登録を行う場合
                   議決権行使書(又は委任状)1枚につき  35円
                   電子行使1回につき           35円
                   但し、最低料金を投資主総会1回につき30,000円
                   とします。
                (3)投資主総会受付補助等                            ・投資主総会受付事務補助等
                  1名につき                                  10,000円
                                            ・議決権電子行使投資主の管理
                (4)議決権行使電子化基本料
                                            ・議決権行使サイトに関する運
                  1回につき              200,000円
                                             営、管理、各種照会対応
                (5)議決権行使コード付与料
                                            ・議決権行使コード、パスワード
                  (パソコン端末での行使)
                                             の付与、管理
                  基準日現在における議決権を有する投資主数を基準
                                            ・電子行使による議決権行使集計
                  として、投資主1名につき下記段階に応じ区分計算
                                             に関する報告書類の作成
                  した合計額。但し、最低料金は100,000円とします。
                       1   ~ 5,000名                        35円
                     5,001    ~  10,000名                       33円
                     10,001     ~  30,000名                       29円
                     30,001     ~  50,000名                       25円
                     50,001     ~100,000名                        20円
                     100,001名以上            13円
                (6)議決権行使コード付与料                            ・携帯電話端末等を利用可能とす
                  (携帯電話端末での行使を追加する場合)                           る場合の議決権行使コード、パ
                                             スワードの付与、管理
                  基準日現在における議決権を有する投資主数を基準
                  として、投資主1名につき下記段階に応じ区分計算
                  した合計額。但し、最低料金は100,000円とします。
                       1   ~ 5,000名                        15円
                     5,001    ~  10,000名                       13円
                     10,001     ~  30,000名                       12円
                     30,001     ~  50,000名                       10円
                     50,001     ~100,000名                        8円
                     100,001名以上            6円
                                            ・招集通知電子化投資主の管理
                (7)招集通知電子化基本料
                                            ・メールアドレス届出受理(変更
                  月  額               16,000円
                                             を含みます。)
                (8)メールアドレス登録・変更料
                  1件につき                                    150円
                (9)招集メール等送信料
                  対象投資主1名につき           40円
                                            ・電子行使した議決権行使ログに
                (10)議決権行使ログデータ保存料
                                             関するCD-ROMの作成
                  1回につき              30,000円
                                            ・議決権行使書の表裏イメージ
                (11)議決権行使書イメージデータ保存料
                                             データ及び投資主情報に関する
                  1回につき              70,000円
                                             CD-ROMの作成
     投資主一覧表作成          該当投資主1名につき                                     20円    ・各種投資主一覧表の作成
     手数料
                但し、最低料金を1回につき5,000円とします。
                                  82/218


                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         項目                  手数料率                      対象事務の内容
     CD-ROM作成          (1)投資主情報分析機能付CD-ROM作成料                            ・投資主情報分析機能付
     手数料             全投資主1名につき            15円                          CD-ROMの作成
                  該当投資主1名につき           20円
                  但し、最低料金を1回につき30,000円とします。
                (2)投資主総会集計機能付CD-ROM作成料                            ・投資主総会集計機能付
                  該当投資主1名につき           5円                          CD-ROMの作成
                  但し、最低料金を1回につき30,000円とします。
                (3)CD-ROM複写料
                  1枚につき                    10,000円
     投資主管理コード          (1)投資主番号指定での設定                            ・所有者詳細区分の設定(役員を
     設置手数料             1件につき                                    100円     除きます。)
                (2)投資主番号指定なしでの設定
                  1件につき                                    200円
     未払分配金受領促          対象投資主1名につき             200円                            ・除斥期間満了前の未払分配金受
     進手数料                                       領促進のための送金依頼書の作
                                             成、発送
     Ⅱ.振替制度関連事務手数料

         項目                  手数料率                      対象事務の内容
     新規住所氏名          対象投資主1名につき             100円                            ・新規投資主に係る住所・氏名
     データ処理手数料                                       データの作成、投資主名簿への
                                             更新
     総投資主通知          対象1件につき                150円                            ・総投資主通知データの受領、検
     データ処理手数料                                       証、投資主名簿への更新
     個人番号等データ          個人番号等データ処理1件につき        300円                            ・個人番号等の振替機関への請求
     処理手数料                                      ・個人番号等の振替機関からの受
                                             領
                                            ・個人番号等の保管及び廃棄、削
                                             除
                                            ・行政機関等に対する個人番号等
                                             の提供
        ④ 会計監査人報酬(規約第28条)

          会計監査人の報酬は、監査の対象となる決算期毎に2,000万円を上限とし、役員会で決定する金額を、当該決
         算期後4ヶ月以内に支払うものとします。
        ⑤ 手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

          上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせ下さい。
         (照会先)
          大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社
          東京都中央区銀座六丁目2番1号
          電話番号 03-6757-9600
                                  83/218







                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (4)【その他の手数料等】
          本投資法人は、以下の費用を負担します。
         ① 運用資産に関する租税、一般事務受託者、資産保管会社及び資産運用会社との間の各委託契約において本投
          資法人が負担することと定められた委託業務又は事務を処理するために要した諸費用又は一般事務受託者、資
          産保管会社及び資産運用会社が立て替えた立替金の遅延利息又は損害金の請求があった場合のかかる遅延利息
          又は損害金
         ② 投資口及び投資法人債の発行に関する費用(券面の作成、印刷及び交付に係る費用を含みます。)
         ③ 投資主の氏名・住所データ作成費用、投資主宛て書類送付に係る郵送料及び使用済書類等返還(廃棄)に要
          する運搬費
         ④ 分配金支払に関する費用(分配金領収証用紙、銀行取扱手数料等を含みます。)
         ⑤ 有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書の作成、印刷及び提出に係る費用
         ⑥ 目論見書等の作成、印刷及び交付に係る費用
         ⑦ 財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用を
          含みます。)
         ⑧ 本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝等に要する費用並びに投資主優待制度の運営費用(優待券の印
          刷、発送費用等)
         ⑨ 本投資法人の法律顧問及び税務顧問等に対する報酬及び費用
         ⑩ 投資主総会及び役員会開催に係る費用並びに投資主に対して送付する書面の作成、印刷及び交付に係る費用
         ⑪ 執行役員、監督役員に係る実費及び立替金等
         ⑫ 運用資産の取得、管理、売却等に係る費用(媒介手数料、管理委託費用、損害保険料、維持・修繕費用、水
          道光熱費、デューデリジェンスの調査費用等を含みます。)
         ⑬ 借入金及び投資法人債に係る利息
         ⑭ 本投資法人の運営に要する費用
         ⑮ 本投資口の東京証券取引所への上場及び上場維持に要する費用
         ⑯ 信託報酬
         ⑰ その他役員会が認める費用
                                  84/218












                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (5)【課税上の取扱い】
          本書の提出日現在、日本の居住者又は日本法人である投資主に対する課税及び投資法人の課税上の一般的取扱
         いは、以下のとおりです。なお、税法等が改正された場合は、以下の内容が変更になることがあります。また、
         個々の投資主の固有の事情によっては、異なる取扱いが行われることがあります。
        ① 個人投資主
        (イ)配当等の額に係る税務
           個人投資主が本投資法人から受け取る金銭の分配のうち、本投資法人の利益及び一時差異等調整引当額の増
          加からなる金額(以下本「(5)課税上の取扱い」において「配当等の額」といいます。)は、株式の配当と
          同様に配当所得として取り扱われます。また、本投資法人の投資口(以下本「(5)課税上の取扱い」におい
          て「本投資口」ということがあります。)は金融商品取引所に上場されている株式等として取り扱われ、配当
          等の額を受け取る際には原則として20%の税率により源泉徴収された後、総合課税の対象となります。但し、
          二重課税の調整措置を目的として設けられている配当控除の適用はありません。また、本投資法人の配当等の
          支払に係る基準日において、その有する投資口数が本投資法人の発行済投資口の総数の3%未満である個人投
          資主が支払を受ける配当等の額については、上場株式等の配当等として以下のような取扱いがなされます。な
          お、大口個人投資主は、原則として20%の税率により所得税が源泉徴収され、総合課税による確定申告が要求
          されます。また、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間、源泉徴収される配当等の額に係る所得税
          の額に対して2.1%の税率により復興特別所得税が源泉徴収されます。
          a . 個人投資主が受け取るべき上場株式等の配当等の源泉徴収税率は、原則として20%(所得税15%、住民税
           5%)となります。また、個人投資主は、上場株式等の配当等の金額にかかわらず、総合課税に代えて源泉
           徴収だけで納税手続を終了させる確定申告不要の特例を選択できます。
          b . 個人投資主が受け取るべき上場株式等の配当等に係る配当所得については、確定申告を行う場合には総合
           課税による申告に代えて20%の税率(所得税15%、住民税5%)による申告分離課税が選択できます。ま
           た、上場株式等の譲渡損失の金額がある場合には、一定の要件の下、申告分離課税の選択をした上場株式等
           の配当所得等の金額から控除することができます。
          c . 個人投資主が受け取るべき上場株式等の配当等については、金融商品取引業者等における特定口座の源泉
           徴収選択口座(源泉徴収を選択した特定口座)内に受け入れることを選択できます。
          d . 平成26年1月1日から平成35年12月31日までの期間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商品取
           引業者等の営業所に開設した非課税口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理勘定に係
           るもの(新規投資額で毎年100万円を上限。但し、平成28年分以降は120万円を上限。)に係る配当等で、非
           課税口座に非課税管理勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払
           いを受けるべきものについては、所得税及び住民税が課税されません。なお、非課税口座を開設できるの
           は、その年の1月1日において満20歳以上である者に限ります。
          e . 平成28年4月1日から平成35年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に基
           づき、金融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座内において管理されている上場株式等のうち、
           非課税管理勘定に係るもの(新規投資額で毎年80万円を上限。)に係る配当等で、未成年者口座に非課税管
           理勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払いを受けるべきもの
           については、所得税及び住民税が課税されません。なお、未成年者口座を開設できるのは、その年の1月1
           日において満20歳未満である者又はその年中に出生した者に限ります。
           (注)一時差異等調整引当額は、利益を超える金銭の分配で、投資法人の計算に関する規則第2条第2項第
             30号に定義される金額をいいます。
        (ロ)出資等減少分配に係る税務

           個人投資主が本投資法人から受け取る利益を超える金銭の分配(分割型分割及び組織変更による事由を除
          く)のうち、一時差異等調整引当額の増加額以外のもの(以下本「(5)課税上の取扱い」において「出資等
          減少分配」といいます。)は、出資総額等の減少額として扱われ、この金額のうち本投資法人の税務上の資本
          金等の額に相当する金額を超える金額がある場合には、みなし配当(計算方法については下記(注1)参照)
          として上記(イ)における配当等の額と同様の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額から、みな
          し配当を差引いた金額は、本投資口の譲渡に係る収入金額として取り扱われます。この譲渡収入に対応する譲
          渡原価は下記(注2)のように計算されます。譲渡に係る収入金額から譲渡原価を差引いた金額(注3)は、
          株式等の譲渡所得として原則として下記(ハ)と同様の課税を受けます。
           出資等減少分配に係る分配金を受領した後の投資口の取得価額は、当該分配金を受領する直前の投資口の取
          得価額から、出資等減少分配に係る譲渡原価を控除した金額となります。
                                  85/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (注1)    みなし配当      =  出資等減少分配額         -  投資法人の税務上の資本金等の額のうち各投資主の投資口に
                              対応する部分*
                                              各投資主の出資等減少分配
          * 投資法人の税務上の資
                       投資法人の出資等減少分
                                                直前の所有投資口数
           本金等の額のうち各投
                      =             ×  一定割合†      ×
                       配直前の税務上の資本金
           資主の投資口に対応す                                   投資法人の出資等減少分配
                       等の額
           る部分
                                              直前の発行済投資口の総口数
                          投資法人の出資等減少分配による

                                              (小数第3位未満切上げ)
               一定割合†       =
                              出資総額等の減少額
                         投資法人の税務上の前々期末純資産価額
                         (+   前々期末から当該出資等減少分配の
                         直前の時までの間に増加した税務上の資
                         本金等の額      -  前々期末から当該出資等
                         減少分配の直前の時までの間に減少した
                         税務上の資本金等の額)
          (注2)            =           -

               譲渡収入の額         出資等減少分配額           みなし配当
                      =                      ×  一定割合†
               譲渡原価の額         出資等減少分配直前の投資口の取得価額
          (注3)     譲渡損益の額       =  譲渡収入の額        -  譲渡原価の額

           なお、(注1)のみなし配当の額及び(注2)の一定割合については、本投資法人から通知します。

        (ハ)投資口の譲渡に係る税務

           個人投資主が上場投資口である本投資法人の投資口を譲渡する場合の税率は、原則20%(所得税15%、住民
          税5%)の税率により課税されます。
           本投資法人の投資口の譲渡に際して譲渡損が生じた場合は、他の上場株式等に係る譲渡所得等の金額との通
          算は認められますが、一般株式等(上場株式等以外の株式等をいいます。)に係る譲渡所得等の金額との通算
          は認められません。また、株式等の譲渡に係る譲渡所得等の合計額が損失となった場合は、その損失は他の所
          得と通算することはできません。但し、金融商品取引業者等を通じて上場投資証券たる投資口を譲渡等した場
          合には、以下の特例の対象となります。なお、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの各年分の株式等
          に係る譲渡所得等に課される所得税の額に対して2.1%の税率により復興特別所得税が課されます。
          a . その年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額があるとき又はその年の前年以前3年内の各年に生じた上場
           株式等に係る譲渡損失の金額(前年以前に既に控除したものを除きます。)があるときは、確定申告により
           これらの損失の金額を上場株式等に係る配当所得等の金額(上場株式等に係る利子所得の金額及び配当所得
           の金額で、申告分離課税を選択したものに限ります。)から控除することができます。
          b . 上場株式等の譲渡等により生じた譲渡損失のうちその譲渡日の属する年分の上場株式等に係る譲渡所得等
           の金額の計算上控除しきれない金額(上記                    a . の適用を受けている場合には適用後の金額)は、一定の要件
           の下で、その年の翌年以後3年内の各年分の上場株式等に係る譲渡所得等の金額からの繰越控除が認められ
           ます。この規定の適用を受ける場合は、譲渡損失が生じた年以降、連続して確定申告書及び譲渡損失の金額
           の計算に関する明細書等の提出が必要です。
          c . 金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内において譲渡等をした場合の所得に関しては
           源泉徴収だけで納税手続を終了させる確定申告不要の選択が認められます。源泉税率は、20%(所得税
           15%、住民税5%)となります。
          d . 金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内に上場株式等の配当等を受け入れることを選
           択した場合において、その年中にその源泉徴収選択口座内における上場株式等の譲渡損失の金額があるとき
           は、その年中に受け入れた源泉徴収選択口座内における上場株式等の配当等の額の総額からその譲渡損失の
           金額を控除した金額に対して源泉徴収税率を適用して所得税の計算が行われます。
          e . 平成26年1月1日から平成35年12月31日までの期間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商品取
           引業者等の営業所に開設した非課税口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理勘定に係
           るもの(新規投資額で毎年100万円を上限。但し、平成28年分以降は120万円を上限。)について、非課税口
           座に非課税管理勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品
           取引業者等への売委託による方法等により上場株式等を譲渡した場合には、その譲渡所得等については、所
           得税及び住民税が課税されません。なお、非課税口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳
           以上である者に限ります。
                                  86/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          f.  平成28年4月1日から平成35年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に基
           づき、金融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座において管理されている上場株式等のうち、非
           課税管理勘定に係るもの(新規投資額で毎年80万円を上限。)について、未成年者口座に非課税管理勘定を
           設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業者等への売委託
           による方法等により上場株式等を譲渡した場合には、その譲渡所得等については、所得税及び住民税が課税
           されません。なお、未成年者口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳未満である者又はそ
           の年中に出生した者に限ります。
           (注1)上記      e . における非課税口座及び            f.  における未成年者口座での譲渡損失が生じても、本(ハ)
              a . の上場株式等に係る配当所得等の金額からの控除及び本(ハ)d                              . の上場株式等の配当等の額か
              らの控除、並びに本(ハ)b             . の譲渡損失の繰越控除は適用できません。
           (注2)平成28年1月1日以降、株式等は上場株式等(金融商品取引所に上場されている株式等や国債、地
              方債、公募公社債等をいいます。)と一般株式等(上場株式等以外の株式等をいいます。)に区分さ
              れ、株式等を譲渡した場合はそれぞれ別々の申告分離課税制度となりました。
        ② 法人投資主

        (イ)配当等の額に係る税務
           法人投資主が本投資法人から受け取る配当等の額は、原則として分配の決議のあった日の属する投資主の事
          業年度において益金計上されます。本投資法人の投資口は金融商品取引所に上場されている株式等として取り
          扱われ、配当等の額を受け取る際には原則として20%の税率により源泉徴収がされますが、この源泉税は利子
          配当等に対する所得税として所得税額控除の対象となります。なお、平成26年1月1日以後に支払を受ける配
          当等の額については15%に軽減されています。受取配当等の益金不算入の規定の適用はありません。また、平
          成25年1月1日から平成49年12月31日までの間、源泉徴収される配当等の額に係る所得税の額に対して2.1%
          の税率により復興特別所得税が源泉徴収されます。源泉徴収された復興特別所得税は、法人税の額から控除さ
          れます。
        (ロ)出資等減少分配に係る税務

           法人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配のうち本投資法人の税務上の資本金等の額に相当する
          金額を超える金額がある場合には、みなし配当として上記(イ)における配当等の額と同様の課税関係が適用
          されます。また、出資等減少分配額から、みなし配当を差引いた金額は本投資口の譲渡に係る収入金額として
          取り扱われます。譲渡に係る収入金額から譲渡原価を差引いた金額は譲渡損益として課税所得に算入されま
          す。みなし配当、譲渡原価、譲渡損益の計算方法は個人投資主の場合と同様です。
           出資等減少分配を受けた後の投資口の帳簿価額は、この出資等減少分配を受ける直前の投資口の帳簿価額か
          ら、出資等減少分配に係る譲渡原価を控除した金額となります。
        (ハ)投資口の期末評価方法

           法人投資主による本投資口の期末評価方法については、税務上、本投資口が売買目的有価証券である場合に
          は時価法、売買目的外有価証券である場合には原価法が適用されます。なお、会計上は、売買目的有価証券の
          場合は税法と同様に時価法が適用されますが、売買目的外有価証券のうちその他有価証券に分類される投資口
          に関しても原則として時価法(評価損益は原則として純資産の部に計上)の適用があります。
        (ニ)投資口の譲渡に係る税務

           法人投資主が本投資口を譲渡した際の譲渡損益は、法人税の計算上、益金又は損金として計上されます。
                                  87/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 本投資法人の税務
        (イ)配当等の額の損金算入要件
           税法上、導管性要件を満たす投資法人に対しては、その投資ビークルとしての特殊性に鑑み、投資法人と投
          資主との間の二重課税を排除するため、配当等の額を投資法人の損金に算入することが認められています。
           配当等の額を損金算入するために満たすべき導管性要件のうち主要な要件は次のとおりです。
          a . 配当等の額が租税特別措置法施行令に規定する配当可能利益の額の90%超であること。
          b . 他の法人(租税特別措置法施行規則に規定するものを除きます。)の発行済株式又は出資の総数又は総額
           の50%以上を有していないこと。
          c . 租税特別措置法に規定する機関投資家以外の者から借入れを行っていないこと。
          d . 事業年度の終了時において同族会社のうち租税特別措置法施行令で定めるものに該当していないこと。
          e . 投資口の発行価額の総額のうち国内において募集される投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨
           が投資法人の規約において記載されていること。
          f . 設立時における投資口の発行が公募でかつ発行価額の総額が1億円以上であること、又は投資口が事業年
           度の終了時において50人以上の者又は租税特別措置法に規定する機関投資家のみによって所有されているこ
           と。
        (ロ)不動産流通税の軽減措置

          a . 不動産取得税
            一般に不動産を取得した際には、原則として不動産取得税が課税価額の4%の税率により課されます。こ
           の税率は、住宅及び土地の取得については平成30年3月31日までは3%となります。なお、以下の一定の要
           件等を満たす投資法人が平成29年3月31日までに取得する不動産に対しては、不動産取得税の課税価額が5
           分の2に軽減されています。
           (ⅰ)   規約に資産の運用の方針として、特定不動産(投資法人が取得する特定資産のうち不動産、不動産の
             賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をい
             います。)の価額の合計額の当該投資法人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合(以下「特定
             不動産の割合」といいます。)を75%以上とする旨の記載があること。
           (ⅱ)   投資法人から投信法第198条の規定によりその資産の運用に係る業務を委託された投信法第2条第21
             項に規定する資産運用会社が、宅地建物取引業法第50条の2第1項の認可を受けていること。
           (ⅲ)資金の借入れをする場合には、地方税法施行規則に規定する適格機関投資家からのものであること。
           (ⅳ)運用する特定資産が次に掲げる要件のいずれかに該当するものであること。
              イ 特定不動産の割合が75%以上であること。
              ロ   本軽減規定の適用を受けようとする不動産を取得することにより、特定不動産の割合が75%以上
                となること。
           (ⅴ)投信法第187条の登録を受けていること。
          b . 特別土地保有税
            平成15年度以後当分の間、特別土地保有税の課税は停止されています。
          c . 登録免許税
            一般に不動産を取得した際の所有権の移転登記に対しては、原則として登録免許税が課税価額の2%の税
           率により課されます。但し、売買により取得する土地については、平成29年3月31日までは1.5%に税率が
           軽減されています。また、上記a               . (ⅰ)乃至(ⅴ)に掲げる要件等を満たす投資法人(借入要件に関し、
           適格機関投資家の範囲については、金融商品取引法の規定に従います。)が取得する不動産については当該
           取得後1年以内に登記を受ける場合には、登録免許税の税率が平成29年3月31日までは1.3%に軽減されて
           います。
                                  88/218






                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      5【運用状況】
       (1)【投資状況】
         本投資法人の第5期末(平成28年10月31日)現在における投資状況の概況は以下のとおりです。
                                                 第5期
                                            (平成28年10月31日現在)
         資産の種類        用途
                              地域
                                           保有総額         対総資産比率
                                         (百万円)(注1)           (%)(注2)
         不動産      高齢者施設       有料老人ホーム        三大都市圏(注3)                12,027           56.4
         信託受益権      ・住宅
                               中核都市部(注4)                7,131           33.5
                               その他(注5)                  -          -
                      サービス付き         三大都市圏(注3)                  -          -
                      高齢者向け住宅
                               中核都市部(注4)                 639          3.0
                               その他(注5)                  -          -
                      その他の高齢者施設・住宅                          -          -
                              小計                19,798           92.9
               医療施設                                 -          -
               その他                                 -          -
                           合計                    19,798           92.9
         預金・その他の資産                                      1,517           7.1
                                              21,315           100.0
         資産総額計(注6)
                                             (19,798)           (92.9)
                                                 第5期

                                            (平成28年10月31日現在)
                                             金額        対総資産比率
                                           (百万円)         (%)(注2)
         負債総額                                     10,720           50.3
         純資産総額                                     10,595           49.7
        (注1)「保有総額」は、貸借対照表計上額(不動産信託受益権については、減価償却後の帳簿価額)によって
             います。
        (注2)「対総資産比率」は、小数第2位を四捨五入して記載しています。
        (注3)「三大都市圏」とは、東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中京圏(愛知県、三重県、岐阜
             県)及び近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県)をいいます。以下同じです。
        (注4)「中核都市部」とは、人口20万人以上の都市(三大都市圏を除きます。)をいいます。以下同じです。
        (注5)「その他」とは、人口20万人未満の都市(三大都市圏及び中核都市部を除きます。)をいいます。以下
             同じです。
        (注6)「資産総額計」の(              )内の数値は、対象資産中に占める実質的に不動産等の保有に相当する部分を記載
             しています。なお、建設仮勘定(信託建設仮勘定を含みます。)の金額は、不動産信託受益権の金額に
             含めていません。
       (2)【投資資産】

        ①【投資有価証券の主要銘柄】
          不動産に係る信託受益権については、後記「③ その他投資資産の主要なもの」に含めて記載しています。そ
         の他には、該当事項はありません。
        ②【投資不動産物件】

          本投資法人が保有する投資不動産物件についての概要等は、                            後記「③ その他投資資産の主要なもの」に含め
         て記載しています。
                                  89/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③【その他投資資産の主要なもの】
         (イ)信託不動産の概要
           第5期末(平成28年10月31日)現在、本投資法人が保有する不動産に係る信託受益権(以下「信託不動産」
          といいます。)の概要は以下のとおりです。
          a.信託不動産に係る取得価格、貸借対照表計上額、鑑定評価額及び投資比率

                                            貸借対照表      期末算定
                                       取得価格                 投資比率
                                             計上額      価格
            特定資産の
                                       (百万円)                  (%)
                    地域         物件名称
                                             (百万円)     (百万円)
             種類
                                       (注1)                 (注4)
                                             (注2)      (注3)
                         SOMPOケア
                                         1,170      1,166      1,750      6.1
                         ラヴィーレ相模原中央
                                         1,950      1,950      3,060     10.1
                         チャームスイート緑地公園
                                          750      753     1,210      3.9
                         さわやかはーとらいふ西京極
                                          950      944     1,590      4.9
                         ヴェルジェ枚方
                         SOMPOケア
                                         1,839      1,880      2,060      9.5
                         ラヴィーレ     衣笠山公園
                  三大都市圏
                                         1,279      1,287      1,430      6.6
                         ラ・ナシカあらこがわ
                                         1,569      1,601      1,750      8.1
                         スーパー・コートJR奈良駅前
                                          740      782      799     3.8
                         みんなの家・大宮吉野町
                                          838      886      890     4.3
                         みんなの家・中央区円阿弥
                                          710      773      744     3.7
                         そんぽの家 西田辺駅前
                                        11,795      12,027      15,283      61.1
                              小計
                                          265      262      353     1.4
                         ニチイケアセンター福島大森
            不動産
           信託受益権
                         SOMPOケア
                                          960      964     1,230      5.0
                         ラヴィーレ     広島光が丘
                                          630      631      897     3.3
                         さわやか海響館
                                          590      586      812     3.1
                         さわやか鳴水館
                                          773      780      938     4.0
                         さわやか日の出館
                                          266      271      323     1.4
                         さわやかリバーサイド栗の木
                                          289      295      355     1.5
                  中核都市部      さわやか大畠参番館
                                         1,200      1,295      1,330      6.2
                         シルバーハイツ羊ヶ丘3番館
                         アルファリビング
                                          730      770      790     3.8
                         岡山西川緑道公園
                                          610      631      672     3.2
                         アルファリビング岡山後楽園
                                          605      640      641     3.1
                         アルファリビング高松駅前
                                          605      639      627     3.1
                         アルファリビング高松百間町
                                         7,523      7,770      8,968     38.9
                              小計
                     合計(22物件)                    19,318      19,798      24,251     100.0
         (注1)「取得価格」には、取得諸経費、固定資産税、都市計画税、消費税及び地方消費税を含んでいませ
             ん。
         (注2)「貸借対照表計上額」は、平成28年10月31日現在における減価償却後の帳簿価額を記載しています。
         (注3)「期末算定価格」は、本投資法人の規約及び投信協会の定める規則に基づき、一般財団法人日本不動
             産研究所、大和不動産鑑定株式会社及び株式会社谷澤総合鑑定所の不動産鑑定士が作成した鑑定評価書
             に記載された平成28年10月31日を価格時点とする価格を記載しています。
         (注4)「投資比率」は、取得価格の総額に対する各信託不動産の取得価格の比率をいい、小数第2位を四捨
             五入しています。
                                  90/218





                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.信託受託者及び信託期間満了日
           物件
                      物件名称                  信託受託者            信託期間満了日
           番号
           1   ニチイケアセンター福島大森                     三井住友信託銀行株式会社                平成36年3月31日
           2   SOMPOケア        ラヴィーレ広島光が丘
                                    みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           3   SOMPOケア        ラヴィーレ     相模原中央
                                    みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           4   チャームスイート緑地公園                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           5   さわやか海響館                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           6   さわやか鳴水館                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           7   さわやかはーとらいふ西京極                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           8   ヴェルジェ枚方                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年3月31日
           9   SOMPOケア        ラヴィーレ     衣笠山公園
                                    みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           10   ラ・ナシカあらこがわ                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           11   さわやか日の出館                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           12   さわやかリバーサイド栗の木                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           13   さわやか大畠参番館                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           14   スーパー・コートJR奈良駅前                     みずほ信託銀行株式会社               平成36年11月29日
           15   みんなの家・大宮吉野町                     みずほ信託銀行株式会社               平成37年5月30日
           16   みんなの家・中央区円阿弥                     みずほ信託銀行株式会社               平成37年5月30日
           17   シルバーハイツ羊ヶ丘3番館                     みずほ信託銀行株式会社               平成37年10月31日
           18   アルファリビング岡山西川緑道公園                    三菱UFJ信託銀行株式会社                平成37年11月30日
           19   アルファリビング岡山後楽園                    三菱UFJ信託銀行株式会社                平成37年11月30日
           20   アルファリビング高松駅前                    三菱UFJ信託銀行株式会社                平成37年11月30日
           21   アルファリビング高松百間町                    三菱UFJ信託銀行株式会社                平成37年11月30日
           22   そんぽの家 西田辺駅前                    三菱UFJ信託銀行株式会社                平成38年10月31日
          c.信託不動産に係る建物及び賃貸借の概要

            各物件の年間賃料については、テナントの承諾が得られていないため、開示していません。なお、信託不
           動産(計22物件)に係る年間賃料の合計は1,393百万円(注)となります。
           (注)平成28年10月31日現在において有効な各賃貸借契約における月額賃料を12倍することにより年換算し
             て算出した金額を合算し、百万円未満を切り捨てて記載しています。
                                                       鑑定NOI
                          構造/          賃貸可能     全賃貸面積           稼働率
                                              テナント
                              建築時期
                                   面積(㎡)       (㎡)          (%)
                                               総数        (百万円)
           地域      物件名称          階数
                              (注2)
                                              (注5)
                         (注1)          (注3)      (注4)          (注6)
                                                        (注7)
                          RC/
              SOMPOケア                 平成20年
                                    3,732.95      3,732.95        1  100.0       88
              ラヴィーレ相模原中央             5F    3月31日
                          RC/
              チャームスイート                 平成18年
                                    5,329.73      5,329.73        1  100.0       144
              緑地公園           B1・5F      9月20日
                          RC/
              さわやか                 平成19年
                                    2,459.19      2,459.19        1  100.0       60
              はーとらいふ西京極             6F    8月6日
                          RC/
                              平成19年
                                    2,925.25      2,925.25        1  100.0       85
              ヴェルジェ枚方
           三大
                          5F    2月26日
          都市圏
                          RC/
              SOMPOケア                 平成23年
                                    4,265.88      4,265.88        1  100.0       100
              ラヴィーレ     衣笠山公園      B1・5F      3月3日
                          S/
              ラ・ナシカ                 平成20年
                                    3,590.40      3,590.40        1  100.0       74
              あらこがわ             4F    4月17日
                          RC/
              スーパー・コート                 平成21年
                                    5,057.07      5,057.07        1  100.0       91
              JR奈良駅前             7F    6月17日
                          RC/
              みんなの家・                 平成24年
                                    1,800.03      1,800.03        1  100.0       40
              大宮吉野町             4F    4月3日
                                  91/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                       鑑定NOI
                          構造/          賃貸可能     全賃貸面積           稼働率
                                              テナント
                              建築時期
                                   面積(㎡)       (㎡)          (%)
                                               総数        (百万円)
           地域      物件名称          階数
                              (注2)
                         (注1)          (注3)      (注4)     (注5)    (注6)
                                                        (注7)
                          RC/
              みんなの家・                 平成26年
                                    1,963.03      1,963.03        1  100.0       44
              中央区円阿弥             3F    2月27日
           三大
                          RC/
          都市圏
              そんぽの家                 平成19年
                                    2,095.79      2,095.79        1  100.0       36
              西田辺駅前             9F    2月11日
                       小計             33,219.32      33,219.32        10   100.0       766
                          S/
              ニチイケアセンター                 平成19年
                                    1,964.68      1,964.68        1  100.0       22
              福島大森             3F    3月30日
                          RC/
              SOMPOケア                 平成17年
                                    4,133.82      4,133.82        1  100.0       69
              ラヴィーレ広島光が丘             7F    12月15日
                          RC/
                              平成15年
                                    2,694.42      2,694.42        1  100.0       50
              さわやか海響館
                          6F    10月23日
                          RC/

                              平成17年
                                    4,553.67      4,553.67        1  100.0       47
              さわやか鳴水館
                         B1・6F      3月25日
                          S/

                              平成19年
                                    2,674.37      2,674.37        1  100.0       47
              さわやか日の出館
                          3F    7月11日
                          S/
              さわやか                 平成21年
                                    1,349.39      1,349.39        1  100.0       17
           中核
              リバーサイド栗の木             4F    10月20日
          都市部
                          S/
                              平成23年
                                    1,411.78      1,411.78        1  100.0       18
              さわやか大畠参番館
                          3F    9月13日
                          RC  /
              シルバーハイツ                 平成15年
                                    7,267.56      7,267.56        1  100.0       70
              羊ヶ丘3番館             3F    4月18日
                          RC  /
              アルファリビング                 平成26年
                                    2,124.16      2,124.16        1  100.0       37
              岡山西川緑道公園             7F    8月18日
                          RC  /
              アルファリビング                 昭和63年
                                    2,128.44      2,128.44        1  100.0       32
              岡山後楽園             4F    5月25日
                          RC  /
              アルファリビング                 平成26年
                                    1,848.06      1,848.06        1  100.0       30
              高松駅前             6F    6月9日
                          RC  /
              アルファリビング                 平成22年
                                    1,929.16      1,929.16        1  100.0       31
              高松百間町             10F    6月28日
                                   34,079.51      34,079.51        12   100.0       476
                       小計
                   合計(22物件)                67,298.83      67,298.83        22   100.0      1,243
          (注1)「構造/階数」は、各物件に係る建物の不動産登記簿に記載された事項を記載しています。なお、
             「S」は鉄骨造、「RC」は鉄筋コンクリート造、「B」は地下階、「F」は地上階をそれぞれ意味
             します。
          (注2)「建築時期」は、各物件に係る建物の不動産登記簿に記載された事項を記載しています。
          (注3)「賃貸可能面積」は、各物件に係る建物の賃貸が可能な床面積であり、土地(平面駐車場を含みま
             す。)の賃貸可能面積を含まず、賃貸借契約書等に表示された面積(店舗区画、事務所区画を含みま
             す。)を記載しています。以下同じです。
          (注4)「全賃貸面積」は、平成28年10月31日現在、エンドテナントとの間で実際に賃貸借契約が締結され賃
             貸が行われている面積の合計を記載しています。以下同じです。
          (注5)「テナント総数」は、エンドテナントの総数を記載しています。なお、複数の建物にまたがって入居
             しているテナントについては、それぞれの建物毎に計上し、記載しています。以下同じです。
          (注6)「稼働率」は、全賃貸面積を賃貸可能面積で除して得られた数値を、小数第2位以下を切り捨てて記
             載しています。以下同じです。
          (注7)「鑑定NOI」とは、平成28年10月31日を価格時点とする鑑定評価書に記載された不動産鑑定士の査
             定による運営収益から運営費用を控除した運営純収益(NOI:Net                                 Operating     Income)をいいま
             す。上記鑑定NOIは、直接還元法におけるNOIです。なお、「鑑定NOI」は、百万円未満を切
             り捨てて記載しています。以下、同じです。
                                  92/218




                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          d.施設の概要
                                                        重要事項
                                                入居者
     物
                                       居室数     定員        入居率
                                                        説明書
     件                                           数
                   地域            オペレーター
                                       (室)    (人)         (%)
          物件名称             施設の類型
                                                (人)
                                                        記載日
                   区分              の名称
     番
                                       (注1)    (注1)        (注2)
                                                (注1)
     号                                                   (注3)
                      介護付有料
        ニチイケアセンター          中核            株式会社                          平成28年
     1                 老人ホーム                   52    52    52   100.0
        福島大森          都市部            ニチイ学館                          10月1日
                      (特定施設)
        SOMPOケア               介護付有料       SOMPO
                  中核                                      平成28年
     2                 老人ホーム                   80    80    67   83.7
        ラヴィーレ
                              ケアネクスト
                  都市部                                      7月1日
                      (特定施設)
        広島光が丘
                              株式会社
                      介護付有料       SOMPO
        SOMPOケア
                  三大                                      平成28年
     3                 老人ホーム                   80    80    49   61.2
        ラヴィーレ
                              ケアネクスト
                  都市圏                                      10月1日
                      (特定施設)
        相模原中央
                              株式会社
                      介護付有料
                              株式会社
        チャームスイート          三大                                      平成28年
     4                 老人ホーム                  128    128    123    96.0
                              チャーム・ケア・
        緑地公園          都市圏                                      8月1日
                      (特定施設)
                              コーポレーション
                      介護付有料
                  中核            株式会社                          平成28年
     5                 老人ホーム                   65    65    65   100.0
        さわやか海響館
                  都市部            さわやか倶楽部                          10月1日
                      (特定施設)
                      介護付有料
                  中核            株式会社                          平成28年
     6                 老人ホーム                   87    87    87   100.0
        さわやか鳴水館
                  都市部            さわやか倶楽部                          10月1日
                      (特定施設)
        さわやか          三大    住宅型有料       株式会社                          平成28年
     7                                    84    84    79   94.0
        はーとらいふ西京極          都市圏    老人ホーム       さわやか倶楽部                          7月1日
                              株式会社
                  三大    住宅型有料                                 平成28年
     8                                   104    107     79   73.8
        ヴェルジェ枚方                      日本介護医療
                  都市圏    老人ホーム                                 10月4日
                              センター
                      介護付有料       SOMPO
        SOMPOケア
                  三大                                      平成28年
     9                 老人ホーム                  104    104     97   93.2
        ラヴィーレ
                              ケアネクスト
                  都市圏                                      10月1日
                      (特定施設)
        衣笠山公園
                              株式会社
                      介護付有料
        ラ・ナシカ          三大                                      平成28年
     10                 老人ホーム                  100    100     95   95.0
                              株式会社シダー
        あらこがわ          都市圏                                      10月1日
                      (特定施設)
                      介護付有料
                  中核            株式会社                          平成28年
     11                 老人ホーム                   50    50    43   86.0
        さわやか日の出館
                  都市部            さわやか倶楽部                          7月1日
                      (特定施設)
        さわやか          中核    住宅型有料       株式会社                          平成28年
     12                                    33    39    36   92.3
        リバーサイド栗の木          都市部    老人ホーム       さわやか倶楽部                          10月1日
                  中核    住宅型有料       株式会社                          平成28年
     13                                    50    50    46   92.0
        さわやか大畠参番館
                  都市部    老人ホーム       さわやか倶楽部                          10月1日
        スーパー・コート          三大    住宅型有料       株式会社                          平成28年
     14                                   155    155    137    88.3
        JR奈良駅前          都市圏    老人ホーム       スーパー・コート                          10月1日
                      介護付有料
        みんなの家・          三大            株式会社                          平成28年
     15                 老人ホーム                   33    33    33   100.0
        大宮吉野町          都市圏            ウイズネット                          10月1日
                      (特定施設)
                      介護付有料
        みんなの家・          三大            株式会社                          平成28年
     16                 老人ホーム                   51    51    27   52.9
        中央区円阿弥          都市圏            ウイズネット                          10月20日
                      (特定施設)
                      介護付有料
                              株式会社
        シルバーハイツ          中核                                      平成28年
     17                 老人ホーム                  109    111    103    92.7
                              シルバーハイツ
        羊ヶ丘3番館          都市部                                      10月1日
                      (特定施設)
                              札幌
                                  93/218



                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                        重要事項
                                                入居者
     物
                                       居室数     定員        入居率
                                                        説明書
                                                 数
     件
                   地域            オペレーター
                                       (室)    (人)         (%)
          物件名称             施設の類型
                                                (人)
                                                        記載日
                   区分              の名称
     番
                                       (注1)    (注1)        (注2)
                                                (注1)
     号                                                   (注3)
                              あなぶき
        アルファリビング          中核    住宅型有料                                 平成28年
     18                                    53    55    34   61.8
                              メディカルケア
        岡山西川緑道公園          都市部    老人ホーム                                 10月1日
                              株式会社
                              あなぶき
        アルファリビング          中核    住宅型有料                                 平成28年
     19                                    45    48    30   62.5
                              メディカルケア
        岡山後楽園          都市部    老人ホーム                                 10月1日
                              株式会社
                              あなぶき
        アルファリビング          中核    住宅型有料                                 平成28年
     20                                    43    44    40   90.9
                              メディカルケア
        高松駅前          都市部    老人ホーム                                 10月1日
                              株式会社
                      サービス付き       あなぶき
        アルファリビング          中核                                      平成28年
     21                                    50    54    52   96.2
                      高齢者向け       メディカルケア
        高松百間町          都市部                                      10月1日
                      住宅       株式会社
                      介護付有料       SOMPO
        そんぽの家          三大                                      平成28年
     22                 老人ホーム                   42    42    36   85.7
                              ケアメッセージ
        西田辺駅前          都市圏                                      9月1日
                      (特定施設)
                              株式会社
                   -      -        -      1,598    1,619    1,410     87.0     -
          合計
     (注1)「居室数」、「定員」及び「入居者数」は、オペレーターから提供を受けた有料老人ホームに係る重要事項説明
        書(以下「重要事項説明書」といいます。)に表示された数値を記載しています。なお、重要事項説明書は、有
        料老人ホームを管轄する地方公共団体にて閲覧することができます。また、一部のオペレーターのウェブサイト
        で公表されています。
     (注2)「入居率」は、重要事項説明書に表示された入居者数を定員で除した比率を、小数第2位以下を切り捨てて記載
        しています。
     (注3)「重要事項説明書記載日」は、重要事項説明書に表示された記入年月日を記載しています。
                                  94/218












                                                           EDINET提出書類
                                                     日本ヘルスケア投資法人(E30904)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          e.オペレーターの会社概要
                                              資本金        属性
                                         設立
                         本店所在地          代表者
             オペレーター
                                             (百万円)       (上場市場)
                                         年月日
                         (注1)         (注1)
              の名称
                                        (注1)
                                             (注1)        (注2)
                                                  上場会社(東京証券
                                  代表取締役
                      東京都千代田区神田駿                  昭和48年
                                              11,933    取引所市場第一部、
           株式会社ニチイ学館
                                  寺田   明彦
                      河台二丁目9番地                  8月2日
                                                  証券コード:9792)
                                                  上場会社    (東京証券
                                  代表取締役                 取引所JASDAQ
                      福岡県北九州市小倉北                  昭和56年
                                                432
           株式会社シダー
                                  座小田    孝安             市場、証券コード:
                      区大畠一丁目7番19号                  4月25日
                                                  2435)
                                                  上場会社(東京証券
                                  代表取締役                 取引所JASDAQ
           株式会社チャーム・ケ            大阪府大阪市北区中之                  昭和59年
                                                192
                                  下村   隆彦              市場、証券コード:
           ア・コーポレーション            島三丁目6番32号                  8月22日
                                                  6062)
                                  代表取締役                 上場会社のグループ
           SOMPOケア            東京都品川区東品川四                  平成4年
                                               5,095
                                  遠藤   健              会社(注3)
           ネクスト株式会社            丁目12番8号                  11月11日
                                  代表取締役                 上場会社のグループ
           株式会社            福岡県北九州市小倉北                  平成16年
                                                200
                                  内山   文治              会社(注4)
           さわやか倶楽部            区熊本二丁目10番10号                  12月1日
                                  代表取締役
           株式会社            大阪府大阪市西区西本                  平成7年
                                                50
                                                  非上場会社その他
                                  山本   晃嘉
           スーパー・コート            町一丁目7番7号                  5月19日
                                  代表取締役
           株式会社            大阪府大阪市阿倍野区                  平成9年
                                                50
                                                  非上場会社その他
                                  谷口   優亮
           日本介護医療センター            阪南町二丁目4番1号                  10月7日
                                  代表取締役                 上場会社のグループ
                      埼玉県さいたま市大宮                  平成10年
                                                390
           株式会社ウイズネット
                                  宮澤   裕一              会社(注5)
                      区三橋二丁目795番地                  1月14日
                                  代表取締役
           株式会社            北海道札幌市豊平区福                  昭和36年
                                                50
                                                  非上場会社その他
                                  金子   洋文
           シルバーハイツ札幌            住三条三丁目41番地                  12月25日
                      香川県高松市磨屋町2            代表取締役                 上場会社のグループ
           あなぶきメディカルケ                              平成21年
                                                80
                      番地8            大谷   佳久              会社(注6)
           ア株式会社                              6月24日
                      岡山県岡山市南区西市            代表取締役                 上場会社のグループ
           SOMPOケア                              平成9年
                                               3,925
                      522番地1            菊井   徹也              会社(注3)
           メッセージ株式会社                              5月26日
          (注1)「本店所在地」、「代表者」、「設立年月日」及び「資本金」は、平成28年10月31日現在の登記簿上
             の表示に基づいて記載しています。「代表者」については、1名のみ記載しています。「資本金」に
             ついては、百万円未満を切り捨てて記載しています。なお、株式会社ウイズネットは、平成10年1月
             14日に組織変更を行い、現在の名称で事業を開始しているため、同日を設立年月日として記載してい
             ます。
          (注2)「上場会社のグループ会社」とは、上場会社の子会社及び関連会社(財務諸表等の用語、様式及び作
             成方法に関する規則に定める意味を有します。)をいいます。「非上場会社その他」とは、上場会
             社、又は上場会社のグループ会社以外の法人をいいます。以下同じです。
          (注3)東京証券取引所市場第一部に上場している