株式会社JMAホールディングス 半期報告書 第56期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

半期報告書-第56期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社JMAホールディングス

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      半期報告書

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年12月26日

                          第56期中(自        平成28年4月1日          至   平成28年9月30日)

     【中間会計期間】
     【会社名】                      株式会社JMAホールディングス

                          JMA HOLDINGS Inc.

     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  秋山  守由

     【本店の所在の場所】                      東京都港区芝公園三丁目1番22号

                          03(3436)4304

     【電話番号】
                          常務取締役 事業・管理本部本部長                   小島 厚

     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区一ツ橋一丁目2番2号

                          03(3436)4304

     【電話番号】
                          常務取締役 事業・管理本部本部長                   小島 厚

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                  1/60









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次           第54期中       第55期中       第56期中        第54期       第55期

                       自 平成26年       自 平成27年       自 平成28年       自 平成26年       自 平成27年
                         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
           会計期間
                       至 平成26年       至 平成27年       至 平成28年       至 平成27年       至 平成28年
                         9月30日         9月30日         9月30日         3月31日         3月31日
                        8,009,908       9,804,568       9,061,126       19,532,353       20,919,646
     売上高             (千円)
                         216,137       173,570       413,387      1,165,711         691,108

     経常利益             (千円)
     親会社株主に帰属する中
                         181,529        35,907       249,132       648,198       223,796
                  (千円)
     間(当期)純利益金額
     中間包括利益金額又は
                  (千円)       190,627         9,951      203,878       714,031       168,000
     包括利益金額
                        13,107,862       13,620,777       14,083,194       13,630,000       13,776,076
     純資産額             (千円)
                        20,422,547       21,303,020       21,607,812       22,250,738       22,386,861

     総資産額             (千円)
                       3,708,486.48       3,890,170.13       3,896,269.36       3,881,554.43       3,997,509.90

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり中間(当期)
                        51,096.29       10,276.07       72,339.47       183,357.62        64,175.70
                   (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり中間             (円)         -       -       -       -       -
     (当期)純利益金額
                           63.9       63.7       64.9       61.0       61.3
     自己資本比率             (%)
     営業活動による
                         699,232       625,812      △ 288,358      1,752,768       1,275,816
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 576,939      △ 112,264      △ 431,073       △ 96,287       205,831
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        △ 109,925       △ 82,173      △ 77,652      △ 208,204        93,607
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        6,514,485       8,394,817       8,681,179       7,973,081       9,517,946
                  (千円)
     の中間期末(期末)残高
     従業員数
                           826       824       810       830       802
     〔ほか平均臨時             (名)
                          〔 106  〕     〔 105  〕     〔 97 〕     〔 92 〕     〔 118  〕
     雇用人員〕
      (注1)売上高には、消費税等は含まれておりません。

      (注2)潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。
                                  2/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次           第54期中       第55期中       第56期中        第54期       第55期

                      自 平成26年       自 平成27年       自 平成28年       自 平成26年       自 平成27年
                        4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
           会計期間
                      至 平成26年       至 平成27年       至 平成28年       至 平成27年       至 平成28年
                        9月30日         9月30日         9月30日         3月31日         3月31日
     売上高             (千円)       340,483       330,391       401,440       631,932       573,306
     経常利益金額又は経常損
                         117,322      △ 236,608       △ 90,895       63,741      △ 567,696
                  (千円)
     失金額(△)
     中間(当期)純利益又は
                         167,849       △ 97,753      △ 28,821       99,697      △ 165,160
     中間(当期)純損失             (千円)
     (△)
                         500,000       500,000       500,000       500,000       500,000
     資本金             (千円)
                       甲種類株式       甲種類株式       甲種類株式      甲種類株式       甲種類株式
                          38,906       38,906       38,906       38,906       38,906
     発行済株式総数             (株)
                       乙種類株式       乙種類株式       乙種類株式      乙種類株式       乙種類株式
                            76       76       76       76       76
                       11,503,106       11,327,558       11,234,669       11,445,261       11,256,034
     純資産額             (千円)
                       14,147,500       14,147,307       13,602,587       14,270,329       13,448,953

     総資産額             (千円)
                                                5,000       5,000

     1株当たり配当額             (円)         -       -       -
                           81.3       80.1       82.6       80.2       83.7

     自己資本比率             (%)
     従業員数
                            5       6       3       6       7
     〔ほか平均臨時             (名)
                           〔 1 〕      〔 1 〕      〔 2 〕      〔 1 〕     〔  ―〕
     雇用人員〕
      (注1)    売上高には、消費税等は含まれておりません。
      (注2)    中間連結財務諸表を作成しており、中間財務諸表に1株当たり純資産額、1株当たり中間純利益金額又は中間純
         損失金額(△)及び潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額を注記していないため、1株当たり純資産額、1
         株当たり中間(当期)純利益金額又は中間(当期)純損失金額(△)及び潜在株式調整後1株当たり中間(当
         期)純利益金額の記載を省略しております。
                                  3/60










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     2 【事業の内容】
       当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる事業の内容に重要な変更は
      ありません。
       また、主要な関係会社の異動については、「3 関係会社の状況」に記載しております。
     3  【関係会社の状況】

      当中間連結会計期間において、当社連結子会社であるJMAC                             Scandinavia      AB.の全保有株式を、グループ外に売却致し
     ました。
     4 【従業員の状況】

      (1) 連結会社の状況
                                               平成28年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
      シンクタンク・コンサルティング事業                                        437〔74〕

      ITソリューション事業                                        370〔21〕

                                              ―〔   1〕

      不動産賃貸事業
                                               3〔   1〕

      全社(共通)
                 合計                             810〔97〕

      (注1) 従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を
         含む、就業人員数であります。
      (注2)    従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
      (注3) 全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。
      (2) 提出会社の状況

                    平成28年9月30日現在
        従業員数(名)                 3〔2〕
      (注1)    従業員数は、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む、就業人員数であります。
      (注2)     従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
      (3) 労働組合の状況

        労働組合はありません。
        なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  4/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      (1) 業績
        当中間連結会計期間における世界経済を概観すると、米国は景気減速の流れが止まりつつあり、ユーロ圏では、
       英国のEU離脱による世界同時株安が生じたものの、景気は安定的な動きを見せております。また、中国景気は、
       減速が続いているものの、穏やかな動きとなっております。世界全体としては、景気の減速に歯止めがかかりつつ
       も、上昇に向けた決め手を欠く状態となっております。今後は、米国の大統領選挙や追加利上げ問題、中国景気の
       下振れなど、国際金融市場の変化に注目し続ける必要があると考えております。
        国内経済は、夏場の天候不順による消費関連指標の低下など、家計部門での弱い動きが見られておりますが、公
       共事業の受注増、企業の生産活動の持ち直し等の動きも出ております。企業収益については、内外需要の低速を背
       景に売上高の伸び悩みはあるものの、円高による輸入原材料価格の低下もあり、経営体質は穏やかな推移を見せて
       おります。
        このような状況下、売上高は9,061,126千円(前年同期比7.6%減)、営業利益は129,832千円(前年同期は営業
       損失5,282千円)、経常利益は413,387千円(前年同期比138.2%増)、親会社株主に帰属する中間純利益は249,132
       千円(前年同期比593.8%増)となりました。
        セグメントの業績は、以下のとおりであります。

        (シンクタンク・コンサルティング事業)

        シンクタンク・コンサルティング事業は、官公需の下支えの下、緩やかな景気回復が続いているものの、全体と
       しては減収増益となりました。分野別にみると、シンクタンク事業は、前年上期と比べ増収増益となっており、コ
       ンサルティング事業は減収増益となっております。いずれの事業も増益ではありますが、営業利益額に課題を残し
       ており、世界的に景気動向が不透明になる中にあって、今後の事業活動力強化に取り組まなければならないと考え
       ています。
        このような状況下、売上高は4,130,266千円(前年同期比5.6%減)、営業損失は63,338千円(前年同期比66.3%
       減)となりました。
        (ITソリューション事業)

        ITソリューション事業の上半期は、昨年度から続く金融事業系の大型案件で一定量の受注規模を確保できたこ
       と、ベンダー系事業、プライム系事業、モバイル系事業、関西事業でもそれぞれの事業が堅調に推移したこと、ま
       た自社開発製品であるKAITOシリーズの堅調な販売もあり、全体では予算を達成する活動実績となりました。
       昨年度の上期実績は、金融事業系の大型案件に加えて流通系の大型案件があり、予算を大きく上回る過去最高の半
       期実績となったことから、昨年同期比では、減収減益となりました。
       2017年度までの中期事業計画では、売上高90億円超、営業利益率10%を確実に達成できる組織体質作りを目標とし
       ております。今年度上期実績は前年同期実績を下回ったものの、着実な成長に向けて引き続き堅調に事業を展開し
       ています。
        このような状況下、売上高は4,758,091千円(前年同期比9.3%減)、営業利益は395,742千円(前年同期比
       13.0%減)となりました。
        (不動産賃貸事業)

         「新・日本能率協会ビル」の建設については、入居法人・入居スペースが内定し、各法人で「新しい働き方」
       をもとにしたオフィスレイアウトの検討に入っております。2016年12月末までに解体工事を終了し、201
       7年1月より、本格的な改修工事がスタートする予定です。完成は、2017年11月、2018年1月のオープ
       ンを目指しております。
        このような状況下、売上高は172,768千円(前年同期比5.4%減)、営業損失は83,223千円(前年同期比57.7%
       減)となりました。
                                  5/60



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (2) キャッシュ・フローの状況
        当中間連結会計期間における現金及び現金同等物は、8,681,179千円(前年同期比286,362千円増)となりまし
       た。各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な原因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは、288,358千円の支出(前年同期は、625,812千円の収入)となりました。
       これは主に売上債権の減少832,241千円、減価償却費の増加182,003千円によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは、431,073千円の支出(前年同期比318,809千円増)となりました。これは
       主に投資有価証券の取得による支出626,893千円、投資有価証券の償還による収入400,000千円によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によるキャッシュ・フローは、77,652千円の支出(前年同期比4,521千円減)となりました。これは主
       に長期借入金の返済による支出38,684千円によるものです。
                                  6/60















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     2 【生産、受注及び販売の状況】
       (1)生産実績
       当中間連結会計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                    生産高(千円)              前年同期比(%)
     シンクタンク・コンサルティング事業                                    -               -
     ITソリューション事業                                 3,851,821                 92.4
     不動産賃貸事業                                    -               -
               合計                      3,851,821                 92.4
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (注2) 金額は、製造原価によっております。
       (注3) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       (注4) シンクタンク・コンサルティング事業に含まれておりますコンサルティング事業は、生産として捉えてお
         りませんので、上記金額に含めておりません。
       (2)受注実績

       当中間連結会計期間における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             受注高       前年同期比        受注残高       前年同期比
            セグメントの名称
                                     (%)               (%)
                             (千円)               (千円)
     シンクタンク・コンサルティング事業
                              4,068,981          94.3     1,577,511          158.2
     ITソリューション事業
                              4,656,616          83.1     1,324,459          83.1
     不動産賃貸事業
                                 -        -        -        -
               合計
                              8,725,597          88.0     2,901,970          112.0
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。 
       (注2) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (注3) シンクタンク・コンサルティング事業に含まれております出版事業につきましては、受注販売を行ってい
       ないため、上記の金額に含まれておりません。
       (3)販売実績

       当中間連結会計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
            セグメントの名称                    販売高(千円)              前年同期比(%)
     シンクタンク・コンサルティング事業                                 4,130,266                 94.4
     ITソリューション事業                                 4,758,091                 90.7
     不動産賃貸事業                                  172,768                94.6
               合計                      9,061,126                 92.4
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (注2) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (注3) 主な相手先の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                       前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
          相手先
                    販売高(千円)           割合(%)       販売高(千円)           割合(%)
     みずほ情報総研株式会社
                       2,658,841           27.1      2,287,640           25.2
                                  7/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     3 【対処すべき課題】
       当中間連結会計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課
      題はありません。
     4 【事業等のリスク】

       当中間連結会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の
      判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」
      について重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     5 【経営上の重要な契約等】

       当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     6 【研究開発活動】

       当社グループは、中長期的な事業発展に資するため、様々な研究テーマを抽出し、研究開発を行っております。各
      事業の研究開発活動の内容は、以下の通りです。研究開発費の総額は80,509千円であります。
      なお、当中間連結会計期間において、当社は研究開発活動を行っておりません。
      (1)シンクタンク・コンサルティング事業

       シンクタンク・コンサルティング事業の上半期の研究開発活動については、主に当社の連結子会社である株式会社
      日本能率協会コンサルティングで行っております。株式会社日本能率協会コンサルティングでは、2016年度も、お客
      様へのコンサルティング活動と技術・商品活動をいったいで進める伝統的名研究開発スタイルを踏襲し、21のコア技
      術を中心としたチームで、地道に進めております。
       一方、将来を先取りする研究開発活動としては、「Next                           TPM」「IT経営」「スマートファクトリー」についての研
      究開発活動が挙げられます。いずれもIoT(Internet                         of  Things)を軸としたコンサルティング技術の開発で、これ
      からのコンサルティングを作っていく重要な活動となっています。ドイツを中心とした「インダストリー4.0」活動
      を受け止めながら、日本的なIoT技術の経営管理・工場管理への活用技術を、当社連結子会社のシステム開発会社、
      株式会社ジェーエムエーシステムズと一緒に開発を進めています。
      当中間連結会計期間の研究開発費の金額は、56,933千円であります。
      (2)ITソリューション事業

       ITソリューション事業の研究開発は、主として株式会社ジェーエムエーシステムズで行っております。毎週開催の
      「商品企画会議」を設け中長期的な視点に立った新規技術・先端技術の調査・研究、当社オリジナル商品の企画・開
      発に取り組んでおります。当連結会計期間は前期に引き続き、スマートデバイス事業を推進する上で必要な関連技術
      の習得と深耕に加え、Beacon端末を使用したクラウドサービスの企画開発を行いました。
      ①  スマートデバイス向け製品の研究・開発
       スマートデバイス向け製品の研究・調査を前期に引き続き実施しています。
      モバイルソリューション事業部を中心に、社内横断的な協業体制の下で、業界動向や市場ニーズの調査を行なって商
      材のアイデアを出し、具体的な製品の企画・検討・評価までを実施しています。
      今期は下記の製品候補題材について調査・研究・製品化検討を行いました。
      ・  Pepperを始めとするロボットアプリケーション
      ・  センサーなど各種の新しいデバイスの活用
      ②  KAITO   Secureシリーズの研究・開発
       2011年にリリースしたiPhone/iPad/Android向けのセキュリティブラウザである「KAITO」について、今後増加する
      であろうWinodwsタブレット/Phone市場への展開を見据え、新たにWindows版の製品化・リリースを行いました。ま
      た、同ブランドの「KAITO            Camera」についても、Windows版の企画・検討・開発までを実施しています。
      ③  seap   for  Window    Powered    by  Any3の研究・開発
       Windowsタブレット向けのアプリケーションをエンドユーザ自身で作成・運用できるソリューションである「アン
      ケート」「ラーニング」「カタログ」の3つのアプリケーションをWindows                                    10  Mobileに対応するためUWP(ユニバー
      サルWindowsプラットフォーム)へ対応を行いました。
                                  8/60


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)は、Windows                           10で統合された新しい開発基盤において、Windows                        10搭載
      のデバイスで同じアプリケーションが動作するようになります。
      ④  Any3シリーズの研究・開発
       Office     365  と連携するWindows         タブレット向けのビジネスアプリ「Any3                   for  Office    365」の「レポート」、「情
      報配信」、「ラーニング」3つのアプリケーションを開発、配信すると共に「アンケート」アプリケーションの開発
      に着手しています。また、Windows                 10  Mobileに対応するためUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)へ対応を
      行いました。
      ⑤  「Beacapp」の研究・開発
       2011年にリリースしたビーコン端末を利用した位置情報活用クラウドサービス「Beacapp」の機能拡張を行い、既
      存システムやアプリとの連携機能を強化しました。今期は、企画・開発までを実施し、来年度のリリースに向けた準
      備を行っています。
      ⑥  「スマートファクトリー」の研究・開発
       製造プロセスにてIoTを活用し、生産システムの高度化をめざす取組として「スマートファクトリー」の研究・開
      発を日本能率協会コンサルティングと共同で進めています。
      今年度は、Beaconを活用した点検ソリューションの研究・開発と実証実験、Beaconを活用したフォークリフトの動線
      分析の研究・開発・実証実験を行いました。
      ⑦  現状の情報システムの関連構造を可視化・影響分析ソリュージョンを活用したIT資産の評価とITシステムの
      再構築(モダナイゼーション)プログラムの研究・開発
       現状の情報システムを機能させている全てのデータ要素(ハード、ソフト、アプリケーションプログラム、ネット
      ワーク、人・組織、製品、取引先、関連する外部要素など)メタデータ化し、リポジトリーとして保持することで、
      全てのメタデータの関連構造を分析できる技術(Rochade)を活用した商品開発です。システム再構築リスク
      の軽減や保守開発・運用コストの低減などの課題解決のために、現状システム実態を可視化・影響分析し、現状シス
      テムの再構築を成功に導くためのツールとして実践事例を技術化しています。
       実施事例として、京都市役所の情報システム再構築プロジェクトの支援を産総研(AIST)の技術移転ベン
      チャーであるPMT(ピースミールテクノロジー)の傘下でご支援しておりますが、その中で、現状システムからの
      移行に伴うリスクを最小にするための可視化・影響分析に採用され実施しております。
       また、実際の業務の中で各業務担当者の必要性から無秩序に活用・氾濫しているエクセル(Excel)データを
      統合でき、要件に沿ったシミュレーションが可能なツール(Jedox)を導入しております。
      ⑧  BPMによる業務プロセス改善活動に伴って必要な現状の業務量を簡易に測定するツール(BPEC)を導入
       業務プロセス改善を行う場合は必ず現状の業務量を把握します。BPECは現状の業務体系が標準整備され、業務
      の粒度レベルが定義されています。また、業務従事者への測定負荷を軽減する測定方法であるため、有用な技術とし
      て実証研究・商品化に取り組んでおります。
      当中間連結会計期間の研究開発費の金額は、23,576千円であります。
                                  9/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1) 重要な会計方針及び見積り
        当社グループの中間連結財務諸表及び当社の中間財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている
       会計基準に基づき作成されております。この中間連結財務諸表等の作成にあたり、見積りが必要な事項につきまし
       ては、過去の実績などの合理的な基準に基づき見積りを行っております。
      (2) 財政状態の分析

        (流動資産)
         当中間連結会計期間末の流動資産の残高は13,159,273千円(前連結会計年度比8.6%減)となりました。主な
        内容は、現金及び預金8,782,349千円、受取手形及び売掛金2,846,323千円であります。
        (固定資産)

         当中間連結会計期間末の固定資産の残高は、8,448,538千円(前連結会計年度比5.7%増)となりました。主な
        内容は、投資有価証券4,826,158千円、繰延税金資産(固定)1,440,689千円であります。
        (流動負債)

         当中間連結会計期間末の流動負債の残高は、2,264,180千円(前連結会計年度比32.7%減)となりました。主
        な内容は、支払手形及び買掛金531,644千円、賞与引当金288,046千円であります。
        (固定負債)

         当中間連結会計期間末の固定負債の残高は、5,260,437千円(前連結会計年度比0.2%増)となりました。主な
        内容は、退職給付に係る負債4,294,133千円、役員退職慰労引当金417,465千円であります。
        (純資産)

         当中間連結会計期間末の純資産の残高は、14,083,194千円(前連結会計年度比2.2%増)となりました。主な
        内容は、資本剰余金9,391,036千円、利益剰余金6,423,907千円であります。
      (3) キャッシュ・フローの分析

        キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2〔事業の状況〕                                 1〔業績等の概要〕          (2)キャッシュ・フ
       ローの状況」に記載の通りであります。
      (4) 経営成績の分析

        経営成績につきましては、「第2〔事業の状況〕                       1〔業績等の概要〕(1)           業績」    に記載の通りであります。
                                 10/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【主要な設備の状況】

       当中間連結会計期間において、主要な設備の異動はありません。
     2 【設備の新設、除却等の計画】

      当中間連結期間において、前連結会計年度末に計画中であった重要な設備の新設、除却等について、重要な変更並び
     に重要な設備計画の完了はありません。
      また、当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、除却等の計画はありません。
                                 11/60

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     2,000,000

               甲種類株式                                       100,000

               乙種類株式                                         200

                  計                                    2,100,200

       ② 【発行済株式】

                中間会計期間末           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成28年9月30日)          (平成28年12月26日)           商品取引業協会名
                                                 単元株式数
       甲種類株式              38,906          38,906     非上場・非登録               1株
                                                 (注2,3,5)
                                                 単元株式数
       乙種類株式                76          76   非上場・非登録               1株
                                                  (注2,4)
         計            38,982          38,982        -            -
      (注1)    当社は普通株式、甲種類株式及び乙種類株式の異なる種類の株式を定款に定めております。
      (注2)    甲種類株式及び乙種類株式は譲渡制限株式であり、これを譲渡により取得するには取締役会の承認が必要にな
         ります。
      (注3)    甲種類株式の内容は次のとおりであり、特に定めがない点については普通株式と同一の内容であります。
       1.株主総会の議決権
         甲種類株式を有する株主(以下「甲種類株主」という。)は、株主総会において議決権を行使することができ
         ない。
       2.取得条項
         ⅰ)当会社は、当会社が別に定める日が到来したときに、当会社の甲種類株式を取得することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が甲種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、甲種類株式1株につき5万円とする。
       3.取得請求権
         ⅰ)甲種類株主は、当会社に対し、いつでも甲種類株式の取得を請求することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が甲種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、甲種類株式1株につき5万円とする。
       4.種類株主総会の決議
         甲種類株式については、会社法第199条第4項、同法第238条第4項及び同法第322条第1項の規定による種類
         株主総会の決議を要しない。
                                 12/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (注4)    乙種類株式の内容は次のとおりであり、特に定めがない点については普通株式と同一の内容であります。
       1.剰余金の配当
         当会社は、乙種類株式を有する株主(以下「乙種類株主」という。)に対しては剰余金の配当を行わない。
       2.残余財産の分配
         ⅰ)当会社の残余財産を分配するときは、乙種類株主に対し、乙種類株式1株につき金5万円を支払う。
         ⅱ)乙種類株主に対しては、前項の他、残余財産の分配を行わない。
       3.取得条項
         ⅰ)当会社は、当会社が別に定める日が到来したときに、当会社の乙種類株式を取得することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が乙種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、乙種類株式1株につき5万円とする。
       4.種類株主総会の決議
         乙種類株式については、会社法第199条第4項、同法第238条第4項及び同法第322条第1項の規定による種類
         株主総会の決議を要しない。
      (注5)    甲種類株式の発行済株式数には、当社に対する金銭債権の現物出資による発行株式1,705株(85,250千円)が
         含まれております。
      (注6)    定款において、会社法第322条第2項に関する定めはしておりません。
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成28年9月30日                 -     38,982         -    500,000          -       -
                                 13/60










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (6) 【大株主の状況】
                                               平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
                                                207       0.53
     秋山 守由                神奈川県横浜市港北区
                                                193       0.50

     丸尾 健司                埼玉県越谷市
                                                105       0.27

     小島  厚                千葉県市川市
                                                102       0.26

     坂倉  猛                神奈川県川崎市高津区
                                                 83       0.21

     加藤 文昭                千葉県柏市
                                                 82       0.21

     森山 直樹                東京都府中市
                                                 82       0.21

     中川 久方                東京都港区
                                                 63       0.16

     鈴木  亨                埼玉県さいたま市浦和区
                                                 62       0.16

     石川 浩一                東京都足立区
                                                 62       0.16

     譲原 正昭                埼玉県朝霞市
            計                                   1,041        2.67

     (注1)    上記のほか、当社所有の自己株式(甲種類株式35,306株及び乙種類株式32株)があり、その発行済株式総数に
         対する割合は90.65%であります。
     (注2) 発行済株式総数は、甲種類株式及び乙種類株式の合計の株式数であります。
     なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位は、以下の通りであります。

                                                    総株主の
                                            所有議決権数       議決権に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (個)      所有議決権数
                                                    の割合(%)
                                                 7      15.91
     秋山 守由                神奈川県横浜市港北区
                                                 5      11.36

     小島  厚                千葉県市川市
                                                 5      11.36

     長谷川 隆                東京都千代田区
                                                 3      6.82

     丸尾 健司                埼玉県越谷市
                                                 3      6.82

     加藤 文昭                千葉県柏市
                                                 3      6.82

     鈴木  亨                埼玉県さいたま市浦和区
                                                 2      4.55

     坂倉  猛                神奈川県川崎市高津区
                                                 2      4.55

     森山 直樹                東京都府中市
                                                 2      4.55

     中川 久方                東京都港区
                                                 2      4.55

     石川 浩一                東京都足立区
                                                 2      4.55

     譲原 正昭                埼玉県朝霞市
                                                 2      4.55

     横田 正仲                東京都足立区
                                                 2      4.55

     高原 暢恭                東京都調布市
                                                 40      90.91

            計
                                 14/60



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (7) 【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成28年9月30日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
                     甲種類株式       38,906   

     無議決権株式                                 -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                           -      -            -

     議決権制限株式(その他)                           -      -            -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 -            -
                     乙種類株式             32  
                     乙種類株式             44
     完全議決権株式(その他)                                     44        -
     単元未満株式                           -      -            -

                     甲種類株式       38,906
     発行済株式総数                                 -            -
                     乙種類株式             76   
     総株主の議決権                      -               44        -
      (注)   無議決権株式のうち、35,306株を当社が保有しております。
       ② 【自己株式等】

                                                平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式
                           自己名義        他人名義        所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                 所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計
        又は名称                                             所有株式数
                            (株)        (株)        (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
               東京都港区芝公園
     ㈱JMAホールディン
                         乙種類株式       32           乙種類株式      32
                                     -              乙種類株式42.11
     グス
               三丁目1番22号
                         乙種類株式       32           乙種類株式      32
         計          -                  -              乙種類株式42.11
     2 【株価の推移】

       当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。
     3 【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当半期報告書提出日までの役員の異動はありません。
                                 15/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第5   【経理の状況】

     1 中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第
      24号)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)に

      基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成28年4月1日から平成28年9
      月30日まで)及び中間会計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の中間連結財務諸表及び中間財務諸表に
      ついて、青南監査法人により中間監査を受けております。
                                 16/60
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     1 【中間連結財務諸表等】
       (1) 【中間連結財務諸表】
          ① 【中間連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        9,619,110              8,782,349
         現金及び預金
                                        3,766,416              2,846,323
         受取手形及び売掛金
                                         400,045              605,911
         有価証券
                                                     ※1  467,780
                                         238,211
         たな卸資産
                                         433,570              504,353
         その他
                                         △ 62,551             △ 47,443
         貸倒引当金
                                        14,394,804              13,159,273
         流動資産合計
       固定資産
                                       ※2  421,093            ※2  529,797
         有形固定資産
                                         174,917              148,353
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        4,595,004              4,826,158
           投資有価証券
                                        1,309,757              1,440,689
           繰延税金資産
                                        1,491,975              1,504,230
           その他
                                          △ 690             △ 690
           貸倒引当金
                                        7,396,047              7,770,387
           投資その他の資産合計
                                        7,992,057              8,448,538
         固定資産合計
                                        22,386,861              21,607,812
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         683,987              531,644
         支払手形及び買掛金
                                         318,331              288,046
         賞与引当金
                                          50,690              42,175
         役員賞与引当金
                                        2,309,494              1,402,314
         その他
                                        3,362,503              2,264,180
         流動負債合計
       固定負債
                                        4,253,211              4,294,133
         退職給付に係る負債
                                         403,290              417,465
         役員退職慰労引当金
                                         591,779              548,838
         その他
                                        5,248,281              5,260,437
         固定負債合計
                                        8,610,785              7,524,618
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
                                        9,394,756              9,391,036
         資本剰余金
                                        6,078,785              6,423,907
         利益剰余金
                                       △ 2,551,684             △ 2,539,514
         自己株式
                                        13,421,857              13,775,429
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         142,791              140,155
         その他有価証券評価差額金
                                         103,142               74,918
         為替換算調整勘定
                                          45,918              38,265
         退職給付に係る調整累計額
                                         291,851              253,340
         その他の包括利益累計額合計
                                          62,367              54,424
       非支配株主持分
                                        13,776,076              14,083,194
       純資産合計
                                        22,386,861              21,607,812
      負債純資産合計
                                 17/60


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
          ② 【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
           【中間連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                        9,804,568              9,061,126
      売上高
                                        7,852,563              6,854,250
      売上原価
                                        1,952,005              2,206,876
      売上総利益
                                      ※1  1,957,287            ※1  2,077,044
      販売費及び一般管理費
                                         △ 5,282             129,832
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                         27,869              22,039
       受取利息
                                         145,184              293,482
       持分法による投資利益
                                         15,123              12,584
       雑収入
                                         188,178              328,106
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           524             4,716
       支払利息
                                          8,801              33,617
       為替差損
                                                        6,217
                                           -
       雑損失
                                          9,325              44,551
       営業外費用合計
                                         173,570              413,387
      経常利益
      特別利益
                                                       ※2  23
                                           -
       固定資産処分益
                                                         23
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                         ※3  280           ※3  4,329
       固定資産処分損
                                                       12,863
       事務所移転費用                                    -
                                                       17,414
                                           -
       関係会社株式売却損
                                           280             34,606
       特別損失合計
                                         173,289              378,803
      税金等調整前中間純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   186,602              109,614
                                        △ 49,987              26,799
      法人税等調整額
                                         136,615              136,413
      法人税等合計
                                         36,674              242,389
      中間純利益
      非支配株主に帰属する中間純利益又は非支配株主に
                                           766            △ 6,742
      帰属する中間純損失(△)
                                         35,907              249,132
      親会社株主に帰属する中間純利益
                                 18/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
           【中間連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                         36,674              242,389
      中間純利益
      その他の包括利益
                                         △ 6,537              △ 714
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 9,819             △ 28,223
       為替換算調整勘定
                                         △ 7,099             △ 7,653
       退職給付に係る調整額
                                         △ 3,266             △ 1,921
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 26,722             △ 38,511
       その他の包括利益合計
                                          9,951             203,878
      中間包括利益
      (内訳)
                                          9,113             211,482
       親会社株主に係る中間包括利益
                                           837            △ 7,604
       非支配株主に係る中間包括利益
                                 19/60















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
          ③  【中間連結株主資本等変動計算書】
            前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   500,000      9,394,756       5,872,463      △ 2,548,434       13,218,785
     当期首残高
     当中間期変動額
                                 △ 17,475              △ 17,475
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 35,907              35,907
      る中間純利益
                                         △ 500      △ 500
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                                 18,432        △ 500      17,932
     当中間期変動額合計                -       -
                   500,000      9,394,756       5,890,896      △ 2,548,934       13,236,718
     当中間期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
                   160,858       131,843        56,794       349,496        61,717      13,630,000
     当期首残高
     当中間期変動額
                                                      △ 17,475
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                       35,907
      る中間純利益
                                                        △ 500
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                   △ 9,804      △ 9,819      △ 7,099      △ 26,722        △ 433     △ 27,155
      の当中間期変動額
      (純額)
                   △ 9,804      △ 9,819      △ 7,099      △ 26,722        △ 433      △ 9,223
     当中間期変動額合計
                   151,054       122,024        49,695       322,774        61,284      13,620,777
     当中間期末残高
                                 20/60










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
            当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   500,000      9,394,756       6,078,785      △ 2,551,684       13,421,857
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                 116,730              116,730
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   500,000      9,394,756       6,195,515      △ 2,551,684       13,538,587
     した当期首残高
     当中間期変動額
                                 △ 17,150              △ 17,150
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 249,132              249,132
      る中間純利益
                                          △ 50      △ 50
      自己株式の取得
                          △ 3,720              12,220        8,500
      自己株式の処分
      連結子会社株式の売
                                 △ 3,589              △ 3,589
      却による持分の増減
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                          △ 3,720      228,392        12,170       236,842
     当中間期変動額合計                -
                   500,000      9,391,036       6,423,907      △ 2,539,514       13,775,429
     当中間期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
                   142,791       103,142        45,918       291,851        62,367      13,776,076
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                       116,730
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   142,791       103,142        45,918       291,851        62,367      13,892,806
     した当期首残高
     当中間期変動額
                                                      △ 17,150
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                       249,132
      る中間純利益
                                                        △ 50
      自己株式の取得
                                                        8,500
      自己株式の処分
      連結子会社株式の売
                                                       △ 3,589
      却による持分の増減
      株主資本以外の項目
                   △ 2,635      △ 28,223       △ 7,653      △ 38,511       △ 7,942      △ 46,454
      の当中間期変動額
      (純額)
                   △ 2,635      △ 28,223       △ 7,653      △ 38,511       △ 7,942      190,388
     当中間期変動額合計
                   140,155        74,918       38,265       253,340        54,424      14,083,194
     当中間期末残高
                                 21/60







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
          ④ 【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         173,289              378,803
       税金等調整前中間純利益
                                         427,707              182,003
       減価償却費
                                         62,343
       のれん償却額                                                  -
                                        △ 14,152             △ 15,108
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         59,822             △ 30,284
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 5,330             △ 8,515
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         12,939              34,068
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         17,840              14,175
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 33,042             △ 28,542
       受取利息及び受取配当金
                                           524             4,716
       支払利息
                                           280             4,305
       固定資産処分損益(△は益)
                                                       17,414
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -
                                        △ 124,290             △ 269,282
       持分法による投資損益(△は益)
                                        1,382,135               832,241
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 230,407             △ 223,416
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 245,304             △ 156,573
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 308,544             △ 272,248
       未払金の増減額(△は減少)
                                        △ 327,840             △ 178,688
       未払費用の増減額(△は減少)
                                        △ 44,203             △ 313,281
       預り金の増減額(△は減少)
                                        △ 44,863             △ 39,112
       その他
                                         758,904              △ 67,324
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  32,799              34,413
                                          △ 524            △ 4,716
       利息の支払額
                                        △ 165,367             △ 250,731
       法人税等の支払額
                                         625,812             △ 288,358
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 5             △ ▶
       定期預金の純増減額(△は増加)
                                         △ 6,299            △ 236,695
       有形固定資産の取得による支出
                                            0            11,813
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 35,692             △ 12,839
                                        △ 260,000             △ 626,893
       投資有価証券の取得による支出
                                         100,000              400,000
       投資有価証券の償還による収入
                                                       32,892
       投資有価証券の売却による収入                                    -
                                                      △ 50,000
       出資金の払込による支出                                    -
                                         △ 8,000              △ 750
       貸付けによる支出
                                         57,191              28,198
       貸付金の回収による収入
                                         40,541              23,205
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 112,264             △ 431,073
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           11              690
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                        △ 55,484             △ 38,684
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 7,525             △ 33,479
       リース債務の返済による支出
                                          △ 500
       自己株式の取得による支出                                                  -
                                                       12,170
       自己株式の処分による収入                                    -
                                        △ 17,475             △ 17,150
       配当金の支払額
                                         △ 1,200             △ 1,200
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 82,173             △ 77,652
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 9,637             △ 39,681
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         421,736             △ 836,766
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        7,973,081              9,517,946
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  8,394,817            ※1  8,681,179
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 22/60

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
                                 23/60





















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

     1 連結の範囲に関する事項
       すべての子会社を連結しております。
      (1)  連結子会社の数        11 社
      (2)  連結子会社の名称
        株式会社ジェーエムエーシステムズ
        株式会社日本能率協会コンサルティング
        株式会社日本能率協会総合研究所
        株式会社クロスオーバー
        株式会社     フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
        JMA  Consultants      Europe    S.p.A.
        捷勵克日能咨詢(上海)有限公司
        JMA  Consultants      (Thailand)      Co.,Ltd.
        韓国JMAC株式会社
        上海日能綜研企業管理咨詢有限公司
        邦捷管理咨詢(上海)有限公司
        なお、前連結会計年度において連結子会社であったJMA                          Scandinavia      AB.は、保有株式の全てを売却したことによ

       り当中間連結会計期間より連結の範囲から除外しております。また、この会社については上記連結子会社の数には
       含まれておりませんが、売却時までの損益計算書については連結しております。
     2 持分法の適用に関する事項
      (1)  持分法を適用した関連会社数               1 社
        株式会社日本能率協会マネジメントセンター
     3 連結子会社の中間決算日等に関する事項
        連結子会社のうち、JMA             Consultants      Europe    S.p.A.、捷勵克日能咨詢(上海)有限公司、JMA                        Consultants
        (Thailand)      Co.,Ltd.、韓国JMAC株式会社、上海日能綜研企業管理咨詢有限公司、邦捷管理咨詢(上海)有限公司、
        株式会社     フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティングの中間決算日は、6月30日でありま
        す。
        中間連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の中間財務諸表を使用し、中間連結決算日との間に生じた重要
        な取引については連結上必要な調整を行っております。
                                 24/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     4 会計方針に関する事項
      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
        (イ)満期保有目的の債券
          償却原価法(定額法)
        (ロ)その他有価証券
          時価のあるもの
           中間連結会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
          価は移動平均法により算定)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       ② デリバティブ
         時価法
       ③ たな卸資産
        (イ)製品・仕掛品・商品
          主として個別法又は総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
         り算定)により評価しております。ただし、一部の連結子会社の製品については最終仕入原価法により評価し
         ております。
        (ロ)原材料・貯蔵品
          主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)に
         より評価しております。
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社及び国内連結子会社は定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物
         附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用し
         ております。
          また、在外連結子会社は定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物  1年~50年
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
         おります。
          市場販売目的のソフトウエアについては、見込販売数量に基づく償却額と見込有効期間(3年以内)に基づ
         く均等配分額とを比較し、いずれか大きい額を計上する方法によっております。
       ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                 25/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (3)  重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
          従業員に対する賞与の支給に備えるため、当中間連結会計期間に負担すべき支給見込額を計上しておりま
         す。
       ③ 役員賞与引当金
          役員に対する賞与の支給に備えるため、当中間連結会計期間に負担すべき支給見込額を計上しております。
       ④ 役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく当中間期末要支給額を計上しております。
       ⑤ 受注損失引当金
          受注制作ソフトウエア開発に係る将来の損失に備えるため、中間連結会計期間末における受注制作ソフトウ
         エア開発のうち、損失の発生が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積もることができる契約について損失
         見込額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

       ① 退職給付に係る会計処理の方法
          退職給付債務の算定に当たり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法につい
         ては、給付算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の翌期から従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法に
         より費用処理しております。
          数理計算上の差異は、発生時の連結会計年度に全額費用処理しております。
       ③ 小規模企業等における簡便法の採用
          当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る中間期末自
         己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  重要な収益及び費用の計上基準

        売上高及び売上原価の計上基準
         中間連結会計期間末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事進行基準
        (プロジェクトの進捗率の見積もりは原価比例法)を、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用し
        ております。
      (6)  中間連結財務諸表の作成の基礎となった重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
        おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、当該子会社の中間決算日の直物為替相場により円貨に換算
        し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
                                 26/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      (7)  重要なヘッジ会計の方法
       ① ヘッジ会計の方法
          特例処理の要件を満たした金利スワップについては、特例処理を採用しております。
       ② ヘッジ手段とヘッジ対象
        (ヘッジ手段)
         金利スワップ
        (ヘッジ対象)
         借入金の利息
       ③ ヘッジ方針
          当社グループは、借入金等の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象
         の識別は個別契約ごとに行っております。
       ④ ヘッジ有効性評価の方法
          金利スワップは特例処理によっているため有効性の評価を省略しております。
      (8)  中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日又は償還日の到来する流動性の高い、容易に換金可能
        であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
      (9)  その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項

        消費税及び地方消費税の会計処理
         税抜き方式によっております。
        連結納税制度の適用
         当社及び一部の連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
                                 27/60












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (会計方針の変更)
      (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日。以下「回収可
     能性適用指針」という。)を当中間連結会計期間から適用し、繰延税金資産の回収可能性に関する会計処理の方法の一
     部を見直しております。
      回収可能性適用指針の適用については、回収可能性適用指針第49項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当中間
     連結会計期間の期首時点において回収可能性適用指針第49項(3)①から③に該当する定めを適用した場合の繰延税金資産
     及び繰延税金負債の額と、前連結会計年度末の繰延税金資産及び繰延税金負債の額との差額を、当中間連結会計期間の
     期首の利益剰余金及びその他の包括利益累計額に加算しております。
      この結果、当中間連結会計期間の期首において、繰延税金資産(投資その他の資産)が116,730千円、利益剰余金が
     116,730千円増加しております。
      当中間連結会計期間の期首の純資産に影響額が反映されたことにより、中間連結株主資本等変動計算書の利益剰余金
     の期首残高は116,730千円増加しております。
      (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取り扱いの適用)

      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号 平成28年6月17日)を当中間連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築
     物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      この結果、当中間連結会計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前中間純利益はそれぞれ32,605千円増加してお
     ります。
       (表示方法の変更)

      (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      前中間連結会計期間において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「預り金の
     増減額(△は減少)」は、重要性が増したため、当中間連結会計期間より独立掲記することとしております。この表示
     方法の変更を反映させるため、前中間連結会計期間の中間連結財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前中間連結会計期間の中間連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
     ロー」の「その他」に表示していた89,066千円は、「預り金の増減額(△は減少)」△44,203千円、「その他」△
     44,863千円として組み替えております。
      前中間連結会計期間において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」として表示しておりました

     「リース債務の返済による支出」は、重要性が増したため、当中間連結会計期間より独立掲記することとしておりま
     す。この表示方法の変更を反映させるため、前中間連結会計期間の中間連結財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前中間連結会計期間の中間連結キャッシュ・フロー計算書において、「財務活動によるキャッシュ・フ
     ロー」の「その他」に表示していた△7,525千円は、「リース債務の返済による支出」△7,525千円として組み替えてお
     ります。
                                 28/60







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (中間連結貸借対照表関係)
     ※1 たな卸資産及び受注損失引当金の表示
        (前連結会計年度)
         該当事項はありません。
        (当中間連結会計期間)

         損失の発生が見込まれるプロジェクト契約に係る仕掛品は、これに対応する受注損失引当金95,047千円を相殺
        して表示しております。
     ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                              前連結会計年度                当中間連結会計期間

                             (平成28年3月31日)                 (平成28年9月30日)
                               2,722,794                 2,798,880
                                    千円                 千円
                                 29/60
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (中間連結損益計算書関係)
     ※1 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は以下のとおりであります。
                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
                                467,347                 492,803
         給料手当                           千円                 千円
                                53,641                 23,290
         賞与引当金繰入額                            千円                 千円
                                17,820                 16,830
         役員賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                28,119                 43,127
         退職給付費用                           千円                 千円
                                12,480                 16,445
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                155,849                 205,947
         支払家賃                           千円                 千円
     ※2 固定資産処分益の内訳は以下のとおりであります。

                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         工具、器具及び備品                          -千円                  23千円
     ※3 固定資産処分損の内訳は以下のとおりであります。

                             前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         建物及び構築物                          -千円                4,175千円
         工具、器具及び備品                          21千円                104千円
         ソフトウエア                         258千円                  49千円
                                 30/60











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (中間連結株主資本等変動計算書関係)
      前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     甲種類株式(株)                 38,906             -           -         38,906

     乙種類株式(株)                   76           -           -           76

         合計             38,982             -           -         38,982

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     甲種類株式(株)                 35,411             10           -         35,421

     乙種類株式(株)                   31           -           -           31

         合計             35,442             10           -         35,452

       (変動事由の概要)

         (1)甲種類株式
         増加数の内訳は、次の通りであります。
          取締役会決議による自己株式の取得による増加10株
         (2)乙種類株式
         該当事項はありません。
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成27年6月23日
                甲種類株式           17,475         5,000    平成27年3月31日         平成27年6月24日
     定時株主総会
                                 31/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     甲種類株式(株)                 38,906             -           -         38,906

     乙種類株式(株)                   76           -           -           76

         合計             38,982             -           -         38,982

      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
     甲種類株式(株)                 35,476             -          170          35,306

     乙種類株式(株)                   31           1          -           32

         合計             35,507             1          170          35,338

       (変動事由の概要)

         (1)甲種類株式
         減少数の内訳は、次の通りであります。
          取締役会決議による自己株式の処分による減少170株
         (2)乙種類株式
         増加数の内訳は、次の通りであります。
          取締役会決議による自己株式の取得による増加1株
      3 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年6月24日
                甲種類株式           17,150         5,000    平成28年3月31日         平成28年6月27日
     定時株主総会
                                 32/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
        であります。
                              前中間連結会計期間                当中間連結会計期間

                             (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                             至   平成27年9月30日)              至   平成28年9月30日)
         現金及び預金勘定                       8,475,982千円                8,782,349千円
                                △81,164千円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                       △101,169千円
         現金及び現金同等物                        8,394,817千円                8,681,179千円
       (金融商品関係)

       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     1 金融商品の時価等に関する事項
         平成28年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。な
        お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照くださ
        い。)。
                                                  (単位:千円)
                      連結貸借対照表計上額                 時価             差額
     (1)現金及び預金                       9,619,110             9,619,110                 -

     (2)受取手形及び売掛金                       3,766,416             3,766,416                 -

     (3)有価証券及び投資有価証券
      ① 満期保有目的の債券                      2,868,638             2,944,884               76,245
      ② その他有価証券                       282,038             282,038                -
     資産計                       16,536,204             16,612,450               76,245

     (1) 支払手形及び買掛金                        683,987             683,987                -

     (2)  短期借入金
                                254             254              -
     (3)  長期借入金
                             192,992             193,456               464
     負債計                        877,234             877,698               464

     デリバティブ取引                           -             -             -

      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資産
         (1) 現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券の時価は、証券会社が提示する参考価格によっております。
           市場価格のある株式の時価は、取引所の価格によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
                                 33/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
         負債
         (1)  支払手形及び買掛金、(2)短期借入金(一年内返済予定の長期借入金を除く)
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)  長期借入金(一年内返済予定の長期借入金を含む)
           時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
           価値により算定しております。
         デリバティブ取引
           金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
           ため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                  区分                連結貸借対照表計上額
          非上場株式等(関係会社株式を含む)                                1,844,373千円
           これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
          把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
      (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                                 (単位:千円)
                                   1年超        5年超
                          1年以内                         10年超
                                  5年以内        10年以内
     (1)現金及び預金                      9,619,110            -        -        -
     (2)受取手形及び売掛金                      3,766,416            -        -        -
     (3)投資有価証券
      ① 満期保有目的の債券                      400,000       1,395,011        1,020,344          29,970
     金銭債権及び満期がある有価証券合計                     13,785,527         1,395,011        1,020,344          29,970

                                 34/60











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
     1 金融商品の時価等に関する事項
        平成28年9月30日における中間連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。な
       お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照くださ
       い。)。
                                                   (単位:千円)
                     中間連結貸借対照表計上額                  時価             差額
     (1)現金及び預金                        8,782,349             8,782,349                 -

     (2)受取手形及び売掛金                        2,846,323             2,846,323                 -
     (3)有価証券及び投資有価証券
      ① 満期保有目的の債券                       3,014,809             3,057,751              42,942
      ② その他有価証券                        282,741             282,741               -
     資産計                       14,926,223             14,969,165               42,942

     (1)  支払手形及び買掛金
                              531,644             531,644               -
     (2)  短期借入金                         945             945             -
     (3)  長期借入金
                              154,308             154,619               311
     負債計                         686,897             687,209               311
     (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資産
         (1) 現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券の時価は、証券会社が提示する参考価格によっております。
           市場価格のある株式の時価は、取引所の価格によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
         負債
         (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金(一年内返済予定の長期借入金を除く)
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)  長期借入金 ((2)短期借入金に含まれている一年内返済予定の長期借入金を含む)
           時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
           価値により算定しております。
      (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                  区分               中間連結貸借対照表計上額
          非上場株式等(関係会社株式を含む)                                2,134,518千円
           これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
          把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
                                 35/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (有価証券関係)
       前連結会計年度
     1 満期保有目的の債券(平成28年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                        連結決算日における              連結決算日に
            区分                                       差額
                       連結貸借対照表計上額               おける時価
     時価が連結貸借対照表計上額を
                             2,139,718            2,320,359              80,640
     超えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を
                              728,919            624,525            △4,394
     超えないもの
            合計                 2,868,638            2,944,884              76,245

     2 その他有価証券(平成28年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                        連結決算日における
            区分                          取得原価             差額
                       連結貸借対照表計上額
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
      株式                         216,559             92,406            124,152
      その他                         65,432            46,614            18,818

            小計                  281,992            139,021            142,971

     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
      株式                           -            -            -
      その他                           45            72           △26

            小計                    45            72           △26

            合計                  282,038            139,094            142,944

      (注1)    非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の
         「その他有価証券」には含めておりません。
      (注2) 上表の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
                                 36/60









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       当中間連結会計期間
     1 満期保有目的の債券(平成28年9月30日)

                                                   (単位:千円)
                       中間連結決算日における              中間連結決算日に
            区分                                        差額
                       中間連結貸借対照表計上額                おける時価
     時価が中間連結貸借対照表計上額
                              2,290,198            2,349,212              59,014
     を超えるもの
     時価が中間連結貸借対照表計上額
                               724,610            708,538            △16,072
     を超えないもの
            合計                  3,014,809            3,057,751              42,942

     2 その他有価証券(平成28年9月30日)

                                                   (単位:千円)
                       中間連結決算日における
            区分                           取得原価             差額
                       中間連結貸借対照表計上額
     中間連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えるもの
      株式                          214,840             92,406            122,434
      その他                           67,859            46,614            21,245

            小計                   282,700            139,021            143,679

     中間連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えないもの
      株式                             -            -            -
      その他                             41            72           △31

            小計                      41            72           △31

            合計                   282,741            139,094            143,647

      (注1) 非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の
         「その他有価証券」には含めておりません。
      (注2)    上表の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
                                 37/60









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (デリバティブ取引関係)
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       金利関連
                                                   (単位:千円)
      ヘッジ会計         デリバティブ                           契約額のうち
                         主なヘッジ対象          契約額                  時価
       の方法        取引の種類等                             1年超
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                          長期借入金           166,800         100,400           -
     の特例処理
              支払固定・受取変動
      (注)   金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       金利関連
                                                   (単位:千円)
      ヘッジ会計         デリバティブ                           契約額のうち
                         主なヘッジ対象          契約額                  時価
       の方法        取引の種類等                             1年超
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                          長期借入金           133,600         67,200           -
     の特例処理
              支払固定・受取変動
      (注)   金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、   その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       (賃貸等不動産関係)

      賃貸不動産の中間(連結)貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりです。
                                   前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                  至 平成28年3月31日)                至 平成28年9月30日)
                         期首残高              895,953千円              184,301千円
         中間連結(連結)貸借対照表
                        期中増減額              △711,652千円              △58,760千円
              計上額
                       中間期末(期末)
                                       184,301千円              125,541千円
                          残高
         中間期末(期末)時価                             2,052,000千円              2,085,000千円
        (注1) 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。 
        (注2)    連結決算日における時価は、「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて
        調整を行ったものを含みます)であります。
                                 38/60







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1. 報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高意思決定機関が、
       経営資源の配分の決定及び実績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
        当社グループでは持株会社体制の下、各事業会社が各々の事業活動を行っており、当社はグループの経営戦略の
       策定やグループ管理を行っております。
        したがって、当社グループは、各事業会社をベースに、取り扱う製品・サービスの種類・性質の類似性を考慮し
       たセグメントから構成されており、「シンクタンク・コンサルティング事業」、「ITソリューション事業」及び
       「不動産賃貸事業」を報告セグメントとしています。
        各報告セグメントに属する主な製品及びサービスは次のとおりであります。
           報告セグメント                        主な製品及びサービス

                      経営コンサルティング事業、研修及び出版事業、受託調査及びマーケティン
       シンクタンク・コンサルティ
                      グ情報サービス事業、TPM活動に関するコンサルティング及びセミナー事業
       ング事業
                      等
       ITソリューション事業               ITコンサルティング及びソフトウエア開発事業等
       不動産賃貸事業               ビルディング賃貸および管理事業等
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
       における記載と同一です。報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及
       び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 39/60













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                 シンクタンク
                                               調整額     中間連結財務諸表
                        ITソリュー       不動産賃貸
                  ・コンサル                      合計
                                              (注1)       計上額
                        ション事業         事業
                 ティング事業
     売上高
                   4,373,301       5,248,696        182,570      9,804,568              9,804,568
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                     1,553       36,981       62,410       100,945      △ 100,945
                                                         -
       売上高又は振替高
                   4,374,855       5,285,677        244,981      9,905,514       △ 100,945      9,804,568
          計
     セグメント利益又は損失
                   △ 187,774       454,965      △ 196,764       70,426      △ 75,708       △ 5,282
     (△)
                   10,420,914       5,621,007        624,688      16,666,610       4,636,409       21,303,020
     セグメント資産
     その他の項目
                    51,512       23,539       346,911       421,962        5,744      427,707
         減価償却費
       有形固定資産及び無形
                    26,730       23,101              49,831       △ 8,839       40,992
                                    -
       固定資産の増加額
      (注1)    1.セグメント利益の調整額△75,708千円は、セグメント間取引消去△206,931千円、各報告セグメントに配
          分していない全社費用131,223千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
          であります。
         2.セグメント資産の調整額4,636,409千円は、各報告セグメントに帰属しない全社資産6,199,910千円及びセ
          グメント間債権債務消去△1,563,501千円であります。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない現金及
          び預金、投資有価証券であります。
         3.会計上の見積りの変更に記載の通り、当中間連結会計期間より、不動産賃貸事業の賃貸ビルの耐用年数を
           変更しております。これにより、従来の方法に比べて当中間連結会計期間のセグメント利益が、325,962千
           円減少しております。
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                 シンクタンク
                                               調整額     中間連結財務諸表
                        ITソリュー       不動産賃貸
                  ・コンサル                      合計
                                              (注1)       計上額
                        ション事業         事業
                 ティング事業
     売上高
                   4,130,266       4,758,091        172,768      9,061,126              9,061,126
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                     1,358       42,776       126,322       170,456      △ 170,456
                                                         -
       売上高又は振替高
          計         4,131,624       4,800,868        299,090      9,231,583       △ 170,456      9,061,126
     セグメント利益又は損失
                   △ 63,338       395,742       △ 83,223       249,180      △ 119,348       129,832
     (△)
                   10,166,472       4,708,769        639,121      15,514,362       6,093,449       21,607,812
     セグメント資産
     その他の項目
                    44,810       30,126       102,591       177,528        4,474      182,003
         減価償却費
       有形固定資産及び無形
                    17,308       42,237       248,068       307,614       △ 29,374       278,239
       固定資産の増加額
      (注1)    1.セグメント利益の調整額△119,348千円は、セグメント間取引消去△228,956千円、各報告セグメントに配
          分していない全社費用109,608千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
          であります。
         2.セグメント資産の調整額6,093,449千円は、各報告セグメントに帰属しない全社資産6,583,237千円及びセ
          グメント間債権債務消去△489,788千円であります。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない現金及び
          預金、投資有価証券であります。
                                 40/60





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     【関連情報】
     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
     1. 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2. 地域ごとの情報
     (1)売上高
       国内の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
       全セグメントの有形固定資産の金額の合計額に占める国内セグメントの割合が90%を超えているため、記載を省略
      しています。
     3. 主要な顧客ごとの情報
         顧客の名称              売上高(千円)             関連するセグメント名
     みずほ情報総研株式会社                       2,658,841      ITソリューション事業
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

     1. 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2. 地域ごとの情報
     (1)売上高
       国内の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
       全セグメントの有形固定資産の金額の合計額に占める国内セグメントの割合が90%を超えているため、記載を省略
      しています。
     3. 主要な顧客ごとの情報
         顧客の名称              売上高(千円)             関連するセグメント名
     みずほ情報総研株式会社                       2,287,640      ITソリューション事業
                                 41/60











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
       該当事項はありません。
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)                                                           (単位:千円)
              シンクタンク・
                        ITソリューシ
              コンサルティン                  不動産賃貸事業          全社・消去          合計
                         ョン事業
                グ事業
                   37,424         24,908                           62,343
     当中間期償却額                                  -         -
                   37,424         24,908                           62,343

     当中間期末残高                                  -         -
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
       該当事項はありません。
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

       該当事項はありません。
                                 42/60











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (1株当たり情報)
      1株当たり純資産額は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度            当中間連結会計期間

                  項目
                                  (平成28年3月31日)             (平成28年9月30日)
      1株当たり純資産額                                3,997,509円90銭             3,896,269円36銭

      1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前中間連結会計期間             当中間連結会計期間

                                 (自    平成27年4月1日          (自    平成28年4月1日
                  項目
                                  至   平成27年9月30日)           至   平成28年9月30日)
      1株当たり中間純利益金額                                  10,276円07銭             72,339円47銭
        (算定上の基礎)

       中間連結損益計算書上の親会社株主に帰属する中間
                                          35,907            249,132
       純利益(千円)
       普通株式に係る親会社株主に帰属する中間純利益
                                          35,907            249,132
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -
       差額の主な内訳(千円)                                     -             -
        (うち非支配株主に帰属する中間純利益)                                   (-)             (-)
                                          3,494
       普通株式の期中平均株式数(株)                                                3,443
        (うち普通株式)                                   (-)             (-)
        (うち甲種類株式)                                 (3,494)             (3,443)
      (注1)    潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式は存在しないため、記載しておりません。
      (注2)    甲種類株式は剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を有しているため、
         1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しております。
                                 43/60











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (重要な後発事象)
      該当事項はありません。
      (2) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 44/60



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     2 【中間財務諸表等】
       (1) 【中間財務諸表】
          ① 【中間貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度             当中間会計期間
                                  (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,541,141              2,565,212
         現金及び預金
                                          5,663              13,736
         営業未収入金
                                         400,000              605,911
         有価証券
                                         477,708              289,957
         その他
                                        3,424,513              3,474,818
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          58,088              140,383
           建物(純額)
                                         135,251              194,984
           その他(純額)
                                         193,339              335,367
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                 6,459              5,382
         投資その他の資産
                                        2,260,170              2,174,646
           投資有価証券
                                        6,370,852              6,370,852
           関係会社株式
                                        1,194,307              1,242,208
           その他
                                          △ 690             △ 690
           貸倒引当金
                                        9,824,640              9,787,018
           投資その他の資産合計
                                        10,024,440              10,127,768
         固定資産合計
                                        13,448,953              13,602,587
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         115,966               34,247
         未払法人税等
                                          5,180              2,992
         賞与引当金
                                          24,000              24,000
         役員賞与引当金
                                       ※1  110,446             ※1  67,858
         その他
                                         255,594              129,097
         流動負債合計
       固定負債
                                        1,280,000              1,580,000
         関係会社長期借入金
                                          5,907              7,259
         退職給付引当金
                                          63,800              63,945
         役員退職慰労引当金
                                         587,616              587,616
         その他
                                        1,937,323              2,238,821
         固定負債合計
       負債合計                                 2,192,918              2,367,918
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
         資本剰余金
                                        9,394,756              9,391,036
           その他資本剰余金
                                        9,394,756              9,391,036
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         125,000              125,000
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                         360,000              360,000
             社屋建設積立金
                                        2,235,340              2,235,340
             別途積立金
                                        1,121,341              1,091,137
             繰越利益剰余金
                                        3,841,681              3,811,477
           利益剰余金合計
                                       △ 2,551,684             △ 2,539,514
           自己株式
                                 45/60


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
                                        11,184,753              11,162,999
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          71,281              71,669
         その他有価証券評価差額金
                                          71,281              71,669
         評価・換算差額等合計
                                        11,256,034              11,234,669
       純資産合計
                                        13,448,953              13,602,587
      負債純資産合計
                                 46/60



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
          ② 【中間損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                        330,391              401,440
      売上高
                                      ※5  422,560            ※5  372,437
      売上原価
                                        △ 92,169              29,003
      売上総利益又は売上総損失(△)
                                      ※5  162,894            ※5  129,875
      販売費及び一般管理費
                                       △ 255,063             △ 100,871
      営業損失(△)
                                       ※1  28,405            ※1  22,638
      営業外収益
                                       ※2  9,950            ※2  12,662
      営業外費用
                                       △ 236,608              △ 90,895
      経常損失(△)
                                       ※3  74,362            ※3  40,886
      特別利益
                                        ※4  252           ※4  12,863
      特別損失
                                       △ 162,497              △ 62,872
      税引前中間純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    4,890             △ 27,174
                                        △ 69,634              △ 6,875
      法人税等調整額
                                        △ 64,744             △ 34,050
      法人税等合計
                                        △ 97,753             △ 28,821
      中間純損失(△)
                                 47/60














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
          ③  【中間株主資本等変動計算書】
            前中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                   利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                資本金
                     その他資本     資本剰余金                           利益剰余金
                                利益準備金
                                      社屋建設           繰越利益
                      剰余金      合計                           合計
                                           別途積立金
                                      積立金           剰余金
                 500,000     9,394,756     9,394,756      125,000     360,000     2,235,340     1,303,976     4,024,316
     当期首残高
     当中間期変動額
      自己株式処分差損
                                                 △ 17,475     △ 17,475
      剰余金の配当
                                                 △ 97,753     △ 97,753
      中間純損失(△)
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額合計              -     -     -     -     -     -  △ 115,228     △ 115,228
                 500,000     9,394,756     9,394,756      125,000     360,000     2,235,340     1,188,748     3,909,088
     当中間期末残高
                   株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     純資産合計
                                評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                                差額等合計
                          評価差額金
               △ 2,548,434     11,370,638       74,622     74,622    11,445,261
     当期首残高
     当中間期変動額
      自己株式処分差損
                      △ 17,475               △ 17,475
      剰余金の配当
                      △ 97,753               △ 97,753
      中間純損失(△)
                  △ 500     △ 500               △ 500
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                            △ 1,973     △ 1,973     △ 1,973
      の当中間期変動額
      (純額)
                  △ 500   △ 115,728     △ 1,973     △ 1,973    △ 117,702
     当中間期変動額合計
               △ 2,548,934     11,254,910       72,648     72,648    11,327,558
     当中間期末残高
                                 48/60








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
            当中間会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                        資本剰余金                   利益剰余金
                                         その他利益剰余金
                資本金
                     その他資本     資本剰余金                           利益剰余金
                                利益準備金
                                      社屋建設           繰越利益
                      剰余金      合計                           合計
                                           別途積立金
                                      積立金           剰余金
                 500,000     9,394,756     9,394,756      125,000     360,000     2,235,340     1,121,341     3,841,681
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                  15,768     15,768
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                 500,000     9,394,756     9,394,756      125,000     360,000     2,235,340     1,137,109     3,857,449
     した当期首残高
     当中間期変動額
                      △ 3,720     △ 3,720
      自己株式処分差損
                                                 △ 17,150     △ 17,150
      剰余金の配当
                                                 △ 28,821     △ 28,821
      中間純損失(△)
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額
      (純額)
                      △ 3,720     △ 3,720                    △ 45,971     △ 45,971
     当中間期変動額合計              -                -     -     -
                 500,000     9,391,036     9,391,036      125,000     360,000     2,235,340     1,091,137     3,811,477
     当中間期末残高
                   株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     純資産合計
                                評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                                差額等合計
                          評価差額金
               △ 2,551,684     11,184,753       71,281     71,281    11,256,034
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                       15,768                15,768
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
               △ 2,551,684     11,200,521       71,281     71,281    11,271,802
     した当期首残高
     当中間期変動額
                      △ 3,720               △ 3,720
      自己株式処分差損
                      △ 17,150               △ 17,150
      剰余金の配当
                      △ 28,821               △ 28,821
      中間純損失(△)
                  △ 50     △ 50               △ 50
      自己株式の取得
                 12,220     12,220                12,220
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目
                             388     388     388
      の当中間期変動額
      (純額)
                 12,170     △ 37,521       388     388   △ 37,133
     当中間期変動額合計
               △ 2,539,514     11,162,999       71,669     71,669    11,234,669
     当中間期末残高
                                 49/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (重要な会計方針)

     1 有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
      (2)  満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)
      (3)  その他有価証券
        時価のあるもの
         中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
         平均法により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
     2 固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、平成10年4月以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年
        4月以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
         建物        1~50年
         構築物       1~20年
         工具、器具及び備品 5~15年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
         ソフトウェア      5年
                                 50/60










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     3 引当金の計上基準
      (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の債権につい
        ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金
         従業員に対する賞与の支給に備えるため、当中間会計期間に負担すべき支給見込額を計上しております。
      (3)  役員賞与引当金
         役員に対する賞与の支給に備えるため、当中間会計期間に負担すべき支給見込額を計上しております。
      (4)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
        す。退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る中間期末自己都合要支給額を退職給付債務とす
        る方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
     4 その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        税抜き方式によっております。
       連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
       (会計方針の変更)

      (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日。以下「回収可
     能性適用指針」という。)を当中間会計期間から適用し、繰延税金資産の回収可能性に関する会計処理の方法の一部を
     見直しております。
      回収可能性適用指針の適用については、回収可能性適用指針第49項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当中間
     会計期間の期首時点において回収可能性適用指針第49項(3)①から③に該当する定めを適用した場合の繰延税金資産及び
     繰延税金負債の額と、前事業年度末の繰延税金資産及び繰延税金負債の額との差額を、当中間会計期間の期首の繰越利
     益剰余金及び評価・換算差額等に加算しております。
      この結果、当中間会計期間の期首において、繰延税金資産(投資その他の資産)が15,768千円、繰越利益剰余金が
     15,768千円増加しております。
      当中間会計期間の期首の純資産に影響額が反映されたことにより、中間株主資本等変動計算書の繰越利益剰余金の期
     首残高は15,768千円増加しております。
      (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取り扱いの適用)

       法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
     告第32号     平成28年6月17日)を当中間会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に
     係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      この結果、当中間会計期間の営業損失、経常損失及び税引前中間純損失はそれぞれ32,446千円減少しております。
                                 51/60





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (中間貸借対照表関係)
     ※1 消費税等の取り扱い
        仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺の上、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
       (中間損益計算書関係)

     ※1 営業外収益の主要項目は次のとおりであります。
                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         受取利息                        8,755千円                  3,650千円
         有価証券利息                        16,692千円                  15,958千円
         受取配当金                        2,822千円                  2,932千円
     ※2 営業外費用の主要項目は次のとおりであります。

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         支払利息                        9,950千円                 9,852千円
     ※3 特別利益の主要項目は次のとおりであります。

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         債務免除益                        74,362千円                 40,863千円
     ※4 特別損失の主要項目は次のとおりであります。

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         固定資産除却損                         252千円                 -千円
         事務所移転費用                          -千円               12,863千円
     ※5 減価償却の実施額は次のとおりであります。

                              前中間会計期間                 当中間会計期間

                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         有形固定資産                       357,521千円                 101,514千円
         無形固定資産                        1,127千円                 1,077千円
                                 52/60






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (有価証券関係)
      子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することは極めて困難と認められるため、子会社株式及
     び関連会社株式の時価を記載しておりません。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の中間貸借対照表計上額(貸借対
     照表計上額)は以下のとおりです。 
              区分             平成28年3月31日                 平成28年9月30日

       子会社株式                         5,363,106千円                 5,363,106千円

       関連会社株式                         1,007,746千円                 1,007,746千円

              合計                   6,370,852千円                 6,370,852千円

                                 53/60
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
       (重要な後発事象)
      該当事項はありません。
      (2) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 54/60



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第6   【提出会社の参考情報】

      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

      (1) 有価証券報告書及びその添付書類

         事業年度      第55期(自       平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)平成28年6月27日関東財務局長に提出。
                                 55/60


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 56/60



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
                       独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成28年12月22日

     株式会社JMAホールディングス
      取締役会 御中
                          青南監査法人
                           代表社員

                                    公認会計士  齋             藤      敏      雄  ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                    公認会計士         大  野  木  猛  ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社JMAホールディングスの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期
     間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結
     損益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中間連
     結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財務諸
     表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
     を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に
     関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査
     計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手
     続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間
     連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の
     監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
     当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の
     作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適
     用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                 57/60







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     中間監査意見
      当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基
     準に準拠して、株式会社JMAホールディングス及び連結子会社の平成28年9月30日現在の財政状態並びに同日をもっ
     て終了する中間連結会計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
     に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 58/60
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
                       独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成28年12月22日

     株式会社JMAホールディングス
      取締役会 御中
                          青南監査法人
                           代表社員

                                    公認会計士  齋             藤      敏      雄  ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                    公認会計士  大  野  木  猛  ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社JMAホールディングスの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第56期事業年度の中間会計期間
     (平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中
     間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
     成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
     用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明
     することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
     行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
     者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定
     し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の
     一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務
     諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続
     が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法
     人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な
     情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに
     経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                 59/60







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                              半期報告書
     中間監査意見
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
     して、株式会社JMAホールディングスの平成28年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平
     成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 60/60
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。