三菱UFJ証券ホールディングス株式会社 半期報告書 第12期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第12期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:三菱UFJ証券ホールディングス株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年11月28日
      【中間会計期間】                    第12期中(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
      【会社名】                    三菱UFJ証券ホールディングス株式会社
      【英訳名】                    Mitsubishi      UFJ  Securities      Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長   長岡           孝
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
      【電話番号】                    03(6213)2550(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務企画部長  山本           慎二郎 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区大手町一丁目9番2号
      【電話番号】                    03(6213)2550(代表)
      【事務連絡者氏名】                    財務企画部長  山本           慎二郎
      【縦覧に供する場所】                    本店のほかに該当ありません。
                                  1/71














                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
         回     次             第10期中        第11期中        第12期中         第10期        第11期
                     自 平成26年        自 平成27年        自 平成28年        自 平成26年        自 平成27年
                       4月1日          4月1日          4月1日          4月1日          4月1日
         会 計 期 間
                     至 平成26年        至 平成27年        至 平成28年        至 平成27年        至 平成28年
                       9月30日          9月30日          9月30日          3月31日          3月31日
     営業収益           (百万円)        216,155        265,316        200,579        482,541        474,449
     純営業収益
                (百万円)        194,632        245,377        185,024        435,757        437,742
     経常利益           (百万円)         42,706        66,809        47,745        114,930        107,857
     親会社株主に帰属する中間
                (百万円)         23,468        27,527        27,199        50,995        43,262
     (当期)純利益
     中間包括利益又は包括利益
                (百万円)         29,416        41,947       △ 20,466        107,749         50,175
     純資産額           (百万円)        968,703       1,046,049         932,329       1,025,771        1,033,030
     総資産額           (百万円)       28,092,530        32,108,730        30,358,612        29,993,106        31,023,040
     1株当たり純資産額            (円)       1,005.83        1,073.00         905.82       1,052.85        1,053.38
     1株当たり中間(当期)純
                 (円)        31.84        37.35        36.91        69.19        58.70
     利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                 (円)          -        -       36.91         -        -
     中間(当期)純利益金額
     自己資本比率            (%)         2.6        2.5        2.2        2.6        2.5
     営業活動による
                (百万円)       △ 338,134        101,809        307,754       △ 482,491        525,034
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                (百万円)        △ 50,176       △ 17,216        14,265        201,690        △ 78,423
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                (百万円)        179,515         91,440       △ 350,417        300,286       △ 362,075
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                (百万円)        914,918       1,293,116        1,146,725        1,149,317        1,194,597
     中間期末(期末)残高
     従業員数                    7,681        7,816        7,674        7,725        7,797
                 (人)
     (外、平均臨時雇用人員)                    (616 )      (759 )      (694 )      (596 )      (726 )
      (注)第10期中、第10期、第11期中および第11期の潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、
         潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         なお、消費税等の課税取引については、消費税等を含んでおりません。

                                  2/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
       (2)提出会社の経営指標等
         回     次             第10期中        第11期中        第12期中         第10期        第11期
                     自 平成26年        自 平成27年        自 平成28年        自 平成26年        自 平成27年
                       4月1日          4月1日          4月1日          4月1日          4月1日
         会 計 期 間
                     至 平成26年        至 平成27年        至 平成28年        至 平成27年        至 平成28年
                       9月30日          9月30日          9月30日          3月31日          3月31日
     営業収益           (百万円)         41,416        50,865        19,958        57,440        72,113
     経常利益           (百万円)         30,926        44,188        14,195        32,092        57,189
     中間(当期)純利益           (百万円)         30,343        44,050        15,628        31,527        56,094
     資本金           (百万円)         75,518        75,518        75,518        75,518        75,518
     発行済株式総数           (千株)        736,985        736,985        736,985        736,985        736,985
     純資産額           (百万円)        684,975        695,423        648,771        670,140        697,494
     総資産額
                (百万円)       1,605,933        1,624,145        1,686,645        1,504,066        1,673,894
     1株当たり配当額            (円)        15.80        14.24        13.59        42.67        100.49
     自己資本比率            (%)         42.7        42.8        38.5        44.6        41.7
     従業員数           (人)          170        194        194        177        193
      (注)1.第10期の1株当たり配当額には、特別配当10円89銭を含んでおります。
         2.第11期の1株当たり配当額には、配当財産が金銭以外の財産による特別配当72円32銭を含んでおります。
         なお、消費税等の課税取引については、消費税等を含んでおりません。

                                  3/71













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
       当中間連結会計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更
      はありません。
       主要な関係会社の異動は、次のとおりです。
        (除外)
         連結子会社     MUFGセキュリティーズアメリカ(セグメントの名称:証券業務(米国))
                   MUFGセキュリティーズ(カナダ)(セグメントの名称:証券業務(米国))
       なお、両社は当社の連結範囲から除外されておりますが、当社の社内収益管理は引き続き両社を含めて行うため、
      セグメント情報においては、「証券業務(米国)」での開示を継続しております。
       また、海外子会社について、次のとおり商号変更しております。
       三菱UFJセキュリティーズインターナショナルをMUFGセキュリティーズEMEA、三菱UFJセキュリティー
      ズ(香港)をMUFGセキュリティーズアジア、三菱UFJセキュリティーズ(シンガポール)をMUFGセキュリ
      ティーズアジア(シンガポール)に変更しております。
      3【関係会社の状況】

       当中間連結会計期間において、               当社が   連結子会社であった         MUFGセキュリティーズアメリカの全株式を当社の親
      会社である株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループに現物配当したこと                                    に伴い、MUFGセキュリティーズア
      メリカおよびその子会社であるMUFGセキュリティーズ(カナダ)を連結の範囲から除外しております。なお、M
      UFGセキュリティーズアメリカは、三菱UFJセキュリティーズ(USA)から商号変更しております。
      4【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                  平成28年9月30日現在
                セグメントの名称                         従 業 員 数 (人)

       証券業務(国内)

                                                    6,008(493)
       証券業務(英国)

                                                     536(105)
       証券業務(米国)                                              344(     4)

                                                    1,130(    96)

       その他
       調整                                             △344(△4)

                  合 計                                  7,674(694)

       (注)1.従業員数は、就業人員数であり、臨時従業員数は( )内に当中間連結会計期間の平均人員数を外数で記
            載しております。
          2.平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社であるMUFGセキュリ
            ティーズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、セグメント情報においては、引き続き
            「証券業務(米国)」として開示を継続しているため、当中間連結会計期間末の従業員数との差を調整し
            ております。なお、詳細は「第5 経理の状況 1.中間連結財務諸表等 (1)中間連結財務諸表 注
            記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成28年9月30日現在
              従 業 員 数 (人)                                          194

       (注)上記のほか、執行役員の平成28年9月末の人数は16人であります。
       (3)労働組合の状況

         労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  4/71




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業    績
         当中間連結会計期間の連結営業収益は2,005億79百万円(前年度中間期比75.6%)となりました。受入手数料は
        855億17百万円(同67.4%)、トレーディング損益は814億46百万円(同83.1%)となりました。金融収益は336億
        15百万円(同83.3%)、金融費用は155億54百万円(同78.0%)となり、連結純営業収益は1,850億24百万円(同
        75.4%)となりました。また、販売費・一般管理費は1,609億75百万円(同84.2%)となったことから、連結営業
        利益は240億49百万円(同44.4%)、連結経常利益は477億45百万円(同71.5%)、親会社株主に帰属する中間純利
        益は271億99百万円(同98.8%)となりました。
         当中間連結会計期間の主要な連結の収益・費用の概況は以下のとおりです。

        ① 受入手数料

          受入手数料の合計は855億17百万円(前年度中間期比67.4%)となりました。内訳は次のとおりです。
                             前中間連結会計期間             当中間連結会計期間

                           (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日             前年度中間期比
              区     分
                            至 平成27年9月30日)             至 平成28年9月30日)              (%)
                               (百万円)             (百万円)
         受入手数料                          126,937             85,517         67.4

           委託手数料                         25,617             17,944         70.0

           引受け・売出し・特定投資家向け
                                    31,377             23,325         74.3
           売付け勧誘等の手数料
           募集・売出し・特定投資家向け売
                                    32,270             15,715         48.7
           付け勧誘等の取扱手数料
           その他の受入手数料                         37,671             28,531         75.7
         a.委託手数料

           当中間連結会計期間の委託手数料は合計で179億44百万円(前年度中間期比70.0%)となりました。株式委
          託手数料は169億72百万円(同70.0%)となり、債券委託手数料は47百万円(同34.0%)となりました。
         b.引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料
           当中間連結会計期間の引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料は合計で233億25百万円(前
          年度中間期比74.3%)となりました。株式の引受・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料は56億79百
          万円(同61.9%)となり、債券の引受・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料は176億45百万円(同
          79.5%)となりました。
         c.募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料
           募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は、その大半を連結子会社の三菱UFJモルガ
          ン・スタンレー証券株式会社(以下、「MUMSS」といいます。)および三菱UFJモルガン・スタンレー
          PB証券株式会社における投資信託の募集取扱手数料が占めております。MUMSSにおける当中間連結会計
          期間の投資信託の募集・売出し取扱高は2兆6,432億円(前年度中間期比69.7%)となり、当中間連結会計期
          間の募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は157億15百万円(同48.7%)となりました。
         d.その他の受入手数料
           その他の受入手数料には、投資信託の代行手数料の他に、M&A業務および財務アドバイザリー業務にかか
          る手数料、証券化・不動産ファイナンス業務などが含まれます。当中間連結会計期間のその他の受入手数料は
          285億31百万円(前年度中間期比75.7%)となりました。
                                  5/71





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ② トレーディング損益
          当中間連結会計期間のトレーディング損益は、株券等によるものが116億24百万円の損失(前年度中間期は262
         億94百万円の利益)、債券等・その他によるものが930億71百万円の利益(前年度中間期比129.8%)、合計では
         814億46百万円の利益(前年度中間期比83.1%)となりました。
                             前中間連結会計期間             当中間連結会計期間

                           (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日             前年度中間期比
              区     分
                            至 平成27年9月30日)             至 平成28年9月30日)              (%)
                               (百万円)             (百万円)
         トレーディング損益                          97,999             81,446         83.1
                                                           ―
           株券等トレーディング損益                         26,294            △11,624
           債券等・その他トレーディング損
                                    71,704             93,071        129.8
           益
        ③ 金融収支

          金融収益336億15百万円(前年度中間期比83.3%)から金融費用155億54百万円(同78.0%)を差引いた結果、
         当中間連結会計期間の金融収支は180億60百万円の利益(同88.4%)となりました。
        ④ 販売費・一般管理費
          当社グループ一体となってコスト・コントロールに努めております。また、収益連動の取引関係費等の減少や
         円高影響等により、当中間連結会計期間の販売費・一般管理費は1,609億75百万円(前年度中間期比84.2%)と
         なりました。
          当中間連結会計期間のセグメントの業績は、次のとおりであります。

         「証券業務(国内)」

          株式会社三菱東京UFJ銀行との協働・Morgan                      Stanleyとの連携やお客様との取引を起点としたビジネスモデ
         ルの定着等により、プライマリー業務およびトレーディング業務は健闘しましたが、国内外の不安定な市場環境
         や円高株安基調を背景とした個人投資家の投資運用意欲の減退により、投資信託や仕組債販売が低迷し、セグメ
         ント収益は減少しました。
          この結果、当中間連結会計期間における証券業務(国内)の純営業収益は1,443億81百万円(前年度中間期比
         76.7%)、セグメント利益は173億30百万円(同45.2%)となりました。
         「証券業務(英国)」
          対顧デリバティブや債券引受業務等の好調によりビジネスは順調に推移しましたが、前年度中間期比では大幅
         な円高による為替要因によりセグメント収益は減少しました。また、退職給付費用の増加もあり、セグメント利
         益は減少しました。
          これらの結果、当中間連結会計期間における証券業務(英国)の純営業収益は202億円(前年度中間期比
         77.1%)、セグメント利益は10億30百万円(同33.5%)となりました。
         「証券業務(米国)」
          株式会社三菱東京UFJ銀行との連携により債券引受業務やレポ業務等が好調だったことに加え、新たにMB
         S(Mortgage-Backed          Securities)(不動産担保証券)業務が本格稼働したことで、高水準の収益を計上しまし
         たが、過去最高収益を計上した前年度中間期との対比ではセグメント収益は減少しました。
          この結果、当中間連結会計期間における証券業務(米国)の純営業収益は225億7百万円(前年度中間期比
         83.3%)、セグメント利益は25億45百万円(前年度中間期比73.4%)となりました。
         「その他」
          平成27年7月1日付で連結子会社であった国際投信投資顧問株式会社を連結の範囲から除外したことから、セ
         グメント収益は減少しました。また、持株会社において営業外収益で計上される子会社からの受取配当金の減少
         等により、セグメント利益は減少しました。
          これらの結果、当中間連結会計期間におけるその他の純営業収益は154億77百万円(前年度中間期比
         64.1%)、セグメント利益は209億23百万円(同26.3%)となりました。
          なお、上記のセグメント別純営業収益には、セグメント間の内部純営業収益または振替高が含まれておりま
         す。
                                  6/71




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
       (2)キャッシュ・フロー
         キャッシュ・フローの状況につきましては、営業活動によるキャッシュ・フローは、トレーディング商品(資
        産・負債)の差引残高の増加による支出1,517億3百万円があったものの、受入保証金の増加による収入3,524億57
        百万円や約定見返勘定(資産・負債)の差引残高の減少による収入2,214億78百万円があったこと等により3,077億
        54百万円の資金の増加(前年度中間期比302.3%)となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有
        価証券の取得による支出2,060億56百万円や有価証券の取得による支出1,018億38百万円があったものの、有価証券
        の売却及び償還による収入1,997億67百万円や投資有価証券の売却及び償還による収入1,462億50百万円があったこ
        と等により142億65百万円の資金の増加(前年度中間期は172億16百万円の減少)となりました。財務活動による
        キャッシュ・フローは、社債の発行による収入1,961億70百万円があったものの、コマーシャル・ペーパーの減少
        による支出3,213億13百万円や社債の償還による支出1,956億69百万円があったこと等により3,504億17百万円の資
        金の減少(前年度中間期は914億40百万円の増加)となりました。これらの結果、現金及び現金同等物の当中間連
        結会計期間末残高は、前年度末比478億71百万円減少して1兆1,467億25百万円(前年度中間期末比88.7%)となり
        ました。
       (3)トレーディング業務の概要

         トレーディング商品:当中間連結会計期間末日時点のトレーディング商品の残高は以下のとおりです。
                                   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                 区     分                 (平成27年9月30日)              (平成28年9月30日)
                                     (百万円)              (百万円)
          トレーディング商品(資産の部)                             14,616,993              17,989,944

            商品有価証券等                            5,552,632              2,594,069

              株式・ワラント                           431,612              329,351

              債券                          5,017,937              2,126,067

              受益証券                           38,335              47,736

              その他                           64,747              90,913

            デリバティブ取引                            9,064,360             15,395,875

              オプション取引                          1,205,192              1,159,414

              派生商品評価勘定                          7,859,167             14,236,460

                為替予約取引                         144,297              100,996

                先物取引                         34,111              58,694

                スワップ取引                        7,680,758             14,076,770

          トレーディング商品(負債の部)                             11,865,439              16,843,450

            商品有価証券等                            3,089,106              1,715,648

              株式・ワラント                           121,829              328,709

              債券                          2,966,670              1,386,887

              受益証券                             606              51

            デリバティブ取引                            8,776,332             15,127,801

              オプション取引                          1,198,088              1,270,291

              派生商品評価勘定                          7,578,244             13,857,509

                為替予約取引                         111,889              78,953

                先物取引                         13,752              15,742

                スワップ取引                        7,452,602             13,762,814

                                  7/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      2【対処すべき課題】
        当中間連結会計期間において、当社グループが対処すべき課題に重要な変更はありません。
      3【事業等のリスク】

        当中間連結会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事
       業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事業の状況 3 事業等のリスク」の項
       目番号(5)当社の資本提携等に関するリスク、(8)カントリーリスクついては、海外子会社の商号変更をしておりま
       す。
        三菱UFJセキュリティーズインターナショナルをMUFGセキュリティーズEMEA、三菱UFJセキュリ
       ティーズ(香港)をMUFGセキュリティーズアジア、三菱UFJセキュリティーズ(シンガポール)をMUFGセ
       キュリティーズアジア(シンガポール)に変更しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  8/71














                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      6【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当中間連結会計期間の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
        なお、文中における将来に関する事項は、半期報告書提出日(平成28年11月28日)現在において、当社グループが
       判断したものであります。
       (1)重要な会計方針および見積り

          当社の中間連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
         おります。この中間連結財務諸表の作成にあたり、トレーディング商品および投資についての評価、貸付等債
         権に対する貸倒引当金、繰延税金資産についての回収可能性、退職給付費用および債務、偶発事象や訴訟、そ
         の他資産・負債の報告数値や財務諸表の開示内容に影響を与える事項に対して、過去の実績や状況に応じ合理
         的と考えられる判断や見積りを行っております。従って、不確実性を内在しており、将来生じる実際の結果と
         大きく異なる可能性もありますので、ご留意下さい。
        ① トレーディング商品
          トレーディング商品(デリバティブを含む)は時価により評価され、評価損益はトレーディング損益に計上さ
         れております。時価については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、また
         はこれらに準ずる価格等によっております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には、原金融資産の
         時間的価値とボラティリティ等を加味した時価評価モデルによって算出されております。
        ② トレーディング商品関連以外の有価証券等
          有価証券については「金融商品に関する会計基準」に基づき、トレーディング商品、満期保有目的債券、子会
         社株式・関連会社株式のいずれにも属さないものについて、その他有価証券として分類しております。
          その他有価証券のうち、時価のあるものについては時価法で、時価のないものについては移動平均法による原
         価法でそれぞれ評価されております。また、時価のあるものについては時価、時価のないものについてはその実
         質価額が取得原価より著しく下落し、かつ回復可能性がないと判断したものについては、社内の減損処理基準に
         したがって時価または実質価額まで減損処理しております。
          投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみな
         されるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の計算書を基礎とし、持分
         相当額を純額で取り込む方法によっております。
        ③ 有形固定資産・無形固定資産
          主に建物、器具備品、土地からなる有形固定資産および主にソフトウェアからなる無形固定資産は取得価額に
         より計上し、有形固定資産については個々の耐用年数に基づき主として定額法により、ソフトウェアについては
         利用可能期間に基づく定額法により、それぞれ減価償却しております。
          また、収益性が低下した資産について、回収可能価額まで減損処理しております。
        ④ 貸倒引当金
          信用取引貸付金等の一般債権については過去の貸倒実績率により、貸倒懸念債権および破産更生債権等につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能と判断した金額を貸倒見積額として計上しております。
        ⑤ 繰延税金資産・負債
          税務上の繰越欠損金や会計上の資産・負債と税務上の資産・負債との差額(一時差異の額)のうち、将来にお
         いて税務上の損金となることで節税効果が見込まれると判断される金額(将来の減算一時差異等の解消見込額)
         について、将来の合理的な課税所得見積額の範囲内で繰延税金資産に計上しております。なお、その他有価証券
         の評価差益に対しては、将来の売却による課税の発生が確実であることから、繰延税金負債(固定負債)を計上
         しております。
        ⑥ 退職給付会計
          従業員の退職給付に係る負債(または資産)および退職給付費用については、割引率、退職率、年金資産の長
         期期待運用収益率等の合理的な見積りに基づく退職給付債務の数理計算上の見込額および年金資産の公正な評価
         額に基づいて計上しております。
                                  9/71





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
       (2)経営成績の分析
          当中間連結会計期間の我が国の景気は、緩やかな回復基調で推移しました。海外景気が持ち直す中、輸出が増
         加し、製造業の生産回復を後押ししました。個人消費も総じて底堅く推移しています。調整局面が続く設備投資
         にも、ようやく回復の兆しが出てきました。一方、日銀のマイナス金利政策を追い風に堅調が続いた住宅投資
         は、マンション販売が停滞色を強めるなど、先行きに不透明感が強まっています。公共投資も、経済対策(平成
         27年度補正予算)および平成28年熊本地震の復旧・復興事業の一巡から、夏場にかけてやや軟調に推移しまし
         た。
          株式市場では、16,719円でスタートした日経平均株価が、16,449円で終了しました。資源相場の上昇や円安の
         進行を好感して、株価は4月の中旬にかけて上昇し、日経平均株価が一時17,500円台を回復しました。しかし、
         日銀の金融緩和の見送りや、英国のEU離脱決定などの悪材料が相次いだことから、株価は下落傾向を辿り、日
         経平均株価は6月に一時15,000円割れを記録しました。もっとも、その後は日銀による上場投資信託(ETF)
         の買入れ増額や大型経済対策への期待、さらには原油など資源相場の持ち直しを反映して、株価は再び上昇しま
         した。
          債券市場では、長期金利(新発10年国債利回り)が-0.040%で始まり、-0.085%で終了しました。日銀のマイ
         ナス金利政策や、米国の景気下振れ懸念、英国のEU離脱などを反映して、長期金利は低下基調を強め、10年債
         利回りは7月上旬に一時-0.300%まで低下しました。しかし、日銀がマイナス金利の深掘りや国債買入れの拡大
         を見送ったことから、長期金利は7月末から8月初め頃にかけて急上昇しました。その後、内外の長期金利は緩
         やかな上昇傾向を辿りましたが、9月下旬にかけては、米国の利上げ見送りや欧州系銀行の財務不安などから、
         長期金利が低下する展開となりました。
          このような環境の下、当中間連結会計期間の連結営業収益は2,005億79百万円(前年度中間期比75.6%)、連
         結経常利益は477億45百万円(同71.5%)、親会社株主に帰属する中間純利益は271億99百万円(同98.8%)とな
         りました。
         当中間連結会計期間の主要な収益・費用の概況は以下のとおりです。

        ① 受入手数料
         受入手数料の合計は855億17百万円で前年度中間期比67.4%となりました。内訳は次のとおりです。
        a.委託手数料
          当中間連結会計期間の東証の1日平均売買高(内国普通株合計)は、株数で25億14百万株(前年度中間期比
         83.6%)、金額で2兆6,400億円(同83.0%)となりました。このような状況のもと、当社グループの株式委託
         手数料は169億72百万円(同70.0%)、債券委託手数料は47百万円(同34.0%)、受益証券委託手数料は8億15
         百万円(同81.9%)、その他の委託手数料は1億9百万円(同50.1%)となり、委託手数料は合計で179億44百
         万円(同70.0%)となりました。
        b.引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料
          国内株式発行市場は、株価に方向感が見られなかったことや、機関投資家による企業の資本効率を重視する姿
         勢の高まりから、発行会社による資本調達への慎重さが見られ、前年度中間期と比べて発行量は大幅に減少いた
         しました。国内債券発行市場は、マイナス金利政策による超低金利の環境の中、超長期債の起債増加や金融機関
         による自己資本比率規制に対応した起債、事業会社による財務の健全性・資本性を意識したハイブリッド証券の
         起債等により、前年度中間期を上回る発行量となりました。当社グループはこのような環境において、多くの主
         幹事をつとめました。
          欧米発行市場は、低金利環境が続く中、堅調な資金需要を背景に前年度中間期と同水準の発行量となりまし
         た。このような環境の下、当社の海外現地法人は、三菱東京UFJ銀行との緊密な協働・連携により、米国を中
         心に複数の主幹事案件を獲得しました。
          以上の結果、当中間連結会計期間の引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の手数料は合計で233億25
         百万円(前年度中間期比74.3%)となりました。
        c.募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料
          募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は、その大半を連結子会社の三菱UFJモルガン・
         スタンレー証券株式会社(以下、「MUMSS」といいます。)および三菱UFJモルガン・スタンレーPB証
         券株式会社における投資信託の募集取扱手数料が占めています。当中間連結会計期間は、MUMSSにおいて
         「マクロ・トータル・リターン・ファンド」や、「世界好利回りCBファンド2016-09(為替ヘッジあり/なし)
         (限定追加型)」等の新規募集に加え、新たに「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型/年2回
         決算型)」の取扱いを開始しました。また、従前よりニーズの高い「新光US-REITオープン」、「JPX
         日経400アクティブ・プレミアム・オープン(毎月決算型)」の継続募集にも注力しました。しかし、当中間連
         結会計期間を通じて株価は方向性の欠ける展開となり、為替相場は円高傾向で推移したため、投資信託の販売額
         および募集取扱手数料は前年度中間期を下回る結果となりました。
          MUMSSにおける当中間連結会計期間の投資信託の募集・売出し取扱高は2兆6,432億円(前年度中間期比
         69.7%)となり、当中間連結会計期間末における投資信託の残存元本は、外国投資信託を含め5兆6,196億円
         (前年同期末比104.3%)となりました。
                                 10/71

                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          以上の結果、当中間連結会計期間の募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等の取扱手数料は157億15百万
         円(前年度中間期比48.7%)となりました。
        d.その他の受入手数料
          その他の受入手数料には、投資信託の代行手数料の他に、M&A業務および財務アドバイザリー業務にかかる
         手数料、証券化・不動産ファイナンス業務などを含んでおります。投資信託の代行手数料は、純資産残高の減少
         により前年度中間期比で減少する結果となりました。M&A業務では、MUFGとMorgan                                          Stanleyが有する国内
         外ネットワークや、プロダクトに関する豊富な知見・経験の活用を通じ、国内/クロスボーダーを問わず多くの
         実績を積み重ね、お客さまの企業価値向上に貢献いたしました。なお、前年度中間期には平成27年6月30日まで
         連結子会社だった国際投信投資顧問株式会社における投資信託の委託者報酬も含まれております。
          以上の結果、当中間連結会計期間のその他の受入手数料は285億31百万円(前年度中間期比75.7%)となりま
         した。
        ② トレーディング損益
          国内株式市場では、資源相場の上昇や円安の進行を好感して日経平均株価が4月に17,500円台に回復しました
         が、6月には英国のEU離脱決定に係わる国民投票の結果を受け一時15,000円を下回りました。7月には追加緩
         和期待等から英国民投票前の水準に回復し、その後揉み合う展開となりました。海外株式市場では、米国株価指
         数が英国のEU離脱懸念から6月に一時的に大幅下落しましたが、その後反発し8月には史上最高値を更新しま
         した。このような市場環境の下、当社グループはお客さまのニーズに応じた商品供給に努めました。
          日本国債市場では、日銀の追加緩和期待に英国のEU離脱懸念が加わり、10年物国債利回りは低下基調を強
         め、7月には過去最低を更新しました。その後7月末の日銀金融政策決定会合において金融緩和が見送られる
         と、金利は大幅に上昇に転じました。クレジット市場では、半期を通じてクレジットスプレッドのタイト化が進
         みましたが、英国民投票の結果発表直後には一時的にワイドニングする局面がありました。このような市場環境
         の下、当社はお客さまのニーズに応じた商品供給を行い、国債業務が収益を牽引しました。
          海外市場(1~6月)では、昨年末から続いた原油価格の低迷や中国株式下落を背景とした景気後退懸念か
         ら、年初はクレジットスプレッドがワイドニングし株価も下落しましたが、3月の欧州中央銀行(ECB)によ
         る追加緩和や米国の利上げ観測後退により、世界的に長期金利は低下基調に転じ、株価は上昇しました。その後
         6月に入ると英国のEU離脱を巡り、先行き不透明感から投資家のリスク回避姿勢が強まり、金利は更に低下し
         ました。このような市場環境の下、当社の海外現地法人は、追加緩和以降もお客さまのスプレッド物に対する
         ニーズを捉え、債券売買フローを着実に取り込みました。
          以上の結果、当中間連結会計期間のトレーディング損益は、株券等によるものが116億24百万円の損失(前年
         度中間期は262億94百万円の利益)、債券等・その他によるものが930億71百万円の利益(前年度中間期比
         129.8%)、合計では814億46百万円の利益(同83.1%)となりました。
        ③ 金融収支
          当中間連結会計期間の金融収益336億15百万円(前年度中間期比83.3%)から金融費用155億54百万円(同
         78.0%)を差し引いた金融収支は、180億60百万円の利益(同88.4%)となりました。
        ④ 販売費・一般管理費
          取引関係費や人件費が減少したほか国際投信投資顧問株式会社の連結除外や円高の影響も加わり、当中間連結
         会計期間の販売費・一般管理費は1,609億75百万円(前年度中間期比84.2%)となりました。
        ⑤ 特別損益
          当中間連結会計期間の特別利益は1億95百万円(前年度中間期比71.0%)、特別損失は8億83百万円(同
         31.2%)となりました。特別利益のうち主なものは、金融商品取引責任準備金戻入が1億94百万円であります。
         特別損失のうち主なものは、本社移転費用7億38百万円、固定資産減損損失1億10百万円であります。
       (3)財政状態の分析

          当中間連結会計期間末における総資産は30兆3,586億12百万円(前年度末比6,644億28百万円減)となりまし
         た。内訳は流動資産が29兆6,209億25百万円(同7,361億87百万円減)であり、このうちトレーディング商品が17
         兆9,899億44百万円(同3兆4,406億21百万円増)、有価証券担保貸付金が8兆3,761億33百万円(同3兆9,281億
         49百万円減)となっております。固定資産は7,376億86百万円(同717億59百万円増)となっております。
          負債合計は、29兆4,262億82百万円(同5,637億27百万円減)となりました。内訳は流動負債が28兆420億82百
         万円(同5,271億97百万円減)であり、このうちトレーディング商品が16兆8,434億50百万円(同3兆9,110億43
         百万円増)、有価証券担保借入金が6兆8,161億55百万円(同4兆3,563億51百万円減)となっております。固定
         負債は1兆3,801億62百万円(同363億35百万円減)となっております。
          純資産合計は9,323億29百万円(同1,007億円減)となりました。主な増減の要因は、配当金支払いによる利益
         剰余金の減少635億67百万円、子会社の連結範囲からの除外の影響による利益剰余金の減少179億3百万円、中間
         純利益による増加271億99百万円、為替換算調整勘定の減少531億28百万円であります。
       (4)キャッシュ・フローの状況

                                 11/71


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          当中間連結会計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」といいます。)は、受入保証金の増加に
         よる収入、約定見返勘定(資産・負債)の差引残高の減少による収入、有価証券および投資有価証券の売却及
         び償還による収入、社債の発行による収入等があったものの、コマーシャル・ペーパーの減少による支出、有
         価 証券および投資有価証券の取得による支出、社債の償還による支出、トレーディング商品(資産・負債)の
         差引残高の増加による支出等により、前年度末比478億71百万円の資金の減少となり、当中間連結会計期間末の
         資金残高は1兆1,467億25百万円(前年度中間期末比88.7%)となりました。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間連結会計期間における営業活動による資金の増加は、3,077億54百万円(前年度中間期比302.3%)と
         なりました。これは主に、トレーディング商品(資産・負債)の差引残高の増加による支出1,517億3百万円が
         あったものの、受入保証金の増加による収入3,524億57百万円や約定見返勘定(資産・負債)の差引残高の減少
         による収入2,214億78百万円があったこと等によるものであります。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間連結会計期間における投資活動による資金の増加は、142億65百万円(前年度中間期は172億16百万円
         の減少)となりました。これは主に、投資有価証券の取得による支出2,060億56百万円や有価証券の取得による
         支出1,018億38百万円があったものの、有価証券の売却及び償還による収入1,997億67百万円や投資有価証券の
         売却及び償還による収入1,462億50百万円があったこと等によるものであります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間連結会計期間における財務活動による資金の減少は、3,504億17百万円(前年度中間期は914億40百万
         円の増加)となりました。これは主に、社債の発行による収入1,961億70百万円があったものの、コマーシャ
         ル・ペーパーの減少による支出3,213億13百万円や社債の償還による支出1,956億69百万円があったこと等によ
         るものであります。
                                 12/71













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】
      1【主要な設備の状況】
        当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

       (1)前連結会計年度末において計画中であった重要な設備の新設、改修、除却、売却等のうち、当中間連結会計期間
         中に重要な変更があったものは次のとおりであります。
        ①新設、改修計画等
                セグメント       店舗名
           会社名                 所在地     区分     設備の内容            変更の内容
                 の名称      その他
                                     PEGASU
         三菱UFJ
                                     S・リテール
         モルガン・                   東京都
                 証券業務
                                     フロントシス        投資予定額が3,782百万円から
         スタンレー             本社ほか      千代田     改修
                 (国内)
                                     テムの二重化        4,963百万円へ増額しました。
         証券株式会                   区ほか
                                     に係るシステ
         社
                                     ム投資
         三菱UFJ
                                     次世代執行基
         モルガン・                   東京都
                 証券業務
                                     盤構築(執行        投資予定額が1,344百万円から
         スタンレー             本社ほか      千代田     新設
                 (国内)
                                     管理システ        1,477百万円へ増額しました。
         証券株式会                   区ほか
                                     ム)
         社
        ②除却、売却計画等
         重要なものはありません。
       (2)前連結会計年度末において計画中であった重要な設備の新設、改修、除却、売却等のうち、当中間連結会計期間

         中に完了したものは次のとおりであります。
        ①新設、改修計画等
         重要なものはありません。
        ②除却、売却計画等
         重要なものはありません。
       (3)当中間連結会計期間中に新たに確定した重要な設備の新設、改修、除却、売却等の計画は次のとおりでありま

         す。
        ①新設、改修計画等
         重要なものはありません。
        ②除却、売却計画等
         重要なものはありません。
                                 13/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種       類                         発行可能株式総数(株)
              普    通    株    式                               1,800,000,000

                     計                       1,800,000,000

        ②【発行済株式】

                 中間会計期間末現在                        上場金融商品取引所名ま
                             提出日現在発行数(株)
           種  類       発行数(株)                        たは登録認可金融商品取              内  容
                             (平成28年11月28日)
                 (平成28年9月30日)                        引業協会名
                                                      単元株式数
           普通株式          736,985,496            736,985,496              -
                                                      1,000株
            計        736,985,496            736,985,496              -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                 資本金増減額        資本金残高
          年 月 日         総数増減数       総数残高                     増 減 額       残   高
                                  (千円)       (千円)
                    (株)       (株)                     (千円)       (千円)
        平成28年4月1日~
                       -   736,985,496           -   75,518,843           -   426,944,245
        平成28年9月30日
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成28年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
            氏名または名称                 住    所
                                           (千株)
                                                   の割合(%)
        株式会社三菱UFJ
                       東京都千代田区丸の内2-7-1                       736,985          100.00
        フィナンシャル・グループ
               計                -               736,985          100.00
                                 14/71






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年9月30日現在
               区  分              株式数(株)           議決権の数(個)              内  容

         無議決権株式                      -            -            -

         議決権制限株式(自己株式等)                      -            -            -

         議決権制限株式(その他)                      -            -            -

         完全議決権株式(自己株式等)                      -            -            -

                          普通株式
         完全議決権株式(その他)                                   736,985          -
                              736,985,000
                                                  1単元(1,000株)
                          普通株式
         単元未満株式                                 -
                                  496
                                                  未満の株式
         発行済株式総数                     736,985,496            -            -
         総株主の議決権                      -             736,985          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成28年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
        所有者の氏名又は名称            所有者の住所                               対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
             -          -        -        -        -         -

             計          -        -        -        -         -

      2【株価の推移】

        当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
      3【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。
                                 15/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.中間連結財務諸表および中間財務諸表の作成方法について
       (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
        第24号。以下「中間連結財務諸表規則」という。)ならびに同規則第48条および第69条の規定に基づき、「金融商
        品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)および「有価証券関連業経理の統一に関する規則」
        (昭和49年11月14日付日本証券業協会自主規制規則)に準拠して作成しております。
       (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38

        号。以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成28年4月1日から平成28年
       9月30日まで)の中間連結財務諸表および中間会計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の中間財務
       諸表について、有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受けております。
                                 16/71
















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      1【中間連結財務諸表等】
       (1)【中間連結財務諸表】
        ①【中間連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,202,126              1,152,989
         現金・預金
                                        609,108              677,436
         預託金
                                      ※2 14,549,323             ※2 17,989,944
         トレーディング商品
                                       3,082,614              2,594,069
          商品有価証券等
                                       11,466,709              15,395,875
          デリバティブ取引
                                        159,535                 -
         約定見返勘定
                                        260,890              229,031
         信用取引資産
                                        210,157              165,274
          信用取引貸付金
                                         50,732              63,757
          信用取引借証券担保金
                                       12,304,282               8,376,133
         有価証券担保貸付金
                                       4,648,830              4,629,002
          借入有価証券担保金
                                       7,655,452              3,747,130
          現先取引貸付金
                                         4,986              4,835
         立替金
         短期差入保証金                                944,504              955,711
                                           133             92,094
         短期貸付金
                                        180,930               52,608
         有価証券
                                         1,862                -
         未収還付法人税等
                                         22,560              17,069
         繰延税金資産
                                        116,868               73,071
         その他の流動資産
                                           △ 0             △ 0
         貸倒引当金
                                       30,357,113              29,620,925
         流動資産計
       固定資産
                                        ※1 37,508             ※1 39,962
         有形固定資産
                                         18,610              21,943
          建物
                                         12,162              12,766
          器具備品
                                         4,724              4,724
          土地
                                         1,797               381
          建設仮勘定
                                           213              145
          その他
                                        100,035              102,335
         無形固定資産
                                         62,277              65,643
          ソフトウエア
                                         37,758              36,691
          その他
                                        528,383              595,388
         投資その他の資産
                                        497,255              548,389
          投資有価証券
                                           31            18,734
          長期貸付金
                                         4,284              2,942
          退職給付に係る資産
                                         4,551              4,707
          繰延税金資産
                                         23,873              22,139
          その他
                                        △ 1,613             △ 1,525
          貸倒引当金
                                        665,927              737,686
         固定資産計
                                       31,023,040              30,358,612
       資産合計
                                 17/71





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       12,932,406              16,843,450
         トレーディング商品
                                       1,730,053              1,715,648
          商品有価証券等
                                       11,202,353              15,127,801
          デリバティブ取引
                                           -            130,013
         約定見返勘定
                                        162,002              175,744
         信用取引負債
                                        ※2 33,926             ※2 28,112
          信用取引借入金
                                        128,075              147,631
          信用取引貸証券受入金
                                       11,172,507               6,816,155
         有価証券担保借入金
                                       2,590,459              1,654,490
          有価証券貸借取引受入金
                                       8,582,047              5,161,665
          現先取引借入金
                                        433,688              487,468
         預り金
                                       1,559,515              1,677,663
         受入保証金
                                      ※2 1,147,689             ※2 1,079,958
         短期借入金
                                        169,048              196,990
         1年内償還予定の社債
                                         71,548              78,086
         1年内返済予定の長期借入金
                                        735,924              396,121
         コマーシャル・ペーパー
                                         12,084               5,789
         未払法人税等
                                         36,400              19,377
         賞与引当金
                                         1,055               887
         資産除去債務
                                        135,409              134,375
         その他の流動負債
                                       28,569,280              28,042,082
         流動負債計
       固定負債
                                       ※2 918,311             ※2 889,193
         社債
                                        488,815              476,453
         長期借入金
                                         1,390               771
         繰延税金負債
                                         1,826              4,561
         退職給付に係る負債
                                           19              25
         役員退職慰労引当金
                                         5,629              7,650
         資産除去債務
                                           504             1,505
         その他の固定負債
                                       1,416,497              1,380,162
         固定負債計
       特別法上の準備金
                                        ※4 4,232             ※4 4,037
         金融商品取引責任準備金
         特別法上の準備金計                                 4,232              4,037
                                       29,990,010              29,426,282
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         75,518              75,518
         資本金
         資本剰余金                                451,480              451,481
                                        228,089              173,817
         利益剰余金
                                        755,089              700,817
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                  690             △ 438
                                          △ 37              50
         繰延ヘッジ損益
                                         19,508             △ 33,619
         為替換算調整勘定
                                         1,074               766
         退職給付に係る調整累計額
                                         21,236             △ 33,241
         その他の包括利益累計額合計
                                           -              16
       新株予約権
                                        256,704              264,737
       非支配株主持分
                                       1,033,030               932,329
       純資産合計
                                       31,023,040              30,358,612
      負債・純資産合計
                                 18/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
         【中間連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業収益
                                        126,937               85,517
       受入手数料
                                         25,617              17,944
         委託手数料
         引受け・売出し・特定投資家向け売付け勧誘
                                         31,377              23,325
         等の手数料
         募集・売出し・特定投資家向け売付け勧誘等
                                         32,270              15,715
         の取扱手数料
                                         37,671              28,531
         その他の受入手数料
                                         97,999              81,446
       トレーディング損益
                                         40,377              33,615
       金融収益
                                            2              0
       その他の営業収益
       営業収益計                                 265,316              200,579
                                         19,938              15,554
      金融費用
                                        245,377              185,024
      純営業収益
      販売費・一般管理費
                                         65,212              47,152
       取引関係費
                                        ※1 73,364             ※1 64,853
       人件費
       不動産関係費                                  12,780              13,815
                                         17,966              15,735
       事務費
                                         9,876              11,433
       減価償却費
                                         6,439              3,452
       租税公課
                                           99              -
       貸倒引当金繰入額
                                         5,479              4,532
       その他
                                        191,218              160,975
       販売費・一般管理費計
                                         54,159              24,049
      営業利益
      営業外収益
                                         8,143              19,511
       持分法による投資利益
                                         5,046              4,972
       その他
                                         13,190              24,484
       営業外収益計
      営業外費用
                                           195               -
       デリバティブ評価損
                                           164              620
       固定資産除却損
                                           179              167
       その他
                                           540              788
       営業外費用計
                                         66,809              47,745
      経常利益
                                 19/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      特別利益
                                           275               0
       投資有価証券売却益
                                           -              194
       金融商品取引責任準備金戻入
                                           275              195
       特別利益計
      特別損失
                                           26              34
       投資有価証券売却損
                                          ※2 23
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                         ※3 195             ※3 110
       減損損失
                                         1,884                -
       持分変動損失
                                           328               -
       金融商品取引責任準備金繰入れ
                                           -              738
       本社移転費用
                                           376               -
       その他
                                         2,833               883
       特別損失計
                                         64,250              47,057
      税金等調整前中間純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   23,072               5,302
                                        △ 1,035              1,967
      法人税等調整額
                                         22,036               7,269
      法人税等合計
                                         42,214              39,787
      中間純利益
                                         14,687              12,588
      非支配株主に帰属する中間純利益
                                         27,527              27,199
      親会社株主に帰属する中間純利益
                                 20/71













                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         【中間連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                         42,214              39,787
      中間純利益
      その他の包括利益
                                        △ 7,349             △ 1,086
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 75              84
       繰延ヘッジ損益
                                         7,946             △ 58,606
       為替換算調整勘定
                                         △ 372             △ 269
       退職給付に係る調整額
                                         △ 416             △ 376
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 267            △ 60,254
       その他の包括利益合計
                                         41,947             △ 20,466
      中間包括利益
      (内訳)
                                         27,421             △ 32,216
       親会社株主に係る中間包括利益
                                         14,525              11,749
       非支配株主に係る中間包括利益
                                 21/71















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ③【中間連結株主資本等変動計算書】
          前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金           株主資本合計
     当期首残高
                       75,518           452,817           207,098           735,434
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                       △ 11,777          △ 11,777
      親会社株主に帰属する
                                              27,527           27,527
      中間純利益
      連結範囲の変動                                          -           -

      子会社株式の追加取得                             △ 794                      △ 794

      子会社株式の一部売却
                                    -                       -
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
      額)
     当中間期変動額合計                    -          △ 794          15,750           14,955
     当中間期末残高
                       75,518           452,022           222,848           750,390
                         その他の包括利益累計額

                                                   非支配
                その他有価                       その他の     新株予約権           純資産合計
                     繰延ヘッジ      為替換算     退職給付に係                  株主持分
                証券評価差                       包括利益累
                       損益     調整勘定     る調整累計額
                額金                       計額合計
     当期首残高             8,833      △ 134    28,811      2,988     40,499       -    249,837     1,025,771
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 11,777
      親会社株主に帰属する
                                                         27,527
      中間純利益
      連結範囲の変動                                                     -

      子会社株式の追加取得

                                                          △ 794
      子会社株式の一部売却                                                     -
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純           △ 7,477      △ 15    7,596      △ 208     △ 105      -    5,427      5,321
      額)
     当中間期変動額合計
                 △ 7,477      △ 15    7,596      △ 208     △ 105      -    5,427     20,277
     当中間期末残高             1,356      △ 149    36,407      2,779     40,393       -    255,265     1,046,049
                                 22/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金          資本剰余金           利益剰余金           株主資本合計
     当期首残高                  75,518           451,480           228,089           755,089
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                       △ 63,567          △ 63,567
      親会社株主に帰属する
                                              27,199           27,199
      中間純利益
      連結範囲の変動                                       △ 17,903          △ 17,903

      子会社株式の追加取得                              -                       -

      子会社株式の一部売却                               0                       0
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
      額)
     当中間期変動額合計                    -            0        △ 54,272          △ 54,272
     当中間期末残高                  75,518           451,481           173,817           700,817
                         その他の包括利益累計額

                                                   非支配
                その他有価                       その他の     新株予約権           純資産合計
                     繰延ヘッジ      為替換算     退職給付に係                  株主持分
                証券評価差                       包括利益累
                       損益     調整勘定     る調整累計額
                額金                       計額合計
     当期首残高              690     △ 37    19,508      1,074     21,236       -    256,704     1,033,030
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 63,567
      親会社株主に帰属する
                                                         27,199
      中間純利益
      連結範囲の変動

                                                         △ 17,903
      子会社株式の追加取得                                                     -

      子会社株式の一部売却
                                                            0
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
                 △ 1,129       87   △ 53,128      △ 307    △ 54,477       16    8,033    △ 46,428
      額)
     当中間期変動額合計            △ 1,129       87   △ 53,128      △ 307    △ 54,477       16    8,033    △ 100,700
     当中間期末残高             △ 438      50   △ 33,619       766    △ 33,241       16    264,737      932,329
                                 23/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         64,250              47,057
       税金等調整前中間純利益
                                         9,876              11,433
       減価償却費
                                         1,038              1,038
       のれん償却額
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 108               5
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    42             △ 88
       金融商品取引責任準備金の増減額(△は減少)                                   328             △ 194
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,166              2,735
                                        △ 42,482             △ 36,441
       受取利息及び受取配当金
                                         19,938              15,554
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 8,143             △ 19,511
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 2,014              △ 805
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    23              -
                                           195              110
       減損損失
       持分変動損益(△は益)                                  1,884                -
       顧客分別金信託の増減額(△は増加)                                  56,987             △ 51,373
                                        880,667             △ 151,703
       トレーディング商品の増減額
       約定見返勘定の増減額(△は増加)                                  34,445              221,478
                                        △ 54,003              45,601
       信用取引資産及び信用取引負債の増減額
       有価証券担保貸付金及び有価証券担保借入金の増
                                       △ 756,512              △ 30,526
       減額
                                        △ 2,724              41,224
       立替金及び預り金の増減額
       短期差入保証金の増減額(△は増加)                                  87,466             △ 88,347
       受入保証金の増減額(△は減少)                                 △ 83,697              352,457
                                       △ 112,176              △ 81,766
       その他
                                         94,115              277,938
       小計
                                         59,860              54,126
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 22,792             △ 13,900
       利息の支払額
                                        △ 40,993             △ 16,589
       法人税等の支払額
                                         11,618               6,179
       法人税等の還付額
                                        101,809              307,754
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 24/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,556             △ 3,270
       定期預金の預入による支出
                                         3,125              3,762
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 159,749             △ 101,838
       有価証券の取得による支出
                                        182,085              199,767
       有価証券の売却及び償還による収入
                                       △ 208,257             △ 206,056
       投資有価証券の取得による支出
                                        194,991              146,250
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 5,109             △ 8,952
       有形固定資産の取得による支出
                                            0              -
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 420             △ 277
       有形固定資産の除却による支出
                                        △ 21,527             △ 15,163
       無形固定資産の取得による支出
       貸付金の増減額(△は増加)                                 △ 1,395                43
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                         2,597                -
       収入
                                        △ 17,216              14,265
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  23,237              △ 9,907
       コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                  88,361             △ 321,313
       長期借入れによる収入                                 105,636              135,900
                                       △ 124,000             △ 141,600
       長期借入金の返済による支出
                                        481,267              196,170
       社債の発行による収入
                                       △ 449,382             △ 195,669
       社債の償還による支出
                                        △ 11,777             △ 10,266
       配当金の支払額
                                        △ 19,713              △ 3,732
       非支配株主への分配金支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                        △ 2,188                -
       よる支出
                                           -               0
       その他
                                         91,440             △ 350,417
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         3,809             △ 10,926
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   179,842              △ 39,323
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,149,317              1,194,597
                                        △ 36,043              △ 8,547
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                       ※ 1,293,116              ※ 1,146,725
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 25/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           11 社を連結しております。
           連結子会社名
            三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
            三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社
            カブドットコム証券株式会社
            MUSビジネスサービス株式会社
            エム・ユー・エス情報システム株式会社
            MUFGセキュリティーズEMEA (注)1
            三菱UFJウェルスマネジメント銀行(スイス)
            三菱UFJセキュリティーズ(香港)ホールディングス
            MUFGセキュリティーズアジア                  (注)2
            MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)                          (注)3
            MMパートナーシップ
            (注)1.MUFGセキュリティーズEMEAは、三菱UFJセキュリティーズインターナショナルから
                 商号変更しております。
               2.MUFGセキュリティーズアジアは、三菱UFJセキュリティーズ(香港)から商号変更して
                 おります。
               3.MUFGセキュリティーズアジア(シンガポール)は、三菱UFJセキュリティーズ(シンガ
                 ポール)から商号変更しております。
          (除外)
            MUFGセキュリティーズアメリカ
            MUFGセキュリティーズ(カナダ)
             上記2社は、当社が         MUFGセキュリティーズアメリカの全株式を当社の親会社である株式会社三菱U
             FJフィナンシャル・グループに現物配当したこと                        に伴い、連結の範囲から除外しております。なお、
             MUFGセキュリティーズアメリカは、三菱UFJセキュリティーズ(USA)から商号変更しており
             ます。
         2.持分法の適用に関する事項
           関連会社     3 社について持分法を適用しております。
           持分法適用関連会社名
            モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
            三菱UFJ国際投信株式会社
            丸の内キャピタル株式会社
         3.連結子会社の中間決算日等に関する事項
           連結子会社の中間決算日は以下のとおりであります。
            6月末日       6社
            9月末日       5社
           中間決算日が中間連結決算日と異なる連結子会社のうち、決算日の差異が3ヶ月を超えない6社について
          は、各社の中間決算日現在の中間財務諸表を使用しております。ただし、各社の中間決算日から中間連結決算
          日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
                                 26/71






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         4.会計方針に関する事項
          (1)トレーディングに関する有価証券等の評価基準および評価方法
            トレーディングに関する有価証券(売買目的有価証券)およびデリバティブ取引等については、原則とし
           て時価法を採用しております。
          (2)トレーディング関連以外の有価証券等の評価基準および評価方法
           ① その他有価証券
            ア.時価のあるもの
              当中間連結会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、
             売却原価は移動平均法により算定)によっております。
            イ.時価のないもの
              移動平均法による原価法によっております。
           ② 投資事業有限責任組合等出資
             投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
            とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の決算書を基
            礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
          (3)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産の減価償却の方法(リース資産を除く)
             当社および連結子会社は、主として定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物       6~50年
             器具備品       5~15年
           (会計方針の変更)
             法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」
            (実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当中間連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取
            得した建物附属設備および構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
             なお、この結果、当中間連結会計期間の営業利益、経常利益および税金等調整前中間純利益に与える影
            響は軽微であります。
           ② 無形固定資産の減価償却の方法(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
            (主として5年)に基づく定額法によっております。
          (4)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
             従業員に対する賞与の支払いに備えるため、所定の計算方法による支払見込額を計上しております。
           ③ 役員賞与引当金
             役員賞与の支払いに備えるため、当連結会計年度における支給見込額のうち当中間連結会計期間の負担
            額を計上しております。
           ④ 役員退職慰労引当金
             役員の退職慰労金の支払に備えるため、一部連結子会社は内規に基づく当中間連結会計期間末要支給額
            を計上しております。
          (5)退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法に
            ついては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として
            12年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
            の年数(主として12年)による定額法により按分した額をそれぞれ主として発生の翌連結会計年度から費
            用処理しております。
                                 27/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          (6)重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
             為替予約および金利スワップをヘッジ手段として指定した時価ヘッジおよび繰延ヘッジを適用していま
            す。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ア.為替変動リスク
              (a)ヘッジ手段
                為替予約
              (b)ヘッジ対象
                外貨建金融資産(有価証券、投資有価証券)
            イ.金利変動リスク
              (a)ヘッジ手段
                金利スワップ
              (b)ヘッジ対象
                有価証券、投資有価証券
           ③ ヘッジ方針
             外貨建金融資産の一部について為替変動リスクを回避するため、為替予約取引を行っているほか、一部
            の有価証券・投資有価証券の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対
            象の識別は個別契約ごとに行っております。
           ④ ヘッジの有効性評価の方法
             ヘッジ対象とヘッジ手段の有効性の評価を定期的に行っております。
          (7)中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金および当座預金、普通預金等の随時引き出し可能な預金からなっております。(預入期間が3ヵ
           月を超える定期預金は含んでおりません。)
          (8)その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項
           ① 消費税等の会計処理
             消費税および地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。
           ② 連結納税制度の適用
             当社および一部の国内連結子会社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを連結納税親会社
            とする連結納税制度を適用しております。
                                 28/71










                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (表示方法の変更)
     (中間連結損益計算書)
      1.従来     、「営業外収益」に独立掲記しておりました「受取利息」および「投資有価証券売却益」は、営業外収益の総
        額の100分の10を下回ったため、当中間連結会計期間より「その他」に含めることとしました。この表示方法の変
        更を反映させるため、前中間連結会計期間の中間連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前中間連結会計期間の中間連結損益計算書において、「営業外収益」の                                       「受取利息」および         「投資
        有価証券売却益」に表示していた1,678百万円および1,816百万円は、「その他」として組み替えております。
      2.従来     、「営業外費用」に独立掲記しておりました「偶発損失引当金繰入額」は、                                   営業外費用の総額の100分の10を
        下回ったため、当中間連結会計期間より「その他」に含めることとしました。この表示方法の変更を反映させる
        ため、前中間連結会計期間の中間連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前中間連結会計期間の中間連結損益計算書において、「営業外費用」の                                       「偶発損失引当金繰入額」
        に表示していた66百万円は、「その他」として組み替えております。
         (追加情報)

     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を                                                  当中間連結会
     計期間から適用しております。
                                 29/71















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間連結貸借対照表関係)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                           前連結会計年度                   当中間連結会計期間
                         (平成28年3月31日)                    (平成28年9月30日)
        減価償却累計額                         28,497   百万円                 28,824   百万円
     ※2.担保に供している資産

        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                     被担保債務                        担保に供している資産
                              期末残高         トレーディング商品               計

                科目
                              (百万円)            (百万円)           (百万円)
                                   165,982           121,413           121,413
        短期借入金
                                   150,000           102,374           102,374

         共通担保資金供給オペレーション
                                    2,208           2,910           2,910
        信用取引借入金
                                   19,301           20,276           20,276
        社債
                                   187,492           144,600           144,600
                 計
        (注)1.担保に供している資産は期末帳簿価額によるものであります。
           2.上記のほか、短期借入金(共通担保資金供給オペレーション)の担保として消費貸借契約により借り入
             れた有価証券169,773百万円および担保として受け入れた有価証券191,113百万円を差し入れておりま
             す。
        当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                     被担保債務                        担保に供している資産
                             中間期末残高          トレーディング商品               計

                科目
                              (百万円)            (百万円)           (百万円)
        短期借入金                          100,000           151,050           151,050
         共通担保資金供給オペレーション                         100,000           151,050           151,050

        信用取引借入金                           4,016           2,948           2,948

        社債                           18,657           19,344           19,344

                 計                  122,674           173,343           173,343

        (注)1.担保に供している資産は中間期末帳簿価額によるものであります。
           2.上記のほか、短期借入金(共通担保資金供給オペレーション)の担保として消費貸借契約により借り入
             れた有価証券78,963百万円および担保として受け入れた有価証券28,304百万円を差し入れております。
                                 30/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      3.有価証券を担保とした金融取引および有価証券の消費貸借契約により差し入れた、または受け入れた有価証券の時
        価額は以下のとおりであります。
        (1)差し入れた有価証券
                                 前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
        信用取引貸証券                             127,114    百万円            147,994百万円
                                      33,886
        信用取引借入金の本担保証券                                             27,915
        消費貸借契約により貸し付けた有価証券                            2,880,429                2,072,020
                                    10,795,883
        現先取引で売却した有価証券                                            6,950,191
                                     489,209
        その他担保として差し入れた有価証券                                             500,033
        (注)担保に供している資産に属するものは除いております。
        (2)受け入れた有価証券

                                 前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
        信用取引貸付金の本担保証券                             193,048    百万円            153,122百万円
                                      47,940
        信用取引借証券                                             60,684
                                    5,479,009
        消費貸借契約により借り入れた有価証券                                            5,397,841
                                    8,788,999
        現先取引で買い付けた有価証券                                            5,624,066
                                     561,172
        その他担保として受け入れた有価証券                                             488,998
     ※4.特別法上の準備金の計上を規定した法令の条項は以下のとおりであります。

         金融商品取引責任準備金
          金融商品取引法第46条の5
      5.当座貸越契約および貸出コミットメント

        (貸手側)
          連結子会社は貸出コミットメント契約等を締結しております。この契約に基づく貸出未実行残高は以下のとお
         りであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
         貸出コミットメントの総額                            60,271   百万円             26,017百万円
                                       -                 -
         貸出実行残高
                                     60,271
                 差引額                                     26,017
        (借手側)

          当社および連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行9行(前連結会計年度末は10
         行)と当座貸越契約等を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は以下のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
         当座貸越極度額                           310,728百万円                 268,714百万円
         借入実行残高                              -                 -
                 差引額                    310,728                 268,714
      6.偶発債務

        (保証債務)
          MUFGセキュリティーズアメリカが有価証券担保取引を行うに当たり、取引の相手方となる金融機関への債
         務に対して保証を行っております。なお、当中間連結会計期間末において当該残高はありません。
        (訴訟等)
          当社の英国現地法人は、同国における当局報告に関して関係当局から情報提出要請を受けており、関係当局に
         よる調査に対応しておりますが、現時点では損失の発生時期や額を合理的に見積もることは困難であるために、
         引当金を計上しておりません。
                                 31/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間連結損益計算書関係)
     ※1.人件費には、次のものが含まれております。
                                前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                至 平成28年9月30日)
        賞与引当金繰入額                             25,538百万円                16,396百万円
        退職給付費用                               864               5,729
     ※2.投資有価証券評価損

        「金融商品に関する会計基準」に基づき減損処理を行ったものであります。
     ※3.減損損失

        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
        前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
             場所             用途             種類         減損損失額(百万円)
        東京都渋谷区
                      店舗設備             建物                        98
        他2箇所
        東京都江東区
                      業務システム             ソフトウェア                        97
        他1箇所
         当社グループは、主要な連結子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社については、同社の管
        理会計制度における管理単位をキャッシュ・フロー生成単位としてホールセールとリテールに分け、それぞれの本
        部および支店についてグルーピングを行っており、その他の連結子会社のうち、賃貸用不動産を有する会社につい
        てはそれぞれの物件毎に、当社を含むそれ以外の会社については原則として、事業全体を1つの資産グループとし
        てそれぞれグルーピングを行い減損の兆候を判断しております。
         当中間連結会計期間において、店舗の移転により使用の見込みがなくなった建物、業務システムの一部更改等に
        より使用の見込みがなくなったソフトウェアについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失(195百万
        円)として特別損失に計上しております。
         当資産グループの回収可能価額のうち、店舗設備の建物については正味売却価額で測定しており、合理的な見積
        もりにより評価しております。
         また、業務システムのソフトウェアについては使用価値で測定しており、将来キャッシュ・フローを0.5%で割
        り引いて算定しております。
        当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

             場所             用途             種類         減損損失額(百万円)
        東京都江東区             業務システム             ソフトウェア                        99
        その他             店舗設備             建物                        10

         当社グループは、主要な連結子会社である三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社については、同社の管
        理会計制度における管理単位をキャッシュ・フロー生成単位としてホールセールとリテールに分け、それぞれの本
        部および支店についてグルーピングを行っており、その他の連結子会社のうち、賃貸用不動産を有する会社につい
        てはそれぞれの物件毎に、当社を含むそれ以外の会社については原則として、事業全体を1つの資産グループとし
        てそれぞれグルーピングを行い減損の兆候を判断しております。
         当中間連結会計期間において、店舗の移転により使用の見込みがなくなった建物、業務システムの一部更改等に
        より使用の見込みがなくなったソフトウェアについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損失(110百万
        円)として特別損失に計上しております。
         当資産グループの回収可能価額のうち、店舗設備の建物については正味売却価額で測定しており、合理的な見積
        もりにより評価しております。
         また、業務システムのソフトウェアについては使用価値で測定しており、将来キャッシュ・フローを0.1%で割
        り引いて算定しております。
                                 32/71




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間連結株主資本等変動計算書関係)
     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                当中間連結会計期          当中間連結会計期          当中間連結会計期
                      当連結会計年度期
                                間増加株式数          間減少株式数          間末株式数
                      首株式数(千株)
                                  (千株)          (千株)          (千株)
       発行済株式
        普通株式                  736,985            -          -       736,985

             合計             736,985            -          -       736,985

       (注)自己株式については、該当事項はありません。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
           (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
        平成27年6月24日
                   普通株式           11,777         15.98    平成27年3月31日         平成27年6月24日
        定時株主総会
      (2)基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間末後となるもの

                       配当金の総額             1株当たり
          (決議)       株式の種類             配当の原資               基準日        効力発生日
                        (百万円)            配当額(円)
        平成27年10月29日
                  普通株式        10,494    利益剰余金         14.24    平成27年9月30日         平成27年11月16日
        取締役会
                                 33/71











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                当中間連結会計期          当中間連結会計期          当中間連結会計期
                      当連結会計年度期
                                間増加株式数          間減少株式数          間末株式数
                      首株式数(千株)
                                  (千株)          (千株)          (千株)
       発行済株式

        普通株式                  736,985            -          -       736,985

             合計             736,985            -          -       736,985

       (注)自己株式については、該当事項はありません。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                当中間連結会計期間末残高
          区分
                    (百万円)
        連結子会社                   16

     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                          配当財産の種類および               1株当たり
          (決議)       株式の種類                              基準日      効力発生日
                           帳簿価額(百万円)
                                        配当額(円)
                       MUFGセキュリティー
        平成28年3月25日
                  普通株式      ズアメリカ(注)の普通             53,301       72.32     -   平成28年7月1日
        取締役会
                       株式全て
        (注)MUFGセキュリティーズアメリカは、平成28年7月1日付で三菱UFJセキュリティーズ(USA)から
           商号変更しております。
                         配当金の総額         1株当たり

           (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
        平成28年4月28日
                   普通株式           10,266         13.93    平成28年3月31日         平成28年5月17日
        取締役会
      (2)基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間末後となるもの

                       配当金の総額             1株当たり
          (決議)
                 株式の種類             配当の原資               基準日        効力発生日
                        (百万円)            配当額(円)
        平成28年11月1日
                  普通株式        10,015    利益剰余金         13.59    平成28年9月30日         平成28年11月15日
        取締役会
                                 34/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※ 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記する科目の金額との関係
                               前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                至 平成28年9月30日)
       現金・預金                            1,302,030百万円                 1,152,989百万円
                                     △8,913
       預入期間が3ヵ月を超える定期預金                                              △6,263
       現金及び現金同等物の中間期末残高                            1,293,116                 1,146,725
         (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
        重要性がないため、リース資産の内容および減価償却の方法の記載を省略しております。
       (貸主側)

        該当事項はありません。
     2 . オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       (借主側)
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                             (平成28年3月31日)                  (平成28年9月30日)
                                                         9,681
       1年内                                9,932
                                                         64,089
       1年超                                79,961
                                                         73,771
               合計                        89,894
       (貸主側)

                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                             (平成28年3月31日)                  (平成28年9月30日)
       1年内                                 172                  -
       1年超                                 852                  -
               合計                         1,025                   -
                                 35/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (金融商品関係)
          金融商品の時価等に関する事項
          中間連結(連結)貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時
          価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)参照)
          前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                  連結貸借対
                                             時    価     差    額
                                  照表計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
          (1)  現金・預金                                  1,202,126             -
                                     1,202,126
          (2)  預託金                                   608,673          △435
                                      609,108
          (3)  商品有価証券等                                  3,082,614             -
                                     3,082,614
          (4)  約定見返勘定                                   159,535            -
                                      159,535
          (5)  信用取引資産                                   260,890            -
                                      260,890
                                      210,157
             ①信用取引貸付金(            *1)
                                        △0
               貸倒引当金
                                      210,157         210,157            -
                                       50,732         50,732           -
             ②信用取引借証券担保金
          (6)  有価証券担保貸付金                        12,304,282         12,304,129            △152
                                     4,648,830         4,648,830             -
             ①借入有価証券担保金
                                     7,655,452         7,655,299           △152
             ②現先取引貸付金
          (7)  立替金                           4,986         4,986           -
          (8)  短期差入保証金                          944,504         944,504            -
          (9)  短期貸付金(      *1)                      133
                                        △0
             貸倒引当金
                                        133         133          -
                                      388,919         389,038           118
          (10)有価証券および投資有価証券
                                     18,957,102         18,956,633            △469
          資           産           計
          (1)  商品有価証券等                         1,730,053         1,730,053             -
          (2)  約定見返勘定                            -         -         -
          (3)  信用取引負債                          162,002         162,002            -
                                       33,926         33,926           -
             ①信用取引借入金
                                      128,075         128,075            -
             ②信用取引貸証券受入金
          (4)  有価証券担保借入金                        11,172,507         11,172,377            △129
                                     2,590,459         2,590,459             -
             ①有価証券貸借取引受入金
                                     8,582,047         8,581,918           △129
             ②現先取引借入金
          (5)  預り金                          433,688         433,688            -
          (6)  受入保証金                         1,559,515         1,559,515             -
          (7)  短期借入金                         1,147,689         1,147,689             -
          (8)  1年内返済予定の長期借入金                          71,548         71,556            8
          (9)  コマーシャル・ペーパー                          735,924         735,924            -
                                      169,048         169,122            74
          (10)1年内償還予定の社債
                                      918,311         919,323          1,011
          (11)社債
                                      488,815         491,847          3,031
          (12)長期借入金
                                     18,589,104         18,593,101            3,996
          負           債           計
          デリバティブ取引        (*2)
                                      267,242         267,242            -
           ①ヘッジ会計が適用されていないもの
           ②ヘッジ会計が適用されているもの                            (2,886)         (2,886)            -
                                      264,356         264,356            -
          デ   リ   バ   テ   ィ   ブ   取   引   計
          (*1)該当科目は、対応する一般貸倒引当金を控除しております。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目
            については、( )で示しております。
                                 36/71




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          当中間連結会計期間(平成28年9月30日)
                                  中間連結貸借
                                             時    価     差    額
                                  対照表計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
          (1)  現金・預金                                  1,152,989             -
                                     1,152,989
          (2)  預託金                          677,436         676,911          △  525
          (3)  商品有価証券等                         2,594,069         2,594,069             -
          (4)  約定見返勘定                             -         -         -
          (5)  信用取引資産                          229,031         229,031            -
                                      165,274
             ①信用取引貸付金(            *1)
                                        △0
               貸倒引当金
                                      165,274         165,274            -
                                       63,757         63,757            -
             ②信用取引借証券担保金
          (6)  有価証券担保貸付金                         8,376,133         8,376,133             -
                                     4,629,002         4,629,002             -
             ①借入有価証券担保金
                                     3,747,130         3,747,130             -
             ②現先取引貸付金
          (7)  立替金                           4,835         4,835           -
          (8)  短期差入保証金                          955,711         955,711            -
          (9)  短期貸付金(      *1)                     92,094
                                        △0
             貸倒引当金
                                       92,094         92,094            -
                                      308,384         308,591           206
          (10)有価証券および投資有価証券
                                       18,734
          (11)長期貸付金(        *1)
                                        △0
             貸倒引当金
                                       18,734         18,734            -
                                     14,409,419         14,409,101           △  318
          資           産           計
          (1)  商品有価証券等                         1,715,648         1,715,648             -
          (2)  約定見返勘定                          130,013         130,013            -
          (3)  信用取引負債                          175,744         175,744            -
                                       28,112         28,112            -
             ①信用取引借入金
                                      147,631         147,631            -
             ②信用取引貸証券受入金
          (4)  有価証券担保借入金                         6,816,155         6,816,155             -
                                     1,654,490         1,654,490             -
             ①有価証券貸借取引受入金
                                     5,161,665         5,161,665             -
             ②現先取引借入金
          (5)  預り金                          487,468         487,468            -
          (6)  受入保証金                         1,677,663         1,677,663             -
          (7)  短期借入金                         1,079,958         1,079,958             -
          (8)  1年内返済予定の長期借入金                          78,086         78,117           30
          (9)  コマーシャル・ペーパー                          396,121         396,121            -
                                      196,990         197,071            81
          (10)1年内償還予定の社債
                                      889,193         889,962           769
          (11)社債
                                      476,453         479,626          3,172
          (12)長期借入金
                                     14,119,498         14,123,552            4,054
          負           債           計
          デリバティブ取引        (*2)
                                      279,580         279,580            -
           ①ヘッジ会計が適用されていないもの
                                      (11,506)         (11,506)             -
           ②ヘッジ会計が適用されているもの
                                      268,074         268,074            -
          デ   リ   バ   テ   ィ   ブ   取   引   計
          (*1)該当科目は、対応する一般貸倒引当金を控除しております。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目
            については、( )で示しております。
                                 37/71





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
         資産
         (1)  現金・預金ならびに(2)           預託金
          これらについては、主として約定期間が短期間のもの、あるいは満期のないものであり、時価は帳簿価額と近
         似していることから、当該帳簿価額を時価としております。なお、一部の子会社においては、預託金に含まれる
         債券及びマルチコーラブル預金(定期預金)の時価は、取引金融機関等から提示された価格によっております。
         (3)  商品有価証券等
          商品有価証券等については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、または
         これらに準ずる価格等を時価としております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には理論価格をそ
         れぞれ時価として使用しております。理論価格を算出する際には対象となる商品や取引について最も適切と考え
         られるモデルを採用しております。
         (4)  約定見返勘定
          当該取引期間は主に短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としており
         ます。
         (5)  信用取引資産
          信用取引貸付金については、当該取引期間は主に短期間であり、時価は貸倒引当金控除後の帳簿価額と近似し
         ていることから、当該価額を時価としております。
          信用取引借証券担保金については、当該取引期間は主に短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることか
         ら、当該帳簿価額を時価としております。
         (6)  有価証券担保貸付金
          これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を
         時価としております。また在外子会社の一部の時価は、対象残高のイールドカーブに基づき算出した現在価値に
         より算出しております。
         (7)  立替金、(8)      短期差入保証金ならびに(9)短期貸付金
          これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を
         時価としております。
         (10)   有価証券および投資有価証券
          これらの時価については、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格または取引金融機関から提
         示された価格によっております。投資信託については、公表されている基準価格等によっております。組合出資
         金については、組合財産を時価評価できるものには時価評価を行ったうえ、当該時価に対する持分相当額を組合
         出資金の時価とみなして計上しております。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
         (11)   長期貸付金
          主に短期間で市場金利を反映する変動金利での貸付であり、主として時価は貸倒引当金控除後の帳簿価額と近
         似していることから、当該価額を時価としております。
         負債

         (1)  商品有価証券等
          商品有価証券等については、市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、または
         これらに準ずる価格等を時価としております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には理論価格をそ
         れぞれ時価として使用しております。理論価格を算出する際には対象となる商品や取引について最も適切と考え
         られるモデルを採用しております。
         (2)  約定見返勘定
          当該取引期間は主に短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としており
         ます。
         (3)  信用取引負債
          これらは主に短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (4)  有価証券担保借入金
          これらについては、当該取引期間は短期間であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を
         時価としております。また在外子会社の一部の時価は、対象残高のイールドカーブに基づき算出した現在価値に
         より算出しております。
                                 38/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (5)  預り金、(6)      受入保証金ならびに(7)           短期借入金
          これらは主に短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (8)  1年内返済予定の長期借入金ならびに(12)長期借入金
          長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、当社の信用状態が実行
         後大きく異なっていないかぎり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。な
         お、一部の長期借入金は、組込デリバティブを区分処理しており、現物負債部分を、変動利率の長期借入金とみ
         なしており、変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は借入後
         大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっており
         ます。また、変動金利で当社の信用状態が実行時と乖離しているものは、一定の期間ごとに区分した当該長期借
         入金の元利金の合計額を同様の借入において想定される利率で割引いたものを用いて時価としております。一
         方、固定金利によるものは、主に一定期間ごとに区分した当該長期借入金の元利金の合計額を同様の借入におい
         て想定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。
         (9)  コマーシャル・ペーパー
          コマーシャル・ペーパーは約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額に近似していることから、
         当該帳簿価額を時価としております。また、在外子会社の時価は公正価値オプションを適用しており、理論価格
         によっております。なお、理論価格を算出する際には、最も適切と考えられるモデルを採用しております。
         (10)   1年内償還予定の社債ならびに(11)                 社債
          当社の発行する社債は、組込デリバティブを区分処理しており、現物負債部分を、変動利率の社債とみなして
         おります。変動金利によるものは、短期間(1年以内)で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は社債発行
         後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によってお
         ります。なお、劣後特約付社債については、変動金利で当社の信用状態が発行時と乖離しているものは、一定の
         期間ごとに区分した当該社債の元利金の合計額を同様の発行において想定される利率で割引いたものを用いて時
         価としております。一方、固定金利によるものは、一定期間ごとに区分した当該社債の元利金の合計額を同様の
         発行において想定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。
          在外子会社において発行する仕組債の時価は公正価値オプションを適用しており、理論価格によっておりま
         す。なお、理論価格を算出する際には、最も適切と考えられるモデルを採用しております。
         デリバティブ取引

          市場で取引されているものについては、市場取引価格、業者間取引価格、またはこれらに準ずる価格等を時価
         としております。市場取引価格または業者間取引価格がない場合には理論価格をそれぞれ時価として使用してお
         ります。理論価格を算出する際には対象となる商品や取引について最も適切と考えられるモデルを採用しており
         ます。
         (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間連結(連結)貸借対照表計上額は次のとお

           りであり、金融商品の時価情報の「資産(10)有価証券                         および投資有価証券         」には含まれておりません。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                 区分
                              (平成28年3月31日)                 (平成28年9月30日)
         ① 非上場株式等(*1)                              289,284                 292,645
         ② 組合出資金等(*2)                                74                 61
         (*1)非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価
           開示の対象としておりません。
         (*2)組合出資金等のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められるもので構成
           されているものについては、時価開示の対象としておりません。
         (注3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
           含まれています。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等に
           よった場合、当該価額が異なることもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバ
           ティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクではありま
           せん。
                                 39/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                               連結貸借対照表
                                        取得原価(百万円)           差額(百万円)
                         種類
                               計上額(百万円)
                                     3,300          1,453          1,847
                       (1)株式
                                    58,445          58,247            198
                       (2)債券
         連結貸借対照表計上額が
         取得  原価を超えるもの
                                     3,682          2,646          1,036
                       (3)その他
                        小計             65,428          62,346           3,081
                                     3,812          4,298          △486
                       (1)株式
                                    317,887          320,517          △2,629
                       (2)債券
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えないもの
                                     1,790          1,791           △0
                       (3)その他
                        小計            323,490          326,607          △3,116
                                    388,919          388,954            △34
                 合計
       (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額 1,834百万円)および組合出資金等のうち組合財産が非上場株式等で
          構成されているもの(連結貸借対照表計上額 74百万円)については、時価を把握することが極めて困難と
          認められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                              中間連結貸借対照表
                                        取得原価(百万円)           差額(百万円)
                         種類
                               計上額(百万円)
                                     2,729          1,275          1,454
                       (1)株式
                                    217,005          214,134           2,870
                       (2)債券
       中間連結貸借対照表計上額が
       取得  原価を超えるもの
                                      -          -          -
                       (3)その他
                        小計            219,735          215,410           4,325
                                     2,767          3,501          △733
                       (1)株式
                                    82,030          82,683           △652
                       (2)債券
       中間連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                     3,850          3,881           △31
                       (3)その他
                        小計             88,649          90,066          △1,417
                                    308,384          305,477           2,907
                 合計
       (注)非上場株式等(中間連結貸借対照表計上額 1,715百万円)および組合出資金等のうち組合財産が非上場株式
          等で構成されているもの(中間連結貸借対照表計上額 61百万円)については、時価を把握することが極め
          て困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     2.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度において、有価証券について23百万円(その他有価証券のその他23百万円)減損処理を行っており
       ます。
        当中間連結会計期間において、有価証券について減損処理を行っておりません。
        なお、減損処理にあたっては、原則として、時価のある有価証券については中間連結決算日(連結決算日)の時価
       が取得原価と比べて、また時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については実質価額が取得原価と
       比べて、50%以上下落した全銘柄および30%以上50%未満下落した銘柄のうち回復可能性があると認められるものを
       除き、減損処理を行っております。
                                 40/71






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (デリバティブ取引関係)
     ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの中間連結(連結)決算日におけ
     る契約額または契約において定められた元本相当額、時価および評価損益ならびに当該時価の算定方法は、次のとおりで
     あります。
     (a)金利関連取引

      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                5,027,666        3,380,849         △2,704        △2,704
                        売建
              金利先物
                                16,146,657        11,573,458          11,359        11,359
                        買建
       市場取引
                                1,655,317         15,003        △108         82
                        売建
              金利オプション
                                1,602,451           -       123       △180
                        買建
                                22,491,816         529,083        △2,053        △2,053
                        売建
              金利先渡契約
                                22,518,932         237,386           0        0
                        買建
                        受取固定    ・
                               299,794,702        220,928,106         8,668,799        8,668,799
                        支払変動
                        受取変動・
                               293,225,265        230,744,788        △8,591,396        △8,591,396
                        支払固定
              金利スワップ
                        受取変動・
       市場取引以外
                                35,986,545        30,510,738          22,952        22,952
                        支払変動
       の取引
                        受取固定・
                                  289,737        229,346        △1,371        △1,371
                        支払固定
                                23,908,894        17,303,698        △762,459        △202,160
                        売建
              金利スワップション
                                21,716,652        16,112,749         675,327        175,802
                        買建
                                1,984,820        1,628,162        △52,322        △28,298
                        売建
              その他
                                2,342,570        1,685,478         48,604        24,256
                        買建
                                 -        -        14,750        75,087
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、シカゴ・マーカンタイル取引所等が定める清算価格によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 41/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                3,119,188        2,997,553        △19,784        △19,784
                        売建
              金利先物
                                10,659,687        6,992,588         49,531        49,531
                        買建
       市場取引
                                1,068,861           -      △204         459
                        売建
              金利オプション
                                  949,047          -       287       △655
                        買建
                                33,268,823        1,822,955         14,779        14,779
                        売建
              金利先渡契約
                                31,680,225        1,681,224        △14,291        △14,291
                        買建
                        受取固定    ・
                               315,063,180        233,107,239        12,483,204        12,483,204
                        支払変動
                        受取変動・
                               308,933,963        235,212,030       △12,418,270        △12,418,270
                        支払固定
              金利スワップ
                        受取変動・
       市場取引以外
                                37,276,455        31,835,555          34,110        34,110
                        支払変動
       の取引
                        受取固定・
                                  288,017        217,889         7,406        7,406
                        支払固定
                                23,205,259        16,748,610        △898,233        △281,637
                        売建
              金利スワップション
                                21,765,207        15,736,800         807,721        279,617
                        買建
                                2,178,804        1,903,928        △57,327        △35,270
                        売建
              その他
                                2,298,342        1,934,708         53,520        24,717
                        買建
                                 -        -        42,451       123,917
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、シカゴ・マーカンタイル取引所等が定める清算価格によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 42/71











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     (b)通貨関連取引
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                     契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分           種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                               29,646,490        20,715,593         114,948        114,948
              通貨スワップ
                                1,980,308         219,525       △54,459        △54,459
                       売建
              為替予約
       市場取引以外
                                1,060,961         299,151        72,570        72,570
                       買建
       の取引
                                2,952,622        1,948,627        △96,006        △49,290
                       売建
              通貨オプション
                                2,436,037        1,689,198         114,625        71,931
                       買建
                                 -        -        151,678        155,701
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                                     契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分           種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
              通貨スワップ                 27,043,896        19,907,621         133,814        133,814
                                1,943,105         205,634         △597        △597
                       売建
              為替予約
       市場取引以外
                                1,328,928         274,064        28,664        28,664
                       買建
       の取引
                                2,460,167        1,873,418        △36,860         1,575
                       売建
              通貨オプション
                                2,120,920        1,569,619         48,819        10,452
                       買建
                                 -        -        173,841        173,909
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 43/71











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     (c)株式関連取引
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                       1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                  489,737        28,533          45        45
                       売建
              株式指数先物
                                  168,758        27,306        4,415        4,415
                       買建
       市場取引
                                  900,200        438,503       △88,295        △6,351
                       売建
              株式指数
                                  678,945        319,969        60,159        △822
              オプション
                       買建
                                  483,991        340,304       △77,487        △49,318
                       売建
              有価証券
              店頭オプション                    426,366        304,417        79,790        62,643
                       買建
                       株価指数変化率
                                  153,042        73,998       △4,055        △4,055
       市場取引以外
                       受取・金利支払
              有価証券店頭
       の取引
              指数等スワップ
                       金利受取・株価
                                  219,416        181,319        39,097        39,097
                       指数変化率支払
                                   3,534         -        0        0
                       売建
              有価証券店頭
              指数等先渡取引
                                  19,116          -               59
                       買建                             59
                                 -        -        13,730        45,713
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、大阪取引所等が定める清算指数によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価      評価損益
                                       1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                  316,957        28,533        6,327        6,327
                       売建
              株式指数先物
                                  184,977        41,319        4,544        4,544
                       買建
       市場取引
                                 1,034,907         579,409       △98,134        △1,935
                       売建
              株式指数
                                  839,712        403,493        60,080       △5,503
              オプション
                       買建
                                  430,790        262,428       △56,091        △31,642
                       売建
              有価証券
              店頭オプション                    510,425        350,877        65,182        47,988
                       買建
                       株価指数変化率
                                  265,775        119,374        △6,730        △6,730
       市場取引以外
                       受取・金利支払
              有価証券店頭
       の取引
              指数等スワップ
                       金利受取・株価
                                  276,672        216,937        40,391        40,391
                       指数変化率支払
                       売建             476        -        28        28
              有価証券店頭
              指数等先渡取引
                                            -
                       買建           31,588                 314        314
                                 -        -        15,914        53,783
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、大阪取引所等が定める清算指数によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 44/71





                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     (d)債券関連取引
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                 154,102          -
                      売建                             37        37
              債券先物
                                 185,725          -
                      買建                           △405        △405
       市場取引
                                  6,733         -
                      売建                            △2         0
              債券先物
                                  1,495         -
              オプション
                      買建                             2        0
                                 158,030          -
                      売建                           △666         207
              債券店頭
              オプション                   172,082          -
                      買建                           1,781         953
                      受取固定・
                                  38,100
                                         38,100        6,575        6,575
                      支払変動
                      受取変動・
                                  2,000
                                          2,000         70        70
                      支払固定
       市場取引以外       債券店頭
       の取引       スワップ
                      受取変動・
                                 384,093
                                         384,093        △4,907        △4,907
                      支払変動
                      受取固定・
                                  27,000
                                         27,000        5,141        5,141
                      支払固定
                                  5,272         -
                      売建                            △32        △32
              債券店頭
              先渡取引                      70        -
                      買建                             0        0
                                 -        -         7,595        7,642
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、大阪取引所等が定める清算値段によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                                      契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                                           -
                      売建           221,366                △511        △511
              債券先物
                                           -
                      買建           110,887                2,013        2,013
       市場取引
                                           -
                      売建           114,427                 △60        107
              債券先物
              オプション                             -
                      買建           207,396                  61       △96
                                           -
                      売建           286,208                △918         32
              債券店頭
              オプション                             -
                      買建           293,720                1,352         100
                      受取固定・
                                  7,300        7,300         961        961
                      支払変動
       市場取引以外
                      受取変動・
                                  2,000         -        67        67
       の取引
                      支払固定
              債券店頭
              スワップ
                      受取変動・
                                 298,025        298,025       △31,727        △31,727
                      支払変動
                      受取固定・
                                  26,000        26,000        4,583        4,583
                      支払固定
                                 -        -       △24,177        △24,468
                 合計
      (注)   時価の算定方法
         市場取引については、大阪取引所等が定める清算値段によっております。
         市場取引以外の取引については、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 45/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     (e)商品関連取引
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      商品指数変化率
                                  68,483        65,602       △13,955        △13,955
                      受取・金利支払
              商品スワップ
       市場取引以外
                      金利受取・商品
       の取引
                                  68,483        65,602        14,032        14,032
                      指数変化率支払
              商品オプション        売建              99        99       △58        △58
                                 -        -
                 合計                                  18        18
      (注)1     時価の算定方法
           取引対象物の価格、契約期間、その他当該取引に係る契約を構成する要素に基づき算定しております。
         2  商品は主に石油に係るものであります。
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                     種類
                                (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                      商品指数変化率
                                  52,271        52,269       △13,355        △13,355
                      受取・金利支払
              商品スワップ
       市場取引以外
                      金利受取・商品
                                  52,271        52,269        13,510        13,510
       の取引
                      指数変化率支払
                                    101        101       △74        △74
              商品オプション        売建
                                 -        -          80        80
                 合計
      (注)1     時価の算定方法
           取引対象物の価格、契約期間、その他当該取引に係る契約を構成する要素に基づき算定しております。
         2  商品は主に天然ガスに係るものであります。
                                 46/71










                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     (f)クレジットデリバティブ取引
      前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                     契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分
                    種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                         売建       2,469,938        1,916,208         21,276        21,276
              クレジット・デフォ
              ルト・オプション
                         買建       3,321,682        2,727,227         58,081        58,081
       市場取引以外
       の取引
              トータル・レート
              ・オブ・リターンス           買建        111,818        68,928         110        110
              ワップ
                                 -        -         79,468        79,468
                 合計
      (注)1     時価の算定     方法
           割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
         2  「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
      当中間連結会計期間(平成28年9月30日)

                                     契約額等のうち
                               契約額等                 時価       評価損益
                                      1年超のもの
         区分            種類
                               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                         売建       2,381,014        1,760,790         30,819        30,819
              クレジット・デフォ
              ルト・オプション
                         買建       3,207,481        2,551,620         40,572        40,572
       市場取引以外
       の取引
              トータル・レート
                                  88,055                  79        79
              ・オブ・リターンス           買建                 59,540
              ワップ
                                 -        -         71,471        71,471
                 合計
      (注)1     時価の算定     方法
           割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
         2  「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
         (ストック・オプション等関係)

     前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
      該当事項はありません。
     当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

      重要性がないため、記載を省略しております。
                                 47/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (企業結合等関係)
     共通支配下の取引等
      子会社株式の現物配当
      1.取引の概要
       当該子会社の名称およびその事業の内容
       (1)  子会社の名称
         MUFGセキュリティーズアメリカ
       (2)  事業の内容
         証券業
       (3)  企業結合日
         平成28年7月1日(現物配当の効力発生日)
       (4)  その他取引の概要に関する事項
          当社の親会社である株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、「MUFG」といいます。)は、
         平成26年2月に米国当局により発表された米国プルデンシャル規制(以下、「EPS規制」といいます。)の最
         終ルールの適用を受け、平成28年7月1日までに、米国金融持株会社MUFG                                   Americas     Holdings     Corporation(以
         下、「MUAH」)をEPS規制で設置が求められている米国中間持株会社として、当社およびMUFGグルー
         プ各社の在米子会社をその傘下に置くことを決定しております。
          当社は、平成28年3月25日開催の取締役会において、当社在米子会社であるMUFGセキュリティーズアメリ
         カ(旧商号は三菱UFJセキュリティーズ(USA))の全株式をMUFGに現物配当することを決議いたしま
         した。MUFGは当該株式をMUAHに現物出資し、その対価としてMUAHの株式を取得しました。
          当該現物配当の実行により、MUFGセキュリティーズアメリカおよびその子会社であるMUFGセキュリ
         ティーズ(カナダ)は当社の連結子会社に該当しないことになりました。
      2.実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及び事業分
       離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                              平成25年9月13日)に基づき、共通支配下の取引
       として会計処理を行っております。
      3.当該連結子会社が含まれている報告セグメントの名称

       「証券業務(米国)」
        MUFGセキュリティーズアメリカ                 およびその子会社であるMUFGセキュリティーズ(カナダ)は、本件後に当
       社の連結範囲から除外されましたが、当社の社内収益管理は引き続き両社を含めて行うため、「証券業務(米国)」
       での開示を継続しております。なお、中間連結財務諸表計上額との差額は、調整額で調整しております。
      4.当中間連結会計期間の中間連結損益計算書に計上されている当該子会社に係る損益の概算額

        純営業収益 22,507百万円、経常利益 4,145百万円、中間純利益 2,545百万円
                                 48/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (資産除去債務関係)
     資産除去債務のうち中間連結(連結)貸借対照表に計上しているもの
     (1)当該資産除去債務の総額の増減
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成28年9月30日)
       期首残高                              6,949百万円                 6,685百万円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                                15               2,093
       時の経過による調整額                                81                 42
       資産除去債務の履行による減少額                              △409                 △282
       見積りの変更による増減額                                47                 -
       中間期末(期末)残高                              6,685                 8,538
     (2)資産除去債務の見積りを変更した場合の概要及び影響額

       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        当連結会計年度において、一部の資産の除去時点において必要とされる除去費用が、既見積額を超過する見込みで
       あることが明らかになったことから、変更前の資産除去債務残高より47百万円加算しております。
                                 49/71















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
      が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社グループは、金融商品取引業を中心とする営業活動を各地域で展開し、投資・金融サービスに係る事業を行って
      おります。その中で当社は、証券持株会社として傘下の事業会社各社のグループ間連携を推進しつつ、業態毎に経営資
      源の配分や業績の検討を行っております。
       したがって、当社グループは、業態・地域別のセグメントから構成されており、「証券業務(国内)」「証券業務
      (英国)」「証券業務(米国)」を報告セグメントとしております。
       「証券業務」はお客さまに対し資金調達、資金運用の両面で幅広い投資・金融サービスを提供しております。
       なお、平成28年7月1日付でMUFGセキュリティーズアメリカ(以下「MUSA」といいます。)およびその子会
      社であるMUFGセキュリティーズ(カナダ)は当社の連結範囲から除外されておりますが、当社の社内収益管理は引
      き続き両社を含めて行うため、「証券業務(米国)」での開示を継続しております。なお、中間連結財務諸表計上額と
      の差額は、調整額で調整しております。(ただし、当社の当中間連結損益計算書においては、両社の6ヶ月分の損益を
      取り込んでいるため、当中間連結会計期間における調整は行っておりません。)
      2.報告セグメントごとの純営業収益、利益または損失、資産その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益または損失は、税金費用控除後の利益または損失をベースとし
      た数値であります。セグメント間の内部純営業収益および振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 50/71














                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      3.報告セグメントごとの純営業収益、利益または損失、資産その他の項目の金額に関する情報
        前中間連結会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        中間連結
                          報告セグメント
                                        その他          調整額     財務諸表
                                              合計
                    証券業務     証券業務     証券業務
                                        (注)1          (注)2      計上額
                                    計
                    (国内)     (英国)     (米国)
                                                        (注)3
        純営業収益
        外部顧客からの純営業収益
                     186,880      21,622     26,506     235,009     10,368     245,377        -   245,377
        セグメント間の内部純営業
                      1,453     4,594      520    6,568    13,790     20,358     △ 20,358       -
        収益または振替高
         計            188,334      26,216     27,026     241,578     24,158     265,736     △ 20,358     245,377
        セグメント利益
                      38,358      3,077     3,465    44,902     79,461     124,364     △ 96,836     27,527
        セグメント資産            16,735,642     12,003,631     4,249,047     32,988,321     2,191,370     35,179,692     △ 3,070,961     32,108,730
        その他の項目
         減価償却費             8,122     1,229      179    9,531      550    10,081      △ 205    9,876
         のれんの償却額               -     -     -     -     -     -     1,038     1,038
         受取利息               0   1,596      -    1,597      81    1,678       -    1,678
         支払利息               -     -     -     -     21     21     △ 21     -
         持分法投資利益または損失
                       -     -     -     -     -     -     8,143     8,143
         (△)
         特別利益             2,687      -     -    2,687      74    2,761     △ 2,486      275
         (うち、投資有価証券売却
                     (2,687  )    (- )    (- )  (2,687  )    (74 )   (2,761  )  (△ 2,486  )   (275 )
         益)
         特別損失              740      23     -     764     184     949     1,883     2,833
        (うち、減損損失)              (173 )    (23 )    (- )   (196 )   (△ 1)   (195 )    (△ 0)   (195 )
         (うち、持分変動損失)              (- )    (- )    (- )    (- )    (- )    (- )   (1,884  )   (1,884  )
        (うち、金融商品取引責任
                      (328 )    (- )    (- )   (328 )    (- )   (328 )     (- )   (328 )
         準備金繰入れ)
         税金費用             18,542      948    2,336    21,827     1,066     22,893      △ 857    22,036
         持分法適用会社への投資額               -     -     -     -   441,869     441,869     △ 160,896     280,973
         有形固定資産および無形固
                      21,471      1,495     2,457    25,424     1,194     26,619      △ 190    26,429
         定資産の増加額
        (注)1.「その他」には、証券持株会社等が含まれております。
           2.調整額は、以下のとおりであります。
            (1)セグメント利益の調整額△96,836百万円には、セグメント間取引消去等△86,574百万円および各セ
               グメントに配分していない持分法投資損益・税金費用・非支配株主に帰属する中間純利益△5,686百
               万円が含まれております。
            (2)セグメント資産の調整額は、主にセグメント間の債権等の相殺消去です。
           3.セグメント利益は、中間連結財務諸表の親会社株主に帰属する中間純利益と調整を行っております。
                                 51/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        当中間連結会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        中間連結
                          報告セグメント
                                        その他          調整額     財務諸表
                                              合計
                    証券業務     証券業務     証券業務
                                        (注)1          (注)2      計上額
                                    計
                    (国内)     (英国)     (米国)
                                                        (注)3
        純営業収益
        外部顧客からの純営業収益             142,817      17,526     21,413     181,756      2,960    184,717        307   185,024
        セグメント間の内部純営業
                      1,564     2,674     1,094     5,333    12,516     17,849     △ 17,849       -
        収益または振替高
         計
                     144,381      20,200     22,507     187,090     15,477     202,567     △ 17,542     185,024
        セグメント利益             17,330      1,030     2,545    20,905     20,923     41,829     △ 14,629     27,199
        セグメント資産            16,082,923     16,221,287     2,886,557     35,190,769     2,243,572     37,434,341     △ 7,075,729     30,358,612
        その他の項目
         減価償却費             9,723     1,073      324    11,120      470    11,591      △ 158    11,433
         のれんの償却額
                       -     -     -     -     -     -     1,038     1,038
         受取利息
                        0   1,947      -    1,948       0   1,948       -    1,948
         支払利息
                       -     -     -     -     19     19     △ 19     -
         持分法投資利益または損失
                       -     -     -     -     -     -    19,511     19,511
         (△)
         特別利益
                      1,074      -     -    1,074      -    1,074      △ 878     195
        (うち、金融商品取引責任
                      (194 )    (- )    (- )   (194 )    (- )   (194 )     (- )   (194 )
         準備金戻入)
         特別損失              834      -     -     834     19     854      28     883
        (うち、減損損失)              (110 )    (- )    (- )   (110 )    (- )   (110 )    (△ 0)   (110 )
        (うち、本社移転費用)              (724 )    (- )    (- )   (724 )    (14 )   (738 )     (- )   (738 )
         税金費用
                      7,408     △ 105    1,599     8,902    △ 1,313     7,589      △ 319    7,269
         持分法適用会社への投資額
                       -     -     -     -   441,869     441,869     △ 150,939     290,930
         有形固定資産および無形固
                      24,993      1,381      746    27,120      404    27,525     △ 1,708     25,817
         定資産の増加額
        (注)1.「その他」には、証券持株会社等が含まれております。
           2.調整額は、以下のとおりであります。
            (1)外部顧客からの純営業収益の調整額307百万円は、                           当社の連結範囲から除外されたMUSAおよびそ
               の子会社であるMUFGセキュリティーズ(カナダ)に対するセグメント間の内部純営業収益を振
               り替えたものです。
            (2)セグメント利益の調整額△14,629百万円には、セグメント間取引消去等△19,857百万円および各セ
               グメントに配分していない持分法投資損益・税金費用・非支配株主に帰属する中間純利益7,242百万
               円が含まれております。
            (3)    セグメント資産の調整額△7,075,729百万円には、セグメント間の債権等の相殺消去△4,172,262百
               万円および当社の連結範囲から除外されたMUSAおよびその子会社であるMUFGセキュリ
               ティーズ(カナダ)の資産額△2,886,557百万円が含まれております。
           3.セグメント利益は、中間連結財務諸表の親会社株主に帰属する中間純利益と調整を行っております。
                                 52/71






                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     【関連情報】
      前中間連結会計期間(自            平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)
      1.サービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)   純営業収益
                                 (単位:百万円)
           日本       欧州       北米      その他       合計
           195,922       21,439       26,500       1,514      245,377
         (注)純営業収益は、顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)   有形固定資産

                          (単位:百万円)
           日本       欧州      その他       合計
           29,781       3,208       3,052      36,041
      3.主要な顧客ごとの情報

       特定の顧客からの純営業収益で中間連結損益計算書の純営業収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略し
      ております。
      当中間連結会計期間(自            平成28年4月1日         至  平成28年9月30日)

      1.サービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)   純営業収益
                                 (単位:百万円)
           日本       欧州       北米      その他       合計
           142,861       15,679       22,863       3,620      185,024
         (注)純営業収益は、顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)   有形固定資産

                          (単位:百万円)
           日本       欧州      その他       合計
           37,732       1,970        259     39,962
      3.主要な顧客ごとの情報

       特定の顧客からの純営業収益で中間連結損益計算書の純営業収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略し
      ております。
                                 53/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前中間連結会計期間(自            平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      当中間連結会計期間(自            平成28年4月1日         至  平成28年9月30日)

      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前中間連結会計期間(自            平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)
                                       (単位:百万円)
                証券業務     証券業務     証券業務
                               その他     全社・消去        合計
                (国内)     (英国)     (米国)
                   -     -     -     -     38,359     38,359
       当中間期末残高
      (注)「全社・消去」の金額は、「証券業務(国内)」セグメントに係るものであります。
      なお、のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      当中間連結会計期間(自            平成28年4月1日         至  平成28年9月30日)

                                       (単位:百万円)
                証券業務     証券業務     証券業務
                               その他     全社・消去        合計
                (国内)     (英国)     (米国)
                   -     -     -     -     36,281     36,281
       当中間期末残高
      (注)「全社・消去」の金額は、「証券業務(国内)」セグメントに係るものであります。
      なお、のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前中間連結会計期間(自            平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)
      該当事項はありません。
      当中間連結会計期間(自            平成28年4月1日         至  平成28年9月30日)

      該当事項はありません。
                                 54/71










                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (1株当たり情報)
                                 前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
     (1)1株当たり中間純利益金額                                  37.35円               36.91円
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する中間純利益金額
                                        27,527               27,199
        (百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する中間純
                                        27,527               27,199
        利益金額(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                               736,985               736,985
     (2)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額                                     -             36.91円

       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する中間純利益調整額
                                          -               △0
        (百万円)
        (うち連結子会社の発行する潜在株式による
                                         (-)               (△0)
         調整額(百万円))
        普通株式増加数(千株)                                  -               -
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり中間純利益金額の算定に含めなかった                                   -               -
       潜在株式の概要
     (注)前中間連結会計期間の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
       おりません。
                                  前連結会計年度              当中間連結会計期間

                                (平成28年3月31日)               (平成28年9月30日)
     1株当たり純資産額                                1,053.38円                 905.82円
     (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(百万円)                                1,033,030                 932,329

      純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                 256,704               264,753

      (うち非支配株主持分)(百万円)                                (256,704)                (264,737)

      普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額
                                                       667,575
                                       776,325
      (百万円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期末
                                       736,985               736,985
      (期末)の普通株式の数(千株)
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

        該当事項はありません。
                                 55/71




                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      2【中間財務諸表等】
       (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         17,768              71,960
         現金及び預金
                                           838             1,994
         繰延税金資産
                                        539,000              527,414
         短期貸付金
                                         61,633              68,463
         短期差入保証金
                                         64,394              72,989
         その他
                                        683,633              742,822
         流動資産合計
       固定資産
                                           12              13
         有形固定資産
                                         2,091              2,102
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       ※3 696,822             ※3 641,866
          投資有価証券
                                        290,958              298,958
          長期貸付金
                                           376              882
          その他
                                        988,156              941,706
          投資その他の資産合計
                                        990,260              943,822
         固定資産合計
                                       1,673,894              1,686,645
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        102,883              147,008
         1年内償還予定の社債
                                         14,500              11,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         20,000              20,000
         コマーシャル・ペーパー
                                           28              240
         未払法人税等
                                           502              381
         賞与引当金
                                         57,567              69,250
         その他
                                        195,480              247,881
         流動負債合計
       固定負債
                                        539,314              559,759
         社債
                                        240,200              229,400
         長期借入金
                                         1,334               738
         繰延税金負債
                                           69              94
         その他
                                        780,918              789,991
         固定負債合計
                                        976,399             1,037,873
       負債合計
                                 56/71








                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         75,518              75,518
         資本金
         資本剰余金
                                        426,944              426,944
          資本準備金
                                        426,944              426,944
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         12,208              12,208
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         74,553              74,553
            別途積立金
                                         80,856              32,917
            繰越利益剰余金
                                        167,618              119,679
          利益剰余金合計
                                        670,081              622,142
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         27,413              26,629
         その他有価証券評価差額金
                                         27,413              26,629
         評価・換算差額等合計
                                        697,494              648,771
       純資産合計
      負債純資産合計                                  1,673,894              1,686,645
                                 57/71














                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ②【中間損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業収益
                                         44,837              14,675
       関係会社受取配当金
                                         3,568              3,349
       関係会社受入手数料
                                         2,217              1,318
       関係会社貸付金利息
                                           242              616
       その他
                                         50,865              19,958
       営業収益合計
      営業費用
                                      ※1 , ※2 4,965           ※1 , ※2 5,307
       販売費及び一般管理費
                                         1,946              1,103
       金融費用
                                         6,912              6,410
       営業費用合計
                                         43,953              13,547
      営業利益
                                         ※3 254             ※3 713
      営業外収益
                                           18              65
      営業外費用
                                         44,188              14,195
      経常利益
      特別利益
                                            0              -
       関係会社株式売却益
                                            0              -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -               5
       投資有価証券売却損
                                           -              14
       本社移転費用
                                           -              19
       特別損失合計
                                         44,188              14,176
      税引前中間純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    △ 34              17
                                           173            △ 1,470
      法人税等調整額
                                           138            △ 1,452
      法人税等合計
                                         44,050              15,628
      中間純利益
                                 58/71











                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】
          前中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                 利益剰余金
                                        その他利益剰余金               株 主 資 本
                 資本金
                           資本剰余金                       利益剰余金      合    計
                     資本準備金           利益準備金
                           合    計             繰 越 利 益  合    計
                                      別途積立金
                                            剰  余  金
     当期首残高            75,518     426,944      426,944      12,208      74,553      47,033     133,795      636,258
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                       △ 11,777     △ 11,777     △ 11,777
      中間純利益                                        44,050      44,050      44,050
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
      額)
     当中間期変動額合計              -      -      -      -      -    32,273      32,273      32,273
     当中間期末残高            75,518     426,944      426,944      12,208      74,553      79,307     166,068      668,531
                   評価・換算差額等

                               純 資 産 合 計
                その他有価証券        評 価 ・ 換 算
                評 価 差 額 金  差 額 等 合 計
     当期首残高              33,881        33,881       670,140
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                  △ 11,777
      中間純利益                             44,050
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純             △ 6,990       △ 6,990       △ 6,990
      額)
     当中間期変動額合計
                   △ 6,990       △ 6,990       25,282
     当中間期末残高              26,891        26,891       695,423
                                 59/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
          当中間会計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                 利益剰余金
                                        その他利益剰余金               株 主 資 本
                 資本金
                           資本剰余金                       利益剰余金      合    計
                     資本準備金           利益準備金
                           合    計             繰 越 利 益  合    計
                                      別途積立金
                                            剰  余  金
     当期首残高            75,518     426,944      426,944      12,208      74,553      80,856     167,618      670,081
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                             △ 63,567     △ 63,567     △ 63,567
      中間純利益                                        15,628      15,628      15,628
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
      額)
     当中間期変動額合計
                   -      -      -      -      -   △ 47,939     △ 47,939     △ 47,939
     当中間期末残高            75,518     426,944      426,944      12,208      74,553      32,917     119,679      622,142
                   評価・換算差額等

                               純 資 産 合 計
                その他有価証券        評 価 ・ 換 算
                評 価 差 額 金  差 額 等 合 計
     当期首残高
                    27,413        27,413       697,494
     当中間期変動額
      剰余金の配当                            △ 63,567
      中間純利益
                                   15,628
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純
                    △ 783       △ 783       △ 783
      額)
     当中間期変動額合計               △ 783       △ 783     △ 48,722
     当中間期末残高
                    26,629        26,629       648,771
                                 60/71










                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準および評価方法
          (1)  有価証券の評価基準および評価方法
           ① 子会社株式および関連会社株式
             移動平均法による原価法によっております。
           ② その他有価証券
            ア.時価のあるもの
              当中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
             原価は移動平均法により算定)によっております。
            イ.時価のないもの
              移動平均法による原価法によっております。
           ③ 投資事業有限責任組合等出資
             投資事業有限責任組合およびそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
            とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な直近の決算書を基
            礎とし、原則として持分相当額を純額で取り込む方法によっております。なお、当社の子会社であるMM
            パートナーシップへの出資については、経済実態を適切に反映するため、資産、負債および収益、費用を
            出資持分割合に応じて取り込む方法によっております。
          (2)  デリバティブの評価基準および評価方法
            時価法を採用しております。
         2.引当金の計上基準
          (1)  賞与引当金
            従業員に対する賞与の支払いに備えるため、所定の計算方法による支払見込額を計上しております。
          (2)  役員賞与引当金
            役員賞与の支払いに備えるため、当事業年度における支払見込額のうち当中間会計期間の負担額を計上し
            ております。
         3.ヘッジ会計の方法
          (1)  ヘッジ会計の方法
           振当処理・特例処理の要件を満たしている通貨スワップ(金利通貨スワップ)については、一体処理(振
          当処理・特例処理)を採用しております。
          (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針
           当社の内規に基づき、為替変動リスク、金利変動リスクをヘッジしております。
           当中間会計期間にヘッジ会計を適用したヘッジ対象とヘッジ手段は以下のとおりです。
          ヘッジ手段
           通貨スワップ(金利通貨スワップ)
          ヘッジ対象
           外貨建貸付金
          (3)  ヘッジ有効性評価の方法
           一体処理(振当処理・特例処理)によっている通貨スワップ(金利通貨スワップ)については有効性の判
          定を省略しております。
         4.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          (1)  消費税等の会計処理
            消費税および地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。
          (2)  連結納税制度の適用
            株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを連結納税親会社とする連結納税制度を適用しておりま
            す。
         (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を                                                  当中
         間会計期間から適用しております。
                                 61/71



                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間貸借対照表関係)
      1.当座貸越契約および貸出コミットメント
       (貸手側)
         当社は、連結子会社のMUFGセキュリティーズアジアと貸出コミットメント契約を締結しております。この契
        約に基づく貸出未実行残高は以下のとおりであります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
        貸出コミットメントの総額                             5,000   百万円              5,000百万円
        貸出実行残高                               -                 -
                差引額                      5,000                 5,000
       (借手側)

         当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座貸越契約を締結しております。この契約に基づ
        く借入未実行残高は以下のとおりであります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (平成28年3月31日)                (平成28年9月30日)
        当座貸越極度額の総額                             45,000百万円                 45,000百万円
        借入実行残高                               -                 -
                差引額                     45,000                 45,000
      2.偶発債務

       (保証債務)
        (1)MUFGセキュリティーズEMEAの一部のデリバティブ取引の銀行保証に対して保証を行っております。な
          お、当中間会計期間末において当該残高は、126,072百万円(前事業年度末は116,785百万円)であります。
        (2)MUFGセキュリティーズEMEAが受け入れた担保の返還債務に対して保証を行っております。なお、当中
          間会計期間末において当該残高は、79,513百万円(前事業年度末は88,269百万円)であります。
        (3)  MUFGセキュリティーズEMEA                の清算機関への債務に対して保証を行っております。なお、当中間会計期
          間末において当該残高は、3百万円                (前事業年度末は5百万円)であります。
        (4)MUFGセキュリティーズアメリカが有価証券担保取引を行うにあたり、取引の相手方となる金融機関への債
          務に対して保証を行っております。なお、当中間会計期間末において当該残高はございません。(前事業年度
          末は321百万円)
        (5)三菱UFJモルガン・スタンレー証券の一部のデリバティブ取引に対して保証を行っております。なお、当中
          間会計期間末において当該残高は、297百万円であり、前事業年度末において当該残高はございません。
     ※3.投資有価証券

        関係会社株式の残高は以下のとおりであります。
                   前事業年度                         当中間会計期間
                (平成28年3月31日)                          (平成28年9月30日)
                           691,206百万円                          637,904百万円
                                 62/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (中間損益計算書関係)
     ※1.販売費及び一般管理費は、全額が一般管理費に属するものであります。なお、主要な費目及び金額は次のとおりで
        あります。
                                 前中間会計期間                  当中間会計期間
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                   至 平成28年9月30日)
        支払手数料                             1,716   百万円              1,922   百万円
                                       786                 883
        従業員給料
                                       513                 361
        賞与引当金繰入額
                                       189                 275
        減価償却費
     ※2.減価償却実施額は次のとおりであります。

                                前中間会計期間                 当中間会計期間
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                至 平成28年9月30日)
        有形固定資産                               1百万円                 1百万円
        無形固定資産                              187                 274
                 計                      189                 275
     ※3.営業外収益のうち主なものは次のとおりであります。

                                前中間会計期間                 当中間会計期間
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                至 平成28年9月30日)
        受取配当金                              240百万円                 712百万円
                                 63/71












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
         (有価証券関係)
     子会社株式および関連会社株式
     前事業年度(平成28年3月31日)
                        貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)             差額(百万円)
                         (百万円)
     子会社株式                         44,083             63,530             19,447
     当中間会計期間(平成28年9月30日)

                       中間貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)             差額(百万円)
                         (百万円)
     子会社株式                         44,083             59,648             15,564
     (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式および関連会社株式の中間貸借対照表計上額(貸借対照

        表計上額)
                                                    (単位:百万円)
                                前事業年度                 当中間会計期間

                区分
                             (平成28年3月31日)                  (平成28年9月30日)
        子会社株式                              463,099                  409,797

        関連会社株式                              184,023                  184,023
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「子会社
        株式および関連会社株式」には含めておりません。
         (企業結合等関係)

          中間連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

         平成28年11月1日開催の取締役会において、第12期の中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
          中間配当による配当金の総額       10,015百万円
          1株当たりの金額            13円59銭
                                 64/71









                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】
      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書およびその添付書類並びに確認書

       事業年度(第11期)(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)                                               平成28年6月28日
                                                   関東財務局長に提出
      (2)臨時報告書

       金融商品取引法第24条の5第4項および企業内容等の開示に関する内閣府令                                               平成28年7月28日
       第19条第2項第3号(特定子会社の異動)                                              関東財務局長に提出
      (3)有価証券届出書(社債)およびその添付書類

                                                    平成28年8月24日
                                                   関東財務局長に提出
      (4)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年8月24日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年9月5日
                                                   関東財務局長に提出
      (5)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年8月24日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年9月7日
                                                   関東財務局長に提出
      (6)有価証券届出書(社債)およびその添付書類

                                                    平成28年9月30日
                                                   関東財務局長に提出
      (7)有価証券届出書(社債)およびその添付書類

                                                    平成28年9月30日
                                                   関東財務局長に提出
      (8)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年9月30日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年10月13日
                                                   関東財務局長に提出
      (9)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年9月30日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年10月13日
                                                   関東財務局長に提出
      (10)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年9月30日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年10月17日
                                                   関東財務局長に提出
      (11)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年9月30日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書                                               平成28年10月17日
                                                   関東財務局長に提出
      (12)臨時報告書の訂正報告書

       平成28年7月28日提出の臨時報告書(特定子会社の異動)に係る訂正報告書                                               平成28年11月16日
                                                   関東財務局長に提出
      (13)有価証券届出書(社債)およびその添付書類

                                                    平成28年11月21日
                                                   関東財務局長に提出
      (14)有価証券届出書(社債)およびその添付書類

                                 65/71


                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                                                    平成28年11月21日
                                                   関東財務局長に提出
                                 66/71




















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 67/71




















                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成28年11月25日

     三菱UFJ証券ホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                           有限責任監査法人 トーマツ

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              坂本 一朗  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              岸野  勝  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              墨岡 俊治  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる三菱UFJ証券ホールディングス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の中間連結
     会計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中
     間連結損益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中
     間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財務諸
     表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財務諸表を
     作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
     行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関し
     て投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を
     策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
                                 68/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続
     の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間連結
     財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
     続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法
     人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用
     な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに
     経営者によって行われた見積りの評価も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準
     に準拠して、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社及び連結子会社の平成28年9月30日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する中間連結会計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                   まれていません。
                                 69/71












                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成28年11月25日

     三菱UFJ証券ホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                           有限責任監査法人 トーマツ

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              坂本 一朗  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              岸野  勝  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              墨岡 俊治  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる三菱UFJ証券ホールディングス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第12期事業年度の中間会
     計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算
     書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
                                 70/71







                                                           EDINET提出書類
                                             三菱UFJ証券ホールディングス株式会社(E03771)
                                                              半期報告書
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社の平成28年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期
     間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                   まれていません。
                                 71/71












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。