株式会社コメリ 四半期報告書 第56期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第56期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)
提出日
提出者 株式会社コメリ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年11月14日
      【四半期会計期間】                    第56期第2四半期(自 平成28年7月1日 至 平成28年9月30日)
      【会社名】                    株式会社コメリ
      【英訳名】                    KOMERI    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  捧 雄一郎
      【本店の所在の場所】                    新潟県新潟市南区清水4501番地1
      【電話番号】                    025(371)4111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役 執行役員 
                         経営企画室ゼネラルマネジャー  早川 博
      【最寄りの連絡場所】                    新潟県新潟市南区清水4501番地1
      【電話番号】                    025(371)4111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役 執行役員 
                         経営企画室ゼネラルマネジャー  早川 博
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                             第55期           第56期
              回次             第2四半期連結           第2四半期連結             第55期
                            累計期間           累計期間
                          自平成27年4月1日           自平成28年4月1日           自平成27年4月1日

             会計期間
                          至平成27年9月30日           至平成28年9月30日           至平成28年3月31日
                    (百万円)            169,449           170,573           324,343

     売上高及び営業収入
                    (百万円)            11,017           10,666           17,409

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                    (百万円)             7,049           6,910           9,585
     (当期)純利益
     四半期包括利益又は
                    (百万円)             6,988           6,791           8,258
     包括利益
                    (百万円)            145,231           151,489           145,599
     純資産額
                    (百万円)            299,188           302,383           305,496

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                     (円)           139.28           136.45           189.33
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)           139.09           136.32           189.11
     四半期(当期)純利益金額
                     (%)            48.5           50.1           47.6
     自己資本比率
     営業活動による
                    (百万円)            17,066           17,459           21,834
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (百万円)            △ 6,529          △ 5,548         △ 12,875
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (百万円)           △ 11,152          △ 14,219          △ 8,311
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                    (百万円)             8,388           7,319           9,628
     四半期末(期末)残高
                             第55期           第56期

              回次             第2四半期連結           第2四半期連結
                            会計期間           会計期間
                          自平成27年7月1日           自平成28年7月1日

             会計期間
                          至平成27年9月30日           至平成28年9月30日
                                56.07           54.68

     1株当たり四半期純利益金額               (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高及び営業収入の金額には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。なお、PWはパワー、HCはホームセンター、H&Gはハードアンドグリーン、ATはア
       テーナの略称であります。
       (1)業績の状況
         当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、緩やかな回復基調にあるものの、新興国や欧州における景気
        の下振れによる世界的な経済不安や為替リスクを抱え、先行き不透明感が払拭されない状況となりました。
         消費環境に関しましては、雇用環境の改善や賃金の上昇等を背景として、雇用者報酬は増加基調にありますが、
        社会保障等の負担増加により可処分所得が伸び悩み、個人消費は横ばいで推移いたしました。
         このような状況のもと、当社グループの当第2四半期連結累計期間は、重点的に取り組んでまいりましたEDL
        P(エブリデイ・ロー・プライス)政策により、「金物・資材・建材」分野を中心に販売実績が堅調に推移いたし
        ましたが、8月に夏物商材が低調に推移したことや、9月にたて続けに上陸した台風の影響で客数が減少したこと
        により、売上高が伸び悩んだ結果、前年同期比で増収・減益となりました。一方で、坪当たり売上高の効率化のた
        め、PW、HC、H&Gの各店舗フォーマットのモデル店を構築し、新店及び既存店への水平展開を図る環境整備
        を行ってまいりました。また、ローコストオペレーションの更なる強化により、店舗運営及び経営全体の効率化に
        よる経費削減を図ってまいりました。
         なお、当社グループのカード事業につきましては、当第2四半期末でカード会員数が180万人を突破、うち、昨
        年7月より発行を開始したプリペイドカード「アクアカード」の会員数も約70万人となり、堅調に推移いたしまし
        た。
         新規出店につきましては、PWを3店舗(北海道帯広市、広島県大竹市、鹿児島県出水市)、HCを3店舗(福
        岡県うきは市、大分県豊後大野市、熊本県山鹿市)、H&Gを4店舗(北海道3店舗、島根県1店舗)、合計10店
        舗を開店いたしました。また、H&G6店舗を閉店し、H&G1店舗(新潟県阿賀野市)をHCに業態転換いたし
        ました。これらにより、当第2四半期末の店舗数は、PW43店舗、HC154店舗、H&G972店舗、AT13店舗、合
        計で1,182店舗となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の営業収益は、1,705億73百万円(前年同期比100.7%)、営業利益は、
        108億4百万円(同96.2%)、経常利益は、106億66百万円(同96.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、
        69億10百万円(同98.0%)となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

         ①  ホームセンター
          (イ)   金物・資材・建材
            EDLPの推進により、木材やワイヤーメッシュ等の資材・建材の消耗品の売上が堅調に推移いたしま
           した。これにより売上高は、495億60百万円(前年同期比102.1%)となりました。
          (ロ)   園芸・農業用品
             農家様向けの農業資材や肥料・農薬の売上は堅調に推移いたしましたが、散水用品やガーデニング用品
           を中心に一般園芸用品の売上が前年を下回りました。これにより売上高は、477億81百万円(同101.2%)
           となりました      。
          (ハ)   家庭用品
             紙・洗剤等の日用消耗品等のEDLP商品や殺虫剤の売上は堅調に推移いたしましたが、紙オムツ等の
           ベビー用品や洗面・入浴剤等の売上が前年を下回りました。これにより売上高は、410億36百万円(同
           101.1%)となりました           。
          (ニ)   オフィス・レジャー用品
             キャットフードを中心としたペット用品の売上は堅調に推移いたしましたが、家具・収納用品やカー用
           品の売上が前年を下回りました。これにより売上高は、230億4百万円(同100.6%)となりました                                             。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
          (ホ)   灯油他
             灯油は販売単価の値下がりと販売数量の減少により、売上が前年を下回りました。これにより売上高
           は、72億27百万円(同90.2%)となりました                     。
          以上の結果、ホームセンター全体としての売上高は、1,686億9百万円(同100.8%)となりました。
         ②  その他
          燃料、書籍等の売上高は、19億64百万円(前年同期比90.0%)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
        べ23億8百万円減少し73億19百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりで
        あります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果獲得した資金は、174億59百万円(前年同期比2.3%増)となりました。主な獲得要因は、税金
         等調整前四半期純利益           102億86百万円、減価償却費             54億45百万円、たな卸資産の減少額                 46億3百万円でありま
         す。主な使用要因は、法人税等の支払額                   26億1百万円であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は、55億48百万円(同15.0%減)となりました。主な使用要因は、有形固定資産
         の取得によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果使用した資金は、142億19百万円(同27.5%増)となりました。主な使用要因は、短期借入金
         の減少額     85億円、長期借入金の返済による支出                  38億24百万円であります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会

        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
         ①  基本方針の内容の概要
           当社は、株式の大量買付けであっても、当社の企業価値及び株主共同の利益の確保・向上に資するもので
          あれば、これを一概に否定するものではありません。また、株式会社の支配権の移転を伴う買収提案に応じ
          るかどうかの判断も、最終的には株主全体の意思に基づき行われるべきものと考えております。
           しかしながら、株式の大量買付けの中には、その目的等から見て企業価値及び株主共同の利益に対する明
          白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要する恐れのあるもの、対象会社の取締役会や株主
          が株式の大量買付けの内容等について検討し、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分
          な時間や情報を提供しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収
          者との交渉を必要とするもの等、対象会社の企業価値及び株主共同の利益に資さないものも少なくありませ
          ん。
           とりわけ、当社の企業価値の源泉は下記②に記載のとおり、当社独自の経営ノウハウにあり、これが当社
          の株式の大量買付けを行う者に十分に理解されない場合には、当社の企業価値及び株主共同の利益は毀損さ
          れることになります。
           そこで、当社は、当社株式に対する大量買付けが行われる場合、一定の手続きにより行われることが株主
          共同の利益に合致すると考え、事前の情報提供等に関する手続きを設定することといたしました。
         ②  基本方針の実現に資する特別な取組みの内容の概要
          (イ)   経営の基本方針
              当社の経営理念は、「企業とは人々の幸せのために存在すべきものであり、それでこそ社会から支持
             され、存続することができる」という考えに根ざしており、これは創業以来不変のものであります。
              上記経営理念に基づき、当社は、建築及び農業分野における旧来の流通機構を改革し、真のチェーン
             ストア産業の確立を目指してまいります。
          (ロ)   企業価値の源泉
              上記基本方針に基づき、当社は、チェーンストアシステムの経営により、本来のホームセンターのあ
             るべき姿を追求し、世の中の人々の豊かな暮らしを実現すべく、流通機構のイノベーションに取り組
             み、企業価値を向上させてまいりました。
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
              当社は、DIY用品と園芸用品に特化した独自の専門店業態であるH&G、豊富な品揃えで業務需要
             等にも対応できるHC、そして圧倒的な売場面積と品揃えでプロのお客様のご要望にもお応えできる大
             型店のPWを全国に展開しております。これらの業態を商圏の規模に応じ「船団方式」で出店すること
             で、店舗網の拡大とドミナントエリアの形成に努めてまいりました。平成28年9月30日現在、PW43店
             舗、HC154店舗、H&G972店舗、AT13店舗の合計で1,182店舗を全国に出店しております。
              また、商品開発に関しましては、業界最多の標準化された店舗のマスの力を活かすことで、原材料の
             段階から、加工・運搬・販売・消費に至るまでの全ての過程において、お客様の視点に立ったシステム
             の構築に努めてまいりました。特に、金物・資材・建材と園芸・農業用品分野におきましては、旧来の
             流通機構を近代化することで、プロのお客様のご要望にお応えすべく価値ある商品をより廉価で提供で
             きる仕組みを構築してまいりました。
              そして、このような店舗や商品等を支えるものが、当社独自のインフラである物流システムと情報シ
             ステムであります。これらのシステムを駆使することで、きめ細かな商品管理や店舗におけるローコス
             トオペレーションを実現してまいりました。更に「KOMERI.COM」によるインターネット事業
             の拡大や、「コメリリフォーム」によるリフォーム事業の展開により、様々なお客様の幅広いニーズに
             もお応えできる体制を整えてまいりました。
              このように、当社は、独自のインフラによる新たな流通機構の構築と多店舗出店を行うことで、業界
             最多の標準化された店舗のマスの力を最大限に活かした経営を行っております。
         ③  基本方針に照らして不適切な者によって支配されることを防止するための取組みの内容の概要
           当社は、平成26年6月27日開催の第53回定時株主総会において「当社株式大量取得行為への対応策(買収
          防衛策)」(以下、本プラン)の承認をいただいております。本プランは、有事の際に対抗措置(新株予約
          権の無償割当ての実施)を発動する事前警告型のプランです。具体的には、以下のような内容を有しており
          ます。
          (イ)当社が発行する株式等について、20%以上の買付け等を行うことを希望する買付者等は、予め買付け内
             容等の検討に必要な情報等を当社に提出していただきます。
          (ロ)新株予約権の無償割当ての実施・不実施や取得等につき、取締役会の恣意的判断を排するために、取締
             役会から独立した組織である特別委員会が設置されます。特別委員会は、買付者等から提出していただ
             いた情報を精査し、追加的に情報提供を求めたり、当社取締役会に対して、当該買付け行為に対する意
             見及びその根拠資料、代替案等を求めることがあります。
          (ハ)特別委員会は、買付者等や当社取締役会から情報・資料を受領した後、必要に応じ、外部専門家等の助
             言を得た上、買付者等の買付け内容、当社取締役会の提示した代替案等について、評価・検討し、当社
             取締役会に対抗措置の発動の要否を勧告します。
          (ニ)当社取締役会は、特別委員会の判断を得た上、買付者等が、当社の一定の手続きを遵守しない場合や当
             該買付け行為が当社の企業価値や株主共同の利益を著しく損なう等と認められる場合に、新株予約権の
             無償割当ての実施を決議します。
          (ホ)対抗措置として、新株予約権を割当てる場合には、当該新株予約権に買付者等による権利行使は認めら
             れないという行使条件及び当社が買付者等以外の者から当社株式と引換えに新株予約権を取得すること
             ができる旨の取得条項が付されています。
         ④  上記③が基本方針に沿うものであり、当社の株主の共同の利益を損なうものではなく、当社役員の地位の維
          持を目的とするものではないことについての判断とその理由
           当社取締役会は、以下の理由から、本プランが基本方針に沿うものであり、当社の株主の共同の利益を損
          なうものではなく、当社役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
          (イ)買収防衛策に関する指針の要件の充足
              本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確
             保又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向
             上の原則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性の原則)を充足し、経済産業省に設置された企
             業価値研究会が平成20年6月30日に発表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」を
             踏まえて設計されております。
          (ロ)株主意思の重視
              本プランは、平成19年6月28日開催の第46回定時株主総会において株主の皆様のご承認の下に導入さ
             れ、平成21年6月26日開催の第48回定時株主総会、平成23年6月24日開催の第50回定時株主総会及び平
             成26年6月27日開催の第53回定時株主総会において、実質的同一内容で継続することのご承認を得てお
             ります。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
              また、本プランには、有効期間を約3年間とするいわゆるサンセット条項が付されており、かつ、そ
             の有効期間の満了前であっても、当社の定時株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた
             場合や、当社取締役会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時点
             で廃止されることとなり、本プランの導入及び廃止は、株主の皆様の意思に基づくこととなっておりま
             す。
          (ハ)特別委員会の設置と情報公開
              当社は、取締役の恣意的判断を排するため、本プランの発動等の運用に際しての実質的な判断を客観
             的に行う機関として、当社取締役会から独立した組織として特別委員会を設置いたします。特別委員会
             は、当社の費用で、独立した第三者(フィナンシャル・アドバイザー、公認会計士、弁護士、コンサル
             タントその他の専門家を含む。)の助言を得ることができ、判断の公正さ・客観性がより強く担保され
             ております。
              また、その判断の内容等につきましては、情報開示を行い、本プランの透明な運営が行われる仕組み
             が確保されております。
          (ニ)対抗措置を発動する要件の設定
              本プランは、対抗措置の発動に関して、合理的な客観的要件を定めており、当社取締役会による恣意
             的な発動を防止するための仕組みを確保しているものといえます。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/21














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          131,000,000
                  計
                                                  131,000,000
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現在発行数
                             提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名又は登
        種類           (株)                                     内容
                                         録認可金融商品取引業協会名
                             (平成28年11月14日)
                (平成28年9月30日)
                                                      単元株式数
       普通株式              54,409,168            54,409,168       東京証券取引所市場第一部
                                                      100株
        計             54,409,168            54,409,168             -          -
                                  7/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
         当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                                    平成28年6月24日
      新株予約権の数(個)                                            89
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                            -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                          8,900
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                            1
                                         自   平成28年7月13日
      新株予約権の行使期間
                                         至   平成58年7月12日
                                        発行価格              2,563
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)                                 資本組入額               1,281
      新株予約権の行使の条件                           (注1)
                                  新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  要する。
      代用払込みに関する事項                                       -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                           (注2)
      (注)1.① 新株予約権1個の一部行使は認めない。
           ② 新株予約権者は、行使可能期間内であることに加え、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日を起算日
             として10日が経過するまでの間に限り、新株予約権を行使することができる。
             ただし、新株予約権者が当社の取締役の地位にある場合においても、平成57年7月13日以降において
             は、新株予約権を行使することができる。
           ③ 当社は、新株予約権者が次の各号の一に該当した場合、新株予約権の全部または一部を行使することは
             できない旨を決定することができる。
             (イ)会社に重大な損害を与えた場合。
             (ロ)相続開始時に、新株予約権者が後記④に基づいて届け出た相続人が死亡している場合。
             (ハ)新株予約権者が書面により本件新株予約権の全部または一部を放棄する旨を申し出た場合。
           ④ 新株予約権者は、当社に対し、相続開始前にあらかじめ相続人(ただし、当該新株予約権者の配偶者ま
             たは一親等内の親族に限る。)1名を届け出なければならない。なお、新株予約権者が当社の取締役の
             地位にある場合には、届け出た相続人を他の相続人(同上)に変更することができる。
           ⑤ 新株予約権者が死亡した場合、あらかじめ届け出た新株予約権者の相続人1名に限って、相続人におい
             て3ヶ月以内に新株予約権を行使することができる。
           ⑥ その他の行使の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株
             予約権割当契約」に定めるところによる。
         2.当社は、当社を消滅会社、分割会社もしくは資本下位会社とする組織再編を行う場合において、組織再編を
           実施する際に定める契約書または計画書等の規定に従い、新株予約権者に対して、当該組織再編に係る存続
           会社、分割承継会社もしくは資本上位会社となる株式会社の新株予約権を交付することができる。ただし、
           当該契約書または計画書等において別段の定めがなされる場合はこの限りではない。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数       発行済株式総数        資本金増減額       資本金残高        資本準備金増減額        資本準備金残高
         年月日
                増減数(株)       残高(株)        (百万円)       (百万円)        (百万円)        (百万円)
      平成28年7月1日~
                     -    54,409,168          -      18,802          -      29,855
      平成28年9月30日
                                  8/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成28年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                   対する所有株式数
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                   の割合(%)
                                               13,734         25.2

     株式会社米利                   新潟県三条市興野2丁目19番38号
                                               2,776         5.1

     捧 賢一                   新潟県三条市
     日本トラスティ・サービス信託銀行株

                                               2,426         4.4
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号
     式会社(信託口9)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                                               2,339         4.2
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号
     式会社(信託口)
     みずほ信託銀行株式会社 退職給付信
                                               1,500         2.7
     託 みずほ銀行口 再信託受託者 資                   東京都中央区晴海1丁目8番12号
     産管理サービス信託銀行株式会社
     株式会社第四銀行                   新潟県新潟市中央区東堀前通七番町
     (常任代理人       日本マスタートラスト信             1071番地1
                                               1,325         2.4
     託銀行株式会社)                   (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
                         新潟県新潟市中央区鐙西1丁目7番5
                                               1,300         2.3
     有限会社ささげ
                         号
                         VERTIGO    BUILDING     - POLARIS    2-4  RUE
     ビーエヌワイエムエル           ノン   トリー
                         EUGENE    RUPPERT    L-2453    LUXEMBOURG
     ティー    アカウント                                      1,229         2.2
                         GRAND   DUCHY   OF  LUXEMBOURG
     (常任代理人       ㈱三菱東京UFJ銀行)
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7番1
                         号)
                                               1,122         2.0

     捧 欽二                   新潟県新潟市中央区
     日本マスタートラスト信託銀行株式会

                                                988        1.8
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
                                 -             28,744         52.8
              計
      (注)1.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
           社(信託口)、みずほ信託銀行株式会社退職給付信託みずほ銀行口再信託受託者資産管理サービス信託銀行
           株式会社、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数
           は、それぞれ2,426千株、2,339千株、1,500千株、988千株であります。
         2.上記のほか、自己株式が3,764千株あります。
         3.平成28年8月17日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、イーストスプリ
           ング・インベストメンツ(シンガポール)リミテッド及びその共同保有者であるM&Gインベストメント・
           マネジメント・リミテッドが平成28年8月15日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載さ
           れているものの、当社として当事業年度末日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大
           株主の状況には含めておりません。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
               名又は名称                  住所
                                             (千株)          (%)
                          シンガポール共和国マリーナ・
           イーストスプリング・インベス
                          ブルバード10、#32-10、マ
           トメンツ(シンガポール)リミ                                  株式 3,074            5.6
                          リーナ・ベイ・フィナンシャル
           テッド
                          センター・タワー2
                          英国、ロンドン、ローレンス・
           M&Gインベストメント・マネ
                                             株式  382            0.7
                          パウントニー・ヒル、EC4R             OHH
           ジメント・リミテッド
                                  9/21




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年9月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                         -            -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -             -

     議決権制限株式(その他)                         -            -             -

                      普通株式      3,764,800

     完全議決権株式(自己株式等)                                      -             -
                      普通株式     50,598,900

     完全議決権株式(その他)                                   505,989               -
                      普通株式           45,468

     単元未満株式                                      -             -
     発行済株式総数                     54,409,168                -             -

     総株主の議決権                         -          505,989               -

      (注) 上記「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、6,300株(議決権の数63個)
          含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                      (%)
                  新潟市南区清水
     株式会社コメリ                          3,764,800           -    3,764,800            6.9
                  4501番地1
           計            -         3,764,800           -    3,764,800            6.9
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
        役職の異動
       新役名        新職名        旧役名        旧職名           氏名         異動年月日
            執行役員
             リフォーム部ゼネラル
             マネジャー兼パワー事
                             執行役員
             業部ゼネラルマネ
                             商品担当兼パワー事業
                                         田邊  正
      取締役       ジャー兼アテーナ事業          取締役                            平成28年8月8日
                             部ゼネラルマネジャー
             部ゼネラルマネジャー
                             兼アテーナ担当
             兼アテーナフォーマッ
             ト商品担当ゼネラルマ
             ネジャー
                                 10/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年7月1日から平
       成28年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         9,943              7,636
         現金及び預金
                                         12,915              13,436
         受取手形及び売掛金
                                            3              3
         有価証券
                                        106,660              101,906
         商品及び製品
                                           186              182
         原材料及び貯蔵品
                                         1,134              1,396
         繰延税金資産
                                         7,785              9,232
         その他
                                         △ 215             △ 237
         貸倒引当金
                                        138,413              133,555
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               97,362              101,177
                                         29,309              28,961
          土地
          リース資産(純額)                               4,980              4,543
                                         9,460              7,991
          その他(純額)
                                        141,112              142,674
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 7,140              7,293
         投資その他の資産
                                         1,268              1,338
          投資有価証券
                                         6,672              6,668
          繰延税金資産
                                         9,333              9,325
          敷金及び保証金
                                         1,591              1,563
          その他
                                          △ 36             △ 36
          貸倒引当金
                                         18,829              18,859
          投資その他の資産合計
                                        167,082              168,827
         固定資産合計
                                        305,496              302,383
       資産合計
                                 12/21










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         48,510              48,649
         支払手形及び買掛金
                                         18,700              10,200
         短期借入金
                                         7,197              5,889
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,811              1,698
         リース債務
                                         2,836              4,008
         未払法人税等
                                         1,920              1,992
         賞与引当金
                                           37               9
         役員賞与引当金
                                           91              74
         店舗閉鎖損失引当金
                                           462              651
         ポイント引当金
                                            1              6
         災害損失引当金
                                         13,287              14,780
         その他
                                         94,856              87,961
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                44,441              41,925
                                         3,940              3,559
         リース債務
                                           178              178
         役員退職慰労引当金
                                         9,582              9,961
         退職給付に係る負債
                                         4,525              4,889
         資産除去債務
                                         2,372              2,417
         その他
                                         65,040              62,932
         固定負債合計
                                        159,896              150,894
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,802              18,802
         資本金
                                         25,260              25,260
         資本剰余金
                                        111,776              117,775
         利益剰余金
                                        △ 9,145             △ 9,145
         自己株式
                                        146,693              152,692
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           60              87
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 100             △ 398
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,152             △ 1,000
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 1,192             △ 1,311
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    97              109
                                        145,599              151,489
       純資産合計
                                        305,496              302,383
      負債純資産合計
                                 13/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      売上高                                   163,794              164,973
                                        110,528              111,788
      売上原価
                                         53,266              53,185
      売上総利益
                                         5,654              5,599
      営業収入
                                         58,921              58,785
      営業総利益
      販売費及び一般管理費
                                           151              189
       ポイント引当金繰入額
                                         15,586              15,983
       給料及び手当
                                         2,023              1,992
       賞与引当金繰入額
                                           18               9
       役員賞与引当金繰入額
       貸倒引当金繰入額                                    58              100
                                           565              726
       退職給付費用
                                         29,281              28,979
       その他
                                         47,686              47,981
       販売費及び一般管理費合計
                                         11,235              10,804
      営業利益
      営業外収益
                                           13              11
       受取利息
                                           -              217
       為替差益
                                           121              120
       その他
                                           135              349
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           207              172
       支払利息
                                           48              194
       デリバティブ評価損
                                           97              120
       その他
                                           353              488
       営業外費用合計
                                         11,017              10,666
      経常利益
      特別利益
                                           158              163
       受取保険金
                                           158              163
       特別利益合計
      特別損失
                                           378              358
       災害による損失
                                           101              170
       固定資産処分損
                                           -              14
       減損損失
                                           480              543
       特別損失合計
                                         10,695              10,286
      税金等調整前四半期純利益
                                         3,523              3,607
      法人税、住民税及び事業税
                                           122             △ 230
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    3,646              3,376
                                         7,049              6,910
      四半期純利益
                                         7,049              6,910
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                         7,049              6,910
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                            3              26
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 127             △ 297
       繰延ヘッジ損益
                                           63              152
       退職給付に係る調整額
                                          △ 60             △ 119
       その他の包括利益合計
                                         6,988              6,791
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         6,988              6,791
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         10,695              10,286
       税金等調整前四半期純利益
                                         5,783              5,445
       減価償却費
                                           -              14
       減損損失
       デリバティブ評価損益(△は益)                                    48              194
                                           378              358
       災害損失
                                         △ 158             △ 163
       受取保険金
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    83              72
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   367              599
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,302                -
                                           207              172
       支払利息
       有形固定資産処分損益(△は益)                                    97              170
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 19             △ 520
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  2,497              4,603
       未収入金の増減額(△は増加)                                  △ 408             △ 265
       預け金の増減額(△は増加)                                  △ 250             △ 321
       前払費用の増減額(△は増加)                                  △ 704             △ 906
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,380               139
       未払金の増減額(△は減少)                                    47              139
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 509             △ 296
                                           261              631
       その他
                                         19,496              20,353
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    18              22
                                         △ 197             △ 172
       利息の支払額
                                           -              27
       保険金の受取額
                                           39               2
       補償金の受取額
                                           △ 0            △ 171
       災害損失の支払額
                                        △ 2,289             △ 2,601
       法人税等の支払額
                                         17,066              17,459
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,415             △ 5,108
       有形固定資産の取得による支出
                                           97              434
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 347             △ 772
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 723               -
       投資有価証券の取得による支出
       敷金及び保証金の純増減額(△は増加)                                    17               8
                                         △ 159             △ 110
       その他
                                        △ 6,529             △ 5,548
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 19,000              △ 8,500
       長期借入れによる収入                                  21,000                -
                                        △ 11,190              △ 3,824
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,051              △ 983
       リース債務の返済による支出
                                            0              0
       自己株式の処分による収入
                                           △ 1             △ 0
       自己株式の取得による支出
                                         △ 909             △ 910
       配当金の支払額
                                        △ 11,152             △ 14,219
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            7             △ 0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 607            △ 2,308
                                         8,996              9,628
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 8,388              ※ 7,319
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (  平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用                                    )
          法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
         応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物
         附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          なお、この変更による当第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与え
         る影響は軽微であります。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1
         四半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
           とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                             至   平成27年9月30日)              至   平成28年9月30日)
         現金及び預金勘定                         8,720百万円                 7,636百万円
         預入期間が3か月を超える定期預金                         △332                 △317
         現金及び現金同等物                         8,388                 7,319
                                 17/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
           配当に関する事項
           (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成27年5月19日
                普通株式          910       18   平成27年3月31日          平成27年6月26日          利益剰余金
        取締役会
           (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

            間末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成27年10月27日
                普通株式          911       18   平成27年9月30日          平成27年11月30日          利益剰余金
        取締役会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

           配当に関する事項
           (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成28年5月17日
                普通株式          911       18   平成28年3月31日          平成28年6月27日          利益剰余金
        取締役会
           (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

            間末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成28年10月25日
                普通株式          962       19   平成28年9月30日          平成28年12月1日          利益剰余金
        取締役会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当社グループの報告セグメントは、ホームセンターのみであるため、記載を省略しております。
                                 18/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 139円28銭               136円45銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        7,049               6,910
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        7,049               6,910
       利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                50,615               50,644
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 139円09銭               136円32銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                  68               46
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       平成28年10月25日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額……………………962百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………19円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成28年12月1日
      (注) 平成28年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 19/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年11月11日

     株式会社コメリ

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              若松 大輔  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              安藤  武  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社コメリ

     の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年7月1日から平成28
     年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社コメリ及び連結子会社の平成28年9月30日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク