株式会社エス・サイエンス 四半期報告書 第98期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第98期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)
提出日
提出者 株式会社エス・サイエンス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年11月14日

     【四半期会計期間】                      第98期第2四半期(自            平成28年7月1日          至   平成28年9月30日)

     【会社名】                      株式会社エス・サイエンス

     【英訳名】                      S Science    Company,     Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役会長 品 田 守 敏

     【本店の所在の場所】                      東京都中央区銀座八丁目9番13号

     【電話番号】                      03―3573―3721(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役社長 甲 佐 邦 彦

     【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区銀座八丁目9番13号

     【電話番号】                      03―3573―3721(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役社長 甲 佐 邦 彦

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第97期           第98期

              回次                                      第97期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                           自 平成27年4月1日           自 平成28年4月1日           自 平成27年4月1日
             会計期間
                           至 平成27年9月30日           至 平成28年9月30日           至 平成28年3月31日
                                 943,043           412,062          1,997,289
     売上高                 (千円)
                                 △ 46,847          △ 115,462           225,865

     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)
                                 △ 54,330          △ 81,688           192,202

     当期純利益又は四半期純損失(△)                 (千円)
                                5,000,000           1,500,000           5,000,000
     資本金                 (千円)
     持分法を適用した場合の投資利益
                                  33,017          △ 69,096           77,511
                      (千円)
     又は投資損失(△)
                               102,069,868           102,069,868           102,069,868
     発行済株式総数                  (株)
                                2,125,587           2,761,969           2,372,023

     純資産額                 (千円)
                                2,778,333           2,940,875           2,590,451

     総資産額                 (千円)
     1株当たり当期純利益金額又は四
                                  △ 0.54          △ 0.81           1.91
                       (円)
     半期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                  (円)              ―           ―           ―
                                   76.5           93.9           91.5

     自己資本比率                  (%)
     営業活動による
                                 446,337          △ 286,191           851,906
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                 △ 7,385           58,343          △ 43,951
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 102,005           △ 2,006         △ 450,013
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 839,255           630,395           860,250
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                              第97期           第98期

              回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                           自 平成27年7月1日           自 平成28年7月1日
             会計期間
                           至 平成27年9月30日           至 平成28年9月30日
     1株当たり四半期純利益金額
                                  △ 0.59           0.02
                       (円)
     又は四半期純損失金額(△)
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい

          ては記載しておりません。
        2 売上高には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という)は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額につきましては、潜在株式が存在しないため記載して
          おりません。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

      当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者
     の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」
     についての重要な変更はありません。
      なお、文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。   
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
      (1)経営成績の分析
       当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、ヨーロッパや中国の将来的不安の強まりが個人消費の下押しをする
      中、雇用や所得環境は改善傾向にあり、総じて緩やかな回復基調で推移したものの、依然として経営環境は不透明な
      状態が続いています。
       このような状況の下、当第2四半期累計期間における当社の業績は、売上高4億12百万円(前年同四半期比56.3%
      減)、営業損失1億53百万円(前年同四半期営業損失55百万円)となり、受取利息及び配当金等38百万円を営業外収
      益に計上しましたが、経常損失1億15百万円(前年同四半期経常損失46百万円)となりました。また、関係会社株式
      の一部を売却して株式売却益38百万円を特別利益に計上したことにより、四半期純損失は81百万円(前年同四半期純
      損失54百万円)となりました。
       セグメントの業績は次のとおりであります。

       ①ニッケル事業

        前期に比べ、LME価格の下落により売上高は2億33百万円(前年同四半期2億99百万円 21.8%減)となりま
       したが、経費削減等によりセグメント利益(営業利益)は7百万円(前年同四半期セグメント利益2百万円)とな
       りました。
       ②不動産事業
        当第2四半期においても販売条件が整わず不動産売却は先送りとしたため、賃貸料収入のみとなり、売上高は9
       百万円(前年同四半期4億37百万円 97.7%減)となりました。セグメント損失(営業損失)は2百万円(前年同
       四半期セグメント利益98百万円)となりました。
       ③教育事業
        一部校舎を削減したことによる生徒数の減少により、売上高は1億68百万円(前年同四半期2億6百万円 
       18.2%減)となりました。セグメント損失(営業損失)は、15百万円(前年同四半期セグメント損失12百万円)と
       なりました。
       ④環境事業
        売上の計上はありませんでした。
                                  3/21






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
       当第2四半期末の資産につきましては、流動資産は前事業年度末に比べ95百万円減少し、18億57百万円となりまし
      た。これは主に預金の減少によるものであります。固定資産は前事業年度末に比べ4億46百万円増加し、10億83百万
      円となりました。これは主に当社の関連会社でありました株式会社東理ホールディングスの株式を平成28年9月に一
      部売却したことに伴い、保有目的を当社の関連会社株式からその他有価証券に変更し、当該有価証券の評価方法を原
      価法から時価法に変更したことによる投資有価証券の増加であります。 
       当第2四半期末の負債につきましては、流動負債は前事業年度末に比べ40百万円減少し、87百万円となりました。
      これは主に未払消費税等未払債務の減少によるものであります。固定負債は、前事業年度末に比べ1百万円増加し、
      91百万円となりました。
       当第2四半期末の純資産につきましては、前事業年度末に比べ3億89百万円増加し、27億61百万円となりました。
      これは主に有価証券の保有目的の変更により、その他有価証券評価差額金が前事業年度に比べ4億71百万円増加した
      ことによります。
       (3)   キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)の四半期末残高は、前事業年度末
      に比べ2億29百万円減少し6億30百万円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間における営業活動により使用した資金は、2億86百万円(前年同四半期4億46百万円の獲
      得)となりました。
       その主な内訳は、たな卸資産の増加1億78百万円等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間における投資活動により獲得した資金は、58百万円(前年同四半期7百万円の使用)となり
      ました。
       その主な内訳は、関係会社株式の売却によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間における財務活動により使用した資金は、2百万円(前年同四半期1億2百万円の使用)と
      なりました。
       その主な内訳は、リース債務の返済によるものであります。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
      (5)研究開発活動

       該当事項はありません。
      (6)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

       当第2四半期累計期間において、当社の経営成績に重要な影響を与える要因に重要な変更はありません。
                                  4/21






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    200,000,000

                  計                                  200,000,000

      (注)「発行可能株式総数」欄には、平成28年9月30日現在の当社定款に記載されている株式の総数を記載しておりま
      す。
       ② 【発行済株式】

                          提出日現在

               第2四半期会計期間
                                  上場金融商品取引所
               末現在発行数(株)
        種類                  発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年9月30日)
                        (平成28年11月14日)
                                  東京証券取引所

                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式          102,069,868          102,069,868
                                            す。
                                  (市場第一部)
         計         102,069,868          102,069,868           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
                                  5/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      平成28年7月1日
          ~
                      ―  102,069,868       △3,500,000        1,500,000           ―       ―
      平成28年9月30日
      注)当社は、平成28年6月29日開催の定時株主総会の決議に基づき、平成28年8月2日(効力発生日)付で資本金を減

     少させ、その他資本剰余金に振替えた後、欠損の填補を行っております。
      (6)  【大株主の状況】

                                         平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                     東京都中央区銀座1-19-7                         15,057        14.75
     株式会社東理ホールディングス
                                               2,000        1.95

     品 田 守 敏                神奈川県横浜市中区
                                               1,359        1.33

     安 本 友 信                大阪府大阪市天王寺区
                                               1,359        1.33

     小 菅  守                東京都江東区
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2-11-3                          1,105        1.08
     株式会社(信託口)
                                               1,054        1.03
     望 月 保 幸                千葉県流山市
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1-8-11                          1,010        0.98
     銀行株式会社(信託口6)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1-8-11                           989       0.96
     銀行株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1-8-11                           969       0.94
     銀行株式会社(信託口3)
                                                901       0.88
     丹 下 博 文                愛知県名古屋市中川区
                                               25,806        25.28

            計                    ―
      (注) 上記のほか当社所有の自己株式1,475千株(1.44%)があります。
                                  6/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成28年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―
                     普通株式
                                         ける標準となる株式
                         1,475,900
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,005,276             同上
                        100,527,600
                     普通株式
     単元未満株式                              ―             同上
                           66,368
     発行済株式総数                   102,069,868           ―              ―
     総株主の議決権                     ―         1,005,276              ―

      (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が7,766株(議決権77個)含ま
          れております。
        2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式32株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都中央区銀座八丁目9
                                 1,475,900         ―     1,475,900         1.44
                  番13号
     株式会社エス・サイエンス
           計              ―        1,475,900         ―     1,475,900         1.44
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成28年7月1日から平成28年
      9月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、KDA監査法人により四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、
      当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の
      財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとし
      て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による
      割合は次のとおりであります。
        ①資産基準          0.4%

        ②売上高基準             ─    
        ③利益基準           1.3%
        ④利益剰余金基準       10.3%
       ※会社間項目の消去後の数値により算出しております。なお、売上高基準及び利益基準は第2四半期累計期間の数値
      によっております。利益剰余金基準は一時的な要因で高くなっておりますが、重要性はないものと認識しておりま
      す。
     4.  四半期財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的には、会計基準等の内容を適
      切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応するための体制を整備するため、各種セミナーや研修に参
      加しております。
                                  8/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第2四半期会計期間
                                  (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         875,250              645,395
         現金及び預金
                                          40,726              40,670
         受取手形
                                          63,937              53,642
         売掛金
                                          14,633              17,581
         営業未収入金
                                         148,960              156,795
         有価証券
                                        ※  643,606             ※  767,506
         販売用不動産
                                          92,359              147,443
         商品
                                          36,667
         前渡金                                                  -
                                          11,101               8,889
         前払費用
                                          25,774              18,709
         未収入金
                                          1,774              1,759
         預け金
                                                         1,034
         未収消費税等                                   -
                                          1,147              1,196
         その他
                                         △ 2,607             △ 3,006
         貸倒引当金
                                        1,953,331              1,857,620
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         452,973              452,973
           建物
                                        △ 202,785             △ 207,161
             減価償却累計額
                                         250,188              245,812
             建物(純額)
           構築物                                1,187              1,187
                                         △ 1,187             △ 1,187
             減価償却累計額
             構築物(純額)                                -              -
                                          8,941              8,941
           機械及び装置
                                         △ 8,941             △ 8,941
             減価償却累計額
             機械及び装置(純額)                                -              -
                                          25,705              25,705
           車両運搬具
                                         △ 17,939             △ 19,236
             減価償却累計額
             車両運搬具(純額)                              7,765              6,468
           工具、器具及び備品                               134,991              136,215
                                        △ 134,691             △ 134,918
             減価償却累計額
                                            299             1,296
             工具、器具及び備品(純額)
           リース資産                                9,847              9,847
                                         △ 9,847             △ 9,847
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                                -              -
                                         258,253              253,577
           有形固定資産合計
                                  9/21






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
         投資その他の資産
                                          5,158             706,565
           投資有価証券
                                         270,727               20,000
           関係会社株式
                                          1,400              1,400
           出資金
                                          68,787              68,787
           敷金及び保証金
                                          2,400              2,400
           長期貸付金
                                          19,308              19,308
           会員権
                                          2,656              2,501
           長期前払費用
                                          30,078              31,900
           長期未収入金
                                          18,436              18,723
           その他
                                         △ 40,087             △ 41,909
           貸倒引当金
                                         378,866              829,678
           投資その他の資産合計
                                         637,120             1,083,255
         固定資産合計
                                        2,590,451              2,940,875
       資産合計
                                 10/21















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第2四半期会計期間
                                  (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                          11,102              10,056
         買掛金
                                          3,984              3,449
         リース債務
                                          28,956              21,479
         未払金
                                          5,253              3,564
         未払費用
                                          45,779              36,718
         未払法人税等
                                          17,976
         未払消費税等                                                  -
                                          5,313              2,507
         前受金
                                            868             3,807
         前受収益
                                          6,777              3,989
         預り金
                                                          83
         その他                                   -
                                          2,125              1,914
         賞与引当金
                                         128,137               87,569
         流動負債合計
       固定負債
         リース債務                                 2,655              1,198
                                          6,969              7,862
         退職給付引当金
                                          48,100              49,515
         役員退職慰労引当金
                                            188              133
         繰延税金負債
                                          32,376              32,627
         資産除去債務
                                          90,290              91,337
         固定負債合計
                                         218,428              178,906
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        5,000,000              1,500,000
         資本金
         資本剰余金
                                        1,560,321              1,203,408
           その他資本剰余金
                                        1,560,321              1,203,408
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                       △ 3,856,912               △ 81,688
             繰越利益剰余金
                                       △ 3,856,912               △ 81,688
           利益剰余金合計
                                        △ 331,796             △ 331,796
         自己株式
                                        2,371,612              2,289,924
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                            410            472,045
         その他有価証券評価差額金
                                            410            472,045
         評価・換算差額等合計
                                        2,372,023              2,761,969
       純資産合計
                                        2,590,451              2,940,875
      負債純資産合計
                                 11/21






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第2四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                         943,043              412,062
      売上高
                                         777,669              370,000
      売上原価
                                         165,374               42,062
      売上総利益
                                       ※  220,447             ※  195,258
      販売費及び一般管理費
                                        △ 55,072             △ 153,196
      営業損失(△)
      営業外収益
                                         22,215              22,719
       受取利息及び配当金
                                          2,979              2,979
       受取賃貸料
                                                        7,835
       有価証券評価益                                    -
                                          1,358
       貸倒引当金戻入額                                                   -
                                                        4,629
       営業権譲渡益                                    -
                                          1,482               112
       その他
                                         28,035              38,276
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           149              111
       売上割引
                                         18,980
       有価証券評価損                                                   -
                                           681              430
       その他
                                         19,810                542
       営業外費用合計
                                        △ 46,847             △ 115,462
      経常損失(△)
      特別利益
                                          1,251
       固定資産売却益                                                   -
                                                       38,500
                                            -
       関係会社株式売却益
                                          1,251              38,500
       特別利益合計
      特別損失
                                          3,641
                                                          -
       投資有価証券売却損
                                          3,641
       特別損失合計                                                   -
                                        △ 49,236             △ 76,962
      税引前四半期純損失(△)
                                          5,093              4,726
      法人税、住民税及び事業税
                                          5,093              4,726
      法人税等合計
                                        △ 54,330             △ 81,688
      四半期純損失(△)
                                 12/21








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 49,236             △ 76,962
       税引前四半期純損失(△)
                                          6,802              6,054
       減価償却費
                                         △ 1,251
       有形固定資産売却損益(△は益)                                                   -
                                         18,980              △ 7,835
       有価証券評価損益(△は益)
                                          3,641
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                   -
                                                      △ 38,500
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -
                                        △ 22,215             △ 22,719
       受取利息及び受取配当金
                                           28             △ 211
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           632              893
       退職給付引当金の増減額(△は減少)
                                          1,610              1,415
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,341              2,220
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         30,805               7,402
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 2,709             △ 1,046
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         333,786             △ 178,974
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                                       36,667
       前渡金の増減額(△は増加)                                    -
                                          4,238              2,211
       前払費用の増減額(△は増加)
                                         101,872               7,065
       未収入金の増減額(△は増加)
                                        △ 16,233              △ 7,932
       未払金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,296             △ 1,689
       未払費用の増減額(△は減少)
                                           112            △ 2,787
       預り金の増減額(△は減少)
                                         △ 5,423             △ 2,805
       前受金の増減額(△は減少)
                                          2,258              2,939
       前受収益の増減額(△は減少)
                                         29,421             △ 19,011
       未収又は未払消費税等の増減額(△は減少)
       未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                          8,091              8,677
       減少)
                                        △ 12,747
       預り敷金及び保証金の返還による支出                                                   -
                                          2,631              1,961
       その他
                                         432,455             △ 282,966
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  18,812              19,240
                                         △ 4,931             △ 22,465
       法人税等の支払額
                                         446,337             △ 286,191
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,390               △ 769
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,374
       原状回復による支出                                                   -
                                          3,500
       投資有価証券の売却による収入                                                   -
                                                       59,400
       関係会社株式の売却による収入                                    -
       敷金及び保証金の回収による収入                                  1,773                -
                                          △ 892             △ 287
       その他
                                         △ 7,385              58,343
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 13/21






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 100,000
       長期借入金の返済による支出                                                   -
                                         △ 1,992             △ 1,992
       リース債務の返済による支出
                                          △ 13             △ 14
       その他
                                        △ 102,005              △ 2,006
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         336,946             △ 229,854
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         502,308              860,250
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  839,255             ※  630,395
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (会計方針の変更等)

       (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
        法人税法改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報
       告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及
       び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        なお、この変更による当第2四半期累計期間の損益に与える影響はありません。
       (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四半
       期会計期間から適用しております。
       (四半期貸借対照表関係)

      ※ 販売用不動産
        当第2四半期会計期間に「販売用不動産」の取得価額に算入した借入金利息はありません。当第2四半期会計期
        間末残高に含まれる借入金利息算入額はありません。
       (四半期損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                                             当第2四半期累計期間
                             前第2四半期累計期間
                                             (自 平成28年4月1日
                            (自 平成27年4月1日
                                              至    平成28年9月30日)
                             至 平成27年9月30日)
                                 54,304                 49,682
        給与手当等                            千円                 千円
                                  3,489                 2,573
        減価償却費                            千円                 千円
                                  2,017                 1,914
        賞与引当金繰入額                            千円                 千円
                                   632                 893
        退職給付引当金繰入額                            千円                 千円
                                  1,610                 1,415
        役員退職慰労引当金繰入額                            千円                 千円
                                   446                2,661
        貸倒引当金繰入額                            千円                 千円
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

      
       あります。
                                             当第2四半期累計期間

                            前第2四半期累計期間
                                             (自 平成28年4月1日
                            (自 平成27年4月1日
                                             至    平成28年9月30日)
                             至 平成27年9月30日)
        現金及び預金                        854,255千円                645,395千円
        拘束性預金                       △15,000千円                 △15,000千円
        現金及び現金同等物                        839,255千円                630,395千円
                                 15/21




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
        前第2四半期累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
          配当に関する事項
          該当事項はありません。
        当第2四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)

         1.配当に関する事項 
           該当事項はありません。
         2.株主資本の金額の著しい変動 

           平成28年6月29日開催の定時株主総会の決議に基づき、平成28年8月2日(効力発生日)付で「資本金」を
          3,500,000千円減資して、同額を「その他資本剰余金」に振り替えております。また、同日「その他資本剰余
          金」で「繰越利益剰余金」を欠損填補しております。この結果、当第2四半期会計期間において「資本金」
          が3,500,000千円、「その他資本剰余金」が3,856,912千円それぞれ減少し、当第2四半期会計期間末におい
          て「資本金」が1,500,000千円、「その他資本剰余金」が1,203,408千円となっております。
      (持分法損益等)

                               前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間

                              (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年9月30日)                 至 平成28年9月30日)
         持分法を適用した場合の投資利益
                                  33,017千円              △69,096千円
         又は投資損失(△)の金額
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期累計期間(自              平成27年4月1日          至   平成27年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                   合計
                     ニッケル事業        不動産事業       教育事業       環境事業
     売上高

                       299,075       437,550       206,417               943,043

       外部顧客への売上高                                          ―
                       299,075       437,550       206,417               943,043

            計                                   ―
     セグメント利益又はセグメン
                        2,685      98,126      △ 12,500         ―      88,311
     ト損失(△)
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

       調整に関する事項)
                                                  (単位:千円)
                利 益                           金額
     報告セグメント計                                                88,311

     全社費用(注)                                               △143,383

     四半期損益計算書の営業損失(△)                                               △55,072

       (注)    全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 16/21



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期累計期間(自              平成28年4月1日          至   平成28年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                   合計
                     ニッケル事業        不動産事業       教育事業       環境事業
     売上高

                       233,652        9,765      168,643               412,062

       外部顧客への売上高                                          ―
                       233,652        9,765      168,643               412,062

            計                                   ―
     セグメント利益又はセグメン
                        7,159      △ 2,822     △ 15,169              △ 10,832
                                               ―
     ト損失(△)
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異

       調整に関する事項)
                                                  (単位:千円)
                利 益                           金額
     報告セグメント計                                               △10,832

     全社費用(注)                                               △142,364

     四半期損益計算書の営業損失(△)                                               △153,196

       (注)    全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       (金融商品関係)

       前事業年度末(平成28年3月31日) 
       時価を把握することがきわめて困難と認められる金融商品は、次表の投資有価証券には含まれておりません。
      ((注)2    を参照)                                                                    
                                          (単位:千円)
           科目       貸借対照表計上額             時価          差額        時価の算定方法
       投資有価証券                 3,640          3,640            ―     (注)1
       関係会社株式                250,727          950,126          699,398        (注)1
       (注)1.    投資有価証券並びに関係会社株式の時価の算定方法
       株式は取引所の価格によっており、信託受益証券については取引金融機関から提示された価格によっております。
       (注)2.    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                    (単位:千円)
           区分          貸借対照表計上額
       非上場株式                       1,518
       子会社株式                      20,000
                                 17/21





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
       当第2四半期会計期間末(平成28年9月30日)
       投資有価証券が、会社の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、前事業年の末日に比べて著しい変動
      が認められます。なお、時価を把握することがきわめて困難と認められる金融商品は、次表の投資有価証券には含ま
      れておりません。((注)2            を参照)                                                                       
                                           (単位:千円)
                  四半期貸借対照表
           科目                     時価          差額        時価の算定方法
                     計上額
       投資有価証券                705,047          705,047             ―     (注)1
       関係会社株式                   ―          ―          ―      ―
      (注)1.    投資有価証券の時価の算定方法
      株式は取引所の価格によっており、信託受益証券については取引金融機関から提示された価格によっております。
      (注)2.    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                    (単位:千円)
           区分        四半期貸借対照表計上額
                              1,518
       非上場株式
       子会社株式                      20,000
       (有価証券関係)

       前事業年度末(平成28年3月31日) 
       その他有価証券で時価のあるもの
                                            (単位:千円)
            区分            取得原価           貸借対照表計上額                差額

      株式                        420             408             △11

      その他                       2,621             3,231              610
            計                  3,041             3,640              599
       (注)表中の株式の「貸借対照表計上額」は減損処理後の帳簿価額であります。
       当第2四半期会計期間末(平成28年9月30日)

       その他有価証券が会社の事業の運営において重要なものであり、かつ、前事業年度の末日に比べて著しい変動が認
      められます。 
       その他有価証券で時価のあるもの
                                          (単位:千円)
            区分            取得原価          四半期貸借対照表計上額                  差額

      株式                      230,247             701,991             471,743

      その他                       2,621             3,056              434
            計                232,869             705,047             472,178
       (注)表中の株式の「四半期貸借対照表計上額」は減損処理後の帳簿価額であります。
                                 18/21




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は四半期純損失金額及び算定上の基礎は次のとおりであります。
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間

              項目             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                            至 平成27年9月30日)                 至 平成28年9月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)(円)                                 △0.54                 △0.81
     (算定上の基礎)
     四半期純損失(△)(千円)                                △54,330                 △81,688
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―                 ―
     普通株式に係る四半期純損失金額(△)
                                     △54,330                 △81,688
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                100,594                 100,593
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 19/21













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年11月14日

     株式会社エス・サイエンス
      取締役会      御中
                        KDA監査法人
                         指定社員

                                    公認会計士          佐 佐 木         敬 昌       印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士          毛   利    優               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エス・

     サイエンスの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第98期事業年度の第2四半期会計期間(平成28年7月1日か
     ら平成28年9月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エス・サイエンスの平成28年9月30日現在の財政状態並びに同日
     をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク