総合商研株式会社 有価証券報告書 第45期(平成27年8月1日-平成28年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第45期(平成27年8月1日-平成28年7月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      北海道財務局長

     【提出日】                      平成28年10月27日

     【事業年度】                      第45期(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

     【会社名】                      総合商研株式会社

     【英訳名】                      SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】                      札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】                      011(780)5677

     【事務連絡者氏名】                      企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】                      札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】                      011(780)5677

     【事務連絡者氏名】                      企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次            第41期       第42期       第43期       第44期       第45期

           決算年月           平成24年7月       平成25年7月       平成26年7月       平成27年7月       平成28年7月

                       13,754,520       15,252,802       15,525,410       15,683,407       16,376,971

     売上高             (千円)
                         159,701       260,810       279,220        86,261       113,477

     経常利益             (千円)
     親会社株主に帰属する

                         42,438       159,093       182,209        41,005       91,203
                   (千円)
     当期純利益
                         84,474       236,044       240,220        93,063      △ 16,758

     包括利益             (千円)
                        1,668,177       1,859,829       2,079,873       2,116,622       2,038,309

     純資産額             (千円)
                        6,943,453       7,254,715       7,662,437       8,112,902       8,597,540

     総資産額             (千円)
                         563.31       627.88       692.09       705.03       679.18

     1株当たり純資産額              (円)
                          14.31       53.83       61.44       13.65       30.39

     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
                          24.0       25.6       27.1       26.0       23.7
     自己資本比率              (%)
                           2.5       8.6       9.3       2.0       4.4

     自己資本利益率              (%)
                          23.3        9.5       9.7       58.0       20.4

     株価収益率              (倍)
     営業活動による
                         374,761       383,301       401,957       641,504       386,999
                   (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 803,049      △ 460,020      △ 506,545     △ 1,169,275       △ 572,102
                   (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        △ 18,610       137,857        61,222       596,576       286,614
                   (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        1,185,377       1,246,724       1,203,394       1,272,359       1,373,720
                   (千円)
     の期末残高
     従業員数                     433       446       454       426       433
                   (人)
                          ( 159  )     ( 172  )     ( 182  )     ( 173  )     ( 166  )
     (外、平均臨時雇用者数)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3   従業員数は、就業人員数を表示しております。
        4 「従業員数」欄の(           )内は、外書で平均臨時雇用者数(最近1年間における平均雇用人数を1人1日8時間
          で換算し算出)を記載しております。
        5 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
          り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
                                  2/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第41期       第42期       第43期       第44期       第45期

           決算年月           平成24年7月       平成25年7月       平成26年7月       平成27年7月       平成28年7月
                       13,642,333       15,173,531       15,426,731       15,533,465       16,154,609
     売上高             (千円)
                        169,099       259,717       264,193       100,794       138,453
     経常利益             (千円)
                         56,825       158,056       169,343        55,519       76,426

     当期純利益             (千円)
                        411,920       411,920       411,920       411,920       411,920
     資本金             (千円)
                       3,060,110       3,060,110       3,060,110       3,060,110       3,060,110
     発行済株式総数             (株)
                       1,691,261       1,880,968       2,086,458       2,139,518       2,051,112
     純資産額             (千円)
                       6,965,531       7,278,321       7,667,448       8,113,935       8,606,467
     総資産額             (千円)
                         572.20       636.41       694.28       712.66       683.45
     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり配当額
                         15.00       15.00       15.00       20.00       20.00
                   (円)
     (うち1株当たり
                         ( 7.00  )     ( 7.00  )     ( 7.00  )    ( 10.00   )    ( 10.00   )
     中間配当額)
                         19.16       53.48       57.10       18.48       25.46
     1株当たり当期純利益             (円)
     潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
                          24.3       25.8       27.2       26.4       23.8
     自己資本比率             (%)
                          3.4       8.4       8.5       2.6       3.6
     自己資本利益率             (%)
                          17.4        9.6       10.5       42.9       24.4
     株価収益率             (倍)
                          78.3       28.0       26.3       108.2        78.6
     配当性向             (%)
                          422       436       441       410       417
     従業員数
                   (人)
                          ( 155  )     ( 168  )     ( 180  )     ( 171  )     ( 164  )
     (外、平均臨時雇用者数)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3   従業員数は、就業人員数を記載しております。
        4 「従業員数」欄の(           )内は、外書で平均臨時雇用者数(最近1年間における平均雇用人数を1人1日8時間で
          換算し算出)を記載しております。
                                  3/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
        年月                           概要
      昭和44年1月        現  代表取締役加藤優が札幌市白石区菊水において個人で「プリント企画」を創業
      昭和45年4月        屋号を「総合印刷」に変更
      昭和47年12月        組織変更し、社内一貫生産を目的として札幌市白石区菊水に総合商研株式会社を設立
      昭和48年3月        ドイツ製印刷機ハイデルベルクSORDZ(A全版2色機)を導入、衣料を中心とする業種向けチラシ
              で営業拡大を図る
      昭和52年8月        有限会社アリ印刷に出資(40%)し関連会社とする(平成5年7月に清算)
      昭和56年12月        札幌印刷株式会社と業務提携
      昭和57年4月        スタジオ部門を独立させ、有限会社スタジオユーを関係会社とする(平成3年10月資本関係を解
              消)
      昭和58年2月        札幌印刷株式会社の株式を取得し、関係会社とする(平成6年3月吸収合併)
          11月    年賀状印刷事業を開始する
      昭和61年5月        小森機械のオフセット輪転機B半裁・4色×4色を導入
      昭和62年3月        プリントハウス事業を開始し、札幌市中央区にプリントハウス北2条店(現時計台ビル店)を出
              店
      平成2年4月        菊水商事株式会社の株式を100%所有し子会社とする(平成6年3月吸収合併)
      平成3年7月        東京都品川区に東京営業所を開設(平成5年2月に東京都港区、平成17年9月に東京都千代田
              区、平成19年11月に東京都中央区、平成23年11月に東京都中央区内で移転、現東京支社)
      平成4年10月        札幌市豊平区に工場を賃借、本社年賀工場を移転(平成6年10月札幌市白石区に賃借移転、平成
              12年7月に閉鎖)
      平成7年7月        決算期を2月から7月に変更
          11月    札幌市白石区に菊水工場完成
      平成8年10月        E-print、CTPを稼動
      平成9年10月        大阪市中央区に大阪営業所を開設(平成14年3月大阪市阿倍野区に移転、平成15年8月大阪市北
              区に移転、現大阪支社)
      平成10年1月        協同組合札幌プリントピアを当社他8社にて設立
          9月    仙台市青葉区に仙台営業所開設
      平成11年5月        菊水本社と白石工場を統合し、現在地へ新本社工場として登記移転。パレタイジング、自動搬
              送機、自動倉庫を稼動開始
      平成12年2月        アイ・コミュニケーションズ株式会社に資本参加(30%)し、関連会社とする(平成17年11月増
              減資により関連会社から除外)
          10月    白石年賀工場(札幌市白石区)が稼動
      平成13年4月        厚木工場(神奈川県厚木市)が本格稼働(平成26年7月に閉鎖)
          7月    日本証券業協会に店頭登録
      平成14年2月        和歌山県和歌山市小雑賀に和歌山営業所開設
          8月    大阪工場(大阪府東大阪市)を設置(平成22年7月に閉鎖)
          9月    株式会社総合商業研究所を設立(平成18年7月に清算)
      平成15年4月        東京本部・大阪営業部を東京支社・大阪支社に格上し、本支社体制を構築
      平成16年4月        北海道旭川市豊岡に旭川営業所開設(平成17年11月北海道旭川市東光に移転後、平成22年12月
              北海道上川郡鷹栖町に移転)
          9月    株式会社味香り戦略研究所を設立(平成17年12月第三者割当増資により、関連会社に変更、平
              成22年8月株式取得、現・連結子会社)
          12月    日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成18年5月        名古屋市西区に名古屋営業所開設(平成19年6月名古屋市中区に移転、平成21年2月に閉鎖)
      平成19年5月        株式会社プリプレス・センター(札幌市中央区)の第三者割当増資を引受け、関連会社とする
              (平成24年4月株式一部売却により関連会社から除外)
      平成20年3月        システムデザイン開発株式会社を関連会社とする(平成26年12月に売却)
          8月    其水堂金井印刷株式会社(札幌市白石区)の第三者割当増資を引受け、関連会社とする。(平
              成22年9月に清算)
      平成21年10月        北海道帯広市に帯広営業所開設(平成23年3月に閉鎖)
      平成22年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市
              場)に株式を上場
      平成22年5月        プリントハウス株式会社を設立(現・連結子会社)
                                  4/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
        年月                           概要

      平成22年8月        伊勢原工場(神奈川県伊勢原市、現伊勢原第二工場)を設置(平成28年1月に閉鎖)
      平成22年10月        大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場
              の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
              旭川工場(北海道上川郡鷹栖町)を設置
      平成22年12月
              九州支社(福岡市博多区)を開設
      平成24年2月
              株式会社あるた出版(札幌市中央区)の第三者割当増資を引受け、関連会社とする
      平成24年3月
              青森営業所(青森県八戸市)を開設
      平成24年12月
              盛岡営業所(岩手県盛岡市)を開設
      平成25年7月
              大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタ
              ンダード)に株式を上場
              伊勢原工場を伊勢原第二工場へ名称変更し、伊勢原第一工場(神奈川県伊勢原市)を設置
      平成26年8月
              株式会社まち・ひと・しごと総研を設立(現・子会社)
      平成27年3月
              株式会社ゾーンを子会社とする(現・子会社)
          7月
          12月    日本タウン誌・フリーペーパー大賞2015大賞受賞
                                  5/85
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
        当社グループは当社及び連結子会社2社、非連結子会社2社、持分法非適用関連会社1社により構成されてお
       り、広告業界及び印刷業界の両分野にまたがる、情報コミュニケーション事業を主たる業務としております。
        主な内容としましては、商業印刷・年賀状印刷をはじめ、SP(セールスプロモーション)企画及びポスター、カ
       タログ、POP、ノベルティ等を自社生産するほか、フリーペーパーの企画、印刷、発刊等を行っております。
        連結子会社のプリントハウス株式会社では、主にオンデマンド印刷による、小ロット・多機能・高品質に対応す
       る印刷サービスを、法人から個人のお客様を対象にご提供しております。また、株式会社味香り戦略研究所では、
       主に食品の"味"を分析・デジタルデータ化し、小売企業・地方自治体等を対象とした販売促進・マーケティング・
       新商品開発等の支援を行っております。
        非連結子会社の株式会社まち・ひと・しごと総研では、地域のまち・ひと・しごと(または企業)のコミュニ
       ケーション活動をサポートし、マーケティングや販促戦略によって地域の活性化促進を目的としたコンサルティン
       グを行っております。また、株式会社ゾーンでは、コンサルティング業と印刷業の両機能を融合させた販売促進支
       援活動を行っており、シール、ディスプレイ、オリジナルグッズの製作等を行っております。
        持分法非適用関連会社の株式会社あるた出版は、北海道の魅力を伝えることを目的とした出版社で、タウン誌・
       観光フリーペーパーなどの月刊誌、年刊誌をはじめ、PR誌、書籍等の企画・制作・出版を行っております。
        なお、当連結会計年度より、当社グループは単一セグメントに変更したため、セグメント別の記載を省略してお
       ります。詳細は、「第5.経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報
       等)」をご覧ください。
        事業の系統図は、次のとおりであります。

      (注)   ☆は連結子会社、△は持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社であります。










                                  6/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                   議決権の
                       資本金      主要な
          名称         住所                所有割合            関係内容
                       (千円)     事業の内容
                                    (%)
     (連結子会社)
                   札幌市         オンデマンド印             当社のオンデマンド印刷を依頼しま
                        40,000             100.0
                   白石区         刷             す。
      プリントハウス㈱
     (連結子会社)

                                        味覚に係る販促支援コンテンツの提供
                   東京都         味覚データの分
                                        を受けております。
      ㈱味香り戦略研究所                  85,675             88.8
                   中央区         析・販売
                                        役員の兼任は2名であります。
     (注)2
      (注)   1 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        2 特定子会社に該当しております。
     5  【従業員の状況】

      (1)  連結会社の状況
                                               平成28年7月31日現在
                                                   433(   166  )
               従業員数(人)
      (注)   1   情報コミュニケーション事業の単一セグメントであるため、連結会社の従業員数の合計を記載しておりま
          す。
        2 従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除く)であります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成28年7月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          417(   164  )

                        40.7              8.3             3,873
      (注)   1 情報コミュニケーション事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの従業員数は記載しておりませ

          ん。
        2 従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除く)であります。
        3 従業員数の(外書)は、臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        4 臨時雇用者には、季節雇用者、パートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
        5 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合は結成されておりません。
        また、労使関係については円滑な関係にあり、特に記載すべき事項はありません。
                                  7/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

       消費税等に係る会計処理は、税抜方式によっているため、この項に記載の売上高、生産実績、販売実績等の金額に

      は、消費税等は含まれておりません。
     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
       当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益・個人雇用・所得環境等の改善により緩やかな回復傾向が続きま
      した。一方で、中国を始めとするアジア新興国の景気の下振れにより、我が国の景気が下押しされるリスクや、英国
      のEU離脱問題等による金融資本市場の変動への影響が残っております。消費総合指数については、前年同期比-
      0.02%と、企業の判断姿勢、消費者マインドは未だ足踏みがみられる結果となりました。
       当社グループは、広告業界及び印刷業界の両分野にまたがり、小売企業に対する販売促進支援を行っております。
      広告業界では、景気回復基調とともに平成27年度の広告業売上高は前年比2.69%増加(出典:                                           経済産業省調べ 特定
      サービス産業動態統計-広告業               より)となり、なかでもインターネット分野の広告需要が成長し、業界全体の押し上
      げに寄与しました。また、ポスター、カタログ、POP、ノベルティ等を取り扱う、SP(セールスプロモーション)・
      PR・催事企画分野も徐々に拡大を続けており、今後はインターネット分野との融合型への期待も見込まれておりま
      す。一方、新聞・雑誌・折込等の広告分野については、Webマーケティングの拡大に押され苦戦しており、印刷業界
      にも影響を与えている状況であります。
       このような環境のもと、当社グループは平成27年12月に北海道の魅力をPRすべく自社で制作・発行する「北海道応
      援マガジンJP01」が、日本タウン誌・フリーペーパー大賞にて全国276誌の中から大賞を受賞いたしました。これに
      より当社独自の地域の魅力を発掘する取材力を活かした、季刊誌発刊・「まちおこし」事業の受注は全国へと広がり
      をみせました。
       また、当社子会社である株式会社味香り戦略研究所では『鹿児島ハイボール』に続き、レトルト商品『小麦粉不使
      用にもこだわったカレー』の発売を開始いたしました。その他、広告戦略や商品開発力を他社製品開発に提供する
      等、当社の企画力を活かしたオンリーワン融合形サービスの展開に取り組んでまいりました。
       年賀状印刷におきましては、大口顧客からの受注が堅調に推移したことで、名入れ年賀状が178万件(前年同期比
      13万件増)、パック年賀状が594万パック(前年同期比14万パック増)と、いずれも増加いたしました。その他、前
      期に取得した伊勢原第一工場へ業務を集約するため、伊勢原第二工場を閉鎖するのに関連し、一時的に経費が発生し
      製造原価が増加したこと、営業外債権に対する貸倒引当金の計上及び固定資産に係る減損損失を計上したこと等が利
      益を圧迫いたしました。
       その結果、当連結会計年度の売上高は16,376百万円(前年同期比693百万円増)と増収となりました。
       利益につきましては、営業利益は86百万円(前年同期比9百万円増)、経常利益は113百万円(前年同期比27百万円
      増)、親会社株主に帰属する当期純利益は91百万円(前年同期比50百万円増)と、増益となりましたが、期首の計画
      には達しませんでした。
       なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日)等を適用
      し、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
       また、当連結会計年度より、当社グループは単一セグメントに変更したため、セグメント別の記載を省略しており
      ます。詳細は、「第5.経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」を
      ご覧ください。
                                  8/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べて101百万
      円増加し、1,373百万円となりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。 
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は386百万円(前連結会計年度は641百万円の獲得)となりました。これは主に、
        たな卸資産の増加が400百万円あったことにより資金が減少した一方で、減価償却費の発生が530百万円、仕入債
        務の増加が170百万円あったこと等により資金が増加したことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は572百万円(前連結会計年度は1,169百万円の使用)となりました。これは主
        に、有形・無形固定資産の取得による支出が616百万円あったこと等により資金が減少したことによるものであり
        ます。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は286百万円(前連結会計年度は596百万円の獲得)となりました。これは主に、
        長期借入金の返済による支出が1,099百万円、配当金の支払額が60百万円あったことにより資金が減少した一方
        で、長期借入れによる収入が900百万円、社債の発行による収入が594百万円あったこと等により資金が増加した
        ことによるものであります。
     2  【生産、受注及び販売の状況】

      (1)  生産実績
        当連結会計年度の生産実績は以下のとおりであります。なお、当社グループは情報コミュニケーション事業の単
       一セグメントであるため、地域別に記載しております。
            地域別                生産高(千円)                 前年同期比(%)

      北海道エリア                            7,299,835                   103.5
      東北エリア                             749,330                  129.3
      東京エリア                            6,868,904                   102.3
      西日本エリア                            1,456,094                   109.4
            合計                     16,374,163                    104.4
      (注)   金額は、販売価格によっております。
      (2)  受注実績

        当連結会計年度の受注実績は以下のとおりであります。なお、当社グループは情報コミュニケーション事業の単
       一セグメントであるため、地域別に記載しております。
        地域別         受注高(千円)          前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)

      北海道エリア              7,331,902            104.8         175,111           122.4
      東北エリア               784,224           134.8          66,142           211.7
      東京エリア              6,748,599            100.7         145,514            54.7
      西日本エリア              1,436,233            108.2          57,854           74.4
         合計           16,300,960             104.5         444,623            85.9
                                  9/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (3)  販売実績
        当連結会計年度の販売実績は以下のとおりであります。なお、当社グループは情報コミュニケーション事業の単
       一セグメントであるため、地域別及びサービス別に記載しております。
          地域別             内訳           販売高(千円)            前年同期比(%)

                  商業印刷                    4,205,657               104.3
                  年賀状印刷                    3,044,052               102.4
      北海道エリア
                  その他                      50,649             103.3
                       合計               7,300,360               103.5
                  商業印刷                     749,330              129.3
                  年賀状印刷                        ―             ―
      東北エリア
                  その他                        ―             ―
                       合計                749,330              129.3
                  商業印刷                    4,098,814               94.4
                  年賀状印刷                    2,531,229               114.3
      東京エリア
                  その他                     241,142              144.8
                       合計               6,871,187               102.2
                  商業印刷                    1,456,094               109.4
                  年賀状印刷                        ―             ―
      西日本エリア
                  その他                        ―             ―
                       合計               1,456,094               109.4
                 合計                     16,376,971               104.4
      (注)   主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は以下のとおりであります。
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
            相手先
                          至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
                       販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
       株式会社JP三越マーチャンダイ
                         2,486,143           15.9      2,714,329           16.6
       ジング
       株式会社マイプリント                  1,764,192           11.2      1,818,017           11.1
                                 10/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
       当社グループを取り巻く広告・印刷業界の経営環境は厳しさを増していることから、今後一層の業績拡大と企業体
      質の強化を図るため、下記の3点を重点課題として取り組んでまいります。 
      (1)  新たな収益事業の創出
        印刷関連の受注競争は激化していることから、利益構造の改革を図るべく、新たな収益獲得の柱を創出してまい
       ります。そのために、当社グループの連携を強化し、当社子会社である株式会社味香り戦略研究所の味覚分析技術
       をはじめ、それぞれの保有する自社資源を活用した当社独自の新商材・コンテンツの開発を行うことで、既存顧客
       企業・地方自治体との繋がりをより堅固にしてまいります。
      (2)  製造環境の整備・強化
        当社の主力サービスであります年賀状印刷は多数の個人情報を取り扱うため、お客様に安心していただけるよう
       個人情報の管理をより強化してまいります。また製造工程の見直し、設備投資による自動化を図り製造コストの削
       減を行ってまいります。
      (3)  財務体質の強化
        経営環境の変化、材料費等の高騰によるコスト増加並びに事業戦略に応じた投資に対応するために、徹底したコ
       スト管理による利益率の向上、内部留保の増加による自己資本比率の向上に取り組んでまいります。 
     4  【事業等のリスク】

       当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスク及び変動要因は以下に記載するとおりで
      すが、当社グループは、これらのリスクの存在を十分に認識した上で、当該リスクの発生に伴う影響を極力回避する
      ための努力を継続してまいります。
       文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成28年10月27日)現在において当社グループが判断したもの
      であります。
      (1)  特定顧客業界への依存

        当社グループでは大手流通・小売企業、及び日本郵政グループへの売上依存度が高いことから、これらの企業の
       業績が悪化し、受注が減少した場合には、業績等に影響を与える可能性があります。
      (2)  材料価格の変動
        当社グループでは、印刷用紙・インク等の材料を複数の企業から調達し、安定した材料の確保と最適な価格の維
       持に努めております。しかし、為替相場の変動や原油価格の高騰、製紙市場の需給バランスの崩れ等により材料価
       格が著しく高騰した場合には、業績等に影響を与える可能性があります。
      (3)  取引先の信用リスク
        当社グループでは通常の営業債権及び貸付債権の与信管理を徹底しておりますが、与信先企業の業績が予想以上
       に悪化した場合には、貸倒による損失が発生する可能性があります。
      (4)  資産保有リスク
        当社グループでは、不動産・有価証券等の資産を保有しておりますが、時価の変動により、業績に影響を与える
       とともに、自己資本比率の低下を招くおそれがあります。
      (5)  情報システムと個人情報保護
        画像データの送受信や顧客情報の管理、事業活動に付随する各種情報管理のため、情報システムが重要な役割を
       果たしております。平成17年6月にプライバシーマークを取得し、社員教育の徹底と、情報システムの管理及び個
       人情報保護に万全を尽くしておりますが、万一これらに事故が発生した場合には、事業活動に影響を及ぼす可能性
       があります。
      (6)  自然災害
        当社グループでは、災害による影響を最小限に留めるための対策をとっておりますが、災害による全ての影響を
       防止・軽減できる保証はありません。地震等の災害によりデータベースサーバや印刷工場等が重大な被害を受けた
       場合には、業績等に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  事業の季節的変動
        当社グループでは、上半期は年賀状印刷の売上が計上されること、及び商業印刷の年末年始商戦の折込広告の大
       量受注があることから、上半期と下半期の売上高・利益に著しい相違があります。
                                 11/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     5  【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     6  【研究開発活動】

       当社では当連結会計年度における研究開発活動として、味覚センサーを活用したデータ分析をすすめ、味の測定・
      解析・比較を中心とした研究活動を実施しており、これらは販売促進支援活動及び取引先に対する提供情報として活
      用しております。
       その結果、当連結会計年度における研究開発費が1百万円となりました。
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況                                             1.連結財務諸表
       等 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりであります。この連結財務諸表作成にあ
       たって、見積りが必要となる事項については合理的な基準に基づき会計上の見積りを行っております。
      (2)  財政状態の分析

       ①  資産
        当連結会計年度末における流動資産は3,989百万円となり、前連結会計年度末に比べて581百万円増加しました。
       これは主に、商品及び製品が44百万円減少した一方で、現金及び預金が101百万円、受取手形及び売掛金が80百万
       円、原材料及び貯蔵品が441百万円増加したこと等によるものであります。
        当連結会計年度末における固定資産は4,604百万円となり、前連結会計年度末に比べて101百万円減少しました。
       これは主に、機械装置及び運搬具が142百万円増加した一方で、投資有価証券が164百万円、建物及び構築物が53百
       万円減少したこと等によるものであります。
        この結果、当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べて484百万円増加し、8,597百万円とな
       りました。
       ②  負債
        当連結会計年度末における流動負債は2,866百万円となり、前連結会計年度末に比べて204百万円増加しました。
       これは主に、1年内返済予定の長期借入金が78百万円減少した一方で、支払手形及び買掛金が170百万円、未払法人
       税等が38百万円増加したこと等によるものであります。
        当連結会計年度末における固定負債は3,692百万円となり、前連結会計年度末に比べて358百万円増加しました。
       これは主に、長期借入金が121百万円、長期設備関係未払金が66百万円、繰延税金負債が64百万円減少した一方
       で、社債が600百万円増加したこと等によるものであります。
        この結果、当連結会計年度末における総負債は、前連結会計年度末に比べて562百万円増加し、6,559百万円とな
       りました。
       ③  純資産
        当連結会計年度末における純資産合計は2,038百万円となり、前連結会計年度末に比べて78百万円減少しまし
       た。これは主に、利益剰余金が31百万円増加した一方で、その他有価証券評価差額金が104百万円減少したこと等
       によるものであります。
      (3)  経営成績の分析

        「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (1) 業績」に記載のとおりであります。
                                 12/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (4)  キャッシュ・フローの状況の分析
        「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2) キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
      (5)  経営成績に重要な影響を与える要因について

       「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
      (6)  経営環境の現状と戦略的見通し

        広告・印刷業界を取り巻く環境は、印刷用紙等の材料費の価格変動、同業者間の受注競争の激化、企業の広告宣
       伝媒体の多様化、インターネット広告の拡大等、情報技術の進展とともに変化が取り巻く状況であります。
        こうした環境の中、変化に迅速に対応し、業績向上に向けて、将来を見据えた戦略を推進し、安定した企業体質
       のもと、当社グループの優位性と競争力を高めることが重要な課題と認識しており、次の経営戦略を展開してまい
       ります。
       ①  企画営業の推進
        当社が、創業以来培ってまいりました販売促進支援業としてのノウハウと、多様な生産設備を活用し、新たな付
       加価値を提供してまいります。その中でも、地方再生の支援に力を入れ、従来の形に囚われない企画と提案で、お
       客様の満足度を最大にできるよう取り組んでまいります。
       ②  事業採算の向上とコスト削減による利益率の向上
        材料費の上昇と受注単価の低下等により、利益率が低下傾向にあることから、事業毎の採算向上を図るととも
       に、高粗利商材の開発、徹底したコスト管理・内製化・業務の効率化により利益水準を高め、利益率向上を目指し
       てまいります。
       ③  人材育成
        年々厳しさを増す環境の変化に対応し、新たな付加価値を創出できる人材を育成し、競争力の強化を図ってまい
       ります。
                                 13/85












                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

       消費税等に係る会計処理は、税抜方式によっているため、この項に記載の金額には、消費税等は含まれておりませ

      ん。
     1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度において実施いたしました当社グループの設備投資の総額は662百万円であり、その主なものは、
      印刷関連設備及び生産システムへの投資であります。
       また、平成28年1月をもって伊勢原第二工場を閉鎖し、伊勢原第一工場を伊勢原工場へ名称変更いたしました。こ
      れにより、21百万円の設備移設費用を計上いたしました。なお、当社グループは情報コミュニケーション事業の単一
      セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しております。
                                 14/85
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     2  【主要な設備の状況】
      (1)  提出会社
        当社は、北海道内に3ヶ所の工場、1ヶ所の営業所及び2ヶ所の店舗を運営しております。
        また、本州には1ヶ所の工場、東京支社・大阪支社・九州支社及び4ヶ所の営業所を設けております。主要な設
       備は、以下のとおりであります。
        また、当社グループは単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                              平成28年7月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
           事業所名                                          従業員数
                 設備の内容
           (所在地)                                           (人)
                        建物     機械装置      土地
                                      リース資産     その他     合計
                       及び構築物     及び運搬具      (面積㎡)
                  印刷業務
        本社工場                          276,146
                        266,062     217,889          42,815     7,251    810,164       40
        (札幌市東区)(注1)                         (4,447.05)
                  販売業務
                  管理業務
        本社                           34,869
                        126,945      5,702          2,607    47,354    217,479       204
        (札幌市東区)(注1)                          (690.66)
                  販売業務
                                     ―
        東京支社
                  販売業務       2,266      79          ―   9,124    11,470       50
                                   ( ― )
        (東京都中央区)
        大阪支社                             ―
                  販売業務         0     ―          ―   1,702     1,702      23
                                   ( ― )
        (大阪市北区)
        九州支社                             ―
                  販売業務         ―     ―          ―   4,365     4,365      10
                                   ( ― )
        (福岡市博多区)
        青森営業所                             ―
                  販売業務         ―     ―          ―    999     999      6
                                   ( ― )
        (青森県八戸市)
        盛岡営業所                             ―
                  販売業務         ―     ―          ―    976     976      3
                                   ( ― )
        (岩手県盛岡市)
        仙台営業所                             ―
                  販売業務         ―     ―          ―    683     683      7
                                   ( ― )
        (仙台市青葉区)
                                     ―
        和歌山営業所
                  販売業務         0     ―          ―  34,322     34,322       14
                                   ( ― )
        (和歌山県和歌山市)
        旭川営業所                             ―
                  販売業務         ―     ―          ―    700     700     13
                                   ( ― )
        (北海道上川郡)
        旭川工場         印刷業務
                                   20,052
                        38,724     339,659          28,024      524   426,985       10
                                 (5,349.19)
        (北海道上川郡)         販売業務
        白石工場         印刷業務
                                   682,532
                        56,216     46,342            ―  93,017    878,108       6
                                 (5,980.69)
        (札幌市白石区)         販売業務
        伊勢原工場         印刷業務
                                   149,978
                        419,168     300,257          70,664    111,543    1,051,611        31
                                 (3,683.55)
        (神奈川県伊勢原市)         販売業務
        プリントハウス2店         印刷業務                   ―
                           ―   1,900            ―    172    2,072       0
                                   ( ― )
        (北海道内)         販売業務
       (注)   1  本社及び本社工場が入居している土地建物は、協同組合札幌プリントピアが平成11年3月31日付で北海道か
          ら中小企業高度化資金を1,933百万円借入し、取得したものです。これを組合員企業と同組合が土地は持
          分、建物については区分所有し、そのうち、当社の資金負担は土地建物に対する設備関係未払金66百万円及
          び長期設備関係未払金99百万円であり、同資金を同組合に対して平成30年11月までの間に分割返済する契約
          となっております。なお、同組合は平成23年1月31日付で北海道から北洋銀行へ資金の借換を行っており、
          当該土地建物については同資金が完済するまで、同行へ担保として供するほか、所有権も登記留保となって
          おります。
         2  帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品及びソフトウェアであり、建設仮勘定及びソフトウェア仮勘定
          は含んでおりません。
         3  従業員数には、臨時雇用者の人員を含んでおりません。
                                 15/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                              平成28年7月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
                   事業所名       設備                            従業員数
          会社名
                   (所在地)       の内容                             (人)
                              建物    機械装置     土地    リース
                                               その他    合計
                             及び構築物     及び運搬具     (面積㎡)     資産
                本社         印刷業務                ―
        プリントハウス㈱                        926    2,775          ―   887   4,588      9
                                       ( ― )
                (札幌市白石区)         販売業務
                本社                         ―
        ㈱味香り戦略研究所                 販売業務       0   1,621          ―  1,140    2,761      7
                                       ( ― )
                (東京都中央区)
       (注)   1  帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品及びソフトウェアであり、建設仮勘定及びソフトウェア仮勘定
          は含んでおりません。
         2  従業員数には、臨時雇用者の人員を含んでおりません。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設
        当連結会計年度末において確定した重要な設備の新設の計画はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 16/85














                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     8,000,000

                  計                                    8,000,000

       ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年7月31日)          (平成28年10月27日)
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は1,000株であり
       普通株式           3,060,110          3,060,110       JASDAQ
                                            ます。
                                   (スタンダード)
         計          3,060,110          3,060,110          ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式      発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                   (株)      (株)                    (千円)       (千円)
     平成18年11月1日~
                  112,000      3,060,110         17,696      411,920       17,696      441,153
     平成19年1月31日(注)
      (注) 新株予約権の行使による増加であります。
                                 17/85







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成28年7月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                     単元未満株
                                                     式の状況
       区分
                                   外国法人等
                           その他の                 個人
           政府及び地           金融商品
                                                      (株)
                 金融機関                                 計
           方公共団体           取引業者
                            法人               その他
                                 個人以外      個人
     株主数
               ―     3     5     19      ―     ―    649     676       ―
     (人)
     所有株式数
               ―     31      7   1,694       ―     ―   1,324     3,056      4,110
     (単元)
     所有株式数
               ―    1.01     0.23     55.43       ―     ―   43.32     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)    自己株式58,988株は、「個人その他」に58単元、「単元未満株式の状況」に988株含まれております。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成28年7月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                                                798       26.08
     合同会社実力養成会                札幌市白石区本通6丁目南5番1号
                     札幌市東区東苗穂2条3丁目4-48                           167       5.48

     総合商研従業員持株会
                     東京都中央区日本橋馬喰町1丁目7-6                           140       4.57

     大日精化工業株式会社
                     東京都墨田区吾妻橋3丁目11-1                           140       4.57

     株式会社小森コーポレーション
                     札幌市中央区北3条西14丁目2                           140       4.57

     日藤株式会社
                     名古屋市中区金山2丁目15-18                           100       3.27

     株式会社光文堂
                     香川県高松市香南町由佐2100-1                           100       3.27

     小松印刷株式会社
                                                 78       2.55

     志田 秋子                札幌市厚別区
                     東京都北区王子1丁目12-4                           63       2.06

     東京インキ株式会社
                                                 54       1.76

     片岡 廣幸                札幌市白石区
                                               1,780        58.19

            計                    ―
      (注) 1     当社は自己株式58,988株(1.93%)を所有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
         2     日藤株式会社は、平成28年10月1日をもって大丸株式会社に社名変更しております。
                                 18/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成28年7月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式        (自己株式等)

                          ―          ―             ―
     議決権制限株式        (その他)

                          ―          ―             ―
                      (自己保有株式)
                                          権利内容になんら限定のない当社
     完全議決権株式        (自己株式等)
                                     ―
                     普通株式         58,000               における標準となる株式
     完全議決権株式        (その他)         普通株式     2,998,000
                                       2,998          同上
                     普通株式           4,110

     単元未満株式(注)                               ―      1単元(1,000株)未満の株式
                          3,060,110

     発行済株式総数                               ―             ―
     総株主の議決権                     ―             2,998           ―

      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式988株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成28年7月31日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
       (自己保有株式)
                  札幌市東区東苗穂2条3丁目
                                   58,000       ―       58,000        1.90
                  4-48
       総合商研株式会社
           計              ―          58,000       ―       58,000        1.90
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
                                 19/85










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        会社法第155条第7号による普通株式の取得
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
     当事業年度における取得株式数                                     1,032             720,464

     当期間における取得自己株式                                       ―              ―

      (注) 当期間における取得自己株式には、平成28年10月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                    当期間

            区分
                                 処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                   (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った
                               ―         ―         ―          ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―          ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                               ―         ―         ―          ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(  ―  )                         ―         ―         ―          ―
     保有自己株式数                       58,988            ―       58,988            ―

      (注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年10月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         り及び買増請求による売渡による株式数は含めておりません。
                                 20/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社は、株主の皆様への利益還元を経営上の重要な課題として捉え、企業体質を強化し、業績に対応した安定した
      配当を継続して行うことを基本方針としております。
       当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本方針としております。配当の決定機関は取締役会で
      あります。
       当事業年度の剰余金の配当につきましては、期末配当として1株当たり10円とし、中間配当10円と合わせて、年間
      配当を1株当たり20円としております。
       内部留保資金につきましては、今後の事業展開に対応した設備投資等の資金需要に備える所存であります。
       なお、当社は会社法第459条第1項の規定に基づき、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議をもっ
      て剰余金の配当等を行う旨を定めております。
      (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
        決議年月日         配当金の総額(千円)           1株当たり配当額(円)
      平成28年3月14日

                        30,012              10
       取締役会決議
      平成28年9月12日
                        30,011              10
       取締役会決議
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第41期         第42期         第43期         第44期         第45期

       決算年月        平成24年7月         平成25年7月         平成26年7月         平成27年7月         平成28年7月

       最高(円)          430         648         723         976         857

       最低(円)          288         370         451         522         585

      (注) 最高・最低株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるもの、
         平成25年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成28年2月          3月       4月       5月       6月       7月

       最高(円)          750       824       857       857       808       769

       最低(円)          658       709       811       802       715       619

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 21/85







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性11名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                        所有株式
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴             任期    数
                                                         (千株)
                                昭和44年1月      個人にてプリント企画創業
                                昭和45年4月      プリント企画を総合印刷に屋号変更
                                昭和47年12月      総合商研㈱を設立(総合印刷を改組)
                                      代表取締役(現任)
                                昭和52年8月      ㈲アリ印刷代表取締役社長(㈲アリ印
                                      刷は平成5年7月に清算)
                                昭和57年7月      札幌印刷㈱代表取締役社長(札幌印刷
                                      ㈱は平成6年3月に当社が吸収合併)
      代表取締役
             ―   加 藤   優       昭和14年7月15日生                                    ―
                                                     (注4)
                                平成2年6月      菊水商事㈱代表取締役社長(菊水商事
       会長
                                      ㈱は平成6年3月に当社が吸収合併)
                                平成10年2月      協同組合札幌プリントピア設立
                                      理事長(現任)
                                平成16年10月      当社代表取締役会長兼管理部長
                                平成17年7月      当社代表取締役会長(現任)
                                平成17年12月      ㈱味香り戦略研究所取締役
                                平成22年5月      プリントハウス㈱代表取締役
                                昭和55年4月      当社入社
                                平成5年4月      当社営業部部長
                                平成7年8月      当社商業印刷事業部営業部長
                                      当社取締役商業印刷事業部事業部長
                                平成9年10月
                                平成11年2月      当社取締役営業本部長兼営業第2部
                                      部長
                                平成14年4月      当社取締役札幌営業本部長
                                      (当社マーケティング部・特販営業
                                      部・大阪営業部担当)
      代表取締役
           営業本部長     片 岡 廣 幸       昭和32年7月16日生                                   55
                                                     (注4)
       社長
                                平成15年4月      当社取締役営業本部長兼大阪支社長
                                平成16年10月      当社取締役社長兼営業本部長
                                平成18年10月      当社代表取締役社長兼営業本部長
                                平成22年5月      当社代表取締役社長兼営業本部長兼
                                      企画管理本部長
                                      当社代表取締役社長兼営業本部長
                                平成25年8月
                                      (現任)
                                      ㈱まち・ひと・しごと総研代表取締
                                平成27年3月
                                      役(現任)
                                昭和53年4月      ㈱ダイエー入社
                                平成11年1月      同社販売促進部長
                                平成13年2月      同社IR広報部長
                                平成14年7月      当社東京本部・副本部長
                                平成14年9月      ㈱総合商業研究所取締役
                                平成17年7月      当社執行役員営業企画部長
                                平成17年10月      当社取締役東京支社長兼営業企画部
                                      長
      常務取締役     商印事業統括      菊 池 健 司       昭和29年10月2日生                                   14
                                                     (注4)
                                平成22年10月      当社常務取締役本州統括兼東京支社
                                      長
                                      当社常務取締役西日本統括兼大阪支
                                平成24年8月
                                      社長
                                      当社常務取締役商印事業統括
                                平成25年8月
                                      (現任)
                                      ㈱味香り戦略研究所代表取締役
                                平成28年6月
                                      (現任)
                                 22/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式
                                                          数
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                         (千株)
                                昭和62年4月      ㈱千修入社
                                平成6年10月      当社入社
                                平成13年4月      当社営業第4部部長
                                平成16年10月      当社執行役員事業開発部長
                                平成18年10月      当社取締役事業開発部長
           まち・ひと・
      常務取締役           髙 谷 真 琴       昭和40年2月10日生                                   23
                                                     (注4)
            しごと部
                                平成24年10月      当社常務取締役東日本統括兼東京支
                                      社長
                                      当社常務取締役年賀・物販事業統括
                                平成25年8月
                                      当社常務取締役まち・ひと・しごと
                                平成28年2月
                                      部(現任)
                                平成13年4月      ㈱遠藤秀平建築研究所入社
                                平成16年2月      当社入社
                                平成19年10月      当社制作センター部長
             制作
      常務取締役           小 林 直 弘       昭和51年8月10日生                                   19
                                                     (注4)
                                平成23年10月      当社取締役制作本部長
           統括本部長
                                平成25年8月      当社取締役制作統括本部長
                                平成28年10月      当社常務取締役制作統括本部長
                                      (現任)
                                昭和56年3月      釧路綜合印刷入社
                                昭和62年9月      札幌印刷㈱入社
                                平成6年3月      同社と当社が合併
                                平成16年8月      当社営業第2部部長
                                平成18年8月      当社執行役員営業第2部部長
           西日本エリア
      取締役          菊 地 弘 人       昭和36年12月28日生                                   18
                                                     (注4)
             長
                                平成22年10月      当社取締役営業第2部部長
                                平成23年8月      当社取締役北海道商印事業部部長
                                平成25年8月      当社取締役商印事業部長
                                平成26年8月      当社取締役統括部長
                                平成28年2月      当社取締役西日本エリア長(現任)
                                平成5年4月      北海道旅客鉄道㈱入社
                                平成11年12月      当社入社
                                平成14年3月      当社管理部長
                                平成14年10月      当社取締役経営企画部長
                                平成16年9月      ㈱味香り戦略研究所代表取締役
           グループ経営
                                平成17年3月      ㈱インテリジェントセンサーテクノ
            戦略室
      取締役          小 柳 道 啓       昭和45年1月16日生                                    5
                                                     (注4)
                                      ロジー社外取締役(現任)
             室長
                                      当社事業開発部部長
                                平成24年2月
                                      当社取締役事業開発統括部長
                                平成25年10月
                                      当社取締役グループ経営戦略室室長
                                平成26年8月
                                      (現任)
                                      ㈱味香り戦略研究所取締役(現任)
                                平成28年6月
                                平成2年3月      当社入社
                                平成16年8月      当社東京支社営業部部長
                                平成22年10月      当社執行役員東京支社営業部部長
                                平成25年8月      当社執行役員商印事業部営業部長
           まち・ひと・
      取締役           棟 方  充      昭和42年2月13日生                                    7
                                                     (注4)
                                平成27年2月      当社執行役員ふりっぱー事業部部長
           しごと部部長
                                平成28年8月      当社執行役員まち・ひと・しごと部
                                      部長
                                      当社取締役まち・ひと・しごと部部
                                平成28年10月
                                      長(現任)
                                 23/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式
                                                          数
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                         (千株)
                                昭和46年4月      ㈱丸三鶴屋入社
                                昭和53年10月      ㈱永和(現イオン北海道㈱)入社
                                平成11年5月      ㈱マイカル北海道(現イオン北海道
                                      ㈱)取締役
                                平成19年5月      同社常勤監査役
      取締役
                                平成23年10月      当社内部監査室室長
             ―    小笠原 博      昭和21年7月18日生                                    ―
                                                     (注5)
     (常勤監査等委
                                平成26年10月      プリントハウス㈱監査役
       員)
                                平成26年10月      ㈱味香り戦略研究所監査役
                                平成26年10月      当社監査役
                                平成27年10月      当社取締役(常勤監査等委員)
                                      (現任)
                                昭和44年4月      ㈱北海道銀行入行
                                平成8年6月      同行取締役本店営業部本店長
                                平成11年6月      同行執行役員本店営業部本店長
                                平成12年4月      カラカミ観光㈱専務取締役
      取締役
             ―   山 川 寛 之       昭和21年6月9日生                                    ―
                                平成13年2月      大槻食材㈱常務取締役
                                                     (注5)
     (監査等委員)
                                平成14年4月      同社専務取締役
                                平成20年4月      札幌第一興産㈱取締役副社長
                                平成22年10月      当社監査役
                                平成27年10月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                                昭和51年3月      日藤㈱(現大丸㈱)入社
                                平成18年4月      同社紙業部部長
                                平成20年12月      同社取締役第一営業本部長兼東京営
                                      業本部長
      取締役
                                平成22年12月      同社常務取締役第一営業本部長兼東
             ―   川 崎 光 夫       昭和32年10月1日生                                    ―
                                                     (注5)
                                      京営業本部長
     (監査等委員)
                                平成25年12月      同社常務取締役営業本部本部長
                                      (現任)
                                平成26年10月      当社監査役
                                平成27年10月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              計                            142
      (注)1     取締役のうち山川寛之は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として同取引所に届けております。

        2     取締役山川寛之及び取締役川崎光夫は、社外取締役であります。
        3     当社は監査等委員会設置会社であります。当社の監査等委員会については次のとおりであります。
           委員長 小笠原 博、委員 山川 寛之、委員 川崎 光夫
        4   監査等委員以外の取締役の任期は、平成28年10月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間でありま
          す。
        5   監査等委員である取締役の任期は、平成27年10月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間でありま
          す。
        6 所有株式数には、役員持株会における各自の持分を含めた実質所有株式数を記載しております。なお、平成
          28年10月分の持株会による取得株式数は、提出日(平成28年10月27日)現在確認ができないため、平成28年9
          月末現在の実質所有株式数を記載しております。
        7   当社は法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠の監査等委員である
          取締役を1名選出しています。補欠の監査等委員である取締役の略歴は以下のとおりです。
                                                   所有株式
             氏名       生年月日                略歴             任期
                                                   数(千株)
                          平成10年4月
                                弁護士登録
                          平成10年4月
                                藤田法律事務所(現藤田・荒木
                                法律事務所)入所
                  昭和45年3月27日
           荒木   健介
                                               (注)      ―
                          平成23年4月
                                札幌弁護士会副会長
                          平成24年4月
                                日本司法支援センター札幌地方
                                事務所副所長(現任)
      (注)     補欠監査等委員の任期は、退任した監査等委員の任期の満了の時までであります。ただし、当該補欠監査等委
         員としての選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時を超える
         ことはできないものとしております。なお、荒木健介は補欠の社外取締役であります。
                                 24/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       1.企業統治の体制
        イ 企業統治の体制の概要
         当社は、監査等委員会設置会社であり、監査等委員会は3名(うち社外取締役2名)の監査等委員である取締
        役により構成されています。監査等委員会は定期的に開催され、内部監査部門である内部監査室及び会計監査人
        と密接に連携し、監査の有効性・効率性を高めることとしております。監査等委員である取締役は取締役会に出
        席し業務執行の適法性・妥当性をチェックすることで、監督機能の強化とコーポレートガバナンスの一層の充実
        を図っております。
         取締役会は、取締役8名(監査等委員である取締役を除く。)、監査等委員である取締役3名の計11名で構成
        されています。取締役会は、原則月1回の定例取締役会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速かつ
        効率的な経営監視体制をとっております。
         また、取締役の決議内容、経営方針及び業務上の重要事項等を確認、協議し、効率的な組織運営を行うため、
        部・課長以上の役員・役職者で構成される経営会議を月1回以上開催し、当社及び当社グループの意識統一と推
        進・管理上の施策の浸透を図っております。
         さらに、執行役員制度を導入しており、意思決定のスピードアップ、取締役会の監督機能強化を図るととも
        に、各部門に対する権限委譲をすすめ、業務執行の責任を明確にし、経営戦略のより迅速かつ正確な遂行を推進
        しております。執行役員は、取締役会の承認を得て選任しております。
        ロ 当該企業統治の体制を採用する理由

         当社は、「監査等委員会設置会社」であり、取締役会、監査等委員会、会計監査人の機関を設置しておりま
        す。取締役会における議決権を有する3名の監査等委員が経営の意思決定に関わることで、取締役会の監査・監
        督機能を強化することができ、当社のコーポレート・ガバナンスをより一層充実させるとともに経営の効率化を
        図ることが可能であると判断し、現在の体制を採用しております。
        当社のコーポレート・ガバナンス体制の組織図は次のとおりです。

                                 25/85











                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
        ハ 内部統制システムの整備状況
         1.  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (1)当社グループは、役職員の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会規範及び企業倫理を遵守した
         行動をとるため、「企業理念」「社是」「価値基準」を定め、全役職員に周知徹底を図る。
         (2)企画管理本部長をコンプライアンス統括責任者として任命し、コンプライアンス体制の構築、整備、維
         持にあたらせるとともに、法令違反の未然防止、早期発見のため「内部通報制度」を設置し、法令遵守に努め
         るものとする。また、全役職員に対し、「コンプライアンスマニュアル」の配布、教育を行うことにより、法
         令遵守に関する知識と意識を醸成する。
         (3)当社及び子会社の取締役、使用人等は、当社又は子会社における法令違反その他重要な事実を発見した
         場合は、直ちに当社の監査等委員会又は子会社の監査役に報告するものとする。
         (4)当社グループは、役職員その他当社の業務に従事する者が不利益を受けることなく通報できる「通報窓
         口」を「内部通報規程」に基づき設置・運営し、法令違反等の早期発見・是正に努める。
         (5)財務計算に関する書類の適正性を確保するため、金融商品取引法等の法令に準拠し、財務報告に係る内
         部統制の体制構築・整備を推進する。
         2.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         情報の保存及び管理は「文書管理規程」に従い、取締役の職務執行に係る情報を、取締役が適切かつ確実に閲
         覧可能な状態で、文書または電磁的媒体に記録し保存する。
         3.  損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         (1)当社グループは「リスク管理規程」に基づき経営に重要な影響を及ぼすリスクの予見と識別を行い、事
         前防止体制と発生時の迅速な対応、再発防止策を講じる体制を確立する。
         (2)リスク管理全般について企画管理本部が統括管理をするとともに、内部監査室が各部署のリスク管理状
         況を監査し、定期的に取締役会に報告する。
         4.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)当社グループの取締役の職務執行が効率的に行われるよう「取締役会規程」「職務権限規程」を定め、
         権限と責任を明確にする。これらの社内規程の改定は取締役会の決定によるものとする。
         (2)当社グループの取締役会を補完するものとして、部課長以上の役職者で構成する経営会議を設置し、社
         内情報の一元化と業務推進、重点施策、経営計画、リスク管理状況等の定期的な報告・確認と今後の対応策の
         検討を行う。
         (3)取締役の職務執行状況については、定期的に取締役会において報告を行う。
         5.  当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         (1)当社グループは、共通の経営理念の下でグループ各社相互の協調及び発展を目指す。
         (2)当社グループの内部統制システムについては、当社の内部統制システムを共通の基盤として構築し、当
         社グループ間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示・要請の伝達が効率的に行われる体制を構築す
         る。
         (3)当社の社内通報制度の相談窓口を子会社にも開放し、企業集団におけるコンプライアンスの実効性を図
         るとともに、通報を行った者が当該報告をしたことを理由に不利な取扱いを受けないことを確保する。
         (4)当社は、子会社に対して、業績・財務状況等重要な情報について、当社への報告を義務付ける等、当社
         グループの報告体制を整備する。
         6.  監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          監査等委員会がその職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、代表取締役と協議の上、監査等委員会
         を補助する使用人を配置する。
                                 26/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
         7.  前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
          監査等委員会の職務を補助する使用人は、監査等委員以外の取締役の指揮命令・監督を受けない。また、監
         査等委員会補助者の任命、解任、人事異動等は監査等委員会の同意を得た上で取締役会が決定するものとす
         る。
         8.  取締役及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制

         (1)当社グループの取締役及び使用人は、職務執行に関して重要な法令・定款違反もしくは不正行為の事
         実、または会社に著しい損害あるいは重大な影響を及ぼすおそれのある事実を知ったときは、遅滞なく監査等
         委員会に報告しなければならない。また、監査等委員会はいつでも必要に応じて、取締役及び使用人に対して
         報告を求めることができる。
         (2)監査等委員は経営会議に出席し、経営上の重要情報について適時報告を受けられる体制とするととも
         に、重要な稟議書は監査等委員に回覧することとする。
         9.監査等委員会に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するた

         めの体制
          当社グループは、監査等委員会に報告をした者に対して、当該報告をしたことを理由として、解雇、降格等
         の懲戒処分や、配置転換等の人事上の措置等いかなる不利益な取扱も行わない。
         10.監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ず

         る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査等委員が職務執行について生じる費用の前払い又は償還等の請求をしたときは、当該監査等委
         員の職務執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
         11.その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         (1)監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するために、代表取締役との定期的な意見や情報の交
         換を行う。
         (2)監査等委員は、内部監査室及び監査法人に対して監査の実施経過について適宜報告を求める等、緊密な
         連携を保ち、実効的な監査を実施することのできる体制とする。
         12.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

         (1)当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を遮断するとともに、これ
         らの反社会的勢力に対しては、警察等の外部専門機関と緊密に連携し、全社を挙げて毅然とした態度で対応す
         ることを基本方針とする。
         (2)反社会的勢力による不当要求が発生した場合の対応部署は企画管理本部とし、情報の一元管理を行う。
         (3)「コンプライアンスマニュアル」に反社会的勢力排除に向けた基本方針とその取組みを定め、全社員へ
         の周知を図るものとする。
        ニ リスク管理体制の整備の状況

         経営に重要な影響を及ぼすリスクの予見・識別と対応を適切かつ迅速に行うため、「リスク管理規程」を定
        め、企画管理本部がリスク全般の一元管理を行い、関係部署と連携して対応を進めております。また、リスク内
        容とその具体的対応に関して、3ヶ月毎に取締役会に報告し、リスク管理の強化に取り組んでおります。
        ホ 責任限定契約の内容の概要

         当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423
        条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は同法第
        425条第1項に定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業
        務執行取締役等であるものを除く。)が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないと
        きに限られます。
                                 27/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       2.監査等委員会監査及び内部監査の状況
        ① 監査等委員会監査及び内部監査の組織、人員及び手続
         監査等委員会につきましては、3名の監査等委員である取締役によって構成されており、それぞれの役割に応
        じて、取締役会への出席、経営トップとの積極的な意見交換を行うとともに、決裁書類の閲覧等を適時に行い、
        取 締役の業務執行の監査を行っております。
         また、会計監査人とは、適宜相互の情報交換、意見交換、監査結果報告を行うなど連携を密にして、監査の実
        効性と効率性の向上に努めております。
         内部監査については、代表取締役直轄の内部監査室を設置しております。内部監査室は1名で構成されてお
        り、監査等委員会及び他部門と連携のもとで、内部統制の有効性と効率性、業務実施・執行状況等の監査を実施
        し、監査結果を取締役会で報告し改善の徹底を図っております。
         内部監査室は監査等委員と連携し、監査等委員の職務遂行に必要な事項(調査依頼、情報収集等)を適宣補助
        しております。
        ② 会計監査の状況

         会計監査人とは、通常の会計監査はもとより、ディスクロージャーの適時性と正確性を確保する観点から、個
        別案件ごとに適法性や会計基準の準拠性に関して事前に確認を行い、適時アドバイスを受けております。
         当社の会計監査人の名称  優成監査法人
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士の氏名は、次のとおりであります。

         業務執行社員:前田裕次、狐塚利光、石上卓哉
         継続監査年数については7年以内であるため、記載を省略しております。また、監査業務に係る補助者は公認
        会計士7名、その他3名であります。なお、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当
        社の間には、特別な利害関係はありません。
       3.社外取締役との関係

        ① 員数
         当社の社外取締役は2名であり、全員が監査等委員であります。
        ② 当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係

         社外取締役(監査等委員)山川寛之は、㈱北海道銀行の元取締役であります。当社と㈱北海道銀行との間で金
        融取引を行っておりますが、定型的な取引であり、また同氏は既に同行を退職しているため社外取締役個人が直
        接利害関係を有するものではありません。また、人的関係、その他の利害関係につきましても、該当事項はあり
        ません。
         社外取締役(監査等委員)川崎光夫は、当社株主である大丸㈱(旧日藤㈱)の常務取締役であります。当社と
        大丸㈱との間で購買取引がありますが、定型的な取引であり、社外取締役個人が直接利害関係を有するものでは
        ありません。また、人的関係、その他の利害関係につきましても、該当事項はありません。
        ③ 企業統治において果たす機能及び役割並びに独立性に関する基準又は方針の内容及び選任状況に関する考え

        方
         各監査等委員である社外取締役は、経営、財務・会計に関する相当程度の知見を有しており、実効性の高い監
        督・監査機能を果たすことが期待できるものと考えております。また、コーポレートガバナンスにおいては、監
        査等委員である社外取締役による監査等が実施されることにより、外部からの客観的・中立的な経営監視の機能
        が保たれるものと考えております。
         当社では、社外取締役を選任するための提出会社の独立性に関する基準又は方針はありませんが、選任にあ
        たっては東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
        ④ 監査等委員である社外取締役と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携

         「2.監査等委員会監査及び内部監査の状況」に記載しております。
                                 28/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       4.役員の報酬等
        ① 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の
                       報酬等の総額                  対象となる
                                 総額(千円)
           役員区分
                        (千円)                  員数(名)
                                  基本報酬
     取締役(監査等委員を除く)
                           104,700          104,700       7
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                            2,700          2,700      1
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                             900          900     1
     (社外監査役を除く。)
     社外取締役                       900          900     1
     社外監査役                       300          300     1

       (注)1 当社は、平成27年10月27日付で監査役設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しております。
         2 株主総会の決議による報酬限度額は、取締役(監査等委員である者を除く)年額150百万円以内及び監査等
          委員である取締役年額20百万円以内(平成27年10月27日開催第44回定時株主総会決議)であります。
        ② 役員ごとの報酬等の総額

         報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ③ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
         該当事項はありません。
        ④ 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         当社は株主総会で決議された報酬額の限度額の枠内で各役員の地位や当社の業績等を勘案し、報酬額を決定し
         ております。
       5.株式の保有状況

        ①   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
           銘柄数                                         12銘柄
           貸借対照表計上額の合計額                     569,636千円
        ②   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
         的
         (前事業年度)
           特定投資株式
                            株式数        貸借対照表計上額
              銘柄                                     保有目的
                             (株)          (千円)
     ㈱アークス                         115,380          313,487     取引関係維持・発展のため
     イオン北海道㈱                         421,800          279,231     取引関係維持・発展のため

     ㈱オークワ                          62,691          63,819    取引関係維持・発展のため

     ㈱サッポロドラッグストアー                          24,000          42,984    取引関係維持・発展のため

     ㈱小森コーポレーション                          6,000          8,286    取引関係維持・発展のため

                                 29/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
         (当事業年度)
           特定投資株式
                            株式数        貸借対照表計上額
              銘柄                                     保有目的
                             (株)          (千円)
     イオン北海道㈱                         421,800          218,914     取引関係維持・発展のため
     ㈱アークス                          75,903          201,675     取引関係維持・発展のため

     ㈱オークワ                          69,204          72,525    取引関係維持・発展のため

     ㈱サッポロドラッグストアー                          14,000          29,820    取引関係維持・発展のため

     日本郵政㈱                          10,000          13,630    取引関係維持・発展のため

     ㈱小森コーポレーション                          6,000          6,936    取引関係維持・発展のため

        ③ 保有目的が純投資目的の投資株式
          該当事項はありません。
        ④   保有目的を変更した投資株式
          該当事項はありません。
       6.取締役の定数

         当社の取締役(監査等委員である者を除く)は10名以内、監査等委員である取締役は3名以内とする旨を定款
        に定めております。
       7.取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役を区別して選任するものと
        し、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
        もって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款に定
        めております。
       8.剰余金の配当等の決定機関

         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
        き、取締役会の決議により定めることができる旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の
        権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       9.取締役の責任免除

         当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役
        (取締役であった者を含む。)の任務を怠ったことによる損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決
        議によって免除することができる旨を定款に定めております。
         また、当社は、会社法第427条第1項に基づき、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間に、
        任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。
       10.株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めてお
        ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこと
        を目的とするものであります。
                                 30/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
           区分
                    監査証明業務に          非監査業務に         監査証明業務に          非監査業務に
                    基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)
          提出会社                9,800            ―        9,800            ―
         連結子会社                   ―          ―          ―          ―

           計              9,800            ―        9,800            ―

       (注) 前連結会計年度における監査証明業務に基づく報酬の内容は次のとおりであります。
          優成監査法人           5,988千円
          有限責任クロスティア監査法人   3,811千円
       ②  【その他重要な報酬の内容】
         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬については、監査日数、当社の規模・業務の特性等の要素を総合的
        に勘案し、適切に決定しております。
                                 31/85












                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年8月1日から平成28年7月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年8月1日から平成28年7月31日まで)の財務諸表について、優成監
      査法人により監査を受けております。
       なお、当社の監査公認会計士等は次のとおり異動しております。
       前々連結会計年度及び前々事業年度 有限責任クロスティア監査法人
       前連結会計年度及び前事業年度 優成監査法人
       前連結会計年度及び前事業年度における当該異動について、平成27年4月22日に臨時報告書を提出しております。

       臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。
       (1)異動に係る監査公認会計士等の名称
          退任する監査公認会計士等の名称
          有限責任クロスティア監査法人
       (2)異動の年月日
          平成27年4月10日
       (3)退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日
          平成25年10月29日
       (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等又は内部統制監査報告書における意見等
         に関する事項
          該当事項はありません。
       (5)異動の決定又は異動に至った理由及び経緯
          当社の会計監査人である有限責任クロスティア監査法人が、平成27年3月20日付にて公認会計士監査・審
         査 会より同法人の運営について勧告を受け、監査契約について協議しておりましたところ、平成27年4月15
         日 に、同法人から監査の継続が難しい旨の通知があり、監査及び四半期レビュー契約を遡って平成27年4月
         10日付で解除することで合意にいたりました。
       (6)上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等又は内部統制監査報告書の記載事項に係る退任する監査公認会
         計士等の意見
          特段の意見はない旨の回答を得ております。
       (7)後任の監査公認会計士の選任
          本件に伴い、当社の会計監査人は一時不在となりますが、当社の第3四半期報告書の提出が期限までに支障
         なく行えるよう、早急に後任の一時会計監査人を選定する予定であります。
                                 32/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       前連結会計年度及び前事業年度における当該異動について、平成27年4月30日に臨時報告書を提出しております。
       臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。
       (1)異動に係る監査公認会計士等の名称
         ①  就任する監査公認会計士等の名称
           優成監査法人
         ②  退任する監査公認会計士等の名称
           有限責任クロスティア監査法人
       (2)異動の年月日
          平成27年4月30日
       (3)退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日
          平成25年10月29日
       (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等又は内部統制監査報告書における意見等に
         関する事項
          該当事項はありません。
       (5)異動の決定又は異動に至った理由及び経緯
          平成27年4月10日付で当社の会計監査人であった有限責任クロスティア監査法人が辞任することとなりまし
         た。これに伴い、会計監査人が不在となる事態を回避し、適正な監査業務が継続的に実施される体制を維
         持   するため、新たな会計監査人の選定を進めてまいりました結果、優成監査法人より一時会計監査人就
         任の内  諾を得たため、平成27年4月30日開催の監査役会において、優成監査法人を一時会計監査人に選定
         いたしま  した。
       (6)上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等又は内部統制監査報告書の記載事項に係る退任する監査公認会
         計士等の意見
          特段の意見はない旨の回答を得ております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、又は会計基準等の変更時について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
      人財務会計基準機構へ加入し、同機構及び監査法人等の主催するセミナーに参加する等により、的確に対応すること
      ができる体制を整備しております。
                                 33/85










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,272,359              1,373,720
         現金及び預金
                                                    ※1  1,525,596
                                        1,445,144
         受取手形及び売掛金
                                          52,302               8,123
         商品及び製品
                                          26,439              30,142
         仕掛品
                                         493,953              934,966
         原材料及び貯蔵品
                                          63,077              60,015
         前払費用
                                          33,955              43,536
         繰延税金資産
                                          36,353              33,732
         その他
                                         △ 16,357             △ 20,720
         貸倒引当金
                                        3,407,228              3,989,114
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※4  992,018            ※4  938,396
           建物及び構築物(純額)
                                         773,947              916,227
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         139,219              104,404
           工具、器具及び備品(純額)
                                      ※4  1,163,579            ※4  1,165,851
           土地
                                         115,812              144,110
           リース資産(純額)
                                          66,049              18,230
           建設仮勘定
                                      ※2  3,250,626            ※2  3,287,220
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           153              102
           商標権
                                         194,583              210,366
           ソフトウエア
                                          5,424              24,116
           ソフトウエア仮勘定
                                          13,499              13,499
           電話加入権
                                            31               5
           その他
                                         213,693              248,090
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       ※3  774,945            ※3  610,638
           投資有価証券
                                         302,205              318,257
           出資金
                                          64,119              59,551
           差入保証金
                                         172,314              177,543
           その他
                                         △ 72,231             △ 97,266
           貸倒引当金
                                        1,241,353              1,068,725
           投資その他の資産合計
                                        4,705,673              4,604,036
         固定資産合計
       繰延資産
                                                         4,389
                                            ―
         社債発行費
                                                         4,389
         繰延資産合計                                   ―
                                        8,112,902              8,597,540
       資産合計
                                 34/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※1  1,285,149
                                        1,114,600
         支払手形及び買掛金
                                      ※4  998,577            ※4  920,008
         1年内返済予定の長期借入金
                                         189,913              210,291
         未払金
                                         39,226              53,990
         リース債務
                                         18,137              56,759
         未払法人税等
                                         13,576              14,172
         賞与引当金
                                       ※4  81,858            ※4  93,408
         設備関係未払金
                                         205,693              232,607
         その他
                                        2,661,582              2,866,388
         流動負債合計
       固定負債
                                                       600,000
         社債                                   ―
                                     ※4  2,945,806            ※4  2,824,412
         長期借入金
         リース債務                                79,310              92,685
                                      ※4  165,523             ※4  99,312
         長期設備関係未払金
                                         113,795               49,770
         繰延税金負債
                                          8,520
         資産除去債務                                                 ―
                                         21,742              26,661
         その他
                                        3,334,697              3,692,841
         固定負債合計
                                        5,996,280              6,559,230
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         411,920              411,920
         資本金
                                         453,546              452,835
         資本剰余金
                                         972,979             1,004,149
         利益剰余金
                                        △ 19,792             △ 20,512
         自己株式
                                        1,818,654              1,848,392
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         293,995              189,917
         その他有価証券評価差額金
                                         293,995              189,917
         その他の包括利益累計額合計
                                          3,971
       非支配株主持分                                                   ―
                                        2,116,622              2,038,309
       純資産合計
                                        8,112,902              8,597,540
      負債純資産合計
                                 35/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
                                       15,683,407              16,376,971
      売上高
                                     ※1  11,474,027            ※1  12,052,643
      売上原価
                                        4,209,379              4,324,327
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         828,775              908,380
       運賃
                                        1,465,266              1,455,509
       給料及び手当
                                          2,550               485
       貸倒引当金繰入額
                                         10,777              11,471
       賞与引当金繰入額
                                     ※2  1,825,027            ※2  1,862,081
       その他
                                        4,132,396              4,237,928
       販売費及び一般管理費合計
                                         76,983              86,399
      営業利益
      営業外収益
                                           889             1,037
       受取利息
                                         12,962              12,541
       受取配当金
                                         34,961              45,044
       受取手数料
                                         18,329              17,623
       受取賃貸料
                                         14,166              12,488
       作業くず売却益
                                         20,923              28,123
       その他
                                         102,233              116,858
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         54,347              53,249
       支払利息
                                         38,004              30,468
       貸倒引当金繰入額
                                           407
       持分法による投資損失                                                   ―
                                           196             6,062
       その他
                                         92,955              89,780
       営業外費用合計
                                         86,261              113,477
      経常利益
      特別利益
                                         39,023              95,518
       投資有価証券売却益
                                         39,023              95,518
       特別利益合計
      特別損失
                                                       ※3  644
       固定資産売却損                                    ―
                                       ※4  10,518             ※4  9,571
       固定資産除却損
                                           900
       投資有価証券評価損                                                   ―
       関係会社株式売却損                                  1,275                ―
                                                       21,359
       設備移設費用                                    ―
                                                     ※5  33,513
                                            ―
       減損損失
                                         12,693              65,089
       特別損失合計
                                         112,590              143,907
      税金等調整前当期純利益
                                         55,625              76,131
      法人税、住民税及び事業税
                                         17,757             △ 19,544
      法人税等調整額
                                         73,382              56,587
      法人税等合計
                                         39,207              87,319
      当期純利益
                                         △ 1,797             △ 3,883
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)
                                         41,005              91,203
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 36/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
                                         39,207              87,319
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         53,855             △ 104,078
       その他有価証券評価差額金
                                       ※1  53,855          ※1   △  104,078
       その他の包括利益合計
                                         93,063             △ 16,758
      包括利益
      (内訳)
                                         94,861             △ 12,874
       親会社株主に係る包括利益
                                         △ 1,797             △ 3,883
       非支配株主に係る包括利益
                                 37/85
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成26年8月1日 至           平成27年7月31日)
                                                    (単位:千円)
                         株主資本              その他の包括利益累計額
                                                 非支配株主
                                        その他    その他の
                                                      純資産合計
                                   株主資本
                                                  持分
                資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式          有価証券     包括利益
                                    合計
                                       評価差額金     累計額合計
                411,920     453,546     986,057    △ 17,560    1,833,964      240,139     240,139      5,769   2,079,873
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 54,083         △ 54,083                  △ 54,083
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                          41,005          41,005                   41,005
      る当期純利益
                               △ 2,231    △ 2,231                  △ 2,231
      自己株式の取得
      非支配株主との取引
      に係る親会社の持分                                ―                   ―
      変動
      株主資本以外の項目
                                         53,855     53,855    △ 1,797    52,057
      の当期変動額(純                                ―
      額)
                         △ 13,077    △ 2,231    △ 15,309     53,855     53,855    △ 1,797    36,748
     当期変動額合計              ―     ―
                411,920     453,546     972,979    △ 19,792    1,818,654      293,995     293,995      3,971   2,116,622
     当期末残高
      当連結会計年度(自         平成27年8月1日 至           平成28年7月31日)

                                                    (単位:千円)
                         株主資本              その他の包括利益累計額
                                                 非支配株主
                                        その他    その他の
                                                      純資産合計
                                   株主資本
                                                  持分
                資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式          有価証券     包括利益
                                    合計
                                       評価差額金     累計額合計
                411,920     453,546     972,979    △ 19,792    1,818,654      293,995     293,995      3,971   2,116,622
     当期首残高
     当期変動額
                         △ 60,033         △ 60,033                  △ 60,033
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                          91,203          91,203                   91,203
      る当期純利益
                                △ 720    △ 720                  △ 720
      自己株式の取得
      非支配株主との取引
                      △ 711              △ 711                  △ 711
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
                                       △ 104,078    △ 104,078     △ 3,971   △ 108,049
      の当期変動額(純                                ―
      額)
                      △ 711    31,169     △ 720    29,737    △ 104,078    △ 104,078     △ 3,971    △ 78,312
     当期変動額合計              ―
                411,920     452,835    1,004,149     △ 20,512    1,848,392      189,917     189,917         2,038,309
     当期末残高                                               ―
                                 38/85







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         112,590              143,907
       税金等調整前当期純利益
                                         430,246              530,206
       減価償却費
                                                       33,513
       減損損失                                    ―
                                         40,828              32,175
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 692              596
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 13,852             △ 13,569
       受取利息及び受取配当金
                                           900
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                   ―
                                        △ 39,023             △ 95,518
       投資有価証券売却損益(△は益)
                                                         644
       固定資産売却損益(△は益)                                    ―
                                         10,518              10,101
       固定資産除却損
                                                       21,359
       設備移設費用                                    ―
                                         54,347              53,242
       支払利息
                                          △ 159              150
       為替差損益(△は益)
                                           407
       持分法による投資損益(△は益)                                                   ―
                                          1,275
       関係会社株式売却損益(△は益)                                                   ―
                                         268,976              △ 81,693
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          6,471            △ 400,537
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 168,357              170,549
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         59,291              58,774
       その他
                                         763,767              463,903
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  13,979              13,530
                                        △ 54,372             △ 51,459
       利息の支払額
                                        △ 81,869             △ 38,974
       法人税等の支払額
                                         641,504              386,999
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,016,519              △ 469,327
       有形固定資産の取得による支出
                                                         100
       有形固定資産の売却による収入                                    ―
                                          △ 991            △ 15,025
       有形固定資産の除却による支出
                                         △ 8,172             △ 22,348
       投資有価証券の取得による支出
                                         61,269              124,034
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 30,000
       子会社株式の取得による支出                                                   ―
                                          7,000
       関係会社株式の売却による収入                                                   ―
                                         △ 8,096             △ 1,480
       貸付けによる支出
                                          5,492              11,699
       貸付金の回収による収入
       無形固定資産の取得による支出                                △ 143,099             △ 147,162
                                          △ 153             △ 400
       差入保証金の差入による支出
                                         10,050               4,438
       差入保証金の回収による収入
                                                       △ 9,585
       資産除去債務の履行による支出                                    ―
                                        △ 46,055             △ 47,046
       その他
                                      △ 1,169,275              △ 572,102
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 39/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,900,000               900,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,205,143             △ 1,099,963
       長期借入金の返済による支出
                                                       594,550
       社債の発行による収入                                    ―
                                        △ 42,440             △ 46,111
       リース債務の返済による支出
                                        △ 53,607             △ 60,341
       配当金の支払額
                                         △ 2,231              △ 720
       自己株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                                        △ 800
                                            ―
       による支出
                                         596,576              286,614
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           159             △ 150
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         68,965              101,360
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,203,394              1,272,359
      現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  1,272,359            ※1  1,373,720
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 40/85















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1   連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数
        2 社
      (2)  連結子会社の名称
        プリントハウス株式会社
        株式会社味香り戦略研究所
      (3)  非連結子会社の名称
         株式会社まち・ひと・しごと総研
         株式会社ゾーン
        連結の範囲から除いた理由
         非連結子会社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び 
        利益剰余金(持分に見合う額)等はいずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から
        除外しております。
     2   持分法の適用に関する事項

        持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社の名称
         株式会社まち・ひと・しごと総研
         株式会社ゾーン
         株式会社あるた出版
        持分法を適用しない理由
         持分法非適用会社は、それぞれ当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみ
        て、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、
        持分法の適用範囲から除外しております。
     3   連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち、株式会社味香り戦略研究所の決算日は3月31日であり、連結財務諸表の作成にあたり、連結決
      算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。また、連結子会社のうちプリントハウス株式会社
      の決算日は、連結決算日と一致しております。
     4   会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
         り算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       ②たな卸資産
        イ)商品
          主に総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        ロ)製品、仕掛品
          個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        ハ)原材料及び貯蔵品
          総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
                                 41/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①有形固定資産(リース資産を除く)
        建物(建物附属設備を除く)
        イ)平成10年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
        ロ)平成10年4月1日から平成19年3月31日までに取得したもの‥‥旧定額法
        ハ)平成19年4月1日以降に取得したもの‥‥定額法
        建物附属設備及び構築物
        イ)平成19年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
        ロ)平成19年4月1日から平成28年3月31日までに取得したもの‥‥定率法
        ハ)平成28年4月1日以降に取得したもの‥‥定額法
        上記以外
        イ)平成19年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
        ロ)平成19年4月1日以降に取得したもの‥‥定率法
         なお、取得価額10万円以上20万円未満の資産については、3年間で均等償却する方法を採用しております。
         また、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物                         15年~38年
        機械装置及び運搬具           2年~10年
       ②無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
        ます。
       ③リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)  重要な繰延資産の処理方法
        社債発行費は償還までの期間にわたり定額法により償却しております。
      (4)  重要な引当金の計上基準
       ①貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度の負担額を計上しており
        ます。
      (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は決算日直物為替相場により円換算し、換算差額は損益として処理しております。
      (6)  重要なヘッジ会計の方法
       ①ヘッジ会計の方法
         ヘッジ会計の要件を満たす金利スワップ取引について、特例処理を採用しております。
       ②ヘッジ手段とヘッジ対象
        ・ヘッジ手段‥‥金利スワップ取引
        ・ヘッジ対象‥‥借入金利
       ③ヘッジ方針
         当社グループの金利スワップ取引は、借入金利の変動によるリスク回避を目的としており、投機的な取引は行
        わない方針であります。
       ④ヘッジ有効性評価の方法
         金利スワップの特例処理の要件に該当するため、その判定をもって有効性の判定に代えております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
       び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限
       の到来する短期投資からなっております。
                                 42/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (8)  その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

       (企業結合に関する会計基準等の適用)
        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
       う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号平成25年9月13日。以下「連結会計基準」とい
       う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基
       準」という。)等を、当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動によ
       る差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法に
       変更いたしました。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定に
       よる取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更いたし
       ます。加えて、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っておりま
       す。当該表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については連結財務諸表の組替えを行っております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及
       び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将
       来にわたって適用しております。
        当連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得また
       は売却に係るキャッシュ・フローについては、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載し、連結範囲
       の変動を伴う子会社株式の取得関連費用もしくは連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得または売却に関連し
       て生じた費用に係るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載する方法に変更
       しております。
        なお、当連結会計年度において、連結財務諸表に与える影響額は軽微であります。
       (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
       報告第32号平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構
       築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        これによる当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微であります。
      (未適用の会計基準等)

      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号平成28年3月28日)
      (1) 概要

        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断
       に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見
       積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
         い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2) 適用予定日

        平成29年7月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 43/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

         なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれておりま
         す。
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                (平成28年7月31日)
         受取手形                            ―            1,904千円
         支払手形                            ―           182,519千円
     ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
                              4,019,344                 4,191,864
                                   千円                 千円
     ※3 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        投資有価証券(株式)                        40,000千円                 40,000千円
     ※4 担保に供している資産及び対応する債務

       (担保資産)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        建物及び構築物                        871,201千円                 865,849千円
        土地                       1,104,142千円                 1,104,142千円
        計                       1,975,343千円                 1,969,992千円
       (対応債務)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        1年以内返済予定の長期借入金                        227,720千円                 150,800千円
        設備関係未払金                        66,210千円                 66,210千円
        長期借入金                       1,031,950千円                  881,150千円
        長期設備関係未払金                        165,523千円                 99,312千円
        計                       1,491,404千円                 1,197,473千円
      5 当座貸越契約

         運転資金の効率的な調達を行うため、当座貸越契約を締結しております。
         当連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりです。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        当座貸越契約の総額                       3,700,000千円                 4,100,000千円
        借入実行残高                             ―                 ―
        差引額                       3,700,000千円                 4,100,000千円
                                 44/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     㯿ᄀ   期末たな卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
       ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
                                38,812                 70,024
                                   千円                 千円
     ※2 研究開発費の総額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
                                 1,668                 1,942
        一般管理費に含まれる研究開発費                            千円                 千円
     ※3 固定資産売却損の内訳は以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        機械装置及び運搬具                             ―              644千円
        計                             ―              644千円
     ※4 固定資産除却損の内訳は以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        建物及び構築物                          906千円                 580千円
        機械装置及び運搬具                         8,422千円                 8,060千円
        工具、器具及び備品                         1,188千円                  930千円
        計                        10,518千円                 9,571千円
     ※5 減損損失

       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
       (1)減損損失を認識した資産グループの概要
           地域                    用途           種類          減損損失額

                                       建物及び構築物              1,772千円

                              事業資産
         大阪府大阪市等                               工具、器具及び備品              5,463千円
                              (当社)
                                       ソフトウェア             22,557千円
                              事業資産
         東京都中央区                               建物及び構築物              3,719千円
                           (味香り戦略研究所)
       (2)資産のグルーピング方法
        当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、主として営業エリア及び連結子会社各社を基
       本単位としてグルーピングしております。
       (3)減損損失の認識に至った経緯
        営業活動から生ずる損益が継続してマイナスであることにより、資産グループの固定資産簿価を回収できないと
       判断した資産グループについて減損損失を認識しております。
       (4)回収可能価額の算定方法
        減損損失を認識するに至った営業エリアについては、固定資産簿価を回収可能価額まで減額しております。な
       お、当該資産の回収可能価額は、正味売却価額により算定しておりますが、売却可能性が見込めないため零として
       おります。
                                 45/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額 
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
         その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                       101,415千円                △62,621千円
                               △39,023千円                 △95,518千円
         組替調整額
          税効果調整前
                                62,391千円               △158,139千円
          税効果額                      △8,536千円                 54,061千円
          その他有価証券評価差額金
                                53,855千円               △104,078千円
               その他包括利益合計                 53,855千円               △104,078千円
                                 46/85

















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
       1.発行済株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)

                     3,060,110               ―           ―       3,060,110
       2.自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                 54,902           3,054             ―        57,956

      (変動事由の概要)
       単元未満株式の買取による増加                                             3,054株
       3.配当に関する事項

        (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成26年10月28日
                普通株式           24,041            8 平成26年7月31日         平成26年10月29日
     定時株主総会
     平成27年3月12日
                普通株式           30,041           10  平成27年1月31日         平成27年4月15日
     取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     平成27年10月27日
               普通株式      利益剰余金         30,021         10  平成27年7月31日         平成27年10月28日
     定時株主総会
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

       1.発行済株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)

                     3,060,110               ―           ―       3,060,110
       2.自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                 57,956           1,032             ―        58,988

      (変動事由の概要)
       単元未満株式の買取による増加                                               1,032株
                                 47/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       3.配当に関する事項
        (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成27年10月27日
                普通株式           30,021           10  平成27年7月31日         平成27年10月28日
     定時株主総会
     平成28年3月14日
                普通株式           30,012           10  平成28年1月31日         平成28年4月15日
     取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     平成28年9月12日
               普通株式      利益剰余金         30,011         10  平成28年7月31日         平成28年10月28日
     取締役会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        現金及び預金勘定                       1,272,359千円                 1,373,720千円
        現金及び現金同等物                       1,272,359千円                 1,373,720千円
       (リース取引関係)

     1 ファイナンス・リース取引(借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①   リース資産の内容
        有形固定資産
        主として、工場における印刷関連設備(機械装置及び運搬具)であります。
        無形固定資産
        主として、財務管理システム用ソフトウェアであります。
      ②   リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償
       却の方法」に記載のとおりであります。
                                 48/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)  金融商品に対する取組方針
          当社グループは、市場環境や長期、短期のバランスを勘案して、必要な資金(主に銀行借入)を調達してお
         ります。また、資金運用は安全性の高い短期預金等で運用しております。
        (2)  金融商品の内容及びそのリスク

          売掛金は事業活動から生じた営業債権であり、顧客の信用リスクに晒されております。
          投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
          支払手形及び買掛金は事業活動から生じた営業債務であり、全て1年以内に支払期日が到来します。
          社債、長期借入金、長期設備関係未払金及びリース債務は主に設備投資等に必要な資金の調達を目的とした
         ものであります。
          借入金のうち一部については、変動金利であるため金利の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ
         取引(金利スワップ)を利用してヘッジしております。
          デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引で
         あります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等に
         ついては、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4 会計方針に関する事項 (6)                                                 重要
         なヘッジ会計の方法」に記載されている①ヘッジ会計の方法をご参照ください。
        (3)  金融商品に係るリスク管理体制

         ①   信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
           売掛金は、取引相手毎に期日及び残高を管理するとともに、報告体制を構築し財務状況等の悪化による回
          収懸念の早期把握や軽減を図っており、デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機
          関に限定しているため信用リスクはほとんどないものと認識しております。
         ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財政状態を把握し、取引先企業との関係
          を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
         ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
           当社は、各部署からの報告に基づき企画管理本部が定期的に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許
          流動性を一定レベルに維持することにより、流動性リスクを管理しております。
        (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

          「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデ
         リバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
       2.金融商品の時価等に関する事項

         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)をご参照ください。)
                                 49/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       前連結会計年度(平成27年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                                連結貸借対照表
                                             時価         差額
                                  計上額
       (1)現金及び預金                             1,272,359          1,272,359             ―

       (2)受取手形及び売掛金                             1,445,144          1,445,144             ―

       (3)投資有価証券

         その他有価証券                               707,807          707,807            ―

       (4)支払手形及び買掛金                            (1,114,600)          (1,114,600)              ―

       (5)社債                                 ―          ―         ―

       (6)長期借入金                            (3,944,383)          (3,963,269)           18,886

       (7)長期設備関係未払金                             (247,381)          (249,741)           2,359

                                    (118,537)          (112,434)          △6,103

       (8)  リース債務
                                        ―          ―         ―

       (9)デリバティブ取引 
         ※1 負債に計上されているものについては、(                      )内で示しております。

         2 負債の長期借入金、長期設備関係未払金及びリース債務は、1年内返済予定の長期借入金、設備関係未払
          金及び流動負債に計上したリース債務を含めて表示しております。
       当連結会計年度(平成28年7月31日)

                                                     (単位:千円)
                                連結貸借対照表
                                             時価         差額
                                  計上額
       (1)現金及び預金                             1,373,720          1,373,720             ―

       (2)受取手形及び売掛金                             1,525,596          1,525,596             ―

       (3)投資有価証券

         その他有価証券                               543,501          543,501            ―

       (4)支払手形及び買掛金                            (1,285,149)          (1,285,149)              ―

       (5)社債                             (600,000)          (605,091)           5,091

       (6)長期借入金                            (3,744,420)          (3,762,157)           17,737

       (7)長期設備関係未払金                             (192,721)          (194,052)           1,330

                                    (146,675)          (143,434)          △3,241

       (8)  リース債務
                                        ―          ―         ―

       (9)デリバティブ取引 
         ※1 負債に計上されているものについては、(                      )内で示しております。

         2 負債の長期借入金、長期設備関係未払金及びリース債務は、1年内返済予定の長期借入金、設備関係未払
          金及び流動負債に計上したリース債務を含めて表示しております。
                                 50/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資 産 
       (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       (3)  投資有価証券
         これらの時価について、取引所の価格または取引金融機関から提示された価格によっております。
         また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
       負 債 
       (4)  支払手形及び買掛金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       (5)  社債
         社債の時価については、元利金等の合計額を同様の新規社債の発行をした場合に想定される利率で割り引いた
        現在価値により算定しております。
       (6)  長期借入金、(7)        長期設備関係未払金、並びに(8)               リース債務
         長期借入金、長期設備関係未払金、リース債務の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入、設備
        投資又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
       (9)  デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
       (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                    (単位:千円)
             区分               平成27年7月31日                  平成28年7月31日
     非上場株式                                26,135                  26,135

     非上場社債                                1,000                  1,000

     非連結子会社株式及び関連会社株式                                40,000                  40,000

     出資金                               302,205                  318,257

      ※これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めて
       おりません。
       前連結会計年度において、非上場株式について900千円の減損処理を行っております。
       当連結会計年度において、非上場株式について減損処理を行ったものはありません。
       (注3)    金銭債権及び満期が有る有価証券の連結決算日後の償還予定額

       前連結会計年度(平成27年7月31日)
                                                    (単位:千円)
                                1年超          5年超
                     1年以内                               10年超
                               5年以内          10年以内
     現金及び預金                  1,272,359              ―          ―          ―
     受取手形及び売掛金                  1,445,144              ―          ―          ―

     投資有価証券

      その他有価証券のうち
                           ―        1,000            ―          ―
      満期があるもの
     合計                  2,717,503            1,000            ―          ―
                                 51/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成28年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                                1年超          5年超
                     1年以内                               10年超
                               5年以内          10年以内
     現金及び預金                  1,373,720              ―          ―          ―
     受取手形及び売掛金                  1,525,596              ―          ―          ―

     投資有価証券

      その他有価証券のうち
                         1,000            ―          ―          ―
      満期があるもの
     合計                  2,900,317              ―          ―          ―
       (注4)    社債及び借入金、その他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

       前連結会計年度(平成27年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     長期借入金               998,577       777,712       606,158       514,528       418,208       629,200
     設備関係未払金                81,858       66,210       66,210       33,102         ―       ―

     リース債務                39,226       41,408       29,866       8,036         ―       ―

     合計              1,119,661        885,331       702,235       555,666       418,208       629,200

       当連結会計年度(平成28年7月31日)

                                                     (単位:千円)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                   5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     社債                  ―       ―       ―       ―    600,000          ―
     長期借入金               920,008       745,174       653,224       532,144       411,831       482,039

     設備関係未払金                93,408       66,210       33,102         ―       ―       ―

     リース債務                53,990       35,142       17,541       9,907      10,334       19,760

     合計              1,067,406        846,526       703,867       542,051      1,022,165        501,799

                                 52/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1.満期保有目的の債券
       該当事項はありません。
     2.その他有価証券で時価のあるもの

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
                               連結貸借対照表
                                          取得原価          差額
          区分             種類          計上額
                                          (千円)         (千円)
                                 (千円)
                  (1) 株式                 707,807         283,936         423,871
                  (2) 債券                    ―         ―         ―

     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3) その他                    ―         ―         ―
                       小計            707,807         283,936         423,871

                  (1) 株式                    ―         ―         ―

                  (2) 債券                    ―         ―         ―

     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3) その他                    ―         ―         ―
                       小計               ―         ―         ―

                合計                   707,807         283,936         423,871

       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

                               連結貸借対照表
                                          取得原価          差額
          区分             種類          計上額
                                          (千円)         (千円)
                                 (千円)
                  (1) 株式                 529,871         263,769         266,101
                  (2) 債券                    ―         ―         ―

     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3) その他                    ―         ―         ―
                       小計            529,871         263,769         266,101

                  (1) 株式                  13,630         14,000          △370

                  (2) 債券                    ―         ―         ―

     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3) その他                    ―         ―         ―
                       小計             13,630         14,000          △370

                合計                   543,501         277,769         265,731

     3.連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
                        売却額            売却益の合計額
                                                 売却損の合計額
          区分
                                                   (千円)
                       (千円)              (千円)
     株式                       61,269              39,023                ―
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

                        売却額            売却益の合計額
                                                 売却損の合計額
          区分
                                                   (千円)
                       (千円)              (千円)
     株式                       124,034              95,518                ―
                                 53/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       該当事項はありません。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       金利関連 
       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
                                        契約額等      契約額のうち
      ヘッジ会計の方法          デリバティブ取引の種類等              主なヘッジ対象                       時価(千円)
                                        (千円)      1年超(千円)
      金利スワップの          金利スワップ
                               長期借入金         3,800,000       1,700,354       (注)
        特例処理         支払固定・受取変動
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
     その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

                                        契約額等      契約額のうち
      ヘッジ会計の方法          デリバティブ取引の種類等              主なヘッジ対象                       時価(千円)
                                        (千円)      1年超(千円)
      金利スワップの          金利スワップ
                               長期借入金         2,700,000       1,312,410       (注)
        特例処理         支払固定・受取変動
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
     その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       (退職給付関係)

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
        当社グループは退職給付制度を採用していないため、該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

        当社グループは退職給付制度を採用していないため、該当事項はありません。
       (ストック・オプション等関係)

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

        該当事項はありません。
                                 54/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       (流動)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
       繰延税金資産
        未払事業税                           2,378千円              5,442千円
        未払事業所税                           1,095千円              1,024千円
        貸倒引当金                           5,058千円              6,309千円
        賞与引当金                           4,450千円              4,343千円
        法定福利費                            696千円              677千円
        原材料評価損                           11,526千円              19,197千円
        商品評価損                           1,198千円              2,262千円
        前受収益                           8,341千円              8,782千円
                                   1,917千円                ―
        減価償却超過額
       繰延税金資産小計
                                   36,662千円              48,038千円
                                  △2,707千円              △4,501千円
        評価性引当額
       繰延税金資産合計                            33,955千円              43,536千円
       (固定)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
       繰延税金資産
        貸倒引当金                           23,084千円              29,576千円
        減価償却超過額                            590千円              498千円
        投資有価証券評価損                           38,186千円              35,655千円
        資産除去債務                           2,793千円                ―
        長期前受収益                           6,261千円              6,776千円
        連結子会社の繰越欠損金                           92,020千円              64,125千円
                                   5,082千円             13,883千円
        減損損失
       繰延税金資産小計
                                  168,019千円              150,516千円
                                 △149,701千円              △124,471千円
        評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                   18,317千円              26,044千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                          129,876千円              75,814千円
        その他                           2,236千円                ―
       繰延税金負債合計                           132,113千円              75,814千円
       繰延税金負債の純額                           113,795千円              49,770千円
                                 55/85







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
       法定実効税率                              35.3%              32.8%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.4%              5.0%
        評価性引当額の増減                            △8.9%             △20.4%
        住民税均等割等                             3.8%              3.2%
        繰越欠損金の期限切れ                             29.0%              22.3%
        税率変更による影響                             3.7%              3.5%
        税額控除                               ―           △6.6%
                                     0.8%             △0.5%
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                     65.2%              39.3%
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
       (平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度か
       ら法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使
       用する法定実効税率は、前連結会計年度の32.01%から平成28年8月1日に開始する連結会計年度及び平成29年8
       月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.65%に、平成30年8月1日に開始する
       連結会計年度以後に解消が見込まれる一時差異については30.41%となります。
        この法定実効税率の変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
       (資産除去債務関係)

       該当事項はありません。
       (賃貸等不動産関係)

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 56/85










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       当社グループは、従来「商業印刷事業」「年賀状印刷事業」「ふりっぱー事業」の3つを報告セグメントとしてま
      いりましたが、当連結会計年度より、「情報コミュニケーション事業」の単一セグメントに変更しております。
       これは、お客様に、より必要とされる情報及びソリューションを商材等に関わらず、効果的・効率的に提供し顧
      客深耕を図るために、一元的な組織管理体制を構築すべく組織変更を行った結果、当社グループの事業を一体とし
      て捉えることが、事業展開、経営資源の配分、経営管理体制の実態等の観点から合理的であると判断したことによ
      るものであります。
       この変更により、当連結会計年度のセグメント情報の記載を省略しております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と概ね同一であります。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格
      に基づいております。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           平成26年8月1日          至   平成27年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                     報告セグメント
                                      その他            調整額
                                                      連結財務諸表
                                            合計
                                                      計上額(注6)
                                      (注1)           (注2~5)
              商業印刷
                   年賀状印刷      ふりっぱー
                                 計
                     事業      事業
               事業
     売上高
     外部顧客への売
              9,284,555      5,779,275       514,161    15,577,992       105,414    15,683,407            15,683,407
                                                     ―
     上高
     セグメント間の
                67,074      3,035     25,685      95,795      1,963     97,758     △ 97,758
     内部売上高又は                                                      ―
     振替高
              9,351,629      5,782,311       539,846    15,673,788       107,377    15,781,165       △ 97,758    15,683,407
         計
     セグメント利益
               112,221      433,004     △ 37,132     508,094     △ 26,500     481,593     △ 404,610       76,983
     又は損失(△)
              3,130,286      2,278,814       15,488    5,424,588       64,405    5,488,994      2,623,908      8,112,902
     セグメント資産
     その他の項目

               198,507      191,986       2,353     392,847        974    393,822      36,423      430,246

     減価償却費
     有形固定資産及
               276,769      664,977        341    942,087        214    942,302      132,907     1,075,210
     び無形固定資産
     の増加額
                                 57/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありプリントハウス事業等を含んでおり
          ます。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△404,610千円には、セグメント間取引消去30,745千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用△435,356千円が含まれております。
        3 セグメント資産の調整額2,623,908千円は、主に親会社での現金及び預金、本社等の土地及び建物等の固定
          資産、投資有価証券等であります。
        4 減価償却費の調整額36,423千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        5 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額132,907千円は、本社等の設備投資額であります。
        6 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       当連結会計年度(自           平成27年8月1日          至   平成28年7月31日)

       当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しております。

                                 58/85
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                      売上高             関連するセグメント名
     株式会社JP三越マーチャンダイジング                                2,486,143      年賀状印刷事業

     株式会社マイプリント                                1,764,192      年賀状印刷事業

       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                   商業印刷          年賀状印刷            その他           合計
     外部顧客への売上高               10,509,896           5,575,282            291,792         16,376,971
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                      売上高             関連するセグメント名
     株式会社JP三越マーチャンダイジング                                2,714,329              ―

     株式会社マイプリント                                1,818,017              ―

      (注)当社グループは単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を行っておりません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

        当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 59/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
        該当事項はありません。 
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

        該当事項はありません。 
      【関連当事者情報】

     1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
       前連結会計年度(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)
                             議決権等

                    資本金又
          会社等の名称              事業の内容      の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係            (千円)          (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                                   未払金      9,335
                                                   その他
                                              143,450
                                                          782
                                                   (流動負
                                                    債)
                        当社代表
                                       当社本社工場
                                                   出資金
                        取締役会
                                               17,541          297,722
                                       土地建物の維
                                                   (注3)
                        長
                                       持・管理等を
                             (被所有)
     役員及び                                              その他
                                       協同組合札幌
          加藤 優       ―    ―               ―
                              間接                 3,377          23,284
     主要株主                                              (固定資
                        協同組合
                                       プリントピア
                                                    産)
                        札幌プリ      26.4
                                       へ委託
                        ントピア
                                       (注2)
                                                 ― 差入保証金       5,000
                        理事長
                                                   設備関係
                                                 ―        66,210
                                                   未払金
                                                   長期設備
                                                 ―        165,523
                                                  関係未払金
      (注)   1  上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2  取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社と協同組合札幌プリントピアとの取引は、加藤優が第三者(協同組合札幌プリントピア)の代表者とし
          て行った取引であり、当社本社工場の土地建物の維持・管理等の費用については、市場価格及び一般的取引
          条件を勘案して決定しております。
        3  出資金には、出資預け金297,222千円を含んでおります。
        4  債権に対し貸倒引当金22,967千円を計上しております。また、当連結会計年度において22,967千円の貸倒引
          当金繰入額を計上しております。
                                 60/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)
                             議決権等

                    資本金又
          会社等の名称              事業の内容      の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係            (千円)          (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                                   未払金      8,155
                                              126,761     その他
                                                          658
                                                   (流動負
                                                    債)
                        当社代表
                                       当社本社工場
                                                   出資金
                        取締役会
                                               17,541          315,264
                                       土地建物の維
                                                   (注3)
                        長
                                       持・管理等を
                             (被所有)
     役員及び                                              その他
                                       協同組合札幌
          加藤 優       ―    ―               ―
                              間接                 5,418          28,702
     主要株主                                              (固定資
                        協同組合
                                       プリントピア
                                                    産)
                        札幌プリ      26.6
                                       へ委託
                        ントピア
                                       (注2)
                                                 ― 差入保証金       5,000
                        理事長
                                                   設備関係
                                                 ―        66,210
                                                   未払金
                                                   長期設備
                                                 ―        99,312
                                                  関係未払金
      (注)   1  上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2  取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社と協同組合札幌プリントピアとの取引は、加藤優が第三者(協同組合札幌プリントピア)の代表者とし
          て行った取引であり、当社本社工場の土地建物の維持・管理等の費用については、市場価格及び一般的取引
          条件を勘案して決定しております。
        3  出資金には、出資預け金314,764千円を含んでおります。
        4  債権に対し貸倒引当金35,881千円を計上しております。また、当連結会計年度において12,913千円の貸倒引
          当金繰入額を計上しております。
       (2)   連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
         該当事項はありません。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 平成26年8月1日                   (自 平成27年8月1日
                          至 平成27年7月31日)                   至 平成28年7月31日)
     1株当たり純資産額                                                  679円18銭
                                   705円03銭
     1株当たり当期純利益                                                  30円39銭

                                   13円65銭
      (注)   1.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2.  1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                 項目                (自 平成26年8月1日               (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
      連結損益計算書上の親会社株主に帰属する
                                          41,005               91,203
      当期純利益(千円)
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          41,005               91,203
      当期純利益(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―               ―
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,003,815               3,001,410

       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 61/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                          当期首残高       当期末残高        利率
       会社名       銘柄     発行年月日                           担保      償還期限
                           (千円)       (千円)       (%)
      総合商研       第1回      平成27年                                 平成32年
                               ―    300,000      0.410      なし
      株式会社      無担保社債       8月14日                                 8月14日
      総合商研       第2回      平成27年                                 平成32年
                               ―    300,000      0.525      なし
      株式会社      無担保社債       9月17日                                 9月17日
          合計           ―         ―    600,000       ―      ―       ―

      (注)   連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定の総額

        1年以内         1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
              ―           ―           ―           ―        600,000
         【借入金等明細表】

                          当期首残高         当期末残高       平均利率

             区分                                     返済期限
                           (千円)         (千円)       (%)
     一年以内に返済予定の長期借入金                       998,577         920,008      0.92          ―
     一年以内に返済予定のリース債務                        39,226         53,990     2.33          ―

                                               平成28年8月1日から
     長期借入金(一年以内に返済予定のもの
                            2,945,806         2,824,412       0.80
     を除く。)
                                               平成41年5月20日まで
                                               平成28年8月1日から
     リース債務(一年以内に返済予定のもの
                             79,310         92,685     3.40
     を除く。)
                                               平成33年8月4日まで
     一年以内その他有利子負債
      (設備関係未払金)                        66,210         66,210     1.20          ―
      施設・土地未払金
     その他有利子負債
                                               平成28年8月1日から
      (長期設備関係未払金)                       165,523         99,312     1.20
                                               平成30年11月15日まで
      施設・土地未払金
             合計              4,294,654         4,056,619        ―         ―
      (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高等に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)、その他有利子負債(1年以内に返済予定の
          ものを除く)の連結決算日後5年以内における返済予定額の総額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内

         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     長期借入金                 745,174           653,224           532,144           411,831
     リース債務                 35,142           17,541           9,907          10,334

     その他
                      66,210           33,102             ―           ―
     有利子負債
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 62/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

                 (千円)

     売上高                   4,557,940         11,413,967          14,057,754          16,376,971
     税金等調整前四半期(当
     期)純利益金額又は税金
                 (千円)
                        △370,723           587,081          459,516          143,907
     等調整前四半期純損失
     金額(△)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益金
                 (千円)
     額又は親会社株主に帰                   △253,311           385,187          293,231          91,203
     属する四半期純損失金
     額(△)
     1株当たり四半期(当
     期)純利益金額又は1株
                 (円)
                         △84.38          128.32          97.69          30.39
     当たり四半期純損失金
     額(△)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利

                 (円)
     益金額又は1株当たり                    △84.38          212.75         △30.64          △67.32
     四半期純損失金額(△)
                                 63/85













                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,183,755              1,316,115
         現金及び預金
                                                      ※1  40,616
                                          47,547
         受取手形
                                      ※2  1,368,752            ※2  1,453,706
         売掛金
                                          13,203               4,741
         商品及び製品
                                          26,439              29,974
         仕掛品
                                         492,963              933,782
         原材料及び貯蔵品
                                          60,490              59,207
         前払費用
                                          33,955              43,543
         繰延税金資産
                                       ※2  58,562            ※2  54,682
         その他
                                         △ 16,357             △ 20,720
         貸倒引当金
                                        3,269,313              3,915,648
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※3  982,375            ※3  934,189
           建物(純額)
                                        ※3  4,100            ※3  3,281
           構築物(純額)
                                         765,090              910,554
           機械及び装置(純額)
                                          3,359              1,276
           車両運搬具(純額)
                                         136,430              102,843
           工具、器具及び備品(純額)
                                      ※3  1,163,579            ※3  1,165,851
           土地
                                         112,954              144,110
           リース資産(純額)
                                          66,049              18,230
           建設仮勘定
                                        3,233,939              3,280,337
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           153              102
           商標権
                                         193,834              209,899
           ソフトウエア
                                          18,956              37,621
           その他
                                         212,944              247,623
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         734,943              570,636
           投資有価証券
                                         121,533               80,007
           関係会社株式
                                         302,185              318,237
           出資金
                                       ※2  121,902             ※2  89,474
           長期貸付金
                                         189,404              203,694
           その他
                                         △ 72,231             △ 103,583
           貸倒引当金
                                        1,397,737              1,158,467
           投資その他の資産合計
                                        4,844,622              4,686,428
         固定資産合計
       繰延資産
                                                         4,389
                                            ―
         社債発行費
                                                         4,389
         繰延資産合計                                   ―
                                        8,113,935              8,606,467
       資産合計
                                 64/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                     ※1  558,069
                                         404,283
         支払手形
                                       ※2  712,867            ※2  730,649
         買掛金
                                       ※3  998,577            ※3  920,008
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※2  169,620            ※2  209,290
         未払金
                                          45,678              33,552
         未払費用
                                          39,226              53,990
         リース債務
                                          13,576              14,172
         賞与引当金
                                          3,758              28,738
         設備関係支払手形
                                        ※3  81,858            ※3  93,408
         設備関係未払金
                                       ※2  164,160            ※2  216,449
         その他
                                        2,633,607              2,858,329
         流動負債合計
       固定負債
         社債                                   ―           600,000
                                      ※3  2,945,806            ※3  2,824,412
         長期借入金
                                          79,310              92,685
         リース債務
                                       ※3  165,523             ※3  99,312
         長期設備関係未払金
                                         113,795               47,841
         繰延税金負債
                                          8,520
         資産除去債務                                                  ―
                                        ※2  27,855            ※2  32,774
         その他
                                        3,340,810              3,697,025
         固定負債合計
                                        5,974,417              6,555,354
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         411,920              411,920
         資本金
         資本剰余金
                                         441,153              441,153
           資本準備金
                                          12,393              12,393
           その他資本剰余金
                                         453,546              453,546
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          27,000              27,000
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                         800,000              700,000
             別途積立金
                                         172,848              289,240
             繰越利益剰余金
                                         999,848             1,016,240
           利益剰余金合計
                                         △ 19,792             △ 20,512
         自己株式
                                        1,845,522              1,861,195
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         293,995              189,917
         その他有価証券評価差額金
                                         293,995              189,917
         評価・換算差額等合計
                                        2,139,518              2,051,112
       純資産合計
                                        8,113,935              8,606,467
      負債純資産合計
                                 65/85





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
      売上高
                                     ※1  13,406,964            ※1  13,959,024
       印刷売上高
                                        2,077,490              2,144,935
       折込売上高
                                         49,011              50,649
       その他の売上高
                                       15,533,465              16,154,609
       売上高合計
      売上原価
       印刷売上原価
                                          8,399              13,120
         商品及び製品期首たな卸高
                                        9,482,145              9,843,245
         当期製品製造原価
                                         20,945              36,618
         当期商品仕入高
         合計                               9,511,490              9,892,984
                                         148,830              110,018
         製品他勘定振替高
                                         13,120               4,697
         商品及び製品期末たな卸高
         印刷売上原価                               9,349,539              9,778,268
                                      ※1  2,022,882            ※1  2,084,681
       折込売上原価
                                         13,928              12,000
       その他の原価
                                       11,386,349              11,874,949
       売上原価合計
                                        4,147,115              4,279,659
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         828,735              908,321
       運賃
                                          2,550               485
       貸倒引当金繰入額
                                        1,402,570              1,406,658
       給料及び手当
                                         10,777              11,471
       賞与引当金繰入額
                                       ※1  418,605            ※1  445,338
       業務委託費
                                         101,552              108,641
       減価償却費
                                      ※1  1,293,081            ※1  1,285,474
       その他
                                        4,057,873              4,166,391
       販売費及び一般管理費合計
                                         89,242              113,268
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1  1,421            ※1  2,083
       受取利息
                                         12,962              12,541
       受取配当金
                                         89,610              106,499
       その他
                                         103,994              121,124
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         54,241              53,242
       支払利息
       貸倒引当金繰入額                                  38,004              36,785
                                           196             5,911
       その他
                                         92,442              95,939
       営業外費用合計
                                         100,794              138,453
      経常利益
                                 66/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年7月31日)               至 平成28年7月31日)
      特別利益
                                         39,023              95,518
       投資有価証券売却益
                                         39,023              95,518
       特別利益合計
      特別損失
                                                       ※2  644
       固定資産売却損                                    ―
                                       ※3  10,488             ※3  9,571
       固定資産除却損
                                           900
       投資有価証券評価損                                                   ―
                                                       42,325
       関係会社株式評価損                                    ―
                                                       21,359
       設備移設費用                                    ―
                                                       29,793
                                            ―
       減損損失
                                         11,388              103,694
       特別損失合計
                                         128,429              130,277
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    55,153              75,331
                                         17,757             △ 21,480
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    72,910              53,851
      当期純利益                                    55,519              76,426
                                 67/85














                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       【製造原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成26年8月1日                  (自 平成27年8月1日
                           至 平成27年7月31日)                  至 平成28年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                             ―             3,809,368        38.7
     Ⅱ 労務費                             ―              554,243        5.6

     Ⅲ 外注加工費                             ―             4,629,257        47.0

                                  ―              853,868

     Ⅳ 経費                ※2                                   8.7
       当期総製造費用                                                  100.0

                                  ―             9,846,738
                                  ―               26,438

       期首仕掛品たな卸高
            合計

                                  ―             9,873,177
                                  ―               29,932

       期末仕掛品たな卸高
       当期製品製造原価                            ―             9,843,245

                前事業年度                            当事業年度

             (自 平成26年8月1日                            (自 平成27年8月1日
             至 平成27年7月31日)                             至 平成28年7月31日)
      1 原価計算の方法
                                  1 原価計算の方法
         原価計算の方法は、製品別個別原価計算制度を
                                             同左
        採用しております。
                                 ※2 経費の主な内訳は以下のとおりであります。
      ※2 経費の主な内訳は以下のとおりであります。
                                     減価償却費      414,553千円
         減価償却費      ― 千円
                                     水道光熱費      200,775千円
         水道光熱費      ― 千円
      3 財務諸表等規則第75条に定める製造原価明細書に

        ついては、同条第2項ただし書きにより、記載を
        省略しております。
       【折込売上原価明細書】

                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成26年8月1日                  (自 平成27年8月1日
                           至 平成27年7月31日)                  至 平成28年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 経費
                              2,022,882                  2,084,681

      1 支払手数料
        折込売上原価                     2,022,882        100.0          2,084,681        100.0

                                 68/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       【その他の原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成26年8月1日                  (自 平成27年8月1日
                           至 平成27年7月31日)                  至 平成28年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 製品売上原価
      1 材料費                         6,325      51.8           5,238      44.9

      2 労務費                           -      -            -      -

      3 外注加工費                         5,889      48.2           6,422      55.1

                                 -                  -

      4 経費                                 -                  -
         当期総製造費用                            100.0                  100.0

                               12,215                  11,661
                                 53                  -

         期首仕掛品たな卸高
           合計                    12,268                  11,661

                                 -                  42

         期末仕掛品たな卸高
         当期製品製造原価

                               12,268                  11,619
         期首製品たな卸高                        -                  -

           合計

                               12,268                  11,619
                                 -                  -

         期末製品たな卸高
         製品売上原価

                               12,268                  11,619
     Ⅱ 商品売上原価

         期首商品たな卸高                      1,571                   82

                                 170                  342

         当期商品仕入高
           合計

                                1,742                   425
                                 82                  44

         期末商品たな卸高
         商品売上原価                      1,659                   380

       その他の原価

                               13,928                  12,000
                                 69/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成26年8月1日 至           平成27年7月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                            その他利益剰余金
                資本金
                           その他     資本剰余金                      利益剰余金
                     資本準備金                利益準備金
                                                繰越利益
                          資本剰余金       合計                      合計
                                           別途積立金
                                                 剰余金
                 411,920     441,153      12,393     453,546      27,000     700,000     271,412     998,412
     当期首残高
     当期変動額
      自己株式の取得
                                            100,000     △ 100,000
      別途積立金の積立                                                   ―
                                                 △ 54,083     △ 54,083
      剰余金の配当
                                                  55,519     55,519
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計              ―     ―     ―     ―     ―   100,000     △ 98,564      1,435
                 411,920     441,153      12,393     453,546      27,000     800,000     172,848     999,848
     当期末残高
                   株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     純資産合計
                                評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                                差額等合計
                          評価差額金
                △ 17,560    1,846,318      240,139     240,139     2,086,458
     当期首残高
     当期変動額
                 △ 2,231     △ 2,231               △ 2,231
      自己株式の取得
      別途積立金の積立                   ―                ―
                      △ 54,083               △ 54,083
      剰余金の配当
                       55,519                55,519
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                            53,855     53,855     53,855
      の当期変動額(純
      額)
                 △ 2,231     △ 795    53,855     53,855     53,059
     当期変動額合計
                △ 19,792    1,845,522      293,995     293,995     2,139,518
     当期末残高
                                 70/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成27年8月1日 至           平成28年7月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                   利益剰余金
                                            その他利益剰余金
                資本金
                           その他     資本剰余金                      利益剰余金
                     資本準備金                利益準備金
                                                繰越利益
                          資本剰余金       合計                      合計
                                           別途積立金
                                                 剰余金
                 411,920     441,153      12,393     453,546      27,000     800,000     172,848     999,848
     当期首残高
     当期変動額
      自己株式の取得
                                           △ 100,000     100,000
      別途積立金の積立                                                   -
                                                 △ 60,033     △ 60,033
      剰余金の配当
                                                  76,426     76,426
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                           △ 100,000     116,392      16,392
     当期変動額合計              -     -     -     -     -
                 411,920     441,153      12,393     453,546      27,000     700,000     289,240     1,016,240
     当期末残高
                   株主資本         評価・換算差額等

                           その他
                                     純資産合計
                                評価・換算
                自己株式     株主資本合計      有価証券
                                差額等合計
                          評価差額金
                △ 19,792    1,845,522      293,995     293,995     2,139,518
     当期首残高
     当期変動額
                  △ 720     △ 720               △ 720
      自己株式の取得
      別途積立金の積立                  -                -
                      △ 60,033               △ 60,033
      剰余金の配当
                       76,426                76,426
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                           △ 104,078     △ 104,078     △ 104,078
      の当期変動額(純
      額)
                  △ 720    15,672    △ 104,078     △ 104,078     △ 88,405
     当期変動額合計
                △ 20,512    1,861,195      189,917     189,917     2,051,112
     当期末残高
                                 71/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 有価証券の評価基準及び評価方法
      子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
      その他有価証券
       時価のあるもの
        決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
        定)
       時価のないもの
        移動平均法による原価法
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

      商品
        主に総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
      製品、仕掛品
        個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
      原材料及び貯蔵品
        総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     3 固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       建物(建物附属設備を除く)
       ①平成10年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
       ②平成10年4月1日から平成19年3月31日までに取得したもの‥‥旧定額法
       ③平成19年4月1日以降に取得したもの‥‥定額法
       建物附属設備及び構築物
       ①平成19年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
       ②平成19年4月1日から平成28年3月31日までに取得したもの‥‥定率法
       ③平成28年4月1日以降に取得したもの‥‥定額法
       上記以外
       ①平成19年3月31日以前に取得したもの‥‥旧定率法
       ②平成19年4月1日以降に取得したもの‥‥定率法
        なお、取得価額10万円以上20万円未満の資産については、3年間で均等償却する方法を採用しております。
        また、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物         15年~38年
        機械及び装置         2年~10年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
       す。
      (3)  リース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     4 繰延資産の処理方法

        社債発行費は償還までの期間にわたり定額法により償却しております。
                                 72/85



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     5 引当金の計上基準
      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
       等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上しております。
     6 ヘッジ会計の方法

      (1)  ヘッジ会計の方法
        ヘッジ会計の要件を満たす金利スワップ取引について、特例処理を採用しております。
      (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
       ・ヘッジ手段‥‥金利スワップ取引
       ・ヘッジ対象‥‥借入金利
      (3)  ヘッジ方針
        当社の金利スワップ取引は、借入金利の変動によるリスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針
       であります。
      (4)  ヘッジ有効性評価の方法
        金利スワップの特例処理の要件に該当するため、その判定をもって有効性の判定に代えております。
     7 その他財務諸表作成のための重要な事項

      消費税等の会計処理
        税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

       (企業結合に関する会計基準等の適用)
        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」という。)
       及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」とい
       う。)等を、当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する方法に変更しており
       ます。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配
       分額の見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更しております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項
       (4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用しております。
        なお、当事業年度において、財務諸表に与える影響額はありません
       (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
       報告第32号平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
       に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        これによる当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益に与える影響は軽微であります。
                                 73/85






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

         なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                               前事業年度                当事業年度

                             (平成27年7月31日)                (平成28年7月31日)
         受取手形                            ―             300千円
         支払手形                            ―           182,519千円
     ※2 関係会社に対する資産及び負債

         関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりです。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        短期金銭債権                        46,839千円                 39,164千円
        長期金銭債権                        120,378千円                 88,377千円
        短期金銭債務                        10,996千円                 12,562千円
        長期金銭債務                         6,112千円                 6,112千円
     ※3 担保に供している資産及び対応する債務

       (担保資産)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        建物                        868,005千円                 863,324千円
        構築物                         3,196千円                 2,524千円
        土地                       1,104,142千円                 1,104,142千円
        計                       1,975,343千円                 1,969,992千円
       (対応債務)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        1年以内返済予定の長期借入金                        227,720千円                 150,800千円
        設備関係未払金                        66,210千円                 66,210千円
        長期借入金                       1,031,950千円                  881,150千円
        長期設備関係未払金                        165,523千円                 99,312千円
        計                       1,491,404千円                 1,197,473千円
      4 当座貸越契約

         運転資金の効率的な調達を行うため、当座貸越契約を締結しております。
         当事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりです。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
        当座貸越契約の総額                       3,700,000千円                 4,100,000千円
        借入実行残高                             ―                 ―
        差引額                       3,700,000千円                 4,100,000千円
                                 74/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引による取引高の総額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        売上高                        34,718千円                 51,173千円
        仕入高                        66,459千円                 69,412千円
        その他営業取引                        50,466千円                 40,914千円
        営業取引以外の取引高                        17,843千円                 12,018千円
     ※2 固定資産売却損の内訳は以下のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        機械及び装置                             ―              644千円
        計                             ―              644千円
     ※3 固定資産除却損の内訳は以下のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成27年7月31日)               至   平成28年7月31日)
        建物                          906千円                 580千円
        機械及び装置                         8,422千円                 8,060千円
        工具、器具及び備品                         1,158千円                  930千円
        計                        10,488千円                 9,571千円
       (有価証券関係)

        子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株
       式及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次のと
       おりです。
                                              (単位:千円)
                            前事業年度               当事業年度
               区分
                          (平成27年7月31日)               (平成28年7月31日)
         子会社株式                         111,533               70,007
         関連会社株式                         10,000               10,000
                計                  121,533               80,007
                                 75/85








                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       (流動)
                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
       繰延税金資産
        未払事業税                         2,378千円                 5,442千円
        未払事業所税                         1,095千円                 1,024千円
        貸倒引当金                         5,058千円                 6,315千円
        賞与引当金                         4,450千円                 4,343千円
        法定福利費                          696千円                 677千円
        原材料評価損                        11,526千円                 19,197千円
        商品評価損                         1,198千円                 2,262千円
        前受収益                         8,341千円                 8,782千円
                                 1,917千円                  ―
        減価償却超過額
       繰延税金資産小計
                                36,662千円                 48,045千円
                                △2,707千円                 △4,501千円
        評価性引当額
       繰延税金資産合計                         33,955千円                 43,543千円
       (固定)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成27年7月31日)                 (平成28年7月31日)
       繰延税金資産
        貸倒引当金                        23,084千円                 31,505千円
        減価償却超過額                          590千円                 498千円
        投資有価証券評価損                        28,273千円                 21,496千円
        資産除去債務                         2,793千円                  ―
        長期前受収益                         6,261千円                 6,776千円
                                 5,082千円                13,883千円
        減損損失
       繰延税金資産小計
                                66,085千円                 74,160千円
                               △47,767千円                 △46,186千円
        評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                18,317千円                 27,973千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                        129,876千円                 75,814千円
        その他                         2,236千円                  ―
       繰延税金負債合計                         132,113千円                 75,814千円
       繰延税金負債の純額                         113,795千円                 47,841千円
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主要な項目別の内訳

                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成27年7月31日)              (平成28年7月31日)
       法定実効税率                              35.3%              32.8%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.2%              5.5%
        評価性引当額の増減                             13.7%              3.2%
        住民税均等割等                             3.1%              3.0%
        税率変更による影響                             3.2%              3.9%
        税額控除                               ―           △7.3%
                                     0.1%              0.3%
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                     56.8%              41.3%
     3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

                                 76/85


                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
       (平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人
       税 率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法
       定実効税率は、前事業年度の32.01%から平成28年8月1日に開始する事業年度及び平成29年8月1日に開始する事
       業年度に解消が見込まれる一時差異については30.65%に、平成30年8月1日に開始する事業年度以後に解消が見込
       まれる一時差異については30.41%となります。
        この法定実効税率の変更による財務諸表に与える影響は軽微であります。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 77/85

















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
     区分      資産の種類          当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額

        建物              982,375       56,049       1,772     102,463      934,189        991,440

                                   (1,772)
        構築物               4,100         ―      ―     819     3,281        16,818
        機械及び装置              765,090      383,698       15,727      222,506      910,554       2,046,040
     有
        車両運搬具               3,359      1,666         ―    3,750      1,276        56,369
     形
        工具、器具
                      136,430       32,060       6,385      59,261      102,843        829,219
     固
        及び備品
     定
                                   (5,463)
     資
        土地             1,163,579         2,272         ―      ―  1,165,851            ―
     産
        リース資産              112,954       76,000         ―    44,843      144,110        174,544
        建設仮勘定              66,049      90,980      138,800          ―    18,230           ―
             計        3,233,939       642,729      162,686      433,644     3,280,337        4,114,432
                                   (7,235)
        商標権                153       ―      ―      50      102        434
     無
        ソフトウエア              193,834      128,095       22,557      89,473      209,899        435,217
     形
                                  (22,557)
     固
     定
        その他              18,956      23,753       5,061        26    37,621         1,224
     資
             計         212,944      151,848       27,619      89,550      247,623        436,875
     産
                                  (22,557)
      (注)1 当期増加額のうち主なものは、以下のとおりであります。
          建物           伊勢原工場                    51,499千円
          機械及び装置           菊半裁枚葉機                   123,252千円
          リース資産           オフセット輪転機                    76,000千円
          ソフトウェア           年賀状関連システム                    85,490千円
        2 当期減少額のうち主なものは、以下のとおりであります。

          建設仮勘定           オフセット輪転機                    76,384千円
        3 「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

         【引当金明細表】

                   当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

          区分
                    (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     貸倒引当金                88,588        41,503         5,788       124,303

     賞与引当金                13,576        14,172        13,576        14,172

      【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      【その他】

        該当事項はありません。
                                 78/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             8月1日から7月31日まで

     定時株主総会             10月中

     基準日             7月31日

     剰余金の配当の基準日             1月31日、7月31日

     1単元の株式数             1,000株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
       取扱場所
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号  三井住友信託銀行株式会社
       取次所             ―
       買取手数料             無料

                  当社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって
                  電子公告による公告をすることができない場合には、日本経済新聞に掲載して行う。
                  なお、電子公告は当社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおりで
     公告掲載方法
                  す。
                  http://www.shouken.co.jp
                  毎年7月末現在における1,000株以上保有の株主に対し、「北海道の特産品(3,000円
     株主に対する特典             程度)」のお届けと「年賀状印刷の期間限定早期受付割引サービス」を実施しており
                  ます。
     (注)当社の株主は、定款の定めによりその有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使すること
        ができません。
        (1) 会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2) 会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3) 株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
        (4) 株主の有する単元未満株式の数と併せて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                 79/85










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度 第44期(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)平成27年10月27日北海道財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
       平成27年10月27日北海道財務局長に提出
     (3)  四半期報告書、四半期報告書の確認書
       第45期第1四半期(自 平成27年8月1日 至 平成27年10月31日)平成27年12月15日北海道財務局長に提出
       第45期第2四半期(自 平成27年11月1日 至 平成28年1月31日)平成28年3月15日北海道財務局長に提出
       第45期第3四半期(自 平成28年2月1日 至 平成28年4月30日)平成28年6月14日北海道財務局長に提出
     (4)  臨時報告書
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
       もの
       平成27年10月28日北海道財務局長に提出
     (5)  有価証券報告書の訂正報告書及び確認書
       事業年度 第43期(自 平成25年8月1日 至 平成26年7月31日)平成27年10月5日北海道財務局長に提出
       事業年度 第44期(自 平成26年8月1日 至 平成27年7月31日)平成27年12月7日北海道財務局長に提出
     (6)  四半期報告書の訂正報告書及び確認書
       第44期第1四半期(自 平成26年8月1日 至 平成26年10月31日)平成27年10月5日北海道財務局長に提出
       第44期第2四半期(自 平成26年11月1日 至 平成27年1月31日)平成27年10月5日北海道財務局長に提出
       第44期第3四半期(自 平成27年2月1日 至 平成27年4月30日)平成27年10月5日北海道財務局長に提出
                                 80/85










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 81/85



















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年10月25日

     総合商研株式会社
      取締役会 御中
                           優  成  監  査  法  人

                           指定社員

                                    公認会計士       前  田  裕  次  印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       狐  塚  利  光  印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       石       上      卓      哉  印
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる総合商研株式会社の平成27年8月1日から平成28年7月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連
     結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、総
     合商研株式会社及び連結子会社の平成28年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 82/85




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、総合商研株式会社の平成28年
     7月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、総合商研株式会社が平成28年7月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
     内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
     務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 83/85









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                                 84/85





















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年10月25日

     総合商研株式会社
      取締役会 御中
                           優  成  監  査  法  人

                           指定社員

                                    公認会計士       前  田  裕  次  印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       狐  塚  利  光  印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       石       上      卓      哉  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる総合商研株式会社の平成27年8月1日から平成28年7月31日までの第45期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、総合商
     研株式会社の平成28年7月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 85/85



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。