HSBCインドネシア債券オープン(毎月決算型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第13期(平成27年6月1日-平成28年5月31日)

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)-第13期(平成27年6月1日-平成28年5月31日)

提出日:

提出者:HSBCインドネシア債券オープン(毎月決算型)

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

                               有価証券届出書

      【提出書類】
      【提出先】                         関東財務局長

      【提出日】                         平成28年10月31日          提出

      【発行者名】                         HSBC投信株式会社

      【代表者の役職氏名】                         代表取締役  パトリス・コンシコール

      【本店の所在の場所】                         東京都中央区日本橋三丁目11番1号

      【事務連絡者氏名】                         林 俊宏

      【電話番号】                         代表(03)3548-5690

      【届出の対象とした募集内国投資信託                         HSBC     インドネシア債券オープン(毎月決算型)
       受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国投資信託                         5,000億円を上限とします。

       受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。

                                  1/82













                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        HSBC    インドネシア債券オープン              ( 毎月決算型      )(「  ファンド     」 といいます      。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        追加型証券投資信託の受益権です。
        委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用
        格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律                              ( 以下  「 社振法    」 といいます      。) の規定の適用を受
        け、受益権の帰属は、後記の                「(11)   振替機関に関する事項            」 に記載の振替機関および当該振替機関の下
        位の口座管理機関          ( 社振法第2条に規定する             「 口座管理機関       」 をいい、振替機関を含め             、「 振替機関等      」 とい
        います    。) の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります                                 ( 振替口座簿に記載または記録さ
        れることにより定まる受益権を                 「 振替受益権      」 といいます      。)。  委託会社は、やむを得ない事情等がある場
        合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記
        名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        5,000億円を上限とします。
         ※上記金額には、購入時の申込手数料ならびに当該手数料に係る消費税および地方消費税に相当する
         金額  ( 以下  「 消費税等相当額        」 といいます      。) は含まれません。
     (4)【発行(売出)価格】

                                          *
        発行価格     ( 購入価額     ) は、購入申込受付日の翌営業日の基準価額                        とします。
        * 「 基準価額     」 とは、ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額                               ( 純資産総額      ) を受益権総口数で
         除した1口当たりの価額をいいます。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されます。
        基準価額については、販売会社または                    「(12)   その他    」 に記載の<照会先>へお問い合わせください。その
        他、原則として計算日            ( 基準価額が算出される日             ) の翌日付の日本経済新聞朝刊にも「ネシア債毎月                           」 の
        略称で掲載されます。
     (5)【申込手数料】

        申込手数料       ( 購入時手数料        ) は、購入金額        ( 購入価額に購入口数を乗じて得た額                     ) に、3.24%      ( 税抜
        3.00%    ) を上限として販売会社が個別に定める手数料率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消
        費税等相当額が加算されます。
     (6)【申込単位】

        申込単位     ( 購入単位     ) は、販売会社が個別に定める単位とします。詳しくは、販売会社へお問い合わせ
        ください。
     (7)【申込期間】

        平成28年11月1日から平成29年11月1日まで
         ※当該申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

        販売会社においてお申込みの取扱いを行います。販売会社については                                      、「(12)    その他    」 に記載の<照会先
        >へお問い合わせください。
                                  2/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         㮌꥘᩹㹎ᘰ溑톇赕䙔셓홟ᕩ涀԰縰弰潶箓㊑톇赪徕ꈰ䲌꥘᩹㸰桓홫⅙兽а鉽倰瘰匰栰欰蠰訰
         ファンドを当該販売会社に取り次ぐ場合があります。
     (9)【払込期日】

        受益権の購入申込者は、販売会社が定める期日までに、申込金                                  ( 購入代金     ) を販売会社に支払うものと
        します。申込期間における発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に委託会社
        の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
         ※購入代金は、購入金額に、購入時手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を加えた金額とな
         ります。
     (10)【払込取扱場所】

        お申込みの販売会社にお支払いください。
     (11)【振替機関に関する事項】

        ファンドの受益権の振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
     (12)【その他】

       ① 申込証拠金はありません。
       ② 日本以外の国・地域における発行はありません。
       ③ 振替受益権について
         ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、前記                               「(11)   振替機関に関する事項            」 に記載の振替
         機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
         ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および前記                                 「(11)   振替機関に関する事項            」 に記載の
         振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
         ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピューターシステムにより管理する制度を                                               「 投資信託振
         替制度    」 といいます。ファンドの設定、解約、償還等がコンピューターシステム上の帳簿                                            ( 振替口座
         簿 ) への記載・記録により行われますので、受益証券は発行されません。
       <照会先>

        HSBC    投信株式会社
        ホームページ:        www.assetmanagement.hsbc.com/jp
        電話番号:03-3548-5690(受付時間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時)
                                  3/82








                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       ① ファンドの目的
                                         * 1
         当ファンドは       、「HSBC      インドネシア債券マザーファンド                  」  への投資を通じて、主にインドネシア
             * 2
         共和国     の債券等に投資することにより、安定したインカムゲインの確保とともに、信託財産の中
         長期的な成長を目指します。
         *1  以下  、「 マザーファンド       」 といいます。  *2          以下  、「 インドネシア      」 といいます。
       ② ファンドの基本的性格

                                *
         当ファンドは       、「 追加型投信/海外/債券             」 に属します。
          * 一般社団法人投資信託協会が定める                  「 商品分類に関する指針           」 に基づく商品分類です。
         当ファンドの商品分類および属性区分は、以下のとおりです。
              〔商品分類〕                          〔属性区分〕
         単位型・     投資対象     投資対象資産                    決算     投資対象            為替
                              投資対象資産                     投資形態
          追加型      地域    (収益の源泉      )              頻度      地域           ヘッジ
                                            グローバル
                                              日本

                            株式 一般
                                       年1回
                             大型株
                                              北米
                             中小型株
                                       年2回
                                                   ファミリー
                    株   式                                     あ り
                            債券 一般
                                                   ファンド
                                              欧州
               国 内                        年4回
                             公債
                    債   券
                             社債
          単位型                                   アジア
                                       年6回
                             その他債券
               海 外     不動産投信                   (隔月)
                             クレジット属性
                                            オセアニア
          追加型                  不動産投信
                    その他資産                   年12回
                                             中南米      ファンド
                            その他資産(投資信
               内 外                        (毎月)
                                                   ・オブ・
                            託証券(債券))
                    資産複合                                    な し
                                            アフリカ       ファンズ
                                       日 々
                            資産複合
                             資産配分固定型
                                             中近東
                                       その他
                             資産配分変更型
                                            (中東)
                                            エマージング

         㬰\幠❓㩒ذ殊ᢏर地昰䐰               「 為替ヘッジ      」 は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しており
           ます。
         (注)当ファンドが該当する商品分類および属性区分を網掛け表示しています。
         〔商品分類〕

         1)単位型投信・追加型投信の区分
            「追加型     」 は、一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ、従来の信託財産ととも
            に運用されるファンドをいいます。
         2)投資対象地域による区分
            「海外   」 は、目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を
            源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         3)投資対象資産による区分
                                  4/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            「債券   」 は、目論見書または約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉と
            する旨の記載があるものをいいます。
         〔属性区分〕

         1)投資対象資産による属性区分
            「その他資産       ( 投資信託証券       ( 債券  ))」  は、投資対象資産による区分がその他資産                      ( 投資信託証券)で、
            親投資信託への投資を通じて債券に実質的に投資するものをいいます。このため、上記〔商品分類〕
            の 「3)  投資対象資産による区分             」 では、収益の源泉である             「 債券  」 と記載しております。
         2)決算頻度による属性区分
            「年12回     ( 毎月  )」 は、目論見書または約款において、年12回                      ( 毎月  ) 決算する旨の記載があるものをい
            います。
         3)投資対象地域による属性区分
            「アジア     」 は、目論見書または約款において、組入資産による投資収益がアジア地域の資産を源泉と
            する旨の記載があるものをいいます。
         4)投資形態による属性区分
            「ファミリーファンド           」 は、目論見書または約款において、親投資信託                        ( ファンド・オブ・ファンズに
            のみ投資されるものを除きます                。) を投資対象とするものをいいます。
         5)為替ヘッジによる属性区分
            「為替ヘッジなし         」 は、目論見書または約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるもの
            または為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいいます。
          㭕䙔셒ژ帰䨰蠰獜幠❓㩒ذ湛驿ꤰ漰ş匰픰ꄰ줰殊牟匰夰謰舰渰欰搰䐰昰渰缰銊ᢏर地昰䐰縰夰ʊ獽〰
          つきましては、一般社団法人投資信託協会のホームページ                              (http://www.toushin.or.jp/)              をご覧ください。
       ③ 信託金の限度額

         信託金の限度額は、5,000億円としますが、受託会社と合意のうえ、限度額を変更することができま
         す。
       ④ ファンドの特色

        1)インドネシアの現地通貨建債券等に投資します。
          ・主にインドネシアの政府、政府機関もしくは企業等が発行する現地通貨建債券に投資します。
          ・現地通貨建以外の債券等にも投資を行うことがあります。
           (この場合でも、現地通貨建債券に投資したと同じ様な収益を得ることを目指します                                              。)
          ・実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
        2)  HSBC    グローバル・アセット・マネジメント                    ( 香港  ) リミテッドが運用を行います。

          ・運用委託契約に基づいて               、HSBC    グローバル・アセット・マネジメント                     ( 香港  ) リミテッドに、マ
           ザーファンドの運用の指図に関する権限を委託します。
           ※運用の指図に関する権限の委託を中止または委託の内容を変更する場合があります。
          ・投資プロセス

                                  5/82





                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ・ HSBC    グローバル・アセット・マネジメントに加え                         、HSBC    グループ内の情報ソースを活用しま

           す。
              ≪ HSBC    グループおよび        HSBC    グローバル・アセット・マネジメント≫

          HSBC    グループの持株会社である               HSBC    ホールディングス          plc は、英国・ロンドンに本部

          を置いています         。HSBC     グループは、ヨーロッパ、アジア・太平洋、南北アメリカ、中
          東、アフリカにまたがる71の国と地域に約4,400の拠点を擁し、その歴史は1865年の創業
          に遡る、世界有数の金融グループです。
          HSBC    グローバル・アセット・マネジメントは                      、HSBC    グループに属する資産運用部門の
          総称です。ロンドン、パリ、ニューヨーク、香港、シンガポ-ル、ムンバイ                                         ( ボンベイ     )、
          東京等、世界約30の国と地域に拠点を有しています                             。HSBC     投信株式会社は         、HSBC     グ
          ローバル・アセット・マネジメントの一員です。
          ※上記は本書提出日現在知りうる情報であり、今後変更になることがあります。

        3)年12回の決算時に、分配方針に基づき、分配を行います。

           ・決算日は、毎月7日           ( 休業日の場合は翌営業日             ) です。
         HSBC   投信株式会社は社内規程に基づき、クラスター爆弾または対人地雷の使用、開発、製造、備蓄、輸送



         または貿易に直接関与する企業への投資は行いません。
     (参考情報)

                                  6/82









                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  7/82





















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/82





















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】

















        平成22年8月26日 信託契約締結、当ファンドの設定および運用開始
     (3)【ファンドの仕組み】

       ① ファンドの仕組み
                                  9/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         当ファンドはファミリーファンド方式で運用を行います。
         ファミリーファンド方式とは、投資者が投資した資金をまとめてベビーファンド                                             ( 当ファンド      ) と
         し、その資金を主としてマザーファンドに投資して、実質的な運用をマザーファンドで行う仕組み
         です。ベビーファンドがマザーファンドに投資する際の投資コストはかかりません。
       ② 関係法人の概要





                                 10/82














                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <委託会社が関係法人と締結している契約等の概要>
        1)受託会社と委託会社の間では「証券投資信託契約」が締結されており、信託財産の運用方針、信
           託報酬の総額、募集方法に関する事項等が定められています。
        2)販売会社と委託会社の間では「募集・販売等に関する契約」が締結されており、募集および一部
           解約の取扱いに関する事項、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金、換金代金および償
           還金の支払いの取扱いに関する事項等が定められています。
        3)投資顧問会社と委託会社との間では「運用委託契約」が締結されており、マザーファンドの運用
           指図に関する権限の委託にあたっての投資顧問会社の義務、報酬、法令遵守等が定められていま
           す。
       ③ 委託会社の概況

        1)資本金の額(本書提出日現在):495百万円
        2)会社の沿革
           昭和60年     5月27日  ワードレイ投資顧問株式会社設立
           昭和62年     3月12日  投資顧問業の登録
           昭和62年     6月10日  投資一任契約に係る業務の認可
           平成   6年  2月17日  エイチ・エス・ビー・シー投資顧問株式会社に商号変更
           平成10年     4月24日  エイチ・エス・ビー・シー投信投資顧問株式会社に商号変更
           平成10年     6月16日  証券投資信託委託業の認可
           平成15年     3月  1日  HSBCアセット・マネジメント株式会社に商号変更
           平成17年     4月25日  HSBC投信株式会社に商号変更
           平成19年     9月30日  金融商品取引業の登録
        3)大株主の状況
                                                 (本書提出日現在)
                                            所有株式数
              氏名または名称                    住所                  所有比率     ( % )
                                             (株)
         ザ・ホンコン・アンド・シャンハ
                            香港クィーンズロード・セ
         イ・バンキング・コーポレイショ                                      2,100        100.00
                            ントラル1番地
         ン・リミテッド
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】
       ① 基本方針
         当ファンドは、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を図ることを目標として運用を行
         います。
       ② 投資態度

        1)マザーファンド受益証券への投資を通じて、主にインドネシアの政府、政府機関もしくは企業等
           の発行する現地通貨建債券に投資することにより、安定したインカムゲインの確保とともに、信
           託財産の中長期的な成長を目指します。また、現地通貨建以外の債券等にも投資を行うことがあ
           ります。
        2)マザーファンドの組入れについては原則として高位を保ちますが、投資状況に応じマザーファン
           ドと同様の運用を直接行うことがあります。
        3)実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
        4)デリバティブ取引(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいいます。)は、ヘッジ目的で
           行うことを基本とします。
        5)償還準備に入った場合、市況動向、大量の追加設定または解約によるファンドの資金事情等に
           よっては、上記の運用が行われないことがあります。
                                 11/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【投資対象】
       ① 当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
        1)次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
           るものをいいます。以下同じ。)
           (a)有価証券
           (b)デリバティブ取引に係る権利
           (c)金銭債権
           (d)約束手形
        2)特定資産以外の資産で、次に掲げる資産
           (a)為替手形
       ② 投資対象とする有価証券の指図範囲等

         委託会社は、信託金を、主として親投資信託であるマザーファンドの受益証券および次の有価証券
         ( 金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます                                                    。)
         に投資することを指図します。
        1)転換社債の転換、新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新
           株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得な
           いことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8
           号の定めがある新株予約権付社債を含め、以下「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)
           の新株予約権に限ります。)の行使、社債権者割当または株主割当により取得した株券または新
           株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受
           権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
        7)コマーシャル・ペーパー
        8)外国または外国の者の発行する証券または証書で、前記1)から7)までの証券または証書の性
           質を有するもの
        9)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
           ます。)
        10)投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定める
           ものをいいます。)
        11)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        12)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
           有価証券に係るものに限ります。)
        13)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        14)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        15)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
           券に限ります。)
        16)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        17)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
           証券に表示されるべきもの
        18)外国の者に対する権利で前記17)の有価証券の性質を有するもの
         なお、1)の証券または証書、8)および13)の証券または証書のうち1)の証券または証書の性
         質を有するものを「株式」といい、2)から6)までの証券ならびに8)および13)の証券または
         証書のうち2)から6)までの証券の性質を有するものを「公社債」といい、9)および10)の証
                                 12/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         券(投資法人債券(外国投資証券で投資法人債券に類するものを含みます。)を除きます。)を
         「投資信託証券」といいます                。
       ③ 投資対象とする金融商品の運用指図

         前記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品                             ( 金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
         証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます                            。) により運用することの指図ができます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で前記5)の権利の性質を有するもの
         当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めると
         きには、委託会社は、信託金を前記1)から4)までに掲げる金融商品により運用することの指図
         ができます。
     (3)【運用体制】

      ■ 当ファンドの運用











        当ファンドが主要投資対象としているマザーファンドの運用は、委託会社との運用委託契約に基づき                                                      、
        HSBC    グローバル・アセット・マネジメント                     ( 香港  ) リミテッド      ( 運用委託先:投資顧問会社               ) が行いま
        す。
      ■ 当ファンドの運用管理体制

                                 13/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        委託会社は以下の通り、運用委託先の運用状況を監視し管理します。
        運用委託先運用部門で執行する取引内容は、業務本部が確認し、運用本部へ報告します。
        運用本部は、業務本部からの取引報告をもとに運用委託先運用部門が行う運用内容のチェックおよび
        監督を行います。
        投資制限モニタリング責任者は、委託会社のシステムを通じ、当ファンドの運用方針どおりの運用を
        適正に行っているかを日々モニタリングします。
        コンプライアンス部は、投資制限モニタリング責任者からモニタリング結果の報告を受け、チェック
        を行います。また運用委託先コンプライアンス部門のモニタリング状況を確認します。
        なお運用委託先において、運用部門が適正な運用を行っているかを、運用委託先コンプライアンス部
        門がモニタリングしています。
      ■ 運用体制の監督機関

        ・運用委員会
         ファンド運営上の諸方針の立案・決定を行います。
        ・プロダクト委員会
         新ファンドの立案・決定、既存ファンドの商品性管理を行います。
        ・経営委員会
         上記委員会の上部機関として、ファンド運営体制を経営の立場から監督します。
        ・リスク管理委員会
         ファンド運営上のリスクマネジメント、コンプライアンス、法令遵守体制等のチェックを行いま
         す。
      ■ 受託会社に対する管理体制

        信託財産の管理業務に対する正確性、適切性などに関して、定期的に内部統制に関する報告書を受領
        します。
      ■ ファンドの運用に関しては、以下のような原則にしたがいます。

       (法令等の遵守)
        運用業務の遂行にあたっては、金融商品取引業者の業務の公共性を自覚し、金融商品取引法および関連
        法令、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会等で定める諸規則およびガイドラ
        イン等を遵守しなければならない。
       (秘密の厳守)
        運用業務に携わる者は職務上知りえた顧客の取引、財産の状況等、もしくは、株価に影響を与えると考
        えられる法人関係情報等は十分な注意をもって取り扱い、秘密に関する事項を漏洩してはならない。な
        お、営業部門等社内の他部門の役職員に対し、業務上必要とされる場合を除き、不必要な情報の提供を
        行ってはならない。
       (忠実義務)
        運用業務に携わる者は、顧客資産の保全、増大を第一の目標とし、その目的の達成のために、情報の収
        集、投資判断、正確かつ迅速な業務遂行に最善を尽くさなければならない。利益相反の可能性はこれを
        極力排除する。
       (最良執行方針)
        運用業務の遂行にあたっては、投資者にとり最良の取引条件で注文を執行しなければならない。運用業
        務に携わる者は最良執行義務を負い、価格のみならず、コスト、スピード、執行の確実性等さまざまな
        要素を総合的に勘案して執行しなければならない。
       (善管注意義務)
        運用業務の遂行にあたっては、善良なる管理者の注意をもって資産の適正な分別管理を行い、業務を遂
        行しなければならない。また、市場リスク、流動性リスク、信用リスク、財務リスク、カントリーリス
        ク、決済リスク、オペレーショナルリスク等に配慮しこれを行わなければならない。
       (運用計画の策定および実行)
                                 14/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用業務の遂行にあたっては、運用計画を策定し、適宜これを見直さなければならない。運用計画はこ
        れを運用委員会で協議し、承認を受けなければならない。
        ※運用体制等は本書提出日現在のものであり、今後変更になる可能性があります。
     (4)【分配方針】

       ① 収益分配方針
         年12回の決算時        ( 毎月7日、休業日の場合は翌営業日                   ) に、原則として以下の方針に基づき、分配を行
         います。
        1)分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益と売買益(評価益を含みま
           す。)等の全額とします。
        2)分配金額は、委託会社が基準価額の水準・市況動向などを勘案して決定します。ただし、分配対
           象額が少額の場合等には、分配を行わないことがあります。
        3)留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を
           行います。
        (注)将来の分配金について保証するものではなく、分配を行わない場合もあります。
       ② 収益の分配方式

        1)信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
           (a)  配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除し
             た額(以下「配当等収益」といいます。)とマザーファンドの信託財産に属する配当等収益
             のうち信託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」といいます。)との合計
             額は、諸経費、その他諸費用および当該諸費用に係る消費税等相当額、信託報酬および当該
             信託報酬に係る消費税等相当額を控除した後、その残額を受益者に分配することができま
             す。なお、次期以降の分配にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てること
             ができます。
           (b)  売買損益に評価損益を加減して得た額からみなし配当等収益を控除して得た利益金額(以下
             「売買益」といいます。)は、諸経費、その他諸費用および当該諸費用に係る消費税等相当
             額、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等相当額を控除し、繰越欠損金のあるとき
             は、その全額を売買益をもって補填した後、受益者に分配することができます。なお、次期
             以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
        2)毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
       ③ 収益分配金の交付

         「一般コース」の収益分配金は、税金を差し引いた後、原則として決算日から起算して5営業日まで
         に販売会社で支払いを開始します。受益者が支払い開始日から5年間支払の請求を行わない場合はそ
         の権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
         「自動けいぞく投資コース」の収益分配金は、原則として販売会社が税金を差し引いた後、受益者
         に代わって決算日の基準価額で再投資します。なお、収益分配金の再投資については、無手数料で
         これを行います。
          㭓칶쩒ڑ䶑터漰Ŭ穻靥欰䨰䐰晣⽦ェ徕ꉻ䤰湣⽦sꝼ㼰殊ᢏर縰弰澊ᢓ㈰唰谰昰䐰譓흶쪀                                                  ( 当該
           収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。
           また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社
           の名義で記載または記録されている受益権については原則として購入申込者とします                                              。) にお支払
           いします     。「 自動けいぞく投資コース             」 の場合、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載
           または記録されます。
     <収益分配金に関する留意事項>

                                 15/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】


















       ① 当ファンドの約款に定める投資制限は以下のとおりです。
                                 16/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        1)株式への投資は、転換社債の転換および転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使等によ
           り取得したものに限るものとし、株式への実質投資割合は信託財産の純資産総額の10%以内とし
           ます。
        2)外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
        3)投資する株式等の範囲
           (a)  委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所
             に上場されている株式の発行会社の発行するもの、取引所に準ずる市場において取引されて
             いる株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により
             取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありませ
             ん。
           (b)  前記(a)にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証
             券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社
             が投資することを指図することができるものとします。
        4)同一銘柄の株式等への投資制限
           (a)  委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額とマザーファンドの信託財産に属
             する当該同一銘柄の株式の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信
             託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図を行いません。
           (b)  委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債の
             時価総額とマザーファンドの信託財産に属する当該転換社債ならびに転換社債型新株予約権
             付社債の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総
             額の100分の10を超えることとなる投資の指図を行いません。
           (c)  前記(a)および(b)までにおいて信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマ
             ザーファンドの受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該
             資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。(後記5)および13)の(b)において同
             じ。)
        5)投資信託証券への投資制限
           委託会社は、信託財産に属する投資信託証券                        ( マザーファンドの受益証券を除きます                     。) の時価総額
           とマザーファンドの信託財産に属する投資信託証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなし
           た額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしませ
           ん。
        6)先物取引等の運用指図
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。)、有価
             証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。)およ
             び有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいま
             す。)ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をするこ
             とができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします(以下同
             じ。)。
           (b)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             通貨に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所における通貨に係る先物取
             引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
           (c)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類
             似の取引を行うことの指図をすることができます。
        7)スワップ取引の運用指図
                                 17/82



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった
             受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「ス
             ワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
           (b)  スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間(信託契約
             締結日から、信託終了日または信託契約解約の日までをいいます。以下同じ。)を超えない
             ものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについては、こ
             の限りではありません。
           (c)  スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評
             価するものとします。
           (d)  委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
             は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        8)金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の運用指図
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引、為替先渡
             取引および直物為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
           (b)  金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済
             日が原則として信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全
             部解約が可能なものについては、この限りではありません。
           (c)  金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市
             場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するものとします。
           (d)  委託会社は、金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引を行うにあたり担保の提
             供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとし
             ます。
            㭒䶊   「 金利先渡取引       」 は、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日                            ( 以下  「 決済日    」 といい
             ます  。) における決済日から一定の期間を経過した日                        ( 以下  「 満期日    」 といいます      。) までの期間に
             係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金銭の貸借契約に
             基づく債権の利率          ( 以下  「 指標利率     」 といいます      。) の数値を取り決め、その取決めに係る数値と
             決済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定めた金額および
             当事者間で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利率の現実
             の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
            㭒䶊   「 為替先渡取引       」 は、当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期間に係る
             為替スワップ取引          ( 同一の相手方との間で直物外国為替取引および当該直物外国為替取引と反
             対売買の関係に立つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます                                       。) のスワップ幅       ( 当該
             直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に係る外国為替相場との差を
             示す数値をいいます           。) を取り決め、その取決めに係るスワップ幅から決済日における当該為
             替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を乗
             じた額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭ま
             たはその取決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワッ
             プ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた金額とあらかじめ元本とし
             て定めた金額について決済日を受渡日として行った先物外国為替取引を決済日における直物
             外国為替取引で反対売買したときの差金に係る決済日から満期日までの利息とを合算した額
             を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を
             約する取引をいいます。
            㭒䶊   「 直物為替先渡取引          」 は、当事者間において、あらかじめ元本として定めた金額について
             決済日を受渡日として行った先物外国為替取引を決済日における直物外国為替取引で反対売
             買したときの差金の授受を約する取引その他これに類似する取引をいいます。
        9)デリバティブ取引等に係る投資制限
                                 18/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           委託会社は、デリバティブ取引等                  ( 新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書
           に係る取引および選択権付債券売買を含みま                        す。)   について、一般社団法人投資信託協会規則に定
           める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図を
           し ません。
        10)有価証券の貸付の指図および範囲
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を
             次のイ.およびロ.の範囲内で貸付の指図をすることができます。
             イ.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式
               の時価合計額を超えないものとします。
             ロ.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保
               有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
           (b)  前記(a)のイ.およびロ.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やか
             に、その超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
           (c)  委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うも
             のとします。
        11)公社債の空売り
           委託会社は、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社債を売付けることの指図をす
           ることができないものとします。
        12)公社債の借入れ
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることがで
             きます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保
             の提供の指図を行うものとします。
           (b)  前記(a)の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とし
             ます。
           (c)  信託財産の一部解約等の事由により、前記(b)の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の
             純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する
             借入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
           (d)  前記(a)の借入れに係る品借料は信託財産から支払います。
        13)外国為替予約の指図および範囲
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をす
             ることができます。
           (b)  前記(a)の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差
             額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財
             産に属する外貨建資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属
             するとみなした額を含みます。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指
             図については、この限りではありません。
           (c)  前記(b)の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額
             に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものと
             します。
        14)一部解約の請求および有価証券の売却等の指図
           委託会社は、信託財産に属するマザーファンドの受益証券に係る信託契約の一部解約の請求およ
           び信託財産に属する有価証券の売却等の指図ができます。
        15)再投資の指図
           委託会社は、前記14)の規定による一部解約の代金、売却代金、有価証券に係る償還金等、株式
           の清算分配金、有価証券等に係る利子等、株式の配当金およびその他の収入金を再投資すること
           の指図ができます。
        16)資金の借入れ
                                 19/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴う支
             払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
             す。)    を目的として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資
             金の借入れ(コール市場を通じる場合も含みます。)の指図をすることができます。なお、
             当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
           (b)  一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金の支払開始日から
             信託財産で保有する有価証券等の売却代金の入金日までの間、または受益者への解約代金の
             支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金の入金日までの間、もしくは受益
             者への解約代金の支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期
             間が5営業日以内である場合の当該期間とします。資金借入額は、有価証券等の売却代金、
             解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入指図を行う
             日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
           (c)  収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支払われる日からその翌
             営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
           (d)  借入金の利息は信託財産から支払います。
        17)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
           外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
           場合には、制約されることがあります。
       ② 「 投資信託及び投資法人に関する法律                   」 および関係法令に基づく投資制限は以下のとおりです。

        1)同一の法人の発行する株式への投資制限                        ( 投資信託及び投資法人に関する法律                   )
           委託会社は、同一の法人の発行する株式について、運用の指図を行うすべての委託者指図型投資
           信託につき、信託財産として有する当該株式の議決権数(株主総会において決議をすることがで
           きる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、会社法第
           879条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含みます。)
           が、当該株式の議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合において、信託
           財産をもって当該株式を取得することを受託会社に指図しないものとします。
        2)デリバティブ取引に係る投資制限                    ( 金融商品取引業等に関する内閣府令                   )
           委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にか
           かる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合
           理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリ
           バティブ取引を行うまたは継続することを受託会社に指図しないものとします。
     (参考)マザーファンド             (HSBC     インドネシア債券マザーファンド                  ) の投資方針

     (1)運用の基本方針

       ① 基本方針
         信託財産の中長期的な成長を図ることを目標として運用を行います。
       ② 投資態度
        1)主としてインドネシアの政府、政府機関もしくは企業等の発行する現地通貨建債券に投資するこ
           とにより、安定したインカムゲインの確保とともに、信託財産の中長期的な成長を目指します。
           また、現地通貨建以外の債券等にも投資を行うことがあります。
        2)外貨建資産については、原則として円に対する為替ヘッジを行いません。
        3)デリバティブ取引は、ヘッジ目的で行うことを基本とします。
        4)運用委託契約に基づいて                HSBC    グローバル・アセット・マネジメント                     ( 香港  ) リミテッドに運用の
           指図に関する権限を委託します。
        5)償還準備に入った場合、市況動向、大量の追加設定または解約によるファンドの資金事情等に
           よっては、上記の運用が行われないことがあります。
                                 20/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)投資対象
       ① 投資対象とする資産の種類
        1)次に掲げる特定資産
           (a)有価証券
           (b)デリバティブ取引に係る権利
           (c)金銭債権
           (d)約束手形
        2)特定資産以外の資産で、次に掲げる資産
           (a)為替手形
       ② 投資対象とする有価証券の指図範囲等
         委託会社     ( 運用についての投資に関する権限の委託を受けた投資顧問会社を含みます                                         。) は、信託金
         を、主として次の有価証券               ( 金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号
         に掲げる権利を除きます             。) に投資することを指図します。
        1)転換社債の転換、転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使、社債権者割当または株主割
           当により取得した株券または新株引受権証書
        2)国債証券
        3)地方債証券
        4)特別の法律により法人の発行する債券
        5)社債券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を除きます。)
        6)特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
        7)コマーシャル・ペーパー
        8)外国または外国の者の発行する証券または証書で、前記1)から7)までの証券または証書の性
           質を有するもの
        9)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
           ます。)
        10)投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定める
           ものをいいます。)
        11)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        12)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
           有価証券に係るものに限ります。)
        13)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        14)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        15)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
           券に限ります。)
        16)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        17)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
           証券に表示されるべきもの
        18)外国の者に対する権利で前記17)の有価証券の性質を有するもの
         なお、1)の証券または証書、8)および13)の証券または証書のうち1)の証券または証書の性
         質を有するものを「株式」といい、2)から6)までの証券ならびに8)および13)の証券または
         証書のうち2)から6)までの証券の性質を有するものを「公社債」といい、9)および10)の証
         券(投資法人債券(外国投資証券で投資法人債券に類するものを含みます。)を除きます。)を
         「投資信託証券」といいます。
       ③ 投資対象とする金融商品の運用指図
         前記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品                             ( 金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
         証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます                            。) により運用することの指図ができます。
        1)預金
                                 21/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        5)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6)外国の者に対する権利で前記5)の権利の性質を有するもの
         設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託
         会社は、信託金を前記1)から4)までに掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
     (3)主な投資制限

        1)株式への投資は、転換社債の転換および転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使等によ
           り取得したものに限るものとし、株式への投資割合は信託財産の純資産総額の10%以内としま
           す。
        2)外貨建資産への投資には制限を設けません。
        3)同一銘柄の株式等への投資制限
           (a)  委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額が、信託財産の純資産総額の100分
             の5を超えることとなる投資の指図を行いません。
           (b)  委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債の
             時価総額が、信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図を行いませ
             ん。
        4)投資信託証券への投資は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        5)公社債の空売りは行わないものとします。
        6)先物取引等の運用指図
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引および有価証券オプション取引ならびに外国の
             取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、
             選択権取引は、オプション取引に含めるものとします(以下同じ。)。
           (b)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             通貨に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所における通貨に係る先物取
             引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
           (c)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所における
             金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類
             似の取引を行うことの指図をすることができます。
        7)スワップ取引の運用指図
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、スワップ取引を行うこと
             の指図をすることができます。
           (b)  スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えない
             ものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの
             限りではありません。
           (c)  スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評
             価するものとします。
           (d)  委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
             は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        8)金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の運用指図
           (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引、為替先渡
             取引および直物為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
           (b)  金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済
             日が原則として信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全
             部解約が可能なものについては、この限りではありません。
                                 22/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           (c)  金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市
             場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するものとします。
           (d)  委託会社は、金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引を行うにあたり担保の提
             供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとし
             ます。
        9)デリバティブ取引等に係る投資制限
           委託会社は、デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方
           法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
        10)特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
           外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
           場合には、制約されることがあります。
        11)公社債の借入れ
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることがで
             きます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保
             の提供の指図を行うものとします。
           (b)  前記(a)の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とし
             ます。
           (c)  信託財産の一部解約等の事由により、前記(b)の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の
             純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する
             借入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
           (d)  前記(a)の借入れに係る品借料は信託財産から支払います。
        12)外国為替予約の指図および範囲
           (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をす
             ることができます。
           (b)  前記(a)の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差
             額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財
             産に属する外貨建資産について、為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図
             については、この限りではありません。
           (c)  前記(b)の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額
             に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものと
             します。
     3【投資リスク】

     (1)ファンドのリスク
        投資信託は元本保証のない金融商品です。また、投資信託は預貯金とは異なることにご注意ください。
        当ファンドは、主に値動きのある外国の有価証券を実質的な投資対象としますので、組入有価証券の価
        格変動あるいは外国為替の相場変動次第では、当ファンドの基準価額が下落し、投資者の皆さまの投資
        元本を割り込むことがあります。当ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。
        ご購入に際しては、当ファンドの内容およびリスクを十分ご理解のうえご検討いただきますようお願い
        いたします。
        当ファンド      ( マザーファンドを含みます              。) の主なリスクおよび留意点は以下のとおりです。
       ① 基準価額の変動リスク

        1)金利変動リスク
           債券価格は、市場金利の変動等の影響を受けます。一般的に、金利が低下すると債券価格は上昇
           します。逆に金利が上昇すると債券価格は下落し、基準価額が下落する要因となります。なお、
           その価格変動は、債券の種類、償還までの残存期間、発行条件等により異なります。
        2)信用リスク
                                 23/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           債券価格は、発行体の信用力の影響を受けます。債券等への投資を行う場合には、発行体のデ
           フォルト     ( 債務不履行      ) により投資資金が回収できなくなることや支払遅延等が発生する場合があ
           り ます。また、短期金融商品についても、債務不履行が発生した場合または予測される場合には
           価格が下落し、基準価額が下落する要因となります。
        3)為替変動リスク
           外貨建資産の円換算価値は、当該外貨の円に対する為替レートの変動の影響を受けます。為替
           レートは、各国の金利変動、政治・経済情勢、為替市場の需給、その他の要因により大幅に変動
           することがあります。組入外貨建資産について、当該外貨の為替レートが円高方向に進んだ場合
           には、基準価額が下落する要因となります。
        4)流動性リスク
           急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に急
           激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買
           できないことがあります。このような場合には、当該有価証券等の価格の下落により、基準価額
           が影響を受けることがあります。
        5)カントリーリスク
           投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または資
           本取引、外貨取引等に関する規制の変更や新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想以
           上に下落したり、投資方針に沿った運用が困難になることがあります。
           新興国市場は、一般的に先進諸国の市場に比べ、市場規模が小さいことなどから、上記の各リス
           クが大きくなる傾向があります。また、企業情報の開示制度や決済制度などのインフラストラク
           チャーが未発達なことなどから、正確な情報に基づいた投資判断ができない可能性もあります。
           これにより当ファンドの基準価額が影響を受け、損失を被ることがあります。
        6)投資対象国における税制変更にかかるリスク
           インドネシアの税制にしたがい、保有有価証券のインカム・ゲインとキャピタル・ゲインに対し
           て課税されます。税制が変更された場合等には、基準価額が影響を受ける可能性があります。
        7)換金資金の流出に伴うリスク
           短期間に大量の換金申込があった場合には、換金資金を手当てするため組入有価証券を市場実勢
           より大幅に安い価格で売却せざるを得ない場合または売却できない場合があります。
       ② デリバティブ取引のリスク

         当ファンドはデリバティブ取引を行うことがあります。デリバティブ取引には、ヘッジする商品と
         ヘッジされるべき資産との間に相関性を欠いてしまう可能性、流動性を欠く可能性、証拠金を積む
         ことによるリスクなど様々なリスクが伴います。デリバティブ取引は、信託財産に属する資産の価
         格変動リスクを回避する目的のみならず、効率的な運用に資する目的でも用いられることもありま
         すが、実際の価格変動が委託会社の見通しと異なった場合に当ファンドが損失を被るリスクを伴い
         ます。
       ③ その他の留意点

        1)ファンドの購入の申込みに関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(クーリング・オフ)の適
           用はありません。
        2)ファンドは預金または保険契約ではなく、預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象
           ではありません。また、登録金融機関で購入の投資信託は、投資者保護基金の対象ではありませ
           ん。
        3)法令・税制・会計方法は、今後変更される可能性があります。
        4)収益分配金、換金代金および償還金の支払いはすべて販売会社を通じて行われます。委託会社
           は、それぞれの場合においてその金額を販売会社に対して支払った後は、受益者への支払いにつ
           いての責任を負いません。
                                 24/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用を善良なる管理者の注意をもっ
           て行う責任を負担し、販売会社は販売(購入代金の預り等を含みます。)について、それぞれ責
           任を負担しており、互いに他について責任を負担しません。
        5)当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、他のベビーファンドが当
           ファンドの投資対象であるマザーファンドに投資する場合、他のベビーファンドにおける資金変
           動等が当ファンドの基準価額に影響を及ぼすことがあります。
        6)当ファンドは、直物為替先渡                  (NDF)    取引を用いる場合があります。NDFは金利、為替相場等の
           変動に対して価格が変動します。
     (参考情報)

                                 25/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)運用リスクに対する管理体制


















                                 26/82



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        運用リスクの管理は、チーフ・インベストメント・オフィサー、コンプライアンス・オフィサー、運






        用モニタリングマネジャー、運用から独立したリスク管理担当部署による複眼的な管理体制を採って
        おります。リスク管理の状況は、定期的に開催されるリスク管理委員会                                       ( 運用拠点により呼称が変わる
        ことがあります        。) において報告・審議され、組織的な対応が行われています。
        ・チーフ・インベストメント・オフィサーは、運用プロセスのモニタリングやパフォーマンスの評価
         を行います。
        ・コンプライアンス・オフィサーは、法令・諸規則等に基づいた遵守状況のモニタリングを行いま
         す。
        ・運用モニタリングマネジャーは、投資ガイドラインの遵守状況をモニタリングしており、必要に応
         じて運用部門に対し改善を求めます。改善の要求と結果はコンプライアンス・オフィサー、リスク
         管理担当部署にも報告されます。
        ・リスク管理担当部署は、上記のモニタリング結果を含め、運用に係わるリスク全般をモニタリング
         しています。運用部門と密接にコミュニケーションを取りつつも業務は完全に独立して行い、リス
         ク管理の状況をチーフ・インベストメント・オフィサーや定期的に開催されるリスク管理委員会等
         へ報告しています。
        その他    、HSBC     グループの監査部門による内部監査、外部監査法人による会計監査も行われておりま

        す。
        以上のとおり、社内外の牽制により、各部門が法令・諸規則およびガイドラインに則って運営されて
        いるかどうかについてチェックされ、業務方法及び管理体制、運営全般についての精査が行われてい
        ます。
        㮐䭵⠰뤰꼰湻ꅴذ欰搰䐰昰                、HSBC    グローバル・アセット・マネジメントの代表的な管理方法につい

        て記載しております。なお、この体制は本書提出日現在のものであり、今後変更になる可能性があり
        ます。
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】
        購入時手数料は、購入金額               ( 購入価額に購入口数を乗じて得た額                    ) に、3.24%      ( 税抜3.00%      ) を上限とし
        て販売会社が個別に定める手数料率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消費税等相当額が加
        算されます。
        当該費用を対価とする役務の内容は、投資者への商品内容の説明ならびに購入手続き等です。
        お申込みには、分配金の受取方法により                      「 一般コース      」 と 「 自動けいぞく投資コース             」 があり、「自動け
        いぞく投資コース          」 の分配金は、無手数料で再投資されます。
        購入代金の支払方法および時期、手数料率、取扱いコースにつきましては、販売会社へお問い合わせ
        ください。
                                 27/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【換金(解約)手数料】

       ① 換金手数料
         ありません。
       ② 信託財産留保額
         換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.30%の率を乗じて得た額
         (換金される投資者に換金で生じるコストを一部負担していただくものです                                         。)
     (3)【信託報酬等】

       ① 運用管理費用          ( 信託報酬     ) の総額
         信託報酬の総額は、当ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.674%(税抜
         年1.55%     ) の率を乗じて得た金額を費用として計上します。
       ② 信託報酬の支払い
         上記①の信託報酬          ( 信託報酬に係る消費税等相当額を含みます                       。) は、毎計算期末または信託終了のと
         き信託財産から支払うものとします。信託報酬の実質的な配分                                  ( 税抜  ) は次のとおりです。
             委託会社             販売会社             受託会社              計
             年0.80%             年0.70%             年0.05%             年1.55%

          㭙풊ᝏ᩹㸰湘㆑氰欰            、HSBC     グローバル・アセット・マネジメント                     ( 香港  ) リミテッドへのマザー

           ファンドの運用委託契約に基づく投資顧問報酬が含まれています。
         当該費用を対価とする役務の内容は、次のとおりです。
         (委託会社)ファンドの運用等の対価
         (販売会社)分配金・換金代金の支払い、運用報告書等の送付、口座内でのファンドの管理等の対
                価
         (受託会社)運用財産の管理、委託会社からの運用指図の実行等の対価
     (4)【その他の手数料等】

        当ファンドから支払われる費用には以下のものがあります。ただし、これらに限定されるものではあ
        りません。当該費用の上限額については、運用状況等により変動するため、表記できません。
       ① 有価証券売買委託手数料、先物取引やオプション取引等に要する費用
       ② 保管銀行等に支払う外貨建資産の保管費用
       ③ 借入金の利息、融資枠の設定に要する費用
       ④ 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する費用ならびに受託会社の立替えた立替金の利息
       ⑤ その他諸費用
        1)投資信託振替制度に係る手数料および費用
        2)印刷業者等に支払う以下の費用
          ・有価証券届出書、有価証券報告書、臨時報告書の作成および提出に係る費用
          ・目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
          ・運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用
        3)当ファンドの監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
        4)その他、当ファンドの受益者に対してする公告に係る費用、投資信託約款の作成および届出、投資信託
          約款の変更または信託契約の解約に係る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用など
        委託会社は、前記⑤記載のその他諸費用の支払いを信託財産のために行い、支払金額の支払いを信託

        財産から受けることができます。この場合、委託会社は、現に信託財産のために支払った金額を受け
        る際、あらかじめ、受領する金額に上限を付することができます。また、委託会社は実際に支払う金
        額を受けるにあたり、かかる諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もったうえで、実際の費用額に
        かかわらず固定率または固定金額にて信託財産からその支払いを受けることもできます。その他諸費
                                 28/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        用の上限、固定率または固定金額を定める場合、委託会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の
        設定時または期中に、上限、固定率または固定金額を合理的に計算された範囲内で変更することがで
        き ます。固定率または固定金額を定める場合、かかる諸費用の額は、計算期間を通じて毎日、信託財
        産に計上され、毎年2月および8月に到来する計算期末または信託終了のとき当該諸費用に係る消費税
        等相当額とともに信託財産から支払います。
        委託会社は、その他諸費用の合計額をあらかじめ合理的に見積もった結果、信託財産の純資産総額に

        年率0.20%を乗じて得た額をかかる諸費用の合計額とみなして、信託財産から支払いを受けるものと
        します。委託会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の設定時または期中に、随時かかるその他
        諸費用の年率を見直し、年率0.20%を上限としてこれを変更することができます。
        なお、前記①~⑤に記載する費用等は、マザーファンドに関連して生じた諸費用のうちマザーファン

        ドにおいて負担せず、かつ、委託会社の合理的判断によりこの信託に関連して生じたと認めるものを
        含みます。
        

        表記できません。
     (5)【課税上の取扱い】

        日本の居住者である受益者に対する課税については、次のような取扱いになります。
        なお、課税上は株式投資信託として取り扱われます。
       ① 個別元本について

        1)追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(購入時手数料および当該手
           数料に係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        2)受益者が同一ファンドの受益権を複数回購入した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
           う都度、当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
        3)ただし、同一ファンドを複数の販売会社で購入する場合については販売会社毎に、個別元本の算
           出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを購入する場合は当
           該支店等毎に、「一般コース」と「自動けいぞく投資コース」の両コースで購入する場合はコー
           ス毎に、個別元本の算出が行われる場合があります。
        4)受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当
           該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
           (「元本払戻金(特別分配金)」については、後記「②収益分配金について」をご参照くださ
           い。)
       ② 収益分配金について

         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる                              「 普通分配金      」 と、非課税扱いになる            「 元本払
         戻金  ( 特別分配金      )」(  受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分                        ) の区分があります。
         受益者が収益分配金を受け取る際、a)当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と
         同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分
         配金となり、b)当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合に
         は、その下回る部分の額が元本払戻金                     ( 特別分配金      ) となり、当該収益分配金から当該元本払戻金                        ( 特
         別分配金     ) を控除した額が普通分配金となります。
       ③ 個人、法人別の課税の取扱いについて

        ≪個人の受益者に対する課税≫
                                 29/82



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                               *
        1)収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は、平成49年12月31日まで20.315%(所得税
           15.315%および地方税5%)の税率で源泉徴収(申告不要)されます。なお、確定申告を行い、総
           合課税(配当控除は適用されません。)または申告分離課税を選択することもできます。
        2)換金時および償還時の差益(換金価額および償還価額から購入費(購入時手数料および当該手数
           料に係る消費税等相当額を含みます。)を控除した利益)が譲渡所得とみなされて課税され、申
           告分離課税が適用されます(特定口座(源泉徴収選択口座)の利用も可能です。)。その場合、
                                *
           平成49年12月31日まで20.315%(所得税                      15.315%および地方税5%)の税率となります。
        3)換金時および償還時の差損                 ( 譲渡損失     ) については、確定申告することにより、他の上場株式等                              ( 上
           場株式、上場投資信託            (ETF)、     上場不動産投資信託           (REIT)、     公募株式投資信託など            ) の譲渡益およ
           び申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得ならびに特定公社債等                                       ( 公募公社債投資信託を含
           みます    。) の利子所得、譲渡所得等と損益通算することができます。
           特定口座にかかる課税上の取扱いにつきましては、販売会社にお問い合わせください。
         ; 少額投資非課税制度           ( 愛称:    「NISA(    ニーサ    )」)、   未成年者少額投資非課税制度                ( 愛称:    「 ジュニア     NI

           SA(  ニーサ    )」)  をご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから
           生じる配当所得・譲渡所得が一定期間非課税となります。なお、他の口座で生じた配当所得・譲
           渡所得との損益通算はできません。販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当す
           る方が対象となります。
          詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ≪法人の受益者に対する課税≫

         法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金時および
                                                   *
         償還時の個別元本超過額については、平成49年12月31日まで15.315%                                     ( 所得税    のみ  ) の税率で源泉徴
         収され、法人の受取額となります。
         当ファンドは、益金不算入制度は適用されません。
        * 所得税については、平成49年12月31日まで基準所得税額に対して2.1%の税率で復興特別所得税が付

         加されます。
      (注)上記の内容は平成28年8月末現在のものであり、税法等が改正された場合には変更になることがあり

         ます。税金の取扱いの詳細については、税務の専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 30/82








                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
      以下は2016年8月末現在の運用状況です。
      また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     (1)【投資状況】

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
     親投資信託受益証券                       日本                53,977,675,164             100.11
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                △57,733,122            △0.11
                 合計(純資産総額)                           53,919,942,042             100.00
     (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
     イ.評価額上位銘柄明細
                                 帳簿価額      帳簿価額      評価額      評価額      投資
                           数量又は
     順  国/
           種類        銘柄名                単価      金額      単価      金額      比率
     位  地域
                           額面総額
                                  (円)      (円)      (円)      (円)      (%)
     1 日本   親投資信託     HSBC    インドネシア
                          41,016,470,490         1.3243    54,322,101,900        1.3160    53,977,675,164       100.11
          受益証券     債券マザーファンド
      ロ.種類別投資比率

               種類                   投資比率(%)
           親投資信託受益証券                                  100.11
               合計                               100.11
      ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。
     (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
      2016年8月末および同日前1年以内における各月末ならびに特定期間末の純資産の推移は次のとおりです。
                              純資産総額(円)               1口当たり純資産額(円)
              期別
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
      第1特定期間末          (2011年    2月  7日)
                           4,310,384,311         4,338,360,610            0.9244         0.9304
      第2特定期間末          (2011年    8月  8日)
                           5,006,799,414         5,040,479,819            1.0406         1.0476
      第3特定期間末          (2012年    2月  7日)
                           10,587,525,757         10,656,167,182             1.0797         1.0867
      第4特定期間末          (2012年    8月  7日)
                           21,895,696,745         22,048,953,930             1.0001         1.0071
      第5特定期間末          (2013年    2月  7日)
                           23,850,485,055         23,994,747,381             1.1573         1.1643
      第6特定期間末          (2013年    8月  7日)
                           37,801,775,303         38,197,103,749             0.9562         0.9662
      第7特定期間末          (2014年    2月  7日)
                           38,074,740,867         38,592,193,058             0.7358         0.7458
      第8特定期間末          (2014年    8月  7日)
                           59,872,158,946         60,657,613,499             0.7623         0.7723
      第9特定期間末          (2015年    2月  9日)
                           86,869,556,643         87,880,923,787             0.8589         0.8689
                                 31/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第10特定期間末          (2015年    8月  7日)    83,333,510,479         84,479,922,050             0.7269         0.7369
      第11特定期間末          (2016年    2月  8日)
                           64,963,816,357         65,974,475,222             0.6428         0.6528
      第12特定期間末          (2016年    8月  8日)
                           55,241,806,803         55,844,705,534             0.5956         0.6021
                 2015年    8月末
                           75,489,693,850               ―      0.6694           ―
                     9月末
                           65,830,420,083               ―      0.5962           ―
                    10月末          72,758,156,057               ―      0.6725           ―
                    11月末          71,133,624,110               ―      0.6733           ―
                    12月末          66,283,285,846               ―      0.6489           ―
                 2016年    1月末
                           65,337,807,942               ―      0.6442           ―
                     2月末
                           62,993,828,499               ―      0.6283           ―
                     3月末
                           63,906,496,190               ―      0.6409           ―
                     4月末
                           62,816,584,990               ―      0.6322           ―
                     5月末
                           58,647,088,675               ―      0.6038           ―
                     6月末
                           56,309,717,076               ―      0.5935           ―
                     7月末
                           57,025,404,459               ―      0.6132           ―
                     8月末
                           53,919,942,042               ―      0.5907           ―
     (注)分配付の金額は、特定期間末の金額に当該特定期間末の分配金を加算した金額です。

      ②【分配の推移】

        期            計算期間            1口当たりの分配金(円)
      第1特定期間         2010年    8月26日~2011年        2月  7日            0.0240
      第2特定期間         2011年    2月  8日~2011年      8月  8日            0.0410
      第3特定期間         2011年    8月  9日~2012年      2月  7日            0.0420
      第4特定期間         2012年    2月  8日~2012年      8月  7日            0.0420
      第5特定期間         2012年    8月  8日~2013年      2月  7日            0.0420
      第6特定期間         2013年    2月  8日~2013年      8月  7日            0.0600
      第7特定期間         2013年    8月  8日~2014年      2月  7日            0.0600
      第8特定期間         2014年    2月  8日~2014年      8月  7日            0.0600
      第9特定期間         2014年    8月  8日~2015年      2月  9日            0.0600
      第10特定期間         2015年    2月10日~2015年        8月  7日            0.0600
      第11特定期間         2015年    8月  8日~2016年      2月  8日            0.0600
      第12特定期間         2016年    2月  9日~2016年      8月  8日            0.0460
      ③【収益率の推移】

         期            計算期間              収益率(%)
      第1特定期間         2010年    8月26日~2011年        2月  7日             △5.2
      第2特定期間         2011年    2月  8日~2011年      8月  8日             17.0
      第3特定期間         2011年    8月  9日~2012年      2月  7日              7.8
      第4特定期間         2012年    2月  8日~2012年      8月  7日             △3.5
      第5特定期間         2012年    8月  8日~2013年      2月  7日             19.9
                                 32/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第6特定期間         2013年    2月  8日~2013年      8月  7日            △12.2
      第7特定期間         2013年    8月  8日~2014年      2月  7日            △16.8
      第8特定期間         2014年    2月  8日~2014年      8月  7日             11.8
      第9特定期間         2014年    8月  8日~2015年      2月  9日             20.5
      第10特定期間         2015年    2月10日~2015年        8月  7日             △8.4
      第11特定期間         2015年    8月  8日~2016年      2月  8日             △3.3
      第12特定期間         2016年    2月  9日~2016年      8月  8日             △0.2
     (注)各特定期間の収益率は、特定期間末の基準価額(分配落ち)に当該特定期間の分配金を加
       算し、当該特定期間の直前の特定期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」
       といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じた数です。
     (4)【設定及び解約の実績】

         期            計算期間            設定口数    ( 口 )   解約口数    ( 口 )  発行済み口数      ( 口 )
      第1特定期間         2010年    8月26日~2011年        2月  7日    4,794,923,085          132,206,556         4,662,716,529
      第2特定期間         2011年    2月  8日~2011年      8月  8日    1,925,684,341         1,776,914,422          4,811,486,448
      第3特定期間         2011年    8月  9日~2012年      2月  7日    7,738,085,336         2,743,653,835          9,805,917,949
      第4特定期間         2012年    2月  8日~2012年      8月  7日    17,221,898,038         5,133,932,347         21,893,883,640
      第5特定期間         2012年    8月  8日~2013年      2月  7日    14,012,775,846         15,297,755,747          20,608,903,739
      第6特定期間         2013年    2月  8日~2013年      8月  7日    31,148,903,952         12,224,963,010          39,532,844,681
      第7特定期間         2013年    8月  8日~2014年      2月  7日    25,037,344,222         12,824,969,798          51,745,219,105
      第8特定期間         2014年    2月  8日~2014年      8月  7日    45,108,538,606         18,308,302,380          78,545,455,331
      第9特定期間         2014年    8月  8日~2015年      2月  9日    56,806,899,053         34,215,639,891         101,136,714,493
      第10特定期間         2015年    2月10日~2015年        8月  7日    34,182,454,807         20,678,012,104         114,641,157,196
      第11特定期間         2015年    8月  8日~2016年      2月  8日    8,230,134,707        21,805,405,310         101,065,886,593
      第12特定期間         2016年    2月  9日~2016年      8月  8日    6,747,799,277        15,060,034,880          92,753,650,990
     (注)第1特定期間の設定口数には当初申込期間中の設定口数を含みます。
     (参考)     HSBC    インドネシア債券マザーファンド

     投資状況
             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
     国債証券                       インドネシア                52,716,374,939              97.66
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                       ―                1,262,316,306              2.34
                 合計(純資産総額)                           53,978,691,245             100.00
     その他の資産の投資状況

        資産の種類         建別        国/地域            時価合計(円)             投資比率(%)
     為替予約取引            売建    ―                     103,170,000                △0.19
     (注)為替予約取引は、わが国における対顧客先物相場の仲値で評価しています。
     投資資産

     投資有価証券の主要銘柄
     イ.評価額上位銘柄明細
                                 33/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            帳簿価額     帳簿価額     評価額     評価額              投資
                     数量又は                            利率
     順  国/
          種類    銘柄名              単価     金額     単価     金額        償還期限     比率
     位  地域
                     額面総額                            (%)
                             (円)     (円)     (円)     (円)             (%)
       インド   国債  INDOGB   9%
     1              1,000,799,000,000          0.89  8,942,351,234        0.88  8,825,726,125         9  2029/3/15     16.35
       ネシア   証券
             03/15/2029
       インド   国債  INDOGB   8.375%
     2               900,000,000,000         0.85  7,659,592,200        0.83  7,545,727,800       8.375   2024/3/15     13.98
       ネシア   証券
             03/15/2024
       インド   国債  INDOGB   8.375%
     3               460,000,000,000         0.85  3,949,168,080        0.84  3,891,724,200       8.375   2034/3/15     7.21
       ネシア   証券
             03/15/2034
       インド   国債  INDOGB   5.625%
     ▶               401,420,000,000         0.72  2,928,464,072        0.72  2,902,977,113       5.625   2023/5/15     5.38
       ネシア   証券
             05/15/2023
       インド   国債  INDOGB   8.25%
     5               315,399,000,000         0.84  2,679,505,006        0.83  2,639,454,379       8.25   2032/6/15     4.89
       ネシア   証券
             06/15/2032
       インド   国債  INDOGB   11.5%
     6               288,500,000,000         0.88  2,556,340,800        0.88  2,547,992,187       11.5   2019/9/15     4.72
       ネシア   証券
             09/15/2019
       インド   国債  INDOGB   8.25%
     7               270,000,000,000         0.83  2,246,259,600        0.82  2,232,570,600       8.25   2021/7/15     4.14
       ネシア   証券
             07/15/2021
       インド   国債  INDOGB   11%
     8               205,000,000,000         0.99  2,030,538,120        0.97  2,000,604,840        11  2025/9/15     3.71
       ネシア   証券
             09/15/2025
       インド   国債  INDOGB   6.625%
     9               265,000,000,000         0.72  1,933,223,760        0.71  1,904,037,720       6.625   2033/5/15     3.53
       ネシア   証券
             05/15/2033
       インド   国債  INDOGB   11%
     10                206,697,000,000         0.90  1,867,018,350        0.89  1,859,634,306        11  2020/11/15      3.45
       ネシア   証券
             11/15/2020
       インド   国債  INDOGB   12.9%
     11                175,220,000,000         1.00  1,763,774,332        0.99  1,749,683,490       12.9   2022/6/15     3.24
       ネシア   証券
             06/15/2022
       インド   国債  INDOGB   12.8%
     12                172,600,000,000         0.97  1,681,651,810        0.96  1,670,989,273       12.8   2021/6/15     3.10
       ネシア   証券
             06/15/2021
       インド   国債  INDOGB   10.5%
     13                147,823,000,000         1.00  1,479,001,045        0.98  1,454,326,430       10.5   2030/8/15     2.69
       ネシア   証券
             08/15/2030
       インド   国債  INDOGB   12%
     14                135,406,000,000         1.06  1,436,059,436        1.04  1,411,376,818        12  2026/9/15     2.61
       ネシア   証券
             09/15/2026
       インド   国債  INDOGB   11.75%
     15                122,882,000,000         0.98  1,213,952,752        0.97  1,201,291,237       11.75   2023/8/15     2.23
       ネシア   証券
             08/15/2023
       インド   国債  INDOGB   10.25%
     16                125,741,000,000         0.96  1,213,773,849        0.95  1,198,718,879       10.25   2027/7/15     2.22
       ネシア   証券
             07/15/2027
       インド   国債  INDOGB   7%
     17                150,000,000,000         0.77  1,166,946,300        0.76  1,153,362,600         7  2027/5/15     2.14
       ネシア   証券
             05/15/2027
       インド   国債  INDOGB   9.5%
     18                123,550,000,000         0.93  1,155,261,935        0.92  1,139,341,776        9.5  2031/7/15     2.11
       ネシア   証券
             07/15/2031
       インド   国債  INDOGB   10%
     19                94,700,000,000         0.95   902,598,201       0.94   893,394,497       10  2028/2/15     1.66
       ネシア   証券
             02/15/2028
       インド   国債  INDOGB   7%
     20                107,246,000,000         0.78   846,590,487       0.78   841,797,234        7  2022/5/15     1.56
       ネシア   証券
             05/15/2022
       インド   国債  INDOGB   6.125%
     21                114,000,000,000         0.71   817,726,104       0.71   816,587,928      6.125   2028/5/15     1.51
       ネシア   証券
             05/15/2028
       インド   国債  INDOGB   10%
     22                70,000,000,000         0.92   647,910,900       0.91   640,245,060       10  2024/9/15     1.19
       ネシア   証券
             09/15/2024
       インド   国債  INDOGB   10.5%
     23                50,700,000,000         1.02   520,267,176       1.02   519,203,389      10.5   2038/7/15     0.96
       ネシア   証券
             07/15/2038
                                 34/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       インド   国債  INDOGB   15%
     24                51,500,000,000         0.89   463,417,188       0.89   461,135,532       15  2018/7/15     0.85
       ネシア   証券
             07/15/2018
       インド   国債  INDOGB   9%
     25                55,000,000,000         0.81   448,691,100       0.81   449,544,810        9  2018/9/15     0.83
       ネシア   証券
             09/15/2018
       インド   国債  INDOGB   9.5%
     26                38,061,000,000         0.94   358,890,186       0.94   359,169,249       9.5  2041/5/15     0.67
       ネシア   証券
             05/15/2041
       インド   国債  INDOGB   11.6%
     27                37,600,000,000         0.85   321,244,248       0.85   320,543,309      11.6   2018/8/15     0.59
       ネシア   証券
             08/15/2018
       インド   国債  INDOGB   10.25%
     28                6,700,000,000        0.90    60,890,739      0.90    60,370,752     10.25   2022/7/15     0.11
       ネシア   証券
             07/15/2022
       インド   国債  INDOGB   9.75%
     29                2,600,000,000        0.96    25,164,438      0.95    24,843,406      9.75   2037/5/15     0.05
       ネシア   証券
             05/15/2037
     ロ.種類別投資比率

                  種類                     投資比率(%)
                 国債証券                                97.66
                  合計                               97.66
     投資不動産物件

     該当事項はありません。
     その他投資資産の主要なもの

      資産の種類         通貨    買建/売建         数量        帳簿価額    ( 円 )     評価額   ( 円 )   投資比率    (%)
      為替予約取引         米ドル       売建      1,000,000.00            103,122,000        103,170,000          △0.19
     (注)為替予約取引は、わが国における対顧客先物相場の仲値で評価しています。
                                 35/82











                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)運用実績

     ※上記   「③主要な資産の状況」          については、投資家の利便性に資するため、銘柄の名寄せ等の編集を行っている場合があります。

















                                 36/82



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】
     (1)購入申込
        購入申込は、原則として販売会社の営業日の午後3時                            (「 申込締切時間       」 といいます      。) までに行われます。
        当該申込に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込分とし、申込締切時間を過ぎて
        からの申込みは翌営業日の取扱いとなります。ただし、申込締切時間は販売会社によって異なる場合が
        あります。
     (2)取扱いコース
                                    *
        お申込みには、分配金の受取方法により2つのコース                             があります。
        「一般コース」‥‥‥‥‥‥‥‥‥収益分配時に分配金を受け取るコース
        「自動けいぞく投資コース」‥‥‥分配金が税引き後、無手数料で再投資されるコース
        * 取扱いコースの有無は販売会社によって異なります。また、コースの名称は、販売会社によっては、
         同様の権利義務関係を規定する異なる名称を使用することがあります。
     (3)購入単位
        販売会社によって異なります。
        なお  、「 自動けいぞく投資コース             」 で分配金を再投資する際の購入単位は、1口単位となります。
     (4)購入価額
        購入申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ただし    、「 自動けいぞく投資コース             」 で分配金を再投資する場合は、計算期間終了日の基準価額となりま
        す。
     (5)購入時手数料
        購入金額     ( 購入価額に購入口数を乗じて得た額                   ) に、3.24%      ( 税抜3.00%      ) を上限として販売会社が個別に
        定める手数料率を乗じて得た額とします。購入時手数料には消費税等相当額が加算されます。
     (6)購入申込受付不可日
        購入申込日が香港、インドネシアの銀行休業日、インドネシアの証券取引所の休場日のいずれかに該当
        する場合には、購入申込の受付は行いません。
     (7)その他留意事項
       ① 購入申込の受付中止・取消
         信託財産の効率的な運用が妨げられる、または信託財産が毀損するおそれがあると委託会社が合理
         的に判断する場合、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむ
                 *
         を得ない事情        があるときは、委託会社の判断により、購入申込の受付を中止することおよび既に受
         け付けた購入申込の受付を取り消すことができます。
         * やむを得ない事情とは、投資対象国における非常事態による市場の閉鎖または流動性の極端な低下ならびに資金の
          受渡しに関する障害、コンピューターの誤作動等により決済が不能となった場合、基準価額の計算が不能となった
          場合等を指します。投資対象国における非常事態とは、金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導
          入、税制の変更、自然災害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等運用に影響を及ぼす事態を指します。
         (注)委託会社の判断により購入申込の受付を中止した場合等において、定時定額による受付を継続
            することがあります。
       ② 受益権の振替
         購入申込者は、販売会社に購入申込と同時にまたはあらかじめ、当該購入申込者が受益権の振替を
         行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該購入申込者に係る口数の増加の
         記載または記録が行われます。
     2【換金(解約)手続等】

     (1)換金申込
        受益者は、自己に帰属する受益権につき、購入申込を行った販売会社を通じて、委託会社に一部解約の
        実行の請求(換金申込)を行うことにより換金することができます。
                                 37/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        換金申込は、原則として販売会社の営業日の午後3時                            (「 申込締切時間       」 といいます      。) までに行われます。
        当該申込に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込分とし、申込締切時間を過ぎて
        か らの申込みは翌営業日の取扱いとなります。ただし、申込締切時間は販売会社によって異なる場合が
        あります。
        なお、信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口換金には制限を設ける場合があります。
     (2)換金単位
        販売会社によって異なります。
     (3)換金価額
        換金申込受付日の翌営業日の基準価額から、後記                          (4)  記載の信託財産留保額を控除した価額とします。
     (4)換金手数料・信託財産留保額
        換金手数料‥‥‥‥ありません。
        信託財産留保額‥‥換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.30%の率を乗じて得た額
     (5)支払開始日
        換金代金は、原則として、換金申込受付日から起算して7営業日目以降に販売会社の本支店、営業所等
        において支払います。
     (6)換金申込受付不可日
        換金申込日が香港、インドネシアの銀行休業日、インドネシアの証券取引所の休場日のいずれかに該当
        する場合には、換金申込の受付は行いません。
     (7)その他留意事項
       ① 換金申込の受付中止・取消
         信託財産の効率的な運用が妨げられる、または信託財産が毀損するおそれがあると委託会社が合理
         的に判断する場合、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむ
                 *
         を得ない事情        があるときは、委託会社の判断により、換金申込の受付を中止することおよび既に受
         け付けた換金申込の受付を取り消すことができます。
         なお、換金申込の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の換金申込
         を撤回できます。ただし、受益者がその換金申込を撤回しない場合には、当該受益権の換金価額
         は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に換金申込を受け付けたものとして、前
         記 「(3)   換金価額     」 に準じて計算された価額とします。
         * やむを得ない事情とは、投資対象国における非常事態による市場の閉鎖または流動性の極端な低下ならびに資金の
          受渡しに関する障害、コンピューターの誤作動等により決済が不能となった場合、基準価額の計算が不能となった
          場合等を指します。投資対象国における非常事態とは、金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導
          入、税制の変更、自然災害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等運用に影響を及ぼす事態を指します。
       ② 振替受益権の抹消
         換金申込を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して、当該受益者の請求に係
         るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と
         同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい、当該振替機関等の口座において当
         該口数の減少の記載または記録が行われます。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
        基準価額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価
        または一部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額                                                  (「 純資産
        総額  」 といいます      。) を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
        基準価額の計算にあたり、外貨建資産                    ( 外国通貨表示の有価証券             (「 外貨建有価証券        」 といいます      。)、  預金
        その他の資産をいいます             。) の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買
        相場の仲値によって計算します。
                                 38/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <当ファンドの主たる投資対象の評価方法>
         マザーファンドを通じて投資する外国債券の評価は、計算日に知りうる直近の時価                                             ( 注 ) または一部
         償却原価法により評価します。
         (注)日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額
            (売気配相場を除く。)、価格情報会社の提供する価額などを含みます。
        基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。また、基準価額                                        ( 1万口当たり       ) は翌日の日本
        経済新聞朝刊に        「 ネシア債毎月       」 の略称で掲載されます。
        基準価額に関しては、販売会社または次の<照会先>へお問い合わせください。
        <照会先>
         HSBC    投信株式会社
         ホームページ:        www.assetmanagement.hsbc.com/jp
         電話番号:03-3548-5690(受付時間:委託会社の営業日の午前9時~午後5時)
     (2)【保管】

        該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

        平成22年8月26日から平成37年8月7日までとします。
        ただし、後記       「(5)   その他    」 の①の(a)、②および③の(b)に該当した場合には、信託を終了することがで
        きます。また、信託期間満了前に信託期間の延長が受益者に有利であると認められるときは、受託会
        社と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】

        原則として、毎月8日から翌月7日までとします。
        ただし、各計算期間終了日に該当する日                      (「 該当日    」 といいます      。) が休業日のとき、各計算期間終了日は
        該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
     (5)【その他】

       ① 信託契約の解約(繰上償還)
         (a)  委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部解約により受益権口数が30億口を下回るこ
            ととなった場合、この信託契約を終了させることが受益者のため有利であると認めるとき、ま
            たはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信
            託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようと
            する旨を監督官庁に届け出ます。
         (b)  委託会社は、(a)の事項について書面による決議(「書面決議」といいます。)を行います。こ
            の場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定
            め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもっ
            てこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         (c)  (b)の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属
            するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除いた者をいいます。)は、受益権の
            口数に応じて議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決
            権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなしま
            す。
         (d)  (b)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
            もって行います。
         (e)  (b)から(d)の規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案
            につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示を
                                 39/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            したときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じて
            いる場合であって          (b)から(d)までの手続きを行うことが困難な場合には適用しません。
       ② 信託契約に関する監督官庁の命令等による場合の信託終了
         (a)  委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、
            信託契約を解約し信託を終了させます。
            なお、委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後記
            「⑤信託約款の変更等」にしたがいます。
         (b)  委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
            は、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
            当該規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託
            会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、後記「⑤信託約款の変更等」の書面決議が
            否決された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       ③ 受託会社の辞任および解任による場合の信託終了
         (a)  受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任
            務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社ま
            たは受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場
            合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、後記「⑤信託約款の変更等」にし
            たがい、新受託会社を選任します。
         (b)  委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了
            させます。
       ④ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         (a)  委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関す
            る事業を譲渡することがあります。
         (b)  委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信
            託契約に関する事業を承継させることがあります。
       ⑤ 信託約款の変更等
         (a)  委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
            は、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合
            (投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」
            をいいます。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨お
            よびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、この信託約款はこの信託約款の変更等に定める
            以外の方法によって変更することができないものとします。
         (b)  委託会社は、(a)の事項(信託約款の変更事項にあっては、その変更の内容が重大なものに該当
            する場合に限り、また併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なも
            のに該当する場合を除きます。以下、「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面
            決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等
            の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係
            る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発しま
            す。
         (c)  (b)の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属
            するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。)は受益権の口数に応じ
            て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
            しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         (d)  (b)の書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
            もって行います。
         (e)  書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
                                 40/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (f)  (b)から(e)までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、
            当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意
            思表示をしたときには適用しません。
         (g)  (a)から(f)の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
            あっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決
            された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
       ⑥ 公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、委託会社のホームページ
         (www.assetmanagement.hsbc.com/jp)                   に掲載します。
          㮖ﭛ偑汔䨰欰蠰譑汔䨰鈰夰謰匰栰䰰朰䴰樰䑎譥䔰崰湎혰萰耰鉟霰樰䑎譵㄰䱵ἰ堰彘㑔࠰湑汔䨰漰
           日本経済新聞に掲載します。
       ⑦ 関係法人との契約の更改に関する手続き等
         委託会社と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」(別の名称で同様の権利義務
         を規定する契約を含みます。)は、契約期間満了3ヶ月前までに、別段の意思表示のない限り、原則
         として1年毎に自動的に更新されるものとします。
         また、委託会社と投資顧問会社との間で締結する「運用委託契約」(別の名称で同様の権利義務を
         規定する契約を含みます。)は、別段の意思表示のない限り、原則として解約するまで効力を有す
         るものとします。
       ⑧ 運用報告書
         委託会社は、毎年2月および8月に到来する当ファンドの計算期間終了日および信託終了のときに運
         用報告書を作成します。
         (a)交付運用報告書は、知れている受益者に対して販売会社を通じて交付されます。
         (b)運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページ                             (www.assetmanagement.hsbc.com/jp)                   に掲載さ
           れます。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、販売会社を
           通じて交付されます。
     4【受益者の権利等】

       当ファンドの受益権は、その購入口数に応じて、購入申込者に帰属します。この受益権は、信託の日時
       を異にすることにより差異を生ずることはありません。受益者の有する主な権利は以下のとおりです。
       なお、信託約款には受益者集会に関する規定はありません。また、信託財産に生じた利益および損失
       は、すべて受益者に帰属します。
       ① 収益分配金に対する請求権

         受益者は、委託会社が決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。収益分配金
         は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者                                            ( 当該収益分配金に
         かかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益
         分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で購入申込代金支払前のため販売会社の名
         義で記載または記録されている受益権については原則として購入申込者とします                                            。) に、原則として
         決算日から起算して5営業日までに支払いを開始します。
         収益分配金の支払いは、販売会社の本支店、営業所等において行います。ただし、受益者が収益分
         配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社から
         交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するものとします。
         「自動けいぞく投資コース               」 の場合、収益分配金は税金を差し引いた後無手数料で再投資されます。
         再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ② 償還金に対する請求権
         受益者は、償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
         償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者                                               ( 償還日以前
         において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定され
                                 41/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         た受益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
         則として購入申込者とします                。)  に支払います。
         償還金の支払いは、信託終了後1ヶ月以内の委託会社の指定する日                                    ( 原則として、償還日から起算し
         て5営業日まで        ) から、販売会社の本支店、営業所等において行います。
         受益者が、償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
         い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するものとします。
       ③ 一部解約実行請求権
         受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求                                     ( 換金申込     ) を、販売会社を通じ
         て委託会社に請求することができます。換金代金の支払いは、販売会社の本支店、営業所等におい
         て行います。
       ④ 帳簿閲覧・謄写の請求権
         受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧・謄
         写を請求することができます。
                                 42/82















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     (1)    当ファンドの財務諸表は             、「 財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則                            」( 昭和38年大蔵省令第

        59号  ) 並びに同規則第2条の2の規定により                    、「 投資信託財産の計算に関する規則                   」( 平成12年総理府令第
        133号   ) に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドの計算期間は6ヵ月未満であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

     (3)    当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第12特定期間                                            ( 平成28年2月9日から

        平成28年8月8日まで           ) の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けておりま
        す。
                                 43/82
















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】
       HSBC     インドネシア債券オープン(毎月決算型)
      (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第11特定期間末              第12特定期間末
                                 平成28年     2月  8日現在       平成28年     8月  8日現在
     資産の部
       流動資産
        親投資信託受益証券                             66,073,338,808              55,932,170,626
                                      344,174,422              156,065,081
        未収入金
        流動資産合計                             66,417,513,230              56,088,235,707
       資産合計                              66,417,513,230              56,088,235,707
     負債の部
       流動負債
        未払収益分配金                             1,010,658,865               602,898,731
        未払解約金                              344,174,422              156,065,081
        未払受託者報酬                               3,044,950              2,688,803
        未払委託者報酬                               91,348,473              80,664,046
                                       4,470,163              4,112,243
        その他未払費用
        流動負債合計                             1,453,696,873               846,428,904
       負債合計                               1,453,696,873               846,428,904
     純資産の部
       元本等
        元本                            101,065,886,593              92,753,650,990
        剰余金
         期末剰余金又は期末欠損金(△)                          △ 36,102,070,236             △ 37,511,844,187
                                     3,155,595,541              2,759,800,993
         (分配準備積立金)
        元本等合計                             64,963,816,357              55,241,806,803
       純資産合計                              64,963,816,357              55,241,806,803
     負債純資産合計                                66,417,513,230              56,088,235,707
                                 44/82









                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第11特定期間              第12特定期間
                                 自 平成27年       8月  8日     自 平成28年       2月  9日
                                 至 平成28年       2月  8日     至 平成28年       8月  8日
     営業収益
                                    △ 2,486,491,373               333,112,066
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                              △ 2,486,491,373               333,112,066
     営業費用
       受託者報酬                                19,238,852              16,304,459
       委託者報酬                                577,165,571              489,133,686
                                       4,470,163              4,112,243
       その他費用
       営業費用合計                                600,874,586              509,550,388
     営業利益又は営業損失(△)                               △ 3,087,365,959              △ 176,438,322
     経常利益又は経常損失(△)                               △ 3,087,365,959              △ 176,438,322
     当期純利益又は当期純損失(△)                               △ 3,087,365,959              △ 176,438,322
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は
                                     △ 164,287,694              52,904,358
     一部解約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                              △ 31,307,646,717             △ 36,102,070,236
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                7,324,156,381              5,846,156,445
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少額                               7,324,156,381              5,846,156,445
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少額                                    -              -
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                2,819,254,843              2,538,823,056
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加額                                    -              -
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加額                               2,819,254,843              2,538,823,056
                                     6,376,246,792              4,487,764,660
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                              △ 36,102,070,236             △ 37,511,844,187
                                 45/82










                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】
     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                       移動平均法に基づき、時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価してお
                       ります。
     2.その他財務諸表作成のための基本                  特定期間末日の取扱い
       となる重要な事項                 平成28年2月7日が休日のため、信託約款第38条により、第11特定期間末日を平
                       成28年2月8日としております。また、平成28年8月7日が休日のため、第12特定
                       期間末日を平成28年8月8日としております。
     (貸借対照表に関する注記)

               第11特定期間末                           第12特定期間末 
             平成28年     2月  8日現在                     平成28年     8月  8日現在
     1.  受益権の総数                          1.  受益権の総数
                       101,065,886,593口                            92,753,650,990口
     2.  投資信託財産の計算に関する規則第55条の6第1項第10号                          2.  投資信託財産の計算に関する規則第55条の6第1項第10
      に規定する額                            号に規定する額
        元本の欠損               36,102,070,236円            元本の欠損                37,511,844,187円
     3.  1単位当たりの純資産の額                          3.  1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                    0.6428円        1口当たり純資産額                    0.5956円
        (10,000口当たり純資産額)                   (6,428円)        (10,000口当たり純資産額)                   (5,956円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

               第11特定期間                            第12特定期間
              自  平成27年     8月  8日                   自  平成28年     2月  9日
              至  平成28年     2月  8日                   至  平成28年     8月  8日
      1. 信託財産の運用の指図に係る権限の全部又は一部を委                          1. 信託財産の運用の指図に係る権限の全部又は一部を委
       託するために要する費用                            託するために要する費用
                          89,068,773円                            75,483,824円
      2. 分配金の計算過程                          2. 分配金の計算過程
       平成27年     8月  8日                     平成28年     2月  9日

       平成27年     9月  7日                     平成28年     3月  7日
      A  費用控除後の配当等収益額                  336,210,338円        A  費用控除後の配当等収益額                  314,353,361円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                11,680,331,007円          C  収益調整金額                 6,626,538,516円
      D  分配準備積立金額                 3,669,208,855円         D  分配準備積立金額                 3,086,754,060円
      E  当ファンドの分配対象収益額                15,685,750,200円          E  当ファンドの分配対象収益額                10,027,645,937円
      }  当ファンドの期末残存口数                112,188,478,125口          }  当ファンドの期末残存口数                100,026,738,065口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,398円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,002円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                      100円
      I  収益分配金金額                 1,121,884,781円         I  収益分配金金額                 1,000,267,380円
       平成27年     9月  8日                     平成28年     3月  8日

       平成27年10月       7日                     平成28年     4月  7日
      A  費用控除後の配当等収益額                  367,338,855円        A  費用控除後の配当等収益額                  270,644,235円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                10,707,252,643円          C  収益調整金額                 5,977,350,747円
      D  分配準備積立金額                 3,559,005,552円         D  分配準備積立金額                 3,032,306,151円
      E  当ファンドの分配対象収益額                14,633,597,050円          E  当ファンドの分配対象収益額                 9,280,301,133円
      }  当ファンドの期末残存口数                109,813,021,295口          }  当ファンドの期末残存口数                99,739,939,494口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,332円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                      930円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                      100円
      I  収益分配金金額                 1,098,130,212円         I  収益分配金金額                  997,399,394円
       平成27年10月       8日                     平成28年     4月  8日

       平成27年11月       9日                     平成28年     5月  9日
      A  費用控除後の配当等収益額                  442,226,274円        A  費用控除後の配当等収益額                  267,456,013円
                                 46/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                 9,815,795,749円         C  収益調整金額                 5,266,976,588円
      D  分配準備積立金額                 3,464,017,274円         D  分配準備積立金額                 2,988,634,067円
      E  当ファンドの分配対象収益額                13,722,039,297円          E  当ファンドの分配対象収益額                 8,523,066,668円
      }  当ファンドの期末残存口数                107,690,735,963口          }  当ファンドの期末残存口数                99,353,065,205口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,274円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                      857円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                       65円
      I  収益分配金金額                 1,076,907,359円         I  収益分配金金額                  645,794,923円
       平成27年11月10日                            平成28年     5月10日

       平成27年12月       7日
                                   平成28年     6月  7日
      A  費用控除後の配当等収益額                  282,116,549円        A  費用控除後の配当等収益額                  238,219,819円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                 8,960,273,986円         C  収益調整金額                 4,764,959,345円
      D  分配準備積立金額                 3,337,998,937円         D  分配準備積立金額                 2,877,503,427円
      E  当ファンドの分配対象収益額                12,580,389,472円          E  当ファンドの分配対象収益額                 7,880,682,591円
      }  当ファンドの期末残存口数                104,645,071,740口          }  当ファンドの期末残存口数                96,279,224,979口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,202円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                      818円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                       65円
      I  収益分配金金額                 1,046,450,717円         I  収益分配金金額                  625,814,962円
       平成27年12月       8日                     平成28年     6月  8日

       平成28年     1月  7日                     平成28年     7月  7日
      A  費用控除後の配当等収益額                  297,452,933円        A  費用控除後の配当等収益額                  224,732,110円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                 8,052,021,512円         C  収益調整金額                 4,320,074,503円
      D  分配準備積立金額                 3,225,103,467円         D  分配準備積立金額                 2,821,571,403円
      E  当ファンドの分配対象収益額                11,574,577,912円          E  当ファンドの分配対象収益額                 7,366,378,016円
      }  当ファンドの期末残存口数                102,221,485,860口          }  当ファンドの期末残存口数                94,706,041,634口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,132円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                      777円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                       65円
      I  収益分配金金額                 1,022,214,858円         I  収益分配金金額                  615,589,270円
       平成28年     1月  8日                     平成28年     7月  8日

       平成28年     2月  8日                     平成28年     8月  8日
      A  費用控除後の配当等収益額                  378,452,180円        A  費用控除後の配当等収益額                  313,574,850円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                 7,288,226,980円         C  収益調整金額                 3,862,863,214円
      D  分配準備積立金額                 3,151,087,141円         D  分配準備積立金額                 2,752,313,191円
      E  当ファンドの分配対象収益額                10,817,766,301円          E  当ファンドの分配対象収益額                 6,928,751,255円
      }  当ファンドの期末残存口数                101,065,886,593口          }  当ファンドの期末残存口数                92,753,650,990口
      ▶  10,000口当たり収益分配対象額                     1,070円     ▶  10,000口当たり収益分配対象額                      746円
      H  10,000口当たり分配金額                      100円    H  10,000口当たり分配金額                       65円
      I  収益分配金金額                 1,010,658,865円         I  収益分配金金額                  602,898,731円
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第11特定期間                   第12特定期間
                    期別
                           自  平成27年     8月  8日           自  平成28年     2月  9日
     項目
                           至  平成28年     2月  8日           至  平成28年     8月  8日
     金融商品に対する取組方針                   当ファンドは、信託約款に規定する                  同左
                       「運用の基本方針        」 に従い、有価証券等
                       の金融商品の運用をしております。
                                 47/82



                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     金融商品の内容及びリスク                   当ファンドが保有する金融商品の種                  同左
                       類は、親投資信託受益証券、金銭債権
                       及び金銭債務です。これらは、為替変
                       動リスク、金利変動リスクなどの市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスク
                       に晒されております。
     金融商品に係るリスクの管理体制                   運用リスクの管理は、チーフ・イン                  同左
                       ベストメント・オフィサー、コンプラ
                       イアンス・オフィサー、運用モニタリ
                       ングマネジャー、運用から独立したリ
                       スク管理担当部署による複眼的な管理
                       体制を採っております。リスク管理の
                       状況は、定期的に開催されるリスク管
                       理委員会(運用拠点により呼称が変わ
                       ることがあります。)において報告・
                       審議され、組織的な対応が行われてい
                       ます。
                        チーフ・インベストメント・オフィ
                       サーは、運用プロセスのモニタリング
                       やパフォーマンスの評価を行います。
                        コンプライアンス・オフィサーは、
                       法令・諸規則等に基づいた遵守状況の
                       モニタリングを行います。
                        運用モニタリングマネジャーは、投
                       資ガイドラインの遵守状況をモニタリ
                       ングしており、必要に応じて運用部門
                       に対し改善を求めます。改善の要求と
                       結果はコンプライアンス・オフィ
                       サー、リスク管理担当部署にも報告さ
                       れます。
                        リスク管理担当部署は、上記のモニ
                       タリング結果を含め、運用に係わるリ
                       スク全般をモニタリングしています。
                       運用部門と密接にコミュニケーション
                       を取りつつも業務は完全に独立して行
                       い、リスク管理の状況をチーフ・イン
                       ベストメント・オフィサーや定期的に
                       開催されるリスク管理委員会等へ報告
                       しています。
     金融商品の時価等に関する事項につ                   金融商品の時価には、市場価格に基                  同左
     いての補足説明                  づく価額のほか、市場価格がない場合
                       には合理的に算定された価額が含まれ
                       ております。当該価額の算定において
                       は一定の前提条件等を採用しているた
                       め、異なる前提条件等によった場合、
                       当該価額が異なることもあります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                            第11特定期間末                   第12特定期間末
                    期別
     項目                      平成28年     2月  8日現在            平成28年     8月  8日現在
     貸借対照表計上額、時価及びその差                   金融商品は時価または時価の近似値                  同左
     額                  と考えられる帳簿価額で計上している
                       ため、貸借対照表計上額と時価との間
                       に重要な差額はありません。
     時価の算定方法                  親投資信託受益証券                   同左
                       「( 重要な会計方針に係る事項に関す
                       る注記   )」 に記載しております。
                       金銭債権及び金銭債務
                       貸借対照表に計上している金銭債権及                   同左
                       び金銭債務は、短期間で決済されるた
                       め、帳簿価額は時価と近似しているこ
                       とから、当該帳簿価額を時価としてお
                       ります。
                                 48/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券に関する注記)

     第11特定期間末(平成28年              2月  8日現在)
      売買目的有価証券
                                                      (単位:円)
              種類                   最終計算期間の損益に含まれた評価差額
     親投資信託受益証券                                                3,736,533,908
              合計                                       3,736,533,908
     第12特定期間末(平成28年              8月  8日現在)

      売買目的有価証券
                                                      (単位:円)
              種類                   最終計算期間の損益に含まれた評価差額
     親投資信託受益証券                                                2,455,279,044
              合計                                       2,455,279,044
     (デリバティブ取引に関する注記)

      第11特定期間末(平成28年              2月  8日現在)
       該当事項はありません。
      第12特定期間末(平成28年              8月  8日現在)

       該当事項はありません。
     (関連当事者との取引に関する注記)

      第11特定期間(自          平成27年     8月8日    至  平成28年     2月8日)
       該当事項はありません。
      第12特定期間(自          平成28年2月9日         至  平成28年8月8日)

       該当事項はありません。
     (その他の注記)

     元本の移動
                                                      (単位:円)
               第11特定期間末                            第12特定期間末
             平成28年     2月  8日現在                     平成28年     8月  8日現在
     投資信託財産に係る元本の状況                            投資信託財産に係る元本の状況
     期首元本額                  114,641,157,196円          期首元本額                  101,065,886,593円
     期中追加設定元本額                   8,230,134,707円        期中追加設定元本額                   6,747,799,277円
     期中一部解約元本額                   21,805,405,310円         期中一部解約元本額                   15,060,034,880円
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表
      (1)株式
       該当事項はありません。
      (2)株式以外の有価証券

                                                      (単位:円)
        種 類                銘 柄               券面総額           評価額        備考
     親投資信託受益証券          HSBC     インドネシア債券マザーファンド                 42,197,035,554            55,932,170,626
                   合計                  42,197,035,554            55,932,170,626
     (注1)券面総額欄の数値は、口数を表示しております。
                                 49/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はありません。
     (参考)

     当ファンドは       、「HSBC     インドネシア債券マザーファンド                 」 受益証券を主要投資対象としており、貸借対照表の資
     産の部に計上された          「 親投資信託受益証券          」 は、すべて同親投資信託の受益証券です。
      なお、同親投資信託の状況は次の通りです。
     「HSBC    インドネシア債券マザーファンド                 」 の状況

     以下の記載した情報は監査対象外です。
     貸借対照表

                                                    (単位:円)
                                 平成28年     2月  8日現在       平成28年     8月  8日現在
     資産の部
       流動資産
        預金                             1,436,439,321               301,567,181
        コール・ローン                               88,394,038             646,323,428
        国債証券                             63,482,687,159              53,815,442,249
        派生商品評価勘定                               88,271,844                  -
        未収入金                                   -         249,561,000
                                     1,335,905,413              1,076,118,369
        未収利息
        流動資産合計                             66,431,697,775              56,089,012,227
       資産合計                              66,431,697,775              56,089,012,227
     負債の部
       流動負債
        派生商品評価勘定                               15,995,556               925,000
        未払解約金                              344,174,422              156,065,081
                                           -            1,717
        未払利息
        流動負債合計                              360,169,978              156,991,798
       負債合計                                360,169,978              156,991,798
     純資産の部
       元本等
        元本                             50,177,201,404              42,197,035,554
        剰余金
                                     15,894,326,393              13,734,984,875
         剰余金又は欠損金(△)
        元本等合計                             66,071,527,797              55,932,020,429
       純資産合計                              66,071,527,797              55,932,020,429
     負債純資産合計                                66,431,697,775              56,089,012,227
     注記表

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  国債証券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                       は、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額                      ( 但し、売気配相場は使用しな
                       い )、 又は価格情報会社の提示する価額に基づいて評価しております。
                                 50/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.デリバティブ等の評価基準及び評                  外国為替予約取引
       価方法                 個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                       は、開示対象ファンドの特定期間末日において、わが国における対顧客先物相
                       場の仲値を適用して計算しております。ただし、為替予約のうち対顧客先物相
                       場が発表されていない通貨については、対顧客相場の仲値によって計算してお
                       ります。
                       直物為替先渡取引
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額、又は価格
                       情報会社の提供する価額で評価しております。
     3.その他財務諸表作成のための基本                  外貨建取引等の処理基準
       となる重要な事項                 「 投資信託財産の計算に関する規則                」( 平成12年総理府令第133号            ) 第60条及び第
                       61条に基づいて処理しております。
     (貸借対照表に関する注記)

             平成28年     2月  8日現在                     平成28年     8月  8日現在
     1.  受益権の総数                          1.  受益権の総数
                        50,177,201,404口                            42,197,035,554口
     2.  1単位当たりの純資産の額                          2.  1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                    1.3168円        1口当たり純資産額                    1.3255円
        (10,000口当たり純資産額)                   (13,168円)         (10,000口当たり純資産額)                   (13,255円)
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                    期別
                           自  平成27年     8月  8日           自  平成28年     2月  9日
                           至  平成28年     2月  8日           至  平成28年     8月  8日
     項目
     金融商品に対する取組方針                   当ファンドは、信託約款に規定する                  同左
                       「 運用の基本方針       」 に従い、有価証券等
                       の金融商品の運用をしております。
     金融商品の内容及びリスク                   当ファンドが保有する金融商品の種                  同左
                       類は、国債証券、デリバティブ取引、
                       金銭債権及び金銭債務です。これら
                       は、為替変動リスク、金利変動リスク
                       などの市場リスク、信用リスク及び流
                       動性リスクに晒されております。
                       また、当ファンドは、信託財産に属
                       する資産の効率的な運用に資すること
                       を目的として、為替予約取引及び直物
                       為替先渡取引を行っております。当該
                       デリバティブ取引は、為替相場の変動
                       による価格変動リスクを有しておりま
                       す。なお、取引先の契約不履行による
                       信用リスクについては、当社は優良な
                       金融機関とのみ取引を行っているた
                       め、限定的と考えられます。
                                 51/82






                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     金融商品に係るリスクの管理体制                   運用リスクの管理は、チーフ・イン                  同左
                       ベストメント・オフィサー、コンプラ
                       イアンス・オフィサー、運用モニタリ
                       ングマネジャー、運用から独立したリ
                       スク管理担当部署による複眼的な管理
                       体制を採っております。リスク管理の
                       状況は、定期的に開催されるリスク管
                       理委員会    ( 運用拠点により呼称が変わる
                       ことがあります       。) において報告・審議
                       され、組織的な対応が行われていま
                       す。
                        チーフ・インベストメント・オフィ
                       サーは、運用プロセスのモニタリング
                       やパフォーマンスの評価を行います。
                        コンプライアンス・オフィサーは、
                       法令・諸規則等に基づいた遵守状況の
                       モニタリングを行います。
                        運用モニタリングマネジャーは、投
                       資ガイドラインの遵守状況をモニタリ
                       ングしており、必要に応じて運用部門
                       に対し改善を求めます。改善の要求と
                       結果はコンプライアンス・オフィ
                       サー、リスク管理担当部署にも報告さ
                       れます。
                        リスク管理担当部署は、上記のモニ
                       タリング結果を含め、運用に係わるリ
                       スク全般をモニタリングしています。
                       運用部門と密接にコミュニケーション
                       を取りつつも業務は完全に独立して行
                       い、リスク管理の状況をチーフ・イン
                       ベストメント・オフィサーや定期的に
                       開催されるリスク管理委員会等へ報告
                       しています。
     金融商品の時価等に関する事項につ                   金融商品の時価には、市場価格に基                  同左
     いての補足説明                  づく価額のほか、市場価格がない場合
                       には合理的に算定された価額が含まれ
                       ております。当該価額の算定において
                       は一定の前提条件等を採用しているた
                       め、異なる前提条件等によった場合、
                       当該価額が異なることもあります。
                        また、デリバティブ取引に関する契
                       約額等は、あくまでもデリバティブ取
                       引における名目的な契約額または計算
                       上の想定元本であり、当該金額自体が
                       デリバティブ取引に係る市場リスクを
                       示すものではありません。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                    期別
                           平成28年     2月  8日現在            平成28年     8月  8日現在
     項目
     貸借対照表計上額、時価及びその差                   金融商品は時価または時価の近似値                  同左
     額                  と考えられる帳簿価額で計上している
                       ため、貸借対照表計上額と時価との間
                       に重要な差額はありません。
     時価の算定方法                  国債証券                   同左
                       「( 重要な会計方針に係る事項に関す
                       る注記   )」 に記載しております。
                       派生商品評価勘定                   同左
                       デリバティブ取引については             「( デリバ
                       ティブ取引に関する注記            )」 に記載して
                       おります。
                                 52/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       金銭債権及び金銭債務                   同左
                       貸借対照表に計上している金銭債権及
                       び金銭債務は、短期間で決済されるた
                       め、帳簿価額は時価と近似しているこ
                       とから、当該帳簿価額を時価としてお
                       ります。
     (有価証券に関する注記)

     (平成28年      2月  8日現在)
     売買目的有価証券
                                                      (単位:円)
              種類                    当計算期間の損益に含まれた評価差額
     国債証券                                                1,253,782,434
              合計                                       1,253,782,434
     (注)当計算期間の損益に含まれた評価差額は、親投資信託の期首日から本報告書における開示対象ファンドの期末日までの期間
       に対応する金額です。
     (平成28年      8月  8日現在)

     売買目的有価証券
                                                      (単位:円)
              種類                    当計算期間の損益に含まれた評価差額
     国債証券                                                4,936,138,813
              合計                                       4,936,138,813
     (注)当計算期間の損益に含まれた評価差額は、親投資信託の期首日から本報告書における開示対象ファンドの期末日までの期間
       に対応する金額です。
     (デリバティブ取引に関する注記)

     (通貨関連)
      (平成28年      2月  8日現在)
                                                       (単位:円)
        区分           種類           契約額等                   時価        評価損益

                                       うち1年超
     市場取引以外の        為替予約取引
        取引
              売建                1,167,380,000              -    1,170,100,000         △2,720,000
               米ドル               1,167,380,000              -    1,170,100,000         △2,720,000
               合計               1,167,380,000              -    1,170,100,000         △2,720,000
        区分           種類           契約額等                   時価        評価損益

                                       うち1年超
     市場取引以外の        直物為替先渡取引
        取引
              買建                2,574,440,000              -    2,662,711,844         88,271,844
               インドネシアルピア               2,574,440,000              -    2,662,711,844         88,271,844
              売建                1,345,730,000              -    1,359,005,556        △13,275,556
               インドネシアルピア               1,345,730,000              -    1,359,005,556        △13,275,556
               合計               3,920,170,000              -    4,021,717,400         74,996,288
     (平成28年      8月  8日現在)

                                                        (単位:円)
                                 53/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       区分         種類         契約額等                     時価         評価損益

                                    うち1年超
     市場取引以外       為替予約取引
       の取引
             売建              203,295,000              -     204,220,000           △925,000
               米ドル            203,295,000              -     204,220,000           △925,000
             合計              203,295,000              -     204,220,000           △925,000
     時価の算定方法

      1為替予約取引

       1)本書における開示対象ファンドの特定期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以
        下のように評価しております。
         ①同期間末日において為替予約の受渡日(以下「当該日」といいます)の対顧客先物相場の仲値が発表さ

          れている場合は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
         ②同期間末日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によってお

          ります。
          ・同期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、当該日に最も近い前後二つ

           の対顧客先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
          ・同期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い日に発

           表されている対顧客先物相場の仲値を用いております。
       2)同期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については同期間末日の対顧客相場の仲値で評
        価しております。
      2直物為替先渡取引

        (1)  直物為替先渡取引の残高表示は、想定元本に基づいて表示しております。
        (2)  直物為替先渡取引の評価は、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額、又は価格情報会社の提供する
          価額で評価しております。
      ※上記取引でヘッジ会計が適用されているものはありません。

     (関連当事者との取引に関する注記)

     (自   平成27年8月8日         至  平成28年2月8日)
       該当事項はありません。
     (自   平成28年2月9日         至  平成28年8月8日)

       該当事項はありません。
     (その他の注記)

     元本の移動
                                                      (単位:円)
             平成28年     2月  8日現在                     平成28年     8月  8日現在
     投資信託財産に係る元本の状況                            投資信託財産に係る元本の状況
                        平成27年     8月  8日                     平成28年     2月  9日
     期首                            期首
     期首元本額                   62,791,676,687円         期首元本額                   50,177,201,404円
     期中追加設定元本額                   4,270,665,125円        期中追加設定元本額                   3,187,214,423円
     期中一部解約元本額                   16,885,140,408円         期中一部解約元本額                   11,167,380,273円
     期末元本額                   50,177,201,404円         期末元本額                   42,197,035,554円
     元本の内訳※                            元本の内訳※
     HSBC インドネシア債券オープ                            HSBC インドネシア債券オープ
                        50,177,201,404円                            42,197,035,554円
     ン(毎月決算型)                            ン(毎月決算型)
     (注)※は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託の元本額
     附属明細表

                                 54/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第1 有価証券明細表

      (1)株式
      該当事項はありません。
      (2)株式以外の有価証券

                        銘 柄
      通貨     種 類                          券面総額            評価額        備考
     インドネシ      国債証券      INDOGB    10.25%    07/15/2022             6,700,000,000.00           7,806,505,000.00
     アルピア
                 INDOGB    10.25%    07/15/2027            125,741,000,000.00           155,612,031,960.00
                 INDOGB    10.5%   07/15/2038             50,700,000,000.00           66,700,920,000.00
                 INDOGB    10.5%   08/15/2030             147,823,000,000.00           189,615,518,560.00
                 INDOGB    10%  02/15/2028              94,700,000,000.00           115,717,718,000.00
                 INDOGB    10%  09/15/2024              70,000,000,000.00           83,065,500,000.00
                 INDOGB    11.5%   09/15/2019             288,500,000,000.00           327,736,000,000.00
                 INDOGB    11.6%   08/15/2018             37,600,000,000.00           41,185,160,000.00
                 INDOGB    11.75%    08/15/2023            122,882,000,000.00           155,634,968,280.00
                 INDOGB    11%  09/15/2025              205,000,000,000.00           260,325,400,000.00
                 INDOGB    11%  11/15/2020              206,697,000,000.00           239,361,326,910.00
                 INDOGB    12.8%   06/15/2021             172,600,000,000.00           215,596,386,000.00
                 INDOGB    12.9%   06/15/2022             175,220,000,000.00           226,124,914,400.00
                 INDOGB    12%  09/15/2026              135,406,000,000.00           184,110,184,140.00
                 INDOGB    15%  07/15/2018              51,500,000,000.00           59,412,460,000.00
                 INDOGB    5.625%    05/15/2023            401,420,000,000.00           375,444,111,800.00
                 INDOGB    6.125%    05/15/2028            114,000,000,000.00           104,836,680,000.00
                 INDOGB    6.625%    05/15/2033            265,000,000,000.00           247,849,200,000.00
                 INDOGB    7%  05/15/2022              107,246,000,000.00           108,537,241,840.00
                 INDOGB    7%  05/15/2027              150,000,000,000.00           149,608,500,000.00
                 INDOGB    8.25%   06/15/2032             315,399,000,000.00           343,526,282,820.00
                 INDOGB    8.25%   07/15/2021             330,000,000,000.00           351,978,000,000.00
                 INDOGB    8.375%    03/15/2024            900,000,000,000.00           981,999,000,000.00
                 INDOGB    8.375%    03/15/2034            460,000,000,000.00           506,303,600,000.00
                 INDOGB    9.5%   05/15/2041              38,061,000,000.00           46,011,562,290.00
                 INDOGB    9.5%   07/15/2031             123,550,000,000.00           148,110,504,500.00
                 INDOGB    9.75%   05/15/2037              2,600,000,000.00           3,226,210,000.00
                 INDOGB    9%  03/15/2029             1,000,799,000,000.00           1,146,455,286,460.00
                 INDOGB    9%  09/15/2018               55,000,000,000.00           57,524,500,000.00
                                   6,154,144,000,000.00           6,899,415,672,960.00
     インドネシアルピア小計
                                                 (53,815,442,249)
                                                  53,815,442,249
                     合計
                                                 (53,815,442,249)
     (注1)通貨種類毎の小計欄の(              )内は、邦貨換算額(単位:円)です。
     (注2)合計金額欄の(          )内は、外貨建有価証券に係わるもので、内書です。
                                 55/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     外貨建有価証券の内訳

                                       組入債券            合計金額に
           通貨               銘柄数
                                       時価比率            対する比率
     インドネシアルピア                国債証券           29銘柄          100.0%               100.0%
     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。
     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     「 注記表   ( デリバティブ取引に関する注記                )」 に記載しております。
                                 56/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
      以下は平成28年8月末現在の当ファンドの現況です。
      【純資産額計算書】

       HSBC     インドネシア債券オープン(毎月決算型)
     Ⅰ 資産総額                               54,296,057,070       円 
     Ⅱ 負債総額                                376,115,028      円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               53,919,942,042       円 
     Ⅳ 発行済口数                               91,278,330,920       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.5907   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (5,907    円) 
     (参考)HSBC          インドネシア債券マザーファンド

       純資産額計算書
     Ⅰ 資産総額                               54,400,195,255       円 
     Ⅱ 負債総額                                421,504,010      円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               53,978,691,245       円 
     Ⅳ 発行済口数                               41,016,470,490       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.3160   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (13,160    円)
                                 57/82












                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
     (1)名義書換

        該当事項はありません。
        委託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消され
        た場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継するものが存在し
        ない場合等その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行し
        ません。
     (2)受益者に対する特典

        該当事項はありません。
     (3)受益権の譲渡

       ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
         または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ② 前記①の申請のある場合には、前記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の
         口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載また
         は記録するものとします。ただし、前記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合に
         は、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等                            ( 当該他の振替機関等の上位機関を含みます                       。) に
         社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われる
         よう通知するものとします。
       ③ 前記①に規定する振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
         記録されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる
         場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
         振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
     (4)受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗す
        ることができません。
     (5)受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等
        に再分割できます。
     (6)償還金

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者                                               ( 償還日以前に
        おいて一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受
        益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則とし
        て購入申込者とします            。) に支払います。
     (7)質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
        換金申込の受付、換金代金および償還金の支払い等については、信託約款の規定によるほか、民法そ
        の他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 58/82




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】
     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】
      (1)資本金の額(本書提出日現在)
           資本金                      495百万円
           発行可能株式総数    24,000株
           発行済株式総数                    2,100株
         直近5ヶ年における資本金の額の増減
           該当事項はありません。
      (2)委託会社の機構

       ① 組織図(本書提出日現在)
       ② 会社の意思決定機構








         当社業務執行の最高機関である取締役会は3名以上の取締役で構成されます。取締役の選任は株主総
         会において、発行済株式総数の2分の1以上にあたる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半
         数をもってこれを行い、累積投票によらないものとします。
         取締役の任期は、選任後2年内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結時ま
         でとし、補欠または増員のために選任された取締役の任期は、他の取締役の残存任期と同一としま
         す。
         取締役会はその決議をもって、取締役の中から代表取締役1名以上を選任します。
       ③ 投資運用の意思決定機構

         経営委員会の下部委員会として、運用本部、代表取締役、商品企画本部、コンプライアンス部、リ
         スク管理責任部署の代表者を主要メンバーとする                            「 運用委員会      」 において、各ファンドのストラテ
         ジー、パフォーマンスおよびリスク、再委託ファンドに係る左記事項等を協議します。
         運用委員会の方針に基づいて運用本部が運用の指図を行います。
                                 59/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なお、運用の指図に関する権限を外部の投資顧問会社に委託すること、あるいは外部の投資顧問会
         社からの助言を受けることがあります。その場合には運用本部が委託状況をモニタリングします。
     2【事業の内容及び営業の概況】

       ① 「投資信託及び投資法人に関する法律                       」 に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託
         の設定を行うとともに、「金融商品取引法                       」 に定める金融商品取引業者               ( 登録番号:関東財務局長             ( 金
         商 ) 第308号    ) として、その運用          ( 投資運用業      ) を行っています。また            、「 金融商品取引法         」 に定める投資
         助言・代理業および第二種金融商品取引業を行っています。
       ② 平成28年8月末現在、委託会社が運用を行っている証券投資信託は以下のとおりです。
         (親投資信託は、ファンド数および純資産総額の合計から除いています。)
                基本的性格              ファンド数            純資産総額

              追加型株式投資信託                   46           1,531,880百万円

              単位型株式投資信託                   1             3,075百万円

                合   計                 47           1,534,956百万円

                                 60/82














                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】
     (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

         号。以下「      財務  諸表等規則」という。)第2条に基づき、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に
         関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令                         第52号)により作成しております。
     (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第30期事業年度(自平成26年4月1日 至

         平成27年3月31日)の財務諸表について、有限責任                            あずさ監査法人により監査を受けております。
         また、当事業年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)の財務諸表については、PwCあらた
         監査法人により監査を受けております。
         なお、当社の監査法人は次のとおり、交代しております。
         第30期事業年度 有限責任あずさ監査法人
         第31期事業年度 PwCあらた監査法人
     (3)財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

                                 61/82














                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                      (単位:千円)
                                 前事業年度                   当事業年度
                              (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                           ※4                   ※4
        現金及び預金                             1,532,888                   1,097,115
        前払費用                               18,384                    9,823
        未収入金                               8,875                   7,282
        未収委託者報酬                              892,359                   643,185
        未収運用受託報酬                                 378                   970
        未収収益                               49,298                   165,033
        未収消費税等                                  -                11,766
                                       86,669                   78,426
        繰延税金資産
        流動資産合計                             2,588,853                   2,013,604
       固定資産
                           ※1                   ※1
        有形固定資産
           建物附属設備                              98                    -
                                         366                   113
           器具備品
           有形固定資産合計                              464                   113
        無形固定資産
                                         591                   491
           商標権
           無形固定資産合計                              591                   491
        投資その他の資産
           敷金                            34,432                   40,152
                                       17,222                    4,219
           繰延税金資産
           投資その他の資産合計                            51,655                   44,372
        固定資産合計                               52,711                   44,977
       資産合計                              2,641,565                   2,058,581
     負債の部
       流動負債
        預り金                                 109                     -
                          ※4、5                   ※4、5
        未払金                              498,299                   407,215
                           ※4                   ※4
        未払費用                              446,862                   230,013
        未払消費税等                              122,561                       -
                           ※2                   ※2
        未払法人税等                              178,272                   120,339
                                       48,122                   53,705
        賞与引当金
        流動負債合計                             1,294,227                     811,273
       固定負債
                                       40,105                      -
        役員退職慰労引当金
        固定負債合計                               40,105                      -
       負債合計                              1,334,333                     811,273
     純資産の部
       株主資本
        資本金                              495,000                   495,000
        利益剰余金
         利益準備金                             123,750                   123,750
         その他利益剰余金
                                      688,481                   628,558
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             812,231                   752,308
        株主資本合計                             1,307,231                   1,247,308
       純資産合計                              1,307,231                   1,247,308
                                 62/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     負債・純資産合計                                2,641,565                   2,058,581
     (2)【損益計算書】

                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                    当事業年度
                          (自平成26年4月          1日          (自平成27年4月          1日
                            至平成27年3月31日)                    至平成28年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                           7,426,890                    6,138,193
      運用受託報酬                              1,203                    2,349
                                   369,786                    702,101
      その他営業収益
      営業収益計                           7,797,880                    6,842,643
     営業費用
                        ※2                   ※2
      支払手数料                           3,142,333                    2,583,603
      広告宣伝費                             17,451                    14,947
      調査費
        調査費                            49,051                    31,209
                                 1,336,313                    1,083,244
        委託調査費
        調査費計                          1,385,365                    1,114,453
      委託計算費
                                   134,171                    140,545
      営業雑費
        通信費                            9,278                    15,857
        印刷費                            49,945                    59,460
        協会費                            4,947                    5,168
                                     500                    400
        諸会費
        営業雑費計                            64,671                    80,886
      営業費用計                           4,743,992                    3,934,436
     一般管理費
      給料
                        ※1                   ※1
        役員報酬                            89,756                    124,394
                        ※3                   ※3
        給料・手当                           849,510                    792,097
        退職手当                            67,821                    38,948
        賞与                           183,378                    198,986
                                   48,122                    50,669
        賞与引当金繰入額
        給料計                          1,238,590                    1,205,096
      交際費
                                    2,114                    2,382
      旅費交通費                             21,350                    14,392
      租税公課                             10,251                    15,612
      不動産賃借料                             77,188                    74,126
      役員退職慰労引当金繰入額
                                    3,885                      571
      固定資産減価償却費                              4,848                      450
      弁護士費用等                             16,976                    19,281
                        ※2                   ※2
      事務委託費                            518,232                    590,029
      保険料                             10,359                    10,243
                                   73,403                    80,131
      諸経費
      一般管理費計                           1,977,200                    2,012,318
     営業利益                            1,076,687                      895,889
      営業外収益
       受取利息                                2                    2
                                     208                      -
       その他
       営業外収益計                               210                      2
      営業外費用
                                 63/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       為替差損                              5,618                    3,760
                                     278                   1,389
       雑損失
       営業外費用計                              5,897                    5,149
      経常利益                            1,071,000                      890,742
      税引前当期純利益                            1,071,000                      890,742
      法人税、住民税及び事業税
                                   403,902                    299,420
                                    9,312                    21,245
      法人税等調整額
      法人税等合計                              413,215                    320,665
      当期純利益                              657,784                    570,076
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度 (自平成26年4月1日                  至平成27年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                                 利益剰余金
                                                 株主資本       純資産合計
                                その他利益
                                                 合 計
                                 剰余金       利益剰余金
                   資本金
                        利益準備金
                                          合計
                                 繰越利益
                                 剰余金
     当期首残高              495,000       123,750        730,696        854,446      1,349,446       1,349,446
     当期変動額
                                 △  700,000       △  700,000      △  700,000      △  700,000
      剰余金の配当                 -       -
      当期純利益                 -       -     657,784        657,784       657,784       657,784
                                  △  42,215       △  42,215      △  42,215      △  42,215
     当期変動額合計                 -       -
     当期末残高              495,000       123,750        688,481        812,231      1,307,231       1,307,231
     当事業年度 (自平成27年4月1日                  至平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                 株主資本
                                利益剰余金
                                                株主資本       純資産合計
                                その他利益
                                                 合 計
                                 剰余金       利益剰余金
                  資本金
                        利益準備金
                                          合計
                                 繰越利益
                                 剰余金
     当期首残高              495,000       123,750        688,481        812,231      1,307,231       1,307,231
     当期変動額
                                 △  630,000       △  630,000      △  630,000      △  630,000
      剰余金の配当                 -       -
      当期純利益                 -       -     570,076        570,076       570,076       570,076
     当期変動額合計                 -       -     △59,923        △59,923       △59,923       △59,923
     当期末残高              495,000       123,750        628,558        752,308      1,247,308       1,247,308
     重要な会計方針

     1 固定資産の減価償却の方法
     (1)  有形固定資産(リース資産除く)
                                 64/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りです。
        建物附属設備   5年
        器具備品     3~5年
     (2)  無形固定資産(リース資産除く)
      定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りです。
        商標権      10年
     2 引当金の計上基準

     (1)  退職給付引当金
      従業員に対する退職給付の支給に備えるため、当事業年度末における自己都合要支給額を退職給付引当金
     として計上しております。但し、当事業年度には対象従業員がいない為、引当計上はしておりません。
     (2)  賞与引当金
      従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
     (3)  役員退職慰労引当金
      役員の在任中の貢献に報いるために、役員退職慰労金制度の内規に基づき当事業年度末における要支給額
     を役員退職慰労引当金として計上しておりましたが、平成27年9月16日開催の臨時取締役会の日をもって、役
     員退職慰労引当金制度を廃止しております。
     3 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
     ます。
     ▶ その他財務諸表作成のための重要な事項

      消費税等の会計処理
      消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
     (未適用の会計基準等)

      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号平成28年3月28日)
      (1) 概要

         繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収
        可能性の判断に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて
        繰延税金資産の計上額を見積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直し
        が行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に
           関する取扱い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分離2)または(分類3)に該当する場合の
           取扱い
      (2) 適用予定日

        次事業年度の期首より適用予定です。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の適用に伴い財務諸表に与える影響額については、現
       時点で評価中です。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
       ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次の通りです。

                                 65/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              前事業年度                  当事業年度
                           (平成27年3月31日)                  (平成28年3月31日)
       建物附属設備                           38,662     千円             38,761      千円
       器具備品                           11,180                  11,432
       ※2  未払法人税等の内訳

                              前事業年度                  当事業年度
                           (平成27年3月31日)                  (平成28年3月31日)
       法人税                          115,460      千円             69,221      千円
       事業税                           19,143                  26,240
       地方法人特別税                           19,342                   8,946
       住民税                           24,327                  15,930
      3  当座貸越契約及び貸出コミットメント

       当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行の香港上海銀行と当座貸越契約及び貸出コミット
      メント契約を締結しております。
       当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次の通りです。
                              前事業年度                  当事業年度

                           (平成27年3月31日)                  (平成28年3月31日)
       当座貸越極度額及び貸出コミッ                                    当事業年度末に契約はありま
                                1,000,000       千円
       トメントの総額                                    せん。
       借入実行残高                              -  千円
       差引額                         1,000,000       千円
       ※4  関係会社に対する債権及び債務

       各科目に含まれているものは、次の通りです。
                              前事業年度                  当事業年度
                           (平成27年3月31日)                  (平成28年3月31日)
       預金                         1,363,439       千円           1,026,650        千円
       未払金                           33,062                  48,578
       未払費用                           12,161                  12,360
       㯿  当社が採用するグループ会社株式による報酬制度に係る費用については、当社負担相当額を権利確

      定期間に亘って費用処理しております。
     (損益計算書関係)

       ※1  役員報酬の限度額は次の通りです。

                             前事業年度                  当事業年度
                          (自平成26年4月          1日        (自平成27年4月          1日
                           至平成27年3月31日)                    至平成28年3月31日)
          取締役  年額                      300,000      千円   開示が不要なため、今期から開
          監査役  年額                      50,000         示を省略しております。
       ※2  関係会社に係る営業費用

       各科目に含まれているものは、次の通りです。
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自平成26年4月          1日        (自平成27年4月          1日
                           至平成27年3月31日)                    至平成28年3月31日)
       支払手数料                          3,652     千円   金額の重要性がないため、開示
       事務委託費等                         399,937         を省略しております。
                                 66/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ※3  給料・手当及び退職手当に含まれる、被出向者に係る退職給付費用相当額
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自平成26年4月          1日        (自平成27年4月          1日
                           至平成27年3月31日)                    至平成28年3月31日)
       退職給付費用相当額                         106,162      千円   開示が不要なため、今期から開
                                         示を省略しております。
     (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自         平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
        株式の種類           当事業年度期首              増加          減少        当事業年度末

     普通株式(株)                    2,100            -         -           2,100

      2.自己株式に関する事項

         該当事項はありません。
      3.新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4.配当に関する事項

        配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                             基準日          効力発生日
                         (百万円)          (円)
     平成26年6月26日
                  普通株式            700        333,333     平成26年3月31日           平成26年7月14日
     定時株主総会
      当事業年度(自         平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
        株式の種類           当事業年度期首              増加          減少        当事業年度末

     普通株式(株)                    2,100            -         -           2,100

      2.自己株式に関する事項

         該当事項はありません。
      3.新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4.配当に関する事項

        配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                             基準日          効力発生日
                         (百万円)          (円)
     平成27年9月16日
                  普通株式            630        300,000     平成27年3月31日           平成27年9月25日
     取締役会
     (リース取引関係)

       該当事項はありません。
                                 67/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)

       前事業年度(平成27年3月31日)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に関する取組方針
             当社は、内部管理規程に基づく安全性及びカウンターパーティー・リスクを重視した運用を
            自己資金運用の基本方針としております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             営業債権である未収委託者報酬は、当社が設定しているファンドの信託財産から回収を行っ
            ており、回収のリスクは僅少と判断しております。未収運用受託報酬は、運用受託先ごとに期
            日管理及び残高管理をしており、回収期日はすべて1年以内となっております。営業債務であ
            る未払金、未払費用は、1年以内の支払期日となっております。
       2.金融商品の時価等に関する事項
         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。
                                                    (単位:千円)

                                貸借対照表
                                             時価          差額
                                 計上額
            (1)預金                       1,532,888          1,532,888              -

            (2)未収委託者報酬                        892,359          892,359            -
            (3)未収運用受託報酬                           378          378          -
            (4)未収収益                         49,298          49,298            -
                  資産計                 2,474,924          2,474,924              -
            (1)未払金                        498,299          498,299            -

            (2)未払費用                        446,862          446,862            -
                  負債計                  945,161          945,161            -
          注)金融商品の時価の算定方法に関する事項
           資産項目 (1)預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収収益
               これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
               帳簿価額によっております。
            負債項目 (1)未払金、(2)未払費用
               これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
               帳簿価額によっております。
       当事業年度(平成28年3月31日)

       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に関する取組方針
             当社は、内部管理規程に基づく安全性及びカウンターパーティー・リスクを重視した運用を
            自己資金運用の基本方針としております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
             営業債権のうち、自社が設定している投資信託から受領する未収委託者報酬は、信託銀行に
            より分別管理されているため、一般債権とは異なり、信用リスクは僅少と判断しております。
            未収運用受託報酬は、運用受託先ごとに期日管理及び残高管理をしており、回収期日はすべて
            1年以内となっております。海外のグループ会社に対する未収収益は、関係会社ごとに期日管
            理及び残高管理をしております。また、営業債務である未払金、未払費用は、1年以内の支払
            期日となっております。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
            ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権である海外のグループ会社に対する未収収益は、担当部署が各関係会社ごとに期
             日及び残高を定期的に管理し、回収懸念の早期把握を図っております。
            ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
                                 68/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              外貨建ての債権債務に関する為替の変動リスクに関しては、個別の案件ごとに毎月残高管
             理を行い、原則、翌月中に決算が行われることにより、リスクは僅少であると判断しており
             ま す。また、借入金がないため、金利変動によるリスクは僅少であると判断しております。
       2.金融商品の時価等に関する事項

         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。
                                                    (単位:千円)

                                貸借対照表
                                             時価          差額
                                 計上額
            (1)預金                       1,097,115          1,097,115              -

            (2)未収委託者報酬                        643,185          643,185            -
            (3)未収運用受託報酬                           970          970          -
            (4)未収収益                        165,033          165,033            -
            (5)未収入金                         7,282          7,282           -
                  資産計                 1,913,587          1,913,587              -
            (1)未払金                        407,215          407,215            -

            (2)未払費用                        230,013          230,013            -
                  負債計                  637,228          637,228            -
          注)金融商品の時価の算定方法に関する事項

           資産項目 (1)預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収収益
                  (5)未収入金
               これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
               帳簿価額によっております。
            負債項目 (1)未払金、(2)未払費用
               これらは全て短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
               帳簿価額によっております。
            金銭債権の決算日後の償却予定額

                                1年以内            1年超

             現金及び預金                      1,097,115              -

             未収委託者報酬                       643,185            -
             未収運用受託報酬                          970          -
             未収収益                       165,033            -
             未収入金                        7,282           -
                  合計                1,913,587              -
     (有価証券関係)

      該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

      該当事項はありません。
     (退職給付関係)

      該当事項はありません。
     (ストック・オプション等関係)

      該当事項はありません。
                                 69/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (持分法損益等)

      該当事項はありません。
    (資産除去債務関係)

      重要性がないため、記載を省略しております。
     (セグメント情報等)

     (1)    セグメント情報
         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     (2)    関連情報

         1.  サービスごとの情報
           単一サービスによる営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
           す。
         2.  地域ごとの情報
           (1)営業収益
             本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
             地域ごとの営業収益の記載を省略しております。
           (2)有形固定資産
             本邦の所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
             ため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
         3.  主要な顧客ごとの情報
           対象となる外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がいな
           いため、記載はありません。
           なお、制度上顧客情報を知りえない、または顧客との守秘義務により開示できない営業収益につ
           いては、判定対象から除いております。
     (3)    報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         該当事項はありません。
     (4)    報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

         該当事項はありません。
     (5)    報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                  前事業年度               当事業年度

                               (平成27年3月31日)               (平成28年3月31日)
     繰延税金資産
     減価償却の償却超過額                               3,947    千円          4,219    千円
     退職給付引当金及び役員退職慰労金損金算入
                                   13,275     千円             -  千円
     限度超過額
     未払金否認                              17,984     千円          17,726     千円
     未払費用否認                              40,287     千円          36,495     千円
     賞与引当金否認                              15,928     千円          16,573     千円
     未払事業税等                              12,739     千円          8,097    千円
     貯蔵品                                127   千円             -  千円
     繰延税金資産小計                              104,290      千円          83,112     千円
                                 70/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  △  466
                                    △398    千円               千円
     評価性引当額
     繰延税金資産の合計                              103,892      千円          82,646     千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

     因となった主要な項目別の内訳
                                  前事業年度               当事業年度

                               (平成27年3月31日)               (平成28年3月31日)
     法定実効税率                                35.6     %          33.1     %
     (調整)
     評価性引当額                               △0.1     %          △0.0     %
     住民税均等割                                0.0    %           0.1    %
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                2.1    %           2.1    %
     事業税段階税率端数調整                               △0.0     %          △0.0     %
                                     0.7    %           0.6    %
     税率変更による期末繰延税金資産の減額修正
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                38.5     %          36.0     %
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

      「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」

     (平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税
     率等の引き下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用
     する法定実効税率は従来の35.64%から平成27年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異につ
     いては33.10%に、平成28年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.86%と
     なります。この税率変更により、繰延税金資産(流動)が5,695千円、繰延税金資産(固定)が306千円それ
     ぞれ減少し、法人税等調整額が6,001千円増加しております。
     (関連当事者との取引)

     1 関連当事者との取引

     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等

      前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                             議決権行
                         事業の
                    資本金又は         使等の被     関連当事者              取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称       所在地         内容又                 取引の内容            科目
                    出資金         所有者割     との関係              (千円)         (千円)
                         は職業
                             合
                                         *1 資金の預入
                                                  ※   預 金    1,363,439
         The
         Hongkong and
                              直接    資金の預金・
                                         *2 支払手数料
                                                  3,652   未払金     33,062
         Shanghai
                    96,052百万
     親会社           香港          銀行業    100%    販売委託契約
                     香港ドル
         Banking
                              *5   ・事務委託・
         Corporation,
                                  役員の兼任
         Limited *4
                                         *3 事務委託等       399,937    未払費用      12,161
     ※ 日常業務に関わる資金の出入りであるため、取引金額の記載を行っておりません。

     取引条件及び取引条件の決定方針

     *1全額当座預金であり、無利息となっております。
     *2当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を支払っております。
                                 71/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     *4当該預金並びに当該会社との取引内容につきましては、The                                         Hongkong      and   Shanghai      Banking
     Corporation,        Limitedの東京支店に対するものです。
     *5平成26年9月16日付で、親会社がHSBC                        Global    Asset    Management       Holdings      (Bahamas)      LimitedからThe
     Hongkong     and  Shanghai     Banking     Corporation,        Limitedに変更しております。
      当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                             議決権行
                         事業の
                    資本金又は         使等の被     関連当事者              取引金額         期末残高
      種類    会社等の名称       所在地         内容又                取引の内容            科目
                    出資金         所有者割     との関係              (千円)         (千円)
                         は職業
                             合
                                        *1 資金の預入
                                                 ※   預 金    1,029,650
         The
         Hongkong and
                              直接    資金の預金・
         Shanghai                               *2 支払手数料
                    105,739百万
                                                 2,669   未払金     48,578
     親会社           香港          銀行業    100%    販売委託契約
                     香港ドル
         Banking
                                 ・事務委託・
         Corporation,
                                 役員の兼任
                                        *3 事務委託等
                                                466,409    未払費用      12,360
         Limited *4
     上記金額のうち、取引金額及び期末残高には消費税が含まれております。

     ※ 日常業務に関わる資金の出入りであるため、取引金額の記載を行っておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針

     *1全額当座預金であり、無利息となっております。
     *2当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を支払っております。
     *4当該預金並びに当該会社との取引内容につきましては、The                                         Hongkong      and   Shanghai      Banking
     Corporation,        Limitedの東京支店に対するものです。
     (イ)    財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

     前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                              議決権行
                          事業の内
                    資本金又は
                              使等の被     関連当事者               取引金額         期末残高
     種類   会社等の名称       所在地          容又は職                 取引の内容             科目
                              所有者割     との関係               (千円)         (千円)
                    出資金
                          業
                              合
     同一の
         HSBC  Global
     親会社          英国      146,275千     投資
         Asset                       なし   事務委託等       事務委託          84,155   未払費用     19,960
     を持つ          ロンドン        ポンド   運用業
         Management     Ltd
     会社
                                         *3 事務委託
                                                    68,822
         HSBC  Global
     同一の                              事務委託・
                                         *1 支払投資
         Asset
     親会社          香港      240,000千     投資         投資運用契約・
                                                   820,488
                               なし                        未払費用     158,394
                                           運用報酬
     を持つ    Management             香港ドル    運用業         業務委託契約・
     会社                              役員の兼任
         (HK)  Ltd
                                         *6 その他営業収益
                                                   150,810
         HSBC  Global

     同一の
         Asset
     親会社          フランス       8,050千    投資         投資運用契約・
                                         *6 その他営業収益
                               なし                    102,563    未収収益     33,082
     を持つ          パリ        ユーロ   運用業         業務委託契約
         Management
     会社
         (FRANCE)
     同一の

                     7,238百万
         HSBC  Bank                               *1 支払投資
     親会社                              投資運用
               ブラジル     ブラジルレア      銀行業     なし                    443,686    未払費用     136,424
     を持つ    Brasil   SA                       契約        運用報酬
                        ル
     会社
         HSBC  Global
     同一の
         Asset                                 *1 支払投資
     親会社          英国       35,620千    投資         投資運用
                               なし                    72,138   未払費用     34,331
     を持つ    Management       ロンドン        ポンド   運用業         契約        運用報酬
     会社
         (UK)  Ltd
                                 72/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     同一の

         HSBC  Services
     親会社                     サービス                人件費・事務所賃借
         Japan   Limited    バハマ      5千米ドル          なし   事務委託                    未払金     39,796
     を持つ                     業                料等         1,209,996
         *4
     会社
                                         *2 支払手数料

                                                     12  未払金        ▶
         HSBC
     同一の
         Securities                          販売委託契約
     親会社          英国       102百万
                          証券業     なし   ・事務委託・
         (Japan)
     を持つ          ロンドン        ポンド
                                   役員の兼任
         Limited
     会社
                                         *3 事務委託等
                                                     882  未払費用       151
         *5
         HSBC  Global

     同一の
               米国
         Asset
     親会社                     投資
                                         *6 その他営業収益
               ニューヨー     1,002米ドル           なし   業務委託契約                 67,379   未収収益      9,511
     を持つ    Management                 運用業
               ク
     会社
         (USA)   Inc.
         HSBC
     同一の
         Investment
     親会社                 21,000千    投資
                                         *6 その他営業収益
               香港                なし   業務委託契約                 41,960   未収収益      5,910
     を持つ    Funds   (Hong           香港ドル    運用業
     会社
         Kong)   Limited
     取引条件及び取引条件の決定方針

     *1当該会社との投資運用契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *2当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を支払っております。
     *4当該会社との取引内容につきましては、HSBC                          Services     Japan    Limitedの東京支店に対するものです。
     *5当該会社との取引内容につきましては、HSBC                           Securities       (Japan)     Limited     の東京支店に対するもので
     す。
     *6当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を受け取っております。
     当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                              議決権行
                          事業の内
                    資本金又は
                              使等の被     関連当事者               取引金額         期末残高
     種類   会社等の名称       所在地          容又は職                 取引の内容             科目
                              所有者割     との関係               (千円)         (千円)
                    出資金
                          業
                              合
     同一の
         HSBC  Global
     親会社          英国      146,275千     投資
         Asset
                               なし   事務委託等       事務委託          89,870   未払費用     23,823
     を持つ          ロンドン        ポンド   運用業
         Management     Ltd
     会社
                                         *3 事務委託
                                                    66,939
         HSBC  Global
     同一の                              事務委託・
                                         *1 支払投資
         Asset
     親会社          香港      240,000千     投資         投資運用契約・
                                                   740,132
                               なし                        未払費用     67,652
                                           運用報酬
     を持つ    Management             香港ドル    運用業         業務委託契約・
     会社                              役員の兼任
         (HK)  Ltd
                                         *6 その他営業収益
                                                   259,250
         HSBC  Global
     同一の
         Asset
     親会社          フランス       8,050千    投資         投資運用契約・
                                         *6 その他営業収益
                               なし                    277,307    未収収益     84,665
         Management
     を持つ          パリ        ユーロ   運用業         業務委託契約
         (FRANCE)
     会社
     同一の

                     9,562百万
         HSBC  Bank                               *1 支払投資
     親会社                              投資運用
               ブラジル     ブラジルレア      銀行業     なし                    234,200    未払費用        -
     を持つ    Brasil   SA                       契約        運用報酬
                        ル
     会社
         HSBC  Global

     同一の
         Asset                                 *1 支払投資
     親会社          英国       35,620千    投資         投資運用
                               なし                    91,774   未払費用     57,541
     を持つ    Management       ロンドン        ポンド   運用業         契約        運用報酬
     会社
         (UK)  Ltd
                                 73/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     同一の

         HSBC  Services
     親会社                     サービス                人件費・事務所賃借
         Japan   Limited    バハマ      5千米ドル          なし   事務委託                1,173,700     未払金     55,731
     を持つ                     業                料等
         *4
     会社
                                         *2 支払手数料

                                                    5,534   未払金       210
         HSBC
     同一の
         Securities
                                   販売委託契約
     親会社          英国       102百万
                          証券業     なし   ・事務委託・
         (Japan)
                                         *3 事務委託等
                                                    2,143
     を持つ          ロンドン        ポンド
                                   役員の兼任
         Limited
     会社
                                                       未収収益      2,625
         *5
                                          *6 その他営業収益
                                                    2,555
                                         *1 支払投資

         HSBC  Global
     同一の
                                                    17,136
               米国
                                           運用報酬
         Asset
     親会社                     投資
               ニューヨー     1,002米ドル           なし   業務委託契約
                                                       未収収益     70,462
     を持つ    Management                 運用業
               ク
     会社
         (USA)   Inc.
                                         *6 その他営業収益         126,493
         HSBC
     同一の
         Investment
     親会社                 21,000千    投資
               香港                なし   業務委託契約       *6 その他営業収益         35,064   未収収益      7,280
     を持つ    Funds   (Hong           香港ドル    運用業
     会社
         Kong)   Limited
     同一の
         HSBC  Global
     親会社                     サービス
                                         *3 事務委託
         Services       英国       8米ドル         なし   業務委託契約                  3,282   未払費用       316
     を持つ                     業
         Limited
     会社
     上記金額のうち、人件費など一部の取引金額には消費税が含まれておりませんが、その他の取引金額及び期
     末残高には消費税が含まれております。
     取引条件及び取引条件の決定方針
     *1当該会社との投資運用契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *2当該会社との販売に関する契約に基づき、予め定められた料率で計算された金額を支払っております。
     *3当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を支払っております。
     *4当該会社との取引内容につきましては、HSBC                          Services     Japan    Limitedの東京支店に対するものです。
     *5当該会社との取引内容につきましては、HSBC                           Securities       (Japan)     Limited     の東京支店に対するもので
     す。
     *6当該会社とのパフォーマンス・レベル・アグリーメントに基づき、予め定められた料率並びに計算方法で
     計算された金額を受け取っております。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
        The  Hongkong     and  Shanghai     Banking     Corporation,        Limited(非上場)
     (1株当たり情報)

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自平成26年4月          1日       (自平成27年4月          1日
                              至平成27年3月31日)                   至平成28年3月31日)
     1株当たり純資産額                              622,491.42円                 593,956.37円
     1株当たり当期純利益                              313,230.94円                 271,464.95円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
     ん。
     (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の通りです。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自平成26年4月          1日       (自平成27年4月          1日
                              至平成27年3月31日)                   至平成28年3月31日)
                                 74/82

                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期純利益(千円)                                 657,784                 570,076
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                 -
     普通株式に係る当期純利益(千円)                                 657,784                 570,076
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   2,100                 2,100
     (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 75/82


















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行
       為が禁止されています。
       ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                                       ( 投
         資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれが
         ないものとして内閣府令で定めるものを除きます                          。)。
       ② 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                        ( 投資者の保護に欠け、若しく
         は取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
         定めるものを除きます            。)。
       ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法
         人等  ( 委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密
         接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤に
         おいて同じ      。) 又は子法人等       ( 委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該
         金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者を
         いいます。以下同じ           。) と有価証券の売買その他の取引又は金融デリバティブ取引を行うこと。
       ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運
         用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
       ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者
         の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのある
         ものとして内閣府令で定める行為
     5【その他】

      (1)定款の変更
         委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
      (2)訴訟事件その他の重要事項
         委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありませ
         ん。
                                 76/82










                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
      1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      (1)受託会社

        ① 名   称:みずほ信託銀行株式会社
        ② 資本金の額:247,369百万円(平成28年3月末現在)
        ③ 事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
                  (兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
        (参考)再信託受託会社
           名   称:資産管理サービス信託銀行株式会社
           資本金の額:50,000百万円(平成28年3月末現在)
           事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
                  (兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
      (2)販売会社
                名称                  資本金の額                 事業の内容
        あかつき証券株式会社                           3,067百万円

        岩井コスモ証券株式会社                          13,500百万円
        SMBC日興証券株式会社                          10,000百万円
        SMBCフレンド証券株式会社                          27,270百万円
        株式会社SBI証券                          47,937百万円
        岡三証券株式会社                           5,000百万円
        岡三オンライン証券株式会社                           1,000百万円
                                              金融商品取引法に定める第
        岡三にいがた証券株式会社                            852百万円
                                              一種金融商品取引業を営ん
        香川証券株式会社                            555百万円
                                              でいます。
        カブドットコム証券株式会社                           7,196百万円
        キャピタル・パートナーズ証券
                                   1,000百万円
        株式会社
        クレディ・スイス証券株式会社                          78,100百万円
        ごうぎん証券株式会社                           3,000百万円
        静岡東海証券株式会社                            600百万円
        株式会社証券ジャパン                           3,000百万円
        頭川証券株式会社                            175百万円
        髙木証券株式会社                          11,069百万円
        立花証券株式会社                           6,695百万円
        日産証券株式会社                           1,500百万円
        野村證券株式会社                          10,000百万円
        浜銀TT証券株式会社                           3,307百万円
        播陽証券株式会社                            112百万円
        フィデリティ証券株式会社                           7,657百万円
        マネックス証券株式会社                          12,200百万円
        三津井証券株式会社                            558百万円
        むさし証券株式会社                           5,000百万円
        明和證券株式会社                            511百万円
        楽天証券株式会社                           7,495百万円
        リテラ・クレア証券株式会社                           3,794百万円
        株式会社足利銀行                          135,000百万円
                                 77/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        株式会社イオン銀行                          51,250百万円
        株式会社大分銀行                          19,598百万円
        株式会社大垣共立銀行                          36,166百万円
        株式会社香川銀行                          12,014百万円
                                              銀行法に基づき銀行業を営
        株式会社熊本銀行                          33,847百万円
                                              んでいます。
        株式会社京葉銀行                          49,759百万円
        株式会社西京銀行                          12,690百万円
        株式会社佐賀銀行                          16,062百万円
        株式会社山陰合同銀行                          20,705百万円
        株式会社ジャパンネット銀行                          37,250百万円
        株式会社十六銀行                          36,839百万円
        株式会社新生銀行                          512,204百万円
        株式会社親和銀行                          36,878百万円
        ソニー銀行株式会社                          31,000百万円
        株式会社但馬銀行                           5,481百万円
        株式会社筑邦銀行                           8,000百万円
        株式会社徳島銀行                          11,036百万円
        株式会社福井銀行                          17,965百万円
        株式会社福岡銀行                          82,329百万円
        株式会社三重銀行                          15,295百万円
        株式会社みずほ銀行                         1,404,065百万円
        株式会社三井住友銀行                         1,770,996百万円
        株式会社三菱東京UFJ銀行                         1,711,958百万円
        株式会社山形銀行                          12,008百万円
        株式会社横浜銀行                          215,628百万円
        ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・
                           1,057億3,995万7,252.50香港ドル
        バンキング・コーポレイション・リミ
                             34億5,300万米ドル (注)
        テッド
                                              銀行法に基づき銀行業を営
                                              むとともに、金融機関の信
        みずほ信託銀行株式会社                          247,369百万円             託業務の兼営等に関する法
                                              律(兼営法)に基づき信託
                                              業務を営んでいます。
       資本金の額は、平成28年3月末現在を記載しています。
       (注)ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッドの資本金の額は、自己資本の額
          です。なお、販売は同社の東京支店が行います。
      (3)投資顧問会社           ( 運用委託先      )
        ① 名   称:HSBCグローバル・アセット・マネジメント                                   ( 香港  ) リミテッド
        ② 資本金の額:240百万香港ドル(平成27年12月末現在)
        ③ 事業の内容:香港を拠点として、資産運用業務を行っています。
      2【関係業務の概要】

      (1)受託会社
         当ファンドの信託財産に属する有価証券の保管・管理・計算等およびその信託事務処理の一部の委
         託等を行います。
      (2)販売会社
         当ファンドの募集・販売業務、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金、換金代金および償
         還金の支払い等に関する事務等を行います。
                                 78/82


                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)投資顧問会社(運用委託先)
         委託会社よりマザーファンドの運用指図に関する権限の委託を受けて、投資判断、発注を行いま
         す。
      3【資本関係】

        委託会社と販売会社であるザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リ
        ミテッドおよび投資顧問会社である                   HSBC    グローバル・アセット・マネジメント                     ( 香港  ) リミテッドは       、
        HSBC    ホールディングス          plc(  英国  ) の実質的な子会社です。
        また、委託会社は、ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッ
        ドの子会社です。
                                 79/82

















                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】
      (1)目論見書は、目論見書の別称として                       「 投資信託説明書」と称して使用する場合があり、以下のとおり
         称することがあります。
         「投資信託説明書          ( 交付目論見書       )」
         「投資信託説明書          ( 請求目論見書       )」
      (2)交付目論見書の表紙もしくは表紙裏に、以下の内容等を記載することがあります。
         ・当ファンドの委託会社ならびに受託会社に関する情報
         ・当ファンドの詳細情報の入手方法
         ・請求目論見書は販売会社に請求することにより販売会社から交付される旨
         ・商品内容について重大な変更を行う場合には、当ファンドの受益者に対して事前に変更内容に対
           する意向を確認させていただく旨
         ・投資信託の信託財産が受託会社の固有財産等との分別管理が義務付けられている旨
         ・請求目論見書に当ファンドの信託約款が記載されている旨
      (3)目論見書の表紙に、ロゴマーク、イラストを使用すること、ファンドの形態                                             ( 商品分類等      )、 目論見書
         の使用開始日、キャッチコピー等を記載することがあります。
      (4)有価証券届出書の記載内容について、図表等を付加ならびにグラフ化して記載することがありま
         す。また、投資信託の特徴や仕組みなどの説明文章や図表などを、目論見書に記載することがあり
         ます。
      (5)有価証券届出書に             ( 参考情報     ) として記載の運用実績につき、目論見書において最新の情報を記載す
         ることがあります。
      (6)請求目論見書の巻末に、当ファンドの信託約款の全文を掲載することがあります。
      (7)目論見書は電子媒体として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。
                                 80/82












                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  平成28年6月15日

     HSBC投信株式会社

      取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた監査法人

                            指  定  社  員
                                    公認会計士 辻 村 和 之 ㊞
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状


     況」に掲げられているHSBC投信株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第31期事業年度の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
     定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
     統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
     りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、HS
     BC投信株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要
     な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

          ます。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 81/82




                                                           EDINET提出書類
                                                      HSBC投信株式会社(E12492)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  平成28年9月7日

     HSBC投信株式会社

      取 締 役 会 御 中
                          PwCあらた有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                   公認会計士 辻村 和之 ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」

     に掲げられているHSBC             インドネシア債券オープン(毎月決算型)の平成28年2月9日から平成28年8月8日ま
     での特定期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
     定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
     統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
     りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、HS
     BC   インドネシア債券オープン(毎月決算型)の平成28年8月8日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了す
     る特定期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係
      HSBC投信株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載す
     べき利害関係はない。
                                                    以    上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

          ます。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/82






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。